青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感じる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~感 感~ ~感じ 感じ~ ~感じた 感じた~ ~感じない ~感じられた ~感じられる ~感じる
感じる~
~感ずる 感ずる~ 感傷~ ~感動 感動~ ~感心 感心~ ~感情 感情~ ~感想

「感じる~」 2869, 28ppm, 4102位

▼ 感じる~ (697, 24.3%)

118 である 97 であった 57 だった 5244 です 14 であるが 11 だつた 10 であります, でした 9 ですが 8 だが, では 7 は私 6 であったが, は当然 5 はこの 4 かも知れない, が常, だったが, と同じ 3 でございます, は

2 [25件] か, だから, だそう, だと, だろう, であろう, であろうか, ですね, ですよ, はその, はそれ自身僕, はつまり, はどう, はむしろ, は伸子, は何, は例, は彼等, は思想的内容, は次第に, は無理, は自分, は車, もその, も同じ

1 [163件] あまり自分, かしら, かそこ, かね, かもしれない, か私, があたりまえ, がわかる, がをかしい, が不快, が不思議, が事実, が例, が尤も, が己, が当り前, が当然, が楽しかっ, が気の毒, が私一人, が第, が絵画的, が自然, が間違っ, が面白, さ, じゃアねえや, だけれど, だけれども, だつたが, だね, だろう痩せ犬, だ私, であって, でありましたが, でありまして, であるから, であるけれど, であるしかし, でしょう, でしょうか, でしょうチカチカ, ですか, です恰度子供, でなかったら満足, とちょっと, と似た, と未来, ならよい, にはもっと, に不思議, に似た, に善い, はあたし, はあたりまえ, はあの, はいつも, はきのう往来, はそう, はそこ, はそれら婦人たち, はちょっと, はどういう, はどうやら, ははなはだ, はまあ, はまことに, はまつたく, はもちろん, はわたしたち, はわれわれみたい, はアンネット, はガダルカナル, はハンマー, はベートーヴェン, はボーイ, は七石, は中年過ぎ, は主人公たち, は久しぶり, は九州, は人間達成, は今, は何となく, は何故, は例へば, は僕, は僕たち, は僕一人, は先生, は其, は冬, は博士自身, は古風, は嘘, は堪らない, は夕立, は女性, は子供, は学問, は実は, は実際, は巡査, は常に, は平安朝時代, は庄司署長以下刑事連, は当面, は彼, は彼女, は徳永直, は必, は必ずしも, は志賀直哉氏, は恐らく, は悠悠, は悪く, は悪縁, は意味, は或は, は戯曲文学, は敗北, は日本, は日本人, は昔, は曲, は最, は杉子, は棚, は止む, は決して, は消す, は物, は現在, は用事, は私一人, は立つた, は腹心, は自然, は苦痛, は野暮, は間違っ, は青草, は静か, もあながち, もここ, もすべてこちら, もつまり, もみな心, も不思議, も主人, も分る, も或いは, も早く, も皆, も自然, を, をより, を不思議, を半分, を心, を息, を抑, 余り覚

▼ 感じること~ (408, 14.2%)

28 がある 21 が出来た 16 ができる 13 が出来る 12 ができない 10 がない 7 があります, ができた, が出 6 ができなかった, が多い 5 があった, が出来, である, はない, もある 4 が出来なかった, であろう, もなく 3 が出来ない, のできない, の出来ない, の出来る, はなかっ

2 [21件] あり, があっ, があつ, ができ, が多く, が少い, だ, だろう, であらう, なしに, のできる, のない, の出, の多い, は, はこの, はできなかった, は不可能, もない, も事実, も少く

1 [181件] か, から始, から彼女, から時々, があつたかい, があらう, があり, がありました, があるであろう, がこの, がこんなにも, がしばしば, がすく, がすべて, がそれ, ができなかつた, ができなく, ができなけれ, ができました, ができませんでした, ができよう, がなかっ, がなく, がまた, がよく, が出来なかつた, が出来なくなっ, が出来ましょう, が出来ます, が出来ませんでした, が出来よう, が出来るであろう, が口惜しく, が多, が多かっ, が寧ろ, が屡々, が強, が強く, が時々, が有る, が正直, が決して, が深く, が無くなった, が爽快, が真実, さえある, さえ出来る, さえ知らなかった, しかできない, しかできないだらう, すらある, そのこと, だけは忘れぬ, だし, だったが, だろうか, だろうが, だろうと, であった, であるが, であろうと, です, でなければ, でますます, で自分, で苦しんだ, とは別もの, と云う, なく, なくいる, なくそう, なく信長, なく展開, などちつ, にどうしても, には敏, によってこの, によっても源氏, に堪え得られない, に当る, に慣らされた, に慣れ, に興味, に馴れ得ない, のある, のすべて, のできなく, のなか, の一つ, の出来た, の鈍, の難し, はあの, はすこしも, はその, はそれ, はたくさん, はただ, はできない, はできる, はないだらう, はなく, はなさけない, はめったに, はもう, はよくも, はわれ, はケーテ・コルヴィッツ, はフランス文学, はプルウスト, はモスク, は一つ, は一再, は事実, は伸子, は何, は何と, は何処, は個々, は写実, は出, は出来ない, は出来なかった, は出来ぬ, は出来る, は即ち, は古事記, は吾, は固, は夫人, は小学校, は少い, は少く, は当然, は彼, は心身二つ, は日本人, は明日, は昔, は未, は果して, は極めて, は決して, は浅ましく, は現実, は私, は立派, は絵草紙屋, は野性味, は院, は頻りで, も, もあつ, もありうる, もありました, もあろう, もきく, もすべて音, もたしか, もたま, も一層, も出来なかった, も出来なくなった, も可能, も深う, も無し, も理解, やその, を, を一番, を感じ, を押えきれなかった, を誰, を面白く, 多し旅, 学ぶこと, 少くないであろう, 深く愛する, 無きにし

▼ 感じる~ (222, 7.7%)

5 いふこと, 同時にその, 彼は, 私は 3 すれば 2 いうより, いふの, もうそこ, 全く初めての, 同時に自分, 思う, 涙を, 私を, 蒲団を

1 [181件] あのとき軽部, あの三人, あれが, あわてて, いう, いうだけの, いった, いって, いふ側から, いよいよこれ, うれしいわ, お杉, お柳, かれら, こうすぐ変, このよう, この人物, この思いがけない, これは, さすがに, したら文学, しばらく忘れ, すぐ, すぐ半分意識, すぐ彼, すぐ次, そこに, そのまま二人, それならいっそ, それを, だんだん憎しみ, ちょっと訳, ちらりと見返し, とたんに自分, どこか, なおさら彼, なにか信用, ふとむらむらと, ふと同時に彼, ふるえが, ますます乗り気, ますます頭, また浴場, また遮二無二, むざむざ男, むしろ今, もううしろ, もう不安さ, もう我慢, もはや我慢, やがてホース, わしの, シャンと, シュメリングが, セエラは, 一寸洋服, 一時も, 万之助に, 三月ぐらいの, 久慈は, 久慈も, 二つ三つ息を, 云うと, 云うの, 云うよう, 云って, 云つ, 云つても, 云ふ, 人いちばい激賞し, 今年は, 今度は, 今更の, 仰有りたいん, 何もかも馬鹿, 何故かしら, 例えば信吉自身, 優しくほほえんだ, 共に, 内蔵助の, 再び宮子, 再び銅貨, 冷たい手, 初めて愉快, 初めて鼻薬, 北の方は, 千二は, 又ガックリ, 叫んで, 同じ暖, 同じ気もち, 同時に, 同時にいくらか肉, 同時にますます冷た, 同時にまた, 同時にまた一方, 同時に何, 同時に吾が, 同時に妙, 同時に宇宙, 同時に左右, 同時に己, 同時に私, 同時に笑いたい, 同時に綱手, 同時に胸, 同時に藤次郎, 同時に逸子, 同時に険しい, 同樣, 啀み合って, 堪らないだから, 声も, 外交歩きに, 妹へ, 宇治は, 小六, 少くとも, 尻込みした, 崩れる花束, 幼年時代の, 弁馬は, 彼の, 彼女の, 心で, 心は, 心も, 忘恩の, 思うの, 急に, 憤りが, 我知らず皮肉に, 手早く懐剣, 昼間から, 最早ためらうべき, 次第にその, 此の, 武士は, 死の, 母に, 母の, 深雪は, 清之介君は, 満足し, 熊吉は, 珍らし, 理由の, 甚だしく狼狽, 由良も, 申されました, 申しました, 町人百姓まで, 瞼が, 空も, 突然圧しきれぬ, 胸には, 脈々自分の, 脣も, 腕を, 自分が, 自分の, 自分は, 自覚し, 艶子は, 見えぬ闇, 触覚ばかりを, 言い難き, 言うの, 言った, 言ふ, 言霊信仰です, 赤黒い血, 越前守も, 足は, 逆さまに, 遊びに, 離れがたい, 非常に, 顔色が, 高重に, 鼻孔を

▼ 感じるよう~ (150, 5.2%)

37 になった 15 になっ 6 なもの, になりました 5 なこと, になる 3 な人, になり 2 であった, では, な事, に覚える

1 [62件] だ, だった, である, でした, でしたら私, です, でも気の毒, なあの, なそういう, なそんな, なところ, ななんら, なひやりと, な一種, な不満, な世俗的, な匂い, な口調, な地域, な屈託, な年配, な幸福, な強, な心もち, な心持, な快感, な感覚, な文化, な方法, な暗, な欲情, な気, な激情, な神経, な空気, な立場, な腑, な自分, な自然, な苛立ちを, な風, にうつ伏した, にさえなる, にさえ思われた, にしみじみ, になります, になるらしい, にの, には感じないらしく, に一日, に古寺, に呟い, に導かれ育てられ, に彼, に思った, に思われる, に打, に描き出す, に気がつい, に独りぽっち, に胴慄い, に見えた

▼ 感じるもの~ (81, 2.8%)

12 である 8 だから 4 です 32 があり, がある, だが, であります, では, はない, らしい

1 [40件] か彼, があっ, があった, がいろいろ, がない, が一つ, が漲っ, だと, だろうと, で, であるが, である義務, でござる, ですもの, で瞬間, で私, とは性質, と仮定, と其自身, について考え, の方, はなかっ, はほとんど, は一人, は何, は却って, は多い, は彼, は感じ, は決して, は自由主義者達, は落伍者, は逆, もあります, も岡本, らしかった, を感じる, を自分, を頭, 教えられるもの

▼ 感じる~ (56, 2.0%)

10 が出来る 4 がある 3 が出来た, である, もあった 2 であるが, は自身

1 [29件] ができた, ができない, ができる, が出来ない, が出来なかった, が出来ます, が出来るであろう, が度々, が必ず, が時には, が深く, さえ出来なかった, さえ出来なかったけれ, すらある, のある, の出来ない, の出来る, の浅, の無い, の薄らい, は, はあった, はない, は愚か, は當然, も出来ない, や想像, 屡々である, 書く事

▼ 感じるほど~ (50, 1.7%)

8 である 32 弱いの, 神経質に

1 [35件] あなたの, ごく接近, そこは, それほど私, であった, であつ, です, どの人間, な血, よくねぎった, ワイルドに, 一層はげしく, 不正を, 中国勢は, 二人は, 今は, 僕が, 強く千鶴子, 彼の, 朱雋は, 母の, 気味悪くどんより, 混り, 物事に, 生活程度も, 疲れて, 盛大な, 神経が, 私の, 英雄的である, 誰も, 身を, 退屈な, 逞しい野人, 高慢な

▼ 感じるので~ (47, 1.6%)

26 あつた 4 あらう 2 せうか, 私は

1 [13件] あらうか, いうわけ, お十夜, さまを, どうしても裏, なおさら未然, 好きな, 彼女は, 思ひ切つて, 極めて愉快, 母も, 現に山, 甚だ恐ろしい

▼ 感じる~ (40, 1.4%)

2 あの妙, いい

1 [36件] あの女, いいん, かう言, ここでは, この場合, しめった客, その幸福感, その書きかた, その次, それも, それを, ただ虫類, どうだろう, はっと一緒, もつと, 一首全く, 他から, 他の, 僕は, 元来直接, 冷徹した, 十余年前の, 四里四方一軒の, 土台が, 如何うに, 妻が, 小ざつぱりしたルパシュカ, 小犬, 山の, 日本の, 早いか, 正信は, 無事, 自分の, 芸術税というは, 長く北京

▼ 感じる~ (38, 1.3%)

6 相違ない 4 到らぬ時代 2 しては, ちがいない, つけても, 違いない, 違ひない

1 [18件] しても, ちが, ちがいありません, 価する妹, 到らない時代, 反して, 基づくの, 敏なお, 早かつ, 最適した, 相違ありません, 至ったの, 至つた, 至つたといふ, 至り女, 過ぎない, 過ぎないの, 違ひ無い

▼ 感じるやう~ (36, 1.3%)

8 になつ 3 なこと, になり 2 に, にな

1 [18件] では, な, な後め, な気, な焦, な苛立ちを, な表現, な裏町, な見方, になりました, になり始め, にまだ, にわし, に思はれる, に書かれ, に独り, に現在, に近年

▼ 感じるところ~ (35, 1.2%)

3 があった 2 あって, があります

1 [28件] あったか, あったという, あり, ありですから, がある, がない, が多く, が実に, が少く, だ, だった, でない, とてもなく, にある, に道徳, の虚無, はやはり, はツワイク, はロシア, また衆民, までいってない, まで時代, もあった, もあります, もある, もなく, を率直, 何と微妙

▼ 感じるから~ (27, 0.9%)

12 である 32 来たの 1 だつた, だろうと, であ, であった, であろうと, 不思議である, 妙な, 所謂物好きは, 此の, 詩を

▼ 感じるという~ (26, 0.9%)

6 ことは 2 のは

1 [18件] ことが, ことその, ことです, ことにも, ことの, ことを, その心持, のが, ような, 一種の, 可能性は, 場合それは, 場合は, 場面を, 性質を, 現象は, 程には, 話を

▼ 感じるだけ~ (24, 0.8%)

5 である 3 であった 2 だ, だった

1 [12件] だつた, であろうかと, でいい, でした, でしたが, でなく人, でなにひとつ眼, で伸子, で何ん, で十分, なの, 落着い

▼ 感じるばかり~ (21, 0.7%)

5 だった 4 である 32 です 1 だつた, であつ, でした, ですけれども, でなく今度, でなく天井板, でなく現代

▼ 感じる~ (21, 0.7%)

2 がある, であらう

1 [17件] があるなら, が出なけれ, が各々, だからよ, にでなけれ, には悲劇, の出現, の心, はこの世, はすでに, は恐らく, もあらう, もある, もあれ, もあろう, もいた, を圧迫

▼ 感じる~ (19, 0.7%)

2 であった, も密接, 詩には

1 [13件] しっかり者, だつたので, である, でも, にカラカラ, に鋭く, の生活内容, の異性, も空腹, 分っては, 家は, 身じろぎも, 重く生活

▼ 感じる~ (17, 0.6%)

4 どうか 2 した当座, 感じないかという 1 いやさ, しれん, それも, どういう天地, どうかの, 好意を, 感じないうち, 眺めて, 自分は

▼ 感じるわけ~ (16, 0.6%)

3 である 2 であります, でも 1 があった, だ, だった, です, ですいつも, では, で金額, ね, もなかっ

▼ 感じる~ (16, 0.6%)

5 です 32 だが, だよ 1 だね, だろう, ですよ, では

▼ 感じるよりも~ (15, 0.5%)

3 先に

1 [12件] ありがたいと, こんに, むしろもののあわれ, 不作法と, 堪へられぬ懐し, 富裕な, 幾そう倍の, 彼自身に, 昔から, 物を, 神経が, 自らの

▼ 感じる~ (14, 0.5%)

1 [14件] その極印, その眸, どこか, また一面, また曲馬団, また近代, 二人の, 困った奴, 女らしくて, 宙ぶらりんに, 彼が, 敵愾心を, 空中に, 芸術にも

▼ 感じる~ (14, 0.5%)

1 [14件] から深く, があった, がその, が動きはじめ, が残つて, というの, の一方, の粗雑さ, の肌理, はある, は決して, は誰, をさえ持っ, をもっ

▼ 感じる~ (14, 0.5%)

4 になつ 2 になり 1 なもの, な時, になっ, になった, になったけれ, に一つ, に導く, に旅

▼ 感じる~ (13, 0.5%)

2 がある

1 [11件] があります, がくる, そのうめき, であるから, とそう, の気持, はない, は最初, ひどく無念, もあった, もある

▼ 感じる~ (12, 0.4%)

21 が癌病棟, だつて咳嗽, には電燈, のよろこび, の恍惚, はかう, はこの, はどんなに, は揺する, は騒音

▼ 感じるその~ (11, 0.4%)

1 [11件] ことが, ことを, 人らしく, 口に, 同化作用に, 徴候の, 感じかたについて, 感情を, 操作は, 種の, 調和は

▼ 感じると共に~ (11, 0.4%)

1 [11件] エンヂンを, 一切の, 全身に, 初枝嬢に, 危険さを, 声を, 憎しみを, 果は, 槍を, 脅されるやう, 自らも

▼ 感じるかも~ (10, 0.3%)

1 しれない, しれないけれど, しれないし, しれぬ, しれません, 知れない, 知れないと, 知れないわね, 知れません, 知れんけどね

▼ 感じるとき~ (10, 0.3%)

2 はない 1 の矢代, は一つ, は呼吸, は彼女, は既, は決して, は無い, 出来た病人

▼ 感じる自分~ (10, 0.3%)

1 としてのこころ, ならもし, に気付く, のすき好み, の中, の動物的本能, の子, の心持, の愛情, を見出し

▼ 感じるほどの~ (9, 0.3%)

1 びんぼうでも, 器量だ, 強い力, 微風である, 惨虐, 父である, 知的麻痺が, 空腹だった, 花を

▼ 感じる人間~ (8, 0.3%)

2 は生活 1 だつて, であった, であり心, の姿, の心, は不幸

▼ 感じる場合~ (8, 0.3%)

2 が多い 1 がある, がしばしば, には其歌, はありません, は或, 常にそれ

▼ 感じる程度~ (8, 0.3%)

1 が剣劇, には当時, に到達, に於, に浅く, のもの, の振動, の結晶

▼ 感じる~ (7, 0.2%)

1 にいきなり, にそれ, に客観的現実そのもの, に忽ち, に雷, に震源域, に鶏

▼ 感じる必要~ (7, 0.2%)

3 のない 2 はない 1 がある, が起こっ

▼ 感じる瞬間~ (7, 0.2%)

2 がたびたび, を持つ 1 が必ず, はその, をもっ

▼ 感じるあの~ (6, 0.2%)

1 これで, こわいよう, 働きを, 喜びに, 安心である, 忌わしい実に

▼ 感じるそして~ (6, 0.2%)

2 そのため 1 それを, 六日ぶりに, 腹立たしくさ, 飲食物に対して

▼ 感じるには~ (6, 0.2%)

1 あまり不死身, その姿態, それが, ロシア人の, 感じるが, 感じるん

▼ 感じる~ (6, 0.2%)

1 だ, だったのよ, であるから, にやつ, に止まつた, ののろ

▼ 感じる~ (6, 0.2%)

1 があつ, さえ失っ, は友, も持たない, をお互い, を人間

▼ 感じる~ (6, 0.2%)

1 が精神, だ, です, の実際, の感情, は自分

▼ 感じる能力~ (6, 0.2%)

1 がある, がなけれ, が無い, こそ社会的, のある, は所謂

▼ 感じる~ (6, 0.2%)

5 になる 1 だった

▼ 感じるくらい~ (5, 0.2%)

1 だ, だった, です, 巴里の, 平和に

▼ 感じるけれど~ (5, 0.2%)

1 この方, 今の, 仲, 個人句集では, 面と

▼ 感じるけれども~ (5, 0.2%)

1 さう, さてその, その時, 昂奮し出す, 言葉には

▼ 感じるだけの~ (5, 0.2%)

1 ことでした, 偉大さ偉大な, 暇が, 約束が, 自身の

▼ 感じるといふ~ (5, 0.2%)

1 やうに, 意味ばかり, 自家撞着に, 訓練は, 話でした

▼ 感じるほどに~ (5, 0.2%)

1 して, つよく知っ, なれば, はなつて, 悲しくは

▼ 感じるより~ (5, 0.2%)

1 やはり習慣, 先に, 多く深く動かされた, 強く深い真心, 醗酵力の

▼ 感じる~ (5, 0.2%)

2 のモラル 1 だった, はそういう, は抒情詩人

▼ 感じる気持~ (5, 0.2%)

1 が消える, です, のむずかゆ, はなかっ, は一層

▼ 感じるかと~ (4, 0.1%)

1 いへば, 云うと, 医者が, 思いの

▼ 感じるくらいに~ (4, 0.1%)

1 とどまったの, 呼吸が, 濡れて, 薄気味悪い凄い声

▼ 感じるそう~ (4, 0.1%)

1 したある, して, だ, で現に

▼ 感じる~ (4, 0.1%)

2 せう 1 あらう, あらう情慾

▼ 感じるとともに~ (4, 0.1%)

1 あまりにまで, その背後, 年に, 脅かされるよう

▼ 感じる不満~ (4, 0.1%)

1 に信頼, はこの, はそれ, は氏

▼ 感じる人々~ (4, 0.1%)

1 が殖え, である, に限り, は同時に

▼ 感じる心持~ (4, 0.1%)

1 しか起らない, には変り, をどうにも, 全心

▼ 感じる理由~ (4, 0.1%)

2 がある 1 になっ, はこうした

▼ 感じる~ (4, 0.1%)

2 のない 1 だ, の丘傍

▼ 感じる通り~ (4, 0.1%)

1 あのピンピン, が事実, の心持, を感じる

▼ 感じる部分~ (4, 0.1%)

1 がある, は自然, もある, も可

▼ 感じる~ (4, 0.1%)

1 がなかっ, まだまだ人, もない, もなかろう

▼ 感じるそういう~ (3, 0.1%)

1 たちである, ような, 乾きあがっ

▼ 感じるだけで~ (3, 0.1%)

1 夢うつつだった, 済んで, 滿足する

▼ 感じるとしても~ (3, 0.1%)

2 その部分 1 女は

▼ 感じるとは~ (3, 0.1%)

1 かなりちがった, これは, まったく違った

▼ 感じるどころか~ (3, 0.1%)

1 いうに, ロス大佐に, 却って後

▼ 感じるのみ~ (3, 0.1%)

1 でございますが, でなく時に, で少し

▼ 感じるまでに~ (3, 0.1%)

1 変化し, 注ぎきった, 腹を

▼ 感じる作家~ (3, 0.1%)

1 が今日, が出たら, が出る

▼ 感じる~ (3, 0.1%)

1 であった, でズカリ, を限り

▼ 感じる~ (3, 0.1%)

2 に僕 1 が強く

▼ 感じる思い~ (3, 0.1%)

1 がまさった, だった, ではなかろう

▼ 感じる感覚~ (3, 0.1%)

1 だけは人間, は一つ目小僧, を失わせられ

▼ 感じる~ (3, 0.1%)

1 だけでも自分, である, もある

▼ 感じる~ (3, 0.1%)

1 があった, がある, がつい

▼ 感じる~ (3, 0.1%)

1 があつ, が離れない, は冷たい

▼ 感じるかという~ (2, 0.1%)

1 ことは, のだ

▼ 感じるかは~ (2, 0.1%)

1 別問題として, 驚くばかり

▼ 感じるからでも~ (2, 0.1%)

2 ございませうか

▼ 感じるくらいの~ (2, 0.1%)

1 もろさで, 地震なら

▼ 感じること自体~ (2, 0.1%)

1 が国辱的, に二重

▼ 感じるこの~ (2, 0.1%)

1 よろこびの, 絶対的必要感即ち

▼ 感じるそれ~ (2, 0.1%)

1 は自己観照, を正しく

▼ 感じるたび~ (2, 0.1%)

1 にいつ, に順昭

▼ 感じるため~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 感じるだけでも~ (2, 0.1%)

1 どの位私, 昔の

▼ 感じるとき試み~ (2, 0.1%)

2 に自分

▼ 感じるどころ~ (2, 0.1%)

1 でなく千種, では

▼ 感じるなど~ (2, 0.1%)

2 それは

▼ 感じるなんて~ (2, 0.1%)

1 もってのほかだ, 何という

▼ 感じるにつけ~ (2, 0.1%)

1 どなたが, 日本の

▼ 感じるのに~ (2, 0.1%)

1 それが, 肉体ばかりは

▼ 感じるのほか~ (2, 0.1%)

1 には感じられない, はなかっ

▼ 感じるはず~ (2, 0.1%)

1 だし, のあの

▼ 感じるひと~ (2, 0.1%)

1 がある, はそこ

▼ 感じるほか~ (2, 0.1%)

1 なかつた, に彼女

▼ 感じるまで~ (2, 0.1%)

1 ひたと全, 仕細

▼ 感じるまま~ (2, 0.1%)

1 に云え, を唄う

▼ 感じるイワレ~ (2, 0.1%)

1 はない, を知らない

▼ 感じる一方~ (2, 0.1%)

1 またこれ, 役に立たなくなったので

▼ 感じる代り~ (2, 0.1%)

1 に一種, に歯がゆ

▼ 感じる余裕~ (2, 0.1%)

1 など持たなかった, もない

▼ 感じる作用~ (2, 0.1%)

2 がそなわる

▼ 感じる作者~ (2, 0.1%)

1 が生物学, は一寸

▼ 感じる信頼~ (2, 0.1%)

1 こそ生活, の出来ない

▼ 感じる健康~ (2, 0.1%)

1 が次第に, な憤りを

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 が眼, の実際

▼ 感じる商売人~ (2, 0.1%)

2 は除い

▼ 感じる小さな~ (2, 0.1%)

1 島国の, 感情では

▼ 感じる岩肌~ (2, 0.1%)

2 が温泉

▼ 感じる悩まし~ (2, 0.1%)

1 さが, さや

▼ 感じる想い~ (2, 0.1%)

1 ではじめて, で初めて

▼ 感じる感動~ (2, 0.1%)

1 であり芸術, を押え得ません

▼ 感じる感情~ (2, 0.1%)

1 のリズム, もまだ

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 から自然悲劇的, の御

▼ 感じる所以~ (2, 0.1%)

1 であります, はその

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 が偶, はよく

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 がより, が多い

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 には家, 生きて

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 もない, もなく

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 さが, さは

▼ 感じる最も~ (2, 0.1%)

1 かすかながら, 重要な

▼ 感じる植物~ (2, 0.1%)

1 さながらの, の多い

▼ 感じる次第~ (2, 0.1%)

1 であります, です

▼ 感じる歓び~ (2, 0.1%)

1 の能力, を語る

▼ 感じる深い~ (2, 0.1%)

1 不安です, 永遠の

▼ 感じる源氏~ (2, 0.1%)

1 であったから, は人目

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 と耳, をそれ

▼ 感じる矛盾~ (2, 0.1%)

1 が日本文学, や不自然さ

▼ 感じる神経~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 感じる程一面~ (2, 0.1%)

2 に地

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

2 一の

▼ 感じる羞恥~ (2, 0.1%)

1 から来, だつた

▼ 感じる苦痛~ (2, 0.1%)

1 は空, を彼

▼ 感じる言葉~ (2, 0.1%)

1 である, は聞かれなかった

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 である, です

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

2 に行かない

▼ 感じる赤色~ (2, 0.1%)

1 とはどれ, と乙

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

2 と成つた

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 としての句作, になった

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 はない, もない

▼ 感じる~ (2, 0.1%)

1 のしん, をちょっと

▼1* [312件]

感じるあさましい事実である, 感じるあたたかみは, 感じるあのあらゆる愛情を, 感じるあらゆる形で, 感じるありがたい本だ, 感じるあれである, 感じるあんまり澄んでも, 感じるうちに凡そ一年, 感じるうつぼつとして句作衝動, 感じるおく病やだらし, 感じるかだけの相違である, 感じるかっていうの, 感じるかといふのだ, 感じるかに依るという, 感じるぐらい思いついた計画, 感じるぐらゐに過ぎないもの, 感じるけど軍艦で, 感じるここが隅田, 感じることごとには口, 感じること判断したこと, 感じること反撥すること, 感じること限りもなく, 感じるころである三位中将, 感じるごくありふれた毎日, 感じるごとにひとり, 感じるうである, 感じるさいもあろう, 感じるさくらはあまり, 感じるさびしさである, 感じるしかないの, 感じるしかし私の, 感じるしきたりが毎年くり, 感じるしんとした, 感じるしんじつほんたうに, 感じるじゃないですか, 感じるじゃあありませんか, 感じるすべての妥協, 感じるそもそもの理由, 感じるそんな気持だ, 感じるただ一疋の生物, 感じるちょうどそれに, 感じるつまらない個人的な, 感じるいの, 感じるでないとこれから私, 感じるといったくらいのところで, 感じるとおり精神のラッシュ, 感じるとかまあさうい, 感じるときそこには何, 感じるとき官兵衛の旺ん, 感じるとき飢渇的な面, 感じるともかくも今日, 感じるどころぢやない, 感じるア, 感じるなかであれば, 感じるなどというのが, 感じるなどは惨めだ, 感じるなんかおかしいこと, 感じるにつれどっちからとも, 感じるにつれてそれらの, 感じる僕は, 感じるさても, 感じるはっきりした自己意識, 感じるひまもない, 感じるほうが多い, 感じるほか何の希望, 感じるに大空, 感じるまでの落ち著き, 感じるまでは古い服, 感じるみんな身から出た, 感じるゆえに再考, 感じるゆとりのなかっ, 感じるイタリー人が少い, 感じるユーモアをわれ, 感じるだぜ, 感じる一つの点, 感じる一点一方から, 感じる一種の空虚, 感じる一雨来たらめ, 感じる万人の涙, 感じるです, 感じる不安について彼, 感じる不快なん, 感じるにも割り引き, 感じる主題であったと, 感じる乙女もある, 感じる事例もある, 感じる事柄であるが, 感じる二人であった, 感じる人たちです, 感じる人達はその, 感じる仏罰人罰誰を怨むで, 感じるの病気, 感じる俗物の手, 感じる傾向があった, 感じる僕らの国, 感じる共感が響い, 感じる冒険スリル一方には, 感じる冬物の御, 感じる凄味は一つ, 感じる凡夫の至情, 感じる処女らの黒い, 感じる判断するそして, 感じる刻刻の呼吸, 感じる力それを瞬間, 感じる努力をした, 感じる動物にすぎない, 感じる動物的な勘, 感じる匂いや神秘, 感じる十二の子供, 感じる厭悪と憤懣, 感じる反撥も手伝い, 感じる可哀そうな子供, 感じる同時に人間といふ, 感じる名状し難いなつかし, 感じるふこと, 感じる和解しがたい, 感じる唯物至上派でございます, 感じる困難がなかっ, 感じる圧迫は一種妙, 感じる圧迫感の反射, 感じる地震計という機械, 感じる場所に違い, 感じるに不思議, 感じる夕霧であった, 感じるにはこの, 感じる夜半の汽車, 感じるのもの, 感じる奥ゆきはいかに, 感じるとどうして, 感じる好都合の場所, 感じる如くにまま, 感じるのやう, 感じるは逃げれ, 感じる季節になっ, 感じる孤独が恐怖, 感じる安易さが生み出す, 感じる宗教を求め, 感じる定石へ落ち込んだ, 感じる実感の問題, 感じる屈辱感に似た, 感じるを歩い, 感じるには最早, 感じる平明な温い, 感じる年齢に達した, 感じる幸福と幸福, 感じる幸福感とちがう, 感じる底力があった, 感じる度合いが過度, 感じる廃頽味を持つ, 感じるさを, 感じる弱い震動は, 感じる復讐の念, 感じる微妙な心理, 感じる心あなたが善良, 感じる心それが非常, 感じる心持ちを感じ, 感じる心持同感して, 感じる心配以上鋭く心, 感じるさであろう, 感じるなの, 感じる性情が強かっ, 感じる性癖であつ, 感じる性質であった, 感じるの聖, 感じる恐怖心を麻痺, 感じる悦びがある, 感じる悲しみを理会, 感じるの心理, 感じる愛情だが, 感じる愛欲の男女, 感じる愛着といとわし, 感じる感じを抑えかね, 感じる感じ方それを云, 感じる感動的な偏愛, 感じる感覚能力も無くなる, 感じる慓悍な爺ぶり, 感じる慕わしさと, 感じる憎悪をお祖母さん, 感じるに非, 感じる我々の弱い, 感じるる除外, 感じる或は天御中主神を, 感じる手段でもあった, 感じる振動の止んだ, 感じる損失であろうと, 感じるに自分, 感じる文学的印象はジード, 感じると同じ, 感じる日光空気にもそこら, 感じる日本の風景, 感じる日本語の咒罵語, 感じる昨日はつくつくぼうし, 感じる時さびしさが身, 感じる時それを美, 感じる時候となりました, 感じる時刻です, 感じる時私は此, 感じる時絵を描く, 感じる時行ふ儀式, 感じる時間になった, 感じる暖かに神経, 感じる書債を果した, 感じる書物を系統的, 感じる最大の点, 感じる有数の抹茶碗, 感じるです, 感じる本当の幸福, 感じる本来の面目, 感じる柔軟な頭脳, 感じる栄養不良のため, 感じる根本は其処, 感じる桂子さんありがたう, 感じる梅雨の前, 感じる極致の境, 感じる様子もない, 感じる権利があり, 感じる機会が少く, 感じる機會が多, 感じるつまり前, 感じる正直な幾年, 感じる武者ぶるひ程, 感じる殘酷な喜び, 感じるの見識, 感じるにそこ, 感じる毛ぎらいやまたいわゆるなんとなく虫が好く, 感じる気もちはまた, 感じる気力もない, 感じる氣持がマヒ, 感じるさが, 感じる湯呑の温度, 感じる漠然とした苦々し, 感じる無力さはいつも, 感じる焦躁と冷たい, 感じる熱度を測っ, 感じるだった, 感じる特別なの, 感じる状態はうれしい, 感じる生々流転の相, 感じる生死去来真実人生死は仏, 感じる生活への判断, 感じる生活愛といえるでしょう, 感じる田舎の行事, 感じるの気持, 感じるで周圍, 感じる瞬間それに代る, 感じるもいよ, 感じる種類のもの, 感じる空虚の感じ, 感じる立派な国道, 感じる素子の腕, 感じる素質はある, 感じるの大き, 感じるであるまいか, 感じる緑平老の供養, 感じるくしさ, 感じる美我々を刺戟, 感じる羞恥穢辱感の憤り, 感じる習性がいまだに, 感じる習慣がない, 感じるとは異, 感じる老境の敏感さ, 感じるへ癖, 感じる者等は活力, 感じる肉体的に生理的, 感じるをおさえ, 感じる興奮と希望, 感じるとがある, 感じる若い女の, 感じる若者も多かっ, 感じる荷物は少く, 感じる蒙昧さがのこっ, 感じるであったが, 感じるが少く, 感じる表情がみなぎっ, 感じるの報いられたる, 感じる親しい未熟さ, 感じる訓練がなく, 感じるとして使つたの, 感じる読者がある, 感じる象徴の楽し, 感じる責任という点, 感じる賞め言葉をますます, 感じるの感覚, 感じる身体の疵所, 感じる農民たちのすぐ, 感じるつきつめて, 感じる近ごろの話, 感じる逞しい空想力を, 感じる進歩的な人々, 感じる道理です, 感じるさも, 感じる鈍重下根な意識, 感じる間もなく六の, 感じる関係になっ, 感じる関係者は多く, 感じる雅量をもち, 感じるにも風, 感じる雰囲気だ, 感じる電燈を消し, 感じるにおいては却, 感じる静物のよう, 感じる非国民のそしり, 感じるが生じた, 感じる頃家から用意, 感じる風景に限らず, 感じる風習に慣らされ, 感じる飛躍前の興奮, 感じる餘裕ある氣持, 感じる馬鹿馬鹿しさは, 感じるは幸福, 感じる魅力の飽き, 感じるもある