青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「日~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

旅行~ ~旅館 旅館~ 族~ ~旗 旗~ 旗本~ ~既に 既に~ ~日
日~
~日々 日々~ ~日光 日光~ 日向~ 日常~ 日曜~ ~日本 日本~ ~日本人

「日~」 119666, 1293ppm, 65位

▼ 日~ (22529, 18.8%)

533 うちに 246 光が 200 光を 199 間に 179 ことを 142 光に 116 光は 112 後に 106 光の 105 中に 96 お手紙, 夜の 94 ことである 91 ことであった 90 晩に 83 間は 82 ことで 73 朝の 72 午後に 70 ために, 夜に 69 夕方に, 暮れるの 6461 こと, 夜は 60 ように 58 月が 56 午後の 55 ことでした 53 暮れるまで 51 ことです, 仕事を 50 内に, 後には 46 光も, 条に 45 朝は 44 うちには, 下に, 夜, 朝に 43 あいだに 42 光りが 39 日に 37 朝から 36 ことだ, 来るの 35 ことが, ことだった 34 夕方の, 神の 33 事を, 夜から 32 暮れない, 暮れる頃 31 事である 29 暮の 28 あるうち, 事で, 出来事を, 晩の, 晩は 27 午後, 暮に, 朝早く 26 ことは, 暮れ方に 25 日記に 24 あいだは, 月は, 條に 23 ような 22 後, 方が 21 光, 午後には, 夜であった, 朝でした 20 光と, 夕方から, 晩には, 暇を 19 ことでありました, 午後私は, 夜には, 大部分, 恋, 新聞を, 晩から, 来ること, 神 18 やうに, 事であった, 光りの, 光りを, 午後である, 新聞に 17 午前に, 午後で, 暮るる, 月の, 朝私は, 私の, 長が, 間の 16 ことも, まに, 光りに, 夜と, 射して, 日の, 朝には 15 午後から, 暮る, 暮れかかる, 暮れに, 朝であった, 朝である, 朝まで, 糧を

14 [15件] ことその, ひかりが, 中には, 仕事に, 労働を, 午後であった, 午過ぎに, 夕方には, 夜が, 彼の, 日が, 日は, 早朝に, 暮方に, 間を

13 [11件] ひかり, 光りは, 午の, 夕刊に, 夕方であった, 後である, 暮れて, 朝と, 朝も, 猶予を, 生活を

12 あること, うちで, うちの, こと私は, 仕事が, 夕方でした, 夕暮に, 夜半に, 後の, 暮は

11 [18件] ことに, 仕事の, 余も, 光や, 前の, 労働の, 午前の, 夕方私は, 夜も, 宵に, 日も, 晩, 晩でした, 月を, 条には, 間という, 間も, 雨の

10 [22件] ことであります, こと彼は, なかに, ひるすぎ, 中で, 中の, 事, 午すぎに, 午後彼は, 夕方, 夜である, 宵の, 当って, 日には, 昼の, 暑さ, 暮れるころ, 朝が, 朝だった, 来たこと, 運動, 高いうち

9 [27件] あひだ, うちは, ことお, ことだつた, めを, もとに, 下で, 下を, 予定で, 午さがり, 午前中に, 午後だった, 夕, 夜だった, 夜中に, 夢を, 姿が, 影を, 日記には, 晩で, 晩であった, 朝だ, 未明に, 生活に, 神を, 自分の, 近づいて

8 [23件] あたつた, うち, のちに, よく当たる, 事でございました, 來る, 前に, 午後は, 午後を, 夕刻に, 夜で, 思ひ出, 旅を, 暮, 暮れぬうち, 朝で, 未の, 汗を, 照って, 疲れを, 神と, 間が, 間私は

7 [37件] あたった, ある中, ゆう方, 事だった, 事は, 事件の, 休暇を, 光で, 光景を, 出来事である, 半分は, 夕刊を, 夜行で, 後であった, 後彼は, 御子, 思い出を, 新聞は, 早朝の, 暮れがたに, 暮れる前, 暮を, 最後の, 朝にな, 次の, 正午に, 母の, 生命を, 私は, 空は, 空襲で, 色は, 衆議院で, 記に, 記憶が, 記憶は, 間

6 [73件] あたって, うちでも, うちにも, うちも, おくりもの, くるの, くれがた, ことそれは, その日, たそがれどき, たつほど, つれづれに, まぼろし, よくあたる, 一日も, 中にも, 中は, 事だ, 事でございます, 事でした, 事です, 事件が, 仕事は, 出る頃, 分, 務めを, 午後少し, 卯の, 各新聞, 吉凶を, 君の, 夕刻, 夕方その, 夕方だった, 大地震, 天気の, 子の, 宵, 宵である, 寒さ, 巳の, 影に, 思い出が, 思い出の, 旅に, 日曜日に, 日記を, 日附の, 昼, 晩も, 晩を, 暮れまで, 月, 本の, 楽しさ, 榛軒の, 歌, 照りて, 父の, 生活の, 生活は, 真昼に, 終りの, 色に, 色を, 落ちるまで, 近いこと, 間この, 間で, 雨に, 項に, 風に, 風の

5 [94件] あいだの, かげも, ことふと, ご猶予, さ, さした往来, ための, ゆふ, よしあしを, カン, 両日に, 中を, 事その, 何時に, 光とが, 内には, 出前に, 出前の, 出来事は, 分に, 前日に, 労働が, 労苦は, 勤めを, 午前であった, 午後お, 午後二時に, 印象を, 命, 夕に, 夕刻から, 夕方お, 夕方だつた, 夕方である, 夕方です, 夕方まで, 夕方彼は, 夜おそく, 夜でした, 夜を, 夢は, 女の, 子供の, 当る所, 影の, 後だった, 後また, 御子の, 戦に, 手紙に, 故では, 新聞で, 新聞には, 新聞の, 旅行に, 日から, 日数が, 日附で, 早朝から, 晝近い, 晩と, 暮から, 暮が, 暮しにも, 暮まで, 暮れ方の, 朝を, 様子を, 法事を, 深夜に, 照り渡った, 生計を, 眼に, 祝いに, 空が, 空に, 空の, 紙上に, 終りを, 経つにつれて, 自分を, 色が, 記事に, 記事は, 記憶を, 逮夜に, 道を, 長ある, 間お, 間にか, 面を, 面影を, 頃には, 食事の

4 [164件] あいだ, あいだも, あけがた, あたりかも, あたる原, あとに, ある午後, いとま, うちにと, おひる, おもかげ, お昼すぎに, お暇, お祭り, かたみ, くれるの, ことこの, ことの, ことまた, こと一人の, こと二人は, こと私の, たつに従って, つもりで, ときも, ところに, のちだつた, はじめ, ひる頃, ゆうがた, 上に, 以前は, 休みも, 伴, 伴と, 伴の, 余裕が, 働きの, 光さえ, 光だ, 光だった, 光つめたき, 光りも, 出る方, 前夜に, 加減で, 労働に, 労働は, 午前で, 午前には, 午後おそく, 午後この, 午後だつた, 午後まで, 午後も, 午後四時頃に, 午後彼が, 午頃に, 印象, 印象は, 参籠を, 合戦の, 同じ時刻, 命を, 夕刊には, 夕山の端に, 夕方で, 夕方も, 夕方突然, 夕暮, 夕暮の, 夕暮は, 夕陽が, 外には, 夜中から, 夜半, 夜遅く, 大半を, 大空襲, 天に, 天候や, 射し込んで, 影が, 彼は, 彼女の, 後その, 御子さま, 御猶予, 或る, 断食を, 旅行を, 日を, 日数を, 日曜の, 日曜日の, 日附が, 明るく照つて, 晝少し, 晩だ, 晩です, 晩方には, 晩私は, 暮れか, 暮れが, 暮れぬ間, 暮れるまでに, 暮近くに, 暴風雨の, 朝お, 朝だつた, 朝です, 朝彼は, 朝彼女は, 期限が, 来らんこと, 来るまで, 東京の, 模様を, 正午, 残りを, 永さ, 汽車で, 法事が, 法事の, 活動に, 浪逆の, 照りに, 照る方, 爛熟した光り, 生活にも, 眼を, 祭の, 祭りと, 種々な, 空襲の, 節供の, 糧にも, 約束で, 経つに, 翌日の, 色の, 色も, 薄暮の, 行事の, 行程わずか, 西に, 記事を, 記念に, 詩, 話, 諸新聞, 金の, 長い時, 長を, 閑を, 間その, 間でも, 間には, 間にも, 間同じ, 間彼は, 静かな, 食費が, 黄金の

3 [326件] あいだという, あいだ私は, あたりたる, あたりよみ, いきさつを, いろ, うれひ, お天気, お月さま, お祝ひ, お節句, かげる山, かれの, くること, くれ, くれぐれに, くれないうち, くれるまで, くれる頃, ことおじいさんは, ことでございました, ことな, ことなど, ことばかり, こと僕は, こと学校の, こと少年は, こと彼女は, こと男は, こと町の, こと私が, ころには, さして, その時刻, その晩, できごと, ときは, ところを, どんよりと, なかで, のどかな, ひかりを, ひまを, ひるごろ, ひる過ぎ, もとの, ものの, やむごと, ゆうぐれ, オホーツク海, クウ・デタ, パンにも, 上元の, 下には, 中から, 事だつた, 事なりき, 事件に, 人の, 休暇は, 休養は, 会合で, 余裕は, 傾くの, 儀式に, 光にも, 光り, 光をも, 光景が, 入るかた, 公判に, 内取, 出る前, 出る時, 出来事, 出来事が, 出来事であった, 出来事です, 分には, 前, 前日の, 努力が, 労役を, 勤めに, 勤務を, 午ちかく, 午前から, 午前は, 午前十時に, 午後その, 午後だ, 午後と, 午後私が, 午過ぎ, 午過ぎその, 問題は, 喜びを, 土曜日に, 報告を, 夕から, 夕も, 夕刊で, 夕刻である, 夕刻には, 夕刻の, 夕方にも, 夕方一人の, 夕景, 夕暮で, 夕食に, 多くの, 夜だ, 夜なかに, 夜にな, 夜にも, 夜まで, 夜吉は, 夜明けに, 夜明けの, 夜私が, 夜私は, 夢, 夢が, 夢に, 夢の, 大石内藏助, 大阪の, 天候に, 天候の, 天候を, 如きは, 姿を, 婦人デーは, 宮人, 宵で, 宿を, 寂しさ, 寅の, 少し前, 年始を, 幸福を, 幻想, 延期を, 当たるところ, 当日は, 影, 影と, 影も, 後この, 御子が, 忌に, 忌も, 快活な, 念仏を, 思い出は, 情景が, 戌の, 戦いに, 戦いは, 戦は, 所を, 手筈を, 手紙を, 政変に, 方に, 旅が, 旅だ, 旅の, 旅館の, 日, 日だ, 日づけ, 日でした, 日付を, 日子を, 日曜に, 日記, 日記の, 日附け, 日附に, 早く来る, 早天に, 早暁に, 早朝, 明け方から, 明け方に, 春の, 昨の, 昼ごろに, 昼過ぎには, 昼頃から, 昼頃突然, 時は, 晩お, 晩たしか, 晩でございます, 晩方に, 晩方の, 暁に, 暁には, 暖かさ, 暮しに, 暮には, 暮も, 暮れかかった, 暮れどき, 暮れには, 暮れやすく, 暮れるまでは, 暮れる時分, 暮れる迄, 暮れを, 暮れ方で, 暮れ方であった, 暮れ方まで, 暮方であった, 暮方には, 暮方の, 暮方は, 暮方まで, 最初の, 月も, 朝いつも, 朝この, 朝まだ, 朝より, 朝わたくしは, 朝下女の, 朝何の, 朝八五郎は, 朝出勤の, 朝刊に, 朝刊の, 朝東京を, 朝突然, 条にも, 来るまでは, 東京に, 栄光を, 楽しみに, 様々な, 機嫌が, 正午の, 正午頃に, 歿せ, 残りの, 気分によって, 気持, 気温は, 泊まりと, 海に, 海の, 深更に, 滞在で, 滞在の, 為に, 照りつけて, 照りを, 照る中, 照る時, 物に, 猶予は, 王座, 生活が, 用に, 疲れで, 疲れと, 疲労を, 盛, 短きを, 礼を, 祈願を, 神が, 祭には, 祭りの, 私を, 稼ぎを, 算え, 節句という, 節子は, 終りに, 経つほど, 総選挙, 縁日に, 縁日には, 自分と, 自分は, 航海を, 色, 芝居を, 苦労は, 苦行を, 落ちる方, 衆議院は, 行動を, 行程を, 裡に, 製造だ, 記, 記を, 記念の, 記憶, 記録を, 話は, 話を, 読売新聞で, 読売新聞に, 調べは, 賃金を, 車の, 輝きを, 追憶を, 退屈を, 逮夜の, 長さ, 間御, 闌けて, 集りで, 雨で, 静けさは, 頃, 顛末を, 食べ物を, 食料を, 高い内, 黄昏れ

2 [1179件 抜粋] あいだその, あいだ身を, あたらぬ森, あたりそよぐ, あたりなにと, あたるところ, あたるのみ, あたる場所, あたる辺, あとの, ありさま, あるか, あるほどほどは, ある日, ある空, いつかは, うちである, うち多く, うれしさ, おもひで, お手紙けさ, お昼前, お泊り, かかるひととき, かげに, かしは, かたや都, かれこれ巽, きたらんこと, くれぐれは, こといつも, ことかの, ことじいさんは, ことだろう, こととて, ことなどを, ことはるかの, ことまだ, ことよ, こと和尚が, こと太郎は, こと彼を, こと海岸で, こと目の, こと自分は, ころと, ごとき, ごとしと, さかり暑, さかり遠ざかり遠ざかり立つ, さした障子, さす気配, さまざまな, したに, しづけさ, せいか, そこはかとなき物, その夜, その翌日, それも, たそがれ頃から, ためか, つかれを, つもりて, ところは, なかった, ぬるみ, のちわたしは, のどけくなりぬ, はかないロマンツア, はじめより, ひかり子ら食みあまし, ひるさ, ひる前, ほかは, まだ宵の口, まだ食べる, ままの, めも, ものである, わがこころ, カンカン照っ, クウ・デタの, パンを, プレジデント・フウヴァー号で, メーデーに, 一つに, 一日だけ, 七ツ, 三国に, 上野駅の, 下物思いの, 不安と, 両度に, 予定は, 事あの, 事と, 事にて, 事前に, 事大, 二日土の, 五時に, 仏事に, 仏生日が, 休みと, 休安を, 休養を, 会見は, 位置低し, 何時何分に, 余に, 使に, 供養の, 保養に, 僕の, 儀式が, 光いつ, 光こそ, 光すら, 光といふ, 光な, 光ばかり, 光をなんて, 光射す, 光景は, 光沁み, 光蝉の, 入まで, 全能力, 八ツ半, 六月二十五日の, 内から, 内攻が, 出ぬ中, 出るには, 出る山路, 出来によっては, 出来事だった, 出来事に, 分は, 分を, 初め, 到来を, 前一日, 労働で, 労銀を, 北平からの, 千鶴子は, 午までに, 午前, 午前も, 午前七時である, 午前九時ごろに, 午前十一時, 午前十一時頃に, 午后四時頃, 午後など, 午後ふらり, 午後一同は, 午後一時には, 午後七時に, 午後二時, 午後伸子は, 午後僕等は, 午後家に, 午後我々は, 午後明さんが, 午後湯に, 午後細木家を, 午後質素な, 午近い, 午過ぎで, 午過食後の, 午頃で, 印象が, 原稿の, 友, 友に, 口を, 可憐な, 吉凶なども, 名月の, 唯一の, 四ツ半, 国民新聞に, 土曜の, 場所を, 売上げが, 夕かげは, 夕だった, 夕と, 夕まぐれ, 夕刻です, 夕刻平次の, 夕方いつも, 夕方だ, 夕方まだ, 夕方もう一度, 夕方僕が, 夕方前, 夕方早く, 夕方銀座から, 夕暮お寺の, 夕暮には, 夕暮れどき, 夕飯に, 外は, 多いこの, 夜ある, 夜その, 夜です, 夜もう一度, 夜中の, 夜亥の, 夜半から, 夜半の, 夜帰っ, 夜更までは, 夜本所の, 夜洛北の, 夜親族会議が, 大半は, 大嵐, 大雨の, 天候まで, 太陽は, 奔走が, 如き不変, 如くその, 如く唱道した, 如法念仏を, 姿の, 子, 安きを, 客に, 客は, 宴会は, 寄合は, 寒空に, 射し加減, 射せば, 小豆粥を, 式の, 弓の, 強震である, 当った南軒, 当らないところ, 当る方, 役目を, 彼等は, 後かの, 後と, 後は, 後七歳に, 後売薬その他いかもの類に, 後有喜世新聞に, 後風の, 御子である, 御子樣, 御法事, 御蔭, 心が, 忌の, 快晴を, 思い出に, 恋の, 悦びを, 情慾, 感想を, 感激の, 憂は, 憶い, 戦さの, 手紙, 手紙で, 手間を, 折節には, 拘留を, 損である, 放課後私は, 敗戦が, 數, 断食しか, 新聞では, 方や, 旅だった, 旅も, 日付が, 日付の, 日盛りに, 日記は, 日附を以て, 早朝まだ, 旱の, 昇るの, 明るく照っ, 明方カン蛙は, 星が, 昼ごろの, 昼で, 昼下りの, 昼過ぎから, 昼間は, 昼頃に, 時分には, 時間に, 時雨ふる, 晝過ぎ, 晩か, 晩る, 晩妻は, 晩方おそく, 晩自分は, 晩餐の, 晴天を, 暑さ死臭, 暖に, 暮にも, 暮れかかっ, 暮れたこと, 暮れちかく, 暮れぬ先, 暮れるその, 暮れ僕は, 暮れ暮れに, 暮れ頃だ, 暮彼は, 暴風雨は, 曉に, 最も短い, 月に, 月夜に, 月曜日の, 有り様を, 朝すでに, 朝ちょうど, 朝にも, 朝もう, 朝丁度, 朝二人は, 朝六時に, 朝奈良の, 朝岡田は, 朝彼に, 朝日が, 朝晩には, 朝眼を, 朝重吉は, 朝飛込ん, 期を, 期間に, 期限の, 未明だった, 未練を, 本会議, 村, 条下に, 柳の, 條の, 業務に, 楽しみの, 樣, 歓喜を, 正午だった, 正午と, 正午頃お前たちは, 正午頃わが, 気分で, 氣の, 水の, 水天宮の, 沈むの, 沈む側, 沒り, 法廷で, 法要の, 洩れて, 海を, 涙を, 減食で, 演奏は, 演説は, 火事に, 灯ともし, 焼亡は, 照りあかり若葉か, 照りそそぐ, 照り雨, 照るところ, 照る日, 照る砂地, 牡丹餅が, 狂いが, 猶予も, 生命が, 生活, 用が, 用事は, 申の, 町中, 留守居を, 當る, 登山は, 皇子, 直前同じ, 眞夜中, 真夜中, 真夜中の, 真昼, 真昼の, 短い時, 短い最中, 短い頂上, 短かさ, 短時間に, 神に, 神も, 祭に, 移り, 稼ぎに, 空と, 空気に, 空襲に, 立つの, 米を, 糧に, 終列車に, 経つの, 給料を, 続いて, 翌日が, 翌日は, 興行を, 舞台の, 航海の, 花の, 苅りしゅん, 苟安を, 菊, 菖蒲に, 落ちるの, 蝕, 行に, 行動の, 行程が, 行程は, 衣食に, 製作の, 要求を, 見物の, 計は, 記から, 記事の, 記憶として, 試合は, 誕生を, 課業を, 買物と, 賃銀を, 輝いた芝生, 辛抱だ, 農場実習の, 近きや, 透る澄んだ空気, 通りに, 速達は, 遊びを, 運命を, 道中に, 遠からぬ, 酉の, 金曜日に, 釣瓶落しという, 長ある如し, 長い間, 間ある, 間である, 間なりき, 間到る, 間夜の, 間庭の, 間彼女は, 間東京の, 間私と, 間黒闇の, 陽ざしの, 障子の, 雨ご, 雫は, 電報への, 霞める時, 音楽会は, 頃でした, 顔ぶれも, 食うもの, 食事は, 食費は, 饗宴を, 高くなる, 黄昏どき

1 [10267件 抜粋] ああいう, あいだロンドンに, あいだ彼方此方逃げまわった, あいだ盗み出し, あくる日, あたった路, あたる南, あつた, あの大, あやめだ, あるかと, ある東京新聞, いつかやって来るだろう, いろに, うちと, うち何十度か, うち義雄が, おそい午後, おん歌今は, お客さんは, お施主側, お沙汰, お賽日, かげったとき, かたわれ月, きめで, くらしを, こうもりが, ことさんざ, ことちよつ, ことにつき, ことやっぱり, ことプロスペエル・メリメが, こと与次郎が, こと信長は, こと北野少年は, こと大納言に, こと左門も, こと日頃信心する, こと歳の, こと照子が, こと百姓は, こと花の, こと金魚屋さん笹山大作の, このあかる, ころから, ごとくわが, ご立願, ささぬ其処, さすがに, ざんげを, すつかり, その前日, たそがれそれを, たのしさ, たよりに, つづきで出かけます, つれづれを, ところどうか, どんたくに, なげき, のきに, のち森本先生は, はなく, は間違えた, ひそかな憧れであった, ひろ子の, ほとんど大, まだき澄みきった, ままに, むねよりも, ゆうこくで, よくあたり, わがす, を待っ, オルレアン公の, コースを, トラックの, バクダン以後は, ピエロは, メモを, ヴィヲロンの, 一夜風の, 一杯当る, 七ツ時に, 三国で, 三毬杖に, 上る時分, 不安そうだった, 世の中にも, 両替橋に, 中震に, 九月が, 予算会議農商務省費目の, 事ゆえ物観遊山には, 事件から, 事大帝は, 事庄太郎の, 事研究にも, 二十一日迄, 二時間の, 亥の, 今日午頃久しぶりの, 仕事といふ, 休みを, 休養の, 会議も, 何時何刻の, 作り物, 例と, 倉知の, 傾いた夕陰, 儀式における, 光あはれ, 光だけでも, 光にずつと, 光りで狭い, 光オーケアノスに, 光春の, 光薄き, 入つたあと, 入をも, 八朔を, 共同の, 内私の, 凪, 出る時刻, 出来事でしたろう, 分が, 初めとて, 別時念仏を, 前半に, 前後両日を, 割当が, 労苦と, 勝馬の, 区長や, 十時半頃から, 午すぎやけた, 午前ぢやらう, 午前三時前後, 午前二時とかに, 午前八時頃, 午前十一時五十八分四十五秒でした, 午前十時頃だった, 午前紫の, 午後せんだ, 午後ぼんやりと, 午後ハガキに, 午後一時頃, 午後三時に, 午後不意に, 午後二時頃に, 午後京野等志は, 午後六時より, 午後十時は, 午後四時ごろジャン, 午後埼玉県の, 午後富之助は, 午後或, 午後東京駅の, 午後珍しく, 午後老, 午後込み合った, 午時ごろ浅草警察署の, 午過ぎ近ごろは, 半日一時なり, 厄日も, 友情と, 口賃は, 合歡の, 名でも, 吟行について, 命登美毘古が, 喊声も, 噴火に, 回向かたがた現れ, 土曜日が, 地震が, 報告に, 売りぞ, 夕かがやき, 夕ぐれ丘の, 夕べに, 夕六ツ頃であった, 夕刻まちがいなく, 夕刻志賀内匠の, 夕彼は, 夕方ちょうど, 夕方めぼしい, 夕方ヘトヘトに, 夕方中西屋に, 夕方其処を, 夕方家で, 夕方折戸の, 夕方正造は, 夕方私の, 夕方賢二少年は, 夕方駿河台下まで, 夕暮にさえ, 夕暮平一郎は, 夕舟を, 夕飯の, 夙くに, 夜きっと, 夜なかで, 夜やっと, 夜モウ一度会う, 夜中を, 夜亥刻, 夜八時ベーリング行の, 夜千世子は, 夜半醜悪に, 夜増上寺への, 夜完く, 夜忍ん, 夜明け前, 夜更方の, 夜浅草の, 夜私の, 夜藤枝に, 夜錨健次を, 大きな木, 大念仏, 大眼, 大震火災後一二ヶ月の, 天気予報を, 太陽の, 如き古い, 如くと, 如く容色, 如く自ら黨員, 妻即日の, 子が, 宇品は, 客も, 宵の口に, 宿舎へ, 寒うある, 射さないよう, 射礼, 小手調べで, 尻はり尻つみ以外にも, 山草を, 川遊びも, 差別なく, 帝国在郷軍人会の, 帳面を, 年中行事に, 幼かった, 延長を, 弱い日だまり, 当たる路, 当らぬ方, 当る縁側, 影花やかに, 待ちど, 後なりき, 後一猿を, 後八弥太の, 後国元の, 後岸本が, 後曽根は, 後父は, 後連れ立っ, 御休息, 御守護, 御用始めに, 御退去以来, 心か, 忌日を, 思い出物語である, 怯れたる, 悩みを, 情痴にも, 愛も, 慰めに, 戊日の, 戦区視察で, 手では, 手負ひ, 払暁ロッソンムの, 拘留期間を, 掟を, 放射能によって, 教育を, 文化連盟の, 断食よりも, 新聞紙上には, 旅寢この, 日だけでも, 日付けで, 日影に, 日曜日だった, 日給を, 日限が, 早暁中央軍第, 早朝國友大助が, 昇るころ, 明け方恐ろしい, 明治節の, 映つた石垣, 昼ごろは, 昼三法師君の, 昼来た, 昼間に, 昼食を, 時間も, 晝淺草公園の, 晝頃使に, 晩ぐらいに, 晩または, 晩以来その, 晩同時に, 晩数人の, 晩本所相生町から, 晩鉄砲玉の, 晴れた朝, 暁方でした, 暑熱に, 暮しの, 暮らしい, 暮れがた相府を, 暮れつくす, 暮れると, 暮れ方だ, 暮れ方滄洲が, 暮方ちかい, 暴動を, 書き込みが, 最後なる, 月めき, 月面かげ霞ん, 朝ぐらいには, 朝どうしても, 朝みゑ子は, 朝ホノルル沖に, 朝七時頃すっかり, 朝五ツ, 朝僕が, 朝六時頃僕は, 朝可愛い, 朝妙に, 朝巡査に, 朝敏子は, 朝普通の, 朝東京駅を, 朝海老名彈正先生の, 朝相川良之介の, 朝米子の, 朝蘆屋へ, 朝金之助に, 朝頂い, 期間を, 未, 本読みまでに, 来な, 東京上野駅発の, 東海道南海道大, 柳は, 棚さが, 槍祭お, 機嫌を, 歌舞伎新報に, 正午は, 正午頃お, 正餐の, 殆ど午頃, 気もちから, 氣象に, 永い顔, 江戸川べりの, 沈黙, 法事に, 泣き顔とは, 浅い僕, 浸水に, 深夜から, 清洲会議に, 満潮, 滯在見物する, 激しき光, 火災に, 烈風の, 照す所は, 照りつけるクレムリン, 照るよう, 照る間, 爆発に, 牡丹餅を, 物質的損害の, 猫が, 王子の, 生徒監は, 用の, 男の, 當らぬ, 病者達の, 白き恐怖, 盛んな, 相談を, 真夜中頃から, 眺めとは, 短い冬, 石田の, 祇園の, 祝ひの, 神なる, 神送りが, 祭礼に, 移転は, 空想や, 窪尼あての, 第一回目, 算盤を, 米も, 糊口に, 紅の, 終り頃に, 経過は, 絵の, 緒戦は, 美俗に, 翌日何の, 胸ゑぐらるるがごとき思ひ, 自動車は, 興行と, 船旅が, 芥川に, 苗代を, 苦闘に, 菅公祭湯島亀戸天神と, 落ちるま, 葬式の, 薄暮であった, 虐殺を, 行乞途上の, 行程であろう, 裁決によ, 見学には, 計画に, 記念品だ, 設けが, 詰ったこと, 語らいに, 調子や, 謝肉祭その, 豆の, 貴方の, 賽日なれ, 路上にて, 軽禁錮, 辛抱何か, 近づいたという, 追懷, 逗留に, 速やかに, 進行に, 運不運で, 過失だった, 遠き北, 郷愁に, 重なれば, 金牛宮を, 長いといふ, 長い長いトンネル, 長閑なりけり, 閑静な, 間それが, 間どの, 間ポチは, 間云い続け, 間僕は, 間夜も, 間山へ, 間断食の, 間毎日唯, 間熱心に, 間矢代は, 間腕を, 間謹慎すべし, 間青つ, 関東大震災に, 降り掛け雨, 陸軍記念日には, 隣なる, 雜誌時代思潮は, 雪ある, 震災後で, 静さは, 鞴祭りである, 頸珠に, 風浪は, 食料その他の, 食糧を, 首尾を, 骨折りで集めた落書, 髯を, 鷽換へ, 黄昏時劉家の

▼ 日~ (11033, 9.2%)

146 なって 141 して 138 なると 72 限って 69 一度は 59 歿した 53 焼けて 51 私は 41 なった 34 なっても 32 照らされて 31 蘭軒は 30 月に 28 棠軒は 25 二度も, 幾度と 24 書いて 23 於て 22 なる, やけて, 何度と 21 彼は 19 焦け 18 蘭軒の 17 なつた, 焼けた顔, 至って, 輝いて 16 なるの, なれば 15 光って, 当って 14 なりました, 継いで 13 三度ずつ, 干して, 幾度も, 至るまで 12 お隱, 何度も, 夜に, 来て, 歿し, 江戸を, 照され 11 かいて, 一度ずつ, 夭した, 生れた 10 一度ぐらい, 一度の, 増して, 帰って, 焦けて, 私が 9 なつて, パリを, 二度ずつ, 何回と, 家を, 抽斎は, 新たに 8 かぎって, なるが, 一度ぐらいは, 一度五日に, 当つて, 曝して, 東京を, 蘭軒が

7 [22件] あげず遊び, あたる, かがやいて, これを, なってから, やけた顔, 一人の, 二三度は, 例の, 出て, 十色, 向つて, 幾回と, 幾度か, 急に, 抽斎の, 映じて, 棠軒の, 正造は, 立って, 至りて, 行って

6 [23件] しては, なります, なりますと, 一度か, 一度くらゐ, 一遍は, 三度も, 乾して, 似て, 何か, 何度か, 保は, 光る, 向って, 夜を, 早くも, 柏軒が, 死んだの, 江戸へ, 照らされながら, 照りつけられて, 限られて, 頂きました

5 [46件] あげず手紙, おめにかかって, こ, それが, つきました, なりぬ, また夜, よると, 一度しか, 一度に, 一度七日に, 乾いて, 二つの, 二人は, 京都を, 何遍と, 保の, 六十九歳で, 切腹した, 及んで, 増し外, 外へ, 幾たびと, 当る, 志を, 新に, 書いたの, 書いた手紙, 書を, 東京に, 死んだ, 死んで, 焼けた額, 照された, 當る, 益し, 矢を, 福山に, 私の, 至る, 至る間, 茶山は, 解放された, 迫って, 透かして, 非なる

4 [73件] あげずに, あたって, あたるので, あなたが, あふ, ここで, ここに, ここを, さへ, さらされて, そこを, なりますが, なること, まし大きく, マルセーユに, 一つの, 一回ずつ, 一回は, 一度, 一度くらいは, 一度ぐらいの, 一度とか, 一度や, 一度三日に, 一度位は, 二人の, 亡くなった, 何べ, 何回か, 備えて, 僕が, 僕は, 光るの, 六十三歳で, 出かけて, 出した手紙, 出発し, 及んだ, 向かって, 向ひ, 始まって, 家の, 干されて, 広島で, 当るの, 彼の, 彼女は, 柏軒の, 染つて立つ, 榛軒が, 榛軒の, 榛軒は, 江戸に, 焼けた頬, 燃えて, 燒け, 生れて, 相当する, 相當, 福山を, 立つこと, 立つと, 経験した, 背いて, 自分の, 至つてゐた, 行はれた, 袷を, 近い, 迫つた八月の, 追われて, 鎌倉へ, 雨が

3 [135件] あたりて, あったこと, ありては, おいで, おめにかかります, かぎつて, かこの, きらきらと, ここへ, さらして, する事, そちらへ, それを, ついたの, ついて, つづいて, てらされて, なったり, なりて, なりましたが, なんべ, まして, や, やけた頬, やけた黒い, りよは, わけて, パリで, 一人ずつ, 一人で, 一冊ずつ, 一回しか, 一回の, 一度くらいの, 一度ぐらいしか, 一度ずつは, 一度と, 一度も, 一度位ずつ, 一返, 一遍ぐらい, 七度も, 三人の, 三度の, 三荷の, 之を, 事を, 二人や, 二度か, 亘って, 京を, 京都に, 京都へ, 人が, 何回も, 何度でも, 何遍も, 光らせながら, 六十七歳で, 出で, 千里を, 半蔵は, 去つた, 及ぶと, 及んだが, 向けて, 君が, 天気が, 失せて, 女が, 始て, 宿の, 寂した, 寿江子が, 少くとも, 山を, 帰京した, 幾たびも, 幾つも, 幾人と, 幾十と, 彼が, 彼女の, 忠之は, 息を, 成立した, 戻つた, 手紙かい, 手紙を, 於ては, 日を, 来た時, 棠軒が, 横浜を, 此の, 殖ゆる, 江戸の, 焼けた男, 焼けては, 煤掃きを, 照って, 照らして, 燒けて, 燬けて, 父が, 父は, 生れたの, 発せられた, 登って, 白く光っ, 結婚した, 総選挙, 翳して, 腥さ, 至りては, 至るまでの, 茶山の, 葬式を, 行くと, 行は, 行ふ, 行われたの, 西安を, 見て, 見に, 話して, 誰が, 輝きながら, 近所の, 迫つてゐる, 途中で, 遭遇した, 間に合うよう, 非ず, 面会に

2 [618件 抜粋] あかあかと, あげずやって来た, あげずやって来て, あげず御, あげず神田, あげず自動車, あたつ, あたると, あたれば, あっても, あてて, あらたでなけれ, ある, あれが, あんたに, いたって, いちどは, うす白く染められ, うちに, おめにかかりに, お姉様, お宅, お式, お灸, お祭り, かいた手紙, かえります, かえる, かえる筈, かがやいた, かがやかしながら, かがやきぬ, かすかに, かならず千五百人, かならず千人, かの女, かわかして, きめて, くすみつつ, くらべて, こちらへ, この家, これも, したの, しまつてあ, するの, する所, そこへ, そのさみしき, その市, その日, その社, たずねて, たッ, ついでも, つきました由, つなぐ願, つのる寒, なくなって, なく忸, なったが, なったよう, なつたら, なりに, なりましても, なり四日, なるという, なるのに, なるまで, なる日, はえて, はきつと, はじまって, はじめて箱根, ひかり出すの, ほして, まし強く, まし快方, まし涼しく, また出直し, まだ壁, もう一人, もって, やけた小僧, やけた核, やけた裸, やけた顔色, やすに, やって, やつと, やるよう, ゆきます, わかれ来りて, わが, わたしは, わたしも, オペラ座で, セーラムの, タケノコを, チラチラする, トラックが, ニューヨークに, パリの, ベルリンで, ロンドンで, ヴァッヘルは, 一つずつ, 一つは, 一と, 一ぺんずつ, 一ぺんは, 一丈ずつ, 一二時間しか, 一人は, 一人や, 一億七千万個〇・〇二五ミリグラムの, 一円ずつ, 一分ずつ, 一升の, 一回とか, 一寸か, 一度ぐらいずつ, 一度ぐらいずつは, 一度づつは, 一度である, 一度でも, 一度位, 一度位ゐ, 一度十日に, 一度選り, 一日は, 一枚は, 一花ずつしか, 一里ぐらいずつ, 七十一歳で, 七十三歳で, 七十二歳の, 七十六歳で, 三つも, 三つや, 三度ずつも, 三度などは, 三歳に, 不意に, 世を, 世界に, 久々で, 二三回は, 二三回も, 二三回位怖, 二三度も, 二円も, 二十人が, 二十分や, 二十里の, 二千万円近くの, 二囘は, 二回の, 二度でも, 二度の, 二時間だけ, 五十一年目に, 五十一歳で, 五十七歳で, 五十二歳で, 五女癸巳が, 亡き人の, 亡くなって, 京都から, 人を, 人知れず恋せし, 今の, 今日の, 仕事が, 他界した, 仙台へ, 伊賀の, 会う, 会して, 会って, 佐野の, 何万という, 何時間と, 何百と, 余が, 使用する, 依つて, 俺は, 傘を, 催された, 僕の, 兄は, 先生を, 光つた, 光つてゐる, 光らせて, 光りました, 入営する, 八十三歳で, 八十四歳で, 八十歳で, 公布せられ, 六十八歳で, 兼ねて, 再びかなり, 凄惨を, 出る, 出ること, 出京, 出來, 出発する, 出立し, 出立しました, 分けて, 勝久は, 募りて, 勤めて, 十三時間も, 十仙か, 十題も, 千世子は, 千住の, 千把の, 千頭絞り殺さ, 半面に, 南亜の, 友を, 古我判事, 召されて, 司馬道場とんだ, 同じよう, 向こうて, 向ふ, 君を, 命を, 唐の, 四五回撞く, 四十から, 四十里を, 四回の, 四時間と, 困ると, 増しに, 増し不思議, 増し盛運, 変死した, 外を, 多い, 大伴池主が, 大地震, 大坂, 大宴, 大祭が, 大阪の, 天上する, 奏覧した, 奪ひ, 姉の, 始まった, 始まったの, 始めて, 子供を, 子分の, 完成し, 実効を, 家出を, 家族は, 射付けられた頭, 将軍家は, 将軍家茂が, 小宴五日に, 小笠原は, 小麦の, 少くも, 少しは, 尠く, 山へ, 山吹も, 岸本は, 川原に, 帰ると, 帰宅し, 帰郷し, 幕府から, 幕府の, 干しに, 幾百と, 庭へ, 弟の, 張りもの, 当たると, 当りて, 当るから, 当ること, 彼に, 彼女に, 彼女を, 往生を, 後れて, 御当家, 徳さんの, 徳の, 必ず死すべき, 悪くなった, 悪魔の, 成績を, 或る, 戦争が, 所用あっ, 手伝いに, 手廂し, 手紙が, 捧ぐる香, 提出せられ, 故郷の, 散歩にでも, 敵の, 文吉を, 新たなる, 新憲法, 於ける氣, 旅立って, 日に, 日蝕が, 早や, 映じきら, 春の, 晴れて, 暈が, 最後の, 朝晩の, 木村は, 未亡人に, 机に, 来いと, 来ること, 来る予定, 東京の, 東京へ, 林町へ, 棠軒良安は, 森枳園が, 次の, 正寧, 正弘が, 正桓, 歸り, 死すべき筈, 死すること, 死するなどに, 死にました, 死ぬと, 死を, 死んだと, 母さまが, 母の, 母は, 民衆を, 水辺に, 決行する, 油を, 法律第, 洗われて, 流して, 浦上の, 海が, 海へ, 淫売窟へ, 深く学ん, 渡って, 源氏は, 無理を, 焦げて, 焼け, 焼けた, 焼けたの, 焼けた彼, 焼けた黒い, 焼けると, 照される, 照らさる, 照られて, 照られ波, 照りつけられながら, 爆撃が, 父に, 父の, 牛込の, 猿の, 玉置の, 琴の, 生きて, 生れるという, 田舎の, 町年寄に, 當り, 発表された, 白石は, 百本, 百本の, 百本も, 着いて, 着きました, 瞑目した, 神の, 積み重なり時間, 空の, 突発した, 立ちます, 第一回公判, 第六回, 約束の, 細川方が, 終つた, 結婚式を, 絶えずし, 聖徳太子が, 腹を, 自分は, 自分を, 自決する, 至つた, 至つて始て, 至つて始め, 至りいよいよ, 至るまでに, 至る四日間, 致仕した, 船は, 芥川は, 若い人たち, 苦しんで, 茂り深い, 茶を, 茶山が, 菅茶山が, 菅茶山の, 葉書が, 蒸されて, 藤兵衛に, 蘭軒に, 行うても, 行こうかしら, 行はれる, 表へ, 衰えて, 裁した, 裁可せられた, 要るの, 見ると, 見舞いに, 見舞に, 誕生した, 調印された, 買物に, 賭けい, 身を, 輝いたが, 輝いた吾妻川, 輝く, 輝やい, 近づいて, 追はれる, 追われ何, 逆ひ, 透いて, 透きて, 透されて, 通ふ, 進んで, 過ぎない, 過ぎぬ, 邸へ, 金閣寺を, 銀座の, 長じ, 長女純が, 開かれた, 間に, 関宿に, 閣下の, 阿部侯正精の, 限ったこと, 限つて, 限るという, 障る, 雛を, 雨でも, 雪が, 霞亭は, 静岡で, 非ざる, 面あげ, 面会を, 首を, 騙されて, 驕色, 高きを, 鼈の, 鼻の

1 [6907件 抜粋] ぁ忽ち, あけるの, あげず京阪電車, あげず彦山, あげず舞いこんで, あたためられここ, あっためられた岩, あなたに, あの歸ら, あらざりき, あるべき筈, あ鰯, いくら儲かる, いちどか, いつも牽い, いらっしゃいませんでしたが, うまれさせ給, おかず来る, おめでたい式, お出かけに, お墓参り, お役所, お気が, お祭り申す, お送り申し上げ, お駒, かえるでは, かきはじめようと, かんかんと, きめられて, くつ下を, こしらえて, この両方, この学校, この生徒, こぼれ, こんな失敗, さしのばす初夏, さらに一色彩, しめ切ると, じぶん, すでにこんなに愛し, せよ, そつと, その三人, その式, その能力, それでも桜, たった一日, だんだん解けはじめた, ついでその, ついで無数, ついで駈け参りました, つづいた合戦, でかけるだけの, とりまぎれて, どこからか, なお一度, なったと, なったらわたしゃ, ならぬ中, なりますなあ, なり三日, なるだ, なる間, のこのこ出かけ, はじめてハワイ諸島, ひかって, ひやや, ふとし, まさるもの, まして高く, まし捗りつ, まし萩, またあいつ, また社用, みずから礼壇に, むすばれた, もう堪えきる, もし悩ん, やあぶち, やけたこの, やけた手足, やけた赤銅色, やけ年, やはり仲間, ゆきお, ようも, よびよせて, わけた仕事, わたしの, アフレコで, イタリアでも, オザ申込みあり, カンヅメから, ケエプ・タウンを, ショッタリの, スボートニックで, ツゴウニテカエリ一九ヒトナル電報が, ナンテそんな, パン屋の, フヂエが, ベーリング島で, ママの, モスクワで, ラーゼマンの, ローヤル・ソサイテーの, 一つ小屋を, 一レースは, 一人でも, 一八人を, 一匹だけしか, 一回ぐらゐのものであるからさ, 一字ずつ, 一山挙つて島々へ, 一度ぐらゐ, 一度たべる, 一度づゝ村, 一度位の, 一度家を, 一度無理, 一度身の, 一時間しか, 一本食う, 一竅ずつを, 一貫した, 一遍とか, 七つか, 七十八歳に, 三つ位大きな, 三十ぐらいが, 三十六本染め上がっ, 三合より, 三四箇所の, 三度ずつは, 三度着物を, 三杯も, 三百五十ルーブリかかります, 三銭も, 上級生から, 下寺町附近に, 不知火銭を, 中島花楠君から, 主人宛に, 九十人位を, 乾く, 予審が, 二レースに, 二三度それも, 二人か, 二十三銭だけ, 二十度ぐらいは, 二千円あ, 二回や, 二度この, 二度位い, 二時間近くのりまわし, 二箇ぐらい, 云うの, 五六囘も, 五十人という, 五回ぐらゐの割合で, 五百が, 亘つて連載し, 亙る南アルプス, 亡くなりましたん, 人の, 今年米を, 仕事を, 任有亭に, 伏見の, 会ったと, 伝聞した, 佐野に, 何を, 何十遍も, 何度とも, 何百円でも, 何遍かい, 作られたこと, 例えば大, 保釈の, 借金取の, 備えるため, 傾け夜, 元明天皇が, 先づ本所の, 光らせ洗い, 光工廠大, 全市へ, 八十五で, 八時間位の, 六七時間以上は, 六回ぐらい, 六石古法の, 其処を, 再び周信さん, 凡そ一ポンドの, 出された手紙, 出ましたそれ, 出帆した, 出来上つた物, 出立する, 初まつ, 初江の, 到る三日間, 前記の, 劣らぬ初秋, 勝治は, 北京を, 十七八時間も, 十二里乙は, 十五銭ぐらいは, 十六時間月に, 十時間から, 十遍も, 千が, 千金を, 卒して, 原へ, 又, 又私方, 及んだ翁, 収入の, 受け取つたので, 可愛さ, 各新聞社, 吉野の, 同じ病, 名残を, 向後百年の, 呑気に, 咲いた瑠璃色, 喜び狂, 四ペンス銀貨を, 四十二で, 四回着る, 回らず, 国が, 土井利勝の, 地球と, 城攻めに, 境の, 増し上達, 増し急, 増し照り, 増す寒, 壽阿, 外国方の, 多紀, 大きな黄色い, 大島の, 大澤の, 大阪を, 天狗党の, 奉られる資格, 女を, 如意輪寺の, 始まったこと, 姫の, 嬉しさ, 学校が, 安房, 定めまして, 客に, 家から, 寂して, 寝具さえ, 射中, 小樽に, 少し憩いたかった, 尾州から, 屏東飛行連隊から, 山姥の, 岡林氏に, 巡査等が, 市に, 師匠でも, 帰つて来る, 帰る予定, 常念, 干す様, 幾たびか, 幾千人あります, 幾度考えた, 広島御, 延ばしたの, 廿三石何斗とかいふ, 弥右衛門が, 当たり眼前, 当てた両, 当りましたか, 当る頃, 影の, 往くですが, 後円融院, 御在宅, 御番見習, 徳川家定に, 必ず千五百人, 忠英は, 思われるの, 恵まれたの, 感冒した, 成って, 我を, 戻った, 手紙下すった, 折柄来訪し, 持て余して, 捕らえたの, 提出した, 撮影場で, 政府の, 数ページずつ, 数回見廻る, 敷いて, 文部省の, 新しく日々, 新富町の, 於ける毎日, 旗を, 日本無産党, 早世した, 映つて, 昼の, 晒され深い, 暖めながら, 曝らす, 書いた手紙来, 最もおくれ, 朝からの, 木沢氏に, 本所へ, 村上辰雄君と, 来るかた仁, 来朝される, 東村山へ, 林町では, 柳営へ, 桂川, 棒を, 業を, 横浜から, 次いで華陀, 正式調印する, 此集の, 死す, 死んだ友吉おやじ, 残すことさ, 母五百に, 氏政氏直父子は, 水谷町の, 汝を, 決して縁側, 沢山の, 波を, 津軽家に, 浜松師範学校が, 海岸の, 深くなる, 清麿は, 温め返された別荘, 満期と, 演説会を, 火難あり, 無い調子, 焦げ黒み, 焼けたカンカン帽, 焼けた浅黒い, 焼けた石, 焼けた赭, 焼けてるせい, 焼け雨, 照らさるる時, 照らされた白い寂しい, 照りつけられたら死骸, 照付られ, 燃ゆるがごとく, 燒けた腕に, 父信政に, 犯人重, 王と, 瓢箪供養を, 生まれたの, 生れた詩人, 生家から, 用いた木, 男が, 當つた部分から, 疳の, 発しられた彼, 発病し, 登りました, 白山の, 百スーでも, 百五十法は, 百軒でも, 益多く, 直ぐ手紙, 相応した, 真に更生, 着く佐々, 矢張りボヤけた, 石老山へ, 神に, 神様の, 祭り申す稲, 秀雄が, 私立渋江塾を, 種痘祭が, 突然に, 立ちますそう, 立てた帆船, 竹里に, 第三高等学校, 筒井肥前守の, 米の, 紅く曼珠沙華, 終つたといふ, 結婚の, 継ぎ御, 緑の, 繰上げて, 美しかった, 耀いた氷柱, 聞いたの, 胃腸病院の, 脱出された, 自ら不, 至って咳嗽甚, 至つて頂点に, 至る十一日間, 舂女が, 色づいた朱, 苦惱の, 荷造りし, 落着い, 蒸された松脂, 蔭って, 藩の, 蚕室を, 行う慣, 行ったとき, 行なわれたの, 行われ十五日, 裁せられた, 見しこと, 見た美しい, 見出, 親類へ, 解決された, 許された, 詳しく述べる, 諸井看護婦が, 讃歌を, 責めては, 質問演説に, 起きて, 起るもの, 跣足の, 軍馬を, 輝き砕ける水柱, 輝らされたせい, 近い日, 返して, 追っかけて, 逃亡し, 這わせて, 逢ふ, 逼って, 遊ぶという, 道江本人から, 遥か辰巳, 部隊の, 酒匂川の, 重い車, 金の, 銀山平の, 長崎から, 開かれる予定, 間に合わないが, 関鑑子さんの, 降雪が, 限つて時男さんの, 限り一時間, 除幕式を, 隆昌を, 集合し, 電報が, 青竹を, 革命が, 頬から, 風邪を, 飲み過ぎて, 香港に, 高野山, 鳥取から, 麦焦しの, 黒く焼けた

▼ 日~ (7629, 6.4%)

79 朝から 62 暮れて 33 なかった 26 それで 21 もう暮れ, 一日も, 私の, 西に 19 ない 18 とっぷりと, 何事も 17 朝の, 私は 16 来た 15 暮れかかっ, 暮れた, 暮れる 14 一日より 12 何の, 午後から 11 どうした, 日曜日で 10 全く暮れ, 無事に, 雨が 9 かかる, すっかり暮れ, なかつた, 暮れかかる, 暮れぬ, 落ちて, 輝けり 8 いつに, まったく暮れ, 帰って, 暮るる, 暮れかけ, 私も, 空が, 西の, 過ぎた

7 [16件] あっても, その日, 他の, 何か, 夕方から, 天気が, 既に暮れ, 暑かった, 曇って, 殆ん, 海の, 自分の, 過ぎて, 雨に, 風が, 風の

6 [16件] あれど, さすがに, とっぷり暮れ, ないの, 一日と, 仕事を, 夜に, 早く暮れ, 早朝から, 暮れか, 暮れるし, 照れど, 短い, 私が, 非常に, 黄金の

5 [29件] いつもより, うららかに, からりと, ここに, すぎて, ないという, ようやく暮れ, 南, 吉日よ, 土曜日で, 妙に, 山へ, 帰った, 彼は, 日本の, 朝早く, 此屋敷からは, 段々闌け, 永や, 無い, 無かった, 父の, 益々暗く, 誰でも, 迫って, 過ぎました, 過ぎ十日, 雨を, 雪が

4 [52件] あの人, うらら, かかるだろう, くれて, ここで, それに, そんなこと, つれなくも, なし江戸, のぼる旗雲, まだ短い, まだ高い, 一年の, 一日だって, 一日日の, 事も, 代助, 仲春空は, 何を, 傾いて, 僕の, 入りぬ, 八尺の, 別に, 午なり, 午に, 如何に, 学校の, 家に, 家の, 容赦なく, 寒い日, 幸いに, 彼の, 心が, 早くも, 晴れて, 暖かに, 朝も, 東より, 次第に高く, 母の, 沈んで, 滅多に, 照る, 珍らしく, 眞晝, 葬式の, 誰も, 過ぎたが, 霧の, 風も

3 [107件] あかあかと, いい天気, いつか暮れ, いつの, いつもの, お祭り, かくて, かんかんと, こちらに, ことの, これで, すぎた, それだけで, ただの, ただ一人, たって, だん, とっぷり暮れた, ないでしょう, ないと, ない身, なかなか暮れ, なぜだ, ふしぎに, まだ高, もうとっぷり暮れ, もうトップリ, よく晴れた, 一日の, 一日一日と, 丁度お, 之れ, 予定の, 休んで, 何うし, 何かの, 僅に, 全く暮れた, 別段の, 前の, 千曲川の, 夢の, 大変な, 天氣が, 女が, 女の, 女は, 姿も, 学校に, 家へ, 家を, 宿に, 少しずつ, 帰つた, 帰りに, 帰りました, 干物の, 幾日も, 床の, 彼に, 彼女の, 必らず, 忘れたが, 患者の, 日曜で, 日曜であった, 旧暦の, 早朝に, 昏れて, 春の, 本所の, 村の, 来ない, 来ぬか, 来るであろう, 東照宮の, 森の, 此の, 歸つて來て, 水の, 沈み, 浅いが, 海に, 滞在する, 漸く暮れ, 火を, 照らせれど, 照りぬ, 照るとも, 盛んに, 目も, 眼の, 神に, 空に, 空も, 續きました, 蘭軒が, 見えて, 逗留し, 長い, 雨で, 雨の, 頭を, 食事の, 高い, 麗らかに, 黄に

2 [508件 抜粋] あなたの, あなたは, あらずただに, ありとも, ありません, ありませんでした, あるまいと, いかに嬉しから, いけないですよ, いつだ, いつもと, いよいよその, いろいろな, うらうらと, うるむ月, おあがり, おいと, おろか今日に, お休み, お天気, お彼岸, お歸, かかるであろう, かかるでしょう, かかると, かくも, かげりたづき知らず, かたむいて, かんかん照っ, きた, きたの, くれる, ことに高し, この一校, この二人, この親切, こんな話, ごろごろと, ご逗留, さう, さして枇杷, じきに, すつかり暮れ, すでに照り, ずんずん経っ, そうやっ, そこで, そのため, そのとき, そのままに, そのまま別れ, その人, その子, その祭礼, それが, それでお, それなり帰る, それらの, たちました, だれも, だんだんと, だんだん近づい, ちょうど二百十日, ちょうど日曜日, つづく, つぶれしか, とうに暮れ, とつぷり暮れ, どうかと, どこかで, どろんと, どんよりと, どんより曇っ, ないが, ないとも, ないよう, ない身狹乳母, なかるべし, なし, なぜか, なにごとも, なんの, はや暮れ, はらら, ひっそりと, ほかに, ほかの, ぼんやりし, またどう, また特別, まだ一日, まだ暮れ, まだ暮れる, まだ長い, まだ高く, まっ白な, みなの衆も, みまかりぬ, めっきり詰まっ, もうすっかり暮れ, もうすつかり暮れて, もうちゃんとそこ, もうと, もうとっくに暮れ, もうとっぷりと, もうとつぷりと, もうない, もう低く, もう傾い, もう傾きかかっ, もう傾きかけ, もう来, もう私たち, もう落ち, もう遠く, もう高く, やたらに, ゆく, よく晴れ, よく照っ, わたくしは, わたしは, カラリと, カンカンと, クリスマスの, トップリと, パン屋の, 一つの, 一つも, 一日として, 一日に, 一日毎に, 一日矢代は, 一般に, 丁度偉大, 丁度日曜, 三十四度という, 三周忌鎌倉行きの, 三月の, 下の, 不景氣, 世間の, 両峰, 中宮が, 乃ち政界復た, 乏しきを, 九時から, 二人とも, 二人の, 二度とは, 二条の, 五日七日と, 人の, 人類の, 今, 今日は, 今終, 仕事が, 仕事の, 仕方が, 仕方なく, 休むこと, 何うにも, 何でも, 何にも, 何んでも, 何時ぞ, 余の, 來た, 來ない, 例に, 例によって, 例の, 例年の, 依然として六尺, 俗に, 信如が, 信玄が, 倒れ萎れる有様, 傘もさ, 傾きて, 兄と, 先ずその, 光り, 光りつつ, 光り南洋土人, 光り屋形, 兩峰の, 八方に, 其処に, 内で, 冬の, 初夏の, 別だ, 別邸へ, 到底日本, 刻々近づい, 前夜の, 前日から, 千束神社の, 千葉から, 午さがり, 午前に, 午前中に, 午後に, 半七, 半蔵も, 南より, 南背後北左は, 南風気の, 又青山, 可也平和, 合唱の, 同じ, 吹き暮れつ冬木立, 吾も, 命が, 喧嘩も, 喪に, 四月の, 土い, 土曜で, 土曜日だった, 土曜日であった, 土用の, 地獄の, 夏の, 夕方まで, 外に, 外へ, 夜の, 夜来の, 大きな空, 大きな花, 大丈夫と, 大抵その, 大阪の, 大隈難に, 天に, 好いが, 好く晴れ, 妙な, 姿を, 婚礼料理の, 学校から, 学校へ, 完全に, 宵から, 容易に, 富士の, 寒い雨, 寒くこそ, 寒しすべ, 寝て, 小使を, 小田原に, 小雨の, 小鳥を, 少しも, 屈托した, 山から, 山の上の, 岡田が, 岸本は, 帝国芸術院会員が, 帰つて来, 帰るまいと, 帰途に, 廓然, 建物の, 廻って, 当るが, 彼にとって, 御滞在, 御用が, 必ず尽きる, 必ず沈み, 忘れましたが, 快晴であった, 思うこと, 思ひの, 恰度日曜日, 手間が, 持ちますから, 掌に, 支那の, 斜に, 斜関屋の, 斯うし, 新太郎の, 日が, 日にも, 日曜だった, 日曜であり, 日曜日であった, 旧の, 早く起き, 早や, 明らかに, 明治四十二年の, 春日山の, 昼から, 昼の, 時の, 晴天で, 暇を, 暑い日, 暑しのぼり, 暑し草, 暖かでも, 暖く, 暗いうち, 暮る, 暮れかかりました, 暮れたけれども, 暮れたの, 暮れても, 暮れに, 暮れました, 暮れまする, 暮れゆくに, 暮れるに, 暮れるまで, 暮れる雨, 暮れんとして, 暮れ方から, 暮れ易い, 暮れ果て, 暮れ雪は, 曇りしろき, 月の, 月曜です, 朗らかに, 朝, 朝からの, 朝ひどい, 木が, 本郷の, 来るに, 某所の, 校長から, 校長も, 棒は, 橋の, 死んだ母, 殊に何だか斯, 残暑の, 毎日の, 気の, 水を, 永し, 永久に, 江戸の, 江戸を, 決して遠い, 決つてゐる, 沈むべし夜, 没して, 河の, 治らせ大日, 沼津で, 泊って, 洞に, 浅え, 海で, 淋しい, 淋しいわ, 温き, 漸, 漸く落ち, 無いので, 無心に, 無理に, 無量寺の, 照つてゐました, 照りかがやく地, 照りながら, 照りわたり, 照る高き, 熾なる, 燬かむ, 父も, 物に, 物凄い荒れ, 特別な, 王様を, 珍らしい, 生れて, 甲州の, 甲田は, 男の, 町の, 疲れて, 白き難波薔薇, 白つ, 皆目なかっ, 目の, 直射し, 相変らず, 真昼, 短いと, 短えや, 碌々寐る, 確かに, 神戸へ, 神田の, 祭の, 私達の, 秋, 秋に, 秋の, 稀である, 稀な, 稍傾いた, 稜の, 空しく立, 空しく過ぎ, 窕子は, 立居も, 竹屋へ, 節子は, 素子の, 終わったの, 経って, 経ても, 結晶の, 続きました, 緩り遊んだ, 縁側の, 自分に, 自分は, 自分も, 芥川の, 花お, 花に, 花の, 花も, 花咲き足らひ, 英烈竜王の, 菖蒲湯である, 落ちた, 薄曇りで, 血の, 裸で, 西風が, 親父の, 記事が, 話の, 起き寒い, 身体が, 輝いて, 近いと, 近きに, 近づいた, 近づいて, 近づく, 近来に, 退屈ねと, 透りつつ, 遂に来た, 遊び雨には, 遊んで, 過ぎたの, 過ぎたのに, 過ぎ去つた, 道綱と, 部屋に, 部屋の, 金曜日だった, 長いし, 閉廷と, 間が, 陰って, 陰暦の, 陰気に, 障子を, 難面も, 雨だった, 雨も, 雪の, 雲が, 霞の, 青々と, 静かに, 靜かに, 非番の, 頭が, 顔を, 風邪の, 飯が, 飯を, 飲食も, 馬鹿に, 駒ヶ池の, 高いの, 高く昇っ, 高し, 高し風たち, 鶯も, 麗かに

1 [5072件 抜粋] ああいう, あさひは, あたりつつ, あつて, あの河内平野, あらんとも, ありませんよ, あわただしく暮れ, いかがでしょう, いそ, いつか暮れかけた, いつぞと, いつの間にか暮れた, いつも梅, いまも, いよいよ荊州城市, いろんなこと, うす曇りであった, おおよそ毎週, おなかの, おもに女連, おろか一週間かかっ, お加減, お帰り, お濕, お釈迦様の, かかりましょうか, かかる用事, かなりな, かれら, きまつ, くれぬ雨, こちたき草, ことに霧, この仕事, この心, こまるでないか, こんなお話, さしかかった用, さみしいひとり, さんざんな, しだいに暮れ, しみじみと, すえ子の, すこしかかりすぎる, すつかり, すでに没した, すでに食糧難, すやすや眠った, ずんずん升つて, そう高く, そのま, そのまま帰った, その事, その女の子, その日中, その翌日, その麺麭, それぎりで物も, それなり何処, それ位に, たいてい彼女, たたれませんよ, ただ唖者, たっぷりと, だれでも, ちょうどその, ちょうど四十面相, ちょうど謝肉祭末日, ついこうして, つつしんで, てきめんに, とうとう分らずじまいです, とうにすぎた, とても出かけられない, どういうわけ, どうしてよう, どうもいけない, どちらも, どんみり, ないね, なかっただろう, なくても, なく母, なほその, なんとなく気, ぬくし坊瀬, はじめから, ひかりかがやき, ひどかった, ひどく落, ふところが, ほとんどあるまい, ほんとうに, まあそれ, まさにきょう, まず雲龍寺, また博物館, また馬鹿, まだほんのりと, まだ持ち, まだ沈み, まったく暮れた, まるで無, みな新しい, むなしく過した, めっきり衰え, もういつか, もうよほど高く, もう加賀, もう大変, もう春, もう発端, もう落ちた, もう高い, ものを, やって来たの, やはり雪, ゆき子の, よいでしょう, よくさしこん, よけいに, ろくな仕事, わけてうるさい, わたしの, ア, イーハトヴは, カフエで, グッド, スキヤキを, タップリと, ネクタイの, パン屋キオスクなどだけ, ヘルンの, マンは, ユキ子が, 一つ影は, 一切娘の, 一天晴れ, 一応引合せられ, 一日じゅうわたしは, 一日中に, 一日十二時間の, 一日時, 一日臨検を, 一日黙っ, 一粒の, 一間半ばかりの, 丁度正月, 七日に, 三どもやり, 三千代を, 三月に, 三角畑の, 上覧芝居お前も, 下見を, 不破家を, 両軍, 丹治父子が, 之が, 九月三十日が, 亀戸での, 二三年前から, 二十九日と, 二千五百の, 二日分の, 二階に, 五時しまいでありました, 五色温泉を, 京都へ, 人生流離の, 今までの, 今日だけ, 今高き, 他吉, 伏見泊まりの, 休日に, 伝はらない, 何かしら春の, 何となく気分, 何れの, 何心なく, 何時の, 何處へも, 來るべし, 俳句の, 傍から, 傾けり仄闇, 僕は, 先ず遠い, 光りいまだ, 入り客, 入浴日で, 全く無駄足, 全然出かけません, 八月なり, 公売処分の, 六月の, 其所に, 冬らしい, 凄く真紅, 出かけます, 出発前で, 初めダグラスが, 判然土に, 別れましたが, 前以つて下女, 前日左の, 動いて, 勤め口に, 北朗自身で, 十一月十二日に, 十五夜に, 十日に, 十里以上歩いたです, 午なる, 午前中西山君に, 午後中水がわりに, 半蔵が, 南風楼が, 即答を, 参詣者が, 友人の, 古いサイレント映画, 各国から, 吉日でも, 同年十月十六日, 向かい合って, 呪うべき日, 啄木の, 四ヶ月のむ, 四月八日で, 国境ひ, 土用に, 坐敷, 堯が, 壮観です, 夕陽に, 外国公使その他の, 多少むッつり, 夜店出しの, 大げさに, 大丈夫だ, 大分前に, 大変早く, 大川を, 大抵異常, 大紋風折烏帽子の, 天心にか, 太田の, 奉行所の, 奴さん出歩けない, 姉に, 婿の, 孔子でさえも, 孫娘を, 安川が, 定刻に, 実物を, 宵も, 容態が, 寄らなかった, 寒し高き梢, 寮門に, 尊氏に, 小姓の, 小春日和の, 小鰡, 少し立った, 尾州藩出身の, 山を, 山鳴りの, 島まで, 工場を, 巴里に, 帰らず, 常に麥笛, 平次も, 幸い御, 幾許か, 座敷に, 引くに, 彌太郎の, 当然一日, 彼らを, 往来の, 後三日の, 御下問日, 御荷鉾山, 心がけて, 必ずしも霞亭一家, 必然休む, 快晴也, 思ひ消, 恋ひ, 恰度, 想像に, 愛宕の, 憶良の, 我がため, 戻らぬ予定, 打ちど, 持つだろう, 支倉も, 散歩だけ, 文化三年七月五日である, 文化三年六月二十七日である, 文楽師匠馬生師匠りう馬師匠他, 新しい一世紀みたい, 方角も, 既に入りたる, 既に第, 日も, 日曜だつた, 日本においては, 日頃仲好しの, 早く岩井, 早朝小型機が, 明けた, 明日だけじゃ, 明治節で, 春社で, 昼少し, 時あり, 晃一が, 晴で, 晴雨定めない, 暑くなる, 暖かった, 暗黙の, 暮れが, 暮れぬ鰯なほ, 暮れやすい, 暮れる路, 暮れ船底を, 曇った六月, 書く物, 最終の, 有った, 朝っ, 朝奈良の, 朝食に, 未だそう傾い, 本当にありがとう, 杖を, 来ないであろう, 来りぬ和田中央気象台技師, 東の, 東宝ブロックの, 林三郎殺しの, 栖方を, 桟敷を, 植木屋らしい, 極めて速, 樣子を, 欝陶しい, 次郎の, 正月の, 此處で, 歸途に, 殊にはげしく, 殘雪の, 殿様お, 毎日二つの, 毎週水曜日と, 気温の, 氷室の, 永く且つ, 池田村に, 沈みかけました, 沈んだけれども, 沢山御馳走, 泊らなかった, 波間を, 流れるよう, 浅草で, 浦, 海をか, 深川八幡の, 湯殿山の, 漁が, 漸く高く, 濟んだ, 烈しく照り, 無尽蔵に, 無辺に, 照らせども, 照り小刻み, 照るを, 燃えつづける, 父を, 物の数では, 特に大門, 犀川附近の, 独逸から, 玩具箱を, 理窟では, 生国魂の, 甲子に, 町は, 當時の, 病室には, 白い海軍中尉, 白雲豊かに, 皇太后陛下の, 目前に, 直に経っ, 真赤なる, 瞬く間, 短いの, 短く仕事, 砂金を, 社長は, 福山へ, 稀有な, 穂高岳に, 空中を, 窓に, 立派な, 第二, 節子に, 約二千, 素直に, 終れり, 終日女梁山泊を以て, 終日舟から, 経ぬる, 続かなかった, 縁起を, 義詮を, 老医師, 聖上陛下の, 腕まくりも, 自動車で, 舊い, 船津川高山など, 花聟の, 茨の, 荒れると, 落ちなかった札所下, 落馬を, 蓋は, 薄暗い夕暮, 藩の, 血珠を, 褐色の, 西田君に, 見なければ, 覚めきらない悪夢, 覺えて, 記憶しない, 誰に, 諸聖祭, 警察で, 豪雨を, 賽銭が, 赤口といふ, 起き上がれますまい寝床, 車中で, 辞し去つた, 近かった, 近づくのに, 追えども, 途, 速達を, 遅々たり, 過ぎたうとう, 過ぎ月, 違うね, 遠くに, 部落の, 釀されぬ, 金の, 釣瓶おとし, 銀杏の, 鑛山が, 長くなった, 門番に, 閑暇なから, 防ぐこと, 陰りて, 陽氣な, 集まって, 雨は, 雨風に, 雪解の, 霜花と, 静に, 革命記念日を, 頭の, 風雨が, 食堂などでも, 餌の, 駕籠を, 高い鉄格子, 高くとも, 高井野, 鰯が, 麗かにあたりに, 黄色く照り

▼ 日~ (6545, 5.5%)

376 暮れて 226 暮れると 132 来た 128 暮れてから 57 暮れた 54 続いた 45 暮れても 44 暮れる, 照って 38 くれて 37 つづいた 36 多かった 34 暮れかかっ 33 暮れるまで 30 あった, 来て 28 射して 27 あたって, たって, 来ると, 経った 26 幾日も, 暮れかかる 24 ある, 暮れかけ, 暮れるの 23 たつにつれて, な一日 22 落ちて 21 来るの, 経って, 近づいて 20 暮れか, 続いて, 迫って 19 つづいて, 多くなった, 来たの 18 あつた, 來る, 当って 17 来れば 16 きた, 出て, 沈んで, 西に 15 過ぎた 14 来ても, 経つにつれて 13 つ, 來た, 来ました, 短かく, 過ぎて 12 あたつ, さして, たつにつれ, 暮れかかった, 来る 11 さを, 多い, 多かつ, 暮れてからは, 経つに, 続きました, 過ぎると 10 くれてから, たつに, やって来た, 来るであろう 9 あたる, くれると, 傾いて, 暮れそう, 暮れました, 輝いて, 陰って

8 [15件] あって, あるの, かげって, たった, とっぷり暮れ, やつて, 当たって, 映って, 暮れたの, 暮れれば, 来たと, 来ること, 経つにつれ, 續いた, 落ちると

7 [18件] あっても, あると, きたの, きて, たつと, つづきました, まったく暮れ, 一ぱいに, 來て, 多くなつた, 暮れたので, 暮れようと, 暮れる頃, 来るまで, 沈むと, 照つてゐる, 經ちました, 高くなる

6 [27件] くれる, すぎて, たつに従って, つづいたの, つづく, やって来たの, 一面に, 出ると, 参りました, 多くなる, 当ると, 暮て, 暮れたと, 暮れないうち, 暮れるころ, 暮れるよ, 暮れ夜と, 来た時, 永い, 浅いので, 照る, 立ち月, 經つ, 続く, 續い, 近づくにつれて, 高くなっ

5 [32件] あつて, あるばかり, あろうとは, きました, さして来た, たちました, てって, とっぷりと, まともに, 何日も, 來ました, 半年の, 多いの, 多いので, 山の, 幾日か, 昏れてから, 暮れたよう, 暮れようとして, 暮れるまでに, 暮れる前, 来るかも, 流れた, 流れて, 照っても, 照れば, 私の, 経つと, 経てば, 続いたが, 蔭って, 高く昇っ

4 [55件] あるかも, あるに, あるよう, かげると, くる, くれた, くれても, くれるまで, すんで, たてば, だんだんに, ない, ほんとうに, もう暮れ, やって来て, 入りかけた, 出た, 多くなり, 射し込んで, 廻って, 恋し, 斜に, 日が, 日に, 暮れかけた, 暮れたから, 暮れたばかり, 暮れた時, 暮れてからの, 暮れらあ, 暮れるじゃ, 暮れるぞ, 暮れると共に, 暮れ夜が, 来たので, 来るに, 毎日つづいた, 沈んでから, 照らして, 照りだして, 照りつけて, 立って, 経ちました, 経っても, 経つて, 続いたの, 落ちてから, 西の, 訪れた, 近づいた, 近づいたの, 近づくにつれ, 過ぎる, 過ぎれば, 間に

3 [103件] あたり, ありました, あるか, あるかと, あるから, あること, あるもの, あろう, いいと, いく日も, うら, うららかに, かんかん照っ, きらきらと, くると, さしこんで, さは, すっかり傾い, すむと, そそぐ, それから, たってから, つづいたので, つづくと, つづくの, ないから, な毎日, へりの, ほこほこと, ぽかぽかと, よく当たる, よく当っ, カンカン照っ, トップリと, 一日も, 上って, 二月も, 來ても, 傾くと, 到来した, 到来する, 多くて, 多くなっ, 始めて, 幾日と, 当つて, 待ちど, 悪いの, 斜めに, 早く来れ, 昇るの, 映して, 暮る, 暮れかかりました, 暮れさ, 暮れさうに, 暮れたか, 暮れたっ, 暮れたに, 暮れたのに, 暮れたら泊って, 暮れてからも, 暮れては, 暮れなけれ, 暮れましたから, 暮れます, 暮れますから, 暮れるから, 暮れるに, 暮れるのに, 暮れるまでには, 暮れるまでの, 暮れ切っ, 来たか, 来たこと, 来たもの, 来るだろうと, 来るでしょう, 来るまでは, 東から, 毎日, 沈みかけて, 浅い, 浅いから, 済んで, 照ると, 目に, 短い, 短くて, 短くなっ, 私には, 程は, 終って, 経ってから, 続いても, 続くと, 続くよう, 落ちかかると, 過ぎたの, 長くなる, 高いので, 高くなった, 高く上っ

2 [323件] あかあかと, あかるく, あたった, あたれば, あつたり, あぶないと, あらうとは, ありましょう, あります, あるだけ, あるだろうか, あるであろう, あるならば, あろうぞ, いつかは, いつまで, うまく済ん, うらうらと, えりで, かかると, かげった, かげる, かん, かんかんし, かんかん当っ, かんかん照りつける, きたとき, きっと来る, きまらないだけ, くるかも, くるの, くるまで, くるわ, くれかかると, くれないうち, この村, ございましょう, さが, さしてきた, さしてる, さしてゐる, さして居る, さして風, さし入り階下に, さす, さす柿, させば, さの, しずんで, すぎた, すつかり暮れ, すんだら我家, すんでから, せまって, そこに, たつうち, たつて, たつほど, だん, だんだん暮れ, ちやうど, ついに来た, つづいたあと, とうとうやって来た, とっぷり暮れる, ないちん, ないとも, ないの, ないやう, なかった, なくなつた, なつかしい, な一日ごろ, な一日オピアム, な一日単調, な日, な終日, ぬつと, のぼり羊歯, のぼると, ほとんどなく, まいりました, またと, まだ浅い, まっ白に, めぐって, もうぢ, もう一箇月, やがて暮れ, やってきた, やってきたの, よく晴れ, トップリ暮れ, 一つの, 一年の, 一日でも, 一日一日と, 三日も, 上った, 上ると, 二人の, 何うなる, 傾いちやつた, 傾くにつれて, 僅に, 入って, 入りかけて, 全く暮れ, 六尺の, 出たが, 出ぬうち, 出るの, 出るまで, 到頭来た, 合って, 吉い, 四五日も, 四五日続いた, 困るので, 地上に, 地平より, 塵に, 大きい甍, 大そう間, 始まり, 始まる, 始まるの, 定った, 射せば, 将軍家の, 小田原第, 山に, 山には, 岩手山の, 岸の, 巡って, 差して, 己の, 幾度か, 廻る, 強く照る, 強烈な, 当たると, 当る, 当るし, 影って, 影る, 往来の, 待たれました, 待ち遠しい, 待つて, 徐々西の, 御座います, 御開帳, 復た, 心待に, 急に, 恐しく早く, 悪かった, 日曜だった, 昃って, 昇って, 明けて, 明けては, 明らかに, 明るく射し, 明るく照っ, 晩年であった, 暖かに, 暖く, 暮てから, 暮るる, 暮れ, 暮れさえ, 暮れたからと, 暮れたが, 暮れたその, 暮れたつ, 暮れたもの, 暮れたら, 暮れたら急, 暮れた事, 暮れた時分, 暮れだした, 暮れだす, 暮れてひどく, 暮れない, 暮れぬうち, 暮れねえのに, 暮れますね, 暮れや, 暮れようが, 暮れるが, 暮れるだあに, 暮れるという, 暮れるよう, 暮れる向, 暮れ出す, 暮れ落ち, 最初なら, 朝から, 来たぞ, 来たとき, 来たならば, 来たよう, 来たらそれ, 来たら私, 来ないとも, 来ない方, 来なければ, 来よう, 来りゃあ, 来るか, 来るから, 来るぞ, 来るで, 来るまでに, 来る前, 正面から, 毛脛を, 決して遠い, 沈む, 沈む頃, 没して, 没してから, 洩れて, 済むと, 漸く暮れ, 濟んだ, 濟んで, 灸の, 無いと共に, 無くならない限り, 照った, 照ったり, 照つた, 照つて, 照つてて, 照りつけても, 照りつけると, 照り付けて, 照り渡っ, 照り輝いて, 照るし水, 照れ, 照ろうが, 熟し, 熟して, 燻べられたやう, 現れて, 畳の, 短いん, 短くな, 短くなる, 短け, 窓に, 立つにつれて, 終った, 終りに, 終ると, 終るの, 経ったが, 経った時, 経つうち, 経つごと, 経つに従って, 経つ内, 続いたあと, 続きだした, 続き出した, 続くこと, 続くので, 續きました, 續く, 舂き柳, 芥子に, 落ちた, 落ちたばかり, 落ちる, 藤沢第, 訪れて, 詰まって, 谷の, 赫々と, 近い, 近いと, 近くな, 近くなった, 近づいたこと, 近づいたと, 近づいても, 近づくと, 近づくに従って, 迫った, 送れて, 遁げて, 過ぎたが, 過ぎてから, 過ぎました, 過ぎ去った, 重なって, 重なるにつれて, 長い, 長いと, 長いの, 長くって, 長げえ, 闌けて, 限って, 陰ったよう, 障子に, 障子の, 雲の, 頭の, 頭上に, 顔に, 高い, 高いの, 高かった, 高くな, 高くなり, 高く出た, 黄いろ味を

1 [2467件 抜粋] 〆切だ, あかるくさしこん, あたいなら, あたたかそう, あたってる時, あたり小, あったせい, あったと, あったらその, あったり, あつたら, あの時, あやに, ありこの, あり地, あり月, あるだろうかとも, あるであろうと, あるなんて, あるわけ, ある日々好日, あろうかと, いいかの, いい心持ちそう, いちばん好きだ, いつかぼんやりと, いつくるの, いつ何時, いよいよ来た, うつくしかつ, えに, えり出来る処, おじゃる, おもしろいという, お庭, かうか, かかるだろう何年, かけあし, かげりつつ, かたむきかけて, かなり多い, かんかんしやしない, かんかん照つ, きたので, きっかけと, きます, きまりましたさうですな, きらきらかがやきだした, ぎらぎらと, くるたびごと, くるまでに, くれかかるころ, くれたの, くれたらふたり, くれました, くれるでしょ, くれるわ, くれ正一君, ここに, この光栄, これまでの, ございますの, さしこむので, さしてうそ寒い, さしてその, さして山, さして水蒸気, さしはじめたけれど, さし始めたと, さし込んで, さすね, さす雨, しずかだった, しだいにかず, しばらくは, じりじり照りつけ, すぎたばかりと, すぐそこ, すっかり暮れ, すべてそうだったでありましょう, すむまでは, ずっとつづいた, ずんずん近づい, そうそう多く, そしてもはや, その後に, その薄き, それで, そろそろかげり, ただの, たち妊娠, たった天保銭一枚, たつても, だいぶ傾きかけ, だんだんと, だんだん昇る, ちかづいてからは, ちょうど冬, ちらついたまま, つづいたが, つづきましたので, つづくよう, てり小鳥, とっぷり暮れた, とても長く, どうなる, どれだけの, ないこの, ないもし, なかったであろう, なくなって, なんとなく記念日, な一日吟味, な一日梵語, な一日油, な三界遊び, ぬっと伸しあがっ, のぼります, のぼれば, はじまつてから, はじめてだった, ぱあつと, ひとあらし, ふりそ, へりを, ぽかぽかあたっ, まいるよう, またちかづく, また二三日, また少し続いた, まだあ, まだ高く, まったく射し, まわって, めぐつて來, もうよほど傾い, もう御岳, もはや一日々, やがて十日, やがて来るだろう, やってきますぞ, やって来ました, ゆたかに, よう, ようやく高く, よく当, よく照っ, よほど低かっ, わからん, アカアカと, カラリと, キラキラさし, セナカから, バクハツだ, マア坊の, 一の酉で, 一周忌に, 一日いや, 一日恵まれた, 一月以上に, 一点, 一番落着い, 一週間も, 丁度一ぱいに, 三ヶ月も, 三年に, 三日ほど, 三月二十三日だった, 上っても, 上るの, 丘の, 九百三十回その道にあたる, 事件中紛糾混乱の, 二三日の, 二三日續いた, 二十三日であった, 二十日近くも, 二日あった, 二時間あまりで, 五十日の, 五日続いた, 今から, 今日な, 仏事の, 何した, 何と自分, 何時しかトツプリ, 何時暮れる, 佳いと, 俺の, 偶然に, 傾いた, 傾きかけて, 傾き尽して, 働く日, 充実し, 光る, 入つて珍, 入るよう, 全く沒, 八月の, 其れ, 写って, 出きれないうち, 出ましても, 出る, 出る方, 出立でございました, 切迫し, 初めてでした, 初日じゃ, 到着した, 副館長, 十一月一ぱいは, 十何回か, 千秋です, 南から, 即葬の, 参るの, 口切りで, 合いまする, 吉日と, 向うの, 命じゃのう, 喜んで, 四十日で, 土曜に, 堪らなく恋しく, 外を, 多いところ, 多くついぞゆっくり, 多く所在, 多く関ヶ原あたり, 夢うつ, 大事な, 大変長い, 天奏衆御馳走の, 好かった, 如何に, 始まり社会的共同生活, 嬲りつい, 宗助の, 定められて, 室の, 射したもの, 射し込む, 射すのに, 小田原泊りという, 少しでも, 少し長, 山の上へ, 山陽の, 左義長, 帰って, 年暮から, 幽かに, 庚戌会の, 延びる程, 強いと, 当たるもの, 当つて富士, 当り, 当るけれど, 当るんで, 彼等の, 待たれます, 待ち遠しいの, 後の, 心待ちに, 必ず来るだろう, 忽然と帰つて, 思ったよりも, 恋しく現在, 悪いだ, 惡いから, 憂鬱を, 投票日で, 改まって, 數へ, 新しい重要, 日だけに, 日曜日だつた, 早くたっ, 昇りかけました, 昇るに従って, 明けねえうち, 明るくて, 明日に, 昏れるので, 春の, 晴やかに, 暗くなりだし, 暮せそう, 暮らせますか, 暮れきって, 暮れそして, 暮れたけれども, 暮れたです, 暮れたばかりの, 暮れたらどこ, 暮れたら俺, 暮れたら寒い, 暮れたら早速, 暮れたん, 暮れた窓, 暮れちまうと, 暮れちゃ, 暮れてるぞ, 暮れなくちゃ, 暮れば, 暮れましても, 暮れますと, 暮れらね, 暮れるころ一緒, 暮れるだろう, 暮れるとき, 暮れるので, 暮れるや, 暮れる秋風, 暮れる頃おい, 暮れ人里遠き, 暮れ地球の, 暮れ昌黎で, 暮れ火が, 暴風の, 曇れば, 最も重要, 最後だった, 最早終わり, 有るだろう, 木村重吉の, 未だ高く, 来たかと, 来たね, 来たらせめて, 来たら万民, 来たら憐れ, 来たり, 来た後, 来ないかも, 来ましたので, 来ようと, 来るぞよと, 来るだろうとして, 来るでしょうあなた, 来るならば, 来るもの, 来る迄, 果たして幾日, 椽に, 次々来る, 次第に暮れ, 正式の, 残って, 毎日よく, 比良比叡の, 水の, 永いから, 永くなった, 永く捨てられた, 決定したら, 沈み掛かって, 沈み限る頃, 沈む国, 沙河の, 洩れかけた, 流れ玄二郎, 浅くいちばん上, 浜に, 涙の, 淺いにも, 済んだら店, 済んだ翌, 満月でした, 漏れて, 濟ま, 烈し過ぎ, 無くなっても, 煌々と, 照ってる, 照つたり, 照つてゐた, 照つて正月の, 照らぬから, 照りつけた, 照ります, 照り小鳥, 照り礫, 照るから, 照るもの, 照る百舌鳥, 照ろうと, 熱の, 特に暑い, 珍らしい, 生れた, 當つ, 當つて恁う, 登つた, 百姓平次郎に, 目前に, 相当に, 真正面に, 眼に, 短いから, 短い時分, 短かい, 短く夜, 硝子障子に, 神奈川泊り第, 私ァ, 程よく暖かい, 空しくすぎ, 窓から, 立ちますからねエ, 立つにつけ, 箱根八里御用道中です, 約二十日余り, 終りほか, 終わるという, 経ちますと, 経ち空, 経つに従い, 経つ毎, 経過すれ, 經ち過ぎた, 經つて居る, 続いたので, 続いた跡, 続き僕, 続き始めたので, 続くうち, 続くの, 続けば, 緩く行く, 繰り返されて, 美しく清らか, 翳り庭全体, 耀いて, 脳天から, 自分の, 色づく, 草木を, 落ちかけて, 落ちたらしく波, 落ちようと, 落ちる山, 葬式の, 薄くなった, 蘭の, 行渡って, 見付からなかった, 解つてゐれ, 詰ります処, 誰に, 赤い夕焼, 車窓の, 輝き始める, 輿入と, 近いであろう, 近づいたぞ, 近づきかねてから, 近づくの, 近まり, 迫つて來る, 迫ると共に, 送れないの, 送れるので, 通つて金の, 遅れやしただ, 過ぎたこと, 過ぎた或, 過ぎ三日, 過されませぬ身体, 過た, 違わぬから, 遠慮なく照り返す, 部屋, 重なるに, 野面に, 釣瓶落としに, 長いがな, 長い日, 長くつづくで, 長くなった, 長く続く, 閉場る, 間夜昼なし, 闇夜の, 陰りでも, 随分あった, 隱れたら, 雨に, 雲から, 静かに, 頻に, 食べ頃で, 駄目である, 高いと, 高くのぼっ

▼ 日~ (5684, 4.7%)

88 三日も 73 四日も 55 来る日 50 暮れて 42 あった, 前から 32 かかって 31 ある 30 前に 24 二十日も, 何日も, 早くこの, 私は 23 夜も 22 朝から 21 あつた, 六日も 20 五日も 19 前の, 風の 17 すれば, ない, 早くお, 経って 16 たつと 15 くる日, なかった, 続いた 14 もう暮れ, 十日も, 早くその 13 あれば, 経つと, 経てば 12 二日も, 帰って, 次の, 経たないうち, 經た, 続いて 11 たたないうち, 彼は, 早くと, 生きて, 雨が 10 経たぬうち, 過ぎて 9 すると, た, 飯を 8 たてば, やがて暮れ, 早く, 早く御, 早く父, 早く自分, 続けて, 缺かさず

7 [15件] ありました, ここに, その翌日, たたぬうち, とっぷりと, またその, 一緒に, 八日も, 同じよう, 家を, 暮れかかっ, 暮れた, 私の, 逗留し, 速かに

6 あろう, その次, なくて, まえから, 同じこと, 彼の, 彼女は, 早く東京, 暮れてから, 速やかに

5 [26件] いつもの, たってから, つづいて, つづけて, また次, 七日も, 休まずに, 僕は, 十五日も, 外へ, 家へ, 寝て, 幾日も, 早い方, 早くあの, 早く家, 早や, 暮れか, 暮れかかった, 暮れかけ, 欠かしたこと, 經つてからの, 自分の, 近づいて, 遠くは, 雨の

4 [33件] すがら夢みつつ, すでに暮れ, たって, つるして, はやくこの, ようやく暮れ, クリストフの, 一月も, 二人は, 先に, 前からの, 同じ時刻, 多かった, 姿を, 家に, 待って, 忘れたこと, 早かれと, 早くこれ, 早く下手人, 早く奈良, 早く帰っ, 早く解決, 暮れかかる, 暮れたので, 来た, 此元興寺の, 濟ま, 無事に, 物を, 私が, 経ってから, 遠くない

3 [92件] あったが, あったの, あったもの, あって, ありましょう, あるまい, あるもの, あるん, あろうに, いく日も, かかった, かかる, かかること, くれて, これを, しないうち, すがら, すぎて, すっかり暮れ, そうでした, そこに, そのまた, それを, そろ, たうとう, つづいた, どの日, ないこと, ないよう, なし, ゆふ, ゆるがせに, わたしは, 一刻も, 人の, 休むこと, 來る, 例の, 保つべからず, 出ないうち, 半月も, 夜を, 庸三は, 心の, 忽せに, 早いが, 早くやめ, 早く地球, 早く嫁, 早く恢復, 早く戦争, 早く日本, 早く来る, 早く死ん, 早く私, 早く結婚, 早く西洋, 早く郷里, 暮るる, 暮れかけた, 暮れに, 暮れぬ, 暮れようと, 暮れんと, 月も, 朝の, 来て, 来る夜, 残って, 済まないうち, 無し, 猶予し, 留守を, 経った, 経つか, 経て, 經たぬ, 經つてから, 続くと, 續けて, 置くと, 自分が, 自分は, 落ちて, 見て, 身を, 近づいた, 迫って, 速か, 銀子は, 頭が, 食わずに

2 [338件] あの屋敷, あらば, あり, ありき, ありましょうが, あります, ありません, あるから, あるだろうと, あるに, あるのに, あるべ, あるよ, ある取止め, あろうが, い, いたら頭, いっしょに, いつか暮れ, いよ, いると, おちず生めよ殖えよよく, お前が, お前は, お父様, お風呂, かかったこと, かかったの, かかりその, この家, この頃, これで, これ足らざる, これ足りない, こんどは, ご飯を, ささない風, させにごり川, して, すがら夜, すぎてから, そうであった, そう遠く, そのつぎ, その次ぎ, その翌, その通り, たちました, たちまして, たったよう, たった頃, たつに, たつの, つぎの, つけて, つづきました, つまりけり, とっぷり暮れた, ないし, なかりしを, なにも, なべてさびしく, はやくと, はやく御, はやく来, ひどくいい天気, ふらふらと, ぶっ通し, まえに, また同じ, また寒い, また昨日腰, まだ浅い, まったく暮れ, むだに, やがてありし, やがて夜, やって, やはりその, やれば, ゆるか, ようやく西, わかず暮れ, わずか四, わたくしは, ヒームカさんや, モウ左程, 三十日も, 不在を, 之れ, 云ふとるだ, 人に, 以前から, 休まなかつた, 休む事, 休暇が, 住んで, 何の, 何事も, 何十日も, 來た, 來なかつた, 例によって, 倉の, 傍を, 僕の, 前で, 十四日月は, 午から, 午後の, 半蔵は, 参詣人で, 口を, 右之, 吹雪が, 囚人に, 夕ぐれ筆やが, 夕方まで, 多い, 夜の, 宅へ, 安ん, 安住を, 安全を, 安心さした, 家の, 家ん中ばかりに, 少しずつ, 居たならお, 居て, 山の, 岡田の, 嵐の, 帰らない, 常の, 床に, 庭に, 延びたので, 廿日も, 引留めて, 当に, 待たねば, 待てば, 御壮健, 御飯を, 御馳走に, 心に, 忘るる, 忘れたが, 忘れて, 忘れること, 快く御, 恰度学校へ, 我慢が, 放って, 放つて, 新聞が, 旅を, 旅行し, 日が, 早いこと, 早からん, 早くあなた, 早くこんな, 早くです, 早く一人, 早く丈夫, 早く上京, 早く世人, 早く中国, 早く全快, 早く兵馬, 早く出獄, 早く到来, 早く君, 早く商売, 早く国民, 早く天下, 早く子供, 早く完成, 早く実現, 早く帰りたい, 早く彼女, 早く彼等, 早く快く成つて, 早く房州, 早く手, 早く新聞, 早く春, 早く朝廷, 早く来, 早く来らん, 早く楽, 早く死んだ, 早く江戸, 早く湯, 早く独立, 早く癒, 早く祝言, 早く自発的, 早く荘田夫人, 早く行きたい, 早く親分, 早く貴方, 早く身, 早く退院, 早く逐い出し, 早く適当, 早く郊外, 早く閣下, 明けないありさ, 明けないよう, 明けないツ, 明けぬと, 明けぬ時代, 晩から, 暖に, 暮して, 暮しますよ, 暮れたが, 暮れたに, 暮れた地面, 暮れぬうち, 暮れました, 暮れる, 暮れ方, 暮れ近く旦那つりより, 書斎で, 朝も, 朝野の, 来ぬ, 来るの, 来る月, 東京に, 校長が, 櫛を, 欠かさず水, 欠かさないの, 欠かすこと, 次第に暮れ, 此般の, 殆ど人間と, 水の, 永く生かし, 決して遠い, 汽車を, 沈欝なる, 泊って, 流連し, 浅いが, 浅いのに, 消えて, 満足に, 滞在する, 漸く暮れ, 濃い霧, 無かった, 無くて, 無智, 照りつづい, 照りはか, 玄徳は, 王子は, 現時の, 生徒を, 目前に, 相変らず, 知らず星, 短かく, 碌に, 社交と, 私たちは, 私に, 私一人, 立って, 糞を, 終わって, 経たないのに, 経たぬ間, 経った後, 経ってからの, 経つて, 経過し, 經つ, 經つた後でした, 經つと, 続いた七月, 続く, 続けば, 維れ足らざる, 練習したら, 續い, 缺かしません, 翌日も, 考えて, 聞き慣れた人, 舟がかりした, 航海する, 船も, 良人の, 落ちた, 葉子は, 西の, 西山に, 観音崎の, 談論を, 費やして, 足らずといふ, 近いであろう, 近いと, 近かった, 近づきぬ, 近づき我命, 迫ったこと, 通った, 通って, 連載物に, 遅れて, 遊んで, 過ぎた, 過ぎたが, 過ぎたの, 過ぎた頃, 過した, 道に, 違えず六千貫, 酔が, 閣下の, 降りつづけた, 降り続いて, 降り続くと, 随分長かりし, 雲に, 顔を, 風まじり, 風呂に, 飢えて, 高いし

1 [3173件 抜粋] ああいう, あすこに, あっしと, あてや, あの亡くなった, あらしに, あらばと, ありぬべし, ありまたまた, あり雨, あること, あるでお, あるので, ある今夜報酬, あんな人たより, いた, いつのまにやら, いないで, いや一年, いらっしって, いられるよう, うらさび暮し夜, おかずお, おざろう, おちず夕さりごと, おなじ時刻, おり候時ハ, お信, お引き留めなされた, お振り返られ, お臥せり, お銀, かかさず入れて, かかった観相, かかりきって, かかるかも, かかるもの, かげって, かなり楽しみ, きのうと, くりかえしくりかえし夜, くれちまったじゃ, こうして自分, ここには, こちら一睡も, この偽り, この望楼, この街道, この黒塗り, こんな商売, さきの, さびしくって, しきりに討議, したらバス, しのんだが, じっとし, すがら光り重なりまた, すがら砂原, すがら雁来紅, すぎると, すぐだ, すでにくれ, すでに過ぎ去り, するうち, そうだっ, そっとあと, その上, その学問, そばへ, それであつ, たけなわの, たたんうち, たちますると, たっては, たつても, たまたま気まぐれ, だん, つぎに, つづいた夜, つとまるまいという, とうとう自分, とっぷりくれかけ, どこかの, ないだろう, ないほど, なおつやつや, なかでは, なくなんだか, なく夜昼七日, なく樹, ならぬよ, のって, はやくお母さま, はやくた, はやく健康, はやく呉, はやく妙計, はやく抗日職業者, はやく武蔵, はやく里数, ひとしく彼, ひねりまわしては, ぶらりと一人, ぼんやりし, まいりますもの, またおじゃん, また一頭, また出陣, また幾日, また来るなら, また足らず, また這う, まだまっ暗, まだ晴れなかった, まったく暮れない, みぞれ, めずらしいて, もう落ちた, もとは, やうやく, やがて来ます, やっぱりびしょびしょやっ, やつ下りの, やはり天気, ややくらみ, ゆるがせならぬこと, ようやく黄, よく当らない, より少し早く, わすれめ, われに, アンポンタンは, カンテラの, ヂツとしては, ハヤたそがれたり, ポカ, 一刻の, 一度づつ, 一日どころか, 一日雪だった, 一週間と, 万福寺内の, 三月の, 下らず派出看護婦, 不漁だ, 中央から, 久左衛門と, 予定日を, 二人の, 二条の, 亡いのちも, 亦足らぬ, 人間らしい寝, 今日の, 仕事に, 任務を, 休まなかった筈, 休みなく古い, 休むよう, 休息無しに, 会わないの, 体の, 何処で, 何遍と, 例年に, 保つべからざるはず, 停止すべからざる, 傾きて, 先々で, 入りござる, 全くと, 兵粮弾薬の, 凄まじく吹きつづける, 出でぬ時, 出掛けて, 初瀬の, 別段変事, 前かな, 劇務と, 勝手に, 勤め先から, 十三日も, 千代子は, 午前九時頃まで, 厭うこと, 又の日も, 取れなかつた, 史朗は, 同じく十月十日, 同じ方向, 同様山原を, 吹雪いたらこの, 周三は, 唸りて, 四五日の, 四郎さんは, 土曜日で, 垂籠めて, 場所も, 売切れると, 夕方だれも, 外出だつた, 多くは, 夜伽を, 大分傾き黒姫おろし, 大笑いした, 太郎は, 女の, 妾は, 学校から, 安んぜぬ様, 安閑としては, 実はその, 家屋に, 寛斎は, 寝ないため, 射さなければ, 小夜子が, 少し昃, 尚足らず, 居ては, 居られません若し, 屈辱すべから, 山端に, 工夫し, 帰らないと, 帰らなかったこと, 帷幕の, 平氣, 幸せで, 店晒しに, 建業に, 引留められます, 当座は, 彼女から, 往くと, 待っては, 後の, 御延引, 御逗留, 心待ちに, 忘れざる所, 忘れた事, 念仏を, 怠れない現状, 恐ろしいお山, 想ひ出せない, 懊悩しつづけ, 我が国人を, 戦局の, 手出しを, 投り込まれ, 拡げた蝙蝠, 捨てて, 掛った自分, 掛るところ, 放ったらかしに, 教会に, 文字吉は, 新吉の, 既に暮れ, 日の目を, 日曜よ, 早うこの, 早う死んだ, 早くあたし, 早くお前, 早くきれい, 早くしかも, 早くそして, 早くつくりたい, 早くなっ, 早くもう, 早くわし, 早くブロンズ屋, 早く一緒, 早く両親, 早く事件, 早く人類, 早く会いたくなっ, 早く來ら, 早く光子, 早く出し, 早く出立, 早く助かる, 早く原隊復帰, 早く取出したい, 早く喪, 早く大人, 早く太子, 早く妊娠, 早く孝之進, 早く実験測定, 早く小, 早く帰したい, 早く帰国, 早く年, 早く当, 早く往生, 早く恋, 早く成功, 早く持明院統, 早く接近, 早く敏子, 早く断念, 早く書きあげ, 早く村, 早く柳沢家, 早く正気, 早く死にます, 早く水車小屋, 早く法律的解決, 早く淨火, 早く無事, 早く犯人, 早く田舎, 早く百円, 早く知れます, 早く神奈川, 早く終らせよう, 早く罪, 早く脱却向上, 早く良人, 早く行かない, 早く裁判所, 早く解かれる, 早く賢, 早く退散, 早く連合軍, 早く都会, 早く除, 早く馳せ, 早朝彼は, 明けない, 明けない老人万能, 明けぬかの, 明らかに, 昨日も, 時も, 晏如と, 普通に, 晴代は, 暖かそう, 暗剣殺が, 暮した, 暮らせないひと, 暮れず, 暮れた七日, 暮れぬと, 暮れます, 暮れようとして, 暮れ切っ, 暮れ頃に, 曇天の, 月の, 有縁の, 期したるごとく汽車, 村中総出で, 来ようと, 来往の, 柔らぎぬ, 梨を, 楽々として, 欠かさずお前たち, 欠かさず走り, 欠くべからざる発明, 歌舞蹴鞠を, 止り候ハ, 此家に, 歩んだ麓, 残り少く, 母様の, 毎日眺め, 気分が, 永いが, 江戸へ, 汽車に, 沖に, 泊めた, 泣かずに, 洗わない臭い, 活動を, 浅いの, 浅くどんな, 浴客は, 海蔵さんより, 清らなる, 済みませんの, 満員という, 漕ぎ廻つた, 漾ひつ, 火の, 無い位, 無くッ, 無性し, 無駄足, 照らせ, 燃え続け江戸城, 狩野永徳は, 現実的に, 生憎に, 男鴨は, 留守居役の, 病臥した, 監禁された, 相乖離, 眠らして, 眼医者に, 知らずまた, 砲声を, 禅師さまが, 私たち子供に, 稼ぐつもり, 空しく蒼渺, 立たない内, 竹之助様は, 等閑には, 紅茶の, 終日入れ, 経ず起訴, 経たない房子, 経ちさえ, 経ったころ, 経っとるのに, 経ないうち, 絶え間も, 經てば, 続いたら僕, 続くかな, 続く時, 編輯長の, 繰り返した, 置いたら忽ち, 考えた, 考へて, 聞かされて, 腹掛一つの, 自由に, 船宿で, 若い娘, 茲に, 菰を, 葬られて, 薩摩下駄が, 血が, 行動を, 裸体に, 見ず吾待ちしこ, 見ないん, 見張つたの, 訪ねて, 読方の, 豆腐を, 費やしおること, 赤い煉瓦, 足らずそこ, 踏みしめたこと, 近い, 近いので, 近くなっ, 近づいたので, 返さなかつた, 追いつけぬこと, 逃げ隠れて, 通ったん, 速く日本, 逢わぬの, 遅く良人, 過ぎたその, 過ぎぬれど, 過ごすと, 違えては, 遠くから, 酒宴を, 鉛いろ, 長い道中, 長く家, 長崎屋へ, 間近かに, 降らぬと, 降り続いた後, 降れば, 陽は, 雄鶏が, 離れられない, 雨だつた, 雪が, 雪曇り, 青二は, 頑張れば, 風邪気味だ, 食べて, 食事を, 飲まずに, 養父へ, 館へ, 驟雨的の, 髯を, 麩が, 黙って

▼ 日~ (5153, 4.3%)

278 送って 88 送つて 79 暮して 75 経て 64 待って 55 受けて, 期して 45 過して 40 送った 35 暮らして, 送ること 34 浴びて 33 定めて 27 経るに 23 うけて, 追うて 22 待つて 21 経るに従って, 過した 20 きめて, 選んで 19 逐うて 17 過ごして 16 暮らした, 送りました 15 もって 14 浴びながら 13 暮した, 楽しみに, 經る, 見て 12 迎えた, 過ごした 11 経るにつれて, 送つた, 送らなければ, 送る, 重ねて 10 おいて, たのしみに, 置いて, 費して, 過ぎて, 隔てて 9 待った, 決めて, 私は, 繰って, 送る事, 過ぎても 8 かさねて, くらして, 待ちかねて, 忘れて, 迎えて, 送るよう, 限って 7 命日と, 楽しんで, 経れば, 費やして, 迎へ, 送ったが, 送ったこと, 避けて

6 [11件] すかして, すごした, つぶして, 中心に, 夜を, 暮すこと, 消して, 約して, 経るまま, 見ること, 費した

5 [16件] あびて, 前に, 同じうし, 境に, 待ちながら, 待つこと, 数えて, 暮らす, 經て, 背に, 記念する, 送ったの, 送るの, 送ろうと, 過ごすの, 過すこと

4 [47件] すぎて, すごして, つづけること, ひと日, まともに, 利用し, 卜し, 命日に, 夢みて, 待ちて, 待ち望んで, 待つと, 想像し, 愉快に, 持って, 数へる, 暮すの, 暮すばかり, 暮らすの, 期待し, 生きて, 異にし, 祀る修道人, 祝って, 算え, 算える, 約束し, 経ると, 經つ, 考へて, 見送りに, 覚えて, 計ること, 諦らかに, 迎えたの, 迎えること, 追ひ, 送りながら, 送り又, 送るうち, 送るという, 送るに, 過ごすこと, 遮られて, 重ねるに従って, 限りに, 馳け

3 [86件] いつぱい, うけた, うしろに, おくって, お待ちする, かけて, くらす, さへ, 一日千秋の, 一杯に, 中心と, 丸潰しに, 充分に, 冬もこそ, 出ないうち, 同じくし, 呑んで, 命日として, 夢に, 夢の, 始めに, 平和に, 延ばして, 彼は, 待たずして, 待たねば, 待つばかり, 待つよう, 待とう, 怖れ, 思い出した, 思い出して, 思えば, 思った, 択んで, 数へ, 数り, 暮らすよう, 最後として, 最後に, 楽しむこと, 歌ふ, 正面に, 海に, 照り返して, 用いて, 祝して, 空に, 経たり, 経た後, 経てから, 経過した, 聞いて, 背中に, 要する, 要せしと, 見つけて, 見定めて, 覚悟し, 計つて, 記念し, 趁うて, 迎えるころ, 迎えると, 迎へる, 追ふ, 追ふて, 送つて來, 送りつつ, 送りながらも, 送り迎えし, 送るといふ, 送る夢さら, 送る者, 送れば, 逆に, 通知し, 遊んで, 過ぎてから, 過ぎないうち, 過ぎれば, 過したの, 過した後, 過しました, 除いては, 隔て

2 [267件] いって, うかうかと, えらんだの, おくつ, おくつて, おくるばかり, お待ちし, お邪魔, くって, ここに, この目, さだめて, して, しのいで, しらせて, すごすこと, そこで, そこに, その日, ただにすずし, ついだ, つくつて, つくりけ, どんなに待った, はかって, ひそかに, ひと日夜も, ふるにつれて, へるに, まねく, みて, もつて, やがて現, やって, ゆびさしたくなる, よく浴び, よみ, わざわざ看守, ペテロの, 一面に, 不安な, 予告する, 予想し, 予知し, 争う身, 二たび大沼公園の, 今日か, 仏の, 仰いだ, 仰ぐよう, 休んで, 何も, 借り自分, 働いて, 八百年と, 共にする, 凌ぐこと, 出来るだけ, 分劃し, 切って, 別に, 刻んで, 加えて, 十二月十日と, 十分に, 十年に, 千秋と, 厳守する, 反射し, 同うし, 同じゅうして, 吸って, 回顧する, 報らせ, 変えて, 外に, 女の, 好み家内, 如何に, 子の, 子らが, 定めずに, 定日と, 小正月と, 山で, 延ばさなくては, 延ばした, 延期し, 廿八時間に, 待たなければ, 待ちかまえて, 待ちその, 待ちまけまつりき, 待つの, 待つのみ, 待つばかりに, 待つより, 待てと, 得た時, 心待ちに, 心得て, 忘れずに, 忘れない, 忘れないやう, 忘れること, 忘れる事, 思い出させた, 思い出すの, 思って, 思ひ出, 思ひ煩, 思ふと, 思わせるよう, 思出す, 急いで, 恋ふる, 悠々と, 想像した, 所在なく, 拜する, 拜むこ, 拜むとある, 拜む人の, 拜む信仰が, 拝する人々, 拝むこと, 拝むと, 拝む人, 拝む信仰, 持つこと, 指折り数え, 改めてまた, 改めて出直し, 數り, 暮さう, 暮したが, 暮したり, 暮しながら, 暮し夜, 暮す, 暮すもの, 暮す間, 暮らしかねて, 暮らしたま, 暮らしましたが, 暮らし巡礼, 暮らすこと, 更めて, 替えて, 替ゆる, 最も嫌, 最後の, 月の, 朝日か, 楽み, 正月と, 浴びた柿, 浴び光りに, 済まして, 済ませて, 無事に, 無為に, 燃えし希望, 用ゐる, 目の, 真正面に, 眼の, 睡蓮の, 知らせて, 示して, 祈って, 祝うこと, 祝うため, 祝ふ, 祝福し, 祭日と, 私の, 積むに, 積んで, 立ち暮らし, 竝べて, 約束した, 紙ペーパーで, 終ること, 終るまで, 経ず, 経た留守隊, 経な, 経るうち, 経るにつれ, 経るま, 経るも, 經れ, 継いで, 続けて, 織り月, 考えて, 自分の, 與ふ, 要するであろう, 見ては, 見れば, 観じて, 觀じ, 設けて, 詳に, 警戒せよ, 費やした, 越えて, 越え二月, 迎えようと, 送ったと, 送ったもの, 送った事, 送っては, 送つたので, 送られました, 送られるの, 送りける, 送りしこと, 送りぬ, 送り夜, 送り得べきもの, 送り折葉, 送り月, 送り迎, 送るあいだ, 送るが, 送ること一年九ヵ月, 送ると, 送るを, 送るドゥミイ・モンデエヌ, 送る女, 透かしつつ, 遊び暮らし, 過ぎたので, 過ぎぬ, 過ぎると, 過ごさねば, 過ごした後, 過ごすうち, 過ごすと, 過しに, 過しぬ, 過す, 過すうち, 過すと, 過すよう, 遮って, 選びて, 避けながら, 避ける, 避けること, 重ねるにつれて, 重ね月, 長うすれ, 限りて, 限りとして, 除いた他, 除けるため道ばた, 雨に, 面白く暮し, 頭の, 食べて, 養ひし, 首を, 馬鹿正直に

1 [2480件 抜粋] あさりおのれ, あらためてお出かけ, あるは時雨, いえば, いくらでも吸い込ん, いつまでも, うか, うけながら, えらび天子, おうに従って, おくられること, おくる, おくる侘び, おさめて, おもしろくあそぶ, おれは, お待ちくださいまし, お待ち申し, お暮し, お送りなさい, かえりみると, かくの, かせぐこと, かたる, かりて, きこうと, きめての, きらひ申す, くらした, くらし勉強, くりかへ, こえた頃, この位しん, この海岸, こめて, さえながら, さければ, した, しのぎよく, しのぶより, しら菊さして, すぎ半月, すごしたが, すごし夜, すますと, せかせかと, そういっ, その前日, それだ, たいへんゆっくり嬉しく, ただじっと, ただ独り山辺, たわむれ暮らしても, ついで釉薬染付, ついやすも, つくりたい, つづけた, つみ重ねて, とくに重要視, どうしていい, どうして過したら, どうやらしのい, どこから, どれ程, な, なげかけて, なんとかし, のぞいて, はさんでから, はらはら祈っ, ひと日富士を, ふて, ふれば, へつつ, ぼんやり籠っ, またと, まち暮し, まどろむの, まるで忘れ, みたま, みること, むかえるとき, むしろ屈辱, めぐる, もっとも肝要, ものさびしら, ゆびさしたい, よびいだすそ, りっぱに, わたくしたちどれほど, ゑがきて, オトゴの, サミセンガイを, タノシミに, ヒノツリの, ホントウに, リヨンに, 一体何, 一度は, 一日じゅう私は, 一日なり, 一日置い, 一杯呑む, 一週間と, 不幸だ, 並べられるもの, 久しぶりで, 予期できない, 争う仕事, 二つこしらえ, 二十九日と, 二日分とばなけれ, 互いに呼び歩い, 享けつがば, 人と, 今に今, 仕へるの, 仰いでは, 仰ぐ彼, 休んでは, 何か, 何度と, 余すまで, 例祭の, 修飾に, 偲ぶべき涅槃像, 僅に, 兄と, 先んじて, 八年に, 其下に, 凝矚, 出でざるに, 出でぬであらう, 出ること, 切り取って, 別けて, 制定する, 前へ, 勇敢に, 包んで, 十月一日と, 半分背中に, 卜ひ定め, 厭ひ, 取り去りそれ, 受けたタンク蒸気, 受けた菫, 受けながら, 受け大海, 右眼と, 同じ日, 吠ゆる, 呑み月, 味い, 味気なく送っ, 問合さず, 喜び待つて, 嗅ぎながら, 囘顧すれ, 地蔵講として, 塗つ, 変に, 外すこと, 夢みる様子, 夢現の, 大手住の, 天に, 失った街上, 如何で, 娘の, 子供の, 安全に, 定めず手紙, 定め昔行き, 宿屋に, 寂しく遊ん, 寢たり, 射返す具合, 居士と共に, 山替, 左衛門町に, 希います, 幸いひとり, 幾度でも, 床屋で, 延ばしたり, 延べること, 引き延ばし明日, 彩りつつ, 彼方此方と, 待たずば, 待たで來給はん, 待ちあわせて, 待ちこがれそう, 待ちたり, 待ちました, 待ち二日, 待ち侘びます, 待ち受けた, 待ち望むやう, 待ち続けて, 待つお, 待つた, 待つつれづれ, 待つとか, 待つほどの, 待つ氣, 待てり, 待侘びゐ, 待望し, 後生始めと, 得る, 御待申上候, 心から祈り, 心の, 忌の, 忘れたれど, 忘れねえ為め十五日, 忘れられたの, 忘れる癖, 忙わ, 思いだすにも, 思い出し下枝, 思い出せ, 思い男性, 思う存分暮したかった, 思ひだす, 思ひ浮べた, 思わせるほど雑鬧, 急ぐ者, 恥じた, 悦ぶが, 悼むが, 惜む, 想い出したの, 想像する, 意味し, 愛すとい, 慕ふ, 懐はせる, 戦の, 打合, 択ぶ事, 拝せぬ, 拾って, 持つた人々, 持とうと, 指折り數へて, 振返る余裕, 掌の, 掩うたので, 描くとき彼, 支えること, 改めて伺います, 改めて相談, 改めまして, 数えあと二十日, 数える算術, 断行する, 日忌み, 早めた, 明るく力強く進ん, 映し, 普通には, 暮しかねて, 暮した父親, 暮しますで, 暮し十五日, 暮し終, 暮す事, 暮す日なた, 暮せり, 暮らしたかも, 暮らした三十年前, 暮らしどうして, 暮らし暖味, 暮らすことさ, 暮らす君子, 書こうかと, 最初に, 望む, 期した会, 期し本, 期し長安, 木の実ど, 松栽え, 梅若の, 棄てて, 楽しき家庭, 楽しく遊び, 楽しまずや, 楽しむの, 樂しみに, 欠勤し, 歌った詩, 此の, 歩けないこと, 殊に, 気味の, 永眠してる, 決したという, 油祝いという, 洋傘で, 浮べ出て, 浴びた色香, 浴びるとき, 海岸で, 消し夜, 消するが, 済ましたら直ぐ, 渡る訳, 溶かしたよう, 潰した, 無事で, 焦り祈つた日本, 照りかへ, 照会しない, 爭う, 牛六日を, 犠牲に, 狗と, 猪五日を, 生きた, 用いるもの, 田の神の, 田舎の, 病床に, 皮切りに, 目前に, 相対論の, 真面に, 眼前に, 知らせた電報, 知らなん, 知ること, 確めた, 祓除の, 祝う, 祝しました, 祝つて友人たちの, 祝ふかの, 神聖ならしむべく, 祭始め十二月八日で, 私達も, 移しその間, 稼いで, 空しく待たれ, 空しく鞭, 立ち暮して, 笑って, 算ふる, 精出した, 糸瓜かは, 紛らされて, 終えて, 終りおそく, 経ずして, 経たる十二月, 経って, 経ば調金の, 経るに従い, 経給うが, 経験しました, 經ざる, 継ぐ有様, 繋がれて, 繰り返し再, 置くの, 考えると, 肩に, 胡魔化し, 航海する, 英語にて, 草原の, 蒐集に, 蔽ふ, 袖子は, 要しますが, 要すという, 要する大作, 見か, 見たの, 見はからい車夫, 見るの, 見物し, 覚して, 言うと, 計って, 訊かれた今, 記憶させた, 誓って, 読み越して, 調節する, 讃む, 貫き一閃, 費しその, 費したよう, 費し三月十八日, 費す, 費す腹, 費やしたよう, 費やすこと, 赤坂まで, 趁って, 越えると, 越ゆ, 跳ね, 辿ったため, 迎えたばかり, 迎えた秋, 迎えまた, 迎えるという, 迎えるべきかの, 迎え艦, 迎へて, 追うに従って, 追つて熾, 退屈と, 送ったところ, 送ったり, 送った時期, 送ってる, 送つたといふ, 送つた時, 送らぬこと, 送られたこと, 送り, 送りがち, 送りしに, 送りたい, 送りただただ, 送りましたが, 送りも, 送り仏勤め, 送り得ば, 送り持統時代, 送り給, 送り道鏡, 送るかという, 送るため, 送るは, 送る中, 送る幇間, 送る此間, 送る財, 送れど, 送れるという, 送ろうとは, 透けて, 通す, 逸すべからざる機会, 遊びくらした, 遊んだ, 過ぎた者, 過ぎる頃, 過ぎ既に, 過ごししかも, 過ごしたね, 過ごしてを, 過ごし家, 過ごすもの, 過さず文壇, 過したけれど, 過したり, 過した女, 過しては, 過し且つ, 過すのみ, 過す人々, 違えないよう, 遮ったと, 遮りこの, 遮るは, 選つて出掛ける, 選び家, 選ぶわけ, 選んだという, 避けよ夕立, 避け人目, 都見物に, 重ねたの, 重ねながら, 重要に, 野や, 銭なし, 間違える筈, 降籠め, 限っては, 限られると, 除いて, 除け道, 隠居所に, 電報で, 非常に, 順繰, 食って, 首あげ, 高松で, 麻の

▼ 日には~ (2566, 2.1%)

11 それこそ 10 私が 9 私は 7 彼は, 朝から 6 私の, 蘭軒が 5 それが, 庭の, 自分の, 際限が 4 それを, 何を, 例の, 十日を, 家に, 早くも, 朝早く, 父の, 私も, 筒井から

3 [20件] お目にかかりに, かえりに, ここへ, せっかくの, どうした, どこかに, どこへ, 一と, 傘を, 前の, 大莫迦, 家の, 彼の, 手の, 朝の, 柏軒が, 江戸の, 浪士らは, 笞打と, 蘭軒の

2 [119件] あの人, いつに, いつもより, お前なんか, かさかさと, きつと, きまって日本, きょうは, ここで, ことだ, これが, その相国寺, ぞろぞろと, たいていの, たまらない, なんにも飼料, ぶらぶら運動, ほとんど御, もう, わたしは, ステツチンわたり, 一層うす暗く, 一年に, 一日の, 七里に, 三十日夜は, 中心に, 二度目の, 二枚ながら, 人間の, 仕事が, 他の, 何事も, 何人も, 何時でも, 信長は, 僕の, 先祖の, 列を, 前日雨でも, 午過ぎに, 南の, 却つて頭を, 原一面, 君が, 四番目の, 土地の, 夕方から, 大へん, 大変である, 大変な, 大変坊主首を, 大阪の, 天皇賞レースが, 女が, 家中に, 寒いと, 寿江子が, 将軍家が, 将軍家は, 小さい竹竿, 山の, 屹度越す, 岸本は, 御父さん, 必ず思出, 怎し, 我の, 手も, 新橋まで, 日が, 日本の, 早や, 早朝から, 村の, 棠軒が, 楢の, 此木田訓導に, 母に, 母の, 毎朝此の, 洛中の, 浄華院の, 浅草の, 海は, 湯屋の, 滅多に, 王の, 現在以上の, 生徒は, 皆で, 祖先の, 自分も, 若い者, 衣紋竿を, 裏の, 西洋料理と, 見事な, 親類が, 話が, 賭碁でも, 返り路, 遂に一大事, 道も, 部屋を, 酢を, 重くなっ, 鉛筆もて, 関白さまは, 阿茶局が, 附近の, 限りが, 雨が, 頭痛が, 飛んだ恥さらし, 飛んだ迷惑, 飛んで, 馬鹿親父が, 鹿児島から

1 [2152件 抜粋] あいつらと, あなたが, あの器械的心理試験, あの白髪赭顔, ありきと, いいかげんに, いずれへか, いつかは, いつなん時なり, いつもわたし, いつも越中守自身, いなくなって, いよいよ待望, うまい魚, おげん, おばあさんと, お前に, お堀端, お寺へ, お父様, お組屋敷, お遍路さん, かしは, かならず父親, かの磐梯山, がさ, きっとです, きっと帰っ, きっと雨, きまって商人仲間, くっきょうなものがあったとおもって, こころよい住心地, ことに皆, この密談, この弊風, この連中, これくらい, こんどは, さうもいかない, さっぱり花, さらに厳重, しつこくからみつかれ, すこし張る, すっかり平熱, すでに明倫会, すなわち今, せいぜい沢山お客さん, ぜひわし, そこへ, そちらの, そのうち三隻, そのままどこ, その中, その住ん, その子, その時, その楊, その生命, その罪, その責任, その麓路, それだけでも, それについての, それらの, たかが家, たと, たまらないね, たまりませんからな, ちぐはぐな, ちょっと甜め, つぶれて, とうとうお, とても助からない, とても我慢, とにかくどんなに心づかい, どうしたら, どうしても半日仕事, どうして心, どうだつ, どうもお前, どこそこに, どっち本位に, どんな剣呑, どんな残虐, なおさら大ら, なりましょう, なんだか引き入れられる, はたはたが, ひさしぶりに, ふいと, ふと一匹, ほとんど捉, ぼくは, ますます彼, またまた世間, また事, また小, また特別, まだよい, まったく心細い, みごと家を, みんなし, もうこの, もう上野駅, もう京都, もう周瑜, もう大久保, もう横浜行, もう湖水, もう西丸, もはや岐阜, やはり埃, ゆくつもり, よく夫人, よしや城内, わが郷里, わざわざ江州, わたくし共は, われわれの, カハリモノと, ゲジゲジの, サン・ドニの, ゼノバ北方の, チョコレートへ, ナポレオンが, バルブレンの, プリンス・オブ・ウェールスと, ペルリは, メリケン人が, ヨシ子ちゃんが, ローザ一人きりだった, 一人や, 一同峠の, 一家の, 一族郎従が, 一日だって, 一町も, 一軒一軒見, 七回物を, 三たび静宜, 三十人も, 三日を, 上から, 上田の, 上野公園で, 下谷坂本町二丁目の, 不格好な, 世間が, 両虎一澗に, 中村楼に, 主人から, 久光が, 九千九百九十九円を, 乾燥した, 予戒令が, 二つも, 二五〇に, 二人目の, 二度と人真似, 二種類の, 井戸替え屋の, 京城から, 人攫いにかけては, 今でも, 今期の, 仏造っ, 仲, 伏見方へ, 休日であろう, 会津城の, 佐渡も, 何うなります, 何で当, 何べ, 何事を, 何十万という, 何返り, 來なかつた, 便船で, 修道女の, 僅かに, 優しい友等, 元気そうに, 先生も, 入江若水の, 全く姿, 全快し, 六か国の, 六地蔵詣り, 其でも, 内務次官中村元雄農商務次官金子堅太郎鉱毒調査会委員長神鞭知常同, 内職の, 冬らしい, 出かけられませんし, 出ないそう, 出発と, 列国の, 別な, 前例の, 前晩貞, 劉髪の, 加藤子爵の, 北条時政の, 医者の, 十二時間にも, 十四代将軍が, 千代子でなく, 千百五十余人すく, 半分以上は, 南無阿弥陀仏と, 却つて面白く, 参籠を, 又も, 又澄, 取詰めた, 只はずんだ, 吉岡清十郎と, 同駅, 向島に, 君侯も, 吾が領分, 呉服屋唐物屋の, 和卿を, 咲枝の, 唾を, 問題の, 四つ時に, 四方の, 困る, 国は, 土曜日に, 地球の, 執念深く附い, 堺の, 塹壕や, 夕方の, 多少とも, 夜に, 夜更け, 大きな家, 大事を, 大分離れた, 大問屋, 大学の, 大抵は, 大本営が, 大石農商務次官が, 大臣が, 大變, 大隈自身の, 天国と, 太青, 奇妙な, 奥田孫太夫からも, 女たちが, 女王から, 妙子を, 妻は, 妾の, 娘の, 子供の, 存外たあい, 宇和島藩主伊達侯を, 安倍沙美麿が, 定つたやう, 室の, 宮様は, 家々の, 家人は, 容赦を, 富士の, 寛子夫人が, 寿平次も, 将軍は, 小僧の, 小犬を, 小花さんには, 少々知っ, 少し揺れる, 尚お, 尼ヶ崎へ, 山々の, 山崎の, 屹と, 岩代の, 嵯峨の, 川筋の, 工事半ばで, 左の, 市内全く, 帰らなくても, 常世から, 年の, 店に, 店員一同に, 庭一面に, 式事一切の, 弟泉三郎忠衡が, 影を, 彼女と, 彼等は, 待て暫し, 後醍醐と, 御つ, 御勅使内蔵頭忠綱さま, 御田植, 御褒美, 御飯一緒に, 心外だ, 必ずそこ, 必ず二十五三昧, 必ず強い, 必ず相, 必ず赤, 必要欠く, 快活に, 忽ち薨去, 急に, 悦子が, 悪友たちとの, 意地も, 慶応義塾の, 戒厳令, 手不足だ, 打って, 招かれて, 掃除片づけ, 攻玉社の, 教室で, 数年来かつて, 斯の, 新居落成し, 新響, 既に大, 日本プロレタリア作家同盟第, 日蝕が, 旧進歩党出身, 早速生産党, 明智は, 春吉君の, 是非大阪, 昼間から, 晩の, 暖いこ, 曇って, 書斎の, 書面として, 最初東京を, 望まれる, 朝延へ, 朝顔を, 木下君は, 木曾谷中宿村の, 本家本元の, 村, 村外の, 来ると, 東京中の, 松平伊豆守阿部豊後守阿部対馬守の, 柏軒も, 栃木町の, 桜の, 梨影女も, 榛軒が, 樺山中将新たに, 櫻木大佐は, 次兄は, 止まつた, 正成も, 此穴から, 武者小路氏作, 死という, 殊にそれ, 殊に群れ, 母は, 毎日歩き廻った, 氏郷は, 水の, 江戸からの, 江戸や, 決して姿, 油屋で, 法王と, 泰衡平泉館に, 流れ落ちまたは, 浴客も, 海岸通りの, 涙ながし, 深尾が, 清洲において, 満つまいに, 滝口の, 火の, 炭倉へ, 煤掃きを, 熊を, 爲替相場は, 物皆悲しく, 独軍は, 獲物は, 現像し, 生きて, 生活から, 由比の, 男の, 町から, 界隈の, 病と, 登勢は, 百歳は, 目が, 目路の, 相違ない, 着きましょうが, 短慮一徹の, 確かに, 神に, 福井藩主松平茂昭命を, 私に, 程近き, 窕子は, 立山から, 竹を, 第四次伊藤内閣, 節約を, 精進潔斎し, 納まりが, 絶えず煙, 総攻撃, 縁の, 罰を, 義盛さまの, 老父が, 聖書会社が, 肉眼ででも, 背景に, 自ら鍬を, 自分は, 船岡へ, 色々世帯, 茄子と, 荒いこと, 菊五郎は, 落魄れ果てて, 蓬餅を, 藩主は, 虎児を, 行きも, 裁判は, 西園寺公望が, 見られぬよう, 見物に, 親爺の, 記念講演会が, 証人として, 誰が, 谷中の, 賊の, 赤松円心の, 足もとの, 身に, 辰伊勢の, 農商務省次官四日には, 近江の, 退院する, 逆賊の, 連れ立って, 遊び半分という, 遠い伊吹山, 遠方へ, 郷里の, 野上氏まだ, 鉛筆で, 鎌倉表の, 長浜に, 開眼供養とかの, 関所の, 関東軍れい下の, 除隊に, 際限の, 集に, 雨も, 雪までも, 電燈が, 非人に, 音樂會と, 頭の, 顔を, 風は, 食後に, 館林の, 馬籠仲町に, 駿河の, 高, 高尾山へ, 魂迎えとして, 鮮らかに, 鳶が, 鹿野山で, 黒田の

▼ 日~ (2325, 1.9%)

179 の朝 90 の晩 72 の夜 50 の夕方 48 のこと 36 の午後 32 になっ 23 になる 2120 である 18 にはもう 15 の日 14 でした 13 にまた 12 であった, にお 9 か五日目, です, に一度, の今日 8 か四日目, だった, に死んだ, の午 7 に, にその, にやっと, の事, の昼, は 6 だぞ, だと, であつ, にこの, になつて, に彼, に私, の午前 5 になった, になります, にはまた, にも同じ, にようやく, の夕刻, の夕暮れ, の真夜中

4 [17件] か三日目, が来た, なのに, にあたる, にはその, に始め, に帰っ, に突然, に雨, のマチネー, の夕, の夕暮, の昼過ぎ, の晝過ぎ, の晝頃, の暁方, は朝

3 [29件] か, が食べ頃, だが, であるか, ですが, という, となる, にぞ七里, にとうとう, には二, にもう, に一日, に再び, に又, に彼女, に来, に来た, の今夜, の出来事, の夜中, の夜更け, の日曜, の昼頃, の正午頃, は雨, もやはり, も同じ, も同様, を食べ頃

2 [120件] かに, かに私, からはもう, から今, から四日目, から大雨, か八日目, がちょうど, ぐらいではなかっ, だかに, だったそう, であったが, でございましょうか, でございます, ですから, で又, というの, といふの, となつて, とを無料入浴デー, なん, にあります, にかえって, にし, になつ, になり, になるだろう, には, にはうんざり, にはきっと, にはじめて, にはガラス管, にはバイカル湖, には何, には半蔵, には帰っ, には彼, には自分, にやつ, にアジト, に一人, に一夜, に一羽, に上, に両国, に信者, に僕, に医者, に同室, に娘, に家, に届いた, に岸本, に島一つ, に左門, に当っ, に御, に息子, に支那, に早々, に暑, に歸つて來, に死亡, に殺された, に江戸, に漸く, に父, に猛烈, に甥, に神, に第, に至る, に見, に返事, に風, に食べる, に馬, の, のその, の二日, の十三日, の十二月二十日, の午ごろ, の午すぎ, の午前中, の午後五時頃, の午過ぎ, の夕ぐれ, の夕方私, の夜半, の夜汽車, の天気, の対局, の新聞, の日暮, の日盛, の明け方, の昼ごろ, の暮れ方, の暮方, の正午, の深夜, の満願, の物, の真昼, の紀元節, の辰, はお, はとうとう, は九月十二日, は何, は彼女, は降りみ降らず, ばかりの時計, も, もその, も四日目, も過ぎ, よりもより, を迎えた

1 [1077件 抜粋] あまり遅, いつもほど, いよいよ待ち, お余野, かで寮, かで思わず, かという, かについに, かにモサ, かに大臣, かに訪, かの, かの入浴, かの夕方, かの快晴, かの朝, からの話, からは取り戻す, からは朝夕, からは決して, からは船, から三日位, から人事不省, から朝之助, から松木, から正面衝突, から毎晩, から父, から粟一粒, から顱頂骨, か三日日ごと, か五日目ぐらゐに絶息, か四, か経った, があったら, がきました, がやつ, が二回半, が初まる, が土曜, が恰も, が来, が終った, くらいな, くらいにお金, くらいになります, くらいには誰か, ぐらいからほんの, ぐらいから漸く, ぐらいずつに会っ, ぐらいと昨夜, ぐらいになっ, ぐらいには宿, ぐらいに五十万円, ぐらいに来つづけ, ぐらいに決定的, ぐらいの出来ごと, さすがの, じゃありません, すなわち十月十五日, その上何万プ, たうとう, だけ九ツ, だけ稽古, だぞよ, だったかな, だとかいう, だのに, だよ, だ考えて, つまずいた, であった私, でありました, であるとか, である一言, でございますもの, でしたか, ですし, ですよ, でないと, ではございませぬ, でまさに, でも結い, で一応, で今日, で兼, で同志, で多少, で御座いました四十, で玉子, で神田明神下, で計らず, で馘, で麹町六丁目, といはなく, とうとうその, とか四日目, となり, とにかく船, と三日目, と云, と浅草, と約束, どすな, ないし六日目, なの, なれば, にあきらめた, にあった, にあらわし, においてすでに, においで, におこなわれる, にお袋, にき, にきっと, にぎん, にこう, にこちら, にころり, にさる, にすっかり, にそいつ, にた, にたった, についてる, につく, にとにかく, になつて先生, になつて点呼, になりました, になれ, になア, にはあなた, にはかれ, にはここ, にはすでに, にはつくづく, にはどうしても, にはもうどうにも, にはチロル, にはブンゼン燈, にはマニラ, にはモートル, には一つ, には七時頃, には九丁目, には二人, には京, には何れ位, には兄, には北京, には同じ, には四本目, には夜両国橋, には夫, には客, には少々, には屍, には巴里, には平次, には必ず, には手, には日没, には明神下, には更に, には村役人, には東京, には歸, には流石, には灼熱, には異様, には白痴, には着く, には私, には立派, には精力, には美術館, には英吉利沿岸, には赤い, には遠い, には邪熱, には酔いどれ, には鐵車, には頭髪, には飯島扇屋泊まり, には駕籠, にひょっくり, にまったく, にもの, にも一度, にも商売, にやッ, にわざ, にわたし, にアラビヤ, にサンフランシスコ, にジョン, にチタ, にトラック, にブラリ, にマインツ, にミシシッピ, にワシリ, に一助, に一度位それ, に一文, に一本, に一般, に七度二分, に三つ, に三千円, に三島, に三穂, に与次郎, に丸多, に主人, に久慈, に二個中隊, に井元安吉, に亡くな, に亡くなつた, に人心地, に仕, に会, に佛, に使わなけれ, に俺, に僅か, に入, に入営, に兵庫港, に出なく, に出来, に出立, に到り, に半, に原稿, に告別式, に咽喉, に四軒目, に団十郎, に墓, に大がかり, に大根, に女学生, に妙, に姿, に安芸, に家出, に小倉, に少し, に少年, に屋根, に崖, に川筋三百間, に帰つて, に年来, に床上げ, に引っ, に引出し, に弥太郎, に当たる, に彼等, に必ず, に思い, に急, に成らなくつ, に戻され, に手下, に捕われた, に掲載, に教員, に新しい, に旅, に日帰り, に早朝, に最早, に木谷, に未決監, に本当に, に村, に条々伏罪, に枯草, に栖方, に桑名, に棚, に植木屋, に横手, に檀一雄, に武江深川, に死に, に死ぬ, に死んでしまつた, に歿, に母, に気, に水, に汚れた, に洗礼, に渾沌, に火災, に照子, に片野さん, に王, に産土神, に田辺, に男の子, に番頭, に百穗氏, に目出度, に看破, に碇, に神殿, に秩父, に篠井春子, に素子, に終戦, に纜, に美濃, に老, に能代, に自殺, に至って, に船, に芳子, に葉, に蒔, に蘇生, に行なう, に行衛不明, に裏口, に見つかっ, に言い渡し, に誤っ, に變, に赤耀館, に辨慶橋, に途中, に逢おう, に酒, に長浜, に院, に離れた, に雨宮紅庵, に青山二郎, に頭髪, に飄然, に高熱, に鹿島洋, のきょう, のこの, のひる, のアルコール注入, のダレ, の七ツ, の七月十三日, の三月十四日, の九月二日, の九月十二日, の予感, の二十三日, の二月二十九日, の今朝, の伸子, の信吉, の八月八日, の十一時ごろ, の十七日, の十五夜, の十月二十五日, の午前九時ごろ, の午後三時過ぎ, の午後八時, の午時頃途上, の同じ, の四月十日, の土曜, の垢, の夕がた, の夕方呼出し, の夕景, の夜十二時ごろ, の夜明, の夜明けがた, の夜明け方, の大入, の太陽, の実況放送, の宵, の宿, の封じ手, の市役所, の快晴, の戦い, の披露会, の日中, の日家, の日暮方婆ア, の日没頃, の昨夜, の昼間興行, の晝下がり, の晩大変, の晩私, の暁, の曙, の朝っぱら, の朝九時, の朝奈良, の朝照国丸, の朝電燈, の朝飯, の正月十四日, の此, の泥酔, の満願ぢ, の甲子, の真夜中頃ミシリ, の終り, の興行, の茶の湯茶碗, の行事, の記念日, の試験, の通夜, の闇夜, の障碍競走, の雨夜, の頃南蛮軍, の食い初め, の黄昏, はいよいよ, はじめて弁当, はなにごと, はまさに, はよく, はグランド・キャニョン, はタピオカ, は一万, は一緒, は丁度日, は三万何千円, は上山, は人間的交渉, は六ツ, は前, は十五六名, は午頃來, は即ち, は和宮様, は夕方すぎ, は定量以下, は小屋, は徹夜, は懸念, は抗, は日本風, は暴れ, は本命, は東京, は浅草, は玉子, は石塊, は第, は變, は過ぎ, は骨, まだ姿, までだった, までに帰らな, までは彼女, までは道, まで來, まで結び文, まで高土間, もさらに, も二万円, も前日, も失敗, も真っ黒, も空しく, も過ぎた, も静か, よりもかえって, をさまし, をやられ, を唯, を待たず, を打ち上げ, を終日コックリ, を迎えました, 出がけ, 半狂亂, 即ち彼, 同じく潜伏, 時としては, 突然自宅, 若しくは十日以内, 追いついて

▼ 日~ (1942, 1.6%)

71 のこと 51 の晩 34 の夜 21 の事 2014 にこの 11 に来た 10 に死んだ, に私, の新聞 9 から私, の雨 8 から, からこの, にお, に書いた, の夕方 7 にある, に見た, の朝 6 からその, から風邪, であつ, にその, に彼 5 から少し, である, にそれ, に出た, に金, に降った, の或, の話

4 [12件] からまた, から急, にあの, にここ, に帰っ, に暇, に死ん, の, の午後, の夕刻, の大, の安宿

3 [37件] からお, からもう, から一人, から子供, から宿, から寝, から寝込ん, から泊っ, から病気, から行方, だ, だった, であった, でございます, です, になっ, にも, に主人, に二人, に來, に先生, に始め, に帰った, に急, に手紙, に来, に東京, に買った, に逢った, に首, のあの, のよう, の大阪劇場, の方, の楽天地, の通り, までその

2 [96件] からかかっ, からここ, からしきりに, からすぐ, からそこ, からで, からです, から一度, から前, から口, から大, から妙, から家, から家出, から小田原, から止む, から泊りこん, から起き, から降り続い, さ, だと, で, でした, でした由松, ですよ, で御座いました, なり手腕, にお寺, にくらべる, にそんな, にちょっと, にとうとう, にどうにも, になつて, になり, には朝, にまた, にもお, にもこんな, にもまた, にも一度, にも同じ, にわざ, に一度, に何, に何処, に作つた許, に兄, に八五郎, に共立病院, に出, に初雪, に受け取った, に古道具屋, に同じ, に名古屋, に君, に家出, に小野, に届いた, に山, に手, に旦那, に村, に橋, に此処, に江の島, に父, に病気, に突然, に自分, に誰, に金富町, に鞍馬, のある, の刑場, の大雪, の寿司捨, の幻覚, の弥生座, の手紙, の新聞紙, の日, の暴風雨, の東京新聞, の深夜, の頃, の風, は一人, までは不, までは郵便配達夫, まで日記, もこんな, より御用, 帰って, 聞きましたそれから

1 [1190件 抜粋] あの人, あの子, あの辺, ある友達, ある本, いやひょっとしたらまだ, お友達, お懐しい, かあるいは, からあそこ, からお待ち, からお母様, からこっち, からさかん, からすこし, からだらけ, からちゃあん, からである, からでした, からと三日後, からにんにく, からね毎日, からの悪, からの申込, からの行乞, からはじまっ, からぴた, からめっきり, からようよう, からわるかっ, からアイちやん, からシネマ, からチュニス, からブリュッセル, からレースコース, から一団, から万有還銀術, から不眠, から九十九里, から二個大隊, から二日がかり, から今日占領, から伊香保, から休暇, から佐倉, から体, から何だかソワソワ, から使わず, から俄, から入院, から公園, から其処, から冷蔵庫, から出す, から切り, から到頭, から前栽, から勧進帳, から厩, から取, から君子, から咽喉, から地中海, から変, から天狗, から奥, から女郎買い, から姿, から安治川岸, から官兵衛, から家屋, から富士山, から寢, から少々, から山の手, から帰らねえ, から度々, から引っ越す, から後, から徹夜, から意識, から房州, から手紙, から支度, から既に, から明い, から暑, から村, から東京, から横堀駅, から止し, から毎日さ, から気, から江戸, から泳ぎ, から浦賀, から港内, から然, から牧場, から用意, から發熱, から着々, から禁漁, から秋ちやん, から節約, から紛失, から絵, から緑川夫人, から練馬, から聞い, から腰部, から苦痛, から蒼白, から藥, から行っ, から見はり, から諸書, から起きられる, から身体, から逗留, から遠方, から金, から鈴本, から鎌倉, から降っ, から霽, から頼まれ, から顔, から飲まず食わずで, から馬丁, から高林家, か四日前, がちょうど, くらいからピッタリ, この冬, この気勢, さらに船上山, じゃありません, すでにそこ, その井川氏, その筋, たい, たるべし, だぜ, だったそう, だったろうと, だつて, だの, だ門前, ちょっとい, つまり明後日, でございました, でしょうか, ですがね, では日, でも十日前, でも道頓堀, で尾上松之助, で町内, といいました, とかに多, とか島田, とはどういう, と云え, どうかしたら, などに, なの, ならば, にあたっ, にあなた, におれ, にかう, にきた, にさんざん, にすでに, にたった, について静養, にどこ, になったら, にね, にね山, にはあの, にはお前, にはそこ, にはチョロ, には三条, には僕, には前, には国境ヴェステルバーゲン, には拷問倉, には数ヵ月, には本田さん, には老婆, には食事, にふい, にふっと, にみすぼらしい, にもおっしゃった, にもその, にもと, にもひ, にもやっぱり, にもタマムシ, にも二日こっち, にも吾嬬, にも娘, にも明君, にも柳橋, にも火の手, にも薄闇, にも警視庁, にも隨分強意見, にやっ, にやって来た, にやとわれた, にわし, にウードレー, にガラツ八, にチョッ, にツェレリナ, にヒスパニオーラ号, にビリング医師, にフランス, にボイラー, にメイ, にリモオジュ, に一寸, に三日, に上京, に下った, に主人佐兵衞, に乗車, に予告, に二つ, に五人, に五十銭札, に亡くなりました, に人, に今度会社, に伊三郎, に伊香保, に伴, に例, に信州, に倒れた, に偶然, に僕, に入れ, に入用, に八日八夜, に処方, に出しやりたる, に刈つて, に初めて, に勇助どん, に千住, に参りました, に和田, に善く, に四半年分, に埋めた, に外した, に夜友, に大, に大事, に大川, に天気, に太宰君, に失くし, に奥山, に子供, に學, に安土城, に小梅, に居なく, に岩見銀山, に川上糸子, に巻き上げた, に帰村, に平次, に店, に庭前, に廻つて, に当分望, に彼女, に得た, に思兼尊, に愛想, に戸籍調べ, に打たれてた, に拵, に摂政宮殿下, に改造社, に教え, に敵味方環視, に新しく, に新子, に既に, に明智, に書かれた, に書物, に朋友, に本国, に本類そちら, に杉捷夫君, に松平侯, に板橋, に某砲臺, に森川さん, に椎茸, に死にました, に殺された, に母, に気がついた, に決心, に泊つた, に浦和, に深川辺, に湯河原, に潜った, に狼村, に猿子橋, に田原, に画家, に畳まれ, に百姓, に盜まれ, に着い, に磨った, に神様ケン族, に私たち, に立っ, に立てた, に紙, に終っ, に絹川, に聞いた, に背, に腹, に至っ, に艦長, に若, に荒れた, に萩村, に行われ, に被疑者, に見えた, に計らず, に話した, に豊世, に買つて, に赤, に起った, に越前屋, に近い, に近所, に述べた, に這, に這入った, に通りかかった, に選挙, に郷里, に野村, に鎌倉, に鎖, に開山大師, に降, に除隊, に隣り, に雇, に雨, に電車事件, に面会, に頼ん, に馬, に鬼頭清吾, に龍子, のうまい, のゆう, のカフェー, のハナヤ, の一月九日, の丁度, の交通整理, の内儀, の出来事, の北海道, の十五夜, の午後不安, の喫茶店, の土曜, の夕, の多古喜, の夜也, の夢, の大風, の妻, の山中, の帳尻, の廃屋, の徳, の悪戯, の日附, の明方, の晩偶, の晴れた, の曇天, の月日, の朝野新聞, の様, の残雪, の泥道, の火事, の灯, の片山夫妻, の白服, の節季, の自, の読売紙, の豪雨, の鉄道事件, の闇夜合戦, の雜沓, の電気写真館, の静, はお送り, はや密か, は居住区, は都, は離れられ, ばかりから湯田中, ふと夜店, へかけつける, へ崩れ, へ遡ります, またもや日本, までうつ, まですっかり, までという, まではそっち, まではたしかに, までは三, までは名前, までは夏服, までは少し, までは時計, までは毎日, までは確か, までほとんど, まで一刻, まで不足, まで九太, まで土, まで幾組, まで氷, まで甲州, まで盛岡, まで窓枠, まで自分, まで行われ, まで野ら仕事, もあなた, も二人, も半日近く, も寄合, も朝, も渠, も維也納, も電車, や四日前, よりその, よりはあたたかい, よりは健康, より中風, より天気快晴, より容態, より深く, より稀代, より鰐淵, らしいや, らしい雑閙, をあるい, を心斎橋, 何と冷えたでしょう, 出た切り, 初めて辻氏, 即ち十一月十四日, 古い反古, 大膳大夫の, 少し強い, 已にこの, 或る, 既に京都, 早い桜, 決って, 発せられて, 突然あ, 突然警察, 若い人たち, 迄に籍

▼ 日~ (1840, 1.5%)

35 いえば 25 なると 20 なって 18 いえども, なった 17 して 16 云ふ 15 日が 14 なく夜, 同じよう, 経たないうち 12 経つうち 11 いうと 10 いって, なりました, 日を 9 ある 8 いうので, た 7 たたないうち, たたぬうち, なる, 過ぎて 6 いうに, いふに, すぎて, 同じこと, 雖も 5 されて, たつうち, なく続いた, なっても, なれば, 七日の, 月と

4 [12件] あって, きめて, なったが, なっては, なつて, 八の, 十三日と, 夜と, 定めて, 日は, 書して, 記憶し

3 [34件] あった, あるの, いふので, おぼえて, きまって, したもの, する, すると, ちがって, なりぬ, 云うの, 云えば, 云ふも, 十八日の, 反對, 場所を, 家を, 待たれぬ空蝉, 心に, 思えば, 思って, 時間に, 書いて, 生きて, 私は, 立つにつれて, 経って, 経つと, 聞いて, 過ぎました, 過ぎるうち, 違って, 間の, 風の

2 [118件] あつて, あるから, いいまた, いうから, いうけれども, いうのに, いつて, いふと, いわれて, お糸, する方, せまって, その日記, その晩, その次, それこそ, たたないで, たち四日, たって, つづいて, つづくうち, つづけて, てない, てなかった, である, なくその, なく続き, なった時, なつた, ならば, なりしかな, なりに, なり二十七日, みえて, 七の, 二十日の, 云う日限, 云って, 云つたのが, 五日いた, 五日は, 例の, 保つまい, 六日の, 冬の, 募って, 十二日の, 十五日には, 同じく人語, 同じであった, 同じに, 同じ時刻, 夜とを, 夜の, 夜を, 大きくなっ, 定めた, 定めたの, 定められて, 少しずつ, 少しは, 少しも, 延ばして, 悪い日, 成された絶大, 戰ひ, 所とを, 持つまい, 断って, 時刻とを, 時間とを, 時間を, 暮して, 暮らして, 月, 殖えて, 決まって, 沼の, 消えて, 深くなる, 濃くなる, 濃厚に, 烈しくなっ, 無事に, 生れた日, 益, 目立って, 知って, 私の, 立たないうち, 経たないのに, 経たない中, 経たぬうち, 経たねえうち, 経ち七日, 経ち十日, 経った, 経っても, 經つ, 考えて, 苛立たしい日, 見える, 見る, 言いたいが, 言うて, 言っては, 言ふ, 言へば, 近づいて, 迫って, 送って, 過ぎた, 過ぎても, 過し候, 遠ざかつて, 酷しくな, 間を, 高くなっ

1 [1077件 抜粋] あげずに, あと三日の, あなたが, あの妙, ありません, あるからには, あるばかり, ある石, あれば, あわただしい日, いいまちがえた, いい時刻, いうからね, いうべきであろう, いえど, いおうか, いっしょに, いったり, いつかなかった, いつたコモ, いひ一つ, いひ或, いふほどの, いやいい, いる者, いわず一時間ごと, いわねば, うつる工場内, おっしゃったとき, お体, お定, お手紙, お祭気分が, お道筋, かいて, かかって, かけて, かちあって, きいてたので, きまった, きまってからも, きまる, きめますわ, この心理的荷重, この白骨, こんきよく, こんなにピツタリ合, した, した例, した本, しるされて, し今年, し慎しみ, し水熊横丁, す, すこしで, するため, するの, するん, する内, する會社, する習慣, そこなわれて, そしてまた十四日, そつくり, その傾向, その夜, その宿, その心, その業, それからの, それから翌, それでも雲, たけを, たたないある, たたない内, たたぬのに, たたねえうち, たち三日, たっては, たつ, たつに, たのんで, だんだんぼんやり見える, だんだん自分, ちがい日ごと, ちょっとしか, つづきしかも, つぶやきを, てないほど, でした, どこも, ない野, なくつづいた, なく人, なく寝泊り, なく旅行, なく磨き, なく續, なく草の根, なしたの, なすなり, なったので, なった五月十一日, なってから, ならないうち, なりいよ, なりの, なりまして, なりますと, なり一週間, なり其口, なり四七日, なり帰り, なること, なるだけ, なるでしょうよ, なるの, なるや, なんの, のびて, はかどる旅, はっきりきめ, ひとつ町で, ひどくなる, ぶらついて, ほ, また少し, まったく同じ, みて, むなしく日, もちませんもの, やたらに, ゆるみかけて, アリバイの, クラスの, ノートと, プランを, 一八時間くらいの, 一八時間後に, 一時間五十分, 一月六日とに, 七日それから, 七時間かかる, 七月七日とで, 七種までの, 三十日に, 三日も, 三月の, 三鷹事件の, 上達を, 不安を, 不良く, 世間的で, 中とは, 主張し, 九月二十二日には, 予定の, 事変り, 二ど, 二十一時間かかる, 二十七日第, 二十三時五十分, 二十五日と, 二十八日, 二十八日との, 二十四日とに, 二十日発行, 二年十一月二日の, 二度も, 二日目の, 二晩泊りで, 二週間ちかく, 云うもの, 云う今日, 云う字, 云う記憶, 云った若林博士, 云つ, 云つては, 云ひ, 云ふところまで, 云ふ駆, 云われぬほど, 五十日近い, 五時間四六分二二秒と, 五月十二日に, 些とも, 人間と, 今二十六日を, 今年一月二十日の, 今月にな, 休日が, 似たよう, 住せず, 何かしら珍しい, 何らの, 何日とに, 併せて, 保たん婿どん, 信濃なる, 停められて, 働らい, 元日の, 先へ, 八日と, 八日に, 八日目の, 六日目の, 六月十一日の, 其当日とをば, 其麓に, 処を, 出しました, 出て, 判じて, 刻を, 前の, 加わって, 区別する, 區別し, 十一月の, 十二日のが, 十五日, 十五日と, 十五日に, 十五日十二月は, 十八日とに, 十六日とは, 十六日の, 十日とが, 千葉方面へ, 半月い, 厳密に, 口の, 合せて, 同じくこれ, 同じには, 同じダンドリ, 同じ千三百二十圓, 同じ服装, 同じ気まぐれ, 同じ温度, 同一条件で, 名づけた, 咲いて, 四七日の, 四日間飲まない, 四月より, 困つて行, 圓朝の, 地球総, 増加し, 変えたので, 変らず粗末, 変りない, 変化に, 多忙に, 夜とに, 夢中で過し, 大より, 大抵きまっ, 大朝とを, 大體, 天気が, 奮闘に, 存じます, 完成に, 定った, 定まった遷宮式, 定めたらしく引緊, 定めました, 定められたという, 定められたる紀元節, 定められた時, 定める二日間滞在中穂高行, 定め爾後現行, 定家の, 客は, 宮廷, 容貌衰頽普, 寒くなっ, 寝た事ア, 小杉卓二の, 少くなっ, 少し經, 屍骸は, 崩れて, 差迫った因果, 広い領域, 度を, 延ばされて, 延びる, 延び延びの, 引き摺られて, 引越を, 強く心, 彫って, 彼の, 彼女に, 待ち暮らしても, 徐に私共, 徳川家に, 怖ろ, 思いましたの, 思いますが, 思い寿江子, 思うても, 思うも, 思はれければ, 思ふも, 思わざるを, 急な, 患者は, 悪くなつた, 愉快に, 愚圖, 憔悴し, 成り長州, 戯れる樟, 打ち過ぎぬ, 持たずに, 指を, 推薄りたる, 数が, 數ふれ, 新年との, 旅僧に, 日の, 日付が, 日附が, 日限した, 春秋二度の, 時と, 時は, 時刻と, 時間と, 暖かに, 曇つた日と, 曙と, 書くから, 月が, 月との, 月のに, 月をか, 月末の, 朝五・四位夕刻の, 来ては, 東宝共同主催の, 極て, 楽しさ, 檜の, 此の, 此御仏彼御, 死の, 殆ん, 母の, 毎月夫, 気が付くと, 氣が, 汗に, 決つてこれも, 決めこうして, 決ると, 決定した, 治承, 法師幕うつ山ざくらかな, 浮かぬ気持, 海鳥が, 消え去って, 深くなっ, 深刻さが, 溶け去るけ, 滞在の, 激しくなる, 無くなって, 無疵で, 煩雑な, 爲すべきなり, 物識りに, 玄徳の, 生きては, 生命を, 生長し, 申しますと, 申すおくがた, 男女の, 異ならねば, 病人は, 瘠せ細って, 皺が, 益々深く, 盲い, 相對, 相成って, 眼に, 知れずに, 祈りつづけても, 禁厭が, 私に, 称し或いは, 称ふ, 稱する, 空は, 立たない内, 立つごと, 立つ中, 答える, 箱根へ, 篤くなる, 約束の, 納得し, 細かく編まれ, 経たない内, 経たない後, 経たない頃, 経たぬ頃, 経ったが, 経つた, 経ぬうち, 經たぬ, 經つて五月も, 続いた, 続かず, 続かなかった, 続けて, 緑の, 置いては, 美しくなっ, 美しくみがかれ, 翌日の, 考えた, 聖ジョルジュ記念日, 育って, 背に, 腰が, 自分が, 致度就ては, 若者の, 苦しくなり, 落第が, 薄々洩れ聞い, 蝕まれて, 行って, 衰弱しました, 見せかけて, 見て, 見る影, 見積って, 覚えたり, 覚悟せね, 覺えて, 言うと, 言えば, 言つても, 計画が, 記入されてる, 記念祭あけの, 誰でも, 警視庁の, 貴重な, 赤トンボの, 車の, 辛抱し, 辛棒が, 近づきつつ, 返事を, 迫つた, 逗留した, 逢はずには, 進みましたが, 遅らした, 過ぎぬ, 過ぎるうち雷, 過ぎる中, 過ぎ二日, 過ぎ十日, 過ぎ行きぬ, 過す中, 道行く人, 遠き行, 都會と, 重くなる, 野原の, 長けました, 長続きの, 関係ある, 降る雨, 限られ江戸じゅう, 隔日にという, 雨が, 雪で, 青味を, 頭は, 頼みて, 顔を, 餌を, 騰貴する, 鳥と, 黄色い葉

▼ 日から~ (1603, 1.3%)

30 私は 18 彼は 12 今日まで 8 十七日まで 5 彼の, 数えて

4 [12件] して, はじまるの, 三十日まで, 二十九日まで, 十五日まで, 十日かかる, 始まって, 彼も, 急に, 数えると, 私の, 自分の

3 [13件] ここに, すぐに, であつ, わたしは, 一週間の, 七日まで, 三日の, 二人は, 先は, 日劇で, 次の, 異常な, 開始された

2 [91件] お種, かぞえて, かぞえると, きょうまでに, このかた, このミカン箱, この日, さちよの, すでに曇っ, だか, だと, である, でした, ですって, では, ともかくも, のち日本の, また粒粒, わたしの, 一同は, 一週間ばかり, 七年の, 三十一日まで, 三十一日迄, 三日にわたって, 九日まで, 二十七日の, 二十七日まで, 二十二日まで, 二十五日まで, 二十日の, 二十日間の, 二月十五日までの, 五日の, 五日まで, 今日に, 今日までの, 以後の, 何週間か, 八日まで, 六日に, 六日へ, 十七日までの, 十三日にかけて, 十三日まで, 十三日までの, 十二日まで, 十八日へ, 十日の, 十日まで, 十日間の, 四日まで, 四月二十五日の, 始まった, 始まると, 始まるの, 始まるので, 始めて, 娘は, 小圓太, 少年の, 己の, 彼を, 彼等の, 後の, 恋の, 或る, 折に, 授業が, 数日経った, 新しい患者, 日記を, 朝は, 森は, 森川町に, 死ぬ時, 法然は, 法被着, 瑠璃子の, 病気に, 私と, 胸に, 自分が, 自分で, 衰弱はげしく, 賑やかに, 跛足を, 軍を, 開場し, 雨が, 食うにも

1 [1256件 抜粋] дом, あとしばらく, あなたの, あの店中, ありきたりの, あんたの, いうと, いずれそうなるだろう, いたして, いつもの, いよいよひどい, いよいよ開場, うしなわれその, うつちやつて, うんと金持, おばあさんの, およそ二十日, お医者様, お幾, お父様, お絹, かえるまで, かせとの, がらりと, きょう貴, けい古に, こっちは, このモンラム, この大法会, この次, この花, これは, こんに, さき二三日の, しずかに, じきに, すくなくとも彼女, すさまじい激戦, すっかり失望, すでに態度, すでに超越, せっせと山岸, そう言われ, そして本陣, その事, その人数, それに, そんなふうになっ, ただちに自分, だ, だね, ちゃんとつけ, ちょうど二日, ちょうど今日, ちようど一カ月目の, つけはじめられて, つづけて, であった, であろう, できるだけ詳細, です, でないと, でも, どうしてたん, どうも炭, どことは, なん, のが, のち私の, はじまったの, はじまる, はじめた, ぱったり私ら, ひいきに, ひどい爆発, ひょっこりと, ほととぎすが, ほとんど別, まず, またしばり始める, また二三日, また学院, また正木, まだひどい, まったく病, みだりに戸外, みるみる痩せ, もうかれ是一, もう七日目, もう尼, もう捜索, もう盛ん, もう自分, やがて彼, ゆくえが, よく触れました, わかりました, わずか四十余日, アイヌの, ウィーンに, オヌシは, キッカリ二週間, キンタマや, サンジョェという, ジムの, セル類は, タナグ山へ, トレヴォ氏の, バス市電ラッシュの, パパは, ビールジャ・トルダーで, ブロートとともに, ペンネン老, メラーンに, モーティは, 一つ寝返りを, 一ヵ月たった, 一号を, 一変し, 一度も, 一日おい, 一月目の, 一歩も, 一週間, 一週間すぎ, 一週間ばかりの, 一週間北京で, 一週間大阪中座で, 一週間目でございました, 一週間目の, 七十九日工場と, 七日に, 七日八日九日と, 七日続け, 七日間にわたって, 七月へ, 七月二十九日に, 三か月たった, 三人は, 三十五頁, 三十日以内に, 三吉は, 三日ぐらいの, 三日にわたる, 三日三夜大雨は, 三日目に, 三日間お, 三日間例によって, 三日間文藝協會は, 三日間殿庭とも, 三日間開催された, 三月二十日まで, 三月十八日, 三箇日ぐらい, 三食の, 下を, 不幸が, 不為合せにな, 世話を, 両人の, 丸の内の, 九日にかけて, 九日一日までの, 九月の, 九月二十七日位まで, 九月十五日まで, 二た, 二三日後であった, 二人の, 二十七年三月二十九日まで, 二十三四日迄, 二十二日頃までの, 二十五日までに, 二十何年か, 二十八年五月十一日まで, 二十六日まで, 二十四日まで, 二十日に, 二十日ほどの, 二日目か, 二日目に, 二百八十日と, 二週間の, 五十日間の, 五日あたりにかけて, 五日へ, 五日経った, 五日間入れ, 五日間東京銀座鳩居堂の, 交代で, 人知れず衣裳, 今おります, 今まで, 今日は, 他の, 他巳吉, 仲の, 休みという, 休会する, 何だか少しずつ, 何万両の, 俄に, 値上の, 僕は, 先彼は, 児童虐待防止法が, 入監, 全生活, 八方へ, 八日の, 八時に, 八月十日頃まで, 六割増と, 六日まで, 六時半夕刻四時という, 共に母屋, 其の家, 円朝の, 写真撮影に, 処刑の, 初まる田, 別々に, 剃らないん, 副軍師中郎将, 力を, 勉強を, 募集開始, 十一日まで, 十一月十二日まで, 十七日にわたって, 十三日迄, 十九日位まで, 十二月二十一日頃まで, 十五年が, 十五日までの, 十八日の, 十六日にわたる, 十四十五の, 十日ほど, 十日前の, 十日間ブロート兄弟とともに, 十月二十七日まで, 十月十二日まで, 十月十日まで, 半年ほどの, 半月の, 南伊豆の, 博文館の, 又その, 又勤め, 又病氣, 受付る, 台所へ, 同月十九日まで, 名誉ある, 向う二年間といふ, 向こう三日間, 君枝は, 呼び慣わされた, 嘉吉は, 四五日も, 四五日間は, 四十九日までの, 四十日も, 四年半近くの, 四日後の, 四日間で, 四日間上場される, 四日間連続し, 四月の, 四月十八日までの, 四百日は, 困るン, 園田さんのや, 地上の, 城へ, 売りたかったですな, 夜に, 夜も, 大博覧会, 大師は, 大衆の, 天皇の, 失踪し, 奥様に, 如何に, 妾に対して, 始まったその, 始まつた, 始まり終り, 始まること, 始まるユネスコ, 娘二人は, 婚儀までの, 学校先生も, 宇津木兵馬は, 安藤君の, 宗門奉行所に, 実際の, 客車の, 宮庭の, 家へ, 寝るところ, 實際に, 寺田は, 小太郎は, 少しの, 屡々あった, 島田村が, 巣も, 工事に, 工人の, 己は, 師の, 平常の, 幸内と共に, 幼いゴーリキイ, 幾度私は, 広場で, 床について, 店先き, 庭の, 廿七八日迄の, 廿日の, 彼が, 彼には, 彼女は, 後は, 御上京, 復活祭まで, 忽然と米屋, 思った, 愈々外人, 態度が, 或事件, 披露を, 指を, 捜査関係の, 揚げたテンプラ, 改元し, 攻撃が, 救護団の, 数へて, 数日後或, 數へて, 料理屋が, 断食日へと, 新しくなった, 新円, 旅行する, 既にもう父, 日へと, 日本は, 旦那様の, 明日といふ, 昼は, 昼間は, 暫くたつ, 暮しに, 更に八日, 最も熱心, 最期に, 月水金いい, 朝お, 朝起き, 木挽町の, 本家の, 札幌を, 村で, 村上は, 林町に, 柳営へ, 栄蔵の, 植民地在住の, 極めて平然たる, 次々に, 止めたこと, 正月休みという, 死ぬ日, 死花を, 残った諸, 殿さまの, 母親として, 毎夜先生の, 毎日の, 毎日一度は, 毎日二羽の, 毎日毎晩得体の, 毎日近所の, 毎週三回稽古を, 水に, 水ばかり, 池上氏は, 河原から, 法然の, 注意ぶ, 浅井は, 浅草観音の, 消えて, 淋しい先生, 渋谷の, 湖の, 湯煮, 漸次に, 然し義雄, 煙草を, 牧野は, 猛勉強, 獸の, 瓦斯の, 生徒に, 生計の, 町へ, 病に, 病気が, 痔の, 登館した, 白鳥は, 百燭の, 目に, 直ぐ一家, 看視, 着物も, 石を, 確かに, 社会部の, 神奈川條約, 私たちの, 私たち日本國民は, 私達は, 秋戸郷へ, 稿を, 突然で, 立派な, 第三種郵便物, 算え, 米の, 約一ヵ月, 約五日, 紋付羽織に, 終夜不眠に, 絶食を, 総攻撃, 練習を, 繰りかえされた, 翌る, 翌年三月中旬にわたる, 老人に, 老婢まきは, 肺炎の, 臥て, 自分を, 臺所に, 船脚に, 良人に, 芳江の, 英語の, 荷物の, 葉書の, 藤次郎は, 行われつつ, 行方不明で, 行方知れず, 街路の, 見えなくなったなんて, 見て, 設計を, 詩を, 象は, 貸金の, 起算し, 踊らなくなったと, 退院する, 逗留し, 運び方, 道頓堀の, 部屋に, 酒屋の, 野山を, 金品交換の, 長崎波止場は, 長者の, 開かれました, 開場する, 開通された, 間もなく上野, 防空演習です, 降り癖, 雨後の, 電気局の, 霊山寺で, 静江が, 革鞄を, 風呂場の, 食う物, 食には, 館の, 馘に, 骨身に, 高瀬入

▼ 日~ (1543, 1.3%)

235 あつた 9 はない 8 私は 7 ござります 6 あらう, その日 5 あらうか, 空には 4 あつたらしい, あつて, もよい, 彼の, 朝から, 死んで, 私が 3 あつたの, この日, はなく, 二人は, 月の, 癒ります, 終って, 風は

2 [63件] あらうと, いいから, お玉さんは, これも, ござりました, さすがの, しかなかっ, して, せう, その人, その朝, ね, はあつ, は出来ない, ほんとうに, よいが, わたしは, 一年中の, 上がるの, 今から, 仏寺に, 仕上げて, 仲が, 何を, 例の, 僕は, 完成すべき, 家に, 家康は, 小幡の, 帰ります, 帰るの, 往って, 新橋を, 暮春の, 書いたもの, 有しか, 東京を, 桑畑を, 梅若さまの, 楽に, 止めて, 死亡した, 母が, 江の島から, 海は, 消えて, 父は, 町に, 町には, 畢つた, 眼も, 破れいつも, 秋の, 空は, 終ると, 街, 裏の, 見つかると, 酵された, 野村は, 雪が, 齢は

1 [1084件 抜粋] ぁ一寸六ヶ敷ぃな, あけて, あちら側から, あとは, あと五日は, あなたに, あの柔, あやしく燃えつきた, あらゆるもの, いいが, いいん, いきづまった, いないと, いよいよの, いろいろの, うるさく蠅, えす, おさんと, おしまいに, おびただしい材木, お三輪, お寺様へ, お山を, お得意廻り, お断りを, お母様は, お腹の, か, かえります, かえろうと, かならず藤五郎, かぶと, きめ縄取り, くるの, けろりと治り, こ, ここからは, このあり, この位, この日ツエッペリン飛行船, この時, この芝居, こんどは, こんなに集まる, こんに, さえまだ, さかなは, ざっと目, しかも七回忌, してんけど, しよう, すっかりあなた, すっかり仲よし, すっかり秋色酣, すっぱり痛み, すべての, すらお前, せう爾, そうして晴れ, そこに, そしたら少し, そして後徹, その八日九日, その後自分は, その持チ駒, その目標, その間に, それが, それと, たべて, ちょうど最中, ちよつく, できあがるはず, でもあつ, とけて, とんびに, どうも商, どこででも, どの月, なおるそう, なおるという, なんだか雪, ね今, のみこんで, は, はありません, はこの, はちょっと, はなかったろう, はや公式, は三日, は何, は全部, は勝敗, は大阪, は寫し切れなかつた, は帰れなかった, は意味, は掘出せ, は無い, は癒ら, は終らなかった, は行けません, ひとりで, ふっとんで, また以前, まだいくら, まるで人, まる二ヵ月, みんなで, もう千部, もう顔, もそとで, もとの, も帰らなかつた, も知らず, やつて, やめたわ, やるよう, ゆきつくそう, よいから, よいさかい, よかった, よして, よりによってこんな, よろず新しく, わたしが, アガった, コスモスの, ショウ月だ, スエーター一着として, セルで, ドライヴ, ニセと, フシギな, ホテルに, ポタアジュブフアラモド冷鶏と, マチアが, ムネ・シユリイの, ユーゴーの, ワイシャツの, 一と, 一ヵ月一月中旬までは, 一万五千円という, 一八一五年三月一日という, 一席やる, 一日だ, 一本明けた, 一番き, 一石五斗の, 一週間が, 一高に, 丁度三年目に, 丁度八時すぎの, 丁度斬られた, 七日の, 七草の, 三両か, 三日後の, 三津に, 三百匁ばかり, 上下する, 上野の, 不足は, 久し振りの, 乗切り九月十七日, 九号から, 九月です, 乾いた路, 二人が, 二十五日には, 二十六日の, 二十日の, 二時頃から, 二月有餘と, 二貫五百も, 亡き人の, 京都から, 今夜は, 今日は, 仕上げた, 仕事が, 以後二十年間は, 休職満期と, 低いところ, 何とか, 何処か, 余り手入れを, 使い果して, 使うならば, 使ひ果し, 信明の, 信雄は, 傘が, 償うの, 先ず芦峅村, 免状式といふ, 全く洗, 全治した, 八つ半時より, 六年の, 六月には, 六法を, 其の前日, 再び陸奥, 処分する, 出れるもの, 出拂, 出来らあ, 出来るの, 出来る話, 出来上ったの, 出発しよう, 分ったこの, 切上げること, 刈り取ろうと, 初めて訊ねる, 判るもの, 前面一體には, 割に氣分, 加賀の, 勝負を, 十フランと, 十一度から, 十分だ, 十日に, 十歳に, 千秋楽という, 午前十時過ぎの, 午後の, 半蔵らは, 即ち妹, 厶った, 又もと, 又景気, 取り戻さねば, 同じく最初, 同時に此, 向陵, 吹きさらしの, 呉服橋からは, 咲いて, 四升呑んだ, 四月が, 四月らしい, 四階まで, 土地柄賑やかな, 地球を, 城は, 売って, 夏休みに, 夕方まで, 外出する, 大きな馬蹄形, 大入りの, 大変だ, 大変な, 大学の, 大島先生は, 大概どうか, 大沢の, 大部分, 大陸は, 天使の, 太平洋を, 奈良の, 姫を, 嫌気が, 子供たちの, 完全に, 宗祇の, 宣告の, 室内も, 家では, 家を, 宿へ, 寮を, 小判一枚か, 小沢岳に, 尾花は, 山の, 山崎合戦は, 岸本は, 差出人は, 市科学会で, 帝劇で, 帰って, 帰りが, 帰る日, 年占, 幾十遍くり返した, 広い空地, 店さきの, 店を, 廊下には, 廻った, 式の, 当日は, 役立たずに, 彼処でも, 彼等の, 往つて見られます, 往復し, 往復出来る, 後者は, 御姉妹, 御玄猪, 快癒する, 息づまる雰囲気, 悉く落ちた, 我慢を, 戻る, 所持金の, 手に, 手帳に, 打ち切りに, 拙者は, 捜査が, 掘れる, 数日前に, 文台は, 新年の, 旅の, 日ざし, 日曜悪から, 日本一の, 明るい往来, 易々と, 春の, 昼の, 時間までは, 暑かった, 暖かに, 暗誦し, 暮すストリッパー, 暮れやうといふ, 書かされ, 書き上げるつもり, 最大級に, 月が, 月俸三十五円給す, 有った, 朝の, 本郷追分から, 村中食いつぶされ, 来たん, 来るのに, 来る積り, 東京に, 東北は, 林町一同, 栃本へ, 桃の節句を, 構いません, 橇の, 止しました, 止めたこれ, 正式の, 正造は, 此大吉が, 此日は, 歩いた遊山旅, 死ぬから, 死ぬよう, 母屋の, 気分も, 水着の, 汗は, 江州伊香郡の, 江戸まで, 汽車の, 治したといふ, 治った先生, 治りそう, 法王が, 洗いざらい盗み出し, 消失する, 清水に対する, 済むもの, 済む苦しみ, 済んだが, 湿つた秋, 満開の, 溌剌騒然たる, 濛々と, 灰を, 炬燵に, 無くなる事, 然るべき山荘管理人, 照り付けられるの, 熱が, 父や, 片付ける, 片附け, 独り食事など, 玉無しに, 田圃へ, 田辺定雄は, 甲必丹は, 痂が, 病舎の, 癒つた, 癒らねえ, 登る石垣山一里, 白けた河原, 百姓ぶつ倒れる, 目的の, 直そうという, 着けるとか, 磁石を, 祇園の, 秀吉は, 私共は, 秋めいた冷めたい風, 種が, 空の, 突ッつき殺され, 立って, 笞打ほかに, 築き上げられませんよ, 終ったわけ, 終らなければ, 終りを, 終るという, 終わった, 終を, 結構なり, 絶望的な, 練習が, 縁日だつた, 翌日次, 老体の, 耕す畑, 腐ります, 自分の, 舞つちまつた, 航海すべきだ, 良いから, 芝居も, 茶の, 菖助は, 葬ること, 蒸発せしめた, 薄暗く煙る, 藤兵衞の, 蘭軒は, 行かれるそう, 行くところ, 行ける, 行けるだろう, 行けるとか, 行ったらすこし, 行年八十二歳であった, 西河岸の, 見たら彼, 見頃と, 観て, 読んで, 警察では, 豊島瀧, 賊境を, 賑かな, 走り下っ, 起きた, 越える算段, 足りるに, 足を, 輝の, 近辺の, 追はれ, 退却する, 逃げ出しちゃ, 通過し, 運命への, 道樂仲間を, 違うし, 遠くでは, 還暦祝いを, 部屋の, 酒なし, 野一面の, 金曜日だ, 長くて, 門前の, 開け放した障子, 間に合うよう, 隅から, 雨らしい, 雪の, 電車の, 青空は, 題目は, 顔だけは, 風も, 飛行島は, 食べ終るもの, 飯田町の, 駈け出しました, 魔の, 黄ばんだ砂煙

▼ 日~ (875, 0.7%)

10 の暑 6 は暑い 5 には必ず 4 に, のこと, の事, の光, の興奮, はなかなか, はまだ, 立って 3 にまた, に帰る, の暑い, の道, は家, は暑く, 両国民, 働いて, 駈けずり

2 [60件] だから, だった, でいちばん, でも一番静か, で一番, といえ, と夜間, ならば, なれば, なん, にお立ち, にこの, にとつ, になる, には村長, にもとる, に交, に何, に何とか, に出発, に圭吾, に家財, に晴曇雨, に江戸, に私, に至り, に送ります, に通知, のせい, の仕事, の女王, の旅, の時間, の晴天, の樹林, の気温, の金星, の音闌, はあまり, はとても, はほん, はよく, は夏, は少し, は日かげ, は汗ばむ, は深い, は熱い, は近, は釣人, へ出た, また一晩中, もほとんど, も夜, エイエイ苦労, 寝たふり, 薄暗い中, 見て, 閉じこもって, 黙って

1 [675件 抜粋] あけられない戸, あのやっかい, あの子, あの船室昇降口室, あやしい手紙, いたッ, いらいらしい, うす暗かつ, うとうとし, おくられる行進曲, おらく, お久美さん, お弟子さん方, お関, かかりました, かけずり廻つてやつ, からと急, から一杯, から何事, から張り, から担ぎまわる, から来客, から電灯, かわれ, か夕方, がかッ, が思, が近寄, ぐずぐず管, このこと, このやう, こんな家, さえ店, さがしても, しゃべること, しょい歩く絵箱, じっとし, すわって, そいでも, そのこと, その事, その樹, ただ雲, だか, だけだ, だけは犬, だけは畑, だけれども, だつた, だと, だのに, ちょいちょいお茶, つきまくって, つんぼの, であったに, である, であるだけが, であろうどこ, であろうもの, でなく夜中, では, ではあぶない, でも, でもあんまり, でもお日様, でもそう, でもとけない, でもなめ, でもよく, でも存八, でも室内, でも日陰, でも曇天, でも澹暗, でも用心, でも秋, でも陽, でも雨, でも黙っ, で一番不安, で一番生心地, で一番私, で丁, で土橋, で時間, で最も, で水流, で然, とあくる日, というだけの意味, というの, とは違つて, とも言はず, と夜, と深夜, と雖, など外, など山田, ならかえって, なら直ぐ, なれども, なんだか家, にいずれ, にお, にお腹, にかならず, にきっと, にこのあいだ, にすむ, にする, にそんな, にちょっと, にても群, にとやかく, になった, になりましょう, にのみ之, にはきっと, にはきっとどうか, にはっきり, にはみんな, には上ります, には仕事, には何千, には再び, には吉左右, には名古屋, には変るだろう, には屹度, には屹度歸, には犯人, には田舎, には眼, には確実, には纏められましょう, には著しく, には足利家, には退院, には鑑札, にもう, にもう一度, にも同じ, にも或, にも片, によき, にアゲ, にガタガタ, にソーホー街八十八番, にトロツコ, にペンさん, に一人, に七度水, に三台, に並び点る, に二度, に仕舞っ, に何言, に俺, に僕, に凋ん, に処し, に出, に半金位, に又, に合格通知, に嗅ぎつけ, に在る, に坪刈り, に外, に外聞, に大村, に大気, に大火, に大鹿さん, に天下, に如何, に寂し, に寝床, に少女, に屹度自分, に岩村田, に帰ります, に幽霊, に引払, に御, に恐ろしい, に慶四郎君, に戸外, に持っ, に持て来ます, に敬坊, に文芸春秋社, に文藝春秋社, に於, に旅, に旅行券, に時鳥, に書く, に書類, に案内, に歳暮, に死ぬ, に比し, に溶け, に灯, に燃, に燈火, に片づけ, に登る, に眺めた, に神, に立つ, に端書, に考えた, に芍薬, に處, に行く, に行こう, に裸出, に見た, に見る, に訪ねる, に謙さん, に貴, に買宅, に起った, に退院, に送り込むだろう, に釣れ, に間に合え, に飛翔, ねて, ねむるの, のあらゆる, のお, のきまりきった, のごみ, のそれ, のはげしい, のほとぼり, のみならず, のよう, のコタツ, の一大愉快, の一番, の仕事欲, の光景, の凌ぎ, の加持, の労苦, の半ば頃, の印象, の堀, の夜, の大, の大寺, の巻雲, の幽, の幽霊, の強烈, の役名, の往来, の忍返し, の悪, の愉快, の或, の手順, の日蔭, の明る, の星, の時, の晝貌, の晴れた, の暑熱, の暑苦し, の暖か, の暮し方, の最も, の最大, の未, の桑畑, の楽しみ, の様, の橋, の汽車, の炎塵, の照り, の照り輝く, の町, の畝, の登場役割, の白帆, の睡眠, の空気, の笹, の羽, の航海, の芝居, の花盛砂埃, の覆面, の訪問者, の話題, の趣, の路地, の鐘, の雲, の電気燈, の静, はあきらめ, はあった, はいけない, はいつも, はいなかった, はおおかた, はおとなしく, はことに, はさぞ, はざしき, はそう, はそんな, はたいがい働き, はだいぶ, はどう, はどんより, はまさに, はまつたく, はよい, はよほど, はわれ等, はオバー, は一ふき, は乾く, は二人家, は仕事, は仕事場, は何, は余程, は全く, は出られない, は分け, は動く, は単, は周到, は和風, は四月半ば, は外出, は大, は大した, は大概晝寢, は太陽, は学校, は居ない, は山, は庭先, は急, は怺, は早じりじり, は春, は晴れ, は暑かっ, は暑けれ, は暑気, は最も, は朝, は村, は格別, は梅, は樹, は滅多, は炎暑, は照りつけるだらう, は物具, は猶, は皆昼寝, は硫黄, は秋, は緑, は茶店, は蠅, は賑やか, は躄, は遠く, は金, は闘牛児居滞在, は雪どけ, は非常, は食物, は馬, びくびくし, ふさぎこんで, ほとんど一人, ほとんど口, ほの, まで立たし, もお, もおやすみ, もなく, もまっ, も人, も其の, も冷い, も可, も夜中, も家, も息, も梟, も水道斷水, も私, も薄暗い, も裸, も身, も陰氣, やって, やるの, や晴れた, ゆけば, よく晴れ, よりも朝夕, より影, をこの, をしくしく, をとわ, をよう, を使い立て致さ, を天, を忌む, を択ん, を照らす, を行ない澄ました, を辿つ, を通つて, を通行, を過ぎずし, を避け, を避けね, を重い, ギラギラ光つて, ブツブツこぼし, 与えられた紺絣, 人知れず隠し, 休む暇, 何となく恐ろしい, 働いた, 入りびたって, 勤める, 又一晩中, 叩いて, 叱られ通し, 啼いて, 啼き継ぎ声, 坐って, 大抵その, 寝そべつて細君, 寝て, 寝ては, 居るか, 居る事, 引きのばして, 弛んだ顔, 忙しいので, 忙しく働かね, 怒鳴りちらして, 懸沈井中, 或は一年中, 戻らない, 掻きまわしたわ, 放二, 是非伺います, 晴れわたつた壮厳微妙, 暑くて, 曇って, 歩きまわる用, 歩こうもの, 泣きど, 消えないの, 焼けあと, 照りつけられた石, 疲れた丸い, 盗むわけ, 眺めて, 眺め耽って, 睡ったため, 睡らさないよう, 睡らない訳, 睡るか, 立ち去るの, 立ってばかり, 立つて, 考えた事, 考えて, 考えてから, 蠢いて, 見せられて, 起きて, 追い回されるので, 追い立て追い立て仕事, 遊ばせて, 開いたり, 飛びまわって, 騒々しいだけ

▼ 日でも~ (809, 0.7%)

29 三日でも 23 二日でも 12 二十日でも 11 十日でも 10 あつた, いいから 9 四日でも 7 一時間でも 5 あった, 半日でも, 泊って 4 一刻でも, 一週間でも, 可いんです 3 ある, あれば, ないと, 五日でも, 千日でも, 好いから, 家に, 私の, 黙って

2 [55件] あるので, こうし, ここで, それを, ながく生き, ニコニコ笑つて, 一日中朝から, 一時でも, 事務室を, 人の, 人より, 先き, 六日でも, 初蕈, 半分暗い, 可い, 夕方に, 女護の, 寄る煙草屋, 平気で, 彼の, 彼は, 待って, 後れて, 我慢が, 手放して, 持つて, 斯うし, 早い方, 春の, 昨晩の, 暮して, 月初めに, 来たよう, 次の, 此病院へ, 泊めて, 生きて, 生みの子の, 立って, 筆の, 自分の, 衣嚢に, 議論一つ出る, 貴方の, 逢は, 遊んで, 酒と, 長く生き, 雨が, 顔を, 風が, 飛び出すだらう彼奴, 髪を, 髮を

1 [534件 抜粋] ああいう, ああし, あきずに, あごを, あたるまでは, あったかね, あったわい, あなたに, あの熱海, ありは, ありました, ありますね, ありまするし, ありませんけれど, ありも, あり國民一般, あり対馬, あり折柄盂蘭盆, あるし, ある日, あろうか, あア, いい, いいだけ, いいでしょう, いいです, いいの, いいん, いい思いっきり, いい思ひつ切り, いたが, いつとき, いて, いや一時間, いられそう, いわば世話, おかなければ, おくれること, おざった, おじいさんの, おそくできる, おとなしく和服, お乳母さん, お出, お前と, お勤め, お待ち申します, お染さん, お茶が, お閻魔さま, お預り, お願い申しとうございます, かうして, かがやいて, かならずこの, かまは, かまはん, くるめんば, けっして船, こうなっ, ここから, ここに, ここへ, こちらの, この中, この事件, この池, この辺, この長火鉢, こられるん, これで, ご逗留くだ, ご飯を, さして心配, さびしい道, しばりつけられて, じいッと, すぐ配達, すごすと, すんだならそのうえで, すんだらお, すんで, そうしたまま, そこに, そこまで, そのこと, そのままに, その事, その土蔵, その広島, その生活, その禄, その葉, それが, そんなこと, そんなもの, ない, ないし, ないのに, ない華やか, なかつたら部屋, なくば, なければ, はやくかからない, はやく手, ひいて, ひとりで, ひまさえ, ふだんに, まだこぼれ, まるで静か, むだに, もう遅い, やって, やめたらどう, ゆっくり滞在, ゆつくり, よくあがる, よくこんな, よく考える, わたしの, わるい事, われらの, ゐて, ゐようと, トロトロと, ヘロインが, 一つに, 一ヶ月でも, 一体に, 一年でも, 一生でも, 一緒に, 一軒二百円の, 丁度浮浪者, 七日でも, 七百五十日でも, 三四十人多い, 三日で, 三晩でも, 不適所に, 世帶を, 主と, 主婦は, 二三日でも, 二週間でも, 二階から, 互が, 五十日でも, 京伝より, 京橋と, 人間に, 人間の, 人間一人車一台通らない, 仇の, 仕事に, 仕事を, 仕置を, 代て, 仮面を, 休むと, 休暇を, 住み馴れて, 住んで, 何うにか, 何にも, 何十日でも, 余計, 來られない, 俯いて, 健康な, 傷めつけられるよう, 働かいで, 働きたい働かずには, 僕は, 先生の, 其の一日, 其処に, 其時の, 写生は, 凝乎家, 出来る, 切りは, 別にめかし, 動かずに, 勝手に, 千年杉の, 午前でも, 半分に, 半年でも, 半月でも, 原田君が, 原稿用紙と, 參つた折に, 參詣の, 口を, 口笛を, 号令を, 同じ仕事, 同じ姿, 同じ様, 向柳原一帶, 君達子供の, 命を, 品川の, 唯一人で, 啼いて, 喋舌り続けよう, 嗅がぬ日, 四百三十余人からの, 国主の, 国境の, 土地が, 執務時間が, 外へ, 多くしよう, 多くの, 多く小さな, 多く秘密, 多く長生き, 多すぎる, 夜間でも, 大事に, 女房に, 好い竹, 妹と, 姑へ, 姿を, 存分に, 安きを, 安心し, 安逸を, 宜い, 家を, 寒けがする, 寝ずに, 少しのんびりと, 居さっせえ, 居たかも, 居て, 居りませうと, 居坐り千両箱, 居続けて, 帰って, 帰る時, 帰れと, 平氣, 年を, 幾月でも, 延して, 延ばして, 延ばすこと, 当たって, 当然の, 彼が, 彼れ, 彼女は, 彼奴の, 御催促, 御逗留, 御重宝, 心から笑, 必ず勉強, 必ず風, 忍びも, 忘れずに, 思ひ晴々, 思わぬ日, 息の, 悪い日, 悪くなる, 惜しまれるやう, 惡くなる, 愉快な, 愉快に, 意味ある, 手を, 押掛けて, 持って, 指さねば, 捕虜たちの, 故人の, 新介様, 新吉が, 旅だ, 旅と, 旅という, 日光の, 日和下駄に, 日当に, 旦那と, 旦那様の, 早いが, 早う亡くな, 早かれと, 早くお, 早くこの, 早くこんな, 早くできる, 早くりっぱ, 早く健, 早く出, 早く別れるなら別れる, 早く完成, 早く市場, 早く旧来, 早く来, 早く消え, 早く知る, 早く穫る, 早く立ちたい, 早く立ち上がろう, 早く立つ, 早く達観, 早く阿波, 早く養生, 早く駈けつけた, 星を, 時によれ, 暖かに, 暗くな, 暮れたら往生, 暮れられて, 有りは, 有効に, 朝から, 木綿の, 来たら総髪, 来て, 枝が, 栄華の, 機嫌よく, 欠かすの, 止めて, 正午前後には, 正味の, 此巴里に, 此處へ, 此陰気な, 此陰氣な, 死ぬと, 死んだもの, 死んで, 残るつもり, 毎日一度は, 毎朝かならず, 気楽で, 永く父, 決して休まず, 決して船, 決行し得られる, 河蒸汽で, 泊つ, 泊つて吉林を, 泊つて居, 泊つて行く, 海岸へ, 涼しい感じ, 涼しくて, 淋しいもの, 添わして, 済んだらとんだ, 済んだら心, 済んだら来て, 済んだ頃, 源氏を, 滞在し, 滯在は, 漁の, 漬けて, 火鉢で, 無かつ, 無責任には, 煙草を, 熊田校長は, 燦く, 狩猟の, 玄関に, 生きたいと, 生きのびた方, 生きられるだけは, 生き延びようと, 生活を, 男の, 画ける虎, 画室の, 留められて, 留め置いても, 療養を, 登載されぬ, 目を, 相当に, 真剣に, 着馴らした方, 睨み合って, 碇泊する, 禁令を, 秀子が, 私が, 私は, 空を, 空気の, 約二十八丁, 紗の, 紙と, 続くわけ, 繁盛の, 繰返して, 置いて, 翌月に, 聞きもらしては, 職場から, 胸を, 能御, 腹一ぱいくっ, 自分は, 自動車は, 自由な, 興行した, 舟に, 船を, 良いから, 良人の, 苦しめて, 草刈りに, 萎んでは, 落, 蔽い物, 行かれるが, 行って, 襁褓を, 覇者の, 見守って, 規則は, 訊問を, 話の, 誰か, 誰も, 諸船, 警察さ引ツ張られ, 議論しよう, 越後の, 身動きが, 転がったまま, 軽い不安, 輕い, 近づいたよう, 途切れると, 逗留し, 遅く東京, 遅れて, 遅れる方, 過ぎたらお松, 違った方面, 遠い山, 遠くの, 遠慮なんぞ, 遮断される, 酒に, 金看板の, 釣れない日, 鏡石辺から, 長い方, 長くいられる, 長くここ, 長く喰いのばす, 長く生かし, 長く生き延びさせる, 長く確実, 長く見, 長く釣りよせ, 長生する, 長篠の, 門を, 附加へ, 集まる雑兵, 雑誌といふ, 離れて, 雨だの, 雪の, 霧の, 非常な, 面白そう, 頑固に, 頑張るばい, 頭の, 飛行機は, 食べないで, 食わずに, 食事の, 飼つ, 養う気, 餌を, 馬が, 骨折を, 魚類です, 鳴門の, 鳶が, 黙っては, 黙ってる

▼ 日~ (708, 0.6%)

20 二日で 15 二日の 11 経って 10 三日の 8 三日に 6 たった, 經ちました, 過ぎて, 過ぎました 5 四日の, 私は, 経て 4 して, 二十日の, 八日に, 前に, 前の, 経つて, 過ぎた

3 [16件] ずを, そこい, たつと, であった, 三日しか, 三日で, 九日の, 二日も, 十六日に, 後に, 日が, 私の, 経った, 経った後, 経つたが, 続いて

2 [45件] あとに, かかって, かつて, すると, その夢, その眼前, その翌日, たちました, たつうち, たつて, つづいた, またと, 一週間が, 一週間も, 七日を, 三十一日に, 三日ごと仕事が, 二十日も, 二日が, 二日に, 二日を, 何んかを, 何処かで, 八日の, 六日に, 前から, 十日の, 半月の, 古山の, 君に, 四日で, 四日に, 後だ, 後だった, 後の, 挿しし寒菊, 此女は, 歴史の, 経ちました, 経ったある, 経つと, 續いた, 翌々日叔母と, 過ぎると, 降り續

1 [439件] あった, あって, あつて, あとにまで, ありましょう, あるいは一昼夜, あるいは病人, いかなる時, いな, うした, おいて, おそくとも十五日, おそくも, おぼえぬけれど, お住, お前は, お報い, お教え, お目にかかります, お目もじいたす, お示し, お祖父さんと, かつた, かつていろいろ, かつてそれ, かつても, かつて織り, かつて読んだ, かならず喰いつかれるであろう, きょうは, ぎりぎりで, この心, この朝, この目前, この芸, この遠い, これが, ご辛抱, さくらさく君が, しめっぽい日, すぎて, すぐすら, すれば, ずが, ずと, ずも, ずら, ずらの, ず経て, せい, そこらで, そこらの, そのお, そのま, その次, その誓約, それとも半月, それを, たちましたけれど, たってから, たって水番, たつてから, たつ頃, たてば, たれかに, つづくと, つづけられました, つぶすの, である, にせの, のち丘続きの, のんきな, ふたたび出, へらなくとも, へらぬ京, まことその, また, またどういう, またはもっと, または寅, また妹, また鳴, もはや自分一人, やまん, ような, わかりませんが, わしが, チェッ, ヒビだらけの, モノに, 一丈ほどの, 一個完成した, 一度彼女, 一旅団, 一日半も, 一日半行く, 一群の, 一週間か, 一週間かは, 一週間くらい, 一週間ぐらい, 一週間ぐらいの, 一週間したら, 一週間すん, 一週間の, 一週間は, 一週間ほどの, 一週間位は, 一週間外に, 一週間後だった, 一週間旅を, 一週間行かし, 七日が, 七日早く, 七日精, 七日約束の, 七日隔き, 三十一日という, 三十日位しか, 三日ある, 三日おきに, 三日かの, 三日から, 三日くらい, 三日くらゐ, 三日ぐらいの, 三日ごとに, 三日せいぜい, 三日だ, 三日でも, 三日は, 三日主水之, 三日前に, 三日寝, 三日帆走し, 三日新聞社の, 三日目の, 三日頃に, 中入りの, 九日お忍びで, 九日それも, 九日で, 九日であった, 九日網走を, 二人の, 二十一日の, 二十一日をもって, 二十三日が, 二十九日かに, 二十五日間を, 二十六日と, 二十四五日かかれ, 二十四五日も, 二十日あまり, 二十日ごろまで, 二十日で, 二十日に, 二日, 二日あれ, 二日おい, 二日か, 二日かの, 二日がかりで, 二日ぐらゐでそれつきり顏を, 二日する, 二日すれ, 二日だ, 二日だった, 二日づつ暖い, 二日という, 二日なら, 二日には, 二日は, 二日ゆっくり, 二日より, 二日クマを, 二日不在である, 二日位で, 二日前に, 二日半くらゐ, 二日取らせ, 二日姿を, 二日学校に, 二日後手に, 二日早く, 二日時には, 二日洛内の, 二日生延びるだろう, 二日程ずつは, 二日穩かな日が, 二日経っ, 二日置き, 二日臥って, 二日自由の, 二日違ひで帰つた, 二週間ぐらい, 二週間で, 二週間ほど, 五六日前だ, 五日あった, 五日かの, 五日ごろには, 五日なら, 五日なり, 五日の, 五日チャチな, 五日声も, 五日目だ, 五日目に, 五日路位の, 五日鑛山に, 五日頃です, 人気なく, 今川家の, 仏の, 他の, 仲達の, 会うもの, 会えよう, 何かで, 何年かの, 俺には, 働かされた, 儂が, 兎角し, 八日ごろが, 八日には, 八日も, 六十日の, 六日せいぜい, 六日と, 六日も, 再びそれ, 前であった, 北へ, 北方を, 匿われて, 十一日の, 十一日頃乍憚御, 十七日には, 十三日に, 十二三日も, 十五日かの, 十五日の, 十五日も, 十五日経ったら会わせましょう, 十八日か, 十四日に, 十数日か, 十日, 十日です, 十日に, 十日も, 半日温泉へでも, 半月, 半月だったろう, 半月で, 半月も, 半月程, 参殿も, 反覆された, 取りかえしの, 君帰ります, 吹くと, 吾人は, 呉を, 喘息の, 四五日は, 四日おきに, 四日か, 四日ぢや, 四日でした, 四日です, 四日ね, 四日も, 四日グルーシェンカが, 四日位まで, 四日目に, 四日頃に, 埃の, 夜でなく, 夜徹を, 夢に, 大和路を, 大江の, 大阪人も, 天地の, 太陽と共に, 妻に, 学校を, 密偵団の, 小舟を, 山に, 山の, 帰る, 廿八日ごろに, 廿日目に, 弓袋を, 引き続いて, 弥次馬の, 彼は, 彼女の, 待たなければ, 待てば, 後には, 御亭主, 御楯, 心の, 必ずまみえん, 必ず政府, 必ず達せられる, 忘れましょう, 意味する, 憐憫か, 懐かしいと, 懐胎し, 或は何ヵ月, 或は四日, 戦争の, 投げだされて, 振りで, 明日か, 月の, 木挽橋では, 来たからには, 来ました, 東に, 東国で, 松本に, 柳屋の, 止まぬ程, 此の, 此方を, 死の, 残酷なる, 殿様の, 江州へ, 決然と, 汽車で, 没頭しました, 泊った, 泊つて下宿へ, 泊まりを, 海の, 海を, 深い訳, 滞在し, 滯つた日濟し, 無駄に, 煩悶に, 物を, 猛虎の, 生きのびるため, 生暖, 白粉の, 目に, 眠つてゐる, 睡り続けた, 知ら, 祭礼か, 秋ぐちかの, 空しく過ごした, 立って, 立つと, 終らんです, 経ちました時, 経ちますと, 経ち八月, 経ったものの, 経ったら君, 経ったら級, 経ってからの, 経つた後, 絶えんとは, 經つてまだ, 經つて其の, 続いた, 続いたある, 続いたこと, 続いた今日, 続いた強行軍, 続いた後, 続きました, 続けて, 置かれる, 美濃攻めを, 翌日かが, 考えつめた, 聞いた, 聞かされるの, 舟に, 船の, 色ありし, 花咲かむ, 若しくはその, 草木の, 荊州を, 落ちて, 落つる, 蟻に, 街道の, 見つめて, 誰か一人の, 賄うこと, 越後へ, 辛抱強くホテル, 迷妄の, 遅くて, 遅くも, 過ぎしその, 過ぎたの, 過ぎても, 過ぎましたが, 過ぎもう, 過ごして, 過した, 過ぬ奈良, 遲く, 酔い寝し, 金の, 金沢の, 金鶏夜郎に, 鎖ざし, 長くて, 長じ, 間が, 降った雨, 降り続いた雨, 随分迷つて了, 雀部の, 雨の, 雨模樣の, 頃神経衰弱的に, 風の, 飛ばし通し, 飯が, 飯菜を, 馬に, 高い熱

▼ 日ばかり~ (700, 0.6%)

47 前に 39 して 18 前の 17 前から 12 経つと 10 すると 8 たって 6 しての, たってから, 待って, 経って, 続けて, 過ぎて 5 では, 後の 4 続いて 3 たちました, だが, 後に, 経った頃, 経つて, 遊んで, 間を

2 [36件] いた, いて, おいて, おりましたが, かかって, ここに, たったある, たつと, つづいた, であつ, で血, 並べて置きました, 何にも, 保養した, 別離の, 前この, 前だ, 前急に, 学校から, 床に, 待つて, 待つとね, 徒歩旅行した, 思うよう, 暮した, 東京に, 滞在した, 留守に, 経ったある, 經つた, 經つと, 続きました, 送つて, 逗留し, 過ぎてから, 過ぎると

1 [406件] あとに, あなたの, あの私, あぶれつづきで, あらゆる方面, ありますから, あるもの, いたが, いたの, いた小林区, いっしょに, いつも初更, いるつもり, いると, うち中の, うち伏しました, おいた午後, おいでが, おくれて, おくれても, おまき, おもち, お勤, お客の, お絹さん, お關, かかると, かくまって, ここで, ここへ, こちらに, こちらへは, このかた, この沢地, した, したらスエーデン, したら帰るそれ, した真夜中, してから, しないと, しましたら, すぎた或, すっかりその, するうち, そういう方たち, そこで, その時, そんな日, たちますと, たったとき, たった午後, たった或, たった日, たった頃, たつたある, たつた後, たつて, たつてから, たつ内, だったろうが, だね, ぢつと, つ, ついて, つかつて, つづいたが, つづく, つまり事件, つまり見習, で, であと, である, であるが, でいろいろ, できみ, でございますね, でじいさん, ですっかり, ですの, ですよ, でその, でそれ等, でそんな, でなく今日, でなく談話, でなし, でやめて, でベルリン, でモウ見習い, で世, で五匹, で伸子, で信長, で全身真黒, で其の, で斃, で歇ん, で済むと, で終るとは, で組合, で背中, で草取り, で赦された, で身, で輕快, で雅楽頭, で雨, で面白く, なにも, なの, なりしが, はまるつきり暇, ぱっとしない, ひどく苦痛, ぶらぶらし, ほとんど毎日野天, ぼんやりと, ぼんやりとして, ぼんやり過ぎましたら, まえあの, まえからだ, まえに, まえの, また毎日, また無為, やがて陰暦, やらなければ, ゆっくりと, ろくに外, ゐたの, ゐましたが, チャーリーの, ロクに, 一しよ, 一つ着物を, 一心に, 三日の, 下手な, 不自由を, 主人の, 人目を, 以前, 以前から, 以前にも, 以前の, 仰向けに, 伏勢の, 伏古音更兩村に, 休みました, 休むこと, 休む事, 休んで, 会わないで, 会わないの, 何の, 何を, 何物も, 余裕を, 保平殿は, 借りたいという, 傷療治を, 働え, 働くと, 僕の, 先生が, 児玉医院に, 八五郎の, 其方が, 冬の, 前, 前いきなり, 前お, 前お屋敷, 前お母様, 前お父さんの, 前かな, 前しん粉で, 前だった, 前である, 前と, 前なんかに, 前ふろに, 前まで, 前までは, 前主人が, 前人が, 前十二銭貼った, 前宅, 前小屋を, 前平, 前彼は, 前或, 前昼休みの, 前武蔵を, 前江戸へ, 前父, 前私は, 前秋, 前自分も, 劇しく, 北海道へ, 南方に, 厄介に, 取って置きの, 口も, 同処, 同宿した, 同宿の, 君江も, 呼び寄せようと, 場所を, 境内に, 売ります, 外へ, 外を, 夜に, 大島の, 大抵土屋, 大雨だった, 存分に, 学校に, 学校を, 家の, 富岡達は, 寝たあげく, 寝ちまったの, 寝ついたきり, 寝ました時, 寝込んだとき, 寝込んで, 寢ついた, 対向いで, 対向ひでゐる, 将軍さまに, 居たの, 居られたよう, 山また, 山中に, 工合わるく, 帰らぬ松島, 平六, 広場に, 店を, 延子は, 引止められるの, 弱りました, 張つて, 影を, 彼は, 往くと, 待つだけ, 後たしかに, 後れて, 後宏子は, 後果たして, 後関釜連絡船の, 御厄介, 御待ち, 御膳も, 微熱の, 心臓を, 手繰り寄せらるる, 持つて, 捜しあるいた口, 日の目も, 日数が, 早かった, 早く函館, 早く目的地, 時々大きな, 暇ど, 暇を, 暮して, 暮す, 月が, 東京見物し, 東西兩國は, 松原に, 松島は, 根岸の, 極端に, 歩くと, 毎日来ました, 毎晩, 水へ, 水を, 泉水に, 泊った, 泊って, 泊つた, 泊り込んで, 泣き通したっけ, 活きたが, 流連荒亡し, 海に, 海を, 湯に, 滞在し, 滞在の, 滞在中山本の, 激しい情熱, 瀬戸内海に, 無事な, 煩いの, 煩って, 煮込んだやう, 現れなかったらこの, 生きて, 田舎で, 田舎へ, 町会の, 留守を, 病気で, 病院には, 療養し, 発喪を, 目通り止められ押込め, 碌に, 碧海島と, 神隠しに, 禁酒し, 私が, 私ども一行に対し, 私達は, 立ちて, 立った, 立った或, 立って, 立ってから, 立て続けに, 箱根へ, 米沢町へ, 経し, 経たころ, 経ちました, 経ちますと, 経った, 経ったが, 経ったら乗客, 経った夜, 経った日, 経った時, 経った珪次, 経つが, 経つたある, 経つてから, 結婚の, 絶食同様一日牛乳を, 經つたある, 經つて兼次は, 続いた, 続きますね, 続く, 続くの, 續い, 續きました, 續けた, 考えたあと, 腰が, 腸を, 船に, 船の, 苦行し, 落ちついて, 葛岡と, 行けたら行きたいと, 行って, 西へ, 見ずに, 見なかった間, 読みました, 費した為, 逗留した, 逗留しました, 通ったが, 遅くなりました, 過ぎた, 過ぎたる一日, 過ぎた日, 過ぎた時分, 過ぎだったずら, 過ぎに, 過ぎました, 過ぎましたら智恵子, 過したが, 道太の, 邸を, 部屋に, 都に, 釣り続けて, 降続いて, 降込められた宿, 陸へ, 随分へん, 雨が, 雨の, 雨も, 順八は, 風待を, 風邪という, 食慾不振で, 食物らしい, 飯も, 養家の, 馬鹿に, 鳴くか

▼ 日その~ (632, 0.5%)

165 日の 139 日を 27 日に 18 日が 15 日は 6 日, 日と 4 家の, 時の 3 ために, 人の

2 [14件] ことを, イギリス海岸で, 印象派の, 夜の, 女の, 家へ, 家を, 寺に, 日であった, 日も, 日一回分ずつ, 次の, 男が, 町の

1 [214件] あいだの, うちに, おばあ, おやそさん, お宅, かすかな枯れた, かもじを, かんかん岩, ことが, ことについて, ころ筑後の, せいか, とき胸より, ねこが, ほろ馬車の, スタートを, パタシヨン・パタポンが, マサカズの, 一人の, 一週年記念日, 一高の, 三台の, 三百日余は, 下宿の, 不思議な, 中に, 中の, 中村が, 中里の, 丸木と, 主人は, 事は, 二階で, 人が, 人その, 今の, 会で, 会堂に, 余波の, 信仰と, 兄の, 先生は, 出来上がった鼠, 刻おっしゃる, 前日の, 助手たちその, 勢力は, 医者を, 十五円の, 千曲の, 厭や, 又三百六十幾倍, 友人で, 友人の, 友人は, 友達が, 土地において, 地方は, 報告を, 場の, 境内の, 墳墓を, 変人で, 外種々の, 夜を, 大公園, 大變, 女も, 妹が, 妻と共に, 姿が, 娘から, 娘は, 婦人が, 実験を, 室に, 家で, 富豪を, 少女の, 少女を, 尖に, 屋上へ, 山から, 川に, 希望が, 年の, 年まさに, 式場においてさえ, 当日であった, 彼等の, 所で, 挙動の, 方が, 方と, 旗本は, 日から, 日この, 日そう, 日だ, 日だった, 日つづい, 日で, 日でした, 日でた, 日という, 日にたいして, 日にちゃんとすんでるんだとよ, 日にと, 日には, 日によ, 日をは, 日三人の, 日主義, 日主義である, 日主義を, 日同じ, 日家の, 日私は, 日織田軍の, 日貧しい, 日辛うじて, 日風の, 日食べてる, 時から, 時において, 時を, 時刻に, 時刻の, 時刻は, 晩までも, 晴れた日, 書を, 書置を, 曾が, 月の, 月十七日には, 本心を, 楓を, 横浜開港一周年の, 武士は, 歯科医院に, 母犬に, 母親の, 水癲癇とやら, 沿道に, 漁師の, 演出課の, 漫歩から, 火が, 父兄に, 男を, 町長さんは, 番所詰めの, 疲れの, 発会式が, 白い肉, 磯を, 社の, 神聖な, 窓を, 窓口に, 絵を, 練磨が, 羅漢寺を, 羽衣を, 翌る, 翌年彼らが, 翌日などは, 花を, 花園を, 若いせがれ, 若い女, 若衆は, 茅屋を, 草稿を, 菓子の, 葛の, 薄暗いなか, 藤棚が, 行列を, 街道は, 袁譚から, 製する所, 製造元から, 許子将を, 試験の, 負けじ魂を, 費, 身の代金を, 軍隊は, 辺を, 途中で, 通りの, 遺恨は, 邸の, 郡の, 部将フンクが, 部屋には, 郭外において, 酒井が, 金の, 金を, 鉄道は, 雑記帳を, 雑誌棚の, 電報を, 青い芽, 願望を, 風呂敷を, 風見さんが, 馬が, 馬に, 髪を, 麓に

▼ 日ほど~ (611, 0.5%)

56 前に 28 前から 26 して 25 前の 18 経って 14 すると 11 経つと 9 たって, 後の 8 まえの 7 おいて, まえに 6 たったある, 後に, 立って, 過ぎて 5 まえから 4 たつと, 以前の, 前には, 前まで, 経ったある, 過ぎた或 3 してから, のちに, まへ, 経つて

2 [27件] あとに, おくれて, した朝, たったとき, つづいた, つづいて, のちの, 三人が, 前にも, 家を, 居ないこと, 床について, 待って, 後, 後である, 後には, 泊って, 滞在し, 病んで, 経ち学期試験, 経ってから, 経ってからの, 経て, 自分で, 遅れて, 過ぎた, 雨に

1 [274件] あざやかに, ありし我が, あります, いた, いたが, いらした, いらした裏座敷, うちへ, おこもり, おしえて, おとまりに, お店, お暇, かかった, かかったという, かかって, かかるしかし, かかるん, かなりよい, こ, ここに, ごたついて, したらいらっしゃい, したらと, したらどうやら, しみじみ考へた, すぎてから, すぎての, すぎました, すこしです, すごしました, その友人, そんなこと, たち身, たったちょうどお盆, たったばかり, たったら蕾, たった夕方, たった日, たった時, たってから, たつた或, たつてから, たてば, だった, つ, つづいたのち, つづいた妖しい, でしか, ですの, でせっかく, でむなし, で又, で完成, で帰るでしょう, で必要, で笞, とどまり袋一杯, なつかしいもの, なの, な間, ねんごろ, のち, のち六階へ, のち向島の, のち夫婦が, のち明智探偵事務所へ, はげしい感動, ぼんやりと, まえ, まえだ, まえで, まえにて, まえ海月, また早寝, まを, やっかいに, ゐたが, ゐて, クヨクヨと, ニュー, ユックリ泊っ, 一緒に, 上機嫌な, 不在に, 中休みを, 乾して, 人の, 仕事を, 仲垣の, 休んだあと, 休んだが, 休んで, 休暇を, 休養を, 何か, 俗服を, 先の, 出張する, 出漸, 前, 前あたり, 前かな, 前そこへ, 前その, 前それは, 前それも, 前だった, 前て, 前です, 前では, 前どこへ, 前までの, 前までは, 前も, 前よ, 前パーマーや, 前ヒマを, 前乳母を, 前僕は, 前其所へ, 前出羽の, 前君江, 前囲碁に, 前家老の, 前市川菊之助は, 前彼が, 前敵の, 前昨年十二月二十七日の, 前水の, 前町内に, 前砂村で, 前芝田村町の, 前荷, 前街上ゆくりなく, 前親友の, 前都へ, 前銀座第, 動揺した, 動搖した, 千世子はね, 司馬懿が, 名を, 外曲輪の, 夜に, 夥しいの, 大河の, 奈良に, 姿を, 家に, 寝たこと, 寝ては, 寝てを, 寝る, 寝倒れて, 寝起きなさった, 寝込みどうやら, 小島あり, 州本へ, 市会に, 帰らなかつたの, 床に, 床を, 廉葡萄酒の, 延びて, 彼の, 彼も, 待ちます, 待つて, 後あまり, 後いつも, 後から, 後であった, 後喉の, 後息を, 後江戸に, 後突然, 後蜀の, 御幸ヶ浜の, 御覧に, 心持の, 快味, 念頭から, 急に, 恐しい, 息ぬきし, 戸棚住居を, 所在の, 打たれて, 打ちました, 拒んだの, 指折り数え, 擱き, 旅行に, 日が, 早かった, 暇を, 暮して, 暮しました, 暮す事, 朝の, 東京へは, 正直に, 残って, 毎日ちいと, 毎日猫への, 水へ, 注目すべき, 滞在した, 滞留し, 滞陣し, 無熱です, 玄徳の, 生き伸びて, 留まって, 私たちと, 私の, 秩父の, 立ったけれども, 立った日私, 経ちまして, 経ち不吉, 経った, 経ったのち, 経ったらまた, 経った後, 経った日, 経った早朝, 経った朝, 経てば, 経過, 經つた, 經つて二十日正月も, 經つて居りました, 続いて, 練習した, 置きますけれども, 臥か, 興行し, 船が, 落ちつかない事, 行かずに, 行くと, 行って, 行方が, 見えなかった, 見て, 読みそこなって, 諸所見物させた, 豆腐の, 貴方の, 費やしそれ, 身体を, 辛抱した, 逗留し, 逗留した, 通つてゴムのか, 逢わないのみ, 遅らせて, 遊んで, 過ぎての, 過ぎに, 過ぎると, 過ぎ風, 過した, 郷家に, 重吉が, 重態だった, 金剛寺坂の, 間を, 降りつづいて, 雨が, 静養し, 風も

▼ 日まで~ (597, 0.5%)

9 私は 5 待つて 3 だ, であった, 一週間の, 彼が, 彼は, 待って, 着て, 続いた

2 [26件] いて, ここに, それは, だつて, つづいたが, であるが, もし溺れる, 一歩も, 七日の, 三百二十四回連載された, 健が, 己は, 待つこと, 死ぬる, 毎朝五条の, 生きて, 続いて, 自分の, 覺えて, 遊んで, 過して, 開催の, 革命と, 顔を, 飼つて置かう, 默つて居る

1 [507件 抜粋] あしかけ, あずかって, あとわずか, あの桔梗様, あばれたこと, あゝなん, いつもいつも君江, いても, いらっしゃるよう, いること, うちへ, うぶ腹を, おあずけ願っ, おうち, おとなしく熱心, おとなしく草庵, おめにかかれますね, およそ十三日間, おカユその他, お人好しじゃ, お仕事, お勤め, お廂, お待ちいたし, お待ち下さいます, お日延, お汝, お泊め申しました, お通夜その他, お預かりねがいたい, お預けと, かかった, かけたこと, がんばるん, きまらずその, きめて, このわたくし, この人, この会, この制作, この天縁, この家, この島, この指輪, この窖, この窟, この高時, これから死物狂い, これを, こんなに面白く, こんな役割, さよう, さようなら, さんざん警察, しおらしきも, じっとし, じっと待っ, すなわち七日間, ずっと四五日, ずっと続い, そちの, そっとし, そのまま私, その中, その土地, その場所, その家, その寺, その施行, その歌, その祭典, その稿, それぞれ社会の, それほど退屈, ただただ慈しみ, だから, だからと, だんなの, つけて, つつがなく暮し, つづいたの, つづきますから, つづき卒業生, でありましたが, ですから, ですが, でなければ, では, でよい, でよろしい, とても元気, どうか, どうやらこうして, どこに, どのよう, なお笠置, なかった, なげかむ, なるべく足, のばして, ひきつづいて, ひたかくしに, ひまさへ, ほとんどなんら義貞, ほとんど十年, ほんとに稀, まだつづき, まだゆき子, まだ滅びず, まだ米, まる一年間, みっともない遺体, むっつり黙りこん, もじつとして, もちこたえなくては, もち越し, もつであろうか, やって, わざと歩かせた, わしが, わずか八日, わたくしは, われ此罪の, ゐた, アンドレ・ジイドについての, エマニュエルと, オイナリ様の, コツコツと, シナは, ジャヴェルは, ニウとの, ニューヨーク滞在, ヘソクリを, ベートーヴェンを, ペニシリンの, ボルドーへ, マゴコロの, マチネーあり, ミュンヒェンに, メシアの, レントゲン技術員として, ロンドンと, ロンドンの, 一つ所に, 一個人に, 一切の, 一夏の, 一家の, 一年もの, 一度も, 一日も, 一日交替で, 一本足の, 一箇月以上一度の, 一箇月間私は, 一言も, 一週間ぐらい, 一週間私の, 一週間近くも, 七兵衛の, 三十年ず, 三年ばかり, 三日にわたる, 三日の, 三日間に, 三箇月餘の, 三越四階西館で, 三週間しか, 上野の, 下った全部, 不在, 世界は, 世間泣かせ, 両国橋を, 両方とも, 並べるの, 中学の, 中気で, 丸八日経つ, 久しいもの, 九日間引つづい, 事々日常の, 二人で, 二人の, 二十年の, 二十日より, 五日の, 五日間だけ, 五日間一日二回開催された, 人民に, 人間には, 仕事を, 以下の, 伊那を, 何かと, 何の, 何も, 何もかも待っ, 何んという, 何んの, 供の, 保土ヶ谷に, 保管し, 僕は, 先生の, 入獄せし, 全然見, 兩國橋を, 公開された, 内定し, 冬も, 凡そ二十日間東京監獄に, 凡そ四五十日間に, 出て, 刃妖左膳の, 前後三日間に, 割れるほど, 力学応用力学船舶工学等の, 勉強した, 動いて, 勝頼の, 十二時で, 十内と, 十日を, 半月の, 単独で, 即ち六箇月, 取り極めたところ, 取沙汰され, 受信の, 口に, 同じじゃ, 同じ辛苦, 同隊の, 向うは, 君に, 君の, 君より, 君子には, 吟味に, 否今, 吾恋ひ居ら, 問わぬが, 営業する, 四日つづき, 四日間の, 四日間市中一般に, 四日間新聞に, 地上に, 城内に, 夏は, 外に, 夜半に, 夢にも思わなかった, 夢にも見なかった, 大いにがんばっ, 大切に, 大演劇祭, 太陽雙兒宮に, 奥州浅虫温泉滞留, 奧州淺蟲温泉滯留, 姉妹も, 嫁いだ家, 嫂に, 子供には, 孔明は, 定めた, 寄席の, 寅二郎と, 密, 寧日なく, 居たが, 居ては, 居りました, 居りましょうその, 居続けて, 屏禁せられ, 山の, 幡豆の, 年内にと, 幸福な, 幾度と, 広い地域, 延期する, 延長された, 建立の, 形見に, 彼の, 待ちするうち, 待ちますから, 待ち破れた本堂, 待ち通した八日目, 待っては, 待っても, 待つより, 待て, 待てぬ事情, 御先代, 御坂の, 御猶, 御猶予, 御逗留, 心の, 心底から, 忘られ, 忘れたこと, 忠涙義血に, 怒つて, 悪だ, 惣勢かわるがわる, 想念の, 愛させて, 憲法という, 我々は, 戦闘は, 扇ヶ谷の, 手帳を, 手紙を, 持ち続けた彼, 持越されて, 指を, 按吉は, 掛る, 支倉と, 放置され, 敏子は, 教如上人と, 教授の, 数え込んだら大変, 数へれ, 文三は, 旅を, 既に涙, 日はも, 日中も, 日数に, 日本の, 日本は, 日本刀は, 日比谷は, 早四郎独身, 是よりも, 書かなかったの, 書きましたね, 本家へ, 札幌から, 朽ちて, 来て, 東京せまし, 東海道近畿の, 森君の, 楊州に, 楽しみ, 樽屋久八の, 櫻の, 止むこと, 此儘に, 此処に, 武蔵が, 歩かねば, 歩き続けて, 死ぬ日, 殆ど半年, 殆ど彼, 残ること, 毎日ほとんど, 毎日三条西家を, 毎日変っ, 毎日注射を, 毎晩この, 気がつかなかったが, 気を, 氣永く, 水風呂へは, 河岸を, 泉川検事と, 泊って, 泊まって, 泣いたこと, 泣きて, 深川八幡の, 湊を, 満足には, 源吉は, 滞在し, 滞在す, 滞留し, 漁村の, 漕ぎ付けた, 澄江の, 火ダネを, 無二の, 焼け続け焼死者, 父に, 片時として, 物を, 特に巴, 犯したと, 犯人は, 犯罪が, 狂わずに, 独り君江に, 猛獸, 生きられないでしょう, 生き延びて, 生き永らえて, 生存し, 生死不明であった, 生活の, 生産に, 申さじと, 男に, 留まって, 留められました, 病悩の, 発向を, 皇室の, 目に, 盲目と, 知らないであろう, 祖母が, 神という, 神務を, 私の, 秋は, 秘密に, 空しく待っ, 空しく待つ, 符節を, 第二, 約一ヵ月, 約三万, 終始捨て身, 経を, 継続する, 続き劇場, 続く, 続くべきや, 続け様に, 繰り返される生活, 繼續し, 續い, 置いて, 置て, 羅馬は, 耶馬台の, 職を, 肌身に, 自分に, 苅りとらせずに, 苦しんで, 蓮月焼に, 蔵って, 行かないつもり, 行方が, 袖に, 見当が, 覚えて, 親身に, 記事を, 誰とも, 誰にも, 誰も, 警察が, 豫想せざりし, 踏みとどまろうと, 身うち知合いの, 身に, 辛抱し, 辛抱せん, 辛苦し, 辰五郎は, 返されないこと, 迫って, 送って, 逗留し, 逗留だ, 進みました, 遊びに, 道江とは, 達者に, 遠慮し, 酒を以て, 金儲けや, 長期の, 開場式を, 開扉し, 防空訓練で, 降って, 院の, 隠しに, 隱し, 雨が, 飜訳者は, 食わねば, 食事に, 駄夫と, 鳥小屋に, 黙つて, 龍よ

▼ 日一日~ (556, 0.5%)

8 を送っ 5 とその, と日, と私 4 と深く, の生活 3 だけがとても, とお, と大きく, と強く, と濃く, と立つ, と美しく, と苦しく, の努力

2 [44件] おなじこと, おなじ暮し, が晩年, だけで, だけ娘, というもの, とこの, とせまっ, とた, とたっ, と例, と先, と募っ, と少く, と少し, と彼, と悪く, と成された, と暮らし, と殖え, と消え, と濃厚, と烈しく, と生命, と益, と目立っ, と近づい, と送っ, と過ぎ, と遠ざかつ, と酷しく, と重く, と頭, と高く, のうち, の間, は何, は宿, は無礼講, よりはなはだしく, を送つ, を送り, を送り迎え, を過し

1 [410件] ああした土, ありとあらゆる質屋, いたずらに酔生夢死, いねえんで, かかって, がかけ, がすぎ, がそれ自体, がたっ, がつ, がとても, がなんだか, がぼんやり, が不安, が僕, が全部, が大切, が延ばされ, が彼, が新しい, が暮れ, が最も, が漁不漁, が無為, が生き, が生み出され, が続き, が過ぎる, くらいはお, ぐらいは自分, こいで, さがさせただけ, しかない, その勢力, だけこの, だけしか滞在, だけどうにか, だけも続かなかった, だけスモーリヌィ, だけ僕, だけ咲い, だけ正月, だけ貸し, ついに駒井甚三郎, であったから, でおしまい, では, でも親, でマチア, で所持金, と, とあと三日, といえ, といわず, とうつる, とお祭気分, とお雪, とかさん, として我が, とすぎ, とすさん, とすじみち, とそこなわれ, とそれから, とそれでも, とだんだんぼんやり, とつぶやき, とつもれ, とのばし, とのび, とはかどっ, とはなん, とひどく, とへっ, とまさつ, とめざましく, とものぐさ, とやつれ, とゆるみかけ, とクラス, と一そう完全, と一夜, と上達, と不, と不倫, と不安, と世間的, と二日間, と互に一層, と京極三太郎, と人間, と低下, と体中, と何かしら, と何やら, と個人, と僕, と其の, と其麓, と処刑, と加え, と加わっ, と可愛く, と困, と固ま, と圓朝, と地獄, と地球, と塞外, と増加, と変っ, と多く, と多忙, と大, と天下, と失業者, と完成, と実に, と寒く, と小さく小さく, と小杉卓二, と屍骸, と崩れ, と工夫, と幽, と広い, と延ばされ, と延ばした, と引き摺られ, と引越, と彫像, と彼女, と待っ, と徐に, と御, と徳川家, と心, と怖, と思い, と思え, と急, と恢復, と惨め, と憔悴, と手もと, と数, と數, と断崖, と新芽, と旅僧, と時, と暖か, と暗黒, と楽し, と樂しみ, と歩くなら, と死, と母, と気むずかしく, と汚く, と江戸城, と派手, と浮かぬ, と海鳥, と消え去っ, と深まる, と深刻さ, と溜まっ, と溶け去る, と澄ん, と激しく, と無くなっ, と無事, と片付ける, と物識り, と狂気, と王さま, と生き, と生活, と生長, と病, と病人, と痩せ, と瘠せ細っ, と皺, と益々, と目だつ, と盲, と眼, と硬直, と私たち, と空, と窮屈, と篤く, と約束, と紅く, と納得, と紫, と細かく, と経った, と経つ, と經, と經つて, と緑, と老い衰, と育っ, と育つ, と背, と胸, と腰, と膨らん, と自分, と自己, と航海, と若者, と落第, と薄らい, と蝕まれ, と血, と衰弱, と見る, と親交, と計画, と訪ねる, と訪問, と近づき, と近づく, と返事, と迫っ, と迫つた, と迫つて來, と進む, と逼, と遅らした, と過す, と道行く, と遠く, と都會, と重なり重なっ, と鋭敏, と長けました, と長びき, と限り, と青味, と騰貴, と黄色い, どんなに成長, にその, になくなっ, に古く, に増し, に変わっ, に寄せられつ, に弥, に彼女, に悪く, に挙行, に最後, に深く, に減らされ, に滅, に濃厚, に膨大, に谷, に重, のあと, のいかに, のさすが, のたまらない, のため, のたより, のつながり, の仕事, の全, の原因事情, の原因結果, の子ども生活, の平安無事, の日当, の日記帳, の時間, の暮らし, の煙草, の眼, の確実, の糧, の経験, の義務, の記録, の遊蕩, の違ひと云, はあたかも, はげしくなりまさる, はこの, はその, はただ, はどこ, はなはだ索莫, ははやく, は乗物, は二人, は信じ, は僕, は全く, は別, は夢中裡, は床, は時として, は殆ど, は盛ん, は空い, は酔った, は頭, は顔, ひどくなっ, ふえて, ぽかんとし, まだ来ない, までの間, みっともなくまごつい, もすれ, も休み, も彼, も欠かさず, よく考え, よりはなはだしき, よりも急, より平安, より死, より死期, より没落, より炎威相, より狭く, より近づけり, より重く, を, をいっぱい, をいつ, をこの, をせめて, をその, をその後, をただ, をたっぷり, をつみ重ね, をぼんやり, をまち, をみだら, をわが家, を勤勉, を味, を喰っ, を如何, を嫌応, を山, を引きずられる, を待ち, を待ちこす, を待っ, を感謝, を戦っ, を暮らし, を暮らしました, を暮らす, を条件, を楽, を楽しむ, を満足, を源氏, を生き, を私, を耐え, を胡魔化, を辿った, を迎え, を迎える, を迎え送っ, を送, を送りし, を食べ, を黙り暮らしました, ビクビクもの, 伐っただけ, 伸ばして, 再び手紙, 多くなっ, 多くなった, 寝て, 寝通したこと, 崩れて, 延して, 新しい花, 新しくしかも, 正しい心, 死んだつもり, 深くなり, 深くなる, 疎くなろう, 築きあげて, 若い人達, 荒々しいもの, 近づいてる事, 追い回した鷓鴣, 遊んで, 遠く丘, 釣って, 頑張つて, 食って, 駆け通し苅屋原, 高く飛ぶ

▼ 日~ (530, 0.4%)

6 の父, は, は彼, は自分 5 はいつも, はその, は学校 4 の家, はまた, は久しぶり, は友人 3 がお, が御, の心, はお, はこの, は何, は町, は突然

2 [44件] が, がその, が友達, が授業, が教室, が海, が統一, が見舞, が訪ね, にその, のうちの人たち, の宅, の胸, の誕生日, はあなた, はあの, はここ, はただ, はどんな, はテニス, は一人, は丁度, は下宿, は不愉快, は使, は偶然, は先生, は初めて, は外, は好い, は始め, は広, は彼女, は徳本峠, は朝, は母, は田圃, は裸, は遠見, は非番, は馬場, もその, を校庭, を訪ね

1 [363件] がいつ, がいつも, がおいおい, がそう, がそれ, がそんな, がほか, がインキ, がパリ, がモッコ, がリッケルト, が一人裏伝, が一艘, が下女, が乘馬, が二十六歳, が京都, が仕事, が仕事場, が会社, が例, が便乗, が六条, が内科病棟, が出先, が博士, が又, が友人, が台所, が呉清源, が城内, が外, が大, が奥社, が学校, が學校, が小屋, が山, が憎みました, が戻っ, が教え, が新聞社, が朝食, が未亡人, が根戸川, が桂川, が歩い, が物置, が独り, が現場, が用, が用事, が田所さんたち, が私, が秋草, が縁先, が藤枝, が見, が門, が馬洗川, が鳥わな, と, ともう, とダンチョン, と一緒, と二人きり, と土人乙女, と弓之進殿, と案内者, と歩かう, と痘鳴, と細君, にとっても重大, によく, に一切, に借し, に出された, に出来るなら代っ, に危害, に向っ, に宣う, に宣告, に手渡した, に次, に葉巻, に高利貸, のすべて, のところ, のめぐりあった, のわき, の一家, の下宿, の伯父, の住宅, の修行場, の先輩, の処, の前, の友だち, の友人達三人, の友達, の名前, の大森, の妻, の姉, の思い, の憂鬱, の所, の本尊, の気力, の為め, の留守中, の盆, の目, の省察, の眼, の精神, の背後, の膝, の行く, の親がわり, の許, の谷中, の近隣, の部屋同様, の陥っ, の髪, はあてなき, はいつ, はいよいよ, はお母さん, はかわいい, はくつろいだ, はこ, はこちら, はこっそり, はし, はしばらく, はそうした, はそこで, はそのまま, はその小さな, はそれでも, はそれ等, はとめどなく, はとも, はね揺籠, ははじめて, はひとつ, はふたたび, はまあ, はめづらしく, はやはり, はやむ, はゆうぜんと, はガール, はサンマルコ, はシカゴ, はテオバルト・フォン・エッセン, はニューヨーク, はメーソン氏, はヤナギ, はラサ, は一ばん先, は一寸, は三人, は三度横浜, は三脚, は上野公園, は下, は主人, は二人, は五, は仕事場, は以後, は仲間, は会社, は住み馴れた, は何だか, は何時, は作者, は例, は信頼, は停車場, は元町, は兄, は先日, は公高, は其中庵, は出かけた, は切通し, は利枝, は割合, は北京土産, は午前中, は午後, は又, は友達, は召集, は司教, は名医, は名古屋刑務所, は君, は周さん, は和服, は四条, は埃, は堪りかね, は多分, は大, は大きな, は大変此処, は大通り, は天寧寺, は太子, は夫, は奇妙, は女の子, は妙, は妻, は姉, は実家, は家, は寄席, は寝床, は小作, は小屋, は小説新潮, は山岡, は山羊, は岡本綺堂先生, は岩倉公, は崖下, は年少, は幼稚園, は庭, は当日, は往き, は心易, は心配, は快く, は思いきっ, は思ひ, は思ひ立つ, は患者達, は悲しかっ, は或, は戦後, は手桶, は招かれ, は放課後ひとり教室, は故郷, は新しい, は新しく, は日本, は日本橋, は日記, は旭川, は明智小五郎, は昭憲皇太后さま, は時間, は最も, は最初, は最後, は末弘, は本, は本堂, は本当に, は机, は村, は東京女子師範学校, は松崎, は林太郎, は桂川, は案内, は横浜, は櫟林, は此, は歳末, は殆, は氏子総代, は江州長浜町, は沈丁花, は河沿い, は泊りました, は注意深く, は活動写真, は浅草, は深井氏, は湯槽, は満, は溪流, は焼跡, は父, は猫, は獨, は王, は王さま, は用件, は田舎行, は発願, は白骨温泉, は皆, は看護婦, は神田, は福井県, は私, は窓外, は第, は米原氏, は終日涙, は縁戚關係, は群馬県大間々町, は義憤, は若い, は菊富士ホテル, は藤野先生, は表, は西洋料理, は見た, は誰, は買物, は赤坂裏, は車, は転身, は軽便鉄道, は連絡機, は道, は郊外電車, は金鎚, は鉄工場, は錢苔, は鎌倉, は門前, は阿佐谷, は附近, は陛下, は隣村, は非常, は面白く, は須山, は験し, は高輪, は黴臭く, への徹底的, も, もそこ, も二連銃, も妻もろ, も掃除, をお, をその, をはなした, を困らせ, を廊下, を招待, を植込み, を脇, を見物, を訪ねた, を訪問, を諷し, を迎へた週番大尉

▼ 日~ (509, 0.4%)

2114 という 131110 ということ 8 と思う 6 から, ぜ 5 と思っ 4 が, つたと, と思ふ, のと 3 からね, から何, そうだ, そうです, ぞ, つた, つたのです, といふ, と云う, わ

2 [27件] え, お焔魔樣, からあの, からお, からだ, からという, からオレ, か三日, そうで, つたで, つたよい, つた今日は, と, とか家内, とか廿九日, とか死んだ, とする, と云, と思います, と思った, と教え, と申す, なア, もの一人や, ツた, 今日は, 私は

1 [315件] おちいさい, お前さん知る, お前の, お焔魔様, かといっ, かにこの, かに病院, かの銀座, かまだはっきり, からいま, からおまえ, からかもしれぬ, からこの, からこりゃ, からこれ, からこれから, からぜひ, からそういう, からそんな, からだらう, からつて, からであります, からといっ, からといふ, からとも説明, からと何, からと江戸時代, からと腕力, からどうしても, からな, からねえ時々, からのう, からはっ, からほか, からまた, からまっ, からよく, からわたし, からコタツ, から一つ, から一層, から一方, から丁度, から今夜, から今更, から今月, から仕方, から伺います, から何時何分頃, から充分, から共産党, から冬, から十三日, から十二月, から十六, から参詣, から古, から命, から四日一日, から外, から大切, から女, から小雨, から帰っ, から御, から御無沙汰, から意味, から新高野山, から昼, から朝, から未だ, から正月, から海, から温厚, から皇女, から相当入り, から私, から臥, から自信, から至極, から草市, から親類達, から迎え, から遅くとも, から錢形, から閃き, から随分, から風守さま, か七日, か二十五日, か休ん, か何十日, か何曜, か分っ, か分りゃしない, か区役所, か御存知, か目下議論, か矢張, か続いた, か織田作之助, がこの, がなと訴える, がね, がはじめて, がまもなく, がゆうべ, がよかれ, が一向, が中, が九月一日, が今日, が仕方, が名, が大変, が子供, が実際, が宿, が招待, が特に, が特別, が縁日, が赤の飯, けれどお, けれども小遣, しかしこの, しかもまだほとんど, しさ, し自分, ぜもう, そして私, その時私独り, そよと, それを, ぞかの子, ぞと思い, ぞと考えました, ぞと覚悟, ぞろ, ぞ上, っけ, っけかね, っけ久し振り, つけ, つけなあ, つたありがたし, つたうら, つたかう, つたから, つたが, つたしづかな, つたそして, つたその, つたそれほど, つたな, つたので, つたのねえ, つたのんきな, つたほど, つたほんた, つたまことに, つためでたし, つたゆつくり, つたノーマネーそして, つた九時から, つた俺は, つた健よ, つた先づ敬君来庵それ, つた勧められる, つた去年は, つた天候も, つた好日の, つた快く, つた敬君の, つた日々好日の, つた早朝座敷で, つた涙が, つた無駄話は, つた百度近くだつたらう, つた目白鵯鶲, つた私は, つた考へる, つた観念的には, つた遊蕩気分を, つて, つてあらあ, つてことです, つて世の中が, つて世の中に, つて主人らしい, つて云ふんです, つて今の, つて今日こそ, つて幸福な, つて心の, つて斯んな, つて有りやしない, つて祈祷を, つて笑つて暮せる, つて貴, て, でのう, とある, というの, という気, といった, といったかね, とかお, とかきい, とかそれ, とかの晩, とか云つて來, とか或は又, とことわっ, としぶき雨, とその, とて相当, との御意, とはどうしても, とばかりかねて, とばかり思つて, ともいった, と七兵衛, と云え, と五日外, と出かける, と午前, と名曲堂, と堀内敬三さん, と夕方, と女監守, と思いました, と思ってる, と思つて, と思はれた, と思へ, と數, と日, と日光, と母, と皆, と直ぐ, と知り, と空, と約, と考える, と考へはじめた, と考証, と肚, と言うた, と謂います, と車掌, と馬禿山, と魚料理, なあ, なぜと, なぞと法医学者, なぞと申します, なと合点, なと思, なと思った, なと考えれ, などという十日間, なもう, なんて事, なんて言われる, なんといふ, ね君, ね親分, のうぜんかづら, のにお茶の水, のにという声, のにとか何とか, のにメーデー, のに尊公, のに素子, のに郵便屋さん, のに雨, また雨, もの, もんだ, も安んぜず, よいい, よしっかり, よと彼, よやっぱり, よヨシ子ちゃん, よ二日, わい, わね, わねえ, んがな, んじ, ッた, ッてに, ツて, 一杯やらなけれ, 予期する, 事いつも, 伊沢は, 八時ポツポ船で, 出立が, 十二時に, 去年の, 寒いこと, 彼処に, 気の, 満月さ, 疲労と, 結城様の, 緑平老が, 腹下しの, 誕生祝いには, 途中歩き, 雪は

▼ 日~ (388, 0.3%)

39 のこと 10 であった 7 のある, の夜, の或 6 であつ, の事 5 の日曜日, の棠軒日録 4 である, にその, にまた 3 だった, になっ, に彼, に死んだ

2 [15件] かあっと, くれて, だ, でした, でなければ, に, にとり壊される, にはその, にはもう, に控え, に父, に迫った, の今日, の午後, を約し

1 [242件] ある日, ある朝, お城, お蓮, かとにかく, から, から修学旅行, かれは, が家探し, このへん, しかもカレワラ, すては, すなわち六月七日, そのとき傍, そのジジ, そのドラム缶, その禅師, だつた, だね, であろうと, でさえない, でなければと, でもある, といわず, にあの, にいよいよ, にお目にかかりましょう, にこの, にさし迫った, にする, にせまっ, にそれ, にとんだ, になった, になってる, になる, には, にはいかに, にはこの, にはじめて, にはすでに, にはや, にはクラスノヴィードヴォ, にはモト, にはロッテルダム, には一切, には一緒, には二人, には召集令状, には各国, には四足, には売り飛ばす, には大, には大伴宗久, には家出, には専攻, には必ず, には或, には早, には東海道, には死ぬ, には火星, には磁気, には神田, には筆者等, には紙くず, には華々しく, には蛹, には裁判所, には返し, には追, には閉店, には面会, には風, にもなお, にもまだ, にやめる, にやる, にようやく, にわかつた, にイフィゲニア, にクリストフ, にクロシュペルス街, にタグス, にトルコ人, にフランス, にブラドン, にヘヒト, にルーサン, にロイド, にワルシャワ, に七日, に上りたく思っ, に亀田屋, に二百二十日, に伸子, に侍従, に倫敦, に偶然映画, に偶然神近, に傳助, に僕たち, に元, に再び, に出かけます, に前, に半平, に友だち, に友人たち, に司教, に哈爾賓, に四十年, に因幡守, に土, に地球, に大阪婦人大会, に天候, に女王, に如意輪寺住職, に寿江子, に岸本, に式, に御, に急性肺炎, に慶四郎君, に持ちこんだ, に挑戦者決定, に挙行, に敵, に早朝, に晩食, に李, に来る, に機会, に正造, に死ぬ, に死亡, に水, に法水, に無残, に瑪瑙座, に知った, に神月, に立ち去る, に第, に結果, に美術商岩田天門堂, に腎臓, に良吉さん, に花, に茶山, に蘇った, に行, に行った, に行われた, に諸, に辻, に近づい, に迫つた演説會, に迫つた親類會議, に迫つて, に郷里, に長逝, に電車, に青森県庁, に風, の七月十一日, の三, の九月尽, の了庵上堂, の二, の二度目, の二月, の今夜, の入京, の十二日, の十八日, の午前九時, の午頃, の同じ, の名月, の大震災, の始末, の子, の宵, の尺牘断片, の文, の明け, の明るい美しい, の晝, の晩, の晴れた, の暗い, の暮れ方, の朝, の朝日, の未明, の棠軒従軍日記, の泥棒, の記事, の話, の身, の運命, の金曜日, の颱風, はまた, はやその, はコンデロガ, は変りました, は打, また別当瑞蓮寺, までいる, までとを併せ, まで反抗的, も彼, やっとの, ようやくマナサロワール湖, よく主, を期し, 両軍, 二時又, 再びマニラ, 初めて東京, 又父, 堀河天皇から, 少くも, 少しずつ, 思ったの, 或る, 新介, 果して貴人, 死んだが, 殿の, 潰れて, 甲板で, 突然おじ君, 立山山脈の, 老友, 花園天皇の, 落ちつく事, 行くと, 送り届けられたの

▼ 日より~ (333, 0.3%)

7 開場 5 なのに 4 して, 十八日に 2 あとに, でした, 七日まで, 二日間帝国劇場にて, 今は, 十三日まで, 後には, 施行せらるべき, 曾て, 高祖忌執行の

1 [293件] いずれも, お前も, かく視る, かねて, この空気, この肴, その果たされた, その気力, その緒, その葉, それが, それらの, ただちに二十日, ただちに十一日, だいぶ前, だんだんお, であっても, でござるな, なお五十日, なまじ一・二時間, はじまつたおうし, はなはだしきに, はなはだしくこれ, はなはだしくなる, ひそかに, ひとつき間東京市板橋区, ふと大病, ふと止みぬ, ほ, また少し高い, みてからの, わが我儘, わが身仇敵と, エノケン公演, ベルリン郊外ツェーレンドルフに, ワイマルに, 一ヶ月後の, 一九三六年三月二十七日迄の, 一切の, 一千丈の, 一月二十三日までは, 一月目十一月二十五日の, 一月第, 一臠の, 一週間の, 一週間帝国劇場にて, 七日間市村座創業二百五十年の, 七月二十九日までは, 七月十九日に, 三十二日目に, 三十日まで, 三十日まる, 三十日迄, 三日共翁附の, 三日間それは, 三日間国民歌謡を, 三日間歌舞伎座において, 三日間開場式を, 三月六日に, 三月十八日頃まで, 三月晦日まで, 上の, 上様と, 上流下流に, 上皇御, 不断念仏を, 不着の, 与党日, 九日目の, 事務に, 事始め, 二十一日払暁の, 二十七日に, 二十七日まで, 二十三日に, 二十二日に, 二十二日までなどと, 二十五日を, 二十八年の, 二十八日に, 二十八日まで, 二十八日間イーハトーヴォ海岸地方に, 二十日まで, 二十日までの, 二年間の, 二日のびた, 二日も, 二月十五日に, 五日へ, 五時間四分の三だけ, 五月二十日に, 人呼ん, 今にいたる, 今に至る, 今ま, 今日に, 今日まで, 今月末まで, 他馬皆鳴かぬ, 以後あなたは, 住まったの, 何となく町, 何日まで, 傷寒論講釈相始候処諸君奇講甚面白し, 入梅, 八日まで, 八日までの, 八日間毎夜七時より, 八月一日に, 六十九回の, 六十日の, 六日も, 六月七日に, 六月十七日まで, 其期間を, 内生活, 再び四谷, 出勤仕, 出勤御, 前ぢ, 前で, 前に, 前ね, 助手に, 勘定する, 北陸漫遊の, 十一日まで, 十一日を, 十一月十九日に, 十三日南場六日より, 十九日まで, 十二日まで, 十五日までとか, 十五日までの, 十五日間休場, 十五日間帝国劇塲にて, 十五日間歌舞伎座にて, 十八日まで, 十六年三月三十一日迄, 十日ほど, 十日まで, 十日までを, 十日も, 単衣, 占の, 同三十日, 同十二日, 同年十二月二十六日にわたり, 同廿七日, 同晦日, 名籍を, 向かう七日間, 商店法実施皆サンお, 喀血した, 四五日以前の, 四日目, 四日間麻布鳥居坂の, 四月十五日まで, 四月朔迄の, 外に, 外には, 大事は, 大杉栄ほか二名が, 大阪吉本興行部の, 始まりしもの, 始まる, 始めた砲撃, 始る, 宝塚歌劇を, 実施され, 宮の, 宮は, 寂しいくらい, 富士見原, 寒気を, 小金井花見の, 居その, 岸本の, 常にその, 常盤興行の, 平安の, 廿七日, 廿九日迄, 引つ, 引込保養が, 弥生は, 強くなり, 後この, 後であつ, 後であらう, 後に, 後の, 後も, 御わざ, 御出社, 御面談, 志賀の, 悉く出仕, 愈戦, 意識せられなくなる, 成るとして, 我胸を, 戸は, 數ふれ, 數日間此所に, 新富座にて, 新町座にて, 施行さるべき, 施行せられる, 日々南方を, 早くすでに, 明治四年四月十一日に, 星を, 映す白鵠, 昼二円半夜五円一皿は, 朝夕を, 来り始む, 東京控訴院は, 板橋区の, 柏軒の, 桜島と, 棲みゐて, 槙三に, 歌舞伎座にて, 此所まで, 此所彼所に, 歯痛発熱は, 死ぬる日, 死を, 死期に, 没落の, 洗濯業研究に, 浅草座において, 深くなっ, 溯ること十一日, 滝の, 火木土と, 炎威相加わり, 煙草のむ, 爲る, 物狂ほしく, 狭くなり, 狼の, 甚だしきに, 疾く前, 病は, 病家として, 病床に, 病気に, 痘瘡をわ, 発症咳血也, 白さ, 益急に, 瞳なに見る, 稿し, 竜口用邸に, 箱館府戦争有之, 約一週間, 続続行, 翌七年, 聾し, 興行す, 船には, 船室に, 英国の, 英国地方の, 萌しぬ, 著述を, 葬儀後, 蘭軒を, 見も, 身に, 近づけり, 連日美術館を, 遅れて, 遠く遡る, 重くなれり, 釐毫も, 銀四貫目, 長いあいだ, 長くも, 長く続い, 開会し, 開場し, 開始と, 隔時観測を, 雨ふり十五日夜九つ過, 雨乞いに, 顔見世, 風浪を, 風邪の, 驟雨いたり, 魂に

▼ 日ごと~ (315, 0.3%)

4 にその, に彼 3 に衰え

2 [26件] に, にここ, にこの, にそれ, にふえ, にふえる, にますます, に上, に九, に増し, に大きく, に市, に幾千言, に強く, に新た, に毀たれ焼かれ, に白い, に目, に薄れ, に街, に赤い, に進ん, に鏡, のいとなみ, の変化, の新聞

1 [252件] ご君側, ずっと私, であったろうか, というよう, にあらたまっ, にいや, にいろいろ, にうた一つ二つづゝよみてはかき, にお, におとづれて, におぼつかない, にかえてたら, にかおり, にかく, にかならず, にくずれ, にくりかえされる, にし, にすて, にため息, にだれ, につとめる, につのっ, につのる, につらく, にととのつて, にはかどった, にふとる, にぽうっと, にま, にますます公然, にまぶしく, にまるまる, にめまぐるしく, によく, によせられる, にわかき, にキミ子, にサンタ, にペトラルカ, にミラノ, にメラメラ, に一人, に一時間ごと, に一杯, に一滴, に両, に中庭, に乱れ, に事件, に二度, に二曲, に二軍日月, に人員, に人数, に人知れず, に人類, に件, に低く, に僕, に兄, に光, に公苑, に六ツ, に冒す, に出だし, に分, に剃り, に削られ, に区切っ, に十杖, に又, に反抗, に取り馴れ, に受ける, に召し寄せ, に四, に四半刻, に国内, に地位, に地味, に墓, に士気, に壮烈, に変る, に変わった, に夕焼, に夕燒, に外国型, に多く, に夜ごと, に大きな, に大鳥時計店, に天, に太陽, に奔走, に姫, に定まらね, に寒い, に小さく, に小さな, に少なく, に工夫, に市中, に市長, に帰り, に平野町, に幸福, に幾通, に広がっ, に度, に弾薬糧食, に当日, に往復, に待ち受けられる, に待つ, に後, に御酒, に心痛, に悪い, に情報, に慕い歩い, に懇, に我, に我が, に支払うべき, に数, に斥候, に新しい, に新しく, に新聞紙上, に日, に暮れ, に書い, に板新道, に桃, に梢, に楽しみ, に歌, に歩い, に死に引き入れ, に殺気立っ, に江戸中, に沖合, に法華経一巻, に流し去っ, に深く, に深め, に渦巻く, に澄み行きました, に烈しく, に狭く, に玉, に現れ出る, に現前, に甚, に用事, に病院, に痛切, に痩せ, に発見, に白く, に白兎, に県下, に短く, に私, に空, に竜宮, に紅き, に細長く, に繁き, に織田, に繰りひらかれ, に繰り返される, に美しい, に膃肭獣, に自分, に色々, に色めい, に花祭, に荒ら, に荒れはてた, に荒廢, に葉, に蕾, に薄らい, に蜀軍, に行きかう, に行きたれ, に行商, に西班牙磴, に見る, に見栄え, に見舞, に観た, に観念, に解け, に訪, に詣る, に諦める, に軍服厳, に近づい, に近寄っ, に迫っ, に退屈, に道頓堀, に都会, に重要, に閑寂, に険悪, に離れ, に雨, に露骨, に青草, に額面, に顔, に駒, に高まっ, に高まり聳え, に高まる, に麓, に黒く, の, のお, のこと, のそち, のつとめ, のパン, の会, の体当り, の声, の心, の政務, の新聞紙上, の業, の煩悶, の異変, の祈念, の祈祷, の芝居茶屋通い, の苦闘, の鍛錬, ゆくとき, を一つ, 剥がれて, 同じよう, 同じ場所, 怖しい訪れ, 折らるるしろがねの, 来て, 欠くこと, 絶えざるこの

▼ 日~ (313, 0.3%)

11 て私 96 てまた 5 てその, て彼 4 てのこと 3 てお, て学校, て父, て肝心, て行っ

2 [23件] てかの, てからその, てからだった, てからであった, てから中村, てから私, てこの, てようやく, て上野動物園, て僕, て先生, て再び, て夜, て大阪, て女, て巣鴨, て死骸, て母, て汽車, て産, て痴川, て私たち, て自分

1 [212件] づむ, てあわて, ていた, ていよいよ, ておきぬ, てお座敷, てお松, てお礼, てかう, てから, てからある, てからきめましょう, てからこの, てからだ, てからちょう, てからついに, てからです, てからのこと, てからはじめて, てからまた, てからみのる, てからも矢代, てからクララ, てから仁田, てから倶楽部仲間, てから先輩江戸川乱歩氏, てから函, てから嫌, てから孝之進, てから学校, てから宝丹, てから山, てから庸三, てから或, てから手許, てから新, てから法科, てから町, てから私たちふたりきり, てから自分, てから行, てから行っ, てから通る, てから里子, てがらり, てくみ子, てこんど, てすこし, てすっかり, てそれ, てたくさん, てたしか, てついに, てでき, てとうとう, てとぼしい, てのち, てのはなし, ての様子, てはならぬ, てぼく, てぼんやり, てぽっくり, てみるみる, てめでたく, てもそれ, てもそんな, ても兄, ても小, ても挨拶, ても船, てやっと, てやはり, てわたし, てアパート, てジルノルマン嬢, てタミ子, てチャアルス・オリヴァ・ジェイムス氏, てニヤニヤ, てピストル, てマルセーイユ, て丁度, て三山君, て三田, て中宮, て主, て京伝, て人, て今度, て仕事, て伊庭, て伸子, て体, て体一めん, て例, て先方, て入浴, て刑事, て北国生れ, て千恵, て又, て受け出し, て吾吉, て呉, て埴生十吉, て増田健次, て夕方芝口, て夕食, て夜半, て大, て大勢, て大成, て天候, て夫新妻, て妹, て姉, て始めて, て姿, て孔生, て安並, て宗助, て寒く, て小, て小作料, て小銭, て山岸さん, て山西, て帰っ, て帰った, て弥之助, て彼女, て徳蔵, て心当り, て恒夫, て恒藤君, て悉皆, て感謝, て或, て戸田さん, て戸籍謄本, て戻っ, て指井, て散歩, て新村氏, て新聞, て旗男, て日曜日, て春吉君, て昨晩, て曾, て朱, て村, て来, て来た, て果して, て枯れ, て某, て正造, て死ぬ, て死ん, て殘, て気イ, て水兵, て江戸, て沼岸, て淑女達, て渡れる, て漸く, て照ちやん, て玉, て珊瑚, て珍しく, て目的通り契約, て看守, て着いた, て矢背, て神学部長, て私達, て突然, て細君, て羅, て美和子, て老人, て聞い, て腹, て菊江, て葬式, て蔦芳, て藤坂上, て西山氏, て要さん, て読売新聞文芸部記者, て警察, て譲吉, て返事, て退出, て送りかえされる, て重, て銭湯, て長田, て関, て閻, て陶, て隣室, て雨, て電話, て須山, て食, て駄夫, て龍介, ょうねんたんていだんのぽけっと小ぞうは, 零らば

▼ 日~ (294, 0.2%)

10 はその 5 は家 4 がその, はいつも, は突然 3 はある, は一人

2 [26件] がいつも, が何, が例, が大陸, が学校, が旅, が確かめ, が運動, に言った, の家, はすぐ, はひどく, はもう, は会社, は停車場, は公園, は又, は友人, は夕食, は外出, は妻, は彼女, は母, は真実, は祖父, は紫衣

1 [209件] からの手紙, が, があえて, がすすん, がま, がガルウエイ, がソ連空軍, が一度, が久しぶり, が企てた, が伯母, が十六歳, が残し, が水車小屋, が決した, が燈浮標, が立つ, が見舞い, が警視庁, が閣外, が雲龍寺, といっしょ, と一緒, と私, に云, に云った, に問われる, に対してたしかに, に尋ねた, に思いがけない, に死刑, に殉じ, に諫め, のいる, のことば, のところ, の不思議, の世話, の事務所, の前, の勉強部屋, の妻, の市郎, の心労, の心身, の持窯, の日, の最も, の来, の楽屋, の母, の細君, の耳, の胸, の胸中, の虎ヶ窟, の袱紗, の調査, の足もと, の都会人, の釜礁, は, はあの, はお, はおりおり, はここ, はこっそり, はこれ, はさ, はさる, はそこ, はそれ, はそれら, はちょうど, はついに, はぶらりと, はまだ, はまっさお, はみずから孔明, はもうたえ得ない, はやつ, はわざと, はアルプス山, はアンティフォン, はウエスト街, はクリストフ, はサア・チャアルス・デエバアス, はザンジバル港, はシュミット博士, はデパート, はピエトロ・バグリオーニ氏, はボルゲビィ・ガアル, はモーク, はレオ, は一々, は一冊, は一册, は一匹, は一夜, は不思議, は乘合自動車, は二人, は五郎左衛門長秀, は今日, は会話, は低い, は体, は俊三, は偶然, は催促, は僕, は僧房, は兄, は全く, は其勇, は出発, は初めて, は勝ちつづけ, は午過ぎ, は友, は告訴, は和助, は哀号, は喀血, は国道, は場河原, は天幕, は奥座敷, は孔子, は学校, は客, は富山, は寺, は尼, は山手, は平素, は幾何, は往来, は忠顕, は思いきっ, は思い切っ, は急い, は或, は戸棚, は扈従, は控室, は改めて, は敵, は文化学院, は斉広, は早朝, は昔, は昔司教在住, は暮, は有頂天, は朝, は木, は来, は椅子, は殺人未遂, は法華経, は洋服, は漸く, は澄江, は父, は珍, は町中, は當時他人, は疲れた, は砲数, は硬, は確か, は福音書, は稼ぎ, は胸苦しい, は自ら, は自ら四輪車, は自分自身, は自動車, は若い, は蘭袋, は虱, は誰, は諸, は谷中, は起き上がる, は途中, は遂に, は遅く, は過去, は郷里, は鎮守府将軍, は雌イヌ, は頭, は默つて妻, も楽しく, れの, れは, をここ, をし, をつかまへ, を招, を緑, を裏切った, を訪問, を豊川, を載せた, を還さじ, 必ず降ら

▼ 日ざし~ (285, 0.2%)

11 のなか 10 の中 5 に, を浴び 4 を見 3 がその, がだんだん, の具合, をあび, を眺め

2 [29件] かがよ, がかげつ, がやっと, ぞ和ぎたまりたる, となり, とほり, に火照る, に眼, の, のすずしき, の下, の強い, の淡, の色, の鈍い, は, はすでに, は少し, は深し, は照りそめ, は頓に, は麥, ひたひたと, も夏, をうけ, をみる, を一ぱい, を一杯, を避け

1 [177件] いつか暖かく, おほひ, かげも, かとどこ, か旅, があかるく, がいつの間にか, がいま, がかげっ, がたまっ, がどんな, がはいった, がわずか, がボーイ, がポカポカ, がヴェランダ, が一ぱい, が一杯, が亀, が僅, が午過ぎ, が反射, が右, が室内, が庭, が弱い, が張り, が強いせゐ, が斜, が明る, が春めい, が暑い, が朝, が楡, が次第に, が洩れ, が満ち, が烈しけれ, が照りかかっ, が照りはえ, が狭い, が移った, が茂り合った, が落葉, が薄れ, が身, が輝き, が長く長く, が門前, が降れ, が非常, が麗しく, が麦藁帽子, が黄薔薇色, が鼠, ぞ赤松, であつ, で一杯, で深, とみに移りぬ, と冬, と夏, と春, と海風, と温か, にあ, にし, にただれ, にて敢, になった, にもう, にも恐れず, にも春, に今, に何処, に向っ, に咲きほこる, に変る, に大理石柱, に惜気, に水, に照らされた, に照り, に男, に目, に相, に眠つて, に眩, に紫いろ, に翳す, に蘇る, に誘われ, に近く, に透きとおっ, に透け, のあいま, のあた, のあたる, のいい, のいちじるし, のうつる, のかがよ, のこと, のなつかしい, のほう, のまだ, のもと, のやわらか, の加減, の届く, の明るい, の暖かい, の柔らか, の様子, の気持, の溢れ, の照り返し, の白い, の関係, の露け, はあり, はそこ, はその, はそのまま, はだんだん, はまだ, は内地, は大分, は彼女, は悲し, は明るかっ, は暑かっ, は暖かい, は河原町, は臆病, は色づいた, もさして, もはや傾い, もまどろむ, もみじかく, もよかつ, も時として, も淡い, も西, も麗らか, やがての, や風の音, を, をかしら, をみた, をよけながら岩波文庫, をよける, をカーテン, をマトモ, を仰ぎ, を入れ, を南向き, を受け, を受けた, を含ん, を吸う, を味方, を宿した, を庭, を慕, を慕う, を戀, を浴びる, を照り返し, を眞正面, を鋭く, 弱いま, 明るければ, 柔らなり, 温かに, 私の, 麗らかに

▼ 日~ (285, 0.2%)

9 のお 5 になっ, の手紙 3 が記され, で, である, になつて, のところ, は昨日, を見た, を見る

2 [21件] があつ, があり, がある, がその, がつい, が書い, であった, であるから, のもの, の所, の新聞, の書附, の配列, は, はこの, はない, は書いてない, や番地, を示し, を覚え, を追って

1 [200件] あり, からでも一年, から丁度十日目, から云え, から推し, から考え合わせる, があっ, があった, があれ, がし, がそう, がない, が一つ, が一ヶ月, が三ヶ月, が入れられ, が出た, が分ります, が後日, が御, が新聞記事, が昭和四十三年五月, が書いてない, が有った, が知りたくなった, が落ち, が見えなかった, が認められ, が違う, が闕, さえ私たち, その死体, だから, だけでした, だった, だつた, だの文字, だよ, であったが, であつ, であなた, でこの, でしたら日記, です, ですか, ですね, ではない, で以, で全, で刊行, で堀端銀行, で彼, で手紙, で新た, で書かれ, で次, で江戸, で熊本, で見る, で返書, で郷里, で金地院崇伝, で鉱業人, とが明瞭, として記入, となっ, との筆蹟, とピッタリ, とロスコー父子, と出来事, と合わせ, と夕刻, と対照, と數, と時間, と簡単, と自分, なしの, などを思い出し, など入れ, なの, なんぞは今日, にしたがっ, にて御, になった, には何れ, によること, に不審, に従って記入, に無慙, のし, のとおり, のない, のゲエテ, のスタンプ, のハガキ今日, の一書, の上, の下, の不明, の全文, の前日, の名西郡上山村棟附, の彼女, の御, の意味, の数字, の文書, の方, の書, の書き加え, の武蔵書簡, の無い, の田中, の當時, の神奈川版, の私宛, の端書拝見, の符号, の米國プリンストン大學, の細君, の記事, の誤ない, の返, の違った, の郵便, の野間眞綱宛, の順に, の順序, はなし, はなんと, は一九〇四年, は一年半, は三月十一日, は久能, は九月二十二日, は二十六日, は伯母, は全く, は八日, は十月五日, は十月十五日, は同年同月十二日, は崩御, は恋する, は恐らく, は斎藤先生, は昨, は無, は自由, は興國二年九月六日, まで, までも記し, まで入れ, まで這入っとる, もない, もなけれ, もコマ村, もチャン, もニセモノ, もハッキリ, も何, も信用, も同じ, も恐ろしく, も昨年, も知らず, も郵便, やったか, や品目, や番號, より一週間後, より二十年, をかい, をせぬ, をみた, をみれ, をもっ, を以てせられた, を以て國家, を以て宇平, を入れた, を忘れ, を忘れました, を書き直し, を横, を知, を確め, を示すなら, を素直, を聞かし, を落とし, を表わし, を見, を見たら, を見ます, を記し, を調べ, 合って, 御照会

▼ 日~ (283, 0.2%)

15 二日で 12 三日は 11 二日は 8 二日の 7 三日で 5 二十日は, 四日で, 四日は 4 五日で, 五日は, 四日の, 落入りて 3 一週間は, 五日の, 十五日は, 十日で, 雲を

2 [13件] そのほか, 二十日で, 二日なら, 初鰹, 十日の, 十日は, 夜の, 時の, 暗い夜, 月の, 月や, 王者の, 飲まぬお方

1 [158件] あまり寒い, ある, あれも, お天気, お正月や, お蔦の, が七日目, すんでから, そこい, つてゐる, つて来ます, とりて, なあ, クリスマスの, 一しきり二, 一と, 一ヵ月で, 一ヵ月は, 一晩ぐらい, 一月や, 一週間くらい, 一週間で, 七夕には, 七日で, 七日でなく, 七日の, 七日は, 三七日の, 三十日の, 三日じゃ, 三日じゃあ, 三日なら, 三日や, 三日前に, 三日寝ず, 三日寝ない, 三日遅れる, 三日食わない, 世間の, 事榮に, 二十日こっちへ, 二十日だったら, 二十日はか, 二十日公判前に, 二十日役所を, 二十日早く, 二十日生きのびた, 二十日錨を, 二十日食わず, 二日からり, 二日ぐらい, 二日じゃ, 二日どう, 二日ぶらぶら, 二日位は, 二日位早く, 二日帰らない, 二日必要に, 二日掛かる, 二日歸つて來ない, 二日逗留し, 二日雨が, 二百二十日が, 二百十日から, 五日も, 五日帰らぬ, 五日泊ってた, 何時, 侍らひなれし東椽, 八日の, 八月九日の, 八朔の, 六日じゃ, 六日と, 六日帰らない, 六日日庸された, 冬は, 初松魚, 刻限が, 刻限までを, 十五日ぢや, 十五日で, 十五日シケ続けた, 十五日位保存て, 十日なら, 十日には, 十日留守に, 半夜では, 半日で, 半日では, 半日食, 半月ぐらい, 半月ぐらいの, 半月では, 又月, 囚人の, 四日おくれた, 四日はか, 地震の, 場所に, 夜は, 夜分は, 夜間に, 大仏殿の, 大晦日の, 天気晴朗と, 妙に, 寝た夜, 将た, 將た, 平治の, 廿日の, 微かな, 日も, 日暮れ方の, 日曜には, 日曜日には, 春天清朗軽風和日野外の, 暮るる, 曇った日, 曇り日, 月が, 月と, 月を, 松茸飯に, 榜ぎわかれなむ家の, 榜ぎ別れなむ, 欠伸うつし, 次の, 気が, 気分の, 淋しい夜, 深く沈みし, 清拭日や, 田舎に, 百日お, 百日は, 相ふれし, 祓への, 祭の, 祭日には, 秋の, 竹の, 簾あまねく, 美しきかな玉, 聖霊に, 胡瓜畑の, 花の, 草の, 遲櫻, 鈍太郎殿の, 門提て, 雨の, 雨風の, 霧の, 非常に, 高時の, 鶏の

▼ 日さま~ (279, 0.2%)

44 の光 9 がお 5 がしずむ, は空 4 がお出まし, 焼けてる 3 がのぼる, のお, の下, の出る, の外, の方, を見た, 高いぞ

2 [27件] かんかん, があら, がある, が南, が又, が東, が海, が輝い, と青, なんかは勿論, の, のひかり, のよう, の面, は, はうすい, はそらのう, はなんだか, はまっか, はまっ白, はもうとう, は外, は赤, も僕たち, も星, をながめ, 拝みだしたの

1 [130件] あんまり変, お日さま, お顔, かげる, があたたか, があんな, がいいました, がいくつ, がいつも, がいよいよ, がうすい, がうらやましい, がかん, がぎら, がくるめい, がさし, がさしこん, がしずんだ, がすい, がずんずん, がちょうど, がにこにこ, がはいる, がほお, がまい, がまだ, がまっ, がまっか, がまっ黒, がまぶしい, がみどり, がもうすい, がやがて, が丁度, が上, が云いました, が仰げました, が出られた, が出る, が娘たち, が年中, が手伝っ, が春, が毎日, が沈みました, が照りつけ, が私, が空, が西, が見えなく, が黄金, さえずうっ, そんなあか, だろう, とお, とおなじ, どうか私, に, にお願い, にきもの, にまっさお, にむかっ, に光つて, に向い, に対しておそれおおう, に酔った, ね, のあがらない, のある, のかたち, のぞくと, ののぼらない, ののぼる, の光みたい, の照りあんばい, の片, の色, の黄金色, はあすこら, はあたたか, はいかにも, はお昼すぎ, はこの, はごらん, はさっさっ, はさわやか, はしずんだ, はだ, はにこにこ, はのぼらないでしょう, はぼんやり, はま, はまだ, はまだまだ, はまったく, はみるみる, はやっぱりこんなに, は今日, は何, は半分, は変, は山, は山の上, は沖, は海, は私, は紙きれ, は西, は近く, は霧, へ向い, またどこ, もうわたし, もみられなくなる, もむろん, をお, をおがみたい, をのぞきました, を仰ぐ, を拝む, を背なか, を見, を見たでしょう, 出たのに, 出てる, 大きくなりました, 知らない, 見おくり御飯, 遠くて, 高い

▼ 日にも~ (273, 0.2%)

9 なるのに 5 ならないのに 4 なるが, 私は 3 なると, わたしは, 風の

2 [12件] これだけは, ならない信一郎, なります, なる, また, われは, 余は, 得がたし, 成んめえな, 炭が, 珍しい小鳥, 雨が

1 [218件] あたりました, あたり燕, あなたの, ありきと, ありました, ある, お庄, お茶と, お見え, かういふ事, かかわらず春, かく涙ぐみし, きて, こちらへ, このセルゲイ, こは, こんなさびしい, さあ遣っ, さながら髄, さる出版社, しんみりと, すすんで, すること, そこに, その罪, それから, それを, どの時間, ないので, ない晴れやか, なったと, なったら帰ろう, なって, なほ一方の, ならず船, ならないけれども, ならぬと, ならぬに, ならぬ高田馬場駅, なりますし, なりませんのに, なるから, なるけれど, なること, なるん, なんの, はあ真夏, はや間も, またいろいろ, またこの, またクリヴォフ夫人, また同じ, また慣例格式, また数字, また自分, また雲, まだみたない, みたぬま, もう一度これ, もう一度行う, もう夕, やって来て, やはりきょう, やはり伊豆七島, やはり沼, やはり貴, ゆきました, よく逢った, 一面の, 七く, 七十六人二十三日も, 三日にも, 世嗣ぎが, 主人に, 二三十枚でも, 五十日にも, 五十荷百荷の, 亘って, 亦澄, 仏前へ, 伊豆の山影を, 休むわけ, 会はずに, 会わずに, 伺いかねるの, 似ず三月三日, 似るかなしき, 似る甘, 佐野君は, 何か, 何だか陰, 何だか陰った, 余つて其の, 依然として不当, 元は, 兄の, 共に籠城, 内に, 出帆する, 初七日, 劣らぬ出世, 勇しく出かけ, 勝るほど, 十二日にも, 十五日にも, 十日にも, 午食に, 半月にも, 参つて来る, 参上つたのです, 及んだ, 各紙は, 同様な, 君臨し, 吹きやまずとかく, 吾が袖乾め, 和田峠に, 品がわりが, 四五日前の, 困って, 困るといふ, 困る仕儀, 在京の, 大きなうねり, 大極殿で, 奇妙な, 奥多摩の, 妻が, 実にお, 宿老たちだけは, 富岡が, 小さい祭り, 山姥が, 島の, 川下りし, 川路へ, 幕軍は, 当たった, 当たって, 当たりますので, 当てる, 役に立った, 彼に, 彼の, 彼は, 後れて, 御持仏堂, 御申越し成され, 悲しみを, 悲の, 愁は, 愉快に, 手紙を, 払えなかったらこの, 折重, 指南所へ, 搖れども, 新規の, 日頃の, 映画ひとつ見よう, 時々横田, 更へ, 書きつづけた, 書けません, 月に, 月にも, 札幌行の, 来て, 枯れず秋, 柱を, 栄蔵は, 此の, 武家の, 死にたいとは, 死ぬか, 氷川へ, 湯上り浴衣で, 火一つない, 火事が, 無いこと, 焦けて, 煮て, 熱海駅前に, 獲物が, 生活の, 知った, 禄を, 私の, 秋祭を, 空手で, 立花先生は, 第十四連隊, 米の, 純益を, 腐らぬやう, 自分から, 自然は, 船の, 荷物は, 行かないつもり, 見た梅鉢紋, 角力の, 許さな, 諸天童子, 警固の, 足りない期間, 足りなかつた, 辻には, 野口春蔵宛に, 開かれこの, 隅田川から, 雪だ, 雪の, 風雨が, 飲みたくなるよう, 餘りぬれ, 驟雨が, 鯛の

▼ 日~ (262, 0.2%)

8 になる, の月 4 であった, のこと 3 であったと, である, です, の夕月

2 [12件] から十六, から怎, だと, でしたか, にあたる, になります, に於, に江戸, の事, までで, までは殆, より鹿兒島市附近

1 [202件] おみやさん, お目にかかりに, お訪ねする, か, かえること, かえるよう, かと思う, からか知らない, からか知りません, からその, からで, からといふこと, からとう, からはできるだけ再三, からまた, からもうそ, からやっと, からやはり, からようやく, からわかっ, からイタリー, からベッド, から九月十五日, から仕事, から倒れなかった, から六月十三日, から其様, から凡一ヵ月, から出, から出かけます, から始め, から打てる, から数える, から敵, から新鮮, から春, から暴風雨, から正月, から毎日新聞, から浜名湖, から私, から私達, から見物, から野菜, から降りきれない, が友釣, が来たなら, が見頃, この一隊, この地, この家, じゃあなかっ, そしてきょう, それから九月, ださうでございますから, だった, だったと, だったろう, だね, だよ, であったか, であったかの, であったかも, であったん, であつ, でした, でしたやろか, でしたろう, ですよ, でそれ, では, でももう, でやっぱり, で十日足らず, といふ早, と云う, と記憶, どすけれど, なの, なりしかと, なん, にあの, にあれ, にお目にかかります, にかえってずっと, にかえります, にかけての奈良, にきまっ, にこの, にぞろ, になっ, になり, にはすべて, にはその, にはどうしても, には二日, には出来る, には帰ろう, には引拂, には持っ, には敵, には渡支, には行きたい, にまで出来上る, に一度, に上京, に之, に入営, に出た, に切符, に又, に小石, に届いた, に帰っ, に成らなけれ, に成るだらう, に日本人, に来る, に白浜, に私, に立つ, に端書, に自分, に行こう, に見物, に遊行上人, に青森, に首府, のモルトケ, の寒月, の日あたり, の月くら, の月夜, の月松林, の月歸途, の月氷, の有, の汽船, の秋川家, はお, は月, は薩州, までいる, まですっかり, までそして, までと云っ, までになるべく, までにはいずれ, までには一同京地, までには特別, までにもう, までに大阪, までに訪問, までに長安, までの事, までの仕事沢山, までの状況, まではこの, までは全部, までは待てる, までは書物, までは満足, までは頭, までまだ, まで一ヵ月, まで一週間, まで大変, まで姿, まで居よう, まで居る, まで待っ, まで待つ, まで此方, まで消え残っ, まで過ごしました, まで長々, もし, やっと気が付き, ゆく, より九州, より二月二十日, より早稲, より暑気出, より温度, より留守, より相, より連載予定, より青年男女, より頻繁, らしくそ, を先ず, 出て, 参りましょう, 寒い風, 帰りますって, 我が淀橋町, 放したらいい, 来て, 来るの, 立つつもり, 細くは, 迄は到底

▼ 日あたり~ (257, 0.2%)

38 のいい 14 のよい, の好い 5 に疎い, のい, の中 4 がよく 3 が悪い, が悪く, を眺め

2 [22件] から三十一日, から急, がよい, につくし, に出し, に子供つど, に居り, に見, に足, ぬくむ野, のとなり, の冬, の可, の悪い, の枯葉, の枯野, は未だ, をただに, を冬, を吹きあふる, を鶉, 出て

1 [119件] からかれ, からし, からすでに, からそれ, からでしょう, からマア坊, から今度, から出さう, から四月七日ごろ, から少し, から滿員, から矢代, がいい, がその, がつよい, がまた, がよう, が好い, が好く, が惡, が私たち, たる, てこの, であったと, でも埃, で一寸, で暖か, で盤台, で盤臺, で若, とは違っ, などを想, なら幾らか, にかけて最も, にこの, にころ, になろう, にも見つける, に並ん, に人, に啼きむつみ居る, に彼, に手習草紙, に暇, に服部曲, に杉, に枯草, に満開, に眠る, に眼鏡, に美しく, に薄, に見た, のいい小高い, のいろ, のうらめ, のこと, のところ, のほ, のほか, のほかほか, のまぶし, のもの凡て, の不, の丘, の二川家, の人民, の出来事, の向き, の好, の山, の広き, の月, の杉, の林, の枯れし, の椅子, の程, の籬, の納戸, の縁, の縁側, の良い, の良いいい, の荒い, の見, の谷間, の道, の障子, はただ, はよく, は三人, は大, へ一人, へ出やがっ, へ向, まで爆発, もい, もいい, もまだ, も好し, も悪く, やそれから, や影, よき処, よくかなり, よく快適, よく静か, よし, を受けた, を境界, を描いた, を眺める, を見, を見る, を避け, を除け, 好く石垣, 悪しくまた

▼ 日という~ (248, 0.2%)

16 ものは 13 のが 11 のは 10 ことに 9 ものが 8 日が 6 日は 4 ものを, 日づけ 3 のを, 事に, 日に

2 [16件] ことが, ことで, この日, ふうに, ものあの, ものまるで, もの一度も, ような, 同じ日, 日の, 日も, 日を, 日数を, 日附が, 約束が, 風に

1 [126件] ある日, いろいろな, きのうの, ことあり, ことであった, ことを, この日頃, しるしが, そこまでは, つもりで, ところから, ところが, ところまで, ぬすみだしの, のか, のさえ, のだ, ので, のである, のに, のも, もの, ものああ, ものぐず, もので, ものに, ものの, ものも, ものよる, ものわたしは, もの一本の, もの不思議な, もの仲間の, もの何にも, もの余計に, もの叔父さんは, もの小屋の, もの明け, もの晴れ晴れした, もの毎晩三人ずつ, もの物置に, もの米一粒も, もの絶対に, もの聴い, もの見知らぬ, もの鉄の, もの黄蓋は, ハリ紙を, ハンパな, 一般的条件の, 事は, 二十四時間が, 俳句さえ, 六月二十九日の, 前の, 区切りかた二日いた, 午過ぎなぞ, 厄日が, 厭な, 吉日浅野家の, 名を, 四月八日と, 土曜日に, 声を, 夏の, 夏も, 奥書が, 奴じゃ, 如く寛大と, 子供の, 工合に, 忘れ得ぬ日付, 恐慌の, 意味だ, 感じです, 成績で, 所から, 押詰まっ, 文字が, 文字には, 日で, 日である, 日どり, 日には, 日付が, 日付を, 日取りだけが, 日取りを, 日数に, 日本らしい, 日私は, 日附な, 日附は, 日限りも, 昨夜に, 暦を, 朝, 朝だ, 期間は, 期限ぎりぎり, 札が, 歳末である, 短い周期, 短い日数, 短い生活, 空間は, 童子の, 童子は, 約束を, 絵, 蕾の, 見出しで, 言葉を, 記念日が, 話, 調子を, 遅配欠配の, 長い時間, 長さ, 長期興行を, 間に, 間を, 間俺は, 順に, 風の, 驚異的記録にまで

▼ 日露戦争~ (242, 0.2%)

10 の当時 8 の時 7 のとき 6 の後 4 に勝っ, に従軍, の時分, の最中, の頃, を知らなかった 3 のすぐ, の勇士

2 [13件] が始まった, が済ん, が起っ, に参加, のあと, の余炎, の従軍新聞記者, の従軍記者, の済んだ, の直後, の終った, の際, を経過

1 [155件] からヨーロッパ大戦, から今日, から凱旋, がしだいに, がすんだ, がはじまっ, がはじまった, がわが, が初, が始, が始まっ, が始まる, が恰度小生, が我日本, が日本, が済む, が済んだ, が漸く, が終っ, が終った, が終り, が終りまし, が終了, が起つ, で, でこの, では既に, でびっこになっていた, でぶっ, で戦死, で握り飯, で討死, で飛躍, というもの, となり, と云, と欧洲大戦, と露西亜革命, においで, については, になる, には反対, には松本日報, にぶっつかり, にも全滅, にも出, にも出た, によって樺太, にバルチック艦隊, に依, に依つ, に出征, に出征中, に到る, に加, に勝つ, に反対, に対する疑惑, に弾丸, に戦場, に於, に於ける, に旅順, に日本, に機関少尉, に満, に絶対反対, に蔚山, に関連, に際会, に非戦論, のあたり, のころ健康, のごとき, のじ, のすんだ, のときみたい, のとき大塚楠緒子, のとき捕虜, のはじまる, のよう, の三十七, の三十七八年, の二年間, の仲裁役, の出征軍歌, の前年, の勃発当時, の勝利, の始まっ, の始まった, の実戦談, の実況, の尻とり歌, の幕, の年, の心, の思い出話, の意識, の戦跡, の折, の敗北, の昔, の時代, の時分旅順あたり, の時脱営, の歌, の狂熱, の狂言, の画面, の癈兵, の終り, の終結, の経験, の結果, の絵, の翌年, の花, の講和条件不満, の講和条約, の費用, の遼陽攻撃, の部, の際陸軍中尉, の騒ぎ, はいっそう, はこんな, はたしかに, はモルトケ, は主として, は啻に, は国民全体, は日本, は柔道, は私, は終り, は終局, は終焉, は英米人, は近代資本主義, へ出た, も前, も無事, も終り, や日清戦争, を経, を経験, を背景, を見ろ, を限界, 又は日清戦争, 終る頃, 起るに, 起るや, 開く

▼ 日にゃ~ (233, 0.2%)

4 それこそ, 取返しが 3 あっしは 2 あおれ, あこっち, あ大変, あ玉無し, 全く楽, 手が

1 [210件] あ, ああの, あいい, あお前, あお嬢様, あきまって, あこ, あここ, あこれ, あそれ, あちょい, あっしも, あてんで, あどうも, あなたの, あの男, あへ, あまたこの, ある弁護士, あ一日仕事, あ一日逗留, あ人混, あ何処, あ助からねえ, あ名告, あ商売, あ土臭い, あ夜逃げ, あ大事, あ大抵, あ店, あ御丁寧, あ徳撰, あ悪食, あ敵, あ本人, あ構う, あ歌, あ気, あ私, あ若い, あ親分, あ際限, あ骨, あ鬢附, いい面, いざッ, いちいち物, いつでも, いよいよ俺, うっかり信心, おいらが, お汁, お眼, お話に, お金が, からきしだめ, こちと, このまんま, この世の中, この節出来, しつっこいこと, しょうがない, すぐに, すっかり性根, そこに, そのガン首, そりゃ大変, たって獄舎, たまらないね, ちょいとじゃ, とても味, どう見, どっか修道院か, まるで議論, みんなねえ, やにっこい役人, やりきれねえ, ァそれ, アお守が, アほんとに, アヘエーてんで, ア何うせ, ア俺らの, ア八の, ア大騒ぎだ, ア日の下開山だれと, ア明け方には, ア此の, ア狂人に, ア盗んだ, ア私が, ア腹を, ア誠に, ア長屋の, ア黒瞳が, イクラ取られる, ムクを, ルパンの, 一刻も, 下等で, 世の中に, 世話は, 乗るもの, 二人とも, 亭主が, 人七化三で, 人間が, 人間の, 今おっしゃる, 仏様同志で, 他の, 何にも, 俺は, 僕なんざあ, 僕は, 僕も, 先手を, 八大八寒地獄でも, 出る目, 十手捕縄の, 君と, 吾家じゃ, 命が, 命とりです, 夜が, 夜道を, 夢も, 大事だ, 大変だ, 大変です, 大変な, 失礼ながら, 好い災難, 娘たちを, 学校で, 対手という, 弘ちゃんも, 往生だ, 御府内は, 御難です, 徳川様ぁどうなるだ, 悪食だ, 愛想を, 戦争は, 戸は, 所詮遠道, 手前なんかも, 手袋ひとつで, 打破しだ, 按摩の, 敵わ, 敵わんから, 斬るん, 方が, 旅行の, 日本の, 日本中の, 早く寝ちまっ, 明日にも, 最後だ, 汝の, 油断も, 法返しが, 浮む瀬は, 海の, 渡世の, 演劇も, 灘の, 火星の, 焼継ぎ, 片っ端から, 犬ころに, 犬殺しの, 犬猫も, 狂言に, 狒々に, 猫の, 王国も, 甲子太郎の, 男も, 町内でも, 町方一統の, 相手かまわずだ, 矢来の, 碌な, 社会を, 私ゃいっそ, 私アまたぞろ, 第一, 第一こっち, 第一魚, 自分でも, 船に, 色事だって, 菱川師宣えがく, 薪一本だって, 親分とは, 誰だって, 資本いらずで, 身体が, 迷惑です, 道庵だって, 酒も, 門前雀羅を, 際限が, 面倒だ, 顔を, 骨休めだ, 鹿野山で

▼ 日本紀~ (231, 0.2%)

10 の記事 7 の神代 5 にある 4 に, の一書, を見る 3 を見

2 [17件] がある, ではこれ, ではどちら, では竹野媛, と三國志, には, には天子, に出, に見え, に見えた, の作者, の反正, の古訓, の如き, の方, を見れ, 或は万葉集

1 [160件] が出来, が始, が我が国号, が正しい, が用, だ, である, では, ではだいぶ, では二, では二通り, では崇神天皇, では景行天皇, では此神, でもすでに, で見る, といえ, とか云, とではおなじ, と其以前, と区別, と古事記, と書い, と補闕記, など, などでは弓月君, などには, などには後世風, などの縁起譚, などはその, などは恐らく, などを見, などを覗いた, なんかの中, にあ, において初めて, にこの, にしるされた, にその, にはその, にはつきり, にはまう, には一書, には大夫, には奈良朝前後, には正に, には浮島, には系図, には縵四縵, には記載, にもある, にもそう, にもその, にも簡単, にも見え, によつて, により, に倭武尊あづま, に兵庫, に其年, に命, に天智天皇, に対して正史日本書, に就, に所見, に拠る, に文武天皇四年飛鳥元興寺, に書い, に書かれた, に木祖久久能智, に欽明天皇六年九月百済王, に歴然と, に沢山, に洩れた, に淡路島, に角子, に訓註, に載せた, に載つ, に道照和尚栗原, に間人姓, に隨分澤山, に隼人, に面白い, の, のもの, のやう, の一部分, の中, の事, の事実, の人名排列, の伝, の伝へです, の例, の価値, の傍訓, の十月十一月, の原, の古, の古い, の天智天皇九年庚午四月卅日夜半, の天智天皇朝庚午, の巻数, の成立, の敏, の文, の日本年代, の明記, の時, の本, の本文, の本書, の準備作業, の火災, の研究, の神代卷, の神功皇后, の第, の編纂者, の編者, の舊訓, の著者, の解釈, の記, の記載, の記述, の話, の題号, の飛鳥朝, は両, は全く, は天武天皇朝以来, は平安朝, は新しい, は日本書紀, は漢文, は漢紀, は還らず, も去, や万葉集, や何, や風土記, をこそよみ給, をひもとく, を中心, を以て初め, を修む, を御覧, を拵, を按ずる, を編纂, を見まし, を読み, を読む, を読んだ, を讀んだ, を通じて見ます, 引くところ, 謂うところ

▼ 日~ (201, 0.2%)

6 帰りに 5 もての 4 休みに 3 もてに, 歸り, 邪魔を

2 [13件] げんは, せきの, もては, もてを, 千代は, 品は, 暇が, 父様の, 目にか, 種は, 銀は, 顔を, 願ひした

1 [151件] あいが, うちに, かよは, こころ爽やかに, さかなを, さとへ, さへの, しずが, しずと, すぎに, そばを, たかは, つたは, なくなりに, のばしよ, ひな様の, ひまが, ひまを, ひめさま, ほひ, まんまが, みつは, めえ, もてと, もても, もなる, もひ, ゆうにその, よねは, らんの, 二人は, 亡くなりに, 人形の, 仲間入りを, 休み, 休みしたって, 伺いする, 使いを, 俊に, 俊は, 傍で, 兄さんお, 光さんは, 八重は, 六どんが, 六は, 勢の, 医者さんは, 千代が, 千代の, 午の, 君は, 呼び出しに, 噂し, 国さんの, 園の, 坊さんは, 増の, 天気が, 天気続きだ, 妃に, 妙が, 妙ちゃんは, 妙の, 姉さんは, 姉様は, 姿の, 宅に, 客来で, 富が, 富の, 富は, 寝みでも, 寝間の, 屋敷へ, 岩が, 差置きを, 帰りは, 年越しの, 店へ, 庭を, 延ばしに, 延ばしには, 廻しなされ, 弁当を, 当番で, 役の, 手紙を, 政を, 暇を, 杉に, 杉は, 来えなさらないから, 桐は, 樂の, 此は, 民は, 民氣が, 氷が, 泊りなさる, 泊番の, 浜は, 清は, 清はみの, 湯屋で, 父さまは, 父様が, 町は, 白粉を, 百度詣り, 目に, 石舟の, 磯は, 神が, 祭りさわぎ, 秋は, 種に, 稽古が, 稽古の, 竜ちゃんが, 節句の, 粂の, 綱に, 繁は, 考えでございました, 能からの, 葉は, 蓮は, 藷を, 蘭は, 袖も, 見えなさいませんでしたが, 詣りしないけど, 詣りに, 豊は, 辰田原どのに, 通いなすっ, 通いに, 釜を, 銀に, 雪が, 霜婆さんは, 預かりを, 預り申しおいた, 頼みしなくちゃ, 風呂を, 餞別にと, 駒が, 駒は, 鳥が, 鶴が

▼ 日づけ~ (199, 0.2%)

132 のお 6 の手紙 2 お手紙, のは, の手紙来, の手紙着, を見る

1 [51件] からはじまる, がある, がきまっ, がまちまち, が入っ, が入れ, が当日, が書い, が続け, で受諾, で診療, と三日, と配達, にだまされ, になっ, に書きこん, のある, のこの, のそちら, のたより, のほか, のゴロゴロ, の分, の分から, の外電, の序, の次, の第, の車夫, はこういう, は幾年, への御返事, までちゃんと, までをとは申しません, も省い, や草, をかい, をみくらべ, を予告, を御, を書い, を書き, を見ろ, を記入, を間違え, 下すった, 御座候御, 御注文, 時には, 書名状態を, 請求で

▼ 日~ (197, 0.2%)

23 んだ 21 のだ 16 のです 15 のである 14 んです 7 ので 54 のか 3 ので私, のよ 2 のにも拘らず, のを, んぎした, んだろう, んでございます

1 [76件] か何, がのわざくれ, がをひもすがら, が一日, ことを, ため, と, なえ, のかしら, のかね, のじゃが, のその, のであった, のであらう, のであります, のであろう, のでいろいろ, のでお, のでおもいきっ, のでかえり, のでこちら方, のでこの, のでこれ, のでございます, のでした, のでそのまま, のでね, のでまだ, のでもしか, ので一向, ので一層, ので下二母上, ので五, ので伸子, ので修業, ので元気, ので兵士, ので十二時阪急集合, ので太子講, ので家, ので彼女, ので往来, ので快く, ので感心, ので断, ので旦那, ので替り, ので朝, ので本堂, ので毎, ので炎, ので烏山射撃場, ので珍, ので紀州侯徳川茂承, ので藤次郎, ので蝙蝠, ので襦袢, ので議長官舎, ので鉱山, ので陽炎, ので雑司ヶ谷祖母上, ので電燈, のにまるで, のにわれッ, のに大声, のに手箱, のに故人, のに百円, のよお, のよこう, のよ坊や, のよ雪, はでし, ものです, んざ無, んだらう

▼ 日ぶり~ (183, 0.2%)

16 の酒 15 に入浴 11 に街 6 の入浴 5 に御飯 4 に外出, の外出 3 に飯 2 で, にやつ, に一度, に床, に新聞, に理髪, に酒, のアルコール, の御飯, の風呂

1 [99件] か, かでこの, かでランプ, かで句作気分, かで名古屋, かで外, かで奴豆腐, かで守時, かで手紙, かで新聞, かで毎日, かで理髪入浴, かで生きた, かで諸君, かに出あった, かに巡りあった, かのこと, かのゆっくり, かの一杯, かの月, かの雨, か忘れた, か知れない, ぐらいだらう, ぞと父, だ, だつた, だわ, だ酒, である入浴, でお湯, でこんな, でさっぱり, でしたから, です, ですね, ではじめて, で二人, で佐々, で出, で家, で忍び遍歴, で愉快そう, で染, で湯, で病院, で私, で自分たち, で草庵, で街, で逢う, で鎌倉, で降り, で陸地, にいい, にお, にお母さん, にぐつすりと, にどうやら, にぬく, にオマンマ, にコツプ酒一杯, にランプ, に一杯ひつ, に人, に人間, に入浴髯, に出かける, に初めて, に喫ふたの, に寝床, に快, に我家, に戻った, に散歩, に毒気悪気, に温泉浴, に炭火, に点燈, に煙草, に燈火, に経験, に見た, に話した, に起床, に起床入浴, に道後, に長文, に電車, に青空, のこと, のつかれ, の会話, の宿, の明る, の朝湯, の煙, の爽やか, の酒肴

▼ 日~ (179, 0.1%)

7 の食物 6 の食糧 4 の食料 3 だ, のパン, の仕事, の糧食 2 しかない, の入院料, の握飯, の新聞, の日給, の籠城, の米, の給料, の量, の飼料

1 [130件] かの飯代, が一箱, が三日毎, が六合, が所, くらいの食料, くらいを要する, くらい用意, ぐらいの旅費, しか入れてない, しか出なかった, しか持たぬ, ずつで, ずつであった, ずつの薬, ずつを貰っ, ずつ書いた, ずつ笊, たった三行, ためた, だが, だけでもこ, だけのお銭, だけのもの, だけは行った, だけ取り返し, だして, である, でねえが, ではしのげず, でもおごつて, でよろしい, で好い, で植ゑたのだ, で買つた靴, とばなければ, と一ヶ月, と外, と少し, と思っ, にも勝る, に出た, に竜神, ねた, のお, のたく, のでき, のところ, のむのだからね, のもの, のアガリ六百九十円, の事, の俸給, の催眠薬, の八合, の分量, の制作, の売上げ, の宿料, の宿泊料, の弁当, の思い, の手間代, の日傭賃, の日記, の日課, の殆, の灸治, の焼米, の物, の玉子, の眼薬, の祭礼, の税金, の筈, の米代, の粉薬, の給与, の給金, の腰兵糧, の腹, の草, の薪材, の薬価, の読み合せ, の請取, の賃金, の遠出, の酒代, の金, の金利, の餌, はそれ, ばかりゆっくり, ばかり兵糧, ほどこぼし, ほどずつまとまった, ほどの嵩, ほどの薪, ほどの量, ほどの食料, ほどの食糧, ほど聴き込んだ, まとめて, もある, ももしくは, もらっても, も折りこん, も背負い歩いた, も買つて, や三日分, をきちんと, をまとめ, を廻り切らない, を手帳, を持ち, を持っ, を書き出す, を直しかけたれ, を貰っ, を費し, 寝た, 持つて, 溜めて, 炊けないこと, 繰り返しそれ, 聴けば, 若くは, 買って, 食って

▼ 日~ (177, 0.1%)

2611 へ行く 8 のアトラクション 5 の, へ出る, へ寄り, へ行き 4 の前 3 へ引返し 2 で, のけい古, のま, のエノケン, のエノケン実演, の方, の舞台, へ入り, へ寄っ, へ集合

1 [85件] かなんか, てとこ, でもう, でアトラクション, でハリ, で五月, で使っ, で新, で旗挙, で東宝ビッグパレード, と合同, と合同出演, にとても, になった, に小野巡, に山野, のまわり, のアトラクション出演連, のショウ, のステージショウ, のレコード, のロッパ青春部隊, の三分の一位, の事務所, の五階けい古場, の出しもの, の十日間, の吉岡, の喜劇人まつり, の地下理髪, の子, の廻り, の新, の新しく, の本, の横, の歴史, の給料, の耕一路, の脚本, の衣裳費三万円, の連中, の配役, の高橋医師, は三月撮影, は僕抜き, は大体左, は本, は満員以上, へかけつけ, へかける, へさて, へアトラクション, へエノケン訪問, へ一寸, へ一時, へ寄る, へ専務, へ帰っ, へ帰る, へ戻っ, へ戻り, へ月初め, へ東日, へ樋口, へ流用, へ涼み, へ着い, へ行っ, へ評判, へ電話, へPCL, もいや映画, も列, も興行, をぐるり, を二回興行, を出た, を巻い, を思はせる, を思ひ出させた, を本, を片付けよう, を開け, 終ったの

▼ 日かげ~ (174, 0.1%)

4 と共に, をみつめる 3 の花, はまだ

2 [15件] あかく咲, と共に憩, に, にいる, になっ, になら, になる, の暑く, の花製本見本, の身, はひろがる, も射し, より丘の, を厭, を選

1 [130件] うつる, か何, がさし, がさす, がすがすがしい, がない, がまつ, がゆれ, が何時の間にか, が冬至, が廻っ, が流れ, が漸く, が移っ, が透い, するあ, だから, で, でい, でひっそり, でもう, で下婢, で或, で本, で男の子女の子, で窓, で雪, とそれ, と共に憇, と共に憩う, と日向, と粉雪, などに汚, なので, なる老, にあり, にかくれ, にそつ, にそよぎ, にただ, につつましく, にとまり, になつ, になつて漠々, になり, にぬるる, には茗荷, には霜柱, にばかりひそみし, にほへる, にまだ, にもしる, に凍りつい, に向かふ, に少し, に忙, に打たれた, に日比谷公園, に白く, に目, に積, に置い, に転, に陣取っ, ぬるに, のあ, のあわれ, のうす暗く水臭い, のかづら, のしづけき, のてふてふ, のところ, の側, の南瓜, の叢, の土, の境, の天幕, の妾宅, の寂し, の小河, の方, の暗き, の紫, の絶えた, の縞目, の花上製本持參, の花校正刷持參, の菊, の身の上, の部屋, の鋪道, の際限, の霜, はうらうら, はうらら, はこれら, はそれきり冬, はわ, は九時頃, は椎, は漉され, は灑, は真直, は秋, へしずか, へと這入っ, へ女, へ寝ころがっ, へ移した, もう郵便, も褪せ, も見えぬ, よし且つ, をあるく, をくぐる, をつく, をば見, をまもりつ, を作っ, を作る, を宿し, を翳らせ, を落し, を見, を見詰め, を踏ん, 傾く, 求めつつ, 現しき佐渡ヶ嶋見ゆ

▼ 日経っ~ (174, 0.1%)

6 ても三日 5 て後 3 てからの方, てのこと, ても二十日, ても何, ても帰っ

2 [12件] て, てからお, てからでした, てその, ての事, てもお, てもここ, てもまだ, ても七日, ても五日, ても来ない, て二度目

1 [124件] てある, ていた, てお, ておい, てからある, てからかえし, てからでもいい, てからどう, てからなら, てからのこと, てからも妻, てから中洲, てから何, てから例, てから健三, てから其蝶, てから吉原, てから家族, てから小原, てから惣八, てから次, てから池田, てから私, てから細君, てから置い, てから隣り, てか私, てこの, てしまった, てちょうど, てともかく, ては脂, てぼく, てまあ, てまた, ても, てもその, てもただ, てもふと, てもよく, ても七寸, ても依然としてそのまま, ても便り, ても出, ても卵, ても品, ても嘉吉, ても四日, ても固まらない, ても國綱, ても城方, ても売れ, ても姿, ても宿帳, ても左慈, ても幾月経, ても彼女, ても材木, ても柳吉, ても気質的, ても決して, ても消化, ても消息, ても熱, ても犯人, ても眼, ても私, ても老婆, ても解りますまい, ても話, ても軟らか, ても雛妓, てわたくし, てシェーン, てハガキ, てベートーヴェン, てヨハンネス・フリイデマン, て一文, て三人, て三吉, て不意, て久しぶり, て仕置, て何, て健三, て再度, て出勤, て出来上がった, て十五日, て午後, て又, て同じ, て命名式, て喜, て囚人, て夕食, て大阪, て女, て学校, て居士, て帰っ, て広告, て引き, て彼, て春桃, て村長, て東朝, て松坂屋, て概略狆, て次, て死んだ, て漸, て特高, て玉藻, て甲板, て相, て私, て竹, て網走, て老妓, て行っ, て詮議, て返し, て鳥さし

▼ 日ごろ~ (161, 0.1%)

10 のこと 4 であった, になる 3 のお, の月 2 かえって来る, からはじめて, の, の御, まではゐる

1 [127件] おめにかかれること, かえります, かえりますいよいよ, かえるでしょうおし, かえろうと, からご, からずっと, からと思います, からは世界じゅう, からは夜, からもう, から二三日図書館通い, から仕事, から休ん, から入った, から又, から夜, から後, から日課点, から春, から本格的, から熱海, から私, から肉眼, から逆上, かわいかわいと, が私, こういうふう, すなわち被爆後, それから正月, だした手紙, だそう, だったか, だったかしら, だったと, っちゃ, てっちゃ, でかるい, ですそして, でないと, で野, という, というよう, とすれ, と決した, にかえるでしょう, にかならず, にでもなれ, にでも立つ, になっ, になったら, になりましょう, にはかえって, にはきっと, にはすでに, には加州金沢藩, には寛斎, には尾州, には新しいふと, にも, にも連日, に三条, に京都, に出来上ります, に到着, に口唇周囲, に吉日, に帰省, に当たるであろう, に成る, に書いた, に来, に来る, に江戸, に源氏, に薫, のたあい, の事, の信心, の夕月, の季節, の心掛け, の手紙, の柳, の様子, の由, はちょうど, はまだ, は敬四郎, は網代, へかけ, また斧四郎旦那, まで, までいる, までいるでしょう, までおよそ, までつづいた, までにみなさま, までに兄, までに届く, までは早く, までは来た, まで休みです, まで待たなけれ, まで待つ, まで息, まで戻らない, まで普通, まで続いた, まで警察, もう一度行っ, よく雪, をよし, 上って, 出かけたいと, 出来上りますから, 又お目にかかり, 又一寸かえって, 又書きます, 又行った, 帰って, 御結婚, 立って, 見馴れない混血児, 迄とか云っ, 迄に本, 頂きました

▼ 日であった~ (159, 0.1%)

4 と思う 3 ことは, という, のだ 2 かまた, から参詣人, がその, そうです, ということ, な, のが, のを, 故か

1 [128件] か, かとお, かと思う, かなあ, かに再び, かに前年母, かに夫婦, かに従ってサン・タントアーヌ郭外, かに眠る, かに福岡, かもしくは, からご, からたった, からでもありましょう, からもう, から上野公園, から人, から参詣, から多い, から夜, から大臣, から山, から所々, から橘, から沖, から童女, から至極, から花, から雲間, から音楽, から高官たち, か何時, か八日, か周さん, か土曜日, か寝床, か忘れ, か忘れた, か日, か書信係, か自分, か藤さん, か谷中, がお前, がすこし, がそこで, がその同じ, がちょうど, がふける, がふるえ上がる, がもう, がジョン少年, がジル, が予想, が五軒三軒, が伊那方面, が例, が儀右衛門, が刈田, が割に, が奈良, が子供, が寒い, が少し, が帝, が彼, が彼等, が必ずしも, が折, が明日, が晩方, が更ける, が曾禰博士, が浪, が甘糟忠綱, が甚三, が白昼, が百人あまり, が矢代, が老人はさ, が背広服, が葉, が裏, が酒, ことか, ことから, ことが, ことに, ことを, しぼく, せいか, そうだ, それが, ためか, ためどうしても, ため地形図の, ため案内者という, という即事, という証, といわざる, とすれ, とは国舅, とは正香, とみえ, とも言えるであろう, と思われる, と感謝, と知らされたら, にせよ, に違い, のか, のだろう, のである, のでうれしかっ, のでまだ, ので家々, ので彼女, ので結婚式, のびのびと, もので, アイルランドから, キリストは, 二月十一日に, 例が, 勿論東京, 明石の, 有名な, 舞台稽古に

▼ 日たっ~ (158, 0.1%)

5 て, ても十日 4 てその, て後 3 てまた, て私 2 ている, てからだった, てから二人, ても三日, ても二十日, ても相, ても誰, てフウねずみ

1 [118件] てある, ていくら, ていない, ています, てお, てからある, てからです, てからのこと, てからの朝, てからひょうたん, てからやった, てからキャラコさん, てから保吉, てから加藤, てから呼出し, てから宅, てから惟光, てから投げこまれた, てから猟師, てから甚兵衛, てから黒田官兵衛, てこの, てしまいました, てそれでも, てはじめ, てぶらりと, てもあの, てもきみたち, てもしまいに, てもせがれ, てもその, てもそれ, てもついに, てもと, てもどこ, てもなん, てもへいき, ても一向, ても五日, ても人, ても何とも, ても何日, ても依然として, ても便り, ても出, ても動こう, ても北海丸, ても四日, ても女幽霊, ても帰っ, ても怪インド人, ても戻っ, ても持っ, ても政府, ても明日, ても法月弦, ても湯, ても痛み, ても絵エ出来, ても自分, ても蜘蛛, ても起きなかった, ても酒, ても鉄人, ても雨, てやっ, てやはり, てゆく, てようよう, てゐる, てオーフォードネス, てフルハタ, てミリガン夫人, てヤット眼鏡下付願, て元, て勇ちゃん, て四時間, て夕方, て夕餉, て女, て妙, て妻, て宮川, て宴, て小林孫平が面会, て居る, て岩出社長, て帰る, て彼, て御, て忘れかけ, て恐ろしい, て教師, て新婚, て木村, て某, て死んだ, て死骸, て民さん, て気がつい, て洋造, て浦島, て発見, て白鳥会, て相州片瀬, て県立中学, て私たち, て私達, て窓, て箱根, て精神状態, て紫, て聞い, て若い, て見ない, て追手, て陸地, て雑司ヶ谷

▼ 日この~ (157, 0.1%)

4 前の, 池より 3 島に, 日は 2 夜を, 宿を, 平次の, 情景とは, 手紙を, 日も, 日を, 月中には

1 [127件] あどけない姫たち, おそらくはむなしい, お医者さま, かたお客はめつ, かたなんにも, かた往来の, かた急に, かた日本に, ことを, ごみ捨て場に, ときを, とき人と, とき我れあらず, ま, まま御, みちのくを, ような, ように, ガスを, ベンチで, 三人が, 三郎が, 下宿の, 不思議な, 二人も, 人に, 八五郎が, 別嬪は, 刻この, 古い押し花の, 古都に, 問題は, 土地に, 大ラマ, 大事件, 大学生は, 大河を, 天気が, 女史が, 子が, 子は, 孤独に, 家に, 宿へ, 寮へ, 寺を, 小伜, 小供, 小店を, 少壯學徒, 少女を, 屋敷の, 屋敷へ, 山に, 山荘に, 川に, 工事が, 工合じゃあ, 弁護士が, 心を, 戦場で, 指の, 救済会の, 方です, 方は, 方見えない, 方面で, 日が, 日に, 日には, 日ねえ, 日はね, 日先づ白石は, 日朝はやく, 日進歩党の, 日道明寺玉手表には, 旨町役人から, 春は, 時で, 時に, 時の, 時パチンコとは, 時斷食の, 朔日には, 朝の, 札一枚あれ, 果しあいの, 格子から, 沼の, 港に, 火元から, 物語から, 犬は, 狭い箱, 男が, 病気を, 研究所の, 社会には, 祖父と, 突然な, 細君が, 経緯は, 緒戦では, 老いの, 老人は, 船手勢は, 若い男, 荒野に, 虐げと, 街を, 記事と, 講堂は, 路地で, 身この, 辺を, 部屋へ, 野に, 鎌倉に, 長崎の, 門に, 関ヶ原の, 闇を, 雨を, 頂上の, 飲み屋に, 首府において, 髭の

▼ 日清戦争~ (156, 0.1%)

9 の時 8 の頃 5 の後 4 のとき, の当時 3 が起った, の最中

2 [12件] があった, が始まっ, が始まった, で日本, というもの, に出征, に従軍, のあった, のこと, の勝利, の終った, までとその後

1 [96件] から十年後, から日露戦争, から日露戦争前後, がどういう, がはじまっ, がはじまつた, がまさに, が勃発, が始まつ, が彼, が突発, が終った, が終つたの, が終り, が終局, が背景, が起こった, が開かれ, だ, であり東洋, でこの, で分捕りした, で台湾, で戦死, で戦死者, で遼東半島, といえ, となっ, とは少, など官民一致, において歌舞伎派, には二六新報, には公爵, には兵士達, にも参加, にも日露戦争, にゃ勝った, によって台湾, にわが国, に予備役, に依つ, に台湾, に従軍記者, に琵琶, に行き, に関連, に際していわゆる, に際してちょうど, に際して背後, の, のあと, のある, のじき後, のはじまった, のまだ, のよう, のチョット, の三国干渉, の亡国的記憶, の余勢, の光景, の前, の名残り, の噂, の執行者, の場, の好戦的, の始まる, の始まろう, の実際, の少し後, の幕, の後三菱, の心, の日本, の時分, の時従軍, の画, の直後, の終局, の結果, の翌年, の苦き, の連戦連勝, の錦絵, の風雲, はこの, はますます, は明治二十七, へと外題, までにどれ, までを連続, も其通り, を想うべきである, を相当, 開く

▼ 日だけ~ (154, 0.1%)

7 では 4 お暇 2 だ, であった, である, 休む, 娘の, 延ばした, 待って, 日延し

1 [127件] あいつを, あてが, あなたの, おくらして, おし通させて, おれ達も, お休み, お地蔵様, お目にかからなかったの, お籠りし, お見, かけて, がまんが, この場, この村, この棺桶機械, ごまかしの, しかもひとえに, すごせたのしく, そのため, その手, その手伝い, たまたま此, だが, だったでは, だつたの, だという, ちょっとべつ, であります, でいい, ですから, でなくて, で夜, で家事, で村, で翌日, どうにかし, なんとか頑張っ, のびること, はめを, まぜもの, もう一度あなた, もてば, やとわれた下男, ウドンを, スモーリヌィで, 一緒に, 云って, 人馬を, 仕事に, 仕事を, 休みな, 休むと, 休んで, 休養し, 伝馬で, 何だか季節, 余命を, 借りて, 僕の, 先へ, 其の手傳, 出掛けて, 助かったの, 参加しなけれ, 味方に, 咲いて, 唄の, 嘘が, 城門を, 大きな城門, 子供たちを, 宿退り, 居て, 展観に, 川辺みさ子の, 帰って, 庭で, 延して, 引き戻すの, 待つこと, 得だ, 恐ろしいこと, 我慢しましょう, 我慢なすっ, 我慢を, 捜査は, 撮影あり, 日本に, 日本髪に, 早かった, 昼間興行で, 暇を, 服着, 来て, 正月の, 死んで, 残って, 泊めて, 海岸散歩へ, 演る, 特別に, 猶予し, 猶予を, 猶豫, 病人の, 看護婦を, 私に, 絶対に, 繰りあげて, 繰上げたの, 行き疲れ, 話が, 読経の, 貸して, 起床消, 近所の, 通い明日, 遅れて, 遊んで, 重うなる, 閏年を, 預って, 飯を, 飲まなかつたの, 館に, 骨休めに

▼ 日二日~ (150, 0.1%)

4 して, のうち, の間 3 たつと, と待たれぬ 2 と経つ, と見る, と過ぎ, と過ぎる, と過し

1 [122件] あるいは三日五日, あるか, おいた方, この島, しか余っ, そのままに, たったと, たてば, だと, ついほだされ, つひほだされて, でちよ, でない四, でニセ, で十日, で帰つて, で治っ, で通過, とある, とあわただしい, とする, とたつ, と中, と参籠, と家主さん, と延ばし, と延びる, と愚圖, と打ち過ぎぬ, と日, と立つ, と経っ, と經, と進みました, と過ぎた, と過ぎ行きぬ, と過す, と雨, どつち, ないし五日, なら病気, なりとも, にかけて労働者側, の, のあいだ冬, のご, のその, のところ暇, の両日, の中, の仕事, の休み場, の処, の外泊, の夜, の巡遊, の後, の後夏, の接待, の旅, の私, の絶食, の見物, の辛抱何, は, はこの, はその, はつい, はどう, はよかつ, はよろしい, はゼスチュア遊び, はヤス子さん, は凌げるだ, は大, は好い, は宿, は少し, は平気, は態と, は晴れたれ, は生き延びる, は考えました, は耳, は腑抜け, は講中, は身動き, は部屋, は静か, は馴れた, ほど拒んだ, まえ下女, もいる, ゆっくり横, より愈, より爲, を争, ウロウロした, 交わって, 休んで, 入れずに, 全く考え込ん, 別れたとて, 取調べられるであろう, 呼ばれて, 居って, 居るうち, 延して, 延ばされるの, 延びても, 強い雨, 待って, 待つて, 怠けて, 或は三日五日, 手伝って, 放って, 泊ること, 経て, 置くと, 考えさせて, 遅れるという

▼ 日する~ (147, 0.1%)

8 とまた 6 うちに 4 と, と私 3 かしない, ともう, と彼 2 といつも, とお, とすぐ, とぶらりと, と忘れられない, と満, と細君, と誰, と高子

1 [98件] とあなた, とあります, とうち, とおん, とお前, とお母さん, ときっと, とこちら, とし, としびれ, とそういう, とその, とちょうど, とついに, とどういう, とどこ, となんとなく, とひどく, とふしぎ, とエビル, とシャク, とセルゲイ, とニコリフスク, とパーヴァ, とモンテイロ街, とリルケ, と一本一本, と一疋, と三十余り, と世話, と二七日, と五十吉, と京城, と京都大学, と今度, と仮り縫い, と件, と伊勢参宮, と伸子, と体, と僕, と光沢, と入江, と八十幾名, と其父, と博士, と呉王, と四郎, と壮, と夕方, と夜, と夜業, と天長節, と夫人, と女, と実際, と富武五百之進, と少年, と屍体, と島田, と川崎造船所, と帰り, と平生あまり顔なじみ, と庭, と彼ら, と忘, と急, と懐家病, と戦死, と春, と春挙氏, と李, と来なくなった, と来なくなり, と柳吉, と死骸, と母, と母親, と王子, と甚太夫, と町, と白い, と盗んだ, と目, と直ぐ, と約束, と肉屋, と腫れ, と腰, と謝肉祭, と貞之助, と軍治, と連合軍, と達, と遠, と銀子, と頭一面, と顔

▼ 日~ (144, 0.1%)

17 の朝 10 の夜 9 のこと 4 の午後, の夕方 3 にやっと 2 にお, になった, になる, に七つ, のお昼すぎ, の晩

1 [85件] かにゆい, からは婿, からもう, から百人長, から風, がきました, くらいにおいでやす, ぐらいに一回, ぐらいに絵, だ, だが, でお, でおろし, でここ, でしたろう, です, ではや, で伐り倒しました, で東京, で眼, にあたっ, になっ, になりました, にはかならず, にははや, にはペルリ, には又五郎, には名越尾張守高家, には心, には必ず, には腹ぐあいが, にふくろう, にふたたび, にもと, にもみんな, にも帰っ, に一つ, に一生けんめい, に以前, に先生, に割礼, に向地, に如, に姿, に守り札, に宿屋, に庵, に律, に暇乞い, に最後, に朝目, に照彦様, に狸, に着た, に自首, に車, に開き見る, のお, のでき, のばん, のひるまえ, のま, の二月四日, の午, の午ごろ, の同じ, の夕がた, の夕景, の夕暮頃, の夜あけ, の夜半, の宵, の昼すぎ, の昼前, の晩方, の未明, の正午近く, の貧, はもう, は家中, は殊に, も, もなん, もまったく, も八日め

▼ 日だった~ (137, 0.1%)

65 ね, のだ 4 と覚え, のである 3 の, ので私, のを 2 から, が, と思う, のでありましょう, ので嬉しかっ, よ, 私は

1 [90件] かいかにも, かしらと疑う, かその, かな, かなん, かな初雪, かに襟, かの新聞, かも知らない, かも知れません, からいい, からきょう, からそう, からだった, からで, から二十六日, から悪, から私, か一寸, か女, か委しい, か忘れた, がいつも, がその, がマルセーユ, がラマルク将軍, が一月, が十分の一, が午後四時ごろ, が喬介, が夏, が夕方, が天才技師ドナルド・マッケイ, が太平洋, が孫軍曹, が客, が御, が日, が次郎, が男, が看護婦, が隻腕, けれどもこれ, けれども譲原さん, けれど太陽, ことね, この月曜日, さう, し今日, せいか, そうで, そうです, ただどっか, でせう, という, とかいうそう, とは言えなかった, とみえ, と云う, と思います, と記憶, にも拘らず, ねえ, のでお, のでしょう, のです, のでね, のでゆう, ので一緒, ので人びと, ので先刻, ので冬, ので同じ, ので横浜, ので非常, ので頭, のと, のに彼, のに摩訶羅, のね, のよ, のよだから, ものです, もの釣れないだろう, わ, んだ, 処から, 午後三時ごろであった, 故長者大いに, 楽しい天気

▼ 日まし~ (134, 0.1%)

4 にその 3 に多く, に数 2 にひどく, に乾く, に加わっ, に大きく, に彼, に染み, に殖え, に水, に烈しく, に繁く

1 [104件] にあたたか, にいい, にいや, にお, におぼろ, にお前, にきびしい, にこく, にこけ, にさうな, にさかん, にそう, にたかまっ, にだんだん, につのる, につや, にどこ, にはげしく, にはたん杏色, にはっきり, にはつきり, にはなはだしく, にふえ, にふかく, にふくらみ, にふくらむ, にやせ, によく, に不安, に世上, に元気, に兼家, に冴え, に募, に募っ, に募つ, に募る, に勢い, に厚かましく, に厚く, に増大, に増強, に多い, に失はれ, に家庭, に容体, に富ん, に寒い, に広がっ, に弱っ, に強く, に強まり, に強め, に形, に影, に彼ら, に彼女, に快, に快い, に悪く, に悲壮味, に想念, に憤激, に拡つて行, に拡大, に昂, に暑, に暖か, に朱, に栄え, に死ぬ, に気, に法螺, に深く, に濃く, に燃えとぼれ, に猖獗, に疑い深く, に痩せ, に痩せ衰え, に瘠せ, に癒え, に私, に美, に膨らん, に自分, に色濃く, に藩, に血色, に行宮, に衰え, に衰弱, に認められ, に金廻り, に長く, に陽ざし, に隆盛, に青く, に青草, に顔色, に高く, に高まる, の種, 秋は

▼ 日あまり~ (133, 0.1%)

5 して, の月 4 の日 3 になります 2 たって, になった, の間, も恋愛旅行, も懸らね, も滞在, も経つ

1 [102件] いくか, かかって, この辺り, その事, たちました, たつた或, つづくわけ, であった大町米子さん, でかツ, で中止, で保久呂天皇, で匆々, で石, で終り, とはよく, とも角, なるべし, なれば, にしかならない, になっ, にもなる, に福原, のあいだ, の不在, の休養, の余日, の入牢, の冴えた, の初夜, の堪へ, の天気, の幽, の彼, の後, の心配, の月光, の月明かり, の留守, の病床, の真, の萬七, の血, はその, は難儀, もかかっ, もかかる, もこの, もつづいた, も冢, も吉原, も安静, も寝小便, も御, も日, も日数, も早い, も止っ, も毎日, も滯在, も町, も眺め暮らし, も私, も続いた, も纏いつかれ, も考え苦しんだ, も舟がかり, も進む, も遅らした, も過ぎた, も釈迦ヶ岳, も銀杏, も銀杏返し, も門, も降りませぬ, も陽, も馬籠, も馳走, も骨折つて作つたの, も髪, ろくな犬, をすごした, を何処, を幽, を待ち暮した, を水, を浸っ, を経ぬ, を經, を過ぎ, を道誉, 坐りつ, 帰らない, 干飯, 思ひがけ, 明るい海光, 暮らして, 泊って, 潜んで, 経ちぬ, 経ったので, 経つたの, 費やしたに

▼ 日です~ (133, 0.1%)

1910 から, ね 7 か, わ 32 からお, から少し, けれどもねす, ねえ, ものね

1 [67件] かと他人, かねえ, からあなた, からかしら, からこれ, からすみません, からなふ, からね, からねいざよい, からね泣い, からほか, からもう, からもうそろそろ, からゆっくり, から二十日, から今, から多分, から大人, から子供, から当時, から着物, から私, か二日目, か天保六年, が, があたり, がこの, がしずか, がその, がちょっと, が此, が茶店, ことね, これは, さっさとふれ, し私, し米, って, ってそんな, って健ちゃん, とたいてい, な, ねあれ, ねきっと, ねきつ, ねきのう, ねその, ねもう, ねイ, ね少く, ね背中, まずずっとその, もの, ものねえ, もん九月, よちょっと, よって光子さん, よ早い, よ親分, ネエ歩く, ネエ落つい, ワほんとう, ワ貴方頭, 四日五日, 彼は, 昼から, 毎月壱回の

▼ 日過ぎ~ (132, 0.1%)

4 のこと 3 である, になっ

2 [11件] たり, ていった, ていよいよ, てから所用, て清吉, て與吉, なば, にお, にはもう, に殺された, の月

1 [100件] かのこと, からがいい, からはいよいよ, から乞い, から又, こし方, しかそれとも, たる夕暮, てお, ておくれ馳せ, てからとなっ, てからにする, てからは, てからもう, てから先生, てから始め, てから急, てから法師丸, てから牝, てから蕎麥, てから蕎麦, てこんなに, てしまう, てのこと, ての会葬, ての後, ての真夜中, てもなん, てもまだ, ても敏子, てようやく, てわたし, てアストラット, てベルナルドオ, て偶然沼南夫妻, て十日, て四月, て固く, て国務大臣フォン, て国務大臣フォン・ファブリイス伯, て外, て妙子, て姉, て家, て少閑, て後, て後来玉, て榊原, て生絹, て白昼不意, て親類, て迎い火, て金返し, であった, です, で百貨店, とする, と日, と決められた, どうしても土用, なので, にしかばやうやう, になつて, になる, にはまた, には半蔵, には各国公使, には少し, には岸本, には彼, にもなった, にもなる, にやっと, に中宮, に六条院, に兵部卿, に右大臣, に妹, に家, に岸本, に成っ, に東京, に私, に立っ, に約束通り, に香蔵, のうらら, の三, の夜, の有, の梅, の通り, の頃, までは大通り, まで滞在, よ, らしい雨, を迎えた, 候えば, 来し白雲

▼ 日として~ (130, 0.1%)

3 心の

2 [12件] あらわれて, この問題, なかった, 供養を, 侯を, 俺は, 安らかな, 彼の, 斯う, 新聞を, 此三つの, 此病院を

1 [103件] あなたの, あります, いやがられて, おれも, お前の, この心臓, これで, これに, しばしか, すべての, その出来事, その成果, その職, それを, ひと時として, ものを, よろこびの, わが霊, クリストフに, ペンを, ボンの, メーデー以上の, 一と, 一円六十銭ばかりに, 事なき日なし, 人の, 人皆相賀する, 今でも, 代謝を, 以前は, 休みまた, 会わざる日, 何か, 六日目毎に, 凝っとして, 名物のから, 喪を, 四井街に, 外に, 夜として, 好い事, 安き思い, 安き日, 安心し, 安心を, 安穏の, 安閑たる, 安閑として, 小赤壁亭中, 嵐の, 平和の, 彼と共に, 彼女を, 心に, 忘れたこと, 思ひ出, 悪事を, 我が業務, 斎宮の, 新しくわし, 新聞には, 日本の, 明かるい, 次の, 次第に繰り, 歌に, 歌の, 歌はずには, 武蔵を, 泣かずに, 無為に, 生きて, 申し合わせの, 瞻ぎ望まざる, 研究を, 祝う, 終らしたい折角, 絶える事, 考えるもの, 考へること, 聽か, 肉が, 脊の, 行進いたします, 街道に, 見ないじゃ, 見直されねば, 記念され, 記録にも, 話題の, 認められるよう, 謝肉祭ならぬ, 警戒せられ, 身体の, 迎えること, 送れないまでに, 道切り注連繩張りなどの, 道夫は, 遙, 酒を, 雪渓の, 餅を, WATAの

▼ 日~ (126, 0.1%)

5 のお 3 から晩, ついて 2 から降りだした, から雪, づけの, の九時, の内, 起きて

1 [103件] いつもの, いと夙く, いと早く暗き, おせい, おめにかかります, かえります, から, からお, からこの, からしゃっくり, からずうっと, からの雨空, からふい, からサイレン, から一歩, から一葉, から七, から二十二日出棺, から二時間目, から何, から元気, から六蔵, から出, から外出, から怪しい, から早川辰吉, から曳い, から汽罐, から珍しく, から病床, から療養院, から親, から降り出した, から雨, で, というお, というの, と夜, と書い, にくりのべられた, に永眠, に甲府, のこと, のほど雨, のまだ, のラジオ, の七時, の両, の中, の五ツ時, の五時, の四つ半頃, の官軍上野攻め, の巳, の本能寺, の辰, の速達, の都下, の間, の雲, はからず京師寺町ニ川村盈進入道ニ行合, はどしゃ降り, はやく一本松, はやく手廻り, は二十七日朝, へ出, までには綜合, までのわずか, までの急変, まで私, まで衣裳一式, より十六日, より夜, より眞山君, をしらなかった, 丁度夜具, 両軍, 再び京城, 再び浮御堂, 出がけ, 出たっきり, 御暇乞, 戴きました, 早くから山, 早くから洋服, 早くから起き, 早くゲーレス, 早く出かけた, 早く千人風呂, 早く書斎, 早く木精, 早く海岱門, 早く立て行く, 早く自動車, 早く行く, 早く裏戸, 早く起き, 早く露西亜, 暗いうち, 曇り, 着いたら駅, 起きると, 迄やり

▼ 日~ (123, 0.1%)

3 の間 2 が食べ頃, なもの, のこと, は好い, ひ前, 休んだって

1 [108件] か, かかります, かかりますね, かかるであろう, かかると, から書き出し, が関の山, こんな日, しかつくらない, しか余裕, しか要らない, して, すぎて, ずつは腕, せえ, そんな風, たって仕舞う, だから, だが, だつた, つ, でし, でしょう, です, ですっかり, ですつかり禿, でそれ, で充分, で帰っ, で弛みます, で死ぬ, で死ん, で消化, で結婚, で西北原, で達し得た, で部屋, ならやめても, にかえります, にしかならない, になるだろう, に取, に準備, に血尿, のもの, のケイコ, の二十歳前後, の半ば, の旅だつた, の月, の熱, の短い, の身体, の辛棒, の逗留, の雛, の雛鳥, は, はかう, はがまん, は京都, は保つだろう, は利く, は夢, は延ばし, は延ばすべし, は持ちこたえ, は若い, は觀光, は退屈, は逢, は随分, は頭, は食, ひお, ひは, までで, までにはたちたい, までに完了, までは毎日, まで二週間, まで曇, まで林町, まで続け, も笠原, やって, ゆっくりさしたげ, ゐで, ゐに, ゐ平気, 一気に徹夜, 休むサ, 帰って, 座り込んで, 持ちますから, 持つ, 掛かれば, 掛るそう, 掛れば, 早くやつ, 溜めて, 煩って, 直っても, 経ちますと, 経ってから, 置いてからの, 違うこと, 飢える修養

▼ 日~ (120, 0.1%)

2 の出来事, の心労, の憂さ, の暑気, の脳, の驟雨模様, 特に暑気甚

1 [106件] あの落ちついた, あまりぐあいがよくなかったが, あんまり歩いた, うちつづいたいそがし, お柏持病脳痛不出来, しきりと, ずっと下総東風, ずっと快い, そうしない, その妻女ミツ, たり約, だよ, てい, ていた, て泊り合せ, では, なんにも喰, なんにも食わない, になく, に無い, に面目, の, のお, のこと, のこの, のしけ, のつかれ, のはげしい, のはたらき, のわだかまり, のテレヴィジョン, の不思議, の偽らない, の動静, の問題, の宿欝, の張りつめた, の彼, の御願, の心, の憂鬱, の懊悩煩悶, の戦労, の手痛き, の振舞, の振舞い, の敗戦, の新聞, の晴れ, の晴天, の暖気, の暗雲, の水車, の沈默, の溜飲, の激しい, の烈しい, の猛暑, の猛烈, の異常, の疑問, の疲れ, の睡眠不足, の経験, の興奮, の色々, の苦悩, の記憶, の註文, の身体, の鋭い, の降り続きで, の陰天名残り, の雨, の霜, の顔, の風邪心地, の馬鹿陽気, の驟雨, の鼻カゼ, は羽柴軍, ますます衰弱, またどうもよく, まったく狼狽, 催されて, 同じ姿勢, 多少場数, 好んで, 小親われ, 当屋敷, 御尋ね有り, 折々動物, 此の, 武に, 漸, 潜んで, 澄みつづいて, 珍しく晴ればれした, 甚だ機嫌, 生れて, 睡眠に, 腫物を, 色々の, 見つけない怪船, 追い歩いて, 附き奉りたり

▼ 日である~ (119, 0.1%)

3 がこの, ことは, ことを, のを 2 が, ことに, と云った, と思った, のに達者

1 [97件] ああ一杯, かといふ気, かと思う, かどう, かない, かのやう, かのよう, かの如く, かはいろいろ, かも知れない, からきっと, からもう, から五年以前, から城, から定め, から店, から抽斎, から若い, から見物, かを知, か一世紀, か幾週, がそれら, が何, が同, が女房, が慄, が札幌農学校, が槍, が此, が決して, が芥川, が近頃, きのう素子が, けれども大体, ことが, ことだけは, ことなども, ことによって, せいか, ぞ, ために, だけに前日, と, という, ということ, という事, という風, といっ, といふ不安, とか人, ときに, とな, とよく, と云, と又, と同時に, と思, と思います, と思う, と白い, と聞く, と裏, と須雲川, にもかかわらず, に相違, のが, のだ, のでラジオ, ので彼, ので毎月, ので薄暗く, のに春, のに珍, のに盛, のに虎松, まだ遇つた事, もちろん行乞, ものか, よろこばしい日, 一人の, 久しぶりに, 九月十四日から, 五月に, 何はなくとも火, 何も, 八月十四日に, 十時二十分発で, 午の, 原理平凡茶飯事であり, 去年京を, 心持が, 故にこの, 日本晴と, 昨日の, 死生の, 耳を

▼ 日にや~ (119, 0.1%)

3 こちと, 江戸中の 2 あつしは, 俺は, 怎も, 江戸に, 苦手だ

1 [103件] あつしの, あの通り, いよ, うけ合, うつかり, おれも, お膝元, こいつの, この家, この苦しみ, それや, たまりませんな, どうする, どんな罪, はらか, まさか人間, また別, やつぱり芸術的衝動を, アもつ, ケチで, 一萬二千石が, 不粹, 世の中が, 世の中は, 事業も, 五つ位に, 人七化三で, 人間どうにも, 今頃は, 俺れ, 俺達の, 僕たる, 僕は, 全く取柄, 全く風邪, 八丁堀の, 勝の, 十兩で, 十手捕繩返上し, 十手捕繩返上だ, 叔母さんに, 名を, 命が, 品川沖まで, 困つたこと, 壽命の, 外に, 夜が, 夜の, 大変だ, 大變, 大酒呑み, 天氣が, 天道樣に, 天道樣も, 女房の, 實際やり切れまい, 岡つ, 引込みが, 引込むわけ, 後の, 御用聞が, 急ぎの, 恰好が, 懷手を, 手の, 手前も, 歩けねえ處, 毎日三人か, 江戸で, 江戸一番の, 決して然う, 河童見たいな, 涎が, 溜飮を, 火星の, 無事で, 煮え切らなくて, 煮ても, 爪の, 物事が, 田樂が, 皆んな膽を, 睦言の, 秋露に, 稼業に, 第一俺, 米が, 縁起でもね, 腕が, 膽つ, 自分が, 色事だ, 落雁を, 薪は, 表替でも, 親分, 親分生き, 親子の, 覺悟も, 貞女だ, 限は, 顏を

▼ 日たつ~ (113, 0.1%)

7 うちに 4 と彼 2 て兼次, て彼, て私, と, とまた, 中に

1 [90件] うちには, うちにも, か経たぬ, て, てあなた, てある, てからでした, てからまた, てから廣太郎, てから日, てから期待, てから次男, てから私, てけが, てのこと, ての事, ての月曜日, てまた, てもやはり, ても一向に, ても一月, ても三日, ても依然として, ても出, ても子鶉, ても屆, ても捗々しい, ても新, ても死骸, ても現, ても生々, ても立ち去らぬ, ても蜂, ても返事, ても返答, て丁度, て千恵, て又, て大田黒君, て居ります, て新聞, て明るく, て烈しい, て父, て若い, て行, て訪れ, て靴, とあの, とお, とおりる, とこの, とこんど, とその, とそんな, とだらり, となにか, とはたして, ともと, とやはり, とりゅうと, とジャンパー, とセクレタリー, と三人, と丸裸, と二百二十日, と今度, と伸子, と何, と俺, と前述, と北条安房守, と又, と叔母さん, と后男子, と大通り, と役場, と彼女, と案外, と涙, と焼けた, と皇帝, と直に, と空, と菓子九つ, と送り返され, と酒宴, と青い, につれて気, ぷりした暮しだ

▼ 日~ (113, 0.1%)

3 と二人 2 が, がいう, が下, と実君, と私, と長次郎, の心配, はと見れ

1 [94件] から呉呉, がひょっこり, が三五郎, が上高地, が御宿, が慰め顔, が渋々, が生新, が絶崖, が腰, が辷り落ちた, が迎え, が高瀬, で暢気, とで登った, とわかれる, と三人, と三峰, と再び, と初めて, と別れ, と別れ別れ, と左右, と自分, と赤羽, と雲取山, と顔, に慫め, に聞く, に記載, の一行, の主張, の処, の口, の噂, の声, の外, の大嫌い, の如き, の姿, の来る, の汗ばんだ, の渡した, の病革, の登った, の細君, の背嚢, の言葉, の記行, の話, の這入った, はいったい, はそれでも, はとうとう, はめでし, は中村君, は僕, は先, は八ヶ岳, は南日君, は夫, は妙, は実君, は左, は後戻り, は得意, は既に, は昼, は柱, は狭間, は確, は股, は近づく, は長い, までが汗, まで出懸け, もとうとう, も三宝山, も今日, も今頃, も同じ, も喜んだ, も堪らなくなった, も此名, も汗, も目, も見る, や吉沢君, や長次郎達, をなだめ, を上げ, を待ち合せ, を泊め, を駆抜い

▼ 日うち~ (110, 0.1%)

4 に, にまた 3 に行っ 2 にいられる, にいる, に参ります, に居, に居る, に帰国, に来る, に死ぬ

1 [83件] か少なくとも, と思つて, にあたし, にい, にう, にお目にかかります, にお返し, にきっと, にきつ, にこの, にすっかり, にすべて, にたっ, にだってお祭, にちょっと, にでも, にと云う, にと答えさせた, にね, にはご用先, にはすこし, には屹度大丈夫, には屹度帰つて, には帰っ, には立たなく, には自分, には見つけます, には雨龍, にやるらしい, にランハン, に一先づ歸宅, に三沢, に上っ, に主人, に事態, に二枚, に京, に京都, に仏印出発, に元気, に兇器, に全国庭球大会, に出, に分る, に又, に四五日うち, に大次郎, に大阪, に女学生, に小田原, に届けます, に山, に帰らなけれ, に帰る, に床上げ, に引越し, に当地, に必ず, に揃いましょう, に新しい, に早く, に書い, に歸京, に死ぬだろう, に江崎満吉, に牛島神社, に私, に立ちます, に築き上げよ, に紫陽花, に締めます, に聞き, に若い, に荷物, に返事, に退院, に雨龍, に願書, のもの, の屋根, 出そうかと, 和めたり, 待つ身

▼ 日おき~ (110, 0.1%)

4 三日おきに 3 二日おきの 2 にこの, にし, になり, に時ちゃん, に送り来る, に道場, の夜, 三日置き, 四日おきに

1 [85件] かにあっ, かに電気, ぐらいにお, ぐらいにおばさん, ぐらいにきめ, ぐらいにこの, ぐらいには学校, ぐらいにやって来, ぐらいに五回, ぐらいに井出夫人, ぐらいに入り江, ぐらいに必ず, ぐらいに日, ぐらいに来, ぐらいに病院, ぐらいに降る, ぐらいの割, ずつ印象深い, てい, ていた, て浅木様, とか半月おき, におく, にしかいかなくなった, にしかこない, にした, にはれ, には両国橋, には家, には必ず, には必ら, には細君, には髯, にまた, に一, に一升, に七月一杯外出, に三四度, に五銭十銭, に亡くし, に何, に入れた, に前後四たび, に午前中, に向い合っ, に呼吸困難, に団子, に大野木, に定期, に幾度, に廷章, に往来, に教室, に書き残され, に来い, に来れ, に水, に王様, に産卵, に田舎, に私, に自然便, に芝口, に蒲, に行縢, に通っ, に降る, に雨, に食物, に馬, に駿河台下, のところ, のよう, の仕事, の夜な夜な, の書信代, の留守, の鎌倉通勤, の間歇性, は本, 二日おきに, 四日おきにしか, 時としては, 時には二三週間, 肌着の

▼ 日かの~ (110, 0.1%)

9 後に 4 間は 3 後, 暇を 2 やうに, 事を, 女は, 後自分の, 憎むべき蛸博士, 間が, 間に, 間の

1 [75件] あいだかれ, あいだに, あいだには, あいだにも, あいだは, あいだも, あいだ門を, あいだ隅っこへ, あとで, あれッ限りでは, うちに, うちの, ことだった, ことを, たのしい夢, のちに, のちひい, ように, よすがに, 不機嫌, 仕事に, 僕, 凌ぎを, 初秋の, 前後に, 回想である, 大相撲が, 大騒ぎの, 妓用達しに, 家に, 小閑こそ, 式日で, 後その, 後それら一顆の, 後で, 後には, 後の, 後もとの, 後エミリアンが, 後到頭, 後孔明は, 後文学士戸針康雄の, 後郡司の, 心の, 怪しき時間, 懊悩の, 断食を, 新聞に, 旅を, 旅程を, 日が, 日も, 日暮れ方である, 昔それらが, 昼や, 晝休の, 晩の, 月が, 毎日の, 海上生活が, 滞在を, 潜伏期が, 生への, 生活を, 疲れが, 病で, 糧だった, 話には, 調査を, 辛さ, 辛抱だ, 間毎夕方葬式の, 間毎日羽子の, 間謹慎し, 雨露を

▼ 日まえ~ (110, 0.1%)

8 のこと 32 から取りかかっ, の晩

1 [95件] あいつが, あなたの, ある家, からうち, からお, からおかしな, からお仙, からそわそわ, からたてこもっ, からで, からのご, から一ども, から出, から寝付い, から急, から東京, から毎日毎日, から沼津, から泊っ, から裏, から西福寺, から鎌倉江の島, じゃない, すでに拝受, だってああ, でご, にあたし, にあたる, にお, にここ, にちゃんと, につづみの与吉, にでも急設, にとどいた, になっ, には, にはじめて, には丹波, にまず, にもぼく, にも使い, にも鎌, にやとった, にアメリカ, にリジェント街, に七つ, に世人, に仏, に修学旅行, に先生, に兵部さま, に刈り入れ, に刑事, に吹き折られ, に夜ぶん, に妹, に帰っ, に新, に既に, に柳川, に此処, に田舎, に真珠塔, に言っただろう, に起訴, に雅楽頭, に頭, のとき, の十月十六日, の午過ぎ, の景気, の朝, の雪, までの彼, までわたくし, もそんな, ハッキリ話, 三四郎は, 下女が, 亀千代の, 亡き父, 僕の, 兄の, 君は, 妹の, 妻や, 尼に, 山から, 彦根の, 急に, 手紙を, 私は, 鎌倉に, 馬田と, 骸骨男が

▼ 日しか~ (109, 0.1%)

6 ない, ないぞ 4 たって

2 [15件] たつて, ないから, ないと, なかった, ならないじゃ, もたない, 七月も, 保たず翌日, 取除かれたので, 四箇月が, 大きい溝, 此女を, 稽古しねえ, 精神が, 経って

1 [63件] あの谷, ありません, ありませんぞ, ありませんな, ありませんばい, いないなんて, いられないこと, いられないよう, たたないから, たたないのに, たたないもの, つかって, つづかない, ないし, ないじゃ, ないという, ないの, ないはず, ないほど, ないよ, ないん, ない兵糧, ない恐らくは, ない日, ない時, ない目出度い日, なかつた, なかつたが, なくな, ならないのに, ねえん, ひまが, もつまいが, やらぬその, 一つに, 余って, 使は, 働かぬという, 出て, 家に, 彼は, 棲み, 滞京しない, 滞在できなかった, 無いね, 無かつ, 無くなつた, 生きて, 生きられないと, 畑も, 留守に, 私は, 立たない残暑, 籠らない, 経たないのに, 経過し, 続きませんでした, 自然の, 覚えて, 費さなかったぐらい, 逗留しない, 通用しない, 顔を

▼ 日ばかりの~ (106, 0.1%)

13 間に 7 月が 5 後に 4 間は 2 予定で, 休暇を, 後には, 留守を, 間, 間が

1 [65件] あいだが, あいだは, うちに, お絹, ことお松ちゃんは, つもりで, のちに, のち自分は, ヒヨヒヨながら, 中に, 予定, 予定でした, 仄かな, 入院中を, 分を, 前振袖立矢の, 半蔵が, 商用で, 夏の, 夕月が, 子山羊, 宵闇に, 小雨つづき, 後, 後であった, 後であったろう, 後の, 後めんどうくさく, 後予は, 御滞在, 意味の, 拘禁生活の, 旅が, 旅の, 旅行を, 日が, 暇を, 月で, 月の, 月も, 月影が, 滞在の, 滞留で, 滯在は, 生活が, 男世帯で, 目見えで, 程に, 続きます退屈さ, 薄月夜, 逗留を, 間です, 間という, 間どっちとも, 間になんて, 間には, 間修理は, 間吹上には, 間彼は, 間昼夜詰切りで, 間時々, 間言葉に, 間雨天の, 間順当に, 頃には

▼ 日記帳~ (106, 0.1%)

4 を取り出し 3 をとりだした 2 でした, の頁, をあの, を持っ, を盗み読ませる, を盗み読む

1 [87件] がその, がどこ, が一冊, が二十七番, が何十冊, が出, が届けられた, が数冊本箱, が昭和十九年末, が用心深く, が病人, が茶の間, が開けっぱなし, だった, でそれ, というの, と出納簿, と向い合った, と首引き, なの, に, にあるごとく, にちゃんと, には, にはその, には次, に書き止められ, に相違, に眼, に締めくくり, に貼っ, の兄の, の包み, の所在, の文句, の日々, はタカラヅカ幼稚園, は僕, は普通, までに彼女, よ, より成る, を, をたのしん, をつけ, をていねい, をとじました, をとりあげ, をとりだし, をば, をひもとい, をひもといた, をぺらぺら, をもつ, をもと, をもらった, をやる, を二つ, を二冊, を処分, を出し, を卓, を厳重, を取り上げ, を取上げた, を取出させた, を展げ, を引きずり出し, を得た, を急い, を手, を手渡しました, を探し出し, を発見, を盗み読みした, を私, を絵, を繰ひろげ, を落した, を見やり, を見る, を見出した, を読ん, を読んだ, を開け, ヲ故意ニ彼女, ヲ秘カニ読ン

▼ 日経つ~ (99, 0.1%)

4 うちに 3 て私, と家 2 か経たない, と, と兄, と当の, と彼, 裡に

1 [77件] てかう, てからの事, てはじめて, てもぼんやり, ても又, ても帰つて, ても帰らない, ても来ない, ても為蔵, ても父, ても犬, ても返事, てゐた, てジヨオジ陛下, てメリー・ガアデン嬢, てロイド・ジヨージ, て井伏氏, て先島, て半紙位, て原稿, て双方, て御, て沼岸, て煙, て相州さま, て返書, とお, とおれ, とその, とまた, ともうすっかり, とわたくし, とゴーリキイ, とサバ, とトモ・リンチェンガン, とバルメラ男爵, とヒョイ, とモウ私, と五月雨, と京橋采女町, と会った, と何, と内田氏, と再び, と又, と塵紙, と多代子さん, と大, と大杉, と大津定二郎, と天, と岸本, と平地, と引越し, と従妹, と思い, と思う, と悪い, と更に, と柳吉, と死ん, と沢庵漬, と津, と番頭さん, と磯貝, と社内, と私たち, と突然, と立前, と行く, と角落ち, と返事, と麦煎餅, も戻っ, 中に, 中雪が, 間に

▼ 日がかり~ (96, 0.1%)

5 でやっと 3 でその, で東京, の仕事 2 で此処, で調べ

1 [78件] だった, だア, でえつ, でここ, でこれ, でしあげた, でしたが, ですから, ですね, でためつすかしつ, でべつ, でほぼ, でもまだ, でやって来た, でやって来る, でりっぱ, でシサイ, でフェアバンクス, で一本, で伯父, で全部十六通, で出かけた, で刈る, で到着, で又, で奔走, で嬲り殺し, で尋ね廻った, で山, で岡田, で帳面, で庖丁, で彼, で彼女, で採集, で撮ろう, で書いた, で書く, で木遣り音頭, で村じゅう, で来, で来た, で泣き, で甘辛, で町, で登った, で目抜き, で私, で考へ, で舟, で荷物, で行ける, で行つて, で言葉, で訊ね廻つた, で通, で運, で運び去った, で遣る, として飯田泊まり, と思え, と覚悟, なの, にでもしたら, の, のあと, のちょっとした, のところ, の出張, の參宮, の墓参り, の外出, の島遊山, の探索, の旅行なぞせん, の道のり, の難路, 探されて

▼ 日~ (96, 0.1%)

3 の月 2 に就, のこと, の亥, の大火, の暗殺事件, は三十夜, も乞

1 [79件] おそく手紙, かならず参上, から二十九日, から天空, か昼, が別, が明け, このブレント入江, であって, と名づけ, と多, と定める, どうやら私, にいり, になっ, になり, になる, には下田, に乗じ, に入る, に帰っ, に於, に松葉ヶ谷草庵, のところ, のなん, のアリバイ, のクウ・デタ, の九大法医学部, の事件, の五ツ, の分, の十一時四十分, の十時, の四つ時, の四人刺殺, の国巡り, の宮城占領, の宮城占領組, の戦火, の更ける, の条, の殺人事件, の総, の編集会議, の自然, の部, の間, の陰々, のAK, はじめて, はじめて陸端, は九時すぎ, は沼城, は深更, は渡良瀬河畔, は漆, は矢, また不眠, までに出陣, まで七十六日間, まゐりたる, もねむらず, も昼, やって, より二十一年三月七日夜, より二十八日, より二十六日, より廿四日, をこめつ, 下關, 不寐, 共に生存競争裏, 又一島湧出, 寝に, 常念, 更けて, 更けてから, 至って, 行って

▼ 日までに~ (90, 0.1%)

2 この金, 作って, 間に合せて

1 [84件] あなたは, いま私が, お送り下さる, かえって, かきます, こしらえて, さばいて, それとなく気付い, つくよう速達, どうかし, どうしても仕上げなけれ, どれだけの, なればも, はこんど, まだ十日, もうそれ, わたしが, マントアを, ヨコハマへ, 一とおり読ん, 一三五ツェントネルを, 一区切りまとめ, 一応あっち, 一遍わたしの, 事務所に, 二ヵ月の, 二日五日と, 二篇の, 五六枚書け, 今月の, 仕事は, 仕度を, 何枚位ゐ書い, 入京した, 全國, 出て, 出ること, 出来して, 出来なければ, 出来るか, 出来上る積り, 切って, 利息を, 午の, 右馬介は, 各自めいめいの, 四十四頭の, 地球を, 大坂, 大坂まで, 天井を, 学び得たること, 室ある, 審議終了廃止する, 帰れば, 幾多の, 支那を, 教科書を, 是非とも, 書き上げて, 書き上げられたら出ると, 書くとか, 東京へ, 棟上げまでに, 治安維持法の, 無かつ, 玉子何箇に, 百俵の, 皆鹿島丸, 相違なく, 着かすため, 立ちましょうお, 立てる準備, 考へ, 自分の, 自筆の, 芝の, 草稿が, 解放さるべき, 調べて, 講了した, 遅くとも立て, 間に合わせたかったので, 間に合わせること

▼ 日また~ (89, 0.1%)

6 次の 4 金の 3 日を 2 四人が, 四老に, 快晴

1 [70件] いつの, きのうと, ぐれだして, さるほどに, しても, そっと豆, その不審, その日, それを, なし, ひょっくりと, ふらりと, むずかしい諳誦, ろうじの, スモッグが, マンが, ラサへ, 一人の, 一団の, 一場の, 一日彼は, 一日行きやまずん, 一滴も, 一行の, 両国方面へと, 二十九日にも, 五百と, 京子の, 佐, 元気に, 出立し, 利根川の, 半月に, 同じよう, 大分に, 大臣の, 大行寺の, 川の, 帰り来りしか, 常山の, 心悲しく, 折よく, 新しく移り転じ, 春日の, 東京の, 東南に, 柳生, 栖方は, 死にもの狂い, 比叡山戒壇堂の, 沼の, 浅草の, 滑稽な, 物忌の, 病院を, 百姓が, 直ちに歸路, 直ちに美濃, 私を, 若い巡査, 親戚朋友等は, 諸君は, 身体の, 逢うて, 降つて, 雨と, 雨の, 韓嵩を, 食って, 高田ひとりが

▼ 日~ (89, 0.1%)

13 の役 9 の両 4 の戦争, の戦役 3 の大, 大戰 2 の時代, の親和, の関係, 両役, 両戦役

1 [43件] がどう, そして第, とも従軍, と二つ, と二度戦争, のこと, の下田談判進行, の二大戦役, の修好條, の兩大戰, の兩役, の兩戰役, の協約, の危機, の問題, の国交, の国交急迫, の国難, の國境, の地理的関係, の大勝, の大戦, の戦, の戦中, の戦局, の戦役当時, の戦捷, の戦端, の戦跡, の戰, の握手, の条約, の経済的関係, の衝突, の講和, の講和会議, の講和談判, の風雲, もたれ, も両方, 両国民, 両軍休戦条約地, 第一次世界大戦

▼ 日じゅう~ (84, 0.1%)

3 の仕事 2 の大

1 [79件] ああし, あの男, あんないや, いろんな災難, うなって, お手紙, お椀, かけずりまわって, かの女, きまって昼間, この窓, この部屋, して, じっとがまん, せかせかと, それからそれ, そんなこと, たえず人間性, たゆまず鳴って, つづきました, でももの, で一番しん, とび廻るかと, にとり, に全国各地数十か所, に厚木, の会話, の変化, の大戦, の弛張, の時刻, の時間, の最も, の残喘, の獲物, の見せ場, の顛末, ひっそりと, ふさがってるとき, ぶらぶらし, ほとんど何, また一晩じゅう, まるで古着市みたい, むしあつく曇った, ゆるく亙っ, よく眠り, を過ごした, ウトウトし, 同じページ, 同じ迅さ, 吹き続けたまま, 大雷雨, 寝そべったまま, 待って, 掘りかえされたり, 歩いて, 決して静か, 泣いて, 泣きました, 為すこと, 物足りなく心, 眺めて, 祈って, 突っ立っ, 立って, 続くの, 蒸しましたもの, 起き上がること, 跳び回っては, 追い回され散り散り, 逃げ廻って, 遊ばせて, 遊んで, 過すという, 釣って, 閉じこめられて, 離れなかった霧, 飢えて, 飽きずその

▼ 日おい~ (83, 0.1%)

7 て次 4 てまた 3 て, てその 2 てよりは箸, て三日目, て分った, て午後

1 [58件] てある, てすぐ, てだった, てちょうど, てなり, ての午後, ての四日め, ての朝, ては出る, ても鬚, てやっ, てリストリア王国, て三日, て三日め, て両国, て中尾, て二十五日, て二十八日, て二十四日, て二十日, て二日目, て五日, て佃, て先生, て全逓, て八月十四日付, て其日, て再び, て写真, て十七日, て十三日, て十五日, て十六日, て又, て呼び付けられた, て帰っ, て後, て打ち, て新寺, て晩, て曇, て村尾さん, て来, て来た, て松島, て此, て河野ウメ子, て泰文, て父, て私, て翌々日, て翌日, て自前びろめをしたのだったが, て葉子, て託児所, て雨, て電話, でなさらない

▼ 日までは~ (83, 0.1%)

2 私の

1 [81件] あと幾日も, あの驕慢, いくら証拠, かの人, こ, こう致す, この家, これぞと, これで, これを, じっとお, そう信ぜられ, その叔母, それは, どんなに親しい, なんにも考えまい, ほとんど表面, またない, また半月, まだ三週間, やす子が, やはり先, われら石垣に, われわれは, カソリックの, ラサの, 両軍共, 中門の, 九日間の, 予言出来ない, 亥の, 何となし, 余すところあと二, 六週間ごとに, 努力した, 勝入にも, 勤労動員で, 博文館印刷所の, 厩に, 口中の, 君も, 墓参りに, 大学生という, 太陽の, 太陽を, 女御や, 当の将監, 待てぬ事情, 心静かに, 慎んで, 戦と, 戦争は, 敢て, 料理に, 昔の, 櫛を, 正月休みという, 残念ながら, 殺人の, 毎日午後の, 毎日参るべきだ, 決つてを, 無事でした, 猿に対して, 確実, 禁漁と, 私は, 稽古を, 籠川の, 絶えずその, 絶対禁酒の, 船員は, 見に, 記者は, 警察も, 避けて, 酒を, 里恵は, 鳥獣の, 鳴らしては, 鴉の

▼ 日三日~ (83, 0.1%)

4 とたつ, と経つ 3 と日 2 たつと, の間, 続けて

1 [66件] あらゆる手段, が五日, ことによったら, して, たった時, たって, たっても, で仕上げ, で六月, で出来上っ, と, とかけ, ときまって, とすぎ, となる, とひとつ町, とまだ, とむなしく, とノート, とビスケット, と三宵, と大売り出し, と愉快, と指, と無駄, と禁厭, と經, と經つて, と続け, と過ぎ, と過ぎる, と過つ, と間, と音信, ないしは五日, なぞはその, になりぬ, のお, のころ, の両日, の中, の夜, の旅, の月, の盃, の程, の遅延, は不快, は城中, は宿, は貯蓄, ばかりも前, まだ北, もたった, も居, も山中, も暗い, も飛ぶ, を一年, を費やそう, 共に江湖, 口説いて, 掘り出すん, 立てば, 続いたと, 這入りつづけて

▼ 日彼女~ (82, 0.1%)

4 は突然 2 が我々無産階級, はとうとう, は私, は自分

1 [70件] からもらった, から役場, から矢代, がいかに, がひとり化粧部屋, がめずらしく, が出かけよう, が半井氏, が横浜, が死んだ, が母, が湯, が熱, が病室, が通る, とは餘, と婚約, と熊谷, と良人, にひそか, に告げる, に尋ねた, に訊い, に警察, に逢う, のこと, のため, のやってくる, の化粧最中, の口, の局御所, の所, の母親, の良人, の部屋, はいつも, はそういう, はその, はどこ, はふと, はクリストフ, はジャン・ヴァルジャン, はテナルディエ, はフランシス, は一日じゅう自分, は例, は台所, は妹, は巻毛, は彼, は息子, は新鮮, は昔, は昼間, は本家, は永久, は炊事場, は猪太郎, は病気, は藤村家, は衝撃, は裏手, は西の丸, は農業会, は部屋, は青く, は非常, を扶, を相手, を自分

▼ 日ざかり~ (81, 0.1%)

2 [14件] で砂, に, にもその, に向日葵, に雨戸, のお, の機械, の田中, の畑, の門, はくるしかりけり, は未, を往還, を靄

1 [53件] あるくは, がつづい, であった, でした, で遣りきれない, にお, にこうもり, には飯, にもいつも, にも寒, にわたしたち, に二三, に冷水浴, に大阪, に家々, に山の上, に畑, に紫いろ, のきりぎりす, のながれで, のむなしく, のポスト, の千人針, の午睡, の南, の強い, の日, の暑, の梢, の波, の煙突, の照り, の牛, の町, の石ころ, の砂, の道, の靄我, の黒樫, の鼓子花さ, はかえって, はここ, は光, は巌, は灼ける, は短艇, は華氏九十八度, ひ, や関, をせせり浮き, を信楽, を思い出す, 落ちる葉

▼ 日までの~ (80, 0.1%)

8 間に 3 あいだに 2 分は, 分を, 約束で

1 [63件] あいだは, あいだ殆ど, うちに, お別れ, ことである, ことに, ことは, ことを, た, オツトメの, モスク, 一週間を, 三日の, 三月の, 三週間に, 丸四年死に, 事の, 二か月間三ツ山救護班を, 二十三日間といふ, 五日間に, 休みを, 供出米は, 六ヵ月間に, 六日間いささか, 分, 分と, 別れの, 十日間という, 厚恩を, 唯一つ, 奥名富栄さん, 完了を, 小遣いに, 幸福に, 彼の, 心の, 必要において, 息災を, 悲壮なる, 描写は, 教養として, 数量以上を, 新山の, 日取りを, 日数が, 日数を, 暮し模様は, 期待と, 気温の, 氷の, 永い間, 秀吉に, 私は, 等持院は, 自分が, 被害その, 言論界に, 計温, 長期の, 間モスクワでは, 間毎朝五条大橋の, 間開ける, 陳述を

▼ 日~ (80, 0.1%)

6 へ帰っ 5 にいる 4 に居, を出 3 にい, へ帰る 2 に居る, に帰っ, の中, へ帰った, を留守

1 [45件] で仕事, というもの, という雨, として日本, にあらざりけれ, におった, にぐずつき, にづく, にぼんやり, にゐる, に凝っ, に居させ, に居た, に居つた, に居ない, に居られる, に引きこもっ, に戻っ, に於い, に落ち着い, に被, に閉じこもっ, のあるじ, のこと, のなか, のものたち, の人たち, の内, の前, の様子, の者, へかえします, へ寄りつき, へ引っ, へ戻らなかった, をあけ, をあけてる, を変, を探し, を探し歩いた, を棄て, を空, を立つ, を追, 爾毛

▼ 日ぐらい~ (79, 0.1%)

2 して, なもの, 休んで, 前から, 私が

1 [69件] いて, おくの, おのばし, お置きあそばし, かかりますか, かかりますよ, かかりやす, かかること, かかるって, かかるでしょう, かかるの, かね, くらして, すりゃ大抵, その山々, たってから, だという, だろうかと, だろうから, つきあって, でしょう, です, どうにかなっ, なんにも食わなく, な気, はか, ぶっ通し, ほったらかしたくなった, ジッと, ドシャ降りの, 休んでも, 保ちます, 前とかに, 前の, 動いて, 安心し, 寝通すこと, 帰って, 御休み, 忘れて, 急に, 或は何箇月, 手当した, 断食し, 日雇が, 構わないけれど, 気もちよく, 気保養する, 滞在した, 生存できる, 生簀に, 真っ黒に, 眠ったの, 立った時, 経って, 続きましょう, 続くだろうと, 続けて, 自分の, 蒸されるだろうし, 途切れて, 逗留する, 遅くなる, 遅れること, 遊んだって, 過ぎてから, 食べぬ事, 食わされるかも, 食わずとも

▼ 日置き~ (78, 0.1%)

2 に思出, に手紙, に立川, 位に

1 [70件] が五日, くらいには書いた, くらいに実に, くらいに寂しい, くらいに廻っ, くらいに母, くらいに見廻り, くらいに訪ね, ぐらいにホテル, ぐらいに昼間, ぐらいに木村さん, ずつにちゃんと, だってもいい, て一同, に, にあります, にある, にこの, にしかも, になり, には風呂, にぶん擲ぐられるから, にもお見舞, にやって来ました, に三百, に会話, に先生, に入れた, に十ミリ, に半月, に四回, に大きな, に夫, に小間使, に廻っ, に廻つて, に文字通り神経, に母, に炭, に熱, に町, に立てた, に繰りかえす, に自転車, に花子, に若旦那, に見舞い, に診察, に読ん, に警察署, に通, に遠慮, に風呂, のやう, の予定, の今日, の水銀注射, の病院通い, の稽古, ほどに此, や一日, 三日置に, 二日おきぐらいに, 位な, 位にしか, 位には, 位の, 又は二日三日, 四日置き, 自然に

▼ 日余り~ (77, 0.1%)

2 になっ, になります, になる, に四十両, の間, もお, も遅れ, 寝た切り

1 [61件] あんなに山狩, か, かかる事, しかたたない, すごして, せんと, ぞ化粧, たってから, たつてから, だった, だの, つい過し, で乗りきっ, となり, となります, となる, にもなる, のこと, の日, の昨夜, の晩, の月, の足, の間団体観光, はほとんど, は矢戦, は過ぎました, ぽうと, もある, もかかっ, もこの, もついやし, もつづいた, も同じ, も悩み, も早かっ, も清洲, も滞在, も続い, も続く, も見えない, も費やさね, も赤坂, も辿った, も通り, も鑿, よく御, をこの, を仮屋, を巡遊, を床, を籠っ, を経過, を近畿附近, を頑張り通し, 未だ, 歩いた後, 経ちぬ, 経ったが, 経つと, 遅れたと

▼ 日のみ~ (76, 0.1%)

20 子さまの 12 子さま 6 子さまに 4 子と, 子に 3 子の 2 子, 子様の, 子樣, 子甦生

1 [19件] かげ, つづいて, つづきぬ, よい天気, われらが, 作るとて, 子が, 子さま其又前は, 子さま大和の, 子さま長く久しい, 子たる, 子である, 子といふ, 子として, 子は, 子或は, 子様に, 目がけて, 神

▼ 日では~ (75, 0.1%)

17 ない 12 なかった 10 ないか 4 あつた 2 あったが, ないが, ないと, ないよう, 島民達の

1 [22件] あったし, ありませんか, あり末, ある, あるが, あるものの, うばうの, ございませぬぞ, それほどにも, たった一つ, ないかと, ない阪井, なかつたかも, なからう, なく佐々木邦さん, なく或, 一人だけしか, 外へ, 島民たちの, 特殊部落という, 男の子が, 都合の

▼ 日三晩~ (74, 0.1%)

5 の間 3 というもの 2 のあいだ, のその間

1 [62件] ああし, かかって, くらいぶっつづけ, くらすうち, この薪小屋, というもの小止み, といふもの, とたたない, と云う, なんにも食べない, にわたって炎々, にわたって行われた, にわたる戦前, に及んだ, ねむらず考えて, の不眠不休, の火, の責め, の責苦, の足ぶみ, の長き, は夜, は消えぬ, ばかり燻, ぶっ通し, まるで死屍みたい, もかかります, もつづいた, ももどらない, も夜神楽, も寝, も寝通した, も水, も絶食, も続い, も続ける, も顎, やすまずに, を殆ど, 努めたの, 坐って, 寝ずに, 寝ないので, 揉みに, 暮して, 歩き通し, 泣きあかしましたそして, 泣きくらしました, 焼けつづけたの, 燃えとおした, 眠らずに, 眠りつづけて, 経っても, 続いた, 続いた其一部分, 考えつづけて, 考えぬいた揚句, 考えぬいて, 考え抜いた揚句, 考へたなア, 考へた揚句, 降り通して

▼ 日~ (74, 0.1%)

7 のお 3 の手紙 2 となっ, のロダン宛, の一通, をもっ

1 [56件] から引用, がある, が大切, が最終, そのとき, で, であ, でアメリカ應接係, でペルリ一行, でロシヤ應接係, で今学期間, で免租願, で兵部, で労働者傷害保険協会, で北海道開拓長官, で原稿, で堀達之助, で大蔵, で徳川幕府, で東京音楽学校助教授, で次, で神奈川, で神戸アメリカ領事ロビネット, で筒井, で米国, で長崎商館長, として江戸屋敷, と十二日付, にて其友篠田剛蔵, に於ける, の, のゲーテ, のシラー, のトゥルン・ウント・タクジス公爵夫人, のネルソン・レー, のパンフレット, の九州日報夕刊, の大切, の夫人, の朝刊, の條, の江戸奉行宛, の海軍中佐ジェームス・グリン, の神戸米領事ロビネット, の約束, の翁, の間, の飜譯, の飜譯文, は悉く, を以て下, を以て学位授与, を以て彼, を以て新しい, を以て谷中村堤防復旧工事ハ絶対, 長藩家老浦靭負家来赤根忠右衛門宛

▼ 日とは~ (73, 0.1%)

4 なりぬ 2 生きて

1 [67件] いいながら, いつの, いられぬだろうと, かからなかったこと, かかるまいと, この世に, それである, たたぬ先夜, ちが, ちがって, どうも學校, なきに, なく中絶, なりけむ, なりける, なる, なんである, なんでしょう, またどうして, まるで半分, もちません, ゆかず月曜, 一年の, 三七二十一日である, 今では, 今日大いに, 休養三日頃から, 何う, 何を, 受け合, 同じである, 夫の, 好天気, 少し意味, 市五郎も, 心細い, 思われない, 持たないはず, 支えがたい, 日が, 昨日ぢや, 暮せない, 暮らせなかっただろう, 残つてゐなかつた, 泊めて, 無関係な, 生きないといふ, 生き伸びまい, 私が, 経たない頃, 経たなかった, 経って, 經つ, 続かなかった, 続けられません, 續か, 考えられて, 肌に, 言わないたった, 言われない, 趣きの, 逆に, 過ぎざりしほどなりければ, 過ぎざりし程, 違うから, 違ふまい, 食事の

▼ 日などは~ (72, 0.1%)

1 [72件] あっちからも, あてに, あの奥多摩, あの方, あの狭い, ありとある, いくら傘, いつもの, ことに蕭々, この金曜日, ごくごく今, すぐに, そうである, その揺れる, その最も, それは, たいへんな, ちょうどトゥールキン家, ほとんど終日下屋敷, まことに無駄, やはり淋しい, よくここ, よくアラムハラド, キュルテュール・サント・カトリーヌ街の, チュンセが, ランプが, 一日に, 主人は, 何か, 俄に, 元の, 先生の, 唾液に, 器の, 地蔵盆と, 塵埃が, 多少薄, 大抵無為, 大概顔や, 女優を, 実にたまらない, 客の, 室内で, 寒い風, 左隣の, 弟が, 彼が, 彼女は, 御陪観, 必ず怪しげ, 所謂歯が, 早朝から, 昔村の, 普通の, 朝から, 殊に大切, 殊に落着, 湿っぽくむれ, 煖爐に, 特別に, 病床で, 砂利が, 緑の, 茣蓙を, 血色の, 見物に, 軽蔑しよう, 過去に, 遠い郊外電車, 酒場の, 雲も, 飢えに

▼ 日~ (72, 0.1%)

5 祖の 3 厄介に 2 勉強です

1 [62件] ところへ, りょうじ, 一所に, 七条院此間予可儲肴等持参令取, 上洛の, 下向の, 下山, 不在, 主人は, 事始に, 介抱申し上げ, 介抱申す, 代官ヲ, 作事奉行より, 僕小, 元服し, 先代の, 勘弁ね, 卒去之, 厄かいに, 受戒の, 史某の, 大葬の, 宛介十二石被, 届, 届と, 帰であります, 帰城, 帰陣の, 年五十三を以て, 広間番被, 府外駒場野の, 当日に, 微行で, 暇御免同, 枕の, 渡欧, 父上は, 猶豫, 発駕, 発駕尤中山道御, 登城の, 目附から, 相当に, 祖命の, 祝言の, 米は, 経奉納の, 聞届, 能有之, 著の, 見えに, 認の, 誕生, 軍制改正の, 逗留で, 逗留なさいませ, 逗留なすっ, 道中とは, 野郡の, 面師は, 饗餐は

▼ 日用品~ (71, 0.1%)

2 や食物, を売る, を撰ぶ

1 [65件] およびアメリカ, が高く, ことごとく他, すら急, だ, だけ大急ぎ, だという, でも皆, で特に, として造り始めた, とガラクタ, なの, なんかちっとも, について平生, のいろ, のこまごま, のしっぷ, のみです, の供給, の取りつぎ, の唐墨, の売店, の廉売所, の殆ど凡て, の物価, の米屋, の而, の装飾, の買いもの, の輸入, の陳列, の陶磁器, の類, の騰貴, は不在, は普段使い, は決して, も多少, やら文房具, や仏具, や菓子, をひさぐ, をみな, をも楽, を一手, を之, を作っ, を作つ, を作る, を入れ, を入れた, を其處, を売つ, を売り込み, を少し, を差入れる, を持った, を求める, を注文, を詰め込ん, を調達, を買, を買い, を賣る, 例へば石鹸

▼ 日~ (70, 0.1%)

3 は, をきめる 2 の都合, はまだ, は未だ, もわざと, や時刻

1 [54件] から言う, がいつ, がお, がきちんと, がきまった, がきまつた, がきまりました, がきまる, が待ち切れず, が思う, が悪い, が狂っ, が狂った, が電報, すらも弟, とをのみ記し, などの打ち合わせ, に当っ, のころ, の一箇月前, の広告ビラ, の方, の決定, の間, はその, はもう, はもうちやん, は五月一日, は今日, は明日, までうっかり, までが二人, まで延引, まで決め, まで知っ, も定ま, も定める, やらまた, やら陣営, や席亭, や秘宝, よりつまり, よりも遅れ遅れ, をきめた, をきめよう, をそう, をその, を勘定, を問われましたら, を知らせ, を膝ぐみ, を逆, を遽, 時刻などを

▼ 日~ (69, 0.1%)

2 に嘘, に快く, に成就, に暗澹, に親しく, に註文

1 [57件] にさかん, にたけ, に上手, に不快, に亢進, に仇敵, に他, に伊藤, に似き, に値段, に切迫, に募った, に募る, に厭世観, に和らい, に喚起, に増長, に多く, に女々しく, に実生活, に年毎, に度, に康復, に強く, に御, に思慮, に悪く, に本格, に水量, に深く, に激しく, に照子, に熟し, に熱烈, に猛々しい, に猛々しく, に甚だしく, に痩せ, に私, に種々, に窮屈気, に紫, に繁昌, に繁昌候段, に繭, に美しく, に艶, に芋, に蒼ざめてゆくではないか, に血色, に衰弱, に言葉, に進歩, に重荷, に鈍, に青, に鬱憤

▼ 日でした~ (68, 0.1%)

6 か, ね 2 が, がこの, つけ

1 [50件] いやその, かな, から, からここ, からまだ, から乾燥, から今日, から尤も, から式, か最愛, か私, か雪, がいかが, がじれじれし, がなんだか, がね小石川, がまるで, が一目, が二歳, が偶然品川駅, が本人, が矢張り, が部屋, が電報, が風, が養蚕期, けれど, けれどあつい, けれども何しろ, し, そうです, っけ, っけ窓, つけ窓から, でせう, な, なあ, ねあなた, ねわたし, ね暖かく, のでロッティ, のにもう, もの, ものね, よ, わ, ッけね, ナ, 米沢藩の, 高く澄み

▼ 日を以て~ (68, 0.1%)

1 [68件] おしまいに, この大, これに, した, せらるる御, ロンドン, 万石以下の, 世を, 世界に, 五十日が, 余は, 作の, 例祭と, 六十八歳で, 其の愛妻, 再び浦賀沖, 出発し, 前稿, 半月刊, 厳粛に, 去る, 同志と, 堺兄の, 外國製布非買同盟を, 大祭礼, 婚礼する, 子どもの, 家督相続を, 寂した, 山の神の, 帰幽し, 年を, 幸徳は, 征途に, 春社と, 時を以て, 更に埼玉県十四等出仕, 本郷の, 東京地方裁判所に, 東京大学教授篠山博士が, 東京市に, 極と, 歿し, 江戸に, 江戸市ヶ谷合羽坂尾州分邸に, 江戸総, 浦和県出仕を, 海に, 溘焉として, 生れた, 申出た, 當に, 発せられた, 目出たく, 祀らるる結界, 祭られるなどは, 祭日と, 私の, 第十七日, 算し, 緒に, 臘す, 自ら廢刊する, 菩薩の, 萩城の, 調印する, 長崎に, 霞亭一家の

▼ 日だって~ (67, 0.1%)

5 忘れたこと 2 云うので, 云うん

1 [58件] あった例, あなたの, ありませんでした, あるもの, あるん, いうん, いられは, おまえの, お母さんの, お祖母さんに, こちらでもって, ことです, この人, させなかった, さっさと帰れ, そうです, そう手っとり早く, そんな情知らず, つきあって, つぎの, ないん, なかった, なかったでしょう, はっきりした, シキへは, ブランクを, 一つ釜の, 一刻だって, 一時間だって, 今の, 仕合せだった, 休むひま, 住んで, 保てる命, 出来る, 別に何時もと, 勤めて, 十七日だって, 十日に, 午後まで, 同じところ, 女性に, 居ないよ, 平和だった, 店が, 心の, 我慢できなかった, 明るい気持ち, 有りやしないよ, 村長の, 毎日だ, 無駄に, 生きて, 要するに無意味, 話すわ, 過して, 食えねえん, 食べて

▼ 日~ (67, 0.1%)

6 を抄, を続 4 なるもの 2 したもの, に見え, を罷めた

1 [45件] が妙, でありまた, とが同文, とに取る, とに重見, と両, と同じ, と大差, なの, なので, に, には事, には全文, には始, には抄, には歴史上, には殆日ごと, にも多く, に云, に優善, に始, に就い, に徴, に絶つた, のあまり, の余紙, の如き, の筆, の続き, の辛未, はそんな, は五六行誌, は此, は記載, も不用, より以下凡三巻, をつけ, を作つたの, を作成, を奪, を整理, を発表, を読返, を開い, 之填

▼ 日以上~ (66, 0.1%)

2 である上, ならば, になります, にもなる, もこんな, も苦しんだ, 置かなければ

1 [52件] かかるため, かけ放し, じっとし, たったが, たって, です, というの, なら下宿並, な冴え, になっ, になる, にわたる旅行, に及ぶ, に続いた, に至る, のいと, のすごい, のもの, の収入, の差違, の手厚い, の日子, の日数, の暇, の食客生活, はどんな, はない, は待ちません, は続きませんでした, もあったろう, もまえ, もらえる由, も入牢, も宝塚, も居る, も横, も病床, も白く, も直家, も立てこもった, も経つた, も經つて, も返事, も雨, も麻川氏, を経過, を過せる, 暮して, 泊るの, 煮る, 経ったね, 続いて

▼ 日~ (64, 0.1%)

3 は君 2 にはいま, に今夜, に親孝行, は今度武蔵野, は村

1 [51件] がそこ, がその, がまた, が君, が国道, が壕, が夜, が学校, が愚か, が毎日新聞, が算術, が診療所, が都電, が金, と野呂, に向, に向かっ, に囲碁, のお, の姉, の家, の知らぬ, はぼんやり, はもう一度, はやはり, はコポオ, はライラツク, は一同, は久し振り, は事務所, は何, は何となく, は僕, は別, は四月一日, は帰っ, は彼, は彼女, は朝, は満員, は独り今, は知人, は誘われる, は貴女, は非常, を伴, を從, を捜し, を散歩, を訪れ, を路上

▼ 日経った~ (63, 0.1%)

6 ある日 4 或る, 新聞に 3 ある夜, 或日 2 か判らない, 日の

1 [39件] ある午後, ある晩, ある朝, ある雨, か, かわかりません, か何時間, か幾月, がなお, が坐食, が金, と思う, ので病気, もう長崎, んだ, 七草の, 三月二十五日です, 二月二十四日の, 今朝の, 夕方れいの, 夜他, 夜佃も, 夜更けでした, 夜甚五は, 夜高松の, 奴さんとろとろ, 後の, 後まで, 後奥さんは, 後妻は, 放課後沼井を, 時小林さんから, 時若い, 朝の, 朝課長の, 梅雨晴の, 正午頃でした, 空模様の, 頃から

▼ 日ある~ (62, 0.1%)

3 と思ふ 2 か知ら, のだ, を致す, んです, 可し

1 [49件] うちに, かなし, がため, ことなく, ことも, こと故, し, ぞ, だけのハンガア, とか六号室, ときある, と思つて, なし, に過ぎぬ, のか, のです, は瞭, ものです, もまた, わけだ, を常, プロデューサーが, 事が, 事件の, 可き, 名士が, 場所で, 女人と, 婦人が, 学会である, 宗教家に, 家へ, 山谷の, 所にて, 教室の, 日を, 時, 時の, 時は, 時東邦人が, 時永遠なる, 月ある, 月と, 村には, 沙漠の, 無遠慮な, 相続の, 老僕隣村に, 裁判所に

▼ 日といふ~ (62, 0.1%)

4 ものは 3 のは, 日に, 日の 2 ことにな, 日が

1 [45件] こ, ことが, ことな, ことに, ときまつ, のが, ので, のに, もの, ものあたりの, ものこの, ものはた, ものを, もの一つぶの, もの一本の, もの此の, やうな, やうに, より十日, わけで, 三重県, 今日の, 代はり, 六月二十九日の, 小説の, 干支を, 御定法, 惡い, 意味いは, 日たよりに, 日どり, 日には, 日は, 日を, 日附にな, 日限で, 旦暮は, 月の, 村の, 禁酒の, 端数は, 美しい簡單, 長い時間, 風な, 風に

▼ 日~ (62, 0.1%)

3 両国の 2 の助力, ブロックの, 不可分関係の, 的パックス・ローマナには, 議定書に, 軍の, 軍当局の, 軍隊並びに, 軍隊艦船が

1 [41件] がその, だけは例外, と知りあった, の口吻, の手びき, の民, の眼, の眼違い, の語, はその, は口, は本間入道, は資朝, ソ三国国境委員会設置案を, ブロック, ブロックや, 両国だけでも, 両国軍隊共同これに, 両国間は, 人が, 北支一体, 十二年ぶりに, 商会主他, 商会員各, 園春, 寵には, 支だけでも, 支の, 支も, 支三国に, 支三国の, 支経済ブロックが, 洲柳条溝にて, 産業五個年計画の, 経済ブロックが, 経済財政研究会, 華の, 融和も, 鉄総裁後藤新平が, 食堂などと, 鮮人の

▼ 日それ~ (61, 0.1%)

2 がぴたり, は丁度, は二月

1 [55件] から一日, から伸子たち, から定まったる, がし, がやってくる, が江戸以来, が烈しく, が西, が見つからず, で遊ん, にくっつい, につづく, にはげしい, に先立つ, に奔命, に對, に熨斗, に習っ, に自, に費した, はたしか, はちょうど, はよく, は夏, は夕方, は明治三十三年, は晴れた, は最初, は甚太郎, は藥, までは敵, もただ, も一日みたい, も夜, も朝, も自分, を, をきっかけ, をつけ, を一読, を二日, を云っ, を区隊長, を印, を取り堕し, を周, を着せた, を窃, を繰り返し, を考へ, を聞き澄まし, を訊ね, を読ん, を辻馬車, を頼ん

▼ 日~ (61, 0.1%)

3 かの用, をし 2 かのはずみ, して, もしない, をする, 思ったか

1 [45件] うか, うした, かある, かお, かし, かでけんか, かの, かのこと, かの折, かの拍子, かの探し, かの用事, かの話, か事故, か友達, か水, がなく, でも非常, といふこと, といふ名, と思った, にもしない, にも書かなかった, にも聞かなかった, にも覚えない, にも食, にも食べられない, の心配, の為すべき, の誰, ほど与えます, もよまず, も口, も喰わず, も知らない, も纏まった, も言わない, も讀まず, も食べ, も食べず, も食べない, をした, をしたら, をつぶやい, を成すべき

▼ 日滞在~ (61, 0.1%)

17 して 3 した, した後, すること

1 [35件] したこと, しただけ, したとき, したの, したのち, したらなるべく, した上, してから, しても, しようかとも, しストラスブール, しドクタア・ビゲロウ, しミレナ, し手あて, し真面目, し私, し静養, し飲めや, する, するうち, するだけの, すると, するの, するよ, する事, というの, のうち, のつもり, ののち芳野, の上帰路, の予定, の後, の心算, の日, を延ばそう

▼ 日~ (61, 0.1%)

17 たない 7 ちました 4 つた或 2 たなければ, つたある, つたが

1 [27件] た, ち五日經, ち十日經, ち江戸, つが, つた, つたか, つたけれど, つたら元通り, つたら千二百兩, つたら改めて, つたら親類, つと, つとモウ私, つと其の, つと林, つと死にます, つと突然免職, つと繪解, つと麥煎餅, て, てば小, てば矢之助, てば自然, てば長崎, てば麥, て瀧口

▼ 日~ (61, 0.1%)

7 が降っ 3 が降った, の日 2 が多, が降り続いた, ふる

1 [42件] いさ, がかなり, がふり, が上っ, が大層, が続いた, が降, が降り, が降りだした, が降りつづい, が降ります, この日下づま, つめたし百穗氏, であった, とある, という題, に打たれ, に濡れ, に遭, に阻げ, に降り, に降りこめられ, のしょぼしょぼ, のパラ, の徒然, の続いた, の降りしきれる, の降る, はふっ, は止んだ, ふらず, ふるう, ふるみふらず, ふるも, を冒し, を凌いだ, 下づまにやどる, 寒し, 少なく降る, 持つ空, 降らず, 降りつ

▼ 日以後~ (60, 0.1%)

3 でなければ, の分 2 の日記, は完全, も依然

1 [48件] から体, から暫く, であの, では, というもの, と御, にいらっし, にせいぜい, にと申します, になっ, になります, にも昼夜数度, に会う, に全, に月日, に東久邇, に此方, に爆発, に經濟界, に萩, のこと, のもの, の事, の前売り, の同じ, の彼, の文, の新しく, の日, の演説会, の食糧, は, はそちら, はふっつり, はもっぱら, はよい, は三度, は出かける, は向う, は旅人, は更に, は熱帯, は私, は窓, も日記, をどんな, 恐らく又, 重ねて

▼ 日~ (60, 0.1%)

2 だけはこ, と入費, の半, の旅, を擧げたる, を數

1 [48件] がかかる, が多く, が少な, が掛らう, が經, が經つて不自由, でこんなに, で徹底, で癒え, で芝居, にて三十一日, にて計り, にはいらぬ, に於い, のたつ, のみを擧げたる, の七十餘日, の内, の經, の餘裕, は一つ, は何時も, は日足, は正しく, は通例一回二十四五日, もあり, も二週あまり, も經, を以て之, を御, を擧げ, を擧げたれ, を明, を楯, を横, を用, を示すべし, を累, を經, を要した, を計算, を記し, を費した, を費す, を限つて, ヲ刑期ニ加算スル等ノコトアルニテ明カナリ, 過ぎ去らば, 重ねて

▼ 日自分~ (60, 0.1%)

2 は朝

1 [58件] がさる, が事務所, が城, が外, が文章家, が樺, が腰掛けた, が課業, で首, に, に取っ, に止まらない, のそば, の下宿, の体, の兵卒, の喰う, の塾, の実質, の室, の宿, の恋人, の息苦しい, の所, の掌, の書い, の書斎, の村, の生れた, の研究, の肉体, の胸, の見せた, の言った, の郷土, はあまりに, はぜひ, はやはり, はれい, は一乗客, は一枚, は下宿, は不, は事務所, は二階, は何時, は偶然三応寮, は初めて, は動乱, は感冒, は父, は病後, は癲癇的發作, は綱渡り, は隠, も雌, をやりこめる, を共産主義

▼ 日~ (60, 0.1%)

1 [60件] ここの, すこしつめ, そこに, つ, でした, のは, のばすという, ばつ文迄, まだ五日, まる一箇月, やって, クラパムの, ニ意見書ヲ, マチネーを, 三日三晩伊予守忠弘は, 五日間お話を, 京宝と, 休みでございます, 十何日という, 印, 受つけと, 四十七日間を, 四日間に, 場所は, 夜の目も, 大きくな, 大同で, 存在し, 帯刀ノウチニ逗留シテイタガアル日江戸ヨリ石川瀬兵衛ガ吉田ヘ, 幾十度と, 幾年でも, 広島へ, 弟の, 恐らくは變, 日々心に, 日の, 日のべ, 日のべと, 日のべの, 日延べを, 日本橋高島屋で, 春の, 桑港領事として, 毎晩明月で, 気付かずに, 滞京, 滞在, 獄中で, 甲一, 留守いたします, 留守に, 留守の, 私の, 約一箇年, 記事なし, 謹印シ, 譲吉の, 起き伏しを, 通す, 香宗様へ

▼ 日以来~ (59, 0.0%)

2 と申す, のこと, はじめて雨

1 [53件] あのやう, お悪い, から最高, かれの, この方面, この空, そのお, ですよ, というもの, とかく疲労, とみにものいう, どうしていた, のドイツ, の三ヶ月, の二人, の出来事, の問題, の家庭, の手紙, の新, の最大, の東京, の疲労, の第, の絶え, の苦しい, の身, はじめて陸端, はじめて風呂, は兵隊たち, ひきつづきおこる, もうマリユス, もう猛烈, よ, わずか十日程, 会って, 全く孤児, 全く駄目, 全然新しい, 全部隊, 初めてです, 初めて一人, 初めて外出, 各家庭, 始めて, 度々浮舟楼, 張詰めし気, 殊に蒼白い, 激しい発熱, 絶えず母, 置いて, 行って, 見たこと

▼ 日四日~ (59, 0.0%)

3 と経つ 2 あかぬ別れ, となった, となる, と少し, の養生

1 [46件] かかっても, が続いた, が間, たつうち, でとう, で止め, で舞, ときには七日, とこん, とすぎさりました, とだんだん, とつづく, と夢中, と度, と待ち暮らし, と日, と滞在, と空しく, と経った, と経つた, には会える, にネ, に岩本, に帰りし, に歸, に繰送らん, のかけ斗, のほどを安く, の小, の辛抱, は落ちゐぬ, は遊ん, は顔, も前, も夜伽, も棺, も粥, も続け, を経っ, を費した, を過ぎる, 経つうち, 経つと, 続くと, 考えた, 行きたい

▼ 日以内~ (57, 0.0%)

2 にこの, には元, に立退かね

1 [51件] であったに, とかだった, とはっきり, と定め, に, にあげちまえ, にあたらしい, にかならず, につく, にといわれた, になるべく, になんてそんなにはっきり, には一応, には取返さなけれ, には彼, には萬端, には返上, によく, にエベネザー・スクルージ, に上納金, に他, に何とか, に処分, に出会う, に出発, に受取る, に夜, に島外, に引払え, に掲出, に支払っ, に本棚, に検事, に此, に武蔵, に殺された, に水面, に災難, に生き返った, に生まれる, に生首, に目的, に納付, に若干, に衆議院, に行わなけれ, に行われない, に選挙, に銭五万貫, に阪地, の規定

▼ 日学校~ (57, 0.0%)

7 の帰り 3 から帰っ, を休ん 2 から帰る, へゆく

1 [40件] からの帰り道竜子, からの帰途, から家, から帰, から帰った, がおわる, がひけ, が終っ, でこちら, では高等学部全部, でみんな, で生徒, で習っ, で見聞き, にいた, にとどまっ, にふたたび, に出る, に呼ばれ, に被, に見えなかっ, の一時間目, の付近, の休暇, の帰途, の広, の方, の横手, の高島先生, はお, へいっ, へかよったら, へ出, へ出たら, へ案内, へ行く, へ行った, をさぼっ, をさぼった, を休み

▼ 日かを~ (55, 0.0%)

4 経て 2 過ごした, 過ごして

1 [47件] おいて, こもらねば, すぎて, すごして, ぶっとおし, ものに, わざと過し, 休養させ, 信玄も, 共に過ごした, 十分に, 夢の, 対陣し, 山上に, 御奉公日, 忙しい中, 思い起した, 恭吉と, 想像した, 持つべく保護色, 措いて, 暮らしたが, 泊めて, 煩悶の, 狂人相手に, 立番を, 経過し, 続けたの, 藤原家の, 要求し, 見過して, 費やした, 送ったこと, 送つた, 送らなければ, 逃げあるいて, 遊び暮し, 遊び横山, 過ぎて, 過ごそうと, 過した, 過したが, 過しました, 過すこと, 過すの, 過す身, 重ねた山の上

▼ 日すぎ~ (55, 0.0%)

2 ての次, て女房

1 [51件] からたのん, から四月初め, から腰, その年, だった, てかの女, てから成, てから着く, てから私, てしまった, ても半月, ても姿, ても形勢, ても木田市郎, ても重, て今, て十一月, て十二本, て捕われ, て東京, て清松, て長平, て駒守, て龍子, でないと, で街, という, と云っ, にあか子, にあります, にお, にし, にしろ, になっ, には祭典, にもう一度, にゆく, に七信, に会, に巣鴨, に帰京, に敏子, に来る, に英国, に見, に記事解禁, に金沢, のある, の事, の或, までに短い

▼ 日たった~ (54, 0.0%)

6 ある日 3 後に, 或る 2 ある晩, ある朝, 後, 時分でした

1 [34件] あとでも, ある午後, ある夕方, ある夜, ある夜更け, いっぺんだけ, がなん, けれども倉地, けれど作衛, その日, と思う, のだ, のにやっぱり, のぼせる様, ばかりのところ, ばかりの赤子, ものを, やつは, 一日の, 一日待っ, 今日の, 仙二は, 十日の, 半日の, 夕方ちかく, 後の, 後二万噸の, 後僕は, 或日, 日の, 昼頃紋附を, 時, 時またも, 晩素子が

▼ 日ほどの~ (54, 0.0%)

10 間に 7 後に 2 間は

1 [35件] あいだただの, あいだに, うちに, ちのある, のちいつも, のち団六の, 休養と, 処なれ, 商用に, 幸福を, 後で, 後である, 後には, 後助六は, 後趙は, 徒勞を, 御暇, 所に, 旅の, 日数が, 月影が, 激しい興奮, 留守です, 経験を, 行程の, 豫定で, 辛抱の, 道が, 長期間にわたって, 間といふ, 間を, 間湯河原の, 間男は, 間病み, 間饅頭笠を

▼ 日早く~ (54, 0.0%)

2 はいったお, も傾き, 刑を, 行きて

1 [46件] てもかんべん, とも遅くとも, なりそれなら, なり延喜, も人, も我, も探り, も浅井, やれば, サンホセに, ズブリと, 二十四日の, 休みに, 入港せし, 出かけて, 出来上れば, 十四日に, 同じ道, 売出し, 大北汽船会社の, 大学で, 孤堂先生の, 帰って, 帰国した, 思いもうけぬ珍客, 成立すれ, 戻って, 戻れますからね, 来たれかし, 来て, 来れば, 此地へ, 殺さうといふ, 浅見さんが, 消えるそう, 無事に, 用いて, 用が, 甲府城まで, 發たせ, 竣工し, 聞くこと, 薬局に, 見付けるか, 進んだもの, 高輪泉岳寺に

▼ 日ならずし~ (53, 0.0%)

4 て彼 2 てこの, て曹操

1 [45件] て, てある, てここ, てでき, てなに, て三人, て予, て二三册, て人手, て人間, て何処, て先, て全快, て再び, て凱旋, て前, て前田利家, て千寿王どの, て大, て孔明, て市ヶ谷, て市中, て床, て店, て後, て恢復, て早馬, て曹軍十五万, て本, て死す, て死んだ, て洋式, て洛陽, て漢中, て無罪, て熊谷警察署, て甘, て相, て禰衡, て私, て続々, て腹中, て許都, て護送, て隆々

▼ 日など~ (52, 0.0%)

2 義雄は, 遠くの

1 [48件] あの山奥, ありは, あるまい, いつも祖母, こうして妻, ことに心, さわさわと, そこを, そしてそれ, であるか, どれが, やつと, アクビが, カヨは, 一人も, 何うにも, 傘を, 兄と, 半年の, 単衣一枚, 外へ, 大川の, 家人の, 寝て, 寺の, 小遣を, 弁当持参で, 急に, 我思は, 抄い網, 散歩が, 数え上げれば, 森の, 楽しみな, 殆ん, 泥まみれの, 淋しき家, 用ゆる, 番に, 病室の, 自分, 自分は, 行つ, 見ゆる恐ろし, 隅田堤より, 雲ひとつない, 霞んだよう, 非常に

▼ 日なら~ (52, 0.0%)

2 ばその, ば一日

1 [48件] いいけど, いいけれどね, いくら無能, いつでも, お客も, ここから, それでもいい, そんなこと, とてもよい, とにかく十日二十日, ともかくその他, ばここ, ばこっち, ばこの, ばどん, ばねこ, ば上野, ば大方, ば川向こう, ば必ず, ば必ら, ば明け放った, ば気軽, ば隠れ, べ降れ, よろしいん, んと, んには, ナイフの, ペムペルは, ミーロだって, 一〇〇枚は, 一日を, 一時間位で, 三日と, 五月二十四日に, 今日は, 何が, 博士も, 手前どもの, 春夏秋冬いつも, 月はじめの, 甲乙が, 病気でも, 相違ない, 私, 私を, 遠慮なく宿る

▼ 日突然~ (52, 0.0%)

2 わたしの, 呆気に, 発病し, 私の

1 [44件] お民, ここに, このチョビ安, その事, その小熊秀雄, その暴君, に右記事, の爆発, エム中尉という, ゴンサカへ, 二階に, 人夫を, 住民諸共海底に, 保が, 信州の, 古藤さんの, 向より, 呼出だされぬ, 喚いて, 喜どんが, 圭介の, 地上に, 妙子を, 宗吉の, 寿女が, 寿女の, 広津先生の, 彼は, 恩地氏から, 手紙を, 東京の, 東巖子が, 殿が, 気づいた, 決意の, 神様から, 私のは, 私は, 藤原威夫の, 血を, 見えなくなった, 見知らぬ若い, 起った出来事, 電報が

▼ 日置い~ (52, 0.0%)

3 て三日目 2 て三千代, て突然

1 [45件] てあくる日, てから料理, てくれない, てこの間, てたべる, てちょっと, てつや子, ての次, てまた, てみ, てもう, てもらい, て三十一日, て三度目, て三月二十九日, て九日, て九月, て二十五日, て二日, て今夜, て來, て兄さん, て六日, て再び, て十七日, て十二月四日, て十六日, て宗助, て實業社, て廿五日, て彼, て敬太郎, て朝仙台, て来た, て来ました, て次, て正月, て海岸, て淋しい, て約束, て貰, て貰いたい, て貰ひたい, て食べた, て食べる

▼ 日~ (51, 0.0%)

4 やの 3 やありません 2 や, やない

1 [40件] うこんな, う机, やあるまい, やからねえ, やけれどう, やだめ, やね, や死骸, や疲れ, や解りません, や間, ゆうあれこれといぢくり, ゆうお, ゆうかけ, ゆうが, ゆうきいきい, ゆうこの, ゆうごろごろ, ゆうなに, ゆうまるきり, ゆう働きづめ, ゆう元, ゆう唾, ゆう小止み, ゆう席, ゆう教室, ゆう日陰, ゆう此処, ゆう此處, ゆう気持ち, ゆう漂うて, ゆう画室, ゆう目, ゆう祈祷, ゆう絶対, ゆう色, ゆう若い, ゆう賑やか, ゆう鳴いて, ゆう黙り

▼ 日一人~ (51, 0.0%)

5 の男 4 の紳士 3 の若い 2 の女

1 [37件] かかりきり, でいっ, でうか, でとはゆきません, でひろ子, で久しぶり, で先行, で百人近く, で笑つて, のお客様, のここ, の仲間, の伴, の僧, の剣客, の婦人, の客, の所要熱量, の扶持米, の旅人, の旅僧, の来客, の梵論字, の歌唱, の武士, の消費量, の百姓, の百姓婆さん, の美女, の老, の老婆, の若, の若者, の農夫, の金持, の骨組, の髯

▼ 日~ (51, 0.0%)

2 一回の

1 [49件] 一の, 一回を, 一回講演会を, 一夜, 一学期終業式後宝鏡先生ノ, 一日に, 一月曜の, 一次卒業試験, 一次方針, 一部門の, 三, 三十三日の, 三回登山者と, 三夜, 三日も, 三次卒業試験, 九日目を, 九番目の, 二十, 二十五世法嗣光養麿君の, 二十回の, 二回目の, 二回目恥ずかしい, 二夜, 二審の, 二文書の, 二日まだ, 二次の, 二次卒業試験, 二議会の, 五そして, 五十九回の, 五回公判に, 五日と, 五日迄も, 五時間目は, 八十二機械化大隊の, 六議会は, 十一回目の, 十三信の, 十三議会の, 十二回の, 十二回公判は, 十五回公判の, 十六議会の, 十議会は, 四, 四回の, 四議会は

▼ 日逗留~ (51, 0.0%)

23 して 3 した 2 しあまりに, しても, すること

1 [19件] いたし彼方此方, が出来れ, さして貰っ, したい, したが, したの, したらどう, した正太, しました, し八月三日, し同勢四百人, し意, するという, するといふ, その節莫大, だ, の序, の後, の後ブダガヤ

▼ 日ぐれ~ (50, 0.0%)

2 になる, の風, 五六頭は

1 [44件] え帰らぬ, がいきなり, がたから商売繁昌, がたに, がたモスク, ころに, ごろ, と朝焼け空, にお, になつて, になりました, になります, にやお, にや雀, にわたくし, に一寸, に及んだ, に家路, に東一君, に近, に鳴き声, の, のびみょうな, の却, の早, の明星, の永い, の牛, の花, は, はさい, まぐれを, までには一時間, も待たず, をみ, を待つ, 散歩の, 時なぞに, 時夕飯の, 極楽ダア, 草取り寂し, 近くに, 近くまで, 頃朝から

▼ 日~ (50, 0.0%)

3 の方面 2 のシズナイ, の國境, の川, の沙流地方

1 [39件] から十勝, では物, でも帶廣, で河童, と十勝, などの遠方, なりと云い, なるアイヌ, にませり, に会, に入る, のアイヌ, のウナラベ, のサル地方, のトヌウオウシ, のハイ地方, の中下方, の切り開ら, の国, の女, の婆さん, の子, の山, の平取, の御子虚空津日高, の様似地方, の沙留, の海岸, の道, の門別村, の静内地方, は東, や十勝, を旅行, 一は, 商に, 猶自不, 第四郎, 第四郎君

▼ 日ばかりは~ (49, 0.0%)

2 例の

1 [47件] さすがの, さびしく一人, ずっと高い, ちっとも商売, ないでしょう, まっとうに, 不結果, 事も, 休まなければ, 何が, 何の, 何事も, 優遇という, 全く父さん, 其様な, 半病人, 和田峠を, 外出も, 外出を, 大いに奮発, 妹の, 寝通し, 小泥棒, 少年の, 少数の, 御用繁多で, 御飯も, 思はずもがな, 日も, 昏, 時の, 晴続き, 歸つて來ない, 無事であった, 無事に, 熱心に, 病いの, 続かないだろう, 縁の, 苦しみました, 行かないで, 辛棒し, 非常に, 音沙汰も, 頗る神妙, 食う物, 鳴かなかったが

▼ 日~ (48, 0.0%)

8 りの 7 り前 4 りも 2 りして, り休んだ筈, り札幌

1 [23件] に候, の間, は日夜非常, りしか, りたって, りで危険, りで危險, りを, り來, り居た, り後, り日程, り来ねえでたの, り東京, り窮屈, り立って, り経った昼頃, り経って, り経つと, り続いて, り続きまして, り行って, 置いてからも

▼ 日かかっ~ (47, 0.0%)

3 てやっと 2 て東京

1 [42件] ていました, てお, てこの, てその, てそれ, てそれぞれ片, てそんな, てまだ, てもきっとしまいに, ても一枚, ても三日, ても少し, ても山越え, ても駄目, てようやく, てよむ, てわき目, てサンフランシスコ, てスターリングラード, てロブノール湖, て一段落, て三枚, て両方, て二十七軒目, て五十銭, て何通, て判った, て午後, て吉浜, て四十把, て小屋, て屋内, て救助, て書信, て海辺, て畑, て着く, て知った, て自分, て行け, て行ける, て雨水

▼ 日とも~ (47, 0.0%)

5 なれば 3 心得なき身 2 なく自分, 数へ, 被仰らな御座んした

1 [33件] あなたが, いうべき暖かい, いえぬ, いえぬ唯, いふ日, おもほへず, さっぱり釣れない, ちっとも釣れない, アイゼンで, ノビニズムを, マダムの, 別所は, 同じ負け方, 喘息發作で, 好成績だった, 待ち詫びつ, 思うけれど, 思われないうらら, 投げられちゃって, 日が, 月とも, 無関係の, 知らずに, 経ぬうち, 經た, 經つては, 續けて, 翁附の, 西宮さんで, 覚悟し, 記されて, 違つた物を, 降り続いた雨

▼ 日どり~ (47, 0.0%)

2 と時刻, は星祭り

1 [43件] から御, がきまった, がきまる, が分らぬ, が大体, が本年, すらすらと, と坐, と時間わり, と私, なども加減, などを決め, になっ, になつ, に従う, に繋げ, のきまった, のこと, の一定, の狂う, の相談, の確定, はこの, はそちら, はその, までには難しく, までも変えず, までを今日, まで知らし, もきめ, もせまっ, も何日ごろ, や場所, や支度, をきめ, を彼, を御, を村, を決め, を狂わせない, を知らせた, を諜, 七月十一日より

▼ 日~ (47, 0.0%)

3 にある 2 である, に迎, の武蔵温泉, の酒場

1 [36件] い帰る人, から二本木の間, から宇奈月行, それから急行, であった, では会場, で榊屋, と申所, など, に下宿, に亙っ, に着い, に移住, に至る, に訪うた, のよう, の中央, の呉服店, の小学校, の方, の東北, の桜尾城, の神楽組, の飛行連隊, へ三日市, へ出むい, へ呉服屋, へ泊った, へ漕ぎ帰らしめた, へ行きたい, へ迎, へ高岡, をたずね, をはなれ, を攻落, を過ぎた

▼ 日~ (45, 0.0%)

5 もす時には 3 もす夜もすがら

1 [37件] おめでとう, きっと, そちらからの, ている, てくらし, てしまう, て治った, もす, もすに, もすのたりのたり, もすひとり涙, もすほとんど, もすゴトンゴトン哉, もす何, もす多く言, もす夜, もす廻って, もす彼女, もす思ひつづけて, もす招宴, もす文女, もす歌って, もす波, もす消えぬ道ばた, もす秋, もす萱, もす蒲團引き, もす藪蚊, もす記録所, もす輿, もす野山, もす閉じ籠ったまま, もす鳴り, 好きな, 気温が, 私は, 随分待ちました

▼ 日とか~ (44, 0.0%)

3 で長塚君 2 はりけり, 三日とか, 月の

1 [35件] いわしった, うごかない動機, ぇ, かかって, かかるが, そういうもの, そうでなく, その頃, だよ, でないと店, で城内, はらずに, 一定の, 一週間とか, 二十日とか, 云ってた, 五日とか, 五日とかの, 何かの, 元日の, 凱旋の, 十五日とかの, 十日とかの, 千日とかいう, 四日とか, 太洋丸に, 御加勢日, 必ず奇數, 日を, 時間とか, 朝夕位の, 称える例, 経ってから, 自分の, 言つた

▼ 日二人~ (44, 0.0%)

2 の間, はいつも

1 [40件] が中, が会っ, が会つて, が棋, が顔, そろって, で五合, で働い, で大阪, で家, で日光, ともホーム, と一人, にこんな, の仲よし, の兄弟, の同僚, の姉妹, の子供, の生徒, の睦まじ, の軽蔑的, の麗人, はしめやか, はまったく, は一緒, は例, は大根さん, は居, は岩, は往来, は有珠岳, は海, は町, は相談, は西城川, は酔つて, は鉄条網, は電車, 共に松本監獄

▼ 日だけは~ (43, 0.0%)

1 [43件] あきらめよう少し, あたたかい, ありの, うんとのびる, どうした, もう十二時頃, よく売れる, よく当る, オミサキであった, 世子の, 主人の, 今でも, 今までと, 休ませて, 何か, 全部の, 八歳と, 太陰暦の, 子供の, 学校の, 必ずお, 息子の, 昼は, 朝から, 村中家中が, 楽々と, 歩くの, 気儘も, 流石に, 炬燵の, 焼いて, 皆の, 真実だつた, 米の, 絶望から, 肉体的に, 自分は, 自己の, 花々しく立ちあが, 薄く望める, 見遁, 軒なみに, 骨休みを

▼ 日なり~ (43, 0.0%)

2 とも仕事, われらの, 無料で

1 [37件] ければ, けん, しならん, そこら中回っ, とて誰, ともとく, とものばしたい, とも絶えず, とも邪念, とも長く, と雖, われは, 三十日なり, 五日なり, 何か, 修めてから, 俺の, 十日なり, 十日なりの, 十日なりを, 千曲の, 半日なりの, 口実を, 四十日なり, 四日なり, 夏の, 媼たちさらばま, 子を, 居る中, 早く大仁, 此の, 死の, 満庭, 行きずりに, 誠に好い, 遺歌一首, 野上さんの

▼ 日にわたって~ (43, 0.0%)

2 行なわれて

1 [41件] ついには, また, ニューヨークから, 一般の, 下へも, 与えた時, 人力車で, 催されそれ, 冬空の, 十七年前の, 吉岡方の, 同じ道, 吹いて, 問注所の, 四人の, 執行された, 報道した, 夥しい血, 形を, 徳川軍の, 打ち懲らした, 攻めたが, 敦賀郡松原村の, 数人が, 普通でない, 東山道軍は, 決しなかった, 海も, 煮て, 祝いが, 私は, 約三万, 絶望と, 芝居, 行われた紫野大徳寺, 試合を, 負けて, 金兵衛は, 鉱毒事件を, 雪なお, 鳴動した

▼ 日わたし~ (43, 0.0%)

2 はぼんやり

1 [41件] がその, がたづ, が二十六歳, が例, が庭, が彼女, が波止場, が老人, が鏡, と一緒, と出, にいひました, に俳句, に言いました, のいる, の幼少時代, の病院, はいつも, はさり気, はひそか, はふと, は並木道, は偶然新聞, は刑期, は又, は塀, は外出, は夢, は大和, は彼, は或, は昼頃, は波打ちぎわ, は浦和, は父, は紺がすり, は起き上がる, もちら, も出かけ, も実, を煽ります

▼ 日五日~ (43, 0.0%)

3 と日 2 とそれ, と苛立たしい, に禁廷

1 [34件] が経ちました, その金, で来る, とか, とすぎ, とつづい, とは言わない, とまって, とも好成績, と一刻千金, と乗りつづける, と月末, と段々, と熱, と経, と過ぎた, と過ぎる, のころ, の差, の立退き, の間, はおろか, は出かけます, は近国, は雨, ばかり私ども一行, ほどユックリ, まで病悩, も続けた, を送っ, 乃至七日間, 多い時, 続けて, 長くて

▼ 日によって~ (42, 0.0%)

2 水が, 違うが

1 [38件] いろいろな, いろんなもの, かの女, その時, その気持, ひどく肉, よく聞こえます, よろしくちがう, 乱れ方, 八回も, 八畳六畳と, 南京虫の, 参詣客の, 吉凶あり, 変った, 変ったし, 変るし, 多少の, 客の, 庭には, 感じが, 機嫌の, 母が, 減ったり, 物は, 現われたり, 甚しく, 異なって, 異動が, 色が, 記録された, 調子も, 近く聞こえる, 違うこと, 釣れ方, 雇われ先, 頬が, 黄色く見え

▼ 日~ (42, 0.0%)

233 には 2 にも, の

1 [12件] などにも見え, にその, には有馬温泉場, には由利八郎, にみえ, に五ヶ所, に当時, に相国寺領北畠, に祇園, に西行, に見える, に賀茂祭

▼ 日ぐらし~ (41, 0.0%)

4 の声 2 の不安, の姿, の雨

1 [31件] から救, がじい, が近い, そんな雪, でいい, ではなく, で自分, となつ, と子, に日, に流れ, の, のもの, のコーラス, のヤケ, の一時, の不, の人たち, の山樵, の気分, の氣持, の生活態度, の絶望觀, の聲耳, の貧乏人, の鳴く, の鼻唄, も, もある, や主客, を硯

▼ 日じゃ~ (41, 0.0%)

7 ないか 4 な, ないの 3 ありませんか 2 ない, なかったん, ねえか

1 [17件] あぶないでしょう, から十一日, けんメリヤス, この風邪, し後, ないかと, ないね, ないシャク, ない九日, なかったね, なかったわ, なくて, ねえぞ, よ, 出来ないし, 来月二十六日は, 済まないん

▼ 日~ (41, 0.0%)

3 が私, と娘 2 のお

1 [33件] から賜わった, が, がその, がそれ, が又, が手, が来, が珍しく, が病中, などに, なる天女, につれられ, に明日東京, に疎く, の危篤, の家, の日, の留守, の身まかりし, の部屋, の館, は, はこの, はた, はまた, は側室佐藤氏春, は常に, は彼, は独り, は私, は風呂場, を妙蓮, 恋しさ

▼ 日こそ~ (40, 0.0%)

2 忍ばるれ

1 [38件] この暗君, この試み, じつは驚天動地, すなわち怪蛇, その全体, にんじんの, のぼりけり, カシタンカは, ファラデーに, 世界の, 人を, 人間は, 何の, 來れ, 偶像壊つ, 勇み立って, 千古にわたって, 即ち東亜連盟, 吾が恋, 吾が恋止まめ, 尊い, 彼は, 待ちど, 待って, 愉快な, 我が父, 数は, 文明は, 本当に古来, 母子の, 永遠に, 浪華津に, 涼しかりけれ, 照らせ, 燃ゆれ, 真の, 違いますが, 違うが

▼ 日一夜~ (40, 0.0%)

4 だつた 2 のうち, の間, を経, を通してすず子

1 [28件] が過ぎた, ずつに分け, ぞ立ち, たのしく暮らした, であ, であつ, である, でした, でも道, で失くし, となりぬ, に読み終り, の学問, の後, の所見, の静止, は過ぎぬ, も懐, も欠かした, をのみち, を忘れなかった, を楽しんだ, を為す, を送った, を送る, 生かさせて, 降ったに, 降り通した

▼ 日~ (40, 0.0%)

2 の廬, は盗賊

1 [36件] かたじけない恩寵, がボストン, が発表, である, で成就, にこの, になった, のヒゲ, の事, の共生, の前, の日, の来る, の枕辺, の生活, の航海, の遠巻き, の雛, の食糧, はこの, はそここ, はただ, は余, は岩礁, も入院, も勿論, も同宿, も立っ, を訪, を訪い, 之生日, 再び航西, 初めて小菅刑務所, 思わしい日の目, 掛かるが, 留まった

▼ 日前後~ (40, 0.0%)

2 とおぼえ, の天候不穏, の花祭り

1 [34件] からこの, からひとしお, からモスクワ, から九時, から東京市中, から眼玉, から野戦病院, が新しい, であつ, であると, と思います, と産婆, なりしかと, にあり, にからり, にそちら, には初雪, にやつ, に市場, に有, に東京, に江戸, に発売, の京都, の暴風雨, の東京, の消息, の記事, は稲穂, までに追いつけ, らしい天候, を以て開廷, を期し, を祭日

▼ 日~ (40, 0.0%)

2 で七十里, で駈けつけた, の間

1 [34件] あるいは長く, かかりました, か二日路, きりいなかったけれども, ぐらい眠らなかった, しかない, で完了, で帰宅, で片づいた, で陥ち, にて六十里, にて走りつき, の休み, の休息, の地中海, の後, の非, の食扶持, ほどは死力, ほど早く, ほど行く, もえる, もかかる, もなんにも, も早く, も昼, も暇, も食事, をおいた, をほとんど, を要した, を費した, 経ちました, 行くと

▼ 日~ (40, 0.0%)

4 一島湧出す 2 一出征の, 一日と, 遊びに

1 [30件] うるさいこと, それを, たずねて, ゆくえ知れず, 一動員令下る, 一寸後戻りを, 一帰塲す, 一帰塲せり, 一日彼は, 一着塲せり, 七郎が, 上田君が, 二人が, 六が, 参会の, 同じ事, 問い合せたら今度, 問ひ合せたら, 大洪水, 少し熱, 朱印を, 相当あつい, 謁ス, 遣大, 重湯を, 雨と, 霧が, 霧がか, 青白き大佐, 飄然として

▼ 日~ (40, 0.0%)

2 に対する特殊, に對, 長く統

1 [34件] からの第, が安宅先生, であ, である, といひ, と月神, と海神, と称す, と言うた, における, の出, の天然的基礎, の姿, の居られる, の御, の敵アポピ, の生れ, の祭り, の系図, の象徴, の馬, は女, は女性, は生成力, は男性, より前, を, を潜まし, を生む, を見出します, を象り, を造りぬ, 死す, 聞きて

▼ 日ここ~ (39, 0.0%)

2 に泊っ, の河原

1 [35件] から川, から立山地獄, から頂上宮田小屋, で休息, で妙, で方々見物, で眠ろう, で逢う, で遊ぼう, にいる, におっ, にゐる, に寝た, に寝泊り, に居る, に構え込ん, に滞在, に詣で, に遊ぶ, に過ごしたい, に陣, の危地, の大, の籠城, へあの, へも帰らなかった, へ二三人づれ, へ泊る, へ登山, も北国, を出かけた, を動かぬ, を夜討ち, を歩いた, を見た

▼ 日~ (39, 0.0%)

4 うして 3 へ暮 2 へある

1 [30件] ういふ散歩, う思ふ, さふる, そんな事, つと引, のみ歩みし, はること, はる事, ぶちゃん, ぶちゃんが, へあつ, へはや, へまもなく, へも靡き寄る, へ一, へ入り, へ多けれ, へ子ら, へ心, へ明けれ, へ月謝, へ無き, へ無事, へ爛れき, へ見られる, へ黒ずみ, までさえまい, まで池, まで紫色, 御新さんとけ

▼ 日以前~ (39, 0.0%)

2 だ, の事

1 [35件] ある家, から予定, から幸田節三, から彼, から戻りません, から此, から此別荘, から殆, から絶えず, と殆, において誰, にこの, にし, には宇治山田, にもひどい, に一升壜, に密淫売の, に御, に昨日, に朝廷, に極めて, に殺害, に経験, に行, に過ぎた, に開通, のやう, の僕, の出来事, の市塵庵, の彼, の陰気, までこの, までのもの, までふとした

▼ 日~ (39, 0.0%)

17 りの 2 りに

1 [20件] が一圓五十錢, が延命院, でいきなり, で遊ん, になつたの, には及びません, に長々, のい, の拂, の遣ひ, は一日米二升, は帳面, は此方, りが, りのよ, りは, りも, り好き地, を取らない, を貰

▼ 日~ (39, 0.0%)

2 によくも, に彼, の町, の路

1 [31件] でも冷, で太陽, で昼飯, と三つ, に, にこの, にこれから, になった, にひつそり, にも白銀, に働く, に千葉県道, に帽子, に煙, に町, に蜻蛉, のこと, の中, の事, の物静けさ, の蚯蚓, の電車道, もこうした, も恁, や, や人間, や所, を事, を少し, を散歩, を松並木

▼ 日午後~ (38, 0.0%)

2 になる, に至り, のお

1 [32件] おせい, かえる, からは訪問, から三人, から日本, から気分, から近所, から雨, なりしもの, になっ, になり, に二高, に出, に又もや, に止った, に秋川駿三, に立寄っ, に西郷薬局, のこと, の三時頃, の五時, の六時, の数時間, の討議, はじめてカルカッタ府, は丁度, よりかさね, より七日, より再三, より酒, より青山, 頂きました

▼ 日東京~ (38, 0.0%)

2 から着いた, の街路樹

1 [34件] から友達, だよりの, では秒速七八米, で休養, で生れ, において軍隊, にて没す, に別れ, に居る, に帰らん, に本式, に残らなけれ, に行かなき, に達せ, の中村舜二氏, の友達, の国立博物館, の大, の大震大火, の新聞社, の柳橋, の西郊中野, は濃霧, は突然, へ出, へ戻っ, へ着い, へ行く, へ護送, より長文, より飛報, を出発, を発し, を立っ

▼ 日~ (37, 0.0%)

3 なき 2 かし, またるる, 光りたる, 忍び音に, 散りしきし落葉樹, 照りしらむ, 照り白む, 眞晝, 面白き

1 [16件] いまに, おもしろき, かし心と, とおも, なつかしき, やの, やは, 人な, 又幾日, 日に, 正午, 泣きそぼつ, 照りあかり, 照りそそぐ, 照り滿た, 落つれ夜

▼ 日なか~ (37, 0.0%)

2 に汗, の, のヂキタリス, の大路, や眼, を

1 [25件] しょっちゅう道, そんな幻, です, にある, にいそがしく, にかくれ, によろよろ, に出くわす, に忍び寄る, に生れた, に眺めた, に起す, のにく, の喘息, の照り, の野, の雲, の青き, は, は夏, を何處, を小さな, を息, を息繼げ, 帰って

▼ 日先生~ (37, 0.0%)

2 と先生, の宅

1 [33件] から大学, から青少年, が, が一人一人, が何処, が医師会, が口, が好, が御, なり奥方, につれられ, にむかっ, に伺候, のこられるの, の住居, の使, の六十三, の方, の机, の訃, はこの, はこんな, はたしかに, はつきっきり, は家, は溝淵氏方, は珍しく, は突然, は見, は高弟一同, を訪う, を訪問, 頗る心能げ

▼ 日待っ~ (37, 0.0%)

5 てい 3 てくれ 2 て下さい

1 [27件] ていた, ていなけれ, ている, ておく, てくれません, てくれる, てくれろ, てごらん, てはったやろ, てほしい, てみ, てみよう, てみる, ても一歩, ても二日, ても帰っ, ても帰らない, ても来ない, ても竹垣, ても音沙汰, ても頼ん, て下さいません, て今度, て呉れ給え, て居る, て戴きたい, て頂けませんでしょう

▼ 日~ (37, 0.0%)

2 のもの, も三日路, も横

1 [31件] か, が三日, この街道, たらずの, で, である, であるが, で丹治, で帝駕, で有名, というくらいのところ, といつた, といわれ, としてもらく, のところ, の山越え, の山間, の旅, の旅人, の本庁, の樂, の背中, ばかり辿っ, ほどはござりますれ, も六日路, も外, も奧, も道ノリ, も離れた, を, を経

▼ 日遊ん~ (37, 0.0%)

3 で行 2 でいた, でゆく, でゐる, で帰る, で来よう, で行く, で見たい

1 [20件] でいこう, でいっ, でいらした, でいる, でおい, でくれます, でしまおう, でもいい, で一緒, で参らう, で又, で大阪, で安場, で暮す, で来る, で行かう, で行かない, で行こう, で行ったら, で西

▼ 日ばかりも~ (36, 0.0%)

4 前の

1 [32件] うかうかと, かかった, この旅, させられるの, たってからの, つづいた, つづけて, なかった, ジメジメと, 來ず, 前から, 前からすつかり, 在京し, 外出し, 居る積, 岸本は, 彼の, 彼は, 日が, 朝夕顔を, 根よく, 留守に, 経った頃, 経つと, 続いた, 続いて, 続けて, 蛇の, 見なかった娘, 足踏みしなかった, 郷里で, 鬚を

▼ 日仕事~ (36, 0.0%)

5 をし 2 をした, を終え

1 [27件] がない, が始まっ, ですぜ, でよく, にかかります, にばかり坐っ, に來, に出られなかつた, に参与, に行く, のキリ, の事, の切上げ, もあぶれとる, もせず, もない, をお, をおえ, をさがしました, をさぼっ, をしない, を休まし, を休む, を休ん, を怠れ, を終, を続け

▼ 日~ (36, 0.0%)

2 のごとく, のとおり, の如く, の神社

1 [28件] になく鈍い, によってしたたか酒, によって二条, によって孫, によって宝, によって少佐, によって正午近く新聞, のあさの散策, のごとく聞し召し過ぎ, のやう, のよう, のエガアトン, のサン・ドニ, のポスター, の中庭, の口調, の如く三人, の如く二人, の指導役, の暗殺未遂事件, の本, の検事, の祝辞, の稽古, の船中, の通り晴朗, の関東震災, の青年矢部

▼ 日~ (36, 0.0%)

2 には前借り, に家

1 [32件] です, で花見, なの, にいました, にいる, にお送り, にお願い, にこれ, にとじ, には出, には又, には大抵, には帰らう, には音信, にまた, にハッキリ, に一代集, に出発, に又, に御, に復, に必ず, に来, に来る, に歸京ら, に毛, に海外, に用事, に篤と, に絶食, に開くべからず, のニウス

▼ 日即ち~ (36, 0.0%)

3 チベット暦の 2 河北省問題が

1 [31件] チベットの, 一二九九年の, 一日十一日二十一日には, 七日に, 三日に, 九月十九日秋雨蕭条の, 予が, 事件の, 二日十二日二十二日には, 今日は, 今日金を, 十一月二十二日の, 十日二十日三十日には, 同裁判判決, 大佐等の, 大満足, 太陽暦の, 忌避却下の, 日本皇帝が, 東亜連盟が, 權威ある, 殺害の, 民法の, 民法施行と, 汝が, 江戸の, 田丸奈保子の, 神, 紀元節の, 重陽の, 電話の

▼ 日近く~ (36, 0.0%)

2 なって, もかかっ

1 [32件] いるうち, か, つぶれますと, である, なった, なつて王室, なりし時, にもなっ, にもなった, にもなる, にもなろう, のひた, の大満寺山, の時の間, の月, の桂庵, もこちら井戸, もたつ, も外, も山旅, も後れ, も手, も滞在, も病院, も續, も脱衣場, も轉, を過した, ブラブラし, 待った甲斐, 経っても, 行って

▼ 日~ (35, 0.0%)

4 たちに 2 て帰る

1 [29件] じょうは食糧が, ぢめられる, てくれ, てその, てまた, てみます, ても海, ても間に合う, て佐賀, て備後国, て四人, て客, て室積, て帰京, て彼ら, て木曽路, て東海道, て松山, て消息, て病人, て見せる, て豊前国小倉, て身体, て金, て長崎, て駈けつけ, はゆる, 二日いし, 十日いた

▼ 日からの~ (35, 0.0%)

2 ことを, 私の

1 [31件] あこがれが, お手紙, ことで, ことでございました, さまざまな, たれ死にで, スケッチで, マチネーを, 三郎は, 京都市主催の, 分, 分を, 切符配分, 名古屋は, 妙な, 彼女の, 愛讀書で, 授業開始を, 日劇は, 根元的な, 横浜興行の, 煙ど, 生活に, 発熱だった, 盛況は, 稲祭いわゆる, 総攻撃, 行事として, 親子の, 謹慎に, 遅配な

▼ 日十日~ (35, 0.0%)

4 と日 2 と程をふれ

1 [29件] あるいは半月以上, とこの, とすぎ, とそうそう, とその後無事, とたち, とたつ, とつづけ, となっ, となる, と延び延び, と日数, と滞在, と立つ, と経っ, と経つ, と逗留, と過ぎ, と過ぎました, と間, になった, に及ぶ, の土曜日曜, の夜, の間, は厭, は逗留, また半月, を過ぎ

▼ 日あの~ (34, 0.0%)

2 時この, 河原に, 足あとを, 頃の

1 [26件] チョビ安が与吉にとって, 事件の, 人の, 叔母さんが, 場所まで, 大騒ぎです, 学校の, 店を, 手代の, 方と, 方に, 日にも, 時を, 時鎮守の, 暴動の, 森の, 茶店を, 荒れの, 藍袴を, 親娘の, 近江八幡の, 関東大震災は, 雨の, 雷雨の, 馬車を, 騷ぎが

▼ 日したら~ (34, 0.0%)

4 また来る 2 何か, 記事も

1 [26件] うまいだろう, お宅, お店, お父様, きっと蔡州, こういうこと, この船, それこそ, それも, どうにかなるだろう, なんでも, よいだろう, わしも, セヴィラの, モロー彗星に, 又何処, 夜う, 安治は, 小田原に, 帰館する, 患者を, 牢屋から, 直き, 自転車を, 行らっしゃる, 解決が

▼ 日にな~ (34, 0.0%)

12 つても 2 つてやつと

1 [20件] つた町は, つて, つていざ, つてお, つてから, つてまさかに, つてエリスは, つて兵を, つて女は, つて平次は, つて弟の, つて忠之は, つて明日正午リヴァプールに, つて月窓の, つて東北島の, つて氏が, つて永代近くから, つて社會面に, つて空は, つて結つておいでに

▼ 日ふと~ (34, 0.0%)

2 手許に, 気が, 良からぬ

1 [28件] かの十坪, この蟹, そういう, やまひ, 三年まえ, 何かの, 出であり, 前ぶれも, 君枝が, 大根おろしが, 宗兵衛に, 心に, 思いたって, 思いついて, 思出した, 想い出して, 指を, 指折りかぞえ, 机の, 東海道の, 気がついた, 氣が, 納屋を, 老が, 考えた, 菩提寺に, 言ったこと, 道助は

▼ 日二晩~ (34, 0.0%)

2 のあいだ

1 [32件] かかった, くらいは吹き荒れ, しとしとと降りつづけた, すぎても, というもの, と云, に及ぶ, のこと, のみあかして, の不眠不休, の協力, の汽車, の生活, の評定, の距離, の間, はなんと, ぶっ通し, もつづい, も寝通した, も歩き, も汽車, も絶食, も考えた, も長い, やりつづけても, をそこで, を天幕, 口惜し泣き, 浮んで, 考えつづけました, 考え抜いた揚句

▼ 日~ (34, 0.0%)

3 に出, へ出ない 2 で文, へ出ず

1 [24件] あの五六年以前, お説教, で力蔵, で労働, で聾唖者同志, で遊ん, ない, にいる, にうろうろ, に出で, に立っ, の凌雲院, の怪しい, へ出, へ出ぬ, へ出られた, もかう, より帰りがけ, をあるい, をぶらつい, を歩い, を遊びまわっ, を遊び歩い, 戴いて

▼ 日清日露~ (34, 0.0%)

9 の両 3 の役 2 の戦争, の戦役, 両役, 両戦役

1 [14件] そして第, とも従軍, と二つ, と二度戦争, の二大戦役, の兩大戰, の兩役, の国難, の大, の大戦, の戦, の戦役当時, も両方, 第一次世界大戦

▼ 日かかる~ (33, 0.0%)

3 そうです, のである 2 と思う, のか

1 [23件] かそれ, かとても, かも知れません, からである, からどうしても, か測り知られない, ことだ, ことは, ということ, ところに, として御沙汰, な, なんてこと, ね, のが, のだ, のでありました, のでしょう, んです, 千里の, 日の, 道のりの, 長い旅

▼ 日とて~ (33, 0.0%)

2 はござりませぬ

1 [31件] ございますまいわたくし, じっと一万三千余人, そのありがたい, はなはだ不吉, ゆるがせには, ベルと, 世上に, 人々を, 休みなく, 保てませぬ, 孔明を, 守備なく, 安き日, 安心し, 小さい合戦, 居て, 徒食に, 心は, 忘れ申したこと, 思い浮べ上げぬ, 憂暗なお, 所と, 曹操の, 朕が, 朗らかな, 油斷を, 猶予あるべきで, 秤を, 自分の, 長い長い戦場, 霧の

▼ 日にか~ (33, 0.0%)

2 その歌

1 [31件] あの汽車, かかる組織的政治機構, かつて自分, ぎるのださうです, この自分自身, これらの, へす, へりぬ, へる, わたくしは, 其跳梁を, 君は, 國へ, 大和を, 天風起り, 帰らん, 帰れるかも, 彼の, 必ず汝, 悔い改めん, 更に相, 曾つて自分の, 本家の, 杉村は, 来ると, 胡虜を, 自分たちも, 良い本, 英国への, 行はれる, 面し得ると

▼ 日までも~ (33, 0.0%)

2 持つて, 此儘で, 続いた

1 [27件] あの男, お前方, お忘れない, お忘れなく, こんな人, その議論, なほその, 一切知らせず, 世間を, 仇に, 凹込んで, 地下に, 埒が, 宅に, 安心な, 居りませんで精進物, 帰って, 庭の, 想い起させるよう, 春心地する, 未練が, 此方を, 沙汰が, 生きて, 続きそう, 續き, 足を

▼ 日經つて~ (33, 0.0%)

7 からでした

1 [26件] からあけ, からある, からつく, からで, からのこと, からの事, から上役, から下男, から漸く, から無論, から私, はじめて學校, も, もお前, も七寸, も五日經つて, も十日經つて, も品, も四日經つて, も埒, も歸つて來, も歸ら, も蓼白, も賣れ, 又喧嘩, 返して

▼ 日たり~ (32, 0.0%)

3 ともその

1 [29件] とあなた様, とそれ, ともこれ, ともこんな, ともそのまま, とも休んだ, とも入牢, とも地方, とも安全, とも家兄, とも意気沮喪, とも我, とも此, とも無事, とも生き, とも疎か, とも稽古, とも街道, とも解放, とも諸君, とも飲まず, と仕え, と兵馬, と安閑, と尊氏, と忘れた, と無為, と熄ん, と生きのびん

▼ 日なれ~ (31, 0.0%)

2 ばなり, ば一分, ば精霊棚

1 [25件] どごく, ども日本船, ども武王, ど特に, ど珍しく, ど空しく, ば, ばあそび, ばいずくんぞ, ばかの, ばこういう, ばその, ばまた, ば一夜, ば人, ば今, ば午後八幡, ば延引, ば心配, ば故郷, ば療養所, ば線香, ば記録所, ば誠, やほのか

▼ 日ほども~ (31, 0.0%)

2 寝て, 屯集し, 滞在し

1 [25件] その付近, その曲, たったであろう, とよ子の, 先に, 八橋に, 其處に, 可有, 同居し, 寝込んだという, 忍んで, 段々高まり続い, 母の, 牢にへ, 空に, 経たない中, 経ったころ, 経ってから, 経つと, 続くと, 胸を, 起きること, 遊んで, 遠退いた, 陣中で

▼ 日~ (31, 0.0%)

2 に数

1 [29件] にいろいろ, にかき立て, にくらく, にそこ, になくなっ, にはつきり, に一つづゝとつて行, に一囘辮子, に一度頭髮, に一日, に世人がら, に丹波丹六, に大胆, に山登り, に弧線, に心細く, に描き込み, に時計, に生色, に發表, に益々, に目, に秋, に腰, に苦しく, に貴男, に近づい, に開く, の表

▼ 日露戰爭~ (31, 0.0%)

1 [31件] があ, がすん, がはじまる, が丁度, が起つ, が起つた, といふ山火事, とやつ, と密接, などがあつ, にはその, に奉天, に就い, に日本, に祕密, のすぐ, のちよ, のとき應召, のとき艦, の成績, の折, の時, の起つた, はじまりては, は啻に, は從來, ノ結論, ヲ以テ, ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, 起るに, 起るや

▼ 日にわたる~ (30, 0.0%)

2 大登山, 激戦の

1 [26件] あいだの, せいかも, 作業で, 先祖祭の, 四十八時間ストに, 地震には, 大火災, 大饗宴, 婚儀の, 山上の, 御評議, 怪事件ならびに, 惨憺たる, 戦捷と, 暗黒生活によって, 検討の, 激戦中前田父子の, 牢獄生活これを通じまして, 絶食である, 膠着戦が, 船中滞留幾週間にわたる, 荒涼たる我が満蒙, 荷送りを, 遠征に, 関東遠征に, 頃である

▼ 日はじめて~ (30, 0.0%)

1 [30件] お泊り, それまでの, それを, のこと, インド・フーグリ河口に, ソヴ・キノの, 世界を, 伐りに, 伸子は, 位置を, 出席し, 告げぬ, 和一郎夫婦も, 妻を, 山の, 店を, 彼も, 明瞭に, 春らしい, 朝の, 本飛行, 海に, 無事の, 見た, 説明演説に, 近づいた女房, 電車に, 顔をや, 鮭を, 鶯を

▼ 日~ (30, 0.0%)

3 御碕

1 [27件] 七ツ時分ニナッタカラ虎ヘ, 事数人ヲ, 内ニ上納, 内一月, 出家ニ実物取, 前は, 午後一時カラ二時, 午後二時頃予ガ寝室デ, 午後最, 夜本所, 姿ノマヽニ保存サレテイル, 姿ヲシテイテ予ハ現在, 後ニ, 御贄ニ供ストアリ而シテ現今本邦ニテ主トシテ用イラルルハ, 日曜カラ約, 晩ニ僕ハスデニ木村ニ対シ淡, 晩ニ後楽園ジムニ東洋フェザー級タイトル・マッチガアッタデショウ, 晩先月ノ, 朝デアッタ僕ハ木村ガ来タノデベッドカラ起キ上ッテ茶, 朝颯子ガ何ノ, 水曜ニ帰ルト云ッテイル, 無事アルヲ, 無理ナ, 由山巓ニテ呼ト云ヘ, 神を以て, 誤リニテ, 閉門デ

▼ 日七日~ (30, 0.0%)

2 と過ぎました, の仏事, の暇, の香華

1 [22件] から八日, つ, と, というところ, と朝五・四位, と煩雑, と立つ, と餌, になっ, に仏像, に延長, に経巻, のあ, の両日, の内, の法要, の誦経, の餓, も漾ひつ, 両夜, 寝ましたなら先立つもの, 帰りゃあせず売るもの

▼ 日想観~ (30, 0.0%)

2 [14件] が緊密妥当, である, なら, において観じ得た, に合理化, に当る, に最, に続く, の内容, の様式, の風習, もやはり, を行ずる, 及び次

1 を思はせる, を思わせる

▼ 日想觀~ (30, 0.0%)

2 [15件] が緊密妥當, である, なら, において觀, に合理化, に最, に當, に續, の内容, の樣式, の風習, もやはり, を思はせる, を行ずる, 及び次

▼ 日立っ~ (30, 0.0%)

1 [30件] てい, ていた, ている, てから, てからであった, てからの事, てから去年, てから岡田, てから来た, てから蔀君, てから返事, てしまっ, ての日ローズ, てもよく, ても一枚, ても三日, ても二十日, ても二日, ても何, ても女君, ても生, ても至極, てアメリカ, て善い, て居る, て引き, て或, て新橋, て死んだ, て飯田さん

▼ 日迄に~ (30, 0.0%)

2 して

1 [28件] あと三日ね, この秘密, しなければ, すまして, なりそう, まとめて, 一反半を, 何とか考へる, 出来そう, 利子を, 到り度い, 四回矢継早に, 堤防を, 完成し, 届けますから, 彼の, 復職願い出でられたる, 意見答申すべし, 手に, 数回に, 昨今頻出する, 是非掲出し, 来たお, 砂糖と, 私は, 答申せよ, 記者宛に, 願書御

▼ 日からは~ (29, 0.0%)

2 授業を

1 [27件] いくらたくさん材木, いつもの, なに不足なく, めっきり日, やがて微笑, パパと, 一意専心小説に, 三度の, 仕事に, 公儀の, 城内に, 多賀ちゃんでしょう, 夜具ご, 大雪それを, 寢たつ, 小湊の, 彼岸に, 武藤左京生田右京篠部淡路守津田雅楽助山岡主計頭前田主, 気を, 河内へ, 用事に, 相良十吉の, 見るの, 評定所で, 議会へ, 道を, 静電気のみの

▼ 日くらい~ (29, 0.0%)

2 前に

1 [27件] かかるから, かかるが, かかる見こみ, ここで, してから, であったろうか, で帰れるでしょう, で止むが, で死し含水炭素殊, なら立てられる, まえに, 前, 前だって, 前まで, 寝て, 小屋へ, 拘留せられ, 泊って, 煮なければ, 生簀に, 皇帝が, 秘密に, 経って, 経てば, 置きに, 耐えて, 苦しくても

▼ 日ずつ~ (29, 0.0%)

1 [29件] あいだを, あとへ, おくれて, おくれ七草, かきためて, しかも道楽的, ちゃんと見, ふえて, ふくれ行き一日, 休みが, 休みの, 何者かに, 出世する, 咳を, 四十度以上の, 女に, 少しずつ, 山の, 捜して, 数を, 正しく分け, 演題を, 確実に, 積みかさなって, 紅くなっ, 繰り上げる, 繰返される, 見習に, 辛くなりまし

▼ 日~ (29, 0.0%)

6 かけて 4 かけての 3 かけた夜

1 [16件] いきん二万人以上づつ有由, お帰り, かけたほどの, かけた晩, かけてを, かけ二日, ぬらむ水, のから, 同時に掲載, 摩訶般若波羅密多, 日おくり, 申訳を, 続いて, 誘われて, 送って, 飛ぶの

▼ 日よりも~ (29, 0.0%)

1 [29件] いっそう恋し, すさまじい群衆, たしかに明るく, つて産れた, なおの, なお更身, ひとしおあ, まだ弱い, もっと悲しい, より親切, 一倍ざわめき, 上に, 中日の, 余程おそく, 來るべき, 寧ろ求め得る, 強く四日, 急なり, 恐しいと, 暖かい, 月に, 月の, 濃く日, 猶更身, 産日の, 痛切である, 精に, 貴しと, 遠く彼女

▼ 日延ばし~ (29, 0.0%)

4 に延ばし 2 にした, に私

1 [21件] たりした, てあげます, てこっち, てそれだけ, てはと母, ても仏滅, て信長, て呉れた, て売れ残り, て広田さん, て御馳走, て昨日, にきょう, にし, にもなっ, に延ばさせ, に延ばしとい, に日, に漫然と, のよう, 広田さんが

▼ 日~ (29, 0.0%)

11 座の 43 座を 2 座が 1 夫婦二人揃で, 座が建つ, 座さんへ, 座で, 座に, 座は, 座も, 座放火事件, 座落成の

▼ 日~ (29, 0.0%)

1 [29件] からも, がそこ, が呼ぶ, が命令, が振向い, が話す, だけ駒, というもの, と前後, なども眼, にあい, に敗け, のうえ, のことば, のよう, の声, の眼, の話, は, はその, はつぶやき, はまだ, はカタカタ, は法衣, は肩, は茶碗, は足, は顎, は顔

▼ 日いつも~ (28, 0.0%)

7 のよう 5 のやう

1 [16件] のと, のとおり保名, の如く, の家, の時刻, の様, の通り, よりは明るい, よりももっと, より一そうさばさば, より激しく, 外出する, 幸ちゃんが, 朝寝の, 私の, 降りる駅

▼ 日とては~ (28, 0.0%)

3 なかった, 一日も

1 [22件] ありません, ありませんでした, ございませんでした, ない, ないの, ない何千人, ない私, なかつた, なかつたの, なくそれ, なく丁度, なく立派, なく食事, なし, ほとんどない, 一年に, 幾ん, 御座らない, 無かつ, 無き身, 真に指折り数, 罕に

▼ 日~ (28, 0.0%)

2 は私

1 [26件] がミラノ, が一人, が京, が心臓麻痺, が私, が聞きつけ, といっしょ, といつ, と共に, につれられ, に請, の喜壽, の喜寿, の弓之進, の急死, の第, の籠, の金箪笥, は, はた, は七十歳, は学校, は我が, は早速, も母, 半嶺

▼ 日英同盟~ (28, 0.0%)

2 によつて, の如き, の締結, は益々

1 [20件] して, だって何, と大学, に関する重要書類紛失事件, のお代り, のせい, のよう, の今日, の勇士達, の好誼, の意識, の時, の軍隊, も気, をやつ, を廃棄, を結ん, を締結, を鞏固, ヲ存立セシメザル者ナリ

▼ 日あと~ (27, 0.0%)

3 のこと 2 になっ, に父

1 [20件] から来させる, だ, でした, ですが, で私, で陽, に, にお立ち, になり, には追, に人質, に吉報, に島, に欧米漫遊, の事, の晩土手下, へゆく, もう一日, よほど催眠剤, をつけ

▼ 日そこ~ (27, 0.0%)

2 に居合せた

1 [25件] で働い, で冷えた, で出来得る, に, にいた, にしゃがん, に坐っとっ, に屯, に来, に眺めた, に突っ, に逗留, に集った, に顏, のアマ, の奥女中, の路地, へおい, へ石, へ粟餅, へ逗留, を発し, を立っ, を通り, を過ぎる

▼ 日であり~ (27, 0.0%)

2 夜で

1 [25件] あるいはまたこの, その中, その期限, その翌日, ながら思, なつかしい日, また二日, また国内, よい夜, 一九の, 且つ楽しい, 二月上旬には, 又お, 同時にまた, 命名の, 娘の, 家で, 尊氏が, 御加勢日, 心を, 日々が, 普通には, 現知事, 長い夜, 雨の

▼ 日もう~ (27, 0.0%)

3 一日と 2 ひと月ねえ, 客が

1 [20件] お前などの, お昼近くであった, 一ぺん訪問し, 一人の, 一枚花の, 五日と, 佳かろう, 六甲の, 勤めた, 四五日と, 夕方近く, 季節が, 手は, 敵の, 日が, 暁の, 暮の, 東京へ, 葬式も, 解熱した

▼ 日~ (27, 0.0%)

7 ていた 3 ている 2 てい, てゐた, て暮す

1 [11件] ていたっち, ていなさい, ていれ, てござった, てみ, て居た, て帰, て店, て暮らした, やうと, タリ起キタリシテ暮ラス

▼ 日~ (27, 0.0%)

5 の影 2 が山

1 [20件] あしければ, が映っ, が暮れた, が照っ, ざしが, てりて, には満身, の出来事, の午前, の午後, の夕方, の天道花, の当る, の暮, はあり, はすぎた, は照らず, をきめ, を置い, 取が

▼ 日~ (27, 0.0%)

3 の吹く, の日 2 の夜

1 [19件] が吹かねえ, が雪, なくし, なく暖, なく近年稀, に追, のたより, のない, のない暖かい, の方向, の烈しい, はいかなる, は強く, もなく, やまず, 吹き浪, 吹けば, 強し, 清く波穏やか

▼ 日あれ~ (26, 0.0%)

1 [26件] から大阪, だけの砂糖, はたしか, は半蔵, は熱, ば, ばいい, ばすっかり, ばそして, ばその, ばと如水, ばと歎, ばどんな, ば一日荊州, ば一般, ば充分, ば十二分, ば十分, ば大丈夫, ば川中島衆, ば田舎, ば相当, ば行っ, ほど懲, までにやられる, 程大

▼ 日すれ~ (26, 0.0%)

3 ば私 2 ば何とか, ば帰っ, ば忘れられぬ

1 [17件] ばお正月, ばお盆, ば会, ば会う, ば会える, ば出来る, ば大概癒, ば姉, ば忘れない, ば忘れられない, ば忘れられん, ば材木, ば止められぬ, ば歩ける, ば癒, ば目鼻, や熄め

▼ 日にでも~ (26, 0.0%)

3 遊びに 2 なつて

1 [21件] いらして, おいで, それを, なりそう, なると, ふいと, 一日に, 二人は, 五六人で, 出会すと, 外出した, 外國へ, 山で, 当たって, 散歩が, 暴動を, 死ぬかも, 発てる, 相当する, 見物する, 通りすぎた場所

▼ 日もの~ (26, 0.0%)

4 言はずとも 2 如く三歳に

1 [20件] あいだくいとめ, あいだ冷静に, あいだ小さな, あいだ急い, へ行く, も言, も言わず, を食わなく, 事だ, 刻の, 時刻で, 様に, 樣に, 源吾とは, 荷造りの, 言はず, 言わずとも, 雨で, 静養と, 食うや

▼ 日~ (26, 0.0%)

9 の親善 2 の間

1 [15件] がつ, が争, のパンパン, の両国, の事変, の係争如何, の協力, の国語がち, の外交上參考, の新しい, の紛争, の関係, は一致, は北支部分, 或は日

▼ 日経ち~ (26, 0.0%)

2 二十日経つ, 二日経ち, 彼女は

1 [20件] て花咲き実, 七日経ち, 三日経ちし, 三日経つ, 二十日経っ, 二十日経った, 二十日経つた, 例の, 十日経っ, 同じよう, 四日経ち, 四日経ちする, 四日経っ, 家にも, 彼は, 彼らの, 柳吉は, 眼鏡も, 紋附も, 茶碗は

▼ 日続け~ (26, 0.0%)

2 て喰, て行きました

1 [22件] て, てかの女, てやって来た, てゆく, て交歓, て同じ, て商売, て来れる, て母親, て毎日, て登った, て相, て碇泊中, て社, て習, て行く, て見, て読んだ, て食わさるれ, て鳴, ば止められない, 用ゆれ

▼ 日露戦争後~ (26, 0.0%)

2 の好景気, の日本

1 [22件] には岩野泡鳴, には戦前, に到っ, に革命, の一つ時, の一時, の世間, の商工業膨張, の商工業膨脹, の急速, の日本人, の満, の社会問題擡頭期, の起業熱, はもうすでに, は個人, は引き続き, は欧州大戦, は海軍, まで活かし, 生き残つた兵士, 間もなく主人

▼ 日これ~ (25, 0.0%)

1 [25件] がこの, が例, が戊辰戦争, で一日, で白縮緬, で終り, という災厄, にかかりきっ, にたいして本国政府, は例, は墨夷, は日曜日, は秋晴れ, は随分, また帰国, も雨後, をイースター, を上司, を労し, を奉れ, を海, を筆記, を考え, を記す, 有るべし

▼ 日さん~ (25, 0.0%)

2 と一しょ, は, を, 懸がる

1 [17件] ありがとうございました, お日さん, が一本松, が出, が照ってる, が落ちた, さえ出たら, ちゃんと見, にかかる, にも當ら, のひかり, の下, は丘, へかかる, ぼやっとし, 出て, 出やすの

▼ 日どこ~ (25, 0.0%)

1 [25件] かでその, かで僕等, かで清遊, かの芝居, かへ伴, かへ散歩, かへ連れ, かへ遊び, からかきれい, からとなく, がどう, で, でそんな, とかで, とも知らない, に行っ, の場所, の家, へか旅行, へも出ず, へ行った, へ行つて, へ雲隠れ, やらお, を何

▼ 日までには~ (25, 0.0%)

2 どうでも, 約束の

1 [21件] あげます, ほんとうの, まだ二日, まだ舶載, やっぱりぎっしりよ, 一ヶ月以上ある, 二三日間が, 今のと, 仕上げるつもり, 何うし, 何日待たなけれ, 全国の, 大冊完了でしょう, 帰って, 必ず切符, 必ず帰る, 書き上げる予定, 淨化し, 相当たくさん, 行きそう, 起きて

▼ 日ゆっくり~ (25, 0.0%)

1 [25件] あの人, いい空気, うちに, おとも, お花見, して, してたいわ, と休ん, と別れ, と遊ん, と野, どこかへ, なすって, 三人で, 二人遊びで, 休んで, 休養いたせ, 休養しろ, 彼女と, 横に, 眠るつもり, 考えたらわたしたち, 花を, 逗留の, 遊ばして

▼ 日~ (25, 0.0%)

2 何の

1 [23件] けがさしかけ, けが張り出され, けが掛かっ, こに, この夕, それより, どこまで, ふを, われは, 二三日したら, 先づ, 光あふれ, 君にも, 在巣, 座をば, 御一緒, 昨日は, 曙の, 月よ, 野を, 高羽焔に, 鶴飼の, 鶴飼橋の

▼ 日乃至~ (25, 0.0%)

3 二日で

1 [22件] 一週間と, 一週間の, 一週間は, 七日間も, 九日置き, 二十五日間に, 二十日の, 二十日間ぐらいを, 二日の, 二週間を, 五日既に, 五日目には, 五日間休止し, 八九日に, 十一日前だ, 十日に, 四五日にわたるを, 四日位續く, 怒つて, 数十日に, 数週間を, 百二十日の

▼ 日卯時~ (25, 0.0%)

12 発す 11 に発す 2 に発し

▼ 日暮らし~ (25, 0.0%)

2 の生活

1 [23件] が鳴い, さて夕刻, て三日目, であって, であっては, である恥ずかし, で始終, で紋付, なの, にて毫も, にはことさら, に多少, に追われ, のこと, のすぐ, の人足, の出戻り, の小説, の日暮らし, の状態, の貧者, の里, の雨

▼ 日~ (25, 0.0%)

2 の天子, の頃, を見よ

1 [19件] が來, が早く, と同じく, と知るべし, に到り, に至る, のころ, の下, の少し, の海, の處, はイエルサレム, までには二十里以上, まへに, より三時間前, を同, を望んだ, を起點, 近き時

▼ 日立つ~ (25, 0.0%)

3 か立たない 2 とそこ

1 [20件] うちに, てからの午頃, てから安藤家, てから行つて, ても道, てやう, て何処, て利安, て利章, て忠之, て梨枝子, て死んだ, て水兵, とその, とまた, と女, と弥一右衛門, と誰, と飾箱, まで弟君

▼ 日すなわち~ (24, 0.0%)

1 [24件] あの事件, おひな祭り, この冬, この地方, クリスマスは, デセードを, 五月一日に, 八十八夜を, 六十一日目に, 六日から, 十八日の, 古い聖燭節, 大王悲境の, 夫人の, 方式の, 昨日の, 正月十五日が, 正月十五日の, 病人が, 神送りの, 約七十七パーセント, 重陽の, 霜月三夜という, 青々の

▼ 日であっ~ (24, 0.0%)

2 ても江戸

1 [22件] たりまたは, てお, てこの, てその, てそれ, てみれ, てもこの, てもこれ, ても山, てわたし, て一日, て一直, て共に, て各項記事, て思わず, て末永支配人, て柿の木, て極楽寺, て番町, て着く, て途中私たち, て野山

▼ 日のち~ (24, 0.0%)

7 のこと 2 に, の朝

1 [13件] か見当, じゃない, にはもう, には赤外線テレヴィジョン装置, にまた, に三百人, に機械, に警察, に近付いた, のでき, の二十六日, の土曜日, やうど三日前

▼ 日まだ~ (24, 0.0%)

2 盆提燈の

1 [22件] お気持, その屋台店, 五つだった, 北へ, 夜の, 太陽の, 将軍家の, 山門の, 店の, 復興も, 手入れも, 日の, 机竜之, 来ないか, 東京を, 経たねえん, 結婚も, 良人から, 釘づけ, 高きに, 高し, 黄昏にも

▼ 日七夜~ (24, 0.0%)

4 の間 2 の法要

1 [18件] というもの酒, に及んだ, に逮びて, のあ, の祈祷, の間神意, の間籠, もまるで, も坐つた, も戦つた, も毎夜, も焼けつづけた, も踊り狂い, を, を舟, ヲ歴, 泣き続け遂に, 燃えに

▼ 日~ (24, 0.0%)

3 御蔭

1 [21件] を始め, を子規子, を短く, を記せり, 久精撫一本云々と, 内六度, 処御, 午後やうやう, 命に, 夜, 妻と, 御暇, 御蔭といふ, 御蔭とは, 故惜暮, 暁天に, 本六十余州, 本六十余州政道, 本將軍, 本荷狂業須流奈痴廼漢人, 遠慮引いた

▼ 日同じ~ (24, 0.0%)

1 [24件] ひどさ, みさきで, ように, 円山公園の, 刻に, 刻限だ, 双紙の, 問題に, 姿の, 寄宿舎に, 建物に, 所なり, 時に, 時刻ごろ一方の, 時同じ, 机の, 村の, 様な, 橋を, 法廷で, 泥濘中の, 淵の, 處に, 車を

▼ 日~ (24, 0.0%)

4 る時 3 る家, 時或

1 [14件] る一隅, る場合, る所, る時に, る用件, る男, る禪寺, る秘命, 人が, 処へ, 屋敷の, 時わが, 時行かむ, 物を

▼ 日~ (24, 0.0%)

2 の上

1 [22件] がかかつて, が三月, が今日, が懸っ, の, の丙申, の反逆的, の同人, の日, の百助, の頁, の領域, はいつも, や目覚し時計, をめくり捨てる, を一枚一枚, を今日, を毎日一枚, を繰る, を閲し, を閲したら, 入春韶徒馬齢

▼ 日発行~ (24, 0.0%)

125 の第 2 となっ 1 では, というの, の二巻十一号, の明治新聞, の東京新誌

▼ 日~ (24, 0.0%)

2 たって, たつと

1 [20件] たったある, たってから, たつて, ちかく槭, つづいた, つづいた後, 来て, 立つた, 立つと, 経ちますと, 経ちまする中, 経った八月二十七日, 経った或, 経った時, 経った頃, 経つと, 続けるさ, 行けと, 進んで, 遅れると

▼ 日~ (24, 0.0%)

2 の関係, 両艦隊

1 [20件] が衝突, しか知らない, によるアジア全体, に寄つて踊つて, のこと, のダンス, の主力艦隊, の各, の国交, の国旗, の実, の親和, の間, の風雲急, を持つ, を搗いた, を食はず, ノ水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ, ノ紛爭, 若し戦は

▼ 日限り~ (24, 0.0%)

3 の取 2 もある

1 [19件] が来, この世界, つまり四月十三日限り, でたくさん也, でとどこ, で三日目, で何, で出, で立ち退かされる, で舞台, という, といういろ, といふいろ, と断じて, の人情, の略, の船頭, 我とは, 止めて

▼ 日露戦役~ (24, 0.0%)

2 に出征

1 [22件] で名高い, で戦死, において敗衂, に従ってあらゆる, に撃沈, に生き残った, に金鵄勲章, に関するいろいろ, のあつ, のとき, の出征記念, の勇士, の当時, の後, の志士沖禎介氏, の旅順攻撃, の直後, の終った, の闌, の際, を経, 果て満

▼ 日かは~ (23, 0.0%)

3 春に 2 あらゆる同人

1 [18件] あの姿, お通, かかる, ほとんど寝る, 一度, 之れ, 家臣同志の, 必ず, 必ず返報, 投り出し, 文字通りおちおち, 来るだろうと, 毎日夜中の, 温泉こそ, 當邸の, 話を, 顔の, 食べるもの

▼ 日などには~ (23, 0.0%)

1 [23件] おチエ此方, お島, きつと, ずいぶん気の毒, そこらの, その家, とんで, よく山麓, プディングが, 七八遍も, 何かの, 例えばビーズ刺繍, 幕を, 庭の, 彼は, 瓦甍粉壁が, 看護の, 秋からの, 舞台据え, 診察室の, 近所の, 遠い本所, 齢相当の

▼ 日なる~ (23, 0.0%)

42 が如し

1 [17件] がごとく, ことその, ことは, ぞということ, ときは, より連想, らん半ば欠けたる, を知らず, を知らない, を知る, 事を, 可から, 感は, 故にこの, 日は, 盆と, 農奴解放

▼ 日にて~ (23, 0.0%)

4 足れり

1 [19件] ありなば, あるぞ, あるぞよ, はじめて稽古場, めいの, 候ふ, 候も, 全滅する, 参り候儀, 同じく晴れ, 学校も, 手引き難く, 無くば, 百兩ばかり, 蔵画を, 足れりと, 足れりという, 足れり一日, 鑢に

▼ 日ほどは~ (23, 0.0%)

1 [23件] その宿, てんで何事, なにごとも, ほとんど食事, 二人の, 働きに, 優しくいたわっ, 充分仕事, 動いた事, 喋つ, 夕食は, 多少兵馬, 存分ご, 山小屋に, 彼も, 旗を, 柵の, 疲労しきっ, 経過し, 遅れ申そう, 雑記帳へ, 食わず飲まずでお, 鬼の

▼ 日をもって~ (23, 0.0%)

1 [23件] ワルシャワを, 一切は, 一年に, 一段落だ, 不成就日, 審議を, 忌を, 恭しくこれ, 接収を, 教育勅語が, 方沢に, 旅順を, 期限と, 死滅した, 生る, 白石は, 秀吉は, 第七臨時議会, 臘を, 訊問を, 評議の, 邦夷は, 開戦と

▼ 日伸子~ (23, 0.0%)

2 は蜂谷良作

1 [21件] が買える, が長い, と蜂谷良作, にとっては一日, にとって思いがけない, はそんな, はよこたわっ, はショール, はペンネン通り, は午前, は口数, は庭, は弟, は待ちかね, は従妹達, は楢崎, は母親, は湯あがり, は珍しく, は苦しみ, は貰った

▼ 日張博士~ (23, 0.0%)

2 が熊川忠範

1 [21件] がどこ, が多少, が客, が屋敷, が返事, といふ男, と連れ, に返す, の呼ぶ, の山荘, の意向, はこの, はさ, はさつき, はそれ, はもう, は二人, は熊川忠範, は訊かなく, も熊川忠範, よりもずつと若々しく

▼ 日支事変~ (23, 0.0%)

2 のため, の当初

1 [19件] がはじまっ, がはじまつ, が始つた, が始まっ, が実は, が焼けひろがる, という歴史的空前, と共に一片, によって日本, に遭っ, のはじまりかけた, の中華民国, の波, の真, の記事, の遠因, はまだ, は秋以後, を遂行

▼ 日秀吉~ (23, 0.0%)

2 は石垣山

1 [21件] が全, が利家, が大, が明け, が諸, に従う, に暇乞い, のかい, の下向, は, はたつた, はわざわざ, は家康, は小松寺, は拝命, は本営, は楽田, は沁, は沼津, は総, も立ち会っ

▼ 日私たち~ (23, 0.0%)

2 のため, は完全

1 [19件] がパリ, が一足遅れ, が夕食, が通行人, とともに棲みました, の卒業式, の家, の職業, はいつも, はダウンス, は万屋, は久しぶり, は公園, は夕日, は汽車, は熱田, は赤城神社, は路傍, は電車

▼ 日送り~ (23, 0.0%)

4 をし 3 と言

1 [16件] ができたであろう, でござんす, といっ, と言う, などを話し, に, に面白い, に馴れました, はどんなにつれづれ, も, もそれで, も既に, を, をした, をしよう, をする

▼ 日と共に~ (22, 0.0%)

1 [22件] いよいよ重なり行きぬ, その價値, 事実化され, 亡び行く, 亢奮の, 加わった, 天下に, 完全麻痺に, 広々と, 徐々に住み馴れた, 我また, 月と共に, 有力と, 歩いた, 深くなり, 荒くなり, 落ちた, 蔓延し, 起き, 都市の, 防衛殲滅論の, 馬に

▼ 日などに~ (22, 0.0%)

1 [22件] しばしばあて, じっと聴い, どうかする, ひとみに, 仲間を, 団子坂の, 土地の, 土間に, 在から, 外へ, 多く群つて, 屋外へ, 展望を, 山と, 店の, 机に, 番小屋の, 白峰見えず, 神輿が, 若い男女, 諸生, 酒に

▼ 日ならず~ (22, 0.0%)

1 [22件] お調べ, この土地, てうらら, どこかへ, やがて發見, 二人は, 二日ならず, 全快した, 再び訪, 出征すべき, 出雲街道は, 山また, 平家の, 彼を, 御快癒, 復った, 智勇兼備の, 村はずれの, 水に, 江戸の, 立派な, 鼻の

▼ 日~ (22, 0.0%)

9 と晩 2 の谷

1 [11件] と日, と晩あっし, と晩マジマジ, と晩八五郎, と晩專次, と晩江戸中, と晩經つて, と月, のわだかまり, の噂, の輿丁

▼ 日初めて~ (22, 0.0%)

1 [22件] あったかるい情な, ただ一人上海, シュークリームを, 両軍, 僕は, 先生の, 六・六, 出づる時男子, 小菅刑務所より, 彼女に, 掃除した, 民子を, 知った, 耕海入道と, 聞かされたの, 聞き知ったの, 脣と, 自分の, 見知った仲, 赤坂の, 霜が, 面会に

▼ 日~ (22, 0.0%)

2 あらしが

1 [20件] びけ過ぎといった, へんな, み軍, 天井によって, 奥様は, 拷問にかけて, 振舞いを, 旗小旗が, 日本帝國海軍大佐櫻木重雄本島を, 日本聯合青年団第, 暴風雨が, 湖を, 真面目で, 眼を, 結, 都督の, 雨降り大川の, 雷が, 食堂での, 高名の

▼ 日~ (22, 0.0%)

1 [22件] が授業, である婦人作家, との夫婦, と共に一旦, のみならず, のみよ子, の凜子, の妹, の実家, の本当, の見えない, の骨, はいかにも, はなにか, はコバルト, は半ば告白, は殊, は母, は突然, は見舞, を見舞わなかった, 初枝

▼ 日~ (22, 0.0%)

4 いた 2 きて

1 [16件] いて, いての, いても, きました, きヘクト, き三日續, き陣中, くか, くと, く二日目, けて大風, けて興行, けて見張, けば, け樣, 知らしめすべき王

▼ 日華洋行~ (22, 0.0%)

6 の娘 2 の大

1 [14件] がどんな, といひます, といふの, と云, に通勤, の主人, の主人井元安吉, の主人陳彩, の前, の受附, の宿直室, の店, の營業成績, へ通勤

▼ 日遊び~ (22, 0.0%)

2 にきた, に來, に来た

1 [16件] から帰つて, つづけて, に出かけ, に来, に来たら, に来ない, に来なかった, に来なかつた, に行った, の浴客, 廻った, 抜いて, 暮して, 暮らして, 疲れた孫, 続けて

▼ 日あし~ (21, 0.0%)

2 ぞ炎, なり欅, にあり, 立ちたる

1 [13件] がかげつ, が短う, が長く, でさえもなか, なりけり, の暖, の長い, はどんどん, は日毎, もやはり, も木曾, をたゆたっ, 選り来て

▼ 日とともに~ (21, 0.0%)

1 [21件] うすれて, そうしたよろこび, だんだんその, つのって, つのりゆきます, つよくなり, ますます頻繁, 一団の, 全市は, 出でて, 増しまた, 始まって, 完成され, 強くなる, 忘れること, 最後に, 深められて, 激しさ, 濃度を, 衰運に, 透きとおるの

▼ 日において~ (21, 0.0%)

1 [21件] いよいよ公, その成業, その次, である, ほんのちょっぴり, わたしは, 二つが, 人々は, 其を, 形の, 彼ルーズベルトは, 悪ズレ, 慣例格式たる, 支配の, 春風百花を, 民心に, 浴澡す, 申さば, 記念の, 遂に評定所, 金沢地方裁判所に

▼ 日によっては~ (21, 0.0%)

1 [21件] ずウ, その樹脂, また浅間, まるっきり無感覚, ボラが, 一行か, 三留野泊まりの, 二回も, 六時間です, 千人の, 午後に, 夏の, 昼は, 気持の, 生徒に, 直に御, 稼り, 裏の, 速記者も, 隣村山口湯舟沢からの, 馬力の

▼ 日~ (21, 0.0%)

2 の心

1 [19件] が死ぬ, が死ん, と露人, に会わず, に會, に誘はれ, に逢わん, のさかしら, の上, の名, の妻, の家, の居ない, の居らぬ, は月, は驚かされるであろう, を使っ, を帳, を慰め

▼ 日休ん~ (21, 0.0%)

2 でいた

1 [19件] であたり前さ, でいる, でから十二月十七日, でしまう, ではまた, でまた, でも大丈夫, でやろう, で一つ爲事, で元気, で八日, で寝てた, で居らっしゃいます, で山々, で田植, で直ぐ, で私, で考えた, で養生

▼ 日~ (21, 0.0%)

3 の中 2 は霧

1 [16件] にむかっ, に入り, に籠つて, に遊ぶ, の学校, の寫生, の段々畑, の湯宿, の獣物たち, の空気, の茶園, は商用, をおり, をくだる, を驅, 曇りと

▼ 日~ (21, 0.0%)

3 の下 2 に就き切りである, に居た, の中

1 [12件] にあり, にいた, につい, についた, について居た, につく, に就いた, に居りました, のなか, をしい, を出で, を敷い

▼ 日~ (21, 0.0%)

2 にある

1 [19件] からしらせ, から人, から文政癸未, から水, だつた, では記念会, で行なわれた, というの, と云う, の, の人, の印章店, の子, の裏, へ出る, へ通う, や村, を出た, を通る

▼ 日~ (21, 0.0%)

1 [21件] かに会, からも邪魔, か客, か来客, か汝, が殺した, が甚, が解い, が言つた, とも口, と此方, にも見付けられない, によってかこれ, に教えられた, の処, の日, も乗らぬ, も使った, も手, も訪れる, 某宅

▼ 日足らず~ (21, 0.0%)

3 のうち, の間

1 [15件] で出られる, で彼女, で着きます, で起き, に植えた, に達する, の, ののち, の入院中, の姉, の山住居, の早づくり, の生命, の目, の行程

▼ 日との~ (20, 0.0%)

1 [20件] あいだに, お手紙二つ枕, こと, ことである, ようなかがやき, 中間に, 中間六月二十日に, 休日には, 境界である, 境目を, 契約が, 差では, 消印の, 疲れの, 詩の, 話皆, 間に, 関係であっ, 関係は, 関係を

▼ 日にけに~ (20, 0.0%)

2 花は, 茂りゆくのみ, 透る童ら

1 [14件] そだちつつ, まさり行きて, 増さり行きぬ, 寂し夕焼け, 寒し雀, 川の, 我に, 深くなり, 痩せ衰, 老ゆらく, 行けど, 雑木の, 雜木の, 雪の

▼ 日ばかりが~ (20, 0.0%)

3 続いて 2 続いた

1 [15件] つ, なんという, 千世子を, 戦争では, 私に, 經つてし, 続いたこと, 続いたの, 続いては, 続き苦しい, 続く正月, 過ぎて, 過ぎてから, 重なること, 野面を

▼ 日または~ (20, 0.0%)

1 [20件] いかなる燭, フダンの, 七日で, 中世の, 二十三日まで, 二十日間に, 二日と, 二月十月の, 十一日と, 十七日と, 卯の, 同二十日, 四日あるいは, 場処以外に, 岡の, 改まった力仕事, 月々の, 正月中旬の, 秋の, 葡萄祭や

▼ 日やけ~ (20, 0.0%)

5 のした 3 した顔

1 [12件] かしらと私, したくびすじが, した小手, した小枝, した手, した眼つき, した短い, した背中, した頬, して, と散歩, と酒やけ

▼ 日をも~ (20, 0.0%)

1 [20件] いっさい平等に, お前達が, 争ッた, 仰がず, 俟たで, 八日吹き, 含んで, 待つべし, 忘れぬ, 招き返さむず勢, 持續し得ぬ, 旅をも, 知らねど, 私は, 算入し, 行ひ澄まし, 見るかな, 計られざるに, 詳に, 飛び越え

▼ 日~ (20, 0.0%)

2 だと, に立っ, のこと

1 [14件] きに, と駈け, にこの, に仰せだされたら, に宛て, に帰った, に押し出される, に此, に死んだ, に立つ, のつまり二十日間, の方, の頁, や十日先

▼ 日~ (20, 0.0%)

2 大使に

1 [18件] サナトリウムで, 七年十二月二十五日延徳四年正月二十五日明応元年十二月二日同, 二十九日康正二年二月二十三日など, 二十五日同, 二十六日と, 二年十二月二十日等, 亭会の, 八年九月十二日寛永十九年三月七日安永八年九月晦日に, 十九年壬子十月神祖より, 十九年閏五月七日, 十二月二十一日二十三年六月二十七日同, 字若もの三名午後十時ごろ同じ, 渋江六柳小野抱経石川二陶曁家弟柏軒遊本庄村恒吉道悦二童跟随焉用靖節斜川韻, 県備前国津高郡井原村土井敬一これを, 県出の, 縣出の, 藩士の, 諸子賦

▼ 日月形~ (20, 0.0%)

2 の大

1 [18件] がちらりと, が分らぬ, という, になった, に仕切りたる, に頬, のほそい, のパン, の前, の口孔, の古, の唇元, の欠け目, の疵痕, の眉毛, の穴, をした, 利きが

▼ 日かに~ (19, 0.0%)

1 [19件] なるの, やっと出合った, アガるやう, パリで, 仲間を, 会おう, 何処かの, 大山の, 当って, 旅の, 東京に, 死にました, 痩せたの, 盲腸を, 知世子と, 自殺する, 見えるよう, 都に, 開成山から

▼ 日つづき~ (19, 0.0%)

4 の休暇 2 の休み, の大雪

1 [11件] この雨, そうな, となっ, のお, のよう, の休み日, の休日, の盛事, の風雨, 代官が, 甲子を

▼ 日よけの~ (19, 0.0%)

2 下に, 頬かむりを

1 [15件] かかって, かげに, ひさしを, 下で, 下の, 天幕を, 扇を, 折れたの, 横木が, 檜葉の, 爲めに, 簾の, 色眼鏡によって, 葭ズを, 葭簀の

▼ 日二十日~ (19, 0.0%)

2 と日, と沼

1 [15件] あるいはひと月以上, あるいは一月以上, ぐらいずつか, とお, とつづき, となっ, と立つ, に国会内, の出稼ぎ, の午, は命, は野原, わずかな, をもって死滅, 後れるに

▼ 日今日~ (19, 0.0%)

3 もいい

1 [16件] がすぎれ, こそはいよいよ, に至り病馬, の婦人デー, はこれ, はどうしても, は三ツヶ谷, は写真, は天長節, は常に, は扇ノ山, は正月元旦, は西田君, は郡司大尉, も朝, も雨

▼ 日六日~ (19, 0.0%)

3 と家

1 [16件] となる, と二晩泊り, と千葉方面, と日, と経つ, になる, にわたる地震, の三日三晩, の反乱, の夜二人, の新聞, はパン屋キオスク, は二日, は逗留, もう佳かろ, 来なかったばかり

▼ 日新聞~ (19, 0.0%)

4 を見 2 の文化欄

1 [13件] から議会, で見た, に偶然次, の人, の写真, の永戸君, の海水浴場扇島, の経済欄, の荻原さん, の記事, や朝日新聞, を注意, を読まない

▼ 日正造~ (19, 0.0%)

2 はふたたび

1 [17件] が三番町, が久野, が栃木県会議長, はたまりかね, はまた, は上野館, は事務所, は二冊, は二十四通, は京橋八官町, は去月二十六日, は小舟町, は島田三郎, は議会, は雲龍寺, は風邪, もついに

▼ 日目毎~ (19, 0.0%)

2 に四回麗人, に起る

1 [15件] ぐらいの割, にいくら, にお, にかわっ, にこう, にどんな, に休日, に幾つ, に廻っ, に支払うべし, に盗られた, に襦袢, に見舞っ, に貴方, の庚申

▼ 日~ (19, 0.0%)

2 て後, ぬれど

1 [15件] しから, たり, ていた, てなほ愚痴, てアリス, て再び, て夜食, て弟面会, て後やう, て昨日, て王, て答弁, て行った, て長者, を読ん

▼ 日華事変~ (19, 0.0%)

3 の最中

1 [16件] から次, がおこり, がはじまつた, が始まつた, が最高潮, のこと, のはじめごろ, の始, の始まつ, の当時出征, の戦争, の直後, の起った, の間中, もますます, をもっ

▼ 日~ (19, 0.0%)

2 の日, 深くし

1 [15件] が降, だった, に埋った掘, のはれた, のチラつく, の上, の原, の後, の朝, の降る, の黄昏, もよい, よ霰, を眺め, 降り凜

▼ 日~ (19, 0.0%)

3 りの 2 は張り

1 [14件] しも毎晩, だけな, である, で退院, にも相成, は弛み, は弛む, り, りは, りを, り八五郎, り懸り可, り熱海, り過ぎると

▼ 日あるいは~ (18, 0.0%)

1 [18件] どうかする, ひと月以上も, もつと, 一月以上も, 七日晒され, 七日晒し者に, 三日を, 三日五日と, 三日逗留する, 二日を, 二日後先に, 伯母あるいは, 何十日かかる, 半日の, 半月以上長い, 新暦十二月の, 時によっては, 親の

▼ 日おくれ~ (18, 0.0%)

2 て鎌倉

1 [16件] て, ては容易, ても十四日, てフル釜, て伊那, て勝見, て叡山, て同じ, て正太少年, て青, て青木, でご, に到着, のを, の都立ち, 候

▼ 日さえ~ (18, 0.0%)

5 あった 2 あるよう

1 [11件] ありました, あるの, もって, 傾けば, 吉野の, 当たって, 当らない敷石道, 照れば, 碌には, 立ちます, 見えたので

▼ 日だつた~ (18, 0.0%)

2 か巡

1 [16件] かあの, かね, か其談, が, が今夜, が作業, が午後, が私, けれど海, ことが, ことに, ねお, のでキチン氏, ので室内, ので自分, やうに

▼ 日つづけ~ (18, 0.0%)

2 て酒

1 [16件] てお湯, てくってる, てし, てでは, てスモーリヌィ, て休ん, て同じ, て外出, て暑い, て来た, て来る, て歩きまわった, て生絹, て薪, て降った, て食う

▼ 日ばかりを~ (18, 0.0%)

5 送つて

1 [13件] お送りに, サイゴンに, 伊香保で, 夢の, 浦和で, 無為に, 私は, 経たるある日, 続けて, 送って, 送りつ, 過して, 過しぬ

▼ 日付け~ (18, 0.0%)

2 による

1 [16件] から印刷者, があり, であるから, で吉原, で退学, にし, になっ, のもの, のフィラデルフィア発行, の一年前, の坂本発, の夕刊, の所, の手紙, ははっきり, もみな一様

▼ 日待つ~ (18, 0.0%)

4 て呉れ 2 て見

1 [12件] ことに, てくれ, てくれない, ても歸ら, ても返されなかつた, て下さい, て呉れろ, て見るだ, て貰つて, といふ, のが, やうに

▼ 日~ (18, 0.0%)

8 の命 2 眞若比賣 1 いまだ戸, その國, それ容姿端正し, に娶ひ, に戀, の本名, の船出, 御歌獻り

▼ 日附け~ (18, 0.0%)

1 [18件] がある, がドウ, が確か, さへ, で持妙尼御前名宛, などにもいささか, のハガキ, の一部, の下, はかなり, もなけれ, をし, をもっ, を以てその, を深谷夫人, を読み, 狙つた, 発令で

▼ 日いた~ (17, 0.0%)

2 だけで, のか

1 [13件] かまた, から, かわからなかった, か六日, が最近昔, きりで, ことさえ, ことも, ので案内者, ほどに寂しく, わけです, わけね, 後私は

▼ 日いよいよ~ (17, 0.0%)

1 [17件] サウス・クリパー機の, ジャン, パリ祭が, 上野介の, 今日から, 今日は, 利尻山に, 大坂を, 大政奉還の, 忌の, 明日は, 渡河を, 甲府を, 発向と, 荒んで, 藤原四代の, 開業の

▼ 日かれ~ (17, 0.0%)

1 [17件] のそうした, の中軍, はこんな, はその, はちかごろよく, はひとり, は夕日, は常, は感激, は朝, は机, は森, は玄関, は理髪床, は豆腐, は金, らは

▼ 日とうとう~ (17, 0.0%)

1 [17件] かれの, この老婆, そこの, その一生, その原因, わたしは, 堪忍袋の, 平岡へ, 床を, 怪物の, 最後の, 死んだん, 窮余の, 芹川さんは, 見つかった, 見兼, 雨に

▼ 日一緒~ (17, 0.0%)

2 にいた, に生活, に風呂

1 [11件] でしたが, にい, におれ, にゐる, にゐれ, に伸子, に居ましょう, に暮し, に暮した, に汽車, に音楽学校

▼ 日休み~ (17, 0.0%)

1 [17件] がある, が續, その他布告し, だ, であったが, で次, となり, にし, になった, になつて, のつづく, の日, は続いた, をあたえました, をやっ, を上げましょう, を下さいませ

▼ 日出処~ (17, 0.0%)

2 と称し, の人

1 [13件] すなわち, でありすなわち, であるが, と呼んだ, と日没処, と書いた, にある, の天子, の天子書, の存在, の意, を意味, を指し

▼ 日平次~ (17, 0.0%)

2 は雛箪笥

1 [15件] と八五郎, と周吉, のところ, の手, はこれ程, は下谷, は与力筆頭笹野新三郎, は回禮, は外, は思い入った, は柳原, は皆川半之丞, は盛り, は與力笹野新三郎, は與力筆頭笹野新三郎

▼ 日~ (17, 0.0%)

3 の上

1 [14件] で遊び, で遊ん, にありすな, には大きな, に出, に死す, に行った, のうへ昨日, のほとり, の風, をわが家, を見, 浴する小児, 行く者

▼ 日留守~ (17, 0.0%)

3 にし 2 にした

1 [12件] この時, さしとくわけ, して, するからね, だったよ, であって, ですよ, にする, に致し, をした, をします, をする

▼ 日~ (17, 0.0%)

1 [17件] がその, が遇いました, その妻, という者, といふあり, に遇ひき, の五代目, の子孫, の持ち, の持ち帰りし, の持つ, の渡来, の物語, の系統, の話, はこちら, 逢えり

▼ 日経たない~ (17, 0.0%)

14 うちに 1 うちから, 内から, 内に

▼ 日~ (17, 0.0%)

2 つつ思ふ, てもお, ても若い

1 [11件] てその, てゐよう, て居れた, て居給え, て廻ったら, という山名, らるべき, 又は夫, 張つたよ, 張つて居る, 進らせ

▼ 日~ (17, 0.0%)

2 になる

1 [15件] ぐると, ぐるは, だし少し, にお願い, になっ, にはお目にかかれ, には嫂, には解禁後, に万次郎, に帰る, に日, 両国橋, 二十日過, 其対岸, 藤戸浦

▼ 日過ぎる~ (17, 0.0%)

1 [17件] とまた, ともう, とニュース, と叔父, と大平さん, と女, と富者, と少し, と彼, と必ず, と溝口伊予, と珠数屋あて, と私, と肉, と色, ように, 迄久振り

▼ 日露戰役~ (17, 0.0%)

2 によつて, の當時, はこの

1 [11件] ありて, が明白, で日本, で日清戰役後一時朝鮮, とによつ, に於ける, の數年前, の最中, の最中歸朝, はアジア人, を境界

▼ 日あなた~ (16, 0.0%)

2 のお

1 [14件] がおいで, が我, と暮しました, に会う, に会わず, に書き続け, に来, のタバコ, の所, はあの, は早朝, は留守, は私, を見ない

▼ 日こんな~ (16, 0.0%)

3 ことを 2 ことが, 話を 1 うわさが, に逆上, 好い心持, 寂しいこと, 寂寥の, 日が, 處で, 顔を, 馬鹿気た

▼ 日でなけれ~ (16, 0.0%)

3 ばならぬ 2 ばならなかった

1 [11件] ば, ばからす, ばとっくに, ばならん, ばなりません, ば一曲, ば承知, ば抜けだせない, ば決して, ば見られませんです, ば駄目

▼ 日でり~ (16, 0.0%)

2 の竹

1 [14件] がつ, がつづいた, がつづき, がつづきました, で貯水タンク, にもそれ, に乾いた, はげしく合歓, 久しき時鮫内海, 向ふ, 或は秋冬大風, 續きで, 雨という, 雨を

▼ 日~ (16, 0.0%)

8 はりの 1 づ長光寺へ, はり, はりだの, はりや, へから私, へにはじめて, へに知人, へ此処

▼ 日わが~ (16, 0.0%)

1 [16件] こころは, 世の, 夢, 妻の, 孤立の, 居間の, 屍骸を, 心の, 心は, 想の, 手によって, 狎友唖, 田浦を, 精舎の, 船に, 鳥を

▼ 日一刻~ (16, 0.0%)

4 も早く

1 [12件] たりとも気, として安らか, と流転, のあいだ, のうち, も争う, も安らか, も彼, も惜しい, も無事, も長生き, をゆるがせ

▼ 日三夜~ (16, 0.0%)

2 なりとも, 泣きつ

1 [12件] おりましたが, かかって, さ炎, のあいだ赤, のうち, のご, の疲れ, の眠り, の祈り, も火, を一日一夜, 泣きつづけし事

▼ 日前彼~ (16, 0.0%)

2 はこの, は彼, は掏摸 1 が上総, が焼酎, の留守中, は今度, は依田氏, は偶然, は子, は小田原, は御, は母

▼ 日外出~ (16, 0.0%)

8 して 1 から戻つ, した, したくなかった, したくなかつた, した折, した時, しないで, するので

▼ 日大阪~ (16, 0.0%)

2 は十一月末

1 [14件] から芥川文宛, で遊ん, の中村宗十郎, の初代実川延若, の勝諺蔵, の桜橋交叉点, の牧周左衛門氏, の笹屋, は十二月末, へき, へ出た, へ出掛け, へ行っ, より伊勢

▼ 日~ (16, 0.0%)

1 [16件] が丸, が子供, が来た, と書きつけた, などのタラシ, にし, の命, の寝巻, の神, の脚, はこれ, は一日座敷, は南, は夫, は珍, を見る

▼ 日~ (16, 0.0%)

1 [16件] がしく, にめっきり, に上京, に下った, に丹造, に元気, に八重洲町, に寒気, に彼, に思, に思い立っ, に思ひ立つ, に春めい, に暑, に豚小屋, 角度に

▼ 日支親善~ (16, 0.0%)

4 の代り 2 だけで, の実質 1 が気分, といふこと, に傾き過ぎずや, のため, の必要, の美談, はもはや, を忘れ

▼ 日来る~ (16, 0.0%)

4 日を 2 夜を, 日が, 日は 1 かだ, のを, 人も, 日うつらと, 日の, 気は

▼ 日~ (16, 0.0%)

6 の中 2 のなか 1 が又, に行かず, の二君, の奥, の梢, の母, をば飛びまはる, 青く雲

▼ 日~ (16, 0.0%)

2 のお

1 [14件] が嘘, が御, が折檻, が私, でご, といっ, と黒門, なる恋, に想い, の前, は御, もあそこ, をお, をくく

▼ 日~ (16, 0.0%)

2 の月, 賣の

1 [12件] いたし, からお, から彼, と書いた, なら鯤, には似ず, の月魄, は思ひ, 念じま, 感じて, 親しい曽根源, 逢えるだろう

▼ 日清戦争後~ (16, 0.0%)

2 の日本

1 [14件] でホトトギス一派その他, には日本, には高山樗牛, に起った, に露, の企業熱勃興, の国費, の軍人, は小倉, は戦勝, まも, めくらじま, 当然大使, 特に日露戦争後

▼ 日~ (16, 0.0%)

2 も仰せられず

1 [14件] かくこと, が高お, の催し, も言はず, をもいわず, を云, を書く, を無駄, を食, を食わない, 懶げ, 足らない気持, 足らない氣持, 足りるよう

▼ 日続いた~ (16, 0.0%)

1 [16件] あとの, あとは, か彼, と思ったら, のちの, もので, んだ, 一般の, 後六日目の, 時妙子さんは, 時妻から, 時文吉は, 最後の, 沈黙を, 狂言は, 雨の

▼ 日~ (16, 0.0%)

2 深秘伝

1 [14件] が, だと, には一方, に師事, に成り代り奉っ, に痛切, の張り切った, の書いた, の立ち上った, の花, ほどの偉, ほどの偉物, をみ, 遺弟

▼ 日~ (16, 0.0%)

2 の下, の影, の葭簀 1 にかけ, に隠れし, のかかった, の上, の幕, はこれ究竟, をかけた, をし, を下し, を捲き上げ

▼ 日~ (16, 0.0%)

1 [16件] から閣老部屋, が甘い, との対照, と私, にことさら, にわかたれ, の山, の斜面, の格子戸, の様, は蔭, をたずねる, を出した, を拡げた, を歩く, を編纂

▼ 日~ (16, 0.0%)

3 を見せない

1 [13件] だから, の手入れ, も合わせない, も見せない, を出さない, を出し, を合, を合わせなかった, を見せ, を見せざるなり, を見せなきゃ, を見せません, を見合わす

▼ 日でない~ (15, 0.0%)

1 [15件] かぎり毎日毎日がちゃがちゃと, ために, ところから, とその, と充分, と白馬, と行者, と離縁, と駄目, までもその, 今日彼が, 四五日も, 方が, 日には, 限りすなわち

▼ 日にしか~ (15, 0.0%)

2 ならないのに

1 [13件] ならない, ならないけども, ならないそれ, ならないという, ならない前, ならない新妻, ならない頃, ならぬの, なりませぬ, 出来ないの, 着かぬぞ, 通って, 逢えなくなったという

▼ 日のばし~ (15, 0.0%)

2 にお

1 [13件] てここ, てその, て事務所, て列席, て勧められる, て玄徳, にいい, にここ, にし, にまだ, に待っ, に此, 二日のばし

▼ 日ひとり~ (15, 0.0%)

1 [15件] ではできない, で京町二丁目, で奈良, で机, で水, のふしぎ, の旅人, の旗本, の浮, の画, の若い, の蜀兵, の見識ら, 歩きくらして, 痛む心

▼ 日~ (15, 0.0%)

1 [15件] 不出シテ撲滅シ賊党四方ニ敗走スト, 以テ満, 候テ土中ニ埋, 同シテ語ル可ラス, 待ッテ云々, 待ツテイタカタカナヲ登用スベキ時期デアロウ, 待ツノ止ム可カラザルニ至レリ居ルコト年余偶, 忘ルベカラズ, 曠クシ遂ニ大計ヲ, 特ニ今日ニ選ンダ, 経ルニアラザレバ刑ヲ, 見レバ, 計ランニハ, 迎エタルトキ天帝ハ彼ノ, 送ッタガ

▼ 日ヶ窪~ (15, 0.0%)

1 [15件] から柳生, だぜ, だよ, ってとこさ, って遠い, であり向う, とこの, とやらにいる, とやらの道, の地形, の柳生家, の谷, の辺, へ行く, を立った

▼ 日一杯~ (15, 0.0%)

1 [15件] あるいて, いつもの, えらい目, だのもう, でこれ, に帰る, に帰るでしょう, に必ず, に書い, に里, まで, 寝椅子, 生きた心地, 目立たないやう, 面白い

▼ 日主人~ (15, 0.0%)

2 が私

1 [13件] が店, と私, と称, のるす, の介抱, の代理, の内儀さん, の髪, はお, はブドリ, は外, は細君, を乗せた

▼ 日休んだ~ (15, 0.0%)

2 だけで, 筈だ

1 [11件] が今夜, ぜ, ときの, と有体, ね, のち間もなく, ので工合, 指圧先生来り, 時の, 時学習室は, 馬が

▼ 日働い~ (15, 0.0%)

2 ている, て米

1 [11件] ていた, ているらしく, ては二十日, て一日, て十日, て四十五サンチ, て夜, て疲れきっ, て疲労, て若干, て草臥れ

▼ 日~ (15, 0.0%)

3 の末孫

1 [12件] ありて, が延びた, だとして, という神, と天津久米命, と神武天皇, と野見宿禰, の天, の後裔, は長, を得, を祭る

▼ 日増し~ (15, 0.0%)

2 に多く, に憂鬱

1 [11件] におまえさん, に与八, に伸び, に大きく, に寒く, に弾力, に快方, に根強く, に涸れ, に軽く, の魚

▼ 日宿~ (15, 0.0%)

1 [15件] で臥床, にころ, に居, に帰っ, のお, の主人, の主人等, の亭主, の外れ茶屋, の水差し, の裏, へ帰った, を取りそこね, を取り損ね, を立出

▼ 日~ (15, 0.0%)

3 につかっ

1 [12件] から九代一鐵, づかいして, でも増える, で死ぬ, に親しんだ, の中, の出ない, ばかり見, へ漬け, を汲み, を飲まず, を飲む

▼ 日~ (15, 0.0%)

2 の戦役, の間, の関係 1 の大勝, の役, の戦争画, の戰役, の戰爭畫, の談判開始, は牛丸, も平和, 及び日露

▼ 日生き~ (15, 0.0%)

2 ていた

1 [13件] そしてお, ていれ, てゐるよろこび, て具慧靜, て具戒靜, て勇猛努力堅固, て居れ, て最上法, て甘露處, て生滅, て行ける, 三日生き, 延る思ひ

▼ 日目位~ (15, 0.0%)

1 [15件] かと思います, からは銭湯, からスープ, からボツ, から筆, だったし, でございます, でちょうど, で使っ, に, になっ, にはあき, の或, の訪問, 立つてから

▼ 日耳曼民族~ (15, 0.0%)

3 の神話 2 の間 1 が未だ, に於, の共有, の区域内, の最初, の洪水説話, の祭祀, も亦, をのみ高し, を通じて発見

▼ 日遅れ~ (15, 0.0%)

1 [15件] ぐらいで届きます, てここ, てし, てしまった, ては一日, ても万一, てカトリック, て入っ, て十二月三日, て十月二十九日, て厳島, て本屋, て軽井沢, の新聞, ば一日だけ

▼ 日部屋~ (15, 0.0%)

4 の中

1 [11件] にいた, にこもつ, にとじこもっ, に這入, に閉じこもっ, の中央, の隅, へ話し, へ這入った, を薄暗く, を見

▼ 日あり~ (14, 0.0%)

4 下に 1 てその, て向, て尋ね来, て百二十里, とすれ, とも何, とも見え, 夜あり, 禽は, 霜の

▼ 日きょう~ (14, 0.0%)

1 [14件] から友ちゃん, これからすぐ出かけ, と馴れ, の午後三時二十五分東京着, はほんとに, は七五三, は亀戸, は又, は学校, は浅草観音, は煤, は麹町尋常小学校同窓会, もいい, も朝

▼ 日した~ (14, 0.0%)

2 夜の, 或る 1 お午, ときどうか, ところで, 四月六日の, 夕方だった, 夜清ちやんは, 或午頃, 探梅日和に, 明け方の, 頃が

▼ 日すぐ~ (14, 0.0%)

1 [14件] お別れ, しぬ, と夜番, にお母さん, にせめて, に庭, に浅草, 下の, 学校に, 御座を, 手紙の, 湖上を, 秀吉に, 近処

▼ 日そして~ (14, 0.0%)

2 幾夜か

1 [12件] あの大きな, うたが, きのう届いた, その一晩中, 三千子の, 二百十日そして, 今夜, 東京へ, 此処に, 禁煙二日, 第六十議会解散, 関東震災記念日で

▼ 日たて~ (14, 0.0%)

2 ば承知

1 [12件] ばきっと, ばきっとよく, ばそれ, ばもうほんとに, ばケロリ, ばフランス, ば何, ば出, ば出られる, ば母国, ば舟, ば間違い

▼ 日なんか~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありよう, して, ずいぶん意地, では, もたないそう, パンケーキの, 一晩中駆け廻っ, 全く無一文, 前っ, 待ち切れないので, 忘れて, 思ひがけ, 思ひ出そ, 野原に

▼ 日よりは~ (14, 0.0%)

1 [14件] ずっと軽かっ, だいぶ賑やか, ほかに, ハタと, 一層心地, 一週間ほど, 六日間の, 多かった, 実験を, 捕へらる, 早かつ, 暑くなく, 河岸にも, 餘程元

▼ 日わたくし~ (14, 0.0%)

1 [14件] が池田京水, が阪急電車, に向っ, に細木香以, のお, の夫婦生活, はいつも, はそこ, はふと, は園梅, は洲崎, は虫干, は銅羅, は鹿嶋屋清兵衛さん

▼ 日クリストフ~ (14, 0.0%)

1 [14件] が平素, の末弟, の疑問, は, はとある, はむかっ腹, はもう, はオットー, はコレット, はザビーネ, はフィロメール, は彼, は新聞紙, は自分

▼ 日一晩~ (14, 0.0%)

2 泣きあかしたです

1 [12件] か, でやっと, といふの, に読, の支度, を過ごし, を過した, 揺られ通して, 泊まって, 考えつづけました, 買いきって, 降り抜いた昨日

▼ 日京都~ (14, 0.0%)

2 にて

1 [12件] では大久保利通, で五十二名, で秀吉, にて卒す, に入, に向う, に歿, の宿, の御所, より一枚, を後, を離れる

▼ 日~ (14, 0.0%)

1 [14件] ず三日來, ず二日來, て千鳥, て啄, て見なさる, ないと, に無い, のたつた, の奔走, の雨, りて, り一月, るまで, れば

▼ 日再び~ (14, 0.0%)

1 [14件] リーズ市に, ロンドンに, 中華の, 任命され, 元気に, 好餌を, 小石川を, 左千夫氏と, 往いて, 手紙によって, 時化に, 晨と, 槙島の, 秋草の

▼ 日前私~ (14, 0.0%)

1 [14件] が夙川, が途中, の宅, の方, の誕生日, は, はあんまり, は上海, は大森, は少し, は弁天町, は無茶, は箕作氏, は聞いた

▼ 日夕方~ (14, 0.0%)

1 [14件] から, から三月一日, から食事, じゆん一君, すさき港ニ着船, になつ, になる, のラジオ, の六時, の日, の物, までうちくつろいだ, までロボ, まで私

▼ 日~ (14, 0.0%)

5 の忍穗耳 1 さえかく, と地, にて御す, に声, の堂, の雲, は青々, 曇り風, 陰りて

▼ 日姿~ (14, 0.0%)

4 を見せなかった 2 を消し 1 も見せない, をかくして, をみせない, を現, を見せず, を見せない, を見せぬ, を見なかった

▼ 日~ (14, 0.0%)

7 の城 2 の郎党 1 の二城, の城内, への義理合, よりも宮路山, を越え

▼ 日~ (14, 0.0%)

2 に出, の栗 1 で覚束, に角砂糖, に遊ん, に面した, のあ, のぼだい樹, の立木, は熊手, を散歩, を歩い

▼ 日~ (14, 0.0%)

1 [14件] が貰えた, な日, やねんわなあ, をおくれん, をつぶし, をとっ, をもらっ, を得, を戴きたい, を潰させる, を見, を貰っ, 取ること, 取ると

▼ 日歩い~ (14, 0.0%)

2 ても可

1 [12件] てこんな, てたそがれ, てまた, てみ, てもうける, ても一滴, ても二十日, てゆく, てわずか, てゐる, て居た, て骨折っ

▼ 日清戰役~ (14, 0.0%)

3 の頃 2 によつて, を界 1 があ, と日露戰役, の大, の敗亡, の時, の終期, の結果

▼ 日~ (14, 0.0%)

4 した顔 2 のした 1 がまだ, した少女たち, した逞しい, して, し汝, の跡, の顔, の黒い

▼ 日耳曼神話~ (14, 0.0%)

4 に於 21 が財宝, に見ゆる, の根本思想, の特色, の範囲, の純粋, は然, を距

▼ 日過ぎた~ (14, 0.0%)

1 [14件] ある晩, か夜, がなかなか, と半蔵, 四十日過ぎた, 宵の口仙公は, 後なら, 後下谷の, 或る, 或夜, 晩の, 晩同じ, 真夜中の, 頃である

▼ 日~ (14, 0.0%)

2 のやう, のよう 1 かなんかいる, がたくさん, が食い余し, だ, といふあだな, の如く, はすばやい, はたまげた, を捕え, を見た

▼ 日がけ~ (13, 0.0%)

5 の集め 2 の旅, を集め 1 でフィエン島, で歩いた, で西南バトン潮, と云

▼ 日すでに~ (13, 0.0%)

1 [13件] 久しくこの, 久しと, 二度食事を, 信濃に, 入朝し, 前夜から, 手おくれ, 新野の, 東征の, 没し読むこと, 熱帯に, 罪を, 足利軍五千は

▼ 日だけの~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことでした, こととして, エネルギーが, 不安を, 予定であった, 代役で, 割當勘定が, 小芝居, 得ならずや, 感想で, 我慢で, 損だ, 霞が

▼ 日ちょうど~ (13, 0.0%)

1 [13件] お昼の, お雛さま, シャリアピンの, 今夜は, 同じ時間, 唐崎浜の, 大雪だった, 弥吉が, 彼女は, 御者は, 材料が, 私が, 長男の

▼ 日ばかりで~ (13, 0.0%)

2 済んで

1 [11件] うつしおえました, 全快し, 分裂し, 孵化する, 帰って, 急いで, 息絶えました, 旅に, 死にました, 死んだの, 試験の

▼ 日~ (13, 0.0%)

1 [13件] から光子さん, だけで, に, のこと, の夕方, はいくら, は明るい, は松原, は用事, は雨さい, やろ, 暮れて, 来るの

▼ 日~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいった, が一体, が思案, と護国山麓, に寄, の夢, の妻, の組, の行房, の貫一その他, ははかられた, は少し, は留守

▼ 日其の~ (13, 0.0%)

2 日を

1 [11件] ことを, 參詣に, 夜は, 日に, 日の, 時某, 時間に, 狸に, 緊張に, 長者の, 頃政友会の

▼ 日初日~ (13, 0.0%)

1 [13件] でなく五日初日, でやっ, といふこと, といふの, と確定, にする, になっ, の三十日, の古川緑波一座幹部軍出演, の商売, の夜, の岐阜中止, の日劇アトラクション

▼ 日~ (13, 0.0%)

3 なり 2 の刻 1 さがり頃, には, にはそこなう, の尅, の正中, は, 探頂, 猶不

▼ 日友人~ (13, 0.0%)

2 と二人

1 [11件] が北斎, と京橋近く, と夕食, と素人下宿, に, に宛て, に誘われ, の下宿, の孟建, の家, の紹介

▼ 日大きな~ (13, 0.0%)

2 亀が

1 [11件] かみきりむしが, タンクが, 倫敦へ, 感激を, 流れ木が, 石炭の, 芋虫が, 鞄を, 風呂敷包を, 鯉を, 鯛を

▼ 日~ (13, 0.0%)

1 [13件] にいなかった, にも南都, に梟, のうしろ, の乗円房, の前, の和尚, の弘法, の月見, の跡, へもどっ, へも行った, へ行つて和尚さん

▼ 日彼等~ (13, 0.0%)

1 [13件] がうたった, が少し, こそ何事, のうち数名, の五六人, の敵, の薔薇色, は二手, は午後, は東京, は笠, は自動車, は艇

▼ 日振り~ (13, 0.0%)

2 に天保山, に帰っ 1 かで九段, くらいで, でやう, で奥様, なんぞはよす, に外, に帰, に行く, の湯上り

▼ 日日本~ (13, 0.0%)

1 [13件] からの手紙, にある, のファシズム権力, の一行, の侵略的, の婦人, の建国記念日, の歴史, の無条件降伏後, の留学生, の降伏, の陶磁器, よ強く

▼ 日~ (13, 0.0%)

2 の広告, へたま 1 というところ, にいた, に勤め, の吉野馨治君, の屋上, 屋上の, 演, 演の, 演を

▼ 日~ (13, 0.0%)

1 [13件] いッぱい, と夜, に皆, に諸君, のうち, の休み, の日, の間小屋, はそう, は深林, みた野球, も夜, を白衣招待

▼ 日矢代~ (13, 0.0%)

1 [13件] と久慈, のところ, の小母さん, の留守, はその, はまた, は久木会社, は今, は千鶴子, は本, は正午, は社長, は自分

▼ 日~ (13, 0.0%)

2 を休ん

1 [11件] から倉島君, から早目, から頼まれた, がひけ, の, の営業部, へ押しかけ, も休み, も私, より旅費, を休むべく

▼ 日~ (13, 0.0%)

2 はよく

1 [11件] が晴れ, くもりて, にむくむく, に輝, に音楽, の模様, は早春, は終日, は鼠色, を傾けた, を雲

▼ 日経て~ (13, 0.0%)

4 ば一日 1 ばいや, ばその, ばどれ, ば否, ば大, ば小学校, ば屹度元気, ば自然, ば萎れる

▼ 日近所~ (13, 0.0%)

2 の人

1 [11件] のお寺, のラジオ, の与右衛門さん, の人達三十名, の天神さま, の娘, の子供, の川, の辰さん兼さん, の馬, への挨拶廻り

▼ 日~ (13, 0.0%)

1 [13件] がささない, がさし, がはいる, で梅, にほされ, に出, に引きずり出し, に照らされ, に當, のくれ, の中間, の目, 臭いなおし酒

▼ 日露役~ (13, 0.0%)

2 の起った, の起つた, の陸軍 1 が日本民族精神, のはじまった, の勇士, の始ま, の從軍記章, の志士沖禎介, の際

▼ 日おいた~ (12, 0.0%)

2 次の 1 三日目には, 位で, 冬の, 十二日義元子氏真を, 同じく正月, 方が, 日という, 日の, 明後日の, 晩方私は

▼ 日お前~ (12, 0.0%)

2 が眺め, が私, は鼠色 1 がいま, が日傭, が親分, にムダ骨, の後, はお

▼ 日ぐらいは~ (12, 0.0%)

1 [12件] いいだろう, こうやっ, こちらへ, どうでも, どうなつ, どうにも辛抱, ニヤリと, 保つだろうな, 大丈夫でしょう, 我慢しよう, 続くもの, 自分の

▼ 日つぎ~ (12, 0.0%)

5 のみ子 2 の皇子 1 にませ, のみこ, のみこの, のみこ様, の御子

▼ 日どう~ (12, 0.0%)

3 したこと 2 したの 1 いふもの, したん, だと, だという, 云う風, 又は八日節供, 暮すの

▼ 日なんて~ (12, 0.0%)

1 [12件] いう日, いふの, うたかたの, およそ所在, そんな永い, もう一ト月, もう来, 一日でも, 大したこと, 置こうもの, 言ってねえで明日, 部屋中が

▼ 日ばかりに~ (12, 0.0%)

2 なるが 1 なった, なりまする, なる, なるから, なるでしょう, なる一度, なる嫂, なる父, 書いたと, 殺されて

▼ 日ほどで~ (12, 0.0%)

1 [12件] あらまし終った, そこを, やめたば, 全快を, 再び江戸, 原料の, 帰って, 次の, 発作は, 結婚式という, 結婚式といふ, 老父は

▼ 日までを~ (12, 0.0%)

1 [12件] いつたもの, かいたきり, つないだ, トツキヨリという, 三両三分で, 予約期間と, 同時に本篇, 待たう, 忘れて, 粉鉱採, 見ずに, 辿って

▼ 日~ (12, 0.0%)

2 大坂 1 して, 参り同, 多キ, 実ハ颯子ト約束ガアルンダ, 小サイオヂサント, 来り十日ニ鹿児島ニ, 焦ケタ部分ガ紅潮, 焦ケテ, 非ナリ, 非ニシテ

▼ 日一回~ (12, 0.0%)

1 [12件] がほんの, ずつギリギリ, です, でたくさん, で筆, に制限, に過ぎず, の訊問, の郵便配達, は家族, は朝食, も泣

▼ 日~ (12, 0.0%)

21 図した, 図そなた, 図その, 図二階の, 図或, 図気づく, 成就日等いちいち, 成就日等の, 死人は, 食十善を

▼ 日中戦争~ (12, 0.0%)

2 が始まっ, のとき 1 が始まり, が昭和十二年, が起っ, で七機, にあった, において英国艦艇, の徐州攻略, の時

▼ 日使節~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, が旗艦, が蝦夷松前, としての彼, とはず, ともち, にくらべ, の事, の渡來, の祕書ゴンチヤロフ, の軍艦, はクロンシユタツト

▼ 日~ (12, 0.0%)

2 をし 1 したさ, した口, して, しに, だ, といふ程ぢ, とお, をやめなけれ, をやめる, を心掛けました

▼ 日~ (12, 0.0%)

2 のお 1 という美しい, と両方, と見れ, の三七日, の家, の葬送, は幸山船長, は聟, を外, 与

▼ 日帰っ~ (12, 0.0%)

2 て来ない, て見る 1 てから別に, てき, てきた, てくる, てこなかった, て来, て来なかった, て来る

▼ 日彼ら~ (12, 0.0%)

1 [12件] が受けた, が殿中, の屋敷, の明るい, の石合戦, はこう, はその, はリュクサンブール, は両国, は互, は忽然と, は革命

▼ 日早朝~ (12, 0.0%)

1 [12件] から出立, から山, から馬, に罷れ, の戦, の景, へースティングズ, より乾, より車外, 出澁, 怪しきもの一人, 発す

▼ 日暮方~ (12, 0.0%)

2 ちかくなる 1 あの時雨堂, だから, であった, で僕, にお, にでも通る, に分りました, の暫く, の海, の街

▼ 日~ (12, 0.0%)

1 [12件] に旧知鷹安鷲太郎, の中, の人, の寄合, の小屋掛け, の百しょうがひとり, の百姓, の若い衆, の警衛, の農夫, の重立つた, へかへつ

▼ 日江戸~ (12, 0.0%)

1 [12件] と大阪, には凄まじい, には血, に着し, の商家, の町, の街, は大雨, へ来た, を去らなかった, を去り, を発った

▼ 日清戦争当時~ (12, 0.0%)

2 のこと 1 と同じく, と同様, と違っ, のブルジョアジー, の例, の如くならず, の独歩, の追憶, は初めて, ほどの好

▼ 日目ごと~ (12, 0.0%)

2 に来 1 にある, に一分, に一日, に来る, に爪, に繰り返され, に順番, に驢牛, に鮨屋, の入浴

▼ 日目頃~ (12, 0.0%)

1 [12件] から, から光子, から極めて, から私, である, には一兵, に午前中余, に漸く, に至っ, のわずか, の夜中, の日曜日

▼ 日~ (12, 0.0%)

1 [12件] がつゆ, だという, とか五十日祭, とか申す, に毎年, のお, の夜, の当日, までに伯爵, も早, をした, をする

▼ 日静か~ (12, 0.0%)

4 にし 1 だった啓介, であつ, な夜, な山, な日, に寝, に心, に養生

▼ 日風邪~ (12, 0.0%)

3 で臥, をひい 2 で寝込む 1 でね, の気味, をひいた, を引い

▼ 日いち~ (11, 0.0%)

5 にち 3 にちと 2 んち 1 にちの運命

▼ 日いや~ (11, 0.0%)

2 な日 1 一刻も, 一時間いや, 一生を, 何十年何百年と, 何月それどころか, 半日あったら, 幾百日織田の, 現に今, 親しくも

▼ 日がさ~ (11, 0.0%)

2 をさして 1 でおどかし, はくるりくるり, は深い, をかたみに, をさし, をさらわれた, を借り, を思い出さない, 雨傘洗面器物さし

▼ 日くら~ (11, 0.0%)

2 ゐは, ゐはか 1 ゐか, ゐで, ゐの, ゐ待たねば, ゐ留め置いて, ゐ經つて, ゐ逗留

▼ 日くれ~ (11, 0.0%)

2 て湯桁 1 がたひた, て暗, て道, て野辺, のあ, の磨硝子, ばべつにかならず, を思ひ, 方ちょっと

▼ 日ぐらいで~ (11, 0.0%)

1 [11件] かびが, まいれる工夫, やって, やめました, 全部訳し, 噴火する, 引越した, 治りましたが, 済んだ筈, 行かれるが, 飲みましたかね

▼ 日そんな~ (11, 0.0%)

2 喧嘩の 1 ことです, ことに, ことを, ところへ, 事を, 処で, 心を, 話を, 風に

▼ 日だけでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの舞台, あの舞臺, いいん, この附近, ちょっとこんな, 一篇を, 大變, 家庭の, 構わない浅田屋, 涼しいところ, 長陣の

▼ 日つづい~ (11, 0.0%)

2 ていた 1 ていく, ていたら, ている, てこの, てまた, てゐた, て休み, て平定, て莫大

▼ 日なぞは~ (11, 0.0%)

2 雨夜の 1 その中, つい門外, まだ何, シュパッツ夫人が, 一日中大きな, 参りさ, 女子学生らしい, 床に, 猫板の

▼ 日にかけて~ (11, 0.0%)

1 [11件] であった, ソヴェトの, 一足の, 上野山下の, 之を, 労働者側の, 大風雨が, 大風雨七月の, 登山した, 祭すれ, 秀吉の

▼ 日によ~ (11, 0.0%)

6 つては 1 つて変化が, つて濃く, つて自分の, つて通る, つて雀の

▼ 日ぶん~ (11, 0.0%)

2 まとめて, 生き返つたの 1 がとこ何ん, のチャンポン, の御飯, はたっぷり, も船, 生き返つた, 生き返つたとよ

▼ 日もはや~ (11, 0.0%)

4 暮れて 1 からむこと, せっぱくし, 今後は, 吹きめぐり, 暮れかけ, 暮れな, 暮れるとき

▼ 日ガラツ八~ (11, 0.0%)

4 の八五郎 1 のところ, の報告, の望み, は根岸, は相, は見事, は首筋

▼ 日一度~ (11, 0.0%)

1 [11件] ぐらいは体, ずつきっと, です, に死んだ, の晩, の発声, の飯, は山畠, は必ず, は見まわる, もささない

▼ 日~ (11, 0.0%)

3 は子爵 1 が妻, が所謂薔薇色, はついに, は今日本多子爵, は昨夜子爵, は本多子爵, は渠, は独り新富座

▼ 日休む~ (11, 0.0%)

2 ことに, と雨 1 かも知れぬ, がいい, って話, と決め, と言つた, のも, 旨を

▼ 日~ (11, 0.0%)

2 はない, 諸友 1 がある, するもの数万, と云, のピクニック, の日, の月次例会, や救世軍

▼ 日偶然~ (11, 0.0%)

1 [11件] この峡谷, にも三人, にも二躰, に旧友近藤至邦, に聖林寺, の出来事, やって来て, 幼い折, 来て, 来てたよ, 通りかかったある

▼ 日八五郎~ (11, 0.0%)

1 [11件] が今度, が八丁堀, が誘つた時, はす, はすっかり, はどんな, はフラリ, は南, は相, は精一杯, を待ち

▼ 日~ (11, 0.0%)

2 の神 1 といふ, にする, にやや, に導者, に本, に発表, に論ずる, に論究, の友達

▼ 日午前~ (11, 0.0%)

1 [11件] にこの, にはきっと, に坪内先生, に逝去, の四時頃, の大塚博士, の太陽, は大野領事, は眞山君, まず大学前, より劇場

▼ 日天気~ (11, 0.0%)

1 [11件] が好く, が悪, が悪く, のいい, は上々, は幸, は晴れ, もい, もまた, よく二人, 好し

▼ 日~ (11, 0.0%)

2 翠は 1 かめに, ぐまさんが路ば, ぐまさんとあひるさんがかくれんぼを, みどりは, 供に, 景, 暇を, 沛の, 狗かくれき

▼ 日~ (11, 0.0%)

11 りたま

▼ 日延し~ (11, 0.0%)

2 ていた, てはくれまい, にし, に延し 1 て三十日夜, て栄さん, にのばした

▼ 日~ (11, 0.0%)

1 [11件] が俺, が呉れ, が鬼, のエルンスト, の枕もと, の梅麿はか, の趙禮, は兄, は咽喉, も私たち, 来る

▼ 日或は~ (11, 0.0%)

2 それ以下の 1 三日五日と, 元旦などに, 半日の, 幾十日に, 数十日後に, 晴れ或は, 盂蘭盆に, 節分, 除夜の

▼ 日~ (11, 0.0%)

2 を挙げ, を離さぬ 1 から放さなかった, がすい, にとっ, をきれい, をとっ, を執り, を貸し

▼ 日正月~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるいはまた蟹年, で大黒屋, という其の, ともいう, と盆, の御馳走, の方, の晩, の紋附, の食物, までにお

▼ 日泊っ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ていく, ている, ていろいろ, てくる, てすぐ, てそれ, てほか, て行く, て行った, て見た, て見たら

▼ 日目ごろ~ (11, 0.0%)

2 からますます 1 から, から意識的, から消化器障害, から足, にはす, に沙汰, の夕方, もっとも盛ん, よし

▼ 日米戦争~ (11, 0.0%)

2 はいつ 1 が始まり, が急, とし, にまで発展, に対する十数種, に関する著述, の危機, はだ, は当然

▼ 日~ (11, 0.0%)

2 のちら, の花 1 といふ題, と云, の枝, の落葉雨, は蛇, もあり, を見

▼ 日若い~ (11, 0.0%)

1 [11件] おかみさんの, この婦人評論家, 人達の, 友人を, 女と, 娘と, 将校が, 歴史家, 王女は, 画家の, 非常に

▼ 日行程~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある, ぐらいの間隔, であるが, ではなし, で踏破, に至る, のところ, の要地, の道, の道のり, 約二十マイル

▼ 日遂に~ (11, 0.0%)

2 僕は 1 それを, ケーニヒグレッツを, ドレスデンの, 地蔵の, 御遠, 或る, 相抱い, 秀頼淀君と共に, 雷雨が

▼ 日~ (11, 0.0%)

4 は親類 2 のまま, は官巷 1 に日, に通商条約, は草木

▼ 日~ (11, 0.0%)

4 いて 3 き位 1 いたその, きに, き三日隔, って神田旅籠町

▼ 日いる~ (10, 0.0%)

5 うちに 1 だけで, ともなし, と三娘, と窮屈, のを

▼ 日~ (10, 0.0%)

4 ふは 1 ふの, ふも一人, ふも朝, ふも杉山見, ふ午前中, ふ辛く

▼ 日ごと夜ごと~ (10, 0.0%)

2 に一身 1 が再開, に和佐保, に文明, に自分, に針, のせりあい, のよう, を入り乱れ

▼ 日だけが~ (10, 0.0%)

3 とても大切 1 あるの, ちよつと, 十二月の, 多くは, 恐ろしいの, 残った, 記憶に

▼ 日だろう~ (10, 0.0%)

1 か, こうし, さすが防空演習, とぴりぴり, と思われる, と窓, と考えた, な, ね, 羊が

▼ 日つまり~ (10, 0.0%)

1 プーチヤチンらの, 五月六日から, 十方舎の, 夫の, 彼女の, 新学期, 明日の, 殺される二日前, 盆の, 移って

▼ 日でございました~ (10, 0.0%)

1 から, が, がこの, がその, が尼御台さま, が松戸, が武蔵野, ね, の, よ

▼ 日とても~ (10, 0.0%)

1 あなた様を, あらざりしに, お悪い, かしま, た, ただごとでは, 何でも, 愉快そうに, 良い月, 陰に

▼ 日にこそ~ (10, 0.0%)

1 わが父母, 伜や, 光るべきなれ, 勇めまのあたり, 吾が恋止まめ, 声を, 工藝への, 廢驛を, 御信仰, 焼けて

▼ 日まわり~ (10, 0.0%)

2 と鶏頭, の花 1 である, にたとえるなら, のよう, の葉, も震災直後, をうえる

▼ 日よけを~ (10, 0.0%)

2 おろして 1 かねて, さし出した一軒, して, してやらなければ, するわけ, 出した一軒, 張り渡し, 張り白昼

▼ 日らしい~ (10, 0.0%)

1 おくつろぎ, のである, わきょう, 匂いを, 心持ちに, 手料理を, 明るみが, 環境に, 薄明り, 雑談を

▼ 日丁度~ (10, 0.0%)

2 八月十五日の, 自分の 1 ここへ, 主人の, 午過, 宿直に, 彼の, 木曜日の

▼ 日七晩~ (10, 0.0%)

1 かかって, だったわけ, といへ, ほどつづけた, 坐つた儘, 引っ張りつづけに, 焼き米かじッ, 磨いたと, 蒼い火, 責め抜かれても

▼ 日上野~ (10, 0.0%)

1 では官軍, では江戸, の人千種太郎, の動物園, の博物館, の発明博覧会場, の科学博物館裏, の音楽学校, より一番汽車, 不忍池

▼ 日劇四階~ (10, 0.0%)

31 で月給, で那波, の新装社長室, へ名古屋行, へ専務, へ樋口, へ行く

▼ 日~ (10, 0.0%)

42 大舍人部, 大舎人部 1 進すべき, 部が

▼ 日~ (10, 0.0%)

1 は七福, は又, は又一, は帰塲, は帰塲せり, は札幌, は王藏, は着, は足寄帯広方面, は餘作

▼ 日~ (10, 0.0%)

1 あさってかえろう, てし, てそれから, てもでも, てソレ, て亡くなった, て出立, て夜, て御覧, て見る

▼ 日~ (10, 0.0%)

2 の中 1 から判断, がきら, に歩, はやがて, を, を受けてる, を眺め, を眼

▼ 日已に~ (10, 0.0%)

8 沈む 1 傾むきかかれ, 斯願を

▼ 日後私~ (10, 0.0%)

1 はまた, は俥, は再び, は劇烈, は喀血, は外交官, は学生, は彼, は直ぐ, は記帳場

▼ 日~ (10, 0.0%)

1 せわしく押し詰った, なしか, にきめた, ゆるさ, をこめ, を奪, を悩ました, を決して, 何となく落ちつかぬ, 寂しさ

▼ 日~ (10, 0.0%)

2 後藤伯の 1 いつもなら, きのうВОКСから, もやー, 之は, 北白河宮永久王殿下の, 朝七時半ごろおみおつけと, 未定です, 栄さんで

▼ 日日曜日~ (10, 0.0%)

2 の九時以後, の朝 1 がある, であるにも, でしょう, です, の午後, の朝九時ごろ

▼ 日暮れ~ (10, 0.0%)

1 て, てここ, てしまい, てしまった, てなお, て八時過ぎ, て寒き, て屋根, て興行, 果てて

▼ 日曹操~ (10, 0.0%)

1 と打ち解け, にこう, に会っ, の陣所, はよほど, は七宝, は五万, は景山, は盛装, も容易

▼ 日横浜~ (10, 0.0%)

3 を出帆 1 から帰っ, にも藪入り, に到着, に帰航, の埠頭, へはいる, を出航

▼ 日~ (10, 0.0%)

1 のお, のホテル, の児, の天主堂, の村, の火山, の王立学会, の第, の辺り, は六日

▼ 日~ (10, 0.0%)

1 がはればれ, が気, が沈ん, が狂った, にかかっ, になった, の付かなかった, の合う, をもみました, を留めた

▼ 日漸く~ (10, 0.0%)

2 にし 1 いぶせき旅宿, 五月心地に, 夫れ, 投げ槍, 折生迫に, 暮れて, 登ると共に, 露国との

▼ 日~ (10, 0.0%)

2 であるから 1 だから, で当時十一歳, で致仕, としるし, の三女棠, の小禽, 国上州新田郡細谷村高山彦九郎正之墓, 於甲州石和小林総右衛門家

▼ 日病院~ (10, 0.0%)

1 から帰っ, で働い, にかけつけました, につとめてる, に居, に通い, の人工流産部, の方, の組織, を見舞う

▼ 日~ (10, 0.0%)

4 よりは原義幾分, 部 1 部など, 部或は

▼ 日私達~ (10, 0.0%)

2 は一向 1 の好い, の家族, の教練, は, は大津, は妹夫婦, は岡, は庭園

▼ 日~ (10, 0.0%)

2 の家 1 という者, の同盟軍, の外交, の戦ひ, の銀行間, 両文, 仮条約, 続盟

▼ 日葉子~ (10, 0.0%)

1 から電報, と子供たち, に瑠美子, の手紙, はすこし, は思いきっ, は濃い, は身, は顔, を自分

▼ 日途中~ (10, 0.0%)

1 から秀吉, から足利表, でにわか雨, でふと, で村, で父, で足駄, で踏み外し, にて黄金丸, の坪田村

▼ 日通り~ (10, 0.0%)

2 へ出た 1 か, から入っ, がかつ, で捕獲, とネ, の野菜食堂, まで使い, をのっ

▼ 日~ (10, 0.0%)

1 といふの, ならぬ葉, に酔い, のこと, のまず, はない, はやらねえ, をやめよう, を止め, を飲ん

▼ 日~ (10, 0.0%)

10 の刻

▼ 日おき位~ (9, 0.0%)

1 でこれ, にとりかえ, にはキッ, にやつ, に一遍, に午後, に大林清, に妹, に放課後一時間

▼ 日おも~ (9, 0.0%)

2 ては蛙 1 ての棚畑, ての水之尾道, ての白豌豆, ては朝, ては見, へば胸, ほゆる

▼ 日かが~ (9, 0.0%)

1 あって, すぎて, すぎると, そんなふう, 一年の, 大変に, 物忌であった, 続いた後, 過ぎて

▼ 日ぐらいの~ (9, 0.0%)

2 予定で 1 あいだは, つもりで, ところに, ものさ, 範囲内に, 週期を, 間に

▼ 日こそは~ (9, 0.0%)

1 これらを, その日, 中尉の, 夢幻の, 実に名状, 屈強の, 恐ろしい夜, 日本の, 飾らるべきだ

▼ 日すら~ (9, 0.0%)

2 続くやう, 續く 1 ない顎, 失くなつた, 滅多に, 続くよう, 霖そぼ降る

▼ 日たらず~ (9, 0.0%)

1 でこの, でフランス, で下火, で行軍, にしかならない, の歳月, の留守中, も結ばない, わたくしを

▼ 日ついに~ (9, 0.0%)

1 この世を, イヴリーの, 伊藤総理大臣が, 天下に, 曹操の, 松方正義に, 肺炎を, 血を, 駒井甚三郎は

▼ 日でなく~ (9, 0.0%)

1 てはならない, ては家, ては逢えない, てもいい, とも幾つ, とも所望, ばおれ, もっと早く, ッちゃ

▼ 日とを~ (9, 0.0%)

1 かたく期し, ほらせました, 凝り固まった一念, 合算し, 当方より, 約束し, 見つけるため, 送ったあと, 除けば

▼ 日における~ (9, 0.0%)

1 ごとくマリア, 余は, 宗助は, 希望と, 深く限り, 牛の, 諸星の, 象山が, 追懷

▼ 日ばかりという~ (9, 0.0%)

1 ものかく面や, ものかたまった, ものゴーリキイは, ものパッタリと, もの一日に, もの一言も, もの表面に, もの頼朝は, もの風ほこりも

▼ 日ぶらぶら~ (9, 0.0%)

4 して 1 してらしつて, として過す, と暮した, 町を, 隣村へ

▼ 日ぼんやり~ (9, 0.0%)

3 して 2 した, 机の 1 とし, と暮した

▼ 日までと~ (9, 0.0%)

1 いうから, なる, 云った方, 云って, 出して, 思ひ立ちたるなり, 決定した, 泣かずに, 泣かずには

▼ 日やはり~ (9, 0.0%)

1 そういう場面, その様, 傍聽に, 同じよう, 柳橋万八樓で, 河内へ, 湖辺に, 私は, 遠い町

▼ 日よく~ (9, 0.0%)

1 この河水, 一万人分の, 乾して, 千里を, 晴れた日, 眠りさえ, 考えたうえ, 考えた上, 考えて

▼ 日われ~ (9, 0.0%)

1 この風光, に糧, の柔靱, はサンタ, は尼寺, は机, は獨, また脅され, もわれ

▼ 日をば~ (9, 0.0%)

1 おもふなり, むなしくこ, 夢の, 徒に, 指折りながら, 泛け, 用いるなるべし, 重ねなん, 飽く迄樂

▼ 日一ぱい~ (9, 0.0%)

1 その航海, でも柳, でも聞い, に行っ, の興行, ふんぞりかえって, 寝ころんで, 寝て, 歩き廻った末

▼ 日久しぶり~ (9, 0.0%)

1 で, で家, で訪ね, にぐつすりと一夜, によそ, に淀橋, に焼酎, に銀座, の入浴

▼ 日二円~ (9, 0.0%)

1 ぐらいの日当, たらずの, でもって切売, で仕事, で売ります, にもならない, の日当, ばかりかかる, を儲けた

▼ 日二夜~ (9, 0.0%)

1 すごしました, に亘る, に限った, のあ, の間びしょびしょ, も抱き歩い, を共に, を経, 掛ったの

▼ 日~ (9, 0.0%)

1 とお前, と高円山, の心, は岡, は招かれた, は松林, は終日掛, は腹, もグッ

▼ 日全く~ (9, 0.0%)

2 神に 1 その巣, 予告なく, 昏し, 暮れたり, 考え込んで, 英国を, 麻痺した

▼ 日半蔵~ (9, 0.0%)

2 は父 1 が病める, はあいにく, はお下げ金, は帝, は店座敷, は本陣, は正香

▼ 日~ (9, 0.0%)

1 ある牡丹, から隱氣, の山そば, の糸桜, の隙, へ去っ, へ立った, を, を渡る

▼ 日子供~ (9, 0.0%)

1 がガラス, が自身, に借りた, の家, の頃, はひとり, は畑, は酒, を帰した

▼ 日少し~ (9, 0.0%)

1 あやしかった, ずつなと働いた, ばかりの本, も時鳥, 気分が, 気分重けれ, 私は, 霧の, 風が

▼ 日年越し~ (9, 0.0%)

2 と小正月, と節分 1 から小正月, という日, と共通, の宵, の晩

▼ 日~ (9, 0.0%)

1 から動かない, にごろ, のもの, へも行かず, をあけ, を休ませました, を休ん, を休んだ, を閉め切り

▼ 日待て~ (9, 0.0%)

1 その代り, という, というその, と云っ, と云った, と手紙, ば一日, よ羨し, 研究し

▼ 日掛り~ (9, 0.0%)

1 でお参り, でつくろつ, では全く, で来なき, で耽, で遊び, に彫り, の対局, 八人にて

▼ 日~ (9, 0.0%)

2 に出かける, の人 1 に出る, の疲れ, の空, をし, を長引かした

▼ 日様子~ (9, 0.0%)

3 を見 2 を見る 1 もわからず, をうかがう, を窺った, を見よう

▼ 日正午~ (9, 0.0%)

1 から二時間, から軍研反対, なり, には新, にゴンサカ, に私たち, のころ, の刻, より水道涸渇

▼ 日~ (9, 0.0%)

4 は悪し 2 が再び 1 え親父, がレーテ, が懺悔

▼ 日清戰爭~ (9, 0.0%)

1 があり, となつ, になりました, にはまだ, の初め, の執行者, の後, の直ぐ後, の起つた

▼ 日独防共協定~ (9, 0.0%)

1 おめでたうと, が当時, が日本, であると, にイタリー, のこと, は勿論, は政府, や保護監察法案

▼ 日糖事件~ (9, 0.0%)

4 に関係 2 なるもの, の起る 1 だけじゃ物足りない

▼ 日~ (9, 0.0%)

2 三千五百カロリーの 1 一ヵ月ぶりで, 一千尾と, 一千尾の, 三囘ずつ, 二〇スウすなわち, 二千五百カロリーを, 五万立方フィートの

▼ 日続い~ (9, 0.0%)

1 て, てある, ている, てひどい, ても破れ, て一滴, て三日め, て出た, て広

▼ 日自動車~ (9, 0.0%)

2 に乗っ 1 で押出し, に乗り悩ん, に轢かれ, は州境, を尾添川, を走らせた, を飛ばし

▼ 日~ (9, 0.0%)

6 の戦争 1 の共通, の日ごろ, 両民族

▼ 日行っ~ (9, 0.0%)

2 てみる, て見る 1 てその間, てみたら, ても一ヵ月, て来る, て見た

▼ 日~ (9, 0.0%)

2 の上 1 の中, の名, の花, の蓋, は莟, へ乗らなくっ, を貸したげる

▼ 日近い~ (9, 0.0%)

1 ある夜, ところを, 北國の, 日でり, 日数が, 時が, 時間が, 海の, 謹慎の

▼ 日返り~ (9, 0.0%)

1 に往来, に朝行つて晩, の旅, の旅行, の遊び客, 布すなわち, 旅行という, 機という, 機を

▼ 日金曜日~ (9, 0.0%)

2 の夜 1 である, に, の夕方, の朝, の訓話, の項, は何となく

▼ 日鎌倉~ (9, 0.0%)

1 に到着, に留まる, に赴き, に遊んだ, の海岸, へ着いた, へ着かせ, を立ち, を行く

▼ 日長く~ (9, 0.0%)

1 あれば, ても十日, て一二週間, て一週間位, て三日, なりぬ山, なりぬ山たづ, なりぬ此頃, 成ると

▼ 日長崎~ (9, 0.0%)

1 で書いた, で調印, に原子爆弾, に投下, に滞在, の何, の公園, の森路, へつい

▼ 日露修好條~ (9, 0.0%)

61 約が, 約の, 約を

▼ 日露戦争時代~ (9, 0.0%)

1 に日本, に日本人, に陸海軍大臣, のもの, のよう, のロシア, の兵隊, の百首, は農家

▼ 日食事~ (9, 0.0%)

2 の度毎 1 が喉, のとき, の時, の時テオドル, をし, をしなかった, を終

▼ 日高見~ (9, 0.0%)

6 の国 2 の國 1 すなわちヒダ

▼ 日いらい~ (8, 0.0%)

1 どこやらに, のこと, ほうぼうの, ジャヴェルを, 奪った方, 寄手の, 隊員たちは, 静かに

▼ 日いろいろ~ (8, 0.0%)

1 な事情, な参考書, な男共, のこと, の行事, の鳥, わかりました, 咄を

▼ 日おれ~ (8, 0.0%)

1 が外, に向っ, の従弟, の描い, はすぐ, は図抜け, は檻, もう一日

▼ 日お待ち~ (8, 0.0%)

2 下さいまし 1 くださいませ, なすって, なすつて, になっ, ませ, 下さい

▼ 日かと~ (8, 0.0%)

1 問うと, 土岐が, 尋ねた, 思はれるやう, 思われるよう, 期して, 聞くの, 重ねて

▼ 日こう~ (8, 0.0%)

1 いって, もいった, やっても, 三日の, 云う対坐, 云ったと, 云って, 問いつめると

▼ 日こういう~ (8, 0.0%)

1 おくりもの, ことが, ことに, 取次が, 場合に, 所へ, 漫歩から, 風は

▼ 日さす~ (8, 0.0%)

3 梅雨の 2 や庵 1 宮の, 宮道を, 都めぐり

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 ぢと, なは 1 がたを, ぢの, ぢ降る, ぱすぱやつてるのだからな

▼ 日それから~ (8, 0.0%)

1 あとたった, 一昨日の, 今日の, 六月十五日の, 十月一杯ずーっと, 美濃路回りで, 青年たちを, 青森を

▼ 日たまたま~ (8, 0.0%)

1 その日, セエヌの, 一ノ, 前島密に, 古田さんから, 湯島の, 読んで, 郊野において

▼ 日だけに~ (8, 0.0%)

1 お断りは, かぎるわけ, こういう食物, しろモスク, なった, 店さきは, 特に丁寧, 飽くまでそれ

▼ 日つづいた~ (8, 0.0%)

2 雨が 1 ことは, さまざまな, と後で, ので少年探偵団員たち, 休日の, 時千世子は

▼ 日つづく~ (8, 0.0%)

2 か, か三日 1 お休み, とそれ, とわし, ものだらう

▼ 日どころか~ (8, 0.0%)

1 まだ初, 一度でも, 一生の, 三日四日かかっ, 五日経つ, 八月には, 千年一日の, 自宅なら

▼ 日なに~ (8, 0.0%)

1 かのこと, かの書物, が起こる, くわぬ顔, も喰, も手, も食べなかった, を見

▼ 日にわ~ (8, 0.0%)

5 たつて 1 あってんで, づか三四回, づか二杯

▼ 日のべ~ (8, 0.0%)

2 をし 1 なし今日, をされる, をした, を打て, をOK, 仕り候

▼ 日ひどく~ (8, 0.0%)

1 しょげ返って, なって, 怒って, 暖い, 煩は, 疲れて, 疳の, 貧乏なり

▼ 日ふい~ (8, 0.0%)

2 と出 1 とまた, と言った, に, に旗, に海, に海賊船

▼ 日よけに~ (8, 0.0%)

1 かぶった顋, かぶって, なって, なるし, よさそう, 半分垂れた, 役立ちましょうか, 植えたらしく葉

▼ 日パリ~ (8, 0.0%)

1 から二人, で, のオペラ, のブルチュイー町, の街, の郊外, を去る, を西北

▼ 日ホテル~ (8, 0.0%)

1 にとじこもる, に五百円, の下, の寝室, の窓, の食堂, は二十五日, へ泊つた

▼ 日不意~ (8, 0.0%)

2 に二人 1 と焼, にあの, に五通, に暴風雨, に義経, に訪ね

▼ 日中何~ (8, 0.0%)

1 にも食べなかった, もする, も云わず, も作さず, も食べず, も食べる, も食わず, をしてる

▼ 日九日~ (8, 0.0%)

2 は三朝 1 おめにかかり十, と歩き回る, と鹿島行方二郡, の二日, はひどい, わが妻

▼ 日~ (8, 0.0%)

7 た晩 1 た晩寢通

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 から十日, の工科大学教授加茂正雄君, の気持, は七月, は亡くなられた, までよりは少しゆっくり, も良人, 午後三時半

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 の兄姉たち, の同僚, の客, の島, の弟子連中, の門人たち, へゆく, 巳吉は

▼ 日何処~ (8, 0.0%)

1 かへちょっと, でもした, となし, に何時, に居た, へか出, へ縁づこう, へ行

▼ 日八時間~ (8, 0.0%)

2 の労働 1 から九時間以上休み, この国, ずつ働け, ずつ眠っ, の仕事, の勉強

▼ 日出る~ (8, 0.0%)

1 かはっきり, と共に, も見知らず, 事を, 方に, 時と, 東国, 處の

▼ 日劇五階~ (8, 0.0%)

21 でけい古, でガールス, で総, のけい古場, の事務所, へ

▼ 日十五日~ (8, 0.0%)

1 と無事, と経っ, に外台秘要, の外, の縁日, の衆議院, はお, も逃げくずれる

▼ 日十銭~ (8, 0.0%)

1 から十二銭, か二十銭, が支給, ずつに賃借り, では, の日給, の稼ぎ, を節約

▼ 日午前九時~ (8, 0.0%)

1 から午後一時, と定めた, なり, までに数寄屋橋ビルデング四階東洋興業株式会社, より堺生, より巡査部長ほか一名, より開場, 過ぐるころ家

▼ 日及び~ (8, 0.0%)

2 二十四日に 1 二十五日の, 二十八日の, 十一月二日, 卅一日条, 同五日, 我が見たる

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 も利かず 1 が軽, にさ, の中, の悪い, をきかない, を利かぬ

▼ 日名倉~ (8, 0.0%)

3 の木戸, の番所 1 の高原, へです

▼ 日土曜日~ (8, 0.0%)

1 でこの, といふところ, と記され, にイタリー, の午後十一時半ごろ, の夜, の有, の朝

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 に来っ 1 に一人, に善童, に神童, に神童現れ, の地, の高僧

▼ 日夜半~ (8, 0.0%)

1 であった, なり, に目覺め, に至つてシローテ, に陰陽師土牛童子, の大火, の空襲, より御

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 がぴたり, が家, が机, に先, の一徳, の帰り, は云い, は縁側

▼ 日夫人~ (8, 0.0%)

1 が私, が買物, の留守中, の行きた, はなん, は私, は遥々, を招い

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 に向かい 1 がツカツカ, が何, が初めて, はなんとなく, はロダンさん, は一日

▼ 日孔明~ (8, 0.0%)

1 に向っ, に導かれ, の憂色, はそこ, はまた, は一使, は友達, は敵

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 あかぬ床, ころんで, た, つかれませんよ, てゐた, てゐたい, ながら考へ, るらしくすぐ

▼ 日尊氏~ (8, 0.0%)

1 から叱咤, がそう, の馬, はひがし, は兵庫, は降, は頼, もいく

▼ 日小さい~ (8, 0.0%)

1 団扇くらいの, 団扇位の, 小包が, 庭へ, 弟や, 弟妹までが, 旅行から, 鯉を

▼ 日少年~ (8, 0.0%)

1 が倉, が外, に関係, はその, は人力車夫, は庭, は景色, は楽しい

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 の如き 1 にあり, のごとき, のプログラム, の答弁書, 之願書付, 之願書相

▼ 日師匠~ (8, 0.0%)

2 の家 1 から許し, がこう, がそれ, の供, は無尽, は私

▼ 日帰り~ (8, 0.0%)

2 がなんとか, の汽車, を延し 1 がおくれましょう, を延す

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 から年中, とったおかあさん, とったや, に一度, に十二か月, の頃十七八, は六十七, をとる

▼ 日広島~ (8, 0.0%)

1 から二, から四里あまり, でくらした, では復興祭, に九日, に九日長崎, の原爆当日, へゆきました

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 が出来れ, とやる, に成った, の程, の興行, をするだらう, を願い, を願っ

▼ 日思ひ~ (8, 0.0%)

2 あまつてあの 1 あまつてお, がけなく, は乱れ, まうけぬ, もかけない, 出の

▼ 日我が~ (8, 0.0%)

1 国会運営に, 夢, 新作大, 最も嬉し, 望が, 東郷大, 生まれし日, 稲門健児は

▼ 日日新聞~ (8, 0.0%)

2 の文化欄 1 から議会, の人, の永戸君, の海水浴場扇島, の荻原さん, や朝日新聞

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 かつた, かつたとい, かつたなら, かつたら, 旦恐らく, 旦野村辺に, 池峯に, 起諏訪湖畔から

▼ 日晒し~ (8, 0.0%)

3 の茎 2 の莖 1 の上, はこの, や圧三昧

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 を読ん 1 をよみふけっ, を讀ん, 三位中将重, 普請に, 阿弥から, 飛行を

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 デパートへ, 処に, 劇場で, 大国大使パット氏が, 大国大使館裏にて, 市の, 海岸に, 酒楼にて

▼ 日比魚~ (8, 0.0%)

2 と書い 1 が何千兩, だらう, といふの, とたつた, と三字, は比目魚

▼ 日汽車~ (8, 0.0%)

2 に乗っ 1 が揺れた, にのっかっ, に乘, の中, の旅, の窓

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 にはいっ 1 でおまけ, につからない, にはいらない, に入る, の宿, の歸

▼ 日無事~ (8, 0.0%)

3 な日 1 でいて, でいるやら, なよう, にウヂヂ, に日

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 が何, が山, が箱車, ともいう, の事, の肉体, はたまらない, を呼び出し

▼ 日目あたり~ (8, 0.0%)

2 になる 1 から, から目立っ, にはいか, に温霧谷, のこと, よりづっと

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 変らず紫インク, 府にも, 携へて, 當の, 継発程, 見ざる間, 見ぬ間, 飲まむ酒

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 かを, か日 1 か, かな暮方, と申し, なこの

▼ 日祀り~ (8, 0.0%)

4 の信仰, をする

▼ 日米間~ (8, 0.0%)

2 の協力 1 にあった, において協議, に神奈川条約, に締結, の太平洋航海者, の緊張

▼ 日続き~ (8, 0.0%)

1 であした, であつ, のジガ蜂, の休み, の休日, の大, の村, の雨

▼ 日置いた~ (8, 0.0%)

1 三月六日から, 二十一日の, 十六日朝廷これを, 四日の, 後の, 日に, 早朝私は, 翌日呼ぶ

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 あり, が写真班, が記事, 他なじみ, 低平湾, 来り渡辺, 淡きこと夢, 薄し黄埃散漫

▼ 日芝居~ (8, 0.0%)

1 でもあるまい, で覚え, と甚だ, の仮, の女形, の見物, へ行こう, を休む

▼ 日落ち~ (8, 0.0%)

2 たり 1 か, て五日, て夕煙村, て暑, て月, て黄昏

▼ 日蔽い~ (8, 0.0%)

1 が陽, ではない, のおかげ, の下, はだんだん, は張られ, をつくる, をはねのけ

▼ 日衆議院~ (8, 0.0%)

1 が午後一時半, が解散, ではまず, では地租増徴案, では正造, で関税定率法案, の予算, は選挙干渉上奏案

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 の頭 1 でこれ, という御, といふ御, の付き添っ, は官憲, は熱

▼ 日貸し~ (8, 0.0%)

2 てくれない 1 ておい, てください, てくれません, てもらいます, て下さい, 一夜貸し

▼ 日迄の~ (8, 0.0%)

2 間に 1 キューキューが, 仕事で, 分恩給, 家賃を, 手紙では, 間と

▼ 日退屈~ (8, 0.0%)

2 して, な日 1 すること, でたまらない, で雪, なるま

▼ 日錚和尚~ (8, 0.0%)

2 の説教 1 と云う, の腹, はほとんど, は囲炉裡, は法衣, もしばらく

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 つねに山, のうごき, のたたずまい, の三段流れ, の低く, の影, の流れ, は拭っ

▼ 日露戦争当時~ (8, 0.0%)

1 から日本, であって, には, の満, は既に, よく歌われた, 或る, 既にアジア

▼ 日非常~ (8, 0.0%)

1 なる熱心, な心細い, な暴風雨, に暖か, に立場, に胸, に驚いた, 之節

▼ 日~ (8, 0.0%)

1 から真っ白, から石油, が余程, が痛かっ, にふかく, をかかえ, を絞った, 悪く仕事

▼ 日~ (8, 0.0%)

2 を食 1 がまずい, が食えねえ, も咽喉, も食はん, をくわず, を食っ

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 あした土の, さが, さわたくし方, さ婆さん, ざやかにぱつと茜さし, ひしら, 永あがく

▼ 日いくら~ (7, 0.0%)

1 か元気, で傭われ, と徴収, になる, の土, もらって, 出すと

▼ 日いっぱい~ (7, 0.0%)

1 うろついて, かァ, に暮れ, の上り高, 寝て, 歩いた, 砂の

▼ 日おじいさん~ (7, 0.0%)

2 はいつも, は山 1 が持っ, の息子, は

▼ 日および~ (7, 0.0%)

1 その前日, 二一日, 二十四日, 六日の, 十日で, 同年十月六日の, 時に配し

▼ 日お父さん~ (7, 0.0%)

1 が何, に向っ, のモコッチャル, の採, の部屋, はその, は男の子

▼ 日からでも~ (7, 0.0%)

1 仕事が, 僕が, 路頭に, 身上の, 転びこんで, 運動を, 開墾の

▼ 日きり~ (7, 0.0%)

2 で解散 1 で全快, で引っ込められた, となってる, のもの, 出ずとも

▼ 日こっそり~ (7, 0.0%)

1 こちらへ, とおい, と自動車, と談合, 才兵衛を, 父の, 隣の

▼ 日さらに~ (7, 0.0%)

1 ルツェルン, 九日目の, 北行し, 同調査会, 在京の, 特別な, 蹴上

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 あ見られねえ老いぼれ, うとうこの, うとう冬, うとう出た, うとう甥, うとう部長, うとう雨

▼ 日たち三日~ (7, 0.0%)

3 たっても 2 たって 1 たつにつれて, となっ

▼ 日たつた~ (7, 0.0%)

1 これも, 後この, 後三男は, 後妻と, 日の, 時突然, 頃で

▼ 日たむろ~ (7, 0.0%)

1 と築地, に眼, の楊, の竹, は楊, は海苔, は珠数かけ鳩

▼ 日ちかく~ (7, 0.0%)

1 いつも宇乃, なって, なるの, もおくれ, もその, も六波羅, 持続する

▼ 日って~ (7, 0.0%)

1 もんだ, ハンドレッド・デイっていうよ, 云うもの, 云えば, 今日です, 何だろう, 所でが

▼ 日とが~ (7, 0.0%)

1 あって, あるもの, その日, どういう関係, ピッタリ一致, 今なお, 入江道場の

▼ 日とな~ (7, 0.0%)

1 つたのである, つた私は, つてきのふの, つてし, つてゐた, つて黒ずんだ, ッて

▼ 日なき~ (7, 0.0%)

2 人の 1 ありさ, がごとく, がらを, が故, にあらず

▼ 日なし~ (7, 0.0%)

2 です 1 だ, という信念, という千古, といふ景気, へいつけてる

▼ 日のどか~ (7, 0.0%)

5 な温い 1 にお, に二人

▼ 日ぶらりと~ (7, 0.0%)

1 して, 出て, 彼女の, 神戸へ, 軽井沢まで, 遊びに, 関羽の

▼ 日ほどに~ (7, 0.0%)

1 なったころ, なる, なるかしら, なる赤ん坊, ほこる古疵, わたった芝刈り, 白魚は

▼ 日ようやく~ (7, 0.0%)

1 にし, 下山する, 五十銭程度の, 北海の, 暮れて, 機会を, 閑を

▼ 日ロンドン~ (7, 0.0%)

1 なる一書林, なる博物館, にいただけよ, のウェストミンスター, の王子座, の街上, を出発

▼ 日三人~ (7, 0.0%)

1 か五人, が帰っ, が行った, の健康, はみんな, は支柱, は表

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 天野樵, 木村駿卿狩谷卿雲及諸公同, 狩谷少, 立夫魯直酔梅家弟柏軒同, 諸君取, 諸子同, 車横度

▼ 日事件~ (7, 0.0%)

1 の話, は南禅寺, は思はぬ, は数え切れない, は陽戦, も落着, を裁判所

▼ 日交代~ (7, 0.0%)

1 であった, でその, で休ませる, にやったら, に立てる, の制, の規約

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 で金, の国旗, の混血児, の秘密協商, へよりひどい, へ預金, 両租界

▼ 日会社~ (7, 0.0%)

1 で働い, の出がけ, の帰り, の方, や自分, を休ん, を首

▼ 日何時~ (7, 0.0%)

1 か分らぬ, でも旅行, どんな牡馬, に死ぬ, に用, に鞄, まで毛布

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 つて休息する, つて居, つて息ひ, つて睡る, の鈴木家, 而息掘, 荒川東畔之

▼ 日八日~ (7, 0.0%)

2 見ねえでる間 1 とつづく, と日, の両日, の戦い, の月

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 と名づけ, 七日にあたり, 七日の, 太子王位に, 謁見将軍徳川家定公, 開露未, 頼という

▼ 日前僕~ (7, 0.0%)

1 がその, が修繕, が貴島, に話した, のため, は妻, を枕元

▼ 日前自分~ (7, 0.0%)

2 の観 1 が胆吹山, と一, の屋敷, の手もと, の買っ

▼ 日午前十時~ (7, 0.0%)

1 からなんて言ってた, から全, と十一時の間, と定められました, より神楽坂, 記す, 迄に總

▼ 日午後三時~ (7, 0.0%)

1 にた, にゆるゆる, に小林くんたち五人の, に屆, の陽盛り, より鳴, をすこし

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 から同年, どうしたでしょう, に掲載, に火野葦平, の塩谷氏, までにわたって連載, 買えました

▼ 日多く~ (7, 0.0%)

1 なった, なって, の弟子達, の患者, の来客, 医師より, 打過ぎた

▼ 日天子~ (7, 0.0%)

2 の黄金, をば憚 1 の座, は膳, を迎え

▼ 日奥さん~ (7, 0.0%)

1 から川西家, が, がどんな, と子供さんたち, に何, の姿, は畑

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 あり, ありし時, がこの, と話し暮した, に梅, の家康, を送り

▼ 日居る~ (7, 0.0%)

1 うちに, から, として仕事, のに, のみで, 中に, 学校などでは

▼ 日岸本~ (7, 0.0%)

1 が高い, はうち, はさかん, はその, は三人, は警察署, は谷中

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 と董, には朝覲, の之, の行幸, はひそか, は子澄, は碁

▼ 日我々~ (7, 0.0%)

1 の上, の新, の連中, は三十マイル以上, は和歌山, は河, は神戸

▼ 日我慢~ (7, 0.0%)

3 して 2 が出来ず 1 いたして, すれば

▼ 日放送~ (7, 0.0%)

21 のこと, のサラリーマン物, の台本, の菊田, を約束

▼ 日~ (7, 0.0%)

2 が三百幾十本 1 なしだ, までつけたさうだ, を後に, を書き, を附け

▼ 日~ (7, 0.0%)

2 はあれども心 1 がよかつ, でもなし, とかけ, のない, 同御候

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 にとりつい, によりか, により新紙, に凭, に向う, に向っ, の抽斗

▼ 日来た~ (7, 0.0%)

2 ばかりの知合 1 がその, とき花房が, 時には, 限り一僧も, 青年の

▼ 日棠軒~ (7, 0.0%)

2 は福山 1 の往訪, の歴訪, の訪問, は亡父, は長谷寺

▼ 日~ (7, 0.0%)

3 りの 1 へり, りは, りませんでした, りも

▼ 日泊め~ (7, 0.0%)

2 てくれない, て呉れる 1 ておい, て貰えれ, て貰つて

▼ 日清戦役~ (7, 0.0%)

2 のため 1 が済ん, というその, の古戦場, の最中, もしくは日露戦争

▼ 日照る~ (7, 0.0%)

1 國, 國なり, 宮, 島の, 日の, 畑の, 近山

▼ 日玄徳~ (7, 0.0%)

1 のため, の顔, は劉表, は大, は曠野, を丘, を追撃

▼ 日用事~ (7, 0.0%)

1 があっ, があった, がある, が出来, で本校, を兼ね, を果たして

▼ 日目今日~ (7, 0.0%)

4 か昨日 1 からかぞえ, から三, より二回

▼ 日神戸~ (7, 0.0%)

3 にて 1 の元町, へ買い物, を出帆, を発っ

▼ 日突如~ (7, 0.0%)

5 とし 1 兵二万を, 陸奥は

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 いちいち挙ぐる, これから問題, のこと, は往々, を以て毎年, 悉く揃, 見て

▼ 日米安全保障条約~ (7, 0.0%)

1 であり行政協定, による行政協定, に関して主権者, の問題, の締結, は昭和二十六年, 並びに行政協定

▼ 日米関係~ (7, 0.0%)

1 が大分険悪, と云つた所, の切迫, の本, は英吉利語文学, を云, を論じた

▼ 日経過~ (7, 0.0%)

2 したある, して 1 しただけ, する, を見

▼ 日続く~ (7, 0.0%)

1 か, ことか, といふ, とはあまり, ともう幾らか, と新, と楽屋

▼ 日~ (7, 0.0%)

2 知らしめさむ 1 ともいう, と先代, をえ, 知らしめき, 知らしめさむとせし時

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 にいた, はダウンズ, はリスボン, は印度洋, は安, まさしくハワイ, を訪問

▼ 日見た~ (7, 0.0%)

1 のだ, のと, ような, フィルムの, 事は, 父の, 見知らぬ人々

▼ 日見ぬ~ (7, 0.0%)

3 間に, 間の 1 も氣

▼ 日議会~ (7, 0.0%)

1 の最終日, の開会式, は依然, は夜, は解散, へ請願, を傍聴

▼ 日軽部~ (7, 0.0%)

3 の同僚 2 の留守中 1 が登校, は急

▼ 日辛抱~ (7, 0.0%)

2 して 1 が出来る, しろそう, し給え, すりゃすぐ, すると

▼ 日週間~ (7, 0.0%)

1 が実行, で五日目, で働いてる, という, によって今, を働く, を採用

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 だらうに, と云, を変え, を始, を東南, を歩い, を行き

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 にいる, への旅路, へ旅路, へ曳かれた, を落ち, を進発, を離れた

▼ 日酔ひ~ (7, 0.0%)

2 でれりつ, の気味 1 で彼, の顔, は

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 の氣味, の氣味也, の白眼, は血の道, ひらしい景氣, をし, をやる

▼ 日~ (7, 0.0%)

2 の牧 1 の山, の峰, の牧場, の部屋, の頂上

▼ 日露両国~ (7, 0.0%)

1 の交渉, の商業的関係, の国交, の衝突, の間, は勿論, を主人公

▼ 日露戦争以後~ (7, 0.0%)

1 こんな人間, たびたび聞かされ, どんどん開けた, において初めて徐々に, における日本, に吾輩, に起った

▼ 日露戦争前~ (7, 0.0%)

1 と記憶, にあっ, に栄え, に露国帝政, のあの, の何処, までは血気

▼ 日~ (7, 0.0%)

1 で天童, に乗った, に言った, の上, はふみきり, を休ませ, を進め

▼ 日高見国~ (7, 0.0%)

1 だと, といふの, と日高見川, の研究, までのやう, をも当時, を平らげ

▼ 日黙っ~ (7, 0.0%)

2 て働い 1 ていた, ている, てお待ち, てぐっすり, て居る

▼ 日あたし~ (6, 0.0%)

1 はお, はすぐ, は母, は神田淡路町, も病院, を助け

▼ 日かぎり~ (6, 0.0%)

1 だぞ, で地球, で無事, と触れ直せ, にお, 半蔵は

▼ 日かも~ (6, 0.0%)

1 知れず, 知れない, 知れないが, 知れないね, 知れません, 話した通り

▼ 日がな~ (6, 0.0%)

2 日ぐらしふりに 1 なにが, 日ぐらし雨ふる, 日ぐらし音し, 通いましただ

▼ 日くらいの~ (6, 0.0%)

1 休みを, 余裕を, 快晴では, 間だろう, 間に, 間行方不明に

▼ 日くらいは~ (6, 0.0%)

1 いいだろう, お帰り, とどまること, 休ませませんでは, 傍聴席へ, 大いに緊張

▼ 日ぐらいしか~ (6, 0.0%)

1 あるまい, 保たない生菓子, 出なかった, 持たない森, 泊らないつもり, 過ぎてや

▼ 日こと~ (6, 0.0%)

2 の外 1 に正月, のほか, また高い, を七年前

▼ 日~ (6, 0.0%)

2 厄介に 1 もりと, 猶予, 逗留し, 邸内に

▼ 日ごろごろ~ (6, 0.0%)

4 して 1 として烟, 寝転んで

▼ 日さっそく~ (6, 0.0%)

1 お姫さまと, その陣所, それの, 京へ, 国じ, 樗門の

▼ 日そう~ (6, 0.0%)

1 だ両国, でなくても, なの, やって, 三日間は, 悟って

▼ 日ただ~ (6, 0.0%)

1 その時刻, だらしなくねそべって, のいちど, 一人で, 胸を, 静かに

▼ 日たち~ (6, 0.0%)

1 あの娘, して, て人々, にけり, もうかれこれ一月あまり, 又二郎

▼ 日だの~ (6, 0.0%)

2 普請を, 魔の 1 旗の, 星だ

▼ 日であろう~ (6, 0.0%)

1 か, かと思いやった, というの, とは誰, とも旅, と年じゅう行事

▼ 日なお~ (6, 0.0%)

1 暮れざるに, 浅きを, 浅くその, 董承, 遠し一時, 高きに

▼ 日なぞには~ (6, 0.0%)

2 よくあの 1 さすがに, 別の, 昼間でも, 朝から

▼ 日などと~ (6, 0.0%)

1 いったって, 云うもの, 云って, 書き入れた暦, 書く土地, 長い期間

▼ 日にあたり~ (6, 0.0%)

1 ひと頃より, ふた, 居り, 慶喜は, 東京からの, 風に

▼ 日について~ (6, 0.0%)

1 この前, 七日, 回らぬこと, 暫くは, 書いて, 本当にありがとう

▼ 日にね~ (6, 0.0%)

1 あんまり気, かきかけの, これを, 一枚ばかり, 星山さんが, 林町へ

▼ 日のんびり~ (6, 0.0%)

1 して, しました, する気, である, と休まなきゃなりません, と近所

▼ 日ばかし~ (6, 0.0%)

1 前から, 彼処に, 快遊船, 経ってから, 経つて, 置いて

▼ 日ひそか~ (6, 0.0%)

1 にその, にその後, に供, に玄徳, に荷物, に長浜

▼ 日みんな~ (6, 0.0%)

1 が出かけ, で仲よく, に撲らせました, の居る, はいつも, を笑わせ

▼ 日やる~ (6, 0.0%)

2 とやめられない 1 かと念, さうで, と止められない, と止められん

▼ 日よけ~ (6, 0.0%)

1 天幕の, 帽から, 料理場を通して, 眼鏡を, 窓の, 袋物屋の

▼ 日らしく~ (6, 0.0%)

1 あちこちの, て気に入った, と仰せられた, 中国地方の, 町を, 美しかった

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 てそれから, てもうんざり, て一軒, て今度, て帰る, て渋紙

▼ 日~ (6, 0.0%)

2 満国境楊森子付近 1 の風雲急, はいよいよ, 戦ふこと, 満三国国境委員会設置案

▼ 日ベルリン~ (6, 0.0%)

1 で, で婚約解消, にあり, に著い, のフィルハーモニー, を占領

▼ 日一つ~ (6, 0.0%)

1 のかぎ, の事件, の場面, の夢, の計画的, わが上

▼ 日三十日~ (6, 0.0%)

1 という遅配欠配, と數, と箱根, には便所, の朝, の遅配欠配

▼ 日三日四日~ (6, 0.0%)

1 とすぎさりました, と夢中, と待ち暮らし, と日, は遊ん, を経っ

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 でやすを, に月, の妹, の王, の関, の関阿弥陀寺

▼ 日下宿~ (6, 0.0%)

1 に持ち扱っ, の二階, の娘, の細君, の部屋, へ帰る

▼ 日中部屋~ (6, 0.0%)

1 にい, に閉ぢ, のなか, の中, の者総出, へ引籠

▼ 日二十四時間~ (6, 0.0%)

1 といえ, に二百六十六マイル, に大阪, のうち二十三時間五十五分, を週期, 近づくモロー彗星

▼ 日二階~ (6, 0.0%)

1 から茂った, でいつも, の教室, の窓, の絹商人, の縁側

▼ 日交替~ (6, 0.0%)

1 でお, で宿直, で演じた, で食事拵え, にスカニエー, をかんべん

▼ 日京卜~ (6, 0.0%)

1 といふ物, と繋つて, のなごり, の文獻, らしいもの, を傳

▼ 日人々~ (6, 0.0%)

2 の心 1 とともに行き, と共に, の記憶, は御堂

▼ 日今年~ (6, 0.0%)

2 はやや 1 は日枝神社, は稍温暖, は親類, を限り

▼ 日以来彼~ (6, 0.0%)

1 の心, の胸, は一度, は作曲家, は新しい, は書物

▼ 日休息~ (6, 0.0%)

1 したが, して, し三十一日, し得るの, する事, はなりますまい

▼ 日傭い~ (6, 0.0%)

1 になっ, になり下がらせる, 女に, 女は, 根性では, 稼ぎの

▼ 日働く~ (6, 0.0%)

2 家を 1 と女, のかと, んだ, 者の

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 が永仁年間, のはなし, のもと, の京都, の功績, の弟子日源等

▼ 日~ (6, 0.0%)

2 のお 1 てもらつたら, て来ない, の吉延さん, の繪はがき

▼ 日前東京~ (6, 0.0%)

1 からおいで, から帰っ, から若い, から遊び, で逢う, へき

▼ 日十二日~ (6, 0.0%)

1 と, と二人, と店, までということ, もすぎ, 初めて両

▼ 日十四日~ (6, 0.0%)

1 とお, に, の夕方, の宵宮, は公使ら, は薩州藩

▼ 日半夜~ (6, 0.0%)

1 だった, で宮路山, で来た, に撒き散らした, も吹き続ける, やすらけき思ひ

▼ 日半日~ (6, 0.0%)

1 だけで, の散歩, はたつ, をあらそっ, を争っ, 寝てること

▼ 日~ (6, 0.0%)

2 の下刻 1 の上刻, の時, の頃, 発し駅

▼ 日又は~ (6, 0.0%)

1 一夜御, 下の, 二日の, 六日を, 十四日間その, 諸王の

▼ 日名古屋~ (6, 0.0%)

1 で木村升田三番勝負, に六日, に四日, のお, の兄, の欣人

▼ 日和尚さん~ (6, 0.0%)

2 は用事 1 に, は廂髪, は御, は檀家

▼ 日太郎~ (6, 0.0%)

1 とチロ, の誕生日, はうっかり, はお母さん, は独楽, は野原

▼ 日太陽~ (6, 0.0%)

1 が湖心, が西, に晒されたら, は午後, は妙, は馬

▼ 日~ (6, 0.0%)

2 で調物 1 の女中, の子供, へ帰っ, を空け

▼ 日家康~ (6, 0.0%)

2 を山上 1 が家臣全員, はなお, は信長, 約五千余騎

▼ 日巡査~ (6, 0.0%)

1 がやって来, が來, が来, と笑い, に腰縄, は隣

▼ 日~ (6, 0.0%)

3 の刻 1 の一点, の刻生, の刻頃

▼ 日巴里~ (6, 0.0%)

1 から手紙, で一人, で死んだ, にて, に死んだ, に生れた

▼ 日帰らない~ (6, 0.0%)

2 ような 1 かも知れない, からと言っ, ことは, ツて

▼ 日幡景親~ (6, 0.0%)

1 がおり, が主将, が北曲輪, が守る, と軍監, の手勢

▼ 日延び~ (6, 0.0%)

1 ていた, ていよ, ても無理, てようやく, て三日, やうか

▼ 日延期~ (6, 0.0%)

2 させる方法 1 された, しては, と云, を申し入れる

▼ 日後れ~ (6, 0.0%)

1 て帰る, て知らぬ, の写真頭, の頭, りや屑屋の, 昨夜東京から

▼ 日後彼~ (6, 0.0%)

1 から日本, から端書, が私, はロングウェル氏, は朝, は私

▼ 日~ (6, 0.0%)

3 の第 1 の妻かね, の姉良, の幼弟季男

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 かで山水楼, でこの, に置きました, のとき, の品物, の夜笊

▼ 日払暁~ (6, 0.0%)

2 の閣議 1 の間, を期し, 没しました, 突如ラウ

▼ 日掛っ~ (6, 0.0%)

1 て, ても構わん, てようやく, て一箱, て千円, て脱稿

▼ 日措い~ (6, 0.0%)

1 て, てすぐ, てその, て主税, て次, て沢井様

▼ 日支両国~ (6, 0.0%)

1 が本当に, の今, の古代, の学生, の気風, は全面的

▼ 日支間~ (6, 0.0%)

4 の航海 1 のこれ, の関係

▼ 日故郷~ (6, 0.0%)

2 よりの便り 1 の共同墓地, の妹, の父親, の越前

▼ 日散歩~ (6, 0.0%)

2 のついで 1 ながら強羅停車場, に出た, の時間, の次手

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 らしい心, 将軍に, 憲法施行の, 憲法発布の, 日本文学会が, 發見の

▼ 日新聞社~ (6, 0.0%)

1 から十五円, の持主, の方, の浦崎成一さん, の記者, へ七日

▼ 日既に~ (6, 0.0%)

1 セダン附近に, 三十五日, 久し焔, 法華經讀誦の, 高く身, 高し

▼ 日早かっ~ (6, 0.0%)

1 たけれど, たため, たならば, たなら秀子, たらうんと, たらなあ

▼ 日昼食~ (6, 0.0%)

1 が済ん, が終っ, のおり, の後, の註文, を終えた

▼ 日時刻~ (6, 0.0%)

1 の四つ, は何時, は宵, は略, もちょうど, を約し

▼ 日晴天~ (6, 0.0%)

1 がある, が続いた, だから, だと, になります, を卜

▼ 日未明~ (6, 0.0%)

1 にある, にはもはや, に一隊, に出発, の出来事, の空

▼ 日校長~ (6, 0.0%)

21 が言うた, は校庭, は県庁, より学生

▼ 日武蔵~ (6, 0.0%)

1 が窺っ, と出会わん, に会いたい, はもとより, は主君忠利公, は忠利公

▼ 日沒後~ (6, 0.0%)

1 なれば, に少し, に於, の傾斜面, の禮拜の, まだあ

▼ 日泊つて~ (6, 0.0%)

1 お行きやし, その正, ゐたこと, 一寸あつ, 居た, 行けと

▼ 日泊り~ (6, 0.0%)

1 て翌日, ならば, にて横浜, ガチャガチャ食事を, 一日すゝむと西湖の, 翌日尾道に

▼ 日海岸~ (6, 0.0%)

2 の方, の空気 1 で遊ん, の家

▼ 日深夜~ (6, 0.0%)

2 のこと 1 の出来事, までにその, をことさら, 否十一日朝

▼ 日清戦争以後~ (6, 0.0%)

2 のこと 1 では, には提灯, には桃湯, の頃

▼ 日特に~ (6, 0.0%)

1 孔子の, 小介, 御簾を, 芝居で, 迎へられ, 長ん

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 がちょい, がやってき, が又, に追われ, は一台, を食

▼ 日独協定~ (6, 0.0%)

1 が行われ, により日本, の, のこと, の方, を放送

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 と称し, と稱, にかかっ, 死す, 気づいたという, 革まるや

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 で来る, にて牧塲, のもの, のニュース, のルーター電報, の華盛頓電報

▼ 日眺め~ (6, 0.0%)

1 くらしても, ていた, ている, ても十六文, て来た, 暮らして

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 がチカ, の正月, を切つて, を放て, を赤く, を醒し

▼ 日稼ぎ~ (6, 0.0%)

1 に出た, に来る, の勤労者, の貧乏人, の貧棒人, をしなけれ

▼ 日立った~ (6, 0.0%)

3 或る 1 日に, 頃から, 頃の

▼ 日米競泳~ (6, 0.0%)

1 でも古橋, で古橋, に番外, の勝敗, の点数, は面白かっ

▼ 日約束~ (6, 0.0%)

2 の日 1 して, により万障放棄, の場所, の時刻

▼ 日経たぬ~ (6, 0.0%)

4 うちに 1 内に, 間に

▼ 日考え~ (6, 0.0%)

1 あかしても, てからと仰言っ, てばかり居る, てみます, てみる, に沈ん

▼ 日考えさし~ (6, 0.0%)

3 てくれ 1 て下さい, て欲しい, て頂きたい

▼ 日耳曼~ (6, 0.0%)

2 と仏蘭西 1 が帝国, の人民, の政治, の語学

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 から感謝, にいちもつ, をいため, を瀉, を立て, を立てない

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 た, っておりましたら, って居ります, ついた, ていた, て居た

▼ 日西~ (6, 0.0%)

1 と名, と東, に傾き, に出, の風, より出

▼ 日見山~ (6, 0.0%)

1 との関係的位置, と名付けた, と名付けられた, と唱える, の異名, を首

▼ 日見物~ (6, 0.0%)

2 して 1 がてら疲れ, すること, のなか, の前

▼ 日~ (6, 0.0%)

1 友剣を, 寺院で, 工場諸, 葛瑾は, 郷の, 隊躍進何れも

▼ 日遅れた~ (6, 0.0%)

1 だけで, という, のであった, のでマルセエユ, のと, 清正は

▼ 日違い~ (6, 0.0%)

1 ですよ, で徒士町, で花, で間に合いませんでした, なん, に化学

▼ 日野原~ (6, 0.0%)

1 で見た, で遊ん, の家, へとまります, へ出, を歩き

▼ 日~ (6, 0.0%)

2 を見ず 1 から見る, で読んだ, の清書, を見ない

▼ 日露戦争前後~ (6, 0.0%)

1 からちっとも, から堂摺連, にかけての期間, にはイギリス, の日本, の相場表

▼ 日露戦争頃~ (6, 0.0%)

1 に先代, に於ける, に止め, に見られなかった, の事, までは二銭五厘

▼ 日~ (6, 0.0%)

4 宜亭宿題 1 はすでに, 宜亭集

▼ 日馬車~ (6, 0.0%)

1 に同乗, に変, へ乗っ, をひい, を竜動街頭, を駆つ

▼ 日おそく~ (5, 0.0%)

1 こ, なつて, までとめられ, 伊藤と, 八幡から

▼ 日おとうさん~ (5, 0.0%)

1 とおかあさん, と銭湯, にたずね, はじっと, は背中

▼ 日かげ者~ (5, 0.0%)

1 でもいい, としての成功, となっ, になっ, のよう

▼ 日かで~ (5, 0.0%)

2 あつた 1 わしには, ダメに, 東京へ

▼ 日こっち~ (5, 0.0%)

1 が説教日, へとまる, へ寄らない, へ来る, もついぞ

▼ 日ごと日ごと~ (5, 0.0%)

1 ずっと私, におぼつかない, につとめる, に歩い, を一つ

▼ 日ざら~ (5, 0.0%)

5 しよく

▼ 日じっと~ (5, 0.0%)

2 して 1 ここに, 引き籠って, 彼処に

▼ 日すこし~ (5, 0.0%)

1 子供の, 気分が, 落付い, 身体を, 遅れて

▼ 日~ (5, 0.0%)

5 かしです

▼ 日そのまま~ (5, 0.0%)

2 にし 1 ほって, ほつて, 滞京し

▼ 日たたない~ (5, 0.0%)

5 うちに

▼ 日たったら~ (5, 0.0%)

1 きっと返し, この部屋, その老爺, その部屋, どうでしょう

▼ 日だけを~ (5, 0.0%)

1 忘れよう, 朝起きし, 本当の, 祭日に, 限ったもの

▼ 日だに~ (5, 0.0%)

1 世に一人, 変だ, 安閑としては, 指なぞを, 照りたらば

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 ゅうに, ゅうにここもとへまかり出で, ゅうに十両の, ゅうもん一つも, ゅう機嫌伺いの

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 から, から二人, から何日目, から母, から毎日毎日元気

▼ 日てんでに~ (5, 0.0%)

5 赤い山

▼ 日でございます~ (5, 0.0%)

1 からね, ので兄, よ, 新利根川の, 浅草の

▼ 日でさえ~ (5, 0.0%)

1 あれば, その明るい, みずからびしびし, 口を, 正成は

▼ 日とかの~ (5, 0.0%)

1 仕事の, 夜鼠の, 日限を, 短い期間, 祝日に

▼ 日とで~ (5, 0.0%)

1 あつて, その七月七日, よほどここ, 減ったの, 私は

▼ 日とに~ (5, 0.0%)

1 ほんのわずか, 宦官は, 来たかという, 行われる, 鉱業被害概表を

▼ 日どうか~ (5, 0.0%)

3 すると 1 不慮の, 穏便に

▼ 日どんなに~ (5, 0.0%)

1 して, もがいたこと, モヤが, 思い悩んだか, 成長し

▼ 日ないし~ (5, 0.0%)

1 一月おくれ, 三一日という, 二百六十七日だった, 五日十日また, 百日間神社参詣を

▼ 日なども~ (5, 0.0%)

1 ある, これを, 一同が, 一部では, 行って

▼ 日ならぬ~ (5, 0.0%)

1 うちに, うち但馬より, うち清高の, に早く, 秋の

▼ 日においては~ (5, 0.0%)

1 かくの, またわが, 兵士と, 彼の, 農夫と

▼ 日にても~ (5, 0.0%)

1 その事, 取片付けられましょう, 家の, 巌石に, 決して肌

▼ 日ねころん~ (5, 0.0%)

2 でい, でゐ 1 で居なくっ

▼ 日ふつ~ (5, 0.0%)

2 か三日 1 か著, とまた, と或

▼ 日ぼく~ (5, 0.0%)

1 が練習, に女, は, はこのごろ, は食膳

▼ 日まい~ (5, 0.0%)

1 日丘の, 日大へん, 日忠君愛国, 日繰りかえされる, 日野あそび

▼ 日まるで~ (5, 0.0%)

2 顔を 1 他人の, 変った音, 食うもの

▼ 日みたい~ (5, 0.0%)

31 なもん, に浮かれ切っ

▼ 日もし~ (5, 0.0%)

1 さえぎるもの, ピアノで, 彼が, 悪ければ, 間違って

▼ 日よりの~ (5, 0.0%)

1 たとへ, マチネーは, 凝固せる, 恐ろしき經歴, 樣な

▼ 日わざわざ~ (5, 0.0%)

1 キャムデンまで, 使いを, 山崎へ, 汽車で, 見に

▼ 日わし~ (5, 0.0%)

1 が平素, に行き逢うた折り, の荘園, はなんとも, は寂し

▼ 日コゼット~ (5, 0.0%)

2 はふと 1 の一瞥, はそれ, は彼

▼ 日ドイツ~ (5, 0.0%)

1 がフランス, のチューリンゲン, のハンブルク, の無条件降伏, を汽車

▼ 日フランス~ (5, 0.0%)

1 の人々, の兄, の強, の議会, はベルサイユ宮殿

▼ 日モスクワ~ (5, 0.0%)

1 にいるなら, に着く, の, の街, を立ち

▼ 日一日のどか~ (5, 0.0%)

5 な温い

▼ 日一日中~ (5, 0.0%)

1 あやしい手紙, ちっともす, とあくる日, よい物, 思い思いの

▼ 日一本~ (5, 0.0%)

1 くらいお, です, のつもり, はあたらない, を父

▼ 日一行~ (5, 0.0%)

1 に伴, に伴われ, はふと, はヴィクトリア湖, は松篁はじめ数人

▼ 日三円~ (5, 0.0%)

1 から四円, ぐらい仁丹, は修繕費, もかかる, もの報酬

▼ 日三合~ (5, 0.0%)

2 の配給 1 けっして量, に苦, の白米

▼ 日三吉~ (5, 0.0%)

1 は勉, は妻, は散歩, は町, は種々

▼ 日三回~ (5, 0.0%)

1 あり, ないし二日, の検温, まで, もこの

▼ 日三度~ (5, 0.0%)

1 お米, の夜, の炊事, は切つて, も街

▼ 日不思議~ (5, 0.0%)

1 な出来事, な場合, な御, な美しい, に定

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 党の, 夜上州松井田泊, 将は, 腕で, 軍は

▼ 日中でも~ (5, 0.0%)

1 そこは, 二十一二度を, 夜中でも, 私は, 音も

▼ 日中機~ (5, 0.0%)

1 でも壱岐, といったということ, のほう, を織っ, を織る

▼ 日中私~ (5, 0.0%)

1 と娘さん, はなんだか, は気持, は汽車, は煖炉

▼ 日久しく~ (5, 0.0%)

1 して, 会は, 御不沙汰, 忘れて, 現れなかったバラバラ

▼ 日事務所~ (5, 0.0%)

1 と同じ, に働い, に於, に行かず, 休んでしもて

▼ 日二十八日~ (5, 0.0%)

1 づけの, と三鷹事件, には妙見様, の三日, の戊日

▼ 日二日三日~ (5, 0.0%)

1 あらゆる手段, とビスケット, と三宵, と指, まだ北

▼ 日井戸~ (5, 0.0%)

1 から床下, につけ, の中, を浚え, を覗い

▼ 日仏銀行~ (5, 0.0%)

1 から僕, から逆, でうけとり, の表口, へ行った

▼ 日代り~ (5, 0.0%)

1 とし, に乍寒乍暖, に介抱, に入れ, のこと何

▼ 日休養~ (5, 0.0%)

1 して, し十六日, すること, すると, ののち

▼ 日何事~ (5, 0.0%)

1 かへ本気, もなかっ, もなく, も考えなく, をし

▼ 日働いた~ (5, 0.0%)

1 あとに, かて五十銭, ことがねえ, のであるなら, 後私は

▼ 日光沢~ (5, 0.0%)

1 と鬼怒川, には十余, の外, の温泉, より鬼怒沼

▼ 日公使~ (5, 0.0%)

1 が主人, として我國, として日本, の態度, デ

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 のこと, のまっ, の夜, の日, の短日

▼ 日出前~ (5, 0.0%)

1 に人, の光, の微風黎明, の東天, 約一時

▼ 日出発~ (5, 0.0%)

2 した 1 して, できるだろうか, とは存じませんでした

▼ 日劇会議室~ (5, 0.0%)

21 で二月, で社長, へ文芸部

▼ 日十一日~ (5, 0.0%)

1 と四通, と日, には向う, のお, はその

▼ 日十六日~ (5, 0.0%)

1 と山, と思わざる, と連日, のお, の日光白色

▼ 日千日~ (5, 0.0%)

2 の断食 1 の群衆心理, を欲し, 祈ればとて

▼ 日午前三時~ (5, 0.0%)

2 を期し 1 に支度, に浅井軍, までに帰りませんでしたら

▼ 日午前六時~ (5, 0.0%)

1 にはかなり, には低, に出発, に近き, を期し

▼ 日博士~ (5, 0.0%)

2 は小学校 1 は瓶詰, は私, をたずね

▼ 日古い~ (5, 0.0%)

1 のが, 友達の, 大きな家, 文芸倶楽部か, 石垣を

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 一人が, 劇場の, 名僧知識が, 家庭では, 被告人に

▼ 日同じく~ (5, 0.0%)

1 岡田国老をも, 岡田首相との, 野山の, 閑窓読書の, 頭痛す

▼ 日四晩~ (5, 0.0%)

1 の調べ, もつきまとわれた, よ, 走りつづけました, 飛び廻つたの

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 で掛川, に到り, の急, の蕨餅, を登っ

▼ 日~ (5, 0.0%)

3 を見 1 に草花美, の中

▼ 日大根~ (5, 0.0%)

2 の種 1 など蒔く, の所, は綿

▼ 日天皇~ (5, 0.0%)

2 の名 1 の放送, は俄, は大和

▼ 日夫婦~ (5, 0.0%)

2 のくも, の蜘蛛 1 は午後一時

▼ 日學校~ (5, 0.0%)

2 の歸 1 で生徒, に被, の高島先生

▼ 日官軍~ (5, 0.0%)

1 いよいよ最後, が五稜廓, が伊庭, の先鋒, の援兵

▼ 日宿命~ (5, 0.0%)

5 の日

▼ 日~ (5, 0.0%)

2 さに 1 かつた, さが, さを

▼ 日小さな~ (5, 0.0%)

1 土人の, 年ちゃんは, 紙人形を, 車に, 軍需景気を

▼ 日山中~ (5, 0.0%)

1 なる塩湖, に寡人, の杉, をさまよいました, をさ迷った

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 があっ, にそつ, に沿う, の水, は同じ

▼ 日工場~ (5, 0.0%)

1 でミシン, で武十旦那, と役所, の入口, を休んだ

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 が住居, はヲレダン, れも, 未故和田左衛門尉義盛, 未晴

▼ 日帰宅~ (5, 0.0%)

2 した私 1 した時, してからも, しないと

▼ 日延ばした~ (5, 0.0%)

1 ことが, ため家の, だけ双方嫌, ところで, 方が

▼ 日役所~ (5, 0.0%)

1 から帰っ, から引き, の帰りがけ, へ出る, を休ん

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 たその, た岸本, た私, た草, の小野泉蔵

▼ 日思い~ (5, 0.0%)

1 くらして, に沈み, も及ばない, を果す, を込め

▼ 日思いがけなく~ (5, 0.0%)

1 しばらくたより, その娘, 人間の, 北原ミユキが, 昔の

▼ 日~ (5, 0.0%)

4 となし 1 をなやみぬ

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 の根源, の血祭, の訓練, へ, を起す

▼ 日手紙~ (5, 0.0%)

2 を書き 1 かいて, をかいた, 書ければ

▼ 日支兩國~ (5, 0.0%)

1 の差別, の間, はい, は唇齒相倚, は脣齒相倚

▼ 日政府~ (5, 0.0%)

2 は左 1 に自ら, の命, の役人

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 あるその, のなす, の摘発, は静まりかえっ, を攻撃

▼ 日方々~ (5, 0.0%)

1 から頻, で色々, の席, もらって, 歩いて

▼ 日早い~ (5, 0.0%)

2 だけ助かります 1 らしい皆, 先輩だった, 萩の

▼ 日早けれ~ (5, 0.0%)

2 ば一日 1 ば, ばそれだけ, ば訳

▼ 日~ (5, 0.0%)

2 の運行 1 の大, の如く, は遂に

▼ 日昨日~ (5, 0.0%)

1 のおなじ所, のやう, の今日, の朝, より

▼ 日晩方~ (5, 0.0%)

2 までにはもう 1 からやもう, の事, 極暑

▼ 日晩餐~ (5, 0.0%)

1 としるされ, の一時間前, の席, の時間, の食卓

▼ 日晴れ~ (5, 0.0%)

2 かつ暖 1 てゐた, て俄, て逢

▼ 日暮し~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 ている, て一人, 土地の

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 の土窟, の弟子日像, の弟子日善, は召捕り, へ消息

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 の經濟界, は伸び, をつつい, を伐り, を刻ん

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 の下刻灘町大谷九郎右衞門宅, の刻, ノ刻, 刻の, 刻竹島に

▼ 日榛軒~ (5, 0.0%)

1 が函嶺宮下奈良屋, は塾生, は本所, は混外, は阿部侯正寧

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 がでる, が水, が笑, に向いた, のよう

▼ 日次郎~ (5, 0.0%)

1 が例, の姿, はお祖母さん, はむろん, は正木

▼ 日此処~ (5, 0.0%)

1 に四日, に泊つて行つて, へ宿っ, へ宿つて, ヲ過

▼ 日此方~ (5, 0.0%)

1 に居続けたら, の心持, は見廻り兼ね, へ帰つたの, 降つたもの

▼ 日歿~ (5, 0.0%)

1 す俗名宗清民, という月日, といふ事, と刻せられ, にガダラマ山脈

▼ 日深川~ (5, 0.0%)

1 の八幡さま, の町, の町はずれ, の高橋, へ樣子

▼ 日清戦争前後~ (5, 0.0%)

2 に店 1 に生活, に至り, のロマンティック

▼ 日清談判~ (5, 0.0%)

21 なら貴様, の如く, の時

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 などを貸し, の催促, の寄り, を督促, を集め

▼ 日無理~ (5, 0.0%)

3 をし 1 にその, にも辛棒

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 がしたい, けした廣, けで, けのした, のした

▼ 日~ (5, 0.0%)

2 を見 1 の宍, を追って, 飼いが

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 にたいする講和促進, に対する講和促進, の国交, の政治上軍事上, 或いは近く昭和六七年

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 ほ高し, 同じ所, 浅く大衆, 淺きが如き, 淺し

▼ 日~ (5, 0.0%)

2 らしく家内中 1 らしいポカ, らしく午, らしく弁当

▼ 日珍しく~ (5, 0.0%)

1 この青い, ぽかぽかと, よく晴れ, 宅の, 朝凪ぎし

▼ 日生れ~ (5, 0.0%)

2 の宿命 1 の四女陸, の四男幻香, の嫡男専之助

▼ 日~ (5, 0.0%)

2 があっ 1 ありて, のほか, もねえ

▼ 日病気~ (5, 0.0%)

2 で寝 1 して, で動けなかった, になっ

▼ 日發行~ (5, 0.0%)

1 といふこと, の, の一面, の保險銀行時報, の金五圓

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 から寄っ, がやはり, がガヤ, で鍬, なが

▼ 日皇帝~ (5, 0.0%)

1 が叔父, のお, の別居, はこの, は私

▼ 日目三日目~ (5, 0.0%)

2 となつて 1 にはつく, にはつくづく, ようやく落つく

▼ 日目四日目~ (5, 0.0%)

1 にきっと, の晩, は六ツ, は定量以下, 時としては

▼ 日~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 ていらっしゃる, てらっしゃい, 直ちに一個

▼ 日筑波山~ (5, 0.0%)

3 に登り 1 に登る, に立

▼ 日箱根~ (5, 0.0%)

1 で遊ん, の山, の浴槽, の間道, へ旅

▼ 日~ (5, 0.0%)

2 の重役 1 とかいう会社, もつまらない, も詰らない

▼ 日細君~ (5, 0.0%)

1 が, が昼寝, が空, が草とり, と一緒

▼ 日経つた~ (5, 0.0%)

1 のか, ばかしな, 或る, 晩の, 父は

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 だけに当てた, と言, に通用, の大切, の皇子彦火

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 という貴い, の体, の申し上げた, の言った, はあわて

▼ 日美津子~ (5, 0.0%)

4 が行水 1 が近々

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 僧が, 先生の, 博士から, 夫妻が, 枢密顧問官は

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 にて熊野川, にのっ, の上, の中, を進め

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 がこぼれ, である, で朝, はいとなみおえ, を神

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 が真白, が蒸し, といい, のしがみついた, の肌

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 があり, にはまん, の佳き, の日, 見の

▼ 日行く~ (5, 0.0%)

1 えを, だけの道順, と要, のを, ものとして

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 から帰る, で見, で買物, の公会堂, の四つ角

▼ 日記文~ (5, 0.0%)

1 があった, に現れる, のあと, の古風, を終らう

▼ 日豹一~ (5, 0.0%)

1 が日本橋筋一丁目, にも順番, に淫ら, は突然, は自分

▼ 日遊ぶ~ (5, 0.0%)

1 ことに, と今, ような, んだ, 事が

▼ 日遠く~ (5, 0.0%)

2 来た旅 1 まで猟, 丘を, 外洋の

▼ 日避け~ (5, 0.0%)

1 が無くなった, にしたい, の木, の簾, の色眼鏡

▼ 日郊外~ (5, 0.0%)

1 からきた, の植木屋, の田甫路, へ出, へ遊び

▼ 日重陽~ (5, 0.0%)

2 の節句 1 の佳節, の宵, の日

▼ 日銀座~ (5, 0.0%)

1 で泥酔, に来た, のある, の京伝, の某

▼ 日露戦役後~ (5, 0.0%)

1 に於ける, に渡来, に費やされた, の世間, 度々部下

▼ 日露開戦~ (5, 0.0%)

1 になれ, の二月, の前, の原因, の当初

▼ 日静養~ (5, 0.0%)

1 してから, すると, なさると, のやむを得ざる, 出来るもの

▼ 日風呂~ (5, 0.0%)

1 だった, にも行かず, に這入らない, へ行く, へ這入らね

▼ 日食わず~ (5, 0.0%)

1 とも意気, と言った, にいなけれ, に野, 一夜眠らず

▼ 日~ (5, 0.0%)

1 が失った, の一部隊, の大艦船隊, の軍, の陣営

▼ 日あっ~ (4, 0.0%)

1 てこれ, てまた, てもいい, て一日

▼ 日あった~ (4, 0.0%)

1 が父, ことは, と思います, 出来事を

▼ 日あまりに~ (4, 0.0%)

1 なつた, なる, や, 四十両という

▼ 日いつ~ (4, 0.0%)

1 どこで, になく心細, ぱいには歸れまい, 頃に

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 する, づめなけぁいけないんだ, づめなけあいけないんだ, への

▼ 日おなじ~ (4, 0.0%)

2 ことを, 暮しを

▼ 日お客~ (4, 0.0%)

1 から意外, が来ない, をことわっ, を招ん

▼ 日お母さん~ (4, 0.0%)

1 がお, がせんたく, と一緒, は汚れた

▼ 日お爺さん~ (4, 0.0%)

1 が僕, が見舞われた, に呼びよせられまし, は二人

▼ 日かく~ (4, 0.0%)

1 ぞ振舞, と聞い, の如く, 改まった委嘱

▼ 日がわり~ (4, 0.0%)

1 ではじめ, にいちご畑, に家々, に買出し

▼ 日ぐずぐず~ (4, 0.0%)

2 して 1 に送っ, 暮らして

▼ 日こうして~ (4, 0.0%)

1 おってすぐ江戸, 坐りこんで, 暮して, 歩いては

▼ 日こちら~ (4, 0.0%)

2 に残る 1 から頼み, はいくらか

▼ 日さき~ (4, 0.0%)

1 になります, に亡びたる, に成都, に録音

▼ 日さすが~ (4, 0.0%)

1 にお, に厄日, に曹操, の東野南次

▼ 日しかも~ (4, 0.0%)

1 今猶, 其傍若無人の, 彼我共に, 真っ昼間に

▼ 日しみじみ~ (4, 0.0%)

1 とメス, と文楽師匠, と昼寝, と歎息

▼ 日すぎる~ (4, 0.0%)

1 とちゃんと, とカーッ, とマイナス, と私

▼ 日すべて~ (4, 0.0%)

1 の人々, の職場, の苦しみ, を自分

▼ 日ずつの~ (4, 0.0%)

1 三つの, 上演目録が, 祈願を, 賜暇を

▼ 日せいぜい~ (4, 0.0%)

1 一週間くらい, 三十軒五六円の, 二枚限度, 五日お

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 が果樹園, との運動場, なたの, ぼそ

▼ 日そういう~ (4, 0.0%)

1 丘の, 散歩から, 最中に, 目的で

▼ 日それとなく~ (4, 0.0%)

1 お琴, 子桑伯子, 拝見し, 注意し

▼ 日たち二日~ (4, 0.0%)

2 たつうち 1 たちました, たっても

▼ 日だけしか~ (4, 0.0%)

1 家へ, 彼を, 滞在出来ぬ, 逢うこと

▼ 日ちがい~ (4, 0.0%)

1 である, でこう, で朝廷, で死なず

▼ 日つぶし~ (4, 0.0%)

1 てしまった, て私, て論判, 胸が

▼ 日でありました~ (4, 0.0%)

1 がはや, がみんな, が川, ので町

▼ 日であれ~ (4, 0.0%)

1 うれしい夜, ば先ず, ば富士, ば火鉢

▼ 日といふもの~ (4, 0.0%)

1 旦那を, 枕の, 楽み, 碌々病院にも

▼ 日どんな~ (4, 0.0%)

1 ことが, であったかは, 話を, 風に

▼ 日なく~ (4, 0.0%)

1 いまだ一日, ンばや, 地に, 月なく

▼ 日なぞ~ (4, 0.0%)

1 家に, 待たないで, 笏の, 衣物の

▼ 日なにか~ (4, 0.0%)

2 恐るべき 1 きこえて, 考えてるね

▼ 日ならざる~ (4, 0.0%)

2 可から 1 に道南, 日は

▼ 日なりと~ (4, 0.0%)

1 いう, 思ひ出したる, 言つてゐる, 都合し

▼ 日にあたる~ (4, 0.0%)

1 あさっての, 夜は, 裏庭の, 顔が

▼ 日にから~ (4, 0.0%)

3 かさ 1 傘の

▼ 日にと~ (4, 0.0%)

2 くる 1 思って, 言ひます

▼ 日により~ (4, 0.0%)

1 場所について, 或は光線, 時によって, 美しい花

▼ 日にわかに~ (4, 0.0%)

1 明るくなった, 東京から, 漲ったが, 炎熱を

▼ 日に対する~ (4, 0.0%)

1 微妙なる, 準備の, 讃美と, 長さ

▼ 日ねずみ~ (4, 0.0%)

2 と人間 1 かうるさい, のよう

▼ 日のに~ (4, 0.0%)

1 ほひ, ほひを, やっとめぐり合った, 九大の

▼ 日のびた~ (4, 0.0%)

1 けれど序文, という, のだ, わけです

▼ 日のべの~ (4, 0.0%)

1 事三益は, 千秋楽, 宣伝利かず, 記念品は

▼ 日のみは~ (4, 0.0%)

2 陛下も 1 さる事, 子供が

▼ 日はた~ (4, 0.0%)

1 うとう死なず, うとう雨, そがれぬ, 知らずわれと

▼ 日はも~ (4, 0.0%)

1 うたそがれ, ウ七ツ下り斜めに, 夜も, 經なく

▼ 日ばかりと~ (4, 0.0%)

1 いふもの, 云うもの, 云ふも, 来てる

▼ 日ひと~ (4, 0.0%)

1 の来ない, ひ哥, ひ夜ひと, ひ夜もすがら

▼ 日ひどい~ (4, 0.0%)

1 大風が, 雨が, 風が, 風で

▼ 日ひま~ (4, 0.0%)

2 をもらう 1 がかかった, をつぶし

▼ 日ひょっこり~ (4, 0.0%)

1 マルクープ老人が, 汽車から, 珍しい客三人, 訪ねて

▼ 日ふらり~ (4, 0.0%)

2 と尋ね 1 と彼女, と来た

▼ 日へと~ (4, 0.0%)

1 ぶらぶら歩い, 見物人の, 進んで, 過して

▼ 日ほか~ (4, 0.0%)

1 にい, のほう, の客, の建築物

▼ 日ほとんど~ (4, 0.0%)

1 一つの, 三面全部を, 動かずに, 太刀打ちを

▼ 日までが~ (4, 0.0%)

1 お彼岸, なるべく長い, 短くなった, 胸を

▼ 日まり~ (4, 0.0%)

2 住み馴れて 1 我と在りし, 焚きて

▼ 日めずらしく~ (4, 0.0%)

1 宣伝長の, 捨吉が, 晴れた梅雨, 牡鹿は

▼ 日もしくは~ (4, 0.0%)

1 二日間特別に, 十一月の, 半日早く, 雨に

▼ 日やっと~ (4, 0.0%)

1 のこと, 冬の, 十銭の, 筒井は

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 つくり泊つて, つくり考へよう, つくり遊ぶつもり, 永き日月

▼ 日よい~ (4, 0.0%)

2 一夜だつた 1 お日, 夜で

▼ 日わたしたち~ (4, 0.0%)

1 が声, の戦争挑発, は, は出発

▼ 日をこそ~ (4, 0.0%)

2 待ためと, 歌ひし

▼ 日ツェねずみ~ (4, 0.0%)

1 に半分, に言いました, はおなか, はきょろきょろ

▼ 日プラーク~ (4, 0.0%)

1 にもどり, に到着, のシュトラースニッツ・ユダヤ人墓地, へもどった

▼ 日ミュンヘン~ (4, 0.0%)

2 にて 1 に, の日本名誉領事館

▼ 日一匹~ (4, 0.0%)

1 の威張り, の老, の虱, の野狐

▼ 日一時間~ (4, 0.0%)

1 の夕, の日光浴, の餘裕, ばかりですませます

▼ 日一月~ (4, 0.0%)

1 おくれで, おくれの, ならその, もしくは一年

▼ 日一食~ (4, 0.0%)

1 じゃ, ですまして, で九十八, で済まし

▼ 日三浦さん~ (4, 0.0%)

1 のマネージャー井上, は山中湖畔, は放送局, は自動車

▼ 日中関係~ (4, 0.0%)

2 の不幸 1 の打開, の改善

▼ 日中陽~ (4, 0.0%)

1 があたっ, が当っ, に温められ, の当らない

▼ 日二十五日~ (4, 0.0%)

1 であつ, と四日間, の両日, の午

▼ 日二日前~ (4, 0.0%)

1 から使わず, に四半年分, に自分, の夜

▼ 日二食~ (4, 0.0%)

1 であつ, にしたい, にする, の給養

▼ 日~ (4, 0.0%)

4 の日

▼ 日五十銭~ (4, 0.0%)

1 と売りあげる, に較べれ, の割, の食費

▼ 日五日六日~ (4, 0.0%)

1 と二晩泊り, にわたる地震, の三日三晩, はパン屋キオスク

▼ 日交際~ (4, 0.0%)

3 をしたら 1 ったこと

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 から自動車, に四, に沈酔, に泊っ

▼ 日人目~ (4, 0.0%)

1 にた, のない, を忍ん, を避け

▼ 日今夜~ (4, 0.0%)

1 が豆, はその, は何, も眠られず

▼ 日休める~ (4, 0.0%)

1 ことに, ぞと言った, つてわけ, ような

▼ 日休暇~ (4, 0.0%)

1 が出た, で附近, をおねがい, ヲ利用シ

▼ 日休業~ (4, 0.0%)

1 する者, だという, になっ, を申

▼ 日伸子たち~ (4, 0.0%)

1 のとまっ, はパン, は川瀬, は新聞

▼ 日何處~ (4, 0.0%)

1 かへ散歩, かへ案内, に何, へも出

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 なぞと言, に拜殿, は愚か, 上げて

▼ 日信長~ (4, 0.0%)

1 が船中, は安土, は発令, は長政

▼ 日公会堂~ (4, 0.0%)

2 で話した, に来

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 大坂に, 會した, 私宅へ, 造新富座開業之

▼ 日出勤~ (4, 0.0%)

1 したの, して, の, の折

▼ 日出帆~ (4, 0.0%)

1 という, ときまった, の七月, をのばした

▼ 日出立~ (4, 0.0%)

2 と承知 1 を前, を見合せまする

▼ 日分位~ (4, 0.0%)

1 の食物, はある, はくれる, 汲み入れた

▼ 日別れ~ (4, 0.0%)

1 てしまった, てゐる, の言葉, の訓戒

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 來し, 島田訪桑原, 桑名駅, 関駅

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 だ, になり, をとっ, をとり

▼ 日前ここ~ (4, 0.0%)

1 で彼, の岸, の林, を通った

▼ 日劇ダンシングチーム~ (4, 0.0%)

1 と合同, の七月東宝, の合同, は日劇

▼ 日劇事務所~ (4, 0.0%)

2 へ専務 1 で秦, へ行く

▼ 日劇地下~ (4, 0.0%)

1 で理髪, の支那食二三, の蛇の目, の蛇の目ずし

▼ 日勘定~ (4, 0.0%)

1 しても, の仕事, の支払い, の給料

▼ 日化粧~ (4, 0.0%)

1 で長火鉢, と支度, の姿, の昔日

▼ 日医師~ (4, 0.0%)

1 が誤った, の許可, は栄介, へ行っ

▼ 日十七日~ (4, 0.0%)

1 とだんだん, と出しました, と思える, のお

▼ 日午後二時~ (4, 0.0%)

1 から出羽海部屋, から大東学園, から山ノ手ビル, に咯血

▼ 日午後五時~ (4, 0.0%)

1 に半蔵門停留場, に私たち, のあの, わが連合艦隊

▼ 日午後四時~ (4, 0.0%)

1 から井生村楼, とし, に至り, 過處

▼ 日半時~ (4, 0.0%)

2 も生き 1 だってお前さん, でも身体

▼ 日卓一~ (4, 0.0%)

1 に残した, に言, は銭湯, を呼び寄せ

▼ 日~ (4, 0.0%)

2 主水等四十七名 1 の廃城, まで抜け

▼ 日叔父~ (4, 0.0%)

1 がまた, がやって来た, の言, はいたっ

▼ 日合戦~ (4, 0.0%)

1 の大, の挫折, はこうして, は大津合戦

▼ 日同僚~ (4, 0.0%)

1 のドイツ人ユンケル氏, の士官たち, の手紙, の西園寺

▼ 日名子さん~ (4, 0.0%)

1 がお, とは友達, 実に呆れた, 実は極秘裡

▼ 日商売~ (4, 0.0%)

1 の面倒, もやめ, をした, を休んだ

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 である, とある, 暗に鎖され, 淡烟通

▼ 日夕刻~ (4, 0.0%)

1 から急, には伊勢守, に至つて大膳大夫広元さま, よりとつぜん

▼ 日夕食~ (4, 0.0%)

1 の後, まで床, をすまし, を食

▼ 日大変~ (4, 0.0%)

1 ひもじかった, よい日, 大きな坂, 忙しくって

▼ 日大王~ (4, 0.0%)

1 と称する, の贈物, はジュミーデ山, はホホキルヒ

▼ 日大雨~ (4, 0.0%)

1 あらば, の暗夜, の降続いた, をおかし

▼ 日天様~ (4, 0.0%)

2 の御 1 に上げる, のお

▼ 日女中~ (4, 0.0%)

1 がゐない, が一冊, のお, の澄さん

▼ 日始め~ (4, 0.0%)

1 てさしも, て世に, て会心, て頭上

▼ 日姫子~ (4, 0.0%)

1 に遇いし, の来る, は蛇神, 之従女

▼ 日学生~ (4, 0.0%)

1 だと, のまあ, の興奮, ノ保護善導

▼ 日~ (4, 0.0%)

3 の刻 1 の下刻

▼ 日寝た~ (4, 0.0%)

1 きりで, その三日, ということ, という程度

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 に, に近き, 急黄竜何歳見晴空, 老

▼ 日将軍家~ (4, 0.0%)

1 いよいよ右大臣, が御, の御, は左京

▼ 日将門~ (4, 0.0%)

1 は, はまず, はやや, は奴僕

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 と号, と称する, に取立てられた, を始め

▼ 日差山~ (4, 0.0%)

1 が見える, などのあいだ, へ行く, まで行っ

▼ 日座敷~ (4, 0.0%)

1 に野良猫, の縁, の隣室, を出なかつた

▼ 日当日~ (4, 0.0%)

1 には首府オスロ, の内達, の出来事, の新聞広告

▼ 日御所~ (4, 0.0%)

2 にい 1 ではいろんな, へも出ず

▼ 日御飯~ (4, 0.0%)

1 をあがらない, をたべなく, を頂かない, を食べない

▼ 日拝借~ (4, 0.0%)

1 して, し度いが, は叶いますまい, 御長屋附

▼ 日支両国民~ (4, 0.0%)

1 に一つ, の共通, の感情, の真

▼ 日支関係~ (4, 0.0%)

2 に就い 1 が緊張, または支那

▼ 日教会~ (4, 0.0%)

1 で女学院, の合唱団長, へ往く, へ韋駄天走り

▼ 日教師~ (4, 0.0%)

1 から指名, が又, はひどく, を訪問

▼ 日数時間~ (4, 0.0%)

1 しかもたぬ, ずつ何十年, ずつ動員, の後

▼ 日断食~ (4, 0.0%)

1 して, にせう, をし, をしました

▼ 日旅行~ (4, 0.0%)

2 した 1 して, してさえ

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 かるい顔, が帰っ, くれば, ほの

▼ 日明日~ (4, 0.0%)

1 はねの, はキングさん, は野尻, へかけ

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 のボヘミア, の屋敷跡, の遊び友達, は神田明神

▼ 日春三郎~ (4, 0.0%)

1 に斯, の枕許, は遂に, を猿樂町

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 とある, とか今日, 暑甚, 第二十五信

▼ 日暖か~ (4, 0.0%)

2 に風 1 なり, にし

▼ 日暖かい~ (4, 0.0%)

1 上天気が, 日を, 風が, 風に

▼ 日暮す~ (4, 0.0%)

1 ことの, ことも, のも, 幼稚園の

▼ 日更に~ (4, 0.0%)

1 單身同地に, 四人の, 東方に, 西に

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 をしたため, を校, を象山, 溜めた分

▼ 日最初~ (4, 0.0%)

1 から君, にひとめ, に下田沖, の口

▼ 日最後~ (4, 0.0%)

1 にここ, の旅程, の日, の演説

▼ 日有名~ (4, 0.0%)

1 なるロジ, なる詩人テニソン, なロイテン, な政治家河野広中

▼ 日服用~ (4, 0.0%)

2 しても 1 したらあと服用, を中止

▼ 日朝廷~ (4, 0.0%)

1 では尊氏, に上っ, の宴楽台, へ奏問

▼ 日朝鮮~ (4, 0.0%)

2 に動乱 1 でのたたかい, へ行くべき

▼ 日未だ~ (4, 0.0%)

1 何の, 昇らざりき, 浅い故に, 至らざるに

▼ 日来なかった~ (4, 0.0%)

1 という偶然, のが, ばかりだ, ようだ

▼ 日梅雨~ (4, 0.0%)

1 あがりの, があがっ, のよう, を冒し

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 の継続, をとる, を休まず, 終われば

▼ 日欠勤~ (4, 0.0%)

1 した, した時, しようかと, すると

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 のよう, は二十二日, は夕方, 豆日小集韻兼似

▼ 日歩いた~ (4, 0.0%)

1 ぐらいで飽きた, 先では, 草臥が, 記憶を

▼ 日歸つて來~ (4, 0.0%)

1 た亭主, ない事, ぬ事, ません

▼ 日死刑~ (4, 0.0%)

1 にされた, にされる, は執行, は遂に

▼ 日殿様~ (4, 0.0%)

1 お泊番, に呼出され, はお, 御参府

▼ 日泊りがけ~ (4, 0.0%)

1 でやって来た, で親類, に他, に遊び

▼ 日海上~ (4, 0.0%)

1 で破船, で行衛不明, においてフランス, を釣りまわっ

▼ 日清役~ (4, 0.0%)

1 に此処, のこと, のとき, の事

▼ 日清戰役後~ (4, 0.0%)

2 に日本 1 の十七八年, はこの

▼ 日源氏~ (4, 0.0%)

1 から来た, が今日, が山荘, の所

▼ 日滯在~ (4, 0.0%)

2 して 1 すること, 降りみ降らずみの雨間

▼ 日~ (4, 0.0%)

2 しの 1 しに, の金

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 くよう, に痩, のした, シテイルネ

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 が高かっ, に浮かされ, の原虫, や地温

▼ 日爆弾~ (4, 0.0%)

1 に賭ける, の影, の有無, を噂

▼ 日~ (4, 0.0%)

4 の臣

▼ 日父親~ (4, 0.0%)

1 がそば, が古河, の圓太郎, は自分

▼ 日~ (4, 0.0%)

4 は自分

▼ 日王さま~ (4, 0.0%)

1 がれい, のため, はこ, はイドリス

▼ 日理事会~ (4, 0.0%)

1 でもこの, で再, として当選議員, において中国代表

▼ 日生きのびた~ (4, 0.0%)

2 ろうに 1 とて何, 人間の

▼ 日甲斐~ (4, 0.0%)

1 の國, の駒ヶ岳, は本邸, は船岡

▼ 日病ん~ (4, 0.0%)

1 でオトラル, で歿せり, で没, で眠る

▼ 日病床~ (4, 0.0%)

1 で寝, に臥す, の中, の母

▼ 日白い~ (4, 0.0%)

1 アカシアの, 地面や, 犬が, 眼で

▼ 日百日~ (4, 0.0%)

2 と日 1 とおい, をかさね

▼ 日~ (4, 0.0%)

2 が過ぎる 1 だ, の習俗

▼ 日目それ~ (4, 0.0%)

1 から五日目, のみ待たされた, は美しい, まで無傷

▼ 日目エ~ (4, 0.0%)

1 に光子さん, の十月二十八日, の晩, の朝

▼ 日目ダレ~ (4, 0.0%)

1 っての, でしまらない, でとても, で昨日

▼ 日目八五郎~ (4, 0.0%)

1 はフラリ, は思ひ, は相, は路地

▼ 日直ちに~ (4, 0.0%)

1 ジョルバンガローまで, 僕は, 江戸町奉行所に, 注意深く解剖

▼ 日眼女~ (4, 0.0%)

1 が三十三, といひ, は今生, へは

▼ 日矢島さん~ (4, 0.0%)

1 と常子, は会社, は社内, は窓

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 が五十七歳, の第, の長女曾能, の長子信一

▼ 日神田~ (4, 0.0%)

1 から火事, の仕立屋, の大, の裏長屋

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 の日暮れ, の気, の空, の長雨

▼ 日稽古~ (4, 0.0%)

2 をし 1 すると, をした

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 に見られなく, に降り注い, の幕, は開い

▼ 日立ち~ (4, 0.0%)

1 きりで御座います, づめで, 三日立ちし, 通して

▼ 日笹村~ (4, 0.0%)

1 に相談, の顔, はまた, は朝

▼ 日節供~ (4, 0.0%)

1 と言, の根本, の風習, を相

▼ 日米開戦~ (4, 0.0%)

1 だ, となったなら, と共に引, を見た

▼ 日素子~ (4, 0.0%)

1 が, にそのまま, に扶, は正餐

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 攻撃と, 軍の, 辞職が, 辞職を

▼ 日縁側~ (4, 0.0%)

1 から母, で倒れ, に荷づくり, の雨戸

▼ 日置位~ (4, 0.0%)

2 にしか材料 1 に薬草, ゐに

▼ 日義雄~ (4, 0.0%)

1 が札幌, はその, は不時, は自分

▼ 日考へた~ (4, 0.0%)

1 があの, が分らない, のです, よ

▼ 日~ (4, 0.0%)

2 に一瓢 1 が痛い, が痛くっ

▼ 日良人~ (4, 0.0%)

1 と多く, なる人, に対, は用事

▼ 日芥川~ (4, 0.0%)

2 の伯母さん 1 の書斎, は夕方急

▼ 日苦使~ (4, 0.0%)

1 せよと, せよ五日以上, せよ僧寺, せよ十日以上

▼ 日英一~ (4, 0.0%)

1 が十歳, の三七日, の四七日, の机本箱

▼ 日見えない~ (4, 0.0%)

1 ようだ, ようであった, ようです, んだ

▼ 日観寺~ (4, 0.0%)

1 から登っ, でお待ち, という寺, の向う

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 ナリ, 三十二石八斗五升と, 也, 前の

▼ 日警察~ (4, 0.0%)

1 とのやりあい, の人, へ行く, を懼

▼ 日谷中~ (4, 0.0%)

2 の見 1 の斎場, の蛍沢

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 妃は, 弾左衛門珍政の, 衆両院の, 賤小豆粥を

▼ 日路傍~ (4, 0.0%)

1 に自分, に馬方, の山, の見物

▼ 日~ (4, 0.0%)

2 のため 1 の治療所, の総

▼ 日~ (4, 0.0%)

2 未霽 1 未天晴, 未晴

▼ 日辛うじて~ (4, 0.0%)

1 これを, 三フランを, 無事に, 脱稿した

▼ 日~ (4, 0.0%)

2 の刻 1 の上刻, の刻生れ

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 から平野力三, が権力, は単一無産政党, を中心

▼ 日遅く~ (4, 0.0%)

1 処分すれ, 彼は, 本所は, 用います

▼ 日遅れる~ (4, 0.0%)

1 かどう, ということ, とそれだけ, 事は

▼ 日過し~ (4, 0.0%)

1 こんな目, てから私, てしまひました, でいる

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 乘の, 州組三人土佐組一人大阪組八人日向組四人合せ, 退いた時, 退いて

▼ 日~ (4, 0.0%)

3 れて 1 れましたが

▼ 日郷里~ (4, 0.0%)

1 で県会議員, の和歌山市, の妻勝子, の学校

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 がそれら, でもあんた, の統計, の解体

▼ 日錢形平次~ (4, 0.0%)

1 がガラツ八, のところ, は八五郎以下, は到頭

▼ 日長い~ (4, 0.0%)

1 ので一二週間, のは, 旅の, 間の

▼ 日開場~ (4, 0.0%)

2 の口上看板 1 という予告, といふビラ

▼ 日関羽~ (4, 0.0%)

1 がその, の容体, は馬, を招い

▼ 日附印~ (4, 0.0%)

1 が, が私, は七月十二日, を見なかったら

▼ 日降っ~ (4, 0.0%)

1 たり晴れ, たり霽, ていた, て湧いた

▼ 日隠れ~ (4, 0.0%)

1 ていた, て居つた, とおしたと, とほした

▼ 日露戦争中~ (4, 0.0%)

1 であった, の哀愁, の大立物, の非戦論者

▼ 日露戰役後~ (4, 0.0%)

1 から黄禍論, に於ける, は我が, は英國以外

▼ 日露戰爭當時~ (4, 0.0%)

1 の古い, の空氣, の記憶, の話

▼ 日韓協約~ (4, 0.0%)

2 の意義 1 は列国, は列國

▼ 日食物~ (4, 0.0%)

1 が通らなけれ, も咽喉, をとらず, を与えない

▼ 日高氏~ (4, 0.0%)

1 が忍び, が洩らした, にはよい, の姿

▼ 日~ (4, 0.0%)

1 の箱, を殺さず, を盗み, 鳴きて

▼ 日ああ~ (3, 0.0%)

2 して 1 した場所

▼ 日あそこ~ (3, 0.0%)

1 に七日, へ働き, を通られた

▼ 日あそん~ (3, 0.0%)

1 でそれ, でゐる, で夕日

▼ 日あたかも~ (3, 0.0%)

1 不動祠に, 戒厳軍司令官を, 黄道吉辰なれ

▼ 日あつ~ (3, 0.0%)

1 たりします, たり二十九日, た年

▼ 日あら~ (3, 0.0%)

1 ばいよいよ, ばその, む

▼ 日あらゆる~ (3, 0.0%)

1 悪罵に, 意味で, 手段が

▼ 日あります~ (3, 0.0%)

21

▼ 日いずれ~ (3, 0.0%)

1 の場所, も東大, も林町

▼ 日いったん~ (3, 0.0%)

1 別れたあと, 湯の, 皆さんが

▼ 日いまだ~ (3, 0.0%)

1 昇らず, 暮れざるに, 飯を

▼ 日おく~ (3, 0.0%)

1 つきに, と孔明, と白く

▼ 日おくれれ~ (3, 0.0%)

1 ばおくれる, ばそれだけ, ば一年

▼ 日おじさん~ (3, 0.0%)

1 のところ, の子ども, はいつも

▼ 日おとなしく~ (3, 0.0%)

1 して, てぽっと, 待って

▼ 日おばあさん~ (3, 0.0%)

1 が川, はねこ, は病気

▼ 日おまえ~ (3, 0.0%)

1 の様子, はこの世, を待っ

▼ 日お母様~ (3, 0.0%)

1 から頂いた, がお, は六時

▼ 日お話~ (3, 0.0%)

1 のほか, の薬, をし

▼ 日かいた~ (3, 0.0%)

1 ことが, のです, 絵を

▼ 日かかった~ (3, 0.0%)

1 からという, ことであった, のだった

▼ 日かかりました~ (3, 0.0%)

21 江戸を

▼ 日かけ~ (3, 0.0%)

1 づりまはつてゐるアメリカ人は, て旅, て江戸

▼ 日かしら~ (3, 0.0%)

2 菊池君を 1 はふつう

▼ 日かせぎ~ (3, 0.0%)

1 のお, のはげしい, の人々

▼ 日かという~ (3, 0.0%)

1 ことさえ, ことに, んだ

▼ 日からに~ (3, 0.0%)

1 なるのに, なるよ, なるんで

▼ 日きのう~ (3, 0.0%)

1 から学校, の午後太郎, は本当に

▼ 日ぎり~ (3, 0.0%)

1 で来なくなっ, に成った, の冥加銭

▼ 日くらいで~ (3, 0.0%)

1 こんなになっ, 死んだ, 縦走し得た

▼ 日くらいも~ (3, 0.0%)

1 かかって, かかるので, つかね

▼ 日ぐらいずつ~ (3, 0.0%)

1 お魚女史, 御飯ぬきで, 服用を

▼ 日ぐらいまで~ (3, 0.0%)

1 いるそう, ひどいギザギザ, 駄目かも

▼ 日ことに~ (3, 0.0%)

1 あきらかに, よったら四日, 少女の

▼ 日これら~ (3, 0.0%)

1 の四ヶ国, の若, は電光

▼ 日ころ~ (3, 0.0%)

1 から各, にたてた, まで昔

▼ 日さえも~ (3, 0.0%)

2 与えられて 1 知らずに

▼ 日さし~ (3, 0.0%)

1 うらぐはしもよ, が上, こもりたる溪

▼ 日さま私~ (3, 0.0%)

1 のお願い, はこの, はどれ

▼ 日しずか~ (3, 0.0%)

1 にお, にし, に休養

▼ 日じめじめ~ (3, 0.0%)

1 して, と人, と雨

▼ 日じゅうそ~ (3, 0.0%)

1 ないし, の研究室, の草

▼ 日じゅうそこ~ (3, 0.0%)

1 から外, にとどまっ, を走る

▼ 日じゅう人~ (3, 0.0%)

1 ごえも, と顔, の顔

▼ 日じゅう私~ (3, 0.0%)

1 はじっと, はただ, は生きた

▼ 日じゅう部屋~ (3, 0.0%)

1 にい, にとじこもっ, の中

▼ 日ずっ~ (3, 0.0%)

1 て, ている, て昨日

▼ 日そっと~ (3, 0.0%)

1 して, 娘の, 鞍馬山を

▼ 日そのもの~ (3, 0.0%)

1 が路一杯, ではなくし, よりも日々

▼ 日その間~ (3, 0.0%)

1 だけ我慢, には仕事, 親しく天山山脈

▼ 日それら~ (3, 0.0%)

1 の品, の小説, の木

▼ 日たいへん~ (3, 0.0%)

1 およろしい, なめに, 歓迎されました

▼ 日たけ~ (3, 0.0%)

1 て眠, の締めて, 行けば

▼ 日たち七日~ (3, 0.0%)

1 たちました, たつうち, たつて

▼ 日たっぷり~ (3, 0.0%)

1 あるいて, 働いて, 考えて

▼ 日たる~ (3, 0.0%)

1 二十六日の, 外交上の, 已に久し

▼ 日だす~ (3, 0.0%)

2 よつて 1 がな

▼ 日だったろう~ (3, 0.0%)

1 かと私, か米軍ジェット機, と思う

▼ 日ちやう~ (3, 0.0%)

1 ど梅, ど盂蘭盆, ど金曜

▼ 日ちょっと~ (3, 0.0%)

1 前に, 妙な, 散歩し

▼ 日ぢゆう~ (3, 0.0%)

2 の埃 1 眺めて

▼ 日っきり~ (3, 0.0%)

2 だから 1 か傍

▼ 日つとめて~ (3, 0.0%)

1 伊良胡が, 大湊より, 本宮へ

▼ 日てり~ (3, 0.0%)

1 て曇りぬ, には七貧乏, 葉の

▼ 日でし~ (3, 0.0%)

1 て二十五日, て山々, て私たち

▼ 日でしょう~ (3, 0.0%)

1 あのとき, か, 和尚さんから

▼ 日とかに~ (3, 0.0%)

1 先方からの, 当って, 江戸を

▼ 日とでも~ (3, 0.0%)

1 いうの, いふ漢字, 言うん

▼ 日とりわけ~ (3, 0.0%)

1 ても出入, て空, 機嫌よく

▼ 日どうして~ (3, 0.0%)

1 お出でなすった, 三十万の, 出掛けて

▼ 日どうしても~ (3, 0.0%)

1 こなからの, しなくては, それを

▼ 日どうも~ (3, 0.0%)

1 あの馬鹿娘, おかしい, なかつたから

▼ 日なかに~ (3, 0.0%)

1 ただひとり, わが涙, 青き猫

▼ 日などが~ (3, 0.0%)

1 あった, 不安に, 続いて

▼ 日などの~ (3, 0.0%)

1 ことにつき, 二つの, 風情は

▼ 日なみ~ (3, 0.0%)

1 ですね, ですねってよ, に五百

▼ 日なりとて~ (3, 0.0%)

1 アイルランド中みな諸業を, 手づくりの, 誰の

▼ 日なんぞは~ (3, 0.0%)

1 きな臭い人, そういう自分, 蜜柑を

▼ 日なんと~ (3, 0.0%)

1 いう悪日, でもし, はなく

▼ 日なんとなく~ (3, 0.0%)

1 希望が, 殺伐な, 肩の

▼ 日にかけての~ (3, 0.0%)

1 一夜も, 出来事を, 諸報道

▼ 日につき~ (3, 0.0%)

1 八日朝という, 半メートルだ, 四日のは

▼ 日にに~ (3, 0.0%)

2 ほふ閑 1 逼塞を

▼ 日にのみ~ (3, 0.0%)

1 逢つてゐた, 遊ぶ時, 限って

▼ 日にわたり~ (3, 0.0%)

1 刈るそば, 断続し, 頭を

▼ 日ねも~ (3, 0.0%)

1 すの, す噎せ, す聞こえ

▼ 日のから~ (3, 0.0%)

1 傘が, 傘に, 傘の

▼ 日のけ~ (3, 0.0%)

1 さつきました, に, に干し

▼ 日のみに~ (3, 0.0%)

1 止まらず翌日, 止らずその後日課, 許されること

▼ 日はげしい~ (3, 0.0%)

1 戦の, 野分が, 雷雨の

▼ 日はと~ (3, 0.0%)

1 ありあんまり, いつたやう, ゆつくりいひ起した

▼ 日ばかりにしか~ (3, 0.0%)

1 ならない, ならないん, なりませんあなた

▼ 日ひと日~ (3, 0.0%)

1 の姿絵, は樓上, 腹だちぬ

▼ 日ひと月~ (3, 0.0%)

1 でもいっしょ, と経っ, の御

▼ 日ふたたび~ (3, 0.0%)

1 捕虜として, 盤河の, 高廟使張音

▼ 日ふとした~ (3, 0.0%)

2 ことから 1 会話の

▼ 日ふり~ (3, 0.0%)

1 そのあと, つづいた, つづいた暗い

▼ 日への~ (3, 0.0%)

1 あなたからの, 侘しく懐かしい追憶, 過程ね

▼ 日べつ~ (3, 0.0%)

1 な方面, に不, の殿中

▼ 日ほどを~ (3, 0.0%)

1 この父子, この隠れ家, 夢うつつに

▼ 日ほんの~ (3, 0.0%)

1 不圖, 二三日の, 僅かな

▼ 日までという~ (3, 0.0%)

1 こと, 所得税の, 約束で

▼ 日まではと~ (3, 0.0%)

1 いちどの, つても, 思って

▼ 日まる~ (3, 0.0%)

1 一日降りつづいた, 潰しか, 潰しさ

▼ 日むだ~ (3, 0.0%)

1 に待っ, に探しあるいた, をした

▼ 日むなしく~ (3, 0.0%)

1 待って, 踵を, 食いつぶして

▼ 日もか~ (3, 0.0%)

1 かつて脚, かつて讀み上げた, はりは

▼ 日やつ~ (3, 0.0%)

1 たから, とドイツ, と立木四本位

▼ 日やや~ (3, 0.0%)

1 狼狽の, 雨もよ, 騒々しさ

▼ 日ゆく~ (3, 0.0%)

1 浜の, 遠の, 雲歸る

▼ 日よき~ (3, 0.0%)

1 大学, 往生を, 頃の

▼ 日よん~ (3, 0.0%)

1 だり書い, でいらした, べのとまり

▼ 日らい~ (3, 0.0%)

1 の兄者, の湘南, の難局

▼ 日わずか~ (3, 0.0%)

1 な命数, に一円あまり, 十八ペンスを

▼ 日ゐた~ (3, 0.0%)

1 つて介意や, ところで, 訣である

▼ 日をよけて~ (3, 0.0%)

1 いた雑誌, いつまでも, 悠々と

▼ 日をよけながら~ (3, 0.0%)

1 ぢろぢろと, 急いで, 黙って

▼ 日を通して~ (3, 0.0%)

1 喜劇を, 大袈裟な, 張る氣

▼ 日を通じて~ (3, 0.0%)

1 攻撃されたる, 朝から, 経験の

▼ 日アラジン~ (3, 0.0%)

1 がいつも, は王さま, を仕事場

▼ 日カテリーナ・リヴォーヴナ~ (3, 0.0%)

1 の様子, は例, は薄暗く

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 入ッタ, 悪イカラ二十一日, 短イカラ

▼ 日ガラッ~ (3, 0.0%)

3 八は

▼ 日サト子~ (3, 0.0%)

1 と言いあい, は参道, は広大

▼ 日サンフランシスコ~ (3, 0.0%)

1 に一日, に安着, に着い

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 きゃア, てもの夜, て言います

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 同ジ事件, 同ジ姿勢, 少シ違ウ

▼ 日ナポリ~ (3, 0.0%)

1 とポンペイ, にてとある, に向

▼ 日ナポレオン~ (3, 0.0%)

1 はその, は侍医, は約

▼ 日ニューヨーク~ (3, 0.0%)

1 のメトロポリタン, のレキシントン座, の小さな

▼ 日ハルビン~ (3, 0.0%)

1 に戒厳令, に至る, へよった

▼ 日ブドリ~ (3, 0.0%)

1 がタチナ, が老, のところ

▼ 日ミラノ~ (3, 0.0%)

1 に入城, のスカラ座, のラ

▼ 日メルキオル~ (3, 0.0%)

1 がクリストフ, が祖父, は子供

▼ 日リュクサンブール~ (3, 0.0%)

1 で私, の園, へはふたり

▼ 日ロシア~ (3, 0.0%)

2 では最も古く 1 の仕事

▼ 日ヴェニス~ (3, 0.0%)

1 で卒中, に三日, に滞在

▼ 日一円~ (3, 0.0%)

1 からかす, という割, といふ宿料

▼ 日一分~ (3, 0.0%)

1 が貰える, ですか, は上等

▼ 日一方~ (3, 0.0%)

1 が襲撃, では木村派, 的な

▼ 日一日僕~ (3, 0.0%)

2 にはいま 1 はぼんやり

▼ 日一日私~ (3, 0.0%)

2 は不愉快 1 の膝

▼ 日一枚~ (3, 0.0%)

2 のビラ 1 のエハガキ

▼ 日一石~ (3, 0.0%)

1 としたら, を描く, を画く

▼ 日一粒~ (3, 0.0%)

1 でも雨, の米, も頂かない

▼ 日七十銭~ (3, 0.0%)

1 になりました, にも八十銭, を取っ

▼ 日七里~ (3, 0.0%)

1 が浜, の行程, も先方

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 が晴れた, 見て, 進み行くやう心掛

▼ 日三晩一睡~ (3, 0.0%)

1 もしず, もせず, もせず働き通した

▼ 日三田~ (3, 0.0%)

1 が事務室, は何時も, は又

▼ 日三銭~ (3, 0.0%)

1 でよい, というの, も遣

▼ 日上京~ (3, 0.0%)

1 したが, を延ばさない, 仰せいだされ候

▼ 日上海~ (3, 0.0%)

1 での二日, の旅舎, を発し

▼ 日下江~ (3, 0.0%)

2 の蓼津 1 の入江

▼ 日不安~ (3, 0.0%)

1 だった, だつた, の裡

▼ 日不機嫌~ (3, 0.0%)

1 で兎角, な色, な顔

▼ 日中そこ~ (3, 0.0%)

1 から劇, ですごす, にある

▼ 日中彼~ (3, 0.0%)

2 の頭 1 はビレラフォン

▼ 日中朝~ (3, 0.0%)

2 から黙 1 から晩

▼ 日中村~ (3, 0.0%)

3 の二君

▼ 日中気持~ (3, 0.0%)

1 がよかつ, が悪い, よく人力車

▼ 日主催~ (3, 0.0%)

1 で行, の, の浅草まつり

▼ 日予定~ (3, 0.0%)

1 のごとく, の場所, の時間

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 なく過ごした, につみし, をみたぎり

▼ 日二十七日~ (3, 0.0%)

1 とお, に, はまだまだ

▼ 日二十三日~ (3, 0.0%)

1 そしてきのう, には明確, に東京

▼ 日二十九日~ (3, 0.0%)

1 こう三日, と十日毎, の前後両日

▼ 日二回~ (3, 0.0%)

1 ずつ発熱, の給与, は習慣

▼ 日五日十日~ (3, 0.0%)

1 とすぎ, とたち, と日

▼ 日五時~ (3, 0.0%)

1 の汽車, を廻った, を廻つた時

▼ 日五更~ (3, 0.0%)

2 発す 1 に発す

▼ 日五月~ (3, 0.0%)

1 の三日, の日傘, も末

▼ 日人間~ (3, 0.0%)

1 の入, の家, の解放

▼ 日仏混血児~ (3, 0.0%)

1 のジョン・ハッチソン, のバロンセリ, のルイ

▼ 日仕事場~ (3, 0.0%)

1 からの帰り, にすわる, の鉋屑

▼ 日以下~ (3, 0.0%)

1 ではオジヤ, のもの, の距離内

▼ 日以後彼~ (3, 0.0%)

1 の主, はオリヴィエ, は小城

▼ 日以来僕~ (3, 0.0%)

1 は, はその, は何だか

▼ 日以降~ (3, 0.0%)

1 の足利勢, は, は従来

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 平和条約なり, 祝言が, 馬舎に

▼ 日休まし~ (3, 0.0%)

1 ておく, てくれる, て貰った

▼ 日休ませ~ (3, 0.0%)

1 てもらいましょう, て貰います, または折れた

▼ 日休んだら~ (3, 0.0%)

1 いいでしょう, と云う, 罰を

▼ 日伯父~ (3, 0.0%)

1 が六条, の所, の覚平

▼ 日位前~ (3, 0.0%)

1 からかな夜, か忘れた, ですよ

▼ 日位逗留~ (3, 0.0%)

1 して, しなくちゃあ, しなければ

▼ 日何時間~ (3, 0.0%)

1 かたのしい, ずつ課業, たっても

▼ 日余裕~ (3, 0.0%)

1 があります, があれ, が与えられ

▼ 日余計~ (3, 0.0%)

1 に滞在, に睡った, 入れある

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 した後, して, とあった

▼ 日作さざれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ば一日, ば一日食

▼ 日保養~ (3, 0.0%)

1 して, のため, をしなく

▼ 日僅か~ (3, 0.0%)

1 に手療治位, の金, 六畳一間の

▼ 日働き~ (3, 0.0%)

1 その翻訳, て得たる, に雇われた

▼ 日僕たち~ (3, 0.0%)

1 が倶楽部, の家, は一こと

▼ 日僕ら~ (3, 0.0%)

1 の所, は淺草, は眠れなくなる

▼ 日先鋒~ (3, 0.0%)

1 として蒲生氏郷, の大将, はすでに

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 は森, を一匹, を捕え殺し

▼ 日入り~ (3, 0.0%)

1 て後, ぬ, ぬ厳か

▼ 日八十銭~ (3, 0.0%)

1 くらいで, じゃあ嬶, の集配

▼ 日八夜~ (3, 0.0%)

1 というもの, もつづいた, 続いた饗宴

▼ 日八日九日~ (3, 0.0%)

2 は三朝 1 と鹿島行方二郡

▼ 日公判~ (3, 0.0%)

1 の論告, を傍聴, 始めて

▼ 日公園~ (3, 0.0%)

1 に遊び, のお玉さん, をぶら

▼ 日六時間~ (3, 0.0%)

1 そのうち四時間, になります, を要し

▼ 日共に~ (3, 0.0%)

1 楽しく語り笑いし, 江湖の, 馬を

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 を一まとめ 1 寒い部屋

▼ 日其処~ (3, 0.0%)

1 で遊ん, の応接間, を通り

▼ 日内外~ (3, 0.0%)

1 なり, にて達する, の遅速

▼ 日出かける~ (3, 0.0%)

1 ことに, だけにさえどれ, 気で

▼ 日出社~ (3, 0.0%)

2 しないと 1 すると

▼ 日前伸子~ (3, 0.0%)

2 と素子 1 は入港時間

▼ 日前君~ (3, 0.0%)

2 の所 1 に手紙

▼ 日前夜~ (3, 0.0%)

1 おそく国道, から雪, の約

▼ 日前急~ (3, 0.0%)

1 に暇, に暑く, に高座

▼ 日前手紙~ (3, 0.0%)

1 があった, があつ, がきた

▼ 日前新聞~ (3, 0.0%)

2 で見た 1 でオリムピック選手達

▼ 日前誰~ (3, 0.0%)

2 だか 1 かフィルム

▼ 日前雨~ (3, 0.0%)

1 がふりましたでしょう, の中, を冒し

▼ 日勇ちゃん~ (3, 0.0%)

1 のお父さん, は学校, は徳ちゃん

▼ 日勉強~ (3, 0.0%)

2 して 1 したいの

▼ 日勝亭~ (3, 0.0%)

2 と云 1 で勝負

▼ 日勤め先~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, でかなり, の会社

▼ 日北野~ (3, 0.0%)

1 で盲人, にて盲者, へ成せ

▼ 日医者~ (3, 0.0%)

1 から帰る, の許可, は彼

▼ 日十五時間~ (3, 0.0%)

1 ずつ労作, の労働, も人いきれ

▼ 日十円~ (3, 0.0%)

1 なん, ほどの売上, も出し

▼ 日十四時間~ (3, 0.0%)

1 ずつ労働, という労働, の労働

▼ 日十里~ (3, 0.0%)

1 の割合, をテクテク, 歩く足

▼ 日千葉~ (3, 0.0%)

2 の方 1 の町

▼ 日午前二時~ (3, 0.0%)

1 であった, である, でございました

▼ 日午前五時~ (3, 0.0%)

1 だった, に出立, に非常

▼ 日午前十一時~ (3, 0.0%)

2 である 1 までは生き

▼ 日午前四時~ (3, 0.0%)

1 にパーチェ駅, に一里, に雪

▼ 日午後七時~ (3, 0.0%)

1 から蘆, から行く, ふたたび不

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の弟子, を奪わん, 之

▼ 日厄介~ (3, 0.0%)

1 になっ, になりたい, になる

▼ 日叔父さん~ (3, 0.0%)

1 は又, は台所, は子供等

▼ 日古本屋~ (3, 0.0%)

1 でど, ばかり並ん, を呼ん

▼ 日台所~ (3, 0.0%)

1 で燻, にはその, へ入

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 にあり, にありたれ, の目

▼ 日吹き~ (3, 0.0%)

1 がある, といい, の風

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 まぬ 1 ひ續けた

▼ 日四十銭~ (3, 0.0%)

1 であるが, でよく, より五十銭

▼ 日四日五日~ (3, 0.0%)

1 とすぎ, は雨, 乃至七日間

▼ 日四杯~ (3, 0.0%)

1 だと, と二升, より食べぬ

▼ 日四谷~ (3, 0.0%)

1 からの帰り, の小永井家, の荒木町

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 に, の帰る, を発シ上京

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 が岩代, などの布教, は磐城

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 の上 1 がついた

▼ 日土地~ (3, 0.0%)

1 で名高い, の理髪床, の者

▼ 日在宅~ (3, 0.0%)

1 だから, なの, の日

▼ 日地上~ (3, 0.0%)

1 では研究所, のわれわれ, の樂園

▼ 日地震~ (3, 0.0%)

2 の記念日 1 があっ

▼ 日坐っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てもどう, て仕事

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の傍, の運命, へいかなかった

▼ 日場所~ (3, 0.0%)

1 によっては半月, は本郷一丁目, は浅草

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 と称し, に王女, の上

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 がくらい咳, なら一晝夜位, も漸く

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 かりし事, とは支那人, 一日

▼ 日大事~ (3, 0.0%)

1 な時間, な追, な鶉籠

▼ 日大垣~ (3, 0.0%)

1 の町, まで帰った, を立つ

▼ 日大津~ (3, 0.0%)

1 に着いた, より彦根, より浦戸

▼ 日奈久~ (3, 0.0%)

1 で作られます, の温泉宿, へいつぞや

▼ 日奔走~ (3, 0.0%)

1 いたので, して, してたん

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の一室, の金剛山, の間

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 に生暖か 1 な訪問者

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の耳, は, は矢野さん

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の家, は友達, は私

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 と宗祖, と我等, のむかし

▼ 日婆さん~ (3, 0.0%)

2 から手紙 1 の看病

▼ 日婦人~ (3, 0.0%)

2 はまた 1 ばかりといつ

▼ 日子爵~ (3, 0.0%)

1 と明子, は明子, は遂に

▼ 日安静~ (3, 0.0%)

1 にし, にしといたら, ヲ保チ

▼ 日宋貿易~ (3, 0.0%)

1 の上, の誘致, を将来

▼ 日完全~ (3, 0.0%)

2 なる 1 に居る

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 きまった作男, とすれ, 寄っちゃ

▼ 日実は~ (3, 0.0%)

1 八月十四日号秋月院道法日観居士, 弟に, 私も

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 の中 1 のボーイ

▼ 日家中~ (3, 0.0%)

1 が出発, にお菓子, を探した

▼ 日家居~ (3, 0.0%)

1 が出来ない, しました, やはり勉強

▼ 日寄手~ (3, 0.0%)

1 の軍, は初めて, は地下

▼ 日富士男~ (3, 0.0%)

2 はゴルドン 1 はフト一計

▼ 日小雨~ (3, 0.0%)

1 が降った, のそぼふる, ふったり

▼ 日小鳥~ (3, 0.0%)

1 が啼い, の来る, の飼い

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 宮, 而亂日多とは, 許の

▼ 日少く~ (3, 0.0%)

1 とも五百匁, とも五百回打撃, とも十時間

▼ 日屋根~ (3, 0.0%)

1 のうえ, へ目籠, を這

▼ 日山崎~ (3, 0.0%)

1 にとまれり, に敗れた, をすぎ

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 っ引, つ引ぢ, は白山

▼ 日島田~ (3, 0.0%)

1 が突然, と父, はかつて

▼ 日市中~ (3, 0.0%)

2 を散歩 1 の芸妓

▼ 日市場~ (3, 0.0%)

1 からの帰り, と云う, に紀州

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の金百両, は, 直指揮下

▼ 日帰京~ (3, 0.0%)

1 がおくれる, した, などと期日

▼ 日帰国~ (3, 0.0%)

1 したが, して, に極まり

▼ 日帶日子~ (3, 0.0%)

3 の王

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 と異なる, ならぬ貴紳三人, 毛二州の

▼ 日常用~ (3, 0.0%)

1 うる以外, ふる以外, ゐる言葉

▼ 日幡城~ (3, 0.0%)

1 から出, の中, の内輪

▼ 日平均~ (3, 0.0%)

1 して, のサーヴィス予定, 少なくも八千人

▼ 日平太郎~ (3, 0.0%)

1 の前, の家, は雨

▼ 日平生~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 よりもはし

▼ 日幸太郎~ (3, 0.0%)

1 からハガキ, は福次郎, は突然

▼ 日府中~ (3, 0.0%)

1 にて左, の城, の城下

▼ 日庸三~ (3, 0.0%)

1 が鎌倉, はふと, は小夜子

▼ 日延ばす~ (3, 0.0%)

1 ことに, ために, ともう少し

▼ 日張先生~ (3, 0.0%)

1 といふひと, に会, 実はね

▼ 日張松~ (3, 0.0%)

1 はこの, は成都, をつれ

▼ 日当時~ (3, 0.0%)

1 の大, の大統領マッキンレー, の高等学校長

▼ 日往来~ (3, 0.0%)

1 で土地, の見世物, を歩い

▼ 日待ち~ (3, 0.0%)

1 ぼけを, 二日待ち, 呆ける

▼ 日待った~ (3, 0.0%)

1 が来ない, のは, 旨を

▼ 日後れた~ (3, 0.0%)

1 だけだ, とて構う, ものは

▼ 日後れる~ (3, 0.0%)

1 と一日徒為, と散りかかる, に至っ

▼ 日後二人~ (3, 0.0%)

1 の行進, はひそか, は中央線

▼ 日後東京~ (3, 0.0%)

2 から電報 1 から私

▼ 日徹夜~ (3, 0.0%)

1 しても, しなければ, で附ききっ

▼ 日心待ち~ (3, 0.0%)

1 にした, に待っ, に窺っ

▼ 日必ず~ (3, 0.0%)

1 何等かの, 大に, 蜊を

▼ 日忌み~ (3, 0.0%)

1 と唱え, のこと, 様

▼ 日忙しい~ (3, 0.0%)

1 んで聞い, 仕事が, 目に

▼ 日快晴~ (3, 0.0%)

2 を卜 1 と誌

▼ 日思い切っ~ (3, 0.0%)

1 てお, てポケットマネー, て左

▼ 日意外~ (3, 0.0%)

1 な辺, にも景教碑, に炎暑

▼ 日愛宕~ (3, 0.0%)

1 の市, の花見幕, 御参詣

▼ 日態度~ (3, 0.0%)

1 であったと, をそこ, を一変

▼ 日慧鶴~ (3, 0.0%)

1 が雨, は井戸端, は在家

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 や下船, をな見, を招き

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 がもう, 入爲大, 入爲太

▼ 日所用~ (3, 0.0%)

2 ありて 1 がありまし

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 から時雨, の日, よく僕

▼ 日指導役~ (3, 0.0%)

2 のお爺さん 1 のお

▼ 日掛った~ (3, 0.0%)

1 のなら, のも, よ

▼ 日採集~ (3, 0.0%)

2 した物 1 して

▼ 日措き~ (3, 0.0%)

1 にはいつ, に番代り, 三日措き

▼ 日支両国語~ (3, 0.0%)

1 のそれぞれ翻訳, の卓上演説, の混合

▼ 日支人~ (3, 0.0%)

1 が事実上, にとって嬉しい, の間

▼ 日攻め~ (3, 0.0%)

2 て落ちず 1 あぐねた義貞

▼ 日新しい~ (3, 0.0%)

1 しらせが, のを, 花が

▼ 日日光~ (3, 0.0%)

1 に向う, に泊りぬ, を浴び

▼ 日日新聞社~ (3, 0.0%)

1 から十五円, の持主, へ七日

▼ 日日曜~ (3, 0.0%)

1 にて宙外君, の夜, の項

▼ 日日比谷~ (3, 0.0%)

1 です, ですから, の大神宮

▼ 日明け~ (3, 0.0%)

1 て糠, の七つ刻, の六つ

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 き公園, にし, に草緑

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 がた, せるという, て次第に

▼ 日暮した~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 が帰る

▼ 日曇り~ (3, 0.0%)

2 のち晴れ 1 のち雷雨

▼ 日替り~ (3, 0.0%)

1 にしよう, に看病, の狂言

▼ 日月代~ (3, 0.0%)

2 腐った羽二重 1 を剃っ

▼ 日朝四時~ (3, 0.0%)

1 という, に起き, 過遂に

▼ 日朝飯~ (3, 0.0%)

1 の時, をやめ, をゆっくり

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 起ちゃん 1 はこの

▼ 日本紀以後~ (3, 0.0%)

2 の国史 1 のもの

▼ 日本紀編纂~ (3, 0.0%)

2 の時 1 の際

▼ 日来り~ (3, 0.0%)

1 て知り, て礼, 港には

▼ 日来風邪~ (3, 0.0%)

2 をひい 1 を召され

▼ 日東南~ (3, 0.0%)

1 に向っ, の山中, の方

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 が取れ, の木の下, の林

▼ 日林町~ (3, 0.0%)

1 ではさぞ, では家中, のモミヂ

▼ 日柳燕石~ (3, 0.0%)

1 が楠公, が死ん, の家

▼ 日椅子~ (3, 0.0%)

1 によって種々, に腰かけ, は足

▼ 日楽しく~ (3, 0.0%)

1 明治節を, 遊びましょう, 食事ご

▼ 日横浜出帆~ (3, 0.0%)

1 の仏国郵船アンドレ, の信濃丸, の郵船

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 はうす青い, を呼ん, 之助

▼ 日機會~ (3, 0.0%)

3 を得

▼ 日歌舞伎座~ (3, 0.0%)

1 にてコッホ博士歓迎観劇会, にて仏国人, に於

▼ 日正成~ (3, 0.0%)

1 から奏聞, はこれ, は先ごろ

▼ 日此處~ (3, 0.0%)

1 から川, に三日, を一寸

▼ 日死ぬ~ (3, 0.0%)

2 数時間前に 1 のが

▼ 日死去~ (3, 0.0%)

1 いたしました, されましたから, という記事

▼ 日母親~ (3, 0.0%)

1 が述懷, はジャック, は急性

▼ 日気分~ (3, 0.0%)

1 がわるく, が悪かっ, も宜しけれ

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 が付かず, になります, を付け

▼ 日水戸~ (3, 0.0%)

1 に遊び, の大変物議如何, へ参りまし

▼ 日水曜日~ (3, 0.0%)

1 の朝端, の正午, は疲れ

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 から雨, に不思議, に荒れ

▼ 日河原~ (3, 0.0%)

1 から幾, で出逢った, に出で

▼ 日泣い~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 て居た

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 かつた, くいま, く長安

▼ 日清戦争中~ (3, 0.0%)

1 で海城辺, の人気者, は威海衛

▼ 日清戦争劇~ (3, 0.0%)

1 が各, の流行, を上演

▼ 日清戦争頃~ (3, 0.0%)

1 から明治三十年前後, から次第に, に秋田あたり

▼ 日清戰争~ (3, 0.0%)

1 が終り, で以, で擴げた肩身

▼ 日清澄~ (3, 0.0%)

1 に來, の八瀬尾, の谷

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 が魚家, との作用, 麦の

▼ 日温泉~ (3, 0.0%)

3 に入

▼ 日~ (3, 0.0%)

3 の桟橋

▼ 日満側~ (3, 0.0%)

1 からする, にその, の利潤

▼ 日源太~ (3, 0.0%)

2 が不在 1 は山城屋

▼ 日滞留~ (3, 0.0%)

2 して 1 させて

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 がまずかっ, が終つて潮, した松魚

▼ 日漱石氏~ (3, 0.0%)

1 から滝田氏, は一人, は猿楽町

▼ 日潰した~ (3, 0.0%)

1 ことに, のが, 日は

▼ 日灸和尚~ (3, 0.0%)

2 固より 1 は灸

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 届け出府の, 拠病用之, 朝無

▼ 日焦した~ (3, 0.0%)

2 位の 1 腕や

▼ 日熊吉~ (3, 0.0%)

1 が訪ね, は一日ぢ, は家

▼ 日熱心~ (3, 0.0%)

1 に仕事, に手, やまず

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 はその, やさん, やたち

▼ 日物いふ事~ (3, 0.0%)

3 も無く

▼ 日物語~ (3, 0.0%)

1 といふ, にも白峯, の昔

▼ 日独戦争~ (3, 0.0%)

1 だつたの, の折炸裂弾, やシベリア出兵時代

▼ 日猛烈~ (3, 0.0%)

1 な砂嵐, にスコール, に忙しく

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 が来, とかにはお, 若座

▼ 日獨文化協会~ (3, 0.0%)

1 のこと, を作る, を興す

▼ 日玄機~ (3, 0.0%)

1 が采蘋, は女道士仲間, は崇真観

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の方, の音, を弾い

▼ 日生きのびる~ (3, 0.0%)

1 かだ, って初物, 勘定に

▼ 日産声~ (3, 0.0%)

2 が空 1 が室

▼ 日用品一切~ (3, 0.0%)

1 がきちんと, にわたって売り歩く, を商い

▼ 日田舎~ (3, 0.0%)

1 から橘次郎さん, で暮, の人

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 の雨期 1 の所為

▼ 日目五日目~ (3, 0.0%)

1 となる, に酒, はドイツ機

▼ 日目十日目~ (3, 0.0%)

2 に上 1 に變

▼ 日看守~ (3, 0.0%)

1 のすき, は例, 来りて

▼ 日看護婦~ (3, 0.0%)

1 が來, が熊吉, は僕

▼ 日眠った~ (3, 0.0%)

1 かそれ, ものです, ような

▼ 日眠り~ (3, 0.0%)

1 とほし, の楽しい, 通して

▼ 日知らず~ (3, 0.0%)

21 識らず

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 を打っ, を打った, を打つ

▼ 日祖母~ (3, 0.0%)

1 に連れられ, は例, は菊太

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の白テブクロ, の飾り, は児夫婦

▼ 日移り~ (3, 0.0%)

2 のしづか 1

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 つるし, に吊され, に吊るされ

▼ 日立春~ (3, 0.0%)

2 の年 1 の日

▼ 日章島~ (3, 0.0%)

1 がこの, ではこの, 第一号

▼ 日筑波~ (3, 0.0%)

1 に見, のふもと, を出

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 がいかに, と日本, の転換

▼ 日節子~ (3, 0.0%)

1 が帰った, に手伝っ, を両親

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 のなか, の扉, 居した

▼ 日籠り~ (3, 0.0%)

1 といふの, に籠つて, 満ずる暁

▼ 日米タイムス~ (3, 0.0%)

1 には水上, のもん, のやつら

▼ 日米修好條~ (3, 0.0%)

3

▼ 日紅葉館~ (3, 0.0%)

2 に開かれたる 1 で開かれた

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 に小説, の若き, を持つ

▼ 日細川~ (3, 0.0%)

1 の手, の軍勢, は学校

▼ 日経た~ (3, 0.0%)

1 ある午, ば四月, 午後門の

▼ 日経ちました~ (3, 0.0%)

1 がお, がその, 夜勘兵衛お

▼ 日絶食~ (3, 0.0%)

1 した人, して, の懲罰

▼ 日經つた~ (3, 0.0%)

1 ある日, が豪傑連何, 或る

▼ 日~ (3, 0.0%)

3 の下

▼ 日置く~ (3, 0.0%)

1 と凝, と自然, と臭く

▼ 日美濃~ (3, 0.0%)

1 の多治見, の密使, は書斎

▼ 日老人~ (3, 0.0%)

1 が私, の部屋, は常識

▼ 日耳曼神話学~ (3, 0.0%)

1 に於, に関する此派, の祖グリム

▼ 日耳曼風~ (3, 0.0%)

1 で最初, のボイルドチキンライス, の料理

▼ 日良寛さん~ (3, 0.0%)

1 が若竹, は国仙和尚, は野中

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 で古道具屋, の増上寺, の神明様

▼ 日苦しん~ (3, 0.0%)

1 でいた, で居た, で死んだ

▼ 日英博覧会~ (3, 0.0%)

1 から引続き, に遣つ, の跡

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 でこれ, で今日, は今日

▼ 日荊州~ (3, 0.0%)

1 が呉, の主, へ着く

▼ 日荷物~ (3, 0.0%)

1 の渡すべき, を造り, を運ん

▼ 日菜穂子~ (3, 0.0%)

1 が診察, はそんな, は一人

▼ 日華両国~ (3, 0.0%)

1 の間, は現に, を分断

▼ 日華事變~ (3, 0.0%)

1 が勃發, だのに, の始まった

▼ 日~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 が恒, につきまとっ, はなにか

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 を伐る, を割る, を積み

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の一兵, の軍, の陣

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の声, をとつて, 死ぬ日

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 に濁る, は鷄頭, へどを吐い

▼ 日行き~ (3, 0.0%)

1 て, て見る, 馴れし近

▼ 日行け~ (3, 0.0%)

1 ばネパール, ば人, ば水

▼ 日行つて~ (3, 0.0%)

1 ると, ゐたこと, 見ると

▼ 日街上~ (3, 0.0%)

2 を行く 1 にて

▼ 日見えなかった~ (3, 0.0%)

1 がどうして, が風邪, 呑ンベの

▼ 日見えね~ (3, 0.0%)

3 ば文

▼ 日見ない~ (3, 0.0%)

2 間に 1 うちに

▼ 日見張っ~ (3, 0.0%)

1 てい, ている, て居た

▼ 日見舞~ (3, 0.0%)

1 に来, に来た, に行く

▼ 日親父~ (3, 0.0%)

1 がばばあどの, にネクタイ, の腰

▼ 日観音~ (3, 0.0%)

1 へ出, をも祀った, 詣りの

▼ 日計り~ (3, 0.0%)

1 はそ, はひどく, も寝

▼ 日記者~ (3, 0.0%)

1 にし, の位置如何, はこれ

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 かに申上ぐる機会, かに申上ぐる機會, に可

▼ 日諭吉~ (3, 0.0%)

1 はたずね, は長崎, をたずね

▼ 日諸君~ (3, 0.0%)

2 のうち 1 の主人

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 な奴 1 な野郎

▼ 日貴殿~ (3, 0.0%)

1 お屋敷, がここ, のおいで

▼ 日買う~ (3, 0.0%)

1 て來, て来, という有様

▼ 日越し~ (3, 0.0%)

2 の監禁 1 の雨空

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 を棒 1 を留め

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 づから病院, に恐しい, は今

▼ 日輝き~ (3, 0.0%)

2 を増し 1 て稍

▼ 日迄も~ (3, 0.0%)

1 こんなで, 日蔭者の, 續く

▼ 日~ (3, 0.0%)

3 へ日送り

▼ 日近づき~ (3, 0.0%)

21 にけり

▼ 日退院~ (3, 0.0%)

1 だ九日, とのこと, の約束

▼ 日通し~ (3, 0.0%)

1 ては見, て申分, の早

▼ 日遅い~ (3, 0.0%)

1 と七日, やはり晩春, 新聞と

▼ 日遅けれ~ (3, 0.0%)

2 ば一日 1 ば其の

▼ 日遊ばせ~ (3, 0.0%)

2 ておけ 1 て下さい

▼ 日遊んでる~ (3, 0.0%)

2 うち此方の 1 時でも

▼ 日過ぎれ~ (3, 0.0%)

1 ばそのまま, ば価値, ば味

▼ 日道ばた~ (3, 0.0%)

1 でふと, で一つ, に咲き揃っ

▼ 日道頓堀~ (3, 0.0%)

1 でボート, の宿屋, の雑踏

▼ 日遠い~ (3, 0.0%)

1 ところを, 奧地へ, 林の

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 つ払つた寅さん, でぶつ, というの

▼ 日金五郎~ (3, 0.0%)

1 が沈痛, にも忘れられない, は大庭春吉

▼ 日金品~ (3, 0.0%)

3 引換え

▼ 日釣り~ (3, 0.0%)

1 にも行かず, に品川沖, 耽った

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 とか直ぐ手, の姿, も官営

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 に眉, の前, ばかり見

▼ 日門口~ (3, 0.0%)

2 へ立つ 1 で友達

▼ 日陰干し~ (3, 0.0%)

3 にし

▼ 日陰鬱~ (3, 0.0%)

1 な不快, な雨, になる

▼ 日隔て~ (3, 0.0%)

1 ていた, て今度, て来る

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 の友達, の家, の座敷

▼ 日雨風~ (3, 0.0%)

1 ふかず, 強く相当困難, 止まず

▼ 日電車~ (3, 0.0%)

1 で新宿, の中, の駅

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 がかかっ, の旅会, の旅会創立

▼ 日露戦争以前~ (3, 0.0%)

1 における日本人, のもの, の日本文学

▼ 日露戦役当時~ (3, 0.0%)

1 で謂うなら, の在外運動, の思い出

▼ 日露戰爭以後~ (3, 0.0%)

1 に急激, の一大轉換期, の文學

▼ 日青根温泉~ (3, 0.0%)

3 にて

▼ 日韓合併~ (3, 0.0%)

1 が行われた, の事, の年

▼ 日音楽~ (3, 0.0%)

1 と共に暮した, のない, をやる

▼ 日預かっ~ (3, 0.0%)

1 ておい, てく, てそのうえ

▼ 日頑張つた~ (3, 0.0%)

1 がそれ, が繪圖面, つて

▼ 日顕治~ (3, 0.0%)

1 の誕生日, は市ヶ谷刑務所未決, は非合法生活

▼ 日食っ~ (3, 0.0%)

1 ていない, ている, て生き

▼ 日食わない~ (3, 0.0%)

1 で歩け, とこんな, なんていう

▼ 日食堂~ (3, 0.0%)

1 から出よう, の入口, への行きずり

▼ 日高い~ (3, 0.0%)

1 という, 塔の, 頃に

▼ 日高き~ (3, 0.0%)

1 に登れ, 朝景色の, 蚊帳に

▼ 日高く~ (3, 0.0%)

1 かがやけば, ば能登, 飛ぶ

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 に飢え, を獲, を食べない

▼ 日~ (3, 0.0%)

2 の辞書 1 ノ融合ガ試ミラルルニアラズ

▼ 日鷲郎~ (3, 0.0%)

1 とかの, は慌しく, は食物

▼ 日黄昏~ (3, 0.0%)

1 に至っ, の暗, 書す

▼ 日~ (3, 0.0%)

1 がまた, のマワリ, や咽喉

▼ 日あかく~ (2, 0.0%)

1 地に, 港の

▼ 日あかぬ~ (2, 0.0%)

2 別れを

▼ 日あかるく~ (2, 0.0%)

2 にぎやかな

▼ 日あけた~ (2, 0.0%)

1 だけで跡形, ばかりのその

▼ 日あけよう~ (2, 0.0%)

1 とそんな, と十日

▼ 日あさの~ (2, 0.0%)

1 程くもり, 程よりくもる

▼ 日あした~ (2, 0.0%)

1 はこの, は日曜日

▼ 日あつし~ (2, 0.0%)

1 があの, が親分

▼ 日あと七八日~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 日あと六日~ (2, 0.0%)

2

▼ 日あび~ (2, 0.0%)

1 て, て一列

▼ 日あまり前~ (2, 0.0%)

1 に東山道軍, の明治二十三年

▼ 日あまり寒空~ (2, 0.0%)

1 には毎日チョコレート色, に毎日チョコレート色

▼ 日あまり經~ (2, 0.0%)

1 ちました, ぬる

▼ 日あまり逗留~ (2, 0.0%)

1 した, の後

▼ 日あまり過ぎた~ (2, 0.0%)

1 のちの, 今日に

▼ 日あるべき~ (2, 0.0%)

1 は燎, 我は

▼ 日あんた~ (2, 0.0%)

1 の例, の帰り

▼ 日いかなる~ (2, 0.0%)

1 時にという, 時を

▼ 日いさん~ (2, 0.0%)

1 で西宮, も照れ

▼ 日いづ~ (2, 0.0%)

1 こにて, この戸

▼ 日いと~ (2, 0.0%)

1 君を, 広やかなる

▼ 日いなかった~ (2, 0.0%)

1 うちに, 間に

▼ 日いらいら~ (2, 0.0%)

1 して, ながら駈けあるい

▼ 日いらつ~ (2, 0.0%)

1 しやらない, しやる

▼ 日いろんな~ (2, 0.0%)

1 きものを, 宗教的な

▼ 日いッぱい~ (2, 0.0%)

1 に越前今庄, 歩いたので

▼ 日うずめなけ~ (2, 0.0%)

2 ぁいけないんだ

▼ 日うらら~ (2, 0.0%)

1 かなお, かなる

▼ 日うんと~ (2, 0.0%)

1 能率を, 駄賃を

▼ 日おおい~ (2, 0.0%)

1 ができた, の幕

▼ 日おかあさん~ (2, 0.0%)

1 はこの, は町

▼ 日おくれる~ (2, 0.0%)

1 ぐらい何, と助けよう

▼ 日おそけれ~ (2, 0.0%)

1 ばよかっ, ば駒井

▼ 日おち~ (2, 0.0%)

1 かはひ, て夕映

▼ 日おと~ (2, 0.0%)

1 みは, よさんと

▼ 日おとずれ~ (2, 0.0%)

1 て来た, も絶え

▼ 日おのれ~ (2, 0.0%)

1 の顔, も菓子折

▼ 日おやじ~ (2, 0.0%)

1 の代, の顔

▼ 日お世話~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ 日お供~ (2, 0.0%)

1 をし, を致しませう

▼ 日お姫さま~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, はトムさん

▼ 日お松~ (2, 0.0%)

1 の帰り, は自分

▼ 日お母さま~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, はやはり

▼ 日お湯~ (2, 0.0%)

1 へ入りません, を召し

▼ 日かい~ (2, 0.0%)

1 てもう, 今日は

▼ 日かう~ (2, 0.0%)

1 一途に, 言つ

▼ 日かかり~ (2, 0.0%)

1 そいつが, 切りに

▼ 日かかります~ (2, 0.0%)

1 とも十分, わねエ

▼ 日かかれ~ (2, 0.0%)

1 ばいつ, ば着きます

▼ 日かかろう~ (2, 0.0%)

1 と一歩, と三日

▼ 日かげいつか月かげ~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ 日かげ散~ (2, 0.0%)

2 斑なる

▼ 日かげ町~ (2, 0.0%)

1 か, にだってある

▼ 日かし~ (2, 0.0%)

1 ていた, はが云

▼ 日かしわ~ (2, 0.0%)

1 が云いました, を食っ

▼ 日かとよ~ (2, 0.0%)

2 風烈しく

▼ 日かな~ (2, 0.0%)

1 かなしくもの, ほころびを

▼ 日かならず~ (2, 0.0%)

1 おのづか, こなたは

▼ 日かには~ (2, 0.0%)

1 故郷下総の, 此の

▼ 日かまえ~ (2, 0.0%)

1 に, に酒

▼ 日かや~ (2, 0.0%)

1 鐘お, 鐘多く

▼ 日からずつと~ (2, 0.0%)

1 不眠が, 間断なく

▼ 日からという~ (2, 0.0%)

2 もの私は

▼ 日からとも~ (2, 0.0%)

2 知れず長い

▼ 日がの~ (2, 0.0%)

1 そりと, ぼつて

▼ 日がほど~ (2, 0.0%)

1 休養し, 待てよといふは

▼ 日がほどは~ (2, 0.0%)

1 帰省の, 苦しき記念

▼ 日がほどを~ (2, 0.0%)

2 経ました頃

▼ 日がら~ (2, 0.0%)

1 だなと, の悪い

▼ 日がらみ~ (2, 0.0%)

1 となっ, の人

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 て稼げ, ゆる末

▼ 日きこえ~ (2, 0.0%)

2 て寒

▼ 日きぬ川~ (2, 0.0%)

2 のほとり

▼ 日きまった~ (2, 0.0%)

1 時間だけ, 速さ

▼ 日きみ~ (2, 0.0%)

1 がぼく, は綱

▼ 日きれい~ (2, 0.0%)

1 なちょう, に薄

▼ 日きわめて~ (2, 0.0%)

1 愉快そうで, 自然に

▼ 日くらいから~ (2, 0.0%)

1 戴いて, 眼の

▼ 日くらいしか~ (2, 0.0%)

1 ないよう, 経って

▼ 日くる~ (2, 0.0%)

1 のは, 日を

▼ 日ぐらいでは~ (2, 0.0%)

1 ないかしら, 熄ま

▼ 日ぐらしふり~ (2, 0.0%)

2 にける

▼ 日ぐらゐで~ (2, 0.0%)

1 あつさ, 閉めるところ

▼ 日ぐらゐは~ (2, 0.0%)

1 ひよつと, 焚かれないこと

▼ 日ぐらゐ檻~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 日ぐる~ (2, 0.0%)

1 ま, まや

▼ 日ぐれどき~ (2, 0.0%)

1 の玄関, 煙に

▼ 日けに~ (2, 0.0%)

1 うれへは, 我つく

▼ 日こうした~ (2, 0.0%)

1 なり動かない, 物を

▼ 日この同じ~ (2, 0.0%)

1 イギリス海峡を, 土地に

▼ 日これから~ (2, 0.0%)

1 ベスと, 何百日ゐる

▼ 日こんど~ (2, 0.0%)

1 は原田氏, は日本政府そのもの

▼ 日ごと仕事~ (2, 0.0%)

2 が一きり

▼ 日ごろ神戸~ (2, 0.0%)

1 を出た, を出帆

▼ 日さる~ (2, 0.0%)

2 方の

▼ 日ざししづけく~ (2, 0.0%)

2 なりにけり

▼ 日ざしもち~ (2, 0.0%)

2 つつ

▼ 日ざし洩れ来~ (2, 0.0%)

2 ておの

▼ 日ざし頼め~ (2, 0.0%)

2 て見やる

▼ 日したら帰る~ (2, 0.0%)

1 と書いた, んだって

▼ 日しのぎ~ (2, 0.0%)

1 で千穂子, な生活

▼ 日します~ (2, 0.0%)

1 と上手, と東京

▼ 日しめ~ (2, 0.0%)

1 えは, て一週間足らず

▼ 日しも~ (2, 0.0%)

1 なき, 行かぬ松浦路今日

▼ 日しん~ (2, 0.0%)

1 せつなおじいさん, とした

▼ 日じいさん~ (2, 0.0%)

1 が途中, はこう

▼ 日じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ありませんか, 帰れめ

▼ 日じゃった~ (2, 0.0%)

1 かな, のにロシヤ

▼ 日じゃと~ (2, 0.0%)

1 思って, 申すが

▼ 日じゅうあなた~ (2, 0.0%)

1 には度膽, のこと

▼ 日じゅう仕事~ (2, 0.0%)

1 に没頭, をし

▼ 日じゅう何~ (2, 0.0%)

1 か彼, にもせず

▼ 日じゅう彼~ (2, 0.0%)

1 の鼻, を捜し回った

▼ 日じゅう日光~ (2, 0.0%)

1 のささない, の最後

▼ 日じゅう自分~ (2, 0.0%)

1 からはほとんど, の私室

▼ 日じゅう障子~ (2, 0.0%)

1 の前, を閉ざし

▼ 日じゅう雪~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 日じゅう頭痛~ (2, 0.0%)

1 がするだろう, がとれなかった

▼ 日すぎれ~ (2, 0.0%)

1 ばガゼン客, ば御

▼ 日すごした~ (2, 0.0%)

1 からである, 事だって

▼ 日すっかり~ (2, 0.0%)

1 くさって, 全快した

▼ 日すゞちやん~ (2, 0.0%)

1 はよ, をぽ

▼ 日ずっと~ (2, 0.0%)

1 南よりの, 受けるやう

▼ 日そこで~ (2, 0.0%)

1 娘さんが, 日に

▼ 日その他~ (2, 0.0%)

1 に書翰, も多く

▼ 日たしかに~ (2, 0.0%)

1 乗客の, 大薮の

▼ 日たずね~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 日たたぬ~ (2, 0.0%)

2 うちに

▼ 日たちます~ (2, 0.0%)

1 とまた, と気候

▼ 日たのまれ~ (2, 0.0%)

1 てから書き出す, もしない

▼ 日たべる~ (2, 0.0%)

1 こと第, ものは

▼ 日たまりかね~ (2, 0.0%)

1 て素ッ気, て話し掛け

▼ 日だけで~ (2, 0.0%)

1 もすなほ, 次の

▼ 日だけも~ (2, 0.0%)

1 此儘ゐなけれ, 続かなかった

▼ 日ださうで~ (2, 0.0%)

1 まだ明けきらない, 諸書に

▼ 日だしぬけ~ (2, 0.0%)

1 に実家, に松島物産

▼ 日だち~ (2, 0.0%)

1 が悪く, が悪しく

▼ 日だったら~ (2, 0.0%)

1 キャンプの, 昔なら

▼ 日だつ~ (2, 0.0%)

1 ている, てこれから

▼ 日だらう~ (2, 0.0%)

1 な, まあよい

▼ 日だれ~ (2, 0.0%)

1 かが彼, かにこう

▼ 日ちびりちびり~ (2, 0.0%)

1 とやっ, やって

▼ 日っていう~ (2, 0.0%)

1 意味よ, 日は

▼ 日つい~ (2, 0.0%)

1 ほだされて, 六日前に

▼ 日つづきで~ (2, 0.0%)

1 どんなけちんぼ, 私たち兄弟も

▼ 日つづけた~ (2, 0.0%)

1 としたら, 後は

▼ 日つてもの~ (2, 0.0%)

1 は幾日, は芳

▼ 日つよし地靄~ (2, 0.0%)

2 立ちつつ

▼ 日つらい~ (2, 0.0%)

1 けどすぐ, よりもせつなかつた

▼ 日づつ~ (2, 0.0%)

1 の誤算, 早く年

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 やっぱしぐるりと, りつ

▼ 日てっ~ (2, 0.0%)

2 ちゃん

▼ 日であったなら~ (2, 0.0%)

1 ば猶, わたくしは

▼ 日であります~ (2, 0.0%)

1 がこの, と又

▼ 日でありません~ (2, 0.0%)

1 から延びる, から間違っ

▼ 日でございましょう~ (2, 0.0%)

1 か, が

▼ 日でしたろう~ (2, 0.0%)

1 お隣の, か寿江子

▼ 日でもぎとっ~ (2, 0.0%)

2 てもいい

▼ 日とある~ (2, 0.0%)

1 一文で, 山道の

▼ 日ときまつ~ (2, 0.0%)

1 たが, たわけぢ

▼ 日ところ~ (2, 0.0%)

1 はクロワッセ, は川崎駅

▼ 日としても~ (2, 0.0%)

1 もうだいぶんの, 一月余か

▼ 日とにかく~ (2, 0.0%)

1 始めて, 春日殿で

▼ 日とまっ~ (2, 0.0%)

1 ていました, て静養

▼ 日ともに~ (2, 0.0%)

1 すべてで, 都を

▼ 日とんぼ~ (2, 0.0%)

2 が来

▼ 日と程を~ (2, 0.0%)

2 ふれば

▼ 日どういう~ (2, 0.0%)

1 ものか, 都合か

▼ 日ない~ (2, 0.0%)

1 のよ, んです

▼ 日ないしは~ (2, 0.0%)

1 五日どの, 十数日を

▼ 日なかなか~ (2, 0.0%)

1 あつく単, きびしい残暑

▼ 日なが~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 日ながめ~ (2, 0.0%)

1 てつひ, ても何

▼ 日ながら~ (2, 0.0%)

1 信長が, 寂しかりけり

▼ 日なぜ~ (2, 0.0%)

1 お前を, 綱わたり

▼ 日などで~ (2, 0.0%)

1 お酒, 御所から

▼ 日などという~ (2, 0.0%)

1 あの形式的, ものは

▼ 日などを~ (2, 0.0%)

1 持たないの, 選んで

▼ 日なにがし~ (2, 0.0%)

1 といふ農民作家, の寺

▼ 日なまけ~ (2, 0.0%)

1 て, てゐるで

▼ 日ならべ~ (2, 0.0%)

1 て大雪, て斯く

▼ 日なりに~ (2, 0.0%)

1 人は, 年玉を

▼ 日なりの~ (2, 0.0%)

1 有様が, 間掠奪する

▼ 日なりを~ (2, 0.0%)

1 打つと, 独りで

▼ 日なん~ (2, 0.0%)

1 でも午後, の前ぶれ

▼ 日なんかは~ (2, 0.0%)

1 さすがに, 三伝さん御

▼ 日なんぞ~ (2, 0.0%)

1 急いで, 新しく出来た

▼ 日にあたって~ (2, 0.0%)

1 わたしたちが, 日々の

▼ 日においても~ (2, 0.0%)

1 なお企て得られた, もはや賤民

▼ 日にかは~ (2, 0.0%)

1 りけり, 北方の

▼ 日にかへ~ (2, 0.0%)

1 し, つたやうに周次は

▼ 日にさえ~ (2, 0.0%)

1 妻の, 学校の

▼ 日にぞ~ (2, 0.0%)

1 あてたる, 酔ふ

▼ 日にだけ~ (2, 0.0%)

1 光の, 来るの

▼ 日についても~ (2, 0.0%)

1 一つの, 私達の

▼ 日にはと~ (2, 0.0%)

1 なおあらゆる, 私は

▼ 日にはなあ~ (2, 0.0%)

1 十兵衛二人が, 十兵衞二人が

▼ 日にばかり~ (2, 0.0%)

1 蘇った童心, 逢わねば

▼ 日に際して~ (2, 0.0%)

1 用ふる, 諸王の

▼ 日ねむった~ (2, 0.0%)

1 つもりで, と思ったら

▼ 日のう~ (2, 0.0%)

2 長が

▼ 日のび~ (2, 0.0%)

1 ていた, てもと

▼ 日のみが~ (2, 0.0%)

1 尊ま, 有する晴朗さ

▼ 日はい~ (2, 0.0%)

1 つとお, やね

▼ 日はくちょうたち~ (2, 0.0%)

1 がよそ, は空

▼ 日はなはだ~ (2, 0.0%)

1 窮せり, 索莫たる

▼ 日はね~ (2, 0.0%)

1 大した先約, 革命

▼ 日はや~ (2, 0.0%)

1 睦月は, 霜に

▼ 日はやく~ (2, 0.0%)

1 怪星ガンの, 註文したる

▼ 日はるばる~ (2, 0.0%)

1 下町からのてまで, 海を

▼ 日ばかりにて~ (2, 0.0%)

2 終りわが

▼ 日ぱったり~ (2, 0.0%)

1 止まったの, 顔を

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 びかふ冬まけ, わという下女

▼ 日ひっそり~ (2, 0.0%)

1 かんと, する

▼ 日ひとり先~ (2, 0.0%)

2 きに

▼ 日ひねもす~ (2, 0.0%)

1 に雨, 獨り

▼ 日ひる~ (2, 0.0%)

1 すぎに, すぎ網野さん来安藤三沢安成二郎中井夫婦来

▼ 日ひろ子~ (2, 0.0%)

1 の所, をひとしお

▼ 日ふしぎ~ (2, 0.0%)

1 な行動, に姿

▼ 日ふたり~ (2, 0.0%)

1 はいっしょ, は余念

▼ 日ふた晩~ (2, 0.0%)

1 ほどはまったく, もつづいた

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 み矢, ツ通しに

▼ 日へん~ (2, 0.0%)

1 な圧迫感, な尼

▼ 日ほんとに~ (2, 0.0%)

1 寝たっきり, 様子が

▼ 日ぽつねんと~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日まいり~ (2, 0.0%)

2 いが餅七つ

▼ 日まことに~ (2, 0.0%)

1 やあらむ海賊追, 前代未聞の

▼ 日まさに~ (2, 0.0%)

1 入らんと, 暮れんと

▼ 日まず~ (2, 0.0%)

1 一発の, 第一着手

▼ 日まだき~ (2, 0.0%)

1 に七浦, 起き出

▼ 日まったく~ (2, 0.0%)

1 暮る, 系統の

▼ 日まつ青~ (2, 0.0%)

2 な顔

▼ 日までか~ (2, 0.0%)

1 かつて, 訊ねた

▼ 日までとか~ (2, 0.0%)

1 中には, 八日より

▼ 日まるきり~ (2, 0.0%)

1 帰って, 見えねえ

▼ 日まわり夏菊~ (2, 0.0%)

2 と秋

▼ 日まわり姫日まわり夏菊~ (2, 0.0%)

2 と秋

▼ 日みた~ (2, 0.0%)

1 ことその, のである

▼ 日むこう~ (2, 0.0%)

1 から来た, の角

▼ 日めごと~ (2, 0.0%)

1 には島, にやって来

▼ 日めし~ (2, 0.0%)

1 を知らせ, を食わせ

▼ 日めづらしく~ (2, 0.0%)

1 一人の, 私は

▼ 日もけ~ (2, 0.0%)

2 ふの

▼ 日もさう~ (2, 0.0%)

1 であつ, やつて

▼ 日もと~ (2, 0.0%)

1 の運転手, 云われた方

▼ 日もの間~ (2, 0.0%)

1 降りつづいた梅雨, 食べるもの

▼ 日やけ色~ (2, 0.0%)

1 した手足, の手脚

▼ 日やって来~ (2, 0.0%)

1 てあわて, て薪

▼ 日やら~ (2, 0.0%)

1 であったが, 涯しも

▼ 日ゆえ~ (2, 0.0%)

1 お止め, 泣くまじと

▼ 日ゆくりなく~ (2, 0.0%)

1 も君子, 一片の

▼ 日ゆり子ちゃん~ (2, 0.0%)

1 はいろいろ, はお母さん

▼ 日よそ~ (2, 0.0%)

1 へ出, ほひ

▼ 日よべ~ (2, 0.0%)

1 はおそく, 一夜は

▼ 日よみ~ (2, 0.0%)

1 の術, を以て民

▼ 日よりこそ~ (2, 0.0%)

2 黄金斑の

▼ 日りょう~ (2, 0.0%)

1 しに, しは

▼ 日わざと~ (2, 0.0%)

1 お仙の, 陣前に

▼ 日わずらっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て死んだ

▼ 日われら~ (2, 0.0%)

1 のお, はヘクト

▼ 日われわれ~ (2, 0.0%)

1 お弟子仲間二三人, の陛下

▼ 日ゐる~ (2, 0.0%)

1 かわからない, か目

▼ 日をか~ (2, 0.0%)

2 経し

▼ 日をさえ~ (2, 0.0%)

1 異にした, 除けば

▼ 日をと~ (2, 0.0%)

1 日ばかり, 次郎兵衛店に

▼ 日をのみ~ (2, 0.0%)

1 待って, 憶ひ

▼ 日をよ~ (2, 0.0%)

1 けるため, ける丈

▼ 日をよけ~ (2, 0.0%)

1 た恰好, た黄紙

▼ 日アノ窓~ (2, 0.0%)

2 の側

▼ 日アメリカ合衆国~ (2, 0.0%)

2 の独立記念日

▼ 日アルゴス~ (2, 0.0%)

2 の豐沃

▼ 日ウイン~ (2, 0.0%)

1 に居る, へ帰っ

▼ 日エキモス~ (2, 0.0%)

1 が公園, は葦

▼ 日エルサレム~ (2, 0.0%)

1 に在る, を立ち

▼ 日オスチア~ (2, 0.0%)

2 の港

▼ 日オタツ~ (2, 0.0%)

1 がせしめ, が来

▼ 日オピアム~ (2, 0.0%)

1 ばかりやってる, ばかりやつ

▼ 日グラムダルクリッチ~ (2, 0.0%)

1 は用, は私

▼ 日ゲーテ~ (2, 0.0%)

1 の伝, の詩

▼ 日コレット~ (2, 0.0%)

1 がいつも, は誘惑

▼ 日ゴーリキイ~ (2, 0.0%)

1 がペテルブルグ, がペテルブルグ市中

▼ 日シローテ~ (2, 0.0%)

1 がその, を呼出し

▼ 日ジェンナー~ (2, 0.0%)

1 は, は朝

▼ 日セエラ~ (2, 0.0%)

1 がフランス語, は父

▼ 日ソ両国~ (2, 0.0%)

2 の会議

▼ 日ソ漁業関係~ (2, 0.0%)

1 でソヴィエト側, でソヴェート側

▼ 日チベット暦~ (2, 0.0%)

1 の二月十一日, の四月二十日荷物

▼ 日チャイコフスキー~ (2, 0.0%)

1 のレコード, の不慮

▼ 日テーブル~ (2, 0.0%)

1 の上, の前

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 アタシヘト, 羽左衛門ハ熱ガ四十度近

▼ 日トムさん~ (2, 0.0%)

1 が畠, は相

▼ 日ニース~ (2, 0.0%)

1 に着任, を発し

▼ 日ニ鹿児島ニ~ (2, 0.0%)

1 かへり, 至り此時京留居吉井幸助

▼ 日ネッド~ (2, 0.0%)

1 が顔, は山木

▼ 日ハイドン~ (2, 0.0%)

1 の魂, は町

▼ 日ハ光レリ鏡~ (2, 0.0%)

2 ノ中

▼ 日バタバタ~ (2, 0.0%)

1 しながらも, で五日

▼ 日パン~ (2, 0.0%)

1 の乾き, の会

▼ 日ヒロシマ~ (2, 0.0%)

2 の惨劇

▼ 日ピリイ~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, は言いました

▼ 日フラフラ~ (2, 0.0%)

1 でした, 前日冷え

▼ 日ブロート~ (2, 0.0%)

1 に, のところ

▼ 日プリュタルク婆さん~ (2, 0.0%)

1 は室, は彼

▼ 日プーチヤチン~ (2, 0.0%)

1 の來航, の軍艦

▼ 日ベス~ (2, 0.0%)

1 はおかあさん, を散歩

▼ 日ベッド~ (2, 0.0%)

1 に寝つい, の上

▼ 日ベルギー~ (2, 0.0%)

1 のリエージュ, の古都ブリュージュ

▼ 日ベン~ (2, 0.0%)

1 をサトウ, 当もち

▼ 日ホモイ~ (2, 0.0%)

1 はお母さん, はまた

▼ 日ボルシェビキ~ (2, 0.0%)

1 は, はペトログラード

▼ 日ボートルレ~ (2, 0.0%)

1 は一人, は途中

▼ 日ポオル叔父さん~ (2, 0.0%)

1 が毒草, は皆

▼ 日マア坊~ (2, 0.0%)

1 が僕, が朝

▼ 日マチネー~ (2, 0.0%)

1 あり気, がつ

▼ 日マニョン~ (2, 0.0%)

1 がその, がプリューメ街

▼ 日マリユス~ (2, 0.0%)

1 は例, は夜

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 弛ガセアルベカラザルニ, 早ク死ニマス

▼ 日モナ戦争~ (2, 0.0%)

1 だわ, は日本

▼ 日ヤ暮れツ~ (2, 0.0%)

2 とがら

▼ 日ラジオ~ (2, 0.0%)

1 の放送, の解説

▼ 日リルケ~ (2, 0.0%)

1 と散歩, はミュゾオ

▼ 日ロダンさん~ (2, 0.0%)

1 からのお, は自分

▼ 日ローマ~ (2, 0.0%)

1 にてとしてま, に着

▼ 日一つ車~ (2, 0.0%)

1 に寝起き, の腰掛

▼ 日一ぱい机~ (2, 0.0%)

2 の傍

▼ 日一ドル~ (2, 0.0%)

1 ずつ手間, だからな

▼ 日一代~ (2, 0.0%)

1 の名宛, の耳目

▼ 日一切~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の日頃

▼ 日一台~ (2, 0.0%)

1 の車, の馬車

▼ 日一合八勺~ (2, 0.0%)

1 ですと, ときめられ

▼ 日一同~ (2, 0.0%)

1 にいただき申し, はいかだ

▼ 日一回分~ (2, 0.0%)

2 ずつ画家

▼ 日一天うらら~ (2, 0.0%)

2 かに空

▼ 日一太~ (2, 0.0%)

1 と母親, は茶色

▼ 日一寸~ (2, 0.0%)

1 この様子, のびました

▼ 日一日人々~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 日一日何事~ (2, 0.0%)

1 もなく, をし

▼ 日一日南~ (2, 0.0%)

1 の山そば, へ去っ

▼ 日一日平次~ (2, 0.0%)

1 の手, は皆川半之丞

▼ 日一日庭~ (2, 0.0%)

2 の栗

▼ 日一日心~ (2, 0.0%)

1 せわしく押し詰った, を奪

▼ 日一日物~ (2, 0.0%)

1 も仰せられず, をもいわず

▼ 日一日破風~ (2, 0.0%)

1 から破風, と誘ひ

▼ 日一日緑~ (2, 0.0%)

1 に冴え, の深く

▼ 日一日自分~ (2, 0.0%)

1 の肉体, も雌

▼ 日一日輝き~ (2, 0.0%)

2 を増し

▼ 日一日部屋~ (2, 0.0%)

1 の中, を薄暗く

▼ 日一日馬~ (2, 0.0%)

1 の上, を休ませ

▼ 日一晩船~ (2, 0.0%)

1 の中, は神域

▼ 日一杯平素~ (2, 0.0%)

2 は快活

▼ 日一杯畑~ (2, 0.0%)

2 の草

▼ 日一水~ (2, 0.0%)

1 を描き, を画き

▼ 日一片~ (2, 0.0%)

1 であった, の檄

▼ 日一睡~ (2, 0.0%)

1 もせん, もできない

▼ 日一通~ (2, 0.0%)

1 の厚い, の古手紙

▼ 日一週~ (2, 0.0%)

1 の旧制, の舊制

▼ 日一週間~ (2, 0.0%)

1 もたちました, を臥床

▼ 日一銭~ (2, 0.0%)

1 ずつ積み立て, のこと

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が旅, の通り

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の日, の日十

▼ 日七円~ (2, 0.0%)

1 だ, にもなる

▼ 日七十九歳~ (2, 0.0%)

1 で同, の長命

▼ 日七十二歳~ (2, 0.0%)

1 で亡くなられた, で歿

▼ 日七時間~ (2, 0.0%)

1 だ, 働いて

▼ 日七銭~ (2, 0.0%)

2 の稼ぎ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 ちやんを, は邵

▼ 日丈人~ (2, 0.0%)

1 と称える, と称する

▼ 日三シリング~ (2, 0.0%)

1 ずつ余計, だけ余計

▼ 日三十一日~ (2, 0.0%)

1 に届きし, はい

▼ 日三十六時間~ (2, 0.0%)

2 の豪雨

▼ 日三夜見物~ (2, 0.0%)

2 は皆あちらこちら

▼ 日三室戸様~ (2, 0.0%)

1 が御, に伴われ

▼ 日三日五日~ (2, 0.0%)

1 と日, と過ぎた

▼ 日三時~ (2, 0.0%)

1 から本郷, のお茶時間

▼ 日三時間~ (2, 0.0%)

1 お相手, より眠っ

▼ 日三晩死体~ (2, 0.0%)

2 と火傷患者

▼ 日三月~ (2, 0.0%)

1 は一日, は三日

▼ 日三法師~ (2, 0.0%)

1 に謁, の祝事

▼ 日三番目~ (2, 0.0%)

2 の十八

▼ 日三郎~ (2, 0.0%)

1 が真面目, は父

▼ 日三食~ (2, 0.0%)

1 たべて, ということ

▼ 日上人~ (2, 0.0%)

1 の句, わざわざ源太

▼ 日上座~ (2, 0.0%)

2 の像

▼ 日上智大学~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ赴い

▼ 日上院~ (2, 0.0%)

1 で圧倒的多数, の貴族

▼ 日下っ~ (2, 0.0%)

1 て居た, て山腹

▼ 日下山~ (2, 0.0%)

1 して, に一日

▼ 日下谷~ (2, 0.0%)

1 の実家, 御成道

▼ 日下部~ (2, 0.0%)

1 をお, を定めた

▼ 日不作一日~ (2, 0.0%)

2 不食

▼ 日不在~ (2, 0.0%)

1 いたしまして, である病人

▼ 日不幸~ (2, 0.0%)

1 な女, にも馬車

▼ 日不知毛~ (2, 0.0%)

2 又同

▼ 日与八~ (2, 0.0%)

1 が余念, は水車小屋

▼ 日丑剋将軍家御寝~ (2, 0.0%)

2 の際

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に知られぬ, を去る

▼ 日世話~ (2, 0.0%)

1 になりました, をし

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の上, の青草

▼ 日丙午~ (2, 0.0%)

1 御持仏堂, 快霽

▼ 日丞相~ (2, 0.0%)

1 のご, のなされ

▼ 日両国~ (2, 0.0%)

1 の往来, の間

▼ 日両親~ (2, 0.0%)

1 のあと, を伴い

▼ 日中むだ話~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 日中二人~ (2, 0.0%)

2 とも食事

▼ 日中人~ (2, 0.0%)

1 と会話, と話

▼ 日中傾斜~ (2, 0.0%)

2 した岩

▼ 日中国交回復国民運動~ (2, 0.0%)

1 と日米安保条約体制打破, と日米条約体制打破

▼ 日中外出~ (2, 0.0%)

1 せず自室, はまだ

▼ 日中川~ (2, 0.0%)

1 で殿様, にて殿様

▼ 日中庭~ (2, 0.0%)

1 で暮し, へ数台

▼ 日中後~ (2, 0.0%)

1 の食事, を跟けた者

▼ 日中心~ (2, 0.0%)

1 に誓っ, も空

▼ 日中日~ (2, 0.0%)

1 のあ, は天心

▼ 日中机~ (2, 0.0%)

1 にかじりつい, にかじりついてれ

▼ 日中気~ (2, 0.0%)

1 になっ, の冷えぬ

▼ 日中渡頭~ (2, 0.0%)

1 で居合抜き, を徘徊

▼ 日中湯~ (2, 0.0%)

1 が湧かし, を使う

▼ 日中炎天~ (2, 0.0%)

1 の下, をお

▼ 日中用~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 日中船室~ (2, 0.0%)

2 に閉じこもっ

▼ 日中英吉利語~ (2, 0.0%)

2 を勉強

▼ 日中野~ (2, 0.0%)

1 の市場, の盲唖学校

▼ 日中野重治~ (2, 0.0%)

1 が来, と自分

▼ 日中雨~ (2, 0.0%)

1 に隱, の荒池

▼ 日中雪~ (2, 0.0%)

1 の上, の降っ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 といふの, といふもの

▼ 日主上二条~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 日主婦~ (2, 0.0%)

2 に怒鳴られ

▼ 日主水~ (2, 0.0%)

1 は斯, 之介

▼ 日主義~ (2, 0.0%)

1 である, を証拠立てる

▼ 日乃ち今日ひと日~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 日久保田さん~ (2, 0.0%)

1 は三十分, は半日

▼ 日久慈~ (2, 0.0%)

1 に柔順, に突きあたりすぎた

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の能登, りま

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の日, は陽数

▼ 日九太~ (2, 0.0%)

1 が洋服, は一家中引き

▼ 日九時頃~ (2, 0.0%)

1 まだ迷い, 起きて

▼ 日九段~ (2, 0.0%)

2 の偕行社

▼ 日乳母~ (2, 0.0%)

1 だけがお供, は六十

▼ 日二たび札幌~ (2, 0.0%)

1 に入, に入った

▼ 日二七日~ (2, 0.0%)

1 お差置き, と過ぎゆく

▼ 日二十一日~ (2, 0.0%)

1 とそれ, には木

▼ 日二十二日~ (2, 0.0%)

1 には火, をもって評議

▼ 日二十四~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 日二十四時間千四百四十分の内~ (2, 0.0%)

2 最も得意

▼ 日二度~ (2, 0.0%)

2 ずつ湯

▼ 日二晩苦しみ~ (2, 0.0%)

2 通して

▼ 日二月~ (2, 0.0%)

1 は二日, もやがて

▼ 日二番目~ (2, 0.0%)

2 の二十一

▼ 日二百円~ (2, 0.0%)

1 あるひ, か

▼ 日互いに~ (2, 0.0%)

1 見合って, 避けるよう

▼ 日五六円~ (2, 0.0%)

1 あれば, のところ

▼ 日五兵衞~ (2, 0.0%)

1 から受取つた短刀, から旦那

▼ 日五円~ (2, 0.0%)

1 と致します, にはなる

▼ 日五十七歳~ (2, 0.0%)

1 で卒, にし

▼ 日五十五歳~ (2, 0.0%)

1 で妻寿衛子, で父

▼ 日五千円~ (2, 0.0%)

1 ばかりで, を与える

▼ 日五日無事~ (2, 0.0%)

2 な日

▼ 日五月一日~ (2, 0.0%)

1 こそ愉快, はやつ

▼ 日五月三日五月四日~ (2, 0.0%)

1 と紀念祭あけ, と記念祭あけ

▼ 日五月五日~ (2, 0.0%)

1 の天気よしあし, は男

▼ 日五月四日~ (2, 0.0%)

1 と紀念祭あけ, と記念祭あけ

▼ 日五百~ (2, 0.0%)

1 が来, は使

▼ 日五郎~ (2, 0.0%)

1 は久々, は大正エビ

▼ 日井伏君~ (2, 0.0%)

1 は大, は私

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 との区別, の幹部三人

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の刻, の時

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 同シク霊田ニ住シ, 小地震

▼ 日享年僅~ (2, 0.0%)

2 に四十有二

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に限りまし, の町

▼ 日京洛~ (2, 0.0%)

1 の春, を歩きまわった

▼ 日亭主~ (2, 0.0%)

1 と神さん, の勘右衛門

▼ 日人人~ (2, 0.0%)

1 と一日百首, と修学院村道

▼ 日人気~ (2, 0.0%)

1 の焦点, は予想

▼ 日人知れず~ (2, 0.0%)

1 今わの, 忍びの

▼ 日今朝~ (2, 0.0%)

1 の空, 程はお

▼ 日仏両国~ (2, 0.0%)

1 の水兵, の海戦

▼ 日仏協商~ (2, 0.0%)

1 も日英同盟, 行き悩み

▼ 日仏壇~ (2, 0.0%)

1 のひきだし, を積ん

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 ようと, 入が

▼ 日付い~ (2, 0.0%)

1 てい, てまわっ

▼ 日以來~ (2, 0.0%)

1 こんな想像, の本

▼ 日以前自分~ (2, 0.0%)

2 は不

▼ 日以外~ (2, 0.0%)

1 に二月, に先生

▼ 日以来それ~ (2, 0.0%)

1 をぶら下げ, 迄はほとんど

▼ 日以来クリストフ~ (2, 0.0%)

1 はもう, は注意深く

▼ 日以来自分~ (2, 0.0%)

1 の心, は地下戦車

▼ 日以来門~ (2, 0.0%)

1 の内, を閉じ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 だつた, のいい

▼ 日仲吉~ (2, 0.0%)

1 が火, は燒

▼ 日仲間~ (2, 0.0%)

1 の者, の者四五人

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の社司祓神事, の聴水

▼ 日伊勢~ (2, 0.0%)

1 に入る, に帰った

▼ 日伊協定~ (2, 0.0%)

1 が結ばれ, の声

▼ 日休ませられた~ (2, 0.0%)

2 様な

▼ 日休め~ (2, 0.0%)

1 と言え, ば一日

▼ 日会う~ (2, 0.0%)

1 折が, 約束が

▼ 日会し~ (2, 0.0%)

1 て八月三十一日, て解し得る

▼ 日会館~ (2, 0.0%)

1 でランチ, の屋根

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 は突然

▼ 日伯母~ (2, 0.0%)

1 の所, は東京

▼ 日伸ばし~ (2, 0.0%)

1 て居りました, に身上

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 から動坂, のところ

▼ 日位續~ (2, 0.0%)

1 いたところ, くので

▼ 日住ん~ (2, 0.0%)

1 でいよう, でゐたらしい

▼ 日佐和山城~ (2, 0.0%)

1 に達し, の敵

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 がギシギシ, のぐあいがよくないから

▼ 日何かしら用~ (2, 0.0%)

2 に追

▼ 日何かと~ (2, 0.0%)

2 気が

▼ 日何だか~ (2, 0.0%)

1 分らない苦しい, 家中引っ掻き廻され

▼ 日何心~ (2, 0.0%)

1 ない遊戯心, なく私

▼ 日何故か~ (2, 0.0%)

2 分らないが

▼ 日何気なく~ (2, 0.0%)

1 某紙夕刊を, 銃を

▼ 日余り前~ (2, 0.0%)

1 から奥様, まで迂

▼ 日余り滞在~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日佛協約~ (2, 0.0%)

1 は愈々, は滿洲北清

▼ 日佛銀行~ (2, 0.0%)

1 ではエスパーニャ, に用事

▼ 日作業~ (2, 0.0%)

1 の視察, を中止

▼ 日使う~ (2, 0.0%)

1 丈で, 子どもを

▼ 日便所~ (2, 0.0%)

2 に隠れ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 かに私, に署員

▼ 日保つ~ (2, 0.0%)

1 めえ, 者も

▼ 日信雄~ (2, 0.0%)

1 からは何, としては例外

▼ 日倉地~ (2, 0.0%)

1 が例, の下宿

▼ 日倉庫~ (2, 0.0%)

1 の内, の地下室

▼ 日借り~ (2, 0.0%)

1 が出, て立て

▼ 日借りる~ (2, 0.0%)

1 ことに, 事に

▼ 日倫敦~ (2, 0.0%)

1 のカックストン会館, の場末

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 は朝

▼ 日健三~ (2, 0.0%)

1 はまた, は例

▼ 日健康~ (2, 0.0%)

1 でさえ, と希望

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の木立, を離れない

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 はつて, へむ

▼ 日働かなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 日僕射~ (2, 0.0%)

2 といふ綽名

▼ 日僕達~ (2, 0.0%)

1 に顕, は東京

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 はなにか, 新撰組の

▼ 日元気~ (2, 0.0%)

1 で働けると, の可

▼ 日兄弟~ (2, 0.0%)

1 の一人, は村

▼ 日光治~ (2, 0.0%)

1 は学校, は森

▼ 日入る~ (2, 0.0%)

1 ともなし, 時とのみ

▼ 日入京~ (2, 0.0%)

1 のむね, 仕候

▼ 日入営~ (2, 0.0%)

2 の由

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 観測回数九百七十四回に, 體の

▼ 日八十三歳~ (2, 0.0%)

1 の生涯, の高齢

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 であった, はいつも

▼ 日六日七日~ (2, 0.0%)

1 と朝五・四位, になっ

▼ 日六晩~ (2, 0.0%)

1 叩いた, 飲まず食わずでわし

▼ 日六貫村~ (2, 0.0%)

2 の文吉

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の党員, の尻尾

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を養い給う, ヲ以テ吾ガ国ニ臨ムモノアラバ

▼ 日兵二郎~ (2, 0.0%)

1 が休み, は来ない

▼ 日兵庫~ (2, 0.0%)

1 の永福寺, の福厳寺

▼ 日兵馬~ (2, 0.0%)

1 は茫然, を休め

▼ 日其處~ (2, 0.0%)

1 で暮した, へ

▼ 日具合~ (2, 0.0%)

2 が好く

▼ 日内海~ (2, 0.0%)

1 にいたり, の港

▼ 日冗談~ (2, 0.0%)

1 と真面目, めかして

▼ 日写真~ (2, 0.0%)

1 に使う, の献辞

▼ 日冷たい~ (2, 0.0%)

1 みぞれ, 氷雨が

▼ 日凄まじく~ (2, 0.0%)

1 降った揚句, 降つた揚句

▼ 日凌げ~ (2, 0.0%)

2 ば無くなる

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 つと聽, と待ち

▼ 日凡太郎~ (2, 0.0%)

2 を抱きあげ

▼ 日処刑~ (2, 0.0%)

1 されたある, と決し

▼ 日出かけ~ (2, 0.0%)

1 て私, 先から

▼ 日出の~ (2, 0.0%)

1 がある, は東京

▼ 日出雲~ (2, 0.0%)

1 の国, の杵築

▼ 日出頭~ (2, 0.0%)

1 が出来なかった, せよと

▼ 日分許~ (2, 0.0%)

2 り秣

▼ 日切り~ (2, 0.0%)

1 にエピクテータス, 去って

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を執行, を行わず

▼ 日刑場~ (2, 0.0%)

1 の露, へ引きだされた

▼ 日初雪~ (2, 0.0%)

1 あり, の降った

▼ 日判決~ (2, 0.0%)

1 の日, は言

▼ 日別れた~ (2, 0.0%)

1 とて一生, 妻に

▼ 日利根~ (2, 0.0%)

1 の河原, の河畔

▼ 日到来~ (2, 0.0%)

1 と主人家康, の経房

▼ 日到頭~ (2, 0.0%)

1 三度目の, 投げる外

▼ 日前お嬢さん~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 日前そこ~ (2, 0.0%)

1 から一台, にまいりまし

▼ 日前一人~ (2, 0.0%)

1 の男, は昨日

▼ 日前乃ちあれ~ (2, 0.0%)

1 の出來上つた日, の出来上つた日

▼ 日前人~ (2, 0.0%)

1 からヘン, を斬っ

▼ 日前代助~ (2, 0.0%)

2 が彼

▼ 日前何~ (2, 0.0%)

1 かの小言序, の氣

▼ 日前俺~ (2, 0.0%)

2 はここ

▼ 日前娘~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 日前專三郎~ (2, 0.0%)

1 が危ふく石見銀山, の味噌汁

▼ 日前店~ (2, 0.0%)

2 を並べ

▼ 日前弟~ (2, 0.0%)

1 のところ, の勉強

▼ 日前明神下~ (2, 0.0%)

2 の俺

▼ 日前暇~ (2, 0.0%)

2 をとり

▼ 日前江戸~ (2, 0.0%)

1 の相模屋, へ帰った

▼ 日前田舎~ (2, 0.0%)

1 から出, の小屋

▼ 日前町内~ (2, 0.0%)

1 の女, の差配人さん

▼ 日前病院~ (2, 0.0%)

1 へはいる, へ入れ

▼ 日前隣村~ (2, 0.0%)

1 の嘉平老, の老

▼ 日劇あたり~ (2, 0.0%)

1 も行列, を狙っ

▼ 日劇アトラクション~ (2, 0.0%)

1 について話す, の準備

▼ 日劇ボックス~ (2, 0.0%)

2

▼ 日劇側~ (2, 0.0%)

1 から返事, の注文

▼ 日劇地下室~ (2, 0.0%)

1 でけい古, へ座員一

▼ 日劇小劇場~ (2, 0.0%)

1 では一番前, にヘソ・レビュウ

▼ 日劇楽屋~ (2, 0.0%)

1 にねころび, へエノケン

▼ 日劉表~ (2, 0.0%)

1 と同席, はついに

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に逸っ, を同僚

▼ 日加減~ (2, 0.0%)

1 が悪い, で薄

▼ 日努め~ (2, 0.0%)

1 て元気, て晴れやか

▼ 日労党~ (2, 0.0%)

1 である, のかたまりだ

▼ 日勅使~ (2, 0.0%)

1 の泊っ, の芝上野参詣

▼ 日動坂~ (2, 0.0%)

1 へ行く行かない, へ行った

▼ 日化学~ (2, 0.0%)

1 の助教授, をし

▼ 日北田~ (2, 0.0%)

2 は博打

▼ 日十一月三日~ (2, 0.0%)

1 という, を祝う

▼ 日十三人~ (2, 0.0%)

1 の子供達, は揃っ

▼ 日十三日~ (2, 0.0%)

1 には煤掃き用, の夜

▼ 日十三時十三分十三秒~ (2, 0.0%)

1 に地球, のこと

▼ 日十両~ (2, 0.0%)

1 の給金, まで糶り上げましょう

▼ 日十二日二十二日~ (2, 0.0%)

1 には火, をもって評議

▼ 日十二時~ (2, 0.0%)

1 に家, よりといふ約束

▼ 日十二時間~ (2, 0.0%)

1 から十四時間, の当直

▼ 日十五六時間~ (2, 0.0%)

1 の勤労, 働かして

▼ 日十枚~ (2, 0.0%)

1 はかけるでしょう, を越えたる

▼ 日千々岩~ (2, 0.0%)

1 は手紙, は親しく

▼ 日千代~ (2, 0.0%)

1 は畑, より

▼ 日千円~ (2, 0.0%)

1 のカセギ, は稼げる

▼ 日千秋~ (2, 0.0%)

1 の大, の思

▼ 日千里~ (2, 0.0%)

1 を走る, 歩いても

▼ 日千金~ (2, 0.0%)

1 の価, の好

▼ 日午前中~ (2, 0.0%)

1 はどこ, 全軍

▼ 日午前六時頃~ (2, 0.0%)

2 にベッド

▼ 日午前十時半~ (2, 0.0%)

1 から刈谷, に約

▼ 日午後一時~ (2, 0.0%)

1 から第, 過ぐるころ安成子

▼ 日午後三時二十分一本スギ~ (2, 0.0%)

2 のてっぺん

▼ 日午後八時~ (2, 0.0%)

1 か, から九時

▼ 日午後六時~ (2, 0.0%)

1 から七時の間, 過の

▼ 日午後十一時~ (2, 0.0%)

1 に, より十二時

▼ 日午後十時~ (2, 0.0%)

1 に脩, 迄に連絡

▼ 日午後四時頃~ (2, 0.0%)

1 のまだ, 漸く鎮定

▼ 日午過ぎ~ (2, 0.0%)

1 から高声, の新宿発

▼ 日半月~ (2, 0.0%)

1 とよく, と落ち着い

▼ 日南風~ (2, 0.0%)

1 が吹き通した, 急暴

▼ 日単調~ (2, 0.0%)

1 な侘しい, な退屈

▼ 日単身~ (2, 0.0%)

1 でそこ, で川

▼ 日博多~ (2, 0.0%)

1 なる千代, へ殺到

▼ 日印刷~ (2, 0.0%)

2 の同

▼ 日印協会~ (2, 0.0%)

1 に問, の理事

▼ 日印度~ (2, 0.0%)

1 のベンガル湾, へ立つ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 上巳の, 世

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 な思い, やな

▼ 日去年~ (2, 0.0%)

1 の八月, の暮

▼ 日参り~ (2, 0.0%)

1 候は, 夜参りである

▼ 日参内~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を会し, を公宮

▼ 日友田~ (2, 0.0%)

1 は会社, は東京

▼ 日友達~ (2, 0.0%)

1 を呼びあつめ, を訪問

▼ 日双方~ (2, 0.0%)

1 の委員, の思惑ちがい

▼ 日収容所~ (2, 0.0%)

2 から始めて

▼ 日叔母~ (2, 0.0%)

1 のお, の室

▼ 日叔母さん~ (2, 0.0%)

1 がき, の亡くなった

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 港通りの, 靴を

▼ 日古賀~ (2, 0.0%)

1 と吹抜亭, は彼女

▼ 日召集~ (2, 0.0%)

1 ということ, をうけ

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 成くすんだ

▼ 日司教~ (2, 0.0%)

1 はジェボラン, は大会堂

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 は久しぶり, は学校

▼ 日吉田~ (2, 0.0%)

1 が病院, は大阪

▼ 日同人~ (2, 0.0%)

1 の幹部, の某

▼ 日同人全部印刷所~ (2, 0.0%)

2 へつめ

▼ 日同志~ (2, 0.0%)

1 なる石塚重平氏, の一人大高源吾

▼ 日同行~ (2, 0.0%)

1 した五人, は差当り五人

▼ 日向う~ (2, 0.0%)

1 の偉い, の山の下

▼ 日向き~ (2, 0.0%)

1 がよかっ, は上

▼ 日吟味~ (2, 0.0%)

1 し形, の寛容

▼ 日吹きまくった~ (2, 0.0%)

1 木枯が, 風が

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の地, 主孫権

▼ 日周信~ (2, 0.0%)

1 がたった, の失踪捜査願い

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が出る, になつて

▼ 日品川~ (2, 0.0%)

1 に入り, へ一

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 ある岩山, 上州小川村と

▼ 日商人~ (2, 0.0%)

1 が来なけれ, は市街

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の又弟子日圓, は急げ

▼ 日喬生~ (2, 0.0%)

2 は月湖

▼ 日四十九日~ (2, 0.0%)

1 の後, の法要

▼ 日四十五銭~ (2, 0.0%)

1 だ, の附添食費

▼ 日四十夜~ (2, 0.0%)

2 の荒野

▼ 日四方~ (2, 0.0%)

1 に散り行きぬ, を取り巻いた

▼ 日四日め~ (2, 0.0%)

1 からもう, の宵

▼ 日四郎~ (2, 0.0%)

1 が本丸, は只一人

▼ 日回診~ (2, 0.0%)

2 の番

▼ 日図らず~ (2, 0.0%)

1 も彼, 吉右衛門に

▼ 日国語~ (2, 0.0%)

1 の日, の時間

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 伊予宇和島の, 瀋陽

▼ 日圭介~ (2, 0.0%)

1 は丸の内, は荻窪

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 にしく, になっ

▼ 日地中海~ (2, 0.0%)

1 に入る, は荒れ

▼ 日地面~ (2, 0.0%)

1 がようやく, に散らばった

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に囲われた, の側

▼ 日埋葬~ (2, 0.0%)

1 せる, をすませ

▼ 日城下~ (2, 0.0%)

1 にある, に近い

▼ 日城中~ (2, 0.0%)

1 で両, の兵

▼ 日城内~ (2, 0.0%)

1 にある, を巡視

▼ 日城外~ (2, 0.0%)

1 の調練場, へ出

▼ 日城門~ (2, 0.0%)

1 へ立った, をひらい

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 は得物一つ, 主水一類

▼ 日堪へ~ (2, 0.0%)

1 がたく永い時間, てあり

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の顔, は長らく

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 と相, の町人皆吉

▼ 日塚山~ (2, 0.0%)

1 はお, は新潟

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 くさい木造建物, 程の屈托

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 から帰る, の祝日

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の上, は市内下寺町

▼ 日墓場~ (2, 0.0%)

2 の側

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が出さう, も立てず

▼ 日売っ~ (2, 0.0%)

1 てみました, て歩いた

▼ 日変り~ (2, 0.0%)

1 だろうよ, の舞台

▼ 日変化~ (2, 0.0%)

1 の模様, の特徴

▼ 日夕方近く~ (2, 0.0%)

2 なつて

▼ 日夕日~ (2, 0.0%)

1 が西, の光

▼ 日夕暮~ (2, 0.0%)

1 そのぶり, に至っ

▼ 日夕親臨~ (2, 0.0%)

2 せられたる御

▼ 日夕食後~ (2, 0.0%)

1 に僕, のすもう

▼ 日夕飯~ (2, 0.0%)

1 は静, をすませ

▼ 日外国人~ (2, 0.0%)

2 から如何なる

▼ 日多田氏~ (2, 0.0%)

2 の平生窟

▼ 日夜ラヂオ~ (2, 0.0%)

2 のニユース

▼ 日夜地震~ (2, 0.0%)

1 のため水道浄溜池破壊, 同夜半

▼ 日夜来~ (2, 0.0%)

1 の大雨ようよう勢衰えたる, 急雨

▼ 日夜歿~ (2, 0.0%)

2 し亡骸

▼ 日夢見~ (2, 0.0%)

1 が悪い, が惡

▼ 日大きい~ (2, 0.0%)

1 川が, 石棺を

▼ 日大丸~ (2, 0.0%)

1 に大変, の向側

▼ 日大伴家持~ (2, 0.0%)

1 が, が興

▼ 日大分~ (2, 0.0%)

1 お暖か, 寒くなっ

▼ 日大坂~ (2, 0.0%)

1 のお, を発し

▼ 日大学~ (2, 0.0%)

1 の近く, へ副

▼ 日大審院長~ (2, 0.0%)

1 は本件, は特別權限

▼ 日大沢~ (2, 0.0%)

1 がたずね, の温泉

▼ 日大石田~ (2, 0.0%)

1 から川水訪問, にて斎藤茂吉記

▼ 日大穴~ (2, 0.0%)

1 がでなけれ, がでる

▼ 日大道~ (2, 0.0%)

1 を濶歩, を闊歩

▼ 日大阪圖書館~ (2, 0.0%)

2 にて

▼ 日大雪~ (2, 0.0%)

1 が降っ, に乗じ

▼ 日大震災~ (2, 0.0%)

1 につぎ, の惨禍

▼ 日天候~ (2, 0.0%)

1 のみを某, を観

▼ 日天地~ (2, 0.0%)

1 くらく雲, の

▼ 日天子さま~ (2, 0.0%)

2 の黄金

▼ 日天樣~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 日太平~ (2, 0.0%)

1 が帰る, の天子

▼ 日太政官布告~ (2, 0.0%)

1 の政体書, 第二百九十五号

▼ 日失踪~ (2, 0.0%)

1 したま, したまま女房

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に死傷, も十四日

▼ 日奇妙~ (2, 0.0%)

1 なおじいさん, な出来事

▼ 日奉行~ (2, 0.0%)

1 の鼻毛, より

▼ 日奉行所~ (2, 0.0%)

1 ではいよいよ, の内

▼ 日奥様~ (2, 0.0%)

1 と安斉先生, は物

▼ 日女房~ (2, 0.0%)

1 が冗談はんぶん, にこう

▼ 日女給~ (2, 0.0%)

1 ということ, の試み

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 な煙草, 晴の

▼ 日妙子~ (2, 0.0%)

1 が夙川, の留守

▼ 日妻籠~ (2, 0.0%)

1 お小休み, で寝

▼ 日姫路~ (2, 0.0%)

1 の黒田宗円, を発し

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が一応, は薪

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 の高子

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 ねこを, や孫

▼ 日孤踏夫人~ (2, 0.0%)

2 は小笠原

▼ 日安子~ (2, 0.0%)

1 は仕立屋, は令嬢

▼ 日安心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日宗春~ (2, 0.0%)

1 は奥御殿, は軽装

▼ 日官曰彌~ (2, 0.0%)

2 彌副

▼ 日宣戦~ (2, 0.0%)

1 の大詔下り, をすれ

▼ 日宮中~ (2, 0.0%)

1 にある, の御

▼ 日宮崎~ (2, 0.0%)

1 にのがる, より南

▼ 日宮市天満宮~ (2, 0.0%)

2 の神幸祭

▼ 日家内~ (2, 0.0%)

1 に何, の者

▼ 日容態~ (2, 0.0%)

1 はにわかに, を知らせ

▼ 日宿屋~ (2, 0.0%)

1 から列車, で出会った

▼ 日宿酔~ (2, 0.0%)

1 のため, の気味

▼ 日富山~ (2, 0.0%)

1 から大町, を朝立

▼ 日寐起~ (2, 0.0%)

2 する例

▼ 日寒い~ (2, 0.0%)

1 日などには, 日を

▼ 日寒波~ (2, 0.0%)

1 が襲来, しきりに到つ

▼ 日寝たきり~ (2, 0.0%)

1 でそんな, の私

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の一室, へかえっ

▼ 日寺田君~ (2, 0.0%)

1 の歡待, を待ち暮させ

▼ 日寺町通~ (2, 0.0%)

1 の刀剣商, の刀劍商

▼ 日将棋~ (2, 0.0%)

1 をさし, を囲み

▼ 日将軍家右大臣~ (2, 0.0%)

1 に任, 御拝賀

▼ 日小倉~ (2, 0.0%)

1 から, の滝あたり

▼ 日小学校~ (2, 0.0%)

2 より帰る

▼ 日小川~ (2, 0.0%)

1 の流れ, の流れた

▼ 日小田原~ (2, 0.0%)

1 で一日, に近い

▼ 日小説~ (2, 0.0%)

1 に書きたい, をかい

▼ 日少しく~ (2, 0.0%)

1 長くなりぬ, 風波あり

▼ 日少女~ (2, 0.0%)

1 の故に, の母

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 ほ浅く, ほ淺

▼ 日尼寺~ (2, 0.0%)

1 の病室, の童貞

▼ 日居れ~ (2, 0.0%)

1 ばどんな, ば必ず

▼ 日屏風~ (2, 0.0%)

1 のよう, の裏表

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 の空間

▼ 日山の手~ (2, 0.0%)

1 の天主堂, の谷

▼ 日山田~ (2, 0.0%)

1 で謡, はその

▼ 日山荘~ (2, 0.0%)

1 で休む, を訪れた

▼ 日山路~ (2, 0.0%)

1 で怪我, に迷うた

▼ 日山野~ (2, 0.0%)

1 を跋渉, を駈けあるいた

▼ 日岐阜~ (2, 0.0%)

1 を出, を出た

▼ 日岩波~ (2, 0.0%)

1 の, の本

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に立っ, に置い

▼ 日島村鼎甫~ (2, 0.0%)

1 という蘭学者, の家

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 は自分, 之庚

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 のさなか, の日

▼ 日川邊~ (2, 0.0%)

2 に糸

▼ 日工事~ (2, 0.0%)

1 に取りかかる, の場

▼ 日己巳雨~ (2, 0.0%)

2 降る将軍家

▼ 日市内~ (2, 0.0%)

1 のあちこち, を巡視

▼ 日市外~ (2, 0.0%)

1 で二三日, に遊歩

▼ 日市街~ (2, 0.0%)

1 の辻, 至るところ号外

▼ 日席上~ (2, 0.0%)

1 で作つたの, で綯

▼ 日帰らず~ (2, 0.0%)

1 四日帰らず, 或は松本善光寺

▼ 日帰る~ (2, 0.0%)

1 とも知れぬ, と汝

▼ 日幟さん~ (2, 0.0%)

1 といっ, と同じ

▼ 日幡どの~ (2, 0.0%)

1 があの, を暗

▼ 日平和~ (2, 0.0%)

1 のため, は成り

▼ 日平和条約~ (2, 0.0%)

1 が締結, に対してはまだ

▼ 日平均五枚~ (2, 0.0%)

1 ぐらいしか書けません, ずつやっ

▼ 日平均四十五銭~ (2, 0.0%)

1 の収入, をせしめたなら

▼ 日平壌~ (2, 0.0%)

1 にあり, を攻撃

▼ 日年始~ (2, 0.0%)

1 のあいさつ, まはり

▼ 日幸子~ (2, 0.0%)

1 の留守, は当日

▼ 日幸徳~ (2, 0.0%)

1 がその, の通る

▼ 日幽斎~ (2, 0.0%)

2 が暇乞

▼ 日幾度~ (2, 0.0%)

1 かおのずから, となく

▼ 日広い~ (2, 0.0%)

1 廊下を, 森林を

▼ 日広田外相~ (2, 0.0%)

2 を外務省

▼ 日庚戌将軍家~ (2, 0.0%)

2 御疱瘡

▼ 日延ばされた~ (2, 0.0%)

1 のだ, のであつ

▼ 日延ばせ~ (2, 0.0%)

1 という, ば一日

▼ 日延べ~ (2, 0.0%)

1 の飛脚, 縮めを

▼ 日建築会館~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 日廿日市~ (2, 0.0%)

2 の長兄

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を張っ, を彎

▼ 日引きこもっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていました

▼ 日引っ込ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, で仕事場

▼ 日引籠~ (2, 0.0%)

1 ってござった, って読書

▼ 日張さん~ (2, 0.0%)

1 が別荘, ちう大学

▼ 日張夫人~ (2, 0.0%)

1 は女中, も娘たち三人

▼ 日張家~ (2, 0.0%)

1 から月々三千円, の客

▼ 日強い~ (2, 0.0%)

1 南風が, 雨でも

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 村百姓与作後家篠と, 道場地鎮祭に

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 もまた, を見せない

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 うすく, うすく落ちぶれ

▼ 日待ちぼうけ~ (2, 0.0%)

1 だ, をし

▼ 日後伸子~ (2, 0.0%)

1 と素子, は偶然

▼ 日後午後~ (2, 0.0%)

1 のこと, の四時ごろ

▼ 日後妻~ (2, 0.0%)

1 が, を己

▼ 日後少女~ (2, 0.0%)

2 から手紙

▼ 日後幸子~ (2, 0.0%)

1 は大阪, は漸く

▼ 日後彼女~ (2, 0.0%)

1 の姿, は再び

▼ 日後数名~ (2, 0.0%)

2 の友人

▼ 日後朝~ (2, 0.0%)

1 から大雪, の十時ごろ

▼ 日後自分~ (2, 0.0%)

1 の子供, の楽しみ

▼ 日後英倫~ (2, 0.0%)

2 と矢田津世子

▼ 日御地~ (2, 0.0%)

1 に参上, より送りたまいし

▼ 日心持ち~ (2, 0.0%)

2 がわるかっ

▼ 日必ずまさに~ (2, 0.0%)

2 なるべき云々

▼ 日必死~ (2, 0.0%)

2 の探索

▼ 日必要~ (2, 0.0%)

1 な会見, に應

▼ 日忘れ~ (2, 0.0%)

1 て来た, もせぬ

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 ほゆ

▼ 日思いがけず~ (2, 0.0%)

1 実業之, 高等室の

▼ 日思い掛けなく~ (2, 0.0%)

1 同氏の, 矢野に

▼ 日思い立っ~ (2, 0.0%)

1 て日本, て日本橋

▼ 日怠け~ (2, 0.0%)

1 て飯, でもしよう

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 になやむ

▼ 日恐るべき~ (2, 0.0%)

1 乃父清盛を, 水野の

▼ 日恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 むし暑い日, 手間取つて八五郎が

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 がたえた, をつく

▼ 日悲しき~ (2, 0.0%)

1 はなし, 思ひ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 良安儀, 良安明廿八日初而御目見被相請候

▼ 日情報~ (2, 0.0%)

1 によってすでに, による

▼ 日想観往生~ (2, 0.0%)

1 と謂, と謂われる

▼ 日想觀往生~ (2, 0.0%)

2 と謂

▼ 日愈々~ (2, 0.0%)

1 憲法発布, 書庫を

▼ 日慎太郎~ (2, 0.0%)

1 とトランプ, に新しい

▼ 日慰めら~ (2, 0.0%)

1 るるとも, るるの

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 つたのだ, 旌節報

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が来る, の笹

▼ 日成瀬~ (2, 0.0%)

1 はふとした, もまた

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を出, ヲシメタガ

▼ 日戸口~ (2, 0.0%)

1 から, で

▼ 日戸外~ (2, 0.0%)

1 で暮らした, で紙芝居

▼ 日戻っ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て来なかった

▼ 日手伝っ~ (2, 0.0%)

1 て貰い, て貰う

▼ 日手間~ (2, 0.0%)

1 を取つ, を取る

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 通して, 通しての

▼ 日払い~ (2, 0.0%)

1 でちゃんと, とすべし

▼ 日抽斎~ (2, 0.0%)

1 が, は始

▼ 日拂曉~ (2, 0.0%)

1 に海底戰鬪艇, までには電光艇

▼ 日招かれ~ (2, 0.0%)

1 て公, て来

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 にてかの, の弟子日圓

▼ 日持っ~ (2, 0.0%)

1 て来させる, て歩い

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 かで昼, に湯

▼ 日捜し~ (2, 0.0%)

1 て八幡浜, て舟

▼ 日捜査~ (2, 0.0%)

1 のため山, の範囲

▼ 日授業~ (2, 0.0%)

1 ができなかった, が終っ

▼ 日掛る~ (2, 0.0%)

1 という予定, と一日

▼ 日探した~ (2, 0.0%)

1 けれども見つからんかった, の

▼ 日揺れ出した~ (2, 0.0%)

2 途端未だ

▼ 日支兩國共通~ (2, 0.0%)

1 の一大幸福, の幸福

▼ 日支問題~ (2, 0.0%)

1 も日本側, を考へる

▼ 日支国民~ (2, 0.0%)

2 はお互い様

▼ 日支戦争~ (2, 0.0%)

1 などではない, の噂話

▼ 日支漫談~ (2, 0.0%)

2 に力

▼ 日支経済提携~ (2, 0.0%)

2 が成り立ち

▼ 日放っ~ (2, 0.0%)

2 て置いた

▼ 日放置~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日敏ちゃん~ (2, 0.0%)

1 のうち, は学校

▼ 日敏子~ (2, 0.0%)

1 はなんとなく, は思い切っ

▼ 日救助係~ (2, 0.0%)

2 がまるで

▼ 日教授~ (2, 0.0%)

1 の溜室, は私

▼ 日敦賀~ (2, 0.0%)

1 に入る, に御宿

▼ 日数十里~ (2, 0.0%)

1 を奔走, ヲ行クモ

▼ 日数夜~ (2, 0.0%)

1 かくまった, を通らなけれ

▼ 日文子~ (2, 0.0%)

1 が客, は雑誌

▼ 日文芸協会~ (2, 0.0%)

1 は第, 第二回公演

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 き易し, にし

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 ういつた, う云って

▼ 日新しく~ (2, 0.0%)

1 しかも偉大, 生れ変った潜航艇

▼ 日新た~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に親王殿下

▼ 日新吉~ (2, 0.0%)

1 について廻った, はからだ

▼ 日新緑~ (2, 0.0%)

1 の山, の濡れ

▼ 日新聞紙上~ (2, 0.0%)

1 に店員募集, に発表

▼ 日斷食~ (2, 0.0%)

2 にせう

▼ 日旅先~ (2, 0.0%)

1 から古い, から帰っ

▼ 日旅順~ (2, 0.0%)

1 にすさみ, に於

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 と呼ん, の日

▼ 日日ごろ~ (2, 0.0%)

1 から仲, 雨の

▼ 日日の目~ (2, 0.0%)

1 を見ず, を見ない

▼ 日日付~ (2, 0.0%)

1 のお, のもの

▼ 日日向~ (2, 0.0%)

1 の小林, の縁側

▼ 日日和~ (2, 0.0%)

1 が続い, で季節

▼ 日日是好日~ (2, 0.0%)

1 の端的, の筈

▼ 日日暮れ~ (2, 0.0%)

1 て松本裁判所, にふらふら

▼ 日日本橋~ (2, 0.0%)

1 で鉄道馬車, を歩い

▼ 日日本軍~ (2, 0.0%)

1 の衛兵所, は全線

▼ 日日記~ (2, 0.0%)

1 する暇, を休んだ

▼ 日日附~ (2, 0.0%)

1 のハガキ今日, の端書拝見

▼ 日旦那~ (2, 0.0%)

1 がくる, は土蔵

▼ 日旦那様~ (2, 0.0%)

1 が, は銀行

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 東京招き行燈の, 牛医

▼ 日早々~ (2, 0.0%)

1 から重ねられた, 淺草へ

▼ 日早め~ (2, 0.0%)

1 に二十五銭, に邸

▼ 日早めた~ (2, 0.0%)

2 のに過ぎない

▼ 日早暁~ (2, 0.0%)

1 に帳, に豊後

▼ 日早朝出発~ (2, 0.0%)

1 した観測所, し剣ヶ峯

▼ 日早速~ (2, 0.0%)

1 試みたが, 醫者の

▼ 日旭川一泊小樽一泊~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日明う~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日明けれ~ (2, 0.0%)

1 ばもう, ば二十七日

▼ 日明子~ (2, 0.0%)

1 は到頭, は村瀬

▼ 日明治天皇~ (2, 0.0%)

1 の天長節, 小御所

▼ 日明治節~ (2, 0.0%)

1 の日, の朝

▼ 日昏れ~ (2, 0.0%)

1 に馬場, 或は大晦日

▼ 日映画~ (2, 0.0%)

1 の, を見

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 だった, らしく温く

▼ 日春日山~ (2, 0.0%)

1 の城, を雷発

▼ 日春木少年~ (2, 0.0%)

1 が学校, はこの間

▼ 日昨夜~ (2, 0.0%)

1 からの豪雨, もおそい

▼ 日是好日~ (2, 0.0%)

1 の端的, の筈

▼ 日是非~ (2, 0.0%)

1 延ばして, 来いと

▼ 日昼間~ (2, 0.0%)

1 に葬式, の出来事

▼ 日昼飯~ (2, 0.0%)

1 が済ん, を済まし

▼ 日時雄~ (2, 0.0%)

1 はその, は芳子

▼ 日晒され~ (2, 0.0%)

1 て後, て殉殺

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 から夜, 少し前

▼ 日晦堂老師~ (2, 0.0%)

2 を山寺

▼ 日普通~ (2, 0.0%)

1 でない食事, ならば

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の光り, より雨大

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 かつた, さが

▼ 日暗い~ (2, 0.0%)

1 穴の, 空の

▼ 日暦中~ (2, 0.0%)

1 に見出され, より其父

▼ 日暴風雨~ (2, 0.0%)

1 の日, を突い

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 れる雲, 泣き出しさ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に船, より雨

▼ 日曜日~ (2, 0.0%)

1 ぐらいに来ますでしょう, であったと

▼ 日書いた~ (2, 0.0%)

1 ぼくの, りくづしたりしてを

▼ 日最も~ (2, 0.0%)

1 盛んに, 長き時乃ち夏

▼ 日月光~ (2, 0.0%)

1 なしまた, の覆

▼ 日月曜日~ (2, 0.0%)

1 の午前十一時, の朝

▼ 日月蝕~ (2, 0.0%)

1 も測れる, を懼

▼ 日月食~ (2, 0.0%)

1 を予報, を算定

▼ 日有る~ (2, 0.0%)

1 とか六號室, 少し

▼ 日有吉大使~ (2, 0.0%)

2 は外務省

▼ 日朝っぱら~ (2, 0.0%)

2 から四人づれ

▼ 日朝まだき~ (2, 0.0%)

1 にはじめて, より七色

▼ 日朝七時いくら~ (2, 0.0%)

2 の汽車

▼ 日朝上人~ (2, 0.0%)

1 というの, のお

▼ 日朝九時~ (2, 0.0%)

1 かねて, 約五十名

▼ 日朝刊~ (2, 0.0%)

1 によって有島武郎氏, の一紙

▼ 日朝様~ (2, 0.0%)

1 ともどん, へ願

▼ 日木戸~ (2, 0.0%)

1 がその, を通る

▼ 日木曜日~ (2, 0.0%)

1 につき大, の朝

▼ 日本所~ (2, 0.0%)

1 の寿座, の裏町

▼ 日本目~ (2, 0.0%)

2 の西蔵院

▼ 日本紀あたり~ (2, 0.0%)

1 から万葉集, に仏法

▼ 日本紀以前~ (2, 0.0%)

1 にさ, に正史体

▼ 日本紀略~ (2, 0.0%)

1 だの本朝世紀, にも罪状

▼ 日本紀等~ (2, 0.0%)

1 に法隆寺, を夢中

▼ 日本部~ (2, 0.0%)

1 において二三, には日本

▼ 日本郷~ (2, 0.0%)

1 に居る, の春木町

▼ 日本郷三丁目~ (2, 0.0%)

1 から須田町, の藤村屋新兵衞

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 のごとく, の如く

▼ 日村人~ (2, 0.0%)

1 が光, の信心

▼ 日来急~ (2, 0.0%)

1 に容体, に気温

▼ 日来非常~ (2, 0.0%)

1 に病状, に蒸す

▼ 日来風邪気~ (2, 0.0%)

1 だと, で悩ん

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 から西, に向い

▼ 日東京市京橋區入船町~ (2, 0.0%)

2 に生まる

▼ 日東京控訴院~ (2, 0.0%)

1 でようやく, の監房

▼ 日東京朝日新聞~ (2, 0.0%)

2 にれい

▼ 日東京神田~ (2, 0.0%)

1 に於, のキリスト教青年会館

▼ 日東大寺~ (2, 0.0%)

1 について新, に於

▼ 日東寺~ (2, 0.0%)

1 の前, の縁日

▼ 日東端~ (2, 0.0%)

2 から逆

▼ 日東警察署~ (2, 0.0%)

2 の二階

▼ 日果して~ (2, 0.0%)

1 広幡侍従が, 日置家の

▼ 日柏軒~ (2, 0.0%)

1 が塩田良三, はこれ

▼ 日某所~ (2, 0.0%)

1 で, で行なわれた

▼ 日柳樹屯~ (2, 0.0%)

1 に上陸, へ帰りぬ

▼ 日栄蔵~ (2, 0.0%)

1 は勉強, は家

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 ひらひなど, を食べた

▼ 日根岸~ (2, 0.0%)

1 の紫御殿, へ帰る

▼ 日根岸庵~ (2, 0.0%)

1 にいたる, に子規

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が僕, の院

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 のお, の葉

▼ 日桑名~ (2, 0.0%)

1 に到らせられる, の城

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に, 約成立

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 にふりやしない, に振つ

▼ 日棚田~ (2, 0.0%)

2 その空

▼ 日極めて~ (2, 0.0%)

1 例外的に, 皮肉な

▼ 日榎本~ (2, 0.0%)

1 の微行, は責任

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の越前, は岩代

▼ 日様々~ (2, 0.0%)

1 の奇瑞, の意味

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 になっ, に成つた切

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の又, の實

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に取りつい, の織れる

▼ 日機会~ (2, 0.0%)

1 があろう, をねらっ

▼ 日機嫌~ (2, 0.0%)

1 が悪かっ, のいい

▼ 日正ちゃん~ (2, 0.0%)

1 のお, は学校

▼ 日正行~ (2, 0.0%)

1 は和泉, は和田助氏

▼ 日此日~ (2, 0.0%)

1 は南宮山, も關田

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の家, は他出

▼ 日武揚等~ (2, 0.0%)

1 は松前藩兵, は遂に

▼ 日歩かなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならなかつた, ば一日

▼ 日歩き~ (2, 0.0%)

1 まはつ, 迷って

▼ 日歩け~ (2, 0.0%)

1 ばいい, ばどこ

▼ 日歸ら~ (2, 0.0%)

1 ないやう, ないツ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を以て償え, を賜わった

▼ 日死ぬ死ぬ~ (2, 0.0%)

2 と言

▼ 日死ん~ (2, 0.0%)

2 で生る

▼ 日残暑~ (2, 0.0%)

1 の夕陽, の汗

▼ 日殺人~ (2, 0.0%)

1 の嫌疑, を行う

▼ 日母様~ (2, 0.0%)

2 が腰元

▼ 日毎日毎日~ (2, 0.0%)

1 が大売出し, このマカラム街

▼ 日毎晩~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 日比伯林~ (2, 0.0%)

1 の留学生, の留學生

▼ 日比叡山~ (2, 0.0%)

1 のいた, へ登り

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の机上, は人

▼ 日水島~ (2, 0.0%)

2 は朗

▼ 日~ (2, 0.0%)

2

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 とホコリ, にしみたる

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の端, 渫いに

▼ 日決心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日沒迄~ (2, 0.0%)

1 の間, 働きました實家

▼ 日沒頃~ (2, 0.0%)

1 にその, よりし

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 すなわち去年, と書い

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 ばたでさわぎ, を渡っ

▼ 日河合~ (2, 0.0%)

2 と松平

▼ 日河比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 日油津~ (2, 0.0%)

2 の港

▼ 日沼田~ (2, 0.0%)

1 に帰着, を出立

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 は亡くなった, を覗く

▼ 日泊まり~ (2, 0.0%)

1 ですぐ, で出かけ

▼ 日泊る~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことに

▼ 日法会~ (2, 0.0%)

1 のすんだ, を法性寺

▼ 日法住寺~ (2, 0.0%)

1 の変, の法殿

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 また波, 荒き海上

▼ 日泣き~ (2, 0.0%)

1 も疲れ, 乍ら子供を

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に浸つた, の沼

▼ 日注射~ (2, 0.0%)

1 が続く, をし

▼ 日洛中~ (2, 0.0%)

1 へ行く, を引きまわし

▼ 日流石~ (2, 0.0%)

1 に私, に自分

▼ 日流連~ (2, 0.0%)

1 けて石田, をさせ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の末, の流れ

▼ 日浅き~ (2, 0.0%)

1 にかかわらず, 田里の

▼ 日浅く~ (2, 0.0%)

1 して, 周囲には

▼ 日浅草~ (2, 0.0%)

1 で梟首, へ遊び

▼ 日浪花節語り~ (2, 0.0%)

2 が店

▼ 日浴衣~ (2, 0.0%)

1 が汗, に着換え

▼ 日海洋~ (2, 0.0%)

1 のけしき, を流される

▼ 日淋しい~ (2, 0.0%)

1 ペンの, 山の

▼ 日深く~ (2, 0.0%)

1 なり都會, なる

▼ 日深更月~ (2, 0.0%)

2 すさまじく冴え

▼ 日清三~ (2, 0.0%)

1 は珍しく, は関さん

▼ 日清両国~ (2, 0.0%)

1 のいずれ, の間

▼ 日清二~ (2, 0.0%)

2 は事務室

▼ 日清作~ (2, 0.0%)

1 はふと, は二号

▼ 日清戦争以前~ (2, 0.0%)

1 の事, の本来

▼ 日清戦後~ (2, 0.0%)

1 の日本, 我が国民

▼ 日清戰爭日露戰爭~ (2, 0.0%)

1 とやつ, などがあつ

▼ 日清日露二~ (2, 0.0%)

2 大戦争

▼ 日清談判破裂~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日清豆粕会社~ (2, 0.0%)

1 でさあ, の奥二階

▼ 日清間~ (2, 0.0%)

1 の交渉, は如何

▼ 日清高~ (2, 0.0%)

1 は幕府, は晴れいでたち

▼ 日済集め~ (2, 0.0%)

1 にやられる, は俺ら

▼ 日湖水~ (2, 0.0%)

1 のほとり, の近く

▼ 日湯島~ (2, 0.0%)

1 の方, へは矢崎舎人

▼ 日湯治~ (2, 0.0%)

1 するも, をしねえ

▼ 日満支三国間~ (2, 0.0%)

1 の和平そのもの, の平和そのもの

▼ 日源叔父~ (2, 0.0%)

1 は布団, は所用

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の呪法, 両方式

▼ 日漢中王~ (2, 0.0%)

1 にまみえ, の名

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 斜, 没

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の著, 見と

▼ 日激しい~ (2, 0.0%)

1 咳の, 頭痛痙攣及び

▼ 日濁れり~ (2, 0.0%)

2 光なき

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 のない, の側

▼ 日火曜日~ (2, 0.0%)

1 の夜, をもって傲然

▼ 日火鉢~ (2, 0.0%)

1 にばかりかじりついてる, の前

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が点く, ともし頃

▼ 日灰色~ (2, 0.0%)

1 の服装, の雲

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 といふ題もと月並的臭気, はいやおうなしに

▼ 日灼けした~ (2, 0.0%)

1 半裸体, 真ッ黒

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 のまえ, の上

▼ 日無し~ (2, 0.0%)

1 だが, といふやう

▼ 日無名氏~ (2, 0.0%)

1 があつ, より

▼ 日無沙汰~ (2, 0.0%)

1 して, をした

▼ 日無駄~ (2, 0.0%)

1 になっ, に暮した

▼ 日然し~ (2, 0.0%)

2 沼の

▼ 日照れ~ (2, 0.0%)

1 ば専念, ば谷

▼ 日熊野~ (2, 0.0%)

1 に入り, の家

▼ 日熱海~ (2, 0.0%)

1 から東京行, を立った

▼ 日燃え~ (2, 0.0%)

1 たり, ているだろう

▼ 日父上~ (2, 0.0%)

1 にはこう, を事務所

▼ 日父子~ (2, 0.0%)

1 で食事, の間

▼ 日爺さん~ (2, 0.0%)

1 と婆さん, は裏庭

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 く広大, 異爾

▼ 日片時~ (2, 0.0%)

1 も忘れね, も怠慢

▼ 日牛乳~ (2, 0.0%)

1 ばかり飲ん, を半

▼ 日物置~ (2, 0.0%)

1 に居る, の庭

▼ 日犯人~ (2, 0.0%)

1 から第, がある

▼ 日独伊~ (2, 0.0%)

1 の協定調印, 即ち東亜

▼ 日独伊防共協定~ (2, 0.0%)

1 がむすばれ, が調印

▼ 日独逸~ (2, 0.0%)

2 の婦人

▼ 日狸狩り~ (2, 0.0%)

1 ということ, といふこと

▼ 日猶予~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 でゐた, り高

▼ 日玄関~ (2, 0.0%)

2 に人

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 がちょうど, と對

▼ 日王主人~ (2, 0.0%)

2 が室

▼ 日王様~ (2, 0.0%)

1 が庭, にお

▼ 日現在~ (2, 0.0%)

1 として全国, の群馬県青果出荷統制組合発表

▼ 日琉共~ (2, 0.0%)

1 に愛玩, に次第に

▼ 日琵琶~ (2, 0.0%)

1 の撥, の湖畔

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に牛羊, に酒

▼ 日甚兵衛~ (2, 0.0%)

1 は例, は藩老細川志摩

▼ 日生きのびたら~ (2, 0.0%)

2 うに

▼ 日生きる~ (2, 0.0%)

2 には雀

▼ 日生きれ~ (2, 0.0%)

1 ば一日, ば二日

▼ 日生延び~ (2, 0.0%)

1 てそれ, てゐた

▼ 日生徒~ (2, 0.0%)

1 はことごとく, は英語

▼ 日生憎~ (2, 0.0%)

1 とこ, 瀬戸君が

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の判官清高, の石丸英一

▼ 日用品一式~ (2, 0.0%)

1 を肩, を背負っ

▼ 日用品以外~ (2, 0.0%)

1 の家具什器, の物

▼ 日用品店~ (2, 0.0%)

1 なぞと違っ, のみだ

▼ 日田中正造~ (2, 0.0%)

1 は予戒令, は遼東

▼ 日由子~ (2, 0.0%)

1 はお, はだしぬけ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の刻, の日

▼ 日男爵~ (2, 0.0%)

1 は二時間, は沼

▼ 日画家~ (2, 0.0%)

1 に帰りつ, の

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に出, に工場

▼ 日留置場~ (2, 0.0%)

1 の看守, は濡れた

▼ 日疲労~ (2, 0.0%)

1 が出, 頗る著し

▼ 日疾風~ (2, 0.0%)

1 のよう, 吹きまくり

▼ 日病死~ (2, 0.0%)

1 いたした由, 仕候

▼ 日病氣~ (2, 0.0%)

1 と伏, のため謁見

▼ 日痴川~ (2, 0.0%)

2 が麻油

▼ 日癖雨このごろ~ (2, 0.0%)

2 見ねば

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 未晴, 未霽

▼ 日癸卯晴鶴岳宮~ (2, 0.0%)

2 の御神楽例

▼ 日発表~ (2, 0.0%)

1 した研究, のハワイ襲撃

▼ 日登恵子~ (2, 0.0%)

1 はまた, は良人

▼ 日發つて何處~ (2, 0.0%)

2 の港

▼ 日白雪~ (2, 0.0%)

1 が積, 再霏

▼ 日百両~ (2, 0.0%)

1 として千両, の売上げ

▼ 日百円~ (2, 0.0%)

1 に近い, の商い

▼ 日監督~ (2, 0.0%)

1 は鶏冠, も雑夫長

▼ 日目くら~ (2, 0.0%)

2 ゐには

▼ 日目ころ~ (2, 0.0%)

1 から毎日, には神梛木川

▼ 日目さき~ (2, 0.0%)

1 に, のこと

▼ 日目だつた~ (2, 0.0%)

1 かな, が指導選手

▼ 日目ガラツ八~ (2, 0.0%)

2 の八五郎

▼ 日目二人~ (2, 0.0%)

1 の用心捧, の用心棒

▼ 日目山谷~ (2, 0.0%)

2 の春徳寺

▼ 日目岡崎屋~ (2, 0.0%)

1 の親類会議, の親類會議

▼ 日目平次~ (2, 0.0%)

1 が新しい, と八五郎

▼ 日目彼~ (2, 0.0%)

1 が窓, を葬り

▼ 日目有名~ (2, 0.0%)

2 な茶人繁野友白

▼ 日目橋場~ (2, 0.0%)

2 の渡し

▼ 日目私~ (2, 0.0%)

1 は遊説, も元気

▼ 日目葬式~ (2, 0.0%)

1 は盛ん, を済ませ

▼ 日目高野幸代~ (2, 0.0%)

2 はもはや

▼ 日直り~ (2, 0.0%)

2 の和ぎむ

▼ 日相州さま~ (2, 0.0%)

1 に仰せられた, は御

▼ 日相州三崎~ (2, 0.0%)

1 は諸, へ行つた時

▼ 日相当~ (2, 0.0%)

1 な産着, の賃銀

▼ 日相携~ (2, 0.0%)

1 へて大, へて行き

▼ 日真夜中~ (2, 0.0%)

1 に棟, の大

▼ 日眠らされた~ (2, 0.0%)

2 かわかりません

▼ 日眠る~ (2, 0.0%)

1 がよい, 森の

▼ 日眼鏡~ (2, 0.0%)

1 がこ, がこわれ

▼ 日着く~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 っ張, の催促

▼ 日矢張今日~ (2, 0.0%)

2 のそれ

▼ 日矢田津世子~ (2, 0.0%)

2 の同伴

▼ 日知ら~ (2, 0.0%)

1 で土鼠土, にさ

▼ 日短く~ (2, 0.0%)

1 なりて, 暮れて

▼ 日石狩~ (2, 0.0%)

1 に着く, を発す

▼ 日破風~ (2, 0.0%)

1 から破風, と誘ひ

▼ 日磯山~ (2, 0.0%)

1 の所在, より葉石

▼ 日社内~ (2, 0.0%)

2 で日記

▼ 日祖母さん~ (2, 0.0%)

1 のアクリーナ, も久米

▼ 日神スリア~ (2, 0.0%)

1 の事参照, は紅蓮

▼ 日神ラー~ (2, 0.0%)

1 に制服, はこの

▼ 日神様~ (2, 0.0%)

2 にお願い

▼ 日福岡~ (2, 0.0%)

1 の渡し, へ飛ぶ

▼ 日秋雨~ (2, 0.0%)

1 が降った, が降つ

▼ 日秤座~ (2, 0.0%)

1 の人間, の守隨

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の事, の軽き

▼ 日稼い~ (2, 0.0%)

1 では一日分, で桑名

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 るの, る話

▼ 日空しく~ (2, 0.0%)

2 過ぎて

▼ 日立ちづく~ (2, 0.0%)

1 めの, めや

▼ 日立派~ (2, 0.0%)

1 な侍, な念仏往生

▼ 日立秋~ (2, 0.0%)

1 と暦, なり

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 を巣

▼ 日竹田~ (2, 0.0%)

1 の愛好家, は郊外

▼ 日笑い~ (2, 0.0%)

1 くらして, ながら家人

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を使, を持っ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の前夜, の時分

▼ 日節句~ (2, 0.0%)

1 でもなけれ, の日

▼ 日築地署~ (2, 0.0%)

2 で拷問

▼ 日籠つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた平次, 来るの

▼ 日米両国~ (2, 0.0%)

1 の大, の戦備

▼ 日米安保条約~ (2, 0.0%)

2 の改定

▼ 日米戦争未来記~ (2, 0.0%)

1 が市場, とか秩父宮勢津子妃

▼ 日米水上~ (2, 0.0%)

2 の観衆

▼ 日米親善~ (2, 0.0%)

1 の方, も日仏協商

▼ 日粕谷草堂~ (2, 0.0%)

1 の一家, の夫妻

▼ 日糖株~ (2, 0.0%)

1 を買, を買い込ん

▼ 日紅庵~ (2, 0.0%)

1 が同じ, も帰つたあと

▼ 日紅花~ (2, 0.0%)

2 いち早し眼

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に見ゆる, のお

▼ 日紳士五六人酒肴~ (2, 0.0%)

1 を携え, を携えきたり

▼ 日終に~ (2, 0.0%)

1 歿かり, 笹子に

▼ 日終日~ (2, 0.0%)

1 働いて, 見当らなかったが

▼ 日経たねえ~ (2, 0.0%)

1 うちに, 内に

▼ 日経ったら~ (2, 0.0%)

1 すぐ馴れ, また出掛け

▼ 日絹子~ (2, 0.0%)

1 は学校友だち, は學校友だち

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 て微雨, イタトシテモ平気ナ

▼ 日続いたら~ (2, 0.0%)

1 一日の, 懲罰の

▼ 日続け様~ (2, 0.0%)

1 に引っ, に徹夜

▼ 日網走刑務所~ (2, 0.0%)

1 から顕治, へ送られる

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に冴え, の深く

▼ 日締切~ (2, 0.0%)

1 の小説, 一寸ムリ

▼ 日編輯長~ (2, 0.0%)

1 がプラトン, が云

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 て三十一日, べて三十一日

▼ 日繁昌~ (2, 0.0%)

1 すべき術, するの

▼ 日織田~ (2, 0.0%)

1 が昨日かっ血, の大軍

▼ 日織田信長~ (2, 0.0%)

1 が徳川家康, が比叡山

▼ 日繰りかえされる~ (2, 0.0%)

1 わけである, 同じよう

▼ 日置け~ (2, 0.0%)

1 ばベトベト, ば一日

▼ 日署長~ (2, 0.0%)

1 にも願っ, のとこ

▼ 日義経~ (2, 0.0%)

1 がいちばん気, は主従十六人

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 から一封, は鎌倉建長寺内

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 る朝, 六月一日開票される

▼ 日老いたる~ (2, 0.0%)

2 紀昌が

▼ 日老父~ (2, 0.0%)

1 が私, を送

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 へ拔

▼ 日考え込ん~ (2, 0.0%)

1 でいました, でばかりいる

▼ 日考へ~ (2, 0.0%)

1 に沈ん, 事は

▼ 日耳曼人~ (2, 0.0%)

1 の, の大胆さ

▼ 日耳曼動物説話~ (2, 0.0%)

1 の根元, の狼

▼ 日耳曼帝国~ (2, 0.0%)

1 のね, の出来上つたの

▼ 日耳曼種~ (2, 0.0%)

1 あり, の名

▼ 日耳曼語~ (2, 0.0%)

1 と日本語, の

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を凝らし, 骨張って

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 をあ, を丸く

▼ 日背中~ (2, 0.0%)

1 に赤ん坊, に麻布

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が兵士, は休暇

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 がさけ, がどきどき

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 く眠らない所為

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を剃刀, を撫で撫で

▼ 日腹大科度美~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 まで這入る, も崩さない

▼ 日臥し~ (2, 0.0%)

1 たりわが, て動かぬ

▼ 日臨終正念~ (2, 0.0%)

1 にし, の往生

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 川崎入, 祝も

▼ 日自分一人~ (2, 0.0%)

1 で離れて, で黙っ

▼ 日自由~ (2, 0.0%)

1 に食べ, の身

▼ 日自身~ (2, 0.0%)

1 がくさくさ, に休暇

▼ 日至れ~ (2, 0.0%)

1 ば再び, ば未來

▼ 日興行~ (2, 0.0%)

1 で來, の殆ど毎夜

▼ 日良秀~ (2, 0.0%)

2 は突然

▼ 日色々~ (2, 0.0%)

1 あろうと, な勘定取り

▼ 日芝口~ (2, 0.0%)

1 の宿, の露月亭

▼ 日花曇り~ (2, 0.0%)

1 に日, の空

▼ 日花見船~ (2, 0.0%)

1 に乘つた同勢, を出し

▼ 日英両国~ (2, 0.0%)

1 の国語, を除きたる

▼ 日英国公使~ (2, 0.0%)

1 だつたオルコック氏, オールコック

▼ 日英海軍~ (2, 0.0%)

1 のあいだ, は昔

▼ 日荒い~ (2, 0.0%)

1 歯の, 縞の

▼ 日荒っぽい~ (2, 0.0%)

1 河音に, 風の

▼ 日荻生さん~ (2, 0.0%)

1 が来た, が母親

▼ 日華事変中~ (2, 0.0%)

1 から太平洋戦争中, に中国

▼ 日華戦争~ (2, 0.0%)

1 が起ってる, と題し

▼ 日華門前~ (2, 0.0%)

1 において毘沙門経, に毘沙門経

▼ 日葉酢姫~ (2, 0.0%)

2 と曰

▼ 日葉酢媛命~ (2, 0.0%)

1 が御, が薨去

▼ 日葬儀~ (2, 0.0%)

1 は染井墓地, をした

▼ 日薄暗い~ (2, 0.0%)

1 中庭に, 納屋の

▼ 日薔薇~ (2, 0.0%)

1 の花, の花弁

▼ 日藍子~ (2, 0.0%)

1 が尾世川, が彼

▼ 日藏座敷~ (2, 0.0%)

1 で私, のうすくら

▼ 日藩邸~ (2, 0.0%)

1 から本丸, までお

▼ 日蘭軒~ (2, 0.0%)

1 に金三百疋, は一病者

▼ 日虔十~ (2, 0.0%)

2 は納屋

▼ 日蟹田~ (2, 0.0%)

2 の観瀾山

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 た切, つたきり

▼ 日行かない~ (2, 0.0%)

1 うちに, とこの

▼ 日行った~ (2, 0.0%)

1 きりで, といった

▼ 日行事~ (2, 0.0%)

1 ことに秋田津軽, を以て鮮明

▼ 日行動~ (2, 0.0%)

1 を共に, を起した

▼ 日行方~ (2, 0.0%)

1 をくらます, 不識

▼ 日袁紹~ (2, 0.0%)

1 の使者, は何進

▼ 日袞繍橋~ (2, 0.0%)

2 に住ん

▼ 日袴野~ (2, 0.0%)

1 と小者ら, は一人

▼ 日裁判長~ (2, 0.0%)

1 の法廷, は法廷

▼ 日裏庭~ (2, 0.0%)

1 でマゴマゴ, の茅葺小屋

▼ 日裸体~ (2, 0.0%)

1 で床, で海

▼ 日西湖~ (2, 0.0%)

1 では舟, の縁

▼ 日見えなかつた~ (2, 0.0%)

1 が何處, ぢや

▼ 日見えません~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ 日見ざれ~ (2, 0.0%)

1 ば三秋, ば刮目

▼ 日見なかった~ (2, 0.0%)

1 ばかりの矢追村, 妻の

▼ 日見ねえでる~ (2, 0.0%)

2 間に

▼ 日見る~ (2, 0.0%)

1 ことに, ともなく

▼ 日見山竜頭山等~ (2, 0.0%)

2 の異名

▼ 日親分~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 日親類~ (2, 0.0%)

1 が寄合, へ行ったら

▼ 日観師~ (2, 0.0%)

1 がお目にかかっ, とその

▼ 日計り前~ (2, 0.0%)

1 にある, に出た

▼ 日計画~ (2, 0.0%)

1 の浅間登山プラン, をモーナルーダオ

▼ 日記代子~ (2, 0.0%)

1 が会社, が言った

▼ 日訪ね~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ 日許可~ (2, 0.0%)

1 され十一月二日横浜, を得

▼ 日試み~ (2, 0.0%)

1 に二つ, に某

▼ 日詰め切りました~ (2, 0.0%)

2 がさて

▼ 日話し~ (2, 0.0%)

1 てい, 合ひ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の教授, は

▼ 日誤れ~ (2, 0.0%)

1 ば徒罪, ば斬罪

▼ 日読書~ (2, 0.0%)

1 と反省, をし

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の制, は四年間

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の金箱, は解けた

▼ 日講義~ (2, 0.0%)

1 の時間, を休んだ

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 をやっ

▼ 日警視庁~ (2, 0.0%)

1 などの人, の捜査課長

▼ 日谷五郎~ (2, 0.0%)

1 の出た, は何處

▼ 日豊世~ (2, 0.0%)

1 はあまり, はお

▼ 日責任~ (2, 0.0%)

1 ある時間, が重く

▼ 日貴婦人~ (2, 0.0%)

1 が女中大勢, が店

▼ 日貴方~ (2, 0.0%)

1 がきっと, を出し

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 ひきつたといふ, 戻を

▼ 日費し~ (2, 0.0%)

1 これでなく, て或

▼ 日賀名生~ (2, 0.0%)

1 で崩御, で薨去

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 狩谷卿雲, 菊花於岡西玄亭及次子貞次郎

▼ 日起き~ (2, 0.0%)

1 てふたり, て働い

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の主将上杉輝虎, の嶮路

▼ 日越前守~ (2, 0.0%)

1 はふたたび, は例

▼ 日趙雲~ (2, 0.0%)

1 が進ん, の英姿

▼ 日足痛~ (2, 0.0%)

2

▼ 日路地~ (2, 0.0%)

1 の角, へ帰る

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に立っ, に見えた

▼ 日迄は~ (2, 0.0%)

1 二册並ん, 休みますので

▼ 日迎え~ (2, 0.0%)

1 と称し, 日送りと

▼ 日近き~ (2, 0.0%)

1 ようにと, 心地し

▼ 日近習~ (2, 0.0%)

1 の一人, の者

▼ 日近臣~ (2, 0.0%)

2 を集め

▼ 日近隣~ (2, 0.0%)

1 の丘陵, の人々赦罪

▼ 日返す~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 日返事~ (2, 0.0%)

1 がなく, を待っ

▼ 日通った~ (2, 0.0%)

1 あげく, のだ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 はない, へども可

▼ 日連れ立っ~ (2, 0.0%)

1 て今, て銭湯

▼ 日連合軍~ (2, 0.0%)

2 総司令部

▼ 日進歩党~ (2, 0.0%)

1 の代議士会, を捨てた

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 すぎた

▼ 日遅れれ~ (2, 0.0%)

1 ば一, ば一日味方

▼ 日運動会~ (2, 0.0%)

1 が催, のあった

▼ 日運命~ (2, 0.0%)

1 の, はついに

▼ 日過ぎたら~ (2, 0.0%)

1 この寮, 大抵その

▼ 日過ぎ二日~ (2, 0.0%)

1 過ぎた, 過ぎぬ

▼ 日過した~ (2, 0.0%)

1 人々を, 私は

▼ 日道子~ (2, 0.0%)

1 は東京, も同日

▼ 日道灌山~ (2, 0.0%)

1 へ大徳屋徳兵衞, へ行つて

▼ 日遠き~ (2, 0.0%)

2 にあらず

▼ 日遠慮~ (2, 0.0%)

1 して, を仰付けられ

▼ 日遡つ~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の布片, をした

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に入り, の弟子

▼ 日都合~ (2, 0.0%)

1 よく行かなかった, をし

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の下刻, の日

▼ 日酒屋~ (2, 0.0%)

1 から酒, の小僧

▼ 日醉ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 日釈迦~ (2, 0.0%)

2 の誕生日

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 のもの通りがかり, の人達

▼ 日重井~ (2, 0.0%)

1 の発言, よりの書翰

▼ 日重吉~ (2, 0.0%)

1 は新聞, は椅子

▼ 日野口~ (2, 0.0%)

1 の家, はまた

▼ 日野外~ (2, 0.0%)

1 で馳, の風光

▼ 日野宿~ (2, 0.0%)

1 でつけ火, へかからう

▼ 日野良~ (2, 0.0%)

1 がうつ, に出

▼ 日金一分~ (2, 0.0%)

1 にし, の為向

▼ 日金拆~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 日釣っ~ (2, 0.0%)

1 てさて, て来た

▼ 日鈴ヶ森~ (2, 0.0%)

2 の磔刑

▼ 日銭屋~ (2, 0.0%)

1 へ泊っ, へ逗留

▼ 日銭湯~ (2, 0.0%)

2 へ行く

▼ 日錢形~ (2, 0.0%)

2 の親分さん

▼ 日長崎立山~ (2, 0.0%)

1 にて十字架上, の海

▼ 日長椅子~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 日長浜~ (2, 0.0%)

1 の町, へ着いた

▼ 日長男~ (2, 0.0%)

1 の勇, は学校

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 をあけ, 附けしたあと

▼ 日関ヶ原~ (2, 0.0%)

1 に於, の戦端

▼ 日関係~ (2, 0.0%)

1 が生じ得ない, は好転

▼ 日阿部家~ (2, 0.0%)

1 に画幅, の女中

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 つた蕭かな, つて秋の

▼ 日降り~ (2, 0.0%)

1 やみな, 籠めて

▼ 日降りしきる~ (2, 0.0%)

1 強雨, 雨を

▼ 日降りつづい~ (2, 0.0%)

1 て四時半頃, て水嵩

▼ 日降りつづいた~ (2, 0.0%)

1 大雨についての, 雨が

▼ 日降り暮らした~ (2, 0.0%)

2 後である

▼ 日降り続い~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 日降り続いた~ (2, 0.0%)

1 雨が, 雨は

▼ 日降る~ (2, 0.0%)

1 というよう, と壁土

▼ 日陛下~ (2, 0.0%)

1 は黄櫨染, 御誕辰

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の御所, よりやがて

▼ 日陣十郎~ (2, 0.0%)

1 によって後, を追っ

▼ 日除幕~ (2, 0.0%)

1 がおり, を施す

▼ 日除幕式~ (2, 0.0%)

1 が擧行, のよう

▼ 日陰気~ (2, 0.0%)

1 な書斎, に欝ぎ

▼ 日陸行一日總~ (2, 0.0%)

1 て三十一日, べて三十一日

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が出, を見

▼ 日障子~ (2, 0.0%)

1 を破っ, を開け放し

▼ 日隣り~ (2, 0.0%)

2 町の

▼ 日隣家~ (2, 0.0%)

1 が引越す, の御

▼ 日雇っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て店

▼ 日雛祭~ (2, 0.0%)

1 もいよ, もいよいよ

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を比叡山, を避

▼ 日雨ふり~ (2, 0.0%)

1 し前, のつれづれ

▼ 日雨天~ (2, 0.0%)

2 のため花火

▼ 日雨戸~ (2, 0.0%)

1 あくるおと, を直した

▼ 日雨蛙~ (2, 0.0%)

1 がなめくじ, がやっ

▼ 日霊宝館~ (2, 0.0%)

2 を訪ねる

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 に光れり, 白き曉

▼ 日露二~ (2, 0.0%)

2 大戦争

▼ 日露国境~ (2, 0.0%)

1 の安別, の辺

▼ 日露子~ (2, 0.0%)

1 は先生, は到頭

▼ 日露戦争ごろ~ (2, 0.0%)

1 から日本, には芽

▼ 日露戦争直後~ (2, 0.0%)

1 であったため非常, で負傷者

▼ 日露芸術協会~ (2, 0.0%)

2 の集り

▼ 日露談判~ (2, 0.0%)

1 の交渉, の通辯

▼ 日露開戰~ (2, 0.0%)

1 の原因, の少しく

▼ 日露間~ (2, 0.0%)

1 には不穏, の戰爭

▼ 日露關係~ (2, 0.0%)

1 の起源, はかう

▼ 日青い~ (2, 0.0%)

1 常緑木の葉をも, 玉と

▼ 日青扇~ (2, 0.0%)

1 のこと, はスポオツマン

▼ 日青葉~ (2, 0.0%)

1 が眼, によし

▼ 日非番~ (2, 0.0%)

1 であった, でぎん

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の出羽, をおおい

▼ 日革命~ (2, 0.0%)

1 の進展, 第十五周年記念日

▼ 日韓協約締結~ (2, 0.0%)

2 の大命

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が行った, のドラ

▼ 日頃僕~ (2, 0.0%)

1 はパリ, は電報

▼ 日頃私~ (2, 0.0%)

1 が手紙, の村

▼ 日順吉~ (2, 0.0%)

1 はふと, は健康

▼ 日須利耶さま~ (2, 0.0%)

1 は童子, は都

▼ 日須山~ (2, 0.0%)

1 のいる, は小さい

▼ 日須藤氏~ (2, 0.0%)

2 が編輯局

▼ 日頭痛~ (2, 0.0%)

1 がし, のする

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 と云, は梅田雲浜老女村岡ら三十余人

▼ 日頼朝~ (2, 0.0%)

1 が納涼, のいでたち

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 を出し, を見せなかつた

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 は満たされ, 之通屋敷拝領

▼ 日願之通勝手次第~ (2, 0.0%)

1 と平助殿, と被

▼ 日風景~ (2, 0.0%)

1 であつ, になつ

▼ 日風浪~ (2, 0.0%)

2 やまねば

▼ 日風雨~ (2, 0.0%)

1 の烈しい, 怒濤

▼ 日飛ん~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ 日食う~ (2, 0.0%)

1 権利が, 物も

▼ 日飲める~ (2, 0.0%)

1 とかい, とか三日

▼ 日飼われ~ (2, 0.0%)

2 てその

▼ 日養わるれ~ (2, 0.0%)

1 ば忘れない, ば生涯

▼ 日養家~ (2, 0.0%)

1 に引移, を訪問

▼ 日養父~ (2, 0.0%)

1 とごたごた, の柴田勝家

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 をやっ, を食わない

▼ 日餘作~ (2, 0.0%)

1 と共に寛, 来塲

▼ 日饒津~ (2, 0.0%)

2 の河原

▼ 日香以~ (2, 0.0%)

1 が一家, は松本交山

▼ 日馬賊~ (2, 0.0%)

2 の首

▼ 日馬鹿~ (2, 0.0%)

1 でおまけ, に景氣

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 からすぐ, の観光ポスター

▼ 日高杉~ (2, 0.0%)

1 に与うる, に書

▼ 日高橋~ (2, 0.0%)

1 はさつ, は正吉

▼ 日高瀬~ (2, 0.0%)

1 は受持, は始め

▼ 日髪日化粧~ (2, 0.0%)

1 で長火鉢, の昔日

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の道具, をと

▼ 日鬱金色~ (2, 0.0%)

2 の扱帯

▼ 日魏延~ (2, 0.0%)

1 が説いた, は鉄鎗部隊千人

▼ 日魚屋~ (2, 0.0%)

1 が鮎, を訪れ

▼ 日鮮人~ (2, 0.0%)

1 ノ融合統一, 及び警吏

▼ 日鮮融和~ (2, 0.0%)

1 などということ, の実

▼ 日鳥右さん~ (2, 0.0%)

1 が戸, はめづらし

▼ 日鳴り~ (2, 0.0%)

1 やまぬ拍手大, をひそめ

▼ 日鴎外~ (2, 0.0%)

1 の端然たる, は文部省展覧会

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の鳴きしきつて, は

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 が岡八幡, のお

▼ 日鶴さん~ (2, 0.0%)

1 に時計, は一日

▼ 日鶴見~ (2, 0.0%)

1 の花月園, へ行った

▼ 日~ (2, 0.0%)

2 の吉士

▼ 日~ (2, 0.0%)

1 の農家, へ帰る

▼ 日麗ら万劫経~ (2, 0.0%)

2 たる海亀

▼ 日麹町~ (2, 0.0%)

1 の子爵邸, の私

▼ 日麻布~ (2, 0.0%)

2 に移居

▼ 日麿~ (2, 0.0%)

1 といふ金持, とよんだ

▼ 日黄金~ (2, 0.0%)

1 ぬしに, の高

▼ 日黒み~ (2, 0.0%)

2 の廣

▼ 日齷齪~ (2, 0.0%)

1 と, とすわる

▼1* [11008件]

Пの字, 日СССРの工場, 日〇・二レントゲン単位をずいぶん, 日遊ばなぃばつまらなぃ, 日あいている, 日あいてるわけだ, 日あいにく父を, 日あえなく暮れむとす, 日あおそらを, 日あかりの池, 日あかるきに, 日あがる田圃の, 日あきずにやっ, 日あくせくと働き, 日あけくれにけり, 日あげずに先生, 日あざやかにぱっと, 日あしければ船, 日あずかって戴けません, 日あずけておい, 日あそばせてくれません, 日あたいは屋根裏, 日あたしたちの日々, 日あたたかい日が, 日あたらしい背幟を, 日あたらねば花, 日あたりそれらの耳目, 日あたり一帯もの凄い音響, 日あたり三合であった, 日あたり六波羅軍がすでに, 日あたり暖しと, 日あたり曲者が準備行爲, 日あたり水仙もう芽ぶいた, 日あたり熱海でゆっくり, 日あたり風あたりが暴く, 日あちこち歩いたとばかり, 日あっしら五人で買い切った, 日あったら命を, 日あったろうか, 日あっちこっちして, 日あと一寸行ったが, 日あと一月で十月, 日あと一足で下野, 日あと十三日の午後十時, 日あと私が本当に, 日あと美代子を見舞った, 日あと良人とともに挨拶, 日あひるのおばさん, 日あぶれつづけでもう二進, 日あまりさまよつたあげく, 日あまりそれも普請小屋, 日あまり一日の戌, 日あまり五日になり, 日あまり仮屋に寝かし, 日あまり休みがあった, 日あまり伸子はいい, 日あまり六日にや秋露, 日あまり又八と一緒, 日あまり吉岡拳法の門, 日あまり天日にほし, 日あまり奮戦の後, 日あまり姿を見せませんでした, 日あまり彼女が姿, 日あまり怺えて, 日あまり故国へは音信, 日あまり毎日休まずに, 日あまり毎日一人でバー, 日あまり江戸からろくな, 日あまり滞在して, 日あまり滞留して, 日あまり漂流するうち, 日あまり照り續いた往來, 日あまり物をいはなく, 日あまり私は上京, 日あまり血筆をとっ, 日あまり陣屋のうち, 日あやめわかぬ, 日あや子はおばあさん, 日あらうか, 日あらず湖に, 日あらずして癒, 日あらせてはなりませぬ, 日あらめや, 日ありしに限り, 日ありとあらゆる質屋で, 日ありましたに違い, 日あるいて行っ, 日あるき廻つて少し, 日あるきつづけてとうとう, 日あるき廻って千枝太郎, 日あるじ来て, 日あるだろうか, 日あわてて降り, 日あんなふうに小判の, 日あんぽんたんの家, 日いい天気を, 日いうたかて, 日いえ一と, 日いおうとした, 日いかがなしけん頭痛, 日いかに彼を, 日いかにも心もとないあの, 日いきなりフォードの, 日いくばくかの餞別, 日いくら鼻をたらし, 日いしていろいろ, 日いじめ抜いて, 日いずこの戸, 日いたずらに酔生夢死し, 日いたたまれないように, 日いたれば魂ヨサファット, 日いち日とはかどる, 日いってるのよ, 日いっぱいフィヨルドは舷側, 日いっぱい公園中を歩きまわっ, 日いっぱい往来へ出, 日いっぱい擬勢を張っ, 日いっぱい毛布にくるまっ, 日いっぱい溜息ばかり吐い, 日いっぱい神戸附近をとひとりぎめしていたのである, 日いっぱい私たちとふざけ, 日いっぱい葡萄ばかり見, 日いっぱい葡萄パンを喰, 日いっぱい読書して, 日いっぽうにはまた, 日いつの日も地米, 日いできて漕ぎ行く, 日いでし好きあに, 日いないから, 日いなかからひとり, 日いなければおしまい, 日いねえんでがす, 日いまは, 日いまだかつて瞼を, 日いまだに彼女の, 日いまだ全く暮れたるに, 日いやしめる往にし代の, 日いや一時間でも早く, 日いよやがて馬, 日いらだてる日などが, 日いらっしても遠慮な, 日いれば一日, 日うかうかと屋根, 日うけあひの天氣, 日うさぎは, 日うさぎはかまを腰, 日うす曇りの, 日うすく銀杏ちる, 日うす寒い秋でした, 日うす暗い御堂の, 日うちきっとまた, 日うちつづくうちの, 日うち二三日のうち, 日うち四五日うち待つ身, 日うち島へ行きなさる, 日うち座へ来, 日うち御地を過らる, 日うち昨日から見る, 日うち続いた日照の, 日うっかり奥まで, 日うつらと送りました, 日うつらうつらして, 日うつる岩かげの, 日うどんの玉, 日うまく通れば, 日うやうやしく天の, 日うらめしい思いに, 日うれしいな, 日うろ付いた揚げ句, 日うんちを, 日うんぬんにいたっ, 日りこのみに, 日えらい忙しそうに, 日えらばれた吉日である, 日おいでになる, 日おうぎ秋は, 日おかあさんやぎはこどもたち, 日おかきになった, 日おかしなことに, 日おきぐらゐにくるその發作にみじめ, 日おきみ婆さんが, 日おくらしたら駄目だ, 日おくりになつた, 日おくる遠い遠い風, 日おくれたって人形町, 日おくれたならば恐らく, 日おくれたなら助からないところでした, 日おくれたらもう後悔, 日おけば充分, 日おしかは夕飯, 日おそらくは五日目だけでも, 日おそるおそるそのこと, 日おってくれ, 日おなかがしまっ, 日おばさんに, 日おぶって歩い, 日おまんは, 日おめにかかり十十一日で, 日おもしろかった, 日おやしきへ, 日およそいくらと, 日おらがところ, 日おんつぁん, 日おん恵みに酬い, 日おん身が物, 日お付の老女, 日お伴しませうと, 日お便りいたして, 日お出で願い何とか, 日お前さんが時間, 日お前達につきあ, 日お天気は大丈夫, 日お婆さんを先, 日お嬢様のお家, 日お宅を明け, 日お家に帰る, 日お寺の前, 日お忍びで曲輪, 日お昼が近く, 日お次はまた, 日お正月気分が随処, 日お母さん神経にさえ, 日お気に入りの中野碩翁, 日お目にかかって外, 日お目にかからなかったが, 日お目にかからねば恋しい, 日お目見得をし, 日お祭りのよう, 日お節は旅館, 日お花さんのお, 日お蔦のこころ, 日お迎えに向った, 日お雛様の晩, 日お願いして, 日かう書いてゐる, 日かえって行った, 日かえりぎわに, 日かかさず池の, 日かかったらどっちかに, 日かかったら出来るというもの, 日かかっちまうんだ, 日かからなければ私のち, 日かかりやしないだらう折角来る, 日かかるだらうといふ, 日かきつづけるつもりで, 日かぎり女の許, 日かければ槍, 日かけ廻っても狼, 日かげしのぶの, 日かげのがわ, 日かげぼしにし, 日かげりげそりと年, 日かげ晴れそめて, 日かげ濡れたるにもの言, 日かげ瀬の音, 日かげ照り添ふ畑道, 日かげ霜はつめたい, 日かしこに二日, 日かすかにちり, 日かずつの第三次禁酒, 日かせぎためた金を, 日かたってしまいました, 日かたったが武士, 日かたぶく末に, 日かつてわれを, 日かなどといって, 日かなりの努力, 日かなりを心ゆくまで, 日かねて約定, 日かねえこのお, 日かねての約束どおり, 日かぶたばこへ, 日かまで一度も, 日からか土地を, 日からこそ本当に私, 日からすは田の上, 日からとなって, 日からといふもの此空想は, 日からね十月十日迄, 日からも經た, 日からりと晴れ, 日からを詩生活と, 日かりゅうどが山へ, 日かれこれ午前七時頃でございましょう, 日かれはかれ自身が, 日かわずは池, 日かんの休, 日がからかふやう, 日がくかうに, 日がたそがれる, 日がほどに相貌変り, 日がまはるたび, 日がまんをし, 日がも一度ぬ, 日がやッて, 日がら等にかかわる, 日がをはるとして, 日きつと寄つ, 日きのう一日そのマサカズ, 日きのふのごとし, 日きのふ別府の港, 日きのふ新宮より七里, 日きまって参るので, 日きめた時間に, 日きゅうにお, 日きょうごく高次公がおく, 日きょう信玄が会う, 日きらきらとした, 日きり私は智恵子, 日ぎめで駄賃をやっ, 日ぎりでしかも廿九日, 日折角あなた, 日くさき当別, 日くさくさして, 日くたびれてこんなに間, 日くっついて行っ, 日くもる日もしくは, 日くよくよ探し廻って, 日くらいじゃないという, 日くらいと踏んだ作事, 日くらいになって, 日くらいにしかなりません, 日くらいをこの暴風圏内, 日くらしながむれば, 日くらしますからその, 日くらす修業も, 日くるるまで, 日くれぬれば花, 日くわをかついだ, 日ぐうぐう寐ている, 日ぐっと冷えたが, 日ぐらいかなともかく急, 日ぐらいからはじまるという, 日ぐらいからのことだ, 日ぐらいと見て, 日ぐらいに当るの, 日ぐらいにしかならないし, 日ぐらいまでしか持てなかった, 日ぐらいまでにすっかりまとめ, 日ぐらいまでにはきっと取れる, 日ぐらい迄にまだ五六十枚, 日ぐらし吉野そのほか二, 日ぐらし急須と茶碗, 日ぐらし早苗とるなり, 日ぐらし的不安やなげやり, 日ぐらし硯というわけ, 日ぐらし雨ふる, 日ぐらし音して, 日ぐらゐ過ぎてから, 日ぐらゐしか泊らないつもり, 日ぐらゐづつ水を飲ん, 日ぐらゐでそれつきり顏を見せない, 日ぐらゐといふものは眠れないので, 日ぐらゐにしか思へない, 日ぐらゐの明るさ, 日ぐらゐの予定で来, 日ぐらゐの値打がある, 日ぐらゐの豫定で來, 日ぐらゐの離別には顔, 日ぐらゐ前おそくて, 日ぐれだから金, 日ぐれですから部屋, 日けたたましく犬の, 日にや惜し, 日な雪, 日こいで海, 日こうさんした, 日ここ霊山を発足, 日こしかけにこし, 日こしらえて上げる, 日こそかへつて自分の, 日こちらわが身でわが身, 日こつち小便も, 日ことごとくこれを, 日ことさら気分が, 日ことばをかの, 日こなた五月の, 日このごろ熱低くなりたれ, 日この世から拭き消される, 日こまごました小さな, 日こもっている, 日こもれど我が咽, 日こよひもはやくいね, 日これ以外を語らなかった, 日ころ仙台に着く, 日こんど皇子が秀仁親王, 日こんなにたまりました, 日ごく狭い山, 日ごしにあごひげ, 日ごたごたくらして, 日ごった返していた, 日ごつたが, 日ごとか月ごとにその, 日ごとここへも顔, 日ごとこれを仰ぐ, 日ごとそこにやつ, 日ごとそちと共に大坂城, 日ごとわが家に来り, 日ごと一人きりで歎, 日ごと一時間ごとに変っ, 日ごと二階なるわが, 日ごと五条大橋の上, 日ごと参内する主人, 日ごと問罪所の白洲, 日ごと問題の図書館, 日ごと型どおりな繁忙, 日ごと夜ごとこれを助, 日ごと夜ごと地獄の責苦, 日ごと夜ごと暴れ狂って, 日ごと山を捜す, 日ごと山坂の御旅, 日ごと日ねもす, 日ごと毎日わびしげに, 日ごと毎日煽情的な思い付き, 日ごと浜べを歩む, 日ごと炭燒く人, 日ごと琵琶のお, 日ごと病床で考え, 日ごと眼前に目撃, 日ごと苦しみ身は不仁, 日ごと言痛しくれなゐの, 日ごと酒よし女よしの, 日ごと頻繁を加えた, 日ごと高倉を見舞っ, 日ごはん食べずに, 日ごろお母さんから九月三日, 日ごろそちらに立つ, 日ごろまっ黒になっ, 日ごろ一区切りつきますから, 日ごろ上京するそう, 日ごろ久しぶりで会いたい, 日ごろ佐々の一家, 日ごろ傷が或は, 日ごろ光井の方, 日ごろ咲枝が赤子チャン, 日ごろ大雪になった, 日ごろ家へかえる, 日ごろ寿江子が上ります, 日ごろ恢復退院したが, 日ごろ愛誦して, 日ごろ支払いの分, 日ごろ本になる, 日ごろ熱射病となり, 日ごろ熱川で感じました, 日ごろ発送したそう, 日ごろ稲ちゃんに偶然, 日ごろ立春でしょう, 日ごろ自分が尋ね, 日ごろ退院と思っ, 日ごろ野辺の若, 日ごろ開場するそう, 日ごろ電話したの, 日ご駐輦の, 日さいごの, 日さえがその後の, 日さがさせただけで, 日さがしてみよう, 日さがしたけれども更に, 日さがし歩いたけれど電話, 日ささえ得れば六波羅, 日さしかかって自転車, 日さし來も, 日させられるしごとにも, 日さぞあつい湯, 日さち子一週間鶴さん無慮一ヵ月以上, 日さっき郵便局でハガキ, 日さつきの運転手, 日さて相手は, 日さながらの妻, 日さびしすぎる誕生日, 日さびしい家の, 日さびしくもなし, 日さほど風は, 日さぼろうと思った, 日さまあなたは世の中, 日さまざま按じて, 日さまざま言ひ聞かせぬ, 日さまはずうっと, 日さまよいあるい, 日さまよう内に僅か, 日さまわたしたちをお, 日さま畑に, 日さりて消息, 日さん西に沈みかけ, 日ざかりちよろちよろとかげの散歩, 日ざかりひなたで犬, 日ざかりわれとわが, 日ざかり人ごみの, 日ざかり今は, 日ざかり学校の風車, 日ざかり萱の穂, 日ざかり過ぎの静か, 日ざかり黄ろい蝶, 日ざしあたれる片枝, 日ざしあびつつ, 日ざしありやと, 日ざしかたむいて, 日ざしがかぐはしい, 日ざしたのめて冬, 日ざしだつた, 日ざしですね, 日ざしなるかも, 日ざしのせゐで網, 日ざし冷め來る, 日ざし冷め来るさざら波, 日ざれ書したる片わき, 日ざわざわ騒いで, 日しきりに門人たちと, 日しぐれがわび, 日したたか酒に酔いまし, 日したならば, 日したら釣れはじまる見込みは, 日しづかな一夜, 日しとしとと降り暮らして, 日しないと帰つて, 日しなきゃ見えないって話, 日しぶしぶ雨が, 日しゃんしゃ, 日しゃっくりのまじる, 日しょげている, 日しるくなりにける, 日しろと云われた, 日し見まくよけむ, 日ゆう寝, 日じう彼は, 日じう驚くほど沢山, 日じじと声, 日じつとしてゐ, 日じゃけ気を, 日じゃに七日目に, 日じゃァねえか今日で, 日じゅうおばさまの手提袋, 日じゅうしき石の上, 日じゅうそばについてい, 日じゅうびっこのまねをして町じゅうを歩きまわった, 日じゅうほうぼうの物かげ, 日じゅうめいめいに校長, 日じゅうわたしは堪らない, 日じゅうアジアの地図, 日じゅうアパートの部屋, 日じゅうオープンの自動車, 日じゅうクラムと同じ, 日じゅうサイレンも爆音, 日じゅうトラックをよじのぼり, 日じゅうバルナバスの家, 日じゅうラジオかやすチク音キ, 日じゅうルカー・アレクサンドルィチのお, 日じゅう一人は歩きまわっ, 日じゅう一月じゅう食物を与えない, 日じゅう一片のパン, 日じゅう中堂の行宮, 日じゅう主人の帰り, 日じゅう二人で空気銃, 日じゅう二匹の兎, 日じゅう京都もひどく, 日じゅう何かしらやって, 日じゅう何処かに身, 日じゅう元気がなく, 日じゅう内職の手袋編み, 日じゅう冬の日, 日じゅう前歯がズキズキ, 日じゅう口をきかない, 日じゅう台所に坐っ, 日じゅう咽喉が渇い, 日じゅう図面を引い, 日じゅう壁に向っ, 日じゅう夜は夜じゅう心, 日じゅう大阪じゅうを探し歩きました, 日じゅう婦人室からお, 日じゅう客間にい, 日じゅう家にい, 日じゅう宿に引, 日じゅう小屋へこもっ, 日じゅう小平太はどこ, 日じゅう小止みなく降っ, 日じゅう少女たちをさけ, 日じゅう彼等と行動, 日じゅう御堂の戸, 日じゅう怒りっぽくなる, 日じゅう恋愛のこと, 日じゅう戦いの終った, 日じゅう戸外で暮した, 日じゅう手足を動かし, 日じゅう散歩ばかりし, 日じゅう新らしいもの, 日じゅう日の光, 日じゅう日蔭で寒気, 日じゅう晩まで姿, 日じゅう暖炉の隅, 日じゅう機を織っ, 日じゅう機械的に見守る, 日じゅう母のそば, 日じゅう気がかりで電車, 日じゅう氷水ばかり飲ん, 日じゅう汽車に乗り遅れ, 日じゅう潮につかっ, 日じゅう潮水に浸っ, 日じゅう濡れ歩いて, 日じゅう病院に詰め, 日じゅう祈りの心持ち, 日じゅう祈祷をし, 日じゅう窓外を打, 日じゅう細かになかなかよく, 日じゅう腰を下ろし, 日じゅう腹が痛い, 日じゅう蒲団をかぶっ, 日じゅう藍甕のまわり, 日じゅう蠅をつかまえ, 日じゅう行水もしない, 日じゅう裁判所で暮し, 日じゅう諸方の訪問, 日じゅう貨車は動かない, 日じゅう踵を鳴らし, 日じゅう陽の当る, 日じゅう青年たちと蹴球, 日じゅう頭や胃, 日じゅう骨牌をし, 日じゅう鳴りづめだ, 日じゆん一君は, 日すえ子の家, 日すきとおった空に, 日すぎたところで, 日すぎたらきいてあげ, 日すぎたら帰ってみえる, 日すぎ一月すぎても, 日すぎ三日すぎた, 日すぎ十日すぎても, 日すぎ手紙をかき, 日すぎ本になるでしょう, 日すぎ熱射病のため, 日すぎ重吉が検挙, 日すぎ防空演習が終ります, 日すこしモジモジして, 日すごし得るところヤリキレズ, 日すごすことは, 日すし屋の幕, 日すずのへちゃげた皿, 日すつぽかし, 日すてが寝, 日すべて記念日たらしめなければ, 日すみぬわれ水下に, 日すらがあの山越え, 日すらも恨めしい所, 日すりゃ好いの, 日すると宗悦は, 日すわった席に, 日すんだという型, 日すゝむと西湖の北, 日ずつが経って, 日ずつでよんだ本, 日ずつとおっしゃったわね, 日ずつに配された三六, 日ずばりと泰軒, 日ば開聞, 日せいろん島コロンボ市マカラム街の, 日せっぱ詰った苦しまぎれ, 日せつかくの月, 日せねば帰らぬ, 日せめて殿様が, 日せわしく心を, 日せんたくをいつ, 日せん子は直子, 日そうして経ち午頃, 日そこらの木, 日そこら中うろついて, 日そつと覗い, 日そのうち五十円の, 日その後で御, 日その間クリストフはシドニー, 日その間四面広闊として山岳, 日そばにおら, 日それぞれ思い思いの, 日それで小塚検事の, 日それ以上の仕事, 日そわそわして, 日そ照しける, 日ぞと云って, 日ぞや讀んだゴルキイ, 日たえまなく汗が, 日たくさん酒を飲ん, 日たすかりますが小説, 日たたいて麦一升, 日たたなくては帰りません, 日ただあてもなう, 日ただちにその場, 日ただ一日を青天, 日たちませんが主人, 日たちまち京から, 日たちキミ子は帰らなかつた, 日たち一週間たったが, 日たち一週間たちしかし断食, 日たち三十日たつと, 日たち三日たちして, 日たち三日たつ間に道庵, 日たち二十日たつうち, 日たち二十日たちもうかれこれ一月あまり, 日たち二日たち三日たっても, 日たち五日すぎても, 日たち五日たちあの娘, 日たち五日たち十日たちキミ子は帰らなかつた, 日たち候へばす, 日たち十五日たっても, 日たち十日たちキミ子は帰らなかつた, 日たち十日位は夢, 日たち四日経つうち, 日たち四日たち十日位は夢, 日たち四日たち風が一度, 日たち風が一度, 日たっぷり筋肉で働き, 日たつたらかならず, 日たつたら分ることです, 日たつ間に道庵, 日たてし誓に, 日たぬきはとうとう, 日たのしくすごした, 日たのむと来た, 日たまつてゐた返事, 日たよりにつけ, 日たらしめようでは, 日たらいにお湯, 日たらしめなければならぬ, 日たらずであるけれどもその間, 日たんぼで働いた, 日だけかもしれんと, 日だけてまえの, 日だけとあるいはその, 日だけということで, 日だけといふのも, 日だけはとかもう一日, 日だけはなどといいながら, 日だけやない記者, 日だけより長く抑えつけ, 日ださうだ何だか神妙, 日だちょうの森, 日だったりした, 日だっせとのこと, 日だったならば南, 日だつてえのにスラリ, 日だてに段々, 日だにも逢はむ, 日だまって火, 日だわかったか, 日だんなをめ, 日だんまりでいなく, 日だ逢って元気, 日ちかくたったこんに, 日ちっとも娘の, 日ちつとも勉強, 日ちょいと忙しかっ, 日ちょうはいつか, 日ちょっとまた面白い事, 日ちょんさんはお, 日ちよつと学校, 日ちらと読んだ, 日ぢかくにもなる, 日ぢゃ来月二十六日はみなの衆, 日ぢゅう陽のあたらない, 日っきり今までお, 日っきり仙二はそ, 日ったらことさらひどい, 日ついつい追い詰められて, 日ついて行ってくる, 日ついやしていい, 日つかえますがアメリカ, 日つかってもらっ, 日つかれて床, 日つかれたあとで, 日つきあひたい気持, 日つききっている, 日つくねんと坐って, 日つけ忘れたまま直, 日つけたら色白く, 日つけられている, 日つけ切りと云う, 日つけ廻した淺五郎が, 日つつしんでいた, 日つづいたらあーあ退屈, 日つづきぬ文玉へと, 日つて早く來, 日つて言ふんでせう, 日つとにおきて, 日つね子さんがいつも, 日つばめはカンナ, 日つひに過ぎ, 日つひほだされて逗留, 日つぶさせてはやり切れぬ, 日つぶさに省作に, 日つぶしよみつぶしかきつぶしたり, 日つぶれてしまつたの, 日つまらないがつまらなく, 日つまり三日前だった, 日つや子はソックス, 日つれづれのまま, 日つんぼの工場主, 日づつあつて四年目に二十九日, 日づつあるが他の月, 日づつはよひ日もあり, 日づつ何遍生き延びて, 日づつ帳消しにどう, 日づつ日を暮らした, 日づつ暖い日かげ, 日づつ都合十日間二萬五千圓で賣り込まう, 日づゝの徹夜, 日づゝ竿を担ぎ, 日てえ上田じゃ, 日てりかがやき人妻の, 日てる星てるふたりの, 日であったらしいことだけは, 日でありたい質な, 日でありますかういふ設定日でも, 日であるかういふ日には, 日であるならば, 日であるべきことは, 日である待つ身の, 日でかれは笞打, 日でがしょう, 日できた湯島へ, 日でございまして私たち, 日でございまするからこんじつ, 日でござるか, 日でござんしたがお, 日でしょうですものね, 日ですつてどんな, 日ですつかり輕快し, 日でたとこまかせ, 日でできあがるのだ, 日でと宿屋の, 日でとかそんな風, 日でなかってよかっ, 日でなかったのが, 日でなきゃ出ないらしい何う, 日でなくなりそうな, 日でなけりゃいけないの, 日でなければ映画館へ, 日でねえすると向う, 日でめざす極地の, 日でもがじつに容易, 日でもさうして, 日でもって人生の, 日でもはいて, 日でもをつて好え, 日でやっつけようとした, 日でりだで川, 日でりで大そう, 日でりもすぐにこたへた, 日でり堪ふべしや我, 日でるように, 日で御座いましたのにそれ, 日で御座いますお月樣, 日で打ち濕つた, 日で散つてしまひ, 日で書き了へ, 日で無いと知り, 日で片づけようとする, 日で終るのだ, 日で終わりになる, 日で越えて三日葬儀, 日で陥ちてしまった, 日といはるる, 日というくらい毎日の, 日といったような, 日とうとうたいへんな事件, 日とかいう群衆念仏の, 日とかが返答の, 日とかだけにのみ贈り物を, 日とかには一日に, 日とかはちょうど今日, 日とかまで掘って, 日ときには七日も, 日とくと考へ, 日とく子は帰郷, 日ところが天狗も, 日とさえ呼んで, 日としか持てない日本, 日としてだけ思えないところ, 日としての伝統を, 日としてのみ己の, 日としてはいづこの, 日としてをかう, 日とじこもって帳面, 日とってきょう速達, 日とどいた荷物が, 日とどまって世話, 日とには一般に, 日とにもかくにも, 日とのみ日附の, 日とはもつめえよ, 日とはよかつた, 日とばかりで聞く耳, 日とへの御返事, 日とまで進んで, 日ともなり会いたい人, 日ともよは籠, 日とよの主人を, 日とりの日, 日とりつけのパン屋, 日とをば殊に致斎, 日とんでもないこと, 日つちにな, 日どうしてこうポカつく, 日どうせ机に, 日どうやら梅田へ, 日どこそこの店, 日どころじゃない, 日どちらから云, 日どっと寒さ, 日どのように, 日どりで発布する, 日どりですから, 日どりで行くと一日十数里, 日どんよりとした, 日なかにも蒼白い幽靈, 日なかひつそりと靜まり, 日なか一日置いて, 日なか夢をみる, 日なか波折光ると, 日なか狐につままれた, 日なか風ありて, 日ながくなりぬ, 日ながの慰みにせられ, 日ながの手すさびに, 日ながらへば一日の, 日なくしさえしなけれ, 日なければ九月, 日なせしことを, 日なぞというはんぱな日から, 日なぞにも本所辺の, 日なだれとなる, 日なつかしい彼女の, 日なびきかたよりいとま, 日なほ浅く作, 日なほ大湊にとまれり, 日なほ守のたち, 日なほ山崎に, 日なほ川のほとり, 日なほ淺く作, 日なまあたたかい天気が, 日なまけたけふからしつかりはたらかう, 日なみ月なみ数へ, 日ならし五千噸ある, 日ならずうらぎりをなさる, 日ならずさきつ頃, 日ならず届いた小包が, 日なら信じますがな, 日なら別れられると思はず, 日なら好かつたし五日, 日なら指さし得るほどな, 日なりが地方によって, 日なりけるがゆ, 日なりしはロオザ, 日なり打ち通すあいだ来, 日なり語れる日まで, 日なるやと問う, 日なんかに肩上げの, 日なんかには若しやと, 日なんじをうたず, 日なんぞも寂しいもん, 日なんだかぼんやりし, 日なんだか少しジレ, 日なんぼになっ, 日にあたりながらそのイモ, 日にあたるとかッて, 日においてさえ彼は, 日にかけては寅彦先生の, 日にかといって, 日にかの女は, 日にかも毛の, 日にぎやかな会, 日にしも笑みぬ, 日にすら強い反対派, 日にたいして信心深く, 日にだけしか彼を, 日についての英信の, 日につれて地に, 日にというときに, 日にとって魅力多き, 日にとっては少し不謹慎, 日にともまやの, 日にど偉い金, 日になんかしたかと, 日ににはとりさん, 日にねという私の, 日にのつそり奴, 日にははだかで, 日にはべーリング海峡の, 日にはわづか御, 日にまで敵には, 日にゃどもならんがい, 日によりまして昨日は, 日にわたるを例と, 日に対して人の, 日に当たって乾くか, 日に当たる九月二十二日が, 日に際し余は, 日ぬくいので佃煮, 日ぬけますから, 日ぬれた青葉の, 日ねこむのも, 日ねばってい, 日ねむらないと云う, 日ねられぬま, 日のうすらさみしさ, 日のうのうして, 日のけふの吉日, 日のさういふ席で, 日のせつなる懺悔をも, 日のせゐか家, 日のたうち廻り今朝快晴苦痛全く, 日のちボルドーを出発, 日のち四ツ橋電気科学館の星, 日のち海蔵さんは椿, 日のち開拓使ご用船, 日のっぽの三公, 日のどか, 日のの句は, 日のばした方が, 日のばしたいと思, 日のばしたらお花見, 日のばすわけには, 日のびのび手足を, 日のぶなが, 日のべすべき興行だ, 日のべつそんな処, 日のべと決定, 日のほどを安く送りし, 日のまず食わずでたずねた, 日のまないで吸入, 日のよけくを, 日のらくらとして過す, 日のりまわしましている, 日のりものの中, 日のろのろして, 日のんびり三人で暮しませう, 日はうららにもうらら, 日はからくれな, 日はかり前から, 日はくのです, 日はくり合わせますけ, 日はげしくなりまさる嫉妬, 日はしなくも卑劣な, 日はしゃぎぬいた疲労の, 日はじめてく, 日はずうっと, 日はたらいたんだ, 日はてまえにとって, 日はなあおらの, 日はなどしさうも, 日はのかして, 日はへぬれども, 日はへにけるかまうで, 日はめをはずし, 日はめつたにない, 日はよかつた, 日はるかに今日, 日はる子はぽっつり, 日ボンヤリと, 日ばかしの間我慢し, 日ばかりじゃないか, 日ばかりじゃと申されるか, 日ばかりには限らなかったけれど, 日ばかりもとお云い, 日ばか来とる, 日ばけものの, 日ぱい料北室院に上げる, 日ぱっと照る, 日ひいさまたちは, 日ひきつづいてこの, 日ひじょうなシケにあっ, 日ひじょうに幸福であった, 日ひでりの, 日ひとつ駒の背, 日ひとまとめにし, 日ひと日いや親しくも, 日ひと日年をとる, 日ひと日風やまず, 日ひと晩の辛抱, 日ひと晩じゅう彼を苦しめた, 日ひと晩騷ぎ疲れて, 日ひどく暑うございましたろう, 日ひなたでくしやみ, 日ひもじそうな, 日ひもじい思いを, 日ひょいとニコルを, 日ひょっくり気が, 日ひょんなこって, 日ひよつくり思ひ立つて岡崎, 日ひるすぐるほどに奈良, 日びしょびしょ降りつづいても, 日びっくらしたのは立派な結納, 日びのいとなみにおわれているまずしい漁師ですらも, 日ふうんそうか, 日ふえて行く, 日ふさいでいた, 日ふさぎ込んでました, 日ふだん好きな酒, 日ふっとそう思い出したら矢, 日ふとそう言って, 日ふと猶太廓の, 日ふらっと例によって, 日ふらりふらりと歩い, 日ふりしのち此比まで, 日ふる雨のかずはかず, 日ふろ場でご, 日ふわふわと海, 日ふんぱつして, 日ぶっ通しの, 日ぶっ続けにとても, 日ぶつ通しで, 日ぶみ矢ぶみ, 日ぶらさがって実に, 日ぶらつと勘次, 日ぶり外へだされた, 日ぶり外出そして四日ぶり, 日ぶり外出買物いろ, 日ぶり敬君ありがたう, 日ぶり来庵お土産, 日ぷんぷんおこって, 日へだてて聖サクラメントがけ, 日へでも往て, 日へにけり, 日へんてこだ, 日ったら市, 日べつだん何も, 日ほそぼそと降りつづいた, 日ほっとしたと, 日ほっぽり出して置いた, 日ほづき歩いては帰り, 日ほどかかつた, 日ほどずつ泊った, 日ほどというものは, 日ほどにしかならないが, 日ほどにも当りますまい, 日ほどにわたって黒煙山を, 日ほどわずろうて, 日ほのぼのとした, 日ほんとネ, 日ほんとうに讃岐, 日ぼうずです, 日ぼくたちはここ, 日ぼくらはとうとう, 日ぼく浜本浩永井龍男三角寛それに南島研究家, 日ぼっちつい鼻, 日ぼりぼりと微か, 日ぼんやり屈託して, 日ぽかんとして, 日ぽつぽつ書き出して, 日まえですよ, 日まえ書いた次の, 日まかせにござる, 日まぜ二三日に, 日まだ極く若い頃, 日まちにちょっと, 日まちがえてしまっ, 日まつすぐに, 日までしか田の, 日までで結構だ, 日までなぞという甘美な, 日までなどと短かく, 日までなんてのが, 日までにと云うん, 日までもかの女は, 日まどい苦しんだ, 日まねくふればたらの木, 日まぶしむならむ, 日ままよと切りだし, 日まもなく退出した, 日まるっきり口を, 日まるまるとした, 日まわり日に回らず, 日まわり白粉のたぐい, 日まわり陽を浴び, 日ゆるしを, 日みいちゃんが頭, 日みごとに晴れ渡った, 日みぞれ降る日, 日みだれて, 日みっちりと練習, 日みっともなくまごついて, 日みつ子さんがお座敷, 日みないうちに, 日みな凶日となる, 日みな吉と思っ, 日みれば, 日むかしの歌, 日むしむしと暑い, 日むっつりと黙り込ん, 日むつかしき言の, 日むつつり考へこん, 日めあたりから, 日めいめいこしに, 日めぐらゐ迄は此, 日めぐる十年に, 日めごろから出, 日めさきの返答, 日めざめし天の, 日めっきり涼気が, 日めづらしい短冊, 日め三日めには心, 日め五日めの貧, 日め十七日ですね, 日め四日め頃から氣, 日め漢軍は平, 日め行軍は箱根, 日め頃から氣, 日め黄金仮面が片桐さん, 日もうすぐ暑中休暇にも, 日もこそ青め, 日もごんは栗, 日もさうして, 日もす夜もす, 日もそとへ泊らし, 日もだしています, 日もちますかね, 日もっともらしい顔, 日もというのは, 日もとか全く変, 日もとまって来る, 日もとッくりと考えられる, 日もと言はれたらごめん, 日もの間彼等の誰, 日もの間毎日十二時間の断食, 日もはらくだしを, 日もも少しくらいは, 日もらってきた, 日ゃこの三年来欠かさず観音様, 日やうやく近づけば, 日やがてもう八月といふ, 日やけどめをし, 日やけ酒やけし, 日やすんでしまひました, 日やせるような, 日やってきて, 日やってる中に, 日やっとすこし落ち着いて, 日やっぱりおばさんの, 日やつぱりまだ船が出, 日やぶのところ, 日やむなく集まって, 日ややともすると眼に, 日やられてまゆげ, 日やり出すと少し, 日やり通してゐる, 日やればやめられない, 日やわらかい風が, 日やんごとなき方々の, 日ゆうみね弓太郎いく, 日ゆうべの雨, 日ゆきとも, 日ゆきちがいでした, 日ゆき子は加野, 日ゆゑ早速御, 日ゆゑいよいよ, 日ゆゑ昼食は白飯, 日ようにまでいっ, 日よう取り稼いで, 日よおどれと, 日よくもまあやったもの, 日よけとすだれ, 日よけも作り猫, 日よけやデラポールトの, 日よし河鹿の, 日よっぽど当惑した, 日よというまでの, 日よほどの心労, 日よもすがら雨や, 日よりか小生には, 日よりけふまでに, 日よりで風も, 日よりと予告を, 日よりにてその恋し, 日よりわづらひ, 日よろず案内で, 日よわき夕ぐれの, 日らい寝食もわすれ, 日らい衣笠のお, 日らしかったが印度貿易商, 日らしくなったわ今夜, 日らしく働いている, 日らしく着更えた, 日らっぱのこと, 日りっぱな紳士, 日りつぱな式があ, 日りよは留吉, 日れいの穴, 日れいのとほり, 日ろくに寝てないん, 日が行く, 日わかったか, 日わかれていた, 日わか姉さんは新吉, 日わが子の, 日わが家のカド, 日わが身が裏切られる, 日わけもなくいそがし, 日わけても市民たちを, 日わすれている, 日わずらったかと思う, 日わたづみ, 日わたくし父魚屋清左衛門大阪玉造のお, 日わりはこんな, 日わりに元気に, 日われサンジェルマンの四ツ角, 日われ切絵図はふところ, 日われ芝辺に所用, 日ゐたいと君, 日ゐなさるのか, 日をかぞへる事, 日をかへないで, 日をけふこ, 日をすら迎えた, 日をだに經れ, 日をのん氣に, 日をはかなげに, 日をもっては参るわけ, 日いつもより, 日アイヌの旧家, 日アインシュタイン教授夫妻は東京駅, 日アウステルリッツの会戦, 日アカイア全軍, 日アグーシャにいった, 日アゼ豆の植え込み, 日アタリカラ豫感ガアルノダガ今日ハ朝起キルトキカラ手ノ痺レ加減モ脚, 日アッタスンは博士, 日アドがその, 日アドリナ・パティはアンコール, 日アドルムを買っ, 日アドレイドを出帆, 日アパリで用事, 日アムブロアジヌお婆, 日アメリカ公使デ, 日アラミス行定り楽しみ, 日アリーは長く, 日アルカージイが気絶, 日アレキサンドラと名, 日アレツツオに生れき, 日アンジアンの別荘, 日アンジエロは忽ち, 日アンダイエで死んだ, 日アンナ女王が狩猟中落馬, 日アーレンス商会のその, 日イいかなん, 日イエスはペテロ, 日イサマになぞらえた, 日イタリアの貧民蠅, 日イタリー人エロニモ師や嘗て, 日イバンスはこつねん, 日イリリヤが本, 日インゼ・ロング・ランなら長い, 日インドの道人, 日インドネシアの女, 日イーハトーヴの人たち, 日イ一ぺん会うたなり孰方, 日イ便の葉書, 日イ姿見えしません, 日イ暮れ掛って, 日ウィッテンベルクに至り, 日ウィンザーに滞在, 日ウェストミンスタアの僧院長, 日ウェリントンがブラッセル, 日ウクライナの野, 日ウシの時, 日ウズウズして, 日ウチの池, 日ウチニ一ツ実行シテ見ルカナ, 日ウチニ機会ヲ窺ッテ何トカ巧ク持チカケテ, 日ウメ子は朝, 日ウラジーミル太公の葬儀, 日ウロウロしたそう, 日エセックスがその, 日エディンバラ版全集の第, 日エデインバラの市街, 日エドモンド・ゴスが訪ね, 日エミイはいつも, 日エリスがどんな, 日エルバ島より再び, 日エレアーナ女王の登極, 日オウク・ヒル町墓地において女中マアサ・ガッツ, 日オサル川の岸, 日オジャンになっ, 日オダルを発し, 日オヤオヤ今日は大雨, 日オランダ以外と通商, 日オランダ国境を突破, 日オランダ船をつれ, 日オリヴィエへ新しい, 日オルガンチノといふバテレン, 日オンム・アルメ街にやってきた, 日オーステルリッツ橋の方, 日オーストリアのザルツブルク, 日オーレンカは昼, 日オーロラはクリストフ, 日オ暇ヲ戴イテ奈良見物ヲサセテクレト云ッテイタノデアル, 日オ母ッチャガ君チャンニマイバン目ヲサマシタラ, 日カイホーローでして, 日カエサルアドリアティコ海を渡り, 日カク手ガ氾濫シテ来テ何ヲ書イテモ, 日カズラに髯ボーボー, 日カッと晴れた, 日カトリ丸から上陸, 日カラザースさんは私, 日カラズット今モソノ状態ガツヅイテイル, 日カルカッタ滞在動物園に遊ぶ, 日カルマン婆さんが見た, 日カンディア島に接し, 日カーネギーはその, 日ガスケル兄弟は商用, 日ガスコアン大尉は司令官, 日ガポンに率いられた, 日ガルガンチュアと法師ジャン, 日ガロフォリがぼく, 日ガ土用ノ入, 日ガ大安デ, 日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 日ガ数日続イタトシテモ平気, 日ガ東ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 日キスと森, 日キチゲの, 日キッコが学校, 日キング家で年上, 日キーシュは頭, 日ギャトーに着いた, 日ギンが湖水, 日クサンチスがいつも, 日クマを監禁, 日クラシックは或, 日クリシーの先, 日クリスチアニアのノールウェー女權同盟, 日クリスチアニア座で開演, 日クリストフ自身腰掛から転げ落ちた, 日クルウ大尉の同窓生, 日クレオパトラメリヤスのシャツ, 日クレルヴァルを待ち合わせた, 日クロンスタットの大衆, 日クワの葉, 日クーネルスドルフの堅固, 日グズグズ言うしな, 日グッドバイが, 日グッタリとして殆, 日グライ軽井沢ヘ参リマス, 日グラチアみずからその遺憾, 日グラッドロンは起っ, 日グランブルヴァルからシャンゼリゼー一帯, 日グラーフ・シュペー号にて, 日グルネ・ビョルゲ氏の結婚十周年記念夜会, 日グルーシェンカがその, 日グレーヴの広場, 日ケイコニ行ク道ニテ病犬ニ出合ッテキン玉ヲ喰ワレタガ, 日ケダモノのよう, 日ケリルが樫, 日ゲエテ街の安宿, 日ゲッソリ参って, 日ゲルダはなにげなく, 日コクランがやつ, 日コッセリア古城を守備, 日コツウジッツに於, 日コマンドルスキイ沖の合衆国巡洋艦, 日コマンドルスキー群島付近において難破, 日コリン附近でダウン, 日コレラの予防注射, 日コロジモは自分, 日コンクリートの廊下, 日コングレゲーショナル宗の僧, 日コンセルヴァトワールでアベネック, 日コン吉とタヌ, 日コーペンヘーゲンでである, 日ゴタゴタと丁度, 日ゴチャゴチャ湯ブネで, 日ゴットフリートがやってきた, 日ゴルドンドノバンのふたり, 日サア・ジョンが謁見, 日サイラスは何, 日サイレンが鳴る, 日ササナミに集合, 日サボナに到着, 日サマノ光, 日サムナー博士は午前, 日サラ・ベルナアルが水浴, 日サンザからかわれ, 日サント・マルグリット街の角, 日サンドは女中, 日サンムトリ市の発電所, 日サン・クルウで私, 日サークル活動についての提案者, 日サービスは例, 日ザウエルの音楽書, 日ザクセン軍をケッセルスドルフ, 日ザセーキン家の客間, 日シケ続けたって, 日シドニーに寄港, 日シナの衡山, 日シナ革命軍が共和政, 日シャアは買物, 日シャロット姫がいつも, 日シャンダーラム夫人が母の, 日シャン・ゼリゼー川岸通りの大, 日シヤツを取り, 日シュリーフェンはオランダ, 日シュワイドニッツを攻略, 日シューベルトはショオベル, 日シリパ岬の沖, 日シングは彼女, 日ジイドの, 日ジェー・ジェー・タムソンの司会, 日ジジの變裝, 日ジッと様子, 日ジムナーズで女優レジャーン, 日ジャッキイの子守唄, 日ジャネットの家, 日ジャン・ヴァルジャンは深く, 日ジャヴェルは一つ, 日ジュネーブで伊藤述史公使, 日ジョウは家, 日ジルノルマン氏は戸棚, 日スイスの勝, 日スタンレーはリヴィングストーン, 日スッポカシを喰わせる, 日ストをやった, 日ストリップショオの見物, 日スフの股引なんど, 日スミスは殺人犯人, 日スミ子ちゃんのおとうさん, 日スラムプに陷つて, 日ズォルンドルフ附近に於, 日セエヌ河の秋雨, 日セットの中, 日セルゲイにこんな, 日セントポール駅に宿し, 日ゼフィリーン夫人の處, 日ゼムリヤ号の火災, 日ソノ生霊ヲハナサナケレバナラヌ故金五両ホドカカルト云ッタカラ, 日ソレモ一二分間デ済ム, 日ソロモン秘事をア, 日ソヴィエト・ロシア大使ユレニエフ氏は六月二十六日広田外相, 日ソヴェトの勤労者達, 日ソヴェート・ロシア大使ユレニエフ氏は一九三五年六月二十六日広田外相, 日ソーンヴィエンヌガロンヌなぞの河畔, 日ソ両国極東兵備の差, 日ソ停戦協定成る安心, 日ソ労働者大衆の結合, 日ソ問題其の他, 日ソ国交が正常化, 日ソ国交上重大な結果, 日ソ国境に関心, 日ソ文化連絡協会日本移動映画連盟日本新聞協会日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 日ソ組合せによる空中漂流, 日ソ親善を目的, 日ソ通商復活のため彼, 日ゾール附近に於, 日タコマと名, 日タッテマタ新二郎ガ来テ, 日タツノは安川, 日タバコをすっ, 日タバコ屋の方, 日タラント軍港を襲撃, 日タロコ亭の中華料理, 日タンガニイカ湖畔のウヂヂ, 日タンクの中, 日ダアバンを出帆, 日ダアバン港を出た, 日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 日ダイヤ十八個紅宝石十二個六月二十八日ダイヤ二十三個白金二十二オンスなぞと解体, 日ダケ佐々木ニモ暇ヲ与, 日ダケ確カニ佐々木サンヲオ預リシマス, 日ダシコフ大尉はイワノウィッチ, 日ダネックをとらえ, 日ダブリンを出帆, 日ダンスを教, 日ダントン狼理性の勝利, 日チェホフよアルツイバァセフ, 日チエホフよアルツイバアセフ, 日チチコフは警察部長, 日チャチな寄席, 日チャンフーの店, 日チューリンゲンのアイゼナッハ, 日ッ本国中の女性, 日ツエッペリン飛行船の初, 日テクる以外, 日テニスをし, 日テル子といふおばさん, 日デアッタ婆サンガ始メテ病室ヲ覗イテ云ッタ, 日デジネフピーアールウェールスか, 日デニー博士はついに, 日デニー博士以下の技師たち, 日デパートの休み, 日デブチャンの義侠, 日デモオレニ叩カレヌトイウコトハ無カッタ, 日デュー夫人は夫, 日トインビー・ホールでクライスト, 日トビアスはエザウ, 日トラングボムから加野久次郎, 日トリビューン紙は二度目, 日トルケーの, 日トロイア落ちつらむ, 日トロミエスは他, 日トンパチ屋で会, 日ドアを破っ, 日ドイエップ行の急行, 日ドイツ皇帝カール六世が死去, 日ドゥイノでリルケ, 日ドクタアと私, 日ドクタア・ビゲロウと私, 日ドクトル邸の二階, 日ドノバンはつりざお, 日ドリアンの第, 日ドリスが失踪, 日ドレスデンは陥落, 日ドレスデン西北方二十キロのマイセン, 日ドーブレクは飄然姿, 日ドームで千鶴子, 日ナアヴァスだ, 日ナターシャは午前, 日ナチスのラーヴェンスブリュック強制収容所, 日ニイスから彼, 日ニケンシガ来テ, 日ニコライ太公が戦線, 日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 日ニュウファウンドランド島の小さな, 日ニューメキシコでの実験, 日ニューヨーク市の東区, 日ニューヨーク港内に入り, 日ニ一度クライヴィタミン五〇ミリヲ注射, 日ニ一度ハ顔ヲ見, 日ニ三四回服用スレバ必ズ痛ミダケハ取レル, 日ニ三回三日以上ハ続ケナイデ下サイ, 日ニ三回服用オ蔭デ痛, 日ニ三度ズツ水行ヲシテ食ヲスクナクシテ祈ッタガ, 日ニ上陸荷物もあげ, 日ニ九時間カ十時間ハ寝ル, 日ニ予ノ拒絶ニ会ッテカラ, 日ニ其業ニ従ヘリ而シテ其書タル精ヲ極, 日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, 日ニ帰京シテ七日ノ日曜カラ, 日ニ従テ新陳代謝シ四方ヨリ風ヲ臨ンデ集リ来レルモノ, 日ニ数千百字ヲ駢列スルモ, 日ニ月ニ開明ニ進ム故今日, 日ニ死スルモノ二三人百二名ヲ以テ上陸シタル一行ハ三ヶ月ニシテ五十名ヲ余スノミ, 日ニ母ガ我ガ家ノ門前, 日ニ瘠セテ以テ独リ吾レヲ肥サントス, 日ニ相達拝見仕候, 日ニ進ムノ勢ヲ抑, 日ニ長崎より下, 日ニ関西方面ヘ出, 日ニ隨ツテ遠ク, 日ネズミのカゴ, 日ネネムとマミミ, 日ネルロは波打つ, 日ネーカーの渡船場, 日ネープルを出立, 日ノイケルン地区へ行った, 日ノウチニ死ンダカラソノ時ハオレハ真崎イナリヘ出稽古ヲシテヤリニ行ッテイタカラウチノ小, 日ノコノコ千両受取り, 日ノビルという電報, 日ノルマンディーに赴き, 日ノンサッチの宮殿, 日ノンビリして, 日ノーベル賞を受け, 日ノールウェーのスキーン, 日内ニ余帛アリ, 日ハイド・パアクとグリイン公園, 日ハイロは三根夫少年, 日ハズと相当深刻, 日ハドンナニ爽快デアロウ予モ四五年前マデハソノ爽快味ヲ満喫シテイタノニト思ウト, 日ハネ後の事, 日ハノイより旅客機, 日ハハキトクの偽, 日ハバーベキュー昨日ハ病気デ静養中デアッタガ, 日ハムエッグスがつきもの, 日ハラハラして, 日ハルゼミは最早ほとんど, 日ハルピンで様子, 日ハンブルクの富裕, 日ハンブルグに行き, 日ハンベリイ街のアニイ・チャプマン, 日ハ乙丑ノ九月ナリ校正者識, 日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會ノ出現ナラザルベカラズ, 日ハ則チ日英兩國ガ海上ニ見ユルノ日ナリ, 日ハ大安デアル, 日ハ天下大変にて生, 日ハ節句とてもめん, 日ハ紫隊ノ一羣ハ階下ニ留マルト云フガ如シ, 日バイロンとシェリー, 日バケツはツェねずみ, 日バケツ一杯の水, 日バタリア僧院の神父ヴェレリオ, 日バック台を引いた, 日バラックで腹掛, 日バルブレンのおっ, 日パウロを召し, 日パッタリと来なくなった, 日パトラッシュはいつも, 日パラティーノの町, 日パリイに滞在, 日パリーの大, 日パリ市中にある, 日パリ祭の日, 日パレスタインで強風, 日パン買ひに, 日パーティーのお, 日パーリオンナイは部下, 日パーリー・ゾンに引留められ, 日ヒサが露月, 日ヒョッコリ訊ねて, 日ヒョロ子はシクシク, 日ビクトリア公園および博物館, 日ビクビクもので, 日ビシヨ濡れになつて, 日ビベロは家康, 日ビリンスキー村の大人, 日ピアツェンツァ附近に於, 日ピアノを叩い, 日ピトエフと楽屋, 日ピンピンはねてばっか, 日ファルマウスを出帆, 日ファンティーヌはおしゃべり, 日フアビアニ公子とフランチエスカ夫人, 日フィデリオ上演についてのレヴィー・クール, 日フィリッピンより船出, 日フウねずみが先生, 日フウバア大統領の前, 日フェロン師がオッペルト, 日フクソウ寺へやっ, 日フト恭が小女, 日フランクフルテル・ツァイトゥングにフリッツ・シュトリヒ, 日フランシスは此等, 日フランチエスカ夫人は姫, 日フランネルを着る, 日フリツチイは某君, 日フリント市共同墓地でのエヴアリン・ダンカン嬢暴行絞殺事件, 日フロイドのトーテム, 日フロムゴリド教授の回診, 日フーイエット親父のところ, 日フーベルスブルグの講和成立, 日ブエノスアイレス発ユーピー特電が突如, 日ブスブス怒つて, 日ブタ箱にたたきこまれ, 日ブラシュヴェルがゲラン・ボアソー街, 日ブラジル首府リオデジャネイロに着, 日ブラッセルで客死, 日ブラツセルの市街, 日ブリキの大きな, 日ブルジョア地主の官憲, 日ブロンクス区探偵局の主任プライス, 日ブーニンの言葉, 日ブーラールの書庫, 日で三十円, 日プラットフォウムに投げ出し, 日プラーグを攻略, 日プラーグ東方地区で墺軍, 日プラースラロケットでこの, 日プレエシアで再演, 日プロは欠勤, 日プロシア国国会においてビスマルク公, 日ロ, 日ヘルンは大, 日ヘーイ少佐がたずね, 日ベコニヤの花一枝, 日ベニヤ板製の補助タンク, 日ベルギー官憲はマルクス, 日ベルナルドオは我前, 日ベンさんはひどい, 日ベーリング島で臨終, 日ペエエル・ラセエズの大, 日ペタルをふん, 日ペタン首相が演説, 日ペトゥルーシャが夜, 日ペルリが日本, 日ペンを擱, 日ペーチャの両親, 日ホダへゆきました, 日ホトトギスの催能, 日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 日ホノルルでまた, 日ホノルル寄港十八日午前十時横濱に歸りつ, 日ホンモウナオはマヘボ付近, 日ホーヘンフリードベルクの会戦, 日ホームスさんのところ, 日ホームズは終日眉根, 日ボウトを漕いだ, 日ボヘミヤの首都プラアグ, 日ボルチウンクラの會堂, 日ボルトメン利権を強引, 日ボルトリは墺軍, 日ボルトリ方面より転進, 日ボンベイ港を発し, 日ボンベイ発のボンベイ丸, 日ボンヤリして, 日ボートルレ少年の勝利, 日ポツダム宣言を受諾, 日ポーランドの首府ワルシャワ郊外, 日ポーランド人の若い, 日マアク・トヱン氏が甲板, 日マウント・モウリス町共同墓地に於ける, 日マゲ本でヴァライエティ台本, 日マゴマゴする, 日マサチューセッツ州ボストン市に生まれた, 日マストに上っ, 日マタイ六章の十六節, 日マタンのところ, 日マタ・アリは長距離電話, 日マタ病ヲ扶ケラレテ, 日マダガスカル島の正南三百五十マイル, 日マッちゃんのからっぽ, 日マッカーサアの東京進駐, 日マックアーサー元帥麾下のアメリカ軍, 日マッシバン博士からボートルレ少年, 日マテ之ヲ延期ス, 日マテ其施行ヲ延期ス, 日マデニ石ノ大, 日マデノ間五条橋畔マデ御返答高札下サルベク候, 日マデ諸手ヨリ搦メ捕ツテ進上サレ候分, 日マナサロワール湖は近い, 日マニラに着き, 日マノンの歌, 日ママと訣れてた, 日マリは元気, 日マリアは我が, 日マリマリ嬢がデパート, 日マルセイユに着き, 日マルセーユ出帆の太洋丸, 日マルセーユ着という多, 日マルチニック島プレー山の噴火, 日マレイの畑, 日マワリノ花石坂君キミハ鶴見祐輔ヲ笑エナイ, 日ミケランゼロが友人, 日ミスして, 日ミネをよん, 日ミュンヘン府の騒動, 日ミリミリと殺気, 日ミロにおける住宅, 日ミンナが不都合, 日ムウニッヒの市, 日メグはじぶんの部屋, 日メノイチオスを, 日メーデーです, 日メールスブルク附近に買いもとめた, 日メール主筆巖本天聲, 日メール社から義雄, 日モスクワじゅうの数万人, 日モヂリを着た, 日モッコかつぎ, 日モヤー九時に立っ, 日モリイシャとカアル, 日モルウィッツ附近に於, 日モロー彗星に衝突, 日モンテノットも敵, 日モーティは朝, 日モ一年も二年モ, 日モ二日モ一年も二年モ, 日モ夜モ祭ヲナシテ, 日モ日数ガカヽルノデスカト云ウトイヤタッタ一日, 日モ足ラザル所アレバ況ヤ自ラ機軸, 日ヤケ酒をのん, 日ヤシマホテルで都商会, 日ヤスが酔っ払っ, 日ヤソ教信者に面会, 日ユゴオの注意, 日ユックリ邪魔されずに, 日ユニヴェルシテ街で一人, 日ユルバックの処刑, 日ユーラスはいつも, 日ヨウ日にはもう, 日ヨウ日毎に貴男, 日ヨリ急ナリ今, 日ヨリ三ヶ月間若クハソレ以上ニ渉ル事アルベシ, 日ヨリ今日ニ至ル迄一日, 日ヨリ十九日マデ諸手ヨリ搦メ捕ツテ進上サレ候分, 日ヨワン・シローテは牢輿, 日ヨーロッパの風, 日ライオンがある, 日ライネル・マリア・リルケはロダン夫妻, 日ライプチヒに至り, 日ラインハルト夫人は力, 日ラウリ・ホルピというテナー, 日ラッサにつぐ, 日ラプンツェルはうっかり, 日ラマルク将軍の葬式, 日ラム・ダスは申しました, 日ランカシャア州ブラックプウル町コッカア街クロスレイ夫人方の浴槽, 日リスボンであつ, 日リュー・サンモール七六番地に住ん, 日リンダのランゲナウ, 日リヴィングストーン一行に加, 日リヴジー先生に宛てた, 日リーグニッツ西南方地区に陣地, 日リーズ町に遊び, 日リーブの所, 日ルイは始め, 日ルウヴルに和蘭派, 日ルソー歩して, 日ルノアール市場の一軒, 日ルパンは果, 日ルピック夫人は乗合, 日ルンペン風の男, 日レオベンの休戦条約, 日レシデンツ座で演ぜられた, 日レーとのあいだ, 日レーネットの仇, 日ロオペ博士女王の侍医頭, 日ロゼリイス姫逝去しこの, 日ロテイはロシユフオオル, 日ロバートに逢えた, 日ローアン氏を見る, 日ローズの部屋, 日ローリイが馬, 日ワラタ号は倫敦, 日ワルシャワで殺された, 日ヴァルミーの戦い, 日ヴァルモンの療養所, 日ヴェストファーレン州ミュンステルのヒュルスホフ城, 日ヴェネーツィア人の船廠, 日ヴュルテンブルグ枢密議官ドイツ国会代議士フォン・ビューレルは全, 日ヶ窪右堀田原とある, 日・日忌み様, 日一〇七四メートルには登りました, 日一しょに散歩, 日一たび米粥を食い, 日一つトラックにいた, 日一ばいに乗り込む, 日一ぱいはたらいてつかれたからだを踊ったり, 日一ぱいもえつづきところによっては三日, 日一ぱい人に知られず, 日一ぱい勉強に時間, 日一ぱい家の中, 日一ぱい寝床の中, 日一ぱい心身を傾倒, 日一ぱい火燵にしがみつい, 日一ノ沢を登り, 日一ノ谷の合戦, 日一パイ歩き続けて, 日一パイ店に居, 日一メートルくらい火口附近, 日一ルーブリのレーヴェリ, 日一ルーブルの稼ぎ, 日一七九二年八月十日ヴァルミーの戦い, 日一万句を江戸, 日一両の手間賃, 日一人一合当たりしか食べ, 日一人三合の割当, 日一人二十五匁ずつの野菜, 日一人二十円くらいのもの, 日一人二十円平均位の製造高, 日一人内米六勺外米一合の割当, 日一人函館を去, 日一人十五匁と言った, 日一人四十銭ずつで, 日一人当り一封度四分ノ三という約束, 日一仙人がのぞい, 日一件落着して, 日一会桑暴に朝廷, 日一体に大きく, 日一信をかきおくる, 日一個の小さな, 日一先づ薩摩へ行つて, 日一兩になる, 日一兩さ外に無事, 日一八六七年十月十七日となっ, 日一八日二八日に出る, 日一円三十銭いくらでもひま, 日一円二十銭増額となり, 日一円五十銭程度であるから, 日一円以下の賃銀, 日一力次郎君鈴木紀一郎君小池堅治君高畠直定君村上辰雄君白石辰男君宮崎泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 日一包ずつ十包, 日一升とは食う, 日一升五合くらいの飯, 日一升徳利を花瓶がわり, 日一双か二双位, 日一句でたくさん, 日一合のお, 日一合一度に三合以上, 日一合七勺それが十日, 日一名の敵, 日一員に加わった, 日一善を実行, 日一善主義のよう, 日一囘又は二囘宛, 日一回きり往復しない, 日一回それも夜更け, 日一回ホテルまで持っ, 日一回一銭しか受取らないきめ, 日一回三枚半で一月, 日一回時間の長短, 日一士官を使嗾, 日一夜待ちかまへてゐた, 日一夜考へ通した, 日一夜考え通して, 日一大会合に臨席, 日一天俄に掻き曇っ, 日一奇遇あり, 日一字を覚, 日一家を携え, 日一家三人墨堤の桜, 日一家四人と別れ, 日一家総出で見ました, 日一寸法師はおとうさん, 日一山に生えた, 日一島湧出す其翌年七月朔日水中, 日一幕の割合, 日一年中他人に監視, 日一年十二ヶ月の中, 日一度づつは覗い, 日一度七日に一度, 日一座に連なった, 日一弗しか出ない, 日一心に思い詰め, 日一斗などという記録, 日一新聞紙上にクロイドン陸軍飛行場, 日一日あたしを助け, 日一日あとへゆく, 日一日あなたは留守, 日一日いらいらして, 日一日おのれの顔, 日一日おれの描い, 日一日ここの危地, 日一日じゅう内職の手袋編み, 日一日じゅう前歯がズキズキ, 日一日じゅう小平太はどこ, 日一日それが烈しく, 日一日ぢゆう若い, 日一日オジャンになっ, 日一日カク手ガ氾濫シテ来テ何ヲ書イテモ, 日一日サイラスは何, 日一日バルブレンのおっ, 日一日マゴマゴする, 日一日ヤケ酒をのん, 日一日ヨリ急ナリ今, 日一日一夜待ちかまへてゐた, 日一日中帯封を書い, 日一日中床につい, 日一日中明日子がぼく, 日一日中私は気持, 日一日中鉄路のほとり, 日一日中頭痛がする, 日一日二人は居, 日一日人ツ子一人来ないと, 日一日人ツ子一人來ないと, 日一日位焦燥を感じた, 日一日何がなく, 日一日何かしら用に追, 日一日修業のほか, 日一日僕たちは一こと, 日一日充血したよう, 日一日八度から九度, 日一日兵馬は茫然, 日一日其苗の長ずる, 日一日分の玉子, 日一日別世界へ参入, 日一日刻一刻ずつ果され, 日一日厭やな, 日一日名跡廻りに費やし, 日一日和泉屋の主人, 日一日咲二はどうにか, 日一日土藏の二階, 日一日天子は膳, 日一日嫌やな, 日一日室の中, 日一日寛斎は椎, 日一日封建的文化は崩壊, 日一日幾島暁太郎はなに, 日一日庄太郎は絶え, 日一日店から動かない, 日一日影うすく落ちぶれ, 日一日御前の聲, 日一日心持ちがわるかっ, 日一日心配しつづけたこと, 日一日思いを果す, 日一日捜査の範囲, 日一日支配した, 日一日数は重なる, 日一日日はすぎた, 日一日明白になっ, 日一日春らしく温く, 日一日時一時背丈の延びる, 日一日朝と夜, 日一日欠勤しようかと, 日一日歩一歩私は死, 日一日歩行廻るほとぼり, 日一日毎に秋, 日一日気忙はしく, 日一日氣むづかしくなつて行くの, 日一日江戸を去らなかった, 日一日海上を釣りまわっ, 日一日滞在の日, 日一日王滝の宿, 日一日生命の力, 日一日留守にし, 日一日痛え痛, 日一日矢代はその, 日一日祖母は菊太, 日一日禁錮室に監禁, 日一日私達の好い, 日一日素肌をあらわし, 日一日罪を贖っ, 日一日調べ物の仕事, 日一日調和して, 日一日責任が重く, 日一日退屈でたまらない, 日一日道場全体が神聖, 日一日隔いて, 日一日静養出来るもの, 日一日顔を合わせなかった, 日一日食つて生きて, 日一日馬車をひい, 日一日駄目になつ, 日一昨日でご, 日一時を非常, 日一時出発の由, 日一時間お立ちなされ候, 日一晩どこを迷う, 日一晩オーヴンの中, 日一晩休みもなし, 日一晩嫂と暮した, 日一晩私が泣き, 日一晩軽井沢に逗留, 日一月一日何かある, 日一月二十一日には労働者たち, 日一本勝負でひどい, 日一朱という定め, 日一杯位に書き上げ, 日一杯古人を友, 日一杯寝床に就い, 日一杯山中を追い廻した, 日一杯殆んど, 日一杯眼をこす, 日一杯私が探し, 日一杯行はれると, 日一杯防空演習です, 日一歩もキャビン, 日一水会の展覧会, 日一洵老に連れられ, 日一滴の水, 日一瓢をたずさえ, 日一生懸命に仕事, 日一番登りやすい, 日一番長の右衛門, 日一疋の子供, 日一直からか, 日一章でも, 日一箇の虫眼鏡, 日一箱二十本入のシガレット, 日一羽の鷹, 日一般公開といふことに, 日一色右馬介が遠い, 日一行福井に入, 日一訓というよう, 日一路のこと, 日一通り皆を調べた, 日一週日のあと, 日一郎はあの, 日一部隊は早く, 日一里以上も泳ぐ, 日一金の甘言, 日一錠と言つて, 日一門残らず三百余人, 日一陣の狂風, 日一隅を守る, 日一隊の豹卒, 日一隻の黒船, 日一面に生い茂った, 日一頭の羊, 日一題は頗る, 日一題禿筆を呵し, 日一食同然の節食, 日一齊に始めた, 日丁丑晴左大将家御直衣始, 日丁亥天晴安念法師, 日丁亥将軍家海辺の月, 日丁亥晴晩頭将軍家桜花を覧ん, 日丁亥越後国三味庄の領家雑掌, 日丁何日とし, 日丁卯兵衛尉清綱昨日京都より下, 日丁卯晴寅刻大地震, 日丁卯晴陰将軍家大将に任, 日丁巳和田左衛門尉義盛上総の国司所望, 日丁度六年前ヤスナヤポリヤナに居た, 日丁未天霽弾正大弼仲章朝臣, 日丁酉去る四日, 日丁酉晴和卿を御所, 日丁髷を剃落し, 日七ツ時に伯州米子, 日七ヶ所の調伏, 日七・五・三の祝い日, 日七五三の宮詣で, 日七代目市川団蔵死す七十六歳, 日七八人のお, 日七八十足しかできない, 日七八合仕事に出た, 日七八回の驟雨, 日七八日過ぐる, 日七八歳の女の子, 日七八里も歩く, 日七十五万人の勤労者, 日七十五歳で没する, 日七十五銭であったしかし, 日七十余歳にし, 日七夜めについに, 日七夜刀を拔, 日七夜刑事交代苛酷なる責折檻, 日七夜楽遊然与, 日七夜百番の舞, 日七夜目とうとう娘, 日七夜祈り責めければ, 日七夜祈念して, 日七夜縁の下, 日七宝寺へ立ち帰る, 日七尾の海, 日七年間病床にあった, 日七日二夜三夜観音様の前, 日七日八日十五日除目三月三日四月の祭り, 日七日十日と日, 日七日得も寝られず, 日七日無駄飯でも食ったら, 日七日間議会停会の詔勅, 日七時より放牧塲, 日七時間以下の勤務, 日七時間労働制が実施, 日七晩きゅうめいさせ置候もの, 日七晩めに町, 日七晩洞の中, 日七枚以上書けたこと, 日七箇少ない時, 日七色の虹猫, 日七草ノ一ナリ, 日七郎の家, 日七面鳥さんから手紙, 日七頭の牛, 日万世橋駅にお, 日万感を抱い, 日万治が狩り, 日万葉集に読みふけっ, 日の路, 日三たびの食物, 日三たび播州を過, 日三の酉だってこと, 日三グラム以上とあり, 日三シリング四ペンスを得る, 日三ペンスである, 日三・一五として歴史的, 日三・一五記念日を期し, 日三丁目の森田座, 日三七どのおく, 日三七日にあたりぬ, 日三七日四七日と祈りつづけ, 日三井君が私, 日三井寺からうごかなかった, 日三人寄り集まって, 日三代将軍徳川家光は近臣十二名, 日三代將軍徳川家光は近臣十二名, 日三代目中村仲蔵死す七十八歳, 日三代目中村富十郎死す四十三歳, 日三代目中村翫雀大阪に死す, 日三代目坂東玉三郎米国にて客死, 日三代目桜田治助死す七十六歳, 日三代目沢村田之助死す三十四歳, 日三代目河原崎国太郎死す三十八歳, 日三代目河竹新七死す六十歳, 日三代目瀬川如皐死す七十六歳, 日三代目片岡市蔵死す五十六歳, 日三代目関三十郎死す六十六歳, 日三伏の炎熱, 日三億五千万オンスの銀持高, 日三十セントで借りた, 日三十ドルになった, 日三十一歳で死ん, 日三十七歳にて落飾, 日三十七銭にしかならぬ, 日三十五日四十九日の後, 日三十人扶持被下置, 日三十信と書きました, 日三十分ほどおくれる, 日三十句は多, 日三十哥であった, 日三十枚位書けない位, 日三十枚平均全部を十日あまり, 日三十疋のあま, 日三十足宛入りやすが, 日三十里梶棒握って, 日三千五百カロリーの熱量, 日三千円でどう, 日三厘位で済みます, 日三原をさして, 日三台は曳, 日三合それも白米, 日三名のあいだ, 日三囘も舞臺, 日三囘服用すると, 日三四円分位の労働, 日三四十人近くも詰めかけ, 日三四度用事があります, 日三四時間のところ, 日三回ふらんすの, 日三回分服といった風, 日三回興業に山姥, 日三回薬をさした, 日三夜がかりで一万枚, 日三夜さも上下, 日三夜その間尚厳重, 日三夜大雨は底, 日三夜東京横浜を焼いた, 日三夜栗田の窯, 日三夜随れ行き殺して, 日三好清海入道が病気見舞い, 日三尺くらいの速力, 日三峡の密雲, 日三峰山の中, 日三州の太守, 日三年以上の生徒, 日三度目の奇説, 日三方ヶ原の戦, 日三日きり出ずとも, 日三日ゆゑいよいよ, 日三日位までは毎日, 日三日八五郎はどんな, 日三日前周防様と二人, 日三日商売もやめ, 日三日四日五日乃至七日間, 日三日山陰に小さな, 日三日市九郎の努力, 日三日朝來もよほす, 日三日無事な日, 日三日目と次第に, 日三日逗留して, 日三時五十四分に豊橋, 日三時頃かしら雨, 日三晩くらゐぶつつづけに, 日三晩たたらという大きな, 日三晩もの彷徨いを, 日三晩カンテラとツルハシ, 日三晩伊予守忠弘は八幡前, 日三晩叫び続けて, 日三晩婆さんはカッ, 日三晩彼はその, 日三晩彼女との床中, 日三晩息もつかず, 日三晩悲鳴を上げ, 日三晩手を拱い, 日三晩村中呼んでの, 日三晩波の上, 日三晩浦島太郎が龍宮, 日三晩真実そのものの慶賀, 日三晩私はどの, 日三晩經つても何ん, 日三晩続けざまに調べられ, 日三晩續くの, 日三晩首まで海, 日三晩首相加藤友三郎が泊つて, 日三月一年二年ただその, 日三月十四日四月八日および十日, 日三木竹二死す四十二歳, 日三条新潟を四日, 日三枚だけ統制官, 日三枝未亡人が師匠宅, 日三沢家を代表, 日三河の矢矧, 日三河国に着いた, 日三河屋に集まった, 日三浦祠官は朝, 日三田君に向っ, 日三界お目出度い, 日三界あたり散らすので, 日三界人々の侮蔑, 日三留野お継ぎ所, 日三百も出る, 日三百トン位の鉄屑, 日三百万円の火災保険, 日三百円に達した, 日三百里を疾駆, 日三竿に及び, 日三角の宿題, 日三越本店式場で結婚式, 日三遍閻浮提を行ず, 日三野王らを信濃, 日三間町の菊太郎, 日三階から威勢, 日三頁を影, 日三食後のビタミン, 日上々吉の天気, 日上がり框から座敷, 日上京中深川に於, 日上使板倉内膳正が到着, 日上尾の街道, 日上州松井田の宿, 日上杉斉憲子茂憲を遣し, 日上条の晩飯, 日上梓した拙劣至極, 日上様清八を召され, 日上汐の時刻, 日上洛取り紛れ半ば, 日上海沖でアメリカ商船, 日上田を発す, 日上田署名す, 日上町のお, 日上総へまゐり昨夜帰宅, 日上總屋の土藏, 日上野介から申し出た, 日上野公園の茶屋, 日上野多胡の全, 日上野山下の伊勢屋幸右衞門, 日上野駅から栃木県, 日上野駅到着は犯人見物, 日上関に薩, 日上陸より此所, 日上高地温泉へ七時間, 日下がり切りに下がった, 日下りにもなっ, 日下女が火, 日下宮三郎右衛門殿療治仕候に付, 日下島先生の夫人, 日下手の思案, 日下手人の見, 日下田に達し, 日下男の寅藏, 日下町の大, 日下痢つて癒つたが俺ら, 日下痢模様が続きます, 日下級生のうち, 日下野から国元, 日下野国足利郡吾妻村字下羽田なる庭田清四郎, 日下野黒羽城主大関高増に手紙, 日下関に集合, 日下院の議場, 日不快に付, 日不快そうな顔, 日不愉快におくる, 日不眠や食慾減退, 日不眠不休の包囲網, 日不知哉丸も使者, 日不通でしたから, 日与えられた詩文の, 日与力笹野新三郎に立ち会っ, 日与助は村, 日与里は勤め, 日丑寅神社の境内, 日に暮れん, 日世子は二の丸, 日世界の教会, 日世話人は二人, 日世間では年末, 日世間並の尼女房達, 日丘助手は午前中大学, 日丙何日丁何日とし, 日丙午天霽申剋将軍家前大膳大夫広元朝臣, 日丙午晴将軍家御不例, 日丙午関東の諸, 日丙午霽今日御所に於, 日丙子丑刻大倉辺焼亡す数十宇災, 日丙子将軍家山内辺を歴, 日丙寅未剋地震, 日丙寅和田平太胤長の屋地, 日丙寅広元朝臣今月一日大江姓に遷, 日丙戌天霽千葉介成胤法師一人を生, 日丙戌霽子剋, 日丙申御持仏堂, 日丙申京都の大番, 日丙申霽諸国炎旱を愁, 日丙辰去る八日, 日丞相李斯の途中行列, 日両国向うの得客先, 日両国橋畔の大, 日両手に厚紙, 日両日門弟中からの発起, 日両氏ヲ問, 日並びに一年間の, 日並べてかく, 日並木のまばら, 日中あくせくまるで日向, 日中あまりに暑い, 日中あまり人通りがなかっ, 日中あれをやり, 日中いっぱい手の施し, 日中うちにいらっしゃる, 日中おれのところ, 日中かすかに意識, 日中ぐうたらな生活, 日中これどころじゃありません, 日中ごろごろして, 日中そうだったよう, 日中ただすわって, 日中ちやんと机, 日中ぢりぢ, 日中とめどもなく, 日中にぎやかにし, 日中の間に必ず, 日中はだしで砂, 日中ひまのない, 日中ぼくを君, 日中ぼんやりしては, 日中みな案じて, 日中ゆゑ遊べよと, 日中オリンピツクのこと, 日中ゴルフで暮し, 日中シェパードを訓練, 日中チイチイと鳴い, 日中トミを連れ, 日中ニニハ御出関, 日中ニ札幌ヘ出張スルカモ知レナイト云ウ, 日中ヒイヒイ泣いて, 日中ピイチクピイチク鳴いて, 日中ベッドの上, 日中ボウツとしてゐる, 日中ムウドンの庭, 日中モスコーの町中, 日中ラジオが鳴りつづけ, 日中ランチか入港船, 日中一ばん暑いとき, 日中一人夜は三人, 日中一定の時間, 日中一日走り通したこと, 日中一晩中魔神の手, 日中一番の豪華版, 日中一緒に居よう, 日中一言も口, 日中七十七八度夜間七十四五度なりしが, 日中丈は畑, 日中三分の二しかない, 日中三時さがりやや, 日中三郎さんを離されなくなっ, 日中下駄の出し入れ, 日中不眠が介抱, 日中丞が来, 日中両国を返, 日中之島公園で秋山さん, 日中之条まで戻つ, 日中二人共むっつりと, 日中二十度を超える, 日中京都で暮した, 日中人々がこれ等, 日中人中で式, 日中今更のよう, 日中休憩室で本, 日中何んという事, 日中何処か古京, 日中児童が老人, 日中公園に坐りこん, 日中其中庵で働ら, 日中写経ばかりし, 日中出たり入, 日中出席して, 日中勃起します, 日中勉強のふり, 日中勝手な事, 日中千日前新世界界隈, 日中午にし, 日中吹雪の中, 日中呆んやり, 日中周囲の林, 日中和田兵庫殿にお, 日中喧騒を極めて, 日中嘉吉は襯衣箱, 日中国交回復の国民大会, 日中国交回復正常化のため, 日中坐り通して, 日中執務して, 日中変化と云つて, 日中外には何ん, 日中夜なの, 日中大変よ, 日中大阪をぶらぶら, 日中天花未酔, 日中太鼓の音, 日中央からの党員, 日中央公職適否審査委員会は文筆家, 日中奥歯を噛みしめ, 日中女の綺麗, 日中好きな物, 日中学校を駆け廻っ, 日中宮はいろいろ, 日中家にじっと, 日中寒暑計, 日中寝巻姿でゾロリ, 日中寝床の中, 日中寢床の中, 日中対座した, 日中尾行をつけ, 日中居間でしんと, 日中山を走り, 日中山車を煽ぎ, 日中山道伏見驛より川, 日中島の中, 日中崇拝するという, 日中嵐のつづい, 日中嶋三郎助と云う, 日中川勘右衛門の変死, 日中帯封を書い, 日中床につい, 日中店先にい, 日中座つてゐるん, 日中引摺ってねえ, 日中御殿ではその, 日中恒同なもの, 日中憂鬱だった, 日中戦争以後英国が日本, 日中所々の家, 日中托鉢に歩い, 日中折竹を説い, 日中指揮者となつて, 日中揃つて鍬をふりあげ, 日中提灯を点け, 日中数羽ずつ群れ, 日中文化の交流, 日中料理をこしらえ, 日中斯んな風, 日中旅に出たい, 日中旅館の私室, 日中日暮螢は光る, 日中日照時間が三時間, 日中早足に歩いた, 日中明日子がぼく, 日中昏睡状態なん, 日中昼間は手紙, 日中時分に絶頂, 日中晴天が続きましょう, 日中書斎に座っ, 日中月の出る, 日中本を読ん, 日中村善四郎死す六十六歳, 日中村寿三郎死す六十三歳, 日中村座へ往, 日中村藤沢の両君, 日中来書の約, 日中杯を離しません, 日中橋南地の猿, 日中機嫌が悪く, 日中歓呼したもの, 日中正午前後はちょっと, 日中此の日, 日中死生の間, 日中殆ど毎日のよう, 日中殘暑猶甚, 日中母の眼, 日中母親であるもの, 日中毎日毎日毎日毎日静かにヂッ, 日中毛糸を織っ, 日中気違いみたいに働い, 日中氷のとけない, 日中洞穴の中, 日中流行歌をうたっ, 日中浅間の煙, 日中海で暮した, 日中渡辺橋のところ, 日中源氏を読ん, 日中火薬の臭い, 日中火鉢なきも, 日中炬燵にあたって, 日中烏の出, 日中熱に浮かされた, 日中燕尾服を脱いだ, 日中狐につままれ, 日中甘藷畑の側, 日中用事に逐, 日中畑へ出, 日中留守居をし, 日中畠でとんぼ, 日中番をし, 日中病人の介抱, 日中百三十度ぐらいだ, 日中真暗で気温, 日中真鍮の望遠鏡, 日中礼ばかり云っ, 日中神にこたえる, 日中秀吉の身辺, 日中立って働い, 日中竿をふつ, 日中笑顔を見せつづけ, 日中粘液を, 日中絵をかい, 日中継のテスト短縮版, 日中縮図して, 日中繁華街の人道, 日中自動車の洪水, 日中自習をさせられ, 日中航行した, 日中芝居へ往く, 日中華料理店をで, 日中落付きませんでした雨, 日中落付きがない, 日中落着いて, 日中薄曇って, 日中蝶々夫人が日傘, 日中行つても晩方行つて, 日中裁縫をし, 日中裸になる, 日中裸足の足, 日中西瓜の日蔽, 日中西門から十五里, 日中見物に往く, 日中誰とも言葉, 日中諷経は修證義, 日中諷経念経夜座も日常, 日中諸家や諸, 日中賑やかな街, 日中赤ん坊の側, 日中車馬が往来, 日中農夫の糞桶, 日中遊びあるいて, 日中部ロシアのニージュニ・ノヴゴロド市, 日中酒の気, 日中野さんに会社, 日中野良犬のよう, 日中鉄路のほとり, 日中鏡の上, 日中閉ぢこもつて, 日中開場する芝居, 日中間に合せます, 日中関係打開の基本方針, 日中関東地区を飛びまわった, 日中陽差の落ち, 日中隊長は兵士ら, 日中雨だれの音, 日中電話を聴かされ, 日中面倒をみ, 日中頭痛がする, 日中風が強く, 日中風邪の気味, 日中食の弁当, 日中飯も食わず, 日中馳け廻ってるらしかった, 日中鳩舎のまわり, 日中麓の村, 日丸の内なる衛生会楼上, 日丸善の二階, 日丸山御屋敷拝借, 日丸山養策が往診, 日丸橋忠弥らの処刑, 日丸髷に結った, 日丹後宮津の町, 日主上が短冊, 日主人われにも新しき, 日主人公が食事, 日主人喜田川三郎の留守中, 日主人政職とも直談, 日主任は一人, 日主任検事は広島, 日主力をもっ, 日主四時主の八, 日主従喧嘩づらの, 日主水司内裏に奉れ, 日主犯として青森県東津軽郡小湊町御嶽教教師須藤正雄, 日主膳厠中より煩, 日主計と奥方, 日乃ち旅順開城後までほ, 日乃ち春分はキリスト, 日乃木少佐は小倉, 日乃過其下去之顧望, 日久しうして泥, 日久しき染物屋らしい, 日久五郎ら寮へ移る, 日久保博士の令妹, 日久助君は教室, 日久島をすぐ, 日久振りに勤め, 日久野は舵, 日之内に者, 日之後皇太子近習者を召し, 日之書之御返事也, 日乎必成の期, 日乗り合い馬車に揺られ, 日乗り合わせた丸の内の, 日乗替駅の, 日乗組員総出でこの, 日乗船マリベレス島で難船, 日乗船六日大連着そこで父, 日乗鞍頂上を経, 日乗馬して, 日乘中癸亥十月十七日の條, 日乘等で又弟子, 日乙丑晴京都の使者, 日乙亥十一月十日に東京, 日乙卯晴阿闍梨公暁鶴岳別当職に補, 日乙巳天霽義盛時兼以下の謀叛, 日乙巳晴将軍家鶴岳宮に御, 日乙巳晴筑後前司頼時, 日乙巳相模国相漠河の橋数ヶ間, 日乙未天霽相州武州大官令等参会し御所新造, 日乙未相模国大庭御厨の内, 日乙酉京極侍従三位二条中将雅経朝臣に付し, 日乙酉将軍家以下二所より御, 日乙酉晴六波羅の飛脚, 日乙酉白雪山に満ち, 日九代目団十郎相州茅ヶ崎に死す, 日九分九厘であります, 日九十三銭であった, 日九合目以上に約, 日九夜降り続きたりとて, 日九州の上空, 日九州大学附属病院に入院, 日九州帝国大学精神病科教室附属狂人解放治療場に於, 日九日みごとに晴れ渡った, 日九日両日門弟中からの発起, 日九日十六日のお, 日九日十日になった, 日九日経過して, 日九時の呼出し状, 日九時過ぎ出立行くこと二里, 日九月の二十六日, 日九月十九日の午前一時頃, 日九条の袈裟, 日九郎右衛門は烟草, 日九里島対岸においてたおれたる, 日乞食の子, 日也去年今夜長屋へ鵜川携具, 日乾してお, 日乾そうかしらそれとも, 日乾坤を提げ, 日乾燥せる空気, 日亀寿さまを背, 日亀屋の奥, 日亀山御着, 日亀島様おみえ, 日了仏壇に線香, 日了汗を拭き, 日了矢部巽明子青年二人次ぎ次ぎに現, 日予て見知り越しの, 日予てから不快であった, 日予之を予, 日予先生を三田, 日予告もなく, 日予定どおりに行われた, 日予審廷の調べ, 日予等は明子, 日予算案が第, 日予約申込ズミです, 日争議本部で開かれた, 日争闘のため, 日事件以後の政治的情勢, 日事件加代子さん殺しの場合, 日事件当夜のてんまつ, 日事務の処理, 日事務室にい, 日二たび日本媼の処, 日二つ井戸へ医学書, 日二ガロン半とかも手, 日二クロウネ半が手術, 日二グラムの蛋白質, 日二ヶのリンゴ, 日二万二千の兵力, 日二万有余の大軍, 日二三の御殿, 日二三人の客, 日二三四日と最高, 日二三度しか通らなくなった, 日二三日ぶりで私, 日二三日来の驟雨模様, 日二上山の賦一首, 日二五〇円であったから, 日二人きりの世界, 日二人暮しするの, 日二人連れの女, 日二代清三郎建之と刻, 日二代目中村雀右衛門大阪に死す, 日二代目坂東秀調死す五十四歳, 日二代目尾上多見, 日二代目尾上多賀之丞, 日二代目尾上菊次郎大阪に死す, 日二俵焼と見, 日二個のタイプライター, 日二八日に出る, 日二円七八十銭の割, 日二円五十銭だが, 日二勇者に兵器, 日二十や三十, 日二十スーだけかかった, 日二十ペンスでありそして, 日二十一二十二と三日学校, 日二十一円と記録, 日二十一日二十五日二十八日と三鷹事件, 日二十一日攻めあぐねた義貞, 日二十一時間の驚異的記録, 日二十一歳の年, 日二十一疋の白馬, 日二十七日八月七日十一日と四通, 日二十三年六月二十七日同二十九日, 日二十三日二十四日二十五日と四日間, 日二十九から三十, 日二十九日信長は安土, 日二十九日署名一~三は一記者, 日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 日二十五円ないし三十円, 日二十五日二十八日と三鷹事件, 日二十五日二十六日二十七日とお, 日二十五里が家業, 日二十五銭で足りる, 日二十余名の遊女, 日二十八人以上五十四人古今未だこの, 日二十八日晦日大晦日都の年の瀬, 日二十六日だけは骨休み, 日二十六日二十七日とお, 日二十六日二十八日づけの, 日二十四日のその, 日二十四日二十五日と四日間, 日二十四日二十五日二十六日二十七日とお, 日二十四時間夜も昼, 日二十日どこへ行った, 日二十日三十日には便所, 日二十日前後の暴風雨, 日二十日牢屋におっ, 日二十日病床に臥す, 日二十時間の後, 日二十枚なるも, 日二十歳になる, 日二十里も歩いた, 日二千七百人になっ, 日二千円の外地手当, 日二升五合で足り, 日二回開催された, 日二夜三夜観音様の前, 日二夜何処に消え失せ, 日二夜口も利かず, 日二夜食もなく, 日二島相並び又湧出, 日二度目の大, 日二斗内外の牛乳, 日二日はくり合わせますけ, 日二日ほかにい, 日二日スッポカシを喰わせる, 日二日一行は松篁はじめ数人, 日二日三日四日と日, 日二日三日市九郎の努力, 日二日三日目と次第に, 日二日大丈夫とすれ, 日二日大垣の町, 日二日当面のしのぎ, 日二日時雄はその, 日二日滞在して, 日二日煙草やめてでも, 日二日獨でゐた, 日二日田に立ち暮した, 日二日病気になっ, 日二日相手に遊ん, 日二日笹村はまた, 日二日米を食はず, 日二日續けて大風, 日二日行つてると, 日二日辛抱すりゃすぐ, 日二日間がある, 日二時であつ, 日二時十五分沓掛発の列車, 日二時間位しか眠らず, 日二晩ぐらゐ怒るの, 日二晩何も食べ, 日二晩奔り続けた, 日二晩娘の傍, 日二晩暖かな風, 日二晩殆んど, 日二晩疲勞の爲め, 日二晩碇泊して, 日二晩窓もあけず, 日二晩絶間なく感心, 日二晩酒に浸っ, 日二月某日の夜, 日二条の院, 日二条加茂川べりの水鳥亭, 日二条城に入っ, 日二百二十日を眼, 日二百五十法で借り, 日二百幾人かの漁師, 日二百枚に近い, 日二神をまつる, 日二箱のキング, 日二絃琴が一日, 日二葉亭が出勤, 日二通の書翰, 日二通り三通りの活動, 日二週間ほどの豫定, 日二週間目がそろそろ, 日二郎の家, 日二食主義を採るべく, 日于禁の本陣, 日云々のそれ, 日云いようも, 日云いつづけて来, 日云い争っていらした, 日云っておりました, 日五ガロンつまり一五〇ガロンです, 日五シリングを寄附, 日五万里を往く, 日五両はどう, 日五九年の記録, 日五人集れば, 日五人がかりで組立てた, 日五代目坂東彦三郎大阪に客死, 日五代目市川寿美蔵死す六十二歳, 日五代目市川門之助死す五十八歳, 日五代目菊五郎死す六十歳, 日五位が三条坊門, 日五六人の委員, 日五六十錢で餘, 日五六名のもの, 日五六日とかかっ, 日五六枚位の仕事, 日五六百人から千人近く, 日五六銭で食っ, 日五円づつ仕事のあと, 日五円六円という景気, 日五助の家, 日五十グラムですよ, 日五十一歳の多岐, 日五十一歳病気で歿, 日五十個以上は売らない, 日五十六歳を以, 日五十円月給取ってるやろかな, 日五十匁づゝやせて, 日五十四の時出家, 日五十文の日傭取り, 日五十日近くか, 日五十日餘で退院, 日五十貫ということ, 日五十里を快走, 日五十錢で狩り出された, 日五十間の平床, 日五千フラン限りとなっ, 日五千円程度で勝負, 日五合の飯, 日五回もいったん, 日五山館詩集に森先生, 日五左衛門に討ち取られた, 日五平の外出, 日五度も六度, 日五日これは例, 日五日めぐらゐ迄は此, 日五日一週間もたちました, 日五日六日あたりであったと, 日五日六日七日になっ, 日五日十五日の縁日, 日五日印之, 日五日日本の一行, 日五日私が小屋, 日五日稽古すると, 日五日間帰宅を許され, 日五明楼玉輔が人形町, 日五時半ごろに勤めさき, 日五時半起床六時ミサ八時半から教会, 日五時間目の地理, 日五時餘を以て太陽, 日五晩燃えつづけて, 日五月二十七日日本国民として忘, 日五月六日の初夏, 日五月六日六月十日同二十五日, 日五枚書くと, 日五百万円ぐらいずつ穴, 日五郎造親方は只一人, 日五里がせいぜい, 日五里以上を歩く, 日五銭が支給, 日井上竹次郎死す六十歳, 日井伊谷に滞在, 日井伏さんと檀君, 日亜麻の束, 日亡くなつた三杯龍之, 日亡くなりたりとのこと, 日亡父跡式無相違, 日交わしていた懸合い, 日交わって居る, 日交代表だけはノコノコ, 日交叉点よりの本屋, 日交洵社に行く, 日交渉決裂の見, 日交通が途絶え, 日交通費もあまり, 日享年六十三で歿, 日享年四十四葬巣鴨真性寺, 日京一さんが学校, 日京伏見山科大阪赤穂などに散在, 日京城發電は嚴妃, 日京師を立っ, 日京橋八丁堀まで例, 日京都ムーランの話, 日京都一条の辻, 日京都二条城に群臣, 日京都南座で氏, 日京都守備の任, 日京都守護の任, 日京都本能寺に在った, 日京都池田屋における変, 日京都義方会に於ける, 日亭主側の宗易, 日亭主番人喜助に毒酒, 日亮太郎がその, 日人ごみの中, 日人ツ子一人来ないと, 日人ツ子一人來ないと, 日人力車に乗っ, 日人参サンノ所ヘ人参サント, 日人夫を雇っ, 日人影を見なかった, 日人曰はめ新た, 日人物試験に出頭, 日人生に, 日人相書が出, 日人間らしくなつて遊び, 日人類の前景, 日人鶏に福, 日仁和寺法親王延暦寺座主明雲亦武士, 日仁科少佐は参諜本部, 日今や同志の, 日今出川通りではたと, 日今太郎君が貝, 日今宵の中, 日今川殿陣亡遊ばされ候時, 日今度は先, 日今日一日とその, 日今日五ツ半刻, 日今日小豆粥煮ず, 日今日成願寺に移る, 日今日明日に追手, 日今日武佐より言上, 日今日車ゐて, 日今更めて, 日今朝真もって, 日今浜の賑わい, 日今町を二日, 日今雄さんがお, 日仏交換展覧会の用事, 日仏仏教辞典法宝義林をいま, 日仏仏教辞書の編纂中, 日仏協会の人, 日仏協約が更に, 日仏国上院に於ける, 日仏国中部の古都ツウル, 日仏学生会館に入る, 日仏文化事業も仏教字典, 日仏条約が締結, 日仏様の供養, 日仏混血のルイ, 日仏秘密協商の成立, 日仏艦隊ホノルヽ港外に於, 日仏通信というガリ版, 日仏連合軍の戦闘, 日仏間平和の破れ, 日仏離間を策す, 日仔細あつて, 日仕事こっちに泊る, 日仕事先で手, 日仕入れの爲海邊, 日仕返しにぬ, 日他国から来た, 日他所へ縁付い, 日他行のため, 日付のを持っ, 日付ケ鎌倉執達状には, 日付一通同二十五日付, 日付伊豆戸田村寶泉寺においての川路對プーチヤチン, 日付大蔵少輔伊藤博文, 日付戸田村からで, 日付東京朝日新聞の社説, 日付江戸奉行達で, 日付福沢英之助への書翰, 日付老中への建白書, 日付近は戦々兢々, 日付近探索中の蕃地警察官, 日付都下各新聞, 日付雲浜から大和五条下辻又七, 日付飜譯のペルリ, 日仙丈へ往復, 日仙台の某家, 日仙台東北新聞の第, 日仙洞より御, 日仙洞歌合の一巻, 日仙洞秋十首の歌合, 日仙石久利但馬出石城を毀つ, 日仙駕亭会の宿題, 日代る代る出て, 日代官の屋敷, 日代官本間九郎右衛門と林兵左衛門, 日代議士田中正造は第, 日令嬢は二人, 日令解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 日て夜, 日以上あなたを放っ, 日以上ハ続ケナイデ下サイ, 日以上三十日足らずの間, 日以上休日がつ, 日以上十四五日掛るという, 日以上四十日も留守, 日以上多大な犠牲, 日以上明治二年十一月から三年四月, 日以上朝夕二食を算, 日以上滞在して, 日以上経過して, 日以上經つた今日になつて質問, 日以上風呂にも入れず, 日以來ここにゐた, 日以來先生は益々, 日以來大空を壓, 日以來數回に亙り, 日以前二三回行ったこと, 日以前仕事どころかそういう, 日以前倭文子と茂少年, 日以前岩瀬邸の応接間, 日以前暮方です, 日以前警察の大がかり, 日以後あなたの話しぶり, 日以後きょう迄ね, 日以後どこにどの, 日以後カフス釦からよごれた, 日以後パトラッシュはコゼツ, 日以後三日間の祭礼, 日以後出京とハガキ, 日以後十六七日ひどく暑うございましたろう, 日以後帝国の高貴さ, 日以後後の藪入り, 日以後日々結婚登録をする, 日以後日本にはそれぞれ, 日以後朝五・九夕方六・六位にきまった, 日以後本日マデ殆ド痛ミ続ケナノデ日記ヲツケル元気モナカッタ, 日以後毎夜となる, 日以後海津の城, 日以後王国の高貴さ, 日以後空白になっ, 日以後行軍はもう, 日以後記念音樂會運動會展覽會等一週間に亘つて, 日以後警視庁で開始, 日以後近藤勇の新撰組, 日以来いくらかでも彼, 日以来これらのあらゆる, 日以来しず心なかった, 日以来そこにも全く, 日以来どこかへ身, 日以来ぱつたり見えない, 日以来ほこりをかぶっ, 日以来みな同じよう, 日以来わしは其方, 日以来わたしは病気, 日以来ギラ・コシサンとリメイ, 日以来ナブ・アヘ・エリバ博士は日ごと問題, 日以来ホテルのロビイ, 日以来ミンチン女史やアメリア嬢, 日以来メルキオルは彼, 日以来一度も来た, 日以来一抹の墨気, 日以来一日もさっぱり, 日以来一雄はよくよく, 日以来七日の間, 日以来下へ下, 日以来主人とは顔, 日以来予の眼, 日以来予ハ彼女トタッタ二人差向イデ食事スルコトガ出来ルノデアル, 日以来二人はきまっ, 日以来二個の屍体, 日以来二条の城, 日以来信二はおそれながら, 日以来僕ら二人は同じ, 日以来凹井狭介先生, 日以来初てと言っ, 日以来十吉はこの, 日以来千葉道場の内弟子, 日以来半月ぶりで会った, 日以来可成りの, 日以来吉蔵の店, 日以来夢之助, 日以来大沼が日, 日以来姫殿下並びに理事官長, 日以来孔明に師事, 日以来宇宙旅行がし, 日以来安彦さんは食堂, 日以来寝返りさえもえせず, 日以来小夜子は始終, 日以来小栗警視総監は内務省, 日以来帝国ホテルに御, 日以来彼らは互いに, 日以来征旅まさに七十日, 日以来心を労し, 日以来感心に毎日, 日以来支那式の温室, 日以来日に一度, 日以来日毎に素子, 日以来旱となっ, 日以来春季休暇中の事, 日以来昼夜とろとろと, 日以来本日までほとんど, 日以来東京には降雨, 日以来毎日のやう, 日以来江刺県大属木村新八郎暗殺, 日以来犯人の顔, 日以来生徒たちは, 日以来画家と警官, 日以来百二十一日の間毎日, 日以来相当量進捗して, 日以来秀吉が大垣, 日以来私は山中, 日以来私どもは会わなかった, 日以来空腹が身, 日以来空襲がなかなか, 日以来紫夫人の所, 日以来縁あるもの, 日以来自分たちは再び, 日以来謙信は只, 日以来足の痛み, 日以来軍統帥部とも連絡, 日以来鎌輪に幽囚, 日以来雨の日, 日以来青少年の窃盗事件, 日以来風向きに気がつく, 日以来鬱積しきって, 日以来鷲はおろか, 日以降のをお送り, 日以降年五分の利息と共に支払う, 日以降注射一本求めて, 日以降西へ西, 日仲禎君と素問合読, 日仲秋明月の夜於天下茶屋瓢, 日仲達は郭淮, 日任右中将兼加賀介建永元年二月二十二日叙従四下承元々, 日任右兵衛佐元久元年正月七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 日任右近少将同二年正月五日正五下, 日任意の時間, 日伊予と阿波, 日伊代は少し, 日伊勢守は宗厳, 日伊庭八郎秀頴等は江刺, 日伊曾保物語古本の展覧会, 日伊沢と噂, 日伊沢先生及諸子同遊雑谷十介園, 日伊沢蘭奢は僕, 日伊藤万太方, 日伊藤整のところ, 日伊藤総裁は審査局, 日伊豆の海岸, 日伊豆伊東に於, 日伊豆国賀茂郡松崎村の鰹船, 日伊豆守様が主, 日伊達政宗が将軍家, 日伊那町より高遠, 日伊香保の遊, 日伊香刀美はいつも, 日伍長は私, 日伏せっておりました, 日伏姫は, 日伏見の寺田屋, 日伐ってもいっこう, 日伐っただけだ, 日休まずには置かない, 日休まなければならない, 日休まねばならず, 日休みたいと仰し, 日休みなさいよと言, 日休みます玉子を, 日休刊になつて, 日休戦成立した, 日会った女の, 日会はずにゐる, 日会わずにいる, 日会場で何者, 日会津と上州, 日会見の第, 日伯楽のやう, 日伯母さんは私, 日伯母様の家, 日伯爵の別荘, 日伯父上の屋敷, 日伸びと云, 日三春永, 日位づつは泊つてゐたから, 日位ひでせう, 日位よう御座んせう, 日位休みと, 日位休養したかったのに, 日位保存ておけます, 日位僕も奇術師, 日位口養生さえすれ, 日位呼吸をせん, 日位夏なら一晝夜, 日位当てがはずれ, 日位後ですか, 日位徹夜したって, 日位日辨日朗の弟子日像, 日位晴天が連續, 日位暇を作つて, 日位暖い時, 日位此処にい, 日位焦燥を感じた, 日位絶食しても, 日位經つてから有島さん, 日位見物して, 日位誰とも, 日位食事はしない, 日位飯の食えない, 日住んだものよりも, 日住持は檀家, 日住職は, 日住蓮安楽を庭上, 日佐々成政は重傷, 日佐々木与次郎に会っ, 日佐佐木からの電話, 日佐佐木茂索君は, 日佐太郎は半日家内, 日佐治君へ一日, 日佐渡国丸といふ御, 日佐竹右京大夫様御家来小倉亘妹縁談願, 日佐藤惣之助大木篤夫両君と妻, 日佐野の渡し, 日体信士庚申元文五年閏七月十七日, 日体操の時間, 日何か月こんなこと, 日何と暖たかだったでしょう, 日何となく敵方の, 日何やら如何にも降るべき時, 日何らの通報, 日何らかのものが, 日何れの里, 日何んにも食べず, 日何両といふもの, 日何人も蠅, 日何人以上はいけない, 日何処どん居んな, 日何分に産, 日何刻に, 日何十日お宅を明け, 日何十銭の日給, 日何千という人々, 日何千日の間, 日何升の水, 日何合の米, 日何商店に何日どこそこ, 日何回となく, 日何夜のあの, 日何年も会わなかった, 日何年間と生活, 日何度となく, 日何度目かにぶつぶつ, 日何日休みその他布告, 日何時もの通り水島, 日何時上野駅へつく, 日何時何分とまでおぼえ, 日何時頃に撮つた, 日何時頃家へこい, 日何杯かの客, 日何枚もの板, 日何気ない顔を, 日何百人という人間, 日何百回行の熟達, 日何百日いや何十年何百年, 日何百日海洋を流される, 日何箇と数, 日何者かの射つ, 日何貫と釣れる, 日何貫目何屋誰へ縮緬五巻, 日何通となく, 日何錠かは聞き忘れました, 日余りいじり回したが, 日余り一日思ひは, 日余り人の居ない, 日余り仙境霊地に心身, 日余り命を賭け, 日余り寝床のうち, 日余り延宝二年十一月晦日の暁, 日余り無駄に過さね, 日余り照り続きたるけ, 日余り玄徳は赫々, 日余り私の意, 日余り逗留して, 日余り過ぎると気, 日余り郵便局まで八里, 日余分になる, 日余天気の点, 日余滞在した, 日余烟濛々として襲い, 日余語古庵, 日佛日露の協約, 日作っている, 日作らざれば一日, 日作りの漁師達, 日作兵衞が生き, 日作衛はお, 日使のもの, 日使いが忘れ, 日使い果して魂, 日使ったんだ, 日使わずに置いた, 日使用した隼, 日使節たちをのせた, 日使節プーチヤチンの率, 日使節ラクスマンに對, 日使節レザノフのやう, 日使節兼東印度艦隊司令長官に任命, 日來快濶にし, 日來珍らしく平, 日來田を渡つて來, 日來睡眠に不足, 日例外として湖面全部, 日例年の如く米子, 日例年通り山下の館, 日侍史一惟老僕あり, 日侍従竪子王臣等を召し, 日侍従長徳大寺実則は特に, 日侍所の高, 日侘しい単調な, 日供養の地蔵, 日依然天候は, 日依田学海死す七十七歳, 日は急, 日俄雨があり, 日は相手, 日俊助はいつ, 日俊吉は一人, 日俊夫君の所, 日は学問修行, 日保たせたのは, 日保たれるのでございます, 日保つだろうかそこ, 日保てばおそらく, 日保釈で出た, 日保養旁修善寺か湯河原, 日保高が, 日たず九十九日め, 日信子は例, 日信州の温泉地, 日信州小諸に移住, 日信州木曾の一族, 日信忠が来, 日信治の叔母, 日信濃屋の請願事務所, 日信濃町の病院, 日信綱は海上, 日信長家康両旗, 日信雄卿ニ群疑出態シケルニ, 日修一が千日前, 日修吉は裏庭, 日修業のほか, 日修法ほどき, 日修禅寺に参詣, 日俳句を作った, 日俵屋の事件, 日の三割, 日俺達の歩哨, 日倉皇として神田錦町, 日倉知叔父自動車にて着, 日倒木を避け, 日借りたきりの, 日借用致すぞ, 日借銭にてこの, 日倫敦出帆の, 日倶利伽羅を越え, 日なるオヂュシュウス, 日まれば, 日停車場へ行った, 日健二が残飯桶, 日につい, 日と人妖, 日偶感の一首, 日偶數の日, 日偶然ウ氏の令妹, 日偶然上野の精養軒, 日偶然中野の叔母さん, 日偶然今日の些細, 日偶然八重洲口の駅, 日偶然六阿弥陀詣の旧道, 日偶然叔母の店, 日偶然彼女がつい, 日偶然私の風変り, 日偶然経済学博士牧野輝智氏の時事解説, 日傍若無人な曹賊, 日傭人の兵隊たち, 日傭人たちの明, 日からしみ出し, 日傾けば夜おの, 日に二錢, 日僅か三十円くらいよりない, 日働いたら三百円であった, 日働かねば得られない, 日働き暮すとさすが, 日働らいて, 日像日善日像の弟子日源等, 日像自身が巡錫, 日僕たち夫婦は若, 日僕一人を待っ, 日僕等は鳳凰山下, 日僕等友人が皆, 日りの, 日僧侶が一人, 日僧服をぬい, 日優善は宴会, 日元就老臣共を集め, 日元旦のお正月, 日兄さんの三之助, 日兄公爵をうまく, 日兄慶篤の後, 日兄栄次郎が鮓久, 日充分すぎるほどの, 日充血したよう, 日兇器をとり, 日先きのそんなこと, 日先きの二十日先きのそんなこと, 日先きの当てが無い, 日先ごろの勝利, 日先ずこの捜査主任, 日先づ白石は午前中, 日先づ貴族院で選挙干渉難詰, 日先づ麻布なので, 日先んじて己, 日先一日先と駈け, 日先代と世, 日先夜の四人, 日先年押詰って出した, 日先方の奴, 日先生夫妻を乗せた, 日先生役所よりの帰途, 日先眼の前, 日先立って縫子, 日先負を三日, 日先頭に立つ, 日なし色, 日光りがよく, 日光井からお出かけ, 日光参廟の機会, 日光図幅である, 日光子より園子, 日光子さんは庭, 日光山修覆の, 日光明なるところ, 日光沢温泉八丁湯のある, 日光秀光春の妻子, 日光風会の, 日免れに猶予, 日兎角失礼も, 日入っていなけれ, 日入らっしゃっても何とも, 日入り浸っている, 日入れば三年風邪, 日入れずにゐる, 日入会の勧誘, 日入唐爲初學習と云, 日入場の文芸協会, 日入定して, 日入寂した, 日入梅があけ, 日入浴しないので, 日入浸りになっ, 日入獄者の最後, 日入相ばかりのこと, 日入道さまは参議雅経さま, 日入院ときまった, 日全体として進歩, 日全国各新聞, 日全国三千の同志, 日全部の功, 日兩度の市, 日兩度老中へ逢候處, 日兩親たち夫のまだ, 日兩黨の聯合懇親會, 日の日, 日八つ比に何かと, 日八ツ半時と申す, 日八ヶ岳を縦走, 日八丁堀の餘儀, 日八代を一日, 日八代目岩井半四郎死す五十四歳, 日八代目市川海老蔵死す四十二歳, 日八十二歳の高齢, 日八十八歳で仏様, 日八十日間の検束, 日八十銭位になっ, 日八回往復するけれども, 日八字官軍音辺へ著, 日八幡の男山, 日八幡社前において三日間, 日八度から九度, 日八所借を, 日八日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 日八日十五日除目三月三日四月の祭り, 日八日夜八夜を遊び, 日八時前後に起床, 日八時間これを二週間, 日八時間基準の労働日, 日八晩の間, 日八月七日十一日と四通, 日八月二十日だしかし, 日八朔はとうに, 日八木の康教, 日八瀬の里, 日八百長に落着, 日八街原をかへりくる, 日八郎兵衞の死骸, 日八重わが書斎, 日八銭男が十二銭, 日あり汝, 日公上不諱, 日公使ハリー・パークスの親友, 日公使館にも同様, 日公判前にきたり, 日公判準備手続に於, 日公判開廷の際, 日公務を担い, 日公子は心配そう, 日公布一九四七年五月三日に施行, 日公用にてソオン河上, 日公雨の如く九日九夜, 日公魚を釣り, 日六・三三十日六・四三十一日六であった, 日六・五です, 日六・六二十五日六・五です, 日六・四三十一日六であった, 日六七台の荷馬車, 日六代目市川団蔵大阪に死す, 日六兵衛は生まれ, 日六兵衞はひぼし, 日六十センチリットルを超え, 日六十一歳の春水, 日六十三歳をもっ, 日六十三軒のレコード, 日六十九歳にし, 日六十二歳東京の監獄, 日六十八歳を以て世, 日六十六歳を一期, 日六十幾歳かの雛腹, 日六十日となる, 日六十本打っても, 日六十歳を以てわが, 日六十銭よりくれない, 日六千円だ文句, 日六回ほどバス, 日六回水風呂につかった, 日六尺五寸の悪霊, 日六日あたりであったと, 日六日きょうと馴れ, 日六日ラマルク将軍の葬式, 日六日心持煩はしけれ, 日六日相見ざる間, 日六日風清く波穏やか, 日六時間以下十六歳以下は四時間以下, 日六時間労働で十六歳以下, 日六月二日には赤松円心, 日六月十六日のは戻りました, 日六月十日同二十五日, 日六本ないし九本, 日六条へもどる, 日六枚板赤水とっぽ, 日六條左大臣粟田右大臣桃園中納言保光卿は三人, 日六郎尋ねきて, 日六階に上つて行つた, 日共和制をとる, 日共犯として住所不定大内末吉, 日共翁附の御, 日共雨である, 日兵士の乗った, 日兵太郎君が五, 日兵部卿の宮, 日兵隊としてはじめて, 日兵隊服を着た, 日其交換を了, 日其土地で一番, 日其手腕の顕れ, 日其父豊浦大臣子孫等皆滅之, 日其牝犬がひょっくり, 日其男がカシエル, 日其苗の長ずる, 日其許を武将, 日其都に二人, 日其隣の何とか, 日典厩信繁は黄金作り, 日てより, 日兼家がやつ, 日兼田弥一右衛門とともに御, 日冀州城に上がり, 日内ついでの時, 日内務大臣樺山資紀の鉱毒地視察, 日内外さへ續, 日内庭の固い, 日内海厚とロシア字一字, 日内裏にて肆宴, 日内野君の頭脳, 日円山の牡丹畑, 日円覚の大衆, 日再会を約束, 日冒険ずきの, 日写真機を持出した, 日写経の水, 日冨子が二階, 日冷えた所爲かぞ, 日冷たくなった, 日冷凍したよう, 日冷水町へ移転, 日しく今日, 日凍るやうな, 日凛烈冬のさなか, 日凝然として冷たい, 日凡ての人, 日凡太はいよいよ, 日によつて, 日処女公演の幕, 日処置に窮, 日があつ, 日凶賊黒旋風が金沢町, 日出かけたものです, 日出かけなかった模様です, 日出ないと皆, 日出ませんのでそんな, 日出られるんだろう, 日出仕すると, 日出入の鳶頭, 日出入りの鳶頭, 日出前毎にこの, 日出勤一年に一か月以上, 日出帆ニ相成候, 日出帆入港は翌日休業, 日出廷の節, 日出張所には人手, 日出来同夜打ち合せる, 日出来あがりたり, 日出来上って来た, 日出棺まで告別, 日出歩いて晩方, 日出演して, 日出獄した同志たち, 日出生僅か一年, 日出生場所は米国ペンシルバニア州, 日出生梅津源蔵利春という, 日出生阿部侯長臣町野平介初名, 日出生隼男と明記, 日出精に付金五百疋, 日出逢うことに, 日出願書戸長へ出, 日分いくらだとか, 日分ぐらゐの話題にし, 日分けても寒, 日分さへまとめあげる, 日分づつ炊く方, 日分らなかったな, 日分り候わば, 日分一度にのん, 日分三合たてつ, 日分三度一汁五菜二汁三菜位はつける, 日分二合何勺よりは多い, 日分五円六十銭払った, 日分五十瓦のパン, 日分以上を一気に, 日分位いでもあっ, 日分何円とかかる, 日分前金として, 日分半を用いはじめます, 日分宛しか渡さなかった, 日分往復四回駆けて, 日分毎日その日, 日分沢山の事, 日分親子四人位でどうにか, 日分返事あげてないの, 日切々とぼく, 日切ない日, 日切支丹国禁外国教師追放を発令, 日切開手術を行い, 日刈って束ねた, 日刈小屋の方, 日刑部を発し, 日初代市川女寅死す二十八歳, 日初代市川荒次郎死す五十八歳, 日初夏の, 日初夢などの風, 日初日それだけってこと, 日初日三本立で行く, 日初江の胃, 日初瀬へ行く, 日初王聞きて, 日初鰹にも時鳥, 日で捺した, 日別世界へ参入, 日別室のほう, 日別時念仏の間, 日別紙御一覧, 日別而暑甚し, 日別荘へ行っ, 日別途に約, 日利休は太閤, 日利太郎始め末社からちょいちょい, 日利根川のほとり, 日到ればその, 日制帽をかぶっ, 日刺す都も, 日は萬籟寂, 日刻一刻ずつ果され, 日ッテイナイノデ顔ジュウ髯ダラケニナッテイル, 日前あすこへ寄ったら, 日前お松が発見, 日前お母さんは河村, 日前お盆だと, 日前こんど津軽地方を一周, 日前さきの遣外鎖港使節一行, 日前それから一日, 日前たよりがあつ, 日前つまり十三日でした, 日前どこかの場所, 日前のが記入, 日前ぼくらは堤, 日前みんな帰っとるばい, 日前ウイルソン号が往航, 日前エグザノ橋の辺, 日前オペラでグノー, 日前コノ子ノ母, 日前スナワチ八月三十一日休暇ヲ利用シ, 日前ドクタア・ビゲロウに沢山, 日前バスの中, 日前フランス軍の負傷者等, 日前ペエル・ラセエズの墓, 日前ヨコハマでは雪, 日前ヨリ又血壓ガ昇リ気味, 日前ラファエレが面白い, 日前ルリ君と貴島, 日前レントゲン療養所へまで行っ, 日前一しょに芝居, 日前一たん東京へ帰り, 日前一九三〇年十一月一日の朝, 日前一九三六年一月二十七日まで手帳, 日前一山の中唯三人, 日前一晩東海道国府津の駅前, 日前一晩東海道國府津の驛前, 日前一生の晴, 日前一羽の紅雀, 日前一里ほど里, 日前七八人寄つて送別の積り, 日前三時起て見ると, 日前三月九日に母, 日前三田の露路裏, 日前三越へ行った, 日前上京し一兩日, 日前上役の耳, 日前下の四畳半, 日前下宿に帰っ, 日前両国の小屋, 日前両氏はひそか, 日前二十八日のあけ, 日前二度目の便り, 日前二日分の粉薬, 日前井上先生の所, 日前京から呉服屋, 日前京都の新京極, 日前仁科六郎はひどく, 日前今のカイゼル, 日前今日のやう, 日前仕事を始め, 日前仲間の一人, 日前伊藤公暗殺の号外, 日前伊香保に来, 日前伜吉三郎のやられた, 日前伸子たちはつづけ, 日前佐助と二人中前栽, 日前佐吉が河内屋, 日前体量をはかつ, 日前何処からともなく, 日前何分身にも世にも, 日前何時もの通り散歩, 日前何處か一週間, 日前作事の方, 日前作者の言葉, 日前便を認め, 日前倉三が当日限り, 日前偶然に行, 日前備前屋の店頭, 日前兄が下宿, 日前入港した第, 日前八丁堀まで写生, 日前八幡から藤本君, 日前八月十日には鹿児島, 日前冗談にやっ, 日前出獄したばかり, 日前別所と李, 日前北海道のある, 日前北軽井沢から小田原, 日前医師の奴, 日前十三日に東京, 日前十二月八日にはまたまた, 日前十兩ばかりの大金, 日前十日には鹿児島, 日前十月十五日に天草, 日前卅二三のすこし, 日前午後五時頃一人の肥胖漢, 日前南山の裏山, 日前南禅寺の一庵, 日前単身奥利根の方, 日前友田の使い, 日前叔母のお, 日前古雜誌の整理中, 日前台所で宙返り, 日前吉野の五条, 日前周防様と二人, 日前噂をし, 日前四時目をこすり, 日前四月三日にも熱海駅前, 日前図書館で読んだ, 日前国の親, 日前国男さんの買っ, 日前坊主にすすめられ, 日前城中御道具調べ, 日前堂島の前, 日前変な眼付, 日前夕食をたべよう, 日前夕飯を持っ, 日前夜店の古道具屋, 日前大久保へ越した, 日前大事な寶物, 日前大井広介氏が送つ, 日前大利根すじへ寒鮒, 日前大奥の者, 日前大阪に着い, 日前奧藏の二階, 日前女である私, 日前妙な泥棒, 日前妹が中元, 日前妻は彼, 日前姉の加寿子, 日前学校の窓, 日前宇治山田の米友, 日前実父の病気見舞, 日前宮嶋氏の玄関, 日前宮本がスパイ, 日前家の者, 日前宿の下女, 日前密かに帰邸, 日前寸言周都督に逆らえり, 日前専吉が検挙, 日前将校が軍刀, 日前小倉市の一読者, 日前小屋の内外, 日前小林秀雄が見舞い, 日前小諸に行った, 日前就職口を頼ん, 日前山上に降雪, 日前山中で会つた事物, 日前山口は日本橋裏, 日前岩村田から源次郎さん, 日前島々から徳本峠, 日前巣鴨に移っ, 日前帝劇の前, 日前帰つて来た, 日前帰還になりまし, 日前年始に行きましたら, 日前広徳寺前から跟, 日前廣徳寺前から跟, 日前役所からはお, 日前彼女はぶらりと, 日前彼自身その墓穴, 日前後二三日のうち, 日前後何の意, 日前後百花に先だち, 日前後秀吉はどこ, 日前忘年会の二次会, 日前怒りに任せ, 日前戦地から葉書, 日前所用あつて外出, 日前手前が話し, 日前拙者の寓居, 日前故郷を出る, 日前敵の飛行機, 日前文之通周安, 日前文願之通, 日前新田がたの大, 日前日一匹の猫, 日前日來の暴風, 日前日午後からシト, 日前日本からの便り, 日前日記と句帖, 日前日野俊基の消息, 日前明かに大谷千尋, 日前春陽堂に送りたる, 日前是の家, 日前是公といっしょ, 日前昼間アパートの台所, 日前昼食のちょっと, 日前晩食に呼ばれた, 日前暇乞に来られた, 日前書画の幅, 日前月船君が訪れ, 日前朝日新聞紙上によんだ, 日前木曾川口の木戸, 日前机の抽斗, 日前杉本氏一人で先, 日前材木や地所, 日前村を出る, 日前村境ひの, 日前東北のある, 日前東洋銀行から預金全部, 日前枕元に坐っ, 日前栃木あたりの峠, 日前栽で花, 日前植木屋の手, 日前楽屋へ初めて, 日前横手山へ出かけ, 日前横浜の或, 日前橋地方裁判所の嘱託, 日前橋地方裁判所刑事部法廷で第, 日前正確に申, 日前殆ど日を同じく, 日前氏が自分, 日前水車の道, 日前河内屋さんへ入, 日前河原町四条の洋品店, 日前洋銀まがいのつまらない, 日前津田から受けた, 日前浅草の松喜, 日前浅虫温泉の近く, 日前淺草の仲見世, 日前湯正平至自江戸, 日前火葬場へ行, 日前烏帽子へ登る, 日前照吉さんが誰, 日前父に関する思ひ, 日前父君重松代議士が郷里豊前国柳ヶ浦, 日前犬に噛み殺され, 日前独逸潜航艇のため, 日前珍らしく鶴井, 日前田圃にたくさん, 日前田純敬氏より芥川賞候補作, 日前画家の, 日前當の重, 日前當江戸上屋敷に不測, 日前痛感したこと一つ, 日前発動機の装置, 日前発熱して, 日前白晝このへん, 日前皆さん田舎のほう, 日前盛大極まる歓迎宴, 日前着のニュウカア, 日前石井翁を訪う, 日前神隠しに遭った, 日前福世氏が一晩, 日前私達はそこ, 日前程から取りかかりまし, 日前税務所のお, 日前竹村書房の大江勲, 日前答案を採点, 日前篠島へ嫁い, 日前籠を背負っ, 日前紀州熊野の山奥, 日前給士を呼ん, 日前罰金十円重禁錮一箇年, 日前羽鳥の良, 日前耳に入っ, 日前脳貧血で卒倒, 日前船頭の許, 日前芝神明のセムシ喜左衛門, 日前花束を持っ, 日前英姫の懐, 日前英文の原稿, 日前荻生さんから借りた, 日前菊の展観, 日前薬局で薬, 日前西国の海辺, 日前親分はあっし, 日前言の期, 日前警視庁に或, 日前賛成のよう, 日前越後の市振, 日前近所へ嫁, 日前述した巨匠円朝, 日前逗子に療養, 日前進座の若手俳優, 日前遊びに来, 日前遊園地のわき, 日前道で逢っ, 日前遠野へ行く, 日前鈴木の友人, 日前鉈を物置, 日前銭湯の洗場, 日前長島を訪ね, 日前長崎の町, 日前長浜の夜, 日前長野市外の善光寺温泉, 日前開業したばかり, 日前随筆のお礼, 日前難船して, 日前雪が降りました, 日前電話をかけ, 日前霞ヶ浦の枯蘆, 日前露艦がこの, 日前靄の中, 日前靴を修繕, 日前頃には今度, 日前馬場であった気まずい, 日前鳶田梅田等に非人小屋, 日前鶴富組の主人, 日前鷹狩に出掛けた, 日の日傭, 日割合に早く, 日劇その他の丸の内, 日劇アトラクション隊と此, 日劇コンサートといふアトラクション, 日劇ダンシングチーム三十人とうち, 日劇チームと一座, 日劇ミュージクホールの, 日劇ランチルームで食事, 日劇中三階へ行く, 日劇中三階事務所へ, 日劇二月アトラクションのこと, 日劇五階けい古場へ, 日劇今日から, 日劇僕に任し, 日劇初日を十二日, 日劇十日間昼夜二回完全に満員, 日劇千秋楽熱海へ, 日劇名人会へ出演, 日劇四階事務所へ行く, 日劇四階会議室へ行き, 日劇地下ホワイトで理髪, 日劇地下室けい古場へ, 日劇地下食堂で支那物二三, 日劇場の人込み, 日劇宝塚中劇場に出演, 日劇寄りのところ, 日劇小劇場新宿セントラル浅草小劇場と三つ, 日劇案は名, 日劇用の脚本, 日劇興行に反対, 日劇舞台けい古まだ間, 日劇試写室で, 日劇話も二十日, 日劇軍が舞台, 日劇連の, 日劇集合江東楽天地の, 日が同じ, 日劉備玄徳に勅使, 日劉曄を伴っ, 日劉玄徳は朱雋, 日劍持がさう, 日のない, 日加午天甚美晴仰観山峰, 日加古川の宿, 日加奈江宛の手紙, 日加新今朝船入彼南港緑葉紅花冬似春, 日加波山に旗上げ, 日加津美で桃代, 日加茂社行幸がある, 日加藤判官六波羅に馳せつき, 日加藤式部少輔明成, 日加藤弘之と今一人, 日加野のところ, 日加集の宿, 日太夫方まで, 日助六は相, 日努力して, 日の前, 日労働数に依存, 日労党結党当時友人の田所輝明君, 日労系とされ, 日労系主流のおもむく, 日労系社民系は現在, 日勃士敦の停車場, 日勃然とうごい, 日勅免の宣旨, 日勇二は孝ちゃん, 日勇吉は庭, 日勇気を喪はず, 日動かずにおったものだ, 日動き廻って, 日動き廻つてゐる, 日動物達に夕食, 日勘太郎は大勢, 日勘解由は炎, 日勝っても一日, 日勝助の母, 日勝家はさき, 日勝様の森あたり, 日勝治は父, 日勝浦に着く, 日勝重はかね, 日勝頼も軍評定, 日勝頼父子をめぐる, 日近傍の, 日勢揃いして, 日勢至丸は黒髪, 日勤めを休ん, 日勤務先に田原, 日勧修寺大納言を通じて秀吉, 日勿體ない程, 日包孝粛の芝居, 日化生の形代, 日走を, 日北さんは一つ, 日北の方の田舍, 日北上の極, 日北九州は積雪十五センチ, 日北京に滞在, 日北国街道の小関, 日北山とその, 日北山越しに高松, 日北岸の陣, 日北政所へ送った, 日北条氏のため, 日北極海観光船を辞し, 日北津輕郡内の小, 日北海道官有物払い下げ問題について福地源一郎, 日北海道小樽で逢つたの, 日北畠信雄はこういう, 日北米の大西鉄道, 日北船場の物持平野屋, 日北西二方面の攻撃力, 日北部の山村, 日北部ルソンカピサヤンにて新聞報道関係者二十三名, 日北陸道鎮撫総督として高倉永, 日北風が吹き出した, 日区内築地三丁目十五番地先川中へ漂着, 日区職業紹介所から信吉, 日となら, 日医師等其臥床を他室, 日医書を繙き, 日医科大学の丹波敬三氏, 日医術申合会頭是迄山田玄瑞, 日の日, 日十スーです, 日十一日二十一日には木, 日十一日十四日とお, 日十一時ごろいつもの, 日十一時五十八分までは大丈夫, 日十一時円山の桜, 日十一時十分城崎豐岡大地震大火, 日十一時間ずつ働き通し, 日十一時間半も働かす, 日十一月も僅, 日十一月八日に夫, 日十一歳のとき, 日十七十八日は休み続きな, 日十万人の客, 日十三代目長谷川勘兵衛死す, 日十三日いずれも林町, 日十三日ト少シ違ウ, 日十三時間二十分をもって東京, 日十三番地十三番室などは大いに, 日十三銭の定め, 日十九日の暑気, 日十九日二十九日こう三日, 日十九標準時発信者は金星, 日十二三になった, 日十二人前の条, 日十二人十七日二十八人以上五十四人古今未だこの, 日十二代目守田勘弥死す五十二歳, 日十二分に準備, 日十二年ぶりに東京, 日十二時間以上の労働, 日十二時間以上睡眠を取らせる, 日十二時間勵行の日課, 日十二月は八日, 日十二月二十八日兩度の市, 日十二番の散楽, 日十二石御直し, 日十五コペイカずつ遣る, 日十五セントの日給, 日十五円内外二十円に達する, 日十五円程度の売上, 日十五夜の當日, 日十五日くらゐ待たねば, 日十五日二十二日二十九日署名一~三は一記者, 日十五日二十五日であつ, 日十五日十六日と連日, 日十五日除目三月三日四月の祭り, 日十五枚といふ今, 日十五法以上の手当, 日十五銭のところ, 日十人余りの講中, 日十代目片岡仁左衛門大阪に死す, 日十何人かの老幼男女, 日十何年も他所, 日十何銭米が一升十銭, 日十余時間休みもくれぬ, 日十俵二十俵運んでも, 日十八ペンスか二シリング, 日十八日にもき, 日十八日二十一日二十五日二十八日と三鷹事件, 日十八日二十九日と十日毎, 日十八日二十八日の戊日, 日十八日五月の三日, 日十八時間を要する, 日十八歳にし, 日十八里は歩ける, 日十六時四十分の紅海横断, 日十兵衛三厳もおり, 日十四日十五日十六日と連日, 日十四歳を以て元服, 日十四銭五厘御菜, 日十字架建立の祭日, 日十字街頭にふと, 日十幾囘の踊り, 日十幾回の踊り, 日十度に及ぶ, 日十挺くらゐつくるの, 日十数元にも上る, 日十数回使用すべき注意, 日十数里も歩いた, 日十数首に下らず, 日十斤以上こんぶを取ったら, 日十日二日續けて大風, 日十日十二日と店, 日十日場所によっては半月, 日十日海川池に入りびたれ, 日十日積るの, 日十日紅海中を北, 日十日逗留して, 日十時十五分一斉黙祷私も焼香合掌, 日十時当町沖合より朝鮮人, 日十時青山の古賀氏, 日十月一日二三四日と最高, 日十月五日吟味の寛容, 日十月十日の記念, 日十杯ぐらい, 日十法の割増手当, 日十番の競馬, 日十磅も稼げれ, 日十銭以上の給与, 日十銭会員は一ヶ月一円, 日十風の眠つて, 日千三は帰っ, 日千人の人夫, 日千代子の学校, 日千住ヘ行ッテ胴ヲタメシタガ, 日千住骨ヶ原にて手医師何某, 日千兩箱を持ち出す, 日千切屋に暮した, 日千島艦事件が横浜英国領事裁判所, 日千度戦万度勝也と書いた, 日千日前楽天地の地下室, 日千曲川に添い, 日千朶山房に兀坐, 日千歳座より出火, 日千秋楽まで休ん, 日千穂子が眼, 日千草さんが裏門, 日千葉介成胤さまが安, 日千葉城からは頼朝, 日千葉家の玄関先, 日千葉県下下総国野田宿なる太田屋, 日千葉県千葉町の郊外, 日千頭家から使い, 日千馬三郎兵衛間重次郎中田理平次は同月七日, 日千駄木町の豊島与志雄先生, 日千鳥まで田地, 日千鶴子が自分, 日升屋の主人由兵衛, 日升金局長が女の子, 日午ごろ飾磨の浦, 日午下刻に瞑した, 日午前〇時三十九分私は山陰線八鹿駅, 日午前サンスクリット大学を訪い, 日午前ダブリンを発し, 日午前バンガーを発し, 日午前一時に出立, 日午前一時三十分あこがれの北極頂点, 日午前一時五分だ, 日午前一時前後最も猛烈, 日午前一時四分発の汽車, 日午前一時四十分鳴轟一時, 日午前一時着せり同二時床, 日午前一時頃我等別荘浅草区橋場町一丁目十三番地留守居の者共夫, 日午前一時頃濃霧は全く, 日午前七時九分大阪発村山社長素川君等見送られる三ノ宮, 日午前七時伏木港を発する, 日午前七時半の汽車, 日午前七時我々はド, 日午前七時青森に着き, 日午前三時ごろ横浜桜木町七丁目第十七号鉄道線路踏切, 日午前三時雨を冒し, 日午前三時頃私が起きます, 日午前上陸県知事服部一三君および特別館賓伊藤長次郎氏, 日午前九時インバネスを発し, 日午前九時三十分の特急列車で福岡, 日午前九時十二分を期し, 日午前九時四十五分である, 日午前九時四十分の発信になっ, 日午前九時沼津發同午後二時豐橋着, 日午前九時福岡地方裁判所応接室に於ける, 日午前九時絶命せるが, 日午前九時頃プランシェという人妻, 日午前二時ごろ市内大通六丁目県立高等女学校内運動場の一隅, 日午前二時パルテー駅出立昨夜雇い入れた馬, 日午前二時休戦条約が成立, 日午前二時半私は山陰線浜坂, 日午前二時大統領私室に於, 日午前二時燐光を発する, 日午前五時すぎ小菅刑務所のわき, 日午前五時三十分梓山発日野春に至り, 日午前五時二十分六十三年にわたる多彩, 日午前五時十分智頭行の汽車, 日午前五時半汽船すでにベルファスト, 日午前五時四十分に四人, 日午前五時秋水のいわゆる, 日午前五時過ぎ起きて, 日午前何れも自宅, 日午前光瑞上人に随半, 日午前八時ごろ湖水会の管理人, 日午前八時テラー村に着陸, 日午前八時ベナレスに着す, 日午前八時モルレーに於, 日午前八時二は同, 日午前八時五十分ノルゲ号は静か, 日午前八時元勲伊藤公の坐乗, 日午前八時十五分広島市中央部の上空, 日午前八時十分私の乗った, 日午前八時半喪主遺族近親築地代表者は四谷自宅, 日午前八時大久保利通は麹町, 日午前八時如松は総, 日午前八時当地出発の予定, 日午前八時頃一栄宅から大石田, 日午前六時五十五分一の関発平泉へ出発, 日午前六時兵庫乗鞍へ向っ, 日午前六時半私たちは散歩, 日午前六時南関を立っ, 日午前六時宿を出, 日午前六時沼津発東京通過其処より, 日午前六時沼津發東京通過其處より, 日午前六時頃宿を出発, 日午前十一時ごろ馬車でグレーヴ, 日午前十一時二分浦上の中心松山町, 日午前十一時五十八分に起つた, 日午前十一時五十分出生致し候, 日午前十一時五十分鹵簿粛々として東水橋町, 日午前十一時半から十二時, 日午前十時ごろ海豹島の西海岸, 日午前十時へんろ装束に身, 日午前十時カルカッタに帰り, 日午前十時三十分ころ大本営に於, 日午前十時三十分我らのもっとも, 日午前十時三十分我等の最も, 日午前十時五分木村八段の先手, 日午前十時十五分赤水部落の直, 日午前十時十六分函館西部から発火, 日午前十時四十五分であった, 日午前十時四十五分愛宕山上より黒煙噴出, 日午前十時四十五分東京では五日午前零時五十一分, 日午前十時横濱に歸りつ, 日午前十時此頂上を通過, 日午前十時築地小劇場に劇場員一同, 日午前十時頃から東京, 日午前十時頃市内海岸通二丁目四十一番地四角天主教会にては日曜日, 日午前四時二十分病気のため当地, 日午前四時同地を出発, 日午前四時所は, 日午前大阪を発し, 日午前市中を散歩, 日午前日本郵船会社汽船神奈川丸に接す, 日午前有吉領事に伴い, 日午前熱帯圏内に入る, 日午前田中某に一宴, 日午前皆して, 日午前零時三十分私は山陰線八鹿駅, 日午前零時五十一分にあたる, 日午前零時貴殿宅へナグリコミヲ掛ケル所存ニ付, 日午后二時という炎暑真中, 日午後〇時三十分に突然, 日午後のと二日朝の, 日午後イタリアの山脈, 日午後トスカを演奏, 日午後一時ごろなり, 日午後一時ごろマリウスボーメルという百姓, 日午後一時イスマイリアに着し, 日午後一時テムズ河口に入る, 日午後一時ブ師と共に乗馬, 日午後一時上野発の本線廻り, 日午後一時予は諸, 日午後一時二十四分汽車は沼津, 日午後一時以後噴煙は尚, 日午後一時十三分十三秒のこと, 日午後一時十分愈, 日午後一時半から二時の間, 日午後一時半約束通り神田駿河臺YWCAにこの, 日午後一時四は十二日, 日午後一時四十二分まで缺測, 日午後一時四十分ごろ京浜線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 日午後一時本部総長室に出頭, 日午後一時枯川の入獄, 日午後一時頃釜山公会堂に於, 日午後七時ごろ夕食を摂られ, 日午後七時三十分桜木町発東京行省線電車が新橋有楽町間, 日午後七時三十分汽車にて上野発, 日午後七時不二見台に立っ, 日午後七時五十一分三十秒にあの, 日午後七時半京橋区銀座西四丁目宝石貴金属商新陽堂の店頭, 日午後七時半最愛の我が, 日午後七時頃であるから, 日午後三時ごろだつた, 日午後三時ネン駅で待つ, 日午後三時三十分に浅草, 日午後三時南アフリカ喜望峰を解纜, 日午後三時古間木で会う, 日午後三時四十五分である, 日午後三時四十分出発した, 日午後三時四十分校前に記念撮影, 日午後三時大白沢山の一角, 日午後三時犬吠埼の灯台, 日午後三時発見の事, 日午後三時納棺された, 日午後三時頃の事, 日午後三時頃帰宅すると, 日午後九時である, 日午後九時秋川駿三の家, 日午後予審判事裁判所書記の一行, 日午後二時四十何分かの汽車, 日午後二時殯儀館を出た, 日午後二時過ぎのこと, 日午後二時頃から八合目, 日午後二時頃同人は客, 日午後二時頃彼の従来, 日午後二時頃浅草公園雷門前での出来事, 日午後五時オルコマ号に駕, 日午後五時二十五分頃本州中部地方関東地方から近畿地方東半部, 日午後五時五十三分彼岸の中日, 日午後五時四十五分発生せる事変, 日午後五時頃から友人夫婦, 日午後五時頃九州帝国大学精神病学教授従六位医学博士正木敬之氏が溺死体, 日午後五時頃當時燒跡ニ歸來シ境内ニ掘立小屋, 日午後伊庭想太郎と云, 日午後何処といふあて, 日午後入港とある, 日午後八時きみは宝冠, 日午後八時ニューヨーク発車翌日バッファローに降車, 日午後八時五十五分同じく九時二十分の二回, 日午後八木船長とともに郵船代理店, 日午後六時すぎ牛込警察署の一室, 日午後六時出帆定期航路に就く, 日午後六時半火薬爆発によりて生命危篤, 日午後六時廿九分烈震後十五日午後一時四十二分まで缺測, 日午後六時英国ヨークシャー州バルレー村を辞し, 日午後十一時十二分品川発下の関直行, 日午後十一時半過ぎだった, 日午後十一時四十分タイタニック号は大西洋, 日午後十一時頃第五信, 日午後十一時頃高円寺一丁目に居住, 日午後十時同所で死ん, 日午後十時大阪国際飛行場を離陸, 日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, 日午後同艦は港, 日午後咲枝が腕, 日午後四時ごろの暑い, 日午後四時ボンベイに着す, 日午後四時三十分バッサン・アヴァルの岸, 日午後四時四十五分新橋発神戸行の直通, 日午後四時英国南海岸に接見, 日午後四時過ぎ俺は今, 日午後四時頃北米合衆国メーヤアイランド軍港附近に於, 日午後四時頃書斎の電話, 日午後岩瀬家の本邸, 日午後峰の茶屋, 日午後川野委員長対大石佐藤との会見, 日午後来訪の予定, 日午後東京へでる, 日午後林町にて, 日午後栗林弁護士と府中刑務所, 日午後横浜解纜の英国船, 日午後河口氏とともにカルカッタ, 日午後無事シヤトルに上陸, 日午後箱館に至り, 日午後零時三十分神戸発の急行列車, 日午時過ぐる頃, 日午時一時から本, 日午時太陽まさしく天頂, 日午睡から目, 日午近い比であった, 日午飯時になる, 日午餐の席, 日半くらゐ食, 日半ぶつ通しでかきつ, 日半ノンダクレたあげく, 日半分怒りながら, 日半刻も家, 日半前から始まつた, 日半夜孤座して, 日半島一周の仕業, 日半掌の米, 日半掛り也海國兵談總紙數三百五十枚にて御座候, 日半日平次は何處, 日半日旭川でボート, 日半日雨降申候, 日半時間の労働, 日半月一月を経る, 日半月位滞在して, 日半月前には予想, 日半枚一枚では, 日半田川を渡っ, 日半田稲荷ヘモ百日参シタ水行ハ神前ニ桶ヲ置イテ百五十日三時ズツ行ヲシタ, 日半金ないし一金, 日卒戒名は円立院花橘日松信士, 日協和会の声明, 日南ドイツの鉱泉地バーデンヴァイラー, 日南京に於ける, 日南半球の五月, 日南場六日より十日, 日南工宿を二日, 日南方の形勢, 日南条なにがしは不意, 日南畝はここ, 日南米ブラジル国首府リオデジャネイロ港に入船, 日南軍糧尽きて, 日南陽が一パイ, 日伝和尚時に, 日博物館をみる, 日博覧会に入りし, 日卜伝が草庵, 日卯時伏見舟場より乗船, 日卯木夫婦が連れ, 日印刷云々とある, 日印刷大正二年一月一日發行といふこと, 日印刷屋に近い, 日印旛沼のほとり, 日印日圓などの布教, 日印絆纏を裏返し, 日危く重大な侮辱, 日即今東京府知事職ニ在ル大久保一翁, 日即日傭員の解雇, 日即日村会開会の招集状, 日即興の詩, 日却って赤兄の, 日卵焼の兎形, 日厄介ものを棄て, 日厄介女梅事此度自分養女に致し, 日厄日を無事平穏, 日厚一丈盤古日長一丈, 日原大佐は太刀川青年, 日原子力管理委員会が国際連合総会, 日原田八段が疲勞, 日原田定助宛, 日原田春鈴君来りて, 日原稿を綴ぢ, 日原稿訂正の功, 日厨司が一週間分, 日厩舎藁の蒸れる, 日厩頭は王さま, 日去り一日來り, 日去月二十日一回の訊問, 日参りするたアこれこそ, 日参事会にて確定, 日参内其朝大久保尹君に論じ, 日参向営内の道場, 日参木と甲谷, 日参謀を具, 日参謀本部から使い, 日參上すると, 日參向營内の道場, 日參籠にかか, 日又もや神の, 日又一は札幌, 日又一札幌に向う, 日又右衛門はさっそく, 日及十日陸行一日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 日及天の氣, 日及追加として十九日, 日友だちのタねずみ, 日友ちゃんが友人, 日友人ヴェルチュ宅で, 日友人五六人と共に草津, 日友人石井勇義君来訪一の珍瓜, 日友人等と會談, 日友人達の多く, 日友伯父さんは裏, 日友軍をかぞえ, 日双肩にになうべき, 日反対党を撲った, 日取ちらかった其処らを, 日取なんだ, 日取らせても我輩, 日取りに来た, 日取れたから見舞, 日取調べる二十五箇条を, 日のい, 日受持ちの田辺先生, 日叙従三位五月二十六日更任右中将建暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 日叙従五位下任征夷大将軍同十月二十四日任右兵衛佐, 日叙従四下承元々, 日の成績, 日叡山のうえ, 日口喧嘩のあげく, 日口惜しい日その, 日口按排が惡, 日口案配が悪う, 日口説いて全, 日古事記をとり, 日古今和歌集をお, 日古屋志村兩氏と田圃, 日古書を渉猟中, 日古河の町, 日古派の寺, 日古物商の買い出し, 日只今丹前を送り出します, 日叫んだのである, 日召集令が忠一, 日なしに, 日台ヶ原へ下り, 日台条約は解消, 日台湾海峡に入る, 日右大将家結縁し給, 日右大将軍の御, 日右大臣政所始の御, 日右書き遺し申候也, 日右衛門がこう, 日右門と議論, 日右馬介へそっと, 日司法省のいやしい, 日司馬懿は突然, 日各国のよりすぐった, 日合併相撲を見ました, 日合理理論の合理, 日吉丸時代と藤吉郎, 日吉原ニワカヲ見ニ行ッタ晩, 日吉原公園の池, 日吉原土手で親方, 日吉弥が僕, 日吉田城へ上った, 日吉良邸討入の当日, 日吉見平山庄司連判状に署名, 日吉野屋に滞在, 日同乗者三十余人ことごとく餓死, 日同君が江戸川べり, 日同地占領以来住民の復帰, 日同地植物園を一覧, 日同家に出入, 日同宿の笹屋, 日同志代議士中村啓次郎氏衆議院において一場, 日同所え留守居共, 日同村伊藤イナという人, 日同業者と共に海浜, 日同窓の友達, 日同窓会があっ, 日同窓生今井美枝子姉の來訪, 日同行何人とその, 日同郷の先輩藤野正啓氏, 日も知らぬ, 日名さんあんた行って, 日名づけ日の, 日名古屋津軽松前の諸, 日名曲堂から葉書, 日名簿を太政大殿, 日名誉の門標, 日名跡廻りに費やし, 日吏民仍旧致祭日加午天甚美晴仰観山峰, 日向きむ子神近市子平塚明子又は武者小路夫人, 日向こうに泊り, 日向っ臭い女学生数十名, 日向島の寮, 日向島諏訪明神裏の寮, 日向暑倍起居御安和可, 日君子の方, 日君家に帰る, 日な一刻, 日吸わない様だ, 日続くと, 日吹いた疾風が, 日吹き去りし風速の, 日吹き続いた風の, 日吹き荒れた嵐は, 日吹き通した南風が, 日吹込みのポリドール, 日吹雪は止まない, 日は彼, 日吾不運を嘆き, 日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 日呂久川の陣中, 日呂宋へ向け, 日呂布は少し, 日呂木は不思議, 日呈壽阿上人蓮座, 日呉服橋の中島写真館, 日呉葉がにこにこ, 日呑気な日, 日周さんに逢う, 日周一はもうどうしても, 日周平がやっ, 日周期の第, 日周禎は嗣子周策, 日呪詞夜が明ける, 日呱々の声, 日味方の不利, 日筆記於三養堂時大雪始晴, 日鳴って, 日呼ばれて居, 日命令に服する, 日命以来の慣例, 日を乞うた, 日和いだ日光と, 日和尚は, 日和歌の浦, 日和歌山縣東牟婁郡新宮町にて祿亭事ドクトル大石誠之助, 日和泉屋の主人, 日和田岬に来り, 日和田泊まりの予定, 日と健之助, 日咲き通しやがて, 日咲きたる白百合の, 日咲き通しで一日顔, 日咲二はどうにか, 日咸臨丸は無事, 日咽喉が痛く, 日哀れなる囚人, 日哀傷のあまり, 日哀弔を致せる, 日は多く, 日唐沢岳に登頂, 日唐突に, 日唖娘がよねんなく, 日唯物論研究会はいよいよ, 日唸っていた, 日賣を, 日商主に城中, 日商人某が柳原, 日商用をよそ, 日商船の老人, 日をかけ, 日問注所にて配所, 日問題を怠れ, 日ちゃんおあずけしとくんだけど, 日啼きそめ山方や, 日啼くにもあはれ, 日善光寺平の原野, 日善兵衞は御, 日善日像の弟子日源等, 日喋ってさっき大神宮様, 日喋ったことは, 日喋らずに居たら, 日喋りつづけたのですっかり, 日喜び一日喜び, 日喜代子からの桃色, 日喜兵衛が同類四人, 日喜平第三回, 日喜篁村南翠二君見過墨水弊荘篁村君文思敏澹世称為西鶴再生而余素愛曲亭才学故前聯及之, 日喧嘩をし, 日喪服を着た, 日べる, 日喰いこんでい, 日営中に宴, 日嗚呼予は, 日嗣ぎの皇子, 日嘉与吉が来た, 日嘉彰親王新発田城に入城, 日をいはない, 日噛んでいた, 日囚人墓地でボクサー, 日四ツ半時頃なり, 日四ツ時頃高柳使ひ来り則彼, 日四ツ谷へ下山, 日四・三七家族のうち, 日四七日と祈りつづけ, 日四五人の友人, 日四五十疋の驢馬, 日四五日いなかった間, 日四五軒も行く, 日四人にて彫, 日四代目中村芝翫死す七十歳, 日四代目助高屋高助名古屋に客死, 日四代目岩井松之助北海道の旅興行中, 日四代目嵐璃寛大阪に死す, 日四十メートルをながれる, 日四十九日百ヶ日と過, 日四十九歳にし, 日四十五銭平均ぐらゐの取り高で, 日四十円か, 日四十夜わしのため, 日四十本以上吸うの, 日四十銭平均にもなんめ, 日四千輛よりなる, 日四合分配給すると, 日四回稼いで, 日四回平均には出なけれ, 日四夜にし, 日四大将を翠眉廟, 日四天王寺の塔, 日四季部奏覧を終え, 日四家へ向っ, 日四峡の谷, 日四方八方を走り歩いた, 日四方太青々余, 日四方隣国八方へ大波, 日四日十日とつづけ, 日四日学校の帰り, 日四日徹夜しても, 日四日目に大体入れ替え, 日四時より九時, 日四時留守居役方え御出, 日四時間の労働, 日四時間以上はしない, 日四晩あれこれと考えました, 日四晩お前が駈け, 日四晩それがつづいた, 日四晩江戸から房州, 日四晩物をいわぬ, 日四月の祭り, 日四月二十五日の午後, 日四月八日および十日, 日四月十二日頼朝夫妻は亡父義朝, 日四条の大橋, 日四条通り御幸町西へ行った, 日四番室で遊ん, 日四谷見附そとの或, 日四郎さんに見せ, 日四階の別館, 日の名, 日回向院の境内, 日回回教のため, 日因幡国庁に於, 日団栗を沢山, 日図らざりき土倉氏より, 日図書館が休業, 日図書館通いしようと, 日図画がある, 日固い顔を, 日国仙和尚は良寛さん, 日国会上程という運び, 日国前の御前, 日国勢調査日防空綜合訓練第一日, 日国境を越え, 日国家のみだれ, 日国寺に詣る, 日国庁に入り, 日国教宗の僧, 日国王は免許状, 日国男だけ林町, 日国立出版所の店, 日国頭へ旅行, 日阿と共に, 日園丁に命じ, 日園井正一君という中学校一年生, 日園子より光子, 日圓朝はつくづく, 日圓生はいくつ, 日圖書館で讀んだ, 日土人イカイラン熊の子二頭, 日土人用の弓, 日土佐を漫遊, 日土佐ニ帰り一昨夜土佐出帆, 日土佐国浦戸港にマニラ, 日土佐堀の藩邸, 日土器破片を氏, 日土塀の老, 日土山に著, 日土師村に闖入, 日土方は昨夜, 日土曜の先生, 日土曜午前十一時上野發に乘, 日土曜快晴西風吹く, 日土曜日午後十時より大阪, 日土曜日食牛會を催, 日土木功を竣め, 日土民の一人, 日土浦へついた, 日土蔵に入, 日土蔵二階にて自刃, 日土蔵番の者, 日土藏の二階, 日在京の諸, 日在原業平ここに来る, 日在府なされし折, 日在留日本人の某々ら, 日地下はお, 日地下室の牢, 日地下鉄からおり, 日地主は用, 日地主宇沢家の邸裏, 日地主家主月番行事五人組から風上二丁, 日地団太踏んで, 日地図を持っ, 日地平はかれ, 日地平線の遙, 日地方に出かけ, 日地球に最も, 日地租増徴案は衆議院, 日地藏寺に集る, 日地震宮殿舍屋を破る, 日坂下町の家, 日坂本に昼火事, 日坂東家橘死す四十八歳, 日に閉, 日坊さんになつ, 日坊ちやまを, 日坊やの鹿, 日坊隆寂などは犬射, 日つて居た, 日坐ったきりで, 日坐つてゐる, 日坐りとほし, 日坐り込んでいた, 日坐禅した時, 日坪井は会社, 日垂井の附近, 日垂柳子住み込みぬ, 日埋けて置い, 日城太郎は下り松, 日城山に上り, 日城山没落は三十三年前, 日城山西南麓に於, 日城攻め合戦剛猛の事, 日城楼から下, 日城樓から下, 日城頭には新た, 日執政を罷め, 日執政官政府が五百人議会, 日執権の命, 日執行テイ止の五日, 日基ちゃんと青山, 日基地は放心, 日基経の第, 日堀内傳右衞門は, 日堀内組病者診察として愛冠, 日堀川添いの, 日堀東のおでん屋, 日堀野が私, 日と言っ, 日堤方村の茶見世, 日堪えて侘び, 日報賽の徒, 日堺兄は幼児, 日塔上に仰いだ, 日塔聰の四人, 日塩断して, 日塩見を経, 日塩谷判官高貞が良, 日塩野の写真展, 日塾生たちが外出, 日墓参者がたえない, 日墓地を散歩, 日墓守がぶらりと, 日増せになった, 日増シニ連動ノ自由, 日増上寺参詣を名, 日増田が例, 日のほとんど, 日墺伊八カ国の出兵, 日墺国皇嗣フランツ・フェルディナンドが妃, 日墺太利維也納に向, 日墺軍とブレスラウ, 日から風, 日壇上にのぼられた, 日壊れた木箱の, 日壊滅するまでの, 日壊血病にて斃, 日士気のあがらない, 日壬午亥刻雷鳴数声降雹の大, 日壬午晴姶めて御, 日壬午陰申剋将軍家俄かに御, 日壬子晴酉剋大地震牛馬騒ぎ驚く, 日壬子陸奥国平泉保の伽藍等興隆, 日壬戌和田平太胤長の女子, 日壬戌新造の御所, 日壬戌晴丑刻大地震, 日壬生の六角, 日壬生勢に追, 日壬申幕府に於, 日壬辰午剋鶴岳上宮の宝前, 日壬辰常の御所, 日壬辰鷹狩を禁断, 日壮助はまた, 日壱円五十一銭を要せし, 日売り初めの, 日売れたりゃここへ, 日売家の札, 日な人間, 日変化月変化及び長期変化, 日夏休みの復習帳, 日夏夜舟行の記, 日夏天黒雲低く暴雨, 日夏姫の家, 日夏目さんの宿, 日夏目先生の命日, 日夏目漱石逝く, 日夕きぬ川のほとり, 日夕ぐれに鴫網, 日夕七つ前迄五郎子, 日夕七時ごろ古実君との問答, 日夕八時シアトル港に着す, 日夕刻一人の老僕, 日夕刻南京城を完全, 日夕刻同伴の上参上, 日夕刻敵の首都南京城, 日夕刻電報拝見しました, 日夕整形外科の教室, 日夕方千草さんの殺された, 日夕方君枝が縁側, 日夕方守鶴は方丈, 日夕方平塚さんが見える, 日夕方早めにホテル, 日夕方頃より突然, 日夕景から催した, 日夕景示談事済みになった, 日夕景高坂邸から一人, 日夕暮れの薄闇, 日夕柏軒先生京師旅寓より御, 日夕照をみ, 日夕男子出生名棠助, 日夕神戸氏宅にて証書, 日夕空には朝來, 日夕立の降る, 日夕諦らめに馴れた, 日夕酉刻に歿, 日夕陽の斜め, 日夕龍動市クラパム區トレマドク街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪, 日外一度取調べられてから, 日外下の日待, 日外中度々お, 日外交の軟化, 日外人の上陸, 日外出先から戻つ, 日外務大臣井上侯爵が皇帝陛下, 日外務省告示第六〇号, 日外宮より内宮, 日外山の辺, 日外山正一氏から一寸, 日外泊と相まって, 日外目を出で, 日外目近郊の外祖父母, 日外相ピションは, 日外神田松永町の小熊屋, 日外私が数寄屋河岸, 日夙に須原を, 日多い時は, 日多きは三日七日, 日多ければ人, 日多分二百十日の頃, 日多田君は林, 日多鶴子は用事, 日夜々参詣シ又ハ王子ノイナリヘモ百日, 日夜こん礼にて小石, 日夜どおししても, 日夜な夜な出歩きを, 日夜ふかしが続く, 日夜まつの留守, 日夜アフリカコンゴオの林中空地, 日夜アリバイがはっきり, 日夜デートスコエ・セローで英男, 日夜一橋寺で食事, 日夜一洵居戦死, 日夜七時十二分永田青嵐逝く, 日夜上越地方の青年有志, 日夜中に二三時間, 日夜九つ過には, 日夜九つ時猿島郡新和田にて捕へらる, 日夜九時御殿場富士屋へ着, 日夜九時飯田町発の汽車, 日夜予日高郡妹尾に在, 日夜五つ下がりに道灌山裏, 日夜五ツ半時頃成瀬国助及俗事役壱人来リ, 日夜五ツ時頃高柳楠之助, 日夜仙台よりの汽車中, 日夜伏水ニ一宿仕候所, 日夜佐野町にて木下生, 日夜何処よりか一通, 日夜八ツ時半頃なりしが, 日夜八夜を遊び, 日夜八時東京監獄より押送吏, 日夜六時半会場は旭座, 日夜六時頃先輩の生駒君, 日夜兵火息む, 日夜具をおいれしました, 日夜処は上根岸, 日夜十一時十五分書終る, 日夜十一時頃備後鞆の近, 日夜十一時頃基ちゃんが門, 日夜十時ちかいころ, 日夜十時すぎ衆議院は通過, 日夜十時日本郵船会社汽船安芸丸に乗り込み, 日夜半薨去された, 日夜半踊児も散り, 日夜各自提灯を携え赴きたる, 日夜坂本渡辺畑宮本ら四人が刺殺された, 日夜夢に再び, 日夜夢中に現, 日夜夢告に成る, 日夜大阪に退き, 日夜妻と注目, 日夜姉を停車場, 日夜寿江子が帰り, 日夜平山陰謀を跡部, 日夜幸村と勝永天王寺, 日夜慶喜は回陽丸, 日夜戌の刻堂内, 日夜排便時に力んだ, 日夜放送用の, 日夜日暮里にて, 日夜更て門, 日夜月の出ずる, 日夜月明に乗じ, 日夜来旭の広瀬操吉氏, 日夜東京日日新聞主催の, 日夜東京駅ステーションホテル第十四号室, 日夜東都大地震, 日夜松山公会堂に於, 日夜気にかかる, 日夜永遠にかえらぬ, 日夜汽車でトリエスト, 日夜沢村源之助芸談を放送, 日夜盛政を始め, 日夜私は今日一日, 日夜素英に招かる, 日夜自宅のクローク, 日夜行に因る, 日夜行汽車にてブリュッセル, 日夜表アフリカコンゴオの林中, 日夜記忘れた, 日夜越前への帰国, 日夜道友会に於, 日夜鎌倉腰越の小動崎, 日夜間の活動, 日夜雪ふりて深, 日夜顔をあわせ, 日夢みが悪い, 日夢物語を聞かされた, 日夥しい兵馬が, 日大いに叱った, 日大きく胸を, 日大きに草臥れました故, 日大丈夫とすれ, 日大乗般若ヲ書スルノ料紙ヲ荷ヒ, 日大井へ出かけよう, 日大井夫人が僕, 日大人のうれし, 日大人しいにして, 日大使グルーの回想記, 日大倉郷の新邸, 日大分県別府の温泉客舎, 日大半は京都, 日大原は海外, 日大友は滞留, 日大司教が巡視, 日大名一夜乞食ということ, 日大和國たふの, 日大和御所町における差別撤廃講演, 日大地震うて, 日大坂ニ下り四日に蒸気船ニ両人共ニのり込ミ, 日大坂城へ帰り, 日大坂表出発水陸通行同夜伏見表に止宿, 日大城へ導かれ, 日大声で喚き, 日大天井岳頂上で零下五度, 日大学生が前, 日大将から院, 日大将兀突骨は白象, 日大屋敷の人達, 日大層天気が, 日大山崎と申所, 日大山県令から西郷, 日大工を雇っ, 日大役をお, 日大手御帳面調, 日大手勤番被仰, 日大手勤番加番面番被仰, 日大手勤番水之手, 日大手拓次君病歿妻と行き, 日大抵十月の, 日大方法事を, 日大方人去りて, 日大日本帝国の紀元節, 日大晦日の夜, 日大本営発表としてサイパン島守備, 日大村益次郎は直人, 日大村西崖氏が見え, 日大東学園病院から帝, 日大林入口のシムラ, 日大根畠に入るべからず, 日大槌川にて水浴, 日大樹公御東下, 日大毎に連載, 日大江姓に遷, 日大江広元の名, 日大河原を経, 日大泊港を出帆, 日大洗海岸で暴風雨, 日大浦の天主堂, 日大渡をつき破り, 日大湊にとまれり, 日大澤の温泉, 日大火だと, 日大矢シヅが言った, 日大石は令状, 日大磯で歿, 日大空に向っ, 日大竹貫一の宅, 日大統領グラントに謁見, 日大臣の所, 日大臣官房において中村氏, 日大臣家へ行く, 日大蔵省の中, 日大衆は実に, 日大西一外逝去せし由, 日大西溝の激戰, 日大詔一下して, 日大谷塋亮君および市川代治氏, 日大辻が始め, 日大連着そこで父, 日大野の町, 日大野治房同じく道犬等, 日大長谷皇子のところ, 日大阪おばあさんが学校, 日大阪市浪速區鴎町一丁目に生れた, 日大阪未決監獄において時に, 日大阪桃山にあそぶ, 日大隅國大地震, 日大隈板垣へ大命, 日大震災記念日昨日の今日, 日大須賀康高に武装解除, 日大風洪水三に閏八月二十八日, 日大風洪水二に八月四日大風洪水, 日天さんがお, 日天下であって, 日天井をボンヤリ, 日天井裏にすわり込む, 日天和堂から出まし, 日天土を雨, 日天城山の北, 日天子奔せ出, 日天幕を出, 日天晴れ気澄み渡り鏡, 日天柱拆け地維, 日天気晴朗なり此晨歩, 日天気晴朗南西の風, 日天気続きで土, 日天油然と驟雨, 日天津にて発行, 日天満社の参礼, 日天狗にさらわれ, 日天狭霧国禅月国狭霧尊の化生, 日天皇濱主を清涼殿前, 日天皇親臨王政復古の大, 日天祥丸以外, 日天祥丸のセーラー, 日天秤宮に入る, 日天羅国の班足王, 日天象は日々, 日天野が出発, 日天野君をゆう, 日天長節の式, 日天長閑に晴れ渡り, 日天雨を注がぬ, 日天願などという名, 日天香さんと話し, 日天龍寺落慶式に尊氏, 日十は, 日太夫の位, 日太子は天子さま, 日太子浴するとて, 日太孫をし, 日太宰府へ転進, 日太平洋上の風波, 日太平洋戦争になった, 日太政大臣忠平から中宮, 日太洋の浪, 日太田が熊吉, 日太田君がぶらりと, 日太祖太子に問い, 日太虚の病, 日夫乞食に出る, 日失せたり, 日失恋の歌, 日失神状態で絞首台, 日奈久温泉織屋, 日奈久温泉三角港小天の湯, 日奈良井を發, 日奈良京都への出張, 日奉公人は主家, 日奏覧を終えた, 日奥がたにむかっ, 日奥さんお嬢さんそれに女中, 日奥医師が六人, 日奥州東北の地, 日奥平の屋敷, 日奥座敷を出ず, 日奥畑を送り出した, 日奥穂高へ登ろう, 日女たちはどこ, 日女人魚はこの大した, 日女大の菅支那子夫人, 日女将は輪袈裟, 日女島という島, 日女御前と同じ, 日女文字で書いた, 日女王さまは鏡, 日女画学生のズラリ, 日女道から杉坂, 日好い時刻の, 日好きなだけ, 日好日也事々また好事也, 日如何なる服装で, 日如己堂においてこの, 日妄想に悩んだ, 日妖怪に出会った, 日妙經百部繪島殿とある, 日妙義山麓の陣場ヶ原, 日妹とし子あすは嫁, 日妹娘がいつも, 日妻女山に着いた, 日妻子を招い, 日妻子及飯田安石家内之者召連福山え発足, 日妻安産仕女子出生, 日妻恋坂では伊賀, 日妻政子が女房数輩, 日妾宅を訪れ, 日姉さんの話, 日姉たちの家, 日姉ちゃんに会えない, 日姉妹の月, 日姉崎博士と会し, 日姉川大地震, 日姉弟は夕食, 日てこれ, 日始めて天気に, 日始皇の驪山, 日始至三初月三日止, 日始謁公賜酒食及菓子諸文具等, 日姐さんから少し, 日委員会に反対, 日委員会新聞用紙割当改正更にあらゆる, 日委員会法に反対, 日委嘱により別府, 日の墓前, 日姫さまの関東, 日姫君に添っ, 日姫川を下っ, 日姫路スキーの連中, 日姫路着九日には尼ヶ崎, 日姿見の池, 日威張ってこの, 日威張つてこのお, 日威海衛港外風氷る夜, 日娘たちをわざわざ, 日娘子だろうという, 日娯しんでゐられた, 日あさん, 日婆様の老松, 日がき, 日婦人デーにはもはや, 日婦女どもが食物, 日婦長に話, 日媒妁夫妻は小, 日に向かっ, 日はその, 日がうち, 日やな, 日嫩会の人々打ち, 日嬉しい程だ, 日嬉しくて九時頃眼, 日も検分, 日嬢様に向, 日嬰寧が陽, 日子どもは魚たち, 日子供達は昨日, 日子守に背負, 日孔子にたずねた, 日孔生は公子, 日字句の訂正, 日存八の反撃, 日存分に休みたい, 日孝ちゃんの助手, 日孝二の立っ, 日孝子塚を見る, 日孝謙天皇王臣等を召し, 日学生たちに周さん, 日学用品を買う, 日学監はクラス, 日学習院輔仁会において述, 日孫乾の使い, 日孫悟空に向, 日孫権に召された, 日學習院の運動會, 日宇佐八幡宮に賽, 日宇品港から出航, 日宇土を二日, 日宇治山田の米友, 日宇治橋の戦, 日宇治猿楽成敗の際, 日宇津はこの, 日宇津木兵馬は同じ, 日宇津木文之丞, 日宇都宮へ着く, 日のたち, 日守山から湖水, 日安倍野を過, 日安国寺さんが来, 日安土御発向, 日安場がきた, 日安寧秩序を紊亂, 日安永は月給, 日安永八年九月晦日に起りたる, 日安治川のほう, 日安藝宮島の市, 日安藤帯刀老人が越前守, 日安行僧都に勅定, 日安達の顔, 日安鉱業に一歩, 日安靜にし, 日宋交流の途, 日宋公が国王, 日宋文化への大きな, 日宗厳から命じられ, 日宗右衛門は生来, 日宗家を継いだ, 日宗悦は新左衛門宅, 日官三人の罪, 日官人たちが各, 日官兵衛は軍使, 日官報をもっ, 日官立某大学, 日に迷っ, 日助が, 日定休日が出来る, 日定例の袋敲き, 日定例閣議の席上, 日定刻に主人, 日定基にむかっ, 日定家を訪れた, 日定期の連絡, 日うございます, 日の市, 日宝寺城に凱旋, 日宝島当番の者, 日文化七年三月也夫知己相待之, 日実になるよう, 日実君も既に, 日実験室にとじこもっ, 日客間で彼, 日客館を出, 日宣戦布告と同時に, 日宣旨法橋磐安宜叙法眼, 日宣旨磐安宜叙法橋, 日室内点検の獄吏, 日室戸丸は, 日室戸岬へ, 日室生は遊び, 日室生犀星氏を訪ね, 日宮さん善く覚え, 日宮内は頭痛, 日宮内省からは広幡侍従, 日宮地翁は万彦, 日宮寺に参籠, 日宮戸川に網, 日宮本が網走刑務所, 日宮本顕治は東京地方委員会, 日を被る, 日宴会があっ, 日宴会帰りの酔い, 日のほどふと, 日宵闇の薄暗く, 日家の後の牆, 日家人が寝, 日家具仏具などの油, 日家出の当日, 日家宣は白石, 日家居空想的希望で家, 日家持の作った, 日家族の大, 日家来を大勢, 日家相家が余, 日家臣に命じ, 日容疑者として住所不定小林三郎, 日宿下りして, 日宿戰平風雨終夕今自臨川, 日宿房の大黒, 日宿泊をさせ, 日宿老の職, 日宿老たちが上杉景勝, 日宿舎に当てられた, 日宿雨初晴, 日寂しい道を, 日寂寞に閉ざされる, 日寄って見る, 日寄宿舍の窓, 日寄手鬨の声を揚げる, 日寄附かなかっ, 日寅彦君は初め, 日寅時に発し, 日密かにその, 日寇家へは三娘, 日富士をまとも, 日富士山に登り, 日富士川さんの家, 日富士見の病室, 日富山中は真暗, 日富田の正徳寺, 日富裕な理髪兼外科医, 日寒かったわね, 日寒吉は早朝, 日寒気強し, 日寒気厳冬の如し, 日寒空に切り株, 日寒空一パイに星, 日寒霞渓に至り, 日寒風の中, 日寛三郎様御嫡子御願之通被為蒙仰候依之為祝儀若殿様, 日寛斎は椎, 日寛殿計らひにて, 日寛永十九年三月七日安永八年九月晦日に起りたる, 日寝こんでいる, 日寝こんだかと思う, 日寝ずに通しまし, 日寝ついてしまった, 日寝てた後で, 日寝ないだって平気, 日寝なかったせいです, 日寝ましたなら先立つものは, 日寝られないんです, 日寝られねえで身体中掻毟って, 日寝るんだ, 日寝れば正月, 日寝乱れたまま出, 日寝室のドア, 日寝泊りして, 日寝転んでぱらぱら, 日寝込んでそして, 日寝込んだ夫婦も, 日寝通したことでございました, 日寝過ごして次, 日寢轉んでゐた, 日實信女文化十二年乙亥正月十七日と書し, 日實居士である, 日寧子や女ども, 日寮生の一人, 日寶泉寺で會談, 日寸念でもよい, 日寺僧が庭, 日寺島村によぎりき, 日寺文化はちょっと, 日寺田寅彦と毛筆, 日寺田屋へ結いた, 日寺男を指図, 日寺町宗仙寺墓あり六十歳, 日寺見学も猪苗代湖一巡, 日寺関係の物, 日寺院の障子, 日対岸に啼く, 日寿は五十六, 日寿命を縮める, 日寿平次が持っ, 日封切の筈, 日封建的文化は崩壊, 日専斎は六歌仙, 日射殺の判決, 日将来の事ども相談, 日将校が四, 日将軍はついに, 日将軍上洛二十一日一会桑暴に朝廷, 日将軍徳川家茂は柏軒, 日尊良宗良の二皇子, 日尋ねて再び, 日尋ね入ったところ或, 日尋常科の三年生, 日尋常誰と与, 日尋常誰與坐從容, 日導師をつとめたる, 日小さしまだ遅から, 日小さんは何, 日小まめに体, 日小一条のやかた, 日小使がやつ, 日小使室に居ました, 日小使部屋に居た, 日小僧の鶴吉, 日小吹平須を掠め, 日小地震三月八日亦小, 日小坂氏と相談, 日小太郎山へむかった, 日小姓を集め, 日小学校中学校は休, 日小学部職員父兄を招集, 日小學校時代の氣, 日小山内氏が原稿書き, 日小川町通の古本屋, 日小手差原にて戦い, 日小春今治に二日, 日小春凪で暖かい, 日小杉卓二は到頭, 日小松を引い, 日小松寺にて女童, 日小林さんの経営, 日小林一三氏に逢, 日小林秀雄が大学, 日小林輝次君失業せる由, 日小柳雅子は慰問団, 日小栗はずかずか, 日小栗風葉氏の弟子分, 日小歌は遠出, 日小母様のところ, 日小泉は同窓会, 日小浜に着く, 日小生喀血の事, 日小生評定所御呼出しこれ, 日小田県に而家禄奉還金, 日小石川にまいる, 日小石川三石坂に蛇, 日小笠原少斎, 日小舟を出し, 日小花が行方不明, 日小花羽黒公爵家へ奉公, 日小萩は万一, 日小蒸汽船にて旅順, 日小諸城趾を見物, 日小諸町から善光寺街道, 日小諸附近から小, 日小谷城を出, 日小遣の水の手, 日小野の, 日小閑を得, 日小間使小松の失踪, 日小隊長は腹部, 日小集韻兼似柏軒, 日小雨庭上に梅, 日小雪のちらつく, 日小頭の鳶六, 日小黒部を下っ, 日少々ぐったりとした, 日少きを以て文献徴, 日少しゆっくり話したいこと, 日少なからざりしならん, 日少なくも一人か, 日少佐はエルスベルゼ兄弟, 日就月将の繁栄, 日就職口を探し, 日尺八をふい, 日尻端折つた單衣の縮んだ, 日尼ヶ崎辺から乗船, 日尼出でその, 日尼御台さまとよもやま, 日尾上菊之助死す三十歳, 日尾山城の前田利家, 日尾崎さんの前, 日尾崎文部大臣の大, 日尾州徳川様が参覲交替, 日尾州清洲の植原次郎右衛門, 日尾瀬中納言卒去骸骨ヲ沼ノ上ニ納メ, 日尾瀬殿邸ヲ発セラレ, 日尾羽打ち枯らした薄汚い, 日尾道としては珍しく, 日尾道油屋の夜宴, 日尾関は, 日を休ん, 日局外中立を宣言, 日居た自分は, 日居ってもう, 日居ないと損する, 日居なくっても好い, 日居ねば寂し, 日居りそれから刑務所, 日居りましたが日本人, 日居りまする中に, 日居付いたらどう私達, 日居合せた大勢の, 日居所をくらまし, 日届いた新聞にも, 日届かなかったので私, 日届けるように, 日屋形に姿, 日屋戸野入道に付し, 日屋根裏へ昇つて行つてキキイ, 日屑物を買っ, 日屠場に引ずられ, 日屡々なんの, 日履いて來, 日山の上で濛々, 日山の端の松, 日山ふところの日当り, 日山キの主人, 日山上で労働, 日山上火有り土石, 日山下奉文氏と汽車, 日山入厳禁の命, 日山口定雄死す四十七歳, 日山吹きのしん, 日山吹社中の重立った, 日山寺に泊った, 日山小屋に在りし, 日山崩れ海湧くの大事, 日山巓兩中の地爆裂, 日山川と荒畑, 日山形の奇士, 日山本は源吉, 日山本夫妻沓掛よりガタ馬車, 日山本村家逝く曩, 日山本鹿州氏から聞いた, 日山東の兄弟, 日山田三造は追悼会, 日山県内閣が組織, 日山科から三挺, 日山羊は一疋, 日山谷は豹一, 日山道を心がけた, 日山門から人, 日山間の静寂, 日山陰に小さな, 日山陽が広島, 日山階宮晃親王殿下の若宮菊麿王殿下, 日岐阜城へ向っ, 日岡山県美作国真島郡下方村妹尾与一郎氏方にて一, 日岡崎にはいった, 日岡村とお, 日岡田の厄介, 日岡田耕作至る, 日岡田首相と会見, 日岡谷半嶺, 日岩倉右大臣邸で持たれた, 日岩倉村へ出かけ, 日岩城の平, 日岩手上郷に一日, 日岩手富士を見る, 日にかかり, 日岳父が婿, 日岸野氏宅に至り, 日から其処, 日をはなれつ, 日の茶屋近く, 日峰々には残雪, 日島中武村兵曹と私, 日島原領有馬村を発火点, 日島吉兄哥が隱居所, 日島崎氏と何くれ, 日島木赤彦土橋青村二君と共に温泉嶽, 日島津の太守, 日島田三郎が信濃屋, 日の縁端, 日崖上の私, 日崖下の子, 日崩れてゆく, 日崩御あらせられて, 日嵐山に遊ぶ, 日嵯峨にて, 日の嶺, 日の上, 日川べりを歩い, 日川前に遊び, 日川奈で休養, 日川村節子さんは式服, 日川止めに遭った, 日川氷解け初め, 日川端玉章手づからこれ, 日川越しをする, 日川辺みさ子は何, 日川霧の向う, 日にては河童, 日巡廻し来れる署長, 日巣鴨の獄, 日工場地帯を爆撃, 日工学博士末広恭二君の死, 日工料四匁二分飯米料一匁二分をうく, 日工部学校の前, 日左京之介, 日左倉少佐を訪ねた, 日左千夫君百穗君と共に雨, 日左千夫鯉三尾を携, 日左右の人々, 日左大将御直衣始, 日左官の仕事, 日左膳のもと, 日左記の通り処分, 日左門は金井家, 日左馬頭兼伊予守に拝せられ, 日巨勢博士と私, 日差し入れの弁当, 日差上げ置き候書得と, 日差向いでいる, 日差天神の山あい, 日差山その他には毛利, 日差縄五十日直鞍五十日, 日差配が来, 日己丑天晴京極侍従三位相伝の私, 日己亥今日御書, 日己亥将軍家寿福寺に御, 日己亥晴京都の使者参, 日己亥晴将軍家聊か御, 日己亥晴広元朝臣御所に参じ, 日己卯今日仰下されて, 日己巳晴未剋地震, 日己酉天晴夜に入, 日己酉天晴広元朝臣奉行として御教書, 日己酉天陰ル時々小雨, 日己酉天霽鎌倉中に兵, 日己酉諸人の愁訴相積, 日己酉霽地震鷺の怪, 日己酉霽将軍家烟霞の興, 日已未後にし, 日巳之助がランプ, 日巳代吉は手頃, 日巳刻に伏見, 日巳刻ごろ俊成が撰集奏覧, 日巴旦杏の実, 日巴理を探険, 日巴里市外サント・ドミニック修道院に於, 日巴黎なる里昂停車場, 日巷談屋の身, 日の時計, 日市ノ城も攻め潰し, 日市九郎の努力, 日市俄古に招待, 日市内すべてが人, 日市十郎は病気, 日市参事会は街鉄私設, 日市外コネー島に遊ぶ, 日市川新蔵, 日市川左団次死す六十三歳, 日市川左団次演劇研究のため, 日市川権十郎死す五十七歳, 日市木さんが写生, 日市村座と守田座, 日市民は業, 日市河原で自転車, 日市浦山船見泊など沿岸, 日市町附近に終っ, 日市蔵がまたふらり, 日市街道を, 日市道葛野道などの三ツ, 日布冠をいただい, 日布半の樓上, 日布団にもぐりこん, 日帆村の事務所, 日帆走し聊か, 日希商会というの, 日帝劇で父, 日帝国ホテルに開かれし, 日帝国議会が始め, 日帝大の美術史研究室, 日帝楊葉程の三人, 日帝玄徳も微酔, 日師匠助六が言った, 日師直師泰の兵, 日師範学校の生徒, 日い解いて, 日帯刀様から使い, 日をする, 日帰してしまい, 日帰つて五百に謂, 日帰らなかったある夜, 日帰らぬとてすぐ, 日帰らねば必ず, 日帰りしなにコッソリ公会堂, 日帰りゃあせず売るものが, 日帰り道で彼女, 日帰れることやら, 日帰ろう道場へ, 日帰リスルニハ日程ガ少シ無理ダカラ, 日帰住被差許, 日帰塲す, 日帰朝の彼, 日帰朝早々から風邪, 日帰来過山口聯玉家, 日帰着二十七日ということ, 日帰航の途, 日帰路につく, 日帰途に弁天, 日帰郷之御, 日帳場にすわっ, 日帳簿などを調べた, 日帶廣を大雨, 日帷幕に会, 日常に我が家に, 日常念岳から二, 日常磐の手, 日常磐津林中死す六十五歳, 日常陸の国, 日常陸国上根本村の百姓, 日常陸國平潟の港, 日常陸國鹿島郡の南端, 日幇間の幸三郎, 日を深く, 日幕下の李湛, 日幕合の長い, 日幕吏は突如, 日幕命を以て天狗方, 日幡家の老, 日幡景親どのと共に惨敗, 日幡景親様へは直接, 日幡松島庭瀬などの主要, 日干しならべた小麦束, 日干せば臭え, 日の町, 日平一郎は幾度二階, 日平八郎の母大西氏歿, 日平八郎以下二十人を鳶田, 日平八郎父子死す, 日平八郎等の獄, 日平和克復の大詔, 日平均一四時〇九分間放送されて, 日平均七・七一の労働時間, 日平均七十トン位だと, 日平均七十円内外一坪当り約六円, 日平均七千個だと, 日平均三人三分の割で製造, 日平均三合宛飲んだと, 日平均三四通はあるべし, 日平均三百円ぐらゐのお金に売れる, 日平均二十粁は歩きました, 日平均二枚乃至五枚, 日平均二百四十人である, 日平均五六百本の針, 日平均五十円に達し, 日平均八キロの行程, 日平均六〇フランの収入, 日平均六噸七の重量, 日平均十一哩半は走れる, 日平均十一枚小説をかいた, 日平均十五リブラの食料, 日平均十時間労働で一円五六十銭, 日平均千円の収入, 日平均四十円以上である, 日平均四時間の睡眠, 日平均数百円の多き, 日平均百三十万人の人間, 日平均百三十万人分の公衆食事, 日平均百頁の本, 日平常のとおり, 日平戸王女優数輩を従え, 日平氏在西國, 日平泉に百年, 日平温位にと, 日平湯を経, 日平群眞鳥は詔, 日平野君はおねえ, 日年ちゃんのお家, 日年の瀬を慌ただし, 日年七十一歳でこれ, 日年九十五で大, 日年二十二歳熱病で死んだ, 日年五十六で歿, 日年前四時の頃, 日年寄りはしまっ, 日年越からは正月, 日幸内がお, 日幸吉はジャック, 日幸坊が学校, 日幸子さんはどう, 日幸村は最後, 日幹事から私, 日幹夫は父, 日幹子は学校, 日幼児を背負い, 日幼王が此石像, 日幼稚園にいる, 日居の, 日幾千人を数えた, 日幾千歳しろしめす, 日幾夜常磐はわれ, 日幾島暁太郎はなに, 日幾百日の幻想, 日幾百足という規定, 日幾群れともなく廻っ, 日幾許って手間, 日の奥, 日土間の, 日広々と海, 日広小路へ売卜, 日広島表御用有之早々, 日広東韶州府の西城, 日広河原に行きなさる, 日庄三郎は仕舞い込ん, 日庄右衛門は庭, 日庄吉は堅吉, 日庄太郎は絶え, 日床屋を呼ん, 日庚午小笠原御牧の牧士, 日庚午晴申剋尼御台所御還, 日庚午晴酉剋地震戌剋地震同時に雷鳴, 日庚午聖徳太子の十七箇条, 日庚子晴戌剋鎌倉中聊か騒動, 日庚子霽終日風烈し連, 日庚寅天晴未剋, 日庚戌御所に於, 日庚戌晴義盛今日又御所, 日庚申海水色を変ず, 日庚申霽内蔵頭忠綱朝臣勅使として下向, 日庚辰幕府に於, 日庚辰晴辰刻将軍家並びに尼御台所, 日庚辰霽相模次郎朝時主駿河国より参上, 日に着い, 日府下の各, 日府下芝区三田慶応義塾邸内演説館において同, 日府中刑務所で今野, 日府中豊浦の海, 日府県の経済部長達, 日座つてゐるの, 日座光坊のあるじ, 日座右にありし, 日庭上に草本廿巻, 日庭先から梢, 日に居た, 日庵中独坐に堪へかね, 日庵北條時宗の墓, 日庶民生活の中, 日康正二年二月二十三日などそして, 日されたところ, 日庸人夫に出る, 日庸介が自分, 日庸書檄を作り, 日廉介は一枝, 日廊下にてはたと, 日くなり, 日延したので明日, 日延すことに, 日延ばされてしまった, 日延ばされるのであった, 日延びたことは, 日延びますが, 日延びるだけのこと, 日延びれば延びた, 日延べたとて判る, 日延ニ到ル, 日延太夫は常時, 日延徳四年正月二十五日明応元年十二月二日同二年十二月二十日等, 日建塔の爲め, 日廻っていた, 日廻りの花, 日廿一日が神田, 日廿三日の朝刊社会面, 日廿九両日邦楽座に於, 日廿五日続て, 日廿八日の祝い日, 日廿日となる, 日廿日新田の訪問, 日廿日過ぎにしかばやうやう, 日弁当を持たせ, 日式日には自身, 日弓之助は屋敷, 日弓之進が伺候, 日籠ったところ, 日引っこしを, 日弘前に於, 日弘前市の廣田博君, 日弘川寺で世, 日弟さまの皇子, 日弟子入し, 日弥次郎の父, 日にてその, 日弱冠二十六歳にし, 日は其の, 日張り込みましたよ, 日張半平博士を訪ね, 日張合もなく, 日張子製に金銀泥, 日張家所有の地所, 日張山荘の手伝, 日である, 日強制疎開によって私たち, 日強行させる筈, 日当の犯罪事件に, 日当りながら落ち, 日当り三合では, 日当り千百円の宿泊料, 日当り平均十二三円となる, 日当世風の人たち, 日当会から師匠, 日当地の植物採集会, 日当山の温泉ニ止マリ, 日当山説教と貼紙, 日当時オーストリア帝国領であったプラーク, 日当時土佐の藩獄, 日当然彼も, 日当番でヒマ, 日当面のしのぎ, 日当麻越えより, 日形勢を見, 日形容できないよう, 日形影共に悲しむ, 日形貌非常に光彩, 日彦七は若い, 日彦右衛門が槙島, 日彦麿はじめ二三の内弟子, 日彩色の届けられた, 日彷徨いていた, 日役人の一人, 日役員たちの集まった, 日役場の空地, 日彼ら主従がオダル, 日彼城主の唯一, 日彼女等は救われるだろう, 日彼媼さへひねもす, 日彼方の遥, 日彼方此方の花, 日彼烏啼は新しい, 日彼穀物問屋の前, 日彼等夫婦は, 日彼處に一日, 日彼那だったので, 日往かずにいる, 日往きはもう必ず, 日往くともなし, 日往則月来月往則日来日月相推而明生焉寒往則暑来, 日往復いくらになる, 日往復三十四マイルに及ぶ, 日往復二十三マイルなり, 日往復五十二マイルなり, 日往生する, 日征長御出馬御供, 日に待つたる, 日待たすとはしびれ, 日待たなければならない, 日待ちかまえていた, 日待ちくたびれてたのだらう, 日待ちなせえよ, 日待ち給え考えておこう, 日待っててくれ, 日待てないかい, 日待て呉れろソレは, 日律師が訪ね, 日後いつ誰がした, 日後ここの支配人, 日後それをこころみた, 日後つぎの如き, 日後ろに一立齋廣重, 日後わたしはあそこ, 日後ウィスキイは私, 日後オリエンタルホテルの見合い, 日後クリストフは自分, 日後ゴーリキイに云った, 日後ド・メッスは帰国, 日後ニネヴェ・アルベラの地方, 日後プラークの日刊紙, 日後ベスがいいました, 日後マルクープ老人の一寸, 日後レヴィー・クールにまた, 日後一人で歩き回り, 日後一古鏡の鼻, 日後一家全員で写真, 日後三高吉太郎氏は寒吉, 日後丸山ですと, 日後主劉禅は, 日後久子は退院, 日後仕事が変っ, 日後伸子たちは一通, 日後僕はお, 日後僧侶たちによる死者覚醒, 日後先になる, 日後八月末の息苦しい, 日後公娼廃止反対の陳情, 日後動坂からまた, 日後勝則は料亭, 日後北の丸の寧子夫人, 日後十一月十七日日本軍は全線, 日後十六堂会の事, 日後十月七日そのスタート, 日後同様の方法, 日後名古屋から絵ハガキ, 日後喜多公がやっと, 日後四月も半ば, 日後土方と会い, 日後圭介は急, 日後坂本急に新潟, 日後堀河院が崩御, 日後堺の宗易どの, 日後墺国に有利, 日後夕方から私, 日後夜の広小路, 日後大川に浮い, 日後大隅忠太郎君は折鞄一つ, 日後奇妙な事件, 日後子路がまた, 日後学校の教師, 日後宗右衛門町の友恵堂, 日後室生川の崖, 日後小塚検事に証拠, 日後山口は波多野邸, 日後山岡を飯食い, 日後山田鈴木両君に会つて, 日後崔之庚, 日後川手氏の元気, 日後床を上げさせた, 日後急に菜穂子, 日後悔して, 日後憲兵隊で聞いた, 日後手に縛っ, 日後折柴と話し, 日後新之助が島崎勇次, 日後新聞紙で綺麗, 日後方の支流, 日後旧盆に仲造, 日後春季の詩, 日後時次郎がまた, 日後朝新聞をひろげる, 日後村尾さんの報告, 日後東京市の大, 日後東野の講演会, 日後柴田巳之助は心臓, 日後森成さんが病院, 日後楠木正季の一隊, 日後横浜で捕われた, 日後正造は帰郷, 日後死ンデ浮上ツタガソレヲ喰ツタ人ハ死ン, 日後波多野邸から高石邸, 日後深谷の屍骸, 日後町の市場, 日後病院が一哩, 日後石井さんにお目にかかった, 日後福は死んだ, 日後秦啓源はほぼ, 日後竹村書房へ行っ, 日後箒をもっ, 日後者はフランス, 日後耕吉はひどく, 日後舎弟が東大図書室, 日後菊ちゃんの報告, 日後誰もいない, 日後議会は全員, 日後豎牛が叔孫, 日後道綱が, 日後醍醐天皇は王政復古, 日後金はベシイ, 日後金五郎宛東京から電報, 日後長谷川に言った, 日後食堂ではる子, 日後骨壺を抱え, 日後高島の海辺, 日後魔境へ向う, 日後鰐皮の手かばん, 日後黄村先生からいただいた, 日徐々に雲が, 日徒手安坐して, 日徒歩で中房温泉, 日徒為になる, 日徒然なの, 日従三位に叙, 日従二位建保元年二月二十七日正二位このころ, 日従四上同二年十二月九日正四下, 日従四位上に叙せられた, 日従来一個の文学者, 日も寝られず, 日得々として孔子, 日得意先まわりもしない, 日御供出立に付行飲, 日御供番無足之場, 日御供番不足之場に被, 日御前の聲, 日御前岳へ往復, 日御台所も御, 日御堂の中, 日御寮人さんを呼寄せ, 日御岳山上へ関八州, 日御崎というもの, 日御崎それから焼津, 日御崎トウビョウもみな, 日御嶽より松島村, 日御座あっても, 日御廟を開い, 日御所焼失せるに, 日御方の軍千人, 日御機嫌よく, 日御殿場口から富士, 日御用がす, 日御用出府同年六月七日暫御差留同日丸山学問所へ罷出, 日御用始メノ夜ニ何者トモ知ラズ狼藉者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, 日御用方へ相, 日御用番久世大和守殿に左, 日御目見得に来