青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「斯く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

文芸~ 斎~ 斎藤~ 料~ ~料理 料理~ 斜~ 斜め~ ~斯 斯~
斯く~
斯様~ ~新 新~ ~新しい 新しい~ ~新しく 新しく~ ~新た 新た~ 新劇~

「斯く~」 1788, 19ppm, 5942位

▼ 斯く~ (351, 19.6%)

35 如くに 21 如きは 17 如し 11 如きもの 9 如くし 6 如しと 4 如くである 3 如くば

2 [31件] 如きのみ, 如き事, 如き人物, 如き侮辱, 如き大政黨, 如き威望, 如き形式, 如き手紙, 如き抱負, 如き政治, 如き暴論, 如き立場, 如き紹介状, 如き行動, 如き要求, 如き討論家, 如き醜, 如き風采, 如き馬鹿らしき, 如くならむこ, 如くなりき, 如くなるが, 如くんば, 如く侯が, 如く公, 如く其の, 如く君を, 如く大, 如し我輩は, 如し是れ, 如し是を以て

1 [183件] ごと, ごとき渺漠, ごとき科学力時代, ごとくわが, ごとく怪我, ごとく残酷, とおりの, 仕合せさて, 如きかを, 如きど, 如きの, 如きのぞみ, 如きや, 如き不心得, 如き両親, 如き事実, 如き二つ, 如き交渉, 如き人, 如き仕方, 如き作物, 如き信仰, 如き傾向, 如き光線, 如き公共事業, 如き共和, 如き冗語, 如き勝手気儘, 如き勝手氣儘, 如き古墳, 如き同じ, 如き唯物論, 如き場合, 如き境遇, 如き大, 如き天恵, 如き奇怪, 如き客觀的歴史的規定, 如き對照式, 如き平静, 如き徒爾, 如き従僕芸術, 如き心勞, 如き応酬, 如き思ひに, 如き思想, 如き怪速力, 如き愉快, 如き意味, 如き感激, 如き態度, 如き戦略, 如き戰略, 如き批評, 如き支配的, 如き暴政, 如き材料構造, 如き概念, 如き永遠化, 如き沈默, 如き海面, 如き演奏, 如き火山島, 如き状態, 如き生活, 如き男, 如き男子, 如き異質的浸透的連續的發展, 如き發展史的, 如き眼, 如き知れ切つた道理, 如き秘密, 如き窮地, 如き結果, 如き罪, 如き聖人, 如き職業, 如き自分, 如き自己疎外, 如き芸術, 如き苦悩煩悶憤慨, 如き苦惱煩悶憤慨, 如き著述, 如き見方, 如き觀察點, 如き試み, 如き誤解, 如き諸, 如き謂, 如き貧富, 如き貪濁なる商人, 如き辯證法, 如き辯證法的統一, 如き迷信, 如き重大犯人, 如き鋭さ, 如き靜寂至純, 如き駄文, 如くいつ, 如くせ, 如くで, 如くであった, 如くであります, 如くなりきあゝ, 如くなりきされど, 如くなりきされば, 如くなりきなりき, 如くなりき我, 如くなるに, 如くなるべきである, 如くなるを, 如くも, 如くわが身, 如くエロス, 如くロシア, 如く一日は, 如く一時繁栄, 如く中和性に, 如く交渉する, 如く人間學的, 如く今日, 如く体操と, 如く余, 如く信じ, 如く僕, 如く僕等, 如く優美, 如く内心, 如く冷酷, 如く制定する, 如く勇んで, 如く動くので, 如く化石学上の, 如く各, 如く同一, 如く君等を, 如く吾, 如く單純, 如く困窮零落し, 如く国内, 如く天平期, 如く夾雑物, 如く嫁, 如く存在と, 如く定型的, 如く尊崇せられたるや, 如く尾羽打枯, 如く市会, 如く市會, 如く当時, 如く彼, 如く憶良, 如く我邦, 如く文学者, 如く書いたまで, 如く望む, 如く法律知識, 如く注意を, 如く洞察し得た, 如く無産者的勞働者, 如く甚しき, 如く甚だしい, 如く異彩, 如く空, 如く經驗, 如く脳, 如く興味, 如く見る, 如く言消して, 如く認識が, 如く論じ去り論じ, 如く諸般, 如く赤貧困窮, 如く造化, 如く重大, 如く重複する, 如く體操, 如けむ, 如しほんの, 通り, 通りである, 通り平たく, 通り記事満載の

▼ 斯く~ (248, 13.9%)

6 彼は 4 私は

2 [12件] あれか, 一葉の, 二人は, 伯が, 其の年, 半年を, 尾崎氏の, 彼等の, 憲法を, 日本は, 私の, 迅速に

1 [214件] ありけむ, あるべき, ある中, ある可, うづまく砂烟, おのおの口腹, この生, すぐれし, その香水, ひとたびこの, またも絶頂, やう, わが, われカムパニアの, アポローンヂュウスの, アレースもろともに, イタリイの, イブン・サウドの, カマは, ギラ・コシサンと, ゲーレスが, ゲーレスは, トロイアアカイアの, トロイア平原に, バルザックは, パリスの, ヘレネーの, ボーメンズは, ユマニテと, 一年ばかりも, 一昼夜ほど, 一部は, 七月の, 三人打連れ, 三十四歳の, 三浦越中守羽仁越中守同, 上ると, 両人の, 九時余は, 予も, 予定の, 二十七日には, 二時間あまり, 人の, 人間にも, 人間性の, 今, 今われさまよ, 今井梯二は, 今日一般が, 今朝早朝に, 今迄よりも, 会津藩と, 何か, 余の, 余は, 作家が, 作家達は, 例の, 俺は, 先陣の, 兩人は, 兩軍, 兩軍炎々の, 兩陣立ち分れ, 八月十八日施餓鬼祭を, 其の月, 其十二ヶ月も, 其矢を, 内治外政一切, 再び船, 初めに, 前記永禄二年己未の, 剛勇の, 動かすべからざる一定, 十月五日に, 千代も, 千歳村の, 千歳村を, 午後二時駅逓に, 取締と, 君は, 味噌汁が, 四人は, 四里を, 在らん内, 地上に, 城都を, 墳塋積み上げ, 夜半まで, 大審院に, 大玄関, 大衆文学は, 大阪方は, 始めて, 婦人が, 孔雀は, 富士山は, 尚書に, 山は, 川流の, 巡り行き, 左右に, 左右より, 平野は, 幸豐君は, 幽玄の, 彼, 彼の, 待つこと幾時, 後にな, 後には, 後徐ろに, 後陣に, 急ぎて, 恐らくアルゴス, 悟るべし, 慧鶴は, 應報を, 我々は, 我は, 我等に, 戰亂湧き起り, 戰鬪巧みなる, 戰鬪相つづき, 支那には, 敵味方は, 敵軍侵し入る, 文殊と, 新陳代謝する, 日を, 日本に, 日置の, 明治四十三年一月第, 暫く話, 暮れた, 月見草は, 果つべき, 棧道にか, 樂しき四季移り, 横笛は, 正月の, 此の, 此ま, 此処よ, 此等の, 武州公と, 氏は, 永らく女, 汝の, 汝ら勇猛に, 江戸は, 海路の, 涕涙潛として, 深き水湛, 深まり行くばかり, 滅亡と, 瀧口主家の, 犧牲の, 現在の, 生れた男兒, 生命速かに, 目出度何, 相談は, 神より, 神無月の, 私達は, 秩父の, 稿を, 築城は, 約二十分の後, 紅輪沈み去り, 終日ものすごき, 終日アカイアの, 終日夕陽の, 絶叫祈祷あらゆる, 耀く青銅, 聯合軍は, 聳ゆべき, 胸中に, 若くして自分, 落ち行けば, 落日晃耀の, 落葉松は, 葛城は, 衆人四方より, 衆人席に, 衆人悉くおのおの, 衆人燃えあがる, 衆軍亡び去る, 覚めざれな, 親睦と, 許さねば, 話の, 諸神, 豐沃の, 走りて, 超現実主義, 車上に, 辭し, 逃るる, 途も, 速かに, 道徳も, 部分的には, 都城と, 長谷場純孝氏の, 離れたるもの, 雪の, 露清条約は, 露清條約, 順慶は, 風月なら, 鳥の

▼ 斯く~ (205, 11.5%)

8 て彼 54 て衆 3 て君, て彼等, て自分

2 [13件] てその, て予, て二人, て二人爭, て人間, て出来た, て吾人, て我, て持ち込まれた, て支那, て神, て私, て船

1 [153件] てあけ, てあらゆる, てからり, てくれた, てこそ下, てこの, てとし子さん, てとろり, てど, てまた, てアカイア, てアカイア水陣, てアカイア軍勢, てアカイヤ水陣, てスピノザ哲学, てロメン・ロオラン, て一国, て一般普通, て一齊, て三成, て三日, て世人, て世界最大, て主動者, て了, て事件勃発以後, て二つ, て二人戰場, て亡び, て享楽, て人道主義, て今, て今年, て仕事半ば, て余, て作りたる, て偉大, て充分, て先, て兩者眞近く, て八月, て公然, て共に, て其二者, て内, て再び, て冬子, て初め, て力, て十年一日, て去れる, て双方, て各, て向上進歩, て吾が, て呪うべき, て嘉平, て四人, て國際的, て在る, て地蔵さん, て城中, て夕暮, て好まず, て如何なる, て始, て小生, て屍體, て巴, て平面, て弓, て彼ら動き出, て彼ら塔上, て彼ら屍體, て彼女等, て彼愚者, て後, て得たる, て思想, て意識的, て成れる, て成就, て我々, て戦闘準備, て敵, て數十年, て既に, て既成大家, て日, て春, て時日, て最も, て有, て横田, て樫, て正に, て此信濃川, て此息子, て歩く, て段々, て民衆芸術, て永い, て永久, て永遠, て汝水軍, て淵, て準備, て漸く, て燦爛, て父母, て牲, て獰猛, て王者プリアモス其傳令, て現代, て町, て登り, て皮相, て直ちに, て相互, て眞, て真, て真実, て着ける, て神女莊嚴, て禍難相, て私ども, て私有制度, て立ち, て立つ, て組立てられた, て老, て脚, て脛, て自殺, て自由, て自由党, て自由黨, て荒, て見る, て試驗場, て諸, て負けた, て赤水, て近く彼, て進ん, て遂に, て過ごします, て過失死, て遠く隔て, て還らぬ, て頸, て食, て鹵簿

▼ 斯く~ (82, 4.6%)

2 トロイアの, 不思議な, 多数に, 無惨な

1 [74件] あるべしや, さんざんに, するは, はなれ難く, われらに, アイアース船より, アカイア軍勢は, アキリュウス凛然として, トロイア勢隊を, トロイア軍勢は, 上流へ, 不思議なる, 不敬を, 云ひ慰めませ, 光彩陸離な, 光榮の, 兩勇士イリオン城を, 古い又, 囚へて, 多いといふ, 奮は, 女らしく優しく舞, 安らかに, 完全に, 家族主義に, 尊き御, 廣街の, 強堅, 御多数, 快豁, 憤らしめたか, 憧憬の, 懇篤なる, 懸絶したるうつり, 手掛なき, 打ち開けたなごやかな姿, 摩訶不思議の, 攘はれ, 教訓を, 時間を, 朧気に, 権勢ある, 欺ける, 正しく表現, 此山を, 永らく害す, 汝の, 注意する, 深いまじ, 無道に, 珍妙な, 異常な, 盛に, 考えるであろうと, 胸裏に, 自信を, 茫然と, 蒼空に, 見事に, 詳細を, 豪勇の, 貞淑だ, 貴いお方, 貴い人間, 身も, 迅速に, 退く敵軍, 運命の, 遠大無窮である, 酒飲みに, 陰惨な, 駿馬驅る, 驚くべき一致, 黯然たる

▼ 斯くまで~ (38, 2.1%)

1 [38件] 不如意にも, 乱される自分, 事を, 人に, 人を, 僕に, 充分の, 区別の, 厚く神, 喰ひ, 強いこと, 心が, 心地よく消, 恍惚と, 恥辱を, 愛らしきか, 手前に, 打開けた, 描上げた, 損なわれる事, 支那人に, 深くかく, 清浄に, 無力な, 甚く, 疑うに, 眼を, 篤く信じ, 美しからじ, 苦しき思い, 苦心した, 苦悶した, 言う甲斐, 豪宕を, 道を, 醇化し, 驚かせた室, 骨身を

▼ 斯く~ (31, 1.7%)

6 見て 3 見るより

1 [22件] 告げた善兵衛, 報告する, 我誇る, 申ける, 眺むるアイアース巨大の, 眺めて, 知らせたので, 知らば, 知りせば, 知りたる王, 知りなば, 知るや, 知れ, 聞いた太政官, 聞いて, 聞かば, 聞くより, 見た暖簾, 見て取つた行司, 見るや, 見抜いて, 陳ずれば

▼ 斯く~ (29, 1.6%)

3 ひて, ふ 2 ふ私, へり

1 [19件] は, ひかけて, ひしは, ひしもの, ひたるは, ひ掛けて, ひ終つて後丹, ふなり, ふに, ふべし, ふわけ, ふを, ふ予自身, ふ宇古木兵馬, ふ客, ふ而, へば, へば土耳格人, へり汝

▼ 斯く~ (20, 1.1%)

1 [20件] バルザックに, 不思議な, 云う者, 刺されたの, 否み給, 布教に, 後れたるぞ, 慈悲なく, 我が心, 検査役が, 母と共に, 汝を, 湧き起る, 生ひ, 穏便に, 筆に, 行く, 走り給ふ, 錯亂を, 降りきと

▼ 斯くまでに~ (19, 1.1%)

1 [19件] して, ハルトマンの, 上手なる, 不安心, 僕を, 力を, 厳しく警めたら, 堕落は, 壊れたるに, 尊敬する, 師は, 慕ふかを, 涙を, 深くは, 狼狽した, 破廉恥なり, 私が, 身を, 酷言せず

▼ 斯くばかり~ (16, 0.9%)

1 [16件] さもあれ幾多, 恋に, 恋ひ, 恋ひむ, 懇切に, 我は, 深いもの, 疼きこと, 美しいかと, 自分に, 艶冶の, 術なき, 術無きもの, 難き御門, 面影のみに, 飛ぶが

▼ 斯く~ (16, 0.9%)

2 と思われる, 御賜

1 [12件] ありなむ, と思はれた, と思われた, と我, と疑はる, と自分, と見える, と覚え, と許, 執らんといふ, 歎かむ, 陣中に

▼ 斯くいう~ (15, 0.8%)

6 のは 3 ことが 1 ことは, それが, のが, も我々, 小生の, 竜次郎より

▼ 斯く~ (13, 0.7%)

3 ひて 2 ふ僕 1 はれるに, ひながら, ひ来れば, ひ畢, ふ可, ふ吾, ふ私, へば

▼ 斯く申す~ (13, 0.7%)

2 新田耕助, 生も 1 のは, 吾輩キチガイ博士にとっては, 大藏, 大鳥なら, 小生なり, 拙者は, 生こそは, 自分なども, 虎松で

▼ 斯くする~ (11, 0.6%)

1 [11件] うち漸く, かよ, か斯く, ことによって, こと両, は必, を否む, を至当, 事によ, 事數回に, 内に

▼ 斯くては~ (10, 0.6%)

1 あらぬもの, この第, 事柄の, 余り専門学, 侮り難い, 天候の, 定めし夫, 戀は, 筑摩殿の, 身躰の

▼ 斯く~ (10, 0.6%)

5 はむ 1 はし, はむ其時われ, ひトロイア, ふゲレーニャ, へり是

▼ 斯く~ (10, 0.6%)

2 極度に 1 一致し, 人を, 圖版の, 失望する, 強い事, 無情なる, 物は, 生命の

▼ 斯くあり~ (8, 0.4%)

1 て, てこそ一国, てヂュウス, て汝, て舳, ながら, ながら大海, 度い

▼ 斯く云う~ (8, 0.4%)

2 折しも 1 ことも, アンポンタン・ポカン自身の, 彼も, 時吾, 私には, 自分も

▼ 斯くあら~ (7, 0.4%)

51 むと裸男かね, むトロイアアカイア兩軍の

▼ 斯くある~ (6, 0.3%)

2 可し 1 か, ということ, ものは, 心意一切の

▼ 斯くこそ~ (6, 0.3%)

1 ありしか, 他日人曰, 彼は, 思ひしが, 記るされたれ, 遺すなれ

▼ 斯く~ (6, 0.3%)

2 覚ゆる 1 つぶやく, プリアモス衆人同じく, 宇多の, 營まる

▼ 斯くいふ~ (5, 0.3%)

1 ヘクトール, 今日の, 僕な, 時涙な, 私は

▼ 斯く迄に~ (5, 0.3%)

1 喧伝されよう, 排他的であろう, 猛き, 田舍者だ, 美事なる

▼ 斯くあるべき~ (4, 0.2%)

1 ものといふ, 事だろう, 因が, 果が

▼ 斯くいへる~ (4, 0.2%)

1 とき彼等の, に彼, は皇帝トラヤーノ, 聲ありき

▼ 斯くてこそ~ (4, 0.2%)

1 圓滿なる, 平等均一の, 田舎十七年前都落ちした, 貧しきもの

▼ 斯くても~ (4, 0.2%)

1 吾を, 妾は, 尚詩, 精進日なる

▼ 斯く~ (4, 0.2%)

1 さむ轟音, せり, つては, つて同じ

▼ 斯くなる~ (4, 0.2%)

3 上は 1 この自然

▼ 斯くなれ~ (4, 0.2%)

1 ばなる, ばもう, ば世, ば大阪

▼ 斯くまでの~ (4, 0.2%)

1 思ひ何, 極端に, 間柄である, 雪の

▼ 斯くまでも~ (4, 0.2%)

1 左の, 調べ上しは, 迷ふ, 邪慳な

▼ 斯く~ (4, 0.2%)

2 へば 1 はれて, ふことは

▼ 斯く在る~ (4, 0.2%)

1 が故に, ことの, のだ, 事は

▼ 斯く~ (4, 0.2%)

1 にいひ, の旨, は此, れ至上

▼ 斯く~ (4, 0.2%)

1 が事, が擯斥, の気, の言

▼ 斯く~ (4, 0.2%)

1 うるや, ふる方道理, へ來, へ来つ

▼ 斯く陳ずる~ (4, 0.2%)

1 にヘクトール答, を, を聞き取り, を腕

▼ 斯くあれ~ (3, 0.2%)

2 かし 1 と指導

▼ 斯くいひ~ (3, 0.2%)

1 て後, て身, ながら春三郎

▼ 斯くこの~ (3, 0.2%)

1 世界が, 書の, 血次第に

▼ 斯くトロイア~ (3, 0.2%)

2 の軍勢 1 の大軍

▼ 斯く~ (3, 0.2%)

1 いならずとも, に柔かく, 使命の

▼ 斯く思い~ (3, 0.2%)

3 て余

▼ 斯く思ひ~ (3, 0.2%)

1 て斯く, 來れ, 夜に

▼ 斯く思ふ~ (3, 0.2%)

1 と自分, につけ, の情

▼ 斯く感ずる~ (3, 0.2%)

1 と共に余, のみでなく, 者和歌社會には

▼ 斯く~ (3, 0.2%)

1 にいへり, は真意, は第

▼ 斯く申し~ (3, 0.2%)

1 候とて, 候処其人が, 候處其人が

▼ 斯く考える~ (3, 0.2%)

1 力を, 時自己は, 私は

▼ 斯く解する~ (3, 0.2%)

2 ことを 1 より外

▼ 斯く言え~ (3, 0.2%)

1 ばいたずら, ばそれ, ば言い過ぎ

▼ 斯くあらね~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 斯くあるべし~ (2, 0.1%)

1 と推論, と聞いた

▼ 斯くあれかし~ (2, 0.1%)

1 と希い, のわざおぎではあったろうが

▼ 斯くせね~ (2, 0.1%)

1 ばならぬ, ばならん

▼ 斯くとも~ (2, 0.1%)

1 如何しら紙に, 知らず茂之助

▼ 斯くなり~ (2, 0.1%)

1 たりと思へ, ては今更

▼ 斯くまた~ (2, 0.1%)

1 山の, 我はつ

▼ 斯くやあ~ (2, 0.1%)

2 つたらうと

▼ 斯くわが~ (2, 0.1%)

1 心に, 歩履を

▼ 斯く世間~ (2, 0.1%)

1 で持て, を觀察

▼ 斯く云い~ (2, 0.1%)

1 つつ次の間, つつ瓶

▼ 斯く云え~ (2, 0.1%)

1 ばこの, ば矢張り松谷秀子

▼ 斯く云っ~ (2, 0.1%)

1 て媒妁, て幾日

▼ 斯く交渉~ (2, 0.1%)

2 すること

▼ 斯く今日世界~ (2, 0.1%)

1 が実在的, が實

▼ 斯く信じ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て疑

▼ 斯く信ずる~ (2, 0.1%)

1 が故に, 私の

▼ 斯く叫ぶ~ (2, 0.1%)

1 のである, 間も

▼ 斯く~ (2, 0.1%)

1 の悲哀, をのみ想う

▼ 斯く堅牢~ (2, 0.1%)

1 に造られし, の大

▼ 斯く安泰~ (2, 0.1%)

1 ならしめてる彼, に生活

▼ 斯く干渉~ (2, 0.1%)

2 すること

▼ 斯く~ (2, 0.1%)

2 よく生れたる

▼ 斯く思う~ (2, 0.1%)

2 もの

▼ 斯く愛山生~ (2, 0.1%)

1 は問, は説けり

▼ 斯く~ (2, 0.1%)

1 の思想, 多き剛勇

▼ 斯く旧約聖書~ (2, 0.1%)

2 は草

▼ 斯く~ (2, 0.1%)

1 かになる, に記憶

▼ 斯く~ (2, 0.1%)

1 ひて, ふに

▼ 斯く歴史的地盤~ (2, 0.1%)

2 から構成

▼ 斯く段々~ (2, 0.1%)

1 推して, 變つて來た

▼ 斯く~ (2, 0.1%)

1 を問, を見る

▼ 斯く猛烈~ (2, 0.1%)

1 の戰, の戰鬪

▼ 斯く甲斐性~ (2, 0.1%)

2 なき男

▼ 斯く疑う~ (2, 0.1%)

1 のでありました, のは

▼ 斯く知らませ~ (2, 0.1%)

1 ば, ばあ

▼ 斯く罷りな~ (2, 0.1%)

1 ば, ば平ら

▼ 斯く考へる~ (2, 0.1%)

1 のである, 事が

▼ 斯く規定~ (2, 0.1%)

2 されること

▼ 斯く言はん~ (2, 0.1%)

1 かそれ, も畏けれ

▼ 斯く語る~ (2, 0.1%)

1 ついでに, のです

▼ 斯く~ (2, 0.1%)

1 ふほどに, を費す

▼ 斯く迅速~ (2, 0.1%)

1 にアキリュウス脚, に猛烈

▼ 斯く~ (2, 0.1%)

1 じ終, じ黄金

▼ 斯く零落~ (2, 0.1%)

1 の身, を致し

▼ 斯く~ (2, 0.1%)

1 ひの, ふ

▼1* [406件]

斯くつて, 斯くあったから斯く, 斯くあらざるを得ない, 斯くあらんとは豫, 斯くありき今妙齡, 斯くありたしとの希望, 斯くあるべきだと思う, 斯くあるべきではない, 斯くあるべきであり斯くあらざる, 斯くあろうと思っ, 斯くいえばとて強, 斯くいつまでも丈, 斯くいはねば感情, 斯くいひゐたりかく, 斯くいふべしとおも, 斯くいへば兔い, 斯くはしますなり, 斯くお話致し居りまする私, 斯く兩軍は, 斯くかの尊き民手背, 斯くきまったという, 斯くしたのである, 斯くし遊ばむ今も, 斯くすべしとして, 斯くすれば興味, 斯くそしる者も, 斯くその昔戰場に, 斯くそれがし, 斯くたまさかに取出る, 斯くつれなく待遇し, 斯くてあらんと, 斯くてだに在らんにはと, 斯くとの知らせに, 斯くとは言出しぬ, 斯くなった以上矢張り先生自身に, 斯くならん末を, 斯くなりました上は, 斯くなるべき筈の, 斯くなるらし古も, 斯くなれる上は, 斯くのみこそ吾が恋, 斯くはかなき事し, 斯くはなすまじき朝夕の, 斯くばかりの催しを, 斯くまでとも思はざりしに, 斯くまでには衰へ, 斯くまでは口に, 斯くむづかしき性質にはなりしならん, 斯くもせば助からん, 斯くゆゑに見じ, 斯く血ぞ, 斯くわざと源次郎の, 斯くアイアーストロイアの軍勢あと, 斯くアポローンの聲, 斯くアルゴスの諸, 斯くアレースは苦め, 斯くアーンチロコス引き返す, 斯くクサントス憤激を抑, 斯くハルトマンは文學美術, 斯くプチーエーの端, 斯く一助詞の解釈, 斯く一同の意見, 斯く一方は達し得ず, 斯く一生の目的, 斯く一致団結して, 斯く一途になるであろう, 斯く丁寧に保存, 斯く上國に遲, 斯く上方と奧州, 斯く賤の, 斯く不正の策, 斯く不遇であつ, 斯くの富貴, 斯く世界が何処, 斯く丘上のペルガモス, 斯く両社とも諾冉二尊, 斯く主張した, 斯く事細かに語り, 斯く二人の如き, 斯く二勇將彼と此, 斯く二句を作り, 斯く二將軍おほいな, 斯く二樣に發音, 斯く云いすて, 斯く云いたるに非, 斯く云うた北見釧路十勝に, 斯く云った彼等は, 斯く云つてゲーレスは馬, 斯く云つて少女は荒々しく, 斯く云つて渡り場へ駈け寄せた, 斯く云ひも果てずジエンナロ, 斯く云わば此記録, 斯く五時間も長く, 斯く些細な點, 斯くわれも, 斯く人々の身長, 斯く人心の片意地, 斯く人物が固く, 斯く人間の世代, 斯く仔細に看, 斯く何処までも表現的, 斯く何怜く縫, 斯く信じたるを以て更に, 斯く信じ居る標準なり, 斯く信ぜしめたのか, 斯く偶然に枕, 斯くの家, 斯く柳橋の, 斯く兇暴に狂, 斯く先頭に勇むまじ, 斯くも角, 斯く其の若者に, 斯く再び彼等の, 斯く出たらめを, 斯くし換, 斯く前後に到着, 斯くふ, 斯く勸められて, 斯く勸めらる, 斯く南北相応じて, 斯く我に, 斯くの間, 斯く古代から渇仰, 斯く叫び立てた, 斯く叫び美麗の流沸き返る, 斯く吹き散らされて来た, 斯く呟きながらさて, 斯く呼べばすべて, 斯く呼んだのである, 斯く呼んだら彼等の, 斯く命じ終つた大佐は, 斯く咲きたらばいと, 斯く問うを怪む, 斯く喧嘩さる, 斯く嘲りたる平民的短歌の, 斯くをした, 斯く器械の力, 斯く嚴重に禁制, 斯く國文は漢文, 斯く塵埃に其頭まみれ, 斯く多き角力の, 斯く多大の影響, 斯く多数の御, 斯く大佐の家, 斯く大正の末期, 斯く天地万象が総毛立つ, 斯く天狗は本来中性, 斯く奔竄の敵軍, 斯くが呼ぶ, 斯くを無制限, 斯くに云うた, 斯く媚びるのである, 斯く子供の出来た, 斯く字義を廣, 斯く定まつた樣子です, 斯くしアカイア軍勢みな贊, 斯く尋常に御, 斯く對等の地位, 斯く導かれるもので, 斯く深く人煙, 斯くと我等, 斯く広き社会の, 斯く廣大に斯く, 斯く式広を確立, 斯く引返しトロイアを討て, 斯く張札して, 斯くに踏み留り, 斯く婦人に対して, 斯く忍び込むまでには充分, 斯く忍ぶ身と, 斯く志筑の地, 斯く思うたがこ, 斯く思えば感覚, 斯く思ひしは當時人智, 斯く思ひ申し候, 斯く思ひ立ちては気, 斯く思へば嬉し, 斯く思わずには居られない, 斯く思想的大観的に歌う, 斯くすらば生ける, 斯く悟れば其, 斯く情深きにいかで, 斯くをきめ, 斯く愚者は思惟, 斯く感じて詠歎, 斯く感じたる事あれ, 斯く感じると言い, 斯く慶福の神, 斯く成らむ, 斯く成らねばならん, 斯く成り來つたのは, 斯く成り行くは皆, 斯く成果てたる其原因, 斯く我々が何処, 斯く我が國でも, 斯く我多く流血の無, 斯く我多く睡眠を知らざる, 斯く我彼に曰, 斯く我等にいへり, 斯く事を, 斯く戰陣の眞先, 斯くを用, 斯く吟じつ, 斯く打たれし敵は, 斯く批評する私, 斯く承はる以上は, 斯く披露し終ると, 斯く押寄せて來, 斯く推定するの, 斯く推察された上, 斯くがつたもの, 斯く收録したもの, 斯く改めたる作他日よそ人に, 斯くへたる, 斯く数えて来たら, 斯くる, 斯く断りするは曾つて, 斯く断言し得る者, 斯く旧慣破壊で他, 斯く早くもかの財寶, 斯く明確になつ, 斯く暴れてトロイア軍, 斯く曇れ明日は, 斯く有らんと存じ, 斯くをいじり, 斯く未だ目が, 斯く氣に, 斯く東西に対峙, 斯く植物が好き, 斯く椿子歓迎句会が催され, 斯く權力を持つ, 斯く正確に予言, 斯く歩くにも困難, 斯く歴史的に日本文化, 斯く死後迄不幸, 斯く毒蛇でも捨てる, 斯く水臭きものに, 斯く汝アルゴスの, 斯くの鴨, 斯く泣くや, 斯く流暢な歌調, 斯く浅ましき死を, 斯く淋しく此処に, 斯くかりしこと, 斯く為し続ければ児童, 斯く為すこと三回ならしめ, 斯く殘に, 斯く無理なる所望, 斯く無造作に書, 斯く照ちやんの身の上, 斯くしつつ, 斯く爲さば和ぎて, 斯く物凄く嘆く彼, 斯く獄舍の生活, 斯く獄舎の生活, 斯く獅子や猛, 斯く現れてあり, 斯く現在腹の眞中, 斯くくべしと, 斯く生かされて居る, 斯くゐるの, 斯く申さば讒謗罵詈禮を知らぬしれ, 斯く申したらアイノ論者は, 斯く申しますとあるいは, 斯く申しまする私は, 斯く申し上げれば閣下, 斯く申せば御, 斯く申込まれては男, 斯くった態度, 斯く疑いて余, 斯く疲れ切つてる状態に, 斯く百千の軍勢, 斯く盛んなローマン主義, 斯くを添, 斯く目のあたりに見, 斯く並びて, 斯く眞理よりも眞理, 斯く真理よりも真理, 斯く眺め候ふほどに, 斯く睨合つて居る間, 斯く碌々たるべしとは, 斯く示されたりしも強, 斯く神経系に対する刺戟, 斯くぶの, 斯く稍戯曲的であるから, 斯く立つて居る, 斯く立山後立山の両, 斯く立浪の騷, 斯く七の, 斯くふ, 斯く簡易なるもの, 斯く簡短に終, 斯く籠囚の身, 斯く精巧を盡, 斯く精確に書かれた, 斯くて商, 斯く罵詈がましき, 斯く美しく覚官的で, 斯くを傷, 斯く翳す春雨傘か, 斯く耀けるアイアース, 斯く考えて来れ, 斯く考え廻すうちに, 斯く考え来りますと我ら日本人, 斯く考へて春三郎, 斯くして, 斯く聊か動かんと, 斯く聞きて余, 斯く聲言して, 斯く肉體の身長, 斯く自己自身の根柢, 斯く致したことである, 斯く花やかに目, 斯く花園を開き, 斯く苦心を要する, 斯く茫然と鹿の子, 斯く菅沼の既に, 斯く藻西が家, 斯くに近く, 斯く衆軍は死屍, 斯く行きて奪, 斯く行く防風摘み, 斯く衛生に注意, 斯く裁判し畢, 斯く斯く感じ, 斯く見られた時歴史的世界は, 斯く見苦しい姿を, 斯く見苦しき落人に, 斯く覚官的に切実, 斯くじ來, 斯く解したのである, 斯く解釈するとき, 斯く言うことは, 斯く言つて全く安心, 斯く言つて二度目の氷, 斯く言盡し彼ら, 斯く討論の末自ら悟つた方, 斯くの分らん, 斯くせらる, 斯く詠じて書付け給, 斯く詠じ終りて腹, 斯く詩人も亦, 斯く詮鑿する間, 斯く話すうち文太郎は, 斯く詳細に此事, 斯くへり, 斯く認めて筆, 斯く認め終りし書面をば, 斯く誓言を立つべきで, 斯く語って自分, 斯く語りて我等, 斯く語りかけた櫻木大佐は, 斯く語れる間, 斯く説き聞せられて我, 斯くひ我等, 斯く諭されたる時限なき, 斯く地方に, 斯くへる事, 斯く讀みて何等, 斯く讐敵にヘクト, 斯く豐饒なる天地, 斯く豪宕なる景観, 斯く超越的一者に対するということ, 斯く足らはぬ, 斯くを誤り, 斯くり狂, 斯く身体が段々, 斯く載ったが古事記, 斯くしむアキリュウス, 斯く迄は愛でざりき, 斯く迄も君の, 斯くき脚, 斯く返事したの, 斯く迫害たれば, 斯く追放仰付けられたの, 斯く通信機関を妨害, 斯く通達する佛陀, 斯くに金, 斯く進航して, 斯く運命は定, 斯くかに云う, 斯く遠く隊を, 斯くくこ, 斯く遺して年々, 斯く遺言したの, 斯くかむ衆, 斯く鎖國と決する, 斯く間接の感化, 斯く闇黒の中, 斯く降り來る, 斯く陰慘の夜もすがら, 斯く陳ず然かは, 斯く陳ずれどクロニオーン, 斯く随喜渇仰致すでは, 斯く雷霆の神, 斯く露見する上, 斯く青銅を鎧, 斯く静まりかねつなにしかも, 斯く非凡の健康, 斯く願いの叶った, 斯く類似の, 斯くせて, 斯く驚き怪みました, 斯くと雨, 斯くかに聽, 斯くの玉