青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「旗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~旅 旅~ ~旅人 旅人~ ~旅行 旅行~ ~旅館 旅館~ 族~ ~旗
旗~
旗本~ ~既に 既に~ ~日 日~ ~日々 日々~ ~日光 日光~ 日向~

「旗~」 3794, 41ppm, 2837位

▼ 旗~ (1139, 30.0%)

43 立てて 32 持って 22 振って 15 かかげて, 巻いて 11 たてて, ひるがえして 9 もって 8 あげて, ふって, 先に, 立て 7 ふつて, 持つて, 見ると, 飜し 6 振れッ, 掲げて 5 先頭に, 出して, 手に, 押し立てて, 振つて, 振りながら, 樹て, 見て, 見れば 4 あげた, かざして, すすめて, 中原に, 伏せて, 奉じて, 振る, 翻え, 翻して, 高く高くあげ

3 [15件] かかげ, かかげた, たて, なびかせて, まいて, もつて, 取って, 天下に, 振ること, 振れツ, 捲いて, 檣頭に, 立てた, 背に, 見た

2 [59件] あげる, あげるの, うごかすの, おし立て, かついで, くれるに, ごらんなさい, たてた楽隊, たてなら, だし中国軍, つけて, のぞんで, ひそめて, ひらいて, ひるがえした船, ふったり, ふりかざして, ふる, ヒラヒラさせ, 上げて, 上げる, 下して, 並べて, 中心に, 乾かしたり, 二十旒だけ, 出した, 出せ, 反して, 守って, 引下す, 思ひ浮べるに, 打ち振って, 打振る, 押したてて, 押立てた, 担いで, 振ったり, 振るの, 振ろうが, 横に, 流し鎖, 渡した, 片手に, 用意し, 立てたそれ, 翻すに, 舳に, 船尾に, 艫に, 見せて, 見るや, 都に, 陣頭に, 風に, 飜した, 飜す, 高々と, 高くかかげ

1 [661件 抜粋] あげ, あげたの, あげました, あげやがて, あげようと, あげるところ, あげる事, あげる方法, あげ基督教, あげ強い, いた, おあげなされ, おいて, おしかついで, おろし青空, お持ち変えなされ, お掲げ, かいて, かかげさせ, かかげさせて, かかげたその, かかげたり, かかげた後, かかげた町, かかげます, かかげわが, かかげ取舵一ぱい, かかげ憎々しく, かかげ道, かかへて, かざしうわべ, かざした人々, かざした女子供, かざし曹操, かざし解放, かざす女房, かついだり, かついだ人たち, かつがせた, かりて, くわえて, ここに, こしらえて, こっそり焼きすてた, この倍, これへ, ささえて, さしあげまず, さしかざし陸続, さして, さして片, さし出してる者, さずけて, さずけ擬兵, さっと差出し, しっかと握っ, すすめ海道, すすめ身, せっせと仲間, そろえよ, たくさんに, たてた一艘, たてた人力車, たてた小屋, たてた港務部, たてた親船, たてた車, たてる竿, だしそれ, だして, つくりやがて, つけた新聞社, つらね群臣参列, どうなさいまし, どちらから, なびかし馬印, なびかせ, なびかせた小さな, なびかせなかなか, なびかせ日本, ぬいて, はたはたと, ひそと, ひとつに, ひらくや, ひらひら掲げ, ひらめかしながら, ひるが, ひるがえし, ひるがえした, ひるがえした検使舟, ひるがえし前後, ひるがえし窓, ひるがえすはず, ひるがえす大佐, ひるがへ, びらびらさせ, ふった, ふりつつ, ふりながら, ふりまわしたは, ふり鞍, ふると, ふるやう, ふるん, ぶらさげて, へんぽんと, まいたの, まっすぐにたて, まっ先に吹きなびかせ, まつもの, みたとき, みて, みまわしました, みると, めぐる諸, もったま, もった写真, もつ二人, ものぐさそうに, よく見た, クリスマスの, ヒラヒラさせた, ピンで, ミシンで, 一すじ立て, 一本ずつ, 一齊に, 三度振っ, 上げますつて願, 上げまた, 上げ近世, 下に, 下ろして, 不義の, 与えて, 両手で, 両隅, 並べ鎗戟, 五十三駅の, 京都に, 今か, 以って, 仰いだ, 仰いだわけ, 仲時も, 伏せた, 伏せ馬, 伏せ鼓を, 作って, 作らせた, 作り次に, 作り魑魅魍魎, 作る者, 兩方に, 兵馬を, 具えて, 出し, 出したの, 出した家, 出します, 出し鉄砲, 出すの, 出す指図, 動かさないもの, 北平に, 卷いて, 卷き黒煙團, 収めこれ以上, 収めたが, 取り下さなくっても, 取り下し, 取り込んで, 取出して, 受取つて一言も, 受領し, 右手に, 吊したもの, 同様な, 吹いた, 吹きなびかせながら, 吹く, 吹靡かせ, 唯一つ日本長崎, 垂らした二万噸, 城中の, 増して, 壁に, 奉じながら, 奪って, 奪ふ, 婦人方や, 孔の, 守りとおすの, 守り元気, 尊良親王に, 屋根の, 展げだした, 岡山の, 差した一将, 差し敢然, 巻いた, 巻いただけの, 巻きつけたよう, 巻き火器, 巻くこと, 巻くの, 巻く隙, 帆ば, 幾つか, 廻って, 引きあげるやう, 引き上げおり艦首, 弥四郎の, 張りわたした, 彩るか, 待って, 想像し, 愛国者らは, 所持なすからは, 打ちたてて, 打ち振ってる群れ, 打ち振りつつ, 打ち振る旗手, 打ち樹, 打ち立てると, 打振り, 折る, 抜いて, 押し戴いた, 押し立て, 押し立てその, 押し立て三段, 押し立て別に, 押し立て旧暦, 押立て, 押立てて, 担ぐ, 持たせて, 持たせ上, 持たない, 持ちその, 持ちつ, 持ちみな, 持ち数, 持ち活動, 持ち蛇, 持ったまま, 持った子供, 持った男, 持った運動会, 持った遠い, 持っては, 持つた若者, 指して, 指し南, 指摘した, 挙げた平野次郎, 挙げた第一歩, 挙げて, 挙げる, 挙げるほどの, 挙げるよう, 挙げ天朝, 挙げ山陰道, 挙げ闕, 振ったところ, 振ったの, 振った者, 振らしたの, 振りある, 振りいろいろ, 振りかざし抜目, 振りその, 振りました, 振り喇叭, 振り声, 振り大, 振り振り夢中, 振り振り応援, 振り歡呼, 振り翳して, 振り軍歌, 振るという, 振るもの, 振る人, 振る団体, 振る志願者, 振る男女, 振る約束, 振る音, 振ろうとも, 振上げながら, 挾し, 捧げて, 捧げ腰, 捧持し, 捲きて, 捲き地, 捲くこと, 掛くるもの, 掛けて, 掛け日本式ホオズキ提灯数十個, 推し立てむ, 掲げ, 掲げし一大帆走船, 掲げた, 掲げたから, 掲げたつい, 掲げたもの, 掲げた軍艦三笠, 掲げぬとは, 掲げよ, 掲げるも, 掲げ一戦, 掲げ徳政, 掲げ陣頭, 掲揚し, 揃えて, 描いたもの, 描いた三笠, 描き上げました, 揚げさせそこで, 揚げたメサジェリイ, 揚げて, 揚げるが, 揚げる人達, 握つたまま, 握らむものは誰, 握りしめて, 揺り動かして, 擧ぐる, 擧げしなりユダ, 放棄し, 整, 敵に, 敵中に, 斜に, 新しく染め, 晩秋の, 晴風に, 望むもの, 望んだ, 望んで, 棄てたまま, 棄てたるは, 棄てて, 植えならべて, 模した, 樹てた, 此端艇の, 歯の, 沢山つけ, 河へ, 渡さないぞ, 瀬多に, 無数に, 焼きましょう, 焼くだけの, 独占してる, 玉垣の, 用い二, 用ゐるべからず, 用意しなかった, 用意しろ, 畳の, 畳紙から, 盗み出さんが, 監督が, 目じるし, 目印に, 目掛けて, 眺めながら, 示しあるいは, 示したが, 神聖な, 祠る, 移したあの, 立つ, 立てあの, 立てい, 立てさせ兵, 立てたそれら, 立てたもの, 立てたポスター, 立てた一隊, 立てた三, 立てた大船, 立てた山桜, 立てた救護隊, 立てた自動車, 立てた舟, 立てた葬列, 立てた軍, 立てた軍艦, 立てた軽, 立てた黒塗, 立てつらねさも今にも, 立てては, 立てならべ一つ, 立てようや, 立てられたさ, 立てると, 立てれば, 立てろ, 立て伏見通いの, 立て勅命, 立て味方, 立て城内所々, 立て守備兵, 立て弔歌, 立て弩千張, 立て整然, 立て沢山, 立て海上, 立て義貞ここ, 立て舟, 立て通りすぎた, 立て鈴, 立て陳, 立て隊伍, 立て馬, 立て黒い, 竹竿に, 組合わせたぬいとり, 結えつけたの, 結びつけたそう, 結びつけた綱, 置くこと, 置くという, 翻えさし, 翻した一艘, 翻した一隊, 翻した出島, 翻した戎克, 翻した蒸汽船, 翻し宮尾城, 翻すべきである, 翻す真夏, 翻せる敵, 肩から, 背中に, 腰から, 船の, 血に, 街上へ, 裂いて, 裂き竿, 裂くほど, 西山派の, 見あげると, 見ずや, 見たら来い, 見た時, 見つけて, 見ては, 見また, 見まわして, 見やると, 見るとき, 見るまでは, 見るよう, 見分けること, 解いて, 訪ひ, 認めた武村兵曹, 認めて, 認めるの, 護符の, 負い剣, 負って, 越中に, 足利時代の, 蹴落して, 返して, 送りたいが, 送ろうか, 造り旗, 進め励ます, 進め勢い, 長く巻い, 間近まで, 降ろすも, 隠したる木深き, 集めて, 離れて, 青竹に, 靡かし箭, 靡かせたイキトス号, 靡かせて, 飜, 飜し得た, 飜せる, 飜へらした, 飾り色斑ら, 馬前に, 高く抛り上げ, 高く揚げ, 高く揚げたい, 黒竜江上の

▼ 旗~ (466, 12.3%)

13 出て 12 ひるがえって, 立って 6 ひらひらと, 見える 5 ヒラヒラし, 風に 4 あがって, するすると, ひるがえった, 立てて 3 あがった, ある, ひら, ひらひらし, ひらめいて, ヒラヒラと, 懶げ, 目に, 翻って, 見えた

2 [29件] うごいた, かかげられた, しら左兵衛佐殿, たって, なびくよう, はためいて, ひるがえる, びらびらし, へんぽんと, へんぽんとして, まるで私, 上った, 上下に, 下って, 並んで, 交叉し, 出ない, 動いて, 垂れて, 掲げられて, 数十旒風に, 立ち並んで, 立った, 立つて, 翩翻と, 翻つてゐた, 見えない, 見えます, 閃く大学

1 [303件] あがり洛中, あがり稽古, あざらかに, あったに, あって, あつて, ある格子戸造り, いくつも, いっぱい, いっぱいひらひらし, いつもの, いつ打ちこわし, いまにも, うごかない雲, うごくと, うごくの, うごく万歳, おとされた, おまえの, お気に, お祭の, きょう同国首府マドリッドの, ぐるりと, ここだけには, ここの, ここを, こちらの, この小屋, これに, こんなに立派, さうです, さがって, さっとひるがえる, さっと二つ, さっと旗艦, さんざんに, ざわざわと, しきりにゆれ, しずくを, しらかと, すぐに, すすんで, そえて, そこ一杯に, その中, その塔, その畑, それを, ぞろぞろ降り, たおれかかったので, たくさんに, たつて, たてられて, たまると, ちがいました, ちょうど真っ赤, ちらちらと, ちらちら見える, ちらりとうつった, ついたボソリスキー一つ, ついて, つくりだす雰囲気, できたん, とつぜん突風, とんだ, どういうきっかけ, ないのに, なくては, なびいた, なびいて, ならび, にぎやかに, のぞまれたので, のぼりそれから, はげしい風, はた, はたはた, はためくの, はりわたされこんな, ばたばたと, ばたばたやっ, ひらめいた, ひらめき, ひらめき見え喊声, ひるが, ひるがえされた, ひるがえって見える, ひるがえりました, ひるがえり数百, ひるがえり霧, ひるがえること, ひるがえるの, ひるがへ, ひる返つて, びくとも, ふられて, ふりはじめられたので, ぶら下って, べろんと, みえる, ゆらゆらと, ゆるやかに, オルガンが, カエサルの, スルスルと, ズラリと, チュイルリー宮殿の, チラチラする, ハタハタと, ヒタヒタ風, ヒラヒラ暮れ, ピンで, フラフラ動い, ペロリと, ポキッ, ヴィラ風な, 一つ立っ, 一ながれ, 一流れ颯と, 一輛の, 三十本も, 三本蓮花が, 上がって, 上って, 上り妙, 下されると, 下を, 世界の, 中の, 二三本立っ, 二十本ばかり, 五彩の, 五彩旗と, 五本に, 五本も, 交錯し, 人を, 人波の, 何かしら為よう, 先き, 先に, 再び海, 再び自然, 出されたの, 出して, 出ちょ, 出てよ, 出来ました, 出没し, 初夏の, 加わって, 勇壮なる, 動くの, 喇叭や, 四つ, 国旗に, 國の, 垂らして, 基督の, 堂々と, 壁掛けの, 壕の, 壕近くに, 変通自由な, 大きく風, 大和山城河内の, 大地に, 學校や, 客を, 小さく揺れ, 尾を, 山を, 山風に, 店, 店先に, 引きさかれた, 張られて, 強い十二月, 往來の, 後陣へ, 微風に, 心地好く靡い, 怪物隊の, 惨めに, 愉快に, 懸つて, 我物顏に, 戦気を, 折れた, 振られさうに, 振られたの, 掛かつて, 掲げて, 敗北の, 斜桁上外端に, 新鮮でした, 旗手の, 早や, 昔より, 時代の, 曇った冬, 望まれるが, 村の, 来るん, 東南風で, 板みたいに, 林立し, 横に, 樹つてゐる, 樹つてを, 樹間に, 氷を, 波の, 活動小屋の, 湧いて, 満々と, 濡れては, 無いので, 無心に, 無数に, 燃えて, 現れふた, 現われそれ, 町を, 目を, 眺められた, 眼には, 矢倉望楼石垣楼門の, 立ったり, 立つ, 立つたり, 立つてる, 立てられて, 竹竿から, 竹竿を, 竿の, 竿頭に, 納手拭の, 縦横に, 群鳥の, 翩翻として, 翻, 翻った, 翻り祠, 翻る愉快, 花々しく翻って, 花の, 花片の, 荒々しい北海, 落ちて, 蛙に, 行くわ, 裂かれる如く乱れ立ったの, 見あげる天空, 見えた所, 見えて, 見えますし, 見えませぬ, 見えるの, 見えるよう, 見える山, 見える辺, 見えんか, 見え出したと, 見え始めた, 見られた, 貧しげ, 赤や, 路傍の, 踊って, 軒に, 近づきつつ, 迫って, 進むの, 長いさ, 長刀が, 長閑な, 門の, 門口に, 附けて, 降りた時仁右衛門, 雨に, 雪の下から, 霊光を, 露を, 青く美しくひらひら, 青や, 音も, 預けられたこと, 風の, 飛移った, 飜, 飜って, 飜つて居る, 飜つて見えた, 飾られて, 飾られるの, 騒いだが, 高々と, 高くあげ, 高く突, 鯉のぼりの, 黄昏の

▼ 旗~ (447, 11.8%)

51 下に 22 ように 16 ような 9 もとに, やうに, 出て 6 下には, 立って 5 下を 4 やうな, 上に, 下で, 下へ 3 前に, 数が, 旗竿が, 色は

2 [16件] うえに, ない手旗信号, 下から, 中から, 中には, 影, 影が, 本に, 横上に, 歌, 波と, 波の, 色が, 間に, 風, 風に

1 [254件] あげさげ, あたりには, あちこちに, ありかも, あるの, いたずらに, いろは青です, うちの, うち一番左でございます, ことなども, ごとく, ごとくなごや, ごとく剣, ごとし, ごとな, さまざまが, したに, しるしと, しるしも, しるしよ, すぐ近く, それが, ためこれ以前にも, ために, ちぎれも, ついたピン, ついた抜身, となりに, ないマスト, ない時代, なかへ, なびいて, なびくの, にないて, はいって, はためきに, ひらひらする, ひらめきの, ひるがえるところ, ひるがえる小, ふり方を, ぼうで, まいたの, もと, もとへ, ゆれとともに, ゆれる色彩, ようだ, ようだった, ようで, わきに, をかしく風, ヒラヒラした, ビラビラな, 一つには, 一つは, 一つ一つその, 一人と, 一巻とを, 一引両の, 一旒を, 一群が, 一部が, 三色と, 上から, 上げ下しを, 上げ下ろしの, 上には, 上へ, 上を, 下でも, 下の, 下は, 下端を, 両端を, 中に, 中にも, 中の, 二旒を, 侍大将が, 侍大将は, 信号, 傍で, 傍を, 傾斜を, 先だけが, 光とぞ, 光輝も, 兵は, 兵を, 兵馬を, 列なった風景, 列を, 前で, 前には, 前衛社, 印刷し, 各王公, 吊るされた休み茶屋, 名を, 四つに, 国は, 地模様を, 夕へ, 外, 大旗, 天気予報旗を, 如くに, 如くダラリ, 如く涕かん, 如く演壇, 如く見ゆる, 如し, 将とは, 将に, 将も, 嵐が, 布を, 布切れが, 布地も, 幾すじかが, 建つの, 形なせる, 影で, 影敵味方すらも, 影馬匹の, 役の, 役割りを, 後より, 御遺志, 意味を, 手, 手の, 手拭の, 折れまで, 持主が, 指物を, 振られたとき, 振りやうが, 捨てがたく, 揚がるよりも, 揚ったこと, 揚るの, 援軍三万八千長篠の, 揺れて, 数は, 文句を, 文字が, 文字は, 文字も, 文字を, 方へと, 方を, 旗本ある如く, 旗本猛, 旗本鏘, 日だ, 日の丸の, 日慈善市同窓会卒業祝パス祝誰さんの, 星あり, 暴動よりも, 暴動を, 木幡の, 木旗, 朱の, 様な, 標章を, 模様の, 横には, 歌と, 殘の, 水面に, 波, 波が, 波だった, 波に, 流れかと, 満州紙幣手童が, 源流に, 煽つよう, 片々として, 片側に, 白は, 真ン中に, 立った塔, 立ってる塔, 立つた蠣舟, 立つて, 竹の, 竿を, 竿尖, 竿頭にも, 紅き花さく, 紅色に, 紋章が, 続くさかん, 線を, 線条の, 縫賃を, 美を, 群れ立つ岬, 翩翻と, 翩飜と, 翻って, 者が, 腹心を, 腹立たしさ, 船列は, 色, 色である, 色とても, 色と共に, 色や, 色を, 色同じく, 色変りたる, 色見えも, 落ちたこと, 蔭から, 蝉本に, 行くえ, 行列, 表紙が, 表紙の, 見えない所, 見える下, 見える片方, 許に, 話しなぞ, 赴く道, 軍勢合わせ, 近づくを, 透間の, 連中も, 配合も, 野風は, 長く延び, 間から, 陰に, 隅に, 霊は, 靡く様, 面に, 韋駄保と, 領地, 領地だけでも, 頭が, 飜って, 飜る, 飾りは, 魔境に, 鮮やかさが, 鮮やかな, 麻を

▼ 旗~ (163, 4.3%)

2 だらりと, 十旒で, 垂れて, 桂馬と, 高く翻らず

1 [153件] あの怪物ども, あの艦, いずこ, いっせいにひらひらし, いつまでも, いまでは, いよいよ朝風, お添え, かなぐり捨てて, かなたこなた, きょうから, きょうは, ここと, ここに, こちらの, こっちの, ことごとく西北, しなだれながら, すこしも, すつかり, すでに天涯地角, すべて曹操軍の, その中央, その先頭, その翼, それぞれに, ただ馬車, たちまち雨, ついに出なかった, どういうこと, なにごとじゃ, なになに赤と, なるべく出さぬ, ひらめいて, ひるがえり歌声, ふつうの, まだ朦乎, まるで怒っ, みるみる光りはじめ, もう血, もちろん揚げ, ゆるやかに, よそには, ガンピの, スケート場の, ピオニェールの, 一夜の, 七八流見える, 三年つづけ, 三度ヤードの, 三旗ずつ, 不動の, 二メートル以上の, 二度三度浪を, 人の, 今でも, 何と, 偽りである, 全土の, 其竿頭から, 列を, 各地の, 土耳古玉の, 地球の, 夕日を, 夢みて, 大佐で, 女たちも, 家々の, 山ぎわに, 山風に, 巻かせ馬, 引ちぎられる, 強いの, 当家にとって, 後の, 愛なりき, 我が帝國, 戦と, 戦わずして, 折れ天地, 持って, 持つてても, 挙がって, 振れんかも, 揺れうごいた, 数千の, 敵の, 文章を, 日一日より, 日光に, 日本の, 旧くなった, 早く我が, 昔から, 暗い木下蔭, 曹操の, 止まずば, 正義を, 波が, 波の, 活溌に, 派手な敗れ, 海賊が, 漢字を, 潜め鼓, 潮風に, 無軌道な, 煽風機, 王党の, 畳み束ねて, 白旗と, 真赤に, 碧空に, 突撃に, 窓の, 窓懸け, 立って, 立てて, 竹竿の, 算木を, 細長い布, 絶えず海岸, 総軍, 翩, 翩飜と, 肩越しに, 航海によって, 色うすく, 荘厳で, 街路を, 裂け人畜一つ, 要するに旗, 見えなくなって, 見えぬと, 見えんか, 赤か, 軍部の, 這奴らの, 進みゆくほど, 遂に皓首, 銀將と, 錦の, 長さ十五フィート, 長竿を, 陣太鼓と共に, 青地に, 音立て, 頻々と, 高く山国, 鳩の, 黄金地に, 黒く細ぼ

▼ 旗じる~ (94, 2.5%)

5 し, しが 3 しを揚げる 2 しで, しとし, しの下

1 [75件] しがお前, しがそこ, しがなければ, しが揚げられる, しが望まれた, しが望まれる, しが突き進ん, しが立て, しが要る, しが見え, しが見出されるであろう, しこそは実は, しだ, しとしての, しとしてよりもむしろ, しとして熨斗, しとして直ちに, しとして舁ぐ, しとして軽蔑, しとする, しとても, しとなる, しなどすぐつぶさに, しなど揚げる, しなど聞きとっ, しなど霞む, しのなか, しのもと, しのやう, しのよう, しの下で, しはそれ, しはなま, しはもはや, しは十分, しは千, しは哲学上, しは決して, しは無い, しは随所, しもすべて, しもない, しもまた, しも真に, しも見えた, しや馬簾, しをかかげる, しをとう, しをなびかせ, しをひどく, しを与え, しを今, しを凝視, しを嘲った, しを差上げた, しを彼, しを押し立て, しを持っ, しを掲げ, しを掲げた, しを掲げる, しを望んだ, しを木々, しを林立, しを立てた, しを立てる, しを翻, しを見, しを見よ, しを見る, しを見ろ, しを選, し多分, し離, し駒つなぎ

▼ 旗~ (78, 2.1%)

4 見え野原 2 立って, 血まなこに

1 [70件] あがって, けむり馬, さっと前, さわやかに, すべて秘し, すべて黄色を, ずたずたに, そえて, そのあと, だして, どうやら一つところ, ぴらッと, また我, また明けがた, みな橋口を, みんなまる, わびしき, スコットランドランカシヤノーサムバアダルハム中部及び, 一せいに, 万物を, 他へ, 信号旗も, 出て, 出来上った, 初めに, 労働歌も, 四方に, 土人の, 地に, 墨で, 差さず笠印, 幕も, 幾多の, 征戎も, 悉く焼け落ち, 悉く黒ずくめ, 持たず黙々と, 振らず音, 旗を, 月影に, 来る, 東亜に, 模糊として, 武家末期の, 汽船も, 法性の, 濡れて, 煙も, 用いて, 甲冑も, 私は, 立てて, 美しく朝風, 花火が, 蛍光を, 行列も, 裂けよとばかり, 見えますから, 見えません, 見える, 見せずに, 見せて, 見られず港, 赤かった, 赤かつ, 赤装束の, 陣容らしい, 鬼神の, 鳥居も, 黒いひらひら

▼ 旗上げ~ (76, 2.0%)

8 をした 3 の日 2 のさい, の地, をする

1 [59件] いらいの, からこの, から数える, から洋行, された大塔, したその, したぞ, したところ, した頃, して, しようと, するつもり, するの, その吉野城, だいくらか, であり文学, でもする, という概念, となった, となり, と伝え聞く, と聞い, にいたる, にくみする, に使っ, に加わった, に加わりました, のとき, のほか, のまね, の名分, の密約, の密議, の御, の御状, の折, の数日前, の時期, の機, の準備, の砦, の祝い矢, の際, はせぬ, はもすこし, はナンセンス, は半年目, は諏訪, もおこっ, をいたします, をし, をしました, をふれ, を宣する, を宣言, を数日, を計った, を誓う, 第一

▼ 旗~ (76, 2.0%)

2 のところ, の耳, の顔, はふと, はハッ, は義兄

1 [64件] から聞いた, がいった, が気, には義兄, に呼びかけた, のそば, のはら, のよう, の受信機, の方, の旅行, の東京, の肩, の長姉, は, はあまりの, はこの, はこれ, はこわごわ, はさらに, はすっ, はなおも, はのど, はまっ, はようやく, はエイエイ, はクルリ, はソッ, は一瞬間, は不安, は両親, は叫んだ, は命からがら, は困っ, は地獄, は大事, は天幕, は姉, は実, は家, は後, は心配, は思いがけない, は思いがけなく, は思わず, は暗夜, は東京, は残念そう, は渡された, は湯殿, は火, は腹, は自分自身, は見なれない, は長い, は非常, は高台, もあわて, もさっき, も姉, も知らぬ, も続い, も防毒面, をかばう

▼ 旗~ (75, 2.0%)

3 幟が 2 プラカートを, 幟で, 幟ばかり, 提灯が, 提灯を, 景陽岡の, 楯や, 黍の

1 [56件] いくつも, おびただしい陣具, そのほか軍人, ほこが, また彼女, また馬, ゴンドラを, 三宝や, 不思議な, 中華民国の, 五万円という, 何か, 何かを, 八卦の, 出車, 剣槍を, 十三字旗が, 各隊, 吹き流しの, 吹流しを, 四角の, 大旆や, 家々の, 幕の, 幕は, 幟について, 幟の, 幟を, 幡を, 弓道具を, 提灯で, 提灯の, 提燈等に, 旒を, 松倉重次の, 槍は, 毛槍を, 満洲国, 濁った楽隊, 煙を, 白いパラソル, 白い旗, 白い鳥毛二つ, 看板なぞが, 看板なぞを, 看板絵や, 紅提灯に, 聖像や, 色彩の, 花環で, 蓆旗を, 赤い旗, 電燈が, 馬印からも, 馬幟の, 黄緑の

▼ 旗~ (70, 1.8%)

2 炎の, Z旗が

1 [66件] あるが, いうと, いひ地上戰鬪, おびただしい雪, きょう見る, する名目人, する始まり, なって, なりその, なり帆, サイレンとに関する, ソビエット・ロシアの, 一八七一年の, 丞相旗を, 乾き切つた瓦屋根, 五色旗とを, 人と, 人とで, 八卦の, 化し四谷鼓, 同じよう, 同じマーク, 同じ図案, 同じ白旗, 同じ紅白染分, 向うの, 向ふ, 呼んで, 囲いだけが, 大砲の, 太い煙突, 巡拝者とで, 常緑樹の, 幔幕と, 幕とで, 幟の, 旗とは, 日の, 日の丸の, 星条旗を, 松竹を, 植物を, 沢山の, 法性の, 火事提灯とを, 火焔の, 矛を, 祖霊の, 竜の, 紐と, 緑色の, 緑葉と, 群集と, 習合を, 腕に, 蓮華広大曼荼羅を, 見れば, 言ふ, 變つたと共に, 遠目にも, 鉄刀と, 錦の, 鎧, 陣幕とで, 馬で, 黒衣の

▼ 旗~ (60, 1.6%)

3 書いて 2 すぎない

1 [55件] ある色合, うずめふもと, くるまって, これを, しきのみ, して, たくさんの, たとえて, ちが, つかまって, つかまりその, つづいて, なびくであろうされば, なるべき原料, ひきつけられた, ふく秋風, フト楫を, 三月三日千度戦万度勝也と, 並んで, 丸に, 仕あげさせこれ, 代へ, 似た旗印, 六十四卦の, 包み足もと, 包囲されました, 反信長, 取卷かれて, 埋めつくされ凱旋部隊, 埋められて, 大書を, 家々の, 對し, 押したて, 招かれて, 拵え直して, 日を, 春風, 染まり夜, 染められて, 満ちて, 満ち鼓, 漢室への, 生かして, 男児畢生危機一髪と, 眸を, 竜を, 簇ま, 絡まるお前, 覆われ四人, 見ちが, 記して, 護られ大阪市中, 逆らは, 雨注した

▼ 旗太郎~ (54, 1.4%)

2 とセレナ夫人, なん

1 [50件] か, が割っ, が十七, が妙, が法水, が犯人, が現われた, が遺産, だった, とが対座, との間, とクリヴォフ, と久我鎮子, と提琴, にはこの, にも同様落胆, に劣る, に向け, の不在証明, の姿, の幽霊, の弓, の手中, の白紙的相続, の直下, の第, は, はその, はまったく, はタラタラ, は不自然, は全然, は十分声音変化, は妙, は宙, は平常, は微か, は急, は摺れ, は立ち上った, は蒼ざめた顔, は遺言書, は顔, は顔面, もしくはセレナ夫人, をはじめ四人, を指摘, を瞶め, を見据えた, を髣髴

▼ 旗挙げ~ (40, 1.1%)

3 をした 2 をし

1 [35件] から義仲上洛, がここ, がここ数回, が起りました, と同時に, と決め, と聞き, に先立っ, に六波羅, に加盟, に際し, の事, の儀, の初め, の大事, の式, の機, の経過, はまことに, は初め, をしよう, をする, をやった, を促した, を宣言, を密議, を知る, を見た, 之が, 以後, 以後の, 公演と, 公演を, 早々の, 早々広陵

▼ 旗さし物~ (35, 0.9%)

3 を背

1 [32件] だの家, と葵, などであった, などに死出, などは用, などを沢山, など凄, など治部大輔今川義元, にはまだ, にも将棋, の起り位, は此方面, は黄, へ参照, も馬印, や人数, や人馬, や槍, や甲冑, や馬簾, をさして, をひる, を全, を吹きちぎられ, を地, を打ち振っ, を揃え, を翳し, を見, を見せ, を負い, を飾った

▼ 旗差物~ (32, 0.8%)

1 [32件] がもう, が俄, が挾ん, が潮, が濡れ, が燦々, である, でまもなく, でもよく, とか具足, と立てかわり, と見ゆる, などだった, にご, に描かせ, のひらめく, のよう, の持主, の桿, の梅鉢, の竿, はすべて, も打ち捨て, やあるいは, をお, をさして, をひるがえし, を初夏, を失わ, を打ち振る, を旭, を見

▼ 旗二郎~ (26, 0.7%)

1 [26件] いざったまま, うなずいた, こんな場合, どんな怪異, の全身, の太刀, の心, はこんな, は呟く, は気味悪く, またも, を中, を気, を父親, を相手, パッとばかりに, モロにうしろ, 入り込んだが, 化かされたよう, 受けて, 察したが, 本当に驚い, 決して決して油断, 泊まること, 見て, 駈け付けた

▼ 旗田鶴~ (25, 0.7%)

7 彌氏 5 彌の 2 彌を, 彌殺し, 彌殺害事件 1 彌に, 彌に対する, 彌は, 彌ハ昭和十五年八月九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作, 彌印, 彌土居三津子, 彌氏射撃

▼ 旗~ (22, 0.6%)

3 あつた

1 [19件] かざられた正面, かざられて, くるんだ叔父, さしまねくの, せえねえん, つくった着物, ほ, 固めなけりゃならんと, 国民の, 埋められたので, 埋められて, 巻いた上, 彼女が, 押通る, 牛を, 覆った合爾合姫, 隙間なく, 飾った窓, 飾り立てた船

▼ 旗田氏~ (17, 0.4%)

3 が既に 2 が心臓麻痺

1 [12件] が死ん, に向け, に対して或, に毒, に玄関, の部屋, の頭部, は心臓麻痺, は殺害, は玄関, も同じ, を撃った

▼ 旗田邸~ (16, 0.4%)

1 [16件] から引かれた, に居た, に居る, に戻っ, に於い, に集まる, の塀, の屋根, へ入った, へ引き戻さね, へ引返した, へ検察係官, へ行った, へ足, を出かけ, を訪ねた

▼ 旗には~ (15, 0.4%)

1 [15件] あたま, それぞれ, 不審を, 人心が, 墨痕淋漓と, 字が, 明らかに, 桔梗の, 白くフクジロ, 目を, 真言の, 近衛歩兵第, 金文字で, 金繍の, 骸骨の

▼ 旗~ (15, 0.4%)

3 の家

1 [12件] が, が自ら授読, と頼杏坪, に就く, のこれ, の塾, の如く, の書, の筆, の許, の関五郎, は醇

▼ 旗あげ~ (14, 0.4%)

2 をする

1 [12件] がうまく, てみる, てやろう, にまで利用, に破れ, のできる, の初め, の小太郎山, をし, をせられます, をなされたら, 興行の

▼ 旗じるし~ (13, 0.3%)

2 にし, にする 1 とが目, と金瓢の, にあった, には, に忠実, に押し立て, に誓い, 一つの, 馬簾などを

▼ 旗~ (12, 0.3%)

4 ねえ 1 か四郎旗, か知らぬ, が, がいたずらに, ということ, と思い, と称する, のという

▼ 旗~ (12, 0.3%)

2 の計画 1 した高屋朗, しようと, だった, に先だつ, のとき, の期日, をする, をするらしい, をのぞく, を見

▼ 旗~ (11, 0.3%)

1 [11件] がふけ, が三たび, だけだった, には関東, の下, の声, の波, の物, の見える, ばかり翻っ, を揚げ

▼ 旗~ (9, 0.2%)

1 だけで, と少年音楽隊, などがひらひら, の見えぬ, はなう, また点々, も見, や白い, を見られる

▼ 旗~ (9, 0.2%)

1 が徐ろ, さえとんと, にてダンテ, の鮮, は其尖, は天, も太陽, やまた, を五大州各地

▼ 旗~ (8, 0.2%)

2 幟の 1 ずや, つわもの, へり, 何か, 冥途の, 魏の

▼ 旗でも~ (8, 0.2%)

1 たてて, できたの, なびくよう, 出て, 提燈でも, 流れて, 立てて, 立てると

▼ 旗~ (8, 0.2%)

1 が出なけれ, が出るかっ, が見えん, とかを仕舞い失, のわかる, の中, をとどけ, を仕舞い忘れる

▼ 旗など~ (7, 0.2%)

1 ごちゃごちゃ賑やか, 万朶の, 出た窓, 手に, 捧げたもの, 猛然百歩の, 立てた舟

▼ 旗ばかり~ (7, 0.2%)

2 立てて 1 であった, である, 押し立てて, 立って, 舗道に

▼ 旗振り~ (7, 0.2%)

1 でも生, になる, に出, の役, の方, の青, も同じ

▼ 旗から~ (6, 0.2%)

1 キッドが, ニュッと, 得た名, 立ちのぼる宗教的霧, 裂き取られて, 魚賣

▼ 旗とを~ (6, 0.2%)

1 のせたの, 下賜された, 二つ貼っ, 打ちふり日本人, 秋風に, 見て取った

▼ 旗太郎様~ (6, 0.2%)

1 がそれ, が寝室, が珍しく, が私, と伸子さん, のほか

▼ 旗奉行~ (6, 0.2%)

1 などから一言, の了現, の御, の石川兵助, を任, 振り返って

▼ 旗挙公演~ (6, 0.2%)

2 のやられ 1 が華々しく, である, のこの, の出し物

▼ 旗です~ (5, 0.1%)

21 かねえ, ぜ, なノールウェー

▼ 旗という~ (5, 0.1%)

3 のは 1 おもしろい風習, ものが

▼ 旗とが~ (5, 0.1%)

1 あふれて, こっちへ, 中心にな, 千人あまりの, 朝風に

▼ 旗として~ (5, 0.1%)

1 中央と, 持ち上げて, 牙営に, 竜口を, 起ったの

▼ 旗とは~ (5, 0.1%)

1 いうが, べつな, 交歓され, 刹那に, 義光以来相伝の

▼ 旗~ (5, 0.1%)

1 のか, のであろう, ので浅黄, んだ, 赤合羽を

▼ 旗みたい~ (5, 0.1%)

1 でした, な嘔吐物, な雲, にひっかけ, に上

▼ 旗~ (5, 0.1%)

1 と何, の場合, の身体, はどの, を殺害

▼ 旗田亀~ (5, 0.1%)

4 之介 1 之介氏

▼ 旗田先生~ (5, 0.1%)

2 がお 1 がそれ, は小, は迎え

▼ 旗その~ (4, 0.1%)

1 ま, 旗の, 楯無の, 病院に

▼ 旗のぼり~ (4, 0.1%)

1 にはおのおの, も望まれる, をみせ, を翻し

▼ 旗~ (4, 0.1%)

4 の細君

▼ 旗~ (4, 0.1%)

1 した一派, のごとくに, は社会, を立て

▼ 旗太郎さん~ (4, 0.1%)

1 が云われた, が左利, その時, に来

▼ 旗~ (4, 0.1%)

1 に往, の夜, をやった, を数回

▼ 旗男少年~ (4, 0.1%)

1 はどう, は列, は得意, も落ちつき

▼ 旗立て~ (4, 0.1%)

1 し四, て, て雪, 祭れるところ

▼ 旗~ (4, 0.1%)

2 じるし 1 じるしなどを, は公

▼ 旗いろ~ (3, 0.1%)

1 がわるい, が悪い, を明らか

▼ 旗いろは~ (3, 0.1%)

1 悪くなつた, 知って, 青く白くと

▼ 旗さえ~ (3, 0.1%)

1 おかしくださるならば, 朝露重た, 見たらこの

▼ 旗さしも~ (3, 0.1%)

1 の, のの風, のまんまん

▼ 旗じるしで~ (3, 0.1%)

1 すぐどこ, はない, 自ら励まそう

▼ 旗であった~ (3, 0.1%)

1 かと人々, と見え, のだ

▼ 旗などの~ (3, 0.1%)

1 上に, 形から, 残って

▼ 旗などを~ (3, 0.1%)

1 かついで, もって, 立てて

▼ 旗にでも~ (3, 0.1%)

1 レストランの, 使いたいよう, 使ったの

▼ 旗によって~ (3, 0.1%)

1 どんなに鼓舞, 船長, 風靡される

▼ 旗もと~ (3, 0.1%)

1 で一声, で足立源五, の左右

▼ 旗もとたち~ (3, 0.1%)

1 の騎馬, へ豪語, も眼

▼ 旗やら~ (3, 0.1%)

1 会釈やら, 幟だらけ, 焼けた舵

▼ 旗をも~ (3, 0.1%)

1 ふたりへ, 与えて, 望んだ

▼ 旗~ (3, 0.1%)

1 中ニ, 取リアゲラレテ, 横ニ柄長柄短

▼ 旗~ (3, 0.1%)

1 で天下, も緑營, や緑營

▼ 旗小旗~ (3, 0.1%)

1 がへんぽん, のそれ, や家々

▼ 旗岡剛蔵~ (3, 0.1%)

1 という名刺, という者, と変名

▼ 旗差し物~ (3, 0.1%)

1 が立てられ, をかざし, を出来る

▼ 旗~ (3, 0.1%)

1 の代り, の着る, 連中であった

▼ 旗~ (3, 0.1%)

1 であったそこで, に草木, の先陣

▼ 旗揚興行~ (3, 0.1%)

1 にもう, に際して最も, を評し

▼ 旗楯無~ (3, 0.1%)

1 の名家, はとッくにこっち, をぬすんだ

▼ 旗田警部~ (3, 0.1%)

1 からの呼出し, のところ, はちょっと

▼ 旗赤旗~ (3, 0.1%)

21 を振つ

▼ 旗かと~ (2, 0.1%)

1 疑われ中央, 見えて

▼ 旗それから~ (2, 0.1%)

1 兵隊帰りの, 善光寺詣の

▼ 旗だけ~ (2, 0.1%)

1 だ, 残して

▼ 旗だけが~ (2, 0.1%)

1 あとに, 少し違い

▼ 旗だけで~ (2, 0.1%)

2 結構です

▼ 旗だらう~ (2, 0.1%)

2

▼ 旗だろう~ (2, 0.1%)

2

▼ 旗でない~ (2, 0.1%)

1 ことは, ところは

▼ 旗では~ (2, 0.1%)

1 ないか, なかった

▼ 旗とり~ (2, 0.1%)

1 が奨励, なにを

▼ 旗なき~ (2, 0.1%)

1 事なり, 捨て子に

▼ 旗なぞ~ (2, 0.1%)

1 の閃く, 出して

▼ 旗なぞが~ (2, 0.1%)

1 激しく飜, 激しく飜つて

▼ 旗なびかせ~ (2, 0.1%)

1 て出でし, て島

▼ 旗にも~ (2, 0.1%)

1 実は長い, 雲を

▼ 旗ふり~ (2, 0.1%)

1 となっ, 遊ぶ

▼ 旗よりも~ (2, 0.1%)

1 草の, 菊川の

▼ 旗上げ興行~ (2, 0.1%)

1 で大阪, を行う

▼ 旗上ゲ~ (2, 0.1%)

1 の皇子ら, は五月八日

▼ 旗下屋敷~ (2, 0.1%)

1 が御殿ぐるみ千坪十円, に奉公住

▼ 旗下衆~ (2, 0.1%)

1 が道具商, の人たち

▼ 旗二三本~ (2, 0.1%)

2 その前

▼ 旗二郎建物~ (2, 0.1%)

2 の角

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 なく, 無く

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 を八荒, を割っ

▼ 旗取り競争~ (2, 0.1%)

1 じゃない, 第一着

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 によじ登らせる, の女

▼ 旗合図~ (2, 0.1%)

1 と共に忽ち, を掲揚

▼ 旗垣幡~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 旗天蓋~ (2, 0.1%)

1 と蛇目傘, に蛇目傘

▼ 旗太郎以外~ (2, 0.1%)

1 にたった, の家族

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 に行つて, の前

▼ 旗挙げしたら~ (2, 0.1%)

1 どうだ, 足下も

▼ 旗振る~ (2, 0.1%)

1 ように, を合図

▼ 旗本多良井家~ (2, 0.1%)

1 の用人, の腰元

▼ 旗本格~ (2, 0.1%)

1 から選ばれ, として御池十郎左

▼ 旗本領~ (2, 0.1%)

1 あるところ, であったな

▼ 旗田さん~ (2, 0.1%)

1 に伺います, のお

▼ 旗田邸内~ (2, 0.1%)

1 にトリック, に意外

▼ 旗男たち~ (2, 0.1%)

1 の住む, の働き

▼ 旗男君~ (2, 0.1%)

1 どうだ, にはわかっとらん

▼ 旗白き~ (2, 0.1%)

2 旗二三本その

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 の祭文, 及び其他

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 の穂向, の穗向

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 の出身, を削除

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 の鎧, の鞍

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 であったらしい, といふ樣

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 を僕, を再び

▼ 旗~ (2, 0.1%)

1 える下, る船尾

▼ 旗黒い~ (2, 0.1%)

1 旗, 旗白い

▼1* [337件]

巻くの, 旗あげたいともくろむ, 旗あげでありそうして今度, 旗あげなさろうという大, 旗あげようと思い立ち, 旗あの白い小, 旗あまた立ちならび, 旗あらはる此故に, 旗ありき飜り流れ, 旗ある人は, 旗おのおの十旒を製し, 旗かなし波間に, 旗がずつと彼等の, 旗がもやひに, 旗ここの砦, 旗ことに日本の, 旗さしものを, 旗さし建て古言, 旗さし物武器馬具など絢爛, 旗さし物類の発達, 旗さっと隊を, 旗さんと呼ん, 旗さん来訪葡萄をよばれる, 旗ざおのよう, 旗ざおをになっていた旗には, 旗ざをが立ち, 旗て, 旗じゃ知らなんか, 旗じるしであることが, 旗じるしなら何時でも, 旗すべて血のよう, 旗するどい槍, 旗ずつ三部隊に, 旗そしてずらりとならんだ, 旗その他ありとあらゆる旗, 旗それの景気, 旗だけは丁寧に, 旗だけを借りて, 旗だったので, 旗やない, 旗つまり擬勢だった, 旗であり一きわ目立つ, 旗であるとか, 旗といふのは, 旗とか太刀とか, 旗とともに太政官日本の, 旗との符合に, 旗とも呼ばれて, 旗とり合戦のた, 旗とり遊戯とおよそそれだけ, 旗なぞを押し立てた船, 旗などがつるして, 旗などに囲まれて, 旗などによって意思を, 旗なども見えるが, 旗ならむ, 旗なりこは, 旗なんか立てた處, 旗にて蒙古, 旗にのみ染め出すべき文字, 旗に対しこらっ待て, 旗に対して虫けらといったな, 旗に対する長い信仰, 旗に関しては七郎丸が, 旗に関する一言ずつの, 旗はと見れば, 旗ばかりが目に, 旗ひらめき剣槍の, 旗ひるがへし, 旗ふく風にも足なみ, 旗ふる人の, 旗くろの, 旗集った人々, 旗へんぽんとしてひつそり, 旗まがいの派手, 旗または烟夜は, 旗までも世界を, 旗もと大高二郎重成っ敵, 旗ものおなじ旗, 旗やうなもの, 旗ゆらゆらと大, 旗ゆるやかに春風, 旗らしいものが, 旗らしく見えまする, 旗らしく思われたがあいにく, 旗わるくない風景, 旗をしか掲げなかった, 旗をば押倒し, 旗全人類ニ天日, 旗ジルシをかかげた, 旗ラッパ太鼓などがきちんと, 旗ヲ立テテ町ヲ走, 旗一兵ての, 旗一式大工道具はりいと, 旗一彪の軍馬, 旗一旒に一味徒党, 旗一旒秋をのぞん, 旗一本竿横ざまに携え, 旗万旗はことごとく, 旗三四十本人衆二三万許り国府越, 旗三四旒朝風に吹, 旗三旒および竿二本, 旗三旗無数の旗, 旗三角旗流れ旗幾万とも数える, 旗をした, 旗上げなるぞ, 旗上げ動機はずいぶん, 旗上げ場所を生品明神, 旗上げ当初は何もかも, 旗上げ当時を回想, 旗上げ旗下しという神事, 旗上展をやつ, 旗下しという神事, 旗世子の許, 旗に懇親会, 旗二つを往來, 旗二流おくり来しを, 旗二郎いやになった, 旗二郎グルリと周囲, 旗二郎ピッシリ平打ち撲り倒した, 旗二郎ポンと飛び返る, 旗二郎一瞬ヒヤリと胆, 旗二郎卑怯な態度, 旗二郎地へひれ伏し, 旗二郎娘へ声, 旗二郎微動もせず, 旗二郎心中で考え, 旗二郎怒りを催し, 旗二郎抜き身を下げ, 旗二郎槍のケラ首, 旗二郎欠点といえ, 旗二郎殿でで, 旗二郎気を悪く, 旗二郎決心した, 旗二郎築山のうしろ, 旗二郎裏庭へ出た, 旗五七の桐, 旗五六本と村楽隊, 旗人福會と云, 旗はあまり, 旗六個を奪っ, 旗凛々たる所へ董荼奴以下, 旗かそんな, 旗出せばいい, 旗の鞘, 旗剣符訣等を用, 旗剣赤鬼のよう, 旗をさかん, 旗十三四本を用意, 旗十数所あり, 旗十本千本鑓瓢箪の御, 旗となっ, 旗城頭, 旗及びそのすぐ, 旗臣の, 旗勝負といふ, 旗に鳴る, 旗合図のろし或いは随時, 旗名分の主, 旗名残の太刀風, 旗呉兵と化し, 旗が一瞬, 旗営も痩せ細ってしまう, 旗城下に進む, 旗は七盞, 旗旗長柄槍飾鉾が, 旗大軍刀をブン, 旗を蔽, 旗天蓋笙篳篥女たちは白無垢, 旗天誅これ揚がり桜井, 旗太郎さんそこにこの, 旗太郎さん仮りにもし, 旗太郎さん僕は旧派, 旗太郎さん波蘭の諺, 旗太郎並びにグレーテ・ダンネベルグ以下, 旗太郎以下の三人, 旗太郎以下四人の不在証明, 旗太郎以下津多子に至る, 旗太郎以外ただ一人の血縁, 旗太郎対三人の外人, 旗太郎様セレナ様貴方がたはたぶん, 旗太郎様以外に四人, 旗太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 旗奉行たちの叱咤, 旗奉行御蔵奉行御料人様衆御小姓衆, 旗奉行格大坪流の槍, 旗奉行石川兵助を知らぬかっ, 旗奉行神谷杢之丞, 旗奪いの競技, 旗如月のはじめ三日, 旗羔といった, 旗客ロメオの力, 旗となつ, 旗などをわざわざ, 旗山五郎は関五郎, 旗山八萬宮に對, 旗山牧百峰宮原節庵が江戸, 旗川村小中の実家, 旗差し物沢山で控え, 旗差し物鐘太鼓鳴り物の響き, 旗差物幕の裁縫, 旗幕巻絹鍋俵庖刀鐘と心得童子, 旗幕造花等の裝飾, 旗うす煙, 旗幟幕衣裳を染め, 旗は整, 旗幡大旆を植えならべた, 旗幡林立の中, 旗幡銀をつらね, 旗幡類を大別, 旗幾万とも数える, 旗廿頭を授けられた, 旗影飄々として朔風, 旗馬印を, 旗悲風に鳴り, 旗押し立てん千人の, 旗押立て, 旗担ぎ葬式の, 旗拳公演をし, 旗持っている, 旗指しであって, 旗指物長柄などが幕, 旗挙げして等しく, 旗挙げしたとある, 旗挙げせんと, 旗挙げであるがその, 旗挙げなるものが, 旗挙げるつもりだった, 旗挙以来の生, 旗挙時代からの古い, 旗掲げて来る, 旗掲げた戸田氏鉄と共に, 旗揚以来僕は新劇団, 旗揚物語である, 旗握った宿屋の, 旗擧げしたときには, 旗擧げるつもりだ, 旗が少な, 旗を多く, 旗本気ッ腑は人, 旗本町まで来る, 旗東南風に仆, 旗林立して, 旗が立ってる, 旗の枝, 旗の名所, 旗に囂然, 旗の空, 旗の枝, 旗もちらちら, 旗槍馬上の影, 旗槍鼓銅鑼楯などを飾る, 旗の三色旗, 旗の綱, 旗の名所, 旗正しい旗を, 旗毘沙門旗のいたずら, 旗のつまらない, 旗河岸や橋, 旗洛陽に飜, 旗流し旗を, 旗流れ旗幾万とも数える, 旗滿頭飾をした, 旗焼くけむりの陰, 旗生木の枝, 旗田さんケリヤムグインというあの, 旗を伏せ, 旗甲戦袍の類, 旗甲板をおりはじめた, 旗男君君はどう, 旗の士, 旗白い旗三角旗流れ旗幾万とも, 旗の間, 旗皷相下らず闘って, 旗定祝賀会, 旗は釣り, 旗秋山の諸, 旗の色, 旗空しく飜つて哀涙袂を, 旗空色の洋服, 旗立ちて, 旗立てた漁船みたいな, 旗竹鎗の閃, 旗籠町に御旅所, 旗紅い暖簾は, 旗のところ, 旗紫金印の量天尺, 旗細胞の旗, 旗も地理, 旗絵看板楽隊の響, 旗縫った十字形と, 旗翩飜たるを仰ぎ見, 旗翻るニース海岸, 旗の上, 旗膺懲の剣, 旗ひ, 旗充の, 旗の如く, 旗若干信号旗一式大工道具はりいと, 旗裂けて怯まず, 旗つつその, 旗見えねば高山いか, 旗調製資金を集めた, 旗諏訪法性の冑, 旗赤い旗するどい, 旗赤き異形の, 旗に降服, 旗城を, 旗道具衣裳につけ, 旗第は, 旗金繍旗日月旗など万朶, 旗錦繍の幡旗, 旗の外, 旗長柄槍飾鉾が三本, 旗と貝, 旗の旗, 旗隊伍を区別, 旗集矢蝟毛の如く, 旗青い旗黄いろい, 旗青き独木舟そこはかと, 旗青旗のこと, 旗音楽八十万の行列, 旗頼母という武士, 旗頼母それが俺, 旗風呂敷にくるん, 旗をほどこし, 旗飾りのついた, 旗に泊つた方, 旗馬印を竜粧, 旗馬簾などの先, 旗高く五年計画を, 旗高し高野の, 旗鳴きもめぐりぬ, 旗と朱, 旗黄いろい旗黒い, 旗黄色地に白, 旗龍鳳の幡