青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「文献~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~文句 文句~ 文壇~ ~文字 文字~ ~文学 文学~ 文學~ ~文明 文明~
文献~
~文章 文章~ 文芸~ 斎~ 斎藤~ 料~ ~料理 料理~ 斜~ 斜め~

「文献~」 1052, 11ppm, 9593位

▼ 文献~ (153, 14.5%)

8 上に 4 上では, 中で, 中に 3 上から, 内容と, 徴すべき, 数は 2 前に, 引用の, 殆ん, 渉猟に, 誠実なる

1 [111件] うちで, すべてによって, そのあれ, ために, なかから, はなはだ片, ひとつである, ま, ような, より本来, デートを, リストを, 一つとして, 一つに, 万葉仮名の, 上からも, 上だけから, 上には, 上の, 上のちか, 中から, 中では, 中でも, 中央山間への, 乏しい時代, 事を, 今徴, 今日に, 他に, 伝うる, 余りに奇異, 価値を, 側から, 全体性を, 内でも, 内容に, 内容は, 取扱い方, 取扱が, 史料価値や, 史証を, 図書館を, 多い理由, 如きは, 始である, 存在といふ, 専門家は, 山と, 常として, 引合せを, 引用, 引用に, 引用によって, 引用注解に, 役割なら, 役割の, 意義は, 所在を, 扱いに, 抜き書きを, 支援を, 整理, 日録を, 書き伝えたかぎり, 最も古い, 有る無し, 有無を, 格納庫では, 欠しい, 渉猟により, 無批判, 物神崇拝の, 甚だ乏しい, 直接の, 研究が, 研究に, 研究にも, 研究に対する, 研究理論的実際, 破片は, 示すとおり, 示す限り, 紹介は, 綜合せられ考へられ, 繋がりが, 翻訳であり, 翻訳は, 自然科学研究に, 自由な, 蒐集が, 表から, 解読に, 解釈, 解釈から, 解釈が, 解題とが, 記する, 証明と, 語源学的乃至, 誤りでない, 足りないもの, 跋渉に, 跋渉を, 辿ること, 都合が, 量を, 闕を, 陰に, 集録も, 類は, 類を

▼ 文献~ (111, 10.6%)

4 渉猟し, 集めて 3 読んで, 調べて 2 しらべて, 尊重する, 探して, 数冊読んだ, 見ると

1 [87件] あさるので, いじくり回すこと, かなり持つ, かなり読まね, しらべ今, できるだけ探す, まとめて, みると, みんな焼い, もって, よく調べ, わが演劇界, ディッケンズの, ボツボツと, 万世に, 並べるよう, 丸善に, 仔細に, 伴って, 作ろうと, 使用し, 先例として, 出して, 別に, 加えられたこと, 十分に, 参考の, 取り寄せて, 取扱い従って, 取扱うに, 受取る傾向, 古書の, 外に, 多くする, 多方面に, 尊重しない, 引いて, 引き散らすより, 持つた民族, 持つて, 揃へる, 数えて, 数冊探しだし, 有効に, 欠いて, 求めたの, 活用する, 渉猟した, 溯っても, 無視する, 現代の, 理解しうる, 留めて, 研究する, 積み上げて, 索めんには, 著述するであろう, 蒐集した, 要求する, 見ても, 見るたび, 見る前, 見落して, 解説した, 解釈し, 計上し, 話半分に, 読みあさって, 読むこと, 読むと, 読むに, 読む機会, 読んだ時, 調べたらわかるであろうが, 調べても, 調べはじめた時, 調べようという, 調べ此方, 論ずること, 買ってるの, 買つてる, 貸し合ったり, 集めること, 集める点, 集め始める人, 集録した, 験べ

▼ 文献~ (103, 9.8%)

5 出て 4 よると 3 見えて 2 よりますと, よれば, 出たみぬま, 名の, 就て, 徴し, 現われて, 記されて

1 [75件] あらわれて, ありますし, あるが, いでたるる, そんな大時代, たつた一つ, ちゃんと記載, なり得ない, なるから, なると, なるもの, のこった大和朝廷, のこって, のこる, もと書い, リファーする, 三ヶ所ある, 乏しい日本, 伝へが, 何か, 依り別に, 保存せられなかつた, 俤を, 出遇つて, 喙を, 基づいたベッティーナ論, 存し, 宮廷では, 宮廷の, 少くありません, 属する内外, 引かれた孔子, 徴すべき, 徴すれば, 於て, 明らかな, 暗く考証等, 最初の, 残って, 残つてゐる, 残つて居る, 残存し, 求める史学, 注意する, 照し, 現れずまるで, 現れたの, 現れたスズメ, 現れた死語, 現れた限り, 現れてを, 現れないで, 現れる事, 現われてない事, 用いられた例, 直接親しみ, 知られて, 著聞する, 見えたの, 見える, 見える短歌六百九首, 見え出したと, 見え出したの, 見当らぬ, 記して, 証拠が, 証拠の, 載つて, 通じた読者, 通じて, 適用する, 遺しさ, 遺つた単語, 長い有史以前, 頼るより

▼ 文献~ (102, 9.7%)

9 乃至解釈学 5 の一分科 3 の問題 2 が言葉, が言語学的, という科学, と哲学, なるもの, に於

1 [73件] からその, からの人間学, かを哲学的思想, かギリシア語文献学, が主, が哲学化, が所謂言語学, が独占的, が目的, が自分, が解釈学, だとして, でもなし, というもの, という意味, としてのフィロロギー, として無論少し, と交叉, と他方実証的, と殆, と言語学, と訳した, なりが歴史, においてである, において大切, についてのアカデミー水準, にとってこれ以上, にとって迷惑, に二次的, に解消, のこの, のもの, の代り, の分, の制限, の哲学, の哲学的世界観的拡大, の哲学的認識, の始まり, の対象, の意義, の方法, の書架, の権利, の溶液, の無, の研究, の適用, はこうして, はそういう, はその, は云う, は哲学, は外見, は文献学, は現象, は範疇論, や何, や解釈学, をその, を何, を単に, を想定, を指す, を文化, を最も, を結合, を野心的, 乃至文献学主義, 乃至解釈学プロパー, 乃至解釈学プロパー以上, 即ち言語学, 更に

▼ 文献~ (66, 6.3%)

6 ある 2 あって

1 [58件] あげられて, あります, あると, あるならここ, あるに, あるにも, あるの, あるのみ, この事件, こまかくあげられ, すぐ念頭, ずっと初め, つけて, ないが, ないので, なかつたま, 並べ立てて, 主な, 主要なる, 乏しいやう, 人の, 今手許, 何時いかに, 出来上るわけ, 列べて, 古代埃及の, 只の, 含まれて, 増た, 夙に好み, 実はそんなに古く, 尽く猛火, 引合に, 必要で, 慶応三年以前の, 我國に, 手に, 手許に, 支那の, 文学と, 日本は, 早く出来た, 明らかに, 此処に, 殆どない, 殆ん, 残って, 残らず判る, 比較的永く, 永久の, 消えない限り, 現われるの, 番号を, 発表されない, 目を, 見つかって, 足りないの, 輩出し

▼ 文献学主義~ (55, 5.2%)

2 というもの, なの, に対する反対態度, に対する最も, の問題

1 [45件] からギリシア主義, がここ, が愈々, が覗, だったの, だという, であったわけ, であり教学主義, という公式, としてのこの, となれ, とに対する認識論的批判, との批判, とへの一続き, と呼びたい, なる解釈哲学方法, に対する批判, に就い, に於, に現われる, のため, のもの, のメカニズム, の一つ, の大きな, の形, の拙劣, の方, の更に, の根本特色, の観念論, はさっき, は世界, は処, は和辻哲郎博士, は容易, は尤も, は必然的, は文学主義, は気づかれず, は現実, は解釈哲学, は言葉, や教学主義, を産む

▼ 文献~ (49, 4.7%)

2 主としてアルプス

1 [47件] あつた, あつて, あり得ない, いくらも, おびただしい数, かなり多く, かなり大部, そのほう, ちよつと, ない, みんな徳川時代に, もっと別, もはや学問, マルクスの, 一五六〇年から, 他の, 先に, 先駆者が, 先駆者の, 前に, 古典的な, 多分は, 大部分, 家庭生活に対して, 少なくない, 少なくは, 幸に, 幾つか, 彼の, 従って文献, 是非広く, 機会, 殆ん, 残って, 決して多い, 甚だ少い, 甚少い, 絶無に, 見当たらない, 見当たらぬ, 語らぬが, 論拠として, 資料が, 除いて, 雑誌所載の, 非常に, 黄冶変化という

▼ 文献学的~ (26, 2.5%)

4 なもの 2

1 [20件] であっても, であるべきであり又, な一致, な判断, な学究的, な文義解釈, な方法, な机上, な歴史的文化型, な知識, な範疇, にしか意味, にということ, に取り扱っ, に抽出, に研究, に絶大, に論じ, の価値, の稽査

▼ 文献には~ (20, 1.9%)

1 [20件] いずれも, その仮名, ないの, なるだろうと, 何ら徴, 余り見当らぬ, 全然見えない, 寿詞, 所見が, 敢て, 既に地方官, 明瞭に, 窺はれない, 綱吉が, 船名を, 見られなくなる頃, 見当らない, 見当らぬの, 載せてないので, 風鎮めの

▼ 文献~ (20, 1.9%)

1 [20件] ある, あるが, ある事, あれば, そしてたわいない, でたらめだ, またそう, まだ掘り出され, みえるし, 亦便利, 何も, 口碑も, 可なり, 学術進歩の, 手近に, 様々のこっ, 機会ある, 此農神の, 湮滅し, 集めまた

▼ 文献~ (18, 1.7%)

2 いって, いっても

1 [14件] いうべく其時, しそれ, なったかも, なって, なるの, 並びに個人的, 云ふも, 云へば, 引用だけ, 引用との, 思はれるもの, 芸術価値を, 若干の, 言つても

▼ 文献にも~ (14, 1.3%)

2 記載が

1 [12件] 乏しくただ, 伝わらず従って, 伝説にも, 何等の, 同様の, 国語学関係の, 恵まれて, 方言にも, 既に知れなかつた, 明かですが, 残って, 載つたこと

▼ 文献~ (13, 1.2%)

2 の記載

1 [11件] から新, に沢山, の古俗, の徴証, の拠り, の方言事実, の材料, の知識, の調査, の連想, より余輩

▼ 文献~ (11, 1.0%)

1 [11件] そのほか灰皿, 写真から, 唯物論に, 教育によって, 文書までも, 最小公倍数を, 残形を, 美術全集などを, 資料としての, 資料に, 過去の

▼ 文献時代~ (11, 1.0%)

2 に入 1 になつて, にはまつる, には既に, には著しく, に栄え, に残つて, の初め, の誤写, は此連用形

▼ 文献~ (11, 1.0%)

2 な価値 1 な扮飾, な研究, には, には一番, には知り得ない, にみれ, にも伝承的, に爆発的, に設定

▼ 文献学者~ (10, 1.0%)

1 ではない, でもあった, としての過去, と今日, によってテキスト・クリティク, の資格, はすでにそれだけ, は文献学者, や古典学者, や絵かき

▼ 文献~ (9, 0.9%)

1 全く見事, 想像した, 拾へば, 溯れる限り, 統計を, 考へられる範囲, 見ると, 見れば, 読んだこと

▼ 文献では~ (9, 0.9%)

2 あるが 1 たつた一つ, なくて, ペトロニュウスの, 其如何なる, 決してない, 異彩を, 鴨緑江と

▼ 文献から~ (8, 0.8%)

1 はいる, 出発するであらう, 得られる場合, 日本に関する, 漁り出せば, 発掘する, 請賣する, 起つたこと

▼ 文献学的水準~ (8, 0.8%)

2 と思想水準 1 が文化水準そのもの, とを区別, と考えるなら, の高, は果して, も低下

▼ 文献学的クリティシズム~ (7, 0.7%)

1 に反対, に対する反感, の学究的, は予め, は古来, は多く, は法則

▼ 文献として~ (6, 0.6%)

1 モノを, 価値も, 尊重す, 残つ, 現在役立つ, 通用した

▼ 文献そのもの~ (5, 0.5%)

2 の検討 1 が改竄, をさえ破壊, を検討

▼ 文献である~ (5, 0.5%)

1 が後, が鈴木君, ことは, ということ, ように

▼ 文献によって~ (5, 0.5%)

2 知ること 1 はたんに, 想像する, 統一しよう

▼ 文献的史料~ (5, 0.5%)

1 と対照, に依る, の価値, の価値真贋, を応用

▼ 文献~ (4, 0.4%)

1 から娼家, そうである, とされ, と云い

▼ 文献について~ (4, 0.4%)

1 一瞥を, 人々の, 説を, 調べた結果

▼ 文献による~ (4, 0.4%)

1 実証は, 広重研究に, 研究は, 記述よりは

▼ 文献学的批評~ (4, 0.4%)

1 だと, でものよく, は批評, は既成

▼ 文献学的知識~ (4, 0.4%)

1 ではない, と更に, にしかすぎなかった, の類

▼ 文献学的解釈~ (4, 0.4%)

1 が中心的, に基い, の本来, はカフカ

▼ 文献的研究~ (4, 0.4%)

1 が往々, が正当, では語りつくされません, にまごつく

▼ 文献だけ~ (3, 0.3%)

3 では

▼ 文献なども~ (3, 0.3%)

1 あるには, 現れて, 送って

▼ 文献学上~ (3, 0.3%)

1 の実証, の実証精神, の高等批判

▼ 文献学化~ (3, 0.3%)

1 されて, されるため, すること

▼ 文献だけで~ (2, 0.2%)

1 この曲, 調べては

▼ 文献でも~ (2, 0.2%)

1 残って, 画蹟でも

▼ 文献という~ (2, 0.2%)

1 ものの, ものは

▼ 文献としての~ (2, 0.2%)

1 価値を, 古さ

▼ 文献とも~ (2, 0.2%)

1 いえるもの, いふか

▼ 文献~ (2, 0.2%)

1 のだ, のである

▼ 文献においては~ (2, 0.2%)

1 この語りごと, 発音が

▼ 文献によ~ (2, 0.2%)

1 つて印象せられ, つて知る

▼ 文献もの~ (2, 0.2%)

1 となる, になりました

▼ 文献らしい~ (2, 0.2%)

1 ものから, 文献は

▼ 文献を通じて~ (2, 0.2%)

2 私に

▼ 文献学主義者~ (2, 0.2%)

1 であるに, は何等

▼ 文献学的哲学~ (2, 0.2%)

1 の根本的, はその

▼ 文献学的研究~ (2, 0.2%)

1 さえうまく, と言語学的研究

▼ 文献学的考察~ (2, 0.2%)

1 を現下, を現代

▼ 文献~ (2, 0.2%)

1 とが見えない, もこの

▼ 文献時代前~ (2, 0.2%)

1 に分派, に岐

▼ 文献概念~ (2, 0.2%)

1 が之, をよりよく

▼ 文献洋書~ (2, 0.2%)

2 は悉く

▼ 文献的価値~ (2, 0.2%)

1 といっ, を認め

▼ 文献的認識~ (2, 0.2%)

1 の精神, は現代科学

▼ 文献目録~ (2, 0.2%)

1 なども備え, をつけなかった

▼ 文献解釈~ (2, 0.2%)

1 によっている, の方法

▼ 文献記録~ (2, 0.2%)

1 から完全, の到り及ばざる

▼ 文献資料~ (2, 0.2%)

1 だけで, を

▼1* [102件]

文献いじりの方面, 文献および奇事, 文献からは発見出来ますまい, 文献からも読んだこと, 文献さえ見出されない, 文献さえもみること, 文献その他の傍証, 文献だけの稀病には, 文献であってここ, 文献であり舌で, 文献ですな, 文献でなければなりません, 文献といふか表証について, 文献とか新しい雪国生活, 文献としてであらう, 文献としては石渡賢八郎編の, 文献としても貴重の, 文献としましては僅に, 文献とは学究的, 文献とを大略掲げ, 文献などに精通しない, 文献ならなんとか教会, 文献なりが何ら残され, 文献なるものを, 文献においてそれに, 文献についてだけ発動する, 文献についての研究では, 文献については右の, 文献にでも律語の, 文献によりヴィオラ・ミラビリスなる, 文献に対して私は, 文献に対するこうした態度, 文献に関するこういう伝統的, 文献はじまつてからの, 文献めかしく振り廻す所存, 文献やら擬古文で, 文献を通して我らは, 文献一切も失われ, 文献一層広く言え, 文献に見当たらない, 文献主義者なる所謂読書子, 文献乃至引用の, 文献以上の資料, 文献以前の文学, 文献以外に方言, 文献価値は甚だ, 文献内容に関する詳細, 文献史上に於ける, 文献報国の微, 文献学プロパーや古典学, 文献学主義以外のもの, 文献学主義的な, 文献学主義的文学主義的教学的等々のカテゴリー, 文献学主義的解釈を以て現在, 文献学主義自身はもはや決して, 文献学派と呼ばれる, 文献学的レベルは専門技術的, 文献学的伝習主義だけから云っ, 文献学的分析を通して特に, 文献学的古典学的なもの, 文献学的地盤である言葉, 文献学的意義しか持たない, 文献学的態度を別, 文献学的材料からな, 文献学的検討も結局歴史記述, 文献学的法則を以て作品, 文献学的科学も亦, 文献学的資料の価値, 文献学的跋渉はしない, 文献学精神を出ないなら, 文献学者ベェクの言葉, 文献学自身はこの, 文献の漫筆, 文献に科学式, 文献すべきこと, 文献手書きで写した, 文献書類を調べる, 文献特にブレモンの, 文献的内容は単に, 文献的労作である点, 文献的史詩と殺人事件, 文献的学殖も勿論, 文献的引用を以て現実, 文献的根拠を持たない, 文献的欠陥となっ, 文献的知識は文化的, 文献的精神引用の精神, 文献的解釈の実状, 文献的資料の扱い, 文献的起原は何, 文献目録リード様式も世界的規格統一, 文献翻訳の仕事, 文献翻訳事業にもっと, 文献考証だけで, 文献著書史料をかかえ, 文献の中, 文献解説の御, 文献訓詁の成果, 文献詩歌小説演劇講談落語俗謡その他の言語文章, 文献調査などのし, 文献集録ですが, 文献の要約