青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「我輩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

成長~ ~我 我~ ~我々 我々~ 我が~ 我儘~ 我国~ ~我慢 我慢~
我輩~
或~ 或いは~ 或は~ 戦~ ~戦い 戦い~ ~戦争 戦争~ 戦場~ 戦闘~

「我輩~」 1327, 13ppm, 8384位

▼ 我輩~ (457, 34.4%)

18 閣下の 7 猫である 6 閣下が 4 曾て 3 これらの, これを, 之を, 諸君の

2 [33件] いよいよ変テコ, こいつへ, この感じ, そっちへ, その地点, もう君, コックネーでは, 一日も, 不幸に, 仕方が, 伊東巳代治男及び, 伊藤侯を, 何にも, 其の原因, 君を, 唯だ, 多年閣下の, 女大学よりも, 婦人の, 寧ろ能力, 尚ほ, 彼の, 必ずしも此見地, 必らずしも, 憲法の, 故意と, 有りの, 朝夕この, 此新人を, 決して閣下, 特に閣下, 閣下に, 閣下を

1 [344件] あの哲学者, あの部下, ある時委員, いう, いつも思う, お志保, かくの, かく思う, かく書いた, かつて孔孟, こ, こういうよう, こういう議論, こうして所期, こう云っ, こう寝る, ここで, ここへ, このたび, このカラン, この一段, この問題, この場合, この奇巌城, この女, この学制改革, この常, この時代, この景色, この頃, これで, これに対して, これほどに, これを以て, しかし帰らなかった, しばらく措, すわこそと, そのままサッサ, その席上, その当時外務大臣, その後数多の, その成功, その時, その第, それから, それ以上立ち入っ, とにかく出来る, とりとめて, どうして修養, なんだか段々進む, ほとんど十数年以来支那, まずこの, まず君, まず政治, また, また比較法学研究法, まだ熟, むしろ敵, もう既に五十年, もう既に天保時代, もう言, もとより氏, アンポンタンの, クローヂヤスに, サラー夫人の, ソクラテスで, ドイツでは, ドイツに, フランスへ, ベンサムにおいて, メンゲルベルクと, ユーゴーほどの, レイモンド嬢と, 一家の, 一層修養的教育, 一時の, 一歩を, 一生懸命今日まで, 一言も, 三十五六先生は, 三階に, 不文なる, 与しない, 世界の, 世界人類に, 両腕, 二億五千四百万余円の, 二億五千四百萬餘圓の, 云って, 五十年間文明運動を, 亭主に, 人才尠なき, 人生の, 人間の, 今の, 今まで, 今一歩を, 今俄, 今後人道の, 今後十年二十年の, 今日からでも, 今日まで, 今日太平を, 何も, 何時でも, 何時も, 偉い権力, 優等生である, 元来剛情, 先ず其嫉妬, 先づ建築の, 先に, 党に対して, 全く耳, 其所謂女子敗徳の, 其理由を, 其話を, 其馬車馬さ, 切に予言, 刺されようと, 剛情張りで, 劇という, 勝や, 勿論これ, 北の方へ, 単に九十三日, 単に彼等, 又飲めない, 反対だ, 反対党の, 右の, 同院で, 君これでも, 君と, 君主の, 含嗽を, 呟いて, 命を, 單に, 国家に対し, 国家の, 国家を, 園芸に, 在郷軍人の, 士族だ, 声を, 外に, 多数少, 大に, 大好, 大正八年九月国際聯盟が, 大観に, 太政官に, 失敬ながら, 奈何し, 奮闘し, 女大学を, 好んで, 好奇の, 如何なる困難, 如何なる大きな事, 始めこれは, 姑く, 姫君を, 娘から, 娘の, 子供が, 子供の, 子規の, 学問独立の, 学者でも, 安心した, 実にほとんど五十年, 実に魔法, 実は長寿法, 宮崎道三郎菊池武夫栗塚省吾木下広次土方寧の, 家内が, 家内に, 家内を, 家族関係や, 寧ろ此教訓, 小僧時代から, 小声で, 尚君等, 屡々世界, 屹と, 岡田朝太郎博士ら数名とともに, 巻煙草を, 希望し, 常にその, 常に世, 常に篠田さん, 平太郎と, 年老いたりと, 座を, 庭の, 当時これを, 当時深く, 役目こそ, 彼女の, 彼女を, 待って, 心からそう思った, 心から頷い, 必ずしもかかる, 忠告の, 思う, 思う世間, 思ったので, 急いで, 感嘆の, 態, 憲政党内閣の, 憲政黨内閣の, 我が政治社会, 我が社会, 我輩じゃ, 我輩ぢゃないか, 手提革鞄の, 政治家で, 政治家として, 政治運動中に, 敢て, 文を, 文明史を, 断じて其の, 断じて否, 断言し, 斯うい, 斯る, 新島君の, 斷じ, 既に十五年以来数度, 日本婦人の, 明らかに, 時々人, 時にその, 書物は, 書物を, 最も親交, 最初大, 最後の, 末松に, 本書第, 本郷座附の, 東西両, 東邦協会に, 果して技倆, 梓君の, 正に同, 歴史学に対して, 死なぬ, 死ぬまで, 死を, 毎年大学における, 毎朝時を, 比較法学の, 比較的健康, 気の毒ながら, 気を以て, 汝が, 江戸っ, 決してこれ, 決して亂, 決して立憲国, 決して立憲國, 決して誘惑, 法典調査会において, 法政学語の, 泣いたり, 浜の, 満天下の, 為る事, 無条件に, 爆裂弾で, 犬である, 猫, 理性の, 田舎者では, 當時深く, 疑いなく, 疑問と, 直ちにその, 直接に, 真面目に, 知って, 知っての, 知らなかったので, 知らぬ, 祖先崇拝について, 移転後に, 種々な, 笑いながら, 米人の, 経済上の, 美麻奈姫を, 考えた今や, 考えて, 耳は, 耳学問の, 自らこれを, 自分の, 自分を, 自死, 自由党中にも, 自由黨中にも, 至ってライスカレー, 舞うぞ, 芝居熱が, 英学の, 茲には, 蔦吉と, 蔦吉を, 蜀を, 行政機関の, 行政機關の, 衷心歡喜を, 親しくその, 言ったの, 言わんと, 記者の, 試演の, 話柄の, 謹んで, 資本主義を, 近來閣下, 近来閣下の, 運動が, 遠くで, 遠方から, 酒その, 金色夜叉を, 門戸開放主義で, 閉口し, 関西に, 閣下頃ろ辞任の, 閣下頃ろ辭任の, 面倒臭いという, 頑として近寄る, 飛び込んだの, 飲むから, 飲んだ, 館林様へ, 館林様を

▼ 我輩~ (339, 25.5%)

13 見る所 8 所謂る 6 聞く所 3 ために, やうに, 唯一の, 家の, 説を

2 [34件] ことを, この追跡, ところへ, ように, 友人に, 命令に, 固く信じ, 大学校, 娘いまは, 家で, 怪む所は, 感服せざる, 所見を以て, 手は, 持論だ, 断じて許さざる, 甚だ信ずる, 甚だ遺憾, 甚だ閣下, 生涯なぞは, 生涯は, 眼に, 空想に, 篇を, 聞かんと, 葉は, 言うこと, 言に, 言を, 記憶する, 記憶に, 足跡まで, 閣下の, 顔面に

1 [229件] あくまでも, いう歴史, いわゆる文明, ことなど, この演説, さしず, さした盃, すむ小天地, ためにも, ところへは, なし能う, ねがう所, は概括, は玄関前, は真正, は金力, もとへ, ものだ, やり方を, アンダ, シートを, トランクと, 一つの, 一世では, 一再ならず言うた, 一生を, 三人に, 上陸し, 下宿の, 中に, 主義として, 乾児に, 予期する, 事に, 事務所が, 交際, 代理として, 伝聞し, 伯夷叔斉に, 伯夷叔齊に, 作に, 作は, 作物が, 作物に, 個人の, 偽らない感情, 元気は, 先生の, 先生を, 先輩です, 共に, 凡人主義, 前および, 勤めて, 参謀と, 反対する, 取らざるところ, 取らざる所, 口から, 口を, 叫声に, 同意する, 名前が, 名誉に, 名誉に関する, 嗜好だ, 国元を, 国家に, 國家に, 堅く警, 外に, 多く目撃した, 大いに敬服, 失望落胆から, 奉ずる古, 女房も, 如きは, 如きも, 如き短気, 妻だ, 子という, 宅に, 官邸に, 実験から, 家と, 家なぞ, 家なぞは, 家に, 家人も, 家人を, 家庭で, 家庭なぞは, 宿へ, 寝巻と, 少しも, 希望し, 希望には, 席へ, 帷幕には, 常に唱うる, 常に願う, 後輩であった, 従来の, 心配する, 志を, 忠告を, 忠言を, 思ふやう, 思ふ所, 悩まされたると, 意を, 意志どおりに, 意気を, 愛好する, 感じたの, 感服する, 所では, 所望なれ, 所説には, 所説勿論, 手に, 手紙を, 拠て, 持って, 持論である, 持論は, 指は, 振舞は, 掌中に, 政治に, 故郷なる, 教育家なる, 敢えて保証, 敢て, 敬服し, 敬服する, 断じて反対, 断じて許さ, 新下宿, 方が, 日常生活, 日常生活も, 昼寝の, 時代に, 書棚を, 最も君, 最も大切, 最も推服, 最も賤, 有する味方, 望む所, 未だ知らざる, 未だ聞かざる, 東方平和論は, 柔よく, 様な, 様に, 権利を, 此処に, 活動する, 浅見寡聞の, 深く感服, 父の, 特に憐れむ, 特に注意, 現今の, 生命である, 生活は, 申し出を, 癖で, 百二十五歳の, 監督し, 眼と, 眼光に, 知って, 知らざる所, 知れる二, 積りでは, 窃に, 筆力の, 筆鋒を, 等閑に, 絵画陳列室だ, 考うる, 考えるのに, 考証は, 耳障なる, 腹案女子教育説の, 自叙伝の, 荷物を, 蒙った不愉快, 蔵する元禄年間, 蔵する山本, 要求する, 見る処, 言うたところが, 言うところ, 言うまでもないところ, 言う女子, 言方即ち, 記憶を, 詰らないと, 話は, 説から, 説に, 読んだの, 読んだ分量, 調査した, 談が, 論法を以て, 議論では, 貧乏さ加減と, 身体の, 運命が, 遺憾に, 部下に, 配下であった, 重ねて, 長寿説に, 陣取るべき二階, 随行し, 面白いと, 音楽隊さ, 頭は, 飽くまでも主張, 飽くまでも勧告奨励, 飽くまでも賛成, 高田実に, 高田実崇拝は

▼ 我輩~ (128, 9.6%)

3 ここに, 日本女子に 2 この渾名, もっとも敬服, 以下篇を, 朝野の, 生活を, 閣下に, 閣下の

1 [108件] いかなる事情, かつて戯れ, この城, この学科, この語, さきに, する皆, その他の, その理由, そんなに浮気, ひとつどこか, ひとつ欠食児童救済事業を, ほととぎすを, また其様, まだ物心, アメリカの, ローマに, 一年前に, 一度も, 不親切だつた, 世界平和の, 二人に, 人と, 人の, 人並みの, 今から, 代ッ, 以前下宿を, 任命せられた, 伊藤伯の, 何か, 共にこの, 再び外務大臣, 出掛ける, 出発した, 勝榎本の, 口を, 古今和漢の, 古本屋の, 名古屋へ, 君らに, 図らず斯, 土産話も, 外務大臣と, 大日本文明協会会長, 如何なる考え, 媒酌人に, 孔明を, 宇宙を, 専ら国権, 小野君と, 屡, 平生羽衣の, 年来の, 幾ら長生きを, 応分の, 思うには, 思ふの, 態, 憲政党内閣の, 憲政黨内閣の, 憲法取調の, 我輩の, 戦争を, 戯れに, 拙著, 放火でも, 斯様な, 早稲田鶴巻町に, 明治二十九年法典調査会において, 明治十四年に, 明治年代の, 曾て, 松島と, 榎本氏の, 止めたか, 民法養子部の, 決して疑, 法令訓令命令を以て, 瀬川先生を, 独りで, 独り男子を, 病気だ, 発明した, 紹介で, 維新前後に, 総理を, 耳を, 茲に, 行けば, 見る所, 解剖した, 言ふんだ, 許さぬ, 誰れ, 調査したる, 謝まろう, 述べたいの, 退職する, 通俗の, 門前迄, 風を, 食卓に, 飲むの, 飲む間, 飲んで, 飽くまでも再縁論, 高田を

▼ 我輩~ (96, 7.2%)

2 さながら洞熊, またその, 亦閣下

1 [90件] あいつにばっかりは, この三十年間学校教育, これと, ご同様, しばしば磯部博士, その中, その意気, まあ一度, また別途, また敵, また日本, まだ深く, まだ英語, もう一度君等, よき汐合, リーロフも, 一ツ善根の, 今其を, 今日まで, 偉くなる, 先代左団次一座に, 先生も, 先生を, 六一菩薩と, 其一人だ, 凡人主義而かも, 出来るだけの, 加藤弘之博士等とともに, 勉めて, 勝氏とともに, 同感なり, 同様に, 君の, 君学校を, 固より, 変な, 外へ, 多少の, 大いに進ん, 始の, 始めて, 威張ること, 実に其議論, 少々嬉しい, 少々手持無沙汰, 少々驚き入申し, 山に, 帰るべしと, 強いて名, 当時は, 心の, 心強いか, 思ふの, 思当る, 悠然として, 想像し, 意外だ, 意外だつた, 既に寸志, 既に政府, 是話を, 是非客に, 時々鎗, 時には禅坊主, 松岡君の, 残念に, 毒づくばかりを, 氏の, 法理上から, 海の, 満足する, 漸, 猫である, 盛んに, 矢張り馬鹿だ, 立会わずば, 策に, 篠田君の, 経験上よく, 考えた福岡日日新聞, 考へた, 自由の, 若い時分, 蓮華寺なぞへ, 行こう, 誠にこれから将来, 門前まで, 頗る驚いた, 飯山学校へ, 飲まぬ方

▼ 我輩~ (39, 2.9%)

2 一言の, 取つて, 口を, 向って, 直言を, 紹介し

1 [27件] よく似, 七十二人待てつ, 上草履を, 云わせると, 交際つて呉れ, 働けと, 出来るもの, 呉れるの, 報告し, 害を, 建築の, 成功を, 教うる, 於て, 於ては, 於ても, 来たの, 来た返事, 目星を, 知らせて, 聞えぬよう, 聞かせたもの, 自由を, 見せい, 言はせる, 話して, 説いた

▼ 我輩~ (32, 2.4%)

9 して 2 信じて

1 [21件] せめて竜の鬚, もって, 侮辱する, 信用し, 信頼し得る, 信頼する, 働かすの, 党から, 助けて, 口説きに, 呼びかけたもの, 困らせる人, 壊る, 害するなかれ, 悪ざま, 支配し, 攻撃する, 知らんか, 置き去りに, 英学者と, 誘惑した

▼ 我輩~ (16, 1.2%)

3 雖も 2 ペンばかり, 一緒に 1 いえども, 丸山とは, 同じく貧乏, 同志社との, 同様主人役として, 妹が, 握手を, 新島氏との, 衝突が

▼ 我輩には~ (13, 1.0%)

1 [13件] とうてい分らない, 不思議でならない, 今日でも, 処世主義と, 出来ないから, 出来ないが, 出来ぬこと, 到底わからない, 唯一の, 払えんから, 考えが, 見当が, 解釈が

▼ 我輩~ (10, 0.8%)

1 が賛成, と共に力, と学校, に反対, の今, の友人, の育った, はお前達, はこの, はその

▼ 我輩とは~ (8, 0.6%)

1 その活動, 一心同体に, 以上の, 期せずし, 生れ落ちると, 親友の, 違つて今時の, 違ふ

▼ 我輩なぞは~ (8, 0.6%)

1 よく凍え死ななかった, 二十年も, 君三度も, 天下国家を, 実に迂闊千万, 教育を, 料理屋料理を, 斯の

▼ 我輩~ (7, 0.5%)

2 つて其様な 1 つてもう, つて出来る, つて君一度は, つて素人だ, つて退校させたく

▼ 我輩甚だ~ (7, 0.5%)

2 奇異の, 意外の, 閣下の 1 弱音を

▼ 我輩より~ (6, 0.5%)

1 三寸ばかり, 以前既に, 先に, 年齢も, 強いね, 数十年前に

▼ 我輩から~ (5, 0.4%)

1 云う時, 云わせれば, 持出して, 見れば, 魏帝へ

▼ 我輩を以て~ (5, 0.4%)

2 彼れ, 閣下を 1 氏の

▼ 我輩~ (5, 0.4%)

2 に其の, 一の 1 敢て

▼ 我輩との~ (4, 0.3%)

2 双肩に 1 思想が, 相討

▼ 我輩~ (4, 0.3%)

2 ふ其の, ふ閣下

▼ 我輩~ (3, 0.2%)

1 と飲ん, に対して明言, の新聞

▼ 我輩未だ~ (3, 0.2%)

2 輙すく 1 その人

▼ 我輩深く~ (3, 0.2%)

2 閣下の 1 信じて

▼ 我輩こそ~ (2, 0.2%)

1 オリジナルな, 反つて種

▼ 我輩これ~ (2, 0.2%)

1 を新案, を知らざる

▼ 我輩では~ (2, 0.2%)

1 ないか, ないの

▼ 我輩としては~ (2, 0.2%)

1 どうしても作物, 館林様から

▼ 我輩ども~ (2, 0.2%)

1 の有る, の組

▼ 我輩に対する~ (2, 0.2%)

1 見せつけとか, 言訳の

▼ 我輩ばかり~ (2, 0.2%)

1 ぢや, では

▼ 我輩~ (2, 0.2%)

1 宮尾君の, 福沢先生は

▼ 我輩一人~ (2, 0.2%)

1 だ, の力

▼ 我輩一昨日~ (2, 0.2%)

2 は英国大使館

▼ 我輩~ (2, 0.2%)

2 是艶生涯

▼ 我輩~ (2, 0.2%)

2 だ其の

▼ 我輩~ (2, 0.2%)

1 より意見, より記者

▼ 我輩~ (2, 0.2%)

1 に驚けり, 左袒大

▼ 我輩寧ろ~ (2, 0.2%)

2 其の徒爾

▼ 我輩少しく次に~ (2, 0.2%)

2 其の性格

▼ 我輩文明人~ (2, 0.2%)

1 にし, の常

▼ 我輩既に~ (2, 0.2%)

2 之れ

▼ 我輩更に~ (2, 0.2%)

2 後文

▼ 我輩自身~ (2, 0.2%)

1 を紹介, ヲ我輩

▼ 我輩門外漢~ (2, 0.2%)

1 にはその, は素より

▼1* [87件]

我輩あえて憚らず, 我輩うたって見せよう, 我輩こう見えても, 我輩じゃないか, 我輩たちは帰る, 我輩だって人間な, 我輩ですアルセーヌ・ルパンです, 我輩でも大きな講堂, 我輩とてこれで, 我輩とても敢て, 我輩とても更に本を, 我輩とを結び付けて, 我輩なぞが老込む筈, 我輩なぞの身体は, 我輩などと同格で, 我輩などには至極不便, 我輩などの目には, 我輩などを捕えて, 我輩なんどは幅, 我輩においては袖手傍観する, 我輩にとっては予想外でも, 我輩に対し負けず嫌いの, 我輩のみならず心, 我輩また登臨す, 我輩までも寄付する, 我輩もね君の, 我輩よりも感じて, 我輩の住ん, 我輩常ニ筆墨, 我輩ガ考ヘニハ此失敬老人ガヨモヤ大久保公デハ有ルマイ, 我輩貧弱ニシテ醜悪ナル文章ヲ, 我輩疑ワナイノデアル, 我輩ハアワレナ男デアル, 我輩ハソノ期間ニ我輩自身ヲ我輩, 我輩ハ其顔ヲ知ラネバ何分ニモ見当ラズ, 我輩ハ君ヲ深, 我輩ハ肺病デアル, 我輩ハ英語ノ会話ニ於イテ, 我輩海外ニ送, 我輩ヲ制スルノ権柄ヲ執, 我輩も彼, 我輩一つ媒酌人にならう, 我輩一度考えが其処, 我輩一策を建, 我輩一臂の力, 我輩一言もない, 我輩不思議に思ひ, 我輩不敏といへ, 我輩不肖なりといえ, 我輩予ての説, 我輩二三人だ, 我輩人間の能, 我輩今回帰朝の途次, 我輩今日一等進みました, 我輩までは大きく, 我輩個人としては西洋人, 我輩内国人の眼中, 我輩内國人の眼中, 我輩れたりと, 我輩名誉ある県会議員, 我輩ひて, 我輩善蔵君としても震災以来, 我輩善藏君としても震災以來, 我輩婦人の地位, 我輩学者社会の宝書, 我輩少しも絶交, 我輩屡々之ニ忠告シ昔我輩, 我輩徳友に乏しから, 我輩思うにこの, 我輩曰く斯る奇才子, 我輩曰此竹島は昔時, 我輩書き入れの原稿, 我輩書くべえ, 我輩架頭半奇籍, 我輩止ムヲ得ズシテ交ヲ絶チ, 我輩此家のおいらん, 我輩生来の嗜好, 我輩社長になった, 我輩熱心な, 我輩窃かに案ずる, 我輩老いたりといえ, 我輩老人も若く, 我輩考えて見る, 我輩腹中の果, 我輩警察のため, 我輩越後に赴きし, 我輩近頃古事記を再三