青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「押え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

抱~ ~抱い 抱い~ ~抱え 抱え~ ~抵抗 抵抗~ ~押 押~ ~押え
押え~
~押し 押し~ 抽象~ 拂~ ~拍子 拍子~ ~拔 拔~ 拘らず~ 拙者~

「押え~」 1213, 13ppm, 8738位

▼ 押え~ (776, 64.0%)

28 いた 15 いるの 12 いる 11 いて 7 いたの, しまいました 6 いる手 5 いた手 4 いること, いると, おいて, 顔を

3 [11件] いたが, いては, いるという, いるよう, おくと, しまった, 地面に, 小走りに, 無理に, 走り出した, 身体を

2 [46件] いいました, いた女中, いった, いました, います, いるが, いるので, いる男, いろ, おいでに, おりましたが, おります, がまんし, くれよう, こい, ごらんに, しまったの, しまって, ずばりと, みると, みんこと, やった, やろうと, やろうという, シクシク泣い, ジッと, 一目散に, 上に, 云った, 右手に, 名人が, 咳を, 因縁つけ, 声を, 居た, 居る, 布の, 椅子に, 眼を, 笑った, 置いて, 耳を, 膝を, 自分で, 見たり, 走って

1 [544件 抜粋] ああ耳, あかないよう, あります, あると, あるン, あれに, いきなり室, いくらし, いただけに, いたという, いたよう, いた二人, いた侍, いた六人, いた手拭, いた時分, いた杉山氏, いた梯子, いた私, いた筑前, いた訳, いた醜悪, いても, いない母, いなかったらどんな, いなければ, いなせえよ, いましたが, いました時, いようといった, いらっしゃい, いらっしゃい仕切ボール, いるあいだ, いるうち, いるため, いるつもり, いるでどう, いるとき, いるところ, いるま, いるらしくその, いるらしく動かなかった, いるらしく思われたので, いる人, いる力, いる四人, いる始末, いる実力, いる左手, いる意気ごみ, いる手のひら, いる手指, いる横, いる民衆, いる池上, いる竜, いる裾, いろと, うつむいたと, うつむいて, うつむき居るの, うつむく, うふ, うんと横, おいで, おかないと, おきました, おくだけの, おくん, おこうという, おらねば, おりました, おり所天, おろおろと, お引渡し, お役所, お駒ちゃん, かかって, かかると, かかるの, かかるわけ, かつての, かつて小出楢重氏, かるく頭, がらりと, きたから, くれ, くれたまえ, くれて, くれる, くれるぞと, くれるよう, ぐいと対手, ぐっと半身, こういった, ここに, ここへ, これからも, これを, さびしそう, さらに名, しかめっ面を, しくしく泣い, しごきながら, しずまらせ様, しばし口, しばらくそのままに, しまいたいと, しまいますね, しまう, しゃがんで, しゃなりしゃなりと, しょんぼり妹, じっとし, じっと聞い, すぐに, すわらせると, ずばり, ずり落ちそう, ずるずる女, そうしてその, そこまで, そこらを, そのまま別れ, その中, その刀, その場, その左側, その手, その押えた, その見せしめ, ちっ, ちょっと前, つきだして, つとめて哀願, とっとと駈け, ともかくも, どうしても放し, なんという, はいり込もうと, ひッくり, ぴしゃんこに坐っ, ふうむと鼻の, ふきだしたいの, ふと凄く, ぶるぶる両手, へへへへ, ほかの, また倒れた, また呑み込み, また朗吟, みせた, みせました, みせようか, みたり, みて, みましたが, みるらしい, もう一度, もし手, やおら立上り, やったか, ややしばし蔵, やりたかつた, やりながら, やり硝子戸, やるから, やると, ゆくと, ゆすぶれば, ゆるがず四民, よく訳, よろめいた, よろめきつつ, よろめく, よろよろしました, わざと芝生, わんぐり噛みつき, んならん, ウンウン云っ, ギュウギュウ言わせたら, クリクリと, グックと, グルリと, ケビンに, ジーッとして, ズンズン梯子段の, タタキ上げ, ヒョイと, ピストルを, フラフラと, フラリフラリと, フン縛ろう, プログラムの, リゼットは, リュシアン・レヴィー・クールと, 一つ一つ細っ, 一人が, 一句一句に, 一心にこういう, 一時本庁へ, 一歩も, 一歩廊下に, 一歩進み出た, 一生懸命話の, 一足も, 七転八倒の, 三四郎の, 三要は, 下げさせた, 下を, 中へ, 中国人の, 二階の, 五十文百文の, 交換条件に, 京都を, 人々に, 今後異心無く, 仕事を, 仰向けに, 伏し沈んで, 何う, 何か, 何もかも聞きました, 何やら考え, 俯伏いた, 俯向い, 俯向いた, 候えば, 停留場の, 先へ, 先刻から, 入牢申し付けた, 其処に, 冷に, 冷笑した, 凝視する, 到頭町, 制し合った, 削るもの, 力なく, 動かさず, 動かさないので, 動かさぬさ, 千浪に, 半病人, 博士から, 危うく声, 取っちめようと, 取上げた, 取出させると, 口籠っ, 右で, 右の, 右手で, 向き直ろうと, 吟味する, 呉れまする其の, 呉れんか, 呑込んだ, 哀願する, 唄うたい, 唸るその, 唾液を, 問うた, 善人を, 嘴で, 噴水を, 在, 坐れという, 垂れの, 堤を, 夕闇に, 夢中に, 夢中遊行を, 大きく息, 大きく頷いた, 大きな汽船, 大体の, 大門の, 夫人は, 奴の, 学生の, 家へ, 家まで, 宿の, 密書を, 寝室に, 少しばかり, 居たが, 居たり, 居た四十位, 居た庄吉, 居て, 居ても, 居りました傳次, 居るうち戸外, 居るが, 居るし, 居るハズミ, 居る一人, 屹と, 岡は, 市左衛門は, 帰った, 平次は, 平田へ, 座に, 座を, 弁慶を, 引きすえた, 引きずり下して, 引き戻した, 引止めるもの, 引立てまして, 弟の, 彼の, 彼を, 彼女を, 御らん, 御顔打守, 必死と, 必死に, 志賀内匠様を, 急いだが, 恍惚し, 息を, 戻り贋者, 扉を, 手に, 手欄に, 手込めに, 抱きしめながら, 拳を, 挙げて, 捕える, 揮毫を, 揺かし, 撥人形の, 撫で下げます, 放さず手, 放さぬので, 敲いたら大概敵, 文字通りに, 斉彬の, 断行する, 早口に, 曲が, 机に, 来た心, 来て, 来ると, 枕に, 棒立ちに, 棒縛り, 森の, 極めて事務的, 槍を, 横っ飛び, 横っ飛びに, 横に, 樹の, 機の, 止めたそう, 止めると, 止を, 歩く, 歩みかけると, 残った片手, 氷って, 油の, 泣き声を, 泣き続けて, 泥を, 涙が, 涙を, 渋紙を, 渡さなかった, 源次は, 火の, 焼き殺すかも, 片手は, 牢に, 物の数を, 物尺で, 猫の, 王の, 生命の, 用心深くやっ, 町人は, 町奉行へ, 留めました, 畜生畜生ッオイ早く, 白状さし, 白状させる, 百姓に, 目に, 目は, 目を, 目一杯に, 目玉を, 盲従させる, 直接に, 真蒼, 眠ること, 瞼へ, 磧の, 礼を, 私は, 空に, 突然神さま, 立ちどまって, 立上った, 笑いこけたもの, 笑いころげた, 笑いを, 簀巻に, 素知らぬフリ, 組伏せに, 結束したい, 絞め殺したので, 絶叫しました, 縁側へ, 縄で, 縄を, 縛る間, 置きたい, 置くこと, 置くん, 置けば, 署内を, 群集を, 羽翅の, 耳の, 聞き耳を, 聞くよう, 肩に, 脚は, 自分でも, 苦しがっ, 苦しがった, 蓮座の, 薬も, 行けと, 街頭の, 見た, 見たかと, 見つめて, 覗いては, 言った, 言葉に, 訊問する, 詮議すれ, 話にも, 誰も, 調べる道, 警察へ, 譲れば, 象の, 貧乏揺るぎも, 貰ったら又, 貴様は, 身を, 軽くお辞儀, 退け反った時, 退軍, 逃がそうとは, 逃げたの, 逃げだしますと, 逃げて, 遁さぬ, 邸の, 酒浸し, 重二郎, 鉄の, 鏡を, 長方形に, 閉めたの, 開かないよう, 間もなく主君, 陽子は, 階段口から, 震幅を, 露っぽい, 露はさ, 青年と, 静かに, 面を, 頂きたいもの, 項まで, 頤を, 頭を, 顔色も, 風呂一杯の, 首を, 駆け出して, 髪の毛を, 黙り込んで, S子の

▼ 押えながら~ (135, 11.1%)

6 云った 3 言った 2 やって

1 [124件] ああちゃーん, あらためて取り散らされた, いざなって, えてもの, お霊屋, かめの子の, ぎろり目を, じっとし, じっとなにか考えこんだ, そしらぬ顔, その傍, それでもなお, そわそわと, どうしてもじっと立っ, どこかに, ぬかりなく, ののしるごとくに, またじっと, まっすぐ倒れ, むっつりし, やっと今, わざとゆっくり構え, わなわなと, シッカリと, ゾーッと, ヒキガネを, ヒョロヒョロと, 一層大きく, 一方若旦那, 三尺ばかり, 下から, 下駄の, 主膳を, 低いけれども, 何かに, 俯向い, 全身を, 出て, 切った剃刀, 力の, 包みを, 右に, 右の, 名人が, 呟いた, 呼吸を, 咳を, 壁へ, 夜を, 大学病院に, 奥さんは, 姉さん被, 宇治は, 客間の, 宿直に, 寝そべってる少年, 小村が, 小野田を, 島野紳士の, 差覗く, 帰雁を, 帽子を, 引き立てて, 引退って, 彼が, 彼は, 微笑し, 心の, 忙がわ, 急いで, 急に, 怨めしそう, 意識を, 感動しきっ, 扉を, 支店長代理に, 杉川警察医を, 椿の, 欠伸を, 次郎の, 歩いた, 母様の, 毛沼博士邸を, 瀧子が, 無言で, 熱心に, 片手で, 物思いを, 猛獣の, 猫の, 皺の, 真蒼, 眼を, 眼鏡の, 石が, 空気工場の, 立ちあがった, 立って, 笑った, 答えた, 縁側に, 考えて, 耳を, 聞いて, 肩を, 腹立紛れの, 自分は, 茂作の, 蝶を, 街道を, 衣裳箪笥にも, 裏口の, 訝しげに, 豹吉に, 貴人達を, 赤星は, 躯を, 運転手の, 険しく眼, 階段を, 面を, 鞘へ, 顔を, 鯔を

▼ 押え~ (31, 2.6%)

2 かかったの, 押えて

1 [27件] かかります, かかると, かかるは, さ, して, でかけましょう, なって, なりました, コートを, 京伝作の, 任ぜ, 使います, 出ようと, 出張って, 参りましたが, 参りましたぞ, 張り込みまする, 彼の, 掛りまするの, 来たが, 来たよう, 来た際, 来なければ, 番頭さんの, 行ったの, 行った部下, 駆けだすだろうと

▼ 押えたり~ (22, 1.8%)

4 して 2 した, しながら, 押えられたり

1 [12件] し小, するの, つまんだり, グルグル指, 二人の, 介抱する, 刈り取ったり, 弛めたり, 気が, 立っても, 袂の, 足跡や

▼ 押えても~ (19, 1.6%)

3 押えても

1 [16件] いたであろう, ふるえが, やり切れぬ憤激, エマニュエルは, 中なる, 出鱈目の, 到底制しきれない, 屍の, 押え切れない喜び, 根が, 止らぬ武者, 泣き声に, 流れた, 湧こうと, 疑いが, 緊めても

▼ 押え~ (12, 1.0%)

1 [12件] して, とり外しながら, 仰付けられたいと, 吊るして, 命ぜられた, 外して, 急いで, 撥ね上げ撥ね上げ, 断崖の, 行うた由, 言い付けた所, 赤い糸

▼ 押え~ (10, 0.8%)

1 処断を, 利いた甲張り, 大任わけ, 大名, 徳川家康に, 木を, 棒を, 異名で, 者だけ, 間に合わせに

▼ 押え片手~ (8, 0.7%)

1 では三ツ組, で大藏, で頭, に陶器, は胸, を働かせ, を前, を振っ

▼ 押えとして~ (7, 0.6%)

1 在る今川, 天王寺城に, 格別の, 残し自ら, 残って, 重しを, 高槻の

▼ 押えがたい~ (5, 0.4%)

1 ものが, 不平を, 喫煙の, 嫌悪の, 欲求に

▼ 押えつつ~ (5, 0.4%)

1 よろよろとうしろ, ルパンの, 吐き出すよう, 流るるよう, 窓から

▼ 押えてから~ (5, 0.4%)

1 泣きを, 火蓋を, 綱手へ, 言う, 警視庁の

▼ 押えては~ (5, 0.4%)

1 いたものの, いるもの, こんなこと, 私利私欲を, 錠の

▼ 押え~ (5, 0.4%)

1 に極力, の手配, を仰付けられ, を命ぜられ, を相談

▼ 押えその~ (3, 0.2%)

1 事につき, 口から, 腕を

▼ 押えよう~ (3, 0.2%)

1 がなかっ, としてもひとりでに, もなかっ

▼ 押え押え~ (3, 0.2%)

1 した, て来, ともすれ

▼ 押え難い~ (3, 0.2%)

1 心の, 昂奮の, 興奮の

▼ 押え~ (2, 0.2%)

1 もう利かなくなっ, 届いたよう

▼ 押えそして~ (2, 0.2%)

1 お慈悲, 塵埃の

▼ 押えそれ~ (2, 0.2%)

1 からはなに, を何ども

▼ 押えそれから~ (2, 0.2%)

1 呟くよう, 気を

▼ 押えという~ (2, 0.2%)

1 ことに, 名誉を

▼ 押えどころ~ (2, 0.2%)

1 なき学問, のない

▼ 押え~ (2, 0.2%)

2 の腿

▼ 押え乍ら~ (2, 0.2%)

1 じっと眼, もう眼

▼ 押え前後~ (2, 0.2%)

2 を私服

▼ 押え~ (2, 0.2%)

2 を押え

▼ 押え~ (2, 0.2%)

1 え防い, へ防い

▼ 押え~ (2, 0.2%)

1 としてここ, まで言いつけられ

▼ 押え方心得~ (2, 0.2%)

1 も忘れ, も盃

▼ 押え~ (2, 0.2%)

1 とした, と焦った

▼ 押え~ (2, 0.2%)

1 を伏せた, を押え

▼ 押え~ (2, 0.2%)

1 の方, を土蔵

▼ 押え~ (2, 0.2%)

2 を叩き

▼ 押え難く~ (2, 0.2%)

1 彼等を, 荒らいだ

▼1* [120件]

押え館を, 押えがたかったの, 押えがたく消しがたき, 押えくださりませ, 押えこんだ不自由な, 押えこんな場合しかたなし, 押えさえしまして, 押えさえもした, 押えしばらくじっとして, 押えじっと画面を, 押えそうして早くも, 押えそろそろ奥へ, 押えそんな詮索は, 押えちゃアいけ, 押えてさア白状しろ, 押えてよと云った言葉, 押えであるから十分, 押えでもねお母様, 押えとめられて却って, 押えともすれば, 押えなあ出て, 押えながらも延び上って, 押えには滝川一益に, 押えひろい街路樹の, 押えいと出た, 押えせずお, 押えよろよろと赭熊, 押えるる憂いあり, 押えわが手に, 押えハッハッと息, 押え一人は胸倉, 押え一方に支那, 押え万一手にあまる, 押え三角標の破片, 押え乍ら身を悶えた, 押えの次第, 押え事情をきい, 押えをくねらした, 押え係りだったもの, 押えの穴, 押え剰え昔の, 押え医者の方, 押え反物の包み, 押え右手を引く, 押え同じような, 押え国道の方, 押え国際平和を維持, 押えを忍ん, 押え夜延をし, 押え夢中になっ, 押え大名はこちら, 押え宇治は堤, 押え家人に向っ, 押え富士の姿, 押え小山田十郎兵衛以下旗本の士四百騎, 押えの手, 押え左手で髻, 押え帯封書きをし, 押えくても, 押え御飯を口, 押えに自分, 押えを切らし, 押え悔悛の情, 押え悲痛な感情, 押えさり髪, 押えもなくなっ, 押え技師の鼻先, 押え押え国道の方, 押え押え帯封書きをし, 押え押え御飯を口, 押え押え息を切らし, 押え有って可, 押え本当の罪人, 押え根府川の飛石, 押えでほん山, 押え止めてる息を, 押え止めようと努力, 押え泣声を出し, 押え注意を与えた, 押え激しく体を, 押え頬に, 押え片方の手, 押え猛然として切りかかる, 押え猶も身を, 押え蒼に, 押えを閉じ, 押え着物をひきずり, 押えの信仰, 押え立松と杉山, 押え籠手払い籠手, 押え緊めつけ痺れさせて, 押え置いて早速, 押え耳たぶに触れ, 押えを扼し, 押え自分の膝, 押え苦しそうな, 押え苦しい咳を, 押え蔽った少年は, 押えを引き, 押えを叩き, 押えを遮り, 押え誠に有り難う存じます, 押え警戒するよう, 押えうる時, 押え太政大臣信長の, 押え赤くなったり, 押えを押え, 押えてました, 押えを跼, 押え込みのよう, 押え通せるもので, 押え鉄三郎様を救い出す, 押え降参を受け入れ, 押え隠しますのを, 押え隻手でまた, 押えに掛けたる, 押え頻りに何か, 押えに八, 押え顎鬚をきちんと, 押え魚籃に入れる