青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「明~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

早々~ ~早い 早い~ ~早く 早く~ 早くから~ ~早速 早速~ 昂奮~ ~明
明~
~明け 明け~ ~明らか 明らか~ ~明り 明り~ 明る~ ~明るい 明るい~ ~明るく

「明~」 7316, 79ppm, 1420位

▼ 明かに~ (1996, 27.3%)

89 して 40 すること 26 なって 24 なった 20 なつた 17 した 15 された, しようと 14 なつて, なると 13 するため 12 するの 11 したの 9 されて 8 なるの, 示して 7 しなければ, 之を, 人間の, 認めて 6 したもの, それは, なれば, 知って, 私の, 自分の 5 する事, せんと, それを, なる, 狼狽の, 私は, 耳に, 見えた

4 [19件] これを, しその, す, すると, するに, するには, するもの, すれば, せり, それが, なったが, なったの, なりぬ, なりました, わかるの, 分った, 彼の, 此の, 男の

3 [33件] されたの, した上, する, するだけの, するという, するのみ, する必要, する為, せねば, それと, なります, なるであらう, 一つの, 不可能である, 二つの, 今まで, 分ります, 分るの, 判断し, 吾, 土地の, 彼れ, 推察される, 看取される, 知られて, 興奮し, 見えて, 見ゆ, 見ること, 記憶し, 証明する, 認められて, 読まれた

2 [91件] されねば, し, したい, したいと, したいの, したこと, しようという, するが, するでありましょう, するところ, すると共に, するを, する方, せんこと, その通り, なったこと, なってから, なつたこと, なつて來, なるであろう, なるでしょう, なるや, わかる, 一人の, 一種の, 上空に, 不安の, 不思議な, 不愉快な, 二人の, 云って, 其の手段, 其中に, 分って, 分つて, 區別され, 嘘を, 増加する, 富の, 彼が, 彼は, 心に, 必要である, 怒りを, 思われて, 意識される, 意識する, 感じた, 感じられる, 感じられるの, 我々の, 我国の, 政府の, 文化の, 書いて, 汝に, 現はれ, 現われて, 眼に, 矛盾である, 知られずして, 知られる, 確証し得るなら, 示されて, 示した, 示すもの, 示すやう, 神と, 租税の, 秩序とは, 立証する, 答えて, 粗生, 経験した, 耳の, 聞えて, 自分が, 自己の, 自己を, 血が, 見える, 見て, 見ゆるが, 見られた, 見るの, 読み取ること, 誰かが, 責を, 載つて, 輝いて, 道徳的抑制罪悪及び

1 [1200件 抜粋] あちらの, あらゆる富める, あらわれる, あります, いけない寧ろ, いやがって, お久美さん, お紋, かかって, かつ脅威的, きめて, こういう方向, この二つ, この国, この意, この点, この種, さうだと, さとらんため心, さるべきもの, されそれ, されたこと, されたん, された時, される, されるであらう, されるであろう, されわれ, され同社, され得るであろう, しかも幽, しさて, しそれ, しそれに, したつもり, したならば, したものの, したる時代, した功績, した支那料理店, した時, した点, してない, してやらなければ, しない, しないが, しなかったところ, しながら, しましょう, し一層, し人心, し分類, し外界, し延, し得て, し得る, し意識, し極, し海陸軍以つて武備, し萬世, すぎる頭, すべきでは, すべく力めよう, するであらう如く將來, するにおいて, するは, するより, する企て, する実験, する文化的実力, する暇, する樹, する用, する範囲, する裏面, すれや, せうと, せずに, せられた多く, そうした理由, そこで, その両, その名, その大きな部分, その年数, その朱色, その煙管, その理想, その端緒, その階級性, それだけ, それらの, つかんで, どぎまぎし, なかったであろう, なし得ない, なったと, なったもん, なったり, なった訳, なつたであらう, ならなければ, なりどういう, なりわたし, なり早い, なり狡い, なり自在, なるからと, なるだけ, なるであろうと, なる主, なる時期, の意, ひどい神経衰弱, ほかの, まごついて, もって, よめる事実, わかつて, わしの, アガメムノーンわれ來る, ギクリと, ストライキ破りの, デモクラチツクな, ナオミが, ニューイングランドで, ノルウェイの, ヒツギの, フランスの, ヘクトール威は, ペシミストである, ラジウムは, ヱズヰオと, 一クヲタアまたは, 一層深く, 一族中の, 一般民の, 三百年来我我の, 上の空だつた, 下層民を, 不可能です, 不合理な, 不快な, 不快らしかった, 不適切な, 且つ美しく, 世界に, 主として年々結婚, 主格を, 了解した, 予知されます, 事実である, 云い得よう, 云えない, 云へば, 亜太郎の, 交換条件を, 人事神話的解釈を, 人口に対し, 人口増加の, 人性の, 人類の, 仏法興隆の, 他を, 他民族, 以前の, 任侠や, 体裁善き, 何か, 何物かに対する, 作り出す傾向, 作り笑いとしか, 例証する, 俘囚の, 假裝の, 偽である, 偽善者である, 僕の, 儒家の, 先方でも, 光治良氏の, 全体としての, 全通貨, 八百長と, 共産党や, 其事實なる, 其処の, 内地人の, 冗談で, 凝と, 出張所側の, 刃物が, 分つた, 分らせること, 分りきってると, 分るであろうから, 分るよう, 分る相手, 刑事と, 判った, 判断する, 創建清眞寺碑記に, 労働の, 労働を, 動揺の, 区別し, 区別せられ, 卑怯と, 南支那の, 危険である, 即死を, 友に, 口を, 口語を, 可笑しさ, 右の, 右向きで, 各派の, 同一の, 向うに, 否定し, 告白し, 嗣二の, 因窮時の, 地上の, 地理的にも, 増加し, 外国の, 大きな悪影響, 大将の, 大根の, 大臣が, 天地剖判説を, 失敗し, 好意を, 嫉妬を, 存し, 存在する, 実証された, 實行し, 寺田寅彦先生の, 将来への, 小き, 小生の, 差異が, 巻煙草という, 帰せら, 平民労働者を, 店内の, 弱味を, 当代に, 当時蛮陬夷落であり, 彼であった, 彼に, 彼女の, 彼等が, 後年の, 従前の, 御斷, 心目の, 思い出す, 思ったの, 急所を, 急速度, 恐るべく忌むべく悲しむべき一種, 悟り得ず, 悪意ある, 想像し, 想像し得る, 意識せられない, 意識的にも, 感じて, 感じるの, 感じる事, 感ずる空気, 感ぜられる, 感歎しきった, 慌てて, 憶良の, 成って, 我が, 我目に, 或苦痛, 房一に, 拒んで, 指さる, 指し示すこと, 指摘された, 指摘せん, 探偵の, 推定する, 推測される, 描き出されて, 描くので, 揺れる, 支配階級に, 政党内閣を, 敗北者の, 敵の, 新しい足形, 斷言しうる, 日本東京に, 映じて, 映るだね, 是は, 時候外れである, 普通でない, 普遍性を, 暴論である, 曲り金, 最も正しい, 會得する, 望ましいの, 本来食料の, 本質的な, 東京の, 染めて, 極めて古い, 欺かれて, 正妻であっ, 此処に, 此等の, 武家と, 死にかかって, 死相が, 殺しでなけれ, 殺意を以て, 比例を, 気まずいよう, 波斯の, 泥棒らしい, 洗ひ, 浮びたりと, 浮んで, 海の, 涙の, 渠を, 滝に, 漲つて, 灰色の, 然う, 照らし出された, 照り渡った, 煩さがっ, 燈の, 父の, 物事を, 物音を, 犯罪に, 狼狽した, 玄関の, 現はれる, 現実の, 理想を, 生命の, 甲斐国と, 疲勞の, 白け渡りました, 白緑色では, 皿を, 目的が, 盲であった, 眞の, 真実なる, 真犯人を, 眼の, 矛盾した, 知つて更に, 知りそれ, 知り得た, 知り難き, 知ること, 知る機会, 知る由, 知る花月, 破廉恥罪と, 確立された, 示されしかも, 示すの, 示せり, 神話に, 私へ, 私達の, 科学の, 穀物の, 突撃の, 窒息の, 立ったもの, 立春を以て, 立証し, 笑おうと, 答えたの, 籠の, 精神的の, 純藝術的, 素人の, 経験する, 絶対の, 罪悪の, 耀けるなり, 考えられて, 考え得られること, 聖書の, 聞えしは, 聞きしゆゑ, 聞き取られる, 聡明で, 肯かれる, 肯定し, 脳症の, 自他の, 自分は, 自殺し, 自然を, 自覚された, 自覚致し, 自身の, 與へて, 興味だけしか, 著しく増加, 薩人を, 蝦蟇法師の, 行は, 表明された, 裏切つて, 西洋音楽の, 要求の, 見えぬけれど, 見えるそして, 見えるやう, 見え透いて, 見せる丈, 見て取った, 見て取ること, 見やぶること, 見ゆる也, 見られた底, 見る別, 見る采の目, 覗かれる, 親の, 覺る, 解つてゐた, 解る, 言つてゐる, 言放つた, 計算せし, 記憶せり, 証明され, 証明出来る, 証示する, 認むることを得可し, 認むる能は, 認めましたの, 認めるの, 認める事, 認識し, 認識せん, 語ります, 誠実の, 誤りなる, 説き得られないからでも, 説明し, 読まれるくらい, 読めるよう, 誰かを, 講義とは, 象傳の, 豹一の, 貧しくまた, 資本主義から, 赤ン坊の, 跛を, 軍事的な, 近代感覚で, 迫って, 通信法の, 進んで, 進行性の, 過渡期の, 違つてゐる, 遺つて, 邪道と, 酒に, 金鵄勲章功一級という, 鋏なぞで, 長い間, 間違って, 限られた境界, 障子に, 雁金に, 青い水, 青白い人間, 非常に, 顕はれ, 養い得ないから, 馬鹿でない, 驚愕した, 高められた, 鼓動を

▼ 明~ (491, 6.7%)

8 太祖の 6 太祖が 5 太祖は 3 大軍が, 姿を, 明星, 時代に, 時代の, 李時珍が, 自然を, 良助が, 良助は, 萬暦年間に

2 [27件] あつた, した小路, なかった, 劉若愚の, 基を, 天上に, 天子の, 娘の, 崇禎の, 愁訴により, 成化弘治の, 援軍が, 方を, 時に, 時には, 朝廷は, 末で, 末の, 沈徳符の, 焦, 磁器と, 筆法を, 術語は, 詩人が, 謝肇, 頃に, 黄省曾の

1 [388件] あるお多福, あるもの, ある両親, ある人, ある国, うちに, うちには, ことが, ことばに, ことも, さしずで, しほら, ために, ついてるの, つとめて笑おう, ところへ, ところも, ない奴等, ない愚物, なかを, はいって, ひら, ふたりだけが, もとに, ものか, やうなかう, 一切経は, 一族或は, 一訓詁学者は, 一軸のみながら, 一軸は, 万暦丙午に, 万暦中に, 万暦二十四年の, 万暦年間, 三代が, 三先生を, 三十万騎は, 三百年足らずを, 下で, 世である, 世を, 丘濬は, 丘濬や, 中世以後で, 中世揚愼陸儼等より, 中葉以後に, 中頃から, 中頃に, 中頃以前は, 乗った信越線, 事に, 事の, 事も, 事実である, 二卿は, 于奕正の, 亡びたる, 人物も, 代の, 代既に, 低い声, 住んで, 体を, 何かを, 何孟春の, 何孟春は, 作業服が, 使つた四つの, 使と, 使命を, 使者が, 來る, 傍にも, 儒生が, 先鋒査大受は, 兩律の, 兵力を, 切望し, 初までは, 初めから, 初めに, 初めまで, 初世, 初回教, 制親王は, 加減で, 化に, 北監本に, 医術を, 十三陵の, 十三陵見物に, 友だちが, 句から, 句だ, 史書には, 名が, 名将威継光が, 君と, 告げ口に, 命, 命次に, 唄とに, 唐王の, 喚く声, 嘉靖七年, 嘉靖五年, 嘉靖十五年の, 嘉靖年間林応竜適情録二十巻を, 嘉靖時代にも, 四五万の, 国号はじめて, 國書は, 報告を, 境界を, 外ありませぬ, 夢に, 大将と, 大燭台, 大燭臺, 大軍を, 大軍三十万騎が, 大軍南下する, 天下は, 天啓五年, 天啓五年の, 天啓元年, 天啓年間の, 天子が, 天子は, 天子を, 太祖と, 太祖も, 太祖及び, 太祖開天行道肇紀立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝の, 好きな, 好奇心を, 如き徳育風教, 如き温藉, 妻, 妻子や, 始めに, 姚雲東が, 威を, 子多, 孝宗の, 孝陵や, 守徐兢高麗に, 宋蘇卿の, 実子で, 客は, 宣宗の, 宦官劉瑾の, 宦官王振, 宮, 宮で, 宮に, 宮中で, 宮中に, 寝顔も, 實録は, 小杉さんが, 尻を, 屋敷が, 崇禎中に, 崇禎十七年, 崇禎十二年, 崇禎十四年王位に, 崇禎年間, 巡撫が, 帰化人陳冲の, 床には, 度合を, 建文皇帝は, 張芹の, 張鼎思, 役を, 律は, 後へ, 後ろに, 後代までも, 後姿を, 徳, 徳化に, 心の, 意気全く, 愛した菊, 態度を, 慮不, 成化, 成化間石州の, 所謂る, 手によって, 手の, 手引が, 手曳が, 授筆要説が, 描いた小野小町美人九相, 援兵を, 援軍には, 援軍を, 援軍近し, 政府へ, 故宮, 文と, 文化に, 文徴明などに, 文淵閣書目と, 方から, 方に, 方は, 日は, 明史までも, 明星が, 明星と, 春, 時でも, 時にも, 時の, 時代既に, 晩も, 景徳鎮に, 月が, 月に, 朝廷に, 朝廷へは, 朝日が, 末が, 末に, 末は, 本意に, 朱承, 李之, 李卓吾の, 李如松の, 李挺の, 李時珍これを, 李時珍という, 李時珍の, 李時珍諸書を, 束を, 来た最後, 板じ, 果敢さ, 染附と共に, 梅, 楊慎が, 様子で, 欠乏, 正徳中の, 武宗が, 武宗時代の, 母親が, 気を, 気分を, 永楽十五年に, 永楽十八年二月に, 永樂元年, 永樂帝が, 永樂年間に, 汪頴の, 沈徳符, 沈鬱な, 沿岸を, 法を, 洪武十八年乃至, 洪武四年より, 洪武年間, 淵に, 漏れるの, 火が, 火は, 点いた家, 点った瓦盃, 為に, 無罪と, 燈を, 王, 王問の, 王士嘉よく, 王太后より, 王女を, 王岱輿の, 王族で, 王穉登奕史一巻を, 王陽明, 王陽明は, 甥であっ, 用ひました, 疲弊し切った, 病人らしい, 癖で, 皇帝から, 皇帝が, 皇帝の, 盛代とさえ, 真宗の, 眦の, 眼つきが, 瞿佑と, 瞿佑の, 瞿宗吉の, 祚は, 祝允明など, 祝宴を, 神宗の, 穆宗帝の, 答えに, 統一が, 縄手の, 總督として, 罪を, 聯合軍を, 肌ちらちら, 背の, 背へ, 腕で, 臣下と, 良助さん, 良助さんにも, 良助さんばい, 良助じゃ, 良助に, 良助の, 良助も, 英宗時代に, 萬暦十二年, 萬暦年間, 萬暦年間天主教が, 蔡羽が, 蔡羽は, 虞博の, 血は, 行燈の, 術語に, 袁了凡の, 計画で, 詩ある, 詩画家許友は, 詩皆な, 誕生の, 誕生日を, 語を, 説の, 諸王が, 謝在, 豊南禺その, 趙用覽に, 足もとを, 身体を, 軸と, 輩だらう, 輸入品である, 追捕, 遊斜川詩は, 道と, 道場へ, 道場を, 遺民戴笠, 遺老, 遺臣であっ, 邵寶は, 鄭和の, 酒八合黎, 酸性反応を, 里の, 鍾同太子の, 鐘, 陣地である, 陳仁錫の, 陶宗儀の, 隆慶時代には, 隊と, 頃から, 頃燒かれた, 頭には, 顕象に, 類物々しく, 顯象に, 風采は, 馬沙亦, 馮夢竜が, 高価な, 鴉の, 黄仲昭の, 鼻介の, 鼻介は, 鼻介サマと

▼ 明~ (428, 5.9%)

28 して 7 すること 5 した 4 せむがために 3 するの, なった, なって, なつた, 書いて

2 [21件] かえる, けり, したり, したるもの, しなければ, しようと, し其の, す, すべきもの, すると, するは, せぬが, せんと, なると, なるの, 二人の, 即刻放逐さるべき, 熱して, 矢島の, 西から, 記憶し

1 [327件] あるの, いたつて, うそである, おざりまする, おん身の, かかる言葉, こ, この種, こまかい土, これを, された, されたいの, されたので, されたる, されること, されるべきもの, される時代, しがたい, しその後羅馬人, したい, したいの, したかったから, したかつた, したならかかる, したる, したるは, した上, した所, しては, しても, しないの, しない文, しにくい, しもはや, しよう, し他国, し其真面目, し内, し内外同一, し又, し得た事, し意況, し断, し更に, し涙, し給, し綱, し難い, すかして, すべきを, すべき事, すべき相手, する, するため, するであらう, するといふ, するところ, するに, するには, するのみ, する唯一, する時期, する為, する為め, する特殊, する目的, する能はず, せざりき, せざるを以て, せず, せず又, せねば, せむとしたること, せむと欲, せよ, せよと, せられたとしても, せられたの, せられなかったの, せられるには, せんに, その例, その傾向, その品性, その独自, その眼, それと, なったからには, なったこと, なつて, なりぬ, なり人類, なり地球, なる, なるけれども, なると共に, なるので, のべつ訊ね, はつらつと, また大, まだ寒, やがて顔, わが理想, アイヌ語では, アルバムを, イソップ種である, エキスプレスし, マイナスな, 一々事實, 一段の, 一種の, 一線を, 三大, 三浦の, 三男一女が, 三者編次の, 上下両, 下ったが, 之に, 乏しければ, 二つの, 二の, 五万騎を, 交通した, 人顔も, 今日までの, 仕へたもの, 伏地崎の, 伝は, 伝統を, 何かを, 何事をか, 作者の, 個々の, 備はり, 傾倒せし, 先を, 入ること, 其に, 其家を, 其真相を, 其間に, 内に, 分って, 分て居なければ, 分て居るけれども, 分ります又, 分る, 判断し, 劈開性が, 動いて, 動物的本能の, 勸懲の, 区別し, 原因ある, 及ぶまでの, 友の, 取って, 古来登山者絶無と, 向かって, 向って, 命令に, 四季の, 地球上最も, 報い給うべしとの, 墨色の, 変化した, 外國貿易の, 外形上により, 大慕闍, 始まつて, 姫の, 存したりき, 宝川温泉への, 対立の, 専六と, 少女の, 山名は, 山犬と, 峠の, 平和の, 平氏に対して, 年に, 幽に, 弁え正しく, 弁別される, 彼は, 彼等の, 彼等は, 御分り, 心に, 必要以上の, 思想といふ, 想像する, 意識しよう, 意識なき, 感じた, 感じ入り当時虫, 成つた, 所在の, 承知を, 描かれて, 描き出して, 擧示され, 教訓深く, 敵軍隊の, 於ける北虜, 日日酒を, 日記を, 映って, 映る, 昼の, 時間特に, 未に, 未生の, 村會議員二三名總代二名私と, 来世的ならん, 果し状を, 柔順より, 欠けて, 此の, 此記事の, 殘れり, 気づいて, 洩す程, 混同と, 渡つた畫僧雪舟が, 澄んだ大きな, 照し出す, 父子兄弟夫婦の, 独立的人格者として, 現れて, 現代を, 生まれ付いた人, 留学させた, 異る, 當ります, 目に, 眼を, 矛盾である, 知って, 知りまた, 知るべし, 知れ近づきては, 示して, 示し給う所, 示すはず, 示すもの, 示す所, 私の, 私は, 科学的方法が, 穉い, 第二次的, 絶望の, 繪聲たるを, 繰返さして, 考へること, 聞き取れるよう, 肉眼で, 肩を, 背き清, 能く, 自分が, 自分の, 自殺でも, 自説を, 芸術家芥川氏を, 菅沼なる, 蘇我入鹿の, 見える, 見える程, 見て, 見へる其上, 見ゆ, 見ゆべければ, 見ゆる隙, 見られるの, 見ること, 見るべし, 見明, 見送りの, 覚えたり, 解説紹介し, 言へる, 記念し, 記憶する, 記銘され, 訴えたのち, 証拠立てたの, 話さう, 誇らしむるなからん事, 認むるところなれども日本の, 認むるを, 認められたから, 認められたが, 認められるので, 語るところ, 語るもの, 誤であること, 誤りでは, 説明する, 證人の, 貞盛と, 貧乏として, 赤く煙つて, 起きるでしょう心配, 起らず或は, 路が, 輝かされぬ, 辮髮した, 道とも, 遣わして, 金錢本來の, 錦葉を, 錫蘭には, 関五郎の, 雄の, 集めた英文, 頭に, 頭を, 顔を, 顕われ, 養老山望前に, 鶴郡と, 麻雀戲そのものの, 齟齬し

▼ 明~ (203, 2.8%)

3 それを 2 そう云い, そのとき, 何か, 安重根, 彼を, 急に, 恥じて, 自分の

1 [184件] あくまで平気, あの旅びとらしくもない憔悴, いびきわたしは, いるか, およう, この人, この木の下, この男, これを, こんな山国, さっきと, しかし自分, しめたと, じっと眺め, すぐ去った, すぐ少年, すっかり疲れ切っ, すやすやと, せっかく一箇月, そういう熱, そう云う, そう云われる, そう口, そう答え, そう考え, そう考える, そのとき不意, その不意, その元, その夕方近く, その宙, その後で, その時, その晩, その楡, その色, それから, それに, それの, それまでの, そんな事, そんな人達, そんな或日, そんな考え, そんな風, そんな風の音, ただ朗, ただ此, ただ自分, ちっとも立つ, ちょっとの, ちらりと寝, ちらりと彼女, つとめて, ときどき娘, なんという, なんとも, ひとり心に, ふと思い出し, まさに来らん, ますます気むずかしく, また進んだ, もうすっかり目, もう一枚, もう今, もう叔母, もう意, もう為事, もう眼, もう身, やつぱり樹明だ, よく途中, よろめきよろめき酒間, ゾクと, メシヤだ, 一人に, 一歩を, 七年の, 不意に, 主命むなしく, 今も, 会社を, 何だか気まり, 何となくその, 何も, 何んだ, 例の, 信田の, 俯向い, 傍で, 優しく人懐, 再び安, 再び背中, 冠を, 創造力の, 即座に, 去年の, 口数少く, 叫んだ, 名家の, 咳き込みそう, 四十四為重は, 夢想郷の, 大国であり, 奇禍を以て, 字である, 宣徳, 家では, 容易に, 寝台の, 射すが, 少しも, 少し云い, 少し俯, 少し熱, 左手なる, 帰って, 常住の, 常陸で, 常陸の, 延暦寺に, 御方の, 微分である, 心の, 恥じたる色, 恥づ丘, 慌てて, 戸口に, 手の, 折々丘, 持って, 旅装も, 日月に, 早苗を, 暗くな, 暗くなっ, 暫く目まぐるしい, 更に一層疑わしい, 最初は, 有限である, 木曾殿の, 本当に困惑, 植村氏名は, 欧洲大戦が, 正式に, 此の, 死し何福, 殆ど二三日隔き, 殆ど村じゅうを, 気が, 永い, 泥酔し, 深い所, 漸っと, 無反の, 照の, 皇極の, 目を, 相変らず, 突然この, 立ち止りながら, 竹格子を, 素早く二人, 維幾に, 老人であった, 考え続けた, 考え続けながら, 自分で, 自問自答する, 船まで, 菊を, 菜穂子の, 蔽はれ, 西欧との, 言って, 訴え出, 貧乏性だ, 軍機上の, 遂に東林黨, 酔が, 閊えた, 頭から, 黒いねっとり, 黙って

▼ 明らさま~ (172, 2.4%)

3 に私, に言え

2 [12件] な事実, にいっ, にし, には言, に世, に他人, に火, に答, に見せつけ, に言, に言う, の声

1 [142件] なその, なの, なまた, なるに, なる影, なる戰, なる月, なセヽラ笑, な不, な問い, な心, な悪意, な津田, な眼, な脅迫, な色男, な若い, な返事, な陽, に, にいえ, にいえない, にいえなかった, にいった, にいったら, にうち, にお, におっしゃっ, にきょう, にこう, にここ, にさう, にさせられる, にしない, にする, にそう, にそれ, になった, にねだり兼ね, にはいい得なかった, にはそれ, にははがき一枚, にはゆする, には口, には指さなかった, には斯く, には書い, には申, には申しません, には親, には言わなかった, には話せぬ, にほほ笑ん, にも云い出し, にも語れぬ, にスターリン, にヘロデ, に之, に云, に云い出される, に云う, に云っ, に云つて, に云われる, に人皇, に優劣, に出し, に出した, に前, に剣, に可否, に名乗っ, に名乗りかけ, に名前, に告げ, に娘, に官兵衛, に対比, に岡野, に彼, に忠告, に怒る, に恋い慕っ, に恥, に愛する, に感ぜられる, に慰め, に憤つ, に憶, に手形, に打ち開け, に押しつけがましく, に指摘, に振向い, に描き出す, に握る, に断わり, に新聞紙, に書い, に書く, に書けない, に東, に柳沢, に武具室, に燈, に現われ, に理窟, に瑞木, に申, に申さなかったなれ, に申し上げましょう, に知る, に示し, に算哲, に而, に表し, に表わし, に見える, に見せる, に見た, に見ぬ, に見渡される, に言い聞かせる, に言わない, に訊く, に訴えない, に話し, に話し合った, に話す, に語っ, に説明, に読まれた, に讚辞, に述べね, に開い, に陵, に露出, に面白く, に龍一, の嘘, の批判, の非難

▼ 明~ (172, 2.4%)

5 失って 3 失ったの, 失つたと, 持った背, 持って 2 さしのぞき, そなえて, 初めとして, 失うと, 失して, 欠いて, 誇つて, 返して

1 [139件] かくまつた, かこむ会, である庵, とおって, どう取り扱っ, なさいまし, はじめ浪江によって, ひたして, ほこって, ほこるつもり, まともに, もって, 与え得るならば, 乗せた上り列車, 交じえて, 余所に, 使者として, 便宜に, 俎の, 保ちたり, 保有し, 俯向い, 傷つけんこと, 切って, 加う, 加へ, 取るに, 取るやう, 喪ふ, 失いければ, 失いて, 失いました, 失いましたけれど, 失い十二歳, 失い禍根一度び, 失う, 失うたるもの, 失うて, 失うてから, 失したが, 失したの, 失した素顔君, 失した老父, 失し心身共, 失ったと, 失った上, 失った不具者, 失った机竜, 失った者, 失ってから, 失つたので, 失つた上前年には, 失つた敗残の, 失つた敗殘の, 失ふ, 奪い身体, 奪われた人間, 学べる者, 師と, 常陸守に, 引いて, 引きとって, 征伐せん, 征服したれ, 待つた, 待つまでも, 待つ優しき, 従兵といふ, 得たので, 得たまひ, 得た盲人, 得て, 得れば, 御と, 思ひつ, 恢復する, 感ず, 慕ふ, 應用し, 持った男, 捕へて, 推し笠沢, 掻き立って, 掻立つて貰ひたい暗い, 斬って, 曇らせるよう, 有して, 有し幻怪詭秘, 欠いては, 正しいと, 殺すこと, 洩れるまで, 浴せて, 浴びて, 消したアルルカン, 消して, 照映するため, 発見する, 發し, 目的に, 盲目扱いに, 直せ, 相手に, 研くの, 示したり, 祝福する, 祭った社, 立てなきア, 経清, 蔽ひ奉り, 蔽ひ奉る, 褒めたくも, 見ず, 見せて, 見せます, 見たるもの, 見てから, 見出したこと, 見出した彼, 見当に, 見詰めて, 覗きて, 訪ねて, 訪れて, 誇つたり, 誇りたいと, 誇りと, 誇り顔に, 誇るところ, 誤ったこと, 讃美する, 贏ち得しめ, 赦免せよ, 蹉跌させ, 辷った手, 退治し, 通して, 附けたの, 點ずる間に

▼ 明~ (148, 2.0%)

5 なかった 4 ない 3 あって, ある 2 あったの, 先に, 消えて, 滅んで

1 [125件] あたって, あったという, あったとは, あったならば, あったゆえ, あったよ, あったわけ, あつた, あつて, ありましたよ, ありませんならば, あり同時に, あんなに前途, うまくいいあてた, おありだ, お祈りを, くれた胡瓜, ここに, この事件, さした, さして, さしてむこう, さして人声, さして来る, しくじったと, そこで, その再会, その寝室, それから, ただよいだした, た寒い, ついて, つづいて, どういう密告, ないから, ないと, ないな, ないの, なかつたので, なくして, なく世, はっきりと, はっと目, ふっと消え, ぼんやりし, まだ少年, まだ病気, やって来て, アッサリ言った, 不意に, 乎演説が, 云って, 亡んで, 伴って, 位に, 何の, 何よりも, 使つた術語を, 再びはげしく, 出て, 前へ, 勃興しよう, 印度で, 厭に, 又さっき, 取れたが, 右左に, 呻くよう, 呼んだか, 多くなった, 夷狄の, 奪い他, 如疑はずかの, 娘の, 宿の, 射して, 将門の, 尋ねた, 居るから, 届く蚊帳, 帰ったとか, 帰って, 彼女の, 必要である, 數術に, 斜に, 書留めて, 有るもん, 来た宿, 来た彼, 欠けて, 死んだのち, 滅びた時, 滅び新, 滅亡する, 漏れて, 漸っと, 点きだす, 目を, 眠りの, 私した, 空けたよう, 突き落されるよう, 築地の, 続く, 職を, 背後から, 行燈を, 見えないので, 見えぬ陽気, 見えます, 訪れてから, 許さない限り, 訳の, 讀書甚だ, 起つた, 通り過ぎる時, 部屋の, 長髪を, 音を, 預る, 飜然と, 食を, 駆けて, 魘された

▼ 明かるい~ (137, 1.9%)

5 月の 3 光が

2 [12件] うちに, のだ, やりかた, よ, ランプに, 声を, 夜には, 空が, 空を, 街燈の, 部屋が, 顔を

1 [105件] ある晩, お月夜, が他, けれども横, けれど時刻, ことだろう, ことばかり, だけな, ところから, ところを, とを問わず, のが, のです, のでそんなに, ので巳之助, ので闇, ほうに, ほうへ, ものだ, ものも, もの暗い, ようです, わ, ガラスの, ライトを, ランプを, 一室に, 世界へ, 人を, 備中の, 光に, 光の, 光りが, 光りを, 光を, 光暗い, 光線が, 初夏の, 右の, 名探偵, 土の, 外気が, 大石先生の, 大通りを, 太陽の, 宵である, 屋外電燈が, 幸福が, 広々と, 座敷へ, 廊下に, 廊下も, 心に, 放送が, 方へ, 方を, 日に, 日の, 日中に, 日光が, 映写幕を, 時にも, 月, 月が, 月だった, 月は, 月光が, 月夜な, 月夜へ, 望遠鏡だった, 朝の, 本町通りに, 気分に, 気分を, 気持に, 洞窟の, 海の, 湖畔を, 火を, 照明の, 照明を, 甲板の, 空気が, 笑い声が, 笑顔を, 聯合組の, 舞台に, 色の, 街並が, 西空に, 路面には, 返事を, 部分が, 部屋を, 陽光よ, 電灯が, 電灯の, 電燈が, 電燈と, 電燈に, 電燈を, 顔が, 顔とか, 顔も, 黄ばんだ色

▼ 明かるく~ (118, 1.6%)

15 なって 10 なった 6 なりました 5 なる 4 して 3 なったの, 光って 2 かがやいて, した, したり, なったよう, なった時, 照らしだされた

1 [60件] あたかも生ける, いきいきと, かがやきその, きらめく帯, この死刑場, してやろうという, しました, すること, すると, する道具, そこに, そしてもの, つて面白い, てさしたる, てさやけ, ないの, なくっちゃ, なったが, なったので, なったらしい, なったり, なった機内, なった蔵, なつて, なつて來, ならないので, ならぬ方, なりかける, なりますよ, なり早起き, なるであろうと, なるよう, はずむ心, 乾き切り澄み切つて, 人通りが, 光る, 光るらしい, 坊主山を, 小綺麗に, 巨体を, 感じられた, 懸かって, 映し出された, 晴れて, 機械人間を, 浮き出させるの, 照らされて, 照らした時, 照らして, 照らすに, 照らすほどに, 照明された, 燃えて, 神より, 空を, 見えて, 見えないの, 見えました, 透明の, 電灯が

▼ 明~ (116, 1.6%)

206 に招かれ 4 に逢 2 と同道, に二句, に会, に托し, に案内

1 [76件] か, がカツギ屋, が世, が美耶子夫人, さ, だってずいぶん, であったよう, でなかったこと, でなければ, でも, とある, といっしょ, とがやつ, とが朝, との人物, との人間的感応, とは, とも云われる, と一杯, と共に下関, と立ち寄つたお, と約束, と話す, と飲む, にあげる, にお嬢さん, にした, につい, にのみ対し, にはわざと, にもすまなかつた, にも来, にも逢, によばれ, に一書, に三度, に事情, に会し, に何と, に催促, に八句, に出くわした, に叱られる, に合せる, に奢, に対していや, に対しても, に対して何となく, に対して礼, に帰庵, に心から, に感謝, に教, に泣きつかない, に煽動, に苦い, に誘はれ, に誘われ, に謝, に踉, に途中, に逢う, に逢つて与太, に連れられ, に邂逅, に銭, に頼まれ, の分別, の別, の政, の治世, の知己, の聞え, の胸, を取り巻い, を訪問

▼ 明くる~ (111, 1.5%)

13 年の 5 晩も 4 年に, 年も, 朝は 3 まで, 晩に, 朝に 2 のを, 夜も, 年から, 晩の, 朝, 朝の, 朝も, 朝半, 朝喬生は

1 [54件] あしたに, が恨めしい, に及ん, のが, ほどにますます, まで乱舞, まで亡き, も忘れ, 七月十九日の, 八月一日は, 土曜日の, 夜の, 天保十三年の, 宵の, 年であった, 年には, 年は, 年ナオミが, 年大正七年に, 年天慶七年にも, 年李遇の, 春よりは, 晩いよいよ, 晩でした, 晩また, 晩令嬢は, 晩出直し, 晩刺客が, 晩寒い, 曙光とも, 月の, 朝から, 朝その, 朝つとめ, 朝であった, 朝である, 朝と, 朝ゆき逢う, 朝伊東新左衛門は, 朝助手は, 朝安兵衛は, 朝彼女が, 朝徳次も, 朝早くから, 朝本郷の, 朝相原の, 朝真打の, 朝眼を, 朝私が, 朝起き, 朝辰雄や, 朝飯も, 期知らぬ, 頃

▼ 明かな~ (100, 1.4%)

6 事実である 3 矛盾である 2 傾向を, 反省が, 意識が, 數十分間は, 狼狽が

1 [81件] しるしである, しるしと, そうして秩序, その拳銃, ものは, ディレンマに, デモンストレーションで, 不安真個に, 世の中でございます, 主義と, 事実であります, 事実には, 事実も, 事実を, 人だった, 人麿の, 傾向は, 兄さんが, 光に, 光を, 光明を, 分離は, 利点と, 利益であり, 劣等性を, 博奕は, 受用の, 地代は, 変化を, 外界を, 夜の, 夜を, 夜五更が, 夢と, 失敗を, 失望を, 女性の, 希望を, 形象を, 志向を, 意識の, 感じも, 態度を, 数量の, 日光の, 日光を, 月が, 月と, 歌中最も, 歴史的事実をも, 民族だけを, 洋燈の, 現在の, 理由により, 理由の, 理由は, 理解と, 男の, 目的に, 相違点が, 真理である, 真理の, 矛盾を, 知識に, 答えを, 考は, 肌の, 能力を, 自覚を, 色が, 色を, 見とおし, 証拠である, 誤用であり, 謬論は, 足元から, 足跡が, 道理に, 違算で, 違算であった, 高坂弾正が

▼ 明~ (96, 1.3%)

7 になる 5 であった, でなければ 4 になった 3 に意識 2 であります, なる御, になりました, になるだろう, に解剖

1 [62件] でこの, でその, でそれ, でない上, でない意識, で太い細い, で理路, で適切, なの, なもの, なよう, ならし, なるところ, なる上層, なる乙, なる意識, なる知覚, な事, な事実, な印象, な図, な想像, な意識, な断案, な点, な男, な知識, な答, な言葉, な説明, な調子, にいう, にし, にする, になっ, になりましたろう, になります, になり得る, になれ, には無論, にもっと, に云い切った, に云う, に云え, に出, に区劃, に御, に心, に所有主, に抑えれ, に推察, に現, に理解, に答えた, に聞こえた, に自, に見えれ, に見た, に解った, に説破, に調べ, に離れる

▼ 明さん~ (84, 1.1%)

4 の姿, はその

2 [11件] がいらし, だった, でしょう, に一緒, に待っ, の方, はいい, は写真機, までがすこし, らしい姿, を誘っ

1 [54件] からの贈物, からよばれた, からポケツトマネー, がそう, が何となく, が出勤途上, が出征, が吉野さん, が待つ, が思いの丈, が望, が泣く, が鮒, が黒鯛持参, じゃなくっ, と, ともお, と冬村君, と夕飯, と御, と武波さん, と逢, にすまない, にはどう, に一式, に在所, に招かれ, のおかげ, のこと, のよう, の労働姿, の厚意, の名, の母さん, の毬唄, の父君, の紹介, の迷った, はどう, はどんな, はまたも, は少し, は手, は本望, は来, は私, は羨ましい, もおとなしい, もこんど, も思い直し, をもてあました, をよしなに, を訪ねる, 再度来訪

▼ 明~ (71, 1.0%)

4 ことが, ことなし 3 為には, 燈の 2 ことに, ことも, といふこと, のが, ような, 灯の, 爲には

1 [43件] かな, がいい, ことだらう, ことにな, ことの, ことは, だけだ, といふ, といふ位, と嗽い, と実に, なり, には何だか, には相当, に十分, に山, のかも, のだ, のだった, のであった, のには, のも, のを, の冒険, も面白かろ, よりは勝, わけには, 丈け, 事に, 事は, 人間を, 夜と, 夜は, 彼方で, 様に, 民家の, 気に, 積りで, 習ひである, 習慣だ, 覺悟だ, 語部の, 身にこそ

▼ 明くれ~ (61, 0.8%)

2 に用心, ば九月一日, ば元旦, ば十月九日, ば慶応四年

1 [51件] ばその, ばまた, ばまだき, ばみ, ばもう, ば一行, ば三月二十六日, ば九月二十六日朝, ば二十四日, ば二月二日, ば五十日, ば五日黎明, ば今日, ば元和九年十二月二十四日, ば元朝, ば八月二十一日, ば六月二十二日, ば六月六日, ば初春迎, ば十月二十五日自分, ば又, ば友人, ば囚人輿, ば四月六日, ば四月十四日, ば大晦日, ば大淀川, ば天正十一年正月, ば天長節, ば孫策, ば宝暦二年, ば建安十五年, ば廿八日, ば弁, ば弘治二年丙辰, ば御, ば文久二年, ば早く, ば早暁, ば早暁覊亭, ば明治四十年二月二十七日, ば月, ば治, ば痛き, ば裁判, ば足掛け四年間, ば郷里, ば雨, ば風雨名殘, ば鷄, 便りの

▼ 明~ (58, 0.8%)

6 云ふ 4 なる 2 いって, 暗とが

1 [44件] いうよ, いえば, いふに, いふ者が, いわん, こうして逢っ, なす酷吏, なって, なるの, なる矛盾, 一口に, 二つの, 云って, 交通した, 傷痍, 入り乱れて, 入れ違いに, 勇とが, 北村が, 号し, 変遷し, 屈辱外交を, 改めた, 早苗とは, 早苗の, 暗との, 暗霧, 書し, 朝鮮とを, 朝鮮の, 李剛を, 板塀の, 果断の, 森の, 歩武を, 申しその, 申すやつ, 約束を, 菜穂子とは, 行とを, 見えた, 郷民達とが, 隔てあるが, 香煙とを

▼ 明~ (56, 0.8%)

6 なかった 4 ずに, ない, ないで 3 うと 2 と暖さ, ないが

1 [31件] う, うで得, うとでも, うよ, うらうとして, がもっとも, が満ちあふれ, が行き, ざりき, ざるならん, ざれば, して, ずじっと, で流れ, とは違う, ないこと, ないほう, ないまま, なかったむす, なかつたが, なければ, に似た, に輝いた, ぬと, ぬやう, ぬ件, のため, はなかつた, へ無い, を, を知らん

▼ 明なる~ (52, 0.7%)

2 に至, は精神, は風流韻事自ら, 代表者たるのみ, 法律に

1 [42件] お考え, かななどと, かなガスランプ, がごとくなるべし, が鉢形鍋形, こと当時の, にいたら, に何, の戦争二八六戦, は政治世界, は鏡, ものが, ものと, ものに, ものは, を以て道理, を得, を悟らざる, を眩く, を致す, 一人は, 一室に, 一斑のみ, 事実であり, 事實は, 區別ある, 哉, 哉街頭に, 哲学者であり, 大主義徹底, 室のみ, 年の, 形体を, 所に, 星は, 時花の, 法律を以て, 燈火の, 現象を, 者が, 者を, 障子の

▼ 明~ (47, 0.6%)

2 と日本, の知識

1 [43件] からは更に, から亡命, から南蛮, から苦心, から連れ帰っ, が承諾, って, ってどこ, では日本軍, でも多年, で研究, とはこういう, とを同じ, とを比較, と取引, と問う, にはない, にももう, にも城, に入り, に対する知識, に帰属, に有利, に渡っ, のお, のはなし, の事情, の威信, の戦乱, の末, の沿海地方, の海岸, の産, の話, の都, の首府, へお, へも一足飛び, へ入り, へ攻め入れ, へ渡っ, や朝鮮, を股

▼ 明~ (45, 0.6%)

3 になつて 2 の人, の李, 遺老

1 [36件] からそんな, から清初, から西洋, で注意, にか, にかかり, には可, には最も, に不思議, に出, に天主教, に日本, に明, に景教碑, に染附, に權勢, に清これ, に發掘, に至る, に錢謙益, の, のキリスト教關係, の事, の何喬, の偽作, の如き, の崇禎十一年, の帰化人, の志士, の流賊李, の義臣朱舜水先生, の遺臣, の陽瑪諾, までは食器, より清初, 又は清初

▼ 明~ (44, 0.6%)

1 [44件] からは米, から五十銭銀貨三枚, から午後一時庵, から珍味到来, から米, から約束, がいはれる, がいる, がき, がカルピス, が一升, が乏しい, が借し, が冬村, が山口, が待つ, が敷い, そのほか同人諸兄姉, だつた, に, に招かれ, に昼食, に私, に連れられ, のおかげ, の人柄, の友人, の奥さん, の知人, はしばらく, は一気呵成, は喜ん, は私, は自宅, は間違, も共に, も愉快さ, も感心, も来, を往訪, を見送つ, を訪ね, 再度来, 突然顔

▼ 明~ (43, 0.6%)

2 ものと, 例である, 新らしい

1 [37件] ことで, ことに, のが, のに主人, もので, やうに, 事で, 事実だ, 人を, 以上, 傾向の, 光の, 光輝が, 写生文などに, 効果を, 句である, 境界線である, 大著を, 弧球です, 彼にとって, 性格が, 意識は, 愛の, 放射能が, 暮れがたの, 死斑と共に, 気質で, 瞳に, 窒息徴候が, 色情倒錯と, 草本で, 言葉を, 証跡とも, 語調, 讀者は, 障害は, 鼻筋には

▼ 明~ (39, 0.5%)

1 [39件] がくれ, が同意, とても戦意, とても遼東方面, とて日本軍, と雌雄, などは朝鮮人以上, に取囲まれてる, に鳥銃, の到着, の大将軍砲, の左側面, の後属部隊, の戦, の方, の総, の進撃, はまだ, は四倍, は密集部隊, は忽ちに, は数, は湧く, は自由, は迎え, も亦, も奮戦, も少しく, も日本, も碧蹄館, をし, を侮り, を当, を撃破, を此城, を相手, を譲った, 来ると, 次第に敗色

▼ 明~ (36, 0.5%)

2 お土産, 庵例の, 庵酒と

1 [30件] おとなしくすぐ, さつ, さびしい顔, しんみりと, そして敬坊来, そして敬治来, そして私, つ, の予告, ほがら, めづらしくまじめ, もう夜, よい酒, 南無アルコール大明神来, 庵とろ, 庵わざ, 庵久しぶりな, 庵庵の, 庵昨夜の, 庵泥酔し, 庵玄米茶を, 庵程なく, 庵酒なかるべからず, 庵酒は, 庵酒余の, 庵飯を, 庵魚と, 落ちついた樹明, 連れ立つて, 飲み歩いたいけなかつたおなじ

▼ 明~ (33, 0.5%)

3 でも清律 2 と云, の方, の行

1 [24件] であります, では妻, では折傷以上, では杖一百, でもこれ, でもすべて罪, でも到る, でも唐律, と唐律, にはこれ, にも現れ, に採, の上諭条例, の各, の名, の型, の影響, の比較, の注意, はこれ, は朝鮮, ばかりで, を比較, 因りて

▼ 明~ (30, 0.4%)

2 に源氏

1 [28件] から思いがけず, この本, するまで, その仕事, だから, となり, になっ, にはひどく, に倦, に夫, に思い, のたたずまい, のなか, のまま, の中, の光景あれこれ, の心づかい, の楽, の風, をおのずから, をもっ, を一生懸命, を唯, を困らない, 思って, 望んで, 燃え熾る心, 祈って

▼ 明かる~ (27, 0.4%)

6 さに 5 さが 3 さを 2 さ, さと 1 さで, さであった, さです, さには, さのみが, さは, さまぶし, さ暗, むに

▼ 明~ (27, 0.4%)

1 [27件] あげよう, ありながら, おんなじに, そういわれ, そうやっ, それを, なくその, なく力もなく, なく将来, また主, 元ほど, 元気そうに, 分らなかったので, 始て, 寿命は, 射さず水, 左右から, 常陸で, 恐らく同じ, 朝鮮も, 来車茹鮹を, 点けません晩方, 當時錚, 睫上の, 辿れないが, 鐘撞堂から, 陰気だ

▼ 明神下~ (27, 0.4%)

3 の平次 2 へ引

1 [22件] から深, から駒込, から麹町二丁目, の, のもと, のケチ, の宅, の家, の平次住居, の晩青堂, の洞院, の町家, の自分, の親分, の路地, の錢形平次, の錢形親分さん, へ, への帰り, へ出, まで一氣, 詳しく言え

▼ 明證的~ (26, 0.4%)

2 に知覺, に私, に認識

1 [20件] である, であると, であるならば, でまた, なの, なもの, な知覺, な認識, な諸, に何物, に措定, に歸結, に理解, に直, に表現, に見ない, に認められ, に認知, に説明, に論證

▼ 明教館~ (25, 0.3%)

1 [25件] からも七等, では表, でもまず, で語り合う, という, にあった, にお, において素読, にもそれら, に出, に附属, の先生, の助, の同窓, の学友, の学問所, の寄宿, の寄宿生, の寄宿舎, の広い, の書物, の漢学, は文政, へ寄宿, へ行っ

▼ 明~ (24, 0.3%)

4 の藝文志 2 を編纂

1 [18件] が出, では建文帝, などにも出, には其の, には記す, に称す, に至つて一變, に至る, に良懐, の出來, の如く, の編纂當時, は成立, は掌故, までも参照, を作つた時, を読み, 及び明朝紀事本末等

▼ 明~ (24, 0.3%)

2 の下手

1 [22件] とが一つ, となります, との間, とはローマ帝国, になつ, に亙る, に在り, に栄えたで, に至り益, に至る, に非, のそれ, のもの, の世, の仕事, の再, の如く, の所謂才人, の文人画, の画人, または李朝, まで傳統的

▼ 明~ (23, 0.3%)

1 [23件] であるとは, と言える, なこと, なそれでいて, なため, なる人物, なスウィス, な冷, な判断, な力, な叙事, な日光, な眼, な脳髄, な観念, な論理, な頭脳, にしよう, に燃焼, の人, を期し, を欠い, 用いるに

▼ 明時代~ (23, 0.3%)

1 [23件] にかけて印度, にその, になる, にはじまる, には然, には高麗, にもある, にも政府, にも清時代, に僞作, に取つた, に比し, に渉つて, に至つて, に至る, に苗童, の學者, の支那, の煙台, の磁, の繪畫, まで民間, を甚

▼ 明~ (21, 0.3%)

2 をし, をする

1 [17件] がある, がその, が出来る, だから, なぞをなさつた, にはハタ, による, に今更, の相手, はこんな, は単なる, もした, も交換, をした, をし合っ, を僕ら母子, を致す

▼ 明かで~ (19, 0.3%)

11 あらう 3 あらうと 1 あらう如く時間性, 何物かが, 大局の, 寂びた調子, 生活力が

▼ 明~ (19, 0.3%)

2 が有りました, で只, を修復

1 [13件] があり, がございまし, が有りましょう, だと, となっ, になつて, に連れ, のやう, の中, の方, の沢山, を借り, を出た

▼ 明~ (19, 0.3%)

2 でしかも

1 [17件] すぎる自然, であった, である, でこれ, な一体, な世界, な両, な剣, な力, な天地, な海水, な碧緑, な純粋さ, な詩人, にします, の理智, はこれ

▼ 明~ (18, 0.2%)

2 あとは, 透して

1 [14件] あらう, はクーデター, 休息時間は, 其帰期は, 小松原は, 庭の, 明が, 杖を, 無くて, 白い襟, 白刃ばかりが, 而も, 観る景色, 貞造の

▼ 明~ (17, 0.2%)

3 なること

1 [14件] さばや, であった, であるから, である丈, ならしめよ, なり松みどり, なる, なるが, なるもの, るみに, るみの, るみへ, 也, 聰明を

▼ 明には~ (17, 0.2%)

2 告げざりし歟, 描き出されて

1 [13件] いつの間にかどっち, されて, すこし欠け, とにかくこの, 人一倍内気, 何か, 停車場から, 多少の, 好ましかった, 寂しくとも, 知らざりしが, 覺え, 読み得ない

▼ 明~ (17, 0.2%)

2 どこなたなる, どこの

1 [13件] どもこの, ば八月十五日, ば六日, ば天明元年, ば嬢様, ば寝, ば源氏久米川, ば茶臼山, ば連れ立つ, 一層万物, 外に, 暮れ, 煙よ

▼ 明~ (17, 0.2%)

4 の末孫 2 を祀つ

1 [11件] だと, とある, といふの, と決めたらしい, と決めよう, に決め, に關係, の名, の後裔, を祀, を祀つた

▼ 明放し~ (17, 0.2%)

4 にし

1 [13件] てあった, てある, てしまう, ての愛情, て畳, て箪笥, になっ, になつ, の三間, の日本本土, の濶, よ, 草履は

▼ 明殿~ (17, 0.2%)

1 [17件] が, がだ, が許され, と約束, にはおいそれと, にも打ち明け, に依頼, に対してどう, に見抜かれた, に話し込み, に談じ込んだ, の一人, の一人娘, の甥, はその後私, は俺, 仰せられて

▼ 明という~ (16, 0.2%)

1 [16件] あの人物, のは, ものであった, 人にゃ, 人物が, 入道武者を, 叔父の, 国がらについて, 妙な, 男は, 県令が, 老臣である, 者の, 若者を, 警視庁刑事部捜査第, 陽気な

▼ 明~ (16, 0.2%)

8 の大火 2 の振袖火事, の頃 1 で云え, とある, の初年, も元年

▼ 明~ (16, 0.2%)

2 にし, の政治家, を失う 1 あらしめなば, あるべからず, あるもの, ある行為, するもの, でもっ, と女らしい, と翻訳者, の火事, を有する

▼ 明かるかっ~ (15, 0.2%)

121 たこの, たと, たので

▼ 明~ (15, 0.2%)

1 [15件] から頂戴, だいつも, で朝飯, の一夜, の厄介, の記, は好き, へは遠慮, へ出かける, へ因縁, へ御馳走, へ押しかけ, へ推参, を往訪, 夏は

▼ 明~ (15, 0.2%)

2 を取

1 [13件] あり喉下, があった, がある, なり, はお松, をつない, をはめこんだ, を一つ, を蔵, を迎, を魚目, 皆楚宝, 相照し

▼ 明暮れ~ (13, 0.2%)

2 を送っ

1 [11件] その影響, てとり, であ, にある, にけり, に疲れ, の中, を只, を思う, 住んで, 頼めよと

▼ 明渡し~ (13, 0.2%)

1 [13件] てくれ, てそこ, てよろしい, て何処, て僧侶, て嫁, て来ました, となっ, の落人, の運び, の際恩顧, はもう, を促す

▼ 明~ (12, 0.2%)

4 けく 2 にゆ 1 けき, けきひた, しましま, なりける, なる両, ひく曙

▼ 明~ (12, 0.2%)

1 [12件] で, でで, で燈籠, に到着, の人, の刺史, の間, は倶, へ廻航, や越州, より出帆, 即ち今

▼ 明暦三年~ (12, 0.2%)

1 [12件] から万治三年, から萬治三年, になる, の大, の大火, の振袖火事, の振袖火事以來, の振袖火事以来, の江戸大火以後いま, の熔岩流, の爆裂孔, より明治十四年

▼ 明~ (12, 0.2%)

2 の土塀 1 その心意, にはここ四, の嫉妬, の御, の怨まれる, の縁日, はこの, はどこ, は一面霊人, を見届け

▼ 明清時代~ (12, 0.2%)

2 に支那 1 になり, には動かすべからざる, には南支那, に於ける, に至る, の支那學者, の法律, の記録, は獨裁政治, を通じてこの

▼ 明~ (12, 0.2%)

2 の障子, へ薄日 1 から寂しい, から射し, から洩れ込ん, でかん, でその, で静寂境, のあたり, も明るく

▼ 明である~ (11, 0.2%)

1 [11件] がさて, がそれ, が修辞, が我々国民, が藤陰, と同時に, と思われ, 事を, 結果能衣裳の, 義を, 羽前へは

▼ 明~ (11, 0.2%)

2 るに 1 たり, なくては, やすくする, られる, るといふ, る人, る方, 得べきもの, 難い

▼ 明~ (11, 0.2%)

2 に遭 1 が不測, が評判, と俊邁達識, なしとて, に遇ふた, に遭う, も居つ, を得た, を迎

▼ 明~ (11, 0.2%)

2 の末年 1 から文亀年間, には九年六月, の二年, の二年十二月, の交, の六年ころ, の初年, の動乱, は僅

▼ 明~ (11, 0.2%)

2 である 1 がある, がいかなる, せられざる間, なり, に於, に非, の概念, をもつ, を伴

▼ 明ある~ (10, 0.1%)

2 をも表示 1 が為, が為め, が爲, が爲め, にも関, もの寡なし, を保すべからず, 人たちが

▼ 明との~ (10, 0.1%)

1 お関係い, 交渉は, 交通に, 和平を, 和平交渉にとりか, 宦官に, 界であろう, 貿易で, 貿易再開という, 貿易復活を

▼ 明早朝~ (10, 0.1%)

2 を期し 1 お暇, と, に京, に出帆, に又, の御, の約束, やってきて

▼ 明末清初~ (10, 0.1%)

2 の顧炎武 1 にかけて目録學, に劉太琳, に流, のもの, の画人, の畫僧八大山人, の錢謙益, の際

▼ 明樽買~ (10, 0.1%)

2 の娘, は明樽買 1 お侍, かねえ, の世話, の岩田屋久八, へ彼, よ私

▼ 明舟町~ (10, 0.1%)

2 の家 1 で娘さん, のお話, の市村羽左衛門邸, の新協劇団, の方, の裏長屋, の路次, は誠に

▼ 明~ (9, 0.1%)

1 がました, が拡がつ, が漂っ, で見る, と闇, の中, の多少, の起縁, を右

▼ 明~ (9, 0.1%)

1 そのほか, たそがれに, 孔明の, 文室の, 朝鮮や, 深遠清澄, 菜穂子たちが, 郷民達を, 鷲尾中納言まで

▼ 明以後~ (9, 0.1%)

2 は如何 1 には全く, には通用, に限る, のこと, の建設, は餘, 殊に清朝

▼ 明~ (9, 0.1%)

1 についてもただ, に就いた, の人格, の道元, はついに, は弟子法類等, は答えた, は言った, 和尚を

▼ 明~ (9, 0.1%)

1 にかけて支那囘教徒, には宋, には色々, に青州日照縣, の墨本, の新, の規定, の解縉, の鄭濂

▼ 明取り~ (9, 0.1%)

1 あり, かと思った, と煙出し, になる, のやう, の小, の月影, はちと, も何

▼ 明~ (9, 0.1%)

1 であった, であり九千部岳, なるお, なる夏, なる朝, なる風光, な灯, な風光, になっ

▼ 明そう~ (8, 0.1%)

1 か, ということ, とした, ともしない, とも薪, と子供, と思い, と決心

▼ 明~ (8, 0.1%)

4 ならしめよ 1 なること, に候, に分っ, に言切

▼ 明~ (8, 0.1%)

1 くなる工合, であった, である, なので, になる, に山, に意識上, を極めて

▼ 明~ (8, 0.1%)

1 から親魏倭王, が建立, のとき, のとき經學, の匈奴, の永, は永, は班超

▼ 明応五年~ (8, 0.1%)

1 には実隆, に宗聞法師, に広岡入道道円, に飯米三俵, のころ, の九月, の日記, の没落

▼ 明放した~ (8, 0.1%)

2 二階の 1 が夜桜, 窓から, 窓を, 裡に, 観潮楼上に, 部屋には

▼ 明かと~ (7, 0.1%)

2 なるであろう, なろう 1 なった人口増加, なつた, なり徴すとも

▼ 明かには~ (7, 0.1%)

1 ならないで, 分らなかった, 分りませぬ, 定められて, 書き現, 知れないの, 私を

▼ 明~ (7, 0.1%)

2 ば中味 1 てやろう, ばそれだけ, ば夢, ば脊中, ば荒野

▼ 明って~ (7, 0.1%)

1 いた, かげって, 平らかに, 揺れて, 来る, 見える二階, 見出しの

▼ 明ら樣~ (7, 0.1%)

1 になりきれない, には言, にも言, に云つて, に出し, に打ち明けたら, に知りたかつた

▼ 明を以て~ (7, 0.1%)

2 すれば 1 しても, し相, 之を, 猫の, 顯はる

▼ 明~ (7, 0.1%)

31 な, な方法, な頭脳, の論叢

▼ 明遍僧都~ (7, 0.1%)

1 がここ, に見せた, に見せよう, はさし, はそのまま, は少納言通憲, は深く

▼ 明~ (7, 0.1%)

2 を仰がむとす 1 とに徴, には, を仰いだ, を恥, 仰ぎ奉り候

▼ 明あり~ (6, 0.1%)

1 て伐木, て専門, て尋常愛国者, て尋常愛國者, と云, と嘆息

▼ 明さま~ (6, 0.1%)

1 にこれ, には見えない, に打明け, の境内, の森, の溜息

▼ 明でない~ (6, 0.1%)

1 がとにかく, がわたくし, が栗山, が甲斐, けれども寧ろ, のと

▼ 明では~ (6, 0.1%)

1 お葉, ない, 何う, 暮しが, 最初この, 無い

▼ 明なき~ (6, 0.1%)

2 がため 1 がゆえなり, が故, 事を, 道鏡が

▼ 明なり~ (6, 0.1%)

1 いわんや露国, これを, 万事万端に, 或は一種, 杖の, 然るに吾妻鏡寛喜二年閏正月廿六日

▼ 明~ (6, 0.1%)

2 とは知るまいで 1 にご, に遠, ねらいに, を狙

▼ 明~ (6, 0.1%)

1 から羅府新報, がまだ, だけとても, の仕事, の子息, も亡くなつた

▼ 明渡す~ (6, 0.1%)

2 のを 1 が口惜, と言います, んだ, 事と

▼ 明~ (6, 0.1%)

1 に図案, の作, の制作, の末孫, の甲, 鍛えの

▼ 明~ (6, 0.1%)

1 が国民全体, などに現われ, のみが典拠, の印象, の受持者, を読ん

▼ 明~ (6, 0.1%)

1 が二つ, のところ, の類, をどこ, を背負いこん, を脇

▼ 明行者~ (6, 0.1%)

1 が御岳, が藪原, が黒沢口, のよう, の生れ故郷, や普寛行者

▼ 明かでは~ (5, 0.1%)

2 無いか 1 ありますまいか, ないか, ないだろうか

▼ 明から~ (5, 0.1%)

1 二間ほど, 入って, 層雲九月号を, 教へ, 降り

▼ 明ちや~ (5, 0.1%)

1 ん, んお, ん何, ん机, ん鶏

▼ 明~ (5, 0.1%)

1 しまった, 出る機会, 見て, 話しますと, 郷里なる

▼ 明とは~ (5, 0.1%)

2 如何なる国 1 いえないの, わからない, 光明の

▼ 明ならざる~ (5, 0.1%)

1 こと是の, ところに, にあらずや, に由り, を惜みき

▼ 明ならず~ (5, 0.1%)

1 と云, なほ言者が, ゆえに至明, 第二句想像, 註釋者曰く

▼ 明ら様~ (5, 0.1%)

1 には云, に大きい赤い, に彼, に見, に言ったら

▼ 明一代~ (5, 0.1%)

2 の著述 1 は中, を通じて依然, を除い

▼ 明了軒~ (5, 0.1%)

1 がこれ, が四十一歳, の代, の諡, 深廣

▼ 明~ (5, 0.1%)

1 が由利あけみ, とで食事, と徳山, と来り, を赤坂

▼ 明史藝文志~ (5, 0.1%)

1 であるけれども, では古, の基礎, は體裁, までは文史類

▼ 明~ (5, 0.1%)

1 かえると, は立つ, までに熟考, 又国府津, 迄に大分進行

▼ 明~ (5, 0.1%)

1 から受けた, の俤, の指図, の書, は前

▼ 明徹した~ (5, 0.1%)

1 アポロ的理性である, 意識を, 智慧を, 理性で, 真実を

▼ 明~ (5, 0.1%)

4 勝王経 1 勝王経を

▼ 明~ (5, 0.1%)

2 の鋭い 1 というその, は傷害の, は心

▼ 明~ (5, 0.1%)

1 だった, とは單, 和尚から, 和尚は, 禅師という

▼ 明~ (5, 0.1%)

2 はござい 1 の躑躅, を買い, を買っ

▼ 明樽買い~ (5, 0.1%)

1 が来たら, が来たら呼ん, と懇意, の久八, の娘

▼ 明~ (5, 0.1%)

1 が宛てがわれ, の外廊, の書院, の裏門, を宿

▼ 明~ (4, 0.1%)

2 たり 1 たりした, たり十日目

▼ 明する~ (4, 0.1%)

1 ことも, のである, ゆえんなり, 方を

▼ 明ちゃん~ (4, 0.1%)

1 がああ, が買い出し, と此処, をみんな

▼ 明などが~ (4, 0.1%)

1 ちょうどよく, 国庁の, 大いに天文, 能く

▼ 明にも~ (4, 0.1%)

1 その日, 居なかったの, 関与しない, 黙って

▼ 明先生~ (4, 0.1%)

1 のアイビキ, の撰, の鑑賞眼, も本名

▼ 明冬村~ (4, 0.1%)

2 の二君来庵 1 の二兄来庵, の二君

▼ 明~ (4, 0.1%)

4 暗の

▼ 明~ (4, 0.1%)

1 をこの, を手, を珍しく, を選ぶ

▼ 明~ (4, 0.1%)

2 と因縁 1 の前, を越す

▼ 明~ (4, 0.1%)

1 でございました, 李如松が, 李有昇馬を, 楊元新手を

▼ 明年度~ (4, 0.1%)

1 の文学, の軍事, は約, より秋田図書館

▼ 明~ (4, 0.1%)

1 ありしに, か何, が有っ, へ入れ

▼ 明応七年~ (4, 0.1%)

1 に三十四歳, に地借り, の九月, の昔

▼ 明~ (4, 0.1%)

1 なこと, な心, な水, な花崗質

▼ 明澄さ~ (4, 0.1%)

2 を加 1 が取り戻される, はまだ

▼ 明煌々~ (4, 0.1%)

1 たる光りが, たる舞台, とした, と照り輝く

▼ 明~ (4, 0.1%)

3 の人 1 を具したる

▼ 明神前~ (4, 0.1%)

1 にあつ, にささやか, に門戸, の坂

▼ 明窓浄几~ (4, 0.1%)

2 の下 1 とはいかなく, の御

▼ 明~ (4, 0.1%)

1 が出来, で本当に, で開かれた, の宣伝

▼ 明~ (4, 0.1%)

1 におとづれ, のそば, の傍, や拝殿

▼ 明陽軒~ (4, 0.1%)

1 だ, へ, へ寄っ, へ寄り

▼ 明~ (4, 0.1%)

2 と称し 1 なる温泉旅館, に飲んだ

▼ 明~ (4, 0.1%)

2 かをかをと二羽連れ 1 か何, の声

▼ 明かるう~ (3, 0.0%)

1 てマッチ, て夜, なってからの

▼ 明すけ~ (3, 0.0%)

3 に言

▼ 明す事~ (3, 0.0%)

1 がそれほど, に決め, も金花

▼ 明~ (3, 0.0%)

2 と縞 1 が小

▼ 明っ放し~ (3, 0.0%)

1 て涼しい, なもの, の無礼講

▼ 明つて~ (3, 0.0%)

1 かげつて, 来た, 来る

▼ 明つ放し~ (3, 0.0%)

1 な高笑, の高笑, 草履も

▼ 明であり~ (3, 0.0%)

1 句としては, 時として藍, 竇娥が

▼ 明とて~ (3, 0.0%)

1 医学因明とて, 宗教的科学及び, 工学内

▼ 明とも~ (3, 0.0%)

1 いう可, つかない朧ろ, 暗とも

▼ 明なく~ (3, 0.0%)

1 して, 従って叡智, 袁紹ごとき

▼ 明なりと~ (3, 0.0%)

1 いえども, するに, 云うから

▼ 明なれ~ (3, 0.0%)

1 ばなり, ば兎, ば最深最後

▼ 明ぬれ~ (3, 0.0%)

2 ば月 1 ば歌

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 かけて, 和平斡旋に, 朝貢し

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 の, のの, のを

▼ 明まする~ (3, 0.0%)

2 か歸 1 か帰る

▼ 明一人~ (3, 0.0%)

1 である, の世の中, を取り立て

▼ 明一色~ (3, 0.0%)

2 ではありません 1 に塗りつぶした

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 二生主人公は, 来待ちぼけ, 死人などの

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 がお, には御, に御

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 が皆, の障子, や建付

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 でも太吉, という名刺, の名

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 で堯舜, といふ床店, の語

▼ 明堂鍼灸経~ (3, 0.0%)

1 が収め, とはいかなる, を推した

▼ 明征伐~ (3, 0.0%)

1 で朝鮮, の大軍, の道案内

▼ 明応二年~ (3, 0.0%)

1 から慶長五年, には美作権介, のころ総計六十七家

▼ 明応四年~ (3, 0.0%)

1 に, に新, に片山五郎左衛門

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 に浮ぶ, の光, をにぎっ

▼ 明日子~ (3, 0.0%)

1 が協同, の最初, の顔

▼ 明暦大火~ (3, 0.0%)

1 のすぐ, の場合, の際

▼ 明来酒~ (3, 0.0%)

1 と肴, と魚, はのみたし

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 な一語, に感じ合った, 快断

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 のちかく, のほとり, へむかっ

▼ 明法寮~ (3, 0.0%)

1 で初めて, で編纂, に法学生徒

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 として露見, に我が, 之が

▼ 明神社~ (3, 0.0%)

1 に参詣, に林中, の脇

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 が換, なんぞを室外, を投

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 から聞いた, が住ん, を訪ねた

▼ 明~ (3, 0.0%)

1 で考へられぬ, は漸く, もあれ

▼ 明近く~ (3, 0.0%)

1 からぐつすり, なつて月, なりましたが

▼ 明進軒~ (3, 0.0%)

1 か島金, という洋食屋, の息子

▼ 明あか~ (2, 0.0%)

1 とあかり, と灯

▼ 明かに使つて~ (2, 0.0%)

1 は居らぬ, 居りますから

▼ 明かに別~ (2, 0.0%)

1 のこと, のもの

▼ 明かの~ (2, 0.0%)

1 ようだ, ように

▼ 明からの~ (2, 0.0%)

1 報告, 正式の

▼ 明かるき~ (2, 0.0%)

1 もの何となく, 自嘲そこには

▼ 明がた~ (2, 0.0%)

1 には雨, の山の根

▼ 明がらす~ (2, 0.0%)

2 を語る

▼ 明くるま~ (2, 0.0%)

2 はいかに

▼ 明けむ~ (2, 0.0%)

1 わが言, 朝われ愛着す

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 だ, だ起ぎろ

▼ 明された~ (2, 0.0%)

1 ことが, ときの

▼ 明しかねない~ (2, 0.0%)

1 父だった, 父だつた

▼ 明しなさる~ (2, 0.0%)

1 がよろしい, が礼儀

▼ 明すべき~ (2, 0.0%)

1 詞を, 長き長き文

▼ 明せん~ (2, 0.0%)

1 と欲するなり, ならん因縁

▼ 明そして~ (2, 0.0%)

1 夜は, 私何だか

▼ 明その~ (2, 0.0%)

1 人であった, 母の

▼ 明だけは~ (2, 0.0%)

1 両親に, 気持の

▼ 明った~ (2, 0.0%)

1 ような, 真っ白い大道

▼ 明ても~ (2, 0.0%)

1 暮ても, 暮れても

▼ 明でも~ (2, 0.0%)

1 夜中でも, 繋いだもの

▼ 明とり~ (2, 0.0%)

2 の煤けた

▼ 明など~ (2, 0.0%)

1 しけれども, 以來の

▼ 明なら~ (2, 0.0%)

1 そんな事, んを

▼ 明にて~ (2, 0.0%)

1 光を, 目の

▼ 明への~ (2, 0.0%)

1 和平斡旋方を, 貢献である

▼ 明より~ (2, 0.0%)

1 歸朝後の, 産の

▼ 明らけし~ (2, 0.0%)

1 同じく神, 遠つ

▼ 明らしい~ (2, 0.0%)

1 ふたりいつしよ, 何か

▼ 明れる~ (2, 0.0%)

1 は盛り, 夕立に

▼ 明~ (2, 0.0%)

2 放しに

▼ 明三日~ (2, 0.0%)

1 より一月, より出勤

▼ 明人事係~ (2, 0.0%)

1 はいった, は出

▼ 明以來~ (2, 0.0%)

1 のこと, の一種

▼ 明以前~ (2, 0.0%)

1 の書, はしばらく

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 で要求, は大

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 であった, といっ

▼ 明六社~ (2, 0.0%)

1 と称する, なる者

▼ 明六社雑誌~ (2, 0.0%)

1 というの, 同人中

▼ 明再来~ (2, 0.0%)

1 だなと, つ

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 に雨脚, をくらえ

▼ 明別荘~ (2, 0.0%)

1 の石段, の黒い

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 が雲, もあった

▼ 明十五日~ (2, 0.0%)

1 は殿, までに大

▼ 明十日~ (2, 0.0%)

1 の払暁, 御帰陣

▼ 明~ (2, 0.0%)

2 を過ぎ

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 という者, と藤孝

▼ 明史稿~ (2, 0.0%)

1 による, の凡例

▼ 明史編纂~ (2, 0.0%)

1 の爲め多く, の第

▼ 明告鳥~ (2, 0.0%)

2 の息長

▼ 明~ (2, 0.0%)

2 より之

▼ 明夕景~ (2, 0.0%)

1 に何卒, までに私

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 などの語, の卦

▼ 明~ (2, 0.0%)

2 の段

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 と申す, の御前

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 ばかりの村落, めきぬ

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 が来, 来りハリバ映画

▼ 明州府~ (2, 0.0%)

2 の城内

▼ 明巣覘い~ (2, 0.0%)

1 が入った, にお代さん

▼ 明幕切~ (2, 0.0%)

1 の時間, の木

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 とか, を訪ねた

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 というの, とかいう茶屋

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 しやはり, すること

▼ 明律清律~ (2, 0.0%)

1 などを参酌, などを基礎

▼ 明徳利~ (2, 0.0%)

2 の横面

▼ 明応ごろ~ (2, 0.0%)

1 には総じて, に中村宮千世丸

▼ 明応三年五月~ (2, 0.0%)

1 にはやはり, の地震

▼ 明応九年~ (2, 0.0%)

1 に記した, の類焼

▼ 明応八年~ (2, 0.0%)

1 にはまた, の

▼ 明応六年~ (2, 0.0%)

1 といえ, の五月

▼ 明怪人~ (2, 0.0%)

2 という大文字

▼ 明放しだ~ (2, 0.0%)

1 から湯, から納戸

▼ 明放れた~ (2, 0.0%)

2 頃には

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 が即ち, を垂れ

▼ 明早暁~ (2, 0.0%)

1 にこの, の出発

▼ 明易き~ (2, 0.0%)

1 夜の, 第一峰

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 の仁恩, の義

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 にする, に叫破

▼ 明暢清朗~ (2, 0.0%)

2 なる希臘田野

▼ 明暦三年正月十八日~ (2, 0.0%)

1 の未, の真昼

▼ 明暦三年江戸~ (2, 0.0%)

2 に未曾有

▼ 明暦以来~ (2, 0.0%)

1 の大, は一層

▼ 明暮れ顏~ (2, 0.0%)

2 を合せる

▼ 明暮凶事~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 明末支那~ (2, 0.0%)

2 に布教

▼ 明来ハム~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ 明来久しぶり~ (2, 0.0%)

1 に一杯, に飲む

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 と判明, な態度

▼ 明林寺~ (2, 0.0%)

1 の鬱然, を想い出した

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 と浮き上っ, と見え透い

▼ 明~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 といふ僧侶, や源海

▼ 明法博士~ (2, 0.0%)

1 などがあった, は二人

▼ 明法道~ (2, 0.0%)

1 とは法律學, の家

▼ 明流氏~ (2, 0.0%)

1 の内, の内弟子

▼ 明深刻舌端~ (2, 0.0%)

1 に霜気, に霜氣

▼ 明清両朝~ (2, 0.0%)

1 の書, 重修

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 の訴訟, の談判

▼ 明照日光~ (2, 0.0%)

1 のごとく, のごとくだった

▼ 明珍さん~ (2, 0.0%)

1 などもそういう, は丹念

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 などに飼っ, を屑屋

▼ 明甚だ~ (2, 0.0%)

1 大甚だ, 敏甚だ

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 だから, になります

▼ 明皓々~ (2, 0.0%)

1 たる十本, たる武蔵太郎

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 な微笑, の若者

▼ 明眼達識~ (2, 0.0%)

1 の士, の女性

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 の前, の勃興

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 の手, 若しくは何人

▼ 明經道~ (2, 0.0%)

1 では九經, を家業

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 へ酒, を手桶

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 がやつ, は

▼ 明自身~ (2, 0.0%)

1 うしろめたいもの, も殆ど喋舌ら

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 の事實, の徴

▼ 明褐色~ (2, 0.0%)

1 のおくれ毛, の筋

▼ 明誠堂~ (2, 0.0%)

1 の塾頭, の門

▼ 明證性~ (2, 0.0%)

1 とにおきまして幾何學, と知識體系

▼ 明警部~ (2, 0.0%)

2

▼ 明近い~ (2, 0.0%)

1 空の, 頃に

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 その文, な小さな

▼ 明透徹~ (2, 0.0%)

1 な大, のその

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 晦, 滅午下無

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 に非, を待つ

▼ 明闇天~ (2, 0.0%)

2 をゆくごとく

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 を殺し, 亦武士

▼ 明~ (2, 0.0%)

1 から鱈, がびん

▼1* [764件]

あって世才, 明あらば, 明ありしは賞嘆, 明ありだよ, 明たがい, 明おくるところの, 明かけの抽斗, 明かつたよ, 明かでもいくら暢びり, 明かといふより外, 明かなりしに, 明かな差が生じた, 明かにさえすれば, 明かに一人のうつむいた, 明かに一呼吸中に歌, 明かに三の場合, 明かに中が見える, 明かに二階の押入, 明かに人肉食用の事實, 明かに人麿作と記され, 明かに内から開けた, 明かに判つた, 明かに店を張っ, 明かに度を失っ, 明かに後のもの, 明かに所謂近代劇運動なるもの, 明かに時を同う, 明かに目に浮ん, 明かに苦惱の色, 明かに証示されまた, 明かに調へがたし, 明かに鏡にてらし, 明からも形式的な, 明かるいやさしい物の, 明かるい美しい水に, 明かるくって上等, 明かるく鈍く光らせて, 明がというと, 明がらす, 明くるみづ色の朝, 明こっちで入院, 明この長持の, 明させて遣りたい, 明させるのが, 明さむとしたりしを思の外, 明されてゐる, 明されないような, 明されぬて, 明されるものか, 明されん武士道が立たん, 明さんのをよむ, 明さん冬村さんだけで, 明さん妹さんを, 明さん折もなく, 明さん敬治さん冬村さん, 明さん訳には参りません, 明しあうのが, 明しくださらばはなはだ, 明したいばかりであった, 明したまわらぬか, 明してない所の, 明しまして翌日, 明しましたのも, 明し下さらば有難い, 明し下さらないでもどうか, 明し下さる訣には, 明し合ってみれ, 明し合ったところで, 明し続ける窓の, 明すくなき夜は, 明すであろう姿は, 明すならばわたくし, 明すべしと心, 明す訳はない, 明の間, 明せし時より, 明せられぬが己, 明せるところに, 明が彼, 明だから酔うて, 明だけを其処に, 明だって年が, 明だの藤原不, 明だるじゃア, 明だ思い出せば不憫, 明ちかきはや長命寺, 明ちやんは, 明ぴろげではなく土蔵造りの, 明ってもいた, 明ってるだけだ, 明っぱなしで店さき, 明っぱなしこまよせからわざと, 明御神, 明つて幾つもの仕切板, 明つて燈つてゐました, 明であって陰湿, 明であったということ, 明であるであるから今, 明ですからこの, 明としてある, 明としてから朱氏数百年の, 明とても間もなく荒廃し, 明とで了解し, 明となつた, 明とに於ては, 明なかりし, 明なったような, 明などに至るまでは, 明などの幕僚を, 明ならざれども支那, 明ならぬのでわたくし, 明なりし被告人幸徳傳次郎他, 明なりやあらずやを, 明なり謹みて江湖博學, 明なるあり所謂浮気者は, 明なるべし今假, 明なる如く變化的生存の, 明なんぞのうちに, 明にかけてたくさんの, 明にだけらしかった, 明にと見れば, 明にとって惜しい事, 明になつて元史が, 明によって天の, 明に対して或感情, 明に対しては貢を, 明に対しても恥しい, 明に聟, 明ばかりでなくマニラ遠征, 明ひましたが鼻, 明へと次ぎ次ぎに目, 明の, 明まことに大切なる, 明ましょう親類でも, 明まずお前から, 明また滅, 明まで揃って, 明までの間, 明みるみる怒気心頭に, 明むるにあるといふことを再三再, 明めずしては, 明めたまへ, 明めむとする, 明めようと努めた, 明め候処多くは相違, 明め得らる, 明やすき夜に, 明くよ, 明らけしおのづから, 明らけし七面鳥のかがよ, 明らけし声ありて, 明らけし女童を母, 明らけし面もちしろく春, 明られた小さな横, 明れる見れば, 明さと, 明くうす, 明イタカラ又, 明カデナイガ多分割下水時代, 明カナラズト雖ドモ少クモ千数百年, 明カニシ併テ仰慕, 明カニスルニ於テ有力ナルノミナラズ人類學上益スル所又决シテ, 明カニスルヲ得ベキハ勿論ナリ, 明カニ狼狽シテ照レ隠シニ, 明カニ維新革命ヲ五十年後, 明カニ芝居ニナリ故意ニ駄々ッ子ノ真似, 明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名ノ影響, 明クル日ノ晩, 明ケサセテ明日帰ッタガオレハ森下デ別, 明ケタラ彼女ガドンナ顔付ヲシ, 明ケル前ニ螢光燈, 明ケ内をう, 明ケ方ノ蟋蟀, 明ケ方眼ガ覚メテ見ルト, 明ケ暮スマデ也, 明シテ塗板ヘ書シ, 明スル彼等ハ大ナル歡迎, 明ナドニ流涎シテ其嚢ヲ倒ニスルハ愚カナルコトニコソ, 明ナラシムル所以ノモノハ皆一トシテ財ヲ要, 明ナリト雖ドモ心常ニ壅塞丕閉シテ理内ニ, 明ナル如ク全然同, 明ニスルトキ百般ノ施設悉ク日鮮人, 明ニスルノミナラズ又甲乙兩地交通, 明ニ其ノ領有, 明ノヨク及ブトコロニ非ザル也, 明ラカデアル時ニモソノ夜夫カラ挑マレテ怯ム色ヲ見, 明ラカナルニ依ル, 明ラカニハットシテ眼ヲ覚マシタラシク瞬イタ, 明リノ下ニ妻ノ全, 明ルイウチニ魏ヘ移ッテ, 明ルイ光ノ輪, 明取消シタル事ガ眞相ナリ, 明ヲクラマシテ恩光ヲ隔ルニ喩, 明ヶ瀬で生れた, 明の爲め, 明一日だけこの, 明一日滞陣して, 明一行が使用, 明三人と云, 明三十七歳の時, 明三天皇を立て, 明三帝のもと, 明三日帝には朝覲, 明三日正午観音堂前ニテ待ツ, 明下条寿仙春泰の兄弟, 明両君に, 明中在暗明暗雙, 明中葉以後の書法, 明九日の暁天, 明九日正巳の刻, 明九月二日には米国, 明了軒以來西村氏の後, 明了軒唯譽深廣連海居士と法諡, 明了軒自身であつ, 明二十三日御下向, 明二十五日の午後, 明二十八日の未明, 明二十六日の晩, 明二十四日の頁, 明二十日にゆきます, 明二卿のいずれ, 明二年遣使上表曰, 明二度目の音, 明五六人を連れ, 明五日の晩, 明五日向地へ御, 明亡び清起り, 明以來藏書室のありし, 明以後不換紙幣政策が極端, 明以後科擧の及第者, 明といふの, 明何十メートル先か判りません, 明使が来ない, 明使沈惟敬が来た, 明俗紀事と對照, 明信女五条高倉の宗仙寺, 明候気色重役共又竊, 明健まどかにて, 明允公僕に一人美人, 明兄さつそ, 明兄先夜写して, 明兄冬村兄の活動, 明兄敬治兄等の並々, 明兄来庵ちよんびり, 明兄来庵種子を貰, 明兄来庵章魚を持つ, 明兄来庵野菜をたくさん, 明兄来訪友達と二人, 明兄私の安否, 明の仏書, 明にスッ, 明光さんが僕, 明光丸を此港, 明の度, 明兩律を比較, 明八月二十三日午前三時を期し, 明六ツに消える, 明六日夜五つ下がりに道灌山裏, 明六月二十二日衣笠なる北山殿, 明六社中の論文, 明明工巧明斯う, 明冬村両君にお, 明冬村二君に過ぎつた, 明冬村共力して, 明で考へられぬ, 明刀錢の如き, 明をグルリ, 明初めた一生の, 明を仰い, 明判官でわが国, 明であって, 明に違い, 明をしよう, 明北川礼弼堀江帰一などが専ら, 明匠出うせ侍るに, 明十一日梅吉納会に語るべき, 明十三日の朝, 明十九日か二十日ごろ, 明十二日午前八時当地出発の予定, 明十八日は観世音, 明十六日朝四時出頭するやう, 明十四日の上覧能, 明十月二十六日上野山下の伊勢屋幸右衞門, 明千里の外, 明半身は暗, 明南海諸地, 明の刻, 明去ることなく, 明に随, 明史外国伝西南方のや, 明史巻一百四十三牛景先の伝, 明史巻百五十に伝, 明史恭閔恵皇帝紀に記す, 明史方伎伝に見, 明史諱みて, 明吉原田圃を歩みし, 明は貞皎, 明后ニ従ッテ嬉遊し層台ニ登ッテ情ヲタノシム, 明が至誠己, 明と其公平, 明和作など種々, 明四天王護国寺に二十僧, 明四天王護國の國分寺, 明四日の昼, 明四日千住骨ヶ原にて手医師何某, 明国ばなしはそういう, 明国出兵を発表, 明国南蛮西夷の国々, 明国呂宋暹羅などにわたる亜細亜, 明国朝鮮連合軍の首, 明国韓国島津に対する九州, 明国高麗天竺南蛮までの恥さらし, 明に殉じ, 明墨墨つぼ, 明声会どまりで, 明夕会ふことに, 明夕初更までに各, 明夕城中までお越し, 明夕帰宅の由, 明夕押出そうということ, 明夕溝口家から丹後守, 明夕着の由, 明夕野原からの二人, 明夕馬超ヲ招イテ, 明の闇, 明天智弘文天武持統とすぎ, 明天皇第二, 明夫婦に挨拶, 明夷高宗伐鬼方, 明奉行だから, 明お光, 明であった, 明は希哲, 明し, 明季清初の藏書家書目, 明孤塔遠風圧片帆遒, 明宗氏の手兵三千, 明院それを, 明宿直なので, 明を訪問, 明寺山の狸, 明専ら食ふ, 明将之浪華臨別詩以為贈, 明夜者更下乍, 明少い時に, 明少佐殿でありますか, 明居徃訪を約し, 明居襲撃ができなく, 明山頭火の酒宴, 明峠その他の山頂, 明と明極, 明峯素哲歸化僧明極等は主として, 明峰シナリオを持参, 明峰二千六百年の脚本, 明峰尾節堂成石勘三郎崎久保誓一何れも大石, 明崇峻推古の諸, 明崎久保誓一小池一郎同徳市, 明州昌国の人, 明州福州の財宝, 明州附近に到着, 明巣覗が入った, 明工巧明斯う云, 明に璧右, 明ノ刻, 明帝以後絶えてなかつた盛事, 明帝宣武場上にて虎, 明帝崩じて, 明帝崩御の時坂本, 明帝景初三年六月倭女王遣大夫難斗米等, 明帝梁の武帝, 明帝洛水に遊べる, 明帝馬皇后の二人, 明帰宅敬坊と私, 明平が僕にゆうすげ, 明平が私に教える, 明年度以降五カ年総額六億の要求, 明年度銅横浜先売り仕り前, 明年間からし, 明居を, 明をし, 明座さんでしょうなんてそう, 明座ッてやっぱり, 明座敷に谺響, 明座種子が意気, 明庵五洲可全ら, 明庵氏は他, 明を訪れた, 明廿三日より出勤, 明廿八日四時留守居役方え御出, 明廿四日には大かた帰宅可, 明廿日前知事様方々様東京, 明彩六合の内, 明徃訪そして来訪, 明徃訪二十年振の, 明徃訪午後は樹明来訪, 明徐楷が楊継成, 明洞察神の, 明徹さと旧, 明徹無類に如何, 明心理大通悟覚普門開放万, 明志採録す, 明応七年二月にもまた, 明応七年五月の春成公用, 明応七年五月十八日の条, 明応七年兵燹にかかり, 明応七年十一月には禁裏, 明応七年十二月の十七日, 明応七年十五歳の時, 明応三年九十四歳を以て世, 明応三年六月十二日条に, 明応九年六月下旬の火災, 明応五年四月の条, 明応五年正月からし, 明応五年美濃の喜田城陥落, 明応五年閏二月中旬花の早き, 明応何年かに日置弾正, 明応元年になっ, 明応元年十二月二日同二年十二月二十日等, 明応八年四月元盛, 明応四年ごろ玉泉という者, 明応四年修撰に関して兼載, 明応四年八月の, 明応年中近衛尚通の子, 明応年間に木曽義元, 明応文亀という, 明応文亀年間平田将監という者, 明惠上人のことば, 明という尼, 明慧上人が北条泰時, 明に説明, 明截的確なるべきを, 明の已講理真, 明房長西は法然, 明といふやう, 明採りのよう, 明放されてその, 明放された窓へ, 明放し煽風機通風機を, 明放ちにした, 明放って空気, 明放つと舞踏, 明放るるころまで, 明放れて居た, 明政府は既に, 明政會で僅か, 明故に詐る, 明故少保加贈, 明教堂が落成, 明教館以外で大砲, 明敬治二兄同道来庵酒魚鮨すべて持参だから, 明の宅, 明う云, 明日山三郎を欺き遂せ, 明日御供出立に付行飲, 明旦二人が別れ, 明旦土人を呼び集め, 明旦砲声三たびするを, 明旦順風になれ, 明旦魯西亜に向, 明旦魯西亞に向, 明早々に帰洛, 明早天出立致す了簡, 明早朝お雪ちゃんを救うべく, 明早朝さつそく私, 明早朝イシカリ川の氷, 明早朝出帆準備にとり, 明早朝従者四五名付けて, 明早朝拙者は高山, 明早朝買いにゆき, 明明中在暗明暗雙, 明明智茂朝などの兵力, 明かつた, 明易く曳いた横ぐもの, 明映すに心細く, 明あるゆえ, 明時代頃のやきもの, 明晢さに或, 明普寛一心一山なぞの行者ら, 明の決行, 明暁天までに総勢, 明暁野村三田村へ陣, 明浮沈滑嗇蒙, 明暦万治年間へかけ, 明暦三年丁酉正月の大火, 明暦三年噴出の熔岩流, 明暦三年正月十八十九の両日, 明暦三年正月十八日本郷丸山本妙寺から起った, 明暦三年正月本郷丸山からの大, 明暦三年江戸大火の惨状, 明暦中の本, 明暦二年だったか, 明暦二年板貞室の, 明暦元年の正月, 明暦初年三月半ばでもう, 明暦四年及び寛文十年, 明暦大火のは諸宗山無縁寺回向院, 明暦大火後の吉原, 明暦天明の大火, 明暦後も度々, 明暮ほのかに足, 明暮れこれを歌い, 明暮れし吾に, 明暮れ神の道, 明暮れ試験管と血液, 明暮れ顔を合せる, 明暮不幸を喞, 明暮地蔵地蔵と念ずる, 明暮子良がどんなに, 明暮弁信を憎み憤っ, 明暮自分のそば, 明暮蔬菜の生長, 明暮身を悶え, 明曉其女の母, 明月曜はもしか, 明朔日悴良安御用, 明朗君なんぞも一緒, 明朝吹込みの明治キャラメル, 明刻, 明末の世と敗戰後, 明末一般の人々, 明末出土以來の大, 明末四公子の一人, 明末清初あたりの某々, 明末饑饉の際, 明に清讀, 明来おかげで三八九, 明来お茶とビスケツト, 明来かしわで飲む, 明来ふたりで飲ん, 明来やうやく一升捻出, 明来やつぱり昨夜は酔中彷徨, 明来らず私一人で, 明来サケとトウフ, 明来今日はどうしても, 明来信これで私, 明来信宿直だから, 明来同道して, 明来大に飲み, 明来宇部へ出張, 明来家庭の空気, 明来敬坊不来, 明来昨夜の酔態, 明来暫らく話してから, 明来暮羊来お土産, 明来珍品を持つ, 明来福神漬でお茶, 明来私が使者, 明来米持参この米, 明来胡瓜で一杯, 明来自分で飲みたい, 明来茶をすゝつて漫談, 明来蒲鉾一枚酒一本でとろ, 明来行商の話, 明来訪つ, 明来訪ちりで一杯, 明来釣竿突網釣道具餌そして辨当, 明来鰯で一杯, 明来鶏肉を持参, 明の粗, 明板本を宋本, 明のごとく裂き, 明果てない海の, 明暗の, 明柳子厚の二集, 明根性と言う, 明極等は主として, 明様妾でご, 明次西谷田村の荒井嘉衛等, 明正明の子, 明正明忠明と云う, 明殿あたりを歩い, 明殿学士となっ, 明殿殺生はお, 明氏兼がお供, 明をふかく, 明法会の会員, 明法博士らに命じ, 明法房これなり, 明法道算道書道音道等であ, 明泥酔して, 明洙韓晶玉というの, 明の情, 明流先生の内弟子, 明清あたりの先入主, 明清五彩の全, 明清以後は南支那, 明清医家の為す, 明清官窯五彩の如き, 明渡さないでもよろしゅう, 明渡さなくてはならなくなっ, 明渡された江戸城の, 明渡したんでございます, 明渡しましょうって云った, 明渡会津征伐等猫の眼, 明はモータボート, 明澄性はそれら, 明澄美を汲みとる, 明澄透徹を証拠立てる, 明澄雄渾な叙事詩, 明澆薄之世, 明やそれら, 明灯心の類, 明灰色に波うっ, 明無からん, 明して, 明たるべきもの, 明より複刻, 明版竜蔵版とかれこれ, 明し難い, 明王維の詩境, 明珍何宗とか名乗っ, 明珍作りの南蛮鉄, 明珍信家の名作諏訪法性, 明珍恒男君は深川森下, 明珍造りの輝かしき, 明珍長門家政の作, 明珍長門家政作の甲冑, 明珠八顆都て収拾, 明珠百斛王嘉福を錫, 明を持っ, 明申してお, 明を学び, 明画風の籠中果実, 明に交替, 明白き花一片手を, 明白基竜安重根, 明白船せい二清恵澄太等等等春風いつもしゆう, 明百円札で山頭火, 明的合祀にて神社, 明的手法で表現, 明去る, 明皇十七事と云, 明皇后の御名, 明皇呼爲半仙戯とある, 明皇夢中に見る, 明皇花を賞す, 明の心, 明して, 明目自由のきかねば, 明なやり方, 明直にいえば, 明直伝のもの, 明あるも, 明慈徳居士行年七十二歳と, 明眼論に本, 明矜察ヲ垂レ給ワン事, 明という順序, 明である, 明碧色の眼, 明の如し, 明神下一角から佐久間町, 明神田植絵巻などという奈良京都, 明は参議成頼卿, 明禅法印の常, 明空性信西念唯信, 明窓浄几筆硯紙墨皆極精良, 明窓浄几香炉詩巻吟詠翰墨の遊び, 明窓浄記を敢, 明窓淨几の人, 明窓淨几側には俳書, 明たる下, 明の小藪, 明十三代の, 明等世子を奉じ, 明等大敗して, 明を蓄, 明が出る, 明成りし水族館, 明約していなけれ, 明紫灰色の小石, 明とて霊神, 明経ヶ島の脇屋義助, 明経博士等のさかしら, 明経薬師経等を諸, 明結願の日, 明經家などを生じた, 明經道紀傳道明法道算道書道音道等であ, 明に彩られ, 明緑花と黒緑色, 明罎二本へ一杯, 明罪あきらかなれば, 明耀眼八咫の鏡, 明老人の頑健, 明の大, 明尽くれ, 明があらざりせ, 明の見えつ, 明興世王なんどの遣, 明船町だ, 明英百合子君らがいた, 明荷葛籠の蒲団, 明が咲く, 明菓あたりから通り出口, 明菩薩が控, 明萬暦より清雍正時代, 明葉夢得は曉日, 明になっ, 明と曽我廼家気分, 明が言う, 明融阿闍梨が重病, 明を排し, 明行者寛政四年に王滝口, 明はこれら, 明の袖, 明表した大きな紙札, 明の白衣観音, 明見したるの, 明の際, 明覚院に道場, 明覧等の書, 明ヲ奉, 明詩別裁という厳, 明せしごとく, 明の金石録, 明なり, 明に棄てる, 明貿易は殊に, 明を行おう, 明赤ちやんに, 明暗路, 明軍坂を上ろう, 明軍望み見て, 明軍来が確, 明軍死する者, 明軒爽対山望田甚瀟灑矣先生有詩次韻賦呈, 明へとさしも, 明し又, 明載されて居る, 明し耕, 明近き油も, 明遂に来らず約束, 明遂高いづれも, 明遍上人に訴えた, 明道明寺に会し, 明樓上に, 明御本体, 明部屋のはなし, 明酒波が一人, 明酔来手のつけやう, 明酔来私を街, 明醫陳藏器の, 明鑑武鑑兵学書その他甲冑刀剣の類, 明鑑雲上明覧等の書, 明門院には土御門天皇, 明した十手, 明の境, 明闇相半して, 明の, 明院書院の障子匍, 明院石占寺の万体地蔵様, 明微たり, 明雲僧正などを巧み, 明よ仰ぎ, 明静前代未だ聞かず, 明頭来も暗, 明に報, 明風建築だが, 明食時君渓辺に出よ, 明館中川芳太郎鈴木三重吉へ, 明駿馬に鞭打つ, 明と申し, 明高木崎久保二名の辯護人, 明鬼篇の中, 明魏法師も假名