青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「持った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

持~ 持たせ~ ~持たない 持たない~ ~持ち 持ち~ 持ち出し~ ~持っ 持っ~ ~持った
持った~
~持つ 持つ~ ~持つた 持つた~ ~持主 持主~ ~指 指~ ~指し 指し~

「持った~」 4012, 42ppm, 2788位

▼ 持ったまま~ (167, 4.2%)

5 立って 4 出て 2 うなだれて, じっとそれ, その肱, である, で中堀, で何処, で出, で雪, 同じ二階, 急いで

1 [138件] あいた手, あわてて, おろおろし, おろおろした, お台所, お清, きっとくちびる, この時更め, しばらくは, しばらく問題, しばらく大きな, しばらく妹, しばらく母, しばらく考え, じっとその, じっと坐っ, じっと眼, じっと階上, じりじり後, すぐに, すぐ二階, すぐ電車, するすると, すーっと, ずいと引退, ずんずんと, その体, その場, その室, その度, たずねました, だ, だんだん軽蔑, つと一間, で, であたかも, であちら, でいかにも, でいくら, でうん, でお, でしゃなりしゃなり, ですよ, でそっと, でやはりにやにや, で仕事, で地, で壁, で巽, で帽子, で引返し, で気遣わし, で江, で火, で片手, で立ちすくみました, で箱火鉢, で芸妓, で蚊帳, で街, で駒井甚三郎, とうとう後, とんで, どんな風, にし, にやりと気味, の下段青眼, の十七, の手, の腕, の調色板, ばったり倒れ, ひょろりと戸外, ふらふらと, ぶるぶると, ぼんやり動かなくなっ, またハンモック, また廊下, また現われた, また静か, まっ赤, もう腹いっぱいに, もじもじし, やって来た, やらじとばかり, よろよろと, わざわざ立っ, オロオロと, ヨチヨチとよ, 両腕, 仰いで, 仰向きに, 佇んで, 倦み果てたよう, 傾いて, 動かずほとんど, 動かなくなった, 又巡査さん, 呆然と案山子, 呻くよう, 大きな目, 小さい鼾, 小さな清水, 少し厳しい, 広い空地, 引き摺り出して, 引く事, 待てよ, 忙しそう, 思わず音, 悪い事, 振り向くと, 捨てること, 暗くなる, 泣きべそ, 突然立っ, 立ち止った, 笑いながら, 笑い出した, 答えた, 絶えず車窓, 落ち込んで, 蒼くなっ, 見て, 見送って, 赤い敷物, 走りだした, 躍り出した, 転がりました, 追いすがるよう, 長い登り, 長く露出, 面白そう, 飛び上がらんばかりに, 飲まないで, 馴れた調子, 驚いて, 黙って

▼ 持ったもの~ (158, 3.9%)

10 である 86 であった, では 5 でなければ 3 がこの, だが, であるが, であること, をさいかち 2 がある, が徳義, が最も, だと, であるかが, です, でも, と考える, のよう

1 [90件] かすこし, かもしれない, か大した, があり, がその, がサク, が一人, が一時, が世界文学, が多かっ, が娘っ子, が将軍, が犇, が自殺, が衆人, さ, さね, だから, だけが本来, だし, だという, だね, だろう, でありますから, であるか, であると, であるの, でこの, でこれ, でございますね, でした, ですが, ですよ, でたった, ででも, でないと, でなくて, でなくては, でなくむしろ, でビクター, で一般人, で到るところ, で参考用, で技術, で指揮者, で日本武尊, で男性, という意味, としてであった, として又は, とはいえなかった, と僕, と見え, どもでも一度, などは沖縄, にとっては癪, になっ, に女, に日常, に浄化, に限る, のこと, は, はある, はいない, はここ, はたしかに, はない, ははなはだ, は個性, は先ず, は恐らく, は日本, は早く, は汲み出し, は誰, は野獣, への企て, もあるらしい, も改めて, らしい, をかくし, をよく, を唯単に, を店, を放り出したくなる, を書く, を申す, を私, を選んだ

▼ 持った~ (145, 3.6%)

9 である 8 であった 5 です 4 か, だ, だが, ですか, では 3 でした 2 が不運, だった, であります, であろう, はこの

1 [90件] お母さんの, かも知れません, が, があり, がありまし, がぐいと, がこの, がすぐ, がそれ, がたちまち, がひととき, がまあ, がバラバラ, が一つ, が一八六〇年, が二人, が吉村, が多い, が悪かっ, が根岸, が無念, が牛込, が私, が踏み留まる, が追っかけ, さえ頃日, じゃ, じゃない, だそう, だったが, だよ, だろう, だろうが, であって, であるから, であれば, であろうか, であろうもし, でございます, でしょう, でしょうか, でも, と一つ, と手下ども, なら殺人者, に対して仲間, はあれ, はきのう, はすでに, はそれ, はとう, はひどく, はまことに, はわれわれども, は何ん, は凧, は十歳位, は右手, は多少, は夫, は彼, は彼等, は意外, は昭和三年, は有難い, は東京, は生れ, は真に, は莫迦, は董家, は要するに, は貴方, は銀, もあります, もいる, もそんな, もよく, も妹, も無理, やそれ, やらへえ, や老若男女, をそのまま, をよく, を一匹, を引払われ, を胸, を見る, を見懸けぬ, を資本

▼ 持った~ (114, 2.8%)

2 だ, であった, である, です, でなければ, に対しては別, のよう, の子, もありました

1 [96件] がある, がい, がいる, がお雪ちゃん, がかけつけ, がニコニコ, が二三人出入り, が今日, が出, が出入, が存外, が少なかっ, が往来, が支配, が来, が桟橋, が死後, が沢山, が混, が無駄書き, が迎え, が追っかけ, さえある, そんな人, だそう, だと, であったから, であったという, であって, でありました, であり科学, できわめて, でした, ですがね, でないと, でなくては, ではなかっ, でも容易, でも少し, でも自分, で卑しく, で聊か, とは思わなかった, と同様, と怖い, と思われる, と持たぬ, と物, と言え, なの, なら決して, なん, にのみ味得, にはさも, に迎え, に違い, に限られ, の不幸, の作, の女房, の姿, の病, の眼, の親, の談, の身, はああ, はあった, はいくらでも, はこちら, はどんなに, はない, は一人, は一人おい, は僕, は問屋場, は多くなに, は子供, は少々, は広い, は日本人, は楽々, は沢山, は矢張り, は神, は秀吉, は近寄る, ばかりでなく, もありません, も全く, も無かっ, も若く, も随分, をつかまえ, を外国人歓迎, を整列

▼ 持ったこと~ (110, 2.7%)

13 のない 12 がない 6 はない 5 がある, がなかっ, がなく 3 はなかっ, もない 2 があった, のある, の無い, を非常

1 [50件] あらへんの, があっ, があったろう, があり, がありましょう, があるだろう, がねえ, が一度, が有ります, が無え, だった, である, であろう, であろうか, で一層, ないやろ, になる, に喜び, に感激, ねえもん, のなかっ, のねえ, はあるまい, はいっこう, はかつて, は事実, は否めない, は否めなかった, は実は, は忘れ, は明々白々, は苦しい, は言う, もあった, もある, もなけれ, も有った, も無い, も究極, も考えられる, も見た, らしかった, をいう, をうれしく, をわれわれ, を信じ, を後悔, を意味, を明らか, を発見

▼ 持った~ (104, 2.6%)

9 を膝 4 が少し 2 がワナワナ, でぼん, を掴んだ

1 [85件] がおののき, がしびれ, がだらり, がとめどなく, がぶるぶる, がガチガチ, がキチン, がピクッ, が小刻み, が無気味, が肱, が辷る, が顫, で, である, で両方, で伸子, で傘, で次の間, で花田君, で風呂, などの出た, にあたり数時間, にとまった, にもじゃ, に二等, に帽, に床, に後ろ, に振, に触れた, のようす, の中, の先, の尖, はワナワナ, は大きく赤く, は離さず, は震え, も斬り下げた, をあげ, をかもう, をきちんと, をぐいと, をさっと, をそれ, をだらり, をつかんだ, をとく子, をひざ, をふるわせ, をぶらりと, をゆっくり, をゆらゆら, をわざと, を下げ, を休めました, を伸べ, を力任せ, を口, を叩い, を壊れた, を帽, を庭, を廻し, を引い, を引っ込め, を引っ込めた, を後で, を思いきり顔, を抑え, を投出した, を押えました, を押える, を持ち添え, を振った, を控え, を握った, を狂気, を空, を組ん, を絞り消し, を頬杖, を額, を高く

▼ 持った~ (84, 2.1%)

2 が二人, であった

1 [80件] か女, があらわれた, がいきなり, がずっと, がその, がと考える, が一人, が一生懸命, が不意, が並ぶ, が先, が再び, が出, が十二人, が十人余り, が咽喉, が小走り, が居る, が帳簿, が数歩先, が来るだろう, が燠, が生存, が白い, が立っ, が言った, が足, が近づい, じゃあるまい, だ, だった, だったため, だの棒切れ, であったから, であります, である, であるという, でした, ですね, でもみ手, で女, で社会的地位, で腕ッぷし, というの, というもの, といえ, として押し出され, と多少, と行方不明, には当然, には恐らく, に三つ, に助けられ, に生れたろう, のきっと, の一人, の出現, の声, の妬み, の姿, の後ろ, の手, の気違い, の自動車, の言う, の顔, は, はその, はだれ, はまた, はもう, は下り松, は少い相, は数寄屋, は横, は笑い, は胸, も, もいます, をそして

▼ 持った人間~ (62, 1.5%)

2 がこの

1 [60件] がいるだろう, がそういう, がともすれ, がどこ, が動い, が大, が居る, が斯様, が棲息, が理想, だ, だが, だけがそこ, だという, であったの, でありますから, であり一つこと, であるが, であること, であるよう, でない, でなけりゃいけないと, でなければ, ではある, でもあった, でも二度と, で御, で御座いましたろうか, としてどちら, として描かれ, と申し, などは彼, など世間, なら空疎, にとってもある, にどんな, に取っ, に対するあふれる, に或, の, のこと, のする, の前, の声, の現象, の車輪, はそう, はただ, はどこ, はほか, は一人, は二人, は案外, は通常血, も彼一人, よりずっとずっと, よりはどれ, を書き得た, を毎時, を縛らせた

▼ 持った~ (53, 1.3%)

2 が, である

1 [49件] がいない, がない, がなお, がなんと, が一人, が入っ, が千三百ルーブリ, が古く, が姿, が無意味, が立ちどまっ, が舊弊, が逃げる, だ, だったか, だったが, であった, であるか, でした, です, ですからね, でその, でない成るほど, でも哀れ, というもの, というよう, などが何, にし, にようやく, のこと, のすて, のひと, の人, の写真, の感情, の気の毒さ, の濡手拭, はこの, は今さら, は子供, は少し, は社会, ばかりだ, もある, もいつのまにか, や空, をひと目, を一目, を知っ

▼ 持った~ (50, 1.2%)

2 病で, 病の

1 [46件] いい, いいよ, この佐官, この頃年, これまでの, しかししばらく, しかし最も, その手, それ以上の, ために, どっしりと, なんといっ, またそのまま, やはり浪, ゆえにまたその, ゆえ俄, テレーゼの, 伊太夫の, 作家の, 勿論脈, 因果と, 宜かん, 少なからず, 山には, 心配気に, 恨めしい因果, 悲しい因果, 手許が, 最後朝から, 本位田家の, 気の毒今, 活, 源氏が, 現在は, 病か, 病と, 病自暴から, 肴の, 自分の, 荻江節で, 親たちが, 間もなくそこ, 間もなく死なれ, 間口五間奥行二間半, 間違いああ, 首という

▼ 持った~ (45, 1.1%)

2 よりしんじつ

1 [43件] があります, が一人, が何十人, が前列, が坐っ, が多い, が平気, が幾人, が此, が毎晩交代, だ, であるかも, でなければ, でも, で終り, という難, としてその, に出逢う, に取りあげられ, に対してはほとんど, に幸せ, の大和, の所業, の桟敷, の立場, の間, の隠れ遊び, はありません, はなかっ, は岩, は手早く, は浪人, は猿, は皆, は石突き, は美しい, は血, は赤帽, または持ち得る, もいた, よりも片目, を殺す, 殊に手足

▼ 持ったなり~ (33, 0.8%)

1 [33件] あがりはな, しまわずに, で, でいた, でお, でね, では, ではかばかしい, でチョボ一, で帰っ, で飛ん, のんきそうに, クヨ, ドブリ, ヒラリと, モンドリを, 伊之助と, 其処へ, 小腰を, 尻餅を, 市中を, 帰らないから, 浴衣の, 神山の, 立ち上った, 考えだしたが, 腰を, 落入りました, 蟇の, 褥を, 西皮調の, 起直った, 黙然として

▼ 持った~ (30, 0.7%)

3 思って 2 云うこと, 思うと

1 [23件] あれば, いう, いうに, いうべきですが, いうまで, いうよりも, いって, いっても, したらわたし, すれば, 云う話, 云ふ, 云われては, 伝えられて, 同じこころ, 思われる自分, 持たないとの, 日頃から, 考えられる, 聴いて, 言いてえが, 言っても, 諦めるん

▼ 持ったよう~ (30, 0.7%)

2 だった, な詞

1 [26件] じゃ, だが, である, でしたが, ですね, でなお, で私, な, な古風, な味, な恰好, な感じ, な瞳, な訳, に, にあなた, にかがやい, にさしあげ, にほこり, にジャレ, に又, に嬉しかっ, に朧ろ, に膨れ上っ, に見えました, に輝い

▼ 持った~ (23, 0.6%)

2 友達が

1 [21件] きえさんが, はぐろとんぼが, 久美さんは, 人じゃ, 壺を, 庇に, 弟子が, 役人は, 政とは, 時を, 米さんに, 粂の, 組屋敷の, 絹の, 蝶だ, 豊の, 酒の, 金持ちが, 銀様の, 雪の, 鶴とを

▼ 持った~ (22, 0.5%)

4 のない 3 がある, が無い 2 がない 1 がありまし, がねえ, が長く, はありません, はございません, はない, もない, もなく, を天地, を聞く

▼ 持ったこの~ (20, 0.5%)

1 [20件] 乙女の, 人は, 佐久間町の, 兄さんを, 動物, 動物は, 嗜人草が, 夫婦は, 小山には, 怪物を, 教団に, 新しい英雄, 樗は, 男に, 男一匹が, 笛は, 身は, 部屋は, 露路の, 青年は

▼ 持った~ (20, 0.5%)

2 が勝ち

1 [18件] がある, がいくら, がおい, が切実, が声, が好かっ, さ, だけがお, でしかも, でしたので, ですから, に一度, のある, の影, の手, の手首, の男, はない

▼ 持ったその~ (19, 0.5%)

3 手を

1 [16件] しなやかな, ような, 上下り坂に, 人品には, 公算にも, 大陸が, 姿が, 娘の, 店の, 方達じゃ, 禿頭親父の, 紙帳は, 脈を, 部分は, 釵は, 門附の

▼ 持ったという~ (18, 0.4%)

2 ことは

1 [16件] ことである, ことも, ことを, ので, のは, ものは, わけである, 事実である, 号外では, 始末, 最も外部, 最近の, 某の, 男は, 結果からだけ, 鉄鉢と

▼ 持ったところ~ (18, 0.4%)

2 の真

1 [16件] であった, でどう, で何と, で家, で警視庁, にあった, の千載青史, の折助風, の拍節, の水, の茶人, の高貴, は時代, は骨壺, を知らない, を院長

▼ 持った一人~ (18, 0.4%)

6 の男 3 の若者 1 が声, の僧, の武士, の沙門, の純潔, の美少年, の老, の老翁, の見知らぬ

▼ 持った~ (18, 0.4%)

1 [18件] がある, がここ, がやる, がノッソリ, がバラバラ, がロマーシ, が不意, が両側, が出, が古河市兵衛, が外, が猶, だという, でなければ, はありますまい, はない, は駄目, ひょんな破

▼ 持ったなりに~ (17, 0.4%)

1 [17件] すごすごと, その前, その小石, またおもい出した, 下顋, 二階へ, 剣を, 土間の, 女の, 対手の, 振り返った, 旅人乙は, 月の, 海の, 細君の, 雨戸の, 顔を

▼ 持った若い~ (17, 0.4%)

3 女が 2 娘が

1 [12件] そしてりんりん, 人という, 大胆そうな, 女, 女の, 娘ヴィクトリーヌ・ラフルカード嬢であった, 婦人が, 時代には, 男女を, 者を, 警官が, 騎士姿の

▼ 持った人々~ (15, 0.4%)

1 [15件] がいる, がさも, がたとえ, がやってくる, が何百人, が彼等, に向っ, の意見, の献身, の群れ, の言葉, は他, は多く, は本当に, は決して

▼ 持った武士~ (14, 0.3%)

2 が一人

1 [12件] がちょうど, がにわかに, が不安そう, が互いに, が倒れ, が震える, が顫, であること, に腰, の鬢, は隙, 捕り物道具

▼ 持った~ (13, 0.3%)

1 [13件] どうする, などは井筒屋, なら浅草橋, にはいまだ, には猪, のこと, の心持, の掌, の私, は喜び, も同じ, 借りたの, 初めて肩上げ

▼ 持った言葉~ (13, 0.3%)

2

1 [11件] があろう, が始終, が私, であります, では云い表わされない, で慫慂, となる, になっ, に諦めた, を以て一首, を聞いた

▼ 持った少年~ (12, 0.3%)

1 [12件] が, がかき, がここ, がこんな, が婦人, が番人, だったの, であったこと, ではある, の群, を伴, 死んで

▼ 持った~ (12, 0.3%)

3 であった 1 が生き生き, でその, でまだ, に下, のあたり, はほ, は可憐, は大きく, を伏せ

▼ 持ったので~ (11, 0.3%)

1 [11件] いよいよ日本座, こっちこそ, ひどく得意, 主として前記, 口惜くっ, 或は常に, 治療の, 直ぐ手紙, 私が, 進みも, 開店と

▼ 持った二人~ (11, 0.3%)

1 [11件] が眼, が附い, に, の侍, の小者, の少年兵, の書記, の現代風, の男, の若い, は低い

▼ 持った子供~ (11, 0.3%)

1 [11件] があちこち, がうたっ, が一人, だった, である, として可愛, となる, のす, の列, の姿, もいた

▼ 持った人たち~ (10, 0.2%)

1 がおお, がまだ全く, が自分, である, ですら, にはみんな, には普通, まあ言っ, もある, も帆

▼ 持った~ (10, 0.2%)

2 がある 1 から家, が多い, が数軒, が近く, だけや慎作, だ汝達, で夏, を目当

▼ 持った少女~ (10, 0.2%)

2 の方 1 が八五郎, が十二, でどんな, と大学生, と結婚, の如く, はそう, もいた

▼ 持った~ (10, 0.2%)

2 でなければ 1 が嫁, の心, の苦労, はえらい, はその, は知らないよろこび, やあるいは, ヤマメは

▼ 持った~ (9, 0.2%)

1 えるの, それは, それを, どうか, またその間, 分らないが, 山口, 知らせて, 若者の

▼ 持っただけ~ (9, 0.2%)

2 でもう, で蒸気 1 である, でそれだけ, で外, で斬られないッ, なん

▼ 持った~ (9, 0.2%)

2 で, であった 1 が酔, である, でそう, で呼ん, で言いました

▼ 持った一つ~ (8, 0.2%)

1 のまとまった, の哲学, の手段科学, の望み, の社会的存在物, の花環, の集合場所, の風俗

▼ 持った人達~ (8, 0.2%)

1 が内庭, が現われ, だと, とそこ, にはあまねく, に心, の, ガラッ八

▼ 持った~ (8, 0.2%)

2 を揮う 1 から水, でピュッ, の先, の柄, の重み, へ噛

▼ 持ったから~ (7, 0.2%)

2 である 1 お両方, 一同大, 子供が, 新たな, 起こったこと

▼ 持ったため~ (7, 0.2%)

1 いつも無名, しがなく現在, にもそれ, にも子, によけい, に他, に私

▼ 持ったやつ~ (7, 0.2%)

1 がいる, じゃ, でした, ですから, でなくては, は一人, ばかり

▼ 持った人物~ (7, 0.2%)

1 が一人, が乗車, だったかも, で私, と人物, はしずか, を山吹

▼ 持った~ (7, 0.2%)

1 いい気もち, で進み入った, どうした, に四辺, のそっと, 迷いました, 重く口

▼ 持った~ (7, 0.2%)

1 な一面, 倉庫は, 桜草や, 煖炉が, 相場師の, 蜘蛛が, 鏡の

▼ 持った~ (7, 0.2%)

1 動物は, 厮と, 商人は, 悪魔達に, 按摩を, 泥棒は, 赤石を

▼ 持った~ (7, 0.2%)

1 が約ふた, であったかが, とその, の拳一つ, の生命観, はこれ, は方向

▼ 持った片手~ (7, 0.2%)

1 でわたしたち, をうち振っ, を伸べ, を差, を投げだす, を車掌, を鞄

▼ 持った~ (7, 0.2%)

1 がこうして, の手, の足, はこの, は何度自殺, は無論, を寂しく

▼ 持ったとき~ (6, 0.1%)

1 から顔, と同じ, のどっしり, はよし, よりも彼, 早くも

▼ 持った~ (6, 0.1%)

2 違いない 1 しても, すぎないが, 相違あるまい, 相違ない

▼ 持った~ (6, 0.1%)

1 じゃありません, だ, だけれど, だそう, です, ですがね

▼ 持った~ (6, 0.1%)

4 の手 1 の手さき, の掌

▼ 持った女中~ (6, 0.1%)

1 が仰天, が慌て, が通り掛かった, が障子, にパッタリ, をつれ

▼ 持った婦人~ (6, 0.1%)

1 だったの, と烈しくいい, の唇, の髪, はどこ, は非常

▼ 持った小僧~ (6, 0.1%)

1 が入っ, が扇屋, が死ん, だから, の長吉, の額

▼ 持った美しい~ (6, 0.1%)

1 別嬪さんで, 娘たちばかり, 娘だった, 曲である, 芸術は, 音楽家で

▼ 持った~ (6, 0.1%)

1 だちだ, です, で全体, と云え, は不意, は何時

▼ 持ったあの~ (5, 0.1%)

1 おそろしい魔女, かわいらしいがっしり, 大鯛, 町は, 親切な

▼ 持った~ (5, 0.1%)

1 ンね, 槍であった, 煙管であった, 飯桶で, 黄金の

▼ 持ったひとり~ (5, 0.1%)

3 の男 1 のグリーンランド人, の青年

▼ 持ったものの~ (5, 0.1%)

1 仕合せったら, 女房であろう, 意志に, 末裔が, 生み出す前

▼ 持ったもん~ (5, 0.1%)

1 だぞ, だな, だよ, です, でときどき

▼ 持った作品~ (5, 0.1%)

1 が好き, である, の一つ, はない, や作家たち

▼ 持った作家~ (5, 0.1%)

1 が世の中, だと, であるか, であること, で彼

▼ 持った~ (5, 0.1%)

1 が, が突, が言った, が鹿, でございました

▼ 持った右手~ (5, 0.1%)

1 で王, の甲, をぐるぐる, を窓, を頭上

▼ 持った商人~ (5, 0.1%)

1 が入っ, である処, の洪水, らしい男, らしかった

▼ 持った女性~ (5, 0.1%)

1 がふえ, であった, の急所, までが数奇, もある

▼ 持った~ (5, 0.1%)

1 おどりに, の茫漠, の鏡, をある程度, を外面

▼ 持った~ (5, 0.1%)

1 となっ, など何一つ, は亡くさない, は放しません, を懐

▼ 持った~ (5, 0.1%)

1 でございましてな, では仕方, とは言い, の虫, を頭

▼ 持った経験~ (5, 0.1%)

1 があっただろう, がない, のある, のない, はない

▼ 持った芸術家~ (5, 0.1%)

1 であった, である, でした, です, でも同様

▼ 持った若者~ (5, 0.1%)

1 が私, だった, であった, などが, の荷

▼ 持ったけれども~ (4, 0.1%)

1 これは, そりゃ重い, やはりその, 別に門

▼ 持ったそれ~ (4, 0.1%)

1 である, はそれ, は十三四, は醍醐弦四郎

▼ 持っただけの~ (4, 0.1%)

1 動作では, 口語歌が, 肉片を, 銛を

▼ 持ったばかり~ (4, 0.1%)

1 である, でして, でなくその, で私たち

▼ 持ったわけ~ (4, 0.1%)

3 では 1 でありその

▼ 持った一個~ (4, 0.1%)

1 の不可思議, の人格, の新しい, の蝶

▼ 持った両手~ (4, 0.1%)

1 をスーッ, をビロオド, をホン, を背後

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 がワナワナ, と畏敬, の化物刑部, 翁の

▼ 持った以上~ (4, 0.1%)

1 その結果, はやはり, は浮世, は生涯

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 のテーゼ, の上下関係, の実践, の客観的対象

▼ 持った剃刀~ (4, 0.1%)

1 で右, で喉, で自分, をそのまま

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 が二人, で気, と一緒, になっ

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 がいる, である, は幸い, を今

▼ 持った小柄~ (4, 0.1%)

1 な五十がらみ, な大工, の婦人, の色

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 が地球上, の外, の方, を繞

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 にし, になった, のよう, を与えました

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 で, の艱難, までもしげしげ, までも変らない

▼ 持った心持~ (4, 0.1%)

1 があります, でいました, でオートバイ, に類似点

▼ 持った思想~ (4, 0.1%)

1 として社会的実在性, の科学, は生れ, を芸術的

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 であおい, で踊, で風, を煽る

▼ 持った手紙~ (4, 0.1%)

1 をくちゃくちゃ, をさらさら, を取次, を巻き納める

▼ 持った提灯~ (4, 0.1%)

1 が近付い, の火, をかざし, をばっさり

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 にゃ僕, にゃ先手, にや薪, の情景

▼ 持った~ (4, 0.1%)

3 を叩く 1 に引

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 で木琴, となり, にもべに絵, を少年

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 だろう, にヘコ, に本家, 色々入費

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 であります, の食器, は意気地, ばかりである

▼ 持った生物~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 であるか, に見え

▼ 持った男の子~ (4, 0.1%)

1 がいました, が兎, であります, の後

▼ 持った男性~ (4, 0.1%)

1 とスイートホーム, なの, の手管, を選ぶ

▼ 持った白い~ (4, 0.1%)

1 建物が, 手, 手を, 髯の

▼ 持った~ (4, 0.1%)

1 に注いだ, に眼, を突きつける, を鳰鳥

▼ 持った砕氷船~ (4, 0.1%)

2 なん 1 でさ, なんか作りやしない

▼ 持った若い美しい~ (4, 0.1%)

1 一人の, 音楽家に, 音楽家は, 騎士の

▼ 持った覚え~ (4, 0.1%)

1 がありません, がない, はねえ, もない

▼ 持った観念~ (4, 0.1%)

1 が凡, だが, とは限らない, なの

▼ 持った青年~ (4, 0.1%)

1 が多く, だ, に守られ, の

▼ 持ったお方~ (3, 0.1%)

1 でのうては, とこう, なら私達

▼ 持ったばかりに~ (3, 0.1%)

1 あたしは, 亭主は, 梵行人を

▼ 持ったままいつ~ (3, 0.1%)

1 までもじっと, までもぼんやり, までも考え

▼ 持ったまま彼~ (3, 0.1%)

1 の傍, の前, は硝子窓

▼ 持ったまま眼~ (3, 0.1%)

1 の隅, をつむっ, を覚し

▼ 持ったまま自分~ (3, 0.1%)

1 のすき, の室, の部屋

▼ 持ったハンケチ~ (3, 0.1%)

1 がぐしょぐしょ, の下, を口

▼ 持ったプリマドンナ~ (3, 0.1%)

1 でした, のシューマン・ハインク, の卵

▼ 持った三人~ (3, 0.1%)

1 が靴, の中, の宿禰

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 としてここ, にしかもただ, に姫君

▼ 持った不思議~ (3, 0.1%)

1 な人間, な娘, な魚

▼ 持った主人~ (3, 0.1%)

1 がはいっ, の子供, はそのまま

▼ 持った二つ~ (3, 0.1%)

1 の名, の瞳, の要素

▼ 持った人形~ (3, 0.1%)

1 が一つ, が人形使い, に過ぎぬ

▼ 持った使い~ (3, 0.1%)

1 が来た, の男, を乗せ

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 がない, のない, の男

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 の一人, の十二人, は無

▼ 持った兵隊~ (3, 0.1%)

1 がいた, が四五人, の一人

▼ 持った刑事~ (3, 0.1%)

1 であること, との一隊, を連れ

▼ 持った動物~ (3, 0.1%)

1 が藻, でで, をただ

▼ 持った同じ~ (3, 0.1%)

2 ような 1 独逸人が

▼ 持った哲学者~ (3, 0.1%)

1 すでにおのれ, ではない, はいない

▼ 持った問題~ (3, 0.1%)

1 は自然科学, を沢山, を課す

▼ 持った四人~ (3, 0.1%)

1 にすすり泣き, の兵隊, の教友

▼ 持った団扇~ (3, 0.1%)

1 をば, をわざとばたばた, を放り出し

▼ 持った場合~ (3, 0.1%)

1 が問題, の雪子, まあなんとかなる

▼ 持った大きな~ (3, 0.1%)

1 獣の, 砂浜が, 面皰を

▼ 持った天使~ (3, 0.1%)

1 とをへだてる, と鷲, の形

▼ 持った女房~ (3, 0.1%)

1 って者, の一人, は三人

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 としての自分, に別れた, は相手

▼ 持った小さい~ (3, 0.1%)

2 太郎は 1 紙片を

▼ 持った小さな~ (3, 0.1%)

1 別天地が, 男の子が, 紙包を

▼ 持った小者~ (3, 0.1%)

2 にそれぞれ襟首 1 が西郷

▼ 持った~ (3, 0.1%)

2 の若い 1 にはこういう

▼ 持った~ (3, 0.1%)

2 の弦 1 あって

▼ 持った当時~ (3, 0.1%)

1 の人間生活精神, の光景, の青年

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 る一点, る世界, る意識機能

▼ 持った抜身~ (3, 0.1%)

2 をガッ 1 で今井

▼ 持った日本~ (3, 0.1%)

1 におけるまれ, の女, のGI

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 が近年, で犬, をハタ

▼ 持った松明~ (3, 0.1%)

1 に目, の火先, をとる

▼ 持った番人~ (3, 0.1%)

1 がいちいち, が切符, が銅羅声

▼ 持った疑問~ (3, 0.1%)

1 であった, と共に一概に, を益々はっきり

▼ 持った白刃~ (3, 0.1%)

1 がぎらり, を二人, を取直し

▼ 持った知識~ (3, 0.1%)

1 となる, になる, を内容

▼ 持った短刀~ (3, 0.1%)

1 をさしあて, を外, を音

▼ 持った紳士~ (3, 0.1%)

1 であった, を見ただらう, を見ただろう

▼ 持った老人~ (3, 0.1%)

1 が放心, でそれ, を囲ん

▼ 持った~ (3, 0.1%)

3 の高い

▼ 持った自分~ (3, 0.1%)

1 がいる, の経験, の面

▼ 持った芸術~ (3, 0.1%)

1 だけがいま, であったかも, である

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 侍が, 侍を, 葦の

▼ 持った西洋人~ (3, 0.1%)

1 に生れなかった, の女, の日本語

▼ 持った親達~ (3, 0.1%)

1 の心配, はなん, は顫

▼ 持った赤い~ (3, 0.1%)

1 フランネルの, 旗は, 煉瓦の

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 でもなし, で皆, にはそんな

▼ 持った近習~ (3, 0.1%)

1 がもの静か, の者, を要する

▼ 持った連中~ (3, 0.1%)

1 が五人, ならとても, は山

▼ 持った音楽~ (3, 0.1%)

1 でいい, はない, を知る

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 が無残, でなくちゃ, のない

▼ 持った騎士姿~ (3, 0.1%)

3 の音楽家

▼ 持った~ (3, 0.1%)

1 がある, が出, を見た

▼ 持った黒い~ (3, 0.1%)

1 固まりな, 服の, 腫物様の

▼ 持ったあらゆる~ (2, 0.0%)

1 樹木の, 男の

▼ 持ったある~ (2, 0.0%)

1 物が, 駅馬車の

▼ 持ったおじいさん~ (2, 0.0%)

1 がいいました, はいいました

▼ 持ったお蔭~ (2, 0.0%)

1 で又, で近い

▼ 持ったかが~ (2, 0.0%)

1 しなんて, わかる

▼ 持ったかた~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ 持ったかは~ (2, 0.0%)

1 前に, 私は

▼ 持ったかも~ (2, 0.0%)

1 しれないほどの, 知れない

▼ 持ったからには~ (2, 0.0%)

1 それらの, たくさんの

▼ 持ったきり~ (2, 0.0%)

1 で彼等, で空手

▼ 持ったくらい~ (2, 0.0%)

1 だった, 不倖

▼ 持ったごく~ (2, 0.0%)

1 ぼその, 小さな子供

▼ 持ったせい~ (2, 0.0%)

1 か胸部腹部, でしょう

▼ 持ったそういう~ (2, 0.0%)

1 女な, 顔が

▼ 持ったつもり~ (2, 0.0%)

1 でおります, で持たなかった

▼ 持ったとか~ (2, 0.0%)

1 しかし今, 誰やらが

▼ 持ったとたん~ (2, 0.0%)

1 にもう, に玄関

▼ 持ったのに~ (2, 0.0%)

1 それにお, 左右に

▼ 持ったふくよか~ (2, 0.0%)

1 な口, な肉

▼ 持ったほう~ (2, 0.0%)

1 の一人, の手

▼ 持ったままどこ~ (2, 0.0%)

2 かへいっちまった

▼ 持ったままひとり~ (2, 0.0%)

1 で当惑, で詠嘆

▼ 持ったままぼんやり~ (2, 0.0%)

1 して, と突

▼ 持ったまま三四郎~ (2, 0.0%)

1 に向かった, の姿

▼ 持ったまま両手~ (2, 0.0%)

1 を良人, を頭

▼ 持ったまま入口~ (2, 0.0%)

1 に立, に立っ

▼ 持ったまま前~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ突っ伏さる

▼ 持ったまま卒倒~ (2, 0.0%)

1 した, したなり

▼ 持ったまま地面~ (2, 0.0%)

1 に片, へヒラリ

▼ 持ったまま室~ (2, 0.0%)

1 の隅, を立ちいでた

▼ 持ったまま川~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 持ったまま工場~ (2, 0.0%)

2 の裏

▼ 持ったまま後~ (2, 0.0%)

1 すざりして, を向い

▼ 持ったまま母親~ (2, 0.0%)

1 の後, の所

▼ 持ったまま玄関~ (2, 0.0%)

1 へかけ, を出

▼ 持ったまま縁側~ (2, 0.0%)

1 に跼んだ, へ出

▼ 持ったまま膝~ (2, 0.0%)

1 に手, の上

▼ 持ったまま茫然~ (2, 0.0%)

1 として三千代, と突っ

▼ 持ったまま顔~ (2, 0.0%)

1 をあげた, を真っ赤

▼ 持ったやさしい~ (2, 0.0%)

1 山を, 目昔通りの

▼ 持ったわが~ (2, 0.0%)

1 娘の, 島国の

▼ 持ったショベル~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 持ったピストル~ (2, 0.0%)

1 からスーッ, の筒口

▼ 持ったマン~ (2, 0.0%)

1 が眼, の右手

▼ 持った一少年~ (2, 0.0%)

1 である, を学校

▼ 持った一尺~ (2, 0.0%)

2 ばかりの棒

▼ 持った一本~ (2, 0.0%)

1 の山刀, の帯

▼ 持った一群~ (2, 0.0%)

1 であると, の男ども

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 で刀, で発掘道具

▼ 持った下男~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の傍

▼ 持った不安~ (2, 0.0%)

1 が感ぜられる, は殆ど

▼ 持った不良青年~ (2, 0.0%)

1 の声, の居り

▼ 持った不運~ (2, 0.0%)

2 な女

▼ 持った~ (2, 0.0%)

2 のあり

▼ 持った世界観~ (2, 0.0%)

1 から始め, となる

▼ 持った中年~ (2, 0.0%)

1 の女, の紳士

▼ 持った乗客~ (2, 0.0%)

1 が存在, が近寄っ

▼ 持った人影~ (2, 0.0%)

1 がグルリ, が板戸

▼ 持った~ (2, 0.0%)

2 の良い

▼ 持った侍たち~ (2, 0.0%)

1 がぞろぞろ, が奥

▼ 持った個人~ (2, 0.0%)

1 ですが, の立場

▼ 持った個体~ (2, 0.0%)

1 であったの, のご

▼ 持った偉丈夫~ (2, 0.0%)

1 がその, ですべて

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 で受けました, で防

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 が続きました, に別酒一樽

▼ 持った僧侶~ (2, 0.0%)

1 でその, や金

▼ 持った兵器~ (2, 0.0%)

1 の使用, を使用

▼ 持った兵士~ (2, 0.0%)

1 が制する, が最後

▼ 持った処女~ (2, 0.0%)

1 が貴君, として現われました

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 な生き物, 櫓の

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 には久しく, を抛ち

▼ 持った口調~ (2, 0.0%)

1 だった, で斯

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 のある, の知れない

▼ 持った四つ~ (2, 0.0%)

1 の出入り口, の角

▼ 持った土地~ (2, 0.0%)

1 ならば, の滝川家

▼ 持った地図~ (2, 0.0%)

2 を覗い

▼ 持った坊さん~ (2, 0.0%)

1 が一列, ほど気の毒

▼ 持った変人~ (2, 0.0%)

1 と三人, は竜

▼ 持った多数~ (2, 0.0%)

1 の乞食, の人々

▼ 持った大人~ (2, 0.0%)

1 がそれ, となる

▼ 持った大名~ (2, 0.0%)

1 になり, は袍衣

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 であること, の数

▼ 持った奇怪~ (2, 0.0%)

1 な傷, な妖術師

▼ 持った奥さん~ (2, 0.0%)

1 は少し, は幸せ

▼ 持った女たち~ (2, 0.0%)

1 がうしろ, が六

▼ 持った女優~ (2, 0.0%)

1 とは成立ち, は西洋

▼ 持った妖精~ (2, 0.0%)

1 じみた女性, のよう

▼ 持った姿~ (2, 0.0%)

1 は又, をうつしだし

▼ 持った家庭~ (2, 0.0%)

1 の父母, をもそこ

▼ 持った寡婦~ (2, 0.0%)

1 がその, が住ん

▼ 持った小児~ (2, 0.0%)

1 の手, も居ない

▼ 持った小姓~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は彼

▼ 持った小家~ (2, 0.0%)

1 の前, の裏

▼ 持った~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 持った左手~ (2, 0.0%)

1 でぐっと, をうしろ

▼ 持った希望~ (2, 0.0%)

1 がある, と切れない

▼ 持った彼女~ (2, 0.0%)

1 の境遇, の姿

▼ 持った彼等~ (2, 0.0%)

1 が一見, が幾何

▼ 持った後家さん~ (2, 0.0%)

1 の所, を殺した

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 不幸と, 人体

▼ 持った微笑~ (2, 0.0%)

1 が漂う, であるよう

▼ 持った恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 巫女だ, 野性でございました

▼ 持った恰好~ (2, 0.0%)

1 でブラブラ, はなかっ

▼ 持った患者~ (2, 0.0%)

1 に過ぎなかった, の死に際

▼ 持った手拭~ (2, 0.0%)

1 で汗, は汚れ

▼ 持った文学~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 持った日本左衛門~ (2, 0.0%)

2 は軽い

▼ 持った時計~ (2, 0.0%)

2 をじっと

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 である, でレコード

▼ 持った末子~ (2, 0.0%)

1 であった, は肖像

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 をいくら, を上

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 が展開, の者

▼ 持った果物~ (2, 0.0%)

1 の籃, の籠

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 をぱたり, を喜

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 な小高い, に見えた

▼ 持った様子~ (2, 0.0%)

1 で取, で横

▼ 持った~ (2, 0.0%)

2 に全身

▼ 持った歴史~ (2, 0.0%)

1 に拠らず, の役割

▼ 持った~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ 持った殿様~ (2, 0.0%)

1 が平さん, とが登場

▼ 持った母親~ (2, 0.0%)

1 が出, の苦労

▼ 持った水兵~ (2, 0.0%)

1 が立っ, を従え

▼ 持った洋杖~ (2, 0.0%)

1 の先, をそのまま

▼ 持った液体~ (2, 0.0%)

1 が舌, であった

▼ 持った源氏~ (2, 0.0%)

1 の心理, は御輿

▼ 持った演奏~ (2, 0.0%)

1 である, でもある

▼ 持った潜水艦~ (2, 0.0%)

1 がぜひ, なら立ちどころに

▼ 持った灰色~ (2, 0.0%)

1 の壁, の砂丘

▼ 持った無数~ (2, 0.0%)

1 の影, の警句

▼ 持った無限~ (2, 0.0%)

1 に大きな, に広い

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 の霽, はいよいよ

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 が朝, の手

▼ 持った特異体質者~ (2, 0.0%)

1 だと, でございました

▼ 持った現象~ (2, 0.0%)

1 である, であるとは

▼ 持った琥珀色~ (2, 0.0%)

1 の櫛, や翡翠色

▼ 持った生きもの~ (2, 0.0%)

1 だとして, の一つ

▼ 持った甲冑武者~ (2, 0.0%)

2 がその

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 であった, の男

▼ 持った発言~ (2, 0.0%)

1 であるかを, を敢

▼ 持った白髪~ (2, 0.0%)

1 の老人, まじりの

▼ 持った百姓~ (2, 0.0%)

1 では到底, の老幼

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 が美しく, で座敷

▼ 持った盲目~ (2, 0.0%)

1 の乞食, の男

▼ 持った相手~ (2, 0.0%)

1 に斬られ, の力

▼ 持った真紅~ (2, 0.0%)

1 の鮮, の鮮やか

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 が所々, の左

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 である, というよう

▼ 持った私自身~ (2, 0.0%)

1 の運命, へのアラーム

▼ 持った童子~ (2, 0.0%)

1 の画, の美し

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 の花片, を女

▼ 持った純白~ (2, 0.0%)

1 な歯, な肌

▼ 持った細かい~ (2, 0.0%)

1 灰に, 神経の

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 から顔, を肩

▼ 持った美少年~ (2, 0.0%)

1 だった, を先

▼ 持った群集~ (2, 0.0%)

1 でしかあり得ないだろう, に追っかけられ

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 弁護士の, 紳士だった

▼ 持った老婆~ (2, 0.0%)

1 が上り框, やキルギス

▼ 持った者たち~ (2, 0.0%)

1 の上, を連れ

▼ 持った自然~ (2, 0.0%)

1 である, の板石

▼ 持った良人~ (2, 0.0%)

1 のよい, をいつも改めてそう

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 の白い, の黒い

▼ 持った血染め~ (2, 0.0%)

1 の太刀, の懐刀

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 に一通り眼, に照

▼ 持った親たち~ (2, 0.0%)

1 が平気, になるべく

▼ 持った観念形態~ (2, 0.0%)

1 であったかを, であるかが

▼ 持った角顔~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ 持った~ (2, 0.0%)

2 でも

▼ 持った読者~ (2, 0.0%)

1 の代表者, は相手

▼ 持った警部~ (2, 0.0%)

1 がのりこみました, はチタ子

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 があっ, 何故また

▼ 持った賭博者~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 持った躑躅~ (2, 0.0%)

1 の木, や紅い

▼ 持った身体~ (2, 0.0%)

1 だ飛道具, なん

▼ 持った農民~ (2, 0.0%)

1 そしてそれら, の手

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 というもの, をその

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 と洗いざらい, の音

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の簪

▼ 持った門番~ (2, 0.0%)

1 がうしろ, が一人

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 だった, の生命

▼ 持った限り~ (2, 0.0%)

1 の社会身分, の虚偽

▼ 持った集団~ (2, 0.0%)

1 であるから, の彼等

▼ 持った雑誌~ (2, 0.0%)

1 の事, は数える

▼ 持った電報~ (2, 0.0%)

1 であった, を三四郎

▼ 持った電波~ (2, 0.0%)

2 が出る

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 に立ち込められた, のよう

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 だ, を握りしめます

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 からある, の三四年前

▼ 持った顔色~ (2, 0.0%)

1 です, の美しい

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 が颯と, の如き

▼ 持った風采~ (2, 0.0%)

1 は今, を自ら

▼ 持った~ (2, 0.0%)

2 のうすい

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 である, の皿

▼ 持った黄色い~ (2, 0.0%)

1 のが, 草花首の

▼ 持った黒吉~ (2, 0.0%)

1 が舞台, に好意

▼ 持った~ (2, 0.0%)

1 の表現, の高い

▼1* [1478件]

持ったから汝, 持ったあっぱれ男です, 持ったあとがしっとり, 持ったあぶれ者が張合い, 持ったあやしい機械人間が, 持ったいい子な, 持ったいかつい顔の, 持ったいかにも生き生きした俳優, 持ったいが饅頭がほか, 持ったいちめんの白扇, 持ったいやな小さな, 持ったいろんな氷を, 持ったうちにそれだけ, 持ったえら物であった, 持ったおかあさんがありました, 持ったおかげで私, 持ったおじさんは今どこ, 持ったおせんの手, 持ったおっかねえ, 持ったおばあさんがムンズ, 持ったおもちゃの杓子, 持ったおりによく, 持ったおん身だから, 持ったお上りさんの青年たち, 持ったお初が, 持ったお客じゃて, 持ったお爺さんが立っ, 持ったお蔦が出来る, 持ったかたちなんてえ, 持ったかてきっと自分, 持ったかとか又は之, 持ったかなりの大作, 持ったからにはということにおいて, 持ったかんをのぞい, 持ったがねみんな合性が, 持ったきりぼんやりして, 持ったぎゅっと抱きしめたら撓って, 持ったくまがきつね, 持ったげたで手塚, 持ったこそ身の, 持ったこっちのオペラグラス, 持ったこと女中代りに十五, 持ったころには自分, 持ったさも厳めしい, 持ったその道中, 持ったじゃないか, 持ったすがすがしい理想的の, 持ったすばしこく滑べこく長い, 持ったすべての人, 持ったせつなに小次郎, 持ったぜいたくな母親, 持ったそう思えば, 持ったそしてまた推理の, 持ったそんな小僧が, 持ったたいまつを火薬, 持ったたくさんの人達, 持ったたった一人の, 持ったたまらない不気味な, 持ったため途中出来心でどんな, 持ったたるみのない, 持っただけでみんなを, 持っただけに錦子が, 持っただだっ広い森で, 持ったちょうど大仏の, 持ったつえでこつ, 持ったつやが全く, 持ったでかいホテルは, 持ったというくらいの軽さ, 持ったというはまた時代, 持ったとかいう名物も, 持ったとき仲介の, 持ったとき天上の切穴, 持ったとき平々凡々な人間, 持ったとてこれを, 持ったとばかり言うて, 持ったなかなかたやすくは, 持ったなと思う瞬間, 持ったなどと推測に, 持ったなり二三尺飛び退いて, 持ったなり何時までも読み, 持ったにぎやかな横町, 持ったのみでその後, 持ったのんだくれのマドロス, 持ったはるのン, 持ったばかりか今更の, 持ったばかりというような, 持ったばかりの新妻な, 持ったひとで光学, 持ったひょろ長い男は, 持ったふたりの男, 持ったほたる斬り信国, 持ったまことに単純な, 持ったまだ若いサント・メチルド長老, 持ったままあぐらをかい, 持ったままあっけに取られた, 持ったままあんぐりと口, 持ったままうしろへたおれた, 持ったままおやじは店頭, 持ったままお母さんの後, 持ったままかたわらの夕刊, 持ったままけげんそうにこっち, 持ったままここへ横, 持ったままそこに泣き崩れ, 持ったままみずから風を起こし, 持ったままアノ室へ這入り, 持ったままカウンターの方, 持ったままガタガタとふるえ出した, 持ったままガタガタ顫えて, 持ったままジッと徳市, 持ったままポツネンとし, 持ったままメラメラと燃えしきる, 持ったままユックリ歩く, 持ったまま一ツ撮もうと, 持ったまま一本の長い, 持ったまま一歩背後に退った, 持ったまま三之丞は中, 持ったまま三人のやりとり, 持ったまま三階に上った, 持ったまま上を見, 持ったまま下から仰向いた, 持ったまま下宿のお, 持ったまま不動のし, 持ったまま主任といっしょ, 持ったまま乱軍をつつむ, 持ったまま人気のない, 持ったまま代表を迎えた, 持ったまま仰向けに仆, 持ったまま何か考え, 持ったまま俯伏せに仆, 持ったまま健三の前, 持ったまま側へ寄っ, 持ったまま傍の椅子, 持ったまま僕はある, 持ったまま先生のほう, 持ったまま内の前, 持ったまま勝手元の部屋, 持ったまま勝手口を出, 持ったまま午睡をし, 持ったまま友達欲しそう, 持ったまま台の下へもぐりこん, 持ったまま向うへ行っ, 持ったまま呆然として立っ, 持ったまま唐突に椅子, 持ったまま地に俯, 持ったまま外に出た, 持ったまま大塚さんの顔, 持ったまま天を仰ぎ, 持ったまま天井を仰いだ, 持ったまま夫の顔, 持ったまま女の顔, 持ったまま女中部屋の方, 持ったまま妻の室, 持ったまま婦人を扶, 持ったまま安楽椅子の中, 持ったまま宙へ高く, 持ったまま小屋の中, 持ったまま小林の隣り, 持ったまま小林少年をつれ, 持ったまま居処をかえ, 持ったまま居眠りをし, 持ったまま屋内より庭, 持ったまま屋根へ移ろう, 持ったまま岩と雲, 持ったまま左手を伸ばした, 持ったまま席を立ち, 持ったまま帳場から歩き出し, 持ったまま平静至極にロマーシ, 持ったまま幸福な眠り, 持ったまま座を宴席, 持ったまま座敷から直ぐ, 持ったまま庭づたいに裏木戸から通り, 持ったまま廊下伝いに梯子段, 持ったまま引戸を静か, 持ったまま彼らの声, 持ったまま彼方へ向っ, 持ったまま後ろへ倒れる, 持ったまま御門の柱, 持ったまま怒りをひそめた, 持ったまま思いに沈ん, 持ったまま急に目, 持ったまま恰好の好い円い, 持ったまま惘然と炉, 持ったまま感情をひそめた, 持ったまま戸口に腰, 持ったまま扉のところ, 持ったまま手を放さず, 持ったまま手の甲で籠, 持ったまま押し入れの中, 持ったまま指示された椅子, 持ったまま敏捷に七十郎, 持ったまま散歩がてら, 持ったまま方角をちがえ, 持ったまま暫らく呆れたよう, 持ったまま書斎へ退いた, 持ったまま最期の場所, 持ったまま朝湯につかっ, 持ったまま木からとびおりた, 持ったまま本能的に柵, 持ったまま杜松のほう, 持ったまま杜松子のほう, 持ったまま板の間の仕切, 持ったまま棒立ちになっ, 持ったまま椽側に立っ, 持ったまま樽の上, 持ったまま橋の真中, 持ったまま橋板のない, 持ったまま此の様, 持ったまま気軽にずっと, 持ったまま水屋の口, 持ったまま汗と血, 持ったまま沈黙って裾, 持ったまま浜の方, 持ったまま火鉢の前, 持ったまま炉部屋へ行っ, 持ったまま熊野権現の前, 持ったまま片手を地, 持ったまま男の人, 持ったまま百姓は百姓, 持ったまま盗ッ人のよう, 持ったまま監視人たちの指図, 持ったまま目下自分と津田, 持ったまま相手の足もと, 持ったまま睫毛の長い, 持ったまま破風から飛出し, 持ったまま祠の方, 持ったまま私の冥想, 持ったまま窓の外, 持ったまま窓板から降り, 持ったまま窓際に身, 持ったまま簀の子に出, 持ったまま綺麗に飜斗, 持ったまま縁から庭, 持ったまま老人の後, 持ったまま老婆の話, 持ったまま考に耽っ, 持ったまま耳を澄し, 持ったまま脊骨をのばした, 持ったまま莫大の黄金, 持ったまま蚊帳の中, 持ったまま衆人環視の中, 持ったまま袴も穿かず, 持ったまま襖に対, 持ったまま西の方, 持ったまま覆面の武士, 持ったまま視線に注意, 持ったまま身をひるがえし, 持ったまま部屋の入口, 持ったまま鏨を圧, 持ったまま長持の方, 持ったまま長椅子の少し, 持ったまま長火鉢にもたれ, 持ったまま障子を開け, 持ったまま雨の流れる, 持ったまま雪の上, 持ったまま青年と並ん, 持ったまま静かに手, 持ったまま面も揚げず, 持ったまま頭をジャン・ヴァルジャン, 持ったまま首を掻かれかけ, 持ったまま駕籠の屋根, 持ったまま鶴のいる, 持ったみんなから送られ, 持ったもう一人が, 持ったもの皆な上げて, 持ったもやしのよう, 持ったより若くて, 持ったよれよれの女, 持ったわが子というもの, 持ったわたしなら何, 持ったわれわれを誇り, 持ったスイと, 持ったアメリカ兵は挑戦的, 持ったアラ神の像, 持ったイエが起し, 持ったイタリー人のピアニスト, 持ったイデオロギーとしてで, 持ったインテリの貧乏意識, 持ったインテリ式の文句, 持ったインデペンデントとならなけれ, 持ったウラゴーゴルだろう, 持ったエジプト美術の最も, 持ったエセックスの心安い, 持ったオクタンとヘザ某, 持ったオーバーや寝巻, 持ったカソリックの千鶴子, 持ったカナリスやボベリーナ, 持ったカロラインはもう, 持ったカンカン寅が, 持ったカード函が重っ, 持ったガラッ八は, 持ったクッションがいつ, 持ったクリーム色の手套, 持ったクールフェーラック短剣を持った, 持ったグミの大, 持ったゲリラ隊がこの, 持ったコフィー茶碗を鼻, 持ったコンクリート造りの地下室, 持ったコンブフェールカラビン銃を持った, 持ったサルンの煖炉, 持ったシガレットを吸う, 持ったシューマンは詩, 持ったジェリーに護衛, 持ったジャーナリズム施設になれる, 持ったスズメがあらわれ, 持ったスタンダールなどが現れたら, 持ったストップ・ウォッチに見入り, 持ったセコンドメイトは私, 持ったソナタでコルトー, 持ったタイプライターを御, 持ったダイナマイトの威力, 持ったダンスを僕, 持ったてしかた, 持ったテレビジョン機の中, 持ったトタンに党, 持ったトランクをソッ, 持ったドイツ人はさらに, 持ったドゥニャーシャいろんな荷物, 持ったドクトルは用心深い, 持ったドンナ種類の人間, 持ったバオレルそれから暴風, 持ったバラックが東京市, 持ったバーからバー, 持ったパイプを膝, 持ったヒトミと東助, 持ったヒヤリとする, 持ったファシズムになる, 持ったフイイー剣を持った, 持ったフォークが細かく, 持ったフリギア王ミダスは貪慾, 持ったフロリダ黄蘭のよう, 持ったブレーデの村, 持ったベルリオーズが十二歳, 持ったボーが響きだした, 持ったボール箱で蓋, 持ったポルトガル人が十三四人, 持ったマキリを赤い, 持ったマスピス神が鼻, 持ったマルクス主義的社会哲学者である, 持ったミルキ閣下に一杯, 持ったメリー号の船体, 持ったモロー彗星の侵入, 持ったヤクザたちが眼, 持ったランターンが踏み固めた, 持ったリンゴを時々, 持ったリンゴ売が出, 持ったルイザがはいっ, 持ったレグホン種の真白い, 持ったレコードが要求, 持ったレディーがいる, 持った一つづりの草, 持った一僧が内陣柱, 持った一公民としての心情, 持った一分隊を率い, 持った一匹の子犬, 持った一団の花一樹, 持った一定の段階的, 持った一定概念として通用, 持った一掴みの中, 持った一揆の首領二人, 持った一族がもう, 持った一枚のもえかけた, 持った一棟古風な建物, 持った一構えの農家, 持った一砲兵士官が悍馬, 持った一種の貝, 持った一種特別の女, 持った一箇の権力, 持った一角竹屋三位卿など面, 持った一読者として, 持った一軒建である, 持った一輪の花, 持った一間だった, 持った一隊が現れ, 持った丁度大仏の青銅, 持った万千代とがゆ, 持った三十を越した, 持った三十四五の女房, 持った三名の武者, 持った三年子以上の大きな, 持った三時の急行, 持った三浪人が期せ, 持った三郎が手, 持った上品な老女, 持った上衣を寝台, 持った下士であった, 持った不平や疑問, 持った不断著のまま, 持った不羈の天才, 持った与八が松原, 持った世の中に欠くべからざる, 持った世界観普遍的で実際, 持ったの腕, 持った中国服に包ん, 持った中宮の人格, 持った中村警部がさき, 持った主人公を見いだす, 持った主人頼宣が入っ, 持った主婦の顔, 持った主題をとどこおり, 持ったのかけら, 持った乾児が左門眼がけ, 持った乾山は掛物, 持った乾版を覗い, 持った二万の兵, 持った二三名の陵墓管守, 持った二人づれの虚無僧, 持った二人連れの流し, 持った二冊の書物, 持った二十七八の婦人, 持った二十五六の音楽家, 持った二十八九歳になる, 持った二本の櫂, 持った二枚の黄色い, 持った二階借りの, 持った二階屋へ消え, 持った二階建の倉庫風, 持った二階建ての家, 持った五六人の若い, 持った五十位の女, 持った五十年輩の大男, 持った五十過ぎの婦人, 持った五郎はにやにや, 持った京西の寺, 持った亭主は, 持った人びとでひとり, 持った人工の蝶, 持った人形舞台のこと, 持った人形芝居に過ぎない, 持った人数が現われた, 持った人格は我国, 持った人種がなんと, 持った人造生命の主人公, 持った人間以外はとうてい, 持った人間特有の無表情さ, 持った人類はついに, 持ったの学問, 持った仏菩薩の像, 持った仕事の人間, 持った代官町の松吉, 持った以上人魂の如き, 持った以前の, 持った仲仕たちがどよめい, 持った仲居だった, 持った伊兵衛には途中, 持った伊勢人は日本中, 持った伊都子がエレヴェーター, 持った伯父がいった, 持った伸子が気絶, 持った体じゅう黒い男, 持った体験はない, 持った体験者などを見付け, 持ったか巨大, 持った余りに筆, 持った作曲家の伝記, 持ったしその, 持った使の中間, 持った使者を寄越し, 持った侍女が二人, 持ったの者, 持った俊子の上半身, 持った俳人は古来, 持ったせと, 持った偉人が又, 持った偉大なる国民, 持った偏執狂だったかも, 持った健全な人, 持った側臣だの, 持った傴僂が細く, 持ったがつい, 持った傷口があった, 持った働き女の姿, 持った僕等の一人, 持った僧二人立ちいる, 持った僧兵という軍事力, 持った儘しょんぼりと椅子, 持った儘川の中, 持った儘書斎へ引き取っ, 持った儘私は高く, 持った優しいなかに, 持ったがぜひ, 持った兄貴も思いやられる, 持った先刻の老人, 持った先導のもの, 持ったがわたしたち, 持った光量子の運動そのもの, 持ったであると, 持った全く独立した, 持った八ヶ嶽の高い高い, 持った八五郎です, 持った八雲の面, 持ったの復讐何, 持った公卿屋敷の奉公人, 持った公理を唯一, 持ったが近く, 持った兵士二十四人が魔, 持った兵士等に襲われた, 持った兵隊たちの姿, 持った兵馬が, 持った具合に現われる, 持った兼輔が河原づたいに横しぶき, 持った内臓によって血液, 持った円い眼が, 持った写真を二枚, 持った冠木門に彦太, 持った凛々しき六人の, 持った凹レンズ式の展望窓, 持った出入りの鳶, 持った出迎えが出, 持ったがキラキラ, 持ったにはよく, 持った切れ地のそれぞれ, 持った刑部屋敷という一軒, 持った初めての宇宙旅行組, 持った初子がいつも, 持った利剣に貫かれた, 持った利害の関係, 持った利根が石, 持った刺子半纏の消防手, 持った刺繍用の針, 持った前かけ姿のマン, 持った前田河広一郎中西伊之助宮地嘉六等の作家たち, 持った前途有望の公達, 持った力弥や, 持った劣等未開の奴ばら, 持った造じいさんが, 持った助手を従え, 持った努力家で故郷, 持った勇ましいかがし, 持った動機に依っ, 持った勝美夫人の額, 持った包み物を胸, 持った匕首が青い, 持った化学者の悪戯, 持ったを放り出し, 持った十七の処女, 持った十七八に見える, 持った十三との間, 持った十二三人の男, 持った十人も藪, 持った十六になる, 持った十四五の娘, 持った十四五人が, 持った十数人の大将, 持った十郎と, 持った半白の亭主, 持った半鐘の音, 持った卑狗の大兄, 持った協会もある, 持った南紀の風景, 持った単純な幼い, 持った博労の熊五郎, 持った印刷物の帯封, 持った印度の王子, 持った卵型でありますが, 持った厚紙の蓋, 持った原子がその, 持った原子爆弾だとか, 持った厳重を極, 持った参詣者も少から, 持ったが訊いた, 持った友人の所, 持った友達の姿, 持った反感がだいぶ, 持った反映なの, 持った叔父の顔, 持った口元を動かし, 持った口重そうな男, 持った古い家が, 持った古い小さい隠居家が, 持った古典の編集, 持った古藤だった, 持った古風な石造り, 持ったで清厳, 持った可能性や自由, 持った史上の大物, 持った右側の人, 持った号外を御, 持った同心や書類, 持った同情者であり得る, 持った名人肌の芸術家, 持った名刺を出した, 持った名匠の力量, 持った名曲である, 持った風にゃ, 持った君主なの, 持った君達だけがこれ, 持った吸殻を向, 持った吹聴かたがた朝から顧客まわり, 持った哀れな老いた彼, 持ったやすべて, 持った唯一の子供, 持った喙長魚みたいな顏, 持った喜びは銭, 持った喜悦の怪蛇, 持った嘉門とその, 持った嘲笑であった, 持ったを葯, 持った四五人の老, 持った四十近い女, 持った四十五十の年輩, 持った四十四五歳の女, 持った四肢や桃色真珠, 持った四角折りの, 持った回教寺院型の伽藍, 持った因果とあきらめ, 持った因果者の赤児, 持った団体ではない, 持った国民が焼打ち, 持った国語であること, 持った国際文化擁護国際作家会議は各国文化, 持ったの顔, 持った圓太がいそいそかえって, 持ったけ色, 持った土人どもである, 持った土壌をまだしっかり, 持った圧倒性が茲, 持った在院の患者, 持った圭子が入っ, 持った地上の其の, 持った地方的君主の中, 持った均一な物体, 持った坊主頭がしゃがれ, 持った坑夫がわたしたち, 持った執心の深, 持った堂々たる風采が, 持った堤防を海, 持った報知それが済む, 持った場合我々のとるべき, 持った場面の一つ一つ, 持った塗盆の上, 持った境地その生々しい, 持った境涯なの, 持った墓参が続々, 持ったが近づいた, 持った士卒も側, 持った壮漢が甲子園, 持った変哲もない, 持った変換に対して不変, 持った外来人がやがて, 持った多くの一揆, 持った夜番を専属, 持った夜風がしっとり, 持ったを見た, 持った大きい女が, 持った大久保石見守の七人, 持った大事の身分, 持った大仙が崖頂, 持った大体をいおう, 持った大兵なの, 持った大刀はヌー, 持った大判小判に目, 持った大勢の巡査, 持った大名役人が逆立ち, 持った大将は直ちに, 持った大広間だった, 持った大江山警部が叫んだ, 持った大男の体, 持った大空でもいただい, 持った大衆を指導, 持った大金として顫, 持った天堂と旅川, 持った天辺でもなく, 持った太刀で矩之丞, 持った太刀柄気海へ引き付け, 持った太夫さんがぽんぽん, 持った夷人が怒り, 持った奉行との必死, 持った奥女中が矢立, 持った奥方を去った, 持った奥田貞右衛門千葉三郎兵衛間瀬孫九郎中村勘助などの人々, 持った女の子は, 持った女らしい観音や, 持った女中それからさっぱり, 持った女乗り物を取り巻い, 持った女人像の掛軸, 持った女学生か事務員, 持った女幾人の男, 持った女郎蜘蛛の肥えた, 持った奴国の宮, 持った奴泥棒渡世にし, 持った妄想の小次郎, 持った妖艶な眼, 持った妙齢の支那美人, 持った妻君は実に, 持ったが掌, 持った姐さんがパッ, 持ったの気に入り, 持った娘さんもあるでしょう, 持ったはコップ, 持ったがめでたい, 持った嫁子を離縁, 持った嬉しさに, 持った子供らは不, 持った子供小姓つづいて, 持った子供達が車, 持った存在にちがい, 持った孝行者がその, 持った学者が付き, 持った孫娘だけでも二人, 持った宏壮な主屋, 持った宗教が単一, 持った宗教心が起こっ, 持った官兵が怖い, 持った実は貧乏な, 持った実感に基づく, 持った実業家の向う, 持った実行の外, 持ったの姿, 持った家中の備え, 持った家族関係の中, 持った家筋とみえる, 持った容器であること, 持った富士の容積, 持った封建的生産物の資本主義制度, 持った将卒が八方, 持った尊い品物の, 持った小ざっぱりした小さな, 持った小六はかえって, 持った小兵の男, 持った小切手を枕元, 持った小判型の象牙札, 持った小屋掛人足が意気, 持った小山の骨, 持った小役人二人がこれから遥か, 持った小楊枝を着物, 持った小男で人種, 持った少し臭気の, 持った少数者なの, 持った尤至極の言葉, 持った尺取り蟲だの迷子, 持った尼君はもう, 持った居間に畳, 持った屈強な足軽, 持った拾いの, 持った山吹が卯木, 持った山岳家でさえ単, 持った山形警部はたいへん, 持った山肌はすがすがしい, 持ったが柔, 持ったの刷毛目, 持ったの額, 持った岸本の家, 持ったが迫っ, 持ったの鮎, 持った巡査に守られ, 持った工夫がはたらい, 持った左剣の小刀, 持った巨人が現われ, 持った巨大な軍艦, 持った差料をぼんやり, 持ったは何, 持った市民たちは天国, 持ったをまた, 持った平吉の姿, 持った年増盛りであったこと, 持った年寄の父親, 持った年少の可憐, 持った年若の美しい, 持った年頃の家族, 持った幼い私に, 持った幽霊なんてえ, 持った広い中庭りっぱな, 持った庄平が戻っ, 持ったの対立, 持った度し難いほど鋭角, 持った座敷に無数, 持った庶民史談というもの, 持った建築であった, 持った建築物は千早館, 持った引金の引き, 持った張抜の短銃, 持った強いものが, 持った強力の者, 持った弾力ある曲線, 持った弾力性に富んだ, 持った当座は可, 持った当座九州の旅先, 持った形相は何とも, 持った役割は非常, 持った待合が並ん, 持った徒士どもは, 持った微妙な手ざわり, 持った微粒子であって, 持った徳利を避けた, 持った徳蔵さんですから, 持った心地で望み, 持った志津子夫人が精一杯, 持った快楽である, 持った快活な愛らし, 持った急使とわかれ, 持った性癖の人間, 持った怪しい猫が, 持った怪物の憎らし, 持った怪盗と名, 持った恋人を次ぎ, 持った恐るべき幻は, 持った恐怖が彼, 持った息子殿と射ち合った, 持った悪魔なの, 持った情景でした, 持った情熱の激し, 持った惣平次の右手, 持った意味のもの, 持ったでなくては, 持った愛情をもっ, 持った愛慾の墓, 持った慈善家です, 持ったしい記念物, 持った憂鬱な幽, 持った懐中電気をうえ, 持った懐剣をそれ, 持った懺悔の聖歌, 持った戦士の姿, 持った戦闘機があらわれ, 持った戸棚にしまっ, 持ったが似, 持った扇子を帯, 持った手代ふうの男, 持った手先足軽が門, 持った手巾も夜会草, 持った手布を打ち振る, 持った手掌形をした, 持った手鏡などどれ, 持った手鞄と包み物, 持った手首が宙, 持った才女であった, 持った才能以上の何もの, 持った批評とは限らない, 持ったに一所, 持った抽象的な鋭い, 持った招牌が見詰め, 持ったの太い, 持った指先が戦い, 持った推古朝の宮廷人, 持った提携に向っ, 持った提燈は宙, 持った提琴を逆さ, 持った摺物を読ん, 持ったの尖, 持った支那の御, 持った支配者に向っ, 持った放射線の雲, 持ったとである, 持った教師が立っ, 持った数人の男, 持った数十人の神, 持った数名の警官, 持った数多い女性達の, 持った数百名の衛兵, 持った文学作品だ, 持った料理屋は長く, 持った夫婦か, 持った新しいホームから, 持った新九郎との処女試合, 持った新人の奩妝, 持った新宮十郎行家が諸国, 持った新屋敷を人, 持った新手の火星兵団, 持った新聞と一緒, 持った新聞紙を放り出し, 持った新鋭砕氷船でありその, 持った方々はどういう, 持った方達も少く, 持ったの女, 持った旅姿の人, 持った旗本の藪紋太郎, 持った日光と爽やか, 持った日本人が, 持った日本婦人です, 持った日本語であった, 持った旧家の納谷家, 持った旧都では趣, 持った早坂勇の張り切った, 持った明智の銃隊, 持ったのアヤメ, 持った春蘭が顔, 持った時代がある, 持った時代感覚とその, 持った時柱時計を買った, 持った時父親が小, 持った時誰でも持つ, 持った時邪魔になる, 持った普通の人間, 持った普遍的客観性を結果, 持った晴れ着をトランク, 持った智恵だけを見, 持った智慧の言葉, 持った暖かい彼女の, 持った暗い灯影から, 持った暗示がある, 持った暗色の地, 持った暴君がありましょう, 持った曲線はやや, 持った書付の束, 持った書生が野中さん, 持った書生体の男, 持った最大級の文学, 持った最後の倫敦, 持ったに明るい, 持った有利条件の始まり, 持った有村某は帝劇, 持った朝鮮の団扇, 持った朝鮮人がかくれ, 持った木ぎれを力いっぱい, 持った木像を安置, 持った木剣を腕, 持った木槌が軽く, 持った木箱には, 持った未開の人間, 持ったを数える, 持った来訪者は修道院, 持った東洋画の伝統, 持ったの影, 持った松火の光, 持った松虫草が道しるべ, 持った板片の釘痕, 持った林冲をまん中, 持った果報な男, 持った果実とは違っ, 持った果肉のよう, 持ったと枝, 持ったの手ざわり, 持った柄杓の柄, 持った柔かい薄い織物から, 持った柔らかい美艶な, 持った柔和な人物, 持った柳子が何, 持った柳田医師が小さく, 持った栗色の髪, 持った根本概念の他, 持った格好は良く, 持ったの一枝, 持ったの実, 持った棟蔵と謙助, 持ったを合せ, 持った植物がしかも, 持ったの緑, 持った楚々たる風姿その, 持ったの自然人, 持った極めて耳なれた, 持った楽しげな, 持った楽しい新婚の, 持った楽翁の手, 持った概念でなければ, 持ったの石突, 持った槍柄は真赤, 持った権六がそれ, 持った横様に寝, 持った横浜の土地, 持った横顔がまた, 持った樵夫が入っ, 持った樺太西海岸での第, 持った橢円形のよう, 持った次第である, 持った歌劇を書いた, 持った歌手だが, 持った歌舞伎劇は徳川時代, 持った円形では, 持った正二も清吉, 持ったの部屋, 持った武士半弓を持った, 持った武士団体はどこ, 持った武士大勢がぞろぞろ, 持った武蔵観は当然, 持った歴史社会的総体のこと, 持った歴史観なの, 持った死骸の顔, 持った残りの右腕, 持った殺人鬼の話, 持った母親たちは己, 持った毒ガスである, 持った毒婦が模範兵士, 持った毒物であるとも感, 持った比類の無い, 持った毛むしもいた, 持った毛深い腕が, 持った民法の中, 持った民衆と云え, 持った気勢がし, 持った気味のよく, 持った気味悪い程丸味, 持った気性のつよい, 持った気持で鏡台, 持った気組の婀娜, 持った気高い乙女の, 持ったの筋, 持った水中の金魚, 持った水力応用の米舂小屋, 持った水声が満, 持った水夫を飛込まし, 持った水月の斜め青眼, 持った水準の高い, 持った水芭蕉の花, 持った永久に変わる, 持った沈丁花の下, 持った沙丘の彼方, 持った油絵のよう, 持った泊軍があらわれ, 持った法官刑吏達に精神的, 持った法師姿のもの, 持ったがうねり出した, 持った波浪の飛沫, 持った注射薬であろう, 持った洋盃を代, 持った浪漫的な歌曲, 持った浴場の中, 持ったがふっくら, 持った海蛇だの, 持った海豹でありました, 持った海野得石本道婦人科と看板, 持ったの繩, 持った淋しい恐ろしい放浪, 持った淑女です, 持った清水の巫女, 持ったさの, 持った減刑要請は二十四日, 持った測量の一組, 持った溌溂とした, 持った源三郎とこうして, 持ったが悪魔, 持った溺器を強く, 持った演奏者の手首, 持った濡れ手拭が恐ろしい, 持った濡れ燕の柄, 持った瀬戸物の白い, 持った火星人がその, 持ったをお, 持った点火夫が小走り, 持った烈しい処女の, 持った烈風が痛い, 持ったの声, 持った無限性の感情, 持った無頼漢がシャンパン, 持った無類の好人物, 持った煙管で頭, 持った煙草入を手, 持った照空灯が飛び上っ, 持ったも時に, 持った熊谷の親戚, 持った熱心に励まされ, 持った爆風があたり, 持った父親だろう, 持った爺さんが叔父, 持った牧夫あり何, 持った物体端的に綱様, 持った物好きがある, 持った物差でなぐられちまいました, 持った物質である時, 持った特定の思想体系, 持った特殊な思考, 持った犯人はあの, 持った犯人執拗な兇器, 持った犯行であるか, 持った状箱を差出した, 持った狂人を母, 持った独特な話, 持った独逸人であったならば, 持った狭い家の, 持った猴どもに護られ, 持った獄卒は黄蓋, 持った獅子顔を正面, 持ったである, 持った玉虫の死骸, 持った王宮の前庭, 持った王様が半身, 持った王道であること, 持ったらしく豊か, 持った珠玉のよう, 持った現代の青年, 持った現代人はともかく, 持った現実です, 持った理想的の姑, 持った理論の本性, 持った理論体系なの, 持った生え抜きの著名, 持った生まれながらの長者, 持った生命こそほん, 持った生気満々の若い, 持った生活事実を全, 持った生身に触れ, 持ったが後, 持った田舎ふうの優雅さ, 持った田舎出の若, 持った田舎者じみたダンチョン, 持った由緒ある良, 持った男子があり, 持った町人は立ち竦ん, 持った町家町が黒, 持ったである, 持った画家もありませんでした, 持った画筆のよう, 持ったと草野, 持った留学生がシナ, 持った畜生を見た, 持った番兵がいた, 持った番衆が四人, 持った番頭の徳三郎, 持った異様な生き物, 持った畳紙をその, 持った痩身の男, 持った白旗直八が鬼, 持ったでござんすぜ, 持った百円紙幣を攫った, 持った百十四万余の大金, 持った皮膚はさすが, 持ったが一枚, 持った目的に源氏, 持った直径四尺ほどの中空, 持った直情径行の気分, 持った直覚がない, 持った相当美しい女, 持ったとくっきり, 持った眉根まですっと, 持った看護婦がしたがっ, 持った真人間らしい考え, 持った真理である, 持った真白な鴕鳥, 持った真鍮の水門, 持った眼瞼の上, 持った瞬間彼の頭, 持ったが笑う, 持った短剣が邪魔, 持った短歌は叙事詩, 持った短銃の銃口, 持った石垣の家, 持った石田清左衛門は平次, 持った石造の橋, 持った硝子盃が光り, 持った社会身分を指し, 持った神尾主膳は土蔵, 持った神秘論者は人間, 持った神経の太, 持った神苑動物の野生的群遊, 持ったの扉, 持った私たち二人の女, 持った私どもの仲間, 持った私娼生活二十年という女, 持った秘密の女, 持ったの人々, 持ったはそれ, 持った種ヶ島を宙, 持った空想が湧き出した, 持った空間部分の表象, 持った突撃隊が警視庁, 持っただ, 持った窩人の一人, 持った立ち姿を製作, 持った立派な屋敷, 持った竜太郎が手の甲, 持った童女にし, 持った笑いを笑い, 持った七編隊にも, 持ったの品格, 持った等身の白玉, 持った等身大の石地蔵, 持ったで破壊, 持ったの枝, 持ったをばったり, 持ったの先, 持った範疇体系にそう, 持ったの中, 持った精神科学のもの, 持った約束は当事者達, 持った紅い果実が, 持った紅味のある, 持った紅色鮮やかなはや, 持ったのたば, 持った紙包みをふりまわす, 持った紙鳶は蒼々, 持った素ばらしい竈, 持った素晴らしい宝石の, 持った素朴な人々, 持った素材が明, 持った紫色の物凄い, 持った細い眉の, 持った紳士的商売術で別に, 持った組下の奴, 持った経典となった, 持った経机さしかけられた天蓋傘, 持った結果だろうが, 持ったであった, 持った維盛卿の姿, 持ったであった, 持った綺麗な眼, 持ったの長襦袢, 持ったで襲衣, 持った縫針で裏, 持ったが父, 持った繊手が静か, 持った羅門が, 持った羽根を見つめました, 持ったが恭しく, 持った翌月にはもう, 持った老人達までその, 持った老女の姿, 持った老妓の一人, 持った老嬢でいつ, 持った老獪無比の岡, 持った老若男女があふれだし, 持った考えは只単に, 持った者同志の劇団, 持った耕地はなくなり, 持った聖書がひとりでに, 持った聚楽の若い, 持った聡明で敏捷, 持った職工体の男, 持った職業に従事, 持った肉襦袢の女たち, 持った肉附のいい, 持ったが口紅, 持ったの形, 持った背広服の肩, 持った胎児の脇の下, 持った胡北の猛, 持ったが吐呼吸, 持った能面が載っ, 持った腰弁がありました, 持ったを立て, 持った臀欲求に満ちた, 持った自然科学そういう本当, 持った自然自身なの, 持った自警団の百人, 持った興味は他, 持った航空船であった, 持った舵棒が玄関, 持ったのよう, 持った船大工の群れ, 持った艦長の手, 持った良い酒が, 持った良夫のあった, 持ったで結えた, 持った花火の束, 持った花魁の二の腕, 持った芸者の手, 持った苔桃や御前橘, 持った苗場が重る, 持った若々しい葉子の, 持った若き夫人の, 持った若干の男, 持った若者二三十人をひき連れ, 持った若葉がきらきら, 持った苦労を思ひ, 持った英国人の布教師, 持った英書を照らし, 持った英雄人でなければ, 持った茶人のよう, 持った荊州の使者, 持った荒い人たちで, 持った荒武者である, 持った荘厳な殿堂, 持った華奢な手, 持ったはその, 持った葉子のコトバ, 持った葉書を何心, 持ったと剣影, 持った蔵王山麓の風景, 持った蕪村独特の句, 持った禿の, 持った薄暗い大きな粗末, 持った薔薇色の靴, 持った薪左衛門の眼, 持ったに蒸溜, 持った薬局生たちに追われ, 持った薬屋の主人, 持った藤八猿を背中, 持った藤十郎も人妻, 持ったが様々, 持った虚偽階級的虚偽であるから, 持った蛍籠をちょっと, 持ったの一兵, 持ったがある, 持った蝋燭の灯, 持った蝙蝠傘を杖, 持ったの下, 持った釣ろか, 持ったのよう, 持った行脚の旅僧, 持った表現なること, 持った表面冷淡な声, 持ったのよう, 持ったについて親しい, 持った袱紗包みの中, 持ったの群れ, 持った裸蝋燭を高く, 持った複雑な器械類, 持った西欧主義者として当時ペテルブルグ, 持った西洋皿がカチカチ, 持った西田哲学を本格的, 持った要素体系であるか, 持った見栄坊の男, 持ったがあっ, 持った親子が斯程, 持った親父ではあった, 持った観光の外人客, 持った観察であってさえ, 持った観音像を背負っ, 持った解剖室で行った, 持った言論物だから, 持った記憶をきょう, 持った記者であると, 持った記者諸君に, 持った訪問者があった, 持った訶和郎の姿, 持った評論が科学的批評, 持った試作船でさ, 持った詩人であった, 持った詩人たちの多かっ, 持ったであること, 持った認識なの, 持った認識表現だが, 持ったである, 持った調べを以て歌いあげ, 持った論理を考えれ, 持った哲学は, 持った諸侯は互に, 持った諸方の親, 持った譲治は実に, 持った護符刀を心臓, 持ったをうっ, 持った豚さんだと, 持ったの番人, 持った象牙柄のナイフ, 持った豪家を考え, 持った貝谷が甲板上, 持った貞子の運命, 持った貧しげの, 持った貧乏神である, 持った賑わいで江戸, 持った賤民どもから害されない, 持った質問を投げつけ, 持ったを投げなけれ, 持ったがその, 持った赤煉瓦の建物, 持った赤穂浪士の一人, 持った自然な, 持った踊りの群, 持った踊り子が花弁, 持った身なりですぐ, 持った身分へまで育っ, 持った身柄の善い, 持った身長の高い, 持った軍医大佐からあまりに, 持ったの重, 持った輪奐の美, 持った農夫たちが至る, 持った近所の内儀, 持った迷宮事件を押付けられた, 持った追っ手の人たち, 持った途端にかれ, 持った通いの番頭, 持った運動会にも出会わない, 持った道づれの旅人, 持った道具を振り廻し, 持った道路工夫などである, 持った遠い所から, 持った選良を集め, 持った遺蹟だと, 持った郊外の人, 持った郎党が二人, 持った部分である, 持った部屋があっ, 持った郷土に悲しみ, 持った酒盃を反, 持った酔いどれの人馬, 持った重々しいことばが, 持った重い確かさで, 持った重みからなんと, 持った重蔵殿なら必ず, 持った野百合の花, 持った野郎はさき, 持った金五郎は楽屋, 持った金属が人工, 持った金属性の鳥籠, 持った金輪勇は肝, 持った金釦が団栗, 持った金髪碧眼の生き物, 持った金魚はない, 持ったは尖端, 持った針金の籠, 持ったを静か, 持った釵鬢摺れに, 持ったの腕, 持った鉄兜の将校, 持った鉄斎の手, 持った鉄鎚で打ち落し, 持ったと弁才, 持った銀地の舞扇, 持ったの言わば, 持った銅像が立っ, 持った銚子で自分, 持ったの歯, 持った鍵番とが一歩一歩, 持ったを措い, 持ったを下げ, 持った鎗隊が襲い来, 持った鎧武者が内裏, 持った鏡台をあぶなく, 持ったをのろい, 持った長い煙管が, 持った長羅の父, 持った長身の父, 持った門人が一名, 持った間抜面をした, 持った間柄をどんなに, 持った闇太郎にしろ, 持った阮小七だの野太刀, 持った降魔の利剣, 持った陰惨な牢獄, 持った陶器はその, 持った陶工の名, 持った陸軍の警備兵, 持った隊長らしい僧侶, 持った隠密の執着, 持った隠居が私達, 持った雄之進は竹藪, 持った雄大な仏教経典, 持った雨外套と双眼鏡, 持った雨蛙のよう, 持った雨龍の手下ども, 持った之丞, 持ったが低く, 持った電灯をしか思わないであろう, 持った電燈の光, 持った電臓を作りあげる, 持った霊宝たり, 持った霊魂第十号, 持った霧島が三本, 持った露西亜人が毛皮, 持った青々とした, 持った青年らが女, 持った青木の下, 持った青竹が地べた, 持った非常に明るい, 持ったとが三十年近く, 持った面々が四列つなぎ, 持った面影である, 持った面皰のある, 持ったの鞭, 持ったを棄て, 持った韋駄天の群れ, 持ったではなかっ, 持った音色に対する神経的, 持った領土である, 持ったの色つや, 持った頬白のそれ, 持ったのあたり, 持った飯茶碗の酒, 持ったをスーッ, 持ったがヒョックリ, 持った馬楽はホンマに, 持った馬賊みたよう, 持った馬鹿にのっぽ, 持った駒下駄を襷がけ, 持った駕籠屋と馬方, 持った騎兵の一群, 持った騎馬隊と鉄弓組, 持った驚愕と警戒, 持った高い鼻笑う, 持った高利貸がいる, 持った高雅な女性, 持った髯面の郎党, 持ったのかざす, 持った魯人の一人, 持った鰐皮のカバン, 持ったの色, 持ったや虫, 持ったと行, 持った鸚鵡であった, 持った黄金の御, 持った黒人の女, 持った黒具足の武士, 持った黒旋風が見える, 持った黒眼勝ちの眼, 持った黒衣の男, 持った鼈甲管の煙管, 持った鼠色のその, 持った鼻綱を引, 持った鼻高様は想像