青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「文學~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

文~ ~文化 文化~ ~文句 文句~ 文壇~ ~文字 文字~ ~文学 文学~
文學~
~文明 文明~ 文献~ ~文章 文章~ 文芸~ 斎~ 斎藤~ 料~ ~料理

「文學~」 1441, 16ppm, 7237位

▼ 文學~ (244, 16.9%)

7 上に 4 上の 3 上で, 影響を

2 [11件] うちで, ために, ブの, 上では, 上にも, 中でも, 事だ, 事に, 城壁を, 趣味を, 隆盛と

1 [205件] うちに, うちには, お話を, ことだ, ことに, ことも, ことを, ねらひど, はうでは, ほんとうの, もつた永遠, やうな, やがて滅亡, テクニツクに, プロレタリヤ作家でない, 一欄に, 一面といふ, 上からは, 上のみ, 不潔な, 世界に, 中に, 中の, 中印度が, 中心を, 主流である, 主流は, 事は, 二大神樣の, 人稱問題の, 仕事として, 仕事に, 代表的な, 作品である, 作品としては, 作家との, 作家は, 作者だ, 修業にか, 値打ちが, 偉大を, 側に, 傾向が, 儲けの, 全貌を, 共通, 其部分が, 分野に, 別處, 刺激に, 創作欄にも, 創刊も, 古典に, 各方面, 名に, 名の, 味ひ, 問題などに, 問題の, 國支那の, 國文國語に, 城壁とも, 城壁なら, 基礎と, 境地と, 境界なり, 外形だけを, 大自在, 天に, 如く現代小説, 存在理由が, 定石を, 尖端人である, 常道を, 底には, 影響から, 影響といふ, 影響に, 後沒理想, 後沒理想と, 後沒理想なり, 復活東洋サラセン智識の, 復興は, 必持つて來る, 思考などの, 惡影響と, 愛好者で, 愛好者としても, 愛好者は, 成立した, 手法を, 才能から, 持つ文學, 持つ明る, 持つ美, 教授, 教育も, 新らしい, 新興機運に, 方に, 方の, 方は, 方面から, 方面でない, 方面でも, 方面に, 方面におきまして, 方面には, 方面を, 旺盛時代たる, 時も, 時代から, 時文評論記者が, 時文評論記者として, 時間が, 時間といつても, 普遍性で, 書を, 書物を, 最高峰に, 最高水準, 本旨といふ, 東京から, 根本たる, 根柢に, 榮えた, 標準, 權威を, 正面に, 歴史上有名な, 比較に, 沒却理想, 沒却理想なりき, 沒却理想曰逍遙子と, 沒却理想論中に, 沒理想, 沒理想は, 沒理想曰早稻田文學の, 活機を, 無い生活, 特殊性が, 獨立, 現勢を, 理會が, 理論體系は, 生活の, 用語について, 畑に, 留學生は, 發生の, 目的に, 目的は, 眞の, 眞只中に, 眞實性は, 研究が, 研究とか, 研究に, 研究法を, 研究熱が, 稍, 立場から, 範圍外に, 糞から, 素材として, 總てと, 美を, 聚美の, 背景を, 花も, 華麗を, 血が, 血と, 衰頽期を, 規範に, 觀點より, 訣つてゐられる, 評價の, 話などを, 話を, 語と, 談理に, 諸學, 講座が, 講座を, 講義を, 講述を, 讀みを, 變り, 趣味も, 進出に, 道に, 道を, 長所短所を, 門徑として, 開けで, 間から, 間に, 隨筆欄を, 難題は, 面で, 類に, 鬼だ, 鬼とかいふ, 鬼などといふ

▼ 文學~ (153, 10.6%)

4 であつ, にならう, になる 2 だと, ではない, といふもの, と云, になりたい, に與, の間

1 [127件] から蟹, がその, がそれ, が事文學, が出, が勤務, が多い, が徒ら, が數多, が新しい, が此樣, が皆, が與, が豫想, が隨分, たること, だ, だから, だつて喰, であ, でありながら, である, であると, ですから, ですが, でつづく, でつづくだらう, でないと, でなくては, ではつまらない, でも畫家, でも金, で滿, で虚構, といふの, とか新聞雜誌, としてのこと, としての全貌, としての生活, としての素質, としての自分, としての質, としては殊に, としても人間, として世, として原稿生活, として哀れ, として感じられない, として最も, として浮き, として生涯, として立つ, として聞えた, として近松門左衞門, との意見, との間, とはい, と同じ, と決心, と草刈娘, と言, などが令孃崇拜, などにはわけ, なのにとか, ならざる人々, ならば, にし, にする, にち, につき添, になつて唐木細工, になりたいなら, になれまい, になれる, にのみ委ねられる, には喜ばれぬ, には豫言者, に人間生活, に思, に示し, に見る如き, に限つてカフヱ邊, の, のある, のうち, のため, のつもり, のみでなく, のみの經驗, の中, の云, の力, の卵, の希求, の弟, の手際, の樣, の生命, の生活態度, の由, の瞿曇悉達, の研究, の胸中, の説, の講演, の質, の頭, はいづれ, はなかつた, はノンキ, は出, は印度暦, は史記, は實行, は概して, は樂, は藝術, は誰, は違, もかならずしも, も相, も社會人, らしい爲事, を以て任, を唐, を隨行, 及び文學者

▼ 文學~ (122, 8.5%)

4 研究する 3 やつて, 作る 2 修めて, 味ふ, 排撃する, 知らないと, 研究し

1 [102件] うけつけなかつた詩人, かなり愛讀, くまなく, ことに珍重, しりへに, たのしむよりも, たれも, まねた典雅, めで, もつたこ, もつて, もて囃すが, やめません, やらうとして, やりたいと, やると, やるの, やる人, 一人で, 主宰し, 主宰し出した, 了解し, 云々する, 以つて東都の, 作つた訣だ, 作るの, 修め明治三十年卒業, 修め東印度會社, 利器として, 勉物理を, 反省の, 取入れよと, 受けついだの, 受けとらうと, 合理化しよう, 唱道してる, 嗜み撃劒, 好み巧み, 好むもの, 好む事, 好めば, 學ばんと, 學ぶと, 學ぶの, 學べといふ, 專攷し, 律するの, 愛して, 愛で, 持つた社會的, 持つやう, 指導し, 振り返つて, 探らうと, 推薦した, 收集したく, 放棄しなく, 教へる, 書いた北畠八穗さん, 書いて, 有して, 有するに, 本質的に, 構成するだらう, 正當, 渉獵し, 渉獵せんには, 發生せしめ, 目下研究し, 目的から, 知らぬ, 知らぬので, 知り眞面目, 研究される, 破壞, 社會の, 私は, 紹介し, 考へて, 自ら經營し, 見渡しても, 視るこ, 評す, 話す, 語り興奮, 語る, 語るに, 談ずるくら, 論ずるに, 論評する, 講義録のみなりといふ, 讀みて, 讀み直して, 讀むこと, 讀むべきである, 豫感し, 賤み, 追求し, 開拓し, 離れてから, 顏に, 飜譯し

▼ 文學~ (107, 7.4%)

6 對し 4 對する, 就いて 3 よれば, 於て, 於ても, 關する 2 しても, 精通し, 造詣の, 關し, 非ず

1 [71件] あると, あんなにまで, これを, して, ずんずん惹きつけられ, その他明治以來の, たづさはる事, なるかといふ, よい感化, 伍し, 何ぞこの, 出た作品, 出て, 出入する, 出齒, 厚薄なく, 取り入れようと, 堪能なる, 大きな光明, 專念し, 小劍流, 就て, 就ての, 巨人ルゥドヴィク・ホルベルの, 影を, 影響を, 後に, 從事しよう, 從事する, 心を, 忠誠なる, 慣れた我々, 持たれた奉仕者, 新興の, 斷つた, 於ける二, 於ける最も, 時としては, 暗かつ, 朧を, 横山氏が, 毒された, 比較し, 求め得ない所, 熱中し, 熱中し出した, 熱心な, 熱狂し, 物語小説に, 現はれた, 直接關係の, 相違無之, 精しく而, 精進し, 精進する, 縁ある, 縁と, 縁故の, 耽溺した, 虚構といふ, 見るに, 親しむ, 親しんで, 誰か, 趣味を, 近づきかけて, 通じまた, 連載され, 關係した, 關心を, 魁ける

▼ 文學~ (64, 4.4%)

2 出來, 基礎として

1 [60件] あつた, あまりに現, ある, あるの, ある而, いかに無限大, この國, その國, つどへ, でたらめとか, よほど質, 一新され, 一變し, 五大洲文化の, 人生を, 今日から, 傲然として, 先に, 全盛を, 八犬傳に, 其と, 再び興つて來, 出て, 出る, 出發點, 唐代に, 嗜かれ, 國民文學として, 好きだ, 好きで, 好きである, 好きな, 嫌ひだと, 實生活にまで, 度外視せられ, 惡い, 感情を, 憶良の, 支配し, 教育の, 文壇の, 最も力, 最も豊富, 李杜王三家を, 歐羅巴に, 民衆に, 沒理想を, 漸く自然主義的針路, 現代の, 發刊された, 耶蘇教的外人の, 興つた, 興つたのは, 芽生えたので, 行はれ, 解らないからさ, 起つたといふ, 起る, 隆盛で, 非常に

▼ 文學~ (58, 4.0%)

1 [58件] これに, そのアルフアベツト, その國語, それから隱者たち, ただ慰み, てきめんに, まあない, もつとも素朴, もはや手品師, ブルジョアジーによりも, マルクス主義から, 一切やらせない, 一向駄目, 一部の, 主に, 人を, 人類の, 今日考へた, 信用しない, 副業といふ, 即ちこれ, 即ち自己, 反省の, 口説の, 同じ語, 國學から, 外國人には, 大體, 天體即, 好いね, 宗義通り解釋すれ, 宣傳の, 實に, 實際の, 寫實的であり, 幾何か, 後に, 徳川期美術は, 悲觀的な, 愛と, 政治的規定を, 文選の, 日ごろの, 日本に, 最早單, 束縛の, 民衆の, 溌溂の, 片跛, 男子一生の, 破滅可致候, 第一流, 自由に, 英吉利また, 藝術の, 讀者の, 遂にわが, 遊戲か

▼ 文學~ (35, 2.4%)

3 自敍傳

1 [32件] では, で面白い, と區, なもの, なりとして寧ろ, なる者, な作家, な團體, な常用語, な男, な縷身, な自, にとにかく最早, になる, にはそれほど, にはだめ, には面白き, にも嗜まない, に其歌, に成熟, に支, に書く, に有名, に正直, のもの, の世界, の事, の姿, の才, の趣味, の雜誌, 自叙傳

▼ 文學~ (31, 2.2%)

3 云ふ 2 稱し, 稱する

1 [24件] いつた樣, いは, いはれる點, いふ者に, その發達, なつた, なり國民, なり得たの, 云つた, 人生と, 人生との, 切りは, 哲學と, 成つて人心に, 探偵小説とを, 探偵興味とが, 日本の, 柵草紙の, 現實, 申しますが, 申せば, 藝術とは, 言ふ, 違ふ

▼ 文學~ (27, 1.9%)

2 のこと, の事

1 [23件] では, に問題, に對, に於ける, に關係, のみならず, のリアル, の一種, の他, の便宜, の先輩, の創作力, の功績, の影響, の批評, の氣焔, の物語, の用語, の行儀手引き, の見地, の評論, の過去, の雄篇大作

▼ 文學~ (23, 1.6%)

1 [23件] が丁度, が代選, が伴, が發見, だつた, である, とみのる, などはその, に私淑, の, のどこ, の夫人, の手許, の東山時代, の淺井能文, の研究, の自然主義, の調査, の隣, はこの, は作, は既に, をたづねた

▼ 文學~ (21, 1.5%)

1 [21件] あり美術, あり藝術, お捨て, なかつたの, また僧侶, もう過去, 亦其作者, 僅かながら, 其の價値, 好きである, 學校で, 必ずしも希臘, 文學である, 文明の, 歴史も, 發端は, 盛に, 眞實で, 純文學, 美術も, 通じて

▼ 文學といふ~ (17, 1.2%)

5 ものは 2 ものが, ものの 1 ことを, ところに, のでなく, やうな, 名稱, 特色を, 總括した, 言葉も

▼ 文學には~ (15, 1.0%)

1 [15件] かういつた靜, さう, それが, どうも同情, なかつた, よいもの, 到底見出し得ない, 反對, 合理非合理を, 嘘の, 本來虚構, 殆ん, 見られない日本文學獨特, 見當, 遠い昔

▼ 文學~ (15, 1.0%)

1 [15件] 哲學を, 學究的な, 小説は, 東洋支那哲學の, 歴史等の, 物理學や, 獨逸文學で, 繪畫に, 美術に, 美術や, 美術よりも, 美術音樂など, 藝術で, 藝術の, 詩は

▼ 文學作品~ (10, 0.7%)

2 を評價 1 が註釋, であ, になる, の底, の政治的價値, の評價, はこの, はただ

▼ 文學~ (10, 0.7%)

1 であると, と歩み動く, などは幾ら, にあれ, に異彩, の上, の觀, の講義, を書く, を讀みました

▼ 文學~ (9, 0.6%)

1 が創設, で其學生, の學生達, の教室, の教育方法, の講師, は當時永井荷風君, へ一週二時間づつドイツ文學, を本

▼ 文學から~ (8, 0.6%)

1 全く跡, 出て, 出發, 尠から, 引離すこと, 縁遠いもの, 解放運動へ, 逸出し

▼ 文學~ (8, 0.6%)

1 から病人, つたと, といふ, と思つて, と自, など, のと, ツて

▼ 文學である~ (8, 0.6%)

1 がその, ことは, といふこと, と同時に, 以上それだけ, 謠曲には, 限り鬪爭的精神の, 點が

▼ 文學~ (7, 0.5%)

2 身を 1 あつた, あつて, たいへん有名, 其の精髓, 説いて

▼ 文學史上~ (7, 0.5%)

2 に於ける 1 にある, に名, に注目, の位置, の謎

▼ 文學~ (7, 0.5%)

1 であなた, としては眞率直截, など繙い, には, もある, を一二册, を讀まね

▼ 文學~ (7, 0.5%)

1 が出ない, などをやる, ばかり持ちかける, をした, をはじめた, を聞いた, を聽

▼ 文學~ (7, 0.5%)

1 からで, ではなく, には作者, にも最近, に賛意, を持てあまし, を輕蔑

▼ 文學雜誌~ (7, 0.5%)

2 を發行 1 なれども, に, に當, に短文, の發行

▼ 文學でも~ (6, 0.4%)

1 ある即ち, やつたら, 直接間接に, 美術で, 美術でも, 藝術でも

▼ 文學にも~ (6, 0.4%)

1 マラヤの, 人名としての, 宗教にも, 影響を, 路と, 長けてを

▼ 文學~ (6, 0.4%)

1 で俳句, には人名, には發見出來, にもこれ, に聚, 最も象徴的

▼ 文學全集~ (6, 0.4%)

21 でも實行, の宣傳, の宣傳用フィルム, 第六卷第六百六十六頁

▼ 文學理論~ (6, 0.4%)

1 とを尖鋭, と正統派文學理論, に對, の陣營内, は兩者, を讀む

▼ 文學青年~ (6, 0.4%)

1 が多く, として成長, にねち, の育つた, の詐欺, らしさ

▼ 文學では~ (5, 0.3%)

1 しかく肉感性, それを, 喰つて行かれません, 殊に哲學, 特殊な

▼ 文學とか~ (5, 0.3%)

1 マルクス主義文學とかいう, 時代小説が, 美術とかいふ, 藝術とかいふ, 藝術とかに

▼ 文學として~ (5, 0.3%)

2 優れて 1 成熟期の, 持て囃されるやう, 正面から

▼ 文學との~ (5, 0.3%)

1 はじめの, 差別は, 識域は, 關係は, 關係を

▼ 文學と共に~ (5, 0.3%)

1 叙事中に, 悟を, 戲曲を, 沒理想を, 造化に

▼ 文學博士~ (5, 0.3%)

1 が採訪, となつ, になり, の學位, の還暦記念論文集

▼ 文學~ (5, 0.3%)

1 でいささか, における根本通明老師, に出席, に於い, の席上

▼ 文學そのもの~ (4, 0.3%)

1 が惡, が空虚, に關, の發達

▼ 文學としての~ (4, 0.3%)

1 傾向の, 性質上更に, 目的が, 第一

▼ 文學以外~ (4, 0.3%)

1 に音樂, の學課, の色々, の藝術

▼ 文學生涯~ (4, 0.3%)

1 から言つて, には忘れる, に入, に取

▼ 文學~ (4, 0.3%)

1 といふ, といふやう, に入, の講義

▼ 文學者たち~ (4, 0.3%)

1 がどう, にたとへば, の怠慢, は元

▼ 文學藝術~ (4, 0.3%)

1 であると, といふやう, の特殊性, もこの

▼ 文學など~ (3, 0.2%)

1 いふもの, もさういふ中, 書かうとは

▼ 文學~ (3, 0.2%)

2 赴くより 1 あの人達

▼ 文學其物~ (3, 0.2%)

1 が實人生, に就い, を否定

▼ 文學~ (3, 0.2%)

1 ある探偵小説, ではこちら, に於

▼ 文學思想~ (3, 0.2%)

1 が彼等, とかいふもの, も取れよ

▼ 文學意識~ (3, 0.2%)

1 が出る, が含まれ, は少い

▼ 文學書生~ (3, 0.2%)

1 いかなる風, の常例, も新聞記者

▼ 文學社會~ (3, 0.2%)

1 からも見棄てられた, といふその, に出た

▼ 文學~ (3, 0.2%)

2 一の 1 一主義私は

▼ 文學~ (3, 0.2%)

1 に一大文學史, も良く, を研究

▼ 文學美術~ (3, 0.2%)

2 の批評 1 に係る

▼ 文學至上的~ (3, 0.2%)

1 なたて, な固執, な風臭

▼ 文學~ (2, 0.1%)

1 シバイでも, 保險か

▼ 文學する~ (2, 0.1%)

1 といふ特殊, 事は

▼ 文學であり~ (2, 0.1%)

2 同時にまた

▼ 文學でない~ (2, 0.1%)

1 からと云つて, から惡

▼ 文學でなく~ (2, 0.1%)

2 てはならない

▼ 文學でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならぬ, ば意味

▼ 文學としても~ (2, 0.1%)

1 ニイチェの, 最上級の

▼ 文學とは~ (2, 0.1%)

1 別で, 如何なる關係

▼ 文學とも~ (2, 0.1%)

1 いふべき泥棒, いふべき題目

▼ 文學とを~ (2, 0.1%)

1 差別する, 研究する

▼ 文學なぞ~ (2, 0.1%)

1 いづれも, の分る

▼ 文學などの~ (2, 0.1%)

1 あたらしい趣味, 鑑賞力に

▼ 文學などは~ (2, 0.1%)

1 これを, なほ更ら出來る

▼ 文學においては~ (2, 0.1%)

1 ルイ・ブランによ, 大きな問題

▼ 文學にても~ (2, 0.1%)

1 あるまじく候, 馬梅蝶菊文等の

▼ 文學にまで~ (2, 0.1%)

2 拔け

▼ 文學への~ (2, 0.1%)

1 再出發, 暗さ

▼ 文學よりも~ (2, 0.1%)

1 寧ろ考古學, 色づいた柿

▼ 文學作家~ (2, 0.1%)

1 であるはず, にとつて

▼ 文學價値~ (2, 0.1%)

1 も高, を別

▼ 文學動機~ (2, 0.1%)

1 は此學究生活, を濁らせる

▼ 文學史家~ (2, 0.1%)

1 の陷, や歌人

▼ 文學好き~ (2, 0.1%)

1 でなかなか, ときてたもん

▼ 文學少女~ (2, 0.1%)

1 なの, の妄執

▼ 文學形式~ (2, 0.1%)

1 と云, を創造

▼ 文學志望~ (2, 0.1%)

1 の人達, を斷念

▼ 文學愛好者~ (2, 0.1%)

1 の間, は黨同

▼ 文學或は~ (2, 0.1%)

1 勞働文學が, 支那の

▼ 文學批評~ (2, 0.1%)

1 があつ, は常に

▼ 文學批評家~ (2, 0.1%)

1 としても正しい, のない

▼ 文學~ (2, 0.1%)

1 の經學, への一考

▼ 文學的博物場~ (2, 0.1%)

2 を開い

▼ 文學的思想~ (2, 0.1%)

1 とは理窟, は容れ

▼ 文學的才能~ (2, 0.1%)

1 が缺, に自信

▼ 文學的教養~ (2, 0.1%)

1 を付けなけれ, を考へる

▼ 文學的數字~ (2, 0.1%)

1 が原子分解, になる

▼ 文學的活動~ (2, 0.1%)

1 はない, を放擲

▼ 文學的生活~ (2, 0.1%)

1 との間, に對

▼ 文學研究者~ (2, 0.1%)

1 であり文化研究者, に對

▼ 文學者ら~ (2, 0.1%)

1 しかつたの, も愛欲

▼ 文學者中~ (2, 0.1%)

1 で最もよく, にあ

▼ 文學若しくは~ (2, 0.1%)

1 その別名, マルクス主義文學のみが

▼ 文學~ (2, 0.1%)

2 なんぞも出た

▼1* [193件]

文學あゝいふもの, 文學からの詠嘆を, 文學がとにもかくにも, 文學こそ誇張のみを, 文學その物だ, 文學その他でも隨所, 文學それも歐羅巴文學, 文學それから歴史小説時代物と, 文學たる士君子を, 文學だけに滿足されない, 文學でこそ田村義雄君と, 文學とかいうものの, 文學とかで名を, 文學としてねうちの, 文學としては虚構が, 文學とちがふと, 文學とやらいふもの, 文學からむとす, 文學などが重な, 文學などに心を, 文學などもよく出, 文學などをすすめて, 文學ならばそれ, 文學ならびに哲學上の, 文學なり支那の, 文學なりと申す人, 文學なりへ御答, 文學なりを研究する, 文學なるもの, 文學なんか止せよ, 文學について記述された, 文學にて常見和尚と, 文學にのみ心を, 文學にばかり凝つて, 文學によつて手品によ, 文學による七遊星, 文學のみがそれを, 文學のみを責めるわけ, 文學はいづれもみな共通で, 文學はじまつて以來, 文學ばかりでなくあらゆる, 文學ばかりが舊態を, 文學へよびもどされるゆくりなき結果を, 文學またその後そこ及び, 文學みたやうな, 文學やなんぞが好きで, 文學ゆゑに田中君, 文學よりひどい事, 文學らしいものを, 文學を以て生命と, 文學アルバムの芥川龍之介, 文學プロレタリア文學を合理化, 文學教授シ日本ニ關スル著述頗ル多, 文學上不朽の文章, 文學上必要の書物, 文學世界も亦, 文學中央公論改造話オオル讀物モダン日本などの十二月號, 文學乃至藝術を, 文學事業に一身, 文學亡國論者だと, 文學修業の甲斐, 文學にも出, 文學價値判斷の目安, 文學優れた文學の, 文學其中にても卑近, 文學其美術等に徴, 文學出身のもの, 文學制作の方法, 文學勞働程悲慘, 文學博士實業家など藝苑, 文學博士有賀長雄君の先祖有賀長伯一家, 文學博士那珂先生の卒去, 文學博士高山峻藏君の母君, 文學即ち小説とか, 文學及び作者の, 文學古典として希臘語, 文學史一の卷一七面, 文學史上相當名の聞えた, 文學史學とか地質植物, 文學史態度が先生, 文學史概論の結末, 文學哲學等と同じく, 文學を滅ぼす, 文學地理學地質學物理學等の應用, 文學士藤田豐八君から先生, 文學多く之に, 文學歸一大, 文學の美しい, 文學嫌ひな二葉亭氏の第, 文學宗教との關係, 文學宗教歴史科學等に就, 文學宗教言語の研究, 文學の或, 文學專心となる, 文學專念の爲め, 文學專攻家を以て任じ, 文學尺度ではだめ, 文學崇拜の念, 文學引立御, 文學志望者たちをいや, 文學志願を抱いた, 文學思想抔は續, 文學成立の時代, 文學技藝に達した, 文學探求の決して, 文學撲滅論をしない, 文學政治宗教其他一切の人爲的施設, 文學文章世界その他をひらい, 文學新聞はこれ計り, 文學の短歌, 文學書以外には殆ど, 文學書目解題に據, 文學書類の賣, 文學來の, 文學概念などはこの, 文學樣式に誂, 文學機能的効果を覘つた, 文學歴史等に關, 文學は向かない, 文學とおぼしき, 文學獨得の花やか, 文學獨特のもの, 文學用語にまで高めた, 文學的作爲と言, 文學的判斷を下す, 文學的創作に勉勵, 文學的勞作の最後, 文學的性質さては能, 文學的意圖に合した, 文學的書籍にも讀み耽つた, 文學的本質によつて理解, 文學的概論さへ解らない, 文學的流派の外, 文學的滑稽も區別, 文學的知識の有, 文學的素質に就い, 文學的經驗の練, 文學的興趣のゆたか, 文學的表現をなし, 文學的趣味の一, 文學的野心は抱いた, 文學的頭腦を以つて原語通り, 文學的體質を構成, 文學研究にどれ, 文學から, 文學神經衰弱の主張者, 文學で還暦作家祝ひ, 文學科學の用語, 文學科醫科格致科農科工科商科の八分科, 文學美術すべて支那影響を受けた, 文學美術工藝個々の僕達, 文學美術工藝凡て何事も支那, 文學美術等は之, 文學者モラエスの墓, 文學者ラランドに洩らした, 文學者以外になかつた, 文學者志望を許し, 文學者故人としては森鴎外漁史, 文學者等と相, 文學者自身が自省, 文學者講演會の次第に, 文學者連を中心, 文學者連中と交際, 文學者音樂家等の個性型, 文學者音樂者等の名, 文學者餘裕文學者等と相, 文學醉者だ, 文學から遠ざける, 文學至上をもつ, 文學若くは支那, 文學藝能等の各種, 文學藝苑新古文林, 文學言語などを研究, 文學言語歴史美術と云, 文學記者たる逍遙, 文學評論の意義, 文學であるから, 文學語學をやつ, 文學論者木々高太郎君も過去, 文學講座はすでに, 文學講演會とにおいてで, 文學趣味ともまつたく異なる, 文學が云, 文學運動には必要, 文學道流として今日, 文學部講師大谷大學の教授, 文學部長は我々, 文學郷土文學或は勞働文學, 文學醫學などの學問, 文學隆盛の支那, 文學隨筆雜書方面へは中, 文學青年的な考, 文學音樂に據らむとする自然