青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「日光~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~旗 旗~ 旗本~ ~既に 既に~ ~日 日~ ~日々 日々~ ~日光
日光~
日向~ 日常~ 日曜~ ~日本 日本~ ~日本人 日本人~ 日本橋~ 日本語~ ~日記

「日光~」 2759, 30ppm, 3926位

▼ 日光~ (567, 20.6%)

31 中に 18 下に 17 下で 12 直射を 10 なかで 8 ために, なかに 7 中へ 6 もとに, ように 5 中を 4 うちに, 町に, 町の

3 [12件] なかを, もとで, 中で, 中では, 中の, 反射が, 反射に, 山の, 強さ, 東照宮の, 町から, 町へ

2 [36件] あたる所, さし加減と, なかへ, やうな, ような, よくささない, 前に, 力を, 加減で, 土にも, 射して, 山を, 山中で, 差し工合だって, 底に, 影を, 斑点の, 斑点を, 方で, 案内を, 棒が, 棒も, 波光の, 波日光の, 為に, 照り輝くばかり, 美しさ, 裡に, 誘惑を, 諸寺院, 通らん処, 金が, 金を, 降り注いで, 陽明門の, 黄金は

1 [319件] あたたかさ, あたって, あたること, あぶら, あまり射さぬ傾いた, あまり差さない, ありがたさ, おつとめ, おどる芝生, お寺に, お鏡開き, か, かがやくところ, かがやく空気, かくかくたる, がれの, こぼれて, こぼれること, ごとき崇拜, ささない三和土, ささない小, ささない時刻, ささぬ水色, さしこむお湯, さした二階食堂, さした濁水, さして, さすまま, さす時節, さびしさよ, しみるやう, ただなか, ため, ためには, なかでは, なかの, においと, ぬくもりで, はやく過ぎゆく, ほうへ, ほかに, ほとりに, ぼろを, みえて, もつほつぽ, ものばかりと, ゆらぎの, イルミネエシヨン, チラチラする, マス釣りや, 下が, 下でない, 下でも, 下には, 不足と, 中から, 中が, 中には, 中にも, 中または, 中禅寺の, 中禅寺湖と, 中禅寺湖へ, 中禅寺湖よりも, 中禅寺湖畔で, 中禪寺湖也, 乾燥した, 二荒山赤薙山太郎山明神岳あたりを, 五色の, 人である, 代に, 余温と, 作用によって, 例幣使街道春日の, 値打は, 光波及び, 入らぬ家, 入る処, 具合で, 出開帳から, 分析から, 前の, 力も, 力衰へ, 加減に, 効果の, 動揺と, 勝松島の, 匂いをさえ, 匍ひ来り, 匐ひ来り, 反射する, 反射で, 反射と, 反射にさえ, 反射の, 反射は, 反射を, 古い町, 古建築, 周囲にも, 土地が, 地上に, 地方をも, 大観なく, 大谷の, 大谷川あたりのは, 大谷川の, 天狗に, 奥で, 奥などに, 奥の, 奥山が, 奧で, 奧中禪寺湖の, 女貌山, 如く春, 如く空気, 寺院の, 射さない檻, 射さない湿っぽい, 射さぬ所, 射さぬ板の間, 射しぐあいなどをしらべなければならなかったからです, 射した石鹸, 射してるところ, 射し込む窓, 射し込んだ花壇, 射すの, 導き方, 小さな小さな菫, 山々が, 山々まで, 山々を, 山々男体女体太郎山丸山などが, 山々白雲の, 山が, 山の寺で, 山は, 山へ, 山中旅行では, 山奥に, 山奥の, 山奧などには, 山水を, 山辺は, 工合にて, 差し込んで, 帝釈と, 底の, 度を, 廟の, 廟門を, 式に, 強いの, 強きこと, 当つた緑色, 当りが, 影が, 御修, 御厄介, 御山を, 御廟, 御普請場, 御造営, 恩恵に, 恵みに, 愛撫, 感じに, 感覚を, 戦場ヶ原や, 放庵だ, 效果の, 斑を, 斑点が, 斑点に, 方から, 方が, 方の, 方へでも, 方角に, 方面から, 明るいそこ, 明るくさし, 明るさ, 明るみに, 明暗あり, 暖かに, 最後の, 朗らかなる, 杉の, 杉並み木などは, 杉並木を, 条, 東照宮も, 東照宮山内の, 柱は, 楽しさ, 殊更明く, 氾濫と, 波が, 波紋を, 洪水, 流れに, 流れや, 流れるにも, 渇, 渦巻の, 温みにつれ, 湯の, 湯ノ湖を, 湯本で, 湯本へ, 滝を, 滿ちた, 漂ひ, 漲った明るい, 漲った空, 漲り溢れてる大気, 澄明さ, 炎熱とが, 焼点の, 照って, 照りつけたその, 照りやんだ, 照る木の実, 照明によって, 熱さ, 熾烈な, 燦き, 猫の, 現場へ, 田母沢の, 男体山の, 男体山よりも, 男体山此方は, 男體山が, 町では, 町まで, 番人だけを, 痛さ, 白根山男體山や, 目に, 直射が, 直射する, 直射と, 直射に, 直射や, 直射程痛快, 眞中に, 眠り猫に対して, 社参に, 神は, 神様な, 秋は, 秋八月中, 称が, 紅葉, 紅葉を, 紅葉狩にと, 縞が, 縞に, 縞の, 美しい五月, 美しい気候, 美の, 美觀を, 芳醇なし, 華厳の, 華厳を, 華厳以上だ, 華厳滝よりは, 華厳瀑や, 華厳瀑を, 華嚴の, 萬物を, 薬師堂の, 藝者に, 融解力を, 見えぬよう, 視えぬ穴, 触れ合う境, 触覚と, 話とやらを, 諸山が, 諸山を, 讃岐の, 費用に, 費用を, 賭場を, 赤沼の, 赤薙山まで, 輝きを, 輝るの, 辺にて, 近くに, 連山一帯より, 連山羊の, 遊んで, 道を, 道中筋で, 重圧に, 野口屋に, 開山者で, 間の, 陽明門が, 隠顕する, 雲は, 雲間を, 霊廟の, 霊廟を, 靨に, 音の, 鮮かさ, 鮮かに, 麗しさ, 黄色い中, 黄金の, 黒い木棚

▼ 日光~ (401, 14.5%)

30 浴びて 25 受けて 14 浴びながら 11 反射し 10 懼れ 7 うけて 5 あびて, 反射する, 吸って 4 全身に, 見て 3 吸った金剛石

2 [15件] さ青, のむこと, まぶしそう, キラ, 一ぱいに, 凍らしでも, 厭って, 受くる, 当てて, 浴びつつ, 眺めて, 見る, 遮つて, 遮るため, 遮断する

1 [248件] あつめ植物ども, あてた, あてながら, あて次に, あびせても, あびた, あびたフランス平野, あびた外, あびた甲板, あびた緑, ある角度, うけた柱, うけた白い, うけた蕾, うけながら, うしろから, うつして, おそれる土龍, お引き受けする, からだに, きつく受け, これほど, さえぎったところ, さえぎって, さえぎりはじめました, さえぎり昼間, さえぎり石炭, さえぎり近づくにつれて, さえぎること, さして, さして旅, さして闇, さへ, した, したって, して, しみじみと, すい鳥居, すかして, すかすの, たっぷり空気, てりかえし白い, とざしとき, とりいれて, とり入れなくちや, のがれようと, はね返して, ふり当てられた柳生, ふるわすよう, まぶしさうに, みのるは, むさぼろうと, もたない囚人, もとめて, ものとも, よろこびに, わざと遮っ, キラキラと, サッと投げ落し, スコツチの, 一ぺんくう, 一杯に, 中心として, 中心に, 井底に, 享楽し, 享樂する, 仰いだ新しい, 仰いで, 仰ぎに, 仰ぐことさ, 仰ぐと, 余念なく, 冒して, 切り湖水, 刎ね, 厭ふ, 反射させ, 反射してる, 反射しない, 取りまく四十里, 取り戻して, 受けざる巷, 受けたところ, 受けた松, 受けた緑, 受けた縁側, 受けながら, 受けると, 受ける幹, 受け競うて, 吐くあり, 吸いよせて, 吸い紅梅, 吸い込むこと, 吸い込んだ, 吸い込んで, 吸うて, 吸つた金剛石の, 吸つてゐる, 吸ひ, 吸ふ, 吸収し, 吸収する, 吸收させよう, 吸收しよう, 吸收する, 吸込んで, 嘲笑ふ, 壜詰に, 大理石の, 嫌ふ, 孕んでを, 宿したま, 尊く久慈, 少ししか, 山越えし, 差して, 帽子の, 引き出す計画, 弱めるため, 当てると, 当て茶わん, 得られれば, 忌み雨, 怖れる, 思ふ一杯, 恐れました, 恰しんで, 恵んで, 感じた若, 感じて, 慕う植物, 投げつけた, 押しつけて, 敷石と, 斜めに, 方六尺の, 映して, 映発し, 有難く思った, 樫の, 正面に, 求めて, 汲んで, 洋傘一つに, 洩して, 洩し候, 洩らさねば, 浴び, 浴びたその, 浴びたので, 浴びてせつせとそれを刈つて居る, 浴びなければ, 浴びようと, 浴びようとして, 浴びる時, 湛えかねて, 湯げに, 漂わせその, 漂わせよ, 漏らして, 漏らすかと, 漏らすも, 照りかえしながら, 照りかえすその, 照り反す様, 瓶詰と, 発しその, 発し太陽面, 盟主と, 直射させ, 直射させる, 眩しさうに眼, 眺めながら, 眼の, 知らない深海, 硝子戸いつ, 精神として, 素材に, 経て, 結構な, 羞明しい, 胸で, 自分ひとりで, 舳から, 船一杯に, 蔽うとも, 見ざるうち, 見ざること五日以上, 見ずもし, 見せる時, 見た事, 見た詩, 見つめて, 見ては, 見ない, 見ないうち, 見ない穴, 見ない船底, 見なかったこと, 見なかったため, 見ぬうち, 見られないの, 見ること, 見る寒し, 見る風, 見れば, 見んと, 訪れた時, 誰に, 貪る木木, 跳らせ, 身に, 軽蔑させる, 輝かせて, 迎へ, 追うて, 透かす夕立, 透すこと, 通すという, 進出したらしい, 遠のける, 遮ぎるのでヒヨケノキ, 遮って, 遮つた, 遮られなければ, 遮りその, 遮りたれば, 遮るな, 遮るなく, 遮る一日, 遮る勿, 遮る爲, 遮る砂塵, 遮蔽する, 避けて, 避けながら, 避け避け細めた久慈, 開くため, 防ぐに, 防げる室, 限りなく, 隠して, 雪の, 領し, 飛んで, 鱗の

▼ 日光~ (391, 14.2%)

8 射して 5 地上に 4 さして 3 さすと, 当って, 洩れて, 窓から, 輝いて

2 [31件] かがやいて, さした, そこに, そそいで, その上, ぢり, キラキラと, チカ, 一面に, 人間の, 其土を, 出て, 反射する, 射し込んで, 屈折される, 広い園, 強いので, 斜めに, 映して, 溢れた, 溢れて, 照って, 白くそそい, 直射し, 直射する, 踊って, 躍るが, 遠くに, 降りそそいで, 降る, 雪に

1 [297件] あたかも自分, あたって, あたつ, あたりませぬよう, あらゆる物, ある, いかにも春めいた, うらうらと, うれしい, えりを, おどる, きらきらと, きらきら光り, ぎらぎらと, こがして, ここに, この物質粒子, さしこむよう, さしこんで, さしたやう, さしたよう, さして光つて, さしとおして, さし込んだ, さし込んで, さし込んでる, さし透し, さっと船, さんさんと, しんしんと, じかに顔, じり, すべての, すやすや寝入つた, そそぐ, そちら側の, その杉, その葉, そろそろと, たっぷりあるというだけがとりえのものではないだろうか, たまるかと, ちらちらと, ちらり落ちる, つうと, つよくさしつけ, ないばかりか, はいらなくなったと, はれがましく照, ばかに, ひたひたと, ふりそそぎ美しい, ふりそそぎ馬, ふり注ぐばかり, ほどよく中和, ぼんやりと, ぽかぽか当たっ, まだ戸外, まばゆいばかりに, まぶしいといった, みなぎりわたって, もう白い, もれる, よく差し透さない, よく当れ, わたしには, キラ, キラキラする, キラキラ射し込ん, キラリと, クラ, ジリジリと, チカチカと, チラつく金粉, チラチラし, チラチラと, パツと, 一ぱいに, 一杯さし, 一郎の, 与兵衛の, 之を, 乾いた木の葉, 二人の, 仄かに, 今にも葡萄酒, 何処かに, 余り深く, 倒れた草, 充満し, 光った, 光りそよいで, 入らなくし, 入り過ぎるほど, 其等の, 動く, 北山の, 十分さします, 十分の, 南イタリーの, 同じ節穴, 名刺の, 四日間照りつけた, 大天幕, 天から, 如何に, 妙に, 寝台の, 寝室を, 寝起きの, 射さないせい, 射さなかった, 射しこむよう, 射した, 射したやう, 射し込まない奥, 射すこと, 射すだろうかと, 射すと, 射込むで其の, 小さい庭, 小屋の, 少しも, 少し漏れ, 届かないの, 屋外に, 峰に, 差しこみ北, 差したよう, 差し日, 差込ん, 希望に, 建物に, 強くあたっ, 強く射した, 強く漲っ, 強く照らす, 当たって, 当たらないよう, 当たると, 当るあたらないいろいろ, 当ると, 彼の, 彼を, 径の, 待ちかまえて, 御縁, 微動する, 急に, 恐しく烈しい, 戸の, 招いて, 招くやう, 揺れて, 揺れる, 敷石に, 斑点を, 斜に, 昇って, 映えて, 暑くて, 暑くなった, 暫く此, 更に其大玻璃器, 木の葉や, 机上の, 机掛けの, 條文を, 植物に, 横から, 樫の, 樹立の, 次第に薄く, 正面から, 氷に, 油でじり, 流れ入る, 流れ込んで, 浅黄の, 浮かび出て, 浮世の, 深い庇, 渦巻く雲, 溢れる様, 溢れる樣, 漂って, 漲って, 漲りお, 潮の, 澄み切って, 激しく照りつけた, 瀑布を, 烈しく落ち, 無風の, 焼きついて, 照りつけて, 照りつけ松, 照り初めると, 照付ける, 燃えきらめいて, 燒け, 燦々と, 燦爛たる, 物の, 琉球表の, 痛いほど, 白かった, 白く降り注い, 白みわたるほど, 白雪に, 直ぐ目に, 直射しません, 直射し出した, 直射によ, 直接には, 真上に, 眩しい, 眩しいよう, 短い光線, 砂丘を, 硝子や, 硝子窓から, 神田の, 禁物で, 私達に, 秋の, 空一杯に, 空気の, 空間を, 窓, 窓に, 立木の, 等閑に, 綿の, 縞を, 美しい幾条, 美しく信濃, 翳ったよう, 腫れただれたよう, 色々に, 芝生に, 茫漠たる, 草の, 落ちかかって, 落ちて, 葉が, 葉を, 葉越しに, 蒐集棚の, 蒸しついて, 薄い時, 薄くなり, 薄ツすり, 薄暗がりに, 街に, 裾野を, 西の, 見送りの, 見透されて, 豊沃な, 躍って, 躍り雨樋, 輝き暖かかっ, 透いて, 透って, 通わなかった, 通常七色の, 部屋一ぱいに, 金の, 金粉を, 門並を, 閃, 降って, 降りそ, 降りそそいだ, 降り注ぐため, 降り注ぐと, 障子に, 障子の, 障子一杯に, 雪の, 雪面に, 雲に, 零れて, 青い木, 青葉を, 青葉青葉に, 頂にのみ, 額と, 額に, 風を, 馬車の, 高い玻璃戸, 鮮かに, 鮮やかに, 黄花石楠花を, 黄金の, 黒い洋装

▼ 日光~ (342, 12.4%)

21 浴し 6 照らされて, 輝いて 4 すかして 3 あたって, 曝して

2 [22件] きらきらと, きらめき風, なって, キラキラと, キラキラ光る, 光って, 反射し, 当てて, 必要な, 映じて, 晒して, 曝らし, 植物採集に, 汎濫し, 照され, 照し, 照りつけられて, 照付けられ, 眼を, 行った時, 透かして, 透かせましたが

1 [255件] あえば, あたためられた強壮, あたったよう, あたらないの, あたるの, あてて, あてなかつた布団, あてまた, あてまわり, あふれて, ある徳川氏, いつまで, いりつけられながら, いるだけの, うだって, おいでに, おるぞ, かがやかして, かがやく泉, かがやく砂, きらきらする, きらきら輝く, きらめきながら, きらめきはればれ, きらめき時々, ぎらぎら輝い, くッきり, このひっそり, これが, さがつちまふん, さしつかえて, さらされたの, さらされて, さらしそれから, さらしつつ, さらす, さらすのみ, しろ宮島, すけて, ただれて, ちらっと光った, つ, つかわせようという, つくられた金, とけて, なりました, ぬくまりながら, のぼせたやう, はるばる出かけ, ひたりながら, ひろがれ, ほのかな, まじって, まともに, まぶれ, まぼしく, めげないよう, やかれた石肌, やけたよう, やけた赫ら顔, よくふれる, よくほした, よく切れ, よく曝し, よりて, キラキラ燦め, ゼラニュウムや, ダンテの, ベットリ汗ばんだ, 一役持ちたい, 乾かされて, 乾かしたるもの, 乾かしますので, 乾ききって, 乾されかなしい, 乾して, 事よせ, 人の, 代う, 何か, 光つた海を, 光つてよく, 光りすべて断食, 冬は, 出ること, 削られて, 加はりたれ, 半分萎れ, 原始的な, 反射した, 反射する, 反射する乾いた, 反映し, 向いた一方, 向う砌, 向けて, 向って, 向ふ, 吸われて, 呼吸し, 堅く輝く, 妨げられて, 岩の, 帰るに, 干すよう, 幻の, 弱かったり, 当ったり, 当った事, 当てたり, 当てた石, 当てられたる土鼠, 当てられて, 当るよう, 当る必要, 往つてゐた, 恨み顔, 恵まれないこの, 恵まれること, 惠まれない, 戰つて會津へ, 拭われた緑葉, 撒かれた虻, 敏感である, 整然とかがやい, 昔の, 映じた景色, 映って, 映つて, 晒された乾, 暖まりかねた大理石, 曝されて, 曝されても, 曝されると, 曝しそこら, 曝したもの, 杖を, 来たり, 来て, 柔らかくおいしそう, 次ぐ徳川家, 水を, 汚らしく見えた, 泊りぬ奧羽地方, 泡立つては, 波紋し, 浮動する, 浴さなかった, 浴した, 浴し新しい, 浴すよう, 浴する機会, 浸った全面, 渇いて, 温まった山山, 満たされたあたり, 溢れた雲, 焼けて, 煙って, 照されたる, 照って, 照らされたたき火, 照らされた千曲川沿岸, 照らされた川, 照らされた東京, 照らされた生, 照らされてる蛇, 照らされると, 照らされ宛然, 照らして, 照らし群衆瞠若, 照りつけられその, 照りつけられた海水, 照りつけられては, 照りはえて, 照り映えて, 照り輝いた前後いちめん, 熟して, 燃えあふれて, 燦い, 発向する, 白く光り, 白く見える, 白刃が, 白熱的な, 白銀の, 目を, 直射されない, 直射も, 眩しげ, 眩ば, 着けば, 瞑って, 私の, 移したの, 窓下の, 笑み若く, 粉雪が, 細かくチカチカ, 緑深く, 美しく輝い, 耀いて, 肌を, 自身の, 臭く蒸れ, 舞いつつ, 色々に, 色彩に, 苔の, 蒸されながら, 行く, 行った, 行ったとき, 裏漉しされた, 親む風雅, 触れた部分, 触れば, 触れるから, 詣ること, 象られる幽か, 赴き十余日, 踊る微塵, 輝いた大きな, 輝いた波頭, 輝かして, 輝きながら, 輝き銀色, 輝く一つ, 輝く下, 近い橋石, 透いて, 透きとおってる手, 透きとおるよう, 透き徹って, 透し視られた, 遊ばれた時, 遊ばれ中禅寺湖畔, 遊んで, 遠きあたり霜柱, 長くとまり, 閃くよう, 雨ふりの, 震えて, 震えてる一筋, 震ひ, 青くすき, 青くすきとおり, 青年は, 青臭く晴々, 頭の, 額を, 顔を, 風の, 飛んだ天狗, 驕り太っ

▼ 日光~ (136, 4.9%)

2 いよいよ強く, きらきらとして, 四つの, 岡の, 更に遍, 桃いろ, 行李の, 運動場いっぱいでした, 非常に

1 [118件] あたたかく真上, あのあたり, あふれすず風, あまり強い, あらゆる神秘, ありがたいかな, あんまりま, いやに, おそらくこれ, お気に, かっと町, きらきらと, この山国, こまっかい, これに, さんさんと, しだいに烈しく, じりじりと, そのわびしい, その水, その黄, それほど悪い, たつぷりあるし, とても目, どこにでも, はい松, ほしいまま, ほとんどここ, まだささない, まばゆいほど, もう十年以上, もう往来, やはり若い, よくさすが南側, エルコラノの, ガラス戸ご, 一泊する, 一種の, 今朝はか, 何と云う, 何時か, 全く金色, 勘次の, 千世子の, 南欧の, 単に光炎, 同じ光り, 墓地に, 大成功, 実に暖かく, 宮城の, 家康と, 容赦なくせまり, 寒い車, 廊下の, 弱いの, 強烈すぎる, 彼でさえ, 意外に, 散り残った鮮, 日に日に弱っ, 日に日に熱度, 日光な, 日本より, 明かで, 明に, 明るくて, 晴れやかに, 暖い, 暖いがまだ, 暖く, 枝葉で, 柔かに, 柿の, 椽に, 殊に, 求めず日本, 浜を, 海抜二千フィート中, 潤沢です, 炎, 照りつけ汗, 燦いた, 燦然として, 燦爛たり, 生物を, 白い干物, 皮膚に, 目を, 直ちにトマト, 直射する, 相變ら, 眼眩しい, 矢張り若い, 禿山と, 積水の, 窓の, 窓枠の, 緋の, 縫目に, 耀らない, 草の, 薄らいだり, 街路の, 見たか, 見たくないと, 見なかったよう, 貴殿らしい, 輝いたり, 迫るワ, 鎧戸の, 障子へ, 青葉の, 音なく, 黄を, 黄昏を, 黄金の, 黒いもの

▼ 日光~ (94, 3.4%)

4 風とを

2 [11件] いっしょに, 塵埃の, 大気の, 快楽とに, 水と, 爽やかな, 砂の, 空気と, 空気とを, 陽炎と, 風と

1 [68件] そして僕, その家, なつて, みづみづしい青葉, 一緒に, 上州草津に, 上野寛永寺に, 乳白色の, 京都と, 仕事とを, 仲が, 入海の, 同じやう, 土とに, 土とは, 土に, 塩分を, 外気とに, 安心と, 影と, 微笑と, 微雨とに, 微風に, 微風の, 恋と, 愛と, 散れて, 散歩に, 新しい空気, 日温との, 普通の, 槍先と, 水はけとを, 海風とが, 涼しい風, 潮風とを, 澄みきつた大気, 炉の, 熱と, 熱とに, 生命の, 白金色の, 目に, 真赤なひ, 眠りと, 砂熱とに, 空気とが, 空気との, 空気に, 空気の, 空氣の, 色と, 芝と, 芸者とは, 言えば, 遊んで, 金銀山の, 関係あり, 雨と, 雨量, 雪の, 雲とに, 雲との, 霧と, 青葉の, 静寂の, 風に, 風景であった

▼ 日光~ (85, 3.1%)

4 行って 3 出かけて, 行くこと, 連れて 2 往く事, 押寄せて, 行く途中, 行った時

1 [64件] いった事, おつれ, おびきよせて, お出むきくださる, お馬, かける大抵, きて, ひと跳び, まいりますの, ゆく, ゆくか, ゆくと, ゆくなど, ゆくに当たって, 下り東照宮, 二人ツきりで, 伸ばさずには, 六十里半, 出かけたと, 出して, 出むいたという, 出るのに, 出る外, 出張しなけれ, 出掛けるなぞ, 出発する, 出発前に, 去つて, 参りました時, 参詣いたし, 参詣を, 參詣し, 取られる, 向かうこと, 向かったの, 向かって, 向った同じ, 寝ころびに, 建立された, 往った, 御代參にでも, 抜けら, 日光へ, 曝したの, 来て, 歩いたん, 発足し, 発足前江戸の, 着いた泰軒先生, 着くと, 藤村女史と, 行きてえという, 行きましたよ, 行き今や, 行くだけの, 行くって, 行くなんて, 行くの, 行くらしい西洋人, 行ったご, 行ったと, 行つた時の, 飛行機を, 駆落ち

▼ 日光~ (45, 1.6%)

3 御造営 2 から四十里, の遊, の麓

1 [36件] かあるいは, がジイ, が見られる, そびえ東, で植物採集, で滝, となつ, とのみにあり, と上州, にこの, には走り, にまいります, に住ん, に催し, に改葬, に立籠, に遊んだ, のお寺, のその, の万年艸, の中院, の廟, の御, の御用, の慈悲心鳥, の觀楓, の記, の諸, の開祖, の馬返し, は男體, へ登る, へ行け, らしい方角, をフタアラ山, を経営

▼ 日光~ (33, 1.2%)

5 造営の 2 修営に, 修営は, 修復の, 造営が, 造営奉行に

1 [18件] 下命の, 作事中仮りに, 修営を, 修理に, 修理の, 修繕なんか, 修覆, 出馬を, 着手の, 神忌に際しては, 造営に, 造営については, 造営に関して, 造営へ, 造営を, 造営奉行は, 造営奉行組下の, 門跡から

▼ 日光~ (24, 0.9%)

2 点々に

1 [22件] お亡くなり, すぐだめ, つつむよう, 一体どうした, 五百城文哉に, 五百城文哉先生の, 何か, 同じもの, 向角, 彌生子氏は, 待って, 或藝者, 氷の, 煙を, 知り合いに, 解けて, 輝いて, 輝き夜, 遊んで, 鈍く光る, 顔を, 馬の

▼ 日光~ (23, 0.8%)

2 鎌倉へ

1 [21件] または朝夕四季, 中禪寺, 京都二条の, 善光寺さんイ連れ, 夏の, 奥上州から, 折々降り, 武州高雄山の, 空気に, 箱根へ, 若葉の, 草いきれにも, 赤城から, 軽井沢も, 部屋に, 鎌倉などで, 鎌倉の, 雨や, 飯坂なんぞで, 驟雨が, 鹽原關西では

▼ 日光から~ (21, 0.8%)

2 山越を

1 [19件] お帰り, そむいた側, それらの, 会津の, 出て, 奈良へ, 尾瀬沼に, 帰つたら, 帰京する, 松島を, 江戸までは, 温かい光, 私たちを, 私を, 考えて, 見放されるほど, 足尾へ, 遮断された, 馬返しまで

▼ 日光~ (21, 0.8%)

1 [21件] あって, ぐれはまに, さえぎられて, そそぎ, なかった, ばら色に, ひろ, ほどよく温か, よく這入る, 下までは, 乏しく髯さ, 亦掬い上げ, 思いやられる, 恐れない, 淺間も, 照らずどんより, 見たり, 見られず極, 透さぬ大, 通さぬ位葉, 青葉若葉の

▼ 日光~ (19, 0.7%)

2 に日

1 [17件] から聞え, が刻々, が輝い, で寝室, で日向ぼっこ, に入る, のやう, のよう, のガラス, の一隅, の中, の多角, の幕, の椅子, へ来た, もある, を彼女

▼ 日光~ (15, 0.5%)

2 なおしが, 役の

1 [11件] つくろいの, なおしこそは, なおしの, 作事目付貴殿に, 出費とは, 手入れは, 直し, 直しを, 相役を, 着手の, 費用の

▼ 日光街道~ (15, 0.5%)

1 [15件] で, で変, との要所, と洒落, にかかる, に三組, に今市, に出る, の大, はまっ, を北, を徒歩, を蘆野原, を血眼, 思うとおり

▼ 日光には~ (14, 0.5%)

1 [14件] お美夜ちゃん, こんな変てこ, たしか弘法大師御作, もうどこ, もつと, 大きな賭場, 山水の, 帽子の, 耐えられないから, 詣らなかったそう, 辟易です, 近いところ, 鋳掛屋の, 関係しない

▼ 日光とに~ (9, 0.3%)

1 あますところ, くっきり浮き出されてる, ぬくめられて, ひたされて, 光る呟, 於ける二, 洒す, 親しませる事, 酔った一羽

▼ 日光への~ (8, 0.3%)

1 例幣使であった, 例幣使大坂の, 定例の, 寄り道を, 往復の, 往復九十里横須賀への, 旅, 旅行

▼ 日光まで~ (8, 0.3%)

1 なけなしの, わざわざ会い, 三十余里を, 伸ばそうという, 出掛けて, 行かないうち, 辿り着かぬと, 際限なく

▼ 日光~ (8, 0.3%)

1 でありしが, で着いた, とは雲泥の差, に乗っとる, に入, の一等客, の大, の船内

▼ 日光図幅~ (8, 0.3%)

1 なりとす, には中岳, には只見川以西, にも地質調査所, に大烏帽子山, に拠れ, の正確, を出し

▼ 日光~ (7, 0.3%)

3 社参の 1 社参これは, 社参と, 社参ばかりは, 社参を

▼ 日光御用~ (7, 0.3%)

1 おはたし, が柳生藩, に召し出され, の儀, は誰, をひかえ, 当藩

▼ 日光月光~ (7, 0.3%)

2 の両 1 ともいわれる, に余韻, は立像, を, 両菩薩

▼ 日光~ (7, 0.3%)

3 のお 1 が御, が拝領, の教え, へ願

▼ 日光造営~ (7, 0.3%)

1 が終わった, にくわわっ, にはいろいろ, の奉行, の日, の竣工式, はおおいに

▼ 日光黄菅~ (7, 0.3%)

1 が透, が非常, と野花菖蒲, などが咲い, の咲き乱れた, や鷺菅, らしい樺色

▼ 日光との~ (6, 0.2%)

3 中に 1 なかに, 分け前を, 営みによって

▼ 日光とを~ (6, 0.2%)

1 うらめしげ, 入れて, 分かち与えませんでした, 壟断してる, 思ふ儘, 感じる

▼ 日光にも~ (6, 0.2%)

1 しだいに春, ゐます, 事を, 刻々に, 外気にも, 照されず

▼ 日光~ (6, 0.2%)

1 が厳然, ご参拝, とはまだ, の修理, の改造, も弓矢八幡

▼ 日光火山群~ (6, 0.2%)

1 とは互に, にすら遥, に至る, の一部, の前, や渡良瀬川対岸

▼ 日光とが~ (5, 0.2%)

1 交ぢつて寒天の, 凝り固まった気, 好く通れ, 必要な, 領し

▼ 日光例幣使~ (5, 0.2%)

2 の一行 1 だとか, の副使, は高

▼ 日光方面~ (5, 0.2%)

1 から會津, に至る, の眺望, の雲霽, は大正十二年

▼ 日光造営奉行~ (5, 0.2%)

1 が拙者, たるわが, のお, の下, を拝命

▼ 日光連山~ (5, 0.2%)

1 から福島, が環, とぶなの, は今, を眺める

▼ 日光では~ (4, 0.1%)

1 いって, なくて, 刺戟が, 満開

▼ 日光という~ (4, 0.1%)

1 ところな, ところは, のは, ものは

▼ 日光~ (4, 0.1%)

1 の, んだ, んだろう, んです

▼ 日光へでも~ (4, 0.1%)

1 おつれ, 廻るか, 行かない, 行くらしい男女

▼ 日光へも~ (4, 0.1%)

1 参詣し, 行った, 近うなる, 近く塩原

▼ 日光~ (4, 0.1%)

2 修営の 1 修営乱世に, 修理は

▼ 日光書院~ (4, 0.1%)

1 に申しこみ, のこと先方, もこれ, 呼び出したが

▼ 日光消毒~ (4, 0.1%)

2 をし 1 が自然, にならん

▼ 日光~ (4, 0.1%)

1 の旅館, の生まれ, の知己, までのさ

▼ 日光さま~ (3, 0.1%)

1 にもう, に御, のお

▼ 日光とで~ (3, 0.1%)

2 額は 1 すこしは

▼ 日光とともに~ (3, 0.1%)

1 きらつくよう, 室内を, 小雨が

▼ 日光と共に~ (3, 0.1%)

1 体も, 山中の, 自己を

▼ 日光へは~ (3, 0.1%)

1 一夜宿つて東照宮其他を, 出られぬ, 思うが

▼ 日光をも~ (3, 0.1%)

1 あびず地底, 恐れるやう, 恐れるよう

▼ 日光~ (3, 0.1%)

1 の案内老爺, の関所, は覚平

▼ 日光~ (3, 0.1%)

1 覆に, 覆に関する, 覆の

▼ 日光修営~ (3, 0.1%)

1 に作阿弥, に副, の費用

▼ 日光東照宮~ (3, 0.1%)

1 か厳島神社, の大, 御修営

▼ 日光~ (3, 0.1%)

1 からの登路, から鬼怒沼, の温泉宿

▼ 日光~ (3, 0.1%)

1 がどれほど, で丈夫, の神社仏閣

▼ 日光菩薩~ (3, 0.1%)

1 と同様, と月光菩薩, は胴体

▼ 日光見物~ (3, 0.1%)

1 である, にいらした, に出かける

▼ 日光~ (3, 0.1%)

1 がビー, が吹きつ, が江

▼ 日光あたり~ (2, 0.1%)

1 で聞く, へも参詣

▼ 日光うまい~ (2, 0.1%)

2 空気

▼ 日光~ (2, 0.1%)

1 どこかの, 妙義に

▼ 日光からの~ (2, 0.1%)

1 ハガキと, レンラクで

▼ 日光その~ (2, 0.1%)

1 傷を, 部分を

▼ 日光そのもの~ (2, 0.1%)

1 が黄ばんだ, まで灰色

▼ 日光でも~ (2, 0.1%)

1 そうは, 鹽原でも

▼ 日光など~ (2, 0.1%)

1 お茶の子サイサイの, 私墳に

▼ 日光なんか~ (2, 0.1%)

1 ジャンジャン引き受けた, 毎年重なっ

▼ 日光にあたって~ (2, 0.1%)

2 ぼろぼろに

▼ 日光はは~ (2, 0.1%)

1 いるが, だかの

▼ 日光ばかり~ (2, 0.1%)

1 である, では

▼ 日光より~ (2, 0.1%)

1 宇都宮へ, 近いの

▼ 日光よりも~ (2, 0.1%)

1 もっとこの, 隠岐が

▼ 日光を通して~ (2, 0.1%)

1 空中に, 見た避暑地

▼ 日光下役~ (2, 0.1%)

1 をおとし, を逃げよう

▼ 日光下駄~ (2, 0.1%)

2 をはい

▼ 日光修理~ (2, 0.1%)

1 が近づく, の大役

▼ 日光修繕~ (2, 0.1%)

1 の模様, をし

▼ 日光光線~ (2, 0.1%)

1 にはこの, を分光器

▼ 日光参り~ (2, 0.1%)

1 なんて寸法, にでも行く

▼ 日光参拝~ (2, 0.1%)

1 と唱え, にでかける

▼ 日光参詣~ (2, 0.1%)

1 の日取り, をついで

▼ 日光大法会~ (2, 0.1%)

1 のうわさ, のため

▼ 日光山中~ (2, 0.1%)

1 なり, の僧

▼ 日光山同年九月~ (2, 0.1%)

1 には日光山, には羽後

▼ 日光御廟~ (2, 0.1%)

1 に寄進, 御修営

▼ 日光~ (2, 0.1%)

1 に着き, に着きたる

▼ 日光直射~ (2, 0.1%)

1 する時, や異常

▼ 日光着手~ (2, 0.1%)

1 の打ちあわせ, の日

▼ 日光空気~ (2, 0.1%)

1 にもそこら, を得る

▼ 日光羊羹~ (2, 0.1%)

1 ありと, と乾瓢

▼ 日光~ (2, 0.1%)

2 いろの

▼ 日光蕃椒~ (2, 0.1%)

1 のほか, を買っ

▼ 日光行き~ (2, 0.1%)

1 のハイカラ先生, の切符

▼ 日光諸山~ (2, 0.1%)

1 のサムタケ, の美

▼ 日光足尾~ (2, 0.1%)

1 の連山, の雪山颪

▼1* [220件]

日光あきらかに八幡, 日光あまねき湖の, 日光あまり當らずして雨餘, 日光いつもよりほがらなり, 日光いとへり, 日光および箱根の, 日光おろしの風, 日光がととかないので, 日光これらはすべて画中, 日光へ黄ばむ, 日光さえその光, 日光さして発足した, 日光しづけき山片附け, 日光じゃないの, 日光じゃとてそれほどの, 日光すこぶるあついけれども, 日光その他あまたの神社, 日光ただちに赤土に, 日光がこんど, 日光だけでもなく又, 日光だけの天然を, 日光だの水などと, 日光ちよいと出り, 日光であっためる事あ, 日光といふものは, 日光とか碓氷とか, 日光とも云うべき建物, 日光とをかはるが, 日光なき地獄の, 日光などとちがって, 日光などといふ飛んでも, 日光などにも行って, 日光などの当って, 日光なり光線なりを, 日光なんぞの山の, 日光について心配し, 日光によつてあらゆる, 日光によって照し出された, 日光により七彩を, 日光のせゐか湖いちめん, 日光はくびに近い, 日光はさのみ暑から, 日光はじかぬここだ石ころ, 日光はナもっとずっと北, 日光へばかりお行き, 日光すぐに, 日光までが僕の, 日光までの路は, 日光までは眼と, 日光めざして今市街道, 日光ゆきのはやる, 日光ゆたかな情景, 日光よか私男の, 日光よけに大切な, 日光らしい粧が, 日光をとか思う, 日光をよけつつおこわを, 日光をよけて東を, 日光トヲ得ル目的ヲ以テ, 日光万年グサ一名ビロウドスギト云石松, 日光一文字の銘刀, 日光一方は甲州, 日光一週間も大名旅行, 日光大瀑布, 日光三代の廟, 日光不足の生活, 日光街道口は, 日光中禅寺の湖船禅定, 日光中禅寺湖歌ヶ浜のいづみ, 日光丸帰航の途, 日光丸船長の会主, 日光五重塔の絵はがき, 日光京都奈良そのほか日本, 日光什宝のうち, 日光今市の官軍, 日光付近で採集, 日光以上の声価, 日光伊香保などの山, 日光会津駒の連峰, 日光例幣使街道の杉, 日光修営奉行所の奥, 日光修復は撃剣, 日光停車場に至れ, 日光八千尺の太郎山, 日光八景中第一, 日光其他足尾銅山黒髮山一圓の水源, 日光写真白髪染め奥州名物孫太郎虫迷子札銭亀金魚二十日鼠豆板しょうが飴なめて, 日光く山, 日光准后宮舜仁法親王に扈随, 日光別坊の屋根, 日光千手崎に由来, 日光參詣の日, 日光反さずなりにけり, 日光十二年九月には, 日光同様な鍍金, 日光名物であるに, 日光唐辛かえ, 日光唐辛子旧幕人の裏, 日光土産には盆, 日光だと, 日光地方に多く, 日光の盆, 日光大空に囀る, 日光奇怪なる雲, 日光奥白根の秀峰, 日光宿坊上野宿坊を初め, 日光富士山麓軽井沢など自然, 日光寺院である, 日光小学校があります, 日光山大修復のこと, 日光山大法会の余勢, 日光山彙からなだれ, 日光山御幸町の人, 日光山志や平家伝説, 日光山殊ニ多シ, 日光山脈に拠っ, 日光山貞保元年二月には伊豆, 日光山越後に三国山, 日光帰りとみえる, 日光座禅院座主の許し, 日光廟修繕のため幕府, 日光建築はせせこましく, 日光弥勒夜叉福原文蔵石川竜右衛門赤鶴重政日氷忠宗越智吉舟小牛清光徳若忠政, 日光強く鉛筆を, 日光役人はたえず, 日光御山内にどうして, 日光恋しくなったので, 日光指して旅立っ, 日光新緑を射, 日光方面沼田方面会津方面と皆連絡, 日光明朗自然の美, 日光晶徹の文, 日光東照宮修理奉行に命じ, 日光東照宮其他の修繕工事, 日光東照宮法会のため, 日光案内記の体裁, 日光樹梢を漏り, 日光水面を射, 日光清瀧にその, 日光温和窓外春気満ちたり, 日光湯元の北方, 日光湯元温泉の板屋旅館, 日光湯本を出発, 日光湯本伊香保榛名山塩原十和田碓氷峠等にて見る, 日光湯本温泉誌と云, 日光漁夫モリ舷側の飛沫, 日光澄み切った空の, 日光濃緑の山々, 日光り, 日光としての条下, 日光甲州には山, 日光男体山の山中, 日光町字鉢石のこと, 日光町民の愚, 日光白根がある, 日光白根男体山赤城山浅間山富士山からも見える, 日光白色を帯び, 日光直下して, 日光直行の汽車, 日光県のちには栃木県, 日光が一時すぎ, 日光社參延引を令し, 日光祖廟おなおし, 日光一と, 日光筑波の山々, 日光筑波山などと順に, 日光箱根などへ行く, 日光箱根等の如く俗化, 日光紅葉を見る, 日光細工楽焼饅頭屋易者などの店, 日光組下にありつきたい, 日光結構書に伝わる, 日光に由り, 日光續きの山の上に泥, 日光群山桑畑の鶏, 日光肥料というよう, 日光膳椀給仕盆などが備えつけ, 日光自分が五年前, 日光自動車に事故, 日光を喪っ, 日光菩薩加護あらせたま, 日光菩薩左に月光菩薩, 日光に乗, 日光行き横須賀行きも二人, 日光街道それより鹿沼道, 日光街道甲州街道をごろごろ, 日光詣でとはきく, 日光詣りと洒落, 日光寺院の, 日光豊かに洩れ込み, 日光赤城の大, 日光赤城榛名御荷鉾, 日光赤城榛名妙義などを眺め, 日光足尾越後境の山々, 日光跫音などに対して彼等, 日光に遮られ, 日光軽井沢などだったら, 日光近くの今, 日光造営中山を取りまく, 日光造営奉行伊賀藩に申しつけた, 日光造営奉行所の奥, 日光造営帳による, 日光造営方の工人, 日光連山左の方, 日光道中の紀行, 日光避暑連中は目, 日光重吉は宇都宮, 日光の四哩, 日光關東の名山すべて一目, 日光附近の大, 日光陽明門の額, 日光雨滴に映じ, 日光雲間を洩れ, 日光静岡前橋などへも旅行, 日光領栗山村の奥, 日光に着いた, 日光鬼怒川行などには麻, 日光鳥虫雑草土気候そういうもの, 日光黄菅珍車が散生し, 日光黄菅白花石楠などが花盛り