青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「日本語~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~日光 日光~ 日向~ 日常~ 日曜~ ~日本 日本~ ~日本人 日本人~ 日本橋~
日本語~
~日記 日記~ 日間~ 日頃~ ~旦那 旦那~ ~旨 旨~ ~早 早~

「日本語~」 1708, 18ppm, 6209位

▼ 日本語~ (333, 19.5%)

5 達者な, 音を 4 中に, 研究を 3 勉強を, 巧い, 巧みな

2 [15件] わかるもの, ローマ字化を, 上手な, 堕落を, 抒情詩の, 歌と, 歌は, 歌詞を, 海外進出に, 特色を, 発声法では, 発音の, 発音は, 練習を, 説明を

1 [276件] あまりに平板単調, あらゆる音, いい点, うちで, うまいそして, うまい朝鮮人, ことで, ことを, これに, すきだ, すこし出来る, そういう辞典, ため侵略軍の, つかいかた, つには, できる郁達夫, どういふ, なかには, ひとつである, ひとつひとつが, ほうを, ほかは, ほか知らない, ほか英語でも, まるで関係, みじめな, もの二回あった, やうに, ようだ, ようで, ように, よくわかる, よく分らない, わからないわたくしたち, わからぬグスタフ, わからぬ印度人, わかる人, わかる朝鮮人, ウバ貝なども, オラショを, ソデと, ビラな, ミコまたは, 一つであった, 一例に, 一特色を, 丁寧な, 上に, 上品な, 不便と, 不完全を, 不馴れな, 世界化に, 世間乃至, 中でも, 中には, 中にも, 中へは, 中間的な, 云い表わす処, 互いに繋がり通う, 亡びぬ限り永久, 人声が, 他の, 伝統的な, 何かでは, 何という, 使用法特に, 例で, 便所にあたる, 健全な, 優秀を, 先生, 光りと, 全体を, 写実文学の, 出来る人, 出来る支那人, 分かるやつ, 分かる者, 分る時以礼, 分る王, 初歩で, 判らない老人, 利用せられた, 前途に, 副詞表情に, 創作詩だけを, 力によって, 勉強に, 勉強をすら, 動詞に, 十九と, 南又は, 原稿で, 取捨整理について, 古くから, 古来の, 可能性の, 同意語をも, 名を, 咒罵語が, 唄に, 問題は, 固有な, 国民性を, 外アメリカ語でも, 多様性は, 女教師, 好いところ, 学校は, 学術書が, 学部又は, 完全な, 宿命的な, 対訳本で, 封建性は, 封建的特質を, 形といふ, 急所です, 性格の, 性格は, 意味が, 意外なる, 愛には, 慣用の, 成立問題にまでも, 技倆に, 接尾語に, 教科書を, 教程が, 数を, 整理を, 文法よりも, 文章を, 新聞を, 新聞社を, 方がずつと, 方の, 方は, 旨い好々爺, 昔の, 普及とを, 普及は, 普及を, 普通語序に, 書けた人, 書物さえ, 最も広く, 本から, 本の, 本は, 本然的な, 本質だ, 柄杓といふ, 構成する, 構成とは, 構成的集約的でない, 標札まで, 標準, 歌が, 歌謡は, 正しい力強い訓練, 正しい系統, 正確な, 歴史の, 歴史を, 母音や, 比較学まで, 気障, 洗礼を, 洗禮を, 流暢な, 混乱とか, 為に, 片こと, 片言も, 特別な, 特徴としては, 特色から, 特色たる, 特色の, 特質の, 独習を, 現在の, 理解力を, 癖に, 発展を, 発生し育ち残っ, 発音さへ, 発音で, 発音です, 発音でも, 発音も, 発音や, 発音及び, 直訳みたいな, 知識でも, 知識を以て, 研究といふ, 碑銘は, 礼を, 空間的構成においても, 精神で, 系統或は, 純真性を, 組織から, 統体が, 練習といふ, 罪だ, 羅馬綴であった, 美しさ, 美を, 習慣で, 習慣に, 翻案あり, 翻訳で, 翻訳を, 臭味が, 芸術家の, 解釈を, 言葉が, 言葉としての, 訓練は, 訛って, 訳だ, 訳文を, 試験が, 試験は, 詩が, 詩であった, 詩としては, 詩より, 詩文に, 詩歌に, 話の, 語原を, 語序, 語序による, 語彙は, 語根時代の, 誤りが, 誤解され, 読める西洋人, 調子に, 講習を, 貧弱を, 趣も, 軍事学の, 辞典から, 辞典で, 返事の, 通じない, 通訳の, 通訳官を, 通辞ウィリアムスが, 進歩も, 長所の, 長詩, 隅の, 隠れたる, 電文を, 電話は, 音律から, 音律としては, 音律を以て, 音律上の, 音律的骨骼は, 音楽である, 音楽を, 韻律的不自由について, 響に, 響を, 題名は, 飜譯が, 飴

▼ 日本語~ (311, 18.2%)

8 云った 6 云って 5 いった 4 言った 3 何と, 叫んだ, 彼に, 日本の, 書いて, 私に

2 [16件] あつた, しかも本人, しゃべって, やって, 僕に, 喋舌り出した, 挨拶し, 挨拶を, 斯う, 書いた告白, 礼を, 表現する, 言えば, 言つた, 詩を, 話を

1 [238件] あいさつを, あなたは, あらは, いいなら, いい女, いうと, いうならば, いうより, いう所, いえば, いったの, いって, いっても, いひはにかむやう, いへば, いろいろ話を, うたいました, うたいましたので, うつして, うつすこと, かう李, かかれた小説, きかして, きけば, くり返した, こう僕, こう言うだろう, こう話しかけた, この通り, これには, こんな女, こんな意味, さしつかえないという, しかも堂々, しかも活字, しかも遠慮, しゃべった, しゃべったが, せえ, そういう誰, そう云い, その話, それだけ一層さう見える, それだけ一層そう見える, それと, それは, それを, たずねました, ただ界という, だが, つけたした, つづる和歌, どなったかと, どなりつけた, ないひ, なくして, ならうまく, にこにこ諭し, はつきりと, ひとり言を, ほめました, まくし立てる, まづ言つた, もって, やるかな, やる生, よんだ時, ウチヘハイッテ休ンデクダサイと, ウチヘハイツテ休ンデクダサイと, オランダ人は, カタラウという, ハッキリそういった, ピッコロミリ夫人の, ベントレイお婆さんと, ペラペラ云う, 一生懸命に, 一番閉口する, 之を, 云いました, 云う, 云うん, 云えば, 云ったの, 云っちゃ, 云つた, 云つて手を, 云ひ, 云ふ, 今下へ, 仰有, 会釈し, 伸子が, 何か, 何かと質, 何が, 何といひます, 余等に, 作られた歌, 入れた, 其を, 出したつもり, 別に正式, 医学と, 印刷し, 取調べて, 叫びかわす, 叫んだが, 吉之助に, 君と, 呼びかけた, 呼びかけるもの, 命令する, 哲学する, 唄い終っては, 唄う支那, 問うた貴婦人, 問ふた, 喋る, 喋るので, 喋舌って, 喋舌つたなら, 喋舌つてゐる, 喋舌らし, 喋舌り, 喧嘩でも, 因果物などとも, 声を, 大仰に, 太く呟く, 女は, 小切手の, 小説を, 山と, 店の, 弁解しはじめた, 彼女に, 応じた, 怒ったり, 怒つたり, 思わず畜生, 手真似を, 挨拶した, 教養の, 旅行についての, 日本東京と, 日本的表現だ, 早口に, 暗号文を, 書いたもの, 書いた人, 書いた書物, 書いた紙片, 書かれた内, 書かれた医書, 書かれた戯曲, 書かれた氏, 書かれた西洋哲学史, 書くわけ, 月が, 東風に, 歌や, 歌わせられたの, 歌われると, 毒づいたり, 流暢に, 演じること, 演ずると, 演ぜられる舞台, 演って, 演説した, 片づくよう, 独りごとの, 献辞を, 相談した, 祭その他の, 禮を, 私の, 秋山宇一に, 笑いながら, 答えた, 答えると, 答へる, 素子は, 細かく書いた, 結構間にあいます, 繰返しながら, 署名し, 罵り女, 羽根と, 考えられるよう, 考え先生, 色慾至上主義と, 表題が, 言うと, 言うの, 言って, 言つてゐた, 言つて自分の, 言ふと, 言葉を, 訊く, 訳したわけ, 訳しても, 話しかけそして, 話しかけた, 話しかけて, 話しかけるのに, 話した, 話したり, 話し初め, 話し込んで, 話すの, 話すもの, 話すクラウデ, 話せオランダ語, 語られて, 語りつ, 説教を, 説明しよう, 説明する, 読みますか, 読み出した, 読み得るやう, 読むの, 読めるやう, 読んで, 讀めるもの, 買い物を, 車夫に, 返事を, 述べた, 述べたもの, 述べること, 通じること, 通弁し, 金博士に, 間に合いますよ, 馴れ馴れしく彼

▼ 日本語~ (258, 15.1%)

5 勉強し 4 教えに, 知って 3 よく話す, 使った, 使ふ, 写したもの, 外国人に, 教えて, 知らないの, 話すので

2 [15件] しゃべって, まぜこぜに, 使って, 忌避し, 忘れたという, 書いたもの, 欧洲の, 正確に, 流暢に, 用ひ, 研究し, 聞くこと, 解するの, 話して, 話すこと

1 [191件] あやつること, いくらか知っ, いざ曲芸, いふ, おきなわ, おしえたこと, おしえた一件, おしえること, おぼえて, おぼえるだけ, お習い, かなり精密, きくの, しって, しゃべった, しゃべったから, しゃべりつづけた, しゃべりました, しゃべり出した, しゃべること, しゃべるの, しや, じょうずに, その中, その正しく, たやすくしました, つかう, つかつた, つづり何, どういふ, どんな国語, ならったの, はじめわずか, はなすの, はなす案内人, ひき放して, ぶつけられようとは, ぶつぶつと, ほんの少し, まぜっこぜに, まだ充分理解, まるで知らぬ, まるで話さず, まるで話せなかった, やったの, よく使う, よく解する, わずかひと月, ローマ字書きに, 一つも, 一応ほか, 二言囁いた, 会得し, 会議の, 作るの, 使いながら, 使い日本風, 使うと, 使うの, 使ったこと, 使つて今, 使は, 使ひ馴れた, 使わないと, 使わないので, 使わない全く, 使わぬ事, 使用したい, 出したり, 勉強した, 勉強する, 南洋系の, 口真似する, 呟いて, 善くする, 喋るの, 喋る日本人, 学ぶよう, 学ぶ位, 学んだ, 小耳に, 少し話した, 巧に, 巧みに, 平気で, 店頭に, 強制された, 当たって, 当てたの, 忘れずに, 忘れたといふ, 忘れたらしく会話, 忘れて, 押し通して, 振りかざして, 捨てて, 控えて, 操って, 操つた, 操つる時の, 操りそして, 故意に, 教えたり, 教えまた, 教えるには, 教える学校, 教へたり, 教へて, 教へに, 日本語として, 普及させなけれ, 暢びやかにし豊かに, 書いた場合, 書いて, 書きついに, 書き写したもの, 書くの, 構成し, 欧米の, 此の, 活用する, 漢字で, 珍重します, 現在の, 理解さす, 生んだ, 用いたること, 用いて, 用いるよう, 用い現在, 用ひない, 用ひる, 用ふ, 當惑氣な, 発明した, 知つてゐる, 知らなければ, 稽古した, 綴り出して, 綺麗に, 習いはじめたばかりの, 習うには, 習ったの, 習った毛唐, 習ひ覚え, 習ふ, 習ふこ, 習得し, 聞いて, 聞き囓, 英語と, 表わさしめるの, 表わす暗号, 見いださなければ, 見出すよう, 覚えその, 覚えたいお前, 覚えなければ, 覚えるなんて, 覚えるのに, 覚え込んだので, 解しさかん, 解しながら, 解するので, 解する仏蘭西人, 解放しよう, 言葉本来のす, 記録する, 訳す手伝い, 話さない人, 話しつ, 話します, 話す, 話すという, 話すとの, 話すの, 話すロシア, 話す愉快さ, 話す様, 話す限り, 語りうるの, 誤解し, 豊かな, 蹂躙する, 遠慮する, 長く使わなかった, 間違える事, 集めたもの, 非常に, 音標文字化する, 飛ばして

▼ 日本語~ (141, 8.3%)

4 なって 3 翻訳され

2 [14件] うつして, して, ないよう, ならぬ漢語, ほんやくし, 於ける四人称, 移すこと, 翻訳し, 翻訳した, 翻訳すれ, 訳すと, 読みうるもの, 譯し, 飜訳する

1 [106件] あるか, あるよう, うつしはじめて, うつすの, うつせるため, かわったの, こういう倫理, こじつけうるの, こじつけても, こじつけること, こじつけるの, しかもなるべく, しても, しなければ, すること, すると, すれば, せよ書いたり, だん, ちがいなく, ちがいは, ちょうどあたっ, ないこと, ないので, ない音, なおして, なおす, なおす場合, なおす役, なった, なった飜訳書, なつて, なりきつ, なり切つて, なり得ない特殊, なり得るかを, なるから, なるん, なる限り, ほぼ通じ, やくします, ラテン語を, 不信を, 之を, 伝えるわけ, 似るもの, 何かしら特に, 入った漢語, 写して, 和訳した, 堪能だ, 夢解き, 意訳する, 所謂紳士即ち, 接近する, 改めても, 敬語が, 於ても, 比較する, 無数の, 特有な, 疑問を, 直されて, 直したの, 直せば, 直って, 相違ありません, 相違ない, 眞の, 移された部分, 移して, 移しながら, 移すと, 移す場合, 移そうと, 移植した, 精通し, 納まりも, 索然と, 翻訳されよう, 翻訳せられた, 舞い戻って, 表現し, 訳さうとは, 訳されたプロレタリア文学, 訳された欧羅巴, 訳しそこで, 訳した, 訳した日本語, 訳した際, 訳して, 訳すべきかね, 訳す時, 訳出し, 詳しいという, 譯した, 譯す, 較べて, 通じて, 通じないよう, 通じなければ, 通ずること, 通ぜざる者, 通弁した, 鞍換を, 飜訳し

▼ 日本語~ (134, 7.8%)

3 よくわかる

2 [12件] あまり達者, 上手に, 全く経験, 出来る, 分らなくなると, 単に詩, 巧い, 平俗だ, 殆ん, 蒲原氏の, 話せないの, 達者だ

1 [107件] あったか, ある場合, いつでも, いつ習い, うまいが, うまいじゃ, うまいです, うまいという, おきなわ, おわかり, お上手, かえって凄味, ききとれなかった, この祭, こんなにうまい, すぐ判り, すっかりわかっちまう, すべてローマ字で, ちっとも読めず, つい出た, できあがりつ, できて, ないと, なかなかうまい, なつかしかった, はいって, はっきり聞えた, ほとばしった, まるで喋舌, みんなに, よく解らない, よめずそれで, わかったり, わからん, わかりでも, わかりませんから, わかり彼等, わかる, わかると, わかる筈, コンラッドの, 一語も, 上手であった, 上手よ, 不完全であれ, 不完全の, 世界語であり, 乱れて, 今日の, 使はれ, 入りみだれて, 出て, 出来て, 出来ないから, 出来ますので, 出来るといふ, 出来るので, 分からないなんて, 分かるの, 分らなかった, 分らなくても, 分りゃ話, 分るかと, 分るの, 分るん, 別離の, 可なり, 同様に, 和辻氏に, 喋れなければ, 喋れる劉, 喋舌れなかつた, 変わって, 変話機を通じて, 外国人に, 字で, 実に蕪雑, 巧な, 巧みに, 巧妙過ぎる, 思つたより, 急に, 拙いから, 既に, 既に日本人, 時代の, 殿下の, 火星人の, 生まれて, 盛んに, 福神漬の, 縦横に, 聞えた, 見つからない, 解りますもの, 解る, 解ると, 話されて, 話せません, 話せるの, 話せるん, 話せ日本字, 返って, 通ずるので, 達者である, 達者でも, 非常に

▼ 日本語~ (105, 6.1%)

3 漢字の 2 幸か, 本質的に, 此方の, 略同, 習は, 象徴詩人の

1 [90件] いつの, いよいよ支離滅裂, うまいもの, お茶の子であった, お話しに, からきし判らなかつた, こまかいバラバラ事件, さう, しゃべれますが, すぐに, すつかり知り, たいていの, たいへん上手, ちっとも錆びつい, ちょっと思い出せない, てんで問題, どういふ風, どうもま, なかった, ひどいもん, まことに必要, まずいよう, まるで判らぬ, むずかしいです, もう幾つ, コであっ, ツクであった, テナシまたは, テンジョウで, バカ, ロレツが, ローマ字で, 一向相手, 不便だ, 主として南洋系, 久しい間何, 何う, 何に, 便利の, 信用しない, 先づ何よりも, 出来ないけれども, 勿論不自由, 勿論外国語, 単純に, 単音節語, 古くは, 古来なかつた, 喋れないん, 大変に, 存在し, 実は人間, 尋常二年の, 少し役に立つ, 思ったより, 或時, 戯曲を, 散文的である, 日本人の, 本物の, 果してその, 植民地大衆の, 極めて面倒, 正しいか, 正しいばかり, 正確に, 殆ど分りません, 殆ど判らぬ, 永久自分の, 活溌だ, 流暢を, 漢字で, 無い, 無いよ, 甚だ複雜, 甚未熟である, 直訳する, 確かに, 私たちにとって, 自分には, 自由です, 舌の, 色々な, 英語程に, 解らないの, 語彙が, 読めない, 非常に, 音としては, 韻文として

▼ 日本語~ (49, 2.9%)

2 なり同時に, 云ふも, 支那語との, 英語と, 言は

1 [39件] いつたら先づ私, するの, ちゃんぽんに, なったもの, なって, なつた, なつて, なると, やまとぐちという, よく似た, アイヌ語の, イタリヤ語以外の, フランス語の, ロシヤ語と, 云うもの, 云へば, 今日我々の, 仏国語と, 同じく語部, 同じ位, 手真似で, 支那語で, 支那語とは, 支那語の, 支那語を, 日本についての, 日本の, 日本人らしい, 漢字の, 漢語とが, 琉球語とを, 相俟, 結びつけようと, 考えられるもの, 英語という, 表現としか, 西洋語を, 見做, 露西亜語が

▼ 日本語では~ (45, 2.6%)

3 ない 2 ないか

1 [40件] おも, かたちという, これを, ちっとも書かず, ないの, ないらしい, なくそれ, なんにも買えません, まことに説明, ウバは, カチニと, ケと, コオルという, ドクトルは, ハ行音に, 一般に, 主として自然科学, 云い得ぬこと, 云ひ, 伝へられない, 何時も囲, 出ない場合, 勉強家といふ, 即座に, 取り付け取り合わせ付け合わせあしらい, 同じ発音, 基準として, 天も, 恋と, 拙著, 書きにくい, 歌えないの, 独占資本の, 用いないの, 用いられて, 米搗き虫という, 自由という, 話が, 謹慎生活禁慾生活に, 連衆と

▼ 日本語~ (28, 1.6%)

2 英語も

1 [26件] うまかった, かういふ工合, こういうぐあいに活用, その内ロオマ字, ちょいと, まるつきり, よく出来た, よく出来る, よく通じない, 一つに, 一人二人は, 上手だった, 上手だつた, 出来て, 困らぬよう, 在, 少しは, 文法的に, 斯うなる, 満足に, 独学だ, 相当でき, 知って, 知らず日本服, 私たちより, 行くところどこ

▼ 日本語には~ (16, 0.9%)

1 [16件] うまく訳し, かなり習熟, それだけしか, なかった, ならぬだろう, もうカナリ堪能, 一も, 冠詞は, 平仄も, 或は他, 敬語が, 昔シと, 普通の, 殊に激しい, 特別に, 知つての

▼ 日本語として~ (15, 0.9%)

1 [15件] これを, さう古い, では, 使用し, 別に不都合, 字の, 弘い, 最古い, 未だ非常, 歌って, 相当熟し, 短歌の, 絶対に, 通用する, 非常に

▼ 日本語~ (14, 0.8%)

2 が石

1 [12件] から共通, から誰, か分らない, が同義, これは, これはい, つただけに, つたな気の毒, といふ, とどうも, とは気が付かない, と思う

▼ 日本語でも~ (13, 0.8%)

2 侍る的, 英語でも 1 おれ達の, しばしば転化, たくさんである, なければ, まことに難儀, 一口には, 口調は, 解ります, 話しつつ

▼ 日本語にも~ (7, 0.4%)

1 かなりほん, その平板的, 一種奇妙な, 翻訳され, 英語にも, 通じたるを以て, 通常用ゐられ

▼ 日本語~ (7, 0.4%)

1 が未だ, が載っ, のなかっ, の方, の最初, までが必要, を出し

▼ 日本語だった~ (5, 0.3%)

1 からである, から誰, ぜ, だけにちょっと, のである

▼ 日本語である~ (5, 0.3%)

1 からいけない, が彼ら, ことは, とすれ, 為に

▼ 日本語とを~ (5, 0.3%)

1 こねまぜたもの, つき合せれば, 一緒に, 解すること, 話し浅黄色

▼ 日本語~ (5, 0.3%)

1 支那語で, 漢文や, 漢語は, 漢語を, 若々しい鶏

▼ 日本語を以て~ (5, 0.3%)

2 西洋の 1 わが感想, 意志を, 日本の

▼ 日本語~ (5, 0.3%)

1 されて, して, する手がかり, とその, を強いられる

▼ 日本語学校~ (5, 0.3%)

1 で育った, で育てられた, を一層, を訪れる, 各小学校

▼ 日本語しか~ (4, 0.2%)

1 おしえられませんが, わからない杉田, わからない杉田二等水兵, 話せなかった

▼ 日本語でない~ (4, 0.2%)

1 ことは, ことばで, と困る, 言葉で

▼ 日本語との~ (4, 0.2%)

1 本末関係は, 本質的な, 間には, 音の

▼ 日本語~ (4, 0.2%)

2 んです 1 のです, んでせう

▼ 日本語における~ (4, 0.2%)

1 事実である, 副詞の, 古い別, 甲類と

▼ 日本語教育~ (4, 0.2%)

1 が充分, であるなら, のため, の問題

▼ 日本語そのもの~ (3, 0.2%)

1 がこういう, についての知識, よりももっと

▼ 日本語であっ~ (3, 0.2%)

1 てその, て嬉しかっ, て小舟

▼ 日本語という~ (3, 0.2%)

1 ものが, ものの, 特殊な

▼ 日本語としては~ (3, 0.2%)

1 そうだ, 不熟, 嘘の

▼ 日本語なら~ (3, 0.2%)

1 ばたてはし, ば母音, 何事も

▼ 日本語なんか~ (3, 0.2%)

1 そんなに熱心, ちっとも分からない, 僕知らない

▼ 日本語について~ (3, 0.2%)

1 何か, 十分の観察を, 考へて

▼ 日本語による~ (3, 0.2%)

2 詩人である 1 新しいせりふ回し

▼ 日本語よりも~ (3, 0.2%)

1 フランス語の, 佳しと, 英語が

▼ 日本語不自由組~ (3, 0.2%)

1 だの, の同気相, の団結

▼ 日本語放送~ (3, 0.2%)

1 は, は新, を聴く

▼ 日本語~ (3, 0.2%)

2 な印象 1 でない所

▼ 日本語~ (2, 0.1%)

1 それを, 英語か

▼ 日本語じゃ~ (2, 0.1%)

1 いけないこの, 駄目だ

▼ 日本語たる~ (2, 0.1%)

1 や, 固有の

▼ 日本語だけで~ (2, 0.1%)

2 話して

▼ 日本語だろう~ (2, 0.1%)

1 か伊太利亜語, と思います

▼ 日本語としての~ (2, 0.1%)

1 夫であっ, 沖縄語

▼ 日本語としても~ (2, 0.1%)

1 殆ん, 生きないから

▼ 日本語とは~ (2, 0.1%)

1 異質の, 諸君の

▼ 日本語によって~ (2, 0.1%)

1 この種, 旧説

▼ 日本語ほど~ (2, 0.1%)

1 この点, 他の

▼ 日本語みたい~ (2, 0.1%)

1 じゃありません, なもの

▼ 日本語より~ (2, 0.1%)

1 上かも, 英語の

▼ 日本語らしい~ (2, 0.1%)

1 日本語落ちつい, 言葉は

▼ 日本語をば~ (2, 0.1%)

2 西洋詩型に

▼ 日本語~ (2, 0.1%)

1 学修普及ガ現在ヨリ容易ニナル, 学習本邦諸

▼ 日本語教授要員~ (2, 0.1%)

1 の募集, の錬成

▼ 日本語~ (2, 0.1%)

1 がめぐりあった, を徹底的

▼ 日本語~ (2, 0.1%)

1 りで普通学, を使つて

▼ 日本語~ (2, 0.1%)

1 に接した, を斯

▼1* [99件]

日本語うめえね, 日本語および国民の, 日本語かもしれないぞ, 日本語からわかれて, 日本語きくのうれしい, 日本語さえ話さぬ西洋人, 日本語さえも新しい生活, 日本語じゃあないじゃ, 日本語そのま, 日本語だったらいまなんて, 日本語だってわしが, 日本語だつたし雪子, 日本語や云, 日本語づくめの, 日本語であったというお話, 日本語であり実用国際語の, 日本語でかう訊ねかけた, 日本語でさえなかなか考え, 日本語でしてゐた, 日本語でしたからよく, 日本語でだって解いて, 日本語でなくちゃあだめ, 日本語でばかりしゃべってるん, 日本語といふ二つの, 日本語とては一言も, 日本語とでもいうよう, 日本語とともに突きつけて, 日本語ながら自分は, 日本語などの語学に, 日本語においてもかつてそれ, 日本語についてもいくつか, 日本語にて丈低き, 日本語にてもその真面目, 日本語にとって病疾では, 日本語によってのみ表現し得る, 日本語に対して玄人である, 日本語に対してはいっそうはげしい, 日本語に関する質問を, 日本語のぶざまさ加減である, 日本語のみを使い朝, 日本語はからだめだった, 日本語ばかりでは, 日本語ばかりを話して, 日本語書き直して, 日本語ほどにひどくは, 日本語またかつて同様, 日本語もと天孫民族を意味, 日本語わたしの, 日本語よりはずっと調子, 日本語らしくない白に, 日本語を通じて日本を, 日本語トーキーで世界的, 日本語ト國際語ノ存亡, 日本語ドイツ語英語がこんがらかっ, 日本語ハ特殊ノ研究者ニ, 日本語強制シタル如ク我自, 日本語上手と思います, 日本語下手だが, 日本語下手ごぜえます仏蘭西語独逸語, 日本語云うたらなあこの間, 日本語以外では仰, 日本語使うてる時かて, 日本語分るか, 日本語勉強に来た, 日本語及び日本人の, 日本語字典のあらゆる, 日本語学書や日本人, 日本語に適用, 日本語學校の教師, 日本語學者で宣教師ギユツラフ, 日本語完飜が, 日本語専門でやります, 日本語廃止論を提唱, 日本語のうち, 日本語戀愛新語のカクテル, 日本語成立の一つ, 日本語或は支那語の, 日本語教師を養成, 日本語教授のため, 日本語教授コンラード夫妻が東京, 日本語教科書の問題, 日本語新聞の一介, 日本語に古代, 日本語朝鮮語の全域, 日本語決定訳として世界, 日本語にくだいた, 日本語独習のため, 日本語琉球語の近接性, 日本語発声法の正統, 日本語発達の径路, 日本語研究が今やつと, 日本語研究生であつ, 日本語の卒業生, 日本語英語を通じて返事, 日本語落ちついて含み, 日本語解釈の上, 日本語話すとき考えません, 日本語達者な柯, 日本語に表現