青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「息~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~恐怖 恐怖~ 恢復~ ~恥 恥~ ~恨み 恨み~ ~恩 恩~ ~息
息~
~息子 息子~ 恰も~ ~恰好 恰好~ ~悉く 悉く~ 悟~ 悠々~ ~患者

「息~」 11855, 114ppm, 927位

▼ 息~ (6793, 57.3%)

299 殺して 250 ついて 230 して 221 ついた 131 切らして 125 つめて, はずませて 113 吐いて 92 ころして 80 吐いた 79 切って 78 こらして 77 はずませながら 75 しながら, 切らしながら 74 ひそめて 67 した 65 のんで 59 つきながら 57 凝らして 56 のんだ 48 吐きながら, 呑んで 46 きらして 40 呑んだ 35 詰めて 34 つきました 32 引取った 30 きって, 殺した 28 つく, 引取る 26 するの 24 呑みました, 潜めて 23 ひきとった, ひそめた 22 止めて 21 ひいて, 入れて 19 つめた, 吹きかけて, 引き取ったの 18 かけて, きらしながら, 引取りました 17 すること, つくと, 嚥んで, 引いて 16 吐きました, 吹き返して, 弾ませて, 詰めた 15 しました, はずませた, 吹いて, 弾ませながら 14 切らせて, 切りながら, 吐く, 吐くと 13 はいて 12 せいて, つくこと, 吸って 11 するたび, すると, ついたが, つく間, 吹きながら, 喘って, 引き取った, 引取っ 10 する, ひきとって, 休めて, 切らせながら, 引き取って 9 きりながら, つくの, ひきとるまで, 呑んだほどの, 喘ませ, 殺しながら

8 [18件] きらせて, つくよう, つめながら, とめて, のみました, のみ込んで, はきながら, ふいて, 凝らした, 吐きかけて, 吸いこんで, 吸い込んだ, 吸った, 吹き返したの, 吹返す, 呑んだの, 屏めて, 止めた

7 [17件] するよう, ついたの, つくひま, つく暇, はずまして, ひそめながら, 凝して, 凝らしながら, 切らした, 吸い込んで, 吸ひ込んだ, 吹きかえして, 吹きかけながら, 喘いて, 引きと, 抜いて, 肩で

6 [16件] こらした, ころした, つく間もなく, つまらせて, ひきとつ, ひきとりました, もらしました, 入れた, 吹きかけた, 吹き返した, 吹返した, 呑みます, 喘いで, 引きとって, 引取つてし, 静かに

5 [36件] きつて, きらせながら, したり, ついたこと, ついた時, ついで, つくため, つく隙, つまらして, つめたよう, ととのえて, のむよう, ふきかえして, ふきかけながら, 入れると, 内へ, 切った, 吐いたが, 吐き, 吐き出した, 吸つた, 吸ひ込ん, 吹き返したが, 呑みながら, 呑み込んで, 呼吸し, 喘ぎながら, 引いた, 引きとつ, 引き取りました, 引くよう, 弾ませた, 彈ませ, 窒めた, 衝いた, 衝いて

4 [52件] おつきに, こらしました, ころしながら, したが, するため, せきながら, ついてから, つき, つきぬ, つくやう, つめました, ぬいて, のみ込んだ, のむ, はずませ, ひきとったの, ひきとりそう, ひそめ, ひそめたよう, ひそめる, ひそめるよう, ふきかえした, ふき返した, ふっかけて, もらした, もらして, 一つした, 休めた, 切らし乍ら, 切り, 切ると, 吐いたと, 吐いたり, 吐く間もなく, 吸いこんだ, 吸うと, 吸ひ, 吹いた, 吹き込んで, 吹き返したばかりの, 吹き返すと, 呑むばかり, 呑むよう, 引きとった, 引き取る時, 引取つ, 感じた, 殺す, 洩らして, 衝く間, 詰めるやう, 逸ませ

3 [68件] あえいだ, あえぎながら, お吹き, かけたり, こめて, こらえて, しては, します, しようとして, する間, だして, ついたところ, ついだ, つかずに, つきましたが, つくさま, つまらせながら, つめるやう, のみながら, のむばかりの, のんだまま, はずませました, ひきとるとき, ひきながら, ふきかへ, ふき返したの, ふき返して, フウッと, 凝した, 凝しながら, 切らずに, 切りました, 吐いてから, 吐きかけた, 吐きつつ, 吐き出して, 吐くこと, 吐くの, 吸いこみながら, 吸いながら, 吸う, 吸ひ込む, 吹きかえした, 吹きかえしたが, 吹きかえすと, 吹きかへ, 吹きこんで, 吹き返しました, 吹返しました, 呑む, 呑んだよう, 嘘き掛け, 嚥んだ, 屏し, 引き取ったそう, 引き取りましたの, 引き取る前, 引き取ろうと, 引取って, 引取つた, 引取ろうと, 洩らしました, 漏らしたの, 私に, 継いだ, 聞いて, 通は, 鼻の

2 [237件] あえいで, いたす度, いっぱいに, いれて, うかがって, お引取り, かけながら, きった, きらした, きりました, こらす, ころし期待, ころす, ころすと, させて, さへ, しきりに吹き込んだ, したいよう, したの, した後, しつ, してから, しようと, し乍ら, し息, すいこんだ, すった, する者, する音, せいせいつい, せいせい言わせ, せき切って, ためて, ついたとき, ついたやう, ついた事, ついた彼, ついてると, つかせて, つきから, つきこれ, つきそれから, つきひろげた胸, つきます, つき眼, つくので, つくのみ, つくばかり, つぐため, つぐ間もなく, つけないで, つけば, つこうと, つないで, つまらせた, つめた瞬間, つめるの, なさいました, ぬきに, のみ, のみこんだとき森, のむと, はいた, はきかけて, はきだせ, はきました, はく, はずました, はずませたり, はずませ眼, ひいた, ひきとったという, ひきとったばかりの, ひきとること, ひきとる前, ひき取るまで, ひくよう, ひそめました, ひそめ耳, ひとつつく, ふきかえしたの, ふきかけて, ふきかけると, ふきながら, ふき返したお, ほー, もつが, やすむ七押七踊, ハア, フッと, 一つし, 休めながら, 偸んで, 入れに, 入れましたが, 入れる, 入れるため, 八分位静かに, 凝すと, 凝らし足音, 凝らす, 出して, 切った声, 切つた, 切つて居ります, 切つて逃げ, 切て, 切らしながらも, 合せて, 吐いたの, 吐いた時, 吐きかけながら, 吐きつ, 吐きつくして, 吐きよろよろ, 吐き出したが, 吐き出しながら, 吐き出すと, 吐くやう, 吐くよう, 吐く時, 吐く様, 吐く間, 吐く隙, 吐掛ける, 吸いに, 吸いました, 吸い込むと, 吸い込んでは, 吸うよう, 吸えば, 吸える事, 吸つて, 吸ふと, 吸わした, 吹き, 吹きかえしたよう, 吹きかえすまで, 吹きかけると, 吹きこむの, 吹き出して, 吹き返させました, 吹き返しさ, 吹き返しそう, 吹き返したと, 吹き返したん, 吹き返した人, 吹き返した時, 吹き返しても, 吹き返しましたので, 吹き返します, 吹き返すこと, 吹き返す道理, 吹く, 吹くの, 吹ッ返し, 吹込む, 吹込んだ, 呑んだが, 喘いだ, 喘がせて, 喘がせながら, 喘ませた, 喘り, 嗅いだ時, 塞らせた, 大きくし, 大きく吐いた, 引いたが, 引きとらうとして, 引きとりました, 引きとる前, 引きながら, 引き取ったが, 引き取ったと, 引き取ったという, 引き取ったもの, 引き取った後, 引き取る, 引き取るという, 引き取るとき, 引き取るの, 引き取るまで, 引き取る五分位前, 引き取る間際, 引くやう, 引取られた, 引取り, 急いて, 感じて, 我慢し, 抜いては, 抜くこと, 抜くの, 抜くまでの, 押えて, 撓めて, 止める, 殺させた, 殺したかと, 殺したの, 殺したまま, 殺したよう, 殺し口, 殺し眼, 殺し足音, 殺すよう, 洩し, 洩らさずには, 涼しい空, 深くし, 漏して, 漏らして, 潜めたよう, 空に, 窒めて, 窺つてゐる, 絞りました, 継ぎながら, 継ぎました, 繼いだ, 繼ぎました, 繼ぎます, 聞いた, 聞きとった, 胸に, 見せて, 詰て, 詰めるよう, 詰め身, 調えて, 途切らし, 限りに, 頬に, 顔の, 飲んだ, 髯に

1 [1757件 抜粋] あえぎあえぎその, あえぎ叫んだ, あおぎ立たしむ, あわせると, いれずに, うかがいながら, おさ, おさえるよう, お鳥, かぐの, かけたくないから, かけられた者ども, かけるよう, きった時, きらした事, きらしふみとどまって, きらせた, きりながらも, きる音, こくり, こらしてという, こらし天井裏, こらし自分, ころしころし忍び, ころしたよう, ころし刃, ころし身動き, させられながら, しいしい岩, しずめて, しずめ暫く, したいもの, したところ, した方, した跡, しても, してるの, しないという, しなかつたわ, しはじめて, しばらくとめた, しろと, し妙, し椅子, し足, すいこんで, すこし吸いました, すひこむ, するごと, するであろう, するにさえ, するのみなり, するほどの, するまでに, するん, する山, する河面, せいせい, せいた, せかせかと, せずに, そっと静か, そろへ, たてながら, ついたお, ついたかたち, ついたという, ついたまま, ついた商人, ついた泣いて, ついた蝋山教授, ついては, ついては吹き来る, ついできた人, つかうと, つかせずに, つかせたに, つかせないこと, つかせなければ, つかせ麦, つかれること, つがせよ息, つきかなり, つきしずか, つきそれ, つきつき彼, つきはじめた, つきましたけれども, つきますと, つきクリストフ, つき初めた, つき存分, つき得る一角, つき父中将, つき自分, つぎたした, つぎます, つくだろうこと, つくとき, つくほどの, つくやれやれ, つくガラス, つく思い, つく汽車, つく遑, つぐの, つけて, つけトロミエス, つまらしたり, つまらせるばかりの, つめそして, つめたが, つめたり, つめた満堂, つめてる空, つめると, つめる最後, つめ先生, つめ手, つめ眉根, つめ自分, つめ頸, ととのえねば, ととのえ直しては, とめたま, とめないと, とめられて, なさいませ, ぬくの, のませられて, のみさつき, のみ全, のみ寝返って, のみ男, のむの, のむ瞬間, のんだよう, のんだ秀之進, はあ, はかせたの, はきはき大勢, はき散らすよう, はき風, はく大男, はずましてる彼, はずませしかど, はずませた声, はずませてるん, はずませる, はずませ内心得意, はずませ帽子, はずませ顔, ひいたが, ひいたり, ひきと, ひきとったそう, ひきとったとき, ひきとったひと, ひきとった時間, ひきとられた時刻, ひきとる, ひきとるつもり, ひきとるにあたり, ひきとる姿, ひきとる瞬間, ひき取ったであろうな, ひき取ると, ひくとき, ひけば, ひそめけるかも, ひそめただ, ひそめないわけ, ひそめよ息, ひそめるやう, ひそめ眼, ふうと, ふうふう切っ, ふかめて, ふきかえさせて, ふきかえしすっくと, ふきかえしたるも, ふきかえしても, ふきかえし匐, ふきかえすだろうから, ふきかけそれ, ふきかけますと, ふきかけるよう, ふきこんだもの, ふき返したが, ふき返したやう, ふき返すであろう, ふくんで, ふさぎその, ふっかけたかと, ふっ返した小次郎, ふッ, ほっとつき, ほっと吐き出す, みんな吐い, もっと深く, もらしたり, やすめた, やすめては, ゆるやかに, グツとの, セッセと, ハーハー吸き, フウフウ私の, ホツと, 一つする, 一つ吸ひ込んだ, 一つ深く深く, 三度に, 乱します, 二つ吸う, 交じえるばかりに, 休めず敢えて, 休めても, 休めようと, 何べ, 保って, 入れさせるん, 入れたが, 入れてる子供, 入れようと, 入れるの, 入れる時, 入れ胸, 内に, 凝したよう, 凝らした沈黙, 凝らし五体, 凝らし膝, 出すときみたい, 切った女の子, 切つて狂つた, 切つて言ひました, 切つて飛込みました, 切つて駈出し, 切らしあえいで, 切らしそこ, 切らした態, 切らしつ, 切らしてるガヴローシュ, 切らしました, 切らし中隊長, 切らし切らし上って, 切らし汗, 切らし重い, 切らすこと, 切らせた若い, 切らせ手, 切ります, 切り切り小刻み, 切る度, 刻む肩, 厳く, 合せた, 吐いたお初, 吐いたさ, 吐いたらしかつ, 吐いた姿, 吐いては, 吐かしてやら, 吐きあぐら, 吐きかけた程, 吐きかけられながら, 吐きかけると, 吐きそしてまた, 吐きだして, 吐きはじめ腰, 吐きます, 吐き乍ら笑つた, 吐き出し乍ら, 吐き出すだろうからね, 吐き出す時, 吐き吐きガクリ, 吐き吐き通って, 吐き怪しき, 吐き暗闇, 吐き煙草, 吐き竜, 吐き込むと, 吐くたび, 吐く二匹, 吐く怪物, 吐く者, 吐けるやう, 吐乍ら今日こそは, 吐漸く, 含んで, 吸いこみ自分, 吸いこむ時, 吸いこんでは, 吸いたかった, 吸い入れた, 吸い止めながら, 吸い込みかねて, 吸い込み穴, 吸い込む変, 吸い込んだら急, 吸うだけで, 吸う丘, 吸ったと, 吸ったり, 吸つてパツチリと, 吸ひた, 吸ひ込まう, 吸ひ込んだら, 吸取ったと, 吹いたが, 吹きかえさなかった, 吹きかえしたの, 吹きかえすであろうから, 吹きかけしきりに, 吹きかけたり, 吹きかけつつ, 吹きかける, 吹きかけるん, 吹きだした, 吹き上げながら, 吹き出す, 吹き吹き歩いて, 吹き掛けその, 吹き込みました, 吹き込むと, 吹き込んだよう, 吹き込んだ風船玉, 吹き返させようと, 吹き返させる術, 吹き返さなかった, 吹き返したから, 吹き返したもの, 吹き返した二人, 吹き返した思い, 吹き返しつつ, 吹き返しましたが, 吹き返しませんでした, 吹き返すかの, 吹き返すはず, 吹くだけの, 吹くもの, 吹く癖, 吹っかえし, 吹っかけたもの, 吹っ返さない, 吹つ掛けた, 吹ッ甦させ, 吹掛けあの, 吹掛けると, 吹込んで, 吹返さなかつた, 吻と, 呑ませること, 呑みいきなり, 呑みましたが, 呑み体, 呑み眼, 呑むと, 呑む気勢, 呑んだとも, 呑んだ俺, 呑んだ酒場, 呼出する, 咆きぬ, 喘がせ全身, 喘まし, 嗅がせぬやう, 噛み殺して, 嚥み込んだ, 嚥む間に, 堪て, 塞がれ広い, 大きく, 大きく吐き, 大きく呼吸, 失って, 守り給えり, 容れる慣ひで, 屏め目を, 引いたまま白痴, 引いての, 引きとったから, 引きとったと, 引きとったばかりの, 引きとらぬか, 引きとりかけて, 引きとり本朝二十不孝, 引きとるという, 引きとるよう, 引きとる寸前, 引き取ったあと, 引き取ったとき, 引き取った時, 引き取つた, 引き取つたさうで, 引き取つた青年, 引き取らせて, 引き取りその, 引き取りましてね, 引き取るつい, 引き取るといふ, 引き取れば, 引き懸けて, 引くと, 引く様, 引取つたと, 引取つたなどといふ, 引取つたばかり, 引取つて了つた, 引取る間ぎ, 張ること, 弾ませつつ, 弾ませ子供, 彈ませた, 彼は, 心に, 忍びつつ, 感じるの, 感ずるの, 打ち合せて, 抑へる, 抜かせぬに, 抜きながら, 抜こう息, 拔い, 掛けるない何, 整える為, 早めた, 機ませ, 止めそれから, 止められないよう, 止める前, 正しくととのえさせた, 残さして, 殺したかたち, 殺したという, 殺した不思議, 殺した照準, 殺しても, 殺しはやる心, 殺しプラタナ, 殺し体, 殺し固唾, 殺し耳, 殺し通した, 殺す二人, 求めるという, 洩した, 洩らしながら, 浪費し, 深く吸いこん, 満身から, 潜めその, 潜めたやう, 濠, 無駄に, 発と吐きたり, 知って, 突きながら, 窺つてゐた, 終った, 絶えたる怪物, 絶やしたが, 継がせて, 継ぐ, 継ぐ余, 継ぐ遑, 繼, 繼ぐとか, 耳元に, 肩でし, 肺臓一杯に, 芙蓉の, 荒ららげて, 蘇らせて, 衝きました, 衝く予猶, 見せたの, 見ろ息, 計った吉祥房, 試験した, 詰めた汗, 詰める, 詰める程, 詰め地面, 詰らすため, 詰らせ嗄れたよう, 身づか, 返して, 通わせて, 遠くから, 長く吐いた, 除きては, 靜めた, 顔に, 飲み足, 飲もうと, 首すじに, 高々と

▼ 息~ (1443, 12.2%)

89 絶えて 55 切れて 42 つまりそう 36 つまって 21 つまるよう 18 絶えた 17 かかって 16 通って 13 切れる, 詰りそう 12 はずんで 11 つけなかった, つまる, つまるほど 9 つけた, とまって, 苦しくなっ 8 たえて, 詰った, 詰まるよう 7 つまった, 絶えたの 6 つまりさ, つまるやう, とまりそう, 切れそう, 女の, 苦しくなった, 詰まりそう, 顔に 5 きれて, つけるよう, 切れた, 止まるかと, 白く見える, 苦しくな, 苦しくなる

4 [12件] きれた, きれる, つづかない, なかった, なくなって, もれた, 彼の, 止まりそう, 私の, 詰つた, 詰まって, 詰まる

3 [27件] あつた, あつて, くるしくなっ, そこから, つけない, つまりさうな, できなくなって, とまったよう, はあはあし, はずみます, 凍りついて, 塞る, 楽に, 止ったよう, 止って, 止りそう, 止るよう, 漏ります, 絶えたと, 絶えたもの, 絶えた様子, 絶えました, 絶えるかと, 自分の, 苦しくなり, 詰まった, 詰まる様

2 [80件] あって, ありました, あると, ある間, かからぬよう, すうすう, せかせかし, つ, つけないで, つけなかつた, つけなくなる, つけなくなると, つけます, つけるだろう, つけると, つづかなくなって, つまったん, つまつた, つまります, つまる様, つまる程, できなくなるの, とまったくらい, とまっても, とまるほど, はずむよう, まだ続く, らくになりました, 一直線に, 出た, 出て, 出ないの, 出来ないほど, 出来ない位, 出来るの, 切れさうに, 切れてを, 切れるの, 切れるほどに, 切れるやう, 吐けません, 喘れ, 少し切れる, 彼女の, 微かに, 掛って, 止まった, 止まって, 止まり眼, 止まるほど, 止るかと, 残って, 白い, 白く凍っ, 白く凍る, 白く凝っ, 白く見えます, 真白く煙草, 窒る, 立って, 絶えそう, 絶えたこと, 絶えたので, 絶えたらしい, 絶えた樣子, 絶えた爲, 絶えようとして, 絶えると, 絶えれば, 耳に, 聞えた, 臭いから, 苦しい, 苦しいの, 苦しげ, 苦しそう, 詰って, 通つてゐる, 顔にか, 風の

1 [641件 抜粋] あかくな, あった, あったの, あったので, あったわけ, あったんで, あまり美しく, あらうとも, あらくなり, ありそう, あります, ありません, ある, あるかも, あるかを, あるじゃ, あるよう, あるん, ある息, ある虫の息, いかにも冬, いきなり近づい, いっそう自由, うたふ, お絶え, かかった, かかったの, かかってるし, かかってるよう, かかりました, かかるか, かかるという, かすかに, かよわないよう, きこえて, きこえなかった, きこえるワケ, きれさ, きれたか, きれた息, きれた様, きれないでしょう, きれなきや, きれはりさけそう, きれました, きれると, きれるまで, きれ頭, くさく穢くなる, くるしいくらい, ぐつとつまつて眼まひが, こおるの, この竜, この餌, こもった, こもる, ございますか, ござりました, さらぬだに暗い, したいのに, しっくり合っ, しづかに, しやすい, すっかり詰まっ, せいせいし, せいせいする, せわしくなっ, せわしげ, そのまま固まり, その肋骨, それを, たえた, たえたらしいの, だんだんこく, だんだん短く, ちと臭い, つきたかった, つけず膝, つけそう, つけないかの, つけないと, つけないの, つけない気, つけない気持ち, つけなかったの, つけなかったろう, つけなくつて, つけなくなった, つけなくなったから, つけなくなって, つけなくなってから, つけぬという, つけねえん, つけます仕事, つけません, つけませんね, つけませんよ, つける, つけるかと, つけるその, つけるもの, つけるやさしい, つけるわけ, つけるん, つける心地, つづいて, つづかず休息, つづかないと, つづかなかったの, つづかなくなりますぜ, つづくかぎり五つ, つづくてえの, つづくまで, つまったね, つまったの, つまったもの, つまったり, つまった人, つまっては, つまつたらどう, つまつた笑, つまつて, つまつてとても, つまつて死ねる, つまつて立ちすくむ, つまりかけて, つまりさうだつ, つまりさうに, つまりさうになつ, つまり伊沢, つまり眼, つまり私, つまり脣, つまり身体, つまるかも, つまるくらい, つまるので, つまるまで, つまるよ, つまる息, つまれど, できそう, できたの, できない, できないじゃ, できないだろう, できないでしょう, できないので, できないほどの, できないよう, できなかった, できなくなった, できなくなりそのまま, できなくなりました, できなくなるくらい, できなくなるだろう, できなくなるん, できにくい, できぬよう, できましょう, できませんので, できると, できるよう, とまった, とまったとき死, とまりかける一所懸命力, とまりさ, とまりさうな寒い, とまるかと, とまると, とまるほどに, とまるよう, どぶ, どやどやと, なかなか侮り, なかなか問題, ぬけるので, ねえの, はあはあいう, はあはあした, はきかけられずには, はきだされて, はきだされます, はずむたび, はずむと, はっはっと, はつきりと, ふうっ, ふうっと, ふうふうと, ふさがるよう, ふっと上, ふっと鶴雄, ふるえて, ほっと自分, また支える, まっ白な, むらむらと, むれて, もうこれ以上, もう白く, もれそして, もれて, やさしくなっ, よく見えます, らくにできる, らくになった, ろくに出来ない, クラリモンドの, ニコチン臭かっ, ハズんで, パフ, ペルシャの, ムッと, ムンムンと, 一つ長く, 一層近, 一度に, 下から, 乱れた, 乱れて, 二つの, 二分間以上つづく, 交じり合った, 交って, 人の, 何となく苦しかっ, 作った穴, 保ちきれなくなった間際, 停ろうと, 傷口から, 八五郎の, 冷えたる血汐, 冷たい大気, 冷たい風, 冷めたい空氣, 凍って, 出なくって, 出なくなった, 出なくなって, 出る, 出んと, 出來, 出来ないかと, 出来ないくらい, 出来ないらしいの, 出来ないん, 出来なかった, 出来なかつたン, 出来なくなった, 出来なくなりほんとう, 出来なくなり奥さん, 出来なくなるん, 出来なければ, 出来る, 出来ると, 出来るよう, 出来んよ, 切ないらしい, 切なくなっ, 切れから, 切れたから, 切れたが, 切れたし, 切れたという, 切れたり, 切れた時, 切れちまう, 切れはっ, 切れまして, 切れやすい, 切れるかという, 切れるぞ, 切れるという, 切れるよう, 切れる心臓, 切れる様子, 切れる樣子, 切れる茶, 切れ悪口, 切れ立ち止り路傍, 刻々に, 千二の, 半分しか, 博士の, 口から, 合いませんから, 合ったの, 合って, 合つた時初めて, 吐けなかつた程, 吐けなくなりました, 吐けるの, 吹きか, 吹きかかりやあ, 周囲に, 喘いで, 喘れた, 喘れます, 喘れる, 囁きました, 固く居ながれ, 塞がり気力, 塞がるくらい, 塞つたと, 塞まつた, 塞り, 夕方よりも, 夜気に, 夜目にも, 大きくて, 妙に, 始めて, 完全に, 小便臭く, 屏つた, 嵐の, 布団の, 幽かに, 引きしまって, 引き取れると, 強いん, 強くなっ, 弾むの, 弾んだ, 彈んで, 微風の, 忙しく, 忙しくなっ, 息が, 感ぜられた, 戦車に, 抜けたの, 抜けないからな, 抜けます精, 抜けるので, 掛つて居る, 掠れて, 揃って, 早くなった, 暖かく顔, 暖かに, 曇って, 有っても, 末期の, 杜絶え, 楽でない, 楽の, 止った, 止ったかと, 止ったと, 止っちまうと, 止つた程の, 止まったが, 止まったという, 止まつて, 止まりさうに, 止まるほどに, 止まるよう, 止まる思い, 止りました, 止ると, 止絶れ, 死人の, 波の, 洩れなくなる, 洩れるか, 湯気の, 潮を, 濁って, 濛々と, 炎に, 烈しく吹きまくっ, 烈しく吹きまくつ, 焔に, 煙つて青白い, 煙の, 煙りにな, 熱ッぽく, 甚しく, 留つた, 留まりそう, 病室の, 発奮んだ, 発奮んで, 白, 白いころ, 白い煙, 白くそれ, 白く凝った, 白く暗い中, 白く見えた, 目に, 相手の, 着物を, 短いこと, 短くて, 短く丁寧, 短く直ちに, 短く舌, 短く血, 短檠の, 私つづかない, 積り積って, 窒まりそうだった, 窒り, 籠って, 糸の, 絡んで, 絶えお前, 絶えずに, 絶えたか, 絶えたかも, 絶えたという, 絶えた死なれたか, 絶えてから, 絶えてを, 絶えましたが, 絶えようぞ, 絶えようと, 絶えるずら, 絶え入りさ, 絶え絶えに, 継げない, 続かないで, 続かないので, 続かなくなった時, 続かなくなって, 続くの, 締れよ, 羅馬兵の, 聞えて, 聞えぬかい, 聞える, 聞えるよう, 聞こえてる, 聞こえるよう, 脂臭く, 臭くなる, 臭くは, 苦しいだろう, 苦しいと, 苦しくって, 苦しくて, 苦しくなつた, 苦しくなりました, 苦しさ, 荒く出る, 萩乃の, 薄白く, 薫りました, 血なまぐさいの, 血を, 詰ったもの, 詰っちまう, 詰っちまうぜ, 詰つて虫の, 詰まったかと, 詰まるか, 詰まるじゃ, 詰まるとこ, 詰まるの, 詰まるほどに, 詰まるわ, 詰まるん, 詰まる位ドエライ, 詰まる想い, 詰り逃げだそうとして, 詰ると, 詰るばかり, 詰るわ, 詰る余り, 詰る程感嘆, 詰る苦し, 軟かに, 迫るやう, 通うよう, 通つて生き, 通ひ出した, 通ふ, 逸んで足, 酒の, 長い, 長いとか, 長いの, 長かった, 長く引く, 障子を, 雲と, 静まるにつれて, 靜に, 靜まる, 音も, 頬から, 頬に, 額に, 顔の, 顔へ, 髪の毛に, 鼻翼と

▼ 息~ (707, 6.0%)

33 あるうち 29 下から 17 音を 16 つまるよう 13 音が 12 ような, 下に 10 間に 9 か, ように, 詰まるよう 8 下で 7 やうに, 通って, 長さ 6 中から, 霧の 5 ある限り, かかって, つづくかぎり, つまるほど, 一つ一つに, 絶えるの, 音で, 音も 4 ために, つまったよう, 塞る

3 [13件] ある中, ある内, おのづか, かかったもの, かかった者, つけやう物を, つづく限り, つまりそう, 煙りが, 続く限り, 詰まるやう, 間を, 音ばかり

2 [43件] あるかぎり, あるの, ある者, ある間, かかった連中, かかる近, このけぶか, つ, つける場所, つまりさ, つまりさうな, つまるやう, つまる樣, ほてりや, ままで, みじかさ, みぞする, 一つ一つが, 出来るよう, 切れそう, 切れる声, 匂を, 声も, 巧さ今も, 弾みを, 悪臭は, 方が, 状態に, 痕, 穴が, 窒る, 絶えたお, 絶えたの, 絶えた宇太松, 絶えた遠, 絶えて, 臭さ, 詰るの, 通つてゐる, 通ふ, 音あ, 音さえも, 音の

1 [320件] あいだに, あい間に, あらいもの, あらん限り, あるあいだ, あるうち写真, あるうち恩師, あるだけを, あるやう, ある人間, ある仲間, ある奴, かおりまでが, かかったお, かかった一名, かかった下っ引全部, かかった人たち, かかった博徒, かかった奴, かかった平民, かかった成上り貴族, かかった方, かかった旗本屋敷, かかった高官, かかつ, かからない藝人, かからぬ地点, かかる御, かぎり法螺の, かよう気管, かよって, かよへ, かよわぬ人形, きれるまで, くもりに, くるしさ, こと, この大気, こもごも青草, こらし方, こわごわに, ございます限り, しにくい, せつない姿, そよぎで, たえたこの, たえて, たたみ方, つきどころ, つき方, つく暇, つく間, つけないほど, つけないほどに, つけないよう, つけるところ, つける応答, つける自分, つづかん限り, つづき工合, つづくうまい, つづくかぎり流れ, つづくやつ, つづく限りラッパ, つまったもの, つまった声, つまった男妾, つまって, つまつた, つまるとき, つまる思い, つまる様, つまる注目, つまる程, つまる顔, できないこと, できないほど, できねえよう, できるやう, できるよう, ときめき, とまりさうな, とまるほど, とまるまでは, とまるよう, ない大蛇, なかに, においさえ, はあはあや, はずまれるの, はずむを, はずむ声, はずむ様, はずんだあわてぶり, はずんで, ひまに, ひまにも, ふきかたで, ほそり行くかも, ほめき, まだ入らない, まだ絶えない, まま武蔵は, まま軍幕を, まれに, むづかし, もとで, もよう, やうな, やうなる, ようであった, われの, ハズむのをしずめている, 一つ一つには, 一つ一つまで, 上に, 下からも, 下より, 中で, 中に, 中には, 中へ, 中を, 乱れを, 事なかりけり, 交ったなか, 仕方も, 偽週期的衝撃, 元が, 出し加減によって, 出て, 出ないよう, 出るやつ, 出入の, 出来ること, 切り方, 切れも, 切れるほど, 切れるよう, 切れる程, 切れる聲, 切れる難所, 力で, 力を, 努力如何に, 匂いの, 匂だった, 合うところ, 合間に, 吐く息, 喘ぎ病苦, 在るうち, 地を, 塞まる, 塞る思ひ, 声さえも, 如く, 嫁に, 巧さに, 平穏から, 底まで, 度数が, 強いしっかり, 強い爺, 弾みにも, 弾むの, 弾んで, 当るせい, 戸の, 抜けた風船, 抜けみち, 抜けやう, 持主な, 数が, 数まで, 數の, 數春の, 曇りの, 曇りを, 曇り越し, 有樣, 桃華氏で, 止ったよう, 止まつた, 止まりそう, 止まるほどに, 止まるまで, 止まるよう, 止まる前, 止まる思ひで, 止まる程, 止まる美女, 止らねえうち, 止るくらい, 残りを, 段々弱っ, 氣と, 法で, 法という, 洩らし口, 洩れる声, 深くも, 深げ, 火に, 為めに, 熱を, 燃えて, 燃る, 王献之も, 用を, 男が, 疲れが, 病に, 白さ, 相通ずる, 窒まる, 窒りかけた, 籠ったよう, 粗らけさ, 細りとともに, 絶えたるに, 絶えた亡骸, 絶えた母, 絶えた犬, 絶えた瞬間, 絶えるところ, 絶えるほど, 絶えるまで, 絶える前, 絶たる, 継ぐ暇, 続づかぬ, 繼ぐ暇も, 續く, 罪名を, 義のみ, 自分でも, 臭いこと, 臭いの, 臭いを, 臭い事, 臭い馬鹿力, 臭かった, 臭かつ, 臭ひで義雄には, 苦しい数マイル, 苦しい潜水, 苦しくなる, 荒いわり, 荒い割, 蒸上る, 蜜を, 要る珍しく, 触りの, 觸る, 詰ったよう, 詰まったよう, 詰まりそう, 詰まるほど, 詰まる思い, 詰まる思ひしながら, 詰まる数分, 詰まる程, 詰まる程キス, 詰りて, 詰るおもい, 詰るほど, 詰るやう, 詰る恐れ, 詰る様, 調ってない動き方, 資て, 返りましたの, 通うばかりという, 通う場所, 通う間, 通う隙間, 通う音, 通った人間, 通つてゐる生きた, 通つて居る, 通はんと, 通りを, 通る音, 通わない死, 適度の, 金に, 金貸しであった, 長いの, 長いもの, 長いやつ, 長い伸, 長い方ぢ, 長い男, 長い立派, 長い風, 長い風おと, 長きを, 間にあった, 間には, 間夢中に, 闇押し分け, 限り肝臓炎と, 限り走り廻られる, 隙を, 霧が, 音くらいの, 音さえ, 音だけ, 音だった, 音とめお, 音とめる, 音とも, 音に, 音止め, 響きさえ, 香ぞ, 香とが, 香や, 香りや

▼ 息~ (656, 5.5%)

82 つかずに 39 絶え絶えに 22 たえだえ 16 絶え絶えの 109 吐かずに 8 つけないほど, できないほど 7 せずに, 絶えだえに 5 つかせずに, つけないで, つけないよう, つまるよう, とまるほど, 切れ切れに 4 しなかった, つまるやう 3 して, しないで, しないやう, しなければ, つかなかった, つきあ, つけぬ程, つまるばかりに, できなくなって, 切らずに

2 [26件] つがずに, つきあへず大風四面, つけない, つけないほどの, つけない恐怖, つけない程, つけません, つまりそう, できない, できなかった, 凍るよう, 出ないよう, 出来ないほど, 吐かれぬ位, 引かぬ内, 真白く鼻, 絶え, 絶えそう, 絶えたよう, 絶え絶えである, 絶へ, 継がずに, 脈も, 苦しげ, 衝かずに, 詰まるよう

1 [328件] あえぐばかり, あった娘, あつた, あらあらしく云った, ありません, うたかたの, うようよした, かかって, かびて, かよって, かよわない人形, かるし気, ききぬべき日, きらさずこう, きれぎれ, きれぎれで, きれぎれであつた, きれるし, くるしげ, こおって, されない位, しずかに, した, しないよう, しない静か, しなかった菰だれ, しなくなったの, すぐ吹返, する, せかせか岸の上, せずその, せず体じゅう, せず見惚れて, せつなげな, そこで引き, たえだえと, たえて, ただちに雪, ただ荒ぶ, つかさずに, つかすまじいと, つかず, つかずあたり, つかずじっと, つかずずんずん, つかずその, つかずそれ, つかずと, つかずなお, つかずにかけ, つかずまくし立てるので, つかずまた, つかずまるで, つかずもうもうと, つかず一気に, つかず只, つかず合戦, つかず声, つかず攻めたてて, つかず攻めよせ北門, つかず流れて, つかず畳, つかず登りつめた, つかず眼, つかず突伏, つかず竜神, つかず翌日, つかず肇, つかず見つめます, つかず身, つかず身体, つかず追いかけて, つかせざる関係, つかせず, つかせずあと, つかせずあびせかけた, つかせずうわあッ, つかせず一刀ごと, つかせず二つ, つかせず呉城, つかせず大円房, つかせず左右, つかせず左腕, つかせず御方, つかせず押し包んで, つかせず捲くし, つかせず攻めた, つかせず瞬く間, つかせない花々し, つかせぬよう, つかせぬ名, つかせぬ呉兵, つかせぬ攻勢, つかせぬ滑走, つかせぬ釣瓶打ち, つかない, つかないうち, つかないよう, つかなくては, つかぬ刹那, つかぬ女声, つかれずきもの, つかれねえ, つがずあなた, つがず毒々しい, つがず述べ立てた, つきかねる心持, つくな, つく間, つけな, つけないおもしろ, つけないほどに, つけないん, つけない手, つけない洞窟, つけない苦し, つけなくなりながら, つけなくなるくら, つけなくなるほどに, つけぬ, つけぬと, つけぬ処, つけねえ本, つづきません, つまらないで, つまらんばかりに, つまりさうだつ, つまりさうに, つまり笑い, つまるおもいで, つまるばかり, つまるほど, つまる位, つまる思い, つめて, できず耳, できないかの, できないくらい, できないし, できないでしょう, できないと, できないほどの, できなくなる, できなければ, できぬほど, できません, とまるほどの, どきどきし, ない動き, なかった, なかなか強かっ, ひそめきって, ひそめてるかの, ふかげに, ふさがって, ふっくらと, へとへとに, ほつほつ, また口, もうかすか, もう詰まっ, やすまずに, やや楽, ゆる, らくに, ろくにつかない, ろくにつけず, ろくにできない, 体の, 入れず木, 共に炎, 凍って, 凍てつき馬, 出ないくらい, 出ないらしかった, 出ない苦し, 出なかった, 出来ず半死半生, 出来ない, 出来ないで, 出来ないやう, 出来ないよう, 出来ない娘たち, 出来ない気持, 出来ぬまでに, 出来ません, 出来れば, 切らさず喋舌, 切れて, 切れなければ, 切れました, 切れるよう, 切れる程, 切れ切れ絶え絶えに, 切れ身体, 十分に, 千本の, 合うところ, 吐かさずに, 吐かずその, 吐かずにね, 吐かず飛んで, 吐かせずに, 吐かせず消長, 吐かせず追いかけて, 吐かせない, 吐かせません, 吐かない様, 吐かぬ間, 吐かれず日の目, 吐かれないくらい, 吐かれない眼, 吐かれぬ努力, 吐かれぬ心苦し, 吐かれぬ災難, 吐かれぬ程メチャクチャ, 吐きあへず見守り居る体, 吐く息, 吐けないくらい, 吐けないほど, 吐けないよう, 吐けない位, 吐けなかつた, 吐けません, 吸ふ, 周囲の, 唇も, 喘いで, 喘ぎがち, 喘ぎ喘ぎ追いついて, 嘸ぞ, 塞がりさうに, 塞ぐばかり, 微かに, 忘れて, 忙しく肩, 忙しげ, 思わず弾みます, 急に, 感ぜられません, 抜かずに, 断え, 楽に, 欠けた血気, 止ったよう, 止まったよう, 止まって, 止まりそう, 止まり全身, 止まるばかりに, 止まる思い, 止まれと, 止めて, 止りそう, 止るよう, 止絶れ, 泣くこと, 洩らさぬ殺人設備, 湯気の, 激しく苛立ちのぼせ, 焔に, 熱く, 熱そうだ, 疲れたの, 白く見える, 窒が, 窒まりさうになる, 細々に, 細つ, 終焉に, 絶えさうだつ, 絶えさうに, 絶えたこと, 絶えたやう, 絶えだえだつた, 絶えだえの, 絶えつつ, 絶えて, 絶えよと, 絶えるやう, 絶える思い, 絶えんばかりに, 絶え兼, 絶え氷, 絶え絶えだ, 絶え絶えで, 絶え絶えであった, 絶え絶えでした, 絶え絶えといった, 絶え絶えな, 絶え絶え脈も, 絶え脈, 絶たる, 絶れ, 絶気に, 継がずその後, 継がせず突, 繼げぬ, 聞えないよう, 聞えなくなった, 脚も, 自由に, 苦しいほど, 苦しくなる, 苦氣なり, 荒くなった, 衝けない程, 詰まらんばかりの, 詰まりながら, 詰まるばかりの, 詰まるほど, 詰りさうな, 詰りそう, 詰るばかりの, 詰るやう, 起きようと, 身体も, 軽いの, 通うので, 通つて居なかつた, 通わぬ有様, 長く天, 間を, 静かに, 静まって, 養うあり瞬, 香ぐわしい風情が, 黒煙の

▼ 息~ (244, 2.1%)

19 絶えて 5 絶えた 4 酒臭かっ 3 ある, ねえの, 絶えました, 酒くさかっ

2 [15件] あるよう, なかった, ねえ, もう絶え, らくにできます, 二十を, 可なり, 吹返した, 吹返しました, 海に, 火の, 白く見える, 百合の, 苦しいし, 非常に

1 [174件] あえぎ眸, あかるい白い煙, あたかも希望, あったけれど, あったと, あつた, あらく呼気, あらく苦しげ, あるが, あるの, いくらか臭かっ, いて, いと苦し, お腹の, かすかに, きれる, きれるばかり, この広い, ござらぬか, しだいに近, して, すでになくなっ, せまるし, せわしくはずん, そのままたえはて, そのヴェール, その一しゅん, その底, それに, だんだんに, ついたけれど, つきながら, つづくまい, つまりうなり身, つまりそう, つまる, つまるし, つまるよう, つめて, つよく酒, づむ, できるだろう, とまりぬべく總, ないかの, ないの, なかつたと, なにが, はかなく絶えた, はずみ切って, はずみ切つて, はずみ声, はずむ動悸, はずむ自分, はっかの, ふき返した, ふき返しました, ほろぼしつくす火, ますます荒く, まだあった, まだ通っ, まったく絶え, よほど楽, タカが, 一回六秒ぐらい, 丁度臨終, 三秒とは, 不愉快な, 二十あまり娘は, 交じり唇, 停り心臓, 入る息, 入れるが, 全く絶えた, 冷たき煙, 凄く波打つ, 凍り人々, 凝り面, 出来るかね, 切れた事, 切れるし, 切れる幾所, 刻々に, 又何, 取り還せるわけ, 唐箕の, 喘いで, 喘ぐ, 坂を, 大風の, 嵐の, 巨大なる, 已に腐り, 布子を, 平らであった, 弾みました, 彈みました, 当時チヤボの, 彼の, 忽ち絶え果て, 息は, 悽愴の, 感ぜられなかつた, 抑えても, 抑へ, 抜けぬ, 押え難く, 掛ってるだろうが, 掛つてるだらうが, 既に絶え, 早くあらあらしくなった, 昂奮を, 暴風と, 有りますが, 杜絶え, 柔かい声, 止って, 止まり総身, 止りそう, 死ぬとき, 殆ど絶え, 殺して, 洞穴から, 湿り気を, 烈しく喘い, 焔であった, 無きも, 熱かった, 痕を, 発喘むのであつた, 白, 白い湯気, 益々苦しく小さい, 直ちにこの, 眞つ, 短く次第, 穴の, 空気だ, 糸の, 絶, 絶え, 絶えかかる, 絶えそれ, 絶えたり, 絶えた様子細引, 絶えだえに, 絶えながら, 絶えましたから, 絶えましたが, 絶える, 絶果たり, 絶果て四邊は, 脆くも, 腐った熟柿, 臭い, 苦しそう, 荒かった, 蛇の, 規則正しかった, 詰まらぬが, 身に, 軽くて, 近づきて, 迫つてゐた, 通へど, 遠くから, 酒臭かつ, 重い, 鍛冶場の, 長かつ, 長くジットリ, 間もなく絶え, 雲か, 静かに, 風に

▼ 息~ (125, 1.1%)

4 呑んで 3 おぬひ, 薄荷の, 飲んだ 2 なって, 伴れ, 切り落して, 呑むと, 猪口を, 胸の

1 [100件] あおって, あらわして, うたって, かかった髪の毛, かがやきて, かけられたよう, ぐっと飲む, ぐつと飲み干す, ころげ降りて, して, そこまで, それを, つよい自信, どんどん登る, なる, なる時, ぬれて, ほして, まじって, ゆるされ婚姻, よくある, わたしたちを, 下して, 乘り通し, 乾した, 交じる悪臭, 交ぜて, 似た息, 値する, 凝らして, 半分が, 吐き出すと, 吸いこんだ, 吸い込まれるよう, 吹き仆, 吹き入れて, 呑ほし, 呑みほして, 呑み乾した, 呑み乾して, 嚥み, 堪へざら, 堪へずし, 変って, 引いた, 感謝する, 懐なりし, 成る時, 捧げなくては, 揺いでるよう, 曇りぬ, 曇る位, 歌い得る綴音, 歸す, 毛の, 気付くと, 波立たせながら, 消える, 漏るる嘆き, 潮を, 無念の, 熊本へ, 熟柿の, 生長液を, 男を, 眠った, 睨められると, 矢の, 突き切って, 籠った深い, 脹らむ胸, 苦しむ人, 茶色の, 血腥い臭気, 覺えず, 触れたが, 触れたばかり, 觸れ, 觸れた, 觸れる, 言ったうえ, 言って, 話して, 読んで, 跳ねて, 近いもの, 酔っ払った彼ら, 降嫁せられた, 難波まで, 震え出した, 飲みいそいで, 飲み下, 飲み乾してから, 飲み乾しました, 飲み干し起ち上つて, 飲むと, 馳せて, 駆けあがつた, 駆けて, 驅けて

▼ 息~ (110, 0.9%)

2 はち切れそう, やって, 云った, 吹くの, 頭から, 飛着いた

1 [98件] あえぎながら, あの中, いった, いつまでも, うめいて, うめくばかり, お経, お言いなさい, がぶりと, くもつた電話室, こう申しました, さけんだの, ささやいた, ささやいたの, ささやかれたのに, しきりに悪行, しなびた母, すっかり曇りました, その林, その男, その胸, ちょっと暖め, つけ加えた, ぱっと吹きたてられる, ぼーっと白く, またうなった, もつて, ゆっくり魚, わめくよう, スルーシャユ・スと, 一柳四郎の, 上から, 両手を, 主馬之進は, 二三十間来る, 云つた, 互にふざけ, 五間も, 人殺す, 伸ばして, 出来上るという, 半次は, 半途舞台を, 名乗ったので, 向うへ, 君の, 吸ひ, 吹いただけで, 吹き拂ひな, 吹き熾した, 吹き起すと, 吹き飛, 吹く砂, 増上寺の, 娘を, 子の, 家が, 少しは, 弟を, 彼女は, 招く, 指先を, 数えるだけの, 暖める恰好, 暖める隙, 曇りだしたほど, 曇るの, 朱実が, 殺されない生き物, 泣くよう, 温める春, 濁つて, 生きて, 登れそう, 真珠色に, 石も, 私の, 私を, 窒息させられ, 窒息し, 笛で, 答えられて, 若く華やか, 蝋燭を, 蟻の, 血を, 解かしはじめた, 触れそして, 言った, 言って, 身震ひした, 頬を, 飛んで, 飲んだ, 駆けのぼる, 駆け付けるはず, 驅け, 鳴いて

▼ 息~ (78, 0.7%)

4 を取っ, を振りかぶっ 3 を持っ 2 によりかかっ, をふるっ, を取りなおす, を振っ

1 [59件] がおどる, が立っ, が落ちた, だつた, だの竹槍, でも残し, で背後, というもの, にし, につく, にて多勢, に払われ, の下, の先, の折れる, の相, や棒, や足蹴, をかかえ, をこつこつ, をそろえ, をはなさず, をふりかざし, をぽん, を一振り, を上げます, を休ませました, を取りあげ, を取りなおし, を奪った, を当て, を急がせた, を打払い, を投, を押, を押取, を持ち, を持ちこん, を持ち直し, を振り, を振り上, を振り込ん, を探す, を握る, を携, を放なさぬ, を片手, を真っ向, を突い, を突き, を突っ張っ, を立てた, を置き, を買っ, を頼り, を飛違, 取のべ打て蒐, 同時に七, 振って

▼ 息~ (65, 0.5%)

6 一緒に 4 一しょに 2 いっしょに, 息とが, 汗の, 知りませ

1 [47件] いつしよ, さも快, その強い, なった, なったら一層, なって, なりやがて, まじって, まじるの, もつれた舌, ガチャンと, シガーの, 一つに, 云うところ, 体温とに, 倶に, 冷しい風, 力を, 同じに, 同じもの, 多勢の, 己とは, 思うところ, 恋愛関係に, 息だけ, 息の, 息は, 手が, 技と, 新工夫, 昇平公主とは, 横向きに, 水, 水に, 水を, 法とを, 火の, 生活の, 相合せる, 眼の, 素敵な, 臭いが, 舌の, 見て, 言いますが, 風塵に, 驕ぶれるプリアミデース・ヘクトール

▼ 息~ (63, 0.5%)

104 ている 3 て曰く 2 たり, ていた, てゐる, ながら牛

1 [38件] つつ恐ろしい, づにうちやすらはん, ておられた, てからゴク, てさっき召使い, てその間, てなさる, てふと, てまた, てみせた, てめぐむ, てゆるやか, て匂い, て口誦さん, て囁いた, て家内, て後, て御覧, て思わず, て死す, て無事, て目科, て立ちあがります, て立つ, て聲, て肩, て行く, て起ち上った, て面, て首, て黒雲, ながら馬, やぐり, 三島を, 寂靜安, 愛憎な, 暫時は, 柴野栗山尾藤二洲古賀精里等と共に

▼ 息をも~ (49, 0.4%)

5 つかずに 3 つかざりき 2 つかないで, 止めて

1 [37件] つかずのど, つかずほぐれほぐれて, つかずめざして, つかず口, つかず同じ, つかず打ち込む気力, つかず答えて, つかず聞いて, つかず追掛けて, つかせじ, つかせず, つかせずに, つかせず展開, つかせず發射, つかせないほどの, つかせない緊張, つかせぬ, つかせぬ面白, つかせません, つがずに, つがず滔々, つがず高らか, つきません, やすめないで, 切らさずに, 加えまいと, 吐かず聽, 吐かせぬおもしろ, 吐ず, 次がさぬほどの, 潜めて, 継かずに, 継かず再び, 継がせない勢, 継せず説, 繼ず, 衝せぬ

▼ 息~ (49, 0.4%)

3 のつまる, を引き取る, 苦しいほど 2 をつめ, を殺し

1 [36件] がかすか, がつまった, がつまる, が塞, が通っ, せき切って, せわしく吐く, で呼吸, のかかる, のため, のよう, の間, はつまる, ばかりが強く, もつけなくなっ, もとまる, も絶え絶え, をいう, をさえ, をし, をせいせい, をついた, をつき, をつめた, をとめる, をひい, をふき返した, をも吐かず, を吐く, を吹きかけ, を引い, を引き取りました, 苦しいほどの, 苦しいまでに, 苦しさ, 苦しそう

▼ 息絶え~ (46, 0.4%)

9 ていた 4 てしまった 3 たり, てゐる 2 ていました, ている, てしまう

1 [21件] ある者, ざまや, つつある, て, ていった, ており, てしまひました, てしもうた, てまったく, てもう, て了つた, て冷, て宇治, て浮び, て神父, て秋, て身, なんばかりの, 一人は, 灰に, 異様の

▼ 息使い~ (36, 0.3%)

2 だった, をし

1 [32件] がむずかしい, が前, が変った, が広間, が気味悪く, が聞える, が聴, が静まる, さえ聞こえない, すら自分, だけが小刻み, で半ば, で各々, で吐きだす, で室, とともに喋, と一緒, の中, の動き, の知覚, はきっと, は波, は荒く, までがせわしい, ももう, も急, も渋い, も烈しく, も苦し, も苦しく, を始めた, を烈しく

▼ 息つく~ (35, 0.3%)

10 ひまも 5 間も

1 [20件] すきも, たびに, と舞台, のであった, のに, のを, まもなく海外遠征, ものを, やさしさ, ヒマも, 時に, 暇が, 暇も, 毎に, 間に, 間もなくふたたび疲れた, 間もなく忽ち産土, 間もなく散, 隙も, 電燈を

▼ 息をは~ (34, 0.3%)

3 あはあし 2 あは, づませてゐる, づませながら彼女は

1 [25件] あはあしました, あはあやっ, あはあ云わせ, あはあ切らし, あはあ切らせ, あはあ吐い, あはあ吐いた, あはあ吐き, あはあ喘がせ, あはあ弾ませ, づませてきいた, づませてど, づませてゐたといふ話が, づませて居る, づませて言ひだした, づませて訊ねる, づませて詰め寄つた, づませながら, づませながら云ひました, づませながら先生を, づませながら跟い, づませる, アは, ッは, ツは

▼ 息ぬき~ (33, 0.3%)

4 の穴 2 だ, にわざと, の茶番, をする

1 [21件] して, です, として叔母, なの, にくる, になる, にゆく, に出かけた, に喋らない, に子供づれでヘップバーン主演, に散歩, に木蓮, に無念無想, に銀座辺, のできる, の心算, の散歩なぞ, の茶利狂言, をし, を見つけ, 精神的保養も

▼ 息する~ (32, 0.3%)

2 たびに, ときは, のだ, 度に, 時の

1 [22件] うちは, かたりあい, から我, ことも, ことよ, ごとに, といへる, とその, のでした, ばかりだった, ばかりに馳せ着け, やうに, 人の, 力が, 四の, 恐ろしさ, 時間だけ, 物思ひ, 玄徳青山を, 葉の, 間が, 間もなく更に荒けた急峻

▼ 息つぎ~ (24, 0.2%)

2 苦しむ有様

1 [22件] としてこの, とはいっ, に, にそれ, になる, にひとつ, に一ぱいいかが, に一杯, に唸る, に巻煙草入れ, に朝戸, に水, に煙草, に茶, に逢った, に集まる, のつぎざま, の形, の煙草, の茶, の麦酒, をという

▼ 息をの~ (23, 0.2%)

12 んで 10 んだ 1 んでつ

▼ 息さえ~ (22, 0.2%)

1 [22件] あるか, すこし弾ん, つまった, つまるよう, できないほどに, みえるほど, もつこう, 乱れぬ新九郎, 停めて, 塞って, 弾ませて, 止ったかと, 殺して, 白く見え, 絶え絶えに, 聞こえれば, 胸いっぱいには, 腥い, 舌に, 苦しい, 詰まるよう, 通って

▼ 息~ (22, 0.2%)

3 ゆる 2 ゆること, ゆる終, れの

1 [13件] えなんと, たり, たりお, たり是, たる, へん, ゆく, ゆるその, ゆると, ゆるまでも, ゆる苦悶, る, れに

▼ 息つき~ (18, 0.2%)

2 しが, たり

1 [14件] あへず, きれぎれとなり, てのみ生き, て幾許, て曠野, て浪子, て立, て頭, て額上, ながら焼岳, の小競り合い, を見出した, 疲れ切った体, 薄暗いところ

▼ 息~ (18, 0.2%)

3 の君, の宿禰 2 に啼き呼ばふ, に息吹き沈み, の息嘯, の水 1 の春風, の眞手, の野分, の風

▼ 息絶えた~ (17, 0.1%)

1 [17件] お吉, かのよう, かも知れなかった, がその, が唇, のが, のであった, のである, のは, は天罰, ものであろう, ように, 妻の, 巨大な, 幼児を, 様子, 父は

▼ 息ある~ (16, 0.1%)

2 のみ

1 [14件] うちいかに, にあらされ, やつは, 内に, 内にと, 内の, 内は, 物の, 間だ, 間は, 限りあの, 限りこの, 限りは, 限り兩膝の

▼ 息つい~ (16, 0.1%)

2 ていた, ている

1 [12件] て, ていや, てさらに, てはならぬ, てまた, てゐる, て傍, て山下, て會社, て来よう, て考え込んでる, て靴下止め

▼ 息せき~ (13, 0.1%)

2 走って

1 [11件] と島田宿, と立戻り, ながら二, ながら弁信, ながら駒, 呼ぶ声, 喘って, 引っかえす, 書いてしも, 現れて, 駆け出して

▼ 息でも~ (13, 0.1%)

3 して 2 かけたやう, かけたよう 1 かよって, ついて, 吐いて, 吹込まれた, 引き取るかと, 詰まったよう

▼ 息とともに~ (11, 0.1%)

1 [11件] つぶやいた, ふうと, ふるえた, わなわなと, 不思議な, 云った, 勢いも, 娘分は, 左膳は, 蜘蛛を, 身を

▼ 息せい~ (10, 0.1%)

1 ている, てもっての外, てやって来ます, てハンカチ, て手, て来た, て訊ねる, て追って, て額, て馬

▼ 息~ (10, 0.1%)

41 か婦, そうである, つてことをさ, と聞いた, な, わしい

▼ 息と共に~ (10, 0.1%)

1 あれは, その胸, 吐き出したの, 喉元に, 外に, 封じ納むる文の, 汚い白眼, 穴から, 立上り昔ありし, 面を

▼ 息ばかり~ (10, 0.1%)

2 ついて 1 してたわ, すうすう, で漸く, 吐いて, 吹いて, 吹きかけて, 栄二を, 激しく喘いだ

▼ 息入れ~ (10, 0.1%)

2 てこれから 1 ています, ている, ておい, ておられる, てでもいた, て來, ながら五郎, に太郎

▼ 息吐き~ (10, 0.1%)

21 たまひ, つつ落胆, て呻, て忽ち, ながら, ア, 夜具かい退, 給ひ

▼ 息つめ~ (9, 0.1%)

2 て, て却, て吹く 1 てアム, てマム, て子ら

▼ 息~ (9, 0.1%)

2 がし, がする, のする 1 がした, と引返し, 強く云兼

▼ 息~ (9, 0.1%)

3 きに, きの 1 きでも, にはなります, もあります

▼ 息ぜわ~ (8, 0.1%)

1 しいようであった, しく, しくつい, しくなって, しくなれば, しく応答, しく焦立たせた, しく袖

▼ 息ぶき~ (8, 0.1%)

1 かと思われる, が流れ, ばかりが, ももう, をもたらす, を全, を感じる, を自分

▼ 息吐く~ (8, 0.1%)

1 のは, ようで, 事も, 息の, 暇も, 爲にや, 程には, 者も

▼ 息~ (7, 0.1%)

2 もり風, んで 1 もり, もりたゆ, もり氣

▼ 息さえも~ (7, 0.1%)

2 して 1 出来なかった, 止ったかと, 止まったかと, 潜めて, 苦しくまた

▼ 息ざし~ (7, 0.1%)

1 がひとす, が喘ぐ, の深い, は絶え絶え, は荒々しく, を思わせる, を洩らす

▼ 息~ (7, 0.1%)

3 すりした, すりを 1 すりし

▼ 息だけ~ (7, 0.1%)

3 ついて 1 だよ, では, で何, で相

▼ 息のねを~ (7, 0.1%)

4 とめて 1 とめろ, 止めて, 止めないでは

▼ 息一つ~ (7, 0.1%)

2 弾ませても 1 すらし, する間, で吹きとばし, の差, 立てずに

▼ 息使~ (7, 0.1%)

2 ひが, ひを 1 ひ, ひにな, ひをには

▼ 息~ (7, 0.1%)

1 がし, になります, にはなります, に洋行, の小さい, の窓, を捜した

▼ 息~ (7, 0.1%)

2 につかまっ 1 のぶらさがっ, を使う, を持つ, を握っ, を腰

▼ 息だけは~ (6, 0.1%)

3 通って 1 して, つける隙間, 通つて居る

▼ 息ばかりに~ (6, 0.1%)

4 なって 1 なりとうとう, なり痙攣

▼ 息~ (6, 0.1%)

1 きながら, って駈けこみ, ませて, れが, れと, れに

▼ 息~ (6, 0.1%)

1 った, まる程, るかと, るのみ, る吐息, る様

▼ 息~ (6, 0.1%)

2 をなめた 1 に塗っ, へあれ, へやおら, をペロリ

▼ 息絶え絶え~ (6, 0.1%)

2 であった 1 ながら彼女, のあり, の声, の苦悶

▼ 息~ (6, 0.1%)

2 をした 1 がせつなく, が風, とを見, ひも目に

▼ 息~ (5, 0.0%)

1 そこらの, 三息間を, 六息ぐらいな, 十息の, 熱した空気

▼ 息つまる~ (5, 0.0%)

1 からだを, やうな, ようでしょう, ように, 思いで

▼ 息づえ~ (5, 0.0%)

1 をあげる, をおろしました, を上げさせました, を止めさせる, を止めた

▼ 息という~ (5, 0.0%)

1 ところじゃ, ところで, ところまで, ものは, 頃

▼ 息として~ (5, 0.0%)

1 吐ききると, 彼の, 朗々吟誦する, 生育した, 蹲踞つて居る

▼ 息には~ (5, 0.0%)

1 悪酔を, 悲痛な, 酒の, 飛び越せませんよ, 馥郁たる

▼ 息はずませ~ (5, 0.0%)

1 てね, てもどかし, て女中, て書きつづけた, て門

▼ 息~ (5, 0.0%)

1 つつ客體, て茱萸, の家, を樂, 井を

▼ 息~ (5, 0.0%)

2 り, 米五俵浅 1 杯を

▼ 息まで~ (5, 0.0%)

1 こらして, はずませて, 手に, 聞くこと, 食べる

▼ 息より~ (5, 0.0%)

1 ほかに, 外に, 熱苦しいの, 生じ一, 生じ第

▼ 息~ (5, 0.0%)

4 でるが 1 だぞ

▼ 息吸う~ (5, 0.0%)

1 息いかにも, 息そして, 息は, 息までが, 息を

▼ 息~ (5, 0.0%)

1 ききつて歩い, しい胸, とやつ, と歸, 切って

▼ 息~ (5, 0.0%)

1 ったよう, つた, まるよう, りを, りをすら

▼ 息絶える~ (5, 0.0%)

1 とも否, のである, まで眉ひとつ, やうな, ような

▼ 息込み~ (5, 0.0%)

1 から察, が無く, が違っ, でわざと, で煤けた

▼ 息遣ひ~ (5, 0.0%)

2 が忙しく 1 が聞える, は苦し, をする

▼ 息長帶日~ (5, 0.0%)

4 賣の 1 賣命者

▼ 息がは~ (4, 0.0%)

3 づむ胸が 1 づんで返事がいへ

▼ 息~ (4, 0.0%)

1 へつかぬ, へもねエ, へ凝り, へ塞つて了

▼ 息せる~ (4, 0.0%)

1 がため沙門, による, 寂靜の, 陳勝爼辺に

▼ 息せわしく~ (4, 0.0%)

1 さうい, はしって, 摺れ違うまで, 登って

▼ 息たえだ~ (4, 0.0%)

3 えに 1 えの

▼ 息ついた~ (4, 0.0%)

1 かと思う, がさて, 空気を, 間に

▼ 息である~ (4, 0.0%)

1 かのよう, かの様, 李経芳の, 西山小鼓子君の

▼ 息とが~ (4, 0.0%)

1 交り合っ, 交叉した, 混和してる, 絡み合って

▼ 息とは~ (4, 0.0%)

1 あなたに, 思えなかった, 臭いもの, 青葉の

▼ 息とも~ (4, 0.0%)

1 わからないもの, 思えない殺気, 聞えないが, 臭気とも

▼ 息よりも~ (4, 0.0%)

3 低い声 1 長い経験

▼ 息をぜ~ (4, 0.0%)

4 いぜ

▼ 息ギレ~ (4, 0.0%)

2 がし 1 がする, がわれ

▼ 息吐い~ (4, 0.0%)

2 て多分 1 て互, て申し上げまする

▼ 息~ (4, 0.0%)

3 の風 1 の略

▼ 息~ (4, 0.0%)

3 に行われる 1 には少く

▼ 息~ (4, 0.0%)

2 に鼻 1 に吸, に育っ

▼ 息長川~ (4, 0.0%)

3 は絶えぬ 1 に対して

▼ 息あらく~ (3, 0.0%)

1 いった, ただ, 相談した

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 て巻き, ッぱいに, 屏し

▼ 息から~ (3, 0.0%)

1 ムリに, 出た水蒸気, 生れたもの

▼ 息がと~ (3, 0.0%)

1 まつた, まつて, 絶えさうになつ

▼ 息ごと~ (3, 0.0%)

2 にその 1 に明らか

▼ 息しろく~ (3, 0.0%)

2 凛々しかる 1 見えて

▼ 息~ (3, 0.0%)

3 はしく

▼ 息せく~ (3, 0.0%)

2 と眇 1 加奈子の

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 わしい, わしげに, わしさを

▼ 息たえ~ (3, 0.0%)

1 そうな, て萬事, にけり

▼ 息って~ (3, 0.0%)

1 いる処, えところで, 一切の

▼ 息つけ~ (3, 0.0%)

1 ば, ば東洋, ば霞む

▼ 息です~ (3, 0.0%)

1 からここ, から此處, 山が

▼ 息なんか~ (3, 0.0%)

2 掛けると 1 して

▼ 息につれて~ (3, 0.0%)

1 やっと胎内, 低まり文句, 高まり引く

▼ 息にも~ (3, 0.0%)

1 人の, 似寄って, 變つた眼の

▼ 息によりて~ (3, 0.0%)

1 不覚の, 消え失す, 笛が

▼ 息のみ~ (3, 0.0%)

1 吐いて, 深し, 通へる

▼ 息ふき~ (3, 0.0%)

1 かへす, 返して, 返すの

▼ 息までが~ (3, 0.0%)

1 広々と, 感じられて, 燃えつきそう

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 こもるなつかし, 泥酔の, 頭が

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 っている, ひたま, ふべければ

▼ 息り立つ~ (3, 0.0%)

1 すじが, なよ, ものは

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 ていた, と人影, の道

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 休ムル間無, 吸ッタリ吐イタリシテミルトヤッパリ間違イナクピイピイト鳴, 強クスルト音モ強クナリ

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 いて, き掛け, く長き

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 が精神, だけが一寸, をあわせ

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 で居, で居た, に罷

▼ 息~ (3, 0.0%)

1 の極意, を熟視, を用い

▼ 息絶えし~ (3, 0.0%)

1 その背, 後今に, 時即ち

▼ 息絶えん~ (3, 0.0%)

1 としてかつ, とせし, ばかりになった

▼ 息綱持ち~ (3, 0.0%)

1 がその, が彼女ら, に各々

▼ 息込ん~ (3, 0.0%)

1 でゐた, でゐます, で問

▼ 息長帶比~ (3, 0.0%)

3 賣の

▼ 息長田別~ (3, 0.0%)

3 の王

▼ 息長眞~ (3, 0.0%)

2 若中 1 若中比

▼ 息いっぱい~ (2, 0.0%)

1 にぶうぶう, 吹き鳴らした

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 暇なく, 暇も

▼ 息かけ~ (2, 0.0%)

2 ていと

▼ 息がか~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 息きれ~ (2, 0.0%)

1 ぎれに, てのぼりける

▼ 息こら~ (2, 0.0%)

2 へ立つ

▼ 息せき急ぎ感応寺~ (2, 0.0%)

2 へと持ち込み

▼ 息せまり~ (2, 0.0%)

1 て苦し, 手を

▼ 息せられ~ (2, 0.0%)

2 てもかしら

▼ 息そして~ (2, 0.0%)

1 ふと後, 長きを

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 え果てぬ, ゆる苦しき夢ゆ

▼ 息たえた~ (2, 0.0%)

1 時, 雪子の

▼ 息たえん~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 息だけで~ (2, 0.0%)

1 笑いました, 笑ひました

▼ 息つかす~ (2, 0.0%)

2

▼ 息つかず~ (2, 0.0%)

2 に書いた

▼ 息つかなくなった~ (2, 0.0%)

2

▼ 息つきまし~ (2, 0.0%)

1 て又, て次

▼ 息つこう~ (2, 0.0%)

1 か, ぜ

▼ 息づむ~ (2, 0.0%)

1 までに艶かし, 稚わか葉

▼ 息でから~ (2, 0.0%)

1 だが, だは

▼ 息では~ (2, 0.0%)

1 あり且つ, ないかと

▼ 息といふ~ (2, 0.0%)

1 ところな, 頃

▼ 息なく~ (2, 0.0%)

1 ば, 激つ胸

▼ 息なぞ~ (2, 0.0%)

1 かけたこと, のよう

▼ 息なる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 愛とともに

▼ 息にて~ (2, 0.0%)

1 むツと, 吹き枯らすは

▼ 息のみが~ (2, 0.0%)

1 白く見え, 目醒しく

▼ 息のみに~ (2, 0.0%)

2 けり

▼ 息はず~ (2, 0.0%)

1 まして, ませながら

▼ 息はは~ (2, 0.0%)

1 づみたり此峠に, づみ頬に

▼ 息ばかりが~ (2, 0.0%)

1 妙な, 迫って

▼ 息ばつ~ (2, 0.0%)

1 てゐたら, て先づ本誌

▼ 息ひとつ~ (2, 0.0%)

1 でこの, 聞えなかった

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 暇も, 黄昏よ

▼ 息ふかき~ (2, 0.0%)

1 弧燈枯く, 鐘の

▼ 息むせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 息やすめ~ (2, 0.0%)

1 に飲まない, もせず

▼ 息~ (2, 0.0%)

2 繁に

▼ 息をのみ~ (2, 0.0%)

1 眼を, 身を

▼ 息~ (2, 0.0%)

2 ついて

▼ 息ディエゴ~ (2, 0.0%)

1 がチリー党, はリマ

▼ 息~ (2, 0.0%)

2 ローン答へて

▼ 息三息~ (2, 0.0%)

1 してから, する時間

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 に掛かれ, のさけび

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 き還来, りて

▼ 息信忠~ (2, 0.0%)

1 もつれて, も中国

▼ 息入れる~ (2, 0.0%)

1 と飽くまで, まも

▼ 息勝彦~ (2, 0.0%)

1 と云, と云う

▼ 息卷き~ (2, 0.0%)

1 ながら追, 荒く罵れ

▼ 息喘い~ (2, 0.0%)

1 て今朝, て追いつい

▼ 息堰き切っ~ (2, 0.0%)

1 て転がり込ん, て駈付け

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 荒き人, 荒く

▼ 息平次~ (2, 0.0%)

2 の足

▼ 息引く~ (2, 0.0%)

1 息である, 息毎に

▼ 息弾ませ~ (2, 0.0%)

1 ていきなり, て呼び立った

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 き広, き走らなければ

▼ 息急き~ (2, 0.0%)

1 って駈けつけ, 帰つて来た

▼ 息急き切っ~ (2, 0.0%)

1 て病気, て走っ

▼ 息月かげ~ (2, 0.0%)

2 に煙

▼ 息気づかい~ (2, 0.0%)

1 で夢現, は荒く

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 から蒲原, まで九里

▼ 息深く~ (2, 0.0%)

2 頬を

▼ 息游軒~ (2, 0.0%)

1 おるかい, か

▼ 息状態~ (2, 0.0%)

1 でも起り, で行われる

▼ 息男為憲~ (2, 0.0%)

1 を教, 偏に公威

▼ 息絶えたらしい~ (2, 0.0%)

1 典膳の, 勘兵衛の

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 につぎ, に呷

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 が靜まり, で云

▼ 息若し~ (2, 0.0%)

1 い次第, い濛気

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 るしかった, るしさ

▼ 息~ (2, 0.0%)

1 りて, り白刃

▼ 息長日子~ (2, 0.0%)

1 の王, の王三柱

▼ 息長眞手~ (2, 0.0%)

2 の王

▼1* [398件]

へぎ, 息あたかも虹の, 息あつくして, 息あらあら誇って, 息いかにも安らかな, 息いたずらに腕を, 息いっぱい呼子笛を吹いた, 息いつまで吐ける, 息いづくの隊に, 息いや兎に, 息いれているだろう, 息いれようとして立ちどまつた, 息いろんなものの, 息うとうととした, 息うべき樹林皆無と, 息えるも長閑, 息かくて絶え, 息かけるとたちまち, 息かと思われて, 息かなんかふわア, 息がせはしく, 息がぜいぜ, 息きれし児の, 息きれるまで駆け出し, 息き来る雨間うれし, 息き殺げりひとに, 息ぐらい殺して, 息ぐらいな時間が, 息ぐらゐで飲みほした, 息こそ喘いで, 息こもるうばらの, 息こんで水中, 息こんな渡し場風景も, 息ごみでどなつた, 息されたのである, 息ざしのけはひ, 息しいたら救い得る故清酒鹿脯を, 息しいるので火急, 息しずかに竹, 息した秀子は, 息しぬ船を, 息しのびに, 息しゃくり上げる笛の, 息しんべえ, 息じゃありませんか, 息じゃろうと思った, 息すべてが霜, 息ずいていた, 息せいた時分から, 息せきあえぬ早口で, 息せき喋舌る八五郎, 息せき家へ駈つけ, 息せき息せき引っ, 息せき息せき書いてしも, 息せき案内をし, 息せしことを, 息せずに飲み, 息せぬ影ぼ, 息せり彼は, 息そうして丸い形, 息そこへ駕籠, 息その声が, 息そのもので刻みだされる, 息それも味嗜汁, 息ながきわが, 息たえし死相の, 息たてにける, 息たる巌谷小波山人は, 息だけがますますはずむ, 息だけでも通って, 息だけを吸わせて, 息やらうと, 息つかししとどの, 息つかせておく, 息つかせずになお, 息つかひになつ, 息つがせては手間どるべき, 息つきあんした瘧, 息つきみな着物を着, 息つき場へ呼ん, 息つぎ合えよ, 息つぎ場所の駅逓, 息つぐまもなく前後左右, 息つけるにか, 息つまって返辞, 息つまった声で, 息つまらせて見, 息つむ我は, 息づえをあげさせながらゆうぜんと深川, 息づえをあげさせるとまず第, 息づえをあげると早い早いよくよく, 息づえをそろえて向島の水神, 息づまつた空氣の底, 息づまつた遙か遠く, 息づまりさうになつたと見えて, 息づまるようなにらみあいが一分ほどもつづきました, 息づまるようなにらみあいが三十秒ほどもつづきました, 息づみ曇る, 息づみにひたぶる咽ぶ輪, 息づむ張胸の七面鳥, 息づんだやうな歌舞妓の発声, 息であったならば即, 息であったら忽ち病菌, 息できれぎれに, 息でしょどうにかし, 息とで聞いて, 息ととのへれ寒き, 息との許すかぎり, 息とのみ聞えたもう, 息とを一緒に, 息んだ, 息ながい囁きを, 息ながら上るうち, 息なしに飲む, 息などと記したもの, 息などをもって, 息ならぬ黒烟を, 息において神会黙契されけるなり, 息のねのあるうち, 息のねは止まって, 息のぼりて青き, 息のまであった, 息のみを洩して, 息はかよひて, 息はく石の獅子ふたつ栖むなる夏木立, 息はく間もなく, 息はずませた女の, 息はずむ子を, 息はぜいぜい, 息ばかりになッて, 息ばかりのような, 息ばりながら十手, 息ひきとった婿君の, 息ひく息が, 息ひたまひし, 息ひたるこそ嬉しけれ, 息ひます時に, 息ふかく吸ふ, 息ふきかけてひえびえ, 息ふくわれも, 息ふつかへした, 息ふべき宿も, 息ぶいて来る, 息ぶきで目ざまされ, 息へる群あり, 息と吐き, 息ほそり白鷺の, 息ほどに静かに, 息まして貰ひまへ, 息まったく一つに, 息までもつめてるよう, 息まるで火だ, 息みずから灯す燈明, 息みたいに時々, 息めずしてその間一たび, 息もう一と, 息もっかずひしひし, 息もつがせず, 息もはづんでいた, 息もろともに, 息立ちを, 息りたつな, 息り立って次に, 息をだにつく隙間, 息をでもつけたら, 息をとぎらせながら言った, 息をととのへて, 息をば鞍に, 息を以て大将軍と, 息を通して刻み煙草を, 息アイトーロスの族, 息アイナイアースとヘクトール, 息アダマスを更に, 息アパリュウスの向, 息アモパオス又メラニポス, 息イドメニュウスが車臺の, 息エペーギユスはその, 息カロプスを, 息ガハアハア云イ出シ次第ニ人事不省ニナリ気管内ニチューブヲ差シ入レラレル時, 息クテアートスを父, 息ケイオーに七八年, 息シモエーシオス打ち取りぬ, 息セキ切って, 息ソーコスよ, 息デーイポボスは勇猛, 息トアスの聲, 息トレーポレモスエキオスと, 息トローオス彼れトロイア, 息ヌキにもなる, 息ノツマル程工夫ニ悩ム折ナドモ, 息パトロクロスのもろ, 息ヒッポマコスを射, 息ピエロの陶製, 息プセーノール勇將は, 息プーリダマスとアゲノール, 息ボーロス後に莫大, 息ポリテースの聲, 息ポリポエテース勇奮ひ, 息マグネース族率ゐ來, 息マザル悪熱, 息ムニャムニャ言って, 息メゲースと, 息メネスチュウスは乞, 息メノイチオスは警め, 息メレアーグロスその時, 息モオリスを庇護, 息ユウネーオスは英豪, 息一つクルクルッとお, 息よりかかり, 息乱れざれば延命長寿, 息付きをし, 息佛者の調息數息, 息使い小宮山の目, 息使い蹄の焼かれる, 息使ひで吐きだすやう, 息宿して, 息充血した眼, 息先代宗之助の縁故, 息先驅に勇む, 息入れそれからの山坂道, 息入れたいのであった, 息八郎と申人, 息六ツ息する間, 息兵馬より山県紋也殿, 息処石の南大河南岸, 息切らしてヨウ, 息切らしたら新馬, 息切らしてんのや, 息切れるまで踊り廻る, 息切立戻り一伍一什を小夜衣, 息をぬい, 息卷いて質, 息卷いた自分の, 息卷いてる者も, 息卷くやうに, 息可能説を鼓吹, 息右大臣秀忠は関東, 息合い二尺七寸の, 息同じく共に打ちの, 息吐いたが敵勢百人, 息吐きし身を, 息吐きまして, 息吐けたが飛騨境, 息ひそめし赤坊, 息吸いにゆきたい, 息吹き掛け吹込む, 息き, 息喘ぎ昼なら, 息喘ぐ方が, 息多しと雖, 息夜具打掛て密, 息アイアース答へ, 息大事ございませぬか, 息太く長く多時観念の, 息女らしく思われますが, 息女浪路は翌日大奥, 息威勢よく笑っ, 息学友の沢村春生, 息孫女幹があつ, 息安めに行く, 息山嶽は自然, 息の民趙丑斯, 息左衞門の首, 息をはずませ, 息幸松も来た, 息引きとる時, 息引きとらはったんで, 息引き切るるごと, 息引取り候はば何より, 息引取り度くと, 息弘正氏が桑港, 息張つてゆつくりと, 息徐ろに洩れ, 息徹太郎の明敏, 息心入れありたし, 息忙しく雑巾がけなどを, 息忙しなく頻りに流れ, 息急いて四五人押込, 息へのマスク, 息抜けを作っ, 息抜窓に色硝子, 息押して見る, 息拔きの上から直, 息捲くのである, 息探ってくれ, 息探つてくれ, 息接いでいる, 息數息の道, 息昌房のたてこもっ, 息は神, 息さの, 息月輪殿が上人, 息捷至今, 息本間三郎から, 息村野山人が秘蔵, 息杖しずかに乗り, 息杖カラリッと虚空, 息杖棒ちぎり打合ふ折, 息松野雪三とて歳三十五六, 息果てたといふの, 息柔かくあた, 息が絶え, 息にはばかる, 息次郎時村三郎資時等俄以出家時村行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 息は自消, 息気づまりがしそうに狭苦しかった, 息気づまるような若さ, 息気づまるようなけさの光景や過去, 息気づまるように圧迫して, 息を飮, 息汝何をか今, 息津蒲原と来る, 息浄蔵が法力, 息よ, 息深うをり, 息清貧にて御座候, 息游軒蹄斎それから雅邦, 息満つ層太の, 息溶け合う二つの, 息澄みて前, 息の海, 息為憲みだりに公威, 息熱いアングロアラヴ, 息熱っぽい人いきれも, 息の勸告, 息の息, 息王レーソスは之, 息理学士の学位, 息に相違有まし, 息處以朱丹塗其身體如中國用粉也食飮用, 息るるに, 息疲れに迫った, 息白く立ち上る頃, 息太郎女啓が, 息真白い細かい歯並澄んだ, 息眠ることに, 息つぶりてのみ, 息祖父はタラオス, 息神様の息, 息穉子君が撫育, 息つ込んで, 息窒まりつつ, 息競りが少しく, 息竹千代の乳人, 息もり, 息絶えけるぞ殊勝, 息絶えずに待ちきれる, 息絶えなむばかりなりしは左もあり, 息絶たれば仕, 息絶った自分を, 息絶ていたし手前共二人, 息絶やす死滅は, 息継げり君は, 息続かん程は, 息の期間, 息繼げり君, 息繼敢ず馳來, 息美しい貞女は, 息のよう, 息を這い廻る, 息育市郎君が東京在学, 息臭い自分の, 息臭く墓場を, 息致して, 息致しまして, 息苦き温気も, 息荒く調子も, 息荒次郎義光と申す, 息の匂い, 息蒸すばかり恐ろしき, 息紅に, 息しい京訛り, 息見れば全身, 息角立ち洒落も, 息詰むと, 息講業十余日無朝, 息跫音笑声ののこり, 息込みすぎた反射の, 息込み戸浪が, 息込み方に少し, 息込み過ぎて皮膚, 息込隙なくお, 息ふかなた, 息と令嬢, 息鉄三郎を鉄砲, 息長く脈動する, 息長しひた吹きあつる真向, 息長両氏がすでに, 息長帯姫の物語, 息長帯媛のおから, 息長帶姫尊即ち神功皇后, 息をおい, 息集軒明星庵無孔笛, 息のたたずまい, 息さえ立たなかった, 息の息, 息高坂甚太郎はお, 息髮のにほひ