青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「悲し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

悪かっ~ ~悪く 悪く~ 悪人~ ~悪口 悪口~ 悪戯~ ~悪魔 悪魔~ ~悲し
悲し~
~悲しい 悲しい~ ~悲しく 悲しく~ ~悲しみ 悲しみ~ ~悲劇 悲劇~ 悲哀~ 悲惨~

「悲し~」 3192, 31ppm, 3817位

▼ 悲し~ (1134, 35.5%)

70 うな 12 が胸 11 がある 9 がこみ上げ, だ 8 のため, よ 7 である 6 がこみあげ, だった, で胸, に胸, は何 5 だつた, と嬉し, にもろ手, を, 腹立たしさ 4 が私, だと, に, に涙, のあまり, を感じた, を私, を覚え, 切なさ

3 [16件] うでした, があった, が一時, が胸いっぱい, が込み上げ, であった, ではない, と口惜し, と怒り, にこの, のなか, はどう, もない, 愛らしさ, 打出し思ひも, 辛さ

2 [88件] うで, から毎日, から逃げる, から鬼気, が, があり, がありました, がいっぱい, がこの, がない, が影身, が彼, が泌, だろうか, でいっぱい, でした, です, で何度, で私, で障子, というもの, とで裂ける, とは別, とも懐し, とも懷しみ, と寂し, と心細, と怖, と恐ろし, と憤り, と然, と腹立, と腹立たし, なの, なん, にそんな, には全く, に堪えなけれ, に堪へられなかつた, に心, に憑かれ, に気, に私, に身, に遣, のみを極めて, の中, の余り, の底, の美し, は, はその, はそれ, はどんな, はヘマ, は墳塋, は如何, は私, もある, や嘆き, や寂し, や絶望感, や苦し, や訴え, や運命, をいつも, をその, を伝える, を僕, を味わった, を呼ぶ, を忘れ, を感じ, を感じる, を感ずる, を抱い, を掴む, を更に, を知った, を知らない, を知る, を考える, を見, を見た, 恐ろしさ, 美しさ, 苦しさ, 読みたい本

1 [685件 抜粋] ああわが, あさましさ, あまって, いかほど年月, いや数日来, うです, うでも, かえってお, かも知れない, からだろう, からであり, からという, からぬけ出す, からみずから十八曲, からも來, から無我夢中, から脱出, から逃れる, かれと, があつ, があと, がいつも, がおいおい, がかもされ, がこうして, がこみ上げる, がころげまわり, がしみのこる, がせ, がつきあげた, がどうしても, がなかっ, がながれ, がなん, がひびきわたり, がひろがった, がふと改めて, がシミジミ, が一そう甚, が一パイ, が光る, が入り乱れ, が分つ, が十分, が却って, が土砂降り, が在る, が妖しい, が彼女, が彼女ら, が心, が感じられた, が昂じ, が有った, が梅三爺, が段々, が深く, が深まる, が添, が湧い, が湧きた, が無意識, が異様, が知らず知らず, が突発, が窕子, が至る, が身, が身うち, が込みあげ, が通, が通い, が闇, が除かれる, が顫, この老人, さ, さえ交った, すらもなかっ, せっかく明けた, そういうこと, そうしてそんな, そのま, ただ自失, だけのよう, だけは何となく, だけを憐れん, だの不幸, ってもの, つい固く, で, であったが, であったろう, でありましょう, でありますが, であり日本, ですかね, ですな, ですね, ですよ, でそうした, でそれ, でとんだ, ではどう, ではなく, でもなく, でやっと, で二階, で今更, で仕方, で卓, で名, で変り, で奧樣, で少し, で幻燈, で戸閉, で此處, で母親, で深まる, で目, で茶, で貧乏骨, で通読, で飛んだ, という, というやつ, という感情, といったら, といとわし, といふの, とうしろめた, とがいいたい, とがこみあげ, とが原因, とが彼女, とが消, とそうして, とでいっそ, とでも云, とで体, とで胸, となやまし, とにびっしょり, とに打ちまけ, とのごつ, との入り乱れ, とはその, とは縁, ともつかず, ともつかぬ, とよく, とをいつ, とを感じ, とを殘, とを送つ, と三, と云, と全く, と半分, と可哀そうさ, と味気, と壊れた, と心安, と悦ばし, と悩まし, と悼まし, と懐し, と新しい, と狂ほしさ, と空腹, と自分, どんなに疑っ, なかなかそれ, なぞいい, などはいま, などをまだ, にあんた, にいっぱい, にいつこう, にうたれた, にお, におか, にかえた, にさては, にさらでも, にしょせん, にじっと, にずぶ, にその, にそれ, にたえられない, にちがい, について深刻, につながる, にとまどった, になかなか, になった, になんら, にはあれ, にはいくら, にはいつ, にはこの, にはさすが, にはその, にはとてもとても, にはどうしても, にはりさけ, には債務, には内証, には妙, には容易, には廉, には思い, には息疲れ, には手術どころ, には暑い寒い, には柔, には父さん, には王女, には私, には立ち居, には美しい, には追使われた, にまいっ, にみ, にみちた, にみちみち, にめった, にも拘らず, にわざと, にわれ, にウンザリ, にダリア嬢, にワッ, に一人, に一掬, に今, に他, に似た, に俊寛, に候う, に別室, に口, に号泣, に圧倒, に堪え, に堪えきれない, に堪えられなくなった, に堪える, に堪えるべきで, に堪へられなく, に変った, に大, に大袈裟, に姐さん二ぜん, に小, に弁信, に御, に思い至り, に慎み, に打たれ, に打ちひしがれ, に打ち勝たれ, に捕へられた, に揺れ, に数倍, に斬り付けられた, に於, に日比谷, に曇っ, に歯ぎしり, に比較, に気がつかず, に気付かれない, に河岸, に泣い, に泣いた, に涙ぐまれ, に湯くみ, に満ち満ち, に滿, に無心, に珍, に甘く, に甚, に目, に盲, に突き, に綾衣, に育ち, に自分たち, に自分達, に花, に迫られ, に追, に道, に道具, に馬耳, の, のあげく, のあまりに, のうち, のかう, のせつな, のたった, のたつた, のまさる, のもつ, のやり, のよう, のわからぬ, の一分, の上, の与, の余り比丘尼, の分る, の力, の感情, の時, の極み, の激発, の甘い快, の記念碑, の責任, の身, の餘, はいかにも広々, はいったい, はいまさら, はおさえ, はおん, はたとえる, はちつ, はどの, はない, はなんだか, はまして, はますます, はもはや, は一度, は今, は僕, は力ずく, は医師, は只今非業, は同じ, は在る, は孫, は小雪, は尖き, は引き, は影, は感じ, は懐しく, は戦い, は日本, は昔, は普通山奥, は比類, は江戸, は無言勤行, は独自, は獨身者, は百千, は花客, は街, は言い, は言う, は逞しく, は鋭い, ばかりが胸, また口惜し, もあきらめきった, もあった, もあり, もうれし, もお, もこの, もす, もどかしさ, ももう, もろいもん, も体面, も何もかも, も加, も嬉し, も子供, も心細, も忘れ, も憤り, も歓ばし, も深, も混, も私, も紛らされ, も訴え, やいじらし, やうしろめた, やはり私, やらに先立つ, やる方, や嬉し, や恐ろし, や懐し, や涙ぐまし, や淋し, や辛, よさらさら, よりも, よりも恐ろし, よりも憤り, より何, よ彼, よ波, をあの, をいくらか, をいたわっ, をいやすべく, をいよいよ, をおさへる, をこらえた, をごまかさず, をじ, をそこ, をそのまま, をむしろ, をも女, をも感じた, をテエマ, を一つ, を一層, を与える, を主観, を云わなかった, を今回, を伝えた, を儂, を凝視め, を別, を告げ, を味, を唾, を増し, を奥歯, を忘れさせる, を忘れ切れず, を思, を思い入れ, を思つたの, を思ひ, を恋しい, を恐れる, を感じなけれ, を感ず, を憐れまず, を懐い, を抑えた, を抱きしめ, を映し, を暗示, を最も, を歌, を歌い, を死にかえ, を泣き訴えよう, を浦上, を無遠慮, を照覧あれ, を瞬間, を知っ, を知らなかった, を神経的, を紛らしぬ, を耐え堪え, を自分, を苦しい, を血, を見よ, を訴えはじめる, を負, を踏みにじりたい, を踏み越え, を鋭い, 今や余, 優れりという, 全く致命的, 口惜しさ, 増して, 妬ましさ, 嬉しさ一度, 寝つれば, 心細さ, 恋しさ, 愉しさ, 故にその, 次第に力, 淋しさ, 烈しさ, 貧しさ

▼ 悲しそう~ (683, 21.4%)

94 な顔 52 な声 17 な表情 15 な眼, に 14 にし 12 な様子 9 であった, でした, に首 8 に鳴い 7 にいいました 6 にいった, に言った, に頭 5 な顔付, に云った 4 な目, な眼つき, な顔つき, に言いました

3 [21件] だった, でも, なうめき声, なようす, な泣き声, な目つき, な色, な調子, にお, にくんくん, にため息, につぶやいた, になる, に叫んだ, に微笑, に泣い, に泣く, に見つめ, に言う, に鳴く, に黙っ

2 [36件] だ, です, なこと, なまた, な地, な微笑, な心配そう, な犬, な眼付, な言葉, な面, な顏, な鼻声, にうなだれ, にこう, にした, になっ, になった, にまた, に一声, に上, に叫びました, に嘆息, に幾度, に彼女, に微笑ん, に涙ぐん, に男, に眉, に眼, に私, に空, に立っ, に答えました, に見えた, に顔

1 [243件] だったか, だと, だわ, であったが, であり浪江, である, でさえ, でしたが, でしょう, ですね, でその, でただ, でない母, でなく却って, では, でもあった, で心, で恨めし, で独り庭, で目のあたり, で見て, なあの, なうなり声, なお, なおどおど, なげっそり, なご, なそぶり, なため息, なだけ, なところ, なとても, ななき, なにがにがしい, なふう, なまじめ, なまなざし, なもの, なよう, なわたし, なチョビ安, な光, な八, な又は, な口調, な叫び声, な呻くよう, な嘆くよう, な嘆息, な嘶き声, な変, な大きい, な失恋, な女, な妻木君, な小声, な弱々しい, な御, な微光, な心細い, な悔し, な愚痴, な手紙, な断末魔, な新人, な景色, な曲, な歌声, な歎息, な泣き出しそう, な浮かないよう, な淋し, な灰, な獣, な目付き, な眼色, な瞼, な笛, な筆致, な綾子, な苦笑, な葬式, な詠嘆的, な貧しい, な長い, な静か, な面持, な音楽, な響き, な顔ひとつ, な顔付き, な顔色, な鳴き声, な鳴声, な鼠, にいき過ぎる, にいっ, にいま, にうなずいた, にうなり, においおい, にお話し, にきこえた, にきゃ, にさめざめ, にしかし, にしくしく, にしてた, にしゃくり上げる, にしゃべります, にしょげきっ, にじっと, にすこし, にする, にそう, にそっと, にそれ, にたずねる, につぶやい, につや子, にときどき, にときには, にながくながく, にながめ, になきました, になさいます, にばかりし, にひびいた, にほえた, にほほえん, にぼくたち, にまたたい, にまたたく, にみえる, にむしろ, にも見えず, にゆっくり, にわざと, にアリョーシャ, にハンカチーフ, にピアノ, に下, に二三度頭, に二声, に云われました, に伏目, に佇ん, に光った, に円く, に凝, に初めて, に動い, に医者, に又, に又は, に口, に叫び出した, に叫ぶ, に向う, に吠える, に吠え立て, に吠え立てた, に吾輩, に呟いた, に呟き, に呼んだ, に唸りました, に啜り泣き, に啼く, に圓楽, に声, に変化, に己, に帳場, に幽か, に彼, に心細い, に心配そう, に応えた, に悄, に悄然, に悲し, に意地, に持っ, に松葉杖, に歌う, に歌っ, に民部, に水, に江田さん, に波子, に泣いた, に泣き入った, に泣き出した, に泣き出しました, に泣き喚き, に泣き声, に泣き立てる, に浮かび出た, に浮かべ, に深い, に溜息, に無念気, に独り言, に獣, に目, に相手, に眺められました, に睫毛, に立ち上がっ, に童子, に笑った, に答えた, に紙, に結ばれた, に考えた, に考え込ん, に聞え, に聞き, に臥, に自分, に襟, に見, に見え, に見えました, に見える, に見た, に言うた, に言われた, に訊く, に訴える, に蹙め, に身, に遠, に静, に頷きました, に顔色, に饑, に鳴いた, に鳴きさけん, に鳴っ, に鳴り渡っ, に鼻

▼ 悲し~ (656, 20.6%)

27 な声 25 な顔 2212 な表情 11 な眼 10 な微笑, に云った 7 な調子, に微笑, に言った 5 な様子, な目, な目つき, な聲, な色, に声, に目, に首 4 である, な, な顔つき, に叫んだ, に見える, に頭 3 なしかし, なもの, な眼付, に啼いた, に眺めた, に眼, に見えた

2 [45件] だった, であった, であるが, なので, なるところ, なる聲, な叫び声, な女, な姿, な子供, な小さな, な少女, な影, な旅行者, な歌, な無数, な皺, な部屋, な鋭い, な音, な顏, な黒い, にうなだれ, にすすり泣く, になっ, にまた, に一同, に云つて, に力, に動き出した, に叫ぶ, に呟い, に呟く, に微笑みかけ, に気の毒, に泣く, に消え, に盃, に眺め, に笑った, に答えた, に長く, に響いた, に顔, に鳴き

1 [343件] だが, であったが, であったとしても, であつ, でまた, でもなかっ, でママ, で全面老い, で故郷, で額, なあきらめた, なうめき, なうめき声, なおどけた, なからす, ながっかり, なけげんそう, なしかめ顔, なしょっちゅう, なその, なひどく, なふう, なほほえみ, なまた, なやさしい, なよう, なり, なりや, なるぞうたて, なるに, なるベンチ, なる声, なる小, なエンジン, なオルゴル, なマンドリン, な不安, な不思議, な両, な人間, な何とも, な光, な冷笑, な勞働者たち, な口調, な古い, な叫び, な合唱, な呟き, な咆哮, な哀歌, な哀訴, な唄, な啼声, な喪服, な嗚咽, な嘆き, な声音, な夫, な女達, な寝顔, な小さい, な小犬, な少年, な年取った顔, な幻影, な幾つ, な座頭等, な張りつめた, な後悔, な微, な微か, な恰好, な情, な愛想, な感謝, な手つき, な断れ断れ, な昔, な歎願, な氣球, な泣き声, な泣聲, な泳ぎ, な涙, な清澄さ, な溜息, な熱烈, な父, な琵琶, な當惑, な白樺, な相貌, な真剣, な真面目, な眸, な眼差, な眼差し, な眼眸, な眼色, な瞳, な空, な空気, な空虚, な笑い, な笑顔, な節, な細い, な絶望, な者, な臨終, な自ら, な自嘲, な苛苛, な苦し, な荒廃, な荘重さ, な蒼白い, な視線, な訴, な訴える, な話, な跛, な返辞, な遠, な郭公, な醜悪, な長い, な闇夜, な雨, な面持, な面持ち, な響, な響き, な頬, な頼り, な額, な顔貌, な願い, な顫, な風景, な餘裕, な馬, な高楼, な黄昏, な鼻翼, にあきらめ, にいいました, にいった, にいつ, にうなずいた, にうなずきました, にうろうろ, にうろつい, にお, にかざりよそ, にきこ, にきしり, にさえなり, にさえ見える, にさし控えた, にし, にしかし, にしんと, にすわっ, にすゝ, にそう, にそよい, にだが, にちょっと, にない, にながめ, になり, にね, にはひびきませんでした, にひびいた, にひん曲り, にびょうびょう, にほえ, にほほえん, にぼんやり, にぽつりぽつり, にまばたい, にみつめる, にみにくく, にもつ, にも亦, にやさしく, によりあわれ, にわき, にハラハラ, に三味線, に云, に云い返した, に人, に何度, に十字, に口, に口數, に叫びました, に叫ん, に右膳, に右馬, に吊られ, に同情的, に吠え, に吠え立てる, に否, に吹い, に吼え, に呟いた, に咎めた, に唇, に啼い, に啼きぬい, に喚きたてた, に嘶く, に囁きける, に垂れ, に垂れ下った, に夢想, に姉樣, に定刻待合, に寂しげ, に寄り, に射し, に少時しょんぼり, に尾, に彷徨, に彼女, に微笑んだ, に心, に思い出した, に思い沈ん, に思われた, に恐ろし, に悩まし, に憧れ, に打, に打沈ん, に振り, に教え, に数えた, に斯, に格子, に桃花村, に楽譜, に横たわる, に欄干, に歌い, に歎息, に歩い, に殷々, に沈黙, に河岸, に泣い, に泣いた, に泣き, に泣きじゃくっ, に泣き叫ん, に泣き続け, に泣出, に注い, に浦, に浮かべてる, に浴, に涙, に満ち, に漂つて, に点れ, に点滴, に煽っ, に父親, に物, に王子, に田野, に甲斐絹, に疑い, に療院中, に相, に眠つて, に眠りゐ, に眺める, に砕け, に私, に立つ, に笛, に絶え間, に続く, に繋留氣球, に繰り返し, に繰り返した, に繰返した, に羽ばたき, に考え, に考え込み, に考え込ん, に聞える, に聞かれた, に腹立たし, に自分, に苦笑, に装う, に裏門, に見, に見え, に見た, に見やる, に見る, に見合わせる, に親しく, に言い出した, に訴え, に訴えた, に語っ, に語り, に説明, に軋り, に辞儀, に遠い, に邊, に金魚, に開かれ, に闇, に震える, に面, に面白, に響い, に響き, に響く, に頬, に頷いた, に顰め, に風, に騒ぎ立てた, に鳴い, に鳴きさけび, に鳴りひびい, に鳴る, に麦城, の弔い, の鉦, の音

▼ 悲しかつ~ (91, 2.9%)

594 た事 2 たが, たけれど, たこと, たの, たので, たよ

1 [16件] たさつき, たし珍し, たでせう, たには, たまで, たらう今, た勿体ない, た彼, た悲しい, た或, た樹明君, た死, た父親, た腹立たしい, た記憶, た身の上

▼ 悲し~ (63, 2.0%)

4 に眼 3 な声 2 な眼

1 [54件] であった, で他界的, な処, な叫び, な呻, な夢, な幾筋, な微笑, な心地, な憂色, な戯れだ, な気高い優しい, な溜息, な眼つき, な眼付き, な瞳, な立皺, な笑, な自己陶酔, な苦笑, な表情, な顔, な風情, に, にうつむき, にかつ, にさう, になっ, にゆ, に丁度, に低頭, に光つて, に冷笑, に叫ぶ, に吠え立てる, に吹聴, に呟いた, に咆哮, に啼, に嘶きました, に微笑, に憧れ, に曇った, に片, に痛々しく, に茫然, に見つめ, に見極めた, に視守る, に言う, に静まり返っ, に頭, に頸低, に顔

▼ 悲しがっ~ (62, 1.9%)

8 ている 5 ておいで 4 ていた 2 ていました, ております, て居た, て泣い, て泣く

1 [35件] たりし, たり人一倍, ていたでしょう, ていなかった, ています, ていらっしゃる, ているであろう, ておりました, てくれる, てだれ, てはいけません, てはしかた, てはならない, てぼくたち, てもいません, てゐない, てミラノ, て上手, て今さら, て大騒ぎ, て娘, て居る, て引返したがった, て死に, て死ん, て殿様, て毎日, て泣いた, て泣き出した, て泣き寝, て泣き転んだ, て湖, て見た, て見送り, て言い続ける

▼ 悲し~ (52, 1.6%)

3 な, 何と, 何んと 2 上人様の, 悲しや, 辛らや

1 [37件] ある事, うらぶれては, おいたわし, お線香, かよわき女, くせ者逃がし, これが, なオーオーオー, な悲し, はらば, みだしも, 一歩手おくれだった, 不憫や, 九郎判官義経公には, 今の, 何の, 余よりも, 其の人, 其の手, 君の, 姫は, 密見, 彼の, 心付くと, 我らの, 救は, 早や, 権田時介との, 濃紅姫, 火事の, 玉虫が, 生れながらに, 眉を, 落ちた情な, 言語通ぜざれ, 誕生の, 鐘の

▼ 悲しさうに~ (50, 1.6%)

6 して 2 うな, 吠え立てて, 見えた

1 [38件] あるひ, いつた, うつむいた, うつむいて, うなだれた莟, うなだれて, かう考へた, きやんきやん鳴き立て, しく, したの, すこし痩せ, そして一層, つぶやくので, ばかりし, また, また喘, も亦, も見えず, よろ, 吼えたの, 呟くの, 唸つた, 垂れた首, 尋ねた, 少しつかれ, 微笑んで, 恰もキヤンドル, 時時ひらく, 歪めて, 泣いて, 泣きたてるの, 泣きながら, 泣き出しました, 見送りながら, 訊ねた, 遠のいて, 鳴いて, 黙つて

▼ 悲しげに~ (40, 1.3%)

2 それを, みんな天を, 女を, 彼に, 彼を, 風声が, 鳴叫んだ

1 [26件] いうの, おのれの, こういうの, そこを, そのようす, その目, その眼, なき首, なつて, また何だか, また侘びしげにかぶりを, やさしげ, わが接吻, わたくしへ, 其の状態, 其の頭, 唖々と, 幽滅する, 廃墟の, 廣間を, 彼女を, 枠の, 泰二君を, 照し, 私から, 自分の

▼ 悲しさうな~ (23, 0.7%)

3 声が, 声で, 顔を 2 目を, 顔に 1 ことよ, だらしの, ので不審, 声を, 目つきを, 色が, 面を, 顔で, 顔である, 風を

▼ 悲し~ (18, 0.6%)

2 云ふ

1 [16件] にて, やうにも, やうの, 來し, 偲ぶなりけり, 告り, 思いし事, 思うに, 思うべきである, 思う人間, 思つた, 思ひし妻, 思ふべし, 思続けぬ, 泣きし一言, 觀じ

▼ 悲し~ (13, 0.4%)

6 つてゐる 2 つて見送りに 1 つた言葉を, つてゐなかつた, つて女の, つて書い, なし近代的個性

▼ 悲しがる~ (12, 0.4%)

1 [12件] から教える, から死ん, ことない, ことは, とは思わなかった, に違い, のが, のです, やうな, わけで, 事は, 女房たちです

▼ 悲しとも~ (11, 0.3%)

1 [11件] かなしい, これも, なくて, なく誦しゆけ, 思はねど, 思ふわけ, 思わなかった蓋し, 思わぬ様, 樂し, 申すも, 聞く

▼ 悲しさうに言~ (8, 0.3%)

4 つた 2 ひました 1 ひましたそれで, ふの

▼ 悲しかりし~ (5, 0.2%)

1 ぞ, に, に引き換え, トマサンの, 結婚生活の

▼ 悲しがらせ~ (5, 0.2%)

1 たりする, たり勝手氣儘, て, 彼女は, 遠慮がちに

▼ 悲しさうに首~ (5, 0.2%)

2 を垂れ 1 をかしげた, をさしのべ, を振り

▼ 悲します~ (5, 0.2%)

3 かも知れない 1 に違, ものは

▼ 悲し~ (5, 0.2%)

1 うにも, 夕日は, 思ひしもへば, 独し, 独し思へ

▼ 悲し~ (5, 0.2%)

2 だので 1 だこと, である, では

▼ 悲し~ (4, 0.1%)

1 あらせられたこと, 侍るぞ, 御坐んした, 父あらぬ

▼ 悲し~ (4, 0.1%)

1 ことや, つた, ない食べられない, アありません

▼ 悲しさうに云~ (4, 0.1%)

2 ひました 1 つた, ひかけると

▼ 悲し~ (4, 0.1%)

1 かどう, 心昧み, 戀も, 色さへ

▼ 悲しやと~ (4, 0.1%)

1 さまで身, 半狂乱, 喚くやら, 地に

▼ 悲し~ (4, 0.1%)

1 と云う, のある, を味, を多く

▼ 悲しがった~ (3, 0.1%)

1 が親友, に違い, 女御更衣は

▼ 悲しがらせる~ (3, 0.1%)

1 あなただ, ことは, のであった

▼ 悲しがり~ (3, 0.1%)

1 になる, 私を, 立腹し

▼ 悲しさうに眼~ (3, 0.1%)

2 を伏せ 1 をしよぼ

▼ 悲しとお~ (3, 0.1%)

1 もはねど, もひ, もへども迫り

▼ 悲しとは~ (3, 0.1%)

2 思はず遙 1 きけど

▼ 悲し吉原~ (3, 0.1%)

3 いで

▼ 悲し~ (3, 0.1%)

1 な眼, な處, に壁

▼ 悲し~ (3, 0.1%)

1 な顔, に, に舌

▼ 悲しい死~ (2, 0.1%)

1 によって美化, の

▼ 悲しかりけれ~ (2, 0.1%)

1 ば, 花ちりし

▼ 悲しかりに~ (2, 0.1%)

2

▼ 悲しかる~ (2, 0.1%)

1 にや, らん

▼ 悲しかるべき~ (2, 0.1%)

1 を思ふまじ, 事今お

▼ 悲しがるで~ (2, 0.1%)

1 もない, わしも

▼ 悲しげにそう~ (2, 0.1%)

2 思う

▼ 悲しさうに眼蓋~ (2, 0.1%)

1 を伏せ, を伏せた

▼ 悲しさうに私~ (2, 0.1%)

1 には見えました, を見詰め

▼ 悲しさうに頭~ (2, 0.1%)

1 をふりました, を振り

▼ 悲しさこれ~ (2, 0.1%)

1 より熱海, を押えん

▼ 悲しさ二人~ (2, 0.1%)

2 の力

▼ 悲しさ四季押~ (2, 0.1%)

2 とほし

▼ 悲しさ手掛り~ (2, 0.1%)

1 の端, の端っこ

▼ 悲しさ算盤~ (2, 0.1%)

2 を持つ

▼ 悲しさ辛らさ~ (2, 0.1%)

1 が, を

▼ 悲しさ限り~ (2, 0.1%)

1 なく, なし

▼ 悲しすぎ~ (2, 0.1%)

1 てなぐさめ, てなんにも

▼ 悲しとい~ (2, 0.1%)

2 はまく

▼ 悲し~ (2, 0.1%)

1 事が, 事成とも

▼ 悲しまし~ (2, 0.1%)

1 て涙, むれども

▼ 悲し~ (2, 0.1%)

1 の死ぬ, の訃

▼ 悲し佐久~ (2, 0.1%)

2 の草笛

▼ 悲し懐しい~ (2, 0.1%)

2 ものぢや

▼ 悲し~ (2, 0.1%)

1 の聲, の雨

▼ 悲し過ぎ~ (2, 0.1%)

1 てぼんやり, て今

▼1* [143件]

悲しあな暗し醋, 悲しあらずあらず昔は, 悲しいうなり声, 悲しいくらゐどぎつい, 悲しいこんだにホーイホーイ, 悲しいたましひの, 悲しいみものであった, 悲しうございましたが根, 悲しうございますので西行法師, 悲しうございます寄りついて下さらない, 悲しかねえんだッ, 悲しからむぞ, 悲しかりきなさ, 悲しかりけりまた飛ん, 悲しかりけんさりながら慈悲, 悲しかんべえ, 悲しがったら何故そんな, 悲しがってるのに, 悲しがらしった事は, 悲しがらせたくはなく, 悲しがらせようと思ひ立つた, 悲しがりまして生き, 悲しがりました犬の, 悲しがるだらうと思ふ, 悲しがるだろうと思う, 悲しがるであろうが生き, 悲しがろうわ, 悲しくしをらしき, 悲しけれど汝に, 悲しけれどもおのづか, 悲しげなおさんと沈痛, 悲しげなすまな, 悲しごぜえませんで, 悲しさあとがつ, 悲しさうだつた, 悲しさうになつた, 悲しさうにわたしの顔, 悲しさうに側へ行つて, 悲しさうに其尾ばかり振, 悲しさうに午後三時を打つた, 悲しさうに半ば強情さうに言つた, 悲しさうに厩の方, 悲しさうに娘のくる, 悲しさうに彼の顔, 悲しさうに性急に述べた, 悲しさうに権の顔, 悲しさうに目を瞬いた, 悲しさうに眉をひそめた, 悲しさうに看護婦の顔, 悲しさうに空氣をふるはせ, 悲しさうに答へた, 悲しさうに謡ひました, 悲しさうに靜に泣き, 悲しさうに頬笑みながら, 悲しさきょうの今, 悲しさそのものなん, 悲しさのをどり, 悲しさアダリン五つのむ, 悲しさクズ糸の見分け, 悲しさサタンだと, 悲しさ一つの道, 悲しさ一月二月は叔母, 悲しさ下手でも白痴, 悲しさ人魂になっ, 悲しさ今猶昨日, 悲しさ仕事をする, 悲しさ他の動物, 悲しさ他人のため, 悲しさ余つて始終泣い, 悲しさ刀を持つ, 悲しさ半びらきになっ, 悲しさ反対されると, 悲しさ吉蔵がこれ, 悲しさ哀れさみじめさのみ漂う, 悲しさ四季押通し油びかりする目くら縞, 悲しさ地味な暮し, 悲しさ夫金五郎への献身, 悲しさ御存じ無ければこそ, 悲しさ怕さ口惜しさ, 悲しさ我事のよう, 悲しさ時勢は日に日に, 悲しさ柳寿斎爺さんに教わった, 悲しさ残念さの故に, 悲しさ気ばかり焦っ, 悲しさ沖縄人は充分, 悲しさ猪子先生なぞは其様, 悲しさ申しわけなさ, 悲しさ絶望といっ, 悲しさ缶の製造業者, 悲しさ覚ゆ乳房いだけば, 悲しさ重々御察し, 悲しさ雨にあ, 悲しさ顔は見えぬ, 悲しさ騒しさ, 悲しさ驚きはいか, 悲しさ骨身を透す, 悲しさ鯉口を切る, 悲しといふ也, 悲しといふもわがため, 悲しとぞ思ふ, 悲しながき別れの, 悲し切なる, 悲しひかなかく, 悲しびてやがて又, 悲しび戀ふる, 悲しむ身の, 悲しまざらんと欲する, 悲しまで喜べるもの, 悲しもともずり, 悲しやとばかりにてお台所, 悲しやの一雫道の, 悲して, 悲しわが推しあて, 悲しわたしはそれら, 悲しアカイヤの族, 悲しイんだ, 悲し世界となり, 悲しけき, 悲しの野, 悲しが手, 悲しは, 悲し生薑, 悲し少し面白し悲しい方, 悲し悲しわたしは, 悲し悲し悲しわたしは, 悲し故に峡中裳を, 悲し日陰草小さく咲き, 悲しの大君ろ, 悲し海原生れの故郷, 悲し鳴く三声涙衣, 悲し白木蓮の, 悲し短きわかれにしも, 悲し神国の人, 悲し紅き帆きたる, 悲し翹望し追求, 悲し聞いては忘, 悲しひそみ鳴く, 悲し草木も心痛, 悲し草枕多胡の入野, 悲し過ぎる事には, 悲し重松ありしころ, 悲し涌きて, 悲し青き蜜柑よ