青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「招待~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~押し 押し~ 抽象~ 拂~ ~拍子 拍子~ ~拔 拔~ 拘らず~ 拙者~
招待~
拝~ ~拭い 拭い~ ~拳 拳~ ~拵 拵~ ~拵え 拵え~ 拾~

「招待~」 1153, 12ppm, 9148位

▼ 招待~ (146, 12.7%)

8 てくれた 3 てその, て下さる, て晩餐会 2 たり自分, てくれる, てどら焼, てもらった, て宴, て御馳走, て来ない, て盛大, て講演

1 [111件] おやぢ自慢, たりそんな, たりなどし, たり一足飛び, て, てある, ていた, ている, ておいた, てお茶, てから懇意, てくれ, てこれ, てしまった, てそういう, てたのしい, ての特別マチネー, てひそか, てまるで, てもお断り, てもらう, ても嘆願, ても平に, てやる, てわし, てカンナ屑, てタゴール, てリセプション, てロレンソ, て一カ月, て一ヵ月間国賓, て一人宛, て一場, て一夕, て一日, て上等, て下さいました, て下された, て下戸上戸, て世界, て二十五円, て京都, て会食, て例, て内輪, て出来, て劇, て劇評, て労, て呉れ, て呉れる, て四谷芸妓, て大々的, て大会, て大盤振舞い, て夫人, て始め, て封切る, て小生, て就任, て式, て待ち受け, て御, て意地悪, て意見交換, て描かせ, て春, て時, て朝飯, て来た, て満足, て演劇観覧, て演説, て父, て特別席, て産業組合助長, て盛宴, て私のぶざま, て秋刀魚, て竹川, て紅茶, て絵, て芝居, て茶の湯会, て茶話会, て蓄音器, て見たい, て親戚, て詩人達, て身分不相応, て連れ, て遊ぶ, て酒, て長崎, て雨声会, て非常, て食事, て飲食, また会食, やうぢや, やうとも, アルコールランプで, 一二等船客の, 宴を, 御自分, 感謝慰労の, 新作の, 木曜会の, 王の, 禅僧が, 翁の

▼ 招待~ (111, 9.6%)

12 受けて 9 受けた 6 うけて 4 して 3 受けたの, 承諾した 2 ことわり切れずに, 受けたので, 受けた時, 拒絶した, 断わって, 断わるため

1 [62件] うけたとき, うけた英国公使館, うけても, うけました, うけまして, うけること, うんと切ったらしく, お受け, お受けいたしました, お受けする, かたじけのう, ことわって, ごまんと, すませると, するが, するなんて, むしろ喜ばれるだろう, もらうの, よろこんで, 三度断わりました, 伝えた, 利用した, 受くる, 受けさっそく, 受けその, 受けたけれども, 受けたこと, 受けたという, 受けたもの, 受けたり, 受けたん, 受けた事, 受けた荘太玄, 受けても, 受けてるの, 受けてるん, 受けました, 受けられること, 受けること, 受けるという, 受けるよう, 受ける理由, 受ける資格, 受け主客五人, 受け十月, 受け格別, 各地へ, 平気で, 得て, 心から感謝, 承諾し始めた, 持ち込んで, 断った, 断ったり, 斷わ, 時の, 発した, 致しますから, 致し重陽, 許した者, 辞退でも, 迷惑に

▼ 招待~ (95, 8.2%)

7 が来 3 であった, を出し 2 が参りました, が届いた, が来た, なの, にもちょっと, をもらっ, を出した, を持つ, を貰う, を送っ

1 [62件] があります, が二枚, が入ってた, が屆, が届い, が廻っ, が廻つて, が配達, だ, だけは出しました, だの, だよ, でありこれ, では彼, で梅原, で見た, とを貰つて, などの来る, などを一々, の文章, の書式, の翻訳, はなかっ, は出した, は千通発送, は来た, は来ました, よ, をある, をくれ, をくれた, をこちら, をだし, をつけられ, をもっ, を一読, を下宿, を出しました, を出す, を受けとっ, を受取った, を受取り, を受附, を屑籠, を差上げます, を引き, を持たせ, を書い, を書く, を発したら, を発する, を船客名簿, を見せた, を見る, を認, を貰った, を貰つて, を贈来りし, を送った, を頂いた, を食卓, 来り板垣伯

▼ 招待~ (74, 6.4%)

4 木屋町の 3 築地の 2 アラスカへ, 北の, 座員十名ばかり, 支那料理を

1 [59件] かもめといふ, かもめへ, すっぽん, ちもと, アラスカだ, アラスカで, セイヨー軒といふ, ハマムラの, 一同ぼ, 一時半に, 中村家へ, 中洲の, 丸の内の, 京都松その, 今晩あたり松島の, 何を, 午後から, 即ち, 又のんだ, 大きなホテル, 女優連と, 家庭劇見物十吾, 小尾悦太郎, 山王ホテルへ, 市丸, 座員二十名ばかり, 座員十数名心斉橋の, 座員大ぜ, 座員数名連れ, 弥生へ, 得月へ, 徳山と, 或洋食店, 房田中へ, 新橋繩手の, 新町の, 晩餐会が, 曽根の, 東袋町の, 松その, 柳橋へ, 正午本町の, 此う, 清水小路の, 満月にて, 烏森の, 琵琶湖行き, 神楽坂の, 私たちは, 行かうと, 行く, 赤坂三島へ, 赤坂春香亭へ, 金楽へ, 長良ホテルという, 頂きサアビス, 顔見世を, 鵜飼に, 鶴家へ

▼ 招待され~ (70, 6.1%)

7 ている 4 ていた 2 たりする, てゐる, て行く, て行っ, 彼は

1 [49件] そうな, たりした, て, てい, ていなかった, ていました, ていらっしゃらなけれ, てごちそう, てその, てもう, てもそれ, てニコ, てモスコー, て一堂, て上京, て上野, て何時も, て先生, て列席, て参りました, て大, て大きな, て宿直室, て庭園, て彼, て徃訪, て晩餐, て晴れ, て来, て来た, て演説, て珍奇, て皆, て祇園, て練習, て行, て訪問, て買収, て鴨猟, もしない, ベーカー夫人と, 土人独特の, 大層歓待, 新町の, 明け方帰っ, 母上, 滞留両, 花馬車競技の, 集英楼の

▼ 招待する~ (67, 5.8%)

5 ことに 4 ことを 3 のは, んだ 2 という, というの, のを, の慣例, 場合に

1 [42件] いそがしい会合, か, からし, からその, からね見, がきょう, し他, ため使いに, という風習, といった彼, といふ, とかその, とか有意義, ときには, ところだった, ところまで, とは云わない, と云う, なんて, なんてめずらしい, に店員, のかと, のが, のだ, のだろう, ので, のである, のに, の權利, ものだ, ような, 事に, 位よく, 夜会には, 尋でに, 席へ, 折よく, 時の, 機会を, 無論それ, 筈は, 饗宴が

▼ 招待~ (64, 5.6%)

3 手紙が 2 ことを, 日を, 言葉を

1 [55件] お礼に, ことが, さまが, しかたが, ために, 一夜には, 中州富久井筒へ, 二件だ, 使者に, 信箋が, 切符を, 劇評家を, 多いの, 始めなり, 実験にも, 客という, 宴席に, 席こそ, 席で, 席へ, 席を, 帰りには, 御礼を, 意味を, 慰問ショウを, 手筈の, 控えが, 日が, 日と, 日取りを, 時間が, 晩餐に, 最中に, 桟敷から, 桟敷などへ, 正式の, 特別マチネー客席まっ白, 状来れり, 用意は, 直接の, 相伴を, 礼に, 礼儀が, 礼状や, 競争が, 紋服を, 芝居見物, 見物という, 言葉が, 言葉だらう, 話を, 貸切で, 辞を, 返礼に, 電話を

▼ 招待された~ (60, 5.2%)

3 ことが, 人々は, 客は 2 ので再び, のは

1 [47件] お客様が, が, がスケデュール, が来られなかった, が科学者, ことは, ことへの, この冬, すべての, ときその, ときたった, とき婦人民主クラブが, のか, ので, のであった, のであります, のである, のです, ので出かける, ので見所, のにつれ, のを, ばかりでなく, ものに, ものは, よい酒, ようでも, ような, 丈け, 事について, 人や, 作家たちの, 初夏の, 国際的作家マクシム・ゴーリキイである, 好機を, 客じゃ, 日本人たちが, 時な, 時などは, 時プッチーニは, 時ホテルまで, 時以外お前の, 晩餐について, 會合が, 蒲地左衛門, 際彼金子鋭, 顕官の

▼ 招待~ (59, 5.1%)

9 応じて 4 応ずること 3 応じた 2 ウンザリした, 応じなかった, 応ずる事

1 [37件] あがりました, あずかった, あずかったの, あずかった一人, あずかりたいもん, おもむいた, して, ひどく恐悦, やって来た, ゆく使い, 事寄せて, 出る, 同行を, 応じたか, 応じたという, 応じたの, 応じたので, 応じたホーテンス, 応じなかったピガフェッタ, 応じようと, 応じるなんて, 応ずると, 応ずれば, 応ぜざりしは, 應じなけれ, 接しわたし, 日も, 暮れた, 欠けたが, 洩れること, 甘える, 與かった, 行くん, 行ったが, 赴くので, 預って, 預り出席

▼ 招待した~ (58, 5.0%)

3 のであった, のである 2 ことが, のは, 誰か

1 [46件] あの晩, ある宗教家, お客では, お客の, お客様です, がその, がピサロ, が遠慮, こと, ことを, さいに, ために, といふん, とかこういう, とかで, とか言った, ときペルリ側主, とき私は, のだ, のだった, のであ, のでその, のでそれだけ, ので顔, のも, もので, ものである, よい酒宴, んだ, 事も, 先客多数が, 場合に, 夕霧の, 婦人の, 客は, 宴会は, 当人が, 或る, 料簡さえ, 方からは, 時, 観劇会の, 記者二人を, 訳である, 赤坂ま, 饗応ぶりにも

▼ 招待~ (25, 2.2%)

1 [25件] が来る, だ, だが, だったさ, であった, であったから, であるから, であること, でポタアジュ, で自分, にはどうにか, にわたし, に父, に紋付, に行つた画家, の印象, の廊下, の当日, の朝, の見物, は三月二日, までに間に合わせたかった, もこれ, を想い出させた, 第一日

▼ 招待~ (23, 2.0%)

2 を貰

1 [21件] がある, で行った, なるもの, につき, には明記, の二三枚, の御, の発送, は来, は首尾, も大分, をくれた, をもらいました, をやつ, をわざわざ, を二枚, を後生大事, を押し戻し, を持っ, を撒い, を送った

▼ 招待~ (20, 1.7%)

3 あった

1 [17件] あったので, あったんで, あって, あつた, ありますのでね, あるから, あるん, 來てる, 多いらしい, 来た, 来た国際的, 来て, 来ないの, 来ましたから, 発せられたが, 突然来た, 連夜の

▼ 招待~ (20, 1.7%)

2 を催した

1 [18件] あの騒動, から帰っ, があります, で来客, で電燈, といふ気, とかで, とを開いた, について相談, には出られました, に追いかけられ, に連れ, の席上, の行われた, はこの, をする, を見た, を開い

▼ 招待~ (15, 1.3%)

1 [15件] いろんな趣向, きっと河内さんたち, ただ電話, なるほど一馬, よく考えた, 卓一にと, 受けないこと, 変る事, 断るなどと, 東洋の, 無論極く, 相手の, 私にとって, 茶寮の, 降るが

▼ 招待したい~ (14, 1.2%)

2 という, と思う 1 からと云う, から住所, から来, というとる, と使い, と思います, と思つて, のであった, のです, ものだ

▼ 招待される~ (11, 1.0%)

2 ことに 1 ありがたう, お客側は, とつい, にきまっ, わけに, 暮羊君から, 有難さ, 理由が, 苦しさ

▼ 招待せられ~ (10, 0.9%)

2 て講演 1 ていっ, てね, て往つたの, て食べたくない, または無類, わが輩も, 席上諸氏の, 翌日は

▼ 招待には~ (9, 0.8%)

2 よろこんで 1 いろいろの, 吃驚させる, 応じられまいと, 応じ得ぬ理由, 招待の, 棟梁も, 身体は

▼ 招待します~ (8, 0.7%)

2 よ, わ 1 がみんな, って, つて, 是非連れ

▼ 招待~ (8, 0.7%)

31 のだ, のである, のでよく, ので十二時, んです

▼ 招待しよう~ (7, 0.6%)

1 というの, というわけ, という寸法, とおもむく, と云つたの, と申し, と考えた

▼ 招待~ (7, 0.6%)

1 からお, からよかっ, から今日, から千秋楽, が, といふ, とも知れぬ

▼ 招待~ (5, 0.4%)

1 いっても, そこらの, リセプションとが, 云うこと, 訪問その

▼ 招待~ (5, 0.4%)

1 から足踏み, の天幕, の桟敷, はへん, は二階正面

▼ 招待せられた~ (4, 0.3%)

1 のである, 事が, 時そこで, 時同

▼ 招待によって~ (4, 0.3%)

1 この位, 日本音楽講談その他を, 艇を, 観覧の

▼ 招待されなかった~ (3, 0.3%)

2 消防組長の 1 が我々

▼ 招待とか~ (3, 0.3%)

1 でつまらぬ話, 送別とかいう, 送別とかいふ

▼ 招待~ (3, 0.3%)

1 されずただ, ポアイエ夫人から, 出て

▼ 招待~ (2, 0.2%)

2 何かで

▼ 招待されない~ (2, 0.2%)

1 のが, のよ

▼ 招待されまし~ (2, 0.2%)

1 ていろいろ, てつい

▼ 招待しない~ (2, 0.2%)

1 ではおかなかった, のも

▼ 招待しなけれ~ (2, 0.2%)

1 ばならない, ばならん

▼ 招待すれ~ (2, 0.2%)

1 ばいい, ば此方

▼ 招待だった~ (2, 0.2%)

1 か, のです

▼ 招待でも~ (2, 0.2%)

1 せられると, 致しました時

▼ 招待という~ (2, 0.2%)

1 ことで, ものは

▼ 招待にて~ (2, 0.2%)

1 南座顔見世興行を, 秀と共に

▼ 招待にも~ (2, 0.2%)

1 大威張り, 必らず応じ

▼ 招待により~ (2, 0.2%)

1 斎藤総領事八木船長および, 著名なる

▼ 招待やら~ (2, 0.2%)

1 で大, 驩迎やらに

▼ 招待~ (2, 0.2%)

2 て門前寺

▼ 招待マチネー~ (2, 0.2%)

1 だ, と静岡大火

▼ 招待日みたい~ (2, 0.2%)

2

▼ 招待~ (2, 0.2%)

1 にぬぎすて, にほほえん

▼ 招待~ (2, 0.2%)

1 ともなった, の名前

▼ 招待致し~ (2, 0.2%)

1 候節も, 屏風を

▼1* [107件]

招待つて, 招待あそばされたのであった, 招待あって行く, 招待あり十二時半頃起き, 招待あんまり嬉しくない, 招待いたしたいという, 招待いつもの木屋町中村, 招待いらっしゃることに, 招待きしたらいかが, 招待こそ受けないが, 招待これはどうも, 招待さえして, 招待さした策源地は, 招待させていただく, 招待されずに口惜し, 招待されたらてっきりそこ, 招待されたるマネキン嬢である, 招待されてるんです, 招待したらどうか, 招待してるのでかけつける, 招待しなほすよ, 招待しなくてはと思った, 招待しまして彼, 招待しろと云, 招待すべき資力なし, 招待する酔うて出かけた, 招待ずくめで心身, 招待せられない婦人として, 招待せられ出かけて来た, 招待やない, 招待であった事なども, 招待でうづめてある, 招待できるものなら, 招待ですから義理, 招待といふ団体の, 招待として手順よく, 招待とは言っても, 招待などがやってきた, 招待などに軽々しく応じない, 招待なんて凡そ野暮, 招待について考えて, 招待ばれて来た, 招待ほどわたしを, 招待なかつをと, 招待まことにありがたく云々, 招待みたいてんでいけない, 招待やむを得ず行われるらしい, 招待をも承諾しなかった, 招待だんで, 招待んでご馳走した, 招待ウイ大いに飲み, 招待オイランのお, 招待キップは使わなかった, 招待ハマムラ冷房の支那料理, 招待三百あり, 招待下さったので私, 招待下されば何, 招待且御厚遇被下候儀, 招待の役人, 招待二十九日は静岡大火同情マチネー, 招待五人ばかりで, 招待京極と築地, 招待仕りささやかなる, 招待仕る方双方の, 招待以外は男, 招待会首に鎖, 招待によってすき, 招待の邦人, 招待切符位のもの, 招待券二枚置いて, 招待券確かに受け取りました, 招待半分らしくちっとも, 招待大阪へ出る, 招待天ぷらを食, 招待始まって以来, 招待客席で御, 招待が張られた, 招待というの, 招待展評に曰く, 招待川口松太郎と三益同席, 招待座員三十何名いつも実によく, 招待の様, 招待彼処の宴会, 招待批評はひとつ, 招待料理はま, 招待時間に一時間, 招待母上と三人, 招待の永年, 招待沢山出てるらしいが, 招待状注意書き小犬などでした, 招待状英国風の朝飯, 招待申して叱られた, 招待申し上げて花見, 招待申し上げたのであった, 招待申上候御報謝, 招待はやまなかった, 招待的挑発的な姿態, 招待近頃の, 招待四日は, 招待自動車で宝塚, 招待致しましたからそこ, 招待招待癖は, 招待見物に出かけ, 招待谷幹の斡旋, 招待赤坂の三島, 招待は亀齢, 招待は東宝グリル