青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「文学~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~文 文~ ~文化 文化~ ~文句 文句~ 文壇~ ~文字 文字~ ~文学
文学~
文學~ ~文明 文明~ 文献~ ~文章 文章~ 文芸~ 斎~ 斎藤~ 料~

「文学~」 21363, 231ppm, 430位

▼ 文学~ (4600, 21.5%)

59 中に 39 ために 36 上に 34 仕事を 29 世界に 27 一つの 24 仕事に 22 中で 20 影響を 18 問題として, 発展の 16 世界の, 歴史の, 領域に 15 本質的な 14 方で 13 本質が 12 うちに, 上で, 本質に 11 ありよう, ことを, 上では, 上にも, 世界で, 中には, 成長の, 理論は, 諸問題 10 問題は, 道に 9 上の, 伝統の, 伝統は, 問題と, 大衆化の, 立場から, 精神は, 話を

8 [14件] ことは, ように, 仕事は, 伝統を, 作品は, 唯一の, 問題に, 夕べ, 本質と, 本質は, 本質を, 真の, 進路, 道を

7 こととして, ための, 中の, 作品が, 作品の, 分野に, 外の, 方が, 時代, 運動が

6 [16件] 世界では, 中から, 他の, 作品を, 動きの, 問題が, 形に, 本質である, 歴史を, 現実の, 精神の, 講義を, 運動に, 陣営に, 面白さ, 領域では

5 [26件] なかで, ような, 世界を, 中でも, 中へ, 仕事の, 作品として, 全野, 分野では, 創作方法の, 名に, 圏内に, 大衆化という, 或る, 本質の, 標準と, 為に, 神様の, 話が, 課題として, 貧困を, 運動は, 過剰, 面に, 領域で, 領域を

4 [47件] ことが, ことに, なかに, なかには, 一様式として, 中では, 仕事と, 伝統が, 作家は, 側から, 内に, 内容と, 動きは, 古典の, 問題では, 問題としては, 問題を, 城壁を, 場合にも, 大衆化が, 大衆化を, 対象として, 影響が, 影響も, 思想性, 性格を, 成長を, 方は, 本を, 本来の, 正当な, 歴史に, 歴史は, 現実として, 理想と, 理論が, 理論の, 発生を, 目的と, 素養も, 評価の, 過剰から, 階級性という, 面でも, 領域には, 領域の, 領域は

3 [87件] ことや, すべての, そとの, ためにも, なかでは, ほうで, ほかに, 上でも, 主張を, 仕事が, 仕事では, 仕事という, 代表者と, 伝統と, 作品と, 価値が, 価値は, 健全な, 内容は, 内部で, 分野で, 創作方法が, 創作方法は, 原理的な, 品種は, 問題である, 基調を, 場合には, 外に, 多くが, 夜は, 対象と, 展望, 形を, 影響から, 影響の, 影響は, 徒は, 思想対立, 性質を, 意味は, 成果として, 才能の, 文学らし, 方から, 方の, 方へ, 方を, 方向を, 方面では, 最大の, 最後の, 枠の, 根柢に, 標準, 歴史において, 歴史も, 民衆性の, 流れに, 流れの, 流れは, 流派の, 浅薄なる, 特質を, 独特な, 発展に, 発達を, 目的である, 目的は, 真相を, 研究に, 社会的な, 神様などと, 精神であり, 精神に, 純粋性を, 要素を, 話は, 課題である, 課題と, 課題は, 質の, 趣味の, 面では, 面にも, 領域でも, 領域にも

2 [311件] あらゆる段階, あるもの, いろんな流派, うち, おもしろさ, こと, ことで, ことと, ことなどを, こと女は, こと彼は, すきな, ためと, ためには, つくりて, どこに, なかでも, ほかの, むつかしい所, もつ社会性, もとめる真実, ものである, もの足りな, ゆがみを, よさ, エッセンスを, ジャンルとして, ジャンルの, スペシアリテの, テーマの, ディフォーメイションの, ファッシズムへの, ブの, プログラムの, ボルシェビキ化, モラルも, リアリズムの, リアリティーとして, 一方で, 一歩を, 一種である, 一般的な, 一部に, 上での, 上には, 不安を, 世代として, 世界において, 世界には, 世界的位置, 中からの, 中において, 中にしか, 中心課題と, 主流, 主軸と, 主題であり, 事は, 仕事から, 他界に対する, 代りに, 代表として, 代表者として, 伝統である, 伝統とは, 伝統に, 伝統的気風は, 作家たちは, 作家と, 作用は, 作者の, 側衛的任務とは, 傑作は, 傾向が, 働きてを, 先駆を, 党派性の, 全体から, 全歴史, 内容が, 内容として, 再吟味, 分野は, 制作に, 創作方法として, 創造の, 創造能力の, 勉強が, 勉強の, 勉強は, 勉強を, 勉強法を, 動きが, 動きと, 動きに, 動向, 動向の, 動揺の, 匂ひ, 原稿を, 反逆的な, 叢書, 古典を, 可能は, 各方面, 否定的な, 味を, 問題の, 団体として, 地方分散の, 城壁とも, 城壁なら, 基礎と, 場合に, 境地は, 声が, 声に, 変らざる問題, 変化は, 変遷を, 夕, 夕べの, 外で, 多難な, 大局から, 大根役者に, 大衆化は, 大衆性の, 大衆性を, 天質の, 奥義を, 好きな, 如くに, 始めから, 姿では, 姿を, 存在を, 実質は, 実際は, 実験に, 宿命であり, 対象に, 専門家も, 尊重を, 小林は, 展望の, 広汎な, 建設を, 建設的な, 弊が, 弱い部分, 形式として, 形式の, 思想の, 思想性という, 思想的対立, 性格の, 惨めさは, 批評の, 批評は, 批評も, 抒情性という, 提唱の, 教養と, 教養を, 文人には, 文学らしい, 新気運, 方には, 方法としての, 方法との, 方法の, 方法は, 方面でも, 方面に, 方面にも, 時代に, 時代を, 書き方も, 書物を, 最も重大, 最高峰と, 本に, 本は, 本ばかり, 本質といふ, 本質について, 本質問題を, 本道が, 果実を, 根が, 根本に, 根本的な, 業は, 業績は, 標準で, 標準といふ, 標準を, 正常な, 歴史が, 歴史で, 歴史という, 殿将です, 波の, 洗礼を, 活動に, 活動家が, 消長を, 深さ, 清冽な, 潮流が, 潮流に, 特徴である, 特性が, 特性に, 特性は, 特輯を, 独自性といふ, 現実と, 現実は, 現状は, 理論を, 畑の, 異色作家彼の, 発展について, 発展にとって, 発展を, 発生する, 発生の, 発足の, 発達の, 真実の, 研究, 研究と, 研究の, 破壊作用は, 社会性という, 社会性の, 社会的基盤の, 神様, 神様と, 神様よりは, 科学的意義を, 移植な, 空気の, 空気を, 空虚さに, 立場は, 筋を, 粋である, 精神と, 糟粕などを, 系統に, 純粋さを, 純粋性が, 純芸術性, 素養が, 紹介を, 組織的生産の, 総決算, 置かれて, 翹望は, 翻訳を, 自由な, 芸能の, 行き方, 衣を, 複雑な, 観念を, 記念塔である, 話, 話ぐらゐできなくては困る, 話など, 話などに, 話に, 話芸術の, 読者の, 課題, 課題が, 論争を, 諸相を, 諸経験, 諸課題, 貴族性だ, 通俗性, 進化の, 進歩が, 運動の, 運動も, 過剰に, 道とは, 道をかへて, 邪道である, 重要な, 間に, 関係に, 関係について, 陣営内に, 階級性の, 階級性を, 非恒常性, 面で, 面貌が, 領域において, 領域にまで, 領野に, 領野にも, 香気や, 鮮明な, 鳥瞰図, 黎明は

1 [2478件 抜粋] あたたかさ, あらゆる様式, ある傾向, いきさつに, いわれて, うちにか, うまれる母胎, おくれは, かおりを, きのうきょうそして, ことだ, ことである, ことについて, ことをも, このよう, この戯曲, ごときは, しきたりから, すべてな, その裂けめ, ためにより, つづきよみますあれこれ, ところに, なかでの, においを, ひこば, ふるさとだ, ほうでも, ほとんどすべて, むずかしい現実, ものが, ゆえを, ゆるがすこと, よわい脚, わかる青年, エキスパートも, カテゴリーが, グループとして, ジャンルが, ジャンルには, チャンピオンとして, テーマとの, トツプを, プログラムについての, ポーズを, モティーヴともし, リアリズムに, リアリティーの, 一つとして, 一個の, 一品種として, 一形式が, 一方の, 一派も, 一発展として, 一種類として, 一貫した, 一部門たる, 一面にか, 上にでも, 不完全を, 世代が, 世代ピオニェールから, 世界から, 世界との, 世界は, 両極を, 中でだって, 中にも, 中心に, 中軸として, 主なる, 主体化, 主張に, 主流を, 主要人物で, 主題であるべきだ, 事だ, 事実上の, 二つである, 交流, 人の, 人間描写に, 今日迄に, 仕事だけを, 仕事についても, 仕事も, 代表と, 代表的作家及び, 任務だ, 会で, 伝統であった, 伝統への, 何たるやも, 作品とくに, 作品に対して, 作家にとって, 作者であっ, 使命である, 使徒である, 価値に関しての, 価値判断に, 修業とは, 偏頗な, 側にも, 偶然は, 傾向と, 働きてが, 先月号に, 先進者であった, 光は, 全体と, 全特色, 全貌は, 公式的な, 内から, 内容であり, 内容論作品に, 再刊と, 几帳の, 出発も, 分野においても, 分野の, 別名若しくは, 制作は, 前方に, 前進と, 割合周辺に, 創作に関しての, 創作方法について, 創造される, 創造力の, 創造過程の, 力以外には, 効用と, 勃興期で, 動き民主主義文学の, 動員される, 匂いと, 十四年, 協力は, 危機が, 原理が, 友である, 反語性に, 取材様式の, 古典, 古典研究の, 叫びは, 可能なる, 可能性も, 各ジャンル, 同伴者中から, 名の, 含蓄であり, 呼号によって, 品質如何は, 商売人です, 問題という, 問題には, 善意を, 団体は, 固有な, 園へ, 圧倒的な, 地方分散, 型として, 域を, 基本的理解の, 基礎である, 基調であっ, 場内で, 場合もさうだ, 境地として, 声の, 変革は, 夕を, 多くの, 大きい一つ, 大きな課題, 大勢に, 大当りだ, 大衆化と, 大衆性と, 大躰, 天分ある, 天才を, 奥野信太郎さんと, 如き死文字, 妙味に, 姿は, 存在に関する, 存在理由が, 学芸あり, 定義を, 実体としての, 実感として, 実質として, 実際が, 客観的な, 宿命的な, 対象としての, 専攻家で, 専門家とか, 専門技術家の, 将来性への, 屋台を, 山治君段々, 巨匠の, 師という, 常な, 年期がは, 庇護者たり, 座談会で, 延長の, 弊で, 当時における, 形式であった, 形式を, 形態に, 影響で, 影響や, 役割といふ, 徒としての, 御話, 心膸を, 必要な, 志が, 思想として, 思想性に, 思考などの, 性質を以て, 恒常性, 恰も科学, 悲劇も, 情熱の, 想念という, 意義に, 愛好者で, 愛読者である, 感覚から, 態度に, 懐疑か, 成長も, 戦線に, 所謂マルクス主義的目的意識文学への, 手本を, 手法追随に対して, 才能だけが, 才能や, 批判を, 批評家は, 担当者とは, 持つプラス的, 指導と, 推し移りなどを, 提唱者によって, 擡頭した, 支柱と, 政治的ヘゲモニイの, 故郷な, 敗退を, 教授みたいに, 教養としての, 敵と, 文体的特質は, 文学史に, 文学的素養の, 斬り合いの, 新しい力, 新しい本質, 新しい線, 新しき問題, 新年号に, 新鮮な, 方向から, 方向の, 方法, 方法も, 方面からも, 旧い, 明快を, 映画化も, 時代でも, 時代四二ページ, 時期を, 曇天この, 書を, 最もかがやかしい, 最も妥当, 最も精緻, 最後を, 有する最も, 有機的な, 本じゃ, 本流と, 本質からは, 本質として, 本質には, 本質文学の, 本躰, 本道まで, 松葉杖が, 核心に, 根拠が, 根源的変化です, 椅子を, 楷書式フォルムの, 様式として, 標榜する, 権を, 機能を, 歌に, 正しい発展, 正統の, 歩みが, 歴史にとっては, 歴史的な, 殆ん, 殺人のみが, 母胎としては, 民族的特徴という, 水準で, 永遠性とか, 法典として, 活きて, 流れとして, 流派としては, 流行は, 消費は, 消長の, 深刻な, 温床な, 源泉で, 潜勢力として, 潮流については, 点でだけは, 為め尽す, 無風状態が, 牛耳を, 特殊な, 特色なり, 状況において, 独自な, 狼火として, 現れずに, 現実である, 現実を, 現実追随への, 現状を, 理性批判性自立性を, 理解を, 理論にたいしても, 理論家の, 生む人生, 生命とも, 生活の, 生産不足は, 生長との, 畑ばかり, 病的な, 発展には, 発展者として, 発生が, 発生に対して, 発生時代に, 発端とでも, 発達, 盛況と, 目的そのものも, 目的も, 相貌について, 真実として, 真相は, 真髄に, 眼だろう, 知識, 研究と共に, 研究者だった, 破滅と, 礎石の, 社会性といはずに, 社会性を, 社会的意義の, 社会観と, 神秘を, 秀粋として, 科学的批判に, 種や, 種類は, 立ちおくれ, 立場と, 端緒と, 第一流, 筆法だけを, 範囲外に, 精神には, 精神史は, 精進ぶりなど, 系列をも, 純粋性だの, 素人である, 素材と, 素質に, 紹介なんか, 紹介者として, 経験では, 統制は, 絶頂が, 繁昌が, 美学乃至, 翻訳の, 考え方は, 職業化した, 背骨の, 能動精神への, 自我は, 臭ひ, 興味は, 舞台に, 芸術価値, 芸術性にまで, 芸術的因子に, 芽生を, 苦吟が, 荒廃の, 著しい特色, 虚構の, 行き詰りを, 行手も, 表現技術が, 袋小路に, 要点を, 要請が, 規模の, 観念が, 観念的深化に, 解釈は, 言葉表現を, 評価に, 話か, 話です, 話なんか, 話や, 話相手も, 誕生を, 読書が, 課題に, 論法は, 諸相, 諸種目, 講義よりも, 豊富性の, 負ふた十字架, 貧困の, 責任の, 資質は, 質的差異に関する, 趣味などは, 足場と, 転向期には, 輪郭を, 近代的な, 退潮と共に, 通俗性という, 進んだ程度, 進歩し, 進路が, 運動に対して, 過剰であっ, 過程について, 道で, 道場として, 選集に, 部で, 部門を, 野人で, 鑑賞の, 間とか, 閲歴を, 限界について, 陣営で, 隆盛期と, 階級性についても, 集りたとえば, 雑誌に, 雰囲気的な, 面だけを, 面においても, 面を, 頂点である, 領域, 領域でさえも, 領域における, 領域内での, 領野の, 風情は, 養分を, 鬼だ, 魅力の

▼ 文学~ (1378, 6.5%)

14 の中 11 はその 10 になる 9 である, は 8 の方, や画家 7 の名 6 がその, だから, というもの, の一部 5 だと, なり, の事業, の生活, はこの 4 となる, なる哉, のこと, のよう, の或, の間, は自分

3 [29件] があった, だった, ではない, と云う, にし, になっ, になれ, になろう, の, の任務, の会合, の側, の内, の問題, の多く, の心, の手, の社会的地位, の立場, の職業, の話, の責任, の階級, の頭脳, は今, は多く, は文学者, や思想家, や芸術家

2 [109件] あるのみ, から奪, が, がさもしい, がそう, がそれ, がファシズム, が好ん, が彼, が政治運動, が文学, が皆, たるもの, たる根柢的, たる自分, だけがどうにか, だけを相手, だとか, で, であった, であつ, であるから, である事, ですよ, ではなく, でもその, でもない, としてで, としての生活, として最も, として珍, として立つ, として自分, とならん, となれ, との間, とはそういう, と同じ, など, などというもの, なの, ならば, なるもの, なんて奴, にあらず, にする, にとっては何, にとつ, になった, になったら, になり, になりたい, になれない, にはあらざりし, には明日, には最大限, により近い, に最も, に非, のうち, のため, のなか, のやる, のギボン, の一人, の会, の公, の前, の劇評, の卵, の場合, の大, の意識, の文章, の書斎, の死, の興味, の視野, の言葉, の話した, の諸, の講演会, の資格, の関心, の集団, の非, の頭, の風上, の魂, は之, は先ず, は大, は往々, は描写, は日本, は概して, は科学, もこの, もその, も亦, も恐, やその, や地理学者たち, や科学者, や評論家, をその, を気取る, を相手, 及び芸術家

1 [920件 抜粋] あるいは複雑, から区別, か愚劣, があつまった, がありました, がいた, がこの, がさうで, がぜひ, ができる, がまた, がみんな書痙, がもっと, がやっ, がプロレタリア, が一国, が一期, が一種, が主観的, が云う, が今, が使わされた, が俳諧連句, が八千代椿, が切々たる, が原子兵器禁止, が取扱う, が同時に, が四畳半, が国民全体, が多量, が天下, が尊い, が居た, が彷徨, が心, が或は, が文壇, が文学理論, が文章, が映画脚本, が書いた, が机, が残酷, が活動写真, が現れ, が理性, が生涯, が真に, が私, が経済的, が総立ち, が胸, が自分, が自己, が試みよう, が貢献, が遺産, が陸海軍, が集った, こそさうでなけれ, こそ意識的, さ, しか出来ない, じゃありません, すらも, そのつぎ, たらしめん, たること, だ, だからな, だけにこの, だけの優先的問題, だけは謀略, だし, だったね, だって甲野嘉一君, だの著述業, であったが, であったけれども, であったところ, であったのに, でありたいなどと, でありますから, であり三田君, であり且つ, であり生れ, であるその, であると, であるならば, であるよりも, である不都合, である人, である場合, である松江喬吉, である私, である藤村, である限り, であれば, でさえ振仮名, ですとの, ですわ, でないに, でない人, でなくソシアリスト, でなければ, ではありますまい, ではなかつた, ではスタンダール, でもある, でもなく, でも余人, でも斯, でスタンダール, でバイブル, で丸木, で入社, で彼女, で新聞, で秋山, で逞, というの, という奴, という意味, という者, といふもの, といふ一人, とかいうこと, とか云う, とか法学者, とか芸術家, として, としてかなり名, としてながめられた, としての作家, としての優れた, としての存在, としての宿命, としての従軍, としての抗議, としての活動, としての理想, としての矜恃, としての福沢諭吉君, としての立場, としての自身, としての計画性, としての責任, としては伝記, としては恐ろしく, としては西欧風, としてもいわば, としてやはり, として一流, として世, として人間的, として何一つ, として別に, として十分生活上, として反, として可能, として坪内, として女主人公達, として存在, として巴里大学講師, として復活, として推賞, として文学者, として書きのこしたい, として正岡子規, として独自, として盛名, として禅僧等, として美しいつよい, として自身, として起訴, として高名, となった, とに見られ, との中, との分類, との話ぐらゐつまらぬものはないと云, とはフィヒテ, とは最近数年, とまず, とも思はれない, とファン, と一緒, と云ふよ, と交際, と別れました, と区別, と同様, と呼ばれる, と女子大学生, と教養, と文章, と新聞記者, と書き, と画家, と称する, と自任, と見られ, と雖, と髯, なざ殊, などずいぶん, などに批評, などのなか, などよりももっと, など間違っ, なら其の, なり世に, なり接待, なんていう, なんて云, なんて云う, にあれ, にされ, にでも聞いた, にとってはあまり, にとってはたやすく, にとってはと, にとっては直接, にとって唯一, にとって科学, にとって運命, にならう, になれぬ, にのみ委ねられる, にはそう, にはなろう, には倫理学的教養, には平気, には珍しい, には異例, には見当らぬ, にまで大成, にもそれぞれ, にもなれず, にも又, にも好かれ, によって, によってブルジョアジー, によって考えられ, にダンヌンチヨ, に一番必要, に乏しから, に似つかわしい, に俳句, に初めて, に吐きちらす, に大きな, に対して俗物的, に対して女性, に対する税, に弾圧, に成り済ました, に支払, に新しい, に於ける, に比べる, に毛嫌, に葉子, に訊く, に論じられ, に豊か, に近づける, のある, のいくぶん, のうかがい知る, のところ, のなす, のみならず, のもっと, のやるべき, のグループ, のスペキュレーション, のチヤホヤ, のドイツ, のモンパルナス, の一任務, の三宅木兵衛, の世界, の中野好夫, の事, の云, の人生観, の仕事, の仲間入, の作った, の作家, の例, の偸安, の優美, の出る, の創った, の力量, の動き, の口吻, の叱責, の団体, の報酬, の声, の天職, の女房, の姿, の子孫, の孤独, の実力, の専有物, の屡々, の常識軽蔑論, の平和運動, の当然, の従来, の従軍記録, の心底, の心意気, の思ひ, の怠惰, の恋愛, の意見, の成長, の戦場, の所, の技術, の指導, の攻撃, の政治, の教養, の文化的リベラーレン, の文学, の文学論, の文芸評論, の方々, の書信, の本領, の此潮流, の気分等, の為す, の為め, の特有, の理想, の生活環境, の目, の看板, の眼, の社会行動, の福岡易三郎君, の秘訣, の素質, の群れ, の職分, の肝, の臆測, の自由, の良心, の行動性, の言論文章, の記念, の誇張, の誰, の質, の超越的, の身, の近親, の遁避, の道, の道楽雑誌, の長田秀雄, の随筆, の領域, の飢饉歳, はいった, はいつも, はきつ, はそういう, はそれぞれ日本, はそれぞれ顕職, はとかく, はなんらかの, はふと, はまた, はもつ, はやっぱり, はゲーテ, は一, は一応, は一番痛切, は一般, は一般官吏, は云う, は信州, は勲章, は受ける, は各々, は哲学者, は外套, は大概, は天国, は好き, は嫌い, は寛大, は少く, は工夫, は常識, は幸, は得意, は必ずしも, は思想家, は恰も, は戦時徴用者, は文学者風, は既成, は普通, は書いた, は最, は有島武郎, は本来, は決して, は泣き出し, は注視, は特別, は現実, は発表, は知的, は社会全体, は科学者以上, は簡単, は経済事情, は虫, は裾, は言葉, は詩的精神, は豈, は身分不相応, は近ごろ一人, は過去五年, は雅量, は香, は高踏派的, ばかりもなく, へでもこんな, への扱いかた, または学校, めいたところ, もしくは芸術家, もそれ, もっとひどい, もまた, も一人, も今, も商人, も多少, も政治, も甚だ, も美術家, も詰らぬ, やサラリーマン, や哲学者, や批評家, や文士, や新聞記者, や純, や詩人たち, や雑誌記者, より偉い, よ文学士, らしいヒロイズム, らしい態度, らしくお, らしくして, らしく真面目, をさうでない, をもって探偵, を世界, を交, を以て大, を以て怠慢遊惰, を以て自ら, を出し, を動員, を国家, を嫌う, を戦争宣伝, を招待, を斥罵, を私, を置い, を職業, を見渡し, を除い, を非常, 中でも作家殊, 即ち御, 又処世人, 及び外国文学界, 同じ系統, 某子爵

▼ 文学~ (1300, 6.1%)

7 一つの, 人間を, 日本の 6 世界の, 文学の, 生活の 5 人間の, 男子一生の 4 そこから, 何の, 社会の, 革命の

3 [19件] さう, それを, た, プロレタリアートの, 一定の, 五十年後に, 何よりも, 作者の, 如何に, 未来の, 本質において, 歴史の, 殆ん, 現実の, 科学と, 科学の, 糊口の, 階級闘争の, 非常に

2 [100件] いくばくか, いは, お好き, こ, ここから, この点, これによ, これらの, これを, そういうもの, その人, その反逆的, どういうもの, どう云, どのよう, なるほど, まだナンセンス, われわれの, マルクス主義から, リアリズムの, 一切の, 一応は, 云わば, 人生に, 今に, 今我々の, 仏蘭西大, 他に, 伝記に, 何か, 個性的な, 先づ第, 光を, 党する, 全体として, 出来ない, 到底陳套, 制度に, 単に変化, 変りつつ, 変化の, 多くは, 小市民, 小説と, 帝国主義, 常に制度, 常に反逆, 常に問題, 常に習慣, 当時の, 必らず, 必らずしも, 悲願それ自体では, 成り得ない, 成り立たぬ, 成り立ち得ないで, 抹殺され, 政治に, 文化国に, 文学, 文学そのものとして, 文学である, 文学として, 文学としての, 文学者にとって, 日本そのものの, 明らかに, 時代の, 普通の, 更にその, 書くもの, 書けない, 書ける筈, 此の程度の, 永遠に, 消極的美に, 涙を, 源平以後地に, 無縁の, 生きること, 生れない, 生活から, 真の, 破滅可致候, 私の, 種々の, 積極的美に, 紅葉などに, 純化され, 総体として, 美しいもの, 自己の, 自我の, 自身の, 血と, 読者本位に, 質的に, 過去の, 重大な, 風景の

1 [978件 抜粋] あたかもポール, あの二十年代, あらゆる時代, あるいは画, いかなる内容, いかなる文学, いくら面白く, いつしか変っ, いつだって, いつの, いつも, いつもプロレタリアート的成功, いつも若, いまだにオカユ, いよいよ人間性, いわばプロレタリア文学, うまれない, かういふ芸, かつて人間, きょうまた, くまなく此等, こういう所, こういう芸, この, この一般人間的感情, この主義, この同じ哲学的範疇, この対立, この意味, この点執拗, この社会, この頂点, これに, これまで, こんな末節, こんに, さういふ意味, さうでなければ, さておき世界中, したがって日本, しばらく措い, すてずに, すべて科学的でない, そういうよう, そういう環境, そういう風, そうした意味, そこでハピー・エンド, そのころ, そのよう, そのプラス, その作品, その内容, その創作方法, その博識, その悲しみ, その成長, その文章, その最大, その歴史, その深い, その発生, その素晴らしい, その絶頂, その者, その自然, その見方, その進歩的, その頃, それが, それだけに, それだけ初め, それにつれて, それの, それ自, それ自身に, そんなもの, ただ一つ, ただ受働的, ただ真実, ただ題材, だいたいそんな, だんだんその, つかわれて, つよい一本, とてもわれわれ平凡, ともかく生存, どういう態度, どうである, どうでも, どこかに, どの点, どんなに発展, どんなに面白く, どんな身辺小説, ないかの, ないという, ないね, なお要求, なくなって, なぜさうでなけれ, ならないだらうか, はじめて労働者階級, はたして頽廃, ほかの, まぎれも, まさにこの, ますます批評家, まず民衆, まだ当分, まつたく外国語, みずからの, みつめいわば, みな少から, みんな日本的な, もうしなび, もうその, もう堕落, もって来た, もっと傑, もっと身, もとより理論, もはや国民文学, やさしく哲学, やはり仏蘭西流, やはり俳句, よしやはじめ, より以上, より社会性, わからない, われらが, われわれが, アナーキストの, イギリス人の, ギリシア悲劇で, シヨオとか, ソンナもので, ソヴェト・プロレタリアートの, ドイツの, パブロフ以後の, パール, ファデーエフや, ブルジョアの, ブルジョア民主社会内の, ブルジヨアジーによりも, プロレタリア文学運動が, モラルを, リアリティーの, リズムを以て, ロマンティックな, 一の, 一二の, 一体に, 一体如何いう, 一変した, 一時に, 一番安心し, 一種の, 一般に, 一見迂遠, 下士の, 不必要, 不逞なる, 世界文学が, 中央の, 主として官製, 主上其他に, 之に対して, 事業を, 二重の, 五十代四十代三十代二十代, 亜米利加向きの, 人を, 人性を, 人生そのものの, 人生の, 人生的に, 人間と, 人間肯定の, 今や世界的, 今日までの, 今日些細な, 他の, 以前から, 仮りに, 低俗と, 低調な, 何と, 何処かで, 何時迄も, 余技でなく, 作家にと, 作者と, 作者にとっては, 依然として露西亜風, 保全を, 俳句のみという, 個人だけ, 個性の, 傑出した, 働くもの, 元来が, 先生なし, 党の, 全く見る, 全ての, 其時代を, 内容を, 再生した, 凡ゆる, 分裂するであろう, 初期の, 前代に, 前申した, 創作方法において, 創造である, 創造も, 労働者自身によって, 勉強家を, 勤労者の, 勿論兵営, 十九世紀から, 十二号まで, 単なる夢物語, 単に, 単に文芸, 即ち労働者, 即座に, 反って, 取り残されないだけの, 古いギリシャ, 古代の, 古来人生を, 可能と, 各人各, 名実ともに, 否古代, 哲学と, 哲学や, 商業的価値を, 喪失し, 国の, 在り得る, 基礎的な, 報告文学本来の, 変らなければ, 外国の, 外国文学の, 夢の, 大きい典型, 大人の, 大戦後も, 天邪鬼のみを, 失われた自我, 好きだ, 好きであり得る, 如何, 如何ほど, 子供の, 存続する, 宇宙に, 完全に, 宗教の, 宜しく音, 実に激しい, 実在的人物の, 実用と, 実行と, 実際的, 宣伝を, 寧ろ社会運動, 小市民的, 小説は, 少かろう, 少なくとも私, 工夫の, 常に, 常に人間そのもの, 常に必ず詩的精神, 常に文章道, 常に楽観的, 常に現実, 常に社会, 常に良俗, 常に虐げられ, 常識からの, 平和に, 平面の, 幾何学では, 庶民の, 当然内国的主題, 当然正統, 形象の, 彼の, 彼流の, 律文で, 後者により, 従来の, 復興する, 必ずしも文芸, 必然に, 必要な, 忘れ去って, 思想という, 思想の, 急速に, 恋愛事件を, 恋愛小説である, 恥を, 情婦だ, 惨酷, 意識的に, 感情そのものである, 感情感覚が, 成熟期の, 我々自身の, 戦争と, 戦争の, 戦争協力の, 戦争鼓吹の, 所謂美的生活に, 批判精神などに, 技術だ, 探偵小説であろう, 政治の, 政治的規定を, 数年前の, 文壇自身によって, 文字の, 文学そのものとしての, 文学それ自体である, 文学でなけれ, 文学なりの, 文学一般を, 文学愛好者の, 文学本来の, 文学趣味から, 文明の, 文献学を, 斯の, 新しい軌道, 新たな, 方便では, 旅行そのもので, 既に感激, 日常生活の, 早くも, 早船ちよを, 明治の, 昔から, 昨年を, 昨日の, 暗い旧い世界, 暗かるべし, 書けませんよ, 最も多く, 最も正しい, 最近三年間に, 有難いもの, 未だ彼, 未来に対する, 本当の, 本来孤独の, 本質的に, 来し方行く末の, 果してどこ, 某, 極楽の, 楽な, 概念を, 様々の, 正にその, 此の, 此後何時までも, 此根柢に, 歴史以上である, 歴史的な, 殆ど全体, 段々小型, 比較的好適, 民衆全体の, 永久に, 氾濫は, 決して単に観念, 決して島木健作, 決して日向, 汽車や, 泰平の, 消耗品でも, 混沌として, 漢文調を, 無いの, 無論美文学, 物質文化の, 特権者の, 独り自然派に, 独立的の, 王朝時代に, 現実からの, 理屈では, 甚だ倫理, 生きて, 生まれて, 生れて, 生れますまいね, 生れるだろう, 生活に, 生活感へ, 産れた, 畢竟現実, 畢竟風刺文学, 病人の, 発展し, 発展も, 発生の, 百花乱れ咲く, 皆か, 皆詩的であり, 益々さかんでした, 益々作家, 目下毀誉褒貶の, 目的の, 直観や, 真を, 真実の, 真面目に, 矢張りうまい, 社会と, 社会性の, 社会的常識道徳に対する, 私が, 私にとって, 科学に, 科学乃至, 窮乏し, 端なく, 第二義の, 純文学でも, 純正の, 紙上以外に, 素材的に, 結局こしらえ, 結局生活の, 絶えず自身, 絶えて, 美と, 翻訳によって, 耕されん, 職業にゃ, 脱世的, 自ら社会革命の, 自分の, 自分一人で, 自分自身に対して, 自殺を, 自然を, 自由でなくっ, 色々に, 芸術から, 若しその, 苦しんで, 衆人に, 行詰つて, 表現で, 西洋に, 西鶴の, 見事に, 解らずじまい, 言葉の, 言語が, 詩小説戯曲の, 詳しく知らなく, 語るもの, 読むなと, 誰にでも, 談じ, 豊富な, 資本主義の, 起こり得ない可能性, 転落の, 農民の, 近松秋江の, 退潮を, 通じない, 進展する, 遂には, 遂に馴れ合い, 過去数年の, 道徳律と, 道楽気分の, 酒の, 野沢富美子の, 鑑賞すべき, 階級性を, 非力である, 面白くない, 面白くなさすぎた, 音楽の, 風刺文学では, 駄目であり

▼ 文学~ (1197, 5.6%)

13 研究し 10 して 9 やって 8 生み出して 7 愛好する, 研究する 6 もって 5 やること, 中心として, 勉強し, 専門に, 求めて, 私は, 職業と

4 [12件] つくって, やるの, やる人, 作って, 味は, 問題と, 如何に, 専攻する, 愛して, 愛すること, 愛する人々, 文学として

3 [16件] やつて, やるん, 否定し, 必要と, 志して, 志すもの, 支配し, 支配する, 書いて, 生んで, 破壊する, 要望する, 要求した, 語ること, 論じて, 論ずるには

2 [84件] おやり, かいて, かくこと, すると, する者, その国, たのしむよりも, みると, もつて, やったが, やってるの, やってるん, やめません, やらうと, やるつもり, やると, やるのに, やろうと, 一定の, 一生の, 中心と, 主張した, 信じて, 冒涜する, 利用した, 前進させる, 前面に, 創って, 勉強しよう, 区分する, 卒業する, 否定した, 否定しよう, 味ふ, 咀嚼し, 唱道す, 学んで, 専攻した, 導き出そうと, 引戻す, 志したという, 志す青年, 愛し文学, 成長させ, 我々の, 持って, 指導し, 排除せよ, 教えて, 文壇の, 文学と, 文学の, 日に, 書こうと, 最高の, 期待する, 理解し, 甘く見, 生み出した所, 生もうと, 発展させる, 発生させ, 社会の, 社会主義的たらし, 科学から, 科学と, 紹介し, 考えて, 見ても, 規定する, 認めると, 語るとき, 語る上, 誤るもの, 読むの, 読んで, 談じ, 論評する, 軽視し, 過らしめた, 選ぶべきである, 鑑賞し, 音楽を, 鼓吹し

1 [838件 抜粋] あげること, いかにせ, いくらか専門, いとったわけ, おしえて, おし出し, おも, かじってる者, こころざして, この社会的本質, こめての, こんなにもひねこびれた, さえ止すこと, さす, すすめたくないの, すりかえなければ, するサムライ, そこで捕え得る, そつくりうけとる, その時代的価値, それぞれの, ただしく理解, だらけさせまいと, つくりその, つくり出し所謂文壇, つくるそれ, つくるところ, つくるの, つくる人たち, つくる素質, つくれと, つつみながら, とおして, とつて, となえる作家, とりあげはじめた人々, どういうもの, どう前進, どう御, どう見, どこから, のぞみそれ, ののしってるのみ, のりこえて, はなれず古典, ば一種の, ひとつ海外進出て, ひどい勢, ひもとくよりは, まことに苦しみ悩む, また再び本当に, みとめない, めいめいの, もう一遍, もっとも注意, もっと前, もつよう, もとうと, もとめて, もとめる人々, やったと, やっつけること, やってるし, やって来たからという, やつた, やつとる, やめるか, やめるの, やや単調, やらせようと, やりたいと, やりたい人, やり出したの, やり始め殊に, やるうえ, やるしか, やるという, やるなどと, やるには, やるにも, やるルウマニア, やる位, やる友達, やる者, やれ文学, やろうという, よく知っ, よみたくて, よみながら, よりひろい, より新しき, よんで, わずらわされること, アメリカに, ゴッチャに, テーマとして, ヒューマニズムの, ポスター的実用に, モダーンな, ロシアの, 一と, 一段高い, 三十年代の, 与えるところ, 世界文学の, 主として日本, 主唱した, 主張し, 主軸として, 事実に, 事業といふ, 人間以上神に, 仏蘭西文学に, 仕事と, 以って, 会得し, 会得すべし, 作っては, 作りあげるため, 作り上げる事, 作る可能, 侵入者として, 促進した, 信用しない, 修めたこと, 修めたこの間駅長, 健全に, 僣称した, 克服し, 党の, 全体として, 公式的にしか, 六七十枚かい, 再建した, 出し更ら, 出せしこと, 判ろうと, 別の, 別格に, 刺激した, 割り切って, 創めた, 創らんと, 創り出して, 創り出すこと, 創るため, 創る力, 創る可能性, 創ろうと, 創造し, 創造する, 劬って, 動かして, 動員しました, 卑下し, 単に文学, 単に社会学的, 反動の, 口に, 古典として, 合理化した, 否定する, 含めての, 味つ, 哺むに, 唱えたとき, 唱える人, 唱道する, 嗅ぎつけた, 嗅ぎ出そうと, 回顧する, 売って, 外からの, 多少とも, 大衆にとって, 大衆にまで, 失うたの, 女の, 好きだ, 好みそれぞれ師, 好む, 好むであろう, 娯楽物化しよう, 嫌い抜いて, 嫌って, 学んだ, 守って, 守りたてて, 守る限り, 実に低く, 実に詩, 実践する, 客観的に, 害すること, 容るる, 対外的に, 対象として, 専攻科目としては, 導いたの, 少くとも, 少しばかり, 崩壊させ, 左翼から, 常識性の, 幼稚だ, 廃するというは, 建設しよう, 弄ぶ青年, 引用し, 強いられるばかりで, 形成する, 彼らは, 彼岸の, 律する必要, 徳永直の, 志さないやう, 志す人, 志す者, 志す若者, 志望する, 忘れないよう, 忘れ芸術, 怖わ, 思うに, 思ふ時, 思わざるを, 思切るべく, 思想の, 性急に, 愉しむ文学者, 愉しむ読者, 意味する, 愛さないもの, 愛しそれ, 愛したカール, 愛しつつも, 愛し新しい, 愛す, 愛する, 愛するこころもち, 愛するすべて, 愛するもの, 愛するよう, 愛する事, 愛する奴, 愛する心, 愛する感情, 愛す人, 愛す者, 愛そうと, 愛好した, 憎み呪い悪戦苦闘, 懸命に, 成長させるであろう, 或る, 戦争宣伝の, 手ば, 批判した, 批評する, 扼殺しよう, 把握しよう, 抱えて, 押しすすめて, 押し出して, 押し流した時代, 持ち出さねば, 持った当時, 持出すより, 指定し, 挙げるに, 排撃する, 排斥する, 排除する, 探つて, 推し進めようと, 推称した, 提唱する, 摸索しあぐん, 攷察し, 攻撃する, 政治的部分と, 教えること, 教えるよう, 教わった広い, 散文と, 文学たらしめ, 文学という, 文学らしい, 文芸と, 断念させた, 斯様な, 方便以上に, 日夜想念する, 日本語に, 昨日は, 曇天より, 書いては, 書き出さないか, 書き得たならとみゑさん, 書くの, 書こうなどと, 最も大づかみ, 有するほど, 本当に表わし, 本道に, 机辺の, 材料として, 根本的に, 棄てなければ, 棄てるまでに, 楽しむ, 構成し, 標ぼうした, 樹立せん, 止めたいと, 正しく受け入れる, 正当に, 歪めて, 歴史の, 歴史的に, 死滅さす, 殺す結果, 毒した, 毒するもの, 民主主義文学の, 求めつ, 求める, 求める人々, 求める第, 求めんと, 流布した, 深く理解, 混乱させる, 渉猟し, 無視する, 然う, 片商売, 理性や, 理性的に, 理解しない, 理解しよう, 理解せざる, 理解の, 甘くみくびっ, 生き特殊, 生き越しきる卒業, 生みたい望, 生みだすこと, 生みだす過程, 生みまた, 生み出すとき, 生み出すとともに, 生み出そうと, 生み落す懸け声, 生む, 生むだけの, 生むべき特殊, 生むよう, 生む心, 生む社会, 生んだ, 生命と, 生活から, 生活で, 生産し, 産まざるを, 産む素地, 留守に, 疎じ, 疑わなかった, 発表した, 益々曇天, 益々跼蹐, 直接宣伝の, 真すぐ, 真面目に, 眺めれば, 眼の, 知らないと, 知らないもの, 知らぬ人たち, 知りたい欲望, 知り思想, 知る事, 研究するなら, 確立させたい, 社会学的研究の, 社会的現実的局面と, 私小説化し, 科学に, 突破し, 笑ひうる, 純粋に, 組合主義目先の, 結果する, 綜合的に, 綴つてゐる, 繁昌させ, 繊細巧妙に, 置こうと, 習いに, 翻訳し, 考えるため, 考えるに, 考へて, 考へる方, 聯想せしめる, 職業たらし, 肯定させる, 肯定する, 育てる原動力, 背景として, 能く, 自分たちの, 自覚し, 蔽ふも, 虚偽視し, 装った日本, 西洋に, 要求する, 見た著者, 見ようと, 見ると, 見るには, 見れば, 見事に, 見渡して, 観察し得る, 解して, 解するだけの, 解せざる者, 解決し, 許すところ, 試み天下, 話すの, 誇ったらいい, 語った作家, 語らなかったと, 語りがたし, 語り文学, 語り興奮, 語るなどとは, 語るを, 語る友, 語る座談会, 語る資格, 説いたり, 読み耽る兄, 読むと, 読む人, 読む人々, 談じた, 談じる, 談ず, 談ずるのに, 談ずる機会, 談り, 論じちまったちと, 論じよごれた毛糸, 論じる以上, 論じる私, 論じ二時間, 論じ時に, 論ずるこれ, 論ずるに, 論ずるの, 論ずるやう, 論ずる資格, 諦めようとして, 講じ革命作家魯迅, 講ずる文学士, 講述した, 豊かならしめ得る, 責むるの, 責めるより, 起すより, 跋渉し, 軍事暴力の, 軽蔑し, 途方も, 通じて, 進展させる, 遊戯視し, 遠くべし, 遣りたいと, 遣ろうという, 釣りに, 鑑賞させる, 限定しよう, 隔てる永遠, 集大成した, 離れては, 非国民の, 非文学的, 頂点と, 頭の, 顧ぬ, 飜案した, 高い所, 高揚せしめ得る

▼ 文学~ (1061, 5.0%)

28 於て 18 於ては 16 於ても 11 就いて 8 興味を 7 出て, 於いて 6 あっては, 一つの, 就いての, 影響を, 心を 5 あらわれて, しても, 入って, 向って, 於けるこの, 求めて, 精進する 4 して, 於いては, 於ける範疇, 関心を, 非ず

3 [22件] 含まれて, 就いても, 就ては, 属して, 従事し, 志して, 於ける, 於ける世界観, 於ける偶然性, 於ける思想, 於ける思想性, 於ける自我, 於ける詩, 欠けて, 求められて, 精進しよう, 縁の, 親しむこと, 親しんで, 通じて, 通暁し, 関係ある

2 [54件] あるの, しろその, すぎない例, それが, どのよう, ならねば, なると, なるという, なる先, ふれて, 他ならない, 他界に対する, 何かを, 共通な, 即して, 反抗しつづけ, 反映し, 国内亡命を, 在っては, 変って, 大切な, 対立し, 属するもの, 幼稚なる, 形式を, 従来の, 必要な, 志すもの, 志を, 接近し, 揚げ誉, 携って, 携る, 新たな, 於ける能動精神, 於ける自由主義, 於ける誇張, 於ける諸, 比較し, 没頭し, 河童が, 漂って, 熱中し, 現はれた, 現はれたる, 相違無之, 移って, 解決は, 課せられた一つ, 課せられた避, 趣味を, 関したるもの, 関係する, 類の

1 [707件 抜粋] あきたらない, あきたり, あつかわれて, あらざるなり而, あらわれたこの, あらわれたよう, あらわれたロマンティシズム, あらわれた第, あらわれた進歩的, あらわれるよう, あらわれる人物, あるこの, あると, あるところ, あるわけ, ある前進, ある自然, ある階級性, いた, うけ入れるべきだとして, うつされたとき, うつしつつ, うつして, うつり今日現実, うつる自然, うぬぼれて, おいてと, おき世界, かけて, かこつけて, かわるべきであるという, こういう形, こういった, この二種類, これほど, これまでに, これらの, これ以上水気は, しが, しがみつくその, してもが, しなければ, しばらく遠ざかっ, しろそういう, しろ今日, しろ外国文学, しろ演者当人, じかにつよい, すぎなくなつてゐることのやうに, すりかわり, する力量, せよ今日, そういう類, そうした種類, そう大して関心, そっくりそのままを, そのま, その完成, それを, ぞくすると, たずさわる人々, たずさわる人間, たずさわる者, たづさはる, たづさはるものゝ一人, たとえれば, たとへれば, だとか, だんだん遠ざかっ, つき反動, つくり出して, つけた成績表, つながる日本, つながる理性, とどまり風俗小説, とらえられませんでした, どういう在り, どんな工合い, ない世界, なじみ和歌, なったという, なってからも, ならざるを, ならないため, ならぬという, ならはうとして, なり切った文芸, なり得ないといふ, なり得ると, なること, なるといふ, なれば, のこされたもの, はなつても, ひきつけられるモメント, ひとつも, ふとしたノスタルジア, ふれはじめる機会, ふれられないこと, ふれる機会, ぶつかりそこ, まず階級性, まだ現れ, みられない, みられなかったより, みる生活感情, もし存在価値, もたらしたよう, もつて, もとめて, よく見え, よって, わり込んで, インフレや, シュール, ヒューマニズムの, ピンから, フランス文学が, ルポルタージュが, 一字一句をも, 一応興味, 一歩を, 一種の, 一脈の, 三段落ある, 与ふるを, 二つの, 亙るの, 交流し, 人間が, 人間らしさ, 人間を, 他国人の, 付さねば, 代り天声, 伝へたる性質, 似て, 何ぞこの, 何の, 何等の, 余り通じて, 作品と, 例の, 依って, 健全さが, 傾きリットン, 優れりという, 先行した, 入ったかも, 入りたり, 入り小説, 全き, 全く絶望, 全く関係, 全然関係, 公平だの, 共通する, 共通の, 具体化する, 再び息づかせる, 再現される, 冠絶した, 凝って, 凝ってるわけ, 出発しよう, 初めて真面目, 到っては, 創作と, 加ふる, 加へたり, 励精した, 卓越した, 単な, 反対である, 反感し, 反抗し, 反撥する, 反映さし, 取って, 取りあげられた以上, 取り入れて, 取上げられないの, 同じ日本的, 吸引する, 咲き乱れて, 国民は, 圧倒され, 地方分散の, 基礎を, 堕すこと, 変な, 変質し, 外ならない, 多くの, 多く興味, 多極性, 多様性を, 大きな価値, 大きな刺戟, 太陽讚美の, 女の, 好意を, 始まり次, 婦人の, 媒介し, 学ぶ所, 完成しました, 実験的方法を, 客観的態度が, 寄与する, 対して, 対抗し, 対立すべき, 専心する, 専念する, 専門家以上の, 導きいれられた婦人, 導入された, 少しでも, 少なからぬ, 就いては, 就けと, 属すべきもの, 属するだろう, 属する民主的立場, 屡, 希望を, 帰って, 年期を, 底流する, 座を, 強要した, 強調され出した, 当時の, 従う上, 従う人々, 従前よりは, 従属させよ, 微力を, 徴するも, 志ある, 志ざしながら, 志ざし相, 志した者, 志しつつ, 志しても, 志す, 志す人達, 志す有能, 志す青年, 志の, 思ひを, 思想性を, 恋愛なる, 恋着を, 意味が, 愛を, 愛想を, 感ずる, 感心しない, 慊らなかっ, 憧憬してる, 所謂思想性が, 扱うの, 扱われて, 投じて, 拘らず左翼, 持込もうという, 指導性は, 据ゑられながら同時に, 接して, 接する機会, 描かれた不幸, 描かれて, 描かれるに, 描き出しその, 描き出して, 提供する, 携さわっ, 携わるもの, 携わる者, 摂取し, 教えたもの, 文学以外の, 新しい局面, 新しい息, 新しい素質, 新しい面白さ, 新生命, 新鮮な, 新鮮活溌な, 新鮮溌剌な, 於けるいかなる, 於けるが, 於けるエロチシズム, 於けるモダーニズム, 於けるレアリズム, 於ける一つ, 於ける二つ, 於ける人間再生, 於ける人間学主義, 於ける任務, 於ける伝統, 於ける作家, 於ける写実主義, 於ける地位, 於ける変つた形, 於ける大衆性, 於ける思想性云々, 於ける戯曲, 於ける批評, 於ける政治的優越性, 於ける日本的, 於ける有望, 於ける概念, 於ける民衆性, 於ける浪漫主義, 於ける淵源, 於ける純粋詩, 於ける経験的事実, 於ける能動的精神, 於ける自由, 於ける芸術的価値, 於ける象徴, 於ける関係, 於てこそ, 於てのみ, 於てよりも, 明らかに, 明るかつ, 昨今どっさり, 昨今ほど, 書いた, 書くという, 最も忠実, 最も本質的, 最も欠けたる, 有用人で, 本格的な, 来るの, 極力抵抗, 構想の, 止まって, 武官武家の, 歩み出して, 死せず, 毎月芝居の, 毒された, 比して, 比べて, 気に入って, 気乗りが, 氾濫し, 求むるところ, 求めようと, 求めようとは, 求めること, 求めるわれ, 求める何, 決して触れない, 没頭する, 沢山ある, 活かされる健全, 活し, 消えない足跡, 渉り, 無関係な, 無関心, 無関心な, 特殊な, 独特な, 現れた, 現れたる東北地方, 現れた優雅, 現れた自由思想家, 現れた荒廃, 現われたる笑, 現われた婦人, 現われて, 生い立った作家, 生かすには, 生きようといふ, 生きると, 生涯を, 甦らなければ, 由って, 疎かつた事だけは, 疲れた時, 発表した, 登場し, 登場した, 盛られた感性, 盛ること, 直接反映を, 直接関係ある, 示した非, 社会と, 社会的性質が, 科学に, 移し殊に, 移りたい, 移行する, 立とうという, 精しい青年, 精しくしかして, 精通した, 精通せる, 紅葉氏一葉氏を, 結ばれて, 絵画に, 縁ある, 縁と, 縋りついて, 縛られないやう, 縛られない為め, 繋がるやう, 置くと, 耽りて, 耽りはじめて, 耽溺し, 背中を, 自分なりの, 至っては, 至りては, 至るまでの, 致しましても, 興味の, 色々の, 芸術に, 著しいの, 行きつまった時, 行きづまったためだ, 表現せらるべき, 要求され, 見えて, 見え今日, 見る如き高貴, 見出し難い, 規定され, 親しみの, 親しみはじめ同じ, 親しみを, 親しむと, 親しむよう, 親しんだらしい, 親しんでる者, 触れずに, 触れなかった, 触れること, 認めるよう, 読みふけって, 課するわけ, 譬へ, 貢献しうる, 貢献する, 貢献も, 質的な, 走つて, 趨った, 身を, 較べると, 近きやと, 近くあった, 近づいて, 近づく用意, 近代性を, 近縁, 近頃場所, 逃げ込みました, 逆戻りを, 通じ詞章, 通ずる風趣, 造詣する, 連関し, 連関する, 遅れること二十年, 遊び得る大通, 過去の, 酔へる, 長じた, 関係を, 関心し, 関心の, 関聯の, 限つた, 限つて私の, 限らずあらゆる, 限らず如何なる, 限らず広く, 限らず科学, 限らない, 限られたこと, 集まった友, 雑多な, 面白からず, 響いた能動精神, 頭脳を, 食傷し, 飾られたる旗, 高まるにつれ

▼ 文学~ (850, 4.0%)

8 ある 6 好きな 5 好きで 4 流行し

3 [11件] あるという, すきで, もって, 世界の, 従来の, 日本の, 現実を, 生まれて, 生れて, 社会の, 運動としての

2 [44件] あなたの, あるの, その作家, その本質, どれほど過ま, ないとは, わからないの, 一つの, 一方に, 人民の, 人生に, 人間の, 何処までも, 俗衆に, 包括する, 即ち生活, 多すぎる, 大好きです, 如何に, 存在する, 存在せず, 当面し, 彼の, 必要な, 感情を, 成立する, 持って, 提唱された, 文学の, 極めて軽く, 歴史に, 歴史の, 物語性を, 現実の, 生れた, 直接戦争の, 真実だ, 知性的に, 等しく, 置かれて, 育って, 興って, 階級の, 面目を

1 [706件 抜粋] あった, あったか, あつた, あつて, あの調子, あまりに多き, あらうとは, あらわれるや, あらわれピエール, ありそう, ありそして, ありまた, あり実に種々, あり読者, あるだろう, あるといふ, ある点, ある程度まで, あろうか, いかに俳句臭味, いかに盛ん, いつまでも, いつも大事, いやに, いわば文学, お好き, きびしい時間, きらいな, ぐっとのびる, こういう未曾有, このごろ無くなり, この国, この形式, この苦難, この関係, この陥, これと, これまで, こんなに少い, こんに, さう, さうさせられると, さうだ, しかく科学, しかけて, すきだ, すきです, すきと, すくない, すこしも進歩, すべてである, すべての, そういう過程, そうである, そこへ, そのおびただしい, そのため, そのどっち, そのものとして, その中, その健全, その創造力, その後ひきつづい, その成長, その未熟, その特色, その生, その言葉, それである, それと, それほど数, そろそろ退治, ただ政治, だれの, つかわれること, つまらぬの, つまりは, とんでも, どういうもの, どうの, どのよう, どんなに変化, どんな形式, どんな短い, ないん, なかつたの, なぜ瘠馬, はじまるの, はじめて大, ほしいこと, ほとんどまったく侵略戦争, ほんとうの, また単なる, まつたく舞台, まともに, めぐりあうよう, もし韻文, もたらされ殊に, もっとわが, もつと, もてはやされて, やがて真に生きこされ得る, やがて読者, やや落, よりひろくつよい, より多数, より美しい, わかりますこの, わかりやすく, わかる必要, わがもの, コンミニズムに, コンミニズム文学と, ジャーナリズムの, ジャーナリズム出版企業に, ジョイスの, ドヤドヤ現れ, バルザックに, ヒューマニティーの, フツカヨイじゃ, フラフラつい, ブルジョア民主主義の, ブルジョア社会機構の, プーシュキンを, ボロイ仕事でない, マルクス主義者によりて, ルナールの, ロマンスという, 一から, 一の, 一九三三年以後とめども, 一代を, 一体どれ, 一応常識, 一方で, 一番の, 一般的に, 一躍輝, 万葉集時代源氏枕草子その他の, 三二年来の, 世界に, 世界史の, 世界観や, 世紀に, 中央へばかり, 主張した, 主題と, 云われて, 云われないか, 人と, 人間への, 人間を, 人間的血液の, 人間的認識の, 人間精神を, 今の, 今やその, 今日そういう, 今日では, 今日在る, 今日沈潜期に, 今時生れる, 他の, 以上の, 伝統的な, 何かの, 何だ, 何れも, 何等, 何等の, 余りに観念的, 余技である, 例外を, 個人主義, 偶, 傑作を, 僭越にも, 元来なら, 兎も, 全くそれ, 全然不具者, 其様式を, 其適例である, 再び勢, 冒頭に, 写本の, 出来た, 出来ぬと, 出来ぬという, 出来るとは, 出来るならあんなに, 出来上ると, 出没した, 分らない者, 分り文学, 分れば, 初まっ, 到るところ, 前進しなかった, 前進する, 創られて, 労働と, 労働服を, 勃興した, 動員され, 匂いたかく, 十一世紀頃大した, 十年一日の, 単なる日常生活, 単に低き, 単一に, 印刷される, 却つて文学の, 古語を, 史学の, 含む個々, 吹きまくられ一律化, 周囲に, 問題として, 問題に, 嘘を, 囚われかかったこと, 国民文学という, 地口と, 壊滅させられ, 変化し, 変化する, 多少の, 多数あった, 大に, 大衆性とか, 大衆文学として, 大陸文学と, 奈良の, 女性によって, 好きだった, 好きでした, 好きという, 好きに, 如何なるもの, 如何に自然科学, 如何の, 婦人によって, 嫌いじゃ, 存在し, 存在しなかった, 存在するでありましょう, 完全に, 宗教と, 実にかく, 実に正しくその, 実地に, 実質的に, 実際は, 客観的実在に, 宮廷生活を, 対立し, 専門だ, 小さい人々, 小市民, 小市民的, 少数の, 崩壊しつくし, 常に第, 常識的道徳と, 幅を, 広汎な, 廃頽の, 強い潮騒い, 当然の, 彼に, 待たれた, 必ずしも職業作家, 必要だ, 思想を, 思想力を, 思考する, 急速に, 恋しくなる, 恐らく私, 悉く内容本位, 情痴は, 愈々強く美しく, 意識上に, 愛された, 愛読され, 成長し, 或る, 戦争の, 戦勝国の, 所期する, 批判的階級の, 持て囃されたの, 描こうと, 描写は, 提唱後四年経た, 提携し, 揺れて, 支配階級の, 政治とともに, 政治闘争の, 故郷という, 散文たる, 数年の, 文化の, 文壇の, 文壇的な, 文字の, 文学でなく, 文学でなくなっ, 文学として, 文学としての, 文学性という, 文学的に, 文芸思潮で, 新しい成長, 新しい素材, 新しい芸術建設, 新しく発生, 新たな, 新興の, 方針に, 既に用意, 日本にも, 日本ほど, 明治の, 明治文学に, 昔翁ありけり, 是非とも, 普遍的でなけれ, 暗に小説, 更に力づよいものとして発展, 書かれるには, 書けぬと, 書けるの, 書けるはず, 曾て, 最もよくこの, 最も有力, 最も良く, 最も要望, 最前線に, 最近特に, 有する最も, 望めないと, 未熟のせゐ, 本当に政治的, 本質上に, 本質的な, 果して詩, 標準だ, 欲望される, 正にアカデミック, 正当な, 段々貧弱, 民主主義文学の, 気に入らないならさしあたり, 永い努力, 永久に, 決して主観的, 沈滞し, 流れ込んで, 流行しない, 漸く盛ん, 潮流としての, 瀕し, 無いの, 無償の, 無感覚で, 無用視され, 無解決, 物語る歴史性, 特にその, 独特な, 独自なる, 独自の, 現れて, 現れなければ, 現代の, 現在の, 理想や, 生まれようと, 生み出されて, 生れないの, 生れぬという, 生れます, 生れようか, 生れようとして, 生れるかという, 生れるめど, 生れる必然性, 生れ出るべき, 生命である, 生命な, 生活からの, 生活の, 生活を, 生育され, 産れ, 発展し, 発見した, 発達しない, 発達すれ, 皆, 盛んで, 直ちに, 真面目な, 示したよう, 示して, 社会構成を, 社会的行動でない, 神或は, 私共にも, 私小説から, 科学に, 科学の, 科学以前の, 科学精神追求の, 種々雑多, 第一次大戦後, 第三, 筆舌的な, 築きあげたところ, 簇出し, 純粋化される, 紹介され, 経る波瀾, 結び付くこと, 絶対に, 翻訳され, 職業として, 肉体の, 自ら負はずには, 自分の, 自殺を, 自然主義の, 自立性を, 自身の, 興味の, 芸術である, 芸術の, 芸術的表現, 若いひと, 若ければ, 英雄主義や, 英雄的な, 行なわれて, 衰えるとは, 衰弱し, 製作された, 製造工場の, 要するに両性, 要望されるであろう, 見出される, 見出したもの, 観察され, 解体した, 解明される, 設計した, 評論界思想界との, 詩としての, 認識である, 語られて, 豊富に, 豊饒に, 貴重な, 資本主義的生産関係を, 質的に, 起り此, 起ろうと, 跋扈し, 身辺小説心境小説に, 軍部情報局の, 軽佻で, 軽蔑され, 農民には, 農民文学として, 近い将来, 進む時, 進んで, 遊廓内の, 遊離し, 過去の, 過去一切の, 過小評価されなけれ, 開拓した, 閑余の, 陥った社会的混乱, 陰気だ, 隆起し, 隠者文学に, 雄大な, 非常に, 非文学, 面して, 面白いとか, 頂点に, 頓に復興, 頻りと, 高級な

▼ 文学~ (628, 2.9%)

28 なもの 1211 な表現 8 なの 7 なるもの 6 だと, ならざるもの 5 でも, な才能, に見 4 では, なところ

3 [11件] である, であると, な, な意味, な本質, になっ, になつ, になる, に優れた, に理解, に表現

2 [56件] だという, であ, であったの, であって, であつ, であるか, であるとして, であるの, であるよりも, としてこれ, なこと, なるとを, なる文学, な一つ, な一態度, な人間的, な仕事, な価値, な内容, な形容詞, な批評, な方法, な歴史観, な活動, な現象, な精神, な表象, な要求, な観念, な言葉, な評論, な道徳概念, な香気, にその, になり, には不誠実, には全く, には早く, には面白き, にみ, に云っ, に価値, に傑, に再生, に感じ, に成長, に洗練, に見る, に言, に評価, に遊ん, の価値, の部分, 乃至哲学的, 新世代, 諸観念

1 [382件] あるいは哲学的, および社交的方面, か, すぎた, すぎて, すぎるといふだけの, すぎるとか, すぎるわ, すぎる欠点, すぎる言葉, たるべきであった, だとして, だな, でありあまり, でありすぎるよ, でありもしくは, であり且つ, であり又, であり彼, であり戦国, であり過ぎたため, であるかに, であるが, であるでしょうか, であるとか, であるとかいふ, でかつ, でかの, でないが, でないので, でないばかりか, でないやう, でない人, でない文章, でない言葉, でなかった証左, でなくては, でなくモダン, でなければ, で一面, で多く, で少女趣味, といいうる, ということ, というところ, というの, といふ, とは見ないであろう, と区切るべき, と呼んだ, と思われる, と笑われる, と考えられ, ないい, ないし哲学的, なおしゃべり, なお喋り, なお嬢さん, なこの, なさくら, なだけ, なぬくもり, なひと, なより, なる凡, なる萵苣, なクリーム, なジャーナリスト, なセンス, なセンセーション, なテーマ, なモノローグ, なモメント, な一種, な主張, な事柄, な人物評, な人物評伝, な人生的, な人間性, な人間研究, な今日, な何等, な作品, な作文, な信仰, な具体性, な具体的, な再現, な凡庸, な処, な判断, な創作, な創造, な剽竊, な力, な力点, な効果, な勉強, な動機, な匂い, な即ち, な又, な又は, な口頭伝承, な地位, な大きい, な天才, な対立物, な専門知識, な市民イタリア語, な形, な形態, な影響, な彼, な思想家, な性質, な悩み, な悪態, な情熱, な想像力, な意図, な意義, な感情, な感想, な感覚, な態度, な或いは, な手ぎわ, な扱い, な批判, な教養以外, な文化人, な新, な映画, な普遍通用性, な本, な本気, な根本概念組織, な概念, な様式, な歩み, な民主的評論家, な渇き, な無, な特色, な独自性, な男, な目的, な直感, な省略法, な真実, な眼, な研究, な神学, な科白劇, な空気, な範疇, な素材主義, な素質, な結社, な絵, な絵画, な繊細さ, な美, な美し, な美徳, な耳, な自己推薦, な自己省察, な自由, な色彩, な苦悩, な茶, な著述業, な虚飾, な行き方, な衝動, な観察, な観念形象, な観念連合, な角度, な討論会, な訓練, な記述, な詩的, な話, な話題, な読書, な諸, な講義, な辞句, な遊戯, な道のり, な道徳, な部分, な集, な非, な面, な面白, な題, な風貌, な香り, な高, な高尚さ, にある, にい, にいっ, にいつ, におもしろい, にさえ面白い, にしか批評, にしろ, にたかめ, につかみ出した, につづり, にで, にでも, にでも哲学的, にどういう, にない, になぐさめ, にならん, にはおよそ, にはこの, にはさして, にはずっと, にはその, にはそれほど, にはたいして, にはドストエフスキイ, には中世的カトリック, には努力, には可, には安手, には微妙, には感覚, には戯作者, には書く, には殆ど活動不可能, には硯友社亜流, には調子, には貧弱, にむずかしく, にも, にもちいる, にもである, にもなんら, にもまた, にも一般的, にも別, にも完全, にも思想的, にも様々, にも永久的, にも演劇的, にも生新, にも発展, にも知識人一般, にも素養, にも興味, にも舞台的, にも薄弱, にやはり, にゆたか, により, にグウ, に不具, に不可能, に主体化, に云, に云つて, に亡び, に人生, に何等, に使用, に修飾, に優秀, に充たす, に具体, に再現, に判断, に即ち, に又は, に反対, に取扱う, に取扱われ, に叙述, に可能, に哲学的, に大切, に安彦氏, に実, に展開, に崇拝, に徳川氏時代, に忠実, に恵まれ, に意識, に批評, に日本, に書い, に書かれ, に書き出した, に最も, に未熟, に栄養不良, に欠点, に正しく, に気負った, に求め, に浅薄器用, に消耗, に生れた, に生産的, に用, に発達, に直訳, に相当, に相当年期, に神仙化, に秀, に究明, に統一, に考え, に能, に自身, に表明, に表象, に観れ, に許される, に詠嘆, に講義, に豊か, に述作, に通暁, に野心, に間接, に非常, に面白い, に頭脳, に高く, に高められた, に高貴, のもの, の世界, の会, の作, の作物, の傾向, の手法, の技巧, の教育, の書, の生活, の素養, の見, の言葉, ばかりでなく, へどをはきつづける, よりもむしろ, 乃至倫理的, 乃至倫理的貴族主義, 乃至哲学的自由主義, 乃至学術的興味, 乃至宗教的, 乃至芸術的価値, 云い方, 共働, 即ち又, 即ち哲学的批評, 又学術的, 又準, 同時代人, 大才能, 或は芸術的, 無思想, 無教養, 総収穫, 諸表象, 諸要素, 諸課題

▼ 文学~ (503, 2.4%)

11 科学との 8 哲学との 7 政治との 6 云うもの, 言ふも 5 いえば, 政治の, 科学 4 云ふ, 云われて, 呼ぶこと, 哲学とが, 哲学とを, 称するもの 3 いっても, して, その作家, 云えば, 呼ぶの, 歴史との, 生活との, 科学とを, 科学の, 言ふ

2 [36件] いう, いうと, いうに, いうよりも, いふ, その他の, なって, なつて, なるそれ, よばれるもの, ジャーナリズムとの, 云って, 云っても, 作家の, 同時に落伍者, 呼ばうが, 呼ばれるもの, 哲学, 季題との, 専門家には, 所謂科学との, 政治, 教育とは, 無関係だ, 生活の, 科学とが, 科学とに, 科学とは, 科学乃至, 純文学との, 翻訳, 舞台との, 言って, 趣味, 通俗文学を, 音楽と

1 [324件] いい建築, いうが, いうべきね, いうものの, いうより, いえども, いえるの, いえるわけ, いかなる点, いったって, いって, いはれよう, いふと, いふならば, いふ者に, いわるる大, いわれたけれども, いわれた時, いわれつつ, いわれると, いわれるポー, くっつけては, これまた, されて, し, し最近, するに, そこに, そして音楽, その不具, その作家たち, その作者, その性行, その文学, その死, その理性, その理論, その程度区域, その精神, それらの, た, たたかいそれ, ちがう, ちがうこと, ちがうところ, ちがう一つ, ちがってね, である, どうちがい, どのよう, なった今日, なった時, なってから, ならねば, ならんで, なり和歌, なり国民, なり得たの, なり精神, なり陶器骨董, なるため, なると, なるべきであろうか, なるべき初め, なる思想, やらいうことほか, やらいうもの, よばれたこと, よばれて, よばれる分野, アナーキスティックな, アメリカ文学そして, コーヒー以外に, ジャーナリズム, ジャーナリズムとを, ジャーナリズム一般とを, ジヤアナリズムとの, ドストイェフスキーの, ビラとの, フランス文学との, ブルジョア, ブルヂヨア文学との, プロレタリア文学が, プロレタリア文学との, マルクス主義との, マルクス主義文学との, マルクス主義文学とを, ユーモア, ライフとの, ルポルタージュとが, ルンペン, 一体何, 一口に, 一様な, 一般読書人の, 世界観, 並べて宗教, 二つが, 二十世紀の, 云いはじめてから, 云い得るものの, 云うよう, 云う場合, 云える, 云われたもの, 云われた作品, 云われる前田河広一郎, 云われる曲線, 交渉しない, 人生の, 人間との, 仏文学との, 何ら変る, 何故に, 何故呼ぶ, 作家生活, 作家生活とへの, 作家生活とを, 信じその, 信じ未来, 児童の, 全く無縁, 其を, 別れたくないと, 劇浮世絵は, 区別された, 区別つきかねる, 取っ組むという, 古来及び, 叫びながら, 各自の, 同じくその, 同じく或は, 同じだ, 同じに, 同じよう, 名づくる, 名づけられた動き, 名づけること, 名づけるに, 名の, 名前を, 呼ばれて, 呼ばれるからには, 呼ばれるだけの, 呼ばれる作品, 呼びつゞける必要は, 呼び慣らわし, 呼び改めねば, 呼ぶならば, 呼ぶに, 呼ぶ以上, 呼ぶ所以, 呼ぶ習慣, 呼べと, 呼んで, 哲学とにとって, 哲学的思考との, 四つ角力を, 国躰との, 地獄の, 変態な, 外国文学とでは, 大衆との, 婦人との, 婦人の, 婦人作家とが, 婦人作家の, 宗教との, 宗教的慧智, 宣伝文学と, 対比すべき, 対立する, 少年少女の, 岡本かの子の, 崇高の, 建築という, 当代の, 彼女の, 念仏の, 思う人, 思って, 思ふ人, 思われて, 性質を, 意識する, 意識的に, 感じられるもの, 感じられるよう, 感傷的な, 感覚, 慰楽を, 成り短歌, 或る, 戦争叢書, 技術文化, 接触し, 推理小説では, 提携しなけれ, 握手すべき, 政治で, 政治と, 政治とを, 教養によって, 文化に, 文化の, 文壇とは, 文字と, 文学の, 文学者とは, 文学者の, 文学者達との, 文明を, 新しき民主主義文学, 新感覚派文学, 日本の, 日本精神誇示の, 易断は, 時々の, 朝日文芸とは, 本質を, 根柢から, 欧州文学との, 武術とは, 歩調を, 歴史を, 死の, 殆ん, 比べられぬ低, 比較する, 比較するなら, 民主的な, 民衆とを, 民衆文学の, 江戸史跡を, 深い関係, 演劇とでは, 演劇との, 演劇の, 漢詩の, 無産階級, 無雑作, 犯罪科学の, 現代プロレタリアートの, 生活, 生活が, 生活とを, 生活は, 生活を, 田舎の, 申しましても, 画とを, 異なる事, 異なる所以, 異なる根本, 療養所文芸とは, 目され, 相似た, 社会との, 社会学を, 社会科学に, 科学という, 科学について, 称すべきもの, 称する領域, 称せらるる, 称せられるもの, 立てられ其本質, 答へ, 純文学, 純粋な, 純粋小説と, 純粋文学とが, 純粋文学との, 終始した, 絵画との, 絵画を, 絶縁せず, 総ての, 縁を, 美術は, 考えて, 自然主義の, 芸術と, 芸術の, 袂を, 裁判との, 西洋の, 見て, 見ること, 見るべきだらう, 見做, 解釈すれ, 言うもの, 言えないだろう, 言えるよう, 言っては, 言つたので, 言わなければ, 言わねば, 言われるもの, 言文一致の, 話の, 認めても, 認められるか, 読者大衆との, 転向, 農民文学同伴者文学との, 近づきに, 通俗小説と, 連結する, 道徳との, 違う, 違って, 鋭く対立, 関係する, 関係の, 陸軍新聞班を, 階級との, 隠者の, 雖も, 非風刺文学, 音楽とは, 音楽音楽と

▼ 文学運動~ (393, 1.8%)

13 に参加 7 の中 6 の歴史 5 の初期 4 のなか, の時代 3 に反対, の上, の中心, の成果, の消長, の過程

2 [28件] があった, がおこっ, がはじまっ, が当時, が日本文学, というもの, とその, における批評, に対する感想集等, に身, のあった, のうち, のため, の内, の基礎, の完全, の情勢, の指導方針, の新た, の方向, の活動家, の発展, の組織, の課題, の退潮, の面, はどの, は世界

1 [280件] から保身, から芽生えた, があらわれた, がある, がおこり, がこれ, がこん, がその, がそろそろ, がどんな, がはじまった, がはじめられた, がひどい, がまったく, がシッカリ, が一つ, が一九三二年以来, が一九四九年, が二十世紀, が互に, が今日到達, が佐野, が作家, が兇暴, が国際的, が圧殺, が小, が志賀直哉, が成熟, が或, が挫, が擡頭, が文学, が文学作品, が文学運動, が新しい, が日本, が次第に, が民主主義文学, が沈滞, が男, が着手, が破壊, が社会, が窒息, が端緒的, が育つ, が自分, が自由, が起り, が進出, が運動, が順調, が顕著, だけに止まつ, だけの問題, であった, であり芸術運動, であるかの, ではじめて, では日本, では理論活動, でもあり, というの, というもの全体, という声, としてあり得る, としてのデカダニスム, としての密度, としての形, としての統一性, として客観的, として必要, として欠けた, として発生, として統一綜合, となっ, との関連, とは何, とブルジョア文学, と並行, と互に, と作品, と同志林, と対立, と言, などとはかけかまい, などは親がかり, においてつかむべき, において労働者階級, において実に, において当然, において組織, において絶えず, における, におけるこの, におけるその, における右翼日和見主義, における同伴者性, における同伴者的作家, における左傾, にきびしい, にさえ無関係, にたいする政治的偏向, にたずさわっ, にただ, についての報告, についての決議, についての理解, についての詳細, については作品, についてもしばしば, について無縁, にとってもソヴェト同盟, にとって意味, にとって記念, には民族, にもそれ, に何, に併行, に加えられた, に加はつ, に加わっ, に反撥, に名, に対してその, に対しては一貫, に対しては文学, に対しては自分たち, に対しても必然, に対して単純, に対して反撥, に対して純, に対する同氏, に対立, に属し, に従った, に忠実, に意外, に批判者, に指導的, に新た, に於ける, に沿っ, に潜入, に直接, に結びつい, に貢献, に蹉跌, に近づかない, に道, に関する決議, に関する討論, の, のお, のその, のそれぞれ, のプラス, のメッカ, の一つ, の一時的後退, の一部, の中心課題, の中核, の中軸, の主唱者, の主流, の今後, の側, の先行的任務, の先進者, の全体関係, の分野, の切迫, の動き, の卓抜, の名誉, の圧殺, の基本的方向, の場合, の実際, の展望, の強い, の当初, の形, の影響下, の後退, の意義, の所産, の批評, の批評活動, の指導上, の指導者, の指導者たち, の擡頭, の新, の方向転換, の方針, の日本的, の最初, の末期, の本質, の業績, の波動, の特徴, の生じた, の発芽時代, の確立, の窒息, の終熄, の経験, の背骨, の荒い, の萌芽, の見地, の解釈, の退潮後, の進出, の進展, の開始等, の陣営内, の領域, の高まり, の高揚, はあった, はこれら, はその, はそれ自身, はどれ, はゼイタク, はフランス, はブルジョア文学, はブルジョア生産関係, は一九三二年ごろ, は今, は何, は労働者階級, は単に, は常に, は批評, は文学発成, は日本プロレタリア芸術団体協議会, は最後的, は正しく, は男対女, は禁圧, は自身, は資本主義社会, は靴, への参加, までをああ, もその, もない, も実は, も昭和八年末, も高まる, をうちこわした, をすっかり, をたたかっ, をまきおこし, をみた, をめざま, をやつ, をより, をレーニン的段階, を何処, を国際的規模, を担当, を指導, を提唱, を敵, を暴圧, を未曾有, を真に, を社会的推進力, を総体的, を語る, を貫い, を退潮, を非難

▼ 文学~ (331, 1.5%)

14 の問題 9 の仕事 6 に於ける, の作品, の意見 4 に於, のこと, の大, の諸, の述作

3 [12件] の, のリアリズム, の一つ, の価値, の努力, の危険, の才能, の活動, の流派, の種々, の表現, の見解

2 [26件] では, のいろいろ, のこの, のグループ, のディフォーメイション, のモダーニズム, の一技術, の主張, の人物, の俗物, の信念, の偉大, の先輩, の力, の収穫, の古典, の名声, の困難, の新, の理解, の観念, の読書, の課題, の責任, の趣味, の飜訳

1 [182件] いろいろ感じた, から見, から見た, から観察, さらして, で, で混雑, で耳, で近代的, にあらわれた, において話せる, には一ツ, には一種, には大した, には未知, にも, にもあれ, にも他力宗, にも及ぼし, にも哲学上, にも学芸上, に便利, に先例, に変化, に幾許, に抱い, に映現し, に現れた, に用いられた, に発言, に直接間接, に至妙至美, のある, のあれこれ, のおもちゃ, のお話, のそういう, のその, のつまり, のひろば, のまた, のむずかしい, のアンビション, のボス, のモニュメント, のヤキモチ, の一ジャンル, の一事, の一現象, の下らない, の不振, の世界, の主義, の事, の事実, の事柄, の交際, の人生, の位地, の何, の作物, の作者, の修飾, の優抜, の優等生, の判断, の創作, の労力, の動き, の勝利, の医者, の半人足, の原理, の又, の友人, の合図, の同志たち, の同輩, の名, の名作, の名篇, の多く, の大切さ, の奇観, の妖魅力, の存在, の学問, の実力, の実験, の工夫, の座談, の弔鐘, の弟子, の形容詞, の形式, の後ずさり, の復古的提唱, の思想, の性格判断, の意味, の意欲, の意義, の感情, の憤懣, の成長, の戦争協力者, の批判, の技術, の抱負, の指導者, の探求, の提案, の損害, の教育, の敵, の文章, の文芸的, の新しい, の時代, の智識, の書物, の書籍, の条件, の業績, の楽屋, の構想, の気焔, の永遠, の流れ, の流派的色彩, の流行, の混乱, の独創性, の理想世, の理解力, の理論, の理論討論, の疑問, の疑惑, の真, の空気, の立場, の箴言, の篤学派, の簡素, の精しい, の精神, の素人, の経歴, の経済主義, の経済的条件, の美感, の習慣, の能力, の腕, の自信, の自由主義, の自覚, の英傑, の血脈, の製作, の見地, の言葉, の記念碑的価値, の試み, の話, の談話, の論, の議論, の足どり, の身ぶり, の重大, の野心, の野望, の関係, の閲歴, の難問, の題目, も, より批評, 又は社会思想上, 恥ずべきこと

▼ 文学作品~ (295, 1.4%)

6 の中 5 の評価, を決定 4 の大衆性, を評価 3 に於ける, の批評

2 [20件] が現実, であ, ではない, という意識, としての価値, としての戯曲, となっ, と同様, のある, の世界, の商品化, の生産, の題材, を享楽, を商品, を文学, を書いた, を社会的事実, を見渡す, を読む

1 [225件] からモティーフ, から人間生活, から或は, があっ, があらわれはじめた, がある, がこの, がすべて, がそう, がそういう, がほしい, がもはや単に, がよまれ, がスタイル, が今日完全, が何物, が作者, が完全, が我々, が政治, が文語, が氾濫, が求め, が現れた, が生み出された, が生れる, が社会的所産, が翻訳, だ, だの, である, であるかの, であるとは, でただ, でないこと, でないこの, ではなく, でもあり, でも又, でも明日, で云え, で音楽, という名, とくに女, として, としてそして, としてその, としてとりあげられない, としてのめやす, としてのゆたかさ, としてのエッセイ, としての完成度, としての感想, としての新作戯曲, としての被い, としてはいずれ, としてほめる, としてまとめる, としてもっと, としてよまれた, として完結, として実在, として寧ろ, として小説, として扱, として書かれるべき, として正面, として歴史, として類型, とする, とその, となる, との本質, との直接, との間, とは如何なる, とよばれる, とよみもの, と云った, と名づけられ, と広告, と称される, と言え, と読者, などにも痛, ならその, なるもの, においてはっきり, においては質, における表現, にさえ現代, にしろ, にたいする感情, についての批評, について報告, について自分, について長谷川如是閑, になる, にも同じ, にも影響, に一種, に及ぼす, に反映, に商品以外, に対しての智識, に対して無限, に対する健全, に対する批評, に対する批評性, に対する活溌, に対する肯定, に描かれた, に於, に権威, に求めなけれ, に生かされる, に結核, に表現, に課せられる, のいのち, のうしろ, のなか, のより, の一つ, の一つ一つ, の上, の作者, の価値, の価値評価, の全, の内容, の出色, の創られ, の単行本, の場合, の大きい, の小説, の形, の形式, の意義, の政治的価値, の書ける, の書棚, の本質, の根本価値, の構成, の生れ, の発行部数, の登場人物, の真, の社会性, の科学的認識, の組織的生産, の翻訳, の背景, の芸術, の芸術的価値, の表題, の評価の, の読者, の雄大さ, の題, はかつて, はこの, はそこ, はその, はた, はまだ, は一, は一生小説, は事実, は作品そのもの, は塹壕, は実話, は必ら, は推理小説, は理論的研究, は直接的, は終局, は読者, は非常, ばかりでなく, ばかりを読ん, へ移っ, また今日, までがその, もいろいろ, もそれ, も上演脚本, も多い, をこういう, をこめ, をさして, をその, をそれ, をつくろう, をという声, をよこ, をよむ, をよんだ, を一層, を一応, を一眼, を作るであろう, を例, を全く, を制作, を書こう, を現代社会, を生んだ, を発表, を社会, を社会学的, を社会的, を紹介, を自分, を製作, を読まない, を読み, を読みつづけた, を読める, を読ん, を論ずる, を送りだした, 乃至文学運動そのもの

▼ 文学~ (266, 1.2%)

24 の上 5 の中 4 というもの 3 のなか, の講義, をよむ

2 [18件] が, と批評, にしろ, に特筆大書, に記録, のこと, の教授, の方, の第, や芸術史, をひろげ, を一貫, を唯一, を研究, を見る, を読む, を講義, を開い

1 [188件] から云え, があったら, が世界的見地, が二重, が宣命, が必要, が書きたい, が独り, が遠く, であった, であまり, であります, である, でしょうか, ではない, では例えば, でも教, で云う, で初めて, で奈良朝, というの, としてちゃんと, としてまとめる, とその, との上, との関係, との離れぬ, とはこういう, とは現に, とを講じ, と人名辞書, と同様, と婦人作家, と文学評論, と日本, と民俗学, と趣味史, どころか昭和, などもやる, なんかああ, なんかそう, なんぞは始, においてマクシム・ゴーリキイ, にすぎない, についてのこと, についての勉強, についての見解, にとっての宝, にとっても意味, にとって未曾有, にとって興味深い, にとって重大, になかっ, になっ, になる, にはオマル, には名, にも新聞紙上, にも記され, によつて, によりてなりき, による, に一つ, に一エポック, に入る, に全文, に向け, に対してこの, に対抗, に於, に於ける, に最, に永久, に燦爛, に特書, に特筆, に現れた, に現われる, に生命, に私たち, に詳細, に貴重, に起った, に通じ, に連続, に逸し, に関する本, に関する諸, の, のあらゆる, のいつ, のうえ, のかかれる, のこれ, のよい, のよう, のわかり易い, のステップ, のヒューマニズム, の一くさり, の一つ, の一存在, の一学生, の一時期, の伝説, の使命, の内容, の勉強, の十八世紀末, の受持, の問題, の基礎的知識, の大家, の如何なる, の専門, の巨人, の惨憺, の改造, の教養, の数頁, の方法, の最初, の材料, の特色, の脆弱さ, の臨時試験, の興味, の証しする, の語る, の辿られる, の重要, の面, の面白, の頁, はある, はかつて, はどの, ははじめて, はまさに, は一つ, は其, は前, は動かすべからざる, は古代, は史学, は守田, は少く, は律文, は必ず, は我所謂才子, は散文, は此事, は知らない, めいたもの, や中世思想史, や思想史, より抽, より見る, をずっと, をば亡児, をみ, をみた, をみる, をやる, を以て独占, を修め, を叙述, を守田, を展望, を探し, を書きたい, を書く, を流れ, を編む, を繙いた, を繙き, を観じ来れ, を観察, を説く, を読ん, を述べ, を逆行, を通じ, を遥か, を静的, 並びに演劇史, 並びに芸術史, 乃至は

▼ 文学という~ (263, 1.2%)

46 ものは 20 ものの 19 ものが 11 ものを 8 言葉は 7 ことが, のは, ような 6 ものに 4 声が, 言葉を 3 ことは, ことも, ものについて, ものも, 言葉が, 言葉の, 風に 2 ことを, もの, ものへの, 二つの, 名前は, 問題が

1 [91件] ことに, ことについて, その新し, とき人民生活の, とき内地の, とき満州あたりの, のが, のと, ひろい面, もので, ものなどについて, ものについての, ものには, ものにも, ものによって, ものへ, ものをば, もの企業化し, もんでしょう, やつは, カテゴリーは, サブスタンスの, ジャンルが, マントを, 一つの, 一時的な, 事を, 人が, 人生の, 人間らしいうち, 仕事では, 伝統的な, 何か, 分野の, 古雑誌, 名が, 名で, 名の, 名称そのものが, 名称を, 呼び名が, 問題と, 問題は, 問題を, 場合自身の, 声と, 声に, 声の, 声は, 大問題, 奴は, 如何にも, 定義を, 実際の, 専門を, 専門地域に, 局部に, 意味だ, 文字を, 新しい様式, 方向へ, 本当の, 概念が, 概念は, 様式を通じて, 欲求が, 殿堂の, 流行語を, 潔白清純な, 点には, 特別な, 独特な, 破天荒の, 精神な, 自覚の, 芸術には, 苦笑が, 見地から, 観念に対する, 観念は, 言葉として, 言葉に, 言葉も, 語は, 論が, 通俗の, 霧が, 面で, 響は, 題の, 題目を

▼ 文学における~ (223, 1.0%)

11 政治の 8 階級性の 5 ヒューマニズムの, リアリズムの, 今日の 4 人間性の 3 ように, プロレタリアートの, 現実の 2 プロレタリア, 世界観の, 大衆性の, 大陸性の, 批判精神の, 日本的な, 社会性の, 過去の, 集団の

1 [158件] いらざるセクショナリズム, こういう必要, この問題, この女作家, この生産経済計画, この部分, この階級性, この随筆流行, これらの, その声, それらの, また為す, もっとも重要, アポローである, オアシスであった, ジャンルの, ソリダリティを, テーマの, ディフォーメイションの, ディフォーメイションは, デカダニズムエロティシズムは, デカダンスという, デカダンスや, デカダンスエロティシズムは, ヒューマニズムという, プロレタリア性とか, プロレタリア文学の, リアリズムと, リアリズムという, リアリズムは, リアリズムも, リベラリズムの, レーニン的党派性の, レーニン的段階の, ロマンチシズムは, ヴィタミン欠乏症です, 主題の, 人間性が, 人間関係の, 任務を, 作家の, 作家横光利一の, 健全性が, 傑れた, 党派性などについての, 全体と, 典型とは, 典型を, 典型的性格, 写実, 創作心理に, 南極と, 原作者と, 古いもの, 古典の, 可能性とか, 各作家, 同伴者性の, 同伴者的分子の, 和歌と, 国際的主題について, 国際的主題は, 地の, 基本的な, 大衆化の, 大衆性と, 女の, 婦人の, 婦人作家の, 宇宙的力や, 宗教味, 客観的な, 小市民的要素, 小泉八雲, 小説と, 小説の, 復古的提唱に対して, 思想の, 思考と, 性問題の, 性格の, 意味については, 成果の, 才能や, 批判の, 批評や, 指導という, 推移を, 教養の, 散文の, 文学的な, 文芸理論と, 新しい交代者, 新たな, 新幹部, 日本の, 日本的なる, 旧きもの, 早稲田とで, 明るさ, 明治以来の, 業績については, 歩み出し第一歩が, 歴史の, 歴史小説の, 河童, 活動へ, 活動家作家の, 活躍の, 特に哲学, 独特な, 独自な, 生ける人間, 発展の, 発生に際して, 真に正しい, 真面目な, 社会性あるいは, 社会性階級性の, 私と, 科学性の, 科学的客観的評価の, 立場は, 精神的な, 純粋性, 純粋性を, 能動精神が, 能動精神新たな, 能動精神行動主義一流派の, 自分の, 自我あるいは, 自我の, 自然と, 自然の, 自然は, 自然主義の, 自然主義を, 自身の, 芸術性と, 虚構の, 行動性という, 行動性について, 行動性指導性民族性の, 表現の, 観賞批評でない, 評価の, 評論の, 諷刺も, 近代の, 通俗読物と, 進歩性と, 長篇小説の, 関係は, 階級性以前の, 階級性作品に対する, 階級的主張を, 階級的移行の, 高邁な

▼ 文学~ (193, 0.9%)

3 哲学も

2 [12件] またその, また実験, 亦一つ, 同じこと, 客観に, 彼の, 思想も, 文学である, 科学も, 終る, 自分の, 芸術も

1 [166件] あの息苦し, あり緻密, あるが, あれば, いいで, いかに意義, いやに, おのずから人, かくて, かつてその, こ, こういう時代, こういう材料, ここで, このとおり, この事実, この数年, この講談, これからの, したがって衰え, そうじゃ, そうであった, そしてプロレタリア文学, その富, その当時, その意味, その発生, その通り, その進展, それで, それに, つづまるところ, なくては, ますます細かく, またこうした, またこの, またそう, また取り除け, また必要, まアそう, もっと正直, やっと世間, やっぱり, やはり今, やはり実生活同様, やはり復古的気運, やらせずに, よくした, よみが, イヤに, ジタバタです, フランス文学も, ブルジョア民主主義的立場からの, ヘチマも, ローマン的な, 下劣極, 不滅と, 亦さ, 亦その, 亦ねころん, 亦みずから, 亦九号, 亦常に, 亦此通則, 亦自我, 亦衰滅, 人間らしい文学, 今やその, 仏教も, 他の, 何の, 何もの, 価なき, 僕の, 先刻お話しした, 其直接の, 其萌しは, 出来役に立ちますが, 分裂した, 劇も, 効用漸減法に, 動いて, 勿論さうだ, 区別なし, 双方発達し, 反映させなけれ, 同じである, 同じであろう, 同様に, 名誉も, 含まれて, 哲学乃至, 土足の, 在りうるの, 外国そのものさえ, 多少僕等, 大に, 好いが, 妙でない, 嫌ひ, 存在し, 実際は, 小説しか, 当然階級性, 従前通り殆ん, 性格を, 恋愛も, 恐らく女性文学, 悪くは, 或程度, 戦争に, 戦後の, 所詮は, 揮真文学も, 教えられた, 散文ばかりに, 文壇進歩党の, 文学の, 文学精神の, 新しい環境, 既に二十六年, 日本の, 旧くならず, 暗澹たる, 本来そこに, 正当に, 武備も, 歴史の, 歴史も, 殺された, 淋しいもの, 演劇も, 漸く一変, 漸次新た, 潰して, 無抵抗に, 理想も, 生きて, 生れないの, 生産経済計画以外の, 発展し, 百何年かに, 皆現金的, 目下の, 直ちにとびかかっ, 直接その, 知らぬ, 社会事情も, 社会小説も, 私小説の, 稲門に, 等しくこの, 純文学も, 絵も, 罪な, 美術も, 育ちの, 見よう見まね, 読物も, 論ずれば, 起こり平民芸術, 軍協力以外には, 農民の, 進化しなけれ, 隆興し, 階級性の

▼ 文学との~ (176, 0.8%)

10 関係を 6 上に, 間に, 関係は 5 関係で 4 関係に 3 連関は, 関係が

2 [12件] 両分野, 区別は, 問題を, 境界線は, 歩調を, 歴史の, 比較は, 現実に, 関係では, 関係については, 関係の, 闘争

1 [109件] かかわりあいの, けじめを, この交渉, この初め, この期待, ちがいスタンダール, ちがう点, つづき合いという, とり組みかた, はじめの, 一対だ, 一歩前進した, 中に, 交替を, 交渉で, 交渉の, 交錯現象が, 以上の, 健全に, 具体的なあり, 具体的関係についての, 動きゆく, 区別では, 区別も, 協力が, 原則的な, 又ブルジョア, 可能性が, 問題が, 問題に, 土壤に, 基本的権利の, 奇妙な, 守りて, 官能の, 実に微妙, 実質を, 実践の, 実際で, 対比を, 対照にまで, 対立の, 将来に, 平行関係が, 建設の, 情勢の, 感覚で, 感覚の, 戦線統一への, 手近な, 接触に, 接触や, 接触を, 推移その間における, 新たな, 最もひろい, 有機的関係を, 本当の, 本質において, 本質的な, 歴史的な, 歴史的展開の, 比較に, 比較戦争文学の, 比較論と, 波瀾の, 流れの, 深い深いきずな, 深刻苛烈な, 特色ある, 現実な, 現実の, 現実的な, 理解においても, 生きて, 生けるつながり, 発展が, 発生の, 相貌を, 相違は, 結びつき方, 結合の, 統一的な, 絶縁です, 継続の, 美を, 肌身へ, 肖似を, 脈うちは, 苛烈さは, 融合に, 表現上に, 見かた, 見解は, 課題が, 課題も, 諸問題, 近似性が, 通って, 連関に, 連関を, 連関点が, 過程が, 違いだ, 野づら, 関係について, 関係も, 関聯つまり, 闘争と

▼ 文学として~ (156, 0.7%)

2 他の, 存在する, 立派な, 至極の, 通用し, 鑑賞し

1 [144件] あらわれて, いいもの, うけいれられて, こういう偉大, こまかい語義, しっかりし, すぐれた作品, すぐれた超, すこぶる愚, すでに優越, そこでだけは, そのつもり, それが, それで, それを, だろう, でなく宗教的, では, とった時間, とり扱, どちらも, ながめようと, なら愛嬌, もった新しい, やはり作家個人, シェークスピアが, 一杯に, 不動に, 世に, 世界に, 世界文学の, 云える, 云われる意味, 今日に, 仏教の, 何かの, 作品を, 価値の, 価値を, 値うち高い, 傑れ, 働く人, 優れたタイプ, 公に, 分散し, 判る, 前衛の, 即ちそれ, 又は戯曲, 取扱うこと, 取扱はれ, 命を, 大な, 存在し, 守ろうと, 安心出来なくなった, 完全に, 実在し, 実際どの, 尊敬され, 小説と, 少しも, 広く愛された, 弄ばれ未だ, 当時の, 当然そこ, 意味が, 愛しかつ, 成り立つ者, 成功した, 成熟期の, 成立たないやう, 成立たないよう, 成長させ, 或る, 承認せられ, 文学の, 新しい生命, 明瞭な, 書かれた戯曲, 書かれて, 本質的な, 次の, 此を, 残って, 注目された, 活字で, 演劇の, 特色づける, 現れた謡曲, 現代古典と, 理論をも, 生存し, 発生した, 発生しなかった, 発表しなく, 真に韻文価値, 社会的文学的の, 秀れた, 立つゆえん, 立派に, 競争者の, 純文学として, 素人であっ, 置いて, 考え自分の, 自主的な, 自然に, 自身を, 行はれた, 行はれ出した, 表現された, 表現される, 表現され得る, 表現し, 製造された, 見た場合, 見るべきもの, 見るべき者, 見る場合, 見れば, 許すべき理窟, 詩を, 誇らしく感じ, 認めると, 語らなければ, 読むに, 読む場合, 読んでは, 誰の, 論じるやう, 護ろうと, 資格を, 質量ともに, 迎えられたの, 近代的な, 通るもの, 通用しない, 鑑賞しなかつた, 非常に, 題材を, 類の, 首肯さるるであろう, 高い峯

▼ 文学青年~ (153, 0.7%)

3 でその, の間

2 [13件] から招待, だ, だったが, であった, ではいけません, ではない, と一括, なんかで, になっ, になつて, の戸波五郎, の生活, の総

1 [121件] あつかひして, から相当数, から禅宗坊主, がああ, がうぶ, がその頃江戸名物, がるまいと, がゐ, がマドロス, が先輩, が幾人, が彼, が東京, が益々, じみた自我, じみて, じみるが, そういった連中, だか, だからな, だけなら, だった, だったこと, だったの, だったもの, だつた, だと, ってもの, で, であ, であったよう, であるかも, であること, ではできる, では無い, でもが云, でも文章, でバイロン, でヒューマニスト, で写字, で妙, で詩文, という熟語, といったよう, といふ, としてこれ, としての心懐, としても私, として終つた, として苦労, となっ, と不良少年, と云つて, と同棲, と呼ばれる, と逢え, などの耳, なの, なんていふ, なんといふ, になった, になりかけた, になりそめです, にもこんな, によって今日, に対する魅力, に相当, に過ぎない, に過ぎなかつた, に過ぎん, の, のうち, のぼく, のもの, のよう, のグループ, のデカダン, の入山, の十三歳, の口, の古手, の咎, の噂, の存在, の小山, の局長さん, の巣, の手紙, の手習, の文学的経験, の新作小説, の秋田氏, の稚気, の筆者, の羨望, の訪れ, の趣向, の造詣, の錯誤, はいや, はちぢみあがる, はペン, は小説, は当時, ぽさ, もある, も入り込んだ, も少く, やその, やその他あれ, や文芸崇拝者達, らしい考え方, らしくあまり, らしくそんな, らしくな, らしくは, をも, を卒業, を否認, を思はせる, を目あて

▼ 文学~ (133, 0.6%)

3 哲学を, 映画の, 科学に, 美術や, 芸術の

2 [14件] その他の, 伝説に, 哲学の, 哲学は, 思想などに, 思想の, 思想を, 科学の, 美術と, 芸術が, 芸術に関する, 芸術を, 評論の, 詩人と

1 [90件] が哲学, その人, やくざの, ジゴマの, ブルジョア文学の, レアリズムの, 一般に, 上流用語として, 事業を, 仏教の, 伝説を, 何かという, 哲学が, 哲学に, 哲学や, 大衆小説の, 女の, 学問に, 学問を, 宗教で, 宗教など, 宗教を, 小説から, 小説が, 小説戯曲に, 工学で, 常識や, 形而上学な, 思想に, 思想において, 思想も, 思想やは, 恋愛の, 情操で, 所謂, 批評の, 政治主義的作品や, 文学的な, 文献学に, 文章に関する, 文芸批評を, 映画が, 映画を通じて, 歴史と, 歴史小説に, 浄土教との, 深遠な, 演劇の, 生活について, 生活を, 知識を, 社会主義やも, 社会問題や, 神学や, 科学などの, 科学や, 科学政治経済という, 科学者伝映画の, 経験主義を, 絵を, 絵画に, 美術という, 美術に, 美術を, 自然科学, 自然科学の, 芝居の, 芸能の, 芸術さては, 芸術は, 芸術や, 芸術事が, 西洋の, 評論に, 説明や, 諸芸術, 軽業的文学が, 都会生活やの, 里譚俗説に, 開拓文学が, 音楽なぞという, 音楽などの, 音楽に, 音楽の, 音楽や, 音楽やに, 音楽を, 音楽映画の, 音楽芝居などを, 骨董に

▼ 文学~ (125, 0.6%)

2 で徹夜, にしろ, に於, のなか, のよう, の中, は, はそれ, をする, を読んだ

1 [105件] からで, から宗教論, か仕, か小説, がかう, がこうした, がさかん, がさながら, が作家, が出る, が如何, が始め, が最近, が根本, が浪漫派, が発生, が芸術, が風刺, だか, である, であるかの, であろう, では婦人, でもなん, として, としてよりは小生一個, として一葉, とすれ, とまったく, とりわけロシャ小説, と云, と制約, と芸術派, なぞ束, などをする, など一切発表, なん, になっ, にも影, に与みせざる, に含まれたる, に就, に移った, に要求, に飽き足りない, の, のうち, のどれ, の原稿, の形, の提唱, の歴史的, の破産, の立場, の筆, の萌芽, の衝突, の諸々, の講義, はさておき, はその, はまたとない, は今度, は当時, は更に, は葉子, は遂に, は面白, は面白い, へまで逸脱, ほど信用, もいや, もかきました, ももう, や可能性, や審美学, や文芸概論, や音楽, よりは, をでっち上げる, をやり, をやる, を一席, を以てし, を川口浩氏, を引き出す, を戦はせなけれ, を戦わした, を戦わせなけれ, を持つ, を文学論, を書い, を発表, を私, を聞き, を見る, を試みよう, を読む, を読ん, を述べる, を遙, を闘わし, 及び文学史, 或は芸術論, 折々言う

▼ 文学とは~ (118, 0.6%)

11 何であろう 4 どういうもの 3 異る 2 そういうもの, 何か, 別な, 完全に, 異った, 絶縁し, 関係の

1 [86件] あまりに明らか, いえないであろう, いへ現今, かくも, けっして同質, この商業的価値, これ程人, せまい意味, その党派性, その本当, その様, その芸術的ヒューマニチイ, それぞれの, それほどちがう, たかがそれ, ちがうものの, ちがったもの, どういふ, どうもそんな, どんなもの, なり得ない, まったく種類, もう, プロレタリアの, マルクス主義者の, 一つの, 並行しない, 主張だけから, 之を, 云えず単に, 互に前後, 人の, 人生の, 人間の, 人間探究の, 何かといふ, 何ぞや, 何だ, 何である, 何でも, 何と, 何事な, 全く異, 単に文字, 原則的に, 名づけること, 呼ばない習慣, 変つてを, 大変な, 如何なるもの, 宗教文学である, 定義そのものだ, 実は切っ, 実感や, 役所的な, 必ずしも一致, 恋愛を, 愛されて, 所せん同じ, 新しい美感, 方法の, 日本の, 根本的に, 機能の, 正面から, 此の, 民主主義陣営の, 無きに, 無関係であり, 無関係な, 硯友社文学の, 私たちが, 称し難い, 絶縁した, 蓋し一般的, 融合って, 言うまでもなくラジオ, 貧困反抗労働などばかりを, 質において, 近代文学の, 近代社会建設に, 道徳そのもの文学そのものを, 違うかも, 違って, 選択だ, 類を

▼ 文学である~ (104, 0.5%)

7 ことを 3 ということ

2 [12件] か, ことは, というの, という事, といふこと, といふ点, とアメリカ, と云, と同時に, と解する, 必要は, 故に言語

1 [70件] かあるいは, かそう, かということ, かという点, かない, かの様, かは前, かもわからない, からことに, からし, からだ, から勢い, から当然, から悪い, から自然工場, がこれ, がその, が気持, けれども同じ, けれど翻訳技術, けれど飜訳技術, ことこそ, ことよりも, という性質, という本質, という点, という理由, という考えかた, という見方, という説, という風, といっ, といはれ, といふところ, といふの, といへる, とさ, としても新しき, とは限らない, とも云, と共に宣教, と思います, と書い, と極, と決める, と解釈, と言, にしろ, のが, のと, ばかりで, ような, よりはより, われわれの, を確認, アフオリズム, 人間性が, 以上それだけ, 処の, 憤慨笑いいろいろな, 所に, 故にレアリズム, 故に小説等, 日本における, 理由には, 筈の, 芭蕉の, 詩や, 限りに, 限り闘争的精神の

▼ 文学には~ (104, 0.5%)

2 あき足らず, ブルジョア文学が, 合理非合理を, 溌溂たる

1 [96件] あるん, いつも奇蹟, いろいろの, うんざりし, ごめんという, しばしば未熟, そういう本, その影, その技術的, それが, それまで, ただ流行, どうも重苦しい, どだい何, ない日本, ならないから, なるかも, ほかの, ほとんど例外, ボッカチオの, ユーゴオが, ラジオや, 一種独特の, 不要である, 人間観察の, 今日におけるが, 何故ロビンソン風, 全くなかっ, 全然見られなかった, 共感の, 勝てない, 古いもの, 多々疑惑, 女性的男子と, 妙な, 定まつた型, 少いんぢ, 尚人としての, 常に必ず多少の, 幾つか, 必ず遊戯的分子, 思想などは, 思想は, 悲しみや, 投資者消費者としての, 政治性が, 文学ならざる, 文学本来の, 文学様式としての, 文学独特の, 文学独自の, 新しい社会人, 旅行と, 旧い文学, 明かに, 昔から, 時々用, 時々用いられ, 更に奥, 最も大切, 最も甚, 有りうるし, 有頂天だった, 有馬賞という, 本質的な, 果して常に必ず遊戯的分子, 森鴎外の, 極めて必要, 標準語と, 歌には, 武士の, 殆ん, 決して例, 満足出来ず, 無い, 無産派文学運動が, 熱心な, 理想の, 生々しい実感, 田山花袋の, 真を, 眼を, 社会的性質なし, 社会的性質は, 第一次大戦, 第一次欧州大戦後, 見られなかったどぎつ, 解決や, 読者を, 軽蔑を以て, 過去的実, 違いない, 避けがたい, 関係の, 階級あり, 黙阿弥魯文柳北の

▼ 文学~ (103, 0.5%)

4 の肩書 3 なんてもの 2 だから, になっ, の

1 [90件] か何, か理学士, が, がいた, がこれ, が下等新聞記者, が坐った, が指, が最も, が来, が滝野, その人, だ, だけにご苦労千万, だけに口, ださうだ, だぜ, だそう, だと, であったから, である, であるといふ, である校長, でこの, でさえ小説, ですよ, ではなく, では五十円, で大学, で死んだ, で琉球諸島方言, と, という, というえらい, というエライお方, というエライ者, という事, という文字, という称号, といつも, といふ理由, とか何とか, とである, となり, ともいはるる, と云え, と云ったら, と肩書, と芦田伊人氏, と蓄音機, などというもの, などと云, なのに, なんてみんな, なんで, になり, にもなっ, に候, に盲従, のよう, のニコルさん, の価値, の兄, の先生, の先生たち, の処, の夫人, の奥様, の家, の性格, の数, の特徴, の癖, の発生, の碧海賛平, の称号, の象徴, は不相, は二の句, は今, は名前, は吹き込み, は堂々たる, は翌日恐怖, は近隣, は額, ばかりじゃない, や学生, をエライもの, を呑む

▼ 文学としての~ (100, 0.5%)

4 戯曲の, 戯曲を 2 価値を, 形式を, 戯曲は, 本質を, 自主性を

1 [82件] すぐれた作品, その本質, よさ, よそおいを, ギリシャ神話は, プロレタリア文学発展に対して, 一つの, 三二, 人民としての, 任務を, 伝統は, 位置や, 位置を, 価値の, 側は, 内容を, 創作方法の, 努力を, 務を, 哲学書, 問題である, 問題映画としての, 国民文学な, 地位である, 基準からの, 基準を, 存在を, 実体は, 客観的な, 小説の, 展開を, 希望願望更に, 弱点が, 強靭さと, 情象表現である, 意味で, 意味において, 愛着で, 戯曲が, 戯曲批評の, 探偵小説では, 探偵小説にとって, 探偵小説の, 政治性は, 文学から, 文学性の, 本質について, 機能が, 民主主義文学の, 洗礼を, 物語の, 特色を, 特質は, 独自性を, 現実の, 生命が, 畸形が, 発展にとっては, 発展段階を, 発言の, 真価を, 真実で, 砦の, 純粋さを, 美術, 肝腎な, 能動主義も, 自然な, 著しい飛躍, 見かた, 解体の, 評価に, 評価の, 詩を, 誤りそのものの, 諸潮流, 謎々としての, 近代文学の, 通俗小説は, 運動が, 音楽, 魅力に

▼ 文学では~ (98, 0.5%)

10 ない 6 なくて 4 なかった 3 ないが 2 ありません, なかつた, なく文学

1 [69件] あっても, ありませんよ, あるまい, おおむね人間, かうまで, こういう二元的対立, この実際, この影響, その名, その頃, とても生活, とても駄目, どうだ, ないか, ないから, ないぜ, ないと, ないという, ないの, ないもっと, ないもの, なくなって, なくなりました, やはり同じ, ゲーテだ, ゲーリングトルレルカイゼルの, ドウシテも, ドウシテモ死身に, ブルンチェルの, ホイットマンの, レアリズムといふ, レアリズムを, ロマンスが, ヴォルテールの, 主に, 之が, 乏しいの, 人間を, 共通な, 出来ないもの, 十九世紀だったら, 反逆は, 実感という, 山田美妙の, 態度が, 技術者の, 文体の, 文学の, 普通の, 有り得ないであろう, 模倣は, 死身に, 江戸末期の, 決してない, 流行し, 浪漫派等を, 無かろうか, 狂言の, 生産文学素材主義の, 男子が, 終に紛らし切れなくなった, 自然が, 落語なぞの, 藤岡は, 表象と, 近頃日本的, 過去の, 重大視される, 食へ

▼ 文学~ (91, 0.4%)

4 あつて, 云えば 2 あらしめるもの, ありうるため, さへも, なしに, モオパッサンが, 他方が, 厶る

1 [69件] あつた, あらう, ありうるのみか, あり得ないの, あり得るため, あり得る文学, いいの, いうヴィクトリアン・エージ, お金を, この影響, この時代, しかも立派, すら殆, そうでない, その国民, それが, それらを, どのよう, なくしては, はじめての, まだ役に立とう, ハッピーエンドを, パンを, ブルヂヨア文明の, 一時期に, 一見口語, 下級海員の, 云うと, 云つてゐた, 人間性の, 今日の, 其不足を, 典型の, 前衛といふ, 名誉を, 川端さんが, 幾分知っ, 当時の, 御紹介, 思出した, 思惟されなかった, 所謂特等席の, 才人としての, 押し通すこと, 散文は, 文学の, 方法は, 日本の, 有り得ないの, 有る世界, 本格的な, 比較的漢詩, 活躍し, 現世的ファン的な, 生活する, 町人だけ, 癒すよう, 立ちたいと, 立とうと, 立とうという, 終って, 表わそうとしても, 親しんだロシア, 言葉と, 趙樹理の, 身を, 金を, 飯の, 馬鹿に

▼ 文学理論~ (91, 0.4%)

3 の中, の発展 2 というもの, と道徳, の再, への批判

1 [77件] から社会, がいずれ, がこれ, がもつ, が全部, が創作, が展開, が形式的, が彼, が文学, が未熟, が様々, が納得, だと, であった, でさ, でないばかり, でなやまし, としてまとまった, とその, との論争, とを尖鋭, と同時に, と正統派文学理論, における一つ, にそれ, には二元的, に二つ以上, に反対, に実質上大, に対しては吾, に対しては懐疑的, に対して懐疑的態度, に対して新た, に対し小林多喜二, に対する討議, に於ける, に真, の今日, の便宜的, の同情者, の大家ペレウェルゼフ, の未熟さ, の根本テーゼ, の歴史, の混沌, の発展的展開, の立場, の素朴さ, の要, の進歩, の陣営内, の領域, はさき, はそのもの, は両者, は他, は屏息, は彼, は或, は日本, は本質, は決して最も, は真実, へひきつけた, や宗教批判, をうけ入れ, をもっ, を一歩一歩, を与える, を中心, を体系化, を同じ, を学んだ, を科学的基礎, 即ち文芸学, 若しくは社会理論

▼ 文学~ (86, 0.4%)

2 に特殊, の人々, の同人, の新, の産物

1 [76件] からどんな, がどんな, が如何, が行きつまった, だけの事, ではユーモア文学, では決して, では誠実, で人気, で貴, というもの, といえ, との公式, との間, とパリー, においてはもっと, においても屡々すでに, において独歩, にのった, には, には一つ, にもいろいろ, にもヨーロッパ大戦後, にも演劇, にボルテア, に一刻者, に不自由, に並存, に入った, に大, に奮闘, に於ける, に最も, に求め, に決定的影響, に立つべき, に若し, に認められてる, に関係, のうつり, のロマンチストたち, の人, の仲間入, の先ず, の同人たち, の変象, の大立物, の始まり, の寵, の巨匠, の座談会, の心理, の方面, の権威二十五名, の流行, の精神, の芸術至上, の誰彼, の連中, の錯雑, の随筆, の雑記, は侠勇, は前, は更にもう, へ推薦, へ書く, も遂に, や社交界, を出す, を回顧, を満, を見わたし, を通じて最も, を風靡, 漸く森厳

▼ 文学主義~ (85, 0.4%)

3 と文献学主義 2 と名づける, なるもの, の問題

1 [76件] かという文学界, が台頭, が存在, が文学意識, が特に, が現実, こそ文学, こそ観念論, たる所以, だ, であったし, であって, であらざる, でありより, であるが, でもあった, でも今, で何, というの, というべき, というキャピタリズム, という一種, という論理, という非難, となる, とは文学至上主義, とも云うべき, と云う, と呼びたい, と呼ぶ, と呼ぼう, と呼んだ, と好一対, と科学主義, についてはすでに, になる, にまで前進, に対してどこ, に対抗, に就, に左袒, に於, のもっと, のナンセンス, のメカニズム, の一亜種, の一体系, の一種, の内, の問題其他, の土壌, の意味, の批判, の指摘, の政治的表現, の文学主義, の根本欠陥, の横溢, の素地, の錯覚, はまだ, は一種, は一連, は之, は云う, は併, は元来, は多く文学的自由主義者, は決して, は科学的範疇, は表象, も決して, をというの, を利用, を導き出す, を産む

▼ 文学に対する~ (79, 0.4%)

3 態度は 2 倦厭の, 嗜好も, 国家的インテレストとか, 彼の, 理解の, 私の, 需要を

1 [62件] その頃の, アンチテーゼである, テーゼにおいて, ピューリタニックな, プロレタリアートの, プロレタリア文学運動の, 一歩前進であり, 一途な, 世間の, 仕掛には, 価値的反省, 優位の, 共通の, 冒涜である, 判断と, 前途の, 博識を, 古文学の, 同人雑誌の, 国民の, 国際的な, 委員会児童文学に対する, 委員会青年の, 婦人の, 宗教の, 尊敬の, 師匠的役割, 幻滅生活の, 性質の, 愛を, 愛着の, 感想は, 態度が, 態度も, 懇話会賞を, 或る, 敏感さをも, 正当な, 熱情と, 熱情は, 熱烈な, 特殊な, 理会が, 理解が, 理解力を, 知識は, 粘りの, 経済主義の, 考え方なぞ, 興味が, 芭蕉その, 苦心の, 落語俳句に対する, 註文を, 評価の, 趣味を, 通暁さ加減は, 過小評価の, 鑑識の, 関心が, 非文学性, 飢渇の

▼ 文学的表象~ (75, 0.4%)

3 に於ける 2 と文学, のこの, の合理的核心, は確か

1 [64件] がこの, が独力, が目的, ではなく, でもっ, で科学的結論, という影, としては, としては夫, として之, として機能, として貧弱, となる, との区別, との合理的連関, との連絡, と云った, と雖, などを必要, になぞらえられ, にまでモーラライズ, にまで高め, によって描き出される, によって駆使, による性格, による探究, による示唆, に化, に形象化, に翻訳, に著しい, のもつ, の価値, の問題, の場面, の核心, の発達, の結合, の羽搏, の翼, の貴重, はもはや, は人物, は性格, は意味, は文学的具体性, は科学的範疇, は美しい, は解かれた, へ話し, まで行かなく, もいずれ, もその, をそのまま, をつなぐ, をウッカリ誤用, を使嗾, を借りなけれ, を借りる, を媒介, を手頼り, を用いる, を通して掘り当てる, 乃至イメージ

▼ 文学そのもの~ (74, 0.3%)

2 が人間的, が本来, に解決, に関する原理, の中, の人生, の本質, をいかに

1 [58件] がこの, がその, がつまり, がマルクス主義, が一つ以上, が初め, が動揺, が変質, が客観的現実, が皮肉, が自身, が進化, ではない, ではなく, としての存在, としてよりも原始宗教心, として崩壊, として常に, として狗肉, として評価, において再, には全く, に内在, に刻印, に役立とう, の人間性, の人間生活, の全体的, の創造, の動き, の問題, の在り, の大きい, の存在, の存在意識, の客観的進展, の恥, の意義, の特に, の特質, の独立, の生ける, の生態, の発展, の社会的, の芯, の領域, の頽廃, はそういう, をいくら, をどの, を愛する, を没落, を注入, を犠牲, を疑い得る, を破滅, を腐敗

▼ 文学にも~ (74, 0.3%)

2 理想を, 生きて, 青年の

1 [68件] あてはまる, あらわれて, ありますこういう, あるまい, ある反響, いいところ, いくらか色気, いろいろ流儀, うつして, おしなべて懐疑的, この明る, こるたしかに, しばしば見え, そういうこと, そういう世界文学, そうした傾向, その痕跡, それは, つながる問題, とり入れた, なかなか通じ, なく, ならず日本流, ならず研究, ならない, なり科学, なれないから, また十分身, また音楽, 人生にも, 共通な, 共通の, 前に, 及ぼして, 変化を, 多少通じ, 女と, 実にこの, 対したの, 封じ手は, 彼は, 情緒の, 我が生活, 描かれるが, 新しい窓, 日本精神にか, 有名です, 未だかつて出現, 正しく数千年, 求め得られない, 流行の, 溌剌と, 演劇にも, 無関心, 熱意を, 現れて, 知識を, 系譜的な, 終点は, 絵画にも, 美術にまでも, 美術にも, 自覚の, 見るべきもの, 貧困の, 通じまた, 音律が, 類例の

▼ 文学~ (73, 0.3%)

3 の, のため 2 からも俳優座, の仕事, の俳優, の若い, の諸君, はその

1 [55件] がその, が福田, だから, であります, でも俳優, で上演, といふ劇団, と云, と新協劇団, なり俳優座, にあ, にこれ, について私, にのみ開かれ, に参加, に宛てた, に慊ら, に籍, のアトリエ公演, のスタフ, の三月公演, の上演目録, の世話役, の伝統, の俳優諸君, の八月公演, の公演, の出しもの, の劇団, の場合, の希望, の新しい, の方, の本, の本領, の歩み, の歴史, の現在行ひつ, はい, はおかげ, はしかし, はその間, はつねに, は仮り, は前者, は去年, は正しく, は現代日本, は現在, へ私, も亦, をのぞく, をはじめて, を見物, 第一主義

▼ 文学~ (72, 0.3%)

4 といふ 3 というの 2 かとにかく, ということ, というわけ, とか申しまし, として来, と思っ, と思わない, なんてバカ, のと

1 [47件] から, からこそそういう, からである, からと云っ, から国民文学, から支持, から文学的, から本当, か一見, か美学, か英文学, が富豪, が文学, つたと, つた短歌と, という, というよう, という作品, といつ, といふたか, といふ作品, とか云っ, とか俳句, とか性, とか教養, とか社会主義文学, とか芸術, とか音楽, とこんな, とそう, とは云い切れなくなる, と云う, と云った, と云われる, と思い込ん, と思つて, と思はない, と思ひこん, と思ひます, と言っ, と言われ, と謂つた感動, な, など, 真の, 等と, 美術だ

▼ 文学~ (72, 0.3%)

3 を読ん 2 だから, の中, の翻訳, も読んだらう

1 [61件] から宗教書, がいい, がギッシリ, が入っ, すら読め, であれば, ではどちら, ではない, ではなく, とかいうもの, とが好き, と変りました, などについて自分, などを読む, などを読ん, なんかの棚, にし, になる, に一貫, に例, に対してはすこぶる, に度々, に由っ, に親しむ, に親ん, に触れ, のうち私, のなか, の外何, の感化さ, の数, の統計, の装幀, は, はこっそり, は一万部以上, は千, は埃, は私, ばっかり出し, も混入せり, も溢れ, も読む, も読ん, や小説, をむさぼり読み, をよませ, をよむ, を一手, を専門, を御, を熟読, を猟, を翻, を読まない, を読まね, を読む, を読んでる, を買っ, を遣った, を遣つた

▼ 文学への~ (69, 0.3%)

3 道を 2 愛と, 関心が

1 [62件] よびかけとして, ノスタルヂヤが, 云って, 信用を, 全面的な, 反撥である, 声を, 夢想と, 好みも, 宿願は, 展開である, 展開と, 強引として, 待望を, 復帰が, 志は, 思いが, 息づきが, 情愛を, 情熱を, 愛, 愛好が, 感覚から, 態度を, 憧憬が, 手びき, 批判の, 敏感性である, 新しい考え直し, 新しい部隊養成, 新らしい, 時代的な, 欲求とは, 欲求を, 正しき一過程, 流れ, 潜在的な, 熱望甚しく, 献身に, 現れな, 理性的な, 理解でない, 理解者と, 立志と, 絶望を, 翹望は, 興味は, 要望を, 要求として, 要求は, 要求国民の, 謙虚神は, 責任が, 賞金とは, 転向文学的哲学や, 転換の, 転換を, 転換等より, 退却か, 連想によって, 運動の, 非妥協

▼ 文学から~ (65, 0.3%)

3 消えて 2 失脚した, 文学の, 独立し, 締め出して, 追放し

1 [52件] さまよい出て, すっかりぬかれ, そちらに, どういう風, なされたの, ぬぐいとられるとき, はじまって, われわれは, 一歩すすん, 云えば, 人間の, 出て, 出発し, 切り離して, 受けた教養, 受ける感じ, 受ける楽しみ, 壮大な, 学び得たよう, 学ぶべき何物, 影響された, 得た輸入思想, 我が文学史上, 教えられた言葉, 文学そのものの, 文学への, 明治の, 映画への, 未来派風な, 求めて, 演劇に, 独立せしめる, 現実主義の, 理解される, 生きた性格, 生じたかと, 生活派文学に, 知性の, 純文学通俗文学, 脱けられない, 著しく教えられ, 解放し, 起って, 農民文学から, 遠いの, 遠ざからない限り, 遮断され, 階級性を, 離れつつ, 離れて, 離脱せしめる, 養われた点

▼ 文学~ (64, 0.3%)

5 の第 3 の大会, の指導 2 に徃, に赴く, の活動

1 [47件] から, から得た, から民主的詩人, ができた, が主催, が組織, が結成, であり機関誌, で活動, で貴, としての組織活動, と同時に, と皆新, にも底, に出掛け, に相談, に集っ, のグループ, のメンバーたち, の切符, の創立大会, の弱点, の批評家, の批評活動, の書記局, の東京支部, の活動方針, の演説会, の系統, の評論家, の詩, の誕生, の連中, の運動, の開会式, は勤労者文学選集二冊, は専門家, は後, は揃い, は文学, は日本現代文学, への宿題, も絵, をおこした, を組織, 第五回大会, 第四回大会

▼ 文学活動~ (63, 0.3%)

3 に於 2 が, がその, の分野, の面, をやる

1 [50件] が何等, が出来る, が出版ヂヤアナリズム, が社会主義, だけであった, との分化, など新しい, においてこれ, においても母, において夏目漱石, において感じれ, にその, について考える, によって生活, に乗り出し, に向っ, に対する助力, に従う, に進出, に重大, の主流, の可能, の報告, の実践, の展開, の必要, の波, の発展, の範囲, の自立性, の頂点, の骨ぐみ, は各人各様, は展開, は見られなかった, へ参加, へ職場, をあげ, をす, をすべて, をはじめ, をも一歩一歩, をやっ, を固定, を始めた, を必要, を理解, を行っ, を要約, を通して勤労者

▼ 文学について~ (62, 0.3%)

2 みれば, 云えば

1 [58件] いう場合, いろいろと, かいたもの, かりに云う, そこまでは, そのほか, そのよう, その他について, ちょっと申, どこが, まともなる, ヘッセの, 一言でも, 中野重治が, 二十九枚かき終り, 云々し, 人物について, 何か, 何を, 全くそう思います, 公正な, 具体的な, 勉強が, 又人生態度, 国民文学という, 宮島新三郎さんの, 対談を, 川端が, 改めて文学, 新しい愛, 書いて, 書くこと, 本を, 来月かきます, 枠内で, 様々の, 物を, 申すと, 真剣に, 知ってるところ, 私としては, 考えねば, 考えれば, 見るの, 見る時, 言い得ること, 言へる, 話されて, 話ししたいと, 語るとき, 語るほどの, 語る場合, 読者自身の, 論じたとき, 論じて, 趣味の, 錬達, 面白い多く

▼ 文学芸術~ (60, 0.3%)

5 の領域 2 に気品, の畑, の研究

1 [49件] がマルクス主義, が如何, で用, といふ観念, などを一丸, について, に伝統主義, に携, に興じた, に関する極めて, に関する詳細, に関する限り, の, のあらゆる, のすべて, の世界, の中, の人, の位置なぞ, の修業, の利用, の各, の問題, の如き, の広い, の形式, の意, の愛好者, の教養, の方向, の最も, の社会, の精髄, の関, はこの, はもともと, はわが, はタテ, もある, もこの, をどんな, を他, を以て野球, を心から, を知らなかった, を言, を論ずる, 及びそれら, 及び人生

▼ 文学といふ~ (59, 0.3%)

15 ものは 7 ものが 4 ものを 2 のは, やうな, 女神は

1 [27件] ことになつ, ときには, ところに, のが, のも, もの, ものに, ものには, ものに対して, もの謂はば, 一つの, 奴は, 字に, 対象を, 彼にと, 新しい様式, 明鏡の, 概念について, 特別な, 特殊な, 独特な, 目新らしい, 立場から, 言葉を, 話が, 語が, 語は

▼ 文学精神~ (53, 0.2%)

2 で私, なの, の伝統, の明る, の本質

1 [43件] がその, がどこ, が変らず, が欧化, が萎靡, であったの, とか精進, としての芸術至上, としての追求, とその, と創作実践, と方法, における文人気質, にしろ, にだけはあくまで, にも闇取引, によった, の不逞, の主情性, の伝統的傾向, の低, の傾向, の前, の喪失, の在り, の或, の故に, の機微, の精髄, の荒廃, の課題, の退化, の面, は云っ, は彼, は日本, は現実, を云い, を強く, を持っ, を日本, を鋭く, を露

▼ 文学雑誌~ (52, 0.2%)

2 を見る

1 [50件] か書物, がやたら, が今日, が現れた, が私, であるとともに, では鴎外, というもの, としては, と売女, など読み耽り, など買っ, なんぞを好く, にかかげられた, について最も, にのる, には往々, にわが身, に写真, に切手, に対する批判, に次々, に現れた, に発表, に紫苑, に紹介, に載る, に連載もの, のひと, のゴシツプ欄, の中, の創刊, の如き, の模倣, の片隅, の紙質, の経営, の編輯, はその, は争っ, は編輯同人, もいろいろ, やらを五六種, を中心, を入れた, を出し, を発行, を見たら, を買っ, 及び文学者

▼ 文学において~ (45, 0.2%)

1 [45件] このモチーフ, この作品, この点, そうであり, その唯美主義, その点, では, ディレッタントであった, リアリストと, 主観が, 人文主義の, 人間性の, 作者の, 個人の, 其は, 創作の, 古典的な, 可能であるだろう, 同じく人間性, 唱えず従来人々, 国際的主題は, 常に綯いまぜられ, 常に貴重, 悲観した, 批評という, 描かれた無数, 散文は, 文壇を, 日本のみ, 日本婦人は, 最も, 最も豊か, 様式の, 正しい表現, 玄人でない, 科学万能時代の, 積極的と, 自然という, 見ら, 評論の, 謙虚に, 責任の, 農民の, 題材だけで, 風刺文学なる

▼ 文学でも~ (44, 0.2%)

3 ある 2 ない, 芸術でも

1 [37件] あったの, あらゆること, あるけれど, あるまい, こまかに, こればかりに, して, すべてが, そうです, その他の, その発展, ないし, なさる方, はっきり現われ, やつて, やらせて, やるん, ジャーナリズムと, 一人で, 井原西鶴などは, 仕方が, 何でも, 作家でも, 即物的, 同じ事, 啓蒙小説でも, 子供の, 宗教でも, 懺悔の, 打ち樹, 支那の, 新しい境地, 武芸でも, 経済でも, 美術でも, 言語の, 談じ

▼ 文学サークル~ (44, 0.2%)

2 の一部, の活動

1 [40件] から彼ら, から文学的誕生, がある, が特に, が目下小説, が組合, が経済, だからという, でもしばしば, で指導者, と共産党細胞, などの活動, なども作れる, などを企業, に属す, に現在婦人サークル員, に集る働く, のため, の人々, の作った, の分裂, の女工さん達, の成長, の活動ぶり, の独自性, の現状, の略, の製糸女工さん, の連中, の間, の雑誌, はその, は何, は凡そ二百十余, は多種多様, や赤軍, をこしらえ, を企業, を生み出し, 或いは文化サークル

▼ 文学好き~ (42, 0.2%)

3 の青年 2 だつた, だと, な人, な青年, の人

1 [29件] だから, だったので, だね, であり事々, です, で原稿用紙, で去年あたり, で富岡, で文学, で様々, で私, で雑誌, というよう, なぞになった, な人たち, な妹, な方, になっ, の人々, の仲間, の内科, の医学士, の十五六人, の奥田, の女中さん, の少年, の程度, の青年ら, は構成派

▼ 文学者たち~ (42, 0.2%)

2 の会合, はその

1 [38件] がなぜ, がまた, が六十歳, が当時, が彼らプロレタリアート, が示したおどろくべき, が社会人, が自分たち, だけに言える, って紅さま, である, と結びつい, にさえ気づかなかった, にまじ, によってつよく, に向っ, のあらゆる, のし, のそれぞれ聴衆, のナロードニキ風, の中, の各人, の教養, の気分, の注目, の研究, の社会, の経験, の集団, はしだいに, はドイツ, は決していつも, は社会人, は純文学, は自身, も同じ, も市民, を資本主義

▼ 文学であり~ (41, 0.2%)

2 後者は

1 [39件] いかにレアリスチック, いやらしい, そして同時に, その後に, その百万人, その詩声, それより, ながら単なる, ながら病気, またその, バルザックの, ロシア文学だ, ロシア文学である, 中国文学であり, 主観の, 之に, 人間の, 人間を, 単に態度, 又単に, 又哲学, 国民の, 大正初頭に, 我々にと, 私の, 美術であり, 自分との, 自然派や, 自由詩をも, 言語の, 言語を, 詩に, 詩的精神の, 読物は, 転向文学とも, 逆説的な, 通俗小説は, 遠く浪漫主義発生前派, 食わせものの

▼ 文学少女~ (40, 0.2%)

2 だから, とママゴトみたい, なの

1 [34件] かなんぞのやう, が, がゐる, が出来上る, が或, が来る, が育つ, くづれだつた, じゃ無い, でありながら, であると, で小説, といふ言葉, とかいうもの, としては少し, とでもいうべき, と言う, などことに, などとお, になっ, には相当, のとき, の一人, の人物評価, の愛慕, の文学的, は皆暗誦, も外, らしいの, らしい好み, らしい思い過ごしに, らしい矜, を思ひ浮べ, を笑えません

▼ 文学に対して~ (39, 0.2%)

3 最も深き 2 ある新鮮さ

1 [34件] いかにも藤村, いろいろ疑問, これまでに, それ程の, なかなか独立的, ならば, はっきり対蹠的, もって, より少く, ストライキとの, 下した定義, 乏しいながらも, 二十七歳だった, 人間的な, 俳句が, 元来優越を, 助平な, 反感を, 多大の, 常にそれ, 常に遺憾, 抱く執着, 日本の, 最も優れた, 最も認識, 歴史的基準の, 漫然とした, 私たちは, 私の, 純文学を, 総て自由だ, 自分の, 要求を, 非常に

▼ 文学に関する~ (39, 0.2%)

3 もの 2 テーゼは, 語彙は, 造詣深く

1 [30件] こととしての, ことを, ものは, ものばかり, シラアの, テーゼを, ネタも, 仕事部屋な, 党の, 古い出版, 国際批評の, 感想論文などは, 放送を, 文章の, 有名の, 本では, 本を, 理論評論活動は, 発言の, 自分の, 著述に, 著述も, 論を, 賞として, 賞についてだけ, 質問を, 限りに, 限りの, 雑誌は, 面でも

▼ 文学~ (38, 0.2%)

2 というもの, と演劇性, を示す

1 [32件] がかえりみられた, がそれら, がつよまり, がない, が再び, が転変, だの, で尾崎, で折角, という表現, という言葉, などというもの, などといふ理論, に於, のあまり, のある, の喪失, の擁護, の独立, の砦, への要求, よりは元, をきたえ, をも笑, を主張, を保ち得る, を否定, を徹底, を打破, を排除, を見わけられる, を高め

▼ 文学~ (38, 0.2%)

3 をやっ 2 などをやる気, は単に, をし, を持ち出した

1 [27件] が初, が栄え, ではこういう, ではない, でもないだらう, などをやる, になる, にもあり, にもそんな, に区切, に移る, のなか, の上手, はなかなか, は一般向き, は交, もいい, も出来る, を, をしかける, を交した, を交わした, を始める, を珍し, を皆, を聞い, を聞いた

▼ 文学趣味~ (38, 0.2%)

7 のある 2 がある, に毒

1 [27件] から解放, があり, がかなり, だと, というもの, とかおもしろい, として目すべき, にかぶれ, によつて, に堕す, に奉仕, に富ん, に激, に生きる, のあり, のない, の上, の低い, の夫人, も滲透, も漢学者, をも次第に, を今日, を含まざる, を喋る, を好む, を復活

▼ 文学研究会~ (37, 0.2%)

3 は狭い 2 の中心, の仕事, の椅子

1 [28件] あり木曜日, から推薦, が, がこの, が今夜, が新, が特設, ではやたら, では詩, でまとめられた, で丸い, というところ, という集り, についていろんな, に対するこの, の, のこと, の任務, の指導, の机, の青年たち, はいつしか, は共産党青年, は大衆, は実生活, へ出, へ出席, を指導

▼ 文学についての~ (36, 0.2%)

1 [36件] お喋りが, しっかりした, その基本的認識, その真実, ものが, 保守的な, 再検討, 勉強心というか, 報告を, 専門家以外の, 展望, 情熱を, 意見の, 感想などが, 感想十五枚ぐらい, 文学評論の, 文章を, 新しい社会的, 新しい見, 本が, 本も, 現実の, 理解においても, 理解にも, 目標は, 知識が, 考えかたが, 考えかたリアリズムとは, 覚え書, 観念は, 討論が, 評論とは, 話, 論文を, 論談や, 順立ては

▼ 文学者達~ (36, 0.2%)

2 は文学

1 [34件] から影響, がここ, がわが身, がホット, が却って, が斯く, が最近, が現実, が考え, さえが之, との間, などはすべて, にくらべる, にとってこの, によって提唱, による, に云わせる, の一身上, の世界観, の主観的意識, の常識, の所謂民衆, の自由, の転向現象, の間, はこの, はルイ大王, は云う, は別, は批評家, は批難, は時, は民衆, を批判

▼ 文学とか~ (35, 0.2%)

4 芸術とか 3 哲学とか 2 露西亜文学だ

1 [26件] いうけれども, いろ, マルクス主義文学とかいふ, 世界大, 云うの, 云うもの, 人生という, 人生とか, 哲学とかいう, 外国文学とかいふ, 大衆文芸とかいう, 将棋という, 御互に, 或は芸術, 映画とか, 比較宗教学とかいう, 法律とかが, 激しく動揺, 社会文学とかの, 美術とか, 芸術とかいう, 観照とか, 言語の, 農民文学とか, 音楽とか, 音楽絵画には

▼ 文学以外~ (35, 0.2%)

3 のもの 2 のこと, の力, の専門

1 [26件] にその, にはない, には一切, に口誦, に道, のどこ, のより, のヨーロッパ文学, の何もの, の処, の分野, の場所, の多様, の学問, の実際, の本, の条件, の気焔, の物, の現, の現象, の規準, の記事, の読み方, の読書, の領野

▼ 文学美術~ (35, 0.2%)

2 がいかに, が相互, にし, に対すれ, の事, の力

1 [23件] あらゆる方面, および教育, が好き, が尽く, とはつきりジャンル, とは無限, などの諸, にも品格, に係る, に就, に心, に関する随想, の上, の基礎, の材料, の標準, の民主主義化, の衰, の衰えん, の趣味, もまた, をその, を研究

▼ 文学史的~ (34, 0.2%)

5 に見れ 4 に見 3 な意味, に見なけれ 2 に見る, に観察

1 [15件] な出来ごと, な含蓄, な問題, な客観, な現象, な解釈, にいかなる, には興味, に古典, に批評, に細, に考え, に肯定, に見なけ, に観れ

▼ 文学以前~ (33, 0.2%)

5 の問題 3 のもの 2 のこと, のシステム

1 [21件] からの大きな, と云う, などと称する, にあつ, において消耗, には思っ, の人間らしい, の人間的強健さ, の共通, の分岐点, の婦人, の実践, の或は, の文学, の日本的ロマンティシズム, の現実現象, の現象, の社会的現実, の社会的見地, の自然, の詞章

▼ 文学的作品~ (33, 0.2%)

2 の観念

1 [31件] がどう, が若し, であって, であるよりも, です, でもよい, で殊に, としての著しい, としての面, として全く, として成立, と同じ, と呼ばれ得る, に対して却つて, に接する, に於, のなか, のみに頼る, の中, の作家, の価値, の場合, の解剖, はその, は一種, は不可測, は新聞記事, もでき, を広く, を書く, を見る

▼ 文学でない~ (31, 0.1%)

4 と云う 2 ことは, ということ, 筈は

1 [21件] かむしろ, から文学至上主義, ことが, ことを, ために, とある, という証明, といっ, といふやう, といふ事, と明言, と通用, などとは云え, ものあたりまえの, ものに, ものは, やうな, ような, ホオム・ライフを, 証拠で, 読者に

▼ 文学とを~ (31, 0.1%)

2 こんな風, 比較し

1 [27件] あらゆる角度, いかに彩った, すすめて, ひとつらぬき, まず区別, もって, もりたてて, 人間の, 冒険させる, 別けて, 包括する, 可笑しい程, 同列に, 形式上で, 後世に, 愛すこころ, 有機的に, 正当に, 求めたの, 消耗させないで, 混同し, 混淆せしめつ, 理解したなら, 発展的に, 相即する, 語り判読, 軽蔑し

▼ 文学的価値~ (31, 0.1%)

1 [31件] が何, が生れ, が第二義的, でない, ではない, ではなく, と, と戯曲的価値, と政治的価値, などは求められない, について云わないなら, にもあります, に寄与, のある, の一部, の中, の問題, の大きい, の最も, はもっ, は別, は文字, は自ら, もさる, も相当, も頗る, をもたらす, を再, を標準, を無視, を論ずる

▼ 文学なる~ (29, 0.1%)

9 ものは 6 ものが 2 ものを

1 [12件] ことを, ものの, ものの一, 俳諧と, 和歌に, 概念も, 範疇は, 者の, 者は, 者を, 言葉を, 通俗語が

▼ 文学意識~ (29, 0.1%)

2 となっ, を発生

1 [25件] から出, から反発, が働きかけ, が露出, だけでもあつ, であるが, ではなく, では打開, と云っ, なり民族精神, によって支えられる, に於, の発生, の著しく, は持たれ, は自分自身, も起つた, を分化, を加, を封建的, を展, を濃厚, を生じる, 並びに鑑賞力, 其の他

▼ 文学史上~ (28, 0.1%)

2 の位置

1 [26件] でもこれ, でハイヤーム, においても確乎, における一つ, における偉大, にて白石山陽等, にはどうしても, にも特記, に不朽, に愉快, に於, に置かるべき, に記念, の, のあの, のあらゆる, の一つ, の一秘事, の事実, の価値, の古典主義, の地位, の御, の自然主義, の著名, より見る

▼ 文学的教養~ (27, 0.1%)

1 [27件] がありあまっ, が必要, とかいうもの, としての高等知識, として従来フランス文学, との関係, とむすびあわせ, と云う, と力量, なくし, なり関心, のさせる, のない, のよい, の中, の枠, の第一歩, の面, はこの, は甚, めいたもの, を与, を付けなけれ, を感じる, を無視, を考へる, を高く

▼ 文学的活動~ (27, 0.1%)

1 [27件] で示す, とより, と成長, にも一種, に入っ, に於ける, に現れた, に起つた, のひろい, のより, の全, の可能性, の善悪, の範囲, の総て, はこういう, はブルジョア意識, は更に, は横溢, は正当さ, は生活, は華々しく, を問題, を営む, を熱烈, を行う, を見たなら

▼ 文学~ (26, 0.1%)

1 [26件] かえって一般, かえるという, とりつかれたとしても, ならば, ひきずりこんだ, やがて芸術, 三つの, 入つて, 引戻そうと, 復帰しよう, 志を, 押し出される道, 持ち出しても, 採り入れた人, 新人の, 架橋する, 渡して, 真面目な, 移って, 移ること, 移行した, 読書へ, 赴くより, 逃げ込む一人, 逃げ込んで, 進むこと

▼ 文学批評~ (26, 0.1%)

2 の分野, の根底, の貧困

1 [20件] というもの, として本質的, とはどんな, とは別に, と云え, に於ける, のこと, の問題, の批評, の新しい, の方法, の本, の衰退, はない, は古く, は少く, は常に, は読者大衆, も小さな, や慷慨

▼ 文学的表現~ (26, 0.1%)

1 [26件] が生れる, であるだろう, で鼓舞, という立場, といふやう, とされ, としては一応, として残つて, となった, にすぐれた, についてはあらゆる, によつて, に親しみ, に達し, の下, の原始時代, の味, の好み, は, も限り, をくらべる, をどういう, をもった, を与, を得る, を紹介

▼ 文学評論~ (25, 0.1%)

3 の古典

1 [22件] が漱石, が発達, が論争, ともつかない, とを生ましめた, とを生み出した, のほか, のよみがえり, の上, の初歩, の変化, の正統的, の活動家, の著者, の面, の領域, は一九三一年, は主題, は最低, は正に, をとりあげた, をよみ

▼ 文学博士~ (24, 0.1%)

2 の令息, の学位

1 [20件] が, がこの, が書いた, が著書, が貴族院, だったでは, であるから, でしたが, となる, などが自ら実験, になる, に推挙, の, のすすめ, の所説, の新渡戸稲造先生, の肩書, は出ないだろう, よりは十層倍, を中心

▼ 文学~ (23, 0.1%)

5 して

1 [18件] された, された範疇使用法以上, されるという, したという, したなどと, したもの, した自己, しつ, しチェホフ, し始めた頃, し文学風, する情熱, そうと, であると, と関係, に堪え得ない, の本質, を遂げた

▼ 文学団体~ (23, 0.1%)

1 [23件] からの出迎人, がめいめい, が機関誌, が過去, であったという, である同盟, というもの, としての本質, として当時, にあっ, に属し, の中, の協賛, の各, の改組, の農民文学委員会, の間, はこの, は前年, は日本プロレタリア作家同盟, へ向っ, をあつめ, を統制

▼ 文学現象~ (23, 0.1%)

1 [23件] が次々, が論理的分析, であった, であると, でしかあらわされ, にたいしても同一, にふれ, にタッチ, に向かっ, のうち, のこの, の動機, の客観的評価, の検討, の特質, はその, も見られた, をしらべ, をわからせる, を並べ, を客観的, を永い, を現代人

▼ 文学~ (23, 0.1%)

1 [23件] から鑑賞批判, がこの, が問, が変つて, が生じ, であった, であり世界観, であろう, で言われる, とは違つて, と闘い, によるの, の何, の立場, は, はいくらでも, は比較的, や作品, をもっ, をよろこび迎えた, を一杯, を変ぜしめ, を読者

▼ 文学~ (23, 0.1%)

2 をさずけられた

1 [21件] があつ, が戯曲, が特定, である芥川賞, などというもの, などといふもの, のこと, の候補, の候補者, の数, の氾濫, は存続, ばかりか農民文学, をもらつた, を受け, を受けた, を受賞, を得た, を授与, を獲得, を設け

▼ 文学~ (22, 0.1%)

9 のである 6 のだ 3 ので 1 にする, の, のか, のにね

▼ 文学修業~ (22, 0.1%)

3 の道

1 [19件] と一年, と鬱屈, なんか念願, にとっては, になる, には恐るべき, に上京, に焦っ, の出発点, の実際, の手だて, の第, はこれから, はそれ, は人, は大阪勉強, も広汎, も辛かっ, を怠らない

▼ 文学報国会~ (22, 0.1%)

2 を脱退

1 [20件] が大会, ではどの, で久米正雄, で戦争中, とある, というもの, とか音楽文化協会, として戦争協力, となっ, となった, となり, との依, と紫, などというもの, なんてもの, の力, の大会, の役人, の運動, は理由

▼ 文学新聞~ (22, 0.1%)

1 [22件] が多勢, が発行, で読んだ, なども読ん, にのっ, には現在二百六七十人, にもその, に出, に無名戦士, に赤軍指導者, の二人, の人, の淫猥, の発刊, もいい, や, や雑誌, をひろげた, をふくめ, を出しはじめた, を大事, を読んだ

▼ 文学的才能~ (22, 0.1%)

1 [22件] がある, が光っ, だって伸ばせ, とか文学的教養, と人生的経験, と彼女, と情熱, などという浅薄, にだけたよっ, にめぐまれ, のある, のため, の存在, の所産, をもつた, を充分, を具へた人, を出した, を危ぶみ出し, を常に, を発揮, を開花

▼ 文学よりも~ (21, 0.1%)

3 絵画の

1 [18件] いっそう詩的, おくれて, より以上, パズルで, パズルの, 人生と, 以上に, 何か, 哲学に, 哲学を, 国際性が, 必要の, 文学的な, 明確に, 歌や, 絵画に, 群集の, 音楽は

▼ 文学研究~ (21, 0.1%)

3 のため

1 [18件] が出たら買っ, が行なわれ, としては出色, に没頭, の中, の伝統中, の態度, の方法, の方法論, の業績, の泰斗, の盛ん, はそういう, は二月号, も又, も行われた, をつづける, を語学研究

▼ 文学としては~ (20, 0.1%)

2 立派な

1 [18件] この傾向, これらの, より高等, 一応後者, 世界的古典と, 云って, 低い, 密度が, 当然である, 役者評判記また, 様式こそ, 空前な, 自分たちの, 調子の, 貴重すべき, 農民文学の, 通用し, 韻文価値の

▼ 文学においても~ (20, 0.1%)

1 [20件] この現象, また芸術, ダンテの, バルザックの, リアリスムという, 事情は, 個人主義に, 君は, 味われた, 心ある, 文学は, 様々の, 現在の, 発展成長させたい, 私は, 科学においても, 筋だけの, 絵でも, 美術においても, 非我の

▼ 文学乃至~ (20, 0.1%)

2 文学方法の, 芸術に

1 [16件] ルポルタージュの, 一般に, 哲学の, 支那哲学として, 文芸こそは, 文芸に, 文芸は, 文芸も, 文芸程, 純文学的表現発表までも, 美術の, 芸術だろう, 芸術に関する, 芸術の, 芸術も, 通俗小説や

▼ 文学本来~ (20, 0.1%)

3 の面目 2 の昂奮, の生命

1 [13件] のイノチ, の人間追求, の価値, の反, の地盤, の客観的, の宿命, の意味, の技巧, の本質, の立場, の自由独立, の魅力

▼ 文学なら~ (19, 0.1%)

1 [19件] ばわれわれ誰, ば人聴, ば勉強次第, ば実に, ば批評, ば文学, ば筆, みんなそれぞれの, むしろ滅ん, 何物でも, 兎も, 必ずそこ, 文学という, 文学に対する, 文学の, 文学は, 文学作品の, 文学的, 結核者の

▼ 文学にとって~ (19, 0.1%)

1 [19件] きわめて不吉, とるにも, 一つの, 一番打撃です, 一種の, 今日何より, 以上の, 思うより, 新鮮な, 最も核心, 本質的な, 極めて本質的, 歴史的な, 積極的な, 考えても, 興味つきざる, 農民の, 遂の, 野蛮と

▼ 文学によって~ (19, 0.1%)

1 [19件] かき出されて, その欠点, なされなくては, はっきりと, ひたすらしき, ノーベル賞を, 人生の, 代表されなけれ, 再現されるべき, 唱えられて, 幽かに, 度外視された, 扱われるべき世相, 昂奮し, 現実社会で, 科学的に, 誤導, 革命者もしくは, 飯を

▼ 文学~ (19, 0.1%)

2 に於

1 [17件] その類例, では, でも自分, で第, にあっ, に存在, に求め得られない, に発見, に粋, に見る, の一珠玉, の一種, の怪塔, の最大部分, へ国際的, より拾い集めん, 最も愛すべき

▼ 文学的範疇~ (19, 0.1%)

1 [19件] が往々, だと, である処, で以, で置きかえられた, で考えられ, というの, としてしか受け容れられ, ならば, になっ, によっ, によって世界, による, に立っ, に立脚, の意義, の沼地, は実は, を採用

▼ 文学より~ (18, 0.1%)

2 悟入したる

1 [16件] ほかの, プロレタリア文学への, 他には, 先に, 外には, 外の, 工業, 得たる思想, 独立させよう, 独立した, 独立せしめる, 砕けて, 社会性の, 見たる理論化学, 過去の, 鎌倉文学に

▼ 文学らしい~ (18, 0.1%)

3 文学を 2 ものが

1 [13件] まともな突こみ, ものの, ものへの, 勢の, 匂ひ, 形を, 形象性を, 文学に対する, 文学の, 文学は, 素朴な, 言葉で, 題だけも

▼ 文学全体~ (18, 0.1%)

1 [18件] が困難, が帰趨, としての成育, としての文化, としての関係, について言つて, に亙る, に渉, のなか, の中, の守り神, の標準, の歴史, の気流, の認識, を展望, を推進, を通じてこの

▼ 文学だの~ (17, 0.1%)

2 彼の, 芸術だ, 遊吟詩人の

1 [11件] ストア派など, ストア派などと, チープ・リテレチュアだ, 人間だの, 宗教だ, 少数の, 意志薄弱の, 明治の, 美術だ, 芸術など, 音楽だ

▼ 文学態度~ (17, 0.1%)

1 [17件] から極めて, が現れ, が確立, だつたの, だと, として見る, との関係, とも別種, などが真摯, に呪, に煩, に這入つ, の意識, の歴史的, をとつたの, を創立, を飛躍

▼ 文学でなけれ~ (16, 0.1%)

6 ばならぬ 5 ばならない 1 ばならず, ばならなかった, ばなりますまい, ば文学, ば真

▼ 文学一般~ (16, 0.1%)

1 [16件] がおくれ, が問題, といふもの, としての解放, との関係, に関する解説考証, に関係, のあらゆる, の中, の了得, の何より, の先駆, の問題, の背景的母胎, を漠然と, を通じての生活

▼ 文学史家~ (16, 0.1%)

1 [16件] がこの, がひとしく, が一つ, が徐ろ, としてもテエヌ, によつて, の一斉, の各々, の大, の寝ぼけた, の手, の資料, はとくと, は必ず, や文芸学者, や芸術学者

▼ 文学形式~ (16, 0.1%)

1 [16件] からいえ, がロマン語市民, が日本, であつ, であるから, であるという, としてある, としての, として発展能力, として絵巻物形式, にもられる, に先だっ, の発展, はローマ, は随筆, を大戦後

▼ 文学愛好者~ (16, 0.1%)

3 の間

1 [13件] がアンドレ・ジイド, が文学, が集つて, であった, には納得, のせまい, の代表, の大, の心情, の支持, はない, を魅了, 特に婦人

▼ 文学~ (16, 0.1%)

2 の方

1 [14件] ってどこ, できいた, では新しい, で会う, で小田, で落ち合う, と云, の事務所, の島野二三夫, の扉, の秋田さん, の若い, はこの, へ宛て

▼ 文学とが~ (15, 0.1%)

1 [15件] もって, 一方は, 両方から, 各人の, 変化した, 対立した, 接着し, 政治に, 文筆上の, 日一日と, 渾然と, 現代に, 生れはじめた, 等しく道徳, 結びあわされて

▼ 文学とに~ (15, 0.1%)

1 [15件] あって, はびこって, ふれて, もった男, コンプレックスを, 何かを, 分けて, 反撥し, 対抗し, 就いて, 揉みぬかれなければ, 方向を, 於て, 期するところ, 階級を

▼ 文学様式~ (15, 0.1%)

2 を意味

1 [13件] だけを文学, である限り, としてのジャンル, としての新, としては第, などは考えられない, に特殊, に限られない, のジャンル, の一つ, の問題, の変態, をわりに

▼ 文学などの~ (14, 0.1%)

2 必要は

1 [12件] うちには, ように, バッコに対して, 上で, 世界では, 分りさ, 分りそう, 嗜みなし, 影響の, 書物が, 活溌さを, 見地から

▼ 文学などは~ (14, 0.1%)

2 やらぬこと, タカの, 雲隠れし 1 あまりわかる, ありは, 到底駄目さ, 大抵出版資本, 日本的な, 有り得ないと, 私らには, 通例誇張が

▼ 文学をも~ (13, 0.1%)

1 [13件] ちぢこませて, つてを, 包括する, 弄べるだけの, 悉くその, 混乱に, 硯友社の, 科学をも, 萎縮させざる, 著しく萎靡, 認めねば, 認める, 階級の

▼ 文学を以て~ (13, 0.1%)

2 生命と

1 [11件] しては, 世に立ん, 任じて, 実用と, 御奉公, 生活し, 生活出来る, 立とうと, 自から, 自任し, 身を

▼ 文学主義的~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] だ, であること, であろうと, な, なインテリ論, なカラクリ, な思考, な現象主義的観点, な立場, な自由主義哲学, な論理

▼ 文学自体~ (13, 0.1%)

2 の深, の自己探求 1 が持つ, と何, に外, のこの, のす, のもつ, のスケール, の無力, の発展

▼ 文学至上主義~ (13, 0.1%)

2 という言葉

1 [11件] が今日, であったに, と第, などのこと, になる, に移り行くべき, に結びつい, のこと, の文学者, を引き合い, を意味

▼ 文学とも~ (12, 0.1%)

1 [12件] いうべき火野, いえない読物, なるの, ブルヂヨア文学とも, 亦一体, 呼ばれて, 称されるよう, 称すべき新しい, 結びついて, 縁が, 違うこと, 違うし

▼ 文学など~ (12, 0.1%)

2 能く 1 ありません, いう優長, いふもの, つまらんという, ひもとかれるよりも, わかりゃしませんから, 分る必要, 味は, 或は行動主義, 読むもの

▼ 文学全集~ (12, 0.1%)

2 と云 1 からの収入, が十万以下, で四千何百円, で翻訳, のため, の森鴎外, の第, はさ, 第十一巻, 第十巻

▼ 文学即ち~ (12, 0.1%)

2 自然主義や 1 プロレタリア前衛の, 今日の, 余技としての, 個人生活を, 叙事詩や, 大衆の, 所謂, 文学の, 浪漫主義や, 私に

▼ 文学方面~ (12, 0.1%)

2 に伸ばさしめよう 1 から代議士, では息, でもいろいろ, にも言及, に於, の事, の作品, はそれ, やいろいろ, をのみ知る

▼ 文学~ (12, 0.1%)

2 が盛ん 1 から来た, がさかん, がさめ, がたかかっ, が大いに, でも高ぶらせる, にかぶれ, のみ独り熾ん, はこうして, を背景

▼ 文学的創作~ (12, 0.1%)

1 [12件] においては意識的, の一形式, の一種目, の具体的経過, の分野, の初歩, の場合, の態度, の慾望, は一つ, は理知的, をやっ

▼ 文学的思想~ (12, 0.1%)

2 は容れ 1 が流入, が種々, とは理屈, とは理窟, にはならぬ, のもつ, の一箇, の価値, の地方界, の幼稚

▼ 文学的意義~ (12, 0.1%)

2 と文学, の第一歩 1 が高揚, に基い, のくい, の度盛り, は科学, は見つかる, を持っ, を最も

▼ 文学~ (12, 0.1%)

1 [12件] から日用語, だけです, である, でもあり, としては遺つた, として固定, として枕詞, として此語, として用いられ, を多く, を好む, を用いる

▼ 文学青年的~ (12, 0.1%)

2 な神経 1 であるという, では, なむずかしい, なもの, な志, な愛読書, な純文学, な純良さ, に緊張, よごれに

▼ 文学などに~ (11, 0.1%)

1 [11件] この特色, みても, 単に偶然, 女が, 就いて, 断念させる, 最も屡々現, 未練を, 熱中した, 縁の, 興味を

▼ 文学なんて~ (11, 0.1%)

1 [11件] いふもの, いやらしい言葉, どうしてこう病気, どこからも, やらうと, ろくな事, 云うもの, 元来主張し, 出たら目, 私大嫌です, 言葉は

▼ 文学伝統~ (11, 0.1%)

3 の主軸 2 のなか 1 にとってはよそ, の上, の分析, はいったい, をはっきり, を伝える

▼ 文学~ (11, 0.1%)

1 [11件] が国家, が筆, であって, とか云う, と私, にならんけれ, の方, の朝夕, よりもいらぬ, を選び, 乃至大

▼ 文学思想~ (11, 0.1%)

2 も取れよ 1 から起った, として見る, などは続々, につらなる, に立っ, の漸く, の移入, を支配社会, を輸入

▼ 文学生活~ (11, 0.1%)

2 であって, は一八八七年 1 がやれぬ, だけにうちこめる, にとつ, の二重性, の始め, は種々, を通じて未だ嘗て

▼ 文学的要素~ (11, 0.1%)

2 がちょっと 1 とこれ程, と絶縁, の歴史的, の濃度, をかもし, を持っ, を映画的, を選べ, を離れ

▼ 文学的認識~ (11, 0.1%)

3 に於ける 1 が使う, に就い, の内容, の機能上, の用具そのもの, の真理能力, は文学方法, は科学的

▼ 文学自身~ (11, 0.1%)

1 [11件] が元来科学的意義, について云え, によって文学的, の内, の内部側, の内部的問題, の必要, の根本的, の焦点, の立場, も持たなけれ

▼ 文学を通じて~ (10, 0.0%)

1 これほどは, もたらされたニイチェ, わたしたちの, 何等かの, 文体の, 果して日本, 民主的な, 現はれたる, 知識層の, 讃歌の

▼ 文学主義者~ (10, 0.0%)

1 かうす甘い, から, がモラル, だなどと, とならざる, によって, に気に入る, の方, の独特, の生活

▼ 文学全般~ (10, 0.0%)

1 が一種異様, について云, にわたつ, の, のおくれ, のこの, の低下, の曇天, を意味, を瞰

▼ 文学古典~ (10, 0.0%)

1 からということ, についてまだ, には驚く, のうち, の伝統, の価値, の傑作, の再, の表, をお

▼ 文学志望~ (10, 0.0%)

1 が認められ, だけに能書, だったけれど, で夙く, で文学, の一青年, の娘, の若い, を廃, を抱いた

▼ 文学書類~ (10, 0.0%)

1 が沢山, でも平気, に親しん, の出版, の名目, をどっさり, を一切, を多く, を手, を読む

▼ 文学的業績~ (10, 0.0%)

2 のうち 1 が乏しい, とから私達, にとどまった, に対しては飽くまで, の集積, をかさねた, をもつ, を熱愛

▼ 文学的自由主義~ (10, 0.0%)

2 と呼ばれ, 乃至文学主義 1 だという, である, という意識, と呼ぶ, と呼んだ, は一見

▼ 文学的自由主義者~ (10, 0.0%)

1 が一般, が文化, が進歩的, である処, による, は, は必要, は最も, は経済上, は超党派的

▼ 文学であっ~ (9, 0.0%)

1 てもこれ, てもよくよく, ても夫, て之, て京伝, て他, て単なる, て文学作品, て時代創造的

▼ 文学などという~ (9, 0.0%)

2 ものは 1 ものが, もので, ものも, 前に, 暗い道, 立派な, 言葉が

▼ 文学にまで~ (9, 0.0%)

1 なって, 及んだ家長制, 延長されね, 押し進めること, 波及し, 絶対化され, 色濃く残つて, 触れてを, 高めること

▼ 文学ウダールニク~ (9, 0.0%)

1 の一員, の手記, の道具, は五ヵ年計画, は先ず, をつくっ, をモスクワ, を召集, を組織

▼ 文学~ (9, 0.0%)

2 集中 1 史, 史の, 躰を, 運動の, 野に, 野の, 集中に

▼ 文学創作~ (9, 0.0%)

1 としての資格, にとって実際, に当っ, に抗, に於, のモティーヴ, の世界, の過程, は一つ

▼ 文学及び~ (9, 0.0%)

2 芸術に 1 一般の, 作家の, 倭学継承階級と, 思想に関する, 文学以前の, 文学的な, 漱石系統の

▼ 文学方法~ (9, 0.0%)

1 が安泰, として初めて, に疑念, に絶えざる, のリアリズム, の一永久側面, の客観的, の本質的, はその

▼ 文学的精神~ (9, 0.0%)

1 がこの, であろう, でなく科学的精神, とか完全人, の発揚, は個人主義, は如何なる, は正に, を以てこれ

▼ 文学~ (9, 0.0%)

2 の学生 1 がある, である, にいた, の先生, の教師, の教授方針, は従来西洋人

▼ 文学者仲間~ (9, 0.0%)

1 などにはその, には少から, に一人, に妙, に詩人, のあいだ, の田中, の話題, よりもこれら政治家

▼ 文学および~ (8, 0.0%)

1 モダニズム文学勃興時代等が, 他の, 作家の, 同盟の, 絵画として, 絵画を, 芸術, 近世語に

▼ 文学なり~ (8, 0.0%)

2 同じ作家 1 作家なりを, 学者を, 宗教は, 美術なり, 美術なりが, 芸術なりの

▼ 文学なんか~ (8, 0.0%)

1 お廃め, して, すてて, では, やったって, やめちまえと, 他人に, 止めなさいってね

▼ 文学ジャンル~ (8, 0.0%)

2 であるという 1 であって, としてなら, となる, の特質, の進展, の開拓

▼ 文学三昧~ (8, 0.0%)

1 に戻っ, に沈湎, に精進, に耽りたく, に送る, に遊ん, は小児, も好い加減

▼ 文学少年~ (8, 0.0%)

1 があっ, がある, であったこと, であったにも, であったぼく, にあり, らしい怠け者, を圧迫

▼ 文学志望者~ (8, 0.0%)

1 があっ, がその, でおれ, との間, に与える, の壮, の若い, をだけ読者

▼ 文学的伝統~ (8, 0.0%)

4 の中 1 における散文, は仮名垣魯文その他, をふくん, を見る

▼ 文学的意味~ (8, 0.0%)

1 から成るべく, が理解, ではなく, は文化, も有っ, をジャーナリズム, を与へ, を自覚

▼ 文学的欲求~ (8, 0.0%)

1 から生れた, があり, がある, が反映, とその, や生来, をブルジョア文学, を殊に

▼ 文学的発展~ (8, 0.0%)

2 のため 1 が著しく, とのつながり, のモメント, の方向, の根蔕, 殊に所謂

▼ 文学者ら~ (8, 0.0%)

1 が今, しからぬ事, にしか働きかける, にときおり, に知人, の利用, の実例, の晩餐会

▼ 文学者自身~ (8, 0.0%)

1 がすでに, が私, のうち, の問題, の心境, の要求, もさ, も持つべきである

▼ 文学評価~ (8, 0.0%)

2 の基準 1 が全体, ではある, における科学性, の中, の科学性, を学ん

▼ 文学だけ~ (7, 0.0%)

6 では 1 でないの

▼ 文学だけが~ (7, 0.0%)

1 それについて, プロレタリア科学的諸, 問題だった, 所謂文学という, 生きがいな, 解き得る問題, 過去の

▼ 文学だけの~ (7, 0.0%)

1 問題では, 問題でも, 問題の, 専門特許ぢや, 歴史で, 範囲に, 興味から

▼ 文学だけを~ (7, 0.0%)

1 中心に, 押し出したか, 挙げて, 標榜し, 熟読させる, 特に, 離さないで

▼ 文学であった~ (7, 0.0%)

1 かが解るだろう, が井上円了, けれども現実, ことを, そうである, わけだ, 謡曲に対して

▼ 文学によ~ (7, 0.0%)

2 つて自分の 1 つてその, つて導かれた, つて拓かれた, つて是が, つて設計し

▼ 文学グループ~ (7, 0.0%)

1 で春陽堂, に属し, に理論, のあやまり, の中, の全国的, へ提出

▼ 文学サークル協議会~ (7, 0.0%)

3 の報告 1 から詩, が確立, の指導者, の詩

▼ 文学作家~ (7, 0.0%)

1 であ, なし, などが云いたがる, にとつて, の作品, の教養不足, の書いた

▼ 文学協会~ (7, 0.0%)

2 の結成 1 で劇文学, において水文学, もまた, よりの正式, をつくろう

▼ 文学~ (7, 0.0%)

2 の友達 1 で僕, と見え, なピエル, のある, の此青年医学士

▼ 文学専攻~ (7, 0.0%)

1 のミラア教授夫妻, の卒業生, の士, の湯浅芳子, の経歴, の評論家片上伸, の貴兄

▼ 文学時代~ (7, 0.0%)

1 から, からの作家たち, の招来, の文芸批評, の編輯, は過ぎた, を顧みる

▼ 文学書生~ (7, 0.0%)

1 がその, がキス, であると, とけんか, なん, の状態ゆえ, は

▼ 文学~ (7, 0.0%)

1 が多かっ, が自己, にももし, のグループ, の人達, の動向, はこれ

▼ 文学理論家~ (7, 0.0%)

1 であ, であって, としても彼, としてモスクワ大学, として有名, の内, は併

▼ 文学的内容~ (7, 0.0%)

1 が, とが一向, によつて, のもの, はある, を低め, を重んじ

▼ 文学的形式~ (7, 0.0%)

1 がそれ自身, で一般読者大衆, として親しまれ, と之, を保たう, を受け取る, を選んだ

▼ 文学的技術~ (7, 0.0%)

1 さえ習得, のドリル, の上, の獲得, の鍛錬, は完全, を利用

▼ 文学的現実~ (7, 0.0%)

1 が社会的現実, でないこと, というもの, として読みとる, と切り, の中, は結論

▼ 文学的生命~ (7, 0.0%)

2 の見込み 1 にふれ, に左右, の稀薄, を展開, を母胎

▼ 文学的真理~ (7, 0.0%)

1 がその, とはもはや単に, とを連関, と国家的現実, にもならぬ, の把握, の探求

▼ 文学的資質~ (7, 0.0%)

2 というもの 1 が拡大, でだけ解決, のただ, の傾向, はそれ

▼ 文学~ (7, 0.0%)

2 に過ぎない 1 が云った, だけにどこ, でまた, の, らしい三人

▼ 文学~ (6, 0.0%)

1 それとも理学, それとも通俗小説, だろう, どうだ, 歴史か, 美術の

▼ 文学こそ~ (6, 0.0%)

1 その主力的, また人生, 人々の, 人生の, 新しい近代小説, 次の

▼ 文学その~ (6, 0.0%)

1 ほか階級的な, 上に, 哲学などは, 物の, 相互的な, 相異

▼ 文学その他~ (6, 0.0%)

3 の芸術 1 に於, の文化, の文化的活動

▼ 文学であろう~ (6, 0.0%)

21 かあるいは, かそれとも, かという疑い, か肉体

▼ 文学とかいう~ (6, 0.0%)

1 ものが, 少し考え, 特別な, 真赤な, 種類の, 色わけが

▼ 文学などと~ (6, 0.0%)

1 いったら馬鹿, なると, 二三の, 云うもの, 各方面, 類推される

▼ 文学などを~ (6, 0.0%)

2 必要と 1 かじりかけた中年, やって, やる気が, 想い出して

▼ 文学なりと~ (6, 0.0%)

2 申す人 1 同憂の, 断定を, 聞きつれども, 言はんか

▼ 文学においては~ (6, 0.0%)

1 ドイツの, プロレタリア文学創造のより, 一歩積極的に, 城は, 特にある, 純技術的

▼ 文学ばかり~ (6, 0.0%)

2 では 1 でなく例えば, でなく演芸, でなし, 見て

▼ 文学創造~ (6, 0.0%)

1 という人間精神, のため, の可能, の能力, の過程, の養い

▼ 文学愛好家~ (6, 0.0%)

2 の間 1 だけのもちもの, のグループ, の大, の水準

▼ 文学独特~ (6, 0.0%)

2 の, の味 1 の因子, の諸

▼ 文学的傾向~ (6, 0.0%)

1 がその, とは全く, と結びつい, に対して作家, に従っ, に立っ

▼ 文学的労作~ (6, 0.0%)

2 についてだんだん 1 と関係, に他, をもふくむ, を出版

▼ 文学的成長~ (6, 0.0%)

1 であります, のため, の可能, をとげ, を助ける, を期待

▼ 文学的素質~ (6, 0.0%)

1 から来た, がない, というもの, には乏しい, にもつ, の欠くべからざる

▼ 文学的興味~ (6, 0.0%)

2 をそそる 1 で, の下, も一時下火, をそそっ

▼ 文学社会~ (6, 0.0%)

1 が暴騰暴下, にはいったかれ, には殊に, に多く用, に重, も世潮渦流

▼ 文学~ (6, 0.0%)

1 について一時半, にはわけても, に亘る, に大別, の公開図書館, を知らん

▼ 文学者一般~ (6, 0.0%)

2 が世間 1 がこの, であるか, にそういう, をも包括

▼ 文学者的~ (6, 0.0%)

21 な性格, な文化上, に常識界, に文学

▼ 文学表現~ (6, 0.0%)

2 の形式 1 とはなり得なかった, によって刺戟, のこと, を蓄積

▼ 文学からの~ (5, 0.0%)

1 影響実話物流行の, 成長を, 生ける人間, 移植として, 脱皮は

▼ 文学それ自身~ (5, 0.0%)

1 が思想, で独特, のため, の衰弱, よりは根本

▼ 文学とにおける~ (5, 0.0%)

1 そういう環境, 例の, 偶然と, 相互の, 高邁な

▼ 文学などが~ (5, 0.0%)

2 あるもの 1 果した啓蒙的効果, 翻訳された, 訣る

▼ 文学については~ (5, 0.0%)

1 一種の, 先あ, 別に章, 政府が, 私は

▼ 文学についても~ (5, 0.0%)

1 たまに雑誌, また知らされなかった, 同様な, 然りである, 生活についても

▼ 文学にとっても~ (5, 0.0%)

1 ある新しい, それによって, 矢張り最も, 科学にとっても, 科学乃至

▼ 文学に関して~ (5, 0.0%)

1 この種, である, 云われて, 少しく見解, 考へ

▼ 文学ノート~ (5, 0.0%)

1 が作られる, である, のよう, をこれから, を書かない

▼ 文学主義的範疇~ (5, 0.0%)

1 で置きかえる, ということ, のトリック, は今日, を哲学的範疇

▼ 文学制作~ (5, 0.0%)

1 において作者, に於ける, のこと, の方法, の本質的

▼ 文学~ (5, 0.0%)

1 に奨励, の作品, 受け孝行息子, 年表, 長篇である

▼ 文学建設~ (5, 0.0%)

2 のため 1 の実質, の過程, を意企

▼ 文学懇話会~ (5, 0.0%)

2 というもの 1 とかいうところ, のこと, の依

▼ 文学批評家~ (5, 0.0%)

1 が或, の文人気質, の間, は自分, も亦

▼ 文学文学~ (5, 0.0%)

1 って安っぽい, と叫び, と念仏, における日本的, の客観的評価

▼ 文学理論上~ (5, 0.0%)

1 の問題, の討論, の誤謬, の議論, 決して有効

▼ 文学発生~ (5, 0.0%)

2 の歴史 1 の可能性, の姿, の必然

▼ 文学的努力~ (5, 0.0%)

1 になる, はされず, もこもっ, も成果, を試み

▼ 文学的性格~ (5, 0.0%)

1 づけは, に引き直し, の強靭さ, は何処, を具え

▼ 文学的潮流~ (5, 0.0%)

1 となし得る, に対するより, に身, の移植, は自然主義

▼ 文学的特色~ (5, 0.0%)

2 を持つ 1 の尤, を云い表わす, を有っ

▼ 文学的生産~ (5, 0.0%)

1 がその, はやっぱり, は社会生活, を一種, を示し

▼ 文学的真実~ (5, 0.0%)

1 にならず, に於, は結局, をさえ, を有

▼ 文学的野心~ (5, 0.0%)

1 にも影響, の内, の対象, は抱いた, を持つ

▼ 文学的雰囲気~ (5, 0.0%)

1 というよう, とでもいう, に触れ, の裡, を作つて

▼ 文学突撃隊~ (5, 0.0%)

1 が中心, の創作, の召集, の試, の試み

▼ 文学者会~ (5, 0.0%)

1 が某, というの, という妙, という新しく, もボスぶり

▼ 文学者風~ (5, 0.0%)

1 なもの, な又, な所謂不安, に, の天才賛美

▼ 文学行動~ (5, 0.0%)

1 に対して何, の一つ, の創造力, はとり, への欲望

▼ 文学運動全体~ (5, 0.0%)

1 としてこの, としての性格, として発展, にもかかわり, を発展

▼ 文学関係~ (5, 0.0%)

1 であるけれども, では希有, では芝居, の婦人たち, はみな

▼ 文学青年達~ (5, 0.0%)

1 の間, はことごとく, は問題, を興味深く, 其の他

▼ 文学からは~ (4, 0.0%)

1 なれた, なれて, 多くを, 百里も

▼ 文学そういう~ (4, 0.0%)

1 いろいろな, ものを, 情熱の, 風な

▼ 文学だけは~ (4, 0.0%)

1 せめて地方, 好きである, 辛うじて私, 除いて

▼ 文学だって~ (4, 0.0%)

1 出来るか, 同じこと, 土足の, 私小説是非の

▼ 文学でしか~ (4, 0.0%)

1 ないだろう, なくなった, なくなる, なくゲーテ

▼ 文学でなく~ (4, 0.0%)

1 てはいかぬ, てはなるまい, もともあれ, 非文学

▼ 文学とから~ (4, 0.0%)

1 発散させ, 研究の, 遠く暮し, 階級性を

▼ 文学にても~ (4, 0.0%)

2 あるまじく候, 馬梅蝶菊文等の

▼ 文学にと~ (4, 0.0%)

1 つての, つては, つても, つて禍でも

▼ 文学により~ (4, 0.0%)

1 ひろい歴史性, もより多く, ゆたかな, 以上の

▼ 文学に対しては~ (4, 0.0%)

1 あまり興味, すまないこと, 先ず作家性, 高い喜び

▼ 文学に対しても~ (4, 0.0%)

1 また十分渠ら, 大別進歩的要求を, 懐疑的に, 露伴を

▼ 文学のみが~ (4, 0.0%)

1 それを, ひとり唯物論的文学では, 市場に, 諸君に

▼ 文学らし~ (4, 0.0%)

3 さを 1 さとを

▼ 文学ボクメツ~ (4, 0.0%)

1 と仰有る, どころか坂口安吾, に乗りこん, の勇壮遠大

▼ 文学主義哲学~ (4, 0.0%)

1 が実証科学, この三つ, とはその, 程目的

▼ 文学作品そのもの~ (4, 0.0%)

1 の内, の内容, への鑑賞, も古典

▼ 文学~ (4, 0.0%)

2 の問題 1 に交流, に包括

▼ 文学勃興~ (4, 0.0%)

3 の機運 1 と共に俄

▼ 文学勉強~ (4, 0.0%)

1 に専念, のため, のよう, をどういう

▼ 文学動機~ (4, 0.0%)

1 となつたの, に接近, の洗煉, は鈍つて

▼ 文学又は~ (4, 0.0%)

1 ルポルタージュに, 文学運動と, 特殊の, 王貴族ブルジョアに対する

▼ 文学叢書~ (4, 0.0%)

1 と岸田, の一冊, も今度, 第一輯

▼ 文学哲学~ (4, 0.0%)

1 あらゆる部門, などの高級書籍, の価値, の如く

▼ 文学感覚~ (4, 0.0%)

1 であると, との間, とわたしたち人民, を生かそう

▼ 文学技術~ (4, 0.0%)

1 が文学技術, になる, の対象, の食いもの

▼ 文学業績~ (4, 0.0%)

1 の中, の内部, の規模, も無責任

▼ 文学概論~ (4, 0.0%)

1 であった, なども言いたくない, の中アカメニアン朝, や何

▼ 文学流派~ (4, 0.0%)

1 としてどの, として存在, の堰, は皮相

▼ 文学~ (4, 0.0%)

1 の店, の書, や議論, を見る

▼ 文学発展~ (4, 0.0%)

1 に対してどんな, のため, の一過程, の歴史

▼ 文学的効果~ (4, 0.0%)

1 ということ, において文学, の多少, や又

▼ 文学的天才~ (4, 0.0%)

1 でもその, に恵まれ, の片鱗, の通力

▼ 文学的実践~ (4, 0.0%)

1 で自分, に幾多, をとおし, を自身

▼ 文学的態度~ (4, 0.0%)

1 の安易さ, の提唱, をも危ぶみ, を見

▼ 文学的扮装~ (4, 0.0%)

1 は, はもはや, は一歩, を以て表現

▼ 文学的様式~ (4, 0.0%)

1 である和歌, に立脚, のよかれあしかれ, 乃至は

▼ 文学的生涯~ (4, 0.0%)

1 に入る, の或, の終り, を貫く

▼ 文学的用語~ (4, 0.0%)

2 としての民衆 1 でしかなかっ, で行く

▼ 文学的立場~ (4, 0.0%)

1 から小説, にももう, をおい, を守り続け

▼ 文学的素養~ (4, 0.0%)

1 がある, のある, の範囲, を授け

▼ 文学的能力~ (4, 0.0%)

1 の可能性, の所有者, をもっ, を生かし

▼ 文学的要求~ (4, 0.0%)

1 から西洋近代劇, に相応, への許すべからざる, を満たす

▼ 文学研究会員~ (4, 0.0%)

1 の前, の第, は大衆的, もラップ

▼ 文学研究会指導方針~ (4, 0.0%)

1 に大, をすっかり, を変更, を改めた

▼ 文学研究者~ (4, 0.0%)

1 によって現代中国文学, の眼, はどう, は古事記万葉

▼ 文学~ (4, 0.0%)

1 が出ます, では, の, の扉

▼ 文学絵画~ (4, 0.0%)

1 といふや, の世, の品評, の素養

▼ 文学者たる~ (4, 0.0%)

1 にはまず, の内省, の危険, を願

▼ 文学者等~ (4, 0.0%)

1 はその, はゾラ, は彼等, は素質的

▼ 文学衝撃隊~ (4, 0.0%)

1 が集められるだろう, の到底, はちっとも, を組織

▼ 文学運動時代~ (4, 0.0%)

1 からの発展, のサークル, の社会的基盤, の考えかた

▼ 文学~ (4, 0.0%)

1 に踏み出す, のため, の何, の鎧武者

▼ 文学鑑賞~ (4, 0.0%)

2 は本格的 1 の愉悦, の眼

▼ 文学ある~ (3, 0.0%)

1 ことを, のみで, を要せず

▼ 文学かぶれ~ (3, 0.0%)

3 のした

▼ 文学くずれ~ (3, 0.0%)

1 を四五人, 達が, 達の

▼ 文学こそは~ (3, 0.0%)

1 あなたの, 今日の, 国民生活の

▼ 文学ことに~ (3, 0.0%)

1 ローマンおよび, 外国劇の, 日本および

▼ 文学すら~ (3, 0.0%)

1 さうだ, その真理, 彼等にと

▼ 文学そして~ (3, 0.0%)

1 それが, フランスの, 昭和を

▼ 文学~ (3, 0.0%)

2 やと 1

▼ 文学たるべき~ (3, 0.0%)

1 ものが, ものだ, ものでなく

▼ 文学だった~ (3, 0.0%)

1 ことが, そうだ, 時代

▼ 文学って~ (3, 0.0%)

1 こんなもの, やつは, 安っぽいよう

▼ 文学での~ (3, 0.0%)

1 ありよう, 女の, 言葉は

▼ 文学といった~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ 文学とかいふ~ (3, 0.0%)

1 もの, ものを, 科も

▼ 文学としても~ (3, 0.0%)

1 その反動性, 意義が, 歴史の

▼ 文学とでは~ (3, 0.0%)

1 その存在条件, 少なくとも以上, 現代文学の

▼ 文学とに対して~ (3, 0.0%)

1 より積極的, 何を, 民主主義文学の

▼ 文学とに対する~ (3, 0.0%)

1 一つの, 問いの, 陳腐なくりかえし

▼ 文学などには~ (3, 0.0%)

1 人いちばいご, 殊に月, 趣味は

▼ 文学などにも~ (3, 0.0%)

1 彼の, 持って, 時には愉快

▼ 文学なども~ (3, 0.0%)

1 こうして初めて, その良心, 同じこと

▼ 文学ならざる~ (3, 0.0%)

1 もの, ものさ, 読物の

▼ 文学にたいする~ (3, 0.0%)

1 愛の, 政治の, 教師の

▼ 文学にだけ~ (3, 0.0%)

1 固有だ, 限られて, 限るの

▼ 文学のみ~ (3, 0.0%)

1 では, ならず古来, ならんや

▼ 文学のみを~ (3, 0.0%)

1 とりいれて, はっきり文学, 語つてゐる

▼ 文学ほど~ (3, 0.0%)

1 万人を, 如実に, 普遍的な

▼ 文学または~ (3, 0.0%)

1 兵営の, 外国語で, 思想における

▼ 文学よりは~ (3, 0.0%)

1 まず, 債権債務の, 経済に

▼ 文学オリンピツク~ (3, 0.0%)

1 などやつて, なるもの, をどう

▼ 文学プロレタリア文学~ (3, 0.0%)

1 の歴史, の理論, を合理化

▼ 文学世代~ (3, 0.0%)

1 がすでに, の歴史, はこの

▼ 文学主義化~ (3, 0.0%)

1 された典型, されれば, の傾向

▼ 文学~ (3, 0.0%)

1 く所, 一途, 士斥為鄙猥

▼ 文学以上~ (3, 0.0%)

1 ですね, に味わい, の問題

▼ 文学価値~ (3, 0.0%)

1 としては古典平家, の内容, を認める

▼ 文学傾向~ (3, 0.0%)

1 がそう, となっ, の同人雑誌

▼ 文学出精~ (3, 0.0%)

1 と云, に付, 之段達

▼ 文学~ (3, 0.0%)

1 ゴーリキイ, 小説と, 文章の

▼ 文学史的見地~ (3, 0.0%)

1 からそれぞれ代表作家, から描き出し, での自身

▼ 文学~ (3, 0.0%)

2 の力 1 で恥辱

▼ 文学実践~ (3, 0.0%)

1 が行われ, によって表明, の場合

▼ 文学専門~ (3, 0.0%)

1 であって, で交換学生, の留学生

▼ 文学座三月公演~ (3, 0.0%)

1 のゴーリキイ作, のゴーリキー, はゴーリキイ

▼ 文学思潮~ (3, 0.0%)

1 の変遷, の流れ, の発達

▼ 文学感情~ (3, 0.0%)

1 が織田氏, とはちがう, は古い

▼ 文学戦線~ (3, 0.0%)

1 の問題, の赤軍, を背景

▼ 文学批評界~ (3, 0.0%)

1 にかつて, に恐らく, の大

▼ 文学技法~ (3, 0.0%)

1 によって困難, の上, やスタイル

▼ 文学技芸~ (3, 0.0%)

2 に達した 1 を講究

▼ 文学殊に~ (3, 0.0%)

1 写実主義文学の, 劇文学の, 近代小説とか

▼ 文学演劇~ (3, 0.0%)

1 が一番, といふやう, の上

▼ 文学潮流~ (3, 0.0%)

1 とにとって或, に対して古く, の上

▼ 文学的タレント~ (3, 0.0%)

1 のすぐれた, の劣つた, の遺産

▼ 文学的ポーズ~ (3, 0.0%)

1 となっ, の一つ, を感じさせる

▼ 文学的修辞~ (3, 0.0%)

1 からする, のノミ, を並べ

▼ 文学的出発~ (3, 0.0%)

1 においてバアナード・ショウ, の当初, をし

▼ 文学的創造力~ (3, 0.0%)

1 へ呼びかけ, を指導, を発揮

▼ 文学的力量~ (3, 0.0%)

1 の全, は比較的, を生かしきらず

▼ 文学的存在~ (3, 0.0%)

1 であったの, をこれ, を守っ

▼ 文学的性質~ (3, 0.0%)

1 からの故意, にあった, に就い

▼ 文学的想像~ (3, 0.0%)

1 との境界地帯, に近い, の野

▼ 文学的意図~ (3, 0.0%)

1 とかそれ以前, と努力, ははったり

▼ 文学的感情~ (3, 0.0%)

1 といへ, と云われ, を喚び起す

▼ 文学的成果~ (3, 0.0%)

1 が同じ, と日本, は非常

▼ 文学的批評~ (3, 0.0%)

1 というもの, という一種, のこの

▼ 文学的探究~ (3, 0.0%)

1 に於, は私, は科学的探究

▼ 文学的本質~ (3, 0.0%)

1 に通じる, の相, は遂に

▼ 文学的概念~ (3, 0.0%)

1 としての自由主義, とは異, を一旦

▼ 文学的流派~ (3, 0.0%)

1 に囚, の消長, を超越

▼ 文学的現象~ (3, 0.0%)

2 の社会的等価 1 にしかすぎず

▼ 文学的発言~ (3, 0.0%)

1 がためらい, の可能, の範囲

▼ 文学的科学~ (3, 0.0%)

1 である哲学, としての特色, と呼ん

▼ 文学的精進~ (3, 0.0%)

1 に没頭, を必要, を語る

▼ 文学的経験~ (3, 0.0%)

1 なん, ほど面白く, もあっ

▼ 文学的自叙伝~ (3, 0.0%)

1 などとはおよそ, はこの, もこれから

▼ 文学的観察~ (3, 0.0%)

1 による, の可能, をお話し

▼ 文学的評論~ (3, 0.0%)

1 であっても, と合わせ, なわけ

▼ 文学的趣味~ (3, 0.0%)

1 で彩飾, を具有, を豊か

▼ 文学研究会指導~ (3, 0.0%)

1 の任務, の領域, を決議

▼ 文学確立~ (3, 0.0%)

2 のため 1 の過程

▼ 文学科学~ (3, 0.0%)

1 と批評, の各, 若ハ芸術

▼ 文学~ (3, 0.0%)

2 一の 1 四階級文学理論の

▼ 文学組織~ (3, 0.0%)

1 としての発展, の有無, をつくった

▼ 文学者同志~ (3, 0.0%)

2 でなければ 1 のこと

▼ 文学者型~ (3, 0.0%)

1 にぞくする, の戦争ジャーナリスト, の戦争評論家

▼ 文学者大会~ (3, 0.0%)

3 というの

▼ 文学者流~ (3, 0.0%)

1 のいう, のいわゆる, の用語

▼ 文学者生活~ (3, 0.0%)

1 と人民生活, に入る, の弱体

▼ 文学者芸術家~ (3, 0.0%)

1 が特に, をその, 若くは

▼ 文学者諸君~ (3, 0.0%)

1 とは生活, に取っ, はさぞかし

▼ 文学者間~ (3, 0.0%)

1 では私, には有名, にも以前

▼ 文学能動精神~ (3, 0.0%)

1 などというもの, の声, の文学

▼ 文学興味~ (3, 0.0%)

1 でも持っ, は余りに, への引こもり

▼ 文学誌上~ (3, 0.0%)

1 で, に掲載, に載せたる

▼ 文学論者~ (3, 0.0%)

1 からは与へられ, では, や偶然論者

▼ 文学論議~ (3, 0.0%)

1 が常に, の中心課題, は混迷

▼ 文学講座~ (3, 0.0%)

1 のフランス文学篇, の方, 第一巻

▼ 文学運動そのもの~ (3, 0.0%)

1 が現われない, に反撥, を泥

▼ 文学いずれ~ (2, 0.0%)

1 もテーマ小説, も急速

▼ 文学からも~ (2, 0.0%)

1 はなれたところ, 戯作性は

▼ 文学きまり文句~ (2, 0.0%)

2 でお座なり

▼ 文学くさい~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, のが

▼ 文学こそが~ (2, 0.0%)

1 問題に, 実は初めて

▼ 文学さえも~ (2, 0.0%)

1 或はこう, 西欧的な

▼ 文学しか~ (2, 0.0%)

1 なく文学, 出来ないと

▼ 文学する~ (2, 0.0%)

1 と云う, 所以では

▼ 文学ずきで~ (2, 0.0%)

1 硬い学問, 自分流に

▼ 文学それから~ (2, 0.0%)

1 今日の, 多くの

▼ 文学それ自体~ (2, 0.0%)

1 である以外, の発展

▼ 文学たる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 所以は

▼ 文学だけに~ (2, 0.0%)

1 専門家, 興味を

▼ 文学だろう~ (2, 0.0%)

1 か, からだ

▼ 文学つまり~ (2, 0.0%)

1 云わば, 末期の

▼ 文学でさえも~ (2, 0.0%)

1 もし文学, 昔は

▼ 文学です~ (2, 0.0%)

1 から, から戯曲

▼ 文学というは~ (2, 0.0%)

1 人生に, 満身に

▼ 文学とかの~ (2, 0.0%)

1 名の, 影響を

▼ 文学とで~ (2, 0.0%)

1 その相互, 類別が

▼ 文学とについて~ (2, 0.0%)

1 一種の, 観察した

▼ 文学なぞは~ (2, 0.0%)

1 早晩地上から, 遣らせないという

▼ 文学などで~ (2, 0.0%)

1 いうと, いう現実感

▼ 文学などといふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, 鋳型に

▼ 文学なんかも~ (2, 0.0%)

1 そんなもの, 僕よりも

▼ 文学にしか~ (2, 0.0%)

1 必要でない, 頭が

▼ 文学にとっては~ (2, 0.0%)

1 相対的な, 重要な

▼ 文学にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて来た

▼ 文学にのみ~ (2, 0.0%)

1 あつて, 或は少く

▼ 文学に関し~ (2, 0.0%)

1 たるもの, 或はエレン・ケイ

▼ 文学に関しては~ (2, 0.0%)

1 ブルジョア文学の, 最も幼稚

▼ 文学まで~ (2, 0.0%)

1 さうなの, 辿り直して

▼ 文学めいた~ (2, 0.0%)

1 作品を, 哲学や

▼ 文学やら~ (2, 0.0%)

1 翻訳物の, 西洋哲学やらの

▼ 文学をて~ (2, 0.0%)

2 だてとして

▼ 文学を通して~ (2, 0.0%)

1 見る曙覧, 訴えんと

▼ 文学を通じての~ (2, 0.0%)

1 まさに古典, 時代的推移わが

▼ 文学サロン~ (2, 0.0%)

1 といふ題目, の常連

▼ 文学プロパー~ (2, 0.0%)

1 という地域, とも云う

▼ 文学マゲ物~ (2, 0.0%)

1 と称する, は今日

▼ 文学世界~ (2, 0.0%)

1 という純, の記者川田氏

▼ 文学中間小説~ (2, 0.0%)

1 とよばれる読も, の氾濫

▼ 文学主張~ (2, 0.0%)

1 が本質的, も水泡

▼ 文学主義的哲学~ (2, 0.0%)

1 であること, のカラクリ

▼ 文学主義運動~ (2, 0.0%)

1 なの, は陰

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 の文学, をし

▼ 文学何れ~ (2, 0.0%)

1 もさ, も欧米

▼ 文学作品評価~ (2, 0.0%)

1 についての拠り, の基準

▼ 文学作品集~ (2, 0.0%)

1 から中野重治, の中

▼ 文学作者~ (2, 0.0%)

1 がそれ, だと

▼ 文学侵入~ (2, 0.0%)

1 が無残, に伴う

▼ 文学修行~ (2, 0.0%)

1 と世の中, には役立つ

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 の今, は堕落文学

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 の勢力, の非

▼ 文学其の~ (2, 0.0%)

2 他に

▼ 文学其物~ (2, 0.0%)

1 ではなかつた, に就

▼ 文学内部~ (2, 0.0%)

1 の課題, へ潜入

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 出発を, 評価が

▼ 文学分子~ (2, 0.0%)

1 と混淆, を含ん

▼ 文学創造力~ (2, 0.0%)

1 がかもし出され, を引き出し

▼ 文学博士内田銀蔵氏~ (2, 0.0%)

1 がゐる, が胃潰瘍

▼ 文学博士和辻哲郎~ (2, 0.0%)

1 が行った, は天皇制護持

▼ 文学博士喜田貞吉氏~ (2, 0.0%)

1 がそこ, は国史

▼ 文学博士殿~ (2, 0.0%)

1 と上書, と宛名

▼ 文学原理~ (2, 0.0%)

1 としてここ, の課題

▼ 文学史中~ (2, 0.0%)

1 に偉大, に見出す

▼ 文学史的意義~ (2, 0.0%)

1 の評価, は如何

▼ 文学史的進化~ (2, 0.0%)

1 に伴, の法則

▼ 文学唯一~ (2, 0.0%)

1 の典型, の務め

▼ 文学問題~ (2, 0.0%)

1 にふれ, に触れ

▼ 文学国際局~ (2, 0.0%)

1 がこう, はこの

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 において問題, は今日

▼ 文学士春廼舎朧~ (2, 0.0%)

1 であった, の名

▼ 文学士田中秀央君~ (2, 0.0%)

2 や植木直一郎君

▼ 文学多く~ (2, 0.0%)

2 後世に

▼ 文学夫人~ (2, 0.0%)

1 でなくな, といふやう

▼ 文学婦人作家~ (2, 0.0%)

1 という分け, と横

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 なること, ひの

▼ 文学宗教学哲学~ (2, 0.0%)

2 を兼修

▼ 文学専門家~ (2, 0.0%)

1 としてチェホフ, の間

▼ 文学少女みたい~ (2, 0.0%)

1 なん, になっちゃう

▼ 文学少女的~ (2, 0.0%)

1 でしたよ, でない文学ファン

▼ 文学常識~ (2, 0.0%)

1 であるべきこと, の急激

▼ 文学年表~ (2, 0.0%)

1 というよう, なるもの

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 な又, や通俗雑誌的

▼ 文学志願~ (2, 0.0%)

1 だから, の女

▼ 文学思想界~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, の支配的

▼ 文学愛好~ (2, 0.0%)

1 の心, の若い

▼ 文学愛好者たち~ (2, 0.0%)

1 とは田村俊子, やそういう

▼ 文学感覚そのもの~ (2, 0.0%)

1 が行動性, における政治性

▼ 文学成長~ (2, 0.0%)

1 の道程, を遂げ

▼ 文学或は~ (2, 0.0%)

1 作家の, 文学的批評という

▼ 文学技術そのもの~ (2, 0.0%)

1 と不可離, を文学技術

▼ 文学指導~ (2, 0.0%)

1 の政治的偏向, をし

▼ 文学振興会~ (2, 0.0%)

1 である, では技術的

▼ 文学提唱~ (2, 0.0%)

1 その流布, に際してかつぎ出され

▼ 文学撲滅~ (2, 0.0%)

1 の命令, の大命

▼ 文学政策~ (2, 0.0%)

1 についてかき, に対してどういう

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 小説, 日本文学会と

▼ 文学映画~ (2, 0.0%)

1 などが地球, は映画

▼ 文学普及~ (2, 0.0%)

1 か否, とか云っ

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 なんぞをひっくり返, の批評

▼ 文学活動家~ (2, 0.0%)

1 となった, により

▼ 文学独立論~ (2, 0.0%)

1 は国民的性情, を意味

▼ 文学独自~ (2, 0.0%)

1 の哲学, の領域

▼ 文学生活四十年~ (2, 0.0%)

1 が祝われた, の祝祭

▼ 文学用語~ (2, 0.0%)

1 であると共に, としての人民

▼ 文学界派~ (2, 0.0%)

1 がある, 或は民友社派

▼ 文学異色~ (2, 0.0%)

2 の文学

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 があっ, の遺物

▼ 文学発達~ (2, 0.0%)

1 のため, の層

▼ 文学的イデオロギー~ (2, 0.0%)

1 によって蕪村, の問題

▼ 文学的ゴセンタク~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 文学的ファンタジー~ (2, 0.0%)

1 が羽搏, を以てテーゼ

▼ 文学的プログラム~ (2, 0.0%)

1 がいる, によっていた

▼ 文学的リベラリズム~ (2, 0.0%)

1 に就い, の一つ

▼ 文学的世界~ (2, 0.0%)

1 へ遊離, を確信

▼ 文学的位置~ (2, 0.0%)

1 の向上, を重く

▼ 文学的作意~ (2, 0.0%)

1 が多少, で書かれた

▼ 文学的俗物~ (2, 0.0%)

1 としてのリベラーレン, や哲学的俗物

▼ 文学的俗臭~ (2, 0.0%)

2 を放つ

▼ 文学的信念~ (2, 0.0%)

1 が単にいきなり, が小説

▼ 文学的出家遁世~ (2, 0.0%)

2

▼ 文学的前進~ (2, 0.0%)

1 とつながる, を行っ

▼ 文学的創造~ (2, 0.0%)

1 の力, の芽

▼ 文学的動き~ (2, 0.0%)

1 を反映, を日本独特

▼ 文学的動向~ (2, 0.0%)

1 に対して常に, に能動性

▼ 文学的印象~ (2, 0.0%)

1 が多かっ, はジード

▼ 文学的収穫~ (2, 0.0%)

1 の整頓, を残した

▼ 文学的叙述~ (2, 0.0%)

1 から之, でないなどという

▼ 文学的名声~ (2, 0.0%)

1 の秘密, を得た

▼ 文学的哲学~ (2, 0.0%)

1 とか哲学的文学, や文学的宗教

▼ 文学的地盤~ (2, 0.0%)

1 がない, に立つ

▼ 文学的完成~ (2, 0.0%)

1 して, をしめす

▼ 文学的常識~ (2, 0.0%)

2 を代表

▼ 文学的形象~ (2, 0.0%)

1 にまで兌換, は科学的概念

▼ 文学的彫刻~ (2, 0.0%)

1 となっ, を止揚

▼ 文学的情熱~ (2, 0.0%)

1 とは現実, の抛物線

▼ 文学的意識~ (2, 0.0%)

1 となっ, の或

▼ 文学的感覚表徴~ (2, 0.0%)

2 とを一致

▼ 文学的感銘~ (2, 0.0%)

1 を一本, を失い

▼ 文学的懊悩~ (2, 0.0%)

2 だの知性

▼ 文学的懊悩人間的懊悩~ (2, 0.0%)

2 を文章的

▼ 文学的成功~ (2, 0.0%)

1 においても破綻, は幾分

▼ 文学的戯曲~ (2, 0.0%)

1 が歌舞伎俳優, の鑑賞

▼ 文学的所産~ (2, 0.0%)

1 から舞台, の単なる

▼ 文学的手腕~ (2, 0.0%)

1 においても彼, を示し

▼ 文学的扮飾~ (2, 0.0%)

1 が施された, というよう

▼ 文学的批判~ (2, 0.0%)

1 の対象, を受

▼ 文学的技倆~ (2, 0.0%)

1 の不足, を現し得たり

▼ 文学的抱負~ (2, 0.0%)

1 にもえ, に於

▼ 文学的描写~ (2, 0.0%)

1 との間, の世界

▼ 文学的文学~ (2, 0.0%)

1 の横行, は結局一

▼ 文学的方法~ (2, 0.0%)

1 というもの, は局部的

▼ 文学的日本主義~ (2, 0.0%)

1 にとっては極めて, に読者

▼ 文学的水準~ (2, 0.0%)

1 にとって瞠目的, の低い

▼ 文学的混乱~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, の大

▼ 文学的熱情~ (2, 0.0%)

1 を誘い出された, を誘ひ出された

▼ 文学的特性~ (2, 0.0%)

2 と科学的機能

▼ 文学的生活~ (2, 0.0%)

1 だと, ならば

▼ 文学的発足~ (2, 0.0%)

1 が, をした

▼ 文学的社会的成長~ (2, 0.0%)

2 のめぐまれた

▼ 文学的神経~ (2, 0.0%)

1 は比較的, や庶民感覚

▼ 文学的稟質~ (2, 0.0%)

1 に於, の稀薄

▼ 文学的空想~ (2, 0.0%)

2 に溺れ

▼ 文学的経歴~ (2, 0.0%)

1 とに多岐多様, をも有しない

▼ 文学的考察~ (2, 0.0%)

1 の一つ, をしました

▼ 文学的自由主義者達~ (2, 0.0%)

1 の存在, は人間

▼ 文学的芸術的価値~ (2, 0.0%)

1 ということ, の多少

▼ 文学的萌芽~ (2, 0.0%)

1 というもの, の肥料

▼ 文学的行動~ (2, 0.0%)

1 をつ, を取る

▼ 文学的製作~ (2, 0.0%)

1 の主題, は殆

▼ 文学的要因~ (2, 0.0%)

1 から闡明, にふれ得ず

▼ 文学的見解~ (2, 0.0%)

1 から生れた, のみじめさ

▼ 文学的覚書~ (2, 0.0%)

1 をかきはじめ, をつづけます

▼ 文学的観念~ (2, 0.0%)

1 から脱却, が何

▼ 文学的解釈~ (2, 0.0%)

1 に委せず, をくだし

▼ 文学的評価~ (2, 0.0%)

1 に知らず, をうけた

▼ 文学的誕生~ (2, 0.0%)

1 をし, を遂げ

▼ 文学的読者層~ (2, 0.0%)

1 においては社会, は再び

▼ 文学的述作~ (2, 0.0%)

1 と化し, のと色々

▼ 文学的進歩~ (2, 0.0%)

1 のない, をなし得るだろう

▼ 文学的関心~ (2, 0.0%)

1 の現状, を失っ

▼ 文学的閲歴~ (2, 0.0%)

1 にとって無視, の古い

▼ 文学精神そのもの~ (2, 0.0%)

1 の全く, の喪失

▼ 文学美術全般~ (2, 0.0%)

2 の勃興

▼ 文学者ども~ (2, 0.0%)

1 と違っ, のこと

▼ 文学者クラブ~ (2, 0.0%)

1 の広間, へ行った

▼ 文学者中~ (2, 0.0%)

1 で博学, には一人

▼ 文学者以外~ (2, 0.0%)

1 にない, に就い

▼ 文学者作家~ (2, 0.0%)

1 じゃない, というもの

▼ 文学者側~ (2, 0.0%)

1 からはそんな, からアレクサンドル

▼ 文学者同士~ (2, 0.0%)

1 がお, の友情

▼ 文学者志望~ (2, 0.0%)

1 の念, を断念

▼ 文学者沈着深遠~ (2, 0.0%)

2 深く物

▼ 文学者詩人美術家史家哲学者事業家~ (2, 0.0%)

1 などと云, などの一群

▼ 文学者諸氏~ (2, 0.0%)

1 にはとても, に訴

▼ 文学者連中~ (2, 0.0%)

1 が独り, に聞き

▼ 文学者麻川荘~ (2, 0.0%)

2 之介氏

▼ 文学能力~ (2, 0.0%)

1 がそのもの, も見守られ育てられはじめた

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 とかいふ処, の同窓

▼ 文学芸術上~ (2, 0.0%)

1 の問題, の教養

▼ 文学若しくは~ (2, 0.0%)

1 その別名, マルクス主義文学のみが

▼ 文学茶話会~ (2, 0.0%)

1 に赴き, に赴く

▼ 文学行路~ (2, 0.0%)

1 の上, を辿った

▼ 文学衝撃隊員~ (2, 0.0%)

1 は一万人, 或は工場委員会文化部員

▼ 文学言語部~ (2, 0.0%)

1 で一九二九年, によって彼

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 が一番, となり

▼ 文学認識~ (2, 0.0%)

1 の中, の封建制

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 だから, を涅

▼ 文学課題~ (2, 0.0%)

1 と自身, までも崩れ

▼ 文学論集~ (2, 0.0%)

1 をわざと, を貫く

▼ 文学~ (2, 0.0%)

1 に劃し, 独り階級ある

▼ 文学賞金~ (2, 0.0%)

1 としての意義, を

▼ 文学農民文学~ (2, 0.0%)

1 などに対し低俗, にとって農民

▼ 文学通俗文学~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の撲滅

▼ 文学通信員~ (2, 0.0%)

1 からおびただしい, の中

▼ 文学遊戯~ (2, 0.0%)

1 の上, の対象

▼ 文学運動全線~ (2, 0.0%)

1 との関係, の問題

▼ 文学運動史~ (2, 0.0%)

1 の一頁, を土台

▼ 文学闘争~ (2, 0.0%)

2 への道

▼ 文学陣営~ (2, 0.0%)

1 から非常, との間

▼ 文学革新~ (2, 0.0%)

1 は恰も, を呼号

▼ 文学音楽美術~ (2, 0.0%)

1 に関する書物, の研究

▼1* [1195件]

文学あっての人生, 文学あぶな絵無残絵等によって, 文学ありという考え, 文学あるいは教育あるいは, 文学いはば世話物, 文学いろいろの面, 文学いわば世話物に, 文学お互いがお互い, 文学かと云うの, 文学かも知れないの, 文学からさえも一人の, 文学からだけのことでなかった, 文学がね今仮り, 文学ぐらいクリストフの, 文学ぐらゐ著しい例, 文学これはざら, 文学これ以外には一つ, 文学しかも西欧的な, 文学じみている, 文学じみたことは, 文学じゃない, 文学すくなくとも小説の, 文学すべきではない, 文学すべて御多分に洩れず, 文学ずきの人達, 文学せいぜい広い所, 文学そつち退けの, 文学その他高尚の教, 文学それも欧羅巴文学, 文学それぞれがこの, 文学それ自身年期を入れる, 文学たらしむるために, 文学たらしめてゐる, 文学たらしめる一筋の, 文学だけしか扱へ, 文学だけでいうと, 文学つていつたつて, 文学であるならばそれ, 文学である如く日本の, 文学であればある, 文学でと思ってるの, 文学でなかったことを, 文学でなかつたことを, 文学でなくって極楽, 文学でなくなってゆく, 文学でなくなるそんな問題, 文学でのみ出来る仕事, 文学といつても現在われわれ, 文学といふかといへば, 文学とかが数年後には, 文学としか読みよう, 文学としてのみ独立し, 文学とともに外国に, 文学とについての関係が, 文学とにとって何の, 文学とによって生きとおすか, 文学とに関して凡そひたむき, 文学とに関する種々な, 文学とへ出るため, 文学とへの伝染系統を, 文学とまで発展させ, 文学とやらは止せ止せ, 文学とよりなれりと, 文学とを通じてないしは繊細, 文学どれも文体そのもの, 文学なかるべからずこれは, 文学なくその男女, 文学なしに済ます, 文学なぞと簡単に, 文学なぞに執心し, 文学なぞを載せる余裕, 文学などから教わった新しい, 文学などではプロレタリア的な, 文学などとは片腹痛い心地, 文学などに対し低俗な, 文学などよりももつと, 文学ならざるべからずといふ主張, 文学なりがとりも, 文学なりにマルクス主義に対する, 文学なりの水準を, 文学なりは研究する, 文学なんでもひと, 文学なんかが出るかも, 文学なんかこそ最も強健, 文学なんかより法律などを, 文学なんかをやろうという, 文学なんぞやる今, 文学なんぞというが, 文学においてだけどうしてポシャリポシャリ, 文学においてのみこのよう, 文学にさえ冷淡な, 文学にさえもこの韻律, 文学にたいして京伝らの, 文学にだけはマアない, 文学についてさえの関心も, 文学についてを朗読し, 文学にでも走らなければ, 文学にというのは, 文学にとっての暁の, 文学にとってのみならず当時, 文学になどなるの, 文学にまでも入る事, 文学によるほかない, 文学に対してのみならず総て, 文学に従う意味を, 文学英国の, 文学のうへで明らかに, 文学のうへに現はれ, 文学のねうちという, 文学のぶの字, 文学のみに立て籠つて, 文学のみは最も結構, 文学はいふも更, 文学はじめ世相のいたる, 文学はとに角一種, 文学はねそれは, 文学ばかりもとめる, 文学ばかりを指すの, 文学へと引っぱって, 文学へは行動の, 文学へもつきぬけて, 文学また娯楽雑誌が, 文学までの最も隠れたる, 文学までも究め課題, 文学までをふくむが, 文学みたいななんだか, 文学めいた言い廻わしだ, 文学もしくは芸術の, 文学ものでは, 文学やがあるのみ, 文学やに限られる, 文学やにはてんと趣味ない, 文学よき芸術一括し, 文学よりの教化は, 文学らしき文学と, 文学らしくなることも, 文学らしくなればなる, 文学をかぢり, 文学をさえなお愛する, 文学をすら西洋から, 文学をと求める声, 文学をという要望も, 文学をといふ声が, 文学をば文学の, 文学をやつてを, 文学を以てすらもなおかつかく, 文学を通してだけの知己でありました, 文学アカデミイは演劇, 文学アカデミシャンの好み, 文学アマチユアの道楽仕事, 文学イギリスフランスの文学, 文学イギリス文学が明治, 文学インテリとはあまり, 文学インテリゲンツィア文学ということ, 文学ウダールニク農村通信員労働通信員などの間, 文学エッセー文学のそれ, 文学エロティシズム文学をもっ, 文学オデン屋へ出掛けよう, 文学オリムピアーダの計画, 文学オリンピヤアドの記事, 文学グルウプがあつ, 文学グロテスクな文学, 文学コンクールの成績, 文学コンクール国鉄の集団的文学活動, 文学ゴンチャローフの文学, 文学サークルそのものの指導者, 文学サークル指導をし, 文学サークル演劇サークル赤色救援会の組織, 文学サークル発展のため, 文学サークル等の活動, 文学サークル組織のつくられた, 文学サークル雑誌の質, 文学ジャーナリズム陣営からは褒められ, 文学スタイルの特徴, 文学ストリンドベリーは発狂文学, 文学ソヴェトの文学, 文学ダンサーなど頓狂, 文学チープ・リテレチュアを口, 文学て何, 文学ツルゲーネフの文学, 文学トガリ鼻の文学, 文学ドイツのロマン派, 文学ドイツ文学などが翻訳, 文学ドストエフスキーの文学, 文学ニュースを知っ, 文学ハカセだと, 文学パンパン男娼エトセトラに目, 文学フランス文学ドイツ文学などが翻訳, 文学ブル文学など或は, 文学プロ文学ブル文学など或は, 文学ボクメツ論をやれ, 文学ボスのまわり, 文学モダニズムとすすん, 文学ラジオ科学美術の各, 文学ルポルタージュの特集, 文学ロマン主義者の間, 文学一元論者の前, 文学一天張の世間, 文学万能だ, 文学三重吉はオイラン憂い式, 文学三馬の文学, 文学上リアクショナルなもの, 文学上一つの意気, 文学上価値のない, 文学上周到な省察, 文学上対立するもの, 文学上後鳥羽院と互, 文学上我得る所, 文学上生活上自分の努力, 文学上発展させるモメント, 文学上相当の意味, 文学にきこえたる, 文学世界絶好の散文たる, 文学世界観と文学, 文学中央集権の崩壊, 文学中妖婆を描き, 文学中心の歴史, 文学中心主義や文学至上主義, 文学中最初にし, 文学中有数の文章家, 文学中毒起してんねん, 文学中毒者を出す, 文学中比類のない, 文学中流文学民衆の文学, 文学中較や特色, 文学主催の文学者, 文学主義型の解釈哲学, 文学主義的卑俗性だけでもわが国, 文学主義的形而上学として踏み止まる, 文学主義的教学的等々のカテゴリー, 文学主義的文学意識と云っ, 文学主義的概念に過ぎない, 文学主義的欠陥をついた, 文学主義的自由主義の哲学, 文学主義的錯覚である, 文学主義的限定は凡そ所謂, 文学主義者達の多く, 文学とヤッツケ, 文学事業にいたっ, 文学云々と喧伝, 文学亜流にわかるまい, 文学人民の文学, 文学人間解放のため文学, 文学今日の社会主義文学, 文学仏蘭西の文学, 文学以前歌以前のもの, 文学以後にも大いに, 文学以来の進歩的伝統, 文学以来戯作性といふもの, 文学会会員の外, 文学会全体の活動, 文学会内の小, 文学会創立大会の日, 文学会員の創作活動, 文学会大会にあらわれた, 文学会数寄屋橋外笹屋に開かる, 文学会笹屋に開かる, 文学作品コンクールが行われ, 文学作品ショーロホフの, 文学作品一般をよむ, 文学作品上に出現, 文学作品中の主要人物, 文学作品対ルポルタージュ文学乃至ルポルタージュ, 文学作品批評にあたって評価, 文学作物が此態度, 文学価値論の最, 文学修業一般の根本的, 文学修業時代に, 文学修業的な形態, 文学から見た, 文学入門へ, 文学入門書にも探偵小説, 文学入門的詳細な説明, 文学全書温知叢書帝国文庫等の飜刻物, 文学全線の向上, 文学全集その他の円本, 文学全集刊行の事業, 文学公論の懸賞, 文学其ものに就, 文学其他一般芸術の上, 文学内容は具体的, 文学冊子における小川未明氏, 文学再興せるをもって, 文学出版の現象, 文学出発の条件, 文学分野でのこと, 文学分類から古典源氏, 文学制作作品と無関係, 文学創作上の事柄, 文学創作方法の筈, 文学創作方法あれこれをしゃべる, 文学創刊号のため, 文学創刊当時の事, 文学創造のより豊富, 文学と詩, 文学劇音楽美術ラジオ科学体育などの研究会, 文学勃興以前のこと, 文学勃興時代等がこの, 文学動物学その他の自然科学者, 文学化すということ, 文学十二講や本間久雄, 文学十号が出ました, 文学十周年紀念号寄稿の事, 文学卒業と云う, 文学協会中央評議会を結成, 文学博士オルクス・クラデル氏が筆者, 文学博士三島毅氏が碑銘, 文学博士久保天随訳解としてあつ, 文学博士坪井九馬三氏の, 文学博士山本誠という名, 文学博士島田篁村翁の家塾, 文学博士後藤末雄さんの家, 文学博士文学士連中の名, 文学博士星野恒氏は国史, 文学博士法学博士として通っ, 文学博士津田左右吉の天皇制護持, 文学博士狩野直喜氏は洛東田中町, 文学博士石橋智信の筈, 文学博士芳賀矢一氏は酔, 文学博士西晋一郎教授という存在, 文学博士遠藤隆吉君に甲板上, 文学博士邸の殺人事件, 文学博士重野安繹は当時, 文学博士重野安繹撰と書けり, 文学博士野上豊一郎君や大審院検事, 文学博士黒川真頼君の考案, 文学博士黒板勝美氏は職業柄, 文学一般に, 文学及びまた更に下っ, 文学及創作方法における右, 文学及娯楽の雑誌, 文学反抗文学第四階級文学理論, 文学古代文明等に関する雑誌, 文学古典上の評価, 文学史いずれも大事, 文学史クロニクル風にかかれ, 文学史レクチュアの用意, 文学史上クラシツクに入るべき, 文学史上一二をあらそう, 文学史上彼は彼, 文学史上新らしく勃興, 文学史先生はああ, 文学史全巻を担当, 文学史四巻を二十法, 文学史日本現代文学概観日本文化研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 文学史的価値を与えよう, 文学史的分類である以上, 文学史的回顧展望が行われ, 文学史的地位を有する, 文学史的活動をし, 文学史的研究に役立つ, 文学史的考察や思想的傾向, 文学史的観点によつて整理, 文学史的足場の方, 文学史研究家は裏糸, 文学史芸術史文芸評論の類, 文学史補遺のよう, 文学史補遺的仕事をし, 文学史論はちと, 文学史関係の本棚, 文学史風に見れ, 文学史骨を著, 文学部門の, 文学同人は解散, 文学同人たちの大, 文学同伴者文学との現実的, 文学同様常識でありその, 文学同様簡単明瞭でさ, 文学名家抄は次, 文学はサボテン文学, 文学の其句, 文学和文派の遺産, 文学哲学宗教科学色々の, 文学商売へ引きずりおとし, 文学問題一般についての発言, 文学嗜味のある, 文学団体そのものの内部, 文学固有の生き方, 文学国民の愛する, 文学国民文学というよう, 文学についてもそれ, 文学地獄の文学, 文学地理の範囲, 文学境地を狭く息苦しく, 文学士ニコル君に連判状, 文学士中村直勝君より示されたる, 文学士二十五歳の森田草平, 文学士何の某, 文学士何某という人, 文学士富尾木知佳氏は東京音楽学校, 文学士小山内薫さんと画家岡田三郎助さん, 文学士小林庄次郎氏も亡くなつた, 文学士戸針康雄の御器所, 文学士春の屋朧の名, 文学士森田白楊なるもの, 文学士様さえ最初, 文学士河野に宛てた, 文学士河野英吉の親友, 文学士津田真方著幽霊論の七二頁, 文学士流に斬り付けられる, 文学士潰が利く, 文学士甲田美郎さんといふ方, 文学士甲田美郎君著述ツてたくさん, 文学士碧海賛平は鼻眼鏡, 文学士藤井宣正師である, 文学士藤田元春氏は, 文学士谷山恵林氏以下五人の良師, 文学士連中の名, 文学士酒井俊蔵の愛娘, 文学士高柳周作がいる, 文学士高田早苗君私が読売新聞, 文学夏目漱石は胃文学, 文学外国語外国文学等に大別, 文学大きらいとは全く, 文学大好きの嬢様, 文学大正文学そして昭和, 文学大衆の文学, 文学大衆化の問題, 文学大陸開拓の文学, 文学天文兵学そして時事, 文学奨励で著名, 文学奨励者たちに招待, 文学女給文学芸者文学ダンサーなど頓狂, 文学好き政治家としての記録保持者, 文学好みの男女, 文学始まって以来, 文学委員が各自何人, 文学委員たちの任務, 文学委員会の主唱, 文学婦人が母親, 文学婦人少年等の諸, 文学嫌いは前, 文学字典から次, 文学学問の自主性, 文学宗教に関したる, 文学宗教其他種々の方面, 文学宗教婦人運動教育などの分野, 文学宗教学等これなり, 文学宗教等は王室, 文学宗教茶道衣食住のあらゆる, 文学実録文学の調子, 文学実験についてそこ, 文学家族の一員, 文学の家, 文学対策の強化, 文学対談で有島, 文学封建時代の御用文学, 文学専心というよう, 文学専攷の結果, 文学尊重の一つ, 文学小説の出版, 文学少女団もライオン, 文学少女型の彼女, 文学少女炬燵にはいっ, 文学少年たちから憤慨排斥, 文学少年みたいになっ, 文学少年数学の出来なかった, 文学就中小説に対する世間, 文学の書記, 文学で女, 文学山本は独文学, 文学山頂にだけ止っ, 文学岡倉天心の業績, 文学崇拝者は小林秀雄, 文学游伶人の, 文学巡回講演も行っ, 文学巡査はおらんです, 文学巡礼しながら, 文学希望で田舎, 文学平衡論は現代日本, 文学広汎な意味, 文学座が先口なので, 文学座が存在しその, 文学座が衆議一決これを上演目録, 文学座が誕生した, 文学座主事の職, 文学座八月公演の上演目録, 文学座座員に限らず, 文学座座員諸君をひとりひとり頭, 文学座愛好者のおなじみ, 文学座等の存在, 文学座談会というよう, 文学座談会文学講習会文学サークル等の活動, 文学当面の問題, 文学の落語家, 文学徒食階級のもの, 文学御用掛りなぞの人々, 文学復興に燃えた, 文学徳田秋声先生の文学, 文学志賀直哉さんの文学, 文学思想哲学等が蟠, 文学思想性論以前の問題, 文学思想抔は続々, 文学思潮史とでもいう, 文学思潮文壇の風俗主義的傾向, 文学思潮的に稚く, 文学性虚構を感じず, 文学恋いから太宰, 文学想念のバランス, 文学意識上の切実, 文学愛好そのものから変革, 文学愛好家たちをその, 文学愛好心の上, 文学愛好者達は発表, 文学感想をかきました, 文学感興というもの, 文学もなかっ, 文学懇話会大陸文学懇話会生産文学都会文学懇話会というもの, 文学懇話会生産文学都会文学懇話会というもの, 文学懇話会結成の気運, 文学戦後の作家, 文学戦線強化のため, 文学戯曲の取材, 文学所謂お伽話というもの, 文学所載の貴文愉快, 文学批評そのものに新た, 文学批評家たちはこの, 文学技術その他文化の大体, 文学技術実業等各種専門に渉, 文学を勧めた, 文学投稿雑誌に生活ルポルタージュ, 文学排撃の論文, 文学として登用, 文学擡頭の気勢, 文学放棄の態度, 文学政治の優位性, 文学政治財政の投機師, 文学故に親戚と, 文学教科書に過ぎない, 文学教育も政治教育, 文学教養は志賀さん, 文学教養思想の発達進歩, 文学文化に堀英之助, 文学文化文明を発展, 文学文学界に不自由, 文学文科の西洋人, 文学文章の上, 文学文章世界帝国文学新小説, 文学新しき劇新しき, 文学方法論の問題, 文学日記がのりました, 文学早稲田文学と云, 文学映画演劇政治研究室及び図書室, 文学春水の文学, 文学時代活動した人々, 文学時標をたしかに, 文学時評のあらわれた, 文学普遍的な問題, 文学智識というもの, 文学更にその発展, 文学書中に出, 文学書俳書歌書を集める, 文学書記局第二回世界大会, 文学書閲読遊廓散歩等の悪事, 文学朋党が一人, 文学朗らかで見通し, 文学朗読会がある, 文学未曾有の有様, 文学本質の呈出, 文学森鴎外の文学, 文学業者の生活, 文学概観日本文化研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 文学概論日本文学史日本現代文学概観日本文化研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 文学様式その他文学方法論の問題, 文学模倣とも言, 文学模倣時代という時期, 文学機関に現れ, 文学次第に成長し, 文学武備富国強兵医術も精しく, 文学武田氏から考えられ, 文学歴史学論理学および哲学, 文学殺戮の先頭, 文学民主主義文学の創造, 文学民主的な文学, 文学民主的文学の課題, 文学民衆の文学, 文学氾濫の原因, 文学法律労働宗教等と最も, 文学法律慣習等凡てこの人文的事業, 文学活動そのものの消極性, 文学活動上の種々, 文学活動家たちがこの, 文学派言葉派小劇場派, 文学派遣の従軍記者池田みち子女史, 文学流行がはじまっ, 文学浪漫主義時代の作家, 文学涸渇の時期, 文学混迷と否定, 文学渾然として融化咀嚼, 文学満天下に謳歌, 文学演劇壇方面の関係者, 文学演劇映画などを通じ, 文学演劇絵画等における五ヵ年計画, 文学演劇関係の人々, 文学漫談をし, 文学漸く独立の, 文学熱心の兄, 文学熱箇人化された才能, 文学特に純正なる, 文学特集を行った, 文学になり, 文学独逸の文学, 文学王朝文学岡倉天心の業績, 文学現実の赤裸々, 文学理解とあやまった, 文学理論上技術上の問題, 文学理論批評の消滅, 文学理論的な書物, 文学理論雑誌は蔵原惟人編輯, 文学の文学, 文学生活二十年間に発表, 文学生活四十年祝祭を記念, 文学生活派文学いずれもテーマ小説, 文学生産の合理化, 文学生産主義文学生活派文学いずれもテーマ小説, 文学用件にて来談, 文学のプロレタリア文学, 文学界中出色の文士, 文学界以外の人生, 文学界同人の方向, 文学界芸術界等の大立物, 文学といふ一種, 文学病患者と書い, 文学発展史上の一つ, 文学発成の社会的, 文学発生論を書く, 文学発育の時間的, 文学発言者の一部, 文学的うんちくの歴史, 文学的アクチュアリティーの含む, 文学的アラを云つて, 文学的イデーが与えられ, 文学的イメージに基く, 文学的インテリを中心, 文学的インテリゲンチアをゆすぶっ, 文学的ウンチクを示す, 文学的エスプリの本質, 文学的エポークにはそれぞれ, 文学的オッチョコチョイは科学, 文学的カテゴリーの体系, 文学的カムバックが比較的, 文学的クイーズであるに, 文学的コースを辿っ, 文学的サークルなどは二の次, 文学的ジャンルでありブルジョアジー, 文学的ヂレツタンチズムの衒気, 文学的ニュアンスをもたせ, 文学的ヒントを与へられた, 文学的フラーゼオロギーに止まっ, 文学的プログラム並にその, 文学的モニュマンを築き上げ, 文学的ルンペンなどとたつた, 文学的レトリックからの独立, 文学的レベルに於, 文学的ヴァガボンドを対手, 文学的一歩を印した, 文学的一歩のよりどころ, 文学的世界観と手法, 文学的主体とはなり得ない, 文学的主張は決して, 文学的主題を展開, 文学的事業から言つて, 文学的亢奮は決して, 文学的交渉の問題, 文学的人生的興味の焦点, 文学的人間的感動をもっ, 文学的作品中その芸術的価値, 文学的作文や身辺雑記, 文学的作業であるやう, 文学的作物としての価値, 文学的信条によつて, 文学的修練を経た, 文学的個性がある, 文学的偏見と職業的独り合点, 文学的偶然論のあぶな, 文学的働きかけについての対策, 文学的働き手を養成, 文学的光芒を放つ, 文学的党派から離れ見捨てられ, 文学的公人であるから, 文学的公正というもの, 文学的具体と科学的具体, 文学的具体性を得る, 文学的内容生活は他人, 文学的円熟期に入らずし, 文学的凜気爽かなる, 文学的出版物の検閲, 文学的出生には前, 文学的分派を支持, 文学的分野で全く, 文学的刊行物を出し, 文学的制作一般に関する根本的, 文学的制約をたち切り, 文学的創作文学になり切った, 文学的創作方法と科学的, 文学的創作者でもなけれ, 文学的創造性を尊重, 文学的創造活動は窒息, 文学的創造能力を発揮, 文学的剽竊だぞ, 文学的功績によって許可, 文学的加工を加え, 文学的努力これは新, 文学的労働としてのディレンマ, 文学的勇士が, 文学的勉強とすべきだ, 文学的動勢に対する中央, 文学的動議が提出, 文学的勢力を得, 文学的区わけで話された, 文学的友達は恐らく, 文学的反抗心のよわ, 文学的反撥を示した, 文学的反映を云々, 文学的反省に於, 文学的叙述技能も亦, 文学的可能性の限界, 文学的名門に生育, 文学的味いを生命, 文学的哲学者達が更に, 文学的問題とを統一的, 文学的啓蒙が日本, 文学的営みの各種各様, 文学的団体の間, 文学的地位は芸術作家, 文学的垣をやぶっ, 文学的基準による批評, 文学的堅忍と自己鍛練, 文学的堅持というもの, 文学的報告でこれ, 文学的境地というもの, 文学的境地打開のため, 文学的壮年期に達した, 文学的大家としてなかなか, 文学的大阪論の何回目, 文学的天分がない, 文学的失敗の結果, 文学的好奇心を刺激, 文学的姿態からぬけられなかった, 文学的学殖にも類似, 文学的学科に於, 文学的学究ではなかっ, 文学的宗教のルネサンス, 文学的実感の中, 文学的実践力を包蔵, 文学的実験を林氏, 文学的審美的評論がそれ, 文学的審美観念の隔り, 文学的対象とし, 文学的対蹠の本質, 文学的専門術は身, 文学的小説がのっ, 文学的展望でしょう, 文学的崖に切り, 文学的常套に伏, 文学的平俗さと世襲俳優, 文学的年代はその, 文学的序文というやつ, 文学的形容としてなるべく, 文学的形態なので, 文学的形象化ということ, 文学的影像やモラル, 文学的影響位は出した, 文学的役割が割合一貫, 文学的後光そのものをさえ皮肉, 文学的必然として尊重, 文学的快楽中最も偉大, 文学的思想内容が科学的理論的, 文学的性格者は本質的, 文学的悽惨ばかりをつよく, 文学的想像力の所産, 文学的意嚮として連, 文学的感傷めいたひらめきは, 文学的感動のニュアンス, 文学的感能を有った, 文学的感興の湧く, 文学的感覚の欠乏, 文学的感覚教養に認める, 文学的成上りと映ったであろう, 文学的成育を遂げる, 文学的手段として重宝, 文学的手法の有, 文学的才分と全, 文学的才能音楽絵画の天分, 文学的批評そのものを抜き, 文学的技術者でなければ, 文学的把握だから, 文学的探求にまで追いつめられね, 文学的探究心とそして, 文学的操作法に一種, 文学的放浪にあった, 文学的政治的軍事的知識を活用, 文学的故郷のやう, 文学的教養そのものの歴史的, 文学的教養就中その台詞, 文学的整理や分解, 文学的文壇的常識という, 文学的文飾や文学的連想, 文学的方向に導かれる, 文学的方言にすぎない, 文学的月評は書く, 文学的材料としては一顧, 文学的格闘がなく, 文学的検討がされるでしょう, 文学的業績中伝記文学の傑作, 文学的構成だけを訳した, 文学的様相を隈, 文学的標題を有する, 文学的権威とする, 文学的機微は案外, 文学的機能としての自我, 文学的欲望の悉く, 文学的正直さに徹し得ない, 文学的歩み出しをし, 文学的歪曲の恐れ, 文学的死と復活, 文学的気運が醸し出された, 文学的洞察と造型力, 文学的活動機能として婦人委員会, 文学的流浪の旅, 文学的混迷の時期, 文学的源泉を五つ, 文学的熟語に当てはまる, 文学的特徴です, 文学的特質の上, 文学的独創力をめざま, 文学的狼火に応, 文学的現実内における偶然, 文学的理論的語彙さえ当時, 文学的生活日常生活は一層, 文学的生産形態として正しい, 文学的生産技能に適用, 文学的生長の姿, 文学的発見に向, 文学的発足点をつくつた, 文学的登場をした, 文学的目的がハッキリ, 文学的直覚を持っ, 文学的直観の表現, 文学的真理内容も持たない, 文学的真理探究と云った, 文学的眼光に過ぎない, 文学的知識に煩わされ, 文学的研究の対象, 文学的確信の再建, 文学的磨きなどに拘泥, 文学的程度である, 文学的空気に極めて微々と, 文学的節操に感歎, 文学的範疇秩序の弊, 文学的精励文壇出版たつきと一直線, 文学的精進宗教的奉仕等をともに, 文学的素心で自分, 文学的素材となり得る, 文学的組立に成っ, 文学的組織の中, 文学的組織活動の報告中, 文学的結実をなすであろう, 文学的結果の一つ, 文学的統一に到着, 文学的練磨がつみ重ねられ, 文学的美点があった, 文学的翻訳との曖昧, 文学的肥料の供給, 文学的能動の精神, 文学的自由主義哲学は一見, 文学的自発性を鼓舞, 文学的至芸と崇拝, 文学的興味芸術的意識が俄, 文学的興奮を催す, 文学的良心を代償, 文学的色彩に富み, 文学的苦労人である, 文学的苦境を感じ, 文学的著作に従事, 文学的蓄積の効果, 文学的血統は日本文学者, 文学的表現方法伝統的な方法, 文学的表現等では非常, 文学的表現能力と確固たる, 文学的表示としての新しき, 文学的衰亡をしか意味, 文学的覇心は殆, 文学的見地に立つなら, 文学的規範のうち, 文学的観点からのみ行, 文学的角度から之, 文学的言語で手っ取り早く, 文学的言語学という意味, 文学的言説を行う, 文学的討論や作品, 文学的訓練は再, 文学的説明が文学, 文学的読書も段々, 文学的論証の上, 文学的豊饒さを増し, 文学的象徴の所有者, 文学的趣味形成の社会学, 文学的趨勢とでも云うべき, 文学的足どりには独特, 文学的追求とはなり得ない, 文学的通俗表象によって分析, 文学的連想で具象的, 文学的進化に直接, 文学的逸品であること, 文学的運動を通じて農村, 文学的達成にプラス, 文学的達者さをどういう, 文学的遺業について見る, 文学的遺産の整理, 文学的醗酵以外に凡そ, 文学的重圧の大き, 文学的重点は五ヵ年計画, 文学的野望に燃える, 文学的関心以外の諸, 文学的闘士であること, 文学的随筆的批評というよう, 文学的集団になっ, 文学的音楽を奏し, 文学的頂点としてやがて, 文学的領土を拡大, 文学的領野に於, 文学的風趣によってそこ, 文学的飛躍はあり得ない, 文学的香具師以外の何者, 文学的魅力がほんとう, 文学相撲の五郎ちゃん, 文学短歌と共に短歌様式, 文学研究中病気に罹り, 文学研究会みたいにみんな, 文学研究会劇研究会がある, 文学研究会労農通信員たちへの正しい, 文学研究会員たちよお高く, 文学研究会員赤軍機関誌編輯者赤軍劇場管理者などが集り, 文学研究会員赤軍機関雑誌編輯者赤衛軍劇場管理者その他と赤色陸海軍作家文学連合中央評議会, 文学研究会指導者として配置, 文学研究会気質を撲滅, 文学研究会編という一冊, 文学研究員は大衆, 文学研究家だつた, 文学研究部音楽研究部ラジオ研究部美術研究部政治研究部などがある, 文学という, 文学社長を加えた, 文学神聖主義がある, 文学科刷新の事, 文学科私は経済学部経済学科, 文学科選科に在学中, 文学程度のもの, 文学を納める, 文学範囲と異, 文学精神ここにいた, 文学系列においてみれ, 文学紅茶会がある, 文学素人大家等々甚だ賑やか, 文学素材主義の文学, 文学紹介の卓越, 文学紹介者が共通, 文学紹介者たちと日本見学, 文学経歴の中, 文学経済学哲学等の研究, 文学経済学等の専門, 文学経綸文学に対立, 文学絵画政治人物論等に意気投合, 文学絵画西洋音楽西洋舞踊図案手芸等に大別, 文学絵画諸般の芸術, 文学絶対化というよう, 文学罵倒がはじまる, 文学美術その他のあらゆる, 文学美術以外に犯罪小説, 文学美術医化天文等にし, 文学美術学芸制度風気の凡て, 文学美術工芸よりし, 文学美術書が科学書, 文学美術歴史宗教すべてが思い設けない, 文学美術演劇の取締, 文学美術演劇音楽の品定め, 文学美術科学の面, 文学美術科学等の専門図書館, 文学美術等と並ん, 文学美術自然科学技術等についての連続講演, 文学美術音楽というよう, 文学美術音楽何を語らし, 文学美術音楽宗教哲学科学等のこと, 文学美術音楽演劇映画と大別, 文学美術音楽演劇等はこの, 文学翻訳の現状, 文学翻訳国であるの, 文学者かぶれのした, 文学者ことに小説家, 文学者その他の文筆, 文学者たち一人一人の経歴, 文学者たち自身が営利的ジャーナリズム, 文学者たる者はその, 文学者ぢやない, 文学者といはんには彼, 文学者どのは平気, 文学者なにがし, 文学者なみに, 文学者イデオローグがこの, 文学者カザノヴァ輩はその, 文学者バーベリオンの日記, 文学者フェルナンド・ヴァンドレムが居た, 文学者ポンス・ド・ヴェルダンの作, 文学者マアク・トヱン君の演説, 文学者リシャール・ド・ビュリーの著, 文学者一戸務君を訪れる, 文学者中三馬一九の社会観察, 文学者中国家が認め, 文学者人生の諸, 文学者伊藤整のこん, 文学者作者は今度, 文学者俺と一緒, 文学者個人として文学, 文学者先生荒尾角也此咄を聞く, 文学者全体が一人, 文学者共通の潔癖, 文学者吉岡信一郎のところ, 文学者吉村氏の話, 文学者吉田學軒氏は五七日, 文学者君も呆気, 文学者型戦争ジャーナリストである所以, 文学者家に帰りし, 文学者小山内薫と結ん, 文学者小山内薫氏もこの, 文学者島野黄昏に送られ, 文学者崇拝という他愛, 文学者式の生活, 文学者志願者に限る, 文学者懇談会は継続, 文学者才能ある劇作家, 文学者批評家の珍論, 文学者政治家の類, 文学者教師農夫哲学者となる, 文学者数十名が, 文学者本来の思考法, 文学者某君の許, 文学者清岡進の人物, 文学者用の, 文学者画家記者といったよう, 文学者画家音楽家となる, 文学者的人間論とも違え, 文学者的気質というもの, 文学者的活動を続けられる, 文学者的範疇ではなかっ, 文学者私人に謝罪, 文学者笹部準之助が自身, 文学者筆あるが, 文学者経を説, 文学者美術家音楽家よりなる, 文学者群の世界観, 文学者自ら人の道, 文学者自体の実状, 文学者評論家は当今意識的, 文学者詩人美術家史家哲学者事業家等あり, 文学者談を, 文学者豊村女史にある, 文学者酒井俊蔵先生の令嬢, 文学者面をする, 文学者馬琴とその, 文学職工としての技術, 文学肺文学プロ文学ブル文学など或は, 文学胃病者の書いた, 文学胎生期としての明治初年, 文学自然主義について少しく, 文学自然科学政治経済美術宗教の順位, 文学自虐的な文学, 文学から遠ざける, 文学至上主義化したこと, 文学至上主義者達がその, 文学至上化や文学絶対化, 文学芸者の小, 文学芸者文学ダンサーなど頓狂, 文学芸能に子供, 文学芸術その間には由来, 文学芸術それにさ, 文学芸術宗教教育ジヤーナリズム出版といふやう, 文学芸術教育宗教新聞雑誌ラヂオ出版医療衛生体育娯楽等の広い, 文学芸術新聞雑誌放送出版それから厚生, 文学芸術方面でロシヤ, 文学芸術的教養の点, 文学芸術的見地から眺めはじめます, 文学芸術等の面, 文学荒廃の時期, 文学藝術等にその, 文学行事になつ, 文学行政的顔ぶれで復活, 文学衝撃隊員たちは再, 文学衝撃隊組織について論じてた, 文学製作のいろいろ, 文学製作階級は短歌, 文学製造業の稽古, 文学西洋音楽などが伝へられた, 文学要求の一つ, 文学に同意, 文学観今日の眼, 文学記者にコンラッド, 文学評みたいなもの, 文学評論史は久松潜一, 文学評論家の或, 文学評論批評を執筆, 文学評論集と墨, 文学詩童話純文学大衆文学と田舎, 文学話夜は更け, 文学読本のどこ, 文学談そのものも想像, 文学論といへるなら, 文学論みたいなもの, 文学論中に愚見, 文学論人物論そのものは大きく, 文学論十七世紀英文学史いずれも大事, 文学論文学観はいくらでも, 文学論河上肇氏の第, 文学論法でありそれ, 文学諷刺詩の欲求, 文学諸般に渉, 文学講師を入れる, 文学講座中の特殊項目, 文学講習会のある, 文学講習会文学サークル等の活動, 文学講談などの雑誌, 文学謳歌の傾向, 文学貴族文学の区別, 文学踊りをおどらね, 文学と検事局, 文学辞書など探し, 文学農民文学大陸開拓の文学, 文学農民文学戦線を背景, 文学近世の唯美派, 文学近代小説は生れ得ない, 文学追随の弱点, 文学連合中央評議会を組織, 文学運動もろとも社会主義的リアリズム, 文学運動批判ということ, 文学運動時代サークル活動が当時, 文学運動発展の途上, 文学運動等というもの, 文学運動者たちの珍重, 文学運動自体を推進, 文学運動誹謗の種子, 文学達成の基本, 文学選集二冊新日本詩集三冊, 文学部長であったの, 文学部長川合貞一博士は自分, 文学都会文学懇話会というもの, 文学開花の二つ, 文学関西文学などの活溌さ, 文学の選手, 文学陣営別にわけ, 文学階級と文学, 文学が出だした, 文学集団が形成, 文学雑誌フワランジユの主筆, 文学雑誌発行をもくろん, 文学雑誌社や僕等, 文学雑誌記者であり新進小説家, 文学雰囲気の嫡子, 文学青壮年の所謂文学, 文学青年たちの面倒, 文学青年どものもてあそび, 文学青年トルコの版画家, 文学青年以下に低級, 文学青年兼哲学青年になつ, 文学青年向きの観念的私小説, 文学青年小山田新作という者, 文学青年式な迷信, 文学青年文学青年と云つて, 文学青年時代にもう, 文学青年氾濫し競つて彼ら, 文学青年沢山居て, 文学青年白石国太郎先生でありますぞ, 文学青年的層によって繋がれ, 文学青年的思考のデカダンス, 文学青年的感情は少く, 文学青年的文学では反逆, 文学青年的芸術至上主義的感傷主義的に抱きしめ, 文学青年目あてに技法, 文学青年級のもの, 文学青年給仕の, 文学青年訛しの小主観的川柳, 文学青年趣味の芝居, 文学青年風な, 文学文学の, 文学で狙い, 文学革命の烽火, 文学革命文学に於, 文学音曲絵画等の特殊, 文学音楽のこと, 文学音楽演劇舞踊美術よりも彼, 文学音楽美術体育政治などの研究室, 文学音楽舞踊演芸と関, 文学領域に於ける, 文学顧問であつ, 文学に考へる, 文学を有頂天, 文学では座談会