青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「成~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

應~ ~懐 懐~ ~懐中 懐中~ 懷~ ~懸け 懸け~ 戀~ ~成
成~
~成っ 成っ~ ~成った 成り~ ~成る 成る~ ~成功 成功~ ~成立 成立~

「成~」 6987, 69ppm, 1640位

▼ 成~ (2201, 31.5%)

54 これは 48 それは 44 そいつは 23 こいつは 19 是は 16 さう 14 それも 11 成程 10 そんなこと, そんな事, 然う 7 これでは, そう云え, 君の, 是れ, 私は 6 い, これなら, そうだ 5 お前の, これで, それが, なア, 君は, 左様言, 斯う, 此の, 立派な, 自分の

4 [16件] あなたの, あの男, こりや, これじゃ, さうだと, して, そういわれ, そうかも, そう言った, それに, そんなもの, 気が, 源之助は, 私が, 私の, 結構な

3 [33件] あれは, お前さんは, お力を, この家, これが, そういえ, そうかと, そうです, そう云う, そこには, そこは, それで, ひどい奴, われわれは, 之は, 人間の, 今の, 何方も, 俺は, 僕が, 其れ, 和らか, 太郎に, 夫は, 妙案, 尤もな, 彼等の, 彼等は, 私も, 考へて, 聞いて, 聴いて, 能く

2 [107件] あの旅, あまり感服, あんたは, お前さんの, お前さんも, お前に, お前は, くらやみの, こいつあ, ここは, この寺, この村, こりゃあいよいよ, これぢや, これらの, さうか, そういうもの, そうであろう, そう云われ, そう考え, そう言え, そこまでは, そこらは, その事, その点, その通り, その頃, それじゃ, そんなわけ, でその, どうも, なか, もっともな, よく判った, わかりました, ダンテの, 一人の, 世の中には, 世人は, 世間の, 二人は, 二脚の, 人の, 人を, 今までの, 似て, 何う, 作者の, 傳吉は, 僕は, 先刻から, 其方が, 古今無類の, 大きなペンキ塗, 女は, 妙に, 定家假名遣, 宝永だ, 少くとも, 尤もだ, 山の, 島を, 左の, 己は, 彼が, 彼の, 彼は, 彼女と, 彼等には, 御尤, 念入りだ, 悩みつづけた人生, 手頃な, 早咲, 是りゃ, 時が, 暗い坑道, 書いた文字, 此処に, 此方の, 死人の, 気の毒かも, 汝が, 無理は, 然うなれ, 然樣, 父と, 父は, 爾う, 猫は, 猿の, 玄関の, 白石の, 眞面目に, 空想癖の, 空気の, 窓は, 立派じゃ, 考えて, 自分は, 至極御, 若い者, 西洋の, 親分の, 話は, 読者は, 違う

1 [1462件 抜粋] ああ云, あなたは, あの二階, あの墓地, あの手品使い, あの橋, あらゆる人間, ありそう, ある仮定, あれも, あゝ悪い, いいところ, いい道, いかにも木深い, いつもより, いやお茶, いわゆる医, うまい言, えかく, えらいラマ, おっしゃりました名, おみよ, おれは, お光, お前には, お君さん, お國, お富与三郎, お專, お玉ヶ池には, お賤さん, お里が, お飯, かう言, ききしに, こいつア何う, こういう娘, こうする, こうも, ここへ, こつちの方, このよう, この何, この婦, この展覧会, この手, この正月, この男, この絵姿, この顏, こりゃあ親分, こりゃほんとう, これからの, これだろう, これはと, これも, こんな工合, ごもっとも, さうかも, さうだらう何, さうですね, さすがは, さようでございました, じゃア私, すこし暖, ずらりと並ん, そういう事実, そういえない, そうかね, そうする, そうであっ, そうと, そうらしく, そう承りますれ, そこでは, そこに, そのお, そのとき, そのマデラ酒, その二人, その傾向, その壁, その席, その日, その端っこ, その絲, その青年, その飴, そりゃ面白, それぞれ三坪ほどの, それぢや, それでは安らか, それでまだ, それで一應, それで提灯, それにも, そんな勘定, そんな訳, たいへんな, ただ一人, たらたらと, ちとアク, ちょっと似, ちょろッ, てか, ではこの, では君, で其処, と思い当る, どうも好い, どうも親, どこやらに, どんどん湧い, なんとも云え, はあいかにも, ひとりぼっちで, ひろ子は, ぷう, へんてつも, まあ一度, まだ新, むづかしいな, むゝう, もうその, もっともだ, もの寂しさ, やすいやすいよう, ゆうべは, よく見えます, わからねえな, わりに飲める, アレクセイ・イワーノヴィッチは, ウ是は, ガタピシし, ガラツ八よりは, ジジが, ダガ此度は, ツネが, ドウも, ナー満, ハヽア大層枕草紙を, フランスという, プロレタリア文学者は, ヨハンが, ヴァン・ドンゲンが, 一とつ走り行つて見ませう, 一ばんの, 一夜の, 一寸おもしろい, 一応の, 一日の, 一時代を, 一本の, 一生懸命に, 一艘の, 丁度風が, 万葉集の, 三千兩の, 三月三日附け, 三途川は, 下駄が, 不思議は, 世の, 世間には, 中条は, 主殺し, 亀屋の, 二三軒やられました, 二十間ばかり, 二階の, 京都からも, 人各々自分の, 人減らしだ, 人間には, 人間生活には, 今は, 今夜の, 今日までは, 今朝に, 今考える, 今飮, 他人から, 仰言つた通り, 伯父さんは, 何だか眞面目, 何も, 何枚かの, 作家の, 侍てえ, 信子の, 俵形で, 俺も, 僕には, 僕等年少の, 元子は, 先つきから, 先月頃は, 兩國かも, 八五郎は, 六かしい, 其が, 其の小米, 其の道, 其人で, 其処には, 其方の, 其等の, 其處までは, 其辺の, 円熟さ偉大な, 分らぬ筈, 到る所累々, 割羽織に, 勇で, 勘違ひ, 十二時に, 十萬兩掛け, 南には, 南洲も, 去年以來大膳方に, 双刀, 口軽な, 古いの, 只の, 可愛くねえ, 各々方には, 吾, 咽喉の, 善い事, 善悪にや, 噂に, 四ヶ年程, 四人かね, 困つた奴, 圖星だ, 土瓶が, 均斉は, 塩原多助といふ, 墓地らしい, 変だ, 夕立雲が, 外へ, 多の, 多少は, 大きくは, 大きな図体, 大きにそこ, 大人の, 大分宜, 大日經と, 天下多数の, 天才と, 天然の, 夫ぢや, 夫れ, 失楽園の, 奥様の, 奪られる, 女に, 女形に, 好い男児, 如何にも御, 妻は, 子が, 子分の, 子爵は, 学問を, 学生は, 定刻には, 実によく道筋, 宣伝の, 寂然と, 寛仁大度見上げれ, 寺らしい, 尉殿だ, 小さくは, 小春の, 小説家としての, 少しばかり, 少し行く, 就きまして, 居ない気, 山奥には, 岡田の, 左様かも, 左様なら, 己も, 帝劇の, 幕の, 年老いれば, 幽霊的な, 床板には, 庭の, 弁証法は, 引続け, 強さ, 彼らは, 彼奴の, 得意満面には, 御利益も, 御姫様, 御武家, 御紋付, 御證據, 御遠方, 心は, 心理試験か, 思い当る事, 性質上から, 恐れ入りまして, 恐ろしく重大, 悪い事, 悲劇に, 惜しい事, 愛公だ, 慣れたも, 成駒屋やと, 我子なら, 戯曲に, 手も, 手紙に, 手頃な肥り, 承はれば, 承知しやした, 折角望んだ, 提灯の, 敵は, 文学作品が, 斯樣な見, 新地だった, 新聞記者社會には, 日傭取には, 旨え, 明日法事に, 昨今の, 昨日木沢氏が, 是真, 晝寢で, 晴れたの, 智識と, 暴風雨の, 書物だけは, 最早十二時二十分許, 有難いどうも, 朝鮮という, 李光明一派の, 来て, 松蔭年を, 林檎は, 柏原が, 柳には, 格子は, 楽しいこと, 機械力が, 此処は, 此奴は, 此方で, 此者に, 此處からは, 武村の, 歩いて, 死ぬわけ, 死体紛失の, 段々の, 殺人としては, 気がついて, 氣は, 江戸時代から, 河野の, 波の, 泰さんと, 活きてを, 浅いかも, 浪漫的形而上学一般は, 海だ, 深川で, 清三は, 源家の子の, 澁川流の, 濃い紫, 火事が, 無事過ぎ, 無政府主義者中, 然うでございます, 然し夫, 然らば先中, 熱い訳, 父子爵は, 物置の, 犢鼻褌でござる, 独歩は, 猿轡を, 珍らしい, 理窟だ, 生きると, 畦の, 當暮は, 疾う, 白髪小僧なら, 皆な, 皮下出血や, 目立つほど, 相手は, 真にうまい, 眼が, 着心地はよ, 短い髪, 研究し, 祝言の, 私し, 秋の, 空きに, 竜神の, 笑覧の, 米国の, 精神に, 素晴らしい犯人, 結婚式で, 総江, 縁起と, 美い, 羽織の, 老妓が, 考えるとな, 耶蘇教から, 聖人も, 背後に, 腹に, 膃肭臍も, 自分等に, 舊い, 船に, 良い声, 色は, 花は, 若い国民, 英国人だったら, 茶を, 草一本満足には, 薄く積, 薬草な, 蜜豆屋じゃ, 血の池地獄針の, 行つた, 表面は, 西郷隆盛が, 見れば, 親の, 親指の, 解し悪い, 評判だけ, 説明という, 誰かが, 談林の, 諸君は, 豊臣秀吉は, 貧富を, 貴女は, 賊という, 赤地に, 足下の, 路から, 車輛会社は, 近々と見る, 近頃お前, 途中の, 過ぎ去った歴史上, 道子の, 違いない, 違わぬ, 適當の, 郷里の, 野暮な, 金持は, 釦が, 銅の, 鋸見た, 鏡の, 鑑賞出来る, 門には, 阿爺, 陸を, 随分夥間, 隣りだ, 難渋寺かへ, 青砥弥助が, 非常に, 面白い事, 面白い考, 順ぐり緑や, 頭巾を, 顔色が, 食ひものは, 馬鹿, 駿三の, 體操嫌ひらしい, 髪長彦の, 鶴の, 黒いには, 鼻と

▼ 成つて~ (537, 7.7%)

43 居る 19 居た 12 居るの 10 居て 8 しまつ, ゐた, 来た 7 ゐる, 居たの 5 見ると 4 ゐたの, 居たが, 居ました

3 [12件] な第, は仕方, は駟馬, も其方, 下され話しながら, 出て, 居らず加, 居るから, 居るが, 怒るよ, 聞かれるに, 見せまするさあ

2 [24件] さうし, は愁ら, は旅籠屋, は隨分, も帰らない, も惡, も此, やるだ, ゐて, ゐないの, ゐると, をります, 居たならば, 居た爲, 居まするを, 居ります, 居りますが, 居るか, 居るかと, 居るし, 居ると, 居るので, 居るん, 最う今

1 [314件] あの泥, あるもの, あツ, いつた, いふので, おしづさん, お呉れ, お火, お芝居, お隠し, かうい, からお節, からさ, からだ, からといふもの, からなら, からは, からはき, からは一際, からは人間, からは以前, からは大, からは大きな, からは女, からは方々, からは滅切機轉, からぼろ, からも依然として, からも其の, からやいのやいの, から三人, から僅, から其森, から初めて, から卯平, から卯平が植ゑたのであつた, から大分着物, から方方, から毎日, から父, から着, から組入れ, から自分, から近所, から遂に, から酒, から隣, から雜草, か婦, さあ私, しかも今貴方, しと, しまふ, しめえまして, じろ, すた, すら言葉, するすると, そしてば, そして少し, そして萎, その年老いた, それから毒, それから私, たうとう, た徳利, つい其の, つと暖ツ, どうにもし, な火, な石坂, のつ, は, はいない, はくた, はならぬ, ははい, は一時, は不可い, は事情, は何, は可, は呼ん, は湯豆府, は私, は随分, ひゆうと, ふやけたやう, ふら, ふわ, ぼやけて, までも凝然, もう今, もう商, もう女, もや, もゐられねえ, も何, も子供, も室, も彼, も悪, も未だ, も構, も歸ら, も猶, も知らぬ, も破れ, も競争, も迚, も隨分酷かん, やがて着か, やがて軒前, やしない, ゆら, よかつ, よつ, るが, る容子, ゐたならば, ゐたもの, ゐた櫻, ゐちや, ゐても, ゐないんで, ゐなければ, ゐます, ゐまするを, ゐられるの, ゐるが, ゐるで御座いませう, ゐるところ, ゐるの, ゐるので, ゐるもの, ゐる彼等, ゐる林, ゐる様子, ゐる翁, ゐる者, ゐる限り, をつたの, をり, 一層お, 丁度禅寺, 上げる気, 下され伯父様, 下され伯父樣, 下され後生, 下され私, 互に呼吸, 今にも兩親, 仕やう, 倒れて, 停まつたが, 働けて, 入つた, 其のま, 其の後, 其の簾, 其の花, 其の音, 再び白衣, 再び訪問, 出たらしい, 叱る處, 呉れさうな, 呉れた, 呉れと, 大きなコンフエツチ, 大きな南瓜, 大汗, 大聲, 大苦しみ, 始めて丑松, 寂しさうに笑つたの, 寝たり, 寝て, 少しは, 居たお, 居たから, 居たかネ, 居たため, 居たつちふこと, 居たので, 居たばかりに, 居たら彼樣, 居た事, 居た凡て, 居た勘次, 居た南, 居た少し, 居た爺さん, 居た自分, 居た茶碗, 居た蛙, 居た髮, 居ないとて, 居ないらしいが, 居ない此様, 居なかつた, 居ながら, 居なければ, 居ましたか, 居ましたから, 居ます, 居ますと, 居ませんでした, 居らぬ, 居らぬと, 居りました, 居るうち, 居るだらうから, 居るべき筈, 居るもの, 居るより, 居るフレデリツク・ヱレン氏夫婦, 居る上, 居る世間, 居る光景, 居る卯平, 居る各自, 居る和田さん, 居る夫, 居る家, 居る家家, 居る対岸, 居る少女, 居る彼是, 居る彼等, 居る我が, 居る棺臺, 居る目, 居る程物, 居る義従兄, 居る葉先, 居る處, 居る赤土, 居る長男, 居ろと, 引返したり, 後十四日, 悲しい壮ん, 抑へた鍵, 掘り其, 搖れ, 散る, 更にすつ, 未だ, 未だ今度, 未だ其様, 来たから, 来たぢ, 来たところ, 来たとも, 来た相, 来て, 来ましたなあ, 来ましてネ, 来る, 次會, 歩いて, 歩く事, 殊に妙, 段々と, 気取つた物言, 泣いた, 泣いて, 活きもの, 浮び揚つて來, 消えむとする, 点けたて, 然も, 現はれ, 異つた創作, 異つた意味, 疲れた身體, 直にひよこ, 眺めて, 着た儘, 知らない土地, 立つの, 第一, 置けや, 耐えられぬので, 苦しさ, 落ちた, 薄いオレンヂ色, 行かねば, 行きました, 行くもの, 行く恁, 見えた, 見せる, 見たいと, 見たい心, 見たつて, 見たり, 見て, 見ねえ内, 見れば, 蹲るか, 躍込んだが, 退る, 送りましたそれ一人, 遣るツ, 長いこと身動き, 防ぐの, 颯と網, 颯と駈出した, 飛ぶ, 飛ぶの, 飛んで, 飛出したが

▼ 成~ (189, 2.7%)

6 そこで 5 それを 4 周の 3 喜んで 2 その虫, びっくりし, 大喜び, 母の, 笑って, 老婆に, 都に, 首を, 鶉を

1 [153件] あざ笑って, ある夜父, あわてたが, あわてて, いきなりそれ, いずに, いった, いらいらし, うなずいた, おくびょうで, おしきって, かたく諌め, かつて白昼, くりかえしくりかえし見て, ここぞと, これを, すこしさ, そこでまた地券, そこへ, そのあたり, そのうち, そのため, その古墳, その奉行役, その後で, その時, その時面会, その期限, その鶉, それから, それが, それにも, それ以上何も, つねづね心, なお告げた, なるほどと, ひどく兄, ひよつくり其処, ますます驚喜, また主人, まだいろいろの, まだ不, まだ六, まだ幼かっ, まだ飯, もう出発, もう子供, もう金, やっとそれ, よく解った, わざと返事, 一つ上の, 主人に, 五十一歳抽斎自己は, 五郎作に, 仕方なし, 俯向い, 側に, 儀賓府造の, 兄に, 先に, 全身に, 其後を, 利益が, 剣を, 半年ばかりの, 去年叡山を, 唇を, 四十二歳母縫は, 困って, 困りぬいて, 固く留め, 大いに困った, 天保二年六月からは, 天保八年, 天明六年八月十九日に, 失望し, 嬉けれども, 子供を, 安永十年に, 寧親にも, 寧親の, 尖んがった草, 居間へ, 山城守道三の, 左の, 平原の, 平生苦労を, 忽ちその, 思わず呻いた, 急に, 息が, 慚じ, 慨然として, 懼れ, 手持ちぶさたに, 才子で, 承知し, 抽斎の, 操舟を, 改まって, 文政五年八月朔に, 旅館へ, 早く返事, 是の, 有と, 木市の, 本皓の, 枕頭を, 欠伸を, 歎息し, 歯ぎしり噛ん, 死んでは, 気懸り, 汗みずくに, 沓を, 沼津の, 牀の, 獅子の, 生れつきまわりくどい, 田を, 眼を, 笑うだけで, 答えた, 細君に, 細君の, 終夜まんじりと, 経芸文章を, 老婆の, 老臣を, 考えるまでも, 聞きつけて, 脱出を, 臧と, 船成金の, 草を, 血の, 表向侍医, 討果可, 謹厳な, 貧乏であった, 貧乏は, 足ずりし, 路ばた, 退って, 道の, 酒五瓶と, 醒めてから, 金を, 釵を, 隠居料三人扶持を, 雨の, 驚いて

▼ 成~ (184, 2.6%)

3 細君は

2 [13件] ことを, ために, 作品を, 因縁を, 実父稲垣清蔵の, 家には, 家へ, 手に, 時間を, 顔が, 鶉に, 鶉は, 鶉を

1 [155件] いうこと, いそう, いったとおり, いった道, お婆さん, ごとき得難い, ごとくに, ですか, とり立てに, ぼりしは, ぼりしはた, ものに, ろの, クリスチャンに, 一字のみ, 一家は, 一手弓之衆の, 一行に, 一行は, 一行百十五人の, 三児が, 三千余騎だった, 三地が, 三跡が, 乱である, 事とが, 二字で, 人数で, 仮名には, 仮名の, 兄弟と, 全身を, 分には, 初の, 到着, 前から, 前に, 剛勇は, 剣を, 勞力で, 友で, 友に, 収穫であった, 古い幹, 名を, 名稱, 声が, 天才で, 奥向に, 女である, 女二人の, 妹二条家には, 妻であり, 妻縫は, 始末申立よと, 姿は, 娘の, 嫡男正行だった, 子に, 子も, 子供の, 字は, 寝台で, 小さな虫, 差違の, 年齢と, 庭の, 弁証法, 弊を, 弟子だ, 当時においては, 役を, 後を, 後家である, 後家の, 心が, 心の, 忠節が, 忠魂は, 思いも, 愛して, 所へ, 手の者が, 手伝いに, 抒情詩を, 持って, 新しい女たち, 新技法, 方で, 日数を, 日記に, 望みは, 果が, 果なる, 柘榴が, 歩きでが, 歿後抽斎に, 気質が, 法術で, 爲に, 献上した, 理を, 画が, 直系卑属は, 直訴は, 眼の, 着く前日, 知識を, 社会的, 祖父は, 神学とも, 私有が, 私邸に, 程度まで, 程度迄, 節に, 納れた, 細君も, 経世論を, 耳に, 肩に, 背に, 背を, 胸幅だ, 自由と, 船が, 苦学を, 苦痛であった, 茂林と, 茶碗の, 荷物を, 著す所, 蓄って, 處却て, 衣は, 言葉に従って, 調にて, 身の上の, 返辞が, 遊歩地が, 量です, 門人で, 間の, 陳述せし, 陳述は, 難事では, 顔に, 顔は, 養嗣子と, 館へ, 馬, 馬が, 驍将達も, 骨法が, 骨法を

▼ 成~ (173, 2.5%)

43 はこの 2 がその, が五十万石, の一命, はさき, はその, は顔

1 [154件] あり, から常々, がこの, がそれ, がまいる, がやがて, がドジ, が仮面, が信長, が助命, が北国すじ, が十五, が富山, が小, が抗戦, が捲土重来, が浜松, が無, が目ざす, が立ち寄り, が軍勢, が遠, であった, でなくとも, と, とて善良, とて決して, とは共に, と井伊兵部, と前田利家, と同じ, などと違っ, などを併わせ, にさえ見限られた, にたいしてここ, にはならなかった, に代っ, に任せられ, に告げ, に攻め立てられ, に敵意, に贈った, に随身, のいい, のごとき, のさら, のさらさら, のねちねち, のむす, のやり出し, のよう, の一分, の三蓋笠, の下級兵, の充血, の別業, の前, の口上, の居る, の弁, の心中, の性格, の扶持料, の旗, の潰滅, の物頭, の物騒, の用いた, の盲動, の耳, の臣, の菅笠三蓋, の表裏, の軍, の軍隊, の述懐, の降伏直後, の随身, の養子, の首一つ, はいい, はいつも, はこう, はさっそく, はすぐ, はたえずこう, はただちに, はついに, はひと, はふた, はふと, はほくそ笑んだ, はまごつい, はまだ, はまっ, はやがて, はやっと, は一夜, は一策, は人, は使い, は其の, は前田, は味方, は呶々, は城, は大きな, は寒, は小, は志, は快, は怒髪天, は我が, は拍子抜け, は旅館, は暇乞い, は果てなく, は津幡, は眼, は礼, は秀吉, は笑われた, は第, は越中, は足もと, は軍勢, は遠く, は部下, は重傷, は野々村, は雪中, ほどな, ほどの鼬花火, もすぐ, もそう, もや, もやっ, も今, も利家, も前田利家, も北国, も移りゆく, も結局, らしい, をし, をも罪, を信用, を御, を忌む, を成敗, を熊本, を自滅, を見殺し, 飲まぬか

▼ 成程と~ (129, 1.8%)

4 思つた 3 合点し 2 思って, 思ってね, 思ふこと, 思わせられる, 感心し, 感心した

1 [110件] いって, いふので, いわせて, うなずいた, うなずかれるが, うなずかれる節, うなずける, うなずけるけれども, うなづかれたので, お思い, この詩, すっかり合点, どうして思う, わかる式, 一部わかった, 云うて, 云つて裏だの, 云ふ, 人を, 信用が, 其道理に, 分ったそう, 初めて気, 叫び続けて, 合点が, 合点した, 合点する, 合点を, 合點が, 同感した, 困つた, 大いに笑っ, 大通も, 妙に, 子供心に, 得心が, 得心がまゐつたら, 心から, 心付いて, 心付きますが, 思いました, 思いますわたし, 思い堺屋, 思うてん, 思えて, 思えば, 思った, 思ったが, 思ったこと, 思ったそうして, 思つて当日行つて見る, 思つて愈々, 思つて秘かに, 思つて衣物と, 思つて財布から, 思はしめる所, 思はないもの, 思はないわけ, 思はれた, 思ひしが, 思ひて, 思ひは, 思ひました, 思ひ何, 思ふ, 思ふやう, 思ふ様子, 思ふ駅, 思われる, 思ッた, 思案に, 思考し, 感じた, 感心します, 感服いたしました, 感服いたします, 感服した, 感服す, 気がついて, 気が付きますが, 気付いた若者ども, 気附く, 渇いて, 独言しつ, 私は, 私も, 答へ, 納得させられた, 納得される, 納得する, 素直に, 聞く者, 肯けるもの, 肯れる, 至極物分り, 解めた, 言った, 身に, 頷いたらしかつ, 頷かれる, 頷かれるでしょう, 頷かれるやう, 頷ける, 頷づく, 首肯いた, 首肯かれた, 首肯かれる, 首肯し, 首肯点頭せし, 點頭か

▼ 成つた~ (126, 1.8%)

6 ならば 4 では, と思ふ, と言 3 と褒める, は一昨々年, ものよと暫時, を貰 2 から搆, といふ, といふの, のぢ, は申譯, んぢ, 貴樣

1 [82件] かと考へる, かも知れません, からえ, からであらう, からである, から一寸, から宿, から惡, から構いつけ, から火鉢, がそれでも, が可, が学問, が独り, が疾, が肌膚, けれども火, このバラツク劇場, さて話, その田, だけが尚更に, だけ私, づらと, て, であらう, でな, という, といふ事, といふ家, とお, としか思へない, とした, としても孔子以後漢初, としても現存墨子, として居る, とは思はれぬ, とも知れぬ, とも言, と云, と傳, と告げた, と思つて, と思つて來, と為, と知つた時, と見え, と見る, と言つて, と言ふから, と謂, どうか先生, なあ, ならお, にしろ, にも為, に就い, に附會, ので, ので書院, はつひ, は不思議, は斯, は氣, は申訳, は足, ばかりです, ばかりの男, もあゝ, もので今日, もので唯, もの三十六章, らしい, らしい岩, 厚い手帳, 古名刺, 大きな喜び, 幼い時, 最惜, 痩せた柱, 遅く成つた, 重修本草, 頻に

▼ 成~ (115, 1.6%)

2 居ます, 居る, 給はれ, 自分の

1 [107件] いたれ遂に, おくれよ, お呉れ, かれこれ言, しまう, そうと, の製也上世の, まだ間, みえに, みせ先, ゐるの, 一物も, 一筆を, 下されと, 下せへと, 乘せ, 了ひました, 仕損じては, 仮忘, 來りしか, 修行致しけり, 倒れた, 倒れ或, 働きましたぜ, 其婚禮を, 其後毎夜呼込では, 其方の, 内に, 出たり, 勢州山田方理運甚だ, 叔父が, 取すれば, 可なり, 右樣の, 君が, 呉れさ, 呼戻さる, 和吉を, 外国に, 夢我夢中きらめく, 大藤の, 夫切り便りが, 学問も, 家來を, 尋ね來, 居た, 居たが, 居たり, 居て, 居ますと, 居や, 居るじゃ, 居るとの, 居るにぞ, 居るの, 居るのみならず老人, 居るは, 居るゆゑ番頭久兵衞, 居る美しい, 帰ッて, 座を, 廻りの, 御上の, 御世話, 御家老衆討死, 御役御免, 心を, 控へ, 斷念よと, 暗は, 月は, 有けれ, 朝夕に, 来たから, 果たりけり, 案の, 此家の, 死したりけり仁左衞門, 猶だ, 當惑に, 碎け失, 種々の, 空が, 窘付れ, 箇樣, 築地を, 篤と樣子, 糸が, 終には, 能, 能も, 自然と, 致し方なけれ, 芸州之戦に, 行し, 見か, 見たまえ, 見ますと, 見ると, 語りけれ, 転げ落, 返つて, 遂に文三, 酒宴の, 銃戦之時ハ銃の, 難儀を, 頼みなき

▼ 成~ (103, 1.5%)

3 はまだ 2 がこの, が従学, が東京, の小字三吉, の生れた, の部屋, はこの, は医者, は母

1 [82件] がその, が保さん, が儒, が共立学舎, が内意, が弘前, が母, が江戸, が津軽, が海保, が相識, が筆札, が近習小姓, との兄優善, とは優善, とは違う, とを愛した, と他, と倶, と矢島氏, に, には母, に兼, に医者, に命ずる, に女装, に宛て, に紹介, に至っ, の世話, の兄専六, の去った, の名, の姉壻, の学業, の旧師, の目前, の胞衣, の轎, はしげよし, はしばしば, はどう, はまた, は七歳, は久しぶり, は二年前, は今, は分明, は医, は十五歳, は名, は四月, は四月七日, は四月二十二日, は家禄, は念, は悲痛, は抗告, は改めて, は書, は朝, は枕辺, は父, は私費, は等, は経史, は自ら雪, は英語, は藩学, は蝙蝠傘, は西館, は近習小姓, は部屋, もこれら, も戸主, も跡, をし, を官費生, を扶掖, を教育, を県, を送る

▼ 成つたの~ (98, 1.4%)

22 である 6 です 3 であるから, ですからとて, では 2 かと日本, だ, だと

1 [55件] かと思ふ, かもわからなく, かも知れません, か其, か連続的, があり, があります, がどう, が其の, が午後, が酒屋者, だから, だが, だらうと, だ相, であらう, であります, であるか, である亞拉比亞語, でお, でございませう, でした其頃博文館, でなく凡て, で兩方, で其準備, で女同士, で御座います, で御座いますよ, で本, で此某君, で瑞西, で稻刈, で老, で酷く, と同時に, に驚い, は, はその, はた, は一, は作者, は俎, は全く, は去年七月, は夜, は女房等, も其為, も小児, も想, も見棄てず, を恁, を私, を衷心, を見た, を見つ

▼ 成~ (94, 1.3%)

18 して 5 したもの 3 するに, であるか 2 すれば, をもっ

1 [61件] あり失敗, かもしれない, さうだと, しうるため, しおるは, しそう, した, した人, した人間, した例, した場合, した所以, した結果, しなかった一つ, しやう, し日本, し難い, すべきを, するか, するため, するという, せしを, せるもの, であったであろうが, である, であるとしても, できるじゃ, とは思われない, とは思われなかった, と失敗, と言わなけれ, に少なから, に恵まれ, に終った, に終つて, に誇る, に近づいた, の報知, の実力, の幾許, の度, の影, の曙光, の秘訣, の見込, の途, の道, は別, は決して, を博し得た, を妨げる, を度外, を得べから, を方針, を期し, を期待, を祈り, を祝し, を祝福, を見る, 不成効

▼ 成~ (69, 1.0%)

5 た, て 4 たと 3 たから 2 て来た

1 [50件] たが, たって, たなれど, たばかり, たもん, たよう, たらすぐさま, たを, たドレ, た時, ちまって, ちゃうぜ, てい, ている, ておく, てお袋一人, てからお, てからは旧, てから文三, てどう, てどうやら, ては穏, ては耳, てまくし立てた, てまた, ても親一人位, てサ, てチヤホヤ, てモウ官員, て何処, て居るで, て巫山戯, て急, て慄然, て憶出, て懐, て暫らく, て朝夕勉強三昧, て母親さん一人, て程なく, て考え, て落着, て見なく, て親, て親一人楽, て這廻ッ, て飛, て饒舌, て首尾, て高笑い

▼ 成~ (66, 0.9%)

2 いった, 剣を, 帰って

1 [60件] あると, あるの, いくらいっ, いるし, えを, おる所, この店, しばしば戯場, その対象, だんだん大きく, ひどく決心, 一同を, 丁度二十五歳に, 七十四歳で, 三十二歳縫が, 二十一歳である, 五十九歳であった, 何げなく, 作ったという, 兄の, 公退した, 出て, 加わるという, 助けに, 右の, 啓沃の, 四月朔に, 大きな弁当箱, 子婦には, 宜い, 幻術を以て, 忽然とし, 恰も例, 或時, 拾って, 持って, 日野屋を, 栗山に, 栗山の, 極お, 気がついて, 法院へ, 直々主上へ, 県の, 眼を, 笑って, 致仕し, 落第に, 虫を, 行ふ, 裸に, 記の, 進み出て, 遊びに, 酔堂説を, 金を, 門を, 開封を, 間もなくお, 闊い

▼ 成~ (64, 0.9%)

2 いった, ける, やって, 向って

1 [56件] あるパスツウル, いいつけて, かかわらずこの, き澤, けり後に, ける其外, ける此日, けれ, けれ翌日村井長庵呼出し, して, しても, ちがいない, つとめて, なった神童専之助, なると, やりたいと, ベルナルドオを, 万金の, 不快感からは, 二人の, 付受取に, 依る赤潮, 出来上ったこと, 問うた, 地券を, 女を, 嫁いだらしい, 子の, 子供が, 就いての, 広いらしい, 役立つて, 手厚い贈物, 教えて, 新奇で, 暮して, 書き足して, 深く説い, 渡した, 渡世相送り候に, 生きた様, 碁の, 秀子の, 肖た可憐児, 自由に, 至って, 見せた, 言ひ流し, 話した, 話して, 農業の, 運んだ筆, 道士の, 重苦しい陰気さ, 降り清朝, 離れて

▼ 成~ (61, 0.9%)

2 が柏軒, は, はその

1 [55件] がいかに, がこの, が六十七歳, が十, が書, が朱, が神田, が鉄砲さん, とし, との門, に, におけるが如く, には二子三女, に学ばせる, に学んだ, に就い, に急, に紹介, の九月二十二日, の事, の墓表, の子, の弟子, の書, の書幅, の柏軒, の生れた, の観劇談, の門, の風, ははっきり, は五百, は何処, は卒中, は又, は変, は始終, は幕府医官, は手, は朝生徒, は此年貧困, は泣く泣く, は生涯独身, は用人格, は肥後生れ, は藩主阿部正寧, は話, は追い附い, は野良仕事, は鼬, も亦, も夙く市野, も江戸, を家, 正楷

▼ 成ほど~ (52, 0.7%)

2 其方が

1 [50件] あの作, いもくわゐ, お前が, かういふもの, これでは, さうかとも, そういえる, そのあたり, その時分, そんな事, よく書い, わかなひめけ, アノ図, ロシア人が, 不思議です, 世間の, 之は, 事実と, 人間は, 今の, 住も, 先祖の, 其の仔細, 勤王とか, 塔を, 多くは, 大変である, 夫ぢや, 夫は, 奴は, 好いところ, 妾は, 御客さま, 我が子, 是だけは, 木曾川に, 本当だ, 深い谷, 男達が, 神の, 綺麗で, 緑盤も, 羊革紙が, 群衆心理といふ, 脈の, 若い人達, 血の, 被告が, 過日そんな, 面白いな

▼ 成さる~ (47, 0.7%)

4 のです 3 んです 2 にし, のは, べく候, 事は

1 [32件] おつもり, お積り, かも知れぬ, が捷徑, ことは, だらう, だろう, ところを, とは, と間違います, などと其の, なよ, な探偵, には彼, に及びません, のが, べくと, べく候由中入り候, べく候間, べしと, べし手引, ような, んじゃ, 丈の, 事業です, 可く, 大事の, 実に暁, 時に, 様にと, 様子だ, 者です

▼ 成~ (47, 0.7%)

2 して, 呼んで

1 [43件] いたわって, おもへば, ここに, しましょうという, どこまでも, なさらなければ, まさかに忍び, 仰ぐのみの, 伴れ, 兄の, 分家さす, 助けざるが, 召すこと, 叱った, 名乗る訳, 告げて, 呼べ, 品隲し, 商人に, 学んで, 学んでも, 尋ねて, 当分ただで, 徳として, 惡み, 憐に, 斬れと, 期すること急, 期せねば, 案内し, 殺したという, 生んだ翌年, 申し受けさて, 相手に, 経由し, 蒼蠅いほど, 責めて, 賞し, 越前守家督を, 追っかけて, 閉じ籠め, 願います, 願いますれば

▼ 成~ (42, 0.6%)

3 はば宜 2 ても駅中, は, よし委曲, 見せの

1 [31件] かと潸然, かは存じ, ずや, てハ, て以来, て御前様, とも何, とも其御手順ハ, とも又, と申事, と而, にお, には今, に付, の家来, は格別, は格別其外歌, ひしや, へども大御所様, へば私, べけれども, までに世間, も私, やそれ, や又, よし奉賀候, よし如仰好人物也, よし御, よふ, 得ば, 御手段ニ相当り候

▼ 成程さ~ (39, 0.6%)

18 う言 3 ういへ 2 ういふ, うした, うも, う云, う聞い, う聽 1 ういつた, ういはれ, うかと納得, うだつた, うに違ひない, う聞く

▼ 成~ (38, 0.5%)

2 雖も

1 [36件] いい木租, いい身長八尺余, いえば, いひし人, しめやかに, その部下, つれ添っ, なって, まちがえて, 一緒に, 云に, 兄君への, 再婚する, 刻しぬ, 勝手に, 同じ意味, 名のっ, 問ば, 四ツに, 尋る, 御側御用, 思されしに, 思ふか, 思召候, 改めたので, 敗の, 申かけ, 申して, 相争, 相列ん, 相談し, 聞て, 肝胆を, 臧は, 親しく交っ, 謂ふと

▼ 成~ (38, 0.5%)

9 と康頼 6 や康頼 2 の舅

1 [21件] がいなくなった, がそば, がそれ, がもう一度, が急, が浜辺, で妖怪, とかなり, などはふさい, に掴みかかろう, の妻, の顔, はそれ, は感激, は成経, は真, ひざまずく, も俊寛, も彼ら, も烈火, より拙い

▼ 成~ (35, 0.5%)

1 [35件] こそ此, 一家中に, 不仕合, 主人の, 二度御, 何事も, 先々此方へ, 兎も, 別て, 友次郎は, 只今一軒御, 吉兵衞は, 名主始め村中は, 城中の, 天一坊には, 定めて, 小袖は, 得意も, 急ぎ當地, 我又, 手元に, 曲者は, 最早金子, 此ば, 此代金千兩外御道具代金三百兩都合三千三百兩右の, 此度は, 此者を, 此酒盛に, 然輕, 片ツ端, 私し, 私ばかり, 第一番, 見苦く, 魂魄は

▼ 成程ね~ (27, 0.4%)

3 さう

1 [24件] あの時, あるやう, お倉, こりゃ却, さすがは, そいつが, その遺言状, そんなもん, つまりその, でも太陽, ところで喜助, 二分の仕事を, 僕も, 十二支と, 大名衆が, 子供を, 幽霊か, 男の, 私等今までさ, 筋金入りの, 華族様の, 豆粒一つは, 路地の, 道理で

▼ 成~ (22, 0.3%)

1 [22件] が, がさぐる, が直接, さえ, であったらしい, である, などいずれ, などははや, などみな, に愛され, の, の使い, の名, はそう, は人々, は眼, は自室, は自邸, もほっと, も平家系, も見込んだ, 単に

▼ 成さん~ (21, 0.3%)

2 が病院, と雪鳥君

1 [17件] から病気, がもう, が来, が枕元, にその, に云った, に余, に取っ, に坂元君, に訴えた, に電報, の声, の御蔭, はええと, はしまいに, はブンベルン, を特別

▼ 成~ (21, 0.3%)

3 のだ 2 と有る

1 [16件] あの様, から股堰, がソコデ私, との咄, とは悪い, と言, に付昔, のです, ので後, は同じ, 十訓抄第七に, 故で, 春の, 時を, 者の, 身を

▼ 成~ (20, 0.3%)

2 のか, 下宿屋の

1 [16件] さるが, 仕事でした, 冷たさ, 分量を, 大人しい学者風, 嵩が, 幹に, 日数を, 時と, 時を, 群集心理だ, 處まで, 軌跡を, 農家ほどに, 重味, 金である

▼ 成~ (20, 0.3%)

2 被下候

1 [18件] くそう, くなら食物, く七時頃, く交互, く元, く処女地, く厳密, く多く世, く沈着, く無遠慮, く珍, く禁則, く絶滅, く金肥, く閑静, けふこ, し斯, 俥の

▼ 成程な~ (20, 0.3%)

2 諸行無常を

1 [18件] いやかけ違っ, お前の, お前は, こりや, その大家, なるほどな, よく言つて, 俺が, 別に差支, 大層な, 後の, 有りそう, 楓林が, 死人の, 獨り, 眼の, 考へて, 香の

▼ 成上り~ (19, 0.3%)

2 の秀吉, の関白

1 [15件] が多かっ, だという, であった, でも出, で一昨冬妻, と映ったであろう, のしかも, のその, の俄, の大, の大家, の田舎侍ども, の結果, の緞帳役者, はしなかつた

▼ 成~ (19, 0.3%)

8 の時 3 のとき 1 が天下, に寵愛, の后趙飛燕, の咸康六年, の女官, の建始元年, の陽朔三年, の頃

▼ 成けれ~ (18, 0.3%)

3 ば最早

1 [15件] ばお, ば仁左衞門, ば僅か, ば出立, ば小塚原, ば悦ぶ, ば感應院, ば是, ば此所, ば武藏屋長兵衞并, ば瀬川, ば當春, ば路用, バいかで, 共蘇生

▼ 成~ (18, 0.3%)

3 ならば

1 [15件] と心身, なら用立て遣度, なりと云, なり是, にては無, にて彼宅, にて斯迄武運, にや友次郎, は説かず, やと夜の目, やらん, をや言, を好ん, を睹, 如何にも

▼ 成太郎~ (16, 0.2%)

1 [16件] が小用, が帰意稍, といっ, といつ, といふ人, と一緒, のかづい, の一挙一動, の胸, の芸, はかう, は単身加入, は此興行, も今, も此, をけしかけ

▼ 成たる~ (15, 0.2%)

3 も口惜し

1 [12件] とな夫, に同村, は前世, ものと, を喬樣, 夫故に, 故浮羅, 旅籠屋何某が, 明斷に, 背後へ, 譯何樣ぞ, 顏を

▼ 成とも~ (15, 0.2%)

2 奉公に

1 [13件] お心任せ, 一夜を, 事柄を, 商賣, 女に, 御主人大事, 心得違ひ, 書置せん, 水仕奉公に, 白状なすまじ, 落付を, 身を, 連退

▼ 成~ (15, 0.2%)

3 ありしやんと

1 [12件] そのひとり, その一人, その言葉, それぞれ残兵の, やせんかと, やせん幸, 同意を, 城内の, 成人し, 知れず云, 祖父に, 自分の

▼ 成女戒~ (15, 0.2%)

2 を受け, を受けた, を受ける 1 が済め, である, とも名, に属した, の前, をうけたらしい, を享けた, を授けられた, を村

▼ 成難し~ (15, 0.2%)

1 [15件] と千辛萬, と思へ, と或, と聞皆, と高田, 仍て, 其許は, 友次郎樣も, 同役山内伊賀亮非番なれ, 因て, 斯せよ, 然ばとて, 然れ, 若此儘, 証拠と

▼ 成せる~ (14, 0.2%)

2 ものを

1 [12件] 大根の, 本質である, 業だ, 玉質柔肌態媚容冶常倫を, 真美を, 艶麗なる, 觀念のみを, 霊魂を, 音声に, 麗, 麗質と, 麗質は

▼ 成上り者~ (14, 0.2%)

3 の関白

1 [11件] から戦闘, だ, だったの, だつた, ですが, に合う, のため, の地金, の専断, の常, は広大

▼ 成~ (14, 0.2%)

2 の時, を輔 1 いずく, いずくに, と舟師, に代, の伯父, の子, の弟, は乱兵, を輔けし, 即存

▼ 成~ (13, 0.2%)

2 するやう

1 [11件] させん, しやれお, すべきである, すると, するの, だ, といふ風, と大きな, と言つた, と非情, 之相

▼ 成ける~ (12, 0.2%)

2 を今日, 程に 1 かなゆるし, が或, ぞや思ひ廻せ, にぞ返す, ゆゑ大橋文右衞門は, を主税, 枕の, 者なり

▼ 成たけ~ (12, 0.2%)

1 [12件] この男, の御, まア帰れるだら帰っ, 入らないよう, 多く且つ, 少くしよう, 早く, 早くその, 早く之, 早く致し, 遠く逃げよう, 黙って

▼ 成べし~ (12, 0.2%)

1 [12件] と云, と渡され, 伊賀亮殿御太儀ながら, 何は, 夫に, 後には, 必定, 我が流儀, 明朝は, 此家を, 殊更其方, 行末如何成事や

▼ 成つた事~ (11, 0.2%)

3 もござんす 2 はない 1 が分る, でありました, のある, は前, は私, を喜んだ

▼ 成~ (11, 0.2%)

1 [11件] が探った, が訪れ, などの諸, は先ほど, は大勢, は恥じ, は所詮, へも叫んだ, もそこ, も今, 知らぬ兒

▼ 成大きな~ (11, 0.2%)

1 [11件] はんの, 二つ折りの, 二階家を, 厚手の, 可愛らしいやつ, 家族でした, 小屋が, 発見だす, 百姓で, 百姓ほど, 鍛冶屋が

▼ 成~ (11, 0.2%)

1 [11件] にも万, はあたかも, はつねに, は大, は甚だ, は発明工風, は神仏同居, を以て見れ, を妨ぐる, を見る, を見れ

▼ 成長く~ (11, 0.2%)

1 [11件] かかってるな, なったか, なったら音楽家, なつたらいくらでも, なつたら行つて御覧, なりて, なりましたところ, なるが, なるに, なるにつれて, 続いた

▼ 成する~ (10, 0.1%)

1 ことである, に力, に至らざる, に至らん, のである, ものなり, ような, 事は, 任務を, 道得あり

▼ 成つて仕舞~ (10, 0.1%)

3 ふの 2 つた, ひます第 1 ひました, ひましたのねエ, ふので

▼ 成つて來~ (10, 0.1%)

5 ました 21 つから, ると, るの

▼ 成ては~ (10, 0.1%)

4 如何や 1 其家を, 其病の, 勿, 是非に, 未練な, 長棒

▼ 成上がり者~ (10, 0.1%)

1 とか陰口, ながらとにもかく, ながら権勢, なること, には絶対, の小, の暴賊董卓, の法螺吹き, の配偶, はどこ

▼ 成~ (10, 0.1%)

1 仕置相立候ニ付不, 坐候条, 坐候覧, 心付候て, 推量候, 支配被, 政務の, 様子也されど, 流候へば, 目か

▼ 成~ (9, 0.1%)

1 が然, とか大阪, なぞの蘭学者, の子孫, の書風, の門人佐, は, も同じく, も蘭學者

▼ 成~ (9, 0.1%)

31 かつて試み, が人, であります, のもの, の蒸氣機關, を加え

▼ 成~ (9, 0.1%)

1 の家, は右側, は手早く, は渦中, は起っ, は逸早く, は離れた, を呼ぶ, を見

▼ 成つた時~ (8, 0.1%)

2 おつぎ 1 である, に, には三十巻, のこと, の心地, を言

▼ 成つて了~ (8, 0.1%)

2 ひました 1 つたので, ひますとも, ふ, ふの, ふ積り, へば又

▼ 成という~ (8, 0.1%)

1 ものの, 僧が, 名には, 大将が, 正副の, 男の, 者が, 若い力士

▼ 成~ (8, 0.1%)

1 らんと, 宋憲など, 巨勢金岡は, 承ま, 見し事, 貫之の, 道家清十郎などの, 道風と

▼ 成~ (8, 0.1%)

1 と伊庭, の大徳十一年梅渓書院, の大徳十年, の寝所, は自分, は身体, も怖, や伊庭

▼ 成~ (8, 0.1%)

1 が主人, が太刀, だ, の言, の軍, の隊, を強要, 盛重両人を

▼ 成~ (8, 0.1%)

21 が, と上杉房顯, と戦い, の俘われ, や県知事, を破った

▼ 成~ (8, 0.1%)

5 の卿 1 が治, と猿之助, の死罪

▼ 成~ (8, 0.1%)

2 も可 1 に陥いる, は一, は良好, を何と, を得る, を見

▼ 成たり~ (7, 0.1%)

1 ける元, 依て, 偖又譚替, 最早江戸, 此に, 然るに汝, 率御

▼ 成~ (7, 0.1%)

2 ている 1 から, たりヂュープ, ちや何もかも水, ちや役に立つ, てみる

▼ 成まじ~ (7, 0.1%)

1 とて包み, との御, と思ひ, 併し, 唯聞流, 毛を, 然ながら

▼ 成務天皇~ (7, 0.1%)

1 のお, の御世, の御宇, の時, の条, は近江, また神功皇后

▼ 成~ (7, 0.1%)

1 となる, と認められる, の年境, の方, の肉附, の資格, 即巫女

▼ 成~ (7, 0.1%)

2 の大群 1 が来た, と交接, の体臭, を待つ, 若くは

▼ 成~ (7, 0.1%)

1 が八道, が来, に示した, の切願, の責任, は之, は大事

▼ 成~ (7, 0.1%)

1 か大事, か爾, たる剛柔流, なる恋愛, なれば, を追, 勿論又

▼ 成~ (6, 0.1%)

1 不便の, 又立, 夫にて, 或は其父, 斯迄人々に, 能も

▼ 成つて畢~ (6, 0.1%)

3 つた 1 つたやう, ふ, ふ傾がある

▼ 成ても~ (6, 0.1%)

1 お主, 出さぬ所存, 居られず何分, 此身に, 矢張り自分が, 穴は

▼ 成べく~ (6, 0.1%)

1 このよう, 人家の, 其を, 平静な, 白昼を, 質素に

▼ 成早く~ (6, 0.1%)

2 改めねば, 生徒を 1 お癒, 國に

▼ 成~ (6, 0.1%)

1 が再び, というお, に送られ, の見る, はなんと, はにべ

▼ 成~ (6, 0.1%)

2 見ないこと 1 に其母, に非, のもの, の湖水

▼ 成~ (6, 0.1%)

1 なく皆自ら之, になっ, に背く, の判官, を添, を踏まず

▼ 成難く~ (6, 0.1%)

1 兎角此邊, 其方よりの, 如何は, 御氣, 然り, 諸方の

▼ 成けれど~ (5, 0.1%)

3 正太と 2 いまだに住人

▼ 成こと~ (5, 0.1%)

1 でも, と思はれる, なりとて, をしらず, 我が恥

▼ 成すった~ (5, 0.1%)

1 ので清八どん, のは, は貴方, ものか, んでしょう

▼ 成つた人~ (5, 0.1%)

1 が隨分, である, であるから, はいくら, は冷たい

▼ 成とて~ (5, 0.1%)

1 三浦屋へ, 囁きける爰, 好方, 殊の, 腰掛の

▼ 成~ (5, 0.1%)

1 なすったが, なすったとか, なすった何, なすって, 其義汝の

▼ 成上りもの~ (5, 0.1%)

1 に近い, の一生懸命, の女房, はこれ, はそう

▼ 成~ (5, 0.1%)

1 成が, 成に, 成機縁の, 申とて, 申候は

▼ 成~ (5, 0.1%)

1 に則った, の, は自然, をなす, を漸

▼ 成候得バ~ (5, 0.1%)

1 ありがたし, おもしろきは, まあ今, 喜び可, 極テたしか

▼ 成~ (5, 0.1%)

1 御世話, 押して出勤爲致度, 罷成申度心醉仕申候, 苦からず, 隅田成とも

▼ 成~ (5, 0.1%)

1 王五八飛成同, 王八四銀, 王六二王, 銀三三角二一飛成八八角成バタバタ, 銀三三角二一飛成八八角成七七角八九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ

▼ 成~ (5, 0.1%)

4 の大 1 大尊様

▼ 成学校~ (5, 0.1%)

1 と研成義塾, のいかに, の寄宿舎, は家, は明治五年

▼ 成学院~ (5, 0.1%)

1 と名づけ, と名づける, と往年, のよき, はまだ全く

▼ 成実は~ (5, 0.1%)

1 亘理郡二万三千八百石を, 人質に, 嘗て政宗, 留守の, 立派な

▼ 成~ (5, 0.1%)

1 したさて, せる実業家, せる政治家, といふこと, を見せ

▼ 成広い~ (5, 0.1%)

2 し滝 1 墓地の, 植木の, 道路が

▼ 成~ (5, 0.1%)

1 あるは, である帝紀, の帝紀, の書かれた, の源委

▼ 成程なあ~ (5, 0.1%)

1 あの老人流石, こうなっ, やっぱり育ち, 俺あ, 南圃さんくらゐ

▼ 成程よく~ (5, 0.1%)

1 は判らない, 出來, 判ったが, 會得しと, 見ると

▼ 成行く~ (5, 0.1%)

1 はこれ, ほどに裏, 上は, 様を, 樣を

▼ 成~ (5, 0.1%)

21 しばらく考え, は御手洗, は米沢

▼ 成~ (5, 0.1%)

2 は水津氏 1 の妹, の子, の孫

▼ 成~ (4, 0.1%)

1 夫を, 然すれ, 爰の, 皆

▼ 成たりと~ (4, 0.1%)

1 云ふ, 譽けれ, 酒も, 風説あり

▼ 成つた手~ (4, 0.1%)

1 の肉刺, を出し, を口, を洗

▼ 成つた處~ (4, 0.1%)

1 からは村, に櫛, は暴風雨, へぶつ切

▼ 成つた頃~ (4, 0.1%)

2 はもう 1 その辺, にはすこし

▼ 成~ (4, 0.1%)

2 あつた 1 有らうと, 道が

▼ 成との~ (4, 0.1%)

1 事または, 事故道ならぬ, 間は, 関係や

▼ 成やと~ (4, 0.1%)

1 云ふ, 問る, 問れしか, 有しかば

▼ 成~ (4, 0.1%)

1 け人, け景気, け遣わない, 早く弟

▼ 成上った~ (4, 0.1%)

1 とも言う, ものである, 人物で, 時に

▼ 成~ (4, 0.1%)

1 と御, べく候, 其の上可, 御広間番

▼ 成下され~ (4, 0.1%)

1 候は, 候樣願ひ奉, 度此段偏に, 相濟申候

▼ 成化年~ (4, 0.1%)

2 の赤絵 1 は今, は染付

▼ 成女式~ (4, 0.1%)

1 が結婚, だと, であつ, は村

▼ 成~ (4, 0.1%)

1 したる者, すると, の上, 即身実業

▼ 成宗巡査~ (4, 0.1%)

1 があと, です, をうながし, を呼び

▼ 成~ (4, 0.1%)

1 がない, といふこと, に疑い, のある

▼ 成~ (4, 0.1%)

4 の直

▼ 成経様~ (4, 0.1%)

1 はあの, は御, や康頼様, 御一人

▼ 成~ (4, 0.1%)

1 の報告, の段々, は別に, を提供

▼ 成~ (4, 0.1%)

2 のせぬ 1 を立てぬ, 立てぬ様

▼ 成かと~ (3, 0.0%)

1 不審に, 千太郎は, 問平吉發と

▼ 成けり~ (3, 0.0%)

1 このお供, さればこそ, をし

▼ 成さった~ (3, 0.0%)

1 からは実際, が他人, でしょう

▼ 成つたのさ私~ (3, 0.0%)

3 は明日

▼ 成つたやう~ (3, 0.0%)

1 なもの, な心持, な氣

▼ 成つた土~ (3, 0.0%)

1 の上, は寒い, を手

▼ 成つてお金~ (3, 0.0%)

3 をこし

▼ 成つて了つた~ (3, 0.0%)

1 かと思ふ, がそれでも, が其始

▼ 成つて了つたの~ (3, 0.0%)

1 だから, であらう, である

▼ 成つて仕方~ (3, 0.0%)

3 が無い

▼ 成つて家~ (3, 0.0%)

1 から持地, の活計, を出た

▼ 成つて御膳~ (3, 0.0%)

3 あがれ太吉

▼ 成つて私~ (3, 0.0%)

1 の耳, の記憶, は東京

▼ 成とは~ (3, 0.0%)

1 いつに, 娘が, 既に別々

▼ 成どの~ (3, 0.0%)

1 でございまする, の御, 共々に

▼ 成など~ (3, 0.0%)

1 いう者, なお人物, 云つて居る

▼ 成なる~ (3, 0.0%)

1 家へ, 旅籠屋なり, 有といふ

▼ 成ぬる~ (3, 0.0%)

1 よとかなしく, を何處, を賤

▼ 成まじく~ (3, 0.0%)

3

▼ 成まする呆れはてる~ (3, 0.0%)

2 我ま 1 我まま男愛想が

▼ 成ませぬ~ (3, 0.0%)

2 何故彼樣 1 何故あんな

▼ 成もの~ (3, 0.0%)

1 か此小童め, か盜人猛, なり扨是

▼ 成よと~ (3, 0.0%)

3 御申可

▼ 成~ (3, 0.0%)

3

▼ 成上り貴族~ (3, 0.0%)

1 によって土地所有者, によって経済的, をこしらえはじめ

▼ 成候事~ (3, 0.0%)

1 とて此頃, に御座候, に御座候処

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 するところ, や安定, を必要

▼ 成卿氏~ (3, 0.0%)

1 の, のもの, や橘某氏

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 といふの, と云, を藤崎道十郎

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 だった, はそれから, をご

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 も見, を積み込ん, を見渡し

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 が猶, は陸軍砲兵大尉, をや

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 いたし, したので, に尽力

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 の裏山, はそこ, へ参詣

▼ 成巽閣~ (3, 0.0%)

1 の庭, の後藤雄次郎作, も兼六公園

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 の万才, の五一郎, をのぞく

▼ 成座敷~ (3, 0.0%)

1 のまえ, の古い, の椽

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 した男性, でもなけれ, の二人

▼ 成政どの~ (3, 0.0%)

1 の乳人, の首, を御

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 した場合, の祕訣, を獲得

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれる, の来島, も去り

▼ 成程ねえ~ (3, 0.0%)

1 この人形, それは, 僕じ

▼ 成稿~ (3, 0.0%)

1 した枚数, の運び, を見せ

▼ 成~ (3, 0.0%)

1 ひし然, へば御内方, へり

▼ 成聖式~ (3, 0.0%)

1 とはすなわち, に行きぬ, の幌馬車

▼ 成街道~ (3, 0.0%)

1 にでき, の左側, を横切っ

▼ 成ある~ (2, 0.0%)

1 がそれ, ガッシリと

▼ 成かな~ (2, 0.0%)

1 瀬戸物屋忠兵衞計らず, 然ながら

▼ 成くすんだ~ (2, 0.0%)

1 顏を, 顔を

▼ 成くだらぬ~ (2, 0.0%)

1 歌書ばかり, 歌書許り見

▼ 成けん~ (2, 0.0%)

1 旦那さま淋しき, 此年此家の

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 ってサ, へに如何なる

▼ 成さむ~ (2, 0.0%)

1 と思ほす, と欲する

▼ 成ざる~ (2, 0.0%)

1 とは大いに, に付調合

▼ 成たか~ (2, 0.0%)

1 と云, と思いました

▼ 成たけ人~ (2, 0.0%)

1 に云わない, の目

▼ 成たれ~ (2, 0.0%)

1 ばとてこれ, ば若

▼ 成だけ~ (2, 0.0%)

1 一緒にな, 他人には

▼ 成つたこと~ (2, 0.0%)

1 を感じた, を知

▼ 成つたつけ~ (2, 0.0%)

1 な此, べ俺ら

▼ 成つたもの~ (2, 0.0%)

1 である, らしかつ

▼ 成つた以上~ (2, 0.0%)

1 は売, は奈何

▼ 成つた儘~ (2, 0.0%)

1 おつぎ, 起きられなかつた

▼ 成つた夢~ (2, 0.0%)

1 を見, を見た

▼ 成つた後~ (2, 0.0%)

1 では, は自然淘汰

▼ 成つた心~ (2, 0.0%)

1 から斷然其, が酷く

▼ 成つた日~ (2, 0.0%)

1 からもう, にやあ

▼ 成つた気~ (2, 0.0%)

1 がし, が違つた

▼ 成つた漁夫~ (2, 0.0%)

1 から島々, と共にこの

▼ 成つた積り~ (2, 0.0%)

1 で伊藤, で総べ

▼ 成つた自然~ (2, 0.0%)

2 の描寫

▼ 成つた草刈籠~ (2, 0.0%)

1 を背負つて今度, を脊負

▼ 成つた足~ (2, 0.0%)

1 にず, に感ずる

▼ 成つてお前~ (2, 0.0%)

2 は性根

▼ 成つてそれ~ (2, 0.0%)

1 が朝, を採集

▼ 成つて一息~ (2, 0.0%)

1 吐いて, 吐く

▼ 成つて上~ (2, 0.0%)

1 つたもの, に載せた

▼ 成つて人~ (2, 0.0%)

1 が湧いた, に頒

▼ 成つて何~ (2, 0.0%)

2 の義理

▼ 成つて其~ (2, 0.0%)

1 から其, が伝写

▼ 成つて後~ (2, 0.0%)

1 にはふ, に然

▼ 成つて歸つた~ (2, 0.0%)

2 も見

▼ 成つて水~ (2, 0.0%)

1 が一杯, の面

▼ 成つて沼~ (2, 0.0%)

1 に沈ん, に沈んだ

▼ 成つて田圃~ (2, 0.0%)

1 の川, の短い

▼ 成つて眼~ (2, 0.0%)

1 が覚め, が覚めた

▼ 成つて蒲團~ (2, 0.0%)

1 を深く, を被りました

▼ 成つて行~ (2, 0.0%)

1 つた, つたらう

▼ 成つて雲~ (2, 0.0%)

1 が湧き出す, に入り行く

▼ 成とを~ (2, 0.0%)

1 別けて, 織法

▼ 成ない~ (2, 0.0%)

1 のお前達, のでございます

▼ 成なし~ (2, 0.0%)

2 皮を

▼ 成には~ (2, 0.0%)

1 勝だらう, 弟が

▼ 成ぬれ~ (2, 0.0%)

1 ば痒く, ば車

▼ 成ばとて~ (2, 0.0%)

1 分ては, 實母の

▼ 成まじき~ (2, 0.0%)

1 こと, 間御

▼ 成もう~ (2, 0.0%)

1 日本の, 長いこと萌し

▼ 成ゆき~ (2, 0.0%)

1 も皆, をみ

▼ 成ゆき師走~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ 成シ俗~ (2, 0.0%)

2 ヲ成ス

▼ 成丈外聞~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 成上がり~ (2, 0.0%)

1 の根性, の身

▼ 成上っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 成上る~ (2, 0.0%)

1 ことを, と勢い

▼ 成下候~ (2, 0.0%)

1 て御, に付

▼ 成下度~ (2, 0.0%)

1 伏して, 尤も御

▼ 成下度此段~ (2, 0.0%)

1 奉願候, 貴答

▼ 成候時ハ~ (2, 0.0%)

1 最早乗組一同貴藩之御手ニ倒レ申, 猶幸

▼ 成候者愚姪方~ (2, 0.0%)

1 にて去, へ通

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 と只, を致せし

▼ 成全的活動~ (2, 0.0%)

1 でありこの, であるところ

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 の傳, を房術

▼ 成公宗堯~ (2, 0.0%)

1 が享保十五年, の世

▼ 成兼候節~ (2, 0.0%)

2 は如何なる

▼ 成効者~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 成~ (2, 0.0%)

2 の良い

▼ 成化年製~ (2, 0.0%)

1 である, の赤絵

▼ 成化弘治~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ 成医業出精~ (2, 0.0%)

2 仕候

▼ 成卿翁~ (2, 0.0%)

2 や鹿子木員信博士

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 押領とは, 用向御

▼ 成又は~ (2, 0.0%)

1 乳の, 使ひ

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 に出す, を利かない

▼ 成坐せる~ (2, 0.0%)

2 神の

▼ 成多く~ (2, 0.0%)

1 てさうし, の樹木

▼ 成大納言小松~ (2, 0.0%)

1 つぶりに, の銘

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 の香具山, 又雪與梅併作十分春

▼ 成天閣~ (2, 0.0%)

1 の朝, の食事

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 ならん, なり安

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 は子, は子省

▼ 成宗専造~ (2, 0.0%)

1 が中国風, の寝

▼ 成山下鉄~ (2, 0.0%)

1 之輔, 之輔あたり

▼ 成山陽~ (2, 0.0%)

2 と号

▼ 成平生~ (2, 0.0%)

2 の快活

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 と申, と申候間

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 い屋敷, い湯槽

▼ 成往き~ (2, 0.0%)

1 を気遣っ, を覚え

▼ 成~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 と云, も亦

▼ 成採用~ (2, 0.0%)

2 しない方針

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 ならん然, ニ人

▼ 成散らかさない~ (2, 0.0%)

1 様に, 樣に

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 になつて, 甚だ以つて其意

▼ 成日向~ (2, 0.0%)

1 になり, に成

▼ 成書房~ (2, 0.0%)

1 の娘, はその

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 といふ人, に出家

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 という中国, と来る

▼ 成楽しく~ (2, 0.0%)

2 生きて

▼ 成段丘~ (2, 0.0%)

1 であるらしいバラ平, のよう

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 のしなやか, の假名

▼ 成済し~ (2, 0.0%)

1 ている, 常に頤以

▼ 成済まし~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て而

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 のため南巣, の徳

▼ 成牝ら~ (2, 0.0%)

2 は来る

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 の日本犬, よりもすでに

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 べし科人, まじく候

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 樣水呑村へ, 聳属天其高不可測歴覧史籍所記未

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 といふ語, の方

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 の前, をし

▼ 成程とか~ (2, 0.0%)

1 なんとか合槌, 左うです

▼ 成程ねと~ (2, 0.0%)

1 それが, 感じ従順

▼ 成程へ~ (2, 0.0%)

1 い手荒, エ

▼ 成種々~ (2, 0.0%)

1 あるよう, な處

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 が返歌, はさて

▼ 成素形態~ (2, 0.0%)

1 としてあらわれる, なんて言葉

▼ 成胡瓜~ (2, 0.0%)

1 の取立て, は六七枚

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 が生捕り, をさしまねい

▼ 成行くべき~ (2, 0.0%)

1 かの不安, かみづか

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 下候処俄にから, 下奉

▼ 成覚房幸西~ (2, 0.0%)

1 といった, は共に

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の謂

▼ 成蹊中學~ (2, 0.0%)

1 へ入, へ通學

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 しても, に隨

▼ 成進寮~ (2, 0.0%)

1 というの, の二階

▼ 成遂げ~ (2, 0.0%)

1 それにおいて, 本來

▼ 成遂げられるであらう~ (2, 0.0%)

2

▼ 成遂げる~ (2, 0.0%)

1 ことによ, 有效適切

▼ 成重大~ (2, 0.0%)

1 な事, に考え

▼ 成間敷哉~ (2, 0.0%)

1 と云, に奉

▼ 成難き~ (2, 0.0%)

1 ものと, 夫故に

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 が売れた, に現さぬ

▼ 成~ (2, 0.0%)

1 のやさしい, の美しい

▼1* [1095件]

あの男を, 成は, 成いと夫より, 成いろいろ変る, 成も知, 成光殿も, 成おおせけり月の, 成かけ離れた作品を, 成から光秀の, 成からの手紙が, 成がたき故つよく, 成の覺束, 成彼に, 成けして破談, 成けりわか松小金井花圃の三女史, 成けり夫婦相談して, 成けり忠兵衞直に結納, 成けり此お供を嬉し, 成けり町子は醉, 成けり筒井づゝの昔, 成こそだから本当, 成これと似た, 成さったのでしょう, 成さった者だから, 成さば団扇の形, 成さらずに矢張り古山, 成さらぬから了, 成さらねばエ, 成さり過ぎるんで御座います, 成さるべき御内意, 成さる今夜の事, 成さる可く候, 成さる秀子を救わず, 成しか其か, 成しかば翌朝歸しける, 成しないではゐられなくなる, 成しばしば変更せぬ, 成するならば積極的自衛策, 成ずして當朝弟十兵衞出立, 成ずれば絵画, 成せりといふ, 成せり十年の争乱, 成ぜんということ, 成ぜんことを, 成そのほか織田家の, 成その他八人の僧, 成それが手伝っ, 成ぞと尋問しかば, 成たけうちのもの, 成たけお直段, 成たけお昼寝の邪魔, 成たけ両方をゆっくり, 成たけ入費の係らぬ, 成たけ廉く売る, 成たけ損を少なく, 成たけ昼間往こうと, 成たけ気を附け, 成たけ美いの, 成たけ表沙汰にしたくない, 成たけ話をせまい, 成たけ近所同志にえらび, 成たけ酒を飲まぬ, 成たけ顔を見せる, 成たしと言, 成たちの観世音, 成たりけり夫に, 成たる上からは直に, 成たる事是等は絶て知ざりし, 成たる人の話, 成といった, 成だの弘法大師だの, 成つたお品は, 成つたこと住職が手, 成つたつていふ噺, 成つたつて碌なこと, 成つたつて餘程でなくつちや葉書, 成つたやつを茶漬茶椀, 成つたんだよなあ, 成つたオリムピツク大会に似た, 成つたラテン譯である, 成つた一人が八本, 成つた一文であるか, 成つた一番上の従姉, 成つた七絶五首がある, 成つた上は最早, 成つた下町とおなじ, 成つた世間は暗澹, 成つた中村花痩此人は我楽, 成つた仏像か木彫仏, 成つた位なの, 成つた佛壇の前, 成つた作品の全部, 成つた作物を出し, 成つた停車場にしばらく, 成つた僕は燐寸, 成つた儘そつと解かれる, 成つた儘大地の底, 成つた儘蒲團を一枚, 成つた其等の者, 成つた其翌日から私, 成つた写実劇の傑作, 成つた写本に劣らず, 成つた切でなあ, 成つた原稿を集め, 成つた口の埃, 成つた問題に対して仏蘭西婦人, 成つた多くの説話集, 成つた大日經を日本, 成つた太平御覧に本草経, 成つた女の眼, 成つた奴だから, 成つた如くに現存墨子, 成つた字は紅葉先生, 成つた学校に居る, 成つた家さは役場, 成つた広岡学士と共に塾, 成つた度毎に之, 成つた彼は呶, 成つた思軒の書, 成つた戯曲が此, 成つた所を掴, 成つた手袋が其内, 成つた手首を按摩, 成つた掛蒲團を足, 成つた提灯を提げ, 成つた摂生の詩, 成つた文章の數頁, 成つた新劇倶楽部の趣意, 成つた旅客があつ, 成つた早坂新道といふところ, 成つた時一座の間, 成つた時北の一天, 成つた時卯平とは一つ家, 成つた時山田が四級, 成つた時後を見, 成つた時此の鍵屋, 成つた時砂浜の渚, 成つた時膝に取つ, 成つた書である, 成つた木材に乳, 成つた本書を出, 成つた条約の連署中, 成つた枯葉を地上, 成つた枳園本の体裁, 成つた様に犇, 成つた権威ある文献, 成つた歎息のやう, 成つた氣で揃つて手, 成つた水は土瓶, 成つた汽車は大, 成つた洒竹文庫の焼け, 成つた洗濯船が幾艘, 成つた滋野式飛行機若鳥号, 成つた狭山さんがどう, 成つた理由を痛感, 成つた瓦の拓本, 成つた画は何百円, 成つた發展で持, 成つた相だといふ, 成つた空氣の中, 成つた籠から出し, 成つた紙を袂, 成つた素朴な, 成つた綸子か何, 成つた繃帶を解い, 成つた繩から拔, 成つた老人等は赤い, 成つた者でなければ, 成つた股引へそれでも, 成つた腰のあたり, 成つた自分の餓鬼, 成つた芸術上の議論, 成つた若旦那の身體, 成つた草の中, 成つた落葉を掻き出さう, 成つた藥師寺の佛教美術, 成つた街の人家, 成つた觀念上だけの指表, 成つた証拠さ, 成つた話などを私, 成つた證である, 成つた譯本の一部, 成つた豆腐汁とをつ, 成つた貴様が出ず, 成つた道珍和上への手向, 成つた陶隠居の集註, 成つた面影とちらりと, 成つた頃銀之助は丑松, 成つた餅が屹度, 成つた髑髏が掛けられ, 成つてあとは何, 成つていつまでも, 成つていつか眠つてしまつ, 成つてうつかり框際, 成つておいらんが初, 成つてお袋の懷, 成つてこれを御, 成つてざつと両隅, 成つてしまつて事件は又, 成つてすべての草木, 成つてその後の事, 成つてそれぎり最早お, 成つてつまの新, 成つてばつたり膝支, 成つてほつれ毛を白, 成つてもの忘れした後見, 成つてるなんて其様, 成つてオホンと膝, 成つてスツと乘, 成つてホーレーキを擔, 成つてユウゴオは, 成つて一寸も動けまい, 成つて一寸灯の影, 成つて一度しか来ない, 成つて一番に鷄, 成つて一聲あつと, 成つて一首は少し, 成つて下へぽ, 成つて下り居て, 成つて丑松は後悔, 成つて世を送り, 成つて了つたやうな知らない道, 成つて了つてどんなにか, 成つて了つて私は実に, 成つて二三尺照らすで, 成つて二十二年の二月, 成つて二号おくれ三号, 成つて二度目に火鉢, 成つて云つた, 成つて人心に大, 成つて人間を超越, 成つて仕様が無い, 成つて仕舞つた九里四郎が初め伴, 成つて以来良人と一緒, 成つて休まつしやれ, 成つて何度も, 成つて何處の村落, 成つて例の処, 成つて俄に冷水摩擦, 成つて保雄の一家, 成つて倉皇と遁げ, 成つて停車場前の広場, 成つて僕を止める, 成つて六ツ四ツ數へて七ツ八ツ, 成つて其後はふつ, 成つて其處から雪, 成つて内々期待した狐狸どころ, 成つて冷く心地, 成つて冷汗をしつとり拭いた, 成つて出立迄時間, 成つて勉強をし, 成つて参つたところ, 成つて可かんから話, 成つて可厭さうな様子, 成つて右の手, 成つて君も僕等, 成つて吻と呼吸, 成つて唾を飮むにも喉, 成つて城ヶ沼の三町四方, 成つて境木に植, 成つて墓穴に這入る, 成つて多くの困難, 成つて夜間は毛布, 成つて大に悟つた, 成つて大声を揚げ, 成つて天井裏に拔, 成つて天地とともに崩, 成つて奇抜な新, 成つて奏上した, 成つて姉の夫, 成つて婚姻の多く行, 成つて婦人の打, 成つて学もあり, 成つて客の臺, 成つて寂とする, 成つて寢て居ます, 成つて対ひあふ家, 成つて小山のやう, 成つて少時探して, 成つて山々の所在, 成つて差寄せる盆, 成つて帰つたも見, 成つて帰つて来たお節, 成つて帰りにも亦, 成つて帰路も同じ, 成つて年ごろも対くら, 成つて幾らなん, 成つて幾千里なるや, 成つて床に着く, 成つて座の中, 成つて庭傳ひに, 成つて御覧なさいな, 成つて心が鈍, 成つて心得顏をした, 成つて怒りさうなものぢ, 成つて思窮めて, 成つて急に衝, 成つて惱ましげである, 成つて愛宕山から大阪, 成つて手を取, 成つて手足が利かず, 成つて扱帶を捲い, 成つて折曲つて列り行く, 成つて拾年以上も経, 成つて指も動かぬ, 成つて控室を出る, 成つて日の暮れる, 成つて旦那の會計, 成つて星の下, 成つて月の光, 成つて月宮殿に遊ぶ, 成つて朗かに歌つたの, 成つて村落中へ響かせた, 成つて板の間の娘等, 成つて柔かに懸つ, 成つて柳浪の友人二宮某, 成つて梶は辷り, 成つて棒のやう, 成つて棕櫚の毛, 成つて橋の上, 成つて欠釣瓶が一具, 成つて此此の田舎, 成つて歯を剥い, 成つて歸つた, 成つて歸つて來た, 成つて死人同樣, 成つて毛布に包まつ, 成つて気が違, 成つて汗が吊るし, 成つて江戸へ入, 成つて浅草の観音様, 成つて浮きも沈み, 成つて海へ灌ぐ処, 成つて海岸の砂地, 成つて湯気が鍋, 成つて溝端へ出る, 成つて火は漸く, 成つて炉の中, 成つて煙のやう, 成つて独りで次, 成つて狸婆が旧, 成つて猪も狼, 成つて猫板に頬杖, 成つて珍らし相, 成つて瑪瑙の八ツ橋, 成つて男の友達, 成つて町会議員の来る, 成つて畑にはしどろ, 成つて畢つたのである, 成つて畢つて他人から却, 成つて番傘をま, 成つて畷をぐる, 成つて病氣を忘れる, 成つて発送せられたもの, 成つて白晝を窓, 成つて百姓の仕事, 成つて百歳までも添, 成つて眞顏で目, 成つて祠の前, 成つて秋の冷たい, 成つて稱ぶ如く眞中, 成つて突伏した真中, 成つて立ち騰る焔, 成つて笊に水, 成つて笑を含ん, 成つて篠つく雨, 成つて粉雑になつ, 成つて紀念のやう, 成つて紅の雫, 成つて紫の切, 成つて紫玉の裾, 成つて絵の具弄をし, 成つて翁屋主人が薬品, 成つて老も若き, 成つて耐らなかつたん, 成つて肝心の思ふ, 成つて肩から廂, 成つて腮を撫でた, 成つて腰から先, 成つて腹だ, 成つて自分の家, 成つて船を着ける, 成つて芝に捉, 成つて茫然として居た, 成つて草の中, 成つて莞爾した, 成つて萬燈を振, 成つて葉は蓮, 成つて蒲地の臣, 成つて蒼ざめた先輩の頬, 成つて蔦屋の樣子, 成つて血肥りの, 成つて行つた時はどんなに, 成つて衣物を後, 成つて袖褄を引く, 成つて見物の喝采, 成つて言葉を交し, 成つて談したり, 成つて貰はう, 成つて貴方がどう, 成つて走り書きでもやり出したら, 成つて足と地, 成つて跳り込んだお, 成つて身体が慄, 成つて車の運び, 成つて這麼ものを拵, 成つて通つたと見える, 成つて遁げる遁げ, 成つて遂そこらをうろついた, 成つて遙か向, 成つて酒氣が悉く, 成つて酔ざめのやうな身震ひが, 成つて金ゆゑ体を委せる, 成つて金鍔位ぢやそんなに, 成つて長押が歪ん, 成つて間の生垣, 成つて障子に映る, 成つて隣の彼, 成つて雨が歇ん, 成つて雪枝は其時, 成つて電灯の点い, 成つて頤でうけ, 成つて飯山へ帰る, 成つて馬を返し, 成つて驅上つて見ると, 成つて髮の形, 成つて麻の法衣, 成つて默つた, 成つる都人かな, 成てと言のは, 成てをります, 成でなくてはならぬ, 成といへども人, 成といふのが, 成とが位置を, 成として目す可, 成とても今の, 成とも金の蔓, 成とや然樣, 成とられるので閉口, 成ども一心に醫學, 成ども五兵衞は悴, 成ども我一心長庵如き何, 成ども餘り義心, 成なさるとこう, 成なすつて又, 成などのものと, 成なれば一ツ穴, 成なんてお人好しな, 成なんと我友皆いへれ, 成なんどいかにも上人, 成について出発した, 成にて名代に, 成になつて仕舞つた, 成に従って帰山の, 成事も, 成ぬべしさては人心, 成ぬらん夜な, 成ねばな此十兵衞, 成のやしきへ, 成はじめ多くの意見, 成はつきり憶えてを, 成はや参れ, 成ばかりでは, 成ばかりに付利上でも, 成ばかりも氣の, 成ばこそ斯迄に, 成ば何樣あつて, 成ば何處迄も私, 成ば吉之助は奧, 成ひどい不眠症の, 成ひろい菊畠が, 成べなやと云ば, 成ほどさういふ, 成まいっていた, 成ましたと語る, 成まじきやと餘儀, 成また広く一般趨向, 成または変成の, 成飛んだ食, 成もんだあの, 成やうの御, 成やなんぞのやうな, 成やら知れずと, 成ようになれ, 成よく似て, 成らいではおきません, 成らアね, 成をとしほ, 成をという挨拶を, 成ガスの混合, 成サシムルハ実ニ人類文化, 成サレマシソレハ云ウコトガ違ッタラ生キテハオ目ニカカラヌト云ウタラナゼダト云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, 成サレ度キ御旨ニ候間, 成とぐる, 成シタル人民何ゾ自然ノ順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ, 成シテ之ヲ進獻スルニ至レルコトヽ報國, 成シテ扁舟ニ棹サシ舶ヲ看, 成シ今一度川村エカシニ代リ奥田ヨリ土地取戻シテ呉レト頼マレ, 成シ學問政治等ノ事ハ識アリテ能, 成シ斧ト成シタル人民何ゾ自然ノ順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ, 成即チ花ナリ, 成スハ天ニアリついに長蛇, 成スベカラズト皆人沙汰シアヘリ隼人正ハ力ナク唯二人, 成ス戊辰ノ一新ハ, 成ス者ハ歌舞教師ノ女, 成ズル上カ中カ下カ都ベテ即身, 成ッタ幸イニ息子ガヨクッテ孝道シテクレ又娘ガヨクツカエテ, 成ッタ者ガ数知レヌガオレハ好運ダト見エテ, 成ツテ愚王ヲ誠責シ, 成ツテ正法ヲ弘持ス, 成テ夫と晝間, 成テ鯡ゴト干して, 成ナド承リ候, 成ナポレオンらしく聞えるやう, 成ナラズモ覚束ナク又, 成ヌレバ甲冑ヲ帯シ, 成かへり, 成バタバタとまるで夕立, 成ビールを飲ん, 成ラントスルヲ欣ビ奮ツテ自ラ其説文, 成立つ, 成リカネ息ノツマル程工夫ニ悩ム折ナドモ, 成リ立ッテイルト云ウ證拠ハナイシソンナコトヲ信ジル者ハ一人モイナイヨトソウ云ウト本当ニ一人モイナイデショウカト五子ハ妙ナ笑イ方, 成程マコトニキタナラシイ, 成ルト云ヒシ當時ノ幼稚, 成ルベク長ク專制ヲ維持セント欲スル期間, 成ルモノヲ曰ヒ第三線ハ則チ陸軍, 成レルニシテ其人民ハ皆父母, 成レル事多クテ, 成なすったな, 成一さんが案内, 成一人は陽, 成一君が新宿, 成一所にいた, 成一族も城, 成一片にし, 成一藩侯欲聘致之会聯玉来偕遊奥, 成七七角八九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 成丈便宜を与えん, 成丈吟味の上, 成丈小虫の集らぬ, 成丈指を短, 成丈注意すべし, 成丈父の背, 成丈生徒を其職業, 成丈穩便にすべし, 成丈米抔は勿論, 成丈脊髄を曲げない, 成丈軟きものを選, 成丈輕くする, 成丈長湯をする, 成という, 成三代が玄益成美, 成上がったりなどする, 成上がり者武士を遇する, 成上りえた人物を, 成上りおまけに, 成上りてえものは, 成上り二十人の男ども, 成上り士官といった不快, 成上り官僚の重信朝臣, 成上り慾は決して, 成上り時代なら知らぬこと, 成上り標準週給の七十ドル, 成上り者めには癇癪, 成上り者共の多い, 成上り華族で家, 成上昇して, 成下がってしまった, 成下されたいとの挨拶, 成下ってまでゆこう, 成下りし事是偏, 成下るところが, 成下会計局より受取, 成下候事を懇望, 成下候寸報迄此引幕壱帳, 成下候旨大目付海塩忠左衛門殿御談被成候間, 成下候様奉希候以上, 成下候由宜御礼, 成下大納言様御手筋, 成下店繁昌仕ありがたき, 成下置不易の蹤蹟, 成不便なれ共某, 成両人の間, 成主人と成し, 成と書い, 成了らんことのせめて, 成予定より長く, 成事情有ての儀, 成事感賞に勝, 成事故小弟出崎の上ハ諸生, 成事身分不相応の旨, 成二代が玄益順成, 成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 成仔細に候, 成仕事の出来た, 成代り御先生, 成代りましてお, 成代り此伯父が勘當, 成通つた要訣が, 成は基衡, 成何事遥向東方拝聖恩, 成何卒急ニ, 成余六十七歳にし, 成佛出來ないで, 成佛得度なすとも云何樣善惡相半, 成佛得道疑べしや, 成作っている, 成作ったが半分以上, 成作者自身の生活, 成したる時, 成せんちよ, 成侮辱的取調べを受けました, 成へども未だ, 成信氏で井生村, 成信長公ヨリ御感状, 成修業をつんでる, 成候はんとは誰, 成候やうくれぐれも念じ, 成候ように, 成候テ可然奉, 成候上は其身, 成候儀に御座候, 成候六条ハ小西両氏及老兄龍等も御, 成候冬を越し, 成候吉利支丹に成, 成候哉いづれも, 成候哉承度奉存候, 成候天人の御, 成候夫殺され親, 成候始末如何にも痛烈, 成候得バ何か上許, 成候得バ此拙蔵ハ何でも出来る, 成候得バ自然近年中御出軍, 成候御事と存候, 成候御事蔭ながら御, 成候方宜敷候様存じ候, 成候是と申, 成候時は義論中ニ於, 成候時ハ私までと, 成候様に被, 成候様此儀くれぐれも御願申上候, 成候瑞雲院様傍より御覧, 成候由奥様にも定, 成候男は土藏, 成候節は長崎, 成候荒尾様に御, 成候褒美として大, 成候覧奉恭賀候, 成候趣を知り, 成候間何者なりとも吉利支丹, 成候間御酒御吸物頂戴, 成元子は感覚, 成の弥三郎, 成先年の御, 成先生が私, 成全作用は創造的, 成八八角成バタバタとまるで, 成八八角成七七角八九馬一一角成五七桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 成公四年の梁山崩, 成公時代のもの, 成公正な批判, 成公用は二千疋, 成共今は昔, 成共奉公致させ呉候樣, 成共引越なば, 成共拂はねば, 成共相應の儀, 成共行て暮すべし, 成共通候は, 成兵助の三名, 成其上持病の痔疾差起候節者, 成其巧みにぞ及びけり, 成ません事, 成たかつたが, 成出鱈目の事件, 成刃物か何, 成刺納等の如き, 成前世の業因, 成効以外に何物, 成効力の余りに, 成動きのない, 成の朝, 成務仲哀神功四朝に彌, 成務帝の御, 成勝手が出来る, 成仕の, 成勲宮川太一郎なぞいう, 成勾配の急, 成化万暦時代の赤絵, 成化年製のは気品, 成化戊戌の年, 成卯之上刻御差, 成即便舟を負い, 成卿兄弟および緒方洪庵等, 成卿箕作阮甫杉田玄端宇田川興齋木村軍太郎大鳥圭介松本弘庵など俊秀, 成卿翁達の国学的社会説, 成原意を損せざる, 成叔母を養, 成口越後口よりする, 成古い跡が, 成名主は役, 成命了之大塔, 成と立, 成善十二歳母五百五十三歳陸二十二歳水木十六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 成善派よりもすべて, 成器さんは下総国市川町, 成器量と云, 成器長兄章斎義方の名, 成四十二歳縫三十一歳の時, 成困ることが, 成困難な仕事, 成園さんの描いた, 成土人の名, 成地利など御, 成えらる, 成墾引継ぎのうえ, 成墾費が安く, 成ありて, 成は, 成変りだと, 成多かった, 成多く一篇を成せる, 成多方面にわたるもの, 成夜更けまで何, 成大きい国で, 成大きかったの, 成大きくて廻り, 成大刀聞達そのほか, 成大姉は津軽氏比佐子, 成大法霊山本法永隆本仏, 成天地之大功者, 成天才があり, 成天晴れなもの, 成天閣旅館へこれ, 成天魔が魅, 成太郎さんと手, 成太郎一番東京で之, 成太郎中年者の熊吉, 成太郎此二人が肩, 成太郎氏が赤司文部次官, 成太郎酉藏の三人, 成失望をし, 成女ざかりをわれと, 成女以前の女, 成女戒前の物忌み, 成女期に近づいた, 成妻岡西氏徳尾島氏出の嫡子恒善, 成妻徳嫡男恒善長女純次男優善の五人, 成始めて工夫, 成始めて吉三郎を, 成姦物役人にだまされ, 成姫天皇少名, 成媒介するところ, 成子房をなし, 成すること, 成の子, 成宗と極めをつけた, 成宗君か, 成定氏および額氏, 成はこの, 成実に属せんこと, 成実片倉小十郎景綱, 成実際に遠い, 成実魂魄ばかりに成り申したら, 成寒い一月上旬に, 成寛大の御, 成寡言に隙, 成したもの, 成はひよわかっ, 成尋律師だつたの, 成尋阿闍梨の母, 成小さく見える, 成小石川の方面, 成居るお三婆, 成居申候間是等の事, 成岸本の心持, 成峻厳に行われた, 成の小片, 成巧者であるの, 成巧者達が大, 成きな, 成帝時代に黄河, 成帝末年には復鬼神, 成平岡によく, 成幸福な道, 成広くあった, 成度あれハ今どこにおる, 成度元より其死, 成度唯今蒸氣船御買上, 成度御事ニ付御やく, 成度義に御座候, 成度西洋もの有, 成庵円庵梅多喜国千忠平であつ, 成廣いが極めて陰氣, 成式著わす, 成弥中国に穢, 成張りつめた心で, 成強く動かされて, 成に暁, 成往乎将惜美, 成待遠しかった, 成未だ久しき, 成後藤又兵衞基次秀頼公, 成御座奉恭賀候, 成御座候然ニ先頃ハ, 成御座候四郎様と申, 成御殿はおととし, 成御願申上候ハ土佐商会之会計, 成復化灰遺恨禍源猶未, 成急いだのである, 成急ぎ御夫婦, 成急病にや, 成ラクハ重器タラザルヲ, 成恐ろしい人です, 成悲憤の情, 成感傷的なもの, 成感激して, 成感銘したの, 成憲両氏がある, 成それで, 成之志, 成或は軽軒香車, 成所存にて五兵衞, 成手ひどく早川に, 成手狭であったの, 成拵えなければならぬ, 成挙ニ与リ其編纂, 成掛けて居る, 成揚り芸妓より, 成損つたとお, 成損つて了つたやうな訳, 成損つて後が高利貸, 成改名して, 成政あたりであろうとは, 成政一名登って, 成政事切腹をもお, 成政以下命のあらん, 成政北陸にあっ, 成政様も申し, 成政竹鼻城主の不破, 成政自身津幡を攻め, 成故に汝死す, 成效如何の問題, 成教授の実験的, 成教育のある, 成が多い, 成斉信などはその, 成斎九歳であった岡本况斎, 成斎初の名, 成斎名は知足, 成斎四十二歳であつ, 成斎坪内逍遥島田沼南徳富蘇峰田口鼎軒等の序文, 成斎岡本况斎海保漁村である, 成斎岡本况斎海保漁村医家には多紀, 成斎岡西玄亭皆川順庵今川某児島某杉本望雲岡田徳夫河添原泉中耕斎玉置季吉があり, 成斎森枳園平井東堂海保竹逕喜多村栲窓栗本鋤雲等を集えた, 成斎知足が歿, 成斎石塚豊芥子の人々, 成斎等をし, 成にて死に, 成日本の利益, 成早く国に帰つて, 成は天, 成晩歳郎當曲正是三郎快活時, 成くなっ, 成暗い静かな, 成最後之撮影, 成有るよ, 成有名な公証人, 成李暉の二人, 成来せるものに, 成といふ大尉, 成果てしを母様, 成果てたのが, 成柴田権六勝家などは喜び勇ん, 成楽しい気の, 成の仮名, 成様子にてはなく, 成様尽力被下度為国家, 成様清浄なる火, 成になり, 成樣師檀の好み, 成横合から飛び出し, 成機縁の熟, 成機運が生まれる, 成次第にオイソレと, 成歓惨欲別か, 成歓牙山のシナ兵, 成寺に, 成武成の兄弟, 成に約束, 成殊に厚き御, 成残されている, 成残って特に, 成拙いもの, 成永代無役, 成沈黙であると, 成副院長, 成深い松林の, 成は案外, 成済したやうな, 成済ましたお前に, 成済ませし嬉しさ, 成渡方之儀, 成澄ましてこんな, 成濃厚やち, 成火成または変成, 成かりせば, 成レバ愛進より, 成然して見れば, 成した丸ぽ, 成熱し切つた女性の, 成牢内へ下られ, 成狭い土地で, 成した横着, 成玄英の註, 成へり, 成玉字は叔琢, 成玉字叔琢号寿仙弟名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 成王安在の四字, 成王康王の時, 成王康王當時のもの, 成珍重奉存候, 成理解力にも富ん, 成瓢吉みたいな人好き, 成が頭, 成田舎らしくない金, 成申さんとて是, 成申すまじ氣遣ひ, 成男子を儲け, 成ぬ, 成疲れたり, 成疲れた私達は, 成病加於小愈, 成的冷静に考証, 成に到る, 成皐路という道標, 成盗まれたくなしと, 成に漁色, 成盛大夫敦盛十人と云う, 成監督東京府技手恩田岳造と固く, 成目出度存じ奉つり候, 成相山に登る, 成眞面目腐つて, 成真面目腐ツ, 成眺望の好い, 成石勘三郎崎久保誓一何れも大石, 成碩学応知翁亦一英雄, 成へ廻す, 成祖恵帝の海外, 成神名天之御中主神, 成神名宇摩志阿斯訶備比, 成私儀もひま, 成私共困難の事件者時日, 成程というような, 成程とは思つたやうでした, 成程とも思います, 成程なァそう言え, 成程ねえと感服した, 成程の略, 成程のうそういう穿った, 成程はつきり, 成程もぢやも, 成程よい遊女を, 成程よかったし, 成程島が二つ, 成程氏はプロレゴーメナ, 成程氏郷の兵卒等, 成程田代屋は表, 成程目の寄所, 成程立聴をする, 成程野郎ばかりだ, 成程間とは御, 成種牛馬は親, 成も良く, 成窮屈にない, 成竜工夫して, 成竜平壌の地図, 成竜等百余人に護られ, 成になる, 成童以後生活の過半, 成竹成という両人, 成三に, 成するによって, 成等正覚広度衆生, 成を柳川, 成が一応, 成経康頼はもとより, 成経康頼らの心持, 成経康頼等の乗船, 成経康頼等三人の赦免状, 成経浜辺に立っ, 成給いしとぞ, 成給はんと述給はる, 成緊張して, 成の子, 成繁華な所, 成成, 成を収め, 成にや傳吉領主, 成は勿體, 成体ニ御座候哀れ今一度御意度得存候然, 成者共なりと申, 成聞大刀聞達二将の号令, 成胤さまが安, 成胤法師一人を生, 成胤道胤頼などの子息たち, 成自慢の品, 成自由に自分, 成自身の身, 成と長, 成苛酷しいこと, 成若旦那とは言, 成苦しんだものらしい, 成苦聲の聞, 成萬一手を弛めな, 成虎文を獻, 成であらね, 成行くまいと云, 成行事の悲し, 成の子, 成した少女, 成複雑して, 成規通り四月いっぱいに書き上げ, 成の見, 成覚したように, 成覚房の弟子達, 成親卿こそ真, 成親等ヲシテ鹿ヶ谷ニ会セシメ今マタコノ事, 成か其身, 成詳しく説明し, 成詳細に説明, 成誘惑が出来さうである, 成執子, 成豊正俊があつ, 成象たるを知つて, 成象之を乾, 成貫之或は道風あたり, 成年卅六, 成かなごちゃごちゃ, 成の違わぬ, 成趣候はば望, 成足利学校の創立者, 成跡如何を問え, 成蹊高等女学校の生徒, 成身代左り前, 成遅, 成転形語前の語根, 成輔卿とわだかまり, 成輔四条隆資日野資朝らの名, 成アイデアライズされ, 成ましい赤黒い, 成遂ぐることは出来ない, 成遂げられてゐる, 成遂げられしものに, 成遂げられたとすれ, 成遂げられると信じ, 成遅い食卓に, 成過去の惡縁, 成遙賀仕候, 成遠いものであった, 成避ける様に, 成に属し, 成武に, 成重いものだ, 成重く考えて, 成針治導引の指南, 成が遊び駒, 成鎬ら台所のドア, 成鎬同志一二および前場, 成鎬夫妻柳麗玉を残し, 成鎬妻五十歳ぐらい, 成鎬黄瑞露らは安, 成間数もあった, 成間敷趣に候, 成という二人, 成阿弥陀仏という者, 成陰道二十六卷があつ, 成雄弁に喋った, 成離れて内陣, 成を申, 成頼卿の子息, 成顕著な進歩, 成へ書生, 成のまま, 成駒家はいつ, 成騷ぎに成, 成驚いたのが, 成が折れました, 成骨折らねばなりませんでした, 成高い山が, 成高五百円位きわめて景気, 成にそだてあげる