青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「文章~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

文壇~ ~文字 文字~ ~文学 文学~ 文學~ ~文明 文明~ 文献~ ~文章
文章~
文芸~ 斎~ 斎藤~ 料~ ~料理 料理~ 斜~ 斜め~ ~斯 斯~

「文章~」 4880, 53ppm, 2208位

▼ 文章~ (994, 20.4%)

46 書いて 33 読んで 12 書いた 11 よんで 9 かいて, 書くの, 見て 8 作って 7 書いたり 6 もって, 書いたの, 書かうと 5 よんだとき, 引用し, 書かなければ, 書くこと, 書くと, 発表した, 読むと 4 かくの, 故意に, 書いたこと, 書くに, 書く人, 理解する, 私は, 読むこと, 讀んで

3 [16件] かくこと, 他の, 作るに, 公に, 善くした, 引用する, 書きながら, 書くもの, 書くよう, 書く事, 書こうと, 気に, 見ると, 読みながら, 読む時, 読んでも

2 [61件] あやつる作者, すべて暗記し, とりあげて, なして, ひねくる時, よくした, よむと, よんだ, 一つ書い, 上手に, 主と, 作った, 作ること, 作るの, 作る上, 作る人, 借りて, 工夫した, 彼自身が, 後廻しに, 批評する, 持つこと, 推敲する, 晦渋に, 書いたが, 書いても, 書かせて, 書く, 書くが, 書くため, 書くという, 書く上, 書く人々, 書く時, 書く目的, 朗讀し, 業と, 求められて, 用いて, 略, 発表し, 眺めると, 胸の, 芸術とも, 表現する, 見た, 見たが, 見ても, 説明する, 読み, 読みいろいろ, 読みたい, 読み上げて, 読む事, 読めば, 読んだり, 読んだ時, 讀み返すと, 讀むと, 載せた, 頬を

1 [591件 抜粋] あつめて, あの若々しく美しい, あはせ, あみだしたん, あらかた撰び, いかにし, いくつかける, いくら読まされたろう, いた, いふので, いまでも, うたはれ, うたわれいま, うろ覚えの, お経, お考, かいた, かいたこと, かいたの, かいたりこ, かうして, かかずに, かきたいならどん, かきたいわ, かきました, かき又, かくかまた, かくという, かくよう, かくツルゲーネフ, かく一人, かく事, かつて読み返した, かりて, かれ自身, くりかえして, こ, こうした記号化, こう書け, ここで, ここに, こなすには, ごくあっさりと, さへ, さほど心労, ざつと御, して, そして大概, そっくりそのまま暗記, そっくり写す, そっくり真似, そっと包む, そのま, その儘用, その農業雑誌, たくさん盗ん, だだで, ちょっと読みます, つくる, つくれる以上, つけます, つづって, つづらんにもの, つづりまた, つづるという, つのって, ていねいに, とおして, とりだして, どこかの, どのよう, なすこと, なすに, なす人, ねるという, のせる, のみ指すの, はこぶうち, ば手にも, ひきのばす努力, ひとりで, ほぼ知つて, ほめて, まとめて, まとめる, みて, むずかしいと, むずかしく書き, もう一度讀み直し, もし原稿用紙, もつて, よくする, よまされると, よまされる感じ, よみかえした, よみそれ, よむとき, よんだり, よんだ時, よんだ記憶, よんだ読者, バルザックが, ベートーヴェンが, ポトリ, ロータスの, ローマ字書きに, ワザ, 一々読みとる, 一册に, 一定形式でなけれ, 一寸かき, 一寸読み聞かせる, 一度も, 一纏めに, 七節に, 並べて, 中心として, 主として書く, 久しぶりで, 二三の, 二信三信の, 云い現, 云うの, 人は, 今日も, 付加えて, 代作せしむべきで, 以つて立たう, 伝誦し, 似て, 何度でも, 何気なく読み下せ, 作ったの, 作った人, 作ってる, 作らして, 作らなければ, 作らねば, 作りながら, 作り上げると, 作り十五, 作り稲舟, 作るから, 作るため, 作ると, 作るまでの, 作る事, 作る余裕さ, 作る気, 作る男, 作ろうと, 使用する, 信用し, 修めること, 修正され, 修行した, 修飾した, 偶然の, 党略に, 入れた, 公けに, 公式として, 公胤が, 再現し, 出すと, 出す事, 出来るだけ, 分けること, 切ること, 切るの, 初から, 初めて載せた, 創る事, 創造し, 募らうと, 区切るの, 取って, 取りのぞくと, 取り入れるのに, 取添えて, 取纏めたもの, 受けつけなくなり文化人達, 受けねば, 口を, 口吟むのが, 古今に, 否定し, 含めて, 含んで, 嘲つて, 執筆し, 堂々と, 声に, 売って, 売るため心, 変へて, 大きな文字, 大変ほめ, 大衆的な, 奨励し, 女でなく, 好まなかつたといふ, 好んで, 嫌うの, 嫌ふ, 學ぶもの, 學んで, 寄せました, 寄稿し, 寄稿しました, 対比解剖し, 尊敬し, 小ざつぱりした感じ, 少くとも, 少しやさしく, 尺度に, 居士に, 平易簡単に, 弄んで, 引いては, 当時の, 彫りつけた石, 得ること, 復元し, 心得る必要, 志賀氏の, 忘れさせて, 思いおこしたの, 思い出した, 思ひ現すこと, 想い起すや, 想像した, 愛して, 愛好する, 愛讀した, 成さなかったの, 成したる點, 成して, 或る, 戦いの, 扱つたのは, 承知いたし, 抄出し, 抜き書, 押頂い, 拝見する, 持たなかった時代, 持ち寄つて朗讀, 指すの, 捏造せざる, 推するに, 推敲琢磨する, 推稱し, 擲ち去りて, 支持し, 改作した, 教えること, 教わったり, 新小説, 新聞に, 時々少し宛斯, 暗記した, 暗誦し, 暗誦た, 書いたから, 書いたすぐ, 書いたと, 書いた事, 書いた先生, 書いた先覚者, 書いた序, 書いた眞意, 書いた頃, 書いては, 書いてを, 書かせようと, 書かせると, 書かせるの, 書かんと, 書きうつさなければ, 書きたい, 書きたいと, 書きたい心, 書きつけるの, 書きつづけるの, 書きやがる, 書きを, 書き上げた, 書き大, 書き始めた頃, 書き尻込み, 書き平気, 書き改めたといふ, 書き積り積, 書き綴つて, 書き計算, 書き記して, 書き詩, 書き非常, 書くか, 書くでは, 書くとき, 書くにも, 書くので, 書くまでに, 書く一般, 書く事業, 書く人達, 書く人間, 書く例, 書く廊下, 書く或, 書く或は, 書く手合, 書く技術, 書く料紙, 書く機会, 書く毎, 書く為, 書く男, 書く瞬間, 書く芸術作家, 書く際, 書けるという, 書けるよう, 書け直して, 書こうとか, 書下し体, 最も表面的, 朗読した, 本屋の, 来月号の, 根に, 極めて真面目, 構想する, 模倣する, 横書に, 機会に, 此處に, 氣に, 法然房が, 派生し, 流暢に, 為すこと, 熟読翫味し, 物した, 玩読すれ, 現実から, 生む苦しみ, 発表された, 発表できなくなった, 目標と, 直して, 真面目に, 知つてゐた, 知らぬ, 短かく, 研究する, 示さずに, 示し読んで, 稽古する, 穏当なる, 立てつづけて, 筆記させた, 筆録し, 簡明, 簡潔に, 精査し, 精細に, 終りから, 終わる一分前, 結んだ言葉, 続ける気, 綴ったからには, 綴ったよう, 綴って, 綴つたといふ, 綴つてゐる, 綴つて来ました, 綴つて行つたのである, 綴りながら, 綴り自由, 綴るは, 綴るやう, 綴る動機, 練習する, 置きかえて, 置きかへて, 美しく綺麗, 習って, 考えるという, 考へて, 聞いて, 職業に, 背地に, 能くす材器, 腹いせ的に, 自分で, 自筆で, 興深く, 艸する, 苦労し, 草し, 草した, 草すべく命ぜられ石, 草すること, 草する場合, 裁くこと, 装はんと, 裏切って, 要求する, 見おろして, 見かけた, 見くらべて, 見せて, 見せること, 見せ合つた仲間, 見たと, 見た時, 見た目で, 見る, 見るに, 見れば, 見事に, 見出した, 解く事, 解釈し, 解釈する, 言うの, 言葉に, 訂正し, 評して, 詰問し, 誇の, 認めて, 誠一片にて, 読ませられたり, 読まないけれども, 読みあげそれ, 読みあげて, 読みあるいは, 読みかえして, 読みかつ, 読みそれ, 読みたいの, 読みなれた人, 読みやすく, 読み上げた, 読み了つて, 読み僕, 読み直して, 読み破る力, 読み私, 読み聞かせも, 読み返して, 読み返すと, 読む, 読むにつけ, 読むの, 読むよう, 読む機会, 読も下手, 読んだ, 読んだが, 読んだこと, 読んだとき, 読んだところ, 読んだの, 読者に, 読者よ, 論じては, 論ずるを, 論ずる事, 謗られたの, 講堂で, 讀まれるあなた方, 讀みては, 讀む者, 讃美し, 貫く誠實, 賞翫する, 起稿した, 起草し, 軽々と論じ, 軽蔑する, 較べて, 載せたり, 辞書を, 辿りながら, 送って, 進めて, 道楽文章と, 錬鍛, 長野豊山に, 雑誌, 雑誌で, 雑誌に, 非常に, 飾る事, 髭から

▼ 文章~ (911, 18.7%)

43 中に 35 中で 16 上に 11 なかで 10 中の 7 中には 6 うちに, 中から, 中にも 5 なかに, 上で, 上にも 4 ように, 中では, 方が, 特殊性も, 真実らし, 距離自体が, 間に

3 [11件] はじめに, スタイルに, 中でも, 体裁を, 内容を, 大部分, 形式を, 意味を, 末尾に, 美しさ, 調子に

2 [55件] うちにも, うまさ, ことを, やうな, やうに, ような, スタイルを, 一つに, 一例に, 上では, 上の, 下には, 代表的な, 体裁が, 例を, 價値を, 入つて, 全体の, 内に, 内容に, 冒頭に, 前半に, 力は, 如し, 妙に, 字面から, 巧なる, 巧妙なる, 差違は, 意味が, 愛読者諸君は, 最後の, 本来は, 構成法を, 殆ん, 特徴は, 独特な, 目的は, 真似を, 磊, 第一, 素養が, 終りの, 総和が, 翻訳の, 脈が, 行間に, 解釈を, 計算法には, 調子によって, 調子を, 迫真力や, 道に, 部分すなわち, 面白さ

1 [585件 抜粋] あいだに, あくどさ, あらましは, ある域, あわただしさ, いいまわしの, いちばん終りに, いつわりな, うちでも, うちの, うまい人, うまい青年, うまみとか, おかしい所, おわり, かへつて沈痛悲壯, きたなさ下手くそ, きめの, くせの, ことから, ことごとくあれ, ことである, ことな, ことなどで, この形式的, この形式的側面, こまごまと, ごとく時, ごとく理解, さ, さうい, そういう矛盾, それぞれに, たぐいは, たちと, ために, ためばかり, ついた絵本, つなぎにも, ところで, ところどころには, ところどころを, どこかに, どこと, どこの, なかでも, なかみ, のって, はじめから, はじめと, はじめの, まとまりが, まま傷つい, まわりに, もう一つ, よしあしは, わかりやすさ無, わかる試験官, わきに, カラダマは, キタエも, スタイルが, スタイルなども, テムポという, トンチンカン性の, ブラックチェンバーであった, ヤという, ヤリクリで, リズムが, リズムと, リズムの, リズムは, 一つの, 一つを, 一つ二つを, 一事だけでも, 一例であろう, 一句, 一句を, 一句一句に, 一端を, 一等初めに, 一節であったなら, 一節である, 一節に, 一節を, 一部に, 一部分が, 一部分に, 三つや, 上から, 上からだけ, 上だけの, 上でさえ, 上でも, 上において, 上や, 上より, 上手な, 下に, 下へ, 下手な, 不味いの, 世界などを, 世界に, 中での, 中にさえ, 中にさえも, 中にだけは, 中へは, 主旨なぞは, 主格と, 主要人物よりも, 主要形式で, 主題に, 亂雜な, 争に, 事などに, 事業たるを, 人, 人だった, 人を, 仕事は, 代作の, 代用にも, 仮名づかい, 伝承の, 体制に, 体裁で, 体質と, 何れにも, 何處を, 余りに稚拙, 作品を, 作成と共に, 作者だ, 作者として, 作者に, 作製法を, 信条は, 修練だけ, 修練に, 修辞に, 俳句風な, 個所すなわち, 傾向が, 先の, 内の, 内へ, 内容が, 内容と, 内部価値は, 円熟に, 冒頭にだけ, 冒頭の, 冗漫拙劣な, 冴で, 処々に, 処が, 処を, 処置については, 出来ぬ者, 出発点乃至, 分量が, 切り目それの, 切り目の, 切れっ, 切れつぱしだつたり, 初めに, 初め二三行を, 判読を, 利は, 前と, 前半は, 創始者として, 力が, 力で, 力であり, 力なり, 力の, 勉強を, 動きの, 勢ひといふ, 博士が, 参考とは, 取消を, 口語化, 口調から, 古典復興物語調流行が, 句切りを, 句法辞法に, 句読点の, 名と, 名文家が, 名目であった, 名誉で, 味などと, 味に, 味を, 品位も, 唯一の, 問題が, 問題である, 問題などには, 問題は, 善い悪いは, 善し悪しは, 土台だ, 在る事, 型が, 型に, 型を, 基礎としての, 場合では, 場合には, 塩梅から, 変化に, 外に, 外道である, 多くは, 多少の, 天才だ, 天然描寫の, 奥から, 奥底に, 好悪に, 如きは, 如き自分, 妙にも, 始めごとに, 始めで, 姿とは, 字句までも, 字面だけしか, 定型を, 宜しからぬ, 実に立派, 対比は, 専門性などは, 山の, 巧みな, 巧拙などの, 巧拙に, 差違を, 常に真, 平易さへの, 幾多の, 序説とも, 形に, 形にととの, 形多くの, 形式がや, 形式に, 形式の, 形式や, 形式的な, 往くところ, 径庭を, 律動を, 心当りが, 必要は, 性格は, 恐ろしさ, 悪さ等, 意味といふ, 意味は, 意義は, 感觸に, 才が, 批評は, 技巧と, 拙いの, 拙ない, 拙劣あるいは, 指向を, 推敲を, 描写力とが, 放散する, 散文と, 數頁に, 断片を, 新しい美, 新らしい, 新味が, 新味も, 方に, 方は, 日常性や, 旧さ, 明徹な, 時代で, 時代である, 晦渋な, 晦渋は, 書いて, 書かれた動機, 書かれて, 書きかたであった, 書き手である, 書き方の, 書き方や, 書き方手紙の, 書き方論文の, 書ける人, 書ける哲学者, 書ける筆, 書ける筈, 最も異色, 最も高度, 最大の, 最後には, 最肝要, 末までも, 末尾が, 本義だ, 本質は, 材も, 校正刷りを, 根本的の, 格調を, 極めて多い, 構えかたにも, 構成は, 構成中枢と, 構成生活の, 構造から, 構造で, 様子から, 欠点も, 歴史の, 死活が, 殆ど凡ては, 段落に, 気分も, 気品と, 氣味を, 法則でも, 洗練さについて, 洗練の, 流れこそ, 流れの, 流麗さで, 流麗それに, 流麗なる, 海山の, 添削を, 渦まきに, 渾沌的情熱の, 源流に, 漸く親密, 点から, 爽やかさ躊躇な, 片仮名が, 片影が, 特徴と, 特色でありました, 特色を, 理解さえも, 生き生きする, 生命は, 用意方針, 疵累を, 発想法は, 目的である, 目的では, 目的と, 目的乎この, 目的乎人生を, 相違が, 相違と, 省略などに, 真実を, 真実性などに対し, 真率の, 示すところ, 示すやう, 示すよう, 示す通り, 秘密を, 移植と, 第一人者と, 第一帖, 第一義だ, 第二節, 筆写である, 筆者に, 筆者以上の, 筆致などから, 簡勁描写の, 簡明な, 系統では, 約束が, 納得し, 終って, 終と, 終りで, 終りに, 終りには, 組立てが, 組織に, 組織や, 結論としては, 続きは, 綴めを, 綾が, 綾でなけれ, 綾と, 綿々たる, 練達が, 繰り返しに, 續き, 美しい事, 美の, 美は, 美まで, 習練には, 肉体が, 肉体と, 肌も, 背後には, 背面に, 脇みだし, 脈うちの, 自己弁護である, 興廃に関する, 良い悪いなどの, 艶麗は, 草稿が, 草稿を, 荘重な, 荘重典雅を, 著想から, 行く先々, 行間を, 表現が, 表現にも, 表現は, 裏面から, 要点を, 規範と, 解剖を, 解釈が, 解釈と, 解釈は, 解釈法殊に, 訓み, 註文も, 詩趣も, 詳しいところ, 語序が, 誤謬を, 説明の, 読み役, 読者は, 調子から, 調子が, 調子で, 調子と, 調子の, 調子は, 調子ばかり, 調子も, 調子より, 談を, 談論でなく, 論理からは, 論理的關係は, 議論などを, 贋物などは, 趣向を, 趣意は, 踈雑なりし, 身ぶりで, 輪廓の, 造詣では, 遊戲と, 過程である, 道だろう, 道には, 道の, 重量を, 銅像は, 長い手紙, 長過ぎる, 間から, 難意, 雰囲気言葉の, 面白味と, 面白味を, 音律と, 音律とは, 音律などは, 題に, 題材を, 類を, 類型と, 風格として, 飜訳は, 骨子は, 鮮明な

▼ 文章~ (494, 10.1%)

4 次の 3 これを, 事業なる

2 [26件] いつも平明, すつかり, それ自らが, た, どんなギコチ, なんの, 事業なり, 事業なりと, 何よりも, 例の, 創作にも, 千古の, 少しも, 当時の, 心眼を, 必要以外の, 日本の, 晦渋化を, 書かれて, 書くべき事柄, 書けない, 独立した, 私の, 表現された, 非常に, 高い精神

1 [432件] あくまで個性, あったけれども, あまり不用意, ありません, あるまい, あれでは, いかなる事, いかにも鴎外, いくらか, いつまでも, いにしえの, おそらく孔明, おそらく彼, おそらく無かっ, おそらく読まなかった, おもしろいです, お母さんが, かう言, かかれた, かくも, かなり多数, がっちりし, きょうの, きらいだ, くねくねと, こういう風, こうやっ, こう言う, ここで, ことしの, この場合, この点, この視察, この通り肯つて, この通信, これまで, こんなもの, こんな文体, さらにもっと下手くそ, さらに一段と時代, しだいに巧み, しやべ, すこぶる長い, そのま, その人, その側面, その取り扱う, その思索, その特技, その記者, それから, それに, それは, それを, たいてい一度, たいへん下手, たけりたけって, たけりたけつて, たしかに平易, たしかに私, たしかに綺麗, ただ真面目, たと, たとえば, だから他人, つづけて, ところどころ露伴, どうだ, どうだろう, どうにでも, どうも刺戟, どうも見当りません, どう変わっ, どこかの, どこにも, どのへん, ないと, なお時々, なかなか凝っ, なかなか容易, なかなか書い, なにひとつ新しい, なるほどこの, なるほど政治問題, なんにも書くまい, はたして, ばあやに, ばらばらの, ふくみ声, ほかには, まあこんな, まことに単純, まさにこれ, まずく文字, まずく話術, まず勤労婦人達, まだ幼稚, まだ私, まだ続い, まったく稀, まづく, まるでなっ, まるで旧幕時代, まる二年, むずかしい, むずかしいと, もう註釈, もちろん温かい, もっと精彩, やっぱり確実, やはり, よく読ん, よけいな, わかつて, わが国威, わたくしの, イデオロギーという, エンサイクロペヂア・ブリタンニカに, カラ下手くそで, サロン五月号に, ジイドの, スタンダアルの, ダメ映, ハイカラな, パラドックスの, ブルーメンバッハ以後の, プルウストの, ベートーヴェン百年祭の, 一つも, 一の, 一字も, 一般に, 一行も, 一見し, 一見冷静, 一読に, 一貫し, 三晩かかっ, 上巻の, 下手である, 下手学問は, 不得手な, 不朽の, 世の中に, 世間で, 中学生の, 中道に, 主としてこれから出, 主題に, 主題の, 久保栄著, 乾枯びていたが月並な, 事物の, 二の次である, 二人の, 二通共全然, 云わば, 互いの, 人が, 人の, 人格の, 人間によって, 人類社会が, 今度は, 今日まで, 今日もう, 仕事する, 代り合って, 以上の, 仲間たちの, 伸子を, 低下し, 佐々木より, 体を, 体温が, 何か, 何である, 何を, 何人かの, 何月何日の, 作文です, 作者自身にとって, 個体鑑別に, 僕の, 僕等の, 僕自身の, 元来, 元来大正十二年, 先生の, 光を, 全く千鍜万錬, 全く幼稚, 其売れ高より, 其時代々, 其組織や, 其自身完全な, 冗漫に, 冗長であり, 冷然と, 出るたび, 前数年の, 創世記の, 勿論同じ, 勿論巫覡, 勿論蕪雑, 十七年前に, 十指に, 卑俗で, 単なる社会, 単純な, 博士と, 印象的でなく, 即ち思想, 即ち次, 却って論文, 友人某氏による, 友愛の, 口語文だ, 句読なし, 可なり, 吉野朝廷へ, 同じで, 同情が, 同時代, 君の, 味と, 四六文である, 変な, 外面的機縁によ, 夙に文壇, 多くは, 大ざつぱな心持, 大工の, 大正十四年から, 大正十年二月長崎において, 大部分, 奇怪にも, 奈良朝に, 如何, 嫌ひだと, 実に千古, 実に名文, 実に情義並び, 実に美しく, 実に陰惨, 実際に, 実際は, 客観写生という, 宿構の, 寺の, 巡礼及び, 巧みな, 巨匠の, 布衣に, 平塚らいてうが, 平明で, 幾つか, 引締って, 当世に, 当日の, 当時より, 当時私の, 当節は, 彼にと, 彼の, 往々に, 御廃, 復古的革命的思想を, 必ずしも名文, 忘れがたい, 怕しい, 思って, 思軒を, 恐らくあるまい, 恐らくより, 悉く内面, 悪文である, 悲しかつ, 意味と, 意味不明な, 意思を, 成可く, 或は正, 或は長く, 或る, 戦争中, 所謂下手に, 拙著, 揃ひも揃つて下手であり, 救い難く古い, 散乱し, 散文では, 数十行に, 文壇への, 文飾の, 新しいの, 既に文章, 日本人の, 日本紙に, 昂然と, 昌造の, 明らかに, 明治以後の, 明治八年二月七日の, 明治四十一年から, 明治四十二年発行の, 昔から, 昭和二十八年すなわち, 時と, 時代の, 普通の, 暗い光, 暗示に, 暗誦する, 曲線的で, 書いたひと, 書きますが, 書くが, 書けないと, 書けるかって, 曽て, 最近の, 最近わが国で, 有りは, 有体に, 有島武郎を, 有頂天の, 朗読する, 本来いくら, 東西に, 東西にわたって, 果してどうなっ, 格に, 案外すらすらと, 椋鳩十氏の, 横に, 此に, 殆どメロディアス, 殆ど擬古, 殆ん, 殘るだろ, 氏の, 気取って, 氣質の, 水際立って, 永久性が, 永遠の, 決して襤褸, 決して質屋, 活ん, 浜田が, 深遠難解でも, 添えた部分, 滅多に, 漢文崩しである, 漢詩朗吟風な, 無い, 無垢な, 無用で, 無論支那人, 熊本の, 物理学的には, 特に悲しむべき, 独特に, 理屈ばった, 生活だ, 當時の, 皆こんな, 皆な, 皆一つの, 省いて, 真に先生, 確に, 社大, 神韻, 禁止された, 私たちの, 私には, 稀であろう, 空虚な, 立派である, 立派に, 第二版, 簡単に, 簡單です, 素人臭く, 素直な, 終って, 絶対的に, 継ぎは, 綴り方, 自在に, 自負と, 至って巧み, 若干不親切で, 英國の, 虚無的な, 製作當時の, 見られなくなりますね, 見るべきもの, 言うに, 言文一致といふ, 言文一致を, 言葉づかいが, 記述の, 詞の, 詩人にも, 読み取って, 読む方, 誰が, 誰でも, 諷刺を以て, 謂わば, 讀まれなくなるの, 身を, 途中で, 違った方面, 適切に, 都合で, 長いので, 闇に, 雑誌に, 雑誌や, 面白い, 面白いが, 面白いけれど, 須らく厳正, 頗る流麗巧妙, 餘程蕪雜に, 馬琴を, 駄目だ, 驚くべきほど

▼ 文章~ (428, 8.8%)

10 ある 6 あって 5 あった 3 あつた, 出て, 多い, 恰で, 書いて, 載って, 非常に

2 [28件] あつて, あるだけ, あると, あるばかり, うまい, きれいだ, のって, まずい上, ヘタだ, ヘタで, 一般に, 下手で, 不得意なる, 如何ほど, 巧い, 彼の, 掲載された, 書きつづって, 書けないから, 書けないに, 書けないの, 書けるの, 活字に, 牛の, 続いて, 見えない限り, 認められて, 雑誌に

1 [330件] あったけれども, あったと, あったのに, あったり, あまりに抽象的, あらわれた, あらわれだした, あらわれ非常, ありその, ありました, あります, あり一略, あり創作, あり得るという, あるから, あるが, あるの, あるよう, ある抵抗, いかにもそらぞらしく, いかにハイカラ, いかに格調, いかに難解, いつの間にか牛, いつもと, いやに, うまいかま, うまいから, うまいなら, うまいん, うまい上, うまくて, うまくなかった, うまくなれる, うまく好ん, おおいに自分, おのずから私, おのづか, かけて, かけるよう, こ, この半, これが, したためられて, すでに純粋, ぜんぶできた, そうである, そのま, そのまま使っ, その当時以上, その目的, その部分, それで, それに, それ故, た, たいそうありがたい, たどたどしいばかり, だからいつも, ちっとも美しく, ちゃんと載っ, ちよつと, つぎつぎ記憶, つまり分裂の, つまり私, できて, できると, どうかした, どうしてもうまく, どうしてもっ, どうして後世, どうして自分, どうのこうのと, どうもおかしい, どの位, どの程度, どんな悲痛, ないからな, ない為, なお清盛, なかった, ならんで, はっきりその, はるかに, ひっかかりと, ひとりでに走っ, まずくても, また古今独歩, また名文, まだこの, まだまだ熱, まるでアメリカ人, むずかしいこと, やさしいの, やせて, やはりはいっ, よくて, よく出来た, よく書けない, よく考え, よどみなく, よめるよう, わかって, われわれ人民を, ジャックリーヌの, ジユウルナル・プウル・ツウに, タイプライターで, トゲトゲして, フツカヨイ的であっ, ヘタに, レトリックに, 一句だけ, 一回きりにと, 一日でも, 一枚半つい, 一部の, 一部抜萃し, 丁度西洋人, 上手で, 上手であった, 上手でした, 上手に, 上野氏の, 下手だ, 下手でも, 下手な, 不得手だった, 不愉快で, 不穏である, 不自然で, 与って, 世上に, 之を, 事物関係乃至, 二箇所ある, 人生を, 今ある, 今の, 今日の, 今様に, 伊波さんの, 体を, 何だか有難く, 何と肉体的, 作られたので, 作品の, 元来力強く美しい, 先頃某紙の, 入つて, 全く口語性, 全く読まれない, 公式には, 公的に, 具体的で, 内容なし, 出して, 出ずじまひ, 出た, 出ようとして, 出来たから, 出来て, 出来てから, 出来なけりゃ俳句, 出来ますね, 出来上る, 刻って, 前の, 劇的動作を, 動いて, 十色くらゐ, 友の, 収められて, 口語体に, 古い語, 古典として, 各雑誌, 君に, 含まれて, 嘆きと, 四箇条ほど, 多かった, 多すぎる, 大へん, 大分壊はれ, 好きで, 如何に, 如何にも直截, 姑の, 嫌われ文章, 存在しなかつた, 実に五枚, 実際の, 少し変, 尻切れ蜻蛉だ, 山野一流の, 巧かった, 巧かつ, 巧く, 巧ますぎる, 巧みだ, 巧みでも, 巻頭に, 平明であろう, 幼稚で, 廻りくど, 当時の, 役に立つよう, 徒らに, 得意であった, 微笑を, 志士の, 悉く旧い, 惡く, 想定し, 意味の, 投稿され, 拙いに, 拙いので, 拙くくどくど, 持って, 持つて, 掲載し, 支離滅裂で, 散文である, 散文の, 散見される, 文学に, 文語です, 新たに, 新聞に, 早く書ける, 時々空疎, 時に粗, 時の, 晦渋を, 書けたならば, 書けたのに, 書けたらしい, 書けないという, 書けなくなって, 書けなくなる, 書けません, 書ける, 書けるかね, 書けること, 書けるでは, 書けるといふ, 最もよく語つて, 最も明白, 朝憲紊亂罪に, 未熟な, 本当の, 本来そういう, 本職の, 栄介の, 格調も, 極めて不自然, 正確に, 比較的ムツ, 気に, 気障, 決して記号定式化, 決定づけられ同時に, 流れでる, 流行し, 無くなつ, 理想的の, 甘いッ, 発表された, 白い厚い色紙, 皮切である, 盛って, 目に, 眼に, 眼にのみ, 破棄される, 示すと, 示す通り, 社会評論, 神に, 私の, 種々の, 立派に, 立野女史の, 粗大の, 純文学の, 純然たる, 素敵な, 素敵に, 組成され, 続々出, 綴られて, 縁談の, 聯関し, 胸中を, 自ずから将来, 自分に, 舌足らずだ, 著しく口語的, 蕉拙く, 藤村の, 行はれ, 見るに, 解りにくい, 記されて, 記して, 証明し, 認めて, 誤つて, 読みにくく, 読み上げられたとき, 読めて, 読者の, 誰を, 載ったこと, 載つて, 載りすぎるという, 返り点, 通用語を, 達成される, 違うよう, 違つて居る, 限りなく殖え, 集つてゐる, 集めて, 集められて, 難解を, 青年諸君の, 音楽的である, 高雅に

▼ 文章~ (369, 7.6%)

8 なって 6 して, 於て 5 なつて, 就いて 3 しても, よると, 對する, 手を, 書いて

2 [20件] あふれて, あらわれて, くらべて, した方, すれば, だまされて, 似て, 働く前, 対して, 對し, 就て, 就てのものである, 書きにくい, 気を, 移して, 興味を, 複雑な, 親んで, 連り, 隠すべからざる距離

1 [284件] あっては, ある, あるの, いたく推服, いちいち要らざる, いまだに愛惜, いよいよこれから引返し, うかがわれる, うつり行かなかったところ, かいた時, かういふ, かけるん, くぎりが, こういうひねこびた, こう云われ, こもる祖国, さういふニュアンス, した, したがるなどといふ, したこと, したら評論, しようと, しろ文字面, すぎない, すっかり征服, するには, その跡, それが, ちがいない, ついて, つき或は, つづいて, であった, とじこもって, なしと, なった, なったけれども, なっただけの, なったの, なつた, ならぬぢ, ならんと, なりそう, なる, なると, なるといふだけ, なるの, なるよう, なる訣, のしかかり饐えた悪臭, はなつて, はむだが, はめつたに, ひかれて, ふくまれた理論的, ふれたくない心, ふれて, ぶつかったとき, ぶつかったり, ぶつかつ, ぶつかると, ほかならない, ほのかに, まさる地方文学論, みちて, もって, もっと英気, もどって, よらずに, わかりやすさの, わざわざ, インネンを, ユーモラスの, リズムの, 一つの, 一列だけ, 一応敬意, 一番多くの, 一種異様の, 万丈の, 不潔淫靡なる, 乘つてゐない, 今の, 仕立てあげるの, 付いて, 作りなどは, 作り句, 使へ, 依る描寫, 依れば, 働きかけるかを, 充ちて, 光を, 全ての, 共鳴する, 具わる個性, 写生文という, 凝って, 凝つた覚え, 凝つて, 凝りすぎる, 凝るよう, 出して, 出て, 分離された, 力と, 力を, 加えるに, 匂って, 匂つてゐる, 厭味を, 去年, 取り入れること, 取り込まれ永く, 史料としての, 品あり, 善悪の, 固い心, 在った, 在るよう, 女性への, 対う, 少し眼, 少し馴れる, 就いての, 就ての, 尽きて, 屈托し, 年功が, 幾分の, 引き直されるか, 往々多少の, 従えば, 心ある, 必ず土台, 性格が, 恋愛気分が, 意味が, 感傷癖は, 感動した, 慣らされた自分達, 憂身を, 我々を, 托して, 拘泥せず, 拠って, 接しはっと, 接すると, 接触する, 敬意を, 文章としての, 斯の, 新鮮味が, 於けるや, 於てこそ, 於ては, 是非優劣などは, 時々感心, 曰く, 曲線が, 書いた, 書いたあれ, 書いたり, 書いても, 書かないこと, 書かれたとしても, 書かれて, 書きました, 書き替へて, 書くと, 書くの, 書く時, 書く気, 板屋と, 格別の, 構成され, 次郎生と, 気品を, 注がれるが, 活殺の, 流動性が, 浮び出るもの, 涙が, 漏らして, 潜む精霊, 煩しい, 熱して, 熱と, 熱心だ, 牽制され, 現したい, 現す能力, 現われた観念, 甘んじたれば, 用いられたる個々, 用ゐる, 由て, 発した修飾法, 盡さん, 目を, 目をと, 直したフランス人, 相違ない, 相違無い, 省察を, 真率なる, 眩まされたの, 眩惑せらる, 私という, 私は, 移したいといふ, 移民生活らしい, 符合し, 筆を, 簡単に, 簡潔さを, 結末を, 絶望し, 經史が, 綴って, 綴らなかったら材料, 纒めあげる, 美人を, 美辞が, 自信が, 自然な, 至っては, 至るまで, 色艶でも, 芥川龍之介の, 苦しむこと, 苦心する, 著しい, 表はれた, 表われた, 表現しよう, 表現を, 裨益し, 要約した, 要約し得る, 親しむやう祈り, 親しむ事, 親しんで, 言ふなら, 記したるもの, 記せば, 詩的の, 認めたの, 語らせたい, 読み惚れて, 調子が, 謙遜味の, 貢献したる, 足を, 較べて, 近い形, 述べた, 逢着する, 進むこと, 達し音楽, 酔った, 重きを, 重複した, 金を, 録せしもの, 長じ, 関心を, 關する, 限られて, 限りなき, 陶酔し, 隙が, 霊妙不可思議な, 靄が, 非常に, 革命と, 音律が, 音律といふ, 音律を, 飜されたらう, 馴れた若い, 魅せられた読者, 魅力が, 黄金色の

▼ 文章~ (175, 3.6%)

8 あつた 7 書いて 4 私は 3 かかれて, 書かれて 2 あらう, これを, そのなか, 嚇して, 手紙を, 現そうと

1 [138件] あつて, あの全員救助, あらうかと, あらうが, いいところ, いかにも雨, いくつかの, いって, おしたため, かいて, かなり鳴した, げすから, この井上, この大, この数年間自分, これは, こんなの, さらさらと, しかもその, しっかりした, すらこの, すらも奈良朝, その反駁, それは, ただの, たとへば, でも, といただけ, どんな書体, みのしろ, みれば, もさうだ, もって, やるべき所, よめば, よろし, よんで, わたしは, イリーンの, クロムウェル書簡の, デュアメルが, ト書を, ヤリクリ苦面する, 一番若い, 七年ぶりに, 下書きを, 中島健蔵氏が, 云えば, 何を, 何処かの, 何故今日, 先生の, 写すこと, 十七八の, 叙述し, 土台の, 大胆に, 奮闘なされた, 如何なる感情, 妖異の, 婦人が, 婦人の, 小説を, 山川菊栄とも, 左から, 幸徳西川の, 当時の, 彼は, 心にくい, 意味を, 愬え, 手紙など, 描いた小説, 描かれた不可能, 描き出されて, 描き出した, 描き出して, 揶揄われた, 数字なども, 数字を, 新機運, 既に読ん, 景色のみを, 書いたの, 書いたもの, 書いた元恭, 書かれたもの, 書きたいもの, 書きつらねて, 書きはじめた, 書き現, 書き綴つた, 書き記して, 書くと, 書く事, 書けば, 板木で, 歌では, 歌も, 歐米人に, 浴衣と, 源氏を, 物を, 発表させる, 相川良之介が, 知つてゐた, 礼を, 祭りの, 私をからか, 立って, 答が, 答弁する, 紹介する, 結論され, 綴って, 綴つた小説で, 置き換える事, 而も, 自分の, 自然に, 芥川の, 表す方, 表現した, 言えば, 言へば, 記されて, 記して, 話の, 語って, 誤つて活用, 読んだの, 諸新聞, 輪廻とか, 近く発表する, 間に, 面白く書い, 風景を, 鴎外は

▼ 文章~ (172, 3.5%)

2 [12件] あるの, うぬぼれる程, 一望の, 亦多く, 千古無窮に, 変りは, 時には絶対, 書けない, 無論必要, 生育する, 立派な, 読みづらく

1 [148件] あって, あらわれた, あるには, ある訣, いいわね, うまいなかなか, おのずから匂, おのづか, おもに萩原君あて, かく, かわって, かわりが, この伝統, この友, この頃, この飜譯, ございますけれども, しどろもどろの, すっかり無, そうした思い, そつくりプルウストの, その内容, その当時, それだけで, それらの, そんなに拙く, ついに何, まずい, よろしく, よんで, りっぱである, わが胸, ノーブルである, ムツかしい, リズムを, 三誦すべく, 三重吉氏の, 下品で, 下手くそを, 下手だ, 下手である, 五十回に, 交って, 亦その, 亦事情, 亦少く, 人に, 今一と, 今以, 今度はじめて, 今記憶, 伸子は, 体を, 何の, 何時しか北海道, 何等異なる, 作って, 作るひま, 健全であり, 入って, 分りにくい, 初めの, 叙述の, 古典の, 吉村の, 吉田張りに, 同じだ, 味ふ, 変だ, 大分不揃いであります, 如何に, 字も, 完備し, 実に珍無類, 少しおぼえました, 少しも, 巧かつ, 巧く, 平生と, 幼稚で, 幾つか, 従来は, 微笑を, 悪い歌, 悲鳴に, 技巧は, 拙く書體, 支離滅裂に, 改作した, 整わぬ所, 文字も, 斎藤某の, 日本の, 時局的な, 普通の, 書いた, 書いては, 書くし歌, 書けない所謂, 書けぬけれども, 書けません, 書ける, 書けんもん, 本是, 格に, 樸俚で, 欧文脈を, 歌も, 正気の, 洗練し, 深く考えさせる, 演説も, 漢を以て, 漢詩も, 物に, 猶當時, 猶眼, 現代人に, 生き物で, 皆笑い声, 益々うまく, 確かに, 空霊とでも, 筆者の, 等閑視し, 簡潔で, 纏った句作, 美しく恐らく, 考えも, 船が, 融通が, 表現の, 見あたらぬやう心得候, 見て, 見られるので, 観察と共に, 記念として, 詰るの, 読んだこと, 誰も, 諭吉が, 軽快簡潔であっ, 達者である, 階級的分裂を, 雅文体で, 青いまでに, 面白かった, 風格が

▼ 文章~ (104, 2.1%)

4 なって 3 言ふも 2 いひ實, なつて, なると, なる過程, 云うもの, 云ひ, 称びたい, 言へば

1 [81件] いいよくも, いうべき者, いえども, いずれが, いっても, いへば, お相撲さん, かきかえて, さうでない, するか, すれば, そのハンデキャップ, その図, その場, そんなに違わぬ, どこか, なすこと, なす事を, なつた, なりそう, なる, なるとは, なる限り, キメの, ロシア人に, 一つの, 一致する, 事業とを, 云う, 云うの, 云はれる, 云われるなら誰, 人の, 信じたのに, 内容とが, 写真とを, 前後し, 合せて, 同じよう, 同じ様, 同じ響き, 同様, 場末の, 対比し, 対比する, 対比的に, 弁論において, 引証で, 思つてゐる, 思想に, 文章との, 文章の, 日本語の, 明快な, 格法を, 殆ど同時に発表, 比較されたら, 演説の, 特別な, 現在使つてゐる, 畫題とを, 相待つ, 科学, 絵が, 絵を, 縁の, 繪を, 装幀に, 見るの, 解するなら, 言うても, 言っても, 言ひまし, 評しても, 読みがたい, 講演を, 識見とで, 較べて, 通俗なる, 閲歴とを, 離れること

▼ 文章では~ (61, 1.3%)

12 ない 3 あるが 2 ありません, なく娘心, 有り得ないけれども

1 [40件] ありませぬが, ありません本当は, おわかり, ちょっと手, とうてい真実, ないか, ないと, ないの, ないらしゅう思われます, なくって, なくて, なし絵, もの足らなくなっ, バックの, ビリューコフという, フォールズは, 仕樣, 作者自身すでに, 先行する, 分析を, 初めから, 単に筋書みたい, 問題が, 大原社会問題研究所の, 思想が, 書きあらわせないよう, 書き憎く, 此は, 無い, 無いよう, 無理ならぬ, 示すこと, 美人らしい, 莊嚴とか, 表現は, 言ひ, 語を, 誰も, 警察と, 随分ひどい

▼ 文章には~ (56, 1.1%)

2 少しも, 真実

1 [52件] あの感傷, ある極, いつもモダーン, かけないよ, この調子, ずいぶんそうし, その悲しみ, その頃ベートーヴェン, どうしても感心, どこやら, まだ年期, もはや青年, よく, 一々日附, 一篇の, 一般の, 之と, 何, 何となく勢い, 例えば馬琴, 出会は, 到るところ懺悔, 南国の, 大昔日本武尊が, 宿命的に, 少からず驚いた, 山が, 描写が, 文学の, 文學の, 既にさう, 日本の, 更にかうした, 書いて, 書きあらわしたが, 未熟不, 棧橋と, 次の, 独特の, 現実を, 真逆様に, 神だの, 私は, 終ひ, 自然な, 表現出来ない, 言文一致は, 誦すべきもの, 説明が, 達者なら, 違いありません, 長崎での

▼ 文章~ (41, 0.8%)

2 もどかしいほど

1 [39件] べそ文章を, コンストラクションや, 会話で, 会話の, 作品で, 使いの, 俳句を, 優秀な, 写真版の, 刊行物が, 医学雑誌, 卑俗な, 単語が, 単語に, 句調や, 哲学的な, 声の, 文字の, 文学に, 歌が, 歌という, 歯切れの, 淨瑠璃の, 演説を, 漢詩などが, 粉飾に, 考えの, 言葉である, 言葉でない, 言葉に, 言葉の, 詩も, 詩や, 詩を, 詩篇で, 語法の, 談話会の, 談論中に, 音樂や

▼ 文章にも~ (39, 0.8%)

2 あらわれて, それが, 絵にも

1 [33件] ある通り, お墨, かけない醜悪, つづれないほどの, ほとんど精彩, やはり勿論神言, やはり火野, よくうかがわれる, 一方ならぬ, 不安は, 何にも, 佳山幽, 入道の, 凜乎たる, 劣らぬ名文, 喜びが, 図入りで, 多少の, 巧みであった, 心を, 思想にも, 或は何等, 所々怪しい, 描けぬ光景, 書いて, 残った人, 氣品が, 無意識の, 綴られて, 自分の, 見えて, 長じた, 魅かれ

▼ 文章~ (35, 0.7%)

2 の, のこと, の不都合, の困難, の混乱, の遊戯

1 [23件] だけの問題, のアナーキスト, のアポロ主義, の事実, の修飾誇張, の専門性, の工風, の彫琢, の微妙, の意味, の慣用句, の斧鉞, の新味, の根本用意, の極めて, の気取り屋, の理想, の理非, の苦心, の解訳, の詩, の誇り, の骨董的

▼ 文章~ (35, 0.7%)

3 として立とう

1 [32件] がある, じゃない, だからな, だつた, だと, だ九段上, であつ, であり吉村冬彦, である, であること, では肥前藩, で評語, というもの, としての三木, としては勿論, として支那, として落第以上, として見た, なの, なるべし, にすぎん, にはずいぶん, には必ず, に仕上げる, の少年, の巧, の彼女, の文章, の於保武十氏, はかく, は彼女, も泣く

▼ 文章~ (29, 0.6%)

3 と思った 2 な, も純粋

1 [22件] からこの, から実用以外, があの, がそれ, がはつきり, が実際, つたかも, つたから, とあきれる, ということ, といふ感じ, とか技巧, とその, と云う, と思い, と思う, と思はれる, と思ふ, と近く眼, のと, のに夏, よ

▼ 文章~ (29, 0.6%)

2 の上

1 [27件] がどれ, が出来, が変則, でありその, であると, では上例, というよう, としてはである, として行なわれ, との判断, と口語, と日常語, と稱, においては類型表現, にむけ, の, のみを使用, の廃絶, の文法, の有する, の自由詩, の読本, は単純, は弾力, は遙, や俗談口語, を使用

▼ 文章という~ (25, 0.5%)

7 ものは 2 ものが, ような

1 [14件] のは, のを, ものじゃ, ものである, ものの, ものへの, ものも, ものを, ように, わけで, 問題が, 意味です, 文章で, 方からだけ

▼ 文章から~ (24, 0.5%)

2 して, 区別する

1 [20件] ただ懺悔に, 一節を, 二三の, 人物の, 何か, 作者の, 初めなく, 受けた印象, 受ける感じ, 同氏の, 始まる, 当時拷問の, 影響を, 御馳走が, 想像し, 拾ひ出さう, 自分に, 見ると, 言葉だけを, 辛うじて察

▼ 文章として~ (24, 0.5%)

2 あると, 完成し

1 [20件] ここに, そのま, やはりダーウィン, 十分の出来である, 口頭に, 存在する, 存在の, 学校の, 嵌め込んだの, 怪しまなかったとしても, 成熟する, 書かれるため, 最も隙, 此処へ, 表は, 表わすこと, 表現したい, 語って, 読めも, 間違ったところ

▼ 文章である~ (23, 0.5%)

1 [23件] かぎり人格を, かのごとく響い, から, からたとい, から以下簡単, から對話, から敬語, が, がその, が初めて, が杉君, が私, ために, と, といいます, というの, といふこと, と云, と思っ, と思ふ, と思われる, にもせよ, わけです

▼ 文章でも~ (22, 0.5%)

1 [22件] かいて, これは, そうです, その他萬般の, ないから, ないし, ないの, もらって, やろうと, 一つの, 仁義忠孝の, 俳句でも, 出典が, 成るべく短い, 我々は, 明らかに, 暗誦してる, 書いた通り, 江口を, 綺麗に, 解釈しよう, 記憶する

▼ 文章~ (19, 0.4%)

2 なぞは如何, は意味

1 [15件] では二葉亭, としては随分, と申す, に通暁, の態度, の要求, はある, はまだ, は狼, は言語心理学, は非常, や美辞法, をいわゆる, をかき出しました, を主張

▼ 文章によって~ (17, 0.3%)

2 日本の

1 [15件] そういう事物, ディルタイの, 人に, 人の, 作家同盟が, 公衆に, 半ばの, 巧みに, 描き出したという, 書かれて, 熟知せられる, 生計を, 継続した, 述べて, 養われた

▼ 文章とは~ (15, 0.3%)

2 何か, 次第に眼

1 [11件] すこしちがうらしい, わけが, 云へ, 全く本質, 全く趣き, 実にちがっ, 己が, 常に此, 当時の, 苦しいが, 馬へも

▼ 文章そのもの~ (14, 0.3%)

1 [14件] から白, がここ, がまるで, が或, が短い, だが, による他, に何, に対する感覚, に感情, の率直さ, の苦労, はそう, はもと

▼ 文章なら~ (14, 0.3%)

2 ば最も, 絵よりも 1 いいだが, この位, この絵はがき, さう, どんな下手, コレお, 兎も, 文章を, 水晶の, 説明する

▼ 文章~ (13, 0.3%)

4 のだ 2 のである, ので面白 1 のであらう, のであろう, のでくだい, のです, んでございます

▼ 文章を以て~ (13, 0.3%)

1 [13件] これを, しては, パンに, 一世に, 之を, 事業と, 出来たる社, 心中の, 標本と, 穏当なる, 綴り且つ, 身を, 鳴るの

▼ 文章との~ (12, 0.2%)

1 [12件] あいだに, 一致これが, 一致といふ, 価値比較を, 区別が, 大きな力, 差違を, 方法論上の, 読みわけかた, 連絡が, 連絡文法語格を, 間には

▼ 文章よりも~ (12, 0.2%)

2 その文章 1 かえって明, この方, はるかに, もつと, 名文で, 坐談, 悲惨である, 早わかりが, 理論を, 長い複雜

▼ 文章博士~ (12, 0.2%)

1 [12件] が選んだ, だった, であり大江家, であり維時, で続, と云, などを随, に作らせる, の日野資朝, や大学頭, を呼ん, 正五位下

▼ 文章など~ (10, 0.2%)

1 むずむず直したくなる, よむと, ナカ, ヘタすぎ, 在りは, 彼の, 書けさ, 稚く拙い, 考えて, 読めないの

▼ 文章世界~ (10, 0.2%)

1 それから舊早稻田文學, で三木露風氏, で指摘, とかいうよう, に出た, に掲載, に書く, の投書家, の編輯主任, は投書家

▼ 文章~ (10, 0.2%)

2 への関心 1 とかが末技的, におけるクラルテ, にまで至る, の上, の功労者, の名人大家, の末枝, の職人的手腕

▼ 文章としては~ (9, 0.2%)

1 ずいぶん奇妙, 今の, 全然筆者, 劣つてゐよう, 拙い方, 珍しいと, 見るべからず, 間違いである, 難解とも

▼ 文章ほど~ (9, 0.2%)

2 計算を 1 その場合, てんでばかげた, 一人前以上の, 人を, 校正は, 複雑に, 複雜多岐多

▼ 文章~ (9, 0.2%)

2 を山会 1 が時々, で四方太氏, で度々, と和歌, はひま, を来月九日, を開い

▼ 文章倶楽部~ (9, 0.2%)

2 と云う 1 で知りました, の写真, の古い, の愛読者通信欄, の詩, を出し, を読む

▼ 文章全体~ (9, 0.2%)

2 が果して 1 が命令, に亙っ, に効果, の中, の構造, の趣旨, を面白く

▼ 文章~ (9, 0.2%)

1 といふもの, なぞもひどく, なぞも国別, のよき, の検討, はかなり, は将来発展, を破, を説く

▼ 文章といふ~ (8, 0.2%)

4 ものは 1 ことになつ, ことは, もの, 点で

▼ 文章~ (8, 0.2%)

2 の言語 1 で書い, で殊に, で綴っ, なの, や候文, をさえ解し得ない

▼ 文章としての~ (7, 0.1%)

1 ムツかしい, 形や, 律要素よりも, 特色は, 生命や, 組立が, 誤りが

▼ 文章に対して~ (7, 0.1%)

1 一種の, 一般的に, 思ひがけ, 潔癖を, 私は, 聊か自ら, 返報する

▼ 文章に対する~ (7, 0.1%)

1 反抗と, 反駁の, 国字或, 感覚の, 注文も, 考察から, 苦辛感嘆を

▼ 文章~ (7, 0.1%)

1 からその, には大, に引用, に挿入, のもの, の嘘字, の最も

▼ 文章であっ~ (6, 0.1%)

1 てその, てそれから, てもそれ, て外, て晩年余り, て決して

▼ 文章なり~ (6, 0.1%)

1 ある厳密, ことばなりが, 作品なりが, 句なりに, 意味なりから, 顔色なりを

▼ 文章としても~ (5, 0.1%)

1 それ自身日本文化の, また当時, また立派, 優れたもの, 面白いと

▼ 文章とを~ (5, 0.1%)

1 乗具と, 合せて, 極めてよく調節, 用いて, 結びつけること

▼ 文章について~ (5, 0.1%)

1 であつ, やかましい批評, 一言附加え, 何と, 大意見

▼ 文章らしい~ (5, 0.1%)

2 ものを 1 ところは, のである, 政治小説その他の

▼ 文章をも~ (5, 0.1%)

2 畫をも 1 仕上げる事, 書いたソーニャ・コバレフスカヤ, 読み私

▼ 文章下手~ (5, 0.1%)

3 で皆目 1 で, と自分

▼ 文章即ち~ (5, 0.1%)

1 事業なり, 事業なりと, 事業なりとは, 事業なる, 漢文と

▼ 文章~ (5, 0.1%)

2 を無視 1 を根本, を破った, を脱し切れない

▼ 文章~ (5, 0.1%)

2 があつ, で朗讀 1 は明治三十八年

▼ 文章~ (4, 0.1%)

2 挿し画 1 何かと, 俳句かを

▼ 文章しか~ (4, 0.1%)

2 書けぬ事 1 ない, 書けないくせ

▼ 文章であった~ (4, 0.1%)

1 からもし, が細川氏, としたら, 事に

▼ 文章であり~ (4, 0.1%)

1 一度読み下し, 又其, 従って一種, 殊に發音上シス

▼ 文章です~ (4, 0.1%)

1 からあれ, からね, から我慢, ね

▼ 文章とも~ (4, 0.1%)

1 いふべきもの, に頭抜け, 言えないよう, 言へ

▼ 文章なども~ (4, 0.1%)

1 こんな変, 出して, 巧く書け, 書いたので

▼ 文章において~ (4, 0.1%)

1 ゴチックの, 同志小林の, 必須の, 表現され

▼ 文章における~ (4, 0.1%)

1 パウゼという, パウゼといふ, 一種の, 思い入れと

▼ 文章によ~ (4, 0.1%)

1 つて世にも, つて伝へられ, つて歴史的事象を, つて語られ

▼ 文章~ (4, 0.1%)

1 他, 決シテ怒, 研究シシカシテ我輩, 綴レバ汝忽チ起ツテ躍

▼ 文章~ (4, 0.1%)

2 を取, を取っ

▼ 文章又は~ (4, 0.1%)

1 例の, 句としては, 同じ著者, 言葉で

▼ 文章~ (4, 0.1%)

2 に処理 1 であつ, でなければ

▼ 文章あり~ (3, 0.1%)

1 て人, て醜き, 筆を

▼ 文章からは~ (3, 0.1%)

1 分らない, 様相の, 精神の

▼ 文章じゃ~ (3, 0.1%)

1 ないか, ないと, ないん

▼ 文章たる~ (3, 0.1%)

1 やこうして, 価値の, 谷崎潤一郎氏の

▼ 文章とか~ (3, 0.1%)

1 劇とか, 文学と, 表現とかいう

▼ 文章とが~ (3, 0.1%)

1 中心と, 得意だった, 斉しく

▼ 文章などに~ (3, 0.1%)

2 浮身を 1 よくある

▼ 文章などを~ (3, 0.1%)

1 よこされるもの, 引張り出しそれ, 読んで

▼ 文章なる~ (3, 0.1%)

1 ものに, ものは, わざことと

▼ 文章なんか~ (3, 0.1%)

1 よりゃ有効, 実に甘い, 役に立たないって

▼ 文章なんて~ (3, 0.1%)

1 そんな気, そんな氣, むずかしいもの

▼ 文章についての~ (3, 0.1%)

1 問題からだけ, 限りの, 難点に

▼ 文章による~ (3, 0.1%)

1 他に, 職業を, 表現能力の

▼ 文章より~ (3, 0.1%)

2 はじめて小説全体 1 心外の

▼ 文章を通じて~ (3, 0.1%)

1 感じて, 文学を, 現わ

▼ 文章博士三善清行~ (3, 0.1%)

1 の, の上奏, の第

▼ 文章及び~ (3, 0.1%)

1 其から, 文字として, 構作は

▼ 文章家気質~ (3, 0.1%)

1 がいつ, が失せなかった, を慊ら

▼ 文章自身~ (3, 0.1%)

1 すら独立, は非常, を意識

▼ 文章表現~ (3, 0.1%)

1 の一つ, の形, の源流

▼ 文章~ (3, 0.1%)

2 をした 1 はほんの

▼ 文章かと~ (2, 0.0%)

1 察しられる, 誤解する

▼ 文章さらに~ (2, 0.0%)

2 小には

▼ 文章すら~ (2, 0.0%)

1 出来なかったの, 静かな

▼ 文章それ~ (2, 0.0%)

1 に出, は口

▼ 文章だったら~ (2, 0.0%)

1 よかろうに, チットモ大

▼ 文章でない~ (2, 0.0%)

1 ことは, 耳に

▼ 文章でなく~ (2, 0.0%)

1 その人, て他人

▼ 文章とともに~ (2, 0.0%)

1 あくまで清澄, 人目に

▼ 文章などという~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ 文章なりと~ (2, 0.0%)

1 曰は, 曰ひたる

▼ 文章なりを~ (2, 0.0%)

1 そのままに, 作る人

▼ 文章なんかを~ (2, 0.0%)

1 よくまねる, 書いて

▼ 文章においては~ (2, 0.0%)

1 ほとんど逐語的, 通常の

▼ 文章においても~ (2, 0.0%)

1 出色の, 志賀氏の

▼ 文章にて~ (2, 0.0%)

1 解釈する, 諸学

▼ 文章ばかり~ (2, 0.0%)

1 だから, であります

▼ 文章~ (2, 0.0%)

1 とんで, 至る道程

▼ 文章への~ (2, 0.0%)

1 努力などは, 明言された

▼ 文章までも~ (2, 0.0%)

1 おぼえては, 女房が

▼ 文章みたい~ (2, 0.0%)

1 だと, でございましょう

▼ 文章をば~ (2, 0.0%)

1 私は, 貶して

▼ 文章~ (2, 0.0%)

1 おのずから佳, 羅馬に

▼ 文章以上~ (2, 0.0%)

2 に性格

▼ 文章以外~ (2, 0.0%)

1 に一種, の交通

▼ 文章倶樂部~ (2, 0.0%)

1 に出, のもの

▼ 文章~ (2, 0.0%)

1 が具, はある

▼ 文章~ (2, 0.0%)

1 さす方, した言葉

▼ 文章~ (2, 0.0%)

1 が読書界, を鑑賞

▼ 文章字句~ (2, 0.0%)

1 の上, の変

▼ 文章~ (2, 0.0%)

1 というもの, は従来

▼ 文章専門~ (2, 0.0%)

1 となっ, の文学青年

▼ 文章形式~ (2, 0.0%)

1 が内容, でもの

▼ 文章成分~ (2, 0.0%)

1 の転換, の顛倒

▼ 文章或は~ (2, 0.0%)

1 その固定, 雅文と

▼ 文章~ (2, 0.0%)

1 というもの, のどの

▼ 文章流暢~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 文章~ (2, 0.0%)

1 のある, は非常

▼ 文章用語~ (2, 0.0%)

1 の一貫, は意義

▼ 文章~ (2, 0.0%)

2 は棄却

▼ 文章~ (2, 0.0%)

1 の手習, 最も傑出

▼ 文章自体~ (2, 0.0%)

1 が遊ばれ, の真実

▼ 文章言葉~ (2, 0.0%)

1 の遠く, の面白

▼ 文章記号~ (2, 0.0%)

1 の疑問, や言葉

▼ 文章詩賦~ (2, 0.0%)

1 が流行つた, の点竄

▼ 文章語脈~ (2, 0.0%)

2 を脱し

▼ 文章読本~ (2, 0.0%)

1 が広く, の短い

▼ 文章軌範~ (2, 0.0%)

1 の韓, や唐詩選

▼ 文章險怪~ (2, 0.0%)

1 なるもの, なるカアライル

▼1* [249件]

文章あるが爲, 文章あるいは芸術あるいは, 文章およびそれから事実, 文章かきのやう, 文章からでも人間の, 文章からも察せらるるであろう, 文章がのつてゐた, 文章がわづかに, 文章こういう態度が, 文章これではどうも, 文章へ万葉, 文章さえのこって, 文章ずれや癖, 文章そのままを平, 文章たらずんば已, 文章だけでは, 文章だけが鼻が, 文章だけで判断する, 文章だけに残る, 文章だけについて云ってさえ, 文章だけによる活動以外の, 文章だけのことで, 文章だけは見よう見真似, 文章だけを切り放して, 文章だったがひょんな, 文章だってそうじゃ, 文章やない, 文章って手紙位なら, 文章てんのうち, 文章であれば自己, 文章でございますよ竹, 文章でしたが意味, 文章でつづつておいていい年齢にもな, 文章ででも仕末, 文章でないだろうか, 文章でなければ言霊, 文章としてだけよんでも, 文章とてもその通り, 文章とに興味を, 文章ともに旨い, 文章ないし国語の, 文章ながらあれこれと, 文章なくての修辞, 文章なぞは大いに世, 文章などから探しだした貴重, 文章などだけはそれを, 文章などで平均を, 文章などといふものは, 文章などについてのことである, 文章などにはだまされない着実, 文章などにもムキになって, 文章などは出来たもの, 文章などより数等上の, 文章などを通して私の, 文章ならびに写真を, 文章なら書くところである, 文章なりが退屈に, 文章にさえ満足出来ない, 文章にたいしてそうムキになる, 文章についてはいろいろ解釈, 文章についても書いて, 文章にでも書いて, 文章にとって最も根本的, 文章にとっても決して名誉, 文章になつた, 文章にのみ親しんで, 文章にまで変化し, 文章にまでも大らかな, 文章によりますると, 文章に対し伊藤野枝が, 文章に対しては寧ろ頗る忠実謹厳, 文章に迄苦労する, 文章に関する問題を, 文章のてにをはに年期を, 文章のてにをはの記憶ちがいは, 文章のみが永く久しく遺る, 文章のみの感が, 文章のみは凡らく地上の, 文章のみを發見すれ, 文章はというと, 文章ばかりを読むと, 文章ひとつひとつが不朽, 文章ひとつ考え考えしながら, 文章ほんとにやさしいの, 文章またはあるとき, 文章まったく地に, 文章まで一々批点, 文章もしくは談話などで, 文章もずつとやさしくな, 文章やぶらず保存し, 文章ゆえわざと傷つけました, 文章よい歌の, 文章よりはロシアの, 文章イージーな寄席話術, 文章コソ王李ヲ蹈襲シタレ, 文章ナシヒトトオリマトマリドウニカ小説佳品トシテノ体ヲ, 文章似テ文章ニアラザルモノトシテ, 文章ハ四六ヲ用ヒ詩ハ白氏ノ祖トスル流ハ措テ論ゼズ, 文章ハ文章ニ似テ文章ニアラザルモノトシテ, 文章ユエ若キ真実, 文章一枚三円ときめた, 文章一段を漢文, 文章上手だと, 文章上達の捷径, 文章不良少年の手, 文章と相, 文章世界その他をひらい, 文章世界帝国文学新小説, 文章並びに人格を, 文章中何人かがヴィユウ・コロンビエ座, 文章を證, 文章事業が晋, 文章以後今日に在, 文章会員一同に, 文章会時代のもの, 文章会開会の議敬承, 文章の分量, 文章位いは読みこなせる, 文章体のもすべて詩歌, 文章何以称焉徒負不羈, 文章供養の文, 文章俳句をよく, 文章偉いと云われる, 文章戯楽安逸是因縁, 文章先生に落つ, 文章全部つまりこの, 文章に英文, 文章其ものの前後, 文章の文肢, 文章前後のか, 文章勉強の便宜, 文章博士不覚なる次第也, 文章博士仲章を呼び, 文章博士仲章因幡前司師憲, 文章博士保章の子, 文章博士維時の子, 文章卜筮占相舟師絵師験者持経者等々の道, 文章却ってかたくなり, 文章口語でない地, 文章口調で問う, 文章古記録に載らず, 文章を作る, 文章というの, 文章時代人の, 文章見贈新, 文章堂々として当る, 文章如何にし, 文章学ハ更ニ論ヲ俟ザルナリ, 文章学発生の必然性, 文章学等の諸, 文章学術を以て太祖, 文章学術一世の仰, 文章家ドンな学者, 文章家歐陽修は新, 文章山陽などの書いた, 文章平家物語灌頂の巻, 文章得業生に擧げられ, 文章徳業天下の仰望, 文章感覚が出, 文章憎むべき敵ながらも, 文章手紙の稽古, 文章才學を述べ, 文章才學一世を曠, 文章描写の方法, 文章政治教法ヨリ小ニシテ日用被服, 文章いささか気, 文章教育というの, 文章散文だと, 文章文字或は改竄, 文章文章はまだ, 文章文體の上, 文章既に斯の, 文章日記へひとつ, 文章の在す, 文章晦渋にし, 文章曖昧挙動不審の人物, 文章構成ことごとく古典, 文章構成法に従って漢字, 文章構造を最小限, 文章横山町の路地, 文章歴史等古代の文献, 文章ざれば, 文章流暢意義明瞭で殆ど唐宋, 文章深く味ふべし, 文章漸く西鶴を, 文章為末爾既徳行, 文章無用の用, 文章寓意吟嘲, 文章となり, 文章生時代のこと, 文章にも次第に, 文章発達史の上, 文章的表現についてのモノグサ, 文章直に感嘆の, 文章の胸, 文章簡明なる文章, 文章簡錬敍事勁拔之を先進作家, 文章粗雑きめ荒し, 文章精神を, 文章組織の或, 文章の上手, 文章絵画のま, 文章絵画彫刻なぞいう, 文章翻訳体の文章, 文章もた, 文章而已は黴, 文章自分の衷情, 文章舌頭に上り, 文章艶書ですが, 文章芸術のよう, 文章も彼等, 文章草案の力, 文章菲才を恥ず, 文章藝術暴力等あると, 文章ふべし, 文章苦心戯, 文章規範も碌, 文章規範的なもの, 文章規範金曜日には何, 文章言辞に同情, 文章記録の上, 文章記録草紙物語の中, 文章詞句が入, 文章詞章を通じての日本式最古, 文章詞賦の斧正, 文章詩歌に接し, 文章語そのものが既に, 文章語体かそれとも, 文章語式に聞える, 文章を読ん, 文章の仕業, 文章識見共に当代, 文章質実明快勁健にし, 文章趣味饒き文章, 文章辞句が巧妙, 文章追憶や思い出, 文章通り先祖のした, 文章通り解釈すれば, 文章達者な人, 文章遠く演説に, 文章雅馴ならずして, 文章の為, 文章離れがし, 文章面白く書かれた, 文章頗る体裁を, 文章な感じ, 文章風貌に遜らず, 文章駆使に当っ, 文章高い智慧に