青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「息子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

恢復~ ~恥 恥~ ~恨み 恨み~ ~恩 恩~ ~息 息~ ~息子
息子~
恰も~ ~恰好 恰好~ ~悉く 悉く~ 悟~ 悠々~ ~患者 患者~ 悦び~

「息子~」 5695, 55ppm, 2125位

▼ 息子~ (1475, 25.9%)

30 ことを 26 ために 20 顔を 14 ような, ように 12 嫁に 9 嫁を 7 ところへ, 上に, 方は 6 やうに, 前に, 名を, 方が, 駒次郎が 5 家に, 手を, 手紙を, 方で, 方を, 話を, 身の上を 4 嫁と, 心を, 所へ, 手に, 方の, 方へ, 身体を

3 [18件] ことは, ほうを, 一人が, 不平を, 処へ, 半次も, 半次郎は, 名は, 姿を, 岳神は, 成功を, 松篁も, 死を, 消息を, 病気は, 背に, 襟が, 身を

2 [105件] いうこと, うちの, およめ, お嫁, ことばを, すること, そばへ, へんちくりんな, ほうは, アントアーヌが, イリヤが, ジノーヴィー・ボリースィチは, モトムと, 一人に, 一郎は, 不道徳を, 世間見ず, 両方の, 両親は, 中で, 乾一を, 事ばかり, 亘が, 仕送りで, 仙一が, 住んで, 余一郎という, 先生と, 先生の, 兵太に, 冬瓜野郎が, 前で, 医学士と, 医者の, 半次郎が, 又八, 又八は, 史朗が, 右の, 司馬師が, 司馬師は, 吉三郎が, 名義で, 墓を, 外に, 妻に, 嫁だ, 嫁にと, 嫁の, 学童疎開地へ, 学資に, 安里が, 定吉も, 家で, 家の, 帰宅, 帰宅を, 幾松さんも, 徳三郎は, 心の, 恋人である, 態度が, 房松, 房松が, 手から, 手紙の, 新太郎も, 方から, 本間三郎と, 杉野直也に対しても, 来るの, 様子を, 機嫌を, 歸宅, 気持が, 為に, 皆三, 眼には, 眼を, 着物を, 聖人と, 聖人は, 與太郎は, 芸者連れとか, 菊次郎が, 菊次郎は, 行方を, 親許の, 詫を, 足に, 身の, 輒は, 部屋へ, 金五郎が, 金五郎と, 金五郎今まで, 長吉は, 阿波聖人も, 霊に, 霊を, 青年が, 頭に, 頭の, 顔が, 馬之

1 [972件 抜粋] あげる八枚, あまった履, いいよう, いうには, いった, いとしい顔, うちニコライは, うち商人の, おかげで, おでこに, お代と, お父さんである, かうした心, かたきだ娘の, かばんの, かわりに, きれいな, こうした心, ことすら, ことであった, ことに, ことばが, ことよりは, このごろどうか, したこと, せいかも, そばに, そばによって, そんな意中, ためとは, ため娘の, ところで, ところへも, なきがら, ねむそう, ひざの, ひとりである, ふっくりと, ほうで, ほかに, ものをと, やもめ暮らし, ゆくえに, ようでしょう, わきについて, わしは, を買う, アンティパスが, アントン・ウォロキータ成程, アンドレェと, イエスは, イワン・フョードロヴィッチと, ウィルが, オイゲン・ディーツゲンによって, ケンカは, サーシャが, ジャックに, ジャックを, ジャンに, ジョウでは, ジョン娘の, スタイルが, セシル, セシルが, ドュヴォアも, ハリーと共に, バルビューと, ピェールが, ピエエルが, ピエールさんと, ピオニェールが, フランシスの, フリイドリッヒの, ホリョの, ボロ洗濯, マンドレークを, メネルーは, モトムを, ルイも, ロオド・コブハムが, ロバアトは, ロバートは, ワーシャは, ヴィルヘルムを, 一人を, 一件だ, 一寸法師や, 一彰の, 一知も, 一郎に, 万吉を, 丈夫な, 三人家族だった, 三傑も, 三百八十両, 上りです, 不埒を, 不幸を, 与助が, 与太郎は, 中学生に, 中村は, 久チヤンこと阿部久である, 九朗右衞門氏だつたら, 亀次郎, 了簡で, 事で, 云い出さないうち, 五郎藏が, 人格に, 仕えて, 他に, 代に, 仮病に, 伊之, 伊作の, 伝四郎と, 伯魚の, 佐助であった, 体を, 余一郎さんが, 余栄として, 佳吉は, 例話などが, 保を, 修三が, 値だ, 健康状態にたいする, 傷を, 働きで, 僕を, 僧都から, 元彦は, 光悦に, 光悦は, 児を, 入鹿, 公子疾であった, 六を, 写真を, 処女出版の, 出入し, 出発した, 分け前の, 利吉が, 前途を, 力に, 加藤君が, 勇三郎の, 勉強の, 勝則に, 勝手と, 北の, 十三番目, 千二の, 半次郎に, 半次郎を, 卒業と, 参議中将が, 又八自身, 友達だ, 反対は, 口から, 古布子, 史進に, 右之助様は, 右大弁侍従宰相権中将蔵人兵衛佐などは, 吉右衛門市川九蔵, 吉青年, 名前が, 名前で, 名声の, 告白を, 呻きが, 命日として, 和太郎さんを, 品性を, 哲造の, 喜三郎の, 噂を, 四紋が, 四紋は, 団子だ, 場合と, 場合や, 士行氏が, 声で, 声色を, 大けう, 大助の, 大胆な, 天南といふ, 夫妻は, 失敗で, 奴何か, 好きな, 妙技と, 妻の, 妾が, 姿が, 婚礼で, 嫁が, 嫁さんだ, 嫁で, 嫁とか, 嫁は, 嫁も, 嫁娶り, 存在も, 孝一さんと, 孝心譽め又, 学費に, 孫七が, 學生, 安井君が, 安里と, 安里は, 宗十郎が, 宗次郎が, 官服を, 室に, 家でも, 家を, 家出の, 容態も, 富公といふ, 寝間へ, 將來を, 尋常ならず, 小フィヒテ, 小太郎は, 小玉少年から, 小胆を, 少年工, 居所を, 岳神に, 岳神の, 工場は, 市造が, 帰らないの, 帰るの, 帰宅さえも, 帰宅だつた, 平吉と, 年の, 年頃は, 幸吉にだけ, 幸吉君と, 幸衛右門と, 幽霊が, 庄太郎とが, 庄左衛門とは, 店の, 弘が, 弘に, 弘を, 弥三郎が, 強情な, 当主は, 彦三郎が, 影が, 影へ, 彼に, 後ろから, 後姿を, 後見役で, 微笑み, 徳太郎に, 徹太郎も, 心中に, 心持ちを, 忠は, 忠太郎君も, 忠興へ, 性格そして, 恋愛問題が, 息子によって, 息災で, 悪口である, 惟光の, 意に, 意味に, 愛の, 感情を, 憤激の, 成人に, 成績が, 或者, 戦死から, 戦死と, 戦死も, 房吉君と, 手前なる, 手紙, 手紙である, 手紙でさえ, 手紙は, 技倆を, 持つて, 挙式が, 救われた感謝, 教育には, 散髮師, 文学者志望宣言, 断末魔らしく, 新ちゃん, 方に, 於福は, 日毎学校に, 昇三を, 春彦と, 是守だけは, 時々訴える, 時も, 時代には, 時代孫の, 書いたもの, 書斎を, 月の, 服装からでも, 朝食の, 末の, 本を, 来訪だった, 松次郎が, 果であろう, 某は, 案内で, 梧郎が, 榮三郎に, 様子が, 樣な, 権八に対しては, 横に, 欽二の, 正一をさえ, 正雄は, 武蔵が, 死に, 死ぬの, 死んだ六畳, 死骸を, 殺人罪を, 母も, 氏直を, 気持ちが, 気配を, 決然と, 洋服姿も, 洋画家だった, 浩にのみ, 浩之介か, 浩之介という, 海舟にとっては, 海賊は, 清に, 清二郎へ, 清太郎に, 清次郎が, 清治は, 源七の, 源次の, 為にと, 無事な, 無情な, 無能な, 熱意が, 爛れ目の, 爲家が, 爲家なども, 父信長の, 父母殺しを, 特典も, 犯した怖, 独馬は, 玉太郎の, 玩具に, 生きて, 生命が, 生命には, 生死も, 生活と, 生活につれての, 田中新太郎で, 由松の, 留守の, 番作が, 疽を, 病気が, 病気しかも, 病気を, 病状に, 発言が, 監督不行届きである, 直一, 看病に, 真意が, 眼ざし, 眼の, 眼前で, 石碑の, 祝龍祝虎また, 神経質と, 秀雄さんが, 私は, 稲公を, 立場も, 端の, 竹丸, 簡単な, 紀伊守之助, 純潔な, 細君が, 結婚といふ, 結婚も, 練吉といふ, 縮尻が, 羅蘇山人も, 考えが, 耕一君の, 肩を, 脚は, 腰が, 自分も, 自慢話などを, 自由には, 良友と, 芸術の, 若ものと, 若君を, 苦心のほどを, 英樹さんに, 茂吉と, 茂次平が面白, 茂次平は, 萬吉を, 葬儀に, 蔵人少将を, 藤作とは, 藤山, 行動は, 衣裝を, 裏切り行為, 褞袍を, 見合ひ, 親切な, 角太郎が, 言い草じゃ, 言ふ, 言葉に, 言葉を, 許へ, 許嫁の, 話じゃあ, 話の, 読みかけの, 読んだ本, 貫太が, 貫太の, 貴様は, 趙が, 身に, 身の上について, 身近くに, 軽率な, 返事を, 逞しい肩幅, 進と, 運の, 達也を, 遷に, 邸で, 重みを, 重盛に, 量見, 金蔵に, 鋭敏な, 長三郎を, 長男と, 阮東は, 陳登も, 霊界への, 青年に, 青年らしい, 青白い弱々しい淋しい笑顔, 靴を, 音楽修業を, 頭を, 頸と, 顔と, 顔へ, 顔みた, 顔立ちは, 顔面に, 風を, 養子親と, 首の, 骨の, 魂が, 黒田長政の

▼ 息子~ (703, 12.3%)

5 嫁を 4 あって, あると, あるの, いたの, いて, 兵隊に, 帰って, 自分の

3 [13件] あつた, ありました, あるが, いる, 一人, 三人も, 出て, 戦争に, 来て, 死んだの, 母親を, 父の, 行方不知に

2 [45件] あったが, あつて, ありましたが, ある, あるといふ, いた, お盆の, かい, この時, これも, そいつを, ひとりあつ, わたしに, ゐた, ゐたの, ゐる, ゼゲンを, 一人あっ, 一人あり, 人殺しの, 住んで, 何でも, 出征する, 外の, 大学卒業間際に, 学校の, 家の, 描いた川, 此家の, 殺傷の, 涙を, 父に, 父母を, 町の, 立派な, 結婚する, 荘田を, 行方不明に, 行方知れず, 見染めて, 贈つて, 赤痢で, 身投げする, 都會へ, 顔を

1 [537件 抜粋] あった, あったそれ, あとを, あまりに激越, ありましたし, ありまして, あり世才, あるから, あるこれ, あるせゐでも, あるそう, あるだろうか, あるほど, あるらしいが, あれば, あろうとは, あんのに, いたが, いたのに, いった百合, いって, いない場合, いなくなって, いふ事, いま三高の, いるか, いると, いるの, いるん, いるウチ, うつくしいお, えらい騒ぎ, えらくなる, おじの, おやじから, おやじが, おりおり僕, おりおり姉, おりましてね, お嫁, お寺へ, お小間使い, かたく父, かたまって, かならずや名人, かわゆくて, きかされる話, このあいだ駅, この種, この美しい, この部屋, こまるばかり, これらを, こんな理由, こんな財産, さうい, さう言, さっそく見積り, しつかりして, すこしや, すでに他界, そうしたい, そこに, そして次, そっとかくし, そのおかあさん, そのさかずき, その一味, その勢子, その女, その婦人, その役目, その白巌窟, その若, その許嫁, それだけえらくなる, それとなく言, そんなこと, そんなに大きく, ぞろりとお召, たずねると, たまたま異常, だんだん大きく, ついて, できたこと, できるとは, ときどき自分, とらえた, どういうわけ, どういう過失, どうした, どうして現在, どんなこと, どんな暮らし, どんな顔, なければ, なすべきこと, なぜ自分, なるの, なんと言うだろう, ねて, ひっぱられたり, ひどく落著, ひょっこり帰っ, ひょっこり行商, ふざけて, へしがれて, ぼくは, ぼくらと, また殖えた, まだ中学, まだ何, もう一人前, もう家族, もって, もどって, やうやく起き出で, やがて立身, やがて鶏村, やって来てねえ, やって来ました, やっとお, ゆつくりし, よく非人, よれよれの, わざわざ役所, ゐたが, ゐたら早速, ゐました, ゐるの, アゴで, インキで, オヤジを, スケッチを, スケツチを, ダイヤの, チョイチョイある, トタン屋に, ドカッと, パリから, ビルマから, ペテルブルグから, ルパシカを, ローマの, ローマ大学の, 一人あ, 一人あとを, 一人あります, 一人ある, 一人で, 一人醉拂つて土左衞門に, 一体どうした, 一寸料理心, 一寸間ァ, 一寸間アが, 丁年に, 三人あっ, 三人い, 三人兄弟だつた, 三人居る, 三千円も, 不良少年で, 世話に, 両親には, 中学を, 中心と, 中等以上の, 乗って, 乗るの, 二三日前から, 二人あっ, 二人あった, 二人に, 二人出征した, 二人店に, 二十両や, 二十九二十四という, 二十五にもな, 二十六に, 二十年間も, 五十仙の, 井戸を, 亡くなつて, 京に, 人の, 人前で, 今これ壮んで, 今では, 今に, 今まで, 今言った, 他の, 他人の, 付いて, 何を, 何一つ道樂, 何処のも, 何年か, 係りの, 借りを, 偉大に, 傍へ, 僕の, 先日川端の, 光丸の, 入営した, 内職に, 冤罪とばかり, 出征し, 出征だ, 出逢ったの, 分家を, 前線で, 労わり, 勉強に, 勞症で, 十九で, 十九の, 十年がかりで, 千葉から, 午後から, 半狂乱, 印度で, 去って, 参加し, 又聞いた, 取るで楽, 古参兵に, 右腕の, 同じよう, 向う鉢巻に, 哀れで, 嘗て小学校卒業, 四人とも, 土左衛門に, 土左衞門に, 地蔵眉の, 地面へ, 売りに, 変名を, 大の, 大へん, 大事だ, 大人に, 大仕事, 大僧正に, 大尉に, 大纏, 天秤棒で, 失明した, 女中に, 女猟人ダイアナ, 女道楽に, 好きで, 姉婿の, 姿を, 嫁をも, 嫌われたこと, 子供時代を, 学問を, 学問好きで, 学校から, 學校へ, 官途に, 家土蔵を, 家庭から, 宿直の, 寝ついて, 寢言兩親が, 尋ねた時, 尋ねて, 小便を, 小池の, 小間使だ, 少しばかり, 少年時代から, 居て, 居ないで, 山荘庵の, 岸一さんと, 工場から, 市の, 帝大を, 帰った, 帰ったと, 帰ったら此, 帰った頃, 帰ってから, 年を, 年頃に, 店は, 弁解する, 弓などを, 当時小学校の, 彼の, 彼女に, 後から, 後頭部へ, 復員する, 心を, 心中を, 心変りが, 心配し, 怒り出したの, 急に, 恋しいだ, 恋しいなんて, 恋しくなっ, 悪友の, 情人を, 憤怒を, 成長した, 戦死し, 戦死した, 戻つて來, 戻るまでは, 手を, 持ち出そうとしても, 描いたもの, 放埓, 放蕩で, 救われたの, 教えて, 散らし髪で, 敵の, 文學を, 斯う, 新東宝, 新聞や, 新聞記者だった, 旅から, 早く癒, 明かに, 昨日茲より, 暗いうち, 最後に, 最近長唄の, 月謝一円の, 有ればなあ, 村から, 来いと, 来たが, 来たらば, 来る, 来るそう, 東京へ, 柳の, 柳吉と, 根津なにが, 案内し, 歌手の, 正しい理窟, 此の, 此処に, 此客室で, 此港に, 歯噛みを, 歸つて來た, 死にして, 死んでも, 殊に目, 殺害事件の, 殿様から, 母に対する, 母の, 母を, 母親なし, 母親に, 母親の, 毎日ち, 毎日の, 毛むくじ, 法主に, 泣きわめいたり, 泥棒でも, 泰然と, 海蛇に, 満州に, 滝の, 漕ぐの, 無事に, 父を, 父親の, 特攻隊と, 犠牲に, 狛犬の, 現在は, 甘藷売り, 生きて, 生れた, 田舎で, 町人の, 留守だ, 番陽から, 異様に, 癆症で, 目黒か, 盲人である, 直き, 相続する, 相続人だった, 相続税を, 真逆様に, 着いて, 着て, 着るの, 矢張その, 石に, 神田で, 禁ぜられて, 秀才に, 私と, 私を, 科学を, 種々の, 突然本店詰, 窓から, 窟の, 立現れ, 第一乙, 粋筋の, 紀の, 紺飛白の, 組で, 組合員だ, 経営し, 綾垣羅文有名な, 義兄の, 老衰した, 自分で, 自分よりも, 自分達種族に, 自殺し, 花林糖賣, 若くて, 若者に, 莞爾, 葡萄畠の, 薪を, 虫の, 行きがた, 行く, 裸一貫で, 見立違ひ, 見送りでも, 親の, 親まさりだった, 親を, 親殺し, 言った, 言った通り私, 言ふてよ, 言葉を, 話したよう, 誘ひに, 誠に親切, 豊津の, 象棋を, 貰う訳, 質物を, 贋物の, 赤に, 赤化した, 赤衛兵なら, 足を, 足繁く, 踊りで, 身を, 車に, 辯護士の, 農奴の, 迎えに, 途中で, 通いしが, 通って, 連れて, 逸作にとって, 遊んで, 運動の, 遠くシベリヤ, 都家の, 酒を, 酔いすぎて, 酔っ払って, 金吾の, 金銭出納の, 錠を, 長く手紙, 間に, 間違つて二十一枚くれた, 阿呆染みた, 除隊に, 雌を, 顔立ちばかりは, 風邪ひきで, 馬車に, 馬鹿遊びを, 高度の, 高校に, 黄匪の

▼ 息子~ (524, 9.2%)

5 父親の 4 父の 3 いいました, これを, どうした, 自分の, 言いました, 都に

2 [25件] お姫さまの, その父, それに, ない妻, また外, もう孫, わたしと, わたしを, 一番良い, 不思議な, 丸で, 二人とも, 五年がかりの, 今年建てた, 僕よりも, 呆気に, 嫁を, 家に, 性的にも, 東の, 植木屋に, 生きて, 考えました, 親爺の, 馬鹿でも

1 [447件] あいにく留守, あたま, あたりが, あとに, あの電気会社, あるかね, あるとき, あるの, ある晩, ある痩せほそった, あんなに大人, あんな馬鹿, いざり乞食, いそいそしく, いつその, いつの間にかお, いつも夜どまり, いつも店, いつも私, いないの, いないもの, いなかった, いなかったかしら, いぶかしげ, いまでは, いままでとは, おさえつけるよう, おとなしく内輪, おれは, お姫さまに, お梅さん, お母さんが, お父さんと, かう云, かくいう, かなりの, こ, こういう風, こない, このパドゥア, この方, この近在, この遺言, こも, これに対して, こんな晩方, ございますが, さう, さぞつまらなかろ, さぞ良い, さも同情, しだいにすべて, しばし彼, すぐに, すっかり意地, すつかり, そこへも, そのおかげ, そのお金, その事件, その京, その前, その声, その手, その時, その酒, それだけでも, それでも, それを, たいそうていねい, たいそう喜びまし, たうとう, だがそういう, ちょうど発育盛り, ついに観念, つかまる, つくづく味気, とうとうお父さん, とうとう上, とうとう死んだ, とうに頂上, とんで, とんでもねえ, どうしてもキス, どうにかお話, どうもつかなかった, どこやらに, どっちも, どんなにがっかりした, どんなに喜ん, どんなに父親, ないが, ないの, なぜ逃亡, なにを, なを云ひ残した, なんという, のちに, はじめの, ばかばかしかった, ひたすら真心, ひっさげて, ひとりごとを, ひどくカン, びっくりし, ふしぎそうに, ふるえながら, ぶるぶるふるえ, べそを, ぼそぼそと, ぼんやりと, ぽかんさん, まだほんの, まだまだ待て, まだ呼ばれなかった, まだ昔ながらの, まだ来ない, まだ眠っ, まるで人間, みにくく顔, みんなから, みんな帝国大学に, みんな幸福でした, めも, もうすっかり此, もうちゃんと墓, もう中学, もう二十歳, もう冷たい, もう孫娘, もう學校, もう安らか, もう村, もう筒井, もどかしがっ, やがてそこ, やがてメリヤス工場, よくする, わざとその, わしの, アリの, カバンを, クリストフを, ゲロン・リンボチェに, トランクが, トランクに, トランクの, トランクを, ドリアンの, ナチス, ビルマへ, ペタルを, ムツという, ユーモラスな, 一という, 一箇月も, 丈夫で, 三人ある, 三男らしい, 丑歳の, 世間を, 両親の, 中学を, 中村玉七の, 丸顔の, 主人と, 久次郎と, 久留米絣, 九州の, 乞食に, 乳色の, 二つ返事で, 二人とは, 二十三歳で, 二十五で, 二十六七色が, 云つた, 云ふ, 亡き娘, 京都で, 人前にも, 今帰っ, 今年二十二だ, 今度は, 今更の, 今醤油屋の, 仕事に, 仲睦まじく, 仲買人で, 体が, 体格と, 何でも, 何でもかでも千円, 何と, 何とか云った, 何を, 何処の, 侃の, 侮辱された, 信じなかったけれ共, 傴僂の, 僕が, 僕の, 先陣に, 再び目, 出奔し, 分別深く, 初めてクリストフ, 前夜の, 前後の, 劉玄徳の, 勿論手あたり, 十七で, 十九歳の, 十五の, 十八歳の, 十六七に, 南ん, 友達の, 収監された, 可愛いし先, 可愛いよ, 各三人, 各六人, 同じやう, 同時に雪子, 名の, 吾儕が, 呆氣に, 和一郎一人に, 商売の, 商賣, 喰は, 国務に, 地に, 坊やと, 声を, 変人娘は, 夏に, 多血質な, 夜きっと, 夜床の, 大きな階段, 大ぶ, 大学を, 大砲の, 女の, 女を, 好男子な, 好餌に, 妹を, 姿を, 嫁の, 嫁子に, 学問が, 学問を, 学校へ, 学習院へ, 実にお, 宵の, 家から, 家内の, 寛永寺の, 尊族卑族各, 小学校に, 小学校の, 居たたまれなくて, 居間に, 屋敷奉公を, 川の, 左の, 已むを, 巴里から, 市役所へ, 市街へ, 帝大出な, 帰りませぬか, 帰ると, 平和に, 平氣, 平生子供らに, 年歯三十に, 座らせて, 弱り切って, 強く云った, 当大学出身, 役場に, 彼が, 彼の, 彼女の, 彼等が, 後始末を, 得意気に, 御用聞き, 徳行を, 心中娘は, 怖れ, 思いました, 思った, 恩を, 息子で, 息子の, 息災で, 悪い野郎, 悲しみの, 慶應義塾に, 戦争が, 戦争で, 戦地へ, 戦死した, 手ばなしで, 抱えの, 指を, 掌中の, 政吉と, 故郷に, 数々の, 断乎として, 斯く推察, 新聞社へ, 日雇人夫に, 早く持つ, 早く探し出さなけりゃ, 早世し, 昨夜から, 昨夜の, 時々たずね, 時々店, 木下家の, 本位田家の, 来ず労働服, 東京の, 東京へ, 東山堂の, 松山さんと, 枕許で, 枯れた草, 栄えて, 案じながら, 機業場の, 次第に大きく, 正面から, 歸つ, 死ぬし, 残りの, 母の, 母方の, 母親に, 毎日の, 水兵さんで, 沙上に, 泣く泣く父, 海軍へは, 涙を, 漸く大学, 炉ば, 炭の, 無言で, 然もこそ, 爪楊枝の, 父親と共に, 父親に, 父鋤雲氏の, 片手で, 片手に, 牛を, 牝牛の, 王位簒奪の, 甘つたるい眼つき, 生れて, 田舎では, 痛さうに, 白川の, 皆正直もので, 皮膚も, 目元の, 相変らず, 相変らず精出し, 相手に, 知って, 知らない, 研究所の, 碁を, 神様の, 私の, 積極的に, 答えました, 答へて, 紙に, 経師屋の, 結婚する, 絹で, 縁起などと, 美しくそして, 美しくて, 老いた親, 老父の, 耕花さんや, 聞くに, 聴かずに, 膨れ目蓋, 興がる, 苛, 若々しい青年, 草の, 裁判所へ, 裏から, 親たちが, 親に, 親父あっ, 言った, 言って, 話を, 諦めようどう, 負けずぎらいな, 賭博を, 赫つと, 車力だった, 辛辣に, 農科大学へ, 返事が, 退って, 道に, 達磨の, 達者で, 遠方に, 郊外の, 都合が, 重役に, 金が, 釣りを, 長じ, 関ヶ原で, 雪の, 雷門の, 非常に, 頭が, 頻りに母親, 顔容が, 飛んだ事, 飢えに, 飢ゑに, 飲み物として, 養鶏を, 首を, 鶴嘴を, 鼻声で

▼ 息子~ (483, 8.5%)

13 連れて 9 つれて 6 もって 5 見て 4 持って, 養子に 3 前に, 待って, 見た

2 [21件] この家, 一人抱え, 中学へ, 亡くして, 作り上げた, 励まして, 呼んで, 奪つて, 学校へ, 学童疎開に, 愛して, 戦場に, 押し退けながら, 放って, 東京へ, 残して, 殺したん, 相手に, 紹介した, 迎えに, 頼まれて

1 [391件] あすこに, あずかって, あづかりたいと, あれまで, いたむ心, いつも十一, いよいよ鼓舞, うしな, おいて, おどかしたあげく, お持ち, かえせ娘, かばい今, かわいい弟, かわいく思う, きれいに, こったら事, この要求, ころされ清洲城, ごまかして, しかるやら, しずめること, しばらく見送, じっと見, すぐつれ, すつかり信用, ずっと年, せき立てて, そういうふう, そそのかして, その女, それでも彼女, たしなめたが, たしなめる, たすけようとして, たずねて, だまして, だまし日本, ちらりと見た, つかまえて, つくらずに, つれた夫婦, とがめ立てる父親, とっつら, とられて, とりかえしなさったのよ, とり来って, とんだ犠牲者, どうし, どうぞ一人前, どう思ふ, ながめた, なくしたお, なくしたおじいさん, なくした隣人, なぐさめるため, なんとなく羨ましく, のこして, はじめ, はじめその, ば長く, ひきあわせたが, ひき立てる必要, ひとり家へ, ふだんから, ほかの, みるに, もったり, もつ伊吹未亡人, もつ婦人連, もつ男, もつ男子, もてば, やこうと, やさしく元気づけた, やるにさえ, よこして, わしに, ウインチェスターに, オリガは, 一人で, 万両分限の, 不良と, 与えた, 世に立たせよう, 両親殺しの, 中学校へ, 中心と, 丸め込んで, 主婦として, 乗せたなり, 乗せたま, 乗せた汽車, 乗せるの, 二人兵隊に, 二人南方に, 二人持つ, 二十九年にな, 亡きもの, 亡くした, 人質に, 人間的に, 仕上げながら, 会社へ, 伴れ, 何で故, 使って, 促すので, 信じて, 偉くしよう, 偲びその, 傍に, 兄弟の, 先頭に, 入学させなかった, 兵役に, 其の筋, 出して, 出先の, 初めだいぶ, 初めて旅, 別の, 前線に, 加えること, 助けた男, 助けるため, 励ましなお, 励まし追い立てるよう, 励ますお母さん, 励ますため, 励ますよう, 勉強させたい, 反駁する, 取られたり, 取りかえして, 取り戻して, 可愛くない, 叱って, 叱り付けるよう, 合せて, 呉れて, 呼びつゞけた, 呼び出した, 呼び出して, 呼んだ, 呼んだん, 唆して, 商業学校に, 喪ったもう, 喪って, 喪つ, 喫驚させられる, 嘆き教師, 嚇か, 圍んで, 売る陰謀, 売ろうと, 夢みて, 大切な, 大学に, 大學, 大工左官に, 夫人へ, 失い震災, 失った母, 失った母親, 失った母親たち, 失った田舎, 失ひ震災, 奉公や, 奥座敷に, 奪はれた, 奪ひとつ, 女中に, 女奴隷を, 婆やの, 嫁に, 嫁の, 嫉妬し, 家の, 容赦なく, 寄來すに, 寝させて, 尋ねて, 小姓として, 屋敷から, 差置いて, 市の, 廃嫡し, 廊下に, 引きさら, 引き取って, 引き放そうと, 引っかかえすぎる, 引っぱって, 引つ立てるやう, 引入れやしない, 強盗罪で, 彼に, 彼の, 心中させ, 急きたてて, 急には, 悉皆馬鹿, 悩ませ且つ, 悪いとは, 想い出すこと, 愛するだけ, 愛するばかり, 憎まうと, 憐れんで, 戦で, 戦に, 戦争に, 戦死させ, 戦死する, 戰地へ, 戸外へ, 手放すこと, 打ったという, 打って, 抑えて, 折檻し, 抱いて, 抱えながら, 抱きしめた, 抱きしめて, 抱へ, 抱へながら, 担いで, 拐わかすこと, 持ちながら, 持ったおぼえは, 持っただけに, 持った中年, 持った家, 持った父親, 持った親, 持った親たち, 持った親父, 持った諸方, 持つこと, 持て余して, 持て余す父親, 指さしながら, 指導する, 挾んで, 探して, 探しに, 探せば, 揺り起し, 放ったらかして, 救う方法, 救つ, 教育し, 数頭の, 文學者として, 新聞配達に, 旅順で, 暖かそうに, 更に厳格, 月の, 有た, 有つ, 未だ子供, 東京に, 東京の, 枕もとに, 枕辺に, 案じ暮して, 樂しませる, 此處へ, 死なして, 死なせた悲し, 殊に病後, 殺さうと, 殺さす, 殺されて, 殺した事, 殺した新聞記事, 殺して, 殺しては, 殺し更に, 殺すこと, 殺すな, 殺そうと, 母に, 法律家に, 洋行させよう, 洋行させる, 満洲, 溺し, 滅ぼそうと, 火焔の, 無くしたよう, 無一物に, 無下に, 無理無体に, 父親から, 爺さんが, 牢へ, 犬に, 独身の, 獄中に, 玉なし, 王が, 王様と, 理解する, 甘やかして, 生れた時, 生んだから, 生んだ大阪屈指, 生んで, 産むこと, 産んだ父, 田舍へ, 疑い出した, 発見した, 眺めた, 眺め初めて, 睨んだ, 瞞せ, 知って, 破産させる, 禁厭っ, 紹介し, 絞刑, 縛げて, 置くの, 罵しった, 罵っていう, 育てて, 育てる, 能く, 自分が, 自分の, 自慢する, 自慢に, 若勢, 落ちつかせると, 蒸焼に, 蒸燒に, 見たこと, 見たとき, 見ながら, 見守りながら, 見張らせて, 見返った, 親が, 親の, 許す気持, 診に, 診察中の, 認めると, 誑かそうと, 誘拐し, 説きすすめて, 調布の, 講習に, 負うて, 負ぶっ, 責めたてた, 責めようと, 賞めこんな, 踊らせて, 農林学校へ, 迎えた父, 迎へて, 近村の, 返して, 追及しました, 退所, 送り出すよう, 連れてと, 連れに, 連れ戻して, 道具に, 遠い奥州, 遺したもの, 避けたいので, 酔っぱらわして, 銀座へ, 鐘愛し, 隔離病舎へ, 非常な, 頻りに呼ぶ, 顧みた, 顧みて, 食い物に, 馭者に, 鬼と

▼ 息子~ (301, 5.3%)

8 嫁を 4 して, 手を, 違いない 3 なって 2 それを, なりやがて, むかって, 似て, 嫁に, 背かれ疑られ攻められて, 言いよられて, 譲って

1 [262件] あたって, あたるところ, あの可愛い, あの戦慄, あまり益の, あり勝, あるから, あれほど, あんな家, いう, いたましさ, いたわられながら, いち早く警告, いぢめ, いった, いひきかせて, うるめ鰮, おしなさい, おとらず耳, おやすみなさいを, おれの, お嬢さんを, かえす, こういっ, こうした秘密, こきつかわれて, この世に, こんな話, しちゃ, しても, しろ格別, しろ私, すぎなかつたこと, すてられ悲惨, そっと渡し, その一人娘, その本, そんな不都合, ぞっこんな, たずねた, たのんで, ちが, ちげえ, つがして, どうして苦痛, なくなられたので, なぞ権柄ずくで, なら疵, なりすました, はっきり云った, ひかされる情, ふと友情, まかせ隠退生活, めぐまれない老婆, めぐりあうとは, もたれかかるといふ, やがな, やると, よめを, よりかかって, 一つ飲ませ, 上京日記を, 下手から, 云いきかすよう, 云いきかせるの, 云いわけ, 云ひきかす, 今年の, 仕上げること, 代って, 会いまして, 会い父親, 会うこと, 会うよう, 会ったの, 会つてゐた, 会わずに, 何か, 促されて, 元気を, 先立たれた身寄り, 先立たれて, 先立たれる不幸, 光丸に, 光雄っていう, 入れる形式, 共通した, 出あうであろうと, 出して, 出て, 分けられるべき財産, 別れてから, 別れを, 助力し, 勝次郎, 化けおおせて, 化けおおせること, 化けて, 去年嫁を, 口説かれたり, 叮嚀に, 向うへ, 向う口調, 向かい落ちつき, 向かって, 向けて, 向って, 向つて, 向ひ, 告げに, 命じて, 唐物商を, 問題の, 喰はせよう, 因果を, 報いた, 外国の, 大きな希望, 奈破侖の, 女房を, 委せきり, 娘からの, 娘の, 娘は, 嫁入りする, 学問を, 定と, 実印を, 家産を, 對し, 對する, 小児性と, 属するが, 当る二代目宗旦, 従属する, 急に, 恋した, 恋して, 恋慕し, 意見され, 愛されるという, 手つだはれ, 才智すぐれた, 才色兼備の, 扶助費請求の, 投函させた, 投資し, 担がれて, 持たせずに, 持たせたの, 持ち出されそれから, 持ったの, 持って, 挨拶する, 支へ, 教えねば, 教える母親, 教はりに, 新鮮な, 施した最大, 早く死なれ, 智慧蔵といふ, 書斎は, 會つ, 服従しなけれ, 来て, 次に送る, 死なれた年, 死なれてからは, 死なれては, 残して, 気づかれないよう, 決闘を, 流し目を, 渡した, 漢書の, 父親は, 片棒を, 牛飼の, 物化学の, 現れたと, 生まれたが, 生れただけ, 生れて, 生れろくに, 生れフェーン, 生れ風車, 申訳ない, 異見さる, 異見さるる, 百姓など, 相違ない, 真理を, 私の, 移りかけて, 紹介され, 縄を, 聞かれないやう, 育ち上るの, 育ったこの, 育った丈太郎, 背かれた父, 能く, 舟で, 艪を, 色の, 芳之助と, 若しもの, 苦しめられる母親, 英語と, 英雄として, 蒲団を, 行先を, 見えて, 見せました, 見せられるかという, 見立てて, 親切を, 言った, 言って, 訊いても, 話しもめるさかい, 話し掛ける, 話すに, 語りつぐの, 語るの, 読んで, 譲つて隠居し, 譲るであろうと, 譲ろうと, 賞金を, 足を, 身体を, 迎えも, 近づいて, 近寄って, 迫つて來た, 迫り息子, 迷惑は, 追いかけ回されたという, 送つて, 逢ふためなら, 逢わないで, 道を, 違ひない, 遺伝した, 還して, 金儲を, 金谷の, 金貨の, 銀之助という, 限られて, 離れてる辛い, 震災の, 非ず, 面会を, 面会出来なかった, 頼まれた中学生用, 顔を, 食われて, 高橋定次郎という, 麩屋町六角に

▼ 息子~ (240, 4.2%)

9 一緒に 6 二人で 5 娘を 4 同じよう 3 いっしょに, 娘とは, 娘とを, 娘は, 結婚する, 聞きしに

2 [14件] いうので, いって, その母親, その細君, なって, なつて, 不義を, 交渉が, 娘が, 娘とが, 娘の, 平二郎の, 息子の, 駈落ちした

1 [170件] あたたかく迎える, あの葉子, あるが, いい決して, いえるくらい, いっても, いふので, いへばずつと, お媼さん, こちらの, この母親, これも, すれば, そこに, その友, その妻, その家来たち, それに, ただ二人で, たれが, だった, つんぼでおし, どっかの, なにか情交, ひきかえに, ほかの, まちがわれそう, みえる二十四, わたくしが, ウチの, カフェーの, シャツの, 一緒なら, 七つに, 三人の, 三匹の, 三十分ばかり, 三等郵便局長の, 不和に, 並んで, 二人きりだ, 二人きりに, 二人とも, 二人に, 二年ばかり, 云いますね, 云う人, 云って, 云っても, 云つても, 交際の, 仲好しの, 伯爵を, 位置を, 倉田屋の, 僕たちとは, 僕とは, 先生の, 入れちがいに, 出会すところ, 出来て, 前後し, 化した練吉, 十五人の, 十位の, 十八に, 友達に, 召使たちに, 同い年の, 同じくらいに, 同じく痩せた, 同じく眉, 同じやう, 同室であった, 同居し, 同日に, 呼びわれわれ, 呼んで, 喧嘩する, 天使の, 夫の, 女學校の, 女房の, 妻を, 娘, 娘との, 娘に, 娘らの, 娘来る, 孫が, 巴子が, 帝国ホテルの, 強制的に, 後で聞い, 思い思われて, 思って, 思つて案じ, 思われる男, 息女の, 愛犬と, 成果てつ家に, 戯れて, 手提げが, 手製で, 映るであらう, 書生と, 机を, 来たら綽名, 死との, 毎晩逢引を, 気むずかしく家事上, 法廷で, 無知で, 父親と, 父親という, 父親の, 片々宛で, 版権の, 生まれたので, 甥に, 甥は, 番頭と, 相談のうへ, 睦まじそう, 知れて, 私との, 称するいかさま師, 結婚させる, 結婚し, 結婚した, 結婚しなけれ, 綽名の, 義弟ダニエル, 義絶した, 老百姓, 聞いて, 聞き眞實, 肩を, 自分との, 良ッちゃんあんたとが, 芸人上がりの, 芸者との, 若い娘, 若い継母, 若草という, 葛木花世という, 要領の, 見て, 見られて, 見合を, 見掠め先寛, 覚しき若者, 言えば, 許嫁の, 評判殊に, 語つた, 読書の, 誰袖とは, 誰袖は, 貧乏な, 貧農の, 農家の, 近い身寄, 連れだって, 遠い親類, 金物やの, 顔を, 飢餓という, 黒田君と, 黒田家に

▼ 息子さん~ (203, 3.6%)

5 の方 4 では 3 であった, です, のところ, は, はどう 2 がある, が生き, だといふ, でその, という人, に珍, の事, はお父さん, や娘さん

1 [161件] かね, かの, からあなた, からきた, から手紙くら, が, があろう, がいいました, がいらっしゃる, がお, がパトロン格, が一年志願兵, が二三人, が二度失敗, が井戸, が今, が十日, が友達, が坐っ, が弘子さん, が斯, が新しい, が時計, が来, が東京, が此, が歸つて來, が死ななく, が死んだ, が浜田屋, が海蔵さん, が湯加減, が然, が病院, が私たち, が裁判所, が見えとります, が豪く, だからな, だぜ, だった, だと, だとか, だオートバイ, ってあの, で, でございまして, でさあ, ですがね, ですとさ, ですね, ですもん, でそれ, で二人, で名, で和子, で私, と, ということ, とこの, としては何, との不幸, とは何, と光丸君, と土用鰻釣, と旦那さん, と溜池, なの, なァあの, にお父さん, にかいな, にわけ, に免じ, に所望, に持たせれ, に珎, に生, に町, に見染められた, に話し, に貰う, の, のあなたさま, のいわれる, のお, のお母さん, のこと, のため, のつんつるてん, のアパート, の一行, の中, の代, の側, の勉強室, の名, の声, の婚礼, の嫁, の悲し, の所, の武夫君, の為, の理一郎, の癖, の秀雄氏, の米斎君, の経営, の腕, の舟, の謙蔵氏, の道矢さん, の面, の頼三樹三郎, の魂, の齡, はお, はすぐ, はとうとう, はラスキン, は上り端, は不埒, は仕事, は仕合せ者, は僕, は十何本, は同じく, は執行猶予, は夏, は幾歳, は探偵, は母親, は毎月, は源さん, は無い, は私, は結婚, は肺病人, は胸, は誰, は近い, ばかりで, ばかりでしょ, もその, もとんでも, も一千八百四十一年, も岸本, やそう, や良人, よ, よりもやっぱり, よりもやつぱりお父様, を, をどう, をモンパルナス, を二人, を学校, を軍人, を連れた, を頼, 生きて

▼ 息子~ (198, 3.5%)

8 あつた 3 あんな化け物みたい 2 これも, それあんたも, でも, ねこんな, 中, 八五郎の, 山城屋は, 東京の, 薄野呂な

1 [169件] あたしも, あたま, あまやかされて, いぢめ, いつも少年, かわいがられて, ことし十六の, この夏大学, この町外れ, これは, こんなに業を, さきには, しかも文学的, すべての, せう叔父樣方, そして久子, その日領主, その頃, その頃兵隊, それには, それは, とても養子, なんとし, ね分家, のちに, ひどく大事, べつにけち, ほかに, まだ十, みんなの, もと桂子が, やっとこ生き, わたくしの, わたしが, アリョーシャという, イギリス流の, エルベルディングは, クレエゲルの, ツルゲーネフ全集を, プラタプと, ポーエル・ハインリッヒという, マヌエラとは, モーキイ・キーフォヴィッチと, ヤングっていう, レーグル, ヴォルガ河を, 丁稚替りを, 三高生という, 下拵えを, 且つ, 且つ医者, 両親が, 両親の, 両親も, 中国筋を, 中学校四年生である, 主人公を, 仁太夫という, 今年大学に, 今折, 今折惡, 何んとしても, 余り大切, 俗名を, 俳号を, 内気な, 前途有望の, 十一年前に, 十七八歳から, 十四歳に, 原因は, 去年尋常六年生だつた, 友太郎という, 君たちの, 嘗て本郷, 園部の, 大分この, 大剛の, 大森の, 姓を, 子供の, 孔子様の, 孔子樣の, 家には, 家庭が, 家督を, 容貌華麗立居振舞い神妙の, 小供, 少からぬ, 少年と, 帝大の, 平生は, 平生源氏が, 平生王の, 年が, 幸吉, 幼い頃, 建築が, 弱氣, 弱虫だった, 弱蟲, 当主の, 当主次兵衛の, 急に, 意地悪く, 慇懃に, 戸山学校の, 所謂素町人の, 文学好きな, 文筆の, 既に両親, 昔わが, 春さんという, 昨日までは, 普段から, 最早二十五歳, 有ろう等, 朝鮮の, 東京に, 東京帝大の, 板倉屋の, 此夏大, 母親が, 気が, 河竹新七の, 温厚な, 父に, 父の, 父も, 父六郎と, 珍らしい, 甘やかし放題, 生れ付きの, 相手の, 県庁の, 社会の, 私より, 結婚問題から, 縁日の, 義太夫に, 老父は, 自分の, 自分も, 自身番で, 若くて, 若殿様とは, 英語学校を, 要助, 覇気の, 評判の, 赤坂に, 通って, 遊蕩の, 重三郎という, 重三郎といふ, 金に, 金の, 金蔵という, 銀行か, 長男の, 陸軍の, 雅号を, 非常の, 革命の, 音楽と, 須山春一という, 頭の, 高等学校の, 鬼に

▼ 息子~ (127, 2.2%)

9 娘も 3 ある 2 あるといふ, ちゃんとし, 二人学童疎開に, 僕の, 帰って, 息子だ, 暫くで, 眼が

1 [99件] あったの, あとを, あのお, あれに, いけないが, おとなしいから, さう云, すてたよう, ずいぶん突拍子, そしてまだ, その天狗山伏, その孫, その親, それぞれ独立し, それには, それまでには, そんなにおい, だめと, とうとう役者, なかなかしつかり, なつかしい人, なるべくは, ほかの, また別に, また夢見る, まだゐました, まだ鼾, もう中学, やがて文学, やっぱりいない, やはりアカーキイ, やはり少しくらいは, やられて, ビルマへ, 一人居りました, 一緒に, 丁稚番頭女中に, 世を, 二人とも, 交つてる, 亦広い, 今じゃ, 今じゃあ, 似たよう, 何ぞうたはつ, 何も, 俺にゃ, 傍らの, 劔を, 勤めて, 十七年から, 原稿を, 厭いで, 友松も, 召集され, 可哀そうだ, 君の, 器用に, 大切です, 大喜び, 大学生でした, 太鼓を, 学費が, 小僧と, 平気で, 年頃に, 幾たびか, 強情だ, 彼女の, 戦死し, 戦死すれ, 改心した, 本年中学を, 来て, 来るよう, 死んでしまつた, 混つてゐた, 父も, 物喰宜何を, 甘酸っぱく怒っ, 甚だ残念, 異質的で, 疲れて, 矢張一昨年此處で, 祈祷を, 私の, 立派な, 笑って, 素直に, 結婚前そんな, 腰が, 若い衆も, 茶だち, 誰に, 連れて, 銭箱の, 錢箱の, 默つてゐる, 黙つて

▼ 息子たち~ (125, 2.2%)

5 のこと 3 のうち 2 はこの, は何, を見捨てるだろう

1 [111件] からあらためて, からは師匠, がいた, がかわっ, がこんな, がそこ, がそれぞれ自分, がそんな, が学童疎開, が当分, が憑, が王子様, だ, である左少将, であろう十四, でレミヤ, といっしょ, となりました, とはおかしい, とはほとんど, とは一, と一, と同年輩, と絶え間, と順助, なので, にあの, にいう, にかこまれ, にせめて, にはちがい, にも, にもない, にも他, にやり込められる, に不意打ち, に会った, に分け, に対するの, に懲りた, に打ち明けた, に敵, に激しく, に空蝉, のいざこざ, のがっちり, のし, のため, のほか, の下着類, の中, の云い, の体, の健康, の字, の幸福, の心, の悪戯, の手, の新米勤人姿, の母, の為, の父, の生活, の趣向, の通信簿, の遊び, はいづれ, はすでに, はその, はそんな, はどんな, はもう, は中学, は先頭, は兵役, は土間, は少し, は当然, は白っぽい, は皆, は稼ぎ, は自然, は衣服, は裾, へであった, への一層, への手紙, へ哭き, まで遊ぶ, もいた, もまた, もやはり, も土地, も父, や夫, や奉公人ども, や娘たち, や孫たち, より勝っ, をおくり, をつれ, をはなはだしばしば, をよろこばし, を交, を叱っ, を失, を派遣, を監, を見廻す, 殊に斉

▼ 息子~ (78, 1.4%)

9 娘が 6 娘を 5 娘も 4 娘の 3 娘は 2 嫁に, 孫の, 身投げ女と

1 [45件] その一族, むすめ, わしは, わとこんな, 一族たちの, 主人が, 亭主の, 兄の, 兄弟たちの, 兄弟を, 同僚達が, 夫の, 奉公人たちが, 奉公人達が, 娘たちが, 娘たちに, 娘たちの, 娘と, 娘という, 娘に, 娘にとって, 娘をさ, 娘ケーテの, 娘等の, 娘達が, 孫たちの, 孫以上に, 孫夫婦に, 家来たちの, 小僧が, 山崎の, 弟の, 弟を, 弟子が, 武家の, 甥が, 番頭や, 番頭を, 細川藩の, 良人や, 親父を, 農業者の, 郎党たちが, 金持ちが, 雇人たちをも

▼ 息子~ (71, 1.2%)

4 ということ 3 けれど彼奴 2 がブラブラ, そうだ, という, といふ, ね, よ

1 [52件] からおれ, からといっ, からと云う, からと云っ, からねフフフフ, から万兩息子, から二分, から女親, から私, から自分, がこんな, が女, しどうせ, し迎, そうで, そうです, そうですね, それ位の, つたとは, つたのか, つた練吉に, つた練吉は, つてほんとに, つて内, つて改心の, つて氣が, と, というの, という事, という十二, という安太郎, とお花, ときい, とこれ, とも諸書, と云, と云う, と名のり, と思っ, と思った, と思つて私, と聞い, と自称, と親, と言, な, なあ喜助, のと, のに小さい, ものな, クレエゲル一族の, 息子なし

▼ 息子である~ (38, 0.7%)

2 ことに

1 [36件] からずいぶん, か或は, が俳諧, ことも, ことを, しもう, といふこと, といふ事, ところの, と知っ, にかかわらず, に過ぎなかつた, のが, のだ, のと, のとで, のにギーザ, のみで, わけです, バルザックは, マクシムは, 一人の, 二人の, 元に, 兄貴を, 大宅幸吉が, 大河俊太郎が, 小学校教師佐田の, 柴谷青年ただ一人が, 父の, 父は, 秀才の, 級長の, 背の, 裸の, 金蔵が

▼ 息子には~ (36, 0.6%)

2 当り前だ, 義母に

1 [32件] おあつらえ, お伊勢参り, お前だけは, かなわない, そういう人, そう云わず, そんな, ただ急い, ちが, まだ大勢子供, わかるまい, 一向無, 何もかも本当, 冬子の, 出来ないといふ, 別に女, 困り切って, 国元には, 娘は, 学校へ, 将来が, 屹度巴里を, 息子の, 感ぜられた, 早く嫁, 父母の, 相違ない, 規定通りの, 逆らふ, 通じなかった, 通じなかつた, 違げえ

▼ 息子~ (29, 0.5%)

6 んだ 4 のだ, のである, んです 32 のよ 1 のかも, ので初心, ので広い, のに三郎, のに神経質, 要助どん

▼ 息子として~ (28, 0.5%)

1 [28件] お立派, とても大切, ふるまつて, まだ悲しみ, むしろ大事, より以上, 一八一八年アリョール県の, 人々に, 子供の, 彼は, 父母や, 父親の, 現れた練吉, 生まれた, 生れた, 生れたという, 生れ千八百七十五年, 生れ天津, 生れ教育, 産れ, 産れた, 私は, 継母に, 育ちその, 育った先生, 育つて, 自分に, 進たちの

▼ 息子です~ (27, 0.5%)

52 から, から几帳面, ってよ

1 [16件] か, からね, から一緒, から万事, から家じゅう, がどう, がなにしろ, が浄瑠璃, ずっと身分, そういうの, って, のに矢代, わ, 伯父さん, 佛門へ, 旦那

▼ 息子~ (27, 0.5%)

3 の部屋

1 [24件] が寝, が川端田圃, が戻らない, が租税, が長野県, が難船, でしかあるまい, で恐れ, とを奪っ, にも猜疑, に巨額, に平等, に誘はれ, のやう, の将来, の間, はその, はみな, は法律, は皆んな海水浴, は結婚, も娘達, や孫共, 来たか

▼ 息子でも~ (26, 0.5%)

2 そうやっ

1 [24件] あった, あり一高, あるまい, あれば, あろうか, かまいません, ない, なきや, なく何, なければ, なし孫, やはりただ, 世話する, 云い聞かされた, 勘当した, 召集された, 可愛息子, 呼ぶよう, 学資は, 居ると, 帰って, 懲しめの, 戒めて, 軍人なら

▼ 息子らしい~ (25, 0.4%)

2 のが, ものを, 十五六の, 激情が, 落ちつきの

1 [15件] 二人の, 勇猛そうな, 十二三歳の, 富農的現実性で, 弱そう, 忠実に, 捨鉢な, 男に, 男の, 純情と, 若者が, 若衆は, 青年が, 青年は, 風骨と

▼ 息子という~ (23, 0.4%)

4 のが, のは

1 [15件] あだ名を, わけだ, んです, 傑作を, 奴が, 意味である, 手に, 新しい情夫, 柳生五郎左衛門が, 格に, 歯がゆい気, 点から, 者の, 言葉も, 身分を

▼ 息子夫婦~ (21, 0.4%)

1 [21件] からは邪魔, がおり, がつれ, が彼, が文子, が泊りがけ, とその, との折合, と三人, と彼等, と末, に名, のため, の三人, はある, はそこ, は三十二, は牢, は鴫沢, へは何かと, も日曜日

▼ 息子から~ (20, 0.4%)

1 [20件] きた新聞, こうなれなれしく, さいそくされ, それを, そんな風, また教訓, もらったという, 不正な, 五十銭貰う, 危篤の, 古ぼけた湯呑, 嫁を, 宮廷の, 小作の, 急に, 来る三円六拾三銭, 渡された一万六千円, 真知子に対して, 親を, 電報が

▼ 息子との~ (18, 0.3%)

2 間に

1 [16件] ことだった, こんな押し問答, 三人ぐらしである, 三人で, 先客に, 年齢の, 往来を, 悲劇の, 旅の, 本質的な, 激しい労働, 父より, 荒んで, 間は, 階級的対立が, 領土を

▼ 息子~ (18, 0.3%)

2 あの娘

1 [16件] いう, みだりに銭, よこして, 一度だけ, 人伝てに, 何か, 取る嫁, 和協の, 嫁がせるまでに, 対して, 気の毒であっ, 紹介状を, 蒼くなった, 言った, 語り伝える必要, 贈る彼

▼ 息子であった~ (17, 0.3%)

1 [17件] から土間, がやたら, が勘当, が十七歳, が十三, が色々, が質, その方, ため私の, ということ, のだろう, ので事前, ので妹, ローレンスの, 国男道男, 岡田武松君は, 青年安五郎は

▼ 息子では~ (17, 0.3%)

4 なかった

1 [13件] ありましたけれども, あるが, あるし, あるまい, あるまいか, ござれど, ない, ないから, ないが, ないと, ない私, 嫁ぐ心, 私の

▼ 息子とは~ (17, 0.3%)

2 ちが, 仲が

1 [13件] いつも裏, ちがうん, ちがう吉次, ちやアんと, 一言も, 云へ, 人鬼の, 何と, 家が, 思えない, 懇意に, 親しく口を, 訳が

▼ 息子一人~ (17, 0.3%)

3 はかわ色金巾

1 [14件] が生れ, であった, では, と住む, と娘一人, と田丸家, にさせ, に娘一人, のさびしい, の三人暮し, の家庭, の家族, は何時も, を持っ

▼ 息子~ (16, 0.3%)

3 何かが

1 [13件] え, そばに, どうか, 京子が, 供か, 娘が, 娘と, 娘婿で, 眼が, 知ざれ, 誰か, 青い眼, 髪の

▼ 息子~ (16, 0.3%)

1 [16件] がい, がさっき音, が日夜入りびたり, と一しょ, に左右, に言い付けた, のかお, は外, は歴史, は満州, は父親ら, もそれ, もみな, を出し, を失った, を誘い切れず

▼ 息子にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] このゲロン・リンボチェ, せよ理非, 以前の, 友情を, 口の, 同情し, 大工や, 娘にも, 嫁と, 拝ませないで, 昂奮し, 無関心, 紋付を, 話した

▼ 息子であり~ (13, 0.2%)

1 [13件] お吉, さらに子供たち, その妻君, ながら一向に, ながら医学, ながら家, またなにひとつ, 善良な, 大川家を, 弟であり, 律義で, 私の, 自分自身である

▼ 息子とが~ (13, 0.2%)

1 [13件] あったが, ありました, ついてるので, やって来て, やはり娘, 会って, 去った後, 待って, 既に食卓, 残って, 汽車で, 移って, 道路に

▼ 息子だった~ (10, 0.2%)

1 が君寵, そうです, ときの, のか, のだ, のです, ので彼, のに, もので, 彼は

▼ 息子じゃ~ (9, 0.2%)

4 ないか 1 ない, ないと, ねえか, ねえが, アねえか

▼ 息子ども~ (9, 0.2%)

1 からは疑われ, か野遊び, が民族, にはそれ, には負けじ, にやらせる, へ意見, や或いは, 頻りに家

▼ 息子殿~ (9, 0.2%)

1 と射ち合った, には不束, に最愛, の口, の父, は戀病, は真面目, は遊び, も変った

▼ 息子どの~ (8, 0.1%)

1 が演じ, が自分, では, といったい, に見せ, の友達, は有為, を寺

▼ 息子に対する~ (8, 0.1%)

1 卑称であり, 危惧の, 妄想を, 復讐で, 復讐であった, 恋愛が, 母親の, 逸作の

▼ 息子らしく~ (8, 0.1%)

2 はし 1 これも, さ, その中, 上品で, 十二三の, 時々子ども

▼ 息子二人~ (8, 0.1%)

1 とどこ, のうち兄, のかえる, は手柄顔, は結核, も出張所, をなあほか, を連れ

▼ 息子たる~ (7, 0.1%)

1 その張飛, まだ頑是, もの一度は, 彼は, 私に, 私は, 糜竺は

▼ 息子といふ~ (7, 0.1%)

1 のが, ものには, リレーである, 息子を, 樣子だ, 肩書を, 言葉も

▼ 息子とも~ (7, 0.1%)

2 一緒に 1 どうした, 思われるよう, 情交が, 見えずまして, 離れて

▼ 息子に対して~ (7, 0.1%)

2 可なり 1 どんな気持, 冷淡だ, 毎も, 気兼ねが, 自分の

▼ 息子への~ (7, 0.1%)

1 おくりもの, 信頼と, 心持かい, 愛が, 愛の, 気兼ねか, 注文で

▼ 息子~ (7, 0.1%)

1 が藝人たち, だ, であんまり, では有りません, でも駕籠屋, とも見ゆる, の時分

▼ 息子だけに~ (6, 0.1%)

1 こういう点, この事件, どうも困りました, 狂気の, 純粋の, 葉子が

▼ 息子だの~ (6, 0.1%)

2 身投げの, 野武士だの 1 困り者, 欲の

▼ 息子ばかり~ (6, 0.1%)

2 では 1 でなくほか, なので, 六七人に, 戦死し

▼ 息子をも~ (6, 0.1%)

2 力の 1 その方, エンジニーアに, 勧めしが, 奪ふ

▼ 息子からの~ (5, 0.1%)

3 手紙を 1 知らせが, 霊界消息を

▼ 息子~ (5, 0.1%)

2 やない 1 やつた, やねえ, やア仕方

▼ 息子であっ~ (5, 0.1%)

1 たりすれ, てくれ, てもあの, てもそう, て外見上

▼ 息子なら~ (5, 0.1%)

1 そりや, どうでしょう, 兄さんと, 彼の, 父の

▼ 息子より~ (5, 0.1%)

1 ずっと自分, もっと背, 畜生の, 長命し, 阿母さん

▼ 息子~ (5, 0.1%)

2 は此樣 1 はこの, は大蔵省, は音樂家

▼ 息子夫妻~ (5, 0.1%)

1 から衷情, が父, と一しょ, のそつ, の象徴

▼ 息子~ (5, 0.1%)

1 だの, でおいでまつ, のよう, の貞時様, はヤツト一つ

▼ 息子番附~ (5, 0.1%)

3 の大 1 の三役, の關脇

▼ 息子自慢~ (5, 0.1%)

1 が出来る, だ君, で暮し, の司馬懿, はたいへん

▼ 息子さんたち~ (4, 0.1%)

1 が言っ, であって, と学校, もある

▼ 息子さん達~ (4, 0.1%)

1 がお, が屡, にはこんな, をお

▼ 息子よりも~ (4, 0.1%)

2 婆さんの 1 こんな日, 娘の

▼ 息子以上~ (4, 0.1%)

1 に, に無, の者, の腕きき

▼ 息子~ (4, 0.1%)

1 です, と歩く, の巣窟, の歓待

▼ 息子~ (4, 0.1%)

1 である, とかに腹, として批判, に対してはその

▼ 息子かと~ (3, 0.1%)

1 思われた若者, 疑って, 見誤ったほど

▼ 息子がと~ (3, 0.1%)

3 自分から

▼ 息子それ~ (3, 0.1%)

1 じゃ立派, だけが胸一杯, はたった

▼ 息子だけ~ (3, 0.1%)

1 だった, だつた, 巴里って

▼ 息子だけは~ (3, 0.1%)

1 好意を, 清太郎と, 立派に

▼ 息子だって~ (3, 0.1%)

2 そうだ 1 ことを

▼ 息子どん~ (3, 0.1%)

1 の多助さん, はおとなしくっ, は本当に

▼ 息子など~ (3, 0.1%)

1 あります, 幾人か, 身近かな

▼ 息子なる~ (3, 0.1%)

1 が何事, 由, 青年が

▼ 息子にて~ (3, 0.1%)

1 しがない消光, 利発の, 江戸の

▼ 息子によって~ (3, 0.1%)

3 人は

▼ 息子はん~ (3, 0.1%)

1 はその, やあらへん, を御

▼ 息子~ (3, 0.1%)

1 うらんで, そつたら, 殴ぐったんだべ

▼ 息子へも~ (3, 0.1%)

1 宜しく, 宜しくと, 自分の

▼ 息子まで~ (3, 0.1%)

1 およそ出入り, 全部知っ, 男臭く

▼ 息子もう~ (3, 0.1%)

3 一人は

▼ 息子~ (3, 0.1%)

1 もう何, 息子よ, 願わく

▼ 息子地廻り~ (3, 0.1%)

3 と改名

▼ 息子寮住居~ (3, 0.1%)

3 に華族さま

▼ 息子持つまじき~ (3, 0.1%)

3 は放蕩

▼ 息子~ (3, 0.1%)

3 の違

▼ 息子~ (3, 0.1%)

1 と共にこそこそ, に仕事臺, の生活態度

▼ 息子自身~ (3, 0.1%)

1 の反省, は自分, は頭

▼ 息子達夫婦~ (3, 0.1%)

1 が肥料, は無理矢理, よりもさき

▼ 息子長三郎~ (3, 0.1%)

1 が花見, にも話したる, は例

▼ 息子いや~ (2, 0.0%)

1 それよりか, な心持

▼ 息子この~ (2, 0.0%)

1 城内において, 頃の

▼ 息子~ (2, 0.0%)

1 という言葉, へ家

▼ 息子さえ~ (2, 0.0%)

1 それを, 快くなれ

▼ 息子さま~ (2, 0.0%)

1 はこの, をあなた

▼ 息子たち三人~ (2, 0.0%)

1 は一時, を押し込む

▼ 息子たち夏やすみ~ (2, 0.0%)

2 で帰った

▼ 息子だろう~ (2, 0.0%)

1 お城, か

▼ 息子でありました~ (2, 0.0%)

1 が海亀, せいか

▼ 息子であろう~ (2, 0.0%)

1 か, その青年

▼ 息子でございます~ (2, 0.0%)

1 から何処, から熊

▼ 息子でした~ (2, 0.0%)

2 が今

▼ 息子とか~ (2, 0.0%)

1 で家, 芝居好の

▼ 息子としての~ (2, 0.0%)

1 和一郎という, 藤村が

▼ 息子なぞに~ (2, 0.0%)

1 生まれるもの, 餅を

▼ 息子などが~ (2, 0.0%)

1 とびだして, 先輩顔で

▼ 息子などの~ (2, 0.0%)

1 好色男, 道楽の

▼ 息子などは~ (2, 0.0%)

1 母親そつくりの, 裸足で

▼ 息子なり~ (2, 0.0%)

1 しとかや, 娘なり

▼ 息子なりの~ (2, 0.0%)

1 両親同胞が, 前途に

▼ 息子なんか~ (2, 0.0%)

1 あるもの, たまたま私

▼ 息子なんて~ (2, 0.0%)

1 いうもの, 俺は

▼ 息子について~ (2, 0.0%)

1 それ以上には, 近江に

▼ 息子にとって~ (2, 0.0%)

1 とくべつ役に立ちました, 権力者たちは

▼ 息子にとっては~ (2, 0.0%)

1 この上, 一方から

▼ 息子にまで~ (2, 0.0%)

1 きらわれるし, こんな日蔭

▼ 息子に対し~ (2, 0.0%)

2 可なり

▼ 息子のさ~ (2, 0.0%)

1 びしげな声が, びしげな顔を

▼ 息子はと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 見ると

▼ 息子みたい~ (2, 0.0%)

1 な気, に思われ

▼ 息子をば~ (2, 0.0%)

1 如何する, 責て

▼ 息子~ (2, 0.0%)

1 困ルカラ, 少シモ泣カナカッタ

▼ 息子セリョージャ~ (2, 0.0%)

1 の誕生日, を全く

▼ 息子ヨリ~ (2, 0.0%)

2 とも書けた

▼ 息子一郎~ (2, 0.0%)

1 の手, を遊ばし兼ね

▼ 息子五郎藏~ (2, 0.0%)

1 と云者, は莞爾

▼ 息子兄弟~ (2, 0.0%)

1 が田, にもそれ

▼ 息子~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ 息子幸吉~ (2, 0.0%)

1 が使い, というおせっかい

▼ 息子徳三郎~ (2, 0.0%)

1 に当っ, に當つて

▼ 息子戦死~ (2, 0.0%)

1 させて, の報

▼ 息子手合~ (2, 0.0%)

2 までお

▼ 息子木村泰助君~ (2, 0.0%)

2 の作文

▼ 息子清次郎~ (2, 0.0%)

1 という, といふ

▼ 息子源三郎~ (2, 0.0%)

2 と深い

▼ 息子~ (2, 0.0%)

2 意氣ざかりの

▼ 息子福太郎~ (2, 0.0%)

1 というの, に相違

▼ 息子親父~ (2, 0.0%)

2 の市五郎

▼ 息子長吉~ (2, 0.0%)

2 の出世

▼1* [309件]

息子あいてに至極, 息子あっての親父, 息子あっぱれ者と御, 息子あてに中傷, 息子あるいは家督を, 息子あれは駿介さん, 息子いったい器用にて, 息子いつまで経っ, 息子いとしさに, 息子ばあちゃんの, 息子かせぐ夫それだけ, 息子かは慌て過ぎる大晦日, 息子からさえ監視され, 息子からとしては書いて, 息子がっかりして, 息子がとにもかくにも, 息子ぐらいにしか見えませんが, 息子え, 息子さおべツ, 息子さては兄弟たちへの, 息子さんだつたらうつて, 息子さんはじめみなさん上陸なさいましたが, 息子さんほかに三, 息子さんみたいにお金たくさん, 息子さんみんな深切だつた, 息子さん一方は堂々たる, 息子さん呉服屋の息子さん, 息子さん夫婦が移つて, 息子さん嬢さん何事も此, 息子さん小間物屋の息子さん, 息子さん御前は是, 息子さん朝疾からお, 息子さん連もまじっ, 息子さん阪急の小林房雄氏, 息子しか持たねえから, 息子じゃけに念入れと, 息子じゃったそうで御座います, 息子じゃという風に, 息子なは, 息子すこし足らないの, 息子すなわち要次郎, 息子その他の人, 息子その他家族のみで六十人, 息子それにわたくしと, 息子たち孫たちを前線, 息子たつた一人の, 息子たり兄弟たり, 息子たるべく教育される, 息子たる者のため, 息子だから私の, 息子だけが行った, 息子だけしか知らないもの, 息子だけじゃない, 息子だけには同じ途, 息子だけを直して, 息子ださうですよ, 息子だったらそれこそ, 息子だらうありがたし, 息子つていふと, 息子つて哲造さんですね, 息子つまり私の, 息子であったなら好きで, 息子であるせゐか酔客, 息子であるらしかつた, 息子である相ついで来る, 息子でしかない房一, 息子でないかぎりは, 息子でなかったらわたしは, 息子でなかつたら正文も, 息子でなければ芸術的ルンペン, 息子とかがたしか当, 息子とかに熱くなっ, 息子とかの宿に, 息子としてか房一は, 息子とだけいれば, 息子とで見立てて, 息子とでも云ひさう, 息子とに化けて, 息子とにたいする二重の, 息子とを案内し, 息子と共に家を, 息子どうするん, 息子なしの親父, 息子なぞから介抱, 息子なぞは伯母さんが, 息子などからだまされて, 息子などもあつて宵, 息子ならかまわないというの, 息子なりしかとは知ねども, 息子なれども幼い, 息子なんかに貰われたら後悔, 息子なんかのものの, 息子なんぞ出来るの, 息子にあたるジャンという, 息子にかけ換えの, 息子にすらも式の, 息子にたいして小言を, 息子にだけは時勢に, 息子にだってそんな指図, 息子についてはよしあしを, 息子につき添はれ, 息子にてはあるまじくさりとて, 息子にでもなって, 息子になつて居た, 息子に対しての感謝で, 息子に対しても何と, 息子のうはさ, 息子のせゐでもある, 息子のみとりを, 息子のみが義務の, 息子のよだれ小僧から, 息子はつきりして, 息子はをらず, 息子はんたち心配して, 息子ばかりか祭司長自身までが, 息子ばかりが巴里に, 息子ばかりは野放しに, 息子ひがんだ息子希望されず, 息子ふたりも胆大智密, 息子ふと思いけるは, 息子ほど年下な, 息子ほんとうに惜しい, 息子まあまあゆっくりという, 息子または娘を, 息子までがこんな調子, 息子と千之助, 息子もさうだつた, 息子もつ親の, 息子もねえ一人は, 息子ものとなった, 息子やや馬鹿に, 息子やら仲間やらが, 息子ゆえ内輪にし, 息子よき娘, 息子よりはお上さんが, 息子らしかったぜ, 息子らしくない良い男, 息子をかたわに, 息子アドリアン・シャール・ド・グラモンと言っ, 息子アランデイヴィッドトマスもそれぞれ, 息子アントニオのこと, 息子アンドレー公女マリアとの関係等, 息子アンリイに対するマリイ, 息子エーレンフェルトは大, 息子オレステスを無罪, 息子カバンをかけ, 息子カールに対しても言葉, 息子ガヨクッテ孝道シテクレ又娘ガヨクツカエテ, 息子ガ三ツニナルカラ家督ヲヤリタイトイッタラソレハ悪イ了簡ダ, 息子ガ九ツノ年御殿カラ下ゲタガ本ノケイコニ三ツ目所, 息子ガ五ツノ時ダソレカラ忌命ガ明イタカラ又, 息子クレエゲル一家の者, 息子ゴールデンリンクは有名, 息子サシャの書いた, 息子サンヲ御存知, 息子サーニが優秀, 息子スーラーブの物語, 息子ティトゥス妻サスキア及びヘンドリキエ, 息子ディエゴの手, 息子トレプレフを演じた, 息子ドン・マノエルとともども, 息子ノコトハ何分頼ムトイッタラソノウチニ姉ガ来テ一先ズウチヘ帰レトイウカラソレカラ家ヘ戻, 息子ハイここにもう, 息子ハ十六ダカラオレハ隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, 息子ハ御殿ヘ上ッテイルカラ世話ハ, 息子ハ蒲団ヲ積ン, 息子パーシユーズとがある, 息子ピエトロと相識, 息子フアンテツクと娘バイイ, 息子品物ヲヤッタガ一日オソクテ外, 息子マイは冶金工場長, 息子ユルゲン・ブラットシュトレエムと一緒, 息子ラグナートとウペシュ, 息子ルイ・シャルル・カペエの死亡, 息子ロバアトに自分, 息子ローレンスを生んだ, 息子ワリスタダオよ, 息子一人十五歳に成候, 息子一人娘一人を残し, 息子一方はやくざ者, 息子一種の変りもの, 息子一緒なら秀吉, 息子万歳っ, 息子万歳国家の忠良息子万歳, 息子三人に父親, 息子三郎である, 息子与一郎忠興あれはもう, 息子には大工, 息子丸吉この人, 息子丹次が京, 息子久我之助, 息子ひ, 息子亡くなりて葬式, 息子亭主牡人生観上の現実主義者, 息子亭主牡人生觀上の現, 息子仙太郎は怒鳴つた, 息子以上四台の荷車, 息子以外の誰, 息子住む田舎家に, 息子余りエライ少年でない, 息子共に不良だ, 息子にし, 息子利一郎は起立, 息子利助がいた, 息子千列万郎だと, 息子半平二十五だからね, 息子半次郎が手代, 息子博奕は打つ, 息子即ちその男, 息子吉三郎が家, 息子吉田健一の, 息子同伴で夕飯, 息子同志は極, 息子同様の相手, 息子弥太は, 息子大事な父親, 息子大八郎とめでたく, 息子太郎のため, 息子夫婦それに嫁入り, 息子女房子ぐらい何, 息子というもの, 息子娘たちを自分, 息子娘一家総動員でエッサエッサ, 息子娘午後からずっと, 息子宏輔君は私, 息子の兄, 息子対手に商売, 息子尊しが不快, 息子左源太右源次の二人, 息子希望されずに, 息子に生活, 息子八郎といふ, 息子待遇にせ, 息子思いの父親, 息子に立ちあがつ, 息子息女は大抵, 息子悪たれ小僧のレム, 息子搾取と抑圧, 息子改良剣舞の息子, 息子文士美術家俳優と言った, 息子文隆といふの, 息子新太郎君が三度目, 息子の方, 息子昨日より出で, 息子景山英と結婚, 息子書生さんや女学生, 息子朝鮮の大学, 息子本間俊平さんの息子, 息子松五郎さんが御新造, 息子正吉は一遍, 息子正行がなけれ, 息子武男さんも誘っ, 息子武蔵守貞将を破り, 息子殺しては世間, 息子母その他うんと大勢, 息子泥濘に転ん, 息子浩平に押しつけ, 息子斎は, 息子清一の一挙一動, 息子清七とその, 息子清太郎の天額, 息子源之進と結婚, 息子熊トイウ者ト大喧嘩ヲシタガ, 息子牧場の牛飼, 息子玄達も先, 息子ころがしの, 息子生意気ざかりの十七八, 息子甥どもいずれもよく, 息子甥兄弟たちもみな征, 息子祖父の造った, 息子祝龍祝虎祝彪らとなにか, 息子秀忠は京都, 息子秋川駿太郎を惨殺, 息子競争の本家, 息子竹丸と梅鉢屋, 息子粂太郎という若者, 息子経国から, 息子義雄の代, 息子腕叉いて, 息子自分の同胞, 息子芸者小兼の情夫江戸屋, 息子英男君も私, 息子英雄君の学校, 息子荘太郎であるという, 息子薫少年との小鳥, 息子のつながる, 息子見い大學校, 息子の呼ん, 息子親友等が開い, 息子角太郎がうしろ向き, 息子諸戸屋敷に使われ, 息子近藤クンは娘, 息子の店, 息子連中の一人, 息子達孫共皆のため, 息子達駿介が教, 息子郁次郎のこと, 息子ありかい, 息子金剛丸天王寺の松殿法印, 息子金谷金五郎にその, 息子長三郎こと實は先日, 息子の前, 息子阿呆な事, 息子附き合ひ, 息子陳登はその後, 息子リアリスティックな, 息子をし, 息子飲むと眠く, 息子鶴松の死