青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「日向~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

旗~ 旗本~ ~既に 既に~ ~日 日~ ~日々 日々~ ~日光 日光~
日向~
日常~ 日曜~ ~日本 日本~ ~日本人 日本人~ 日本橋~ 日本語~ ~日記 日記~

「日向~」 1281, 14ppm, 8037位

▼ 日向~ (319, 24.9%)

7 国の 6 國の 5 縁側に 3 とぐろを, 橘の, 猫の, 砂の, 高千穂の

2 [24件] あるとにかく, ような, 中に, 人々が, 南の, 古墳群は, 国に, 土地を, 延岡で, 或る, 方に, 明るさ, 泉の, 爺やの, 筵の, 縁に, 縁側を, 美々津川の, 薄ら影すみれの, 諸縣, 雪達磨の, 霧島山あたりで, 靄に, 高千穗

1 [238件] あかつきの, ある寺, ある山間, いい椽側, かみを, からだである, ここへ, それは, だん, ところへ, ない与八, ない憎気, なかに, なかへ, においが, ぬくみ, ふきの, ほうが, ほか何も, もく, やうに, よい地点, よい箇所, ように, よき箇所, イヅミノナガ姫と, シオリジメも, ドンキュウとか, ノンキな, ハイカラさん許り, ハイカラ様許り, ペーヴメントの, ミハカシ姫と, 一本道を, 下の, 丘から, 中で, 中へ, 伊東祐広, 伊藤家の, 伝説では, 佐土原付近に, 俗信に, 側に, 光景である, 兵隊も, 別名が, 匂いを, 印象を, 古い石, 古墳が, 古墳だけが, 古墳にだけは, 古墳群の, 国, 国や, 国分寺に, 国尾鈴山の, 國, 國から, 國に, 國よ, 土の, 地に, 地には, 地の, 場所を, 堺へ, 壁の, 外に, 夢に, 大地に, 大蚯蚓空中, 大部分, 大酒屋, 天地と, 奥の, 奴も, 季感を, 学校の, 家, 家内で, 家屋は, 家族の, 小林の, 小林より, 小石の, 尾鈴山の, 山中の, 山奥で, 山奧から, 山腹が, 山間の, 市房山に, 年とった, 庇に, 庫裡に, 庭, 庭は, 庭へ, 廊下に, 延岡である, 延岡とは, 延岡の, 弟子の, 往来は, 志布志浦を, 性格では, 悲しさ, 撞木杖, 方は, 方より, 方を, 旅では, 旅は, 日光は, 日向市の, 明るい生気, 暖かいところ, 曠き, 木これと, 枯草の, 枯草を, 枯草堤に, 某地に, 柔らかい地, 梅が, 梅は, 梓越と, 椅子に, 椎葉山の, 椎葉村の, 椽などに, 椿が, 櫛の, 歩道の, 歩道を, 段落が, 気風を, 氷川神社にも, 沙漠へ, 沢山ある, 河岸に, 油紙近江屋の, 沿岸を, 浜辺で, 浜辺を, 海岸で, 海岸などに, 海岸などの, 海岸の, 海岸は, 炭焼き, 炭船が, 無邪気で, 無邪気な, 熱い石, 猟人の, 甥よな, 男の, 町を, 白犬が, 白藤の, 眞中を, 砂利の, 砂浜から, 磯の, 立派な, 笠沙の, 米良との, 縁で, 縁より, 縁側で, 縁側や, 縁先か, 羅漢様どれも, 美波迦斯毘賣, 美波迦斯毘賣に, 脚が, 自動車の, 自然は, 舌ねぶり, 色どりの, 芝生に, 花つけた, 花を, 若草廂に, 茶の, 草を, 草原に, 藪柑子, 藪椿, 蛇が, 蛇の, 蛤で, 蜥蜴みたいに, 蝶々黄ろい, 諸地方, 諸県君という, 財部が, 赭土は, 路に, 連山の, 遊戯で, 遊芸人が, 道さえ, 道へ, 都万神社の, 都城へ, 都野神社の, 里人の, 野原に, 閑けさよ山杉の, 障子を, 雛鳥あつ, 雪には, 雪全体が, 霜が, 霧島山の, 青島に, 青島の, 顔額に, 風好を, 飯野郷という, 飴の, 餅が, 養源寺の, 香いが, 高千穂に, 高千穂は, 高千穂地方に, 高千穂峯に, 高千穂町を, 高岡郷, 髪長媛を, 鶉車という, 鶴鳴山が, 麦畠へ

▼ 日向~ (223, 17.4%)

8 なって 5 出て 3 なり私, 坐って, 寢そべつて, 立って

2 [12件] して, しを, ぢつ, とぐろを, なりして, なり断えずお, 乾して, 力に, 唇か, 自分の, 蜜柑もぐ, 蹲ってる猫

1 [174件] あかるくて, あったと, あって, いると, うづく, おいでに, おっぽ, おろして, かかると, かがんで, かたまって, きめた, こ, ころがされて, さらけ出される, さらされたまま, しろじろと光沢, じっと蹲っ, つるしてやると, とどまった, ならんだ若い, なり, なりあつし, なりあなた方二人, なりうねうね, なりお, なりおれ, なりお世話, なりこの, なりよく, なり当家, なり意見, なり慰めたり, なり権謀術策, なり深い, ねそべって, のぼせた赤い, ひきずりだした布団, ひるが, ほかほかし, ぼったら焼, ぼんやりし, ましましし時, まどろんだり, まどろんでる猫, むき直って, ゆったりと, 一日じっと, 一臺の, 三脚を, 上りました, 不景氣, 並べた貧しい, 乾かして, 乾びて, 二匹が, 佇んで, 來れ, 先づ, 光る黒髮, 入つた日郷, 入ると, 入る古い, 写ってる松, 出され人, 出すため, 出たとき, 出たの, 出たよう, 出ちゃった, 出ては, 出ても, 出るかも, 出ると, 出るもの, 別れて, 劣らぬぐらい, 劣らぬ南国風景, 匹敵できる, 参りましたの, 又木陰, 取引先が, 古足袋, 向いた山, 向けて, 吸はれ, 囀られた初, 多いせい, 多いの, 夢みる花, 夢む花苑に, 大きい支那焼火鉢, 妙な, 寝ころんで, 寝そべった, 寝て, 寝転んだ, 寝転んで, 寢そべつたま, 寢て, 小菊も, 干されたり, 干して, 幹木の, 床を, 座って, 座布團を, 引つくり, 彼は, 微睡みに, 快適の, 悩む花, 投げ出したの, 投げ出して, 持たせて, 持ち出しました, 曝しながら, 曝し人並, 曝らし, 枯れぬその間, 椅子を, 植えたり, 泣きは, 泳ぎ出, 流れて, 浮かぶ塵, 浴した, 漂ってる重々しい, 狐の, 白い唇, 白く輝い, 真黒な, 眠れる見れば, 石を, 移住し, 突出す痩せた頬, 立ち上って, 立ち留って, 立ったが, 立つて, 籐椅子を, 結びついて, 続いて, 續い, 置いて, 背を, 腰を, 自転車の, 若木の, 茶を, 蒸れる薫梅, 藤豆の, 行き神, 誰かが, 豪族が, 転が, 這ひ, 遊んで, 長くい, 開け放つた縁側, 降臨し給う, 陰影を, 青島という, 面して, 面寄せ, 項垂れて, 頭や, 顏を, 颯と村雨, 香箱を, 馴れて, 鮮やかな, 鶺鴒が, 麦を

▼ 日向~ (66, 5.2%)

3 遊んで 2 とぐろを

1 [61件] あぶられて, お生まれ, お米, かすかに, かれこれ燗, じゃれついて, すかし見るオパアル, ぬくぬくと, のびて, ひとりの, ふところ手を, ほころびを, ほのかに, むらむらと, ベンチに, ラジオを, 一寸した, 何に, 何を, 前脚, 十日ばかし, 古い本, 呟呻を, 夢想に, 子供が, 寝こけて, 小姓達は, 尾を, 快げ, 思い出しますの, 房州も, 投網の, 揉んで, 新聞を, 欠伸を, 汗ばむくらい, 泉水を, 漆掻を, 煙草の, 犬の, 痩せた犬, 眉毛を, 網つくろい, 繰り拡げた, 羽交いの, 臍の, 華やかにも, 虱とらう, 見ても, 見ると, 見る様, 見る銀器, 話して, 読書もつ, 赤ん坊を, 透きとおる日光, 金の, 金ぽい, 長いことボンヤリ休息, 青島へ, 鼠の

▼ 日向~ (52, 4.1%)

10 出て 3 出して 2 持ち出して, 起き直りました

1 [35件] つまみ出して, のぞいて, 上がったよう, 下られた道筋, 並べて, 乾す, 出したよう, 出した金魚鉢, 出たらば, 出た蕈, 出ると, 向いそこ, 土着したい, 寝そべって, 寢轉べば, 帰つた後で, 廻って, 想像を, 戻って, 披げて, 押し込むやう, 掘り出せ, 文学を, 来て, 炭焼きに, 煙草盆と, 煙草盆を, 相坂の, 立って, 置いた, 蛇が, 行くそう, 越える加久藤, 迷って, 驅け

▼ 日向~ (52, 4.1%)

2 樂しんで, 見た

1 [48件] あさつたやうに三方, あるいて, あるく, ころげて, さけて, する少年, つかわして, なつかしみつ, なつかしみ乍ら, のさばり歩くが, ふみ蝋色, ゆっくり歩い, ゆるゆる歩み, 享樂する, 作つて冷吉を, 入れると, 出発し, 受けて, 好む男, 嬉しむ, 思出した, 旅行した, 日比谷公園の, 来る影, 樂んで, 歩きすぎて, 歩きまわって, 歩くと, 歩くの, 求めて, 求めようとして, 眺めながら, 蜂が, 見かけたこと, 見た思い, 見究めて, 見詰めて, 調査し, 走る子, 追っかけ廻る様, 追つかけ, 追ひ, 進発した, 選み, 選んだ, 選んだの, 選んで, 青く光つた虫

▼ 日向~ (50, 3.9%)

2 の御前, はさすが, 直春

1 [44件] お畳奉行別所播磨守, があ, がどれほど, が地盤, が坂本城, が大, としては不審, としては憚り, とは毎度, にはこう, には平常, に任官, に会いたい, に会うたら申し伝えよ, に就, のお, の側, の働き, の味方, の国広, の声, の大逆, の容体, の寺部, の描いた, の日頃, の江戸屋敷, の浮世絵, の逆, の首級, はこと, はまだ, は事芸道, は先代主殿頭, は扇, は此奇抜, は砕けた, は腰巾着, も三人侍女, も世, やほか七, をつかわし, を顧, 万見

▼ 日向ぼつこ~ (42, 3.3%)

26 をし 4 をする 2 でもし 1 がうれしい, が釀, でもする, に候, に候日向ぼつこ, に逼, はなごやかな木の葉, は今, は蝿, 何とうら

▼ 日向さん~ (37, 2.9%)

5 の奥さん 3 の方, は 2 か, と同じ, と被, のところ, の別荘, の御, の爺

1 [12件] という未亡人, と逢つて來, にこの, に逢つて, のあと, のお家, の家, の所有, もいつか, もとうとう, も被, も言っ

▼ 日向~ (32, 2.5%)

2 暖け

1 [30件] あた, あたたかくて, あたたかで, たいへんに, どこにも, なつかしい国, ぬくいおばあさんたち, ぬくうて, ほか, ほどよく温ん, わずかに, 今の, 兄を, 南国で, 口を, 天孫降臨の, 少し熱い, 山の, 彼らが, 暑いし, 暑いね, 東京での, 物悲しい心持, 白い寝台掛布, 神話の, 苦笑する, 行き飽かぬかも, 風が, 駄目だ, 黄色に

▼ 日向~ (16, 1.2%)

1 [16件] あるから, いいもの, たよりらしい, ないと, なかった, ぽつと, もくもくと頭, 出来ちがう二つ, 天皇家に, 消えるよう, 深い色調, 無い日向, 白髪を, 盗人の, 聖域として, 起つからには

▼ 日向守様~ (14, 1.1%)

2 がお

1 [12件] がひそか, が特に, でいらっしゃいます, ともある, にはあやまり, にも甚だしい, に御, のなき, の尊名, の御, の御内, へ何

▼ 日向から~ (10, 0.8%)

1 いかにも寒げ, お召し, お召し上げ, 依頼され, 出た港, 出て, 急に, 發し, 説きかけました, 這入って

▼ 日向~ (10, 0.8%)

1 きっぱり区劃, なって, ひろげたる襤褸, 影とを, 日かげの, 日陰を, 書く文字, 群馬の, 肥後とで, 閑かなり狛犬が

▼ 日向守光秀~ (10, 0.8%)

1 が任, さえ昨夜, なる人間, にささやいた, に殺された, の反逆, の帰国, の顔, はお, はもう

▼ 日向~ (10, 0.8%)

3 の花 2 の下 1 とうらはら, の, のやう, の葉, の音樂

▼ 日向では~ (9, 0.7%)

1 むしろ海手, 土地の, 婆さん連が, 指折りの, 横座弁慶横座は, 消えそう, 結婚する, 自嘲とか, 黄に

▼ 日向~ (9, 0.7%)

1 ありません, あるの, うらなつかし, なかつた, なく働い, はずれの, 心地よく二人, 涼しかりけり, 都城の

▼ 日向どの~ (7, 0.5%)

1 お立退き, が来た, では, には幸運, のお, の歌, の胸

▼ 日向~ (7, 0.5%)

2 ッこの, ッこを, ツこを 1 ッこ

▼ 日向~ (7, 0.5%)

1 の真似, は, は何日, は横, もまだ, も被, イヤそれ

▼ 日向には~ (6, 0.5%)

1 あなたの, ビラも, 上から, 善三が, 彼の, 肝付兼重と

▼ 日向にも~ (6, 0.5%)

1 おろしやれ, 一言でも, 家の, 山上の, 左様に, 美妙の

▼ 日向ぼつ~ (6, 0.5%)

2 こして 1 こから私, こする猫, この猫, こり

▼ 日向~ (6, 0.5%)

1 と同じ, のよう, の鮒, ほどのぬくもり, やらう, を息

▼ 日向~ (5, 0.4%)

2 下心ふかく 1 土の, 種子とる, 越後の

▼ 日向~ (5, 0.4%)

2 の音 1 の物, はやや, をす

▼ 日向なく~ (4, 0.3%)

1 やる者, よく働く, 働きまた, 働くので

▼ 日向一学~ (4, 0.3%)

1 が止せ, である, と妙見勝三郎, に渡す

▼ 日向~ (4, 0.3%)

1 などがあった, の人, の山中, の鮎

▼ 日向~ (4, 0.3%)

1 は右, へ御, へ渡ろう, より戦状申越

▼ 日向山中~ (4, 0.3%)

1 で彼ら, の人々, の焼, の神楽

▼ 日向~ (4, 0.3%)

1 いやそれ, の眞, は何日, もまだ

▼ 日向とが~ (3, 0.2%)

2 美しく混 1 交代に

▼ 日向との~ (3, 0.2%)

1 ように, 加減が, 境の

▼ 日向べは~ (3, 0.2%)

2 木々の 1 観て

▼ 日向より~ (3, 0.2%)

1 喚し, 東北に, 蔭に

▼ 日向~ (3, 0.2%)

1 にまだ, のいい, のよい

▼ 日向吹く~ (3, 0.2%)

3 風の

▼ 日向大隅薩摩~ (3, 0.2%)

1 の九ヵ国, の地方, の方

▼ 日向~ (3, 0.2%)

1 から弟, の仕打ち, を訪ね

▼ 日向殿~ (3, 0.2%)

1 には近日, の如き, の空屋敷

▼ 日向~ (3, 0.2%)

2 な顔 1 なサービスぶり

▼ 日向~ (3, 0.2%)

1 の八五郎, の善助, の組

▼ 日向~ (3, 0.2%)

1 のうつくし, の赤い, を組み合せた

▼ 日向~ (3, 0.2%)

1 さしてさまよいこん, で食べもの飲みもの, の五日

▼ 日向~ (3, 0.2%)

1 が降る, こそふりいで, の仲

▼ 日向~ (2, 0.2%)

2 さるを

▼ 日向あたり~ (2, 0.2%)

1 のヤイジメ, の開放性

▼ 日向くさい~ (2, 0.2%)

1 のが, ような

▼ 日向しづけく~ (2, 0.2%)

2 てたまたま

▼ 日向という~ (2, 0.2%)

1 ものが, 国には

▼ 日向とは~ (2, 0.2%)

1 まず織田軍, 思えないそこ

▼ 日向などが~ (2, 0.2%)

1 思うよう, 息せい

▼ 日向まで~ (2, 0.2%)

1 下る娘, 歸らね

▼ 日向ボッコ~ (2, 0.2%)

1 だが, をし

▼ 日向三カ国~ (2, 0.2%)

2 の太守

▼ 日向先生~ (2, 0.2%)

2 が被

▼ 日向先生何日~ (2, 0.2%)

1 お帰り, お歸

▼ 日向南部~ (2, 0.2%)

1 における出来事, の米良山

▼ 日向~ (2, 0.2%)

1 の如き, はその

▼ 日向大隅~ (2, 0.2%)

1 の地震, 同三年七月

▼ 日向守総和~ (2, 0.2%)

1 は婿養子, は歌川豊国

▼ 日向~ (2, 0.2%)

1 などに任官, などの受領

▼ 日向智恵子~ (2, 0.2%)

1 であつ, はパツ

▼ 日向智惠子~ (2, 0.2%)

1 であつ, はパッ

▼ 日向最寄り~ (2, 0.2%)

2 にくむ

▼ 日向~ (2, 0.2%)

1 というもの, に那智黒

▼ 日向~ (2, 0.2%)

1 お瀧, のお

▼ 日向見川~ (2, 0.2%)

1 と荒川, より四万川

▼ 日向馬関田~ (2, 0.2%)

2 の伝承

▼1* [151件]

日向ありて真昼, 日向ある建築の, 日向おもたくうなだれて, 日向何かで, 日向かがやかし鰯子の, 日向きん子女史はあまりに, 日向くささが, 日向くせえ女, 日向ごろりとヱスも, 日向さん何時お歸, 日向それ自身はもっと, 日向寂びて, 日向と空気中, 日向だけはタダじゃ, 日向ぽ過ぎる, 日向であるが奥地, 日向とを思い切って, 日向汗な, 日向などで船を, 日向などに落葉に, 日向にかぢかむ, 日向にだけは男神が, 日向にまでその行商, 日向ぬくうして, 日向ぬくむ手鞠は, 日向のとを省いて, 日向ばかりで蔭, 日向ばかりの発明であった, 日向へでも出さないと, 日向へと嬉しそう, 日向へのッそりと, 日向べにほの, 日向ぽかぽかと歯, 日向近き道, 日向みかんの籠, 日向みたいな眼, 日向もしくはその附近, 日向寄り寄りにねも, 日向よりも日蔭の, 日向をのッしりと, 日向ジャクシハメエバ鎮西ヶ丸などはあの, 日向ボツコをし, 日向一パイに塞がつ, 日向一円の総, 日向一学保利庄左衛門博多弓之丞笠間甚八峰淵車之助箭作彦十郎荒木陽一郎それに屋敷, 日向一学猪股小膳, 日向一学遊佐剛七郎それに屋敷, 日向一州あるのみ, 日向三国主兼ねて, 日向の少女, 日向代議士夫人の新粧, 日向以来の重臣, 日向以来従軍して, 日向以来歴戦の艱苦, 日向伊勢山城扶桑が千七百噸級, 日向佐土原在のビュー, 日向が無く, 日向の名, 日向児湯郡三納辺で宵祭, 日向は日陰, 日向別当日向ジャクシハメエバ鎮西ヶ丸などはあの, 日向南那珂郡の人身上千蔵君曰く, 日向及び大字木戸を, 日向古来のもの, 日向の代理, 日向国児湯郡三納の盆踊り, 日向国宮崎郡清武村に二段八畝, 日向国東諸県郡の本庄, 日向国飫肥の人, 日向国飫肥領の山中, 日向国高鍋の観音, 日向の山奧, 日向國西諸縣郡小林郷ナリ, 日向地方を行乞, 日向大和勝沼入道今川伊勢辺見左京一騎当千という, 日向大谷で両神神社, 日向大隅地大震とあり, 日向子供と犬, 日向守うちじにの, 日向守さまがお越し, 日向守たるの誇り, 日向守ガ備ヘヲバ突キ崩サレ一町バカリ引退ク処ヘ又, 日向守一箇についていえ, 日向守一門の末, 日向守光秀様らしくも, 日向守勝成は, 日向守松平和泉守松平左衛門佐御親類, 日向守通憲が伝えた, 日向守酒井大学頭, 日向宗対馬守なぞのお, 日向小姓組の面々, 日向小春日和の, 日向小林在の陰陽石, 日向小林村で調査, 日向小菅岳の山女, 日向岩川八幡の大人弥五郎, 日向のあたり, 日向干しとして適度, 日向延岡の内藤侯, 日向進発より, 日向を入れ, 日向思案に落ちこん, 日向に目立っ, 日向恋しく河岸へ, 日向の窓, 日向日乘等で又弟子, 日向日興日持日位日辨日朗の弟子日像, 日向日蔭の裏表, 日向日裏の区別, 日向柳原のお前, 日向様ぢやありません, 日向様何日お帰り, 日向様貴女に少, 日向樣ぢやありません, 日向樣貴女に少し, 日向求むる病人は, 日向法眼二人の奥医師, 日向津久井県の地名, 日向溜りの秋, 日向煙草の煙, 日向照之進は弓夫, 日向照之進方によく, 日向の生, 日向真幸郷の小さな或, 日向ゆき眼色, 日向神話発祥のイワレ, 日向の, 日向筑紫を巡, 日向などの物資, 日向の艀, 日向組四人合せて, 日向の分岐点, 日向に寢轉, 日向葵日夜我らの親しむ, 日向蒲団の綿, 日向蒲團の綿, 日向薩摩の風光, 日向薩摩大隅と云, 日向の前, 日向見つけて昨日, 日向訛りが商人, 日向豊前に更に, 日向豊後に大きな, 日向豊後紀伊などの海, 日向遊ぶ唐子の, 日向選り来る荷か, 日向青島を旅, 日向飫肥の城主, 日向を過ぎ, 日向高鍋城主秋月家より宝暦十年, 日向黒くあかるくをり