青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「憎悪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~慌て 慌て~ 慣れ~ ~慰め 慰め~ 慾~ 憂~ ~憂鬱 憂鬱~ 憎い~
憎悪~
憚~ 憲法~ 懇意~ 應~ ~懐 懐~ ~懐中 懐中~ 懷~ ~懸け

「憎悪~」 1384, 14ppm, 8092位

▼ 憎悪~ (304, 22.0%)

23 念を 22 念が 8 念に, 念は 6 ために 5 眼で 4 光を, 感情が, 色が, 色を, 言葉を 3 中に, 光が, 声を, 心を, 感情に, 感情は, 眼を

2 [16件] 中から, 影が, 心持と, 念で, 念とを, 念なし, 滓丈が, 激情に, 炎が, 烈しい渦巻, 的と, 的に, 目を, 眼が, 表情が, 風に

1 [159件] あまりその, あらゆる手段, いくらかは, いりまじったよう, いり交ったるごとき凄, うちに, かげは, こころ夏より, ことばかり, こみ上げて, こもった声, こもった眼, こもった眼つき, こもった瞳, ごとくである, ためまるで, つぐな, なかで, ひとみから, ほうへ, ほの, まなこし, 一変形であります, 中にも, 中心に, 主なる, 余その, 兄弟たる, 光りに, 切歯を, 利益に関する, 前に, 力で, 原因を, 原理よりも, 反抗だ, 叫びが, 叫喚を, 地帯は, 執拗さには, 塔を, 声の, 声をさえ, 外に, 嫉視よりも, 実験台に, 客観的な, 対象と, 対象は, 対象を, 形を, 影は, 影も, 心が, 心も, 念ある, 念から, 念さえ, 念だけは, 念とが, 念などによって, 念などは, 念ばかりが, 念も, 念を以て, 念以外何ものも, 念強き, 思いが, 思いで, 恐ろしい暗やみ, 悩もなく失望, 情が, 情であった, 情に, 情を, 感じも, 感じを, 感は, 感を, 感情, 感情と, 感情という, 感情を, 挑戦と, 挑発法を, 接吻を, 敵の, 方面に, 最大な, 期間が, 期間の, 期間は, 期間も, 本能感情が, 極を, 極点にまで, 標語を, 毒烟に, 気も, 気持を, 気持子供を, 波が, 波を, 涙か, 深い釜, 減じること, 源泉としての, 激しい転換, 激発によって, 火を, 炎で, 炎を, 為めに, 烈しい感情, 熱火で, 燃え上がって, 狂言を, 独り言が, 理由を, 的たらしめる, 的でありました, 的一人は, 目で, 相を, 眸で, 眸を, 眸高慢さ時として, 眼に, 眼を以て, 瞳と, 瞳を, 矢を, 神メゲラが, 突発も, 笞を以て, 籠つた顔で, 結果が, 絶頂へ, 胸中に, 色しか, 色は, 薄笑ひ, 行なう調査, 表情だ, 表情を, 表現は, 表現も, 視線が, 言葉が, 言葉さえ, 調子で, 象徴を, 転換くらゐ, 運動に, 醜い無意味, 閃光が, 陰から, 電流とでも, 顔が

▼ 憎悪~ (237, 17.1%)

18 もって, 感じた 12 感じて 7 こめて 4 感じたの, 憎悪せん 3 受けて, 感じながら

2 [14件] いだいて, おぼえた, こめた眼つき, さへ, 二倍にも, 孕んだ情熱, 彼等の, 忘れて, 感じるよう, 感ずるの, 感ぜずには, 持つて, 自分で, 覚えた

1 [140件] あの老人, いだきながらも, うちつけるの, お持ち, お祖母さんが, かきたてられるだけ, かき立てた卑俗さ, こういう道具, こめた言葉, こめた調子, さえも, したたらし, そ, たきつけるか, たぎらせて, つよくあらわし, ふたたび燃えたたせ, めざまさした, もつだけ, ものとも, わかせる云いかた, わたしは, ウェリントンに, 一瞬に, 一身に, 与えて, 催し軽蔑, 克服せね, 免かれなかつた, 凝らして, 刺激した, 受取った, 口に, 叩きつけた方, 叩きつけウィリアム, 右腕一つに, 同時に感ずる, 吐き捨てるやう, 吐き捨てるよう, 吐き散らして, 呼び起すの, 唆る, 基調としては, 大袈裟に, 女に, 如何とも, 孕んで, 帯びた驚異, 強め禁教政策, 強固に, 彼に, 忘れかねるの, 感じこれから, 感じさせ本質的, 感じないでは, 感じはじめた, 感じました, 感じます, 感じやしないかと, 感じようとも, 感じる, 感じると, 感じロシア女, 感じ合った, 感じ始めたの, 感じ得るよう, 感ずるから, 感ずること, 感ずるので, 感ずるよう, 感ぜざるを, 感ぜずして, 憎む, 懐いて, 懐かれて, 抑えかねた, 抑制し, 投げつけたこと, 抱いて, 抱き, 持って, 持つという, 持つよう, 持つわけ, 持つ男, 挑発する, 放散せざる, 教えた, 敬愛に, 是認する, 植えつけるはず, 浴せながら, 海老塚に, 消せ消せ消せってね, 激しく燃やした, 烙きつける, 煽った, 燃した, 燃やした, 燃やす身, 燃やせて, 生むと, 生むの, 直接に, 眸の, 瞳に, 知らないの, 示しそれ, 示して, 示し同じ, 禁ずること, 絶えず吹きつける, 胸に, 自殺の, 表現する, 見せ始めた, 覚えずには, 覚えたの, 覚えて, 覚える, 覚えると, 認めた, 誓うの, 負わなければ, 買ったこと, 買って, 買ふ, 起こさせます, 身内に, 辛うじて忘れる, 通り越して, 長谷川は, 除いては, 除去し, 雄吉君は, 集めながら, 集め検事団, 集注し, 露骨に, 高めて

▼ 憎悪~ (158, 11.4%)

3 なった, 反感とを, 軽蔑との

2 [16件] ある恐怖, なり次に, 不快とで, 侮蔑との, 侮蔑とを, 反感とで, 反撥とを, 嘲笑とが, 嫉妬の, 怨恨とに, 恐怖の, 愛情との, 憤怒との, 昂奮とを, 軽い恐怖, 軽蔑とを

1 [117件] いうほど, いうよりも, いへば, かつて進歩, その憎悪, それから我と, それを, であった, である, なって, なりついに, なりやがて, なり怨恨, 不安と, 不平を, 乱倫と, 何ら撰ぶ, 侮蔑が, 侮蔑とで, 侮蔑の, 共感の, 制裁を, 反感で, 反抗とによる, 反抗心は, 叱咤に, 同じぐらゐの, 同情とが, 同情とを, 呪いの, 唾液とに, 嘲笑を, 変じた, 妬情から, 嫉妬が, 嫉妬です, 嫉妬と, 嫉妬とに, 嫌忌と, 嫌忌とを, 嫌忌の, 崇拝と, 強迫によ, 復讐に, 復讐の, 復讐を, 復讐心は, 忌避と, 忿怒の, 怒とに, 怨府とに, 怨恨と, 怨恨に, 怨恨を, 恐怖から, 恐怖は, 恐怖をさえ, 恥辱とに, 恨み, 恨みとを, 恨みを, 悪徳が, 悲しみとの, 愛とを, 愛情と, 愛着とが, 愛着の, 憎悪とが, 憎悪の, 憐愍とを, 憐憫とを, 憤りを, 憤怒が, 憤怒と, 憤怒とが, 憤怒を, 憤怒激昂が, 憤恨, 憤激を, 戦と, 戦慄が, 打算とを, 敵意の, 敵愾心が, 敵愾心とが, 敵愾心は, 敵愾心を, 歓喜に, 此の, 涙が, 渇仰と, 猜疑との, 猜疑を, 策略と, 絶望との, 自己嫌悪が, 自棄と, 自責とが, 苦痛の, 蔑みが, 蔑みをしか, 蔑視とが, 裏切りの, 言おうか, 警戒と, 讎敵の, 軽侮とを, 軽蔑で, 迫害が, 迫害とが, 運命の, 適切な, 邪智と, 醜悪との, 醜悪とを, 闘志とで, 驚異が

▼ 憎悪~ (130, 9.4%)

7 燃えて 3 変って, 満ちた眼, 燃えた眼, 燃えるよう, 近い感情, 進む一歩手前 2 ひどく自分, 傷き, 変ずるの, 燃えた

1 [97件] うらづけられた鮮明さ, おそわれながら, かられた, かられるの, かられ憎み憎まれて, かわりかかって, くらべれば, さされて, しろ一生, せよ愛情, つかまれた彼, とび出しそう, とらわれて, ほかならなかったの, みちた友愛, みちた指定, みちた教授, われを, ドス黒い, 今度は, 他ならぬ, 似た光, 似た反撥, 似た誘惑, 体を, 価するよう, 値いすべき, 値いする, 充ちたこの, 充ちた五郎蔵, 充ちた眼, 充ちた眼付, 充ちた荒々しい, 充ちた言葉, 充ちた門倉, 努めよけい, 取り巻かれた狂おしい, 取り巻かれて, 囚は, 囚われずには, 執すべきであろうか, 堪えなかった, 堪えぬ生物, 報ゆる, 変った, 変ったなどと, 変ったなんて, 変つた, 変形し, 夢中に, 対抗する, 対照する, 就いて, 彼は, 心が, 歪んだよう, 歪んだ眼, 汚された夫, 浸るの, 満ちた友愛, 満ちた牡牛, 満ちた眼差し, 満ちた視線, 漸時に, 激しく輝く, 炎えた, 煮えくり返るよう, 燃えきり地球全体, 燃えたたして, 燃えた心, 燃えた眼つき, 燃えつつ, 燃える眼, 燃える若い, 燃え立った, 燃え立って, 燃やして, 燃ゆる, 狂ったあまり, 眼を, 緊張し, 美は, 胸が, 蒼ざめゆがんだ顔を, 襲はれる, 身を, 輝く眼, 輪を, 近い, 近い愛, 近い調子, 達するほどの, 震え上りひとたび, 顔色を, 類似した, 餌を, 駆りたてるの

▼ 憎悪~ (92, 6.6%)

2 なく反逆, 一度に, 又新しく, 堰を, 心の

1 [82件] あった, あの女, ある, あるにも, あるの, かたまりついて, からまって, こみあげて, こもって, これで, これほど, さらに反逆, しだいに露骨, しょっちゅう煮えくり返る, たぎり立った, なくては, のこされて, ひらめいたが, またしても, また油然, また胸, まるで昨夜, みずから最も, むらむらと, ペラーゲア・ステパーノヴァの, 両手の平, 今この, 伝へられる返事, 伴う, 体の, 光つてゐた, 八方から, 内心に, 冷やかな, 凝結し, 初めて自分, 刻印された, 前よりも, 加わった, 咽喉に, 咽喉まで, 多く掛る, 女の, 孝一の, 少しずつ, 彼に, 急速に, 恋気ちがいじみた, 押して, 撥ね返つて, 敬二郎の, 旗を, 日本中の, 日本人には, 旺然と, 浮んで, 深くなる, 湧いて, 湧き起り自分, 満ち充ちて, 漸次高まり, 激しいから, 火と, 燃え上がり, 現われたの, 生ぜねば, 稜角を, 積り積って, 積り積っての, 籠められ, 肌中を, 胸の, 血管の, 行動と, 表面切っ, 襲ひか, 輝やいた, 込み上げて, 進んで, 開拓団に, 間断なく, 鶴雄を

▼ 憎悪~ (77, 5.6%)

3 少しも 2 三度四度目に, 中流下層階級の, 二十前の, 兎に, 彼の

1 [64件] あれ妹の, いつもこう急転, しかしもはや, しだいに嫉妬, その極点, それとは, そればかり, ただ毛嫌い, だんだんたかまっ, つまり犯罪, でて, どうだろう, どうにも出来なかった, どう言, どう言う, ないという, ほとんど生理的, ほんとに古く, まず自分, むしろ帯刀一家, ガラッ八, 一念恋人に, 両方とも, 人間が, 今も, 何か, 何にも, 何の, 依然として徒食, 個人の, 偉大であり, 冷笑に, 募りある, 卑賤な, 南方の, 単に私, 善である, 大人を, 年久しい, 彼を, 復讐という, 忘れなかつた, 恋ごころすなわち, 恐ろしい結果, 恐怖から, 悪である, 感情から, 憎悪として, 或る, 持つて, 敵に対してよりも, 柿沼の, 極点に, 正義である, 此の, 決定的で, 消え失せ工場, 烈げし過ぎる, 無限と, 白衛軍を, 第一自分, 群集の, 金輪際ありませんでした, 集積され

▼ 憎悪~ (45, 3.3%)

7 ている 5 ていた 2 てゐる, 恐怖し, 或は軽蔑

1 [27件] これによって, そのよう, それとの, それを, たりする, てやまぬ, てやります, て呪ったであろう, て呼ん, て居た, て居ります, て数えた, て来た, て死, て病気, て罵った, ながら彼, ぼくの, 一切の, 嫉視し, 嫌厭し, 屠殺する, 帰城次第に, 往来する, 忌避する, 意地悪しき, 自ら愧じ

▼ 憎悪~ (33, 2.4%)

2 利害の, 嫌悪も, 怒りも, 愛撫も, 憤怒も

1 [23件] かりたてたよう, この場合, それらを, ない, ない快い異性, まるで忘れ, 不安も, 人一倍強かっ, 免れるの, 反抗心も, 反省も, 同じ動物的感情, 嫉妬も, 感じながら, 感じること, 持って, 武士の, 胚胎した, 自然の, 苦労も, 起きなかったが, 近頃では, 遠のいたし

▼ 憎悪する~ (28, 2.0%)

3 のだ 2 ことは, ことも, ような

1 [19件] が, ことが, ことで, ことの, の因縁さ, の念, もので, 人々に, 人が, 心が, 感情は, 戸主に, 気持が, 気持ちには, 気持を, 相手に, 立場から, 自分, 自分が

▼ 憎悪~ (25, 1.8%)

2 反抗に, 軽蔑の

1 [21件] しんけん, 利慾では, 反抗が, 同情を, 嫉妬という, 嫌忌を, 復讐心などの, 忿懣を, 怒りを, 怨恨の, 恐怖の, 愛に, 愛執は, 感情を, 憐憫や, 有馬領で, 甘えだけ, 虚栄や, 軽蔑を, 醜聞を, 非難で

▼ 憎悪との~ (11, 0.8%)

2 ために 1 いりまじった眼, 交った気持, 厳かな, 思いが, 毒液は, 相剋に, 矛盾相剋に, 社会から, 鋭い声

▼ 憎悪すべき~ (10, 0.7%)

2 ものの, ものや 1 ものは, 思想である, 恐怖すべき, 昆虫の, 親の, 都会の

▼ 憎悪~ (10, 0.7%)

2 彼女の 1 あつた, くろずんでる獰猛, アーダを, 一杯です, 室の, 沸きたつ心, 燃えた, 睨みつけて

▼ 憎悪とが~ (10, 0.7%)

1 あからさまに, きびしく自分, そして純潔, ぶつかり合った争い, むくむくと, 凍った雪, 勝利を, 深刻に, 犇, 跟い

▼ 憎悪~ (10, 0.7%)

2 の行使 1 が潮, が燃え立ちます, の少い, の尠, は恐ろしい, や諂諛, をなお, を何

▼ 憎悪した~ (9, 0.7%)

2 それは 1 ことであろう, という痛烈, と思う, のは, ものは, 内容が, 点は

▼ 憎悪とを~ (8, 0.6%)

1 もって, 半々に, 投げかけた子, 表した, 見出したろう, 調和させる, 集めた稀代, 雑えた

▼ 憎悪から~ (6, 0.4%)

1 であったろう, はじめて精神的, 反って, 彼らに, 隠しがたい, 離脱し

▼ 憎悪され~ (6, 0.4%)

2 て来た 1 ている, 嫌忌され, 軽蔑され切っ, 軽蔑を

▼ 憎悪とで~ (5, 0.4%)

2 あわた 1 どす黒く沸きたっ, 人々を, 斬り込んで

▼ 憎悪よりも~ (5, 0.4%)

1 いっそう嫌, さいしょに, むしろ打算, もっともっと耐ら, 恐怖を

▼ 憎悪~ (5, 0.4%)

1 に就い, に気, は, は起こらなかった, もありました

▼ 憎悪さえも~ (4, 0.3%)

1 受けそう, 実感に, 感じて, 感じられた

▼ 憎悪せん~ (4, 0.3%)

4 とす

▼ 憎悪そのもの~ (4, 0.3%)

2 をも憎ん 1 のマスク, の眸

▼ 憎悪という~ (4, 0.3%)

1 ものは, 心情と, 言葉をも, 魔薬が

▼ 憎悪とか~ (4, 0.3%)

1 反感とか, 嫉妬とかいう, 愛情とか, 軽蔑とかの

▼ 憎悪~ (4, 0.3%)

2 と叛逆美 1 と反抗美, と反逆美

▼ 憎悪でも~ (3, 0.2%)

1 かまわない自分, して, ない

▼ 憎悪とも~ (3, 0.2%)

1 厭悪とも, 嫉妬とも, 懐かしさ

▼ 憎悪をさえ~ (3, 0.2%)

1 おぼえた, 感じたの, 感じて

▼ 憎悪を以て~ (3, 0.2%)

1 この李唐, 今の, 夫に

▼ 憎悪される~ (2, 0.1%)

1 ところの, ような

▼ 憎悪せず~ (2, 0.1%)

1 にいられなかった, にいられませんでした

▼ 憎悪では~ (2, 0.1%)

1 ない理想, なく作者自身

▼ 憎悪とかいう~ (2, 0.1%)

1 ものなし, ような

▼ 憎悪として~ (2, 0.1%)

1 受取ったの, 感謝は

▼ 憎悪とともに~ (2, 0.1%)

1 それを, どのくらい

▼ 憎悪とに~ (2, 0.1%)

1 満ちた忌むべき宣伝者, 燃えたたした

▼ 憎悪とは~ (2, 0.1%)

1 あなたも, 猶更容貌

▼ 憎悪~ (2, 0.1%)

2 のです

▼ 憎悪には~ (2, 0.1%)

1 ならない, 秘められた謎

▼ 憎悪をも~ (2, 0.1%)

1 いだいては, 示すまいという

▼ 憎悪三ヶ年~ (2, 0.1%)

2 憎さ

▼1* [100件]

憎悪あのお方に対する, 憎悪あらゆる感情が, 憎悪かが一種の, 憎悪かもしれない, 憎悪からも完全に, 憎悪さえひっくるめて, 憎悪させるばかりである, 憎悪されずにいられない, 憎悪しむものである, 憎悪し始めた端初, 憎悪し得るためには, 憎悪じゃなしやっぱり, 憎悪せしめ且つ破壊, 憎悪せられる種類の, 憎悪そういうものは, 憎悪その力強き二つ, 憎悪それだけで, 憎悪そんなものを, 憎悪のという, 憎悪だけであった, 憎悪だけが彼を, 憎悪であったにし, 憎悪であり兵火の, 憎悪といふことを, 憎悪といふのねこれも, 憎悪とでもいう様, 憎悪とのみである, 憎悪とまで進んで, 憎悪とを以て伯父を, 憎悪と共に私は, 憎悪なくして, 憎悪などあらゆる不吉, 憎悪などが描かれたもの, 憎悪などという感じを, 憎悪などの素朴な, 憎悪などをもって, 憎悪ならばないしは, 憎悪なり嫉妬の, 憎悪にまで発展し, 憎悪によつて戦ふ, 憎悪によって一貫し, 憎悪のみを懐いたの, 憎悪のみを以て対しよう, 憎悪ばかりでなくおの, 憎悪ばかりがこまかい神経, 憎悪へと第二, 憎悪までを薄れさせるよう, 憎悪もて鍛へ, 憎悪やら複雑な, 憎悪より度強い, 憎悪よりは烈しいの, 憎悪をすら覚える, 憎悪を通じて自己肯定へ, 憎悪んでいるという, 憎悪一本になっ, 憎悪一杯の嘲る, 憎悪不純な好奇心, 憎悪以外の感情, 憎悪ひ来, 憎悪侮蔑するやう, 憎悪侮蔑的の言語, 憎悪又は虐待をさえ, 憎悪反感の的, 憎悪反感罵詈嘲笑批難攻撃がずいぶん, 憎悪反抗これがユダ, 憎悪反目して, 憎悪古い愛執そんな, 憎悪呪咀焦慮後悔卑屈貪慾虚偽怠惰暴行などのあらゆる, 憎悪奪掠殺傷の不義非道, 憎悪嫉妬侮蔑のよう, 憎悪嫉妬貪慾自己保全功名心遺産問題その他多くの項目, 憎悪嫉妬頑迷我利の行い, 憎悪嫌厭の情, 憎悪嫌厭恐怖を説明, 憎悪強き私には, 憎悪後悔の念, 憎悪怨念の陰影, 憎悪怨恨嫉妬などの徹骨, 憎悪怨恨等が渦, 憎悪怨恨落胆すべて失敗を運命, 憎悪意志忍諦すべて極度に達した, 憎悪愛それらに古い, 憎悪憤怒絶望がむらむら, 憎悪擯斥して, 憎悪敵意野望などの燃え上る, 憎悪暗涙のにぢむ呻吟, 憎悪更にその憎悪, 憎悪権力を以て徴募, 憎悪永久に妥協, 憎悪物狂おしい焦躁と, 憎悪でたえず, 憎悪にも馬琴, 憎悪者ヘンリツク・イブセンは恐らく, 憎悪蔑の, 憎悪自暴自棄の悪念, 憎悪苦悶嫉妬などさまざま, 憎悪に飢え, 憎悪衝突叫びのうち, 憎悪飽満に対して人, 憎悪魔法の兜