青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感覚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

感動~ ~感心 感心~ ~感情 感情~ ~感想 感想~ ~感激 感激~ ~感覚
感覚~
~感謝 感謝~ 慄~ 慈悲~ ~態 態~ ~態度 態度~ ~慌て 慌て~

「感覚~」 4049, 40ppm, 2877位

▼ 感覚~ (588, 14.5%)

22 もって 10 もつて, 失って 7 持って 5 欠いて 4 失つた, 有して 3 とり戻して, 含むもの, 含んで, 多分に, 超越し

2 [31件] おぼえた, もたらすもの, 与えるの, 介して, 全身に, 刺戟する, 刺戟せず, 含まないもの, 吾, 味わった, 呼びさ, 基礎として, 失いながら, 失うよう, 失つてゐた, 完成する, 思い出すと, 意味し, 所有した, 持たせるもの, 持つて, 材料として, 溺らして, 爛し, 脅かして, 自分の, 表現した, 起させれば, 開放し, 響かすあと, 麻痺させ

1 [449件] あたえる, あらゆるもの, いつわること, いつわる事, うけすでに, うけたの, うけとること, うしなって, うちまかせ, うち消そう, おぼろに, かたく胄, くぐって, こえんと, これまで, さいなんだ, さえその, さして言う, されたこと, しっかりもっ, しらべて, すべて夢だ, すりへらして, そこから, そそったもの, そそりたてるよう, そなえて, その不思議, その夢, それぞれに, それほど鈍らせる, つきつめた芸術, つくりなして, つらぬかせて, とらえて, とりおとした人間消耗, とりかえして, とり入れようと, とり戻し, とり戻したけれども, なえさせるし, なくして, なし他方, なす, にぶくされる, にぶらして, にぶらせ, にぶらせる中流性, のけものに, のり超えては, はなれた見方, ば超越し, ひき戻す, ひっぱって, まったく思いがけ, まるで失っ, みなもっ, めざましく活動, めざませたい, もたず芸術至上, もたらすの, もちました娘, もち新しい, もち映画, もったひと, もった人, もった活きた水, もった話, もっては, もっとも鋭敏, もっと洗練, もっと精細, もつた作家, もつと, もらった, ゆり起こして, よく現し, よびさまされそれら, よびさますはたらき, よびもどしたかった, よびもどしたかつた, より積極的, わざと考え, わずかに, われと, われわれは, カムフラージユしよう, 一つに, 一際深刻, 与えて, 与えまいと, 与える, 与える一つ, 与える光音香味, 与える力, 与ふる力, 与へらる, 中世の, 中介, 中心として, 中途で, 主と, 主張し, 乱酔さす, 予料し, 予料する, 二つ複合し, 二人で, 互に省み, 交錯させ, 今後あまねく, 介してか, 介してしか, 代弁する, 任か, 伴って, 体で, 体得しうる, 作ること, 佯る, 使用した, 保護する, 信じまいと, 信ずべきとき, 信用しなくなっ, 倒錯させ, 備えて, 備へて, 催さしむる, 僅かに, 働かして, 僕は, 全然欠い, 全身同時に, 全部的に, 具へ, 具へて, 出来る丈, 分明に, 初めて高く, 制約出来る, 刺戟された, 刺戟し, 刺戟した, 刺撃する, 刺激する, 創造した, 助長する, 動かして, 動かすもの, 動すべき, 十分もっ, 取纏めること, 受け取ること, 同僚に, 含まない, 含む, 含むべきもの, 含む場合, 含む直観, 含んだ直観, 含んだ語, 吸いとって, 吸い摂り肥って, 味わい享楽, 味わい楽しみ筆, 味わうのに, 味わう点, 味わって, 味わわなければ, 呼び覚した, 呼び起こさぬ限り此処, 呼び起こすの, 呼び醒まされた, 呼ぶ, 喚び起されるの, 喚び起す作用, 喚び起す或, 喜ばす様, 喜ばせるもの, 喪って, 喪失し, 喪失した, 喪失する, 器械的現象に, 回想し, 圧倒し, 圧迫した, 基調と, 基調として, 堪へて, 変えること, 失いその, 失いただ, 失い木乃伊, 失い鎖, 失うこと, 失うて, 失うほど, 失する事情, 失った, 失ったため, 失ったもの, 失ったよう, 失った二人, 失った目, 失つた位, 失つてた, 失はんと, 失ひだんだん, 失ひました, 失わしめた, 失わせられて, 奪ったと, 奪って, 奪われて, 媒介として, 嫌ひ, 学びましたその, 学び知らないの, 宇宙の, 定立する, 実につよく, 導いた過程, 導き入れて, 広く鋭くする, 弄ぶなどと, 引つけて, 張り詰めさせて, 強める様, 彫刻家は, 彷彿させる, 得んと, 必要と, 忘却し, 忠実に, 惹き起こさずして, 惹起す, 意味する, 感じざるを, 感じ観察, 感覚だ, 感覚と, 打つの, 扱った, 批判する, 承服する, 把え, 抒した, 投げ出した笑い, 投げ捨てて, 抱いたこと, 押しのけて, 持たされて, 持たずこういう, 持たせる, 持たせる様, 持たないが, 持たない人, 持たぬ小人, 持たねば, 持たれる様, 持ちうるか, 持ちさ, 持ちまた, 持ち得ないもの, 持ち感じないもの, 持ち次に, 持った人, 持った人間, 持つが, 持つこと, 持つた一人, 持つだろうと, 持つもの, 持つ名, 持つ文章語, 持てない女, 指すの, 指標としての, 振りきって, 授け給, 授け給う限り, 描きはじめて, 描き出して, 揺り動かす騒々しい, 擦り落して, 支配する, 放散し出す, 数字に, 日本の, 日本化せし, 暗示する, 最も美しく賢く, 有しない, 有すべきだと, 有するもの, 有せざる, 有つこ, 柔かく休める, 校庭から, 棄権し, 植ゑつけられる, 極度までに, 楽しみながら, 楽しむ空想, 欠いた抽象的, 欠き対坐, 欠く人, 欠除し, 歓ばす材料, 流れ洗うもの, 浮き上らせるの, 消すこと, 深めるため, 満す様, 漉して, 無上に, 無理に, 無視する, 焦ら立たせて, 狂乱する, 現し得たれども, 生かそうと, 生ずるという, 生ずるに, 生ずるは, 生ぜざること, 生ぜしめる, 甦らせた, 用いたこと, 用いて, 疎遠に, 疑いたくなるよ, 疑うの, 疑おうと, 疑ったので, 疑って, 疑ふやう, 癒すもの, 発したるやと, 盛つたリアリズムといふ, 目ざまされ, 目醒ましく, 相親しましめた, 知らぬジュネヴィエヴ, 研いで, 研ぎすました芸術家, 研ぎ澄ましてから, 砥ぎすます, 示して, 私は, 移して, 窺うこと, 端的に, 糸の, 経験した, 経験する, 結果する, 絡めたり, 絶した, 絶たれたよう, 継続させる, 緊張さし, 総合統一する, 緻密に, 織り込んだといふ, 置き換えたの, 美事に, 考えて, 聯想させる, 育てられて, 脳中枢に, 自ら意識し, 自由に, 自覚した, 舞台に, 著しく刺戟, 薬指は, 衝くやう, 衝動し, 表す様, 表現すべきで, 表象し, 襲うと, 見出して, 見出すの, 覚えて, 覚える, 覚えると, 覚ゆる, 解放する, 触発さす, 触発させ, 触発される, 触発する, 詐欺師に, 詩は, 認めたこと, 諸行無常の, 買われて, 起こさせるので, 起こしたるゆえん, 起こしても, 起こすこと, 起こすべき道理, 起させる言葉, 起したか, 起すという, 起す様, 超越した, 超越する, 踏みにじつて, 身内に, 追い出すため, 送って, 透して, 通したいっさい, 通らねば, 通り越して, 運ばねば, 遠ざけ物体的, 遺伝し, 避けて, 重んじたので, 鈍くされ, 鈍くし, 鈍化させる, 鋭くさせる, 鋭く鋭く感じた, 鋭利に, 鋭敏に, 錯覚だ, 除いてから, 際立たせて, 集めて, 集めようと, 離れた観念, 離れて, 顔面に, 養うこと, 養つて行く, 養は, 養ひつ, 養成する, 駆使し, 麻痺させた, 麻痺され, 鼓舞し

▼ 感覚~ (528, 13.0%)

11 中に 10 上に 8 うちに 6 中で 5 なかで, 鋭敏な 4 世界を, 訓練 3 ために, なかに, 上で, 新しさ

2 [23件] ような, ように, 世界に, 世界は, 世界へ, 作品である, 働きが, 如きもの, 如何を, 強さ, 役割を, 方が, 玄人, 病的な, 発達した, 知覚は, 積極化を, 積極的な, 美しさ, 表現が, 領域に, 魔界に, 鮮明な

1 [417件] あっただけに, あなどるべからざる所以, あまり思わず, あるもの, ある中枝, ある事, ある二本, ある僕, ある少年, ある方, いい人, いくすじ, うちでは, うちには, うちの, うち健康な, うつしあう鏡, おどろくべき奥行き, きらめき模索, ことだった, こんな素朴さ, すぐ隣り, すばらしさが, すべての, すべてを, その新し, それ自身新しい, ためだろう, ためである, ちがいが, つながりが, とらえかた, ないもの, ない事, ない人, ない処置, ない土, ない文学, ない知識, ない石, ない躯, なかから, なかには, はたらきを, ひきあいについて, ひとつである, ひらめきは, ふんいきと, ほかに, まざまざし, ままに, むき出しの, ものである, ゆとりまことに, ゆめ, ようであった, よくゆきとどいた, よさ, よろこびに, アッピールを, イキの, コムプレッキスには, ズレか, ズレが, ダイナミックな, ニュアンスに, フレクシビリテを, リズムが, リズムは, 一切を, 一定量が, 一片こそ, 一種の, 一部を, 一面であった, 上での, 上では, 上でも, 上にも, 不愉快から, 不気味さ, 世界での, 世界にのみ, 世界よりも, 中では, 中でも, 中において, 中へ, 中を, 中軸的相貌でも, 主張に, 乏しい黒, 人であり, 伸びやかさが, 作品で, 作用にばかり, 健全さを, 働きは, 働きを, 優れた, 先入見, 先導によって, 先駆として, 全体に, 全部を, 共鳴によ, 内に, 内容は, 内容作用へ, 分化であっ, 判断が, 判断に, 判断のみ, 判断も, 利く人, 制約の, 刺戟を, 前には, 前を, 剥奪に, 力の, 勘を, 単義性, 原始的事実と, 反乱であった, 反応に, 取残される例, 受け取る物質, 各種類, 向上を, 問題から, 問題で, 問題です, 問題として, 問題な, 問題に, 問題も, 啜泣き, 喪失した, 喪失で, 喪失状態は, 器一部のみ, 器官が, 囲みを, 域にまで, 域を, 基に, 場合に, 変化から, 変化という, 変化による, 変化を, 外から, 外に, 外的器官に, 外面的糊塗なる, 多くを, 多様な, 多面性を, 夢から, 失われ易い, 奇妙な, 奇怪な, 奥行の, 好き嫌ひ, 如く見える, 定位という, 宝である, 対象に, 対象について, 小函, 尖端に, 尖鋭化への, 局所指定の, 嵐が, 幻滅を, 幾分かを, 度に, 庸三は, 弁信の, 弱さ, 弱点を, 強いもの, 強度が, 影の, 役割は, 心像また, 快さ, 快楽という, 快楽の, 快楽を, 怠惰な, 急速な, 性質が, 性質の, 息使ひ, 悲哀を, 愁いが, 愛すべき平凡さ, 感度の, 感覚内容とは, 感覚的表徴と, 成熟を, 成長感性の, 或る, 所有者であり, 所有者と, 所有者に, 所為だけかしら, 手の, 把捉は, 持ち主である, 持主だ, 持主に, 持主を, 推移から, 推移変化が, 敏いもの, 敏さ, 敏感さによって, 敏捷な, 敏活とは, 教育, 教育が, 断片を, 断面, 新しいところ, 新しい刺戟, 新なる, 新鮮さが, 新鮮さに, 新鮮さ私は, 新鮮さ鋭さ, 新鮮と, 方から, 方則を, 方向という, 旋律的な, 早咲, 是と, 時間的空間的な, 最も発作, 最も鋭敏, 最期が, 有無を, 有無強弱が, 朦朧たる, 末期的性格を, 本性に, 本質構造が, 柔軟な, 柱の, 根底を, 根本的な, 根源として, 森羅万象を, 楼上から, 概念であった, 概念に, 模倣を, 権能は, 機能の, 機関, 欠乏し, 欠乏という, 欠乏に, 欠乏を, 欠如から, 欠如とも, 欠如に, 歌だけ, 正確妥当さを, 段階に, 段階的変化を, 毛皮を, 氾濫だけ, 氾濫です, 洗煉を, 洗練から, 流れが, 消滅した, 混乱は, 清新さは, 清新という, 源を, 漠然たる満足, 漢文調を, 火花であろう, 無いところ, 無い器械, 無い眩惑, 片割れを, 特殊に, 狂った喪失状態, 独自さと, 独自性に, 理智の, 琴線を, 生々しさ, 生活にまで, 生活も, 生活的理解であった, 甦り, 画家であり, 画面上での, 疎漫, 痲痺しかかった, 発展である, 発揮による, 発溂さから, 皆無は, 目ざめに, 相違が, 相違する, 相違も, 真実さである, 知覚から, 知覚が, 確実さを, 稀薄な, 程度では, 窓を, 窓を通して, 第一歩が, 範囲に, 範囲外に, 粋, 系列と, 系列の, 素晴らしい店構え, 結合を, 美しき戯れ, 美に, 背景が, 能力を, 能力理解の, 自覚が, 至上の, 興味と, 興奮した, 花の, 芸術である, 芸術的訓練に, 若者であっ, 蓋を, 行きわ, 行き止りである, 行方を, 表現法の, 表象が, 裏に, 裏打ちが, 見本として, 覚知する, 解放を, 訓練と, 記憶でない, 記憶の, 詩人や, 豊かな, 豊饒さが, 資格を, 躍如と, 軸と, 較べよう, 追求は, 通り過ぎるの, 造型は, 連累から, 遊離潜在意識の, 遺伝である, 重さ, 重苦しさ, 鈍いもの, 鈍い為め, 鈍い言い, 鈍い貪婪, 鈍くなった, 鈍さ, 鈍化だ, 鈍感な, 鈍磨は, 鈍磨喪失を, 鋭い作者, 鋭い女史, 鋭い近代人, 鋭かつ, 鋭くなっ, 鋭さも, 鋭さを, 鋭敏さは, 鋭敏さ信念の, 鋭敏を, 鋭敏遅鈍の, 鋭鈍, 鍔競り合いに, 鍛錬が, 限度に関する, 限界に, 陶酔によっても, 陶酔を, 障碍が, 集合から, 集成展開そのもの以外の, 雋鋭を, 雑多の, 非常に, 面でも, 頂点だけを, 領土に, 顫動の, 飛躍の, 食い違いは, 骨身に, 鮮やかな, 麻痺とまでは, 麻痺を

▼ 感覚~ (451, 11.1%)

9 あった 7 ある 5 起って 4 彼の, 非常に 3 あって, なければ, 彼を

2 [25件] あったの, あります, あると, あるという, ない, ないの, なくな, なくなるほど, はっきりし, まるでない, 彼女の, 欠けて, 欠如し, 残らぬ, 漂って, 無くなって, 目ざめて, 真に積極的, 認識の, 起こって, 起った, 鈍くなっ, 鈍って, 鋭敏に, 麻痺し

1 [363件] あったかと, あった時, あつた, あつて, あとかたも, あのアテナイ, あまり民主化, あらゆる神経, ありいつそシュルリアリスト的方向, ありしたいこと, ありすぎるの, ありながら, あり君国, あり空想力, あり美麗, あるそう, あるだけ, あるにも, あるの, あるもの, あるやう, あるらしいの, あるわけ, いいくせ, いかにも実感, いつも線, いよいよ鋭く, いわゆる涼し, おどろきの, おのずからこうした, かきたてられた, かくの, かたよって, きゅっと皆, きれいに, けだるくいつ, ここでは, ことごとく失せ切っ, ことごとく失せ去った, このよう, この混鬧, こみあげて, こもって, これほど, さらに一つ作家, ざさー, ざわ, しいたげられつつも, した, した思, しみ通る, すぐそこ, すぐ僕, すばらしくよいくせ, せまいこと, そうさせた, そっくり甦っ, そのまま残つて, その用, その触発対象, その頭, それに, それらの, それを, それ自身説明し得ない, たいへん鋭敏, たしかにその, たまらぬの, ちぢむの, ちっとも頭, つちかわれて, つよまって, とどき得ない高い, どうかする, どうだ, ないと, ないので, ないらしく, ないん, なお又, なお残っ, なく, なくなった, なくなって, なくなり洟, なくなるので, なぜ後世, なつかしくなっ, なんとも言えず, にじんだ, ぬけいつか, はっきりしない, ひとり跳梁する, ぴったり合っ, ふと甦った, ぼんやりし, まげられて, まことにイヤ, まざりあって, またパッと, まだ残っ, まだ身体, まるでかたまりかけた, まるで伸子, まるで喰, まるで喰いちがっ, むやみに, めざまされ, もっとはっきりし, もはやそれ以上説明, よいと, よく発育, より抽象化, より文化期, わからないこと, わずかばかり, われを, クサンチスを, ズンズン消え失せ, ゼロだ, トリックに, 一つの, 一層精練, 一層鋭敏, 一片れ, 一番確かだつた, 一般に, 上ずって, 不意に, 世界的な, 主として発動, 乏しいの, 今に, 付きまとって, 伝わって, 伸子の, 伸子を, 位置を, 体を, 何かしら内部的な, 余りに溌剌, 信じられないくらい, 個人の, 倫理を, 健全に, 備わって, 働いて, 働かない, 先に, 全然ない, 全然欠け, 共通する, 内部的だ, 再び内, 再び繰り返す, 写されて, 出されて, 出て, 出るの, 出来, 加わったもの, 加味し, 動いて, 区別される, 十年おくれてる, 又かう, 反撥する, 反映された, 反省に, 古いか, 古典的オペラへの, 同じもの, 呼びさまされ恋愛, 善の, 喪失し, 四ん匍ひ, 変に, 変化し, 変化する, 変革されなけれ, 大衆の, 太い根, 失せて, 失はれたと, 好きだった, 存すると, 存在し, 察知しられる, 少いです, 少くとも, 尖鋭化し, 市民の, 常にも, 弱ければ, 強度や, 彼には, 心理的事実に, 必ず触覚, 忌避し, 快かつ, 恟ッとして, 惹起する, 感覚として, 成熟し, 成長し, 戦時的な, 戻って, 承知しない, 抵抗する, 拡がって, 持たれて, 指先に, 探偵小説の, 敏く識取, 敏感だ, 敏感に, 敏活で, 整理され, 新鮮な息づき, 日々の, 日に日に衰え, 日本では, 日本人には, 映って, 映つて, 時間空間という, 最も鋭敏, 最初の, 有つたの, 朝子を, 枕もとに, 極めて新鮮, 極度に, 様々の, 横溢し, 欠くこと, 次々脱落, 次第に上っ, 正しい意味, 正確でない, 水, 沈まって, 法隆寺金堂の, 活, 流れました, 消化され, 深くまつ, 清少納言に, 測定し, 滲透的に, 漂ふ, 漠然神経に, 潜んで, 無い, 無いらしい, 無かった, 無かつ, 無くな, 無くなった, 無くなり出したし, 無慈悲なやり, 無言の, 特別繊細に, 特殊な, 狂ったの, 独立する, 現実と, 環境的な, 生きて, 生じましたから, 生じる, 生れるの, 生長する, 甦って, 甦る, 男の, 男性の, 異っ, 異常で, 痛いほど, 発生する, 発達する, 皮膚の, 直接地蔵さんを, 直観空間から, 相当積極的, 眠つてゐた, 眺めて, 眼を, 確かだった, 示されて, 社会的集団的性格を, 私に, 私の, 種々に, 精神について, 精神の, 精神的不快の, 結婚と, 絵画を, 綯い合わされて, 緻密か, 考えられるという, 考へられなければ, 聴覚器官としては, 職業そのものの, 肉体の, 脱落し, 自分の, 自然と, 自身の, 若干の, 苦悩が, 著しく鋭敏, 薄荷を, 蘇えっ, 表は, 表現され, 表現される, 衰へる, 見て, 解放され, 触れて, 触感と, 触覚と, 言葉そのものよりも, 言語文化の, 記憶や, 話す話, 語感の, 走った, 起こり躯じゅう, 起りました, 起ります, 起るが, 起るの, 躍如として, 身体の, 転置する, 近かつ, 近代感覚である, 進んでは, 酒の, 酔ったよう, 重くて, 鈍いこと, 鈍くなった, 鈍くなる, 鈍りまたは, 鈍化する, 鋭くな, 鋭く閃い, 鋭敏で, 鋭敏であった, 鋭敏であり, 鋭敏でなけれ, 鋭敏な, 鋭敏なら, 閃き出し主観, 間の, 附随し, 静かな, 齎らされ

▼ 感覚~ (288, 7.1%)

4 訴えて 3 それが, なって, 与えられたもの, 似たもの

2 [21件] いつまでも, おそわれ助, こたえて, どう作用, よると, 依って, 入って, 共通である, 向つて日本, 影響を, 快い反応, 於ける新, 於て, 無関係に, 触れさせようと, 触れたる事, 触れること, 触れるもの, 訴えるもの, 身体を, 迫った

1 [230件] あたえた, あったこと, あらわれて, ある悦び, ある過去, いかなる程度, うけとれるもの, うったえるもの全部, おかれるから, おそわれた, おぼえが, かえって結論, かつて知らない, きっと居心地, くらべれば, くらまされて, こわい小父さん, しようと, すがりついて, すぎないとの, その威力, その心, ぞくするもの, たよりすぎて, たより主情に, ぢかに, つかわれること, とらわれた, どちらも, ない斬新性, のこって, ひっかかると, ぴんとこたえる, ふさわしい新, ふれる総て, ほかならないという, ほとほと参っ, ぼんやりと, まかせて, まつべきであると, みちた諷刺作家, もたらさなければ, もとづくもの, もはやあまり多く, デリケートだった, 上って, 不具だつた, 与えられた個々, 与えられた多様, 乏しいの, 亢奮を, 他なら, 代った, 伝って, 伝つて来る, 伴う快, 何程の, 何程多くの, 作用し, 作用する, 使いつくして, 依つて, 依頼し, 信用を, 傾きすぎる非難, 働きかけること, 充ちた文章, 共通であり, 内問, 分裂を, 判然した, 刺戟せられ, 刺戟を, 印象され, 危険を, 即して, 合わないにも, 合わないもの, 向って, 呼びかけるもの, 喚び戻されて, 囲まれて, 堕する, 大きな変化, 奉仕する, 孔雀は, 密着し, 富むところ, 対応する, 就てだけでも, 属しこの, 属して, 属するもの, 帰着する, 広く磨き, 強い感受性, 弾動を, 当面せる, 従うて, 心を, 心持よく, 快くひびく, 恵まれて, 悩まされる, 悩まされること, 意識が, 愚弄され, 愬へ, 戻り身, 打たれた, 捉えられて, 捉えられるもの, 捕へられた, 支へ, 支配され, 改めて注目, 新鮮な, 於いて, 於いても, 於ては, 明らかなる, 映した短篇, 木の葉の, 染み付き易い, 根ざして, 極めて隠微, 欠如した, 残ったが, 残って, 残る, 比し善, 気付いたと, 注意する, 注意を, 浸りこみたい渇望, 浸りながら, 満ちて, 潜在する, 無用な, 無知な, 無頓著, 熱情なんでも, 現われるの, 現実感を, 理解され, 甚だ縁遠い, 生々と, 由来する, 直接で, 直接の, 直接迫る, 直接連なる, 相応する, 秀でて, 移るの, 突き付けます, 突落され, 統べられて, 耐へ, 耳を, 自分を, 至る道, 興味が, 若くて, 苦も, 蓋を, 襲はれつづけた, 襲われた, 襲われること, 襲われると, 襲われるもの, 見て, 触るるところ, 触るるもの, 触るる事, 触れさせて, 触れしめたるなりと, 触れて, 触れないほどの, 触れられないで, 触れるかを, 触れるため, 触れるわけ, 触感が, 訴えた, 訴えたもの, 訴えたるもの, 訴えてさえ, 訴えようと, 訴える, 訴えるすべて, 訴えるの, 訴えるデマゴギー, 訴える事, 訴える処, 訴える手段, 訴える週期的時間間隔, 訴へ, 訴へる, 誑されて, 負うところ, 身も, 身を, 較べては, 近いもの, 近づいて, 近代性などの, 迫ったあこがれ, 迫って, 迫る肉体, 追随し, 通じるもの, 通じる性質, 運ばれて, 過ぎない, 過ぎなかった, 過ぎぬ, 適した様式, 都会と, 酔って, 鋭敏でなけれ, 鐘の, 間違いが, 関した音, 限りの, 集約され, 雲泥の差が, 電気刺戟と, 頼つて茫然踏ん, 魅かれ

▼ 感覚~ (276, 6.8%)

38 なもの 6 な美 5 なるもの 3 な操作, な物, な美し, な興味, な表現, に見る

2 [11件] である, な効果, な或, な神, な面白, にそういう, にも精神的, にも開発, に憎悪, の記憶, 諸観念

1 [187件] および超, たると, だ, だといふ, であらざるが, であり又, であるか, である方, です, でない, でなければ, で一見, で同時に, で多少, で立体的, で第, で能動的, で面白い, との両, と心理的, なあらゆる, なある, なだけに, なの, なものの, なるが, なる事物, なる人間そのもの, なる或, なる自然, な一時, な一般感情, な不満, な世界, な並びに, な事象, な人間, な人間構造, な作家, な価値, な出発点, な刺戟, な力, な動き, な卓越, な印象, な同情, な啜り泣き, な外観, な多彩, な娯楽放送, な嫉妬, な実感, な対象, な尖鋭さ, な居心地, な差異, な常識, な形, な彼, な心もち, な快, な性格, な性質, な恐怖感, な悔恨, な悦び, な感覚, な技法, な拾物程度, な描写, な描写態度, な放散, な新し, な新鮮, な方法, な明る, な機能, な歌, な歓喜, な止揚性, な残酷さ, な段階, な特殊, な現, な現在, な盗賊たち, な真実, な瞳, な絵画的, な翼, な者, な肉, な肢体, な芸術, な苦しい, な蔭, な要素, な要請, な視界, な親し, な部分, な鋭さ, な面, な音, な鮮明さ, にあらわれ, にいう, にいかぬ, にいや, にお, にくるり, にしびれる, にする, にぞっと, にたえ得る, にたまらなかっ, にで, にならね, にはっと, には感じられない, には感能的, には殆, にまで立ち入っ, にもなっ, にも外界, にも触れ, にナイーヴ, に不利, に与えられた, に優れ, に受けとり得る, に可能, に大変, に好む, に姿, に娯, に対象, に心理的, に想像, に愉しい, に或は, に技術, に描写, に来る, に横, に歌われ, に残念無念, に決して, に浮動性, に無, に物事, に物語, に理解, に甦った, に画面, に直観, に眼, に知っ, に知りつくした, に知覚, に経験, に美しい, に而, に肉体, に肉体的, に膨れ上がり, に苦しい, に見なかった, に詩化, に趣味, に迫っ, に述べた, に進ん, に鮮やか, のもの, の具体, の刺激, の唇, の娯楽, の相, の美, の美し, の要素, の音, 快不快, 新しさ

▼ 感覚~ (257, 6.3%)

4 非常に 2 この場合, 三十年に, 今の, 少しも, 彼に, 眼に, 驚くべく洗練

1 [239件] あきらかに, あまりにも, あまり小さい, あるが, ある限られた, あれは, いっそう鋭敏, おまん, けっして荒っぽく, ことにすぐれ, このきまり, こりゃ蛙, これを, しっかりし, しばしば物, すうと, すぐ様街頭, すでにそれ, そういうもの, そういう自然, そこには, そこへ, そこを, そのものにおいて, その反対, その当人, その行文, その触発体, それに, それに対して, それを, それ独特の, それ自身の, だんだん回復, つまり教養, とらえどころなく, どうでしょう, どうやっ, どう手さぐり, どこから, どんなもの, ないらしい, なお残り, なかった, なくそして, なくただ, なくな, なくなった, はげしさ, ひどく鈍い, まあ満足, まざまざと, まだどこ, まだ帰りません, まだ経験, まだ蘇えり, まったく根こそぎ奪い尽され去っ, まるで零, もう全く目ざめ, もう単なる, もう犬, もっと身, やがて人類一般, やはり痕跡, より自由, わたしを, ケンプに, マスノの, マヒさせられ, 一つの, 一つ目小僧を, 一層岸本, 一応は, 不運な, 主として明るく, 主として訓練, 主観が, 之を, 予め空間直観, 二倍に, 云わば, 今も, 他の, 似たよう, 何と, 何となく妙, 何によって, 何よりも, 何人が, 併し, 依然として存する, 信吉には, 個人の, 倦怠を, 僅に, 元来持ち合わせの, 元来独特, 全く受動的, 全く消極的, 全く物質的機能, 公然たる, 共通である, 冥府へ, 分散的で, 到底翻訳, 刺激的な, 動いて, 動坂の, 動物だけの, 動物的な, 十七八の, 単なる温度, 単にその, 口舌で, 同時に, 否定出来なかった, 唯芝居, 外気と, 多種多様に, 大抵一家, 失はれ掛つた, 威風あたりを, 子供の, 完全なる, 少年にと, 常にそんな, 当惑し, 当然か, 彼の, 彼処という, 彼女の, 従来の, 微妙な, 心理学的に, 心理的実在性を, 思いがけずいつ, 恐ろしいと, 恰も弁証法的論理, 感覚そのものとして, 感覚どう, 慣されたり, 憎悪や, 所詮感覚的, 折角割り切れた, 持たない, 持ってるし, 敏感に, 文学に, 斬新らしく, 新らしい, 日に日に麻痺, 時として欺く, 時間の, 時間芸術の, 未だ若く, 本に, 本当であっ, 本当にただ, 村全体に, 枯れる, 極めてデリケエト, 極めて単調, 概念的なる, 次第に緩められ, 正に論理的妥当性, 正当であった, 民主主義文学者の, 気温と, 江戸の, 決して間違っ, 法隆寺の, 活き活きと, 清少納言の, 渡船場で, 激動の, 無数の, 熱感では, 物そのものに, 特にそうだった, 特殊な, 特殊の, 現れないか, 理智の, 発言者を, 百済観音的であり, 直観の, 直観空間の, 眼そのものにさえ, 確かに, 確に, 私たちの, 私の, 私を, 私共を, 空は, 笑って, 精神と, 緊張し, 線が, 老熟した, 肉体の, 肩から, 脅えて, 脳中に, 自ら規整され, 自分たちの, 自我が, 自然と, 自然的に, 舞台と, 船へ, 色彩感覚と, 色褪せても, 色調とか, 芸術の, 苦痛の, 薄らぎ耳, 薄弱と, 蘇って, 要約すれ, 親たちの, 足を通じて, 近代人などと, 近代人の, 退屈な, 酸素が, 野蛮人に, 針の, 鈍い, 鈍ったの, 鉛の, 鋭く判断, 閉ざされて, 静芸術に, 飛鳥的な, 飜訳によって, 魂に, 魔味と, 麻痺し

▼ 感覚~ (160, 4.0%)

3 なって, によつて, 云う言葉, 常識 2 その時代, 云うもの, 叡智とを, 呼ばれて, 寧ろ淫する, 形式に, 思想には, 想像を, 新感覚, 肉体と

1 [128件] いうか, いうが, いえば, いふが, いわゆる人情, この感覚, すば, する俳優, そこに, そして優れたる, そして古典, そして大胆, その文学, その疾患, それに, それの, それらが, なり得るので, なるの, ひいてはジャーナリストそのもの, わたしたち人民の, インテリゲンツィアらしい, 一つに, 一致しない, 下級感覚とか, 不可思議な, 世界を, 云う概念, 京都へ, 今の, 似て, 体を, 何の, 作品の, 共にある, 其から, 別れに, 前回の, 十字に, 又云わ, 古城址としての, 古画の, 各自の, 同じく対象, 同じ直接さ, 同一視し, 同居し, 同時に経験, 名づけるであろう, 呼ばれるが, 善良さと, 嗜好に対して, 執着とを, 変ったもの, 変性しなけれ, 女としての, 好尚によって, 官能とを, 屈辱の, 巧妙なる, 形の, 形象の, 心情との, 心理の, 思想とが, 性格の, 悟性から, 情感と, 情操の, 情痴とで, 情緒を, 想像すなわち, 意志との, 愛の, 感性とを, 感情との, 感情とは, 感情の, 手腕とによって, 技法, 文化史的想像とを以て, 暴力のみが, 最も近い, 未だ区分, 極めてよく似た, 気分とを, 沈着な, 混同した, 現在思い出し, 理性と, 理性とを, 理性的な, 生あた, 異国情調と, 疲労との, 知性を, 知覚が, 神経, 神経は, 称するこの, 空想的な, 空間時間との, 等しいもの, 精神とを, 精神に, 組み合は, 経験によって, 結び付いて, 結合し, 絵画に, 縺れなほ子, 美との, 考えられねば, 肉体が, 肉体とに, 自分という, 自然との, 興味との, 舞踊という, 落語の, 融合し, 表現法によって, 記憶が, 趣味と, 運動の, 野心とを, 間違われること, 音楽的な

▼ 感覚~ (94, 2.3%)

2 それを, もって

1 [90件] あつた, あつて, あらう, あらゆる職場, あらわして, あれを, うけて, かかれて, きいて, この感覚, すること, その土地, その存在, とらえて, とりあつかって, のこされる, また素材, みれば, わかるたしかに, わかるよう, チエホフを, ロンドン有数な, 不安は, 乗客たちは, 了解し, 云うと, 人人を, 人生の, 人間の, 以て, 伸子は, 作品の, 価値の, 先生の, 入って, 全身が, 動く男, 反撥し, 取残されて, 受けます, 受け入れ易い, 奥女中あがり, 女が, 宝捜し, 客観的な, 年末の, 弟の, 彼女は, 思い出すと, 感じないところ, 感得された, 捉えて, 捉えようと, 捉えられたもの, 探って, 推知する, 描くこと, 書かれて, 楽天的に, 歩くの, 歴史の, 清められて, 熟語化する, 玄二郎の, 現代の, 現実を, 生一本に, 直感した, 真実を, 知ったの, 確かめられる世界, 私も, 移民の, 紛らしたかったの, 結びつけて, 自分を, 舞台に, 色彩的という, 蘇つて来た, 見た標準人, 見て, 見るの, 解決も, 謂わば, 識り得る, 識るべき, 貴方の, 越智を, 酔って, 長針と

▼ 感覚から~ (81, 2.0%)

3 して 2 出発し, 生じるもの, 発生, 遠ざかって

1 [70件] あやまって, おしはかると, きた多く, しめつけて, すれば, そのよう, でも, どうしても油絵, なの, ぬけ落ち, また同時に, みると, ショックを, 云えば, 云って, 人間を, 出て, 出る表現, 出発する, 制約される, 区別した, 千里も, 多く此の, 始まるという, 完全に, 導き出そうと, 引き離すこと, 引き離すため, 引き離すに, 彼は, 得られた力, 心の, 感動から, 成立って, 或る, 摘出した, 来たモンタージュ, 来ない, 来るところ, 此の, 汲まれたもの, 汲み取ったもの, 汲んだの, 独立した, 生まれて, 生れる心情的要素, 生れる文学, 生れ出るもの, 発して, 発生した, 発達し, 眠りに, 眼を, 脱れ, 自信を, 萎靡させられ, 解放し, 解放する, 言えば, 記憶の, 起ると, 起るの, 逃がれ不安な, 遊離し, 遠いばかり, 遠くは, 遠く離れた, 開放された, 離脱し, 飾りなく

▼ 感覚~ (77, 1.9%)

2 ないよう, 心も, 理性も, 神経も, 記憶も

1 [67件] あり得ないという, あり得る, ある, いつしか新鮮味, おのずからそこ, するどく能力, ちょっと別種, ともに上っすべりでない, ない, ないし, ないやう, ない氷魚, なかつたから, なくなって, なく一寸, なく喜怒哀楽, なく小石原, なさそう, はっきり感じ取れない, またこの, また各人各様, また鈍っ, まわる, みな失っ, もたないらしかった, もはや生々しく, よみがえらない市十郎, 一匹から, 一言に, 上品に, 交って, 亦そういう, 伝えなかったの, 何か, 余ほど, 力も, 受け取った, 常に保ち, 平凡であるし, 幼ない, 思惟の, 情緒も, 意外の, 意識も, 所詮外面的糊塗, 持たぬであろう, 文化の, 温度も, 特殊な, 生れるはず, 生命も, 発達し, 皆無に, 知力も, 私にとっては, 素より同根, 表象も, 視官, 豊富に, 起こさないよう, 身体的な, 鈍りぼんやり, 鋭いが, 鋭敏に, 閃めい, 面白く思われる, 鬢の

▼ 感覚~ (73, 1.8%)

6 なるもの 2 に属し, の主張, の作品

1 [61件] からも遠く, がかういふ, がモダーニズム, が現れた, だと, であった, であるといふ, であれ何, という中間, という言葉, といっ, といふ意味, とか称えられた, とか表現派, として出発, とよばれる, と呼ばれた, と呼ばれる, と称, と称する, なぞいう, なの, なり, にし, にしろ, については一言, になつ, にならね, には近い, にも似た, に之, に八九年, に属する, に非, のグループ, の一味, の中, の人々, の人達, の作家たち, の作家達, の作物, の傾向, の多く, の感覚, の感覚的表徴, の時代, の継承, の芸術, の諸, の運動, の集団, の雑誌, はむしろ, も根本, も根本的生活活動, や新興文学派, や新興芸術派, をうち立てよう, を攻撃, を生み出した

▼ 感覚~ (45, 1.1%)

2 強迫観念が, 意識を, 感情や, 知覚や

1 [37件] あなたに, えたいの, その他自然的人間的な, またもはや, エロチシズムを, 主観によって, 乃至は, 人間としての, 叡智が, 叡智によ, 天分如何による, 実験は, 少年の, 情操に, 情緒が, 情緒を, 想像力の, 意識で, 感情の, 手法を, 才能まで, 批判力に, 文章の, 暗澹たる, 欲情や, 気分だけ, 直覚である, 知覚であろう, 知覚の, 知覚を, 神経は, 筆致が, 美しさ, 触覚の, 記憶などに, 記憶を, 麻酔薬の

▼ 感覚内容~ (38, 0.9%)

3 と同格 2 がある, と結び付い, は他, を持っ, を持つ

1 [25件] から出発, があっ, がその, が与えられ, が強度, が次第に, だという, であったという, である, ではない, と, とが不可分, との不離, とは全く, とは独立, によって又, のこの, の一群, の一部分, の性質, の特別, は二つ以上, をば精神, を有, を有っ

▼ 感覚によって~ (33, 0.8%)

3 知覚せられた

1 [30件] あたかも水夫, あるいは想像, かつて受取った, さまざまに, その事情, である, また見る, また都合, もっと合理的, レオナルドの, 交響楽を, 大過なく, 得ると, 想像し, 感じられは, 感得された, 把捉する, 捉えた一切, 時間の, 現実に, 直接に, 知覚し, 知覚した, 私たちが, 私に, 自分で, 行動し, 言い換えると, 起される執著, 量ったの

▼ 感覚という~ (32, 0.8%)

5 ものは 4 ものが, ものを 2 ものの, ものも, 結果を

1 [13件] ことについて, のが, ので, のは, ものだろう, ものと, ものについて, ような, 古典的な, 心理学上の, 意味を, 概念の, 概念は

▼ 感覚する~ (30, 0.7%)

3 ところの 2 ということ, と思われる, ものである

1 [21件] あるいは思惟, こと, ことある, ことによって, ことは, この快, すなわち物体的, ときには, と信じた, と思った, と称せられる, と考えた, と考え得ない, のと, ような, 場合自然学は, 夜は, 大人は, 或る, 時の, 生理的の

▼ 感覚には~ (28, 0.7%)

1 [28件] これは, こんな異い, とらわれない, ふれて, まつたく狂, もう飽き飽きし, もっと文学, やはり, ピンと, 一番刺戟され, 一種特別な, 事前に, 何も, 動かすべからざる日本, 吾人の, 堪えられませんね, 実に厭わしい, 山寺の, 影響する, 後進国らしく, 新しかった, 日本人程, 気味の, 涼しさ, 精神生活の, 自信も, 触るの, 遠い

▼ 感覚では~ (26, 0.6%)

4 なくて 2 ありません, ないから

1 [18件] こういう種類, ない, ないかという, ないこと, ないだろうか, ない筈, なかった, なく官能, なしに, シンと, 分かりにくい, 動き出して, 嫂が, 想像出来ない, 或程度, 決してわかりつこない, 空虚という, 駄目だ

▼ 感覚として~ (25, 0.6%)

1 [25件] うけた新鮮, おのおのの, かいて, 与えられる, 今日を, 全面の, 内在する, 反対する, 彼の, 或いは感覚, 持って, 文字ど, 昨日マッカーサーが, 来るもの, 機能する, 理解されなけれ, 私たちの, 称讚した, 納得されない, 自覚される, 自覚し, 芸術作品と, 訴えて, 身に, 首肯される

▼ 感覚乃至~ (24, 0.6%)

4 知覚の 3 知覚に 2 知覚である, 知覚は

1 [13件] は神経過程, 知覚, 知覚から, 知覚が, 知覚そのものが, 知覚そのものは, 知覚と, 知覚という, 知覚として, 知覚との, 知覚も, 知覚自身の, 神経過程が

▼ 感覚~ (21, 0.5%)

2 ている

1 [19件] あるいは想像, これらの, さえする, そして余りに, その中心情熱, それからそれ, たり知覚, つつ生き, つつ観照, つつ郵便局, てい, ていた, てゆく, などする, 実践し, 思惟する, 日本人風に, 理解する, 知覚する

▼ 感覚とを~ (20, 0.5%)

2 もって

1 [18件] もつて, 信頼し, 具へて, 味わい得ないもの, 基礎と, 夙くから, 得て, 必要と, 所有しない, 持ち続けること, 新たに, 日本人の, 時局の, 求めて, 統御する, 織り込もうと, 身に, 適確に

▼ 感覚的要素~ (18, 0.4%)

4 を主 2 が心理的要素, の中 1 とに分裂, と心理的要素, によつて, のみによる演劇, のみより成る, の舞台表現, を以て或, を加える, を取り入れる, を飽くまでも

▼ 感覚である~ (16, 0.4%)

2 ことに

1 [14件] いわゆる外界, が一般, こと枯淡という, といえる, とか機智, と云, と同時に, と思う, のである, ので結果, 事である, 処に, 道義道徳によって, 金兵衛の

▼ 感覚とは~ (16, 0.4%)

2 ならない

1 [14件] こうしたこと, 互に生々しく, 例えば歴史学的統一体, 例へば月並, 別の, 同一の, 四十年の, 客観的に, 年来の, 正常なる, 独立である, 独立に, 純粋客観から, 遥に

▼ 感覚~ (16, 0.4%)

2 と文学的感覚表徴

1 [14件] から他, がより, され具体化, され表現化, し得たる, との一致, との一致境, にあり, はより, への陶酔, を拒否, を欲, を生活, を表わし

▼ 感覚~ (15, 0.4%)

3 の経験

1 [12件] その種類, と云, に関するもみな, の合理主義, の同感, の快楽, の物理実験, の統一連帯関係, の肉眼, の趣味, の連帯, の遊技

▼ 感覚そのもの~ (14, 0.3%)

1 [14件] から歌い出され, がより, がソヴェト, が一つ, が検証, が行動性, として生命的, における政治性, によってあるいは, に疑, はなんぞと問わ, もしくは純粋感覚, も記憶, を絶えず

▼ 感覚~ (14, 0.3%)

2 として見たる, を感覚物, を通じて知 1 として見た, として見る, と見, に附着, の一部分, を通じてその, を通じて怒, を通じて情

▼ 感覚による~ (13, 0.3%)

3 のだ 1 のと, ものと, 効果に, 探求の, 探求は, 描写では, 構成である, 芝居などを, 認識の, 象徴詩で

▼ 感覚にも~ (12, 0.3%)

2 静かに 1 たとえること, ひとしい, 似て, 島それぞれの, 快いもの, 感心せしめられる, 欠けて, 肌が, 能動的な, 訴える美し

▼ 感覚を以て~ (12, 0.3%)

2 古語に, 社会的最大の 1 すべきもの, ラシイヌの, 受け入れたと, 始まるが, 感じました, 洗練された, 物を, 眺められて

▼ 感覚との~ (11, 0.3%)

1 [11件] それぞれの, ズレは, 交錯交替する, 享楽的二重奏とのみ, 圧縮的表現だ, 擾乱は, 最も手近, 混淆ほど, 相違である, 間に, 関係を

▼ 感覚~ (11, 0.3%)

5 のである 2 のだ, のです 1 ので, のであります

▼ 感覚され~ (10, 0.2%)

3 ていない 2 ている 1 つつあれ, ているであろう, てきた, てこそ健全, 知覚される

▼ 感覚を通して~ (10, 0.2%)

2 受けた弥陀 1 全生活, 初めて味, 感じる時, 時々私達, 溶け合つて死の, 這入つて, 魂の, 魂へ

▼ 感覚とが~ (9, 0.2%)

1 ぴつたりしてゐるそこから, ヘッセの, 全く一つ, 同じ観念, 大変複雑に, 時を, 生活そのものの, 絡まり合って, 自然に

▼ 感覚にまで~ (9, 0.2%)

1 その意味, たかめるでは, 及んだ知性, 回帰する, 成長させられ, 浸透し, 結ばり綾取られたの, 自らを, 誘うそういう

▼ 感覚的快楽~ (9, 0.2%)

2 に優る 1 が真に, が空しい, の劣等性, の濫用, は道徳律, をさけ, を絶滅

▼ 感覚~ (8, 0.2%)

1 という, というの, とは認めない, と云う, と云われ, と伸子, と思ひます, と言われ

▼ 感覚とか~ (8, 0.2%)

1 云は, 何か, 印象とか, 印象とかが, 印象とかを, 感情なら, 理知とか, 直線的鋭敏性を

▼ 感覚によ~ (8, 0.2%)

1 つても, つて作られた, つて処理調合され, つて引越しの, つて拓かれる, つて物の, つて蘇らされた, つて魚を

▼ 感覚より~ (8, 0.2%)

1 何か, 浸み, 生じたるなり, 生ずること, 生ずるもの七種, 生ずる夢, 背き遠ざかりつつ, 起こること

▼ 感覚主義~ (8, 0.2%)

1 である, とベルグソン, と合理主義, と言葉, にはモラル, の故に, をば或, を中心

▼ 感覚的表徴~ (8, 0.2%)

1 とは一言, と変えられた, にあっ, のそれ, は少く, は悟性, よりもより, より先行

▼ 感覚した~ (7, 0.2%)

2 のである 1 しそして, そして私, ので, 意味は, 長次は

▼ 感覚でも~ (7, 0.2%)

1 あつた, ないもとより, 同様で, 同様である, 形の, 知覚でも, 趣味でも

▼ 感覚において~ (7, 0.2%)

1 ちがうこと, どんな長足, レナーとは, 何者かを, 古い文壇的, 忍びず仮釈放, 旧套に

▼ 感覚ばかりが~ (7, 0.2%)

3 活きて 2 逞しくなった 1 彼を, 逞しい故に

▼ 感覚~ (7, 0.2%)

1 で誤り, で調べ, によって検査, の誤り, もおおむね, をもたない, を子細

▼ 感覚器官~ (7, 0.2%)

2 を介し 1 が一時, に現前, の作用, はその, を意味

▼ 感覚~ (7, 0.2%)

1 と化し, に打たれ, をあらわす, を好む, を持った, を棄てる, を画面

▼ 感覚表徴~ (7, 0.2%)

2 とを一致 1 となっ, との明確, の一属性, の一部, はその

▼ 感覚さえ~ (6, 0.1%)

1 なく出現, もつて, 失われて, 少しも, 眠って, 遙かに

▼ 感覚それ~ (6, 0.1%)

1 がカスティレ風, こそがきょう, にもまして, に擽, に立つ, は数多

▼ 感覚派文学~ (6, 0.1%)

1 でなくし, の中, の二つ, はいかなる, はコンミニズム文学, は資本主義

▼ 感覚される~ (5, 0.1%)

2 もので 1 ものは, 一つの, 限りに

▼ 感覚といふ~ (5, 0.1%)

2 ものを 1 ことを, ものが, 点で

▼ 感覚とも~ (5, 0.1%)

1 いふべきもの, いふべき一種訓練, ちがうの, 亦共に, 哲学の

▼ 感覚なく~ (5, 0.1%)

2 して, 身体に 1 しては

▼ 感覚のみに~ (5, 0.1%)

1 その重心, たよれば, 現ずるもの, 訴へる, 限られない

▼ 感覚~ (5, 0.1%)

1 じかにうけとる, 入って, 溢れて, 真ッ先, 落ち込みなさい

▼ 感覚をも~ (5, 0.1%)

1 ないまぜて, 客観的には, 持ち得ない, 活, 統一し得る

▼ 感覚及び~ (5, 0.1%)

1 心肉に, 想像力と, 知覚の, 空間知覚という, 精神に

▼ 感覚型態~ (5, 0.1%)

2 がすなわち 1 においてもまた, に深い, の名

▼ 感覚的仮象~ (5, 0.1%)

1 から出た, が観念界, となる, によつて感覚的感情, を思ひ浮べる

▼ 感覚すなわち~ (4, 0.1%)

1 主観的の, 外覚なり, 熱の, 腸胃等の

▼ 感覚だけ~ (4, 0.1%)

1 だ, では, で完全, 浮きますから

▼ 感覚だけで~ (4, 0.1%)

1 参って, 物事を, 面白い彫刻, 鰯の

▼ 感覚であっ~ (4, 0.1%)

1 てしかも, てその, てまるで, て最も

▼ 感覚であり~ (4, 0.1%)

1 ながらそれ, 今日の, 心境である, 高い音

▼ 感覚としての~ (4, 0.1%)

1 内容に, 動きなく, 地上的喜びへの, 常識や

▼ 感覚なる~ (4, 0.1%)

2 ものについて 1 概念も, 賓辞に

▼ 感覚への~ (4, 0.1%)

1 このすこし, 信頼に, 憧れが, 抵抗が

▼ 感覚世界~ (4, 0.1%)

1 が一定, における女, を脱し, を離脱

▼ 感覚以上~ (4, 0.1%)

1 にどんな, に働いた, のこと, のもの

▼ 感覚以外~ (4, 0.1%)

1 に実在, のこと, のもの, の何物

▼ 感覚~ (4, 0.1%)

2 の説 1 から悪魔, の場合

▼ 感覚生理学~ (4, 0.1%)

1 か解剖学, の事実, の立場, へ他方動物心理学

▼ 感覚的効果~ (4, 0.1%)

1 に音楽, を与, を無視, 即ち照明

▼ 感覚的探求~ (4, 0.1%)

1 が伴う, の迷路, は何等, は新

▼ 感覚的魅力~ (4, 0.1%)

1 というもの, を主, を争, を添

▼ 感覚し得る~ (3, 0.1%)

1 という特殊, 特殊の, 空気だ

▼ 感覚だけが~ (3, 0.1%)

1 千穂子の, 慥な, 残って

▼ 感覚だけの~ (3, 0.1%)

2 人間は 1 快さ

▼ 感覚でしか~ (3, 0.1%)

1 ない父, 批判しきれないでしょう, 描き出せないみずみずし

▼ 感覚でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならない

▼ 感覚とかいう~ (3, 0.1%)

1 このよう, ものが, 表現が

▼ 感覚とに~ (3, 0.1%)

1 愬へ, 身を, 過ぎなかった

▼ 感覚とを以て~ (3, 0.1%)

1 まず文体, まづ文体, 改めて解釈

▼ 感覚なき~ (3, 0.1%)

2 者あり 1 学問は

▼ 感覚などの~ (3, 0.1%)

1 うちに, 裡に, 錯綜に

▼ 感覚についても~ (3, 0.1%)

1 いわれそう, 考えられねば, 論じなければ

▼ 感覚に対して~ (3, 0.1%)

1 同時に個々別々, 私の, 自分の

▼ 感覚作用~ (3, 0.1%)

2 を覚せざる 1 と覚醒時

▼ 感覚~ (3, 0.1%)

1 には分量, をもっ, を減ずる

▼ 感覚~ (3, 0.1%)

1 のこと, のもの, や批判

▼ 感覚活動~ (3, 0.1%)

1 が文化形式, をなし得る, を根本的

▼ 感覚的内容~ (3, 0.1%)

2 を持つ 1 が真に

▼ 感覚神経~ (3, 0.1%)

1 には統一, に欠け, を有効

▼ 感覚~ (3, 0.1%)

1 から出で, から由来, の始

▼ 感覚論的~ (3, 0.1%)

1 である限り一種唯物論的, に従って, に研究

▼ 感覚ある~ (2, 0.0%)

1 ときに, ものは

▼ 感覚からの~ (2, 0.0%)

1 発生, 開放

▼ 感覚こそ~ (2, 0.0%)

1 今日の, 精神の

▼ 感覚これ~ (2, 0.0%)

1 は非常, を助け

▼ 感覚しよう~ (2, 0.0%)

1 と努力, と欲

▼ 感覚し得なかった~ (2, 0.0%)

1 しまた, のである

▼ 感覚せざる~ (2, 0.0%)

1 ことある, を得なかった

▼ 感覚せしめる~ (2, 0.0%)

1 ところの, ように

▼ 感覚その~ (2, 0.0%)

1 文学としての, 驚きを

▼ 感覚それ自身~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 感覚だけは~ (2, 0.0%)

1 人間の, 信じた

▼ 感覚であった~ (2, 0.0%)

1 ことは, のであり

▼ 感覚であろう~ (2, 0.0%)

1 か, かと賞め

▼ 感覚です~ (2, 0.0%)

1 ね, 一般的な

▼ 感覚としては~ (2, 0.0%)

1 まだ不安, 面白さ

▼ 感覚なし~ (2, 0.0%)

1 にのんべんだらり, に作家

▼ 感覚なぞ~ (2, 0.0%)

2 いうもの

▼ 感覚などは~ (2, 0.0%)

1 あたしの, 今日の

▼ 感覚なら~ (2, 0.0%)

1 ば何, 驚きに

▼ 感覚なり~ (2, 0.0%)

1 もう一つ, 見解なりを

▼ 感覚について~ (2, 0.0%)

1 それが, 夫

▼ 感覚のみを~ (2, 0.0%)

1 たよって, 言ふ

▼ 感覚ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく対人的, で激しく

▼ 感覚まで~ (2, 0.0%)

1 なくなって, 行ってないみたい

▼ 感覚までも~ (2, 0.0%)

1 これは, 吸い取ったの

▼ 感覚をしか~ (2, 0.0%)

1 もたらさないの, 精神に

▼ 感覚~ (2, 0.0%)

1 麻痺モ激シクナル, 麻痺感モ依然

▼ 感覚一つ~ (2, 0.0%)

1 でどの, も分らなけれ

▼ 感覚全体~ (2, 0.0%)

1 が保守, を著しく

▼ 感覚又は~ (2, 0.0%)

1 知覚を, 空間知覚の

▼ 感覚反応~ (2, 0.0%)

1 のくみあわせ, を示し

▼ 感覚喪失~ (2, 0.0%)

1 であると, をい

▼ 感覚感情~ (2, 0.0%)

1 の比較的, を通じてうつたへる

▼ 感覚或いは~ (2, 0.0%)

1 空間知覚という, 空間知覚の

▼ 感覚欠如~ (2, 0.0%)

1 に陥った, や精神欠陥

▼ 感覚歴史~ (2, 0.0%)

1 に対する才能, に対する積極的

▼ 感覚殊に~ (2, 0.0%)

1 ラジオで, 血縁の

▼ 感覚物そのもの~ (2, 0.0%)

1 に対する情緒, を目的物

▼ 感覚生活~ (2, 0.0%)

1 ということ, へ媒介

▼ 感覚的世界~ (2, 0.0%)

1 に於い, は有

▼ 感覚的作物~ (2, 0.0%)

1 に対する貶称意味, は既に

▼ 感覚的印象批評~ (2, 0.0%)

1 である以上, をした

▼ 感覚的反応~ (2, 0.0%)

1 との間, または音楽音

▼ 感覚的実在~ (2, 0.0%)

1 に対して無関係, のうち

▼ 感覚的生活~ (2, 0.0%)

1 がより, の部分的休止

▼ 感覚的表現~ (2, 0.0%)

1 であるブルジョア道徳, や戯言

▼ 感覚的錯覚~ (2, 0.0%)

1 から解放, にはとうてい

▼ 感覚的限界~ (2, 0.0%)

1 を示し, を越え

▼ 感覚知覚~ (2, 0.0%)

1 の中枢, は経験

▼ 感覚~ (2, 0.0%)

1 一に, 二に

▼ 感覚能力~ (2, 0.0%)

1 の自然的, も無くなる

▼ 感覚自身~ (2, 0.0%)

2 は実に

▼ 感覚観念感情欲望等~ (2, 0.0%)

1 の中, を駆逐

▼ 感覚触発~ (2, 0.0%)

1 としての力学的形式, の対象

▼ 感覚記憶~ (2, 0.0%)

1 のあて, 及び悟性

▼ 感覚遅鈍~ (2, 0.0%)

1 だ, な大衆

▼ 感覚~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼1* [229件]

感覚あの官能一点に, 感覚ありてこれ, 感覚かずかずの豊富, 感覚からかまたは感覚, 感覚からは遠ざかり得る限り, 感覚こいつでわかる, 感覚ういふ, 感覚させその意味, 感覚させるむき出しな, 感覚されたような, 感覚されなかった時の, 感覚されようとも私, 感覚しか何も, 感覚したがって感性的なる, 感覚したらよいであろう, 感覚し切ってこそおれ, 感覚し得ただけ生活力, 感覚すまいと欲, 感覚すらもが殆ど麻痺し, 感覚せず粗野な, 感覚せられかくして感覚, 感覚そういう絆を, 感覚それ自体に最も, 感覚たしかにかつては私, 感覚だけか頭の, 感覚だけを透して, 感覚つまり自然を, 感覚であるなら他方は, 感覚であるらしいという, 感覚できないのであらう, 感覚できなかったのである, 感覚でさえが自分の, 感覚でなく二人が, 感覚とかの不変なる, 感覚とから出たもの, 感覚としてまで感じて, 感覚としても先走つた, 感覚とで編輯される, 感覚とでは甚だ勝手, 感覚とでもいふか, 感覚とについては当然長所, 感覚どういっても, 感覚ないのだ, 感覚なぞというものは, 感覚などで得られた優雅, 感覚などといふことは, 感覚などをプロレタリアートの, 感覚なりは水野仙子の, 感覚なりを身に, 感覚においては同じ本質, 感覚においても美しくしかも, 感覚にさえかんじて, 感覚にだけ全心, 感覚についての新なる, 感覚についてのみ言われるこの, 感覚にて触知, 感覚にとってたとえよう, 感覚にのみよるに, 感覚にぶく分らないの, 感覚にものッぺりと現われ, 感覚に対しては催眠的な, 感覚に対する抗議に, 感覚に関して新しい困難, 感覚に関しても時にはまた, 感覚のみが子供の, 感覚のみの世界であっ, 感覚ばかりの現に見る, 感覚までが私達は, 感覚までを把握した, 感覚やの変化を, 感覚よりはもっともっと強く, 感覚よりも他の, 感覚らしいものが, 感覚をさえ麻痺させる, 感覚をとほして, 感覚をのみ基礎として, 感覚をば与えられた無, 感覚を通じて生ずるもの, 感覚を通じてのみ作品の, 感覚ガ失ワレテ体ガ倒レソウニナッタリ地下ヘ滅入, 感覚サーッと切った, 感覚ワラ山に大, 感覚ツカサドル神経ハドコヲ通ッテイルノカ知レナイガイツモ後頭部ノトコロチョウド脊髄, 感覚一点に繋がれ, 感覚一種の美意識, 感覚上接見すること, 感覚両手の諸, 感覚に新しい, 感覚中心の仕事ゆえ, 感覚主義的モダーニズムの一味, 感覚主義的特性なの, 感覚主義的観念論の立場, 感覚以外経験以外を排し, 感覚休息するをもって, 感覚働いている, 感覚入門的な独断論, 感覚精神を, 感覚全部に蘇らせた, 感覚其の他, 感覚内容知覚内容等に単に, 感覚出来るというの, 感覚刺戟に対する反応, 感覚実在論に, 感覚の神経, 感覚で無ければ, 感覚女性の知識, 感覚学問知識の紫式部, 感覚宗三郎身を翻, 感覚希望は時代, 感覚な心, 感覚強くして, 感覚形式なの, 感覚の感官そのもの, 感覚思想が原因, 感覚情緒感動を示す, 感覚感じかたの吟味, 感覚感情観念等は心理学者, 感覚技巧コンデイシヨンでやる, 感覚描写を与, 感覚教養に認める, 感覚文学感覚との間, 感覚新鮮さを発見, 感覚方向をはっきり, 感覚ゆる思想, 感覚材料へ形式, 感覚果していかん, 感覚機能が大, 感覚気分快不快, 感覚派印象派なぞいう, 感覚派文学これ以外には一つ, 感覚派文学中でも自分, 感覚派新興芸術派などの場合, 感覚派時代の横光, 感覚派的手法の試み, 感覚派運動もついに, 感覚派風の作品, 感覚温かく物を, 感覚測定論に最もよく, 感覚物以外の或, 感覚特性等からその, 感覚独吟の唄一トくさり, 感覚独特の立場, 感覚生れ落ちてこの方, 感覚生活感情思想傾向といふやう, 感覚生理学上の事実, 感覚生理学的内容をその, 感覚生理学者にし, 感覚異変はまだ多少, 感覚異常なる新鮮味, 感覚的デマゴジイとも称すべき, 感覚的リズムの流れ, 感覚的一面に於, 感覚的不快さをどう, 感覚的主観的なもの, 感覚的享受もまた, 感覚的享楽と智的享楽, 感覚的位置が明瞭, 感覚的作品へと進まね, 感覚的具体化といふやう, 感覚的具象的である言葉, 感覚的分類もそこ, 感覚的刺戟を受ける, 感覚的刺激の烈しく, 感覚的印象についての概念的, 感覚的存在としての人間, 感覚的実在性を与へる, 感覚的実現性をもっ, 感覚的属性が纏まっ, 感覚的形体相の上位, 感覚的思慕だ, 感覚的性能如何によって大変, 感覚的恋愛の快楽, 感覚的情緒的経験の再現, 感覚的愉楽をとり入れる, 感覚的意識伝達としての知性的デフォルマシヨン, 感覚的感情が惹起, 感覚的成長もしなかった, 感覚的批評は現れない, 感覚的技術に制約, 感覚的捕捉原理を以てし, 感覚的探求心を誘いよせた, 感覚的断面に執着, 感覚的新鮮さとを持った, 感覚的渾一においてされ, 感覚的状態に陥っ, 感覚的現実たるべきもの, 感覚的生存感の核心, 感覚的病的なスポーツ, 感覚的禁慾的なみすぼらし, 感覚的素材も初めて, 感覚的経験を活かし, 感覚的美感に止め, 感覚的肉体的に捉えられず, 感覚的興味本位に又は, 感覚的苦痛になる, 感覚的表徴条件の上, 感覚的表徴能力のそれ, 感覚的表現物を動く, 感覚的要求ばかりが日に日に, 感覚的観察に終らせる, 感覚的角度でそれら, 感覚的訓練の相違, 感覚知覚思想意志の存する, 感覚知覚系統も妄覚, 感覚経験そのものもまた, 感覚自体を愛する, 感覚芸術であるという, 感覚表現に突進, 感覚表象感情意志などの単に, 感覚がより, 感覚観念感情意志のすべて, 感覚観念感情欲望などはす, 感覚触発上に於ける, 感覚誇示的な表情, 感覚論的方法論の宣言, 感覚論者エルヴェシウスはフランス唯物論者, 感覚論自身は唯物論, 感覚貧困者の唯一, 感覚追求者である, 感覚運動的機能の, 感覚運動的習慣や習俗, 感覚過敏のため, 感覚鈍うなって, 感覚限界の振幅, 感覚領域とについては今, 感覚頸動脈へドキン, 感覚頽廃した情緒, 感覚のアタリ, 感覚麻痺さす必要