青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「明治~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~明り 明り~ 明る~ ~明るい 明るい~ ~明るく 明るく~ ~明日 明日~ 明智~
明治~
~明白 明白~ ~明瞭 明瞭~ 易~ ~易い 易い~ ~昔 昔~ ~星

「明治~」 7162, 77ppm, 1456位

▼ 明治~ (953, 13.3%)

43 初年に 16 初年には 10 初めに, 末から 9 世に, 初年から 8 初年の, 初期に 7 末に, 末年に 6 今日に, 初年は, 初年頃, 初期の 5 はじめに, 代に, 初年まで, 御代に, 末期に, 歴史に 4 初に, 初年までは, 時代に, 末頃までは

3 [24件] はじめから, 中期から, 作家, 初めから, 初めの, 初年ここに, 初年この, 初期には, 前までは, 後までも, 御代の, 御代を, 御維新, 思想の, 文壇に, 文学は, 文学史に, 日本人が, 時代を, 末大正の, 末頃から, 漢詩壇が, 社会に, 革命は

2 [67件] おもかげ, ころまで, ごく初め, はじめには, 中ごろに, 中頃には, 中頃までは, 代と, 何と, 作家の, 俳句界に, 元老が, 光, 初めは, 初め吉原解放の, 初め頃に, 初年にかけて, 初年にわたる, 初年より, 初年わたし達の, 初年架橋工事の, 初期から, 半頃である, 半頃まで, 夢を, 天下に, 始めから, 始め頃までは, 学界に, 学界は, 寄席の, 年に, 御世に, 御世の, 御世殊に, 思想は, 政府に, 教育を, 文人の, 文学の, 新体詩の, 新体詩より, 新時代, 日本に, 昔から, 昔に, 末か, 末の, 末年から, 末年まで, 末期まで, 末頃にも, 歌を, 歴史にも, 清少と, 演劇史に, 現代調を, 精神が, 維新が, 維新なく, 維新は, 聖代に, 詩である, 詩以来古典の, 諸作家, 開化期の, 頃は

1 [550件 抜粋] ある時代, ある時期, いやさらに, ころの, ころまでは, ころ江戸派の, ころ靜岡で, こんにちは警察, ずっと初め, その時代, ともしび, なかに, なかば過ぎまでは, はじめ, はじめで, はじめをも, はじめ官員の, はじめ福沢諭吉翁が, はじめ頃, はじめ頃大学の, むかしと, むかし横濱に, ものだった, やつだっ, ように, ブルジョア官僚, ラムプ時代にも, ランプを, レコードを, ロマンティストたちを, ロマンティック時代から, ロマンティック時代の, 一葉の, 七年から, 三十五年頃私は, 三十年代ある, 三女性, 三年まで, 三遊派の, 世には, 世の, 世の中に, 世の中も, 世の中を, 世も, 世代を, 中ころまで, 中ごろまでは, 中年頃までは, 中期に, 中期にわたる, 中期までは, 中期以後の, 中江藤樹信濃聖人とまで, 中産階級の, 中葉から, 中頃からは, 中頃と, 中頃まで, 中頃小石川目白台に, 事業は, 二十年代だ, 二十年代に, 二大会社初め他の, 五十銭銀貨, 人々は, 人として, 人には, 人文科学は, 人間が, 人間だ, 人間である, 人間の, 今日お, 今日とは, 今日なお, 今日の, 今日は, 今日へ, 代にな, 代は, 代も, 住宅である, 作家を, 俳人藤野古白の, 俳句を, 偉大な, 儒者文人の, 元勲井上侯の, 元勲井上侯爵は, 元勲井上老侯も, 元勳, 元年と, 先覚的な, 先覚者として, 八九年頃寺内に, 初には, 初までながら, 初めごろに, 初めにおいては, 初めにおける, 初めにかけては, 初めまで, 初め先ず, 初め日本の, 初め東京で, 初め海外留学の, 初め自然主義が, 初め西洋崇拝に, 初め頃まで, 初年, 初年か, 初年かつて, 初年ここらでは, 初年ごろに, 初年で, 初年と, 初年なら, 初年における, 初年にかけては, 初年にも, 初年へ, 初年までも, 初年を, 初年中年の, 初年以來五十年間日本文化の, 初年外交官として, 初年巖本善治氏の, 初年支那通の, 初年教育令が, 初年日本の, 初年明治十三年頃迄の, 初年木戸は, 初年横浜に, 初年欧羅巴へ, 初年肥後球磨郡の, 初年薩摩近い, 初年詩文の, 初年返咲きした, 初年頃全廃, 初年頃従来, 初年食物店や, 初年高田の, 初日影, 初期あたりから, 初期は, 初期までは, 初期を, 初期戯作者気質の, 初期若松賤子が, 初頃, 初頭に, 初頭にかけて, 初頭ジャーナリストたらん, 前まで, 前半期に, 劇界に, 劇談を, 功傑たちは, 功臣としても, 功臣の, 匂いだろう, 匂いを, 化羊は, 北海道にも, 十三年に, 十年に, 十年代から, 半ば前後までに, 半ば頃までは, 半封建, 半封建的資本主義化, 半頃面白い, 古い貿易商, 古くから, 句にも, 句は, 合言葉が, 名匠加納夏雄以来の, 名士の, 名文だの, 名殘, 味の, 味を, 哲学の, 哲学広く, 哲学思想それに, 商業史の, 商鞅と, 啓蒙は, 四人である, 四十一年ごろです, 四十年は, 四十年を, 四十年代という, 國文學は, 國民が, 地方国語教育が, 地獄も, 壮士芝居である, 変革と共に, 変革以来日本の, 大儒として, 大啓蒙家, 大家と, 大御代の, 大御代を, 大才子, 天地に, 天地は, 天子様は, 女の, 女ばかり, 女子としての, 女子教育と, 始めあたりは, 始めこそ, 始めごろの, 始めにかけて, 始めには, 始めまで, 始め長崎港に, 始め頃が, 始め頃にかけて, 始め高級地方官を, 子で, 子である, 子は, 子規一門の, 学壇の, 官界史に, 将軍連は, 小型キャラメルが, 小学教育の, 小説が, 小説家だ, 小説界の, 屈原だ, 巾幗小説家たちの, 帝が, 帝は, 帝行幸し, 年号が, 年号を, 年間でも, 廃藩までという, 建設期を, 強壮な, 当初に, 影響を, 役人です, 役人は, 役人向きの, 後は, 後年に, 御一新も, 御世と, 御世とな, 御世とは, 御世にも, 御世も, 御世即ち, 御代でなく, 御代にな, 御代も, 御解禁, 思想あれ, 思想史の, 思想界に, 思想界を, 悲しさ, 想実両, 愛國婦人會設立者奧村五百子を, 憲法に, 或る, 才人成島柳北も, 才媛が, 才色兼備の, 抒情詩を, 指紋小説, 支柱に, 支配者が, 支配者たちは, 改革には, 改革は, 政府からは, 政府と, 政治史上に, 政治的革新にて, 政黨史を, 教育勅語が, 数奇伝中の, 文人で, 文人中国木田独歩君の, 文化すら, 文化史の, 文化史上頗る, 文化的相貌も, 文壇と, 文学が, 文学だ, 文学も, 文学らしい, 文学を, 文学冊子における, 文学史を, 文学者に, 文学者は, 文明, 文明は, 文明を, 文章史を, 文章家なるべし, 文芸科は, 文豪と, 文豪尾崎紅葉氏の, 文運が, 文運に, 新しい女子教育, 新しい文学, 新しい時代, 新たなる, 新世界, 新事物, 新体詩が, 新体詩人や, 新体詩人大和田建樹が, 新俳風, 新政と, 新政において, 新政府, 新文化, 新文明, 新派俳優の, 新派和歌では, 新社會, 新聞を, 新聞記者が, 新詩壇, 新道徳, 旗本は, 既往も, 日本でも, 日本の, 日本は, 日本文壇に, 日本文学の, 日露戦争の, 昔ホトトギスの, 昔流行した, 春の, 昭代に, 昭代文物燦然として, 時代が, 時代すなわち, 時代の, 時代は, 時代までは, 時勢に, 晩年に, 景物画だつた, 暁け, 暁の, 書生は, 最初の, 木には, 木曾殿と, 末であり, 末でした, 末まで, 末までは, 末わたくしが, 末以来日本に, 末大正にかけて, 末年であったろう, 末年までは, 末年らしい, 末年わたしが, 末年故, 末年東京市内に, 末年秋の, 末年頃から, 末新富座で, 末期から, 末期この, 末期の, 末期までは, 末期や, 末期より, 末期日本に, 末期頃から, 末江戸の, 末葉生れの, 末頃で, 末頃には, 末頃まで, 末頃田辺和気子といふ, 末頃迄, 村の, 東京, 梅村事件に, 歌人の, 歌壇に, 此の, 歴史は, 気風を, 水とも, 江戸ッ子種々, 法典編纂でも, 波が, 浪漫派文学も, 浮世絵の, 浮世絵は, 浮世絵師に, 浮世絵師国政が, 濃い匂, 煉瓦を, 版行絵画の, 特徴は, 特色は, 生んだ必, 男を, 男子の, 画家寺崎廣業氏の, 發展によ, 發展を, 皮肉家の, 盛な, 盛代には, 相場で, 矢場は, 知識人の, 礼装だ, 社会的状況もう少し, 社会的状況を, 空気の, 競争部は, 篇を, 精神に, 紡績とか, 紳士で, 終りか, 終りから, 終り比までは, 終り頃から, 終り頃渋谷から, 終わりごろ, 維新でも, 維新と, 維新にな, 維新を, 維新後に, 維新後県立の, 聖代の, 自然主義更に, 舞台を, 色とも, 芸道の, 若い連中, 草双紙の, 落語界は, 著作及著者を, 裸体画の, 西洋文明鼓吹者に, 観客の, 言語体文章に, 詩人たる, 詩人は, 話, 諸政一新という, 軍人と, 近代国家日本の, 過去には, 選挙人と, 都市の, 醫學界を, 開化史に, 開化女子教育男女同権と, 開化期では, 開化期に, 開化期にまで, 開化期日本に, 間役人が, 隅田川は, 雅邦芳崖に, 雰囲気など, 青年が, 革命の, 革命起り, 革新に際し, 音楽史研究者の, 韻文壇斯かる, 頃の, 頃まで, 頃日暮里の, 高僧と, 髷を, 鹿鳴, 黒川真頼博士は, 齢を

▼ 明治時代~ (308, 4.3%)

10 になっ 5 の文学 4 の人, の寄席, 第一 3 の作家, の第

2 [31件] から今日, と大正以後, にだってあり, になりまし, には, にはそこ, にも不老不死, に云った, に入っ, に変っ, に変つて, に行, のそれ, の一代表的人物, の一名士, の古い, の吉原, の小説, の感じ, の文学的常識, の文豪, の日本, の本所, の本所以外, の發展, の美人, の裏面, の話, の鹿谷, はまだ, もあらゆる

1 [213件] かあるいは, からあった, からニイチェ, から京浜間, から初, から巣鴨, から改良服, から赤煉瓦, が西洋, こそは人民, だ, だと, で廃棄, とか何とか, とはいへ, とは全然, と大正時代, と択ぶ, ならば, における代表的, における啓蒙思想, における文明開化, における落語界, における長期興行, にかけての涼味, にそんな, にできた, になつて, になつて西洋, にはあんな大きな, にはいっ, にはいつ, には十年おき, には寒, には総じて, には自称勤皇家, には詩, にめぐり, にめぐり合った, にもあいかわらず, にもの, にも現れた, にわたる劇壇大道具, に一度能楽, に円助, に出来た, に到, に創始, に岡倉覺三, に思い, に成長, に我国, に描かれた, に新, に新しく, に於ける, に日本, に書生生活, に朝鮮, に比し, に流行, に生れあはせた, に生れた, に盛, に至った, に行わるべき, に資本主義, に遭逢, に限つた譯, の, のある, のいわゆる, のさる, のすえごろ, のよう, のアセチレン, のインテリゲンチア, のインテリゲンツィア, のチャキチャキ, のランプ, の一夜, の三月, の下半期, の中ごろ, の乱雑, の事ども, の二遊里, の京風芸者, の人々, の人びと, の人物本位, の人生哲学者, の人達, の今日, の代表的俳優, の作, の例, の僞作, の先生方, の再, の前, の劇, の十分の一, の古, の古風, の哲学, の善い, の大家, の大阪, の奥様, の女子教育, の女官, の女流作家, の好, の学士, の学生, の学者, の学者田中芳男氏, の実利主義派, の富岡門前町, の實業家, の小, の小さから, の小学校, の小説家, の少, の建築, の後半期, の御, の想像, の我が国, の我国, の或は, の批評家, の政権, の教授たち, の文人, の文明, の文明開化, の文章, の新聞小説家, の日本人, の日本物理学界, の時計台建築, の最新式, の服装, の末, の末期, の東京, の歴史家, の洋装, の浮世画工, の海軍, の湯屋, の準備, の演劇史, の潮流, の父, の独特, の異国情調, の統制さ, の習い, の舞台, の色繪, の芸者, の落語家, の蘭, の西洋婦人, の親たち, の諷刺詩人, の象徴, の路地, の遺物, の都人, の都府文明, の銀貨, の隅田川, の雨戸, の青年, の面影, の頭, の風俗, の風刺詩人斎藤緑雨, はドゼウ, は一般, は二丈八尺, は二尺八寸, は学校, は所謂欧化主義, は日本, は真に, は総じて, は西洋, は風流, へかけ, へまで, へ逆戻り, まではどこ, まではやや, までは存在, までは鉦, までも内密, まで伝えられた, まで傳つた本木家藏本, まで残つたの, まで續, らしいこの, らしいモラリスト, らしい詩人, らしく大づかみ, を三分, を子供, 殊にその

▼ 明治初年~ (192, 2.7%)

8 の頃 5 のこと, の日本 4 に於ける 3 の東京

2 [12件] から箕作, になっ, にアメリカ人, に於, に日本, のこの, のもの, の佳人, の古, の古い, の番町辺, 早くも

1 [143件] あの鹿, からたゆまず続けられた, からの女性史, からの遺物, から中頃, から二十一二年頃, から二十年代, から今日, から十年頃, から四分の一世紀間, から国会開設, から興隆期, から開墾, か慶応頃, この辺一帯, だという, においてもまた, における浦上信徒, における西洋文明輸入, にかけての武鑑, にかけて夥しく, にかけて頗る, にかけ日本, についてのさまざま, には, にはじまった, にはその, には愛用, には日本, にも似, にも大, にわたって満都, に人, に何とか, に出, に函館, に凾館五稜廓, に前頭四五枚目, に地方, に大分縣, に平野富二, に建てられた, に教育, に文楽, に書生, に東京府, に架け替, に栄えた, に沒, に流行った, に渡米, に特有, に生れ, に病死, に白銀屋文七, に自殺, に至, に至る, に行なわれ, に青年期, の, のいわゆる, のこれら, のころ, のそのまま, のそれと, のはう, の一揆, の三十石風景, の主, の人力車, の余裕, の先輩, の写真, の出版物, の十年間, の古めかしい, の台湾問題, の名, の向島あたり, の啓蒙家たち, の夏, の大型, の天下, の天皇, の官吏, の寛闊, の小, の小学校, の年表, の廃藩, の廃頽的空気, の志士, の思いきった, の思想家, の技術家, の排仏毀釈, の改革, の政府, の政治家, の教育, の文化, の文学, の文明開化, の断髪廃刀令, の新, の新潟港, の新聞弾圧, の昔, の時代, の書画, の書画骨董, の東北, の欧化, の殺伐, の洋學者, の洋風, の浅井忠, の海戦, の清親, の渾沌, の演劇研究, の為政者, の直, の社会, の空気, の築造, の紳士録, の職員録, の遺風, の開化期, の風俗流行, の首陽山, は新聞記者, へかけ, へかけた, への物語, までだ, まで信越線, まで国民, まで年, まで樣, 夙に渡仏

▼ 明治以後~ (146, 2.0%)

8 になっ 4 のこと 3 になつて, に出来た, の日本人, の歴史家

2 [13件] どの詩派, に於ける, の句, の政府, の文学, の新, の日本, の詩人, の道徳, はその, は大いに, は次第に, は殆ど団子坂

1 [96件] いまだ百年, いわゆる星菫趣味, かの当時ハイカラ, さういふ影響, その消息, だという, である, であること, でも矢場, で家橘, とても変化, となっ, どうし, どうなった, においてあやまつ, においてであり, における東西洋, における歌舞伎劇, におこなわれた, になりまし, にはさ, にはすべて, にはたしかに, には出入り屋敷, には皆無, には農民一揆, にほとんど, にも相, にも虫干, に於, に日本人, に無く, に生じた, に生れた, に至る, のお, のすべて, のもの, の人, の俳人, の俳句, の写真店, の勅語, の史家, の国民生活, の国語, の地理的発達, の大, の天皇, の天皇中心, の彼, の御用学者, の急, の成上り時代, の文人, の文学思潮, の新派, の日本政府, の日本文学ぐらゐ, の歴史, の浮世絵, の演劇革新運動, の演技者, の現金主義, の産物, の発達, の百年, の社会, の複雑, の詩壇, の贋造, の開化時代, の黙阿弥作, の黙阿弥翁, は, は一向に, は全く, は古着屋, は堂, は外国, は多く, は水道端町一丁目二丁目, は良民, は青山北町四丁目, は頓, まだ百年, までここら, もそう, もやはり, も絶えなかった, 再渡来, 早くから女らしい美しい, 最も華やか, 残って, 漸く知れ亙, 著しく変っ

▼ 明治~ (145, 2.0%)

4 にて, の 3 で上演, へ, へ行く, へ行っ

2 [13件] かどこ, が出来た, で, で開演, と改称, に上演, の初日, の喜劇, の屋根, は今夜, へかけつける, を見, を見物

1 [99件] が建つ, であったと, での再度, では再び, では松居松葉君作, でやつ, で一心に, で今, で先代, で再演, で初演, で史劇, で女優生活十五年間, で新作, で新劇座, で第, で銀座, と名付け, と本郷座, なら人形町, に, にての興行, にても一種, にてユーゴー, にて人形芝居, にて先代左団次七回忌追善興行, にて名題下若手俳優, にて岡君新作, にて岡本綺堂作, にて市川莚升, にて松居松葉, になった, にも出勤, に久し振り, に出勤, に徃, に於, に赴く, のさき, のため, のはなし, の一番目, の三月興行, の中, の伊井君, の出現, の切符, の前, の前身, の屋上, の広告, の廊下, の役者たち, の所感, の方, の時, の最近, の横, の横腹, の沢正, の立作者, の立見場, の筋, の舞台, の舞台稽古, の芝居, の若衆, の軽羅, は, はたいした, はとうに, は上山, は六月以来休場, は十月, は喜劇曾我廼家五郎, は左団次, は左団次帰朝後, は復興, は新派, は橋, は歌舞伎座, へかけつけ, へかけつけたら, へ女房, へ屋井, へ第, へ行き, へ行こう, へ行った, へ面白, へ須磨子, を二枚買, を勝とす, を打, を経営, を覗かない, 当祝, 最寄, 第二

▼ 明治~ (144, 2.0%)

24 なって 20 なってから 9 なってからも 5 なっては, なっても, 至るまで 3 なると, なるまで, 至って 2 なってからでも, なってからの, なってからは, 入ってから, 入つて, 於ける非, 至る各, 至る迄

1 [51件] いたるまで, なったところ, なったの, なったので, なってからほど, なっての, なつた, なつて, なりましてから, なる前, なろうと, やりのこされたブルジョア民主主義化, わたれる清元, 久米邦武博士が, 先立つこと, 入って, 入ってからでも, 入ってからの, 入っては, 入つて大, 入つて飛躍力, 入りて, 入る迄も, 及び日清戦争前後, 及べるもの尠, 向う知識慾, 子供であった, 政党の, 於ける文学運動, 於て, 標準語化する, 残りしもの, 生れたる我ら, 生れた彼, 生れた我々, 生れた楽器, 生れて, 生れました若い, 直した, 移った, 至ったの, 至つた, 至つたのである, 至らんと, 至り陽暦, 至る迄も, 逆戻りする, 這入つて, 遡ったら品物, 適切な, 電話を

▼ 明治大正~ (94, 1.3%)

5 の時代, の間, の頃 2 になつて, のころ, の交, の文壇, の文学史, の昭代, の芸術上, を過ぎた

1 [63件] から次第に, から現代, が過ぎ, というもの, と受け, と徐々に, と社会的, にかけてひきつ, にかけて吾, になつ, には新劇, にまで及ん, にわたつ, に亘り, に到つ, に至っ, に至つて始, のセンセーショナル, のブルジョア文学, のヨーロッパ化, の一大藝術家泉鏡花先生, の一流人物, の世の中, の両, の二百三高地, の今日, の代, の作家, の傑作小説集, の古, の噺家, の噺家世界, の国語, の多く, の女, の学者ぶり, の市井文化, の文学人, の文学史上, の文学者, の文学者笹部準之助, の文芸, の新, の新しい, の日本, の日本文壇, の昔, の期間, の歴史書, の演劇史, の現実, の生活, の私ども, の繼承, の過渡, へかけ, への資本主義, を経た, を通じ, を通じての一大疑獄たる, を通じて五十何年間, を通じて今日, を通じて第

▼ 明治以来~ (88, 1.2%)

8 の日本 4 の新 2 の文化, の日本文学, の歴史家

1 [70件] こんなこと, すっかり絶え, たしかに類例, つい最近, つくられた尊王, といっ, の, のい, のいわゆる, のそういう, のブルジョア文学, の一つ, の事, の何人, の作品, の保守的, の八十年, の内地, の凶作, の勧農政策, の名残り, の品種淘汰, の問題, の天皇, の婦人作家研究, の応急, の思想史, の我が, の我邦植物学者, の推移, の文学, の文学史, の文学者, の文学運動, の文明, の新しい, の新興国民道徳, の新語, の既成文学, の日本人, の日本文学全集刊行, の東京劇壇, の東京帝国大学, の民主的文学伝統, の社会常識, の社会生活, の社会的後進性, の祝祭日, の立身出世主義, の翻訳時代, の自由思想, の興隆期, の詩, の諸, の青年, はじめて私たち, よろめきつつ, を見た, 例えば医者, 初めてです, 初めてめいめい, 変らない, 教え込まれて, 最も偉大, 殊に明治十一, 決してなかっ, 真に人格的尊厳, 色々の, 諸先輩, 駈け足

▼ 明治政府~ (76, 1.1%)

2 がその, は最初

1 [72件] から筑前閥, が出, が地主, が大久保利通時代, が意識的, が採用, が方便的, が東京大阪, が正成, が濫造, が百年, が維新以來準備, が維新以来準備, が買上げ, でもこれ, となっ, となった, において外国, にその, にとつて, になっ, になツ, には専制, には金, によって作りあげられた, によって断絶, に久しく, に勤める, に友, に対して功績, に封土, に於, のこの, のインテレスト, の下, の事業, の人びと, の仮, の功臣たち, の反, の基礎, の最初, の本質, の法律, の要人ら, の革新政策, はひたすら, はまだ, はみずから, はイギリス公使, は内外山積, は古風一天張り, は国民, は市民, は恬, は成立間際, は日本, は日本人, は日本国民, は爾後数年間, は背信, へ, への怨恨, もこれ, もはじめ, を以てし, を作りたる, を怪しまざるなり, を掌握, を攘夷政府, を根底, 実にこれ

▼ 明治四十年~ (74, 1.0%)

4 の秋 3 の調べ 2 の一月, の暮, の秋風

1 [61件] から以後, から十年間, から大正初期, であるから, というの, という日, といへ, にかけてこの, にはまだ, には千百六十九戸, には廿五年記念祝典, には文展, には約, にオランダ, にデンマーク, に一千百六十九戸五千三百六十六人, に上野, に二十歳, に何樂模氏, に入れ, に処女作, に初めて, に同時に, に岩崎久弥, に教育家, に於い, に朝日新聞, に測量部員, に私, に至る, の, のこと, の七月, の上梓, の九月某日, の二月, の五月, の今日, の六月, の冬, の出版, の分, の初春, の十二月, の十二月十五日, の四月, の天地, の巴里, の新, の日月, の春漱石氏, の末, の條, の歳末頃, の調査, までは殆ど連続的, までは石垣, まで亜米利加, まで営業, より前, より後

▼ 明治四十二年~ (62, 0.9%)

6 の六月十九日 5 の春 4 の夏 2 の九月ごろ, の二月ごろ, の秋

1 [41件] から四年, すなわち自分, だと, でありますが, であるが, と四十三年, には自由劇場主事, に上野, に出来た, に出獄, に千駄ヶ谷, に彼處, に書かれた, に正味, に熱, に生れた, に至っ, に遡らなけれ, のやはり, の七月六日, の事, の二月, の五月, の五月下旬, の今日, の作, の八月十六日, の初夏, の十月, の噴火, の夏場所, の天満焼けの, の春唖, の暮, の秋八月, の紳士, の露領, の頃, は宿帳, を境, 同四十三年

▼ 明治四年~ (61, 0.9%)

3 の廃藩置県, の頃 2 にエタ非人, の十二月, の春

1 [49件] からだった, から七年, から六年, から四十七年余, から始め, だと, であった, である, と十八年, になる, にまで及んだ, に何もかも, に全国人口, に内地, に廃せられた, に廃止, に彼ら, に於い, に歿, に當, に穢, に至った, に開いた, のお話, のこと, のころ, のエタ非人, の事, の冬ごろ, の十一月, の十六娘, の四月, の夏, の当時三十万人, の旧, の發行, の解放, の解放以来, は蘭軒歿後, までの見聞, まで上下, まで新, を最後, 新銭座, 未三月, 未六月三日, 未十二月, 迄に全, 迄百五十余年

▼ 明治二十三年~ (58, 0.8%)

5 の春 2 の冬, の夏, の正月

1 [47件] および明治二十五年, からでございます, から五月一日, から廃娼, から日露戦争, このかた, であった, であったか, であったが, である, では, で丁度余輩, と予約, と云え, にい, における商法延期戦, にはあの, にはわずか, には叔母, に上野, に保さん, に公布, に初めて, に国会, に憲法, に日本, に禁止, に至り, の, の一月二十三日, の三月, の二月, の十月十一日, の博覧会, の国会開会, の国会開設, の新年, の星, の春三月, の桜, の洪水, の秋, の第, は諸種, までとし, までに至る, まで側

▼ 明治五年~ (50, 0.7%)

2 の二月, の春

1 [46件] かと思う, であった, であったし, である, でした, でしたか, となっ, に, にあらた, にあらわれ, になった, にはすでに, には他, には前, には房事, には若松村, にド・カンドール氏, にマリヤ・ルーヅ事件, に中村敬宇先生, に修験, に出版, に十五, に南鐐四文銭, に司法省, に始め, に実印, に東京府庁, に此, に洋装, に生まれた, に発表, に至っ, のこと, の五月, の十月, の噴火, の夏, の大火以来, の暮, の生まれ, の生れ, の頃, は蘭軒歿後, まで足掛六年, より七年, 初めて横浜

▼ 明治十四年~ (49, 0.7%)

2 に農商務省, の, の作, の博覧会, の夏, の頃

1 [37件] から同, である, でその, と為り, に亡くなりました, に優等, に出, に十九歳, に学科改正, に我輩, に早く, に東京, に東京大学, に登山, に自火, に讃岐, のこと, のとき, のはじめ, の三月なかば, の初秋, の四月, の巡幸, の政変, の春, の来る, の東京大学, の盆踊り, の第, の調査, の頃北越, の騒動, までの間, までは大学, より条約改正論, 各府県, 第二回勧業博覧会

▼ 明治四十一年~ (49, 0.7%)

4 の春, の秋 2 の七月, の五月, の頃

1 [35件] から三年, から三年間病臥, から大正三年正月, から自由, か二年, だったと, だと, てん, である, であると, といへ, には國木田君, に帰朝, に政友会, に日仏条約, に死亡, に福島県, に私, に陸軍, のこと, の一月, の三月, の三月十日, の事, の八月, の冬, の初め自由劇場, の句, の夏, の新嘗祭, の眞夏, の秋以来兄, の秋悶死, の秋西洋, やはり歌舞伎座

▼ 明治文学~ (49, 0.7%)

4 の代表者 3 の性質 2 の再, 第一

1 [38件] がその, が口語文, が自然主義, として残っ, について宮島新三郎さん, に三段落, に伝へたる, に微力, に於ける, に興味, に関する古い, の中期, の代表的作家, の内容, の大, の屋台, の文献的研究, の早い, の梗概, の歴史, の為, の現象, の略図, の真相, の見直し等, の記念塔, の記念碑的, の記念碑的長篇, の革命, は斯, も既に, も漸く, をし, を一, を思ふ, を毒, を眺め渡した, 再評価

▼ 明治二十九年~ (47, 0.7%)

2 の秋

1 [45件] か三十年, この東北学院, という年, と云え, にはまだ, には稲舟, にウェストン氏, に丁度, に三井八郎右衛門氏, に伝次郎事件, に入っ, に制定, に北足立郡, に千歳村, に工学士伊東忠太君, に早く, に生れ, に自分, に被害地, のこと, の七月, の七月下旬, の三陸, の三陸地方, の三陸海嘯, の俳句界, の六, の冬, の十一月, の十二月, の句, の夏, の日本, の末, の末日, の東京, の東北海岸, の災害記念碑, の秋熊本高等学校, の記念塔, まで溯る, より三十三年, を起点, 或は三十年, 第二囘

▼ 明治二十年~ (47, 0.7%)

4 の頃 3 のこと, の春 2 から二十二年

1 [35件] から三十年, から二十五, から五年, こそ, だと, ちょうど鹿, である, であるから, であるが, というその, というとき, という時代, にあそこ, に七十八歳, に二十四歳, に二葉亭四迷, に小学, に小説, に府立, に来朝, に栃木町, に植桜, に発行, に祖母, に至る, に首里, の九月, の井上外務大臣邸, の冬, の学位令, の海舟, の秋, の秋頃, の陰暦六月, までの屯田実績

▼ 明治年間~ (47, 0.7%)

2 に出来た, 第一流

1 [43件] ある知事, からも変らない, このへん, にありし, における自分, にこの, にその, には南画, には大審院, には遠く, に付けた, に伴い来る, に功労, に同じく, に於ける, に日本, に来た, に残りし, に流行, に生年月日, に至って, に至る, に藩閥, に行なわん, に起っ, の上野公園, の公議輿論, の各, の名僧, の娼妓, の東京, の水, の洋風建築, の浮世絵, の自然詩集, の遺習, の高名, は元禄, は芸妓, ほど芸妓, までも地下, を想わす, 殊に日清戦争

▼ 明治四十三年~ (46, 0.6%)

2 に出た, の九月, の噴火, の夏, の旭川, の正月

1 [34件] いわゆる, から大正七年, その生涯, である, といえ, にあった, にあつ, には文藝部長兼社會部長, にチブス, に三十六歳, に何, に出来た, に創刊, の, の併合, の先生, の八月, の八月比, の六月, の冬, の初森上田, の十一月中旬, の四月, の大, の庚戌, の建築, の撮影, の新山, の晩秋, の暮, の暮春洋画家, の有珠, は幸徳事件, より四十四年

▼ 明治初期~ (45, 0.6%)

2 の, の文学, の文明

1 [39件] から文化振興, には, にみる, にフランス, に出版, に撮つた, に文明開化, に於ける, に鹿, の一派文学者, の三女性, の作家たち, の劇界, の女学, の婦人作家大塚楠緒子, の婦人英学者若松賤子, の学者, の思想, の或, の新, の日本, の早急, の明るい, の本, の欧化, の油絵画家, の浮世絵, の版畫, の積極的, の美人晝, の芸術, の進歩的女子教育家, の逸事瑣談, の頃, の風俗, の首都, へ掛け, までが一番全盛, を代表

▼ 明治~ (44, 0.6%)

2 晩年の, 末期の

1 [40件] ずっと末, そのころ, はじめの, まだその, まだわかい, まだ中途半端頃, まだ若, まだ若い, 七年五月と, 三十年に, 三十年代に, 中期の, 中葉と, 中頃の, 之に, 二・三十年代以後の, 五六年の, 五年には, 今年は, 初めの, 初年時代までは, 到底化政度あたり, 十四五年に, 十年頃に, 四十何年という, 四十年に, 四十年代に, 小林永濯小林清親の, 已に四十五年, 市内目抜きの, 年を, 廿年とは, 廿廿一の, 改元し, 末に, 末年の, 深くな, 相当深く, 終りに, 遠くなりに

▼ 明治元年~ (44, 0.6%)

2 の七月

1 [42件] からちょうど, から各地, が八つ, ぐらいの頭, すなわち戊辰, であったか, である, であるが, で勘次郎, で江戸城あけ渡し, といえ, と改められた, になっ, には十歳, にヴォルガ河, に小田原, に山城河岸, に徳川家, に権令林左門, に生れた, に米沢, に結婚, に絶交, のこと, の三月, の二十一歳, の五月, の夏留守中, の奥羽戦争, の暮近く京都, の正月, の正月早々, の生まれ, の生れ, の維新, の頃, は蘭軒歿後, まで五, まで千七十五年間, より今日, を迎えた, 即ち慶応四年

▼ 明治以前~ (43, 0.6%)

2 から交際, の方, の道徳

1 [37件] からの長い, から一九三〇年, であり發明後三十年, でない, においてはという, になく, にはそういう, にはそれ, にはほとんど, には三條, には天皇, には澤山, には非常, に教育, に於, に於ける, に版, に生まれ, のこと, の二千五百餘年, の思想, の文学, の文明, の文献, の暦, の町, の舊思想舊感情, の雑書, はもとより, は今問題外, は單, は木魚, は香川, までにやってき, まで殆ど全国的, をつなぐ, をひっくるめ

▼ 明治三十九年~ (42, 0.6%)

3 の春, の秋 2 の正月

1 [34件] かに, から四十年, という年, になつて, には関根八段, に九州, に出来た, に功三級, に堺利彦君, に小島烏水君, に常盤大定君, に從來中, に故, に私, のお正月頃, の一月十八日, の三月, の丙午, の九月, の二月, の五月, の元朝, の勅命, の十一月中旬, の四月, の夏, の年末, の後半, の手紙, の末, は日本山岳会, は私, まで独逸公使, を迎

▼ 明治三十二年~ (42, 0.6%)

3 の春, の秋 2 になっ

1 [34件] から三十三年, つまり日本, であった, でしたが, という, といえ, にその, には倉田, にチベット, に京都府, に六十六歳, に女学校令, に来朝, に東京, に東西, に菊池博士, に計, のお正月元日, のこと, の一月五日, の九月, の作, の八月, の十二月十一日, の夏, の子規, の暮, の末頃, の正月, の秋風, の頃, の頃文廷式氏, の頃清朝, の颱風

▼ 明治三十年~ (42, 0.6%)

4 の春 3 の頃 2 から三十二年, の九月

1 [31件] から三十二, であったか, で子規, と覺, には勘弥以外, に全国絵画共進会, に出で, に新, に東京, に架け換えられた, に至って, に遂に, に鑑三郎, の, のこと, の一月, の二月, の五月, の五月末, の冬, の初め, の夏, の日記, の春明治座, の正月, の秋, の頃僕麹町一番町, より三十九年, 乃至四十年, 新小説, 旧十一月八日

▼ 明治三十五年~ (41, 0.6%)

3 の夏, の春 2 から現在, にやはり, のこと

1 [29件] から十年間, かれこれの, か六年大阪, が初めて, で今, で未亡人, と大正二年, に出版, に大, に大阪大林区署, に故山階宮菊磨王殿下, に数学教授要目, に白骨温泉, に第, に結ばれた, の, の七月, の八月, の十月, の四月三十日, の大, の日本人住居録, の歌舞伎座一月興行, の正月, の秋あらし, の秋頃, の頃, の項, までおよそ

▼ 明治七年~ (40, 0.6%)

3 である 2 に入学, に始め

1 [33件] からイギリス法, から十九年, から士族屯田兵制度, と云え, なり, に, になっ, にはじめて, には現在国宝, に候, に出た, に刊行, に小野組, に愛媛県, に教育令, に文部省, に新堀, に日本, に東京帝国大学, に森枳園, に発行, に至り, の三月十日, の九月, の今, の四月, の春ごろ, の東京開成学校規則, の河原崎座, はじめて小学校, は半蔵, は蘭軒歿後, までは戊辰内乱

▼ 明治二十年代~ (40, 0.6%)

3 の日本 2 のはじめ, のロマンティシズム, の初頭

1 [31件] から, からチャン, では, でも今, において故, には翻案, にゾラ, に三宅花圃, に到, に唱えられた, に既に, のこと, の事, の国学者, の土佐, の子供, の文学, の早い, の有り様, の東京地図, の片田舎, の田舎, の詩界, の郡司大尉, の雰囲気, の青年, の頃, は筆, へかけ, まで出没, を振り返っ

▼ 明治十八年~ (39, 0.5%)

2 から二十一年, に出た, の五月二日, の十一月, の秋

1 [29件] から分冊, だったと, である, であるが, とある, という年, とも云う, になります, には内閣修史局, には官制, には日本, に作られた, に巖本善治等, に於ける, に書いた, に東京, に生れ, に生れた, の一月, の十月, の四月, の屯田兵団長, の春, の秋頃, の秩父事件, の頃, まで, まであつ, 迄用

▼ 明治六年~ (38, 0.5%)

2 の事, の四月, 始めて

1 [32件] から三十八年間横浜, から三十八年間横濱, が来た, だとは, であったと, である, にその, には師, には横浜, にウールジー, に七十四歳, に五十三歳, に今, に其子磐, に始め, に寅歳, に書かれた, に渡来, に生まれた, のこと, の三月十四日以来, の二月, の出版, の十一月, の太陽暦施行, の征韓論, の春, の正月, の火災, はまた, は蘭軒歿後, まではとんと

▼ 明治十九年~ (38, 0.5%)

3 のこと, の春 2 に生れ

1 [30件] から二十三年, から二十年, この家, すなわち大, である, という年, という時代, に, にはもう, には朝野, にようやく, にドイツ帰り, に両親, に公, に帝国大学令, に敬神講, に父, に発表, に至る, のくだり, の三月, の五月一日, の冬, の十二月, の十月, の取締, の夏, の暮, の秋, も押

▼ 明治二十五年~ (37, 0.5%)

3 の夏 2 に生れた, の七月, の春, の秋

1 [26件] から二十八年, そのとき, である, という日本, になった, になる, にも同じ, に単行本, に松山, の, のこと, の一月其頃寄宿舎, の一月十日, の一月興行, の両度, の九月九日, の二月, の八月あたり, の冬父上風邪, の学年試験, の歌舞伎座, は高知, まで, まで元, も九月, 既に鉱業停止

▼ 明治八年~ (37, 0.5%)

2 遂に立憲

1 [35件] いよいよ書籍館, か, であった, である, であるが, といえ, とだけで, と成っ, に, にいたり, にし, にプロイセン憲法, にボーニン島, に小笠原島, に校訂せり, に歿, に洋行, に発行, の, のこと, の二月, の六月, の出来事, の十一月七日, の古き, の新しい, の春, は私, は薨去後一千二百五十年, は蘭軒歿後, までこの, までに金貨五千三十三万八千余円, まで在, より僅, 及び大正三年兩度

▼ 明治神宮~ (36, 0.5%)

2 の春蝉, へ向, へ行く, や靖国神社, を参拝

1 [26件] から靖国神社, が焼ける, だけはいちど, などがそれ, のどこ, のほう, の上空, の元日, の前, の参道, の地鎮式, の境内, の大, の拝殿, の用材, の菖蒲公開, の近く, は林, へ, へでも行っ, へ参拝, へ行き, へ行つて, へ逃げろ, も楠正成, を通りすぎ

▼ 明治三十六年~ (35, 0.5%)

3 の夏 2 から明治四十年, である, の春

1 [26件] だった, で山形地方裁判所鶴岡支部, に, になっ, には当時, には曙覧未亡人, にも私, に三井呉服店, に及び, に大学, に発表, に福岡, に菊五郎, のこと, の七月, の九月, の元旦, の十一月, の夏來, の寺田先生, の早春, の横浜, の秋, は明治, は暮れた, も今日

▼ 明治三十七年~ (34, 0.5%)

3 の九月 2 の夏, は私

1 [27件] から大正九年, であります, で年譜, とした, にアメリカ, に卒業, に没した, に至る, のこと, の九月八日, の九月頃, の事, の二月, の五月場所, の入学, の冬, の初秋, の十一月, の四月, の夏休み, の戦争, の戦役なかば, の早春, の春, の暮, の秋, まで

▼ 明治三十三年~ (34, 0.5%)

2 の夏

1 [32件] だから, である, であるから, に, には五月二日, に今, に出来た, に日本絵画協会, に發, に聯合軍, に至つて路, に靜岡縣周智郡長, の一月, の一月一日, の七月二十一日, の三月二十七日, の中秋, の九月, の北清事件当時, の十二月ラサ, の四月, の日本美術院展覧会, の春, の春頃, の時, の暮, の正月, の秋, までに該地, も今日, わが二十二歳, 即ち北清事變

▼ 明治十七年~ (34, 0.5%)

2 に初めて, に東京, のこと, の九月, の四月

1 [24件] あんたん, からで, から辞職, その代地, であった, であったので, である, にどうも, に再度, に出版, に文部省, に横綱, に死し, に県令三島通庸, に私, の三月, の三月あたり, の事, の初秋, の十月, の正月元旦, の頃, までながらえ, 第一回

▼ 明治二十二年~ (33, 0.5%)

4 の秋 3 の夏 2 にできた

1 [24件] だったね, であったと, である, にはすでに, には勘次郎, に八十, に出来, に富山, に引つ, に当る, に憲法発布, に暗殺, に第一高等学校, の, の九月, の二月十一日, の五月, の十月ごろ, の大, の子規, の文學附録, の春, の発布, 迄

▼ 明治十二年~ (33, 0.5%)

2 である, に, の三月, の夏

1 [25件] からです, であるから, なり, にこの, になり, には既に, には私, に内務省地理局, に地理局, に大阪, に当ります, に神戸, に自分, に至り, に船, に茨城県, に高知, の, の七月二十九日, の初夏, の創立, の大火, の春, の頃, 御届

▼ 明治二十四年~ (32, 0.4%)

2 の四月, の夏, の春, の秋

1 [24件] から三十四年, から六百六十三年前, というとき, にした, には保, にインフルエンザ, に二十九歳, に在り, に獨逸, に銀座, の七月, の事, の五月二十四日, の六月, の冬頃, の出色文字, の十月, の学年試験, の市区改正, の春ごろ, の春哲学, の濃, を絶頂, 濃尾大地震

▼ 明治十年~ (32, 0.4%)

2 だ, である, の西南戦争

1 [26件] から二十二, から司法省, から息, が訪れた, であり私, ですから, という, には互いに, に十五歳, に卒業, に旧, に来朝, に東京大学, に池田氏, に至って, に西郷隆盛, に西郷隆盛様, の二月, の出生, の四月, の戦争, の時, の末, の秋, の西郷戦争, 御承知

▼ 明治四十四年~ (32, 0.4%)

2 の春, の頃

1 [28件] だつた, であるが, には, には保, には有名, にキリスト教, に丁度, に出版, に刊行, に寺内陸軍大臣, に帝劇, に文部省, に春陽堂, に英國, に落成, の一月二十五日, の五月, の今日, の元日, の六月, の劈頭, の十二月興行, の四月斗満, の夏, の日記中, の秋, の言葉通り, まで電燈

▼ 明治二十六年~ (29, 0.4%)

2

1 [27件] から二十七年, かれは, だ, であります, にはまだ, には神田錦町, に助手, に大学, に至っ, に至る, の, の七月, の上京以来, の事, の元, の八月, の八月上旬, の冬, の初夏, の十一月なかば, の四月, の夏, の昔, の春, の頃, より二十七年, 丁度私

▼ 明治三十四年~ (28, 0.4%)

2 で一葉柳浪二家, の秋

1 [24件] から十年間, から明治三十九年, それから日露戦争, である, といえ, と五年, なりし, には我等夫婦, には翁媼共, に再び, に卒業, に女子, に新聞, に法科大学, の三月, の二月, の五月, の六月, の十一月十八日, の十二月, の夏休み, の春, の暮, より後で

▼ 明治三年~ (28, 0.4%)

2 に彼, の十一月

1 [24件] からつくられ, である, で村田蔵六, にいよ, には十九人, には山口藩士卒, に出版, に制度局, に射撃術, に弘前, に御, に番士, に認められた, に鞠獄, の一月三百部, の九月, の和歌山藩, の生れ, の秋, は朝廷, は蘭軒歿後, までおよそ, 同先生, 酷い腸窒扶斯

▼ 明治二年~ (28, 0.4%)

4 の席順 2 になる, のこと

1 [20件] である, と云, にあの, には横井小楠, に日本, に皇学所監察, に諸, に造幣局, の, のころ, のころあたり, の二月, の五月, の東北, の正月, の秋, の表, は蘭軒歿後, より基, 新律編修局

▼ 明治末期~ (28, 0.4%)

7 から大正 2 から今日, から大正以降, の小説家国木田独歩

1 [15件] から大正初期, から大正初頭, から次第に, に作成, に早世, に生まれた, のこと, の典型的, の大, の女性覚醒期, の少年, の新聞, の時勢, の自然派, または大正昭和

▼ 明治から~ (27, 0.4%)

2 大正へ, 昭和に, 現代までの

1 [21件] こんどの, でまた, のです, 三代の, 今まで, 今日に, 大正に, 大正へと, 大正までの, 大正初頭にかけて, 大正年代にかけては, 大正昭和にかけて, 大正昭和にかけての, 大正迄の, 大正頃の, 後の, 昭和にかけての, 最近に, 現代まで, 脚本料も, 貞観まで

▼ 明治四十五年~ (27, 0.4%)

3 の春 2 の六月, の夏

1 [20件] から昭和十二年, で殆ど連続, に, には出来, には出来上っ, には秋山氏, に態, に故人, のこと, の三月中旬東京警醒社書店, の九月, の初冬, の初夏, の春慶應義塾理財科, の春新橋信楽新道, は直ぐ, までには三十五年, までを第, 即ち大正元年, 御贈位

▼ 明治三十一年~ (25, 0.3%)

3 の秋 2 の十月

1 [20件] から三十四年, であった, である, に今, に刊行, に当時, に焼け, のむかし, の一月一日, の一月二十一日, の九月, の初め, の劇界, の十二月十九日, の文壇, の春, の歌, の頃, わが二十歳, 旧二月十日

▼ 明治三十八年~ (25, 0.3%)

2 のこと

1 [23件] から三十九年, から以後明治四十五年, この特異, であった, であつ, であること, でした, といへ, と云, に, に書かれ, に至り, の今日, の十二月日露戦役, の句, の弥生興行, の春, の東京市中, の焼打騒動, の秋, の頃, までとする, をもって思想界

▼ 明治にな~ (24, 0.3%)

10 つてから 3 つてからは 2 つてからの 1 つての, つても, つて古い, つて完全に, つて文人中此繪島の, つて死んだ, つて燒い, つて絶え, つて辛うじて

▼ 明治二十七年~ (24, 0.3%)

2 の冬, の十月

1 [20件] あたかも日清戦争, すなわち日清戦争, になったら, に此処, に渡辺千吉郎君, に至っ, に鶴見, のこと, の二月, の五月, の人, の八月, の十一月, の天長節, の日清戦争, の春, の濃, の秋上野, の頃, 第一回

▼ 明治年代~ (24, 0.3%)

3 の丹治

1 [21件] からの文學者, がわたしたち, となつて, にはあらはれなかつた, にも, に入っ, に出来た, に看板, に記憶, のすぐれた, の北村透谷, の山路愛山, の廓, の教育法, の文学, の文學, の日本, の淑やか, の若い, へかけ, も終り

▼ 明治二十八年~ (22, 0.3%)

1 [22件] から二十九年, から理科大学, であったよう, となりぬ, になっ, に京都, に小説, に帰省, に私, の, の一月, の上半期, の九月, の二月, の作, の初冬, の四月, の夏, の春, の正月, 第六回卒業, 第四回内国博出品

▼ 明治九年~ (21, 0.3%)

2 の春, の真夏

1 [17件] から十二年, である, に印刷, に国学者阿波, に小学校, に小栗栖香頂師, に工務省雇, に新道, に来た, に死, のこと, の中村座, の夏, の夏八月, の太政官, の師範学校長, も暮れ

▼ 明治大正昭和~ (21, 0.3%)

2 と三代

1 [19件] と経, につながっ, にわたつ, に亘っ, に亙っ, の三つ, の三代, の婦人, の御代, の戦争, の政界, の文学史, の時代, の歴史, の絶版文学書, の間, を貫く, を通じてそれぞれ有名無名, を通じて誰

▼ 明治三十年代~ (20, 0.3%)

3 の吉原 2 の終り

1 [15件] だが, であったかと, であったと, と婦人作家, にはその, に写生文学, に初めて, に萩野半之丞, に雑誌, のこと, のやや, の事, の初頭, の新派歌人, を通つて

▼ 明治十三年~ (19, 0.3%)

3 の夏

1 [16件] から二十七年時代, である, でした, に刑法, に大学, に夫, に生まれた, に神田, に編輯局, の二月, の冬, の出来事, の十二月, の東京大学, の竜池会, 迄は行

▼ 明治十五年~ (19, 0.3%)

2 であった, の春

1 [15件] である, にかの有名, になっ, にベイン, に保, に始め, に時事新報, に発行, に私, の九月, の創設, の調査, の頃, を以て政党, を以て政黨

▼ 明治十六年~ (19, 0.3%)

2 の夏

1 [17件] から大学法学部, である, に, にはその, には京都, に亡くなった, に初めて, に時, に来朝, に次女うめ子, に発行, の事, の十月, の暑中, の正月三日, の秋京都, の頃

▼ 明治~ (18, 0.3%)

2 いっても, なって, 云う年号

1 [12件] いうものの, なった, なつた, なりこの, なり大正, 元禄との, 号した, 同年だ, 学校の, 昭和に, 称する過渡期, 進歩進取の

▼ 明治三十年頃~ (18, 0.3%)

2 には庭, までの温泉宿

1 [14件] でしたろうか, ですが, でもあろう, になります, にはわれわれ, には柴明館, には立派, には紫明館, までの活版, までは日暮里, までは深良家, までは西成郡勝間村, を絶頂, 迄には寒蘭

▼ 明治二十一年~ (18, 0.3%)

2 に頭蓋鱗様部, のこと

1 [14件] である, というとき, にし, にウォルター・ウェストン氏, に二十一歳, に至っ, の入山村, の十一月頃, の十二月, の夏, の春, の藤原村, の頃, まで凡二十一年間遊女屋

▼ 明治二十年頃~ (18, 0.3%)

2 までは随分

1 [16件] かと思う, からかぼつぼつ, から一切, から何時, から温泉, には, に民間, に至, に西洋, のお話, のこと, までの時代, までは熊本, までは邦語, まで丁髷, よりその

▼ 明治十一年~ (18, 0.3%)

1 [18件] からのこと, から十二年, が訪れた, であった, であつ, である, という時代, には私, に於, に表れた, のこと, の夏七月, の隠, の隱謀事件, の頃, まで開港場以外, も終り, 生れ寅

▼ 明治四十年代~ (18, 0.3%)

2 から大正初頭, の日本

1 [14件] から大正震災, という時代, にかかつて, にフランス, に桑田熊蔵工学博士, に進ん, の一部, の初期, の団子坂名物, の思想, の荷風, はまだ, は昭和年代, 御執筆

▼ 明治大帝~ (18, 0.3%)

2 の教育

1 [16件] がお, がその, が夙に, には蔭, の大の字, の御, の御前, の東北, の皇后宮, の聖, の聖勅, の詔, の賜わった, は, や伊藤博文, 御野立所

▼ 明治十年頃~ (15, 0.2%)

2 のこと

1 [13件] から久しい, ちょうど西南, でもありましたろう, と思う, に至り, の事, の新聞, の書上, の生まれ, まではこの, までは立派, までも用いられた, まで大

▼ 明治四十年頃~ (15, 0.2%)

1 [15件] からの漱石氏, でしたが, に宮本武蔵, に日本語, に未熟, に私, の, のこと, の建物, の新, の歌, の百両, の話, まで小石川安藤坂上, まで父

▼ 明治文壇~ (15, 0.2%)

2 の傑作, の第

1 [11件] では国木田独歩, とのみ曰はず, には紀行文家, の奇才, の最大傑作, の誇で, の諸, の鬼才川上眉山, を硯友社, を碁盤, 第一期

▼ 明治~ (14, 0.2%)

1 [14件] でさえももう, とは美人, においても数奇, にはいっ, にはかうした, に西洋, のはじめ, のやう, の文學, の歴史小説, の美女, の都會生れ, は美人, は芸者美

▼ 明治~ (13, 0.2%)

2 大正と, 大正に 1 そうだ, その中, その帷, その現実, はじまった, 来るとともに, 永久に, 生んだ江戸追慕, 終って

▼ 明治中期~ (13, 0.2%)

2 の政客

1 [11件] から後期, における国粋主義, には中京美人, のでよい, のナンセンス寄席, の俳句, の文明開化人, の末, の東京, は封建的遺産, まで警視庁

▼ 明治十二三年頃~ (12, 0.2%)

1 [12件] から機業上, から渡良瀬川, だ, である, ですから, にその, の出版, の栃木, の錦絵帖, までであった, まで親, 買って

▼ 明治憲法~ (12, 0.2%)

1 [12件] と天皇, においては基本人権, には人権, にもとづい, によって不動, の弊害, の発布, の絶対尊重, はフランス, は天皇, は第, を国費

▼ 明治生れ~ (12, 0.2%)

1 [12件] が多数, だから, のわたし, の九州育ち, の人間, の僕ぐらゐな年齡, の婦人, の沖縄人一般, の私, の自分, の親たち, の親達

▼ 明治という~ (11, 0.2%)

3 ものの 1 ものが, ものを, 工合に, 日本の, 時代そのものが, 時代に, 時代の, 濤は

▼ 明治以降~ (11, 0.2%)

1 [11件] ではふたり, というべきであります, のこと, のわが, の印刷術, の大学, の教育, の日本近代小説, の殆, の長い, をみる

▼ 明治~ (11, 0.2%)

2 の日 1 だから, ですから, で何處, で勤め, のいい, のお, の国民運動会, の朝, を祝つた

▼ 明治~ (10, 0.1%)

4 かけての 2 かけて 1 それが, 明治から, 行き, 跨ぎ越えるまでは

▼ 明治まで~ (10, 0.1%)

2 生きて 1 この土地, ひそかに, 何百年かの, 十三四代の, 在ったそう, 垂直に, 存し, 引続い

▼ 明治二十七八年~ (10, 0.1%)

3 の頃 1 であるが, の人気, の博覧会, の戦争, の戦争以来, の日清戦役後, の日清戰役

▼ 明治十二三年~ (10, 0.1%)

2 のころ, のころ品川楼 1 から二十年前後, から四, から浜子, になっ, に優秀, の交

▼ 明治十年前後~ (10, 0.1%)

2 の元 1 から次第に, には不用意, には民権党, には邦語, に飛騨山脈, の小説界, の時代, の魯文珍報

▼ 明治末年~ (10, 0.1%)

1 から大正, から大正中世, から大正五六年, から大正初年, の吉原風俗, の大, の大阪堀江六人, の新派劇, の雨, の頃

▼ 明治開化~ (10, 0.1%)

1 で士族平民, のチヤチ, のハイカラ味, の初期, の明暗, の時代, の爆笑王ステテコ, の種々相, の非, の風潮

▼ 明治~ (9, 0.1%)

2 四十年立った 1 あれだけの, 一八年に, 四十五年を, 左団次一派本郷は, 日本が, 遠くなりに, 重い封建

▼ 明治~ (9, 0.1%)

2 年来の 1 世の, 年代の, 年来文化の, 年来紙幣の, 年頃には, 年頃の, 年頃滔々として

▼ 明治十八九年頃~ (9, 0.1%)

2 まで営業 1 からのこと, であったの, に小, に広汎, の大学生, まではどういう, より三十年代

▼ 明治大正時代~ (9, 0.1%)

1 になっ, に無名, のシャンデリヤ, の数学, の文化, の日本資本主義, の準備, の遺物, まで猿廻し

▼ 明治~ (9, 0.1%)

1 からか大正, から大正, から大正初年, のころ, の出歯亀氏, の年頃, の浅草千束町, の芸人界, 及び大正時代

▼ 明治からの~ (8, 0.1%)

2 日本の 1 いろんな文化, かえりに, 七十年間近くが, 歴史に, 現代古典を, 精神史を

▼ 明治この~ (8, 0.1%)

1 かたの, かた実に, かた我が国の, かた日本人の, かた西欧風の, かた非常に, 方もう, 方起った

▼ 明治中世~ (8, 0.1%)

1 から大正, にはわが国, に柳, の, のはやり唄, の廿余円, の話, までは往来

▼ 明治~ (8, 0.1%)

1 であ, であった, に彼等, の経営, の象徴, はこうして, はしかし, は科学文明

▼ 明治何年~ (8, 0.1%)

2 であったか 1 かに出た, かに歿, かに遷された, か以来, か保安条例, とかのコレラの

▼ 明治文化~ (8, 0.1%)

1 という事, にわれわれ, の半分, の本質, の研究, の総和, は鎖國, を建設

▼ 明治~ (8, 0.1%)

2 社会の 1 政府に, 政府の, 政府は, 文学の, 短歌の, 銀貨

▼ 明治三十年前後~ (7, 0.1%)

2 のこと 1 ではなかっ, で一葉女史, にかけて揚巻, に盛岡中学, の此

▼ 明治二十何年~ (7, 0.1%)

2 という時代 1 かに大いに, かはっきり, からの日記, とかに入れた, になります

▼ 明治二十年前後~ (7, 0.1%)

1 から四十年頃, には一世, には演劇改良, の一つ, の事, の織物, の頃

▼ 明治五六年~ (7, 0.1%)

1 であ, の事, の交, の頃, は六十二, までは教育, まで十三

▼ 明治以來~ (7, 0.1%)

2 の新しい 1 その無韻, のこの, の史家, の幾多, の文學者

▼ 明治十四五年~ (7, 0.1%)

4 の頃 2 まで此札幌 1 の頃此

▼ 明治十年代~ (7, 0.1%)

1 から微か, でなければ, になっ, に早く, のこと, の小説, の末期

▼ 明治廿一年~ (7, 0.1%)

2 の冬 1 であつ, には七百八十七人, には末松, の平川村, より開発

▼ 明治文学史~ (7, 0.1%)

1 に一つ, に詳細, のよい, の専門, の巨人, の頁, を観察

▼ 明治~ (6, 0.1%)

1 やすみ午前中, 去ること二千有余年, 溯るに, 生んだもの, 経て, 越えても

▼ 明治以来今日~ (6, 0.1%)

1 にいたる, までい, までの七十年間, まで婦人, まで日本文学, 迄のヨーロッパ文学研究

▼ 明治~ (6, 0.1%)

1 だと, でしたが, に名高かっ, に生れた, の人, の文學者

▼ 明治~ (6, 0.1%)

1 である, の巻, の裏面, の裡面, はそのまま, 要武江年表

▼ 明治四十一二年~ (6, 0.1%)

4 の頃 1 のころ隅田川, へかけ

▼ 明治女学校~ (6, 0.1%)

1 が創立, そのほか仙台, で教え, に通い, の校長さん, へ教え

▼ 明治音楽会~ (6, 0.1%)

1 というの, に一つ, の幹事, の春季大会, の演奏, の演奏会

▼ 明治にかけての~ (5, 0.1%)

1 こと貞享元, 名古屋舞踊の, 大人物を, 日本の, 非常な

▼ 明治三十一二年~ (5, 0.1%)

3 の頃 1 の比, の頃隅田堤

▼ 明治三十二三年~ (5, 0.1%)

3 の頃 1 のこと, の頃伊原青々園

▼ 明治三十四五年~ (5, 0.1%)

1 から七八年代, のこと, の頃, の頃主人, の頃友人

▼ 明治三十四五年頃~ (5, 0.1%)

2 までが最も 1 かに, から心掛け, のこと

▼ 明治五六年頃~ (5, 0.1%)

2 には女 1 に一夫一婦論, に発行, に至る

▼ 明治以来日本~ (5, 0.1%)

1 が中国, の文学伝統, の文学愛好者, の繊維産業, は西洋

▼ 明治八九年~ (5, 0.1%)

3 の頃 1 から十五, 迄

▼ 明治八九年頃~ (5, 0.1%)

2 のこと 1 の画家番附, は私, までの東京地図

▼ 明治八年頃~ (5, 0.1%)

1 から今日, であった, と聞い, に掛図, までの間

▼ 明治十三年頃~ (5, 0.1%)

1 からのこと, から竜池会, に当時, 新吉原, 迄の日本

▼ 明治十五六年~ (5, 0.1%)

3 の頃 1 のころ仏京, より同

▼ 明治十何年~ (5, 0.1%)

1 いわゆる鹿, からその, か時代, と云う, に始つて

▼ 明治十年ごろ~ (5, 0.1%)

1 から三十年頃, でしょう, に姉, に起こった, までは強盗

▼ 明治四十三年八月~ (5, 0.1%)

3 の水害 1 にわが, に起った

▼ 明治四十二年五月~ (5, 0.1%)

31 となっ, の雲取山

▼ 明治天皇陛下~ (5, 0.1%)

1 が即位式, に申, の万々歳, の大御, の御

▼ 明治学院~ (5, 0.1%)

2 より三一神学校 1 の学生時分, の旧い, へ通った

▼ 明治廿三年~ (5, 0.1%)

1 には十六歳, の作, の冬, の秋, は恐く

▼ 明治~ (5, 0.1%)

32 に与へる

▼ 明治生まれ~ (5, 0.1%)

1 のもの, の人間, の旧弊人, の私, の者

▼ 明治神宮外苑~ (5, 0.1%)

1 などでスポーツ, のトラック, のバラック, の日本青年館, をド

▼ 明治開化期~ (5, 0.1%)

1 が二十二年憲法発布, における最も, の影響, の日本, もいずれ

▼ 明治における~ (4, 0.1%)

1 新派万葉ぶりの, 江戸浮世絵最終の, 江戸美術の, 衰滅期の

▼ 明治には~ (4, 0.1%)

1 いってから, いっても, ミレー型と, 珍しい話

▼ 明治~ (4, 0.1%)

1 大正の, 慶応の, 森永なども, 江戸時代には

▼ 明治より~ (4, 0.1%)

1 前の, 古くは, 大正中葉まで, 少し前

▼ 明治七八年~ (4, 0.1%)

2 の頃 1 から芝三田辺, まで続い

▼ 明治三十七八年~ (4, 0.1%)

1 という時代, の戦役直後, の日露戦争以来, の日露戰役後

▼ 明治三十五六年~ (4, 0.1%)

2 の頃 1 の時代, の時分

▼ 明治三十何年~ (4, 0.1%)

1 かに買った, かのお正月, かの有名, の八月

▼ 明治三十八九年~ (4, 0.1%)

1 から四十年, の早稲田時代, をさかい, 迄續

▼ 明治二十一二年頃~ (4, 0.1%)

2 から三十歳前後 1 から今日, を最後

▼ 明治二十七八年頃~ (4, 0.1%)

1 ですか, と思ふ, の, ノ割下水ダト思ッテイル

▼ 明治二十七年六月二十日~ (4, 0.1%)

2 の強震, の東京地震

▼ 明治二十二三年頃~ (4, 0.1%)

3 からだ 1 から四十年前後

▼ 明治二十二年頃~ (4, 0.1%)

1 だった, には, に至る, の初対面以後今日

▼ 明治二十四五年頃~ (4, 0.1%)

2 から昭和十年 1 に大, は吉田町

▼ 明治十七八年頃~ (4, 0.1%)

1 のこと, の片田舎, の鹿, まで東京

▼ 明治十三四年~ (4, 0.1%)

3 の頃 1 のころ

▼ 明治十八九年~ (4, 0.1%)

2 の頃 1 という開化, を以て学術

▼ 明治十四五年頃~ (4, 0.1%)

1 に出来た, の小説, の田舎, までは江戸時代

▼ 明治卅三年~ (4, 0.1%)

1 から卅五年, から最近, の六月十二日, も終った

▼ 明治四十一年頃~ (4, 0.1%)

1 から始ま, から翁, の人類学雑誌, の作

▼ 明治四十年代以後~ (4, 0.1%)

2 の言葉, の詩

▼ 明治四十年前後~ (4, 0.1%)

1 がそう, の日本, の時代, まで関西

▼ 明治座前~ (4, 0.1%)

1 で停る, に竈河岸, の八新, の竈河岸

▼ 明治廿五年~ (4, 0.1%)

1 になった, に十六, の春ごろ, の正月

▼ 明治廿六年~ (4, 0.1%)

1 にどうも, の十二月, の卒業, の夏

▼ 明治廿年頃~ (4, 0.1%)

1 から紅葉山人, には全く, に民間, のやう

▼ 明治~ (4, 0.1%)

2 の角 1 と三内町, を通過

▼ 明治~ (4, 0.1%)

1 には武蔵, の土地台帳, までは下駄, まで将門

▼ 明治~ (4, 0.1%)

1 の例, の構, の紫被布, の賢夫人

▼ 明治~ (3, 0.0%)

1 いえば, いったら三十五年, 誰かに

▼ 明治では~ (3, 0.0%)

1 五年二月に, 右等の, 鴎外が

▼ 明治と共に~ (3, 0.0%)

1 生きた親たち, 生れ明治と共に, 老いて

▼ 明治にかけて~ (3, 0.0%)

1 かつやくした, このよう, 鎖国から

▼ 明治への~ (3, 0.0%)

1 うつり代り, 文化の, 生活の

▼ 明治~ (3, 0.0%)

1 何年頃, 初年ニ至リ官復許シテ之, 女ハ美人ニ限ラズ

▼ 明治一代~ (3, 0.0%)

2 の女 1 殊に最後

▼ 明治七年十月~ (3, 0.0%)

1 であるから, に太政官, の河原崎座

▼ 明治七年頃~ (3, 0.0%)

1 であった久しく, でしたが, に当時

▼ 明治三十九年五月~ (3, 0.0%)

1 であるから, にニューヨーク, の雑誌

▼ 明治三十二年頃~ (3, 0.0%)

1 から流行り出した, に出版, の日本語

▼ 明治三十五年ごろ~ (3, 0.0%)

1 に東京, に没し, の燕嬢

▼ 明治三十六年頃~ (3, 0.0%)

1 と思います, に出版, の事

▼ 明治三十年ごろ~ (3, 0.0%)

1 からのこと, でも帽子, までちよ

▼ 明治二十一年頃~ (3, 0.0%)

1 えらい何, にミゾハコベ科, に出版

▼ 明治二十三年三月二十七日~ (3, 0.0%)

1 および同年十月六日, に公布, に御

▼ 明治二十三年四月~ (3, 0.0%)

1 に楠公像, に死んだ, の版

▼ 明治二十九年六月十五日~ (3, 0.0%)

2 の三陸 1 の同

▼ 明治二十二年ごろ~ (3, 0.0%)

1 からの夢, の手記, らしい

▼ 明治二十五六年~ (3, 0.0%)

2 の頃 1 の忘れ

▼ 明治二十五六年頃~ (3, 0.0%)

1 にはこの, の発行, 住んで

▼ 明治二十六年一月~ (3, 0.0%)

1 であったが, になっ, に創刊

▼ 明治二十六年一月一日~ (3, 0.0%)

1 より施行, 即ち民法, 即ち民法施行

▼ 明治二十四五年~ (3, 0.0%)

2 の頃 1 の間予西インド諸島

▼ 明治二十年ごろ~ (3, 0.0%)

1 の平均賃金, の田舎, までの世の中

▼ 明治二十年以後~ (3, 0.0%)

1 にはよくよく, の反動期, 間もなく創業

▼ 明治二十年比~ (3, 0.0%)

1 の事, の刊行, まで続いた

▼ 明治五年二月~ (3, 0.0%)

1 まで正味二年足らず, より明治十年十月, 其の第

▼ 明治元年正月~ (3, 0.0%)

1 に此伊木, の鳥羽伏見, は早々

▼ 明治初代~ (3, 0.0%)

1 のそれ, のもの, の建築

▼ 明治初年ごろ~ (3, 0.0%)

1 に庶民, のヨーロッパ各国人, の古い

▼ 明治初年版~ (3, 0.0%)

2 の書物 1 の俳人番附

▼ 明治劇壇~ (3, 0.0%)

1 の功労者, の正しい, もかなり

▼ 明治十七八年~ (3, 0.0%)

1 と云え, の頃, より二十年

▼ 明治十三年九月~ (3, 0.0%)

2 の末 1 新吉原品川楼

▼ 明治十三年発布~ (3, 0.0%)

2 の刑法 1 の刑法以来

▼ 明治十五六年頃~ (3, 0.0%)

1 から筋書, に土佐高知, は

▼ 明治十五年以後~ (3, 0.0%)

2 の大隈伯 1 に生まれた

▼ 明治十八年ごろ~ (3, 0.0%)

1 に洗礼, のこと, の東京

▼ 明治十四年改進党~ (3, 0.0%)

2 を組織 1 の成立

▼ 明治十四年改進黨~ (3, 0.0%)

2 を組織 1 の成立

▼ 明治十年西南戦争~ (3, 0.0%)

2 の頃 1 の平定

▼ 明治十幾年~ (3, 0.0%)

2 に建てた 1 かに創業

▼ 明治卅年~ (3, 0.0%)

1 から卅五年, の六月廿五日, までのこれ

▼ 明治四十一年六月~ (3, 0.0%)

21 に茅ヶ崎

▼ 明治四十三年四月~ (3, 0.0%)

21 でありこの

▼ 明治四十二三年~ (3, 0.0%)

2 の頃 1 の頃鴎外先生

▼ 明治四十何年~ (3, 0.0%)

1 かの春, かの洪水, ぐらいの銀座

▼ 明治建築~ (3, 0.0%)

1 の古風, の名残り, の様式

▼ 明治廿二年~ (3, 0.0%)

1 と廿九年, の条, の秋

▼ 明治廿年代~ (3, 0.0%)

1 で西洋医学, の東京, まで八厘

▼ 明治御一新~ (3, 0.0%)

1 に際会, の声, の理想

▼ 明治文學~ (3, 0.0%)

1 の活機, ももう, 大歸一

▼ 明治文明~ (3, 0.0%)

1 の生, の赴く, の重大

▼ 明治日本~ (3, 0.0%)

1 のインテリゲンツィア, の王城, の生き生き

▼ 明治時代そのもの~ (3, 0.0%)

2 を感じ 1 の文化的混淆

▼ 明治~ (3, 0.0%)

2 の眺め 1 を渡つて

▼ 明治法律学校~ (3, 0.0%)

1 で学んだ, で法律, を根拠

▼ 明治~ (3, 0.0%)

1 の方, の暖簾, の流し場

▼ 明治画壇~ (3, 0.0%)

1 に大きな, の物故, の逸才

▼ 明治病院~ (3, 0.0%)

1 のそば, の横, の裏手

▼ 明治美人~ (3, 0.0%)

1 の幾人, は伝統的, は来た

▼ 明治きっ~ (2, 0.0%)

2 ての大

▼ 明治までの~ (2, 0.0%)

2 日本には

▼ 明治七年一月一日~ (2, 0.0%)

1 に逢えり, の詞

▼ 明治七年六月~ (2, 0.0%)

1 になっ, の末

▼ 明治七年十二月~ (2, 0.0%)

1 に全国, に卒中

▼ 明治七年十二歳~ (2, 0.0%)

1 にし, の時

▼ 明治三十七八年頃~ (2, 0.0%)

1 の事, の堅實

▼ 明治三十七年七十三歳~ (2, 0.0%)

1 を以て歿, を以て没す

▼ 明治三十七年以降~ (2, 0.0%)

1 のもの, は大正三年

▼ 明治三十七年日露戦争~ (2, 0.0%)

2 の当時

▼ 明治三十七年末~ (2, 0.0%)

1 か三十八年, の栃木県会

▼ 明治三十三年ごろ~ (2, 0.0%)

1 にたおれ, のこと

▼ 明治三十三年頃~ (2, 0.0%)

1 はまだ, もし今日

▼ 明治三十九年以後~ (2, 0.0%)

1 のこと, の漱石氏

▼ 明治三十九年四月二日求~ (2, 0.0%)

2

▼ 明治三十二年以後~ (2, 0.0%)

2 著しい短歌改革運動

▼ 明治三十五年中~ (2, 0.0%)

2 に芝

▼ 明治三十五年頃~ (2, 0.0%)

1 からの事, までは僅か

▼ 明治三十八年九月~ (2, 0.0%)

1 から東京帝國, に師匠

▼ 明治三十六年勝久~ (2, 0.0%)

2 が五十七歳

▼ 明治三十六年十月~ (2, 0.0%)

1 に創立, のこと

▼ 明治三十四年九月~ (2, 0.0%)

1 に入っ, のこと

▼ 明治三十年三月十五日~ (2, 0.0%)

1 に亡くなられました, の暁方

▼ 明治三十年二月~ (2, 0.0%)

1 に民友社, の歌舞伎座

▼ 明治三十年以後~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事

▼ 明治三十年後~ (2, 0.0%)

1 に生き, のこと

▼ 明治三十年頃わたくし~ (2, 0.0%)

2

▼ 明治三四年~ (2, 0.0%)

1 といえ, までは夏氷

▼ 明治三年二月~ (2, 0.0%)

1 に定められた, に発布

▼ 明治三年太政官~ (2, 0.0%)

1 に制度取調局, に制度局

▼ 明治三年末~ (2, 0.0%)

1 になっ, に約

▼ 明治世界~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の思想界

▼ 明治中葉~ (2, 0.0%)

1 の, の画壇

▼ 明治中頃~ (2, 0.0%)

1 からの新しい, に重野安繹

▼ 明治九年頃~ (2, 0.0%)

1 せっかく下等, は寂しい

▼ 明治二三十年代~ (2, 0.0%)

2 の本所

▼ 明治二十一二年~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ 明治二十一年九月八日~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 明治二十一年八月~ (2, 0.0%)

2 の出版

▼ 明治二十一年十一月~ (2, 0.0%)

1 であったが, になっ

▼ 明治二十七八年頃江見水蔭子~ (2, 0.0%)

2 がこの

▼ 明治二十七年二月中旬~ (2, 0.0%)

2 なりき

▼ 明治二十七年十二月~ (2, 0.0%)

1 で勝久, の

▼ 明治二十七年版~ (2, 0.0%)

1 の, の絵本

▼ 明治二十三四年頃~ (2, 0.0%)

2 の東京

▼ 明治二十三年十月三十日~ (2, 0.0%)

1 には, をもって教育勅語

▼ 明治二十九年一月~ (2, 0.0%)

2

▼ 明治二十九年五月~ (2, 0.0%)

1 で一葉, の

▼ 明治二十九年頃~ (2, 0.0%)

1 にはもう, まで如雲社

▼ 明治二十二年二月十一日~ (2, 0.0%)

1 に公布, を期し

▼ 明治二十二年十二月~ (2, 0.0%)

1 に京都府庁内, に第

▼ 明治二十五年三月一日東京市京橋區入船町~ (2, 0.0%)

2 に生まる

▼ 明治二十五年芳年~ (2, 0.0%)

2 は多数

▼ 明治二十八九年~ (2, 0.0%)

1 の頃, まだ初めて作品

▼ 明治二十八年一月~ (2, 0.0%)

1 そうちょうど日清戦争, に歿

▼ 明治二十八年十二月~ (2, 0.0%)

2

▼ 明治二十八年私~ (2, 0.0%)

1 が二十一, の卒業

▼ 明治二十六七年頃~ (2, 0.0%)

1 から三十二, の事

▼ 明治二十六年六月頃~ (2, 0.0%)

1 のこと, までに据付けられる

▼ 明治二十六年十一月~ (2, 0.0%)

1 に帰県, の

▼ 明治二十六年頃~ (2, 0.0%)

1 で僕, の

▼ 明治二十四年二月富士見町~ (2, 0.0%)

2 の玉子屋

▼ 明治二十四年四月~ (2, 0.0%)

1 に出た, 第二日曜日

▼ 明治二十四年父庄造死去~ (2, 0.0%)

2 の節

▼ 明治二十年以来~ (2, 0.0%)

2 の私

▼ 明治二十年十三歳~ (2, 0.0%)

1 で私, の頃京都

▼ 明治二十年時~ (2, 0.0%)

2 の伊藤内閣

▼ 明治二十年過ぎ~ (2, 0.0%)

1 のこと, の頃

▼ 明治二年七月~ (2, 0.0%)

1 の官制改革, までは幕府

▼ 明治二年正月五日~ (2, 0.0%)

1 であつ, の午後

▼ 明治五年十月~ (2, 0.0%)

2 の生まれ

▼ 明治五年陸軍~ (2, 0.0%)

2 の編制

▼ 明治~ (2, 0.0%)

1 の写真, の正岡子規

▼ 明治以後大正昭和~ (2, 0.0%)

1 の悪人, の戦争文学

▼ 明治何年ごろ~ (2, 0.0%)

1 に講ぜられた, の事

▼ 明治倶楽部~ (2, 0.0%)

1 その者, とて芝区桜田本郷町

▼ 明治~ (2, 0.0%)

1 勳の, 年頃

▼ 明治元年三月~ (2, 0.0%)

1 から十月, より三十三ヶ月

▼ 明治八年四月二十三日~ (2, 0.0%)

1 が私, ですが

▼ 明治八年父~ (2, 0.0%)

1 が初めて, が始め

▼ 明治六七年~ (2, 0.0%)

1 の頃, 迄は聯合

▼ 明治六七年頃~ (2, 0.0%)

1 であって, までのこと

▼ 明治初頭~ (2, 0.0%)

1 に於, の大

▼ 明治十一二年~ (2, 0.0%)

1 の交, の頃

▼ 明治十一年ごろ~ (2, 0.0%)

1 からはじまった, ちょっと日本

▼ 明治十一年八月~ (2, 0.0%)

1 には米国, に木板

▼ 明治十一年発行~ (2, 0.0%)

1 の松原新之助氏纂述, の松原新之助氏著

▼ 明治十七年ごろ~ (2, 0.0%)

1 だった, 世に流行

▼ 明治十七年八月末~ (2, 0.0%)

2 の晴れた

▼ 明治十七年公~ (2, 0.0%)

2 を海外

▼ 明治十七年十月十九日~ (2, 0.0%)

1 に於, に歿

▼ 明治十三年十月出版~ (2, 0.0%)

2

▼ 明治十二年頃~ (2, 0.0%)

1 に西洋菓子, より心

▼ 明治十五年ごろ~ (2, 0.0%)

1 から出来た, から足掛け十二年

▼ 明治十五年私~ (2, 0.0%)

1 は六歳, は西町三番地

▼ 明治十五年頃~ (2, 0.0%)

1 でしたろうか, の東北

▼ 明治十八年官制~ (2, 0.0%)

2 を改革

▼ 明治十八年頃~ (2, 0.0%)

1 から禁止, のいわゆる

▼ 明治十六七年~ (2, 0.0%)

1 のころ, の頃

▼ 明治十四五年ごろ~ (2, 0.0%)

1 まであった, までは江戸

▼ 明治十四年七月~ (2, 0.0%)

1 から新道, のころ

▼ 明治十四年大隈伯~ (2, 0.0%)

2 と相

▼ 明治十四年版~ (2, 0.0%)

1 の, の丹波敬三

▼ 明治十年代後期~ (2, 0.0%)

2 から二十年代

▼ 明治十年六月~ (2, 0.0%)

1 で彼, に東京博物局

▼ 明治十年十月~ (2, 0.0%)

1 に脱稿, まで学問

▼ 明治十年度~ (2, 0.0%)

2 から試みはじめられた

▼ 明治卅一年~ (2, 0.0%)

1 から六年間, といへ

▼ 明治卅五年~ (2, 0.0%)

1 に創立廿年記念, の四月

▼ 明治卅八年~ (2, 0.0%)

1 の初夏, 同じ日本橋

▼ 明治卅六年~ (2, 0.0%)

1 において長男, のこと

▼ 明治史劇~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ 明治~ (2, 0.0%)

1 なの, の洋館

▼ 明治味感~ (2, 0.0%)

1 は木村荘八画伯, を直ぐ

▼ 明治四五年~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ 明治四五年頃~ (2, 0.0%)

1 に古河屋政兵衛, は御

▼ 明治四十一年十一月~ (2, 0.0%)

1 とおぼえ, に満

▼ 明治四十三四年頃~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 明治四十三年一月~ (2, 0.0%)

1 の, 第九日目

▼ 明治四十三年九月七日~ (2, 0.0%)

2 の朝

▼ 明治四十二三年以後~ (2, 0.0%)

1 にあっ, に在

▼ 明治四十二三年頃~ (2, 0.0%)

1 だった, は日本

▼ 明治四十二年七月~ (2, 0.0%)

2 にフランス

▼ 明治四十二年六月十九日~ (2, 0.0%)

2 の生れ

▼ 明治四十二年六月十九日生れ~ (2, 0.0%)

2 の宿命

▼ 明治四十二年十一月~ (2, 0.0%)

1 の出来事, を起点

▼ 明治四十二年文展~ (2, 0.0%)

2 第三回

▼ 明治四十五年七月~ (2, 0.0%)

1 に友人中村清太郎君, の

▼ 明治四十五年七月一日発行~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ 明治四十四年三月~ (2, 0.0%)

1 と残つて, に開場

▼ 明治四十四年中~ (2, 0.0%)

2 に都下

▼ 明治四十年ごろ~ (2, 0.0%)

1 の写真, の旧

▼ 明治四十年一月~ (2, 0.0%)

1 と推定, の引分勝負

▼ 明治四十年三月~ (2, 0.0%)

1 に先生, のこと

▼ 明治四十年四月~ (2, 0.0%)

1 の四日, の末

▼ 明治四十年四月一日~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 明治四十年度~ (2, 0.0%)

2 の新しい

▼ 明治四年エタ非人~ (2, 0.0%)

1 の名称, の称

▼ 明治四年以後~ (2, 0.0%)

1 であること, の福沢諭吉

▼ 明治四年八月~ (2, 0.0%)

1 には神祇官, より僅か

▼ 明治四年八月二十八日~ (2, 0.0%)

1 にエタ非人, に至っ

▼ 明治四年四月~ (2, 0.0%)

1 またここ, までの分

▼ 明治四年称号廃止~ (2, 0.0%)

2 の際

▼ 明治四年穢~ (2, 0.0%)

1 多非人, 多非人解放

▼ 明治~ (2, 0.0%)

1 の国士, の瓜実顔

▼ 明治大正以後~ (2, 0.0%)

1 の新しい, の極端

▼ 明治大正名作展覧会~ (2, 0.0%)

1 も亦, を観た

▼ 明治大正年代~ (2, 0.0%)

1 にも日本, の進歩人

▼ 明治大正政界~ (2, 0.0%)

2 の裏面史

▼ 明治大正文学~ (2, 0.0%)

1 の作品, の物識り博士たる

▼ 明治大正文学全集~ (2, 0.0%)

1 と云, の森鴎外

▼ 明治大正昭和插画展~ (2, 0.0%)

1 をいそい, 見ましたとき

▼ 明治大正期~ (2, 0.0%)

1 がもつとも, の一派

▼ 明治学界~ (2, 0.0%)

1 の名誉, の恥辱

▼ 明治学院時代~ (2, 0.0%)

1 から知つて, の友達

▼ 明治年代以來~ (2, 0.0%)

1 の準備期, わが國

▼ 明治年間向島~ (2, 0.0%)

1 にて橘守部, の地

▼ 明治座が開場~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 明治座初日~ (2, 0.0%)

1 なれど, を看る

▼ 明治廿九年~ (2, 0.0%)

1 であつ, のスウェン・ヘディン

▼ 明治廿二年頃~ (2, 0.0%)

1 から久松家, で松羅玉液

▼ 明治~ (2, 0.0%)

1 に至り, の人

▼ 明治後期~ (2, 0.0%)

2 は企業家

▼ 明治後期以後~ (2, 0.0%)

1 に慣用, の僞作

▼ 明治思想史~ (2, 0.0%)

1 の中世紀, 第三段

▼ 明治戊辰~ (2, 0.0%)

1 にかけて同, の頃

▼ 明治改革~ (2, 0.0%)

1 でも宜しゅう, にも多大

▼ 明治政庁初期~ (2, 0.0%)

2 の官吏某

▼ 明治政府時代~ (2, 0.0%)

1 における政治, にはこの

▼ 明治文學史~ (2, 0.0%)

1 と歩み動く, にあれ

▼ 明治新派和歌~ (2, 0.0%)

1 のうち, のはじめ

▼ 明治昼夜銀行目黒支店~ (2, 0.0%)

1 だったの, に突如

▼ 明治時代以前~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ 明治時代無二~ (2, 0.0%)

2 の作家

▼ 明治時代独特~ (2, 0.0%)

2 の小説

▼ 明治時代電車~ (2, 0.0%)

2 も自動車

▼ 明治末年頃~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 明治末葉~ (2, 0.0%)

1 から大正, の漠然婦人運動者

▼ 明治東京~ (2, 0.0%)

1 である, の町

▼ 明治~ (2, 0.0%)

1 の捕物, をよく

▼ 明治社会~ (2, 0.0%)

1 と文化, の発達

▼ 明治第一流~ (2, 0.0%)

1 の元, の元勲

▼ 明治篇昭和篇~ (2, 0.0%)

1 という前後篇二部, の二部

▼ 明治聖代~ (2, 0.0%)

1 の一風景, の作

▼ 明治聖帝~ (2, 0.0%)

1 が日本, としては畏れ多い

▼ 明治趣味~ (2, 0.0%)

1 の句, の顋髯

▼ 明治~ (2, 0.0%)

1 未八月二十一日後, 未四月十一日後

▼ 明治銀行~ (2, 0.0%)

1 など, に相違

▼ 明治開化期前後~ (2, 0.0%)

1 の女流作家, の東京生活

▼1* [1617件]

明治あたりまでの句集, 明治あらしめたるも, 明治かぶれのした, 明治この方前の詩, 明治ごろの家庭, 明治さかんな頃, 明治それから大正昭和という, 明治といふ作者の, 明治とか大正とかいう, 明治とともに心から微笑まれる, 明治となつて編制された, 明治とは言い条まだ, 明治ながらの角燈なんて, 明治において行った指導的職能, 明治においてさえもブルジョア革命を, 明治にもさびに, 明治にわたる龍造寺鍋島の, 明治のむかふまで遡る, 明治はじめの自由民権, 明治へと移った日本文学, 明治へもつづきは, 明治までは革羽織の, 明治もはや十五年の, 明治やの上の, 明治よりも昔の, 明治キャラメルの歌, 明治モ中期以後ニナレバコノ習慣ハ次第ニ廃レタガ予ノ幼少時代マデハソウデアッタ, 明治丁丑前後には荘, 明治七八年頃からづツ, 明治七八年頃浅草の寺内, 明治七年あたりは湯治場, 明治七年おのれ仙臺にありき, 明治七年一月にはついに, 明治七年一月一日社中会同の時, 明治七年一月上表の民選議院設立, 明治七年一月当時の有力者板垣退助, 明治七年七月七日大雨の降続いた, 明治七年三月に第, 明治七年三月十日の東京日日新聞, 明治七年以後東京市の墓地, 明治七年八月十日第一大区十四小区小網町四丁目五番地借店に寄留, 明治七年其角堂永機の寄附, 明治七年十一月十七日のこと, 明治七年十二月十五日に生まれ, 明治七年四月のこと, 明治七年四月一日突然呼出, 明治七年小学校が出来る, 明治七年片山淳吉中村寛栗同訳, 明治七年版の伊藤謙氏訳, 明治七甲戌年二月吉日に拵, 明治三十一年一月一日の事, 明治三十一年一月余は同書, 明治三十一年一月六日の日附, 明治三十一年九月の事, 明治三十一年九月発行のもの, 明治三十一年五月成監督東京府技手恩田岳造と固く, 明治三十一年六月二十一日に法律, 明治三十一年十一月號の, 明治三十一年十二月二十八日東京の大, 明治三十一年十二月十二日香川県小豆郡苗羽村に生れた, 明治三十一年小林氏の主催, 明治三十一年正造は五十八歳, 明治三十一年生だね, 明治三十一年頃になっ, 明治三十七八年以後の時代, 明治三十七八年以後大正十年位までの間, 明治三十七八年戦争の終へた年, 明治三十七八年戦役のとき, 明治三十七八年日露戦争の頃, 明治三十七八年比田島金次郎翁が叡山, 明治三十七八年頃渋谷の御, 明治三十七年一月から明治四十年頃, 明治三十七年一月三十一日長妹とし子一女を擧ぐ, 明治三十七年一月十日で行年八十二歳, 明治三十七年七月に本科, 明治三十七年九月清國留學生のひとり, 明治三十七年二月の, 明治三十七年二月以後大正二年三月にいたる, 明治三十七年二月八日旅順に於, 明治三十七年五月一日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 明治三十七年五月二十三日の泊り客, 明治三十七年京都の新古美術展覧会, 明治三十七年以後のこと, 明治三十七年八月の二十日, 明治三十七年八月二十九日の夕方, 明治三十七年内務省特別保護建造物の指定, 明治三十七年初夏のこと, 明治三十七年十一月二十二日晩餐としるされ, 明治三十七年十一月二十六日の未明, 明治三十七年十月二十八日に歿, 明治三十七年十月八日九日両日門弟中からの発起, 明治三十七年十月頃の, 明治三十七年四月十三日我が東郷, 明治三十七年四月号の雑誌, 明治三十七年従軍セシ時遺言ヲ作リシニ其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, 明治三十七年戰爭起るや, 明治三十七年日本がロシア, 明治三十七年生れのこの, 明治三十七年頃から数年間父, 明治三十三四年比日本郵船会社の品川丸, 明治三十三年七月四日にこの, 明治三十三年万国博覧会の巴里, 明治三十三年九月のホトトギス, 明治三十三年九月八日にドイツ船プロイセン號, 明治三十三年二月十一日六十八歳を以て世, 明治三十三年二月十七日の未明, 明治三十三年五月四日の午前十一時, 明治三十三年以来文部省の計画, 明治三十三年八月六十二歳を以て世, 明治三十三年八月十一日前述した巨匠円朝, 明治三十三年八月又一は札幌農学校在学中シホホロ, 明治三十三年十月から私製絵ハガキ, 明治三十三年卒業した, 明治三十三年四月十五日の日曜日, 明治三十三年版の東陽堂, 明治三十三年発行の, 明治三十三年私が十七才, 明治三十三年義和団の蜂起, 明治三十三年義和團の蜂起, 明治三十三年龍集庚子天長節楓菊秋錦ヲ曝ス處ニ於テ, 明治三十九四十四十一と満, 明治三十九年あれからもう, 明治三十九年一月十八日の曉大雪, 明治三十九年七月でちょうど, 明治三十九年七月はじめから法医学教室, 明治三十九年七月頃の同誌, 明治三十九年五月滿谷國四郎鹿子木孟郎二氏の, 明治三十九年以来坂東流の家元, 明治三十九年六月歌舞伎座で, 明治三十九年十一月九日附の私宛, 明治三十九年十二月は我ら夫婦, 明治三十九年十二月二十一日彼の最も, 明治三十九年十二月原内相が出せし, 明治三十九年十月七日のこと, 明治三十九年十月十一日をもつ, 明治三十九年四十年度に於ける, 明治三十九年四月八十助は坂東三津五郎, 明治三十九年四月十日病んで, 明治三十九年四月玉井組の営業開始紀念, 明治三十九年東京市下谷区御徒町仁愛堂発行ノ, 明治三十九年現在のもの, 明治三十九年當時くらゐに, 明治三十九年美的百姓が露西亜, 明治三十九年著者二十八歳のとき, 明治三十九年露西亜の帰途, 明治三十九年頃かえって来, 明治三十二三年ころにもまだ, 明治三十二年一月五日に, 明治三十二年一月半ばのこと, 明治三十二年七月わが小説, 明治三十二年三月二十八日に歿, 明治三十二年以後今日まではただ, 明治三十二年余が十五歳, 明治三十二年八十二歳にて歿, 明治三十二年八月二十八日高知市を襲った, 明治三十二年八月十九日七十九歳の長命, 明治三十二年六月から三十五年三月, 明治三十二年四月発行の, 明治三十二年女学校令というもの, 明治三十二年尾州葉栗郡宮田村織物業栗本福太郎方にて起こった, 明治三十二年彼が六十八歳, 明治三十二年月十月ついに日本橋, 明治三十二年柏軒三十七回忌に営まれた, 明治三十二年間牒を村, 明治三十二年頃福沢諭吉が婦人, 明治三十五六年流行物どころかしろうと, 明治三十五六年頃から学生, 明治三十五六年頃刊行されたので, 明治三十五年ごろ病気になった, 明治三十五年一月中旬のこと, 明治三十五年三月十七日片山八重藏夫婦樽川を発し, 明治三十五年三月十九日でした, 明治三十五年三月十日の日記, 明治三十五年上演の, 明治三十五年中學生の禁欲生活, 明治三十五年二十二歳の二月, 明治三十五年五十五歳を以て東京, 明治三十五年以來この方面, 明治三十五年初秋でありました, 明治三十五年前後から清国留学生, 明治三十五年創業の際, 明治三十五年北海道に移住, 明治三十五年十一月より三十六年七月, 明治三十五年十一月十五日余再び航西, 明治三十五年十一月十八日筑波山に登り, 明治三十五年十二月私は父, 明治三十五年十月に帰朝, 明治三十五年徳島を退く, 明治三十五年早稲田大学と改称, 明治三十五年早稻田大學と改稱, 明治三十五年春四月徳島を去り, 明治三十五年當時二十二歳の周樹人, 明治三十五年秋十月十六日常毛二州, 明治三十五年雅衛は二十二歳, 明治三十五年頃歌舞伎座へ, 明治三十八年一月から發行, 明治三十八年一月二十九日であった, 明治三十八年一月発行の, 明治三十八年七月に日光湯本, 明治三十八年三月五日の午前, 明治三十八年三月十三日野間眞綱宛の先生, 明治三十八年三月私は陸軍省, 明治三十八年中に氏, 明治三十八年九月五日の国民大会, 明治三十八年九月刊行の原本, 明治三十八年二月二十三日に歿, 明治三十八年二月二十三日野村傳四宛のハガキ, 明治三十八年五月を以て所謂法隆寺再建論, 明治三十八年五月わたしが戦地, 明治三十八年五月十四日の真昼, 明治三十八年五月四日の午後, 明治三十八年五月春陽堂から出版, 明治三十八年以後は日露戦争, 明治三十八年何月何日戸締りをし, 明治三十八年作の, 明治三十八年元旦旅順は落ちた, 明治三十八年八月七日に友人某, 明治三十八年八月三十一日私の住宅, 明治三十八年八月二十一日の夜, 明治三十八年六月に滿谷國四郎氏, 明治三十八年出版運命よりとして國木田獨歩, 明治三十八年十一月米國桑港に至り, 明治三十八年十二月から菜食, 明治三十八年四月です, 明治三十八年当時陸軍少尉で首里, 明治三十八年我輩がアメリカ, 明治三十八年日露戦争も終り, 明治三十八年正月の夜, 明治三十八年漱石の, 明治三十八年発行の, 明治三十八年頃に家出, 明治三十六七年に没せられた, 明治三十六七年以來の研究者, 明治三十六年ごろには東京, 明治三十六年一月一日間島氏の宅, 明治三十六年一月十六日臨時県会を召集, 明治三十六年七月我西遊を企つる, 明治三十六年九月には, 明治三十六年九月六十六歳で死んだ, 明治三十六年九月十一日沖縄の那覇, 明治三十六年九月東京冨山房から開板, 明治三十六年二十五歳で郷里, 明治三十六年五代目尾上菊五郎が死んだ, 明治三十六年五月だった, 明治三十六年以後のこと, 明治三十六年八月八日の夕暮, 明治三十六年八月十日熊野に入り, 明治三十六年六月下旬号に, 明治三十六年六月二十五日お亡くなり, 明治三十六年初夏のこと, 明治三十六年北清事件のあ, 明治三十六年十一月という日, 明治三十六年十一月三日帝国ホテルに開かれし, 明治三十六年十月八日露国の満, 明治三十六年十月十六日であった, 明治三十六年四月足尾鉱山主古河市兵衛が七十二歳, 明治三十六年巴里の林商店, 明治三十六年幸徳秋水堺枯川らが創立, 明治三十六年日蔭町で七円, 明治三十六年松山に帰省, 明治三十四五年ごろ土佐のある, 明治三十四年一月廿五日予先生を三田, 明治三十四年七月作者二十四歳の時, 明治三十四年七月私が法學院, 明治三十四年三月のくだり, 明治三十四年三月二十一日に, 明治三十四年中ゴルドン将軍伝を書く, 明治三十四年二月一日の日記, 明治三十四年五月六月と引き続い, 明治三十四年五月東京麹町区飯田町の皇典講究所, 明治三十四年余が十七歳, 明治三十四年僕が始め, 明治三十四年僕等は社会民主党, 明治三十四年六月同郷の志賀潔さん, 明治三十四年出版正価一円二十銭の著書, 明治三十四年十三にてみまかりし, 明治三十四年十二月十日第十六議会, 明治三十四年十月に前の, 明治三十四年同門の黒田湖山, 明治三十四年四月文学博士重野安繹撰と書けり, 明治三十四年四月発行の, 明治三十四年新版の, 明治三十四年書生上がりの我ら夫婦, 明治三十四年東京帝国大学前のパン店, 明治三十四年正造は還暦, 明治三十四年版と明治二十五年発行, 明治三十四年生れの刻印, 明治三十四年高安月郊氏がはじめて, 明治三十年一月同所發行大橋乙羽編纂の, 明治三十年三川の依, 明治三十年三月の開場式, 明治三十年乞食の焚火, 明治三十年五月一日わたしが二十六歳, 明治三十年五月一日私が二十六歳, 明治三十年代一世を驚倒, 明治三十年代私の幼年時代, 明治三十年以前の画人, 明治三十年以来詩人小説家戯曲家等を作れる, 明治三十年僕が中村太八郎君, 明治三十年八月五十二歳でこの世, 明治三十年八月十日日暮れて松本裁判所, 明治三十年六月二十六日に出立, 明治三十年六月十七日山階宮晃親王殿下の若宮菊麿王殿下, 明治三十年六月博文館發行の, 明治三十年前後十三四ノ頃ダッタト思ウ, 明治三十年十二月に編輯, 明治三十年十月の明治座, 明治三十年卒業三十二年母校に奉職, 明治三十年夏のころ, 明治三十年夏ブリストル開会の英国科学奨励会人類学部発表, 明治三十年当時東京で一番ハイカラ, 明治三十年早々から明治四十年, 明治三十年時代からの詩, 明治三十年比のこと, 明治三十年浅草新猿屋町, 明治三十年源之助は団十郎, 明治三十年生れの従って, 明治三十年私の許, 明治三十年見当の両国界隈, 明治三十年頃われわれが隅田堤, 明治三十年頃ユニテリアン教會に出入, 明治三十年頃予がロンドン, 明治三十年頃境川の両, 明治三十年頃新たに英語學部, 明治三十年頃東京奠都祭当日の賑, 明治三十年頃紹介状をもらった, 明治三十幾年かにその, 明治三十幾年代の, 明治三四十年代の日本人, 明治三年あたりまでの勢い, 明治三年一家東京に移る, 明治三年一月一日政府の命, 明治三年一月六日これにたいして本国政府, 明治三年七月二十七日のこと, 明治三年七月後妻として野中勝良氏, 明治三年三十七歳大病の時, 明治三年三月一日付で北海道開拓長官, 明治三年三月下旬のロンドンタイムス, 明治三年中津に母, 明治三年九月に香以, 明治三年九月十日に歿, 明治三年九月四日雨降り本陣にて吉左衛門どの一周忌, 明治三年二月発布の, 明治三年五月下旬のこと, 明治三年以来大阪に赴き, 明治三年十二月に和歌山藩, 明治三年十二月三日で四年一月十四日大統領グラント, 明治三年十二歳で, 明治三年十月十日に斬られた, 明治三年堺市外舳松村の百姓, 明治三年大病を煩う, 明治三年庚午初春荒木氏編輯御用書師和泉屋市兵衛須原屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 明治三年明治政府はみずから, 明治三年昭和四年の刻印, 明治三年猿若町のおきぬ, 明治三年生れだから, 明治三年神仏混淆の時, 明治三年私が豊前中津, 明治三年閏十月の大学南校規則, 明治三年頃印刷されたもの, 明治世相史の全体, 明治中世以降濫出の安, 明治中世東京各地に散在, 明治中年の頃, 明治中期後期の登山家, 明治中期頃まで地方巡業, 明治中興の祖, 明治中葉以後のインテリゲンツィア, 明治中葉以降芸者のこと, 明治中葉期の進歩的, 明治乙亥の年, 明治乙亥六月一日に鳥取, 明治乙亥十一月十日に森枳園, 明治九年七月五日年二十二歳熱病で死んだ, 明治九年三月七日徳の幼弟季男, 明治九年以来当地に移住, 明治九年八月二十九日である, 明治九年八月末のこと, 明治九年前原一誠の乱, 明治九年十月九日より十六年三月三十一日, 明治九年生れの兄, 明治九年還暦の後, 明治九年頃チリ辺の洋中, 明治二三年洗馬に於い, 明治二三年頃江漢系統の洋画家, 明治二十一年ごろ東京の芝居, 明治二十一年わたしが十七, 明治二十一年一月十四日に陸軍一等軍医, 明治二十一年五月十五日岡山県美作国真島郡下方村妹尾与一郎氏方にて一, 明治二十一年六月より二十二年六月, 明治二十一年六月三十日を限り, 明治二十一年六月十五日に於ける, 明治二十一年出版とされ, 明治二十一年刊行農商務省地質調査所の日光図幅, 明治二十一年十一月十二日で今, 明治二十一年十二月三日福島縣岩瀬郡須賀川町に生れた, 明治二十一年十二月二日と書し, 明治二十一年十八歳で二高, 明治二十一年十月にいたり, 明治二十一年四月憲法草案は明治天皇, 明治二十一年四月東京下谷区上野西黒門町二番地元御成道警察署南隣, 明治二十一年夏の初め, 明治二十一年子一月約定金請取の証, 明治二十一年当時世界の市場, 明治二十一年新島君のなお, 明治二十一年新春早々から取り掛かりました, 明治二十一年日本に産, 明治二十七八年三十七八年戦役という歴史的, 明治二十七八年日清戦争の最中, 明治二十七年ころ日本に来, 明治二十七年ごろの, 明治二十七年一月興行の入場料, 明治二十七年七月十二日人人と一日百首, 明治二十七年七月相州箱根駅において開設, 明治二十七年三月頃の事, 明治二十七年九月に群馬県師範学校教諭渡辺千吉郎氏, 明治二十七年九月十六日午後五時わが連合艦隊, 明治二十七年予この文, 明治二十七年五月の二十日過ぎ, 明治二十七年五月三十一日のこと, 明治二十七年仙臺から始めて, 明治二十七年以降三十一年までの各, 明治二十七年十二月三十一日マテ之ヲ延期ス, 明治二十七年十二月十日の午後零時, 明治二十七年卒業以来逢う機会, 明治二十七年春三月の末, 明治二十七年頃の, 明治二十三年ハルセミはもはや, 明治二十三年一八九〇年世界全体としてはまだ, 明治二十三年一月二十二日の歌舞伎新報, 明治二十三年一月森鴎外は有名, 明治二十三年七歳の時, 明治二十三年三月二十五日発行の第, 明治二十三年三月二十六日お富, 明治二十三年三月法律第二十八号民法財産編財産取得編債権担保編証拠編同年三月法律第三十二号商法, 明治二十三年三百六十五万町歩とふくれ上っ, 明治二十三年九月三十日に御歌所寄人, 明治二十三年二月十一日の紀元節, 明治二十三年二月大和国月ヶ瀬の梅, 明治二十三年五月十一日にこの, 明治二十三年五月十一日ハルゼミは最早ほとんど, 明治二十三年以後のこと, 明治二十三年八月二十三日またし, 明治二十三年八月十七日上野より一番汽車, 明治二十三年公布の法例, 明治二十三年十一月より本年二月, 明治二十三年十五歳の時, 明治二十三年十月十日の刊行, 明治二十三年国会が開かれる, 明治二十三年国会開設と国民, 明治二十三年曾て此處, 明治二十三年東京で開かれた, 明治二十三年東大の植物学教室, 明治二十三年民法その他の法典, 明治二十三年法律第九十八号民法中人事編並ニ財産取得編中第十三章及第十四章, 明治二十三年集会結社法で婦人, 明治二十九三十三十一年の三年間, 明治二十九年ちやうど日清戦争, 明治二十九年一月十三日に五十七歳, 明治二十九年三十年代は日清戦争, 明治二十九年九月の歌舞伎新報, 明治二十九年九月二日妻初枝, 明治二十九年二月の, 明治二十九年二月五日に歿, 明治二十九年以後のこと, 明治二十九年八月福来博士の発表, 明治二十九年十一月だぜ, 明治二十九年十一月二十三日午前にこの, 明治二十九年十一月明治座で再演, 明治二十九年十二月のこと, 明治二十九年十二月三十一日までその, 明治二十九年十二月三十一日マテ其施行ヲ延期ス, 明治二十九年十二月五日附で熊本, 明治二十九年度には二萬九百八十一町村, 明治二十九年我輩が再び, 明治二十九年時分の話, 明治二十九年来百種ばかりかいた, 明治二十九年歌舞伎座で団十郎, 明治二十九年法典調査会において法例, 明治二十九年紅葉山人は明治三十六七年, 明治二十二・三年を以て筆, 明治二十二三年の頃, 明治二十二三年ごろのこと, 明治二十二三年比のこと, 明治二十二年一月から読売新聞, 明治二十二年一月二十五日には叔母, 明治二十二年一月二月何事もなく, 明治二十二年七月一葉は十八, 明治二十二年三月にいたり, 明治二十二年三月十二日で月俸三十五円, 明治二十二年九月二十一日であった, 明治二十二年九月廿日の刊行, 明治二十二年二月十一日正造が栃木県会議長, 明治二十二年二月十一日紀元の佳節, 明治二十二年五月のこと, 明治二十二年五月以後のこと, 明治二十二年以来つ, 明治二十二年位でした, 明治二十二年八月ということ, 明治二十二年八月十五日褥中筆を執り, 明治二十二年出版の細川潤次郎著考古日本等, 明治二十二年十一月歌舞伎座が新た, 明治二十二年十月八歳で坂東八十助, 明治二十二年春期の総会, 明治二十二年条約改正騒擾の際, 明治二十二年田原町で生れ, 明治二十二年発行の, 明治二十二年皇居をおく, 明治二十二年頃一切の書物, 明治二十二年頃自ら手録した生いたち, 明治二十五六七年の頃, 明治二十五六年ごろの少年たち, 明治二十五年一月に遷化, 明治二十五年七月の歌舞伎座, 明治二十五年二月五日ふと老, 明治二十五年五月の三日初版, 明治二十五年以前に写された, 明治二十五年六月から二十六年三月号, 明治二十五年十一月法律第八号, 明治二十五年十月ごろなるが, 明治二十五年喜多能静氏追善能のため, 明治二十五年四月一日二日の両日, 明治二十五年生れだから, 明治二十五年発行の森鴎外, 明治二十五年矢田部教授が大学, 明治二十五年芝に生れた, 明治二十五年頃から十年位, 明治二十何年頃東京麹町区三番町沿いの御, 明治二十八九年ごろだった, 明治二十八九年日清の戦役, 明治二十八九年頃には歴史画, 明治二十八九年頃余が家一番町, 明治二十八年一月発行の, 明治二十八年九月の, 明治二十八年九月十四日より六十九回, 明治二十八年五月の, 明治二十八年五月三藏が漸く, 明治二十八年以来行ったそれぞれ, 明治二十八年八月の, 明治二十八年十一月二十五日西賀茂の神光院, 明治二十八年十二月二十一日は来りぬ, 明治二十八年四月の, 明治二十八年女學校の卒業式以來一度, 明治二十八年尾州丹羽郡青木村字天摩なる神社, 明治二十八年日清戰爭當時の同期卒業生, 明治二十八年来の地震, 明治二十八年母と結婚, 明治二十六七年の交, 明治二十六七年ごろには赤間ヶ関消毒所, 明治二十六七年頃自分の中学時代, 明治二十六世紀の風潮, 明治二十六年きさらぎの初, 明治二十六年ごろに大学助手, 明治二十六年一月上京した, 明治二十六年三月には女子部, 明治二十六年三月二十一日がその, 明治二十六年三月十六日に学校庭内, 明治二十六年九月の帝国大学法科大学, 明治二十六年予故サー・ウォラストン・フランクス, 明治二十六年五月の歌舞伎座, 明治二十六年五月ごろ福島県石川郡石川町字下泉鎮守の古び, 明治二十六年五月十二日より二十八年, 明治二十六年八月二十一日に生れました, 明治二十六年六月を期し, 明治二十六年奥州行脚に出掛し, 明治二十六年就職以来今日まで実に, 明治二十六年春であったか, 明治二十六年楳嶺先生の塾, 明治二十六年漬の梅干, 明治二十四五年ごろでしたでしょうから, 明治二十四年一月九日西賀茂神光院なる覺樹, 明治二十四年三月塀和三藏は伊豫尋常中學校, 明治二十四年二月廿四日出版八幡楼高尾序川上鼠文序烏有山人筆記娼妓てこ鶴の演説, 明治二十四年五月に刊行, 明治二十四年五月十一日滋賀県の巡査津田三蔵, 明治二十四年以来四度の質問, 明治二十四年以来衛生について政府, 明治二十四年十一月第二議会, 明治二十四年十二月十八日代議士田中正造は第, 明治二十四年十月遂に上, 明治二十四年十月二十七二十八の二日間, 明治二十四年十月二十八日の濃, 明治二十四年十月十六日木村旧軍艦奉行, 明治二十四年晩秋に高知, 明治二十四年正月の歌舞伎座, 明治二十四年發行の, 明治二十四年私の祖父, 明治二十四年頃であった二葉亭, 明治二十年ごろ国粋主義のさかん, 明治二十年ごろ民間に行われ, 明治二十年一月成と刻しぬ, 明治二十年七月であった, 明治二十年二月二十六日に歿, 明治二十年二月十一日大阪市浪速區鴎町一丁目に生れた, 明治二十年二葉亭の, 明治二十年代位に至る, 明治二十年代前後の意識, 明治二十年以來五年課程の尋常中學校, 明治二十年以前にあった, 明治二十年以前木橋であつ, 明治二十年以来日本では忘, 明治二十年位のこと, 明治二十年先生が一時世上, 明治二十年八月二十五日午前九時なり, 明治二十年八月興行であったと, 明治二十年六月の大祭, 明治二十年前までは小倉城下, 明治二十年功成りて, 明治二十年十二月のこと, 明治二十年十二月二十三日夜より二十一年三月七日夜, 明治二十年十月二十九日郵送せる事実, 明治二十年和歌山県久保某氏より報知, 明治二十年四月でそれ, 明治二十年四月下旬になっ, 明治二十年度に於ける, 明治二十年後半という時代, 明治二十年末のロマンティシズム, 明治二十年末期の, 明治二十年東京の湯屋, 明治二十年私達の作った, 明治二十年頃今の井上, 明治二十年頃小岩村江戸川寄りの水沢地, 明治二十年頃米国から日本, 明治二十年頃言問の水上, 明治二十年頃開墾されて, 明治二年一月十二日いらいの, 明治二年七月八日発行の明治新聞, 明治二年二月はまさに, 明治二年二月七日付の神戸米領事ロビネット, 明治二年二月十三日に父, 明治二年八月九日生であるから, 明治二年六月久昭の東京, 明治二年出版の, 明治二年前後は能楽師, 明治二年十一月から三年四月, 明治二年十一月五日岩倉右大臣邸で持たれた, 明治二年十一月十二日ボルトメン利権を強引, 明治二年十一月十二日付で, 明治二年四月九日に刑法官判事, 明治二年四月四日長知公は新都東京, 明治二年四月岩倉具視宛の書簡, 明治二年己巳に二十八, 明治二年師走のこと, 明治二年明治政府はイギリス公使, 明治二年春王正月大日本憂世子, 明治二年正月とともに日本, 明治二年正月十六日生であるから, 明治二年米人技師ガンブルが上海, 明治二年翁は青年五人, 明治二年長崎で日本, 明治五〇年の間役人, 明治五六年ごろには, 明治五十年は最も, 明治五年一千町歩明治十八年三万二千町歩五年のちの明治二十三年三百六十五万町歩, 明治五年七月東京第一大区十一小区東松下町三十七番地工部省七等出仕塩田真方寄留, 明治五年九月十六日に東堂, 明治五年京浜間の鉄道, 明治五年以前には半紙, 明治五年以後の十カ年, 明治五年以来の割合, 明治五年以来日本人民はこの, 明治五年八月に七十八歳, 明治五年初めに約, 明治五年創設された大正初年, 明治五年十一月三日付そのとき, 明治五年十月二日太政官布告第二百九十五号, 明治五年向島三囲稲荷の境内, 明治五年四月柳橋の傍, 明治五年壬申の夏, 明治五年壬申初冬福澤論吉賣弘, 明治五年新富町の劇場舞台開き, 明治五年日本政府に電報, 明治五年正月二十九日調べの内地人口三千三百十一万〇七百九十六人, 明治五年正月十日頃にあたる, 明治五年比の晩春, 明治五年申五月朔日社友早矢仕氏, 明治五年申四月学校出版の表, 明治五年福沢諭吉が, 明治五年芳幾が一枚絵, 明治五年長野県の馬籠, 明治五年頃から大して, 明治人勤倹尚武思想を幾分, 明治以來中等教育を受けた, 明治以來出現した女流作家, 明治以來濫造される飜譯漢語, 明治以前幕府に受容, 明治以外の人, 明治以後ここへ移っ, 明治以後といつても宜しい, 明治以後わが国における科学, 明治以後一篇もあらわれ, 明治以後便利で安, 明治以後史學が盛, 明治以後多くの西洋語, 明治以後大正に到っ, 明治以後天皇尊崇の名, 明治以後安直な学問, 明治以後彼の最初, 明治以後戦争文学が如何, 明治以後所演が尠, 明治以後政治運動と共に新しい, 明治以後東京始めての, 明治以後氷川明神が服部坂, 明治以後演劇の向上, 明治以後盛に東京府下, 明治以後薩長政府をはじめ御用史家, 明治以後鶴を見た, 明治以来ことに移住者, 明治以来これが嚆矢, 明治以来しきたりとなっ, 明治以来たくさんの作家, 明治以来わが国では文学, 明治以来われわれは単位, 明治以来ヨーロッパでいわれ, 明治以来一人一党の抜くべからざる, 明治以来一時はそれ, 明治以来七十何年かの歳月, 明治以来上場されたこと, 明治以来不具のまま, 明治以来事実にあらわれ, 明治以来例のない, 明治以来侵略的な軍事力, 明治以来倫理を講ずる, 明治以来僅に残存, 明治以来全国にしみとおっ, 明治以来卓越した作品活動, 明治以来外国から移植, 明治以来外来文化に合わせ, 明治以来天皇制支配の一つ, 明治以来封建的な社会秩序, 明治以来幾何学的な解剖, 明治以来幾変転を重ねた, 明治以来我々の文壇, 明治以来支配権力が公的, 明治以来政府は文化政策, 明治以来文明の進歩, 明治以来文部大臣となりし, 明治以来昭和の今日, 明治以来昭和十五年までの日本文学, 明治以来朝鮮台湾満州国に於, 明治以来木曾山の大, 明治以来殆ど土地の人, 明治以来流行の勅語, 明治以来満州や中国, 明治以来男子に与え, 明治以来禁断同様であつ, 明治以来芸術特に文学, 明治以来衰微にかたむいた, 明治以来西洋哲学が輸入, 明治以来西洋文明の移入, 明治以来詩人がゐなかつた, 明治以来軍国主義でかたまる, 明治以来鉄道が普及, 明治以降古書の研究, 明治以降所謂改葬を經, 明治以降百万人の文学, 明治伝来の文化, 明治何年以来の寒, 明治何年何月何日大日本帝國海軍大佐櫻木重雄本島, 明治何年生まれかな, 明治何年頃でありましょうか, 明治の街路樹, 明治元勲の悪風, 明治元年あたりを平田派全盛時代, 明治元年三月中旬より二年六月上旬, 明治元年三月十三日のしかも, 明治元年三月病を以て参与, 明治元年二月内國事務參與職ニ補セラレ尋デ公議院, 明治元年五月十五日の夕刻, 明治元年五月十四日の午過ぎ, 明治元年八十二歳を以て歿, 明治元年十月の生れ, 明治元年四月二十一日太政官布告の政体書, 明治元年彼女は七十八歳, 明治元年春からの騒ぎ, 明治元年正月三日から六日, 明治元年江戸が東京, 明治元年滋賀県の長浜, 明治元年版の山陽詩註, 明治元年生まれの七十三歳, 明治元年藩政改革の時, 明治元年越後柏崎の戦い, 明治元年開店の当日, 明治八乙亥とあれ, 明治八年ごろの築地風俗, 明治八年一月の新富座, 明治八年三月十五日の事, 明治八年三月十五日出生隼男と明記, 明治八年九月四日午前一時頃我等別荘浅草区橋場町一丁目十三番地留守居の者共夫, 明治八年二月に至る, 明治八年二月七日の日日新聞, 明治八年以来見る機会, 明治八年十一月ばかりに八十六歳, 明治八年十二月にて六週間計り, 明治八年十二月十日に八十五, 明治八年半ばごろ厳重なる法律, 明治八年四月二十三日四条通り御幸町西へ行った, 明治八年四月二十三日私の父, 明治八年四月徳島新聞第七號の附録, 明治八年家禄の奉還, 明治八年日本に屈服, 明治八年正造が岩手県, 明治八年正造隣村酒屋の番頭, 明治八年民法編纂委員を命じ, 明治八年生れといふ, 明治八年私は二十四, 明治八年起稿して, 明治八年頃東京築地で生れ, 明治六七年以来数えがたく, 明治六年キリシタン禁制の高札, 明治六年一月二十日淡路国洲本に生る, 明治六年中村座の六月興行, 明治六年二月に太政官布告, 明治六年五月に頒布, 明治六年五月ごろまで熊本鎮台, 明治六年五月二十一日にこの, 明治六年出版の, 明治六年刊行したと, 明治六年政府の方針, 明治六年明治大帝最初の特別, 明治六年某月である, 明治六年発布の, 明治六年筋違見附を取壊し, 明治六年習志野の演習, 明治六年開店の時, 明治出生のもの, 明治初めだが, 明治初年ころの記載, 明治初年ニ高橋オ伝ノ弁護, 明治初年井上博士に依, 明治初年以來の舊物舊思想, 明治初年以後曲げられて, 明治初年以来の事, 明治初年以来台頭しつつ, 明治初年以来父が世話, 明治初年信教の自由, 明治初年士族の食いっぱぐれ, 明治初年婚礼の一例, 明治初年建ての当時, 明治初年彰義隊の時, 明治初年拜領地拜借地返上のとき會, 明治初年文人画家として令名, 明治初年時代の追想, 明治初年末まで變化, 明治初年松賀流繁栄を示した, 明治初年比田舎角力で名, 明治初年生れの年輪どおり, 明治初年的略称が後, 明治初年神仏の区別, 明治初年福山東京間の旅程, 明治初年私の住居, 明治初年自由民権の演説流行, 明治初年臺灣で遭難, 明治初年製の橋, 明治初年西洋画法を志した, 明治初頭十年十五年間の社会事情, 明治前後には俊豪, 明治前後日本の藩情如何, 明治を防いだ, 明治医学校でも実験用, 明治医界の先輩, 明治十○年といふその, 明治十一二年以来かの新富座, 明治十一二年頃に行われた, 明治十一年ごろ富山市に移り, 明治十一年一月五日には玉井進, 明治十一年七月十日千葉県下下総国野田宿なる太田屋, 明治十一年七月十日野田に祇園会, 明治十一年三代目孝兵衛の長女, 明治十一年九月二十七日に八十四歳, 明治十一年九月廿八日とある, 明治十一年九月方庵は六十一歳, 明治十一年二十歳を越し, 明治十一年八月三日両国橋畔の大, 明治十一年八雲を拓いた, 明治十一年六月おのが父, 明治十一年六月七日再造新富座開業, 明治十一年六月十日突如陸奥, 明治十一年十二月歓迎されない誕生, 明治十一年印行の時, 明治十一年四月までながらえ, 明治十一年大久保内務卿の暗殺以来, 明治十一年文三が十五, 明治十一年新富座の舞台びらき, 明治十一年玄漁は十三年, 明治十一年私が十六, 明治十七・八年頃から東京, 明治十七八年ごろの鹿, 明治十七八年ごろ本堂が落成, 明治十七八年以前へは辿っ, 明治十七八年比のこと, 明治十七八年頃渡来したまま, 明治十七年一月出版著者永井徹の警視庁警視属, 明治十七年一月十二日に歿, 明治十七年一月十六日の出版, 明治十七年七十歳にて亡くなりました, 明治十七年三月私が満, 明治十七年九月二十三日加波山に旗上げ, 明治十七年二月二十二日には私, 明治十七年五月十三日妙義山麓の陣場ヶ原, 明治十七年以来発狂して, 明治十七年作者四十六歳の砌, 明治十七年八月で船, 明治十七年八月万国講和協会の調査, 明治十七年八月十四日開設の万国講和協会, 明治十七年出版の縮刷, 明治十七年十一月出板三木愛花著, 明治十七年十月某夜, 明治十七年彼は, 明治十七年日本美術協会が生まれ, 明治十七年生で明治四十一年, 明治十七年貴方がた, 明治十七年頃そこには病院, 明治十七年頃日本美術協会というもの, 明治十七年頃舊江戸の東京, 明治十三年ごろか, 明治十三年スウィスの首都ベルン, 明治十三年三月三十日翁六十四歳の時, 明治十三年二月二十二日横濱並にその, 明治十三年五歳の時平河小学, 明治十三年以来用いられて, 明治十三年以降その当時, 明治十三年余が十七歳, 明治十三年出京して, 明治十三年十一月三日の日記, 明治十三年十二月にアジヤ協会, 明治十三年十二月板酔多道士著, 明治十三年十四年十五年とつづいた, 明治十三年四月には東北, 明治十三年四月十三日河野広中片岡健吉らの草, 明治十三年彼は群馬栃木, 明治十三年晩春利根の下流, 明治十三年水戸徳川家の増植, 明治十三年生だから, 明治十三年生れであること, 明治十三年頃佐川に西村尚貞, 明治十九の歳華, 明治十九年ごろの事, 明治十九年ごろ私も小西, 明治十九年三月二十三日なりき, 明治十九年九月某夜, 明治十九年二月としてある, 明治十九年二月九日発行の東京新誌, 明治十九年二月二十日の条, 明治十九年二月二十日公務を担い, 明治十九年五月新富座でかの, 明治十九年以前いろはになる, 明治十九年以来憲法なる語, 明治十九年余が手, 明治十九年僕がまだ, 明治十九年六月上旬より病気, 明治十九年十一月向両国, 明治十九年十一月三日の夜, 明治十九年十一月二十九日の夜, 明治十九年十二月三日享年六十三で歿, 明治十九年十月十五日曇り, 明治十九年十月十四日墓は市内下寺町, 明治十九年十月十四日歿行年五拾八歳とあっ, 明治十九年新富座一月興行に於い, 明治十九年沒勤王の志士, 明治十九年没勤王の志士, 明治十九年私が初めて, 明治十九年秋予和歌山近傍岩瀬村の街道傍, 明治十九年頃は大学, 明治十九年頃安田一家がこ, 明治十二三年以後でそれから, 明治十二年一月作者六十四歳のとき, 明治十二年七月の夏芝居, 明治十二年三月博物局発行の, 明治十二年九月二十三日の午後十時, 明治十二年以降某官衙, 明治十二年八月内務省地理局の測量方, 明治十二年六月十二日独逸皇孫殿下が新富座, 明治十二年十二月であるから, 明治十二年卯歳の生れ, 明治十二年大阪で出版, 明治十二年官許代言人今から見れ, 明治十二年岡本先生八歳父君にともなはれ, 明治十二年岩倉右大臣はすべて, 明治十二年己の卯, 明治十二年末から二十年, 明治十二年生まれの妻, 明治十二年発行内務省地理局の印, 明治十二年編纂の, 明治十二年長谷川泰訳の, 明治十二年頃紀州日高郡の一村, 明治十五六年代のもの, 明治十五六年比の秋, 明治十五六年頃私はまだ, 明治十五年一月四日に発せられた, 明治十五年三月に県道, 明治十五年九月にて局中, 明治十五年九月二十一日東京京橋新富町に生れた, 明治十五年予高野登山の途次, 明治十五年二月五十四歳を以て世, 明治十五年以前の香, 明治十五年以来七十年にわたってこれら, 明治十五年六月興行で, 明治十五年前半期の福島警察枢要書類等, 明治十五年創立で当時, 明治十五年十一月四代目沢村源之助を襲名, 明治十五年十二月出板三木愛花著, 明治十五年十六年の二年間, 明治十五年十月三日生まれとなっ, 明治十五年十月廿一日で以後二十年間, 明治十五年四月の, 明治十五年四月八つで小学校六級, 明治十五年大学予備門に入る, 明治十五年改進党組織の初, 明治十五年末をもっ, 明治十五年東京専門学校の名, 明治十五年東京專門學校の名, 明治十五年東京醫學校を出られる, 明治十五年生であり明治廿九年上京, 明治十五年生まれだから, 明治十五年生れ当年五十八歳とは思へない, 明治十八九年米国ニ留学セシ男ガアイリッシュノ若キ女, 明治十八年ごろアメリカの帆走船, 明治十八年三万二千町歩五年のちの明治二十三年三百六十五万町歩, 明治十八年九月近藤眞琴君の, 明治十八年予神田錦町で鈴木万次郎氏, 明治十八年二月十四日に中佐相当陸軍一等軍医正, 明治十八年五月二日だと, 明治十八年以後の事, 明治十八年八月二十四日であった, 明治十八年八月芦峅寺から立山, 明治十八年前後の彼, 明治十八年十二月十九日大阪未決監獄において時に, 明治十八年十二月東京市により建設, 明治十八年十二月頃には嫌疑者それ, 明治十八年夏の頃, 明治十八年建設当初に河鍋暁斎, 明治十八年版で新居守村, 明治十八年自ら総理大臣と為り, 明治十八年自ら總理大臣と爲, 明治十六年ごろから多く, 明治十六年ニ生ンダ我ガ子ノ督, 明治十六年一月のこと, 明治十六年七月である, 明治十六年五月に実行, 明治十六年八月出板三木愛花著, 明治十六年六月檜物町の芸妓叶家歌吉とい, 明治十六年夏薩摩より京, 明治十六年外国輸出の総計, 明治十六年比米国船が伊豆, 明治十六年版の, 明治十六年発行の同氏訳, 明治十六年酔多道士, 明治十六年頃までこの, 明治十四五年以後のこと, 明治十四五年私が二十歳頃, 明治十四年ごろの創立, 明治十四年一月二十八日御届, 明治十四年七つの時, 明治十四年三月の新富座初演, 明治十四年九月予は従来筆記, 明治十四年二十八才の時, 明治十四年來藩閥控制の術數, 明治十四年僕が九つ, 明治十四年十一月一日に叔母, 明治十四年十月十二日の詔, 明治十四年太政官中に商法編纂委員, 明治十四年春の評判記, 明治十四年来藩閥控制の術数, 明治十四年栃木縣の統計, 明治十四年生れの彼, 明治十四年私の二十歳, 明治十四年自分が四歳, 明治十四年陽春の, 明治十四年頃にたとえ, 明治十四年頃世界の終焉, 明治十年一月県官を広島, 明治十年九月二十四日に城山, 明治十年九月五日であった, 明治十年五月の, 明治十年代自由党左派の決起, 明治十年以前母が大阪, 明治十年以後のこと, 明治十年八月出版の, 明治十年六月上の博物局員一行, 明治十年前に行われた, 明治十年前後僕が学校ざかり, 明治十年前後和歌山に奧縞, 明治十年前頃までに発行, 明治十年十一月十一日に六十四歳, 明治十年十月七日彼女は藤村家, 明治十年十月二十四日東京で生れ, 明治十年司法省出版の, 明治十年四月三日に両国中村楼, 明治十年西南の戦争, 明治十年西南役の歌, 明治十年頃團子坂の菊人形, 明治十年頃小林清親翁が新しい, 明治十年鹿児島にわたって十七年間, 明治卅一年七月十日印刷云々とある, 明治卅一年十一月四日卒戒名は円立院花橘日松信士, 明治卅一年子規はベースボール, 明治卅一年頃東京音樂學校の需, 明治卅七年に書いた, 明治卅三年正月故郷仙臺にある, 明治卅三年頃の相場, 明治卅九年の夏休み, 明治卅二年であつ, 明治卅二年七月十二日夜処は上根岸, 明治卅二年十一月三日の夕方, 明治卅二年十月二十一日午後四時過處, 明治卅五六年のこと, 明治卅五六年時代の交渉以上, 明治卅五六年頃から有, 明治卅五年十一月九日から七日間, 明治卅五年沙翁の, 明治卅五年頃の事, 明治卅何年ごろまでは其筆, 明治卅八年秋八月日魯両国講和条約の結ばれし, 明治卅四年冬より三年, 明治卅年ごろは金, 明治卅年見当に横山町, 明治以降今日に, 明治吉原の夏, 明治名作展を見, 明治商店の者迎, 明治四一年六月二二日わたしは紺がすり, 明治四三年九月わたしが出獄, 明治四五年ごろには戸部, 明治四五年頃ピヤノやヴァイオリン, 明治四五年頃寺子屋に行き, 明治四十一年わたしは海外, 明治四十一年ダヌンツィオの, 明治四十一年一月の, 明治四十一年九月一日からである, 明治四十一年九月十一日上州松井田の宿, 明治四十一年二月の日附, 明治四十一年五月十九日わたしは刑期, 明治四十一年以降鏑木清方に就い, 明治四十一年仲島渡地の娼家, 明治四十一年六月二十二日東京神田に於, 明治四十一年兵として近衛歩兵, 明治四十一年初夏以降即ち, 明治四十一年十二月軍隊内務書改正の折, 明治四十一年十月の末, 明治四十一年十月以降一年足ずの, 明治四十一年十月発行の第, 明治四十一年卅七歳の四月八日, 明治四十一年四月ハロー市の大火, 明治四十一年四月一日發行アカネ第壹卷, 明治四十一年四月二日の昼過ぎ, 明治四十一年夏以後の作一千余首中, 明治四十一年大正元年昭和五年の三度捕獲, 明治四十一年寅季秋の奉, 明治四十一年日露戦争が日本, 明治四十一年昭文堂刊行の, 明治四十一年歳首に刊行, 明治四十一年浅間山へのぼる, 明治四十一年秋の紀念, 明治四十一年秋僕西洋より帰, 明治四十一年秋水が翻訳, 明治四十一年頃ロシヤのパンパン, 明治四十一年首相西園寺公望が文士, 明治四十三四年のころ, 明治四十三年一月太刀山対駒ヶ岳の立合, 明治四十三年三月の出版, 明治四十三年三月ごろであつ, 明治四十三年三月二十三日同志代議士中村啓次郎氏衆議院において一場, 明治四十三年上野を卒業, 明治四十三年中に成りたる, 明治四十三年九十四歳ヲ以テ歿ス, 明治四十三年九月わたくしは刑期, 明治四十三年二月三日粕谷草堂の一家, 明治四十三年五月の作, 明治四十三年五月下旬私は東京市内, 明治四十三年五月発行と書い, 明治四十三年以来あの一角, 明治四十三年余が二十六歳, 明治四十三年修善寺大患後胃腸病院入院中の日記, 明治四十三年八月初旬の水害以後, 明治四十三年六月七月東亞之光第五卷第六號第七號, 明治四十三年十一月夫婦になりました, 明治四十三年十一月號の, 明治四十三年十二月のすえ, 明治四十三年十二月二十九日伊豆伊東に於, 明治四十三年十二月十八日幸徳がその, 明治四十三年十月二十日朝東京にて, 明治四十三年十月二十日黒羽町万盛楼の娼妓小万, 明治四十三年十月十一月十二月史學雜誌第貳拾壹編第拾號第拾壹號, 明治四十三年十月田島金次郎翁がその, 明治四十三年千代田書房発兌の山田美妙氏, 明治四十三年四月二十三日の午前十時ごろ, 明治四十三年執筆にかかる, 明治四十三年夏のはじめ, 明治四十三年此地菊屋ニ於テ舊痾ヲ養フ一時危篤ニ瀕スルヤ疾, 明治四十三年秋都下洪水の時, 明治四十三年秋隅田川暴漲の事, 明治四十三年華族会館で講演, 明治四十三年頃に新しく, 明治四十三年頃帝政の世, 明治四十三年頃韓国守備中に箕作博士, 明治四十二年三月二十日の日記, 明治四十二年九月十七日高らかな産聲, 明治四十二年九月十三日でした, 明治四十二年二十九歳のとき, 明治四十二年二月の文章世界, 明治四十二年五月帰途の船, 明治四十二年以後の手紙, 明治四十二年八月十四日姉川大地震, 明治四十二年六月十九日青森県北津軽郡金木町に生れた, 明治四十二年前途の野心, 明治四十二年十一月日本新劇史上画期的と称せられる, 明治四十二年十二月に泡鳴, 明治四十二年十二月三十日世間では年末, 明治四十二年十二月小説寄生木が世, 明治四十二年十月であり私, 明治四十二年十月二十六日午前八時元勲伊藤公の坐乗, 明治四十二年史學科の組織, 明治四十二年小山内薫が初めて, 明治四十二年春のこと, 明治四十二年末少尉任官とともに山形, 明治四十二年発行の, 明治四十二年頃から三, 明治四十二年頃石井山本倉田などの, 明治四十五年七月一日には近代的, 明治四十五年七月二十三日より二十七日, 明治四十五年七月二十九日五十一歳病気で歿, 明治四十五年三月十四日から一週間, 明治四十五年五月博文館發行の, 明治四十五年十二月二十九日の午前, 明治四十五年夏夜逃げの旅, 明治四十五年新聞社に入る, 明治四十五年昌造へ御, 明治四十五年昌造贈位の御沙汰, 明治四十五年著者二十八歳の時, 明治四十五年頃を青年時代, 明治四十何年代のもの, 明治四十八年には三階, 明治四十四五年の頃, 明治四十四年ロダンの彫刻, 明治四十四年一月からいよいよ, 明治四十四年一月二十四日の朝, 明治四十四年一月十五日即ち同, 明治四十四年一月四日の夜, 明治四十四年七月英京ロンドン客中にわかに思い立ち, 明治四十四年七月號に, 明治四十四年三月相州湯河原の山懷, 明治四十四年三月籾山書店は, 明治四十四年九月二十二日から三日間, 明治四十四年九月十一月同四十五年二月, 明治四十四年九月十四日南米ブラジル国首府リオデジャネイロ港に入船, 明治四十四年五月一日に完成, 明治四十四年代の文壇, 明治四十四年以後は明治座, 明治四十四年八月二十七日午後五時オルコマ号に駕, 明治四十四年八月二日北極海観光船を辞し, 明治四十四年八月末のこと, 明治四十四年六月十六日午後三時南アフリカ喜望峰を解纜, 明治四十四年十一月にこの世, 明治四十四年十一月八日に横浜, 明治四十四年十月には東京植物同好会, 明治四十四年十月三日私は第, 明治四十四年十月二十八日朝チリ国バルパライソ港に入, 明治四十四年十月興行に, 明治四十四年四月より四十五年一月, 明治四十四年四月一日横浜を出航, 明治四十四年四月九日と記憶, 明治四十四年夏わたしは呼吸器, 明治四十四年大阪朝日新聞の懸賞, 明治四十四年発刊当時の, 明治四十四年秋に支那人, 明治四十年ぐらゐの京橋區佃島の住吉, 明治四十年ごろ八十からになつて, 明治四十年一月二十五日生として記帳, 明治四十年一月二十八日に至り, 明治四十年七月の, 明治四十年七月与謝野先生北原白秋木下杢太郎平野万里等と九州, 明治四十年九月十六日第三學年乙組芥川龍之介稽習の新年, 明治四十年九月某の日, 明治四十年二月二十三日の平民新聞, 明治四十年二月十七日東京神田錦輝館に於ける, 明治四十年五二会の競進会, 明治四十年代初期という年代, 明治四十年代早々に催された, 明治四十年以前であろう, 明治四十年以降かれは, 明治四十年八月の函館大火, 明治四十年八月岡麓氏予が請, 明治四十年六月三十日第十一回目, 明治四十年六月十一日付で東京音楽学校助教授, 明治四十年初期の環境, 明治四十年十一月の二十二日, 明治四十年十一月十五日に陸軍, 明治四十年十月十四日光誉春琴恵照禅定尼の祥月命日, 明治四十年十月十四日歿行年八拾三歳とある, 明治四十年十月十日の東京新聞, 明治四十年十月十日始皇の驪山, 明治四十年十月大日本帝国月世界探検隊この地, 明治四十年四月出版の, 明治四十年式の社会主義者, 明治四十年末から大正初頭, 明治四十年比独り判断の出来る, 明治四十年比私は一度, 明治四十年父は漸く, 明治四十年発行の東京市編纂, 明治四十年紐育より仏蘭西, 明治四十年見当であらう, 明治四十年頃観潮楼歌会といわれる, 明治四十年頃青鞜社の時代, 明治四年あたりまではよかっ, 明治四年ごろは市場, 明治四年エタ非人称号廃止, 明治四年エタ非人解放当時までも地方, 明治四年一月のこと, 明治四年七月二十七日大蔵省の中, 明治四年七月列藩を廃, 明治四年七月維新政府ははじめて一応, 明治四年二月の頃, 明治四年亜墨利加に留学, 明治四年以前の諸, 明治四年以来全国の人口, 明治四年以来四倍と二割弱, 明治四年八月予再び家, 明治四年六月といえ, 明治四年六月三十日付大蔵少輔伊藤博文, 明治四年六月十六日から新, 明治四年処は日本, 明治四年十一月三日森立之妻, 明治四年十一月十二日こんどは日本政府そのもの, 明治四年十一月本邦出立支那印度等に旅, 明治四年十二月と同, 明治四年十月十日の事, 明治四年四月十一日に至る, 明治四年四月某日以来江刺県大属木村新八郎暗殺, 明治四年岩倉具視の一行, 明治四年廃藩のころ, 明治四年廃藩置県の業, 明治四年是れも, 明治四年称号廃止当時の数, 明治四年米人ハリマンに招かれ, 明治四年辛未十月下拙, 明治四年頃ロンドンで法律, 明治四年頃和歌山市にただ一ヶ所豚, 明治四拾四年十二月廿四日ふと出, 明治図書館への発達史上注目, 明治壬申に至り, 明治変革は叢, 明治大官の二十, 明治大帝ナキ後ノ歴代内閣, 明治大帝ハ何ノ爲メニ日露, 明治大帝大正天皇の御, 明治大帝崩御の年, 明治大帝最初の特別, 明治大帝繪畫館の壁畫, 明治大正二代にわたる寄席文化史, 明治大正以前の事実, 明治大正以来の警察常識, 明治大正名作展を見た, 明治大正思想史の中, 明治大正文學を語る, 明治大正文學全集第六卷第六百六十六頁, 明治大正文學史であると, 明治大正昭和三代を通じて築き上げられた, 明治大正現代における大き, 明治大正美術展も見られなかった, 明治大正詩人の口吻, 明治大正麗人伝中の登場者, 明治天皇もまた, 明治天皇陛下万歳万々歳皇后陛下の万歳万々歳, 明治天皇陛下皇后宮皇太后の宮, 明治奥田元栄, 明治女塾の舎生たち, 明治女学勃興期の少女, 明治女性の勝気, 明治女風俗を何, 明治始頃まで窯場, 明治子規に至る, 明治学院教授の鷲山弟三郎氏, 明治學院に通つて, 明治官僚制そのものであった, 明治官僚簿が, 明治家庭小説式色つぽ, 明治小説史と紅葉山人, 明治小説史上の逸話, 明治小説界の最も, 明治少し前の, 明治少将から支那通, 明治などがクリスマス, 明治市井文化の一断片, 明治幣制で, 明治年代西洋人情噺を以而, 明治年間今日にいたり, 明治年間四十余年を通じての人情, 明治年間幾多の詩人, 明治年間残存の江戸浮世絵師, 明治年間池塘に居, 明治年間花柳風俗の変遷おの, 明治座があつた, 明治座が竣工したの, 明治座一月興行の二番目, 明治座一派を初めて, 明治座予定地の北隣, 明治座休場のニュース, 明治座休場中の左団次一座, 明治座八月興行の立看板, 明治座初日二番目出揃ひに, 明治座惣ざらひなり, 明治座時代の少年期, 明治座稽古に招, 明治座脚本礼金参百円持参す, 明治座興行のとき, 明治座舞台稽古なり, 明治座落成して, 明治廿一二年から日露戦争, 明治廿一年七月十五日にはかの, 明治廿一年三月のこと, 明治廿一年五月の千歳座, 明治廿一年以前を春の, 明治廿一年十一月十二日で今, 明治廿一年頃は笄山, 明治廿七八年頃から小作人, 明治廿七年五月のかと思ふ, 明治廿三年三月廿五日発行の第, 明治廿三年二月廿三日夜より廿四日, 明治廿三年頃憲法発布祭日の追憶, 明治廿九年上京したから, 明治廿九年乃木中将が台湾総督, 明治廿二三年のころ, 明治廿二三年ごろに死んだ, 明治廿二年予の始め, 明治廿二年二月の憲法発布, 明治廿二年二月十一日は夜来, 明治廿二年以來川床が非常, 明治廿二年米國ミンガン州アナバー市で松平康國氏, 明治廿二年西町から仲御徒町三丁目, 明治廿五六年のころ, 明治廿五六年頃の情景, 明治廿五年ごろには山川, 明治廿五年二月臨時総選挙施行, 明治廿五年奴が廿二歳, 明治廿五年旧暦六月二十六日の午すぎ, 明治廿五年農科大學, 明治廿八年の五月, 明治廿八年五月大連湾より帰り, 明治廿八年初刊の, 明治廿八年末に物故, 明治廿八年版の雑誌太陽, 明治廿八年神戸の病院, 明治廿六年一月になっ, 明治廿六年七月十一日夕龍動市クラパム區トレマドク街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪, 明治廿六年予大英博物館, 明治廿六年就職以来今日まで実に, 明治廿四五年ごろまであった, 明治廿四年が最初, 明治廿四年二月出板大文字楼静江序角海老楼金龍句稲本楼八雲詩松の家露八句其他, 明治廿四年依田学海翁が男女混合, 明治廿四年六月の事, 明治廿四年十二月本員等の質問, 明治廿四年十月遂に上, 明治廿四年十月廿二日だつたこと, 明治廿四年浅草公園裏の吾妻座, 明治廿四年議会に始め, 明治廿年に三歳, 明治廿年三月十日まで伊那, 明治廿年以後であつ, 明治廿年前後の小石川富坂辺, 明治廿年左右までは一帯, 明治に統一, 明治式辭書の編纂, 明治当代の最も, 明治当初のまま, 明治往年を懐旧, 明治後半期の政界, 明治維新の, 明治御一新以来の日本人, 明治御一新以来全国各県, 明治御一新後十年高座に乗合馬車, 明治思想と大正思想, 明治怪盗の名, 明治情調で一番私, 明治慶応に教え, 明治抒情詩の新, 明治拾年拾月四日鳥取縣八上郡曳田村に生る, 明治支配者の利害, 明治改元の前, 明治改元当時であつ, 明治政史の一大段落, 明治政府以来の新規, 明治政府以来国外からの圧迫, 明治政府以来国家が教育制度, 明治政府以来民衆という観念, 明治政府治下の官吏, 明治政府鋳造の一分銀, 明治文人の岩野泡鳴, 明治文化史の插画, 明治文化研究會が發行, 明治文士之墓, 明治文学以来の進歩的伝統, 明治文学史上彼は彼, 明治文学史家の各々, 明治文学史研究家は裏糸, 明治文学大正文学そして昭和, 明治文学研究も行われた, 明治文学研究者はどう, 明治文学者の生涯, 明治文學史上の謎, 明治新政の手, 明治新政以来已に埋没, 明治新派和歌歌人の尖端, 明治新潟の草分け, 明治新聞と云う, 明治新調の成立, 明治時代の, 明治早々にし, 明治昇平の四十四年, 明治昼夜銀行の亀沢支店, 明治昼夜銀行支店を軒なみ, 明治時代上州高崎に床安, 明治時代以後に武士道, 明治時代前記の, 明治時代史の一節, 明治時代呼吸器に関する専門家, 明治時代帷幄政治で名, 明治時代後天の日本, 明治時代後期の初め, 明治時代文芸発程の名地, 明治時代明治以前の町, 明治時代色があり, 明治時代韻文刊行の第, 明治時代風な鎧扉, 明治最初の婦人, 明治最初刊行の新, 明治最大の智能的殺人事件, 明治朝臣のなか, 明治末ごろの外交官, 明治末季比その両親夫婦, 明治末年べつな調査目的, 明治末年亀太郎は大久保辺, 明治末年前後のハナショウブ花品, 明治末年近松秋江が徳田秋声, 明治末期以後のわが国新劇運動, 明治末期以来のでたらめさ, 明治末期以来非常に退歩, 明治末期後の僞作, 明治末葉以後今日に至る, 明治末葉寛先生のはじめ, 明治村長湯村赤岩といふところ, 明治歴史の旅行, 明治気分の残っ, 明治江戸いつでもあつ, 明治江戸室町時代ごろまでの布地, 明治江戸川風俗絵巻の一片, 明治法学士だという, 明治法律学校和仏法律学校ありドイツ法律家, 明治法律学校派の岸本辰雄, 明治法案中地方文化にとって義務教育法案, 明治流血史というもの, 明治煉瓦時代の最後, 明治生レデアルカラ背ガ低ク, 明治甲戌第十月, 明治甲戌五月三十一日に関藤藤陰, 明治町辺から本町三丁目筋, 明治癸酉の歳暮, 明治癸酉九月十二日後の棠軒日録, 明治癸酉五月以後の棠軒日録, 明治白浪の三羽烏, 明治百年の後, 明治的グロテスクである, 明治的解釈の誤り, 明治盛期上方語が一つ, 明治社会成生の過程, 明治神宮あたりの地, 明治神宮大鳥居はいづれ, 明治神宮奉祝の花火, 明治神宮日比谷エノケンからデパート, 明治神宮祭礼なるべし, 明治神宮西参道の昼, 明治神宮西參道の晝, 明治節大帝日和かしこしや, 明治節菊花節むしろ日本節, 明治節農学校運動会の騷音, 明治精神は近い, 明治紀元の歳, 明治紀元九月廿一日に福山藩主阿部正桓, 明治絶対主義政府との妥協, 明治維新へと歴史, 明治美術品の断片, 明治は嘆いた, 明治聖朝の稜威, 明治興隆期の文明開化時代, 明治落語界を風靡, 明治薬学校の業, 明治製菓賣店の前, 明治記念博覧会が名古屋, 明治詩史に占める, 明治詩史中蒲原有明に対する評, 明治調のサンプル, 明治辛未の三歳, 明治の大学生, 明治迄の有様です, 明治近くに拓いた, 明治通りのアスフアルト, 明治過去文壇最大の詩人, 明治開化一代の人気者, 明治開化以来の愛読, 明治開化小説を例月, 明治開化当時宛らの, 明治開化期以後の婦人, 明治開化期以来なかっただろう, 明治開化期以来日本の民主主義, 明治開国の当時, 明治開花の軽気球, 明治陛下が有栖川宮殿下, 明治青年の多く, 明治革新史上收獲の, 明治革新期に於ける, 明治音楽学園講師昭英音楽学校講師若艸会主宰, 明治音楽界などの演奏会, 明治音楽院に通, 明治顕官の遊ぶ, 明治風俗史の一資料, 明治鹿鳴館