青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

新劇~ 新吉~ 新子~ 新田~ ~新聞 新聞~ 新聞紙~ 新鮮~ 斷~ ~方
方~
~方々 方々~ ~方向 方向~ ~方法 方法~ ~方角 方角~ ~方針 方針~

「方~」 128064, 1383ppm, 57位

▼ 方~ (24498, 19.1%)

428413 いい 350 いいと 199 よい 178 よいと 160 よかろう 153 いいの 150 よかった 136 はるかに 133 いいん 123 いいかも 113 遥かに 110 いいよ 109 先に 100 宜い 96 いいだろう 95 ましだ 88 いいわ 84 いいでしょう 74 多かった 73 よいの 72 いいです 63 多い 58 よくは, 遙かに 56 いいよう, 可い 55 都合が 52 よさそう 50 好い 49 よからう 48 いいね, よろしい 46 気が 44 いいぜ, よいかも 43 好いと 41 いいという, 多いの 40 よいという 39 私には 38 どれだけ 36 私の 34 好きな 32 ようございます, 正しいの 31 え, どのくらい, 多かつ, 気に 30 あるの 29 当って, 非常に 28 安全だ, 適当かも 27 いいじゃ, ない, 遥に 26 もつと 25 おいでに, 面白い 24 却て 23 多いよう, 好いの, 好きだ 22 ある, あるかも, いいのよ, いいや, まだまし, 正しい, 間違って 21 ええ, わたしは, 出て, 急に 20 よいでしょう, 便利だ, 宜かろう, 得だ, 悪いの, 悪かった, 楽だ, 違って, 遙に, 餘つ 19 より多く, 勝って, 大事だ, 好いかも, 強かった, 早い, 自分の, 適当である 18 いいか, いいな, よろしいと, 良いと 17 いいって, いいで, 余計に, 先へ, 好いよ, 好いん, 当つて, 早かった, 私は, 良い 16 あなたの, あります, あると, お前の, よいよう, 好かろう, 彼の, 悪いと, 来て, 身の 15 よいだろう, よろしゅうございます, 何か, 優って, 多いと, 本当の, 正しいと 14 よいか, 優れて, 大きかった, 気持が, 無事だ, 適切である

13 [14件] いいわね, お見え, どんなにか, ないから, なかった, ようござんす, 今の, 便利である, 先き, 大人に, 得策だ, 気楽だ, 適切な, 適当な

12 [15件] いいが, どうかし, よろしかろう, 上手だ, 余っ程, 口を, 君の, 大切な, 好いで, 好かった, 好からう, 好きだった, 役者が, 気楽で, 良いの

11 [24件] いいかと, いいから, いいこと, いいわよ, ずっといい, それを, ましです, よろしいです, よろしいよう, 一般に, 反って, 増しだ, 多いので, 大事な, 大切だ, 好いでしょう, 好きです, 好くは, 妙に, 安心だ, 無事だらう, 私に, 見えて, 適切かも

10 [28件] あって, いいだらう, いいらしい, うまい, どれぐらい, ないと, ないの, ましかも, ましな, よく知っ, よっぽどまし, よろしいの, ズッと, 何ん, 余ツ程, 便利な, 好いわ, 好きに, 安全である, 宜からう, 得な, 忙が, 悪いん, 本当だ, 楽で, 私より, 良さそう, 驚きました

9 [24件] あるもの, あれば, いいとも, いいやう, すきだ, すぐれて, ようが, 僕には, 多くなった, 好いか, 好いだろう, 宜しい, 宜しいと, 早いと, 本当かも, 正しいかも, 正しいよう, 私も, 私よりも, 私を, 立派な, 通りが, 適当であろう, 適當である

8 [35件] いいに, いいもの, いくらか, いら, お留守, かえっていい, どの位, どれ程, ないので, ましである, よいかと, ようございましょう, よつ, よろしいでしょう, 僕の, 好いよう, 幸福だ, 強い, 彼女の, 日本の, 望ましい, 楽に, 欲しいのよ, 此の, 氣が, 無理だ, 無理である, 罪が, 話が, 負けて, 違う, 適当であった, 面白いと, 面白かった, 黙って

7 [40件] あつた, いいかな, いいさ, いらつし, おあり, さっぱりし, すぐに, ほんとうだ, まさって, よいで, よいであろう, よっぽどいい, 一番いい, 万事に, 不思議だ, 世間に, 主に, 人の, 人口が, 他の, 僕より, 先だ, 利益だ, 勝を, 勝手だ, 多うございます, 好いだらう, 好さ, 宜いよ, 宜う, 楽である, 無い, 無事である, 生きて, 知って, 確かに, 自然だ, 見て, 訪ねて, 賢明だ

6 [75件] ありますか, いいし, いいぞ, いいといふ, いいとは, おいで, おもしろい, ずっとよかっ, なんぼか, ましで, よいこと, よいです, よいといふ, よいとは, ようござん, ようござんしょう, よけいに, よければ, よさ, よっぽど面白い, よろしいかと, よろしうございます, 一足先に, 上に, 世間の, 便利だろう, 便利で, 便利です, 前に, 勝だ, 却っていい, 双方の, 多いかも, 多いから, 多いこと, 多いだろう, 多いん, 多い位, 多くて, 多くなっ, 大きい, 好いじゃ, 好いです, 好さそう, 好ましい, 安全な, 宜いか, 宜しゅうございます, 少しばかり, 幸福な, 強いの, 彼には, 後に, 或る, 早いかも, 早道だ, 普通の, 有利である, 楽な, 比較に, 無理な, 確かだ, 立派に, 第一, 自分を, 自然な, 見える, 言った, 足りないと, 進んで, 道理だ, 違ふ, 適して, 面白いから, 頭が

5 [106件] あたしの, ありませんから, あるでしょう, あるん, いいくら, いいくらい, いいであろう, うまかった, えい, おため, お互, お互に, お宜しい, お気に, かえって, かえってその, かえってよい, さきに, ずうっと, その人, それは, ちがって, ないです, ふさわしいかも, ほんとうの, ましさ, ましだろう, よいから, よいとの, よいに, よいので, よっぽど楽, より強く, よろしいかも, よろしゅうございました, 上だ, 上手で, 不思議な, 世の, 何かに, 何の, 余つ, 便利であった, 僕は, 先だった, 具合が, 利口だ, 勝ちだ, 勝ちを, 勝つて, 十倍も, 危険が, 古いの, 可か, 可から, 合理的である, 味も, 国家の, 多くの, 好いという, 好いな, 好ましかった, 安心です, 宜いでせう, 家の, 少しは, 年上だ, 幸福である, 当然である, 後の, 得策だろう, 御面会, 心配だ, 忙しくて, 悪いに, 敗けて, 有利だ, 本当な, 本當, 柄に, 楽です, 正しいであろう, 無事で, 無事であろう, 無事らしい, 無理で, 無難だ, 相手に, 結構です, 絵の, 自然で, 興味が, 見えても, 読者の, 負けだ, 身体に, 適切だ, 適切で, 適切であろう, 適当だった, 適当だろう, 適当で, 間違つてゐる, 静かで, 面白かつ, 面白そう

4 [199件] あつたら, あつて, あの女, ありました, ありますが, あるかと, あるから, あるので, いいかしら, いいとか, いいので, いいのに, いい位, いまに, えらいの, おありでしょう, およろしい, お出, お前さんの, お帰り, お得, きつと, こっちの, この男, ございました, して, すきです, ずっと強い, そんなこと, どれくらい, どれほど, どんなにいい, ないよう, なかつた, ひどい, びっくりした, ふさわしい, ふさわしいよう, ほんた, ましだった, ましであった, まだしもだ, まちがって, むしろ不思議, よいぞ, よくて, よくない, よく御存じ, よく知ってる, よく知つて, よっぽど増し, よほどいい, よほど気, より以上, より正確, わたくしの, わるいの, 一と, 一層適切, 上である, 上手な, 中, 主で, 主である, 人が, 人気が, 人目に, 人間として, 今日は, 仕事が, 俺は, 先で, 先んじて, 出来が, 効果が, 勝った, 勝ったの, 勝れて, 勝手です, 勝手な, 反つて, 口に, 君に, 味が, 変に, 多いくらい, 多いという, 多いといふ, 多いもの, 多くは, 大きいの, 大きくて, 大である, 大事です, 大變, 天下の, 女に, 女の, 女を, 好いやう, 好いわよ, 好うございます, 好きであった, 子供の, 安全で, 安全の, 安心で, 宜いでしょう, 宜いと云う, 宜いのである, 巧く, 帰って, 幸福で, 幸福であった, 幾人も, 強いので, 強いん, 強くし, 当然な, 彼女には, 後から, 得手で, 得策である, 御都合, 心が, 心に, 心持が, 忙しいから, 怖ろ, 怪しいと, 恋の, 恐ろしかった, 悪くて, 惡い, 手を, 承知しない, 旨い, 早いの, 早いので, 早そう, 早わかりが, 早わかりする, 早手廻し, 昔と, 普通である, 本当だろう, 正しいだろう, 正しいで, 正しくない, 正当だ, 殆ん, 母より, 気楽な, 清々と, 無難な, 甘味が, 甚しい, 男より, 白んで, 皆の, 目立って, 眉を, 眼が, 破談に, 社会の, 神の, 私と, 穏当である, 筋が, 簡単だ, 結構な, 美しい, 腹を, 自分も, 自然である, 自然に, 自然の, 良いという, 良いん, 複雑で, 要領を, 評判が, 負けである, 賢いと, 身体の, 近いと, 近頃おこりつ, 適当だ, 適当と, 適當かも, 邵大尉の, 重要な, 間違いが, 面白いじゃ, 面白いという, 面白いの, 顔を, 驚いて, 魅力が

3 [383件] あったの, あなたより, あまりにも, ありましたが, ありますから, ありますのね, ありません, あること, あるという, あるならば, いいかとも, いいからな, いいそう, いいぢ, いいつて, いいなあ, いいなと, いいねえ, いいのね, いい事, いい心持, いい様, いくら好い, いけないの, いざという, いて, いらっしゃいました, いらっしゃると, うまかつ, ええいう, ええです, おめ, お二人, お出でに, お出来, お書き, お身, かうして, かえって多い, かえって楽, かえって都合, きれいだ, こ, この場合, これを, こんどは, ございます, さうで, さらに美しい, してあつ, ずっとうまい, ずっと上手, ずっと多い, ずっと柄, ずっと気楽, ずっと面白い, それこそ, それに, それよりも, だん, ちがう, つかぬ夢, つごうが, とくだ, どうかした, どんなにい, どんなに好い, どんなに安心, どんなに楽, どんなに理想, どんなに美しい, どんな方, ないで, はっきりし, ひどかった, ふさは, ほんたうらしい, ほんとうに, ましや, まだよい, みんなの, むしろ自然, もっと売れます, もっと大切, もっと好き, やつて, やりよく, よいだらう, よいとも, よいやう, よいよ, よい位, よい場合, よい様, よかったでしょう, よかったろう, よくありません, よくお, よくなっ, よくわかる, よく御存知, よっぽどお, よほどまし, より大, より良く, より高く, よろしいで, よろしいという, よろしいな, よろしう, よろしからう, よろしく候, よろしゅうございましょう, わかりいい, わしの, わたくしに, わるければ, われわれには, サッパリし, ズツと, ピタリと, 一人で, 一人でも, 一層の, 一段と美しい, 一番よく, 一面に, 万全の, 上手です, 上等な, 上等の, 世界の, 中って, 主な, 事が, 二つに, 人を, 人類の, 今では, 今は, 今まで, 今よりも, 今度は, 仕事に, 仕合せだ, 似合って, 何かの, 何も, 余りにも, 來て, 便利でも, 便宜だ, 便宜であった, 俺には, 俺よりも, 倍も, 健康にも, 僕に, 優しだ, 優勢に, 元の, 兄さんに, 兄の, 先決問題だ, 先生の, 利巧だ, 割が, 力が, 効果的だ, 勝ちと, 勝つに, 勝に, 勝利を, 危い, 却って好かっ, 反対に, 古くて, 可いか, 可いです, 可いと, 可いよ, 可いんです, 可うございます, 可哀想だ, 合理的だ, 合理的で, 呆気に, 問題に, 国の, 壮盛りに, 変だった, 変って, 多いか, 多いでしょう, 多いです, 多くなる, 大きかつ, 大切です, 好いから, 好いね, 好い様, 好ささう, 好都合な, 妙な, 妥当である, 妥当な, 安全であろう, 宜しいよう, 宜しゅうございましょう, 実際的, 容易だ, 将来の, 尋常で, 小説よりも, 少くとも, 工合が, 己は, 年を, 幸福です, 幸福に, 廣い, 弱いの, 強いと, 強かつ, 強かつたら, 強くて, 当たって, 当人の, 当時の, 得を, 得策であろう, 得策の, 御便利, 御為, 御覧に, 心を, 心配に, 忙しいので, 忙しかった, 怒って, 怖かつ, 恥を, 悪い, 悪いから, 悪いよう, 愉快だ, 愛想を, 感じが, 慈悲だ, 我々よりも, 手つ取, 手に, 折れて, 持って, 持つて, 教育の, 文学の, 新しいと, 旨いとか, 早いよう, 早わかりである, 明瞭である, 時間の, 暇に, 有名である, 有益な, 望ましいと, 望ましかった, 本当らしい, 楽だった, 楽だつた, 楽だろう, 樂だ, 機嫌が, 欠けて, 歌を, 正しいでしょう, 正しいという, 正しいもの, 正しくて, 正当であった, 正直で, 正直な, 歩が, 死んで, 残って, 殺されて, 毒に, 気を, 気持がい, 気楽かも, 氣に, 氣を, 氣持が, 氣樂だ, 氣樂で, 水温が, 泊って, 深刻に, 激しいので, 無いから, 無いと, 無いとも, 無事かも, 無事だろう, 無事でしょう, 無理が, 無難で, 熱心に, 片づいて, 牡丹の, 物事が, 現在の, 理に, 理屈に, 男に, 男の, 男よりも, 疲れて, 目に, 真に近い, 真実の, 眼に, 確実に, 穏当の, 立派だ, 細くな, 結句気楽, 結婚の, 結構だ, 綺麗だ, 美奈子の, 胸に, 自分に, 自分よりは, 自動車で, 自由で, 自由に, 舞台に, 良かつ, 良かろう, 苦しくなった, 行末の, 見えましたが, 見苦しくない, 親しみが, 許して, 詩的で, 読者に, 誰かに, 讀者の, 負けに, 負ける, 貴方の, 賢明で, 趣が, 足りない, 足りぬと, 身に, 逃げて, 逆に, 違つてゐる, 適切だった, 適切だったでしょう, 適切だろう, 適当でしょう, 適當だ, 適當で, 邪魔に, 都合がい, 都合の, 重いので, 長い, 間に, 間違いない, 隠れて, 集って, 静で, 面倒が, 面倒でなく, 面白いよう, 面白かろう, 高く見えます

2 [1242件 抜粋] あたくし, あとくされなく, あなたを, あの娘, あべこべに, ありがたいと, ありますけれど, ありませう, あるでしょうか, あるッ, あんたが, いいからさ, いいくらいの, いいけれど, いいそれ, いいつて言, いいなんて, いいわねえ, いきなり私, いくらかいい, いくらか重い, いちばん良い, いまでは, いやに, いらして, いろいろな, うまいな, うまかろう, うれしい, うわ手, ええし, ええと, ええのよ, ええん, えらいん, おかしいので, おそいと, おられるから, お上手, お仲間, お先へ, お前より, お国, お徳, お泊り, お生まれ, お福さん, お集まり, お顔, かえってよく解る, かえって愛嬌, ぐずぐずで, こういうこと, ここへ, この事件, この際, これまで, ございませう, ござります, さきへ, さばさばし, すきだった, すきな, すっかり無くなっ, すべての, ずっとすぐれ, ずっとよろしい, ずっと有利, ずっと近い, ずらりと並ん, せいせいする, そのよう, その本来, それが, ぞんざいで, た, ちかづくの, つよけれど, どういふ, どうした, どことなく適任者, どない, どんだけ, どんなにましだ, どんなに驚いた, ないこと, ないね, ないん, なくなって, なんぼう, ひかえて, ひどいん, ふさわしいくらい, ふさわしいの, ふさわしかった, ほんたうだ, ほんとうです, ましであろう, ましの, また彼, まだいい, まだしも優, まだよ, まだ好い, まだ罪, みえて, むしろ不自然, むしろ彼, むしろ適切, むずかしい, もうお, もっと早く, もっと自然, やって, やり甲斐, よいそう, よいな, よい樣, よい程度, よくつて, よくな, よくわかつ, よく御, よし, よっぽどつまらない, よっぽど割, よっぽど有難, よっぽど気持, よっぽど面白かっ, よほど楽, よほど面白かっ, より多く彼, より早く, より正当, より自然, よろし, よろしいよ, よろしいん, よろしくは, わいろによって, わかり易い, わたくしには, わるかった, カブアの, サーヴィスが, ダメに, ハッキリし, バタバタと, マシな, マリヤンの, 一人, 一層其電文, 一枚うわ, 一番お上手でした, 一等好きな, 一般的に, 丈夫で, 上へ, 上手に, 不可解だ, 不思議か, 不自然である, 世間で, 主人よりも, 乱れて, 二人の, 云った, 云って, 亡くなってから, 人生に, 人間に, 人間よりも, 今から, 今後の, 仕合せかも, 仕合わせかも, 仕合わせであった, 仲が, 似合う, 住み心地, 体裁が, 何でも, 何ぼ, 余りに急, 余程ひどく, 余程委しい, 余程面白い, 便利でございます, 便利の, 俄かに, 俺が, 倖せだ, 偉い様, 健全な, 僕も, 優しで, 優しであろう, 優である, 充分に, 先であった, 先生よりも, 入らつし, 内容が, 凄さ, 出来て, 分らない, 切腹を, 利き目, 利益である, 前世に, 割合に, 功徳じゃ, 勝ちに, 勝つた, 勝つの, 勝手でございます, 十分間早く, 卑怯でも, 却ってこの, 却ってよ, 却って不気味, 却つ, 却つてよ, 却つて多い, 反對, 古くから, 可いつ, 可かも, 可哀, 可愛いいと, 右の, 名人な, 向うの, 吾, 呼んで, 善いとか, 善かろう, 四人も, 図ぬけ, 圧力が, 埒の, 増しじゃ, 増しである, 声を, 変な, 夐に, 多いけれど, 多いで, 多いね, 多くなりました, 多分に, 多少は, 大きいよ, 大きければ, 大丈夫です, 大事で, 大事件, 大切か, 大判や, 大好きだ, 大部分, 天下泰平の, 夫を, 奔放で, 好いかと, 好いぢ, 好いんぢ, 好い何時, 好かありませんかね, 好かつたか, 好き, 好きだらう, 好きでした, 好な, 好都合です, 妥当だ, 姐に, 嬉しいの, 安全か, 安全じゃ, 安心し, 宜いが, 宜いと存じます, 宜いの, 宜かった, 宜しいか, 宜しいで, 宜しい位, 実に熱心, 家へ, 家庭内の, 寒いから, 寧ろ不純物, 寺島さん御存じ, 尊いん, 小説の, 少くない, 少し垂れ, 少し強, 少し明るく, 少ないと, 少年達に, 屏風を, 平生おう, 年下の, 幸せに, 幾ら氣樂だ, 広くって, 弁済を, 張合いが, 強いよ, 強くなっ, 強くなつた, 強く私, 当るかも, 当然の, 彼らの, 彼等にとって, 得である, 得策かも, 得策と, 御一緒, 御座いません, 御見え, 心の, 心配でした, 忘れて, 忙しいもん, 怖かった, 急でした, 恋を, 悉く先輩, 悪いか, 悪いという, 悲しむべきこと, 惡いか, 愉快に, 意義が, 愛を, 慶応の, 戦争を, 手数が, 折れさせられて, 支那人より, 数も, 新しい, 日が, 日本生命へ, 旨いよう, 早いでありましょう, 早いよ, 早かろう, 早くて, 早く水, 早すぎる, 早道と, 昔から, 晩く, 普通な, 更に具象的, 有りさうな, 有利な, 有名で, 朝から, 本家かも, 本当であろう, 本来の, 本気な, 村の, 校歌だ, 案外面白い, 楽しみが, 正しいか, 正しかった, 正しく本道, 正直だ, 正確でしょう, 死刑に, 気がかりに, 気は, 気味が, 気易かっ, 汗が, 沢山おいで, 洒落て, 深い, 温くて, 烈しいと, 無いわ, 無事でい, 無事な, 無理だった, 無茶だ, 父の, 牢へ, 狼狽し, 珍しいの, 現代的だ, 理窟に, 甚しか, 生活の, 甲斐が, 申条一々, 町家の, 當つ, 當り, 癪に, 発達し, 百倍も, 目を, 目的に, 直段, 真の, 真実に, 真青に, 知れないの, 確かな, 確に, 秀れ, 私よりは, 科学の, 穏当かも, 空いて, 立派です, 筋道が, 簡単であった, 精彩が, 純粋な, 経済である, 結句気安い, 結局両方の, 結果が, 絶えず心, 美しいと, 美味である, 肥って, 胆を, 能く, 自分が, 自分で, 自分は, 自分よりも, 自然です, 至当で, 興味の, 良いといふ, 良いやう, 良いよ, 色々な, 若々しくなる, 落ちついて, 著しく多い, 薬に, 行はれ, 見えた, 見えました, 見物に, 言って, 診て, 話しかけること, 誰よりも, 諸君の, 貴いの, 賑か, 賢いの, 賢明な, 足りないよう, 足りなかったの, 近い, 近いでしょう, 近くは, 返り討ちに, 追, 通って, 速い, 遅ければ, 道だ, 達者だ, 遙か, 遠慮し, 適当です, 適當にな, 長かった, 間違いな, 間違つてゐた, 附いて, 限定され, 非常な, 面白いでしょう, 面白いわ, 面白か, 頭の, 飛んで, 馬鹿だ, 馴れて, 騒がしかった, 騒がない様, 驚くよ, 高いと, 鳴って

1 [11168件 抜粋] 〇・二三ないし, あたしより, あったら現状, あの怒, あまりに大仰, ありあるいはまた, ありますまい, あるその, ある早く, あんなおろか, あんまり突然で, いいしという, いいなどと, いい一歩, いい死んだ, いかにも自然, いくらか年, いくら洗っ, いささか文明, いちばん上手でありました, いっそ勝手, いつも坊ちやん, いらしつた, いられますか, うちよりも, うまくゆかなかった, うれしかつ, ええぞ, えらくなっ, おおよそどんな, おそいぞ, おづ, おもしろいん, おれらを, お利口, お喋べり, お山の, お明け, お聞きなすっ, お通夜に, かえってよかっ, かえって冬, かえって平気, かえって本来, かえって簡単, かえって非常, かなり太く, きたないこと, きよ子さんの, くり返され, こういう所, ことごとくちがっ, この問題, この村, こみ上げて, こんなに艱難辛苦, ございます花, さきから, さばきなさい, しくしくする, しょっちゅう叱られ, すぐれた食欲, すずや, すらすらと, ずっとよく似合っ, ずっと可愛いい, ずっと強かっ, ずっと熱, ずっと風味, せめてもの, そして普通, その場, その覚悟, それに御, ぞくぞくする, たしかだし実質的, たぢろぐ, たよりに, だんだん低く, ちと忙しい, ちょッと, つくもの, つらくは, でございますか, とれかかつて釦, どうしても風, どうも正しい, どこかに, どの位思出, どれほど多い, どんなにありがたい, どんなに可愛らしい, どんなに沢山佳い, ないし, なおわるい, なくこれ, なつかしいよう, なんとなくよろしい, のちのちの, はっきり分かる, ばかさ, ひどいよう, ひどく白くなり, ぴくぴく引き吊つ, ふだんの, ほんたうである, まあどんなに好い, まじめ顔を, またと, また緩みはじめ, まだしも好い, まだしも道, まだ仕合, まだ往生際, まだ被害程度, まるい戸, みかどの, むしろ, むしろ多分, むしろ旧幕, むしろ絶対境, むつかしいやう, もう先, もっとつよう, もっと人気, もっと急, もっと苦しい, ものをも, やっぱしわたし, やはり良かっ, ゆきとどくわけ, よいといった, よい呑気, よう御, よくなり, よく埃及, よく聞える, よそゆきや, よっぽどやりかねない, よっぽど大切, よっぽど日本人, よっぽど美味しく, よびいい, よほど古, よほど水面, よりつよく, より多く私達, より文学的, より重要, よろしう御座いませう, りっぱで, わがままじゃ, わたしらしかった, アクドクなく, エリザベスさまとおつ, ガン張れ, ゴロが, スキーの, ズンズーンと, ツイフラフラ, ナイフより, バカバカしくて, ファブルより, ボツボツ物, モンデトゥール街に, ロッテナム夫人を, 一人位は, 一寸テレ, 一層効果的, 一層深い, 一度, 一歩を, 一番はつきりするだらう, 一目先へ, 一軒, 三つ四つさよう, 上かも, 上品です, 上等に, 下手な, 不在証明なんて, 不潔だ, 与って, 並々でなく, 主眼に, 乱暴だい, 事實である, 二人も, 二歩三歩先に, 五六人は, 亢奮を, 人殺しとしては, 人間的には, 今大事, 仕事としては, 付添って, 休まりませぬ, 似合つて居た, 体は, 何だか釣り合い, 何より好き, 何所か, 余りひど, 余程エライ, 余程悧巧, 余程開けた, 作り易かっ, 依然として重要, 俗であろう, 俺れ, 偉くなる, 働き易い, 優つてゐる, 元金がか, 先づ答, 先立って, 入りましたか, 全貌を, 其れ, 冬の, 出たあと八幡前, 出生と, 分量が, 判明しない, 利発そうで, 前らしい, 力も, 励みも, 勉強を, 勝ちます, 勝であろう, 勲章の, 十分を, 南から, 却ってあやしい, 却って功徳, 却って本人, 却って親愛, 却つてタヂタヂと, 却つて樂かも, 原始人に, 参拝者達の, 反つて気, 受けると, 古い形, 可いね, 可愛いから, 可羨し, 合理的であり, 名が, 吾人に, 哲学者らしい, 善いよ, 嘘つきな, 団員の, 国語より, 地球だ, 堕落し, 声も, 外を, 多いわ, 多くそれ, 多く生れる, 多少片, 大きいし, 大きく物, 大どかで, 大分惡かつ, 大地を, 大層徳, 天皇でいらっしゃる, 失踪した, 女子師範学校の, 好いとの, 好う御座いませう, 好きらし, 好もしく年寄, 妙味が, 始終大将, 嫌ひだつたから, 子供にね, 学校よりも, 安く手, 安心な, 定石の, 宜いん, 宜しう, 実はよほど, 実質的には, 害が, 寄席の, 寧そ勝か, 寧ろ本質, 対話なさった, 尋常じゃ, 小生の, 少かった, 少し壁, 少し痛, 少ないん, 居なさると, 山田五十鈴の, 巧妙な, 常に多い, 平常よりも, 年長だ, 幾ら樂しいか知れません, 広い一風, 延びる先, 弱いと, 強いに, 強く印象, 強過ぎる, 当然であり, 彼にとって, 彼自身よりも, 後生畏, 得や, 御よはり, 御留守, 御里, 心地よかった, 心配そうに, 忙しいという, 快適である, 思わず恥, 性急で, 恐らくより, 悉しく解る, 悪い言う, 情けなくなりました, 愉しい苦痛, 愛嬌に, 慌てなかつたらラクダ, 成功すれ, 或は可, 手が, 手持ち無沙汰だった, 扱いやすい, 拙いの, 挙って, 揃うて, 支那の, 敗けた, 数等上流の, 文學の, 新しい文章, 日常的な, 旨え, 早くから目, 早く引けた, 早わかりかも, 昇級は, 易断の, 時には, 普遍的であるらしい, 暴れながら, 更に純, 有たなら, 有名でも, 望みです, 本場だ, 本来欠け, 本道だらう, 東京から, 林田君に, 根本的で, 案外気さく, 楽しかるべき, 概して進歩, 機関銃な, 欲しいん, 正しいわけ, 正当, 正説である, 歸る, 残念ながら, 殿下の, 比較的眞, 気に入らねえ, 気持も, 水で, 決して人, 河へ, 泥棒泣かせ, 活動致そう, 消極的我ままで, 深く渋いと, 清潔である, 源三郎でない, 潮も, 烈しい, 無理, 無難かも, 煙が, 爆薬を, 物凄かった, 犯人を, 猶だ, 珍であろう, 理窟の, 生き生きし, 生理上衛生上より, 男たちを, 留守であった, 當人の, 病後大儀じゃったろう, 癇癪を, 百の, 益々憎らしい, 目立つよう, 相当な, 看病に, 真物でござった, 矢張り懐しかっ, 短くなった, 確な, 祭日らしい, 私ゃまったく, 稼ぎに, 空回りしだし, 立派でも, 筋肉が, 粋であり, 紅色に, 細かく正直, 経済的である, 結局わしには, 結構であろう, 総ていい, 繰出しまして, 美事に, 老人に, 聊か異風, 肉筆よりも, 背後に, 腰を, 自分にも, 自然を, 至当な, 良いであろう, 良人と, 芸術家の, 苦しいなか, 草刈に, 落着かね, 蒼くなりました, 虚心に, 街を, 複雑でない, 見えましたと, 見た眼, 見舞金を, 親切で, 解るくら, 記憶が, 話されること, 誤ってるとは, 調べる役, 豊かである, 財産や, 貴重な, 賢明であろう, 趣味に, 足りないよ, 踊りいい, 軽いの, 辛うじて空明り, 近いだけに, 近頃おこり, 逆上し, 速いに, 遂にそれ, 遊びたい盛り, 道成寺の, 違うわけ, 遣り切れないであろうが, 適切らしい, 遽かに, 配合が, 重く堆く面積, 野趣が, 鉄砲を, 長かったろう, 間もなく降参, 間違わない部分, 随分ひどく, 集りも, 電車よりも, 面倒な, 面白くな, 順だ, 頭と, 風の, 飯が, 首だけ, 駕籠で, 體も, 高さ, 鴨より

▼ 方~ (21025, 16.4%)

710 歩いて 434 行って 327 出て 253 向いて 207 眼を 201 行った 173 向って 170 帰って 166 走って 163 進んで 157 近づいて 154 飛んで 141 向けて 121 足を 119 顔を 118 手を 101 歩き出した 90 行くと 89 寄って 88 廻って 87 戻って 85 逃げて 84 往った 79 目を 78 降りて 77 行く 76 来て 71 歩いた 68 行きました 67 持って 64 流れて 62 向いた 61 行こうと 57 急いで, 駈けて 54 行つた 53 下りて 52 向かって 51 身を 50 往って, 連れて 48 入って, 行くの 46 向き直った 45 引返して 42 出かけて 41 まわって, 近寄って 40 移って 38 やって, 消えて, 立って 37 向けた 36 かけて 35 向き直って, 気を 34 上って, 急いだ 33 近づいた 32 向つて, 声を 31 はいって, 出掛けて, 曲って 30 いって, 下って, 遊びに 28 おりて, 傾いて, 歩きだした, 首を 27 つれて, 姿を, 引き返して, 馳け 26 登って, 視線を 25 動いて, 落ちて, 行つ, 走り出した 24 やつて, 折れて, 耳を, 頭を 23 のぼって, 出た, 泳いで 22 とんで, やって来た, 来た, 歩きながら, 背を 21 出ようと, 走った, 走りました, 進んだ, 駆けて 20 一散に, 廻して, 膝を 19 むかって, 去って, 押して, 散歩に 18 ついて, 体を, 引き返した, 心を, 渡って, 背中を, 話を 17 あるいて, 出して, 引返した, 歩み寄って, 歩を, 走つて 16 もどって, よって, 往こうと, 振り向いた, 歩き出しました, 運んで, 道を 15 おいでに, 引っ返して, 忍んで, 押しやった, 持つて, 行けば, 駈け出した 14 両手を, 出ると, 去った, 導いて, 手紙を, 歩みを, 歩み寄った, 続いて, 行くこと, 静かに 13 お帰り, ふり向いた, まっすぐに, 出ました, 差出した, 延びて, 廻った, 指を, 足早に

12 [15件] つづいて, 参って, 向けながら, 向った, 引込んで, 曲がって, 漕いで, 私の, 行かうと, 行く途中, 行ったの, 辿って, 近よって, 通って, 駆け出して

11 [16件] あがって, やって来て, 出掛けた, 向き直つた, 向けられて, 小走りに, 振り向いて, 歩んで, 真直に, 移して, 行きかける, 近づくと, 逃げた, 這って, 馳けて, 駈けだした

10 [27件] おいで, かけだして, それを, ちらと, ふり向いて, 伸びて, 來て, 出した, 小走っ, 引かれて, 引っぱって, 引揚げ, 彼を, 抜けて, 振向いた, 曲ろうと, 歩き出して, 歩く, 突進し, 肩を, 腰を, 行きますと, 行くつもり, 行つてし, 通じて, 顏を, 駈け出して

9 [24件] からだを, そろそろと, つかつかと, のびて, スタスタと, 一緒に, 何か, 入つて, 向きを, 向き直り, 向き返った, 向けられた, 寄せて, 廻ると, 指して, 沈んで, 走つて行, 走るの, 身体を, 近付いて, 送って, 電話を, 頼んで, 飛び出して

8 [44件] かけだしました, くるりと, すすんで, それて, にじり寄って, ふらふらと, ぶらぶら歩い, ゆく, 向き直ると, 坂を, 大股に, 寝返りを, 帰りかけた, 帰りました, 引きずって, 引っ張って, 彼の, 彼は, 急ぎました, 戻つて, 押し寄せて, 散歩した, 旅を, 案内し, 案内した, 歩き出す, 歩み寄つた, 注意を, 突き出した, 突進した, 行かなければ, 行きましたが, 行く道, 行ったという, 行ったり, 行ったん, 行つて了つた, 見に, 訪ねて, 越えて, 車を, 這入って, 頤を, 駆け寄って

7 [50件] いそいで, いった, お出でに, かけ出して, じりじりと, むけて, やった, やってきました, 倒れて, 先に, 出向いて, 去る, 向いました, 向き直, 向くと, 向つた, 向ふ, 嫁に, 子供を, 引きさ, 引っ返した, 引張って, 御案内, 心が, 戻つて行, 振向いて, 接近し, 暗い方, 曳いて, 来ると, 知らせて, 移った, 行きかけたが, 行きながら, 行きます, 行くん, 行こうとして, 行ったが, 言葉を, 走り寄った, 足が, 足音を, 迫って, 退いた, 逃げ出した, 運ばれて, 開いて, 附いて, 降って, 馬を

6 [60件] かけては, すたすたと, でて, まともに, もって, やって来たの, やって来ました, ゆくと, 一人で, 並んで, 云った, 伴れ, 入れて, 出かけた, 出たり, 出るの, 参りました, 向おうと, 向きながら, 向く, 向けました, 呼びかけた, 商いに, 回って, 外れて, 少し行く, 引いて, 引越して, 惹かれて, 曲つた, 横に, 歩きに, 流して, 流れ込んで, 渡して, 私は, 突き出して, 立ち去った, 自分の, 行きかけると, 行くよう, 行つてゐる, 行つて見る, 走つた, 走り出しました, 走る, 越して, 辿りました, 近寄った, 近寄つて, 逃げました, 逃げ出して, 進む, 遠ざかって, 隠れて, 預けて, 飛び込んで, 養子に, 駈け出しました, 駈け去って

5 [97件] うごいて, うつって, お届け, じっと眼, たどって, ながれて, にげて, ぶらぶらと, まっしぐらに, まはつ, まわると, よろめいて, フラフラと, ブラブラと, 一瞥を, 上がって, 下りた, 人を, 光りを, 入り込んで, 入ると, 出まして, 別れて, 動き出した, 参りますと, 向かった, 向きなおった, 向きなおって, 向き直りながら, 向き直りました, 向け, 向けたまま, 向けると, 呼んで, 大急ぎで, 家を, 岸本の, 差し出した, 帰った, 引きかえして, 引き上げて, 引き寄せられて, 引っ返そうと, 彼女を, 往くと, 戻った, 投げて, 折れこんで, 折れると, 押しやって, 振り向けた, 振り向けて, 振向くと, 斜に, 曲った, 来ました, 歩みだした, 歩みよった, 歩み去った, 殺到した, 水を, 消える, 真直ぐに, 立つた, 置いて, 腕を, 船を, 行かずに, 行きかけた, 行きその, 行きましたよ, 行くには, 行く筈, 行こう, 行ったこと, 行っても, 行つてゐた, 行つて見, 走らせて, 走り去った, 起って, 辷って, 近づきました, 近づけて, 近よっ, 逃げだした, 逃げだして, 逃げようと, 運んだ, 遣って, 階段を, 頭が, 顎を, 飛びかかって, 飛びついて, 飛びます, 駈け込んで

4 [158件] お民, かけ出しました, さし向けた, しずかに, だんだんに, つ, ふりかえった, まげて, むけた, やってきた, やって来る, やって来るの, ゆくの, グッと, ジリジリと, バタバタと, ヨチヨチと, 一目散に, 一直線に, 上げて, 下げて, 不思議感を, 二人の, 二人は, 交渉し, 伸ばした, 倒れるやう, 倒れるよう, 傾斜し, 入った, 出かけました, 出しました, 出たの, 出張し, 出掛けること, 動いた, 動く, 勝手に, 半町ばかり, 参るの, 取って, 向いた部屋, 向うた, 向き, 向きました, 嚮い, 垂れて, 導いた, 届けて, 山の, 岸本を, 席を, 帰して, 帰ると, 帰るの, 延ばして, 廻りました, 廻る, 廻れと, 引き返そうと, 引っ込んで, 引寄せ, 引返すと, 往っ, 御傾き下され, 悠々と, 悪い方, 手が, 打って, 投げた, 折れた, 押しかけて, 振り向きながら, 振り返った, 振返って, 振返り, 方へと, 方向を, 旅行する, 昇って, 曲ると, 曲る角, 来たり, 来る, 案内された, 案内しました, 椅子を, 横顔を, 歩きかけた, 歩きだしました, 歩き出しながら, 歩み出した, 歩み去つた, 気が, 注がれた, 流されて, 父を, 物を, 發展し, 眼で, 移されて, 移した, 移らうとして, 稼ぎに, 突っかかって, 立ち去って, 立つて, 笑顔を, 節子を, 翔けて, 聲を, 自然に, 行き日の入り, 行き過ぎようと, 行くに, 行くに従って, 行くらしい, 行く事, 行く人, 行く者, 行ったか, 行ったから, 行ったと, 行ったよう, 行っては, 言った, 言って, 誘って, 走らせた, 走りだした, 走り出して, 走ろうと, 路を, 辿つて, 近か, 近づきつつ, 近づけた, 近よった, 迫る, 追いやって, 退いて, 逃げ出しました, 逃げ込んで, 逆戻りを, 通う廊下, 進むの, 進もうと, 進行する, 逸れて, 遁げて, 過ぎて, 避難し, 降りた, 離れて, 響いて, 飛んだ, 駆け出した, 駈けだして

3 [272件] あたま, あるきだしました, いきました, いそぎました, いっては, いつて, いら, おまわり, お出かけに, お廻し, お廻り, お渡し, お逃げ, お連れ, かけだした, かたまって, くだって, こようと, さし出した, すり寄って, ずかずかと, ずんずん歩い, そつと, たずねて, ちょっと眼, でかけて, とまりに, なりとも, のろのろと, ふら, ふりかえって, ふりかえりながら, ぽんと, まいって, まがって, まつすぐ, まわった, むいて, むやみに, もつと, やつた, ゆくこと, ゆけば, ゆるやかに, よりかかって, よろけて, ソロソロと, ソロリソロリと, 一歩も, 一生懸命に, 一町ばかり, 上の, 下がって, 下った, 下りますと, 乗って, 人の, 仕事を, 会釈を, 伝わって, 低い方, 例の, 倒れかかった, 倒れる, 偵察に, 傾けて, 出なければ, 出ようとして, 出る, 出向くこと, 出発した, 力を, 加担を, 動きだした, 去つた, 参ったの, 参りましたが, 参ります, 参りますから, 参る, 参ること, 参ると, 取って返して, 口を, 右の, 向い, 向いたまま, 向いた時, 向き変った, 向き変って, 向き直る, 向き返って, 向けたま, 向けようと, 向ける, 向けるの, 向ったが, 向つて行, 向ひ, 向ひました, 坐った, 坐って, 報告し, 外らして, 寄せた, 寄った, 尋ねて, 小さくなっ, 差し向けた, 帰つて行つた, 帰らうと, 帰ること, 帰るん, 帰ろうと, 帰ろうとして, 廻されて, 廻した, 廻しました, 廻ったと, 廻ったよう, 廻るかも, 廻ろうと, 廻わっ, 引きあげて, 引きかえした, 引きつけて, 引きつけられて, 引きよせた, 引き寄せた, 引き寄せられた, 引き揚げて, 引っ返すと, 引上げて, 引取って, 引取られ, 引寄せた, 引返します, 弟を, 彷徨って, 彼女は, 往きかけた, 往く人, 往つた, 往ッて, 後から, 徐ろに, 御帰り, 急ぎます, 急ぐの, 意味あり, 戻りながら, 投げつけた, 投げやった, 投げ出して, 折れ曲って, 押しや, 押しやつ, 押しやられて, 押しやりながら, 押しやりました, 押し込んで, 押寄せて, 挨拶し, 挨拶を, 振向き, 捻ぢ, 揺れて, 散って, 明るい方, 曲つて行つた, 最初の, 来たの, 東の, 正面を, 歩きました, 歩き廻り, 歩みよって, 歩み寄り, 歩んだ, 歸つて來る, 歸つて行く, 泊りに, 波を, 注いで, 注がれて, 洲の, 滑り込んで, 爪先き, 用達しに, 疎開した, 登つて行つた, 盃を, 目配せを, 真っすぐに, 真正面に, 眸を, 知れて, 移つて, 移動し, 糸を, 脚を, 脱兎の, 自分から, 自分を, 舞台を, 舟を, 行かれた, 行き, 行きだした, 行きましょうよ, 行くか, 行くから, 行くので, 行くもの, 行く廊下, 行く時, 行く路, 行け, 行けと, 行ったそう, 行ったもの, 行て, 行進し, 見物に, 親しんで, 話しかけて, 話の, 走ったが, 走り去つた, 走り去る, 足の, 踊って, 踏み込んで, 躯を, 転がって, 転じて, 転ずると, 迂回し, 近いて, 近かった, 近づく, 近づこうと, 近よ, 近附い, 追っかけて, 退って, 退場, 送った, 送つて, 送りました, 逃げ出そうと, 逆に, 這い寄って, 這入つて, 通して, 連れ出して, 進みました, 進めて, 避難する, 隠して, 靡いて, 面を, 頸を, 頼みに, 飛出して, 馬の, 駆出して, 駈けつけた, 駈け下りて, 駈出して, 驅け, 黙って

2 [955件 抜粋] あげた, あつめて, あまり遠く, あるき出した, いこうと, いそいだ, いそぐの, いったよう, いっても, いらっしゃるん, うつして, お伺い, お出, お出ましに, お尻, お引き渡し, お泊り, お移りに, お辞儀に, かえして, かえって行きました, かくれた, かけよった, かしげて, ぐんぐんと, こいで, この次郎太夫, ころがった, ころがって, ご案内, さがしに, さしつけた, さっさと歩き出した, さ蒲團, すたすた出, すりよって, ずらした, ずんずんと, そう言っ, その, その頃, そらした, ぞろぞろと, だら, ちかよって, ちよつと, ちらりと目, つき出して, つたわって, つめ寄って, とった, とって, とっとと歩い, とりに, どんどん歩き出した, なだれて, にげようと, にじり寄りそれ, ぬけようと, のけた, のそのそと, のばした, のばして, のぼりました, はいよっ, はじめて汽車, はみ出して, ひいて, ひた走った, ひっ張って, ふらついて, ぶら, ほつり, まいりました, まがってから, まげる癖, まはり, まわして, まわりました, むきなおると, もぐって, やったところ, やってきて, やりながら, やるに, ゆくやう, ゆこうと, ゆっくり歩い, ゆらゆらと, よく話し, よらうと, わたくしを, グングンと, ジロリと, スルスルと, ズンズンと, タジ, ツカツカと, ヌッと, バラバラと, フワリフワリと, ブラブラ歩い, 一つの, 一人の, 一方は, 一歩を, 一歩進ん, 一軒家を, 三人は, 上つて行つた, 上斜に, 下りはじめました, 下働きの, 乗り出して, 乱入し, 二町ばかり, 五六間歩く, 五六間進む, 他の, 伸ばして, 伸び上がって, 何方へでも, 來ました, 倒れかかって, 傾いた, 傾きながら, 傾くとともに, 兄が, 先き, 先頭に, 入り浸って, 内通し, 出かけたの, 出かけられた, 出された, 出たいが, 出たので, 出ながら, 出ますと, 出やう, 出るところ, 出るみち, 出る用, 出仕し, 出入し, 出入りする, 出席し, 出掛けたこと, 出掛けたん, 出掛けようと, 分れて, 切って, 力の, 動かしながら, 動きつつ, 勤めて, 十五六間突出て, 十町ばかり, 去ると, 参りますで, 參り, 取って返しました, 取って返します, 取つて, 合体し, 同じよう, 向いたの, 向かうよう, 向かつて, 向き直ったが, 向けたから, 向けた時, 向けら, 向けられたの, 向ける事, 向は, 吸いこまれて, 吸ひ込まれ, 吹き飛ばされて, 味方しよう, 回さない事, 回る約束, 土手の, 坐り直した, 垂れ下って, 填つて, 売りに, 多勢を, 大股で, 奉公に, 奔る, 宙を, 宿を, 寄った往来, 寄つて行く, 寄り今日, 寄ろうと, 寝に, 寢返り, 対い, 導かうと, 導かれて, 導こうと, 小さく記し, 小走った, 尾を, 屈み込んだ, 山を, 左の, 差し伸べた, 差し出して, 差し出すと, 差し延べた, 差出すの, 帰つ, 帰つて行きました, 帰らなければ, 帰りかけました, 帰りながら, 帰りますと, 帰るという, 帰る途中, 床を, 廊下を, 廻されたが, 廻すと, 廻つてみた, 廻つて見る, 廻らせられて, 廻ること, 廻るよう, 引いた, 引きずつて, 引き倒して, 引くと, 引ずって, 引っかえした, 引っ立てられて, 引つぱつて, 引上げる, 引張つて行, 引越した, 引返し歩きはじめる, 引返そうと, 影を, 往きました, 往くの, 往こうとして, 往復する, 御出掛, 忍び込んで, 忠義を, 思い思いに, 急がせた, 急ぎ足に, 急ごうと, 急に, 惹き付けられて, 慕って, 或もの, 戻つて來, 戻りはじめた, 手さぐりで, 手数を, 手紙で, 折れ曲がって, 折曲っ, 抜けると, 抱きついて, 押しつけられて, 押しやるの, 押し出して, 押し流されて, 押し流れて, 押出して, 招いて, 指ざし, 振り向き, 振り向くと, 振り返り, 振向こう, 振返ると, 掃き出した, 掛けて, 探して, 摺り寄せた, 敏子は, 散歩を, 斜めに, 旅も, 旅立って, 旅行した, 日かげを, 曲がったの, 曲らないで, 曲ります, 曲り込んで, 机を, 来かかると, 来たら人, 来てから, 来ても, 来ません, 来るよう, 来れば, 案内され, 案内する, 橋の, 歩いたが, 歩きかけると, 歩きはじめたの, 歩き出したが, 歩き出し空, 歩き去つた, 歩くの, 歩みかけた時, 歩みよる, 歩み出して, 歩み寄りながら, 歩行い, 歸つて行きました, 歸りました, 水が, 沖の, 注いだ, 注意し, 注意してる, 泳いだ, 泳ぎだした, 洩れて, 流れ出して, 浅井は, 消えた, 淋しい方, 渡るゴーストップ, 源太郎は, 漕いだが, 潮の, 火が, 無心に, 無闇に, 爪先を, 狂気の, 瑠璃子は, 用達に, 疑ひの, 登つ, 登るの, 益々近づい, 目配せした, 相談し, 真面目に, 瞳を, 知らせる合図, 研究に, 神妙に, 私を, 移しませう, 移すこと, 移そうと, 移らなければ, 移ること, 移ろうと, 突と, 突出て, 立ち去りました, 立去って, 竹串を通して, 笑いを, 箒を, 紙片を, 編入し, 續い, 義理が, 聞き耳を, 背後に, 膝推し進めた, 自己の, 舞い上って, 茶を, 荷物を, 落して, 落ちた, 落ちないで, 落ちました, 蛆が, 行かうか, 行かれました, 行かんと, 行きかけて, 行きたいと, 行きたい者, 行きましょう, 行きチョッ, 行くからね, 行くぢ, 行くところ, 行くほど, 行く女, 行く広い, 行く方, 行く曲輪外, 行く藤三郎, 行こうか, 行ったお, 行ったきり, 行ったとかいう, 行ったので, 行った時, 行った連中, 行ってから, 行つたといふ, 行つてお, 行つてる, 行つて私の, 行つて見たい, 行つて開ける, 被入る, 見せに, 言いかけた, 訴えて, 詰めよった, 話頭を, 誰にも, 責任も, 賭けること, 走つて來, 走りさ, 走りつつ, 走りよ, 走りよる合邦, 走り出した時, 走り去って, 走り寄り, 走ッ, 跟い, 跳ねかえって, 跳んで, 躁ぐ意識を, 転がった, 辰夫を, 辿つた, 近づいたやう, 近づけると, 近寄りながら, 返して, 返って, 迷って, 追いやろうと, 追い返して, 追って行った, 送られた, 送られること, 逃げかけた, 逃げだしたが, 逃げ出したが, 逃る, 透して, 這うよう, 這入り込む, 通ふ, 通り抜けた, 通過ぎた, 連れ戻されて, 進みながら, 進み寄り, 進めば, 逸出し, 運ばせながら, 運び出した, 遠く押し流され, 遡ること, 配を, 里子に, 銃口を, 降りようと, 隨い, 雪の, 雲を, 靜かに, 靡くの, 預けられた, 願います, 風に, 風雷の, 飛ばす, 飛びして, 飛びました, 飛び込みました, 飛ぶか, 馳せて, 駆け出したの, 駆け込んで, 駈けた, 駈けつけて, 駈けもどって, 駈け出しかける, 駈け寄った, 驀進し, 高瀬を

1 [7367件 抜粋] ああも, あたらしいちいさな, あの婆さん, あるきかけた, いいたてた, いくと, いざり出した, いったらまた, いよいよ傾いた, うか, うつしたの, うんと投げ, おげん, おちこんで, おびきだします, おりると, お出ですか, お回り, お手伝いに, お移し, お見え, お送りかえし, かい, かがんで, かけつける, かたむいて, きえて, くだる水, ぐいと指した, こういった, こだまし, こぼれて, さう言, さしだしたけれど, さし出したの, さまよ, しきりと, しのびこんで, じいっと廻り込む, すくうよう, すすみよった, すっと吸い込まれる, すみやかに, ずっと向き直っ, せめていく, そそくさと, そのまま引き, その子, その眼, そむけた, ぞろぞろやって来る, ただお, だが, ちっとも動い, ちょっと頭, ぢつと, つき出されたしかし, つっ走った, つれか, である, とことこ歩き出し, とびもどって, どうしても俺達, どんどん歩いた, なだれ落ちた, なびき一郎, にこにこと, ぬけ出んと, のった面, のぼるとても, はあ炭坑, はけぐちを, はり出した, ひきよせるよう, ひっぱりました, ひょこひょこ行く, ふっとんで, ふりかへ, ふり向け或, ぶらぶら行, まいり八右衞門, まくし, また戻った, まとまって, まわす, みんなお金を, むけなおして, もう皆, もどりました, やってくると, やって来る嬉し, ゆうゆうと, ゆくにや, ゆけるところ, よく向いた, よりそって, よろめき行くと, わずかに, ウンと, クルリと, ゴロゴロ転がり落ち, スツカリ抵当流れに, セッセと, ツカツカ行きそれを, ドンドン下っ, バタバタ四, ピストルの, ペツタリと, ヨロケて, 一つ大きな, 一人フラフラと, 一寸合図, 一応断わり, 一歩曲がりかける, 一糸みだれず, 丁度お, 上がった, 上ツた, 下つた, 下り先刻, 不規則に, 主人の, 乗ると, 二三人走, 二三里近付いた, 二足三足寄った, 五六歩寄ります, 交渉を, 今や戻っ, 代用看護婦の, 伝は, 伸びかかって, 伺った所, 住みましたが, 何ともいへず, 作者より, 促さずには, 倒れた花, 傳は, 傾けしめたに, 兄を, 入つたもの, 入るについて, 入門, 内濠, 凝ってるという, 出かけられるばかりに, 出たいもの, 出っぱって, 出られる, 出る方角, 出向いたん, 出掛けうか, 出歩いて, 分類し, 刈り進んで, 前にも, 力点づけた在り, 動かしたので, 動く妙, 匐い出した, 千鶴子を, 南の, 去ったと, 去る夕立, 参りますので, 参る途中, 反らせます, 取らないでも, 取掛つた, 右斜に, 向いたところ, 向いた玻璃障子, 向う, 向かうか, 向かわしむる, 向きなほつてチェレ, 向き直ったけれども, 向き返る, 向けそのままじっと, 向けなかった, 向けるけれど, 向け息, 向け鼻, 向つて二三歩足, 向わせたい, 吸いよせられついに, 吸込まれさうになつ, 吹き払つたの, 告げた, 呼びかけるの, 唐織物一巻を, 喚きながら, 四粒と, 回らなくては, 土州侯は, 堂々と, 壊して, 外へ, 多額の, 大く, 大隅学士は, 奉公替えを, 如来衛門は, 嫁し, 安心し, 寄せるしか, 寄つた立派な, 寄らうと, 寄り添っちまってね, 密猟と, 寺詣り, 導きつつ, 小さな流れ, 小路が, 少しのぼっ, 少し火鉢, 尾は, 屈曲してる, 展開し, 山道二十町ばかり, 川原遡れ, 差し伸べたり, 差し示した, 差掛つたの, 帰した, 帰らないこと, 帰りますか, 帰るガラ, 平凡な, 広い静か, 廣く, 廻させる, 廻しては, 廻ったん, 廻つて行かれる, 廻りだした, 廻り途を, 廻ろうか, 弓之助は, 引きずられた, 引きよせそして, 引き取つて貰, 引き寄せると, 引き流し日本, 引き込みボシュエ, 引き返そうかとも, 引っ越しまして, 引とめられ, 引取らせ, 引張った, 引戻そうとして, 引移らせましぬ, 引込まれるよう, 引返しながら, 強めて, 往かなくては, 往くには, 径を, 従いて, 御向き, 御転宿, 心は, 忍び足で, 思い返して, 急ぐ, 恐慌を, 意気揚々と, 我々の, 戻りかけた, 戻るべきなれど, 手出しを, 打ちかかろうと, 投げかけながら, 投げ出しました, 投れ, 折れ曲りながら, 抜けられる, 抱いて, 押したの, 押し入り松乃, 押し戻されそう, 押し進んで, 押入れた, 押返されて, 招かれ談, 持ちあげられ人, 持出しても, 振った, 振り向く途端, 振向けて, 据えられ忙しない, 掛けたの, 控えて, 提灯を, 摺り寄つた, 攻め下って, 散らした各, 断わったかい, 旅立ったとも, 早足に, 時々母親, 暗いなか, 曲がりかけた時, 曲らうと, 曲れと, 最後にも, 材料を, 来たね, 来ようと, 来る時, 林を, 桑の, 横さまに, 横筋違いに, 歩いたぜ, 歩きたがるん, 歩き出した彼, 歩くと, 歩みよ, 歩み進んだあの, 歸つた折に, 残して, 気がねらしく, 決定し, 泊まりに, 注がれたまま, 流された, 流れつつ, 流れ下るので, 流出する, 海流に, 消失し, 渉ろうと, 渡つた, 溯つて行, 漂ふてくる, 漫遊を, 烏が, 焼け延びて, 燈明の, 片手のひら, 牽きつけるん, 猛進する, 甦って, 申し訳が, 留めて, 疾風の, 登り詰めると, 百メートルほど, 目交ぜを, 直樹さんを, 真中に, 眼と, 瞳が, 知れた, 祖母が, 移したよう, 移ったやう, 移らうお, 移ろうという, 突きぬけること, 突き出すの, 突き飛ばした, 突撃した, 立ちかけようとして, 立ち去れりチヨツ, 立つんで, 立戻っ, 筒ぬけ, 紀州の, 素ッ飛ん, 結びついて, 緑に, 縁付かせました, 繰り出すの, 翔け出した, 聞えたらみんな私, 背伸びを, 臆病な, 自転車が, 船長を, 花見を, 落ちたら大観, 落着か, 蚊の, 蠢めい, 行かず彼, 行かなけ, 行かれるかと, 行きたいか, 行きました時, 行き一つ処, 行き喫茶, 行き次第にだんだん, 行くお, 行くという, 行くらしいたいまつ, 行く何, 行く後方, 行く細い, 行く雁, 行ったかな, 行ったらしいと, 行った下っ引, 行った郊外近く, 行つたさう, 行つてあの, 行つて了ひました, 行つて生活する, 行よ, 被入しった, 西北を, 見るま, 視線が, 触れて, 訴え出ること, 話題を, 談じ込む気, 豊かな, 買われて, 賭けるという, 走ったので, 走らせること, 走り下った, 走り帰つた, 走るやう, 赴かれようと, 越える日金, 足繁く, 踉めき出る, 躍つて, 軍使を, 転任せられ, 転落する, 載せ掻巻, 辿った, 近いネックレブ, 近づいたシュザンヌ, 近づくの, 近寄りました, 返すと, 追いつめて, 追い行かんと, 退が, 退る男, 送りこまれました, 送り返して, 逃げこんだもの, 逃げては, 逃げるので, 逃げ出そうとして, 逃げ走る足音, 逃込んで, 這いつくばって, 這入る事, 通う細道, 通じるこの, 通ずる錆びた古い, 通りぬけようと, 通知を, 連立ったの, 進み出で, 進み近, 進歩させ, 運ばれる, 運命が, 遠くなっ, 遠ざかつて, 遣ったこの, 避暑に, 酔いの, 金策に, 鉾先を, 長くひい, 開けた口, 降りちまうよ, 降参し, 隠れたを, 集中させた, 雪枝の, 電話で, 靡いたので, 音たかく, 預けると, 顔だけを, 飛び, 飛びつくと, 飛び掛った, 飛ぶ様, 食みだして, 馳けだし, 馳出し, 駆け下りて, 駆け寄る, 駈け出した者, 駈け抜けたと, 騎馬で, 高さ四, 鷺太郎と

▼ 方~ (13220, 10.3%)

835 見て 574 向いて 521 見た 479 して 333 見ると 260 した 169 眺めて 138 見ながら 103 向いた 83 するの 67 見ました 66 見る 58 する, 見つめて 55 指して 51 ながめて, 眺めた 49 振り向いて 47 見たが 43 したの 42 すれば, 見ますと 41 振り返って 37 むいて, 眺めると 34 ちらと, 覗いて, 顧みた 33 先に, 振り向いた 32 しながら, すると, ふりかえった 31 振向いて 30 眺めながら, 知って 28 指さした, 顧みて 27 じっと見, 向くと, 見やった 26 睨んで 25 見れば 24 すかして, 振り返った 23 振返って 22 のぞいて, ふり向いて 21 したが, しました, ふり向いた, みた, 指した, 気に, 私は, 見ては 20 しなければ, みて, 愛して, 見上げて, 見詰めて 19 したもの, すること, ふりかえって, 教えて 18 するもの, 向きました, 向く, 廻って, 歩いて 17 振り返つた, 背に, 見たり, 見つめた 16 さして, 指さしながら, 注意し, 調べて, 顎で 15 ながめた, やって, 向きながら, 指さして, 指しました, 振り返つて, 見ないよう 14 じっと眺め, 御覧に, 振向いた, 見ないで, 見るの 13 持って, 振り向きながら, 振り顧, 考えて, 見やると, 見上げた

12 [12件] しては, するので, するん, ぢつと, ふりむいた, みると, ジロリと, 枕に, 睨んだ, 見ること, 見下ろして, 覗いた

11 [15件] しようと, じっと見た, じろりと見た, ながめました, ふりむいて, ふり返っ, 指しながら, 指差した, 振り向くと, 窺って, 見た時, 見ても, 見ましたが, 見上げると, 見守って

10 下に, 忘れて, 振り返りました, 振向き, 振返つて, 見ずに, 見せて, 見やって, 頭に

9 [21件] したり, じろりと見, ながめながら, チラリと, 向いたまま, 向き, 手に, 振り返ると, 望むと, 横目で, 眺めました, 眺めやった, 研究し, 示して, 窺った, 見たの, 見ようとも, 見向きも, 見返って, 覗き込んで, 透して

8 [19件] したこと, したので, しても, しや, じっと眺めた, じっと見つめ, するよう, する人, ふり返った, 大事に, 屹と, 引受けて, 見おろして, 見つめながら, 見上げながら, 見返した, 覗き込んだ, 覗くと, 透かして

7 [24件] する者, つけて, ながめると, ふりかへ, やつて, チラと, 上に, 主に, 偸み, 僕は, 好んで, 彼は, 振りかえった, 教へ, 望めば, 望んで, 眺める, 見つめました, 見やりました, 見ようと, 見送って, 読んで, 選んで, 頤で

6 [33件] されて, したと, しない, します, するとは, する男, にらんで, ふりかえると, ふり向きました, ふり返り, やめて, 依頼した, 信じて, 凝視し, 助けて, 待って, 指す, 振りかえり, 振返ると, 探って, 教えた, 眺めたが, 眺めたり, 眼で, 知らないの, 自分の, 見あげて, 見かえった, 見たよう, 見ないやう, 見るが, 見下して, 頼んで

5 [42件] しないで, じつと, じろ, じろじろ見, ふりむきも, もって, ヂツと, 一寸見, 依頼し, 信用し, 先き, 出して, 受持って, 向いたが, 向いたま, 好んだ, 姫は, 後に, 心得て, 指さしました, 指ざし, 指ざした, 振向くと, 振返った, 換へて, 書いて, 案出した, 殺して, 注視し, 熱心に, 睨めて, 窺うよう, 見かえると, 見たこと, 見てから, 見やりながら, 見るよう, 見渡すと, 見返った, 見送つて, 選んだ, 隙か

4 [86件] いうの, うかがうと, したか, したん, した者, しなかった, しよう, しらべて, じっと見てる, すかし見た, するし, するところ, するな, するわけ, する事, ちょいと, ちょっと見ました, ちらっと見, ちらりと見た, ながめますと, にらんだ, ふりむき, ふり向きながら, ふり返ると, ふり顧, ぼんやり眺め, まわって, みかえると, みつめて, めがけて, やるの, ゆびさしました, より多く, ジッと, 一寸見た, 一度も, 一瞥した, 主と, 仰いで, 凝と, 凝視めて, 前に, 前へ, 向いたの, 呑めば, 呼んで, 少しも, 心配し, 押して, 指さします, 指し示した, 振り向きました, 振り向きも, 振り返るの, 探して, 教えること, 教へて, 散歩し, 案じて, 用いて, 目で, 眺め, 睨みつけた, 睨むよう, 知つてゐる, 知らずに, 私に, 窓から, 考へて, 致しました, 表に, 見あげた, 見かえって, 見ただけ, 見たとき, 見ぬよう, 見やったが, 見るに, 見乍ら, 見詰めた, 見込んで, 見遣った, 視め, 通って, 避けて, 顧る

3 [160件] うかがって, おろそかに, きっと見た, けげんそうに, ごらんに, さがして, さきに, さした, したかという, したという, したもん, した事, してるの, しようとも, じっと窺っ, じっと見定め, じろじろと, じろじろ眺め, じろりと見やった, すかすよう, するか, するかと, するため, するなよ, するなんて, する筈, そっと見た, ちょっと見た, ちらりと見, つけようと, とつて, とれ, なるべく見ない, のぞくと, はるかに, ふりか, ふりかえったが, ふりむきました, ふりむくと, ふり向く, ふり向くと, みる, めざして, もらって, ゆっくりと, ゆびさして, キッと, 伴れ, 働いて, 動かして, 包んで, 取って, 向いては, 向いてる, 向て, 喜んで, 変えて, 好む, 好む人, 専門に, 尋ねて, 尋ねると, 差して, 強く見, 得て, 御覧なさい, 御覽, 心配そうに, 恐れて, 悦ばせた, 意味あり, 手伝って, 抱いて, 拝んで, 拵えて, 持つて, 指し示して, 指すの, 指すよう, 指差し, 指差しながら, 振りむいた, 振り仰いだ, 振り向いたの, 振り返ったが, 振り返り, 振り返りながら, 振返つた, 探しに, 揮り返った, 改めなければ, 教は, 斜に, 時々見, 望みながら, 案内し, 横目に, 止して, 歩いた, 氣に, 流れて, 済まして, 無理に, 片づけて, 珍らし, 申しますと, 異にし, 疎かに, 相談する, 真面目に, 眺めた時, 眺めては, 眺めますと, 着て, 睨みつけながら, 睨みました, 瞶めて, 知らない, 知らないと, 礼拝した, 穴の, 窺うと, 考えると, 自分で, 見か, 見かえした, 見たと, 見たので, 見た後, 見てるの, 見ない, 見なかった, 見むき, 見やつ, 見やる, 見やるの, 見ようとは, 見るため, 見廻した, 見据えて, 見返つた, 見返つて, 見返りながら, 見返りました, 見返りも, 視て, 覗きながら, 覗くよう, 訪ねて, 説明し, 論じて, 貰って, 選ぶの, 長くし, 非常に, 頼みに, 頼んだ, 顋で, 顧みながら, 顧みると

2 [474件] あなたは, あるいて, い, いたして, いたしました, いって, いつまで, いつまでも, うかが, うかがった, うちまもり, うろうろ歩く, おとづれぬ, おやり, お上げ, お前は, お呼び下さい, お察し, お慰め, お招き, お持ち, お持ち下さい, お見上げ, お迎えした, かかえて, きよとんと, こんなところ, ごらんなさい, ごろごろならし, ご覧に, さぐった, さしおいて, さししめしながら, さして歩い, さしながら, させて, されては, されると, されるの, しげしげと見, しその, したいと, したけれども, したって, したとか, したに, したま, した上, した人, した場合, した女, した時, した青年, してること, しないお前, しなくても, しまして, しますと, しゃくった, しゃくって, しらべる, じっとみつめる, じっと眺めやった, じっと見つめた, じっと見る, じろりと見やっ, すてて, するから, するが, するぐらい, するけれども, するという, するといふ, するとか, するに, するはず, するよりは, する場合, する女, する奴, する必要, する方, ずたずたに, せねば, その母, たずねて, たのまれたから, ちょっと見, ちら, ぢろり, つけるか, つけるため, つけると, つれて, とりあげて, とるもの, どこかの, なが, ながめます, なさるか, なさるの, なさる方, なされたそう, にらみつけて, にらむ, ぬすみ見ずには, ぬすみ見て, のぞきこんで, のぞき込むこと, ひそかに, ふりかえり, ふりむきながら, ふり仰いで, ふり向いたが, ふり向いた時, ふり向きますと, ふり返つた, ふり返る, ほッ, ぼんやりと, ぼんやり見, ぼんやり見つめ, まともに, まねて, まはつ, みながら, みること, みろ, むいた, むいたまま, むきながら, もつと, やつてる, やる, やる積り, よく見, よく見た, よく見よう, よく調べ, よけいに, キョトンと, ジロジロと, ジロリジロリ睨む, ジーッと, チラッと, ボンヤリした, 一心に見つめ, 一手に, 一目見る, 一瞥し, 一緒に, 上と, 上目に, 不思議そうに, 世話し, 主張した, 京都の, 人が, 仕て, 付けて, 付けなければ, 代表し, 仰ぎながら, 仰ぎ見て, 仰ぐと, 伸び上って, 伸上がっ, 伺いたいね, 何か, 余計に, 余計愛し, 使って, 依頼され, 促して, 信用する, 信頼する, 入れて, 六本う, 内側に, 凝乎, 凝然と, 凝視した, 切って, 勉強し, 動かしながら, 勤めて, 北に, 占領し, 取らんと, 取り上げたり, 取り上げると, 受け持って, 合せて, 向いたから, 向いたきり, 向いたそして, 向いたなり, 向いたり, 向いた顔, 向いてて, 向いてを, 向うへ, 向かずに, 向かないで, 向き直った, 向き返ると, 向けて, 向けると, 呑めと, 味わいつつ, 命令した, 問題に, 喜ぶので, 固めて, 変へて, 変へれ, 多く選ん, 大切に, 好いて, 好きな, 好むもの, 妙な, 始めた, 始め南北, 子に, 安心させる, 尊ぶよう, 少しばかり, 山で, 岸本に, 希望する, 師匠として, 平気で, 幸福に, 幻の, 引き上げる時, 弟に, 彼らは, 後廻しに, 得意と, 御存知ない, 御案内, 御紹介, 御見つめ, 心の, 志して, 志す, 志望し, 思い切って, 急に, 悲しそう, 想像し, 意地悪く, 憐れんで, 懇請した, 打ち見やれば, 択んだの, 押すべきか, 担任し, 拜んだ, 拜んで, 持つん, 指さし示した, 指さす, 指さすの, 指したの, 指し示すよう, 振かえって, 振りか, 振りかえって, 振りかえると, 振りかへ, 振り向いた時, 振り向こうとも, 振り返へると, 振り返る, 振向きました, 振返る, 捨てて, 掠め來, 探るよう, 換えた, 換えて, 揮り向いた, 揮返った, 搜し, 支那では, 改めて太子, 教えるよう, 斯う, 方々聞合し, 明らかに, 時々汽車, 暫く眺めた, 替へて, 望むならば, 望むに, 望んだ, 楽しむらしい, 正視し, 歩いたもの, 歩行い, 殆ん, 残して, 気の毒だ, 決めて, 決定, 汽車の, 泊めて, 注意した, 注意する, 注視した, 流して, 流し目, 流し眄, 渡して, 湯河原の, 照し, 犯すとき, 狼狽せしめた, 珍重する, 現在の, 當つて見よう, 登って, 白眼で, 皇后に, 盗み見た, 盗み見て, 盗むよう, 盛んに, 目がけて, 目ざして, 目に, 目指して, 目配せし, 相手に, 相談した, 真似し, 眺むれ, 眺めつ, 眺めても, 眺めやって, 眼掛け, 睨みつけて, 睨みながら, 瞳を, 知, 知った者, 知らせて, 知らないで, 知らないもの, 知らない人, 知らない者, 知らなければ, 知らぬの, 研究した, 確かと, 示した, 禮拜した, 私が, 私の, 窺ったり, 窺ってるの, 第一, 箱根へ, 繰返した, 纏めたもの, 美奈さんに, 背中に, 胡散くさそう, 胡散臭そう, 良妻也と, 苛めるなんて, 苦しめて, 苦しめても, 襲う, 見あげたが, 見あげながら, 見あげました, 見あげる, 見あげると, 見えなくさせて, 見かえりながら, 見かへ, 見せないよう, 見せる, 見たあと, 見たん, 見た途端, 見つつ, 見つめたまま, 見に, 見ま, 見まして, 見ましても, 見まわした, 見やれば, 見るその, 見るなり, 見るので, 見るや, 見る時, 見る様子, 見る生徒, 見上げました, 見上げる, 見下した, 見下すと, 見下ろすと, 見乍ら云, 見入って, 見回りに, 見守った, 見張って, 見張るの, 見渡して, 見渡しますと, 見物し, 見直すと, 見続けた, 見続けて, 見込み, 見込んでは, 見返ります, 見返り見返り, 見送ると, 見遣って, 視た, 覗いたが, 覗いたり, 覗き込むと, 親しげ, 親愛し, 観察し, 解剖し, 訪れた, 訪れて, 許して, 試みて, 誤って, 説明した, 読むと, 読者は, 調べる, 警戒し, 變へて, 軽蔑し, 輕く, 辞めて, 辿って, 追って, 透すと, 通て, 通れば, 違えて, 選って, 選びは, 選ぶこと, 選んだもの, 避けようと, 鋭い眼, 開けました, 集めて, 電車が, 面白そう, 頭の, 頼もうと, 願って, 顧みたが, 顧みた時, 顧みる, 飛んで, 驚いたやう, 麾いて

1 [4400件 抜粋] あいたの, あざけるよう, あぶったり, あるいは静御前の, いい秘怪, いざお手前, いたずらそうな, いつて, いやがる, いッ, うらめしさ, えらんで, おしえる, おそば, おびき寄せて, おゆるし下さいませ, お二方, お呼びする, お店, お手伝いし, お歩き, お見上, お迎えしました, お連れ致し, かえしそれ, かえり見ながら, かばいながら, きいたら, きめて, きれいに, くれて, こうやっ, この屋敷, こわい目つき, ご覧, さげました, さしてハイドウッ, さして通り過ぎ, さす, さもポカン, された被害者, さわって, しきりにさがし, しくじらないよう, したいいやいや, したその, したな, したニス枠, した先刻, した日本, した鼻, してたよ, してるという, しとやかに, しないよう, しばらくの, しようか, しるねえ, し愛, し陽気, じっと暫く見, じっと見守っ, じろじろ横目, じろじろ見やる, じろりと見返した, すかし見たり, すこし直し, すべて粗末に, するじゃ, するとね, するやう, するヒネクレ, する商人体, する市場, する真面目くさった百姓, ずっと廻っ, せられたからと, そっちのけに, そっと見遣った, それしきの, それ見た, ただおきましょう, たどるなれば, だれかが, ちょいちょい仰ぎ, ちょっと振返った, ちよつ, ちらつと見, ちらりと見上げ, つかんで, つけるつもり, つらつらと, とがめたの, とりまいた火消人足, とれば, どうすれ, どのくらい, ながめその, ながめられなかった, なさいましたこと, なさるじゃ, なすったよう, ならって, にらみつづけて, ぬすみみながら, ねがい出でた, のぞきながら, のぞくやう, のみこんで, はっきりつかまえる, ひきあげさせて, ひどくうらやましそう, ぴたりと, ふとした過失, ふりむいたが, ふり切って, ふり向くこと, ぶらつきはじめました, ほほゑみ, まじ, またたきも, まだ馬車, まるで汚らしい, みずに, みつめる, むかれると, めがね越しに, もう一度目招, もち上げ, もどかしがっ, やった, やめた事情, やらねば, やるし, ゆびさす, よく教育, よく見なかった, よして, より興味, ろくに見, ゑんこう, オズオズと, キョトキョトと, シカケと, ズツト見, チラリチラリと, ハタハタと, フラフラ歩い, マタイセイと, 一つの, 一人と, 一寸三分ばかり, 一帯に, 一応こちら, 一生懸命勉強し, 一足先に, 上から, 上目がちに, 不健康と, 世話を, 中止し, 事無う, 二人母は, 云々, 人に, 今日顧れ, 仕合った結果, 以北と, 仰ぎ見る, 伏し拜むと, 伝えた諸説, 伸して, 低い土手, 何も, 余り五月蠅, 使う, 促します, 信じられて, 信用します, 倖せ, 假り, 傭って, 儂は, 兄妹が, 免れんと, 兵野が, 再興致し, 冷たく見, 凝視て, 出しそれ, 出蘭人居留地, 切り下げて, 別つ, 刺戟する, 助けに, 動かしうるもの, 勤むるに, 勤め宝暦六年, 十分に, 即ち前, 取った, 取りあるいは, 取り押えて, 取るならば, 取消して, 叙した, 可愛がって, 吉と, 向いたまま次第, 向いた窓, 向かれて, 向きます, 向き哀れ, 向き直りながら, 向くに, 向こうとも, 吭へ, 味いつくし, 命じたの, 咬へて, 喜ぶもの, 四辺憚らず, 固めい, 地べたに, 執念深く追う, 変えなければ, 夕日の, 多く気, 大きくなっ, 大勢の, 大雑把に, 奨励したい, 好いという, 好むだろうと, 好んだろう, 始め何, 婆さんは, 子路は, 学ぶに, 守つて激しく, 実は一種卑近, 宮様は, 寧ろこのみます, 専心こ, 尋ねさせると, 小指から, 少し丁寧, 少し書きなおした, 尖らせたり, 岩に, 巧妙に, 差上げる, 幽霊と, 底に, 延上っ, 廻りたがります, 弁へて, 引き請けて, 引取る, 強いられて, 当然に, 彼一流の, 待ちうける用意, 後顧の, 御向き, 御希望, 御覧なされ, 心では, 忌々しそう, 忘れるので, 怒ったわけ, 思いとどまって, 思はず惹きつけられるやう, 思出した, 怪訝そうに, 恥ずかしく思っ, 悪くさえ, 愕か, 慍つてお, 憎むね, 懸命に, 戦争に, 手伝い山木, 手繰るの, 打棄, 投じたまわれ, 択んだ, 押え付けるよう, 押すの, 拜むケチ兵衞です, 持ち上げて, 持つ丑松, 指さし何, 指したもの, 指すん, 挑むやう, 振りむいて, 振り向いたので, 振り向かれました, 振り向き高等学校時代, 振り返っても, 振り返りましたが, 振上ぐ調子, 振向いたらやっぱり, 振向けば, 振返る間もなく, 据えた鏡餅, 授けて, 排し除けて, 採ること, 探ってな, 掴んで, 撫でさぐると, 支えたの, 改良する, 教えたり, 教えるという, 散歩した, 文句を, 断わって, 旅行せられました, 早く働かせた, 明智に, 時々好奇心, 暫く見, 書きなおす, 望まれるで, 望むとは, 朝日の, 本水, 松本は, 査べ, 案外きき, 楽しみに, 樽野が, 欲し, 正しくし, 歩いたらやっぱり, 歩ける樣子, 段々小さい, 殺そうと, 気がかりさうに見, 水戸の, 決して見なかった, 注意しはじめた, 流眄に, 渚と, 源氏は, 瀬ぶみし, 無躾, 熟と, 片付けにか, 犁舌獄へ, 猶も見守っ, 生きた人間, 用いるの, 申さうならば, 申上げる, 留めて, 疑ったに, 白い胡粉, 皆んな赤く, 盛んにつつ, 目戍り, 相談し, 真似たの, 眺た, 眺めたまま, 眺めなすって, 眺めやると, 眺める事, 眺め居たり, 眺め渡すの, 眼を, 睥睨した, 睨みました其の, 睨め廻しながら, 瞶めた, 知ってるだけ, 知らず外商これ, 知らない古代民族, 知らんか, 知的探究の, 磨きましょうね, 祝福する, 稽古しなかつた, 空虚に, 窓枠に, 竊視る, 立退いて, 第二, 納得させられ, 経て, 継ぎ合わせて, 縫助に, 置いて, 習う人, 考えてこそ, 考えるさ, 考へ出したの, 聞きとれなかったらしい, 背広の, 膝に, 自分にだけ, 致しおった, 航海しなけれ, 荒しある, 蔑んだり, 行きしに, 街頭から, 襲い天国, 見い見い余計, 見えなくなるまで, 見くだして, 見せなくっちゃ, 見たお, 見たそれ, 見たらどうか, 見た事, 見た方, 見つけましたの, 見てる, 見ないでは, 見ない訳, 見まいとは, 見も, 見やります, 見ようとして, 見るかと, 見るもの, 見る彼女, 見わたせば, 見上げ始めた, 見乍ら長閑, 見受けますと, 見向きて, 見守らずに, 見廻し, 見廻しましたが, 見据えた, 見渡したが, 見究めようと, 見詰める, 見込んだ末, 見返ったが, 見返ると, 見遣りたまひ, 視凝め, 覗いた女給, 覗きつつ, 覗き込んた, 覚えて, 観る, 言明し, 記念する, 訪ひた, 許すとして, 話して, 誘つて岡田村まで, 説きたいと, 読むの, 調べたいという, 調べ店, 諸君の, 變更させる, 買ふも, 贔屓に, 足音を, 軽く罰するであろう, 辯護する, 返して, 追いつめて, 送り出してから, 透かすよう, 通た, 通る者, 連れ出しても, 過った, 遠ざけしめてゐるのでもあつた, 遣らして, 選びますと, 選ぶという, 選んだであろう, 避けるに, 重んじなさるの, 鋭く睨ん, 閉めたので, 関西風に, 除けば, 離れずに, 静粛に, 頓狂な, 頼みこんだの, 頼んだ次第, 願は, 顧み勧めるもん, 飛躍し, 香椿と, 高い軒並み, 麻にて

▼ 方~ (11908, 9.3%)

139 眼を 125 向って 119 向いて 91 気を 81 向けて 63 なって 62 歩いて 61 近づいて 58 目を 52 顔を 51 なると 44 行って 40 出て, 手を, 身を 39 向つて, 心を 37 向かって 34 向けた, 立って 33 して 32 当って 31 坐って 30 傾いて 29 あるの, 背を 28 住んで, 何か, 耳を 27 向いた 26 ある, 来て, 進んで 25 走って 23 向き直って, 行った 20 あって, 向き直った, 行くと 19 あった, 足を 18 いて, 小さくなっ, 廻って 17 寄って, 見えて, 頭を 16 向ひ, 視線を 15 お目, しても 14 帰って, 移って, 置いて, 近づいた, 飛んで 13 あつた, なつて, むかって, 居て, 注意を, 腰を 11 似て, 消えて, 重きを 10 並んで, 流れて, 行く, 行くの, 身体を

9 [19件] あると, あるので, あるん, それを, よると, 人の, 向い, 向き直りました, 就いて, 持って, 控えて, 於て, 歩いた, 歩き出した, 残して, 私は, 背中を, 興味が, 駈けて

8 [18件] かかって, やって, わかれて, 一人の, 出して, 分れて, 動いて, 向った, 多くの, 寄せて, 廻った, 押しやった, 私の, 膝を, 落ちて, 見えた, 逃げて, 通じて

7 [32件] なりますと, よれば, 一つの, 下りて, 働いて, 力を, 向き, 向き直り, 向けられて, 声を, 家を, 就て, 属して, 席を, 廻して, 引込んで, 残って, 氣を, 立つて, 纔に, 肩を, 自分の, 興味を, 話を, 近い, 近かった, 返して, 降りて, 集まって, 面を, 頼んで, 顏を

6 [36件] あったの, あるもの, いって, お目にかかりました, なるの, むけて, より多く, 伸びて, 余計に, 依つて, 入って, 出た, 勤めて, 向きなおった, 向き直つた, 向き直ると, 向くと, 向け, 向て, 味方し, 味方する, 寝て, 差出した, 振向いて, 曲って, 書いて, 火の手が, 留守居する, 相違ない, 行つた, 見て, 走つて, 転じた, 載せて, 退いて, 首を

5 [50件] あたつ, あつて, おいでに, お願, かすかに, しようと, そ, ちょっと眼, ついて, なった, まわって, むかつて, むかひて, ゐて, 下って, 人声が, 何の, 出で, 別れて, 力が, 同情を, 向きなおって, 向きました, 向ける, 夢中に, 妙な, 少しも, 廻りました, 心が, 惹かれて, 注いで, 注意し, 灯が, 理が, 用が, 用事が, 移した, 穴が, 続いて, 自信が, 至っては, 行くに, 行こうと, 話しかけた, 走った, 近付いて, 違いない, 集って, 離れて, 響いて

4 [83件] あたま, ありて, あります, あるよう, ある山, いた, いたの, いるの, いるよう, おりて, お目にかかりたいと, お眼, した, しては, じっと眼, すわって, それが, どこか, なってから, なるにつれて, のぼって, はるかに, ふり向いた, まわった, むいて, やつて, 一種の, 上って, 入れて, 加勢し, 合図を, 向うて, 向き直, 向けたが, 向けました, 向けられた, 向つた, 向ふ, 坐つて, 垂れて, 好意を, 宿を, 山の, 幸福が, 引っ込んで, 強味が, 往って, 御迷惑, 或る, 於ては, 来た, 来ると, 次の, 歩きながら, 歩んで, 気が, 沈んで, 注がれて, 注意した, 登って, 知らせて, 移して, 窓が, 縁の, 聞える, 聞き耳を, 腰かけて, 行きました, 行くこと, 見えましたが, 見せて, 読んで, 賛成した, 走り出した, 起って, 足音が, 近づく, 関係し, 附いて, 降って, 馴れて, 魅力を, 黙って

3 [182件] あげて, あったので, あるかと, あるべき筈, いった, いらつし, いること, いるので, いるん, おいで, おなりに, お気の毒, お渡し, お貸し, かくれて, きれいな, くるりと, こんな話, したって, すれば, そそがれて, その本, それと, そんなこと, ちが, ちがいない, ちよつと, とつて, なつた, なる, のせて, ふりむいた, ぼんやりと, まともに, むかへり, むけました, やって来た, よく似, ゐたの, グイと, グッと, ズッと, チラリと, 一泊した, 一瞥を, 二つの, 人を, 付いて, 任せて, 会って, 倒れて, 傾くの, 充分の, 出かけて, 出ようと, 出ると, 出るの, 出来て, 分が, 動くの, 取って, 取つて, 取られて, 同情が, 向いました, 向うの, 向おうと, 向き直る, 向けさせた, 向けたまま, 向けながら, 向けると, 向けるの, 向けるやう, 変な, 多い, 多く気, 多少の, 女が, 姿を, 對し, 導かれて, 少しばかり, 尻を, 居た, 居る時分, 差し出した, 差し向けながら, 幾分か, 廻る, 廻ると, 引かれて, 引っかかって, 当つて, 彼が, 彼の, 彼を, 待って, 御挨拶, 御目, 御贔屓, 微かに, 心の, 忠誠を, 思いを, 急いだ, 意を, 意味が, 感謝し, 戻って, 押しやられて, 押しやるの, 振り向いた, 振り向いて, 振り向きました, 振返りながら, 散って, 散歩し, 於いて, 於いては, 於かせられて, 未練が, 枕を, 歩きだした, 歩みよった, 歩みを, 比べて, 水の, 滞在する, 現は, 目が, 着いて, 着きました, 移すと, 節子を, 紫の, 細長い影, 罪は, 置いた, 聞いて, 聞えて, 聲を, 腕を, 腰掛けて, 自信を, 自分が, 自分を, 行きかけた, 行くつもり, 行くん, 行けば, 行ったが, 行つ, 見える, 親しみが, 親しんで, 言葉を, 詰めて, 買って, 貸して, 賛成する, 起った, 起る汽車, 近いの, 近づきました, 透かして, 進み出ました, 進んだ, 進行し, 道理が, 遥かに, 重点を, 開いて, 隠れて, 雲が, 非常に, 頼まれて, 顔の, 馬を, 馳け, 駈け出した, 驚いて

2 [658件 抜粋] あが, あごを, あったが, あったと, あつまって, あの大きい, あらゆる醜, ありと, ありまして, あり諸, あるいた, あるいて, あるが, あるき出した, あるき出しぬ, あるマドマゼエル, ある一つ, ある中庭, ある外, ある大きな, ある時, ある知人, ある筈, ある輝子, あれこれと, あれば, いいました, いたから, いたしましても, いたって, いたので, いたんだ, いた人, いた男, いらして, いる, いるかも, いる人, いる時, いろいろと, うつって, うつると, おかれても, おつ, おまわり下さい, お世話に, お勧めし, お産を, お目通り, お礼の, お通し申す, お逢いしたら, お逢いする, かう云つて, かかった, かかろう, かけちゃ, かけて, かすかな, かたむけました, かまけて, きいて, くつ, くらべて, ぐるりと, こんなお話, こんな迫害, さしだした, さし出して, さし向けて, さっぱりと, さつさと, してからが, しまい込んで, しましても, しろ, しろき煙, すかして, すりよって, すり寄って, ずっと心, その面, そらした, それだけの, そんな事, たどりて, たのまれて, だつて, ちよいと, つきだした, つとめて, とどまる, とどろく物音, とりかかった, どのくらい, ない, ながしめを, なびいて, なりますが, なれば, ねじむけた, ねじ向けて, のばして, はって, ひきつけられて, ひびいて, ひらけて, ぴたりと, ふりむくと, ふり向けて, ほんの僅か, まじって, また別の, まわして, むかは, むき, むきを, むけた, むけながら, むしろ興味, もしもの, もたれかかって, やって来るの, やりながら, ゆきました, よくお話, わたしたちを, わたしは, われは, ゐないで, ゐる人, オボシメシが, スイッチを, チラと, チラチラと, 一せいに, 一の, 一人一緒に, 一歩近づいた, 一点の, 一羽の, 三本ほど, 上がって, 上げて, 上人様の, 下がって, 不思議な, 不満を, 主に, 主力が, 乗った, 乳虎一声馬鹿めと, 了簡が, 二人の, 云った, 人家の, 人影が, 他の, 付けるの, 休んで, 会釈を, 伝わって, 伸ばした, 住む知人, 体を, 何かの, 何んな, 余分の, 來れ, 依っては, 候えば, 偏し, 偏執し, 傾いた, 傾けば, 先立って, 入つて, 全く心, 其は, 出かける, 出させて, 出す, 列んだ, 列んで, 到るまで, 加わって, 助けて, 勝利を, 匍匐い, 千曲川の, 半ば土に, 半身を, 去る, 參り伏せ, 反映した, 古りたる蒲簾, 叱られるぞ, 同じよう, 名を, 向いては, 向かえり, 向かつて, 向きて, 向きな, 向きなおりました, 向きを, 向くの, 向けた時, 向けようと, 向け直した, 向ったの, 向つたが, 向つて声, 向ひぬ, 向へば, 向直り, 吸い寄せられて, 味方した, 呼ばれて, 呼んで, 咲いて, 問いかけた, 喇叭吹き, 四五人の, 困りますから, 困るから, 困るもの, 在つて, 在り, 在ること, 垂らした御簾, 堤防の, 夕方の, 多いよう, 多かった, 多くなる, 大きな凹み, 大きな窓, 奪われて, 妾初めて, 姉と, 委しく出, 娘を, 寝泊りし, 寝泊りを, 寝転んで, 対って, 専念する, 導いて, 小さなもの, 小言を, 小諸町の, 少し不安, 就いては, 就いても, 尾根らしい, 居たから, 居たん, 居る事, 居る時, 居る自分, 居る頃, 属する, 属すると, 屬する, 山田の, 帆舟が, 帰るが, 平原の, 座って, 延ばしながら, 建てた, 廻されて, 廻されるの, 廻るの, 廻ろうと, 引きよせて, 引き上げて, 引き付けられた, 引き返したが, 引き返して, 引つ込んで, 引張られて, 引込んでばかり, 当っては, 当てられたから, 当りて, 影響する, 彼女が, 彼女の, 往った, 待つて, 徐々に縦, 従へば, 御厄介, 御注意, 急いで, 急ぎました, 急用が, 恋してる, 悪い, 悪いの, 意見を, 感心し, 憲法政治の, 懇意な, 戻つて, 戻りながら, 戻りました, 投げた, 投げ出して, 折れて, 押して, 押しや, 押しやって, 押遣られ, 招いた, 持つて, 持参し, 挨拶を, 振り向き, 振り向けた, 振向いた, 捨鉢に, 捲き上げたいもの, 改めさせて, 敵も, 敵を, 於ても, 日が, 昔の, 暮らして, 曲つて居る, 曲んで馳けた, 月の, 有利な, 望むこと, 朝の, 未練を, 杉の, 村の, 枝を, 横から, 横顔を, 歩き出しながら, 歩き出しました, 歩き出す, 歩み寄った, 歩み寄って, 歩み寄つて, 歩む, 歪んだ, 歸らう, 殺されて, 殺到した, 母の, 比ぶれ, 比べれば, 氣が, 水が, 油断を, 泥が, 注がれると, 流眄を, 浅い水溜, 浮いて, 渡りを, 滑って, 滞在し, 火事が, 灰色の, 無愛想な, 煙の, 熱中した, 熱心に, 父を, 物の, 物を, 特種な, 現れた, 生えて, 田舎の, 疎開し, 登つて行つた, 白い牛, 直距線, 相当な, 相当の, 相違の, 真赤な, 真黒な, 礼を, 私が, 私し, 私を, 移された, 移されて, 移りそこ, 移動し, 積んで, 突き出されて, 突立った, 突進し, 立派な, 箸を, 籠って, 糸で, 縁付いて, 罪が, 考えが, 聞こえた, 聴いて, 臥て, 自然に, 至って, 至りしに, 至るまで, 興味の, 興奮を, 舟を, 苦しみながら, 苦労を, 荷擔し, 落葉松の, 著いて, 蒲団を, 蔦の, 蔵って, 薪が, 行かなければ, 行きかけたが, 行きて, 行きますと, 行く事, 行く汽船, 見えなくなった, 見えるので, 見せた, 見せました, 見られるの, 親しみを, 設けられて, 詠み出, 誤魔化されて, 賜は, 起こって, 足が, 跟い, 転じながら, 轉じ, 轉ずる, 近いもの, 近くなっ, 近くなる, 近づくと, 近づけて, 近づけば, 近よ, 近よって, 近より, 近寄って, 追ひ, 退くと, 送つて, 途方も, 這い寄った, 速く上達, 連れが, 連れて, 進み寄って, 運ばれて, 達見が, 違いが, 違ひ, 遣て, 邪魔に, 都合が, 重点が, 長く連, 門を, 間者を, 隠して, 集まった, 静かに, 鞏固なる, 預けて, 頼むが, 頼んだの, 顎を, 飛びはじめ十八隻, 馬の, 駆けて, 駆け出した, 駈けだした, 駈け出しました, 駒寄の, 驚くばかり, 高く聳える, 髪を, 黒く見え

1 [6520件 抜粋] ああや, あげたいと, あったらどう, あった福神楼, あの方, あらざるべし, ありラペエ, あるとある, あるギャル・プン, ある乳母, ある卓, ある大事, ある師鉄胤, ある桑畠, ある用意, ある花, ある隙間, いくつ摘むべき, いたが, いた帝王, いた頃, いっちゃって, いやに, いるから, いる一人, いる川西, いる者, うしろ姿を, うとましいと, おおぜ, おたずねしたい, おめにかかるの, お三輪, お凝り, お叩頭, お往き, お留守居, お立ちなされ, お詫, お酌, かえる, かきよせて, かしこまって, かなり大きな, きくと, きめようかと, くらべれば, こう声, この薬, これも, さう見えるだけ, さしつけました, さむしくない, したいと, しばらくは, しよんぼりと坐つて, じっと酔っぱらった, すすんで, すり寄った, ずっとよく伝統, せっかくの, そこの, その受け, その珈琲, その顔, それまで, たいし金属, たてまつるよう, だん, ちぢこまって, ちょっと低い, ちらつと視線, ついてる片, つき合う必要, つまらぬ端役, ですか, とまって, どうしてなかなか美しい, どっさりつるし, なくても, なった月, なびかん, なら幾らか, なるから, にやけた男, のっかって, はかへ, はるかな, ひきつけられたとたん, ひつそり澱んだ, ぴかぴかと, ふりかへ, ぶつぶつ言う, ほとほと手, ぽつりと, またゴソゴソ, まだ生き, まるで世界, みられる, むかへるを, むしろ罪ふかい, もうけが, もっとよい, もどりしばらく, やってきた, やや黄色味, ゆく電車, よき技, よけい同情, よほど困った, わかりにくい, わたくしお, ゐた時, ゐる者, オブリアン君が, コントル・スカルプという, スエ子でも, チンダル, バケツを, ヘルメルが, ミカン箱, 一きゃくの, 一ツの, 一半の, 一寸驚い, 一本の, 一片が, 一艘の, 一郎の, 三ツヶ谷を, 三枚だけ, 上り駿太郎少年, 下へ, 下手糞な, 不自然さを, 並び居たるが, 主眼を, 乗り込んで, 二三の, 二千兩づつを, 云つ, 些と, 人数を, 今度お, 仕送って, 仮面を, 休んだ豊世, 伝記が, 伺いましたが, 位置し, 住み慣れたお, 住んだ, 何という, 何んかの, 余計興味, 使用する, 依つて違, 俥で, 倚って, 催眠術を, 傾く, 僅かに, 先回りし, 入つて行き, 入るもの, 公式が, 内通する, 凝って, 出たこと, 出る線, 出張し, 出発致しました, 分れ立ち睨むよう, 判断したい, 別れ話を, 前から, 加はらう, 努力を, 動くという, 勤め居り候, 十六本の, 博多の, 厚ぼったい雲, 去れりとも, 及べる時, 反映らせよ, 取りかかること, 口々に, 合する, 同情される, 向いた八つ, 向い何とも, 向う, 向かい従順, 向きおも, 向き変って, 向き返って, 向けたり, 向けられなかったなら, 向け両脚, 向つたのである, 向つて走り乍ら, 向わねば, 吸収され, 告訴の, 命名の, 喉を, 四十五度ぐらいの, 団扇を, 囲つ, 土地を, 在るの, 坐りこんで, 執着し, 変えようと, 夕焼雲が, 多くは, 夜か, 大きく口, 大きな眼玉, 大分足を, 大方の, 天目山の, 奉公に, 奪われました, 好適な, 娘分として, 子供を, 安くて, 実によく勤め, 家屋の, 寄せる必要, 寄つて居る, 寄居いたしおり, 寝た, 寧ろより, 尊ぶこと, 導くこと, 小さくなります, 小さなしか, 小さな空気抜き, 小塚ッ原の, 小鱗片, 少し当り, 少し誇張, 尾を, 居た猫, 居ました, 居ります時, 居るん, 居る心あたり, 居る輝子, 屈託し, 属するかと, 屯所が, 巡つて, 差し出したが, 差向けて, 師範代などと, 帰りましたが, 平和な, 幾代が, 座り数名, 建繞り, 廻っても, 廻はると, 廻轉する, 引きずった, 引き取られてから, 引き返したり, 引付けられる, 引渡され女, 弥生という, 当つて火の手, 形ばかりの, 彼等は, 後ろ向きにな, 従事し, 御披露, 御見せ申す, 徴用され, 心残りが, 忍び姿で, 忙しき故, 思い出が, 急ぎ足で, 恐ろしい何, 惚れて, 意が, 態の, 懸かろうかと, 戦捷が, 手入れを, 打向い, 投ぐ, 折ふし総がかりの, 抱き付いて, 押し向けて, 押向ける, 拡がったその, 持った新しい, 振りかえった, 振り向けた瞬間, 振返つて, 据えて, 掛け渡した太く逞しい, 控へて, 搦みつい, 支持を, 政変が, 散らばって, 文典の, 新しい所, 於きましても, 日本ばなれ, 早し遅しが, 星の, 時間を, 暗い電燈, 曲げると, 最もつて, 望まれた, 木藤氏から, 朽ち残った絵, 来られて, 板を, 栗毛の, 棚の, 楯ついた, 横たわって, 欺瞞され, 歩きだす, 歩み出で, 歸りました, 残るという, 比べなければ, 気持ちを, 決心し, 泊, 注いだ, 注意せざる, 流して, 浅さ, 消した, 深く入り立つた, 渡して, 湖の, 漁に, 潜心し, 火災の, 無二無三に, 煙筒が, 熱心である, 父の, 牛屋を, 牽き曲げられた, 猛然と接近, 玉藻の, 甚だ似よった, 用を, 甲州屋の, 申上候間御, 留めたいならその, 畳み寄せて, 病人が, 發展し, 白く光っ, 百姓道具を, 目に, 相当積極的, 看護婦と, 眠たげ, 眼に, 矢代は, 石が, 確かな, 禁裡守衛総督摂, 移されたこと, 移つた地名な, 移ります, 積まれ今, 空疎な, 突兀として, 立ちたり, 立った, 立つ田舍, 立掛けて, 笑って, 筒抜けに, 粋な, 納めたの, 紫色の, 組し, 經驗を, 縁故の, 置かれた盃, 美しき娘機, 考へて, 聞えるの, 聞こえると, 肥った二十三, 脈を, 腹が, 自分, 自身で, 舞いさ, 色々材料, 若さ, 荒い足音, 落ち合って, 葺卸屋根の, 薬屋を, 行かずに, 行きしに, 行き土佐方, 行くこと十歩, 行く近, 行ってるから, 行つて別れを, 行列, 裾の, 見えてるぢ, 見える対岸, 見おろすこと, 見つけた新しい, 見るの, 見現, 親しむ人々, 解説を, 計上し, 許多の, 詰め寄るの, 誉められます処, 誤りが, 誰方が, 譲り実際, 貢がぬは, 賛成, 賭けようと, 赭い, 走り去った, 起る女連, 距れる, 踏み入れる事, 蹴飛ばしたらしく唐紙, 転じなかった, 転換した, 輸送され, 迎えその, 近い向っ, 近かつ, 近ければ, 近づきつつ, 近づく者, 近寄りはじめた頃, 迷い迷うて, 追ひやられる, 送られて, 逃げ約, 這い上って, 通じた支線鉄道, 通夜に, 逢つて一と, 進みつつ, 進み近づき直ちに, 進めんと, 運ばれた, 過の, 違ひなかつた, 遠野の, 遺孤, 配置し, 重くなる, 鉄と, 錦旗が, 長く勤めた, 長鍬, 開けて, 闕下に, 降つた夕立, 限られたの, 階あり, 隣の, 集合し, 雪を, 震へて, 非常が, 面白いもの, 預かった, 頼むこと, 願って, 飛びこんで, 飛出すと, 首の, 駈けだして, 驚きました, 高く引きあげ, 鳥の, 黄海の, 黒く茂った

▼ 方~ (11078, 8.7%)

37 私の 28 どうだ 26 どうかと, 自分の 25 どうした 20 それで 18 どうです 17 何か 16 どうな 15 ありませんか, そうは, どうなった, 何の 14 それを, 普通の, 私が 13 少しも, 非常に 12 ない, 殆ん 11 これは, 何と, 見向きも 10 これも, それが, どうでも, どうなる

9 [11件] さすがに, それに, どちらから, ないの, 何を, 彼の, 日本の, 私を, 見ずに, 見ないで, 非常な

8 いつでも, それと, なかった, 何も, 或る, 手を, 相変らず, 確かに, 私に

7 [15件] あなたの, これで, そうで, た, どうか, どうする, どうでした, 一人も, 人の, 今も, 他の, 何者だ, 僕の, 大丈夫だ, 後に

6 [22件] お留守, ここに, しない, そんなこと, どうしよう, どちらへ, どなたも, ないと, ないもの, 今は, 今日の, 何う, 何でも, 僕が, 前に, 大変な, 女の, 手に, 気が, 私は, 自分で, 顔を

5 [36件] いつまでも, お父様, これを, ございません, そこに, その頃, どうだい, どうでしょう, どこに, もつと, やめて, よして, わしの, 中, 主人の, 云わば, 今の, 今日は, 何です, 初めから, 君の, 問題に, 大したこと, 如何です, 妙に, 姉の, 子供の, 御自分, 急に, 本当の, 此の, 滅多に, 立派な, 絶対に, 自然に, 黙って

4 [63件] あなたを, ありません, あれで, いずれも, ここを, これが, これまで, ございませんか, して, しませんよ, それから, それとは, そんなで, どうしました, どうで, どうなすった, どうなっ, どなたです, ほんとうに, またそれ, まだお, わずかに, わたしの, ガラスが, レンズが, 一体どうなる, 一度も, 一面に, 上の, 主に, 之を, 京都へ, 人が, 人間の, 今では, 今でも, 今まで, 何にも, 例によって, 例の, 俺の, 先生の, 兎も, 前述の, 夜中に, 大したもの, 彼が, 御心配, 昔の, 最初から, 気に, 無事に, 父の, 狂人の, 現在の, 目を, 直ぐに, 私と, 私には, 背の, 虫が, 近所の, 頭の

3 [139件] あなたが, あの有名, ありますまい, ありませんよ, あれから, あれに, あれは, いいとして, いいの, いかがです, いけない, いろいろの, おくれて, お母さんの, お若い, これだ, これとは, これに, さのみ, すぐに, すつかり, そうでなかった, そっちのけに, そのままに, その後どう, それどころで, それほどで, それらの, そんな事, ただの, だんだんに, ともかくも, どう, どうお, どうだった, どうだったい, どうだろう, どうなりました, どこへ, どなた, どなたでも, なぜ手数, ふたりとも, また, また別, また普通, まだ十三, まだ足らぬ, もう問題, もう大丈夫, やめに, わたしが, ハッキリし, 一の, 一体に, 一体何, 一通りでない, 之に, 二人の, 今日から, 他に, 他人の, 仲, 何うし, 何に, 何んと, 何事も, 何処から, 何故に, 作者の, 先に, 全くの, 出世を, 分らぬなれば, 別として, 友人の, 反対に, 右の, 名を, 品が, 地盤が, 壁に, 声を, 夕刊に, 外に, 大丈夫だろう, 大丈夫です, 大丈夫な, 大事な, 大抵は, 始めから, 学校を, 安心し, 家の, 少しは, 彼女の, 心の, 心配は, 持って, 支那の, 明らかに, 昼の, 来て, 東京から, 東京の, 構は, 次の, 死んで, 流石に, 無事で, 父親が, 物の, 生きて, 男の, 皆お, 皆な, 相も, 相手が, 相變ら, 眼の, 眼を, 私たちを, 私より, 竹の, 紛れも, 見ないよう, 許して, 話が, 誰が, 誰でも, 誰の, 誰も, 貧乏な, 身動きも, 逆に, 都会の, 長男の, 額の, 高い崖

2 [572件 抜粋] あきらめるとして, あたしを, あっしが, あつしが, あと廻しに, あなたも, あの人, あの方, あまり厚く, ありませんわ, あるべきと, あわてて, あんなに逃げ, いいん, いい加減, いい方, いうに, いうまでも, いくらでも, いくらでもあります, いくらも, いけません, いっこう平気, いったいだれ, いったい何, いつもの, いつも理性, いは, いまは, いやに, いらっしゃるの, いろいろある, うらはらで, え, おいくつ, おいで, おいでに, おのづか, おりませんか, おれは, おゴムさん, お二人, お分り, お前の, お医者様, お強い, お気の毒, お江戸, お話した, かまいませんが, からりと, きれいな, こういう風, ここから, ここで, こちらに, このベル, この事件, この村, この点, これまでは, これより, ございませんよ, さしたること, さっきから, さよう, したくありません, したくない, しないね, しなかつた, しばらくお前, すぐその, すらすらと, せいぜい切らし, せぬ, せぬつもり, そうし, そうでない, そうでも, そうも, そのとき, そのまま定着, その人, その反対, その土地, その日, その時, その点, その第, それじゃ, それだけ, それつ, それなりに, それは, それほどの, それより, それよりも, たいへんな, たと, だらしない, ちが, ちやんと, ちょッと, つい先達て, とにかくとして, とにかく色, ともあれかし, どういうこと, どういたしましょう, どういふ風, どうかする, どうかな, どうしたら, どうして, どうしてあんな, どうだつ, どうである, どうとも, どうなさいました, どうにも, どう云う, どう思, どこか, どこへも, どこまでも, どちらでも, どちらも, どっちか, どなたか, どんなお, どんなこと, どんなもの, どんな風, ないし, ないじゃ, ないで, なか, なんです, なんの, はじめから, はじめてです, はるかに, ひどかった, ひどく小さい, びっくりし, びっくりなさった, ふだんから, ふりむきも, ほんとにいい, ぼんやりと, まあ別, まあ安心, まことに確か, また言いました, まだいい, まだよい, まだよかっ, まだ御, まだ熾ん, まだ若い, みずに, みな引きあげ, みんなあんな, みんなお, もうそんな, もう御, もう暗く, もう殆, もう眼, もう私, もう遠方, もっとひどい, もとの, もとよりの, もはや命令的, ももだち, やさしいが, ゆるやかに, よくそれ, よくない, よく御, よく知っ, よく見えました, よけい取, わたくしの, わたくし共の, ズーッと, ハッキリと, ハ調四分の二拍子それが, ベッドに, ボクが, 一つも, 一つ御, 一人で, 一体何物, 一向片付きません, 一層で, 一層淋しい, 一般の, 一見潔癖, 一通りで, 丁寧に, 三十前後の, 不得手で, 丑の, 両君に, 丸顔の, 主人夫婦から, 主張する, 久しい友達, 九州の, 二の次に, 互いに一言, 京都に, 亭主が, 人である, 人に, 人を, 人殺しを, 今に, 今夜も, 今日あたりは, 今朝は, 仏教の, 仕事を, 仕方が, 仰言いました, 休んで, 何ういう, 何うだ, 何が, 何した, 何だ, 何という, 何とおっしゃる, 何ともありません, 何んの, 何処か, 何故かしら, 何時でも, 何者です, 何處の, 余りピンと, 信用できぬ, 俺が, 働く女, 僕は, 兄さんに, 兄とは, 先日から, 兎角醜い, 六尺ばかり, 出て, 出來, 別としても, 別室で, 前にも, 前後を, 前者に, 割合に, 勝つても, 化物とは, 十八九の, 十六で, 千二百刷つて居, 千代松と, 半分は, 単独にも, 厭だ, 友達の, 口の, 合奏用の, 名前の, 向うから, 君に, 善く動く, 喇叭節を, 四ヶ月許りで罷め, 国文学の, 声が, 声も, 夏の, 外務省の, 多いよう, 多くの, 多少鈍く, 夜も, 大いにその, 大そう, 大不服, 大分よく, 大判司清澄, 大変だ, 大嫌, 大学の, 大迷惑, 大體, 奥へ, 女房の, 妖婦です, 妙な, 娘が, 存じませんが, 学術教育の, 実が, 客の, 家に, 家庭が, 容易に, 寧ろプチ・ブウルジュワ, 尋常二年には, 小雨村と, 少々跛足, 少くとも, 少しずつ, 少しばかり, 山に, 山上に, 山科に, 岸へ, 崖に, 常の, 平らに, 平気だ, 平気である, 平気な, 幸に, 幸ひ, 幹助さんが, 幾分か, 底知れず, 引受けましたから, 引受けるから, 当り前の, 当を, 役者の, 彼を, 後の, 後へ, 後廻しに, 御主人, 御存じない, 御自慢, 御通知, 心に, 心得て, 忘れたよう, 思い切って, 急いで, 悪意ある, 愚意に, 慣れて, 慥に, 憚らなかっ, 扁理が, 手軽に, 打首を, 挨拶しよう, 文章も, 断つた, 日が, 早くも, 早く寝る, 昔から, 昔ながらの, 時々しか, 晴れて, 暗かつ, 最早や, 有名な, 未亡人です, 未完, 松に, 案に, 森の, 楽に, 横浜の, 止めて, 正直で, 武生と, 母親に, 毎日遊ん, 比較的に, 水が, 永久に, 油断せず, 洋服に, 浜の, 消えて, 瀬が, 火を, 無い, 焼けてや, 熟して, 父母が, 父親の, 物も, 特別の, 狸退治どころか, 猛火に, 現代の, 理想的な, 甥の, 男子としての, 町の, 町中の, 畑に, 白状した, 白状しない, 益, 目が, 目も, 相当に, 県下の, 真暗で, 真暗であった, 眠って, 着々話し, 知って, 知らないの, 確かな, 社会の, 神楽坂に, 程朱の, 稲を, 稲実の, 笑いながら, 笑って, 純然たる, 純粋の, 素人の, 肺病で, 能く, 腰の, 自信が, 自分に, 自分を, 自然と, 自由であった, 良く判らない, 色の, 若干やりきれなく, 苦しめられるだけの, 茶の間に, 草の, 華奢ながら, 薄暗さ, 血の, 行列の, 衰えて, 西の, 見ず, 見ず知らずの, 見たこと, 見て, 見向, 覚えて, 親父に, 親類の, 記憶し, 訳も, 話に, 誰と, 誰よりも, 誰方も, 豚や, 貴君の, 足の, 足を, 身を, 身分を, 近来に, 近頃世上, 逃げて, 途中から, 通例よりも, 達者です, 違うが, 遙に, 部屋の, 酒の, 野見の, 金の, 間違いが, 陽気で, 隣の, 雲の, 電気の, 青くくらく鋼, 静かな, 面倒な, 頭が, 頭を, 食ひませ, 飴の, 餓ゑた事が, 駄目だ, 骨を, 黙つて, 黙許なされ

1 [8239件 抜粋] あ, あすこの, あと言え, あの天誅組, あまりお, あまり天才的, あまり美しい, ありますわよ, あるひ, あんなに仕度, いいお方, いかがでしょう, いきさつに, いくらにも, いささか特異, いっこう解せぬ, いつぞや京師, いつも優しい, いないもの, いやに高い, いろいろあろう, うたちゃんの, うまくいつ, おいおいに, おそらく世界, おはたらき, おれだつた, お使番中川金右衛門, お君, お家の, お搆, お疲れ, お茶に, お隣から, かえって悪影響, かならず不平不満, からっぽの, きっと聞く, くず折れた, こういう場合, ここでも, このごろ困った, この兄弟, この工場, この次, この辺もと, この黒蛇, これよりも, ございません評判, さういふ風, さし俯向い, さておいて, されない, したくないだろう, しなかったぜ, しまいと, すぐいふ, すぐ考え, すっかり丈夫, すでに心, すべて明けッ放し, ずっと世界的, ずっと近江, ぜひ助け, そうした格子戸, そう簡単, そのうしろ, その一徹, その夕方, その心, その総, その間私が, それから大分日数, それでも商売気, それなり口も, それまでの, そんなに六かしく, そんな方ぢ, たいそうお, たしかにその, ただうなずい, ただ嫌ひだ, ただ颯と, だいぶん弱っ, だんだん減じまし, ちょいと, ついぞ泣い, つんぼう同様, では私, とても可愛いい, ともかく才能, どうか分らぬ, どうしても二の次, どうせ手軽, どうなすつた, どうにも工合, どうも私, どう御覧, どちらだ, どのよう, どんなふう, ないが, なお後, なかなかやかましかっ, なかなか面白い, なぜ東宮, ならばその, なんだ, にぎやかな, はじめは, ひとりごとに, ひどく驚かされた, べっとり紅く, ほとんど良く, ほんのりし, まあどうにかやってる, まあ計画通り, まさに初めて夢, まず懸念, また労役, また考え, まだご, まだなす, まだ二十二三, まだ埓, まだ明るみ, まだ蘭書, まったくやらぬ, まるでちがっ, まるで手, みな丁稚上りであった, みんな僕よりは, みんな筆で, むずかしいよう, もうあらためる, もうひととおり, もう二百枚, もう大, もう抵抗, もう縁, もしやジョージ, もちろん言語上, もっと若い, もとより心, やがて此, やつぱり唯, やめさせて, やりたくない, よくありません, よく知, よしたまえ, よりよく人, わが国史, わたしよく, アハハアハハと, ウマく, カモ七の, クソガラス, サッパリした, ジャヴェルの, ソバケーヴィッチの, チョット淋しい, トットと, ハゲ型としては, ピアノの, フワフワに, ホグベンの, ムッシュー・ヴォルデマールお隣の, ラサ府には, ヴィタミンを, 一まず, 一体どうして下さる, 一切清水が, 一向にふるわず, 一向振, 一寸と, 一度に, 一日々, 一様な, 一種の, 一足先へ, 七兵衛らしくあります, 万葉集の, 三側ほど, 三日見なけりゃ目立っ, 上り屋敷の, 下に, 不幸に, 不自由とは, 世間を, 中折帽に, 主人とか, 九人で, 亀田丸, 事情が, 二劉の, 二年ぐらいの, 云い取り次第, 五十を, 京へ, 人工的に, 人間を, 今山姑に, 今日現存する, 仔細らしく, 他家に, 仰臥けした, 会には, 佐, 何じゃ, 何とか片づけ, 何ものかに, 何処の, 何時迄, 余りにも, 作中の, 依然として同じ, 俯伏せに, 偃松も, 傾斜が, 優秀な, 兄さんの, 先の, 先生方で, 入院前よみかけ, 全く実相, 全く開い, 全然私, 公館であり, 其の日, 再聞, 出入の, 出鱈目で, 刑事巡査で, 別な, 別居された, 前の, 剣道も, 助からなかった, 勝則と, 包みかけて, 十一も, 十六七これは, 千代乃さんに, 半刻經, 南部の, 危険な, 厩橋行に, 又矢, 取り次がせた, 口数が, 古書講義と, 召上らない, 司法処分を, 同じ娘, 名取さん, 吾不, 咽び乍ら, 商売道具の, 喫茶室に, 四六型で, 因果物としか, 土を, 坊さんに, 場の, 壜へ, 夏分だけの, 外国へ, 多く言, 多少自分, 大きい聲, 大キチ, 大人しい五十嵐, 大切そうに, 大変嫉妬の, 大層結構, 大抵御, 大盂鼎, 大金持, 太い竹筒, 失敬した, 女では, 女文字であった, 好斜面, 姉よりも, 嫁さんと, 存外いつ, 學校を, 官制に, 実に烈しかっ, 実は第, 宮への, 容姿が, 寝具に, 専ら知事令嬢, 對外硬, 小僧が, 小母さんよりか, 少しく縮らし, 少し地面, 少し苦心, 尚更心, 山の, 岐阜の, 嵐の, 巨大な, 市中に, 常に何時, 平均以下の, 年造と, 幾人も, 広やかな, 庭へ, 引っ越すとき屑屋, 強い, 当人一人だけ, 役人な, 後でどうにか心配, 得斎塗りの, 御夫婦一緒, 御手入れ, 御若い, 微すら, 心得たもの, 必と, 怒つて催促, 怠けて, 恋の, 息子です, 悲鳴を, 感心で, 懐中電気で, 我の, 戦火で, 手児名の, 手紙の, 扼殺だ, 押絵に, 振り向いて, 探しあぐんでか, 放って, 教理ぢや, 敵と, 斎藤さんと, 断然深い, 新聞の, 既に幾度, 日本では, 日記に, 早じまいに, 明るい上, 明治の, 昨夜月の, 時々さう, 晩春の, 暗夜には, 更にこれ, 最も合理的, 月並だった, 朝鮮からは, 未だ個人的歌, 本当にお, 本物な, 杉の, 来月から, 板囲いに, 柳下機であろう, 案外しつかりした, 梨の, 極々貧乏, 楷書で, 横を, 次第に大胆, 正にこの, 正気に, 此遠方へ, 死も, 殆ど部屋一杯に, 殺されたお, 毎日お告げの, 比較的判切, 気の毒ながら, 水と, 求心的であり, 決してそんなに容易, 決して理想的, 油蟲の, 注意の, 流れた, 海べりに, 深い谿, 渡辺とは, 満足で, 漢土で, 濠が, 無事でした, 無造作に, 熊内中尉だった, 爽やかだつた, 物体ない, 犯しがたい, 猿楽, 王蛇でさえ, 現実的性質の, 甚だチンプンカンプン, 生噛りです, 田圃に, 男を, 画かきだとばかり, 異常な, 痩せたまま, 白燃の, 皆さんアリゾナが, 皆物凄い, 益々辛く, 直ぐ煮る, 相手から, 真っ暗で, 眠られないもの, 矢張り腹が, 知らぬが, 石の, 碧紺などに, 祀られて, 禁欲の, 私共の, 稀大だ, 穂が, 立ちむかおう, 笊に, 箪笥に, 米国の, 紙と共に, 素直な, 終局的な, 絵画である, 綱渡りか, 總てが, 美味さ, 義雄の, 老酒に, 職屋敷の, 胸に, 腹具合を, 自分より, 自由が, 興味本位享楽本位から, 色々に, 芸術に, 苦手であった, 荒くし, 落第と, 蓋など, 薬剤師が, 蝦蟇口を, 衝突した, 裸だった, 要求し, 見なかつたが, 見向きません, 親へ, 言うべき時, 許されるもの, 語は, 誰にでも, 諦めて, 豆腐の, 貴下です, 賭け試合の, 足軽部屋から, 転訛である, 辞退します, 近年まで, 追善心に, 通の, 遅くはじまつた, 違うこと, 遠足に, 都合が, 重三郎という, 金春の, 鉄砲に, 鎖から, 門弟一人を, 間もなく女流作家, 防衛局の, 陽も, 障子の, 難なく納まった, 雷は, 青銀色に, 面白く辷った, 頬に, 顔色を, 飛んだ罪作り, 首垂れた, 駕籠の, 高地の, 鰹節小刀を, 黒褐色を

▼ 方~ (9772, 7.6%)

62 ことは 56 ことを 42 ように 33 ために, ような 27 手で 23 人が, 手を, 空を 21 手に 20 ことも, 空に 17 事を, 壁に, 方が 16 人は, 眼を, 話は 15 お名前, 男は 14 上に, 中に, 側に, 様子を 13 ことで, 前で, 女の, 男が, 空が, 端を, 者は, 話を 12 やうに, 事は, 窓を 11 ほうが, 名を, 者が 10 ところへ, 仕事は, 壁には, 山の, 言葉を, 足を 9 お心, ことが, 前に, 女が, 子は, 家に, 所へ, 空は, 道を

8 [12件] ことだ, 味方を, 壁の, 女中が, 本当の, 物質は, 目を, 眼が, 肩を, 話が, 路を, 身に

7 [15件] お話を, ことです, ものは, 中で, 中には, 人々は, 仕事も, 仕事を, 子が, 左の, 心配は, 椅子に, 空の, 部屋に, 部屋を

6 [29件] うちに, おかげで, お耳, お部屋, ことに, ものが, ようです, 中の, 事, 人の, 人達は, 仕事に, 側の, 入口から, 兵が, 前へ, 噂を, 声が, 始末を, 山を, 御相談, 手が, 方で, 方は, 眼に, 窓から, 者に, 者を, 足が

5 [43件] うちには, お声, お望み, お邸, お顔, すること, なかに, もので, ものに, やうな, 一人が, 下に, 人に, 光り輝く雲の上, 力が, 国の, 女は, 子供は, 室へ, 家の, 山に, 山へ, 席に, 役人は, 御参考, 御意見, 手の, 森の, 武士が, 海を, 用事が, 田の, 空には, 窓には, 窓の, 者で, 胸に, 調べは, 部屋で, 部屋へ, 雨戸を, 面々は, 顔が

4 [84件] あること, お仕事, お友達, お名, お手, お言葉, お調べ, こと, ことでした, ないこと, は, ようでした, 一枚を, 三人が, 事だ, 事も, 人である, 人達の, 仕事が, 仕事師という, 側で, 側を, 兵は, 内輪の, 出て, 包みを, 原因を, 口から, 名が, 名は, 名前は, 問題は, 噂は, 国へ, 壁を, 女に, 娘が, 娘は, 家を, 将が, 将士は, 小窓, 岸に, 庭に, 弟が, 後を, 御用を, 心配が, 或る, 扉が, 手から, 方を, 旅人は, 机に, 様に, 消息は, 町の, 相手を, 眼の, 研究を, 私の, 窓は, 端に, 者へ, 耳が, 耳に, 草の, 街道を, 襖を, 資人が, 軍勢は, 道へ, 部に, 部屋の, 部屋は, 都合が, 都合で, 野原で, 間に, 隅に, 障子を, 面倒を, 顔は, 首を

3 [168件] うわさが, おいでを, おそば, お住居, お力で, お勤め, お命, お噂, お屋敷, お書き, お稽古, お話は, ことでありました, ことであります, そばへ, と同じ, ほうへ, ものを, ベンチに, 一と, 一人で, 上で, 上の, 不安は, 丘の, 中から, 中では, 中にも, 事が, 事に, 二階の, 人々の, 人も, 人を, 人間な, 人間の, 仕事の, 例を, 侍が, 侍は, 側から, 側へ, 光を, 写真を, 前では, 勉強を, 勝手だ, 半透明, 問題に, 国から, 埒が, 塀の, 声は, 外には, 女の子は, 女中で, 奴が, 奴に, 奴は, 妻と, 姿が, 娘で, 子の, 子供が, 子供らが, 宿に, 寐台に, 寺の, 専門の, 少年は, 山々の, 山から, 岸は, 川は, 工場に, 幕を, 建物の, 弾丸は, 役人も, 役目を, 御姫様, 御様子, 御機嫌, 御物忌, 御都合, 御隠居, 心の, 心は, 態度は, 成績は, 戸が, 戸を, 所置を, 手には, 手も, 手前も, 手続きを, 手配を, 敗退に, 方の, 方へ, 暗いところ, 木立の, 板塀に, 林の, 柱に, 柱には, 栗の, 案内に, 桟敷に, 様子で, 様子は, 様子も, 歌なれ, 歌は, 歌を, 死傷は, 気の, 田は, 田舎へ, 男, 男の, 目は, 相談で, 相違が, 眼には, 眼は, 石を, 神が, 神の, 端が, 縁側から, 縁側に, 美しさ, 者と, 腕を, 腰掛に, 親類の, 親類を, 角を, 言葉で, 話だ, 話で, 話も, 諸将, 谷間の, 跋を, 車に, 車は, 連中は, 道へと, 都合も, 門から, 闇の, 闇を, 防寨の, 障子が, 雑貨店の, 雪の, 雲が, 青年は, 音は, 頬を, 頭が, 顔も, 顔を, 風が, 首尾は

2 [694件 抜粋] あざやかな, あとを, あるところ, あるの, ある大きな, いらっしゃる前, うごきも, うちにでも, うちにも, うわさで, おかた, おため, おっしゃる通り, おもて, お亡くなり, お供を, お傍, お前の, お友だち, お召し, お味方, お妹さん, お家へ, お役人, お慰, お気に, お気持, お目, お祭も, お考え, お話の, お話相手に, お車, お酌, お酒, が妹山, が背山, ことであった, ことでしょう, ことなんか, こんもりした, こんもりと, すか, ためには, ためにも, だよ, つもりで, であった, では, どこかの, なかった, なさるが, なさること, ふる川, ふる川岸, ほうの, みえるまで, めぼしいところ, ものである, ものと, ものの, やうである, やり方を, ようで, ようでございます, ゐなか, を選ん, を開いた, アンナが, スリッパが, テーブルへ, トリック, ベッドに, ベンチで, ラジオの, 一つの, 一人である, 一人の, 一将が, 一眼が, 一章を, 一端を, 一言によって, 一軍が, 一間が, 一隊は, 一面を, 三弊事を, 三時まで, 上にも, 上へ, 上り段の, 世界の, 世話も, 世話を, 中央に, 中学生は, 丸窓は, 主役は, 主権を, 主筆の, 乳房を, 事だけ, 事で, 事です, 事件で, 事情は, 事情を, 二つの, 二人は, 人々が, 人々も, 人から, 人たちの, 人だ, 人であります, 人です, 人数が, 人間で, 人間に, 仕事場の, 仕事師は, 仕事師ばかり, 仙太郎は, 代りに, 仰っしゃる, 仲間の, 伎倆は, 住んで, 作品に, 作品の, 借家人は, 借財が, 側からは, 側が, 側だ, 側には, 側は, 僧侶が, 僧侶は, 元園町方面, 先鋒は, 児が, 児は, 入口には, 公達か, 兵に, 内に, 内輪事に, 冷えを, 分も, 刑事が, 別の, 前だ, 前でございます, 前にでも, 前途の, 力は, 力を, 勝に, 勝利に, 勝手から, 勢力を, 化粧部屋は, 半分を, 半面を, 卓に, 原稿料は, 友人, 叢の, 口かな, 口の, 口より, 句には, 可笑しさ, 右の, 合戦は, 吹くの, 命の, 命は, 哨兵が, 問題の, 囚徒が, 四五人などは, 四五人は, 四時に, 四畳半の, 団体が, 国では, 国には, 土地は, 土藏の, 地平線が, 坂から, 坂道を, 堤の, 場合は, 壁から, 変化を, 夏の, 大勢を, 大将は, 大将らしい, 大軍を, 大部分, 天井の, 天神様へ, 奥さんが, 女房は, 奴らは, 如きは, 妹山にも, 妾に対する, 姿は, 娘, 娘である, 婆さんばかしとは, 子を, 子供に, 子供の, 存在を, 学校の, 孫だ, 実感の, 客と, 客は, 室を, 家で, 家庭の, 寄合で, 寒さ, 専門的な, 将だった, 将は, 小山の, 小路へ, 少し先, 少し冷え, 屋根が, 山は, 山手に, 岸が, 岸へ, 岸辺に, 川の, 巡禮, 左手を, 年頃では, 幸福の, 床几に, 底に, 店を, 庭から, 庭の, 弟までが, 弱い性格, 当番長, 影へ, 役, 役人が, 後援を, 御不幸, 御前へ, 御好意, 御専用, 御指導, 御接待, 御歌とか, 御活動, 御相手踊りに, 御祝儀, 御耳, 御覧に, 御親切, 御言葉, 御誕生, 御迷惑, 御邸, 心を, 心境にも, 忍びの, 志は, 志士たちと, 性格の, 性質だ, 恋しきに, 悔を, 悪僧が, 意味が, 意見も, 感じを, 慈悲心に, 憂いは, 所に, 扉と, 扉を, 手へ, 手傳を, 手前寄進者方の, 手前若旦那を, 手拭を, 手許に, 手首に, 押入を, 捜索に, 教示を, 文を, 新しい建築, 方に, 方法が, 旅人が, 旦那様も, 明るさ, 星の, 時も, 時期には, 暗い棚, 暗い眼, 書院の, 望み通り車に, 木の, 本に, 本沢山, 材料に, 村に, 村へ, 条件は, 東隣である, 枝を, 柄杓が, 某国で, 柳の, 桃は, 桟橋の, 森が, 椅子から, 横顔を, 次には, 次の, 武士に, 武士は, 武将の, 死者は, 気持が, 気配を, 水は, 水軍の, 浪人を, 海に, 海にばかり, 海草が, 渚を, 火山が, 点で, 為事は, 父母に, 片膝, 狩猟は, 狹い, 生徒は, 用事を, 用談を, 田川に, 男で, 男も, 番に, 白い横顔, 百姓は, 監視を, 目に, 盲目の, 直接要求条項を, 相異, 相違だ, 看護婦も, 眼だけで, 眼で, 着物の, 知己の, 確かな, 社殿の, 神は, 秘密を, 空では, 空気が, 窓に, 立場も, 端は, 笊森に, 箱の, 紐を, 紛紜に, 紳士が, 紹介で, 組よ, 経済は, 絵が, 絵は, 総兵力, 練習を, 縁の, 美しい凜, 翅を, 考えて, 者どもは, 者も, 胸には, 脚は, 腰へ, 興味を, 船は, 船頭は, 荷物を, 葉の, 薄明り, 薄暗い処, 藩士が, 蟻は, 衣服と, 襖が, 親は, 親戚の, 計らいで, 計算を, 記憶は, 許可を, 詠嘆に, 話である, 話でござん, 話な, 話の, 話まで, 誰かの, 誰の, 調査が, 諸国は, 諸城, 諺な, 謀将, 警戒を, 負けに, 責任で, 贋鼎を, 趣味が, 足の, 路から, 身の, 身の上を, 車掌が, 軍使は, 返事は, 逆上を, 通りを, 連中には, 連中の, 道には, 道の, 道中師が, 郎党衆一条小川より, 部分が, 部分に, 部将の, 部将は, 都合に, 都合は, 酒を, 量が, 金の, 鋤簾を, 鋭さ, 鍵の, 間では, 間者が, 関係が, 防寨で, 防寨と, 陣へ, 陣営が, 陣地から, 隅は, 隅を, 集団疎開地の, 雑誌の, 雨煙濛, 青年, 青年が, 面だ, 面を, 順序を, 頭の, 頭は, 顔の, 類は, 馭者は, 騒ぎが, 高みの, 魂が, 魂を, 黄いろみ掛かった, 黒い松山

1 [6072件 抜粋] あかね色が, あなたは, ある一人, ある静か, いよ, いろんなお話し, うちで, うまさ, おけいこ, おひと, お仲間, お力に, お妹さま, お客が, お差圖, お手際, お母さまに, お湯屋, お神さん, お苦しみ, お話などを, お金も, お骨折り, が, きわめて細い, ことしか, ことなら, ことをも, この煙突, ご命令, ご講演, さわぎも, しめくくりというか, すばらしさ緋鯉の, せいだ, その資金, たたかいを, だと, ついたという, つまり最初, ですもの, ところまでは, どんな命知らず, ない狂う, なるほどすぐ, はなはだしいこの, ひとの, へたな, まだ赤い, もう一ヶ月, ものであります, やうで御座います, ゆの, をあご, を拝借, を買っ, インスピレーションが, カズ子は, コツの, ザンギバール人の, ソファーに, テーブルの, ニュアンスが, パスも, ヘビーも, ポスターを, ランプを, 一七四〇年のは, 一匹の, 一字一字に, 一将松田九郎兵衛の, 一時間ばかりの, 一童話, 一部で, 七島でも, 三時で, 三部と, 上手ばかりじゃ, 下宿屋を, 不動産の, 不確実, 不適当, 世話が, 中どちらで, 丸帯を, 主観では, 乳人にて, 予想を, 事には, 事情から, 二人とも, 二本が, 云ふ, 井戸から, 京都を, 人たちも, 人などが, 人数から, 人気に, 人聲が, 人里へ, 今一例を, 仕切りに, 仙太郎さんくらいに, 仰ゃる通, 任務が, 伝へに, 位置が, 住居であった, 何所へ, 作戦は, 使者からも, 例の, 依頼人は, 保護区で, 俺たちまで, 側では, 傷負い, 僧は, 元槧本, 先手へ, 先触れに, 免状も, 入る所, 兩端へ, 公案の, 兵力は, 兵馬を, 内裏で, 再考を, 凱歌と, 出方であった, 分とソックリ, 判断という, 前です, 剛気な, 加賀一円の, 勇士多く, 動静, 勝手で入れた, 勤める, 医院の, 半ぺら, 博士が, 危険を, 厩舎へ, 双肩にか, 叔父の, 口なら, 只今の, 右翼とが, 同じ型, 名でありました, 名目人で, 君子, 呪言に, 命令で, 唐代の, 問題だ, 噂なぞに, 四の, 囲炉裏ばた, 土, 土産を, 地温が, 型の, 基礎として, 塀越しに, 墓が, 壁は, 士半田半兵衛は, 変ったため, 夕陽を, 多數決主義, 大きな山脈, 大勢力, 大将たちが, 大将黒坂備中守前波新, 大月玄蕃その, 大群でした, 天庭に, 夫は, 奥さんは, 奪いあい, 女中は, 女生徒, 好さ, 如くこれぞ, 妹たちは, 姉でも, 姿を, 娘を, 子だ, 子供さんが, 子供等は, 存在をも, 学者だって, 學校で, 安否を, 実家の, 実験室は, 室に, 家でした, 家事家風を, 家来屋代某の, 宿直部屋飯炊場も, 寒巌と, 寺では, 専門に, 将を, 尊厳を, 小さい開業医, 小學校, 小林勘蔵の, 小説に, 少ない片すみ, 居らるる立派, 屋敷を, 山の口へ, 山県蔦之, 岩国の, 島々には, 嵐に, 巡礼は, 左手で, 差出人は, 希望をも, 帳場格子の, 幕下の, 年増加を, 幻術が, 底へ, 座席であっ, 庭燎の, 廻し者が, 引出しは, 弱点と, 当惑を, 影が, 役人と, 役者が, 往生される, 後宮に, 從わ, 御健康, 御厄介者, 御嫁, 御工合, 御思惑, 御文, 御用が, 御研究, 御論, 御酒の, 復讐心とが, 心得も, 心理状態それに, 忘却であった, 思い切って, 急襲は, 恋歌は, 悪いの, 悲鳴, 惱まし, 意気と, 意識下の, 感度で, 憎悪は, 或數字, 戦死将校の, 所属である, 手な, 手加減が, 手紙には, 手触りを, 打擲に, 抒情調に, 拡がった葉鉄, 指図に, 捕虜が, 探す物, 提灯が, 擽ったさ, 故郷で, 教へ, 整理を, 文句等は, 文法は, 斥候に, 新聞記事は, 方針が, 旅館に, 旗色が, 旦那様が, 明るい大まか, 時事的機能に, 暑さ, 暴挙が, 書附を, 會場と, 有るの, 望みである, 木戸へ, 本來, 本流から, 村道へ, 東山三十六峯, 松田太郎左衛門の, 枝と, 栗拾い, 格子戸も, 棚へ, 検査も, 様々な, 権を, 橋を, 欲しいもの, 正確な, 武士との, 武族湯浅定仏が, 歳出入物資の, 死骸は, 母に, 気に入られる男, 気持の, 水と, 水牛は, 決めて, 泊って, 波長の, 津幡鳥越に, 浅瀬から, 浴槽において, 消息を, 深かりし, 温泉場で, 満身の, 漕手答へて, 澗に, 灯も, 烈しさ, 無鉄砲に, 爲さいました, 片づけかた, 片隅に, 物質だ, 特異性による, 犯人の, 猛者と, 玉垣の, 理屈は, 生まれは, 生活は, 甥御, 用心棒で, 田沼玄蕃頭に, 甲板の, 男の子は, 画だ, 番士たちは, 疑問は, 病気などが, 発句の, 白人為事が, 盗人だ, 目的で, 相當, 眞の, 眠りを, 眼尻へだけ, 矢かぜを, 知友も, 砂や, 硝子戸を, 祖母の, 神千引の, 秀才が, 種な, 穴から, 空地に, 窓ぎわに, 立ち氷の, 端睨すべから, 筆蹟と, 管長なら, 簾は, 精細な, 納戸へ, 素性も, 細格子と, 組織的な, 結末を, 綱の, 総退却, 縁故であろう, 繪を, 美即ち, 義眼を, 翼の, 考えても, 者たちの, 者の, 耳には, 職蟻の, 胆吹山の, 胸悪, 腕の, 腹立ちは, 自分に, 自由意志を, 舷から, 良兼一族, 芸が, 若い兄さん, 苦心は, 茶漬けは, 荷も, 落度に, 蕨の, 藤棚の, 號で, 衆へ, 術組紐の, 表現を, 裏で, 裸を, 襟足の, 覆を, 見所からは, 親が, 親戚に, 親類へ, 解答を, 言う事, 計らひで, 記念の, 訴訟は, 詞章が, 話じゃ, 語である, 説明は, 調理場では, 諜者は, 諸大将, 講座を, 議論も, 谿と, 負傷者たちは, 責任者である, 賞牌つき七面鳥じゃ, 贔屓を, 趣である, 足軽に, 踏石から, 身分にな, 軍兵に, 軒端より, 農家の, 迷惑も, 通念だった, 逢坂だ, 進軍の, 運搬事情は, 道場に, 違って, 選者に, 部である, 部長という, 配当保証は, 重役に, 金兵衛さんは, 鈍い鉛色, 銅像に対する, 鐘は, 長衣, 間の, 間違ひ, 閣議の, 陣である, 陣所へ, 隅へでも, 障子の, 隣へ, 雜誌の, 雪が, 霊を, 面々も, 鞭の, 領分です, 頸は, 願いでも, 飛耳張目に, 養女と, 香にて, 馭者を, 骨の, 高名を, 魚津城を, 鳥鍋は, 黒い影

▼ 方~ (8517, 6.7%)

118 はない 86 あつた 61 はなかっ 5747 もまた 42 はそれ 36 はその 35 はなく 34 何か 32 はありません 30 はこの 29 もその 25 せう 24 もそれ 22 はそんな, も 21 はまた, もこの, も私 20 はある, は何, は私 19 はまだ 18 はこれ, はなかつた 17 もお 16 私の 15 もない 14 は自分, 人の 13 あつて, はございません, はもう, もそう, ももう, も自分 12 ござります, 見て, 誰かが 11 あらう, それを, はあの, もこれ, も何, も少し, 急に, 誰か

9 [14件] それは, ね, は今, は別に, は彼, も大, も娘, 勝手に, 犬の, 聞いて, 聞えた, 自分の, 自分を, 顔を

8 は一向, は御, もいろいろ, もよく, も別に, も彼, 女の

7 [16件] はいつも, はお, はそう, はそういう, はただ, はどう, は又, は少し, は彼女, は誰, も今, も決して, 働いて, 私は, 見ると, 返事を

6 [22件] いらつし, それに, はこんな, はよく, は全然, は相手, は非常, もあの, もある, もそんな, もやはり, も僕, も御, も手, も気, も男, やって, 二人の, 彼の, 彼は, 私を, 音が

5 [33件] あらうと, かすかに, それが, はさ, はしきりに, はどうも, は人間, は他, は僕, は前, は勿論, は君, は大, は無, は相当, は金, まともに, もなかっ, も同じ, も女, も御用, も心配, 口を, 気が, 泳いで, 物音が, 私が, 私も, 考へて, 言って, 話を, 非常に, 黙って

4 [49件] これまで, ござりました, はあまり, はありますまい, はかすか, はすっかり, はすでに, はちょうど, はどうしても, はまるで, はむしろ, はもっと, は何とも, は全く, は御座いません, は気, は無い, は直ぐ, は随分, は頻りに, もあなた, もいつ, もお前, もこんな, もすっかり, もなし, も他, も何だか, も最初, も随分, ベルが, 不意に, 云ふ, 人声が, 先に, 啼いて, 声が, 変な, 大きな声, 大抵は, 太鼓の, 子供の, 少しも, 気に, 相手に, 硝子の, 立派な, 聞こえた, 誰かと

3 [105件] あらうが, いえば, いつまでも, お茶を, こちらの, これを, さ, さあ, する, その中, その人, その方, その日, そんなこと, たいていは, ついて, はうまく, はお前, はございます, はござりませぬ, はちゃんと, はとうから, はとても, はとにかく, はねえ, は一切, は一度, は人, は勝手, は困る, は壁, は女, は妙, は娘, は家, は急, は日本, は早く, は朝, は未だ, は次, は此, は波, は無論, は確か, は空, は答えた, は結構, は酒, もあれ, もうっかり, もこう, もずいぶん, もそのまま, もだんだん, もちゃんと, もって, もつい, もなるべく, もなんだか, もひどく, もまあ, も一時, も余り, も余程, も又, も同じく, も安心, も心, も是非, も深く, も相手, も腹, も負け, ドーンと, 今の, 動いて, 叫んだ, 呼ぶ声, 呼んで, 変に, 小さくなっ, 彼女の, 待って, 思つた, 新らしい, 気を, 汽船の, 犬が, 目を, 知って, 節子を, 聞えて, 自分が, 表現する, 調べて, 賑やかな, 起った, 起って, 逃げて, 雷が, 頭を, 飯を, 鳴いて, 鳴って

2 [470件] あつしは, あつたの, あつたらう, あなたの, あの女, いうと, いま作業から, いろいろに, お世話に, お前さんを, お庄, お政, お考, からからと, がす, ぐうぐうと蛙とも, こちらへ, こっちが, この女, この方, この頃私, これに, これは, こんな声, さう, さらさらさらさら音, しかも野蛮, してね, しよう, じろじろ眺め, すれば, せうね, そこに, そこの, そのうち, その村, そんな風, だんだんに, ちよつと, とてもこの, どうにかし, どうにでも, どこにも, どなたか, どーん, はあきらめ, はあった, はあなた様, はありませんでした, はあれ, はいい, はいっ, はいつ, はいま自棄, はいよ, はお母さんたち, はお金, はかなり, はけたたましく, はこう, はここ, はこっち, はございますまい, はさっき, はすぐ, はそれ程, はそろそろ, はた, はだめ, はだんだん, はちつ, はちと, はちやん, はちょっと, はとかく, はとんと, はど, はどういう, はどこ, はどんな, はないでしょう, はなお, はなるべく, はなん, はもうちゃんと, はもと, はもとより, はわたし, はクリストフ, はゴム靴, はテッキリそれ, は一慶さま一, は下女, は不思議, は仇討, は代, は何だか, は何事, は何処, は何年, は信吾, は兄, は先, は六朝, は初め, は別段, は前々, は十種, は却って, は同じ, は呆れ, は夢, は大変, は大抵, は大騒ぎ, は太閤, は好い, は好き, は如何なる, は如才, は嫁, は孔子, は学徒, は学徒たち, は学校, は安心, は実に, は小鳥, は山内, は平次, は当り前, は後, は心, は房一, は挿絵, は敵, は既に, は日, は明らか, は是, は最上, は最初, は東京, は核, は気がつい, は水, は決して, は父, は申す, は癇, は皆, は皮肉, は目, は相, は眼, は知っ, は知りません, は第, は約束, は絶世, は胸, は自分ら, は舞, は英語, は蕃山, は見, は見た, は言っ, は誠実, は赤い, は越後, は農夫, は近所, は鑿, は長, は音, は駄目, は髪, は鼠, ひとりで, びっくりした, へらへらした, へエ, へツ, ほうほうッ, ほしいと, ほとんどその, ぼんやりし, むくむくと, もあるまい, もい, もいくら, もいくらか, もう聞き飽きた, もかなり, もきっと, もこ, もこちら, もこんなに, もさすが, もそういう, もだいぶ, もちょうど, もできるだけ, もとかく, もとっくに, もどんな, もはなはだ, もはやフランス語, もまだ, もまるで, もみんな, もやっぱり, もよい, もわあ, もわたし, もクリストフ, もチャン, も一寸, も予め, も二人, も井伏鱒二, も亦, も伊達, も例えば, も信用, も催促, も兄, も充分, も先生, も其時, も初め, も努め, も口, も大騒ぎ, も天下, も夫, も妻, も嫉妬, も子供, も少々, も少から, も己, も幾分, も弁解, も強い, も彼ら, も後, も必ず, も意思, も我が, も手前, も承知, も押し返し, も授業, も早く, も時々, も根, も正月, も油断, も無, も無論, も父, も狂言, も甚だ, も目, も知らず, も秘密, も笑, も言, も話, も誰, も身, も車, も近頃, も遠慮, も門野, も非常, も顔, も飛び, も餘, やられたん, わかる, わざと延ばした, わたしは, ゐら, カタンと, ヒヤリと, ヤ玉菜だの, 一と, 一声高く, 一生懸命に, 一般に, 下駄の, 不思議に, 中には, 之に, 人々の, 人が, 人を, 人聲が, 今に記憶, 今も, 今年は, 今度は, 今日の, 他の, 以て, 何かが, 何かの, 何の, 何も, 何を, 何故か年, 余所, 余興か, 使って, 例の, 保証人に, 信じて, 働らい, 僕の, 光った, 凄じく, 出して, 出て, 出来たイカサマ物, 出来て, 分けて, 判断する, 別の, 十四五人の, 半蔵が, 半鐘が, 参って, 同じよう, 名物焼蛤の, 君が, 君に, 唸って, 四五人の, 夜の, 夢中だつた, 夢中に, 大ぜ, 大勢の, 大声が, 大阪の, 女中が, 女学校を, 妙に, 婆さんと, 婆さんの, 学生の, 家の, 寝て, 対等以上の, 少しは, 岸本を, 工場を, 工面し, 左官に, 市内に, 帯を, 康太郎は, 引取る, 彼を, 彼女は, 彼女を, 御目, 御都合, 微な, 怒声, 思うこと, 思ったよう, 思って, 怨んで, 意外に, 我々の, 手に, 手を, 承知しない, 新たに, 早くも, 明さ, 時ならぬ, 晩学では, 普通に, 月給を, 森さんが, 母の, 氏が, 気がついて, 氣が, 氣の, 水の, 泣喚く, 泣声が, 渓が, 滅多な, 火を, 無理に, 狼どもが, 獣の, 生活を, 申しますと, 申せば, 男の, 町の, 町内でも, 白眼が, 相手の, 眼を, 私たちの, 私と, 空の, 突然抜打ち, 竜之, 節子と, 米友を, 結んで, 耳が, 聞いた, 背を, 背恰好の, 能く, 自分は, 自分勝手に, 舟の, 色の, 色白で, 行けば, 見えない天の川, 言うこと, 言うと, 言おうと, 言った, 言は, 言ふと, 誘ひに, 誰が, 誰やら, 貝の, 責任を, 貯蓄らしい, 身体も, 身体を, 身體も, 返事が, 述べた人口, 送った, 遊んで, 遠慮も, 都合が, 鈴の, 鈴を, 鉄砲の, 雲吉が, 静かに, 飲むの, 馬が, 馬の, 馬鹿に, 驚いて, 高慢の, 高瀬の, 鳥の, 鳴く鶏, 鳴る風の音, 鶏の

1 [5319件 抜粋] ああ済まぬ, あつたさうです, あの住所, あまり吐かない, あらせらりょう, ある黒い, いうかも, いくらか森, いつた, いつも黒い, いや実は, いらッ, うっかりした, うるさく絡, おさしつかえ, おまけに, お仕合せ, お取り, お客や, お産を, お繁さん, お金が, かなりあばれ, がたがた震え, きこえるマンドリン, くるっと, こいつなにか, ここまで, こちらを, この世を, この家, この組合, こよい, こんな風, ごとんと, さういふ, さえ飽き足らぬ, さんざん着た, しかも十分それ, しばらく前, すくむやう, すでにかの, するという, する海, せう私, そう感じない, そのきれい, その岩倉, その為, その述懷, それぞれ敷居を, それへ, そんな事, ただその, たまらなくなった, ちょうど子, つい持ち切れず, でも, ときに, どうか工夫, どうにかしてやっ, どっちとも, なおその, なかなか諦めないらしく, なにか持っ, なんとかします, ねひ, はあたい, はあるまい, はいやがっ, はおどろいた, はお盆, はきゃ, はこの方たち, はさぞうんざり, はすき見, はそれぞれ持場, はたらいて, はとうに, はなかったろう, はにぎわしい, はへん, はまるい, はやはり何だか, はわけ, はガッカリシタ, はゴメ, はタイプライター, はヒソ, はマリー, はワーツワーツ, は一年, は一通り, は上座, は不愉快, は中段, は事務, は云, は今度, は伏字, は何とか, は例えば, は先ず, は公然, は再会, は分岐, は助け, は千二, は即刻MISS, は口ぐち, は叮重, は周知, は問わない, は困った, は埼玉県, は多分, は大衆老少すべて七千余人, は太子, は妬け, は學藝會, は密教, は小母, は差, は幕府, は庖丁, は待て, は思い出す, は悪, は憎悪, は手代, は掛引, は文法がらめ, は日本一, は暑, は未だ色々, は東洋文化, は極めて, は正面, は殺人, は気づい, は汽車, は深い, は火星人, は片山, は獅子, は用, は病気, は盛, は石炭, は神聖, は立原杏所, は細い, は縮れ毛, は胡麻化, は舞踏会, は葡萄酒, は表向き彼, は要る, は訴え, は警察, は身, は迷信, は達治さん, は金包, は間もなく, は雨, は革命, は餅, は驚い, ばあやさんが, ひとりは, ふくれて, ほかの, まことに之, また例, まだからかっ, みつめられるよう, むずかしい予言者, もいじけ, もいとしき, もう三十一, もおそらく, もきつ, もさ, もしばらく, もすこし, もそん, もついに, もどうにか, もなんとか, もほんよう喧嘩, ももとより, もわしら, もドストイェフスキイ, もマリユス, も一切他, も万歳, も与八, も云う, も仲平, も作る, も全く, も出色, も勘違い, も半ば余, も反対者, も各, も唯一, も地曳網, も大した, も妾, も実際, も専ら, も山田, も廃止, も彼等, も念, も恐らく, も懷徳堂, も打ち明け, も推薦, も新米, も早くから, も暦, も李一, も案外, も歌右衛門, も気味が悪く, も浅い, も牙, も甥, も百貨店, も眺め, も破れた, も種々, も素人, も絶えず, も背なか, も興味, も行方, も親類, も調べた, も贋病人, も道庵先生, も金工部, も隨分, も驚いたらしく, やがて美智子, やられてるツ, やんやという, よきよう, よく耳, わあと喜び, わたしを, オ, カリヤスという, ガラマサどんの, コソコソと, サクラ子の, セリフの, チヤリンといふ, ドイツへ, ハッパが, パンという, ピヨイピヨイと, ボンソア, ヤイヤイ云っ, ワッワッと, 一休みした, 一度今村さん, 一時は, 一生膝も, 一貫し, 三分の一は, 三沢を, 下々の, 不満かも, 世間の, 中段を, 主水, 事件の, 二三の, 二度と彼女, 云いたいくらい, 云おうか, 井戸沢の, 人に, 人間の, 今日お, 仕事を, 休んで, 何が, 何とかなり, 何やら足音, 何時もボート, 作られて, 俄かに, 俺も, 僅かに, 優秀な, 充分働き, 先頭に, 全力を, 其の人, 内儀の, 凜, 出来た, 分って, 別に弁解, 前以, 勝手が, 医者の, 升田と, 厭がっ, 反問した, 取り扱って, 受ける方, 叩くやう, 吉さんが, 君にでも, 吾輩を, 呼びかけた, 和泉流だけが, 唯天文方, 喧しく云う, 因縁が, 地球人を, 堪らなく苛立って, 夕方の, 夜も, 大きなあくび, 大事な, 大勢人が, 大店, 大阪機械労働組合の, 夫婦を, 女の子に, 好いよう, 姉は, 娘殺し事件が, 嬉しいの, 宗太らを, 客を, 寝ること, 寸毫の, 小さい唄声, 小次郎の, 少しでも, 尼の, 屋根の, 山道を, 左という, 市へは, 帽子を, 幾桶かの, 建てたそこ, 引受けた, 強ひ, 彼らを, 待ちぼけ, 後を, 御免下さい, 御指南, 徹底的に, 必要と, 怒って, 思考の, 恐縮する, 悪人の, 愉快に, 感じて, 或は言葉, 手広く唐物, 払ふ, 折れ込んだやう, 拒絶した, 持て余して, 振り返って, 掴まへ, 撃ち出した大砲, 支那から, 散々いろいろな, 断り切れずとか, 新蔵の, 日頃私が, 明かに, 是非つて望まれただ, 時折漁師の, 暴れて, 書斎から, 有がたう, 望んだわけ, 本物の, 来るだろうと, 果たしてそれ, 根気好く, 植えられっか, 横臥し, 歌われないと, 此方ぢや, 歩き方, 殆ん, 毎年の, 気の毒に, 水底を, 決して人間, 河内山が, 洗うという, 浮気の, 深夜に, 渦を, 演芸画報を, 火の番の, 無数の, 照常様の, 牢獄を, 独身時代には, 珍重がられ, 琵琶を, 生れ次郎, 甲斐甲斐しく弁当, 男子の, 異様な, 白い蒸気, 目鼻立ちの, 相模灣で, 眼と, 知りました, 確り抑え, 神楽囃子が, 私たちは, 移動する, 突然に, 立ち上り自分, 立礼し, 笛の, 節子から, 約束した, 紫色の, 結構な, 罵り噪ぐ声, 老人が, 而も, 聞えた勇士, 聞きたいと, 聞こえるよう, 育った方, 腕の, 自動車の, 舞台を, 花が, 苦痛の, 荒物渡世を, 落着きが, 蕪村の, 蛙共が, 行くから, 袢天を, 見えなくな, 見るとは, 見聞した, 解雇しない, 計られねば, 証明された, 誰かの, 談判ありたい, 變な, 負担し, 賄いから, 走って, 跫音の, 身投げを, 軽快荒れてる, 述べそして, 送って, 途中で, 進ちゃんの, 過去の, 遠慮し, 避けて, 酒に, 重いの, 鉤か, 鍵型に, 開かれた時淺原六朗, 阪井に, 随分たらされ, 集まって, 電話の, 面白い名, 領事は, 頻りに乘, 顔立は, 食べ慣れた鹽, 首の, 驚いた, 鬨の声が, 鳴り渡って, 鶯の, 黙ってるから

▼ 方から~ (5997, 4.7%)

94 出て 37 聞こえて 35 来て 32 先に, 吹いて 27 して, 流れて, 聞えて 25 帰って 24 一人の, 何か, 入って 23 見れば, 進んで 22 声を 21 口を 19 見て 17 云えば 16 飛んで 14 いうと, 廻って 13 手を, 歩いて, 見ると, 言えば 12 それを, 云って, 来た 11 いえば, 人の, 來た, 登って, 走って, 通って 10 やつて, 上って, 云へば 9 すれば, 眼を, 近づいて, 響いて 8 云うと, 出かけて, 彼の, 来たの, 自分の, 降りて 7 云った, 此方へ, 言へば, 誰か, 逆に, 遊びに

6 [21件] あなたの, である, やって来た, 一つの, 二人の, 人が, 來る, 女の, 彼を, 戻って, 来るの, 渡って, 火を, 申しますと, 私の, 積極的に, 聞えた, 見ようが, 言ふと, 話を, 静かに

5 [35件] いふと, いへば, ここへ, そつと, だん, やって来て, チャセゴに, 一台の, 何も, 來て, 催促する, 僕の, 入つて, 出して, 四五人の, 声が, 子供の, 山に, 幽かに, 急に, 来たん, 男の, 私に, 行くと, 話が, 誘いを, 足音が, 身を, 運んで, 雲が, 電話を, 頼んで, 顔を, 風が, 駈けて

4 [37件] あの聞きなれた, おいでに, お持ち, そこへ, はいって, 一本の, 一疋の, 一隊の, 下りて, 人声が, 何かの, 先手を, 出掛けて, 前の, 参りました, 大きな声, 大勢の, 姿を, 尋ねて, 廻して, 引返して, 折れて, 消えて, 考えれば, 聲を, 覗いて, 言うと, 言って, 言葉を, 話しかけて, 誰かが, 買って, 起って, 這入って, 順々に, 頭を, 駆けて

3 [91件] あやまって, お邪魔, かけて, きこえて, きめて, こちらへ, これを, さっと風, すうっと, だんだんと, ふらふらと, やって, やってきて, やって来る, ガラツ八の, バラバラと, 一羽の, 一艘の, 下って, 下駄の, 云は, 他の, 何者かが, 先へ, 先生の, 八五郎の, 冷, 出るの, 出発し, 勢よく, 半蔵を, 喧嘩を, 坂を, 大きな桃, 好んで, 始めて, 娘らしい, 御覧に, 急いで, 手出しを, 押しかけて, 持って, 数人の, 暇を, 来たと, 来たよう, 来た人, 来ると, 東京へ, 椅子を, 橋の, 機械の, 此の, 涼しい風, 溯って, 無理に, 珍らしく, 現われて, 眺めて, 着いた, 私と, 移って, 種々の, 考えても, 考へて, 聞えるの, 聞え出したと, 膳を, 自然に, 若い女, 落ちて, 行けば, 行って, 襲って, 見えた, 見えて, 見ても, 見やう, 言い出して, 診察を, 話しかけた, 起りました, 足を, 送って, 送られて, 逃げて, 遡って, 頭の, 頼まれて, 養子に, 鬨の声が

2 [346件] あが, あの梟, あやまりますと, いい出した, おりて, おろすと, お前さんに, お前の, お宅, お柳, お礼に, お迎えに, お金を, お電話, お願いし, お願いする, かかって, かすかな, がやがやと, きこえた, きた, こうしたい, ここまで, こちらの, こっちへ, こわごわそれ, しば, じりじりと, すこし風, すると, そういうこと, そこに, その事, その若い, その解き方, それが, それは, そろそろと, たずねた, たずねて, だ, だしぬけに, だと, だんだん生え, つづいて, です, でなければ, では, どっと起る, どんどん乾いた, なにか物売り, はじめは, ふらりと, べつの, ほのかに, まず声, また食物, まわって, むくむくと, やって来たが, やって来たもの, やって来たん, やって来る茶, やんで, ゆるゆると, ザラザラの, ドードードーと, パッと, ビラを, ボーッと, 一と, 一定の, 一斉に, 一輛の, 三ツに, 三人の, 三千代が, 上の, 下宿の, 不意に, 両手を, 乗って, 二三度窺った, 二人を, 云いますと, 云い出した, 云つた, 云つても, 云わせると, 五六人の, 人々の, 人を, 人間の, 今日の, 今日は, 会釈され, 低い方, 低く響い, 体の, 何かを, 何とも云え, 何の, 何やら聞えた, 使者が, 例の, 侮辱を, 俺の, 僕に, 光が, 光線が, 入つて來, 八五郎が, 内側の, 写真の, 出た, 出たの, 出ようと, 出入りの, 出向いて, 切り出した, 切り出して, 切り出すの, 切出して, 別れて, 動いて, 勝手に, 南の, 取って, 取り囲みました, 受けた挨拶, 口笛の, 同じよう, 同じ道, 向柳原, 吹き下りて, 呼びかけた, 呼ぶ, 呼んで, 問題に, 喇叭の, 回って, 多勢の, 夜中に, 太鼓の, 奔り流れ, 女に, 娘が, 嫂が, 学校へ, 室内を, 寄つて来た, 密と, 寝台へ, 射して, 尋ねかけた, 尋ねかけて, 尋ねた, 小僧が, 岸本を, 巨大な, 帰つて来た, 平次の, 年より, 廊下を, 引き返して, 彼らが, 彼女の, 彼等の, 御免を, 御文, 念の, 息せき切って, 愛想を, 戻つて, 手紙を, 打って, 打消して, 押し寄せて, 押し流されて, 押寄せて, 拭つた, 持つて, 掘って, 探りを, 提灯の, 改めて挨拶, 攻めて, 教えて, 敵を, 斜に, 断るの, 曲者が, 書いて, 朽ちて, 村の, 来たので, 来たもの, 来た電車, 来られたか, 来られたの, 来る, 林の, 枝折戸を, 枯れて, 楽隊の, 歩行い, 母が, 母の, 水を, 求めて, 汽車が, 泊まりに, 洗濯物を, 洩れて, 活溌な, 流れる水, 流れ出て, 流れ込んで, 海に, 渦巻き流れて, 湖の, 溢れて, 火の, 火の手が, 烈しく吹きつける, 熔けた銅, 猫が, 珈琲皿の, 現われた, 生あつたかい, 用が, 申しますれば, 申せば, 男を, 番茶を, 番頭の, 異様な, 真直に, 眺めながら, 眺めると, 眼の, 知恵を, 砂を, 神保町の, 秀吉の, 移し植えた, 穴の, 空車が, 窓の, 竹法螺の, 笛の, 管理人へ, 節面白く, 続いて, 縮みながら, 習つて, 考へると, 聞いて, 聞えたの, 聞えました, 聞え南, 聞くの, 能動的に, 自分に, 自転車を, 舟で, 若鮎が, 荷を, 蛙の, 行かれないん, 行く, 行こう, 行こうと, 裏へ, 見たら, 見ては, 見下すと, 親切に, 言っても, 言つた, 言ふ, 訊ねて, 訪ねて, 話しかけても, 話して, 誘いに, 読んで, 誰やら, 調べて, 警察へ, 豆を, 貰ふて下され, 賑かな, 賑やかな, 起こって, 起訴にでも, 越えて, 跣足で, 跫音が, 軽べつした, 迫つて見た, 追っかけて, 送つて來, 逃げだして, 這入つて行, 逢いに, 連立って, 遥かに, 酒の, 重い足音, 長さ曲尺, 開けられて, 降って, 隣の, 集まって, 離れて, 雪の, 電話が, 電車が, 電車と, 青い上衣, 青山へ, 非常に, 響いた, 頭が, 頭へ, 風の, 飛び込んで, 飛ぶよう, 飛込んで, 食器の, 飴売の, 首を, 馬の, 馬を, 馳け, 駈を, 騷が, 驚いたスピード, 高い鋭いそして, 魚を, 鳴って, 黒い人影, 黒い大きな, 黒い戸, 黙って

1 [3696件 抜粋] ああやっぱりそう, あとの, あらあらしく開け, ある意味, いい出したの, いう, いくらか, いっては, いやに, いろいろの, うちへ, おういと, おとどけする, おんぶしよう, お伺い, お出ましに, お婆さんが, お幸, お断りします, お相手, お訊ね下さい, お越しに, お雪ちゃんの, かえって和解, かこむよう, からりと, きくべきこと, きた市兵衛, くぐって, くるらしいと, ぐわっと地鳴りが, こういう事件, こう彼女, こっそりと, この医院, この旅舎, この様子, この部屋, ころころころころと, こんな掛け声, さしこんで, さつと明り, ざわざわと, しめてあつ, すうつ, すすめて, するところ, せがんで, そうつと運ばれた, そう挨拶, そっと檻, その土手, その怪物, その用, その紳士, そらすこと, そんなに欲しけれ, たくさんの, たとえ露骨, だね, だんだん目近, ちょくちょく葉書, つか, てらして, でこぼこの, でなかったかと, とどろいて, とんとんと, どうにか革め, どんないたずら, なだれ込んで, ならもっと, にわかに殺気, のしかかるよう, のんで, はじまったと, ひきとめ, ひとりの, ひょっこり現れた, ふらりふらりやって来た, ぶらぶらやって来た, ぼそぼそきこえ, まず口, また一つ, また夕立模様, また聞こえ, まるで調子はずれ, みると, むせび落ちて, もうドタンバタン, もって, やがて一語, やってこないため, やって来た者, やって来るの, やって来る節子, やんだが, ゆったりした, よく働く, わあという, わしが, イソギンチャクが, エンジンの, カーンカーンと, クスクスクス, ケラケラケラという, サツと, シャベルを, スーと, タグリだしたら, ツンツンと, ドモン河という, ノコノコ名, バンザーイという, ヒラリと, ブラリと, ムズムズムズムズと, ヨリ多く, ヴァローダ商会を通じて, 一つ咳拂ひ, 一人, 一体この, 一度だ, 一應知らせたらしい, 一時間二時間の, 一筋の, 一頭の, 万葉の, 三河島の, 上った, 上らうと, 上ると, 上草履の, 下へ, 不意を, 丘を, 主人の, 乗っ込んで, 乞食の, 二三人来, 二名の, 云い出されて, 云おう, 云ふ, 五六人かたまっ, 京子が, 人力車が, 仄に, 今夕観測された, 仏も, 仙太を, 伊勢町河岸へと, 伝えられたの, 伸子たちの, 低いつぶやき, 何だかオーイオーイ, 何とか言っ, 何らかの使者, 何者か, 使ひ, 依頼すれ, 俄雨が, 値を, 傾斜をの, 充分注意, 光子さんい上げた, 入り, 入れずに, 八釜しく云っ, 兵を, 其方に, 円タクが, 冷たくなつた, 出された, 出たには, 出た音, 出入口が, 出産前二ヵ月と, 切ない恋, 切れぎれな, 初めました, 別離を, 前触, 励まして, 動き出して, 北方に, 十四五人の, 午過, 南蛮の, 厳かに, 参りましたいいえ, 参ろうと, 又新しい, 反対窖道と, 取りかかろう, 取巻いた食卓, 口へ, 古着屋を, 右に, 吉原へ, 名を, 君へ, 吹き募った烈風, 吹上げて, 味方の, 呼びました, 呼吸器に, 和睦の, 唸り声さえ, 問うて, 喋舌って, 四十位と, 囲うよう, 土瓶の, 地面を, 城を, 塞いだくら, 壁に, 変な, 外国なまりの, 大きく云, 大人たちの, 大学の, 大木の, 大風が, 奏楽が, 女の子の, 好かれますし, 妾だ, 姫の, 媒介人が, 孔明へ, 安彦氏が, 宝船, 家に, 寄って, 寒い風, 対手に, 射たの, 小供, 小突き廻した金一封, 少しは, 尻尾を, 山が, 山鴿の, 峯吉の, 州太の, 差し出して, 巻き返しながら, 帯を, 帰国し, 幾らかの, 庚申塚へ, 庭伝いに, 廻つて行ける, 引き退る, 引包ん, 強襲する, 役向と, 往来の, 御便, 御嬢さん, 御褒め申せ, 徳利持參で, 忍び寄つて一押し肩, 怖る, 思って, 急激な怒, 怪事件が, 恐れられて, 悠然とふところ手, 惚れ込んだの, 感じて, 慕って, 我を, 房子と, 手出ししたら, 手紙が, 打ち明けようが, 打明けやう, 折々は, 抜かなければ, 押し込んで, 拝ませも, 持ちかけられて, 持掛けたん, 振り向いた, 掘ろう, 採って, 揉みほぐすよう, 揺り起した, 支えた, 攻掛けた, 救いの, 数万の, 文學に, 断らせるやう, 新鋭の, 日本語を, 昆虫が, 明るくなっ, 昨夜約束の, 時々取っ, 晩方の, 暴風雨に, 書いたもの, 月下の, 望んで, 木曽の, 本郷の, 来かかった十三, 来たそうだ, 来た一つ, 来た名, 来た旅人, 来た行脚僧, 来た頃, 来やあ, 来る人, 来る姿, 来る者, 来る電車, 東雲師の, 枯草ぼうぼう, 校長の, 梅子嬢の, 椅子に, 標準を, 機を, 次ぎ次ぎに登っ, 次第次第に, 此処まで, 歩き方, 死ぬが, 母へ, 毎晩雪の, 気まりわる, 水勢が, 永田町へ, 汽車で, 沙汰が, 泣いて, 洋服姿で, 流されて, 浅草へ, 海へ, 涼しいと, 清水を, 温る, 溶かして, 潰瘍の, 瀬を, 火薬が, 為替を, 無遠慮な, 熊城君に, 燈が, 父親の, 片足を, 物を, 狙ひ, 献身し, 王様へ, 現われること, 用意が, 申しあげること, 申し込みを, 町中へ, 當つて見る, 病に, 白い犬, 白馬の, 目途を, 相川へ, 真っ直ぐに, 眺めた野武士軍, 眼ばかり, 知つた人が, 知れて, 砂山で, 碩寿翁へ, 祝ひの, 禿げ上がった両, 私達を, 穀類乾葡萄乾桃乾棗及び, 突き出した山裾, 突当って, 窕子の, 立てかけられて, 竹槍の, 答えるの, 糸を, 細長い海草, 絶交され, 縁側を, 美しい笛, 羽二重を, 考えるから, 聞えたらしい, 聞かす用談, 聞こえたけ, 聲が, 胸へ, 脳貧血という, 臆病そうに, 致された形, 舞妓が, 花菱の, 若い鬼, 英子の, 荷車を, 蒲団を, 蛇の目の, 融通受けた, 行きむかったので, 行止りの, 表へ, 裏口へ, 見えた若い, 見かける事, 見た右, 見ました, 見りゃあ, 見当の, 見送りに, 親切を, 觀る, 言い出した, 言うこと, 言ひ出す, 訊いてや, 訪ねること, 試みて, 話しかける場合, 話の, 誘われたの, 説明し, 誰ぞ, 調子を, 謡ひ出した, 谷に, 責められて, 買つて出た, 赤旗を, 起こる喝采, 足の, 路地口へ, 車が, 輸入され, 辞職すべきだ, 迎えたが, 近く帰国する, 述べますと, 追いついた, 追抜く電車, 送った結納, 逃げだし二人, 逃げ隠れるよう, 這入りませんで, 通知が, 進み寄って, 運ばせますが, 遠くに, 遠まわり, 選ぶの, 部落部落へ, 野へ, 金作の, 釣棹肩に, 銃声が, 錫杖を, 長く続い, 開いて, 附き纏って, 陣所へ, 階段口の, 雄二たちが, 離脱した, 雪江さんの, 電話でございます, 青白い光り, 靴の, 頂いて, 順序を, 頻りに杯, 顔の, 願っても, 颯と光線, 飛び出したので, 食事に, 首か, 馬房に, 駈け上がって, 駈寄つて, 驀然に, 高石さんに, 鳳閣寺の, 鸛の, 黄色い灯, 黒い雲

▼ 方~ (2783, 2.2%)

15 なくなって 12 ある 11 あろうが 9 ありましょうが, あります, あると 8 ありますが, あるかも 6 あれば, さすがに, それに, なく消え, なく消え失せ

5 [11件] あって, ありましょう, あるの, あるもの, あろう, い, なし, 何か, 御存じの, 御承知, 感じ方

4 [14件] ありませうが, あるが, いらつし, おあり, どちらも, ない嘘, 一緒に, 同じこと, 多いでしょう, 女の, 気が, 気に, 皆な, 私の

3 [36件] あつて, あらうが, あるし, あるだろうと, あるでしょう, あるでしょうが, あるよう, ある持たれたら嬉しい, いろいろある, お見え, きく方, ございますが, ございません, して, それと, つかなかつた, ないこと, ないもの, ないよう, なく断絶, よく御存じ, 同様で, 売る方, 変って, 変わって, 少くない, 少しは, 心得て, 普通の, 知って, 聞く方, 見て, 訪ねて, 調べて, 違って, 非常に

2 [147件] ああいう, あたしを, あったけれど, あなたの, あの時, あまり賢, あらでありくとも, ありますけれども, ありますわ, ありませう, ありません, あるだらうが, あるのに, いずれは, おいでに, お気の毒, こ, この頃, これで, これは, これも, ございましょう, ございましょうが, さりとはを, さんざんに, する, そうである, そのとき, その通り, それは, それを, そんな気, ちくちく痛んだ, できると, できるの, どこか, ない, ないし, ないの, ないもん, ない立派, なか, なかった, なくただ, なくな, なく一掃, なく失はれた, なく消滅, ひっそりし, また一尋, また同じ, また西, まだ二十, ややホッと, やるの, よくない, よく似, ソレ五万両やすい, ハッ五万円, ベッドから, 一人, 世の中に, 之と, 二三日休ませられた, 今年から, 伝わって, 何う, 何の, 何んと, 候はんずらん, 入れて, 其う, 其うえ, 出張し, 列を, 古代な, 同様であった, 同様である, 同様に, 君が, 囲いは, 地下方も, 地獄の, 場合によ, 変に, 多々あるです, 多いの, 大したもの, 大變, 妙に, 嬉しさうに莞爾, 定めて, 實は, 尋常で, 山に, 平常着では, 張り合いが, 彼の, 御一緒, 御聞流し, 御覧の, 心得たもの, 思わしくないと, 悉く絶え果てる, 悪いん, 意地に, 捨てて, 斬られる方, 旅の, 日本の, 暮れに, 書く方, 東京で, 案外本音, 楽に, 此の, 気がかりで, 滅多に, 特別だ, 眼の, 知らない, 知らないが, 知らないん, 私が, 私に, 箒の, 簡略で, 考えて, 菓子屋の, 血眼であり, 行き届きその, 見きり, 見ねば, 見る方, 覚えが, 読む方, 諦めるの, 負けずに, 買った方, 躑躅なり, 身に, 進んで, 隙です, 非常な, 額口を, 骨が, 鳥の

1 [2159件 抜粋] あかんとな, あちこち手入を, あったろうが, あつたらう, あのあのお方, あまり強情, あやまてば, あらぬ切な, ありああ, ありましたが, ありますし, ありませんので, あるかなと, あるだろうが, あるであらうが, あるという, あるまいと, ある訣, あろうて, あんまりお, いいかげんの, いい加減な, いくらか悪い, いずれまた, いっそうつよく, いつもの, いますからね, いやであった, いらっしゃいます, いらっしゃる筈, いろいろな, うなづけないこと, うるさ, おありだろう, おいでの, おでかけです, おなじよう, おやり, おるところ, お上品, お友だち, お四方, お変りなく, お廻り, お忙しゅう, お拾い, お氣, お百姓衆, お若い, お頼み, かなり甘ったるく, かねて徹夜, きっとこんな, きまって, きわめて効果, ここが, ことごとくこの, この一族, この国, この癖, この通り, これから現場, こんどは, ございましょうから, ございますから, ごらんなさい, ご存知の, さうで小さい, さのみ, さらい甲斐, された方, しないので, しばらく, じゃがま, すこし情けない, すっかり手入れ, すつかり, するよう, ずゐぶん, そういう方, そうだし, そう時間, そこに, そのうち, そのまま瞼, その件, その後一応, その時分, その観念, それから, それだけ, それ感づいた, たいていの, たしかな, ただ気軽, たのしみニ, だ, だん, だんだん熟練, ちかごろ人相, ちっとも演どころ, ちょっと身体, つかないのに, つまらないが, つらい, できなかった時, とくと御覧, ともに白人, どういふ, どうぞその, どうやら押え, どんどんはか, ないしね, ないところ, ないやう, ない全裸, ない履磨き, ない為, ない菟原, ない風説, なかなか劇, なかなか照りつけるでしょう, なき二十七名, なき風説, なくなったよう, なくなりましたが, なくコブ, なく伐開かれ本堂, なく崩れ, なく散つて, なく昔, なく消え去った, なく滅びる, なく破壊, なく追い散らした, なく飛び散って, なさけなの, なにや, なんとかまとめましょう, のぞかしてやろうか, はっきりと, ひきずられて, ひとつたのむ, ひどく乱暴, ひらかねば, へんだつた, ほぼ片づき, まあ御, まことに張合, ますます深まっ, またたくうち, また一面, また低級, また同様, また小さく, また志, また村, また質朴, まだご, まだ大抵, まつたくほか, まるで気, みょうにたどたどしい, むずかしい, もう一ぺん, もう夢中, もう永い, もしそういう, もっと実証的, やった事, やつぱり冬は, やはり失敗, やめ野田沢子, やりきれないの, ゆるして, よくこの, よく心がけ, よく注意, よく聞いた, よく見れ, よろしくない, わからねえん, わるいけれど, アラカタ見当が, オジャンで, コワリョーフの, ジム水兵の, スローな, テナルディエの, ハヤ釣と, バラシて, プロンプタが, ボーナスを, ルリと, 一つ二つ話を, 一人息子で, 一匹の, 一定の, 一層早い, 一所懸命である, 一生懸命やる, 丁度それ, 三味の, 上手でした, 下りの, 不依, 不慣れな, 不自然であった, 与えるとか, 中の, 九月末には, 事務所暇やの, 二人だ, 二百頁程, 五年で, 亦た, 亦山崎, 亦結局対立, 人並みな, 今までとは, 今日から, 今日クビの, 仕事の, 他所事と, 仲間なら, 休泊所に, 低くし, 何が, 何とか方針, 何を, 余りお, 余り乱暴だ, 作品に, 例の, 信心を, 値上がりで, 催眠剤に, 元々満足, 充分覚悟, 先刻出来上った, 入り用な, 全然ちがう, 共に幸運, 其のつもり, 内々小児を, 冬から, 出る隙, 出来ませんからね, 分らなくなった, 初めの, 別に怪しい, 剃髪させ, 前に, 割れるだろうくらいの, 助けに, 労ろうと思う, 勾配にか, 十分とは, 千葉県の, 博士の, 原始人的退化を, 去る事, 又有, 受取る方, 召上りました, 叱られて, 同じく平気, 同じです, 同じ時分, 同じ車, 同様であろう, 同藩, 名刺入れ, 呑まれて, 和子たちにも, 商売で, 営業な, 四苦八苦の, 困りやしないかね, 国民も, 城中に, 場合によっては, 変だった, 変化する, 多い, 多いよう, 多分御, 多少支那, 夜目が, 大いに面白かっ, 大した状態, 大丈夫だろ, 大儀なら, 大分伸びてる, 大勢見え, 大好きだ, 大正五年頃に, 大資本家化, 夫殺しの, 奧方御, 好いかと, 好かあ, 如才なく, 姿を, 存じてを, 学課が, 安心な, 定めしうまく, 実は何日, 宣教師と, 家へ, 寝ませて, 尋かれる, 小男の, 少々の, 少くは, 少しやられた, 少し無理, 少なくありません, 居ますから, 工事の, 帝の, 幕府当局者と, 年寄も, 幾分の, 庄兵衛には, 廻って, 張る事, 強そう, 当節は, 彼に, 彼女に, 後の, 御丈夫, 御同様, 御存じで, 御案内, 御見物, 心得つれど, 必ずお, 忘れずに, 応射した, 思うよう, 性別を, 怯氣, 息を, 悪い故, 悪意が, 愚だ, 成るだけ, 戦争といふ, 手を, 手抜かりない, 打遣ら, 承諾し, 折角これ, 拙者と, 探幽か, 改まって, 改築された, 教えられる方, 斟酌を, 断はるに, 新兵衛, 日本人は, 早いの, 早く加勢, 易断の, 昨日も, 時々小使金, 時間を, 曖昧と, 有りますが, 服裝などは, 本格で, 本職の, 東に, 果してその, 極まって, 極力運動, 様々で, 欠席がちに, 次第に遊戯, 正しくまた, 武家の, 死にもの狂い, 残って, 段々ずうずうしい, 殿の, 毛利軍の, 気の毒でございます, 気儘に, 気楽でしょう, 江戸ッ児じゃ, 決して御, 沢山あるでしょう, 油断いたす, 洗練が, 深刻であった, 温かい服装, 滑らかに, 濛濛たる, 無いでしょう, 無い松谷秀子, 無く悲, 無く消え失せる, 無慮七, 無論そうだ, 焦れて, 父と, 特に念, 狡猾だった, 甚だしいと, 生命を, 田舎に, 男が, 異なりますが, 疲れて, 発達しない, 的を, 皆懐しい, 皆行かはりました, 目ざましい, 盲人なら教わる, 直接パパに, 相応に, 眼に, 知らえず大形, 知らないという, 知らなかつた, 知らぬ顏, 知らん, 破らせる方, 神では, 私とは, 私を, 穏しい, 立ち勝ると, 籤を, 紐で, 素通りを, 紳士諸君も, 絵や, 緩慢に, 美しいです, 聴く方, 胸か, 自分の, 自然で, 至極不, 花が, 苦心を, 著しく感ぜられる, 虚飾の, 行き届いて, 行ったかね, 表れる, 西瓜を, 見えるから, 見せて, 見に, 見破った方, 覗かれた, 解決が, 訴え方, 話されずと, 認識論の, 誰かと, 講義の, 豚は, 負さる方, 買ったんで, 起きあがつた, 身の, 軽便鉄道の, 近頃す, 送られる方, 通らなかった, 遊びが, 違い使う時, 違つてゐる, 選科に, 酔っぱらって, 重大な, 釣場も, 閉めて, 間もなくお, 間近いほどに, 随分まだ醜い, 雄, 雪だ, 面倒で, 面白いと, 順調に, 頼まれる方, 顔に, 飯が, 餘り, 駈けあわせて, 魚によって

▼ 方には~ (1515, 1.2%)

10 見向きも 7 何か 6 何も 5 眼も 4 いって, 人の, 少しも

3 [12件] これを, ない, むかしの, 二人の, 彼の, 明らかに, 村の, 殆ん, 用心は, 私の, 誰も, 馴れて

2 [72件] いると, いろいろある, いろいろの, お分り, お前が, お気の毒, お目にかからないの, こがれる女, こっちから, そこにも, それが, それを, そんなこと, まだ一枚扉, 一つの, 一割引, 丸裸の, 九鬼さんが, 人家の, 何でも, 何らの, 何方にも, 例の, 内證, 別の, 割合に, 向いて, 変に, 多少の, 大きな宮殿様, 大分流行病が, 天鵞絨の, 夫婦岩と, 奉公人や, 屏風とも, 幾分か, 必らず, 想像も, 手を, 日高境の, 昔の, 最初から, 最初の, 朝鮮人も, 柵を, 次の, 殆ど愛想, 殆ど注意を, 毛が, 特別に, 目も, 相違ない, 石狩十勝釧路北見の, 穴から, 窓が, 背中を, 臥たり, 色々な, 若々しいもの, 葉の, 賑かな女の, 趣向を, 足も, 鉄橋が, 関係は, 限度が, 隣家の, 雲が, 霜を, 顔を, 飽き, 馬の

1 [1295件 抜粋] あちこちから, あつて, あどといふ, あまりえ, あまりめぐりあったことがございませんのでね, あまり八釜しい, あまり視線, あまり関心, あらずとも, ありがち, あるいは長, あるさ, いくらか, いざという, いっこう気, いつにても, いつもマラリヤ熱, いましたが, いまの, いよいよ疑い, いる方針, いろいろあっ, おかま, お分かり, お友達, お困り, お島, お気が, お目, お知らせも, お縫, お解り, お金の, かえって仕切り, かなり濃い, きらきら光る, くらげが, こういう間道, こうした山地, こちらに, この上の山, この場合, この点, この規則, これが, これは, さういふ年, さっぱり感激, さびしい丘, しかもお前, すきが, すだれ, すまぬ儀, ずいぶん高い, ずゐぶん, せがれや, そのころフランス駐在, その出生地, その巫山戯, その様, その気がかり, それぞれ賛成者が, それほど激しい, そんな心当り, そんな筆, たくさんの, たしか窓, ただ感謝きり, たつた一つ, たんぼが, ちゃんと仕組み, ちょっと不, ちょっと目, つけ放し, とても想像, どういう御, どうも心当り, どう云, どなたにも, どんなの, どんな手段, ない鉄砲組, なお顕昭法橋, なかなか名人, なにも, なんだか菫色, のぞみが, ひつて, ひどく来る, ほとんど身寄り, ぼくらは, またそういう, また二つ, また特別, まださういふ, まだまだ昔, まだハッキリと, まだ土蔵, まだ幼顔, まだ最後, まだ蜀軍, まだ許せます, まだ酒, みるみるうち, むろん届け出たでしょう, もうどっか, もう大坂, もう扉, もう絶対, もう逃げ, もっと深い怖い, もつと, ややともすると一首, ゆき子と, よいかも, よく兎, ろくな締り, わからない, わかりにくい, わかり難い, わしの, わらぶき, アリバイが, オカタという, ギラギラ光る, ゴティク式の, ジナイーダが, ススタマ・スズタマ等の, スプーンが, ソツが, チラチラ灯, ドンガ, ピアノや, ブータンの, ホヅミという, マイュの, ユリヤ・ニコライエヴナの, ラ・ペルウズ海峡の, ヴァル・ド・グラース病院の, 一つ八銭の, 一人も, 一割引として, 一寸合点, 一寸用が, 一度も, 一点の, 一種の, 一組の, 一般に, 一顧だに, 三尺の, 三輪山多, 上等, 下様の, 不足である, 世界は, 並んで, 中庭を, 中空からの, 乗客が, 事を, 二た, 二三名の, 二人ながら, 二家族が, 二本投げ出した, 二百何十年という, 二重マワシを, 五万噸の, 些細な, 京都の, 人夫が, 人狐つきの, 今, 今子供たち, 今度京都の, 今汽船が, 仕事は, 伝票が, 何ういう, 何かの, 何にも, 何れ私から, 何処と, 余りない, 作者が, 倚り掛かり, 偶然たるべき, 僅かに, 優しくし, 先ごろ普請した, 入らず出羽, 入ること, 全然分らなかった, 全然自信, 八人乗られる, 六甲の, 共にそこ, 兼吉の, 内儀さん達と, 写真を, 凝乳, 出來, 分からないの, 分りきったこと, 分裂した, 初めは, 判じ物の, 別になお, 別に悪い, 別に遠慮, 利が, 助教授の, 勝よりも, 勤め口が, 北豪州クイーンズランド州の, 医者が, 十分の準備が, 千曲川の, 千駄崎といふ, 危険な, 却つて牧野さんが, 叔母の, 取合わないで, 口先ほど, 古いアジア, 古今東西を通じて, 各種の, 吉左衛門夫妻が, 同じ江戸, 向きませんよ, 君が, 唯何某, 喇嘛教と, 四五年前に, 四郎左衛門が, 国防服を, 地下の, 坊さんでも, 墓所が, 変つた, 変りは, 夕日が, 外国の, 多少意味以外, 夜目にも, 夜露の, 大きい門, 大きな店, 大きな脅威, 大した芝居, 大なる, 大変お手数でした, 大小の, 大手門の, 大月大佐以下二十名の, 大酢別皇子, 天保九年度の, 太い筆, 夫の, 女の, 女達が, 好き嫌いや, 妻か, 威勢の, 婿を, 子供が, 定家様くずれ, 実家女臈聟方には, 宮廷の, 家の, 家茂公を, 富豪の, 専門の, 小さい二階, 小さなこま, 小僧だけを, 小生の, 小豆の, 少々説明, 少ないらしい, 尾の, 居ないなと, 屋根の, 山崎以来の, 屹度, 岸へ, 岸辺の, 川に, 差上げるわ, 常に聖, 年齡の, 幽霊という, 幾段かの, 底知れない, 弟の, 役者の, 待ち上臈, 従くよう, 御不審, 御東西, 御礼として, 微かに, 心安く見せ, 必然な, 怪しからぬ, 恋人が, 悪い品, 情も, 愉快な, 憤怨恨, 懐紙咬へ, 我ままが, 或る, 房, 手工が, 折角かえれた, 採用されず, 教えること, 教育に, 数学的に, 敵が, 新地の, 日も, 日輪月輪を, 旧女役者, 早く鐵, 明治以後に, 時々浪人達, 時折電車も, 暗殺者の, 更にう, 更に都, 最少し, 最高の, 木棺や, 未だ御, 本文中, 本棚が, 杉谷の, 来なかったと, 枠入の, 根府川女関所の, 格別面白く, 桟橋に, 椅子と, 極めて蠱惑的, 様々な, 横顔を, 正しくカスミガウラ, 此を, 此白河の, 歴史的の, 殆と, 残すから, 殺意など, 比べよう, 気がつかず与兵衛, 気取屋連, 水車が, 永代橋北の方には, 決してそんな, 沙地に, 注意も, 海面から, 淡蒼い柳, 深雪の, 満月の, 滑稽噺ばかり, 火星を, 炉が, 無かった, 無勢力, 無論具体的, 煙筒が, 照り降り雨が, 熱情が, 父が, 物凄いほど, 特別の, 特徴が, 狩野という, 狹い, 玉の, 珍らしく, 現状以外の, 瓦斯ストーヴが, 甚だ失礼, 用事も, 申上られません, 男の子が, 略製に, 異存は, 疾くより, 白いの, 白い葉, 白状し, 白髪と, 皆は, 皇子の, 盛んに, 盲目の, 直ぐ判る, 相応の, 真実の, 真白妙に, 矛盾が, 知られたくなかったの, 知名の, 石を, 確かに, 祇園荘へ, 祝入営竜巻雪太郎君と, 私たちは, 秋の, 種々の, 穴が, 立って, 筋の, 箸に, 粥河圖書を, 紅い灯, 累々と, 結核菌だけの, 緑の, 縮れた白い, 罪が, 義理の, 聟の, 脱ぎ棄てた儘, 自信が, 自分が, 自然に, 興の, 船頭の, 花やかな, 若葉を, 菰か, 薄墨色を, 薪が, 蚊が, 蜂の, 行きづまりがあり, 行燈の, 見えず杉, 見えぬ陰, 見せたくないと, 見当らなくなって, 見物が, 覚えが, 親切きりだし, 親身な, 解らないでしょう, 触れなかったその, 言っては, 証拠が, 調和点が, 豊に, 財産も, 赤い編上げ靴, 赤城山が, 軍艦も, 辻艇長が, 返事も, 途中で, 通知を, 進まずまた, 遊郭の, 違いない, 遠慮した, 郵便箱の, 野暮くさい, 金吾が, 鈍麻し, 銀行員チルナウエルも, 錢形平次と, 長めの, 門徒以下の, 間違いは, 關係が, 附きません, 陵苔の, 隊員名簿の, 随分入っ, 雇人の, 雨傘ほどの, 電気が, 電車の, 静まり返つて音, 非常に, 面白いかも, 音楽堂の, 顎に, 風が, 風物教授という, 飽き飽きして, 馬士が, 高い葦, 鳶山鷲岳鬼, 鹿の

▼ 方~ (983, 0.8%)

392622 と思っ, わ 19 と思う 17 から, が, な 14 ということ 9 そうです, と思います 8 と思った 7 からね, という, と思いました, と思つて 6 し, と思ふ 5 といふ, と云う, と私 4 からお, がこの, がその, と, と云

3 [20件] え, からこれ, からそんな, からである, から御, がそれ, けれど, し御, ぜ, そうだ, つたから, という事, といっ, とする, と云っ, と云った, と思ひました, と言っ, のと, ものです

2 [51件] お年は, からあなた, からこの, からその, からそれ, からねえ, から何, から私, から見る, か知らなかった, があんまり, がお, がそれでも, けれどそれ, けれど早くから, けれど酒, し夜, そうで, つた, つたと, つたのです, つたのを, とお, とかで, とこの, としてある, とすぐ, とは思っ, とばかり思つて, と世間, と云いたい, と云つて, と今, と信じ, と思, と思つたの, と思はれる, と思ひます, と急, と申す, と自分, と言いました, と言った, なあ, なア, のを, もの, わあなた, わね, ッて, ツて

1 [527件 抜粋] あなたが, あね, あの方, いったいシルク, えいくら, お前は, お囃子方, か, かお前, かそれ, かちょっと, かほほ, からあちら, からいま, からいや, からいろいろ, からおかしい, からお前, からお平, からかまわない, からこう, からこんど會, からこんな, からさ, からさっき, からそこ, からた, からちょい, からでございます, からです, からといった風, からといふ, からと云った, からと分校, からと女たち, からと思つて, からどこ, からどんなに, からな, からなかなか, からなるたけ, からな僕ら, からね万事特別, からはじめ, からまして, からまだしも, からまア, からもうきっと, からもし, からやっぱり, からやろう, からよかっ, からよかろ, からよく, からウン, から一応, から一肌拔, から七兵衛, から上, から不, から世界, から之, から亡くなった, から今, から他人, から体, から何かと, から余り, から余計, から僕等, から其様, から分ってるでしょう, から前例, から問答無益, から喜ん, から困る, から外国語さ, から大, から大抵, から女, から女房, から好い, から実際, から家内, から弁解, から彼女等, から御飯, から意地悪, から斯, から新聞, から早起き, から是非, から時々, から最後, から本人, から本当に, から案外, から正義, から気, から渡り, から無理, から玉蜀黍, から申します, から男, から皆, から神妙, から義, から聲, から腹這い, から自分, から衝突, から課長さん, から遠慮, から遲, から雑読, から音楽, から顔, から騒々しい, かを知つて, か俺ら, か分らなかった, か探り出し, か旦那, か男勝手, か知らねえ, か知りません, か見, があいにく, があの, がいつも, がおれ, がお前, がお家, がこ, がこう, がこれ, がしかし, がそう, がそこ, がちよい, がとに角小説, がど, がどうも, がどんな, がなんぼ, がね, がはじめて, がふとい, がまず, がまた, がもう, がもすこし, がりっぱ, がポツポツ, が世間, が中国, が主人, が久方ぶり, が交際, が人間下落, が今回, が今更, が余りに, が併, が兄貴, が全く, が兵隊, が凄い, が前田, が千谷さん, が口先, が君, が問題, が土, が境, が実は, が幼年, が店, が当世, が彼, が後ろ, が惜しい, が愈々, が成, が文久二年三月, が日本, が栖方の, が此アイヌ, が此方, が死体, が江戸城, が火山, が無理さ, が理論的, が申し, が私, が糖尿, が肩胸幅, が腹, が自分, が若旦那与吉, が菊池, が見事, が誰, が野田安さん, が銃, が開口一番, が雪隱, が高貴, が鼻, ぐらいは固, けどもまだ, けど酒場, けれどこの間題, けれどそれでも, けれどそれ以上, けれどとも角大人, けれどどうやら, けれども, けれどもあと, けれどもいずれ, けれどもほか, けれどもよく, けれどもフライ, けれども声帯, けれども当今, けれども民謡的, けれど人間, けれど光った, けれど娘, けれど実際, けれど宴会, けれど水, けれど男, げに, この外, これは, こんなに私, さう, しお, しこの, しね越智さん, し佐吉さん, し兄弟, し出来, し好評, し子息, し学問, し昨日, し眉根, し肌, し自分, し蝶子, し身体, し頭, そうですね, そうな, そのお方, その点, それにあのお, そんな頼り, ぞ, ぞなし, ぞコココ蝙蝠傘, ぞ僕, ぞ呼ば, ただの, だけど今, ちの仲間みたいに, ってなん, って宮様, つけ, つたそして, つたといふ, つたの, つたのかしら, つたのかも, つたのだ, つたらしい, つた何か, つた我と, つた者の, つた首だけは, つて, つてあなたが, つていつも, つてこれぐれえ, つてつまらなから, つてもうそろそろ, つて一切もう, つて同じ, つて地震に, つて奥さんも, つて気強い, つて満足に, つて胴片の, つて色々な, つて見付ける, つて言ふたが, つて通る, つて道樂や, つて都合が, つて附加へて, て毎日学校さ, とあきれ, というの, という事実, という氣, という見分け, という評判, という話, といえますなら, といくら, といった, といへる, とおいい, とおもいます, とおもっ, とお松, とかいうこと, とかいっ, とかいっとる, とかお, とかそれ, とかでその, とかなど, とかなんとか, とか俳諧, とか戒名, とか盛り, とか聞きました, とか色, ときい, とくだらない, としか思われない, とそう, とちょいちょい, とどうしても, とはあたし, とはいへなかつた, とは信じたくありません, とは僕, とは思, とは思はなかつた, とは思ひませんでした, とは思わない, とは思わなかった, とは知らないでしょう, とは私, とばかり極める, とばかり申します, とふだん, ともいふ, とも云い, とも思えません, とも思った, とも思はなかつた, とも聞い, とやに下っ, とよう, とわかった, とわたくし, と一人, と主張, と云いました, と云い得るだろう, と云つた, と云つて笑つた, と云ふからこちら, と云わなけれ, と人, と今に, と今村信雄君, と仔細, と先生, と初め, と医者, と却って, と口, と呆れ, と大いに, と始終, と存じました, と彼女, と心, と思いつき, と思いまし, と思えます, と思ってる, と思われた, と思われました, と思われます, と想う, と想像, と感じた, と感じます, と敬服, と日頃癪, と横山, と甚だ, と申され, と申し, と申し上げ, と申分, と画学校, と矢代, と私真実, と笑えない, と老人たち, と聞い, と聞きゃ, と聞き知っ, と自惚れ, と英語, と茶屋, と裳着, と見え, と言, と言い張っ, と言ってる, と言つて, と記憶, と語根風, と読者, と誰, と謂ツ, と賞め, と鑑定, どういふ, どうした, どうです, なこの, などと云わせ, などと思っ, なよく, なんて其樣, ねえ, ねえおかしい, ねえおじさん, ねえをかしい, ねお, ねお前, ねなど, ね家, ね私ども, ね黙り, のから, のに, のにああ, のにあんな, のにそれで, のに一方, のに向う側, の他, もうあやまる, もうき, ものだ, ものどんなに, ものね, もんです, よい方, よだ, よと云った, よ中, よ他, よ力, よ変, よ笑う, わあの, わいとこう, わきっと, わだいいち, わだけど, わと言った, わねえ, わわたし, わ違い, んな, んべ, ッたら, ネちようどぐらゐだけど, 事どうして, 二人とも, 京師方だ, 何だか自棄, 其方の, 右の, 右足を, 坊や, 姫君は, 宜しい上げましょう, 座を, 恐い方, 東の, 此の方に, 温室の, 珍しい堅人, 秋山と, 箱根の, 美しい奥様

▼ 方~ (903, 0.7%)

25 一緒に 10 御一緒 7 違って 6 云うもの 5 すれば, 同じよう 4 いっしょに, いっても, なった, なると, 云って, 作文が, 結婚し, 見えて, 言ふも 3 いう, いえば, いったらない, なって, 一所に, 同じやう, 見れば, 話して, 頭の

2 [58件] いいそれ, いったらなかっ, いって, おっしゃるの, おんなじ行き方, お話を, お逢いしよう, ごいっしょ, ご一緒, して, しといて, それを, ちがって, なつて, なりに, 一しょに, 世間並みの, 云うの, 云えば, 云つたら, 云ふ, 今日同じ, 仲よしに, 会って, 似たところ, 別れて, 合乗し, 合体し, 同列である, 同様に, 向い合った椅子, 声とが, 存じましたに, 存じまして, 峠路の, 御懇意, 御結婚, 思ったが, 思って, 思ふが, 手を, 握み裂き術, 書く方, 朝廷方とは, 流れて, 画面への, 私と, 私とは, 立ち話を, 笑つて居る, 結婚する, 縁を, 見る方, 言えば, 言ひ, 通謀し, 連絡が, 青木さんとが

1 [666件 抜粋] ああいった, あたいの, あり例えば, あれば, あわただしいでき, いいいかにも, いいインキ, いい勾配, いい宗祇, いい実に, いい眼, いうと, いうより, いえるか, いえ寄手, いくぶん意見, いさぎよく分れ, いったら, いったらいって, いったらそれ, いったらひどい, いったらめちゃめちゃ, いったら一種特別不思議, いつしよ, いつたら両脚, いはなければ, いひ手, いひ足, いひ體質, いわず見物人, いわねば, いわれる, おそろい, おっしゃいますと, おっしゃったよう, おなじキャンプ, おぼしき方向, おもわれたほど, おもわれる見当, おわかれ, お三人, お交, お会い, お別れ, お友達, お姉さん, お察し, お忙, お思ひなさる, お打合せ, お種, お見受けいたします, お話し, お話しする, お近付, お近付き, かけ合い会場その他, かけ離れた日, かなたの, きた日, きめて, きめ続き, くらべたらだいぶ, こうし, ここで, これらの, こんなに汚れた, こんなふう, ご昵懇, さかんに, さも親し, される方, したもの, した事, すっかり反対, すること, する方, ずっと思い続け, そのほか, その反対側, その学理, その追究, その閃光, それからもう, それから忍び返し, それから矢, それに, たがいに, たずね方, ちがうよう, ちょっとしたくせ, つき合うほう, である, です, でっち方で, とり交わした書状, どういう関係, どちらに, なき日, なった新妻, なつた, なられるの, なりました, なりますると, なり拙者, なる, なるでは, なるん, にらみ合い, はじめて知り合い, まだ一度, みえますな, みれば, もう一人別, もう見知らない, もちが, ゆく末, ゆっくり何かとたのし, ゆつくり話す, よく話し, よごと方, よぶとき, わかれて, わたくしとは, わたしと, ソックリでした, フィツロイ・シムソンのを, ホテルの, ホテルへ, レンラクが, 一しょには, 一つの, 一人は, 一処に, 一度逢った, 一方には, 一日おきに, 一緒, 一緒でも, 一緒の, 一致した, 三人で, 三度目の, 上の, 上総澪の, 下に, 下唇, 両方が, 両方でございます, 両方とも, 両方の, 両方へ, 両方や, 中央に, 丸太が, 事を, 二つあります, 二つが, 二人だけ, 二人に対して, 二人の, 云いどうしても, 云い言葉, 云うこと, 云うて, 云う坊主, 云う薫物, 云ったら, 云ったら数える丈, 云っても, 云つたのは, 云は, 云ふも, 云へ, 互ひ, 交わりたいの, 交渉にあたる, 京都大学教授から, 人数の, 今の, 仰言いますと, 仲が, 仲たがいを, 会見し, 会食が, 位置の, 体の, 何うし, 何という, 何万金でも, 何方へ, 來たら, 借金の, 側女までが, 僕たちは, 公共図書館における, 其の後, 内容の, 分き, 分れて, 切り離し得べからざる, 別に現実, 別れたから, 前横, 力を, 助郷, 助郷村, 動作を, 北条勢が, 半方が, 博覽會の, 危うく衝突, 反対に, 反省警戒の, 取巻きの, 古びた雨戸, 合せると, 合流し, 吉野方との, 同じく呑気, 同じく孫思, 同じぐらいまでは, 同じで, 同じであった, 同じであります, 同じ學校, 同じ紅, 同一で, 同一処で, 同価, 同列にて, 同時か, 同時にあなた方, 同樣, 同道し, 名の, 名を, 向いあって, 向い合って, 吸ふも, 呼ばれて, 呼ぶこと, 和睦を, 嘘にも, 固有名詞が, 国民だけの, 国民を, 地図を, 地方とは, 増戻し, 変った事, 変化の, 天質の, 夫人たちが, 夫婦たる, 女の, 女学生の, 女方とに, 妥協し, 婚約し, 婢さんの, 存ぜられます, 学生目当ての, 守る方, 定つて, 客観的に, 室内を, 家を, 密接に, 密約し, 寝るの, 察したてまつる, 対戦中に, 対立した, 将来の, 尋ねるに, 小鼻の, 少しも, 屋根へ, 山茶花とが, 巡禮, 左の, 平和な, 幸福な, 幾許も, 形がちが, 往生際を, 後の, 御一所, 御四方, 御察し, 御引合セ申度候, 心中する, 心得るが, 志士や, 怖れ, 思いました, 思い出して, 思うから, 思うて, 思つて一部丁を, 思はねば, 思わしっけがの, 思われたに, 思われるでしょう, 思われるところ, 悪い方, 愛され方, 懇意であった, 懸け離れた十畳, 戦ったが, 戦争した, 手品も, 手工とは, 手荷物の, 承知し, 拗けた私, 指定された, 掛合ひごつこ, 推奨する, 推定した, 数とを, 文仲に, 旗幟は, 春に, 時々屋前, 暫時無駄話を, 書斎や, 書方を, 最もちがう, 朝鮮で, 朝鮮まで, 木彫りの, 本領の, 来たら, 来たらどう, 来ちや, 来ては, 東京中逃げ廻った, 松の, 格闘の, 植木屋の, 模寫説的な考へ, 歌の, 正三郎が, 此方の, 此處の, 武州公とが, 歩いた, 歩いて, 死にたくなる方, 殿の, 比べて, 比較する, 法験を, 波江さんの, 浮世に, 清正両, 源三郎さんは, 演目は, 火加減が, 点と, 無二の, 父の, 爻辭との, 生まれながら人様, 申されるの, 申した方, 申しまして, 申すもの, 申す者, 申せしは, 畑の, 異って, 異なるところ, 目され, 直ちに地位, 直接の, 相乗りを, 相良さんとか, 相談を, 眠む気に, 知っては, 知りながら, 知得する, 祝杯を, 私が, 私とを, 私を, 私自身の, 秋山さんの, 称する殺人鬼, 称び分けた, 程よい間, 笑つてゐる, 符合するであらう, 答え方の, 粘土中の, 紅い火, 紋の, 素裸の, 経過を, 結句の, 結婚した, 結婚したら, 結婚しとうございます, 結婚を, 結果においては, 続いて, 美和子さんが, 考へること, 考へ方, 肌を, 肩の, 背の, 膝を, 膝組みで, 自分との, 致しまして, 舞台的幻象の, 良人とが, 落合ひ, 蕾を, 藝名とを, 行かない方, 行方にも, 表の, 見えまして, 見えます, 見えますから, 見て, 見なければ, 見へて, 見るべきである, 見る事, 見受けたが, 見物衆の, 覚しいの, 覚しきに, 親しくなりたい, 観られて, 觀音樣へ, 言い小説, 言い第, 言えよう, 言っても, 言つた, 言つたら, 言は, 言やあ, 言われても, 記されて, 記入係の, 記録係の, 話だけ, 話に, 話合った, 誤られて, 誰方です, 談判を, 謂うたら一通, 謂ツたらありませんでした, 議論を, 起信論の, 足の, 軽い方, 較べるにおいて, 途中の, 通じて, 連れ添って, 連絡を, 遅れ方, 運命に, 運命を, 道具の, 違いまして, 違いまっか, 違う, 違つた事を, 違つて故, 遠く隔てた, 酔ひ方ぐらゐ覚えとく, 酔醒の, 量の, 銀之丞が, 錢形の, 鑑別し, 限ったわけ, 陽之助の, 集合論の, 雪見の, 非常に, 面体恰好が, 顔の, 飛んで, 食物を, 香具師とが, 香具師とは, 馳ずり廻っ, 驚き方

▼ 方へと~ (807, 0.6%)

67 歩いて 16 行つた 15 進んで 13 出て, 足を 9 急いだ 8 出かけて, 歩いた 7 下りて, 流れて, 飛んで 6 帰って, 往った, 曲って, 走って 5 ゆきました, 向けて, 歩みを 4 持つて, 歩き出した, 泳いで, 行った, 行って, 近づいて, 連れて

3 [11件] 二人は, 入つて行, 動いて, 導いて, 廻って, 戻つて來, 踵を, 逃げて, 進みました, 運んで, 驅け

2 [52件] あるいて, いっさん, いったの, いって, さまよって, だら, つづいて, どん, ぼとぼと歩き出した, まわりました, やつた, 上って, 上る, 下って, 傾いて, 入って, 出かけた, 勇ましく立ち, 向いた, 向って, 姿を, 尻込みを, 崩を, 引返した, 引返すべく十一時近く, 心が, 急がせて, 急ぎ足に, 急ぐの, 折れて, 松林に, 歩き出したの, 歩んで, 混雑し, 眼を, 私から, 私達は, 立つて, 素足の, 美登利の, 行く, 行つて見た, 行別れる, 走つて, 走るやう, 足が, 連れ去つた, 遠かった, 遠かつ, 降りて, 電車の, 高くなっ

1 [433件] あいつを, あが, あせつて, あとを, いうので, いきました, いそいで, いそぐ女形風俗, いったが, いつた, おいでに, おもむろに歩ん, お別れ, お銀様, かくれる, かたまって, こぎ出た, この飛騨, さし向けて, さまよい行くもの, すすんで, すたすた行きかけた, すべては, ずんずん進ん, せき立てられる気, そそって, その子供, その陣足, その首, それは, ただ驀, だんだん寄っ, だんだん小さく, つて返した, つながって, つれて, つれられて, どんどん歩いた, なげて, なだれ押し, なって, なであげて, なびいて, ぬかるみみちを, のびて, はいって, びさったのも五つだ, ふたくみに, ふらふら歩き, ぼとぼとあるい, ぼとぼと歩い, ぼとぼと歩ん, まいりますと, まるで暗闇, まわって, めざして, やがて住み馴れし, やたらに, やって来て, やつて, やや濶達, ゆきかけた, ゆっくり歩い, ゆっくり歩き出した, ゆらりゆらり出かけ, より沢山, よろめきもつれて, わたしが, ショベルで, トンネルを, ドアーを, ハンドルを, パッシーの, マストを, 一つは, 一丁も, 一二寸ぐらいずつ, 一切の, 一度に, 一散に, 一目散に, 一直線に, 万太郎の, 上げて, 上った, 下がって, 下った, 下りはじめた, 下りる訳, 下り行く, 両端を, 乗り出しました, 二つの, 二三歩足を, 二度それを, 云ふ, 人ごみの, 人を, 伴れ, 低まつ, 体を, 來た, 信長は, 光を, 八九名の, 内容づけられ, 出かけます, 出た, 出掛けて, 出掛けました, 別れる, 前か, 動いた, 動きそこ, 匍ひ出し, 北極を, 半蔵の, 厳重に, 去って, 参ッた, 又一横町, 取った, 取り傾斜, 取り石屋, 只無意味, 右に, 各自に, 向う見ずに, 向かったの, 向き直った茂太郎, 向き直りました, 向けました, 向けられて, 向った, 吸いこまれて, 吹きやられた, 商家の, 四条通まで, 坂を, 堕ちて, 変って, 女の, 客を, 寄って, 寝返りを, 対つて北へ, 導かれるの, 導くの, 小手を, 小走りに, 小道を, 尾行する, 屈曲し, 山伝いに, 山又, 峯子の, 嶮路を, 川沿いを, 巡行し, 工場から, 巻き込まずには, 帰つて行つたらう, 帰りました, 広がる, 延長し, 廻つてばかり, 廻るとて, 引いて, 引かれて, 引かれ行く, 引きかえした, 引きさ, 引き返した, 引く, 引張られて, 引摺り上げる, 引移る, 引返して, 強い糸, 影に, 彷徨い行かんと, 彼らの, 彼を, 彼女の, 往きかけた, 往って, 後じさり始めた, 後退する, 徐かに, 従つて来た, 御挨拶, 御望みなさった, 御進みなさる, 微闇, 忍んで, 思いを, 思ひを, 急いだの, 急いで, 急ぎぬ, 急ぎます, 急ぐ, 急ぐので, 想像を, 憧れて, 手を, 投げた, 折れ曲って, 折れ曲つて行つて, 押しすすめるよう, 押しやって, 押し上って, 押し出した, 押出した, 押合う, 押合ふ, 押詰められたやう, 押詰められたよう, 持ち運ばれた, 指して, 捜索し, 揉み下げて, 搜し, 撰る, 敢えて駈け, 散って, 方向を, 昇って, 昇るやや, 曲つて行く, 曲つて行つた, 朝晴れの, 木や, 杖を, 来たら黒毛糸, 来て, 枝を, 枯草の, 柔和な, 検分する, 歩きかけた, 歩きかけたの, 歩きだした, 歩きだしたの, 歩き出したので, 歩き出しました, 歩き初めた, 歩き返して, 歩みはじめたが, 歩みました, 歩み去るの, 歩み寄ったが, 歩み寄って, 歩み寄りながら, 歩み寄る, 歩み寄ろうと, 歩み行き其姿, 歸つ, 歸つて行く, 段々出, 段々高く, 母親が, 気紛れに, 流されて, 浮き足に, 深く入り込ん, 深ま, 深まって, 渡る道三橋, 渦を, 渦巻き濁った蒸れ臭い, 滑って, 漂うて, 漂って, 漂は, 漕ぎすゝ, 灯の, 無二無三に, 無意識に, 無我夢中に, 爪先き, 爪先上りに, 片靡き, 町角を, 発展させ, 登った, 登って, 真向きに, 眼眸を, 矢の, 知らず知らず足, 石ころ道を, 私を, 秋さびた, 移した, 移って, 移つて行つた, 突進した, 立ち去った, 立ち去った余, 立ち去って, 立ち昇らせて, 立ち現われた, 立て廻わす大岩壁, 筋を, 続いたり, 続いて, 縁を, 群がり寄って, 考えが, 考へる, 脱線した, 自然に, 草道を, 荷馬車の, 落して, 落ちて, 落ちはじめました, 蘆原を, 蟹の, 行きかけた, 行きましたが, 行きます, 行くの, 行く時, 行けば, 行ったと, 行ったの, 行つ, 行つてそこから, 行つてはじめの, 行つてゐる, 行つて崖の, 街道の, 裏町を, 見えなくなったの, 解釈した, 解釈したがる, 解釈する, 言って, 誘い寄せられて, 誘うよう, 誘った, 謂って, 賣りに, 走つて往, 走つて行, 走らせて, 走りました, 走り出しました, 走り去ったの, 走り去つた, 走り玉ひ, 走り行きぬ, 起ちあがらせて, 足どりを, 足の, 跳びあがるあと, 踊って, 踏み出して, 踏み迷い白昼, 身を, 転げ込んで, 辿って, 辿つて, 辿りました, 近づいたの, 近づきくる黒き, 近づきつ, 近付いて, 近寄つて, 近路, 返礼する, 迷い入った, 追いはじめて, 追つて行, 退却に, 送った, 送つて, 送られるの, 送るの, 逃げたがるあいつ, 逃げのびました, 逃げまろんで, 逃げまわって, 逃げ出して, 逃れる, 逆に, 這って, 通って, 通ふ, 通りすぎた, 速力を, 連れだって, 連れだつて, 連れ立ちながら, 進みゆく, 進み入るに, 進み荒川, 進み行くの, 進めた, 進めり, 進め終日発熱, 逼いよっ, 道を, 道草を, 遠く動い, 遠ざかって, 遠ざかつて, 遮二無二と, 避てる, 針路を, 開いた, 陸続と, 隔てた, 静かに, 靡くとき, 音を, 顔を, 飛び飛びを, 飛ぶが, 飛んでは, 食堂車を, 馬を, 馳せぬ, 馳る, 駆け出して, 駆け出すに, 駛らせ, 高く響け, 魂を, 黒い服, 鼻先を

▼ 方にも~ (703, 0.5%)

10 何か 6 いろいろある 5 工夫を 4 相当の 3 いろいろな, それが, 力が, 気が, 気を, 種々な

2 [34件] あった, ある, いろいろの, お目, そんなこと, なかった, よほど気軽, よるが, 一つ美味しい, 下の, 主婚者, 何の, 何らの, 兩親が, 同じよう, 少しばかり, 徳川時代文学の, 手を, 描き方, 望みが, 来て, 此が, 申上げ, 男軍, 目を, 眼が, 秘密が, 秘密に, 種々御, 考えが, 考へが, 見せちや可, 見落しが, 言分は

1 [592件 抜粋] あう事, あえず余念, あたしびっくりした, あって, あつたらう, あてはまるべき方法, あの後家さん, あらわれた, ありそう, ありますから, ありませんのよ, あるかも, あるが, あるの, ある場合, ある種, い, いうてな, いた, いちはやくその, いつもの, いつ陥没, いないらしいですが, いまの, いやな, いろいろありまし, いろいろ御, いろいろ悪い, いろいろ都合, いろんな僻み, うまいと, おつつがなく, おもしろみ, おりました, おれは, お出入, お目にかかつてお礼, お知らせしません, お酌, お馬, お馴れし, きっと体験, こたえた, このあたり, このよう, この前後, この品, こび権, こまやかに, これで, これと, これは, さだめて, しきりと, しこりが, しら波の, すきが, するが, せよ全然, ぜひ差上げろ, そういうこと, そういうところ, そういう噂, そうした大家, そう云った, そう評判, そこに, その二人, その味, その手心, その狼煙, その由, その表現法, その話, それを, それ相当の, そんな誤認, た, たいした影響, たれか, たれかけて, たれて, だいぶ家, だいぶ知人, だん, ちゃんと調べ, ちょっと後ろ, ちよいと, ついぞそれ, ついてまわる, ところどころに, どなたか, どの方にも, ない, なかなか工夫, なかなか目, なり兎, のけぞらず窓, のびて, ひと肌ぬい, ひッ, ほんた, まあ無理, まして私, まじめに, まずはお変り, また一つ, また厚い, また古, また各, また手加減, また料簡, また相当, また頼み, また飲みたくない, まだどことなく娘, まだなん, まだ五, まだ人, まだ欲しい, まだ禮, まるで灯, まわせませんね, もう申し上げた, もしや飛び飛びに, やかましい老人, やって来た, やっとはっきりつかめ, やはりそれ, やはり地方的, やれそう, よくあるでしょう, よく聞い, よく聴く, よく解る, よりますが, よるであろうが, よるわ, よる事, よろこんで, わかって, わざとらしさ, わっし, イケない, コツが, シチ祭を, ピンと, ボロが, モールス信号ぐらい, モー一本見えます, ユウレングサまたは, レースどこにも, 一々順序, 一か, 一つある, 一人それを, 一台転がっ, 一大危険が, 一杯でございます, 一番よい, 一軒廻らなけれ, 七分通りは, 三四人の, 不良少年は, 与し難い, 世にたいして, 主戦地と, 之と, 二つほど, 二度と御, 亦切明け, 人が, 今の, 今回の, 今後は, 仏教を, 付いて, 会って, 伝は, 似合わないのね, 佐原山頂附近にも, 何と云, 何んか, 何等不穏, 余り立派, 例年なみの, 便宜を, 倒れず沈むよう, 備えつける必要, 僕自身にも, 僻みが, 優勢なる, 充分に, 先頃から, 入れて, 入口が, 公武合体の, 其処には, 内密に, 出羽奥州にも, 分からず私自身, 分った, 分らず私自身, 別に変, 別人の, 力士と, 劣らぬ嘆き, 劣らぬ敬意, 劣る自分, 助力を, 勇者は, 勤めいい, 十そう前後の, 十分慣れ, 卓越さを, 単に私, 博士が, 却て, 厠は, 厳命が, 参与し, 及んで, 友だちが, 反対は, 反映する, 取って置きの, 口で, 只今一日五千フラン限りと, 叮嚀に, 台所にも, 同じ事, 同じ形, 同じ性能, 同じ袋戸棚, 同一様, 同情すべき, 同様な, 同類の, 名人でない, 名刺を, 名山霊刹の, 向けた, 呼吸が, 咳拂ひ, 唯今長府馬関在, 商売だ, 商隊は, 器量人が, 四五人綱吉の, 四国の, 困るから, 困るよう, 壊れた船, 変化を, 多少の, 多少は, 多少雪, 大きな河, 大きな輪, 大分諸方から, 大変が, 大抵お, 大抵鑑定が, 大體, 奥の手が, 好い事, 好い御歳暮, 好い野営地, 好意が, 好意の, 如何様手落が, 妙な, 妹の, 妹娘の, 妻子が, 嫁入り先の, 存外な, 存外淡島様, 宜敷く, 実は爺石, 家臣の, 小さい岩穴, 小屋を, 少からぬ, 少く言分, 少し思いあたる, 少し都合, 居て, 山の, 屹度自分と, 岩波書店の, 帰って, 帰らなければ, 幕軍方にも, 平面に, 幼児の, 幾つか, 廻って, 引っかけて, 強く働い, 強硬な, 役立って, 得は, 御意志, 御用が, 御目, 心に, 心当りが, 心當り, 必要な, 忙しい仕事, 忽ち哨戒隊, 思いあたること, 思いやられた, 思うよう, 恥を, 悉く御, 悟られた, 悪い方, 悪企み, 情報が, 惡企み, 意味が, 意味は, 意外を, 我慢した, 或る, 或程度, 戦場往来の, 押される方, 探偵の, 損が, 改めた, 救いが, 数の, 斜に, 斯う, 新免伊賀守の, 日の, 早くからあった, 明日一日だけ, 昔と, 曰が, 有り南, 有るが, 有るでは, 本多侯が, 本村に, 杖で, 条件がな, 東南の, 案外な, 案外呶鳴り込み, 楊弓を, 楠木方にも, 極った, 檄を, 正木から, 此の, 此等の, 武家風な, 歩き方, 残って, 段々議論, 段々近寄りつ, 殺される理由, 毛色の, 水着を, 永遠の, 汚点が, 決してそれ, 決して恥, 油が, 法が, 法相衆三論衆華厳衆など, 注意しだした, 洗練と, 浄瑠璃語りの, 深く心, 湖が, 灯が, 烈しく後悔, 無かつ, 無くて, 特色が, 猫が, 現われる, 現政府, 理は, 生れつきの, 生産の, 産する, 用意が, 用立て, 甲州方の, 申分の, 異存が, 異存は, 目も, 直ぐ掛け合いました, 相済まん, 相濟, 相當, 相違が, 省政府, 知られて, 知合いが, 短い棒, 碇泊船の, 移って, 第十一條, 箸を, 紹介されました, 絶えず気, 続いた, 締りの, 縁談は, 繰返して, 罪が, 罪の, 置かれべつべつ, 美術報国会といふ, 義理が, 義経の, 考が, 聞えまして, 聞えような, 肥前の, 胸に, 能うだけの, 脇差にも, 自ら段落が, 自主的な, 船の, 色々あ, 色々の, 芸者衆や, 荷物を, 落度が, 著しく目, 血の, 行かず表, 行かれやしない, 行くと, 行つてゐた, 裏手にも, 複雑な, 西洋の, 見えた, 見える, 見せて, 見たいと, 規定が, 覚えが, 覚悟も, 観方, 計畫, 診て, 詩人の, 話して, 調子の, 諸家様の, 谷山の, 豆粒の, 貞盛なり国香なりの, 賛成せず, 跋し, 身の, 身を, 軍師が, 輸出した, 迷って, 迷は, 這入つて行, 過ぎて, 道が, 道理は, 遠い連山, 遠慮が, 郡山にも, 酌し, 重々おわび申上げなけれ, 重大な, 金が, 金吾は, 関係が, 関係する, 闇の, 随分譲歩, 離れたの, 電信浜から, 響いて, 飛ぶの, 食料を, 飲ませるからと, 馬を, 馴染が, 驚くよう, 高氏への, 黄いろい紙

▼ 方です~ (624, 0.5%)

8256552717 から 1311 が, の 10 からね, もの 7 から私, ねえ 6 がその, わね 5 のね 4 かね, がこの, がこれ, がね 3 かい, からねえ, から御, けれど, こと, って, なあ

2 [15件] かな, からあなた, からその, か三面, があなた, がお, がどう, がどうして, が自分, し, ぜ, ね一体どう, もの怨ん, よ私, わあんな

1 [234件] あッハハハ, あッハヽヽ, いつか話しました, え, ええこつち, え大将, かあの, かと云う, かもう直ぐ, からあとさき, からいずれいろいろ, からお, からお嬢さん, からお話, からかまいません, からがんりき, からきっと, からこういう, からこどもたち, からさつき, からすべて, からそこ, からそれ, からそんな, からそんなに, からどうも, からな, からなに, からねアレクセイ・イヴァーノヴィチ, からね現代, からまた, からまだなかなか, からめったに, からもし, からやれ, からわざッ, からオートミル, から三度, から主として, から何, から何卒, から俥, から僅か, から先生, から入, から加代子さん, から却って, から同じ, から境遇, から大, から大久保, から家族, から左様, から幾度, から弁護士, から念, から怨まれる, から息子, から悪気, から時々, から杉浦, から淡泊, から生物, から田島さん, から真, から純, から自分, から袴, から言え, から註文, から警察, から金蔵, から間違っ, から随分, から駄目, から髪, かネ, か上原謙, か弟, か恨めしい, か気永, か関東方, があ, があの, がいくら, がさ, がさっそく, がしかし, がすぐ, がそれ, がてまえ, がどんな, がなお, がな実は, がねこうして, がね寒い, がね諸所方々, がまちがい, がやはり, がカム, がキリキリ, がネ, が一寸, が上野光子, が中, が之, が今, が他人, が何かしら評判, が充分, が先だって久しぶり, が其人, が其密教, が前, が勤め, が単に, が四肢, が女中, が実際, が實際, が庚申塚, が御, が戸籍謄本, が手前ども, が料理方, が昔, が最近八十五歳, が由紀, が發育不良, が美し, が色白, が若, が追, が隱居, が顏立ち, が類焼, が鳥打帽, けれどあの, けれどお, けれどこんな, けれどね, けれどねえその, けれども, けれどもあ, けれども時々, けれども殊に, けれど一つ, けれど良人, ことネ, しそして, し代理, し心持, し旦那様, し浪, ってさ, ってそれ, て, といくら, とさ勧業課長さん, とその, とのといふやう, とは安岡君, とも, とわたし, とネー, と云う, と云うた, と云った, と劉, と又, と店, なぜなら僕, ねいろいろ, ねえあなた, ねえ彼様, ねえ決して, ねお, ねと云, ねほう, ねハッハッハッ, ね手紙, ね男, ね私, ね貴方, のと睨みつける, のよ, のわたし, ものね, ものねえ, もの人の, もの昨日は, もの木村に, もの私に, よいふ, よお, よきっと, よくわかっ, よこの, よそう, よそれ, よ三倍, よ忘れた, よ才智, よ旦那, よ竹中十兵衞, よ醉, ろうと, わいい, わと南原杉子, わ創口, わ女, わ淀君さん, わ男, わ私, ッて, ネ, ネエ娘の, ネー, 上村君この, 世間に, 事に, 事ネエ, 事ネエ部屋で, 五月雨時の, 叔父さんへ, 我ままで, 或る, 本当に嬉しい, 私の, 突然人, 素人さんが, 而も, 膝を, 飯田幸雄

▼ 方まで~ (530, 0.4%)

15 行って 11 歩いて 8 続いて 7 見て 6 つづいて 5 遊びに 4 出て, 来て, 流れて 3 出掛けて, 歩きに, 確かに

2 [20件] あれた, して, とろとろと, ひろがって, まんじりとも, ハモウニカの, 一目に, 一見しよう, 一面に, 分け入るぞよと, 持って, 續い, 聞える, 行き途中, 行くの, 行った, 開いて, 降りて, 雪の, 飛んで

1 [417件] あの樹木, あると, ある妹, いちいち浄玻璃, いって, いつわって, いやに, おさよ, およぐ, お受取りしよう, お尋ねいたしました, お庄, お探しした, お染, お申し入れ, お頼み, かかって, かなりたくさん, かなり大きな, きこえて, くると, こいで, ころがって, さうなん, じゅうぶんに, すさって, すっかり出るでしょ, すっかり透き通っ, すっかり飛行場, ずいぶん賑わっ, ずうっと, ずっとのばす, ずっと見つづけました, そう云っ, そっくりだ, そっくりで, そっくりであった, そのそり, そのほかアンコ馬, その散歩, その木立ち, それの, それらの, ちゃんと心得, ちゃんと教え, ちやんと, ちょうど山脈, つ, つい頬, ところどころこうして, とんで, どこか, どろんと, どんなにこの, のびて, のぼって, はいって, はみ出て, ひ, ひびきました, ぶら, ぶらぶら歩い, へばりついて, まいった, まいりまして, まくり上げて, まくれて, まわって, まゐつた, みなお揃いで, みんな一様に, むき出しに, むらがって, もぐり込むこと, もつとも天井, やってきたの, やってきて, やって来たが, やって来ました, やって来るという, ゆきますから, ゆくの, ゆくんか, よく出, よく徹りました, よく片付い, よく聞え, よく見える, よごれる, わざわざ問い合わせ, われは, アングリと, ガシャンガシャンと, グラッドロンの, ブラブラと, 一々誰, 一と, 一ぺんに, 一人で, 一円に, 一寸行つて來ました, 一度に, 一気に流れ, 三日間描い, 三番打つたさうです, 上って, 上るの, 下げた, 下ろした, 下界を, 不規則に, 両側の, 並んで, 乗つて行つて, 二人で, 云々する, 休みなし, 伸されました, 佐渡の, 何うし, 何度も, 何等の, 侵入し, 俳優と, 傾斜面は, 働いて, 僕の, 入って, 入つて行つて, 全く同じ, 冴え返らせながら, 冷えあがる, 冷えて, 冷え入って, 出かけて, 出かけよう, 出かけようと, 出かけるが, 出かせぎを, 出したよう, 出張した, 分けるよ, 分け入らなければ, 剃るん, 剣渦戟潮に, 割けて, 動物的で, 十八時間ブッ通しの, 十里四方の, 参って, 参りたいの, 参りましたから, 参りましたところ後, 参るので, 可成眞面目, 可成真面目, 同じだ, 同じな, 君の, 四人一列に, 回りに, 土が, 土間の, 坂の, 垂れて, 垂下って, 埋る道, 墓参りする, 変つ, 多いの, 多く桑, 大がかりな, 大事に, 姿を, 子供や, 実に明瞭, 少し漆喰, 屆けられた, 屆ける, 崖を, 川につき, 巻きあげるかと, 市電が, 帰られまい, 帰りません, 帰り申候, 帰るには, 年中無茶苦茶を, 広い空, 底黒い, 延びて, 延長し, 廻して, 廻って, 廻つて見た, 引かれて, 引き入れられて, 引っ張って, 張つて張つて張り通しました, 彫らないこと, 彼の, 往くと, 御出, 御造作, 心に, 忍んで, 快くなる, 思いやるよう, 恥ずかしくなります, 悉く毛, 戦が, 戦に, 戻つて, 手わけを, 手を, 手傳ひ, 折れ曲がって, 抱くに, 掛けて, 探ぐってみたのが, 探した, 探しに, 探し廻った, 探し廻ったが, 擽る, 教えた, 教えて, 教わって, 散歩し, 散歩した, 散歩したい, 数えて, 旅し, 日の, 旧来の, 昔の, 来たと, 来た時, 来られて, 来る用, 栃尾とは, 格子戸から, 止む間, 武家出らしく, 歩いた, 歩いたこと, 歩き, 歩きは, 歩き回りに, 歩き廻った, 歩き続けた, 歩くと, 殺したの, 母の, 毛利家へ, 気に, 氣に, 水に, 河岸に, 注意し, 泳ぎに, 流されて, 流して, 流れかけて, 流れ出して, 海に, 涼風に, 渡って, 溯って, 漂った, 漂って, 漕いだり, 漕いで, 漕ぎ上った帰り引汐, 漕ぎ上つた帰り引汐, 火が, 点いて, 無事に, 無意識な, 無数の, 焼き立てるの, 燭力の, 爪先で, 狩り歩くが, 用たし, 田の, 申しあげた通り, 癪に, 發展し, 白い泡, 盛りかえされるかも, 相携え, 真白に, 眺められます, 眼に, 知らず識ら, 知れて, 知れるよう, 碁を, 私が, 私共が, 移って, 稼いで, 積み重ねられそこ, 穏やかだった, 穿って, 立ち入って, 立昇った, 端しょっ, 素通しで, 細かに, 続いてるって, 続くでしょう, 続くの, 繩張りに, 繰返すので, 續く, 罷出高柳先生, 習って, 考えるよう, 耕されて, 聞えた, 聞えて, 聞えるかしら, 聞こえたかい, 自分で, 自転車を, 臭うて, 舞台の, 航行し, 荒町の, 葱の, 虎杖の, 行かないですか, 行かなければ, 行きそこ, 行きそれ, 行きやす, 行き遠く, 行く, 行くかも, 行くらしいの, 行けば, 行ったの, 行つた, 行つても, 行つて待つた, 行つて見, 行つて見た, 行つて見ない, 行つて見ました, 行つて見よう, 袖まくり上げ, 裸体に, 裸體に, 見えた, 見えるその, 見える訳, 見せに, 見た, 見に, 見わたしました, 見世物の, 見回ろうという, 見廻りに, 見送って, 見透された, 見透されて, 見通すこと, 計算に, 読んだところが, 警戒隊が, 貫いて, 買いに, 走らせて, 跳ね飛ばして, 轉が, 辿りついたの, 辿りつきまた, 追い込んで, 逃げて, 逃げ去って, 逆上し, 這い出して, 這って, 通じて, 通って, 通つて蒸され, 通り抜けに, 連って, 連れて, 連れられて, 連れ出して, 進んで, 遊び回り谷川, 遊んで, 運ぶもの, 達する電線, 違って, 遠く行く, 遠征し, 遠征した, 鑿を, 長くひいた, 附き合わねえか, 降つて, 露わに, 露出し, 面倒を, 響いたので, 響いて, 響けた, 頑張るの, 風景が, 馳せ寄って, 駈け廻つて, 黒い人影

▼ 方~ (451, 0.4%)

64 んです 44 んだ 37 のだ 3531 のです 28 のである 15 んでしょう 14 のよ 7 のでございます 6 のか, のでしょう 5 のでした, のね, んでございます 4 ので, のであった 3 のかも, のであろう, のに, もんです, んだろう, ンだ

2 [13件] のが, のだった, のであっ, のであらう, のであります, のでこの, のでその後一月, のでそれ, ので私たち, ものです, んだらう, んで, んでげす

1 [97件] あれが, きもの, けれども山, ことを, さとが, さに, のかい, のかが, のかネ, のさ, のじゃ, のそういう, のだらう, のであ, のでいつも, のでお, のでお母さま, のでこれ, のでし, のでせう, のでその, のでそれら, のでまだしも, のでまったく, のでまんざら, ので一つ, ので一方, ので二書, ので仮に, ので何通, ので出入り, ので勿論そんなに, ので同じ, ので多分, ので夜明け方, ので容易, ので少し, ので居間, ので山, ので後妻, ので感服, ので時間つぶし, ので未来, ので源内, ので竜, ので純然, ので紳士, ので老, ので辰巳ふう, ので酒飲み, ので銀子, ので関羽, ので馴れた, ので驚く, ので鴈治郎, のと, のにこれから, のにそれ, のにそれでいて, のにそんな, のにどう, のにまず, のにまた, のにやはり, のねこまかい, のね何, のも, のよだから, のよとても, のよどう, のよどっち, のよめだか一尾水盤, のよ行き停, はずは, んざあどうでも可い, んざしたく, んざまあ, んじゃ, んだっし, んでご, んでさ, んでし, んでしょ, んでせう, んでその, んでと笑いました, んで丈夫, んで今, んで先日, んで土台, んなら, ンじ, ンで, 様です, 波の, 話さ, 騒ぎでは

▼ 方へは~ (380, 0.3%)

7 行かないで 6 眼も 4 何か, 目も, 行かずに

2 [26件] いつて, よらないで, バターを, 一度も, 一歩も, 優しい言葉一つ, 全くの, 姿を, 容易に, 往かずに, 急に, 手が, 手も, 挨拶も, 来ないで, 眼を, 蝉の, 行かないの, 行かなかった, 行かなかつた, 行くこと, 行くなよ, 見向きも, 足が, 近寄らないで, 震災以後一度も

1 [303件] あた, あのお話, あんまり注意, いいよう, いかずお隣, いかずに, いかず道夫, いくらの, いつの間にかこつ, いつも秀吉, いる方法, うまくはなし, お前書けない, お目附, お種, かう行, こう往, こちらへ, この家, この暮, これ, これから, すぐに, すっかり高い, その旨, その死骸, たびたび手紙, たまあにハガキ, たよりを, ちっともお便り, ちっとも廻らなかった, ちっとも行かない, ちょっと向いた, てんでご, どうした, どうとも, どう参る, どう往, どこへも, のぼれなくなって, はいらずに, ひっきりなしに射撃, ひつて, ひり聊か, ひる, まあだ他, また二三日うち, また焔硝, また癇癪, まだである, まだ小包, まだ帰れない, まだ浪路さま, まだ行く, まったく警戒, まともに, まるきり鼬, むやみに, めったに, もう目, ゆかないで, よくペチャクチャ喋, よろしく御, イギリスという, サク引も, ジナイーダは, ズーッと, ニセモノの, フランスという, ホンの, ヤレ鎌倉ヤレ大磯ヤレ小田原と, 一人で, 一切手を, 一寸ここ, 一寸にこりと, 一条の, 一瞥も, 一瞥をも, 三保の松原が, 上れるくらいの, 下谷の, 不沙汰, 不義理を, 両面ともに, 中井弘蔵が, 久衛に, 二上山を, 仁木は, 今は, 今日お母さんの, 今日はじめて, 仔細を, 会から, 会釈も, 佐藤黄鶴が, 何う, 何とも云つて來, 何にも, 何の, 何入れとる, 何千貫とも, 余計な, 例の, 便りが, 借りるって, 借りるつて, 僕の, 光が, 全く及ばぬ, 全然動いた, 全然帰らず, 八五郎の, 内証で, 出すまいと, 出ず裏庭, 出て, 出ないで, 出仕する, 初瀬から, 別に足, 別段に, 前の, 助の, 勿論ピエール, 半兵衛から, 参らずに, 参りません, 参りませんで, 取次がれん, 向う一週間休講の, 向かない, 向かないで, 向かなかった, 向けないで, 向はず, 向はれ, 向わず古伊万里, 嘴を, 国際水文学協会よりの, 夜遁げでも, 大三郎急病, 大層倹約, 大抵お, 好い加減, 始終愚弄, 嬢の, 宿まで, 寄りつきも, 寄りつけないよう, 寄りませんでした, 寄り着きも, 寄易い, 尊氏事上洛つかまつらず, 少しも, 屏風やら, 履歴書を, 帰らないで, 帰らなかった, 帰りたくないという, 帰れなかった, 帰れねえ, 帰ろうと, 幾らか體, 廻したくないと, 廻らない積り, 引かれるけれど, 引合いに, 彼の, 後で話, 得行かざりしなれど, 御無沙汰がちで, 御無沙汰を, 御縫さん, 徳川家から, 心配の, 必ずや御, 怖くて, 戻って, 手代の, 折れずに, 振り向かずに, 振返らないで, 文一本遣さず, 斜めに, 新聞紙の, 早速ミサ子, 星が, 暫時御無沙汰そんなこんな, 曲らずに, 曲らず堤, 未だ三吉, 来ずに, 来ないん, 来なかった, 来なくて, 板の間に, 某頭, 此方の, 此方を, 歩いて, 殆ど一滴も, 殆ど姿を, 殆ん, 気が, 気振りも, 決して行かない, 沙汰無しで, 泣きを, 注意しなそうに, 注意せず, 流れるが, 浪士来襲の, 淨土禪と, 深更に, 清作さんでなく, 渡らないで, 源義朝だの, 滅多に, 滅多には, 牛込の, 物憂げ, 玉子を, 番頭同道で, 當主の, 病気という, 目を, 目礼を, 直接に, 直接社から, 督促の, 知らせたもの, 砂糖を, 礼を, 福島から, 福島の, 笛吹川の, 答えず女中, 精しく言っ, 純銅が, 絶えて, 絶対に, 続々と, 美味しく味, 聞えなかったよう, 聞き取れなかった, 聞こえず, 聽え, 自由を, 若い時分, 若江病気に, 茶を, 菱川だ, 行かず, 行かず九州亭, 行かず大抵, 行かず広い, 行かず遠く, 行かないよう, 行かない方, 行かなかったの, 行かなかったのにと, 行かなかつたが, 行かなくなって, 行かねえ, 行けない, 行って, 行先を, 規定無視の, 誰か, 誰と, 諸事しめし, 赴かざるもの, 足を, 踏み出さなかった, 踏み込まず口数, 踵を, 近いの, 近かった, 近かつ, 近づかずに, 送って, 逃げずして, 逆の, 通らないで, 進まず二枚目, 遁げずして, 適当に, 酒匂さんや, 酒匂さん広岡さんその他一寸顔を, 鉄砲の, 錢形の, 降りて, 降りられません, 隨分しばらく, 電報が, 電報で, 電報も, 電報を, 頭をつつ, 顏は, 顕兄さんの, 魚が, 黙つておかみさん

▼ 方からは~ (302, 0.2%)

4 何も 3 いつて 2 いろいろな, それ以来青年の, もう二三人船頭, 何の, 少し風, 物音も, 誰々お, 誰も

1 [279件] あいかわらずいい, あまりその, あまり口, あまり滝田君, いいこと, いい匂, いきおいの, いつも其, うざうざするほど, おいしそう, おかみ, おとよの, かけるが, けしからんという, こっちが, こつちがち, この間前借りを, これこれ, これまでに, さいぜん飯屋, さかんに, さっきとは, しじゅう上方, しばしば彼女, すかして, すでにいろいろと, せっせと書い, そのゆわえられた, その人柄, その代り, その晩なん, それが, それっきり何の, それとなし, それ以来三日に, そんなもの, そんな手紙, ぞろぞろと, ただ閨, たつた一つ, たのしげ, たまには, とうとう誰, ともすれば意地, どう説明, どの位, どんどん火, なるたけ男, なるべく語りかけない, なんにも云っ, なんにも言い出さない, なんの, はたして曲馬, はっきり見える, ひつて, まさか手切金, まだ月給, もとより何, やっと物音, よくわかる, よく伺う, よく手紙, ガラツ八と, サクを, チラリと, ネルスキーの, ヘンリーヘンリーと, モロー彗星が, ーん, 一々訊かねえ, 一向啜り泣きらしき, 一淀君質として, 一顆の, 丁度逆光線, 七八十人の, 万能鍵で, 三十人に, 三味線の, 三百円いた, 下さらないでね, 下司法師である, 不思議な, 世間の, 之に, 予約の, 二三度下宿へ, 云へ, 五合庵の, 井口兵助大野九郎左衛門の, 人を, 人間の, 人間五人分の, 伊之助の, 何か, 何と, 何んにも, 何一言きく, 何時の間にか高い, 例えば, 例の, 便りが, 僅かの, 僅少な, 先生や, 入って, 全然見えない, 八回雪枝さんの, 出入りの, 初めての, 判らぬ筈, 別に, 別に話, 到底知れなかった, 劇しく, 勘当を, 勧んで, 北端の, 十回の, 千代子が, 半鐘も, 南原杉子の, 博士が, 厭な, 參つた, 取り敢えずこれ, 口舌妬忌の, 可成り憎まれ, 号外売が, 吉川は, 同じ人, 嚴重な, 図々しく貴女, 夏火鉢額その他勝手道具の, 夕方揚げものを, 夜分に, 大勢の, 大抵色づいた, 大胆な, 大船でなく, 失礼ながら, 奥さんの, 嫁の, 定基の, 宿の, 審査員を, 尋ねても, 尾張の, 川向うの, 師の, 年々の, 幾度か, 幾頭かの, 庭まで, 建振, 強い風, 彼の, 後からも, 御金, 必ず手紙, 或は避けたい, 手を, 手代の, 手紙が, 拍子を, 掛かりの, 提灯が, 攻めて, 新帝も, 日が, 春婦たちが, 時として親, 時どきに, 時代の, 時折なまぐさい, 晴れやかな, 暗い所, 暫くは, 最も謳歌, 最早辞令, 朝夕の, 来ないで, 来月の, 根本的な, 梅の, 様々御, 次第に絶間, 此切戸は, 段々に, 毎日の, 決しておごらなかった, 決してもの, 沙汰なし, 浪人風の, 涼しい風, 滅多に, 漢籍でも, 潮騒の, 煙が, 煙りの, 物売りの, 独逸文字の, 當日の, 病気に, 病気の, 白っぽい茶色, 白峰も, 目も, 省作の, 知らぬ顔で, 研究に対する, 破門で, 碁石の, 祖母さんが, 神輿の, 私の, 秘密艦隊が, 穏かな, 竈の, 立派な, 紅の, 絶え間なく, 絶対に, 総て幾等か, 縁を, 翁の, 老人の, 聞き慣れたよい, 自ら賤者の, 茶菓弁当が, 薄暗いこちら, 袋が, 見えないが, 見えないし, 見えないよう, 見えなかった, 見えなかったが, 見えにくい, 見えませんの, 見える訣, 見ること, 言葉ひとつかけない, 謂わば, 警察へ, 貧しい話し声, 賑やかな, 身体の, 迚も, 追手が, 送別の, 送金も, 送金額が, 途切れ途切れに, 遠い本所くん, 遥かに, 配達近所は, 酸敗した, 鎌の, 長い昼休み, 開会式の, 雇人では, 雇人の, 電車の, 霰が, 青銅器が, 非常に, 音も, 音信さえも, 音沙汰の, 頻りに勘定, 顔が, 風呂の, 飯を, 飯田の, 駕籠だけも, 騷がれ, 鳴雪翁碧梧桐君らと, 鵜の, 麦稈の, 黒い雨雲

▼ 方へも~ (301, 0.2%)

11 行った 9 行って 3 持って, 照会し, 等分に, 飛んで

2 [16件] おげん, お出でが, お鉢が, たよりを, どつて, 二度ばかり, 出て, 回って, 声を, 廻って, 往って, 手を, 手紙を, 捜索方を, 早速お知らせ, 行くこと

1 [237件] あのま, あまりせき込んだ, あれつきり, いいよう, いくらか廻さなけれ, おじぎを, おれから, お出向き遊ばす, お届け, お島, お拡め, お父さま, お父さんから, お訪ねする, お話しに, お辞儀に, かねてその, きこえたので, きこえ客, こういう手紙, こういう訴え, こういった, ここからは, ことわって, こよい, さした, すぐ感じられた, そう言っ, たびたび忍ん, たびたび無心, たまにしか, たれかかつて行, だんだん食い入っ, どうぞ, どしどし出る, どつて來, なんとも言っ, ひしひしと, ひびけて, まは, まわり, むろん少なから, もちろん高, やさしく言葉, やって来た, やっといて, よく引, バスで, バラバラと, 一寸お知らせ願えれ, 一度訪ね, 一杯差し上げたら, 一通書きましょう, 三吉には, 下りて, 世話し, 丸一年, 乾分の, 事ニより, 二つの, 二尺ほど, 二股かけ, 云うて, 云って, 人が, 人見の, 今の, 今度下宿を, 伴れ, 何か, 何とも云つて來, 何んな, 何度も, 余り通は, 使いを, 使を, 來たら, 俺から, 入り込んで, 全然爾来の, 内緒に, 再三訪れ, 再度の, 出かけて, 出られるので, 出入りせる, 分ること, 別に御, 別れを, 前線の, 割り戻されて, 力を, 勝之助の, 十分聞かせる, 半分眠っ, 参られず他人, 参ります, 参り申候, 右の, 同じくたのむ, 同様な, 同様に, 向きかからねば, 向きて, 吹いて, 味を, 和助に, 夥しく湖水, 大きな手, 大分用立て, 好い加減な, 姿を, 宜奉, 寄せて, 寄って, 寄らないよう, 山間に, 工合の, 左迄は, 差出しました, 帰つて行く, 帰らなければ, 帰りますから, 度々電話, 廻せる, 引きずりそう, 当つて, 影響した, 往き池, 御三人, 御披露, 御無沙汰し, 悪いだろう, 手分けを, 手広く出入り, 手紙かい, 手紙は, 手配を, 打ち返して, 折れまがって, 押し寄せて, 拂へる, 拝礼を, 拡がって, 敏感に, 救援隊を, 散所民, 敬意を, 数回往復し, 文献解説の, 断わって, 早くお知らせ, 早く来ました, 時々お, 時どきいらっしゃいます, 来たかと, 来て, 東京での, 案内しまし, 桟敷の, 歩いて, 毎晩まわっ, 気を, 氣を, 泣きを, 注進の, 洩れて, 海上の, 清助の, 済まないから, 渡りが, 為替が, 無心に, 片時立より, 狩立てに, 病気の, 盤を, 知らせが, 知れて, 知れないで, 移って, 移つて行つて幾度も, 立って, 等しくお, 紹介しよう, 聞えた, 聞えて, 聞えないはず, 聞き合せたこと, 聞こえて, 脚を, 自分の, 自動車を, 自然私の, 落ちて, 落ちない, 落ちなければ, 行かず村, 行きかけて, 行き大沼, 行き帰り, 行き源兵衞, 行き無数, 行くと, 行けなかつたね, 行つて立つ, 行つて見た, 行つて見ました, 表口へも, 見せに, 見廻って, 言つて来た, 言を, 言葉を, 計り又, 話を, 談し, 讀む者, 超自然, 足を, 追手が, 送つて, 逃げられず並木, 逐一言っ, 通じます, 通知が, 進んで, 遠い旅, 金を, 降って, 響いて, 頭を, 顔も, 願書を, 飛びかかって, 飛脚を, 馳せ遠く

▼ 方でも~ (273, 0.2%)

4 直ぐには 3 ある, ないが, 喜んで, 黙って

2 [11件] する, どんどんどん, よろしい, 卑怯な, 同様で, 困って, 妙に, 廻って, 弱って, 現代の, 黙っては

1 [235件] ああ出鱈目, あの扇, あまねく信じ, あろう, いけなけりゃせめて, いやでなけれ, いやに, いるん, いろ, いろいろに, いろいろの, おどろいて, お宅, お察し, かまいませんが, かれら, きこえるの, こう云っ, ここでは, ここの, このわずか, この余り意外, この通り, ご自身, しこんど, した, して, しないこと, すぐれた御, そうである, そうです, その女性, その家, その意, たつた一人, できるだけ, どうでござん, ないから, ないし, ないつい, ないやう, ないん, ない無色無所属, なくまた, なささうですよ, はいっては, はなすこと, まさか捨て, またすつかり婆さん, またまさか, まだまだ足りない, むやみに, もちろん迅雷, もっと実用的興味, やってたの, やむをえずそこ, やります, ゆゆしげ, よろしいが, わかつて, わりに平気, ダメだったろう, 一方の, 三戸郡の, 不思議そうな, 不思議に, 不要心だ, 事もなげに, 今まで, 仕合わせでございます, 会いたがって, 低劣な, 何だか解, 使いにくく, 侘しそう, 働き甲斐, 充分眼を, 出来るだけ, 出雲地方でも, 分る, 初めから, 動きませんでした, 勿論諸所, 十分捜索し, 十分用心を, 十分留意され, 十分留意を, 取って, 可愛がっ, 可笑しい気, 叱ったばかり, 合わなかった, 同情し, 同様な, 同様に, 同様犠牲の, 名だたる榊原, 向こう側の, 啼いて, 單に, 因循であった, 図画でも, 固唾を, 國書刊行會の, 堅固な, 夢中だ, 夢中に, 大事に, 大事を, 大分違いが, 大分騷ぎまして隨分有名な, 大助り, 大変だ, 大変に, 大変失礼した, 大変気に入っ, 大将自身出馬し, 大抵は, 大抵解った, 女の, 婦負, 嫌とは, 子供衆が, 少うございませう, 平常と, 廻つて見よう, 引受けられないよ, 弘くまた, 往こうもの, 待って, 御存じでございます, 御影堂の, 御忘れでしょう, 御隠居, 忘れるとも, 応じきれません, 思いがけぬところ, 思い切って, 怠らず物見, 悦んで, 惚れなければ, 懐いて, 戦備に, 手伝って, 打った, 折れ合って, 抱いて, 持て余して, 播州姫路の, 斎藤大八郎柴田源左衛門等が, 日常生活の, 智を, 有名であり, 有名な, 朝晩の, 朝鮮の, 来て, 柴田とか, 構いません, 構わないから, 止むを, 歩いて, 気がついた, 気づいたこと, 気づいて, 気付いて, 気質でも, 池袋という, 津軽の, 無理に, 熱心に, 特別に, 犬死である, 用いられる, 疑は, 盛んに, 相当の, 相談し, 真剣に, 真面目に, 知ったと, 知って, 知ってるかも, 知り抜いて, 確かに, 確実な, 稀ならず, 種々な, 立派な, 笑おうと, 粗略には, 精兵中の, 精鋭中の, 素直に, 考え込んだ, 聖母様で, 聞えの, 自分の, 自然に, 致して, 船を, 船頭の, 良い方, 苦しゅうない, 血気な, 見張って, 覚って, 言った, 調法がられ, 負けずに, 負けないで, 負けぬ気, 貰って, 買っとくと, 貸す方, 逐い出さず女, 進んで, 違える程度, 選り好みは, 重宝に, 重要視は, 野暮がたい, 釣ったもの, 際立ったもの, 隨分面白, 面倒だ, 頻りに論議, 頼むから, 馬鹿に, 驚いたの, 驚いたらしく互に, 高価な, 鳴いて, 鳴って, 黙ってるだけさ

▼ 方では~ (263, 0.2%)

26 ない 15 なかった 7 あるが 4 ありません, ありませんか, ないので, なかつた 3 ないと, ないの 2 そんなこと, だめだ, ないて, ないね, なかつたが, なくて, なくむしろ, 一方の, 名主様の, 無いに

1 [173件] あったが, あっても, あのお方, ありいせぬか, ありますが, ありませんが, ありませんでしたね, ある, あるじ源十郎と, あるまいかと, いけないと, いって, いは, いよいよ松平家, お父さま, かねて, この事, これに, これ以上の, ございますが, ござらぬか, さらに弟, しょせん末々, すでに撤兵, その出陣, その請求, その首級, そりゃあもう, それが, それでは, それまでの, そんな無法, たちまち木陰, だいぶ自分, つまり, とうてい上糯米, とうに遠望, とても人間, ないか, ないかと, ないけど, ないけれど, ないこと, ないよ, ないヒュー, ない吐い, ない大事, ない色, なお手, なかったらしい, なかつたやう, なく, なくさながら, なくただ, なく与へられた材料, なく子供, なく春昼, なく泥, なく私達, なく絵画, もうその, わざとそこ, わずかに, エラ物は, パーリ語の, 一時愁然と, 一歩も, 万雷の, 上流の, 九月に, 云うまいと, 交りつ気なし, 交代制を, 仮葺きの, 何を, 作者に, 信忠の, 優しく見えね, 兩夫人を, 兵馬の, 切所を, 刑事ならず, 到底理解, 到底確実, 到底細胞, 勝敗は, 勝軍の, 十人の, 半畳を, 占領された, 口の, 口を, 右の, 哀調よりも, 埒が, 堺の, 外套の, 夜の, 夜来の, 大勢の, 大嘗祭は, 大根蒔き, 大騒ぎ昨夜娘の, 大高城, 奧樣の, 家來や, 対足利の, 尊顔を, 山吹を, 彼の, 後姿を, 御着, 忠盛鎌倉幕府方では, 思はれるだらう, 手を, 接戦を, 政宗が, 故跡旧物, 敵の, 文化の, 早や, 昨年春いず, 普通の, 最初に, 有りませんか, 未だ足りません, 本霊, 東南西に, 果して問題, 梵語の, 此の間どうして, 此は, 武器係り, 歯が, 死にきれなくなったん, 死んでも, 殆ん, 殿の, 毒を, 決してない, 満足しないらしい, 烏丸光広さまなどが, 無いかも, 無いが, 牡丹屋に, 疲れるの, 白扇を, 目に, 直江山城守との, 真の, 真佐子は, 矛盾を, 知んねえに, 福島の, 簡単な, 群馬県多野郡入野村字馬庭, 聖人と, 芸術と, 観察し, 記して, 話が, 讀み了, 足りないので, 運動を, 運送船五隻に, 金と, 集った諸, 雲井秋生先生なんか, 面白くない, 頑として解い, 頼朝の, 顔も, 顕家の

▼ 方~ (240, 0.2%)

4 店の 3 御近所, 歩き方 2 お顔色, ないと, 向日葵の, 書き方を, 横の, 私と, 考え方に, 野原に

1 [214件] あっしの, あつかい, あらゆる動作, あるいは胴, いづくと, いろ, おけさ婆さん, おへん, お子たち, お桃, ぐるぐるまわっ, この教室, これが, ご家中, しかし静か, その他いろんな, それから外, それを, と思ふとる, と殆, ない, なア, また君達, また海, みせえが, もてなし振りは, バンカーという, ピアノの, フランスの, プチブルマダム達は, ペダルの, 一つしか, 三味線の, 下回りの, 乘仕込みの, 仕事の, 他の, 会津桑名の, 何かに, 先の, 先輩の, 先輩達の, 八五郎親分の, 其中に, 冠り, 出札口前を, 分家の, 列べる棚, 動作の, 医局の, 医心方や, 卑しげ, 古い奉公人, 叩き方, 台所方の, 嘔吐の, 垣根岩の, 墨の, 夕方や, 多数の, 多賀方の, 大店, 大江美智子の, 大荷駄, 天文学の, 始末の, 始末は, 姫君から, 家の, 寅彦を, 射撃の, 小猫, 少し腰, 少年達は, 尾州の, 山田村の, 嶋一つ, 幼い主君, 建築方の, 後進の, 御新造さん方を, 心づかい方を, 怒鳴り声, 性格の, 意義について, 感じ方の, 感得し, 感覚が, 態度で, 態度に, 態度に対する, 我れ, 手く, 手を, 手綱や, 技術を, 抑揚は, 抗議の, 描写に, 政事軍事の, 政府筋や, 斯んな, 新聞報道の, 春の, 暮し向きについては, 書き方の, 有珠では, 未知の, 材料の, 松林の, 柄で, 椅子の, 業の, 標石や, 機関方の, 歩度や, 気分に, 水流の, 演目が, 濁り方, 焦だちやすい, 熱情が, 牧師さんが, 物ごしが, 特に膝, 現れ方, 理窟の, 生き抜き方, 生活態度といふ, 田舎者めいた, 町人へ, 番頭の, 病児の, 皆さんの, 盛り方, 目の, 眠けの, 知事さんなんかの, 石の, 社會風俗の, 私が, 私では, 科学的幾何学的の, 程度に, 窯業の, 童まで, 端役の, 笑い方, 筋道を, 粉の, 糸の, 素振りは, 組合に, 結い方, 縫い方, 翫賞法が, 老嬢達こそ, 老師などの, 考へ方, 聞こえ方, 肩の, 自分の, 色々であった, 色々と, 芝居町の, 若いお方, 若年寄が, 薬品の, 行き方が, 行く末の, 街路樹が, 衣文の, 衣紋の, 表情の, 表現形式が, 装置方だけに, 装置方やを, 親分さんの, 観方, 観測の, 解釈を, 言い伝えなどにも, 言い方を, 言ひ, 記述する, 話し方などを, 話し方について, 調子はずれの, 論じる態度, 諸先輩, 谷の, 赤橋守時の, 起居などにも, 足の, 身ごなしは, 身振りなどといふ, 軍需品の, 送り仮名なんかに, 運命の, 道をか, 遣っぱなしな日常生活, 金奉行の, 間違つた見方感じ, 陣太鼓の, 頭の, 顔の, 顔面の, 風俗で, 食べ方, 馬の, 高い鼻, 髪の, 黒子の, 鼓の

▼ 方より~ (240, 0.2%)

2 [14件] して, 一束の, 出で, 右旋り, 呻り来, 家の, 帝都上空に, 掛け声と, 材料が, 消え去ること, 相向かい, 舞台へ, 艮方へ, 言えば

1 [212件] あれよとばかり, い, いはむ, おとずれきて, お上りなされ, お取, お叱りでござる, がらりと, くる人, こっちが, こなたへ, この山, この東国, しきりに汽笛, しみじみと, その儀お願い, つがんと, つまり先刻道庵先生, ほかこんな, ほかに, まだよくからか, むしろ水, むら立つ, ガーリセンダを, ズット勘が, ドシドシ食物を, ハ大, 一人しか, 一応退散, 丈の, 下の, 下り来たれり, 不都合なる, 中岳谷落合, 主人の, 之を, 云ふ, 人の, 今し, 仕末, 他の, 仙太郎が, 仙太郎小走りに, 伺へば, 体よく, 何の, 何ものかを, 余程いう, 來り, 信仰を, 先に, 光明さす, 入り来る男, 共同墓地に, 出すべしと, 出て, 出火半焼と, 刀屋の, 到来の, 前進し, 勝たる, 北上し, 十太夫は, 十太夫足早に, 危険な, 又蹄, 反映す, 叫ぶ聲, 同じく鬨, 君帰りきぬ, 吹けば, 堅くさし, 士官二人低, 夕までに, 多くの, 大切に, 大降りに, 始めたれば, 始めて, 威勢よく, 婦人に対し, 嫌疑が, 学校へ, 宿引差出, 寄せ来る波濤, 少くも, 少し, 岩苔谷落合ひ, 川を, 差し通したれ, 希臘塔市, 帰路数十歩前において, 平家に, 幾屈折し, 庭づたひにて十太夫足早に, 庭づたひに奴權次走り出, 庭づたひに用人柴田十太夫が, 廉太が, 張り節, 後に, 御書拝見, 恁と, 恐ろしき金笛, 意味が, 或時, 手を, 押出し来る, 拙者を, 政所への, 敵が, 敵の, 文学の, 早く明るい世界, 是非是非急に, 暴雨の, 李中, 村の, 来しが, 来たりて, 来ると, 来る者, 東京へ, 柳の, 權六走り出, 残酷な, 殘酷な, 段々前, 母様宛に, 法を, 清須城を, 渡りて, 渡り来ると, 滾転, 漸く世, 無理に, 焼松二, 牧太郎の, 狭き坂道, 生ずるもの, 甲板上に, 申し入れて, 申し出の, 疾騙し, 瘤の, 神馬を, 秀吉どのへ, 種々の, 突如と, 立かへ, 答えて, 紙帳へ, 綾瀬橋といへる, 総攻撃, 聊か嫌疑, 聞いて, 腐り行く夢, 艶書も, 芝飯倉通に, 菊蔵と, 菊重方へ, 薄紅, 薩州へ, 行けば, 西側に, 見たるもの, 見て, 見ても, 見られるやう, 見るも, 見る時, 角右衞門が, 記せば, 訪ふべき, 請取通の, 貴下の, 走せ来る人力車, 走れる原, 起こすもの, 起る, 足音し, 足音高く, 迎えて, 近くの, 近所の, 返し來, 返上致させます, 迫り来たったので, 迷いきて, 進んで, 遙かに, 遣しし建沼河別, 針木谷落合其の, 鈔出した, 長いのに, 長安の, 閃きのぼりて, 関に, 闇夜を, 附添の, 降り来る, 陰雲盛んに, 雪を, 頸の, 額の, 風や, 風吹く, 馳せ入らんと, 駆け遅れて, 駆より, 黒雲にわかに, 黒雲俄に, 鼾の

▼ 方~ (236, 0.2%)

7 というもの 5 に支配 4 のよう, を理解 3 といったよう, のもと 2 が可能, が支配, に到達, の存在, も何, を代表, を無視, を疑う, を発見

1 [192件] あるいは論理, から推定, があっ, があべこべ, があまりに, があるだろう, がいかなる, がきびしい, がここ, が世, が伏在, が何, が判明, が啓示, が変わらない, が如何, が存在, が応用, が成立, が普遍的, が現れ出した, が発見, が設定, が述べ, が述べ得られる, が適用, が電子間, であって, であり征服者, であり或, であるから, であると, であるよう, です, でない限り, ではあらう, ではあるまい, でも色々, で単に, で天体, で導い, で規定, といえ, といふもの, とかさ, とがいつ, とその, とでも名づけ, となりえぬ, との区別, とは云う, とは畢竟, とよほど, とを求める, とを特殊, と同じ, と矛盾, と論理, なしに, などというもの, などのよう, などはガス, なども恐ろしく, などを無視, なの, にあまり, については心理学, には誤り, には通例, によって分布, によって支配, によって整然たる, によって直線落下, により, に信頼, に合わない, に合致, に従う凝集力, に従っ, に従っていろいろ, に従ってわれわれ, に従って出, に従って分布, に従って力, に従って行なわれる, に悖る, に指定, に服従, に準拠, に照らし, に関しては現在, に順應, のご, のごとき, のやう, の中, の予想, の云い表わし, の云い表わす, の価値, の入り口, の前, の厳密, の場合, の変遷, の完全, の定義, の恐ろし, の意味, の成立, の支配, の普遍, の普遍性, の最初, の条件, の樹立, の結果, の統一, の統計的解釈, の衝突, の記述, の設立, の近似的, の適用, はあまり, はある, ははたして, はまだ, はもちろん, はもはやなんら, は不変, は事実, は人間, は人間未生以前, は元来経験的, は具体的事象, は吾人, は宇宙, は海王星, は物質界, は物質科学, は科学者, は空気, は複雑多様, は近似的, または事実, または類似, も全然, やその, や事実, や原理, や落体運動, や論理, らしいもの, をうかがう, をどこ, をもっ, をニュートン, を与えるであろう, を云い表わす, を仮定, を作る, を啓示, を実験, を少なくも, を得た, を意味, を把握, を持ち出す, を捉, を捻出, を教える, を日本語, を明示, を材料, を標準, を正確, を求める, を活用, を知らない, を知り, を知る, を習う, を表わすべき, を見つける, を見出す, を覺, を設定, を読取る, を述べる, を験, 即ち平仄律

▼ 方じゃ~ (226, 0.2%)

11 ないか 9 ありませんか 8 ない, ないん 7 ないの 6 ありません, ございません 4 ありませんよ 3 ございませんか, ないと 2 あなたの, ありますまい, ありませんから, あんなの, な, ないから, ないけれど, ないでしょう, なかったん

1 [143件] あおめえ, あらせちゃ, ありますまいね, ありませんからね, ありませんでした, あるまいという, あるめ, いけないですか, いまだ一度, うまくいった, お前に, お前伊勢路からも, お忘れ, かつて彼女, からな, が, けそれ, け福, ここへ, こっちで, これでも, こんなこと, ございますまいか, ござんせんか, ござんせんな, そういう, そうじゃ, そうな, その方, それ以上突込まない, そろそろ木戸, そんなエゲツ, ただ返され, ただ顔に, ちっとどうもそそっかしい, ちゃんと地代, でこの, とにかくまあ疎開先, どうして立派, どうする, どんどん儲かっ, ないかい, ないかしら, ないかな, ないかも, ないからね, ないが, ないこと, ないぜ, ないだろう, ないって, ないでしょうか, ないです, ないですもの, ないや, ないわ, ないわよ, ないわネ, ないワ, ない二階, なかったかと, なかったからね, なかったそう, なかったの, なかったはず, なくって, なくて, なさそう, なしあたし, なしパッ, なんの, ねえん, まるきり相良惣三, もう検, もう花, よろしい受け合った, われわれの, アなかっ, ア七歳の, ア殺され, ア花柳地の, ア降, カフェーは, トラクターを, 一夜の, 一段二段三段と, 今更あの, 仕事も, 何とも言, 何を, 借金を, 僕の, 僕らを, 僕を, 元々こんな, 先へ, 先刻から, 別に気, 南市太郎未だ, 困る場合, 土方み, 変に, 夜長に, 大した気持, 大した評判, 大抵の, 大真面目, 好きで, 少し心細い, 少し遠, 巡査を, 帰りたがって, 息子も, 戦争が, 探捜, 普通です, 暴れれば, 気が, 洋服の, 浜田の, 滅多に, 濡れぎぬ, 無いから, 無いが, 目くじらを, 知らないだろうって, 知らねえだろうよ, 知んなさらねえよう, 私あなたに, 私の, 稼ぐつもり, 笊組に, 艦内で, 証書一枚で, 警戒しなけれ, 貴公たちも, 車代も, 迷惑だろう, 退けを, 逃げるの, 面を, 面白い鳥, 顔を

▼ 方である~ (205, 0.2%)

5 がこの 4 かまたは, ことが 3 かも知れない, がこれ, ことを, と思ふ

2 [14件] かも知れぬ, から三人, がそれ, がそれでも, が瞳, けれども硝子玉, ことに, ということ, と思い, と思う, と思った, のみならず, 上に, 事は

1 [152件] あれほどの, かというよう, かのよう, からお母様, からこれ, からし, からずっと, からそつ, からその, からで, からと薫, からはげしい, からまして, からサラット居士, から丁度, から之, から人, から佐竹, から四方, から学生時代, から平年, から捜し, から料理, から最後, から科学主義工業, から筆者, から自分, から誰か, から雪, から音楽, か或は, か旧道, か私, か自分, が, があの, がお, がかつら, がこうして, がここ, がことに, がそれと, がといつ, がと云っ, がなるほど, がまた, が之, が事実, が二人, が二葉亭, が五十年来, が今夜, が何, が信長, が六年, が其の, が出版, が商売, が国防的見地, が地方, が実さん, が実際, が当世はやり, が心, が心持玉子形, が念, が或, が手記, が政宗, が旧道, が暑中, が有名, が橋本屋, が煽, が現代人, が肉体, が若干, が面長, が髪, けれどもそれでも, けれども一寸, けれども幾分, けれど与八, けれど奥様, ことは, ことも, これは, しあの, しそれ, し兄上, し当人, し自分, ため, ために, だけそれだけ, というの, というわけ, といはなけれ, ときいつも, とのこと, とはいへなかつた, とはどうにも, ともう, とも見え, とチベット人, と云, と信じます, と信じられる, と同時に, と女, と小, と思, と思っ, と恨めしい, と恨めしく, と敬服, と断定, と考えます, と言, にせよ, に拘わらず, のかも, のだ, のである, ので下町, ので今しがた私, ので先生, ので現在, のと, のにそれ, のにと, のに今, のに御, のは, ばかりでなく, ものを, やうな, やうに, やお, ゆゑ死は, ような, 人は, 以上わが, 以上却って, 何となくゆ, 偶然と, 其の生存, 利家も, 前方に, 吉田磯吉派の, 殊に便所, 醍醐村上一條後

▼ 方からも~ (169, 0.1%)

2 一つの, 人が, 何の, 入って, 手に, 清水の

1 [157件] あまり近寄らない, いずれ何, いろんなこと, いろんな人, お礼を, お聞き申したい, ここへ, さっと風, ずいぶん誘惑, ずが, そうし, その後お, それきり双方の, それと, それに, たびたびよから, つたえられて, ひところは, またこれ, またそれ, また北の方, まだ私, みたてられて, やって来るよう, やつて, よく手紙, よろしく頼む, ウント香典を, 一刻も, 一度僧, 一緒に, 三郎の, 二三度静子を, 五六人の, 五六騎河べりへ, 交換条件が, 亦, 人の, 何かとほめられた, 何とも言い出さなかった, 何程かの, 俺達一緒に, 催促は, 元就の, 充分馬鹿, 入つて, 入費が, 八釜しく言う, 内々で, 出た, 出ること, 別な, 加勢として, 勿論来援, 十四五人の, 厨房の, 可なり, 右方からも, 同じよう, 向ふ, 呼びに, 問いを, 土煙が, 多くの, 大した學者, 奉行として, 寺の, 届けが, 岸本の, 左の, 常に十吉, 幾人かの, 幾分の, 廉子は, 引出せる有らゆる方面, 弟子たちを, 後で話, 心あり, 急ぎの, 急報は, 恋を, 愛の, 感じたの, 成るべく老女, 手を, 手紙が, 折々, 押し付けの, 挑むん, 新田の, 是非お, 月の, 望めたけれども, 東西, 機を, 水は, 深い信用, 火が, 父の, 甘んじて, 生活様式の, 皆な, 盃を, 相当追加する, 相手の, 眺めて, 督促し, 知らせて, 砂を, 祖先の, 神経の, 私の, 空腹を, 突き出されて, 笑い声なぞは, 笹村の, 結束を, 続々と, 総括的な, 義隆の, 聞いて, 聞えだしそれ, 聞えて, 聞こえて, 聲が, 職工も, 自分の, 艀を, 色々な, 苦情百出な, 見えた, 見たくなりましたから, 見られて, 見物人が, 見通しな, 訊きたいくらい, 訊きたいこと, 謝絶した, 貰いも, 赤く見えた, 起こったの, 起って, 足の, 足音や, 踊りの, 軽輩へ, 迎えの, 近づいて, 造船所方面からも, 避けて, 金作の, 銭や, 電話かける, 電話を, 願の, 食事の, 黒

▼ 方たち~ (163, 0.1%)

4 のお 3 のこと

1 [156件] から先手, があと, がいやに, がおっしゃいました, がお目にかかりたい, がここ, がずゐ, がそんな, がだれ, がふたり, がぼくら, がわれわれ, が個性, が女, が愛しすぎる, が早, が書類, が此処, が沢山, が演じたおり, が現在, が笑われる, が親切, が重, が騒ぎ立てる, さえありました, そんなサロン, だってああ, だって宿屋, だと, だわと, だわね, である, である上, でいらっしゃるし, でお話, でございます, ですか, でももすこし, といっしょ, とお, とのお話, とはどこ, とほとんど, とも相談, と一緒, と何, と同じ, と女囚, と寅彦, と自分, どういう方, に, にお, におこられ, にきらわれ, にしろ, にはいい, にはできるだけ, にはもう, にはゆっくり, には小, には思い, には木曾路, には立派, にもこれ, にも贈物, によく, に右, に大変, に懸る, に申訣けが, のある, の中, の事, の作法, の働き, の働き如何, の前, の問題, の寄, の小屋, の心, の心配, の意, の打ち込み, の暮し, の楽屋, の様子, の気分, の生活, の生活ぶり, の眼, の稽古日, の耳, の胸, の血, の言う, の話, の食堂, は, はあんなに, はいかが, はお, はここ, はそう, はたいへん, はどなた, はまだ, はまるで, はみんな母屋, はアメリカ風, は一人, は一体, は一箇一俵, は三国峠, は二人一緒, は何, は十八人, は土地, は奥, は岩井染, は御用提灯, は怒られる, は新築, は正陣, は気骨, は皆少納言殿, は知りません, は至極, は舞踏室, は見当外れ, は走っ, は走り去った, は非常, ばかりな, もあるいは, も世帯, も作者, も出い, も思い, や上級生, や科学精神, をここ, をつかわす, を呼び集め, を威す, を幸福, を打ち倒し, を歴訪, を沢山, を訓育, 乗れるかしら, 夫ある, 日本人に, 館長など

▼ 方とは~ (163, 0.1%)

9 反対の 4 違って 3 反対に, 反對 2 いえぬ, どうもちがう, まるで違う, 反対側, 国際法上の, 言えなかった, 違つてゐる, 違ひます

1 [128件] あたしたちも, あべこべの, いえご, いえ御内室, いっしょには, いよいよ私, おのずと大名屋敷, お交際, お友だち以外, かく反対, ここで, そんなこと, たしかに区別, たずねなかったが, ただいろいろ, ちっとも知りませんでした, ちと気風, ちょっと変った, ちょっと縁, つきあいは, どうしても思われませんです, どうにも関係, どこの, なんでも, ねり方, ほとんど縁, まったく別種, まったく異, まったく違った, まるでちがう, もう出ません, アベコベに, 一体どう云, 一切関係を, 一寸も, 一方が, 一體どう, 丸で, 云えませんから, 仲好く, 会ったこと, 何の, 何事だ, 何方の, 何者だろう, 先生は, 全くハイデッガー, 全く異, 全く違っ, 全然違っ, 凡, 別々だ, 別でございます, 別に僕, 即ちわれわれ, 大ぶ, 大分ちがいまし, 大分異って, 大分趣が, 子供たちにとって, 存じませんでした, 存ずるが, 専門が, 少し渡世, 少府, 後向きに, 思いながらも, 思いますが, 思いますけれども, 思うこと, 思えませんの, 思えませんよ, 思はずさりや, 思ふが, 思へなかつた, 思わざりし, 思わずさりや, 思われなかったの, 想像も, 手を, 新任の, 昨年お目にかかりました, 桃園に, 歩き方, 殆ど御, 段ちがいだ, 比較に, 気がつかずに, 気づかないで, 無関係に, 熊宗立の, 牧仲太郎か, 申せまだ, 申せ某, 申せ極端, 異った, 異つて, 直線を, 真二つ, 知りませんでしたよ, 経済学者が, 縁の, 著しい相, 見えず優しい柔らかい, 見えないわ, 見えなかったん, 見えぬ若々し, 見えませんでしたからね, 親類の, 誰ぞよ, 車の, 逆の, 違いまして, 違いますから, 違い刀, 違い親, 違うよう, 違うん, 違ってよ, 違つたゆうずうの, 違つてカントにと, 違つてジェームズの, 違ふも, 長いお, 関係が, 関係の, 附き合つて, 随分長く

▼ 方なら~ (134, 0.1%)

4 農業は 3 ば少し 2 あぶないこと, いいん, ばこの, ば悉, 何故其後, 直ぐに, 私も

1 [113件] あとの, あなたが, いいと, いくらでも, いくら間違えられた, いざ知らず, いっこう差支えありません, いつまでも, おい房枝お前お目にかかっ, お解りでしょう, お通し申す, きっと何, この方, これで, これを, さしづめ純文学, ぜひ一度自宅, その理由, それは, それほどでも, それまでの, それを, そんな乱暴, そんな御, そんな気持, ただ今お, ただ土, たぶん土居画伯, ちょっと心得, どうか存じません, どうせこッ, どこで, どこでだって, どなたの, ない受けようだった, ない愛着, ない贔屓, なおさらでしょう, なぜ顔, ね, ば, ばお, ばこれ, ばその, ばとにかく, ばと思う, ばわたし, ば人情, ば今, ば何とか, ば働き最中, ば友人, ば大丈夫, ば姿, ば小説, ば打っ, ば沢田氏, ば知っ, ば船, まあよろしい, まあ気心, まず当然次, みんな空いてるだろう, もうとうにあんた, ツイ今しがた三輪の, 一度だけ, 一日ぐらい, 一望の, 下賎の, 不肖私が, 二回分一時に, 人の, 今晩泊め, 他にも, 仮令浮き名, 何です, 何故雇う, 先刻ご存じの, 切符を, 別に異存, 十二三円だらう, 十個処へ, 十時間でも, 取次の, 古今集中に, 君の, 四半刻ばかり, 大丈夫だ, 大概私が, 嫁に, 字が, 少女姿に, 廻りも, 拙者も, 早く行っ, 明日でも, 昔から, 昨夜御, 正直に, 決して私, 當分置い, 病気が, 病気だ, 知り合いが, 確かに, 私に, 私の, 絞首に, 行動など, 貴方様の, 賛成するしない, 隨分裸に, 高村光雲氏に

▼ 方がよ~ (130, 0.1%)

53 かつた 29 つぽ 12 ござんす 6 かんべ 5 ッぽ 2 かつたん, ささうだ, ささうに

1 [19件] かつただらう, かつたでしよう, かつたでせう, かつぺ, かないかね, かりさうな, かりそう, かんべぞ, けりぁお, ございます, ござんすね, ござんすね体, ござんすね面白く, ござんすわね, ささうだから, ささうだな, ささうな, ささうなら, 御座んすよ

▼ 方だった~ (127, 0.1%)

5 のだ 43 そうで, ね, のでしょう, のです

2 [12件] かも知れない, が, がそれ, がそれでも, が今, そうです, と思う, の, のでその, ようです, んだ, んでしょう

1 [82件] か, かい, かもしれない, から, からいまさら, からこの, からし, からそれ, からで, からとても, から私, から罪, から草土社, から話, か今, か似, か僕, がある, があれ, がしかし, がそんな, がなおさら, がなるほど, がりっぱ, がキャラコさん, がブルジョア, が傍, が四十男, が国太郎, が山下, が彼女, が政子, が旧幕時代, が時々, が武夫, が県当局, が私, が趙雲, が農夫以前, が鎰屋, が馬鹿力, けれどその, けれども肩, しご, しとても, し武井, っけ今, という, という気休め, といった, と彼, と思っ, と想い出されます, と申します, な, ね殿様, のだろう, のでここ, のでこの, のでやっぱり, ので中学生, ので勇気百倍, ので基督教, ので庭園, ので待合, ので私ども, ので面倒くさい, ので養父, のと, のね, のは, のよ, のよ松川, のを, もので, ものです, ように, わね, んじゃ, んです, 狭い褪せた, 者の

▼ 方ばかり~ (124, 0.1%)

20 見て 5 向いて, 気に 4 ですから 3 して, だ, で, です, では, 見つめて 2 する癖, でございます, 気を, 氣に, 眺めて, 見た, 見守って

1 [58件] いらっしゃいますね, きて, ごらんなさらず, じろじろ見, するの, だから, だったの, ぢや, であったが, でありましたので, でお, でしたよ, ですか, ですね, ですわね, でどなた, でなくて, でなくどうか, でなくどの, でなく大人, でなく女学校, でなく散弾, でなく浜, でなく若い, でなく諏訪方, でみなさん, で万事すべて, で年代, で結婚, シャツ屋の, 使った, 使つた, 入つて, 勤め余力を, 尋ねて, 待ち人の, 悪いん, 振り向いて, 探して, 書くから, 注意しだした, 照らして, 用心し, 目企ん, 睨み詰めて, 睨んで, 考えますと, 考えるだ, 聴いて, 肩を, 見ては, 見ながら, 見張って, 見詰めるだろう, 貪り見て, 責められないと, 遣りゃ, 集まって

▼ 方であった~ (118, 0.1%)

3 がその, が今度 2 か, かもしれぬ, からその, が, がこの, が今, のでその

1 [98件] かお, かといえ, かもしれない, かも知れません, から, からお, からお気, からこれ, からそれ, からそれきり, からまた, からよく, から三の宮, から大抵, から学校, から宮中, から山路, から当然, から忽ち, から柏木, から源氏, から父, から珍しく, から確か, から私, から聴衆, から胸中, から能, から舞, から英語, から院, から駕籠, か否, か戦国頃, がしかし, がそれ, がたちまち, がつい, がなんと, がやはり, がよこしま, が例, が几帳面, が品位, が小さい, が往来, が後, が戦後, が手足, が日, が昨夜以来, が時代, が本当, が甚だしい, が眉, が私達遊び仲間, が脚気, が薄皮出, が話, が近ごろ, が鉄道, けれどもその, けれどコルセット, けれど槽中, ことは, ことも, ことを, しかし気質, しその, し女, し郷土, そうです, という, ということ, といっ, としても慕う, とすれ, とも思われない, と存じます, と思います, と思う, と言う, に相違, のだ, ので, のである, のです, ので家, ので既に, んや, 備前の, 吉左衛門との, 外に, 彼自身の, 梨羽寺沢の, 為めお母さま似, 父宮も, 牢人でも

▼ 方でした~ (112, 0.1%)

126432 から, がある, がお, がそれ, が洋行

1 [77件] かしら, かねえ, からなあ, からまさか, からまだ, から先方唯一, から嬢, から小説, から御, から直ぐ, から直接, から相手, から私, から種善院様其他, から責任観念, かナ, か知ら, がおき, がかりに, がしかし, がその, がそんな, がとにかく, がねえ, がねえ其将校, がはじめ, がやはり, がよく, が今, が何, が四艘目, が実に, が年頃, が廣田さん, が心, が決して, が私, が親類達, が謀反人, が近来, が金貸し, が鷹, くせに, けれどいち, けれどそれ, けれどもお, けれどもこの, けれどもその, けれど後, こと, ことを, しそれ, し俸給, じゃない, そのあなた, っけ, つけ, つてね, でもそんなに, ということ, といつた, ねえ, の, のでいろいろ, のでこの, のです, ので殆ど, のと, のに, やうな, よ血統, よ親分さん, わ, 何を, 変な, 夫かとて, 得体の

▼ 方という~ (107, 0.1%)

21 ものは 12 のは 10 ものが 6 のが 4 ような 3 ものを 2 ことを, 人間は, 者が

1 [45件] お役, ことに, ことは, この方, その某, ところから, ので, のであった, のでした, のに, のも, のよ, のを, ものには, ものの, ものも, もんじゃ, やつが, ように, わけじゃ, ポストを, 一括的結論に, 一種の, 中に, 代物昼時分という, 側室を, 凄いお, 多人数の, 女傑と, 工合には, 幸福の, 形かねて, 形で, 役について, 役を, 挨拶で, 桂の, 点で, 番士の, 石山御堂の, 程な, 草刈り女から, 軽い役柄, 類の, 風に

▼ 方~ (105, 0.1%)

2 え叔母さん, どこか, 喚いて, 妹の, 待って, 来て, 知らないが

1 [91件] いずれに, いずれ孰方, いつぞや案内, いらっしって, え, おいででしょう, おられませぬか, お出でなすった, お才はん, お目にかかったこと, お通, お連れ, こちらは, この三人, この中, この手紙, しらん, それが, それとも, それとも女, それを, そんなもの, ぞんじあげませんもの, ぞんじませんが, である, とにかく彼, どうか, どうかも, どちらか, どっかへ, どっちかへ, よかろう, よく顔, わからない, わたくしは, オーバーと, ハア知んねえ, 一つ聞きたい, 一寸手, 一度お, 二つの, 住んで, 何か, 何かとを, 何かに, 何ぞで, 何ぞであろう, 何と, 勝った方, 半方かに, 又はマダーム・ジユバリー, 又一又, 取りに, 吼え立てて, 四方送っ, 女の, 尊いくらい, 小さい方, 川の, 帳場や, 弱い方, 御存じぢや, 怪我人が, 恋しきと, 患者さんが, 慶ちやんと, 承らぬ先, 新市街地, 本当に腹, 此方の, 玄関まで, 看護婦主任の, 知ら, 知らないん, 知らなかったけれども, 知らぬが, 知らねえが, 知らん, 知りませんが, 知りませんけど, 私たち鳴物連中の, 私の, 秩父の, 窓の, 自分にも, 見えましょう, 見廻りに, 設計だ, 話の, 誰方か, 重蔵の

▼ 方だけ~ (102, 0.1%)

7 では 2 あって, いらっしゃい, ぐつとひきしめてびく, であった, である

1 [85件] あけそこ, あつて, お土産, きちんと分け, だが, だった, だったの, であって, でしょうと, ですそう, でなくいろいろ, でひとり合点, で一切, で八五郎, で小夜子サン, で後半方, で御, で正面, で背後, で荻原, どうしてそうなった, どうして思いだせなかった, どんどんはかどっ, なむ, なん, のこって, はあ, はやつて, みつめて, やつて, やるので, ギクシャク, 不毛の, 代って, 低い声, 値を, 凍りかけて, 出来なかったの, 切離して, 剃ったまま, 剃った立派, 吊った儘, 向いて, 圍まれて, 夜明けを, 女體の, 少しのぞき見した, 少し離れ, 届けて, 山やけの, 岩波の, 引裂いて, 強くて, 捉まえ, 揃つて居る, 擦り硝子, 是非都合する, 死一等を, 沢山ひだを, 注意し, 浮かせて, 浮出して, 演る, 煮たの, 瓦で, 発汗し, 直覚した, 繼ぎ足した, 考へて, 自分の, 袿を, 西日に, 見えて, 見える, 見せて, 見て, 言っても, 讀み返したけれど, 貴公たちに, 転がって, 軽い, 連れて, 長めな, 雨が, 飲んで

▼ 方~ (93, 0.1%)

24 やない 11 やありません 6 や御座いません 4 やございません 32 やから, やそんな, やなかつた, やなく, や無い

1 [35件] やあ, やいくら私, やいつも, やさぞ, やとう, やな, やなし, やむろん, やもう, やわい, やア, やア亀, やア必死, やア迚, やパリ, や何, や何時, や南瓜, や君, や土手, や御座いませ, や御座いませんでした, や応援, や教会, や教會, や梨, や決して, や洋服, や物価, や相手, や藪さん, や香代ちやん, や騷, や髪, や髮

▼ 方へでも~ (87, 0.1%)

9 行って 3 出て 2 いらっして, お廻り, 歩いて, 行ったの, 行つてブラ, 降りて

1 [63件] いったらどう, いらっしゃること, いらっしゃるん, いらつし, おいでなさる, お使, お逃げなさい, お逃しなさい, それたもの, ためしに, ぶっ飛ばすこと, まいって, もうお預け, 下りて, 倒れかかって, 入らしって, 入れて, 出かけて, 出かけやしないか, 出掛けますかねえ, 参りましょう海, 寄附し, 帰って, 引っ越したらしい, 引越して, 御出なすっ, 御案内, 押流され, 旅行した, 来て, 来るよう, 歩きに, 流れて, 翔けるの, 聞えて, 脱線し, 落っこって, 行かうと, 行かなければ, 行きかねない, 行く, 行くぐらいにしか, 行くべきでは, 行く積り, 行けば, 行こうか, 行こうと, 行ったかも, 行ったん, 行つ, 行つていらつ, 行つて見や, 行つて見よう, 見物に, 話したらえ, 迷い込んで, 逃げて, 逢ひ, 連れて, 遊びに, 顔を, 飛び出して, 飛んで

▼ 方こそ~ (78, 0.1%)

2 すんでの, 何事をも

1 [74件] あたしの, あなたと, あんたたちに, いい面, いくら見つけ, いつも奥様出, お前さん達を, お金さんに, かえって野, きっとどこかお, この事件, じつは歴史, ぜんたい何処へ, ぜんたい何所へ, そうな, それを, どうした, どんなに御, なるべく法, はつきり云つてご, まぎれも, まことに禍, もっともっと重苦しい, タクマ君に, ピアノの, 二代目惣右衛門の, 今は, 今までに, 今日の, 以前の, 伯爵に, 佐治さんには, 何うかし, 何か, 何奴だ, 凍れたよう, 却て, 受戒致し, 司祭として, 名を, 呆っ, 嘘を, 執拗だ, 大変じゃった, 大概の, 好い面, 娘を, 実に天使, 少し馬鹿竹, 山々申さね, 御警戒, 御迷惑, 心配し, 憐れじゃ, 或いは市振, 断然弓子, 旧式でした, 未だ青い, 本当の, 樹末なれ, 死者の, 気違いの, 生れて, 白々しくこう, 盜賊だらう, 篤くり, 美しさ, 若気の, 見逃して, 貴下の, 貴様の, 霧が, 駄目です, 黒

▼ 方だって~ (77, 0.1%)

2 自分の

1 [75件] ああいう, あったろうに, あやまって, お互に, お前までを, お困り, お幸, きっともっと打明けた, ここん, ことは, ことを, この頃, これで, こんな撫子, さうだ, さアー, そういうでしょう, その後は, それは, だんだん還元, つまらなかろう, ですから, どうせいいこた, どうせ真面目, なにも, なんぼでも, ぬかりは, はるばるフランス, もうこの, よくご存じ, わからない, カツカツやっ, 丁寧すぎる, 三瓶の, 乞食みたいじゃ, 人に, 今出る, 似たよう, 何も, 何を, 作者の, 全体に, 厭です, 叔父さんの, 同じこと, 同じです, 喜久子を, 堪りませんからね, 大味も, 実際問題, 心待ちに, 心得て, 惚れては, 手を, 教会へ, 気が, 気まずくなる, 片が, 用の, 男爵の, 相当忙が, 私の, 私個人に, 糸七と, 組合の, 考えて, 聖人様で, 誰の, 起こるめ, 迷惑であろう, 長いの, 間に合うめ, 随分びっくり, 頭を, 駅ぐらいまで

▼ 方なき~ (75, 0.1%)

3 歎き

1 [72件] あざやかな, お心添, お銀様, この地方, といっ, にこのほど, もとの, ベルナルドオなる, リメイだ, 一茶の, 不安を, 不快の, 五円紙幣, 佐々木小次郎が, 偃松の, 光景だった, 共通点の, 千々岩が, 古羅馬風習, 可憐な, 君の, 大きな撓, 大衆課税である, 失望でありました, 奇怪な, 奥州の, 女の, 女持ちの, 姿でした, 嫂の, 子供の, 孫六直筆の, 宮岡警部の, 寺男の, 弁信法師でありました, 彼の, 快感を, 悲痛の, 愚息が, 懊悩に, 扱いなれ, 探偵が, 日本人で, 旧友志田文雄な, 松の, 樣である, 正徳判の, 死体です, 残念とは, 水晶の, 水鳥に, 満足の, 爽快と, 狂女なり, 理に, 生気を, 発狂人だ, 登路である, 眞物であり, 碁打ちと, 秀蓮尼だった, 紅の, 紅玉である, 苦悶の, 葛岡です, 蔵開である, 訪ねるお方, 轆轤首南方異物志に, 邪慳にて, 雲井桜の, 面部の, 驚異を

▼ 方~ (69, 0.1%)

2 です, と一緒, を帰し

1 [63件] がございましたら, がゐ, が乗っ, が皆, が谷中, じゃ, じゃお山, だけにひどく, だってもう, だって好き, だろうと, でご, でございました, ですが, でせう, ではございませぬ, で有る, とお, とお山, とお過ごし, とは天狗, と五目並べ, と小さい, と私, における鎧冑, にくっつい, には帰っ, には立派, にもあまり, にも盃, に別れ, に対句, に引かれ, に心, に身分, に酷い, のお慰み, の名, の悪, の気勢, の知った, の絵の具, の遊ぶ, はおいで, はこの, はまだ, はもう, は何者, は余程, は御, ばかりだ, ばかり他, までが寺子屋, みえて, もみえ, も少く, も少し, も御, も心得居ろう, も替玉, をどう, を標準, 両名

▼ 方のは~ (67, 0.1%)

1 [67件] いづれ, ごく狭く, すっかり白銀色, そのとき, そのままに, そればかりじゃ, づれ, づれの, どうかする, どうも肌, どうやら運べました, まだつぼみ, まだ初, もう止ん, もと新, やっと立ってる, アンマリ成功し, ズット奥に, チャンと, 一つ出来ました, 一八二三年七月二十五日の, 一郎が, 七兵衛であります, 三度も, 上り端で, 丸い形, 京都の, 依然として反対, 別として, 口きたなく, 噂だけかも, 壁という, 声が, 大きい, 大分小さい, 天皇が, 安もの, 左文字です, 幾らだ, 彼奴の, 後に, 後までも, 応接間と, 数も, 新聞に, 明治初期の, 昔から, 本能を, 本鼈甲, 梅の, 犯人が, 狆と, 発色が, 目黒の, 砲兵工廠の, 祭りの, 私の, 臆病で, 自分で, 色を, 薄紫下の, 見本でしょう, 記録的に, 金色封筒の, 開き封の, 青山だろう, 高さ三フィート

▼ 方でございます~ (66, 0.1%)

198643

1 [26件] えッて, から, からその, からなあなた, から今, から嘸, から当日, から斯様, から親切, か奥様, か左様, か愚僧, がお, がこれ, がそれでも, がもうこんなに, が前, が御, と能薫, ねエ, はじめに, よねえ, わ, わもと, 多分喧嘩, 明後日九州から

▼ 方について~ (65, 0.1%)

4 伺うた横佩墻内 2 苦労を

1 [59件] いうと, いくども, いた, いっさいの, いった, いて, いま少し, いられるよう, いるよう, いる小さい, おいでに, きた, ここに, ちょっと話した, ちよつ, であった, であり更に, である, では, どういう風, どれほどの, なにかと, ひと言申し添え, ゆくには, われわれは, ゐた, ゐました, 世人が, 動くの, 北条氏に, 十幾通りの, 因幡守は, 夢中に, 学ぶ, 専門的な, 居た, 希望を, 必要な, 惑ふ, 来た女中たち, 根本の, 用意を, 申します, 真先に, 種々奇怪, 考えさせられること, 聞いたならば, 言いうるところ, 言うの, 言えば, 言ったよう, 評議が, 話が, 説いて, 講釈を, 質問された, 質問を, 述べて, 道話一則

▼ 方によって~ (62, 0.0%)

2 来た, 色々の

1 [58件] あらゆる絵画, あるいはまた誠実, いった, いろいろと, きた, きて, そのとき, その他さまざまの, その感情, その運命, それぞれ多少, たいへん利益, だいたい信じられ, ちゃんと別々, どうにでも, ひとつの, わが輩の, ハンドルを, 一つの, 一分のすきも, 事件を, 今の, 他の, 個性的な, 十重二十重に, 又上, 同じく自分, 名を, 味の, 唱和される, 大層な, 如何なるもの, 実際の, 少くとも, 少なからぬ, 彫刻上の, 彼は, 待たれた, 悪食の, 意志を, 正邪の, 気の, 決して食いたくない, 洗って, 消化が, 濃淡自在に, 父の, 男に, 私は, 秘密通信を, 編輯され, 美味くする, 自分の, 自由自在に, 茶だんすや, 行くの, 音と, 風災の

▼ 方にて~ (61, 0.0%)

3 これを 2 折れこなたの

1 [56件] あまり病気, ある夜十一時ごろ, かえってこれ, かくわが, これに, これ川を, さらにこれ, その予定, その従来経歴, なかんずく仏教, はるかに, また別人, よろしくお, ハ参り, 一の, 一見多分, 丁稚の, 不折君は, 仲を, 偶然平岡画伯に, 働女を, 兼修する, 初めて蜆汁, 去暮, 取りおさえますから, 取計らえと, 同村なる, 大勢の, 彼と, 御姿, 必ず癒, 撮影せる, 支那から, 敵味方に, 此方の, 清き謡, 目下特に, 種々の, 積み重ねし皿, 習い申しそろ儘, 自ら招く, 表面出ずべし, 計らず一人, 記す, 讀書, 讀書燈刻家にか, 買わんと, 起こった, 起これり, 轟然たる, 阿と, 陽火である, 馬の, 駒の, 鳥辺山の, 鼻隆く

▼ 方にばかり~ (61, 0.0%)

10 気を 5 はたらいた 3 向いて, 心を 2 傾けて, 居た私たち, 気が, 氣を, 注がれて, 罪が

1 [28件] どっさり星, ゐて, 住んで, 傾いて, 動いた, 居りましたので, 心が, 志を, 来て, 殖えた, 注意が, 注意し, 熱中し, 生活力を, 目を, 眼を, 瞳を, 罪は, 罪を, 考えて, 肩を, 観念を, 走って, 身を, 通った, 遊心が, 都合の, 頭を

▼ 方への~ (59, 0.0%)

5 ぼつて 4 道を 2 義理

1 [48件] あくがれの, お出入り, お礼では, このこと, ごあいさつまわり, しか, して, そりの, つそり向き, ぼつた, みか, 保証金ちゃんと, 出場は, 切なる, 割合に, 動きを, 又自分自身, 変化では, 密告者が, 届けなんかも, 帰順と, 御交際向き, 御信心, 御熱愛, 御祝儀, 意地も, 推進力である, 旅行した, 曲り口に, 最後の, 栄養価を, 欝憤, 潔い生育, 牛肉は, 用事は, 私の, 精進である, 義理で, 義理立てか, 興味は, 行渡は, 解釈にも, 輻射として, 通達を, 運動なり, 運命を, 降り口に, 飛火をも

▼ 方からの~ (56, 0.0%)

2 お指図, 雨は

1 [52件] お話で, ことでしょう, この馴れ馴れし, ご希望, はやりとして, びてくるきみのわるい黒い, ように, 一般物価統制の, 一通が, 人と, 便りで, 便りによって, 俄な, 分立が, 参詣人は, 参道を, 口を, 命令で, 堀留な, 声であった, 声である, 多数な, 大衆的感情感覚なし, 小雨の, 布教のみに, 弱点である, 強風と, 御紹介, 手当みたいな, 推薦が, 書類が, 欠点である, 注意も, 注文だろう, 申込みが, 発射音, 督促で, 知らせが, 知らせで, 第一, 結び目も, 綱が, 見方だ, 註文が, 誤った独断, 返事は, 返事を, 返書は, 返辞は, 邪魔を, 隠れた原因, 風の

▼ 方ども~ (55, 0.0%)

2 の手, は何故

1 [51件] から我, がかよう, がこの, が予, が摩利, が本官, が蜂須賀村, が追いまわし, が阿呆もの, では大勢, にちと, には気, に今, に何, に諮っ, の不満, の主人びぜんのかみが, の事, の先祖, の力, の存じた, の宗門神, の心根, の時代, の未来, の祖先, の罪業, の自由, の臭骸, の話, の首, はあと, はことごとく, はこの, はなお, はわけて, は一刻, は七面鳥, は予, は何で, は何と, は先陣, は多年, は心得, は急い, へも当然, また男の子冥加, を招い, 何を, 呼出したるは, 商売の

▼ 方~ (54, 0.0%)

3 二人の 2 ふたりが, 二人が, 二人は, 屋敷に, 屋敷へも

1 [41件] ありに, かみさんたちが, ぐしの, さよどのへも, はつどのが, わかりに, 一人です, 一人に, 一人の, 三人で, 二人だけ, 二人で, 二人という, 二人を, 二人奥様ツボ平さん御, 二方の, 仔細に, 兄弟も, 写真の, 分りです, 友だちです, 名前は, 器用で, 好きな, 孃さんが, 寄んなさいな, 差し支えなくば, 師とは, 揃いの, 治りに, 渡りでございまする, 約束だったろ, 紅の, 羨ましいこと, 色が, 若いのに, 退出という, 通と, 願ひし, 騒々しいでしょう, 骨折りでございます

▼ 方とも~ (54, 0.0%)

2 お落し申, よくよくの, 何か

1 [48件] いう, いえないので, いつも御機嫌, いふべき態度, お別れしなけれ, お姫様の, がらんどうの, ききゃしない, これっきりお, ご交際, そうした良縁, つつがなく御, にお, に固め, に真, に食物, まことに久しぶり, わかりませんが, わきまえかねまする, スッカリ御, 一二枚ずつ, 云ふ, 共通し, 名づけた, 妥協が, 少しばかり, 引き退く, 御一しょ, 御冷淡, 御相談, 御結婚, 思はれません, 思われないくらい, 打揃っ, 本だ, 板で, 決定的に, 深い深い関係, 相談を, 知らず並み, 知らず只何時, 知らず御新造様, 私は, 羽目板では, 見えません, 逢うこと, 連絡を, 鎮まりなすって

▼ 方がずつと~ (49, 0.0%)

2 利益に

1 [47件] あつた, お前にも, すぐれて, すつきり胸, むづかしいですよ, よく知つて, ゐて, 一生懸命でした, 上手に, 上手の, 不快な, 値が, 健康で, 充実し, 先に, 先輩だ, 商売に, 図太くかつ, 多い, 好い, 安くつくし, 安静だ, 屈托の, 年上だ, 強いん, 恰好な, 早い, 明るく生気, 有力である, 本物らしく, 柄が, 根本的な, 気に入りました, 気持がよ, 気持の, 真剣さが, 知つてゐた, 確かだつた, 立派な, 純だ, 結果が, 美しいし, 若いは, 速かつ, 適して, 鋭かつ, 面白かつ

▼ 方よりも~ (49, 0.0%)

2 すこし力, 私の

1 [45件] このお方, さらに驚き入った, ずっと庄吉, ずっと弘い, ずっと高く, その事務所, その方, それに, とかく遅れ勝ち, なるべく確実, はるかに, むしろ理論, よほど危険, イギリス軍の, ズット以前の, 一つ古い, 事故が, 京師方の, 人事に, 人気が, 使われること, 全然知らない, 八百人の, 勉強する, 受ける方, 女の, 害の, 寂しい位, 寧ろ投げられた, 尊敬すれ, 尚一層高く, 左肩が, 戸狩の, 数等色ッポイのである, 母の, 沢山に, 生徒自身に, 神学哲学を, 立優り, 第二, 胴上げを, 蔓の, 見えない側が, 見つける方, 誠に御無沙汰

▼ 方なく~ (47, 0.0%)

2 候, 埋めつくされた, 此の, 認識した

1 [39件] おごそかな, かの琉球屋敷, して, しばし黙考, た, もだえしが, ヒサである, 一首の, 与八は, 二人の, 今にもあれ旦那, 先の, 写し出すの, 凝りて, 前述の, 協力を, 嘗ては, 因業爺を, 報恩鈔二巻を, 大なる, 席へ, 情死を, 感ずるもの, 断じて獄食, 日は, 日夜報復を, 明白に, 是非なく, 殺人の, 毎日貰い乳を, 消えて, 消えるであろう, 疥癬である, 知ること, 膝栗毛の, 菩薩の, 蚤の, 蹂躙し尽され, 身体を

▼ 方など~ (47, 0.0%)

2 せずに, 古今未曾有にて

1 [43件] あると, したら叱られますよ, その全体, そんなもの, なさるの, ならう必習時間, によつて, もう自分, よい, 一向に身, 万事粗略で, 以前よりも, 何から, 作者の, 価の, 充分に, 全く連歌, 全然ない, 前の, 参考もの, 古い昔, 大切な, 大変良かっ, 妙を, 幾人もの, 当を, 振り向きも, 文学に, 時たま舞妓, 率直で, 神経質にまで, 習うほど, 自分が, 若い人々, 若者の, 要領を, 見習ふ, 訊いて, 詳しい事, 誰に, 身代を, 重要な, 銘々の

▼ 方によ~ (47, 0.0%)

18 つては 3 つてその 2 つて面白く

1 [24件] こに, つてあなたを, つてお, つてきまる, つてそれが, つてなぜ, つてのみ, つてはずゐ, つてみ, つてむしろ, つて占なう, つて孝弟の, つて左右さるべき, つて弱点とも, つて当然, つて悲しく, つて意味が, つて文樣が, つて普通の, つて涙の, つて石器時代を, つて私は, つて私共, つて自他ともに

▼ 方をも~ (47, 0.0%)

2 同じよう, 無遠慮に, 見て

1 [41件] お引立て願います, こんなふう, ずっと完全, たのむ計, みるを, よく見ない, ツと, 一人の, 一度じっと見, 一酷に, 亦更によく理解, 仮借なく, 会得しなけれ, 体得し, 兼ねました, 出精し, 取って, 失つて居ない, 心得て, 捜して, 探したが, 本当と, 注意した, 痛切に, 皆非常に, 相更ら, 眺めた, 知らずに, 示したい考, 私に, 突如と, 素直に, 自ら體得し, 苦しめるよう, 見ず眼, 見た, 見ながら, 見ようとして, 顧みて, 顧みないで, 顧みましたが

▼ 方かも~ (45, 0.0%)

6 知れない 5 知れませんが 4 知れないが, 知れません 3 しれない, しれないの 2 しれん, 知れぬが

1 [16件] しれないが, しれないけど, しれないと, しれなかった, しれなかった私, しれぬ, しれぬと, しれません, 知らんが, 知れないがね, 知れないぞ, 知れないね, 知れなかった, 知れぬ, 知れねえ, 知れん

▼ 方へばかり~ (45, 0.0%)

4 向いて 2 上手に

1 [39件] いって, かたよりがち, だんだん頭, ゆくの, ドキツクという, 一生けんめいに, 上って, 乗り込んで, 伸びて, 何だかおし, 傾くと, 入り浸って, 向けさせて, 大きく大きく拡, 延び出して, 引きつけて, 惹かれがち, 意識が, 来て, 来ること, 気を, 沢山玉子, 煙を, 目が, 目を, 盲滅法に, 絶えずいまひと方, 考えて, 聚つて居, 芸人の, 行きますぜ, 行くもの, 行くわねえ, 行った, 行って, 跳ねるという, 近寄って, 顔を, 食い違って

▼ 方~ (45, 0.0%)

5 苦勞樣で 2 夫婦は, 自身も

1 [36件] 一同これへ, 一泊十五銭風呂も, 一行の, 三人が, 上京これ有る, 兄弟も, 冗談も, 出坐なり, 助力を, 參勤御, 取調べの, 同勢の, 夫妻と, 夫婦で, 夫婦に, 夫婦も, 屋敷に, 役人に, 手に, 損です, 普請掛御, 用心なせ, 用心御, 病気, 登山あらせられ, 相談の, 老中より, 自身の, 舎弟様を, 苦勞樣でございます, 苦勞樣です, 苦勞樣で御座います, 見物なすっ, 計らい下さらば, 調べの, 顔役御

▼ 方だけは~ (42, 0.0%)

2 この際

1 [40件] あなた様の, いつぱし, お呼びしなかつた, お粂, この梅ヶ谷, そのまま深雪, どうかする, のがれようと, まことに不得手, やめたほう, よくわかる, 一かたつくでしょう, 一帯に, 一日も, 一面に, 不思議に, 今でも, 今なお, 今日においては, 以上二つの, 仲, 充分慎重, 土地によって, 女に, 御自身, 改良した, 明治三十二年頃に, 本當, 椅子の, 殿お, 永遠の, 消えずに, 父祖の, 私我慢し, 笄打ち, 薄々に, 街の, 退屈男の, 進めて, 隣りの

▼ 方として~ (42, 0.0%)

2 一番本当の

1 [40件] あまり意味, あります, ありますが, ある, おかきに, お守り立てし, すぐれて, なんらかの申入れ, 上々である, 仮説の, 兄の, 出しちゃった, 出張した, 別に異存, 千曲川を, 却ける, 名ある, 和琴を, 居るです, 御大切, 必然性も, 思うこと, 憂慮され, 明らかに, 最高な, 本能寺へ, 根源的體驗の, 決してあなた様, 浄財を, 現はれる, 登場する, 矢矧の, 許して, 許せる, 詠進した, 豫想された, 身を, 選んだ家, 金十五円二歩を, 金粉銀粉鹿頭白花蛇烏蛇樟脳虎胆の

▼ 方でしょう~ (41, 0.0%)

865 ね, よ

1 [17件] か今, が, が近年夫人, けれども或, し妹さん, し民主的, すこしは, とお嬢様, とてもだめ, と云う, と思います, と思っ, に, ねエと案内人, もうお, 久し振りに, 年の

▼ 方との~ (40, 0.0%)

4 間に

1 [36件] あいだに, ことでした, シケリア爭奪戰を, 不義の, 事で, 二様あっ, 交渉が, 交渉に, 出先の, 別離の, 合戦に, 婚約は, 対立が, 将来に, 意志の, 打ち合せなので, 打合せで, 折合いは, 方へ, 最も根本的, 格闘な, 相関も, 結婚の, 縁も, 縁談が, 試合に, 距離が, 距離の, 身を, 通謀の, 間には, 間の, 間を, 関係が, 関係は, 關係が

▼ 方などは~ (40, 0.0%)

2 振り向いて, 見向きも

1 [36件] あるまいから, いろ, お骨, すでに一定, そのつもり, その人, そッちのけ, ほとんど比べもの, まだ古風, もうぼんやり, やはり数次, よほどよい, 今の, 何だか普通, 凄いもの, 出来ない仕掛け, 別に進歩, 古今余り, 喉の, 大胆を, 常識で, 平気で, 昔の, 此の, 決してしない, 決して見られない, 爺さんが, 珍しいくら, 目茶だった, 自分が, 自分にとって, 自分よりも, 良い方, 若殿様, 見も, 随分不便

▼ 方~ (39, 0.0%)

3 行って

1 [36件] ござらっしゃるだかえ, つん向け, でも, でも片付け, でも行く, でも行ぐか, に百二十一年前, へあつ, へある, へえつ, へできる, へもない, へもなし, へ全く, へ出, へ日本人同士, へ知らなかつた, へ見た, へ見られる, へ親しく, へ都合, まで, までいらっしゃいましょう, アどうぞ, 何とももっ, 出さ, 出来が, 劍道が, 土手作つて雨降, 大急ぎで, 弱々しさ, 祭る北の方, 行ったなあ, 行つた時に, 行つては, 貸すこと

▼ 方としては~ (39, 0.0%)

4 一番本当の 2 大へん

1 [33件] いささかおかしい, お扱われ, これ以外に, しかるべき見方, それを, それ以上の, まず指, もとよりこんな, チットも, チベット第一流である, 一人も, 不便に, 京都という, 今日何を, 全陣形, 具合が, 城濠を, 已むに, 已むを, 当然の, 攻めあぐみました, 此の, 海の, 父の, 立派な, 結局また, 致し方が, 計画的に, 路傍にて, 迷惑でも, 随分重苦しく厚ぼったい, 香具師を, 馬籠の

▼ 方らしい~ (39, 0.0%)

2 じゃない, わ, んだ, 声が

1 [31件] お美し, からどうぞしばらく, から別に, から大丈夫, から平凡, から若手名士, があの, くせに, けど夫, けれどあたし, けれど弱い, ご老婆, ぢや, という感じ, と云う, と初め, の, のが, のだ, のです, のでたいがい, ので二人, ので尋ね, わざわざ扇子, 姿を, 彼黒羽織を, 御挨拶, 御様子, 所には, 様子です, 清々しさ

▼ 方一つ~ (38, 0.0%)

3 にある

1 [35件] から姉妹, くらべて, だ, だが, でおどけた, でさあ, でそこ, でどっち, でどんな, でねえ, ではすぐ, ではその, でまた, でも, で又, で坐り, で大きな, で彼女たち, で本当に, で物, で相手, で移動, なん, にもちゃんと, にも復一, にも心, によってその, に在る, に彼, に誤, の影, の道, 知りません, 知りゃあ, 知んな

▼ 方って~ (35, 0.0%)

2 えもの, ものが, ものは

1 [29件] あるかい, あるもの, あるもん, いうと, お濠, ぜんたいな, どれの, どんな方, 二三の, 京都が, 例外じゃ, 偶然憶付いた, 如何なる大, 居るの, 幾度も, 文壇の, 普通の, 朝熊山が, 毫釐の, 沼南が, 潭便ち, 物の, 町人も, 百雷の, 相談対手と, 羨しいわ, 話を, 逸すべからざる材料, 遠山が

▼ 方~ (35, 0.0%)

2 ては先づ行政各部, て宮中, 空しく雄志, 誰れ

1 [27件] てはその, ては彼, てま, てまたぞろ, てや所謂智識, て一個, て二つ, て人, て佐保山の神, て何となく, て何人, て先づ從來, て其愛子, て多大, て大事, て実に, て御嶽, て懶, て木, て柴野栗山大和, て此, て白眼天下, て箒川, て龍田姫, 人情に, 人魂の, 甞て

▼ 方であり~ (33, 0.0%)

1 [33件] いずれも, しかもこの, しかもそれら, その声音, その有り, それは, それらの, ただ異, ながら長, ひとえに夫自身, ほんのちょっぴり, もはや差別思想, カマキリの, 又かくする, 善いお, 年齡三十七八恐らく, 弁才にも, 方法である, 旦その, 最も理想的, 東亞の, 欲し方, 知識が, 碁打ちは, 社会連帯性の, 考え方である, 自分に, 自分の, 自分も, 芸術の, 裏芸の, 郡山は, 静的に

▼ 方はと~ (33, 0.0%)

5 いうと 4 見ると, 言ふと 3 言うと 2 つくに, 見れば

1 [13件] いえば, いへば, たずねたらあなた, とじ蓋, 云うと, 云えば, 叱られて, 思うと, 思って, 注意し, 申すと, 聞いた時, 言えば

▼ 方にまで~ (32, 0.0%)

1 [32件] あそこにも, その影, それを, つ, はいり込むもの, よく聞え, よせては, 却つてそれが, 卵を, 厳重に, 及びました, 向けて, 地頭という, 差が, 干渉される, 影響した, 心を, 披露の, 指図する, 気を, 知せた, 積んで, 細かい気, 聞えて, 聞こえて, 自動車旅行を, 色々な, 變が, 進んで, 進出し, 達した方, 關係した

▼ 方~ (32, 0.0%)

2 あなたは, あんな奥さん, お金が

1 [26件] ああ変, あたいが, あなたの, あの年, あの方, あんたは, あんな怜悧, お目, こっちへ, そいじゃ, でもどうしてそんなに, パリで, 一度でも, 不仕合せな, 世の中で, 今朝診察室で, 何を, 利男さんて, 友禪の, 家の, 此方へ, 皆な, 絵島丸の, 自分は, 見かけに, 貴方は

▼ 方ばかりを~ (32, 0.0%)

5 見て 4 眺めて 2 向いて, 悩みつづけて, 見つめて

1 [17件] ごらんに, して, 小さくなっ, 廻って, 扱うたこと, 扱うた事, 探して, 残したもの, 気に, 無理の, 用いること, 眺めるの, 見るとも, 視詰めて, 責めるの, 造って, 選って

▼ 方までも~ (32, 0.0%)

2 よく響い, 見せて

1 [28件] この船一つ, して, ないちょっと, よく見える, 入つて行つて, 出向いて, 卸しを, 参りまして, 喰い散らし土, 巡遊した, 散歩し, 旅行に, 歩いて, 目抜きの, 眺めそこ, 自流専属の, 荒した時代, 行つてあの, 裳を, 見廻るという, 見透される, 警戒した, 送られ夥多, 連れて, 逼ひ込ん, 遠乗りした, 鉛筆畫を, 飛んで

▼ 方~ (32, 0.0%)

1 [32件] が一頭, が仙山, が好い, が旗剣符訣等, が示した, が被る, その思い止まる, であ, である, で学者, で魔, といふ者, などという特異, に切願, に命じ, に売る, の中, の方, の祀つた, の類, の鬚, は何, は多, は自分, は言った, も魔女, よりも寧, らしい, を信任, を寵用, を招き, を諸国

▼ 方だろう~ (31, 0.0%)

32 か, と信じ, と思う, と思った

1 [20件] かとたいへん, か妹, か雌蝶, がそれでも, きっと化性, とあさましい, という事, といまさら, とする, とは誰, と周平, と問題, と思っ, と感嘆, と自分, と言う, ね, 何と云う, 若旦那, 荒々しさ

▼ 方でない~ (31, 0.0%)

2 から所謂, ことを

1 [27件] からけっして, からし, から二千兩, から第, ことから, ことさえ, ことは, し, し只, と, というよう, といない, ところが, と信じ, と最後, と満足, と生んだ, と男, のである, ので眠り, のを, 上に, 何事も, 安達ヶ原の, 拳を, 方の, 省吾までも

▼ 方~ (31, 0.0%)

2 をかえる

1 [29件] から見る, が解らず, で, といふやう, について親たち, には間違, によって人, に前, に変化, に年々開き, に從, に発達, に遠雷, に靡い, のない, の違, へと歩く, へと雪崩れがち, をかえ, をも含ん, を一口, を改めず, を東南, を決める, を無理, を示し, を見出しかね, を見澄まし, を転ずる

▼ 方さえ~ (30, 0.0%)

2 知って

1 [28件] うまく行け, お暇, お為合せ, ご承知, しなければ, たしかなら, たたッ, やさしい心, やられなければ, よかったら, 兵を, 判らない上, 力が, 嫌いな, 御用が, 忘れて, 憚って, 承知と, 注意したら, 無精に, 知らないの, 知らないよう, 腑に, 自分にも, 解らなったが, 訪ねて, 都合が, 首尾よく

▼ 方であっ~ (29, 0.0%)

2 てこの

1 [27件] ていろいろ, てくれれ, てこういう, てそれ, てはと将来, ては後日, てむしろ, てもこの, てもその, ても生かし, てチシマヒナゲシ, て中, て事実, て作者, て六十年来, て十干, て因明論理, て当, て御, て最も, て決して, て父, て相当, て真, て級中, て聖武天皇, て金庫

▼ 方なども~ (29, 0.0%)

1 [29件] あまり好い, あれは, かなりに, そうした懸賞問題, よく心得, ハキ, 一ト通り口早に, 上品に, 優しいの, 全然違い, 単に意味, 単純で, 平明主義と共に, 心得て, 恐らく後世, 所謂国学院的で, 政治家には, 教は, 旨いとは, 極めて粗, 注意を, 瘤の, 私にはを, 私の, 緩漫極つて, 考えて, 茅の, 誠にやさしく, 較

▼ 方なる~ (29, 0.0%)

1 [29件] がこなた, がすらり, が多きよし, に, に杯洗, ものが, を訥子, 上に, 中の, 中津川にて, 事業者から, 今の, 僕婢は, 八五郎は, 原中に, 小卓, 形に, 扉へ, 林の, 火ともし, 猿楽師, 生涯の, 甲斐の, 相手を, 窓を, 義盛に, 輪に, 阪本や, 響動の

▼ 方じゃあ~ (28, 0.0%)

1 [28件] ありませんよ, おれも, お金なんぞは, ござんせんでしたがね, すぐには, ないか, ないん, ないッ, なし私, なんでも, まあお, もう疾うに電燈, よくも覚え, 二階に, 五百両か, 仕事が, 多吉の, 大騒ぎを, 容易に, 少しは, 岩蔵に, 文句は, 日本人が, 次男坊の, 決して忘れ, 無いか, 能も, 鳥亀の

▼ 方ない~ (28, 0.0%)

3

1 [25件] あの青い, からへえ, が文壇, ことのみが, ただ無残, のだ, のは, ものが, ホンモノだ, 京極家から, 居眠りだ, 忿懣を, 悲憤の, 樫尾初蔵氏の, 正直ま, 気持が, 水葬儀だった, 混血児です, 現実が, 私の, 自分の, 蛇の, 見世から, 親愛を, 身の上と

▼ 方なし~ (28, 0.0%)

2 である, にその

1 [24件] いきなり訪ねる, じゃ, で貸した牛, といえ, とて毎日, と歎, にお, にし, に一緒, に何, に別居, に土地, に泣く泣く, に笑っ, に笑つた, に笑つて, に耕し, に舟, に頭, に黙っ, のつまらぬ, の処, の皺, 計なし

▼ 方にでも~ (28, 0.0%)

1 [28件] いらっしゃるの, いるの, お手伝, お貸し, お願いしたら, きっとこの, きまって呉れれ, しようと, それともどっか, また奔走, 乗せて, 伺って, 似たので, 使って, 入って, 向つて, 往って, 往ってる, 泊られたらしく, 熊谷の, 聞えたの, 落ちて, 行かなければ, 行こか, 見て, 追って, 逢わせて, 願って

▼ 方その~ (27, 0.0%)

2 美感を

1 [25件] お玉という, ほかには, ま, ようお, 一家久しく, 人よりも, 光線の, 地方を, 地面やや, 坂東第, 子を, 広さ, 忠義心かくの, 性格その, 態度声の, 投ずる距離, 方の, 男が, 番付の, 皮を, 窓の, 語気が, 金塊の, 鎮圧に, 頭の

▼ 方に対して~ (27, 0.0%)

2 持って

1 [25件] そんな命令的, ついぞいま, ふた心, 不服が, 不満を, 今さら義理, 何一つわるい, 別に人道主義的, 前田利家にも, 単にわき, 反撥を, 受験の, 同じ回想記, 失礼でも, 失礼な, 幕府の, 我々などの, 新聞で, 権力を, 父である, 義務を, 腹を, 興味が, 飛んだ不調法, 高声

▼ 方などを~ (26, 0.0%)

1 [26件] いそいだので, いろ, この志村小夜子, して, なさる事, みて, 動きの, 千恵に, 呼びましては, 奥さんに, 少しシャ, 御覧に, 投げて, 指図し, 撰ぶつもり, 書いて, 真似られました, 知りたがって, 研究する, 稽古した, 細々と, 自分で, 見惚れては, 見渡して, 観ても, 言って

▼ 方のが~ (26, 0.0%)

1 [26件] いいという, いわば高等下金屋, おのずから取られる, それでござん, はしかにか, わだけに, 一人きりで, 上の, 五十嵐甲子雄, 南条力後ろの, 反対側へは, 古いのん, 売立に, 奥へ, 娘の, 戻って, 承知し, 抜け出します, 普通の, 正統派で, 無いと, 特に眼, 百人力といふ, 直ぐ引ツ, 硝子台の, 言いました

▼ 方福山~ (26, 0.0%)

4 の招宴

1 [22件] からの招待, から委託, が初め, が旅行, が酒, ですか, といえ, との多年, との関係, とは泰山, にどういう, のところ, の娘, の帰来後, の招待, の活躍, の隣席, はまあ, は始終, は突然, は賑, を通じて荘家

▼ 方~ (26, 0.0%)

2 に乗っ

1 [24件] から辷り落ち, だ, として波間, と黒船, なの, に寄り, に戻る, に避けよ, の動揺, の屋根, の方, の生, の生存者たち, はほとんど, は一方, は人々, は島, は木の葉, は顛覆, は黒船, へ帰らなけれ, よ, を海洋, を追わず

▼ 方でなく~ (24, 0.0%)

1 [24件] こちらに, こっちから, その反対, ただ何となく, ちゃいけない, てこの, てされる, てはいけない, てはこんな, てはならぬ, ては到底, ては夫, ても見, て別に, て誰, はありません, むしろ鷹, 三四本飲む, 不動の, 気質的に, 池から, 罪を, 色も, 路地の

▼ 方といふ~ (24, 0.0%)

4 のは 3 ものが, やうな 2 のを, ものは 1 ことにな, ものである, ものも, ものを, 修驗者が, 意味である, 意味に, 方は, 活字の, 特殊な

▼ 方この~ (23, 0.0%)

2 半九郎

1 [21件] お玉杓子の, お近く, 上は, 人足の, 供養物を, 加賀屋じゃ, 地上に, 女湯の, 家の, 寺に, 意味である, 戀人の, 敵の, 方と, 春兄様と, 春兄樣と, 猫の, 眞夜中に, 者の, 部屋を, 頃何だか

▼ 方だけが~ (23, 0.0%)

1 [23件] いっしょうけんめい, お友達, くびのところから足, その後の, その辺, まだ残っ, 中窓, 全部に, 変形し, 宙に, 意識を, 明るくて, 最初から, 残った恰好, 残って, 残りました, 気に, 浮出, 疑問に, 白毛で, 私の, 見える格子, 頑丈な

▼ 方だけに~ (22, 0.0%)

2 ある

1 [20件] ある上品, ある装置, お願いする, こんな魔所, しちや, して, なみたいてい, 付いたもの, 依るの, 史実でない, 家屋から, 封印を, 時間と, 残って, 気を, 汚な, 遠くに, 限る理由, 頗る敵, 飛んだ気

▼ 方については~ (22, 0.0%)

1 [22件] あまり詳しい, いささか私, さう, すでに他, そのとおり, それを, なお他, なぜだ, なによりも, まださっぱり自信, もう言った, アメリカ政府でも, ダヴィデの, 世間にも, 他の, 何とも話し, 前から, 実家の, 殆ん, 貯金にでも, 鍛冶富とも, 随分心配

▼ 方にては~ (22, 0.0%)

1 [22件] いずれも, お妾, これも, そは, なかる, イスパニアの, フェニキアの, 云は, 伯州東伯郡の, 唯だ, 大, 家を, 川向の, 暑中でも, 最初出版契約の, 本年も, 格別深き, 清き水, 火気の, 狐が, 盗んで, 築地二丁目の

▼ 方~ (22, 0.0%)

2 に就い

1 [20件] が僕, にはまずまず, に二三, に依る, に頼みます, のこまかい, の事, の往復, の瀧徑, の谷, は実, は容易, は殆ど, は知らない, まで想像, も皆それぞれ, も質素, をそれぞれ, を細か, 時に溌剌

▼ 方がと~ (21, 0.0%)

2 思ったこと

1 [19件] お呼びした, きまりきつ, さしもに, そうも, つくの昔, 云う怪しみが, 云って, 云ふんです, 勧めて, 喬は, 家の, 幸子は, 思うたそれ, 思って, 思つて見る, 改めて春琴, 昨日も, 考えたの, 言った

▼ 方により~ (21, 0.0%)

7 多くの

1 [14件] あるいはその, かかって, 下水の, 力の, 多くある, 多く熱心, 多く精神的教養への, 多く魅せられ, 大きな力, 少く与える, 強い魅力, 活, 理解が, 負は

▼ 方近く~ (21, 0.0%)

3 なって, なってから

1 [15件] だった, でした, なったの, なっても, なつて, なる, なると, になっ, になった, には疲れきっ, に伝吉, まで遂, らしいぬくい, 屠者, 戻りましたが

▼ 方だけを~ (20, 0.0%)

2 取って

1 [18件] やって, 二三十首の, 切取ったもの, 動くよう, 専門に, 小刀か, 念いり, 思う通り, 手術場に, 持って, 書くこと, 棄権し, 検討したい, 考えて, 覚えて, 誰か, 重く見, 離しても

▼ 方にな~ (20, 0.0%)

2 つてし

1 [18件] お触らせ申し, つたのである, つたのも, つてぐつすり寢込んだ, つてみんなは, つてゐた, つて俳小屋に, つて倒れた, つて居られる, つて居りました, つて居ります, つて来た, つて父親が, つて目見以上の, つて鍵を, つて驅け, 入りたまひそ, 可厭

▼ 方によっては~ (20, 0.0%)

3 非常に

1 [17件] あるいは意外, おもしろいとも, 世界の, 主要な, 之こそ, 何か, 哲学自身の, 密集し, 少しく俗, 少しも, 市民の, 御褒美, 必ずしも卑俗, 甚だ危険, 甚だ愚, 申し分の, 西洋的な

▼ 方までが~ (20, 0.0%)

1 [20件] いつもより, ずっと見透される, その人, ぞんざいに, だら, とんだ飛ば, とんとこの, わけも, わざわざお, 乾燥し, 似て, 前面に, 呼び寄せられる, 因襲的に, 寒月君の, 御参詣, 手付や, 田圃の, 違って, 間が

▼ 方~ (20, 0.0%)

2 ――≫↓

1 [18件] 出テタリトカヤ, 向イテ行ッテシマイマシタ, 向ヒ, 大竹モ逃ゲタカラ追, 押シヤル動力ニナリツツアル, 捜シニ行コウトシタ時食堂, 武恩トシテ報イ居リ候ヘバ臆病ナル輩ニハ準, 歩ヲ, 約束シタ所ヘヤッテオレハ銚子ノ, 行くの, 行クホド軽, 行ッテシマッタ, 行ッテラッシャイマシタワ, 行ッテ見, 行ツテ見, 音を, 音樂會歸り, 首ダケ出シタ

▼ 方~ (20, 0.0%)

1 [20件] が作り, が口止め, が持寄る, が用いる, とてあの, なぞからかっ, なぞもう, の子弟, の懐中, はあれ, はどこ, は何と, は島津, は身共, は道弥, も遠, も黒鍬組, を逃がし, 百姓領民は, 端役人の

▼ 方それ~ (19, 0.0%)

1 [19件] がわからん, が良けれ, くらいな, で居, について仕出, に例, はおくらし, はよく, は極めて, は熊, は皆, まで, も大家, も御, も遠く, や好き, をチョッキ, を云, を見る

▼ 方でし~ (19, 0.0%)

2 きりなしに, ていた, てな, てね

1 [11件] きりに, て, ている, てさ, てやがて, てゐた, てネそれ, て人, て居る, て銀さん, やがれ

▼ 方にのみ~ (19, 0.0%)

1 [19件] 動揺し, 勤むべきものであろう, 原因が, 取られて, 多くあり, 多くを, 寄つて行つた, 就くに, 感化されまし, 気を, 求めて, 注ぎて, 注げば, 爪の, 生きた葉, 耳を, 迷うよう, 迷ふ, 馳せて

▼ 方よりは~ (19, 0.0%)

2 窮屈でない

1 [17件] たしかに三寸, よッ, 不肖私が, 余程好い, 家の, 少し強い, 悪党がて, 本の, 板橋を, 根府川の, 甲板と, 男の, 白っぽい, 皮に, 藝者の, 足助の, 遙かに

▼ 方~ (19, 0.0%)

4 の友 2 に遊ぶ

1 [13件] な事, な賃銭, になつ, に遊び, の事, の儲け, の友人, の廉売, の慾, の画料, の經, の者, の身

▼ 方~ (19, 0.0%)

5 と云 3 の術語 2 の筆法 1 から教, が使つた術語, の使つた四つ, の外, の授筆要説, の法, の用, も當時錚, を御

▼ 方かと~ (18, 0.0%)

7 思って

1 [11件] 存じましたら, 存じましたらお, 存じまして, 尋ねた時分, 思いましたら仙太郎親方, 思いましたら殿, 思うと, 思つてゐ, 思ひました, 思ッたら, 訊ねるつもり

▼ 方だつた~ (18, 0.0%)

2 が, が然し

1 [14件] か何しろ, がお, がその, がそれでも, がぼく, けれど誰, のでさ, ので此変化, ので母, もんです, わ, わけである, んだ, んです

▼ 方とか~ (18, 0.0%)

1 [18件] あるいは御, かんざし, その労働力, でえろう気, 一寸でも, 云いながら, 君前における, 店を, 掏摸に, 物の, 生活の, 細かい部分, 組頭とかいう, 表現技法の, 言って, 質量とかいう, 醗酵順序とかいう, 鯣の

▼ 方とが~ (18, 0.0%)

1 [18件] あつた, あること, あると, すっかり別々, その日, どういう仲, 二つに, 今までよりも, 何故戦わね, 先ず先ず為め, 力を, 印象的である, 実に鮮やか, 暗黙裡に, 次ぎ, 集って, 非常に, 頭に

▼ 方とを~ (18, 0.0%)

1 [18件] もう一歩, もって, 交る, 半々に, 合わせると, 同時にもつ, 含んで, 天下はれ, 守りながら, 成功せしめた, 数箇条に, 比べて, 派生し, 知って, 私が, 等分に, 結ばせて, 見くらべて

▼ 方なれ~ (18, 0.0%)

2 ば此樣

1 [16件] どいと, どもある, ども中, ども五行そのもの, ども余り力, ども宇宙観, ど仏蘭西風, ばこそお腹, ばこんな, ばさつき, ばたとい, ばとゆかしく, ば寝台, ば断る, ば方, ば浪さん

▼ 方にゃ~ (18, 0.0%)

1 [18件] あ不思議, あ二人, あ可笑し, あ始終, あ相違, いい見付け物, しまって, たくさんあるだろう, ないが, まだその, アお, ア矢張り魚も, 何だけの, 分りません, 師匠も, 苦労人でいらっしゃる, 酒井さんの, 預かる者

▼ 方さま~ (17, 0.0%)

3 にそそのかされ 2 の御

1 [12件] が何かと, に, には御, には自害, のお, はたうとう, へとんだ, も愚僧, よりも耻, をお, 何やら私, 御死去

▼ 方しか~ (17, 0.0%)

1 [17件] ありません, しては, しなかったん, できないの, できなくな, できぬが, できぬといふ, ない, 使わなくなりました, 出来ないの, 役に立つて, 有り得ないと, 無い車井, 知りませぬ, 要らないスリッパ, 陽子は, 頭に

▼ 方でございました~ (17, 0.0%)

432 のよ, よ 1 からむやみ, からよくも, が都合, のね, よあなた, 江戸生れの

▼ 方において~ (17, 0.0%)

1 [17件] あった, あり駒, とても六, どこまで, キュウシュウの, 一つの, 壮観を, 太陽とは, 女の, 思想の, 情緒の, 私は, 私達の, 表から, 譲歩を, 遺憾ながら, 非常に

▼ 方~ (17, 0.0%)

2 それで若旦那, 心も

1 [13件] あたいの, あたしなんて, あの方, お爺さんこんなに, ちょうど次郎ちゃん, でなかつたらあら, ほらあなた, まだまだ, わが, 好男子が, 汝が, 若旦那が, 賑かな方へ

▼ 方ヶ原~ (17, 0.0%)

2 で大

1 [15件] がよけい, であいつら, で惨敗, で最期, で破られ, にいっ, には間, のおちこち, の北端, の戦い, の東, は遠く, へかけつけね, まで伊那丸, を横ぎって進軍

▼ 方二人~ (17, 0.0%)

1 [17件] が誰, だ, だけで, でゆ, で校長先生, で行っ, ともツイ, に下, に介抱, に感謝, の恋語, の身, は例, は町, もおふくろさん, をどう, を同行

▼ 方来居~ (17, 0.0%)

2 の手入れ

1 [15件] で水藩高橋一派, と書いた, に帰っ, に老主, のからくり, のほう, の居候, の裏木戸, の近く, の近く要所々々, へ乗り込んだ, を出る, を押, を立ちいで, を立ちいでよう

▼ 方~ (17, 0.0%)

2 が見, の事

1 [13件] がママ, が惡, にお, にはもう, の兄, の好み, の宅, の芝居, はまた, は山間, は空気銃, も何ん, 共ソヴェト

▼ 方自身~ (17, 0.0%)

2 から云え, も知らぬ

1 [13件] が死, でも自, にとってとんでも, にはっきり, のお, の余儀ない, の悟入, の悲し, の懐, は全く単に, は立派, もそう, も自分

▼ 方だらう~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] そのお, て, とお, と信じ, と思ふ, ねえ, よ, 丁寧に, 何故あゝ, 子, 服装から, 私は, 言はば, 隣家の

▼ 方にかけては~ (16, 0.0%)

2 名人とか

1 [14件] どんなひどい, まさに, ズブの, 人々の, 先生が, 博士以上の, 名人と, 本郷の, 江戸でも, 相当の, 知ること, 諸事抜け目が, 贅沢で, 頗る天稟的

▼ 方に対する~ (16, 0.0%)

2 お礼も, 妾の

1 [12件] ものだったろう, 不躾は, 作曲の, 動機を, 反抗である, 幕府の, 当面の, 御遠慮, 敬意は, 礼です, 自分の, 警戒も

▼ 方即ち~ (16, 0.0%)

2 揚幕を

1 [14件] ウェルギリウスの, ブレッヒが, 四部に, 圈の, 子子孫孫引無極, 小アララット, 幽霊が, 忠告の, 快感の, 数字か, 文学者が, 江戸の, 素材加工の, 視覚の

▼ 方~ (16, 0.0%)

1 [16件] が忠平, が額, と左源太, と楊庵, にはどうしても, の事, の何人, の名, の清川邸, の順序, は六十一歳, は寛之助, は柴田芸庵, も控え, を, を早く

▼ 方はね~ (15, 0.0%)

3 私が

1 [12件] え, お金が, これは, そりゃお, もうね, 先刻の, 好きの, 妙に, 平時は, 画の, 踊の, 農学博士の

▼ 方~ (15, 0.0%)

1 [15件] からわざわざ, ではあります, ではある, にもどっ, に帰っ, に置い, の上手, の執事, の招宴, へいらっしゃる, へいらつ, へ招かれる, へ招待, より半道, を出

▼ 方~ (14, 0.0%)

1 [14件] あんた方で, いいん, その子供, その後お, その腹, つてお, よかん, わしらを, 今お昼の, 向うで, 天下何とかで, 水戸の, 水戸城内が, 頭あ

▼ 方がよか~ (14, 0.0%)

2 あない, ないでしょう, ないの 1 ありませんか, つた, つた様に, ないかい, ないかと, ないかな, なくって, アありません

▼ 方にとっては~ (14, 0.0%)

1 [14件] かえって願っ, かけがえの, きわめて重大, たしかにそういう, やり切れぬ, 何の, 割に, 力強い味方, 尠なから, 幸福だった, 強力な, 恐ろしい敵, 最上好都合の, 無価値

▼ 方~ (14, 0.0%)

2 にあたる栗林, の二人伴 1 だらうと, でしたから, で此方, で黙, には何万とも数, にま, のソフア, の世界, の隅, を指

▼ 方~ (14, 0.0%)

1 [14件] であ, といふの, と數術, に屬, の中, の士, の方, の末, の語, は書數, は李柱國, を受け持つた, を含む, を校正

▼ 方~ (13, 0.0%)

1 [13件] どんな迷惑, は光子さん, は光子さん妊娠, またかけ, 二人追い立てる, 今歩い, 廻しと, 手エ廻し, 突然綿貫, 背中向け, 通て, 電話かかったら, 電話かけ

▼ 方からでも~ (13, 0.0%)

1 [13件] かけ合って, さらに詳しい, すこし兵糧, 伝わって, 出たもの, 出て, 出られます, 救ひ, 泳いで, 用心を, 降りて, 面会禁止の, 飛んで

▼ 方これ~ (13, 0.0%)

1 [13件] がおもしろい, がふしぎ, がアアサア・シモンズ, なきか, にて祝盃, には深い, はあつし, は大人, へ信長, よりよき, を本命二黒土星, を買っ, 有り

▼ 方であろう~ (13, 0.0%)

31 かさぞ, がこちら, こりゃどうも, という人, とこれ, と思う, な, 幾つかの, 私は, 裸体武兵衛という

▼ 方にこそ~ (13, 0.0%)

2 寧ろ不安

1 [11件] あるので, そうした仕草, どうかされたい, 下手人の, 多けれども, 大莫迦者, 実に見事, 思いやられること, 怨みは, 文句が, 望ましけれ

▼ 方までは~ (13, 0.0%)

2 手が

1 [11件] こぼれて, だかつた無地, とても私, やってこない, 固くならない, 大体見当が, 帰られまいから, 行かなかつた, 行った事, 辛抱せられた, 飛んで

▼ 方~ (13, 0.0%)

1 [13件] 件, 件ト二ツノ急要, 偉イトコロデスヨ, 家ヲ, 席ニ掛ケサセラレル, 慾望が, 病気デハナイ, 精力ガ常人ニ劣ッテイタワケデハナイ, 薬ノ, 蟋蟀, 衝動ガ起ル, 衝動ガ起ルノデアル, 責ナリヨツテ近日中汝トソノ一味

▼ 方~ (13, 0.0%)

1 [13件] といふの, となっ, に女房, に対する労力, のため, のてほんに, のゆかれぬ, の境遇, の夷等合戦, の道, や, を出し, を失ひぬれ

▼ 方~ (13, 0.0%)

1 [13件] という男, の方, の目, の鼻, はあらゆる, はその, はそれ, はふらふら, は不思議, は喜ん, は片方, は蘭, は近く

▼ 方~ (13, 0.0%)

1 [13件] が女中, とかと相違, とが出会つて, とは同じ, など, に九州, に出, の旅行, の族, の画以上, は氏独特, は近所, また栄

▼ 方だの~ (12, 0.0%)

1 [12件] あまたな, して, つて其樣な, 上席の, 京師方だ, 取扱い方, 御家人どもが, 憎み方, 新座敷, 蚊に, 音を, 髪の

▼ 方であります~ (12, 0.0%)

21 からその後, がこれ, が先づ, が和歌, が恰度仏教, が更に, が漢學, とそう, ので日本, ゆえなまじ

▼ 方などが~ (12, 0.0%)

1 [12件] しだいに改良, ちょいちょいやって来る, どうしても西洋画, よそから, 一向旧来, 僕の, 先ず外形的, 加勢を, 普通で, 異なって, 立ち騒ぐ前, 艶で

▼ 方なんか~ (12, 0.0%)

2 厭です 1 して, そのほか, ちっともしない, まるで無頓着, みんなちょい, 化粧せぬ, 多い方, 滅多に, 考へたこと, 見向きも

▼ 方にとって~ (12, 0.0%)

1 [12件] お珍, たしかに致命的, どちらが, もっと脅威的, 全く一顧, 宗教ぐらい, 憎む可, 月夜を, 母親と, 私が, 重要な, 非常に

▼ 方天戟~ (12, 0.0%)

2 をひっさげ 1 の下, の妙手, はしばしば, は一上一下, をさげ, をふりかぶっ, をふりかぶった, を使え, を操る如く, を馬上

▼ 方孝孺~ (12, 0.0%)

2 に語り 1 あり学行, がある, と与, に問う, に於ける, の門人林嘉猷, は如何なる, を殺さ, を殺す, 堅く京

▼ 方どう~ (11, 0.0%)

2 して 1 あっても, した, だった, でしたなんか, なさったの, なすつて, なのよ, なるか, なん

▼ 方などの~ (11, 0.0%)

2 分際でない, 口を 1 みごとさに, 下を, 人々が, 人は, 家では, 通行の, 項目に

▼ 方にあたって~ (11, 0.0%)

1 [11件] きかれたの, なんともいえない, ものすごいお, トーンと, 忽然鬨の声が, 怪しい海鳴り, 恐らくこの, 武辺らしい, 火の手が, 眼も, 赤と

▼ 方にかけて~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある羽織, もとは, ゐて, 切落し, 尋ね歩いて, 少し白い, 弧線を, 御坂秩父の, 百名ぐらいは, 縁がはが, 行きました

▼ 方に対しては~ (11, 0.0%)

1 [11件] お慎みなさい, ともかく内, どういう解釈, なぜこうまで, 別に心配, 大きな試み, 恐らく横井さん, 情けの, 日々御, 正直に, 神仏の

▼ 方のみ~ (11, 0.0%)

1 [11件] でございました, でなかったであろう, でなく世上, でなく現に, でわらじ, ならず日本, 作用を, 働かせて, 御墓, 特に著しく, 見やりて

▼ 方へまで~ (11, 0.0%)

2 つづいて 1 あきらかに, 原稿詰めこん, 召されるよう, 尾けて, 往かっしゃるような事, 拡がった, 波紋を, 淙々の, 行ったとしても

▼ 方らしく~ (11, 0.0%)

1 [11件] いつの, いつも木綿, おなりに, お言い, ホンノリと, 唾舌らせ, 後ろに, 或る, 水車に, 物の, 臨時と

▼ 方~ (11, 0.0%)

1 [11件] オ可愛, カイテヤッタラ兄ガオコッテヤカマシクイウカラアニヨメヘオレガ行ッテイロイロハグラカシテソノコトハ済ンダオレモ三四年ハ大, シタ, シテ見, ヨリ多, 塞ガレ国中ノ, 御使ニテ, 殊更五子達ノイル, 玄宗ニ献ズルニ因テノ故, 見テモクレナカッタシ, 説明シ月經ナキ少女ニ育兒ヲ

▼ 方仲間~ (11, 0.0%)

2 を笑えなかった 1 から声, がこの, が団結, に言わせる, のもの, のよう, の姿, は従順, は言うまでもない

▼ 方がかへ~ (10, 0.0%)

1 つてい, つてはらはら, つてリルケに, つて世話が, つて夢の, つて大きい, つて好, つて目立つ, つて眼が, つて趣深く

▼ 方すなわち~ (10, 0.0%)

1 南へ, 嫌な, 彼女の, 態度一つで, 津田君が, 浅岡了介に, 知を, 積雪の, 越前蟹の, 鷲の

▼ 方での~ (10, 0.0%)

2 ガヤガヤ言っ 1 けたたましい物音, イギリス艦隊との, ベテランに, 交際も, 友だち関係を, 忙しさ, 話に, 雨は

▼ 方などに~ (10, 0.0%)

1 お近づき, ふいと, 乾いたところ, 執着し, 就いて, 意識の, 比べると, 現れ過ぎる程, 眼を, 若い頃

▼ 方にと~ (10, 0.0%)

2 つては 1 あくがれ出づ, ずるずる引きずられ, つても, びさったとばかりおもっていたのにまだ, 去ったの, 導いて, 引かれて, 彼を

▼ 方をば~ (10, 0.0%)

1 この新しい, アガメムノーン坐せしめぬ, 振り向こうとも, 推稱せずし, 既に見つれ, 時々お, 時々お転婆, 求むるものありげに望見たり, 眩しく烟, 続ぎ歌

▼ 方~ (10, 0.0%)

2 行の 1 ぜい, だすかりなり, ていのみ, 坂浦に, 富士が, 洪馬超, 變な, 鼓方と

▼ 方~ (10, 0.0%)

1 あやしくなつた, こまめに, つかい御, ドライヴ, 侵入し, 差遣す, 此處に, 歩いて, 漕いで, 眉毛を

▼ 方~ (10, 0.0%)

2 では, と仰ある, は君, を売付けた 1 であった, であつ

▼ 方だけの~ (9, 0.0%)

1 ことかも, もの, 大戸が, 御直段, 意志で, 片方言, 立ち木を, 耳輪に, 離れたの

▼ 方などには~ (9, 0.0%)

1 まだどっち, もう蝋燭, 一文も, 別になお, 強く出, 気づかない程, 確かに, 聞き苦しいと, 黒川能の

▼ 方にだけ~ (9, 0.0%)

1 あること, 向け父, 学資を, 気を, 申上げる, 眼を, 親しみが, 雪舟は, 青年を

▼ 方ひとつ~ (9, 0.0%)

1 つまり精神, ですよ, でも心掛け次第, で気持, で生涯, で音, にあり, にし, によつて

▼ 方へでは~ (9, 0.0%)

2 なかった 1 ございませんでしたから, ない, なくすぐ, なくシルヴァー, なく笑顔, なく野原, なく馬

▼ 方へのみ~ (9, 0.0%)

2 飛ぶぞ 1 あらゆる神経, 傾き過る, 向けられがち, 引かされて, 深入りし, 落ちようと, 進んだ

▼ 方ほど~ (9, 0.0%)

1 余計に, 宛に, 急いで, 早く間に合わせる, 暗くいかつくなっ, 異つて, 真黒くドロドロ, 頼もしいもの, 高くなっ

▼ 方よく~ (9, 0.0%)

1 いためて, その意匠, ないの, なるであろう, 外から, 御分別, 御存じです, 来て, 梟の

▼ 方~ (9, 0.0%)

1 おり其後, おゐ, て何, て御, 出かけんと, 出稽古方, 参り色, 御遣, 相成申候

▼ 方一尺~ (9, 0.0%)

1 あるか, くらいの光, なるに, ばかりの穴, ばかりを除き, ほどで扁, ほどの白木, ほどの箱, ほどの絹地

▼ 方半分~ (9, 0.0%)

4 はもう 1 しかない, だとよ, はしたたか, ばかり掃い, を取り交ぜ

▼ 方~ (9, 0.0%)

1 もし公儀, 一角あり, 今日の, 子目の, 愛読を, 昔油を, 洗物でも, 社會に, 近くの

▼ 方太太~ (9, 0.0%)

2 はこの 1 ですらも, はその, は大層, は当りまえ, は彼女, は慌て, は突然

▼ 方感じ~ (9, 0.0%)

4 方が 1 方に, 方を, 方従つてその, 方表現の, 方言語動作身だしなみといふ

▼ 方~ (9, 0.0%)

1 で失った, と申し, の往来中, の水呑百姓, の男体山, の若い衆, の茶見世, の葭簀張り, へ茶見世

▼ 方~ (9, 0.0%)

3 を貢 1 となり, に満足, の観, の観方, の言い方, は各地

▼ 方玄綽~ (9, 0.0%)

1 などは以前, はこれ, は前, は官僚, は手, は自然教育会, は近頃, は頭, もまた

▼ 方がね~ (8, 0.0%)

1 あけの, いい人, お医者さん, この子, ほらいつかあなた, 何うも, 何だか変, 昨日離縁に

▼ 方~ (8, 0.0%)

1 きようだい, ゆるりと, 一しょに, 兄弟の, 兄弟は, 夫婦にも, 夫婦も, 家族以外には

▼ 方~ (8, 0.0%)

1 お美しい, しかるべき, なき, なき春, 参詣の, 来て, 疾く答, 聞かう聞かう思つて

▼ 方であれ~ (8, 0.0%)

1 がしはじめたら, だけ述べ, ばある, ばこれ, ばまだ, ば大臣, ば彼, ば私

▼ 方なり~ (8, 0.0%)

1 といふ, どうか火, または低い, 正月元日の, 母上なりに, 然れ, 著述なりを, 靈藥なり

▼ 方につき~ (8, 0.0%)

2 出して 1 お君, 出し, 出した, 石橋山の, 研究いたしたく存じまする, 進んだ

▼ 方ゆえ~ (8, 0.0%)

1 お連れ, この点, したがっては, にこの, 丈助や, 京都あたりの, 暗くっては, 長く休ませ

▼ 方~ (8, 0.0%)

1 がこれ, のいただく, のうち, の本心, の身分職業姓名, の鈍刀, は思い出し, を調

▼ 方~ (8, 0.0%)

1 一層感ジル, 一層激シクナル, 一層美シイ, 原退, 好キダワ, 撮リヨイネ, 浅クナツタ為メカ例年ハ池畔ニ僅ニ其形骸, 面白クッテ溜ラナイラシクモアル

▼ 方~ (8, 0.0%)

1 とても忙しい, どうしていらっしゃるでしょう, になっ, のうち, の梅林町白糸町あたり, は瓦解, もあの下, 此の

▼ 方~ (8, 0.0%)

2 をし 1 が無く, が起つた, しに, という方, に少し, へ行き過ぎ

▼ 方無く~ (8, 0.0%)

1 て唯一図, 候, 悩されぬ, 悲めり, 掻乱されし, 明すべき, 苦める, 鮮やかに

▼ 方~ (8, 0.0%)

1 がおや, が千人, というもの, と戦場ヶ原, の手, はすっかり, はぶるぶる, はまっさお

▼ 方~ (8, 0.0%)

1 が湖水, である, という計算, の中, の土地四五千万, の間, をもっ, を有する

▼ 方~ (8, 0.0%)

2 なり 1 が定, に容喙, に対して稍不満, を手傳, を示され, を認め

▼ 方あれ~ (7, 0.0%)

1 から下谷, がマアガレットさん, で廿四, は島田, は本, やるの, を見られよ

▼ 方がた~ (7, 0.0%)

1 に御, のよう, の不名誉, の前, の御, はどなた, はわたくし

▼ 方たる~ (7, 0.0%)

1 やこれ, やさっぱり, や大した, や安楽椅子, 少々御, 平井山の, 自軍と

▼ 方だったら~ (7, 0.0%)

1 あなたも, いいのにねえ, まだあきらめ, 大方お, 婦人子供洋服の, 年も, 父に

▼ 方でありまし~ (7, 0.0%)

1 て, てさ, て其の, て地方, て多数, て後世, て誠に

▼ 方でございまし~ (7, 0.0%)

31 て同じ, て気, て男子, て芸名

▼ 方でなけれ~ (7, 0.0%)

3 ばならない 1 ばあしらい切れない, ばできない尋ね, ばならぬ如く, ば出来ぬ

▼ 方で御座います~ (7, 0.0%)

21 かと見返れ, から證文, ね新年号, 朝晩念仏三昧で, 朝晩念佛三昧で

▼ 方とて~ (7, 0.0%)

1 ただご, なかなか一通り, 張飛の, 此の, 決してその, 聞き糺して, 重に

▼ 方とに~ (7, 0.0%)

1 あるの, いたく心, 人を, 先刻から, 於て, 没頭した, 特色を

▼ 方と共に~ (7, 0.0%)

1 お成り, お櫓, こなたへ, 伝へられたもの, 何となく子供, 其方へ, 外国の

▼ 方なぞを~ (7, 0.0%)

1 したお, 何くれと, 幾通かの, 注意し, 用意する, 迎えたり, 逐一よく見

▼ 方ならず~ (7, 0.0%)

1 がっかりし, チャームされる, 不審に, 楮幣, 目を, 私の, 親しくし

▼ 方ならぬ~ (7, 0.0%)

1 お褒めである, ものが, 世話に, 混雜でした, 苦労だったろう, 骨折じゃった, 鬼胎を

▼ 方においては~ (7, 0.0%)

1 その弾力, 中村市右衛門尚, 之を, 子供に, 左様な, 思想の, 自分が

▼ 方にても~ (7, 0.0%)

1 さすがに, よく聞えたる, 八月十七日長女と, 切支丹に, 考へるところ, 重々気の毒に, 頼み得させむにと

▼ 方にとっても~ (7, 0.0%)

1 それは, 不幸なる, 勝った方, 悲しい, 腹切り道具だ, 重大な, 面白いだろう

▼ 方による~ (7, 0.0%)

1 その抑揚強弱明暗, ものだろう, もので, ものであります, ものである, ドストイェフスキイは, 院宣は

▼ 方に当たって~ (7, 0.0%)

1 やや大きな, わき起こったあわただしい, 一人の, 低い東, 更にいっそう大きい, 胸甲騎兵の, 高地の

▼ 方のに~ (7, 0.0%)

1 しずかに, とりかえた, 勝つから, 多分に, 比べると, 着かえ外套, 違ひない

▼ 方ばかりに~ (7, 0.0%)

1 あるので, ゐて, 使はれる, 吹きよせられた雪, 気を, 目を, 眼を

▼ 方やら~ (7, 0.0%)

1 ゆくゆくは, オサンドンを, 日本語使うてる, 最前, 毛糸の, 破れ衣の, 離して

▼ 方をと~ (7, 0.0%)

1 お辻, 云ふ, 先方は, 思う処, 思って, 思ふ処, 浜田氏を通じて

▼ 方事件~ (7, 0.0%)

2 の張本人 1 から受け入れた, の中, の成り行き, の紛争, を知る

▼ 方~ (7, 0.0%)

4 遠く入る 1 が見たけれ, に注げる, に面し

▼ 方英里~ (7, 0.0%)

1 の土地, の面積, の領地, はまったく, は諸, は露国, を失い

▼ 方~ (7, 0.0%)

2 てえ 1 かたの, てます, て下さい, て御覧, まはりました

▼ 方~ (6, 0.0%)

1 てい, ている, てたんぢ, て左様, て樹, て通用門

▼ 方つて~ (6, 0.0%)

1 あるもん, いふの, は吾人, も彼, や, わが身心

▼ 方つまり~ (6, 0.0%)

1 あれで, この御歌, トンネルの, 三十三歳で, 下流の, 汚職方だ

▼ 方としても~ (6, 0.0%)

1 いかがわしい物, そのよう, ちゃんと現, なかなか納得, もう答えよう, 受取る方

▼ 方とても~ (6, 0.0%)

2 世には 1 その通り, その頃の, 御多分には, 時と

▼ 方なんぞ~ (6, 0.0%)

1 して, しや, ぢや, でも, 目も, 知って

▼ 方なんて~ (6, 0.0%)

2 妾仕方なく 1 ありゃしないわ, えお役向き, ふざけると, まったく嘘

▼ 方についても~ (6, 0.0%)

1 あまりぞ, いえば, 僕は, 同じだった, 或る, 東京だ

▼ 方にや~ (6, 0.0%)

2 無えす 1 分りません, 困ツ, 定而心配斗, 身を

▼ 方に対し~ (6, 0.0%)

1 何を, 失礼なる, 懸賞金一万円を, 校費で, 福慈の, 関東の

▼ 方ねえ~ (6, 0.0%)

1 あら姉さん, いよいよと, どうしてそんな, 一寸遲, 八幡の, 富岡さんて

▼ 方へま~ (6, 0.0%)

1 な身ぶり, はし, はした, はつて, はつて來, はつて貰

▼ 方ぼう~ (6, 0.0%)

1 から声, にあらわれ, にあらわれました, にこれ, に姿, に赤いかくし

▼ 方までに~ (6, 0.0%)

1 なにが, 口を, 淀橋の, 繰返して, 自動車で, 青梅へ

▼ 方までの~ (6, 0.0%)

2 間に 1 世話が, 便が, 威勢は, 椋鳥の

▼ 方もう~ (6, 0.0%)

1 いいの, ダメに, 一つ遠い, 一世紀近い, 十兵衛が, 十兵衞が

▼ 方をばかり~ (6, 0.0%)

2 見て 1 たよって, 向いて, 庭の, 相手に

▼ 方一人~ (6, 0.0%)

1 で笑, に平家方, の手, は犁持, もいらっしゃらない, や殺し

▼ 方三尺~ (6, 0.0%)

1 たらずの, の淡彩図, の監房, ばかりの箱, ほどな, ほど音

▼ 方以外~ (6, 0.0%)

1 にいろいろ, には誰, に女, に自由, のこと, の人

▼ 方~ (6, 0.0%)

1 の芸, はようやく, は区役所, は耕さなかった, は見すぼらしい, をからめ

▼ 方~ (6, 0.0%)

1 に入れた, の動かし, の有り, をつくし, を尽し, を引き

▼ 方~ (6, 0.0%)

2 及び天元術 1 すなわち一次連立方程式解法, すなわち算木, 幅が, 自分の

▼ 方近い~ (6, 0.0%)

2 丑刻半 1 街を, 街女房の, 頃, 頃でした

▼ 方いま~ (5, 0.0%)

2 を盛 1 おつ, ではもうさういふ, までに無い

▼ 方かえって~ (5, 0.0%)

2 よろしきこと 1 主人に, 人に, 勢強く

▼ 方かへ~ (5, 0.0%)

1 つてよろし, つて勢強く, つて危険と, つて御, つて来

▼ 方からと~ (5, 0.0%)

1 びらを通して, ほうも, よめきが, 同様に, 永代の

▼ 方がずつ~ (5, 0.0%)

5 とい

▼ 方ここ~ (5, 0.0%)

1 にいらし, におりません, に取っ, に呼ん, へ来

▼ 方~ (5, 0.0%)

1 しんの, ゃくねんのみぎりより武勇の, ゃごわせんのかい, やまさか, や無い

▼ 方そこ~ (5, 0.0%)

1 いら一帯, の岩, の電燈, を出た, を出発

▼ 方そのもの~ (5, 0.0%)

1 が徹底的, が独創性, で正常, につい, をも排し

▼ 方だけで~ (5, 0.0%)

1 インターミドルに, 云へば, 宜い, 決ること, 申しましても

▼ 方だけでも~ (5, 0.0%)

1 ようが, 助けて, 可なり, 大変な, 行く必要

▼ 方~ (5, 0.0%)

1 ものは, 一度は, 成るべく之, 来世を, 筆蹟を

▼ 方でなくっ~ (5, 0.0%)

1 ちゃ可, て, てお寺, てよかっ, て人

▼ 方どうして~ (5, 0.0%)

1 そこい, そんなこと, 前の, 生きる, 育て

▼ 方どこ~ (5, 0.0%)

1 かの一番鷄, にどうして, へお, へ泊る, へ行きなさる

▼ 方ながら~ (5, 0.0%)

2 以上で 1 そのまま, 烏丸の, 自分の

▼ 方なぞ~ (5, 0.0%)

1 いう顔面表現, さぞま, では, へはそれ, 減らさうとは

▼ 方なんぞは~ (5, 0.0%)

2 振り向きも 1 まだ若い, 振りむきも, 極まって

▼ 方においても~ (5, 0.0%)

1 いささか鑑みる, リズムの, 極力探し, 花園天皇といふ, 順調の

▼ 方にかけ~ (5, 0.0%)

1 ちや名人だ, つらねたる家, わかれる, 出して, 戻りました

▼ 方にさえ~ (5, 0.0%)

1 おかわり, ほとんど届かない, ハッキリは, 分れば, 遠く及ばない

▼ 方にしか~ (5, 0.0%)

1 入口は, 出たこと, 熱心に, 甘みは, 過ぎない

▼ 方にだって~ (5, 0.0%)

1 乱視の, 二本マストの, 云分は, 単に誤解, 都合が

▼ 方にね~ (5, 0.0%)

1 ぢむけさせた, ぢむけた, 浜中氏に, 私を, 近ごろお目にかかる

▼ 方のも~ (5, 0.0%)

1 まだ聞こえ, 同活字, 最近整理委員が, 素敵です, 行けたの

▼ 方はど~ (5, 0.0%)

1 つちか, つちだ, つちだらうね, どうであった, ないぞ

▼ 方~ (5, 0.0%)

1 つかしだし, 抱えや, 見たり, 見て, 見も

▼ 方ばかりが~ (5, 0.0%)

1 おそらく殺風景, この一つ所, 世の中に, 失礼でも, 眼について

▼ 方ばかりへ~ (5, 0.0%)

1 主要な, 傾きやすい, 気を, 義理を, 行くよう

▼ 方また~ (5, 0.0%)

2 信仰の 1 ふうちゃんが, 宮方と, 恐らく帰っ

▼ 方まだ~ (5, 0.0%)

1 お仕事, ほんの小娘, 丈夫で, 校正どころで, 職業が

▼ 方よろしく~ (5, 0.0%)

21 そふなけれ, ね, 暮し向

▼ 方を以て~ (5, 0.0%)

1 したのに, ピンと, 燃え草, 自ら娯楽せん, 表示され得る

▼ 方~ (5, 0.0%)

3 アル 1 スカ, 細マッテ壺形ニナッテオリ

▼ 方一間~ (5, 0.0%)

1 の大穴, の腰掛, ばかりだけ大きく, 高さ一間, 高さ一間位

▼ 方二間~ (5, 0.0%)

1 の住まい, の屋体, ばかりのところ, ほどの鉄, も先

▼ 方共に~ (5, 0.0%)

1 は尾花, は猫, も見物, 今から, 退軍

▼ 方~ (5, 0.0%)

1 からは打つ, に申しました, に脱, 以て, 岳の

▼ 方及び~ (5, 0.0%)

1 作法の, 其御一族即皇族全体を, 發行所内の, 私達は, 縄手の

▼ 方~ (5, 0.0%)

2 の部屋 1 のところ, の利き, の歪め

▼ 方~ (5, 0.0%)

1 ならん, なり強気, 想秦求趙璧亦斯情, 然, 然哉之旨申聞候

▼ 方四方~ (5, 0.0%)

1 から両立, から投げかける, から押寄せ, から火, へ褫

▼ 方~ (5, 0.0%)

1 りで手, りに, りにあたるか, りは, り不義理だらけ

▼ 方大きい~ (5, 0.0%)

2 よ, んだ 1 枝の

▼ 方奈良~ (5, 0.0%)

5 の家

▼ 方山の端~ (5, 0.0%)

5 に見た

▼ 方早く~ (5, 0.0%)

1 いらっしゃい, いらつし, きりを, 眼ざめた二人は, 着いちゃってね

▼ 方春日~ (5, 0.0%)

5 の杜

▼ 方~ (5, 0.0%)

2 さに 1 かりけるも, さの, 格恰な

▼ 方~ (5, 0.0%)

1 がさめる, のお, をこれ, をさました, を覚す

▼ 方美貞~ (5, 0.0%)

1 がすぐ, が喫驚, とが戻っ, との姿, は女学生風

▼ 方自分~ (5, 0.0%)

2 の事 1 の人相, の娘, を憚

▼ 方~ (5, 0.0%)

3 りを 1 りでなく日本人, りは

▼ 方~ (5, 0.0%)

1 なる丘, になり, にチラチラ, に上手, に山城国

▼ 方あの~ (4, 0.0%)

1 女が, 年増めを, 方が, 海の

▼ 方かけ~ (4, 0.0%)

2 て又 1 て焚火, 方まで

▼ 方からだけ~ (4, 0.0%)

1 とおるから, 一貫し, 話しいい, 話すという

▼ 方がち~ (4, 0.0%)

1 がふ, がふんぢ, つとも, やんと

▼ 方がという~ (4, 0.0%)

2 ような 1 気分が, 説も

▼ 方がま~ (4, 0.0%)

1 づいとか, づいの, づかつた, づかつたこと

▼ 方がを~ (4, 0.0%)

2 かしかつ 1 かしい, かしくは

▼ 方さえも~ (4, 0.0%)

1 ある, 知らないです, 知らないの, 私は

▼ 方した~ (4, 0.0%)

1 ことに, とあっ, 一條の, 話

▼ 方しつかりし~ (4, 0.0%)

4

▼ 方ずっと~ (4, 0.0%)

1 いるつもり, よろし, 離れたところ, 面白し

▼ 方その他~ (4, 0.0%)

1 が野暮, の稽古, の細い, 細ま

▼ 方そんな~ (4, 0.0%)

1 こと一番お, つまらんこと, 事を, 物騒な

▼ 方でありました~ (4, 0.0%)

1 からすこし, から太陽, がこの, けれど相手

▼ 方でござる~ (4, 0.0%)

21 かな, か願

▼ 方でさえ~ (4, 0.0%)

1 なかったなら, 出来るだけ, 生きて, 舵が

▼ 方で御座いました~ (4, 0.0%)

1 から別に, が殊に, のか, 御容姿

▼ 方とで~ (4, 0.0%)

1 あまり段がち, 叫び出しました, 曲線を, 私の

▼ 方とでも~ (4, 0.0%)

1 いうか, お会い, 申しましょうか, 話して

▼ 方どなた~ (4, 0.0%)

2 でも理解 1 か見えます, ですか

▼ 方などにも~ (4, 0.0%)

1 よるの, 当って, 沢山あっ, 自分の

▼ 方なりに~ (4, 0.0%)

1 ひっとらえて, まだ少しで, 何か, 変るから

▼ 方にずつと~ (4, 0.0%)

1 人間を, 多かつたの, 強いの, 這入つて行

▼ 方に対しても~ (4, 0.0%)

1 けんか別れなんか, そちの, 恥かしい, 自分に対しても

▼ 方のには~ (4, 0.0%)

1 まだ石, アルコールが, 同じ形, 小さい穴

▼ 方のみが~ (4, 0.0%)

1 みじめらしゅう思われます, 各地に, 近世的色彩に, 重みに

▼ 方はるか~ (4, 0.0%)

1 に勝るべし, に煙波渺茫, に高率, の所

▼ 方ばかし~ (4, 0.0%)

1 でなく神経, では, 探して, 見て

▼ 方ばかりの~ (4, 0.0%)

2 ようです 1 くせに, 習慣を

▼ 方ばかりは~ (4, 0.0%)

1 どこから, まつたくムキ, ネーほんとうに, 彼にも

▼ 方ばっかり~ (4, 0.0%)

1 そんなお, 思い出して, 然しお前, 見ながら

▼ 方へぞ~ (4, 0.0%)

1 かえりける, 帰りける二人, 歩みたれ, 触れられける

▼ 方みたい~ (4, 0.0%)

1 なこと, な人, な気, に思われた

▼ 方もの~ (4, 0.0%)

3 の感じ 1 食ふて

▼ 方~ (4, 0.0%)

1 みな子さんを, 一つの, 処で, 向い浜

▼ 方をのみ~ (4, 0.0%)

2 考へた 1 蔵し, 見て

▼ 方三尺位~ (4, 0.0%)

4

▼ 方~ (4, 0.0%)

1 儀伺, 儀年々御家中並之, 儀御, 筆一合壹石八斗者右是者大藏一覽はんぎの

▼ 方二尺~ (4, 0.0%)

2 ぐらいの所 1 のかなしい, の向日葵

▼ 方人間~ (4, 0.0%)

1 と云う, の観, の観方, は一人ぽっち

▼ 方以上~ (4, 0.0%)

2 の何物 1 に, に家内

▼ 方六尺~ (4, 0.0%)

1 のなか, の内, の白紙, の石

▼ 方~ (4, 0.0%)

1 の中, の怪しい臭, も功, を尽くし

▼ 方十間~ (4, 0.0%)

3 ばかりのところ 1 ばかり先

▼ 方夫婦~ (4, 0.0%)

1 がこの, の身の上, をよほど, を信用

▼ 方~ (4, 0.0%)

1 に掛け, のとけ, の向, の持ち

▼ 方心得~ (4, 0.0%)

1 ある者, も忘れ, も盃, を罷免

▼ 方晶系~ (4, 0.0%)

1 であるとしても, とか等, に属する, の主軸

▼ 方~ (4, 0.0%)

2 でしよう 1 もあり, も其處

▼ 方次第~ (4, 0.0%)

1 ではある, では形, では決して, で滋養分

▼ 方歩き~ (4, 0.0%)

2 方は 1 方ある, 方首の

▼ 方歸つて來~ (4, 0.0%)

1 たと, た樣子, て屋根傳, て梅吉

▼ 方~ (4, 0.0%)

1 が小さく, に向いた, に障ったら, を悪く

▼ 方~ (4, 0.0%)

1 の天台, をつよく, 希直を, 竹の

▼ 方百里雨雲~ (4, 0.0%)

4 よせぬ牡丹

▼ 方~ (4, 0.0%)

2 の白む 1 がバラ色, はみ

▼ 方~ (4, 0.0%)

1 二十キロの, 五六町ほどの, 十五マイルに, 四十五度の

▼ 方~ (4, 0.0%)

1 の叫び声, の立ち, はもう, は苦手

▼ 方見方~ (4, 0.0%)

1 によっていろいろ, により, の方, 感じ方

▼ 方~ (4, 0.0%)

2 の運び 1 の踏み, の開き具合

▼ 方返し~ (4, 0.0%)

2 がつかない 1 がつかなくなっ, がつきません

▼ 方附け~ (4, 0.0%)

1 いざと, たった一本位, ている, てしまっ

▼ 方あら~ (3, 0.0%)

1 おじさまの, ば現, む

▼ 方ありません~ (3, 0.0%)

1 かあ, よ, よそれ

▼ 方ある~ (3, 0.0%)

1 のみである, わ, 言葉の

▼ 方あるいは~ (3, 0.0%)

1 よろしかるべくさ, 児童の, 恋愛の

▼ 方いずれ~ (3, 0.0%)

1 もお座立ち, も好評, よりお越し

▼ 方かが~ (3, 0.0%)

1 お越しに, 他人に, 入って

▼ 方かに~ (3, 0.0%)

1 お願, なって, 向っての

▼ 方からばかり~ (3, 0.0%)

1 いるかいない, どうしてやってくる, 事件の

▼ 方ぐらいは~ (3, 0.0%)

2 知って 1 心得て

▼ 方ぐらゐ~ (3, 0.0%)

1 すぐわかるだらう, 覚えて, 覚えとくもの

▼ 方こそと~ (3, 0.0%)

1 思いながら, 思って, 思つてお

▼ 方こちら~ (3, 0.0%)

1 には何, へいらっしゃる, へとんと

▼ 方こんな~ (3, 0.0%)

2 ところへ 1 こと喋っ

▼ 方ごとき~ (3, 0.0%)

1 ケダモノと, 不浄端役人に, 者の

▼ 方さん~ (3, 0.0%)

1 お休み, からは時折, が現

▼ 方じゃが~ (3, 0.0%)

1 きょうは, 勝入も, 瞳中少し

▼ 方じゃった~ (3, 0.0%)

1 がその, がの, が浪

▼ 方じゃと~ (3, 0.0%)

1 指を, 言う事, 言わるるであろう

▼ 方すこし~ (3, 0.0%)

1 さらつて貰ひ, しか出来なく, 前に

▼ 方すべて~ (3, 0.0%)

1 が一変, を含みます, 殺地

▼ 方すら~ (3, 0.0%)

1 分りませぬ, 変って, 星

▼ 方そういう~ (3, 0.0%)

1 もので, 方式どう, 風に

▼ 方その後~ (3, 0.0%)

1 うまく行っ, お達者, の動静

▼ 方それから~ (3, 0.0%)

1 上野の, 御主人, 現場に

▼ 方だつ~ (3, 0.0%)

1 たり此方, てそんなに, て私

▼ 方ちかく~ (3, 0.0%)

1 まで馬, 一行は, 鳥がね

▼ 方っても~ (3, 0.0%)

1 天下国家を, 或る, 英語の

▼ 方づれ~ (3, 0.0%)

1 に望む, の申す, 如き小乗臭糞

▼ 方でいらっしゃいます~ (3, 0.0%)

21 よねえ

▼ 方でいらっしゃる~ (3, 0.0%)

2 んです 1 のです

▼ 方でく~ (3, 0.0%)

1 さばに, わっくわっとあやしい, わっくわっという

▼ 方でございましょう~ (3, 0.0%)

1 あんなにも, か, 皇

▼ 方でござんす~ (3, 0.0%)

1 さかいねど, な, よ

▼ 方でしたら~ (3, 0.0%)

1 きっとよかっ, こ, 東海道の

▼ 方ででも~ (3, 0.0%)

1 あったらどう, いらっしゃいますか, 見た実景

▼ 方でと~ (3, 0.0%)

1 ぼとぼと橋, またやりだした, 傍に

▼ 方でもつ~ (3, 0.0%)

1 ことに, と妥協的, んとして

▼ 方でやす~ (3, 0.0%)

1 か, から憐れみ, べえ

▼ 方とでは~ (3, 0.0%)

1 まるでにげ, 言葉使いが, 誰に

▼ 方とともに~ (3, 0.0%)

1 検討し, 気味悪いもの, 物故店員の

▼ 方とには~ (3, 0.0%)

1 ことに大声, 何かしら喰いちがった, 深い関係

▼ 方どんなに~ (3, 0.0%)

1 お美しい, もあなた, 幸福でしょう

▼ 方なかなか~ (3, 0.0%)

1 うまく仕組んだ, に心, 巧みに

▼ 方なぞに~ (3, 0.0%)

1 なると, 目を, 頼まれて

▼ 方なぞの~ (3, 0.0%)

1 お宅, 当時の, 通行が

▼ 方なぞは~ (3, 0.0%)

1 さびの, はきはきし, 一朝一夕に

▼ 方なぞも~ (3, 0.0%)

1 この式, 一寸も, 一本気な

▼ 方などから~ (3, 0.0%)

1 あれが, 大庭常子の, 随分と

▼ 方などで~ (3, 0.0%)

1 その心理, 急速に, 料理が

▼ 方などとは~ (3, 0.0%)

1 てんでまるで違っ, まだ称, 空では

▼ 方なりと~ (3, 0.0%)

1 いいあるいは, 半方なりと, 気の

▼ 方にあたる~ (3, 0.0%)

1 一つの, 倉庫中には, 倫敦の

▼ 方における~ (3, 0.0%)

1 ちからの, 不規則は, 重要な

▼ 方にか~ (3, 0.0%)

1 くる, ぢかんでばかり, 忍んで

▼ 方についての~ (3, 0.0%)

1 不満足, 批評が, 過程を

▼ 方にの~ (3, 0.0%)

1 そりの, ぼつて, 義

▼ 方のみを~ (3, 0.0%)

1 して, 暫く見つめ, 気に

▼ 方はさ~ (3, 0.0%)

3 ほどで

▼ 方はも~ (3, 0.0%)

1 一つそれに, 一人の, 少し教養

▼ 方ばかりじゃ~ (3, 0.0%)

1 ありません, ないそう, ない俺

▼ 方ひとり~ (3, 0.0%)

1 だけこの, の労働者, は味方

▼ 方ふたり~ (3, 0.0%)

1 と私, のまわり, の為

▼ 方へだけ~ (3, 0.0%)

1 二つ片よせなけれ, 今の, 視線を

▼ 方へで~ (3, 0.0%)

1 あつた, ありたいです, せう

▼ 方へという~ (3, 0.0%)

1 ことは, のは, 意味で

▼ 方までには~ (3, 0.0%)

1 元氣, 古池田, 小さなこい

▼ 方もも~ (3, 0.0%)

1 も申し上げます, 少し勉強, 少し向上

▼ 方ゆゑ~ (3, 0.0%)

2 少しの 1 したが

▼ 方らしいです~ (3, 0.0%)

21 かな

▼ 方~ (3, 0.0%)

2 らつ 1 まあすか

▼ 方~ (3, 0.0%)

2 こけ猿 1 たら無い

▼ 方マイル~ (3, 0.0%)

1 の大, はイギリス領, を加えたる

▼ 方一丈~ (3, 0.0%)

1 の魚桶, ばかりな, ばかり掘る

▼ 方一緒~ (3, 0.0%)

1 にいらっしゃる, にいらつ, につれ

▼ 方一面~ (3, 0.0%)

1 に低く, に海, は土台石

▼ 方三寸~ (3, 0.0%)

2 ほども人間 1 ほどの

▼ 方三間~ (3, 0.0%)

1 の囲, ばかりの空地, 高さ一間余

▼ 方主人~ (3, 0.0%)

1 が先程, の供, の枕もと

▼ 方今日~ (3, 0.0%)

1 は会計係, みえたつていふ三人, よりは深

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 たるピラト, のいと, の前

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 である, に託せむこ, の病理解剖

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 天つ, 形式一つで, 軸の

▼ 方向き~ (3, 0.0%)

2 また或 1 脚を

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 が二つ, の上, を一つ

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 となっ, に七福神, の明り窓

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 の出し, の性質, の発動

▼ 方大した~ (3, 0.0%)

3 もんです

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 でもない, の選び方, は肉身

▼ 方学校~ (3, 0.0%)

1 が御, の遠足, の門

▼ 方専門~ (3, 0.0%)

1 にしました, にならなけれ, のコック

▼ 方少し~ (3, 0.0%)

1 ばかりだ, ばかりとを読んだ, 氣むづかしさうですがその

▼ 方左方~ (3, 0.0%)

2 へと混雑 1 に提灯

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 なく湧い, に背く, り方

▼ 方~ (3, 0.0%)

2 えで 1 えべよ

▼ 方役人~ (3, 0.0%)

2 の生命 1 はそれ

▼ 方或は~ (3, 0.0%)

1 それに対する, 又自分, 取り入れたものの

▼ 方支配~ (3, 0.0%)

1 をし, を致す, 仰セツケラレ候事

▼ 方星宿~ (3, 0.0%)

2 の手水鉢 1 の四角

▼ 方有り~ (3, 0.0%)

1 て新, という, 赤飯炊ぐ

▼ 方東京~ (3, 0.0%)

2 の夜空 1 も満更

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 くぐり水, にせかる, 深くし

▼ 方江戸~ (3, 0.0%)

1 の地, の婆方, へも余り

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 のいわば, の弟子ども, の条規

▼ 方深く~ (3, 0.0%)

1 して, 安宅町地先に, 行く

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 じゃありません, の方, は又

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 めだちて, を壓, 黒き方目耳尋常左

▼ 方~ (3, 0.0%)

2 一の 1 二は

▼ 方考へ~ (3, 0.0%)

1 かた細かな, 方を, 方並びに

▼ 方警察~ (3, 0.0%)

1 の一行, の人達, の手

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 のため, のとり, の廻り調度

▼ 方~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ 方過ぎ~ (3, 0.0%)

1 からう, からうとうと, までゐた

▼ 方遠く~ (3, 0.0%)

1 に山, に赤い, 大海を

▼ 方遥か~ (3, 0.0%)

1 に早川, に白峰, に面白し

▼ 方適切~ (3, 0.0%)

2 なるべし 1 ならん

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 と魚, も大分廻つたやう, を遠慮

▼ 方随一~ (3, 0.0%)

2 の智将 1 の出頭人

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 のもの, の煙, は心憎い

▼ 方~ (3, 0.0%)

1 のかっこう, や口, 高き方

▼ 方ああ~ (2, 0.0%)

1 いう手合, をのい

▼ 方あがった~ (2, 0.0%)

1 からのうこの, 雨である

▼ 方あたり~ (2, 0.0%)

1 から転出, のただ

▼ 方あなた~ (2, 0.0%)

1 にも茶, の本当

▼ 方あまり~ (2, 0.0%)

1 な恥辱, 遅くなる

▼ 方あり~ (2, 0.0%)

1 とやいふべき, 日和見も

▼ 方あんまり~ (2, 0.0%)

1 仲が, 関西を

▼ 方いつ~ (2, 0.0%)

1 いらした, とはなし

▼ 方いまだ~ (2, 0.0%)

1 五年の, 感じなかったよう

▼ 方いらつ~ (2, 0.0%)

1 しやい, しやいました

▼ 方いろいろ~ (2, 0.0%)

1 な事, に会社

▼ 方い行っ~ (2, 0.0%)

1 てあそこ, てます

▼ 方うしろ~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ 方うろつき廻り~ (2, 0.0%)

2 子供が

▼ 方ええ~ (2, 0.0%)

1 やない, ように

▼ 方おいで~ (2, 0.0%)

1 ですか, になります

▼ 方おじさま~ (2, 0.0%)

1 がとうから, の顔

▼ 方および~ (2, 0.0%)

1 執政が, 火事装束と

▼ 方かい~ (2, 0.0%)

1 ここで, 左の

▼ 方かとも~ (2, 0.0%)

1 存じますの, 思って

▼ 方からとの~ (2, 0.0%)

2 風や

▼ 方からなど~ (2, 0.0%)

2 聞えて

▼ 方からのみ~ (2, 0.0%)

1 では, 見て

▼ 方かを~ (2, 0.0%)

1 やめさせて, 俟って

▼ 方がから~ (2, 0.0%)

1 だが, つ下手

▼ 方がずつとよ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 方がは~ (2, 0.0%)

1 づかしくて, ばを

▼ 方きっと~ (2, 0.0%)

1 帆船を, 男の

▼ 方くら~ (2, 0.0%)

2 ゐ知らないわけ

▼ 方ことに~ (2, 0.0%)

1 よったら大名, 九州と

▼ 方こんど~ (2, 0.0%)

1 の功, は公式

▼ 方さざめき~ (2, 0.0%)

1 ていず, て何処

▼ 方しやがった~ (2, 0.0%)

1 ね, んだ

▼ 方すっかり~ (2, 0.0%)

1 興奮し, 話が

▼ 方すらも~ (2, 0.0%)

1 それが, 殆どなかっ

▼ 方する~ (2, 0.0%)

1 という, んや

▼ 方そう~ (2, 0.0%)

1 でなくても, なの

▼ 方そこで~ (2, 0.0%)

1 喧嘩を, 蛇の

▼ 方そして~ (2, 0.0%)

1 あの健康, いつたいだれ

▼ 方たった~ (2, 0.0%)

1 一人の, 一人ハマ子という

▼ 方だけには~ (2, 0.0%)

1 夙くから, 終に改革

▼ 方だち~ (2, 0.0%)

1 も同じ, 芋ばかし

▼ 方だったで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 方だったらしく~ (2, 0.0%)

1 子どもの, 自分の

▼ 方だっても~ (2, 0.0%)

1 そう言います, 知らない

▼ 方だに~ (2, 0.0%)

1 おも, お坊様

▼ 方ちょっと~ (2, 0.0%)

1 失礼いたします, 釣を

▼ 方ったら~ (2, 0.0%)

1 二人がかりで, 新子姉さんを

▼ 方っていう~ (2, 0.0%)

1 やつだ, んだろう

▼ 方つい~ (2, 0.0%)

1 ご近所, て来

▼ 方つかず~ (2, 0.0%)

1 と神社滅亡, な声

▼ 方つて蓊乎~ (2, 0.0%)

1 とした, として木立

▼ 方づけ~ (2, 0.0%)

1 もそこそこ, 障子を

▼ 方づけられる~ (2, 0.0%)

1 ものじゃ, ものでない

▼ 方てや~ (2, 0.0%)

1 其の名望勢力, 其の名望勢力實

▼ 方でありません~ (2, 0.0%)

1 けれども叩き, と

▼ 方であるなら~ (2, 0.0%)

1 ば, 極めて容易

▼ 方でか~ (2, 0.0%)

1 どつち, 何れに

▼ 方でが~ (2, 0.0%)

1 さりという, すかの

▼ 方でございません~ (2, 0.0%)

1 がこの, とうつりませんでございませう

▼ 方でず~ (2, 0.0%)

1 どんとぶっ, どんとぶつ

▼ 方でなかった~ (2, 0.0%)

1 のでその, 事は

▼ 方でなかつた~ (2, 0.0%)

1 から祖父, が細君

▼ 方でなさい~ (2, 0.0%)

2

▼ 方でばかり~ (2, 0.0%)

1 注意する, 眺めて

▼ 方でへ~ (2, 0.0%)

1 エ, ツへ

▼ 方でぼ~ (2, 0.0%)

1 おと, ーず

▼ 方で御座ん~ (2, 0.0%)

2 すか手紙で

▼ 方で持つ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, といふ

▼ 方で見えない~ (2, 0.0%)

2 天の川の

▼ 方で起さない~ (2, 0.0%)

2 方が

▼ 方で起つ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, てゐた

▼ 方で防ぐ~ (2, 0.0%)

2 外は

▼ 方で黙っ~ (2, 0.0%)

1 て寺田, て聞い

▼ 方とかいふ~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 方とかに~ (2, 0.0%)

1 おいでに, お出でに

▼ 方とかを~ (2, 0.0%)

2 お連れ

▼ 方としか~ (2, 0.0%)

1 いなかった, 思われません

▼ 方としての~ (2, 0.0%)

1 本当の, 直觀

▼ 方とち~ (2, 0.0%)

1 がつて, がふ

▼ 方とへ~ (2, 0.0%)

1 この生徒, 御辞儀

▼ 方どうやら~ (2, 0.0%)

1 神田の, 鬼神の

▼ 方どちら~ (2, 0.0%)

1 へ行かっし, も土佐

▼ 方どもも~ (2, 0.0%)

1 すこし休め, 天上皇帝に

▼ 方なかりし~ (2, 0.0%)

1 が今, 當時の

▼ 方なくなり~ (2, 0.0%)

1 にけれ, 果て

▼ 方なけれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ人, ば何時

▼ 方なぜ~ (2, 0.0%)

1 眼を, 私の

▼ 方などと~ (2, 0.0%)

1 争論なさる, 来たら実に

▼ 方なんかも~ (2, 0.0%)

1 現代式は, 腹の中では

▼ 方にたいして~ (2, 0.0%)

1 曲者とは, 逆ろう気

▼ 方にばかし~ (2, 0.0%)

1 隱れ, 集まつて大観

▼ 方にまでは~ (2, 0.0%)

1 いつて, 言及し

▼ 方によつ~ (2, 0.0%)

1 ていろ, てなされる

▼ 方にわ~ (2, 0.0%)

1 たつて, びしげなる一棟の

▼ 方に当たり~ (2, 0.0%)

1 おる者, 肥後の

▼ 方に関する~ (2, 0.0%)

1 ことだった, 注意が

▼ 方のな~ (2, 0.0%)

2 許りで

▼ 方はか~ (2, 0.0%)

2 やうに

▼ 方はじめ~ (2, 0.0%)

1 の号令, の訪問

▼ 方はずつと~ (2, 0.0%)

1 汽車が, 若く綺麗

▼ 方はっきり~ (2, 0.0%)

2

▼ 方はとに~ (2, 0.0%)

2 角として

▼ 方はは~ (2, 0.0%)

1 ア若い, ッきり見えません

▼ 方はよ~ (2, 0.0%)

1 また日ごろ, 又日頃

▼ 方ふしぎ~ (2, 0.0%)

2 な自分自身

▼ 方へか~ (2, 0.0%)

1 又は悪い, 姿を

▼ 方へかへ~ (2, 0.0%)

1 つて行きました, られること

▼ 方へさえ~ (2, 0.0%)

1 帰って, 引返せば

▼ 方へす~ (2, 0.0%)

2 ッ飛ん

▼ 方へだけでも~ (2, 0.0%)

1 内聞に, 十スーずつは

▼ 方へとか~ (2, 0.0%)

1 てきぱきと, または左

▼ 方へとは~ (2, 0.0%)

2 いって

▼ 方へとばかり~ (2, 0.0%)

1 向って, 言うて

▼ 方へとも~ (2, 0.0%)

1 何とも, 動かない

▼ 方へな~ (2, 0.0%)

1 だれて, だれるよう

▼ 方へね~ (2, 0.0%)

1 ぢあげた, ぢ向け

▼ 方へばっかり~ (2, 0.0%)

1 のしちまいやがって, 気を

▼ 方へより~ (2, 0.0%)

1 たる所三間許を, 向った面持

▼ 方ほら~ (2, 0.0%)

1 京子さんと, 人間の

▼ 方ぼんやり自分~ (2, 0.0%)

2 の祠

▼ 方までを~ (2, 0.0%)

1 いくらか, 真似ようと

▼ 方みな~ (2, 0.0%)

1 はからざる新年, 半気違い

▼ 方みんな~ (2, 0.0%)

1 がたびたび, が小説

▼ 方むい~ (2, 0.0%)

1 ている, て返事

▼ 方もすつかり~ (2, 0.0%)

1 支へて, 暇で

▼ 方もっと~ (2, 0.0%)

1 からだ, 此方へ

▼ 方もと~ (2, 0.0%)

1 ッさに, 飲食店主向井清吉

▼ 方もな~ (2, 0.0%)

1 ア, 私が

▼ 方もを~ (2, 0.0%)

2 かしいぢ

▼ 方やっ~ (2, 0.0%)

1 ておる, て貰いましょう

▼ 方やらに~ (2, 0.0%)

1 助けて, 骨を

▼ 方やを~ (2, 0.0%)

1 その環境, 時子は

▼ 方よし~ (2, 0.0%)

1 とせらる, と感ぜられる

▼ 方よと~ (2, 0.0%)

1 そのもったいない, 小春が

▼ 方よりか~ (2, 0.0%)

1 はる, へる光

▼ 方よろしから~ (2, 0.0%)

1 ずと, んと

▼ 方よろしき~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 方らし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 方をさえ~ (2, 0.0%)

1 御存知ない, 換えれば

▼ 方をな~ (2, 0.0%)

1 先に, 定めること

▼ 方ウトウト~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 方カフェー~ (2, 0.0%)

1 の女給, の方

▼ 方カン蛙ブン蛙ベン蛙~ (2, 0.0%)

2 の三疋

▼ 方ガ僕~ (2, 0.0%)

1 ノ望ムトコロダッタノダ, ヲ誤解シテヤシナイカ

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 いつも死人, 今マデノ呼ビ方ト声

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 と口, と通り

▼ 方一人丈~ (2, 0.0%)

1 だったかも, だつた

▼ 方一同~ (2, 0.0%)

1 に酌, は突然

▼ 方一存~ (2, 0.0%)

1 で胸, で計

▼ 方一寸~ (2, 0.0%)

1 程突創一箇所, 鋭いところ

▼ 方一町~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, ほどにし

▼ 方一統~ (2, 0.0%)

1 が頭, の失態

▼ 方一間あまり~ (2, 0.0%)

2 の古

▼ 方一間半~ (2, 0.0%)

1 ばかり離れ, も離れ

▼ 方丁度~ (2, 0.0%)

1 死骸の, 良いところ

▼ 方万金丹一~ (2, 0.0%)

2 貼三百

▼ 方三人~ (2, 0.0%)

1 に掛られた, は吉原

▼ 方三分の一~ (2, 0.0%)

1 ばかりをさし入れ, ばかりを明るく

▼ 方三十巻~ (2, 0.0%)

1 と脈経一巻, を撰び

▼ 方三尺毎~ (2, 0.0%)

1 にいろは, に一二三

▼ 方三本許~ (2, 0.0%)

2 り格子

▼ 方三町~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの空地, の地幅

▼ 方三里~ (2, 0.0%)

1 にわたって濛々, 及び多大

▼ 方~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 のあり, はもう

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 肘を, 頬が

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 に友軍, に非常線

▼ 方並びに~ (2, 0.0%)

1 その感じ, 魯西亜人持ち越したる

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の神, 翁の

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 但毎日一斗八升づつ, 然るに小

▼ 方二寸~ (2, 0.0%)

1 の鏡, ほどの小さな

▼ 方二尺位~ (2, 0.0%)

1 のブロック, の油画

▼ 方互に~ (2, 0.0%)

1 相手を, 遷る

▼ 方五六尺~ (2, 0.0%)

2 の鉄板

▼ 方五六里~ (2, 0.0%)

1 に亘つて, も逃げ退いた

▼ 方五尺~ (2, 0.0%)

1 に蔓, 程の大穴

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 リ候, 候ハ当然

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の一体, は皆

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 てオラレブル, に行っ

▼ 方以智~ (2, 0.0%)

1 と略, などは之

▼ 方伯連帥~ (2, 0.0%)

1 の子, の資格

▼ 方低い~ (2, 0.0%)

2 方と

▼ 方何ん~ (2, 0.0%)

1 か御用, にも彫んでない

▼ 方何時~ (2, 0.0%)

1 でも伜, まで盲目鬼

▼ 方使~ (2, 0.0%)

1 が走った, ひ方

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の係り役人, の如く

▼ 方信夫郡~ (2, 0.0%)

1 にまでもその, の検田

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 に黙, 教えるよ

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 にしましょう, へ行っ

▼ 方入らつ~ (2, 0.0%)

1 しやい, しやいまし

▼ 方全く~ (2, 0.0%)

1 徹夜ナシで, 映畫的

▼ 方全部~ (2, 0.0%)

1 のヴェール, を皆殺し

▼ 方八五郎~ (2, 0.0%)

1 が言, を中心

▼ 方六七十里~ (2, 0.0%)

1 あるいは五六十里程度, 或は五六十里

▼ 方六里~ (2, 0.0%)

1 にわたる, に渡る

▼ 方兼帯~ (2, 0.0%)

1 というケチ, という役

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 て来た, て此地

▼ 方則等~ (2, 0.0%)

1 はある, までも近似的

▼ 方勝手口~ (2, 0.0%)

2 から裏木戸

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 て勢, りて

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 が筆, の

▼ 方双方~ (2, 0.0%)

1 にある, の便宜

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 ク同, シ

▼ 方古い~ (2, 0.0%)

1 形式と, 麻痺した

▼ 方可三百里~ (2, 0.0%)

2 多竹木叢林

▼ 方同志~ (2, 0.0%)

1 で救い合ったら, を怒らない

▼ 方困つた~ (2, 0.0%)

2 ことに

▼ 方国珍~ (2, 0.0%)

1 という者, と云う

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の樹木, を過ぎ

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 のなき, もなく

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の上, をもって来させ

▼ 方城下~ (2, 0.0%)

1 に負, を往来

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 弓矢左方撫刀剣, 弓矢左方撫刀剣と

▼ 方基部~ (2, 0.0%)

1 のところ, の処

▼ 方士たち~ (2, 0.0%)

1 が不死, の手

▼ 方士巫覡~ (2, 0.0%)

1 の類, を優遇

▼ 方大変感じ~ (2, 0.0%)

1 のい, のいい

▼ 方太平洋~ (2, 0.0%)

1 に朝する, の波

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 のほう, の主人

▼ 方好き~ (2, 0.0%)

1 なの, よ

▼ 方如き~ (2, 0.0%)

1 をうろつかせ置い, 下郎づれと法力の

▼ 方如何様~ (2, 0.0%)

2 に陳

▼ 方始め~ (2, 0.0%)

1 だ, て発見

▼ 方安全~ (2, 0.0%)

1 の推測, らしく思はれも

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 に附, 敷候様存じ候

▼ 方宜しから~ (2, 0.0%)

1 うと, んと

▼ 方宜しく~ (2, 0.0%)

2

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 に寺刹, 馬元義という

▼ 方小川~ (2, 0.0%)

2 のあたり

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 柱が, 柱は

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 にも足りない, の間

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 と申し, を定め

▼ 方屋敷~ (2, 0.0%)

1 から追い出し, と町

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 との対陣, により

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の流, を渡り

▼ 方工事~ (2, 0.0%)

1 の報告, 仰せつけられたきむね

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 に叙, へお茶の水

▼ 方左右~ (2, 0.0%)

1 の大臣, の形

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 と崇め, の功徳

▼ 方幾里~ (2, 0.0%)

1 の空中, の空気

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 海屋長崎屋の, 経読誦の

▼ 方広く~ (2, 0.0%)

1 云へば, 猛獣の

▼ 方度々~ (2, 0.0%)

2 御苦勞樣

▼ 方役向~ (2, 0.0%)

2 を取囲ん

▼ 方御存じ~ (2, 0.0%)

1 かえ, だと

▼ 方心配~ (2, 0.0%)

1 ない, ないよって

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の概念, の関係

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 と共に, は

▼ 方悪い~ (2, 0.0%)

1 方ばかり, 方へ

▼ 方惣代二人同道~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 方折敷~ (2, 0.0%)

1 に載せ, の米

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 武が, 武は

▼ 方数十里~ (2, 0.0%)

1 の地域, の大

▼ 方数里~ (2, 0.0%)

1 に亙つ, の区域内

▼ 方數町~ (2, 0.0%)

1 の外, の畑

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の信任, の名

▼ 方日本~ (2, 0.0%)

1 ではこの, の国文学

▼ 方明から~ (2, 0.0%)

1 と云, 傳へられた

▼ 方是乎可信~ (2, 0.0%)

2 依土人称

▼ 方書き方~ (2, 0.0%)

1 が読者, のうまい

▼ 方~ (2, 0.0%)

2 も二つ

▼ 方朝臣~ (2, 0.0%)

1 の所, は今

▼ 方木曾山脈~ (2, 0.0%)

1 の山々, は鳶色

▼ 方~ (2, 0.0%)

2 学を

▼ 方材料~ (2, 0.0%)

1 の取り, も古

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 な人, をもう

▼ 方~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 に向, より西

▼ 方~ (2, 0.0%)

2 の選択

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 が言, 之を

▼ 方案内~ (2, 0.0%)

1 の方, をいたせ

▼ 方棋士~ (2, 0.0%)

1 と絶縁, 乃至将棋大成会

▼ 方棋師~ (2, 0.0%)

1 が実戦的, は協力

▼ 方歩き歩き~ (2, 0.0%)

2 て鳩

▼ 方殊に~ (2, 0.0%)

1 第二, 臨済宗の

▼ 方水夫~ (2, 0.0%)

1 や楫主, をし

▼ 方江戸中~ (2, 0.0%)

1 を騒がせた, を騷

▼ 方河内介~ (2, 0.0%)

2 に対面

▼ 方法学士~ (2, 0.0%)

2 の渥美信一郎さん

▼ 方源太~ (2, 0.0%)

2 が弟子

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 まない, みません

▼ 方無き~ (2, 0.0%)

1 五時間の, 果報の

▼ 方無げ~ (2, 0.0%)

1 に枕, に萎れゐ

▼ 方無残~ (2, 0.0%)

2 の敗北

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 らざる, るべく候

▼ 方物す可~ (2, 0.0%)

2 からず

▼ 方物志~ (2, 0.0%)

1 の代り, を新た

▼ 方特に~ (2, 0.0%)

1 それに対する, 十年この

▼ 方特殊~ (2, 0.0%)

1 な水, な表現

▼ 方生き方~ (2, 0.0%)

1 の習慣, を与へる

▼ 方生活~ (2, 0.0%)

1 の仕方, の営み

▼ 方男性~ (2, 0.0%)

2 は直ぐ

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 であの, へ入っ

▼ 方畑野蔵人三宅平七~ (2, 0.0%)

1 ご両士, 御両名

▼ 方番頭~ (2, 0.0%)

1 と押し問答, の類

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 が精神的, を欺く

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 な道学先生, 容易に

▼ 方眼鼻立~ (2, 0.0%)

1 がくつきり, は派手

▼ 方着物~ (2, 0.0%)

1 の好み, をこしらえた

▼ 方知っ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃるでしょう, ている

▼ 方知らず~ (2, 0.0%)

1 に刃, 吉野の

▼ 方知れず~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 方硝子窓~ (2, 0.0%)

1 の外, の洋間

▼ 方神田あたり~ (2, 0.0%)

2 を彷徨い歩く

▼ 方程の~ (2, 0.0%)

1 意地と, 純粹

▼ 方突然~ (2, 0.0%)

1 廊下で, 腸搾らるる

▼ 方笑っ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしっ, ている

▼ 方筆頭~ (2, 0.0%)

1 がどう, もおかげ

▼ 方精神~ (2, 0.0%)

1 の態度, の持ち

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 と紫, の母衣翩翻

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 に淡く, の君

▼ 方総代~ (2, 0.0%)

1 としてのこころざし, を至急

▼ 方考え方~ (2, 0.0%)

1 が健康, の経路

▼ 方肺病~ (2, 0.0%)

1 の病舍, の病舎

▼ 方自殺~ (2, 0.0%)

1 じゃない, なされたの

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の親爺, へ乗り込もう

▼ 方良策~ (2, 0.0%)

2 なるか

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 に深い, の重心

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の道, を主

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 が記され, に於ける

▼ 方衆生~ (2, 0.0%)

1 の普遍性, はもはや

▼ 方行く末~ (2, 0.0%)

1 おも, というよう

▼ 方西~ (2, 0.0%)

1 が丹波方, の空

▼ 方見た~ (2, 0.0%)

1 やうに, わら屋まで

▼ 方見る~ (2, 0.0%)

1 のと, 感心する

▼ 方見習~ (2, 0.0%)

1 となる, 御書物奉行兼帯渋川六蔵

▼ 方見返る~ (2, 0.0%)

2 方いまを

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 かしらない, なの

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 が茶山, の門弟宮内鹿川

▼ 方谷孫~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ 方豊か~ (2, 0.0%)

1 な娘姿, 故軽き

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 は系図, も亦

▼ 方負け方~ (2, 0.0%)

1 が見苦しく, などに執着

▼ 方貴方~ (2, 0.0%)

1 のお, を嫌い

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 し, はしき唄

▼ 方贔負~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ 方越後~ (2, 0.0%)

1 の空, 之出雲崎

▼ 方通り~ (2, 0.0%)

2 のはずれ

▼ 方違い~ (2, 0.0%)

1 の北, 方塞がり

▼ 方附く~ (2, 0.0%)

1 か眩し, まで碁

▼ 方限り~ (2, 0.0%)

2 の某

▼ 方陪臣~ (2, 0.0%)

1 の身, の身の上

▼ 方陽関~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ 方障子~ (2, 0.0%)

1 でかこみ, を少し

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の傾げ, の君

▼ 方飛んだ~ (2, 0.0%)

1 お手數, お見

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の炊き, や汁

▼ 方駄目~ (2, 0.0%)

1 では, ときまれ

▼ 方~ (2, 0.0%)

1 の結い, をいつも

▼1* [2284件]

あいている, 方あお開帳参でございます, 方あけつぱなし, 方あしとて官, 方あすこの峠, 方あたいがおじさま, 方あたい達が入っ, 方あたりぢゃ生産へだし, 方あった覚えの, 方あっちにいらっしゃいます, 方あまり名筆をふるいすぎ, 方あらかじめ自分で, 方あらしたに違い, 方あんなことに, 方あんなに息子の, 方あゝいふ手合, 方いい方ね, 方いいえそんな言い方, 方いお知らせせないきまへんねんけどそしたら, 方いかかって来, 方いくばくの時, 方いしゃべったのんがそれが, 方いそないいう, 方いちいちそれと, 方いっさいをうけたまわっ, 方いったいの電燈, 方いつか国許で逢うた, 方いつものやう, 方いづこと問へ, 方いとはるけし, 方いまだに知れないこと, 方いま眼に見せ, 方いも脅迫がましい, 方いやさお, 方い上って来る, 方い下りて行きましたら, 方い並んでお, 方い奪いなさることに, 方い寄って来う, 方い戻って来まし, 方い戻りまひょか, 方い来ましたのん, 方い歩いて行きます, 方い知らしゃはるよって夫は, 方い知らすいうことに, 方い行きましてん, 方い行ってて夫, 方い飛ばしり行くのん, 方うたいかたが, 方うるんでいる, 方屆け, 方え御出可被, 方おいでなされました, 方おいしいもの喰べて, 方おそろいにて出御, 方おとなりさ, 方おなかの子, 方おのおの天下を, 方およばずながらわたし, 方おんなのみち, 方おんなみだの, 方お前達ですっかり, 方お子さんが直接, 方お揃いでただ今お見え, 方お断りして, 方お母さまもやさしい, 方お笑い召されること, 方お金が沢山, 方お高つばめ母娘の, 方かう云つた, 方かえる迄にもう, 方かお来なさりゃしませんか, 方かお使を願いたい, 方かからか聞いて, 方かげの動き方, 方かしらきれいな, 方かしらってご主人, 方かしらといふいぶかしげ, 方かすれてあわれなる鳴, 方かて黙って, 方かといふことを, 方かなしそうに, 方かなんぞを眺めながら, 方かなんて思いちがいを, 方かね天満橋で, 方かは存じませんが, 方かへと二枚折の, 方からいやみらしい, 方からうす暗い影, 方からか友田喜造かが, 方からかうして鞭, 方からかうした質問が, 方からきげんを, 方からきゃっきゃっと笑いこける, 方からこそ恨んでも, 方からこそと父親は, 方からじゃない土, 方からずしんずしん, 方からずうっとならん, 方からずつと此方の, 方からそよつい, 方からそないいうてやりましたら, 方からだって空から, 方からなんぞ登って, 方からに相違ない, 方からへさきに, 方からみたらずゐぶんさんた, 方からよけて通れ, 方からわあっという, 方かれらを, 方がくからながめました, 方がこそぼられるん, 方がさ頼みます誰方, 方がさつぱりしてゐて気持がいい, 方がっかりなさるでしょう, 方がでせうと, 方がといふやうな, 方がとに角其処へ, 方がとは満更皮肉, 方がなどと思うこと, 方がなんぞ人あら, 方がなんぞという人も, 方がねえと言っては, 方がもッと, 方がやッぱり自分の, 方がよりも典型的な, 方がわづかに, 方がをもしろさうに, 方きんきん痛む空気, 方ゎしゃ方若衆方などの, 方くらい誰れ, 方くらいから状況は, 方くらいに解釈し, 方くらいの背丈で, 方くらいは習うよう, 方くわしくいえば, 方ぐらい知って, 方ぐらいのものです, 方ぐれえ御無事, 方やつ何か, 方こいつは泥棒, 方こうして大きく店張り, 方こそが道徳でなけれ, 方こっちの方, 方こつちで避けようにも, 方ことには女子, 方こなし方は, 方このごろどうしていらっしゃるでしょう, 方これからどうするね, 方こんこんとし, 方ごく深くに, 方ござらぬが名, 方ござんしたこういう時, 方ご不浄へ行っ, 方ご存じでいらつ, 方さうながどうして, 方さけておる, 方させたんでつい, 方さっき電話でお, 方さね八, 方さまともども江戸へお越し, 方さま等と悪逆, 方さればといふ, 方さわがしく以前の, 方さんやす子さんが二十年, 方しかし其の律義さ, 方したらあとあと侘しく, 方しづかにこ, 方しなくつていい, 方しょっちゅうお腹を, 方しれずになった, 方じゃとか申すこと, 方じゃとの膚が, 方じゃどどうだ, 方じゃァ大体の, 方じやけれどこの, 方すか少ない方すか, 方すぐに壁, 方すすきのかげより思ひ, 方すべて京都三島亭あたりのやり方, 方ずつ手を, 方ずつと文弱に, 方ずーっと私の, 方え付け, 方せう何故と, 方そうして何時もお, 方そこのけにデカデカ, 方そこらをうろつい, 方その他凡ての点, 方それぁ明けっぴろげで何, 方それだけはどう, 方それぢやどうぞ, 方それではわたくしも, 方それとも歌妓衆, 方それにお生れ, 方それらの婦人, 方それ何や, 方そろってあたかも, 方ぞと重ねて, 方ぞなもし, 方ぞなど果しも, 方たいしたもんです, 方たいそう洋学が, 方たいていの人, 方たがいに党, 方たしなみの良い, 方ただ刺繍だけ, 方ただいま先生より, 方ただちに今辻子町, 方ただ今門前に, 方たちみたいにどっち, 方たちみんなに好かれ, 方たち一族の乞い, 方たち遲れて, 方たち領民へ臨む, 方たべられ方は, 方だい今お騒ぎ, 方だいぶ苦しいと, 方だけででも警察の, 方だけにしか命中しない, 方だけについて言へば, 方ださうで偉い方, 方ださうですけれど, 方ださうで飛んだ氣の, 方だったでありましょうぞ, 方だったら踊ったかもしれない, 方だったろうことは, 方だつたさうですね, 方だつたら丁寧に, 方だつたら出掛けて行つて, 方だ退かねえと谷底, 方には半分位損, 方ちかい頃で, 方ちっとも綺麗じゃ, 方ちと気ごころの, 方ちょこッとその, 方ちよいとお, 方ぢゃ生産に借金, 方ったらありませんから, 方ったら見られたもので, 方っては八尋の, 方てありません, 方ついに事切れて, 方つかざりしと見, 方つき麁闊なりし輩, 方つくものなれ, 方つくばい同心格の, 方つづいておこった, 方つて不思議なもの, 方つて古代文化の一端, 方つて呑気ね, 方つて大苦あるもの, 方つて天下岌岌生民死, 方つて子規居士と余, 方つて我國民が歡呼, 方つて男爵は極, 方つて自分勝手なこと, 方つとの出し, 方つぶって云った, 方つん向いててれた, 方づいて來, 方づいたまま見られる, 方づけさせて呉れる, 方づけたすくない入, 方づれとも思われぬ風流さ, 方てえものを, 方てにをはのほんのわずか, 方てんで会や, 方であったでしょうか, 方であったらどんな目, 方であったろうと思う, 方でありまするが気合の, 方であるだらうか, 方であるらしいと云, 方であんどんの, 方でいらっしゃいまして御, 方でいらっしゃいましたわ, 方でいらっしゃいましょうか, 方でいらっしゃろうとはあの, 方でうつむき態に, 方でかくしこんで, 方でかなわないからやめ, 方でかばうように, 方でかみなりの音, 方でからかう者が, 方でからすの鳴き声, 方できこえたんだ, 方できれぎれに, 方でき上った笑いを, 方でくれろと言う, 方でこつんと軽く, 方でこつちから誘ひ出さなけれ, 方でございまス, 方でございまする王子の, 方でございますればわざわざ, 方でござってこ, 方でござったか, 方でござろうか, 方でさわぐやうな, 方でしたろうねすれ違う, 方でしつかりやつて貰, 方でしますのでした, 方でしよつちう匿名を, 方ですぐれた夫人たちを, 方ですつかり面喰つてし, 方ですつかりむくれてゐる, 方ですましていた, 方ですますことに, 方でたずねている, 方でたつた二人御座います, 方でだけでもお父さんの, 方でちイんと, 方ででもある, 方でですか, 方でどしんがらがらがらっという, 方でなかったら僧正に, 方でなきア出, 方でなきゃア出来ない, 方でなく守る方で, 方でねえ病気の, 方でのうて忠臣蔵, 方ではいって行く, 方ではなつてしまふ, 方でばっかりつかわれちゃ, 方でふいに兄, 方でぶうー, 方でぶちこわしが始まった, 方でましますのである, 方でもななえに, 方でもね少し話, 方でやしたがまったく, 方でやったりとっ, 方でやどりぎがちらっと, 方でようございますか, 方でんな, 方で云わねばならない, 方で出るものも, 方で出直せ出直せとおっしゃっ, 方で到るところの, 方で化けた蛙が, 方で取計つて, 方で古びた家が, 方で埋合せるに違い, 方で干衣を, 方で彫板印刷製本等の, 方で待つことだ, 方で怒鳴つてゐる, 方で思い出したように, 方で思ひなしか, 方で急がれることが, 方で打つところに, 方で折れるわけには, 方で振はない, 方で採薬薬園病院疏水養蚕等の, 方で敬うべき点は, 方で更けるまで飲ん, 方で来ないかと言っ, 方で死んだ大川は, 方で殺されたのは, 方で浮いた話も, 方で澄んだ女の, 方で無いのが, 方で煮え上がって火, 方で燃えさかっている, 方で申し続きましたお筆, 方で痩せてい, 方で目立つのは, 方で着ろと言, 方で知らない子が, 方で破れた番傘を, 方で祀つて居つた, 方で祀つて居る, 方で立ち止つて前, 方で聞くともなし, 方で腹立つて出, 方で落ちた人間の, 方で見付けたが最後, 方で話し合っている, 方で話せば何, 方で起つたやうに, 方で通ってお, 方で過せばいくらでも, 方で酔っぱらった時の, 方で飽きてしまっ, 方で黙つてゐる, 方とある街角を, 方というくらいである, 方といふばかりでは, 方といふ迄であるが, 方とうとう親娘, 方とおつしやる, 方とかいうごときこと, 方とかで泊り込という, 方とかの頭の, 方とかもただいい, 方ときもちよく共同研究, 方とくであるに, 方ところにあら, 方としてのみ區別される, 方としましては細君も, 方とてもことさらに道庵先生, 方とに対して等しく恐怖, 方とばかりわずかに, 方とばかりは言えないよう, 方とまで変転を, 方ともかべになって, 方ともどもこれよりただちに, 方とやいわん, 方とやらも詰めて, 方とれて扉, 方とをかたみが, 方とんと不得手故, 方ないぞ, 方どうしがお話, 方どおりにその, 方どすえなあ, 方どちら宮様なの, 方どもこそ一体何, 方どもと巡り会うて, 方どろどろの足, 方なああの眼, 方なお上様の, 方なかったの, 方なかつた馬鹿阿呆頓間間抜, 方ながらも槙三の, 方なきどす黒い血痕では, 方なきなつかしい船の, 方なき寂しさも, 方なき美しさを, 方なき苦しき紛紜は, 方なくしては天平仏教, 方なく取り払われ百本杭は, 方なく成りまし玉ひし, 方なく暑かった, 方なく消え去ってしまった, 方なく美しげなる, 方なく飛び散ってしまっ, 方なぞがこの部類, 方なぞと同じよう, 方なぞというものは, 方などこそ随分違っ, 方などでは女工さん, 方などでも見られるよう, 方などとのあいだに, 方などとやこう考え, 方などにおいてほとんど全然中インド式, 方などにおいてはむしろひそや, 方などにさえ感心し, 方などについて相談などを, 方などばかりだった, 方などへは見向きも, 方などへも万端円満な, 方などまでも研究し, 方などもネ会長なんて, 方などをも教は, 方なみに三百円, 方ならいつそ結婚し, 方ならさうかも知れない, 方ならざるべしさて枕橋, 方ならずして尻, 方ならず驚いたが云われる, 方ならちッとも, 方ならではと思う, 方ならない為永の, 方ならぬ導きにより, 方ならねばと答, 方なら云いませんが貴方様, 方なら働き次第ツて, 方なら受け合えない代りに, 方なら吐き方でも, 方なら打ち明けてもよい, 方なら知らないこと, 方なら聞こえやしねえや, 方なら飲み過ぎで死んだ, 方なりから自然に, 方なりが自然と, 方なりし東に, 方なりの或る, 方なりませば弓張, 方なりや我等に, 方なりを窺はう, 方なるほどとお思ひ, 方なる離れし處に, 方なんかがはっきり現れ, 方なんかにやかましい連中, 方なんかには御免だ, 方なんかへは逃げないと, 方なんかをわざわざきこえる, 方なんぞもこの間中種々, 方なんと云うもの, 方なんどにややつ, 方においてをやであります, 方にかけての一つを, 方にかの女を, 方にかはとりかくすべき, 方にかへれり, 方にかへながらおづおづとしやべるのであつた, 方にけそうしておい, 方にこそより多く同情, 方にさえも共通な, 方にすらそれ等の, 方にぞ入りける, 方にたいしてはこちらでも, 方にたいする批判を, 方にだけは僅に, 方にっこりすると, 方につけそそくさと, 方につつーっと, 方にてにやアと, 方にとっての辛さ, 方にとりかかるの, 方にはをかしくも, 方にばかりもゆかれないよ, 方にばっかりなって, 方にべッとりと, 方にまでも至る処, 方によってのみその真, 方によっても明らかである, 方によりて考ふれ, 方によりもロシア革命の, 方にる者ぞ, 方にわかにいっせいにこう動き出して, 方にわたって分布し, 方にわたるカラ濠を, 方にをらしめて, 方に対してのものだった, 方に当たっては海も, 方に当たる壁に, 方に迄手元を, 方に関しては決して存在, 方のうでにかけて, 方のかどに古ぼけた石, 方のかはせも, 方のかべにかかって, 方のからいって, 方のくふうも, 方のさばり返った十二支組の, 方のじゃないか, 方のすがたを, 方のずつと前へ, 方のちがひ, 方のと一つに, 方のというのは, 方のとは違うと, 方のにも同じよう, 方のびのびして, 方のへ老母たちが, 方のみささぎをこわしたとなりますと後の, 方のみに用うる, 方のみをや思ふらん, 方のやしきへ, 方のよ仮装ので, 方のよりは一廻り大きく, 方はうぐいは, 方はかべになって, 方はから素人な, 方はからかふつもり, 方はけえりませんお, 方はこじ付けずに持て, 方はじめての幸福, 方はじめ有志のお方, 方はじめ門下一同に向い, 方はじめ頻繁に訪問, 方はずツと責任, 方はというような, 方はとにもかくにも, 方はにはかに心細く, 方はのみ下しは, 方はまだらだった, 方はまるつ切り不漁だ, 方はやッき, 方はやいこん夜縁日ある, 方はやく学校へ, 方はをかしくない, 方はんけちの工場, 方ばかしで気を, 方ばかりへの主要な, 方ばかりも見当りませぬ, 方ばかりやつて居ります, 方ばずつと余音に, 方ばっか見て, 方ばっかりに掛って, 方ばっかりの片仁義, 方ひとりあと四人の召使い, 方ひどく剣難が, 方ひらけて武蔵下野上野, 方ひろげてサラゲル, 方びいきでたいへん, 方ふさがりの証拠, 方ふたり古文書幾種類かを揃え, 方ふだんからどうも, 方ふりすてて来し方, 方ぶらぶら歩き廻りました, 方へかは分らなかった, 方へからこん, 方へこそ遥かに, 方へさぶくぶくと, 方へずつと伸びて, 方へだけは私は, 方へつつーと, 方へでもと存じ聞合候処同人, 方へといった天使は, 方へとの岐小路の, 方へとのみ日和下駄を, 方へどつと引い, 方へどどどッ, 方へなど行つては, 方へなんぞ遣られて, 方へにぢり寄つた, 方へはと言つて其の, 方へばかし行つてゐる, 方へまでのし込めたよう, 方へまでも行ったの, 方へもと辰弥も, 方へよつた村である, 方へよけたんだ, 方へよりもあなたの, 方へわあっと, 方べつな皇子, 方ほそれとは別, 方ほとんど三年の, 方ほどになって, 方ほどには周囲の, 方ほど近いところ漁船の, 方ほんとの日本人, 方まっ黒な大きな, 方まつ黒な大きな, 方までがずつと見透される四辻, 方まではとさし控え, 方までへばり付い, 方までやつて来, 方まゆみは遂い, 方まるで金魚の, 方みずから惜しいと, 方みたような, 方みち買はない, 方むしろ安かるべし, 方ぶうぶう申し, 方めしいの身, 方もうこんなにおなり, 方もう少し顔を, 方もぐりじゃな, 方もござりましょう玉目三郎という, 方もさうたいした不都合, 方もしかしといつた, 方もしや以前の, 方もぞ知らぬ, 方もちやんと, 方もちつとはやつ, 方もちゃあんと, 方もっとも適当に, 方もとまっている, 方もとより意義広し, 方もの事の見方, 方やったんか, 方やったらとても敵わん, 方やったら困っても困り, 方やったら負けへんけど食う, 方やつと三人, 方やのんです, 方やは別として, 方やはり矢代さんを, 方やめイ, 方やや太く手, 方やらを話し続けた, 方やり繰りの全景, 方やろうとしたら, 方だん, 方ゆえ皆定まる約束事, 方ゆえ身分名誉ある人, 方ゆ日照雨して, 方よからんと, 方よしやそんなお方, 方よたり計りにて, 方よでも云わないこと, 方よりが近路, 方よりけづり節の, 方よりの立体戦であった, 方よろしかるべく候, 方らしい飲まなければ飲まない, 方らしかったわ, 方らしく見えて美男, 方らしゅうそれでお, 方ら軍務につい, 方りっぱな方々, 方づかに, 方わかれの形, 方わが陣中へ, 方わが家の屋根, 方わしの顏, 方わずかに心持ち, 方ゐますかねえ, 方をかへりみて, 方をこそ人々は, 方をしか持たない人間, 方をずつと信用し, 方をてまえに, 方をでも勤めて, 方をとのこと, 方をまで知って, 方をめぐってそのうち, 方をよつぽ, 方ををぢさんに, 方を通じての教頭格らしかった, 方とどなっ, 方ア判官や検事, 方インドのガンジス河口, 方インド洋に出まし, 方ウチのお客様, 方カットされたので, 方カバン持ちにやとっ, 方カラコカコラノ壜トコップヲ二ツ盆ニ載セテ, 方ガイヽ或ル外人ニ聞イタンデスガアメリカンファーマシイニ神経痛, 方ガイヽカナ取リ分ケ颯子ハイナイ方ガイヽカナ, 方ガイヽカナ二三日ウチニ機会ヲ窺ッテ何トカ巧ク持チカケテ, 方ガイヽシノミンハ餘リ連用スルト副作用ガアルカラ一回四錠ズツ日ニ三回三日以上ハ続ケナイデ下サイ, 方ガイヽト云ウノデ毎日イロ, 方ガイヽト思ウガ遺シテ置クノモ, 方ガズット大キイ筈ジャナイカ, 方ガデスを見る, 方ガハルカニ淫蕩ナ男ニナッタ, 方ガヨクハゴザイマセンカ又痛ミ出スト心配デゴザイマス, 方ガンゼを見る, 方ガ優シダ私ガ御案内シマショウト京二郎ガ云ウ, 方ガ割リ込ンデ来, 方ガ史料トシテノ價値ヲ損ジナイト思フカラデアル, 方ガ心配デアル, 方ガ懐シクテ好キダ, 方ガ木村ヲ好, 方ガ楽ナンダガ外スト餘リ老醜ヲ極, 方ガ気ガ紛レルヨ痛クテ溜ラナクナッタラ止メル, 方ガ病人臭クテ却テ効果的ナンダガ接吻ノ場合, 方ガ落チ着イテ子供ニ会エルノデ佐々木ニハ都合ガイヽノダガコチラハ颯子ガ何ト云ウカ聞イテ見ル必要ガアル, 方ガ誘惑ニ負ケタ, 方ガ速イノデ追イ着クノニ骨ガ折レタ, 方ガ都合ノイヽコトガアルノダカラソレナラ少シデモ, 方ガ陰性デ外ニ発セズ, 方ガ面白イ君ノ冒険心ガ健ヤカニ成長スルコトヲ望ンデヰル, 方キリョウおちたるうえ, 方グリーンランドとカナダ, 方コゼット嬢へそれ, 方コンゴー王国に行っ, 方コールターの塗り, 方シエラ・ネヴァダを研究, 方シーニュ街およびプティート・トリュアンドリー街, 方ジェンキンスについて書こう, 方ジャ決シテ忘レッコアリマセン何シロアノ方ハ一度見タラ忘レラレナイ世ニモオ綺麗ナオ方デスシ, 方ジロリジロリ見て, 方ソノ方が健全, 方タイタイ大先生, 方ターキスタンの方, 方ダトイロイロ云ウカラ御尤モニハゴザリマスガ, 方ダンテ時代において特に, 方チトお恨み, 方てもの, 方デアッタガ今デハソレホドデナイコトハ確カダ, 方デスシアノ時分ヨリ又一倍オ美シクナッテラッシャルンデスモノッテ, 方デハナクスコブル臆病ナノデアルガ今度ノ, 方トリックには非常, 方トロイヤ軍勢の陣中, 方トロツテルである, 方ト声ノ調子ガ違ッテイタ, 方ドイツには第, 方ドッチを見, 方ドブ板の上, 方ナノデ前, 方ニオトマムの辺, 方ニカケテ小指ニツヾク尺骨ノ茎状突起, 方ニテハ跡取ガ二歳故, 方ニテ竪二百間余横百五十間余ノ場所, 方ニハ御やくし, 方ニハオ礼ヲ一円サシアゲマス, 方ニヨリ一層魅力ヲ感ジ, 方ニ付て急, 方ニ召サレ候ヘバ下民ノ娘ニテハ不都合ユヘ, 方ニ引ッ込ンデイテ殆ド一日テレビヤラジオヲ聞イテイル, 方ニ手ヲノバシテヤッテ, 方ニ文通し申度, 方ニ気ヲ取, 方ニ背ヲ向, 方ニ行て高柳, 方ネクタイの結び方, 方ハイツデモイラッシャイト云ッテルンダソウ決マッタラ早イ方ガイヽ, 方ハワイ群島めがけて, 方ハ一度見タラ忘レラレナイ世ニモオ綺麗ナオ方デスシ, 方ハ大久保岩下がうけ, 方ハ左右両方デ日増シニ連動, 方ハ拙者より申談候てつ, 方ハ柿本人丸朝臣三人目ノ後妻ナリ, 方ハ破れぎハなりつ, 方ハ袴腰ト云山形ノ似, 方ハ裏表紙ヲゴランナサイ, 方ハ関田町ニ一層近, 方ハ頸程デナイト云ウ, 方バビロンの高山, 方バルコンの下, 方パンの扱い, 方ピノチヨの鼻, 方フランスにいた, 方フランス軍の方, 方ブラ下がつて, 方プロシヤにはどんな, 方ヘと勤めるやう, 方ヘト入ル月, 方デ似, 方マイルために耕作, 方マイル人口二千五十人なれば, 方マイル人口四千人大陸をさる, 方マダムをご存じ, 方ママハハというの, 方マリユスは既に, 方マリユス・ポンメルシー様へ, 方メディアの産, 方メリンスの厭, 方モコレホドニナルト痛ミト, 方モデルに使, 方モンデトゥール街と三方, 方モ参リ被下度, 方モ喉ガ干涸ビテ, 方モ数回ニ亙リ事, 方打門, 方ワキ方は勿論, 方ワルトン・ギリンネル同鉱山技師リウルモウル, 方ヴィルダブレイという町, 方ヶ原以後およそ十一万石, 方へとん, 方一つぢや三年目, 方一マイルばかりの本土, 方一両損の論理, 方一人きりじゃ, 方一人ぢやない, 方一人一人は英雄, 方一代ぐらいのお, 方一体あなたは, 方一体あなたは誰, 方一切を取仕切り, 方一切仏教を判, 方一反波うちかへ, 方一味の隠れ家, 方一回お一人, 方一坏の濁れる, 方一夕出窓の外, 方一小池あり是, 方一尺五寸に切りたる, 方一尺許の石塊, 方一層合理的と, 方一度も頭, 方一挺がア, 方一日程の所, 方一時はときめいた, 方一時間前ぐらいの山々, 方一本は背中, 方一条の白い, 方一松斎に別れ, 方一目の負け, 方一種の寂し, 方一脚なり, 方一般の下界人達, 方一連を云, 方一部では亭主, 方一里ばかりに木賊, 方一里オダルゼニバコ街道とチトセ, 方一里余にあり, 方一間位な, 方一隅に向っ, 方一面谷の底, 方七つ時に大阪西町奉行所, 方七万人を鏖殺, 方七人で割つて一人, 方七八分ぐらいに砕い, 方七八十間の距離, 方七百里に一つ, 方万事が言葉, 方万事口入レシテ, 方万事好都合と思います, 方三丈の大樹, 方三上さんてえの, 方三人計も当時, 方三冊目にかかっ, 方三十貫と仰せつかった, 方三千百十七を失う, 方三味線堀に沿う, 方三四百フィートもある, 方三将と藤吉郎, 方三方ヶ原で万千代さま, 方三時半だって, 方三月一日から毎日一時間前後, 方三木の城内, 方三百五十人への一度分, 方三百余人に対して味方, 方三百里となり, 方三蔵はどこ, 方の方, 方上げて, 方上手に働かす, 方上策なるべしとて, 方下げるように, 方下ろし方さえ, 方下廻りまで全部三階, 方下手だ, 方下流へチョンチョンチョン, 方下男など皆, 方下総の国, 方下見廻りという役, 方取締で, 方不十分が反, 方不明になっ, 方与八さんにかなう, 方且つ町奉行の, 方世界の学者, 方にかこまれ, 方並べ方はことごとく, 方並みにはなれない, 方同, 方中国の人たち, 方中島さんと仰有る, 方中洲の岸, 方中野村引払当所本陣へ転陣, 方で今, 方久保松太先生に御, 方乗りました砌には, 方乗るとグーグー, 方乗物町の師匠, 方乗鞍岳御嶽の大, 方九鬼家の家臣, 方乳人が姫, 方事江戸ヲ追放サレテ, 方二メートルの大, 方二三の遊び友達, 方二三尺の麻繩, 方二三氏またこんど, 方二三里を隔て, 方二三間打つて, 方二人きりですか, 方二人五尺ばかりの物, 方二人位は入れます, 方二十三人に出, 方二十二分以上かかって, 方二十人ばかりを連れ, 方二十里にわたる野, 方二十間ばかりは路, 方二坪ばかり杉葉, 方二寸五分高さ二尺, 方二寸形の中, 方二幕見る, 方二度ばかりふりかえっ, 方二時二十分にあの, 方二段目の慥か末, 方二町ばかりの小沼, 方二百間高さ十八間許, 方二軒ばかり空地, 方二里位も隔たり, 方二里余にわたる塹壕, 方二里余青嵐眉にせまる, 方二間位のプウル, 方云うたらないねん, 方五六町も離れ, 方五六町根木名の廐, 方五厘の銅貨, 方五家の家元, 方五寸ほどの玻璃板, 方五拾人計打死, 方五方から時, 方五郎助は澁, 方五間ほどの筵, 方井上左太夫の組下, 方亡くなられたんだ, 方亭主喜助に毒酒, 方人形をお, 方人物の出し入れ, 方人足の世話, 方今どこにいらつ, 方今や予が, 方今夜はお, 方今夜あたしをオペラ, 方今度いらしつたお母さまつて, 方今戸の菩提寺, 方今更生半可の, 方今朝死んだ, 方仏子柑の山間ぢ, 方仔細あって, 方仕切はさながら, 方仕打白廻はしは芝翫, 方仕立上りの値, 方他所のもの, 方付いて仕舞, 方付かぬからまた, 方仙波阿古十郎とお, 方代ってお, 方についてはほんの, 方以下いずれも立った, 方以前何んと申した, 方以智等の説, 方以来の事, 方任せにし, 方任廃に就い, 方伎伝に見, 方会所前の茶店, 方会計方をあなた, 方と書い, 方伯ペリクス其妻デルシラと共に一日パウロ, 方伯等を懼, 方は陽, 方伸子は部屋, 方伺ったことを, 方但しその黴, 方低きところに, 方住所姓名は何, 方佐久間町の入り口, 方佐柄木さんあなたがはいる, 方何でもおらがの, 方何とかしたいもの, 方何とも恥入って, 方何人程兵, 方何十里というもの, 方何卒よろしく御願い, 方何様に陳, 方何町とも知れぬ, 方何番地を訊ねる, 方何者かッ, 方余り身なりの, 方余計愛してるの, 方のつかない, 方作り方が一つ, 方作意の沈潜, 方使い方というもの, 方使用方等に就い, 方たの, 方例へば政治家としての, 方依頼して, 方かに一斉, 方というむずかしい, 方俊願ニ依リ本職, 方保田の町, 方個人として出かけ, 方借財返済の途, 方假名使ひにまで, 方偉人になりかけた, 方固ならず, 方側廂に通ずる, 方偽りを申す, 方傘張の娘, 方催眠術というもの, 方にとろり, 方僅かにダージリン, 方働いてい, 方を供養, 方僧侶の身, 方去る十三日領内百姓一揆騒動, 方儀憂国の過, 方儀甚兵衛身寄につき, 方儀近年異国船所々へ渡来, 方優るらんと, 方上州箕輪の, 方元来の役目, 方兄五郎治から言付けられ, 方兄五郎治兄弟の者, 方兄弟の肚, 方兇漢は下, 方先づ能の面, 方先歿年七十無子, 方先生の教え, 方先生伝に本, 方光塔と迷い入ったら, 方光度が減じます, 方入ったものらしく, 方入りくんだ海, 方入口から声, 方全体のやぶれとな, 方全然人間性という, 方全焼或は三越, 方八人仲間十四人張番組十二人駕籠十八人としてあ, 方八吋速射砲の横, 方八方に手, 方公共図書館案内を授け, 方公手紙をよこし, 方公旗本は禄, 方になき, 方六メートルばかりぽっかり, 方六七間ばかりの空地, 方六分ほど覗けます, 方六町しかない, 方六町市街の橋梁巷路, 方六畳の襖, 方六郷辺からは白峰三山, 方共々お成り, 方共そいつの手足, 方其他蠶種に至, 方其美感を現す, 方兼会計は大川時次郎, 方兼後見で忙し, 方内地の女性, 方さ厚, 方円ければ円, 方とすれ, 方凄いような, 方出られた方互に, 方出來候時ハ海路國許エ差遣シ船手之モノ共爲習練, 方出入りの下, 方出来かね候, 方出来たと拵ら, 方出来上つた頃, 方出生は何処, 方を, 方刑事かね, 方陽台の, 方初日早々かく, 方判断利害がどんなに, 方主義の, 方別れの曲, 方利口者だから, 方則クーロンの方則, 方則ボイルの方則, 方則全体の存在, 方則情緒の方則, 方則流派の型, 方則自身が自然現象, 方削られてしまった, 方前川さんでしょう, 方前言を取消す, 方割に字が, 方を授けた, 方力瘤も入っ, 方加奈子もよく, 方助かりはしない, 方効験ありと, 方勅撰集の根幹, 方動き方は, 方動く方へと, 方勘定吟味役が二人, 方にて候, 方勝ち訖んぬと, 方勝久はいさぎよく, 方勢力あるに, 方包み鉄刀の, 方化物屋敷の裏手, 方化粧の仕方, 方北国脇街道を経, 方匹夫ずれが指, 方医心方等に就い, 方十九と言, 方十二三間もある, 方十仭の峭壁, 方十分はっきり申し, 方十数哩にもわたる, 方十町に響き, 方十銭菜葉弐把五銭なりこれ, 方千葉佐倉の近傍, 方千餘里戸數が十餘萬, 方里許に, 方半田屋は欠所, 方卑しい眼付, 方の海, 方南さ向けば南, 方南緯二十度のところ, 方博士の死後彼女, 方危うきに近寄り, 方即発想法における抒情技術, 方却ってうれしく候, 方却つて危險が少い, 方さと, 方原木の組み方, 方去る月の, 方参って見る, 方参り候はずニ致候, 方参りましたので, 方参ると云う, 方又はお尻, 方は河内, 方叔母のお, 方取り立てて言, 方取入れる質によ, 方取巻いた泥沼に, 方取手のある, 方取次といふだけで, 方取次ぎのしかた, 方口髭の大き, 方一室に, 方只今でも時々, 方可四百餘里土地山險多深林, 方可四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 方なしに, 方台所の方面, 方叱り方であれ, 方右手に立ちおり, 方右手左手の三方, 方右足を昆布卷, 方司馬道場への婿引出, 方流の, 方各々御一人宛, 方各種の洋酒, 方合わせる可能性の, 方合セてお, 方吉例を再興, 方吉田八十松発送人も八十松, 方同心にたのん, 方同意町人共の処置方, 方同時に起つ日, 方同様に傍若無人, 方同然でいらっしゃいます, 方が附きます, 方名代の勇将, 方名刺を下すつた, 方名手往々沈吟低徊, 方名目人は清十郎, 方向い鶴の銀箸, 方向うへは誰, 方が来, 方吟味与力などの着座, 方吟味役は主上, 方殺され方, 方吸い方が, 方吸寄せられてぶ, 方吹いてくる, 方吹き廻しだ, 方呉服橋八重洲橋鍛冶橋数寄屋橋に至る, 方を祀った, 方和尚さんは左, 方和歌に詠まれた, 方和蘭陀の黒船, 方咫尺の上, 方のよい, 方は半分, 方の洛陽, 方問わっしゃるだが, 方善くその意匠, 方喜作に聞く, 方嚊さ迎に行ったれ, 方囃方の陣取つた, 方囃方等との極めて, 方囑目遠く平, 方四万という本国勢, 方四五マイルはなれ, 方四五丁先と思はれる, 方四五枚だけ丁寧, 方四五間の殺風景, 方四人の兄妹, 方四人又五郎方士分小者ともで, 方四十で停年, 方四十フィートそのほか, 方四尺にも足りない, 方四方嘘で固め, 方四時少し過ぎ, 方四疊半を覗い, 方四百余歩の所, 方因州の女中方, 方困らしてやろいう気イあったら, 方困窮の基, 方囲まれた上からは, 方国々へ仰せ出されよ, 方国民は政治, 方國僧をせめて, 方圓種々の飾文, 方圓等ヲ知ル, 方の調子, 方土工夫らはいつも, 方地区に陣地, 方地平のはて, 方地平線上に一筋, 方地獄谷から吹き上げ, 方坂本のほう, 方坂路を顧みたる, 方坐ったらどうだい, 方城内の武器庫, 方城頭に跪い, 方にわたる林, 方堂上人上達部いずれその, 方塞がりを忌み嫌う, 方へ歸, 方増加する, 方士どもに幾度, 方士共の言, 方士分小者ともで, 方士官が水夫, 方士官たちの戻る, 方士徐福將童男女數千人入海求蓬莱神仙不得, 方士目を瞋ら, 方士等は競つて世, 方士等競ひ起つて, 方士羅思遠者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 方を賓師, 方変った服装を, 方変らない異様な, 方変りありません, 方変わったからよ, 方変化に富み, 方暗みに, 方外して右手, 方外れますけど時々, 方外務省のお, 方外曲内曲, 方多い毛を, 方多く切られて, 方多年そのお山, 方多数の手, 方多面なの, 方夢中で小用, 方大きな蒲の, 方大丈夫かと念, 方大事にし, 方大体相変らず, 方大儀に覚え, 方大儀大儀市五郎からお, 方大切なる病, 方大勢お弟子, 方大変でございます, 方大変進歩してね, 方大学の休暇, 方大家の方, 方大将はまったく, 方大沢の池, 方大納言殿の直衣, 方大臣をはじめ, 方大野に狩, 方大阪御番衆, 方天分がお, 方天命は心得, 方天子山脈に限られた, 方天幕へ戻っ, 方天水桶の傍, 方太つてゐるのに, 方夫人に話しかけ, 方奉公人なりと, 方奉行を嘲弄, 方奥勤メ腰元地蔵まゆにて目千両, 方奥向並長局金蔵等に忍入り, 方奥様でしょう, 方奥深く上って, 方奧さま持たうなら撰, 方女たちのあつかい, 方女子にし, 方女官扈従を召しつれ, 方女房まで追, 方女高師の中途退学, 方手段なら, 方如何によ, 方ならん, 方は末, 方妹姉までの面倒, 方妹娘の部屋, 方姉さんでしたが, 方姉妹はこの, 方のお, 方姿を現, 方婚礼などこれ, 方嫣然とした, 方子之吉洗い方藤八, 方は叔亀, 方存じませんわ, 方存分威張りかへ, 方存在の取り扱われ, 方孝友が方孝孺, 方孝孺地を割き, 方孝孺等と周官, 方学ぶべきものが, 方宇津木兵馬はひとり, 方は系図, 方安く売ること, 方安心なりと, 方安房峠からおいで, 方宗教への考え, 方は日本, 方定州を守らしめ, 方にて云つて來い, 方宜しけれど仮名違, 方実に不深切, 方実はもそっと手酷い, 方実景上感を強か, 方は, 方宮西遊左金具彫刻は後藤平四郎, 方家人の粗忽, 方家同族の老人, 方家庭にあ, 方家根の天辺, 方家賃をあげた, 方容易ならぬ悪事, 方宿に歸, 方寂莫たる夢, 方富武五百之進の邸, 方に近から, 方寺社奉行をはじめ, 方寺院方御參勤, 方封筒の色, 方型樹枝その他の, 方尊い僧侶と, 方對岸に鬼怒川發電, 方小さくなつて, 方小僧身ぶるえ, 方小刀細工やらずに, 方小島という人, 方小島様まいる, 方小林秀雄のところ, 方小次郎を追い詰め, 方小用に起き, 方小石川の流れ, 方小舟で何, 方小鼓方大鼓方, 方少き土偶に, 方少しく異る, 方尖り後ろの, 方尖塔の下, 方上樣の, 方尤も三室並ん, 方尾張の若殿, 方居る方をばかり, 方居並ぶ前で, 方居宅前の五反田桐ヶ谷, 方居宅文庫藏酒倉等を灰, 方屋敷内の儀, 方屋根附の水茶屋, 方山三郎を生, 方山吹に適切, 方山襞の多い, 方山路氏の裔, 方屹度可相立旨被仰, 方屹度私意志の弱い, 方岡山口は大野治房, 方岩の上にて, 方岩壁に塞がる, 方へ泳ぎ, 方島々に出, 方崖下を流る, 方崩れの悪所絶所, 方川前市助といふ用人, 方川窪村荷坂瘠尾帯那道ヲ限リテ奥仙丈ト云, 方左右対照マンナカの脱落, 方左様では, 方左膳と栄三郎, 方がお, 方や農村, 方巾偏肩より垂れたる, 方市中を見廻り, 方が黙々と, 方希直は其の, 方帝王の統御, 方の称呼, 方師匠のところ, 方帰って参りました, 方帰らないでしょうから自分, 方帰れないんだ, 方帳面の整理, 方帽子がある, 方のうち, 方魯とかいふ, 方平原の甘利君, 方平壌の二の舞, 方平安馬歩六万を帥, 方平家方と称び, 方平山にし, 方平間重助は井上源三郎, 方は二十四, 方年寄共如何アルベキヤ否ヤノ儀権門ヲ恐, 方年齢は三十, 方幼君の明智, 方幾十尺の不, 方幾百億の人々, 方広々とした, 方床の間に青江, 方の人たち, 方座頭に相成った, 方の中心, 方庵澄姫様の時, 方廃物利用モードの選び, 方廉い様である, 方廊下を歩む, 方く武事, 方廣寺の大, 方廣野を驅らん, 方延寿丹または江戸, 方廻廊の奥, 方まえて, 方弁当持ってるだか, 方弁護士諸君が作られた, 方引き上げねば収支, 方という唯一, 方張るかも知れない, 方強い駒を, 方強きが常, 方当時は狐狸, 方当節は文学, 方彫刻の方, 方に二人, 方役人どもをはじめ, 方役人三年前宇津谷峠で三人, 方役者が違わ, 方征討の義挙, 方後お嫁に, 方後生だから, 方後者に比し, 方後詰かと誤算, 方従つてその発表, 方従前に数倍, 方ですよ, 方得度したばかりの, 方御両人ともお, 方御宿所とあるで, 方御嶽を見返し, 方御店から小僧, 方御座いません今度は, 方御用承り度, 方御苦労さまでごぜ, 方御苦労千万ながら最寄り, 方御身持に信用, 方御飯中で失礼, 方徳義の立て, 方心力を尽くし, 方必ず地へ, 方忌まはしき, 方志す方に, 方志の學といふもの, 方られない方, 方忘れてしまった, 方忘れたことあ, 方怕芳縁相結得鮮花香裡, 方思いのほか親切, 方思っていなさる, 方に衰え, 方性無限直線性及び次元, 方怪しい屋敷の, 方怪巖直ちに道, 方恋しきもの, 方拾翠約, 方恰好に見える, 方恰幅も見事, 方恵まれた方の, 方恵林寺へ再び, 方悉く貴公子然, 方悪漢の巣窟, 方惣吉様は子供衆, 方想像が出来, 方に於, 方愛するのん, 方愛宕山に続いた, 方感情の高まり方, 方慕う方が, 方憎らしいとお, 方憑かれたように, 方のしまい, 方に破られ, 方ひは, 方或いは脇差の, 方戦前の軍議, 方戸隠妙高黒姫等の諸山, 方房子が襷がけ, 方所持品改めときては, 方所自由自在なところ, 方所課を献ず, 方扇子を半開, 方手ごろな柔か, 方手もちぶさたにお, 方手代二人同じく目付三人, 方手抜かりなく, 方手鹽にかけてお, 方才智の廻る, 方打ち目守り, 方打ちながめては笑み, 方批判とか解釈, 方批評し尽したが, 方技之が醫方明, 方技斯う云, 方技略としてある, 方附けるかも, 方折り放しのまま, 方折生迫といふ, 方押絵など中, 方抽其忠是併重御父子禮之, 方した時代, 方拙者は上杉, 方拾人扶持被下, 方持ち方で, 方持って来, 方持込んで見てくれ, 方の運び, 方指して走りぬ, 方指二本の緑, 方振りに京都, 方振袖の腰元衆, 方捜している, 方捜査官とちがっ, 方捜索するやろ, 方据え方に, 方排泄口のある, 方掛り合ひでお氣, 方探してゐた, 方探偵小説作家の興味, 方探偵小説家の問題, 方ん出し, 方描写の筆致, 方というマキゾエ, 方撫刀剣とあり, 方播磨灘の水平線, 方撰要方兼帯というケチ, 方き方, 方支那はどう, 方支那将軍の姿, 方支配頭の大沢高之進様, 方改善二は通商, 方政治への批判, 方東国を, 方故障御座候故従来, 方教会の裏手, 方教室だと, 方教育などにおいては個人主義的, 方数ミリメートルの内, 方数丁には南穂高, 方数名附添うて, 方数哩の谿, 方数尺の書籍台, 方数度に及び, 方敵黨の威壓, 方文一本くれぬ不, 方文体の難易等いろいろ, 方文士と泥棒, 方文学的表現等では非常, 方に竹矢来, 方斬ってお出で, 方斬込み事件が行, 方断然そして全然, 方新たに設けられた, 方旅籠代のかけあい, 方旗本の鼻, 方が五つ, 方日報社にと, 方日本食をこちら, 方旦那を殺した, 方や少しく, 方早帰りの客, 方明けましてお, 方明一人である, 方明日は出発, 方明晰に相違, 方明障子を細め, 方映画会社から委託派遣, 方とはいへ, 方春日山の城跡, 方二十二日本紙記事を, 方昨夜からお, 方昨夜外庭見廻りの, 方昨年十一月三日亭主番人喜助に毒酒, 方昨日ちょっと見えました, 方はまあどう, 方時々は御, 方時計を手, 方普通に家事, 方やさかい, 方の中, 方暗く行詰ったあたり, 方と僞, 方曇りて東, 方なれバ自然ウらむところ, 方書俾令撰集溥天之下, 方書百余家を緯, 方曾根少佐と仰し, 方最後の一拠地, 方最早これまで, 方有明海の彼岸, 方望ましきやう申を, 方望みの一人, 方望月隊及び信玄, 方から晩, 方木曾路へ迷い入っ, 方ものに, 方本当は私の, 方本所の一の橋, 方本数に科学的根拠, 方杉山若党曾我中間木八吉助女中うたの七人, 方村上縫子発信人は尊名, 方村民のため, 方村百姓市兵衛の伜, 方村落の位置, 方杖等いろいろの施工, 方来たばかりよ, 方来りて祗闌, 方来る方と, 方来居相良玄鶯院の宅, 方東京為御引越午後, 方東北の青い, 方東北地方には今日, 方東宮から賜わった, 方東海道の諸国, 方東組与力朝岡助之丞, 方の立木, 方松川村さして, 方松平伊豆守が甲賀者, 方板壁であった, 方にちかく, 方枕許に置き並べた, 方を, 方果物をつんだ, 方の数々, 方校刊の事, 方之助, 方格別に存じ入り, 方格安となった, 方から梢, 方梯子の登り, 方梳き方紡車の, 方棕梠の蔭, 方植木村ほか三村の者, 方楠木家とわが家, 方楠木殿にすがっ, 方極めて妙なり, 方概念の構成法, 方槍組へ廃止, 方樹立に入る, 方次ぎ次ぎに彼は, 方大擧, 方に対する考え, 方正しからむ, 方正しい発展と, 方正に兄たり, 方のホテル, 方此家にこう, 方此方こそ異形, 方此私は惡, 方此者に御, 方此興味があくまでも, 方此間の洪水, 方武人もさまざま, 方武士たちは斬っ, 方武者窓のあたり, 方武蔵の三ツ峰山, 方武道の精髄, 方歩き癖その他いっさいの身振り, 方歸つたといふこと, 方歸つてゐるし, 方し方, 方殘らず御, 方殺いだらしく獣の, 方はちょっと, 方母屋奥座敷より発火, 方毎月ふらっとやって来, 方毛人五十五国を征したる, 方毛利の本国芸州, 方氏一族是の如く, 方気づきませんでしたか, 方気に入らないと思っ, 方水天一髪の辺, 方水平線の下, 方水社大山から東北, 方がある, 方氷山にとじこめられた, 方永らく御無沙汰を, 方永田の馬場, 方氾濫する灯, 方の加減, 方を拭き拭き戻っ, 方江戸表も鬼門, 方沈潜力をもっ, 方沙弥の作, 方に祭る, 方沢子と一緒, 方沢山日本にお, 方河内の国, 方河岸伝いの新道, 方河童坂の下, 方法王の侍従医, 方泣血再拝して, 方注意の惹き, 方洒落や串戯, 方洗いましょうね, 方活花茶の湯を商う, 方の方, 方浪路めの不幸, 方海上三万里を離れ, 方海原の行き止まり, 方海山人に肖像, 方海棠夫人という名前, 方海軍省用地に沿, 方消えたものか, 方消し口の駆け引き, 方を流した, 方涙ぐんだ目つきを, 方致指麾置儀御座候に, 方深川の岸, 方清洲の城, 方渋川六蔵の訳する, 方渙渙兮士与女, 方測量方から火夫水夫, 方にも入らず, 方湯呑み所で弁当, 方滄州に屯せしめ, 方滄洲がいつも, 方の口, 方演劇愛好者でも何, 方漕ぎ廻って, 方潜っていた, 方潤豊満でございますこと, 方澎湖列島すでにわが, 方澎湖島占領の事, 方を城, 方火の番小屋から直ぐ, 方灯火美くしき長崎, 方炭加減大根おろしの量, 方の打ち, 方為事にありつかず, 方無意識に紙ぎれをひろってくだすったとしても, 方照り返しランプの, 方熊本博士に対し熱心, 方熊谷より寄居, 方熊谷様はしの党, 方熱灰の加減, 方ともし, 方に働かせ, 方父治右衛門と腹, 方父織江儀御用に付き, 方就き麥蒔, 方版下を彫らせ, 方物異産を奉り, 方物真似が上手, 方犯人をめぐる, 方狎れ方が, 方独得の心理, 方独特の技巧, 方狭き谷より, 方の子一匹, 方玉造の方, 方現在の生き方, 方現象の仕方, 方理性の尊重, 方瓢箪崩れの方, 方少きを以て, 方甚きもの有り, 方生国は何処, 方であるが, 方用人の左仲, 方用意できましたの, 方用船の新造, 方田地を書き上げた, 方由流可母, 方甲州境の山, 方甲斐境信濃境の高き, 方甲賀組の家, 方申してやりました, 方町並が生れ変った, 方町人としての身分, 方町家の子, 方畑野蔵人から火急, 方も術数, 方異人の大将, 方病院内の生活, 方痛い足を, 方痺れてて, 方瘴煙の気, 方発展の仕方, 方の眼, 方白い指が, 方白峰赤石一帯の山々, 方白粉は襟, 方な言, 方皆これ月の如く, 方皆さんお丈夫, 方皆さん学者詩人連でおい, 方皆樣の行屆, 方の寄り, 方に用, 方目付替御座候處, 方目狩に出, 方目耳尋常左りの, 方目鼻立ちは確り, 方直ぐ傍近く間の, 方相川栄様とある, 方相手ですから, 方相良さんの奥さん, 方相談をし, 方省いて方, 方県庁などの少数, 方真に近し, 方眠りにつく, 方を決し, 方のつけ方, 方つてゐた, 方矢立の杉, 方知つてゐるの, 方知らず泣くもあり, 方知らぬ秋の, 方知帰計値春繁, 方のあたり, 方石割山との間, 方研究のため, 方硝子の室, 方磐井郡の平泉, 方示し方の, 方社司の住居あたり, 方神保帯刀のその, 方神田の方, 方神田連雀町の津賀閑山, 方神社の境内, 方神経質にし, 方神近さんの名, 方福山一家の財産, 方私二階の四号室, 方私從弟定五郎, 方私從弟定五郎と申者江跡式相續爲仕度, 方私自身の敵, 方秋崖以下のもの, 方秋月九十郎と言っ, 方秋葉の原, 方秘密の刺客, 方程よき所に, 方程等の算法, 方高くし, 方税関の門, 方稟性虚弱にし, 方稲荷堂の方, 方空手で帰らぬ, 方空閨を貞淑, 方立て方も, 方立山山脈を展望, 方立馬左内のせがれ, 方之助, 方端役としての必然性, 方竿の長短, 方笑い方眼の, 方笑えるような, 方笑わないこと, 方に着, 方第一義に有る, 方の作り方, 方筆頭そこまでわかれ, 方筆頭市中取締方兼帯という役, 方等々が今日, 方等勤向悉く, 方等経の中, 方等般若の滝, 方筑紫の高, 方で閉, 方算術図画手工体操といずれ, 方の岬, 方箱根ヶ崎で終る, 方築き坐りに, 方簡単でよろしい, 方米国の大, 方粗そうないよう, 方紀伊の国, 方納まり方だ, 方紡車の使, 方紫黄昏桂木桂木は人, 方を合せ給え, 方組屋敷までへは二町足らず, 方結婚して, 方結構なこと, 方絵かきさんや彫刻家さん, 方絵の具の塗り具合, 方絵の島の海辺, 方絶えて見た, 方維甸が嘉慶板, 方綺麗になる, 方入歯で, 方の山, 方あって, 方に解決, 方纔江戸を発した, 方纔篋を探つ, 方がついてる, 方ておられ, 方翻訳御用出役を命ぜ, 方翻訳御用所へ出勤, 方を休める, 方主人も, 方考えかたを導こう, 方して, 方も目, 方聞えるでしょうリンデンバームの, 方聞かして頂戴, 方聴く方の, 方職業婦人などにはもっ, 方いて, 方に胡椒, 方肉付も極度, 方肋材を植え, 方肥前島原の女中方, 方のゆすぶり, 方肩胛骨の開き工合, 方の据え, 方背条黯褐で頭, 方胡麻化すの, 方く本文, 方能登の珠洲水崎, 方のつけ方, 方けおちて, 方のひねり, 方を伐っ, 方自体に私, 方自然に近き, 方自身番の六兵衛さん, 方の使い方, 方の記念品, 方舞台を通じてのその, 方舟手軽子頭, 方舵機があり, 方船大工として造船所, 方船大工連もここ, 方船長ニ向ケ打電同時ニ別掲容態表並ニ乗組船医二名, 方色変りがし, 方色彩の落ちつき, 方花庵を訪ねる, 方芳枝さんは堅く, 方芳男さんは離れ, 方をだしなさい, 方苗場山に至る, 方若い者に, 方若氏のコレクシヨン, 方若衆方などの人々, 方苦笑にあらず, 方英書をお, 方英朋年恒年英となり, 方英語通辞の頭, 方茂倉岳の上, 方茎対生八九月頃葉間ヨリ一寸程, 方茶臼山の前, 方草芝居といふの, 方荒き野鴨も, 方荷担人の維幾, 方菅三も十五, 方菊池容斎の描いた, 方菊田が荒れた, 方落ちてもなお, 方落つこち, 方落懸の深, 方著く勝れりと, 方蒋介石をどう, 方蒲生泰軒との親交, 方蓮生をレンショウ, 方の中, 方明りの, 方薄暗い窓の, 方薄暗き処に, 方に関する蘭書, 方藤八が出, 方藤八得物を隠し持っ, 方藤八腹を立て, 方藤台助が入口, 方處性相名目差別無き能はず, 方はわが, 方の姿, 方蝙蝠の出盛る, 方行く方へと, 方行っている, 方行末おもい続けて, 方衍義の云, 方と体, 方衣服の着せ, 方で遣う, 方表現のし, 方表紙は映丘, 方袖口を気, 方襟付の小袖, 方西園寺ノ入道, 方西村の逃亡, 方西欧人には理解, 方見えないというよう, 方見えなくなりましてねえ, 方見かけよりはずーっと, 方見せぬいざよひの月, 方見られたり, 方見られないかしら, 方見れば山女, 方見上ぐるばかりに聳えてる, 方見廻りの立派, 方見慣れてゐる, 方見方それを新, 方見方腹の据え, 方見方読み方の異, 方見物人の爲, 方見知りの者, 方の仇敵, 方親元源太郎は奧方, 方親子を背負い込む, 方親子二人が, 方親族の者, 方観念が違ふん, 方解らなけりゃ上ツ方の, 方解決のつけ方等, 方解決方法の順序, 方言葉がそのまま, 方言語動作身だしなみといふやう, 方計りを守り進む, 方計算の途中, 方計算法を教, 方評定の最中, 方詰らんことを, 方で分からせる, 方認定論決の確實性, 方語氣に力, 方読書や習字, 方請求有之妻ユリハ, 方論理の運び, 方諫言を致せ, 方有志の, 方謙寿斎神道一心流の櫛淵宣根, 方講義の長, 方譽清西信士で寛永十九年九月十八日, 方豊前小倉城下の百姓, 方とや見, 方貫目は確, 方郎を, 方貴様の言葉, 方貸間にて執筆, 方賄い役と申し, 方賄方雑兵歩人等を入れる, 方といふの, 方贔屓どす, 方赤ん坊を抱いた, 方赤石山に至る, 方起った著しい変化, 方趣味一致す, 方枯れて, 方の片隅, 方路易は又, 方身上良くなり, 方身体温まって, 方身分ちがいの身, 方軍人などは錯覚, 方軍監としてよくよく, 方輕業小屋の樂屋口, 方輿紀要を作つた, 方をならべ, 方近うお寄り, 方近くフト目をさまし, 方近く医者が馳, 方近く物音を聽, 方近く風は薄寒く, 方追い立てられるように, 方退かせて江戸, 方役人が, 方送って下さい, 方逆心のこと, 方透視のこと, 方つたもん, 方通りのはづれにさっきカムパネルラたち, 方造り方の如き, 方連歌俳諧師狂言作者などの上り, 方遂に勝ちて, 方過ぎた, 方が良, 方過ぎし年の, 方道理有りと, 方達あなた様によくよく, 方達いずれも存じおる如く, 方達一度に繰り出し, 方達町奴の家業, 方へなる, 方に一帶, 方遠き所より, 方するが, 方適当ならん, 方遭遇った駕籠, 方選び方をし, 方那様のと同様, 方郡並一萬二千里在會稽, 方部隊長室から呼び, 方の空, 方都合よくなるで, 方都育ちのお方, 方酷く威勢え, 方怪なる, 方釈き勝れりと惟, 方里内外の面積, 方里台湾では約, 方里幹川の流路, 方里現在二十三ヶ町村の沃土, 方重ね鉄の仕方, 方重要の人物, 方野呂川の渓谷, 方野沢様と記し, 方野菜のきざみ, 方の茶釜, 方金三郎様の御, 方金屏風をうしろ, 方金峰山に至る, 方のはめ, 方銀將の役神戸なにがし, 方の粒, 方錘形を底, 方鍾乳洞を見物, 方鎌倉町の三村屋, 方鎖骨のあたり, 方鎗方を段々, 方が蔵せられ, 方さらに鳴り, 方と名づけ, 方鑑方位と称し, 方の感, 方長州の論, 方長州路は暗, 方長老ゾシマの伝, 方のクグリ戸, 方閉ぢて人, 方開花して, 方間違つた事実が生ずる, 方を出, 方を排し, 方阿弥と改め, 方阿波の蜂須賀, 方附いてからあの, 方附かれたのが, 方附き配偶者の, 方附けなければならない, 方降ろうが照ろう, 方院方と分れ, 方陰陽町に続き, 方陶酔ヘ, 方陸海軍の軍人さん, 方随分尽して, 方際涯知らぬあたり, 方隠れ一人の, 方集大成したの, 方雇女を見張る, 方雑兵歩人等を入れる, 方無替, 方雨ふりしと, 方また降る, 方雪はけはひ, 方の彼方, 方雲助組だけです, 方雲取山から西, 方雲霧を悪い, 方電気ブラン一杯もひっかけられない, 方震動なり, 方の奧, 方靈藥の劇毒, 方青年はいま神, 方におやすみなさい, 方静かな方, 方異薬, 方非運の場合, 方面白いでは, 方の手入, 方のよう, 方順序だし, 方預けとなった, 方頭取阪田出雲の下役, 方頭魚の未, 方頷無髯の巨漢, 方頷粗髯の山本権兵衛, 方頼まれたので有ろう, 方頼みたいと言う, 方だけれども, 方題體は怪我, 方を見せない, 方顔料の解方, 方願文がある, 方は言, 方の日, 方風気同上足下之吉祥善事莫過, 方飛んでしまった, 方食べ方の, 方食卓の作法, 方食堂を開きました, 方飯塚に通ずる, 方飯蓋風呂敷の装置等, 方養介も二年煩, 方養子となり, 方の振り樣, 方首札の附け, 方香車の役石井よし女, 方馬場佐十郎足立左内らを通じてロシヤ語, 方の方, 方駿信遠三国, 方騎馬精鋭の軍勢, 方騒がしくあれと, 方騰貴して, 方高かったの, 方高右田因幡統安野田喜兵衛重綱, 方高官たちから派手, 方高島城の大手, 方高橋作左衛門は説, 方高級官人をはじめ, 方高貴の落, 方高麗蔵の木村重成, 方の立て, 方の姿, 方魚津甘浦, 方が掛った, 方鳴子屋の女, 方の料理, 方鶴子の家, 方鹿児島県や宮崎県, 方麒麟山の空, 方黒い帽子の, 方黒船の走っ, 方の名人, 方