青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「旦那~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

日本~ ~日本人 日本人~ 日本橋~ 日本語~ ~日記 日記~ 日間~ 日頃~ ~旦那
旦那~
~旨 旨~ ~早 早~ 早々~ ~早い 早い~ ~早く 早く~ 早くから~

「旦那~」 8492, 92ppm, 1206位

▼ 旦那~ (1474, 17.4%)

64 のお 46 の御 32 がお 16 はお, は御 14 にお 108 の前, はまだ 7 が, と御, も奥様 6 と奥様, に御, はその, もお, をお 5 が御, で, でも, と私, のよう, の居間, も御

4 [11件] がお呼び, だ, では, にお願い, のため, の方, はもう, は今日, は何, は御存じ, や奥様

3 [25件] がい, がいらっしゃる, が仰し, が奥様, そんなこと, だから, だと, っ, でございますか, でしたか, ですか, というの, なの, にも奥様, に助けられ, のお世話, のお蔭, の弟, の御用, はあの, はどちら, は旦那様, へお, も大, を殺した

2 [74件] えらいこと, お一人, お帰り, からお, があなた, があの, がいらっしゃらない, がお召, がここ, がすぐ, がその, がまた, が今, が今日, が何, が妾, が帰っ, が目, しっかりなすっ, です, ですから, というもの, という方, とお話し, と何, と奥さま, と書く, なり奥様, なん, に, にお目にかかっ, にし, に会っ, に似, に失礼, に申しあげ, に申訳, に聞い, の, のお供, のお側, のこと, のこれ, のご, のところ, の事, の会社, の処, の懐中, の遊興費, の隠し子, の顔, はあれ, はいつも, はお気, はこんな, は世間, は奥様, は弟, は彼, は急, は紫袱紗, は銀行, は随分, は非常, は飛んだ, は魅, へ上げ, も, もうお, もお年, をつれ, 大きなもの, 宜くいらっしゃいました

1 [907件 抜粋] あ, あの乞食, あの子, あの筮竹, あまた, あんな処, いけませんいけません, うっかり夜, え何, え敵討, おっしゃること, おはいり下さいまし, お久しぶり, お休みなさい, お兄様, お土産, お宿, お帰宅, お情, お慈悲, お有難うございます, お留守, お考え違い, お荷物, お言葉, お身体, お邪魔, お電話, お風呂, お高, からお許し, からくれぐれも, からどこ, からは見放されるしで, からも懇, から一切, から伺った, から分, から呼ばれる, から存分, から月々, から聞かされ, か貴君, があぶない, があんな, がいつ, がいなけれ, がおいで, がおっしゃっ, がお待ちかね, がお笑い, がかわいそう, がこう, がこの, がこれ程, がさぞ, がそう, がそこ, がたばかり, がちょっと, がどういう, がどこ, がどの, がね, がまだ, がよく, がわたし, がワァーッ, が一朝, が上がるなら上げ, が丹精, が事, が亡くなっ, が亡くなった, が仰しゃ, が何だか, が余りに, が元, が入らっし, が出, が別段, が危, が呼ん, が外, が夜, が大, が好い, が妻恋坂下, が家事, が少し, が帰ったら, が帰んなすった, が御存じ, が懇, が扶持, が持っ, が斯, が旦那様, が昔宇都宮藩, が欺, が此の程, が死に, が母様, が溝, が熟, が玄関, が番衆町, が穴, が笈摺, が聞い, が脇差, が茲, が草葉, が行方, が誉める, が身請, が迷惑, が通り掛っ, が道場, が針, が鏡, が静か, が馴染, が黙っ, ぐらいなお, この人, これこれこういう, ご来客, さえなけれ, さようで, じゃありません, じゃござんせん, じゃない, その上, それではいけません, そんじゃ, ただ今, だが, だけお返し, だけ天才, だった男, だってそれ, だって何, だとて, だのに, だよ, ちょっとお, ちょっと食後, っ旦那様, であ, であろうと, でがす, でございます, ですかい, ですもの, でとんだ, で世, といい, とお, とお話, とか先生, とした, として十分貞節, としばらく, とそんな, とどうこう, とのお話, とはいわず, とは情けな, と一つ所, と二人, と云われる, と千, と呼ばるる, と呼んだ, と御新造様, と思う, と知っ, と細君, と良い, と苦笑い, と言う, と違っ, どうかご, どうか一寸着物, どうし, どうした, どうして此, どうぞ一とおり, どうなさいました, どう思っ, どう申したら, などは座蒲団, ならまだ, なんだか私, にあんなに, におっしゃっ, にお目にかかる, にお辞儀, にさう, にさう申し上げ, にじ, にすぐ, にすみますまい, にだってわかりっ, について説明, にならねい, になる, にはそれ, には命, にまで身分, にもお前, にもお願い, にももはや, にも早, にも種々, によく, によろこばれる, によろしく, に万一, に云いつける, に伺います, に免じ, に内緒, に助けられた, に助けられました, に取, に吩咐, に宜しく, に対してお, に対して申しわけ, に感謝, に成った, に抱えられた, に抱きつい, に比べれ, に済まねえだ, に済みません, に申しあげます, に申し上げる, に相談, に虚言, に見られ, に見立て, に質問, に逢った, に長く, のある, のいう, のいらっしゃる, のいわゆる, のおいで, のおっしゃりつけだ, のおとり遊ばした, のお前, のお守り, のお家, のお早う, のお蔭様, のかくし, のきらきら, のここ, のすぐ, のせい, のは生まない, のやう, のやり口, のガラス, のペーデル・ステーンセン伯爵, の一周忌, の下, の不風流, の丹誠, の仇, の代理, の別邸, の勤め, の博志, の厳しい, の召上り物, の声, の大事, の奥さま, の媒妁, の孫, の巨躯, の御高, の思召, の恋愛, の愛, の所, の旅, の来遊ヒンパン, の気持ち, の洋杖奥様, の炭, の生き, の秘書, の素振り, の肥っ, の胸, の視線, の踏みしだい, の身躰危, の車, の部屋, の頭, の首筋, の鳥, はあちら, はあと, はいい, はいつ, はいらっしゃいましょう, はおしん, はおっしゃる, はお前, はかわいそう, はきょう, はことに, はこの間, はさいぜん, はさっき, はずいぶん, はそれ, はたいへん, はたしかに, はときどき, はどこかお, はどなたさ, はなかなか, はなにか, はふとした, はまた, はもしや, はわたくし, は一体どう, は一層, は一緒, は下総, は乞食, は今, は今日お立ち, は休ん, は会社, は何処, は何時頃, は偏屈, は内務, は又, は台湾, は呶, は壁, は外, は大分, は大層, は大阪, は存じません, は安兵衛様, は家, は小諸, は尾州, は己ア家, は幻, は後, は必ず, は恐ろしい, は戻った, は旅, は日本領事館, は昨日チラ, は朝御飯, は来月中, は柳橋, は毎度, は洋服, は炉辺, は熟睡, は父さん, は物事, は犬, は男, は疑, は病気, は百合, は真, は私, は窓, は笹屋, は細い, は腰弁当, は芋茎, は蒼く, は起き, は酒, は首尾, は驚ろ, は鮠, は鶏, へ, へお知らせ, へお預け, へのお詫び, へ上げろ, へ取次ぎます, へ宜しく, へ銀側時計, ほどの役者, また, まだ角帽, もあの, もあゝ, もいっしょ, もう朝, もお前, もお召, もお越し, もかなり, もこちら, もご, もし, もそう, もちょうど, もって, もない, もふたたび, もオチオチ, も上野駅, も今度, も偉い, も内々, も変りました, も島田, も彼ア, も御存じ, も御用, も扇, も敵, も日常, も旦那様, も来る, も梅, も私, も貴方, も釣込, も面白, やっぱり法学博士, や御新造様, よ, よりかいつ, よりまた, よりも奥様, よりズット, より仰せ渡し, らしくして, をうたがわない, をかついだ, をさえない, をどんな, をぶつ, をみつけた, をベッド, を亡くなし, を信用, を大事, を妾, を座敷牢, を怨もう, を愛し, を捨て, を斬り, を時々, を此処, を殺し, を殺せ, を江戸表, を相手, ノ呼吸, ノ手ノオ痛ミノコトガ話ニ出タ, 何でございます, 何とか遊ばし, 其の中, 可哀, 大喜び, 始終私, 御出勤, 御心配, 御病中, 曝しが, 本当に恐れ入りますでございます, 歩くところ, 決していらっしゃっ, 決してお, 済みましねえが, 申し上げますが, 程の御, 若松屋, 見えますでやしょう, 誠にまア, 誠に相

▼ 旦那~ (954, 11.2%)

13 ところへ, 家の 12 ような, ように 7 ことを, 前で, 方が, 方で 6 前です, 御機嫌 5 ために, 前だ, 家へ 4 お屋敷, お帰り, お言葉, 世話に, 事を, 前に, 姿が, 家は, 方は

3 [17件] お供を, お心, ことは, ためには, ほかに, もので, 仰し, 処へ, 前は, 前へ, 御吟味, 御恩, 方から, 方じゃ, 生前に, 留守に, 眼を

2 [59件] お世話に, お媒介, お宅, お小言, お手許, お考え, お足袋ぢ, お邸, お顔, ことが, ことだ, ためだ, ところで, ない後, ほうで, やうに, 一人だ, 三好に, 不親切の, 亡くなつたの, 仇を, 信用を, 側に, 又直ぐ後, 名を, 声の, 妾の, 娘の, 家では, 家を, 容体が, 後を, 御用に, 所へ, 数ある, 方へも, 気に, 気味悪がる, 湯加減並に, 物好きで, 生活, 病気は, 破滅には, 置いて, 臨終に, 見舞に, 言いつけで, 身に, 身を, 部屋に, 部屋へ, 酒の, 隠し子です, 隱し, 頭へ, 顏を, 顔が, 顔を, 首を

1 [644件 抜粋] あたま, ある時分, いいところ, いうこと, いたとこ, いつもの, いねえ, いは, いらつし, うちから, うちは, うわさを, おいいつけな, おいでの, おかげだ, おかげで, おからだの, おさがりの, おさがりらしくいいかげん, おっしゃること, おっしゃる通りいろいろ, おつもりでは, お供で, お内儀さん, お助け, お叱り, お咄, お商売, お商買, お城, お妾, お姿, お嬢さんが, お客様だ, お察し, お帰り前, お帰宅, お心変つた, お情け, お手, お智慧, お来臨, お枕もと, お気に, お気持, お氣, お為, お留守, お目, お目玉だ, お相手, お神さん, お種, お立ちを, お耳, お聴き, お胸, お若, お蔭今日の, お見舞, お許しが, お越, お達しが, お達しだけは, お達しと, お金に, お面, お馴染, がうめえつち, がはうめえつ, がわせらツ, きげんとり, ここに, こつたがねえ, こと, ことです, ことなどと, ことばかり, ことばを, ことをも, ご入来, さしがねで, すばらしい自, すること, せりふ見たい, その親旦那, だろう, できた当座今日, でございます, とこさ相談に, とこへ, ところであった, ところへも, とこ俺が, なさること, なじみの, は髭, ほうだって, ほうを, もつれは, もとへ, ものだ, ものであった, やうな, ようだ, ようだった, アレかたい, ウチへ, オオヴァを, カンは, サムソノフという, ヌッと, ピイピイモルガンて, 一人であった, 一人であろう, 一人と, 一人や, 一番働けた, 三人, 三好の, 三男坊に, 三郎兵衞が, 上島といふ, 上手, 不了簡, 不品行を, 不断差す, 不爲, 与兵衛などは, 世話で, 主人が, 乗馬姿が, 乳兄妹お, 事だ, 事ばかり, 二人の, 云いつけで一々, 云うには, 云ふ, 五兵衛さんて, 亡くなったの, 今の, 仕業が, 仰っしゃるそれは, 仲を, 估券に, 住居らしい, 体に, 体を, 何う, 余光で, 來ない, 信心氣狂ひ, 倚っ懸っ, 健康の, 児を, 八杉の, 八杉は, 冥利として, 凍えて, 出やう一つ, 出らる, 剃刀で, 前でございます, 前では, 前に対しても, 前身なり境遇, 力で, 勘定は, 勝手に, 勧める説教, 千五百フランを, 厚意を, 又兵衞, 友だちは, 友達が, 召上り物を, 右の, 同情に, 名代で, 名前さえ, 名折れじゃ, 名誉と, 命を, 商売は, 問ひ, 喪え後, 噂が, 在世の, 在所が, 坊っちゃんだ, 墓へ, 声を, 変死と, 変死を, 外には, 外にも, 大の, 大蔵様は, 大谷さんが, 大阪と, 大阪や, 奥様と, 奧さんは, 好奇心を, 妹, 妹て, 妾を, 姓であろう, 姿に, 姿を, 娘で, 婚礼の, 嫌がるの, 子が, 子供である, 子供を, 存在は, 客が, 室へ, 家から, 家へは, 家へも, 家人に対する, 家来と, 寐台の, 寐臺の, 寝つくの, 射った猟銃, 射撃の, 居間へ, 山口屋の, 山口屋まで, 山林開墾し, 峯さんと, 市場においても, 帯し, 帰りを, 幸兵衛に, 庄吉が, 座敷が, 廻套の, 弟の, 弟御, 弱いところ, 後へ, 後姿を, 御不運, 御仏前, 御口添, 御商売, 御声掛り, 御政治, 御新造がねえ, 御最期, 御歳費, 御用は, 御用件, 御紋, 御親切, 御越, 御退屈凌ぎ, 御配偶, 御鑑識, 徳と, 徳兵衞に, 心地は, 心持で, 心持と, 心配も, 忘れ形見とも, 忠右衞門さんは, 忠義で, 思い附きでした, 思召し, 思召は, 性分は, 息子も, 情の, 意志一つで, 所属し, 所有だった, 手から, 手で, 手に, 手柄に, 手箱の, 手落ちには, 抱えの, 持ち物と, 指図に, 接吻は, 放蕩は, 故国では, 敵い打つ, 敵を, 文字が, 料簡も, 斧四郎が, 斧四郎へ, 新興精神ぢや, 方です, 方に, 方にては, 方にゃ, 方の, 方へ, 明智小五郎という, 時代が, 時代を, 時分に, 時分の, 時分は, 智恵に, 智恵嚢かへ, 最近の, 會計を, 有ち, 服装を, 服部君来り, 本国へ, 本妻が, 村, 来て, 来ない晩, 来ること, 東京生活は, 松本だつた, 松村なにがしが, 森啓之助様は, 槇原さんと, 機嫌を, 櫓も, 權右衞門は, 次男を, 次郎左衛門は, 歌は, 歸つた時刻が, 死をも, 殺されたばかりの, 気が, 気に入らないって, 気に入りて, 気むずかしさ, 気を, 気性に, 気持まで, 気質は, 氣に, 洒落が, 浮気の, 淺まし, 淺果敢な, 湯灌の, 為に, 為を, 熱いぬるいの, 爲だ, 爲めに, 牧野は, 物を, 物色は, 犠牲だ, 甘いのに, 生きてること, 生活は, 甥の, 由兵衛に, 申し付けで, 留守には, 留守勝ちな, 留守宅だ, 留守居を, 番です, 病が, 病気とさえ, 病気も, 癖な, 白雨さんと, 百ヶ日は, 盆の窪を, 目附役にも, 眞實の, 真向でしたろう, 眼ンクリ玉は, 眼力も, 眼四つは, 眼鏡も, 着物を, 知らない借金, 短い脇差, 石川屋權右衞門が, 神尾様とは, 神戸下駄を, 私宅や, 種を, 立つて, 笑顔が, 絹商人という, 縁者の, 總兵衞樣は, 義太夫修業が, 耳へも, 耳元に, 聲の, 肩へ, 肩を, 胆煎りで, 胤じゃ, 胸の, 脂を, 脂肪が, 腕には, 腕前で, 腹に, 自家用の, 自慢の, 自由に, 自転車それに, 色里通いを, 芸づくしを, 芸術を, 若い頃, 苦虫を, 苦蟲を, 荷物を, 蒼ざめはてた顔を, 行くところ, 行方を, 装は, 見て, 見廻りに, 親旦那, 言いつけで傍屋, 言い付けでございますよ, 言い分が, 言ひ, 言ひ附けで御座います, 言傳を, 言葉を, 許まで, 話が, 話では, 話の, 話を, 誂えだから, 誤解を, 負傷は, 財布も, 買いつけが, 趣向さ, 跡取, 身の, 身上そっくり, 身体を, 身体悪う, 身寄りだ, 近江屋も, 返事が, 追善供養を, 造酒を, 道連には, 達者の, 遺言状が, 邸の, 都合で, 酔うの, 里親だつた, 野郎が, 量見, 金じゃ, 鎌と, 長男の, 長造が, 間に, 阿波屋を, 隙を, 隱した, 頭が, 頭は, 頼みが, 顏は, 顔とを, 顔は, 顔色を, 風態を, 風格が, 風格を, 首と, 首に, 首尾が, 馬の, 馬を, 馬車に, 骨折りで裁判, 高山が, 高山は, 髭じゃ, 鼻と, 鼻息が

▼ 旦那~ (771, 9.1%)

9 来て 7 帰って 6 お帰り 5 行方知れず 4 お留守, 出て, 殺されたと, 殺されたん

3 [12件] あって, おいでに, お前に, お見え, 何と, 口を, 手を, 来たとき, 来るん, 死んで, 私を, 自分の

2 [40件] ああし, あるという, いら, いらつし, お出, きて, これを, ついた筈, できて, まだ生き, オッ死んでるだ, 亡くなつた後, 亡くなつて, 亡くなれば, 今晩は, 出来たから, 出来て, 声を, 大金を, 御用が, 御目通り, 御親切, 急に, 恐いわ, 来る, 東京へ, 死ねば, 死んだ後, 殺されて, 気が, 猟に, 甘い方ゆゑ, 留守の, 石原の, 私に, 自分で, 近頃は, 金を, 非業の, 駈け出した

1 [612件 抜粋] ああいう, ああ云, あそこの, あったうわさ, あつて, あつて金, あとさきに, あの中, あの小さい, あの日, あぶないとの, ありこれ, あるから, あるというは, あるなじみ, あるの, ある酌婦, あれが, あわてて, あんなにお, あんなに仰, あんな汚い, あんまりお, あんまり可, いうと, いつて, いて, いなけりゃア, いやぢ, いらっしゃるの, いるの, いろいろむずかしく, うなずいた, え, おいでと, おいでなら, おかくれ, おっしゃったと, おっしゃったよう, おっしゃったんで, おふくろを, おもしろく思いなさらぬ, お一人, お亡, お亡くなんなすった, お出でなす, お前風情を, お千さん, お取上, お召しだ, お呼びに, お妾, お引揚げ, お待ちな, お怒んなすつた, お急ぎ, お気の毒, お氣, お産の, お申付け, お茶を, お越しだす, お辞義, お退庁, お連, お酌, お金を, お願ひだ, お駒, かうして, くれぐれも頼んだ, こ, こうと, ここを, このごろ泰松寺へ, この商売, この村, この鎌, これからタンク, こわい, こわいの, こんなにな, こんな具合, しもじもの景気, すっかり改心, せんだっても, そう云ってた, そう言うなら, そう言われるなら, そこまで, そのお, その寺, その旦那, その時, その頃出入りなす, それほどに, そんなわからねえ, そんな事, たあ, たいそう御, たがいらしってから, ちがう, ちょいと, ちよいと, ちよつと, ついたらしいと, ついて, ついても, ついてるなんて, ついてる餅, でき晩年, とても嫉妬家, どういう男, どうかなすつた, どうしてこんなに恋しい, どうにかし, どうもしなかつた, どこを, ない後, なくなられますと, なくなれば, なすったよう, なだめても, なんとし, のぞいて, ひどくお, ひどく乗, ひどく氣, ほんとうに, また云い出す, また言い出した, まだこころもとない, まだ若い, まだ達者, めかしこんで, もの静かな, やかましいから, やかましく仰し, やきもきなさる, やって来て, やっぱし今出征中, やや水中, やられたと, やられましたよ, やられるよ, やりますか, やれと, よくねえ, よく御, よく言, よろしくやっ, りっぱな, わざと台所口, ゐなくなつ, オトキの, 一人お, 一人で, 一寸眼, 一旗揚げると, 一杯に, 一番お上手だ, 一番の, 一番贔屓に, 一通りならない, 丁度居, 七瀬の, 三人あった, 三十なら, 上って, 下さるとよ, 下に, 下谷の, 久しく不眠症, 二人あっ, 二十代に, 二十数ヶ所妻女が, 二階から, 云って, 云ふ, 五六人の, 五年前に, 亡くなったん, 亡くなった後, 亡くなった時, 亡くなって, 亡くなってから, 亡くなられてから, 亡くなる前, 亡くなる時, 亡なられ, 人形を, 人足を, 今の, 今年は, 今日は, 付いて, 仰し, 仰しゃって, 仰しやつちや何, 何うも, 何です, 何とか仰いましたです, 何の, 何十ぺんき, 何處かから, 使つた鎌と, 來ただよ, 俺から, 傍に, 儲けるの, 元御用達, 兄さんに, 先で, 入つて, 入らっしゃいました, 入れと, 再び自分, 出来かかって, 出来たため色, 出来たって, 出来たの, 出発を, 刀を, 初めに, 加十さんに, 助けて, 厭な, 又惚れた, 取締役を, 只何, 召しあがったら戻って, 可哀想だ, 可哀想でした, 叱ろうとも, 呉, 呼んだ, 呼んだじゃあ, 呼んで, 呼んでるん, 善い方, 喚くたび, 國へ, 坂の, 坊主に, 堅く申し渡された, 堤で, 墓場から, 売上を, 変に, 外から, 大きな声, 大事に, 大変だ, 大変案じ, 大層腹ア, 大息を, 大旦那, 大砲の, 大黒柱に, 失敗した, 奥さんの, 奥の, 妻恋坂下で, 妻戀坂へ, 嫌いだった, 嫌がるの, 学校から, 学者な, 宵から, 家も, 家出の, 寝ぼけて, 尋ねました, 小山の, 少くなっ, 少し気, 少年の, 居ないで, 屋敷者と, 左様かなと, 帰ってから, 帰ってからは, 帰つて来, 店に, 廻って, 引取る, 役所へ, 彼の, 彼アなれ, 彼処で, 待合の, 後で, 後ろから, 御出役, 御南, 御存じの, 御布, 御手練, 御承知, 御朋輩, 御番, 御自分, 御見え, 心おきなく, 心祝ひに, 心配し, 怒って, 怒つて, 怒るん, 思いたった時, 思い切って, 怪我を, 悪いこと, 悪いと, 悪いん, 意気地が, 感心する, 慌てるの, 憫然だ, 懐中から, 戦争に, 戸を, 手でも, 折入, 折惡く, 押すよう, 持ってたもの, 持つて, 指したの, 斯う, 旅装を, 日本一だち, 旦那が, 時々遊び, 晩酌の, 暇を, 書いて, 有ろうが, 木曾福島への, 木橋の, 未だに帰っ, 未だ郷里, 村の, 来た時, 来ても, 来てる時, 来なくっちゃ, 来なければ, 来るころ, 来る日, 東京を, 果してゐるだらう, 株の, 根に, 業平橋の, 樺太へ, 次の, 此の, 此家から, 此處へ, 武者修行を, 歩いて, 歩兵隊に, 歸つてからの, 死ぬ騒ぎ, 死んだから, 死んだとき, 死んだの, 死んだん, 死んぢ, 死んでから, 死んでは, 死んでるだア, 殆ん, 残らず白状, 殺されたって, 殺された時, 殺したと, 母屋へ, 毎も, 気ぜわしそう, 気の毒だ, 泊つてご, 泡盛の, 泥棒とは, 洋一さんに, 浮かばれねえでしょう, 浮気心から, 深雪操を, 演説つ, 演説遣いだって, 炬燵の, 無いの, 無事に, 無理に, 煩いでも, 熟睡した, 牛に, 牝鶏に, 物好でも, 現れて, 生きて, 生きても, 生きながら, 生みの, 甲州一円の, 留守だ, 留守で, 留守に, 病気だ, 癒れ, 目を, 直き, 真白な, 眠って, 睨み附けると, 知り度, 祟ってるん, 笑つていらつ, 箱やを, 紙入を, 紛れるぢ, 細君に, 総理大臣陸軍大将である, 縁側へ, 耳元で, 耳朶を, 聞いたら元, 聞いて, 脇差を, 腰に, 腹ア切っ, 腹ア切った, 自慢に, 自身の, 自身出馬し, 若い時, 若かった, 若旦那を, 草葉の, 薩長の, 薪を, 薬を, 藻脱の, 虫の息で, 行かない晩, 行けって, 行つた, 褒めましたぜ, 見えたぞ, 見えてから, 見えましたよ, 見えませんでしたかと, 見えるよう, 見た事, 見つかれば, 見廻りに, 言った, 言ひ, 言出した, 訪ねて, 訪れると, 許で, 貧乏人が, 貰え切って, 貴君方に対して, 買い取って, 買置なすった, 足して, 身動きする, 載って, 送られて, 途中で, 通ったから, 通り掛り飛んだこと, 逢うもの, 遊びはじめたの, 運が, 達者で, 達者でいらっしゃれ, 遠方行きの, 釣の, 鉄砲を, 鋏を, 鍵の, 附いたに, 附いちまったん, 隠れるよう, 隱した, 青嵐の, 青菜の, 非常に, 預つて, 領事館に, 飲まして, 馬に, 馬鹿に, 驚いて, 麹屋へ, 黄金の

▼ 旦那~ (741, 8.7%)

4 お留守, どうした, 何も 3 何を, 旦那で, 気が, 深川の, 私の

2 [37件] あの通り, おかみさん, お光, お手利, お聞き, お酒, かう言つて, ここに, それまで, それを, どこが, どこに, どこへ, もうお, 上手だ, 何う, 何か, 何処かへ, 出陣の, 大の, 御存じで, 怒りぎよろりと妻子, 悲痛の, 日夜鬱々として, 日本一の, 明日は, 昨夜何處に, 晩酌が, 東京の, 無二の, 生れつい, 異人さんだ, 病気で, 自分の, 言はずともの, 誰だ, 酷い

1 [640件 抜粋] あ, ああ言った, あきらめて, あちらで, あとへ, あなたそれこそ, あのアバズレ, あの今夜, あの敷地, あの通り正直, あの黄金虫, あまり人情, あります, あれっきりか, あれを, あれツ切入らつ, あわてて, あんなに見え, あんな好い, あんまりよく, あんまり学問, いいけれど, いかにも快, いける方, いったい誰だい, いったそう, いつでも, いつもの, いつもミーチカ, いつも上機嫌, いつも御, いまだに御, いよいよむずかしい, いるか, いろいろ平助一家, うすうす知っ, うまいこと, うめえなアと, え, えいこと, えらいこと, おかくれ, おせい様, おっしゃるでしょう, おとといの, お上手, お優しい, お内, お前さんの, お前支倉の, お前旦那はな, お医者さま, お変りございません, お宅, お家で, お寺の, お帰宅, お幾歳, お忘れなすった, お春お嬢さん, お歸, お気が, お泊まり, お疲れ, お茶を, お金の, お金持ち, お駒, かう仰し, かんかんに, こういう, こういうお客, こうして死ぬ, このおかみさん, このごろ夜に, このところ, この三, この子, この方, この者, この通り, こんどは, こんなお, さうさ, すぐに, すっかり怒っ, すつかり, ずいぶん煙草, そうして眼, そこに, そのため, そのまま崩, その夜, その理由, それから, それでもよく, それに, それには, そんなふうに思いません, そんな事, そんな旦那ぢ, そんな酔興, たいてい今, たいへんドミトリイ・フョードロヴィッチ, ただで, ちっとも疑っ, ちょっと席, ついしか, とうとう長吉, とても一通り, とにかくこの, どういふ, どうかなさいました, どうし, どうしてもあの, どうしてもお, どうしても逢おう, どうも彼処, どうも滝三郎父子, どこだ, どこまで, どんな係り合, なかなか吝, なかなか恐い, ねえ駕籠, はねが, はや浮き腰, ひとりで, ひどく満悦, びっくりしたらしいけん, ふところ手さ, まあ東京, まず不具, またそこ, また五六年前, また何, また長, まだお, まだどこ, まだなに, まだ奥, まだ女共, まるで爺さん, まアいつ, みんないい, むろん上旦那, もうそれら, もうちゃんときまった, もうカギ, もう三晩, もう大分前, もう殺され, もう短刀, やっぱり東京, やっぱり煉瓦場近く, やれ安心, よかった, よくう, よくこんな, よく御, よく御存じ, よく道理, わかって, わるい人, われわれには, オートバイは, シベリアの, ステッキで, セッカチだ, タバコの, ツイと, バクチの, ブルジョアで, モトデの, ヤカン頭の, リドまで, 一刻も, 一徹者です, 一時間ばかり, 一時間ほど, 一杯飲ん, 万力に, 三の, 三十でした, 三日に, 三百八十兩の, 上方育ちで, 下駄を, 与力衆でした, 丸腰で, 主に, 九時を, 二十九で, 云わねえの, 五ツ, 人が, 人の, 人好きの, 今いない, 今でも, 今夜は, 今夜来る, 今持合せが, 今日は, 今晩は, 今朝ほど, 他の, 他へ, 代々の, 仰言ったん, 会いは, 会社の, 伜を, 似而非者, 何うなさる, 何かね, 何してる, 何んです, 何時頃お, 何者だ, 何頭だ, 余程合せ, 信州の, 俸引に, 兄哥の, 先い往ん, 先ず椎, 八五郎にも, 六十三な, 兵隊です, 出おくれるよう, 刺されて, 前から, 剣術使いという, 勝負事は, 半弓の, 南五花街の, 南方の, 又どちら, 又三平, 友田喜造じゃが, 反齒, 取調べに, 口い利かれない, 口が, 口を, 可哀そうな, 叱るもの, 名代の, 呆れて, 呆ん, 咋夕から, 唇を, 唯今すぐ, 商売の, 商売知らずさ, 嗾けて, 嘘を, 四月頃から, 土曜だけ, 土蔵から, 増さんの, 声を, 外に, 外出着の, 夙くに, 夜中に, 夜逃げした, 夢中で, 大きな商店, 大変で御座います, 大変な, 大層可愛, 大層立派, 大抵は, 大抵知っ, 大方夜中, 大騒ぎです, 奥に, 奥まった部屋, 奥座敷へ, 好きや, 好んで, 妙義神社の, 婿養子に, 孝行者ぢや, 学問を, 安いコスト, 定家卿でも, 実の, 宮本様で, 寄席の, 寝こんで, 寝たろう, 小型の, 小糠三合の, 少しも, 少し思い違い, 少し敵, 屋敷者か, 山内で, 山猫博士が, 岡ッ引の, 工面が, 己が, 帳場傍の, 平生権高で, 年い取ってる, 年齢が, 店口で, 庚申塚の, 庭下駄を, 引受けて, 彼地の, 彼得堡で, 待ち兼ねたよう, 後悔なさった, 御冗談者, 御存じありません, 御存じでしょう, 御守殿, 御本宅, 御親切, 御運, 心から甲子太郎さん, 心易い, 忽ち爺さん, 急いで, 急ぐん, 急に, 性質が, 恐ろしい方, 悪魔の, 愕然として, 懶さうに, 或る, 戸外へ, 手に, 支那の, 支配階級の, 斬死なすった, 新しもの好きである, 日々さる, 日に日に血色, 旦那だ, 早や, 明日の, 昨夕から, 昨夜どこへも, 昨日ボックス, 時々たずね, 時々此方, 晩飯を, 智慧者だ, 暑いの, 暫く怒り, 月々どれくらゐ, 有明荘へ, 木場の, 本當, 札を, 李鴻章じゃ, 村で, 松前屋三郎兵衞の, 松坂の, 板橋の, 林さんと, 格別残念そう, 桜田の, 植松の, 横浜の, 欝金木綿の, 次第に茶屋酒, 此位豪い, 此方に, 此間から, 武者修行だ, 死んで, 殺されて, 殿樣の, 毎日電車で, 毎晩玉子酒を, 気の, 気前が, 氣分が, 江戸で, 沓脱へ, 油屋の, 泳げるはず, 浮び上がって, 淋しい笑い, 湯に, 滅多に, 漆の, 火事の, 災難だ, 無いあの, 燒い, 猟服に, 理髪屋へ, 環, 甘い物, 生仏, 用心深いから, 甲府へ, 申し分の, 町の, 留守だった, 留守でございました, 番頭さん達と, 番頭の, 疲れて, 疾くに, 百までも, 百姓仕事が, 盆栽が, 目が, 相変らず, 眉の, 眞物の, 眠そう, 着物と, 着物を, 矢張り三河者です, 知らねえん, 碁が, 碌素法工場へ, 私たちと, 私どもの, 私に, 私よりよ, 種々な, 突然大きな, 立ち止って, 立役で, 立派な, 立派に, 笑つて聽き流し, 簡単に, 納家で, 細い比翼指輪, 細工物が, 絵の, 縛られるかも, 羽生村の, 能く, 腹が, 自分を, 色々な, 荒々しく彼, 荒武者な, 菜の花畑から, 薬喰い, 藁一筋の, 蘇生った, 蚊帳を, 表の, 袂から, 裏の, 見たくも, 見たこと, 覚悟の, 親切やろ, 話せます気合, 誠に感心, 諏訪明神の, 豪い方, 質屋と, 赤ン坊と, 赤松院門前町の, 躍起と, 躯が, 近所の, 返事に, 遠からずし, 酉刻, 酒飮み, 酒飲む, 酔って, 醉つて轉げてる, 重いとか, 重うございます, 野師野師と, 野象の, 金之助さんの, 金持だ, 金魚が, 釣が, 長火鉢の, 間抜な, 電話が, 静かに, 飯たき, 首を, 香之, 馬車を, 高平村まで, 鬼ごつ, 魂消たの, 默つて猪之

▼ 旦那~ (413, 4.9%)

8 お怪我, お目 5 して, なって, 話して 4 逢って, 頼んで 3 お願, 申上げ, 言って

2 [28件] お願いし, かかっちゃ, すむと, せがんで, 一つ叱られれ, 代って, 会うと, 似て, 何か, 娘を, 小言を, 引かされて, 忠告を, 怪我が, 怪我を, 教えて, 教へて, 申訳が, 相談し, 知らせて, 見られては, 逢わして, 連れられて, 遠慮し, 長兵衛の, 限って, 隠れて, 願って

1 [309件] あいそづかし, あの臺石, ありついたの, あんねなこと, いいつけるぞって, いいよう, いはれたつて聽, いふもん, うか, うかがいますが, うんと小言, おいらア一巡りし, おさまれるの, おふくろを, おまかせします, お上げ, お会わせ申そう, お別れ, お小言, お小遣い, お新, お目にかからなくちゃ, お目にかかりたいと, お目にかかれば, お知らせしなけれ, お聞き申し, お辞儀, お酌, お頼, かわって, きいたが, こっぴどく叱られ, このステッキ, こんどの, ご鑑定, さう申, さう申し上げて, させて, したお蔭, したの, しばらく組合, しぼられて, するいいわけ, するの, せよ正太, せよ道, そう云っ, そう言っ, そのこと, そのむかし, その所有権, その讐, そんなこと, たのまれて, たのんで, ちょいと, ちょっと話, ちよいと, ついて行くには, ついて行って, つかまったこと, なったつもり, なったらたんと, なるの, なろうと, なろうという, ひかされて, ひどい眼, ぶつかって, ぶら下がるよう, もってる芸者, やられる, よく似, よばれて, よろしく, ガマ六と, タテつく, 一つ酌し, 一人好い, 一分貰ひました, 一味し, 一寸お, 一目会ひたいです, 一軒もたせ, 三一小僧という, 上げて, 下手人に, 中を, 事えては, 事情を, 二百両も, 云あれ, 云いたかった事, 云うよう, 仕送りする, 会ったとき, 会って, 会は, 伺うと, 何のくらい, 何もかもお話, 來て, 借りて, 傭われて, 先手を, 先生に, 内証で, 内証に, 出て, 出来た娘, 出来ぬらん, 助かって, 勝味は, 包物は, 又どなりつけられ, 取つて, 取られて, 取られるところ, 取りますぜ, 取り持って, 取り返されようもの, 取上げられます, 受出され, 口を, 可愛がられたと, 叱られたこと, 叱られた時, 叱られて, 叱られますがね, 叱り飛ばされて, 合はせ, 合図した, 向って, 吩咐け, 吹っ込んだ, 呼びとめられた, 呼上げられ, 命を, 喰つてか, 嘘を, 囲はれ, 囲われる前, 売るん, 変わりは, 夢中な, 契約し, 寄り添, 密告する, 対え, 小さい体, 小遣を, 尻を, 巡り合えた嬉し, 帯でも, 帳簿の, 庭石を, 建てもらいまた, 建増して, 引つ叩いて, 当るわけ, 彼は, 従は, 御恩, 御目, 御贔屓, 御迷惑, 心中立てを, 怒られて, 怒られ怒られて, 思いのたけを, 思いを, 悪いの, 惚れて, 意地を, 愛想尽かされ, 愛顧され, 我が世帯, 手渡すところ, 打たれてるかも, 打ちあけたもの, 打ち明けた上, 承諾だけ, 持たせられて, 持ち当時日本橋, 持ったこと, 持つこと, 持とうと, 按摩を, 挨拶し, 捉って, 捉まる, 捨てられさうに, 捨てられるかも, 捨てられるん, 捨てられる覚え, 捲上げられ娘, 掘りだされたわけ, 掴まって, 救けられたの, 教へただけ, 新吉さんが, 暇が, 暇を, 暴露ようものなら, 有楽座, 来られて, 棄てられたらこの, 楯つく, 楯を, 構はれた, 此の間伺いました, 死なれて, 死に別れて, 殴られても, 気の, 気を, 江戸一番といふ, 決つてる, 済まない, 済まねえ廉, 済まねえ済まねえから, 渡した, 焚きつけたん, 熱中し, 申し上げた通り, 申し訳が, 申し訳ない, 申上げた, 申上げなきや, 皆んな言ひつける, 相談したら, 相談を, 相違ありません, 相違ない, 相違無く, 着せて, 知れたの, 知れても, 知れッこ, 祝って, 私がへ, 粗相の, 納まったの, 組付いて, 絡まれて, 続いた件, 縁を, 縄を, 縋れば, 義理を, 聞いて, 聞えちゃ, 聞えるか, 聞える気, 聞こえて, 腹の, 荒らされ切って, 被せる帽子, 見せて, 見つからない方, 見つからねえよう, 見られたり, 見捨てられては, 見放されちや, 見込まれたほどの, 親眤, 言うてるん, 言うよう, 言は, 言はんの, 訊くがね, 話が, 話を, 誘はれで, 誘惑される, 負けて, 負けると, 貰った御, 買は, 賛成です, 足止め, 身受けを, 近づいて, 返したこと, 返して, 迷惑が, 迷惑を, 追ん, 送って, 逆らつてばかり, 途中の, 逢いたいと, 逢いたいので, 逢つて斯んな, 逢つて昔の, 逢ひ, 逢ひます, 運べる女, 道を, 金を, 銭を, 限られた, 面倒を, 鞍替えしよう, 頼まれて, 頼まれまして, 頼み小さい, 顔を, 黙つて

▼ 旦那さま~ (366, 4.3%)

21 のお 7 の御, は 5 が, がお 3 であり, は御, も御

2 [15件] だ, とお, とおかみさん, とお子さま, にお, のため, の仰し, の前, の方, の死骸, はこの, はこれから, は又, もお, 頻に

1 [282件] ああいう, あけて, あのお, あのウォツカ, あの一歩一歩, あの虫, あんなこっ, あんまりでございます, え何, おうち, おっしゃりつけと, おなつかし, おもひで, お一人, お仕度, お寒い, お慈悲, お手当, お支度, お槍, お約束, お蝶さま, お見え, かと思いました, かと思った, かも知れない, からお, からその, から呼び, から貰った, があなた様, があの, がいま犬, がいらっしゃる, がおっしゃる, がお出で, がお呼び, がきれい, がそう, がその, がそんな, がまア, がオッ, がコップ, がノッポ, がピストル, が一身, が丹精, が今日あたり, が他, が仰し, が仰しゃいました, が叱った, が国家, が外, が外し, が好き, が嫌いかね, が子細, が宝物, が宮原さん, が家, が帰つて, が彼, が御, が教えた, が書生さん, が毎, が毎朝わし達, が然, が笠, が貴下, が途中, が離縁, が頼政, ぐらい燻製もの, こそ, この手紙, この方, そんなこと, ただいま帰りまし, だからと, だが, だったら, だったらという, だってそう, だと, だとか, だとて, だもの, でございましたか, でございます, でございますか, です, ですか, ですからね, ですの, では, ではわたし, でも, と, という古めかしい, といはれ, として戴く, とてもひどく, とでもこちの人, とはもう, とは老, と仲, と呼ぶ, と崇めし, と御, と私, と近しく, どうしただ, どうしてそんなに考える, どうなす, なぜプーリ, なの, なら水練, にご, にそう, にどう, になられたら, には, にはどこ, には前掛け, には年来, には御, には永, には隠し, にもよろしく, にわたし, に別段, に叱られ, に叱られる, に合す, に安心, に手柄, に打ち明け, に撃たせたい, に時々, に相, に突当りました, に話いし, に送つたわ, に逢っ, に違えねえだ, の, のおしりあい, のお供, のお力, のお年番, のお気, のお蔭さま, のこと, のつもり, のほか, のもの, のよう, のリイド, の事, の二月分, の云う, の仰いました, の側, の口占, の口髭, の客, の居間, の左, の御高, の思ひ, の昼食, の漱ぎ, の物, の筈, の讐, の足, の鈴岡氏, はあなた, はあんな, はいい, はいったい, はお, はきっと随分, はこうして, はご存知, はすこし, はそれでも, はたいていそう, はただ今, はちっとも, はどんなに, はびつくり, はふだん, はよう御存知, は一, は三田, は京都, は何ん, は只今, は台所, は嚇されてる, は大学, は屹度, は川口町, は常々, は御酒, は急, は懐中, は手, は殺されかけ, は気, は油斷, は猶, は神原さま, は神原様, は衆人, は誠に, は身, は鐘ヶ淵, は髯, は鴻, ばかりでなく, へもよろしゅう, へ何, へ刃向い立て, へ宜しく, へ對, へ濟, まあ暫く見, まかせ, まアお静か, もうじゅうぶんでござります, もおかしい, もお里さん, もご, もしあれ, もしひょっと, も善く, も御存じ, も御寮人さま, も手ぐすね, も斯なに, も貴方, も躍起, も馬, や, やお, や奥さま, や奧さま, や鶴吉どん, よ, より偉, をお, をしくじっ, をはじめ皆さん, を今日, を大切, を恨みました, を態と, を殺した, を殺しました, 予てお, 全く信用, 勿体ないこと, 呆れて, 堪へかねて, 実に此, 実は今夜, 御心配, 御立腹, 恐入りますが, 有難うございます, 本当にわたしゃ, 殺して, 泣いたり, 然と, 知りましねえだ, 誠に恐入ります, 誠に有難う

▼ 旦那さん~ (253, 3.0%)

6 と一緒 4 です, のお, の方 3 に手紙, は 2 お願, がある, がお, が二日程国, が留守, だと, の子, の顔, は僕, は好い

1 [209件] あれじゃ, いうたら優しい, いっても, うつるかって, おかみさん, おそなっ, お出なさいまし, お大根, お気の毒さ, お粂ちゃん, お肴屋さん, お風呂, か, かえって来たら, からは途中, から電話, か呼んだ, か旦那さん, があります, がいる, がええ, がかえって, がさっき馬, がすぐ, がそんな, がねあの, がまあ, が亡くなった, が今, が來, が叔父さん, が奥さん, が居る, が弱く, が弱った, が手, が持っ, が有ります, が来, が泥だらけ, が独り, が病気, が答, が細君, が聞い, が肺炎, が見, が見える, が見たら, が言わっし, が青森, ぐらいお, こういう奴, こんにちは, すこし押され, そう, そう言わな, その事, その虫, それでは御, たるもの失職, だけ, だけ亡くなつた, だなあ, つまりません, ていふ, でさね, ですか, ですな, で可, で小学教員兼醤油屋, というもの, とお嬢さん, とか恋人, とがお茶, とこい, とのこと, とはちがうでしょう, とは餘, とふたりきり, と一, と別れた, と同じ, と喋っ, と奥さん, と散歩, と田辺, と相撲, どうする, どうです, どんなにがっかりし, なの, なん, なんかも仰る, にいうたら, にこんど, にすれ, にそう, にでもなる, になる, にははっきり, にも恥ぢ, に上げ, に代, に叱られへん, に成ろう, に殴られつけ, に玉子, に紹介, に逢った, のかわり, のこと, のどう, のなくなられた, のよう, のステツキ, の亡くなんなさつた, の傍, の分, の前, の名, の天ぷら, の娘さん, の安否, の寫眞, の帰り, の御, の手エ, の手前, の批評家ジョン, の技法, の旅, の赤星忠道, の身, の身体, の酔ひ, の風, はうち, はお湯, はお節, はかねがねもしも, はそう, はそういう, はそんな, はつかつか, はつとめ, はどこ, はない, はもと, はものわかり, はゴ, はナカ, は一寸, は今朝, は会社, は何ぞ, は初瀬, は勤め先, は取引先, は君, は堅い, は外国, は大学, は大層, は大工さん, は寫眞, は帳場, は弁天通り, は復, は泥, は細君, は解っ, は資性廉直, は金持ち, は雪子娘さん, ばかり大切, も, もう十一時, もお, も仰る, も奥さん, も早うもっと, も私, や清水さん, より十円, より奥さん, らしい人, を前, を持つ, を早く, を見出す, を連れ, を部屋, 別れちまえよ, 又何処, 大したもの, 帰って, 怖ねえ, 悪さ, 持ったかて, 早くあなた, 死んだ, 済みませんが, 煮たて, 知って, 知れやしねえかね, 行って, 見えないナと, 誠にねえお

▼ 旦那~ (201, 2.4%)

2 ある情夫, おかみさん, ここは, 堪忍し, 大変に, 姉さんも, 御承知, 心配し, 藝者も

1 [183件] あった, あなたの, あの大, あまり心が, あまり氣, あれほどの, あゝ仰有る, いらつし, いる, うまいこと良助, う過, おひと, おやりです, お久美さん, お亡くなりなすった, お人, お内儀, お出でなすったら, お喜代, お孃さん, お父さんは, お變, お賤, お飲み, かえって同行, こ, こう云い, これから廓, これまで, ご承知, さう言, さう言つて, さすがに, さぞ喜びましょう, さぞ心丈夫, しきりに心配, しじゅうそれ, し私, すつかり持て, せっかくはりこんだ, そうだ, そりや, それだけは, それを, そんなこと, そんな仏, たいへんに, たしか, ちかい, とうとう我, とうとう阿波, どうぞ, どうです, どんなにかお, どんなにかお喜び, ないの, ないもの, なかなか罪, なくなつた, なんだか不安, ひとつ, ひと頃少し, びっくりした, まあお, もてあまして, よい人, よく御, わざわざ浜, 一しょに, 一ついかがでございます, 一昔以前は, 一杯いかが, 一緒に, 不自由を, 二本差に, 交易した, 亭主も, 人が, 人情の, 今では, 今までの, 今見た, 仰しゃってゞ, 仰しやつ, 伜の, 何か, 何度か, 余程苦労性, 充分気, 先生も, 出て, 刀を, 切合ったが, 切合って, 切結び富五郎, 力松の, 助かり忰, 十分念を, 半蔵さまも, 卒中という, 又神経痛, 口を, 古道具や, 可哀そうだ, 国から, 変つてゐた, 夜目がねぇ, 大かたその, 大そう, 大旦那, 大目に, 大相御心配ぢ, 奥さんも, 女将も, 女給も, 始末に, 姐御, 嫉気少し, 宗太の, 寝て, 幾度か, 彼女の, 往くがの, 待ってるもの, 後から, 御存じです, 御存じの, 御心配, 御新造様も, 御留守, 心よく, 恍けるわ, 情夫も, 我が折れた, 折れないわけ, 持って, 敗れて, 斯んな, 施主の, 旅住居で, 旦那奥様が, 明日あたり電信で, 昨日お, 是非お, 暗い杉林, 来て, 来年は, 歌ひました, 正直な, 死んだの, 江戸児の, 浪花節の, 無事に, 焼きが, 爺さんを, 猪之, 画を, 番頭も, 知らねえ顔, 私も, 私を, 素直に, 罪な, 聞かねえと, 自分が, 船頭も, 船頭を, 若いお, 落目の, 薄茶や, 覚えて, 誠に贔屓, 賞めた, 足が, 達者彼女も, 金に, 陰で, 随分あくどい, 馬も, 骨休めだ, 髯を, 黙って, 鼠小僧に

▼ 旦那~ (200, 2.4%)

5 殺したの 3 殺した奴

2 [18件] つとめて, とらせて, のせて, みつけて, もたせて, よびだして, 何と心得る, 呼びに, 怨んで, 恨んで, 持って, 揉んで, 案内し, 殺したと, 毒害した, 突いたの, 突いて, 老実な

1 [156件] あしらつてゐた, いいかげんに, おいて, おいら幾年にも, おつれ, おのせし, お初に, お助け, お見かけ, お送りし, この毒薬, ごらんなすった, さがして, さし向, しくじった, しくじった若い, すてて, たずねて, だして, ちょっと此処, つかまえたこと, つかまえて, つかまへて, とっちめるなんて, とつち, とらせるコンタン, どうした, どうしよう, なだめたじゃ, はじめ雇人たちに, もって, もつの, もんだてえの, よび戻して, よんで, ムヽ失れ, 一人占めしよう, 一晩借りる, 一軒まわりゃ, 三銭とも, 世話し, 世話してやろう, 人々は, 何分宜しゅう, 信じて, 入れません, 兼ねた所謂イロ旦, 出して, 切って, 初めと, 初め後の, 別に好い, 前に, 前年度の, 助けて, 助ける工夫, 取った晩, 取ってな, 取られたの, 取り巻くと, 取り逃がしたの, 取るけれども, 取るの, 取るよ, 取る気, 口説いて, 呼ぶ訳, 呼んで, 喰殺し, 失策たんぢや, 始め二三人の, 始め大勢の, 始め店, 始め皆んなの, 守って, 寝かして, 寝取る, 寺島村の, 崖の, 市川の, 引き出したと, 彼女は, 待ち合わせて, 待ち暮す心, 待って, 怒らせてばかり, 怨む者, 悪く思っ, 悪心ある, 惚れか, 愛してるだ, 慕う, 憎んで, 持ってから, 持つかとさえ, 持つて, 持つと共に, 持てと, 捉へ, 探して, 放縦な, 斬つたの, 有ったもの, 検べたそうです, 此方へ, 残し坊や, 殺したえ, 殺したに, 殺した惡者, 殺した爲ぢ, 殺して, 殺しましたが, 殺す気, 殺ったの, 流せ枕ごと, 焦らし足りないもう少し, 燕に, 片眼, 狙うと, 環の, 相つとめ, 相手に, 眼の, 眼前に, 睨むやう, 睨んで, 瞞し, 瞞著する, 知ってる者, 立退かせりや, 粗末に, 紹介した, 絞り上げて, 見お, 見かけなすった最後, 見つけたらどう, 見なかった, 見失, 許す気, 譏つた, 赤の, 起したもん, 迎えたら可, 迎えに, 返して, 送って, 送り出して, 途中で, 連れて, 遠方から, 鉱山へ, 非常に, 頼むと, 風呂から, 馬車に, 魔道に

▼ 旦那~ (200, 2.4%)

16 のお 6 の御 5 がお, はお 3 が亡くなつた, とお, の部屋 2 お出, お怨み, が, がまだ, が二階, にも奧樣, のところ, のやう, は大, を殺した

1 [139件] お役所向, お怪我, お濠, お考, からお, からお金, があの, がいらつ, がその, がひどく, がよく, が一度, が亡くな, が亡くなつ, が亡くなる, が人手, が仰し, が何ん, が可哀想, が呼吸, が夜中, が大層, が家事, が左足, が御酒, が手代, が明け, が昨夜, が時々, が柔和, が横山町, が正, が此家, が死ぬ, が殺されました, が目, が立たれた, が腑, が苦しみ出し, が苦しみ出した, が見巡つた, が遺言状, その野郎, それからこれ, それでは, それでは平次, だから, だけは助かりました, でしたが, ですが, で御座いました, で惚れ, となつ, とは昔, とは義理, と一緒, と仲違ひな, と何, と奧樣, と御新造樣, と番頭, と親分方, どうなさいました, にあげた, にお, にし, には言, にも遠慮, に御, に拾, に早う, に申, に申し上げました, に見つかる, のこと, のひと粒種, の世話萬端, の亡くなる, の價値, の名前, の命日, の大事, の徳利, の所, の持ち, の昔, の枕許, の湯殿, の獨, の甥, の疵, の聲, の背, の長靴, は, はい, はおち, はもう, はよく, はよくさう, は三十, は三年, は下, は二度目, は安兵衞樣, は帳尻, は御, は思ひ切, は本心, は此, は武家育ち, は江戸一番, は洋服, は私, は近頃, は遲, は霍亂, もうビール, もその, もつい, もどんなに, も仰し, も内儀さん, も御, も御存じ, も番頭さん, も私, やお, や奧樣, や御新造樣, や私, をひどく, を初め, を憎み通せまし, を横取り, を起し, 一寸お, 何とか遊ばし, 早くよく

▼ 旦那~ (194, 2.3%)

8 一緒に 4 話して 3 いっしょに, お喜代さん, 二人で, 立てられて

2 [13件] いちや, 仲が, 別れて, 呼ばれるよう, 奥さんと, 尊びし人, 来た日, 相談し, 私と, 私の, 私は, 言や, 銭形の

1 [144件] あさ子が, いうと, いうのに, いっても, いつた押, いへば, いまその, いやあ剛腹, いわれた辻番, いわれて, いわれるよう, おいらだけ, おかみさんとは, お内儀さん, お留さん, お約束, お萬, お言い, お話し, かみあう時, かわって, きたひ, しちゃあ, しつくり行かないこと, その令嬢, その第, ほかの, よぶよう, わたしは, コソコソ会っ, 一緒じゃ, 一緒の, 三人で, 亀戸の, 争ふも, 二人きりでございます, 二人し, 二号の, 云い旗本, 云うん, 云って, 云ふ, 云やあ, 來た, 俺とは, 先生を, 出でたり, 別の, 別れた妾, 別れやう, 印東の, 反対だ, 同年で, 名の, 呼ばず主人, 呼ばれたの, 呼ばれて, 呼ばれるその, 呼んで, 喧嘩に, 喧嘩を, 噂を, 大番頭, 契約すん, 奥さん, 奥様たちを, 女は, 子供を, 定はんと, 家來の, 家来の, 対いあっ, 岩井の, 帳場の, 彼女とだけの, 御一所, 御懇意, 御新造さんの, 御新造様が, 心得威して, 忠助とは, 思って, 懇意だった, 懇意だつたさうで, 手を, 手代二人が, 打ち合せ晝, 打合わした処, 折合が, 敬は, 旦那が, 末の, 本家の, 本當, 来て, 梅吉に, 植木やの, 植木屋は, 此處の, 犬, 生涯を, 田原屋さんが, 男は, 番頭とに, 疎開する, 白旗直八だ, 白旗直八とは, 相談する, 相談の, 研屋忠兵衞を, 碁を, 祝言する, 私だけ, 私とは, 私には, 私を, 立てて, 納まって, 結婚し, 結婚なさる, 自分の, 色男が, 芸者が, 芸者との, 落合い信之, 褒められたが, 言いねえ, 言つたら, 言ふと, 言われて, 言われるよう, 話が, 豪い喧嘩, 貴方の, 赤い手柄, 連れだって, 違って, 金次郎さん, 鈴木の, 錢形の, 門口で, 関係した, 順を, 養子の

▼ 旦那~ (166, 2.0%)

6 の前 5 の御 3 が見える, のお, のよう, の方 2 に叱られる, のする, のみえる, はこの, はみんな, は私, もお

1 [129件] いやさ, から, からも内々, から可愛がられ, から聯想, が, があの, がいくら, がおいで, がこなけりゃ, がこんな, がご, がその, がアプレゲール的, が人工, が会費, が四人, が引, が御, が慌てなかつたら, が旧, が来, が渡海, が直ぐ, が眞面目, が真剣, が置い, が見えるだろう, が見付けました, これからどうする, じゃありません, だってよく, だって聖人様, だと, ですから, とは気がつかず, と一座, どうやら神田, などの下, にああ, にお話し, にどの, にはお気, には御, にもお, にも好い, にも楊弓, にゃあ, にゃ何, に冷やかされた, に口々, に呼ばれ, に多い, に対してそんな, に小言, に必ずや, に捕える, に申し上げ, に申し立て, に知らせる, に義理, に聞かれたら, に送っ, に間違, に頼む, に顏, のおいで, のおかげ, のおっしゃる, のご, の中, の交際, の信用, の内意, の勝手, の在り方, の奥座敷, の後援, の御用, の心事, の愛想, の慈悲心, の手, の持つ, の機嫌, の泊る, の煙草入, の用心棒, の知らない, の給料, の詮議, はおろか, はそこ, はそんな, はどうか, はもう, はジャン, は今, は女, は御, は来まい, は東京, は知らず, は秋祭り, は訳, は金切声, は銀, は風景, へお知らせ, へお話し中, へは沙汰無し, へは錢形, へ申訳, も, もいらっしゃる, もおなじ, もずいぶん, もつらい, もの食, も其の, も受取つて, も只, も御存知, も道, らしかったわ, を始め, を案内, 御冗談, 御用心

▼ 旦那~ (149, 1.8%)

5 のよう 4 です, のお 2 はよく

1 [134件] お出向き, からどんな, からもさすが, からジプシイ, から同情, が, がある, がいや, がいる, がよく, がゐる, がガアガア, がズラリ, が七八人, が何, が山ア坊主, が招かれる, が改まっ, が狂犬, が界隈, が美しく, が美人, が見, が見え, が調子, だ, だけには忘れん, だつたの, だね, で, である, である高品さん, でしょう, で上州屋莊左衞門, で小石川, で檢屍, で立てられ, というよう, として納まり, とても根, となっ, とは, とは普通対等, と云った, と同じ, と呼ばれる, と尊称, と御, と立てられる, などはもう, にお, にきまっ, にごつい, にさ, にする, にそれ, につれられ, になり切る, には親爺, にぶつかっ, にも可愛がられ, にも集まっ, にタテ, に反抗, に取巻かれ, に可愛がられ, に土地, に対し物しずか, に対抗, に知れ, に説き, のあいだ, のうち, のお供, のする, のとこさ日傭とり, のとこさ時, のまね, のやう, の一人, の中, の乗る, の伴, の勝手, の坊っちゃん, の境遇上, の姿, の家, の山, の心意気, の手伝い, の手先, の方, の機嫌, の気, の自負, の遊び, の遊び仲間, の遊び場所, の道楽, の集まり, の顔, はそれ, はどう, はもう, は勝手, は女遊び, は嫌, は宿屋, は屋根舟, は滅法, は私ども, は足, は馥郁, は黙っ, までが血眼, まで集っ, もあれ, もたくさん, もわたくし共, も五六人, も平次, も放っ, も集まっ, や旧御, や親方たち, らしい物静か, をカモ, を想像, を構成, を相手, を羽織組, を見返し, 戻り馬

▼ 旦那~ (62, 0.7%)

2 久しぶりで, 歸り, 聞きの

1 [56件] あがんなさい, おかみという, つかまえしましょうか, 一人きりで, 久しうございます, 乗んなすって, 休みに, 使いを, 出に, 危うご, 合乗如何です, 夕飯は, 妾さん柳橋芳町の, 寂しくは, 寒うございます, 寝みなさい, 寝みなさいませ, 帰りと, 帰り遊ばせ, 帰ん, 店の, 店を, 張りなせ, 待たせして, 怪我が, 手の内を, 手を, 手伝で, 手紙で, 早いなし, 早く何方, 早よう, 春は, 智慧を, 氣の, 泊りじゃ, 滝の, 熱い所, 盃を, 相手に, 祖師さまの, 立派な, 縄を, 芽出た, 茶代を, 薬を, 衣ちやんは, 見忘れ, 言葉中でございます, 誂えじゃ, 豊は, 連れ申しました, 邪魔でしょう, 長屋の, 風を, 養母さんの

▼ 旦那から~ (56, 0.7%)

2 金を

1 [54件] いろいろの, お暇, お米, お金を, お頼み申され, かけられれば, かっちゃ, きいて, そういわれ, そんな, だいい, だが, どんな話, もらった捻り, 一人の, 一杯おみき, 伺いますに, 伺って, 内密に, 再度の, 出しても, 出て, 声が, 大事に, 少ばかりの, 差された盃, 御藏前の, 心祝ひが, 急に, 手紙を, 指図が, 敬二郎さんに, 春の, 更めて, 月々の, 月々配われる, 毎日の, 特別賞与が, 留守を, 聞いたが, 聞いて, 聞くと, 譽められる, 買って, 踏みにじられたよう, 軍用金を, 送って, 鉄拳の, 離縁された, 頂戴に, 預った植木, 預つたもの, 頬っ, 頼まれて

▼ 旦那~ (50, 0.6%)

32 から申します, と思っ, ねです

1 [41件] お前達とは, からこの, からとても, から一應, から多分, から妾狂い, から御, から我慢, から早く, から本当, から身贔屓, か何ん, が今, が実は, が見違える, けれども日本, し一人, つて何だ, というよう, とえ, とは夢にも, とは夫人, とまったく, と云っ, と分る, と取り沙汰, と名乗っ, と思, と思う, と正直, と言, な, なと思つた様子, の, べ, よこの, よと怒鳴った, よと怒鳴つた, よ貴方, ア一人二人の, 人なんか

▼ 旦那どの~ (37, 0.4%)

3 が御, 笑ひ出す 2 のお

1 [29件] が借り, が女, が恐悦顏, が梯子, が飛び出し, というの, の処置, の前, の復讐, の考え, の耳, の計画, はまだ, はわざと, はクレーン, は別に, は夜業, は大体, は工場, は恨み重なる, は探険隊, も遽, 何う, 急き立つる, 玄関に, 聲を, 胤だ, 車輪でも, 辺まで

▼ 旦那には~ (36, 0.4%)

2 姪に, 言葉に

1 [32件] あとで, いろいろと, おれが, お会いし, お会いだろう, こんなもの, ごく内々, ちゃんと免役税, つくしたつもり, どこかで, なるべく早く, まことにまことに面目, もう用, 何かと恩, 内々で, 分らぬほどの, 勿躰ない, 可愛がられましたよ, 叱られるだらうが, 女房が, 御恩, 格別ひいきに, 氣の, 特別御, 申訳ない, 白状しない, 私が, 貸せませんな, 通行券は, 離れるし, 雷が, 黄金の

▼ 旦那~ (36, 0.4%)

5 おかみさん 3 おかみさんに 2 御新造に

1 [26件] あの虎, お内儀さん, お喜代ちゃん, お奉行, ないか, よつて, ア, 下女が, 中洲の, 俺の, 先生と, 区長さんが, 大番頭, 夫人が, 夫人の, 奥さんや, 客に, 御新造の, 有村様も, 気を, 私の, 細君が, 芸妓たちの, 若旦那は, 藝者連に, 隱密なら

▼ 旦那という~ (35, 0.4%)

9 のは 4 のが 2 人が, 男は

1 [18件] のも, ものには, ものの, ものは, ような, 人々が, 人と共に, 人は, 呼言葉と, 四十前後の, 奴に, 方も, 様な, 男が, 者の, 言葉さえ, 言葉に, 関係は

▼ 旦那~ (34, 0.4%)

2 あつた

1 [32件] いらしつたん, いらっしゃいますか, いらっしゃいますよ, いらつし, お年寄, お蔭で, これまでも, ごぜえます, さ, さえ増さん, ね, ものも, 今では, 其情夫で, 勝川お, 平常優しく, 怖い顔, 暮し得と, 炉ばた, 社長さんな, 立てて, 納まッ, 統制され, 絵は, 萬兩分限の, 跳び起きて, 近江屋という, 通って, 連れて, 頤を, 髪の, 黒ちりめんの

▼ 旦那はん~ (30, 0.4%)

2 やもんな

1 [28件] あの子, お土産, お宅, お留守, があ, がお, が今日, が居, が怕, が来, が行か, でも来, どしたン, どないし, に出, に黙つ, のこと, の兄貴分, の妾, の頭, はお, はこら, まだ初瀬, もう今夜, もう寝, やんわり頼み, 一寸来, 挿して

▼ 旦那~ (28, 0.3%)

2 の方

1 [26件] があん, が何とか, が聞き, が聞きたい, が行つて, で御座います, にはよく, には砂地, に注い, は, はここ, はた, はねえ, はもう, はタルマ, は今日, は何, は泡盛, は白状, は若い, は雷, も少し, も銭形, やあ台座, や五色, を許し

▼ 旦那でも~ (24, 0.3%)

2 何でも

1 [22件] あった, ありません, あり且つ, お在, そんなこと, だんだん席, ついたかな, なければ, 來れ, 僕には, 帰って, 恋人でも, 来れあ俺, 気が, 気がつくめ, 番頭さんでも, 皆おれたちの, 蓬莱屋の, 見つかったん, 見つけたらどう, 見つけるか, 附いたの

▼ 旦那これ~ (23, 0.3%)

1 [23件] あ眼, だけのこと, だけは私, でお, でもまだ, で間違, はお, はどうも, は今度, は何処, は大, は差上げませう, は御免, は日本, は私, は象, は釣竿, は頂けません, やあお断り, を御, を直ぐ, を買っ, 忘れやしないで

▼ 旦那旦那~ (21, 0.2%)

2 と立てられ, はどこ

1 [17件] お連れ, さあもう, たいそう魘され, って何故そう, という呼言葉, と敬, と立て, の前, はモルヒネ, は黒い, もお, も一ついかが, やっと来ました, 何しろこの, 大喧嘩, 待って, 怒っちゃ

▼ 旦那~ (20, 0.2%)

2 旦那あ, 象です

1 [16件] あっしも, あんまり見受けねえ, お前から, とてもそりゃ, どうしてあんな, どうです, なぜ一本, もしや水戸, 何んだ, 其処は, 可哀想に, 寒いの, 峠で, 湯が, 短気だ, 立派な

▼ 旦那~ (20, 0.2%)

1 [20件] お前さんは, こ, こういう事ア一体此方, この酒, この雪ぢ, これは, それを, と芝居, どうか裏口, 今夜は, 今日は, 冗談いっ, 妙な, 安兵衞だって, 帰り車でございます, 成程, 旦那え, 私は, 私ア二十両は, 私ア何う

▼ 旦那~ (20, 0.2%)

2 うぞ

1 [18件] うして, うでございました, うなすった, うも, かお, か如何, か御用, か知っ, か買, か面白, だって其様, でしょうどうも, ですか, ですねエ, なら一週, の香, も残念, をなさる

▼ 旦那この~ (19, 0.2%)

2 人が

1 [17件] お嬢さんにゃ, ことは, レッドは, 事件は, 娘が, 娘を, 子は, 敷石の, 日附と, 爺さんは, 節あ, 綱は, 踏石を, 辺で, 辺へ, 革鞄だけ, 額の

▼ 旦那~ (19, 0.2%)

1 [19件] 一所に, 串戯もんです, 内儀権妻, 冗談仰し, 冥加だ, 尤もでござんす, 常談を, 心配なさいます, 心配なせえます, 本宅へ, 案内者は, 注意万端ありがたい, 申付に, 紋所が, 親切な, 退屈で, 都合で, 都合まで, 風流だ

▼ 旦那です~ (17, 0.2%)

631 かえ, かこちら, かとんだ, からよく, か多分, か手放し, か飛んだ, し自分

▼ 旦那とは~ (17, 0.2%)

1 [17件] いつから, うらはらに, お銀様, よほどお, 二年前に, 何時頃からの, 兄弟分で, 合わないで, 合口だ, 店で, 手を, 町人ながらも, 謡の, 身分も, 違ったゆきかた, 金を, 黙って

▼ 旦那にも~ (17, 0.2%)

2 会う

1 [15件] いいみやげ, お出かけください, お嬢さんにも, お礼を, それが, また毎晩飮, よくそう云っ, よろしくね, 中野と, 云う通り, 交り, 呼び付けられて, 岡惚と, 桟敷で, 謹慎と

▼ 旦那もう~ (17, 0.2%)

2 これで

1 [15件] こんどは, ひとつ妙な, 一ヶ処ちょい, 一時間お待ちに, 一踊ここは, 冗談は, 十両だ, 堪忍し, 帰ろうじゃ, 帰国ます, 御免被ります, 晩方だ, 茉莉花も, 貴方様の, 駄目だ

▼ 旦那あの~ (16, 0.2%)

2 女が

1 [14件] お月さま, へんで, へんな, ゴリラは, 医者の, 博多の, 女は, 妓ぐれ, 娘は, 御婦人, 方も, 晩短刀を, 連銭葦毛の, 金兵衛さんなぞは

▼ 旦那~ (16, 0.2%)

1 [16件] う仰し, へあの, へ何處, へ御, まっくゎ等, までいらっしゃいます, まで十二時, まで結構, まア, まアおからかい, まア何でいったい, まア御当地, まア此方さま, まア私, ア此方へ, 話して

▼ 旦那それ~ (16, 0.2%)

2 はいけません

1 [14件] がなくなる, が奴, じゃあ向き, じゃア話, じゃ余り, には及びますまい, はお, はおれ, は家内, は御, は無理, を何処, を取っ, を返し

▼ 旦那~ (16, 0.2%)

1 [16件] いったわけ, いどうも, そつと, イ, 上げて, 來た, 内證, 園よりの, 嫁入らす, 忠義頼んだ, 手向かいするとは, 持つて, 申し訳なし, 申し訳にて, 申し訳までの, 顔向けが

▼ 旦那なる~ (15, 0.2%)

4 ものは 2 ものが, ものに, ものの 1 もののうろたえ, ものの血眼, ものも, もの御, 者が

▼ 旦那がた~ (14, 0.2%)

1 [14件] から聞け, に呑み込めねえ, に門口, のお, のとこ, のほう, の中, はどう, はよい, は命, は学校関係, も多分, をお, をよろこばせ

▼ 旦那じゃ~ (14, 0.2%)

2 ありませんか, アござんせん 1 ありませんや, どっちが, ないけどね, なくて, なし飛んだ, ねえかね, ねえの, アいけません, アない, ア止め無

▼ 旦那その~ (14, 0.2%)

1 [14件] 亭主は, 凧に, 割勘の, 喜多八さんを, 弁護士という, 怪し火, 斬った奴, 方の, 日を, 湯呑を, 源兵衛は, 狆ころと, 狗つてえ, 身内の

▼ 旦那~ (14, 0.2%)

3 んです

1 [11件] の, のか, のである, のよ, んざあ仲, んざあ旨え, んざえ, んざお年が, んざア違います, んで, ンか

▼ 旦那殿~ (13, 0.2%)

1 [13件] がお, が死ん, とも称した, にはこの, には忍び得, によ, の寝所, はこれ, は商売柄, は意地, は戸棚, も大津祭, 程あり

▼ 旦那そう~ (12, 0.1%)

2 でしょう 1 いかないわけ, いつまでも, いわないで, じらさないで, でしょう一ツ, なにも, なりますと, 云うけれども, 引張っちゃ, 筋を

▼ 旦那様私~ (12, 0.1%)

1 [12件] い一つお願い, い給金, が御, の嘘, は, はこんなに, は涙, は身不肖, も何, も賓客, を裏, を証人

▼ 旦那~ (11, 0.1%)

1 [11件] えりは, おかみさん, お大尽, お孃さん, その子孫, 何ぞであった, 何んかの, 南無三, 芳町に, 若旦那かは, 長さんで

▼ 旦那様方~ (11, 0.1%)

2 にお 1 がお, が泊, でその, にもぜひ, のお, の住まっし, はどちら, は御, もこれから

▼ 旦那あっし~ (10, 0.1%)

1 あ手先, じゃありません, に取っ, に連れなん, に金, の首, はね何, はもう, も今日, も江戸

▼ 旦那たち~ (10, 0.1%)

1 がこの, がちやん, がゴルフ, が氣味, が皆無, の幾人, はとう, は毎朝ここ, までが気, も紐

▼ 旦那とか~ (10, 0.1%)

1 いった種類, お侍, 云って, 商人とか, 後援者とかいう, 情人めいた, 有るから, 素封家とかいう, 色男とか, 通人とか

▼ 旦那どう~ (10, 0.1%)

2 しました, しましょう 1 かなさいました, したらいい, したんで, です, 云うわけ, 致しましょういっそ

▼ 旦那取り~ (10, 0.1%)

6 をし 1 でもし, などさせられ, などをし, をする

▼ 旦那とも~ (9, 0.1%)

2 一生の 1 あらう者, あろうお方, いえないよう, つかねえ男, 岡惚とも, 思われる非常, 言や

▼ 旦那らしい~ (9, 0.1%)

2 人の 1 のを, 人が, 地味な, 者が, 趣向で, 顔を, 風は

▼ 旦那~ (9, 0.1%)

1 さ, ちのお客だ, です, とこだ, とこで, とこです, とこに, とこの, とこんござらっしゃるのかね

▼ 旦那との~ (8, 0.1%)

3 間に 1 三人一ツ座敷へ, 口約束が, 縁が, 連絡係りに, 関係を

▼ 旦那より~ (8, 0.1%)

1 お前さんの, ほかに, 一つ年上です, 三十五に, 下は, 五つ年下だ, 他に, 深く御

▼ 旦那である~ (7, 0.1%)

1 が他, ことは, と思ふ, のを, ツルゲーネフに, 廻船問屋の, 自分の

▼ 旦那どうか~ (7, 0.1%)

2 なさいましたか 1 お慈悲, ごかんべん, なさいましよ, なすつて, 早く上げ

▼ 旦那どうぞ~ (7, 0.1%)

1 お放しなすつ, お気に, 後生でございます, 持って, 本當, 見て, 許して

▼ 旦那どん~ (7, 0.1%)

2 が云った 1 が, が小前小者, が己, の何, も一緒

▼ 旦那まあ~ (7, 0.1%)

2 聞いて 1 あらまあ, お茶を, お静, 二日くらいは, 私の

▼ 旦那わっ~ (7, 0.1%)

2 しが 1 しだちゃ, しは, しゃあ, ちに, ちの懐が

▼ 旦那~ (7, 0.1%)

1 の婆, の婆さん, の文, の春私, の熱い, の粥河, の鎌

▼ 旦那あなた~ (6, 0.1%)

1 が浅い, ですか, のお, の思召, はキプリング先生, は鼬鼠

▼ 旦那だった~ (6, 0.1%)

1 からである, という勝又, のかい, のだ, のとは, 大阪は

▼ 旦那ちょっと~ (6, 0.1%)

1 いらして, うしろを, お待ちなさいまし, お話を, 入っしゃい, 手相を

▼ 旦那~ (6, 0.1%)

3 やない 1 や, やア, や解らない

▼ 旦那でした~ (6, 0.1%)

2 か, よ 1 か結構, がね惜しい

▼ 旦那どちら~ (6, 0.1%)

3 まで 1 の麁, へ, へ半蔵さま

▼ 旦那まだ~ (6, 0.1%)

1 ありますよ, そこまでは, 其處までは, 往生しません, 誰か, 釣れませんか

▼ 旦那何処~ (6, 0.1%)

1 かの老, へお出で, へも往き処, へ向けます, へ行つた, もお

▼ 旦那様何~ (6, 0.1%)

1 か参りました, か召, か召上がりません, も彼, をおっしゃる, を召

▼ 旦那様奥様~ (6, 0.1%)

1 が大変, しっかりなすっ, でなに一つ碌, になっ, の家庭, まで

▼ 旦那~ (6, 0.1%)

1 だったが, の名残り, の服装, を吹かす, を吹かせた, を吹かせなくなった

▼ 旦那あれ~ (5, 0.1%)

2 ですよ 1 は, はお, は私

▼ 旦那あんた~ (5, 0.1%)

1 がこの, の御, の部屋, は駕籠, よりお

▼ 旦那からの~ (5, 0.1%)

1 お云, お指図, お達しと, 手紙を, 拝領物である

▼ 旦那がね~ (5, 0.1%)

1 ほんとに粋, ソレあの, 美代ちゃんの, 親分器用に, 貴方の

▼ 旦那そんな~ (5, 0.1%)

1 こえ, ことを, 事つ, 具合で, 遠慮を

▼ 旦那って~ (5, 0.1%)

1 えの, ことに, どんな人, 何故そう御, 程の

▼ 旦那といふ~ (5, 0.1%)

1 のは, 人格を, 四十男吝, 腋臭の, 言葉に

▼ 旦那として~ (5, 0.1%)

1 戴かなくても, 母と, 現われたのみか, 私を, 過し今

▼ 旦那どうも~ (5, 0.1%)

1 しょうが, 二日とも, 其れ, 御馳走さまでございました, 有難うごぜ

▼ 旦那どこ~ (5, 0.1%)

1 へいらっしゃる, へおい, へまいります, へ行く, まで行く

▼ 旦那なんか~ (5, 0.1%)

1 ありやしない, 丈夫な, 知らねえはず, 腹の, 面倒くさくて

▼ 旦那への~ (5, 0.1%)

1 忠実を, 忠義と, 手柄顔は, 用は, 面会を

▼ 旦那また~ (5, 0.1%)

1 いらしった, いらっしゃいよ, 使つておくれん, 美しいお嬢様, 逢おう

▼ 旦那まア~ (5, 0.1%)

1 あなたは, 両方の, 仰しゃって, 板子の, 聞いて

▼ 旦那一人~ (5, 0.1%)

1 お乗り, したがって番頭, だと, のお, を責められなかった

▼ 旦那様これ~ (5, 0.1%)

1 でお, はどちら, は一体どう, は又, は皆

▼ 旦那~ (5, 0.1%)

1 が大, が耳, だつて今頃麥, は能, ほだから

▼ 旦那誠に~ (5, 0.1%)

1 お久し, 久々で, 御無心, 御無沙汰を, 申訳も

▼ 旦那お前さん~ (4, 0.0%)

1 あの阿, が睨んでる, は十本, 行けば

▼ 旦那お前様~ (4, 0.0%)

1 がつれ, だ, はいったい, は思った

▼ 旦那お願い~ (4, 0.0%)

1 がございます, が有ります, しますわたしゃ病気, で

▼ 旦那からも~ (4, 0.0%)

1 お指図, お許しが, お話が, 御詮議

▼ 旦那ここ~ (4, 0.0%)

1 にあります, には四疋, はどこ, まで入らっしゃい

▼ 旦那こりゃ~ (4, 0.0%)

1 アどうも, ア寝られません, 他殺でしょう, 何方かの

▼ 旦那すみません~ (4, 0.0%)

21 けどギセイ, けど泊まらせ

▼ 旦那そりゃ~ (4, 0.0%)

1 いけません恐ろしい, ア一体, 今いう, 嘘でございます

▼ 旦那それから~ (4, 0.0%)

1 お粂さん, がお話, とど助さん, まだあります

▼ 旦那ただ~ (4, 0.0%)

1 のイロ, の竹竿, 参りませんで, 顔を

▼ 旦那たる~ (4, 0.0%)

1 にもまた, もの今度の, もの大いに, 兄から

▼ 旦那だって~ (4, 0.0%)

1 これで, 満更他人, 私を, 薄々は

▼ 旦那でございます~ (4, 0.0%)

21 かえ, かへい

▼ 旦那といふは~ (4, 0.0%)

1 三十一二の, 口数少なき, 口數少き, 口數少なき

▼ 旦那とても~ (4, 0.0%)

2 父さん母さん我が身をも 1 こいつア諦め, 神田一帯は

▼ 旦那なら~ (4, 0.0%)

1 おとつい観に, ばこうして, ハッキリいっ, 定めしやさしく

▼ 旦那よく~ (4, 0.0%)

2 解りました 1 まア彼, 頭に

▼ 旦那わし~ (4, 0.0%)

1 の肩, はあなた, はいろんな, はなに

▼ 旦那~ (4, 0.0%)

1 が殖えた, です, とは或, と称する

▼ 旦那~ (4, 0.0%)

1 へん, 喧嘩です, 大變, 變な

▼ 旦那少し~ (4, 0.0%)

1 おかしいや, 代って, 肩の, 訊いて

▼ 旦那様大変~ (4, 0.0%)

1 でございます, でございますよ, なこと, な木戸

▼ 旦那~ (4, 0.0%)

2 とした 1 う仰し, としたいで

▼ 旦那~ (4, 0.0%)

1 である関係, にこそあっ, の武家, へ配つて

▼ 旦那~ (4, 0.0%)

3 を立っ 1 が空きぬい

▼ 旦那~ (4, 0.0%)

1 かち合って, のうち, のほう, の意味

▼ 旦那あまり~ (3, 0.0%)

1 結構な, 覗かぬよう, 遅いじゃ

▼ 旦那あんな~ (3, 0.0%)

1 仔鼠が, 悪い野郎, 悪党は

▼ 旦那いかが~ (3, 0.0%)

1 でございます, でござるそろそろ, です大門

▼ 旦那いや~ (3, 0.0%)

1 サ丹下様, 先生失礼でございます, 殿様

▼ 旦那こう~ (3, 0.0%)

1 なると, なん, 多分に

▼ 旦那これから~ (3, 0.0%)

1 は何, 潮来へ, 私が

▼ 旦那こんな~ (3, 0.0%)

1 ところへ, 奴は, 物が

▼ 旦那ごらん~ (3, 0.0%)

1 のとおり私, 下さいましパン, 下さいませ

▼ 旦那さま方~ (3, 0.0%)

1 にお目にかかりたい, に言いつかりやした, へ会わせ

▼ 旦那さん何処~ (3, 0.0%)

1 から此の方, へ逃げ, へ逃げやす

▼ 旦那ちょうど~ (3, 0.0%)

1 いいところ, よかった, 好いので

▼ 旦那では~ (3, 0.0%)

1 ない歸, なかった, なくそして

▼ 旦那としては~ (3, 0.0%)

1 あるまじきこと, すばらしい魅力, ちょっと迂

▼ 旦那と共に~ (3, 0.0%)

1 手の者の, 植松の, 職人を

▼ 旦那なんて~ (3, 0.0%)

1 ありゃしまへん, 丸太ン棒は, 糞面ひろく

▼ 旦那にゃ~ (3, 0.0%)

1 ア時, 惜しい, 自由に

▼ 旦那に対する~ (3, 0.0%)

1 大内儀さんの, 忠義の, 次の

▼ 旦那はね~ (3, 0.0%)

1 まるで留守, 段々長く, 病気で

▼ 旦那ぶり~ (3, 0.0%)

1 たかったの, やがって笑かし, をみせました

▼ 旦那もし~ (3, 0.0%)

1 お天気, 旦那, 重松様

▼ 旦那よい~ (3, 0.0%)

1 人である, 所で, 馬は

▼ 旦那よろしい~ (3, 0.0%)

3 のでございます

▼ 旦那~ (3, 0.0%)

1 の男, ま此, 下に

▼ 旦那何しろ~ (3, 0.0%)

1 この雑沓, 旨い貴方駕籠, 鳥渡面白う

▼ 旦那冗談~ (3, 0.0%)

1 じゃア, そんな方, 言っちゃ

▼ 旦那大変~ (3, 0.0%)

1 お邪魔, でございますよ, ですね

▼ 旦那~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 なもの

▼ 旦那様あなた~ (3, 0.0%)

1 が廃せ, でございますの, もごらん

▼ 旦那様どちら~ (3, 0.0%)

1 でお, の方, へおいで

▼ 旦那様旦那様~ (3, 0.0%)

1 がお, ちょっとお, の前

▼ 旦那様此~ (3, 0.0%)

1 のお方, の頃, の頭巾

▼ 旦那貴方~ (3, 0.0%)

1 どうか多助, の今日, 助かって

▼ 旦那ありがとう~ (2, 0.0%)

1 ございますちゃんと, 存じました

▼ 旦那あん~ (2, 0.0%)

1 あんた一枚足らん, 一枚足らん

▼ 旦那いい~ (2, 0.0%)

1 ところで, 空気銃です

▼ 旦那いけません~ (2, 0.0%)

1 なこんな, ねえ是

▼ 旦那えお~ (2, 0.0%)

1 みねや, 梅も

▼ 旦那おぼしめし~ (2, 0.0%)

2

▼ 旦那おめでとう~ (2, 0.0%)

2 ございます

▼ 旦那お前さま~ (2, 0.0%)

1 に折り入っ, も出させる

▼ 旦那お早う~ (2, 0.0%)

1 ございます, 御座います

▼ 旦那お気~ (2, 0.0%)

1 に召さなき, をつけなさい

▼ 旦那かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れねえよ

▼ 旦那くらい~ (2, 0.0%)

1 又女, 好い性質

▼ 旦那こいつ~ (2, 0.0%)

1 もやる, を頼みます

▼ 旦那こちら~ (2, 0.0%)

1 はゆるつ, へ

▼ 旦那こりゃあ~ (2, 0.0%)

1 どうも質, 少し算盤

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 心配なさいます, 自分で

▼ 旦那さあ~ (2, 0.0%)

1 が, もう召し

▼ 旦那さま今夜~ (2, 0.0%)

1 これから私, はどちら

▼ 旦那さんお気~ (2, 0.0%)

1 がつきました, に入りまし

▼ 旦那さんわし~ (2, 0.0%)

1 はこの, も今度

▼ 旦那さん達~ (2, 0.0%)

1 が裏, の待合

▼ 旦那さア~ (2, 0.0%)

1 が書斎, は眠った

▼ 旦那そこ~ (2, 0.0%)

1 に小さな, に居た

▼ 旦那そり~ (2, 0.0%)

1 やあなた, やア

▼ 旦那たるべき~ (2, 0.0%)

1 人に, 人へ

▼ 旦那だけ~ (2, 0.0%)

1 あって, で宮次

▼ 旦那だけは~ (2, 0.0%)

1 思い当ること, 隣町の

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 ょっくら下り, ょっくら物を

▼ 旦那ちょい~ (2, 0.0%)

1 とお, と待っ

▼ 旦那つり~ (2, 0.0%)

1 より恵比須, より惠比須

▼ 旦那であった~ (2, 0.0%)

1 というふう, 下駄屋さんであった

▼ 旦那でが~ (2, 0.0%)

1 すつて云, せう

▼ 旦那でない~ (2, 0.0%)

1 となか, 人を

▼ 旦那とが~ (2, 0.0%)

2 飛んで

▼ 旦那とり止めなく~ (2, 0.0%)

1 お騒ぎ, お騷ぎなされて

▼ 旦那とんでも~ (2, 0.0%)

1 ねえ罰, ねえ話

▼ 旦那どうして~ (2, 0.0%)

1 又手, 返すん

▼ 旦那どっち~ (2, 0.0%)

1 から入る, へ行く

▼ 旦那などは~ (2, 0.0%)

1 座蒲団の, 鼻っ垂らし

▼ 旦那にだけは~ (2, 0.0%)

1 ひと通り報告し, 打ち明けて

▼ 旦那にでも~ (2, 0.0%)

1 引かされて, 捕まったらぬしゃあ

▼ 旦那ひどい~ (2, 0.0%)

1 じゃない, 悪党でございます

▼ 旦那ぶっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 旦那まで~ (2, 0.0%)

1 千賀春の, 親分が

▼ 旦那もね~ (2, 0.0%)

1 お前さんの, 市に

▼ 旦那やっと~ (2, 0.0%)

1 分りましたぜ, 来ましたよ

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

2 親爺なんて

▼ 旦那よりも~ (2, 0.0%)

1 えらく候はず, 更に悪い

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 はア, 出かけてばかり

▼ 旦那らしく~ (2, 0.0%)

1 もねえ, 結城紬に

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 なんか出た, 殺したん

▼ 旦那不思議~ (2, 0.0%)

1 なこと, なんで

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 の命さ, をからかッ

▼ 旦那人殺し~ (2, 0.0%)

1 こそし, でがす

▼ 旦那今夜~ (2, 0.0%)

1 はお, はどちら

▼ 旦那今日~ (2, 0.0%)

1 は御馳走, もいい

▼ 旦那何ん~ (2, 0.0%)

1 だじゃ, です

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 はいか, を呼びましょう

▼ 旦那八五郎~ (2, 0.0%)

2 の奴

▼ 旦那去年~ (2, 0.0%)

1 には限りません, の九月四日

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 酒屋さんです, 釣れましたぜ

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 の鎌, 何うも

▼ 旦那只今~ (2, 0.0%)

1 は有難う, 帰りやした江戸

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 が戻る, のいない

▼ 旦那堪忍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 旦那夫婦~ (2, 0.0%)

1 がありました, のところ

▼ 旦那奥様~ (2, 0.0%)

1 が憎らしい, のお

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 が狼, を下

▼ 旦那如何~ (2, 0.0%)

1 で, です

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 から一足飛び, に座っ

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 の筏乗, をちよい

▼ 旦那待っ~ (2, 0.0%)

2 ておく

▼ 旦那御無沙汰~ (2, 0.0%)

1 をよく, 致しました

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

2 がとうとう

▼ 旦那忘れ~ (2, 0.0%)

1 ても釣, もしない

▼ 旦那怒っ~ (2, 0.0%)

2 ちゃいけません

▼ 旦那手荒い~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 旦那折角~ (2, 0.0%)

2 だけれど

▼ 旦那提灯~ (2, 0.0%)

1 があれ, を乱暴

▼ 旦那文七~ (2, 0.0%)

2 が帰りました

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 ういう, うしましょう

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 は私, 迄私

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 であると, とは覺

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 の木, の板

▼ 旦那様おいで~ (2, 0.0%)

1 でしたかね, なさいまし

▼ 旦那様お嬢様~ (2, 0.0%)

1 お休み遊ばせ, はきれい

▼ 旦那様ア~ (2, 0.0%)

1 もう一つ名古屋, 殺された事

▼ 旦那様今日~ (2, 0.0%)

1 は, はどちら

▼ 旦那様大丈夫~ (2, 0.0%)

1 ですか, ですよ

▼ 旦那様帳場~ (2, 0.0%)

1 でもあの, には一

▼ 旦那様御機嫌~ (2, 0.0%)

1 宜しゅう, 宜しゅう何

▼ 旦那様御機嫌様~ (2, 0.0%)

1 よろしゅうよく, 宜しくお嬢様先程

▼ 旦那様江戸~ (2, 0.0%)

1 の様, までお供

▼ 旦那様花~ (2, 0.0%)

2 の児

▼ 旦那次の間~ (2, 0.0%)

2 に御酒めし

▼ 旦那此奴~ (2, 0.0%)

1 あ怪しから, を頼みます

▼ 旦那死んだ~ (2, 0.0%)

1 お袋が, 奴の

▼ 旦那殺し~ (2, 0.0%)

1 の罪, は有りうべき

▼ 旦那気取り~ (2, 0.0%)

1 で澄し, なの

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 が付きなすつ, の毒

▼ 旦那江戸~ (2, 0.0%)

1 ですね, にいらっしゃいました

▼ 旦那済みません~ (2, 0.0%)

1 が少し, ねえ

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 が沸いた, へ一杯

▼ 旦那眉毛~ (2, 0.0%)

1 に唾, を濡らさん

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 の疵, をつぶす

▼ 旦那私ども~ (2, 0.0%)

1 では萎れた, は人様

▼ 旦那竿~ (2, 0.0%)

1 はこっち, は一本

▼ 旦那聞い~ (2, 0.0%)

1 てください, て下せえ

▼ 旦那自ら~ (2, 0.0%)

1 が運転, のハカライ

▼ 旦那自慢~ (2, 0.0%)

1 じゃあねえ, じゃねえ

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 というもの, を止す

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

2 が抜け

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 をさせ, をし

▼ 旦那飛んだ~ (2, 0.0%)

1 お邪魔, ことでござんした

▼ 旦那~ (2, 0.0%)

1 は一体, は何

▼ 旦那駕籠~ (2, 0.0%)

1 はいかが, へ

▼ 旦那黙っ~ (2, 0.0%)

1 て其方, て歩く

▼1* [846件]

旦那あいまどこにいらっしゃる, 旦那あお忘れ物を, 旦那あたしついさっき, 旦那あたりが先, 旦那あっし達は吹け, 旦那あっちへまいりましょう, 旦那あつしは何, 旦那あなたさまはあまり, 旦那あなたひとりのこと, 旦那あなた様とこなつと, 旦那あなた玉井さんとお, 旦那あぶねえまア, 旦那ありがたい仕合せで, 旦那ありゃ飛騨の, 旦那あんたお子さんある, 旦那あんた方はどんな, 旦那あ大菩薩から, 旦那あ御武家じゃ, 旦那いくら位なら手放しなさるン, 旦那いけましねえ, 旦那いったい何に, 旦那いままた大きく, 旦那うちから誰, 旦那うっかりお忘れなすった, 旦那えい処へ来, 旦那えと云うたんび, 旦那おいとまします, 旦那おかえりと声, 旦那おかしい事が, 旦那おせんちゃんはおいら, 旦那おっ死ぬ時が, 旦那および多さん, 旦那おらが時計, 旦那おれとお, 旦那お伴しましょう, 旦那お供はどう, 旦那お先へごめん, 旦那お前さん何か腥い, 旦那お前さん否と云え, 旦那お前さん手合は余り虫, 旦那お客さんが持っ, 旦那お客様ですぜ, 旦那お家でござんすか, 旦那お手数をかけやした, 旦那お改めなすって, 旦那お相乘參りませう, 旦那お礼心にすこし, 旦那お許しを願, 旦那お金を三百両, 旦那お銭をいただきます, 旦那かって聞いてるん, 旦那かねその連, 旦那かは逢って, 旦那かまわずに一杯, 旦那からっきし見えましねえだよ, 旦那かわいそうでは, 旦那がさ東京へ, 旦那がた御苦労さまでございます, 旦那がちつとも, 旦那たり昨夜, 旦那ぐらいのせの, 旦那ぐらいのものだった, 旦那げ謝罪つたらどう, 旦那ちとら, 旦那こいつア一人じゃ持ち切れません, 旦那こうして見るより, 旦那ここらで一ぷく, 旦那ここんところが, 旦那こそどうした, 旦那こっちの方, 旦那こっち側ので, 旦那こんどはもう, 旦那ご存じありませんか, 旦那ご存知で, 旦那ご用でしょうか, 旦那さい赦ちくゐみそー, 旦那さえなければ, 旦那さがしてらっしゃる, 旦那さまあいつは私, 旦那さまあたしらの畑, 旦那さまあなたはどう, 旦那さまあれからあと, 旦那さまあんた此の皿, 旦那さまうちの旦那, 旦那さまお銭を六厘, 旦那さまかわいそうなもの, 旦那さまがたの足, 旦那さまことその後の容躰, 旦那さまこと其後の容躰, 旦那さまこれや二疋, 旦那さまそれをまるで, 旦那さまたちは何, 旦那さまはじめ店の人たち, 旦那さまみんなで二十カペーカ, 旦那さまゆえ親の病気, 旦那さまわし達はその, 旦那さまアッタスンさまがお目にかかりたい, 旦那さまプーリが犬, 旦那さま一つ七弗五十仙づつにしときます, 旦那さま何をそんなに, 旦那さま哀れな盲人, 旦那さま国分の萩原束, 旦那さま大吉でございますよ, 旦那さま大変でございます, 旦那さま彼の折, 旦那さま御存じか知らん, 旦那さま御新造様と言, 旦那さま御新造樣と言, 旦那さま斯様致しましょうお, 旦那さま旦那さま今夜これから私, 旦那さま村方のお方, 旦那さま橋本さんの男, 旦那さま歌子様が片瀬, 旦那さま此の子, 旦那さま此の間菊へ一寸, 旦那さま此事でございませう本当に, 旦那さま此方へお, 旦那さま毎日毎日いや一日, 旦那さま浦和からくれぐれもよろしく, 旦那さま烟草買って, 旦那さま的意識ではありますまい, 旦那さま盆がまいります, 旦那さま着物のすそ, 旦那さま石川の娘, 旦那さま私は死に切れません, 旦那さま私ア生国は忍, 旦那さま芋茎のお, 旦那さま薬をくだされ, 旦那さま覆面をし, 旦那さま貴方は実に, 旦那さま連中の手前, 旦那さま野武士の頭, 旦那さま食はれて, 旦那さんあたしです, 旦那さんあちらはいかが, 旦那さんあなたの見舞, 旦那さんいつ帰るかね, 旦那さんお先へお, 旦那さんお客さんだよ, 旦那さんお待ちやすお, 旦那さんがたは御存知, 旦那さんこちらへ私, 旦那さんそれでなくても, 旦那さんそんならあの, 旦那さんどちらで御座います, 旦那さんハイこれが息子, 旦那さん二階で御, 旦那さん何を考え, 旦那さん修業にもいくらか, 旦那さん先ころはどうも, 旦那さん勘忍して, 旦那さん反物入りまション, 旦那さん男のため, 旦那さん癇癪持の嫉妬, 旦那さん肝臓にお, 旦那さん蚤にくわれ, 旦那さん袖子さんのは病気, 旦那さん赤蜻蛉をつかまえよう, 旦那さん那谷から片山津, 旦那さん酒の肴, 旦那さん重役になっ, 旦那さん降誕祭贈物はいかが, 旦那さん顔が見たい, 旦那さアがいに暑い, 旦那さ知らせに来ましたら, 旦那しがらき茶屋へ, 旦那しっかりなさいよ, 旦那じみて極り, 旦那じゃねえただの, 旦那すんませんがあけ, 旦那ずいぶん御旅行, 旦那せっかくのお, 旦那ぜんとした, 旦那そいつあ牢人, 旦那そそれは, 旦那そっち一人で, 旦那そりゃあ本当のこと, 旦那そりゃあ殺生ですよ, 旦那それぢやこの, 旦那それで何も, 旦那それでは御自分, 旦那それ程迄に仰, 旦那そんならさ, 旦那あ知らず, 旦那たいそう魘されて, 旦那たいてい相場が, 旦那たしかにお初を, 旦那たち胸を叩い, 旦那たり我君様たる, 旦那たんと乘る, 旦那だけが頼みの, 旦那だったら清葉さんは, 旦那だまされたと思し召し, 旦那だろうがおれ, 旦那ちっと急ぎましょう, 旦那ちの地所はどれ, 旦那強うが, 旦那っていうのに, 旦那つい昨日の, 旦那ついぞお見かけ, 旦那つてば御, 旦那つて人ですか, 旦那つまらない約束を, 旦那つむじが曲, 旦那づつと外にお, 旦那い坊主, 旦那てえのが, 旦那てっきりそうだだから, 旦那であって画師, 旦那であろうと大会社, 旦那でさえ旅の, 旦那でしょうよ, 旦那でなくてガマ六, 旦那でやすか, 旦那というは官吏生活も, 旦那といった風体で, 旦那とかいうような, 旦那とかには謂われぬこと, 旦那としての仕送りも, 旦那とだってそうです, 旦那とでも云いたいよう, 旦那とやらはいったい何者, 旦那とよりはまず俳諧, 旦那どうぞ御, 旦那どうしてわっしが, 旦那どうせ初手から, 旦那どうぞこれからお剩錢, 旦那どうぞもう一度調べ直して, 旦那どうぞゆっくりごらん下さい, 旦那どりをし, 旦那なおしておく, 旦那なぞがそれです, 旦那など持たなくともよ, 旦那などとキンちゃんは, 旦那などとは朋輩でした, 旦那などにもだいぶ御, 旦那などの御存じの, 旦那なにかご用でも, 旦那なら斬られても本望, 旦那なら眠ってござらっし, 旦那なりおかみさん, 旦那なんですかい, 旦那なんかを殺しやしませんが, 旦那なんぞお若い, 旦那なんぞを取るの, 旦那なんでもつと, 旦那なんと書いて, 旦那なんにも見当が, 旦那にあたる人が, 旦那にじゃあございません, 旦那にだけお報せ, 旦那にだってやっぱしわかりっこねえにちげえねえ, 旦那について此間暫く, 旦那にでもようく噺, 旦那にとってはお染ちゃん, 旦那にものみ込めましたろう, 旦那によ旦那殿によ, 旦那によって佐野槌から, 旦那に対して何か, 旦那に対してはお隆, 旦那ので満足な, 旦那のと湯上りの, 旦那はずつと東京です, 旦那はっきり聞えますだ, 旦那はてお前様何言はつしやる, 旦那はといえば, 旦那はな弥次郎兵衛様じゃ, 旦那はんあれ狐だつし, 旦那はんあんたはんお出でやすの, 旦那はんこれ一円札どつせ, 旦那はんどこへ行きなされた, 旦那はん東京だつか, 旦那はん此辺の流行唄, 旦那はん毛布なんかお, 旦那はん花お好き, 旦那くちに, 旦那ばかり任地へ, 旦那ばかりは三間先から, 旦那ひっくりけ, 旦那ひとりを守っ, 旦那ひょんなことが, 旦那びっくりしなさんな, 旦那ふうの文珠屋佐吉, 旦那へもひととおり謀った, 旦那ほんものな, 旦那ほかの者, 旦那ほんとに日光へ, 旦那づ何よりも, 旦那まことに申しかねますが, 旦那まごまごして, 旦那まったく初めてなん, 旦那みたようだ, 旦那みたいに気取り, 旦那えりやした, 旦那もうこうなったうえ, 旦那もうどうか御免なすっ, 旦那もう少し優しい人, 旦那もしや何か, 旦那もネ橋本の, 旦那やおやしきは勿論, 旦那やじぶんのうわさ, 旦那やって下さい, 旦那やっぱし小梅の, 旦那やっぱり風が, 旦那やつと来ました, 旦那やと頭を, 旦那やられましたな, 旦那やり口があくどい, 旦那ゆえお嬢さんやお母さん, 旦那ようござんすか, 旦那ようこそおいで下さいやした, 旦那よりかその騒ぎ, 旦那らしくなかったので, 旦那らしく砕けて, 旦那りっぱな旦那様, 旦那わかりましたこりゃわっ, 旦那わたくしは鎗, 旦那わたしは座光寺, 旦那わたしどもと一緒, 旦那をば何者が, 旦那を通して伝染させられた, 旦那アメリカの飛行機, 旦那アーその酒, 旦那アー油断しては, 旦那ア何うも, 旦那ア妙ですナ, 旦那ア本当でございますか, 旦那ア極りが悪い, 旦那ア私の指, 旦那ア遠慮をし, 旦那ア間違だって程, 旦那実に私ア, 旦那カンベンして, 旦那コゼットを返し, 旦那サマをたより, 旦那シャリアピンは, 旦那ジャップの見た, 旦那スミマセンガモウ一杯ナントカと頼ん, 旦那ダンの字, 旦那テルソン銀行のよう, 旦那ナニを, 旦那ハ水戸ノ御, 旦那ブルートの町, 旦那ヘハ不忠至極ヲシテ, 旦那マアお怪我, 旦那モルヒネ中毒は眼, 旦那一々さう旦那, 旦那一つ買って, 旦那一体あの梅, 旦那一刻も猶予, 旦那一家の秘密, 旦那一寸御覧なさい素晴, 旦那一昨夜は大層, 旦那一木の旦那, 旦那一杯どうです, 旦那一生に一度, 旦那一隻みつかりました, 旦那一體幾つやろな, 旦那丁子風呂のお新, 旦那丁度その時分, 旦那七万両という, 旦那万歳と云う, 旦那丈助と云う, 旦那三フラン下さいワーテルロー, 旦那三世相は御, 旦那三味線ひきのお, 旦那三本木の先生, 旦那三貫じゃあ, 旦那下手人に油斷, 旦那下町は何処, 旦那与兵衛は店, 旦那世の中には良い, 旦那世間の人, 旦那久しいお馴染様, 旦那久兵衞さんだ, 旦那久兵衞樣ですが, 旦那が最後, 旦那二つもかはせ, 旦那二ツながらヒサ, 旦那二両がとこ仕事, 旦那二本差して, 旦那云々の話, 旦那五両にどう, 旦那五円づゝ儲けさして, 旦那亡くなつた孫右衞門樣に, 旦那今のは冗談, 旦那今わたしの掏, 旦那今度は佝僂, 旦那今日のはまア, 旦那今日はずうっと, 旦那今晩は, 旦那今晩聽きに, 旦那以爲然が, 旦那伊兵衛はお供, 旦那伊那までお供, 旦那何うして知れます, 旦那何ぞ面白え, 旦那何とも申し訳が, 旦那ない段, 旦那の件, 旦那の金持ち吝嗇, 旦那兄貴はなんか, 旦那兇状持ちが身, 旦那のお, 旦那先ほどは何と, 旦那先代の大, 旦那先刻親方が帰りました, 旦那先夜湯島に火事, 旦那先生が先, 旦那八千代さんはどう, 旦那兵隊辰はもう二度と, 旦那其の夜の, 旦那其様な叮嚀, 旦那冗談ぢやありません, 旦那ですよ, 旦那冷かされて居る, 旦那冷やかすのも, 旦那による, 旦那出かけましょうかな, 旦那出かけやしょうかね, 旦那出たらきっと行きます, 旦那十一時すぎてよ, 旦那博士に仕立て, 旦那即ち與力筆頭の, 旦那参りましたよ参りました, 旦那取って来ました, 旦那口幅っとう, 旦那口調で惜しい, 旦那只今高橋様で種々, 旦那上って, 旦那召しあがるなら毛を, 旦那召しましと言ったら, 旦那可愛がって, 旦那吉原までお伴, 旦那同士の感情, 旦那向うから私, 旦那向家には請負師, 旦那にし, 旦那吟味與力筆頭笹野新三郎が微笑, 旦那呼ばわりがまず, 旦那唯今見た女, 旦那喧嘩ね, 旦那お前様吃驚さつせえたらう, 旦那困りましたぜ, 旦那困りますので, 旦那国王数十万衆を整え, 旦那團右衞門の方, 旦那土左衛門は何処, 旦那坊主も付い, 旦那の良い, 旦那場稲場の売買譲与質入等, 旦那を立てたら, 旦那多分お痛, 旦那が明けました, 旦那大した腕です, 旦那大丈夫で昨日, 旦那大体伊原に観照寺, 旦那大分いけますねえ, 旦那大分夜も遅う, 旦那大切にしなく, 旦那大変大変じゃ, 旦那大家というもの, 旦那大笑いなん, 旦那大草仙蔵というかた, 旦那大財産家でございましてな, 旦那大黒屋は疾うに, 旦那え女, 旦那失礼なこと, 旦那女の子の仕舞物, 旦那女坂染吉がたいへん, 旦那好くお出でなさいました, 旦那始め皆な大, 旦那孤児に何, 旦那安くゆきましょう, 旦那安濃郷の雲林院村, 旦那寒いからその, 旦那小屋を作るで, 旦那小田原町のお, 旦那少々お待ち下さいまし, 旦那尤も米屋の, 旦那山キの市川別荘, 旦那山木の窮命, 旦那山椒魚を酒, 旦那山火事でございます, 旦那山羊が一頭, 旦那屹度庄さんは此店, 旦那岩井の親分, 旦那岸田右内でございますよ, 旦那島巡りの相客, 旦那左様ならこれから直ぐに, 旦那帰ってもいい, 旦那弁慶手植の松, 旦那強請たなんて, 旦那強飯か饅頭, 旦那当時舶来エレキ屋の三一旦那, 旦那彫刻家つていふの, 旦那彼処に高坏, 旦那彼奴の体, 旦那待ちかねてました, 旦那徐々支度をなさい, 旦那御免なさいまし三輪, 旦那御存じでご, 旦那御存知ないの, 旦那御新造の歎, 旦那御新造様なぞと一座, 旦那御新造紳士や淑女, 旦那御用向のほどを承りましょう, 旦那御覧なさい此, 旦那御覧じろ今の三人連, 旦那御覧じろ恰で鮪, 旦那急げ急げって何処, 旦那恋敵の血, 旦那恵んで頂戴, 旦那悪戯をなすっ, 旦那戴いちゃあおります, 旦那が泣きます, 旦那ひに, 旦那扱いで来た, 旦那の身, 旦那持ちの芸者, 旦那振りなどは藥, 旦那据膳を食べた, 旦那支度はまだ, 旦那放っておい, 旦那放っといちゃ, 旦那放つて置い, 旦那教会の新築費用, 旦那新店の若, 旦那新橋や葭町の, 旦那新聞屋いずれも土地, 旦那方こいつは泥棒, 旦那方これはあつし, 旦那方どこへお, 旦那方わしの顏, 旦那方一人や殺し, 旦那方御苦労さまでごぜ, 旦那方御飯中で失礼, 旦那方洒落や串戯, 旦那方用であるが, 旦那方角がわからなくなっちまった, 旦那旦那あなたひとりのこと, 旦那旦那やつと来ました, 旦那旦那提灯があれ, 旦那旦那旦那提灯があれ, 旦那旦那籠は如何, 旦那旦那馬に乗っ, 旦那明けましておめでとう, 旦那明け方までにはきっと, 旦那明晩はとにかく, 旦那春画だよ, 旦那昨夜あの家, 旦那昨夜塩子の祭り, 旦那昨日はその, 旦那昨晩もまた, 旦那暮しをはじめた, 旦那書いてくれや, 旦那書いたんだ, 旦那の方, 旦那最前おっしゃったでしょかね, 旦那が登っ, 旦那有難いもし旦那私ア急, 旦那有難うございました, 旦那本当にお気の毒, 旦那本鹿だ畜生, 旦那来た来たたしかにあれ, 旦那来り見付けたればちと, 旦那東京から八王子, 旦那が關ツ, 旦那松露なと, 旦那枯れきってまさ, 旦那校長などは大臣, 旦那の若林, 旦那椿樣と仰, 旦那業平橋の邊, 旦那様あすこに坐っ, 旦那様あてにお, 旦那様あなた様はあの, 旦那様お初に, 旦那様お客様でございます山下, 旦那様お昼の副, 旦那様お父さんと一角, 旦那様お茶でも上がっ, 旦那様お許しなすって, 旦那様お隣室が混み合いまし, 旦那様お願いがございます, 旦那様きんが, 旦那様ここまで送っ, 旦那様こん日はおめでとう, 旦那様ぢやいらつ, 旦那様にきびどころか肝腎, 旦那様はやまを持っ, 旦那様ひとりの変, 旦那様びっくりなされちゃ, 旦那様まともに帰っ, 旦那様みたいじゃない, 旦那様もうこの辺, 旦那様よう御存知で, 旦那様アいつお帰りでごぜエ, 旦那様ア斬殺されたという, 旦那様ッ大変でございます, 旦那様トクリ返シマスト, 旦那様ニ限リマセンオ歳ヲ召スト誰方モ喉ガ, 旦那様ハ御自分, 旦那様マリユス様をお通し, 旦那様一曲お調べ, 旦那様一言ぐらい仰しゃ, 旦那様七兵衛が見えました, 旦那様万事ゆっくりと, 旦那様万吉が今日, 旦那様三代めで代々養, 旦那様中村家さんから電話, 旦那様五百円紛失の一件, 旦那様亭主が長, 旦那様今思い出しましたが, 旦那様何とかと声, 旦那様俺らは何, 旦那様停車場前に旅籠屋, 旦那様八年ぶりで貴方, 旦那様内か, 旦那様前方に行っ, 旦那様南さんに昨日, 旦那様危のう御座います, 旦那様召上りますので, 旦那様向うから人, 旦那様変な事, 旦那様多勢に無勢, 旦那様奥さまありがとうございます, 旦那様奥様これへお, 旦那様如何ですか, 旦那様始め御諦め, 旦那様富山稲荷町の加賀屋平六, 旦那様庄次郎様はやはり, 旦那様彼処を安い, 旦那様後生でございます可哀相, 旦那様御免なすって, 旦那様御存じなの, 旦那様御寝なれだ, 旦那様御寝衣まで後で, 旦那様御覧になつ, 旦那様思いだから, 旦那様愛蔵の掛け物, 旦那様新聞に出, 旦那様旦那どう致しましょう, 旦那様旦那様トクリ返シマスト, 旦那様明日はお, 旦那様昨夜より風邪, 旦那様服を脱がいん, 旦那様東浦賀の新井町, 旦那様榎のお, 旦那様槍で横っ腹, 旦那様此方の方, 旦那様此間柳原を通る, 旦那様水屋でございますよ, 旦那様注射をなさる, 旦那様泰松寺にまた, 旦那様活如来の扱, 旦那様海軍の官房, 旦那様潮来の竹屋, 旦那様物臭太郎あたりでお待ち, 旦那様皆がみな, 旦那様目もくらみ, 旦那様目黒堀ノ内渋谷大久保この目黒辺, 旦那様確かり遣って, 旦那様私どもが明日, 旦那様私達とご, 旦那様穿換えの古, 旦那様笛吹川の土手, 旦那様結構なこの, 旦那様若衆様とお, 旦那様蔵へ参りましょう, 旦那様誰彼とおっしゃる, 旦那様誰方か一寸, 旦那様貴下が桔梗, 旦那様貴方は昼, 旦那様足許がお, 旦那様野本さんから御, 旦那様雑談事じゃ御座いません, 旦那様雨は止ん, 旦那様非常に元気, 旦那様頭へ疵, 旦那様風呂をお召, 旦那様騒ぎがもち, 旦那様鳥居を上げ, 旦那樣これは一體, 旦那樣はじめお子樣, 旦那樣今思ひ出しましたが, 旦那樣佛樣の甥, 旦那樣大事な場合, 旦那樣如何ですか, 旦那樣娘は娘, 旦那樣平次から御, 旦那樣御夫婦もそれ, 旦那樣惡いものが參, 旦那樣旦那樣一寸お, 旦那樣暫らくこの平次, 旦那樣畫師ぢやげに, 旦那樣食はれてを, 旦那樣體裁は惡, 旦那櫓下の現場, 旦那此処に包, 旦那此方だよ, 旦那此界隈もヒド, 旦那此處に居ります, 旦那なば, 旦那死體の側, 旦那殿さまお猿さま, 旦那殿はかへつて, 旦那殿一口に叱り飛ばした, 旦那殿方には何, 旦那毛布預ろかい, 旦那をお, 旦那気が付きなすったかい, 旦那気イ確に持, 旦那気取で, 旦那気味が悪いじゃありません, 旦那気質でおそらく, 旦那江戸っ子なら判りまさあ, 旦那の水, 旦那池田氏も古書珍本, 旦那決して好い兒, 旦那河野の本家, 旦那泥棒の足, 旦那ひませう, 旦那洛陽船と交易, 旦那浅草はどこ, 旦那浅間の噴火口, 旦那済まねえが御, 旦那湿気でさあ, 旦那火事ですよ, 旦那火星への出発, 旦那片手で斯, 旦那に動ぜぬ, 旦那甚だ相すみませんけど, 旦那として外, 旦那用心なさいまし京, 旦那上げます, 旦那申訳ございません, 旦那異国一番イイ男, 旦那へ来ました, 旦那疑うことは, 旦那つぱくれちや, 旦那百姓はもとより, 旦那は嘘, 旦那皮肉をおっしゃっ, 旦那目星がつきました, 旦那相手は蝮, 旦那眞達はんが来ました, 旦那知らないから平気, 旦那研屋五兵衞を殺さなけれ, 旦那確かにこいつ, 旦那磨かせて戴きませう, 旦那祖父殿が事, 旦那神様のお蔭, 旦那私ゃあ催眠術, 旦那私ゃア急に船, 旦那私ア急に釣, 旦那稼ぐというの, 旦那穢いと言はつ, 旦那から飛び出, 旦那笑談ではございません, 旦那筋先代孫右衞門に頼ん, 旦那は如何, 旦那がつきました, 旦那糊紅でないの, 旦那腹ア立っちゃ, 旦那がお, 旦那芸者は勝手, 旦那若しダルジンを, 旦那茨右近さまでございますよ, 旦那茶飯が参りました, 旦那落着かつせえ, 旦那はねえ, 旦那血迷っちゃいけ, 旦那衆なぞから出る, 旦那衆もてなしの数寄, 旦那衆一杯の般若湯, 旦那衆上方下りの荷主なんど, 旦那衆仲間からはいくらか, 旦那衆気質から抜け切る, 旦那衆画家芸人噺家たいこもち金に糸目, 旦那行くんなら, 旦那行って来ます, 旦那街道へ日, 旦那のマキ, 旦那裏口の木戸, 旦那襦袢のお, 旦那ツとも, 旦那親方の命, 旦那さっせえ, 旦那詳しいところは, 旦那誠に暫くどうも宜くお出, 旦那誠に暫くもし早速だが, 旦那も来た, 旦那談判に出かけた, 旦那警視さん初めからそこ, 旦那變ぢやございません, 旦那負けときますぜ, 旦那郎だ, 旦那貴方ア両方の手, 旦那買って下せい, 旦那赤ん坊はどう, 旦那赤坂は何, 旦那起きるのは, 旦那身投げがご, 旦那の刻, 旦那の地蔵, 旦那返していただきましょう, 旦那越しました, 旦那通りがかりの人, 旦那連中が腹, 旦那遊びをする, 旦那過激党ではございません, 旦那道理で近辺, 旦那は絵描き, 旦那邪魔をし, 旦那酷いじゃア, 旦那野郎の部屋, 旦那はもう, 旦那針路は真, 旦那釣れましたぜこれ, 旦那鈴木の旦那, 旦那銀行の頭取り, 旦那銀貨はこの, 旦那銭形の平次親分, 旦那なら豪, 旦那鏡台山でございますがね, 旦那鐵砲の賣, 旦那長造の誕生日, 旦那開けろと云う, 旦那随分怨んで, 旦那隠しちゃいけません, 旦那隠居が生き返, 旦那さずに, 旦那雑作もない, 旦那電気はランプ, 旦那面白い遊びは, 旦那を見っ, 旦那風邪を惹きます, 旦那首尾よく仕遂げた, 旦那に乗っ, 旦那駄賃はどちら, 旦那駒千代というは妓, 旦那は残しましょう, 旦那の霜, 旦那をやすく, 旦那だ鷲