青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「旗本~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

旅~ ~旅人 旅人~ ~旅行 旅行~ ~旅館 旅館~ 族~ ~旗 旗~
旗本~
~既に 既に~ ~日 日~ ~日々 日々~ ~日光 日光~ 日向~ 日常~

「旗本~」 1624, 18ppm, 6498位

▼ 旗本~ (533, 32.8%)

7 家に, 次男で 6 屋敷へ, 次男の 5 屋敷で, 株を 4 お屋敷, 屋敷が, 屋敷の 3 お使い, お部屋様, 一人が, 名誉が, 屋敷に, 屋敷は, 後家の, 御次男, 次男三男の

2 [34件] いいところ, うちから, うちでも, うちに, お嬢さんで, お邸, すること, だんなが, ような, 一人で, 一人へ, 中で, 中の, 中へ, 古屋敷を, 士である, 士を, 奧方から, 妾に, 寵者に, 次三男, 次男に, 次男坊で, 殿様が, 用人と, 用人を, 若様の, 跡取, 間には, 隠居に, 隠居や, 面々も, 面目の, 鼻を

1 [390件] あいだに, あつまりと, うごくまではと, うちか, うちにも, うちの, うわさだの, おしのびらしい, おちぶれ兄弟, お名前, お妾, お妾さん, お嬢さんどうして, お嬢さんまことに, お嬢さん剃刀で, お嬢様が, お嬢様それで, お嬢様で, お嬢様では, お嬢様とか, お嬢様として, お孃樣, お家騒動を, お次男坊, お歴々でございます, お殿様, くずれであったり, この名物男早乙女主水, その身分素姓, だんなの, つれづれを, とこへと, なかでも, なかに, ひしひしと, へっぴり侍, ほうの, むすめ, よき手嗜み, オレが, ハシクレだ, 一の, 一人, 一人だ, 一人であり, 一人の, 一士淵辺伊賀守という, 一族に, 一脈が, 一語を, 一軒や, 一騎は, 万端の, 三男で, 三男である, 三男に, 三男の, 三男を, 上に, 下屋敷かの, 下屋敷だ, 下屋敷で, 下屋敷には, 下屋敷の, 下屋敷ふうで, 中から, 中には, 中坊陽之助が, 中堅とも, 中間武助が, 主人が, 主人であろう, 事を, 二男三男と, 二男坊の, 二百人が, 人々を, 人身御供に, 代理で, 代理人とな, 伜な, 伜の, 住んで, 体の, 何て, 何とかの, 何んとか, 侍で, 侍どもから, 侍は, 側室と, 元は, 先ず御, 兵の, 内へ, 内室といった, 内證事, 内輪を, 冷飯食いで, 冷飯食ひか, 分際で, 列から, 列に, 別荘とか, 勢も, 勢を, 千二百石剣の, 叔父から, 取締は, 取締りを, 古いひろい家, 古屋敷で, 古屋敷であった, 名にかけて, 名を, 名前位は, 名家の, 向背は, 味噌摺用人と, 咽喉を, 囲い者だ, 固めに, 国賀帯刀の, 地位から, 墓だろう, 士が, 士は, 士四百騎が, 士天野西次郎一番槍であった, 多かった, 大きな屋敷, 大名屋敷の, 大国平馬や, 大家の, 大家へ, 大身であった, 大身である, 大身に, 大部分, 天下は, 天下御免なる, 天野源右衛門は, 奉公人で, 奥さまで, 奥向より, 奥方に, 奥様に, 女房は, 如く悉く, 妻女が, 妾, 妾お, 妾だ, 妾で, 妾でありましたなら, 妾の, 威厳が, 威権あり, 威権を以て, 娘, 娘じゃ, 娘である, 娘です, 娘と, 娘の, 娘若い, 子供じゃ, 子孫だ, 子弟が, 子弟だけに, 子弟でも, 子弟とか, 子弟の, 子弟次男三男厄介に, 安泰と, 宝木曽街道の, 家が, 家で, 家であった, 家は, 家へ, 家屋敷あるいは, 家庭親の, 家族と, 家来で, 家柄な, 将士を, 小勢であろう, 小田切久之進は, 小野朝右衛門の, 尻押しで, 屋敷かと, 屋敷だ, 屋敷であったらしい, 屋敷です, 屋敷としては, 屋敷も, 屋敷や, 屋敷らしい, 屋敷を, 屋敷内に, 屋臺が, 山吉玄蕃と, 山田新, 市川主膳千坂内膳和田兵部芋川平太夫なども, 師匠, 干物は, 当主や, 彼が, 後見者に, 御主人, 御側女, 御先祖様, 御用人さまが, 御隠居, 御隠居様, 忰で, 性根のほど, 息子ぐらいにしか, 息子で, 息子である, 悪童共水野十郎左衛門加賀爪甲斐が, 惣領を, 意気地なし, 意気地を, 手の内まった, 手引で, 扱いどころか, 押しも, 持ち物であった, 放蕩息子らが, 数騎を, 方が, 早乙女主水之, 暴挙を, 書家か, 有力家の子であった, 有名な, 末孫幕末の, 末席を, 本来なる, 李典が, 松浦左膳の, 某を, 柱石なれ, 株でも, 株の, 格式以て, 格式通り供揃いせい, 梶原正二郎という, 梶浦兵七郎に, 極印打った, 標本であった, 標本みた, 横暴に, 次三男か, 次男だ, 次男であった, 次男であり, 次男三男, 次男三男という, 次男三男大店の, 次男三男諸, 次男仲の, 次男力石三之丞これが, 次男坊である, 次男坊と, 次男坊は, 次男坊達が, 次男小さい, 次男恩地主馬は, 次男杉次郎, 次男池田喜平次酒屋の, 正面が, 歴々だ, 歴々だけ, 死後相続は, 殿さまか, 殿様だ, 殿様でも, 殿様と, 殿様な, 殿様や, 殿様らしく見えた, 殿樣なんか, 気品と, 沽券が, 渡り用人である, 激戦の, 無情な, 爲に, 片柳という, 犯しがたい, 瓜生保を, 用人で, 用人でございました, 用人などが, 田地で, 相当の, 眼玉とは, 知行が, 知行地での, 神尾主膳は, 神津右京樣が, 程普とか, 空屋敷が, 立派な, 精鋭と, 精鋭は, 精鋭中から, 精鋭中の, 経済は, 給仕役を, 総領娘だ, 織田雄之, 群れの, 老人に, 職分立つ, 背後に, 若き武士, 若侍, 若様で, 若様でありました, 若樣, 若殿だけに, 若殿である, 若殿との, 若者が, 若者達喧嘩口論し, 落合左平治であった, 藪様と, 藪紋太郎が, 藪紋太郎は, 藪紋太郎殿, 蟇本多の, 血の, 血統を, 衆が, 行列の, 行状素行にわたる, 要路の, 諸将, 貫禄が, 貫禄を, 跡取りの, 身で, 身分の, 身分ほいと賤人を, 近藤無, 連中は, 遊び友達で, 遊女が, 遊山旅そんな, 運の, 道楽者にゃ, 邸でも, 邸に, 邸内までが, 配置を, 野呂馬息子が, 金箔つきな, 錚, 長坂刑部と, 長屋門らしき, 間では, 間の, 間後には, 陣屋の, 陪臣それから, 隠居が, 隠居で, 隠居であった, 隠居でありました, 隠居でも, 隠居と, 隠居は, 隠居所とも, 青山播磨であった, 面々が, 領地が, 顔が, 飛地を, 食客ぢや, 養女それも, 饗庭氏直は, 馬鹿息子でも, 馬鹿者共の, 駕籠が, 騎馬武者二三十騎しか, 鼻や

▼ 旗本屋敷~ (89, 5.5%)

3 の中小姓 2 だ, に住ん, に巣, のある, の中間, の跡, の長屋, へ御, へ養子

1 [68件] から受取った, がありました, がまた, がアリアリ, が三, が多い, ことに旗本屋敷, そうでなけれ, そのほか, だよ, だ誤摩化, であるから, で下手, で立派, で飼馬, という, などが整然, などにはない, などには世間, などには往々, にはどうか, には相違, に住み込ん, に出入り場, に出這入りし, に奉公, に幾軒, に忍び込んだ, に潜伏, に関係, に隠され, のうち, のころ, のやう, の一族, の中, の厩, の型通り, の塀, の多かっ, の大, の大部屋, の奧, の女中達, の家根, の後, の林立, の渡り奉公, の渡り用人, の片側町, の特色的, の若, の若党, の馬丁, は格別, ばかりその, へも出入り, へ不, へ忍び込ん, へ行く, や大, や小さい, らしく天井, をあらし廻っ, を改造, を渡り, を荒らし廻っ, を除く

▼ 旗本~ (70, 4.3%)

3 意気地が 2 ありました, あれだけ, 住んで, 屋敷を

1 [59件] あって, ありますがね, ありますそう, ある, いかほどふん, いっせいにけしきばむ, いならびやがて, おいかけて, おびえきって, お手入れ, こしらえて, この本郷, こもごも申, ござりまする, じきじきに, すっかり骨無し, そのうしろ, それを, そんな事, つづいて, とりまいて, どっと取り囲ん, ひとりおる, ザラに, 一人芝の, 三味の, 三年も, 二人いずれも, 五十両に, 伊兵衛親方を, 何で看過, 公然と, 勤める, 十人ばかりと, 口を, 廻廊の, 意気地なし, 数代に, 斬られたという, 昔無礼討に, 本来の, 株を, 正面の, 潰れるか, 潰れ名題役者, 片っぱしだった, 甲府在住で, 町奴に, 粋な, 罪人と, 義務的に, 習う剣術, 背中を, 自慢の, 落魄れたの, 遊里に, 電光石火を, 駄目な, 駈けあつまって

▼ 旗本たち~ (57, 3.5%)

1 [57件] が, がただ, が口, が呼びたて, が変り果てた, が多く, が振りかえる, が甲冑, が闇, が馬蹄, である, としては甘んじ, としては知れない, と一群, と同様, と長柄, と鳥越城, にあばかせた, にいった, にとっては薩摩, にはその, に刺激, に囲まれ, に抱き止められ, のことば, の一団, の分厚, の周り, の姿, の影, の数十倍, の方, の浅薄, の詰め, の鉄槍陣, の間, は, はいちどに, はざぶざぶと水, は人穴, は槍, は激越, は稽古着, は総立ち, は貝, へも断言, へ何度, へ呼びかけ, へ最後, も勝家, も口, も続い, より二, をかえりみ, を初め, を罵っ, を顧み

▼ 旗本~ (49, 3.0%)

2 若年寄の

1 [47件] いまの, おらぬが, お近, かれの, すべて朱い, そう答え乍ら, その中, それを, なぜ今日, なんという, ほとんど血, みじめな, みなたわけ者上御, みな下屋敷を, みな天逢の, 一固まりに, 丁寧に, 三河の, 下總, 二重三重に, 何といふ, 信玄の, 全然復活, 剛勇の, 勿論の, 即ち御, 右往左往到る, 善戦し, 大たわけ者, 天下に, 奮戦した, 家人だ, 家人だって, 家重代の, 寛永寺の, 当時は, 斬ると, 旗本でも, 旗本に, 朝廷から, 杯口を, 気勢が, 流行言葉, 演技に, 甚だ手薄, 禄少き, 金を

▼ 旗本~ (48, 3.0%)

2 しちゃ, 限らず御家人

1 [44件] あまんじ着坐席ご免, あるの, おしあげられこんど, お取り立て, からまれて, こんな安構え, したところが, すぎないという, すぎないの, せめてあの, そんな述懐, たったそれだけの, つらなる身, とりたてられ将軍家光, なったけれども, なつた, わずか三百, 三十両は, 云い掛り, 仰いで, 似合わざる三味線, 出入中その, 列しなければ, 加えたあの, 加えられ御, 取立てられ次第に, 合する, 同名の, 向って, 囲まれ黙然と, 守られて, 定まる奧方, 強の, 於て, 楯つく, 用人を, 討たせながら, 貸した, 蹴ちらされるな, 過ぎないこと, 過ぎないの, 違ひありません, 金なんぞ, 金を

▼ 旗本~ (41, 2.5%)

1 [41件] あいてに, うしろに, たすけて, つつんで, つぶした事, つれて, はじめ二千の, もって, 一つ潰し, 先へ, 加えて, 叔父さんなんぞに, 固むる公儀, 大事に, 守らせあるいは, 守り固めるの, 引きつれて, 御存じでございましょう, 悉く退屈, 択んで, 押し包んで, 擁し彼, 檀家に, 殺して, 焼豆腐に, 率いて, 監掌した, 相手に, 睨みつめ, 置いて, 背負つて行き, 見かけた幡随院, 見くびると, 見ると, 軸として, 追撃した, 配しまた, 顧みた, 顧みて, 養うため, 鶴翼の

▼ 旗本~ (38, 2.3%)

1 [38件] あつた, お久美さん, そのお, その領地, たいしたもの, なかなか大した, まあ歴々, 三百石と, 今は, 働きたいと, 先ずほんとう, 先代の, 同じ徳川, 名は, 屋敷も, 年の, 幾度か, 御役高共四千五百石, 徳川家を, 戦塵裡に, 戸田某という, 旗本が, 板屋八十郎といふ, 江戸以来ここに, 法親王が, 片柳といふ, 甲府詰に, 申分の, 白旗か, 目ざされて, 直参でない, 稲葉氏を, 維新の, 芸風に, 身持ちの, 通って, 駒込に, 駿河守には

▼ 旗本~ (36, 2.2%)

7 御家人の 2 安御家人, 御家人が, 御家人くずれ, 御家人を

1 [21件] しきに, 側臣の, 兵の, 大勢の, 大名とは, 大名などに, 大町人, 小身の, 役人たちは, 御家人たちが, 御家人で, 御家人では, 御家人に, 御家人は, 御家人や, 御家人泣かせで, 徳川の, 悪御家人, 諸大将, 郎党が, 酒井家の

▼ 旗本~ (32, 2.0%)

3 云っても 2 敵の

1 [27件] いうばかり, いえど, いえば, いっても, いわず大, きいては, すれば, それから旅装束, たのんで, つい今あそこ, なって, みたそう, 一かたまり, 主兵力, 云ったよう, 出逢うかも, 安御家人, 小姓の, 廓の, 御家人の, 手兵のみを, 手玉に, 打合って, 敬われ候これみな先祖, 池田との, 言われたほどの, 軽しめられても

▼ 旗本~ (18, 1.1%)

1 [18件] おれは, かなんだか, からどう, から江川様, から馬, から髪, か知らない, が主家, が小普請, が直, そうな, つて隨分いやな, とか言いました, とばっかり信じ, とよう, と思う, と邸内, よ

▼ 旗本~ (18, 1.1%)

1 [18件] があの, で, でございましたか, でも二三人, と縁, などは余程, になる, に楯突こう, のお, のご, の屋敷, の遊山旅, は先代, は徒党, もたびたび, や大, をでも, を顧み

▼ 旗本~ (17, 1.0%)

1 [17件] あとを, くるめて, こう嘗められ, ことごとく岩, たがいに, また謙信, 主君信玄の, 五千石ぐらいな, 信玄の, 列の, 危険に, 及ばぬ楽隠居, 四千石と, 散々に, 旗本石高二千八百石を, 猛然之を, 腰が

▼ 旗本八万騎~ (16, 1.0%)

1 [16件] あって, がすでに, が何だい, が物, なるもの, にその, のご, のごとき, のだらし, の一人, の中, の連中, は奮起, も単なる, を鎮撫, を養成

▼ 旗本早乙女主水~ (15, 0.9%)

12 之介 2 之介様御宿 1 之介賞め

▼ 旗本伊沢~ (14, 0.9%)

3 の家

1 [11件] である, に旧誼, の初, の墓, の子孫, の庶子, は正保中, は武田氏, は赤坂参河台, より宗家伊沢, 即総

▼ 旗本御家人~ (14, 0.9%)

2 の屋敷

1 [12件] が彰義隊, という風俗, などは及び, に出遇う, に取立てられ, に金, のお勝手, の墜落, の子弟, の株, の殺伐, はその

▼ 旗本でも~ (12, 0.7%)

1 [12件] ありませんどちら, あろうか, あんまり無理ぢ, おれは, この旗本, その年々, なければ, 下屋敷の, 住みそう, 大名でも, 御家人でも, 御裕福

▼ 旗本ども~ (12, 0.7%)

1 [12件] あの方々, がいちばん, である水野弥一兵衛, にかかる, に親, のなか, の声援, はずいぶん, は骨, や二人, をしり目, を呼び返せ

▼ 旗本から~ (11, 0.7%)

1 [11件] また, 一拳を, 下は, 側近く使召ひ, 将軍へ, 平侍や, 抜け出でて, 物を, 租税を, 続出したれ, 近習へと

▼ 旗本退屈男~ (11, 0.7%)

2 と異名 1 じゃ, と言う, の威風, の早乙女主水, の面目躍如, はじりじり, はふり, を痩せ, を目前

▼ 旗本~ (9, 0.6%)

1 ごけに, ご家人, さもなく, 何かの, 小大名, 御大名, 御家人, 御家人どもの, 悪御家人

▼ 旗本には~ (9, 0.6%)

1 あの蛮勇, あれだけの, いない田舎, お旗本, これで, そんな手段, まだ相当人物, 自分の, 限らないそうじて

▼ 旗本~ (9, 0.6%)

3 でも家柄 2 でも屈指 1 にかかる, に就い, に頗る, の旗本男

▼ 旗本~ (8, 0.5%)

3 妾奉公に 1 切りかかった, 加わり候え, 叫ぶ, 挑みかかって, 集まって

▼ 旗本という~ (7, 0.4%)

2 のは 1 のが, のも, ものは, 名に対して, 権門に

▼ 旗本にも~ (6, 0.4%)

1 いだかせた, なれさ, 似合わしからぬ小胆, 内緒の, 及ばぬ質素, 取り立て得させよう

▼ 旗本では~ (5, 0.3%)

1 あいつらが, かないっこない, どんなに證據, ないよ, 武芸鍛錬の

▼ 旗本として~ (5, 0.3%)

1 わたしたちなんぞは, 働いて, 最後まで, 甘んじて, 連れて

▼ 旗本~ (5, 0.3%)

2 んだ 1 のであった, んでした, んです

▼ 旗本仲間~ (5, 0.3%)

1 でも源十郎, に友だち, に嗾, へどんな, 各藩

▼ 旗本六人~ (5, 0.3%)

3 の鼻 1 が鼻, の敵討

▼ 旗本であり~ (4, 0.2%)

1 ながら一方, ながら大小神祇組, ながら神尾主膳, 島原陣には

▼ 旗本である~ (4, 0.2%)

1 ことは, ことを, ということ, 以上勿論

▼ 旗本まで~ (4, 0.2%)

1 まかり通る, みなバタバタ, 取潰し政策, 敵の

▼ 旗本~ (4, 0.2%)

1 が, はいずれ, はほとんど, へも参ります

▼ 旗本~ (4, 0.2%)

1 に使, の乳母, の妾, の用人

▼ 旗本~ (4, 0.2%)

1 だよ, の熱狂, もあれ, を向う

▼ 旗本だった~ (3, 0.2%)

1 がすぐ, というの, のである

▼ 旗本であった~ (3, 0.2%)

1 から二万石三万石, が小禄, 人の

▼ 旗本であろう~ (3, 0.2%)

1 が御家人, とも乞食非人, と夜中

▼ 旗本です~ (3, 0.2%)

1 から町方, が連れ, けれどもそれら

▼ 旗本とは~ (3, 0.2%)

1 てんから身分, 何んだ, 言ひ

▼ 旗本などが~ (3, 0.2%)

1 お役付き, 左右に, 御大層に

▼ 旗本なら~ (3, 0.2%)

1 おいらは, ばあの, 格別わが

▼ 旗本ばかり~ (3, 0.2%)

1 いたの, でなく附近, で時には

▼ 旗本武鑑~ (3, 0.2%)

1 で見た, とあの, を見る

▼ 旗本~ (3, 0.2%)

1 と喧嘩沙汰, のこと, の一派

▼ 旗本~ (3, 0.2%)

1 大将以下行軍の, 将みな最大の, 部隊多くは

▼ 旗本鈴川源十郎方~ (3, 0.2%)

1 の百鬼昼行ぶり, の離庵, へ喜左衛門

▼ 旗本~ (3, 0.2%)

1 と云った, を吹かし, を吹かしゃがっ

▼ 旗本かは~ (2, 0.1%)

2 知らないが

▼ 旗本じゃ~ (2, 0.1%)

1 ない, 十手を

▼ 旗本だけに~ (2, 0.1%)

1 庭も, 氣が

▼ 旗本だの~ (2, 0.1%)

1 士族だ, 御家人だ

▼ 旗本でござる~ (2, 0.1%)

1 がし, な

▼ 旗本とか~ (2, 0.1%)

1 御家人とかいう, 申す身分

▼ 旗本としての~ (2, 0.1%)

1 投機的著訳業者としての, 門地は

▼ 旗本としては~ (2, 0.1%)

1 やくざ旗本の, 小栗と

▼ 旗本などの~ (2, 0.1%)

1 一時養女という, 伜などが

▼ 旗本なる~ (2, 0.1%)

1 こと確かなら, 者が

▼ 旗本に対しても~ (2, 0.1%)

1 出ずば, 横柄を

▼ 旗本めがけ~ (2, 0.1%)

1 て槍刀, て深入り

▼ 旗本やら~ (2, 0.1%)

1 御用達, 近習やら

▼ 旗本より~ (2, 0.1%)

1 優れて, 町人に

▼ 旗本よりも~ (2, 0.1%)

1 お国侍, ズット鼻息が

▼ 旗本らしい~ (2, 0.1%)

1 のが, 格式を

▼ 旗本一統~ (2, 0.1%)

1 に成り変っ, の名誉

▼ 旗本上り~ (2, 0.1%)

1 の顎髯, も諸

▼ 旗本五百石~ (2, 0.1%)

1 の家, の家禄

▼ 旗本佐藤孫四郎~ (2, 0.1%)

1 とも馴染, は町奉行所

▼ 旗本公子~ (2, 0.1%)

1 という名前, ばかりだった

▼ 旗本六七人~ (2, 0.1%)

1 が彼, に過ぎなかった

▼ 旗本~ (2, 0.1%)

1 がおのれら, の行状

▼ 旗本~ (2, 0.1%)

1 などいちいち, に続い

▼ 旗本大名~ (2, 0.1%)

1 と侍, に通達

▼ 旗本大野田仁左衞門~ (2, 0.1%)

1 がたつた, の伜金之助

▼ 旗本安城郷太郎~ (2, 0.1%)

1 と言う, の妾

▼ 旗本小姓~ (2, 0.1%)

1 に先, の面々

▼ 旗本小田切久之進~ (2, 0.1%)

1 において事件, の身がら人がら素姓

▼ 旗本~ (2, 0.1%)

1 のほう, をさけ

▼ 旗本~ (2, 0.1%)

1 大身波多野越前樣の, 夫婦

▼ 旗本本郷丸山~ (2, 0.1%)

1 の住, の荻野左仲

▼ 旗本柔弱~ (2, 0.1%)

2 なりと

▼ 旗本根津民次郎~ (2, 0.1%)

2 は箱根

▼ 旗本神尾~ (2, 0.1%)

1 の先代, の邸

▼ 旗本秋月勘右衞門~ (2, 0.1%)

1 の屋敷, の總領勘三郎

▼ 旗本~ (2, 0.1%)

1 は馬首, まで

▼ 旗本菊池家~ (2, 0.1%)

1 に奉公, に母君

▼ 旗本赤井左門~ (2, 0.1%)

1 はこの, は此時四十二

▼ 旗本~ (2, 0.1%)

1 の行動, も士気頓

▼ 旗本~ (2, 0.1%)

1 もある, や陣中僧

▼ 旗本鈴川源十郎~ (2, 0.1%)

1 があんまり, の奥座敷

▼ 旗本~ (2, 0.1%)

1 だった, へ単身

▼ 旗本~ (2, 0.1%)

1 はざッ, 約五百

▼ 旗本隠居~ (2, 0.1%)

1 の笹本金十郎, の金十郎

▼1* [247件]

旗本あたりのよう, 旗本ある如く曹操も, 旗本船手頭の, 旗本かも知れないよ, 旗本からの申込みも, 旗本くずれ雑多な, 旗本ことごとく討ち滅ぼされ夏侯楙, 旗本ご存じですの, 旗本さえあって, 旗本しかも腕に, 旗本しっかりしなせえ, 旗本その御子息, 旗本それで同じところ, 旗本だっていること, 旗本だろうな, 旗本ちと品が, 旗本や齒, 旗本でございましたが元年, 旗本でございますなア, 旗本でさえあれまでに, 旗本でへツ, 旗本とかく旗本は, 旗本とが槍ぶす, 旗本とでも目きき違いを, 旗本とのことすれ, 旗本ともあるべき者, 旗本どころでは, 旗本ないし貧民ども, 旗本なぞにもけっしてひけ, 旗本など堅陣雲の, 旗本などと江戸の, 旗本などに娘を, 旗本などにはその例, 旗本などに対してはその人, 旗本などを相手に, 旗本ならいうまでもない, 旗本ならかうもあらう, 旗本ならずものの見本, 旗本ならびに総攻め, 旗本なればこそお, 旗本なんかへ妾奉公させたら, 旗本なんぞの奥に, 旗本にとってはこの世が, 旗本にはなこの早乙女主水, 旗本にまで金を, 旗本のこらず川中島を, 旗本のみだった, 旗本のやしきだ, 旗本ばかりが選ばれ彼, 旗本への手前, 旗本ましてその驕慢そのもの, 旗本までをあわせても, 旗本まるで格式が, 旗本め今ごろは手, 旗本もう少し睨みの, 旗本ゆえに恨み, 旗本の本陣, 旗本をもよく威, 旗本を以て慓悍な, 旗本を通じて信長に, 旗本身分モ尊シソノオレガ一心ヲ, 旗本対シテ不, 旗本襲フ島原, 旗本同教え, 旗本七名でした, 旗本七百ばかりは敵, 旗本七騎につつまれ, 旗本三人までを兄弟協力, 旗本三十名以下大筒役石火矢係など多, 旗本三千石の大身, 旗本三右衞門の奧方, 旗本三四十騎はすぐ, 旗本三杯龍之助, 旗本三郎兵衛の前, 旗本上杉伊豆守重房須賀左衛門そのほか十騎, 旗本並目見得格に取立てられ, 旗本中川三郎兵衛の家, 旗本争闘に与した, 旗本五千余騎を従え, 旗本は甲府勤番, 旗本以上の豪族, 旗本以下およそ百余人, 旗本以下屈強な兵二千, 旗本以下彼に附随, 旗本以外のもの, 旗本伊沢四世吉兵衛正久は武鑑, 旗本伊沢氏の如き, 旗本にはなれる, 旗本佐野将監というの, 旗本何千石かの奥方, 旗本何萬人と云, 旗本八万の士, 旗本八万枚の干物, 旗本八万騎それらの末座, 旗本八万騎一統にとってもまた, 旗本八九名はみな徒歩立ち, 旗本八千を以, 旗本八千五百石永井和泉守樣の御, 旗本八旗のうち, 旗本典医同朋の者, 旗本で江戸っ子, 旗本初鹿野伝右衛門様でございましょうが, 旗本加頭一家三人兄弟は一番上, 旗本北條左母次郎祖先の手柄, 旗本十二人のいでたち, 旗本十六騎のうち, 旗本千三百五十石取の, 旗本千二百石取の, 旗本千二百石取り疵の早乙女主水, 旗本千五百石の岡野家, 旗本千種屋に宿, 旗本及び諸侯の, 旗本及諸藩士も同様, 旗本呼び来れども診察, 旗本商人はいう, 旗本四十四五の年配, 旗本囲いの中, 旗本土屋勘解由水野弥一兵衛庄司仙三郎近藤幹雄中坊陽之助, 旗本土屋多門であった, 旗本土屋多門さま方に引き取られ, 旗本土屋多門方の表門, 旗本坪田三代三郎と云, 旗本士族といわず, 旗本変名組に勇名, 旗本大いに崩れ立ち清水久三郎等家康, 旗本大久保主計の養女, 旗本大久保豊後守の屋敷, 旗本大坪石見の奧方, 旗本大坪石見非役で内福, 旗本大手振って, 旗本大月権太夫様のお, 旗本大森摂津守六十二歳の内室, 旗本大沢八郎右衛門方奥勤メ腰元地蔵まゆにて目千両, 旗本大迫玄蕃の住居, 旗本奥平九八郎が敵, 旗本学者の安房守, 旗本安城家へお, 旗本家人の衆, 旗本家人等で一, 旗本富商の輩, 旗本将軍家斉のお気に入り, 旗本將軍樣から格別, 旗本大名の, 旗本小堀と申す, 旗本小姓たちの面々, 旗本小姓衆から銃隊弓隊, 旗本小栗昌之助の表門前, 旗本屋敷一方は寺社, 旗本山崎家の知行所五千石, 旗本御家人くらゐに, 旗本御家人陪臣浪人に至る, 旗本恐れながら上御, 旗本のうち, 旗本愚楽さんと今, 旗本愚楽老人だ, 旗本戸田平左衛門の屋敷, 旗本摂津守の上席, 旗本数十騎をつれ, 旗本数名を身辺, 旗本数名銃士わずかを, 旗本数騎すぐ谷の口, 旗本新撰組それからの寄せ集り, 旗本新海又三郎, 旗本方寺院方御參勤, 旗本旗野丹後守樣のお, 旗本早女主水之介, 旗本春日邦之助といふ人, 旗本智恵者の評判, 旗本暮らしに出世, 旗本望月丹後とその, 旗本朝比奈甲斐守の屋敷, 旗本本多三四郎樣の御, 旗本杉浦中務の屋敷, 旗本根来氏があつ, 旗本ヘ対シ, 旗本横山太郎を討ち, 旗本正成いらいの, 旗本武士公卿らの参加, 旗本武家ごろの頭領, 旗本殿中ではこの, 旗本水野十郎左衛門に無礼, 旗本波岡采女の門, 旗本浪人のうち, 旗本深見新左衛門盲人宗悦に借りた, 旗本瀬川壱岐松倉町の大きい, 旗本瀬川壹岐松倉町の大きい, 旗本片柳伴次郎家中宇津木兵馬と申す, 旗本将なども, 旗本玄蕃家では相当, 旗本摺れの, 旗本生活や伝統, 旗本たる早乙女主水, 旗本ですな, 旗本白旗小左衛門の次男, 旗本白旗小左衛門様のご, 旗本目掛けて駆け, 旗本相手の自分, 旗本真柄弥三郎に成りすまし, 旗本真柄権之丞様, 旗本石高二千八百石を領する, 旗本福田左京の妾, 旗本程普は, 旗本稲川伯耆の屋敷, 旗本窪田助太郎はお, 旗本窪田助太郎どのの門, 旗本笹本金十郎様のお, 旗本粉骨をつくす, 旗本精兵をひっさげ, 旗本細屋大井田烏山羽川一の井, 旗本結び曲輪手前の女鹿坂, 旗本総崩れの場合, 旗本能勢惣右衛門へ年期切り, 旗本脇坂甚内平野三十郎加藤虎之助の三人, 旗本苦しめ金納なんぞと, 旗本薬師寺某は, 旗本藤枝外記とすぐ, 旗本藪紋太郎実は道, 旗本行くぞッ, 旗本諸侯などへも大, 旗本諸家の留守居, 旗本貧乏御家人のその, 旗本辛崎図書之助, 旗本近藤甲子之助, 旗本近藤石見守は本郷妻恋坂, 旗本退屈男何者かに毒殺, 旗本進士作左衛門は命, 旗本道中というもの, 旗本を廻り, 旗本部将をそこ, 旗本鈴川源十郎様がきつう, 旗本鈴川源十郎様方へ下女, 旗本鈴木長頼が僧某, 旗本鐵砲頭以下數十人が待ち受け, 旗本阪上主水様, 旗本陪臣富豪巾着切りから女白浪, 旗本随臣たち楯の如く, 旗本雑兵を八面, 旗本青山播磨が恋, 旗本青木弥太郎の妾, 旗本とし, 旗本風情に指一本, 旗本駒形にお, 旗本騎馬隊など見る, 旗本にぐッ, 旗本鳥居孫太夫の家, 旗本黒川大隅さまの家, 旗本黒木三之介様のお世話