青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感想~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~感ずる 感ずる~ 感傷~ ~感動 感動~ ~感心 感心~ ~感情 感情~ ~感想
感想~
~感激 感激~ ~感覚 感覚~ ~感謝 感謝~ 慄~ 慈悲~ ~態 態~

「感想~」 1459, 14ppm, 7695位

▼ 感想~ (602, 41.3%)

20 述べて 19 もって 16 書いて 5 刺戟された, 述べた 4 抱いて, 洩して, 発表した, 語って

3 [12件] お聞かせ下さい, かいて, のべた, のべたり, もちました, もつだろうか, 彼は, 聞いて, 語り合, 述べさせて, 述べたもの, 述べると

2 [35件] おもち, かけと, きいた, ここに, そそる, のべるの, もらした, もらして, 与へる, 云って, 人に, 借りて, 刺戟する, 唆られる, 抱かせた, 抱くと, 新聞に, 暴露し, 書いた, 書いたが, 書けといふ, 洩らした, 洩らして, 私は, 聞かせて, 聞くこと, 聞せて, 誘われる, 語ること, 説くこと, 読んで, 述べる, 述べる自由, 述べ合, 錯乱させる

1 [415件] あからさまに, あつめたとき, あとで, ありのままに, あるが, ある人, いうよう, いえば, いきなりこれ, いくらか, いだかせた, うか, うけたまわり度, うけた例, うごかされます, うちあけたもの, おきかせしましょう, おこさせるの, おこさせる作品集, おさえられないよう, おさえ得ませんでした, おねがいした, お互, お持ちです, お書きなさい, お洩し, かいたこと, かいたり, かいた中, かかれて, かき, かきつけたり, かきました, かきマア, かくこと, かくところ, きいたり, きいて, きかせて, きかれた, ききたいと, きくこと, きくと, こ, こうお, こと細々, これらの, こんなふう, さしはさんで, さそい一片, したためようと, しみじみと, しゃべりまくります, すこし長くこまかく, そそられた, そそられるもの, そそります, そそるもの, そのとき, その詩人, そんなよう, たたいても, つけ加えて, なにが, ならべたところ, のせたこと, のせて, のべたに, のべて, のべる, のべる勇気, のべ注文, はさまれるでも, ひいて, ひき出すところ, ひき起された, ひとに, ふと思ひ出した, ほしいまま, ほとんどむきつけ, まず読者, まった, まとめて, もう少し聞き進みたかつた, もたずには, もたないわけ, もたらしたの, もたらしますから, もたれた以上, もたれるでしょうか, もったこと, もっただろう, もつであろう, もつもの, もとめた後, もとめられた, もとめられて, もとめられましたが, もとめると, もらす, もらすだけ, もらすと, もらって, ゆるして, よびおこすもの, よびさまします, よんだの, ニキビの, 一人で, 一緒に, 与えたであろうか, 与えられて, 与えられは, 与えられましたし, 与えられました第, 与える結果, 与へ, 与へるので, 乞い集め, 乞うた, 乞われて, 二枚書かなけれ, 云うならば, 云へば, 人へ, 伺いそれ, 伺いに, 伺いました, 伺い私, 伺って, 依頼した, 入れたという, 凝せば, 出来るだけ, 刺戟されました, 刺戟される, 加えた, 加えること, 加え原文, 動かされた, 動かされながら, 受けと, 受けとった記憶, 口に, 口走った, 叩かれたけれども, 叩くと, 可成顔, 吐いたり, 吐いた事, 吐露し, 吟味し, 含む, 呼びさ, 問いただしました, 問うと, 問はれた, 問わば, 問われて, 喚びさまされる, 喚び出す幾多, 喚び起される, 喚び起すこと, 土台に, 執筆させた, 壁新聞に, 大へん真面目, 安東に, 家弟の, 寄せたいと, 将に, 尋ねた, 尋ねて, 小説の, 少くとも, 少し書い, 差し控えます, 幼い強がり, 幼稚な, 彼が, 彼に, 彼女は, 得た年, 得て, 得ました, 必心に, 忖度する, 思い出すこと, 惹きおこす問題, 懐く, 懷くに相違ない, 成るべく顏, 手帖に, 承りたいと, 投書し, 折々読ん, 披瀝したい, 抱いただろうか, 抱いたであろうか, 抱いた人, 抱かうと, 抱かせたであろうか, 抱かせます, 抱かせられた, 抱きます外部的, 抱く, 抱くだろうと, 抱くでしょう, 抱くの, 抱くよう, 抱こうと, 拝見した, 拝見しました, 持たれますか, 持ちました, 持ち合わさない, 持った, 持ったこと, 持って, 持つであろうか, 持つであろうかと, 振り棄てようとして, 挿入し, 控へ, 掻き立てられないわけ, 描いて, 数日後プラークの, 敷衍し, 断片的に, 新しくいたします, 日記に, 日記帳の, 更に一層刺戟, 書いたところ, 書いたもの, 書いたり, 書いても, 書かずに, 書かせたもの, 書かれたこと, 書き, 書きあげるそれ, 書きさらに, 書きつけて, 書きつづけて, 書きつづること, 書きとめて, 書き加, 書き取つて, 書き始む, 書き始めた, 書き送りたいと, 書く, 書くの, 書くよう, 書く事, 書く因縁, 書く機会, 書く筈, 書けと, 書けといつて, 書つらねる, 月報から, 東北遊日記に, 栄さんに, 森茉莉氏が, 検事たちに, 次の, 次出の, 止めたり, 求めたけれども, 求めたら彼女たち, 求めた時, 求めて, 求められた, 求められたの, 求められたら今, 求め次, 洩したこと, 洩しました, 洩すので, 洩らすと, 洩れなく書きつけて, 浮べたり, 混雑した, 湧かせて, 漏らされたと, 漏らした, 演舌し, 無辺際に, 物し, 特にこ, 独りで, 率直に, 現は, 理解する, 生じて, 申しますと, 申し上げて, 申し述, 申上げ, 申上ます, 発しました, 発表し, 発見する, 益, 直写した, 知らせて, 知りたく思います, 知名な, 破るに, 禁じる事, 私らに, 種々聴く, 窺う事, 端的に, 筆記させる, 簡単に, 終ろうと, 結びます, 綜合し, 綴って, 綴らせて, 纏めるの, 聊か引延し, 聊か茲, 聞いたの, 聞かして, 聞き彼等, 聞くに, 聞く機会, 聞に, 聴いて, 表わすため, 見たが, 覚えた読者, 言い出した, 言ってるだけ, 言ふと, 訊きたいもの, 訊ねるべく招待, 記したるに, 記録し, 話された中, 話しあった, 話しだした, 話して, 話し合わさせるという, 話す時, 認めて, 誘はれること, 誘ふやう, 誘われること, 語ったの, 語つた, 語りそう, 語り合った, 語り合ったが, 語ると, 語るの, 語る興味, 語ろうと, 誤解せられない, 説明し, 読みそれ, 読む人, 読んだ, 読んだが, 起こさしむる, 起こした, 起こすは, 起さずには, 起させも, 起させる, 起させるもの, 起した, 起すで, 起すやう, 載せたこと, 述べあったり, 述べさせた, 述べたい, 述べたいと, 述べたいの, 述べたくない, 述べたの, 述べた百姓達, 述べてから, 述べては, 述べとんでも, 述べました, 述べましたから, 述べませう, 述べやう, 述べようと, 述べよと, 述べられて, 述べるつもり, 述べるという, 述べるわけ, 述べる事, 述べる余裕, 述べ初めたので, 述べ大いに, 述べ綴りき, 追つて, 送りベルリン, 送る, 送ること, 避けて, 録し, 長く忘れる, 集めた, 露骨に, 頂いて

▼ 感想~ (125, 8.6%)

7 いかがです 3 どうです

1 [115件] あった, あつて, あまりにも, ありません, ありませんか, あるが, いかがでした, おなじでありました, おのずから湧いた, かかる講座, きまつて, げに幾代, ここで, ここでは, ここに, ここへ, これを, こんなの, しかしこ, しまいであった, すでに, そういう言葉そのもの, そこで, その作者, その魔縛, それだけです, それだけでも, それ丈でし, たった一つ, つけ加えられて, どうだろう, どうであろう, どこかへ, ないかと, ないかね, ないこと, なかつた, はなはだ特徴的, ふたたび人間, ほぼ以上, まだ聞い, まちまちだ, みなそれぞれの, もちえないの, わざと避けた, ゴーリキイを, バックが, モスクワで, 一たび本書を, 一つだった, 一同の, 一度に, 不要だ, 二重に, 他人に, 何となく明るい, 何も, 何時迄, 僕にまで, 充ちみちて, 全く下女, 全く自然, 全く誤っ, 共感される, 別に, 別にこの, 四月やすみました, 多くその, 女性が, 尊重され, 小説, 帰国後書き送ります, 彼に, 往々書く, 後に, 後代においては, 愉快だった, 手近く実現し得る, 探偵小説を, 数人の, 既に小著日和下駄, 日本青年館での, 時間的に, 更に多く, 最も資本, 最近何かへ, 木の葉の, 未完であります, 本質においては, 様々の, 次の, 正しいと, 毎日の, 決して一個, 消えずに, 深い啓示, 測りしれない豊かさ, 滝の, 無視さるべき, 特別面白い, 甚だ宜しく, 甚だ特徴的, 畑つくる, 皆無で, 私の, 終らうとも, 自分の, 自分は, 行け, 複雑な, 言わず, 誰の, 近々先生, 述べられないわけ, 鋭敏で

▼ 感想~ (116, 8.0%)

6 ある 3 あるの, 書かれて, 胸に 2 あります, あろうと, ですね, なければ, もらされて

1 [91件] あったので, あったろう, あって, あつた, ありさうな, ありそう, ありますが, ありますでしょうが, あります何, あり三日の, あるから, あること, あるべきのみ, いつか理に, うかんだから, おあり, かけますね, この若い, ございましたでしょう, ございます, しるされて, そこへ, その間に, たたまっ, ただわけ, だんだんにたかまる, ちかごろで, つけ加えて, どの女房, ないので, ない状態, のこされるの, ひかれて, ふつと, また急, まとまらない, まとまるだろうと, ややもすれば共通的性質, わいた, わきあがって, 一時に, 不朽の, 全く變つて, 全体として, 出た, 刺激されます, 動いて, 可成明かに語つて, 声に, 多く書い, 屡々誘発, 彼女たちの, 往来し, 手許に, 散文を, 新聞に, 服役者の, 母の, 洩らされては, 浅くありません, 浮びます, 浮ぶ, 深からざる, 湧いた, 湧いたこと, 湧いただろう, 湧いたもつ, 湧いて, 湧きます, 湧くたび, 湧くだろう, 湧くであろう, 生ずるの, 私のを, 突然起つた, 総括し, 耳新らしく響いた, 聞きたいよ, 自分の, 自然と, 見物の, 読者によって, 貰った当時, 貰つた当時に, 起つて, 述べられて, 述べられると, 通りすぎて, 長くなった, 非常に, 鳴戸の

▼ 感想~ (95, 6.5%)

4 中で 3 なかで, 一端を, 類は, 類を 2 なかに, ような, 中に, 中には, 中にも, 感想の, 様な

1 [65件] うちに, うち演劇に関する, お話でした, くどくどしい, するもの, する夏, どれが, ほか別に, ものであります, やうな, ブチマケ合い, 一つである, 一片として, 一端に, 一端やを, 一節で, 一部を, 中から, 二三枚も, 全部である, 内から, 凡てを, 処は, 動機が, 動機をば, 味気な, 多いの, 大部分, 天下である, 実はうらはら, 寓意は, 当否は, 感想が, 手紙を, 持ちやう, 数々についても, 断片, 断片が, 斷片を, 方が, 日常性を, 最後は, 末に, 本質を, 深いこと, 湧き起るの, 湧上る, 源泉と, 發露は, 種は, 筆は, 筆や, 範囲である, 約束, 純なる, 続きを, 表現には, 言葉や, 誠実さが, 起こること, 部分なんて, 間に, 類, 類が, 類ひ

▼ 感想~ (66, 4.5%)

4 うたれた, よると 3 うたれます 2 うたれたの

1 [53件] あなたが, いつはり, うたれましたそれ, うたれるだろう, かいて, して, すぎずこれ, すぎない, すぎなかつた, ついて, つれて, とどまらざるを, とらわれること, なって, ひきこむの, ふくめて, みたされざるを, みたされた, よらず自分, より多く, アグネスが, スタイルこそ, 一葉の, 云われて, 充たされます, 動かされたの, 囚えられ, 実に嬉しい, 就てだけ, 打たれざるを, 打たれた, 打たれて, 拘らず俺, 捉われながら, 文学の, 斯う, 止って, 止めないで, 沈んだ健三, 混って, 照らして, 私は, 終って, 続いて, 耽りたがる自分, 耽りながら, 能く, 貫かれて, 過ぎなかった, 違いない, 違ひありません, 適せぬ, 類したもの

▼ 感想~ (44, 3.0%)

2 の方

1 [42件] がある, が來, だったと, であった, でも書き送る, というの, というもの, とくに人間, として使っ, とのちがい, との根本的, ともつかない, とをあわせ読み, とをやつ, と報告文学, などでは清少納言, など書こう, においてかなり, に対してまっ先に, に近づい, に過ぎない, の, のなか, の中, の場面, の調子, はあれ, はその, はそれ, は志賀, は次, は特に, もしくは批評文, をたのし, をつけ, を彼, を書い, を書く, を見ます, を記し, を読んだ, を送っ

▼ 感想~ (41, 2.8%)

2 ありません

1 [39件] あって, ありそこ, ありました, あります, ありませんよ, あるが, おのずから無く, この古典, さしはさむ事, どちらかと, ない, ないが, ないと, なかった, なかなか女, のべようとは, ひき出されるし, 二三, 今からは, 共に発表, 実はたいそう, 微かな, 批評も, 抱かせる今更, 持合わせません, 浮かんで, 浮ばなかつた, 浮び此間, 浮んで, 湧いたの, 湧くの, 自から, 自然その, 説明も, 起らないが, 起らなかつた, 起らぬらしい, 述べなかった, 陳べられなかったので

▼ 感想~ (21, 1.4%)

2 それから, 随筆の

1 [17件] お便り, べんたつを, 世間の, 事件を, 仙臺で, 意見を, 批判を, 批評を, 注意を, 苦心談を, 言葉など, 評伝的な, 評論の, 評論も, 評論を, 詩みたいな, 論文は

▼ 感想~ (20, 1.4%)

2 さっぱり判りません

1 [18件] あつた, あつて, あまり単純, い, いっぱいに, いへば, それと, 一分は, 之を, 全体を, 十坪馬鈴薯の, 徳義上社交上発表を, 新しい現実, 私は, 紫式部に, 自分も, 英語で, 見られたであろうか

▼ 感想として~ (20, 1.4%)

1 [20件] いて, この自己否定, でありまして, ゴーリキイが, パール, パヽに, 一人の, 主張し, 他人に, 令嬢と, 何かの, 写生として, 宗教が, 押し出されて, 書いて, 書くこと, 正しい思想, 特に面白かっ, 語られて, 読み終った人

▼ 感想~ (18, 1.2%)

1 [18件] いうよりも, いはれて, そのこと, なって, またとくに, 体験とは, 別に, 思われる一見識, 批判と, 生活とが, 知りがたい, 経験とが, 結びつく性質, 薫中将の, 言ったよう, 評論です, 評論を, 迂作

▼ 感想では~ (14, 1.0%)

2 あるが, ない 1 ありましたが, あるけれど, ないか, ないだろうか, ないでしょうか, ないよう, なく後, なく日本, 作者は, 露伴先生の

▼ 感想~ (12, 0.8%)

2 を出す 1 があっ, がある, が一抹, なども入れる, に横溢, の収録, の方, は傍題, や日記, をもち

▼ 感想をも~ (9, 0.6%)

1 かれに, こめて, それに, 与えない, 与へ, 例外なし, 持って, 書こうと, 起させない高い

▼ 感想~ (9, 0.6%)

1 だか, でもある, に佳樹, の一種, の一部, はけっして, を作らず, を書かし, を讀む

▼ 感想~ (8, 0.5%)

1 かを書いた, が電車, そうです, つた彼は, といった顔, と十五枚, なぞと, 幼稚な

▼ 感想~ (8, 0.5%)

3 のもの 1 なもの, な文章, な著作, な表現, のもの三つ

▼ 感想という~ (7, 0.5%)

2 ものが, ものは 1 のは, ような, 文章を

▼ 感想である~ (6, 0.4%)

1 が, がこの, がさ, がその, が同時に, とかいっ

▼ 感想でも~ (6, 0.4%)

1 お書き, 打ち明けるよう, 日記でも, 書いて, 話して, 論文でも

▼ 感想とを~ (6, 0.4%)

2 叙べ 1 とりまぜた論文, もって, 或る, 語つて居る

▼ 感想なり~ (6, 0.4%)

1 当時の, 意見なりに, 批評など, 批評なりを, 研究なりを, 考へ

▼ 感想など~ (5, 0.3%)

1 書く, 湧き上る暇, 無遠慮に, 聞きたく思ったが, 聞こうとも

▼ 感想などを~ (5, 0.3%)

1 いまさら求め, 書くの, 楽しんで, 話して, 述べて

▼ 感想には~ (5, 0.3%)

1 なかなか小器用, もう一つ附, 今日の, 書かれない文字, 真実の

▼ 感想めいた~ (5, 0.3%)

1 ことなどは, にがにがしい言葉, ものだった, ものとしても, ものも

▼ 感想です~ (4, 0.3%)

1 がきのう, がでも, がどうして, ね

▼ 感想といふ~ (4, 0.3%)

1 ところである, ものを, やうな, 程度にも

▼ 感想~ (4, 0.3%)

3 のだ 1 のであります

▼ 感想~ (4, 0.3%)

1 というもの, とこの, は文学者, 大読書家

▼ 感想~ (4, 0.3%)

1 に於, をよみ合わせる, を下手, を記した

▼ 感想しか~ (3, 0.2%)

1 わかせないが, 持ち合わせて, 耳の

▼ 感想とは~ (3, 0.2%)

1 なるかも, 別に私, 私が

▼ 感想にも~ (3, 0.2%)

1 あつた, 皆な, 色彩が

▼ 感想~ (3, 0.2%)

2 の中 1 の掌

▼ 感想評論~ (3, 0.2%)

1 はこの, は大体一九三四年, をかき

▼ 感想いろいろ~ (2, 0.1%)

1 書いて, 雑誌を

▼ 感想および~ (2, 0.1%)

1 詩人たちの, 論文の

▼ 感想から~ (2, 0.1%)

1 出發, 生れたもの

▼ 感想すら~ (2, 0.1%)

1 浮かばない有様, 私に

▼ 感想その~ (2, 0.1%)

1 ま, 中に

▼ 感想そのもの~ (2, 0.1%)

1 だけについて観れ, の書きかた

▼ 感想だけ~ (2, 0.1%)

1 では, 臆面なく

▼ 感想だった~ (2, 0.1%)

2 かも知れない

▼ 感想だの~ (2, 0.1%)

1 男の子が, 禅語だの

▼ 感想であった~ (2, 0.1%)

1 がそういう, と思います

▼ 感想とか~ (2, 0.1%)

1 一日の, 自伝風な

▼ 感想なき~ (2, 0.1%)

2 を得ない

▼ 感想などの~ (2, 0.1%)

1 ありやう, 短かいスケッチ

▼ 感想などは~ (2, 0.1%)

1 ほとんど書い, 時節外れだ

▼ 感想なりを~ (2, 0.1%)

1 中心に, 言つてゐる

▼ 感想については~ (2, 0.1%)

1 しるしたい事, 云わなかった

▼ 感想はと~ (2, 0.1%)

1 帆村が, 聞かれるから

▼ 感想みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, に思われやしない

▼ 感想やらを~ (2, 0.1%)

1 媒介として, 識らず知らず

▼ 感想よりも~ (2, 0.1%)

1 この娘, 自分には

▼ 感想一つ~ (2, 0.1%)

1 の方, 書いた

▼ 感想批評~ (2, 0.1%)

1 に移つて, をもつ

▼ 感想断片~ (2, 0.1%)

1 が私, を書き

▼ 感想~ (2, 0.1%)

1 には毎月それ, のところ

▼ 感想状態~ (2, 0.1%)

1 である, なの

▼ 感想~ (2, 0.1%)

1 な答, のもの

▼ 感想~ (2, 0.1%)

1 があっ, のところ

▼ 感想集等~ (2, 0.1%)

2 の外

▼1* [89件]

感想あるにあらざれ, 感想いずれも私, 感想おきかせ下さい, 感想何か, 感想かいて十九日, 感想かかすといい, 感想かかなければなりません, 感想かきましたけれど, 感想かを誌す, 感想きくと大抵, 感想ぐらゐは語りませうと, 感想こそほかならぬ, 感想この瑞兆の, 感想これにふれる, 感想きりでした, 感想すなわち歌曲であった, 感想や, 感想だけになお以, 感想だけを読んで, 感想って何です, 感想でなくて余裕, 感想でもと思ひながら, 感想といった題で, 感想とがございました, 感想としては誠に恥, 感想としてもかなりに, 感想とでも云ふべき, 感想と共に発表された, 感想なしには居り, 感想なぞとは比較に, 感想なぞはたいそれた, 感想なぞを彼此言ふ, 感想などから書きはじめず全く, 感想などがかかれはじめて, 感想などに至って, 感想などにも時々此, 感想なども彼は, 感想ならば文学, 感想ならずとも今, 感想なるものを, 感想なんか書いては, 感想なんかがたくさんある, 感想なんてあるはず, 感想に対して僕が, 感想のっています, 感想はなんてあんな手紙, 感想ばかりと云つ, 感想また見解を, 感想めいたきれぎれの, 感想ものか短篇もの, 感想やらにまつわりついて, 感想をといふ御註文, 感想ノオトの類, 感想一枚書き十二時半に出る, 感想に浮んだ, 感想に書かれ, 感想以上に思考力, 感想以外の多く, 感想の思想, 感想兼自叙伝の印税, 感想十九枚を書く, 感想十五枚ぐらい来月, 感想同じでしたね, 感想多くありました, 感想小品の文体, 感想忠告をたくさんたくさん, 感想情緒を映す, 感想或は説明が, 感想投函して, 感想日々の出来事, 感想是非とも申述度存居候, 感想様々の生活事情, 感想江戸と上方, 感想決意を紹介, 感想之候, 感想発表にしたい, 感想的告白の方, 感想的評論をかい, 感想自己批判を洒落, 感想自己陶酔に終れない, 感想解放の句, 感想註文を求める, 感想評論伝記書評など四十篇, 感想認め兼候お, 感想談話を筆記, 感想論文などはレーニン的理論, 感想随筆日記が明らさま, 感想隨筆の類, 感想集三冊を八十銭