青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「新た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

斯~ 斯く~ 斯様~ ~新 新~ ~新しい 新しい~ ~新しく 新しく~ ~新た
新た~
新劇~ 新吉~ 新子~ 新田~ ~新聞 新聞~ 新聞紙~ 新鮮~ 斷~ ~方

「新た~」 2729, 29ppm, 3977位

▼ 新た~ (1583, 58.0%)

49 して 20 した 10 するの 7 すること 6 する, 店を 5 自分の 4 したが, したこと, しました, しようと, 入って, 家を, 彼の

3 [21件] これを, するため, するに, なった, なって, なるの, 他の, 創造する, 同志を, 始まったもの, 戸に, 戸籍に, 手に, 玄徳の, 現われて, 生まれて, 生れて, 生命を, 発見した, 設けられたもの, 起こって

2 [74件] いたします, この学名, されて, しつつ, しながら, しなければ, しようという, すると, するも, するもの, するよう, する必要, する次第, せん, なりぬ, なる, 一の, 一人の, 一枚の, 世に, 世界の, 之れ, 享け, 人が, 今度の, 何を, 來れる, 修正し, 修繕の, 出來, 出来たの, 出現した, 出直さす, 別の, 創造され, 右馬允に, 多くの, 大規模, 始めなくては, 幸福論が, 建てられて, 彼を, 徴収さるべき, 思い出されました, 情人を, 成りて, 把握された, 持って, 掘り出された, 採用した, 普請し, 杯を, 榾火から, 殘虐の, 水を, 法学に, 温めて, 生きるの, 生活を, 種々と, 筆を, 策を, 胸に, 胸へ, 興りつつ, 見直すところ, 規模を, 解釈する, 質問を, 起こったもの, 転生し, 進級した, 道を, 驚異を

1 [1241件 抜粋] ある種, いたしてを, いろ, うちしたがえられた, おこされたミササギ, おとし穴, お滝, お祭りし, かき直して, かれら, きた植物, くべ足した, こう提議, この, この十年, この土地, この無人島, これによって, させる気, されてから, されると, しその, したしだいであった, したの, したるゆえん, した次第, しては, し一日, し併せて, し又, し油障子, す, するか, するだけの, するといふ, するには, するやう, する効果, する樣, する考, する處, せしめたこと, せずに, せられる罪, せること幾度, そこに, その仕事, その台座, その持前, それから後, たえず湧き出, つくった学校, つくられつつ, つけたの, つけられるやう, できた友達, できた塚, できた特徴, でき上がって, とりに, なったものの, なに者か, なること, なれる若木, はいった道理, はじまった当座, ほかで, ほとばしって, まこと, また似合わしい, また解釈, もういちど剣, もう一度発見, わが政府事業, アカイアの, ウイスキーの, シュルツに, ドックを, マッチを, メートル法式に, 一万人の, 一人地上に, 一宗教に, 一対の, 一文を, 一条を, 一種の, 七兵衛が, 三人の, 三戸を, 世と, 世界を, 主君との, 乘りし, 二つの, 二百四十八噸の, 五十人の, 五千余騎を, 井口氏を, 交通を, 人間の, 仏国より, 仕事を, 仙臺の, 令を, 任命いたしまし, 任命した, 伯爵夫人の, 住む家, 作ったもの, 作った筋金入り, 作つたのは, 作らなくては, 作られ行為, 作り両者, 作り創め, 作るべきこと, 作ろうかとも, 使用する, 來り, 俘虜が, 信号旗が, 俳句界を, 借りた二階建て, 備わった, 光彩を, 入った理事, 入つて來, 入れどころ, 入会したる, 入社する, 八幡宮へ, 公民に, 其処に, 出でたりとて, 出来た工場内, 出来た語, 出来上ったと, 出版業を, 出発しなけれ, 出直すが, 出遇つた人, 切り添えられた切替畑, 刑壇の, 判明した, 制定した, 刺戟される, 創造した, 加えた, 加えられた名誉, 加わったお, 加わった原因, 加わること, 加入した, 努力を, 募られた歩兵隊, 勢を, 北条茂時が, 十万騎の, 十内へ, 即ち自然, 参軍へ, 取つた俘虜, 取り調べて, 取入れるであろう, 受取ったもの, 叛乱を, 各人の, 同じ事, 同胞と, 向かうべき天地, 吹きました, 呼び覚したの, 命令を, 哲学の, 商売を, 問題とな, 喚び起すよう, 嗅いで, 囘る, 回向院境内へ, 国の, 国民党中央政府の, 国語の, 土塚を, 地方色豊かな, 埋められた新, 墓を, 外国から, 多く集められ, 大大名二軒, 大学に, 天下を, 夫の, 奉納した, 奮發心を, 始まろうと, 始めるよう, 子供を, 学界に, 守護職を, 宗門に, 官吏抗拒事件という, 室女を, 家具を, 實在, 将軍職を, 小日向臺に, 少し似た, 就職の, 居留地を, 山崎の, 山材大石を, 嵩む照明費, 工夫を, 巴里に, 布かれた徴兵令, 帰朝された, 常に若く, 幽界に, 店主としての, 建つに, 建てた家, 建てら, 建てられたところ, 建てられたもの, 建てられた農具工場, 建て増した, 建業から, 建築し, 弁護士に, 強く止まった, 彼へ, 彼女を, 得たる歡喜, 得た鶏鳴狗盗, 御座所の, 徴発され, 心を, 心配の, 念ずとや, 思いついたこと, 思い出される一つ, 思い構えた趣向, 息を, 悲しませること, 想像し, 意気相許す, 感じる感動, 憲法を, 戀ふる, 成り立とうと, 成功した, 或ひ, 戦地の, 所属した, 批評家に, 拗音と, 拵え直されたもの, 持つ, 持とう, 捉えた発見, 捜しまわるという, 掃除した, 掘出した白骨, 探偵を, 支店を, 放免囚から, 政黨の, 文化都市へ, 文部の, 新撰組という, 新聞広告を, 旅行券を, 日に日にうまれる, 日本に, 日本式の, 明治の, 星と, 是らの, 普及した, 書いても, 書き出した原稿, 書き加, 書き始める煩わし, 書き足したもの, 書直し, 最適任者, 木炭を, 村落の, 来た二人, 来た客, 来て, 来る教師, 東京に, 東方に, 栗の, 植樹した, 横合から, 次ぐ, 歌左衛門という, 正しき道, 歴史的行為的に, 死ぬべき場所, 民族の, 気が付いて, 水平へ, 求めた余分, 求める必要, 油の, 泉と, 波間に, 注いで, 泪を, 活けた薔薇, 流れて, 流行し, 浸み出して, 涙が, 清光閣に, 温泉や, 湧出し始めた, 湯殿へ, 漁でも, 演技として, 灑ぐ涙あり, 火消役人を, 点出された, 焚ける壁, 煎茶の, 燃え移るたび, 版を, 牧野も, 狼狽し, 玄徳に, 王妃と, 現われた敵, 現実を, 生ずるならば, 生と, 生まれた駒, 生まれるの, 生れし仔羊, 生れた子供, 生れた自分, 生れる主, 生れ又, 生れ変るという, 産せし牝馬, 産れた, 甦らせた女性美, 用いられた職業, 申上べく, 異性の, 発展した, 発明すべき, 発生したる, 発育し, 発表する, 発見されたる, 発足する, 発足を, 發展し, 白としての, 白熱化し, 盛に, 目ざめた心境, 省察せらるべき, 真の, 眺めよう, 眼覚めた, 知ること, 知名の, 研究を, 硝子戸が, 神様の, 祭り直されました, 私が, 移し入れた証拠, 移り住んで, 種類を, 空想し, 立つたら先づ猫, 立てた持明院統, 立てて, 第一歩から, 筆名を, 築いたの, 築きかけて, 築き立てられた輸入材, 精鋭を, 納入する, 組織しよう, 結ばる, 結びつけること, 結び直されようと, 經營し直さう, 編入した, 織らせると, 繰り返そうとは, 美しい芽, 義を, 考えさせること, 考えなおして, 考えるところ, 考案し, 聞くこと, 肯定された, 自分が, 自己の, 自覚させられる, 興したが, 船を, 良き国, 芝を, 花子より, 若き存在, 英語學部が, 草した, 落ち込んだもの, 蒐集しよう, 薩哈連から, 衆と, 行を, 装填し, 製造し, 西洋より, 見直さなければ, 見直す, 覚えて, 覚醒させる, 解放された, 言い始めた物, 計画を, 訪ずれた, 設けて, 設けられたカイゼルウィルヘルム理科奨励会, 設けられて, 設け諸国, 試みられても, 詩作しなかつた, 誓ったの, 語りだして, 語頭には, 読み直しそうして, 誰かが, 調べ直して, 談林風の, 講員を, 變り, 買い込まにゃ, 赴任し, 起こらねば, 起すは, 起って, 起りし事実, 起るの, 起ろうと, 車騎将軍と, 輸入する, 農村を, 迎へ, 近代的な, 造った住居, 造られたという, 造り出されたさすが, 造営した, 連続する, 過去を, 適当の, 選ばれたの, 部類を, 酒内情多く, 金の, 錦繍の, 長崎水谷造船所の, 開いた道, 開けた処, 開場する, 開店し, 開拓する, 開版せられた, 附し移住漢民僅か, 降れる雪, 隠居し, 雇い入れた女中, 雇い入れること, 電気燈を, 電車が, 非人に, 非常時的宣言を, 鞭うたれる, 頓服薬の, 顔を, 飛んで, 飼われること, 養女と, 驚きの, 魏の, 鼻音の

▼ 新た~ (813, 29.8%)

6 生命を 5 興味を 4 ものを, 文化の, 時代に, 歴史の, 生活を

3 [13件] ものが, ヒューマニズムの, リアリズムの, 一つの, 感動を, 文化が, 方向を, 水源を, 発見を, 目標を, 興味で, 証拠を, 道を

2 [44件] のが, のを, ものに, ものは, より高い, 世界を, 予想し得ない, 人物の, 人間の, 価値に, 光が, 光の, 制度を, 力で, 勢を, 尊敬の, 希望の, 建設には, 形で, 心を以て, 性格が, 想念が, 意味で, 感情を, 感覚を, 文化を, 文学の, 方向へ, 時代が, 時代には, 時代の, 活動力を, 涙に, 生命が, 生活に, 発見と, 目的の, 美の, 花が, 薪と, 階級の, 面影を, 顔が, 鮮かな

1 [655件 抜粋] あらゆる学問, いろんなもの, お銚子, かたちで, ことも, すがた, そういう飢渇, その大きな愕, その幸福, つよい晴やか, といふ意味, ところである, むずかしさ, ものこの, もので, クラシック時代の, ソヴェトの, タイプを, プロレタリアの, リアリズムへの, リズムの, ロッチェの, 一と, 一件が, 一典型が, 一日それに, 一日の, 一時期に, 一種の, 一線を, 一部と, 三つの, 不安が, 不安な, 不自由を, 不運は, 世界が, 世界には, 世界へ, 世界主義の, 世界的文化気運を, 主人の, 主婦が, 主張とかは, 事件を, 事実が, 事実を, 事情の, 事態が, 事態という, 交遊が, 人を, 人数を, 人生を, 人造人間的視覚として, 人間なり, 人間に, 人間性を, 人間関係の, 人類である, 仕事が, 仕事の, 仕事場へ, 仮定を, 任務, 任務を, 伏兵には, 体制にな, 何物も, 作品ごとに, 作戦に, 使命を, 供給を, 便船を, 保護者と, 信仰の, 信念を, 借金も, 健かな, 傾向を, 光心の, 内乱が, 内容が, 内容の, 冒険においては, 冷さは, 出発を, 出発点である, 出発線を, 分解と, 分配によってのみ, 別の, 刺戟を, 刺戟脱皮が, 刺激を, 前途が, 創作方法を, 劇運動にとって, 力が, 力を, 加入者の, 努力が, 励みと, 勅令を, 勇気が, 化け物の, 北方または, 危険が, 危険に, 原因が, 原因と, 友情を, 反省を, 収容を, 取留めの, 可愛い女, 可能性が, 可能性と, 司権者として, 同情を, 同盟条約を, 吸血鬼事件も, 周期, 味方が, 命を, 命令を, 哄笑, 問題とも, 喪の, 噂の, 四十何人かと, 困難が, 困難さの, 困難や, 国境, 土地と, 土地に, 土地を, 地上を, 地球と, 境地が, 境涯に, 境遇ニンシンと, 墨色を, 外来の, 夜と, 大御代の, 天地が, 天皇と, 失望を, 契約が, 女中が, 好奇の, 好奇心が, 好奇心も, 姓を, 子を, 実感で, 客を, 宮居を, 家の, 家を, 容易ならざる, 小枝, 小袖の, 尼院生活に, 屈辱感が, 展開精神の, 工合悪, 工夫を, 巨き, 巨大な, 市人は, 希望を, 平和を, 平和形態は, 幸福に, 幻想が, 幼年時代だった, 広さ, 建築物の, 建設が, 建設へ, 弓絃の, 引掛りが, 強い力, 形を, 影が, 影響も, 役目を, 彼らの, 復興創造と, 心境が, 心境に, 心境を, 心理が, 心配が, 心配に, 忍耐力と, 快楽を, 思いが, 思惟新たな, 性格の, 性格文学である, 性質を, 恋愛が, 恋愛価値の, 恋愛論として, 恐怖では, 悔恨が, 患者の, 悦びを, 情報を, 情景が, 情況によ, 情熱を, 想念に, 意企や, 意志で, 意志と, 意識で, 愚である, 愚では, 愛, 愛の, 愛人は, 感動で, 感動をもって, 感激とを, 感覚に, 感覚新鮮さを, 感銘として, 慾感を, 懐疑が, 戦争によって, 戦場に, 戦慄とともに, 戦慄を, 打撃に, 技法を, 拒絶に, 指導的理論家としての, 掠奪遠征が, 採訪を, 探求を, 提供を, 提議を, 摩擦も, 政党だの, 故郷の, 敵を, 文化に, 文化への, 文化もしくは, 文学が, 文学として, 文学は, 文学発生の, 文芸が, 文芸それだけ, 文芸思潮の, 新市街計画, 新聞記事が, 方向に, 方向への, 方法も, 方策が, 日の, 日本再建を, 日程に, 旦那の, 明るい豊か, 星が, 時代は, 時代性として, 時局の, 暴力を, 有機体, 朝廷に, 未来を, 材料の, 材料を, 村を, 東洋文化の, 柵と, 株を, 検討探求に, 構想が, 構想の, 樹皮とが, 機械の, 次代の, 歓びを, 歓喜の, 歳を, 歴史を, 段階の, 段階を, 母は, 気分を, 気息を, 気持ちに, 決して私, 決意の, 決意を, 泉を, 法則であっ, 法則に, 波紋が, 注意を, 活動を, 活気と, 浮世絵の, 涙が, 涙こそ, 深い悲しみ, 深みを, 深刻な, 清い生活, 渓が, 演劇形式の, 激しさ, 炭を, 無礼に, 照明の, 独立的生活の, 王朝を, 玩具の, 瓶を, 生々と, 生命, 生命へ, 生成を, 生活が, 生活の, 生活態度を, 生涯が, 生涯に, 甲冑の, 申し込みを, 畠が, 病いは, 痛みを, 発動機などとともに, 発展力その, 発展的な, 発見が, 発足に, 皺が, 目ざめを, 盲人組織を, 省察を, 真実な, 眼で, 瞬間に, 知識を, 研究問題と, 砲弾が, 破壊には, 破滅だった, 確信を, 社の, 社会の, 社会主義的リアリズムの, 社会事情の, 社会的, 社会的な, 社会的関心を, 社會組織が, 祈りが, 神観の, 私小説の, 私小説は, 秩序が, 秩序を, 称賛と, 稲子さんの, 積極的な, 空想を, 空虚を, 立場に, 立場の, 笑いの, 精神的, 精神的蓄積が, 糸を, 組を, 絆を, 経営者から, 経験すなわち, 経験は, 結びつきであった, 結晶軸を, 緊張を, 美が, 美しさ, 美徳を, 群衆に, 義務を, 考が, 考へを, 考察を, 考案方法を, 者らも, 耕作でも, 職を, 脅迫状が, 腹立ちが, 自己が, 自然を, 自然人の, 自由の, 自覚への, 興を, 興味が, 花園が, 芸術の, 芸術創造の, 芽生えの, 若い蔓, 苦しみの, 苦汁と, 蕾が, 薪の, 薪束を, 血で, 行動などの, 行動や, 衝動を, 被害, 裏切りを, 要素が, 要素を, 視野が, 親しみ深, 角度から, 解説たとえば, 言葉が, 言葉新たな, 計画を, 試みの, 誅求に, 認識で, 認識は, 誕生を, 誘因が, 読経が, 課題として, 調査機関が, 讃美と, 讃辞を, 財力の, 責任が, 貸借契約を, 資本が, 起伏を, 起債が, 路を, 軍命を, 転向とは, 農田は, 追慕と, 追憶と, 途が, 通路が, 運動の, 運命だつた, 道への, 違算を, 郡県の, 部類を, 都市の, 配合を, 鉄砲が, 長い地獄, 長官の, 関心を, 陣容を, 階級として, 障害を, 面からの, 面への, 面を, 面白味を, 革命的内容を, 革命運動の, 項目たる, 領土の, 領土を, 風韻とも, 養分を, 騒ぎが, 驚きに, 驚きを, 驚きを以て, 驚嘆を, 驚異の, 骨格を, 魅力を, 3の

▼ 新たなる~ (278, 10.2%)

4 ものが

2 [16件] が如き, の日, ものあり, ものを, 天地が, 存在を, 形式を, 征服者が, 性格を, 意味を, 意義を, 戦いの, 渇仰の, 環境と, 生命を, 立脚地に

1 [242件] お部屋様, かつ困難, こ, ことが, ことである, ことと, ころ, ころ實の, しかも大変, ところで, に依っ, は益, ものに, ものの, より善き, を加, を欣, を覚, を覚え, を覚えた, を覚ゆ, を覺ゆ, ロマンチツクの, 一つの, 一曲を, 一段の, 一矢弦より, 下宿屋に, 不滿足, 世に, 世紀の, 中心より, 主張を, 主體性, 乃至一層, 事こそ, 事情の, 事業であり, 二葉の, 交はりが, 交渉には, 人間が, 仏法信仰の, 他者と, 企てによって, 作法の, 使徒である, 側面から, 先存事件を, 共同への, 内容と, 内容を, 冊子に, 凄慄, 凶の, 出処に, 制度および, 創痍を, 力として, 力は, 努力への, 勇気と, 匡正に, 危険が, 収入の, 台座を, 同情が, 周期, 呼び名を, 問題が, 啓示が, 喜び, 喜び己が, 国民文学建設を, 土地を, 地に, 境涯に, 変化であった, 夢に, 大きい祈願, 大坂城門に, 大城に, 天の, 天孫氏伝説に, 契約を, 好奇心へ, 妻への, 姿と, 存在に, 存在へ, 実例を, 將來に, 對立に, 局面に, 展望から, 山は, 布あり, 希望として, 希求とに, 平衡を, 年と, 庵を, 建築物に対しては, 建設的指導理論を, 彩光を, 征服者という, 心境の, 心配が, 必要から, 忠実の, 忠實の, 快よ, 性命に, 性命を, 恐怖が, 恐怖は, 恩命慶賀すべき, 悔を, 悦び, 愕き, 愛の, 愛国心の, 愛情と, 感情が, 感歎の, 感謝の, 感銘を, 態度言ひ, 憎しみと, 憲法による, 我の, 戦列に, 所である, 捨札の, 政策で, 文学の, 文芸の, 方向づけを, 方面より, 日を, 日本である, 春夏の, 曙, 有を, 有能な, 朝顔を, 東京が, 栽培を, 標的が, 機会を, 歌に, 段階の, 気迫が, 永遠の, 燃料の, 爆発を, 物語もて, 犯罪について, 獲得で, 理想の, 環境に, 生命に, 生命の, 生活に, 生産物を, 生長を, 疑問の, 發相を, 目的物の, 直接的交渉に, 相手に, 眞理の, 真理探求の, 眼を, 瞳孔は, 知識を, 破壊力の, 社会を, 社會生活の, 移住者が, 種類の, 穀物を, 空間の, 立脚地, 立脚地から, 符号を通して, 第二, 答が, 精力を, 精神が, 素質が, 美しさ, 義務の, 耶馬台の, 聯關とを, 聲を, 職業の, 肯定を, 自我の, 自由通商主義の, 自白なり, 色彩とを, 色彩華やかなる, 芽が, 若宮今宮を, 苦しみを, 苦難を, 蟻の塔が, 血潮が, 衣服や, 覚りに, 親の, 解説が, 言葉が, 計画に, 記憶につれて, 詩は, 詩歌の, 語が, 語として, 課税が, 課税は, 調査とか, 貧窮の, 資料が, 趣味を, 遂にこの, 過去に, 道を, 部屋と, 長篇小説, 間食を, 雰囲気の, 霊の, 頁を, 領域においても, 題目を, 風景として, 驚きを, 魂を, 魅力を, 黒の

▼ 新た~ (12, 0.4%)

2 執筆で, 武裝を 1 わが祈願, 將帥缺かざれ, 悲哀汝の, 羽箭, 若き人, 草花生ぜしむ, 蜂蜜と, 跡に

▼ 新たなり~ (5, 0.2%)

1 であること, ということ, 山ぎはの線は, 我は, 流離の

▼ 新たならしめ~ (3, 0.1%)

1 たり, よ, 同時にまた

▼ 新たには~ (3, 0.1%)

2 いって 1 ぢけちる

▼ 新た~ (2, 0.1%)

1 あつた, 涙が

▼ 新たであり~ (2, 0.1%)

1 あるいは信仰, 而も

▼ 新たなら~ (2, 0.1%)

1 しむるため, しむるものにして

▼1* [26件]

新たしいをアタラシイ, 新たすること, 新たないけにへをく, 新たなりしより以来, 新たなるべきがその後怪獣, 新たなる償われの爲め, 新たなる思ひがけも, 新たなる滅びぬ自己の, 新たなる聴きように, 新たな云うに云われない, 新たな引っ込んだ角を, 新たな思ひがけぬ, 新たな憤りに手足, 新たな担いてとして立ち, 新たな落つかなさ焦燥, 新たな誤れる感情と, 新たな逃げる方法を, 新たな骨折りをかける, 新たにくふうされた, 新たにもすれば, 新たまりたること, 新たまり寺の御堂, 新たまるのを, 新たむるの道, 新たらしい配合を, 新たの御