青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「捨て~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

振っ~ ~振った ~振り 振り~ ~捉 捉~ ~捜し 捜し~ 捜査~ ~捨て
捨て~
捨てる~ 据~ ~据え 据え~ ~掃除 掃除~ ~掌 掌~ 掛~ ~掛け

「捨て~」 4073, 42ppm, 2745位

▼ 捨て~ (2634, 64.7%)

39 しまった 33 しまって 23 しまったの 22 おいて 18 しまいました 16 あった, あつた 15 しまう 12 ありました, ある, 置いて 11 あったの, 行った 10 いる, しまおうと, しまわなければ, 彼は 9 あるの, おくの, おけ, かかって, しまうの 8 いた, しまうよう, しまえ, 置けば, 行って 7 いるの, おけば, 置くわけ, 行ったの 6 おいても, おしまいなさい, しまうこと, しまえば, しまったと, 来た, 置いた, 逃げた, 逃げて 5 いるん, おくこと, おけない, おしまい, くれ, 姿を, 私は, 置くこと

4 [20件] いるよう, おいては, おしまいに, きて, これを, しまつて, しまひました, ゆくの, 下さい, 了う, 帰って, 平次は, 来たの, 来て, 立ち上った, 置いても, 行くの, 行け, 行こうと, 逃げるよう

3 [41件] あつたの, あります, あるよう, いった, いったの, いるから, おいたの, おくはず, おくわけ, おけと, お置き, かからねば, ください, しまいます, しまうには, しまったもの, どこへか, もとの, よいもの, ゐる, 両手で, 了った, 了って, 他を, 來る, 出て, 剣を, 奔った, 奥へ, 実を, 家を, 彼女は, 戸を, 早くも, 置いては, 置く筈, 置く訳, 置けない, 行っても, 逃げ出した, 長安へ

2 [148件] あったと, あったり, あったん, あって, あつて, あるし, あるばかり, ある草履, いたの, いたもの, いって, いるが, いると, おいた, おいで, おかんぞ, おくと, おけないから, おけないので, おけない気, おけ捨てて, お行き, かえりみないという, かからなければ, かかろうと, かれら, きた, きたが, ここに, これに, これも, しまいましたよ, しまうもの, しまうん, しまう事, しまえと, しまえよ, しまおうか, しまったが, しまったそう, しまった時, しまつ, しまはねば, しまふの, しまふ事, し世, そこから, そのほう, その人, それを, つた, どこかへ, どこへ, どこへとも, ほかに, ほかの, またすぐ, もう一瞬, ゆくこと, ゆくという, ゆくわけ, ゆけ捨てて, ゐるかと, 下の, 世を, 了おう, 他に, 俗語を, 僕の, 刀を, 南進を, 南進策を, 博士は, 去る, 去るに, 右の, 向側の, 嘶けば, 失神した, 女を, 家出を, 對象の, 師に, 帰った, 帰るわけ, 平和に, 庭先へ, 御了, 手を, 掛ろうと, 措けない, 新らしい, 新らしき, 普通の, 曹操に, 本来の, 来い, 来たこと, 正面から, 此の, 此制を, 歩いて, 死にも, 気に, 河内屋へ, 玄関に, 生きて, 町人の, 石を, 社会の, 私の, 立ち上りました, 立ち去った, 立って, 置いたが, 置いたつて, 置いたの, 置かれない, 置かれるの, 置く, 置くが, 置くと, 置くの, 置け, 美を, 自分の, 自然に, 自然の, 行きました, 行く, 行くこと, 行くと, 行くには, 行くよう, 行ったという, 行ったもの, 行つた, 走った, 身を, 逃げたの, 逃げるの, 通って, 進んで, 遍歴し, 都会へ, 顧みない, 顧みなかったこと, 顧みぬよう

1 [1648件 抜粋] あきらめたやう, あたふた下り, あったから, あったその, あったもの, あった出刃, あった物, あった腐ったこ, あつたお, あとも, あなたに, あり, ありますよ, あり陰慘, あるだけで, あるもの, ある古い, ある意味, ある死体, あわただしく庫裡, いかないでよ, いくつもり, いそがしく背, いたら私, いた天一坊, いっそ妻, いった船, いないでは, いない同情心, いなくもしも万一, いらっしゃいよ, いる中, いる様子, おいたらあの, おいたら三人, おいたり, おいた自分, おかない動き, おかれたと, おかれるはず, おきぬや, おきゃあ, おくお上, おくべきもの, おくより, おけさ, おけなかった, おけねえじゃござんせんか, おけ馬鹿, おのれ自らの, おらんよう, おるに, お互に, お前様は, お向う様, お民, お色, お酬いする, かえりみなかったが, かえるとき, かからないん, かかろう, きた宮内, くだすって, くれと, くれる, けり, こういう生活, ここまで, この作, この室, この平和, この正月, この難所, こようと, こんなきたない, ごらんなさい, さて宮家, さらに一里, ざっと場内, しまいいわゆる, しまいたいが, しまいたかった, しまいたくなるの, しまいましたが, しまいましょうか, しまいまた, しまい度, しまうか, しまうつもり, しまうという, しまうなんて, しまうばかり, しまう皮, しまえる事, しまおう, しまおうかと, しまったこと, しまったでは, しまったらいけないでしょうかね, しまったん, しまった皆, しまってからは, しまつたん, しまはうといふ, しまひなさい, しまひ仲, しまへなども, しまわないの, しまわねば, すこしも顧みなかった, ずんずん部屋, そこの, そちらに, そのまま立ち去っ, その代り, その姿, その男, その行方, それほどに, ただちに心友, ただ世俗的, たのみました, ちょっと立ち止りました, つぎの, ともに暮し, どうしてゆく, どっと百姓, なおより, はおりませぬ, ひとたびこの, ふたたび人中, ぷいと横丁, ほとんど命からがらの, またピタピタ, また身, まるで方角, みても, みねば, みんなと, もうあんまり強情, もっとこちら, もっと実質的, もらいたいと, やつの, やりたい衝動, やるつもり, やろうと, ゆきゃしないよ, ゆけ, ゆけない気, よい, よからぬ, より良き, わしの, われ先にと, ゐる河童, カーキ色の, スタスタと, チョビ安を, ドノバンに, パッと, ピッケルの, ボートででも, レアンデル博士は, 一人の, 一人身に, 一寸何, 一方は, 一生墓守に, 一緒に, 一馬に, 三宅何んとかの, 上京する, 下層と, 世間の, 両手の, 丸屋の, 乗り込んで, 了いました, 了つ, 了へ, 事業と, 二十前後の, 二階ずまい, 五年, 享楽に, 人の, 今夜あたりは, 仏弟子の, 仏道に, 仕舞は, 他国に, 伊丹の, 会って, 何といふ, 何処へ, 余ならぬ, 來た, 修行の, 停車場に, 僧に, 先へ, 入れました, 全く出直さなけれ, 兩手を, 共に荊棘, 其許も, 凝っと, 出かけるには, 出た後, 出ると, 出京, 刀に, 別れて, 加勢に, 勝なる, 半七, 単騎独歩する, 厨から, 去った佐々木小次郎, 去らなければ, 双の, 取らないという, 叫ぶやう, 合掌し, 名残の, 君ちゃんも, 吾, 商家は, 喜んで, 回, 国許を, 地に, 坂の, 坊主にまで, 城中へ, 変質した, 外國の, 夢中に, 大円柱, 大勢の, 大声を, 大股に, 大阪へ, 夫と, 奉公を, 女に, 女中と, 妖しく躍りだした, 妻戸の, 姫君に, 宜い, 家の, 宿継ぎに, 寢て, 尊氏を, 小春日和の, 小浜兵曹長は, 少年は, 居る, 山寺へ, 左右の, 差し當つて我々, 市中の, 帰ったなんて, 常に諸君, 幸福と, 床几から, 廊下を, 弁道の, 当ての, 彼らの, 彼方へ, 往くの, 後際に, 御覧に, 忍耐しましょう, 忠義の, 急いで, 恋愛を, 悟り顏なる, 悲境の, 意にて, 成るに, 我等自身の, 戦ふこと, 打込んだ自分, 抜刀し, 押せば, 持仏堂へ, 掛って, 掛るん, 放擲した, 政治, 敗亡するごとく, 教法を, 新しい健全, 新しい生活, 新らしく, 新稿, 旅館を, 日本の, 早よ, 明日からは, 明神下へ, 曹洪は, 有らゆる職業, 未来の, 本能寺へ, 来たあちら, 来たそうです, 来たので, 来たらどう, 来た僕, 来た女房, 来た当人, 来た男, 来ます, 来よう, 来るの, 来る事, 東軍を, 根本に, 梯子段を, 椽より, 樊城へ, 次に, 正しい忠義, 武人は, 歩け, 死を, 残る庵, 水に従って, 江戸中の, 汽船乗りに, 法則の, 洞へ, 浄罪と, 浮かぶ瀬, 海岸に, 清浄な, 渓流の, 満願すべし, 無二無三に, 無理に, 父親を, 独自の, 猿臂をの, 王宮に, 生きながら, 用いざらん, 田舎へ, 男は, 異質性を, 病室の, 皆の, 直訴も, 省みる者, 着物を, 硯を, 社会全体の, 祖先の, 秋月家に, 空に, 空間に, 窓の, 立ち去ったなどと, 立った, 立上った, 笑った, 策を, 純粋に, 終い, 縁の, 置いたと, 置いたまま, 置いたパン屑, 置かぬからと, 置かれた二条, 置かれなかったの, 置かれること, 置きましても, 置くその, 置くらしい, 置けないこと, 置けないの, 置けなくなったので, 義を, 翌る, 耶蘇教に, 腹掻ッさばく, 自ら作家たり, 自分たちが, 自然観照の, 舟で, 花に, 若い貧乏, 華雄は, 落ちられるだけは, 藤吉郎へ, 蛇は, 行かう, 行かれい, 行かれるの, 行きな, 行くか, 行くきょう, 行くって, 行くもの, 行く心もち, 行く親, 行けるのね, 行こうとまで, 行ったと, 行ったばかり, 行ったん, 行った島, 行った燼, 行った米, 行った自分, 行った食料, 行つたと, 行つたのは, 行方知れず, 裏切りの, 襖立切り疊觸り, 覆面探偵の, 見せる, 規律正しく, 詩に, 誰かと, 谷の, 貧しい父母, 賑やかに, 走り出した, 走るに, 趣味の, 路地の, 身ひとつを, 身軽く, 軽く会釈, 辛くも逃げ, 辰代が, 近所の, 追い縋り井戸端, 逃げかけた, 逃げた刀, 逃げた長目, 逃げだすなど, 逃げないとも, 逃げようとしても, 逃げるしか, 逃げる侍, 逃げ出したくなった, 逃げ去る, 逃げ落ちた, 逃込ん, 這入ると, 通り抜けた, 進みに, 遁れんなどという, 道に, 遠くへ, 邸の, 酒を, 重大に, 野卑劣等なる, 銀の, 長三郎は, 門口の, 間も, 阿信, 陣前の, 障子ぴっしゃり後は, 雪之, 音信も, 須磨子とく, 頼まれて, 顧ない, 顧みずすべて, 顧みないこと, 顧みない人, 顧みなかった, 顧みなかったカンタータ三百曲, 顧みなかつたもの, 顧みなくなるでしょう, 顧みも, 顧みるもの, 飛びこんだ水中, 飛んで, 飛去る, 首を, 馬口労か, 馴染の, 駈け落ち, 騎を, 高きから, 魚の, 鶏頭の

▼ 捨て~ (142, 3.5%)

11 して 7 なって 4 なること 3 なったよう, 出て, 立出る, 行くところ, 行くの

2 [11件] された塵芥箱, なった御, なるの, ゆくの, ゆく群衆, 別れましたが, 来たん, 行くと, 行ったの, 行って, 行つた

1 [83件] いかれるお, いくところ, いくの, いこうと, いたさ, いったの, いったり, きたとき, されたこと, された二人, されること, され悪, したが, したま, した広, しはじめた, しました, する人, する法, なったこと, なったほう, なった死骸, なつたら, なつちや厭, なつちや嫌, ならずソ連, ならないの, ならない事, ならなかったこと, ならなきや, ならねえ臺詞, なりました, なりませんぞ, なり当れば, なり永久, なるならいただいて, なるまいな, なるまで, なるん, なる御, なる覚悟, なれるので, やってきたの, ゆくには, 入るよう, 出たお, 出た人, 出る, 出る者, 参ったの, 参るなよ, 往った, 急ぐわけ, 来たの, 来て, 来る, 来るの, 来るよう, 来る人, 突き伏せたら, 行かしたの, 行きお, 行きやしないかと, 行く, 行くつもり, 行くという, 行くには, 行くもの, 行くよう, 行くん, 行くんぢ, 行く所, 行く筥, 行こう, 行こうという, 行ったそう, 行ったので, 行った一人, 行った時, 行っても, 行つ, 行つた塵芥が, 逃げ出したかも

▼ 捨てては~ (98, 2.4%)

5 おけない, ならない 3 おけぬ, 置かれない 2 いけない, いない, おかれない, おかれないので, おけまい, ならないと, 置かれないので, 置けない, 置けぬ

1 [64件] あれが, いずまた, いないかと, いないだろう, いないよ, おかじ人, おかないでしょうに, おかなかったであろう, おかれないだろう, おかれなかったの, おかれぬ, おかれまい, おきません, おきませんけれども, おけずついに, おけずと, おけず右馬介, おけないの, おけないよう, おけない事, おけぬと, おけぬので, おけまいぞ, おけませぬ, おけません, おけん, お置き, くれめ, こちらの, しまわない, その代り, つまらないと, ならないが, ならない紙屑, ならぬ勇気, ならんという, なりません, ゆかぬ, ゐない, ゐないよ, 一年の, 危険である, 嘆息した, 困る, 措けぬし, 措けん, 済まんです, 置かれないよう, 置かれなくなって, 置かれぬので, 置かれまい, 置かれませぬ, 置くまい, 置けず自分, 置けず音楽学校, 置けないと, 置けないもの, 置けぬ儀, 置けまい, 置けまい在郷軍人, 置けません, 行かぬ, 行けず一里, 逃げた

▼ 捨てても~ (93, 2.3%)

2 おけない, 惜しくない, 置けまい

1 [87件] あとから, あれだけは, いい, いいと, いいよ, いいよと, いいわけ, いい下等, いつかひとりでに, おかれまい, おけずとうとう, おけず奥, おけず官, おけず曹操, おけず用人庄田喜左衛門, おけなかったの, おけまい, くれよう, この恨み, すぐ水, その生命, その者, それを, どういう機会, またはいっ, また帰る, みたが, よい, よいから, わたしと, 一代安楽に, 与五郎どのと, 世の中ぞ, 乞食に, 人間は, 人間を, 他人の, 助け合おうと, 口を, 善い気もち, 団結しよう, 大して悪い, 宜しい, 小祿, 尽さなければ, 岸本に, 帰って, 帰れなかった, 後悔し, 復讐が, 惜しいほどの, 惜しくなく, 惜しくは, 戦いたいと, 拾い人, 捨てても, 捨て切れないもの, 敵に, 旦那に, 時折は, 未だ握, 構は, 構わないと, 構わない決心, 武士らしい, 灸で, 甲斐源氏の, 男の, 直參, 私捨てへんいう, 罪は, 置いた, 置かれず残念, 置かれまいと, 置けず, 置けず彼, 置けないから, 置けないこと, 置けぬ, 置けるもの, 良人の, 苦しう, 行かれずそば, 転んでも, 遅くは, 鎌倉へ, 関はんから

▼ 捨て難い~ (52, 1.3%)

2 ものが, もので, ものである, 味が, 形見の, 気にも, 趣が

1 [38件] おつ, がおもしろい, でしょう, と思っ, なつかしみを, のは, ふしも, ものだ, ものです, ものとの, ものに, ような, レコードである, 事情に, 処が, 古代中の, 名盤である, 味と, 味の, 味を, 宝な, 年増の, 幻影が, 感が, 所が, 歌だ, 物を, 私は, 絆縁の, 興味を, 蠱惑だ, 趣で, 風光を, 風情は, 風情を, 風致の, 飄々たる, 魅力を

▼ 捨てがたい~ (43, 1.1%)

3 ものが 2 ところが, 趣きを, 風情が

1 [34件] では, ところとは, ところも, と感じます, のが, のである, のでそのまま, ので持つ, ものいや, ものだ, ものだった, もので, ものと, ものな, ものに, 一つの, 佗が, 侘が, 俳句である, 心持が, 思い出に, 情趣が, 惣菜です, 手腕が, 新鮮な, 材料が, 絆に, 胸の, 趣を, 野性味が, 風味が, 風味な, 風情な, 風情は

▼ 捨て~ (27, 0.7%)

11 ちな 6 ちに 1 ちであった, ちである, ちでいふの, ちなもの, ちな気, ちの気持とは, ちの落ち着きといった, ちの身は, ちを, ち気味

▼ 捨てたり~ (24, 0.6%)

5 して 2 すること

1 [17件] した, した石器, した親分七右衛門爺さん, しないやう, し命, すると, 他に, 女に, 手拭に, 明らかに, 流したり, 生活を, 用心深い人, 男に, 砂濱に, 遣ったり, 隠したり

▼ 捨て~ (24, 0.6%)

3 になった

1 [21件] だった, であばずれ, であると, とも思える, なところ, な事, な姿, な態度, な戀, な気分, に, にいう, にかう, にかかっ, になっ, になり, になる, に人, のさらに, のよう, の気持

▼ 捨て~ (23, 0.6%)

2 に困っ, に窮, のない, のよう

1 [15件] がない, がわかりません, が方々, だと, と同じ, にされる, にでも困っ, になっ, にも見える, に困る, に迷, のきたない, の多い, の崖, の荒土

▼ 捨てながら~ (17, 0.4%)

2 上から

1 [15件] そっと卓, またてくてく, 前後の, 千束町の, 四分五裂に, 圭子は, 客間の, 彼女は, 慌てて, 打震える, 涙を, 焚火の, 自問自答に, 葉子から, 馬の

▼ 捨て~ (17, 0.4%)

5 せずに 2 しませんが, なるまいと 1 おけずこう, したはず, した筈, してない前, すれば, やらずに, 己を, 真理の

▼ 捨て~ (14, 0.3%)

2 しなかった, しませんか 1 しない, しないだらうな, しないと, しない自分, しなかったが, しなかったこと, すまじき様子, せぬが, 置かれないと, 置くまい今日

▼ 捨ててこそ~ (12, 0.3%)

3 浮ぶ瀬 2 浮かぶ瀬 1 世は, 何とかいう, 後生は, 手柄も, 會得が, 浮む瀬も, 浮瀬です

▼ 捨て科白~ (12, 0.3%)

3 を吐い 2 を残し 1 だった, である, はもとより, をいった, を投げ返す, を置い, を言い残し

▼ 捨てがたき~ (10, 0.2%)

1 ものにて, よすがも, 可憐なる, 命の, 思ひをば, 情の, 折とも, 折も, 物にぞ, 輝きと

▼ 捨てがたく~ (10, 0.2%)

1 おぼえて, して, 万事に, 宙を, 引つ, 思うもの, 思へば, 思わるるの, 思われるの, 若葉衣の

▼ 捨て~ (10, 0.2%)

1 任に, 光物, 小船の, 手裏剣, 湯水は, 神だ, 穴と, 荷車の, 薪を, 香の

▼ 捨て~ (9, 0.2%)

1 か, がふえ, が退きだした, されて, だったの, としてかえりみない, にいたしまし, にもしきれない, の口

▼ 捨ててまで~ (8, 0.2%)

1 あなたに, それも, よそへ, 主君を, 御旗, 折角の, 献身できる, 自分に

▼ 捨てちゃ~ (7, 0.2%)

3 いなさい 1 なお悪い, ならないよ, 冥利が, 堪らぬ

▼ 捨て場所~ (7, 0.2%)

1 であるという, にこまっ, に困った, のない, は幾ら, もない, を捜し

▼ 捨て駕籠~ (7, 0.2%)

1 のよう, の七丁, の乗り手, へポン, をした, をやっ, を順々

▼ 捨てちや~ (6, 0.1%)

1 いけないよ, いました, ならないよ, ならねえよ, ひました, 困るぢ

▼ 捨て~ (6, 0.1%)

21 ば捨てろ, るべきもの, るるさびし, るるなり

▼ 捨て~ (6, 0.1%)

1 がある, がなくなった, なし虫, に困りました, よし捨て, 否え

▼ 捨て~ (6, 0.1%)

3 を捨て 2 も捨て 1 づれの

▼ 捨て言葉~ (6, 0.1%)

1 などは一つ, に, をおい, を吐い, を投げ, を抛った

▼ 捨て難き~ (6, 0.1%)

1 まで思ひなりし, 味あり, 思ひをば, 情緒あり, 美を, 露の

▼ 捨て難く~ (6, 0.1%)

1 しかも指揮機関, なって, も思はれる, 三里塚へ, 事実の, 候ことと

▼ 捨て~ (5, 0.1%)

2 仕舞お前は 1 かれんと, 筆と, 艶に

▼ 捨てさる~ (5, 0.1%)

1 ことが, べし, わけには, 情熱が, 機会を

▼ 捨てその~ (5, 0.1%)

1 上に, 悲しみの, 日の, 樹の, 跡へ

▼ 捨てただ~ (5, 0.1%)

1 ひとり栗原山へ, 人さまの, 凡てに, 身を, 阿弥陀仏を

▼ 捨てゼリフ~ (5, 0.1%)

2 を残し 1 も聞きず, を云う, を投げ

▼ 捨て~ (5, 0.1%)

1 をかざす, をくわし, を引く, を抜い, を持った

▼ 捨て殺し~ (5, 0.1%)

1 にし, にした, には出来ない, にもならぬ, はできぬ

▼ 捨て自分~ (5, 0.1%)

1 の好める, の妹, の直視, の難, もまた

▼ 捨てこの~ (4, 0.1%)

1 お店, 人生が, 天職に, 長崎屋の

▼ 捨て~ (4, 0.1%)

1 した原因, っしゃりはしねえのか, ってはいない, へすれ

▼ 捨てての~ (4, 0.1%)

1 修法も, 働きに, 十九歳の, 寒い雪

▼ 捨てまた~ (4, 0.1%)

1 おなじ叫び, 下手人は, 五を, 取乱して

▼ 捨て~ (4, 0.1%)

1 なりと思へ, に捨て, に於, 或は共同

▼ 捨て~ (4, 0.1%)

3 を捨て 1 も捨て

▼ 捨て妻子~ (4, 0.1%)

1 も捨て, を捨て, を残し, を顧みる

▼ 捨て扶持~ (4, 0.1%)

1 はいるだらう, をもらっ, をやっ, 隠し扶持

▼ 捨て~ (4, 0.1%)

3 を捨て 1 の縁

▼ 捨てあらゆる~ (3, 0.1%)

1 ものを, 人生の, 枝葉の

▼ 捨てそれ~ (3, 0.1%)

1 で和解, に代っ, に赤痢

▼ 捨てちゃあ~ (3, 0.1%)

1 おけない, 置かれねえこと, 置けねえ

▼ 捨てついに~ (3, 0.1%)

1 は馬, 劉表へ, 精神的自立と

▼ 捨てにな~ (3, 0.1%)

2 つて元 1 つていい

▼ 捨てびと~ (3, 0.1%)

1 の今, の兼好法師, の庵

▼ 捨てクルリ~ (3, 0.1%)

1 と方向, と身, と馬

▼ 捨て其の~ (3, 0.1%)

1 毎に, 芸術綜合の, 鍵で

▼ 捨て台詞~ (3, 0.1%)

1 であったか, と凄, の流れ

▼ 捨て~ (3, 0.1%)

1 も勘当, を出る, を捨て

▼ 捨て~ (3, 0.1%)

1 に就こう, 文字を, 時代劇といふ

▼ 捨て新しい~ (3, 0.1%)

1 家の, 生活へ, 都会と

▼ 捨て~ (3, 0.1%)

1 がちょっと, で捨て, の塩梅

▼ 捨て江戸~ (3, 0.1%)

1 から外, に出, に飛出し

▼ 捨て~ (3, 0.1%)

3 に取あつかふ

▼ 捨て~ (3, 0.1%)

1 ひしと專ら評判, ひしも, へ

▼ 捨て~ (3, 0.1%)

1 を一所, を奪っ, を捨て

▼ 捨てあの~ (2, 0.0%)

1 孔明が, 愛して

▼ 捨ておのれ~ (2, 0.0%)

1 の首, を脱却

▼ 捨てがたし~ (2, 0.0%)

1 あはれなり, と思へり

▼ 捨てそして~ (2, 0.0%)

1 好むところ, 得たるもの

▼ 捨てそのうえ~ (2, 0.0%)

1 お役所, にあなた

▼ 捨てその後~ (2, 0.0%)

1 で殺された, へ山野

▼ 捨てたま~ (2, 0.0%)

1 へ, へさて

▼ 捨ててから~ (2, 0.0%)

1 俺は, 船に

▼ 捨ててけ~ (2, 0.0%)

2 つかる

▼ 捨ててでも~ (2, 0.0%)

1 しまいたいよう, 神父の

▼ 捨ててもと~ (2, 0.0%)

1 いうならば, 思うもの

▼ 捨てほか~ (2, 0.0%)

1 に安らか, の一船

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 と競, など邪

▼ 捨てもの~ (2, 0.0%)

1 が一番, という動揺

▼ 捨てわざわざ~ (2, 0.0%)

1 男の, 百二十噸の

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 くう近侍たち, した冗談漫語

▼ 捨て丁寧~ (2, 0.0%)

2 に雪駄

▼ 捨て世間~ (2, 0.0%)

1 からも故旧, を捨てる

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 の天真, を捨て

▼ 捨て仕舞~ (2, 0.0%)

2 な捨てお

▼ 捨て仕舞つた~ (2, 0.0%)

2 は重々惡

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 よりも先ず, をとるべき

▼ 捨て何処~ (2, 0.0%)

1 ともなく, にか求めん

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 とも名, とも国家

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 が残し, を瀕死

▼ 捨て優し~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 捨て兄弟~ (2, 0.0%)

1 にも仔細, も捨て

▼ 捨て南京~ (2, 0.0%)

1 に出, に出た

▼ 捨て台辞~ (2, 0.0%)

1 して, といい

▼ 捨て右手~ (2, 0.0%)

1 に提げ, に髪

▼ 捨て問屋~ (2, 0.0%)

2 を捨て

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

2 を蹴倒し

▼ 捨て外套~ (2, 0.0%)

2 を脱いだ

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 公爵から, 小便を

▼ 捨て子供~ (2, 0.0%)

1 を伴, を捨て

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 腋には, 芝居の

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 れが, れを

▼ 捨て帳場~ (2, 0.0%)

2 の註文帳

▼ 捨て庄屋~ (2, 0.0%)

2 を捨てた

▼ 捨て廊下~ (2, 0.0%)

1 へすべり出た, へ出た

▼ 捨て彼ら~ (2, 0.0%)

2 の田園

▼ 捨て徒歩~ (2, 0.0%)

1 になられい, にイリオン訪

▼ 捨て念仏~ (2, 0.0%)

1 お米, に帰

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

2 しや

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 だ, を持ち

▼ 捨て数万~ (2, 0.0%)

1 の兵, の将兵

▼ 捨て東京~ (2, 0.0%)

1 に疲れ, へ出

▼ 捨て武士~ (2, 0.0%)

1 も捨て, を捨て

▼ 捨て無慈悲非道~ (2, 0.0%)

1 と言, と言われ

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 をひろっ, をもらう

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 やら捨て, を嗅い

▼ 捨て猿股ひとつ~ (2, 0.0%)

2 になつて

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 を取り, を捨て

▼ 捨て義理~ (2, 0.0%)

1 ある人々, も忘れ

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

2 を働かせ

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 に降魔, の刀

▼ 捨て臺辭~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 も泪, を拭っ

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 の運び, はどこ

▼ 捨て~ (2, 0.0%)

1 を反らし, を忘れ

▼ 捨て部下~ (2, 0.0%)

1 をつれ, を引き連れる

▼ 捨て長い~ (2, 0.0%)

1 事東京に, 脇差を

▼ 捨て長安~ (2, 0.0%)

1 へ都, をのがれ給い

▼ 捨て鳥越~ (2, 0.0%)

1 に世帯, に世帶

▼1* [476件]

捨てあつたもの, 捨てあとに雄, 捨てあと数十そうは影, 捨てあるいは理想を, 捨てあッと愕, 捨ていくらあなたが, 捨ていとをしみたる, 捨ていますぐ政治運動, 捨ていよいよ万物相, 捨ておきになる, 捨ておしまいお前は惜しく, 捨てぬる男, 捨てたかつた, 捨てがいがない, 捨てがたい優しい妻が, 捨てがたい面白い詞章である, 捨てがたかった, 捨てがちであったが, 捨てがてにここに, 捨てがんりきの前, 捨てきつてしまふ, 捨てきょうをかぎり, 捨てくださりませ, 捨てここ社殿へ住居, 捨てこそ浮かむ瀬, 捨てこの世の栄華, 捨てごく身軽に, 捨てごろしに, 捨てさいごの, 捨てさうにするの, 捨てさえすれば, 捨てさっさと先へ, 捨てさつたのぢ, 捨てさらに我が身を, 捨てざるの中, 捨てすたすたと行っ, 捨てすっぱりと天蓋, 捨てずして救う, 捨てせめてその刹那, 捨てそういう風な, 捨てそうして磨きを, 捨てそそくさと階下, 捨てそれでも足りずに, 捨てそれらの巨石, 捨てたかだか十枚前後の原稿, 捨てただ今申合せ必死相極め候面々は, 捨てたりしも此雪の, 捨てたりと思召し, 捨てたりともしろかね, 捨てだんだん身軽に, 捨てちやうから, 捨てちやつたのかしら, 捨てちや冥利が惡, 捨てちや勿體ないから, 捨てつぎによごれ, 捨てつつある, 捨ててかひある命, 捨ててからさえも彼の, 捨ててしもうた母の, 捨ててなんかおきは, 捨ててばかりゐて, 捨ててまでも帰国を, 捨ててんぼうに化け, 捨てでもすると, 捨てながらとつと, 捨てながらも兵数は, 捨てなぞいう連中, 捨てなどしながら, 捨てにくいがおまえさん, 捨てにでも行くらしい家来たち, 捨てにと車に, 捨てにゃならない血, 捨てねこなら家, 捨てはなしにし, 捨てはなはだしきは妻子, 捨てばなしにし, 捨てひと吸いしてから, 捨てびとのごとく名誉なく死なしめよ, 捨てふかく恩を, 捨てぶらぶらと歩き出した, 捨ていな, 捨てほんとの人間らしい, 捨てゐらせん事, 捨てまだどうなるかも, 捨てまでまたは捨, 捨てみんなといっしょ, 捨てむしつては捨てた, 捨てむとすなる前の宵, 捨てむにまたも着めやも, 捨てむ投ぐる五尺の皮嚢, 捨てもうお互い忘れ, 捨てもし働かしも, 捨てもはや相談にも, 捨てやうとした, 捨てやおら立上って, 捨てやすくなること, 捨てやっと身軽と, 捨てようにも捨てられない, 捨てよう等と夢想, 捨てらりや世間も, 捨てらりょうぞ, 捨てわが生命として, 捨てわたしを捨て, 捨てわっと一斉, 捨てわれがちに潰走, 捨てわれらの教え, 捨てサト子はまた, 捨てシャツをくつろげ, 捨てジャナリズムに追従, 捨てゼリフ甚内はお, 捨て放しに, 捨てデンマーク国の名誉, 捨てバチと人気稼業, 捨てフオクを右手, 捨てフッと消えた, 捨てヤケとなり, 捨てリラの方, 捨て一人ノシノシと客殿, 捨て一切の執着, 捨て一向に出要, 捨て一家離散して, 捨て一戦も交えず, 捨て一族郎党を引き連れ, 捨て一生つづく病気, 捨て七ヵ所の集結, 捨て万一の救援, 捨て三道のうち, 捨て下駄のよう, 捨て不義理のある, 捨てを捨てる, 捨て世に棄てられて, 捨て肘を, 捨て両手を広げ, 捨て中心部の, 捨て中斎が立ち上った, 捨て主人の後, 捨て乱軍の中, 捨て了つて他の醫師等, 捨て了ふかさらずば, 捨て予測を裏切り, 捨て二人とも跪い, 捨て二十余年前にこの, 捨て五六丁走った後, 捨て京橋のスタンド・バア, 捨て人情も踏付け, 捨て仔猫といっしょ, 捨て他国へ移住, 捨て仙人となり居る, 捨て以上の数点, 捨て以来不遇にある, 捨て伊豆のこの, 捨て何事もなかっ, 捨て侍衆の端, 捨てのもの, 捨て疑取捨, 捨て修養の道, 捨てを見限り, 捨て候ものに無, 捨てに近づく, 捨て僧職も擲った, 捨ての一書生, 捨てへお, 捨てになつて, 捨て全然柔和の, 捨て公然一所に, 捨て六波羅へ加担, 捨て冒険的な淵, 捨て冥王のもと, 捨て几帳面の素人, 捨て出家学道昼夜精進して, 捨て刀鎗を鞘, 捨て分家の太, 捨て別のをはい, 捨て別名の内蔵助, 捨ての音, 捨て創作的文学詩となり, 捨て功名を採る, 捨て加古川の陣, 捨て勤王の士, 捨て匕首は川, 捨て北方北条村に退かん, 捨て十手を捨てた, 捨て切っては, 捨て千三屋は擦り抜けた, 捨て単独で動き出した, 捨て単騎これへ馳, 捨て一つ取出し, 捨て友誼をも捨てなけれ, 捨て申と, 捨て同類の奴輩, 捨ても家, 捨て名誉を捨て, 捨て向こうへ駆け抜けよう, 捨てに離れ, 捨て呑気の生涯, 捨て国土を提供, 捨てのなか, 捨て地位を捨て, 捨て墨染の本身, 捨てにされるだろう, 捨て外気の酸素, 捨て多くを付加, 捨て夜中にわかに逃げだし, 捨て大功に導いた, 捨て大同につく, 捨て大同団結する方針, 捨て大和紀伊和泉摂津を股, 捨て大将の厳綱, 捨て大義に生きね, 捨て天皇の逆鱗, 捨て太刀をひきぬい, 捨て太政官下知に依っ, 捨てが嘘, 捨て女優のこと, 捨て女勘助一人だけでも是非, 捨て妄りに外語, 捨てにまで手織縞, 捨て娼婦と心中, 捨てんじ, 捨て実家へ心力, 捨て家出をし, 捨て寫實的描寫を專一, 捨て専ら歌川豊国に, 捨て小三郎の傍, 捨て小瓶の酒, 捨て小禽のよう, 捨て少し極端に, 捨て少年をうながした, 捨てを捨て, 捨て屋敷の方, 捨て山稼ぎの馬子, 捨て山籠せられしは, 捨て岩石を抱え, 捨て峰づたいに恵那山脈のふところ, 捨て巨木や石, 捨て帯刀を脱し, 捨て帽子を寝台, 捨て平原も捨て, 捨て平泳ぎに掛った, 捨て平然として強者, 捨て床几の様, 捨てを過ぎ, 捨て廃業を宣言, 捨てに讓つて隱居, 捨て彼自身も数箇所, 捨て承知の, 捨て御免にし, 捨てを打ち開い, 捨て心から茶の, 捨て忌々しさを, 捨て忍びやかに露路, 捨て忠節を尽す, 捨て思い思いにみな斎藤下野, 捨て恋人を捨て, 捨て悍馬の女将軍女軽業興行師, 捨て悪きを取り, 捨て意気から下品, 捨て愛盡きて, 捨て憎まれ口も利か, 捨て懐中へ手, 捨ては彼, 捨て我が身を捨て, 捨て戦士が楯, 捨て所領に命, 捨てを洗っ, 捨て手足と顔, 捨て扶持二万石を与えられ, 捨てに達し, 捨て投降する者, 捨て探偵小説の創作, 捨て探偵小説創作界に新しく, 捨て政治を捨て, 捨て故郷に隠遁, 捨て故里をさす, 捨て数正の心, 捨ての鉄蹄, 捨てをし, 捨て文選箱を投げ, 捨て新しきに代る, 捨て新たにもう, 捨て新宿へ遊び, 捨てを行, 捨て旅行して, 捨て早相談, 捨て日本軍の占領區域内, 捨て早々峰道を, 捨て昂然と廻れ, 捨てよし仏寺, 捨て暴力も捨て, 捨て書きす恋し恨めし憂し辛し命, 捨て書物も十露盤, 捨て最後の勝利, 捨て最愛の妻, 捨てよりも白い, 捨て服装をととのえた, 捨て朝暮歎きに, 捨ての蓋, 捨て木村を苦しめなけれ, 捨て本城をほか, 捨て本当においしいところ, 捨てを先頭, 捨て朱房の紐, 捨ての引出し, 捨て李聖学はまた, 捨て松兵衛や新吉, 捨て果てし身の, 捨て根本から工事方針, 捨て格子戸がらり明, 捨て案山子だ, 捨てを投げ, 捨てとして捨て得ない, 捨てを變, 捨て之助, 捨ての日, 捨て次に誰かは, 捨て正道の大, 捨て此処で一行, 捨て武州に出, 捨て武芸にお, 捨て母衣は家老, 捨て毎年捨てられた草, 捨て食わば, 捨て民衆の群, 捨ての音, 捨て水死したあと, 捨て永久にこの, 捨てに臨んだ, 捨て河北へ来るなら, 捨て河辺に到り, 捨て流浪せりやと問え, 捨て消極的に改めん, 捨て深い沈潜と, 捨て深浦鰺ヶ沢こそ津軽, 捨て清涼に變化的生存, 捨て渇望の名剣, 捨て澄江様を妾, 捨て熊野へ入り, 捨て熱心にやつ, 捨て父三斎に限り, 捨て父母を離れ, 捨て片隅のバー, 捨て独味の行き, 捨て猿猴の恩, 捨てひつること, 捨てを作っ, 捨て瓦全を取らん, 捨て生地の弾左谿, 捨て生首を引, 捨てに出, 捨ての上, 捨て百五十里もある, 捨て百千倍も身, 捨て百帖の紙, 捨て百戦苦闘今日を築い, 捨て捨て耳, 捨て盲目的反抗と元禄, 捨てきを, 捨て眞ツ蒼になツ, 捨て真実を感情, 捨て着実な職業, 捨て着物をもぬぎ捨てました, 捨て矢代はひとり寿司屋, 捨て知恵を捨て, 捨て短い脇差も, 捨て磯貝が更に, 捨てや人間, 捨て神父のもと, 捨ては檻, 捨てをあけ放った, 捨て窮乏と過労, 捨て立ちにか, 捨て立ち歩きから烏帽子, 捨て立んとする, 捨ての破れ, 捨て笠置へ行く, 捨て算盤を捨て, 捨てとくず箱, 捨てが所々, 捨て篝火の憤ろし, 捨て客観的に, 捨て純粋な古学, 捨て素早く逃げ出した五郎蔵, 捨て素晴らしいものの, 捨て紫宸の廂, 捨て細引を持つ, 捨てて又, 捨て美しい言葉や, 捨て美肉だけを味わえ, 捨て翌朝の日光, 捨て聖土を巡拝, 捨て肉体までも捨てん, 捨て肉親の人々, 捨てのしずく, 捨て肝胆をくだし, 捨て育ちに育つた, 捨てを見せ, 捨て脱落し脱走, 捨てを立て, 捨て自動車で龍頭, 捨て自然世に向, 捨て自縛して, 捨て舞踊する手, 捨てなどはない, 捨てを選び, 捨ても捨て, 捨て茶事の功徳, 捨てにした, 捨て草原の中, 捨て草鞋に替え, 捨てに過ぎなかった, 捨て物の, 捨て蝋燭鍵などを主人, 捨て衆生を救わん, 捨てたの, 捨て行方をくらました, 捨て衣服も今様, 捨てへ駆け出し, 捨て遊候や, 捨て裏ぎるものとては物語の筋, 捨て褌一つになつ, 捨て西方に出掛けた, 捨て見物の男女もろとも, 捨て見知らぬ一人の, 捨ての死, 捨て親戚に泣い, 捨て親族と絶つ, 捨てを語れ, 捨て誇りを嘲り, 捨て諸手に早く, 捨て議会を捨て, 捨て豊饒な大陸文化, 捨て責め捨てして, 捨て身軽になっ, 捨てをする, 捨て軽い飛ぶやう, 捨て辞退するもの, 捨て途中に敵, 捨て遂には學問, 捨て遊園墓地をさらに, 捨て過去の誇り, 捨てに志す, 捨て道具だけを積ん, 捨てを捨て, 捨てを空都, 捨て都会をめがけ, 捨て都會を捨て, 捨て鉢気を起し, 捨て鉢的な動機, 捨て鍛冶屋は槌, 捨てを投げ, 捨てを濱, 捨て闘志満々として握り拳, 捨て防戦につとめ, 捨てを侍, 捨てる, 捨て難い小さくとも手許, 捨て難い良さが, 捨てを踏ん, 捨て電車から下り, 捨て非我無関心, 捨て面倒と肉闘, 捨ての先, 捨てに従ってここ, 捨てを振っ, 捨て頭巾をかぶっ, 捨て願わしゅう存じまする, 捨て飄然どこか山, 捨てにした, 捨て餓虎に施した, 捨て香水は惜気, 捨ての案内所, 捨ては何れ, 捨て魂魄と化し, 捨て鶏犬の啄, 捨て鶏鴨に食われた, 捨てもとり落し