青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「控え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

採用~ ~探し 探し~ ~探偵 探偵~ 接し~ ~接吻 接吻~ 接近~ ~控え
控え~
掩~ ~掴ん 掴ん~ 揃~ ~揃え 揃え~ 揃っ~ ~描い 描い~ ~描いた

「控え~」 1739, 18ppm, 6348位

▼ 控え~ (1354, 77.9%)

143 いた 138 いる 64 いるの 45 いて 25 いると 14 いるので 13 いたが, いたの, いるから 12 おれ 11 いること, おります 10 おりました 9 いるという 8 います, いるため, 居ります 7 いるん, ゐた, ゐる 6 いても, いました, いるが, いるよう, 居る 5 いたので, いるのに 4 いたお, いたこと, いましたが, いるぞ, おりましたが, おる

3 [20件] いたり, いながら, いるお, いるところ, いるに, いるふう, いる中, いる事, いる以上, いる時, いる自分, いれば, おりますから, おりまする, おるの, おれば, しまった, 居て, 待って, 置く方

2 [53件] いたから, いたし, いたと, いたん, いた二人, いた仲間, いた侍女, いようと, いるからと, いるし, いるそう, いるその, いるだけ, いるだけに, いるにも, いるばかり, いるもの, いるゆえ, いるんで, いる二人, いる前, いる小次郎, いる少年, いる彼, いる私, いる私達, いる筈, いる者, いる身, おいて, おられた, おられる, おりまして, おりましょうか, おりまた, おるから, くれるよう, しまつ, みたり, ゐたが, 一軒の, 例の, 俯向い, 前は, 坐って, 居ましたが, 居りました, 居るが, 居れ, 後の, 立って, 竜之, 舳を

1 [558件 抜粋] あたら千両, あたりの, あっぱれ折助連の, あつた, ありますから, あるならば, いたお蔭, いたかの, いたこの, いたその, いたとしても, いたとは, いたばかり, いたもの, いたもん, いたよう, いたら何事, いたら私, いた一将, いた一族, いた五十嵐, いた余, いた侠客みそ, いた信者, いた出羽守, いた前田又四郎, いた双方, いた同じ, いた地主, いた家臣, いた小女, いた山口専次郎, いた席, いた彼女, いた後, いた従者, いた成瀬隼人, いた接待, いた朝山氏堯, いた森彦, いた次第, いた母親, いた漸蔵主, いた為, いた用人, いた男, いた町内, いた看守, いた真槍隊, いた石, いた秩父山, いた結果, いた総, いた羅馬, いた義経, いた老, いた老人, いた若, いた菅屋九右衛門, いた訳, いた訴人, いた諏訪方, いた謙信, いた近臣たち, いた近衛兵, いた間, いた際, いた雑色, いた頼春, いた鶏娘, いちばん気に, いちゃ, いっぱしの, いては, いないと, いないもの, いなかったらあの, いましたかの, いまして, いましょう, いますからな, いますし, いよ, いようか, いようという, いようとは, いらあ, いらっしゃるじゃあが, いるうち, いるうらなり君, いるおかげ, いるからには, いるきり, いるくらい, いるけれども, いるここらあたり, いるこの, いるこれ, いるしか, いるしかし, いるそれだけ, いるぞという, いるだけが, いるだけという, いるだけの, いるつもり, いるでは, いるとも, いるには, いるほどに, いるもう, いるより, いるらしいにも, いるらしかった, いるらしく思われた, いるエンマたち, いるオヴァーランド, いる一日, いる三千代, いる事柄, いる二三人, いる二軒, いる人間, いる会津, いる体, いる例, いる先生, いる兵長, いる利益, いる吉五郎, いる哲学そのもの, いる多く, いる多勢, いる大広間, いる女たち, いる妹, いる姉, いる嫂, いる客間, いる室, いる家, いる家来ども, いる小姓, いる小野田右近, いる山, いる年配, いる座敷, いる強大, いる彼ら, いる忙, いる方, いる本堂, いる松岡, いる検使, いる此処ら, いる沢庵, いる為吉兄妹, いる牡丹餅大, いる男, いる番士一同, いる碧, いる神, いる稲葉一徹, いる米友, いる細君, いる結婚問題, いる翁, いる若松, いる茶筅, いる訳, いる課題, いる貝原, いる貴族会館, いる踏み切り, いる身内, いる近習たち, いる部屋, いる陣容, いる離れ, いる雪, いる飛天夜叉, いる首相, いる馬飼, いる鰕十郎座, い使者, い申す, おいたまで, おいた文字, おいで, おいでです, おいでに, おきたい, おきたいくらいに, おきます, おくとしても, おくの, おった, おって, おびただしい津波, おらるる, おられました斎藤先生, おられる山県紋也先生, おりさらに, おりましたわけ, おりましたんで, おりました賤, おりますが, おりますし, おりますぜ, おりますで, おりますとき, おりますの, おりまするが, おりまするまま, おりまするわたくし, おりまする若い衆, おります半蔵, おります次第, おりわが, おるか, おるさ, おるそう, おると, おるに, おる故, おれ当家には, お出なさる, お待ちし, お答え申しあげろ, きょうまで, くれ給え, ぐずぐずし, こう言いました, この商売, この手口, これも, ござります, ござる, さっきから, さまで嗜む, しばらく考え込む, しまうから, しまうしか, しまふと, しまふ有様, じっと僕, ずっと遠く, そして日本, そのそば, そのため, その代り, その問い方, その日, その解決, その間の, それを, そんな風, ちょいと, ちょうど車, ちょっと俯, ともかくも, どうしてお, どうする, なるべく軟, なんだか暴れ模様, ほとほと困却, まいった次第, まさかにこの, みじめに, みたという, もらいたいと, やって, やろう, よいこと, らア一番灰汁洗いを, わたしの, ゐたといふ, ゐたので, ゐた一座, ゐた傍ら, ゐた男, ゐること, ゐるせゐやなんか, ゐるだけ, ゐるでは, ゐるの, ゐるので, ゐるん, ゐる三千代, ゐる女, ゐる座敷, ゐる結婚問題, ゐる若い, ゐる間, サイハイを, シナ固有の, タジタジと, テレきっ, ポケットから, ポーチの, 一倍気を, 一家の, 一言も, 一銭の, 三十余里の, 三十秒ないし, 三年近くの, 上手の, 下せえ, 並んで, 中に, 中には, 中村屋は, 九月十四日の, 了った, 云うには, 人交ぜも, 人員には, 会主は, 余念も, 傍らより, 働くの, 先ずオシキセ, 入らしったが, 分別ある, 切盛する, 別れたが, 前景気に, 動く処, 卓袱台の, 厳然と, 反身に, 同心と, 向後我邦, 味噌汁は, 哲学者然, 商売に, 嘯いて, 嚢底多から, 四斗樽一本を, 四方に, 土塀から, 城を, 城下は, 夕顔の, 外に, 夜の, 大に, 大手前, 太平楽を, 女の, 宗近の, 居た, 居たが, 居たまえ, 居た祖母, 居ても, 居なさいそれ, 居ますので, 居や, 居られます, 居りましたが, 居りましてね, 居りますが, 居ります貴き, 居り啓書記, 居り祖五郎, 居るの, 居るん, 居る重, 居れば, 居れふむ主家, 居れ一々, 居れ然, 居ろ, 居眠りを, 山の, 島の, 左右には, 帰って, 帳場格子に, 帳面算盤を, 年配の, 幹部の, 庭と, 庭の, 形勢を, 彼を, 彼女の, 待構え, 後から, 心得た受取り方, 思わず窘める, 悠々と, 戴きたい, 手を, 手巾を, 据わって, 文句を, 新制中学へ, 旅人の, 昼も, 晩食を, 晩飯を, 普通ありふれた, 暫く躊躇, 最後に, 朔日には, 松島一人に, 柳生は, 欲しいという, 此の, 武蔵との, 武蔵の, 武蔵は, 殆ん, 殿と, 気に, 気色を, 決戦の, 決議書と, 沈みきって, 海岸の, 涼しい顔, 淋しい深い孤独, 淋しく笑った, 渠が, 溺れる者, 潰島田の, 濠州と, 為た, 熱心な, 牀几に, 物々しく開かれた, 生息する, 甲野さんは, 畿甸の, 登るので, 盃を, 盛んに, 矢木城介は, 硯の, 突っ立っ, 立ちながら, 立派に, 節づけ, 築地橋橋畔の, 簡単に, 紋也は, 細部を, 縋って, 置いた小松敏喬, 置いた後, 置かなかったこと, 置きたいと, 置くの, 置けなんて, 置こうと, 羃然たる, 耳を, 耳傾くれ, 聖書殊に, 自分は, 自身の, 舞台に, 艶かしい, 芸の, 茶よ, 草庵へ, 著者関係者及び, 行けば, 行こう, 行幸を, 見える, 見て, 見守って, 覚束ない, 親しくその, 角砂糖の, 話を, 誰も, 誰をか, 謂わば, 貰いたいね, 赤ん坊の, 赤坂御所の, 通りがかりの, 通行人の, 金泥銀地の, 銚子を, 開いて, 陣を, 雲の, 頂きたいと, 頭を, 顔を, 鳴いて, 麦畠へ, 黄な, 黙って

▼ 控え~ (102, 5.9%)

20 間に 11 間の 8 間へ 5 間を 3 間で 2 ため秘密な, 間, 間から, 間が, 間との, 間への, 間脇の

1 [41件] あとで, お座敷へ, がんりきを, ほうからも, 一室は, 一隅に, 三畳に, 五犯も, 人たちが, 仮屋まで, 前次様, 千束の, 宿へ, 寮も, 小屋どちらへ, 小部屋, 席へ, 広間から, 座敷に, 御連中様, 支度部屋も, 方に, 焚火の, 綱など, 芸妓共が, 装束屋敷へ, 辺りは, 部屋で, 部屋に, 間いっぱいを, 間いわば, 間であった, 間という, 間などに, 間や, 間一杯に, 間付きの, 間宿直の, 間裏で, 間裏手の, 間隣り

▼ 控えながら~ (24, 1.4%)

1 [24件] この私, これを, そんなこと, むなしく其処ら, ザビーネが, 一蹄三歩懸, 不思議な, 何か, 何とも思わぬ, 健康な, 先ず一ツ奥歯, 夜通し石臼, 家庭問題に, 小田さんに, 小豆島紋太夫と, 床の間に, 座に, 心の, 濡れ手拭を, 為さん術, 羽織を, 話す, 遠い国, 高が

▼ 控え~ (15, 0.9%)

2 のほう, へ伝令

1 [11件] そこでやや, にてこころみます, に彼, のさわぎ, の方, の窓, へふれ, へ伴, へ出張っ, まで参り, まで武蔵

▼ 控え~ (13, 0.7%)

2 とって, 取って 1 ここに, とりそれから, 出て, 命じる, 命ぜられて, 申し渡されいっ, 見ると, 願います決して, 食うの

▼ 控え部屋~ (12, 0.7%)

1 [12件] では当夜, で聞いた, で衣服, にそれ, のついた, の二間, へ引返し, へ手当, へ断っ, へ案内, もある, を出

▼ 控え~ (10, 0.6%)

2 待って 1 いらっしゃいます, おやすみ下さい, お待ち下さい, そしてそこ, 丹三郎から, 湯など, 粗茶など, 首を

▼ 控え~ (9, 0.5%)

3 なって 1 おる間, かたまり或, 成って, 持って, 書き込んで, 通しそして

▼ 控え~ (7, 0.4%)

1 でそこはかとなく, にはすでに, に忘れられた, のすみっ, の三番, へと急いだ, を行き来

▼ 控え~ (6, 0.3%)

5 っしゃい 1 っしゃれ

▼ 控えての~ (5, 0.3%)

1 この余裕ぶり, せいか, 今慎まね, 喧嘩って, 寂しい通り

▼ 控え屋敷~ (5, 0.3%)

1 がございましょう, で待っ, と見え, に入っ, のよう

▼ 控えその~ (4, 0.2%)

1 代り名香を, 壮厳なる, 日の, 田の

▼ 控えては~ (4, 0.2%)

1 いられない, いられなかった, いるが, 居られやせんよく

▼ 控え~ (4, 0.2%)

1 その本, どこに, 今も, 明日お

▼ 控えまで~ (4, 0.2%)

1 とって, 伺って, 入って, 退がって

▼ 控え~ (4, 0.2%)

1 にみんな, の幕, は総立ち, まで帰っ

▼ 控え~ (4, 0.2%)

1 であること, で登りきった, のたぐい, を持っ

▼ 控え~ (4, 0.2%)

1 でもお, に筆者, の連名, を繰っ

▼ 控え~ (3, 0.2%)

1 おありです, よろしかろう, 手前の

▼ 控えそれ~ (3, 0.2%)

1 に絡まれる, を中心, を報告

▼ 控え~ (3, 0.2%)

1 あること, 作らなけりゃいけないじゃ, 急に

▼ 控え勝ち~ (3, 0.2%)

1 な態度, になった, のジッ

▼ 控え~ (3, 0.2%)

1 だな, に相違, は事面倒

▼ 控えても~ (2, 0.1%)

1 やはり寛大, 渦巻き上り

▼ 控えてを~ (2, 0.1%)

1 り傑作, る

▼ 控え~ (2, 0.1%)

2 なって

▼ 控えにまで~ (2, 0.1%)

1 清盛の, 萩を

▼ 控え~ (2, 0.1%)

1 には当時, には絶壁

▼ 控え座敷~ (2, 0.1%)

1 で締め殺された, に臨時

▼ 控え~ (2, 0.1%)

1 からちびり, は早くから

▼ 控え~ (2, 0.1%)

1 がない, にし

▼1* [118件]

控えあそばすおしゃべり屋の, 控えあって一両日, 控えおでん屋が出, 控えおれと申し聞けまし, 控えがちの他, 控えこの川が, 控えさせにあいなり, 控えしかも教理問答にも, 控えすこぶる風景に, 控えそして並行した, 控えその間道徳的生活を送る, 控えそれでも平気で, 控えただお広間, 控えたり殆ど二時間許り, 控えたるが四五人, 控えだけを恭しく手渡し, 控えだの無数の, 控えだろうと思いまし, 控えちょうど千秋楽の, 控えつつ内実において, 控えてさえ確と, 控えてでもいるよう, 控えてという文章が, 控えてばかりいられないし, 控えでございますもう御, 控えという要領で, 控えとしては必らず, 控えとはちがう分, 控えどころの帳, 控えなされたがよい, 控えなすって居る, 控えなせえとも, 控えなどを克明に, 控えには松原十右衛門と, 控え駈けて, 控えまた奉行の, 控えやうとは思ふ, 控えゆるやかに起伏, 控え実に大名, 控えアルシ街とサン, 控えゴブランやボーヴェー製, 控え一方にはモーブュエ街, 控え三畳等々たくさんな部屋数, 控えにはお, 控え九谷焼赤絵の茶碗, 控え二つは部屋, 控え五社の社殿, 控え人々はひと息, 控えしもわが, 控え介錯人を命ぜられた, 控えの一方, 控え他端に一つ, 控え以上四陣地の東方, 控え作品は或, 控えのごとく, 控え候補の侍, 控え候補者の中, 控え元通り電燈がともっ, 控え剃刀の刃, 控え召されよッ, 控え同心には今夜, 控え地形多少の, 控えのある, 控えをもっ, 控えなぞ本館, 控えに満ちた, 控え女男の波, 控えの手, 控えへおとずれ, 控えを隔て, 控えには祖父, 控え帳簿の番号, 控えにひとり寂然, 控え廻してくれ, 控え式台には少し, 控えの司, 控えの様子, 控え彼女が生前一ばんすき, 控え彼方此方に佇ん, 控えに再び, 控え徒士目付はいろいろ, 控え帰りを, 控え感謝の心, 控え所松平家の溜り, 控え所詰お役人方, 控えもすく, 控え控え断念めて引退, 控え断念めて引退, 控え日常のおこ, 控え暖い明るい光, 控え本堂の奥, 控え東側は大衆大勢, 控えでは比丘尼寺, 控え殿様の眼前, 控え水ばなをすすりあげ, 控え洲崎の海, 控え浪速からも日本海, 控えに目もと, 控え玄関の外, 控え申してお, 控え番号で, 控え相場の動き, 控えと三ヶ峰, 控え翌日の夜, 控えをこわし, 控え花栄が陣, 控え角火鉢の大, 控え農家から取られる, 控え込んでどう, 控え遊ばすよう, 控え野岳と連接, 控えごしら, 控え銚子に手, 控えへすら決して, 控え陸上には脊梁山脈, 控えの往来, 控え非番の日, 控えに面し