青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「文芸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~文字 文字~ ~文学 文学~ 文學~ ~文明 文明~ 文献~ ~文章 文章~
文芸~
斎~ 斎藤~ 料~ ~料理 料理~ 斜~ 斜め~ ~斯 斯~ 斯く~

「文芸~」 3507, 38ppm, 3060位

▼ 文芸~ (479, 13.7%)

6 上に 5 鑑賞に 4 上にも, 世界に, 道に 3 一つの, 基調を, 方向, 歴史は, 発達は

2 [27件] うちに, こと以外には, 中から, 中に, 中の, 作品に, 味は, 定義を, 形式である, 徒の, 徒よ, 意義を, 憧憬を, 批評は, 方に, 方の, 特色, 理想が, 理解の, 第一, 聖人と, 職分の, 認識論は, 鑑賞は, 面白さ, 領域では, 領域に

1 [387件] あとを, あらゆる辞彙, ありふれた立廻り, あわただしい輸入, うちで, ことだ, ことで, ことは, ことばかりを, こと里見, この対立的構成, ごときも, それへ, ために, ための, つづきの, なかに, なかには, なかにも, ひとね, ほんの一部分, もっと広い, もつ社会性, もとに, ものは, ような, らち外に, アカデミーでは, アプリオリに, エスプリだ, クリティシズムに, ジャンルを, スペースを, ユダヤ的な, 一つである, 一ジャンルと, 一典型とまで, 一分派である, 一分野としても, 一分野を, 一形体である, 一特色なる, 一範疇が, 一般論からは, 一要素と, 一部門として, 上で, 上では, 上においても, 上にて, 上にわたる, 上ばかり, 上乗に, 下に, 世界で, 世界でも, 世界においても, 世界は, 世界を, 両界, 中で, 中でも, 中にも, 中へ, 中心は, 主義に対して, 乗具である, 事は, 二字を, 二者が, 人たち全部火宅の, 代が, 仲間に, 仲間の, 任務の, 会で, 伝統が, 位置を, 何物かをも, 余威が, 作品である, 作品とか, 作品として, 作品において, 作品に対して, 作品に対する, 作品の, 作品は, 作品を, 作家たちは, 作物に対して, 作者は, 使命であり, 使命は, 価値は, 保護者なる, 偶然なる, 傑作が, 傑作に, 全部を, 典型としての, 内に, 内にこそ, 内にも, 内へは, 内容から, 凡ゆる, 出版物を, 出現を, 分からないもの, 分野であり, 分野を, 分類方法に関して, 分類法は, 創作手法は, 創造は, 功果は, 功績は, 勃興以前隣邦露西亜の, 取材の, 受売する, 古典で, 古典的作家の, 同人雑誌が, 名に, 名によって, 名誉たり, 否文学一般, 味わい方, 呼び声も, 命脈を, 哀話の, 哲学的基礎において, 商品化を, 回覧雑誌が, 垣を, 基礎的な, 基礎的理論を, 堕落という, 場に, 場合であれ, 場合に, 場合にも, 塁を, 士が, 士としての, 士に, 士は, 士はと, 士を, 外にも, 外部をも, 大衆の, 大衆化という, 大製作所, 天地であろう, 夫, 女神団ムーサの, 如きは, 如く具象的, 存在を, 安価狭隘さに, 定義, 対立的構成と, 専制である, 専門である, 専門家が, 将帥なる, 将来の, 峯, 年久しく, 府を, 座では, 形式中最も, 影響で, 待つ主義, 従来の, 御話, 復活者とは, 復興の, 復興や, 必要なるべき, 必要を, 志して, 思想が, 性質が, 惑溺に, 意図は, 意義, 意義について, 成長し, 成長する, 成長の, 才の, 才能を, 批評の, 批評を以て, 政治的価値と, 文の, 文学的本質は, 文章は, 文章法の, 新らしい, 方から, 方が, 方で, 方へ, 方向へ, 方面では, 明確な, 書である, 書類を, 最後の, 最高賞として, 本なら, 本当に民衆, 本当の, 本意として, 本意としての, 本質から, 本質たる, 本質であり, 本質は, 本質的価値を, 業績に対する, 極めて少い, 極北は, 極致は, 楽しみが, 様式などは, 機運が, 正道において, 歩んで, 歴史, 歴史その他哲学の, 歴史を, 歴史性を, 歴史的発達過程から, 求めるよき, 汚辱者として, 洗礼を, 津波では, 流れには, 流れの, 流派は, 源流としてのみ, 潮流の, 火を, 特に一つ, 特性について, 特殊性が, 特質に, 特質を, 独立が, 独立性を, 珠玉を, 理想と, 理想に, 理想は, 理解という, 理解者が, 理論は, 生まれて, 産出家に対して, 畑では, 畑の, 発展は, 発展策, 発展策その他, 発展策だ, 発生を, 発生隆盛が, 発祥地だったで, 発祥地と, 発達の, 発達を, 発達上効力が, 発達上重大な, 発達史及び, 盈ち溢れて, 盛んなる, 目的が, 目的たる, 目的であろう, 目的では, 目的という, 目的は, 省察としての, 眺めは, 研究それから, 研究者精通者紹介者としては, 社会大衆による, 社会的進歩, 祖と, 科学的批評などという, 科学的批評に, 科学的批評の, 科学的評論という, 種目, 競技場へ, 第一世, 第一声であっ, 第一生命である, 第一線に, 範囲で, 範囲に, 約束が, 統一, 統制では, 統制に, 総体から, 翻訳の, 翻訳書に, 聖人は, 能才は, 自殺か, 自由と, 興つた明治時代の, 興つた時代には, 興隆発達の, 色彩が, 芸術性と, 芽ばえは, 芽生えを, 苦労人という, 苦悩は, 著述を, 衰微の, 要素が, 要素と, 見方の, 覗い処, 観念を, 解釈との, 記者を, 評論的進歩これ等一切の, 試みである, 話では, 話に, 話を, 認識が, 認識論が, 認識論でなかった, 認識論でなけれ, 認識論として, 誕生は, 説明と, 課題について, 諸雑誌, 講演に, 講演を, 講演会が, 貧困を, 資格に, 起原と, 趣向では, 趣味は, 趣味を, 趣昧ふかく, 路を, 造詣ある, 進化の, 進歩を, 運動は, 道の, 部面だけの, 重要なる, 鑑賞には, 鑑賞の, 鑑賞も, 鑑賞家は, 長所と, 門は, 門外漢にも, 開拓を, 間に, 関係は, 隆盛な, 隆盛は, 雑誌が, 雑誌だ, 雑誌の, 非常に, 領域から, 領域だけを, 領域内部でしか, 飜訳を

▼ 文芸~ (178, 5.1%)

12 於て 4 従事する, 於ては 3 新らしい, 於ても, 表現せらるべき 2 一つの, 就いても, 接する事, 於けるエスプリ, 於ける実証性, 於ける批評, 興味を, 親しんで, 限らず一般

1 [131件] あったの, あっては, あらず美術, あらず華文妙辞, あらわれはじめた歴史的, かう云, この文学, たずさわる以上, たずさわろうと, ただ素描, とらわれんが, とりいれて, ない長所, ふけって, 不必要, 不服で, 与ふる影響, 並び得るもの, 仰いで, 何が, 依つて, 倣うに, 偏愛を, 優秀なる, 凝り出し学校, 制約などは, 劣らず現今, 勤めさせようとして, 化したの, 及ぼすジャアナリズム, 向おうと, 向かうもの, 四種の, 固有であっ, 固有な, 固有の, 在って, 定見が, 対立させ, 専念する, 就いて, 就いては, 帰る期, 心動かされる, 志ざす青年, 志したの, 惚れて, 惚れない所, 打ちこんで, 接近させた, 携わって, 携わるもの, 携わる者, 於けるやう, 於けるアカデミズム的契機, 於けるスタイル, 於けるプロレタリア, 於ける代表的, 於ける制作, 於ける又, 於ける所謂批評, 於ける批評性, 於ける文学的認識, 於ける文章, 於ける科学的批評, 於ける科学的精神そのもの, 於てこそ, 求めるという, 求めるの, 没頭する, 注目し, 照応する, 現われて, 現われること, 理解の, 理論を, 生まれるか, 生を, 用ゐ, 痕を, 発表された, 眼を, 着目し, 神が, 移って, 移つた時とうとう, 精進した, 絆された少年, 繰返されて, 羅曼主義の, 能ふ, 至るまで, 興味の, 行く, 行つてゐた, 表現された, 要求する, 見ら, 見られる一種, 親しみこれ, 親しむ人, 親しむ程, 親しんだ時, 貢献する, 赴けば, 超社会的, 転身する, 較べて, 通じる文学, 通用すべし, 連載しはじめた, 遊ぶの人, 過ぎない, 遠い全, 遠ざかったため, 遠ざかったの, 遠ざかりたいと, 関した雑文, 関係ある, 関係が, 関係の, 関心は, 関心を, 限った話, 限っても, 限らず芸術一般, 限らぬから, 限らぬ思想的背景, 限定されない, 陶酔し, 離れて

▼ 文芸~ (150, 4.3%)

3 云うまでも, 他の 2 かの事実, むしろ一如相即, 如何なる方向, 横に

1 [136件] あくまであの, あるか, あるまい, いかなる威圧, かく進ん, けっして吾人内心, この両側, この伝統, この単調, この時, この生, これを, そう云った, その不公平, その国, その描写, その範囲, その約束, たしかに道徳, だんだんに, どういう反響, どういう形, どこの, どんなもの, なお我々, もとよりの, ややその, ギリシアの, ジャアナリズムである, ジヤアナリズムである, 一つだって, 一つの, 一人一人の, 一種の, 一般に, 一部志士文芸, 不真面目, 世界の, 主我の, 亦それら, 人の, 人間の, 他に, 以後益々, 僕等を, 元来批評性を, 内容の, 判らず文学者, 到底十九世紀末, 勢すさまじく, 勿論科学, 勿論第, 単なる所謂概念, 単なる技術, 単に, 印象を, 又文学, 古い物, 変る, 多くは, 多弁饒舌を, 大体右の, 大抵の, 如何なる文章, 宗教若く, 将来科学的文芸の, 少し価値, 展開せられる, 幕府の, 広義に, 当時復興したであろう, 当然起らね, 従って芸術小説, 従来の, 復興, 復興した, 必ずしも人心, 必ずしも光彩, 必ずしも娯楽, 必然に, 思想と, 悉く皆, 愈々広汎, 感覚的な, 所謂個人主義に, 技術でも, 接触しない, 政治に, 敬虔至極の, 文学である, 文献学, 文章に, 文芸である, 文芸でない, 文芸としての, 文芸の, 文芸以上の, 文芸学によって, 新らしい, 明治大正の, 時代を, 書けなかったよう, 最も大衆性, 月々に, 本質的に, 極致に, 次の, 此の, 死滅せざる, 民衆に, 沈滞その, 法則を, 浪漫的空想や, 無論文芸, 生活を通じて, 畸形的発達を, 皆無であった, 確かに, 社会の, 科学では, 絵画や, 美術や, 芸道に, 虚実の, 表現せられた, 裸の, 言葉と, 詩ある, 認識として, 論議に, 象徴主義によって, 近代科学そのものの, 進化する, 道徳を, 道徳的教誡を, 鴎外の

▼ 文芸批評~ (148, 4.2%)

4 である 3 だと, というもの, に限る

2 [12件] だ, ということ, とても同じ, とは何, と云え, などに見られない, に於, に権威, の新しい, の歴史, の行方, 乃至芸術批評

1 [111件] あり時評, からいう, から出発, がもっと, がケタはずれ, が作家, が例, が却って, が存在, が当時, が文明批評, が殆, が現れる, が科学的, が許, が貧弱, さえない, たるべきもの, だけで, だけを専門, であって, でありそれ, でありも, でない本当, ではなく, でもプロレタリア文芸批評, というの, というもの自身, という意味, として又, として識見, とは両立, とは少し, と云っ, と自分, などは寧ろ, などを念頭, などを行っ, なの, なるもの, なんか書く, にあった, にある, について私, につきる, にとっての唯一, には概して, にまで手, にも向かわざる, に三つ, に限っ, に限られない, の, のこと, のため, のなか, の上, の主流, の主観的, の伝統, の価値, の先入主, の分野, の台頭, の埒, の多く, の大切さ, の如き, の姿, の建前, の意味, の意義, の方法, の本もの, の本格, の機能, の正当, の正統的伝統, の法定, の目標, の社会的必然, の禁止, の立場, の筆, の組織的, の領域, はその, はだから, はほとんど, は一方, は十年, は専ら, は往々, は文学, は日本, は殆ど, は遂に, も文芸批評, や焚書, をし, を中心, を作品批評, を失った, を指す, を放擲, を禁止, を許さず, を読む, を頼まれない, 乃至文学的批評そのもの, 其の他

▼ 文芸~ (140, 4.0%)

2 愛好する, 批評する, 末視し, 研究し, 研究する, 軽視する

1 [128件] いきなりアカデミー化, うちこんで, かくまで, その内部, その要素, ただの, もって, ものに, 一つの, 一と, 三四年間放擲し, 中心に, 伸び伸びと, 作りつつ, 便宜上低級, 保護奨励しよう, 内容的に, 初め諸種の, 利用し, 利用する, 前から, 創立する, 単に文芸, 単に文芸自体, 単に理解, 取り上げない時, 取り入れた時, 取扱う新聞雑誌, 叫びつつも, 否定する, 含む, 含めても, 含んで, 味おうてる, 売物, 大衆化する, 奨励し, 好み高山樗牛, 好む人, 好んで, 実在の, 容れて, 尊重する, 尋ねて, 導くため, 少しばかり, 庇護し, 度外視し去り, 復興させね, 復興させよ, 復興させる, 復興せしめよ, 復興せしめる, 心の, 忌んで, 急速に, 性命に, 愛したと, 愛し支那, 愛するあまりに, 愛読し, 成長させ, 扱うこと, 抑圧する, 拒否し, 挙げないで, 控えて, 推した, 掲載する, 提供し, 携へて, 教へ, 文壇小説一種に, 文芸の, 更に更に発達, 書こうと, 書こうという, 書残すこと, 本当に批評, 極めて低廉, 模範と, 歓迎し得る, 正道に, 求むるにすぎません, 求めて, 浸潤し, 深く愛する, 点検し, 生ずると, 生み出した境位, 生むか, 産み出すの, 発生する, 益々盛ん, 目指す諸君, 真似ようと, 知らずただ, 社会科学的思想に, 等閑に, 紹介する, 罵倒した, 職業と, 興して, 興せと, 興隆させ, 要求する, 見る, 見るのに, 見今, 試みて, 語っても, 読むこと, 談ずると, 談ずるを, 談ぜずば, 論じなかつた為め, 講ずるには, 護る人, 貧困から, 起そうと, 軽くみ, 造る傍宣伝, 進めて, 道徳と, 選んで, 階級闘争の, 雕虫末技視し, 顧みないの

▼ 文芸評論~ (110, 3.1%)

3 の中 2 があつめられ, ではない, というもの, の大, の方法

1 [97件] から理論性, が作品, が再び, が収められ, が必要, が急速, が殖え, が科学的, が続出, が解放運動, が近年甚, だけ切りぬいた, だという, でいわゆる, でさえ文学史, でない批評, ではいう, と, とある, といふ, として正面, として登場, とは殆, ともち, と今ここ, と名, と来る, と見, などで重大問題化, などを読ん, なるもの, にあらわれた, においてもこういう, にしろ, についての印象, にとっては惜しい, にとって大切, には限らない, にもなっ, に於, に於ける, に歯, に目, に類似, のところ, のやり方, のサンプル, の二つ, の仕事, の使命, の原稿, の多少なりとも, の尺度, の新しい, の方法的, の最大, の本格的, の現状, の組織的方法, の萎靡, の資格, の賑々し, の類, の骨格, はこの, はその, はランボオ論以来ひそか, は一種, は世界文学, は必ずしも, は文芸, は文芸作品, は既に, は私, は頓に, は骨格, への軽侮, も, もなかっ, や, らしいもの, らしい評論一つ, を, をあつめる, をかき得る, をかく人, をする, をながめわたす, をよむ, を支配, を書く, を特に, を科学的, を試みよう, を読破, を通じて一つ, 乃至文芸批評

▼ 文芸~ (97, 2.8%)

11 の理想 3 の中 2 の首, は同時に, もこの

1 [77件] があった, がまた, が人前, が作家倶楽部, が少し, が時々, すなわち文芸, だが, だとか, である以上, でも宗教家, とか小説家, となった, とならなかった, とならなけれ, となり, とも国華, と云います, と云う, と云っ, と化, と私ら, と道徳家, などもこの, にとっても関係, にとつて, にはできん, には映画的, によって哲学者, によって極めて, に希望, に望む, に着い, のあらわした, のうち, のどんな, のひま, の仕事, の会, の作品, の出た, の出発点, の多く, の実行力, の意志, の意識, の或, の手, の断じて, の気, の活動形態, の眼, の精神気魄, の統制, の自由, の視野, の観念, の追放, は, はいくら, はいる, はこの, は一宗教, は世間, は今, は時間, は閑, もしくは文学家, や思想家, や科学者, をそこ, をメムバー, を真, を称し, 乃至文芸家志望者, 及び文学者諸君, 溌溂たる

▼ 文芸~ (90, 2.6%)

26 の作品 3 の作物, の問題 2 に於ける, の写実主義者, の哲学, の形式, の意義, の極北, の議論, の述作

1 [42件] にては殆どアイデア, にてアイデアリスト, にて之, にて理想派, にも又, に関し御用, の, のある, のブック, の一問題, の一形式, の作物中, の価値, の処女地, の創作, の同人雑誌, の大, の天才, の形式美, の御, の或, の批判, の技巧, の流派, の浪漫主義, の理想, の理想派, の真, の知識, の約束, の総, の興味, の色彩派, の論戦, の質問, の連絡, の遊戯, の運動, の革命, の風潮, の駄作物, 或は末

▼ 文芸~ (87, 2.5%)

3 一つの 2 なぜ社会, 無産者性を, 発達し, 認識である

1 [76件] ある意味, いかに隆盛, おもしろくない, こうした人達, この水, そうした政治的意義, そうであった, その創作作品, それであり, たしかに一般的, どういう結果, どうして日本, どうだ, またそう, 一個の, 世道人心に, 以前の, 何かの, 何である, 全歌壇的色彩, 全生活, 全盛である, 公家階級を, 其三つの, 出て, 出来た, 分からないと, 創作されつ, 包括的な, 同様の, 吾人に, 問題と, 如何なる歴史的過程, 如何に, 存在し得る, 存在するなら, 完成爛熟期に, 宗教の, 宗教や, 実に, 実に盛ん, 小説として, 志して, 思想の, 急を, 我国に, 所謂政治でも, 投じたの, 文学と, 文芸たる, 旅行する, 既に現在, 普通の, 最も具体的, 本質し, 果して男子一生, 極致に, 無ければ, 現れないの, 生れたが, 生れるか, 男子一生の, 科学と, 科学的である, 繁昌だ, 職業化し, 自由に, 要望せられる, 親近なる, 言語表象による, 認識と, 趣味であり, 軽蔑される, 輸入された, 近頃出, 集るの

▼ 文芸復興~ (80, 2.3%)

12 の声 4 の時代 3 の叫び 2 の名, の呼び声, の清純

1 [55件] からであり, が, があり得る, が唱えられ, が早く, が語られる, されねば, ということ, というべき, というもの, という一般的, という声, という懸, とかいう訳, とか宗教復興, とともに急, となれ, とヒューマニズム, と叫んだ, なるもの, については一巻, によつて, に似た, に尽瘁, のどこ, の初頭十五世紀, の呼声, の年, の情熱, の手段, の旗, の翹望, の芸術的内容, の芽, の蕉風, の足場, の運動, の選手, はこれ, はさながら, はまだこれから, は大, は当時, は恐らく, は絶対, へ移る, までの暗い, もその, も仏蘭西革命, らしい活躍, を内容, を叫んだ, を提唱, を見る, 大世紀

▼ 文芸~ (75, 2.1%)

4 の北山 3 の委員 2 の人, の会, の集り, の雑誌, 集まって

1 [58件] か何, がとんだ, がオヤ, が一人, が斎藤, が柳, が集まった, だけ集め, ですか, で委員, とか企劃部, として書き出し, と役者以外, と移っ, にも興味, にゐる, に久我通, に佐佐木茂索, に入っ, に入れよう, に分ける, に対して上演脚本選定, に注意, に訊い, のみ残っ, のガリ版, のボーナス, の主任, の人達, の仕事, の企画的失敗, の先生方あまり名筆, の先輩, の分, の北山君, の北村喜八氏, の大山, の川島順平, の我鬼大将, の手もと, の新米, の方, の芝居, の菊田一夫, の西田, の貴島, の賞与, の連中, は一寸, は人材, へ, へ出かけ, へ勤められる, へ寄り, を担任, を設けた, を集め, 集まりトリ

▼ 文芸作品~ (70, 2.0%)

2 の上, の裁判官

1 [66件] から受ける, から思想, か大衆小説, が創造, が存在, が当時, が文学, が映画化, が最も, が間違っ, じゃない, だ, だらう, であらう, であること, でなければ, としての意味, としての意義, としての象徴, としてはその, としては世界, としては阪中正夫君, として後世, にし, について多少, によって然, によって紹介, に対してどんな, に就い, の, のうち, の中, の主人公, の作者, の価値, の個性, の全部, の各, の存在, の従者, の生理, の発表会, の真剣, の背景, の表現技術, の評価, の評論, の面, はこの, はずっと古く, はせんじつめれ, はその, は一つ, は元来, は科学的研究, もこうした, や創作活動, を享楽, を創造, を取り上げる, を批評, を望まれ, を痛切, を翻訳, を見た, 或は研究

▼ 文芸~ (68, 1.9%)

7 科学との 3 云うもの, 道徳 2 宗教

1 [53件] あらゆる記事, いうと, いえども, いわるる一般向き, しからざるもの, それに, ちがって, わけも, ヒロイツク, 一般世間の, 並んで, 云う其職業, 云ふ, 交渉の, 今の, 俗に, 信仰, 俳句, 俳句との, 倫理学, 初めから, 化して, 史実, 史実及び, 呼ぶべきだと, 国語といふ, 必ずしも両立, 手を, 文学との, 文献, 文献学, 文芸家とも, 楽しむ文芸, 歩調を, 異る, 直接する, 相連, 社会との, 社会を, 科学とに, 科学とを, 称んで, 結び付くこと, 美術との, 肩を, 言ふ, 道徳であります, 道徳とが, 道徳との, 道徳の, 階級問題との, 離れること, 革命と

▼ 文芸雑誌~ (64, 1.8%)

2 にし, に発表, の八月号, を出し

1 [56件] から頼まれ, がある, が一つくら, が並ん, が多く文芸家, が存続, が現われ, だけで, だった, だという, だの春雨, であり残り, であるから, でその, で諸家, で飯, といふもの, としてのエポック, としても或, と大衆雑誌, などから原稿, などには六号活字, など手, に, にどんな, にばか, にクレイグ氏, に他, に既成作家, に私, に見える, に載った, に連載, の, のいくつ, のまあ, の不振, の今昔, の十, の編輯, の編集者, の編集長, の記者, はその, は夏目漱石, は多, は大方, は急, は相, も多い, やその他薬袋, をことごとく, を先, を出した, を手, を買う

▼ 文芸~ (59, 1.7%)

3 の方法, の樹立 2 がまず, という観念, なるもの, の発展, の研究

1 [43件] からの彷徨, がこういう, が今日如何, が認識論, であった, というもの, というよう, との間, とも云うべき, と呼ばれ, と科学論, にとって愈々, によってまず, に立脚, に結びつけ, のシステム, のハッキリ, の何より, の出発点, の哲学的カテゴリー, の夫, の対象, の成長, の日本主義化, の最も, の根本的, の殆, の現代的段階, の課題, の貧弱, はこの, はまず, はアリストテレス, は全くごく, は単なる, は文芸, は殆, は現役文芸評論, は芸術学, や美術論, や芸術学, を想定, を文芸論

▼ 文芸~ (59, 1.7%)

3 のある 2 の一隅, を担任

1 [52件] が出来る, では正宗白鳥, では永井荷風, で尾崎士郎氏, で愚痴といやみ, で感想, で批評家, で発言, で高見順, といっ, と三面記事, などは楢崎佐保子, に, にあっ, にはいかにも, にはこんな, にもかかる, によせた, に久板栄二郎, に先頃二人, に出た, に座談会, に我ら仲間, に折々, に掲げられた, に漂っ, に発表, に目, に縦令, に載った, に載る, の, の小原壮助さん, の片隅, は女流, は思う, は題目, へお, へ載せた, もそれら, や政治欄, をよむ, を作成, を占有, を受け持つ, を舞台, を見まい, を設ける, を読み, を読ん, を賑, を開い

▼ 文芸批評家~ (48, 1.4%)

2

1 [46件] が云う, が作家, が好もう, が広く, が必要, が新しい, が私, だから, であったウエーンライト, である, であるかという, であるが, でいらっしゃる, でいらつ, です, とかいふ類, とか先入主, として適当, と交替, などが現われ得る, になろう, によってその, に云わせれ, に読ん, に関して読む, の一つ, の中, の候補者, の出現, の役目, の意義, の意見, の批評, の考える, の視角, の重要, の鋭い, は云う, は例, は文学, もこの, も亦, や専門的文芸批評家, や文芸批評家, よりも遙, を一貫

▼ 文芸~ (42, 1.2%)

63 なもの, な余りに

1 [30件] であったため, であって, であり又, なあまりに, なの, なるところ, な事件, な俗物, な文芸, な方, な要素, に, にあらわせ, にあらわれ得る, にならん, にはいや, にはなり兼ねる, には何, には現世, には確か, にも僕自身, に価値, に或いは, に真, に知, に観るなら, に鋭敏, の価値, の興味, 諸観念

▼ 文芸協会~ (39, 1.1%)

3 の生徒 2 の演芸会

1 [34件] から, から分離, から島村抱月, から抱月須磨子, が創られた, が編輯, で抱月, といい, とを中心, に女優, のあった, のほう, のハムレット, の会長たる, の切符, の基, の女優, の女優募集条件, の女優生徒, の往時, の後身, の成功, の第, の興行, の芝居, はこの, はその, は二月十七日, は文学報国会, は第, へはいる, へ誘っ, も大阪, 第二回公演

▼ 文芸という~ (38, 1.1%)

4 ものが 3 のは, ような, 芸術の 2 ものに, ものは, 言葉を

1 [19件] ことが, ことに, ことを, つまり大, ものも, ものを, 事に, 事は, 二つの, 名によって, 名称を, 小雑誌, 独自の, 科学的な, 芸術種類に, 言葉から, 言葉が, 言葉に, 領域以外にも

▼ 文芸家協会~ (38, 1.1%)

2 に寄付

1 [36件] からオノレ・ド・バルザック像, がひきうける, が中心, が何, といふもの, としてまとまった, として組織, などこれ, に寄附, のうち, のごとき, の主唱, の事務所, の会館, の年鑑, の理事会, の納金低下, の規定, の計理士某氏, の議題, は, は一昨年, は会員, は作品, は依然として, は再, は大正年代, は改組, は文学報国会, は最低稿料, へ交渉, へ行っ, や日本ペンクラブ, よりコロンバン, を作る, 再組織

▼ 文芸時評~ (37, 1.1%)

2 の片すみ, を書い

1 [33件] から原稿料, がいけない, で, で同志小林, で平野謙氏, で牧野さん, で紹介, で長与先生, で青野季吉, というもの, という雑誌, とか谷崎潤一郎論, なる怪物, において同志神近市子, に対するあなた, に私, のなか, の六号活字, の売れ高, の書ける, の畠, は, はことごとく, はことわる, はない, はやらない, は同志小林, まるでひどい, や論壇時評, をあけた, をかき, をやった, を以て典型

▼ 文芸~ (35, 1.0%)

3 思想の 2 哲学の, 科学

1 [28件] が日本, また西洋, イデオロギイについての, 一般に, 哲学, 哲学が, 学問が, 学術などの, 学術の, 宗教などとは, 家賃の, 政治や, 映画で, 映画に, 社会科学の, 科学に, 科学に対する, 科学は, 科学又, 科学自身の, 美術音楽など, 自然科学などの, 芸術に, 芸術の, 芸術を, 道徳や, 音楽の, 音楽を

▼ 文芸思潮~ (33, 0.9%)

2 というもの

1 [31件] からの成長, がいかなる, がそれぞれ, で動く, というべき, としてのその, としてはっきり, として日本, として移入, として高まり得ない, とすべき, となるだろう, と呼ぶ, におけるこの大きな, に関するあれ, のいかなる, の中, の内容, の失われた, の崩壊, の成長, の持たなかった, の指導性, の摸索, の相剋, の積極的, の表面, の高揚, はそれぞれ, は一, は日本

▼ 文芸評論家~ (33, 0.9%)

2 であること, の内, の数

1 [27件] がいたら, だと, である, であるとも, でないから, でもシステム, としてのベリンスキー, としての自身, としてジイド, として本当に, などはこの, には相当, によって論じられ, に心理家, の中山定二, の嘆き, の存在理由, の意識, の随一, はマルクス主義的文芸理論, は沢山, もまた, も現れる, や一般, や思想家, 乃至文芸研究家, 及び作家

▼ 文芸復興期~ (32, 0.9%)

2 のフロレンス

1 [30件] が来り, と変革期, にかけ全盛, になっ, には軍事的, に出た, に現在, に移っ, に至っ, に至る, のそれ, のマドンナ, の二, の人たち, の人性主義, の偉大, の傭兵, の児, の剣技, の噴水, の大, の宗教彫刻, の宗教画, の愉快, の教養, の文化, の画家ら, の絵画, の芸術, を現出

▼ 文芸懇話会~ (30, 0.9%)

1 [30件] が如何, が文学, が最後, が横光利一, が組織, が解消, というもの, といふもの, と対比並置, のメンバー, の使命, の官許版, の延長, の成立, の拡大, の文芸統制, の本質的, の松本学氏, の解散後, の選書, はプロレタリア作家以外, は一千円, は処, は創立四年目, も之, も併, や帝国美術院, や松本学氏, よりは時代的色調, を解消

▼ 文芸理論~ (30, 0.9%)

2 に於, 乃至芸術理論

1 [26件] がない, が斉, としての若, とその, と作品, と所謂認識論, と科学論, に歴史的役割, の中心課題, の推進, の著作, の論議, の領域, は模写説, もない, も亦, も出ます, や文化理論, や文芸評論, をその, をふりかざし, をもっ, を兎, を文芸学, を樹立, を確立

▼ 文芸とは~ (26, 0.7%)

2 如何なるもの, 斯う, 道徳性を

1 [20件] その意味, その最も, その発展, 一体何, 云わないが, 何だ, 何であらう, 全く縁, 同一の, 多少ちがった, 多数の, 大勢の, 如斯ものである, 然う, 私小説に, 自分の, 自然対立しなけれ, 表現を, 通俗的には, 震災後に

▼ 文芸~ (22, 0.6%)

1 [22件] この道徳的基礎, それと, どんな新しい, またその, また動き, また周辺, また尊い, また当然, また日本, また死, 一種の, 不可能な, 亦一つ, 亦今や, 亦従って輸入, 亦私, 今やテンポ, 同じでありましょう, 同じ新聞, 哲学も, 科学も, 見よう

▼ 文芸~ (20, 0.6%)

2 の設立

1 [18件] がなくっ, がより, が果して, が概して, とかいうもの, などという不自然, の仕事, の優, の内容, の建設, の成立, の設置, はこの, はその後形, は千九百三年仏国政府, や或, を建てる, を設け

▼ 文芸には~ (19, 0.5%)

2 ない所

1 [17件] いかに倫理上, この紋切型, ないこと, また是, まるで無頓着, むしろ害, アンデフィニッサアブルだ, 丸で, 何か, 可成り, 情調という, 文芸である, 文芸の, 発見出来ない, 通じて, 通じても, 限らない科学的理論

▼ 文芸倶楽部~ (18, 0.5%)

2 新小説

1 [16件] か古い, か新, が岡本綺堂, でも読んだら, などに発表, にのせた, に花柳界, の上, の編集主任, の芸者, は出来ない, や明星, をくれた, をよむ, ノ末, 第二巻

▼ 文芸である~ (15, 0.4%)

2 ことを

1 [13件] かどう, かドウカ, が故に, ことによってのみ, ためには, というの, という事, という所以, とはいえない, と思っ, と自任, 以上それは, 花鳥諷詠詩が

▼ 文芸に対する~ (15, 0.4%)

2 我々の

1 [13件] こうした二元論, このよう, 一つの, 先入の, 共同戦線などに, 寛容が, 挑戦の, 文学的即ち, 考えに, 自己の, 若き作家達, 象徴的な, 趣味と

▼ 文芸~ (15, 0.4%)

2 にも新

1 [13件] というもの, という所, において正当, になされた, に於ける, に異彩, に起っ, に身, の景色, の最大課題, や財界, を見渡し, を風靡

▼ 文芸運動~ (15, 0.4%)

2 が試みられ

1 [13件] から遠ざかっ, としての, として輸入, の変調的発展, の提唱, の旗, の波, の現, は雑誌その他, も前進, をやっ, を起した, を起します

▼ 文芸作家~ (14, 0.4%)

1 [14件] が考慮, が転がっ, が開拓, としての偉大さ, のもっ, の任務, の学ぶべき, の心得るべき, の開拓, は殆, は民衆, やその, を指し, 乃至文芸批評家

▼ 文芸として~ (12, 0.3%)

1 [12件] その批評, 一貫的に, 俳句は, 先ず最初, 取り扱われるの, 存在する, 小説などよりも, 当時の, 必要欠くべからざる, 批評の, 早い方, 生き得るであろう

▼ 文芸~ (12, 0.3%)

2 の講義 1 かそう, ができたなら, としてももとより, に関して一言, のなか, の一面観, の原則, の学殖, の展開, を書く

▼ 文芸との~ (11, 0.3%)

2 関係は 1 交叉点に, 交渉関係であります, 密接なる, 最もはっきりした, 潮流を, 相違を, 親しみは, 関係が, 関係だろう

▼ 文芸ビル~ (11, 0.3%)

43 へ行く 1 で皆, の僕, の移転通知, へ行っ

▼ 文芸戦線~ (11, 0.3%)

2 と云う 1 から押され, から退い, が自分達, にのっ, に創刊号, の拾, の社説, の青野季吉君, 大異状

▼ 文芸映画~ (11, 0.3%)

1 [11件] がいくつ, がどんどん, としての, とその, と称せられる, についても文学作品そのもの, のふくん, の陥る, をつくる, を2, 或は芸術映画

▼ 文芸から~ (10, 0.3%)

1 とり残されるか, とり残されると, どれだけまで, 問題に, 大衆の, 始めて, 盛んに, 絶対性を, 美へ, 見れば

▼ 文芸では~ (10, 0.3%)

2 ない 1 ありのままの, あるが, この範疇体系, ない変った, ない大衆宗教, 多分に, 少くとも, 浴泉の

▼ 文芸に関する~ (10, 0.3%)

1 作物を, 処にまで, 所信の, 批評だけが, 批評という, 教育殊に, 最終の, 芸術の, 薫陶を, 賞を

▼ 文芸同人雑誌~ (10, 0.3%)

1 が刊行, だつた, に加つたこと, のグループ, の一員, の各々, の数, の統制, の翌月号, はまず

▼ 文芸としての~ (9, 0.3%)

1 俳句の, 和歌にとって, 和歌は, 存在理由を, 従来の, 意味を, 機能を, 翻訳では, 貴女の

▼ 文芸乃至~ (9, 0.3%)

1 文化では, 文学と, 文学は, 科学上の, 芸術に, 芸術や, 芸術を, 芸術プロパーに, 芸術一般では

▼ 文芸方面~ (9, 0.3%)

1 でいえ, でもこの, に関心, の仕事, の名著, の書, の素質, の顧問, は頗る

▼ 文芸~ (9, 0.3%)

2 の一部門 1 で教, といふの, として前例, の卒業生山崎晴一君, の卒業生浅見, はその, を甲乙二類

▼ 文芸美術~ (9, 0.3%)

2 の勃興 1 にあらざる, によって見れ, に干渉, や政治経済, を学ぶ, を愛する, 悉く燦然

▼ 文芸講演会~ (8, 0.2%)

1 では私, でアラビヤ語, で話した, などでは特に, に臨み, に誘はれ, のトピック, を開き

▼ 文芸~ (8, 0.2%)

2 の生産関係 1 が歴史的知識, である芸術作品, ではなく, の何, の実証的, を社会史的所産

▼ 文芸部長~ (8, 0.2%)

1 が吉岡氏, としての月給, と初対面, にする, の品川一平, の書類籠, は戦争中歿, を定め

▼ 文芸附録~ (8, 0.2%)

1 が今度スコットランド, でさえという現実, に, に本, の特輯, も, を添える, を見る

▼ 文芸~ (7, 0.2%)

1 あらう, おなじみの, 以て, 取扱うの, 最も圧倒的, 現し得る所, 真を

▼ 文芸とか~ (7, 0.2%)

1 学問とかいう, 文学とかいふ, 本能と, 癩文芸とかいふ, 純文学とかいう, 趣味とかについて, 農業とか

▼ 文芸一般~ (7, 0.2%)

1 から突然, に及ん, に対して, に通じ, の本意, の本質, の領域

▼ 文芸委員会~ (7, 0.2%)

2 の文句, へ出し 1 がファウスト, が私, へ作者伝

▼ 文芸学術~ (7, 0.2%)

3 若くは 1 などの文化史上, の書, 若ハ美術, 若ハ芸術

▼ 文芸懇話会賞~ (7, 0.2%)

2 というもの 1 から始, が与えられた, の室生犀星, の授賞者選出, はその

▼ 文芸~ (7, 0.2%)

1 でよほど, のやう, の洪水, ばかり読み耽った, を専門, を買い込ん, を通して読書家

▼ 文芸~ (7, 0.2%)

1 であると, と限る, などで新しい, には限らぬ, の家庭図書館, を専門, を掲載

▼ 文芸的素質~ (7, 0.2%)

2 のない 1 がなけれ, の有無, はない, もある, を予想

▼ 文芸統制~ (7, 0.2%)

1 が実は, なるもの, に於, のボロ, の対立的, の社会的役割, はこの

▼ 文芸其の~ (6, 0.2%)

4 他の 1 他にこそ, 他についても

▼ 文芸委員~ (6, 0.2%)

1 がこの, が政府, なるもの, のする, の名, を文芸

▼ 文芸~ (5, 0.1%)

4 のは 1 のに全然

▼ 文芸といふ~ (5, 0.1%)

1 こと能は, もので, ものに, ものに対する, ものを

▼ 文芸とを~ (5, 0.1%)

1 何故に, 兼ねた高等雑誌, 峻別し, 担任し, 繋ぎ合わせようと

▼ 文芸における~ (5, 0.1%)

1 この国民精神, 人間復興の, 婦人の, 童話の, 階級性の

▼ 文芸~ (5, 0.1%)

1 したの, するを, せざるを, であるが, を受け

▼ 文芸史家~ (5, 0.1%)

1 としてのフェータル, なんて謂わ, の呼ぶ, の研究, は作品

▼ 文芸復興時代~ (5, 0.1%)

1 のイタリア, のヒューマニズム, の大, の淫靡, の諸

▼ 文芸政策~ (5, 0.1%)

1 ですか, といふもの, と表裏一体, と関連, の中心

▼ 文芸的認識~ (5, 0.1%)

1 が科学的認識, が自分, に於, に於ける, の反省

▼ 文芸評論集~ (5, 0.1%)

1 がある, と, にはごく, は三千五百位, は発禁

▼ 文芸~ (5, 0.1%)

1 では嘗て, と見る, の代り, の修正, をした

▼ 文芸~ (5, 0.1%)

1 の数, へ文士, もらった感想文, を与えた, 第一回授賞問題

▼ 文芸でも~ (4, 0.1%)

1 なく又, 一般の, 何でも, 弄んで

▼ 文芸に対して~ (4, 0.1%)

1 何らの, 哲理の, 少数文芸とは, 現在の

▼ 文芸全体~ (4, 0.1%)

1 に渡る, に通じ, を依然として, を意味

▼ 文芸史上~ (4, 0.1%)

1 その影響, にその, に与, の謎

▼ 文芸史学~ (4, 0.1%)

1 と同様, など, の必要, の範囲

▼ 文芸学上~ (4, 0.1%)

1 のヒューマニズム, の一つ, の一カテゴリー, の方法

▼ 文芸学者~ (4, 0.1%)

1 が文化現象, であったこと, である, は事実上

▼ 文芸専門~ (4, 0.1%)

21 のもの, の雑誌

▼ 文芸思想~ (4, 0.1%)

1 にも触れる, の発生地, を主, を花鳥諷詠詩

▼ 文芸愛好家~ (4, 0.1%)

1 が見落し, と接触, に取, はかう

▼ 文芸愛好者~ (4, 0.1%)

1 とも云うべき, のあまりに, の場合, を相手

▼ 文芸~ (4, 0.1%)

1 がこうして, が大いに, と来たら, を挙げた

▼ 文芸現象~ (4, 0.1%)

1 などに密着, などに於, を理性, を説明

▼ 文芸記者~ (4, 0.1%)

1 として或, の中, は能力, をやつ

▼ 文芸趣味~ (4, 0.1%)

1 から探偵趣味, にも富ん, に投じる, に造詣

▼ 文芸連盟~ (4, 0.1%)

1 が創立, の第, の結成等, はトランク劇場

▼ 文芸そのもの~ (3, 0.1%)

1 の使命, の文化財, を初め

▼ 文芸とかいう~ (3, 0.1%)

1 ものは, 大衆の, 雑誌を

▼ 文芸とが~ (3, 0.1%)

1 お互いに, それである, 文化闘争の

▼ 文芸などに~ (3, 0.1%)

1 趣味を, 較べて, 遊んで

▼ 文芸なる~ (3, 0.1%)

1 ものが, 名称が, 名称も

▼ 文芸において~ (3, 0.1%)

1 ただ彼女, 哲学を, 考証家として

▼ 文芸にも~ (3, 0.1%)

1 余程の, 哲学にも, 興味を

▼ 文芸もの~ (3, 0.1%)

2 が第 1 もすでに

▼ 文芸一派~ (3, 0.1%)

1 に常々好意, のなか, の若芽

▼ 文芸~ (3, 0.1%)

1 の文芸, よりわが, 最も非

▼ 文芸中央会~ (3, 0.1%)

1 というの, というもの, に自選代表

▼ 文芸付録~ (3, 0.1%)

1 とアメリカ, に発表, を見

▼ 文芸以外~ (3, 0.1%)

1 のもの, の芸術, の領域

▼ 文芸創作~ (3, 0.1%)

1 の一つ, の精神, を通じて受け取る

▼ 文芸学的~ (3, 0.1%)

1 な素質, な評論家, 乃至文芸史的

▼ 文芸審査~ (3, 0.1%)

1 に就, に着手, の結果

▼ 文芸年鑑~ (3, 0.1%)

1 と松井須磨子, にも登録, 其の他

▼ 文芸~ (3, 0.1%)

1 によって, のため, の上演戯曲選定方針

▼ 文芸復興期以来~ (3, 0.1%)

1 しきりに重ねられ, に於ける, に長足

▼ 文芸推薦~ (3, 0.1%)

1 となった, になった, の選衡委員会

▼ 文芸時代~ (3, 0.1%)

1 から創作, で稲垣足穂氏, の同人

▼ 文芸~ (3, 0.1%)

1 なり文芸復興派, の中, や之

▼ 文芸発達~ (3, 0.1%)

2 の一原因 1 を将

▼ 文芸百科全書~ (3, 0.1%)

1 の内, はいずれ, もこの

▼ 文芸的価値~ (3, 0.1%)

1 とは原則上別, に乏しい, を持つ

▼ 文芸講座~ (3, 0.1%)

1 に掲載, の為め, を拝聴

▼ 文芸講談~ (3, 0.1%)

1 の, のジャンル, の大谷内越山翁

▼ 文芸部員~ (3, 0.1%)

1 が揃った, に言われた, はあれ

▼ 文芸銃後運動~ (3, 0.1%)

2 の講演会 1 はその

▼ 文芸雑文~ (3, 0.1%)

1 が文芸評論, はまだ決して, は意味

▼ 文芸~ (3, 0.1%)

1 と, のため, もそういう

▼ 文芸その他~ (2, 0.1%)

1 と全く, 諸雑誌

▼ 文芸たる~ (2, 0.1%)

1 所以である, 散文の

▼ 文芸だけが~ (2, 0.1%)

1 ムキになって, 認識であった

▼ 文芸だけに~ (2, 0.1%)

1 於ける批評, 限られるもの

▼ 文芸だの~ (2, 0.1%)

1 その他いろいろ, 其他いろ

▼ 文芸でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならぬ

▼ 文芸としては~ (2, 0.1%)

1 そうつき詰めたせっぱ詰まった, 弘仁の

▼ 文芸としても~ (2, 0.1%)

1 他に, 鑑賞に

▼ 文芸とても~ (2, 0.1%)

1 同じこと, 自然主義に

▼ 文芸などの~ (2, 0.1%)

1 深い意味, 話から

▼ 文芸なら~ (2, 0.1%)

1 それを, 文芸として

▼ 文芸なんて~ (2, 0.1%)

1 どう考え, 柔弱男女の

▼ 文芸においては~ (2, 0.1%)

1 すでに我々, 町人が

▼ 文芸について~ (2, 0.1%)

1 云えば, 多少とも

▼ 文芸についての~ (2, 0.1%)

1 特に女, 理論形態を

▼ 文芸によって~ (2, 0.1%)

1 最も美しく悲しい, 静かに

▼ 文芸に関して~ (2, 0.1%)

1 云々する, 私は

▼ 文芸ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく絵画, では

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

1 応募しよう, 転換した

▼ 文芸ほど~ (2, 0.1%)

1 久しくも, 特殊な

▼ 文芸をも~ (2, 0.1%)

1 好みしが, 統制せん

▼ 文芸ジャンル~ (2, 0.1%)

1 とは多少, を意味

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

1 が昨年度, でも池内信嘉氏

▼ 文芸会館~ (2, 0.1%)

1 の割当て私, の構想

▼ 文芸冊子~ (2, 0.1%)

1 をあちこち覗き, を十冊

▼ 文芸創作上~ (2, 0.1%)

1 の問題, の性質

▼ 文芸史的~ (2, 0.1%)

1 に極めて, に組織的

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

1 としての潤い, を作り出そう

▼ 文芸大衆文芸~ (2, 0.1%)

1 とわけ, の発生

▼ 文芸復興直前~ (2, 0.1%)

2 のイタリヤ

▼ 文芸思潮史~ (2, 0.1%)

1 としてこの, の方法

▼ 文芸批評以外~ (2, 0.1%)

1 に批評, の批評

▼ 文芸批評家たち~ (2, 0.1%)

1 にその, の頭脳

▼ 文芸時評社~ (2, 0.1%)

1 からどうか, から原稿料

▼ 文芸生活~ (2, 0.1%)

1 の夜明け, の数世紀

▼ 文芸的中心~ (2, 0.1%)

1 ではなかつた, にならなかつた

▼ 文芸的作品~ (2, 0.1%)

1 に臨み, を作る

▼ 文芸的感覚~ (2, 0.1%)

1 が区別, の

▼ 文芸的表現~ (2, 0.1%)

1 として, を活用

▼ 文芸研究~ (2, 0.1%)

1 のグループ, の活動

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

2 を主

▼ 文芸自体~ (2, 0.1%)

1 として, のこと

▼ 文芸自身~ (2, 0.1%)

1 に固有, を指す

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

1 というよう, を語る

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

1 に渡る, を今準備中

▼ 文芸評論家自身~ (2, 0.1%)

1 からさえ批評, は自分

▼ 文芸評論家達~ (2, 0.1%)

1 の書く, は今

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

1 が現われた, としては近世

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

1 であっても, の方

▼ 文芸辞典~ (2, 0.1%)

1 について試み, やゲーテ・ニーチェ・ドストエフスキー

▼ 文芸通信~ (2, 0.1%)

1 に牧野信一, の抗議

▼ 文芸通信誌上~ (2, 0.1%)

1 で私, に書いた

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

1 にたずさわる, に於ける

▼ 文芸部皆~ (2, 0.1%)

1 よばれボーナス, 行く

▼ 文芸~ (2, 0.1%)

1 の対立そのもの, を自分

▼ 文芸領域~ (2, 0.1%)

1 に就い, に眼界

▼ 文芸顧問~ (2, 0.1%)

1 として演劇, の意義

▼ 文芸首都~ (2, 0.1%)

1 におくる, に何

▼1* [339件]

文芸からは片鱗も, 文芸からも思想を, 文芸こそが夫らを, 文芸こそはその言葉, 文芸ことに文学, 文芸へ, 文芸さえの知識又は, 文芸しか生まれ得ないという, 文芸すなわち是非ある, 文芸その物と, 文芸それがこの, 文芸それだけの面, 文芸それらはその, 文芸だけの批評家では, 文芸だけを考へて, 文芸であったろうと思う, 文芸でありかつ高度, 文芸でありまして私たち, 文芸であろうがなる, 文芸でないのであらう, 文芸でなくなって一つ, 文芸とかいふ文字を, 文芸とに対して何かの, 文芸のか, 文芸なぞを語って, 文芸などいふもの, 文芸などから提供せられた, 文芸などと云ふも, 文芸などについてのエッセイは, 文芸などにもその影響, 文芸なんかに対しても専門の, 文芸においても和歌と, 文芸にすらも接し得ぬこと, 文芸にだけ求められて, 文芸についてはそうな, 文芸についても少しでも, 文芸にでも生きて, 文芸にとって全く新しき, 文芸にとっては一つの, 文芸に対してだけ本質的な, 文芸に対しての我々の, 文芸に関しては門外漢である, 文芸のみならずあらゆる, 文芸のみが民衆の, 文芸へと昇華した, 文芸への過渡の, 文芸よりも独自の, 文芸を以て男子一生の, 文芸を通して趣味感情が, 文芸を通じて心の, 文芸コンワ会の代表, 文芸フランスの文芸, 文芸フロクの社説, 文芸上学問上の価値, 文芸上有益な談話, 文芸上相当の仕事, 文芸中心的文芸批評が却って, 文芸主催の文芸講演会, 文芸主義にも早く, 文芸主義的批評を脱した, 文芸主義的文芸批評の立場, 文芸九月号を借りる, 文芸井伏鱒二林房雄久野豊彦崎山兄弟舟橋聖一藤田郁義井上幸次郎その他数氏未だほとんど無名, 文芸などがそれ, 文芸以上の何もの, 文芸以下にある, 文芸以前に現実, 文芸会有志の熱心, 文芸作品自身が社会, 文芸作法のカノン, 文芸保護の最急, 文芸保護者の連中, 文芸倶楽部万葉集一葉全集などが乱雑, 文芸備はりたるをこそならべ, 文芸全般を意味, 文芸其他に於ける, 文芸其物を明らか, 文芸再興の期, 文芸出版物の統制指導, 文芸分裂当時の論争, 文芸制作に於ける, 文芸制作自身とは異, 文芸でさ, 文芸勃興以前の文壇, 文芸協会その他の新, 文芸協会以来の翻訳的, 文芸協会当時東儀氏が例, 文芸協会演芸研究所の生徒, 文芸協会自由劇場以来日本の新劇運動, 文芸協会解散までが第, 文芸悪徳と, 文芸足圧四陲政治平等定, 文芸及び美術には, 文芸史上屈指の傑作, 文芸史学的の事業, 文芸史思想史の貴重, 文芸史政治史等の研究, 文芸史方面のもの, 文芸史論と大して, 文芸同人雑誌作家の多く, 文芸タップリの, 文芸呼ばわりをし, 文芸哀感に充ちた, 文芸であって, 文芸にも通用, 文芸奉公隊という, 文芸奨励資金として事業家, 文芸好きな私自身, 文芸委員たちは自身, 文芸委員諸君の注意, 文芸学樹立のため, 文芸学的システムから来る, 文芸学的背景は初め, 文芸学研究の提唱, 文芸学者芸術学者文芸評論家及び作家, 文芸学術政治経済其他如何の種類, 文芸家たちが宮城, 文芸家仲間から映画作家, 文芸家側から求める, 文芸家全体のより一層, 文芸家協会云々のこと, 文芸家協会劇作家部の力, 文芸家協会員であり評論家協会員, 文芸家協会員評論家協会に入っ, 文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 文芸家協会案を提げ, 文芸家協会編纂の創作集, 文芸家専有の言語, 文芸家志望者のみを相手, 文芸家画家新聞記者などの協会, 文芸家美術家も必要, 文芸家自らが進ん, 文芸家自身をし, 文芸家芸術家は不在, 文芸家諸君は論理, 文芸審査委員が出来, 文芸対談がよそめ, 文芸小説ばかりを掲載, 文芸展覧会を訪問中, 文芸崇拝者達は小林, 文芸座談会の記録, 文芸廃頽期の詩人, 文芸発刊の, 文芸復興以後勃然として起つた, 文芸復興以来の傭兵, 文芸復興前五十年に於ける, 文芸復興宗教改革および彼, 文芸復興提唱者たちの日頃, 文芸復興期以後を詳しく, 文芸復興期以後二十世紀まで続い, 文芸復興期以後伊太利唯一の天才, 文芸復興派なりの文士, 文芸復興熱にひきずられた, 文芸復興調とでも命, 文芸復興運動も花, 文芸思惟などでは遠く, 文芸思想運動の中, 文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 文芸を護る, 文芸意識を持つ, 文芸意識そのものの転向, 文芸愛好の情, 文芸愛好家達で歌会, 文芸愛好者達から成る, 文芸憎悪者にも馬琴, 文芸憧憬の情, 文芸懇話会賞候補作品として関根秀雄訳, 文芸懇話会賞等が出来た, 文芸懇話会賞等々夥しい賞, 文芸或いは大衆文芸の, 文芸戦線同人となった, 文芸所載の諸家, 文芸批判というもの, 文芸批評そのものが一つ, 文芸批評上の示唆, 文芸批評家ゲオルグ・ブランデスはその, 文芸批評家評論家が存在, 文芸批評界の展望, 文芸担当記者が当時, 文芸挺身隊も出, 文芸放談や之, 文芸新聞の譏, 文芸映画美術写真舞台放送教育という十項目, 文芸時代一月号所載横光君の巻頭論文, 文芸時評みたいなもの, 文芸時評一文化時評二つだけはいや応なし, 文芸時評中にもこの, 文芸時評二十枚かいたのち, 文芸時評作家研究随筆で社会時評, 文芸時評婦人問題に関する執筆多数, 文芸時評的なもの, 文芸梅本が弁論, 文芸概論には見え, 文芸構成のこと, 文芸機関誌からの解放, 文芸欄以外に掲げ居り, 文芸に演劇, 文芸活動を意味, 文芸活動写真として紹介, 文芸活動写真協会生る, 文芸浪曲とて菊池寛, 文芸消息を井上唖々, 文芸演劇美術商業など文化的, 文芸潮流が七畳, 文芸物その他普通世間に云い伝えられ, 文芸物出版社としての誇り, 文芸物読書界の衰え, 文芸特に客観主義の, 文芸王国を形成, 文芸に相当, 文芸理解は決して, 文芸理論以前の偉材, 文芸理論家たちが抱い, 文芸理論家達の努力, 文芸用異名に久しく, 文芸界専有の術語, 文芸界救亡協会というの, 文芸ではつまらん, 文芸程の名地, 文芸百科全書外に何, 文芸百科辞典の, 文芸百科辞典一般百科辞典につき, 文芸的仕事だけし, 文芸的体系に結びつける, 文芸的作用と云わね, 文芸的偏執の何より, 文芸的労働の結果, 文芸的地盤の上, 文芸的太陽系の外, 文芸的対立の積極的構成, 文芸的対立物の産出, 文芸的形式と, 文芸的形象を根絶, 文芸的思想の衣裳, 文芸的批評として成り立たなくなる, 文芸的技法の問題, 文芸的故実家の伝統, 文芸的文化財のため, 文芸的様式となった, 文芸的理解に富ん, 文芸的知識階級と呼ばれる, 文芸的社会的情勢によって立論, 文芸的科学的価値を認められる, 文芸的精神が日本, 文芸的素質さへあれ, 文芸的素養をもっ, 文芸的興味の旺盛, 文芸的芸術的万才家達にも気, 文芸的英雄の一人, 文芸的表象日常的観念の碇, 文芸的要素の勝つた, 文芸的見地からその, 文芸的評論に於ける, 文芸的認識上の機能, 文芸的認識機能の一環, 文芸的論争が起った, 文芸的適用と操作, 文芸を担任, 文芸研究会の会場, 文芸研究家として見れ, 文芸研究部へ出かけた, 文芸社会学でしかなかっ, 文芸科創設以来演劇に関する講座, 文芸科学其他の人文科学, 文芸科学書ではなく, 文芸科学歴史科学等と共に国民文献学, 文芸科学社関係のグループ, 文芸無駄な, 文芸童話の時代, 文芸紹介の一助, 文芸組合または作家団, 文芸統制機関であるかは, 文芸統制運動に対して最も, 文芸美術その他についてはかなり, 文芸美術劇映画から酒, 文芸自由民権思想の行詰まり, 文芸至上主義で一貫, 文芸芸術とかいう類, 文芸落伍者を少く, 文芸落語旗揚げ祭をやった, 文芸衰微と合流, 文芸製作として心理現象, 文芸製造のため, 文芸して, 文芸評論それ自身は今, 文芸評論一八四六年にこれ, 文芸評論其他に於, 文芸評論向きに出来, 文芸評論家小林の盲人蛇, 文芸評論家小林秀雄自身である, 文芸評論書評として不満, 文芸評論界を支配, 文芸評論的なもの, 文芸評論集編纂の話, 文芸課長久保田万太郎氏からラヂオ放送用, 文芸調とは云, 文芸論上の収穫, 文芸名士の, 文芸講座みたいな文句, 文芸講演をかね, 文芸独り北欧の, 文芸財生産のジグザグ的前進, 文芸賞要覧というの, 文芸辞典一般百科辞典の使用法, 文芸近況をまぜ, 文芸である, 文芸通信社からの註文, 文芸通信誌に書いた, 文芸部一同ボーナス, 文芸部主任と其辺, 文芸部会があっ, 文芸部六人連れて, 文芸部名人会の連中, 文芸部員たちは多く, 文芸部員振付師などが先生, 文芸部太田恒三郎の壮行会, 文芸部太田恒次郎の父, 文芸部投票させる, 文芸部東宝古川緑波一座主任ヲ命ズ, 文芸部確立の話, 文芸部総長を坪内士行, 文芸部菊田が毎日出勤, 文芸部記者の訪問, 文芸部貧困成って, 文芸部賞として, 文芸部起草の追悼文, 文芸部連七名でガスビル, 文芸部長僕のところ, 文芸部長清水源太郎氏であつ, 文芸関係の文章, 文芸関係理論や芸術観, 文芸院側の計画, 文芸院学士アンリイ・バタイユの新作, 文芸院学士マウリス・ドンネエ氏が文豪, 文芸陣強化のため, 文芸雑誌社へ持込んだ, 文芸雑誌表紙三度刷百頁近きもの, 文芸雑誌記者の, 文芸革命家をもて