青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「旅行~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

於~ ~於い 於い~ ~於ける 於ける~ ~旅 旅~ ~旅人 旅人~ ~旅行
旅行~
~旅館 旅館~ 族~ ~旗 旗~ 旗本~ ~既に 既に~ ~日 日~

「旅行~」 5218, 56ppm, 2054位

▼ 旅行~ (607, 11.6%)

10 ために, 途に 7 目的は, 目的を, 話を 6 ような, 準備を 5 ことを 4 ための, 出発を, 支度を, 最後の, 準備に, 際には

3 [14件] うちに, 仕度を, 印象を, 方が, 時に, 目的と, 第一日, 自由を, 見世物の, 許可を, 途中で, 途次に, 面白味は, 首途に

2 [40件] あいだに, おかげで, ことに, ことは, ことも, ついでに, つもりで, ときには, 中途で, 仕方は, 件を, 出来るよう, 同伴者が, 味を, 困難を, 度毎に, 後私は, 感じで, 方法を, 日程に, 時には, 時の, 暮の, 東京見物を, 歌, 歸り, 用意に, 目的地を, 突発性や, 約束を, 経験が, 計画は, 計画を, 計画者である, 話が, 話は, 話や, 費用を, 途中ベルリンに, 間に

1 [403件] あいだ宝石を, あとを, あひだ, ある理由, いろいろな, いわば目的, うちで, おみやげを, お伴供を, お供が, お土産, お帰り, お支度, お金倍に, ことから, ことからの, ことが, ことです, ことなどが, ことについて, こと帰っ, こと心配し, こと旅中に, こと旅行券を, こと生活の, このやう, ごときすなわち, さいに, さばさばした, さまが, しかたを, したい季節, しど, し直しでも, すばらしい味, ためそれなりに, ためアフリカの, ため止む, ため特別の, つづき, つづきで保科氏, つれの, できない程, できる日, とき, ときだけ, ときの, とき一等に, とき何と, とき宿場宿場で, なかで, のちわたしが, はじめての, はなしを, はやる国, ほんとうの, ほんらいの, むつかしさ, やうに, ようで, ように, ようね, バスも, ホテルの, ロケットの, 一大利得である, 一大収獲だ, 一大失策であった, 一断面は, 一程に, 一行に, 一隊に, 一隊は, 一青年である, 一頁らしい, 上手な, 不便を, 不愉快な, 中心目的は, 中止を, 中途上海で, 主たる目的, 主なる, 主眼であった, 主要目的地であった, 主題に, 久我夫婦は, 予定が, 予想生徒同志の, 事どもを, 事に, 事を, 二箇月ほど, 人々にたいする, 人の, 仕度と, 仕度は, 仕方を, 代りだ, 仮面を, 仲間で, 休むま, 会計係に, 体だ, 何日か, 便を, 便宜の, 僕が, 先々で, 先鞭を, 免れない處, 冒険という, 出來ない, 出先では, 出来る身体, 出来事である, 初めから, 初めに, 初めには, 到るところ, 刻々に, 前から, 前に, 前にも, 前まで, 前後の, 前日の, 助手を, 勧めに, 印象の, 印象は, 印象記である, 危険と, 危険よりも, 収穫である, 収穫は, 収穫を, 取柄と, 口実であっ, 句であります, 名人といった, 唯一の, 問題に, 嗜好な, 噂が, 噺を, 土地が, 土産話を, 夜の, 夢を, 夢想を, 大事を, 大体の, 夫婦者の, 失望は, 奇妙なる, 好きな, 好奇心は, 姿などに, 婦人客達は, 学生などには, 安全ならん, 安全の, 安全を, 安否を, 實驗によ, 帰りに, 帰路旅順に, 帰途ゴーリキイは, 帰途ナポリで, 帰途妻子と, 平安を, 序とは, 度に, 延長の, 形と, 役割を, 径路に, 後に, 後更に度々, 後石巻で, 御蔭で, 必要が, 恥を, 意味で, 意味でなく, 意味も, 憂慮は, 成功する, 手伝い, 手引きを, 手続きを, 手鞄を, 折その, 折御, 提供する, 数々が, 文士と, 断片を, 方, 方だけ, 方はと, 方式は, 方針について, 旅とも, 旅先で, 旅土産に, 日が, 日程といふ, 映画が, 時だけは, 時でした, 時でも, 時も, 時ヘルンが, 時乘用した, 時代には, 時或, 時期を, 時飯坂温泉で, 晩, 晩私は, 最後に, 月日は, 有様を, 期待によ, 期間は, 末に, 本質が, 本質を, 果に, 案内に, 案内書にも, 極めて皮相, 楽しさ, 楽み, 楽能楽演劇を, 概念とは, 様子は, 機会が, 次第また, 比較的大袈裟, 気分が, 氣分に, 氣分は, 決心を, 汽車は, 沿道の, 泊りさ, 注意を, 流行は, 浮, 涎の, 滞なく捗って, 為に, 為め五日の, 無意義でなかつた, 状態を, 生徒の, 用件は, 用向きは, 用向きを, 用意は, 用意を, 画図を, 留守とかで, 留守に, 當時私は, 疲れの, 発足点と, 益を, 目的が, 目的である, 目的といった, 目的に, 目的に関し, 目的の, 目的全部を, 目的欄に, 目的等について, 目的観光といふ, 目的順序やら, 相談がまと, 眼目は, 着物が, 神で, 神と, 福島, 第一課, 第三十二日, 第二十九日, 第二日, 第二日目, 第六日, 第四十六日, 筈である, 節松林中に, 範囲は, 精神と, 紀念として, 終りに, 経験から, 経験の, 経験を, 絵ハガキでも, 習慣を, 自動車が, 自由に, 興味では, 興味は, 船中で, 苦を, 荷造りを, 薄暮が, 行程に, 袂に, 見世物から, 見世物が, 見世物は, 見世物を, 覚え書きを, 覚悟である, 観察に, 計画が, 計画でも, 計画の, 記事が, 記事は, 記事を, 記念品を, 記憶と, 記憶の, 設備を, 話など, 話なんかを, 話ね, 話ばかり, 談と, 費用として, 費用も, 賜である, 賜物だった, 趣味を, 足跡に, 身支度を, 追憶さては, 途上寒, 途上長い, 途中かと, 途中ちょっと, 途中です, 途中という, 途中には, 途中厳島神社で, 途中大阪で, 途中浩平が, 途中神戸へ, 途中神社や, 途次九月十四日に, 途次十月十四日平壌に, 途次富士川の, 途次山陽線の, 途次杉本氏は, 途次此シャトオに, 途次汽車の, 途次贄川の, 途次通りかかったら, 遅延天元社の, 道中で, 道程, 達人の, 遣り方, 邪魔に, 部に, 部分だけ, 都合で, 都度チャンと, 里程車馬の, 重大な, 長短, 門出である, 間じゅう子供たちの, 間その, 間にも, 間大抵, 間彼女は, 間父は, 間驚くべき, 際に, 際は, 際同じ, 際途中客舎の, 際道路の, 非常に, 面白さ, 面白味が, 面白味に, 順序日程を, 順路に, 風俗や, 餞別に, 首途を, 魅力は

▼ 旅行~ (528, 10.1%)

72 して 19 した 12 するの 8 したとき 7 したこと, すると 6 した事, しても, すること, 続けて 5 したが, した時, しましょう, 終えて 4 したの, するという, するには, する時, 企てた, 終って, 試みた 3 した後, しなければ, しようと, すれば, つづけて, やるの, 企てたの, 除いて

2 [25件] いたしましたが, したいという, したその, したり, した人, しました時, する, するとき, するやう, するよう, する事, する気, する間, つづけた事, やって, やること, 中止し, 中止する, 企てた時, 共にした, 口実に, 延ばさせると, 思い立って, 決心した, 致され北

1 [257件] あんな頭, いい機会, いう他, いたしますから, いやに, うながし二人, おえて, おもいだすの, かこつけに, この都, させたこと, させて, させられた, させること, させろなどという, され未だに, しそう, したいの, したお, したから, しただけは, したといふ, したらしい, したらそう, した先, した効, した宇平, した日記, した時代, した時以来, した瀬戸内海, した結果, した草野教授, した話, しないで, しないでも, しない公衆, しました, します, しますが, しますと, しよう, しようなんかと, しようやく, しろといった, しサルジニア, し他国, し様々, すすめた, すすめて, すまして, するから, するからとか, するが, するたび, するため, するであろう, するなり, するなん, するなんて, するにも, するまでと, するよりも, するアメリカ, する人, する位, する場合, する季節, する折, する日, する時一番, する機会, する機會, する由, する筈, する約束, する習慣, する者, する途中, すゝめた, せがまれ僕, せず, せねば, たどって, たのしむこと, たのしんで, つ, つづけた, つづけたか, つづけるあいだ, つづけ翌々, とおして, なさいまして, なさいますよう, なさったの, なさっても, なさらない, なさるそう, なしたるにも, なすっても, なすの, なすもの, ねだつて, はじめたとき, はじめる, はじめること, はておかしい, ほめて, もって, やった, やったの, やつて, やめ故, やりましたそして, やりましょう, やり途上, ゆかいに, 一緒に, 七日七晩ほど, 与えること, 中止した, 了え, 了える, 仕た事, 仕て, 企つる, 企てたが, 企てたとき, 企てたもの, 企てた事, 企てた愈, 企てました, 企てる, 企て北河村, 何も, 何回か, 何百遍と, 全然楽しむ, 共にし, 共に感謝, 兼ねて, 兼ね一時郷里熊本, 勧めた, 勸める, 危ぶみ始めた, 名として, 味ひ, 命じられると, 命ぜられ帰朝, 困難に, 堅くお, 多くし, 夢みるところ, 契機として, 好まなかった, 好むこと, 好むこと甚, 好むに, 好む者, 始めたという, 始めたの, 始めてから, 始めましょう, 始めるの, 始め日, 娯しんだ, 容易ならしめ, 宿題に, 常に夢み, 常に行う, 幸い帰り, 引止め得るとは, 後悔しないだらう, 必要と, 忌むの風, 志した, 思いついたの, 思いとどまらせようと, 思いとどまること, 思い出します, 思い立たせたの, 思い立った, 思い立ったとき, 思い立つに, 思う, 思うて, 思ひたちました, 思ひとどまること, 思ひ立った, 思立った, 我慢さへ, 承諾しなかつた, 提案する, 敢て, 断念し, 断念した, 断念しなけれ, 早くうち, 望まれて, 止めて, 決行した, 洋行と, 済ませたばかり, 為し得たの, 為すが, 為て, 無事に, 発見し, 知つた, 知つてる, 祈ります, 終えようと, 終ったの, 終つていよいよ, 終つて安住の, 終へ, 終へて, 終りて, 続けた, 続けたが, 続けたの, 続けたり, 続けた方, 続けようと, 続けられるという, 続けるか, 続けるが, 続けること, 繰返して, 續ける, 考えついて, 考えるの, 苦んで, 行いつづいて, 行つた諸君は, 行なった, 見た時, 計画し, 計画した, 許される事, 許可しなかった, 試みたこと, 試みた際, 試みようでは, 試みようと, 試みる, 試みること, 試みるつもり, 試み多数, 試み美濃, 説くこと, 談ずるに, 諷刺し, 軽井沢に, 迷わずに, 送るつもり, 非常に

▼ 旅行~ (487, 9.3%)

10 のほう 7 のよう 6 のため 5 の魂, はいった 4 の眼, はいっ, はそれ, は将校, もある 3 であった, である, に向っ, の目, の群, はたずね, はたずねた, はもう

2 [27件] がそれ, が多い, が白い, が馬, で自分, にとつて, に便利, のこと, のやう, のよく, の一団, の口惜し, の持つ, の数, の気分, の為, の自由, の記述, はいろいろ, はその, はそんな, はひどく, は何, は停車場, は兵士, をよろこばせる, を楽しませる

1 [356件] からその, から放さなかった, から見れ, がいろいろ, がこの, がじゃ, がそう, がたずねた, がちょいちょい, がよく, がアンコ, がオアシス, がステーション, がボート, が二三人, が停車場, が兵士, が出, が受刑者, が可, が問うた, が圧倒, が多く, が多勢, が大, が富山ミヤゲ, が彼, が彼ら, が心, が必ず, が急, が急速, が感じる, が或, が旅路, が日向, が特別, が用事, が皇帝, が立っ, が羨ましい, が自分, が興味, が菅笠, が見る, が訪ね, が訪れる, が読む, が近づい, が過剰人口, が階段, が頭, たり, たりとも皆, たる後ダイゴ帝, たる私, だ, だが, だけだった, だった, だとしても, だろうか, であるかぎり, であるため, であるわたし, である私たち, でこの, ですからね, でなくある, でなくても, ではありえなかった, ではなかっ, でもあつ, でもなく, でも出国, というもの, といっしょ, とことならない, としていま, としてその, としてたとえば, としての印象, としての私, としての私達, としての船客, としてはね返さず, としてはむしろ, としては世界, としてよく, とてもみな意外, とのほか, との二人, とは自ら容子, とスウツケイス, と一輛, と似た, と厄介者, と幾分, などが土地, などにはよく, などをてんで, なの, なん, にあたえられた, にいつ, にこれ, にし, にすすめた, につけ, にとってどれ, にとってなん, にとってはそれ, にとってはのんきそう, にとっては取る, にとっては此, にとっては自分, にとって大変, にはし, にはその, にはたしかに, にはただ, にはない, にはよい, には分らない, には容易, には此, には歳末色, には見られない, にほほえみかけ, にもわかる, にも云, にも逢え, により確証, にホテルぐらし, に与うる, に乞食, に他, に依, に倦怠, に全く, に其の, に可能, に対してどう, に対してどんな, に対して我々, に対する案内者, に対する設備, に批判, に持たせる, に明快雄大, に歴史的記念物, に祝意, に笑われた, に羊, に見立て, に近い, に追, に頼みこん, の, のさき, のたのしみであろう, のふえた, のまなざし, のまわり, のむれ, のもつ, のもの, のよろこび, のわがまま, の一人, の一種独特, の一種獨特, の一顧, の両, の両手, の中, の云う, の介入, の何, の作物, の僕, の公平, の前, の即興, の取り締まり, の口, の命令, の問い, の嘗めず, の多く, の大, の大尽遊び, の好奇, の好奇心, の姿, の季節, の安全, の実見談, の心, の心安, の心理, の恐怖, の手, の扮装, の捨てた, の旅, の検索, の歴史, の求め, の烙印, の物悲し, の物語, の特権, の生御, の男, の発見, の研究, の私達, の移り気, の種別, の立場, の精神, の素通り, の耳もと, の肩, の腕, の興味, の落す, の行列, の表面観察, の言葉, の記録, の話, の誰, の調査, の論ずる, の足, の踵, の身の上, の近く, の顔, の顔つき, の風姿, はあまり紙, はいっそう, はうなずい, はことわる, はこの, はしばらくじっと, はしよう, はすくなから, はすでに少し, はすべて, はすべて一致, はそれでも, はそれ以上将校, はたいてい, はただ, はたった, はだまっ, はちらっと, ははっきり, はひと先づ此処, はほとんど, はまた, はまだほとんど, はみな, はみんな発作的, はゆっくり, はアフリカ, はアルプス, はエッゲ, は上, は上級, は両手, は二人, は休息, は何らかの, は受刑者, は唇, は国境, は土地, は多少, は家畜, は少なくとも, は屡々, は帰れない, は平生, は微笑, は必ず, は手, は旅外套, は東海道線, は森林, は次, は決して, は相手, は知っ, は結び目, は絶え, は自分, は自然一緒, は色々, は落ちつかない, は西洋流, は身体, は闘牛, は頭, は額, は顔, への注意, へ売りました, もあった, もこの, もやがて, も一応, も同じ, も彼, や村, や里人, よ, よ農夫, らしいゴルフズボン, らしい三四人, らしい感傷, らしい視線, らしきもの, をし, をじっと, をながめ, をば一応, をも魅する, を停めた, を厳重, を吸収, を哲学館出身者中, を奥, を慰める, を抱い, を捕えた, を数える, を次, を満足, を無理, を片手, を用い, を監視, を直ちに, を相手, を真似, を荒す, を見かける, を護衞, を迎え, 当然な, 或は他国

▼ 旅行~ (449, 8.6%)

18 出て 8 出かけて 7 出ること, 出る前, 出発する 6 出た 5 出かけました 4 でようと, 出る, 於て, 行って 3 でかけること, 出かける前, 出てから, 出掛けた, 出発した, 必要な, 持って

2 [38件] くたびれて, だしたあなた, でかけた, でかけたこと, でかけて, でかける姿, でた, やって, 伴ういろいろ, 使用した, 出かけた, 出かけたという, 出かけたの, 出かけます, 出かけること, 出たこと, 出たとか, 出たの, 出たり, 出た時, 出ても, 出ようと, 出るからね, 出ると, 出るの, 出発し, 就いて, 就いても, 就て, 於いて, 由りて, 疲れた乗客, 行くと, 行くの, 行つ, 連れて, 連れ出して, 重い荷物

1 [278件] あてたわけ, ありきたりの, ある, あるく予定, いくウ, いっちゃうん, いつたこと, いらして, おびきだしたの, お出し, きたという, ことも, この風光明媚, こられなかったの, さすがに, して, しても, すぎないの, その方面, そんな重い, たいがい付属する, ついて行ったもの, ついであっちこっちへ, つや子を, でかけたの, でかけませんか, でかけよう, でかけようか, でかけるの, でかける人, でて, でられませんで残念, でること, でるつもり, でると, でるの, ともなって, とりて, なった, なったわけ, なった時, なって, なっては, なつた, なりそう, なりました, なります, なり大, なる, なるとは, のぼった, はじまつた, まきこまれるよう, ゆくと, ゆくとき, ゆく由, ゆけないわけ, カコ付け, スイスや, ハイキングに, 一番必要な, 三木雄と, 上ったり, 上つてし, 上つて来た, 上京し, 不便であった, 不参しなけれ, 不参と, 不思議な, 事件が, 二日三日を, 伊豆辺まで, 伴ふ, 何かと不便, 使いたまえ, 使うロケット, 使ったポケット地図, 來た, 依つて, 円朝は, 出かけたので, 出かけたもの, 出かけたり, 出かけた両親, 出かけた二人, 出かけては, 出かけましたよ, 出かけますので, 出かけますよ, 出かけよう, 出かける, 出かけるかも, 出かけるし, 出かけるつもり, 出かけるまでは, 出かけるわけ, 出かけるん, 出かける心算, 出かける由, 出かけドイツ, 出かけ用事, 出かけ長年, 出して, 出すの, 出たい, 出たい渇望, 出たか, 出たきり, 出たこの, 出たため, 出たて, 出たと, 出たふり, 出たまま, 出たらすっかり, 出た会話, 出た感興, 出た留守, 出てた筈, 出とるの, 出なかつた, 出なかつたし, 出ましたが, 出ようかなどと, 出ようとして, 出ようよ, 出られないかも, 出られやしないのよ, 出られるだろうね, 出るから, 出るが, 出るころ, 出るそう, 出るちゅうのは, 出るという, 出るといった, 出るとき, 出るなら自分, 出るについて, 出るので, 出るまで, 出るん, 出る二ヵ月, 出る度毎, 出る旨, 出る理由, 出る計画, 出る迄は, 出今, 出掛けたいと, 出掛けたと, 出掛けた筈, 出掛ける, 出掛けるか, 出掛けるの, 出掛けるほど, 出掛ける事, 出掛ける仕度, 出掛ける準備, 出発しよう, 出立, 加は, 加わって, 労れ, 参加する, 吉田の, 同行した, 君を, 困難な, 堪えるか, 堪えること, 堪え得るまで, 家内を, 就く, 山へ, 山賊の, 希望を, 廉煙草の, 彼を, 必要故, 手を, 持ち物は, 携えて, 故尚順男爵, 於ても, 旅立つため, 日本へ, 最大切, 有益な, 来た, 来たから, 来たが, 来たとき知り合い, 来た時, 来て, 欠席し, 欧洲へ, 正式に, 永くかかった, 決して目的, 満足し, 異常な, 疲れたという, 疲れた神經, 発ったの, 発足した, 百ルーブリ寄附する, 盗難は, 私を, 立たうといふ, 立って, 立つた, 立つたが, 立つ前, 経験の, 総てを, 義雄が, 耐へ, 耽つて, 肉体的安楽は, 興味が, 興味を, 興奮的の, 船出する, 若夫婦, 草津へでも, 行かないか, 行かないかと, 行かなかった, 行きたいの, 行きたいので, 行きたくなった, 行きたくなつ, 行きました, 行きませう, 行き度, 行く, 行くこと, 行くなんて, 行く由, 行けなかったの, 行けんので, 行こう, 行った, 行ったこと, 行ったジンバリスト, 行った時, 行った留守, 行っちゃ, 行っても, 要する経費, 誘い出して, 誘ふ筈, 財布を, 費す日数, 費やした, 赴いて, 赴きあちら, 赴く, 足弱を, 跟随て, 踏み出さう, 送迎を, 連れ出した甲斐, 運動に, 適せず, 釣竿を, 関したる夢, 關し, 限らず人生すべて, 隣りの, 隨ふ, 集まって, 飛びだされたの, 飽いて, 飽きて, 餓えて

▼ 旅行~ (278, 5.3%)

41 ている 17 ていた 7 て居る 6 て来た 4 たりし, てい, てゐる, て来 3 てその, て來, て彼, て来る, て歩く

2 [19件] たりする, て, てあなた, ていました, ておった, てみる, ても決して, てゐない, て或, て日本, て来よう, て歩い, て歩いた, て漫然と, て神代杉, て船, て見, て見聞, て途中

1 [138件] そして夜具, たまへ, たりこれ, たり働い, たり少女時代, たり滞在, たり病気, たり自分, ついでです, つつある, てああ, てある, てあるく, ていまし, ています, ていらし, ていらっしゃる, ていられます, ていろいろ, ていろんな, ておられた, ており, てから後, てから気がついた, てき, てきなさい, てきます, てさ, てさえ新橋, てしまいます, てそういう, てそこで, てそれから, てそれきり, てそんな, てつい, てどれ, てどんな, てほんとう, てま, てまわる, てみ, てみたい, てみたら, てもこっそり, てもそこ, てもなお, てもわたし, ても寺, ても感じ, てよかっ, てゐた, てアイヌ村, てミュンヘン, てメンミツ, て一室, て不在, て了つた, て二日, て今度, て何, て來たらい, て來よう, て十月四日, て叔母ルウスタン夫人, て古, て古代, て地方, て地方人, て天然痘, て宿泊, て小河内, て居た, て居りました, て山麓, て崖, て帰っ, て帰り, て平生, て廻らなけれ, て廻れる, て恐らく, て所謂, て手荷物, て持っ, て旅宿, て昨, て暫く, て木浦, て来い, て来ました, て歸つて來, て汽車, て深谷町, て無事, て父, て猿, て留守, て疲れ, て睡らせ, て空き家, て終った, て興味, て色々, て行く, て行っ, て見なけれ, て遂に, て遊蕩, て集めた, て露西亜人, て颱風, て鳶色, とらん, ながらこの, ながらそれに, ながら毎日文章, やうと, やすきこと, チューリンゲンを, ムザンなる, 三輪山へ, 世界の, 今川氏親の, 十八年に, 土地の, 天才少女の, 拉薩に, 旅行先で, 日本を, 最後に, 次いで此, 滿洲へも, 熊を, 私自らの, 而も, 詩人ハイネを, 遂に米国

▼ 旅行~ (256, 4.9%)

2 [20件] いやさ, これは, したこと, しましたが, たいへんな, できない, どうなりました, チェーホフの, 一人で, 云々と, 先へ, 半年ほどにわたる, 商用の, 外敵の, 女が, 彼が, 愉快であった, 東南に, 沢山だ, 私に

1 [216件] あまり好き, あまり望ましく, あらゆる事情, いたして, いちども, いったいどこ, いよいよこれからが, おそろしくはんじょうし, おもてむき, おろか町までへの, かなりに, かれこれ二十分あまり, かれら, この孤島, この正月, これからますます大, これで, さしたる事, させて, させにくい, したくなし, した事, しつけて, しない方, しなければ, しまい, しました, しよつちうし, すぐ止, すこぶる難儀, すでにこの, すべてが, すべて飛行機と, するもの, そのため, そのまま中止, そのよう, その回数, その土地, その時, その最初, それについて, それ故, ただの, だが私, ちょっとむずかしい, どういふ, どうしてしたでしょう, どうして楽, どうである, どうもいつもの, どこへ, どこへも, どっちを, どの方面, どれだけが, どんな塩梅, なかった, なかなか容易, なかなか金の, なさるん, はじめっ, べつとして, ほとんど三月, ますます不愉快さ, まだした, まだまだ不便, まるでどこ, むずかしくなり, もうムリ, もう続けられない, よほど前, わが日頃, イヤ, トンチンカンで, ビスマルク公の, 一人に, 一八五二年の, 一切ならぬ, 一刻も, 一等でなけれ, 一辺も, 一週間か, 三度の, 不参という, 不必要, 中止なさる, 九回にわたり, 了った, 二度も, 五六月に, 人生觀上藝術觀上ゲエテに, 今までの, 伊那の, 伎芸である, 体一つでさえ, 余も, 余程面白から, 侘しすぎる, 俗情を, 保養の, 個人の, 元来, 先ず昔, 全く予期以外, 全く異, 公私略に, 凡て予が, 凡て円太郎馬車か, 出来ない少く, 出発から, 出発地を, 切支丹の, 初めてな, 別条も, 前から, 前に, 割合に, 功を, 勿論出, 医術修行の, 十週間か, 単に月並, 古田さんに, 可成りした, 困難な, 困難を, 地球の, 夏に, 多少の, 大へん, 大好きです, 大急ぎで, 奈良の, 好きか, 好きの, 如何に, 始めより, 完全に, 官費である, 実に彼, 寒気プルガ, 實に, 小さな町じゅう, 屈辱の, 島原天草の, 差支あるまい, 平々凡々未, 当りました, 彼に, 彼にとって, 彼の, 彼女から, 必ずしも公務, 必要と, 思立たれた, 意味が, 愚か部屋の, 所謂可愛き, 新夫婦両人, 日光と, 景教碑の, 最も受け, 最大な, 月に, 末弟の, 本線だけ, 株券を, 格別苦に, 案外早かっ, 極めて簡易, 楽しくたっぷり, 楽じゃ, 欧州に, 正に餡, 毎年春秋二回古参者から, 江の島の, 決して無意義, 無事で, 無期中止という, 無理だつた, 無理です, 現状の, 生涯に, 男づれでなければ出来まい, 益, 目的地に, 私にとって, 私の, 私よりも, 私一人の, 素子の, 終つたのである, 絶対に, 絶対の, 続いて, 続けなきゃいや, 美術学校の, 自然と, 至極好い, 苦しかった, 蚕時であった, 行列の, 計画そのものから, 許可されない, 資本主義国における, 贅沢に, 近づく運命, 近世人も, 退屈だ, 鉄道省の, 降られますよ, 隆太郎にとっては, 随分危険, 青木卓一論と, 面白からう

▼ 旅行~ (229, 4.4%)

8 のこと 3 です, で留守 2 だ, だそう, だと, で不在, なの, にその, にそれ, に幾度, に遭難, の看板

1 [195件] ある山中, いたるところ, いちばんささやか, いろいろお世話, いろいろの, かあるいは, からあわて, ぐらいは大目, この島, この年, こんなふう, さえこんなに, しばしば経験, しばらく日本語, しみじみ考えさせられました, じゃ, じゃありますまい, その僕大木, だけが呑気, だけは落語, だけ通用, だったので, だつたの, だよ, で, であった, であったが, であったに, であったり, であった江戸川乱歩, であつ, であります, である, であること, でいつ, でいつ帰京, でございました, でございます, でしたろうと, ですし, でそれ, でまだ, でわかりません, で一週間, で交渉, で会, で再び, で十四日後, で夫人, で旅行先, で知らなかったもの, で私, で観られなかつた, で鑑定, とあっ, という口実, とかいうこと, とは恐縮, と石版, と答え, なかった, なので, なりとて, なん, にあつめた, にいい, におぼえた, にかく, にこんな, にしたたか酒, にてあきたる, にて未だ, には妙, には有り, にまた, にもない, にも幾度, にも度々, にも此, にも郷里中津, にも雨曝し, にやつ, に一緒, に何, に便船, に出産, に利用, に十数冊, に同行者, に名古屋, に喀血, に女房, に妊娠, に実見, に家人, に得ら, に心, に意外, に手帳, に拾っ, に果し, に死ん, に死んだ, に母親, に聞いた, に良い, に草, に見た, に詩, に誰, に費用, に起きませんでした, に逢っ, に遠藤, に郷里, に野, に集め, のある, のいろんな, のところ, のもの, のよう, のドストイエフスキイ, の一夜母, の一大壮挙, の不快, の事, の五絶, の人, の何處, の便宜, の全, の出来事, の博士, の嘉治隆一氏, の嚴重, の国, の夜, の徳川家康, の必要品, の感想, の掲示, の文学者ら, の新室, の暴君, の最大愉快, の校長代理, の模様, の歌, の正造, の汽車, の父, の由, の留守, の研究, の秘話, の耐病法, の脚本係長, の見聞, の記事, の評判, の話, の費用, の貼り, の身分, の連日, の里見, の陛下, の霊魂, の食物, はからずも尊氏, はそう, はよく, は君, は夜毎, は天気, は正宗クン, は無口, は虎の子, は近藤クン, もいつも, もし馬車, もただ, も全然, も夕食後, も寝る, も日本, 丸いテーブル, 初めておぼえる, 到る処, 古塔, 嵌めきつて, 読んだ室生犀星, 遊んで, 随分仲好し

▼ 旅行する~ (217, 4.2%)

9 ことが 7 ことに 5 ことは 4 にし, のは 3 という事, のだ, のに, のを, 事が

2 [21件] かも知れない, ことも, ことを, って云う, ということ, というの, ときは, と云っ, と云つて, なんて, に就い, のが, ものは, ように, 人が, 人は, 前に, 度に, 必要も, 時に, 時には

1 [131件] から一緒, から暫らく會, がこれ, がごとし, くらゐ, ぐらいだ, ことあり, ことそれ自身芸術する, ことについて, ことによ, ことの, ごとに, そうです, ぞというドクトル, ための, ため不可思議なる, だけの楽し, つて云ふ, つもりだった, という事件, という旅商人, といっ, といふ, といふやう, といふ人, といろいろ, とかその, ときっと, ときに, ときには, ときの, とき旅館に, とたとえば, とどこ, とは知らない, とよくこう, とわかる, とマラリヤ熱, と云う, と停車場, と先ず, と其, と大抵, と昔, と筆まめ, と赤帽, と農家, と風邪, などは勤務, にこれ, にその, にはごく, には一々, には今, には困ります, には竹, に変化, に着慣れたる, に違い, に限る, に非, の, ので, のである, のです, のでなけれ, のにたまった, のにも, のも, の道, は上下一般, ばかりでなく, ふりを, ほかは, までは日本, まで此家庭, ものあたりまえの, ものあり, ものだ, ものの, ものも, も公務, やうな, を例, んだ, んです, ロケットの, 事それ自身に, 事も, 事を, 二人を, 亭主の, 人々皆その, 商人らが, 器械, 器械だ, 場合とても, 場合は, 境遇でない, 外国人は, 多くの, 幸ひ, 必要が, 所で, 時と, 時どう, 時分には, 時私は, 権利くらいは, 機会が, 次手に, 気持ちは, 沿道の, 由, 男支那陶器の, 癖が, 目的も, 相が, 程の, 積りとの, 者が, 者の, 者は, 航海の, 良人が, 話を, 赤瀬の, 間にも, 隊商の, 際に, 際の

▼ 旅行した~ (158, 3.0%)

14 ことが 6 事が, 時の 5 ことの, 時に 3 ときの, 人の 2 ことなどを, だけで, といふ事, 時にも, 時途を, 経験が

1 [104件] あとの, ある地方, から有名, がその, がちょうど, が十九歳, が時, が貧民, けれどもある, ことは, ことも, さうだ, しその, すべての, その旅行記, ために, だけで法王領, ちょっとの, ってつまらん, って駄目, といいます, ということ, というん, ときたしか, ときだ, ときは, ときも, ときフランス人名風琴手マルシャンに, とき伯林で, とき伸子たちの, とき偶然に, とき塩ガマ神社の, とき宮崎市内の, とき或, とき汽車が, ところで, と細い, にしろ, のである, ので九州, のよ手帳, ひとの, ものが, ものの, ものは, ゆえを, わけで, ウィーンの, 中また, 事の, 事も, 人々は, 人が, 人たちから, 人は, 他の, 代わりには, 先々で, 各地では, 国々の, 地域の, 外国人は, 外國人の, 年であった, 日数は, 時ずっと, 時でありました, 時と, 時には, 時も, 時リーデルゴノサンを, 時偶然ちょっと, 時出, 時右の, 時大隅の, 時改造文庫の, 時新宮の, 時植民部落という, 時汽車の, 時牛滝から, 時田舎の, 時穿山甲の, 時葉山から, 時見た, 満洲地方, 為である, 然しあゝ, 留守中に, 節のも, 者が, 者の, 船中で, 草花模様の, 西洋人の, 記事であっ, 話に, 話やら, 話を, 誰しもの, 途中での, 遠藤その, 都邑に, 際ちやうど, 際北京で

▼ 旅行~ (144, 2.8%)

9 の中 5 を書いた 4 を読ん 3 にある, の一部, の下拵え 2 であつ, に私, の稿, の類, は小説, も却って, も結局, をかいた, をかなり, を書い

1 [97件] あり, からは我々, か地理, があります, がそれ, が一つ必要, が何より, が何度, が旅中印象雜記, が載, さえ書い, たしか北杜夫, だった, だの, であった, でありその, である, では, ではなく, でもない, で読んだ, と, というもの, とか週刊誌, としてもすぐれ, として勝本清一郎, として書かれた, ともいうべき, などかい, などもほんとう, なども入れたい, など書き写し, なんかも一通り眼, にくわしく, にしばしば, にじつに, には書き切れ, には禁物, にもまだ, によってとくに, による, による影響, に出, に対して, に対して人物, に於い, に日本, に書い, に記載, ね, のなか, のやう, のよう, の一節, の執筆, の小人国, の序文, の方, の日附, の残部, の端, の第, の続, の読者, の面白, はその, は好き, は断片的, は日本語, は案外, もかい, も少し, やその, やの方, やヴァンクーヴァー, や何でも, や感想, や感想集, や現地報告, をあけ, をかきました, をかく, をますます, をもつ, をよみよみ, をよん, をニューヨーク, を出しました, を時々, を書く, を精讀, を見られたい, を読む, を讀む, を賑, 少しずつ, 物語りの

▼ 旅行~ (109, 2.1%)

6 して 3 好きで 2 はじまったの, 企てたくな, 出來, 好きである, 始まったの, 文学や, 楽しめるの, 無事に

1 [84件] あった, お蔭で, きまつた時, ここで, さうばかりは, させて, したくなった, したくなって, したくなつ, したくなると, たいへん勉強, できないの, できますね, できるから, できること, できるという, できるなどという, できるね, できるの, できるまでは, とてもうまく, どのよう, はじまって, はやった時代, むしろほん, めずらしかった, やや自由, わりに自由, キライと, ロマンチックかも, 一日でも, 一番好きだ, 僕の, 兄の, 六ヶ敷い, 再出現, 出來やう, 出来うまく, 出来たの, 出来たらあの, 出来る, 出来るの, 出来るよう, 出来る位, 初めてである, 初めであった, 厄介に, 困難に, 大好きな, 失敗に, 好きな, 如何に, 始まったかを, 始まったわけ, 定った, 宜さそう, 専門に, 少し長, 幾分国民, 廃止に, 延び延びと, 必要な, 愉快に, 文学と, 明日は, 是から, 最も受け, 最後の, 月並だ, 楽に, 次郎, 海底旅行に, 無軌道な, 無駄に, 終って, 終ってから, 終り伝統的民藝品, 終ると, 繁, 自分の, 自然の, 裸姫の, 許されるよう, 高千穂の

▼ 旅行~ (94, 1.8%)

4 あつた 3 私は 2 収入を, 私の

1 [83件] あなたの, いったとき, えたところ, ことに日暮れ, このところ久, こんな経験, さすがの, さぞお, さまざまの, しみじみ感じました, すっかり荒れ, すつかり, せうね, それが, つかうべき金額全部, どういふ, どんなに多, なぜ二毛作, ね県庁, はじめての, はじめて島原, はじめて鉄道, ぼくは, もしやうかと思つて, もって, リヤトニコフが, 一切書きかたは, 一挺の, 一番苦しかっ, 中央線の, 人家の, 仕事中絶し, 何か, 僕の, 入って, 初めての, 十分である, 可なり, 君は, 呆れたの, 地理も, 多日留守, 女の, 少しく得る, 己は, 得たもの, 得られない興味, 御不在, 御弟子さん数名, 或る, 敵が, 既に観た, 日本は, 昵懇に, 暮らすよう, 東海道を, 気の, 漫然と自然, 然るべき幕府, 甘酒と, 田舎者が, 留守だ, 留守のび, 疲れたろう, 疲れモスク, 痛切に, 登った一番, 破壊され, 経験した, 聞いた事, 腰かけること, 行途は, 見つけたもの, 見て, 親しく知った, 貴子が, 費して, 身体を, 遅れて, 附属的な, 随分無理, 難儀し, 静養し

▼ 旅行から~ (83, 1.6%)

17 帰って 4 帰ってから 2 かえって来た, 帰つて来, 帰つて来た, 引続い, 戻って, 戻つて, 歸つて來て, 終生忘れられぬ

1 [46件] おかえりに, お帰り, お歸, かえった伸子たち, かえっての, かえりました, かえり寿江子国男国府津, かえる, もどって, 丁度十七日目に, 主人が, 久し振りで, 二三日前に, 今朝かえりました, 受くる, 夫が, 帰ったか, 帰ったと, 帰ったとき, 帰ったところ, 帰ったま, 帰ったらゆっくり, 帰ってからに, 帰つ, 帰つたら, 帰つてはじめて, 帰つて以来彼は, 帰つて暫く, 帰つて稽古を, 帰られ又, 帰りましたらお, 帰るまで, 帰洛した, 得る新しい, 戻つたよう, 持ち越した病気, 歸つたら, 歸つた芥川が, 歸つてからは, 歸つて僕に, 歸つて稍, 歸る, 無事に, 病を, 脱退する, 芽を

▼ 旅行~ (82, 1.6%)

3 困難な 2 したし, しなければ, 出來

1 [73件] いいが, いいけれども, おえて, おじゃんに, けっこうな, この故, この節, これで, これは, さしあたり考える, させられなかった, した, したこと, したもの, しないで, しなかった, しばしばあった, します, し丁度, し死ぬ日, すがた, する, するし, すれば, せずそこ, その, それが, それであった, できず, できるし, できんといふ, なか, なく面, まず出発, やった, やらなかつたと, キットそんな, フッツリと, 一先ず見合せなけれ, 不可能な, 不愉快に, 不自由に, 以前の, 全く不可能, 出来なかった, 出来ようこの, 出来るよう, 古美術, 唐崎さん, 困難だ, 地獄這う, 寂しくは, 思った程, 恙なく, 愉快である, 日本内地は, 春を, 果さないで, 極めて軽快, 楽でした, 火星の, 相当なすった, 神の, 老後の, 至極困難, 行って, 表面は, 試みて, 読書も, 贅沢を, 近頃は, 順調に, 馬術の

▼ 旅行~ (65, 1.2%)

3 を得る 2 や手荷物, を与える, を取り, を持っ, を示しました, を貰う, を返し

1 [48件] がなく, が信用状, さえ, である, です, ではすっかり, と六十六フラン, と行李, のない, のやつめ, の中, の代, の手入れ, の検査, の無い, は, はありません, はその, はない, はなかっ, もとっくに, や正金銀行, を, をくれた, をくれない, を上げる, を下さい, を与えた, を出し, を出す, を取っ, を受け取った, を受け取り, を得, を得ら, を持たせ, を持った, を検め, を渡さぬ, を渡し, を渡します, を渡頭, を示し, を調べられる, を調査, を貰い, を貰おう, を貰っ

▼ 旅行~ (65, 1.2%)

6 の中 2 が二つ, が置い, であつ, と毛布, を信吾

1 [49件] からでも取り出す, からポケット鏡, から出した, が地面, が安っぽい, でそれ, とだけであった, と外套, と灰色, などが用意, についで, には僕, には小さな, に入れた, に少時, に片, に過ぎなかった, のある, のなか, の一つ, の安っぽ, の底, の方, の番, の話, の錠, は忽ち, や手提, をごらん, をさげ, を出し, を取り出した, を取り落とさなかった, を取り落とそう, を左, を從者席, を手, を持ち, を持つ, を擔ぎ, を曳, を汽車, を睨みつめ, を誰, を買い, を車, を運びこん, を重, を開き

▼ 旅行~ (64, 1.2%)

2 であり哲学者, の記述

1 [60件] から聞いた, がよく, が多かっ, が往々, が押返し, が数, が歸國後, が殴り倒され, が私, が蒙昧人, が金花, が非常, だ, だった, だったそう, だと, だという, であっても, であつ, である, でしたがって, でしょう, でもあり, で世界中, という, と言うべきだろう, などは回顧的記事, にはどうしても, により人類, にわかりました, に印象づける, のため, のダイアナ, のヨオン・アルベルト・デ・マンデスレー, の一資格也, の企て, の君, の天隨君來, の嵯峨寿安, の態度, の方, の日本, の真情, の筆, の紀行, の著作, の見聞, の記事中, の話, の額, はこんな, は再, は微笑, は皆, は述べ, は違った, や, や操觚業者, より聞いた, を魅する

▼ 旅行~ (51, 1.0%)

2 でどこ, のよう

1 [47件] から一枚, から今, から帰, から帰った, から帰りがけ, から急電, から来た, から病院, から落合っ, から見つけ, から頂きました, きでデビー, きで怪我, であるから, でお菓子, でこういう, でこの, でのしくじりな, ではいつも, でもよく, でも箇人, で初めて, で必ず, で此機会, で深谷, で片付ける, で病臥, などで色紙畫帖, などへつい, には毎日夕刻, に持参, の兄さん, の地名, の地方, の堺, の女, の宿屋, の宿所, の森岡, の都会, の飯坂温泉, はまだ, へも送らせ, へ連絡, や御, を彼, を明記

▼ 旅行~ (50, 1.0%)

3 の鞄 2 のトランク, の大, の小形, の箱

1 [39件] として小さい, として買, として身体, なり, にでもきる, にもなる, に馬, の, のいくら, のウイスキーびん, のコウト掛け, のハンド, のハンドバッグ, のバスケット, のフロック, のヘルメット, のモンペ姿, の乗物, の信玄袋, の包み, の合羽, の夏, の外套, の小さな, の服, の枕, の湯呑み, の画具, の空気枕, の立て時計, の紙ばさみ, の茶色, の衣裳かけ, の衣裳掛け, の裁縫袋, の貧しい, の買物, の鏡, の長靴下

▼ 旅行案内~ (46, 0.9%)

4 を出し 2 をくっ, を買っ, を開い

1 [36件] から眼, で知つた圓山川, で藍子, で調ら, といえ, とを押し, とを見比べつ, とを買いました, と新聞, などをみんな, など昨夜, には出, のパンフレット, の広告, の披, の時間表, の編纂, ばかりで, や地図, をかり, をとり, をとりあげた, をひろげた, をひろげる, をもと, を忘れた, を打, を拵, を持っ, を掴出, を放り出し, を見, を調べ, を調べる, を買, を買つて

▼ 旅行でも~ (41, 0.8%)

10 して 2 したらと, するかな, するの

1 [25件] ありました, あるまい, あるまいさ, したらその, した方, しようかと, するつもり, する折, する方, する時, ないん, なすったらどう, なすって, なすつてら, 仕なければ, 何でも, 出来れば, 勧めて, 彼は, 思い立ったよう, 方位が, 昔は, 藩用の, 試みたの, 関西方面より

▼ 旅行には~ (37, 0.7%)

1 [37件] いい時分, いたる所, その方, とんと御無沙汰, なんの, もう一つ, よく出かけます, わたくしも, ピストルが, ベルリンに, 人生も, 全く計画, 勿論そういう, 十一月に, 四日半かかりました, 多少の, 弁当を, 必ずこれ, 必ず高行清貴, 必此香炉を, 思ひがけ, 恐らく彼, 慣れないし, 持って, 明日出, 時間表が, 気持よく, 無論幾多, 精良な, 行かないよ, 見られなかったが, 見出されぬ複雑, 送迎の, 適して, 適しない, 附き物, 飮料水に

▼ 旅行~ (34, 0.7%)

2 いって, ちがって

1 [30件] いうほどの, いうより, いえば, いっても, なり発句, なると, 不安の, 両々相対し, 云うこと, 云える, 云ふ, 云へる, 別るる, 同様即ち, 囚獄とにおいて, 多大な, 寝食の, 引続い, 性慾の, 暑さ, 申すよう, 異なり余分, 看板は, 称して, 称する娯楽, 見ら, 見られるの, 言ふ, 違い彼ら, 違った点

▼ 旅行免状~ (30, 0.6%)

2 を受ける

1 [28件] が一通, が要る, だ, です, とを提出, とランチ包, と一所, なしに, なぞのそっくり, なんか差しだしやしない, なんか預かった, の事, の手配り, はどう, はどこ, もある, をも受取り, をわたした, をチラ, を下げ, を二番目, を出し, を取落し, を差し出した, を手, を持っ, を返却, を預けた

▼ 旅行という~ (24, 0.5%)

4 のは 2 ことに, ものの, ものは, ものを, 事を 1 ことも, ことを, ものが, ものも, ような, 事に, 事は, 感じだ, 程の, 記念は

▼ 旅行しよう~ (20, 0.4%)

2 とし, と約束

1 [16件] じゃない, ぢや, というの, という顔, としてゐた, とする, ともしなかった, とも学問, と云う, と得意, と思う, と思っ, と思ふ, と旅行, と決心, 父から

▼ 旅行では~ (19, 0.4%)

3 なかった

1 [16件] あつた, あの混雜, かえってジイド, たとえ道, とても目的, ないらしい, なくて, なく御用道中, なく謎, はじめっ, イタリーには, 一人旅よりも, 大菩薩連嶺, 少くとも, 常に凹垂れ, 永年心に

▼ 旅行~ (19, 0.4%)

2 に着替え, のまま

1 [15件] で, で乗っ, といったもの, に似, に着替える, に銀鼠色, の短, の縫目, の襟, の金, の青年, を着, を着けた, を着込ん, を身

▼ 旅行~ (17, 0.3%)

1 [17件] から, からやむを得ない, から大きに, から御, か解らなく, か誰, ぜ誰, それぐらいは, それこそ, つたそうで, ということ, とかの習慣, とか散歩, と思う, と言っ, ね, わい

▼ 旅行~ (17, 0.3%)

1 [17件] ウェーバーの, 久しきに, 享楽の, 仕事で, 子供の, 小包の, 散策は, 文士に, 病気の, 盗難を, 私たちの, 競馬や, 芸術鑑賞や, 見物に, 読書の, 遠出に, 金談は

▼ 旅行~ (15, 0.3%)

1 [15件] が連載, つけたり, にも愛想, の一つ, の云う, の如き, の完成, は餘, をお, を予想, を喋りつづけた, を始めた, を聴く, を試みた, を誌さん

▼ 旅行~ (14, 0.3%)

2 のである, のでした 1 のかい, のだった, のであった, のであろう, のです, ので俊夫君, のにベルリン停車場, んだ, んでございます, んです

▼ 旅行にも~ (13, 0.2%)

1 [13件] あるいはまた宇宙, この夫人, この目, すべて我々の, その他の, たずさえて, よくつい, 之が, 人間の, 引っぱり回し, 新室を, 欣一さんが, 殊に印象

▼ 旅行~ (13, 0.2%)

4 の案内人 2 というの 1 だなんて, という会, とそして, のお客, の因縁咄, の関係, を信じたい

▼ 旅行したい~ (12, 0.2%)

1 [12件] との念, と云う, と云ふから, と思っ, と思われる, どこへ, などとは言わなかった, のだ, わ, 人達を, 希望であった, 気持を

▼ 旅行について~ (12, 0.2%)

1 [12件] いくらか陶器, いろ, いろいろ準備, ファラデーは, 一等何も, 意見を, 来た若い, 瀬川が, 父の, 私は, 話したこと, 銷沈した

▼ 旅行です~ (11, 0.2%)

21 かそれ, からちょっと, からね, からわたくし, か近頃, ぜ, って, ね, よ

▼ 旅行好き~ (11, 0.2%)

1 [11件] だから, だし, だと, であつ, でわたくし, で京都, な公衆, な私, の書肆, の次兵衛, は私たち

▼ 旅行とか~ (10, 0.2%)

2 実業家の 1 そんなこと, アベック向きに, 出張とか, 外出し, 服装とか, 生活環境の, 病気とかいう, 貨物買入とかも

▼ 旅行など~ (9, 0.2%)

1 したこと, したので, した時, すること, する時, なさると, 出来る身分, 殆と, 母を

▼ 旅行にでも~ (9, 0.2%)

1 でかけたらあなた, 上りうるの, 出かけて, 出られる年, 出るの, 出掛けようと, 出掛けるん, 出発する見たい, 来たやう

▼ 旅行~ (9, 0.2%)

3 行って 1 さそったの, 出かけたの, 出る仕度, 出発する, 結びつけた親たち, 行くん

▼ 旅行者たち~ (9, 0.2%)

1 が取り調べ, たれも, にすべて, の何, はす, は国, は天幕, もまた, も辷り転がっ

▼ 旅行~ (9, 0.2%)

2 の余り 1 だけでも一身代, だとか, である通行券, なきを, なんかいくら, に千円, を持っ

▼ 旅行さき~ (8, 0.2%)

1 から, から天聲, で出, で無駄, で遠山, に於い, の海, へ自分

▼ 旅行である~ (8, 0.2%)

2 筈だ 1 から何, から近臣数十人, が如く, のにひとり, ばかりでなく, パリ滞在について

▼ 旅行~ (8, 0.2%)

2 のない 1 が, にまかせ, はそうした, もあつ, も古き, を満足

▼ 旅行などは~ (7, 0.1%)

1 あまりしない, せぬこと, できないでしょうか, とてもムリ, まことに結構, 出来なかつた, 差し留め

▼ 旅行において~ (7, 0.1%)

1 ジイドは, 一人の, 外国の, 感ずること, 日本の, 次の, 赤道横断は

▼ 旅行によって~ (7, 0.1%)

1 それを, 何を, 初めて松, 千代子の, 固めもっと, 得たよう, 生活を

▼ 旅行らしい~ (7, 0.1%)

2 幾日かの, 旅行は 1 のが, 懐古的な, 旅行な

▼ 旅行カバン~ (7, 0.1%)

1 が一つ, が置かれ, の世話, の中, や荷物包み, を両, を取りだし

▼ 旅行~ (7, 0.1%)

1 にちよツ, に千種十次郎, に手帳, に渡した, はいつも, 及び旅中, 時々腹

▼ 旅行馬車~ (7, 0.1%)

1 から鼻, が丘, だの, でもなけれ, に乗った, の中, を艀

▼ 旅行なども~ (6, 0.1%)

4 これで 1 むしろ酔興, 寧ろ酔興

▼ 旅行などを~ (6, 0.1%)

2 したこと, して 1 した果て, 試みて

▼ 旅行商人~ (6, 0.1%)

1 から若, に変った, の姿, はニッコリ, は一人, は黙っ

▼ 旅行しない~ (5, 0.1%)

1 ことに, では生きる, でアイバンホー, ということ, 意味では

▼ 旅行しなけれ~ (5, 0.1%)

2 ばならない 1 ばいけない, ばならなかった, ばなりません

▼ 旅行しました~ (5, 0.1%)

1 か, から船, がどこ, 時, 時田圃の

▼ 旅行だった~ (5, 0.1%)

1 のでございます, のです, のでアイスアックス, ものです, 田舎の

▼ 旅行であった~ (5, 0.1%)

1 から, が逢っ, のかも, わい, 頃なら

▼ 旅行とは~ (5, 0.1%)

1 およそ違った, また違う, ゆかない, 一体どんな, 云えません

▼ 旅行なぞ~ (5, 0.1%)

1 されたもの, せられた, に父母, をした, 七尾行の

▼ 旅行って~ (4, 0.1%)

1 あるじゃ, ことは, どこまで, まるで昔

▼ 旅行についての~ (4, 0.1%)

1 ある心持, 注意は, 注意を, 計画を

▼ 旅行に関する~ (4, 0.1%)

2 設備等も 1 文と, 話を

▼ 旅行ばかり~ (4, 0.1%)

3 して 1 でなく何

▼ 旅行より~ (4, 0.1%)

1 帰ったら自ら, 帰京歓迎句会, 帰宅, 得たもの

▼ 旅行以来~ (4, 0.1%)

1 しばらく沈黙, その懊悩, のもの, 途絶えて

▼ 旅行~ (4, 0.1%)

1 が次第に, である事, となる, を手押車

▼ 旅行~ (4, 0.1%)

1 が京都, が山神信仰時代, の乗用, はこの

▼ 旅行~ (4, 0.1%)

1 など積む, の物, を出し, を取っ

▼ 旅行案内記~ (4, 0.1%)

1 にはま, のよう, の類, や名所

▼ 旅行目的~ (4, 0.1%)

1 の一助, は熊本, をきいた, をカムフラージュ

▼ 旅行記念~ (4, 0.1%)

1 として日本, に当時勃興, の手帖, を吸

▼ 旅行いたし~ (3, 0.1%)

1 ておりました, ております, 候と

▼ 旅行~ (3, 0.1%)

1 いずれに, なにかの, 知ら

▼ 旅行させる~ (3, 0.1%)

1 の快活に, ように, よりほか

▼ 旅行される~ (3, 0.1%)

1 ということ, ように, 間兄の

▼ 旅行しましょう~ (3, 0.1%)

1 よ, よと持ちかけた, よ登山

▼ 旅行します~ (3, 0.1%)

1 がその, と云った, もんで

▼ 旅行するなら~ (3, 0.1%)

1 ば努力, 南の, 幸田露伴の

▼ 旅行せよ~ (3, 0.1%)

1 とは言わぬ, と云ひき, と勧告

▼ 旅行せん~ (3, 0.1%)

2 とする 1 とは

▼ 旅行そのもの~ (3, 0.1%)

1 であつ, にあくまで, の真

▼ 旅行だって~ (3, 0.1%)

1 かねてから卒業, そうだ, 出来る

▼ 旅行でした~ (3, 0.1%)

1 がこの, が身体, けれども幸い

▼ 旅行といふ~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものに, 義雄には

▼ 旅行などに~ (3, 0.1%)

1 出歩かないの, 行く暇, 隨伴した

▼ 旅行なら~ (3, 0.1%)

1 いざ知らず, ば充分, 毎晩の

▼ 旅行なんて~ (3, 0.1%)

1 した事, そんな洒落れた, まるで隣村

▼ 旅行にと~ (3, 0.1%)

2 出掛けたの 1 つては

▼ 旅行ぶり~ (3, 0.1%)

1 が彦九郎, が続けられる, のため

▼ 旅行への~ (3, 0.1%)

1 期待と, 楽しい用意, 途次門司着

▼ 旅行下手~ (3, 0.1%)

2 というもの 1 の人

▼ 旅行前後~ (3, 0.1%)

2 の事情 1 の二十六年十月中

▼ 旅行危険~ (3, 0.1%)

2 なりと 1 に遭遇

▼ 旅行~ (3, 0.1%)

1 がたった今, には有難い, をつれこむ

▼ 旅行~ (3, 0.1%)

1 をかぶった, をかぶり, をリボン

▼ 旅行当時~ (3, 0.1%)

2 の印象 1 における相場

▼ 旅行案内所~ (3, 0.1%)

1 では急, の前, へはいっ

▼ 旅行案内書~ (3, 0.1%)

1 がある, にもそれ, や地理歴史考古学等

▼ 旅行用具~ (3, 0.1%)

1 である, の中, 或は其

▼ 旅行者夫妻~ (3, 0.1%)

1 が良人, それからすこし, にも見せた

▼ 旅行者自身~ (3, 0.1%)

1 の心, の精神, の霊魂

▼ 旅行~ (3, 0.1%)

3

▼ 旅行記中~ (3, 0.1%)

1 にある, に記載, の日本國

▼ 旅行がち~ (2, 0.0%)

1 だし, であり自宅

▼ 旅行ぐらい~ (2, 0.0%)

1 して, 知って

▼ 旅行さえ~ (2, 0.0%)

1 どんどんやれる, 私の

▼ 旅行したら~ (2, 0.0%)

1 その町, よかつ

▼ 旅行した折り~ (2, 0.0%)

1 にはワルメール, の手帳

▼ 旅行しまし~ (2, 0.0%)

1 て丁度, て実地

▼ 旅行じゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ないん

▼ 旅行すれ~ (2, 0.0%)

1 ば何時衝突, ば好い

▼ 旅行せし~ (2, 0.0%)

1 ことが, すきを

▼ 旅行せられる~ (2, 0.0%)

1 のは, やうな

▼ 旅行だけは~ (2, 0.0%)

1 持ち廻って, 濟まし

▼ 旅行つて~ (2, 0.0%)

1 いふの, おかしいもの

▼ 旅行でない~ (2, 0.0%)

1 のね, 限り必ず

▼ 旅行として~ (2, 0.0%)

1 まとめあげられて, 思ひ出した

▼ 旅行どころ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, でなかろうとかと

▼ 旅行なさる~ (2, 0.0%)

1 ときにも, んです

▼ 旅行なす~ (2, 0.0%)

2 つた方で

▼ 旅行などにも~ (2, 0.0%)

1 好いところ, 洋服といふ

▼ 旅行などの~ (2, 0.0%)

1 時にも, 比では

▼ 旅行なれ~ (2, 0.0%)

1 ば千里, ば精細

▼ 旅行なんぞ~ (2, 0.0%)

1 するの, なすって

▼ 旅行における~ (2, 0.0%)

1 俺の, 樂しき

▼ 旅行にさえ~ (2, 0.0%)

1 出ると, 堪えかねる顔つき

▼ 旅行についても~ (2, 0.0%)

1 予備知識が, 素子が

▼ 旅行によ~ (2, 0.0%)

1 つて歌の, つて自覚される

▼ 旅行をば~ (2, 0.0%)

1 やらなかった, 見なさった事

▼ 旅行をも~ (2, 0.0%)

1 なし得るのに, 氏は

▼ 旅行を通じて~ (2, 0.0%)

1 た, 生きて

▼ 旅行ケース~ (2, 0.0%)

1 につめはじめた, を竹杖

▼ 旅行ニツキ訪問~ (2, 0.0%)

2 ヲ謝絶ス

▼ 旅行中二人~ (2, 0.0%)

1 でよく, は何

▼ 旅行中見聞~ (2, 0.0%)

1 せしマジナイ, の種々

▼ 旅行予定~ (2, 0.0%)

1 ではここ, のさい

▼ 旅行以上~ (2, 0.0%)

1 だ, の冒険

▼ 旅行会社~ (2, 0.0%)

1 が白い, の広告文書

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 と路用, はベルナルドオ

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 が国々, をほかひと称

▼ 旅行団体~ (2, 0.0%)

1 をなし, 巡游伶人

▼ 旅行外套~ (2, 0.0%)

1 の肩, を着け尖った

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 旅行小説~ (2, 0.0%)

1 などを読んだ, の叢書

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

2 を出し

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 もああ, もう一度あの

▼ 旅行後二年半~ (2, 0.0%)

2 ほどし

▼ 旅行或は~ (2, 0.0%)

1 キャムプ生活を, 国民精神作興の

▼ 旅行日程~ (2, 0.0%)

2 にもまた

▼ 旅行服姿~ (2, 0.0%)

1 のリンデン夫人, の名

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 が考えられなけれ, はよほど

▼ 旅行用ロケット~ (2, 0.0%)

1 の場合, の研究

▼ 旅行用手提げ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 なもの, な文学

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

2 のひと

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

2 一日

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 なんぞない, の前

▼ 旅行者以外~ (2, 0.0%)

1 には見当らない, に一人

▼ 旅行者達~ (2, 0.0%)

1 がまだ, を余り

▼ 旅行記みたい~ (2, 0.0%)

1 な物, な長編小説

▼ 旅行記等~ (2, 0.0%)

1 に挿入, に書い

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 に興味, を聞かせた

▼ 旅行販売人~ (2, 0.0%)

1 で心霊学, にもインク

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 が率先, の浜田君

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 であった, の事

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 は風俗展そのもの, をさえだし

▼ 旅行~ (2, 0.0%)

1 が置い, を鳴らし

▼1* [344件]

旅行あるいは一日間の, 旅行いたしまして五六日, 旅行いっしょに弟, 旅行かいだなんて, 旅行かなのだ, 旅行からでも帰って, 旅行からの帰りみたい, 旅行からは多少腹, 旅行きしが書, 旅行きし人とも憎み, 旅行くきはみさ, 旅行これは私たち, 旅行ごとに妻, 旅行さえも許さないという, 旅行さしゑ明治四十一年版, 旅行させてくれる, 旅行させられている, 旅行されたり怪しい, 旅行されるならばはるか, 旅行したいらしいのだ, 旅行したくなっただけだ, 旅行したる歴史と, 旅行してる筈だ, 旅行しなくちやならん, 旅行しなれていた, 旅行しますると, 旅行しませうよ登山, 旅行しろという, 旅行し得る事實を, 旅行可き, 旅行すきでしたわね, 旅行すべき土地の, 旅行すらも不可能であった, 旅行するちゅうて出かけ, 旅行ずれのし, 旅行せずに東京, 旅行せらるる肖像画家なりとの, 旅行せられて永い, 旅行せられましたがソレ, 旅行せる紀行文を, 旅行その物の, 旅行その他特別の事情, 旅行それ自体に意義, 旅行たって僕の, 旅行たった針ノ木, 旅行だけれ共, 旅行だけでもおびただしいもの, 旅行だけを取って, 旅行だの両極探検だ, 旅行だろう私は, 旅行ゅうもんをし, 旅行つてどこへいらつ, 旅行であり箱根鹽原の, 旅行でありましたがこの, 旅行できることも, 旅行でございますか, 旅行でなかったことは, 旅行でなかつたことは, 旅行でなくても僅, 旅行といった姿である, 旅行といふものはめつたに, 旅行とかとごまかしても, 旅行とかをしたこと, 旅行としては中, 旅行とて穂高縦走を, 旅行とのために, 旅行とを報ぜんと, 旅行と共に若い者相手, 旅行なさいます時に, 旅行なさってもよろしい, 旅行なさるべきですね, 旅行なされてその, 旅行なすってい, 旅行なすつたことが, 旅行なぜ欠席し, 旅行なぞせいでも, 旅行なぞせんでもすんだ, 旅行などが毎日幾組も, 旅行などで起居を, 旅行などではなおさらである, 旅行などというものが, 旅行などにはぜひお供, 旅行などによって他の, 旅行なるものが, 旅行なれた風で, 旅行なんかしなかつたから, 旅行なんかに出られたもん, 旅行なんぞを企てたの, 旅行にあたって終始その, 旅行においてはその利益, 旅行については何も, 旅行につれて行かれるやう, 旅行にて二本の, 旅行になつてし, 旅行になど行く奴, 旅行によりて西洋の, 旅行による布教法を, 旅行にわざわいをあたえるかもしれませんわねえ, 旅行に際して実隆に, 旅行に際しては主として鉄道, 旅行はどつち, 旅行ばかりを続けて, 旅行ばなしを幾夜, 旅行ほど愉快な, 旅行またその割合, 旅行までにはまだあと二日, 旅行までの二日間は, 旅行もう一つは, 旅行もし宮部金吾さんや, 旅行もしくは遊歩し, 旅行ものがたりです, 旅行ゆえかような, 旅行よりも一層輕便, 旅行らしき手荷物を, 旅行わが身は船長, 旅行をさえ可能ならしめるだろう, 旅行を通じての印象は, 旅行多イシ, 旅行コップだ, 旅行シーズンとする, 旅行トランクを肩, 旅行ハ思イモ寄リマセンセメテ三四日安静ヲ保チ, 旅行バッグを手, 旅行パンフレットを店先, 旅行ホテルというよう, 旅行メモである, 旅行試ミントス, 旅行上手というもの, 旅行上手の者に到っ, 旅行上衣を着, 旅行不在ならん, 旅行中くしゃみすれば, 旅行中それから歩い, 旅行中どこでも眼, 旅行中シナの大官, 旅行中ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, 旅行中ベルギーオランダドイツなどでしばしば, 旅行中一度も不親切, 旅行中一番深切でした, 旅行中一週間ほど後, 旅行中三度も烈しき, 旅行中二十三四日以後に会う, 旅行中五日ほどは雑記帳, 旅行中亡友野口駿尾氏と一日亭, 旅行中別に新しい, 旅行中友だち二三人と奈良, 旅行中同地の識者たち, 旅行中同郷の者, 旅行中唯一のロマンス, 旅行中回轉運動のため, 旅行中夏の一夜, 旅行中奥さんに事情, 旅行中実験した欧人輩, 旅行中宿屋の風呂, 旅行中当面の関心事, 旅行中彼の衣服, 旅行中彼女の集め, 旅行中御無沙汰を致した, 旅行中慶州の南山, 旅行中旅先でそれ, 旅行中此のテルモピレー, 旅行中毎日必らず三度, 旅行中氏の作, 旅行中片時も手許, 旅行中用意の品々失策, 旅行中異国の婦人, 旅行中私の命, 旅行中笠間由子に留守居かたがた泊り, 旅行中羽織など新調, 旅行中背広に関してはいつも, 旅行中諸州のうわさ, 旅行中赤毛布式な失敗, 旅行中路易はさ, 旅行中過ちを犯す, 旅行中錦帶橋の知人, 旅行事件からし, 旅行云々などとは受取れぬ, 旅行のすべて, 旅行以前にちと, 旅行以外に, 旅行以後のもの, 旅行以来一月間私の持っ, 旅行会見記をかい, 旅行便りからもかの, 旅行信用状の入った, 旅行先下関であの, 旅行免状一冊のため, 旅行體から, 旅行全体が楽しかっ, 旅行出來る餘裕, 旅行出来ずにしまった, 旅行出来るように, 旅行前夜まで取り消し, 旅行勝ちである理由, 旅行区域といえ, 旅行十九回という輝かしい, 旅行協会みたいなもの, 旅行参加を申し, 旅行仕旨, 旅行史等及び幾種, 旅行向きでないエナメル靴, 旅行品部は捜索, 旅行器具に特徴, 旅行土産として数学, 旅行外食券に代え, 旅行大きな都会逆巻く, 旅行大阪在住の旧友方, 旅行奇譚の今, 旅行妻曠野の詩人, 旅行嫌いで若い, 旅行嫌ひで僅に一日, 旅行嫌ひで東京市内でも山の手, 旅行家イブン・バツタもインド, 旅行家ソクラテスやブルノー, 旅行家フリードリッヒ・マルテンスのこと, 旅行家フリードリヒ・マルテンスがスピッツベルゲン, 旅行家ラゴンと云う, 旅行家冒険家革命家宗教家哲学者等に見る, 旅行家様になつ, 旅行家用の畳み, 旅行家金の採掘者, 旅行寸感と文芸近況, 旅行のあと, 旅行帰りのジイド, 旅行帽子をかぶっ, 旅行当初のヘンデル, 旅行の恋, 旅行後ターリングに帰っ, 旅行後一か月めに重吉, 旅行後二週間ほど後で, 旅行予定は, 旅行必死必殺真剣の気合, 旅行志望者はきゅう, 旅行慣れている, 旅行の革袋, 旅行持ちの敷物, 旅行振りである, 旅行携帯用の将棋盤, 旅行支度をする, 旅行成るべく早く, 旅行文読売の巴里特派員松尾邦之助氏, 旅行方法が保護, 旅行日数から推定, 旅行日数二週間内外なるべく人, 旅行日記はぜひ, 旅行日記目ざまし草に一々, 旅行春風秋月四時の行楽, 旅行に全く, 旅行最初の印象, 旅行最後にアグネス, 旅行服すがたにな, 旅行と一致, 旅行案内さへ読め, 旅行案内一冊その男, 旅行案内人をやとっ, 旅行案内地図トランク雑嚢水筒ゲエトル浴衣洋杖蝙蝠傘麦藁帽などがかなり, 旅行案内私んところ, 旅行案内紹介状旅行券を受け取った, 旅行楽しく竹中氏に, 旅行だった, 旅行殊に私と, 旅行に一かい, 旅行気分で晴代, 旅行洋服で一方, 旅行準備はトランク, 旅行漫筆が出来上る, 旅行を送り, 旅行生活に慣れた, 旅行用のを買った, 旅行用ハンチングを被った, 旅行用バッグをわたした, 旅行用品部のどこ, 旅行用蓄音機を据ゑて, 旅行用衣裳掛けなる怪物, 旅行用衣裳掛けをお, 旅行用香水壜と私, 旅行申込者が殺到, 旅行異人の齎した, 旅行登山の流行, 旅行的テムポであるという, 旅行目的たるや至極曖昧模糊, 旅行と着, 旅行研究なり一行緊張, 旅行秘書が刻々, 旅行立ちをなさいます, 旅行競馬嫌ひなもの無し, 旅行等々わがま, 旅行の者, 旅行結構に候, 旅行者どもを軽蔑, 旅行者ガリバアが科学, 旅行者ラッセルのいう, 旅行者一行とモスク, 旅行者区域マカラム街あたりをこの, 旅行者向きの作りもの, 旅行者無事に歸つた時, 旅行者牧畜者農夫の間, 旅行自由信書検閲制廃止こまかいこと, 旅行致すべく候, 旅行致そうとする, 旅行航海等の折, 旅行も帽子, 旅行仰付, 旅行要心の心得通り, 旅行要心談がでる, 旅行見合せとある, 旅行見聞記みたいな作品, 旅行観劇其他新時代, 旅行畫を, 旅行計画を心, 旅行記その他のもの, 旅行記パスせず, 旅行記一巻の中, 旅行記七八十枚入る, 旅行記念物の収集, 旅行記批判が山村房次氏, 旅行記批評を書いた, 旅行記東北北海道新潟は改造社, 旅行記火星征服記といったよう, 旅行記見聞記的論文はある, 旅行りして, 旅行許可証をも得させ, 旅行をだした, 旅行調整所の前, 旅行や加藤清正, 旅行豫定を聞く, 旅行費年額二五・〇〇〇弗を受取る, 旅行費絵の具代間借り代その他の生活費, 旅行費自動車代など番頭, 旅行趣味といえ, 旅行途中の手順, 旅行を以て任ずる, 旅行はこれからまだおおいに, 旅行道具は足二本, 旅行遠き国への, 旅行里程宿泊料等個人的のもの, 旅行面白いかい, 旅行革鞄の持主, 旅行鞄みたいであった, 旅行鞄二個も開い, 旅行鞄銀貨の山, 旅行首輪と麻ズボン, 旅行馴れています, 旅行馴れない旅人に