青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「後日~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

後で~ ~後ろ 後ろ~ 後世~ ~後姿 後姿~ 後家~ ~後悔 後悔~ 後方~
後日~
後者~ 徐~ ~徒 徒~ 従~ 従っ~ 従って~ ~従事 従事~ 従来~

「後日~」 1016, 9ppm, 11242位

▼ 後日~ (299, 29.4%)

15 ために 7 証拠に 5 ことで, 参考に 4 ための 3 事として, 為に, 話, 面倒を

2 [20件] ことに, ことを, ためには, 事に, 再会を, 参考の, 問題に, 噂や, 心得にも, 恩賞を, 爲に, 研究に, 笑いぐさに, 累を, 解答者に, 記念と, 記念に, 証拠と, 証拠の, 話である

1 [211件] おタメ, お話, お話でございまする, ことこわし, ことであっ, ことであった, ことでありました, ことである, ことと, こととして, しのぶ草また, しょうこにと, たたりこそ, たたりを, ためしるす, ためそこの, ためならむか, ためよって, ため一札仍って, ため一札仍而如件, ため一札入れ, ため垢付きの, ため当方よりも, ため書い, ため覚書の, ため記録し, たれ死, とがめを, まちがひも, カトリック僧徒の, ケイカクとして, タタリが, タノシミな, ラムボオが, 一笑に, 不利と, 不幸な, 不為であろう, 世相を, 事で, 事は, 事また, 事を, 亮太郎の, 会合を, 例とも, 倖せ, 健全な, 備えを, 儲え, 再訪を, 処置を, 出来事であった, 出来事である, 力に, 勝負と, 参考と, 参考として, 参考また, 取沙汰も, 口を, 史劇創作に, 合戦を, 咎めおそろしく, 咎めは, 咎めも, 咎めを, 問題, 問題だ, 噂には, 噂を, 国民である, 埋め合わせは, 報賞を, 大を, 大害, 大患, 大患と, 大患虎を, 天国を, 太閤で, 奮闘によって, 妨げと, 妨げムヽと, 妨害と, 姿も, 害だ, 害と, 将軍たる, 崇り, 引きあいの, 引見を, 役に, 役に立った, 役に立とう, 彼の, 彼は, 御参考, 御咎, 御沙汰を, 復讐を, 怒りのほどを, 思ひ出, 恐怖さえ, 恨みを, 悔を, 患いたるや, 患が, 悪口の, 想ひ, 憂ひを, 戒めに, 戦いに, 手筈を, 批評恐ろしゅう, 挨拶を, 掛り合に, 改訂が, 政治的な, 政治的手段に, 新発見, 方向を, 日本の, 時を, 暮れかかる, 暮れまで, 最も有力, 朝, 楽しみに, 機会まで, 沙汰であった, 沙汰と, 浅くて, 深刻な, 深謀遠慮に, 為の, 為のこす, 為めに, 為めにと, 照り来る, 爲と, 爲大切な, 爲請取證仍て, 物笑いに, 狂言だ, 用に, 癌に, 発展を, 発覚であっ, 發展を, 目的が, 研究の, 研究を, 祟り, 祟りという, 祟りを, 禍いです, 禍いに, 禍いを, 禍の, 禍根である, 禍根の, 立場は, 笑いを, 笑われぐさ, 笑話, 策も, 策を, 素質は, 累が, 義を, 苦情の, 見込みを, 言いわけ, 計に, 計を, 討検を, 訳者を, 証と, 証に, 証拠にと, 詩才を, 詮議が, 詮議を, 話だ, 話に, 話には, 誡めなれ, 誤解の, 調べと, 調べに, 證據に, 證據の, 證據を, 豫備と, 賞を, 軍功の, 追憶的覚え, 追記なる, 野呂の, 鑑定を, 隆盛を, 難と, 難儀だらう, 難儀だろう, 難儀は, 難儀を, 零落に, 面会を, 面倒ものの, 騒動は

▼ 後日~ (164, 16.1%)

22 なって 12 至って 5 譲ること 3 お見知り, なつて, 何かの, 譲って

2 [13件] して, なっては, なれば, 偶然聞き出した, 其の報償, 到って, 及んで, 留め其の, 相知る, 至りて, 譲っても, 譲る, 譲ろうと

1 [87件] いたって, お判り, そなえて, つづく思い, できた特徴, どんなお, なされとうござるが, なってから, なってど, なっても, ならば, なりて, ねだりが, やってくるに, ゆずり一応, ゆずり最後, ゆづり略する, わかった真相, わたしを, ヌキサシならぬ, 之を, 人穴城を, 仇討を, 何事が, 備えようなんて, 分るよう, 到っての, 周旋を, 固くちかいながら, 大失態, 如何な, 家譜中に, 寄す, 富士の, 延したり, 延ばしたとしても, 延ばすこと, 廻し日記, 徳川家の, 恩賞を, 悔いの, 悟つたこと, 悪影響を, 我が首, 改作した, 書くとして, 期して, 残した, 残して, 母や, 決定つたの, 清悦御, 発覚した, 発覚したら, 知ざる樣首, 知れた, 禍根を, 約された, 約して, 至っても, 至って存八, 至って山口, 至って検討, 至って知る, 至つて一国の, 至つて氣附かれた, 至て, 至り, 至りその, 至りやして, 至り異議, 至り疑い, 苦情の, 読む人, 譲り今日, 譲るお尋ね, 譲ると, 譲るまでも, 譲る事, 譲れないの, 譴責を, 讓る, 開通した, 間違いが, 露顯ん, 面倒を, 顯れな

▼ 後日~ (29, 2.9%)

7 約して

1 [22件] またず島後, 契り申, 待って, 待っては, 待つこと, 待つほか, 待つまでも, 待て, 想像し, 慮って, 期した意気込み, 期しつ試み, 期して, 期し御, 期し更に, 期すること, 期するところ, 祈って, 約しただけ, 約したの, 約束し, 語って

▼ 後日~ (24, 2.4%)

4 になり 2 がある

1 [18件] がその, が湧出, が無い, が見え, である, として尚, にし, に先立つ, に就, に陸奥, の主人公, はあらまし以上, はそこ, は膾, をおちぶれ, をしようなら, をする, を書く

▼ 後日物語~ (14, 1.4%)

4 がある 21 があります, がうち, が世界, に大変興奮, はありません, は少し, を発表, を語り

▼ 後日この~ (11, 1.1%)

2 ことを 1 ことで, どろぼう, 人が, 利行まで, 女と, 小屋を, 老漁夫, 計画は, 詩句にも

▼ 後日その~ (10, 1.0%)

1 事に, 事について, 写真を, 山の手の, 折の, 特別な, 福祉と, 約束が, 能才を, 青年に

▼ 後日~ (10, 1.0%)

1 がある, が多い, でも欲しい, として告げ, として斯く, に就い, は無い, もなかつた, をも聞い, を云う

▼ 後日~ (9, 0.9%)

1 あらねば, たつに従って, どうなる, 大事だ, 大切だ, 思われる, 煩い, 生きて, 面倒だ

▼ 後日~ (9, 0.9%)

21 がこの, に継い, の懺悔, はあの, はこの, はついに, はドサ

▼ 後日また~ (8, 0.8%)

1 おそわれは, お訪ねしましょう, どのよう, の機会, 世間で, 会おうよ, 参って, 機会も

▼ 後日~ (8, 0.8%)

1 から色々, と交游, の共同研究者, の父, の砲撃, はある, は北海道, は告白

▼ 後日には~ (7, 0.7%)

1 あのとき, そのナメラ, その功, その零れた, 何かの, 何とも, 高氏も

▼ 後日~ (5, 0.5%)

1 会ひし, 届けさせましょう, 望みと, 染さんに, 目に

▼ 後日再び~ (5, 0.5%)

2 然るべき大名 1 奥州から, 奮鬪を, 諸君の

▼ 後日改めて~ (5, 0.5%)

1 お伺い, お礼に, お願いに, 礼を, 試合を

▼ 後日~ (4, 0.4%)

1 その方便, どうやら俺, ない返せっ, 淺い

▼ 後日必ず~ (4, 0.4%)

1 この地, 悔ゆる, 舎利を, 誅罰を

▼ 後日自分~ (4, 0.4%)

2 の手柄 1 で姑, の市場

▼ 後日あの~ (3, 0.3%)

1 事を, 品を, 菅笠が

▼ 後日かならず~ (3, 0.3%)

1 この罪, 後悔なさいます, 悔い悩む

▼ 後日きっと~ (3, 0.3%)

1 後悔さきに, 思い知らすぞと, 返すと

▼ 後日これ~ (3, 0.3%)

1 を彼, を検, を発見

▼ 後日~ (3, 0.3%)

1 きいた思出, 分りますが, 生れた言葉

▼ 後日という~ (3, 0.3%)

1 ことに, ことも, 事に

▼ 後日において~ (3, 0.3%)

1 小栗上野介の, 攘夷を以て, 法隆寺と

▼ 後日にな~ (3, 0.3%)

1 つての, つて思合は, つて附けたした

▼ 後日まで~ (3, 0.3%)

1 故人と, 残すべきこと, 笑い話に

▼ 後日~ (3, 0.3%)

2 の口 1 に話

▼ 後日~ (3, 0.3%)

1 からのハタラキ, の人, の場所

▼ 後日~ (3, 0.3%)

1 かの必要, かの折, か雑誌

▼ 後日天下~ (3, 0.3%)

1 に為す, の大事, をうごかす

▼ 後日役に立つ~ (3, 0.3%)

2 生活を 1 に相違

▼ 後日~ (3, 0.3%)

1 縁談の, 自筆の, 褒美の

▼ 後日貝十郎~ (3, 0.3%)

2 は人 1 は云った

▼ 後日あらためて~ (2, 0.2%)

1 打ち明けさせて, 迎えを

▼ 後日ここ~ (2, 0.2%)

1 に来る, の森

▼ 後日~ (2, 0.2%)

1 あいさつ申すでござろう, 当家に

▼ 後日そういう~ (2, 0.2%)

1 知識を, 話も

▼ 後日そこ~ (2, 0.2%)

1 から優れた, を通っ

▼ 後日~ (2, 0.2%)

1 しよう, なれば

▼ 後日にでも~ (2, 0.2%)

1 また, よろしく御

▼ 後日~ (2, 0.2%)

1 この縁組み, 幾度も

▼ 後日ゆっくり~ (2, 0.2%)

1 お話しする, したとき

▼ 後日わが~ (2, 0.2%)

1 蜀に, 金博士は

▼ 後日パンドラ~ (2, 0.2%)

2 がその

▼ 後日作家~ (2, 0.2%)

1 となった, となつ

▼ 後日信長~ (2, 0.2%)

1 が借用, の手

▼ 後日恩賞~ (2, 0.2%)

1 にあずかった, の領土

▼ 後日或は~ (2, 0.2%)

1 之が, 役人に

▼ 後日批評~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 後日~ (2, 0.2%)

1 平民の, 歌舞伎十八番の

▼ 後日深田久弥氏~ (2, 0.2%)

2 の屋久島旅行記

▼ 後日生計~ (2, 0.2%)

2 の見込

▼ 後日白石~ (2, 0.2%)

1 に向, よりお話

▼ 後日真剣~ (2, 0.2%)

1 で, で試合

▼ 後日紀州~ (2, 0.2%)

1 に棲まる, に棲まるる

▼ 後日語った~ (2, 0.2%)

2 ところに

▼ 後日語る~ (2, 0.2%)

2 所に

▼ 後日證據~ (2, 0.2%)

1 の爲め我等身, の爲我等身

▼ 後日鎌倉~ (2, 0.2%)

1 にたたずん, の森五郎

▼1* [287件]

後日あたしが生花, 後日ある場所へ, 後日あれほど世, 後日いろいろ相談したい, 後日うそでなかった証拠, 後日うちの主婦, 後日うわさされたこと, 後日おとがめ, 後日おのずとわかって, 後日おりをみ, 後日お話し申します, 後日かういふ詩をも, 後日かかる重大な, 後日かの賈客再び, 後日がと敬遠する, 後日きつと讀者, 後日きびしいお沙汰, 後日きょうのわが, 後日こういう方面に, 後日これらの実験的, 後日さらに詳しく考え, 後日さいを, 後日じゅうぶんな褒美, 後日それから導かれた, 後日たしかにそれが, 後日であるが家賃, 後日できそこないの汽船, 後日ではあるが, 後日とくとお話し致したい, 後日として宇津木君今日は, 後日とはいわず即刻, 後日どこか適当, 後日どころか式を, 後日どのやうな, 後日なにかの役, 後日ならずして余, 後日なんという目的, 後日にしかやってこない, 後日のぞみ放題にとらせる, 後日ふたたび小太郎山に, 後日ぼくの作文, 後日まったく思いも, 後日まつたく思ひもかけぬ, 後日までに働いて, 後日ゆるりと聞こう, 後日わざわざ私の, 後日わずかにかの人々, 後日わたくしをし, 後日わたしはトウモロコシ, 後日われに又, 後日アメリカの大統領, 後日イブセンが知人, 後日テニソンの原作, 後日ナポレオンが没落, 後日至りて, 後日ハリスが公使, 後日バカなこと, 後日フォルス卿がフランシス一世王, 後日ベエコンが売っ, 後日ボストンに行った, 後日マタ・アリの告白, 後日ミロのヴィーナス, 後日ヤス子は私, 後日ヨコハマへ入っ, 後日一つ話の記念, 後日一冊の本, 後日一本にまとめる, 後日三好達治の背中, 後日上野公園へ出し, 後日不便があれ, 後日両人より聞きまし, 後日両国合意の上領事, 後日丹波市の同, 後日之時を期候, 後日人間の潮, 後日今日の匪賊ども, 後日仏教を知る, 後日付会譚ほどわれわれ, 後日仲人から通告, 後日会議の結果, 後日伝蔵は息子, 後日佐助は自分, 後日何等カノ命令アルマデハ本件ニ関シ総, 後日を探す, 後日備後の鞆, 後日傷ましげに奏し, 後日寇の, 後日光山志を繙き, 後日免囚となっ, 後日全快した病人, 後日公西華が先師, 後日共栄あらん, 後日内弟子に極める, 後日円満に夫婦, 後日再応書面を以て言上, 後日処刑された稀代, 後日て来る, 後日出前なれば, 後日判明した次第, 後日医者から母, 後日南洋系の言語, 後日どんなお, 後日叔父がふしぎ, 後日取りに来る, 後日叱りおかねばならぬ, 後日右書き遺し申候也, 後日合戰を出した, 後日吉田忠左衛門が人, 後日同僚に不平, 後日同好の士, 後日向山という所, 後日呂布の参謀, 後日呼出しの葉書, 後日困難ニ歎ク者往々之レ有リ其レヲシテ蟻, 後日地上に現われん, 後日メシ食らい, 後日大きな口の, 後日大事を引出, 後日大変な迷惑, 後日大成を為す, 後日大石瀬左衛門の口, 後日奥州の親, 後日奪回いたすと, 後日のこと, 後日如何ようのお, 後日妹さんの身, 後日の敬, 後日がこの, 後日娘たちの間, 後日娘義太夫になる, 後日の義満, 後日孝助が敵討, 後日安東益斎と名, 後日安楽に暮らそう, 後日完全無欠の焼け野原, 後日を譲る, 後日寄手の大将二階堂道蘊, 後日藤清郷に, 後日り伺ひませう, 後日封建時代の割拠, 後日専門の医者, 後日将軍となった, 後日小六から改めて, 後日少しくかけ離れた里, 後日山中へわけこん, 後日左団扇になおる, 後日の家, 後日平野が盛りあがる, 後日強大にならない, 後日当日の次第, 後日役所に呼び出され, 後日役柄に依っ, 後日彼女は二人, 後日彼自身が白状, 後日後れさせぬよう協力する, 後日後悔の臍, 後日忘れた頃に, 後日忠次からまた, 後日思出したとき, 後日悉皆細君の, 後日を遺さね, 後日悔いを噛む, 後日愛人佐文の父, 後日懇意な医学博士, 後日成金になっ, 後日我々の承継, 後日払いなんて危険, 後日を見, 後日捧げたものである, 後日捲き起さるべき風雲を, 後日支倉断罪に当っ, 後日改められたと云われる, 後日改良をする, 後日故人と交, 後日を解く, 後日斎藤家の祭祠, 後日新田へ命乞い, 後日映画界の戦犯, 後日春琴が琴曲指南, 後日更に一話を, 後日書いている, 後日書くために, 後日朝廷からどんな, 後日本国で今, 後日の衆, 後日来るぞっ, 後日東京驛へ歸つた時, 後日植木屋が来た, 後日検査の結果, 後日のよう, 後日正当として確認, 後日正成が寸功, 後日ぬるまで, 後日殿村夫人が止宿, 後日は言っ, 後日毛利氏がなんらかの, 後日永井君が偏倚館, 後日決算報告を御手元, 後日沙汰あるべきこと, 後日法水はストラモニヒナス, 後日浅草のお好み焼き屋, 後日浪子燕青はこの, 後日深刻な悔い, 後日災難の身, 後日熊谷直実が出家, 後日爆撃が始まつ, 後日を書い, 後日物質素量説の実証的根拠, 後日現れて来る, 後日理化学を修める, 後日生命あれば, 後日生霊となっ, 後日申しわけが立ちませぬ, 後日申し上げるでござりましょう, 後日申し出るに於, 後日症状があらわれる, 後日知つたのだが, 後日知人に向っ, 後日社会は一般に, 後日神道家の舌, 後日禍いの起らぬ, 後日移民をし, 後日一回芥川賞の, 後日笹沼の語る, 後日糺問されると, 後日組合を脱退, 後日結写文飾ヲ加ル者ニ勝リ, 後日結婚してから, 後日綿貫検事から聞込んだ, 後日織田信長がわが, 後日義経弁慶などの主従, 後日聖主となり, 後日聞くところに, 後日自白を飜, 後日自費で印刷, 後日良縁を得と, 後日芥川が自決, 後日花月新誌ニ載セテ世ニ公ス可シ, 後日苦情を持ちこまれる, 後日英吉利のクィイン・アレキサンドラ, 後日英国に帰っ, 後日荊州を横, 後日の土地, 後日菊太郎君に内証, 後日葵祭拝見候て南都, 後日裁判が始まっ, 後日解決の重要, 後日言ったように, 後日訪れた人に, 後日証拠ともなる, 後日証文依而如件, 後日詮議の時首さ, 後日話しだが其後井師, 後日話しなれ共北朗出発, 後日かに立証, 後日詳論する機会, 後日語っている, 後日調べたる者と, 後日談判の餘地, 後日の口, 後日譚彼らの宗教的行動, 後日貴君の拙者一家, 後日買ってやる, 後日をもっ, 後日へに来, 後日返事をする, 後日逐一申し立てて, 後日遠からぬうち, 後日の宿, 後日釈放された暁, 後日重く用ゐられたれ, 後日野間原泉口番所ニ至リテ直右衛門ニ書テ与ヘバ, 後日釣船の宿, 後日鉄砲が伝来, 後日長く障害作用を, 後日長上に従順, 後日門人長谷川濤涯机を置きぬ, 後日開かれた一裁判中に, 後日降参とぞ聞えし, 後日非常な面倒, 後日領家と地頭, 後日が上らない, 後日頼朝の首, 後日食事に仙人, 後日に迫り, 後日高い誇りを以て, 後日魏延に変