青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感ずる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~感じ 感じ~ ~感じた 感じた~ ~感じない ~感じられた ~感じられる ~感じる 感じる~ ~感ずる
感ずる~
感傷~ ~感動 感動~ ~感心 感心~ ~感情 感情~ ~感想 感想~ ~感激

「感ずる~」 3172, 31ppm, 3717位

▼ 感ずる~ (592, 18.7%)

136 である 41 であった 3332 だった 23 です 22 でした 16 であります 11 であるが 10 はこの 8 であろう, では 6 だが, はその 5 が常 4 であろうか, は決して 3 だから, であるから, はかう, はすなわち, は私, は自分

2 [26件] が人情, だったが, だつた, であったが, でありました, でありますが, ですが, です僕, でも, はあらゆる, は万一, は人間, は何, は何等, は君, は吾人, は山, は彼, は必, は必ずしも, は時々, は此時, は無理, は畢竟, は貧乏人, を何

1 [157件] かほとんど, かもしれなかつた, かも知れない, かも知れぬ, か伝播, がいつわりで, がいよ, がお玉, がこの, がセンティメンタリズム, が事実, が今, が例, が幸福, が庸三, が当然, が急流, が死後, が狭斜, が癖, が私, が自利的, が自然, が苦し, さ, だそう, だつたら僕, だと, だという, だなと, だらうかと, だらうね, だろうと, だろうね, であって, でありましょうが, でありますから, であるけれど, である客, であろうと, であろう儒者ふう, でございますから, とそれ, と似, には彼女, には種々, に似, に反し, に赤裸々, はある, はいかなる, はいけない, はうれしい, はおそらく, はただ, はどういう, はどうして, はどの, はなに, はなんと, はまだ, はもちろん, はやはり, はわれ, はわれら, はわれわれ, は一つ, は一人きり, は一番先, は一転, は一體, は不思議, は事実, は人, は今, は他, は何人, は何故, は働き, は元日, は全く, は初めて, は前, は単に, は大体, は女, は如何に, は如斯塲合, は始め, は始めて, は子供, は帝国館, は常識, は役者, は従姉, は恐らく, は慰め, は新茶, は日本人, は春, は樹木, は此, は清朝, は湖岸, は玉垣, は當然, は眼, は瞬間, は知れき, は知力, は空気, は第, は緑萼梅, は老人, は胃袋, は臥蓐, は自分以外, は自己, は自然, は萬一自分, は誇張, は誰, は適当, は阿賀妻, は電燈世界, ままに, も, もいくら, もこの, もこれ, もやはり, も一つ, も事実, も実は, も無理, も照射, も酔い, をどう, を不思議, を喜んだ, を常, を恐れる, を抑える, を時として, を自ら訳, を雄吉, 余り今更, 余り昂奮し, 喜びでありました, 境遇に, 多少に, 徒は, 情緒勃発し来り, 時を, 理なかるべし, 結果その, 隙が

▼ 感ずること~ (442, 13.9%)

27 がある 18 ができる 16 が出来た 14 ができた 12 が出来る 11 が出 8 の出来る 7 があった, ができない, ができなかった, が出来ない, なしに 6 である 5 ができ, のできない, はない, もあった, もある 4 があります, がない, が出来なかった, は, は出 3 あり, のない, の出来ない, はできた, もない, を禁じ得ない

2 [23件] が, があつ, がしばしば, がよく, が出来よう, が多, が烈しく, です, では, なくし, になっ, によって自己, の出, はその, はできない, はなかっ, は事実, は出来, は大, は昔, は無い, も事実, 深きが

1 [186件] あた, あるは, あるも, あれども, いっそう切, かもしれない, からだ, からはつ, から涙ぐむ, から駿介, があるらしい, がいくぶん, がたびたび, ができなく, ができました, ができるだろう, ができるであろう, がより, が不, が今, が出来なくなる, が出来ました, が出来ます, が出来ませんでした, が即ち, が多い, が多かっ, が多く, が少く, が少ない, が少なかっ, が強い, が普通, が最も, が楽しく, が鈍い, こよなく深きわざ, さえあった, さえありました, さえできなかった, さえできなくなった, だ, だったが, だつた, だろう, であった, であつ, であらう, であります, であるが, であろう, であろうが, ですが, でも, で何人, で心, で自分, と情ない, と自分, と造る, なかるべし, なきか, なきに, なきの, なく, なくその, なくそれ等, なく一生, なく単なる, なく單, なく最後, なしには, なの, なるが, なれば, によってこの, によって生れる, によって自ら, によつて明白, に外, に違い, のあまり新鮮, のある, のうれし, のできる, の実際, の方, はあつ, はありません, はある, はきわめて, はこの, はそういう, はそこ, はたしか, はたしかに, はできないでしょう, はできなかった, はできぬ, はできます, はできませんでした, はないだろう, はなかつた, はみなこれ, はもしも, はよく, はバス, は人, は人間, は今, は今日, は伝統的, は出来る, は堪らない, は大抵, は少し, は少ない, は少なかっ, は屋内, は己, は彼ら, は彼女, は我国, は支那, は日本, は日蓮聖人以後, は映画, は最も, は歌詞, は段々, は決して, は浅ましい, は確か, は私, は私たち, は軈て, は難い, ばかりだった, ばかりを知つて, もあつ, もありましょう, もあるでしょう, もあれ, もしばしば, もたびたび, もできない, もできる, もできるであろう, も出来ない, も出来るであろう, も多い, も急, も案外, も無, も科学, も稀, も薄く, よの常, をことごとく, を二倍, を免れない, を得た, を得ない, を得べし, を欲, を止めなけれ, を正直, を知つて, を知らざる, を言わなけれ, を述べよ, 即ち人, 多きもの, 少いの, 少からず, 少きを, 常に超え, 既に久しい, 最も切, 深からず, 深くし, 甚だしいので, 益々切に発奮, 美しい偶像, 薄し故に, 頻りに

▼ 感ずるよう~ (180, 5.7%)

53 になった 11 になっ 8 なこと 7 になり, になりました 4 な事, な気 3 な人, になる, に思った, に成った 2 な一種, な人間, な女, な心地, な心持, な恐ろしい, な時, な点, に, に思う

1 [54件] だ, だったらそう, であった, では, な冷たい, な喜び, な場合, な大, な子供, な形, な日, な機会, な気色, な深い深い, な眼, な純, な純粋, な素振り, な結果, な羞恥, な衝動, な足取り, な軟弱, な軽々しい, な速, な運命的, な重苦しい, にきびしく烈しく, にさえ思った, にした, にちょうど, にと, にどぎまぎ, になつ, になりたい, になりはじめ, になれ, にもなる, にわが, に事情, に他人, に倦怠, に外洋, に居ずまい, に当惑, に彼, に思っ, に思われる, に掌, に毎日眼, に真実, に脚本, に見えた, に非常

▼ 感ずる~ (159, 5.0%)

4 いふこと, 彼は 3 云ふ

2 [11件] いうよりも, する, すれば, だしぬけに, 云ふこ, 八五郎も, 口火を, 同時に, 同時に彼, 彼女は, 私は

1 [126件] あわてて, いうくらい, いうので, いうまま, いふ, いふので, おもむろに弱った, お君, かの女, す, すぐに, そこから, そつと, その穏やか, その粒々, その輪, それまでの, それを, でも言ふん, どうしても殺す, なんとなく涙ぐん, にわかに生, はっと我, ひたと底, また出かけた, やむない宇佐美家, より言いよう, わたくしは, わたしが, わたしの, エザウを, クワッと, フツと, モヂモヂし始めた, 一寸胸, 一層母, 不意に, 云うこと, 云う方, 云う理由, 今までの, 伴に, 何か, 何がなし心, 余りに漠然知覚, 共にその, 凝つとしては, 努力すれ, 却って尻, 同じよう, 同一の, 同時にあいつ, 同時にあるじ, 同時にこの, 同時にその, 同時にまだほんとう, 同時にナオミ, 同時にマテイス, 同時に出羽守, 同時に又, 同時に尚, 同時に弟, 同時に昔, 同時に更に進む, 同時に生涯日の目, 同時に畜生, 同時に突き放された, 同時に竿先, 同時に軽い, 同時に限り, 同様に, 同等もしくは, 周囲が, 周章てて, 地主は, 坂田は, 声にも, 妙に, 字の, 少しでも, 尾を, 屡々思, 山田は, 平次の, 当時博学者として, 彼女の, 忽ち胸, 思はず無, 思はれは, 恐怖と, 息が, 悲しくは, 感ぜざるとの, 態, 慌てて, 挑戦する, 断らないにも, 早速私, 気絶や, 獨り, 申しましても, 申すなり, 直ぐに, 秀子は, 突然競馬馬, 等しく自然自体, 等しければ, 綾麿の, 義雄は, 自分の, 虚栄心は, 見えて, 言ってるん, 言つたのは, 言ふ, 警鐘を, 身を, 運動と, 酔つた紛れには, 阿賀妻の, 雪江は, 電灯の, 頭から, 頭を, 顔色から, 食って

▼ 感ずるもの~ (133, 4.2%)

33 である 74 です, はない

2 [11件] あるやも, があった, だと, であるが, では, と見え, なの, なり, はただ, は無い, を

1 [63件] あれば, かどう, かも知れない, が, がある, が厳密, が増加, じゃない, だから, だという, だらうか, であって, であります, であるか, であんな, でその, でも, で吾, で恋, としてである, とである, とは本質的, とみえる, なる事, には古い, に候, に候え, のご, のなか, のよう, の一人, の多く, の如く, の様, は, はすべて, はその, はその同じ, はなかっ, はほか, はほのか, はまじめ, は他, は僕一人, は友愛, は各自, は外界, は大抵, は寂し, は徳川末期, は怪音, は氣體, は結局, は胃の腑, は高貴, まさに青年, もあり, もある, もなかろう, らしかった, を挙, 必ずしも乙, 悉くが

▼ 感ずるところ~ (89, 2.8%)

9 あって 5 があっ 4 ありて 3 あり, があった 2 なり, のもの, 多し

1 [59件] ありその後一転, あり京都, あり如何, あると, あるらしく僕, からその, から五条, から今昔, から劇, から幾分, から起こる, から起った, があったらしい, があつ, がありまし, が一字一行, が多かっ, が間違っ, この精神充満, だね, であった, でございます, ではない, で僕, という, となる, ないわけ, なく知る, において初めて, にてゼントゥッカ, に出発, に彫刻, に従って差支, に海, のロマネスク, の人, の反対, の彼ら, はありません, はここ, はそれだけ, は唯, は歌, は道徳, へ明日, もほとんど, もよろしく, も得る, をそのまま, をはっきり, を一応, を書き, を書きたい, を直截, を見る, を詠んだ, を誌, を述べ, を述べよ

▼ 感ずる~ (78, 2.5%)

4 がある 3 あり, が出来, が出来た, が出来る 2 があった, があつ, が出来ず, の出来る

1 [54件] あるべけれど, がしばしば, がたびたび, ができた, ができない, ができなかつた, ができる, がない, が出来たら, が出来なく, が出来ます, が多い, が多かっ, が度々, が強い, が比較的, さえやくざ, だらう, であつ, である, と而, なく十時間, なく千数百年来それ, なぞも非常, になった, になる, によつて, に不, の出来なく, はその, はできない, はない, はなるべく, はめったに, は事実, は出来ない, は出来ないであろう, は多い, は如何, は如何に, は始, は成るべく, は支倉, は此等, は無くなり, もありました, もあるらしかった, も多けれ, も少なく, も早, も早い, も有, 深し, 益々深き

▼ 感ずる~ (63, 2.0%)

8 違いない 4 至ったの 3 至れり 2 しても, ちが, ちがいない, 由りて, 至る, 至るの

1 [36件] あらず, あらずや, あらず目, いたった, いたる眞理, かかわらず自身, つけて, まず灯台, 何の, 余あり, 余りあり, 余りに鋭敏, 到った, 到り更に, 及びては, 反し国芳, 堪へたるもの, 從つて段々, 於ては, 止まるという, 相違あるまい, 相違ない, 至ったから, 至って, 至らずして, 至らなかったらまた, 至りました, 至り今, 至る好例, 至る実感, 過ぎずポツジヨ, 過ぎなかった, 違ひない, 鈍きわれわれ, 非ざれ, 餘りあり

▼ 感ずるやう~ (56, 1.8%)

18 になつ 4 になり 3 にな 2 なもの, な微風, になる

1 [25件] である, なあと味, なのに, な事, な其様, な底, な心もち, な恐ろしい, な手答, な日, な気持, な物, な石, な羞恥, にこの, にし, になりました, になれり, に世界, に倦怠, に変, に成つた, に繁, に覚える, に言

▼ 感ずるので~ (42, 1.3%)

27 あつた 2 屡団扇

1 [13件] これらの, また行く, よく人, 之に, 光が, 又行く, 宅守は, 有らうと, 狭苦しい寝台, 申し合, 疲らされて, 自分は, 連れて

▼ 感ずる~ (40, 1.3%)

3 早いか 2 これも, 故なるべし

1 [33件] いいもの, うなぎ小形の, かう云, この二人, この真剣, これは, ごときを, ごとき場合, しかしそれ, その恋, それと, それとも何, それ以上高く, ゆえにもし, ユマニテには, 凡ゆる, 劣って, 夜は, 如きなり斯, 如きも, 如きもの, 幕の, 性来珍らし, 故に, 故にその, 故にのみ, 故に愛する, 故に睥睨, 断る, 目を, 空気の, 自分が, 自然界の

▼ 感ずるから~ (39, 1.2%)

11 である 63 です 2 であった, であります

1 [15件] だった, だと, ついでを, である福田氏, であろう, なの, なのでは, なんだ, よくわかる, 世の中の, 今見た, 偉大な, 凡てを, 後脚, 直ぐに

▼ 感ずるという~ (36, 1.1%)

7 のは 2 ことが, ような, 風に

1 [23件] ことでなけれ, ことなく, ことに, ことも, さらに大きな, しね善い, そういう一種特別, のも, ふうで, ふうに, ように, 事実, 人々の, 人を, 意味の, 新な, 気持ちは, 程で, 程度でしか, 興味ある, 話であった, 話である, 調子に

▼ 感ずる~ (36, 1.1%)

2 あるに, があっ, なり, なる可

1 [28件] あつて昼食, あり, ありけん漸く, ありてなりと, ありと, あり先生, あり奮然書, があった, がある, であった, では自分, で幸, と相反, なく知る, なし, なしという, なりしと, にし, に差別, に有, のもの, の事, は悉く, は昔, をもっ, を以て之, を何, 斯くの

▼ 感ずるばかり~ (35, 1.1%)

7 である 5 だった 3 だ, だつた 2 であった

1 [15件] だ病気, であつ, です, でとても, でなかった, でなく中, でなく恩人, でなく時々, でなく節子, では, で其樣, で少し, で彼, 旨, 血を

▼ 感ずると共に~ (34, 1.1%)

2 各自の, 喉が

1 [30件] かくも, とうていこの, またその, 一方では, 人間の, 余の, 便利な, 俺は, 其の痲痺, 卯平を, 又一方, 失望の, 度胸を, 得ならぬ芳香, 心の, 忽ち回想, 支へる, 此の, 淫売婦と, 無恥と, 父の, 犠牲者並に, 男である, 直に市邑村落, 耳を, 腹部が, 誇りに, 道具を, 酔ふも, 魚釣りや

▼ 感ずるほど~ (34, 1.1%)

2 貞節に

1 [32件] うら悲しいもの, そしてそれ, そちらが, それほど深刻, それほど甘い, だ, だった, であった, であったが, です, でも, なり, な余裕, ますます彼, ますます用心, ストーンパインを, 両脚が, 何かしら云ひ, 密に, 彼は, 後足を, 微細な, 掘り上げること, 有頂天に, 漸く静止, 漸く靜止, 私の, 美緒の, 自分の, 自分は, 花やかに, 苦悩を

▼ 感ずる~ (29, 0.9%)

2 とそれア違, と恁, に, は爽快

1 [21件] いつたい人間, がある, こそ麻痺, その持ち, だと, でこの, とアインスタイン, においてである, にはいつも, にはもはや, には心平さん, には抽象, のよう, の女らしい, の彼, の長短, はつまり, はとても, ますます強烈, もある, 感ずる対象

▼ 感ずるだけ~ (28, 0.9%)

3 である 2 であった, でした, で決して

1 [19件] だ, だった, だつた, であって, であります, であるが, であるやう, であろう, でさ, です, でなく實際, でなぜ, では, でふらり, で実際, で必ずしも, で方向, なの, 取立てて

▼ 感ずる~ (27, 0.9%)

3 がある

1 [24件] および作物, がありましょう, がその, が出, が国民, が幾何, である, でなければ, とそれ程, なり解釈, には仏法領, によって満たされるであろう, の種類, はきっと, はもちろん, は世間, は今日, は割合, は又, は常に, は滅多, は真, は紅塵十丈, は貧苦

▼ 感ずるのみ~ (25, 0.8%)

5 である 3 だった 2 であった, であるが, ならず実にまた, ならず骨董 1 であ, であつ, でその, でなく孰, で他, で取越苦労, で私, ならずこれ, 以上の

▼ 感ずる~ (25, 0.8%)

3 はない 2 である, なり

1 [18件] ありて, があるだろう, がそこ, が永遠, さえあろう, であらん, としてユマニテ, にあらざる, にし, に非, はより寧ろ, は同時に, は実に, は時として極めて, は足利時代, もあるであろう, をし, 多かりし

▼ 感ずる~ (22, 0.7%)

2 でした, では, 呑みほしたの

1 [16件] そんな無意味, であった, である, である故, な悪い, に日曜以外, の優し, の年頃, の強, の熱情, の自然, の高, また一方, 忙しくなる, 涼しい, 深く他人

▼ 感ずる~ (17, 0.5%)

3 はまた

1 [14件] からで, そうし, とを表わす, と恋, の寂し, の目覚め, は光, は同じ, は同時に, は犬, も深い, よりも空, を以てこの, を養い

▼ 感ずる~ (16, 0.5%)

1 [16件] たれも, また必然, 一つなり, 一なり, 世間の, 何ぞ, 兩教中眞に, 強い歓喜, 当然なり, 昨宵, 最後の, 死にあらず別れ, 海上なら, 當然なり, 耶蘇教に, 電気の

▼ 感ずるよりも~ (16, 0.5%)

1 [16件] ある強い, かえって土産, かえって憐愍, もっと自然, もつとずつと, 乱射した, 人間の, 何か, 前に, 妙に, 寧ろこれ, 寧ろ精進, 自分の, 自分自身の, 色彩に対する, 藤吉の

▼ 感ずる場合~ (15, 0.5%)

2 さえあった

1 [13件] が多い, が少なく, とでは根本, にはいつ, には口, には哲學史, には暫時肉体, に三種類, に金, はまた, もある, 例えば題材, 屡々有

▼ 感ずるかも~ (11, 0.3%)

2 しれない, 知れない, 知れぬが 1 しれずそう, しれない機構, 知れないが, 知れないよう, 知れぬけれども

▼ 感ずるため~ (11, 0.3%)

1 [11件] か年, でしょう, に, にあらゆる, にはいささか, にはこの世, にほかならない, に不愉快, に却つて評價, に発達, に鞭

▼ 感ずる一種~ (11, 0.3%)

1 [11件] の, の不, の不満, の優越感, の恐怖, の愛惜, の無気味, の痛切, の軽い, の雰囲気, 異樣

▼ 感ずる~ (10, 0.3%)

1 した時, する筈, そうし, どうかは, どうしたら, はたまた, 年齢は, 感ぜぬかで, 更にひろく, 等の

▼ 感ずる~ (10, 0.3%)

3 である 1 だから, だけど, であ, であるから, で相す, の病人, ひであるから

▼ 感ずるその~ (9, 0.3%)

2 ことが 1 ときである, 似よりが, 心の, 感じかたが, 等しい畏敬, 臥床を, 麗わしい

▼ 感ずる~ (9, 0.3%)

1 あながち我が, また人生, また速, 事ふりに, 形式的に, 感情なり, 永久単一なる, 風いたっ, 食時な

▼ 感ずるだけの~ (8, 0.3%)

1 かなり詩的, ふだんの, 事である, 弱みある, 積極的な, 隙が, 隙も, 頭は

▼ 感ずるといふ~ (8, 0.3%)

1 やうな, 状態にな, 癒やす, 程の, 言葉を, 訓練が, 風な, 風に

▼ 感ずるとともに~ (8, 0.3%)

1 いくらか血, ついに物語, 世間の, 勇気が, 奔湍の, 心の, 意識が, 自分の

▼ 感ずるとは~ (8, 0.3%)

1 いへ, ちょっと受け取れない, ほんとうに, よく聞く, 一体どうした, 云え肝心, 断言する, 行きませんが

▼ 感ずるには~ (8, 0.3%)

1 あたるまい, ぼくは, 二様の, 別に音響, 及ばぬ, 少し暖, 違ない, 餘り

▼ 感ずる~ (8, 0.3%)

31 だそれ, だもの, ですね, ですよ, でね

▼ 感ずる次第~ (8, 0.3%)

3 である 2 であります 1 だ, であるが, なので

▼ 感ずる程度~ (8, 0.3%)

1 にすぎなく, に於, のよう, の物, の相違, の速やかさ, まで近づいた, よりも

▼ 感ずるかと~ (7, 0.2%)

2 云ふ, 言ふ 1 いうと, いうに, 思へた

▼ 感ずるこの~ (7, 0.2%)

2 不快と 1 内部の, 問題について, 心境は, 疼痛, 私は

▼ 感ずるとき~ (7, 0.2%)

1 がある, にこれ, にはこの, に同時に, に自ら, はデスペレート, は自然

▼ 感ずるほどに~ (7, 0.2%)

1 この劇場, よく人間, 上気し, 不断に, 多い, 日曜以外の, 道庵を

▼ 感ずるまま~ (7, 0.2%)

2 にその 1 に口, に始め, に重い, を率直, を語った

▼ 感ずる~ (7, 0.2%)

1 が鈍く, はない, は大きい, は實際年齡, もだんだん, もない, をも完全

▼ 感ずる~ (7, 0.2%)

1 な恐ろしい, な曲線運動, になっ, になつ, に天然自然, に成つたの, に矢張り向う

▼ 感ずる瞬間~ (7, 0.2%)

2 すら経験 1 があっ, にすでに, に本心, の自分, の自然

▼ 感ずる~ (7, 0.2%)

2 である, もなく 1 なの, はない, は無く

▼ 感ずるあの~ (6, 0.2%)

1 不思議に, 人体の, 愛情を, 焦躁, 詩的な, 過去に対する

▼ 感ずるくらい~ (6, 0.2%)

2 である 1 であった, でありますから, むしが, 私に

▼ 感ずるけれども~ (6, 0.2%)

1 しかしいま, とにかく頭, また此上, 世間の, 何等かの, 創造と

▼ 感ずる~ (6, 0.2%)

1 があった, によれ, に感服せり, は事, も脳髄, を拳

▼ 感ずるほどの~ (5, 0.2%)

1 ことも, 前震は, 細かな, 頭痛を, 高さ

▼ 感ずる~ (5, 0.2%)

2 否や 1 又一層, 国外に, 彼は

▼ 感ずるより~ (5, 0.2%)

1 ほかには, ほか仕方が, 仕方が, 他に, 前に

▼ 感ずるわけ~ (5, 0.2%)

1 です, では, にゆきません, はない, もなかつた

▼ 感ずる~ (5, 0.2%)

1 えさする, 得ずと, 得よう, 睹た, 見世人共通

▼ 感ずる人々~ (5, 0.2%)

1 です, に取っ, の側, の多少, はある

▼ 感ずる~ (5, 0.2%)

1 があつ, が面白い, である, であろうこりゃ, の心状

▼ 感ずる~ (5, 0.2%)

2 になつ 1 になつて, には今日漢文, に僅少

▼ 感ずる~ (5, 0.2%)

1 だった, だったの, だという, であった, に対し

▼ 感ずる~ (5, 0.2%)

1 あり彼大井河原辨天堂の前, あると, が今, であります, であるが

▼ 感ずる~ (5, 0.2%)

1 じゃない, だから, では, には行かない, に行かない

▼ 感ずる~ (5, 0.2%)

2 に於い 1 が尠, に就い, は僕

▼ 感ずる~ (4, 0.1%)

1 それが, 作者や, 日本の, 郷倉氏の

▼ 感ずるほか~ (4, 0.1%)

1 なければ, に何とも, はありませんでした, はなかっ

▼ 感ずるよりは~ (4, 0.1%)

1 いくらか強い, それと, もつと, 秋霜烈々たる

▼ 感ずる~ (4, 0.1%)

21 に地鳴り, に酷く

▼ 感ずる~ (4, 0.1%)

2 だつたが 1 はその, は顔

▼ 感ずる必要~ (4, 0.1%)

1 があろう, はありません, はない, は毛頭ない

▼ 感ずる時期~ (4, 0.1%)

2 がある 1 が來, との交替

▼ 感ずる理由~ (4, 0.1%)

1 がある, は少し, は無い, もある

▼ 感ずる興味~ (4, 0.1%)

1 ではなく, の乏しい, はここ, は凡て

▼ 感ずる苦痛~ (4, 0.1%)

1 なり, はいっそう, は女ども子供ども, も喜び

▼ 感ずる~ (4, 0.1%)

1 である, なれば, にはわたくし, には子供

▼ 感ずるあらゆる~ (3, 0.1%)

1 女の, 女性に対して, 激越な

▼ 感ずることさ~ (3, 0.1%)

2 へある 1 へあつ

▼ 感ずるごと~ (3, 0.1%)

1 にお, に声, に思わず

▼ 感ずるだけで~ (3, 0.1%)

2 あつた 1 表現する

▼ 感ずるとしても~ (3, 0.1%)

1 あの, それを, なお彼

▼ 感ずるなんて~ (3, 0.1%)

1 ことが, 奇蹟だ, 考えて

▼ 感ずるのみにて~ (3, 0.1%)

1 何の, 止らず失望, 視官

▼ 感ずるはず~ (3, 0.1%)

1 であるのに, のもの, の船主

▼ 感ずるまでに~ (3, 0.1%)

1 なりながら, 弱り果てたという, 驚きたるには

▼ 感ずる~ (3, 0.1%)

2 である 1 では何

▼ 感ずる余裕~ (3, 0.1%)

2 をも有せなかった 1 はありませんでした

▼ 感ずる喜び~ (3, 0.1%)

1 である, ではなく, のいよ

▼ 感ずる~ (3, 0.1%)

2 はない 1 にはない

▼ 感ずる心持~ (3, 0.1%)

1 から脱却, は殆ど江戸, もまた

▼ 感ずる悲痛~ (3, 0.1%)

1 である, な感情, も寂寥

▼ 感ずる様子~ (3, 0.1%)

2 です 1 では有る

▼ 感ずる~ (3, 0.1%)

1 にしきりに, に彼女, に忽ちに

▼ 感ずる気持~ (3, 0.1%)

1 がある, が真, は出る

▼ 感ずる~ (3, 0.1%)

2 にも余りに 1 に飲む

▼ 感ずる~ (3, 0.1%)

1 でなければ, を得る, を獲得

▼ 感ずる能力~ (3, 0.1%)

1 はきわめて, を増し, を持たない

▼ 感ずる~ (3, 0.1%)

1 りだった, りだつた, りでは

▼ 感ずる通り~ (3, 0.1%)

1 に今, に負ける, 向ふ

▼ 感ずるある~ (2, 0.1%)

1 デリケートな, 運動する

▼ 感ずるいろいろ~ (2, 0.1%)

1 な事情, の不幸

▼ 感ずるうち~ (2, 0.1%)

1 たちまち小さな, に自分一人

▼ 感ずるかの~ (2, 0.1%)

1 ような, 如くこう

▼ 感ずるかは~ (2, 0.1%)

1 お前にも, 畢竟人間本位

▼ 感ずることそこ~ (2, 0.1%)

1 にこそすべて, にこそひそか

▼ 感ずること尠~ (2, 0.1%)

2 からざる

▼ 感ずるこれ~ (2, 0.1%)

1 で時々, は人情

▼ 感ずるころ~ (2, 0.1%)

1 には子供, は深い

▼ 感ずるすべて~ (2, 0.1%)

1 でありそうして, の愉悦

▼ 感ずるそう~ (2, 0.1%)

1 である, 云ったしん

▼ 感ずるそういう~ (2, 0.1%)

1 時代に, 気分に

▼ 感ずるといった~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ 感ずるとか~ (2, 0.1%)

1 なんとか, 云う古

▼ 感ずるとき我等~ (2, 0.1%)

1 が理想, は未知

▼ 感ずるとも~ (2, 0.1%)

2 なく感じ

▼ 感ずるどころか~ (2, 0.1%)

1 かえって悲しくなつかしく, ムラムラと

▼ 感ずるなり~ (2, 0.1%)

1 他人の, 我眼曇れる

▼ 感ずるにつれて~ (2, 0.1%)

1 これまで, 俺の

▼ 感ずるに従って~ (2, 0.1%)

1 ますます深く, 段々と

▼ 感ずるのに~ (2, 0.1%)

1 山の, 米友は

▼ 感ずるまで~ (2, 0.1%)

1 不幸で, 君の

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

1 さう, 何となく斯

▼ 感ずる事柄~ (2, 0.1%)

1 で茲, に相違

▼ 感ずる位窮屈~ (2, 0.1%)

2

▼ 感ずる作用~ (2, 0.1%)

1 である, をいい

▼ 感ずる刹那~ (2, 0.1%)

1 に多少, の楽しみ

▼ 感ずる勇気~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, がなかつた

▼ 感ずる印象~ (2, 0.1%)

1 とでは非常, と度々

▼ 感ずる困難~ (2, 0.1%)

1 と同, を一掃

▼ 感ずる奉仕~ (2, 0.1%)

2 の義務

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

1 にとっては沈黙, の心

▼ 感ずる心中~ (2, 0.1%)

1 の不, の恐怖

▼ 感ずる心地~ (2, 0.1%)

1 がした, は

▼ 感ずる性質~ (2, 0.1%)

1 であるでしょう, でした

▼ 感ずる恍惚~ (2, 0.1%)

2 たる喜悦

▼ 感ずる感覚~ (2, 0.1%)

1 が躍如, は極めて

▼ 感ずる態度~ (2, 0.1%)

1 が何, であるから

▼ 感ずる戀愛小説~ (2, 0.1%)

2 と取り

▼ 感ずる所以~ (2, 0.1%)

1 であります, なり

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

1 であろう, にそれ

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

1 が来る, なり

▼ 感ずる時これ~ (2, 0.1%)

1 と戰はず, を社會

▼ 感ずる時代~ (2, 0.1%)

1 であること, となった

▼ 感ずる時社會~ (2, 0.1%)

1 に働きかけず, の中

▼ 感ずる樣子~ (2, 0.1%)

2 です

▼ 感ずる気持ち~ (2, 0.1%)

1 の昂, は一体どう

▼ 感ずる淡い~ (2, 0.1%)

1 涙支那の, 香りは

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

1 があった, においてドストイェフスキー

▼ 感ずる生活~ (2, 0.1%)

1 がしたい, でなければ

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

1 を持っ, を持つ

▼ 感ずる神経~ (2, 0.1%)

1 が発達, が非常

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

1 でございます, の第

▼ 感ずる種類~ (2, 0.1%)

1 の人, や程度

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

2 一の

▼ 感ずる範囲~ (2, 0.1%)

1 に比し, は時間

▼ 感ずる義務~ (2, 0.1%)

1 がある, をも持つ

▼ 感ずる習性~ (2, 0.1%)

1 はその, を昔

▼ 感ずる者和歌社会~ (2, 0.1%)

2 には無

▼ 感ずる者是~ (2, 0.1%)

1 か感ぜし, ならば

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

1 のトキメキ以外, の高

▼ 感ずる自分~ (2, 0.1%)

1 にはひと目, の心

▼ 感ずる~ (2, 0.1%)

1 である, は即ち

▼ 感ずる迄に~ (2, 0.1%)

2 堕落し

▼ 感ずる部分~ (2, 0.1%)

1 のある, を強調

▼ 感ずる郷愁~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼1* [337件]

感ずるあしたに延ばさう, 感ずるあまり梓は亡母, 感ずるあらしむ, 感ずるいまいましさも, 感ずるうれしさに, 感ずる粗末さです, 感ずるおのおの急緩の, 感ずるおぼつかなさであり, 感ずるかということだ, 感ずるかに帰着します, 感ずるくらいには十分よく, 感ずるくらいにまで神経が, 感ずるくらいの命は, 感ずるぐらいでした, 感ずるぐらゐに欧羅巴化して, 感ずるけれど昔から, 感ずるここにおいてラムネ, 感ずることそれは言い知れぬ, 感ずること大なるだけに, 感ずること昨日今日のこと, 感ずること極端となり, 感ずること海の菌, 感ずること生産によつて統一, 感ずること男子よりも甚しき, 感ずること自分一個の本心, 感ずること誰しも変らぬ, 感ずるこれらは両方, 感ずるころ手を肌, 感ずるすなわち大洋と, 感ずるそれこそまこと, 感ずるただの味, 感ずるたちの人, 感ずるたびにこの, 感ずるだいぶ僕の, 感ずるだけでもほッ, 感ずるやなから, 感ずるでもなかつた, 感ずるとかいふ場合でない, 感ずるときわれらの胸, 感ずるとき余は余, 感ずるとき価値の階級, 感ずるとき吾人はこれ, 感ずるとき外部から私, 感ずるところ想ふところを活字, 感ずるところ生は自, 感ずるとのことじゃ, 感ずるどころでは, 感ずるなかにもわけて, 感ずるなきあたわず, 感ずるなどと云つて, 感ずるなどという事は, 感ずるなどといふ馬鹿気た, 感ずるなどは了解に, 感ずるにも拘らずその, 感ずるにより父の, 感ずるばつこい, 感ずるのみで姿が, 感ずるのみとの時代信念を, 感ずるのみに候, 感ずるの幸福なる人, 感ずるの過度なるのみ, 感ずるの類は外縁, 感ずるばかりか見あいそのもの, 感ずるばかりであらう, 感ずるばかりになった, 感ずるまた然りと, 感ずるまだ軟かい盛土, 感ずるまでの筋肉操作の, 感ずるまもなく目が, 感ずるものぢやない, 感ずるものの殊更それ, 感ずるもの威圧を感ずる, 感ずるもの窮屈を感ぜしめる, 感ずるやいなや振り捨てるよう, 感ずるゆえんは有限, 感ずるゆえ理科のみを取っ, 感ずるゆるやかな愛撫, 感ずるよきアーヌング, 感ずるイ人を, 感ずるグローコスかく速かにアポローン, 感ずるズズーンという痛み, 感ずるチヤンスを見出す, 感ずるテレヴィジョンで可視光線, 感ずるノクトビジョン装置で見れ, 感ずるホスピタルなやさし, 感ずる一人である, 感ずる一例は同じ, 感ずる一情景で凡太, 感ずる一方ではまた, 感ずる一生涯の長, 感ずる一面には大いに, 感ずるはそれ, 感ずる水夫らは, 感ずる不便はどれ, 感ずる不安のごとき, 感ずる不愉快ははたして, 感ずるの人, 感ずる世界はその, 感ずる眼から, 感ずるにうれしき, 感ずる事ふしぎなり, 感ずる事人と面会, 感ずる事劇しく蝮蛇, 感ずる事物の間, 感ずる事能はざる, 感ずる二元より免かれん, 感ずる享楽は実在, 感ずる人人懐かしき情緒, 感ずる人道主義の高唱者, 感ずる人達の中, 感ずる人間だつた, 感ずる人間全体を見出した, 感ずる仔細がありまし, 感ずる仕掛だった, 感ずる代わりにかえって, 感ずる以上は平常, 感ずる以外にとても, 感ずるになっ, 感ずる位上達した, 感ずる位置に立たせられた, 感ずるといふ悲惨, 感ずる何しろ腹に, 感ずる何ともいえない芸道, 感ずる何ものもない, 感ずる何処か遠い, 感ずる何所迄もうぬぼれ, 感ずるに良き, 感ずる余り半ばは滝太郎, 感ずる余熱の温, 感ずる例えば受信機の, 感ずる俗人は新鮮, 感ずる俳人が釣り初め, 感ずる傾向はない, 感ずる僕自身を嗤はず, 感ずる億劫な氣持, 感ずるに拙者, 感ずるの波長, 感ずる公憤の度, 感ずる其代り國としては大した, 感ずる内容らしいですねえ, 感ずるの悲しみ, 感ずる利他同情の心, 感ずる助けとなつ, 感ずる動揺を同じ, 感ずるに外, 感ずる十八歳ないし二十歳, 感ずる半面に自分, 感ずる危険は平等, 感ずる原因に成り, 感ずる受難の如き, 感ずる句さへありしか, 感ずる感ずる丈, 感ずる各地の天候, 感ずる各種の労働者協同, 感ずる同感の念, 感ずるがただ, 感ずる向きも出来た, 感ずるだけとみる, 感ずる味わいは丁度船, 感ずる味噌の香, 感ずる唯一の方, 感ずる問題は首飾, 感ずる器械を用い, 感ずる圧力でそれ, 感ずる地震即ち局部, 感ずる場所だ, 感ずる多くの出血, 感ずるの一類, 感ずる天才娘であった, 感ずる天然自然の悠々, 感ずる女性あらば, 感ずるとも成る, 感ずる嫉妬のやう, 感ずる嫉妬女が回し, 感ずる嫌忌心が公債, 感ずる嫌気の念, 感ずる季節にある, 感ずる学校へいっ, 感ずる実際の時間, 感ずるに多い, 感ずる寂寥と焦燥, 感ずるさ即ち, 感ずる対象はどうしても, 感ずる尊敬の念, 感ずる少しばかりの他人, 感ずる少年諸君もありましょう, 感ずるにまた, 感ずるにかく, 感ずる度びにそのことは非常な苦痛, 感ずる弁士のよう, 感ずる強い反動が, 感ずる強度の大小, 感ずる当然の念, 感ずる彼らの西郷先生, 感ずる彼女は際どい, 感ずる彼等の悦び, 感ずる微震を經驗, 感ずる心裏の状況, 感ずる必然の運命, 感ずる志向に従う, 感ずる快楽のため, 感ずるが一杯, 感ずるれには, 感ずる思いを抱いた, 感ずる思想家も阿呆, 感ずる恋愛小説と取り換え, 感ずる恐れは決して, 感ずる恐怖娘の命, 感ずるしい自我, 感ずる悪いという事, 感ずる情緒は現, 感ずる意味での受動的, 感ずる意識が動かないだらう, 感ずるは, 感ずる愛情が何時, 感ずる感傷的なもの, 感ずる感度にくらべ, 感ずる感電刺戟執事の矢口, 感ずる慾望もある, 感ずる懐疑その対立, 感ずる戒慎的困難により家族扶養上, 感ずるを動かし, 感ずる故郷の恋し, 感ずる方位は, 感ずる日當りの, 感ずる春風秋風は存在, 感ずる時そこに神, 感ずる時それが麻痺, 感ずる時我々自身は既に, 感ずる時矢島さんは空虚, 感ずる時間と実際, 感ずる時間感はわれわれ, 感ずる普通の悲哀, 感ずるいなめらか, 感ずる暗黙の絶望, 感ずる最も大きな魅力, 感ずる月日がさう, 感ずるであった, 感ずる村落ソヴェトは常に, 感ずる極限といっ, 感ずる機会があった, 感ずる機縁をもち得よう, 感ずる歓呼を挙げる, 感ずる正義なるもの, 感ずる此夢のやう, 感ずる武士の心持, 感ずるが怖, 感ずる毫末もない, 感ずる気分になつて, 感ずる気詰りなことども, 感ずる氣持だつた, 感ずるの水, 感ずる淋しさは, 感ずる清々しい気分が, 感ずる湯元の浴舍, 感ずる為めにとて古来幾多, 感ずる無邪気な喜び, 感ずるに書いた, 感ずる物理的方則を標準, 感ずる特別の受信機, 感ずる特殊のサディスト, 感ずる特色なの, 感ずる理性の他, 感ずる異性の漠然と, 感ずる異様な悪感, 感ずるさの, 感ずる痛ましさと, 感ずる登山者に取り, 感ずる真空管のよう, 感ずる瞬間右の手, 感ずる矛盾の調和, 感ずる研究なん, 感ずる社会人が婦女掠奪, 感ずるであると, 感ずる稀有な時期, 感ずる程余計に他界, 感ずる程幸福なこと, 感ずる程日本風に訓, 感ずる程遥かの真下, 感ずる空気が稀薄, 感ずる窮屈を私, 感ずる範囲領域の大き, 感ずる經驗より類推, 感ずるなるもの, 感ずる羞恥の情, 感ずる羞恥心を京吉, 感ずる者共は火, 感ずる者和歌社會には無, 感ずる者非ならば, 感ずる聴衆を求め, 感ずる自己に就い, 感ずる臭味が動物体, 感ずる色彩の諧調, 感ずる色眼鏡党日本人の贔屓客, 感ずる芝居とはどんな, 感ずるの鬼, 感ずる若々しい肉体を, 感ずる苦しさが, 感ずるがある, 感ずる衆生の恩, 感ずる触覚と偶, 感ずる詩人の触覚, 感ずるとも顔, 感ずるだから, 感ずる讀者も有らん, 感ずるであつ, 感ずる軽やかな不安, 感ずるだつた, 感ずる轡虫が鳴い, 感ずる退屈とは違う, 感ずる通り向うでも窮屈, 感ずる通り浪漫派や象徴派等, 感ずる道理がある, 感ずる遠い疼痛の, 感ずる都会の女, 感ずる都会悪の巣窟, 感ずるさの, 感ずる重荷を軽く, 感ずる野草です, 感ずる鈍い疼痛とが, 感ずるも無き, 感ずる間もなく笑い続けて, 感ずる随想はたしかに, 感ずるにはそこ, 感ずる電子系のある, 感ずる霊肉の背反, 感ずる青年が描かれ, 感ずる面伏せな実感, 感ずる頃手を肌, 感ずる頃日足の熊野川, 感ずるは必ずしも, 感ずるを見せない, 感ずる風趣である, 感ずる饑虎の羊, 感ずる驚ろきと, 感ずる驚駭を以て自分等, 感ずるに旨い