青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「旅人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

方面~ ~於 於~ ~於い 於い~ ~於ける 於ける~ ~旅 旅~ ~旅人
旅人~
~旅行 旅行~ ~旅館 旅館~ 族~ ~旗 旗~ 旗本~ ~既に 既に~

「旅人~」 2217, 24ppm, 4852位

▼ 旅人~ (558, 25.2%)

18 ように 13 ような 9 心を 8 心に 6 やうに, 眼に 5 其年頃よりは, 群に

4 [11件] すがた, ために, 妻の, 姿が, 姿に, 影が, 歌の, 目に, 頭に, 顏を, 顔を

3 [13件] あとを, やうな, 傍に, 僕の, 前へ, 姿を, 往来も, 歌は, 目を, 眼を, 群が, 足を, 風を

2 [35件] この一首, ためには, ひとりが, やる瀬, らんで, 三間ばかり, 中の, 二人は, 口から, 姿は, 姿も, 宿りせむ野, 心で, 心は, 手に, 持って, 方へ, 様子を, 歌に, 歌も, 歌調は, 目から, 目には, 目にも, 私も, 群は, 群も, 耳には, 興味を, 見て, 話は, 足が, 身に, 通行を, 雲のは

1 [335件] あいだに, あてに, あとより, あはれさ独り者の, あらぬこと, あること, いうこと, いやしむ, いやしむようにしるしたるありしが, うしろ影が, うちで, うわさなどから, かいま見て, かおを, かげも, かなしく静, かへり行く, からだを, ことも, この歌頃, ごとくに, ごとく装い村, ざれたる声, しっかりした, そこはかとなき万感, そばに, ためと, ための, つもり此の, どやどやと, なかに, のびやかな, はかどるよりは, はかなさ, は京, ひとりごとを, ひとりと, ふところで, ほうに, むせるやう, むれが, やるせなさ, カクテール, 一人に, 一人は, 一人を, 一団が, 一群れが, 一行から, 三十年前に, 上にまで, 上陸ぶりに, 下駄の, 不便を, 不敵な, 中から, 中には, 中にも, 云ところなれ, 交通が, 交通の, 人相が, 仕業としか, 休んで, 体は, 作った最初, 作に, 侘しさ, 健康を, 優れた点, 共通の, 冠て, 出す金, 動きに, 口々にも, 口に, 口の, 口は, 口吻の, 右の, 同情は, 命を, 和えた二首中, 哀れみを, 唄, 唄うを, 唄は, 喜び汲む, 困るもの, 困苦などは, 土産物であった, 埃だらけの, 多くが, 夢だ, 好奇の, 如く往還に, 妨げ致すからには, 妻を, 妻即ち, 妻大伴郎女の, 姓名を, 姿でなくなった, 威厳に, 子で, 子の, 子家持, 季和も, 安全を, 安息場と, 官能に, 容子を, 宿もし, 宿りには, 小笠の, 尖った顔, 届出書に, 屯な, 山だ, 川札を, 影に, 影へ, 影も, 影一つない, 彼も, 往った, 往来が, 往来などで, 往来の, 往来は, 往還は, 後の, 後よりは, 後を, 従者どもから, 御通り, 心うらやまし, 心が, 心には, 心にも, 心の, 心らしい, 心弱さ, 心持などを, 心持に, 心持例えば, 思いを, 思ふさま, 性格に, 恋物語や, 情動きつ, 愁いを, 愁ひも此処に, 愁を, 感情などとは, 感懐を, 懐を, 或る, 手から, 手を, 投げる銭, 投げ銭を, 拘束せらるまじき, 持物を, 挙動です, 故郷を, 数は, 數を, 文学などは, 方が, 方を, 旅具を, 旅館も, 日暮れて, 春愁を, 有って, 有無に, 木, 来て, 来るの, 検察は, 楽書が, 様な, 様子も, 欄には, 歌で, 歌であった, 歌よりも, 歌同様線の, 歌調が, 正体は, 此古跡の, 此歌と, 此歌も, 歩みに, 死骸では, 気で, 気も, 気分で, 気懸り, 気持が, 気持でなく, 汐干見, 泊まる定宿, 泊り客も, 泊る所, 流れの, 浴衣の, 消息を, 深山を, 混雑は, 清作でした, 湯飲み場と, 無事を, 物を, 特長だった, 生き胆を, 生活という, 生活に, 異なる時, 疲れが, 目印に, 相貌を, 眉に, 真菅の, 眼には, 眼の, 眼は, 着物にも, 瞳は, 知らない道, 私の, 私達に, 種類, 立て場が, 笠の, 笠を, 笠一つ見えぬ, 笠白たへに, 粟一粒入, 納まる櫓, 経験と, 絶えないの, 群, 群などを, 群にも, 群の, 群れの, 群れも, 群れを, 群を, 習いで, 聴き上手, 背負って, 胸に, 胸は, 脚にでも, 脚を, 腰ばかり, 腰掛けて, 臨時の, 自殺も, 若い方, 草鞋の, 草鞋擦の, 菅笠とでも, 菩提を, 落ちて, 蓑の, 行きなや, 行くところ, 行手の, 衣を, 袖に, 装を, 見た犬, 見送りや, 言いつけどおり, 言うとおり, 言ったとおり, 話が, 話し声コンクリートの, 話むかし彼が, 話も, 話を, 読む, 警固に, 負ひな, 財布の, 財布を, 貧賤では, 足の, 足もとが, 足をも, 足追抜い, 足音と, 跡を, 跫音が, 身づく, 身ぬち, 身許や, 迷惑いかばかり, 迷惑の, 送り迎えに, 通る時分, 通る者, 通る道すじ, 通行には, 通行も, 過ぐるごと, 遣瀬, 選択しうる, 遺骸を, 部屋へ, 鈴の, 鋭気の, 間にも, 関知する, 隊が, 集りに, 頭には, 頭の, 頭を, 顔が, 顔は, 顔附が, 風は, 食事まかない, 食物を, 餓を, 馬を, 駅路を, 高山の, 髪を, 鳩尾と, 鼻先に

▼ 旅人~ (391, 17.6%)

3 答えました, 言いました

2 [19件] あわてて, いずれも, ここに, この遍路, さう, それから, また, 何となし, 周章てて, 嬢様が, 普通の, 眼を, 笑いながら, 親戚の, 言った, 誰でも, 迷惑そうに, 道を, 高原に

1 [347件] あちらに, あったの, あはれいづ, あまり多く, ありのままに, ありゃ何だ見慣れない, あるとき, あるひ, いかにも異常, いつでも, いろいろな, うんざりし, お化けである, お城, お辞儀を, かれと, かれに, ぐつたりなつてかへ, こういっ, こうつぶやく, こう書い, ここらに, このとき, この可愛い, この広, この町, こんなもの, こんな話, さっきまで, さながらし, さながら疲れた, しかたなく, じっとながめた, すずろ家族, すんでに, すゞろ家族や, そう感じ, そこの, そのそば, その人, その国, その小道, その晩, その松明, その樹, その歩行, その石, その胸, その自然, その表現, それでも安心, それと, それらの, それを, たいこや, たしか二人連れ, ただ茫然, ちっとも形, ちょっと知り合った, ちょっと立ち止まっ, ついに鎌倉, つぶやいた, とう, とうとうおこりだし, とかくに, ともすれば彼, とんでもない, どうしてこんな, どうしても夜, どことなくやさしく, どこへ, なつかしそう, ひとり大, ひどく衰弱, ふとわが, ふと気, ふらふらと, ほんとうに, ぼんやりし, ぼんやりと, ますますあわて, またこんな, またし, また笑った, まだ二十四五, まだ若い, まだ迷っ, みなそこを, みな一様に, みな常と, みな爬虫類である, みな飛びつい, みんな森の, めずらしいこと, めったに見られなかった, めづらしさ, もう一度縁台, もう気, もっと業, もとより日々通勤, もはや目前, やはり黙っ, やや老いた, ゆく先, よくまだ, よく尋ね, よっぴて山道, よろこぶの, アルベラの, オルガンの, ハムーチャの, ビクとも, 一ぺんに, 一夜に, 一度に, 一応そこ, 一泊か, 一首の, 七瀬が, 上へ, 不思議な, 両手を, 中に, 主人の, 九十九折の, 二人とも, 二人の, 二度びっくりいたしました, 二度三度吃りました, 二階へ, 云いました, 今こそ, 今夜は, 会釈し, 伴侶を, 佐太郎なり, 何か, 何が, 何でも, 何となくもの, 何んであろう, 何者な, 俄かに, 倹約を, 傍らの, 僕に, 先ずこの, 先ず大通, 八十に, 六十二三歳頃, 其の両, 其処で, 初めて一喝, 別に所在, 別に気, 前かがみに, 前に, 前の, 包みの, 十日ほど, 卓に, 単に良き, 危うく一足ちがい, 去った, 去りかねて, 受けなかった, 合点し, 否でも, 和氏の, 品川宿入口八ツ山下船着場限り上陸致し, 唇を, 唯前, 嘲るよう, 国境を, 地炉に, 埃及に, 城門へ, 堤から, 夕日に, 外南部を, 多い, 多くこの, 夢の, 大変な, 大変深い, 大概失望する, 女でありました, 女に, 女の, 女を, 妻が, 嬉しそう, 子供の, 安心した, 実は神様, 寧楽京に, 尋ねた, 小さい白い小犬, 小さな国, 小さな声, 小判を, 小河内の, 小田原に, 小田原や, 少年の, 山男の, 川の, 幾群か, 底知れぬ, 当惑そうに, 彼女を, 御祖神, 微動を, 微笑みて, 必ず道, 忘れがたい, 怎やら, 思い切ったよう, 思つた, 急ぎそれ, 急に, 恐る恐る死骸, 恵那山を, 悦しく, 感心した, 慌てて, 懼れ, 我ながら, 戸を, 手を, 押して問いました, 振り別け, 振り返って, 控えて, 故郷の, 教えられた通り, 文吾の, 新しい元気, 旅人に, 旅宿の, 旧暦九月の, 早く起きだし, 早や, 明るくなれよう, 昨日の, 時々否, 更に行方, 最寄り最寄りの, 最後に, 月見る, 棒の, 棒鼻の, 業平以来の, 様々の, 横穴には, 歎息し, 止めたもの, 正気づい, 母の, 毛だらけの, 気圧計の, 水の, 洋服の, 無頓着に, 煖炉の, 煙草を, 燐寸の, 燐寸を, 燕の, 狐にな, 独り思はず, 生家の, 疲れた足, 疲れて, 痩せたりと, 登山家とは, 白昼でなけれ, 白晝でなけれ, 皆手荷物を, 皆東山道を, 皆馬車に, 目を, 相川堤の, 真面目に, 神であった, 立ち上がった, 立ち止まって, 立上って, 立止まっ, 笑いを, 笠を, 管輅という, 素性の, 縁側に, 縁前へ, 考えこんだが, 胡散そう, 腰を, 腹時計で, 自分自身の, 舟に, 色さまざまな, 色様々な, 若々しい情, 茶店を, 茶碗を, 草鞋を, 荘重な, 荷物の, 莫迦, 菅笠の, 落ちつかぬ気持, 虚空が, 行き過ぎて, 行く動き, 行って, 袂を, 西峠を, 訪問という, 話好きで, 語を, 讃酒歌の, 起きあがりました, 足を, 路程を, 蹌踉と, 身を, 車窓から, 近くまで, 迷惑そうな, 透見の, 途方に, 這入って, 通しますまいまた, 通ったも, 通りに, 遂に前人未踏, 道ばたに, 道路に, 酒と, 野に, 金持で, 雑嚢を, 面白い事, 音する, 驚いて, 鴉に

▼ 旅人~ (318, 14.3%)

8 ありました 7 あった 6 ある 4 苹果を, 通って 3 来て, 路傍の 2 あります, 歩いて, 殆ど泊つた, 行きくれても, 通る, 通るの

1 [271件] あったから, あったが, あって, あつて, あのよう, あるならば, あるの, いいますと, いう那智, いくら先へ, いって, いろいろ小鳥, おそろしく身軽, おのが, かの単調, がんりきの, きた, きっという, この山中, この山蛭, この時, この村, この東洋風, この湖水, この部屋, この銘酒屋, これによって, ござる, さっき噂し, そこへ, そのとき急, その下, その歌声, その轡面, それぞれ先を, それに, それを, そんなあぶない, ぞろぞろそっち, ぞろぞろ繋がっ, たかって, たくさんゆききする, たしかにその, たちまち輪, とおりかかった, どんなになるだろう, にわかに着物, のりました, ひとり飲みかけた, ひょっくりと, ひょっくり向こう, ひよい, ほっと胸, みなこの, みんなする, むこうの, やってきた, やってきて, やつと, よく土産, よく雨露, わかき歩み, わざわざ宿, わらじを, アンデスの, ガスに, クレバスの, ホット一呼吸し, ボヘミアで, 一人, 一人あるい, 一人そろそろ, 一人小さく, 一人隠れ, 一匹の, 一時この, 七里の, 三人半, 三四人パリーで, 下手から, 不思議な, 世子の, 主婦を, 乗馬し, 乞わるるに, 争うて, 事あり, 二三人居る, 二人に, 二人三人ずつ, 二人家の, 京都の, 人里へ, 仏前へ, 仲が, 仲よく話し, 佐原や, 佐夜の, 何も, 信濃の, 倒れて, 入って, 初めに, 力柱だ, 動き出した, 千代古屋の, 博多名物の, 向うの, 呆気に, 呑めば, 土足の, 地球上の, 多い, 多いらしい, 多くなった, 夜は, 夜通しがやがやと, 大きな卓, 大きな荒れ, 大勢腰かけ, 大江山の, 妻籠の, 家に, 家を, 宿の, 宿るはず, 宿泊した, 尋ねて, 小屋の, 小平の, 小百合火の, 少年の, 尾行け, 山口駿河だ, 山賊に, 峠の, 川岸へ, 帰京途上摂津の, 幾人ある, 店頭に, 彼に, 往来し, 往還し, 思い切って, 思ひしさま, 急に, 急速力, 悩まされ隊商, 感ずるホスピタル, 慄然として, 憶良の, 指を, 振り仰い, 救いを, 数名見える, 旅を, 旅人を, 旅宿を, 日暮れて, 春風の, 曠野の, 最初に, 最初馬鹿に, 朝夕シベリヤの, 木々を, 村を, 来た, 来たと, 来ましたぞ, 来るあいつ, 来るの, 桜の, 森をと, 植物園の, 楽しそう, 橋を, 機屋の, 歎い, 此の, 死んだり, 殊に鳥類, 水を, 汗塵に, 池の, 沢山寝, 洋傘を, 温泉へ, 湯を, 溺れるので, 漫に, 灯を, 炉辺で, 無事に, 無人境や, 焼け死にました其の, 熱病で, 犬な, 狐の, 現われたが, 現われました, 申して, 男体登山に, 留守する, 病も, 病気だっ, 白い腕, 盗賊の, 眼を, 破れほうけた, 社家の, 神尾の, 科野の, 空を, 立ち寄った, 立ち寄つた, 立ち寄る小さき, 立ち止まって, 立寄るより, 笠着た, 箸を, 美しい錦, 肩を, 腰を, 腰掛けて, 自覚し, 色々な話し, 草臥れて, 草鞋を, 荷物を, 華表の, 蕎麥屋に, 見える, 見るよう, 話しかけるの, 走って, 越えて, 足を, 路に, 軽く仲裁, 近寄って, 述べて, 迷うので, 逃げる馬子, 通つてゐる, 通りかかりました, 通りました, 通ります, 通り過ぎて, 通るから, 連れて, 過ぎ去った方, 道中記を, 道路に, 野っ, 野中の, 野根の, 金を, 金閣寺を, 門口に, 隣室へ, 集まって, 難儀する, 難渋する, 青白い苹果, 青黒い杉, 飢え凍えて, 馬に, 馬を, 駅や, 魏へ, 黒く行く

▼ 旅人~ (206, 9.3%)

4 して, 見て 3 見ると, 親切に 2 のせて, 取囲んで, 寂しがらせる, 相手に, 自分の, 見る, 見送って, 風が, 驚かすの

1 [174件] あやめて, あやめる稽古, いこわせるには, いたわって, おどかすのに, おどして, おびやかす通り魔, おもふ, この街道, さし招く態, さびしうする, さびしがらせた, さびしがらせる, さびしがらせるものであつた, さらって, その上, だまさうと, だました話, つかまえて, つれて, とおして, とどめ申して, ともな, とらえて, どこかで, ながめた, なやまして, はさんで, ひっとらえて, ひろい帰って, ぶち殺し, むかへる部屋, もてなすには, もてなすよう, やっつけようよ, わなに, 一々に, 一々調べる, 一身に, 中に, 乗せて, 乘せた, 人間とは, 何人殺した, 傷つけた事, 前に, 助けよう, 助けんと, 劫か, 劫し, 動かすかは, 動かすだけの, 取り囲んだ見送人, 呑もうと, 呼び立て袖, 呼んで, 品定めし, 喜ばす工夫, 嚇し脅かして, 困らせたごま, 困らせたという, 威して, 宿泊せしめる, 寝かせ路用, 導いて, 導きて, 己れ, 座頭は, 引きつけて, 引き摺り込んで, 引込んで, 待ち伏せて, 待ち構えて, 待って, 待つ御, 待受けて, 怯か, 恐れて, 恐れるの, 悩ました時代, 悩ますかは, 悩ませたか, 想像し, 愛すること, 愛想よく, 感傷的に, 憩わしむるようにされたとのことだが, 打つもの, 拉して, 招ぶべき, 捉えたとな, 捉えた信仰, 捉えまして, 捉え旅人蔵, 捕えて, 捕まえて, 掠め里, 掣肘し, 撃ち殺して, 攫ったと, 救うて, 朝夕送迎し, 案内に, 泊めて, 泊める宿屋, 泊らしては, 泊る事, 満載した, 無言で, 照らしたり, 照らして, 狙って, 珍しさうに, 甘夢, 用いての, 疑うよう, 目付ける, 目當の, 眠らせ極楽, 眺めるやう, 窺って, 竈へ, 第一, 粗末に, 納得させる, 考える, 肩へ, 脅かしたり, 脅かし九月十七日, 脅かすよう, 脅や, 自覚する, 苦しめる追剥ぎだのと, 苦しめる雲助め, 襲いいきなり, 襲ったが, 襲ったの, 襲って, 見たの, 見ては, 見なかった, 見に, 見また, 見ること, 見るため, 見るに, 見る眼, 見れば, 覗ふ, 観察する, 誘って, 調べる, 護衛し, 谷へ, 責めしめたので, 迎えるの, 迎え入れようと, 追い出そうと, 追い廻す, 追剥し, 送り出す, 送り迎, 送り迎えし, 遠目に, 配すれば, 配置したる, 阻めたり, 限定する, 静かに, 面白く思はせる, 馬に, 驢に, 魔除け, 鼻先で

▼ 旅人~ (130, 5.9%)

4 宿を, 過ぎないと 3 なつた 2 し若き, 向って, 屍体を, 気を, 目を, 過ぎない, 過ぎないの, 道を

1 [103件] いたせかような, きいた, くれ竹色, こうして不便, して, しては, すぎぬが, たとえられる, だまされて, つきとく, とつて, どんなにうま, なったの, なった御息所, なって, ならないか, なり, なりきつ, なりたらんやう, なること, のどかな, むかい百年のち, ゆきあうかも, わびしい感じ, 一夜の, 一言頼みたい, 下頭, 与えられた自然, 与えられる耶馬台, 二里か, 借せど, 働き泊り, 元気づけるため, 冥福の, 出すため, 出会うこと, 出逢, 出逢えば, 別れ少年, 危険を, 同情が, 同情した, 向かって, 向けて, 呉竹色の, 呼びかけようとは, 商いを, 変つてゐる, 宿など, 席を, 幾たびか, 弔われて, 忘れられない印象, 怪しい手箱, 怪しい蕎麦, 悲しい事, 惠まる, 托け, 扱われて, 挨拶した, 掛ったの, 接触する, 支給する, 教えて, 教えるので, 斬られた話, 村へ, 殺されたと, 深切に, 満腔の, 甘酒を, 相違なかっ, 睡眠不足は, 示したもの, 窮屈を, 縋られて, 袖を, 見られないもの, 見る一々, 言いました, 言つた, 話しかけられたり, 贈った, 足を, 路を, 身を, 近くなる, 近づいた時, 送って, 途, 通りすぎて, 逢い可哀想, 逢ふ, 門の, 関係深い, 難題を, 露を, 風は, 風流を, 飛びかかろうと, 食物を, 餅を, 餞した

▼ 旅人~ (67, 3.0%)

4 三十年前に 2 笑いながら

1 [61件] あった, あまり通らぬ, ありましたつけ, あり羽柴筑前守殿, あるし, いうし, いれば, おのづか, ここで, ここへ, この少年, さぞお, すくなくない, そこを, それで野麦峠, ちょうど八人, なく宿, みな散り散りに, よく通る, ゐないこと, 一枝かざし, 亭主も, 卓によ, 取らねば, 土地の, 多く追い追い, 夢中の, 大事を, 少ないもの, 居住者も, 往々に, 手を, 易占の, 晩帰の, 有った, 歩いて, 歩く以上, 毎日へる, 気が, 無し山霧, 無言で, 犬に, 犬を, 珍しい, 皆な寝, 皆驢馬, 目標として, 稀れだし, 笑ひ, 続いて, 自然に, 荷駄も, 行かない部落, 見えない, 路を, 蹴とばすやう, 蹴とばすよう, 通らぬけ, 酌む酒, 首を, 鳥も

▼ 旅人宿~ (42, 1.9%)

2 も荒れ

1 [40件] がある, だけに亀屋, だつた, で当家, で迷惑, とはいっ, と同じ, にはいっ, に一時, に一泊三十銭, に一泊参拾銭, に入り, に泊つて, に草鞋, の一間, の危険, の土間, の真昼間, の窓, の若者三角餅, の衛生, の軒行燈, は殘つて, は花見時, へ上つて御覧, めいた室, めいた小舎, も廃業, やなぎ, や料理店, をさがした, を両国, を出し, を叩き起し, を営み, を営ん, を始め, を始め出し, を畳み, 幸いここ

▼ 旅人たち~ (35, 1.6%)

4 はみな 2 はしずか, はしづか

1 [27件] から諸国, がなに, が二輪荷車, が手, が景色, が河原, であろう何, にとって江口, にはどことなく, のよう, の話, の馬, は, はいぎたなく, はいった, はこの, はそれ, はみんな片側, は今, は哨兵, は寄ッ, は思い思い, は暫らく, は称び, も改めて, を大勢, を見わたし

▼ 旅人~ (32, 1.4%)

2 なって, 一緒に, 云っても, 見えて

1 [24件] いって, こんな見送り人, なり得た自分, なるの, またかの, 云ふ, 今の, 会話を, 信ずれども, 別れを, 同じやう, 同じよう, 呼ばれる渡り博徒, 自分の, 行違いに, 見れば, 親しくなり, 親類の, 話して, 話を, 連れ立って, 遊女の, 道伴れ, 颯っと

▼ 旅人~ (23, 1.0%)

2 土地の, 小荷駄の

1 [19件] その人たち, バスに, 公卿などとは, 出船入船の, 参詣者なぞを, 善良なる, 憶良や, 方々の, 旅かごや, 旅人の, 村の, 百姓などが, 百姓の, 百姓まで, 良民の, 道具の, 雲助を, 馬子や, 馬方相手の

▼ 旅人として~ (19, 0.9%)

3 立つて

1 [16件] 一生流転せず, 出立しなけれ, 向ふ, 富士を, 小雪ちらつく, 放浪する, 相伴の, 立って, 聴いて, 自分の, 西に, 見た時, 親友と, 迎えるつもり, 遊びに, 静かに

▼ 旅人には~ (17, 0.8%)

1 [17件] げに懐し, そんな思ひ, とても足り, どうしてこんなに憐れ, ほっと息, 何故に, 何等の, 全くおとなしく, 旅は, 焼き付くよう, 番茶を, 百済観音は, 皆眼の, 相当の, 絶えて, 草鞋は, 過ぎた扱い

▼ 旅人~ (16, 0.7%)

1 [16件] がやって来た, が休み場, で充ち, には彼, には歩行, のある, のこと, の言う, はこれら, はフィリーモン, は一団, は五人, は急い, は着物, は脛, は食卓

▼ 旅人としての~ (13, 0.6%)

2 私は

1 [11件] 岸本は, 彼を, 彼女の, 物足らな, 生活を, 私たちの, 第六感も, 胸に, 自分の, 自分を, 自由な

▼ 旅人らしい~ (13, 0.6%)

1 [13件] ね, や, ムクムクと, 一箇の, 三人の, 姿背中に, 心持に, 感情は, 散歩の, 滿足を, 者が, 脚絆の, 風体の

▼ 旅人~ (10, 0.5%)

3 もの 1 からそう, から勿論, が下, ということ, とかで, と嘘, よこの

▼ 旅人~ (10, 0.5%)

1 あつた, おざる, すら妙, その罪, 一日に, 前からの, 嫌疑だけ, 学も, 昌りました, 暮されたらその

▼ 旅人~ (10, 0.5%)

1 この路, この青ざめし, ラコニヤ人に, 旅人よ, 私は, 蜜柑畑の, 行きて, 行き給え, 触らせて, 足を

▼ 旅人でも~ (9, 0.4%)

1 あるよう, あろう吾妻橋, あろう夢見山, あろう小田原提灯, 一人位である, 一度この, 寝て, 泊めて, 通りかかりは

▼ 旅人から~ (8, 0.4%)

1 お金を, そんな物, 奪って, 次の, 火を, 狐の, 聞いた話, 頂いたので

▼ 旅人である~ (7, 0.3%)

2 ことを 1 ことに, のが, ばかりでなく, 上は, 私は

▼ 旅人では~ (7, 0.3%)

4 ない 1 ござらぬか, ないよう, なく一種不穏

▼ 旅人ども~ (7, 0.3%)

1 であったそう, どのやう, に逢っ, の迷惑, は市, は近づい, を何者

▼ 旅人にも~ (7, 0.3%)

1 ああこの, 会わねば, 出くわしたり, 夫, 害を, 茶碗を, 親切を

▼ 旅人~ (7, 0.3%)

2 は二 1 から先, の碗, は碗, は空, は蒲留仙

▼ 旅人~ (6, 0.3%)

1 から優美, から解放, の中, へ, へ捕らえられ, へ行った

▼ 旅人という~ (5, 0.2%)

2 のは 1 のを, 名の, 男は

▼ 旅人~ (5, 0.2%)

2 のだらう 1 のか, のだ, のである

▼ 旅人なら~ (5, 0.2%)

1 ばいずれ, ば気の毒, ば関所, 夕陽の, 好いが

▼ 旅人~ (5, 0.2%)

2 は煙管 1 の顔, は皮袋, は碗

▼ 旅人姿~ (5, 0.2%)

1 で半蔵, とも一寸, のしるし, の者, をし

▼ 旅人清作~ (5, 0.2%)

1 の一宮隼人, の行手, はその, は隠れた, を引き摺る

▼ 旅人などが~ (4, 0.2%)

1 そのせい, めったに, 一夕の, 見付けて

▼ 旅人~ (4, 0.2%)

1 が一時, は予期, も思い思い, も暫時

▼ 旅人われ~ (4, 0.2%)

1 に, は, は涙, も同じく

▼ 旅人相手~ (4, 0.2%)

1 に働い, の八軒長屋, の店, の街道

▼ 旅人たる~ (3, 0.1%)

2 私を 1 ことが

▼ 旅人だった~ (3, 0.1%)

1 ともいえよう, のである, 時代の

▼ 旅人であろう~ (3, 0.1%)

1 かと思い, かと自分, と重

▼ 旅人などの~ (3, 0.1%)

1 消遣, 笠の, 通るところ

▼ 旅人にとっては~ (3, 0.1%)

1 これほど, 難場である, 風景よりも

▼ 旅人~ (3, 0.1%)

1 人里の, 何か, 毎日必死に

▼ 旅人まで~ (3, 0.1%)

1 憎んで, 数え込んだの, 聞き伝えて

▼ 旅人までが~ (3, 0.1%)

1 往來を, 目を, 自分たちを

▼ 旅人わたし~ (3, 0.1%)

2 もしばし 1

▼ 旅人をも~ (3, 0.1%)

1 待ち給へ, 快く迎い, 敵をも

▼ 旅人~ (3, 0.1%)

1 の作, は下車, は申

▼ 旅人~ (3, 0.1%)

1 に糸楯, の後ろ影, の男

▼ 旅人あり~ (2, 0.1%)

1 て我, とも知らで

▼ 旅人~ (2, 0.1%)

1 何かを, 馬子に

▼ 旅人こそ~ (2, 0.1%)

1 あの山, いい面

▼ 旅人~ (2, 0.1%)

1 へもゐた, へ冷然

▼ 旅人~ (2, 0.1%)

1 がた, がたと

▼ 旅人だろう~ (2, 0.1%)

1 からあっち, よ

▼ 旅人であった~ (2, 0.1%)

1 からであります, 如くに

▼ 旅人であり~ (2, 0.1%)

1 人間の, 駱駝な

▼ 旅人なれ~ (2, 0.1%)

1 ど, ばこそ

▼ 旅人にと~ (2, 0.1%)

2 つては

▼ 旅人に対して~ (2, 0.1%)

1 一きれ, 今までの

▼ 旅人はを~ (2, 0.1%)

1 かしくな, りを

▼ 旅人へと~ (2, 0.1%)

1 いく, 次第にその

▼ 旅人らしく~ (2, 0.1%)

1 てきん, 自分の

▼ 旅人二人~ (2, 0.1%)

1 に一杯, は話

▼ 旅人同志~ (2, 0.1%)

1 で話, の心

▼ 旅人宿小山屋~ (2, 0.1%)

1 に左内, に江州

▼ 旅人椰子~ (2, 0.1%)

1 が寢, のそ

▼ 旅人芭蕉~ (2, 0.1%)

1 があわれ, も時には

▼1* [129件]

旅人あつかいをされる, 旅人あまたカプリ島なるパガアニイ, 旅人いつもニンニクたべ, 旅人うちなびき寐, 旅人怪我は, 旅人かかる時その, 旅人かたり草なき, 旅人かなんかでせう, 旅人かもしれない, 旅人からのコボレや, 旅人からも以前の, 旅人ぐらいしか泊らないよう, 旅人こそは私どもお互いの, 旅人この堂に, 旅人これを顧み, 旅人さえ眼の, 旅人さえも容易に, 旅人しかも関東生粋の, 旅人じゃないか, 旅人すなわちこの物語, 旅人そういう人々の, 旅人そうした者に, 旅人その若い方, 旅人だけが通る嶮, 旅人だって震え上るに, 旅人であって人生, 旅人であったならば深い, 旅人であればそれ, 旅人です同じ歩くに, 旅人でないことが, 旅人としか見えません, 旅人としては見のがせない, 旅人との問答, 旅人とは見えますが, 旅人なぞの泊めて, 旅人などこの山中, 旅人などを泊めるの, 旅人なりと感ずるに, 旅人なる汝らには, 旅人にとってたしかに一つ, 旅人にとり興味ある, 旅人に対しては全く無, 旅人に対する質問は, 旅人のにはかに, 旅人のみならず登山者, 旅人のみが知る嬉し, 旅人のみは幾度か, 旅人はどつかと, 旅人ばかりで聯合組, 旅人ばかりじゃがんせん, 旅人ばかりの泊まる安宿, 旅人ひとりは山賊, 旅人へも正直に, 旅人みずからの心, 旅人めいたものが, 旅人めく一群の, 旅人もめつたにない, 旅人やら京に, 旅人ゆえ相手が怖がっ, 旅人よりも禅僧の, 旅人らしいくつろぎもこんな, 旅人らしく腰掛けて岸本, 旅人一人通って, 旅人一属にちがい, 旅人七八人あり, 旅人三人ばかり憩い居ける, 旅人上下三人が今や, 旅人不意に路傍, 旅人人馬断所々の世話, 旅人以上に驚い, 旅人以外には街道, 旅人以後で旅人, 旅人何者であろう, 旅人の五首中, 旅人作中の佳作, 旅人は一目, 旅人同士とは品, 旅人和田峠をこえ, 旅人四人はこう, 旅人多くして, 旅人大いなる布の, 旅人夫婦はたいがい, 旅人の歌, 旅人実は観世音菩薩の, 旅人宿三方壁でしきられた, 旅人宿兼下宿の奥二階, 旅人対手の渡世, 旅人對手の渡世, 旅人小金原の観音堂, 旅人山頭火死場所をさがしつ, 旅人やしばし, 旅人御宿ホテル・パブストのまえ, 旅人心配はご, 旅人雨の, 旅人怪我をなされた, 旅人愛護の精神, 旅人になつかしく, 旅人手廻之品, 旅人扱いにされ, 旅人時次郎でござんす, 旅人たりあわし, 旅人根性は生涯, 旅人気分を取りつくろっ, 旅人沙原に歩み出, 旅人河田と名乗る, 旅人渇けるに, 旅人狒々に逢う, 旅人用手形帳がもう一度, 旅人疲れし足を, 旅人百五十人以上隊を組む, 旅人な感傷, 旅人相前後しつつ, 旅人掛け富士甚内, 旅人石尊詣りの, 旅人程度を出, 旅人聞かば命, 旅人脅しに鉄砲, 旅人若しこれを, 旅人薬師詣での人たち, 旅人だってある, 旅人行商人托鉢僧などがその, 旅人藝人武士僧侶あらゆる, 旅人豊間根村を過ぎ, 旅人貧乏人である, 旅人のこと, 旅人零落と疲労, 旅人風体の男, 旅人をつなぐ, 旅人駕屋が自分