青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「旅館~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

於い~ ~於ける 於ける~ ~旅 旅~ ~旅人 旅人~ ~旅行 旅行~ ~旅館
旅館~
族~ ~旗 旗~ 旗本~ ~既に 既に~ ~日 日~ ~日々 日々~

「旅館~」 2108, 23ppm, 5076位

▼ 旅館~ (611, 29.0%)

7 一室に, 二階に 6 前に, 名を, 方へ 5 一室で, 門を 4 主人だ, 主人は, 二階の, 前で, 前の, 前を, 玄関へ, 男が, 角を

3 [12件] 一室, 主人の, 前まで, 女中が, 女中で, 女中に, 庭の, 方に, 番頭が, 窓から, 花ざかりなる, 若主人

2 [49件] あいだを, おかみさん, ことを, ごちそうを, ような, ホールで, 一室は, 三階の, 下手から, 中に, 中は, 主人が, 主人に, 二階で, 二階にでも, 人たちとも, 入口へ, 出迎えの, 前へ, 名も, 女中いわば, 女中たちも, 女中は, 娘だつた, 娘で, 客が, 客引きを, 広い玄関, 庭には, 庭は, 息子が, 方から, 朝, 法被を, 玄関先に, 甍は, 看板を, 縁側で, 老女将, 裏に, 裏門口では, 角に, 設備なども, 迷惑は, 退屈は, 部屋も, 酒を, 門へ, 食堂で

1 [399件] あたしの, あぶれ, あるじであった, あるじな, あるべきよう, ある町, いやな, うす暗い台所, うちでも, おつもりで, おもて, お上さんが, お上さんという, お上さんの, お嬢さんである, お膳, かなり宏い, がらんと, ことも, こわい男, こんだてに, すぐ近所, すこぶる美大, その三つ, その男, でっぷり太った, どてらに, どてらの, どの部屋, なかも, ならわしが, に似合わしい, のんびりした, ほうに, ほうの, ほとんど向う側, まえは, やうな, やうに, ようであります, オカミサンや, カスで, カンバンを, ドアを, ペーパーが, マッチが, マークの, ランプをも, ロビーで, ヴェランダの, 一つだった, 一二へ, 一件な, 一室が, 一室ばかりを, 一室へ, 一室をも, 一般に, 三助君とても, 三軒料理屋が, 三階から, 上と, 下女が, 下女の, 下男や, 不快なる, 不注意で, 不親切呆れた, 丘の, 中だけ, 中を, 中二階で, 中庭に, 中庭の, 主が, 主などが, 主の, 主人で, 主人である, 主人でねえ, 主人や, 主人を, 主人ホールは, 主人主婦女中などは, 主人早朝に, 主人馬を, 主婦と, 主婦の, 主婦は, 主翁, 予約を, 事は, 事馬の, 二階が, 二階での, 二階三部屋で, 二階座敷で, 二階座敷に, 五階に, 井菊屋と, 亭主は, 人に, 人達とも, 仕事を, 仮設の, 会見が, 体裁を, 侘しい中庭, 侘しさ, 倅に, 入口の, 全部を, 共同経営を, 内儀だ, 内部では, 前から, 前は, 前も, 前をも, 前庭で, 前庭の, 前後里程三日路の, 割部屋に, 助平おやじから, 勘定を, 勝手元の, 取次人に, 召使だけさ, 台所へ, 台所を, 名が, 名であろう, 名の, 名は, 名前と, 名前を, 名声を, 向い側に, 四階に, 在り方の, 塀の, 壁と, 壁の, 外へ, 夜の, 大戸を, 大文字家へ, 大部分, 夫婦は, 奥の, 奥座敷で, 女あるじ, 女あるじホール夫人, 女中さんお, 女中さんな, 女中さんなどと, 女中さんは, 女中と, 女中などに, 女中なども, 女中も, 女中らしい, 女中頭の, 如くすぐ, 娘, 娘たちとは, 娘だった, 娘である, 娘ふたりが, 娘ふたりは, 客, 客に, 客は, 客ひき番頭です, 客引が, 客引きの, 客間に, 客間の, 室で, 室の, 富裕な, 寝床の, 寢床の, 小さな客間, 小舟を, 居ごこちなど, 居間に, 山水館と, 帰道だ, 帳場の, 床の, 床の間なる, 店先へ, 座敷から, 座敷で, 庭から, 庭先まで, 廊下で, 建物が, 建築及び, 建築物を, 後の, 息子は, 感じである, 感じは, 戸は, 戸口に, 戸口を, 所在を, 手前も, 支払いの, 支拂に, 改善といふ, 文字が, 料理が, 料理を, 料理人に, 新館は, 方が, 方で, 方には, 方の, 旗が, 日本人の, 明るく灯, 昼食, 普請手入といふ, 景色も, 最大なる, 月並みな, 朝である, 朝は, 朝めし岡崎の, 朝三円五十銭の, 朝五右衛門風呂で, 朝入浴し, 朝宿を, 朝庭の, 朝隣の, 朝飯を, 木の, 東側に, 東側へ, 東側を, 板前さんまで, 案内が, 楼上から, 楼上で, 構内へ, 樓上杯を, 横を, 横手の, 欄干に, 次男, 次男という, 浴場に, 浴槽を, 浴衣の, 浴衣を, 淋しさ, 温泉に, 湿気た寝台, 準備と, 準備やら, 滞在人である, 滞在客で, 滞在客も, 滞在客を, 滞在費用も, 灯の, 灯大江山へ, 無性格, 燈幽に, 爺や, 爺やと, 爺やは, 特別の, 犬が, 犯行の, 狭苦しい室, 狹い, 玄関から, 玄関で, 玄関に, 玄関は, 玄関前広, 玄関芍薬と, 玄關にも, 玄關へ, 男衆が, 町番地を, 番号を, 番頭か, 番頭たちが, 番頭など, 番頭に, 番頭の, 番頭女中などに, 番頭達の, 番頭集まつた, 畫帖などに, 癩病世界の, 相談旁, 看板が, 看板では, 真向いに, 眺望が, 眺望も, 石段を, 私の, 私室の, 程度である, 窓が, 窓や, 窓何もかも, 立ち際, 第一夜, 第一朝, 給仕から, 給仕であった, 給仕です, 給仕と, 給仕に, 給仕の, 縁で, 縁側から, 美かつ, 老主人弓形氏, 老小使ミシェル, 者どもは, 者らにたいして, 者全体が, 而も, 背後に, 膳にも, 若い者, 蒲団の, 行燈で, 裏も, 裏二階の, 裏口から, 裏口を, 裏山へ, 裏手から, 裏手とも, 裏手に, 裏手の, 裏手を, 裏門で, 親切気だ, 記代子を, 設備ある, 設備に, 設備においては, 設備完全せる, 話だ, 豪奢な, 貧しい出窓, 貸下駄, 貸船, 贅沢加減を, 贅澤加減を, 路次口で, 近いこと, 近くを, 近傍へは, 近所の, 連中が, 部との, 部屋で, 部屋という, 部屋の, 部屋を, 部屋部屋そして, 部屋部屋の, 都合で, 配慮による, 重い戸, 門並の, 門前に, 門燈の, 閑散をも, 間近まで, 閾を, 階下に, 階段に, 隣が, 隣りに, 隣室に, 離れで, 離れの, 離室に, 雨の, 電話で, 電話は, 風呂番の, 食堂に, 馬小屋下女から, 高い窓

▼ 旅館~ (335, 15.9%)

9 泊って 7 宿を, 滞在し 4 投宿し, 泊まって, 泊る, 着いて 3 入って, 投宿した, 着いた

2 [24件] いること, ゐながらでも, 一泊し, 一泊した, 休息し, 入る, 到着した, 宿泊し, 宿泊する, 往って, 手荷物を, 投ず, 投宿する, 旅装を, 案内した, 案内する, 残して, 泊った, 泊つて居, 落ちついた, 落着い, 迷惑を, 逗留し, 部屋を

1 [239件] あかしました, あてるため, あり, ありし上田先生, ある時, いそいだ, いたかった, いたり, いた婆さん, いた時, いた趙, いって, いつしよに, いらっしゃるの, いらつし, いるの, おいて, おかれて, おちついた, おちつく, お泊り, お湯を, お滞在, からんだ不思議, きみょう, したけりゃ普通, したもの, した由, すごす事, そのぎせい, たどりついて, たのんで, ついたの, つくと, つめきって, とじこもって, とって, とって返して, とまったきみょう, とまって, とまると, なったの, なって, なってるもの, なつて, なり農, はいったの, ひとまず落ちつい, もどっても, やってきた, ゆくこと, ゆく為, われわれを, ゐたり, ゐるから, シンギンし, ツナガリを, 一人で, 一夜を, 一月ほどを, 一泊いぶせき, 一泊す, 一泊する, 一緒に, 丁度よい, 三週間ほど, 上衣を, 世話を, 両棋士, 久しく遊ん, 乗り込んで, 二日の, 二週間ばかり, 人を, 今か, 付ては, 伺候する, 備へ, 入った, 入れて, 入宿す, 共通である如く, 出かけました, 出掛けて, 到着し, 十幾年来覚えなかった, 十組や, 千葉一党が, 召されて, 向った, 土蔵破りが, 在り無, 大男が, 奉公し, 宿す, 宿って, 宿らむとて, 宿り込んで, 宿泊った, 宿泊中であった, 寄越して, 富岡は, 尋ねそれ, 少憩し, 尻を, 居ります, 居るよう, 届いた, 岩田梅とて, 市場に, 帰った, 帰って, 帰ってから, 帰ってからも, 帰つて来た, 帰りしが, 帰りようよう, 帰るの, 帰ろうと, 平和は, 引き上げました, 当てはめる, 徃き, 急がせた, 打ち過ごしたり, 投じると, 投宿す, 投宿四, 拜み, 持って, 探りを, 数年前白髪長髯の, 於る, 既に就寝中, 更に驚くべき, 木山は, 来, 来た話し家, 来て, 来る, 来るまでは, 東宝重役連が, 案内され, 案内し, 歸つたのは, 残ってるの, 泊っただけ, 泊ったって, 泊った時, 泊ってるの, 泊っとらんか, 泊つた, 泊つたとき手際の, 泊つたものである, 泊つた一室一燈を, 泊つても, 泊つて夜中に, 泊つて居る, 泊つて旅館を, 泊つて親切なあた, 泊まったとき, 泊まれ, 泊りに, 泊りぬ, 泊り合せても, 泊り客, 泊ること, 泊ると, 泊る一泊二食, 泊る事, 泊る或は, 満ちて, 滞在, 滞在した, 滞在する, 滞在するなら, 滞在せる, 滞在中固, 滯在した, 潜伏し, 無料で, 疎開中の, 病臥し, 皆の, 監禁され, 監禁された, 監禁した, 着いたその, 着きぬ, 着きました, 着く, 知り合いは, 碇泊, 移ってから, 置くの, 至りしに, 至り明朝, 臺が, 芝浜館という, 荷物を, 落ちついたが, 落ちつき入浴, 落ちつく, 落ちつく一時二十分京都駅, 落ち合って, 落ち着いた最初, 落着き一同の, 落着き相, 行きそこ, 行き帽子, 行き次, 行き着いた, 行くと, 行ったとき, 行つても, 訪うた, 訪ねて, 訪問した, 變つた, 転向し, 転業し, 辿りついたとき, 近くなった, 退って, 送りこまれて, 連れて, 遊びに, 運ばれて, 酔ひつぶれ, 金を, 鎮座さし, 限ったこと, 隠棲し, 集つたが, 集合し, 静養し, 鞄を, 預けて, 養生かたがた滞在し

▼ 旅館~ (228, 10.8%)

5 案内し, 落ちつく, 行った, 電話を 4 帰って, 帰ると 3 着いて, 行って

2 [13件] きて, つれて, 入って, 出かけた, 到着します, 往った, 案内された, 案内される, 泊つた, 泊りに, 着いたの, 連れて, 顔を

1 [168件] あがった, あずけて, あなたと, あなた男女二人でき, いった, いって, いっても, いつたら息子さん, うつりそこ, おしかけて, おもむいて, お客の, かけつけた, くる人, ころげこんだ, せッ, その客, ついたの, ついて, とびこむ, はいると, ひきかえす, ひとまず泊る, ひとりきりで, ぼんやりはいり込んだ, むかう石段, やって来た, やって来て, やって来られて, やっと帰った, ゆきたくなくホン, わざ, わざわざ泊っ, カンヅメに, ヒルネに, 一二回往った, 一旦引返し, 一泊半した, 一週間か, 上って, 乗込んだの, 伴れ, 來訪され, 便った, 入った, 入ったが, 入ったの, 入り故郷, 入る時, 出かけて, 出る道路, 出入する, 出演つひ, 到着する, 向ふ, 呼び寄せること, 姿を, 子供達が, 宿ったね, 宿って, 宿で, 宿ること, 宿を, 寄りお, 寄り来, 寄る気, 寺田を, 尋ねて, 小萩を, 居残つて, 岸本の, 帰ったが, 帰った頃, 帰つた, 帰つたのは, 帰りかけたところ, 帰り原稿用紙, 帰り夜食, 帰る, 帰ること, 帰るには, 帰ろうと, 引きあげたが, 引きあげようとして, 引き移って, 引返した, 往くこと, 往って, 御投宿, 御案内, 御訪ねし, 急がせました, 戻ったの, 戻ると, 手荷物を, 投宿した, 押しかける私, 押し込むこと, 押川春浪井上唖々氏らと, 招かれて, 持って, 旅装を, 昼食を, 来いと, 来た, 来てる者, 来ない, 来タレ, 此の, 泊ったこと, 泊って, 泊まったが, 泊まろうこう, 泊りそこ, 泊りました, 泊ること, 泊るたいがいナジミ, 泊るつもり, 泊るところ, 泊るより, 疾走らせた, 監禁された, 着いた, 着いてから, 短冊売に, 私を, 立寄って, 紹介し, 縁づいて, 自動車を, 落ちついて, 落ちつきあんま, 落ちつき急, 落ちつく感じよから, 落つく, 葉子を, 藤山と, 行かずに, 行き久々, 行き泊って, 行き着く, 行き肉, 行き酒, 行き間, 行く, 行く大いに, 行く辻馬車, 行ったと, 行っても, 行つた, 行つた方が, 行つてその, 行つて二三日滞在し, 見舞いに, 訪ねて, 軍服姿の, 送られて, 這入ると, 連込んだ事, 遊びに, 部屋を, 電話が, 鞄を, 預けて, 飛込んで, 馳付けた, 駆けつけて, 高橋氏に

▼ 旅館~ (125, 5.9%)

5 あつた, 私は 2 きくと, 一晩泊つて翌日普通の, 暮した, 畳替えを, 自殺を, 船を, 飯の

1 [101件] あいました, あの無数, うばって, ぐずついて, この地方, その屋根, とまった, なるほど一昼夜二ルーブリ, ねそべって, ひとりで, ひらかれたの, ふと思う, ふと思ふ, みんな一緒に, むかむかッと, やるもの, マッチを, 一家心中し, 一晩何だか, 一番いい, 三四週間過ごした, 両親は, 中央道路に, 中村憲吉君土屋文明君上諏訪の, 中食した, 仕事の, 仕事を, 休む, 休むと, 休んだの, 偶然落合っ, 働いて, 其処と, 其所と, 初めての, 初めて知り合っ, 初めて高輪田長三, 各流, 呉清源八段を, 囲碁事件といふ, 夕飯よく, 宿帳を, 宿泊客の, 尋ねて, 小夜子サンが, 山の神が, 当時二十四歳の, 待って, 待ってる方, 待っといで, 心中し, 思いがけなく訪ね, 斃れた, 昼食を, 時雄は, 晩餐を, 書いて, 最も敏腕, 服装を, 朝日へ, 構成され, 泥棒に, 海防を, 深夜厠へ, 済ました後ピニヨレ夫人, 激しい熱, 用いて, 用ゐ, 知りあった婢, 知り合いの, 節子からの, 結構じゃ, 考えて, 自分の, 舊市街と, 芳町時代から, 落合ふこ, 蒔田に, 蒲団包みを, 衣服を, 見かけた人, 見かけた婦人, 貴女を, 賑やかに, 車を, 送ったとの, 逢つてゐた, 逮捕された, 逮捕される, 遇つた, 遊び暮した, 酒宴を, 金を, 隣室の, 食い物の, 食べた, 食べたショッツル鍋, 食べたデンガク, 食事を, 馬肉を, 馬越氏は

▼ 旅館~ (121, 5.7%)

10 出て 7 出た 3 やって, 出てから 2 さがして, とりかこんで, 尋ねて, 探して, 訪ねて

1 [88件] あけて, いったい誰, えらぶに, くぐったの, さがす為, さして戻っ, して, た, たてて, つきとめて, でた, でて, とびだす, ぬけ出した, ひきあげるとき, ひょっくりと, ひらいた, ひらいたの, ひらいて, ふら, ふらふらと, もとからの, やること, やろうじゃ, やろうよ, 一代が, 一時間も, 二軒と, 仮りの, 兼ねた家, 兼ねた料理屋, 出たの, 出た時, 出た鶴雄, 出ては, 出でしは, 出ると, 利用する, 名ざした, 営んで, 営業し, 回り歩いて, 定む, 定めかつ, 建てたもの, 志して, 悉く廻り, 抜出して, 持って, 持つよ, 掘って, 探そうこう, 数歩出る, 最先, 最後と, 望んだ, 本陣に, 根拠として, 構えた遺蹟, 正しい意味, 泊り歩い, 用いること, 発つて, 知って, 知ること, 知るよう, 示す, 立つとき, 自分の, 荒して, 虱潰しに, 褒めたり, 見つけた, 見つけて, 見出すの, 訪うと, 訪ねると, 訪ねる気, 訪ね誓書, 訪れて, 訪問し, 辭し, 退去する, 避けて, 開く筋肉労働者, 開業した, 開業したい, 飛出した

▼ 旅館~ (95, 4.5%)

2 いずれも, 新築を

1 [91件] あるらしいよ, いつもひっそりと, おろか貸間を, かくて, がらんと, ここでは, すべて健康人を, すべて満員で, その嫁さん, たいがい満員らしかった, たしかにその, たしか明暗荘, ただねむる, とかくに, とにかく家庭風呂, どこか, どこも, ないかと, ないでしょうか, なかなか綺麗, なく日, ひつそりし, ひとしきり忙しく, まだかい, まだだいぶ遠, まだ一軒, まだ女中, みなこの, みな満員である, ボクが, 一つだけで, 一と, 一刻も, 一寸した, 一軒のこらず, 不経済, 不足し, 並んで, 主として阪東三十三ヶ所, 今も, 以前は, 傾けり, 元島津公, 全山一, 全然原始人, 出たが, 初めてだ, 安くも, 少からぬ, 少なからぬ, 山の, 巴里の, 彼のとは, 御機嫌伺ひ, 必ずある, 必ずしもよい, 悠長だ, 感じよく, 或意味, 新宿の, 新聞社から, 旅館らしくない, 日覆を, 明るさ, 明治三十年頃には, 昨今慰安所に, 時々鼓, 普通の, 極めて親切, 此処でした, 此広場の, 殆ん, 決して不自由, 決まって, 海岸に, 満員と, 無理に, 物音ひとつしなくなった, 皆協定し, 私の, 総じて旅館, 虎列刺で, 西海岸の, 見つからなかった, 避けて, 部屋の, 閉鎖し, 隣まで, 高倉の, 高田を, 鳥取に

▼ 旅館~ (84, 4.0%)

10 ある 2 あった, あつて, あるか, いくつも, 並んで, 出来て

1 [62件] あったり, あつた, あつたり, あまり混ん, ありそこ, あります, ありますか, ありますから, あり別府浜脇, あり滝, あり飯, あるが, あるし, あるとは, あろうなどと, いくらも, この大森, こんな妙, そうだ, そのうち, たった一軒, ない, ないの, ないので, なければ, ぼつり, ぽつ, やや近く, ガランとして, 一等いい, 並びそれ, 二三軒並ん, 二軒あり, 五つばかり, 京家であった, 今日経営され, 借りとって, 内々で, 出来物, 土地の, 幾つある, 建ちさしも, 数軒ある, 整然として, 木山の, 根じ, 殆どない, 沢山並ん, 満員を, 点在し, 無い山, 燃えて, 眼にと, 秋葉山三尺坊が, 紫雲閣である, 終戦まで, 見えて, 見つかったので, 軒と, 近づいたの, 遊覧客で, 駄目此の

▼ 旅館から~ (38, 1.8%)

2 電話を

1 [36件] お迎い, ここの, だんなの, とびだしたの, まっすぐに, 一歩も, 上流の, 上草履で, 今日昼近くか, 使ひ, 借りた本, 借りて, 出かけた, 出た煙山, 出て, 叔父さんの, 大駆け, 妹へ, 小僧が, 少し外, 度々妾, 拘引され, 数間先に, 最近母を, 来た散歩客, 立ち際, 英京の, 荷物を, 街道へ, 車が, 通って, 運ぶん, 部隊本部に, 雇つた車夫は, 電報で, 駅まで

▼ 旅館~ (37, 1.8%)

2 いうに, いえば, 同様で, 書かれて, 白い大鉄橋風景

1 [27件] いうへ, いうよりも, いっても, いふので, いふへ, きいて, なして, なって, なりおま, なりて, なりぬ, なりめっぽう, 云うの, 云った, 云ふ, 公衆旅舎を, 同じ仕組み, 同様に, 墨色鮮かに, 大看板, 料理屋とを, 料理屋を, 来ると, 称するからには, 称するもの, 違って, 駅売りの

▼ 旅館~ (33, 1.6%)

2 客商売である, 殆ん

1 [29件] ありハワイ島, あり二人, あるし, かなりの, しづかで, たいへんむさくるしい, できるという, なかへは, なくなって, ひっそりし, ハイデルベルゲル・ホーフと, 七八軒あります, 人気商売だ, 兼ね料理屋女郎屋, 別荘も, 及ばないぐらい, 多くそれ, 完備し, 少しの, 探したが, 支那料理の, 新年中は, 母屋は, 気持の, 漁師街も, 知るに, 茶屋も, 見つからないと, 静け

▼ 旅館では~ (29, 1.4%)

2 ない, ないかと, 今が

1 [23件] あるけれも, ちょっと都合, ちょッと, なくて, なく空家, まだ人びと, よくあんな, 三四品の, 亭主の, 何が, 居残って, 彼の, 憲一が, 料理を, 早速に, 最も有りふれた, 最中という, 決してやらない, 河豚を, 深夜まで, 滞在客が, 遊びに, 酔って

▼ 旅館には~ (21, 1.0%)

2 それに, 若い男女

1 [17件] いま四五人の, いる, いると, いるとしても, ちがいない, よく政治家, ポーターといふ, 一つの, 一週間ほど, 五月あまりも, 入らず朝鮮, 大きな卓子, 少数の, 数組の, 既にそれぞれ, 行かずずっと, 鍛冶屋の

▼ 旅館~ (19, 0.9%)

2 下宿の

1 [17件] ホテルの, ムーリス旅館から, 商家が, 店に, 料亭が, 料亭で, 料亭に, 料亭の, 沼の, 芸者屋を, 茶屋或は, 茶店が, 貸席などの, 飲み屋なんかが, 飲食店は, 飲食店等は, 馬車を

▼ 旅館~ (15, 0.7%)

1 [15件] からかとも思った, から女, から英語, かわからない, が両, が全館寂, けれども結局, そうである, ぞっ, というここ, というの, とか茶屋, とさ, と思ひます, と聞い

▼ 旅館という~ (10, 0.5%)

2 のは 1 たところ, のが, のであった, のです, ものが, ものの, わけには, 物々しい支那語

▼ 旅館まで~ (10, 0.5%)

1 半分ほど, 同じ停車場, 帰って, 歩いた, 歩きました, 礼を, 行く途中, 訪ねて, 送りとどけたの, 連れか

▼ 旅館にも~ (9, 0.4%)

2 机硯書翰箋封筒電報用紙の, 郵便局にも 1 いないと, ございますから, せず持ちこたえて, 三人, 居にくい

▼ 旅館である~ (8, 0.4%)

2 からそれ 1 から北国一, から逃げ隠れ, が何, この長崎屋, と同時に, 限り大概都ホテルと

▼ 旅館でも~ (8, 0.4%)

1 あつたら, まだ仕事, みつけるなり, 出して, 宿の, 熱海でも, 病院でも, 蚤の

▼ 旅館とは~ (7, 0.3%)

1 いいながら, さう, てんで比べ物, みんなが, ピント外れの, 云ひ, 言い難い

▼ 旅館です~ (6, 0.3%)

31 がねこれ, が其所, ね

▼ 旅館といふ~ (5, 0.2%)

2 のに 1 のへ, もの, ものが

▼ 旅館とか~ (5, 0.2%)

2 あんなもの 1 云いましたね, 待合は, 料理屋とかは

▼ 旅館とも~ (5, 0.2%)

1 つかないアイマイ宿, つかぬ室數, アパートとも, 待合とも, 料理屋とも

▼ 旅館~ (5, 0.2%)

2 のです 1 のだ, のだろう, のである

▼ 旅館~ (5, 0.2%)

1 であるから, という客商売, をし, をはじめて, を営ん

▼ 旅館~ (5, 0.2%)

2 は大抵橋 1 から五十缶, が目, の座敷

▼ 旅館兼料理屋~ (4, 0.2%)

1 になっ, の吉野屋, へと車, らしかった

▼ 旅館~ (4, 0.2%)

1 一の, 一夜安眠, 一日風呂気持よし, 二朝ポン

▼ 旅館であった~ (3, 0.1%)

1 がこの, といわれ, のだ

▼ 旅館として~ (3, 0.1%)

1 有利な, 現存し, 身分ある

▼ 旅館としては~ (3, 0.1%)

1 この方, 六軒店屋が, 出来るだけの

▼ 旅館なら~ (3, 0.1%)

1 この前, と思はれる, 相当に

▼ 旅館なる~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものは, もの何か

▼ 旅館へは~ (3, 0.1%)

1 おいでなく, その女, 宿らんでも

▼ 旅館よりは~ (3, 0.1%)

2 高級である 1 商人宿や

▼ 旅館~ (3, 0.1%)

1 で構成, は檀先生, を彷徨

▼ 旅館からは~ (2, 0.1%)

1 すぐ近い, 絶え間なく

▼ 旅館この~ (2, 0.1%)

2 待合と

▼ 旅館だけの~ (2, 0.1%)

2 ことは

▼ 旅館だった~ (2, 0.1%)

1 そうだ, ね

▼ 旅館だろう~ (2, 0.1%)

1 かと寺田, という物々しい

▼ 旅館~ (2, 0.1%)

2 のへ

▼ 旅館であり~ (2, 0.1%)

1 料理屋である, 登場人物の

▼ 旅館での~ (2, 0.1%)

1 いきさつや, ことだ

▼ 旅館とが~ (2, 0.1%)

1 あって, 入り交つて

▼ 旅館などが~ (2, 0.1%)

1 建って, 行手に

▼ 旅館などと~ (2, 0.1%)

1 いったら殆ど, 看板を

▼ 旅館などという~ (2, 0.1%)

1 ものすらも, 看板を

▼ 旅館などの~ (2, 0.1%)

1 影も, 設けが

▼ 旅館などは~ (2, 0.1%)

1 勿体ねえ, 夜中妖怪が

▼ 旅館なども~ (2, 0.1%)

1 経営し, 設けら

▼ 旅館における~ (2, 0.1%)

1 始めての, 雨の

▼ 旅館にて~ (2, 0.1%)

1 アララギ歌会, 奉仕する

▼ 旅館らしい~ (2, 0.1%)

1 ものが, 建物の

▼ 旅館~ (2, 0.1%)

1 の公道, の廊下

▼ 旅館全体~ (2, 0.1%)

1 が深い, にゲラゲラ

▼ 旅館川六~ (2, 0.1%)

1 へひとまず, へ落ち着く

▼ 旅館~ (2, 0.1%)

2 になっ

▼ 旅館料理店~ (2, 0.1%)

1 などにこの, の如き

▼ 旅館~ (2, 0.1%)

2 の家

▼1* [149件]

旅館あたりが湖畔, 旅館あり割烹店あり, 旅館あるは避暑客, 旅館いうても何, 旅館いずれも要心, 旅館二年前に, 旅館かへ行って, 旅館かも知れませんよ, 旅館からの静かな, 旅館からも一人ぐらいしか, 旅館これで三度目, 旅館じゃ面白くないでしょう, 旅館すぐ出て, 旅館すべて安っぽいが, 旅館そのものが極, 旅館それもパンパン宿, 旅館そんなものばかりが, 旅館だけあって, 旅館だつたけれど蛙, 旅館だつたらそんな気兼ね, 旅館だの山だの, 旅館ってご存知です, 旅館てので十二時すぎから, 旅館ででも姉を, 旅館とかいう志村の, 旅館とかに泊つてゐ, 旅館とかへお移りに, 旅館との記事を, 旅館とやらに彼と, 旅館とやらへお伴しようでは, 旅館なぞでも, 旅館なぞもヒイキに, 旅館などではまるで殿様, 旅館などでも蚤の, 旅館などに泊つたことも, 旅館などへ行くこと, 旅館などを頭の, 旅館なればこそであり, 旅館なんかどうせでたらめ, 旅館なんかでゴロゴロし, 旅館なんかにゐますと, 旅館なんかのと云ったん, 旅館なんてあるもん, 旅館においてあるから, 旅館においても予言し, 旅館にかへりしとき, 旅館についてその状, 旅館にでも泊つた方が, 旅館にと思われるよう, 旅館に対する正当な, 旅館に関する限り東京と, 旅館はわづかに, 旅館ばかりで新婚旅行, 旅館ばかりの集落は, 旅館へでも電話を, 旅館へも渠は, 旅館ほかに自慢, 旅館ほとんど空室なし, 旅館また料理店に, 旅館まででも送ろうと, 旅館までの俥の, 旅館までは遠くない, 旅館みつよしで, 旅館らしくないかまへで, 旅館カアルイハ待合カモット柄ノ悪, 旅館ホテルなどが一体, 旅館ラジウム温泉などがぎっしり, 旅館一二軒をわざと, 旅館一戸雑貨店一軒あるのみ, 旅館三階の廊下, 旅館丸杉は以前未醒画伯, 旅館へ母親, 旅館主テナルディエ様というあて名, 旅館九州ホテルで靴, 旅館五竜閣との外, 旅館以外の料亭, 旅館信濃屋に足尾銅山鉱業停止請願同盟事務所, 旅館僻地の農家, 旅館八ヶ所が徴用, 旅館兼下宿の下宿, 旅館兼珈琲店に女中, 旅館はさらに, 旅館写真館うなぎ屋骨つぎ三味線屋月賦の丸二, 旅館別館の三階, 旅館の桜花, 旅館及び古風の, 旅館を御, 旅館営業をはじめた, 旅館四つ五つあり, 旅館はノルマンディー, 旅館宴席, 旅館大和屋まできっと, 旅館官衙学校等はその, 旅館寒燈独り眠らず, 旅館対山館に向かった, 旅館山城屋に泊つて, 旅館廃止といふことに, 旅館延命軒の二階, 旅館建場茶屋飲食店諸種の見聞, 旅館料理カフェー・ノートルダーム, 旅館志村がよく, 旅館投宿第五高等学校教師ポーター, 旅館改良論を唱える, 旅館料理は現れない, 旅館料理屋のた, 旅館料理屋シラミつぶしにきい, 旅館料理屋兼業の大きい, 旅館料理屋待合も名, 旅館体制で, 旅館日本橋の島屋, 旅館時々産院で, 旅館時代に泊った, 旅館暮しはおそろしい, 旅館上位の, 旅館松川館の大, 旅館柳美館の主人, 旅館梅月へ着く, 旅館植半に投宿, 旅館業経験をたより, 旅館業者や玄人筋, 旅館此日大夫遊篠池有詩次韻, 旅館気付に東京, 旅館江戸屋尤も大なれども, 旅館に俯, 旅館浪華亭と書いた, 旅館清和楼の一室, 旅館特に寿司屋を, 旅館狭い部屋な, 旅館では判り, 旅館相應の洗面場, 旅館知ってません, 旅館知ってるのは, 旅館研屋支店の前, 旅館竹家に帰る, 旅館紀伊の国屋, 旅館組合の中, 旅館経営に徴用, 旅館経営者はまことに, 旅館縁辺のわかい, 旅館をかえし, 旅館送つて行つて, 旅館近くまで伊代, 旅館醉月を教, 旅館開業どころかこの, 旅館間近の市場, 旅館階上の月, 旅館雑色たちの泊る, 旅館離れ竹の間, 旅館につくられた