青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「方々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

新子~ 新田~ ~新聞 新聞~ 新聞紙~ 新鮮~ 斷~ ~方 方~ ~方々
方々~
~方向 方向~ ~方法 方法~ ~方角 方角~ ~方針 方針~ ~方面 方面~

「方々~」 2954, 32ppm, 3673位

▼ 方々~ (582, 19.7%)

6 家へ 5 ために 4 室を 3 前に, 土地に, 家で, 家の, 山へ, 店で, 田舎に, 部屋を

2 [31件] うちの, お邸, よりあいで, ポケットに, 丘の, 中に, 中には, 中にも, 人が, 土を, 墓に, 子供を, 室から, 家から, 家では, 店を, 御尽力, 御意見, 戸棚を, 手を, 新聞に, 方が, 旅館で, 湯屋を, 田舎で, 皆様から, 神様や, 芝居を, 話を, 間には, 隙間から

1 [481件] あき屋敷を, あゝいふ, いくぶんの, いずれにも, うちから, うちにも, うち数人の, おんうち東京で, お世過ぎ, お仲間入り, お住居, お作, お力を, お名, お名前, お噂, お婆さんに, お客さんから, お寺に, お座敷を, お得意, お心, お残し, お産の, お眼鏡に, お見込み, お言葉, お詰所, お誕生日, お身の上, お身代り, お邪魔, お部屋, お顔, かういふ仕事, かえらぬ留守, こうした会, ここに, ことな, これに関する, こんな心理状態, ご便宜, ご参考, ご想像, ご身分, すべての, すみずみ, すみには, せめて弾丸, そういったよう, たましい, ためには, だるま茶屋などを, ところでは, ところを, なかには, ばあいも, ひきだしを, ほかは, もとへ, ものだ, もの現存の, よい噴水, ように, を味, を幾度, を食べ, アパートの, カフェーへも, カフェーを, キャフェで, ストライキの, チームワークは, ドアから, ドアが, ドアに, バーや, ポケットを, ポッケットを, レヴュ團や, ワタリは, 一人に, 三毛も, 上に, 上にも, 下宿屋を, 世話に, 中で, 中の, 中學校, 中間部屋で, 事を, 云い草でありましょう, 井戸へ, 人の, 人を, 人形屋に, 人格者や, 今後の, 仕事場で, 仲間入を, 企ても, 会合であった, 会社へ, 伝統から, 何割かが, 作品そして, 作品を, 保護を, 個々の, 借金を, 借銭を, 倦まざる努力, 停車場に, 債主へ, 先生からも, 先生方に, 入口から, 全部は, 八幡の, 共鳴を, 内に, 内儀さん達が, 冥福を, 処置は, 凧の, 出先に対する, 出生に関する, 分教場から, 判断は, 利益な, 刺青師にも, 前だ, 劇場からの, 劇場だの, 助力を, 助勢を, 区から, 医師にも, 医師へ, 半分位は, 卓子で, 単なる御, 博労を, 卜者に, 厚意に対して, 厠の, 参考に, 友へ, 反対者を, 口入れ屋を, 古い寺, 台臨を, 名医の, 呉服屋や, 命も, 器官に, 国々で, 国々に, 国から, 国で, 国に, 国の, 国を, 國で, 國を, 國學の, 土地で, 土地の, 土地も, 土地を, 地下に, 地金屋へ, 堤が, 堰で, 墓標が, 壁に, 外に, 外国の, 夜会へ, 夜空が, 大名から, 大名たちの, 大国の, 大学からは, 大抵が, 大時計, 大瓶に, 奮起を, 好意ある, 妓家から, 子城を, 学校へも, 学者に, 學者が, 官省も, 家からは, 家に, 家を, 家庭に, 家庭教師を, 宿で, 宿屋だ, 寄り合い事に, 富礼を, 實業家の, 寺, 寺で, 寺内で, 専門学校程度の, 専門的もしくは, 小さい借金, 小合戦, 小天狗共, 小学校から, 尖塔, 屋敷の, 屋敷へ, 屋敷や, 屋敷を, 屋根の, 屍体収容所を, 山の, 島の, 島へ, 島や, 島を, 工場で, 席に, 席へ, 席亭専門に, 帰依者ン家を, 広告欄で, 店から, 店へ, 店先で, 店先に, 建物に, 役所の, 彼の, 待合へも, 待合や, 後見を, 得意先を, 御作と, 御内見, 御命令どおり, 御墓, 御好意, 御姥子様, 御心, 御承知, 御最期, 御生活, 御痛憤, 御系図, 御覧に, 御評判, 御講演, 御贔屓, 御身分, 御門を, 御陣所, 御集合, 心も, 心を, 心得までに, 思し召, 思想並に, 意に, 意見を, 感想を, 懐中を, 戦線を, 戸が, 戸は, 戸も, 戸や, 戸を, 戸棚に, 所へ, 扉から, 扉の, 手に, 手前も, 手前を, 手加減が, 手紙を, 払いを, 押入の, 振舞酒に, 掃除口を, 揚屋を, 支配を, 救護班や, 教室に, 敷居に, 料理屋の, 料理店を, 料理茶屋の, 新地名, 新發見地, 新聞が, 新聞社なぞで, 新聞雑誌に, 旅館の, 日頃の, 早桶屋へ, 明屋敷を, 時で, 普請が, 書物商酒屋乾物商葉茶屋などへ, 會社に, 木の根や, 木立が, 木立や, 本屋へ, 村, 村では, 村に, 村や, 杯の, 果樹園の, 案内によって, 楽譜店に, 様子は, 樅の, 標札を, 橋袂にも, 機の, 機能が, 櫓や, 正月を, 武家屋敷へ, 歴史と, 民族を, 水が, 河川の, 沼へ, 沼や, 洋食店の, 活動館を, 流行地では, 海を, 海中に, 温泉を, 港口の, 演奏会には, 火の手に, 灯が, 為に, 為事が, 無学なる, 無學, 焼け野原で, 熱意の, 爲めに, 物語が, 物送り, 献句の, 玉突屋へ, 王さまや, 理研関係の, 生垣の, 田畠に, 田舎において, 申さる, 町や, 町村へ, 異なる生活状態, 病院を, 百姓仕事の, 百姓家から, 研究に, 研究の, 研究法を, 神様に, 神社で, 祠の, 祭りに, 祭りの, 私に, 私立大学生や, 私立学校を, 税關の, 穴から, 空で, 空に, 窓には, 窓を, 節々が, 紅葉の, 組織される, 絵は, 総てに, 縁日で, 縁日には, 老先, 考へるべき事, 考慮を, 耕作地や, 職業紹介所を, 肖像を, 興味を, 船で, 船の, 芝居寄席を, 若い娘, 草や, 荒だち易い, 菓子屋や, 菩提を, 落武者や, 著手せられた, 螢の, 血の, 行方を, 街路を, 西洋料理屋を, 親しい人々, 親子でも, 親類から, 親類へ, 言葉が, 試験官に, 説は, 説を, 警察署が, 谷から, 谷の, 負債に, 貸家を, 貸舟屋, 質屋へ, 賭場へ, 農場から, 農家から, 農家を, 迎えに, 遊びで, 道具屋などを, 道具屋を, 邪魔を, 部屋, 部屋に, 部屋には, 部屋の, 郷土服を, 都会で, 酒藏の, 銀行に, 錠前へ, 長屋の, 門を, 開放され, 間から, 間に, 閲読を, 陣の, 険阻な, 隅から, 隅が, 隅を, 随意筋が, 集りである, 雑誌から, 雑誌に, 雑誌屋の, 雑誌社に, 雜誌や, 離れ小島, 難しゅう申す, 雨漏りには, 電話番号の, 靈は, 音楽会に, 音楽会を, 順序まで, 頼まれ物, 食堂で, 鬼の

▼ 方々~ (461, 15.6%)

12 ある 6 ありました 5 あった, ありますが, 散らばって, 残って 4 對し 3 あって, あつた, あります, あるが, 出て

2 [21件] あったの, あの世で, あるの, あるよう, いくつも, 住んで, 出来た, 出来る, 向って, 手紙を, 散って, 散在し, 浄化塔が, 職業を, 血が, 見て, 貼って, 赤い旗, 起った, 連れて, 陳列され

1 [362件] あがって, あたしと, あったが, あったこと, あったそう, あったでしょ, あったもの, あった時, あつて, あらあな, あらわれ荒らし廻りおる趣, ありしかも, ありそう, ありまして, ありますから, ありますよ, ありまた, あるかけ, あるから, あること, あるといふ, あるとは, あるよ, あるわい, あるん, ある開け地, い, いくらでも, いました, いること, いろんな骨董品, うつして, えんえんと, おかれましても, おゐ, お別れ, お申出, お目にかかるが, お聴かせする, お茶を, お話し申し, お賄, お賽銭, お逢いする, お頒, お願いせね, かかって, かかりきり, かくしたこと, かくれて, かさんで, かすり傷, きこえて, くっついて, くっつけたまま, くらべれば, こ, こういう空屋敷, こだまする, この石, この黒松, これと, これを, こんな事, ごひいき, さしさわりが, すてられたまま, すれば, その小さい, その痕跡, たくさんいた, ただ小生, たまってる不義理, ちらばつ, ついて, ついて行けば, つけるとして, つれて, できます, できるいろ, とび散って, とんがって, とんで, ならんで, はか, はげしい痛み, ばらばらに, ひろがって, ぶっつかる, まことの, もの申そう, ゆき, よく分っ, わけましてつ, わらわれたくないそれ, アカデミックな, アリバイが, オゴつて返, ゴロゴロし, ハガキを, ブラ付かせ, 一つの, 一口申したい, 万一が, 上ったり, 下級の, 下級神人や, 不義理, 並んで, 丸が, 事業と, 二三人ずつの, 五六匹の, 五百円宛を, 人を, 人形荒し, 仇を, 仕えるの名誉, 任せっきり, 伝えられて, 伝わって, 似て, 住って, 何, 何の, 作事場が, 例の, 借金が, 借金を, 児を, 円滑な, 処分方の, 出かけるという, 出くわした, 出して, 出るので, 出入口が, 出来この, 出来て, 出来る常念岳, 出来る温泉, 分けた, 分れて, 分布し, 分散し, 別しての, 割りあてて, 割れ目が, 十夜の, 十字架が, 及ぶべき私, 取つて, 叢り咲いて, 叫びの, 名が, 向けて, 吹聴してやろう, 咲いて, 哨兵を, 喰い取られたよう, 圓滑な, 在るから, 坐って, 塹壕が, 売り付けて, 売り歩いた, 多少の, 夥しくつい, 大いに感謝, 大きい焚火, 大変お世話に, 大小さまざまな, 大工の, 大書し, 子供が, 子供を, 寄って, 寄つて暇乞する, 寄道した, 将校や, 小さい息ぬき, 小さな虹, 就職口を, 居りましたよう, 居る友達, 居候を, 属する, 屯し, 岡惚れを, 岩盤の, 幾つも, 幾柱かの, 広間の, 引きまわしてあつ, 引っかけ穀物, 引とめられ, 引用され, 張り込ませ大通り, 当って, 御伝え下さい, 御出席, 御面会, 御願を, 心からお礼, 心から感謝, 心を, 悪いよう, 感ずるの, 感謝の, 憎まれては, 手を, 打ちつけて, 投げ捨てた武器, 投資した, 担ぎ込むで自分, 指を, 捕われたと, 採集旅行を, 支店が, 支店や, 散ば, 散ばって, 散らかって, 散らばってる各, 散らばつて, 散れてる鮒, 散乱し, 断わり置くは, 新しく顔, 新水路, 旧跡を, 書いたり, 書き入れが, 書く恐れ, 有る, 有るそう, 木材が, 来て, 栗だの, 欠点だらけの, 正しく理解, 死ぬ人, 残つてゐる, 残つて居る, 比べても, 水が, 水溜りや, 汚点が, 油田が, 泣きを, 泥を, 泳いで, 活動を, 流れて, 浮かべて, 消え残って, 深い影, 深甚の, 満たされて, 溜息や, 火を, 無理な, 熔岩の, 物申す, 狼藉者が, 現れそう, 現れては, 現われた, 生える地上菌, 生まし, 用が, 田へ, 申す, 申上げたい, 白く残っ, 白木綿を, 白髪が, 目を, 相談した, 着けるし, 知れ渡って, 破片が, 祀って, 神山だの, 私の, 私を, 移転した, 積まれて, 穴が, 穴を, 窓が, 窯が, 窯場が, 立つ霧, 競争者が, 約束し, 紹介したい, 紹介する, 縫い目が, 罅が, 罪を, 美容院が, 群を, 老木の, 聞いて, 聞え梯子, 聞こえる, 育英会という, 能記憶し, 膏薬を, 茲に, 落して, 落ち散った, 行かない, 行くも, 行なわれて, 行われて, 見えだして, 見えて, 見ゆ, 見られますが, 言うの, 言ふ, 設けられて, 誓つて出ない, 誘い出した, 誤字が, 読まれること, 講演と, 譯され, 負傷し, 赤い輪, 赤彦君の, 赤痣が, 赤黒い岩, 走らして, 身を, 身分が, 転がって, 迫って, 迷惑する, 迷惑を, 送って, 道が, 遺って, 遺棄し, 鍼が, 隙間が, 隠れて, 雇はれ, 雑石が, 電灯が, 電燈や, 電話を, 音聲が, 頭を, 飛ばされた, 飛び散つて, 飾ざつてある, 高い声, 高い山, 麦藁を

▼ 方々~ (207, 7.0%)

3 ござります 2 いろいろな, ござりました, やって, 菊細工が, 行われて, 触れたから, 論じられて, 邪魔に

1 [188件] あたらしい感動, あつた, あの戰爭, あらうと, あれが, いいふらしたもの, いざという, いらっしゃいますか, いるところ, いろんな事, いろんな行列, おいでなさりまする, おっか, お作りに, お目にかかった大利根博士, お目にかかる光栄, お頼みしたい, くす, こうして随分, この真似, さえずる, さがして, さらされたが, しくじったあげく, すれて, せう, そういう人, その樹, それが, そんなこと, だん, どなつて, にぎやかな, はげしくなった, はずれて, ほめられるもの, むだ死を, もてなしに, ものを, やかましく云ひだ, やつつけられ, よく存じあげ, キキャッコ・カッケッキョーキキャッコ・カッケッキョと, ザンキし, スエ子自転車を, ニューフェイスニューフェイスで, ベルの, ラジオの, ワイワイ騒い, 丁寧に, 三〇〇余名の, 乃公の, 乃木将軍の, 乗換えやがて, 九度も, 事故が, 云いふらしなさいッ, 云ふけれ, 井戸を, 交換された, 人を, 今し方三時を, 今盛, 会いまして, 何回も, 何度と, 何遍も, 作られむしろ, 使用し, 保存せられる, 催される, 催される展覧会, 八釜しか, 写真を, 出会って, 初めから, 別れ話が, 化け物の, 受取つた名刺の, 可愛がられて, 可愛がられるから, 同時に発火, 噴火孔が, 囁き声が, 地引網の, 売って, 売ってないという, 売ツ, 夏祭, 大騒ぎを, 女, 女優と, 女郎を, 始まつた, 実験が, 小憩を, 居候も, 居心持, 崖が, 幅を, 幽かな, 幾多の, 幾度も, 廻り会った, 引用される, 思わぬ時間, 悲鳴を, 戦って, 戸の, 戸を, 扇の, 打水を, 承わる, 拾い集めて, 拾い集められた真理, 拾うこと, 持って, 持上つた時村井吉兵衛氏の, 指摘され, 掃かれて, 斬ったの, 斬り合, 斯様な, 書いたり, 東京では, 松虫草を, 枯れて, 次の, 気楽に, 泥の, 洪水に, 流れた, 演じて, 焼かれたもの, 物議が, 犬の, 発見された, 盗みを, 目立つ現象, 研究会さえ, 種々噂, 米作が, 耳に, 聞いて, 聞えた, 聞えて, 聞える, 聞かれたの, 聞きました, 聞こえた, 聴いた, 色々と, 色々の, 花嫁の, 行なわれて, 行は, 行われた, 見かけたよう, 見られる, 観光日本, 話が, 話されて, 話したそう, 話を, 話声が, 論議され, 講演し, 貰った手拭, 賑やかな, 賛成の, 軍を, 遣って, 酒をの, 重宝がられ, 金を, 銭を, 随分いろんな, 雨乞を, 青い提灯, 非常な, 音を, 頭の, 風邪が, 食って, 飢饉凶作打ちつづい, 馬鹿に, 騒いだり, 鶏が

▼ 方々~ (204, 6.9%)

4 歩いて 3 探して, 旅行し, 流浪し, 流浪した, 見て

2 [13件] うろ付い, たずね廻った, 婿君に, 探したが, 探しま, 案内し, 歩きま, 歩き廻って, 歩き廻つて, 流れ渡って, 眺めて, 見まわしました, 見物する

1 [159件] あるいて, あるき或, うろつきまわって, おまはり, お呼びなさいますなら, お招き, お茶に, かけまわって, かたらって, ききまわるうち, くらくさせ, ここで, ことごとく地方地方, こんな憂き目, さまよ, そのままに, たずねたん, つねって, とびまわった, ながめたが, ながめたの, のこして, はじめ大次郎さまも, ひっかきまわした挙句, ほうつき廻り, まず安心, まわって, よく見た, わたり歩いて, ウロつきまわりはじめ, ウロウロし, フラつきました, 一てえ, 一堂に, 一応の, 一輛に, 人間みたいに, 例の, 初め実際, 力足で, 同道し, 君の, 呼んで, 囲まれて, 堂の, 塗り隱, 始め多勢, 始め番卒御, 守るの, 尋ねたが, 尋ねて, 少し見回っ, 引っ張り廻されて, 引張りまわしたり, 引越して, 彷徨した, 思うさま見物, 我國に, 扶けて, 押し廻して, 押し歩いて, 招じ, 拝み倒して, 指さしながら, 振り切るよう, 捜しますと, 捜し回り父, 探しあぐんで, 探しました, 探しましたが, 探しますと, 探しまわって, 探しまわりました, 探し廻ったほど, 探し廻りましたが, 探し当てぬうち, 探し歩いて, 探検し, 擦りむいた, 放浪し, 教育家という, 旅行した, 暴れ歩いた, 検べ, 検めたが, 検査し, 極刑に, 歩いたの, 歩きまわって, 歩きまわりいろんな, 歩き廻つたが, 歩き廻る気, 歩くの, 歩くん, 毎夜の, 泊まり歩いた, 泣いて, 洗うため, 流れあるいて, 流浪しつづけ, 流転し, 流離した, 渉り歩い, 渉り歩いた, 渡って, 渡り歩く香具師, 煩は, 獄に, 皆遠ざけ, 眺め, 眺めた, 祝詞を, 私が, 筆頭に, 締め直し背嚢, 肉の, 胯にかけ, 蜘蛛の, 見, 見ま, 見まわって, 見る, 見ること, 見受けるもの, 見回して, 見回し取り乱した寝床, 見廻させて, 見廻すと, 見廻す中, 見廻す様子ゆえ, 見物など, 視察し, 記憶します, 診て, 賑は, 蹴られたが, 転々した, 迷ひ, 迷ひ歩い, 追求し, 送る, 透し見て, 連れ歩いたと, 連れ歩いて, 連れ歩かれた, 開けて, 開け散か, 顧みて, 飛び, 飛びあるくから, 飛びまわって, 食いつめて, 馳け, 駆け廻って, 駆け廻らずに, 駆ずり廻つて勝手放題, 駈け廻って, 駈ずり, 騒がせるは

▼ 方々から~ (192, 6.5%)

4 出て 3 集まって

2 [14件] あつまって, いろ, きこえた, 一人二人水汲の, 入り込んで, 却って非常, 応募原稿が, 持って, 捕えて, 綺麗な, 聞えた, 買いに, 起って, 頻りと

1 [157件] あつめた, いただいたが, いつもその, いろいろの, いろいろ言っ, いろんな人, いろんな奴, いろんな種類, お叱, お客たちが, かかる, きこえ急, くすくすと, くれくれと, くれくれ言, こ, ここを, こっちへ, この待合室, この書, こんなに原稿, さらわれて, して, そして意外, それに, たくさんの, たのんで, たよりが, だな, どなりつけました, ほとんど気づかない, もらい手は, よろしくお, シツシツといふ, ドヤドヤと, 上方者は, 仕事を, 伺ったこと, 依頼し, 便りを, 借り集めたボロラケット, 借金取が, 全て奴めの, 出る遺跡, 厚意を, 参謀が, 取りよせとつ, 口が, 叫び声が, 同じところ, 同級生たちの, 名果名樹を, 吹寄せる, 咲くそれ, 啜り泣きの, 喝采を, 報告せられ, 多少の, 大分問題に, 寄せ書を, 寄贈を, 寺の, 尋ねて, 少しずつ, 尻が, 屋根伝いに, 廻って, 引っぱるため, 引っ張られること, 引張凧, 彼を, 彼女について, 彼岸詣, 後できつく, 御好意, 押掛けて, 指命された, 振返って, 教を, 敬愛され, 料理に対する, 早速お, 更衣の, 来た人間, 来て, 来られちゃ, 来る祝い, 来信方々へ, 水ムシの, 注文が, 活きの, 流れて, 湯気の, 激しく攻め立てられた, 火が, 火の, 烟の, 珍しがっ, 現れ始めた, 田植の, 申し込みが, 白く舞いあがっ, 百姓たちが, 盛んに, 眺めた後, 眼を, 私を, 耳に, 聞えて, 聞え出して, 聞こえるよう, 自分の, 色々の, 花を, 花種も, 蘆を, 見舞状ありがたし, 見舞状が, 見舞金が, 誘はれたが, 誘拐し, 講演だの, 講演を, 貝塚が, 貰う, 貰って, 貰っても, 買い集めた, 買い集めるの, 賛成の, 赤い焔, 走つて, 起こった, 起った, 路面に, 身の上相談の, 追い出されずに, 送られた手紙, 送られて, 連名で, 都合よく, 鈴慕を, 集って, 集つた教師達の, 集つた馬は, 難物が, 電話か, 青眼先生を, 音楽会に, 頂かれる物, 頭を, 頻に, 頼まれるよう, 頼んで, 額やら, 鳴り出した, 黒い頭

▼ 方々~ (185, 6.3%)

3 お見え 2 それらの, 助けに, 意外の, 日本の, 痛い, 私に

1 [170件] あた, あったらこの, あったらしいや, あって, あります, ある, あるいは車, あるが, あるでは, あるので, あろう, いづれも, いや権威, いらつし, うち振る, おあり, おるの, お二方, お前さんの, お待ちかねで, お着き, お調べ, かくお揃いで此処, かくも, かけて, くだけて, こちらさまに, これから長居, これに, これまでも, ごらんなすったら, しかと男, しかも権威, しきりと, そのお, そのよう, その品, その土地, その時, それぞれ一家を, それだけ世間, それだけ押し並ん, それを, つっぱって, どういう方法, どんなにか, どんなに患者, どんな暴風雨, ないとは, なんで吾ら, ひかえて, まず私, まだ生き, まだ神社, まだ都, みな同じ, よくお, よく見え, ロンドンと, 一人残らず, 一番ふさわしく, 一番親愛の, 不可思議な, 与へて, 中心として, 丸くおさまる, 予想も, 今からは, 今も, 伊勢, 住んで, 何か, 何とか出来る, 何は, 何人か, 何故揺籃, 傷んで, 共鳴し, 加わって, 十人ほど, 向こうの, 喘ぎ競いて, 喜びますか, 喜び楽しんで, 四人も, 執筆を, 壊れた, 多いと, 多いので, 夜は, 大勢し, 天一坊が, 女一人を, 女童の, 如何に, 専門の, 居て, 帝国ホテルに, 幕府の, 幾多の, 幾重にも圏, 張り切って, 彼方の, 御前を, 御自分, 御自身, 御酔狂, 御隠居さま, 心おきなく, 心を, 思い思いの, 思わずあげた, 思想, 急に, 患者を, 悪評を, 感じなければ, 戸惑いを, 打ち壊して, 政子さんを, 故郷へ, 斯く喧嘩, 新しい結婚生活, 旅行者に対して, 旧の, 昨夜フォン, 曹操の, 最近まで, 杉苗を, 東西古今の, 校長先生と, 梟首される, 次々と, 次第, 正倉院御物, 死なれたと, 無理に, 焼けて, 現実会の, 疼く, 疼くん, 痺れたり, 白壁の, 皆ンな, 皆風流の, 知って, 破れて, 私の, 私を, 縮緬の, 習った書き方, 至って御, 苦しみましたか, 裂けて, 見えて, 見えました, 見ゆるころ, 訊し, 訪ねて, 誰の, 身を, 遠路はるばる, 遭遇されたる, 野辺に, 随分沢山居られます, 集つての, 集まって, 集まつて, 頽れ, 食ったの

▼ 方々~ (183, 6.2%)

7 行って 3 たよりを 2 お遣し, つれて, 人を, 出ますから, 多少の, 臆面も, 連れて, 電話を, 頼入り候

1 [155件] あげる, いい役, うちの, お使い, お経, お見せ遊ばしませ, かえってお笑い, かけて, くばったもの, くばります, こすりつけたり, この秘書, さらしものに, たまって, ちかづきまいらする手づる, ちと申し入れたい, とびだして, ぶち当り, まいりますので, まわして, むかって, もち回った, よろしくと, わなを, ウンコを, ハガキを, 不義理が, 仕事に, 伝わったので, 使われるの, 使を, 借財を, 傭はれ, 内通でも, 出かけたこと, 出かけたり, 出かけて, 出して, 出すお, 出張いたします, 出張する, 出歩きながら, 出這入るから, 分れて, 分植, 原稿を, 参ったが, 参観に, 参詣っ, 史蹟歩きに, 吹き流されたこと, 吹き運んで, 吹き飛ばして, 周旋を, 問い合し, 問い合せて, 問い合わして, 喰い付くと, 回ること, 埋めて, 塵埃を, 売られて, 失礼ばかり, 奉公に, 嫁いだ心, 家が, 寄せ書きなど, 寄港する, 寄附し, 届けながら, 建てて, 廻った, 廻って, 廻送され, 引っかかる, 引張りまわされた, 引張り廻, 引張り廻して, 引張り廻しながら, 当って, 御供を, 御注進, 御知らせ申す, 御迷惑, 心当りを, 手を, 手分けを, 手紙を, 打附, 持ちまわられひどく, 持って, 捜しに, 撒いたもの, 擴つてその, 放さんよう, 散らばりまた, 斎に, 旅行し, 暇乞いにも, 書き連ねたもの, 泥棒に, 流布し, 流布した, 渡りが, 漏れて, 無事帰庵の, 瓦斯が, 申す, 疑いが, 発信, 移る時, 種々な, 紹介る, 罪を, 耕作用の, 葉書を, 蔭膳の, 行きあばれた, 行き苦しい, 行った, 行ったので, 行つて好い加減に, 行つて怪談の, 行つて酒を, 衝突し, 触れたん, 触れて, 触れまわしてやら, 話して, 談話の, 貼って, 貼らせたとき, 走って, 転任せね, 転地し, 転地に, 迎いに, 送られた歌曲集, 逃げ失せぬ, 連れ歩いて, 遁げて, 遊びに, 遠乗りに, 配って, 配つた, 院宣即, 隠して, 預けようと, 頼み事など, 頼んで, 頼んでは, 飛びテーブル, 飛んだ, 飛火し, 香奠返しを

▼ 方々~ (164, 5.6%)

3 いづれも, まづ次, 私の 2 何を

1 [153件] あなたの, いかに感歓, いわばまだ少, おもしろく思召, お兄様, お嬢さま, お嬢様を, お言葉, お賑わしい, かくも, けさふだんと, このくだり, この会合, この趣, これに, これを, じれったく思召すか, すでにかなり前, すべて, すべて一戦の, そうで無い, そなた, その, その事, その局部, その時, その経歴, それぞれの, それぞれ仲間小者ないし, それでは興味, それを, たいがいこう, ちょっと忘れました, とうに死なれ, とかく理想, どういう思い, どういう方々, どうか私, どうして普通, どうする, どうぞ自分一人, どうな, どんな方々, なかなか教育, なにとぞこの, なにとぞ今一度拙著, なんかの, なんとされた, にやりとお, ひれ伏して, ぼくが, まだ乳離れ, みんないい, みんな寝ち, みんな慈善バザアの, みんな海で, もっと奥地, よく御存じ, わたしの, わたしを, ゐないな, チベット及び, モーロー車夫を, 一つの, 一先ず御, 一寸日づけ, 一生お笑い召さ, 一馬さん丹後さんは, 三味線で, 両側へ, 両手を, 云う迄も, 人に, 今これに, 今では, 今や立ち騒い, 今一度考え直し, 伸子さんが, 何と申します, 何れも, 何んと, 何処へ, 何故に, 催眠術にでも, 全部嫌疑者と, 其尤なる, 別に特にどうと, 勿論恐らく助手, 十六歳を, 十分に, 即ちその, 去年三月殿中において, 和漢共に, 喜びの, 嘸ぞ, 国際文化に, 坐って, 壬生に, 多くの, 大いに智慧, 大抵大, 大目附近藤相模守を, 好きな, 実に母さん孝行, 帰りました, 幸い首, 後見に, 御存知ない, 徳富蘇峯先生幸田成友先生水谷不倒先生松の, 愚老にとりましても, 慰問の, 持って, 敵軍と, 昨夜一と, 最初から, 殆ど神, 殊更に, 毎日お, 水戸の, 決して嘘, 法制が, 深切だつた, 満足な, 然うで無い, 物持ちでございます, 現代日本の, 當時の, 痛切に, 皆亡君の, 直接その, 神か, 私が, 私たちに, 練馬大根や, 聞いた筈, 自由の, 若い方, 表の, 西域の, 証明し, 試練の, 謹慎ぐらい, 近頃噂, 這麼失敬な, 金を, 金錢にも, 随分無, 非常に, 頼りに, 首を, 高禄を, 鮮く, 鶴吉の

▼ 方々~ (73, 2.5%)

2 ある, あるが, お考え, それが, 多からう

1 [63件] あくまで上京, あっと, いられた, おありでしょう, お疲れ, こういう実例, この事件, この弥勒, この構内, さすがは, その辺, それを, とくと御, どやどやと, ないで, はや橘, また養父, みな御, めい, 七八人は, 何れも, 其方の, 出た, 参加を, 又然, 同じよう, 多いでしょう, 多いと, 大分居りました, 大分遠方から, 大層な, 太平の, 失礼ながら, 存外狼, 寛永の, 少くないでしょう, 師匠の, 帰りたま, 度々御, 御存知でしょう, 御手, 必多い, 数人おられ, 果して其の, 次の間に, 殿の, 沢山ありました, 渡嘉敷ばかりに, 白いキャップ, 皆お, 眼に, 秀才に, 私も, 緊張し, 褒めて, 見えて, 見えるでしょうから, 見るに, 観念あっ, 遥々見え, 随分沢山あります, 頻りと御, 願わくはこの

▼ 方々~ (47, 1.6%)

1 [47件] あなたとは, いえば, いく, いっしょに, お会い, お入り, お打合せ, ここで, この立派, しょっちゅうお, そっくり同じ, それに, 一しょに, 一人の, 一所に, 一緒であった, 会談し, 何の, 何れも, 同宿し, 呑むこと, 地元の, 室内に, 寄り合って, 寺へも, 居並ぶ御身分, 御一緒, 思いますから, 我々と共に, 打合せの, 捜して, 探して, 比べて, 江戸で, 海外の, 源氏には, 焼かれて, 申せば, 皇太子との, 私の, 策応し, 行き会うたの, 話し歩いて, 話を, 連絡を, 適当な, 頻りに行き来

▼ 方々には~ (37, 1.3%)

1 [37件] うらみの, おそろいでお, おわかりに, かえってお, この講話, その地方, その王宮, それこそ, どうじゃ, もう御用, 一つの, 一廉の, 一目瞭然であろう, 三重にも, 会計の, 先刻御, 先着者に, 凸凹が, 初めから, 受けないもの, 多少御, 守刀などと, 少しも, 御休息中, 御承知, 御遠慮なく, 恐らく寝耳, 曲解である, 格別の, 気の毒に, 決して要求, 無理でしょう, 爪責めで, 相すみませぬが, 自由に, 遺産という, 頭が

▼ 方々にも~ (23, 0.8%)

1 [23件] いちいち返事, いふこと, おすすめし, お世話を, お立退き, お話する, きっとお気, これは, よろしくお, われわれの, 一応聞い, 何らかのお, 合力を, 同じ程度, 固く御, 堀君の, 官兵衛の, 巻きぞ, 幾分かの, 申上げます, 申訳が, 皆々様之を, 逢いましたなれど

▼ 方々~ (17, 0.6%)

2 出合いなされ

1 [15件] さが, さそい合わせ, さわがせ申して, つづき下され, であい召され, 令を, 出合いなされ大盗雲切仁左衛門, 出合い下され江戸柳営, 友達の, 囃子連中は, 得意先へ, 捜し申しました, 続き下されい, 聞きの, 集りなさる

▼ 方々~ (15, 0.5%)

3 御身分

1 [12件] お女中方, お若い, そうにござります, わしが, わたくし共の, 不束な, 友人たちの, 外交関係でございます, 学生の, 師範中学の, 我々まで, 色々の

▼ 方々探し~ (14, 0.5%)

3 て歩いた 2 ている 1 てあるい, ておりました, ても何, ても見つからない, てゐたらしい, て三時半ごろ, て歩い, て歩く, て見当らず

▼ 方々歩い~ (13, 0.4%)

2 ている

1 [11件] てい, てきました, てつかまえた, てみる, ても全く, てやがて, てゐた, て來, て来, て来ました, て見た

▼ 方々ばかり~ (9, 0.3%)

21 だつた, であ, でこれ, でなく大きな, では, で私, なお残られ

▼ 方々への~ (9, 0.3%)

1 少しずつの, 御礼廻りだの, 復讐は, 感謝感激は, 支払の, 支払やら, 旅行から, 義理を, 航海中に

▼ 方々より~ (9, 0.3%)

1 あつめた本, ここの, どうもあまりお, 一名出られい, 告知する, 旅の, 来た菓子, 狩出しに, 集めた本

▼ 方々~ (8, 0.3%)

3 をし 2 して 1 した, をした, をする

▼ 方々からも~ (7, 0.2%)

5 何分の 1 尋ねられたこと, 祝い物を

▼ 方々~ (7, 0.2%)

1 からあの, が選者, という事, と思っ, と見受けました, のに本当に, よ

▼ 方々探した~ (7, 0.2%)

2 のよ 1 がいまだに, がアドレス, が見えない, ところ与次郎の, のに

▼ 方々案内~ (6, 0.2%)

4 して 1 してるん, し廻つた末ホオヘンツオレルン家

▼ 方々に対して~ (5, 0.2%)

1 商人として, 憚りが, 或いは御, 支那小説の, 臙脂屋虚言詐りは

▼ 方々~ (5, 0.2%)

1 持合せの, 旅行を, 案内いたします, 知り合いで, 見分が

▼ 方々捜し~ (5, 0.2%)

1 ちゃいる, てあっちこっち, て居た, て屋根裏, 廻つてゐる

▼ 方々からの~ (4, 0.1%)

1 たより, 依頼が, 見廻飛脚, 質問で

▼ 方々~ (4, 0.1%)

2 がした 1 がし回った, 酌など

▼ 方々です~ (4, 0.1%)

2 がですから 1 か, よ

▼ 方々でも~ (4, 0.1%)

1 い, ござるまい知って, その御, 菓子袋の

▼ 方々とも~ (4, 0.1%)

1 お付合い, なると, 相談申し上げ, 非常に

▼ 方々へも~ (4, 0.1%)

2 御用聞き 1 お取, 申しわけない

▼ 方々捜した~ (4, 0.1%)

2 んだ 1 そうです, よ

▼ 方々~ (4, 0.1%)

1 から御祝い物, の御, へはこれ, へ御

▼ 方々見物~ (4, 0.1%)

1 させて, したり, してから, に連れ

▼ 方々さがし~ (3, 0.1%)

1 てお, てみる, てもやっぱり

▼ 方々では~ (3, 0.1%)

1 あるが, ございませぬか, ない筈

▼ 方々とは~ (3, 0.1%)

1 親しく交わり, 近頃は, 違いまして

▼ 方々と共に~ (3, 0.1%)

1 丹念に, 同山に, 御馳走にな

▼ 方々~ (3, 0.1%)

2 のです 1 のか

▼ 方々によって~ (3, 0.1%)

1 手術局部の, 行なわれる実験, 警護され

▼ 方々に対しては~ (3, 0.1%)

1 ここに, 略右の, 誰から

▼ 方々のみ~ (3, 0.1%)

2 残られました桃花坊 1 でなく北朝系

▼ 方々へは~ (3, 0.1%)

1 どうぞ価値, 小麦粉を, 来月の

▼ 方々まで~ (3, 0.1%)

1 あとに, この日本一, 数十将に

▼ 方々尋ね~ (3, 0.1%)

1 てあるい, て見た, て見ました

▼ 方々彷徨~ (3, 0.1%)

1 うて居つて, ったあげく, つたあげく

▼ 方々探しまわった~ (3, 0.1%)

1 あげく竈の, のに御, 末天井の

▼ 方々曲者~ (3, 0.1%)

1 でござる曲者, はこの, を見付け

▼ 方々歩き~ (3, 0.1%)

1 まはつ, 廻るという, 新宿の

▼ 方々~ (3, 0.1%)

1 てあるい, て廻っ, て廻つた

▼ 方々あるく~ (2, 0.1%)

1 ように, 女が

▼ 方々かと~ (2, 0.1%)

1 いうと, 一時は

▼ 方々からは~ (2, 0.1%)

1 その不足, 甚だ喜ばれない

▼ 方々こわれ~ (2, 0.1%)

1 ていた, てはいた

▼ 方々~ (2, 0.1%)

1 用心あそばせ, 用心なされ

▼ 方々さま~ (2, 0.1%)

1 なん, の相場

▼ 方々そして~ (2, 0.1%)

1 いくらかは, 所作の

▼ 方々であった~ (2, 0.1%)

1 からその, にもかかわらず

▼ 方々である~ (2, 0.1%)

1 から仕方, から翻訳

▼ 方々との~ (2, 0.1%)

1 振合, 面会の

▼ 方々よりも~ (2, 0.1%)

1 待遇の, 第二

▼ 方々を通じて~ (2, 0.1%)

2 全部愛生園に

▼ 方々借金~ (2, 0.1%)

1 をつく, をつくっ

▼ 方々出動~ (2, 0.1%)

1 なされ, なされ面白い

▼ 方々大変~ (2, 0.1%)

2 でござんす

▼ 方々就職口~ (2, 0.1%)

1 を内々, を探す

▼ 方々廻つて~ (2, 0.1%)

1 みたけれども, 見て

▼ 方々心当り~ (2, 0.1%)

1 がある, を探し廻つた

▼ 方々探し廻っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て結局社殿

▼ 方々歩きまわっ~ (2, 0.1%)

1 て上級, て来た

▼ 方々歩く~ (2, 0.1%)

1 だけのやつ, と見え

▼ 方々~ (2, 0.1%)

1 合せて, 合わせて

▼ 方々聞合~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 方々~ (2, 0.1%)

2 を探し

▼ 方々見回し~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 方々見廻し~ (2, 0.1%)

2 ては見た

▼ 方々見廻した~ (2, 0.1%)

1 が何, ってどこ

▼ 方々飛びまわっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て見

▼ 方々飛び歩い~ (2, 0.1%)

1 たりした, ている

▼ 方々駈け~ (2, 0.1%)

1 まはつ, 摺り廻ってる

▼1* [316件]

方々あたって見た, 方々あやしいものが, 方々あるいはタキシーによって, 方々いつまで共に, 方々いづれも豫, 方々うろついている, 方々うろつきまわっている, 方々うろつきまわったようである, 方々うろつき廻ってさ, 方々うろつき歩いたね, 方々おかえりなされ, 方々および直接その, 方々お互い私怨とてはござらぬ, 方々お参りにまいりまし, 方々お尋ね申しましたよ, 方々お手伝い下されい, 方々お茶屋さんだの待合さん, 方々かきまわされちゃあこっち, 方々かけ廻つて下さつた, 方々かけまわっていた, 方々かず添ひぬれ, 方々かってにとびまわっ, 方々かねて諸方, 方々かは存じませぬが, 方々からぞろ, 方々きいてみよう, 方々くらいの年頃の, 方々こそ父上に, 方々この家の, 方々これを読みた, 方々ごらんなせえ, 方々さえ幾夜か, 方々さがしたんです, 方々さがしまわってやっと, 方々さがしまわりたずねまわりましたが観音様, 方々さまよっている, 方々さま当町有志の皆, 方々しみだらけなの, 方々すなわち聴講者の, 方々それぞれお顔, 方々たいそう稽古に, 方々たたんでおしまい, 方々たちが右, 方々たる点に, 方々だけで秘密に, 方々だけにご案内, 方々って大体良識だの, 方々でありますから私, 方々でございましてヘッ, 方々でございますが中, 方々でしていた, 方々でしょうか, 方々でのうては役に立たぬ, 方々で御座いますか, 方々といふ意味では, 方々としては尚更の, 方々とだけ排他的に, 方々どうしたので, 方々どうやら賊の, 方々などから憎悪の, 方々ならば恐らく, 方々にさえ恐れられて, 方々については言を, 方々にてあるから, 方々にでも聞いて, 方々にとつては, 方々にとって戦争は, 方々にとっては未だ分り, 方々にまでも妾の, 方々に対し奉つて, 方々に対しての尽くし方, 方々に対しても亦深く, 方々に対する忠誠の, 方々のみに限り御, 方々はおつしやる, 方々はさまって恋人, 方々はも一度す, 方々ばかりを選んで, 方々ぴくぴく震えて, 方々へだけのお詫びの, 方々まごついている, 方々または天然紀念物会の, 方々までをこんな嶮, 方々まわって歩い, 方々みな主君のあなた, 方々めぐりあるい, 方々めぐり歩いてある, 方々もござりますしそんな, 方々もさように覚しめす, 方々もらって歩いた, 方々ゆすり歩いて, 方々東洋は, 方々ようこそ参られた, 方々よく聞き候え我ら木曽家, 方々よとそぞろに, 方々をというような, 方々をもよく見ます, 方々ウロウロききまわって, 方々カセイデ歩イテイタウチニ, 方々呼バレテ行ッタガ着物ハ出来, 方々ホテルを泊り, 方々一大事でござるご存知, 方々一面に火の手, 方々三味線を弾い, 方々へおりる, 方々に耆宿碩學, 方々並びに故人の, 方々乗りまわしたり丘, 方々を挙ぐる, 方々にも頼ん, 方々こそ出合い候え, 方々今宵深川へお, 方々今日は主人秘蔵, 方々に御, 方々何んのご用, 方々何事でござる, 方々修行して, 方々借り歩いて足りない, 方々借り集めたり着物, 方々借財等のため自殺候様, 方々でござるぞ, 方々写生をし, 方々て歩い, 方々出合え方々出合え, 方々出合って打っ, 方々出歩かうと云, 方々出歩くことを, 方々切って見ました, 方々動き回るものらしい, 方々十余名一行を待ち合され, 方々及び部下の, 方々取り毀したのかも, 方々取調べた結果その, 方々只今追うて, 方々合戦をとりかくべからず, 方々同時に見回した, 方々吾が頭ある, 方々呂宋兵衛をこの, 方々呼び集めたのは, 方々をし, 方々問いあわせましたがきみ, 方々喰いかじりのまま一生, 方々嗅ぎ廻って帰った, 方々四五人でございました, 方々国々を売, 方々売り込みに歩いた, 方々に連れ, 方々外出をし, 方々天草一円から長崎島原, 方々奉公も致しました, 方々奔走したけれど, 方々室さんに連れ, 方々ノ中, 方々宿屋を叩い, 方々富士春が人形, 方々尋ね回るとか居所, 方々尋ね歩いてここ, 方々小さな穴を, 方々小屋をのぞい, 方々屋島の浦, 方々左記の通り, 方々廻り此の, 方々引き廻して, 方々引ずりまは, 方々引ずり廻されて漸, 方々引張って酒, 方々引張られるんで遣切れやしない, 方々つてごらんなさい, 方々当ってみ, 方々彼女を連れ, 方々御前へ申し, 方々御苦労に存じます, 方々御身達は何人, 方々あらば, 方々心ゆくまで酔いましょう, 方々心當りを, 方々戸外へ出, 方々を廻し, 方々手蔓も有っ, 方々托鉢して, 方々拙者に存じ, 方々歩いて, 方々持ち回られたりまた, 方々持ち廻ったお庄親子, 方々持って廻っ, 方々振れて歩く, 方々捕吏だ捕吏, 方々捜しあぐねて櫓, 方々捜しあぐんで一旦, 方々捜しあるいた末に, 方々捜しまわった結果でも, 方々捜しまわりましたわよ, 方々捜し廻っても容易, 方々捜し廻ってるが解らねえ, 方々捜し廻らねばならない, 方々捜し歩いた末漸, 方々捜し歩きたかったからだ, 方々がし, 方々探しあるきましたがどうも, 方々探しぬいていかに, 方々探しましたが一向, 方々探しまわってその, 方々探し歩いている, 方々探し歩いたらしいんだ, 方々探すと深川扇町, 方々しまわりリスト, 方々摘まんだりし, 方々撫で斬りや, 方々散歩して, 方々方々曲者はこの, 方々旅行して, 方々旦那と末, 方々早く燭を, 方々是非に一日, 方々暗い処を, 方々札びらを切っ, 方々東京を見, 方々様方東京為御引越午後, 方々様東京御引越, 方々歩いたっけ, 方々歩いとかなきゃ損だ, 方々歩きまわりその途中, 方々歩き廻っている, 方々歩き廻つたのであるから, 方々殊に隣家の, 方々が往來, 方々決して遠慮は, 方々れる家, 方々流した末神楽坂へ, 方々流浪した果て, 方々渡り歩いた末やや, 方々渡り歩いてるから, 方々漂浪して, 方々演奏旅行をした, 方々無心に歩き廻った, 方々無理があつ, 方々焼け焦げたまま眼も, 方々父親のいる, 方々物色して, 方々特に彼らの, 方々理不尽めさるな, 方々町方の岡っ引き, 方々痒いわ, 方々痛い処が, 方々痛かった, 方々皆お立ちで, 方々目的もなく, 方々直径七八間ほどの漏斗形, 方々知つてゐら, 方々はあなた方, 方々移り歩かなければ, 方々をかけ, 方々約束したん, 方々紫色に腫れ上っ, 方々縁台など持ち出し, 方々聞いて歩い, 方々聞かれるような, 方々聞きあわせたが彼女, 方々自身がこの, 方々荒らしまわった揚句一時ここで, 方々に喰われちゃった, 方々を捕っ, 方々を聞い, 方々行くが大体三多摩一帯, 方々行ったりき, 方々西洋の離婚, 方々見えてえ, 方々見させてさえご, 方々見せてもらっ, 方々見まわってとある, 方々見ゆれば叮嚀, 方々見廻し振返って見る, 方々見歩いてこの, 方々覗いたが誰, 方々詮議に歩こう, 方々調査するとか, 方々買いものして, 方々買イ物ヲシテ廻ッテ, 方々転々した果て, 方々転戦して, 方々近来成功者となった, 方々逃げかくれている, 方々逃げ回ってもむだ, 方々連れて歩かれた, 方々遊びあるく様子, 方々遊んで歩いた, 方々よどうぞ, 方々遠出をつけ, 方々遠征をした, 方々部屋を見回り, 方々部署にお, 方々都合が好い, 方々でも飲ん, 方々釘付けにし, 方々釣って歩く, 方々長唄鳴物囃子のご, 方々雑巾を掛けさせられ, 方々雜布を掛けさせられ, 方々雨漏りがし, 方々電話で聞き合わした, 方々静かにしろ, 方々を剥, 方々預けられて居りました, 方々飛び廻りたく思わないのは, 方々飛び廻りましたがどれ一つ自分, 方々食いつめ者の, 方々食って歩い, 方々飲みあるいてばかりいる, 方々香水のかをり, 方々けあるい, 方々駆けずり廻っ, 方々駆けずり回ったりした, 方々駆け廻って鳴き, 方々駈けずりまわった果てに, 方々駈けまわっていた, 方々駈ずりまわって金