青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「新吉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

斯様~ ~新 新~ ~新しい 新しい~ ~新しく 新しく~ ~新た 新た~ 新劇~
新吉~
新子~ 新田~ ~新聞 新聞~ 新聞紙~ 新鮮~ 斷~ ~方 方~ ~方々

「新吉~」 1459, 16ppm, 7158位

▼ 新吉~ (602, 41.3%)

6 黙って 4 公園の, 女の, 急に, 曲馬団の 3 お作, そんなこと, 夫人の, 此の, 自分の

2 [22件] ある日, いつでも, お賤, どこか, びっくりし, 人に, 何処へ, 其の涙, 口を, 外方を, 奥へ, 家へ, 左の, 手を, 気が, 淋しく笑った, 私に, 苦い顔, 見て, 身の毛も, 顔を, 首を

1 [521件 抜粋] あらん限り, あんまりうれしく, いい詩人, いきなりあ, いじらしいよう, いそいで, いっその, いつからか, いつに, いつの間にかそんな, いつもの, いつも象, いまいましく思い, いよいよ女, いろ, うっとりした, うれしさ, おそるおそる自分, おもむろに内心, おやっと, お久, お前だ, お友だち, お師匠さん, かさぶた頭の, がっかりし, きえちゃんに, ぎくっと, くやしそう, くるりと, こうした大業, こう思った, こすい眼, こそばゆいよう, この女, この娘, この幕府方, この晴れ晴れ, この混乱, この町角, この部屋, これぞ正夢, こんどは, さすが熱狂性, しきりに興奮, じっと下, すぐには, すぐ近所, すすめたが, すっかり巴里, すみの, そうして仲間, そうじゃ, そうも, そう云い, そう思い, そう言っ, そこですっかり, そこで大きな, そこへ, そっと友達, そのとき, その前, その厚い, その友達, その場, その声, その必要, その方, その時, その裏, それから, それが, それらを, それを, それ水を, それ程の, そんなに思, そんなに考へ直し, そんな大, そんな新, ぞっとする, ただもう, ただ苦笑い, だん, だんだん夫人, ちょっといい, ちょっと左肩, ちょっと首, ちょぼんと, つい弱気, つく, つづらに, てきやの, てっきりリサ, とうとう火の見, どういうもの, どぎまぎし, どたん, どもってから, どん, なぜか, なんとも答えず, にっこりとも, ねえさんが, はげしい悔い, はじめそれが, ひとり小声で, ふとこの, ふと不安, ふと今夜中, ふと小説家, ふと山, ふと自分, ふと言い出した, ふろしき包みを, ぷりぷりし, まずライオン, まず安心, まず足, またいつも, また一人, また中, また元, また蜘蛛, まだ一つ二つ自分, まだ何やらクドクド, まだ許される, まったくその, みょうな, むずかしい顔, もうその, もうそんな, もうゐないらしい, もう寝床, もう愛想, もう耐え兼ね, もう誠に仏心, もう黙っ, もちろんつい私たち, もとよりそれ程悪, もと師匠, もどかしく思った, ものをも, やがて不意, やがて恍惚, やっとかぞえ, やっと思いつきました, やっぱりザクザクやっ, ようやく談, よく, りっぱな, りんごを, わざと笑いつけた, わずかに, ウンザリした, オドついた, カツと, ガブリと, ジャネットの, ジャネットを, ジロリと, ステッキも, セーヌ河の, ゾッと肩, テラテラした, ファットマンの, フイと, フト誘われた, ブツブツ言っ, ブル, プイと, ベンチに, ホッと, ポンポンと, ランプの, リサの, 一たまり, 一人息子であった, 一度お, 一応内懐, 一日不快そうな, 一杯飲み干す, 一歩踏込みます, 一歩近づきました, 一生けんめい働きます, 一生懸命無理に, 七八年前五色の, 七八歳までは, 三十に, 三度三度の, 三日に, 下手人ぢや, 不安らしい, 不安らしく, 世事に, 世相の, 世相を, 世間に, 両手を, 両親が, 二つ三つ身を, 二三度外へ, 二十一二で, 二十二でも, 二階を, 人間への, 人類中非常に, 今の, 今は, 今度こそ, 今朝東京の, 仕方が, 他の, 他人が, 仰向, 伊太利の, 会つてゐる, 伯父と, 伯父を, 何う, 何か, 何かに, 何だかむず痒い, 何だか長閑, 何でも, 何となく寂し, 何とも, 何の, 何やら考え込み, 何んて, 何処に, 何故とも, 何程か, 信じなかった, 停車場へ, 側に, 僅少の, 優しい舌鼓, 優しい顔, 元気よく, 兄の, 先に, 免れやう, 八五郎の, 其の手, 其の癖, 其の間, 内で, 内儀さんを, 冷たい酒, 出て, 刀を, 初めてこの, 別に稼, 刺身を, 力に, 匕首を, 危ないと, 原士に, 又怪物, 又新しい, 口の, 口も, 右の, 右手に, 合鍵を, 吐き出すよう, 向う側の, 唯だ, 困ったよう, 土手の, 土産に, 地下鉄の, 墓所へ, 夕飯を, 夢中に, 大概肴を, 大統領から, 夫人が, 夫人に, 女から, 女は, 好い機会, 妙に, 始め貸本屋へ, 娘を, 嬉しそう, 子供の, 安心し, 寝た振り, 寝椅子, 小さくなっ, 小使い, 小僧と, 小僧二人に, 小用にも, 少しでも, 少し屹, 工人の, 巴里の, 巴里を, 帳場にばかり, 帳場格子の, 幸い名主, 幸い金が, 幻覚という, 店へ, 度胸を, 建築学校教授の, 引き寄せて, 後年斯んな, 得意げな, 得意の, 微温い, 心せく, 忌々しそう, 怕さを, 怖い一三眛, 怖い三眛, 思はず廊下, 思わずそこ, 急いで, 恐ろしい激情, 恟り, 恟りした, 恨みがま, 悲しくも, 想つた, 愕然と, 愛想も, 感心な, 慄え, 慌て, 憎まれ者, 憤れったそう, 懼れ, 或は不良少年, 投げ出すよう, 折々祖父, 折々見舞, 折角さら, 折角の, 押し戴いて, 振り払って, 振り返って, 故国の, 敵意に, 斯うい, 新聞を, 旅駕籠に, 日頃に, 旧の, 早くこの, 昨夜来た, 昨晩レストラン, 是から, 是を, 昼間火鉢の, 晩に, 暗い何, 曲馬団へ, 未だ起き, 机の, 東京の, 柔いもの, 案外うるさく, 棒の, 構わずに, 横を, 此処まで, 残酷と, 母と, 母親に, 気づかなかつたが, 油断を, 泉水の, 泣きたくなりました, 泣きながら, 泣き出しそう, 浦賀の, 海辺へ, 淋しい笑い, 深々と, 清子の, 湯に, 溜息を, 滑って, 滞在邦人の, 火の見の, 火鉢の, 煙草を, 熟, 物を, 物をも, 独断し, 狹く, 現在自分が, 生きた心地, 生色を, 田舎の, 町の, 疲れて, 白状し, 的が, 目を, 目眩し, 相手に, 看病疲れか, 眞つ, 眼の, 砂糖を, 硬いクッション, 確かに, 空を, 空笑いを, 突放し, 突然真夏, 窓に, 竹竿を, 笑いつけた, 笑いながら, 笑って, 筆を, 答えました, 籍を, 純粋な, 紙一杯の, 素気も, 結婚後一層, 罰が, 美貌な, 考え込むよう, 聞いたが, 肝に, 胡散くさい, 胴乗りの, 胸が, 胸を, 能い気, 脂ッぽい, 腹を, 自信あり, 自信の, 自分に, 自分は, 苦笑した, 英介の, 茶を, 菓子フォークで, 落着い, 薄気味が, 薩張と, 蚊帳を, 血に, 表の, 袴を, 裏の, 襟が, 見物したく, 見送ると, 親切な, 言った, 言ひかけ, 言ふ, 註を, 象の, 貨車の, 質素な, 赤い眼, 赤い顔, 起って, 足場丸太から, 踏んで, 身の毛立ちました, 近しく来ます, 返事に, 返答に, 逃げに, 逃げようと, 遠くから, 邪慳そうに, 部屋へ, 酒に, 酔いの, 釣り竿を, 鈍い電燈, 鎌を, 鏡に, 長火鉢の, 隣の, 雷よりも, 電光の, 面白いから, 頭を, 食客の, 驚きまして, 魂が, 黒い指頭, 黒船の

▼ 新吉~ (238, 16.3%)

12 顔を 4 家を, 眼には, 祖父は 3 手を, 方へ, 祖父が

2 [20件] からだを, ために, 傍へ, 名を, 外には, 心に, 心の, 心は, 手へ, 方に, 母は, 町に, 眼に, 眼は, 耳に, 肩を, 腕を, 頬に, 顔が, 顔に

1 [165件] おりて, おろ, からだ, こ, ことを, しんみりした, そばまで, それじゃ, そんな発作, ほうは, ほかに, もはや何, やうな, やり方が, ように, メランコリーに, 一味, 一行は, 丈は, 三人, 三人が, 上を, 不在證明を, 不均衡な, 乱暴な, 乳母だった, 事を, 二人の, 二人をも, 仕事場から, 仕向けは, 体と, 体は, 何んな, 作った店頭装飾, 側へ, 側を, 傍まで, 兄新五郎同じく, 写真を, 凄じい権幕, 出した左, 前に, 前の, 前を, 勘は, 勝手元は, 口から, 向い側に, 味方に, 命まで, 問は, 回想, 声, 声が, 声は, 夢を, 夢枕に, 奴どうして, 姿が, 姿を, 宅には, 実家も, 家は, 家内累でございます, 小説は, 居場処も, 届かねえ処, 左側へ, 帯を, 店が, 店に, 後に, 後を, 心にも, 怒り声に, 手が, 手に, 手足の, 描こうと, 方から, 日本の, 日本人らしい, 智慧じゃ, 曲馬団の, 未練さを, 本箱から, 様子に, 様子を, 権幕に, 横面を, 歩行の, 気を, 気持ちは, 決心を, 注意だった, 注意を, 涙の, 父親を, 申出で万年筆を, 町で, 留守中両親も, 目から, 眼から, 眼を, 眼前を, 瞳を, 祖母は, 祖父に, 祖父母は, 竿の, 義兄の, 耳には, 耳へ, 肩へ, 背でも, 背中に, 胸ぐらを, 胸には, 胸の, 胸を, 胸下を, 能く, 脊中を, 腕から, 腕に, 膝に, 膝の, 自嘲めいた, 舌には, 茶碗に, 血の, 襟を, 親友だった, 言葉が, 言葉には, 言葉や, 詩, 語気は, 足もとに, 身は, 身体に, 返事が, 返事に, 遠い記憶, 酔って, 野郎に, 野郎め困った, 野郎も, 青ざめた眼, 頬から, 頭の, 頭は, 頭や, 頭を, 頭脳には, 顎にかけて, 顏と, 顏には, 顔ばかり, 顔色は, 顔色を, 髻を, 鼻に, 鼻を

▼ 新吉~ (131, 9.0%)

2 ファットマンの, 持って, 熟

1 [125件] あゝ悪い, うごめく侍, お作, お前さんの, お勝手には, きえちゃんの, この二人, これを, その両, それを, ぞっとした, どこからか, ふいと, まず垂れ幕, まっ黒けに, みそのの, みつめて, もと鍛冶屋, やっと気がつい, やつた, よかろう, ろく, ゐるうち, カテリイヌを, トッテンと, ハッと, ヒョロ, ベッシェール夫人の, 一人で, 一存でした, 一年前いなかの, 一番明日に, 上りまして, 不意に, 二十五お, 交互に, 何か, 何故普請場, 先へ, 凄じい権幕, 出て, 口を, 合乗りで, 向い合って, 吠えられたの, 喋舌る, 声を, 夕刊を, 夢に, 家の, 寝泊りを, 居ては, 居なければ, 居る様, 巴里に対して, 帰って, 帰ろうと, 帳場で, 幻覚の, 庇って, 彼女に, 得心し, 心配しぬい, 怖いとも, 思いますると, 憎まれ口きくでな, 成年に, 抱えたとき, 掴み付こうと, 描く軍艦, 改心致しました, 教授の, 敵の, 文次郎さんを, 新調の, 日が, 日本へ, 普請場の, 来たから, 欄間を, 次の, 止めて, 此方へ, 此方様へ, 歳暮の, 段々怖, 殺す筈, 清荒神の, 画を, 病人の, 百も, 眼を, 知つて以来はじめて, 石段を, 縁側で, 羽を, 聲を, 肩を, 背なかに, 胴乗り遊びの, 胴金を, 胸を, 腰に, 腰を, 芸を, 落ちたから, 薄暗い茶, 行き過ると, 見ると, 見舞いに, 言い出した, 言うと, 言って, 足を, 身の毛の, 返事に, 通って, 金槌を, 開けて, 附いて, 階子段を, 雨の, 顔を, 飛び込んで, 驚きましたの

▼ 新吉さん~ (83, 5.7%)

53 かえ 2 が来た, に思われ, の事, は此方, を助け, を帰し, 本当に私

1 [61件] あの人, い, お出なすった, お累さん, かさ, かと云う, がかたく, が可愛い, が彼様, が憎まれ口イ, が教えた, が此処, が煙草屋, が逃出, が駈出し, てえので, で, でございます, ですか, では, という, ととう, と云っ, と去年, と手, と訳, なら命, なんてさん, になっ, には何ん, にもう再び, に恥, のため, の乳母, の声, の外, の跡, の顔, は二度, は五ツちがい, は兄弟分, は可愛い, は実, は愛想, は感心, は私, もあの, も仕方, も嘸, も困ったろう, も江戸, を引き取っ, を連れ, グッと, 今石, 困りますね, 居たか, 帰って, 手伝って, 早く惣吉さん, 本当に好い

▼ 新吉~ (63, 4.3%)

6 お滝 4 云うの 3 申す不調法者 2 お国, お賤, 申す者, 象は

1 [42件] いう, いって, お作, お前は, お累, お駒, その一味, よそながらお, フッヽリ縁を, リサとは, 一旦兄弟分, 二人だけ, 二人で, 二人の, 云うと, 云う不調法もの, 云ふ, 似て, 別れさせる方法, 別れてから, 勘蔵とが, 同棲する, 同衾を, 同道で, 土手の, 夫人が, 夫人に, 夫婦に, 師匠と, 彫付けて, 悪縁を, 手が, 手を, 才六が, 有るが, 決つたのか, 申すと, 相談し, 私は, 藤吉が, 記せし紙片, 顔を

▼ 新吉~ (49, 3.4%)

1 [49件] あまり見た, お作, お累, お賤, お賤さん, きえちゃんも, この理論, これでも, そこを, その傍, その方, ぞっとする, だ, つづらの, びっくりし, ほかの, もう仕方, チンドン屋の, 今は, 他の, 伯父の, 何という, 側で, 別に, 十一時過ぎまで, 多少不安, 女を, 嬉しいから, 小さい声, 少し気味, 少し激, 居ない様子, 居りました, 席を, 店に, 心配し, 恟りした, 松兵衛も, 正二も, 死物狂いで, 残惜しく思います, 気が, 溜息を, 美い, 詳しい話, 鉄砲の, 頼みますよ, 飯を, 黙って

▼ 新吉~ (45, 3.1%)

1 [45件] しては, すっかり話した, その感覚, わからなかった筈, 別れて, 取縋る, 叱られて, 向い, 向って, 呼ばれた事, 嗤われながら, 奥底の, 宛て, 寝衣, 差した, 平気で, 急に, 怪我を, 意見した, 意見を, 憎悪の, 手紙と, 押しつけると, 持ち込んで, 故郷東京を, 構わず細引, 沈んだ調子, 注いで, 眼くばせ, 粘りつく, 絵雑誌などを, 縋り付くその, 罵られて, 見逃されぬもの, 言いきかせて, 話しかけたの, 話しかけました, 話して, 話を, 躓づき, 迫った, 逢いたいと, 逢っても, 金魚を, 頭から

▼ 新吉~ (42, 2.9%)

2 見つけると

1 [40件] あおりたてること, うながして, どなりつけました, なじりました, ものかげへ, リサは, 上げて, 不思議に, 促し立てた, 前に, 友だちの, 団長は, 帰して, 庇ひ立てする, 引張るよう, 御存じでしょう, 愛撫した, 我が子, 抱いた, 抱上げ, 救うため, 最後の, 有無を, 楽屋へ, 殺そうと, 深く考えさせました, 背中に, 背中へ, 見あげた, 見つけて, 見まして, 見る, 見付けると, 誘つて文次郎の, 調べて, 護るため, 追い廻して, 連れて, 酔わせて, 門の

▼ 新吉には~ (11, 0.8%)

1 [11件] この二人, ふと遠い, むずかしいどころか, もう今日一日, もはや円形, 一つの, 吾家の, 珍らしかった, 眺められた, 睡眠以外の, 義理の

▼ 新吉~ (10, 0.7%)

4 賤は 1 久を, 賤が, 賤さんは, 賤に, 賤の, 賤も

▼ 新吉という~ (8, 0.5%)

2 人が 1 のは, 十一に, 少年でした, 男で, 男と, 男を

▼ 新吉から~ (5, 0.3%)

1 カテリイヌに対する, 後で詳しく, 母あ, 眼を, 頼まれる軍艦

▼ 新吉さんお前~ (5, 0.3%)

1 が肝腎, に怪我, は今夜, は私, 本当にどうした

▼ 新吉~ (5, 0.3%)

1 といふ今年二十八, はムクムク, は二十七八, は呪, は驅

▼ 新吉さん私~ (4, 0.3%)

1 はお前, はね何, はまア, は斯ん

▼ 新吉にとっては~ (4, 0.3%)

1 もう不愉快, もう世相, 世相は, 最初の

▼ 新吉~ (4, 0.3%)

1 アメリカから, 初めての, 彼れ, 自分の

▼ 新吉とは~ (3, 0.2%)

1 たいした馴染, ほとんど毎日, 最前から

▼ 新吉兄哥~ (3, 0.2%)

1 に強, は考へ過ぎた, 大變

▼ 新吉手前~ (3, 0.2%)

1 の仕た, の様, も薄々

▼ 新吉此処~ (3, 0.2%)

1 に居る, は滅法, へ出ろ

▼ 新吉~ (3, 0.2%)

1 の離室, は折, は訪れる

▼ 新吉さん何~ (2, 0.1%)

1 だってつづら, をいう

▼ 新吉さん此~ (2, 0.1%)

1 の縄, の蚊帳

▼ 新吉について~ (2, 0.1%)

1 廻った使命, 歩いて

▼ 新吉にとって~ (2, 0.1%)

1 ちょっと苦痛, 興味の

▼ 新吉にも~ (2, 0.1%)

1 斯ういうと, 聞えるよう

▼ 新吉はから~ (2, 0.1%)

1 だが, だ中

▼ 新吉はと~ (2, 0.1%)

1 いうと, 見れば

▼ 新吉への~ (2, 0.1%)

1 文面の, 病的な

▼ 新吉~ (2, 0.1%)

1 そしてなお幾人, 新吉や

▼ 新吉一人~ (2, 0.1%)

1 で湯灌, に申し付ける

▼ 新吉夫婦~ (2, 0.1%)

1 が細やか, と母親

▼ 新吉~ (2, 0.1%)

1 とおや, と云う

▼ 新吉~ (2, 0.1%)

1 は無え, を遣れ

▼1* [109件]

新吉あわてて蓆, 新吉いずれも好評, 新吉いつまでめし, 新吉うながされて起つ, 新吉お前もヌカリ, 新吉お送り申しな, 新吉さんお出でよ何, 新吉さんお前さんほんとうに然, 新吉さんお前何をいう, 新吉さんお前爰にい, 新吉さんそれだもの, 新吉さん今夜帰って, 新吉さん今日は, 新吉さん仕方がない, 新吉さん何んだって彼奴, 新吉さん何方へ, 新吉さん其方へ行っ, 新吉さん土手の甚藏さん, 新吉さん彦六さんの云う, 新吉さん折角迎いにお出で, 新吉さん故だから, 新吉さん此方へ, 新吉さん無理な事, 新吉さん珍らしいな, 新吉さん耳をお, 新吉さん遠慮しないで, 新吉たちの姿, 新吉たった一人で, 新吉中へ, 新吉だけだった, 新吉だけをその中, 新吉えます是, 新吉神經質らしい, 新吉ですよ, 新吉でなく岩松でなく, 新吉ではない, 新吉でもやっぱり頼み, 新吉といふ六つの, 新吉とが間もなく羽織袴, 新吉とともにこの寮, 新吉とのはなしを, 新吉とわか姉さん, 新吉とをこのまま, 新吉どの両人は東口, 新吉などと云う青二歳, 新吉なんか怖か, 新吉にばかり言いたいだけ, 新吉のみが苦なり, 新吉はしもふりの, 新吉はじめお前たちを身, 新吉ばらばらと駆け, 新吉ひょっこりと故郷, 新吉へはいずれ後日沙汰, 新吉へもよこした, 新吉より年下の, 新吉よりももつと, 新吉ペコンと頭, 新吉ヨ僕ハイヨイヨ希ヒガカナツテ勇マシイ水雷艇ノ乗組員ニナツタ, 新吉ヨ晴レヤカナルカ僕ハ今度クルブラ島ヲ去, 新吉一人湯灌は一人, 新吉三藏さんと云, 新吉は大, 新吉の友人, 新吉兄弟の家, 新吉先生がお呼び, 新吉再び土手の, 新吉冗談じゃア, 新吉の露地, 新吉やア此処, 新吉泣きの, 新吉博士は精神病学専門, 新吉原中の町, 新吉原図あり略, 新吉原画報といふ雑誌, 新吉咽喉頸に筋, 新吉に胸, 新吉宗太郎竹造源助与之助巳太郎の六人, 新吉だつた, 新吉実は兄い, 新吉岩松といふ二人, 新吉彼方へ縁付い, 新吉思わず出足を, 新吉悄然とし, 新吉手前仕合せだな, 新吉改心の端緒, 新吉故郷を回想, 新吉旦那もお, 新吉からは改心, 新吉本人が言, 新吉此方へ来, 新吉のヴント, 新吉氏友谷静栄さんなどみんな元気, 新吉渋々頷く, 新吉う後, 新吉がヘマ, 新吉相愛の二人, 新吉窓側に寄る, 新吉繃帯をとり終っ, 新吉自身の家柄, 新吉を締め, 新吉詩集の会, 新吉誠に無理だ, 新吉かお前, 新吉諦めた方が, 新吉も心, 新吉長崎にあり, 新吉を上げる, 新吉魚油くさい灯壺, 新吉黙って引込ん