青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「早々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~日記 日記~ 日間~ 日頃~ ~旦那 旦那~ ~旨 旨~ ~早 早~
早々~
~早い 早い~ ~早く 早く~ 早くから~ ~早速 早速~ 昂奮~ ~明 明~

「早々~」 1079, 12ppm, 9365位

▼ 早々~ (342, 31.7%)

13 ここを, そこを, 出て 8 帰って 7 飯を 5 下の 4 引っ返して, 逃げて 3 して, 元の, 帰った, 暇乞いを, 立ち去った, 顔を

2 [21件] お帰り, お暇, お落し申, その詮議, 内へ, 別れて, 家へ, 屋敷を, 座を, 引揚げ, 引返して, 彼の, 揚がって, 東京へ, 着物を, 立去る, 起きて, 逃げ帰った, 部屋を, 降りて, 雪が

1 [215件] いとま, おしたくなされたくそろ, おつれ, お光, お取次ぎ召されい, お家を, お引取り, お立ち入り, お筆さん, お見舞, お見舞い, こ, ここの, ここへ, こちらを, この事件, この城内, この店, この怪しい古い, この館, これへ, これを, しちや賑, じぶん, すませて, その工面, その座, その景品, その第, どこへか, ぬけ出す筈, はずして, ひきあげて, もと来し方, もと覚悟, ゆうべの, ノオトを, ノズドゥリョフを, フトンを, 上の, 上洛いたす, 下へ, 下谷へ, 両名共追放, 九州へ, 九条家において, 二人は, 二階へ, 今年の, 伊太利を, 会釈し, 伯耆船上山のみか, 住み慣れたる故郷, 何事であろう, 催された文人画家交歓, 元来た, 兵を, 兵馬は, 其家は, 円生君と, 再びそこ, 処分する, 出かけ今年, 出京, 出仕し, 出来ずつい, 出発し, 出発と, 出立する, 出迎い, 切りあげて, 切り上げた, 切り上げて, 切り出しましたから, 千駄木の, 去る, 取りのけろと, 取決められた縁談, 吉五郎の, 吉良や, 名古屋行きの, 団子坂へ, 在所へ, 夕飯を, 奥へ, 女から, 姑や, 姿を, 家を, 宿に, 宿へ, 宿を, 宿屋に, 寝床へ, 小淵沢の, 屍体が, 山へ, 山谷へ, 市を, 帰ったあと, 帰りました, 帰りましたので, 帰り支度を, 帰ろうと, 帰洛なされ, 帰洛の, 平六, 店を, 店仕舞ひ, 引きあげた, 引きあげる, 引き上げて, 引き取って, 引き揚げて, 引き退がって, 引っ返した方, 引上げた, 引下がると, 引揚ぐ, 引揚げた, 引揚げました, 引退つた, 怪人城塞から, 怪我を, 息子を, 戻って, 拾って, 挨拶し, 挨拶を, 旅装を, 暇を, 書物を, 朝飯の, 棺に, 横浜へ, 横浜を, 櫓下の, 母屋へ, 江戸へ, 池へ, 泳いで, 浜に, 済ませて, 湯を, 源次の, 火事を, 煙草入れを, 父の, 片づけ始めた, 片付ける, 犬を, 現れて, 當つて堅苦しい, 盆蓙を, 目貫の, 眠れるの, 研究報告を, 礼を, 神奈川へ, 窟の, 立ちませい, 立ち去ったの, 立ち去るの, 立ち去るべきである, 立ち去れっ, 立ち退いて, 立去った, 立退いて, 競技場を, 総監室を, 老臣共を, 自分の, 船へ, 苔縄の, 若殿の, 荷物を, 藤夜叉の, 蟻を, 行きつきたいだけ, 表に, 親許へ, 起ちかけると, 身を, 身支度を, 転居し, 辞すと, 追い出せと, 追い立てたが, 追ッ, 退き籠城, 退出なされる, 退却し, 退散し, 逃げ出した, 逃げ出したの, 逃げ出して, 逃げ出す, 逃げ帰ったが, 逃げ帰りしなり, 逃げ帰る, 逃げ散ったが, 通りぬけ, 遁げ去った, 還り給え, 邦子が, 釜屋の, 鎌倉表へ, 開門せい, 陸軍軍医学校が, 電話を, 飛び出して, 飛び起きて, 食って, 食事の, 駈けもどって

▼ 早々から~ (51, 4.7%)

2 あんたを

1 [49件] あんなに親切, あんな女, いまだに江戸全体, うるさく呼び, おかしいこと, お互にもう, その議論, とかくに, なので, ぶすぶすいわない, もう着手, 世間を, 乱暴などを, 人間と, 仲間に, 何か, 何も, 先生は, 午過ぎも, 半蔵は, 取り掛かりました, 吐息の, 四苦八苦の, 屋敷の, 彼の, 彼女は, 悪い耳, 政府は, 明治四十年にかけて, 暮れゆく年, 水弄り, 涙を, 父との, 片一方欠ける, 笑いこけて, 縁起でも, 肩を, 芝居見物に, 議論なんか, 軍衣をか, 重ねられたこれら, 鉄道線路附近に, 開場する, 雨が, 電気が, 風が, 風邪を, 麹町や, 齷齪として

▼ 早々~ (44, 4.1%)

3 ことで

1 [41件] いそがしさ, がんりきの, ことだ, ことです, ことでも, こと彼は, こと故, ころ一度, ヴィユウ・コロンビエ座を, 一千一百万の, 三家の, 不勉強, 事で, 出支度を, 吉事これで, 商売の, 場合證書を, 外交官とやら, 多事で, 夫婦なら, 実用だけの, 幸福さに, 彼に, 御出発, 御用は, 御用初めは, 徳川氏として, 招待を, 政治始めに, 新夫婦, 混雑の, 理窟に, 男を, 私に, 細君を, 自由な, 芥川に, 若い美しい奥さん, 誕生日の, 雪子夫人は, 順になに

▼ 早々~ (41, 3.8%)

3 お上りなされ

1 [38件] おホホホ, お届け下さい, ご苦労だ, しないと, つめかけて, なる模樣, またキチンキチン, めざめた, やって, 不二男, 丹沢山中の, 出る, 家を, 小田原へ, 崖を, 店を, 廣太郎は, 引越仕度にとりか, 彼が, 御帰還, 恐縮です, 拭いて, 敷くが, 暇を, 東京へ, 歸つて來た, 歸つて母と, 江戸表へ, 深川の, 湯から, 目の, 箸を, 結婚する, 耳朶を, 聞き込み不断, 荷物を, 部屋へ, 魚銀に

▼ 早々~ (15, 1.4%)

1 [15件] 使立てを, 始めの, 支度されよ, 暇と, 暇に, 殿様の, 立ち退きあるが, 花見の, 角さんの, 討ちなされい, 訪ねに, 訴え出ずべき, 通りなさる, 銀様を, 面を

▼ 早々~ (15, 1.4%)

1 [15件] 下山あっ, 両君の, 全快は, 勘定を, 取押え, 差越被, 年始には, 求可, 米に, 落去なさりませ, 越あるべく, 越しあるべく候, 退出なされ, 面倒を, 馬ヲ

▼ 早々~ (8, 0.7%)

1 どうにもしようが, まとまった材料, 一週間ばかり, 取乱して, 在来の, 少年係が, 軒下を, 鎌倉の

▼ 早々この~ (7, 0.6%)

1 ことから, 不自由で, 兵は, 童の, 華麗なる, 邸の, 騒ぎは

▼ 早々こんな~ (6, 0.6%)

1 ことで, ことを, 事が, 会の, 手の, 話を

▼ 早々~ (5, 0.5%)

2 が友人 1 の者, は決定的, は陣没

▼ 早々~ (5, 0.5%)

2 を呼ぶ 1 の予感, の子, は彼女

▼ 早々ここ~ (4, 0.4%)

1 へ立ち帰っ, を引払っ, を立ち去ら, を立っ

▼ 早々その~ (4, 0.4%)

1 年を, 書付を, 翌年彼が, 銀行を

▼ 早々~ (4, 0.4%)

1 から話, から錢形, がお寺, よ

▼ 早々には~ (4, 0.4%)

1 再挙の, 勅裁を, 文雄が, 結婚式を

▼ 早々~ (4, 0.4%)

1 どこの, 何ともいい, 出立るだろう, 蜂須賀小六を

▼ 早々また~ (4, 0.4%)

1 一つの, 流れ船が, 退院しよう, 風呂へ

▼ 早々上京~ (4, 0.4%)

1 して, と相, のつもり, 致し候

▼ 早々宿~ (4, 0.4%)

1 でも日光, にかへり, に帰る, に歸

▼ 早々東京~ (4, 0.4%)

1 では旧, へお, へ出立, へ引越すべし

▼ 早々蚊帳~ (4, 0.4%)

2 に逃げ込む, の中

▼ 早々退散~ (4, 0.4%)

2 しろ 1 いたしたほう, して

▼ 早々あの~ (3, 0.3%)

1 不順な, 婦は, 羽根ぶとんの

▼ 早々これ~ (3, 0.3%)

2 もあなた様 1 を碧梧桐君

▼ 早々それ~ (3, 0.3%)

1 はあまりに, を見つける, を返さなけれ

▼ 早々~ (3, 0.3%)

1 ので幕府, んだ, 新政体

▼ 早々にも~ (3, 0.3%)

1 かかはらず首席, かかわらずもう, こうした感情

▼ 早々~ (3, 0.3%)

1 の世話, の厄介, を以て御

▼ 早々~ (3, 0.3%)

1 かこの, ほどかの給金, も存ぜぬ

▼ 早々其筋~ (3, 0.3%)

3 の役所

▼ 早々出立~ (3, 0.3%)

1 ぶら, 急がず休まずで, 話しながら

▼ 早々~ (3, 0.3%)

1 有御, 申上候処日々来客その, 申出若見遁置追

▼ 早々~ (3, 0.3%)

1 に帰った, へ戻る, を出

▼ 早々帰庵~ (3, 0.3%)

2 して 1 した

▼ 早々~ (3, 0.3%)

1 に頑張つ, を閉める, を開き

▼ 早々縁起~ (3, 0.3%)

1 がいい, でもない, でもねえ

▼ 早々起き~ (3, 0.3%)

1 て本堂, て物置, て雨戸

▼ 早々~ (3, 0.3%)

2 のうち 1 へ出た

▼ 早々あと~ (2, 0.2%)

1 には何程, へお

▼ 早々お礼~ (2, 0.2%)

1 に罷り出ずべきでござった, を申し上げね

▼ 早々からの~ (2, 0.2%)

1 兆候は, 客の

▼ 早々こんなに~ (2, 0.2%)

1 して, 長くお湯

▼ 早々そこ~ (2, 0.2%)

1 のうち, をはなれ

▼ 早々である~ (2, 0.2%)

1 から碌々, のと

▼ 早々という~ (2, 0.2%)

1 ような, 有様でありました

▼ 早々にかの~ (2, 0.2%)

1 草双紙を, 飯館に

▼ 早々まず~ (2, 0.2%)

1 その住居, 雨露を

▼ 早々もう~ (2, 0.2%)

1 病苦を, 真っ昼間から

▼ 早々より~ (2, 0.2%)

1 後始末という, 雨降り続き

▼ 早々ブルウル氏~ (2, 0.2%)

1 という英人, といふ英人

▼ 早々~ (2, 0.2%)

1 て往け, て行っ

▼ 早々出発~ (2, 0.2%)

2 した

▼ 早々別れ~ (2, 0.2%)

1 てそこ, て戻

▼ 早々医師~ (2, 0.2%)

2 の手

▼ 早々~ (2, 0.2%)

1 上られますよう, 返すよう

▼ 早々大阪~ (2, 0.2%)

1 を発っ, を離れる

▼ 早々実現~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 早々工事~ (2, 0.2%)

1 に取, に取りかかる

▼ 早々帰っ~ (2, 0.2%)

1 て来た, て来ました

▼ 早々帰ろう~ (2, 0.2%)

1 じゃありません, と思っ

▼ 早々彼女~ (2, 0.2%)

1 はまた, は果して

▼ 早々~ (2, 0.2%)

1 に噛りつ, を据え

▼ 早々~ (2, 0.2%)

1 は娘, は持病

▼ 早々江戸~ (2, 0.2%)

1 に帰っ, へ向かっ

▼ 早々~ (2, 0.2%)

2 あみして

▼ 早々病気~ (2, 0.2%)

1 だったん, になった

▼ 早々~ (2, 0.2%)

1 につく, 覚めたけれど

▼ 早々~ (2, 0.2%)

1 帰って, 帰るよう

▼ 早々自分~ (2, 0.2%)

1 の席, の穴

▼ 早々~ (2, 0.2%)

1 差立候旨被, 成御座

▼ 早々退出~ (2, 0.2%)

1 するよう, 下井田君

▼ 早々~ (2, 0.2%)

1 をひき, を引払っ

▼ 早々障子~ (2, 0.2%)

1 を裏返し, を開け

▼ 早々~ (2, 0.2%)

1 をとばし, を乗り代え

▼1* [376件]

早々ああいう目, 早々あちらの役者, 早々ありがたく御受け申せ, 早々いつもの癖, 早々いよいよ森川森之, 早々いろいろお骨折りで, 早々うちへ帰っ, 早々おからだの加減, 早々おさしず下し賜わる, 早々お目にかかりたいとのこと, 早々お許しの出る, 早々お詫びするわけ, 早々かえって来て, 早々かくばかり盛ん, 早々よかろう, 早々ぐらいなら, 早々こうして女も, 早々これ丈けの恩顧, 早々訪問申した, 早々しきりに退屈を, 早々したくをし, 早々しようと云っ, 早々すんでいた, 早々たずねしニ生, 早々ただ病気だ, 早々たびたび家を, 早々つまらねえことを, 早々であったがその, 早々でしたがしかし, 早々ではあるけれど, 早々でもあり大した, 早々とかく市民の, 早々とて日毎の, 早々なにかよほどな危険, 早々においとまいたしまして, 早々にかへります, 早々にて失敬いたし, 早々にもと来た道, 早々ア様といふ, 早々ふたたび良人の, 早々ぶつ突かつた, 早々ほかへ引っ越し, 早々ッ先に, 早々またまた尾州家と, 早々まだ荷も, 早々みすみすお金を, 早々もし忌わしい血, 早々やめてしまった, 早々よこしてもらいたい, 早々くでも, 早々わが北海の, 早々わずらわしいことを, 早々スクリーンへその, 早々フランが高く, 早々ブエノスアイレスへおいで, 早々ホボケンの税関, 早々ロンドンで開かれる, 早々一仕事のよう, 早々一戦を催し, 早々一旦江戸へ, 早々一本参ったと, 早々一週を五日, 早々一風呂浴びると, 早々七日ばかりで旅, 早々三河一色村へ追, 早々三河方面へ放, 早々三益の後, 早々上京可致旨安策より申越候, 早々下山の途, 早々下田港え相越候, 早々下総へ帰る, 早々九郎を, 早々世帯を仕舞っ, 早々中村気象台長からの紹介状, 早々丸焼けになった, 早々丹波へ帰国, 早々主人の許, 早々主将副将が議論, 早々を挙げよう, 早々二三年前から兆候, 早々二人で旅行, 早々二階へ呼, 早々五年生全部を向こう, 早々亜爾然丁, 早々人数召連レラレ罷リ上リ候エ, 早々人聞きの悪い, 早々人足ガ出テ大切ダ播磨様ダトヌカシテ一人前払ッテオレハ蓮台デ越シ, 早々今一度相馬先生に見, 早々今年ア恵方が当った, 早々今後の方針, 早々仕上げを終る, 早々を見る, 早々伏見の戦争, 早々伸子を促, 早々佃煮にし, 早々住宅の建設, 早々佐野町春日岡の総, 早々何となく後味が, 早々何もかも放りだして, 早々何度となく, 早々の到着, 早々余りに悲劇的な, 早々作前に候間, 早々便りをくれ給え, 早々信長から正面, 早々修身教会設立の旨趣, 早々借金しないでかへ, 早々は警察, 早々へはせ廻っ, 早々先づ其住居を尋ねね, 早々先生がアイヌ, 早々入営すること, 早々を向け, 早々出向きまして談合, 早々出発伊良湖崎へ, 早々を引き候え, 早々切りあげて戻つた, 早々の小説, 早々助三郎夫婦は女房, 早々北沢さんに心から, 早々北越へひきあげい, 早々北部地方の炭坑労働者, 早々十四五歳の時, 早々十日ちかくも, 早々のお, 早々厳重に閉め, 早々多し, 早々参考書の庫, 早々気持を, 早々双方で皮肉, 早々取り出し調べて, 早々取り消しに願う, 早々召捕って張飛, 早々叱ったり罵っ, 早々各地の人数, 早々学園を, 早々の家, 早々呈出したまえ, 早々還せ但し, 早々呼出せという御沙汰, 早々国元へ逃げ帰る, 早々国府津へ逃げ, 早々を出る, 早々城門ヲ開カレ, 早々を渡し, 早々多分いつか行った, 早々多勢の子供, 早々多用でございますので, 早々小名を, 早々大変ね, 早々大病をし, 早々大策をめぐらし給え, 早々大阪船の忠助, 早々天幕を張れ, 早々太守に告げ給え, 早々奉行所え可申立, 早々へひきあげ, 早々奥さんの温情, 早々女中に昨日, 早々と一緒, 早々婆さんを使い, 早々婿を取る, 早々子供のなかつた, 早々定時の春季機動演習, 早々を閉じ, 早々容易ならぬ暗雲, 早々宿屋を駈出し, 早々衣に, 早々将士の賞罰, 早々將軍家から土井大炊頭利勝, 早々門を, 早々届けに成りました, 早々屠牛を見, 早々を取崩し, 早々山東京伝の署名, 早々峰道を西, 早々市上に出る, 早々を召し還し給え, 早々去ああ, 早々帰つていつた, 早々帰つたそしてその, 早々帰つて来ます, 早々帰つて行つた奥さんがわざ, 早々帰りまして上, 早々帰れじゃありません, 早々帰京して, 早々帰国しますが, 早々帰朝すること, 早々帰省致せと, 早々年始の客, 早々年頭の賀, 早々幹事になった, 早々幾島暁太郎は館長, 早々弔詞を述べ, 早々引きあげて貰, 早々引き上げねばならぬ, 早々引上げますよ, 早々引取りませいと, 早々引払ふやう, 早々引越貧乏もしたくない, 早々替えるが, 早々弾正殿へお伝えあれ, 早々当地へ参らるべし, 早々後詰して, 早々御前さんも随分, 早々御岳山に登り, 早々御輿をあげ, 早々忍川の袋地, 早々志願して, 早々悲劇の絶頂, 早々悲愁な場面, 早々愚痴ヲナラベル結果ニナッテ僕モイササカ恥カシイガ, 早々所要あって, 早々手錠をはめられた, 早々拝顔の上, 早々拭終り又も, 早々持ち出す可き, 早々振り捨てるように, 早々を厳守, 早々故郷へ立ち帰っ, 早々教授法を改めて, 早々散歩しながら, 早々数十件の損害, 早々断然たる放逐処分を, 早々斯んな雨, 早々新田殿とも打合せ, 早々へ急いだ, 早々旅館を辭, 早々日光の中禅寺湖, 早々日本の文明, 早々旦那様の御, 早々を告げよう, 早々書生部屋に杉山, 早々朝っぱらから縁起, 早々を植えろ, 早々本意を達し, 早々本文を読む, 早々林念寺の上屋敷, 早々模写をはじめた, 早々次郎吉の病癒, 早々此処へ, 早々此較的人種に区別, 早々歸つて來てしまふ, 早々死んで呉れたら, 早々死刑になる, 早々死法となっ, 早々殺生するの, 早々殿中へ差し出す, 早々母上だけお, 早々母親と生別, 早々の玄関, 早々民子のこと, 早々の毒, 早々沈んで了, 早々河内の東条, 早々津村先生に頼ん, 早々浴せかけられた論鋒に, 早々を渡つて汽車, 早々海道の源氏, 早々淺草へ乘込ん, 早々清書して, 早々済まんかったが実は, 早々を渡っ, 早々湯屋へゆき, 早々演じてみせ, 早々潯陽のほう, 早々無事に地球, 早々無駄言ばかりは御免, 早々父親の仇敵ども, 早々甲州ヘ届ケタ, 早々甲斐の武田, 早々申達べく其上, 早々と女, 早々町役人同道にて上, 早々當表え差越候樣, 早々病みついて死んだ, 早々病氣に罹つた, 早々病臥して, 早々百姓を頼ん, 早々盛り場へ持ち出し, 早々直ぐに遠い, 早々眩暈がする, 早々知り合いより口上, 早々石川様から御, 早々碁会で一等賞, 早々祝言といふこと, 早々神輿をあげ, 早々福山表引越被仰, 早々秀吉は, 早々私たちのまだ, 早々稽古にかかっ, 早々突然細君の, 早々から飛び下り, 早々窮屈な病室, 早々立ち身の, 早々立ちたいからじゃ, 早々立ちましてせめて, 早々立ち去ることに, 早々立ち帰って来た, 早々立去るのも, 早々立退きまするでござりまする, 早々竹村の方, 早々三回目の, 早々を手, 早々米国のコリンス会社, 早々素っ気ないこと, 早々細君にむかっ, 早々経験したもの, 早々結納を取交わし, 早々軍は, 早々総代を東京, 早々縮み上って尾, 早々纏めてまた, 早々脳栓塞で急死, 早々腹痛をおこし, 早々を渚, 早々苦い経験を, 早々に大, 早々草鞋を穿く, 早々蒸気船を以て御, 早々薩藩士堀仲右衛門上書にあわせ, 早々藤堂駿平がモスク, 早々行ひたいと思つて, 早々行李を下ろした, 早々街頭録音に出かける, 早々襲撃せられるまでも, 早々西小松などの本, 早々西洋劇の本質的, 早々見えられ自分の, 早々計画が立つ, 早々討ってお, 早々許都の軍政, 早々もそれ, 早々起しても手遅れ, 早々起床酔はまだ, 早々ごしら, 早々の後方, 早々軍旅をここ, 早々辞し去るかと思う, 早々辞去して, 早々迎えに出向く, 早々追い出してしまえ, 早々追い払う阿呆が, 早々退舎し, 早々退場だ, 早々退散諸州遠山江分山可有之候, 早々退校して, 早々たの, 早々逃げのび改心致し, 早々逃げ出して客席, 早々逃げ腰になった, 早々途上において戦端, 早々逢って話した, 早々連れ立って港, 早々遁げ出したくなつ, 早々遊びに行く, 早々を急い, 早々郵船にて帰京, 早々重役の者ニ申達, 早々金子二百両だけ丈助, 早々鈴木君をすり抜け, 早々鎌倉表へ身, 早々長崎帰し申度, 早々長野をあと, 早々へ上がる, 早々離屋の雨戸, 早々と風, 早々のなか, 早々面白くもない, 早々食エン水をこしらえ, 早々香港に赴き, 早々馬匹車輛を押し出せ, 早々高氏さまの不当, 早々魔境の威嚇, 早々のほう, 早々黄金饅頭を撒き込ん