青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「旅~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

方針~ ~方面 方面~ ~於 於~ ~於い 於い~ ~於ける 於ける~ ~旅
旅~
~旅人 旅人~ ~旅行 旅行~ ~旅館 旅館~ 族~ ~旗 旗~ 旗本~

「旅~」 10756, 116ppm, 907位

▼ 旅~ (2749, 25.6%)

3827 男は 26 話を 23 空で 22 者が 20 心を 18 人が 1716 疲れを, 者 15 人は 14 間に 13 空に, 途中で 12 さむらい, 疲れも, 者だ, 者で, 者を 11 人に, 仕度を, 者です 10 ことを, 人を, 弁当, 心は, 男が 9 女は, 疲れで, 身を, 鞄に 8 お侍, 女よ, 女を, 恥は, 支度を, 楽しさ, 衣は, 身に

7 [13件] 人, 人の, 女が, 女の, 客が, 寂しさ, 支度に, 用意を, 疲れが, 空の, 荷物を, 装いを, 途中に

6 [13件] あわれ, したくを, すがた, ために, ついでに, 心が, 心も, 憂さを, 時を, 空を, 者と, 者の, 鞄の

5 [23件] ものだ, ような, 人と, 侍が, 侍は, 古里の, 垢を, 姿を, 後に, 或る, 日の, 武士は, 疲れに, 空, 空へ, 者でございます, 者に, 者は, 若い女性, 話に, 誘ひ, 身は, 郎女は

4 [25件] あとな, あわただしさ, うちに, お方, つかれの, つかれも, つかれを, 中に, 仕度に, 仕度も, 土産を, 女に, 女子の, 思いを, 愁いの, 日を, 法衣の, 男を, 疲れと, 疲労を, 第一夜, 者でござる, 話は, 身ぢやとて, 鳥

3 [72件] あいだに, あはれを, お話を, からだを, こ, ことが, ことで, ことである, しるしに, たよりを, つかれに, つれづれに, はじめに, ほこりを, ものが, やどりに, やどりの, 不自由を, 人だ, 人には, 仕度が, 便りを, 僧を, 包の, 印象は, 古里である, 合羽を, 商人が, 坊さんは, 埃も, 姿は, 子の, 宿, 宿の, 宿を, 帰りに, 心に, 心の, 心持を, 情を, 愁いを, 感傷が, 月夜の, 服を, 末には, 武士, 武士が, 武士の, 法衣が, 法衣を, 用意に, 用意の, 男の, 疲れの, 着物を, 空では, 終りで, 者か, 若い女, 苦労を, 衆の, 装束である, 記念に, 記念の, 記憶を, 話が, 話の, 足を, 身である, 身の, 途中の, 面白さ

2 [193件] あいだは, あはれが, ありきの, おかく, おさむ, おもひで, おわりと, お人, お女中, お方が, お方で, お方でございます, お武家様, お疲れ, お角, こころに, ことです, ことなどを, ことも, したくが, たより書く, つかれが, つくつくぼうし, つくり, ひと, ふんどし, ほうが, ものぢや, もので, ものです, わびしさ, をはり, プランを, ヱピソード, ヱピソードの, 一興に, 不自由と, 事だ, 事で, 五六日, 人でありました, 人です, 人にも, 人も, 人らしい, 人達の, 人間を, 仮の, 便宜を, 僧, 僧が, 僧と, 僧に, 利益は, 前には, 前途を, 労れ, 労を, 半ばに, 単衣, 印象が, 印象を, 古里へ, 同行と, 味は, 味を, 商人に, 埃を, 夕ぐれ, 外には, 夜汽車は, 大工だ, 女も, 奴が, 如く感じられること, 娘が, 嬉しさ, 子供は, 学生に, 學生に, 客, 客も, 宿で, 宿りに, 宿屋で, 宿屋の, 平安を, 徒然に, 御衆, 心で, 心細さ, 心配を, 思い出, 思を, 意味を, 手帖に, 手帳, 手荷物も, 支度も, 方が, 方針を, 旅宿の, 時の, 歌, 歌が, 歌に, 歌の, 歌は, 毛布やら, 気分が, 気持ちを, 汽車の, 淋しさ, 漂泊である, 無事を, 無聊は, 特色である, 男という, 男には, 男女は, 疲労も, 百姓は, 目的の, 私達は, 秋の, 空想を, 第一, 第一信, 第一歩を, 終に, 終りであった, 終りに, 終点に, 経験も, 経験を, 繪, 翁を, 老僧, 者じゃ, 者な, 者も, 者よ, 者らしい, 興も, 良い友達, 芸人の, 若いさむらい, 若い侍, 若者, 苦しさ, 苦しみを, 苦痛に, 草鞋を, 荷物と, 荷物に, 荷物の, 荷物は, 薬売り, 蚊が, 蚊も, 衆, 行く先々, 袂草こんなに, 袂草の, 装いが, 装束を, 裝束である, 記念にと, 詩人は, 話なぞを, 話などを, 話も, 費用に, 身ゆゑに, 途中から, 道, 道も, 道伴であり, 道伴として, 道連の, 道連れの, 銭湯には, 間で, 間には, 間にも, 雨には, 雨ふる, 青年は, 鞄から, 風は, 鳥だ, 鳥で, 鳥は

1 [1242件 抜粋] あいだも, あいだ再三, あけくれかれに, あとさき, あはれだ, ありがたさ, いくに, うさをも, うち二十年を, うらない師, おかしさ, おしたくを, おもしろい話, おもひぞ, お侍さん, お供にさえ, お客さまに, お客は, お慰みに, お方お出でに, お方なら, お方の, お武家さま, お物語り, お話が, お話の, かたが, からだで, こころや, こしらえを, こととて, ことは, ころじゃ, さいさい窓から, さすらいだ, しかたを, したくの, すゝきのいつ穂に, それでしかもカフェー, つ, つづきの, つらさ, つれづれの, どこやらで, なかば十二月の, なりした, はじめで, ばあいは, ふすま, ままである, めをとのさ, ものから, ものでござる, ものに, ものの, もんです, やうに, やすけさで, やどりを, ようだ, ようでござる, よう全, よき終り, わらじの, コースは, ダレを, ペンサキも, ヱピソードとしては, 一夜が, 一日が, 一節切浮気に, 一興いや, 一興である, 一行が, 一里塚に, 一青年に, 三十ばかりの, 上で, 不自由さで, 中で, 中年の, 中食に, 主従も, 主題が, 事ゆえ諸事よろしく, 事をば, 事風景の, 二十年, 二騎目ざし, 人々, 人々の, 人がの, 人であります, 人という, 人として, 人や, 人宿れる, 人間が, 人間なぞを, 仕度し, 仕度で, 仕度は, 仕度や, 伴を, 体験が, 侍に, 便りが, 修業が, 修業者, 修行者, 修行者に, 僧かよ, 僧とは, 僧匁の, 儚ない, 先ざき, 先へ, 入歯師来れ, 六部である, 冬籠り, 出家が, 出来心, 出発に, 初一日, 別れの, 前祝ひ, 助けと, 労苦は, 北隅の, 十年間知らぬ, 半ば船中で, 半蔵を, 印象そこで, 印象記など, 友で, 古里で, 句は, 句吟行句, 名残りと, 君ちか道とは, 和尚様暫く, 哀愁が, 商人から, 商人だって, 喜びを, 嚢も, 回顧また, 困難を, 土産とも, 土産には, 土産話の, 地主の, 垢で, 垢に, 報告で, 夕まぐれ栄えのこる, 外套に, 夜々にも, 夜汽車の, 夜道真暗で, 夢を, 大道芸人の, 夫婦が, 奇談を, 女から, 女など, 女らしい人, 女形も, 女性と, 女許, 好話題, 姿だった, 姿として, 婦人に対して, 子供と, 孤独から, 守りと, 官吏や, 実感から, 実際の, 客だった, 客サ, 宵風に, 宿な, 宿は, 寂しい情, 寂しくなった, 対象として, 小さい荷物, 小物類に, 小鳥です, 少年, 山道に, 峠に, 工人が, 帰りがけなどに, 帰途私の, 幸福は, 弁当にも, 当時に, 役目は, 後都に, 御僧, 御坊, 御隠居, 心と, 心安さ, 心持, 心持の, 心持も, 思いが, 思い出と共に, 思い出を, 思い立ちは, 思立から, 思立ちだけしか, 性質は, 恥を, 悲しみなどが, 情, 情緒に, 愁を, 意味が, 感傷と, 慌しさ, 慰めに, 憂さ晴らしに, 憂を, 懐から, 戻り途, 手品師と, 手当と, 手当出る, 手軽さ, 打合せ配役決定, 掟も, 支度が, 支度と, 支度は, 故里で, 文人などが, 方々, 方でしょう, 方も, 方一体, 旅その, 旅の, 旅程記を, 旅路の, 日ごろの, 日には, 日急く, 日数も, 日程も, 日記が, 日記を, 旦那衆に, 明け暮れにも, 星空, 春も, 時である, 時由良で, 景色などを, 暇には, 曲と, 書家なぞが, 書生の, 最初から, 有り難さ, 服装も, 朧げな, 木賃を, 末に, 本格に, 枕が, 果から, 果に, 柳斎は, 案内者の, 楽しいこと, 様子じゃ, 様子は, 樹明を, 歌である, 歌にも, 歌同様寂しい, 武士であります, 武士へ, 武士宿を, 死者と, 母子が, 気分で, 気安さ, 氣分が, 氣分を, 汗を, 決意が, 法衣で, 法衣は, 浪人だ, 浪人などが, 浪人風の, 混雑と, 準備は, 無宿者の, 煤ふる, 煩ひ, 状態を, 独楽まわし, 珍しい鳥, 生活でも, 用具を, 用心で, 用意は, 用意をととの, 田舎の, 男に, 男小さい, 留守に, 異変な, 疲れです, 疲れとで, 疲を, 疲労が, 病院に, 発足点では, 百姓町人と, 目的に, 目的をも, 目的地と, 真の, 眼に, 眼薬を, 着物に, 破法衣, 神だけは, 禅坊主だった, 私に, 私達が, 私達まで, 秋寝間著に, 空か, 空その, 空と, 空なり, 空には, 空も, 空旅路の, 窓で, 窓へも, 窶が, 第一日, 紀念なるべし, 細道が, 終にと, 終りとして, 終りは, 終わり, 経験すらなかつた, 経験者な, 絵, 絵師を, 經驗の, 緩慢な, 織物師に, 習慣を, 老人が, 老婆は, 者から, 者そこに, 者だけに, 者でござん, 者とだけ, 者には, 者はからず, 者や, 者一人を, 者我に, 者足弱を, 者近頃, 職人です, 肩, 至上の, 興が, 興奮なんと, 興趣と, 艱難と, 芸人なぞは, 芸妓の, 芸者かせぎ, 若者だ, 若者に, 苦しみも, 苦労という, 苦痛なども, 草臥を, 荷に, 荷物も, 華々しい記事, 落し差を, 薬屋さんが, 薬屋に, 衆か, 衆で, 衆先へ, 衆栗を, 行きか, 行きつく果, 行先という, 行方を, 行者が, 衣に, 衣服などを, 衣裳と, 袖を, 装束の, 西洋人が, 見納めと, 親しみよりか, 記に, 記念として, 記憶が, 記憶にも, 話なぞが, 話へ, 話座談会, 話相手にも, 誘いを, 講談倶楽部とも, 豪傑が, 貧乏絵師とは, 資糧で, 起き臥しに, 足は, 路すがら箱根を, 路傍で, 身じたくを, 身で, 身ではね, 身にとっても, 身向うは, 身親類が, 辨天にも, 迅速なるや, 途, 途すがら海原を, 途上は, 途中が, 途中その, 途中という, 途中におわせられまする, 途中安濃の, 途中病を, 途次も, 途次種々の, 通りであります, 連歌師などが, 道すがらも, 道づれでは, 道づれも, 道を, 道筋を, 道連が, 道連れだ, 遠さ, 還りであったろうか, 重荷は, 針屋は, 鋳物師の, 錯乱に, 長さ, 門出に, 間が, 間なかっ, 間中小説を, 間各地の, 間知らない, 陰陽師を, 随筆, 難有さ, 雨の, 雲水で, 雲水名は, 面白い話, 面白味から, 鞄も, 音楽師が, 音楽師に, 頼りも, 風に, 風塵に, 風来坊の, 風流で, 飴屋が, 飴屋さんは, 餞別として, 首途し, 馬土蹴る, 馴れに, 鳥が

▼ 旅~ (1449, 13.5%)

111 出て 42 出た 23 出ると 20 来て 16 出ようと, 出ること 15 出るの 14 上って 13 出たの 12 して, 出る 10 しあれば 9 上った, 出かけて, 出たこと 8 でた, 上りました, 出てから, 出ました, 出る前 7 出ます 6 あって, いて, 上ったの, 來て, 出で, 出なければ, 慣れて, 病んで 5 でて, 上った身, 出る時, 出掛けて, 来ては, 疲れて, 立つ

4 [20件] ある夫, いるよう, おびかれ出る形, しても, ついた, でること, でる前, のぼった, ゐて, 上ること, 出かけた, 出たその, 出たり, 出ても, 出るという, 出るよう, 出る者, 立った, 立って, 行って

3 [21件] あつた, ある日, おいでに, 上るの, 出かけること, 出たいと, 出たが, 出たって, 出たと, 出たので, 出た人, 出た時, 出ては, 出やう, 出よう, 出る事, 出る頃, 出れば, 居て, 必要な, 立つの

2 [87件] あっては, ある人, ある岸本, ある父, ある自分, ある藩主, いづら, いでて, お出かけなさる, さまようた, しては, するの, でたの, でても, でる, でるの, でる時, でる気, でれば, なる, のぼるの, まかせて, やりきと, やんで, 上ったが, 上った自分, 上つて來た, 上る, 上ると, 上る時, 上ろうと, 今朝から, 倦んで, 出かけます, 出かけようと, 出かけるつもり, 出かけると, 出かけるという, 出かける前, 出して, 出たい, 出たであろう, 出たとき, 出たとは, 出たばかりの, 出たまま, 出たよう, 出た後, 出た留守, 出た露西亜, 出づ, 出てからは, 出ようか, 出ようとして, 出るか, 出るかも, 出るが, 出るこの, 出るとき, 出るなんて, 出るに, 出るまでの, 出るよ, 出るより, 出る外, 出る様, 出る気, 出掛ける, 出掛ける時, 出汝水, 出発し, 出立した, 彼は, 心身ともに, 来てからの, 死せるあり, 死んだ, 立つこと, 立つそれ, 立つた, 立つ日, 臥せるこの, 誰か, 身を, 転々として, 送って, 連れ出すの

1 [671件 抜粋] あきたる殉教者, あきた誰, あった頃, あつて, あの辺, あらぬを, ありて, ありと, あるこの, あるころ, あるとも, あるよう, あるわたくし, ある三吉, ある半蔵, ある叔父, ある時, ある私, ある縫助, ある身, ある頃, あれば, いかれるそう, いくとせ, いっしょに, いると, いるん, いる無名, いる間, うようよと, うんで, おいで, おくれたらやさしい, おつ, おでまし, お出かけに, お出でなされた, お出掛, お慣れなさらない, お立ちなさりませ, かかって, かかる前, かくまで, かずかずの, かまけて, この船路, ござりまする, さすら, さすらいの, さすろうて, さまよい出, さまよい出してからは, さ迷ったかの, してもの, しらあえ, し行けば, すぎぬこと, すっかり使い切っ, すっかり疲れはて, たちまよ, たつの, だすの, ちぢ, ついた頃, ついて, つい一生涯, つかれよごれた巡礼達, つくと, つく用意, でかけて, でかけるそう, でかけるところ, でかける気持, でたと, でたといふ, でたのに, でたん, でた一二ヶ月, でた池田吉之助君, でよう, でようと, でるでしょうか, でると, でるときバクゼン, でるなぞ, でる習慣, とどまる家, なった, なったこと, なって, なるかも, なるの, なれないお, のぼったもの, のぼって, のぼりましたが, のぼるよう, はじめてバスケツト, ひたりたかったの, ひとり発足した, ふさわしからぬ, ふと見る, まさりて, まどいて, やつれたわたし, やつれた御子, やつれた機械人形, よごれた浪人風, よろこびを, ゐては, ゐると, ゐるとき, ゐる私, アテが, プロテスタンティズムの, 一色の, 三十時間を, 三吉は, 上ったと, 上った三月, 上った彼等, 上った日以来, 上ってから, 上つ, 上つた, 上つたのは, 上つてある, 上らせたもの, 上らなければ, 上られる事, 上りたいと, 上りぬ, 上りチャイコフスキー, 上り候, 上るため, 上るであらう, 上るという, 上るべき時, 上るゆえ, 上る仕度, 上る前, 上る心, 上る様, 上る為, 上る節子, 上る頃, 不自由する, 乗り出したの, 予定なんか, 二三日を, 京は, 人目を, 今く, 今過ごし, 他山の石ほどの, 任しゆく氣輕さ, 伴う風景, 何より大切, 使って, 來た, 依つて, 倦みたる者, 倦み飽いて, 入るは, 入れて, 兵馬ほどの, 出かけその, 出かけたから, 出かけたこと, 出かけたの, 出かけたので, 出かけたのよ, 出かけなけりゃあ, 出かけなければ, 出かけました, 出かけましたね, 出かけませんか, 出かけようという, 出かけよう背水, 出かけられたの, 出かけるばかりに, 出かけるん, 出かけるブラームス, 出かける時, 出かけシェリー, 出がち, 出されるらしい, 出した, 出したいと, 出した妻, 出しむる, 出しより, 出すの, 出その, 出たあいだ, 出たいが, 出たいそして, 出たいという, 出たいなんて, 出たいもの, 出たお, 出たかと, 出たかは, 出たきり音沙汰, 出たくなるね, 出たくなるの, 出たこの, 出たせゐか, 出たそう, 出たため, 出たつもり, 出たという, 出たなどと, 出たならば, 出たのに, 出たほど, 出たまずしい, 出たまま行衛不明, 出たやう, 出たら一流旅館, 出たら堪忍, 出たんで, 出た事, 出た信州, 出た子供, 出た子供ら, 出た愚か, 出た日, 出た次兵衛, 出た次第, 出た消息, 出た由来, 出た男, 出た者, 出た頃, 出ちや, 出てからの, 出てこそ, 出てないわけ, 出てはと, 出てまでも, 出でたという, 出でて, 出でては, 出でました, 出でん, 出で立ちました, 出とうなった, 出とる者, 出ない, 出ない前, 出なかった時, 出なくちゃ, 出なけりゃならん, 出にゃ, 出ねば, 出まして, 出ましょう, 出ますからね, 出ようかしら, 出ようかとさえ, 出ようかとも, 出ようなあ, 出られたこと, 出られたらそれ, 出られてから, 出られてからも, 出られます, 出られるが, 出られること, 出られると, 出るから, 出るため, 出るだけの, 出るでは, 出るとは, 出るなら出るよう, 出るについて, 出るほどにも, 出るまえに, 出るわけ, 出るん, 出る不安, 出る前夜, 出る国, 出る心, 出る支度, 出る新婚, 出る日本, 出る習慣, 出る行く先, 出光春, 出掛けそのまま, 出掛けたいと, 出掛けた旦那さん, 出掛けなければ, 出掛けるなんて, 出掛ける番, 出掛ける頃, 出日本, 出歩いて, 出発した, 出発せり, 別れた折, 利用せられる, 十四時間かかった, 半年は, 反対する, 口もら, 向い当分, 向かったの, 向つた, 困る, 困憊し, 在りながら, 在る日, 変って, 変わりは, 多くの, 夢路を, 奪われると, 寄せた散文詩篇数種, 寝て, 寢て, 就かれた方, 就きましたの, 居たい身の上, 居なければ, 居る間, 平田鉄胤の, 幸あれ, 得るところ, 念ずるもの, 思ひがけ, 思わずも, 恋ひ焦れ, 悩む者, 慣れきった七兵衛, 慣れたと, 慣れたわっ, 慣れた人, 慣れた女, 慣れた彼, 慣れた彼等, 慣れた証拠, 慣れた身の上, 慣れないもの, 憩ふと, 手離し, 持ち歩いて, 持つて, 持廻らせた, 提げて, 救われて, 数旬を, 於いては, 於ても, 旅を, 旅立って, 日焼し, 明は, 暮した, 暮した芭蕉, 暮して, 暮しても, 朽ちんとは, 来たからと, 来たよう, 来た浪人, 来てから, 来ると, 来るなり, 来合せたこと, 果て老齢, 機縁を, 死しその, 死ぬという, 死んだとやら, 汚れきった長半纒, 流浪してる, 流浪する, 消耗しなけれ, 渡って, 湯に, 澄江を, 無我夢中に, 焦けて, 狼という, 疲れたから, 疲れたという, 疲れたる心地, 疲れた与力同心, 疲れた人, 疲れた体, 疲れた女, 疲れた子供, 疲れた時, 疲れた私, 疲れた身体, 疲れはてて, 疲れを, 疲れ切って, 病みぬとも, 病む身, 病めること, 病んでは, 発つの, 発足した, 登つた時にも, 登り漸く, 登るかとの, 眼が, 知らぬ山川, 神田が, 私は, 私を, 移るとしか, 立たうと, 立たせる, 立たばや, 立ちました, 立ちますのに, 立ちイタリヤ, 立ち山, 立ったとも, 立つってね, 立つという, 立つとき, 立つとしても, 立つ前, 立つ前夜, 立つ荷造り, 紛れて, 紛れること, 終るほう, 置き換えて, 老いし友, 老人に, 色彩を, 苦しめられた弟, 苦むご, 行かなければ, 行かむ, 行き暮れた女子, 行き暮れて, 行き給うたが, 行くの, 行く事, 行く人, 行く夫, 行く心, 行く時, 行く青魚, 行け, 行し, 行った帰途, 行ってたそう, 要した日數十七日間, 見る風景, 覚えし薄暑, 親類へでも, 誘った, 費して, 費つた, 赴かむとすれば, 赴きぬ, 赴きぬる, 赴くとは, 赴く事, 赴く体裁, 起臥しありしか, 趣味を, 踏み出したよう, 近道を, 追立てられた, 送った尼僧, 送りさらに, 送りその, 送り出したママ, 送り行く, 送出そうと, 連れて, 連れ出した, 連れ出したの, 過ぎない自分, 過労を, 適さないこと, 適合し, 開けて, 限りが, 限るよ, 陸路を, 陽を, 難渋の, 馴れたわし, 馴れた男, 馴れないしるし, 馴れなかつたせゐか, 馴れ人, 鹿島立っ

▼ 旅~ (1408, 13.1%)

265 して 59 つづけて 31 続けて 26 した 20 すること, すると 1916 するの 13 したこと 12 続けた 11 したの 10 するよう 9 しなければ, つづけました, 終えて 8 しました, 続けること 7 かけて, した事, する時, する者 6 させて, したが, したと, しては, しても, する, する人, つづけた, 急いで, 重ねて 5 したもの, しようと, せねば, つづけたの, 歩いて 4 おもふ, したり, するには, つづける, 一緒に, 続けました

3 [19件] いたしました, おも, したいと, しよう, するという, するとき, するにも, するのに, するもの, する事, すれば, つづけること, なさるの, 共にする, 想ふ, 渡り歩いて, 稼いで, 続けようと, 続けるの

2 [51件] いそいで, いたして, おえて, した人, した後, した時, した私, しつつ, しつづけて, しないから, しながら, するので, する女, する用意, する途中, つづけある, つづけなければ, つづけるには, どうする, なさるお方, なさるという, なさる時, 予想し, 先生顔で, 共にした, 叙し, 味ふ, 困難に, 好む, 始めて, 巡って, 常住と, 廻って, 思ひ立つて, 択ぼうか, 旅に, 来ると, 栖と, 渡って, 研磨の, 終って, 終へて, 終り高野山, 終わって, 経て, 続けたこと, 続けなければ, 致しましたうち, 行き尽して, 行くなかれ, 貪り過ぎた形

1 [567件 抜粋] あきらめて, あるいて, いそいそ西, いそぎつつ, いたしまして, いたしましてねえ, いたしますの, いたわりました, いのって, うろついて, うろつく彼等, おっくうがった, おもしろがっ, おもふと, お続けなさる, お続けなされ, かけては, かけても, かさねし船, こころみる, この儘, こわが, さえつづけて, さすらい歩くな, さすらって, さす幸福, させた, させたり, させよ, させようと, させようという, させられること, させるの, させろ, させろと, させろという, させろといふ, させ客観的, さまよって, された, されたの, されて, しぞ, したあと, したあの, したいといふ, したいなら私, したいの, したいわ, したうえ, したか, したかったの, したかの, したくない, したけれども, しただけに, したとき, したので, したのに, したまで, したもん, したやう, したらうなどと, したらしいところ, したドゥ・レセップ氏, した以前, した体験, した例, した味, した方, した松島, した身の上, した頃, しだすの, しつくし駄目, しつづけた, してたの, してようござんすよ, してると, してるもの, しないかと, しないでも, しないん, しなくなった, しなさる, しなさるから, しましたが, しましたし, しましょう, しましょうよ, しますが, しませんか, しようとは, しよう爽涼, しコモ湖, し伊織, し新婚, し次第に, し男, し病, し種々, し通さなければ, し阿蘇, し雨, すすめた, すべき所説, するお, するが, するたび, するつて云, するつもり, するとい, するといった, するとか, するなとは, するならひとり旅, するなら名ばかり, するなり, するなんて, するに, するにはを, するほどの, するも, するやう, する中, する人々, する人たち, する人間, する以外, する件, する商人, する宗教家, する尼僧, する必要, する気, する気分, する気持, する程, する見世物, する鳥, せず茶屋, せむ, せむ古里, せよと, せられるよう, たのしむこと, たのしむの, たのしむ始めて, ためらって, つぐ道筋, つつがなく終え, つづけさせて, つづけたあげく, つづけたので, つづけたら天, つづけてから, つづけてるの, つづけながら, つづけねば, つづけましたが, つづけやつ, つづけよく, つづけられた若い, つづけるという, つづけるなどは, つづけるにつれて, つづけるの, つづけるのに, つづけるほか, つづけるより, つづけるホテル住い, つづける事, つづける小鳥, つづける気, つづける雲水, つづけカンバーランド, つづけ下関, つづけ今や, つづけ何時しか, つづけ出す古代, つづけ大原, つづけ居り候, つづけ居り候うち, どこまでも, どんな人々, なぐさめたりなど, なさいますって, なさいますの, なさって, なさる, なさるあと, なさること, なさるよう, なさるん, なされたもの, なされた用事, なされて, なさろうという, ねぎらうの, はかどって, はげまして, はじめるにあたっては, はじめる決心, ひきあげたと, ふら, へて, めぐり歩いて, もう一度です, もう十四日, もしたらしい, もとめる愁, ものがたり, やめて, やりたいと, ゆきつつ, ゆくもの, わすれたくないので, ツイ此間私は, 一度も, 一日一日と, 三度くりかえしました, 不自由に, 主として採録, 乘り切る, 了え, 了り, 事なく, 二三日氷詰と, 二度する, 仕甲斐, 伊太利方面に, 休み今日, 何とも知れぬ, 何日も, 保護し, 偲ぶとき, 億劫がり, 八分と, 共にし, 冒してまで, 出行いて, 切りあげて, 切上げやう, 初める事, 利用なさいます, 前に, 助けて, 労うの, 勧められたが, 半以上終へ, 叩いたり, 吉野山へ, 呪う群集, 味い得る, 味う, 味ひ得る, 味わうこと, 味わったの, 堪へて, 売られて, 夢想し, 大きくし, 大儀とも, 大反対, 好まない私, 好むもの, 好む以前, 始めなくては, 始めようと, 始めること, 始めるに, 始めるまえに, 実は意識, 尾い, 幸運だ, 延すの, 延ばしたの, 延ばすよう, 廻る木綿屋, 廻る芸人, 役に, 彼地に, 待受ける頃, 心に, 志したの, 志して, 忘れがたい, 忘れて, 思いたって, 思いながらも, 思い出しそうして, 思い出した, 思い出して, 思い大和, 思い立ち江戸, 思い立ったの, 思い立った年, 思い立った時, 思い立つよう, 思い立つ上, 思い立つ時, 思い芳子, 思い起させた程, 思う心情, 思った, 思って, 思はせる, 思ひと, 思ひ出して, 思ひ出し巴里, 思ひ立ちドイツ, 思ひ立つたので, 思ひ立つので, 思ふ, 思ふとき, 思ふ夫, 思ふ山, 思ふ時季, 思わせる, 思わせる好, 思立たない, 急いだが, 急がなかった為, 急ぎました, 急ぐか, 急ぐなら急ぐでいい, 急ぐもの, 急ぐ奉行, 急ぐ者, 急ぐ香蔵, 恐がって, 恐れないの, 悲傷し, 想うの, 想う風, 想つ, 想つてゐる, 想ひ出し, 想像せざる, 愛したばかり, 戒めて, 打って, 択ぼうかと, 持つこと, 数時間続けた, 断念させる, 断念した, 新吉は, 旅とは, 旅立つこと, 明治二十八年であった, 普段と, 景蔵らは, 暗澹と, 暗示し, 朝立つ, 来た賓客, 来て, 果さしむる, 果さずつい, 果させて, 果たし供, 楽しみたいの, 楽しみました, 楽しむため, 楽しむもの, 楽しむ余裕, 楽しんで, 楽ま, 樂しい, 樂みたいと, 欲し, 歇めて, 歌って, 歩いた, 歩きつづけて, 歩きます, 歩く間, 歩行いた, 気任せに, 決行した, 流しの, 流れて, 流れに, 流れ歩いたり, 流浪し, 混合ぜて, 渡りある, 渡る者, 漂泊し, 漂泊し続けた, 無上に, 物語らなければ, 珍しがっ, 生涯と, 畢へて, 目論んで, 知らないが, 知らぬ人, 知らぬ羊ら, 知りつつ, 祈りつ, 私に, 稼がせられおよそ, 稼ぎ廻り, 稼ぎ廻り碁打, 稼ぎ悪事, 終えた感動, 終え鹿児島, 終つた, 終つた後での, 終つてパリに, 終つて安住の, 終つて明日は, 終へん, 終りもうすっかり, 終り秩父影森驛, 終ること, 終る頃, 終わり京都本山, 経めぐったらしい, 經て, 続けたかも, 続けたが, 続けたらしい者, 続けたらと, 続けたろう, 続けた人, 続けた末, 続けてるの, 続けねば, 続けましたが, 続けましょう, 続けられて, 続けられるつもり, 続けると共に, 続けるには, 続ける心算, 続ける気, 続ける見込, 続ける際, 続ければ, 続けん, 続けモエロ湖, 続け通しました, 繰り返して, 續けたので, 續けたのです, 續けて, 續けられない, 續ける, 考えた, 考へて, 考へながら, 考へること, 考へるよりも, 腹立ちまぎれの, 致されました, 致して, 致すの, 致すもの, 興じながら, 行きしあと, 行く万歳, 行く人間, 行く心, 行けと, 行けようはず, 見送って, 計画せられん, 記さうとお, 記念する, 許さないので, 試みたの, 試みようとして, 試みる者, 試み戦争, 誘います, 誘うでしょう, 誘うよう, 語らん, 語り始めた, 讃嘆し, 貪りすぎる傾向, 跡づけ得られる大切, 辿って, 追想し, 送り出されようと, 送る, 連れて, 遊んで, 遙, 遠く續, 重ねまして, 重大視してる, 長引かした, 長引かすの, 鞠ひ, 飽かしめないよう, 高野の

▼ 旅~ (493, 4.6%)

6 人生の 5 したこと, 人を 4 つねに遠く, 道づれ世は 3 つづいて, 人の

2 [38件] あきらめねば, あわただしいもの, いつしか秋めく, これだ, さぞ心細く情けなかっ, すべての, ただの, どこへ, 九日路の, 人間を, 今日で, 何となく不安, 僕を, 別として, 安らかに, 容易じゃ, 忘れられない, 我々に, 我々の, 日本の, 最初から, 未知の, 本質的に, 果て峯, 果も, 確かに, 移動である, 笠に, 笹山の, 絶えず過程, 習慣的に, 自分の, 過程である, 道づれ, 道づれの, 道連が, 遠いもの, 非常に

1 [387件] あくまでも旅, あまりあっけなく, あらゆる遺棄, あり来りの, あれから, いいなと, いかがでした, いかにお, いけない, いずこ, いずれ遊山, いつしか春めく, いつの, いつも三, いは, いやな, いよいよ急, うんざりする, おかしい朝, おかしい程, おそらく戦時, おちつかない蘭竹, おもしろい事, おもしろうございました, おもしろけれども, おやめなさい, おわり百年, お前たち各自に, お嫌, お種, かなしい, かなり単調, かなり單調, きつい, きまってここ, きらいでない, きらくな, こうした彼, ことさらに, このうえなく, この上, この富山, この散文的, この歌, こむとかこまぬとかの話で, これから, これで, これに, これは, させまいと, させられないの, さまざまの, さみしい, さみしいな, さみしいね, さみしい新聞, しかし平田門人, したが, しだいに困難, して, しばらく続いた, しましたが, すくなからぬ, すこぶる憂欝, すつかりで, すべきもの, ずっと以前, せぬよう, そうしたところ, そのあいだ, その後で, それから, それから夜, ただぶらぶら, たった半, たのしめよ, つつがなくやがて, つつがなく不破, つらいもの, つらいよ, できないという, できないとか, どうであろう, どうとも, どうなさる, どこと, どこに, どこまで, どこまでも, どちらでした, どちらの, どのやう, どのよう, どれも, どんなにつらかっ, ない, なかなかはかどりませんでした, なつかしい読物, なみたいてい, なりかねる時世, のどかに, のんびりしたい, はかどった, はじめてさぞお, はじめてその, はなはだ面白く, はるばるほんと, ほぼ日程, ほろほろ月, ほんとに難, まことに楽しい, まことに甚助, まさにその, またその, またばか, まだ俗塵, まだ遼遠, まるで鶯, みんな追われ, むごいもの, むしろこうした, むずかしいのに, むだで, むなしかった, めったに出来ない, もう大丈夫, もう暖か, やがてその, やるせない, ゆふかげの, ようが, よく致しました, わたしも, クリストフにとって, トンネルの, ノンビリ, ピー, 一人かと, 一体はじめ, 一再ならずあった, 一層窮屈, 一度も, 一日か, 一種の, 一種青春の, 一筋道では, 一體はじめは, 三菱の, 上人の, 下らないもの, 不審連れの, 不思議な, 不案内の, 中国路の, 中学一年の, 乾道六年閏五月十八日から, 二三日長びく, 二人を, 二日道連は, 交通不便なる, 人も, 人知れず楽しい, 今までに, 今日限りわたくしの, 他の, 他国と, 伊勢に, 住心の, 佐吉に, 佐吉にも, 何だろう, 何でも, 何という, 何となく草餅, 何の, 何も, 何よりも, 便利で, 働きに, 億劫に, 全く貧乏, 全世界, 公では, 六十一歳の, 冷たい夜具, 出来ないぞという, 出来なかった, 出来ません, 別だ, 勿論風雲, 十万石の, 南に, 単に京都, 単に遥か, 危険極まる, 厳重を, 又その, 同じ夏, 同船の, 君に, 君の, 單に, 困難を, 固苦しい野暮, 在留する, 地球の, 多く先ず, 多勢の, 夢と, 夢想だ, 大体において, 大勢の, 大平街道で, 大正昭和の, 失策の, 女性の, 好きだ, 如何なる邑落, 如何に日本, 妻と, 始めて, 始められるの, 嫌だ, 嫌ひである, 嬉しいもの, 安全で, 安穏しごく, 実に華美, 寂しいと, 寂しい心細い, 寒い寒い, 寒い生徒, 寝ざめがてなる水音, 寧ろこの, 寸陰の, 少くとも, 少し永い, 岸本に, 年齢の, 幸いにも, 幸にも, 幸福, 幼女を, 延胤一人でも, 徒歩に, 徒然の, 心の, 思いも, 急が, 急ぐなよ, 悲しき者, 悲劇だった, 情なく悩ましい旅, 愛人との, 感銘が, 戦争を, 捗った, 敗戦と共に, 旅だ, 日ごとに, 日を, 早く移り変っ, 早立と, 明かなる夢, 明日志す, 昼よりも, 暑いの, 暮れいそぐ, 書きすて御免, 最早修行, 有意義な, 朗らかであった, 末広君には, 本当に心細い, 東洋人にとっては, 極厳, 楽しいの, 楽しかった, 楽でない, 槍ヶ岳を, 樂い, 樂しい, 横須賀在の, 止めさせて, 止められねえ, 死出の旅と, 比較にも, 気まかせだった, 気も, 気分の, 気散じじゃ, 気軽い朝, 江戸より, 決してラク, 汽車の, 泊めぬ, 流動する, 流石に, 深い藍色, 烈しい北風, 無事に, 無理に, 無論お, 無限である, 父を, 獨り, 現在の, 田丸には, 甲州に, 甲武信岳に, 疲れるもの, 目的地へ, 目的物が, 相身互いで, 神様の, 私に, 私にと, 私にとっては, 私の, 私を, 私独りでなく, 空しく過ぎた, 空を, 精神の, 約二ヵ月, 終つた, 終るという, 続けられない, 緊張し, 縁起を, 聊か長, 腹の, 自分が, 至って無事, 興ある, 興味深々, 船に, 良い結婚, 苦しい, 苦しかったろう, 苦難の, 荒谷行, 行くとも, 覚束ない, 誠にうい, 読書と, 費やさねば, 足りる, 足弱を, 路伴れ, 身体に, 身軽が, 辛いながらも, 辛い難儀, 途中の, 遅るる, 遊覧が, 道づれって, 道づれで, 道づれです, 道づれとか, 道づれのたぐひにて帰国すれ, 道づれへらへったら, 道づれ次第の, 道連れという, 道連れの, 道連れ一夜は, 道連れ快活な, 道連れ舞鶴まで, 道連世は, 遠くいつ, 金持に, 長いの, 長かった, 長くて, 長く受けた, 長閑である, 関所関所で, 雀も, 難儀で, 雨が, 面白い, 面白いね, 頭を, 飛脚でござろう, 驚異を, 骨が

▼ 旅から~ (372, 3.5%)

82 帰って 38 旅を 27 旅へ 15 旅へと 9 帰つて来た, 帰ると, 旅の 7 戻って 5 帰ったばかり 4 お帰り, 持って, 旅と 3 岸本が, 戻つて, 旅で, 旅に

2 [13件] お歸, 帰ったの, 帰ったばかりの, 帰った彼, 帰った後, 帰つ, 帰つて来, 旅, 旅への, 日に, 歸つたばかり, 疲れて, 紛込んだ

1 [121件] いま戻った, かえってきた, かえってその, かえって来, きたこの, きた上手, きた小鳥, きた熊, きた男, きた異郷人, この秋, すぐに, です, はるばると, また旅, まだ帰らず, もどって, やって来て, よく帰っ, わざわざこの, わざわざ使い, 一度魯, 一緒に, 京都に, 入り込んで, 凱旋した, 出したこと, 叔父を, 學ぶもの, 岸本の, 帰ったかと, 帰ったばかりを, 帰った人, 帰った叔父, 帰った巡礼, 帰った年, 帰った時新聞記者, 帰った泰軒, 帰った私たち, 帰った翌月, 帰ってからの, 帰ってること, 帰つた, 帰つたと, 帰つたといふ, 帰つて以来めつ, 帰つて来さうで, 帰つて来る, 帰らない中, 帰られたかと, 帰られたの, 帰られたばかり, 帰られたらお, 帰りその, 帰りたての, 帰りで, 帰りに, 帰るの, 帰る叔父さん, 帰る毎, 帰る途中, 帰る頃, 帰れば, 帰府し, 年を, 引返して, 役者が, 得た最大, 御帰りなせえまし, 急いで, 戻った亭主, 戻った大, 戻った時, 戻つた, 戻つた妖女, 戻つた者, 戻つて顧, 戻りましたが, 戻りましたので, 戻りましょうから, 戻ると, 戻る人物, 抱いて, 拾って, 持帰った, 持越した疲労, 故郷に, 旅里から, 曲馬師が, 木曾を, 来た, 来たの, 来た奴等, 来て, 東京へ, 次の, 歸つた, 歸つたかも, 歸つたばかりの, 歸つた頃から, 歸つて來た, 歸つて來ました, 歸つて來られるだらう, 歸つて見る, 歸る, 生きて, 病を, 私の, 私は, 私達の, 種々雑多, 終には, 緑平居へ, 考えて, 自分の, 草臥れて, 贈って, 迎え取って, 送って, 還って, 除くこと

▼ 旅~ (313, 2.9%)

50 出て 9 出ると 6 出たの 5 出よう 4 出ること, 出るよう 3 上ったの, 出たり, 出た二人, 出るの, 出るん

2 [13件] 出かけたの, 出た, 出たという, 出たよう, 出たら当分田舎, 出てからの, 出ての, 出れば, 去った, 渡って, 立った, 立つの, 草鞋を

1 [194件] いったきり, いって, うつる瞬間, おいでに, お出, お出かけだ, お出かけなされた, お出かけなすった, さまようものの, しょびいて, たって, である, ですが, でたまま音信不通, でるとき, でる春霜, まるで絶望, まわって, ゆかれたという, ゆきなさると, ゆこう, 一緒に, 上ったそう, 上る, 世界中を, 人の, 何處が, 入らっしゃるお, 入ると, 再び出る, 出かけた, 出かけたと, 出かけた目的, 出かけた若もの夫婦, 出かけて, 出かけなきゃならなかったかもしれねえぜ, 出かけること, 出かけるだよ, 出かけるという, 出かけるとき, 出かけるらしい事, 出かける用意, 出かける癖, 出かせぎに, 出したがらないのでと, 出したの, 出たい, 出たいと, 出たいという, 出たい出なければ, 出たからって, 出たくなって, 出たこと, 出たとは, 出たらこんな, 出たら少し, 出た今, 出た今日, 出た仙波父子, 出た又, 出た時, 出た末, 出た筈, 出ちまって, 出ちゃ, 出ちや, 出てから, 出てからも, 出ては, 出ても, 出てるので, 出てる中, 出で, 出ないで, 出ない男, 出なけりゃあ, 出なければ, 出ました, 出ましたもの, 出ましたらお, 出ましたら女中, 出まして, 出ます, 出ますと, 出られたら, 出りゃお互い, 出る, 出るから, 出るつもり, 出るでは, 出るという, 出るとき, 出るとして, 出るなどと, 出るに, 出るにも, 出るので, 出るまで, 出るもの, 出るやう, 出るよ, 出る事, 出る前, 出る少し, 出る幸い, 出る支度, 出る歩け歩けた, 出る茶, 出懸けたり, 出掛けたの, 出敵, 出発した, 出直そうと, 出立し, 出立する, 初めての, 動こうと, 去ったの, 去った彼, 参りましょう, 向いたい希望, 向かって, 向った時, 向は, 向われる路銀, 垢の, 夜立ちと, 奉公に, 好んでお出かけ, 姿見を, 子供が, 山山の, 廻つて歩く, 引き出されたこと, 彼女は, 往つて来ます, 急いだ罪, 持ち出すこと, 持ち出すと, 持って, 旅しつ, 旅しつづける, 旅へ, 旅立つ日, 春から, 歩くのに, 毎日流浪し, 河鹿も, 流浪いたし, 流浪したなら, 渡り歩く者, 渡り鳥の, 発足した, 登ったから, 的なく, 稼ぎに, 立たせるの, 立たれなど, 立たれるお, 立ちまする, 立ったが, 立った時, 立って, 立つ, 立つであろう, 立つとき深山, 立つに, 立つらしい扮装, 立つ前, 立つ路銀, 立とうと, 立去ったまま十一年間, 行かぬこと, 行かぬ話, 行かれる事, 行きたいてえから, 行くさ, 行くなれば, 行く俺ら, 行く奴, 行ったの, 行つてゐる, 西行を, 走る身拵え, 赴くといふ, 迷い出ると, 追いやったから, 追いやった童, 送り出しでも, 送り出しました, 逃げるもの, 逃げ出したん, 飛び出したの, 飛立つには

▼ 旅~ (254, 2.4%)

16 あつた 4 暮らせば, 浪士の 3 私は

2 [13件] これは, はてたと, 何か, 充実を, 御病気, 御難を, 拾ふ, 暮して, 果てたと, 死んで, 病むの, 病人や, 難儀を

1 [201件] あたかもこの, あつたら, あつて, あてに, あらうほほ, あるならば, いらっしゃいますか, お亡くなり, お固い, お暮らし, お疲れ, お疲れぢ, お見そめなすった, かせぐの, かねての, くらして, こうして果てる, ここと, ここ程, この画家, この知識, これへ, こんな事, ござります, ご辛労, ご退屈, さんざん苦しめられた, すっかり荒んだ, すらそこ, すら猪八戒, せう, そこねた健康, それを, たくさんだ, ちっと暑くるしい, でも, なかんずくパリ, はずゐ, へとへとに, みなさんお, もしましょう, ゆっくり本, 一人で, 一人減り, 一向に案内, 一度会うた, 一座しました, 一生を, 一皮脱いだ, 一緒に, 一行の, 三人は, 三度目じゃ, 三週間ほど, 上歯が, 不自由なさっ, 二人とも, 伊豆の, 会うの, 会ったどこ, 何だか湖, 先を, 出来る句, 初めて散髪, 剣法講話を, 劍術は, 加に, 十何本, 受けた深い, 名古屋へ, 向う見ずの, 吾儕は, 命ある, 困りも, 埃と, 夕方などに, 大分溜め込ん, 大層お客, 大金持, 寝ること, 山神を, 年とった, 年齢が, 広く見わたし, 弁信さんにだけは, 得た実感, 得て, 御苦労を, 忘れ得ぬ印象, 思いがけなくその, 急いでも, 技芸賞を, 拾うた句, 旅で, 旅人に, 旅籠屋へ, 時候が, 暮した月日, 暮すうち, 暮らしその, 暮らしたが, 暮らそうと, 最も興, 果てねえじゃ, 果てること, 果てるもの, 横浜見物が, 此れ, 死ななえと, 死に婆, 死ぬる人さ, 死んだ, 死んだお, 死んだと, 死んだという, 死んだといふ, 死んだ日, 死んだ河原, 死んでは, 殊にこういう, 母に, 汚れた白足袋, 江戸へ, 汽車の, 汽車は, 消えそう, 災難に, 煩って, 田舎を, 疲れたの, 疲れた我々, 疲れた照枝, 病んでは, 目に, 真実の, 知つたのである, 知らぬ道, 知り合った女, 神戸へ, 祭に, 私達の, 私達のは, 私達は, 種々難行苦行, 窮つたから, 笛を, 笠も, 終った遠い, 終つた遠い, 腰の, 自分の, 艱難苦労を, 芸者を, 苦しめられて, 苦しんだ経験, 苦労なすった, 落合にも, 見た羅馬, 見上げた碧空, 見事に, 見届けて, 言葉も, 話し相手も, 読むつもり, 読む物, 諸州の, 貰ったかずかずの, 身体の, 辿るという, 迎える三度目, 迎える三月八日平和, 近江の, 通り過ぎた時, 通るとか, 逢いに, 逢う羅馬旧教, 逢ったと, 逢った好ましい, 逢つた二三の, 逢つた人の, 連が, 遇いまた, 遇う人達, 過ごすつもり, 過すよう, 金を, 長く續, 隨分延びた, 集めた写真, 集めた書物, 雨に, 頭脳の, 頼りない, 顔の, 飮む酒は, 飲み慣れたよう, 養って, 馴染に, 馴染を, 驚いて, 鳴らした太夫

▼ 旅~ (217, 2.0%)

10 の方 6 の二階 5 の者 3 の前, へ着いた, へ行っ, を指し

2 [16件] が二軒, だ, で安らか, に帰っ, に泊っ, に置き, に著い, の主人, の設備, の部屋, へも寄る, へ帰っ, へ帰った, を出, を出た, を引

1 [152件] か, かで対決, からちょっと, から南方, から帰りがけ, から持つ, から送られ, がわからない, が建てられた, が私達, じゃ, そろそろ枕, だつた, だの直樹, であるのに, である柳淀, です母さん, では処女会, では迷惑顔, でまた, でも帝, でも解らない, でわびしく, で一人, で人々, で休め, で別れ, で別れた, で定, で彼女, で待つ, で御酒, で暗殺, で書いた, で最中, で朝食, で朝飯, で深更, で煩った, で落合った, で達雄夫婦, で酷く, で門口, というよう, として宛, として縁, と言っ, などへ先生, なんかねえ, にい, にとまっ, にのこし, には蓮華谷, にひきあげた, にも憩わず, にも食料, に一夜, に休み, に休ん, に入り, に宿っ, に寝転ん, に居る, に山, に捕われ, に於, に昨夜わざ, に泊る, に真夜中過ぎ, に着く, に私, に訪ね, に逗留, に連れ, に駕, のうち, のごとき, のすぐ, のどてら, のない, の一つ, の一室, の一日亭, の不便, の亭主, の伊太利風, の内儀さん, の商用, の団体室, の女, の始, の店, の建っ, の林忠七方, の樹蔭, の洋燈, の燈火, の男, の番頭, の立て札, の者ども, の裏二階, の近く, はある, はすぐ, はもと足利義昭, は一時繭買, は丞相府, は御, は忙しい, は石, は秀吉, は立派, へ, へうかがっ, へはお, へも顔, へ一同, へ一緒, へ乗りつけた, へ乗り込ん, へ別れる, へ参っ, へ寄ろう, へ来, へ立寄り, へ行きます, へ行く, へ訪ね, へ退っ, へ退る, まで其日四時三分の汽車, まで持参, まで来, まで私達, まで行っ, もあり, もある, もいっぱい, や周囲, や駅亭, より番頭小僧ども, をつくつた, をとっ, を与えられ, を廻っ, を引払っ, を択ん, を毎晩空, を訪ね, を訪ねた, を辞した

▼ 旅~ (170, 1.6%)

17 ている 8 ていた 6 て来た, て歩く 5 て來 43 てきた, てみる, てゆく, て来 2 たりした, てくる, てじき神さま, てそこ, てぢ, てゐる, て歩いた, て行く, て行った, て鞠子

1 [92件] ここに, たり那須, つつ廻る, つつ燃えゆく, てあてなく, てあるいてる, てあるく, てい, ていつた, ておもに, ておられ, ておられた, ておられる, ております, ておりまする, てこの, てござった, てそして, てその, てのち帰郷, てま, てまわっ, てまわんなさる, てみ, てみかける, てみた, てみたく, てみれ, てむしろ, ても目, ても青空, てわざ, てゐ, てゐた, てゐられる, てアルジル公, てエウェノス河, て二十村郷, て光り充つ, て再び, て初めて, て別所温泉, て和紙, て回る, て夜, て妻獨, て始めて, て帰っ, て廻っ, て廻り, て往々, て新潟, て旅館, て暮した, て来ました, て来られた, て来る, て歩い, て歩かなけれ, て歩かれました, て歩きました, て歸つて來, て渡り歩く, て福島, て第, て腹, て菅笠, て行, て行きます, て行っ, て行つて, て見, て見た, て見たい, て見たく, て見ます, て観仏, て諏訪湖, て越し方, て過す, て郭公, て野路, ながら數ヶ月, 一一月, 九月一日には, 先生の, 國に, 多くの, 給ふ, 美濃路を, 詩人エルンスト・ワイスとともに, 那の

▼ 旅~ (156, 1.5%)

4 したい, して 2 さすらいが, つづきました, はじまった, 出来る, 出来るもの, 嫌に, 常住でございます, 過程である

1 [132件] あったもの, あなたに, あの豚, あります, あるけれども, あるね, いっそう面白く, いやに, お綱, かほどに, こんなにも遊び, したいからと, したいな, したいわ, したい酒, したかったの, したくなったの, したくなるとか, しとうなったなあ, し通せよう, ずっと自由, それほど土地, だんだん長びい, つ, つくづくと, つづきません, できたの, できたもの, できない身の上, できなかったり, できなかろうから, できなくなったため, できようね, できると, できるもの, どんなに辛い, どんな暗黒, なつかしくも, にわかに不安, はじまつたの, はじまりいろいろ, はじまりやがて, ばかばかしかった, へり, みんなに, もしもまだ研究, やはり出来ない, やはり好き, よい旅, わたしには, 一生続いたら, 一瞬間に, 三年という, 主君信長との, 了る, 人生に, 人生に対して, 住居, 何だかし, 出来ないという, 出来なさるの, 出来ぬから, 出来まいけ, 出来ました, 出来るだろう, 出来るよう, 初められた, 単なる, 古里であった, 君にも, 困難に, 多い, 多くて, 好きだ, 好きで, 好きな, 始った, 始つた, 始まった, 始まりピアノ, 始まるという, 始められるの, 実際如何なる, 家わたしも, 山路へ, 常住です, 徹頭徹尾若い, 思われたり, 思出される, 恋いしくなった, 恋しくなっ, 戀しく, 成り立ちました, 捗らなかった, 旅らしくなっ, 旅程の, 既うかれ, 映って, 本業と, 来て, 極りなく, 楽しみです, 楽じゃ, 歌を, 此句に, 殆ど果て, 殊によい, 気ままでござる, 済むの, 無事に, 無為でなく, 無駄に, 物悲しげ, 生活だった, 生活な, 私に, 私を, 終りに, 終わった, 終わろうと, 経験であり, 經驗であり, 続いた, 続けられた, 老齢の, 試みたいため, 身に, 長くつらくとも, 長くなりました, 面白いの, 頻りに思ひ出された, 魅力を

▼ 旅する~ (146, 1.4%)

9 ものの 5 ことを, ものは 3 ことが, ことに, 人の, 者は

2 [16件] うちに, お方には, お方は, ことの, この子, といふ感じ, のか, のが, のは, ものが, ものには, 人々の, 人は, 毎に, 者の, 間に

1 [83件] こと, ことと, ことによ, ことによって, ことは, ことも, その当時, たびに, ため生まれた, だけの人生, だけの価値, つもりで, とき上野駅を, とまだ色々, とも沖縄, どうにも割り切れない, にはあまりに, にはもちろん, にはよほど, にもお, によい, に予て, に等しい, に費, に駄賃馬, に駱駝谷底, のである, のに一旦, のも, はずが, ふろしきづつみが一つ, ほかない, もので, ものなり, ものに, もののあわただしき, ものの知らない, も命, ような, わけです, を以て最後, を慨嘆, んだ, キャラバンの, ゲエテの, 丈けの, 事も, 事數年歸朝し, 人々, 人々は, 人にも, 人も, 人影は, 再度の, 剛毅の, 危険を, 友と, 場合の, 多くの, 客には, 心が, 慣わしを, 文人や, 日の, 時までも, 暇も, 機会を, 機會を, 爪を, 習慣に, 者必ず, 若い女, 苦しさ, 記, 豪気の, 足もとには, 身に, 身を, 辛さ, 道は, 隊商も, 際の, 鳥の

▼ 旅~ (119, 1.1%)

2 では, で知合, にあっ, のこと, のさまざま, の一興, の困難, の楽, の身

1 [101件] およそ六七十日, お祖母様, ご注意, しばしば繰返された, すつかり難渋, その妻, たずさえて, でこんな, でございましたから, での災難, でまた, で不在, で死なせる, で流行感冒, で群, とは何れ, なの, なのね, にある, にあれ, にいつ死ぬ, における余, には今, には多く, にも持っ, に事, に人情界, に人足, に何度, に出会う, に出逢う, に在る, に必要, に描いた, に断らずやった, に日本人, に日記代わり, に死ん, に男, に私, に筆, に見, に起る, に錢, の, のある, のあれこれ, の世話, の事, の事ども, の事ゆえ, の人, の元日, の内職, の印象記, の友づれ, の外国人, の実, の家康, の寂しい, の常, の心, の心得, の悪行, の悲, の感懐, の慰め, の新聞雑誌, の旅, の旅路, の昼駄餉, の歌, の正月, の気分, の気楽さ, の温, の無事, の物, の珍談奇談山, の画家, の病災, の米友, の興, の衣服, の見聞記, の詩廿九章, の話, の趣, の風情, はある, はおのずから, は一切官費, は沈黙, は非常, へお, よく小耳, より生れた, を伴っ, 死ぬかも, 第一味, 読む本

▼ 旅~ (115, 1.1%)

4 して 3 終りに 2 ある, いつしかお, さまざまである, した, なつかし, 冬の, 容易でなかった, 遠さ

1 [92件] あらためて, いいが, いいもの, いとど寒く, いろいろした, おしまいに, おもしろいね, お許ししません, きょうあたりから, ここまで, この頃, これから先, これで, さくら咲きだした, さぞ樂, したい, したい心, したこと, しない, すでに春, するかも, するの, そうだった, その他僻地の, それからまた互に, それであった, たのしく生き, だいぶ楽, つづけられず, つまらなくなつ, つまらん, できなさらないん, はじめての, またイヤ, また面白い, まだ容易, まったくは, やうやく, やはりこの, ようございましょう, ようやく半途, 一人の, 一年に, 一度も, 一日の, 二タ月と, 二十日間に, 今夜で, 今宵限り南島の, 休まして, 休みぞ, 何となくさびしい, 修業の, 修行では, 初めの, 医者の, 困難に, 大寺老人の, 容易でない, 心細い, 怖いと, 思ひやられる, 急行の, 恙なく, 成功だった, 旅愁も, 早や, 春めくもぞもぞ, 春風の, 月夜の, 案じられ候, 楽な, 無事に, 無駄で, 私に, 私の, 秋也, 程好く, 空しい辛苦, 糧ゆえに, 終ったが, 終に近, 終に近い, 終わって, 蓮の, 西行の, 覚束ない, 足りたり, 釣も, 障りなく, 難儀で, 面白いといふ

▼ 旅~ (95, 0.9%)

6 いえば 4 いっても, なった, 伝説 3 いへば 2 いって, なつた, 云うもの, 旅との, 酒と

1 [64件] いいますと, いい心, いう, いうのに, いうべきもの, いうものの, いふべきもの, いふべきもの也, おっしゃるなら浮草, おもって, お産, お見受け申す, して, たつたよ, なったの, なって, なりました, なれば, はなしては, みえ幼き, ゆめな, 一月の, 丁度同様, 事業上の, 云えぬ, 云えば, 云っても, 云つても, 云へば, 伝説三巻九号, 伝説四巻八号, 侮り恋慕, 冒険との, 切出す以上, 同じよう, 変って, 少しも, 心得て, 思えば, 思はれるに, 思へば, 感じて, 果しなし, 果なし, 比べては, 洒落ました, 流れ渡る樣, 現世の, 申しますから, 當時の, 知つて早や, 称しても, 答へた, 絵葉書, 自然とに関する, 致して, 興行を, 見せかけて, 観ぜられたの, 言つ, 言へば, 訪問, 追分節と, 陰鬱な

▼ 旅支度~ (95, 0.9%)

14 をし 5 して 2 と言っ, にかかった, のまんま, の出来た, までし, もし, をした, をととのえ, を初めた

1 [58件] いたして, から夕化粧, がちゃんと, が調う, さえ充分, だし, だぞ, だな, であるぞ, でいったい, でここ, で出かけ, で家, という程, ときたら, と早足, などすっかり, など急がず, にいそがし, にいる, にかかっ, にかかり出します, にかかる, にも馴れ, に大小, のため, のまま, のもの, の品々, の商人風, の手伝い, の文吉, の斉興, の様子, の武士, の用意, の男, はやがて, は一日, もととのえ, も致さず参りし, や酒, をいたしまし, をしはじめ, をすぐ, をすべく, をすまし, をする, をと, をととのえた, をはじめる, をも心掛けね, を収めた, を急ぎ, を急ぐ, を整え, を整える, を調えたい

▼ 旅~ (91, 0.8%)

4 に投ず 3 に投じた 2 に一泊, に著き, の主人, の名, の衛生, へ泊っ

1 [72件] があった, がある, で, であったが, であつ, でお, で廊下, で殊に, と割烹店, なし, なんかは三津, にいた, において爺, について朝食, にて晝げ, にとまる, にも懇意, にも我儘, にやどる, に一行, に就い, に帰り, に帰り着く, に投宿, に根拠, に泊つた, に病み, に相, に着い, に至れ, に設けられ, に達したる, に還り, のトランク, の一間, の下, の主, の二階, の亭主, の内儀, の前, の午, の口取, の女, の客, の或, の戸口, の来歴, の案内者, の注意, の番頭, の窓, の背, の若い衆, の裏, の部屋, の門, へおいで, へ入りたる, へ行く, へ訪ね, まで遁, もあり, より小, より書, を出, を出で, を探る, を新設, を立て, を避け, 多く劇場

▼ 旅には~ (87, 0.8%)

4 慣れて 3 馴れて 2 あれど, つねにさだか, 出たものの, 旅としての, 旅の, 漂泊の, 目的が, 相似た, 私は

1 [62件] あき, あるけない所, いろいろの, お種, くたびれました樣, こんなの, さんざんなれ, ただ一つ, つき物, でるもの, ない図, ない圖, なるべく探偵小説, ひとか, ひどく賛成, ふさわ, ふさわしかった, ふむきであったかも, まだそれでも, まだ早, むしろ好ましかろ, もって, もってこいの, わけて, わりあいに, 一番嬉しい, 不慣れでおります, 二派の, 仔細あ, 何よりも, 何程あっ, 余り大袈裟, 初めて函館, 名古屋まで, 堺で, 嬉しいもの, 家内を, 常に案内者, 常に武蔵, 想って, 慣れきったよう, 慣れた身, 憂きこと, 旅愁という, 旅愁といふ, 最も平易, 本を, 楽しみが, 此に, 殆ん, 渡渉する, 私に, 私も, 箱馬車は, 耐えかねて, 覚えの, 親味が, 路銀これんばかしの, 連れて, 違いない, 適当な, 陸よりも

▼ 旅姿~ (85, 0.8%)

5 のまま, の娘 4 をした 3 の女 2 のくせ, の人, の男, の石ノ上

1 [60件] がまだ, が宮川筋, が甘ったるい, が頷いた, こそをかし, して, そのまま言わばその, だった, で, であった, である, でございますか, です, でそれ, でスタスタ, で城下, で夜, で曠野, で歩き, で私たち, で花道, とその, となった, となり, とデュエット, なのに, にて出, には流石, にふさわしい, にも変, にも王政, に編笠, に身, のまま入口, の七兵衛, の上着, の下総, の中年女, の士, の我々, の松雲, の武士, の町人, の美人, の芭蕉, の若, の若い, の行商風, は左, も舞台, も舞臺, をし, をひとり河内路, を伸子, を先, を取り巻き, を改めたらしく, を眺めた, を見た, を連想

▼ 旅川周馬~ (84, 0.8%)

3 という男 2 が帰っ, であった, という者, とかいう奴, はお

1 [71件] いかにも恍呆けた返辞, お十夜孫兵衛, か, からの飛脚, が, がしきりに, がよろよろ, が上, が優柔不断, が可愛, が戻っ, が疾駆, が身, さえ龍耳老人, その三人, その時, だ, だけは割合, だった, だッ, である, でなくお, と, というお, というふたり, という浪人, とお, とでも面, と同腹, と天堂一角, なるもの, なン, にとってまことに, にはお, には邪智, に呪われ, のいねえ, のやつ, の出立, の奸策, の妻, の影, の手先, の白刃, の眼, の筆跡, の脅威, の行動, の門標, の顔, は, はいつのまにか, はいない, は帰っ, は思いがけなく, は耳, は自分, は荒屋敷, は身辺, ふたたび韋駄天, へ残し, まだよろこぶ, も驚いた, も黙っ, らしい, を先, を追, 悪賢い目, 指さして, 白いの, 重ねて

▼ 旅では~ (79, 0.7%)

4 ないか, なかった 3 あるが 2 ない, ないからな, 非常に

1 [62件] あたしが, ありませんでした, ありませんでした連れ, ありまた, あり支度, あるけれども, あるまいか, あるらしいが, お前さんそれが, ことに和らげよ, こらえつつ, こんなこと, こんなに遅く, ございますが, ございませんが, そう普通, ないかと, ないから, ないが, ないし, ないという, ないに, ないの, ない足, なかろうで手前お守り, なかろうと, なくほか, なし, なしあと, なしどう, なし彼処, まだ風流心, まったく人間, 一日五里が, 万事控え目に, 人後に, 何事も, 何処かで, 何等の, 充分である, 出懸に, 千曲川の, 只おれ, 君仕方が, 夏山の, 定めし難儀, 幾つかの, 彼は, 得られなかったかも, 成るべく土地, 構や, 無くなるかも, 珍らしい, 相当に, 眼に, 肝心な, 自分だけ, 花巻に, 表面へ, 見られぬ膨れ実った果実, 金が, 高千穂が

▼ 旅した~ (55, 0.5%)

9 ことが 3 ことも, ときの 2 のである, のは, 時の

1 [34件] ことの, ことを, そのとき, という, ときからの, ときこの, ときたまたま, とき宿で, とて沖縄, ほどである, ような, タヴェルニエーの, ペンです, 事なぞは, 人は, 彼の, 時とか, 時どんな, 時も, 時もう, 時一夜宿房, 時分とは, 時本島人の, 時村の, 時歩きくたぶれ, 時海を, 木曽の, 紀貫之の, 芭蕉翁が, 街道には, 貴人の, 足跡を, 門人たちは, 頃から

▼ 旅~ (52, 0.5%)

4 の支度 3 の事 2 する時, でもする, の用意, をした, をする

1 [35件] したと, しなけりゃ今度, しようと, すべし, するにも, するの, する訳, せえ, であった, でありますから, でもし, でもしなけれ, なれば, になり, にもお, に便利, の仕度, の吉凶, の夢, の我, の日, の脚絆, の茶, は恐らくは, らしい思い, をさせた, をしなけれ, を恥しく, を致しまし, を致そう, を蔭, を見合せる, を見送らう, を見送る, を送る

▼ 旅でも~ (50, 0.5%)

7 して 3 ない, ないので 2 ないから, 二日の

1 [33件] ありませんので, あるまい, あんなに大, いい, いたします, こうして武蔵, しよう, するの, ただ身, ないが, ないさ, ないじゃ, ないのに, ないらしい, ないん, なお風流, なかつたから, なくまず, なさそう, なしここ, なしむりなことをして一同, なんでも, 前以, 千里の, 土地により, 実際について, 日本が, 格別懇意に, 歌子という, 汽車の, 片道二十五六日と, 私は, 鰍沢の

▼ 旅~ (49, 0.5%)

3 から 2 と思っ, と思ふ, もの

1 [40件] からいい, からいくら, からおろ, からこれ, からその, からな, からよし, から今日明日, から何時, から例, から我儘, から捗取らない, から泊めた, から神様, から許し, から追分, から非人情, か家, が今, が早飛脚, けれど最初, しスケジュール, し有益以上, ぞ, とか異教徒, と云わなけれ, と思ひません, と睨ん, と聞い, と閉口, なあ, なと私, なまた, アな, 何といふ, 信濃だ, 旅だ, 旅の, 果ての, 馬上の

▼ 旅~ (49, 0.5%)

21 かまは 6 かまも 4 のです 3 のである 2 かまが, かまに, かまの, のだ, んです 1 かまと, かまとは, のであった, のにわざわざ, んだ

▼ 旅~ (48, 0.4%)

2 に宿り, に帰る, の主人

1 [42件] でその, で物凄い, と申す, にかけこむ, に一夜, に來, に在りし, に在る, に宿る, に帰り, に投宿, に来り, に来る, に着き, に落ち着いた, に行け, に還り, のシーツ, の下婢, の址, の小娘, の徒然, の手荷物, の禿頭, の衛生, の門, の風呂, の食物, の館主, へ皈つた, へ着く, へ送り来る, へ預け, もや, より贈来りし, をおとずれ, を出, を出た, を営める, を引払, を襲, を辞し

▼ 旅仕度~ (48, 0.4%)

5 をし 2 をした, をする

1 [39件] して, だが, であったが, でいそがし, ですから, で御, となっ, にいそがしい, にかため, にし, にも取れる, に忙しかっ, に深編笠, に身, のため, のまんま, はあんた一日二日, はどう, までし, もせず, もそこそこ, も着のみ着のまま, も考え, も解かず, やら買物, をすました, をととのえ, をはじめ, を只今, を始めた, を始める, を思ひ始めた, を整えた, を整えました, を氣, を致しますなれ, を調え, を調えました, を身

▼ 旅びと~ (40, 0.4%)

4 は東

1 [36件] から聞く, が又, が来かかっ, が来なかった, が殺生石, であること, として来, として立ち去っ, に聞いた, のみが知る, のよう, の去った, の姿, の守護神, の幽霊, の心, の次郎左衛門, の歓び, の死体, の私, は, はをさしはさんだ, は主人, は何者, は千枝太郎, は東塔, は栗橋, は死ん, は街道, は途中, は陸奥, ばかりでなく, を助け, を取り, を殺し, を近所

▼ 旅にも~ (39, 0.4%)

5 大きや 3 持つて 2 あらねさ, 似て, 出たり, 徒歩で, 旅の

1 [21件] あらず, あるらむ, おそいかかって, かかわらず彼, また旅行上手, よう出ない, 五人七人は, 何ら特別, 倦んだ, 全く糸目, 出たこと, 同時に出る, 困らず過ごして, 弱りませんでしたでしょうか, 懐から, 疲れを, 等しい自分, 興味と, 行かず木犀, 行つた先で, 連れて

▼ 旅廻り~ (34, 0.3%)

5 のセールスマン 2 の俳優, の浪花節語り, をし

1 [23件] で朽ちる, にしろ, にでかけ, にでもで, に寂しく, の一座の, の人形芝居, の伊太利曲芸団, の壮士芝居専門, の女, の寄食浪人, の床屋, の新, の昔, の曲馬, の浪花節, の芝居, の芸人, の軽業師, は言, ばかりで, や小, をしなけれ

▼ 旅という~ (30, 0.3%)

5 ものは 2 のが, ものが, ものを

1 [19件] ことについて, ことは, ことも, ものだ, もので, ものには, ものの, ものよ, やつは, やつも, わけで, 声さえ, 姿で, 心地が, 旅で, 旅は, 気に, 触れ込みで, 譬えが

▼ 旅らしい~ (29, 0.3%)

3 心を, 時を

1 [23件] からおる, ものへ, 山道に, 心地を, 心持で, 心持を, 心細い氣もち, 思いを, 思に, 感じが, 感興を, 旅は, 旅を, 暗さ, 服装も, 気分であった, 気持ちに, 洋服までが, 自由な, 話は, 趣は, 軽い帽子, 軽快を

▼ 旅日記~ (29, 0.3%)

2 で徳田氏, のよう, を書きとおした, を読む

1 [21件] でも御, で聞え, というの, にせよ, の一節, の一部分, の下書き, の中, の手帖, は元, も書けなく, をつけ, をつける, をもかきとおす, を書い, を書きました, を書き終っ, を書く, を聴こう, を認め, 書いて

▼ 旅~ (29, 0.3%)

2 がある, の四日間

1 [25件] かけて, であかした, でおそろしく, でこんな, でたった, での男, での青春, では日ごろ, でめぐり, で寝つく, で旧友相, で瞑想, で誰一人, で面白く, で鳩, に, にある, にあるせゐ, のせゐか, の女, の正月, の煙突, の爆音, ほつかりと, 掛けて

▼ 旅さき~ (28, 0.3%)

2 では行かない, の事

1 [24件] から一座, から手紙, でともすると, でのたべ, でもこの, でやる, で不自由, で劇, で千鶴子, で妻, で死んだ, で濟, で講演, ならあまり, にいる, に於, の初瀬, の妻, の旅籠屋, の温泉場, の癖, の知己, の見聞, まで策

▼ 旅にでも~ (28, 0.3%)

6 出て 2 出たよう, 出るよう

1 [18件] いるよう, すぐ出かけられる, でて, 何でも, 來た, 出かけると, 出かける裝束ぢ, 出たいよう, 出た人, 出た気, 出てる気持, 出なければ, 出ると, 出るらしく母親, 来た時, 来て, 立つ様子, 行ったよう

▼ 旅~ (27, 0.3%)

2 が私

1 [25件] から一種, があの, がいきなり, がそれ, が不憫, が低い, が俗人, が入っ, が呼び, が嫌い, が言った, が言外, が話し出した, こうやる, ですぞ, と微妙, の三名, の指し金, の顔, はその, はもう, は好き, は私, や天願氏, を嫌っ

▼ 旅絵師~ (27, 0.3%)

1 [27件] がまじっ, が想像, だった, で川合集声, というやつ, といえ, と特別, に化け, に取っ, のえたい, のやつがれ風情, の姿, の手, の松川花亭, の澹山, の眼前, の花亭, は伝兵衛, は奥州, は娘, もつづい, も自分, をよろこん, を亡き, を名乗っ, を娘, を誘い込ん

▼ 旅へと~ (26, 0.2%)

2 進んで, 遍歴し

1 [22件] いつも御, うつり歩く一種族, こうして歩く, さすらって, まだ明けぬ, 上った, 仰っしゃったが, 出たの, 山口まで, 廻って, 当も, 日本国じゅうを, 暮して, 歩いて, 漂泊し, 立ったの, 細い商い, 絶えず出立, 經廻つて居る, 赴きしかば, 過しつつ, 黙々野路

▼ 旅~ (22, 0.2%)

5 がたの 4 がたで, がたを 2 がたは 1 がた, がたにて, がたひとり, がたも, がたや, こころなりとも, ずり

▼ 旅装い~ (22, 0.2%)

2 をした

1 [20件] ではある, でふたたび, にかかっ, に杖, に身, の一行四名, の七兵衛, の三十二, の千浪, の垢, の男, の老, の若い, はし, は尋常, を急がす, を着け, 物々しげ, 甲斐甲斐しい宇津木兵馬, 足を

▼ 旅合羽~ (20, 0.2%)

3 を着 2 を着た

1 [15件] にくるませたる, に草鞋脚絆, に道中差, の男, の裾, の露八, は傾斜, は彼, は秦野屋九兵衛, は美しい, へ手, をひらひら, を捨て, を脱い, を脱ぎ

▼ 旅疲れ~ (20, 0.2%)

2 のした

1 [18件] から哀れ, でやつれ果て, で帰島以来, で彼, で発病, のまま, の人, の懷中, はもちろん, ばかりで, もあるせゐ, も自然, を休め, を吉田山, を少し, を思わせる, を感じ, を慰める

▼ 旅とは~ (19, 0.2%)

2 いえど

1 [17件] いえ三人分, いえ紅葉, お認め, どうした, よくいはれる, よくいわれる, 思って, 思へぬ暖か, 思われぬ真実故郷, 明治の, 致しません旅, 見えないでしょう, 違い事, 違い矢代, 違うので, 違ったこと, 違って

▼ 旅なれ~ (19, 0.2%)

32 ば用意

1 [14件] ている, てゐた, てゐる, ばこそ, ばこそだ, ばこそと思はれた, ばこそ旅, ばこそ独身, ばこれ, ば人, ば春, ば腹, ば註文, や

▼ 旅への~ (18, 0.2%)

3 誘い 2 いざない, 誘いが, 郷愁を 1 さすらいとは, しがない生活, 不吉な, 大きな刺戟, 放浪情操を, 誘いは, 誘いを, 誘ひ, 首途を

▼ 旅~ (18, 0.2%)

4 つれの 2 はつは, 春の 1 いたずらごとでは, つれし, 御跡, 母に, 笈摺す, 航海や, 警固の, 都の, 隠者や, 音楽会などの

▼ 旅である~ (17, 0.2%)

4 ので

1 [13件] から気, が幸, し時日, という御, と考えてる, のだ, のと, のは, 事の, 人に, 場合洵に, 旅は, 絡子を

▼ 旅より~ (17, 0.2%)

2 帰りて, 歸る

1 [13件] ある女, お帰り, 帰り, 帰りきて, 帰りし日, 帰りたるを, 帰るわが, 帰る者, 旅に, 歸り, 立ち帰って, 立ち帰りまし, 還って

▼ 旅~ (17, 0.2%)

2 を提げ

1 [15件] から取り出し, と夜具蒲團, と客, に, に二枚, の口, はそつくり手荷物, も蝙蝠傘, や憐れ, をさげ, をつかんだ, を一個背負つて, を持込む, を携, を膝

▼ 旅において~ (16, 0.1%)

6 我々は 2 人が, 持つ感情, 眞に 1 出会うの, 出會, 真に経験, 真に自由

▼ 旅慣れた~ (16, 0.1%)

2 姿の

1 [14件] とは言い, 人か, 人も, 人らしい, 姿この, 客なら, 恰好からい, 扮装, 源右衞門も, 片手の, 男が, 行装で, 身ながらに, 身ながらも

▼ 旅包み~ (15, 0.1%)

3 の中

1 [12件] からそれ, としてある, と笠, にばかり眼, に又八様, に負っ, の側, は膨らん, もなかっ, やら笠, を拵え, を片

▼ 旅馴れた~ (15, 0.1%)

1 [15件] せいか, 二三の, 人は, 僧は, 出家で, 姿明荷を, 客には, 様子で, 武士二人都まで, 田舎稼ぎの, 由吉の, 老練の, 者にも, 身は, 邦夷らは

▼ 旅であった~ (14, 0.1%)

1 [14件] からで, から今度, から其点, から慣れた, か知らぬ, があれ, が途中汽車, ことを, せいも, と云, と当の, と思ひます, と覚え, のか

▼ 旅~ (14, 0.1%)

1 [14件] する身の上, に即興, に女, の前, の支度, の日数, の汽車, の祖道, の身仕度, の香水, はかなし, をし, をしました, をする

▼ 旅~ (14, 0.1%)

1 [14件] があつ, でおいしい, で泊め, と綿, にも客, にも食料, に歸, の一室, の主人, の整, は二三年前, は聖なる, へ行つて, も有る

▼ 旅~ (13, 0.1%)

3 の足し 1 だけでも遺し, だけの事, とみえ, のもの, の小, の残り, の薬, の金, の金子, をも遣いはたし

▼ 旅です~ (12, 0.1%)

21 から, からおまけ, からつど, から何, から旅籠銭助け, がこれ, が何, けれども殊に, ぜ, ものそれは

▼ 旅~ (12, 0.1%)

1 [12件] がみすぼらしい, が一層, が黄色, などに使用, にて出る, の支度, の輕便, は完全, を整, を脱い, を解いた, 赤く見える

▼ 旅行く~ (11, 0.1%)

1 [11件] とだにいへ, と万一, や, われは, われを, 人に, 人の, 人達の, 君と, 女たちの, 我は

▼ 旅~ (10, 0.1%)

10 しらえ

▼ 旅においては~ (10, 0.1%)

4 誰も 2 あらゆるもの, 我々は, 目新しく感じられる

▼ 旅~ (10, 0.1%)

2 であの 1 じゃない, とか料理屋, にでかけました, に日, に泊つた, の二階, の亭主, を見つけ

▼ 旅慣れ~ (10, 0.1%)

2 て居る, て来た 1 ていた, ておる, てこの, てはきた, 無えの, 無え江戸

▼ 旅畫師~ (10, 0.1%)

2 と天南 1 が來, であらう, と二人, の描いた, はカタ, は可, をその, をた

▼ 旅~ (9, 0.1%)

1 が峠, さ, でした, にかれこれ, の事, はすげなく云った, は呟いた, へ声, を取り巻く

▼ 旅法師~ (9, 0.1%)

2 の物語 1 とでも見られた, のつい, の前, の姿, の手, は伊賀, も銭

▼ 旅ごころ~ (8, 0.1%)

2 をそそられ 1 あり, こそ実, で私たち, にすべて身, にもえる, を飽満

▼ 旅ばかり~ (8, 0.1%)

4 して 1 するよう, それから, やりつけて, 廻って

▼ 旅へでも~ (8, 0.1%)

1 たって, 出かけるよう, 出たの, 出て, 出るらしい, 来た心持, 立つよう, 行かれるの

▼ 旅まわり~ (8, 0.1%)

2 して, の腹話術師 1 の烏天狗, の芸人風, の軽業師, をし

▼ 旅慣れない~ (8, 0.1%)

1 お銀様, 初心な, 岸本の, 彼に, 彼を, 私は, 肩には, 自分に

▼ 旅窶れ~ (8, 0.1%)

6 のした 1 がし, のした見すぼらしい

▼ 旅~ (8, 0.1%)

5 を伏せた 1 に垂れ, に落ちつづきたる, の男

▼ 旅馴れない~ (8, 0.1%)

1 ので何となく, のと, のは, ものが, 上に, 円朝は, 山を, 者が

▼ 旅魚屋~ (8, 0.1%)

6 の傳次 1 でございますが, の仲間

▼ 旅だった~ (7, 0.1%)

1 が旅, けれど姑, ことだろう, ことに, とは信じ, ので三人, イザ行っ

▼ 旅なる~ (7, 0.1%)

2 心には 1 かな, かな旅, かも, 人を, 酔心地

▼ 旅もを~ (7, 0.1%)

7 はりの

▼ 旅ゆく~ (7, 0.1%)

1 はさびしかりけり, みちの, 人々は, 人に, 人も, 君と, 姿を

▼ 旅~ (7, 0.1%)

2 にまみれた 1 にまみれ, に臭い, の下, の眼, や埃

▼ 旅~ (7, 0.1%)

1 に出, に出た, に行ったでしょう, の積, の芸人, の親子連, はその後

▼ 旅芸者~ (7, 0.1%)

1 でながれ渡っ, で郡内, におちた, に出, に身, の腑甲斐, 知らぬ土地

▼ 旅藝人~ (7, 0.1%)

2 のやう 1 が三味線, といつた, にし, の中, の女形

▼ 旅馴れ~ (7, 0.1%)

3 ている 1 ていない, てはいる, てもいる, て居りまする

▼ 旅かと~ (6, 0.1%)

2 思うと, 見えて 1 問うた, 思ひ

▼ 旅づかれ~ (6, 0.1%)

1 か少し, で家, で詳しく, といふもの, もあろう, 庭の

▼ 旅といふ~ (6, 0.1%)

1 ことであり, のは, ものは, 意味では, 感じが, 程の

▼ 旅など~ (6, 0.1%)

1 したこと, して, する時, なさいますと, 想像した, 東京中心の

▼ 旅にばかり~ (6, 0.1%)

3 出て 1 いて, 出掛けた, 暮して

▼ 旅よそおい~ (6, 0.1%)

4 をした 1 をし, をりりしく

▼ 旅~ (6, 0.1%)

1 し, する人, のはて, の夢, の床, の春

▼ 旅帰り~ (6, 0.1%)

1 だから, のご, の愉し, の椋鳥, の祝宴, を出迎え

▼ 旅拵え~ (6, 0.1%)

2 で左肩, をし 1 なの, の武士

▼ 旅柳桜~ (6, 0.1%)

1 が人一倍, だが, てえ大, に仕込まれた, のありし, のほう

▼ 旅こそ~ (5, 0.0%)

1 お蝶, して, 仄かなれ, 哀れなれ, 終りけ

▼ 旅ごろ~ (5, 0.0%)

21 もうべ, もがわ, もしぼつて

▼ 旅じたく~ (5, 0.0%)

2 をし 1 の中間づくり, もございます, を解く

▼ 旅じゃ~ (5, 0.0%)

1 あるまいし, がひと夜, ねえ, わたしも, 休むもの

▼ 旅すがら~ (5, 0.0%)

1 この白峯, の事, の片手間, の途中, 描いた絵目録

▼ 旅そのもの~ (5, 0.0%)

1 が半蔵, が目的, にある, を味わっ, を楽しむ

▼ 旅って~ (5, 0.0%)

2 ものは 1 どこだ, やつへな, 奴は

▼ 旅でございます~ (5, 0.0%)

1 か, から, から立, とも言えない, 月日は

▼ 旅でない~ (5, 0.0%)

1 からぶらぶら, から疵, ときでも, ものが, 旅などを

▼ 旅ながら~ (5, 0.0%)

1 出て, 君も, 恁る, 早速出立, 船出した

▼ 旅なら~ (5, 0.0%)

1 こんな所, さッさ, ば, ばこそ, むろんここ

▼ 旅にまで~ (5, 0.0%)

1 もつれて, イカモノを, 出て, 来て, 逃れて

▼ 旅ほど~ (5, 0.0%)

1 他人の, 嚊が, 好ましいもの, 気晴らしな, 気楽な

▼ 旅やどり~ (5, 0.0%)

2 消ゆる 1 に, には何, 匂やかなる

▼ 旅人体~ (5, 0.0%)

2 の男 1 と裸体, になり, の笠

▼ 旅~ (5, 0.0%)

1 からついた, など結いつけ, の中, をすり替へる, を取っ

▼ 旅~ (5, 0.0%)

1 して, の亭主等, の月, の歌, の船

▼ 旅用意~ (5, 0.0%)

3 の巻帛 2 の卷帛

▼ 旅~ (5, 0.0%)

1 で独り学芸, に一文, の外, より, を思い出させる

▼ 旅~ (5, 0.0%)

1 にある, の困難, の困難さ, をつづけ, を一日

▼ 旅~ (5, 0.0%)

1 のうち, の地, の道, を夢みた, を送っ

▼ 旅~ (5, 0.0%)

1 お妻やくざ, に身, のこと, のごとく, はいじめられる

▼ 旅かばん~ (4, 0.0%)

1 をならべ, を取り, を持つ, を搬ん

▼ 旅ごこち~ (4, 0.0%)

1 がした, して, する, は湯上がり

▼ 旅でした~ (4, 0.0%)

1 から私, が三等車, が印象深い, が只今

▼ 旅でなく~ (4, 0.0%)

4 ても旅

▼ 旅での~ (4, 0.0%)

2 トンネルは 1 外の, 生活の

▼ 旅とて~ (4, 0.0%)

2 立出で 1 私共が, 足袋はだし

▼ 旅との~ (4, 0.0%)

2 君や 1 大した相違点, 照応急に

▼ 旅とも~ (4, 0.0%)

1 なれば, 思って, 見えず万筋, 違って

▼ 旅なれた~ (4, 0.0%)

1 男が, 者か, 足つきで, 連中の

▼ 旅について~ (4, 0.0%)

1 これは, ケンペルは, 書くよう, 来たの

▼ 旅心地~ (4, 0.0%)

1 と快い, にわれ, に移す, を新た

▼ 旅~ (4, 0.0%)

1 が置い, というの, について古来いろいろ, をみる

▼ 旅~ (4, 0.0%)

1 であり絵の具, も据え, を持っ, 呑みさし

▼ 旅~ (4, 0.0%)

1 がある, とまちがえ, の苞, はこれ

▼ 旅裝束~ (4, 0.0%)

1 のま, の儘, をとほし, を脱いだ

▼ 旅~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 と共に流れ, の列

▼ 旅いで~ (3, 0.0%)

2 たちで 1 たちの

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 もひ, 角明樽買久八, 角是は

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 にやけた商人, 千石以上の, 必要な

▼ 旅かせぎ~ (3, 0.0%)

1 に出ました, に出る, の按摩

▼ 旅さきで~ (3, 0.0%)

2 心の 1 どういう身状

▼ 旅させ~ (3, 0.0%)

1 てやっ, て下さいまし, 昼間これを

▼ 旅しかも~ (3, 0.0%)

1 多く人の, 始終仕事, 容易ならぬ

▼ 旅するなら~ (3, 0.0%)

1 ばしばしば, ば心して, ば荒物屋

▼ 旅せし~ (3, 0.0%)

1 ことも, ころ彼親達を, 時の

▼ 旅せん~ (3, 0.0%)

1 とて恐らくは, にそこ, ものは

▼ 旅としての~ (3, 0.0%)

2 共通の 1 目的は

▼ 旅なぞ~ (3, 0.0%)

1 に出る, をいたす, をし

▼ 旅などを~ (3, 0.0%)

2 したこと 1 して

▼ 旅なり~ (3, 0.0%)

1 あくまでも旅行研究, ばかり大きく, 然れ

▼ 旅なれない~ (3, 0.0%)

1 と見え, 事故あの, 人たちだけが

▼ 旅なれぬ~ (3, 0.0%)

1 お身体, 女や, 少もの

▼ 旅なんか~ (3, 0.0%)

1 して, しないで, 止めて

▼ 旅なんて~ (3, 0.0%)

1 何年にも, 洒落て, 話と

▼ 旅ゆき~ (3, 0.0%)

1 つつ勝負, て, なれし吾

▼ 旅よりも~ (3, 0.0%)

1 もつと, 四人も, 気の

▼ 旅らしく~ (3, 0.0%)

1 なつた, 宿の, 酒を

▼ 旅をも~ (3, 0.0%)

1 困難に, 思はず, 試みなければ

▼ 旅以来~ (3, 0.0%)

1 の半蔵, の自分, 過ぐる三年間

▼ 旅八首~ (3, 0.0%)

1 の一, の一つ, は純粋

▼ 旅八首中~ (3, 0.0%)

2 の一 1 の一つ

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 の査證, を見せた, を閲する

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 このたび, すること, は胸

▼ 旅川周馬様~ (3, 0.0%)

1 それ程の, の奥方, の隠密術

▼ 旅川様~ (3, 0.0%)

1 お十夜様, からお, もお待ちかね

▼ 旅慣れぬ~ (3, 0.0%)

1 お坊さん, 女の, 私は

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 このスランプ, に出たい, 馴れない山

▼ 旅歩き~ (3, 0.0%)

2 の博徒 1 にも不知哉丸

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 が細, を叙する, を蘭軒

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 が詩, のした, の状

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 とその, のまま, の仕立て直しだった

▼ 旅職人~ (3, 0.0%)

1 がずい分, の徒弟, の風つき

▼ 旅舎生活~ (3, 0.0%)

1 する森彦, をする, を始め

▼ 旅荷物~ (3, 0.0%)

1 しまひ終りて, に縛り附け, 小造

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 が現れ, の一つ, の轍

▼ 旅輿~ (3, 0.0%)

1 に出会う, の支度, は渡良瀬川

▼ 旅~ (3, 0.0%)

2 も持たず 1 の入

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 は一人, は過ぎ, をつく

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 は半蔵, は彼, も心苦しい

▼ 旅~ (3, 0.0%)

1 にま, の眠り, を担ぐ

▼ 旅駕籠~ (3, 0.0%)

1 が入っ, に揺れ, に身

▼ 旅あきない~ (2, 0.0%)

1 に諸国, をし

▼ 旅からでも~ (2, 0.0%)

1 帰って, 帰つて来た

▼ 旅この~ (2, 0.0%)

1 スランプを, 主従が

▼ 旅さきのせゐ~ (2, 0.0%)

2 かなかなか

▼ 旅したら~ (2, 0.0%)

1 これほど, 誰だって

▼ 旅してる~ (2, 0.0%)

1 のよ, 所を

▼ 旅しよう~ (2, 0.0%)

1 か, と思っ

▼ 旅すれ~ (2, 0.0%)

1 ばまして, ば馬

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 かし, らへ

▼ 旅だけ~ (2, 0.0%)

1 であった, 休ませて

▼ 旅であっ~ (2, 0.0%)

1 てみれ, ても旅

▼ 旅でありました~ (2, 0.0%)

1 が北陸路, が日

▼ 旅でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば見きわめ

▼ 旅として~ (2, 0.0%)

1 考えれば, 見て

▼ 旅としては~ (2, 0.0%)

1 かなり急いだ, 今年の

▼ 旅なお~ (2, 0.0%)

2 買ひ

▼ 旅などへ~ (2, 0.0%)

1 出ては, 進んで

▼ 旅なども~ (2, 0.0%)

1 おおよそ半年以上, 矢張り難儀で

▼ 旅においても~ (2, 0.0%)

2 我々は

▼ 旅における~ (2, 0.0%)

2 漂泊の

▼ 旅におけるか~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 旅にて~ (2, 0.0%)

1 三首, 作れる

▼ 旅のみ~ (2, 0.0%)

1 なし児, なし児砂糖

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 と照, の少女

▼ 旅びとたちのやうに我々~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 旅びとも~ (2, 0.0%)

1 少くは, 少ないと

▼ 旅へなど~ (2, 0.0%)

1 お義兄様, 出ないで

▼ 旅へは~ (2, 0.0%)

1 入らなかつたので, 出まいと

▼ 旅へばかり~ (2, 0.0%)

2 出て

▼ 旅までも~ (2, 0.0%)

1 突進させた, 踉い

▼ 旅やら~ (2, 0.0%)

2 食客やら

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 全クスルヲ上ト為, 破ル是ニ次グ

▼ 旅七日~ (2, 0.0%)

1 に大阪, の留守

▼ 旅仕事~ (2, 0.0%)

1 に出た, を終え

▼ 旅住居~ (2, 0.0%)

1 がようやく, で仕度

▼ 旅医者~ (2, 0.0%)

1 の俊良殿, は呉

▼ 旅土産~ (2, 0.0%)

1 に, は腫物

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 にまみれ, の掌

▼ 旅心地物~ (2, 0.0%)

2 わびしらの

▼ 旅扮装~ (2, 0.0%)

1 に凛々しく, のこんがら

▼ 旅按摩~ (2, 0.0%)

1 がまいりまし, に成りました

▼ 旅易者~ (2, 0.0%)

1 か, になり下がる

▼ 旅~ (2, 0.0%)

2 を着け

▼ 旅来し~ (2, 0.0%)

1 が高千穂, ことを

▼ 旅果て~ (2, 0.0%)

1 て歸, と云つた氣

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 に錦上花, を傷つけ

▼ 旅楽師~ (2, 0.0%)

1 の群れ, を思い出した

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 の中, の形

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 つづき, には

▼ 旅殊に~ (2, 0.0%)

1 何処の, 白河あたりを

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 けに小麦色, けのし

▼ 旅画師~ (2, 0.0%)

1 には解けなかった, に小田原

▼ 旅舎住居~ (2, 0.0%)

1 の境遇, をした

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 や小舟, や旅客

▼ 旅芝居~ (2, 0.0%)

1 ではいかなる, とか移動演劇

▼ 旅芝居穂麦~ (2, 0.0%)

2 がもと

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 を側, を引寄せ

▼ 旅行き行き~ (2, 0.0%)

2 なづみ

▼ 旅~ (2, 0.0%)

1 たった一つ, より毛布

▼ 旅退し~ (2, 0.0%)

2 たるに

▼ 旅進旅~ (2, 0.0%)

2 退したる

▼ 旅馬車~ (2, 0.0%)

2 に打

▼1* [405件]

あきうどと, 旅あきんどながらそう, 旅あの盛んな, 旅あるきの釜師, 旅いそぐ鳥の, 旅うき世を, 旅うなぎや養魚場生まれ, 旅おいぼれの私, 旅おもしろき青田かな, 旅かごや乗りかけ, 旅かなしくも生き, 旅かも知れぬが, 旅からもやってきました, 旅がたりのうちに, 旅がちでございました, 旅がといふよりも, 旅きっと行きますよ, 旅ぐらゐ出来るのに, 旅ここで採用, 旅こそは彼から, 旅ごころ今日うら安し, 旅ごころ水は噴井, 旅さえできれば, 旅させよの眞意, 旅させるように, 旅させろ大事な, 旅させろだろうかと笑いました, 旅したい心を, 旅したくなったのであります, 旅しつづけ今帰らう, 旅しつづけるばかりである, 旅してて, 旅しないのだつたら, 旅しました時東郷の, 旅しますと面白い, 旅しまわりたる紀行あり, 旅しもぞ昨日の, 旅し去ってやわらかい, 旅し得ずこれが, 旅し来った記念に, 旅じたくの一部分は, 旅じたくでつえを, 旅じたくらしいな, 旅すがら足利家にも立ち寄っ, 旅すがら路傍などによく, 旅するごとく風と, 旅する云うても結構, 旅する如く官吏が, 旅する巡禮等その, 旅ずれした小童, 旅ば足り, 旅せじと云, 旅ぜんたいがそもそも, 旅そして来春の, 旅その又旅, 旅それはなるまい, 旅それから郷里に, 旅そんなような, 旅たたんとし, 旅だけにわびしいの, 旅だろうと考えた, 旅つづら一つ担って, 旅つてそんなもの, 旅づかれのしたおなかの, 旅づつみの端を胸, 旅づつみ恋の詩集, 旅ものも, 旅であう春の, 旅であったならば目的, 旅であったらしくも思われる, 旅でありこの青年壮士, 旅でありますからそんな, 旅であろうのにその, 旅でかうして, 旅でござるから少し, 旅でござんすから暦, 旅でさえもなるべくは, 旅ですつかり声を, 旅でなかつたら平次も, 旅といたしまする, 旅といった気持も, 旅といつては東京, 旅といふこそうれしけれ, 旅といふほどの遠道ぢや, 旅とかいって, 旅とがよく結び付けられ, 旅ときまつて, 旅としか見えなかった, 旅となつた, 旅どころか大師樣へ, 旅どちらへおい, 旅なかまでした, 旅なさるんなら, 旅なすっていらっしゃるだろう, 旅などが出来る質, 旅などとはいえた義理, 旅などはせんでも, 旅ならずけり遊ぶとて来つ, 旅ならねば落人, 旅なりしかな, 旅にさえこれほど, 旅にぞありける, 旅にって深雪さん庄吉って, 旅にとっては前途に, 旅にとは申し, 旅になんか出かけても, 旅になんぞ出て, 旅にのぼつた, 旅によつて其の, 旅によって私が, 旅によりて万事休する, 旅にをる, 旅にん姿提灯を, 旅に対する観念の, 旅に関して筆を, 旅に際して私たちは, 旅汽車に, 旅ねの君よ, 旅のけにし, 旅のほど思わせつ, 旅のみが持たせる負担, 旅はよかつただらう, 旅ばっかりでしたのに, 旅びとがおまえの雪のふっ, 旅びとがおまへの雪のふつ, 旅びとがこつそり尾根道を通る, 旅びとがたずねて来た, 旅びとが行燈のまえ, 旅びとたちの言葉, 旅びとなぞがトンネルの入口なぞ, 旅びとの去つたあと, 旅びとのやうにどこまでも歩いて, 旅びとのやどりせむ野に霜, 旅びとの群はせ, 旅びとの話にしろ, 旅びとの車に故障, 旅びとはあたりをちょっと見返ったが, 旅びとはここから渡し船に乗っ, 旅びとはその周囲の大, 旅びとはその周圍の大, 旅びとはそれから何だか体, 旅びとは微笑を含み, 旅びとは日暮れて, 旅びとは額を皺め, 旅びとふたりを火葬にし, 旅びとやリュックサックを背負った, 旅びとらしい気分で二時間あまり, 旅びとらしくもない憔悴した姿, 旅びとをぶち殺して, 旅ぶろしきを首, 旅へまで出た, 旅へも出られないから, 旅ほこりそれらの, 旅ぼこりの身, 旅はりで, 旅まあゆっくりとやる, 旅まで持って, 旅めいた心持に, 旅めいた浮かれ心地にな, 旅もさのみ億劫, 旅もどりの人, 旅もなぐさまないこゝろ持ちあるく, 旅もろとも逃げ出し, 旅やうやく旅, 旅やけの手, 旅やれやれと腰, 旅ゆき迷ふわづら, 旅ゆくとけふ春風に, 旅ゆゑ病得て, 旅ゆ帰り来て, 旅喃, 旅よごれのまま, 旅よりかへり, 旅よりはずつと快よ, 旅らしかつた, 旅らしくながめている, 旅らしくなって来た, 旅わけて戦乱の, 旅わけても法隆寺から, 旅をすら困難に, 旅をば供人も, 旅を以て天下を, 旅を通して大阪表へ, 旅アイルランドの旅, 旅カバンまで用意, 旅シタ折ニモ偶然人ガ野外ニ立ッテ拓本ヲ製作シテイルトコロヲ, 旅ヨーロッパの旅, 旅ヲスル楽シミガ消シ飛ンデシマッタ, 旅万が一にも行きつまれ, 旅上衣も脱い, 旅世界一周でございます, 旅中下風に立っ, 旅中伊豆の三島, 旅中侶伴となる, 旅中俊基朝臣にぜひ, 旅中別而不知徒然生涯妻子に勝る, 旅中印象雜記として出, 旅中同行の中, 旅中困難の体, 旅中大阪へ立寄る, 旅中家に送りし, 旅中家島を訪, 旅中宿屋に彼, 旅中幾十日の習慣, 旅中感銘したこと, 旅中本書を携, 旅中止宿の用意, 旅中父の死, 旅中端午の節句, 旅中見聞せる事, 旅中記であるが, 旅中鎭魂の作, 旅中限りという特別, 旅衣波には, 旅へし, 旅二十四曲全部を歌っ, 旅二百円ばかりですむ, 旅ひがたき, 旅亭三軒ありと, 旅亭主の零落, 旅亭主テナルディエをさがした, 旅亭糠屋のおん曹子, 旅亭華山荘に寓, 旅人山に入り, 旅人我汽車の窓べ, 旅他国で畔道, 旅以来二人は一層, 旅以来彼の周囲, 旅以来格別お世話になった, 旅で催した, 旅会創立第十周年紀念大会, 旅よりも旅, 旅に開く, 旅俳優かい, 旅は何, 旅六十年の想い出, 旅兵馬はそれ, 旅其事に生活, 旅具旅装の絢爛, 旅出して來, 旅出ちますよりも私, 旅出稼と云っ, 旅をおび, 旅の其際, 旅に長い, 旅劵その他の檢査, 旅を解い, 旅医士が童子一名, 旅合羽紺のきゃはん, 旅合羽道中薬そんな物, 旅合羽長脇差を揃っ, 旅にし, 旅四十日過ぎこし方, 旅固めした身拵え, 旅團長に以下身分, 旅で最も, 旅垢だらけな耳, 旅外套の襟, 旅般疾是憂, 旅でも日本, 旅女優彼女は僕, 旅で, 旅姿それに声, 旅姿笠と杖, 旅姿菅の小, 旅嫌いであるが, 旅でしかも, 旅家女商来る, 旅に上る, 旅山伏であったらしい, 旅川お前は案外, 旅川さんあの人, 旅川周馬あとへも退かず, 旅川周馬ずれに, 旅川周馬の足は軽い, 旅川周馬ゲタゲタ笑って, 旅川周馬バラバラッと表二階, 旅川周馬ムクムクと身, 旅川周馬一個人の立場, 旅川周馬五六寸ほど後ずさりし, 旅川周馬大手をひろげ, 旅川周馬天堂一角そしておれ自身, 旅川周馬引金をひいたら, 旅川周馬悪党のくせ, 旅川周馬手をつかえ, 旅川周馬目をねむっ, 旅川周馬秘密の渦路, 旅川周馬総髪で納まっ, 旅川周馬腕に器量, 旅川周馬腰から鍵, 旅川周馬血達磨のよう, 旅川周馬隙を狙っ, 旅幾十年をへだて, 旅店その他において毎日, 旅店三由屋の老, 旅店築地ホテルと言, 旅店風の大家, 旅に継ぎ, 旅役人の船, 旅同行ねがいたい, 旅の通い路, 旅悲しく死んだお, 旅をそそる, 旅慣れたいでたちで, 旅慣れんでいらっしゃいます, 旅いまだ止まざる, 旅手帳へも, 旅扮装いの老婆, 旅摺れした面構え行商も, 旅疲れたろ, 旅故郷の閑古鳥, 旅数日いつの日も地米, 旅旅やうやく旅, 旅旅何よりも旅, 旅旅旅に出たい, 旅旅旅何よりも旅, 旅日記そのものが後, 旅日記ニ日坂ニテ富士ヲ望メハ, 旅日記等にも因ります, 旅日誌の端, 旅の夜, 旅春人の心, 旅暮しで送っ, 旅暮らしに出よう, 旅であって, 旅杖一つ鞋に岩角, 旅もない, 旅柳桜師匠のところ, 旅案内と云う, 旅次行軍を続けた, 旅歌八首という中, 旅の旅, 旅も異, 旅汚れのした, 旅汽車にて走る, 旅泊りは駿河, 旅法衣ふきまくる風, 旅浪人であった, 旅渡りの仕立屋, 旅準備をし, 旅焼けの顔, 旅を入れ, 旅疲れゆえ直ぐに寝ます, 旅疲労の故, 旅疲勞の故, 旅着一枚でしかも, 旅磯うつ浪もあわれ, 旅神楽の道楽者, 旅空はるかに飛行機, 旅立たすのでなかった, 旅立以来無銭旅行的テムポであるという, 旅立候ひしに, 旅立姿が彼, 旅立延期を詫びる, 旅立玉う離別, 旅箪子にあらゆる, 旅粧いもきりっと, 旅なども着けさせ, 旅絵師山崎澹山の正体, 旅臭い寝台で, 旅舎あてによこした, 旅舎はさ程離れ, 旅舎五千尺の帳場, 旅舎島田屋という, 旅舎布施屋の長男, 旅舎本陣鍵屋の前, 旅舎静岡屋で足利, 旅芸妓があり, 旅芸者それを鮎川, 旅芸者一人に人情, 旅蒸気のマスト, 旅藝者をし, 旅行きの役, 旅行く如くたどり行き臥やせる, 旅行けば我, 旅行ずきだけあります, 旅をはい, 旅裝整へて戸, 旅裝束片瀬江の島へ行く, 旅裳束を着替へる, 旅覚えでも書い, 旅語る商人ふたり, 旅費えをせね, 旅は未だ, 旅軍これを追, 旅辨天や松井町, 旅途中のこと, 旅逢坂山の関, 旅連れや汽車, 旅道づれになった, 旅道具を見る, 旅だけかは四国中国, 旅から里, 旅と称する, 旅銭旅籠銭の余裕, 旅革包に収め, 旅音楽師の真似, 旅が陥落, 旅に洗われ, 旅が来合わさない, 旅馴れぬ旅行者の, 旅馴れませんから困ります, 旅の背, 旅のむれ, 旅へ着く