青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「持ち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~拵え 拵え~ 拾~ ~拾っ 拾っ~ 持~ 持たせ~ ~持たない 持たない~ ~持ち
持ち~
持ち出し~ ~持っ 持っ~ ~持った 持った~ ~持つ 持つ~ ~持つた 持つた~ ~持主

「持ち~」 4784, 50ppm, 2340位

▼ 持ちながら~ (394, 8.2%)

7 それを 4 それが 3 またさっき, 形式の

2 [11件] 一種苛ら立たしい, 一頭の, 下なる, 云った, 古語表現の, 好んで, 懐しい人, 掴出した, 暫らく其処に, 母の, 父の

1 [355件] あたら男, あなたも, あのお, あの境遇, あわれな声, あんな女芸人上り, いつたん他, いつも原語, いまだに鐘巻, いよいよ出, おとも, おれは, お君, お母様の, お目にかかって, お秋, かえってその, かかる目自体, かすかに, かた手, けっして夫婦, こうしたこと, こうした縁談, こうして困っ, こうして流浪, こうやっ, ここの, このまま, この人, この伯爵, この青年, これは, これほどに, こんな気高い, ごめんとばかり, さすがに, さほどの, しかも, しかも他方, しかも孤児, しかも触るれ, しかも調和, しきりに涙, しばしばその, じぶん, すぐ様, そういうこと, そういう席, そのやう, そのよう, その一字, その前, その劣等, その夫, その建築, その時代, その男, その肱, その身, その障碍物, それ程の, ただ亡国, ちょっと火鉢, ついうかうか, ついて, ついに獨身生活, つい高氏, つと戸外, つねに一つ, とうてい脇師以上, とげとげしいうるおい, とぼ, どうして夫人, どうにも抵抗, どこかに, どの子, なお全的, なかなかその, なぜ女, なにも, なほも, なんでそんな, にげようという, のらくらし, はいって, ふざけちらして, ふと雛, ぶらぶら歩い, ま, またさつき, まだ容易, まめに, まるで労作, もっと複雑, ものを, キリシタンの, コノールは, ゴッホの, サこう, ジリーの, トルドリューボフは, ハッと, ホテルに, ムカ腹を, モーツァルトの, ヨタヨタと, 一億の, 一口飲んだ, 一向世, 一向主人, 一方では, 一方は, 一日の, 一生を, 一生懸命に, 一瞬間には, 一種の, 七兵衛は, 三人が, 三十幾歳かに, 上部だけを, 不平す, 不幸にも, 与えずに, 両方の, 両者を, 並んで, 二人の, 二人も, 互に愍, 五十以上も, 五造の, 今まで, 今度の, 今日いろいろに, 今迄, 他人に, 他方で, 仰向けに, 佐川二等兵を, 体を, 何か, 何で九郎冠者, 何と, 何ゆえに, 何より好ましい, 何を, 何んの, 例の, 侮蔑しきっ, 信仰の, 働くの, 僕等の, 兄さんは, 先生は, 入口から, 全く信じられない, 共通し, 其処の, 其着物の, 内部抗争の, 冷水摩擦で, 出て, 切りに, 初めて聞く, 別段自分, 到底一致, 勇敢なる, 動物性の, 勿体ない私風情, 十八の, 危うげ, 原丹治と, 原義を, 右の, 右手で, 吃つたり, 周子より, 呪文を, 和平が, 唇を, 嗅ぐ事, 多大の, 多年創作の, 大勢に, 大蔵は, 大迫さんが, 大阪に, 天地を, 天地人三才の, 天然の, 夫の, 女の, 女を, 奴め処分に, 如何とも, 妙に, 姉に, 子供に対して, 実行出来なかった, 家へかへ, 容貌の, 宿命的に, 尊氏は, 小鳥を, 少し反り身, 居睡りを, 山中に, 左で, 左の, 広い梯子段, 広大な, 店が, 座を, 役にも, 彼は, 後ろも, 徒らに, 徴兵検査も, 忠次郎の, 思想運動さえ, 怠けもので, 息を, 悪魔の, 情夫が, 惣右衞門どんはい, 愉快でない, 意識し, 懶惰無頼の, 或る, 所謂自由が, 手足に, 携え帰ったの, 支那の, 新しい方向, 日影の, 日本橋の, 是非共お, 暁の, 曾て, 未だこれ, 柔道五段の, 梅賀は, 梯子段を, 椅子を, 検疫医に対する, 榎の, 次郎兵衛は, 歌はれ, 歩く, 歴史の, 毎日廓や, 比較的に, 氣が, 江戸にも, 決して今日, 沢庵は, 法王の, 泣きしや, 注意し, 涙が, 淡々たる擧措, 温厚な, 滅亡の, 滑つてゐる, 無愛想な, 片膝, 牢人し, 猶身, 率八が, 生きて, 生活事情の, 生返事を, 男の, 男女の, 異る, 登って, 的板の, 皆な, 盛りの, 知らん顔を, 知識は, 祭りの, 私が, 私たちは, 私の, 種々の, 空しく都, 立ち上がって, 立ち上って, 立ち止まった, 競争場裡に, 竿を, 笑った, 笑つた, 筆を, 美である, 美事な, 義憤を, 考えなければ, 聖なるもの, 胴ふぐりを, 胸の, 膝の, 自ら搾乳と, 自分が, 自分で, 自分の, 自分自身の, 自然と, 自然を, 自由に, 自軍の, 舌は, 舷梯を, 良い仕事, 良雪は, 芸術家に, 苦しい汗, 苦労し, 茶屋女にも, 草履を, 葡い, 薊の, 薬局を, 蝋の, 袖ぎわを, 袖手傍觀し, 見物人を, 言つてゐる, 訊いて, 訪問に, 諦めて, 踏む一足一足, 踴り出した, 身を, 轎に, 近づくもの, 返答しました, 透明なる, 進路を, 道案内し, 遣るの, 鉄砲の, 鏡の, 陽も, 階下に, 零細な, 青木の, 静かな, 鞠を, 頭を, 首だけ, 高さ, 髪を

▼ 持ち~ (382, 8.0%)

64 なって 18 なること 14 なるの 12 なったの, なつた, なつて 8 して 6 なれば 5 なったよう, ならないの, なりながら, なりました

3 [13件] なったこと, なったって, なったもの, ならなければ, なりますか, なる, なるが, なると, なるよう, なるん, なる方, なれぁ, なろうと

2 [16件] するから, なったし, なったり, なった方, なってから, なつたり, ならなかったの, ならぬが, ならぬ宮, なりましたの, なりまして, なるお, なるはず, なるもの, 係り合いの, 醉つた

1 [145件] かわせみを, きまった箱丁, きまって, けるや, させて, したいという, した太い, すぎないもの, つくもの, なったお, なったからと, なったからには, なったが, なったじゃ, なったではござりませぬか, なったに, なったまま, なったら癒, なったわけ, なったんで, なったピストル, なった兄, なった姫君, なった小石, なった当時, なった扇, なった手, なった時, なった測候所, なった若様, なった親王方, なった酒, なっても, なつたんで, ならずお, ならないあなた, ならないでしょうね, ならないですね, ならないでは, ならないと, ならないに, ならないはず, ならないん, ならなかった, ならなかったと, ならなかったん, ならなかつたの, ならなきや, ならなくては, ならなんだため, ならぬお, ならぬ院, ならねば, なられること, ならんと, ならんはず, なり, なりあなた, なりきつて作, なりそれ, なりそれからまた, なりたいと, なりたいならなければ, なりたくなる, なりなど, なりましたか, なりましたかという, なりましたが, なりましたこと, なりました乙型スウィッチ, なりましては, なりましても, なりましよう, なります, なりますが, なりますと, なりますよう, なります事, なります先生, なりませんか, なりゃしますまいね, なり八, なり恨めしい, なり研究, なり自分, なり芋ヶ瀬, なるかも, なるから, なるでせう, なるという, なるといふ, なるなんて, なるに, なるまいと, なるまで, なるよりは, なる事, なる二曲一双, なる位階, なる傾向, なる前, なる宮様, なる帝, なる御, なる必要, なる愛, なる手ばなし, なる方々, なる時, なる筈, なる迎え, なる酒, なれあなるほど, なれと, なれないくらい, なれるだろうに, なれるの, なろうとは, ひとしい身, やとって, ヤキモチ焼い, 任せるの, 使って, 切ッ尖, 包まれて, 各々の, 寢入つてゐる, 帰って, 引き摺り込んで, 弟子入りを, 應へ, 成ったと, 河田といふ, 無二, 皮肉ものの, 皿洗いぐらいの, 納まって, 纏まるといふ, 草鞋ば, 荷物を, 行くの, 行く穀倉, 醉ひがまはりかけ, 音を, 飛ぶ事

▼ 持ち~ (345, 7.2%)

104 ようです, 方は 3 いいこと, ような, ように, 方が, 金時計を

2 [16件] いい景色, ことだ, ようだ, 女で, 女と, 女を, 娘である, 小身の, 少年が, 武家が, 汲みとれる所, 爽やかさは, 男が, 男の, 真似を, 血染めの

1 [280件] あさましいところ, あなた様が, いい, いいとは, いいもの, いい土地, いい天氣, いい女, いい女房, いい彼女, いい心, いい着物, いる長屋, おじいさんの, お方でござんした, お方とも, お方の, お方は, お藤, お蝶, お談議, お身柄, かたが, かなしさ, かれとしては, きわめて責任, ことと, ことを, このふた品, さわるな, しかも二十五歳, しるしで, すべての, するもの, する形, する確り, せいか, せむや, その髪の毛, ためかと, ところには, と違っ, はずじゃ, ひねくれ者, ものだ, もんだ, やうだつ, やり場に, よい子, よい長椅子, ようじゃ, ようでした, よく出た, よさ, わがまま者の, わしの, を買っ, カンちゃんが, スバラシイ方です, トランクの, バクチ打ちに, パねずみと, パラソルを, ヤージ, 一つに, 一つの, 一人っ子らしい, 一人に, 一人息子であった, 一方ならぬ, 丁子油が, 上手なる, 下級船員は, 下郎とでも, 中間草履取り具足持ち, 二人の, 五十男を, 人です, 人に, 人夫が, 人足など, 人足も, 人間らしく見える, 人間を, 仕度の, 仙太郎は, 代りに, 伊八の, 会計な, 伜ぢや, 伜で, 伝六が, 体でした, 体質の, 余慶を, 侍が, 侍に, 保護を, 倅じゃ, 傘, 先代が, 六歳の, 分限者の, 剣術使いの, 助広で, 呉服屋へ, 和助の, 回数券は, 困りやう, 国公に, 地図の, 場合は, 多吉は, 多数の, 大島台, 大役は, 大御馳走, 大物でございます, 夫に, 女子作業員お, 奴その他の, 奴等の, 好いよう, 好い日和, 好い街, 好意で, 娘だ, 娘に, 媚を, 子で, 子供だつた, 子供らは, 存在を, 学者も, 宅地や, 定めである, 定家に, 客に, 家では, 家に, 家には, 小さい唐草, 小さな扇子, 小僧や, 小型な, 小姓も, 小形な, 小扇, 小者の, 小説家は, 少年と, 嵯峨錦の, 席亭から, 年増の, 年数の, 弟子入りを, 当時の, 役を, 役目も, 彼に, 御容子, 御武家様, 心理は, 息子でした, 息子ユルゲン・ブラットシュトレエムと, 悲しさ, 惡い, 惡いほど, 惡い思ひ, 懐剣左乳の, 懷劍が, 懷劍で, 懷劍を, 戸田を, 扇で, 拙者は, 提皮包である, 提紙入で, 政治家は, 教師は, 敷物を, 方々は, 方で, 旅行ケースに, 日和見の, 旧舗, 時手を, 暮しぶりは, 有力な, 未亡人である, 桂子私は, 様な, 様子, 樣に, 殿だ, 気ちがいじみた, 気持は, 泊りがかりでなく, 洒落たナイフ, 浪人も, 源が, 牧師は, 独楽は, 猪牙船を, 猪番小屋で, 甥だ, 田子衛門へ, 男どもが, 男には, 男は, 男も, 男よりも, 町家を, 畑だ, 略せられたもの, 番頭の, 痰の, 相模守にでも, 眞太郎を, 瞳の, 私に, 端くれ決して, 竹造が, 箱丁に, 細い蝙蝠傘, 細君らしい, 綱田屋五郎次郎下つ, 群れに, 義である, 義務だ, 翁あり, 老婆であっ, 職も, 股旅者ンだ, 腰の, 船を以て, 良, 良いもの, 良さ, 良公を, 芸者の, 若旦那らしくごまかし, 若林に, 苦勞に, 荷物だけでも, 莨盆を, 華奢な, 薬入れに, 藩士が, 蝙蝠傘に, 蝙蝠傘を, 製板場が, 要求に, 親切で, 諸侯では, 象牙も, 豪商たちを, 貴婦人が, 貴婦人である, 赤い扇, 身と, 身な, 身には, 身分で, 軍人さんが, 軍隊の, 農家は, 通武は, 連中を, 道楽息子の, 鍵は, 長者が, 隠居は, 青いハンドバッグ, 青い顏, 青年が, 革財布中身を, 顔みたいな, 飯櫃に, 飾りである

▼ 持ち~ (197, 4.1%)

18 出づ 4 出で 3 いず, 山梨の

2 [14件] あがり物, この世に, 仕へ, 來し, 先に, 入り来る, 心の, 忽ちこの, 来ましもの, 此世に, 歩み来る木材の, 登場, 行くべき, 走り出で

1 [141件] あり給, ある時代, いづこ, えて, おいでて, かの癡人, ぐツと, こり塗らば, これと, すがる乳房の, その下, その八十神, その手, つつましく来る, とよみゆく子等, なかりき, みむといひ出, ガンジェを, マリアの, レスパネエ夫人に, 一たびたた, 上りし男, 乱れし鬢, 事務室の, 事務所の, 井戸ばた, 人の, 人通ひけり, 仕合者ぞ, 仮にも, 來と, 來ましもの, 例日よりも, 候, 入りて, 入り来, 入場, 入来に, 典獄の, 再びいず, 再び入り, 出でぬ, 出るなり, 切れる大刀, 十四五人の, 厳かに, 去る, 口惜しげに, 只一つ柝木, 哭きつつ, 地上に, 大道傍に, 夷国に, 奉りし時, 奧に, 安け, 寝室に, 對岸に, 居ずもがなの, 居給ふと, 帰国する, 幼なか, 彼の, 後の, 從い, 御庭, 志賀の, 我を, 戰歿の, 扉を, 手に, 打ち仰ぎたる, 散り松葉, 旅する, 是も, 本郷いせ, 朱盆の, 来たり, 来らずやと, 板木にて, 枝折戸の, 案山子立つ, 森の, 横町の, 母乳汁を, 水の, 水酌ま, 沼に, 海中に, 済むべきや, 濟むべ, 猛然と, 甲板の, 申さく, 申上ぐるには, 登場し, 目に, 穴に, 立ちあがる傍, 立ち向う, 立つ, 立つなり, 立上り来り, 細き手, 細き肘さし出, 縁に, 考察する, 膝に, 苟にも, 菜を, 萬事に, 行きかけて, 行きたるなれば, 行け, 西に, 語る, 誰が, 走るに, 起ちあがりはじめ, 足蹟を, 跳り, 跳り廻る, 追い出ず, 送り出たまへば, 送れる妻, 通い来たる有様, 道に, 道場に, 野原を, 鉄の, 鎮めよと, 門に, 門出に, 雄々しくも, 顏には, 顔には, 食わせ第, 飢渇を, 骨付の, 鳩骨を, 鷙鳥の

▼ 持ち~ (135, 2.8%)

6 あつた 2 ゐること, 事の, 通って

1 [123件] あまたな, あらせられた, あらっしゃる, いた時, いて, いながら, いふ, いらっしゃいます, いらつし, いわゆるこらえぬ, うつかり, おそるおそる假寓, お互, お幸せ, げして, この月, ござります, ござりまする, ご飯を, さぶちゃ, さへ, してね, しょっちゅうのど, する訣, する譯, ずいぶん永く, せうから, そして極めて, そのため, その上, それに, そんなこと, たしか六人位, だれにも, ちゃきちゃきな, ちょっとばかり, ぢり, でも, とり違, ねなんて千九百三十年, のどかに, びく, ほかに, やりきれない, やること, ようやく一犬前, よく飽きませんでした, ゐられた, タンボ専門で, ホテルからでも, 一日出かけた, 一日遊ん, 一杯だ, 上品な, 上野の, 二重底の, 人の, 人間嫌いで, 仕事の, 他人の, 伸, 何かと力, 何が, 六十歳ぐらいの, 写生に, 利かぬ気, 勤務した, 十月初め歌舞伎座, 千個作っ, 呑んで, 困りますから, 土藏には, 坂を, 執行猶, 大きな籠, 大島で, 天草から, 定木も, 宮川先生の, 家を, 實に, 尾籠な, 市に, 年が, 彼女の, 思うよう, 性こり, 探して, 支配人に, 昼の, 景色の, 暮れて, 月給が, 朝から, 朝暗い, 校友會館を, 株の, 毎日通っ, 番頭の, 疳性だ, 病身で, 眺めて, 神田では, 競馬気違いで, 老若男女が, 耄碌し, 聞いたので, 腹の, 自分が, 自分の, 自身番という, 茶と, 見て, 観音様へ, 言つてゐる, 詠み上げられて, 質の, 辻番と, 這入つて行, 通える人, 通ひで遊び癖の, 通り拔け, 鎌倉の

▼ 持ち~ (115, 2.4%)

5 をし 2 があり, に到る, をいう, をした, をする, を知らない

1 [98件] からし, からでも救, から教えた, から来, がある, があるいは, があれ, がいけなかった, がちがう, がほんとう, が今, が分らない, が改まるであろう, が現, が田舎者, が足りなかった, が違う, くらいは習う, ぐらい知っ, さえも知らない, その投ずる, だけで, だけはいつ, だという, でしかも, ですね, でその, で信頼, で加, で娘強盗, で必ず, で物, で終始, で見破った, で銃先, といい, とか生活, とその, とでもいう, とはいえぬ, などしたら, などはいろ, なの, なん, なんぞ知っ, にある, において情緒, について言う, にも自主的, にも身, に不審, に依, に信頼, に於, に開き, に陥る, のしめくくりという, の上, の子供, の少ない, の良否, はこんな, はたしか, はと叱られ, はどうも, はなにか, はエス, は仲間, は何, は明, は暗く, は盲, は酒飲み, までちゃんと, まで一々, もすべて, も怪しい, も改まっ, も知らぬ, も私等, も違うだろう, や射撃, をしたくない, をも自ら體得, をやかましく, を変える, を教えた, を教え戒める, を明らか, を果たして, を発見, を知らなかった, を私, を説く, を軽く, 即ち快感, 狎れ方, 立て方

▼ 持ち~ (103, 2.2%)

5 した 4 いい 3 して, 續い 2 かぶさつて來, よく出, 皆の

1 [82件] あとから, あのお寺, いいっていう, いいの, いる, いること, うまいそういう, うまくゆく, かなりはつきり理解, くる頃, したもの, しないでは, しばらくつ, する, するから, するに, その女, その跡, それに, そろって, たくさんに, つちり, なければ, まぎれこんだなん, もりそば, よい女, よくしくじつた, よくて, よくやる, わかるはず, われ, オレの, 上座にな, 下手や, 中に, 二人あとの, 互いにしめし合わせ, 出て, 別宅などを, 壓へ, 外米を, 大層ようございます, 奔逸な, 好きです, 庭前へ, 影の, 彼女らに, 得も, 心を, 悪いか, 悪いといった, 悪くって, 悪くて, 悪くなっ, 惡い, 惡いから, 惡いの, 惡かつ, 惡く, 暫くの, 横にな, 段々変化, 気を, 浮びませんか, 渠の, 湧いて, 火事の, 由藏を, 痰の, 発作を, 私を, 置いて, 胸に, 舞鶴の, 衝動を, 証拠に, 起らなくも, 身を, 違いますから, 違ふ, 隱され, 隱し

▼ 持ちもの~ (77, 1.6%)

2 では, は籐, をもっ

1 [71件] あどこ, がかうし, がこれ, がふた, が元, が多い, だ, だけで満足, だと, であったの, であるはず, である網棚, であろう, でいつしか, ですから, でもどっ, といっ, といつ, ときまる, としてホテル, として気に入った, として永く, とにらんだ, と云, と選んだ, なの, にし, についての趣味, について元, に与えられた, に光陰, に感歎, のすべて, のなか, の持ち重り, の最低, の最後, の材木, の検査, の特色, の調べ, はこっち, はその, はない, は没収, は長い, は風呂敷包み一つ, までも見る, も与えず, も殆, らしい若い, をおきわすれ, をかき集める, をしらべ, をす, をすべて, をせめて, をぽ, を一つ, を何, を分け, を切り縮め, を叢, を懐, を懐中, を未熟, を観察, を集められた, んなる, 全部を, 嫌い

▼ 持ち~ (74, 1.5%)

7 して 2 もって, 代作し, 感じて, 表して, 説きつけて

1 [57件] あまり詠みすぎ, かるくし, させたが, しようと, すこしふら, するかと, すること, するため, するところ, それからそれ, ついた, ついたり, つれて, ひれきした, もつて, ゆするの, よくいつ, り候者, 一手に, 何氣なくち, 僕は, 兼ねた三十男, 出しすぎて, 初めます, 勿論知らう, 十分に, 受けずに, 味は, 味ひ得る, 引きずつ, 志願した, 惡く, 感じた, 感じたので, 感じ始めて, 抑制する, 持つやう, 春もさ, 歌に, 無に, 爽かに, 片手に, 破らないで, 經驗した, 續ける, 聽かせられる, 落ちつかせても, 行き果つまじき野, 言ひ現すこと, 詠んで, 貴ぶ風, 起させる三日間, 輕くさせ, 轉じ, 轉換させ, 述べたの, 運んで

▼ 持ち合せ~ (72, 1.5%)

15 がない 6 がなかっ 4 はない 3 もなかっ 2 がある, がなく, のもの, はこれ, もない

1 [34件] あるはず, があった, がこれ, が不足, が乏しい, が八百円, が無かっ, ていた阿, ている, ておるであろう, にならぬ, のない, の不足, の五両, の力, の医薬, の品, の器, の定規, の宝丹, の小遣い, の挨拶, の画家的教養, の者, の芸当, の衣類, の財産, の銀子, の銀子二枚, はなかつた, は四十銭, もあったであろう, もございませぬ, 無く思う

▼ 持ちその~ (63, 1.3%)

4 上に 3 心を 2 方に

1 [54件] ほか王平や, ほか百貨店の, 一つを, 一つ一つを, 一方の, 上で, 上りで, 上素晴らしい, 上豆までが, 下に, 不幸は, 中から, 代りに, 作を, 俳優の, 光に, 出入を, 卑小さを, 各点, 周囲に, 味を, 問いが, 図の, 奥に, 婦人とは, 実践方法に, 対照と, 幾人分かの, 形相は, 思いを, 愛情を, 扇面を, 拳を, 指を, 方面の, 書物から, 欲望を, 河原は, 理想ゆえに, 皿で, 知識の, 答弁を, 緯糸に, 繩を, 胴壁には, 自由を, 血を以て, 行為が, 行為も, 輝いてる老人, 過程に, 韻律の, 頭を, 首級を

▼ 持ちよう~ (62, 1.3%)

2 だ, でその, も知らない

1 [56件] かまたは, から習い覚え, がわるかっ, が全く, しっかりし, じゃありません, だけで, だわ, です, でどう, でどうにも, でどちら, ではすぐ, では丈夫, でもっと漠然と, でココ, で不気味, で人一倍, で今に, で何, で声, で多少, で現われ, で癒, で白, で苦, で違います, というもの, とかそんな, と養生一つ, なんぞも巧, にいたっ, にすぎない, にも染み, にも狭量, によってで, によっては俗界, によっては像, によっては生涯, によって彼女, によって黄色, による, に依る, に迷いました, のない, の正当, までもぎすぎす, まで仔細, もまだ, も心得ない, も知らず, も知らぬ, や環境ひとつ, や箸, を仰っし, を真似た

▼ 持ち~ (57, 1.2%)

4 しない 2 其で, 拔け

1 [49件] いないよ, このあたり, こびが, こびの, こんな部落, しないで, しなかつたであらうか, しませんよと, その心がけ, ぢめ, ぢめた, つらいねえ, どうした, ぬぐへ, ひりけり, まるで生娘みたい, みぢん, よい代り, よくない, アアメンと, タクサンいる, 一と, 一向に平, 一身同体の, 下手で, 今でも, 今に, 先生には, 出来ずまた, 出来るだけ, 哀れだ, 塩津から, 多く大小, 実によい, 少しも, 彼れ, 損する氣遣, 文學的で, 無關心, 生活の, 癇癪を, 直ぐ分る, 神経を, 致しません, 言はずもがな, 言わずもがな四条坊門, 長兄の, 面倒臭いなと, 馬と

▼ 持ち~ (53, 1.1%)

53 す, りて 2 したもの, したものの, て床, り, りぬ

1 [32件] さうといふ, されたこと, されるところ, し, しさうな, したかは, した和蘭藥草, した故人, した稀, した笑, して, し座蒲團, すもの, す人間, す變革, たこと, たされる, たしたかは, たすに, たつた, たる, つた, ておの, てこれ, よ猛火, りしは, り本島アイヌ, る時, れば, れる多量, れ人, れ聖

▼ 持ち片手~ (42, 0.9%)

2 に頼家

1 [40件] では兵馬, でゴソゴソ, で川底, で柄, で紙, で繁る, で自分, で衣装, で頬髯, に, にいく, にう, にそつ, にとんぼ, にはこまか, には夜番, には火, には烟管, には藜, には鞄, には麺麭, にバケツ, に乳房, に剣, に吊り革, に子供, に小さな, に市女笠, に弓形, に手シャベル, に望遠鏡, に櫂, に狆, に磨ぎ澄ました, に覗眼鏡, に賽, に鎧, に首, の指, は土手

▼ 持ちそれ~ (37, 0.8%)

1 [37件] がかけ, がとても, がまた, がもと, が固有, で新しく, と袖, によって燃え上る, によって社会革新, に半端, に喜び, に悩まされ続ける, に相応, に自己, の実現, ばかりで, をまた, をカンバス, を世界, を僕ら, を前後, を大事さうに暗記, を実行, を愛し, を手前, を把握, を振, を振っ, を無言, を畳, を神聖視, を祠, を細い, を罰する, を自分たち, を頭上, を高く

▼ 持ち~ (37, 0.8%)

5 ということ 2 から, という

1 [28件] からそこ, から三百年, から余計, から毎日見舞い, から河, がこの, がさ, が悟っ, が悟つて, が蛇, こうしてここ, こと, つた, つて, というの, という思い入れ, という権幕, といつ, ともいう, と思ひます, と言, な, なア, ね, のって, ものそりゃこうして, よ, 平凡な

▼ 持ち~ (35, 0.7%)

14 はせて 6 はし 3 はさ 2 はさなかつた, はせなかつた 1 はした, はす, はせた, はせぬ, はせません, はなけれ, はね, ふてゐたが

▼ 持ち~ (28, 0.6%)

2 よくない, 一緒に

1 [24件] いう, いうと, いえば, いって, この舊, なった身, なって, なっても, ほした者, みえますな, 世間に, 云うもの, 云った風, 仲居を, 出先には, 同じく一定, 同様だ, 呼ばれるこの, 堅実さとを, 少しもか, 感じること, 書かれた板囲い, 称するもの, 言ふ

▼ 持ち~ (26, 0.5%)

6 がつた 3 はせが 2 がつて

1 [15件] がつたつて, がつたの, がつた大波, がつた始末, がつた時, がつて力一杯, がつて渚, ぐんでいたこととて間もなく, はさない, はし, はせぬ, はせの, はなけれ, ひしかも, ひ又

▼ 持ち~ (23, 0.5%)

1 [23件] いいし, いる, おこらずかへ, して, しめえと, する, せず自分, せぬもの, そういうよう, めんくらったろうて, よかろう, よくなる, 一しよ, 一人の, 世間普通の, 判るな, 拔けて, 母親の, 添へて, 私には, 習は, 趣向でしょう, 軈て判るだらう

▼ 持ち左手~ (22, 0.5%)

2 に持ち

1 [20件] でたった今, では子ども, で壁, にて蕨, にて頭, には小石, には手術器械, には暗い, には朱, にランプ, に分厚い, に墨, に念珠, に手袋, に算盤, に金剛鈴, に金鈴, に黒い, は指, をひろげ

▼ 持ちそして~ (21, 0.4%)

2 それを

1 [19件] そこから, そこに, それが, それとは, それに, 別にもう一つ, 小人の, 弱気な, 数十の, 母の, 毎年最初の, 清潔であったろう, 父が, 肥った女中, 腰には, 自分が, 自分の, 頼春や, 顔と

▼ 持ち~ (21, 0.4%)

3 さりませ 2 んです

1 [16件] さりました指, さりませんの, の, のだ, のだろう, のでございます, のです, のでつい, のは, はれ, ほして, ほしながら, んだ, ッて, ンて, 暮しいい

▼ 持ちある~ (20, 0.4%)

10 いて 4 ものは 2 いたり 1 のか, ように, 場合は, 時は

▼ 持ち~ (20, 0.4%)

6 さえて 2 うして, うな 1 うだね, うである, うもないと, えしたら, えも, さえたもの, さえたりし, すらひ失ひ, へあれ, へ含める

▼ 持ちにな~ (20, 0.4%)

7 つてゐた 3 つて來る 2 つて居た 1 つたのである, つたのでございます, つた鬚の, つては, つて出来上つた一つの, つて家柄なぞといふ, つて居られました, つて椅子から

▼ 持ち右手~ (20, 0.4%)

2 でクサリ, にその

1 [16件] で所要, にはどこ, にはピストル, には字, には皿, に人形, に刷毛, に大きな, に杖, に長, に青竹, の中指, は外套, をはなし, をひろげ, を遠く

▼ 持ちながらも~ (19, 0.4%)

2 しかもその

1 [17件] いまは, いやな, この現在, その心持, その蔭, それぞれそれらは, 一つの, 世界人として, 今度は, 割合に, 根本的に, 正しい生活, 濁って, 男が, 真面目に, 絵を, 襤褸に

▼ 持ちそう~ (18, 0.4%)

1 [18件] か, ざらには, だ, だったが, だね, な印象, な商売, な氣持ち, な特異性, な短刀, な草鞋, な財布, にない, になる, にもなかっ, に夢, もありませぬ, もない

▼ 持ちまた~ (17, 0.4%)

1 [17件] あなたの, お弁当, その太, その献策, ひとりは, アラビヤ血種の, 主力を, 同時に必要, 名の, 因縁も, 巧みに, 我々が, 或る, 手離し, 時には自分, 洋傘を, 海神にも

▼ 持ち~ (17, 0.4%)

12 の手 1 には抜身, に徳利, に扇, に町家, の御

▼ 持ち~ (17, 0.4%)

2 の人物

1 [15件] ができ, そのままの, だけにとどまろう, であるため, である南海, でもあり, でもし, としてゐる, として実現, として愛護, に一生懸命, のやう, の中, の場所, をつとめ終った

▼ 持ちつつ~ (16, 0.3%)

1 [16件] あるかを, あること, その中間, どちらかと, またも, また僕, 世界に対して, 今日に, 全体を, 取りとめも, 同志と共に, 地上とは, 少しでも, 念仏する, 恋愛を, 褥の

▼ 持ち~ (16, 0.3%)

11 の手 2 の爪 1 に包, に笠, の拳

▼ 持ち~ (16, 0.3%)

2 つた

1 [14件] たか, つたので, られました, りしとて, りたい樣子, りたる財寶, りもつたい振つて筆立, り下さいまし, り妻, り房内, り本日, ること, ると, れなくなるかも

▼ 持ち~ (15, 0.3%)

2 であり

1 [13件] がにもつ, が沈ん, が瀬戸内海風ノ子島, が阿波, だと, でござんすね, で御, なの, なのよ, にでも乗せ, の北条丸, まで取られ, も少なから

▼ 持ち~ (15, 0.3%)

1 [15件] がたちまち, が利子, で辱, に少し, のこらず巻きあげよう, のほとんど, の殆, は手, まで悉く, もつき, をこの, をほぼ, を使う, 悉くを, 残らず精算書

▼ 持ち~ (14, 0.3%)

2 へながら今日

1 [12件] た手ランプ, へ, へさせ, へさせた, へし, へた, へてなるべく, へて汁椀, へると, へる遑, へ持ち, る時

▼ 持ち~ (13, 0.3%)

2 へると

1 [11件] え持ちかえし, へた人生は, へりし病, へりました, へり裏, へる, へる度, 知れませんが, 自分は, 要心深さ, 馬方らしい

▼ 持ち~ (13, 0.3%)

4 へてゐる 2 へた, へられた日 1 へがまじつて, へて來, へやあゝ, へられ成年者, へる事

▼ 持ちやう~ (12, 0.3%)

2 によ 1 か, がお幸せとい, が惡, が自然, だよ, ですわ, では, で人生, で私達, も知らぬ

▼ 持ち~ (12, 0.3%)

4 けてゐる 2 けてゐた 1 けさせたもの, けてもつ, けてゐるであらう, けて居ります, けて居る, けられて

▼ 持ち~ (12, 0.3%)

1 [12件] であるアメリカン・トロッター, ですか, というもの, に乗っ, の身, は痩せおとろえた, は近, をひい, を走らし, を飼い, 全く免役, 甚だ多く

▼ 持ちこの~ (11, 0.2%)

2 喜びを 1 一句で, 中坂を, 付近を, 傾向は, 兄にとって, 宿りにては, 富士の, 求婚者には, 種の

▼ 持ちでは~ (11, 0.2%)

1 [11件] あったが, ありません, ありませんか, ありませんでしたでしょうか, ありませんでしょうか, ある, ございませぬか, ございませんでした, ない, ないらしい, 無く自分

▼ 持ち~ (11, 0.2%)

2 之を 1 あるもの, すてること, 別の, 因縁も, 学問の, 後の, 或る, 政治経済と, 相摸川

▼ 持ち~ (11, 0.2%)

2 へて握 1 へさせ, へつ, へてそれ, へてやれ, へてゐた, へて栓抜き, へるやう, へ何, へ長押

▼ 持ちから~ (10, 0.2%)

2 どの氏 1 さう, だぜんたい, とりあへずその, 今では, 供物を, 小前に, 私は, 讀む人

▼ 持ちしかも~ (10, 0.2%)

2 不当に, 之を 1 その不快, それは, 文字が, 自らの, 随分迷い廻っ, 髪の毛が

▼ 持ち~ (10, 0.2%)

2 の心 1 がちがっ, と対談中, に渡す, の内, はいう, はない, も羅馬, を欺く

▼ 持ち初めて~ (10, 0.2%)

4 はあの 2 いた 1 からすでに, は女部屋, も直ぐ, ゐた

▼ 持ち~ (10, 0.2%)

1 つたやう, ひながら, ひながらも, ひにくが, ひ兼ねた姿, ひ難い, ふこと, ふの, ふのみ, ふばかり

▼ 持ち自分~ (10, 0.2%)

1 で扉, で耕し, の召し, の姿勢, の室, の幼少, の本当, の現在, の考え, を伴っ

▼ 持ちかた~ (9, 0.2%)

1 からし, が下手, で底, という, にあろう, に影響, に見出されるべき, ね, のこと

▼ 持ち~ (9, 0.2%)

1 いつでも, げたの, そうです, アがる, 万引きや, 才覚の, 政治家が, 極度な, 網持ちの

▼ 持ち一方~ (9, 0.2%)

5 の手 1 が黒, で輿論, に燈器, は鼓

▼ 持ち上つて~ (9, 0.2%)

4 ゐた 1 その紫色, ゐたこと, ゐたり, ゐて, 来た霜柱

▼ 持ちである~ (8, 0.2%)

2 ことを 1 からお, からその, がもう, と言わざる, スメルジャコフに, 事が

▼ 持ちひとり~ (8, 0.2%)

1 ならず二人, は大, は大きい, は小銃, は槍, は玄翁, は細竹, は銀

▼ 持ち大名~ (8, 0.2%)

1 だとか, と一騎打ち, と同じその, と捕物名人, になるべきである, に対, ほどの格式, もあった

▼ 持ちかへ~ (7, 0.1%)

21 たとき背後, たの, つた彼は, つて黙, ようとして

▼ 持ちでございます~ (7, 0.1%)

21 から, な, なと感心, ね, のね

▼ 持ちでも~ (7, 0.1%)

1 ある, ござらぬ, なかつた, ほとんと, パツパと, 仏を, 叶は

▼ 持ち~ (7, 0.1%)

2 はつて 1 づ異状なささう, はつたり, はらうと, はる喜捨袋みたいに, ゐ上りて

▼ 持ちよく~ (7, 0.1%)

1 お歌ひ, 感じた, 樂し, 皆の, 耳の, 見られた, 貞女めかした

▼ 持ちより~ (7, 0.1%)

1 して, で種, ひとりが, よい傾向, 二の膳つきの, 大きな火, 深く知り合い

▼ 持ち~ (7, 0.1%)

21 でしが, でたれば, で涙, で焼き, で静

▼ 持ち~ (7, 0.1%)

1 が恐ろしい, ともなり得, にどういう, になりたい, の後, はまぎれ, は論理家

▼ 持ち扱つて~ (7, 0.1%)

1 しまつて, ゐたの, ゐるいろ, ゐること, ゐるところ, ゐる位, 行かなければ

▼ 持ち~ (7, 0.1%)

1 たったとか, たりて士官次室, たるを, たれる神, つてこの, つて両, つて棄石の

▼ 持ちあつ~ (6, 0.1%)

1 かいを, かつた, かつて兩, かッ, てゐる, て絲

▼ 持ちきつ~ (6, 0.1%)

21 た日, た期間, てゐる, て終

▼ 持ちこれ~ (6, 0.1%)

1 だけの豊か, ほどな, ほど磨かれない, までに様々, を安養泉, を理解

▼ 持ちじゃ~ (6, 0.1%)

3 ありませんか 1 ありませんわ, なかった, 国持ちじゃと

▼ 持ちだった~ (6, 0.1%)

1 がかの, がその, が父親, のか, のである, ほどで

▼ 持ちという~ (6, 0.1%)

1 ことがな, ことであります, のが, やつは, わけで, 高利の

▼ 持ちには~ (6, 0.1%)

1 それぞれ山裏の, 中座し, 出来すぎた面, 無二の, 珍らしくない, 相違ございません

▼ 持ち~ (6, 0.1%)

1 の一つ, の一人, の人々, の手, の片手, はみなそこ

▼ 持ち~ (6, 0.1%)

1 が別に, が山田右衛門作, にだけ見送られ, はその, は二千二百円, は僕

▼ 持ち同時に~ (6, 0.1%)

1 それを, なんらかの点, 又軌道, 敏捷な, 文法的に, 農村の

▼ 持ち~ (6, 0.1%)

1 がかかる, にその, の助手, の後, は小さ, も共々

▼ 持ち~ (6, 0.1%)

1 にはネーテ, には燧打道具, に米, に縄, のあたり, はしなやか

▼ 持ちあの~ (5, 0.1%)

1 ような, 最も高い, 混む電車, 煙突と, 高さ

▼ 持ち~ (5, 0.1%)

1 へてゐる, へて土, へて垢, へて附い, へ物

▼ 持ちであった~ (5, 0.1%)

1 が兄, というもの, という磯野, ものが, ものは

▼ 持ちといふ~ (5, 0.1%)

1 ことだ, ことにな, のは, やうな, やつは

▼ 持ちとして~ (5, 0.1%)

1 みんなから, 何となく古人, 小遣いは, 此国に, 知られてる人々

▼ 持ちながらの~ (5, 0.1%)

2 話の 1 お追従者, 善である, 挨拶です

▼ 持ちばかり~ (5, 0.1%)

2 でも, 戻る夕月 1 でゐては

▼ 持ちみたい~ (5, 0.1%)

2 な人絹 1 な役, な男, にここ

▼ 持ち~ (5, 0.1%)

2 ささうに 1 ったらしい青少年向, つて合評し, つて飛行機を

▼ 持ちよう一つ~ (5, 0.1%)

1 でいつ, でできなけれ, でどう, では仁参, のもん

▼ 持ち一人~ (5, 0.1%)

1 はその, は刀, は如雨露, は宝石, は素槍

▼ 持ち~ (5, 0.1%)

2 がつた際 1 がつて, がッ, つて

▼ 持ち二人~ (5, 0.1%)

1 がその後, ともかつて, とも人力車, とも退去, の前

▼ 持ち初め~ (5, 0.1%)

21 たのに, たらしく身体, た最初

▼ 持ち~ (5, 0.1%)

1 こ, になっ, に立っ, へ突き出しかた, 正味の

▼ 持ち同じ~ (5, 0.1%)

1 スタンドを, 姿勢で, 岸本の, 様な, 民族が

▼ 持ち~ (5, 0.1%)

1 にも物質, に澄明, の悩み, も優しい, を挑發

▼ 持ち~ (5, 0.1%)

1 はぬ, へと彼方, へま, へる珠數震, へれ

▼ 持ち~ (5, 0.1%)

1 で時折, には藁靴, には靴足袋, に高, はど

▼ 持ち~ (5, 0.1%)

5 した右

▼ 持ちあるいは~ (4, 0.1%)

2 柄の 1 植物の, 黒住の

▼ 持ち~ (4, 0.1%)

1 いよ等の, 手討ち, 米と, 馬を

▼ 持ちかへて~ (4, 0.1%)

1 その手のひら, その掌, バタバタと, 玄関の

▼ 持ちここ~ (4, 0.1%)

1 でいつ, で甲府, へ来, へ来い

▼ 持ちだらう~ (4, 0.1%)

1 が沖縄, と云, と思ひます, な

▼ 持ちとは~ (4, 0.1%)

1 その神, 別人の, 知らずに, 知らなかった

▼ 持ちにくい~ (4, 0.1%)

1 からきょう, たちだ, 形でも, 程の

▼ 持ちもう~ (4, 0.1%)

2 一方の 1 いっぽうの, 一つの

▼ 持ち合つて~ (4, 0.1%)

1 ゆかう, ゐる, ゐる國民, 行くもの

▼ 持ち~ (4, 0.1%)

1 も出来, を成し, を持とう, を背負う

▼ 持ち~ (4, 0.1%)

1 からは金石一つ, なの, の天蓋山, の検分

▼ 持ち帰つて~ (4, 0.1%)

1 ゐたので, 並べて, 伝へたので, 祀る意味

▼ 持ち~ (4, 0.1%)

1 が物, のいる, のオペラ, はその

▼ 持ち~ (4, 0.1%)

2 えて 1 えたまま, えること

▼ 持ち~ (4, 0.1%)

2 えて 1 えた, へてその

▼ 持ち~ (4, 0.1%)

1 には荒々しい, に光, を伏せ, 欲しい城

▼ 持ち立て~ (4, 0.1%)

2 だもの 1 だからさ, の晴れ

▼ 持ち~ (4, 0.1%)

1 が出る, じゃ駄目, のほう, を出し

▼ 持ち~ (4, 0.1%)

1 に小面, に般若, の輝き, は明るく

▼ 持ちあれ~ (3, 0.1%)

1 だけの心立て, や, 程富有

▼ 持ちおもり~ (3, 0.1%)

1 がする, のした, のする

▼ 持ちかつ~ (3, 0.1%)

1 それを, 甚だ実行力, 良い御

▼ 持ちがよ~ (3, 0.1%)

3 かつた

▼ 持ちそうして~ (3, 0.1%)

1 或者, 瓦の, 首が

▼ 持ちたり~ (3, 0.1%)

1 ける五人張, しそが, し十字架

▼ 持ちたる~ (3, 0.1%)

2 が姿 1 が上

▼ 持ちだろう~ (3, 0.1%)

1 と思います, な, ね

▼ 持ちであり~ (3, 0.1%)

1 ながらその, 勢力も, 左京も

▼ 持ちでない~ (3, 0.1%)

1 ことは, というばかりでなく, 身を

▼ 持ちでなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ, ばパスポオル

▼ 持ちとも~ (3, 0.1%)

1 いう, ならず浪人, 申す

▼ 持ちなかなか~ (3, 0.1%)

1 盛んであった, 重し浄土山, 面白い人物

▼ 持ちはじめ~ (3, 0.1%)

1 がまた, 屡々抱え, 遂に信者

▼ 持ちよい~ (3, 0.1%)

1 かと考え, ので御座い, 子を

▼ 持ち一つ~ (3, 0.1%)

1 の帖, の社会的グループ, の麻袋

▼ 持ち上つた~ (3, 0.1%)

1 が取り調べる, といふもの, といふ面持

▼ 持ち上つたの~ (3, 0.1%)

1 だ, である, です

▼ 持ち上り~ (3, 0.1%)

1 たり, て獻りき, なさいました

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 ひじを, 眼を, 股が

▼ 持ち主たる~ (3, 0.1%)

1 ことに, 信次郎は, 女が

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 に反し, れを, を行っ

▼ 持ち乍ら~ (3, 0.1%)

1 もしかし, やっぱりまだ不平, 静まり返って

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 なら儀仗兵, の百貨店, 船首に

▼ 持ち他方~ (3, 0.1%)

1 に仮名垣魯文, に於, の手

▼ 持ち古し~ (3, 0.1%)

1 たシガレット, た時代, て来たらしい

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 じゃ, であるが, とみ

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 へた, へて, へて黙

▼ 持ち多く~ (3, 0.1%)

2 の子供 1 の学識

▼ 持ち大きな~ (3, 0.1%)

1 コの, 窓ガラスを通して, 足どりで

▼ 持ち子供~ (3, 0.1%)

1 が生れ, は笊, を持ち

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

2 えって 1 へる時

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

2 いと思つて 1 いと希う

▼ 持ち彼女~ (3, 0.1%)

1 はその, は輝, も持つ

▼ 持ち往き~ (3, 0.1%)

1 て與, 磨いて, 養い最大功徳

▼ 持ち従って~ (3, 0.1%)

1 その平面的空間, 又一定, 更に殖やせ

▼ 持ち必要~ (3, 0.1%)

1 な軍事施設, に応じ, も感じる

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

3 れは

▼ 持ち或は~ (3, 0.1%)

1 これを, 復多く, 机に

▼ 持ち才能~ (3, 0.1%)

1 があり, を持っ, を持つ

▼ 持ち扱い~ (3, 0.1%)

1 に困っ, に困る, 古した

▼ 持ち搬ん~ (3, 0.1%)

21 だこと

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 へてくれる, へてゐ, へながら薄

▼ 持ち方一つ~ (3, 0.1%)

1 でまた, も偶然, 知りません

▼ 持ち日本~ (3, 0.1%)

1 でも叡山, のキリスト教, の現時

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 えながら, かつた, へながらそれ

▼ 持ち易い~ (3, 0.1%)

1 ためでは, 事である, 神様であります

▼ 持ち時には~ (3, 0.1%)

1 たやすく不, 強い歯, 犯罪探偵法の

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 の総計, を揃え, を見せ

▼ 持ち歸ら~ (3, 0.1%)

1 うか, うと, せましたが

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 の喀血, の訓, や妹

▼ 持ち片方~ (3, 0.1%)

2 の眼 1 の手

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

2 も造り 1 の稲

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 はもう, は尽き, を負う

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 と腹, と顔, の辺り

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 の違った, は淡い, をいろいろ

▼ 持ち藩士~ (3, 0.1%)

1 たること, だよ, とおぼしき

▼ 持ち~ (3, 0.1%)

1 の天辺, の揺, の髪

▼ 持ちあたかも~ (2, 0.0%)

1 一種の, 不死身の

▼ 持ちあつかっ~ (2, 0.0%)

1 たあの, た源三郎

▼ 持ちあと~ (2, 0.0%)

1 より支那, より玉琴

▼ 持ちいつも~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 帽子を

▼ 持ちうち~ (2, 0.0%)

2 し大根

▼ 持ちかも~ (2, 0.0%)

2 知れません

▼ 持ちがたい~ (2, 0.0%)

1 者は, 謙虚さと

▼ 持ちさうな~ (2, 0.0%)

1 懐中化粧函だの, 手鞄を

▼ 持ちさて~ (2, 0.0%)

1 ふたりの, 一人に

▼ 持ちすなわち~ (2, 0.0%)

1 幕府が, 木曽家の

▼ 持ちすべて~ (2, 0.0%)

1 の學問, の者

▼ 持ちそこ~ (2, 0.0%)

1 にスイッチ, へ日参

▼ 持ちそれで~ (2, 0.0%)

1 住宅の, 拍子を

▼ 持ちたて~ (2, 0.0%)

1 だつたが, で多忙

▼ 持ちだけ~ (2, 0.0%)

1 で立派, 立ち去らせた

▼ 持ちだつた~ (2, 0.0%)

1 がそれでも, がどんなに

▼ 持ちってな~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 持ちついに~ (2, 0.0%)

1 身を, 醍醐桃山の

▼ 持ちつつも~ (2, 0.0%)

1 やはり明治, 職業の

▼ 持ちでありません~ (2, 0.0%)

1 し家具, ネこれ

▼ 持ちとか~ (2, 0.0%)

1 そんな物騒, 碌な

▼ 持ちどの~ (2, 0.0%)

1 ような, 宗門に

▼ 持ちども~ (2, 0.0%)

1 にはもう, 一人として

▼ 持ちどんな~ (2, 0.0%)

1 家に, 親分の

▼ 持ちなお~ (2, 0.0%)

1 すまも, 親戚の

▼ 持ちなど~ (2, 0.0%)

1 なかなか凜, なかなか威勢

▼ 持ちにでも~ (2, 0.0%)

1 して, なれば

▼ 持ちにも~ (2, 0.0%)

1 なつた, なれなかった

▼ 持ちひと~ (2, 0.0%)

1 かどの, びとにとりかこまれてわあわあ

▼ 持ちふたり~ (2, 0.0%)

1 が持ち出し, は追放

▼ 持ちほか~ (2, 0.0%)

1 にする, に娘三人

▼ 持ちよき~ (2, 0.0%)

1 形と, 手柄見せ

▼ 持ちよって~ (2, 0.0%)

1 それを, 一日の

▼ 持ちよりの~ (2, 0.0%)

1 品で, 噂は

▼ 持ちアメリカ~ (2, 0.0%)

1 の旗, へ向かっ

▼ 持ちトルレス~ (2, 0.0%)

1 が初めて, は晴れ

▼ 持ちリーベ~ (2, 0.0%)

1 とよべる, と呼べる

▼ 持ちロンドン~ (2, 0.0%)

1 でも数少ない, に於ける

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

2 と足

▼ 持ち七つ~ (2, 0.0%)

1 に成る, の賞牌

▼ 持ち且つ~ (2, 0.0%)

1 獸に, 防空精神力を

▼ 持ち乍ら盛ん~ (2, 0.0%)

2 に密室

▼ 持ち二つ~ (2, 0.0%)

1 の異なっ, を清

▼ 持ち五六軒~ (2, 0.0%)

1 並んだ武家, 並んだ武家屋敷

▼ 持ち仕事~ (2, 0.0%)

1 の合間合間, の責任

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 ふるに, へ家

▼ 持ち伸子~ (2, 0.0%)

1 の馴染, はそっと

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 か書い, か船長

▼ 持ち何処~ (2, 0.0%)

1 かあどけない, に育ち

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 ひし事, 又その

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 は仮面, は假面

▼ 持ち先ず~ (2, 0.0%)

1 それ等の, フークを以て

▼ 持ち先代~ (2, 0.0%)

2 の愛臣

▼ 持ち其の~ (2, 0.0%)

1 後から, 胸の

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 でご, の鍛錬

▼ 持ち前後~ (2, 0.0%)

1 に狭い, に眼

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 をさげ, をさげた

▼ 持ち勝手~ (2, 0.0%)

1 のよく, の悪い

▼ 持ち去る~ (2, 0.0%)

1 五日の, 理由が

▼ 持ち各々~ (2, 0.0%)

1 の峰, 一杯五銭の

▼ 持ち合せ全部~ (2, 0.0%)

1 ですよ, をみんな

▼ 持ち同じく~ (2, 0.0%)

1 生命を, 箱を

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 を噛む, を震はせ

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 であ, にかえって

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 として以来, へこの

▼ 持ち堪へ~ (2, 0.0%)

1 てときめい, て朝

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 に待ちかまえ, の闇

▼ 持ち大きい~ (2, 0.0%)

1 木の根の, 目に

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 と対立, を有

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 が男, には鍬

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 だと, を蓄え

▼ 持ち寄つて一つ~ (2, 0.0%)

1 の演劇的スペクタクル, の集

▼ 持ち尋常二年生~ (2, 0.0%)

2 の彼

▼ 持ち小さい~ (2, 0.0%)

1 なつめ形, 子供の

▼ 持ち少し~ (2, 0.0%)

1 活計向きの, 耳が

▼ 持ち峻烈~ (2, 0.0%)

2 な理知

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 とともに安穏, と共にいよいよ

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 に出た, の花

▼ 持ち廻つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, 頻りと

▼ 持ち彼等~ (2, 0.0%)

1 の思案, の熱狂ぶり

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 庭を, 留守番まで

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 へて入らつ, へやう

▼ 持ち応え~ (2, 0.0%)

1 ていた, に持ち応え抜いた

▼ 持ち恐怖~ (2, 0.0%)

2 ながら烈風強雨

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 くさうに, さうな青白い顏

▼ 持ち想念~ (2, 0.0%)

2 を渋滞

▼ 持ち意識~ (2, 0.0%)

1 して, や意味

▼ 持ち我々~ (2, 0.0%)

1 の計数, をこの

▼ 持ち搬び~ (2, 0.0%)

1 の出来る, 時としては

▼ 持ち支え~ (2, 0.0%)

1 はするだろう, 再び開校

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 八の, 将軍の

▼ 持ち新しい~ (2, 0.0%)

1 妻の, 観照態度を

▼ 持ち方物~ (2, 0.0%)

1 の観, の観方

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 がくれたら, の光

▼ 持ち明るい~ (2, 0.0%)

1 緑いろ, 青色の

▼ 持ち暗く~ (2, 0.0%)

2 て雲かげ

▼ 持ち木彫~ (2, 0.0%)

1 の仮面, の假面

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 で暮らした, や家作

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 はついた, をかかえ

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 は確か, も覚える

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

2 がペンキ塗

▼ 持ち正面~ (2, 0.0%)

1 に外, より側面

▼ 持ち武蔵~ (2, 0.0%)

1 には石突, の胸もと

▼ 持ち歩き~ (2, 0.0%)

2 が厄介

▼ 持ち洒落~ (2, 0.0%)

1 に両替, に兩替

▼ 持ち活動~ (2, 0.0%)

1 のビラ, の準備

▼ 持ち深長~ (2, 0.0%)

2 な表現作用

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 つ方, 袖は

▼ 持ち片足~ (2, 0.0%)

1 をば足袋, を上げ

▼ 持ち独自~ (2, 0.0%)

1 の思想, の情意

▼ 持ち理想~ (2, 0.0%)

1 を持ち, を持つ

▼ 持ち環境~ (2, 0.0%)

1 に育まれ, をも持っ

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 その行李, は羽織

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 の女中, の客

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 った大き, った興味

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 に無い, 変らず按摩

▼ 持ち相当~ (2, 0.0%)

1 にやっ, 手ごわいが

▼ 持ち真実~ (2, 0.0%)

1 に演じよう, を抱い

▼ 持ち知識~ (2, 0.0%)

2 を持ち

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 ともいう, や瓦

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 に飛び, に飛び交う

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 ながら読み読み坐, 停つて

▼ 持ち立派~ (2, 0.0%)

1 な山車, な矢

▼ 持ち純金~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ 持ち結婚~ (2, 0.0%)

1 して, は滑らか

▼ 持ち絶えず~ (2, 0.0%)

1 人から, 口の

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 を喰い, を持った生きた

▼ 持ち背中~ (2, 0.0%)

1 に跨っ, を硝子戸

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 に外套, を曲げ

▼ 持ち自分たち~ (2, 0.0%)

1 の札, の目的

▼ 持ち若しくは~ (2, 0.0%)

1 ロオレンス先生が, 稀有なる

▼ 持ち茶人~ (2, 0.0%)

2 の宗了

▼ 持ち草履~ (2, 0.0%)

2 を穿き

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 に親, や兄

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 で私, をもちかけた

▼ 持ち責任~ (2, 0.0%)

1 も持ち合い, を感じ

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 には作業用, の周り

▼ 持ち阿賀川~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

2 も絡

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 に腐爛, を首飾り

▼ 持ち頼家~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 に黒い, へ珠数

▼ 持ち~ (2, 0.0%)

1 の裾, を乱し

▼ 持ち鳥打帽~ (2, 0.0%)

2 をかぶっ

▼1* [1097件]

持ちああいう生活, 持ちあくる日さらに鼓, 持ちあちこち塵を払っ, 持ちあなたに古い, 持ちあまり高いと, 持ちあらあらしい頭の, 持ちあらゆる決定に, 持ちいい道路木材流送, 持ちいかにものどやかに, 持ちいくらかそれに, 持ちいざといえ, 持ちいったい何の, 持ちいつになっ, 持ちいまだにそこに, 持ちいやしくも敵を, 持ちいろいろな弱点, 持ちいわゆる家賃という, 持ちうっとりとした, 持ちうるかという考え, 持ちうるさくお責め, 持ちうれしさかぎりなし, 持ちおのおの特徴の, 持ちお仙を腹, 持ちお勝手にも立ちます, 持ちお父さんが狩, 持ちかえって感謝すべきだった, 持ちかくのごとく, 持ちかざしおそろしく派手, 持ちかた矢番もなにさま, 持ちかなつぼ眼, 持ちかなり若いのに, 持ちかなんぞのように, 持ちからだを斜, 持ちからはそれぞれに, 持ちかりに顎髭が, 持ちきっと役づく, 持ちきれいな着物, 持ちくしを持っ, 持ちくだすって, 持ちくちをかため, 持ちぐされのボロ宝, 持ちぐされみたいでもったいないと, 持ちえったこと, 持ちちへ, 持ちこしになる, 持ちこちらへ向かっ, 持ちことに自分が, 持ちこらえ申すべし, 持ちこれから夫婦し, 持ちこんなことを, 持ちさうになつた, 持ちさえすれば, 持ちさげてまた, 持ちささやかな欲望, 持ちさったというわけ, 持ちさらに二人の, 持ちさりとて野暮や, 持ちしかして自分自身の, 持ちしずしずと歩ん, 持ちしょんぼりとして立っ, 持ちじつに思ひ通り, 持ちじゃと手枷首枷が, 持ちすぐその消火, 持ちすらりとした, 持ちずっと斜身に, 持ちそこでお祭を, 持ちそちはよほど, 持ちそのままこうべ狭間, 持ちその他の者, 持ちその間を流れる, 持ちそれから発生する, 持ちそれでもって最低生活, 持ちそれらは問わない, 持ちたくさんの人, 持ちただその儘, 持ちたまえ三日の裡運, 持ちたまえ屋内へ入りましょう, 持ちたまに自分に, 持ちたゆとうよう, 持ちだからさ, 持ちだけに何事に, 持ちだしだが, 持ちだんだん犯罪性を, 持ちだんなとわかる, 持ちだ貰ったところで, 持ちちゃんとした消防隊, 持ちちょっと両足を, 持ちやない, 持ちっきり三日経たないうち, 持ちつねにひとびと, 持ちづえが違っ, 持ちづえととうに見当, 持ちてかの女房を, 持ちてだにあらぬに, 持ちても像を, 持ちてやどかり, 持ちであっておまけ, 持ちでありましたが家, 持ちでがしたも, 持ちでございましょうか, 持ちでござるか, 持ちでござんすが, 持ちででもあったか, 持ちでなくそっち持ち, 持ちでへうきんで, 持ちとうとう名高い英語学者, 持ちとがその空, 持ちとことんまで洗いあげる, 持ちとしてはわりかた骨細, 持ちとにそそられ直ぐ, 持ちとのこと, 持ちとめ子さんは小さな, 持ちほさま, 持ちどうも尋常の, 持ちどっしりと目, 持ちどれだけ社会, 持ちどんなに向上し, 持ちながらでも迫ッて, 持ちながらに善である, 持ちなきか, 持ちなすつたのが何より, 持ちなぞなかなかものものしい, 持ちなどの家に, 持ちなに不足なく暮らす, 持ちなほつたのか話声, 持ちなよなよとしすぎる, 持ちなりが来て, 持ちなるべく晁蓋の, 持ちなんか気が, 持ちなんだかさっぱり自分で, 持ちにくいしろものを, 持ちにくくなった鉛筆, 持ちにて村会議員なり, 持ちにまでした事, 持ちねんねこ半纏で赤児, 持ちのら猫の猾, 持ちはじめそれにつれ, 持ちはじめトルレスの許, 持ちはじめ一月から二月, 持ちはだしで歩いた, 持ちはなはだしきは宿り掛け, 持ちはや五体も, 持ちを動く, 持ちばあやと二人, 持ちばかりの特権と, 持ちひいては国民の, 持ちひそかに二日二, 持ちふるしたので, 持ちほとんど一日中そこに, 持ちましてその朝鮮行, 持ちまず異状な, 持ちまでもやって, 持ちまるで赤鬼の, 持ちまんまると, 持ちむしろそのこえん, 持ちむぞうさに走っ, 持ちむつきの間, 持ちもうずっと昔に, 持ちもう一度顔を, 持ちもっと有識の, 持ちもと木挽町辺にあった, 持ちものすごい武装ぶりであった, 持ちゃげようという時節にあんた, 持ちやあやつぱりその組に, 持ちやうぢや錢箱, 持ちやう一つ知らない野人, 持ちやがて素晴らしい時代, 持ちやすかった, 持ちやすくしたの, 持ちやっこら鉄柵をこっち, 持ちやっとこさと乗った, 持ちやつとこ, 持ちやや斜に, 持ちやらしむ, 持ちやり方もない, 持ちゆかん鰯の, 持ちよういかんによってできる, 持ちよう関心をもつ, 持ちよりというシミッタレた, 持ちよりながら学生組織に, 持ちよろしくのかつ, 持ちわけても本尊の, 持ちわしらは浪人者, 持ちアだれだつて, 持ちアメノコヤネの命, 持ちイザござれ世に, 持ちエミリアンは例, 持ちオペラバツグを提げ, 持ちカツカと致し, 持ちギリシアの彫刻, 持ちギリシャエジプトゴチック支那というよう, 持ちクルリとあっち, 持ちグルッと裏, 持ちコップ越しにウインク, 持ちゴマに不足, 持ちゴルフ道具と乗馬服, 持ちシステムを持っ, 持ちヂュパンと同じ, 持ちッきりに沸い, 持ちテナルディエはナイフ, 持ちニグロと活溌, 持ちネクタイは原, 持ちハレーションを起し, 持ちピアノの修業, 持ちと駕籠, 持ちプロテスタントも同じく, 持ちプロレタリアは又, 持ちポケットにも入れ, 持ちポンと庭, 持ちメルバのすすめ, 持ちリヴォルノの土地, 持ちルイは小, 持ちロザリーにとってこれ, 持ち一つ口にく, 持ち一個の店格, 持ち一切の執着煩悩, 持ち一口啜り, 持ち一名は半月槍, 持ち一年三百六十五日一日も欠かさず, 持ち一日に七十, 持ち一樣に茂つた三四町, 持ち一流の偏見, 持ち一般の世の中, 持ち一足退って, 持ち一郷十郷に由緒, 持ち七歳ですでに, 持ち三日間も立像化, 持ち三絃弾きゐる芸者, 持ち三郎様へ背, 持ち上つたものだ, 持ち上つた岡で埋もれた, 持ち上つた狹い道路, 持ち上つた結婚問題を避ける, 持ち上つて來て大和, 持ち上り中から一人, 持ち上り來て倭, 持ち上り自分もそれ, 持ち上品な言葉づかい, 持ちを看護婦, 持ち不可言の芳香, 持ち不安にかられる, 持ち不愉快な日, 持ち且人類の醜, 持ち世々相伝の追憶, 持ち世界一の肺病都市, 持ち世間もしらぬ, 持ち両足を踏みひらいた, 持ちには煙管, 持ち中でも散所, 持ち中世には尊氏, 持ち中国の家, 持ち中央にいる, 持ち中学の少年, 持ち主人の方, 持ち久助君は兵太郎君, 持ち乍らいんぎんにそこ, 持ち乍らガラツ八の手柄, 持ち乍ら丑松の前, 持ち乍ら何処か病身, 持ち乍ら其哲学の為め, 持ち乍ら右から左, 持ち乍ら庭を見る, 持ち乍ら新吉の腕, 持ち乍ら真実ならば, 持ち乍ら茶屋女にも町藝妓, 持ちへココア, 持ち乳呑児を背中, 持ち乾分を養い, 持ちに告げ, 持ち争闘は人性, 持ちによったら, 持ち事業を持ち, 持ち二つ直観空間は幾何学, 持ち二三歳の子供, 持ち二人仲好く暮し, 持ち二十ばかりの淑女, 持ち二十歳になる, 持ち二年持ち五年, 持ち二通を併せ, 持ち互に良い対照, 持ち五人力の力, 持ち五右衛門は種ヶ島, 持ち五年持ち十年, 持ち五日にわたって同じ, 持ち五貫目と規定, 持ちの愛, 持ち亜麻色の髪, 持ち人形の側, 持ち人柄もよく, 持ち人生のおろそか, 持ち人目を紛らす, 持ち人間の喜怒哀楽, 持ち人間的な感覺, 持ち今やこの船中, 持ち今度の所得税, 持ち今日あって, 持ち今朝の新聞, 持ち仏蘭西へ渡る, 持ち仕事鞄を提げ, 持ち他人には薄情, 持ち仙臺方言を一つ, 持ち代々外交を司る, 持ち代えながら, 持ち以前にはなかっ, 持ち伝えになっ, 持ち伝え永禄年中まで存, 持ち伯父の会社, 持ち伽藍は百間, 持ちは職業, 持ち位官は従四位下右近衛中将, 持ち佐八は親方, 持ち佐原屋の倅茂吉, 持ち佐渡が巌流, 持ち何れの家, 持ち何んの取柄, 持ち何人も子供, 持ちには振り向き, 持ち作家をし, 持ち來すもの, 持ち來すかは彼自身, 持ち來す人があつ, 持ち來つた家業であります, 持ち來つた街へ行く, 持ち來らしむ, 持ち來悉に引かざりしか, 持ちの黒樫, 持ち侍女とも娘分, 持ち便も常に, 持ち信長は仕合わせ者, 持ち候ものは一人, 持ち候らえ, 持ち倹約家の立派, 持ち偏執狂的にその, 持ち側目もふらず貪り初めた, 持ち偶然に行き, 持ち傳へたと言, 持ち傳へた品のやう, 持ち優婉瑰麗を極めた, 持ち儲蓄した財力, 持ち兄さんの家, 持ちになつ, 持ち先々代のフレデリック・ドラーゲ公, 持ち先妻の子, 持ち先生は忽ち, 持ち先頭に立っ, 持ちを持ち, 持ち光子はマン, 持ち光明を有し, 持ち入り来る, 持ち體を, 持ち共鳴を持っ, 持ちれに, 持ち其処から首, 持ちへてゐる, 持ち具足櫃もカンバン, 持ち内務大臣大蔵大臣らの内閣組織, 持ち内部はすべて清楚, 持ち円家根を持ち, 持ち再びお辞儀を, 持ち再三手紙にて, 持ち出だしなどす, 持ち出口に近い, 持ち出店も持ち, 持ちをくみ, 持ちの手, 持ち刻々と成熟, 持ち剃刀もここ, 持ち前途にアウステルリッツ, 持ち割合に足場, 持ち創造力に富む, 持ちを持つ, 持ち力士のよう, 持ち之忍術, 持ち加減より考, 持ちれたらほか, 持ち労働者の賃金, 持ち勝ちだという, 持ち勝手口で今にも, 持ち勢揃いして, 持ち匂袋をさげ, 持ち十人あまりの塾生, 持ち十分なる注意, 持ち十年持った以上, 持ち千島雄之助, 持ち封建的な, 持ち半身を現, 持ち卓二のよう, 持ちに果樹園, 持ち危険を犯し, 持ちにはたらく, 持ちに行き, 持ち厳重に取調べた, 持ちり候, 持ち双方を同じ, 持ち反動的な目的, 持ち反対の側, 持ち反抗を持ち来る, 持ち叔父の革足袋, 持ちへ手, 持ち口頭ではなく, 持ち古したらしい無趣味そのもの, 持ち古人の作, 持ち右肩に蝦蟇, 持ち学校も, 持ち各々大を成す, 持ち合せッこないですよ, 持ち合つたはかない交渉, 持ち合つたのは谷川, 持ち合つた友達になつ, 持ちじき命を, 持ち同心といやあ, 持ち同心組頭の佐伯五平, 持ち名医元端, 持ち君主の御, 持ち否定すべきもの, 持ち周囲に貧民, 持ち呪咀の言葉, 持ちはただ, 持ち呼吸をする, 持ち命令を下し得る, 持ち和歌や俳句, 持ちもせず, 持ち哀れっぽい声, 持ち団扇型の胴片, 持ち困難と孤独, 持ち国々の隅々, 持ち国外に於, 持ち国家意識が行き, 持ちを掘つ, 持ち土地を持ち, 持ち土神は川菜, 持ち土間へおり, 持ち地梨が紅く, 持ち城帰国と同時にすぐ, 持ち城持ちのお, 持ち城苗木城はその, 持ち報道をさしひかえた, 持ちをフッフッ, 持ちの中, 持ち外出に自動車, 持ち外見もなかなか, 持ち多少とも気, 持ちのよう, 持ち大入道を払い, 持ち大名これを向う, 持ち大国営農場機械工場をもち五ヵ年計画, 持ち大学の教授たち, 持ち大蛇等変化の物, 持ち照らす大神, 持ち天井や壁, 持ち天皇には半, 持ち太一の靴, 持ち太刀打ちもなす, 持ち太鼓や拍子木, 持ち夫婦のもの, 持ち奉公人も抱え, 持ちにその, 持ち奥蔵の中, 持ち女社長として東京, 持ち奴共の声, 持ち學の, 持ちを持ち, 持ち始めから終り, 持ちの方, 持ちは胡弓, 持ち娘一人を残し, 持ちやと女中, 持ち婦人でも用い, 持ち婦人協議会の責任者, 持ち子息は極めて, 持ち子持ちのする, 持ち学問のため, 持ち学問的知識はそれ自身, 持ち学校に少し, 持ち学生に対してもその, 持ち孫助出入口から窺, 持ち安直が武芸十八般, 持ち官吏同志のブロック, 持ち定めまた廻す, 持ち宝冠を戴いた, 持ち実利よりも恥, 持ち実隆に面会, 持ち客観性を失はない, 持ちには常に, 持ち家中の者, 持ち家内はその, 持ち家捜しなどを行った, 持ち家族というもの, 持ち家業を継ぐ, 持ち容易に転位, 持ち容積を持っ, 持ち寄つていはゆる, 持ち寄つてそれを都合, 持ち寄つて朗讀した擧句, 持ち寝台読書室談話室と三つ, 持ち将来中国の鉄道技師, 持ち尊敬と祝福, 持ち尊氏へむかっ, 持ち對等のつきあひ, 持ち羊を, 持ち小さな青旗を, 持ち小型拳銃の銃口, 持ち小学校の教師, 持ち小林少年と不二夫君, 持ち小脇に重, 持ち小銃を持っ, 持ち少しく酒に, 持ち就中軍画が好き, 持ちを端折つた, 持ち居候ものと相, 持ち居候者と相, 持ち屋根に勝利, 持ち屡々支那を, 持ち山中へ分け入り, 持ち山子や木挽石屋, 持ち山崎家の民政顧問格, 持ち山持ちが上座, 持ち峰伝いに南, 持ち島山の中央, 持ちがまた, 持ちを駆けれ, 持ち川魚と言, 持ち工合は, 持ちが城, 持ち希望し勿論, 持ち帝劇出演に骨, 持ちをとる, 持ち帯剣を持つ, 持ち帰つて大阪城内に移し, 持ち帰つて樹明君の来, 持ち帰つて泉水に放す, 持ち帰つて酔つ払つて唄, 持ち常にその長所, 持ち常識は常識, 持ち帽子箱と二人, 持ち幸福であり妻, 持ち幻影として伴, 持ち幼少から金, 持ち幼年時代を田園, 持ち幽鬼さながらに, 持ち広い庭を, 持ち床柱にもたれ, 持ち度いものだ, 持ち座敷に坐り込ん, 持ち庭下駄を履い, 持ち廊下へ出, 持ち廻つた様に猿女, 持ち廻つた神器が又, 持ち廻つて四郎の奇蹟, 持ち廻りやがっ, 持ちと箭筒, 持ち弟子小僧も使った, 持ち弥生町の寄宿舎, 持ちを持っ, 持ち強く誘惑される, 持ち当時日本橋に在った, 持ち当然横浜, 持ち形式の束縛さ, 持ち役ときまつて, 持ちの酒, 持ち後に明治にな, 持ち後光輪を戴い, 持ち後家でお, 持ち後者は聖体, 持ち後見の備中阿闍梨, 持ち従而僕の気組, 持ち得らるるだろう, 持ち從つていかなる存在, 持ち御前にすすみます, 持ち御飯がたべられる, 持ち笑みを, 持ち心地の違う, 持ち必要以上に持ち, 持ち応えツ放しにな, 持ち念仏を唱え, 持ちろしい, 持ち性格をそなえ, 持ち恥辱と憎しみ, 持ちをはあはあ, 持ち息子はその, 持ち恰度漁師が風, 持ち悪かった, 持ち悪事を見た, 持ち悪性の皮膚病, 持ち悲哀と共に偉大, 持ち惡性の皮膚病, 持ちを寄せる, 持ち愛慾を持ち, 持ち慈父の厳格, 持ち態度は静か, 持ち慎みがなく, 持ちさむだ, 持ち憎いものを, 持ち憤慨を持ち, 持ちへる譯, 持ち懸子の方, 持ち戀人を持つ, 持ち我国のよりも遙, 持ち或いは太刀を, 持ち戦いの最中, 持ち戸主であれば, 持ち所帶じみるに, 持ち所帶持ちでない身, 持ち手負の體, 持ち手負いの体, 持ち扱い悔恨と困惑, 持ち扱い米友が与力同心, 持ち扱っている, 持ち扱つた言葉と言葉, 持ちのある, 持ちあれば, 持ち抱えが不便, 持ち抱え幼稚園のこども, 持ちもなよなよ, 持ち挨拶も彼, 持ち据ゑさせ乍ら恍惚たる気持, 持ち提灯を借り, 持ち揚げて押し込む, 持ち換え持ち換え線路, 持ち換え線路を伝っ, 持ちばれて, 持ち撞木で大鐘, 持ち支えようはない, 持ち支那の乙女, 持ち支配階級への門戸, 持ち政府に預けた, 持ち故郷を持つ, 持ちひを, 持ち教室にも宿舎, 持ち敢えてその自負, 持ちも二, 持ち数千の美菜, 持ち数百年の塵, 持ち数百株の持主, 持ち数行あり, 持ち数車花持ち数行, 持ちを持つ, 持ち數千の所化, 持ちに下手, 持ち新人を出したい, 持ち新八はまる, 持ち新興芸術を通してそれ, 持ち方そのものについ, 持ち方ぢや, 持ち方使ひ方, 持ち方大ぜい, 持ち方批判とか解釈, 持ち方指の運び, 持ち方梯子の登り, 持ち方町人としての身分, 持ち方知らずに刃, 持ち方精神の態度, 持ち方足の運び, 持ち旅人乙は煙管, 持ち既に一家を, 持ち日本人は名人気質, 持ち日本国民としては世界無類, 持ち日没はいち早く, 持ち早くから知己を, 持ち早稲田の片上伸氏, 持ちは高利, 持ちの政治家, 持ち時々意見を, 持ち晩年になつて, 持ち普断は箒, 持ち暗い梯子と, 持ち暗号錠の暗号, 持ち暫くは涙香, 持ち曲差しを試むる, 持ち更にはまた, 持ち書物を読み, 持ち書籍と芸術, 持ち曹操の兵, 持ち古参の, 持ち最後の人力車, 持ちの光, 持ち月間使用原紙八千トン以上の会社, 持ち有効に発動, 持ち有徳の町人共, 持ち有頂天になった, 持ち朗詠が上手, 持ち木の根にひっかけ, 持ち木の間を廻る, 持ち末広の子供, 持ち本町薬種屋町の問屋, 持ち杉村は有給, 持ち李中行は長, 持ち杖つきながら行く, 持ち来りませ米さへ, 持ち松明を照らし, 持ち柄頭を丹田, 持ち染谷村鬼越山へ屯集山上, 持ちも太く, 持ち校庭の隅, 持ち根底から修養, 持ち根性って云う, 持ちの冠, 持ち咲く旭日, 持ち棍棒を右手, 持ちは一つ, 持ち楽しく暮そうと, 持ち楽隊の先導, 持ちの穂, 持ち様々な姿態, 持ち様一つでは人様, 持ち標準は崇文總目, 持ち樣一つ知らぬ百姓共, 持ち権力を持つ, 持ち横手には白壁, 持ち樵夫がその, 持ち機能を保持, 持ちの前, 持ち次に掲出する如く, 持ち次男は出征, 持ち次第でだ, 持ちと邪, 持ち正ちゃんがお, 持ち此棒の尖端, 持ち武士はもちろん, 持ち武家への応待, 持ち武芸も達し, 持ち歩行いた黄色い, 持ち歯切れがなんと, 持ち歴史の見通し, 持ち歸つたペセタをフラン, 持ち歸つた事もなく, 持ち歸つた事實はよく, 持ち歸つた土産が銘銘, 持ち歸つた實感だつた, 持ち歸つた寫經である, 持ち歸つた小籠の戸, 持ち歸つた時には已に, 持ち歸つた物をスーツ, 持ち歸つた結果が表, 持ち歸つた行李や風呂敷包み, 持ち歸つてもい, 持ち歸つて來たところ, 持ち歸つて後一部分の外, 持ち歸つて紫檀の臺, 持ち歸つて間もない, 持ち殆ど自分には, 持ち殊に眼の, 持ち段八と郡藏, 持ち毅然たる信念を, 持ち毎日の生活, 持ち毎朝新鮮なりんご, 持ちと相, 持ち毛並みの上, 持ちのよう, 持ちの次, 持ち氏人を持ち, 持ち気ままに自由, 持ち気兼すること, 持ちを以てこれ, 持ち水夫長と範多, 持ち水星金星地球火星木星土星それから天王星, 持ち江戸の事情, 持ち決してスペイン人には, 持ち決然とその, 持ち汽船持ち芸術写真, 持ち汽車が動き出し, 持ち沢子との恋愛, 持ち法医学の立場, 持ち波多野を通じて次回, 持ち波止場に落ちた, 持ち注意して, 持ち洋傘を翳し, 持ち活動好きの彼女, 持ち海上往来はいたしおりまし, 持ち海外へ東海道辺, 持ち海岸ではなく, 持ち海老しび, 持ち淋しい間隔を, 持ち深く有意義に, 持ちのほう, 持ち渡しの品, 持ち渡り來つる物は玉, 持ちへて居る, 持ち湯本に落ち, 持ち満員にする, 持ち演奏者を不思議, 持ち濃い薔薇色の, 持ち瀟洒した洋装, 持ち瀧田氏に面会, 持ち炭薪の大, 持ち無言で乾盃, 持ち然るに後者は, 持ちを持ち, 持ち熱帯風に美しかっ, 持ちして, 持ちだろうじゃ, 持ち牧場の花, 持ち物々しい武装に, 持ち特に圧倒性の, 持ち狂神者型でさえある, 持ち独立するの, 持ちと赤い, 持ち玉藻刈るらん, 持ちの膝, 持ち王戎簡要天地玄黄なんぞ出鱈目, 持ち珍味に値する, 持ち現に彼女は, 持ち現代の時代性, 持ち瓦斯体のよう, 持ち甘い物を, 持ち生命を大切, 持ち生来の遊惰, 持ち生活の伴侶, 持ち生活的現実に対して批判的関連, 持ち生涯を傾け尽した, 持ち田楽鼓を腰, 持ち田畠も求め, 持ち田舎の刺繍師, 持ち由良の伝吉, 持ち男帝女帝二つながら親愛, 持ち町全体に勤倹, 持ち町家住居をやらかしたら, 持ち町長もつとめ, 持ちとか田, 持ちの中, 持ち番頭の女房, 持ち異常な質素, 持ちはつるつる, 持ち疝気持ちです, 持ち白木のお, 持ち白鉢巻をし, 持ち白雲は鈍重, 持ち百万の俳人, 持ち百右衛門の屋敷, 持ち百姓とともに耕す, 持ち皈らなくなったお, 持ち皮越しに石片, 持ち盆踊りの音頭とり, 持ち監外に出でよ, 持ち目玉をむき出し歯, 持ち直属の子分, 持ち相互に他, 持ち相応にやっ, 持ち相棒は同じ, 持ち眉間に一つ, 持ち真面目だよ, 持ちをくばり, 持ち眼鏡をかけ, 持ち短い鉛筆の, 持ち短く袴を, 持ち短気しかしいくら, 持ち石鹸泡を一面, 持ち研究心と把持力, 持ちは実際, 持ちとした, 持ちへや屋敷, 持ち祖父も前述, 持ちを信じ, 持ち祭祀を共に, 持ち私兵を飼い, 持ちは来, 持ち秦野屋という老, 持ち程度に終っ, 持ち種々の方法, 持ち稽古をし, 持ち空函をあつかう, 持ち空模様でも見るらしく, 持ち突然菓子を, 持ちを立, 持ちですな, 持ちにもさして, 持ち三街へ, 持ちの概念, 持ちの上, 持ち節期時や刈, 持ち成す六十六州, 持ちに満, 持ち米商人質屋支配所陣屋などを焼く, 持ち精神的にも一種, 持ちの袖, 持ち紙帳の側面, 持ち素敵な美味, 持ち素材も持ち, 持ち素直に, 持ち素足に白鼻緒, 持ち細そりと均齊, 持ち細君は死ぬ, 持ち紳士としての修養, 持ち紺飛白の着物, 持ち経済文化のすべて, 持ち結構なお道具ぞろい, 持ちや文学, 持ち絵画は千差万別, 持ち継続すること, 持ちの引手, 持ち網棚から土産物, 持ち綺麗な顔, 持ち線香を持ち, 持ち線香立を持ち, 持ち纏持ちなどなかなか, 持ち美服を好み, 持ち群集はあくまでも, 持ち義父に講談師伯知, 持ち翌朝になつて先づ朝顔棚, 持ち老いたるを負い, 持ち老人は南天, 持ちほど世に, 持ちも一貫, 持ちにその, 持ち聖母会の連中, 持ち聞き耳を立て, 持ち聡明らしい上品, 持ち職業を持ち, 持ち肝腎の大, 持ちに赤い, 持ち背丈が高く, 持ち能がかりの足どり, 持ち脊中に箱, 持ち腫れ物の膏薬, 持ち腰衣を着けた, 持ちに紙, 持ち自ら盤得沙婆と号する, 持ち自ら穿鑿して, 持ち自信を持つ, 持ち自国語同様巧みに日本語, 持ち自己の思想, 持ち自流の能, 持ち自説を発表, 持ち至りて下絵, 持ちの中, 持ちは屋台, 持ち船八幡丸もこの, 持ち船琴平丸賊難に遭った, 持ち良ちゃんは片手, 持ち芝居は何やら, 持ちをつけた, 持ち花冠を戴いた, 持ち芸術価値を備え, 持ち芸術写真の, 持ち芸術的な新劇, 持ち芽割れに白い, 持ち苦心して, 持ち苦戦は覚悟, 持ち英詩を作る, 持ち草鞋はき, 持ち荒い三升格子の, 持ち荷担して, 持ちに水, 持ちも深々, 持ち蔵人所の鷹飼いが北野, 持ち蕎麦切として打つ, 持ち薙刀をひっさげ, 持ち薬箱に腰かけ, 持ちと同じ, 持ち虚偽という仮面, 持ちの尾の上, 持ちと辛螺, 持ち蜀帝のまえ, 持ち螺旋を合わす, 持ちは碧, 持ち行き放ちさて, 持ち行き二册取去り段々に, 持ち行き王に献, 持ち表面は風流, 持ちに入れ, 持ち袈裟はかけ, 持ち被布を着, 持ちの腹部, 持ち裲襠を長く, 持ち複式火山の形, 持ち襤褸を着, 持ち要求は当然, 持ち親しみを欲, 持ち親切にも私, 持ちに応じ, 持ち詐術や陰謀, 持ち試みに縊死, 持ちを朗読, 持ち誇りを持たない, 持ち読書に対する深い, 持ちよりも一番, 持ち諸方の勧化, 持ち謁見式への自動車, 持ちは, 持ち謙譲の美徳, 持ち講師の費用, 持ち謡曲のうしろ, 持ち譜面机の前, 持ち議会を持つ, 持ちな手つき, 持ち豊臣とても廻り持ち, 持ち豊臣秀頼を夫, 持ちのところ, 持ち財布の厚い, 持ち貧乏では, 持ち責めで困っちまった, 持ちひて, 持ち赤坂溜池際に屋敷, 持ち赤坊が生れた, 持ち赤穗浪士は山鹿, 持ち足拍子を取り, 持ち足許も危う, 持ち路上で見る, 持ち踏段を一段, 持ち車町から金杉, 持ち軍吏は尺刀, 持ちい花, 持ちを圏外, 持ちえて, 持ち辛うじて学校を, 持ち込むちうわけには行かぬの, 持ち込むものがあつたならば片つ端, 持ち近代野戦術に一大革命, 持ち近江屋一家の七八間あと, 持ち近郷は避け, 持ちえると, 持ち退屈凌ぎに写本, 持ち通弁を通じていろいろ, 持ち逢つて居ると, 持ち遊園を設備, 持ちに不便, 持ち運転手とならん, 持ち選曲は順序書, 持ちの価, 持ち部屋になったけれ, 持ちは去年, 持ち醫者が肩, 持ち里人と密接, 持ちもり, 持ち野菜を車, 持ち金全部を周三, 持ち金持ちだと, 持ち金融力と信用, 持ちのよう, 持ちをちょいちょい, 持ちの指, 持ち鉄棒をかい込ん, 持ち鉄鍋の足, 持ち銀座裏の或, 持ちや槍, 持ち銅像の台, 持ち銅鑼を叩き, 持ち銘々に家業, 持ち銘酒だと, 持ちがあつ, 持ち鍛冶の効, 持ち鎌倉河岸に避難, 持ち鎌形の大きな, 持ちを持つべき, 持ち長いひげ, 持ち長者とかよう聞き及ん, 持ち長者骨董商というよう, 持ち間もなく神田五軒町に, 持ち闘争性を持ち, 持ち阿弥陀にすがる, 持ち陰気な顔つき, 持ち隊員をなおも, 持ち階級的差別はありませんでした, 持ちえ叶え, 持ち集団的行動の自由, 持ち難い程心持, 持ち難くなるらしかった, 持ち難事件などは自分, 持ち青い上衣一枚で, 持ち静かにあらん, 持ち静物画を描かね, 持ち面談を請, 持ち革命心を持った, 持ち音楽に全身全霊, 持ちの形, 持ち領主どもより鬼畜, 持ちは赤く, 持ち頭髪を真ん中, 持ちのまわり, 持ち頻りに紹介を, 持ち頼朝のため, 持ちに白毛, 持ちには秦, 持ちへません, 持ち飜つては自分たち, 持ち食物に不平, 持ち餌箱を紐, 持ち馬性悪く毛, 持ち馬車を一つ, 持ち馴れている, 持ち馴染のその, 持ちが硬い, 持ち骨格は若し, 持ち足駄を, 持ち高いところに, 持ち高崎や前橋, 持ち高張持ちなぞなかなか, 持ちには叮嚀, 持ちの翼, 持ちの方, 持ちの怪しい, 持ち麻痺性を特色, 持ち黄金の額縁, 持ち黒井博士たちはステッキ, 持ち黒板塀に蔽われた, 持ち黒鉄の鱗片, 持ちはない