青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「新田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

新~ ~新しい 新しい~ ~新しく 新しく~ ~新た 新た~ 新劇~ 新吉~ 新子~
新田~
~新聞 新聞~ 新聞紙~ 新鮮~ 斷~ ~方 方~ ~方々 方々~ ~方向

「新田~」 1413, 15ppm, 7373位

▼ 新田先生~ (632, 44.7%)

21 は博士 13 と千二少年 11 と千二, はその, は千二 8 はそう 7 の顔, はこの, は蟻田博士 6 は思わず 5 はそれ, はもう, は自分 4 はここ, はついに, はまた, は丸木, は急, は目, は胸, は首

3 [16件] が博士, が火星人, だ, であった, のそば, の心, の方, の話, は, はたいへん, はため息, はびっくり, は佐々刑事, は気, は頭, もこの

2 [48件] が横, が立っ, が言った, とそうして, と一しょ, にはわけ, のあ, のはげしい, の体, の胸, の驚き, はうなずい, はうなずいた, はこれ, はこれ以上博士, はしきりに, はしずか, はしばらく, はすぐ, はそこで, はとつぜん, はどう, はどうか, はふと, はほんとう, はますます, は今, は体, は喜び, は地底, は変話機, は嬉し, は尋ねた, は少し, は心, は怪人丸木, は息, は感心, は望遠鏡, は東京, は柱時計, は正直, は火星, は相手, は顔, は驚い, もそれ, をはげます

1 [339件] か, から教えられた, が, がいくら, がおどろい, がかけだし, がこっち, がこの, がさかん, がさけぶ, がさけん, がそう, がそれ, がついに, がつみ上げられた, がとつぜん, がふしぎ, がほんとう, がまた, がようやく, がわざわざ, が一等, が上, が上半身, が今, が僕, が出, が千二, が千二少年, が叱りつける, が声, が大江山課長, が小学校, が待っ, が思いがけなく, が早口, が昼間, が机, が気がつかない, が膝, が蟻田博士, が見かけた, が言え, が話しかける, が鉄, が階段, たいへんめずらしい, だなと, ではありません, というの, とがしきりに, とがじっと, とがにらみあっ, とが交す, とであった, とならん, とに寝室, との話, とはきらきら, とはついに, とはのこり, とはまた, とはガスピストル, とは火星兵団, とは穴, と話, に, にあばかれ, におしつけよう, にかい, にした, にはその, にはそれ, にはどっち, にはなかなか, には博士, にゆずった, によってすっかり, に一人, に会っ, に千二, に向かい, に向かい合っ, に向けた, に声, に撃方, に教え, に相談, に聞えた, に聞かせたくないらしい, に言いあてられ, に言いつけた見張, に言われ, に話, に話した, に説明, のうしろ, のかお, のけげん, のこと, のすぐれた, のところ, のひどく, のまえ, のもう, のもと, の一生懸命, の三人, の二人, の倒れ, の傷, の前, の同胞, の問い, の報告, の声, の専攻, の思う, の手, の手当, の指, の推理, の最後, の様子, の気持, の気苦労, の熱心さ, の生徒, の眉, の睨んだ, の考え, の耳, の胸中, の足, の面, の頭, の顔色, の鮮血りんり, はあまり, はあやしい, はあわて, はいきなり, はいつ, はいつも, はいま崖下, はいみあり, はいらいら, はいらだっ, はいろいろ, はうなった, はうめく, はうれし, はうれしい, はお, はおかしく, はおどろい, はおどろいた, はからだ, はきっぱり, はぐんぐん, はけわしい, はこぶし, はこんな, はごうんごうん, はさらに, はしみじみ, はすこぶる, はすっかり, はずっと, はせきこむ, はぜひとも, はそこ, はそぞろ, はそろそろ, はそんな, はたずねた, はただ, はちょっとむっと, はつい, はつかつか, はつっこんだ, はつぶやいた, はとうとう, はどうしても, はどこ, はどっち, はどなり, はなおもぐんぐん, はぬれ, ははげしい, ははじめ, ははりきった, はひとり, はひどい, はふかい, はふき矢, はふたたび, はまっ青, はむごたらしい, はむっと, はものかげ, はゆ, はわが, はガスピストル, はガス砲, はスイッチ, はマッチ, はモロー彗星, は一人, は一気に, は三度感心, は不審, は不満, は久しぶり, は久方ぶり, は二, は人波, は今それ, は低く, は佐々, は何, は何だか, は例, は光, は全く, は全身, は再び, は冷却管, は千二少年, は千蔵, は又, は受話機, は口, は右, は呻, は四時, は声, は大きく, は大きな, は大変, は大引出, は大江山課長, は天文台, は好奇心, は学生時代ここ, は室内, は小首, は山のぼり, は岩かげ, は幾度, は弟子, は後, は思いがけない, は怪物, は恐しい, は悲しく, は意外, は手, は挨拶, は敵, は早く, は時計, は梯子, は気がついた, は気の毒, は深い, は火星人, は火星人丸木, は玄関, は番人, は異様, は病床, は病後, は真暗, は知らない, は秘密室, は積ん, は穴, は空気穴, は窓, は立, は笑い出した, は精神, は老い, は耳, は聞きおぼえ, は腕ぐみ, は腹の中, は膝, は落着き, は見た, は言った, は話, は説明, は誰, は課長, は謎, は赤い, は起きあがる, は辛抱, は退院, は途方, は道行く, は部屋, は長い, は闇, は非常, は顔色, は飛行機, は驚き, は鬼, もあと, もいない, もおなじ, もついに, もなに, も一しょ, も丸木, も今それ, も佐々, も佐々刑事, も千二, も千二君, も大江山隊長, も実は, をいろいろ, をそこ, をたいへん, をつまらん, をほめ, をよぶ, を呼んだ, を後, を手招き, を興奮, を見すえた, を見た, 何とか返事, 聞いて

▼ 新田~ (123, 8.7%)

2 お関所, 君は, 大軍は, 顔を

1 [115件] あたりを, あるじは, いくさとは, お藤さん, お高, ことよりは, ほかには, ようだって, ニコライ寺という, パンパン街という, 一引両足利若御料の, 一族である, 一族でも, 一族堀口美濃守貞満に, 一騎が, 三か所に, 上訴の, 両郡, 云う通り, 五郎作といふ, 五郎作やがな, 仁兵衛が, 件と, 使者の, 供廻りが, 党が, 党も, 兼だ, 内輪に, 出外れの, 力で, 南に, 叔母の, 古陣屋, 同族は, 城主小笠原備後守貞謙の, 城宮沢の, 声の, 夜刀神新治郡の, 太郎兵衞が, 如く源家嫡流の, 娘なり, 嫁と, 家臣篠塚伊賀守当社を, 小町屋敷も, 山岸はんの, 市作ん, 市北安曇では, 帰国も, 店員だ, 庵室に, 怨霊じゃ, 態度は, 手から, 持論を, 支族が, 敗残勢力を, 新田神社へ, 方が, 方で, 方に, 方は, 旗本横山太郎を, 本営は, 本陣は, 村に, 村にも, 某家から, 次郎作どんや, 武士は, 残党や, 沼地を, 潮除堤の, 父子兄弟三名を, 爺さんは, 田市の, 百姓仙右衛門は, 矢口森栄君父子同村大出の, 神様の, 稲荷前に, 竿入れだけでも, 羽書, 老臣という, 老臣は, 者か, 者には, 者の, 若い衆によ, 若様か, 茶瓶さんが, 茶瓶の, 衆近所隣り, 親切気か, 角さんが, 言など, 訪問懈, 諸侍, 諸党, 警固番十数名を, 逆よせ, 部下も, 部将由良新左衛門に, 酒屋浦和焼米坂の, 重臣船田ノ, 間を, 関所で, 関所に, 陣借, 陣屋跡まで, 陣所へなど, 領主で, 館という, 馬喰が, 騎馬隊に, 麾下に

▼ 新田義貞~ (90, 6.4%)

3 の名 2 と勾当内侍, のもと

1 [83件] からの早打ち, からもしきりな, が, がこの, が受領, が箱根, が郷土生品明神, が鎌倉勢, が鎌倉攻め, こそが盟主, だった, であること, できのう今日, といえ, といふ一人, とその, と北条勢, における勾当, にご, にしろ, にもやぶられ, に勅, に勾当, に從つて戰死, に逆賊討伐, のいる, のこと, の一面小心, の上洛途上, の下, の中央進出, の主軍, の屋敷, の所領地, の手, の新, の旗上げ, の旧, の本軍, の椿峯, の烏丸屋敷, の猛, の稲村ヶ崎, の舅, の遺子, の采配振り, の陣, の領地上野, の馬, の高倉, の麾下, はいちど国もと, はかた, はさすが, はどこ, はもちろん, はわれら, は北陸, は大敗, は天皇後醍醐, は延, は義兵, は自己, は討たれ, は赤松則村, は過, へたいして, へむかっ, へ熱, もその, もついに, も此, も藤島, や平重衡, や脇屋義助ら, らしかった, を, をし, をした, を加え, を祀った, を輔, を除く

▼ 新田殿~ (45, 3.2%)

2 のお, の家臣

1 [41件] か, が都, だ, だと, では, とうまく, としてはうごきたい, との駈, とは比較, とも打合せ, と張り合っ, と申されよう, にはからずも, にはここ鎌倉, にはひと足先, のご, のため, のほか, の上訴, の世良田, の列, の嫉視, の御, の手, の手の者, の者, の軍兵, の鍋, はこの, はそれ, は今日, は冷たい, へすがっ, へはお, へも税物, へ膝, もお腹, もここ, や千種殿, を排し, を退かせ

▼ 新田~ (38, 2.7%)

1 [38件] ああ申す, お退がりなさい, これを, すでに合戦腰, その答, その部屋, それからいろいろ, ちょいと, ちょうどその, ねらいの, まじめだつた, まず三人, また一人, 三人に, 二三度繰返し, 令嬢の, 俊助と, 俊助に, 俊助を, 冷かな, 初子と, 前後左右に, 勇ましい男, 嘲るよう, 大番上洛を, 川口が, 律義な, 後廻し腹の, 戦の, 無造作に, 父御, 率直だつた, 笑ひ, 良い子, 要するにただ, 親族の, 辰子や, 首尾よく

▼ 新田~ (34, 2.4%)

1 [34件] およそ二万騎, がうけた, がここ, がさんざん, が三方面, が朝命, が洛内, が近づい, であった, と幕軍, のあわて, のこ, の前, の前進, の南進, の潮, の矢風, の迅速, の部隊, は, はそれ, はぞくぞく, はちょうど, は日まし, は立ち, は総くずれ, ばかりにちがい, へ追い打ち, へ追撃, も鎌倉勢, や中書軍, をなやました, を中心, を食い止め

▼ 新田~ (23, 1.6%)

2 足利とは

1 [21件] それから, ならぶ源家, 一しょに, 二人で, 云う処, 俊助とに, 内密に, 初子とが, 千二君, 千種だ, 同じもの, 呼ばれて, 呼ぶ苗字, 大野の, 末娘の, 東京パレスの, 称し昔, 称する辺, 言ひ直し, 足利の, 足利も

▼ 新田~ (20, 1.4%)

2 の手, の猛

1 [16件] ではない, といい, にすれ, には菜, の北国武士, の強兵, の武将, の祖, の精鋭, の羽川一族, の郷土, の雄, の領土, の首級二百余コ, は四面, らしい死力

▼ 新田~ (20, 1.4%)

1 [20件] だと, ではさらに, でも同情, には見えたであろう, にも十そう前後, のうち, のどんな, の先駆, の兵, の印, の武士, の番士, の第, の者, の陣, の騎兵, は策, へ降参, また宮方, より政所

▼ 新田~ (17, 1.2%)

1 [17件] がその, のうち, の優勢, の凱旋, の破滅, の総くずれ, の背後, の鎌倉入り, はここ, はこれ, はなき, はほとんど, は三島, は十二日朝, は多く, は早, を追いした

▼ 新田~ (16, 1.1%)

1 [16件] あらたに, いる親類, せよおなじ, ないもの, 下り千葉街道, 付いて, 住する, 呼応し, 埋めその, 変りましたので, 居た主人義隆, 竿入れやらか, 竿入れ仰せつけられる, 策が, 電燈が, 青々と

▼ 新田さん~ (15, 1.1%)

2 の事, はそれ, も別段 1 だね, って方, と云う, どうしました, の病い, へ紹介, を此学校, を此學校, 怒っちゃあ

▼ 新田~ (14, 1.0%)

2 開いて

1 [12件] 作ること, 先に, 帰り路, 捨てる気, 母系として, 眺めた昔, 討つ, 誅伐する, 起たせたかの, 造つたから, 過ぎ松本, 開発する

▼ 新田~ (14, 1.0%)

1 [14件] としては, とていつ, とて数代, の一支族, の中黒, の仲, の大功, の武士, は武家中, は浮かばれなかった, へもしきり, を見舞った, を超え, を辞した

▼ 新田~ (12, 0.8%)

1 [12件] なんと, 先祖累代の, 娘の, 少しある, 川を, 強いの, 来たら一ト泡, 畫策極めて, 羨しかった, 自暴自棄と, 起つ, 軽く肩

▼ 新田義興~ (11, 0.8%)

1 [11件] が敗れ, が椿, が足利, という大将, の主従, の亡霊, の応援, の遺恨, の隊, は昨日矢口, を祀る

▼ 新田~ (9, 0.6%)

1 さすがに, なく天下泰平, ばか者よ, 兄上が, 千二も, 敗退の, 荒涼たる村, 見てれば, 過ぎ矢壺

▼ 新田~ (9, 0.6%)

1 でございます, で午飯, に参っ, の方, へ泊っ, へ送り届ける, まで送り届け, まで送り届ける, も客留め

▼ 新田一族~ (8, 0.6%)

1 が次々, で, なの, のもの, の大館氏明, の岩松経家, の者, の裔

▼ 新田小太郎義貞~ (8, 0.6%)

1 がある, たるもの, の代, の威, の家来, もここ, もその, より遣わせられた

▼ 新田足利~ (8, 0.6%)

1 とならん, の両家, の仲, の合戦, の間, は下野, は隣国, 両源氏

▼ 新田~ (7, 0.5%)

1 が亡び, と共に源義家の子義国, と足利氏, の一族, の分家, をおろそか, を凌い

▼ 新田といふ~ (6, 0.4%)

4 人に 1 ところに, 二十五歳の

▼ 新田お前~ (5, 0.4%)

1 しばらくここ, のあ, の坐っ, はどこ, はひどい

▼ 新田から~ (5, 0.4%)

1 十万坪の, 少なくも一万石, 東四つの, 聞くが, 返事が

▼ 新田には~ (5, 0.4%)

2 是非逢つて行き 1 いつも二, 中世まで, 私の

▼ 新田~ (5, 0.4%)

1 命乞いし, 土地の, 放っといた仮, 走るが, 隔意を

▼ 新田~ (5, 0.4%)

1 などのよう, の外囲い, は別, は水, へ疎開

▼ 新田~ (5, 0.4%)

1 という処, と云, の岩松村, の郡吏中某, は利根川

▼ 新田とは~ (4, 0.3%)

1 不仲の, 名告ら, 相識な, 趣が

▼ 新田どの~ (4, 0.3%)

1 にはご存知, の軍勢, も怪しい, 御自体

▼ 新田~ (4, 0.3%)

2 に逢, へ手紙

▼ 新田神社~ (4, 0.3%)

1 が創設, の杜, の近所, へ落ちる

▼ 新田~ (4, 0.3%)

2 助先生, 助先生新作

▼ 新田がた~ (3, 0.2%)

1 の両, の大, の重囲

▼ 新田さん貴君~ (3, 0.2%)

2 はそれで 1 が秘か

▼ 新田という~ (3, 0.2%)

1 ところあたりへ, ひとも, 土地が

▼ 新田ガス砲~ (3, 0.2%)

1 の用意, の発射準備, をしっかり

▼ 新田~ (3, 0.2%)

1 と桐生, と歌われ, の守る

▼ 新田さん貴君一人~ (2, 0.1%)

1 の学校, の學校

▼ 新田だけの~ (2, 0.1%)

1 催しでなく, 軍功では

▼ 新田だまっ~ (2, 0.1%)

1 てつい, てわし

▼ 新田です~ (2, 0.1%)

1 ぞ, よ

▼ 新田との~ (2, 0.1%)

1 合戦な, 喧嘩は

▼ 新田とを~ (2, 0.1%)

1 後に, 見下ろして

▼ 新田にまで~ (2, 0.1%)

1 往った, 計らる

▼ 新田~ (2, 0.1%)

1 世上へ, 道誉を

▼ 新田両家~ (2, 0.1%)

2 の確執

▼ 新田先生たち~ (2, 0.1%)

1 が火星人, にあえた

▼ 新田~ (2, 0.1%)

1 との喧嘩, の怒り

▼ 新田右衛門佐義貞~ (2, 0.1%)

1 だった, はいま

▼ 新田小太郎~ (2, 0.1%)

1 が面目, が首

▼ 新田左中将~ (2, 0.1%)

1 が発向, 常に召され

▼ 新田数負~ (2, 0.1%)

1 が泉水, という若い

▼ 新田殿足利殿~ (2, 0.1%)

1 そして後醍醐, また後醍醐

▼ 新田洋服屋~ (2, 0.1%)

1 へオーヴァ, へ寄り

▼ 新田~ (2, 0.1%)

1 じゃそう, にはじめて

▼ 新田白牛~ (2, 0.1%)

2 といふ人

▼ 新田義貞殿~ (2, 0.1%)

1 の領内, も出兵

▼ 新田義重~ (2, 0.1%)

1 の食客, をまつっ

▼ 新田耕助~ (2, 0.1%)

2 の仰ぎ見るべからざる

▼ 新田脇屋~ (2, 0.1%)

1 などの騎馬武士, の諸

▼ 新田~ (2, 0.1%)

1 党のみか, 党も

▼1* [121件]

新田いよいよ来たぞ, 新田からも早馬の, 新田こそ運平こそ, 新田この部屋が, 新田さんあなたには博士, 新田さん学校には畏く, 新田さん學校には畏く, 新田さん新田さん阿波屋のかたき, 新田さん私たちが犯罪, 新田さん貴男が祕かに作つて生徒, 新田さん阿波屋のかたき, 新田さ嫁に行ぐが, 新田さ行ぐより町さ行った方, 新田じゃないか, 新田そっとあそこへ, 新田二十本余の, 新田でも廣島や, 新田とか足利などの, 新田とて頽勢の, 新田ともつきあいよく, 新田どうした早く, 新田どころか五年が, 新田どのそれくらいはゆるされい, 新田なら良い子, 新田なり恨めしきは, 新田にたいしてそちも, 新田にも会えるから, 新田のみならず足利, 新田はじめるぞ, 新田への意趣遺恨とか, 新田へも同様沙汰下さる, 新田がひらいた, 新田め何をわかりきった, 新田より一時借り入れし, 新田が祖先, 新田ハンドルを二十一, 新田一おうみなおの, 新田一万石の初, 新田一二三で例, 新田一味へ触れ, 新田一家を愚弄, 新田与党の参陣, 新田乙蔵という老人, 新田佐々木との対決, 新田先生一人さえかなり, 新田八幡船橋国分村小松川松戸辺から買い, 新田公織田公豊臣公近来の諸, 新田十六騎の颯爽, 新田千二新王ロロ, 新田千二ふき矢をふけ, 新田千田新田の間, 新田千種の両所, 新田又五郎常政, 新田取り立ての高札, 新田吉野の金, 新田名和それらの味方, 新田名和結城などの武臣, 新田名和結城塩冶そのほか, 新田善兵衛の娘ゆき子, 新田にかかる, 新田如きに此口, 新田宇都宮など境, 新田に参詣, 新田将軍の追討軍, 新田小梅村の二箇所, 新田屋敷の門, 新田左馬助義氏, 新田操縦室へ来い, 新田の一引両, 新田望遠鏡で見なく, 新田村若林時次郎の妾某, 新田の如き, 新田武蔵守が小手指ヶ原, 新田殿御自身駒を返し, 新田氏譜代の面々, 新田渡船場へで, 新田潤金達寿山之内一郎佐藤英雄寺田政明牧嗣人水島治男などが始終, 新田火星人とまちがえられる, 新田神社新田義興を祀る, 新田義宗と義興, 新田義宗南軍を率い, 新田義宗義興脇屋義治などの軍, 新田義貞はじめ武田塩冶結城宇都宮名和そのほか, 新田義貞以上にむしろ, 新田義貞公の石碑, 新田義貞卿が北條高時, 新田義貞名和長年など天皇, 新田義貞名和長年ほか十指にも余る, 新田義貞大に鎌倉北条勢, 新田義貞戦死此所としるされ, 新田義貞楠木正成名和長年佐々木道誉らの列, 新田義貞楠正成名和長年のわずか, 新田義貞源義經那須與一等で綺麗, 新田義貞義助の一万余騎, 新田義貞義宗義興などの一族, 新田義貞赤松円心千種忠顕北畠親房等々あまたな公卿武士ら, 新田義貞赤松則村伊予の土居, 新田蔵人が急いだ, 新田蔵人七郎氏義というもの, 新田藩中一等の憐れ, 新田の逃げ足, 新田融新村善兵衞の二人及奧宮健之, 新田融東京に於, 新田は当然, 新田西瓜の初物, 新田診療所長でもある, 新田足利両国間の絶えないいがみあい, 新田足利両家の仲, 新田足利両者の国情, 新田足利二家の関係, 新田足利勧請文を向ける, 新田足利轡を並べ, 新田足利間の小, 新田足利領の国もと, 新田軍一手の功, 新田郡西谷場の鉱毒談話会, 新田部親王の邸跡, 新田金井村の名主, 新田開発に伴, 新田の稲, 新田或はせみ