青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「文~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~整理 整理~ ~敵 敵~ 敷~ ~敷い 敷い~ ~數 數~ ~文
文~
~文化 文化~ ~文句 文句~ 文壇~ ~文字 文字~ ~文学 文学~ 文學~

「文~」 9324, 101ppm, 1085位

▼ 文~ (1325, 14.2%)

36 書いて 17 読んで 11 持って, 見ると 10 見て 9 もって 6 作らんと, 出して, 引いて, 手に, 書く 5 おこすだけが, ことづてる事は, 作るの, 書いた, 発表し, 草し 4 作る, 取って, 左に, 掲げて, 書いたり, 解いて

3 [27件] お書き, つけて, でも喜助, やっても, やるほどの, 作って, 作ること, 写して, 刻し, 売って, 島で, 懐に, 手写した, 書くと, 書くの, 書く人, 朗読し, 標榜し, 草せん, 落して, 見るに, 記して, 認めて, 読むごと, 読むと, 遣る技倆, 開いて

2 [82件] おいて, およこし, お琴, したため, したためて, して, はさんだ矢, ひろげて, ふところに, むすび付けて, よむ, よんで, わたしぬ, 一くるみに, 何べん, 作りし中, 作りて, 作ると, 作る徒文, 先き, 出し, 取かくすべきか, 取つて, 取出して, 受け取って, 呼寄せ嫁, 品する, 唯一の, 唱うるなり, 喪さんと, 四十八本も, 売りて, 売る, 存し, 宿へ, 届けて, 引用し, 忍ばせて, 戴きましたの, 手寫した, 持たせて, 持つ立姿, 捧呈する, 掲載し, 携えて, 政治上の, 書いた紙, 書かうと, 書きました, 書くこと, 書くという, 書くに, 書けと, 書こうと, 朗読した, 案ずるに, 此に, 比較する, 源太郎は, 為りて, 猥談と, 発表した, 皇帝に, 私は, 笑は, 終る, 結んだ寒紅梅, 草し伊藤侯, 草す, 草すべきを, 行る, 見ても, 誦して, 読み上げようと, 読む, 読むに, 読んだ, 讀んで, 財産として, 送って, 録し, 開けて

1 [902件 抜粋] あけて, あたりの, あなた様から, あらは, あわて, いただき御厨, うけ取って, うのみに, うまい工合, おつ, およみ下さいまし, お前は, お拾いなされた, お持ち, お読み, かいたという, かきかけたの, かく間文使を, かたく咥, かれは, くり返しながら, ここに, ここまで, こしらえた, こしらえて, このみ武, ご覧に, さし出して, しきり, したためる滅茶, したん, しようという, そこに, そのまま頭, それぞれの, たずさえて, たたいて, たよりに, つかみだして, つかんで, つくして, つくり出して, つくるの, つけた女, つけた恋, つけた花橘, つけるわけ, つける約束, つづりはじめました, つづり詩, といて, となえるの, どう書いたら, なげぬれば, なげ入れるという, なして, なす気, なでて, なるべく簡潔, ねだッ, はさんで, ひらいて, ひろげざらまし, ふりかざして, ぶつけられたの, ほしいまま, ほろぼすまいという, また一冊, みずから読んだ, みつけられたらそう, もたせて, もらったが, もらってさ, やったもの, やって, やつた, やりとりを, やるなんて, やる男, よく読ん, よこされたの, よみきかせるだけ, よろこび雅号, よんだ時, わしは, アムステルダム発行の, タイラーの, チベット語と, パスした, ヒトラーに, 一度は, 一篇僕の, 七蔵は, 上げましても, 上童に, 下さったり, 与う, 与えた, 争い何ら, 事実だ, 二人に, 二郎が, 亜米利加の, 仕込んだ一本, 付けられたこと, 付ける彼, 仮名交り, 何處かに, 佛者が, 作った外崎さん, 作つた, 作つて用意し, 作らず却つて今, 作らん我歌, 作りました, 作り臂, 作り賊子, 作るという, 作るにも, 作る時, 作れと, 作れば, 併せ読んだら諸君, 使ふ, 便りして, 修められますよう, 修め十三歳, 借物では, 優れたりと, 先方から, 全部のこらず, 公に, 公表する, 其処へ, 再録, 出さ, 出したか, 出したひには, 出すに, 列ねて, 刻した, 削りその, 割裂し, 劉霊正が, 勒せる, 千切り棄てゆく, 半分ぐらい, 印した黄色, 反訳せし, 取つたとい, 取り上げて, 取り出して, 取り出でて, 取出でて, 取落し置, 受け取った時, 受取って, 合唱する, 含む様, 味うべきである, 哭くが, 售ろうと, 唱えながら, 唱え詛, 善くす, 喪さざらんと, 喪さざるや, 圧縮した, 売ってから, 売つて口, 売り酒沽, 売ること, 多くする, 大江匡衡が, 奉りて, 奪はう, 女から, 女王は, 好みあらゆる, 好むこと酒たばこ氷, 好める早, 妹に, 姫君の, 子に, 学び兵法, 学び竟, 学ぶつもり, 学ぶには, 学んで, 學ぶこと, 完全に, 寄こされた, 寄こされる度毎, 寄せられた, 封を, 尊敬し, 届けさせようもの, 属して, 属せしめん, 岡本况斎に, 差し上げよと, 巻頭へ, 布く前, 弄ぶが, 引かむもやうなし, 引く, 引くもの, 引て, 形見に, 彫り附けさせるため, 後に旻法師, 得ずしかれども, 得ば, 御覧なさい, 御覧下すった, 心待ちに, 思わしむるものがあった, 急いで, 想起すべきである, 愛して, 愛好し, 成さざる冀くは, 成さしめたり, 成さずと, 成したの, 成すこと, 手より, 手交した, 手渡して, 托したこと, 批判する, 抄出し, 投げこんで, 投ぜんの, 抛り出した, 択んで, 抱きて, 押し込んで, 拜見だに, 拝見し, 拝見だ, 拾い集めて, 持たして, 持ちて, 持つた白い, 持込んで, 挙げて, 挾んで, 挿し込んで, 捨てる場所, 探して, 掲げたり, 描き次に, 握らされて, 搜し出し, 摘出し, 摘録すれ, 撰ぶに, 撰み, 擲出し与うれ, 教え芸学, 敷き句, 新聞に, 日本で, 日本語化し, 曲解し, 書いたが, 書いたで, 書いたな, 書いたらどう, 書いた直後, 書かしたところ, 書かせたといふ, 書かせ詩, 書かんと, 書きこれ, 書きたいの, 書きて, 書き上げた, 書き人橋, 書き出したと, 書き最も, 書き終り手帳, 書き變, 書き送ったの, 書くとき, 書くには, 書く場合, 書けどの, 書けば, 書して, 最第一, 有難く頂いた, 朗讀する, 朝廷へ, 柄の, 構成せる, 檻車に, 正しく解釈, 此の, 殆ど其, 残らず投げ出せば, 求めて, 法律に, 法然が, 添えて, 渡された, 渡した, 渡すと, 渡せと, 源氏は, 漢文で, 火打袋に, 為すに, 為す反省修養, 照らしながら, 熟讀する, 片假名, 独り合点で, 献じまた, 獻ず, 生んだ, 産んだ原標品, 用いると, 用いるの, 用い終り, 申し下し, 発した, 発表しはじめた, 發表しない, 盗った手前, 盗み写して, 盗用する, 直ちに訳し, 看板に, 瞶めて, 知らずして, 知らぬ者, 研究した, 礫と, 称して, 種に, 窘めずして, 筆に, 節録する, 米友の, 純粋に, 組み立てる能力, 結びつけて, 結ぶの愚, 結ぶ木草, 結構せるなり, 綴った, 綴つてゐる, 綴りて, 綴り得るという, 綴るよう, 綴ろう, 繰広げて, 缺く, 置き瓢箪, 翫味すれ, 翻訳する, 育った, 背負い込んだとやら, 背負ひ込んだ, 自ら作る, 自分に, 舞わしたの, 艸する, 花袋を通じて, 英語に, 草した, 草しつ, 草し畢つて, 草し神氣, 草するよりは, 草する目的, 草する過程, 落し己, 藏め涙を, 袖に, 補綴し, 襄邑織成也と, 見せ, 見せろ見せないの, 見せ仏法信仰, 見たくも, 見た訳, 見てから, 見なければ, 見なれて, 見まもって, 見ようと, 見るの, 見る人, 見れば, 見付けられて, 見出し, 見直した, 親鸞の, 解く時, 解し裁判, 解釈する, 言文一致に, 記した紙片, 記入し, 訳すると, 証と, 評する, 詩の, 認め, 認め二千両, 誓紙がわりに, 誦し経, 誦せり, 説き語, 説明し, 読ませ給うた, 読まぬ人, 読みたり, 読みだした, 読みはじめて, 読みますと, 読み上げたので, 読み出した, 読み実に, 読み得る或, 読み終ると, 読み論語, 読み返して, 読むか, 読むが, 読むそれから, 読む時, 読む者, 読めりけり, 読めるよう, 読んだこと, 読んだ少し, 読んだ直後, 読んでは, 読んでも, 調べて, 論ず, 論ずるや, 論ぜざるかと, 論ぜむ, 諳じ, 講じあるいは, 譯出した, 讀ましめ論理, 讀み私, 讀むこと, 讀むには, 讀む人, 貰うたばかり, 貰ったら彼, 貰つた因縁で, 賛し, 贈っちゃ, 贈っても, 起こし最初, 起草し, 車の, 軽んずるの, 載せて, 載せぬが, 輸入しよう, 追想し得た, 送った心持ち, 送りしとて, 送り我情, 通は, 通わすこと, 通わす可ら, 過ぎ寛保, 遙か, 遺して, 配達し, 重んじた, 重んずると, 重んずるも, 金若へ, 鑑賞する, 開いた, 閲するに, 附けたり, 附けて, 附して, 集む, 雕りたる, 頂いたこと, 預かつて, 頭の, 頼りに, 飜訳し, 首相と, 鷲の, 鼓吹した

▼ 文~ (929, 10.0%)

23 中に 13 銭を 8 方を 7 ような 6 家の 5 とりつぎを, なかに, 上に

4 [11件] うちに, ことを, 中で, 名を, 方は, 木戸を, 林の, 櫛と, 銭が, 錢を, 鳥目を

3 [18件] はじめに, ものを, やうな, 上の, 中には, 中にも, 中の, 値打も, 取次を, 如くに, 得にも, 心は, 方が, 書を, 木戸銭を, 眼の, 金も, 魂

2 [71件] あるの, おれの, お医者はん, お金でも, こう高, ことは, ために, なかの, ように, をくれる, 一節には, 下書きし, 中から, 主は, 事を, 便りを, 値も, 写しを, 初めてこの, 刻み方, 千住の, 収入も, 叔父の, 取り寄せて, 合力に, 大要は, 好きな, 如きは, 姿が, 姿を, 字と, 字も, 安お客, 小さいの, 小さな靴, 幽靈, 店の, 形を, 得と, 御褒美, 情調は, 意味は, 手に, 拓本の, 提灯を, 数字を, 新蝶々, 書翰を, 最初の, 櫛は, 湯錢に, 為に, 端に, 罪相を, 肉附の, 背中から, 背中は, 背中を, 茶代に, 講釈を, 足袋を, 軽妙なる, 道庵は, 酒手を, 金で, 銭の, 銭も, 頭の, 類に, 飜譯を, 魂の

1 [617件 抜粋] あごの, ある時, いいかわし毎夜毎夜, うちには, うちにも, うち二朱と, うち少く, おかげで, おかげです, おかみさん, おもち, お化けという, お船賃, お返しに, お返事, お鳥目, かきは, かける女, かすり, がらくたを, くだりに, ことだ, ことに, ことにまで, ごときもの, そこに, それぞれに, それは, ためには, ための, たよりさえ, ちりぢり, つくるころ, つもりだった, ところには, ところへ, ところを, どの数字, ないせい, なぞが, はした, ほうは, ほうを, ものすら, やうに, やりとりを, ようだ, ようにも, よみかたと, わかる男, をくれ, をくれろ, コウダカならあります, コウ高の, メリで, メリハリを, リアルな, リズムと, 一つの, 一切は, 一座に, 一方を, 一本も, 一札を, 一派の, 一筋も, 一節から, 一節に, 一節を, 一通を, 一道をも, 三つであった, 三民主義を, 上には, 上より, 上書だけでも, 上酒を, 不在を, 不用意を, 世に, 中では, 中にしか, 中へ, 主に, 事さえ, 事に, 二三度も, 二階で, 人生に, 人道的時代以前の, 仕事であった, 仕事を, 任ずる, 伝奏を, 位を, 体を, 体例の, 余り多く, 余情脈々の, 作である, 作り方と, 使いとして, 使いは, 使いまで, 使ひまで, 価値も, 便を, 信用にも, 値打ちも, 元朝秘史や, 先に, 先生だ, 先生と, 先生の, 先生一名安い, 先生風情に, 全体では, 全文を, 全篇, 全財産, 内に, 内容が, 内容は, 写しが, 出入も, 出来た九年, 分だけを, 切山椒を, 初に, 初めと, 初めに, 初めを, 別刷を, 利が, 利息しかも, 到来せし, 前に, 前まで, 前後で, 前後より, 前春泉, 割合であった, 創造と, 力を以て, 勘定に, 匂いの, 医者に, 原文に, 反古を, 受け渡しを, 叙述され得る, 古い伝統, 同じかるべき, 名が, 名に, 名人で, 名天下, 味ひ, 呼応は, 哲学入門の, 唯一の, 国民党は, 型も, 型を以て, 場面に, 声が, 売女な, 外に, 多い中, 多くを, 大まかな, 大意に, 大意は, 大檀那, 大部分, 大銭, 大鮪, 奈良茶漬けを, 如きその, 如きも, 如くんば, 如く寧ろ, 如く植村正久氏, 妙なる, 字数が, 字號を, 存在は, 安富籤ぢ, 宗教的価値減退に対して, 定義などを, 定賃, 実にもっとも単純, 宮芝居だ, 宮芝居である, 家, 家はんへ, 家へ, 家来賀川肇を, 宿銭が, 対話について, 小房の, 小盗, 小袖に, 少いこと, 尤も精采, 山水という, 川田敏郎に, 左記列項を, 差出人, 布置は, 帝と, 年号が, 年号を, 幼名を, 幽霊も, 幽霊を, 建築師の, 弊を, 弟に, 強調の, 当時の, 形の, 形式が, 往きずりの, 往復を, 律典を, 後に, 後半で, 後片, 徒とか, 御進講, 徳, 徳アリ, 悲劇などは, 意味がさつぱり分らぬ, 意義を, 意見に, 感じなど, 憲法は, 懸賞金を, 戸山英文の, 所有也, 扇箱を, 手下の, 手法などが, 手簡の, 手紙とを, 手紙を, 手縫ひ, 批評を, 抵当に, 持ち合わせも, 指導を, 挿絵を, 捜査を, 損にも, 摘象文で, 支離錯雑の, 改題という, 數, 文づかい, 文体を, 文句です, 文句や, 文字が, 文字は, 文学史, 文学史である, 文脈で, 文面で, 方には, 方の, 方法に, 方面に, 既に人口, 日付は, 日刊新聞の, 日當は, 明示する, 時に, 時呉に, 書いて, 書き手お, 書き方には, 書方が, 最初に, 最後にも, 最後の, 有用無用を, 木戸銭で, 木戸銭は, 木戸錢を, 末に, 末尾に, 末尾は, 本の, 本を, 本家見たい, 材料に, 束でも, 束を, 来て, 東夷周覧, 松明を, 柔弱な, 栄えた時代, 格式に, 梗概である, 梯子を, 構造は, 標本であっ, 模様で, 模範と, 模造物への, 機関雑誌を, 次に左, 此の, 歴史の, 死には, 死女, 死骸への, 殆ど一つ一つにも, 段, 比例で, 氈を, 水干に, 江戸ッ子の, 治玉の, 渉筆中に, 渡し船に, 湯銭を, 湯錢を, 濫觴であった, 煮豆を, 牡丹見物と, 物しか, 特に此, 特色については, 犬神人の, 狙いどころは, 率ゐる, 玩具を, 瓦楽多が, 甘酒の, 由なれ, 発信者を, 発生は, 発生を, 発端で, 百匁が, 百里を, 皮を, 皺を, 目に, 目を, 直に, 直助, 看板を, 真鍮玉一つ, 着きし日, 短きを, 破術, 示達を, 神を, 禮制とが, 秀才が, 科料猿公は, 秘句を, 税を, 種本を, 端の, 端書ぐらいに, 第九, 第二字, 筆者である, 筆者の, 筆者又は, 筆記帖が, 筋が, 精神を, 糠代が, 紙の, 素読を, 終りに, 組立に, 続きに, 綴るの, 翻訳は, 翻訳を, 聲が, 胸に, 胸を, 興らんと, 苑も, 草履が, 草庵の, 著は, 著者は, 葬の, 蕎麥を, 藪医者はん来, 虚飾を, 行方も, 行方を, 表へ, 表を, 表現法では, 裏には, 要領が, 解し難き, 言葉や, 言葉を, 計り売りし, 評が, 試験を, 試験準備で, 試驗に, 話か, 誠實さであり, 誤訳指摘を, 読取れぬわけ, 調子と, 調子に, 調子の, 講演を, 議論が, 議論を, 象は, 貧乏医者であります, 貧乏医者を, 資本で, 質に, 賽銭も, 走り書を, 趣意を, 身代りだ, 身代りの, 返しである, 返事を, 通う事, 連続な, 運動が, 運動という, 道, 道庵だ, 道庵などが, 道庵を, 道庵先生その, 道庵先生と, 違ひでも, 違法や, 遣り取りだけは, 遣り取りは, 遺産を, 都合上主文形の, 配当も, 酒手では, 金だって, 金に, 金を, 金石中, 銭あれ, 銭でも, 銭に, 銭は, 鏡を, 長きに, 長短等に, 間々に, 間に, 間にも, 間違いにも, 関係も, 難解の, 電報や, 面を, 面影を, 革命理論の, 音楽に, 響きは, 頃と, 頃まで, 頃までは, 順序を, 頬を, 頭書などは, 顏は, 顏を, 飜譯文の, 養女だ, 首, 首に, 首を, 首字を, 首等が, 香奠だ, 駄賃で, 駄鶉に, 鮓も, 鳥目とを

▼ 文~ (528, 5.7%)

13 人なり 7 下の 6 次の, 銀場から 3 かうである, さすがに, わたくしが, 左の, 手写し, 略する

2 [49件] あが, おかめ人形, おろか一文だつ, かう思つて, かう言つて, この大, さも快, さツ, それを, またそんな, 今しがた銀場の, 前の, 即ちこの, 厚い封書, 叔父と, 夫の, 女どもの, 嬉しさ, 家出し, 少しも, 幸福な, 形式上討論に, 後を, 忙しい中, 忙しさ, 急に, 憎さげ, 房州で, 手寫し, 手酌で, 早や, 時に小禽, 書かぬが, 染, 梟鵄守護章と, 漢以上詩は, 漸く膝, 癇癪の, 立ち上ると, 立つて, 笑ひ, 繁くし, 聞えぬ振り, 背後を, 載せて, 返辞を, 道頓堀で, 銀場の, 銀場を

1 [380件] あのとおり, あらかじめ決定, あらかた覺, あれは, いかにも時間, いかようの, いきなりふり向く, いたずらに, いつもの, いまどこに, いやだ, いわゆる客観的, おそらくこの, お読めなさらぬ, けだし江戸趣味, こう書きだし, ここに, このく, この琴, この通り, これで, これでし, これでしまいである, これに, これは, これまで, これを, ごく短い, しげくし, じっと宙, じつに激越, すでにその, すなわち文句, すらすらと, そなた, その人為, その内容, その前, その愛する, その文章, その法律, その署名, その首, その體, それこそ, それによって, それの, た, ちっとも恥, ちゃんと残っ, つくづくむずかしい, つと口, とうてい読みえない, とって, とてもふもと村, とても適当, どうありましょう, どうしてる, どうぞこの, ないだらうか, ない人民, なし詩仏鵬斎蜀山真顔千蔭春海等, ふいに, また別, また書か, また駆け戻っ, まだ出, みじかいほどが, みんな裂い, むしろ教養, もうこの世, もっと具体的, もとより, もとより又, やがて云った, ゆっくりと, よく地紀, わがかく, わしへ, わずかに, わたくしを, わる達者である, わろしと, ヅッケリと, ニタリと, プン, ランプの, ロランの, 一つの, 一寸顏, 一日の, 一生懸命でした, 一紙に, 三度令尹の, 両手を, 丸い顎, 事務の, 事實上行われ, 二三行に, 二日おくれ, 五郎が, 京水の, 人なりという, 人の, 人を, 今度は, 仕事を, 仮えば, 伊勢国五十鈴川の, 会員と, 何だえそれ, 何に, 何の, 何れも, 何事が, 何人に従い, 何人の, 何処かへ, 何處までも, 併し, 使徒行傳に, 例に, 例の, 信長の, 俺の, 俺を, 偶江戸黄檗禅刹記中に, 僕の, 元より, 全く書法, 全部, 兩手を, 六朝以來唐まで, 六桁の, 其の奥, 其の奧, 其數が, 其爲め純, 典雅荘重であり, 内務大臣を, 写せしも, 写生文で, 出しさ, 出しま, 初より, 別な, 別に, 前人の, 前日の, 前漢書地理志, 勿論私, 十分でも, 南洋と, 単に文, 印刷せられ, 原本に, 又六日, 古くから, 古図を, 古風である, 句読に, 可哀相やつた, 右で, 同じ, 和漢蘭に, 報道網を, 声高に, 多分重太郎, 大家たる, 大意を, 大抵その, 天下を, 天保に, 天啓五年, 天子に, 奇を, 奧に, 娘を, 字澹父で, 学生時代から, 完全に, 宝壺を, 実に好かっ, 宣長以上に, 宮廷にばかり, 寛武は, 小學生, 少しぐらつきました, 少し晦渋, 屆きたり, 展望の, 山陽歿後の, 川の, 己巳六月十四日に, 常にこれ, 幾たびか, 広く白い額, 広陵の, 底なき, 廣く白い, 弘法大師の, 張家の, 当代で, 当座の, 彼の, 志賀の, 応永ごろの, 怠る, 恙なく, 惜しくない, 愈奇也, 意味の, 意外の, 意林や, 成田小三郎から, 我が古, 我が斯く, 戰國策秦策に, 手ずれや, 手に, 手を, 拙くとも, 拙なり, 拝伏し, 撓みて, 数字ばかりにも, 文だ, 文に, 文化九年七月に, 文化六年の, 既に八年, 既に老熟, 既に蜀山人, 日録と, 明かに, 春の, 昭和十一年の, 普通道徳家例えば, 書かせないで, 書けないと, 書けません, 月の, 末に, 本日完全に, 本當, 本章の, 来に, 東洋人らしい, 果して貫一, 楊子法言太玄經の, 構いなし, 横井平四郎の, 檻の, 此く, 此中に, 武藤元信氏の, 歸つ, 死後九天の, 殆ど神品であった, 母の, 気の, 永く続い, 汝を, 決して売らん, 決して後, 泉の, 洒落れて, 活版屋の, 渋面を, 源は, 漢文で, 漢文の, 漢文を, 漢文抒情部分短歌と, 澄太君その, 牧場の, 特に抄, 特に私, 特に見目立ち, 猶解け, 率直に, 甚だ非常識, 皆この, 皇妃の, 益々美くし, 盛り返し, 目前の, 相手に, 真諦俗諦相依, 眼に, 知らぬ顏, 知らぬ顔を, 短くわたくし, 短けれど, 確かに, 確然と, 神仏混合で, 私に, 私の, 稀に, 立所に, 竹柏園の, 第一版, 第二, 第二版, 第二版以下, 第六版, 篇ごとに, 簡単であった, 米価に, 純然たる, 細々と, 綿々と, 縱ひ, 縹緻を, 織成, 美し過ぎる, 考えて, 聖賢, 聲高に, 胸に, 臺所に, 英譯に, 茲, 茶山集驥, 落着き払って, 蘇峰の, 行方不明に, 行雲流水の, 裏の, 西洋の, 要らぬ, 見て, 解消し, 言を, 言葉を, 話し出した, 語位の, 説蔽と共に, 読む者, 誰かの, 誰の, 諸家區, 讀まれるの, 讀みも, 讀める樣, 谷永の, 豊後別府の, 足利末期以後かの, 軽く他人, 輕く, 送らんと, 達意を, 遺言し, 部屋から, 酔余の, 金とは, 鉋屑と, 銭五百文と, 鏡から, 鏡に, 長きを, 阿闍梨の, 隨分下手な, 電撃の, 震いおそれて, 静かに, 非常に, 韻文, 預けて, 頗る長い, 顏を, 顔に, 飛白の, 首を, 馬を, 高崎藩から, 魏王曹操の, 魚豢の, 鹿持翁の

▼ 文~ (440, 4.7%)

17 して 14 曰く 6 書いて 5 よると, よれば 4 いう, 拠れば, 見えて 3 ある, したもの, なるから, 基づいて, 於て, 訳して

2 [23件] あらず, かう云つて, つけたの, なって, なる, なると, よりて, 与るを, 似て, 依って, 免じて, 友の, 向へば, 心を, 武に, 用いたらどう, 直して, 相當, 答へて, 綴りて, 至らずと, 過ぎないもの, 頼んだところ

1 [317件] あった, あった壁, あった言葉, あらしゃるとおりじゃ, あらしゃるとほりぢゃ, あらずして, あらずという, あらん限り, あり, ありましたもの, あるが, あるの, あるよう, ある私, ある細工保, ある通り, あれば, あれよ, いう如く迷庵, いって, いふ, いわゆるヒラブ貝, お嬢さん殺しの, お孃さん殺し, かき直すとき, かって, かの國, きわまった惜しい, くらべれば, ここを, こっちが, この作家, ございます, ござります, ござりまする, しただけの, したっても, したところ, したの, したらきっと, したり, してからが, しみじみと, しようと, しるし置けり, しろ日本文字, する, するという, する時, そう書い, その餘, たがわず間道, だつて, ついて, つき当って, つつまれた清らか, なおすと, なった, なったです, なったり, なつて, なりまんが, なるの, なるのう, なるわけ, はねあがって, まぎれない, まことにまことによく似, みんなは, もらした時代, よく尽し, よりました, パスしました, 一の, 一人は, 一定の, 一度の, 一言も, 与し永楽, 両換, 事を, 事件の, 二人の, 二合八勺まで, 二文とか, 云, 云う, 云ふんだ, 五合五勺に, 今は, 仔細らしく, 付きうた, 付三升で, 付三合五勺に, 付二合とまで, 付二合五勺京都の, 付五合ならね, 付五合に, 付四合とまで, 付四合九勺である, 何と, 余は, 作り直した物語, 使った銅板, 依ったの, 依つて, 依つて言, 依て, 依らず政治, 便も, 値上げする, 偶誤字が, 傑ぐれ, 傾き過ぎて, 傾くの, 入らん, 入り西川祐信出づるに, 入るじゃ, 入るぢゃ, 公羊穀梁二派古文に, 其風情を, 出でたりと, 出会うと, 劃然たる, 努力し, 勝てるもの, 取つたこと, 口に, 可なり相違, 合致し, 向うたん, 哀惜し, 唐の, 商って, 嘘字だらけの, 固定的な, 堪能な, 売りやんせば, 多く見え, 夢中に, 天正の, 天祐に, 好く応待, 存するもの, 孫乾糜竺簡雍あり, 害を, 小石を, 就いて, 就て, 尽く調, 属し語, 左の, 巧なる, 巧みなるところ, 巧みに, 常松迂, 幾囘か, 引いて, 引きずられて, 強て, 当たり家内五人, 当る抒情部分, 当局の, 形見の, 従いて, 従つて作詞された, 志す, 志すもの, 急騰した, 恐きい, 感心した, 成りますが, 或る, 所々古代の, 所謂鳥其巣を, 拠ったこと, 拠って, 拠ること, 拠ると, 接すると, 掲げもって, 換算する, 據ば, 據る, 改めてみ, 斯かれ, 新しく訳した, 於いては, 於ては, 於ても, 明かりを, 明記し, 暗示され, 曰く一筆しめし, 書いたよう, 書かれた良人, 書きかえ敷衍, 書きなおすこと, 書き改めて, 書き歌, 書換へる, 書直せ, 楯つく, 極楽の, 樗は, 次で, 此二字が, 比するも, 氣の, 沢と, 河内の, 注し官, 準じた人, 無礼でも, 照らせど, 燒附き, 牧渓の, 用いるには, 由つて考ふる, 由つて覊旅の, 發現した, 直されて, 直したもの, 直すと, 直ちについで, 相当する, 相成り中, 相違ない, 眼を, 移行しない, 立ち入るの, 立つて, 竜の, 童歌風の, 答へ, 終りを, 続いて, 続くパラグラフ, 綴って, 綴つてやかましく, 綴るを以て, 綺語に, 署名した, 美貌と, 翻訳した, 翻訳したら, 翻訳する, 老練なる, 耳を, 聖母を, 至っては, 至つては, 至ると, 至れば, 艶なし, 融け合う美し, 見えたるも, 見えたる物学び, 見えた代表的, 見える的場新三郎, 見える鉢叩き, 見ゆる如く, 見られるよう, 親しむ機会, 親んで, 記して, 訳すると, 訳すれば, 詩に, 詳なり, 詳説が, 認め差上, 説いて, 變つて來た, 負けない悪党, 負けなえ, 負けろっ, 負ふ, 買った, 質入れし, 起草する, 身を, 載せてないの, 近い形式, 近く語に, 近づいて, 述べたごとくであるのみ, 述べたよう, 述べた様, 述べるとして, 送つた方, 通ふ, 逢ったが, 過ぎない, 過ぎないが, 過ぎないので, 過ぎませんが, 違えねえ, 違背し, 遭う, 酒一升じゃ, 重ねて, 釣られて, 長ずれば, 関連し, 閣臣弾劾の, 閣臣彈劾の, 關し, 限らず僕等, 陥りさうな, 隠顕は, 頼り過ぎて, 題して, 顔を, 飜訳する, 飜譯された, 飾り立てて

▼ 文~ (347, 3.7%)

27 ある 8 あった 5 此御館へ 4 あって, 来て, 物の, 胸に, 載せて 3 あつた, あるので, 出來, 書いて, 目に, 落ちて, 附いて

2 [20件] あつて, あるから, こんなこと, したためて, どうした, なかったら, はいって, 一つ, 一番意味の, 三百幾十本と, 人手に, 來て, 出て, 向うむいた, 最初の, 現われて, 白いの, 短くても, 読まれたとき, 鍵の

1 [226件] あったか, あったが, あったと, あったとやらにて, あまり物々しい, あらわれた, あらわれました, ありやす私, あり又, あり次年一月, あるか, あるため, あるだろう, あんまり沢山ある, あんまり短く, いっぱい, うつる, おぶつ, お馴染, かくの, きっと前, くすツ, ことに私, この町, これを, さう云, しのばせられて, しばしば八, すきである, そこに, そのまま光, その儘, それに, たちが, だんだん途絶え, ちかごろむやみ, ちがわあ, ついて, できた, できまた, でた, でたお, とこ位より, ないと, ないまでに, なくなる時, なければ, なんである, のこされて, のった, のって, のりとごとで, ほ, またいつか, やりたい, よみ上げられた, サワアザミの, バルコニで, マアザミの, 一兩と, 一通平次は, 一通指先で, 三文でも, 上海において, 下りました, 不足に, 之を, 予め計画, 二カ所に, 二人称の, 二十四で, 人を, 人一倍長, 今朝殺された, 他人の, 付けて, 何百年も, 使ったという, 來た, 全くない, 全部会話である, 再び重宝, 冗長に, 出た, 出たら検閲, 出来あがるの, 出来たこと, 出来て, 分かるやう, 分つて, 分つてあつ, 分る, 加った, 勝つて, 十八文で, 十八文と, 千通來やうと, 即此, 参ったらしゅうござりました, 古文に, 右と, 同時に容器, 唯一の, 國史に, 墨子の, 外に, 多い, 多くまた, 夥しく振り仮名等, 大分交つてゐる, 大方そうな, 太宗を, 妙に, 存外重き, 守り袋, 定ぎめ, 実に面白く, 家庭の, 寄せられた, 届いた, 届いて, 届けられて, 届けられても, 帰ったか, 帰って, 帰ること, 平素は, 引いて, 張家に, 往々に, 後に, 得分なり, 必要が, 恰も三十年昔, 情けねえ, 意味の, 成つたから, 成文された, 所々裏の, 手拭で, 挿入された, 掲げて, 散文體にな, 数多くそこ, 新聞に, 新聞紙にでも, 新聞紙上に, 斷片的に, 時々植源, 時節柄極めて, 書けるイメージネーション, 札幌へ, 来た, 来たの, 来ても, 来ました, 欠けて, 欲しかつ, 歸る, 死んで, 残って, 毎週現われた, 河内介以外の, 深沢君の, 添えて, 添は, 無事に, 父を, 物し得ない, 独断で, 率直に, 王莽を, 現れた, 現われた, 現われたの, 現実の, 生きて, 生れる, 百文久銭一つが, 益々活溌, 目あてだった, 短いにも, 研究され, 私の, 第一版, 簡潔で, 紅で, 臨終の, 自分に, 自由な, 芸術品である, 茶山は, 行はれ, 行状の, 見えて, 見られるよう, 解けたん, 解される者, 言って, 言葉に, 記されその, 読まれた, 貼つて, 資料の, 質に, 載せられて, 載った, 載つて, 述べて, 送られた, 過去の, 邪輪なる, 鉄扉を, 鐫し, 長いから, 長きが, 長くし, 間に, 関の山である, 附けられて, 隨所に, 頗る解し, 頗る長かっ, 風邪ひかねえ, 鮮血に, 鳥目とを

▼ 文~ (248, 2.7%)

8 と安 4 の手, の顔 3 だ, の眼, は

2 [11件] その余, その外, です, といふ元結, と安兵衛, は安, は手, は手早く, は草, は顔, は黙っ

1 [201件] かしこまりましたと, が, があきれ, がきっと, がこう, がずいと, がたち上がった, がつづける, がとぼけた, がぴょこりとおじぎをして顔, が上がり框, が住まい, が動きかけた, が危なく, が台所, が声, が安, が小首, が山田信之助, が店, が息, が戸, が掌, が死ぬ, が死ん, が江戸中, が煙草, が生まれた, が町役人, が確かめ, が立とう, が細目, が逃し, が飛びこん, が飛び起き, が驚い, きき腕, すなわち英三, そっと戸口, そもそも何, だいるか, ちらと, でした, でなくても, ではない, という此奴, という男, といふ医博, とお蔦, とぱったり, と二人, と伊太郎, と侍, と守人, と御免安が, と御免安兵衛, と漁師, と申しまし, と篁守人, などにはよく, にさえぶちまけない, にとっては何者, にはそれ, にはわかっ, には当初, には考え, には記憶, にひそか, のうしろ, のからだ, のことば, のさし, の介抱, の口, の命, の大, の妻満子, の家, の心, の心尽くし, の心配, の憤怒, の懐中物, の手口, の真意, の答え, の耳, の背後, の胤, の胸, の胸倉, の腕, の腹, の船, の茶, の表情, の袢纒, の親切, の負け, の身持, の頭, はあと, はかあっと, はきっと, はぎょっと, はくり返し, はぐいと, はここ, はこみ上げる, はじろりと, はすぐ, はずかりと, はそのまま, はそのままぴったり, はたち上がる, はちょっと, はちょっとどきんと, はちら, はつきとめる, はつられ, はどう, はなんと, はにっと, はにらんだ, はのっそり, ははいっ, ははじめて, はぱっと, はひそか, はびっくり, はふと, はぶるる, はほっと, はまごついた, はますます, はめったに, はわけ, は丁寧, は不吉, は二度びっくり, は今, は何, は先, は命, は四つんばい, は土間, は壁, は外光, は実に, は店, は強く, は急, は感心, は手当たりしだい, は早く, は暇, は櫃, は死ん, は相変わらずちびりちびり, は真っ, は眠, は空, は笑い出した, は笑う, は笑った, は米つき飛蝗, は考える, は腕, は腰, は血, は袂, は跡, は連雀町, は静か, へ一刻, へ向き直った, まだ四十, もいささか, もぎょっと, もすまし, もちょい, もまごつかざる, も安, も安兵衛, も眼, も知らない, も立ち去った, も笑っ, も続い, よりも安兵衛, をつかまへ, をはじめ岡っ引き一同, を始め, を待っ, を放し, を案内, 何やかや今, 再び帰った, 思わず, 思わずあっ, 見得

▼ 文~ (197, 2.1%)

4 なって, 書いて 3 符する

2 [19件] ある, いって, する慣例, それに, なる, カキツバタの, ピッタリ吻合, 事との, 云うの, 云ふ, 云ふお, 会話とを, 入れ代り, 普通の, 源太郎とが, 源太郎とは, 申すでは, 術とに, 飯炊きの

1 [148件] あはせ, あるが, あるに, あるの, あるよう, いうべきである, いうんでさ, いえども, いくらかの, いひ, いひ歌, いふべく覺, おっしゃって, おっしゃられたん, かけ碗, きめて, くらべて, し, すると, せるを, その次, なくつまり, なしたの, なしふるえる手, なったが, なった人, なつた, なりて, なりマローリー, なる恐れ, のみ込んで, むらむられい, やや精神, イサックを, 一緒に, 七文で, 両方持ちよらなけれ, 中の, 二月十九日に, 云うある意味, 云うその, 云うもの, 云う女中, 云う相場, 云っても, 交錯し, 他の, 似て, 併せ読んで, 僞傳され, 入れますん, 兩方を, 其点だけは, 内弟子が, 出すん, 分配しつ, 勘定を, 募集句との, 参照する, 句とを, 号するよう, 合せて, 同じく全く甚, 同じく嘗て書かれた, 同じこと, 同じ地位, 同じ繪, 同一と, 同様に, 名づけたる君, 君子の, 唱えとの, 図とによる, 図式を, 報告文学との, 売揚げ帳を, 對照する, 對話と, 小柄が, 巡査の, 度人經上卷とを以て, 庭訓往來に, 庭訓往來は, 庭訓往來を, 引用文との, 形見の, 忠円の, 思う気遣い, 思ひきや, 成る言, 支那文の, 文との, 曲人の, 更め池の, 會つた, 来た日, 染めぬいて, 武とは, 殆全く, 母親は, 比較し, 流して, 深く首肯き, 溜めて, 演出者の, 照らし合わせて, 申して, 申すも, 申す事, 申す者, 異なる文体, 直江志津の, 相場が, 相談し, 称した, 称すべきもの, 称する文字, 積っても, 米良は, 米蔵に, 聞いちゃ, 袁世凱の, 見ずして, 言いさまで, 言うの, 言うもの, 言おうか, 言ったところ, 言つた昔に, 言ふ, 言ふこ, 言ふも, 詩とを, 誓紙とを, 読めですか, 諺の, 賊の, 質と, 質とが, 踏んだ手の内, 過去帳一本の, 違い実, 違つて舞臺文學である, 酒一升は, 雖も, 雖亦然, 離れて, 騰貴し

▼ 文~ (195, 2.1%)

9 の顔 5 の貌 3 のおけ, の容子, の感情, の方 2 にいじめられた, には死し, に対する感情, に感染, の傍, の如き, の眼, の胸

1 [153件] がいそいそ, がさもさも, がシケジケ, が二葉亭, が免職, が力, が尋, が格子戸, が窃む, が続い, が腹立, だけは東京, です, でない顔色, という荒神様, とおけ, とても白痴, とは師弟, とは誰, とやらお前さん, とよく, と何, と喧嘩, と差向い, と思へ, と懇ろ, と文三, と親しく, と顔, におけ, にはお, にはそれ, にはそんな, には人, には似合う, には信切, には平気, には昨日, には気, には辛い, にもと言う, にも解る, に云わせる, に勧め, に厭, に向, に学問, に対しては気, に心, に手, に昇, に立腹, に背いた, に衝当ろう, に衝当ッ, に親しむ, に親しん, に配, に間違, に間違ひも, のお, のみは愚昧, の事, の亡父, の人, の人形, の今, の位置, の僻み, の光景, の免職, の出よう, の出京, の前, の十四, の品題, の妻, の嫁, の屈托, の影口, の得策, の心持, の思う, の息気, の懸けた, の所, の挨拶, の既に, の時, の智識, の某省, の様子, の欠伸, の歸, の死骸, の決心, の為め, の畜生, の疑心, の病原, の痛痒, の真, の絶望, の罪, の羞, の肚, の肩, の背長, の胸算用, の萎れ返る, の行方, の言葉尻, の説話, の跡, の身, の近来, の顏, の顔色, の高座着, の鬱々, はうな, は恨めし, は畏, ばかりじゃ無い, への挨拶, また慄然, も, もその, もよろず, も今, も今朝, も怫然, も暫らく, も最初, も略, も遂に, も黙, や何, を庇護, を殺した, を殺せる, を男, を疾視, ホッと, 再び我と我, 周章てて, 堪りかねた, 如き者, 始めて, 実は叔母, 畏ろ, 立ち止まッ, 覚えず身の毛

▼ 文~ (151, 1.6%)

6 あつた, 書いて 3 あつて, 売って 2 みても

1 [131件] あつたの, あらうが, あらうと, いいという, いいの, いふ談判, いろいろ余裕, おもしろいの, お屋敷, がんす, きまりが, げすどうかよろしく, げす藁草履, ござります, しかも歐文活字, すなわちそれ, せいぜい原稿紙二枚, せっせとお誘い, その中, その労作, それでこうして出かけ, それを, たくさんに, ただ父, なみの, ほぼ見当, まア馬鹿, やったのに, やはり白く, やりてえもん, よいの, よく我が, よろしゅうございます, ウェルズは, チヨツトねる, ファウスト論を, モウ五文とは, レスプブリカ, 一々人名, 一通り漢字を, 一遍に, 上巻の, 乳下水に, 今から, 伝へられた, 伝へられて, 作製され, 例へば仏蘭西文, 俗に, 僕が, 先頃お知らせした, 冷たいもの, 分る通り, 十八文で, 印刷に, 原文の, 唐時既に, 売りに, 売り出したため, 売り出したり, 売り渡せとの, 売り込んで, 売ること, 夜店に, 密告した, 居士は, 届いて, 帰れるか, 平假名, 幾度読ん, 彼の, 後には, 御座ります, 必要なら, 或る, 支那流に, 明白だ, 時間と, 普通の, 暮らしを, 書いたロシア語, 書いた本, 書いた近世人, 書いてから, 書かれたイタリア, 書かれた日本, 書かれた最後, 書きおなじ, 書きその, 書きまた, 書き入れて, 書くより, 書く以上, 書けば, 書生在, 月利十三文などと, 有頂天に, 榛軒を, 水の, 湯札を, 濟むといふから大した, 濟むところを十二文と, 田舎道の, 盗賊見舞に対する, 相手の, 紙屑屋なんぞに, 結んで, 綴って, 芝居の, 見せると, 見なほ, 見ると, 見るん, 記したの, 記して, 診て, 認めて, 請持ち, 買いしめた上, 買うても, 買えた時代, 買える, 買ったから, 買った拙者, 買って, 買つ, 起草され, 足の, 面白い, 飛ぶよう, 駿河半紙は

▼ 文~ (146, 1.6%)

5 を見る 4 の研究 3 に至つて 2 との異同, につき論ぜる, に次ぐ, の中, は七略, は班

1 [122件] からあまりに, からである, があつ, がある, が一番, が之, が出, が古, が最も, それから揚雄, それから隋書經籍志, だけは通史, であるけれども, ではこれ, では古, では史記, では含ませ, では色々, では起居注類, でも經籍志, で班, とか或は, とか經籍志, となつ, との相違, との間, と云, と同じ, と申します, などと云, などにも明か, なりに載, にある, につき論じ, になる, にはかく, には劉向, には各部目, には天文類, には文史類, には明, には詩式, には譜牒類, には載せられ, にもその, にも中, にも校正, にも舊唐書, にも載, によつて, によれ, に五十五篇, に何, に依つ, に墨家, に大, に對, に徴, に明, に書い, に本草, に殘つて, に班, に移つて行つた樣子, に見えない, に見える, に載せ, に載せられ, に載つ, に遺る, の, の一變, の云ふところ, の作り方, の六略, の六藝略, の分け, の基礎, の大, の如く, の數術, の方, の時代, の神農二十篇, の粗略, の缺點, の行詰り, の評論, の詩賦略, の説, の頃, は今日, は北宋, は大, は心, は明史, は果して, は注, は行き, は體裁, は黄虞稷, までは七略といつて, までは文史類, までを幾らか, もこの, もこれ, もその, も崇文總目, も攻撃, も斷代史的, や王充論衡, より隋書經籍志, を作らぬ, を基礎, を讀ませた, を讀む, 並びに崇文總目, 即ち今日, 即ち別録, 即ち劉向, 若しくは經籍志, 若しくは隋書

▼ 文さん~ (114, 1.2%)

4 のよう 3 が好き, は私 2 から新しい, の, の兄さん, の家, の櫛, は絹機

1 [92件] が, がお, が人, が夕飯, が朝飯, が露伴先生, そうです, であつ, でも, というの, という常磐津, といつ, といふ女, といふ風流人, とかなり, とか言った, との邂逅, とやや, と一緒, と云, と共に祇園, と同い年ぐらゐな娘, と女中, と言つて, と話し, と話し込んだ, と遊ん, と長谷川, どうかお, に, に合い, に妙, に床, に成り代わっ, に見せた, に訊い, に誘はれ, のお, のお母さん, の二番目, の前, の弟, の文章全体, の日課, の本妻的地位, の涙, の直ぐ上, の許, の部屋, の頭, の顔, は, はあの, はその, はやがて, はガラス戸, はグッ, はヅネエ, はマッチ, は二度, は保証, は昨日御免, は更に, は此地, は相, は笑い出した, は給仕, は老いた, は色々, は袖口, は親思い, は話半ば, は長男, は降り, は顔, は黙っ, ばッ, も不思議そう, も何時, も往ッ, も息, も疾うに, も腕まくり, も過去, も首尾, や私, をあまり, をつれ, を堅く, を離れ, 憤ッ, 疾く為

▼ 文~ (113, 1.2%)

27 丞の 16 丞が 15 丞は 7 丞様の 5 丞を 3 丞から, 丞と 2 丞という, 丞との, 丞とは, 丞には, 丞にも, 丞はと, 丞も, 丞様が, 丞藤原光次, 進

1 [17件] 丞, 丞この, 丞さんが, 丞さんとの, 丞様という, 丞殿お, 丞殿と, 丞殿は, 公事物被, 助が, 助は, 助君, 助君には, 助茶屋, 和尚の, 進常徳の, 點の

▼ 文~ (95, 1.0%)

2 ある, した, 唯だ

1 [89件] あった, あらん, ありいつも, ありましたが, あり唐草蓮珠, あり歎願書, あッた, いつもの, おとりあげ, かたり取られたの, ございませぬ, しどろもどろに, しないガラス玉, すべて武内氏の, する, それに, ともすればその, なく, なさそう, なし, なし曲, またそのまま, また極秘, みえず岸, やはりさう, やめに, よく見ない, トルコの, 一つの, 一度に, 一緒に, 丁寧で, 上納し, 世間へ, 交わされて, 亦た, 亦経籍訪古志, 今六年以前なら, 会話も, 何れも, 余計に, 作られて, 借りたこと, 借りたること, 兆殿司をも, 入つちや, 再三, 出すの, 出来ませんよ, 十人並の, 又, 同じ事, 困りもん, 多いやう, 多分それ, 得たいそれ, 恩賞から, 払って, 持っては, 持つて, 持出さない, 掲げて, 暗き男, 書いて, 浮気な, 無い野郎, 理も, 理路整然として, 目の, 破いて, 筆蹟も, 綴るこの, 置いて, 能く, 見ゆ, 見習わせるが, 覚官的で, 記憶で, 語る上, 読む者, 貸して, 貸す氣遣, 赤脚子も, 透徹る, 通はせ, 達者で, 遺憾ながら, 遽に, 雪舟も

▼ 文次郎~ (89, 1.0%)

2 の母親, はまだ, を武士

1 [83件] から百両, が帰っ, が怪しく, が憎, が来ない, だけは石油, であった, であります, ですよ, という若い, とお, と吾妻屋, と私, と自分, と變, と駕籠屋, なら自分, にあの, に出逢っ, に逢つて, の仲間, の冤, の出入り, の田, の眼, の袖, の貧しい, の関係, の顏, の顔, の首, の麦, は, はあの, はここら, はさ, はその, はそのまま, はひどく, はまた, はもう, は二人, は仕方, は何だか, は何ん, は再び, は勇二, は十一, は困惑, は引っ返し, は思わず, は浅黄色, は町内, は答えた, は素知らぬ, は舌打ち, は薄暗く, は血, は裏, は見, は足拵え, は路地口, は迷惑, は風呂, は駕籠屋, もどう, も倒れる, も共に, も目, も確か, も繼母, も若い, も血気, も駕籠屋ら, をいい, をさそい出し, を名, を呼ん, を寄せ付けない, を擧げた, を救, を縛つた, を縛つて

▼ 文ビル~ (76, 0.8%)

308 へ行く 3 へ一時, へ出る, へ行き

1 [29件] で, でけい古, でけい古始め, で又, で四時半, で大阪, で宣伝写真, で新入座員, で本読み, で歌, のけい古, のけい古場, の女子研究生募集, の方, は, へ出かける, へ十一時, へ寄る, へ座員集合, へ引か, へ引返し, へ引返す, へ急ぐ, へ戻り, へ樋口, へ芝居, へ行っ, をとりまい, 迄

▼ 文~ (72, 0.8%)

3 の如く 2 に事え, のこと, の位, の時

1 [61件] が周勃, が行方不明, が陳, が靖難, すなわち天下, とも事々, と共に所謂数, と深, と諡, なること, にある, にし, に代, に勧め, に寵せられた, に対して如何, に於ける, に申せ, に異なる, に親しく, に雲南, のとき, の主, の事, の仁柔, の国, の如き, の宮中, の少子, の左, の建立, の弟呉王允, の情, の所在, の時代, の為, の皇考興宗孝康皇帝, の詩, の開皇, は今, は位, は如何, は後ろ, は指, は洪武十年, は靖難, は魏晉以來, もついに, も名君景帝, も詩, や北魏, をいう, を弑し, を物色, を迎え, 未だ生れざる, 未だ生れず, 猶在り, 生れて, 立ちたもう, 立ち羨

▼ 文~ (71, 0.8%)

2 が帰りました, が慾, とお, は, は平次

1 [61件] か利八, がやくざ, が一番, が下, が包, が又, が擧げた, が殺す, が見付け, が遊人度胸, だつたの, であるより, でございます只今, ですが, というの, というもの, という役割, といふ男, と一緒, と伊勢屋, と石井, と聞こえた, と言, ならなついて, にさう, にふまる, に引つ立てられました, に訴, に違, のところ, の兄, の口, の喜び, の確信, の船, はそんな, はどこ, はよく, はツイ湯島五丁目, はホツ, は七日, は三つ七つ, は使, は口, は居ない, は巧, は念, は懷中, は本, は無, は留守, は親, は許し, は逃亡, は頑として, は餘程金, も別れ, も願い, や供, を供, を引留め

▼ 文~ (70, 0.8%)

5 に就い, の考察 2 が可, の微妙, の美し

1 [54件] から論じ, がさうな, が一變, が好き, が宜, が廣, であるし, で先づ自分, としてもつと, となり, とを獲得, について論じ, になつて, にも似ず, に同じ, に慣れ, に斟, に書き分け, に浮身, に苦心, に關係, の上, の中, の俄, の創始, の古くさい, の場合, の所有者, の故に, の明快, の正確さ, の流暢, の生れた, の高, の魅力, はあるまい, はルーズ, は一見, は先づ, は必ずしも, は此作, は注意深く, は知的, は美し, は美しく, をなす, をペダンチツク, を創め, を形成, を持つ, を探つ, を模, を論ずる, 次第に北

▼ 文~ (68, 0.7%)

3 は頭 2 が, はその, はどこ

1 [59件] か, かなに, がいつ, がとっ, がどこ, がなんとも, が宰相, が川, が払えない, が詩集, そうだ, だ, だから一ツ飲, という名, といふの, に, に会つた帰り途, に信任, に小さい, に気, のおかげ, の二十七年, の今夜, の前, の去った, の外, の子, の最後, の来る, の発起, の篇, の黙っ, は, はき, はこの, はじっと, はそれ, はどうにもこう, はまた, はやっと, はよく, は不意, は儒墨, は天下, は思っ, は恵まれた, は昨日お前さん, は更に, は泳ぎ, は熱, は狐偃, は留守居, は続けざま, は自分, は試み, は謀略, は路地口, は長く, を揺り起こし

▼ 文~ (60, 0.6%)

2 がある, に關, を渉獵, を知らない

1 [52件] から外廓的, から溯れる, が乏しく, が曾, が豐富, だけが全部, である, で見る, とか史實, としては, とそもそも, とを一致, と實物, なども殘つて, にない, になり得ない, には見え, にも屡々, による, に傳, に就, に引き, に現, に登録, に著しい, に見えた, に見はれた, に記載, のうち, のない, の堆積, の始まつ, の斷片, の溯れる, はある, はこの, はまだ, は大略ヘレル, は既に, は清, もあつ, をさがし, をすかし, をたくさん蒐め, を唐, を引い, を見まする, を見る, を讀み, を貸し, を超越, を集め

▼ 文~ (56, 0.6%)

2 の二将, は, を討った

1 [50件] か, が単身, が生きかえっ, が黄河, であった, などが一斉, などに至っ, などの荒武者ども, などの首, などを斬り, にも立ち, に当っ, に邪魔, のごとき, のすがた, の両, の両翼, の二大将, の二雄, の前, の声, の大, の影, の敵, の用兵ぶり, の馬, はぎょっと, はすぐ, はそれ, は一躍, は即日, は帰陣, は引っ返し, は急, は敵, は袁紹, は顔良, もただちに, もついに, もみだれだした, も気づい, も河北, らの, をつつんだ, を大将, を生, を討たせた, を討ったる, 顔良の, 麹義などの

▼ 文~ (54, 0.6%)

2 の家, は新聞, を駅

1 [48件] がきく, が凄い, が帰っ, が心配, が挿絵, が昨日, が来た, が玄関, が発狂, が足萎え和尚, という新聞記者, に巨勢博士, のところ, の到着, の女房, の後日, の手, の折角, の新聞, の記憶, の証言, の話, は, はうっかり, はそれ, はそんな, はひれ伏した, はもうすこし, はホッ, は一礼, は五十銭玉, は今一度畳, は土, は女房, は直感, は着のみ着のまま, は身体中, は迷わず話しかけた, は電車, は青い, は青く, もその後, も何度, も彼ら, をたよっ, を引きずり起こす, を置きのこし, を迎えた

▼ 文總目~ (54, 0.6%)

2 の如き, の序録

1 [50件] が書毎, である, では史通, では氏族部, では道家, で鄭樵, といふもの, と此, にあ, にある, になる, には, にはない, には一一唐, には歳時類, にも亡書, にも孟子, によつて, によつて一つ, に於, に書籍, に至る, の中, の出來, の出來たより後, の大, の完本, の實録, の復興, の時, の編纂, の解題, の間, はかう, はすべ, はやはり, は大, は後に, は殘闕, は注意, は滿足, は皆解釋, は若し, は解釋, も同じ, よりも遙, より實録, をほめ, を根據, を標準

▼ 文鏡祕府論~ (53, 0.6%)

12 の中 7 と云 2 に依つ

1 [32件] があつ, がある, がなかつたなら, が今日殘つて, が殘つて, が無, であります, で今日, で分る, といふもの, と對照, と申します, に依る, に引い, に引いた, に引かれ, に採つ, に關係, の一番終り, の卷一, の四卷目, の序文, の種本, の第, の終り, の重大, は其の, より外, をもう, を作られる, を書かれたらう, を書かれる

▼ 文でも~ (49, 0.5%)

3 出して 2 二百文でも, 貰って

1 [42件] あの門番, おら出せねえ, お上げ, お恵み下さいますれ, して, せいぜい破損修理, それを, つけて, なく僕, なければ, やると, よいが, わかるとおり, 三文でも, 二文でも, 余分な, 余分の, 割返しだ, 地蔵堂の, 増せなどと, 届けて, 廿四文でも, 御回向, 御書き, 恩に, 戴きたいもん, 投げるの, 投げ込むよう, 持ち出すこと, 旦那様へ, 書き送るやう, 構わない, 欠けるならたとい, 欧文でも, 無心する, 置いて, 若様に, 見るよう, 貴様の, 贈る思召, 隠して, 非常な

▼ 文~ (48, 0.5%)

3 の姿 2 の子, の曲, はその, は天下, 之易

1 [35件] がなくなられた, が何, が歿, が渭水, たれば, である, といつた, とかの事, とは誰, と称し, と親し, におよぶ, になりたがっ, に献じ, に相違, に見出され, に食せしめた, のよう, の作, の声, の如き, の文, の時, の楽, の気持, は杖, は王自身, は稀世, は自分, よりもまさつ, を佐, を祀, を釣り出した, 既に没し, 既に没したれ

▼ 文という~ (47, 0.5%)

3 のは 2 のが, のです, のを, ものを, 者です

1 [34件] おくり名, お人, お足を, ことだ, ことに, ところただ一個所だけ, ものだ, ものであろう, ものとの, やつだ, ような, りっぱな, 一体が, 一巻の, 人から, 博士も, 名は, 大きさ, 大根を, 女の, 子買いましょう, 定めであった, 店を, 手は, 文句を, 方で, 方です, 特異な, 男が, 者が, 腰元の, 英雄の, 英雄は, 言葉の

▼ 文~ (47, 0.5%)

2 の上, の指環, の旗印, を六把, を出し, を描い, を集め

1 [33件] が一枚, が世, が暗い, でもねえ, でも天宝銭, で吉凶禍福, と十手, と小判, と櫛, なるもの, の孔, の文身, の旌旗, の旗三四旒, の青く, は銅質善良, または胡桃, もてぜひ, や二十五文銭, や銭形平次, を三枚, を並べ, を入れた, を投げ, を投ら, を掴み出した, を描かせ, を新, を磨い, を藁, を買い占め, を選り出し, を金

▼ 文~ (46, 0.5%)

1 [46件] がお礼, が不思議, が五十四, が写山楼, が意外, が訪ね, たいしたお方, だ, ででもあったら, とか容斎, と交遊, における, に詩才, に限らず, に鞭撻, のところ, のイカモノ, の名山畫譜, の四季, の大幅, の如き, の富士, の寫山樓, の屏風いっぱい, の山水, の弟子, の後妻阿佐, の懸, の描いた, の教, の歿, の滝, の画塾, の絵, の門人, の頃, の高弟, の鹿, は, はより, は前, は四十三歳, は抽斎, は松平楽翁公, は田安中納言家, もさすが

▼ 文麻呂~ (46, 0.5%)

2 の姿, の背後, は何, は何やら

1 [38件] から今, から数歩, が右手, が向う側, が現れた, が現れる, が立っ, ぎょっとし, その差しのべられた, と云う, と清原, の不穏, の後, の心, の方, の様子, の眼付, の育てた, の胸, はしばらく, はそっと, ははっと, はひとり, は傍, は初めて, は呆然, は得体, は清原, は言葉, は身, は魂, は魔, もう一度今度, も清原, やっぱり時間, を前, 何やら掴み, 突然何

▼ 文には~ (40, 0.4%)

2 あの十貫目以上

1 [38件] あたと, ある自在, こう書い, この前, これは, その終り, もっと外, 余りなかっ, 偽飾, 別に返事, 又逍遙子, 古くから, 句読点のみ, 國學に, 坂東一帯の, 多くこれに, 妙味が, 常にこれ, 平秩, 彼が, 必ず女, 手厳しかった, 斯う書い, 旁證が, 普通に, 次の, 漢学者の, 王莽の, 疑いが, 直接に, 粥河圖書は, 見えて, 誰と, 赤青の, 足下に, 返事を, 違ひない, 適用する

▼ 文~ (40, 0.4%)

2 が云った

1 [38件] がとりなす, が畑, が番小屋, が能, が訊き返した, と平助, と畑, に振返っ, に振返り, に渡し, に番, に麦藁, の娘, の心, の血, の額, はこの, はしばらく, はじりじり, はその, はひた走り, はもう, はもそもそ, は告げた, は堪らなくなった, は尋ねた, は平助, は心底, は梅子, は止めず, は此, は約束どおり, は読みおわっ, は驚い, を見, を見た, を見つけ, を頭ごなし

▼ 文~ (39, 0.4%)

3 のかいた 2 の態度, は自己

1 [32件] がここ, たりし, だと, というもの, として, としての田山氏, とでもいつた, と称せられる, と言われた, なるもの, の一特質, の人事, の人間, の得意, の描く, の描写, の文章, の立場, の筆, の篇目, の花袋, はそんな, はま, は三文, は之, は地団太, は思う, は泣かずし, もこう, もまた, を投票, を解し得ぬ

▼ 文~ (38, 0.4%)

2 の巨人, 片信

1 [34件] なれば, にも批評界, に之, に人間派, に偶, に出, に多少, に子, に小天地想, に望むべからざる, に求め, に立ち, に立っ, に紹介, に関係, のみにはあらざりけり, の仕事, の前途, の巨匠, の慶事, の批評家, の浪士, の牛耳, の筮卜者, の継児, の衆生, の魔障, はいと, は依然として, は多望, へ再び, も進歩, を動かしき, 及び劇界

▼ 文~ (37, 0.4%)

2 和文を, 磊, 詩の

1 [31件] あるいは鋭い, かてもう, または聖書, ものを, 七百文は, 三四十本の, 作らぬ人, 八文の, 又元, 名所話なんかを, 国司の, 広告が, 文字花の, 日本人の, 書道史の, 歌には, 法帖の, 猶太語の, 英文の, 蒔絵が, 衣裳を, 詩では, 詩によって, 読む, 論説を, 諺文や, 警察や, 近く仕ふる, 這入って, 随筆やとも, 頭字や

▼ 文~ (36, 0.4%)

3 を描いた

1 [33件] ある黒き, いろ, から出た, がつけられ, が出, が氷柱, が現, が色々, が黒, であ, であり釉, である, として最も, とも考, にし, にもみせ, に依, に依り, のある, の押花型, の暢達自由, は土器時代, は時代, は釉, も濶達, や手法, をつけ, を描い, を描き, を瓦器, を織る, を貼付けた上, を釉

▼ 文~ (34, 0.4%)

32 おまけに, ぞ

1 [27件] から双方, から此, か銭, が日本, が時, が馬鹿, つて中味は, つて只は, ということ, というの, とかいわれ, とかないしはまた, とか三十文, とこちら, としてあり, とすれ, とも言, と思われる, と文章, と最初, と知る, なきっと, なア, よ校長さん, ネッドの, 今度皆の, 十八文の

▼ 文~ (34, 0.4%)

3 を一枚 2 が一枚, を描い

1 [27件] がこの, がたつた, が三つ四つ, が三枚, が二三枚, が五六枚, が少し, が岡浪之進, が續, では埒, でやられた, でゴシ, の伏勢, の文身, は世々英勇, は何時, は持つ, は額, ほどの丸い, も八門遁甲, を一枚投, を三枚貰つて, を勘定, を投, を描かせ, を糸, を釣つた木綿糸

▼ 文から~ (32, 0.3%)

2 一朱二朱まで

1 [30件] ここまでは, この二文字, しまひ, できたよう, どんなこと, 二十三文位の, 二百文で, 何故そんな, 入って, 出発した, 分離し, 削除する, 十四文十六文二十文と, 始って, 引き出されて, 影響せられ, 成って, 手前勝手な, 推すること, 推測する, 百三十二文さらに, 百三十文位の, 百六十四文二百文に, 百文まで, 蓮花に, 論語の, 譯出せられた, 選り出したの, 酒井所司代の, 離れ歌自身

▼ 文なし~ (31, 0.3%)

2 だから, になった, 正月

1 [25件] だ, だから空, だといふ, だ恥, であるとは, では, でも酒, でピイピイ腹, で帰るなんざア, で横浜, で飲みやがった, となつちやつた, なので, になつ, になつた, には少々, のヤクザ野郎, の書生, の素寒貧, の詩人, の身, の身の上, よりもつらい, 漢は, 説者は

▼ 文にも~ (31, 0.3%)

2 見えて

1 [29件] あたいしない代物, それは, なして, なほ験あらず, ならないもの, ならなかつたの, なるわけ, はやくその, 一々手本, 一向にその, 不忍池, 人, 仲冬上卯相嘗祭と, 其次第は, 売上げるゆえ, 奥州の, 小人の, 当たらざれば, 明記し, 昼夜研究と, 書きとめて, 權變ある, 發表した, 秀で武, 絢爛な, 見えたるを, 見えるとおり, 記し置きたれど, 貢獻功也と

▼ 文房堂~ (30, 0.3%)

2 と東京堂, に行っ, へまわりました

1 [24件] からノート, から原稿紙三百枚, から買っ, では同じ, でやはり, でパイロット, で万年筆, で原稿紙, で見つけました, で買った, と中西屋丈, にあれ, によって万年筆, によりペン, により原稿紙, により表紙, に万年筆, の原稿紙, へこの, へよったら, へ寄り, へ引返し, へ行き, へ行っ

▼ 文~ (30, 0.3%)

2 であった

1 [28件] がいう, がその, が手下, が背, ではない, とその, と麾下, などが争っ, などに取囲まれ, なるか, にそれ, に三十艘, の三人, の児戯, の姿, の左, の話, はあと, はこれ, は愁然, は涙, は玄徳, は答え, は船底, は近く, は鐙, や王威, や王威ら

▼ 文~ (28, 0.3%)

1 [28件] が机, が死ん, が狐, ちゃんといっしょ, でございます, というもう, といふ無能, とおせい, とおせい第, とも, と下男, と染め抜い, と組ん, にも逢, の不安, の傍, の姿, の家, の思案, の持つ, の方, の様子, の疑ひ, の肩, の顔, もツイ, も奉公先, を押

▼ 文一郎~ (27, 0.3%)

1 [27件] が三十三歳, が二十一歳, が壻入, が穉, が答, と渋江氏, に嫁, の士籍, の好人物, の妻, の父, の聘, はこの, はふと, は七年前, は二度目, は十一歳, は壮年, は寺, は弘前, は成善, は最初, は江戸, は津軽家, は陽, は頗る, を伝うる

▼ 文ちやん~ (26, 0.3%)

2 の側, はお節

1 [22件] が余計, が屋外, が来, だネ, と思はれない, と来たら, と言つて, の手, はそれ, は下, は厭, は夏蜜柑, は子供, は時々, は滑稽, は膝, は隣, も大きく, も婆, も明日, も欲しい, を抱い

▼ 文~ (26, 0.3%)

2 の人, の小倉さん

1 [22件] からたのまれ, から上木, から使, から再版, から出し, から出した, から出た, から出版, から印税, から序, から送っ, が小学生, では家庭小説, といふの, とかかえる, の手, の結城礼一郎氏ら, は世間周知, は東京, より活字配置, 新冨座見物, 新演藝観劇合評会

▼ 文~ (25, 0.3%)

2 百文の

1 [23件] 三十文と, 三十文の, 三文の, 三百文ぐらい, 三百文しか, 九文に, 九文の, 二文で賣, 二百文あたりであった, 二百文で, 位を, 何んか, 十一文と, 四文の, 或は地, 有らぬか, 残ったが, 洒落れたもの, 然ら, 百文が, 百文を, 知らないが, 精ぜ

▼ 文~ (24, 0.3%)

4 ぬし

1 [20件] がため, が立閉, が角, が言葉, にむかひ, ぬしが, ぬしなり, ぬしには, ぬしにまた, ぬしにまで, ぬしに委, ぬしの, の来らん, は今, は再び, は微笑, は点頭き, は霎時, も斜, も鷲郎

▼ 文~ (23, 0.2%)

2 のすぐ

1 [21件] の昔, の末, の頃, 三年ニ至ルマテ凡八十七年間鎌倉幕府, 二年の, 二年十二月二十六日に, 五年正月蒙, 五年蒙, 元年八月十四日日蓮在, 元年十月の, 元年十月三日に, 八年五月七日, 八年十月佐渡流罪の, 八年十月十日相模の, 六年に, 十一年この, 十一年三月日蓮は, 十一年五月宗門弘通許可状を, 十一年甲戌四月九日鋳, 四年で, 四年の

▼ 文である~ (22, 0.2%)

1 [22件] からわたくし, から一日, から之, から其意味, から十匁, から十枚, から行為, がとにかく, がもちろん, が第, ことが, ぞや, とおかしく, としたら, となるべく, と思う, と申された, のみならず, 事を, 以上必ず, 西蔵一切経は, 随筆集

▼ 文~ (21, 0.2%)

2 の店

1 [19件] からだした, であったらしい, であの, ではこの, では仲, で原稿用紙, で大井君, で発行, で野村さん, という出版屋, という店, といふ鉄瓶屋, に売り, に新しい, に預け, の絵本, の金庫, もモクロク, を見る

▼ 文~ (21, 0.2%)

1 [21件] から頼子, がとつぜん, では持ち帰る, とともに江戸桃源, など検め荒す, なの, に大事げ, の房長, の紐, の蓋, はこれ, は三方, をとり外し, を前, を取次ぎ, を外し, を恭しく, を手, を掛けた, を眼, を銜

▼ 文~ (21, 0.2%)

3 先生が 2 と半兵衛, は自分

1 [14件] が逗留, という人, のあき巣, の方, はどこ, は十蟹, は大勢, は文晃, は水, は絵筆, も出, を加え, 先生は, 先生を

▼ 文~ (19, 0.2%)

4 と吉住求馬

1 [15件] が母, と称した, と若く, には三子二女, に弟, の二女, の嫡男与四郎, の息, の方, の最期, の許, はそんな, は主君土佐守, は顏見知り, もこの

▼ 文では~ (18, 0.2%)

3 あるが 2 これは, ないの

1 [11件] あったが, あるまいと, この種, そうは, ない, ないと, ないよう, なかつた, 九月初旬まで, 教科書として, 無い

▼ 文~ (17, 0.2%)

2 に関係, は横浜

1 [13件] が向き合っ, が喜ん, が来, が空襲, が立っ, だと, のほう, の両親, の消息, は, は三朱, は肉置き, は迸りでる

▼ 文福茶釜~ (17, 0.2%)

2 の伝説, の破片

1 [13件] が綱, が逃げ出そう, こそ金属, じゃあるめえし, となっ, にかわっ, のよう, の話, は, はこちら, を始め, を神妙, を見物

▼ 文ばかり~ (16, 0.2%)

1 [16件] くれおったが, くれた, だから, ちゃぼり, つかみ出し, でそれ, で牛肉, 取り出して, 恵んで, 書いて, 書くと, 有ったので, 有ても, 礼に, 紙に, 通わして

▼ 文~ (16, 0.2%)

2 がございます, だけはこの, との間, には和漢, にも火の粉, に納め, をそびら 1 に入, に入っ

▼ 文~ (15, 0.2%)

2 のいまだ, の末路

1 [11件] が小さく, と結婚, に酔う, の程度, の裡面, の面, は淫肆, は開け, または文花, をし, を尚

▼ 文などを~ (14, 0.2%)

1 [14件] さしあげまして, してから, するよう, する人, 作って, 引き合いに, 投り込む, 描いて, 時々待ち, 書きした, 細く書きつけ, 見ても, 読んで, 頂戴する

▼ 文にて~ (14, 0.2%)

1 [14件] お察し, 事足るもの, 候や, 売り候, 市場に, 早馬を, 昼食を, 目賀田, 知らる, 細に, 編せる, 街頭に, 記せる最後, 餬口の

▼ 文~ (14, 0.2%)

2 対せしめて

1 [12件] ぼろぼろと, 対して, 挨拶を, 斬って, 来て, 残すも, 移轍する, 筆紙を, 行くと, 這入ること, 通って, 避難した

▼ 文~ (14, 0.2%)

2 が詩

1 [12件] が作れる, が奢侈, などが此, に文章詩賦, に請い, の家, の詩文, は実に, は御製, もまた, をし, を近々と

▼ 文楽座~ (14, 0.2%)

2 があった, に於 1 に出, に対し若干, に現われる, に通う, は御霊神社, へ向いた, へ大夫, へ行き, を観る, を退い

▼ 文など~ (13, 0.1%)

1 [13件] ききましたが, した, ゆっくり書い, 所謂繁文縟礼の, 書こうと, 書こうよりはと, 読む, 読んで, 諸処方々から, 返して, 送られても, 通すべからず, 長く書きさし

▼ 文伯母~ (13, 0.1%)

2 が目白, の死 1 が何故, が死んだ, の住居, の円顔, の外, は一寸, は念仏狂, は本妻, は極めて

▼ 文~ (13, 0.1%)

5 の役 2 の間, へかけ 1 の役中, の時, までは千人, 元辰二月時分

▼ 文より~ (12, 0.1%)

2 お磯 1 ほかは, 下価の, 先に, 安い, 安くもねえ, 寛保延享寛延に, 成り僧俗二法, 推せば, 考へると, 高くも

▼ 文社合評会~ (12, 0.1%)

3 に徃 2 あり, なり, のため 1 の為め, の為菊五郎, の由

▼ 文福茶がま~ (12, 0.1%)

1 [12件] がのこのこ, が変わった, といっ, に毛, に見世物, のおかげ, の浮かれ, の綱渡り, の評判, は, もそれなり, を呼ん

▼ 文答師~ (12, 0.1%)

2 は難波津 1 が見る, であった, という名匠, とされた, にその, の場合, の皇后, は母公, は皇后, は答え

▼ 文~ (12, 0.1%)

2 をたくさん 1 となさん, にも事欠き, のその, の問題, は相伝, も何, も何もかもすっかり, を渉猟, を簡雍, 未だ備

▼ 文談会~ (12, 0.1%)

1 [12件] で馴じん, とやらに集う, などの席, などもとうに, なども六波羅, など催し, に姿, のこの, の世上, の仔細, の趣旨, はまだ

▼ 文~ (12, 0.1%)

4 の画 2 の絵 1 と署名, のみの絵, の大幅, の方, の画いた, は人物

▼ 文といふ~ (11, 0.1%)

4 ものを 1 ものは, 元禄年中の, 女の, 料亭へ, 本は, 特異な, 腰元の

▼ 文とか~ (11, 0.1%)

1 [11件] いう, で何, で宮, 天保一枚とかいう, 日記という, 武芸の, 當時の, 自分の, 芸阿弥真, 蕭伯とか, 都の

▼ 文との~ (11, 0.1%)

2 後から 1 ちがいを, つながりにおいて, 根本的な, 緊密な, 間には, 間の, 関係では, 関係に, 関係について

▼ 文によって~ (11, 0.1%)

1 [11件] この第, それを, 僕は, 彼の, 応えられた, 支那の, 日蓮上人の, 書かれた日本歴史, 栄三郎が, 現われて, 絶えず恋

▼ 文~ (11, 0.1%)

2 と云, を養 1 に追出され, の何人, の弟子, の旧, は於沢, をし, を家

▼ 文~ (11, 0.1%)

1 [11件] と貢院, なり, には孔子, に對, のあるべからざる, の後, の所在地, は大破, へも行つて, を毀し, 即ち春秋

▼ 文獻通考~ (11, 0.1%)

3 の經籍考 1 が大, この三つ, とである, とに就, の中, の方, は少し, は王應麟

▼ 文~ (11, 0.1%)

1 [11件] が知れる, の別, の區劃, の変遷, の大, の差, の懸隔實, を別, を測定, を知らん, 分る

▼ 文ずつ~ (10, 0.1%)

1 であった, で丁度二百文, 出し合って, 取って, 払って, 火打袋に, 絞り上げても, 罰金を, 貰った, 貰って

▼ 文をも~ (10, 0.1%)

2 のして 1 その度, のし得たらん, もとは, 例の, 出して, 盛んに, 立派に, 讀み出し數年

▼ 文を以て~ (10, 0.1%)

1 して, 世に, 利害を, 墳墓を, 大宝当時, 守るもの, 次せず, 甲府へ, 自ら誇る, 讀者の

▼ 文元年~ (10, 0.1%)

2 の秋 1 としたまいぬ, に東涯, に生れ, に薨, の二月, の八月, の内藤庄右衛門, の正月

▼ 文素玉~ (10, 0.1%)

1 のよう, の影, の温かくしめっぽい, はいきなりそそくさ, はちらっと, はひとり, は玄竜, は路地, は身の毛, を憎々し

▼ 文~ (10, 0.1%)

1 だの弓長刀, の, の口吻裡, の演出, の演技, の解釈, は, は俗, は八丁堀水谷町駕籠屋甚兵衛, は身

▼ 文~ (10, 0.1%)

2 のフジアイス 1 と相まって, に行っ, の中学生, の傍, の全焼, の前, の富士アイス, の飾り窓

▼ 文~ (9, 0.1%)

1 おくらむ, たりマーケット, たり何, ておこせたる, て向け, て寿, て戀, て申, て訴えける

▼ 文ちや~ (9, 0.1%)

4 んうまれた 1 んいや, んさあ, んもう一度, ん君知, ん復

▼ 文とは~ (9, 0.1%)

2 値切つたもの 1 どうだ, 到底戰爭, 安過ぎる, 少し身上, 改行しない, 異って, 進げられん

▼ 文とを~ (9, 0.1%)

1 あわせ読み私, やつと, 一緒に, 以つて證する, 合せ考へて, 愛読し, 捏ね交ぜたやう, 較べるまでも, 追って

▼ 文~ (9, 0.1%)

2 のだ, のである, のです 1 のであった, のであろう, ので文字

▼ 文なる~ (9, 0.1%)

2 かな 1 ことを, ものは, ものを, をば推し, を同房, を思え, 哉の

▼ 文使~ (9, 0.1%)

2 ひの 1 に毎日二人, のもの, ひといふ, ひを, もやる, をまたせ, を待たせ

▼ 文~ (9, 0.1%)

2 の黄皮 1 しか支給, じゃもんわたし, の大足, の甲, の足袋, もありました, 外し一車

▼ 文~ (9, 0.1%)

1 がいた, とそれ, との恋愛, に話した, のこと, の死, の面影, の頸飾, は殺されず

▼ 文天祥~ (9, 0.1%)

2 も死刑 1 がドウ, が天命, が正気, という人, の正気, の正気歌, の詩

▼ 文文士~ (9, 0.1%)

2 の御託 1 くさくて, でも宴席, と音楽批評家, にケチ, の方, の生活, は色々

▼ 文書き~ (9, 0.1%)

6 の方 2 を八名ばかり 1 に食わせる

▼ 文~ (9, 0.1%)

2 の中, の納め, はそれでも 1 などもあった, はい, はいづく

▼ 文求堂~ (9, 0.1%)

1 から上梓, なぞ専門, に置い, に頼み, のだけで, の店, の裏口, は新しき, をもうちっと

▼ 文~ (9, 0.1%)

1 から言つて, であ, に呶々, に眩惑, に通ぜざる, の異, も亦, を疑, を綴

▼ 文~ (9, 0.1%)

3 の本 1 からファシズム理論, から高村光太郎氏, と白揚社, のとつ, はヴァルガ, を挙

▼ 文ちゃん~ (8, 0.1%)

2 の爺さん 1 いるかと, だから, というの, の体操, の孝行, は稼ぎ人

▼ 文などは~ (8, 0.1%)

1 ちょっと望むべく, もってのほか, アテに, 一行の, 一通も, 影も, 從來の, 決して綴らう

▼ 文事件~ (8, 0.1%)

2 は一時疑問, は侯, を認め 1 は河野, は河野本来

▼ 文~ (8, 0.1%)

5 之命 1 がその, の時, 之命秦誓五篇者

▼ 文史類~ (8, 0.1%)

1 が出, が復興, が最後, に入れる, は幾らか, より一段と, をおき, を廣義

▼ 文~ (8, 0.1%)

2 の交 1 に親しん, のたしなみ, の士, の戯, の業, を習い

▼ 文樂座~ (8, 0.1%)

1 が生れた, できい, との關係, のそれ, の前, は文樂翁, は明, へ參

▼ 文~ (8, 0.1%)

4 の語 2 を伝え 1 の数々, を玩味

▼ 文じゃ~ (7, 0.1%)

1 あるまい, あんまり安い, いけねえよ, ないか, ねえか, アある, 少し違いすぎる

▼ 文世高~ (7, 0.1%)

1 からもらった, が帰らない, という秀才, とお嬢さん, の名, の忍び込んだ, の顔

▼ 文反古~ (7, 0.1%)

1 が出, と呼ばれる, にて腰張, の一束, の上, 取出して, 錆びし櫛

▼ 文~ (7, 0.1%)

1 がその, が比較的, とは第, に較べ, の内, の問題, を広く

▼ 文史通義~ (7, 0.1%)

1 といふ意味, といふ本, に, には載, の原道, を通讀, 殊に校讐通義

▼ 文右衛門~ (7, 0.1%)

1 でございます, という人, の二男, はまじめ, は云い, は功労, は四十五

▼ 文~ (7, 0.1%)

42 の頃 1 から宝徳

▼ 文~ (7, 0.1%)

1 が若松, に, に学ぶ, の又弟子, の山水, の門, は武蔵

▼ 文~ (7, 0.1%)

2 はその 1 と共に副, と同感, に限らず, の貴重, を訪問

▼ 文~ (7, 0.1%)

2 の人々 1 が広東政府, と眞古文派, の中, の小説, は写実主義文学

▼ 文皇帝~ (7, 0.1%)

1 なりという, の陵, は如何, は実に, をかしずく, を異代, 果して崩ぜり

▼ 文~ (6, 0.1%)

1 の言葉, はどんより, は乙, は棄鉢, は鍬, 青六が

▼ 文しか~ (6, 0.1%)

1 ありませんでした, ない, ないから, 取らなかった, 残って, 残らぬ

▼ 文ずつの~ (6, 0.1%)

2 礼銭を 1 代を, 木戸銭を, 祝儀を, 鮨代金に

▼ 文として~ (6, 0.1%)

1 使って, 或いは有効, 或ひ, 書かれて, 視ること, 通じ易く

▼ 文なんか~ (6, 0.1%)

1 よこされると, 人に, 作りませんが, 呉服屋の, 持って, 讀んで

▼ 文によ~ (6, 0.1%)

2 つても 1 つて, つてうちたてられた, つて目的が, つて記臆に

▼ 文まで~ (6, 0.1%)

1 あり, ここへ, つけたさうだ, 位の, 出し切った様子, 添えて

▼ 文よりも~ (6, 0.1%)

1 このほう, つとを, はるかに, 中途半端で, 稍古い, 自分が

▼ 文をば~ (6, 0.1%)

2 否といふ 1 又いかに, 押へたり, 目の当りに, 讀み給

▼ 文七元結~ (6, 0.1%)

3 の店 1 の由来, をたのむ, を演

▼ 文七分~ (6, 0.1%)

1 くらいと九文三分, くらい一つ, であったの, でご, で女, というきゃしゃ

▼ 文以上~ (6, 0.1%)

1 であった, に厄介, に讃め, に達した, の定め, の足

▼ 文~ (6, 0.1%)

1 で買った, になつ, の値, の値段, の大きな, はされよう

▼ 文~ (6, 0.1%)

1 のうち, の具, の器具尠, の四友, の諸, の遺物

▼ 文~ (6, 0.1%)

3 の茶入 1 と, も肩衝, や

▼ 文稿~ (6, 0.1%)

1 のうち, またこの, を寄, を綴輯, を郵便, を閲せよ

▼ 文~ (6, 0.1%)

1 といふ文集, の眞, の編者, は宋, は平安朝後期, をまね

▼ 文~ (6, 0.1%)

2 の燦爛, を以て優る 1 あり百五十年, は眸

▼ 文あり~ (5, 0.1%)

1 て, て中, て生死, 符篆に, 素より狂者

▼ 文あれ~ (5, 0.1%)

1 は懐中, ばその, ば国, ば澤山, ば蕎麦

▼ 文おい~ (5, 0.1%)

2 て帰れ 1 てさっさと, て帰ったら, て来ました

▼ 文~ (5, 0.1%)

1 つこ, つこで巫山戯て, つこなんて, つこにまで, 自身も

▼ 文する~ (5, 0.1%)

1 がより, とき一板二分二朱であった, ところを, 奴も, 男が

▼ 文だって~ (5, 0.1%)

1 とれないん, やりは, 有りゃしないん, 貰や, 金持の

▼ 文づかい~ (5, 0.1%)

1 にし, の役目, は当時, をし, 首尾よく

▼ 文であり~ (5, 0.1%)

1 ながら特に, 側で, 古字, 後から, 敍事詩である

▼ 文です~ (5, 0.1%)

1 か, かな, が殺し文句, こと, と

▼ 文とも~ (5, 0.1%)

1 いうべきもの, に成るべく, 少なくした, 申されぬの, 見ゆるもの

▼ 文とりついだ~ (5, 0.1%)

5 手を

▼ 文について~ (5, 0.1%)

1 こ, ここに, その心術身行, でした, 多く世に

▼ 文に対して~ (5, 0.1%)

2 在る図 1 まっ先に抗議, むきに, やはり叙事式

▼ 文~ (5, 0.1%)

2 取ッテ 1 以テセバ恰モ晶盤ニ水ヲ, 起コシ其図面ヲ, 逆ニ送信スベキヤ

▼ 文三分~ (5, 0.1%)

1 くらいの大き, くらいの大小二, くらいまことに, ぐらいの大き, に定め

▼ 文亀二年~ (5, 0.1%)

1 になっ, になる, に正, に門弟宗長, の七月二十九日

▼ 文二年~ (5, 0.1%)

1 で徳川吉宗, となりぬ, には本宅, に既に, の末ごろ

▼ 文出し~ (5, 0.1%)

1 てその, ても差支えなけれ, て二つ, て束, て襦袢

▼ 文功章~ (5, 0.1%)

1 が設けられる, とやらはどつ, は芸術家, もせめて, をやる

▼ 文~ (5, 0.1%)

2 の高い 1 の低下, の最も, を高く

▼ 文妙辞~ (5, 0.1%)

1 にのみ失したる, のみにては文芸, の罪, を弄ぶ, を退け

▼ 文~ (5, 0.1%)

3 古を 1 古である, 古に

▼ 文晁先生~ (5, 0.1%)

1 が俺, にもご, のお, のため, は当代

▼ 文~ (5, 0.1%)

1 と異, などでも後ろ, の操, の男太夫, へ行つて

▼ 文次郎氏~ (5, 0.1%)

1 が毎年忌日忌日, のため, の姻戚, の謝恩, は

▼ 文~ (5, 0.1%)

2 閣の 1 閣なる, 閣に, 閣には

▼ 文~ (5, 0.1%)

1 さえ手, といふもの, と一緒, の合符, はすなわち

▼ 文禄三年~ (5, 0.1%)

2 の秋 1 ということ, の二月二十五日, の秋ごろ

▼ 文~ (5, 0.1%)

1 あるごとく商人, にいり, にも達し, に心, 両達

▼ 文體上~ (5, 0.1%)

3 の便宜 1 から言つて, のもの

▼ 文~ (5, 0.1%)

1 の土地自慢, は, はそれ, は目, をも訪ねた

▼ 文ある~ (4, 0.0%)

1 土器とが, 女尤人物也, 筈だ, 袖も

▼ 文~ (4, 0.0%)

21 つかわしくださらないの, 子供衆は

▼ 文かけ~ (4, 0.0%)

1 ても御免, ても承知, ば, よしや頭

▼ 文がら~ (4, 0.0%)

1 おもき, なの, の, を出し

▼ 文した~ (4, 0.0%)

1 か判らん, ため私も, のを, 古事記高津宮の

▼ 文だけ~ (4, 0.0%)

1 だつた, でよろし, 安くし, 買って

▼ 文つぶ~ (4, 0.0%)

21 てにひかれ, ての思いつき

▼ 文であった~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, が嘘字, と申します, のである

▼ 文でなけれ~ (4, 0.0%)

2 ばならない, ばならぬ

▼ 文としては~ (4, 0.0%)

1 寫生足らず小説としては, 小林氏に, 成立つけれども, 續漢書輿服志に

▼ 文どん~ (4, 0.0%)

2 の櫛 1 が夜, が皆

▼ 文において~ (4, 0.0%)

1 かなり多く, 年代を, 武人化した, 自己の

▼ 文はに~ (4, 0.0%)

4

▼ 文三年~ (4, 0.0%)

1 に七人扶持, に生れた, に致仕, より御

▼ 文三年十一月二十三日~ (4, 0.0%)

2 の事, の直前

▼ 文~ (4, 0.0%)

1 か早稲田, にいる, に入学, へ受験

▼ 文~ (4, 0.0%)

1 と詩会, には島田篁村, の方, を催し

▼ 文債書債~ (4, 0.0%)

1 など, をすつかりかたづけた, を果し, を果して

▼ 文初め~ (4, 0.0%)

1 でご, とかいう式, のお, の使い

▼ 文四年~ (4, 0.0%)

1 にオホツク, に生れ, に病死, の春

▼ 文~ (4, 0.0%)

1 どんぶりで, 極上, 極上酒代百十六文大, 鮪片身二百二十四文榧の

▼ 文~ (4, 0.0%)

2 のかた, をはじめ

▼ 文廷式氏~ (4, 0.0%)

1 が來朝, と會見, より其の, より抄本

▼ 文徴明~ (4, 0.0%)

2 の一軸 1 などに至る, の軸

▼ 文~ (4, 0.0%)

1 の一員, はやはり, を脱退, 或はナップ等

▼ 文~ (4, 0.0%)

1 とがある, の跡, も世, をさし

▼ 文~ (4, 0.0%)

1 でも流れ, で煮, に大きな, の上

▼ 文禄征韓~ (4, 0.0%)

2 の役, の頃

▼ 文荷さいどの~ (4, 0.0%)

1 がそれ, がたちまち, がひ, におし

▼ 文華土地株式会社~ (4, 0.0%)

1 の社長, の社長室, の老獪, を訪れ

▼ 文~ (4, 0.0%)

1 だった, だな, へただしく, も密教

▼ 文~ (4, 0.0%)

1 という, というもの, 煙管の, 突如味方

▼ 文類聚~ (4, 0.0%)

2 初學記 1 や初, 古文苑等

▼ 文ぐらい~ (3, 0.0%)

1 くれます, な物, 置いたもの

▼ 文~ (3, 0.0%)

3 い部

▼ 文これ~ (3, 0.0%)

1 が百, は馬籠, を皆

▼ 文さん貴君~ (3, 0.0%)

1 が悪い, の所, はアノー課長さん

▼ 文じゃあ~ (3, 0.0%)

1 あんまりあたじ, あんまり安い, 安いもの

▼ 文それ~ (3, 0.0%)

1 に宿銭, もこれ, を彼

▼ 文たり~ (3, 0.0%)

1 とまま, とも余計, とも彼

▼ 文だの~ (3, 0.0%)

1 反物の, 苦心談だ, 雪舟だの

▼ 文であっ~ (3, 0.0%)

1 てもその, て同書, て文

▼ 文であろう~ (3, 0.0%)

2 とは想像 1 が農業

▼ 文とが~ (3, 0.0%)

1 あつて, 一つに, 混淆した

▼ 文としても~ (3, 0.0%)

1 あまりに無味乾燥, よろしい, 漢文が

▼ 文とて~ (3, 0.0%)

21 笑はる

▼ 文とで~ (3, 0.0%)

1 そのやう, 書かれた宣伝書, 書くけれども

▼ 文なき~ (3, 0.0%)

1 あとに, 人は, 邦なる

▼ 文などの~ (3, 0.0%)

1 中にも, 末に, 遺物は

▼ 文なら~ (3, 0.0%)

2 安いもの 1 勘だけでも

▼ 文のみ~ (3, 0.0%)

1 でなく引用, ならん, ならんやと

▼ 文ばかりの~ (3, 0.0%)

1 金を, 銭を, 駄賃を

▼ 文みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, な無罪, に片仮名

▼ 文もて~ (3, 0.0%)

1 來れり, 精進食の, 認めたるに

▼ 文やら~ (3, 0.0%)

1 あの通り仰山, 寒燈孤燭の, 御歌やら

▼ 文やらない~ (3, 0.0%)

2 ことに 1 ぞとさ

▼ 文ビル三階~ (3, 0.0%)

21 で久々

▼ 文一本~ (3, 0.0%)

1 くれぬ不, でまさか, 遣さずに

▼ 文三十文~ (3, 0.0%)

2 の金 1 に相成り

▼ 文三文~ (3, 0.0%)

2 の安 1 ずつ貰った

▼ 文之進~ (3, 0.0%)

1 あり硬直, だろう, に與

▼ 文亀三年~ (3, 0.0%)

1 に三百疋, に始め, に実隆新作

▼ 文二枚~ (3, 0.0%)

3 で五文

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 の萩, は外, は水戸烈公

▼ 文六教祖~ (3, 0.0%)

3 の訓戒

▼ 文十八文~ (3, 0.0%)

1 というもの, とおっしゃっ, とおっしゃられた

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 といへ, に關, 被人伝

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 が定, に問い合わせ, は眉

▼ 文安三年~ (3, 0.0%)

1 という年, に出来た, の

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 なり, の時, はこれ

▼ 文尚書~ (3, 0.0%)

1 で言, の中, の脱

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 とであった, と遍昭, の康秀

▼ 文~ (3, 0.0%)

2 を含ん 1 が動い

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 哥さしあげ, 哥など, 見せ内

▼ 文心雕龍~ (3, 0.0%)

1 から歴史, などが中心, より始まる

▼ 文志考證~ (3, 0.0%)

1 の方, を書き, 若しくは隋書經籍志考證

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 に富み, もあり, 湧くが

▼ 文払っ~ (3, 0.0%)

1 て入っ, て同じく, て大凶

▼ 文書く~ (3, 0.0%)

1 ことは, 人も, 術も

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 に呆れ果てたる, の交, の末席

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 の帰したる, の本局, はまったく

▼ 文次郎さん~ (3, 0.0%)

1 は風呂, を疑ふ, を縛

▼ 文残っ~ (3, 0.0%)

2 ていなけれ 1 ていた

▼ 文永弘安~ (3, 0.0%)

2 の両 1 の交其活動

▼ 文王武王~ (3, 0.0%)

1 のよう, の如き, も皆

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 と云, なそして, なもの

▼ 文盛り~ (3, 0.0%)

1 の汁粉三十二杯, の蕎麥, の蕎麥四十二杯

▼ 文神武皇帝~ (3, 0.0%)

1 というた, といひ, と稱

▼ 文禄四年~ (3, 0.0%)

1 で, に生れ, の秋

▼ 文禄年間~ (3, 0.0%)

1 になる, に炬火, に琉球

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 という吉田兼好, と呼ばれる, 本國

▼ 文自身~ (3, 0.0%)

1 がなかなか, が隠した, が隱

▼ 文荷斎~ (3, 0.0%)

1 の介錯, の言, をし

▼ 文華殿~ (3, 0.0%)

1 にもルウブル, にも三四幅, の瀑布図

▼ 文~ (3, 0.0%)

2 と云 1 を手籠

▼ 文解字~ (3, 0.0%)

1 とか釋名, に, には

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 に就い, の部分, を修飾

▼ 文読む~ (3, 0.0%)

1 ごとに, の業は, 女の

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 に傾倒, の, は即ち

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 なれば, にありし, を発見

▼ 文銭占~ (3, 0.0%)

1 ない, ないと, ないという

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 でもない, の直し, は變

▼ 文開く~ (3, 0.0%)

1 とプーン, 手に, 衣の

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 の復興, は祕書省, を標準

▼ 文~ (3, 0.0%)

1 では枕詞一類修辞法, にある, の中

▼ 文~ (3, 0.0%)

2 の手紙 1 な随筆

▼ 文館中学~ (3, 0.0%)

1 から医学校, の左, もあろう

▼ 文あたり~ (2, 0.0%)

1 がこんな, であったと

▼ 文あつ~ (2, 0.0%)

1 たのに, て宋呉祕

▼ 文いたらず~ (2, 0.0%)

2 人いたらぬ

▼ 文かと~ (2, 0.0%)

2 思つたら

▼ 文かの~ (2, 0.0%)

1 木戸銭を, 褒美を

▼ 文かは~ (2, 0.0%)

1 存じませぬが, 存じませねど

▼ 文ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 お廉, たびをおはきじゃったか

▼ 文この~ (2, 0.0%)

1 他に, 頃駄目だ

▼ 文ごつ~ (2, 0.0%)

1 こまでした, こを

▼ 文ずつに~ (2, 0.0%)

1 なれば, 当たる

▼ 文ずつを~ (2, 0.0%)

2 与える

▼ 文その~ (2, 0.0%)

1 歌その, 質名玉山海を

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 あ安い, ッた

▼ 文づかひ~ (2, 0.0%)

1 にし, 青貝ずりの

▼ 文であります~ (2, 0.0%)

1 から支那語, が十五

▼ 文とい~ (2, 0.0%)

1 はむよりは, へるは

▼ 文としての~ (2, 0.0%)

1 偶然な, 口頭歴史伝承は

▼ 文とでも~ (2, 0.0%)

1 いう性質, 誤解へ

▼ 文と共に~ (2, 0.0%)

1 唐綾の, 示し給われ

▼ 文ながら~ (2, 0.0%)

1 彼は, 涙こぼる

▼ 文などに~ (2, 0.0%)

1 さへ, 比べて

▼ 文などには~ (2, 0.0%)

1 この法律, そういう手本

▼ 文なども~ (2, 0.0%)

1 ある, 愛読し

▼ 文なり~ (2, 0.0%)

1 と, 澄太君の

▼ 文なんかを~ (2, 0.0%)

1 さし上げまして, 形式的に

▼ 文なんぞ~ (2, 0.0%)

1 あんないたずら, では

▼ 文なんど~ (2, 0.0%)

1 を潜, 見るも

▼ 文においても~ (2, 0.0%)

1 また恬, 書においても

▼ 文にても~ (2, 0.0%)

2 おこせかし

▼ 文にな~ (2, 0.0%)

1 つて矢尻に, つて返り

▼ 文に対する~ (2, 0.0%)

1 神経の, 返事を

▼ 文に従って~ (2, 0.0%)

1 この二峰, それは

▼ 文のこらず~ (2, 0.0%)

1 捜し出しこの, 捜し出すまでは

▼ 文への~ (2, 0.0%)

1 移轍です, 移轍との

▼ 文ほど~ (2, 0.0%)

1 亭主に, 仕入れて

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 づ開く, ゐら

▼ 文まわし~ (2, 0.0%)

1 がある, と鉄砲

▼ 文みた~ (2, 0.0%)

1 やうな, ような

▼ 文もう~ (2, 0.0%)

1 いやだ, 何にも

▼ 文やっ~ (2, 0.0%)

1 たり一朱, たり百文

▼ 文らしい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 記事は

▼ 文ビルけい古場~ (2, 0.0%)

1 へキチン, へ一時

▼ 文一つ~ (2, 0.0%)

1 ことづけて, は散文

▼ 文三ゆえ~ (2, 0.0%)

1 こう比周, もウ余事

▼ 文三丙~ (2, 0.0%)

1 の伊村, の梶鶴雄

▼ 文三些~ (2, 0.0%)

1 し不安心, し拍子抜け

▼ 文三急~ (2, 0.0%)

1 に考え出した, に萎れかけた

▼ 文三等~ (2, 0.0%)

1 に物理, の幸福

▼ 文三通~ (2, 0.0%)

1 を作らしめた, 長きは

▼ 文三通こと細か~ (2, 0.0%)

2 成けるよし

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 に至り, 酒二斗三升で

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 へ追, 可の

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 になっ, の頃

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 の外, は五月二十五日付

▼ 文二十文~ (2, 0.0%)

1 と溜め, と騰貴

▼ 文二百文~ (2, 0.0%)

1 に急騰, の安

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 は五十五歳, も人生

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 ではありません, をこんな

▼ 文以外~ (2, 0.0%)

1 に其内容, に出なかつた

▼ 文伯母さん~ (2, 0.0%)

1 であつ, は寝

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 へする, 正興氏

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 が多く, をかたづける

▼ 文先生~ (2, 0.0%)

1 その人, の旗下

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 て来ぬ, の宮川

▼ 文出す~ (2, 0.0%)

1 のが, 氣づけえはねえ

▼ 文出せ~ (2, 0.0%)

1 ば口, 手形は

▼ 文十九~ (2, 0.0%)

1 という, といふ

▼ 文十枚以上~ (2, 0.0%)

2 お買求め

▼ 文半甲高~ (2, 0.0%)

1 といふ足, の足

▼ 文即ち~ (2, 0.0%)

1 いわゆる漢文, 戰國策を

▼ 文及び~ (2, 0.0%)

1 その系統, 書牘の

▼ 文反故~ (2, 0.0%)

1 によりかれ, を今

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 である, をも採用

▼ 文四年三月二日~ (2, 0.0%)

2

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 ともいふべき, をなした

▼ 文団治~ (2, 0.0%)

1 などもその, は高座

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 のこと, の中

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 のよう, を取り

▼ 文太夫~ (2, 0.0%)

1 が半蔵, はかねて

▼ 文子供~ (2, 0.0%)

1 は二十四文, は五十文

▼ 文安三年十二月二十一日条~ (2, 0.0%)

1 に, に当時

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 のもの, を権利

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 と云, の好立等

▼ 文家自身~ (2, 0.0%)

1 までが写さるる, もそう

▼ 文屋好立~ (2, 0.0%)

1 は負傷, を安房守

▼ 文屋康秀~ (2, 0.0%)

1 にひどく, の持ちましたる

▼ 文左衞門~ (2, 0.0%)

1 といふ人, といふ百姓

▼ 文年間~ (2, 0.0%)

1 に書いた, の物語

▼ 文底本~ (2, 0.0%)

2 では横組み

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 で子飼い, の前

▼ 文~ (2, 0.0%)

2 の我楽

▼ 文志以前~ (2, 0.0%)

1 に其發展, に於

▼ 文志以後~ (2, 0.0%)

1 には分類, は段々

▼ 文志擧例~ (2, 0.0%)

1 を作り, を書いた

▼ 文~ (2, 0.0%)

2 の集

▼ 文憲集序~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の李善注

▼ 文手遊屋~ (2, 0.0%)

1 の弥助, の彌助

▼ 文撰工~ (2, 0.0%)

1 の元祖, や植字工

▼ 文撰工たち~ (2, 0.0%)

1 がてんでに, は霜降り小倉

▼ 文文学~ (2, 0.0%)

1 だのチープ・リテレチュア, なる者

▼ 文既に~ (2, 0.0%)

1 二章まで, 論じたる所

▼ 文日ごと~ (2, 0.0%)

2 に幾千言

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 が校書郎, の成都曲

▼ 文昌閣~ (2, 0.0%)

1 の家, の鸛

▼ 文晁寺~ (2, 0.0%)

1 といふこの, まかで

▼ 文時代~ (2, 0.0%)

1 のまま, の如く

▼ 文書くべき~ (2, 0.0%)

1 人と, 婦人ある

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 から次, を取

▼ 文林堂~ (2, 0.0%)

1 の筋向, も人

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 のほう, を志し

▼ 文楽座人形芝居~ (2, 0.0%)

1 を看る, を興行

▼ 文樂翁~ (2, 0.0%)

1 と云, の創設

▼ 文次どん~ (2, 0.0%)

1 は下手人ぢ, は店中

▼ 文次め丑松め~ (2, 0.0%)

2 なぜ己

▼ 文次安~ (2, 0.0%)

1 を促し, を従

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 がこう, を頼ん

▼ 文武臣僚心~ (2, 0.0%)

2 を同じ

▼ 文死法~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 である, を纒め

▼ 文母太后~ (2, 0.0%)

1 といふは漢, の誄

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 を考へる, を観る

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 が全く, と馬琴

▼ 文永楽~ (2, 0.0%)

1 の事, の間

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 と倶, は定

▼ 文泉堂~ (2, 0.0%)

1 という本, もその

▼ 文湖州~ (2, 0.0%)

2 の竹

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 に従う, の此詩

▼ 文獻上~ (2, 0.0%)

1 から十分, の所見

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 として五十七, として五十三歳

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 の周生, の景星

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 は同席順, 御呼寄

▼ 文礼子青森~ (2, 0.0%)

1 へ御用, より帰途

▼ 文禄二年~ (2, 0.0%)

1 と申す, の頃

▼ 文禄元年~ (2, 0.0%)

1 の三月, の夏

▼ 文禄慶長~ (2, 0.0%)

1 の生, の頃

▼ 文禄時代~ (2, 0.0%)

1 に肥前, の羅馬字訳

▼ 文私製~ (2, 0.0%)

2 は到底

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 のよう, の父

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 にのこり, の作者

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 の全, の帯

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 を繙閲, 初續

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 はあたかも, 貝である

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 なりと雖, を誅する

▼ 文臣銭~ (2, 0.0%)

2 を惜

▼ 文臣錢~ (2, 0.0%)

2 を惜

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 という一寸, を相手

▼ 文荷斎どの~ (2, 0.0%)

1 とおなじ, ばかりをお

▼ 文華土地会社~ (2, 0.0%)

1 といふの, の営利

▼ 文落した~ (2, 0.0%)

1 のだろう, のに十一文

▼ 文褥禮~ (2, 0.0%)

1 の限り, や宮中むき

▼ 文要素~ (2, 0.0%)

1 が加つて, のある

▼ 文~ (2, 0.0%)

2

▼ 文見れ~ (2, 0.0%)

2 ばその

▼ 文覺上人~ (2, 0.0%)

1 の肖像畫, はこれ

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 といふ傑僧, は後醍醐天皇

▼ 文詩人~ (2, 0.0%)

1 がゐる, じゃない

▼ 文詩集~ (2, 0.0%)

1 をつくり, をみる

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 でもかいたら, という位

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 を戦はせる, を聞いた

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 をいろいろ, 或是

▼ 文貰う~ (2, 0.0%)

1 かパン, と右

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 と云, のひと

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 という芸者, は飛びのい

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 尻三十六文人足二十八文と, 尻四十文人足四十二文これは

▼ 文采言語~ (2, 0.0%)

2 の多き

▼ 文錢六枚~ (2, 0.0%)

1 が助, で足りなかつたら

▼ 文閣出版~ (2, 0.0%)

1 のもの, の比較的

▼ 文飲咒~ (2, 0.0%)

2 の術

▼ 文館ビル~ (2, 0.0%)

1 のフジアイス, へ寄り

▼ 文高い~ (2, 0.0%)

1 ところで, のは

▼ 文~ (2, 0.0%)

1 の, は

▼1* [1061件]

あげたけれど御, 文あたしに下さいました, 文ありがたく拝見此間は, 文あんまり安いから, 文いかがでご, 文いずれも御, 文いただきます刀は, 文いつもくり返しくり返しよみもうし候, 文いま入れてか, 文いりませんという赤誠, 文い書いた事が, 文うつしけき百円紙幣, 文うりが出た, 文うりのけんどんや, 文おかきあそばすひと時, 文おくらぬ様子に, 文おこせければ, 文おしめしくれぐれ, 文おまけに草鞋一足, 文おんこしなれバ, 文お代は見, 文お前のところ, 文かきて玉われ, 文かき給はれとて, 文かく間待たせて, 文かつて虎あり, 文からの解放を, 文からは最初の, 文からも覚知された, 文かを足し前すれ, 文がとふしニ, 文がほどの鳥目を, 文がら濡ぢぬうすもの, 文きぬと封, 文ぎつしりつめて老少男女を吹きわけ, 文くださるってんで実あ, 文くばり人も, 文くらゐ穿きますよ, 文くらいであろうか, 文くらいのものだ, 文くれえの, 文くれないで, 文くれりゃ行こうくれずば往かぬ, 文ぐらいで食えるそば屋, 文ぐらいでは泊めて, 文ぐらいな年賀税は, 文ぐれえには負け, 文けれども親爺は, 文こうだかを, 文こそ日本の, 文こそは宮が, 文こちら岸の高い, 文ごとにうた, 文ごろの徳川家, 文ご覧なされ候わば, 文へ貰, 文さえ持って, 文さしあげ候, 文さし上候こなた心, 文さまのお, 文さらに百四十八文から, 文さりげなき, 文さんマア聞ておくれ, 文さんヨーク腹に落ちる, 文さん今ネ本田さん, 文さん何処の国, 文さん先刻の事, 文さん免職におなり, 文さん写真やへやきましさせ, 文さん来品川まで迎, 文さん買物に行く, 文しきや取りません, 文しきゃ薬礼を, 文しますさかいお金, 文しようかとも思った, 文じみた文章を, 文すこぶる曖昧に, 文すててごらん, 文すでに述べた通り, 文すなわち日本の, 文ずつときめて, 文そいつがまた, 文そのものが文学, 文そもじの文, 文それで向うの, 文僞りなる, 文たのもうと思い立った, 文だけが三百六十五本, 文だけには将軍の, 文だけの粟を, 文だけは其女が, 文だけを照るかに, 文だったと云っ, 文だったら用箪笥の, 文だつたら用箪笥の, 文だてぇますから三百, 文だにも通は, 文だろう何者の, 文ちゃんと南京鼠の, 文ちゃん何を寝ぼけた, 文ちゃん先へ床, 文ちんにし, 文ってこのこと, 文かはすこ, 文つかんでくれた, 文つねに卑劣を, 文づかいもする, 文づつ被成下, 文づつくれるのが例になつて, 文づつ褒美を出す, 文ふもの, 文てえのは, 文てんでんに, 文であったらなおよかっ, 文であったろうと思う, 文でございましたそれからこちら, 文でさえあるなら文, 文でない場合には, 文でなおしましょうとそこ, 文で賣つてゐた, 文といったような, 文とかいうほどのものを, 文とかで売って, 文とかをそちに, 文とくに人間についての, 文とともに日記を, 文とまでなって, 文とりおとし水に, 文とることが, 文とを通じて読者には, 文つた能衣裳に, 文ども読む折, 文ども何か書い, 文ながき絵筆とる, 文なす鷸の, 文なぞにするの, 文なぞを書いた芭蕉, 文などから僕に関して, 文などでは清少納言の, 文などとあるから, 文などのみを読んで, 文などまで漁つて斯んな, 文なみに扱い, 文なりといふ文を, 文なんて全く有難く, 文においてはかの男子, 文における漢文学素地, 文にかけては岐蘇太郎武においては, 文にさえ用いられて, 文にしかならない老爺, 文にだにかく多く, 文については以前に, 文によっても確かである, 文により四つに, 文による小説の, 文に対し次の, 文に対してもせめて自腹, 文に従い次で, 文に関しての比較は, 文のみで發表した, 文のみとして論ずるも, 文のみにて足れりと, 文はいふもさら, 文はらって満足, 文はんどない, 文はん向うに廻し, 文けしかけたん, 文ばかりが流行する, 文ばかりになる, 文ばかりを人知れず懐, 文へも存じながら, 文ほきゃアない, 文ほどになるの, 文ほどはいって, 文まいらすべきことある, 文まけるわけには, 文また文金一歩に対して, 文または二百文も, 文までが追っついていけないで, 文て病み, 文は仇, 文めいた心地を, 文もしくは批評文と, 文もだしませんとね, 文もと稿本の奧, 文もらって帰った, 文もらつたことは, 文やどる金色は, 文やらぬための, 文よく出来候, 文よこす奴は, 文よむ窓を, 文よりは三文だけ, 文近事を, 文りではございません, 文をとぢめる, 文をとなふべし四弘誓願, 文をのみ尊み, 文をめぐって何度も, 文をや得給ひし, 文をよ袂の, 文を通じてこの少女, 文アリ此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱, 文多イコトヤ, 文タイプライター事務所の計画, 文鼠に, 文ニ云フ長楽未央漢宮瓦高帝五年治, 文ニ男王卑彌弓呼トアルニ由リテ日韓古史斷ハ卑彌弓ヲ日子ト讀ミテ, 文ノコウダカですか, 文ノミニテハ未ダ以テ其状, 文極大事, 文ハ宮ノ御, 文ビルのよりづっといゝ, 文ビル事務所へ行き, 文ビル二階で, 文ビル今日は渡辺篤, 文ビル大阪公演の稽古, 文ビル稽古場へ, 文ファッショがかつ, 文フランス現代文学の思想的対立, 文ホホホホだから八さん, 文メンチは十個, 文ヲヨコシテオレノ妻, 文・段が移り, 文にあらず, 文一たび筆に上る, 文一つやりとりするにも, 文一切衆生に皆, 文一匁は六十文, 文一卷合わせて, 文一文と皆, 文一朝を認めない, 文一派の民族革命, 文一篇あり, 文一通を造りなし, 文一通それすらもよこさぬ, 文一郎さんは赤坂台町, 文七伜の文太郎, 文七利八その他關係者を洗ひざら, 文七友吉六助夫妻, 文七文七というの, 文七最高幹部が一様, 文七此方へ出, 文七高藤邦松等七人であった, 文丈ケ受取りて, 文三そうは為たく無い, 文三なんざア盆暗の, 文三はさもきまり, 文三ゆえ吃驚して, 文三冷笑した, 文三分の定め親指, 文三初は何心, 文三前へ出, 文三十篇である, 文三合ノ加入ヲスル人, 文三天下に懼, 文三年二月燕王自ら文を撰, 文三憤然として分, 文三我ながら我が, 文三果は泣出, 文三気が附いた, 文三派の中魯韓二派, 文三無念で残念, 文三腹に据えかねる, 文三自分にも思ッ, 文三許りでなく月, 文三郎等に会, 文三阿弥それから狩野家, 文上々醤油一樽が四百四十八文, 文上白餅米三斗六升で一分, 文上酒一斗二百十八文下酒二斗三升, 文上酒五升で四百三十文, 文下され観音様の, 文識, 文不才の貧書生, 文中子が言つて, 文中小生の事, 文と手紙, 文乃至一枚百文で, 文久一二年頃昌造三十七八歳の頃, 文久永宝よく数, 文之から盜んだ, 文之といふ僧侶が, 文之の學問を, 文九郎重允, 文亀三年四月には一日, 文亀三年正月二日の条, 文亀二年実隆が座敷, 文亀元年の九月, 文亀四年に薨ぜられた, 文亀堂の扱い, 文亀年間の頃, 文二つは三文, 文二代将軍の病気, 文二年再建補修されたもの, 文二年四月二十五日外山の辺, 文二年春出処不明の大, 文二度くりかえして, 文二百文下に至り, 文云々等の語, 文五兵衞は西國, 文五厘よ, 文五年で師, 文五年六月に漸く, 文五年閏七月十七日に歿, 文五百に足りない, 文享保の頃, 文亭なほ在り, 文亭畔に車, 文を驚かし, 文人足二十八文と言った, 文人足何文と言つた昔, 文人足四十二文これは馬籠, 文人間に知られ, 文て意, 文以下の, 文以来の御, 文仲自ら養子となる, 文伊丹西宮上酒代八十文池田極上酒代百文大極上酒代百十六文, 文の母季敬姜, 文何れも人肉, 文の常に, 文余計で御座いますよ, 文作りなづみし秋, 文作製術が役に立っ, 文作記者は同じ, 文使ひさ可愛らしいぢ, 文使ひもする, 文使者を送る, 文侯武侯の時, 文便を見る, 文保二年のころ, 文保二年三井寺炎上の時, 文保二年二月二十六日に花園天皇, 文儒術の萌芽, 文儲かつたと, 文允武にまします, 文元帥の陣中, 文元年七月より恵帝, 文元年二月諸王に詔, 文元年正月燕王長史葛誠をし, 文元年生として四十二, 文元年耿炳文に従い, 文の著す, 文先さき金に奥様, 文體の, 文全線上に一歩, 文八文の鮓, 文八百ふみうづたかくのせて人丸, 文八百文堆く載せ, 文公何れも人肉, 文公廟碑の終, 文公治保の世, 文公終南山の梓樹, 文六先生が述懐, 文六文と勘定, 文典訓を貫綜, 文内らがおり, 文内仰天し乍ら, 文内鼻をヒクヒク, 文出したことの, 文出身だからと, 文出部落を流れる, 文切り形の厭味, 文切れてもいや, 文初年ごろからようやく, 文と武力, 文はかの, 文は毫も, 文は毫も, 文匡扶の才, 文十二文てんでん, 文十六文二十文と騰貴, 文十巻以上お買求め, 文十年父信虎を姉婿, 文十文の違ひで, 文半甲高鼻へ拔, 文博士であつ, 文博奕を渡世, 文又の名は梵語千字文, 文及此頃の文學界, 文及霞亭と偕, 文友君の店, 文反古書籍その他色々の, 文反古雨聲會の記, 文取られるということ, 文取り返したさに, 文取れるわけじゃ, 文よ喃, 文古松簡二高田源兵衛初岡敬治, 文の写本, 文吉原以外は野, 文君等は墨子, 文よりも高く, 文和訳をし, 文咸街の取引所, 文哀歓双双人生, 文品才藻には深く, 文についた, 文哉交を訂, 文喜代は津山氏, 文といい, 文四十張で布一端, 文四年六月までは烽烟剣光, 文四年六月十日遠州組三人, 文四文が二十四, 文四書五経の素読, 文四郎君は両国, 文四郎夫妻に招かれ, 文四郎流の火縄, 文団治皮として保存, 文にし, 文国司の証, 文國史漢學などは寧ろ, 文國語に對, 文團治の, 文都中十八歳の, 文に日月, 文の, 文堂機山閣寺町の南北社, 文堆く載せ, 文塚筆塚針塚といつた, 文に存する, 文多い時は, 文大銭で棺桶, 文天祥正気の歌, 文天祥祠も楊椒山, 文天麩羅蕎麦が三十二文, 文れから, 文なるが, 文奇行がない, 文奇警の句, 文奉り度存居候え, 文女さんも, 文女喜代女及三沢老母, 文女御様御素読, 文でも六人, 文奴ぢやあるまい, 文の一人, 文のやう, 文の高い, 文は良知, 文学会なんかで計画, 文があつ, 文宇都宮なら食わずにでも, 文安いがまた, 文安二年には細川勝元, 文安元年の, 文安六年五月から六月, 文安頃にできた, 文宗閣鎭江金山寺の文, 文公墓前十字記と, 文定院斉穆元信居士明治四年未六月三日, 文宛金持ちの祝儀, 文室広之は武士十人, 文家月旦が出た, 文容姿言語一時に冠絶, 文富小路敬直なぞ, 文寿の門, 文寿堂つて印刷工場に植字工, 文は切らね, 文将軍を討った, 文小説を売り, 文小説みたいに陳腐, 文小説家のところ, 文少からざるべし, 文尚書二十九篇で天下, 文に始終, 文ノ右ニ置タリ, 文藤堂佐渡守様三万二千石江戸より, 文届きぬしかもその, 文屋君の進言, 文屋康秀小野小町こういう順序, 文屋浄三を立てよう, 文のみぞうづたかき, 文と呼び, 文岩こちらの岩, 文岩槻霜降木綿一反が四百文, 文の茶屋, 文崋山蕭伯直入木庵蹄斎雅邦寛畝玉章熊沢蕃山の手紙, 文川ニナッタカラ問屋ヘ寄ッテ, 文川底から出, 文の如くなりき, 文左右大小別尊卑之差, 文左行の帳合法, 文差上げ候ふ, 文差使とも称し, 文己ア娘の書いた, 文織ります羽槌雄, 文帝はかの三国志中, 文帝位に即, 文帝僧となり, 文帝元嘉の年中, 文帝出亡諸臣庇護, 文帝善慶里に至り, 文帝是の如く, 文帝曹丕が尋ね, 文帝東行したまい冬十月史彬, 文帝永慶寺に宿し, 文帝浪穹鶴慶山に至り, 文帝観音大士を潮音洞, 文帝難に死, 文に候, 文帳合はなに, 文平が口を寄せ, 文平塚より大磯, 文年代に至つて河東節, 文年齡は斷, 文年齢は断じて, 文幾百巻を遺し, 文廟建築の古式, 文廻し廻転逆反り, 文廻し鉄砲くじ引き瓶釣りその他, 文廼家かしくが北海道登別温泉, 文弁仏説阿弥陀経碑春秋外伝国語跋荘子注疏跋儀礼跋八分書孝経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 文ぶれ, 文式発想を採らなく, 文式紀に四年三月己, 文弐文ヲアラソウ故皆ンナガ悦ン, 文引ける公家の, 文引用家達の哲学的作文等々, 文張ったぞ, 文多しと, 文形式はある, 文形形態としては, 文彩りたる紐は, 文彩句を苦吟, 文彩迫撃砲の如き, 文彫刻縦書き横書き斜め書きペン鉛筆小刀爪名文あり警句, 文の識, 文往生極楽記などを遺した, 文待ってくれ, 文後今日に到る, 文得る人も, 文得給ふ人, 文從字順で讀み, 文御覧のころ, 文即淫心, 文心雕龍二書を愛好, 文志これは皆, 文志その後六朝までの目録, 文志それから四部, 文志呂覽等によれ, 文志明史の藝文志, 文志晉の中經, 文志舊唐書經籍志に依る, 文応二年三月五日六十九歳にし, 文応元年七月十六日屋戸野入道に付し, 文応元年勘へたりし, 文思敏澹世称為西鶴再生而余素愛曲亭才学故前聯及之, 文恩賞の沙汰, 文恬武煕幕政の荒廃, 文恭公は徳川家斉, 文恭公太平の余沢, 文恭大君有榴房之福, 文恭院殿様の忘れ形見, 文かも生理衛生, 文情義兼ね至り読者, 文情調の漲る, 文を振う, 文はお, 文慶等があり, 文の門人, 文るは, 文戦打倒同盟というもの, 文に物申す, 文戸棚にある, 文房四具を取り揃え, 文房堂その他でクリスマス, 文房室には筆硯小説等備, 文房用の装飾品, 文房粧飾というよう, 文房骨董武器一として彼, 文所出席は御, 文や死, 文抒情叙景文論文等も文章, 文投げて通り過ぎた, 文友朋, 文押し開けるとプーン, 文しいらざる事, 文拾った事に, 文持たせて秘か, 文持たないごろつきである, 文持ちだすような, 文持って来い, 文持つちや居ません, 文酷く寡婦, 文挙小児なら楊徳祖, 文挟みに挟ん, 文揚げの天麩羅三百四十, 文揚広は父子, 文撰工その他一切の製版工, 文撰箱や原稿, 文改めしたのでご, 文攻めあぐねた寄手, 文放って急, 文教育者が反省, 文のレコード, 文數篇を獲たれ, 文は撓み, 文文学チープ・リテレチュアを口, 文斎栄之の画く, 文というまた, 文の野球フアン, 文諸白, 文旅館の滞在客, 文日記が現れた, 文昌星の図, 文明記支那漫遊記支那仏教遺物支那風俗支那人気質燕山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 文を迎, 文星野露頭仏中田秋平中原大烏来船, 文なり, 文昼飯四十八文というの, 文晁一人に過ぎない, 文晁和歌に前田夏蔭, 文晁国芳あたりまでが轡, 文晁宗達の存在, 文晁抱一南嶺雪旦の画等, 文晁本文朝に作る, 文晁次は一斎, 文晁畫譜は彼, 文晁輩の及ぶ, 文晁長島五郎作石塚重兵衛がいる, 文晁門で八丁堀, 文時ここに至って, 文時代以後です, 文時是非なく実に, 文時維茂が船, 文晃筆の山水, 文の頃, 文暦二年及寛元二年, 文に五貫文, 文曰野辺地村に千曳神社, 文曲星帝座を犯す, 文書ける時, 文書簡にもみえ, 文替えに相談, 文朗読まで悉く, 文と申せ, 文究深, 文未だ死せず, 文松島町の奴平, 文には, 文林儒流の磊落, 文林郎内台御使, 文柏堂を造營, 文柔弱の徒, 文校讐二略は目録學, 文校録にも亦, 文棚小鼓香炉火鉢褥膳具酒器などない, 文の系統, 文楽座以外では先ず, 文の油五合, 文榮堂書肆の主人, 文様々だ有難くっ, 文樂一座が南座, 文樂以前の古, 文標準語に当惑, 文模様めいた奇妙, 文樣ヌヒ文樣から出た, 文櫃十余合を取り出し, 文を握つ, 文次いるかちょっと急, 文次お蔦の三人, 文次さんは御飯, 文次それに若く, 文次たちに斬りつけた, 文次ぢやない, 文次一人の心持ち, 文次二三軒行き過ぎると, 文次他の一人, 文次守人を家, 文次往来の上下, 文次御用の御の字, 文次手代の伴造, 文次折よく誰, 文次掏摸を追って, 文次此奴ですな, 文次縁側へ出た, 文次自身にも説明, 文次親分を知っ, 文次貴様の所, 文次郎先生等も化石採集, 文次郎君などもその, 文次郎工学博士渡辺渡医科大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 文次郎殺しを覚られ, 文次郎氏一人だけ居残る, 文次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 文此処え上せ, 文此処らは只今, 文武臣僚の中, 文殿に御, 文母太后誄といふ楊雄, 文氏著の, 文永年間信如尼によって修補, 文汝南の徳枢, 文池田極上酒代百文大極上酒代百十六文, 文河名は定, 文河植村士明下条寿仙春泰の兄弟, 文河槐庵の事, 文河竹里は既に, 文河釧雲泉今川槐庵があつ, 文河釧雲泉今川槐庵及蘭軒が来り, 文河釧雲泉川槐庵同賦, 文法学部教授会の方, 文法理工の学士, 文派写実派の中, 文流行時代の影響, 文ながらに取り出し, 文渡しの船頭, 文湯屋は八文, 文源閣は咸豐十一年, 文源閣一通は熱河, 文溜めて二分二朱, 文滋大姉もあなた, 文潜之を愛する, 文瀾閣のみは其後, 文瀾閣これなり, 文火災篇に先生, 文という若武者, 文かつた, 文無知と自身, 文照院様から拝領, 文照院殿様から拝領, 文であらう, 文を是, 文は今, 文に目, 文をそのまま, 文牽強附會で出, 文状他を恨み, 文死せず, 文獻さへ入, 文獻上考察出來ぬが, 文獻其の他, 文獻學的諸問題, 文獻學的觀點より觀, 文獻時代の地方, 文獻的に未, 文獻誌的覺書を添, 文獻通編とか明史, 文獻通考大金國志或は契丹國志, 文へと姉, 文王ニ載セ得テ帰ラル, 文王傍へ寄り, 文王安宿王橘奈良麿大伴古麿, 文王時代の周, 文王有聲の篇, 文王真韓貴李斌等を失い, 文満州国皇帝の, 文の語, 文用意詳審尚未可, 文甲高の講演, 文甲高仁王足というやつ, 文界十傑を募集, 文界学の新, 文界短信欄に福富源次郎, 文にし, 文異同ある故両, 文を扞くに意, 文發生の原動力, 文白木綿一反で三百文, 文白豆四升六合で一百文, 文に足らぬ, 文百文の出入, 文的俳句趣味で特色, 文的小説を流行, 文今に存, 文皇二代を経, 文皇帝諱は允, 文盗っても世間, 文盗みやがつたぢ, 文盗んだことを, 文盛んなるは, 文盛化の余沢, 文盛掛が十六文, 文盲滅法河童の屁, 文譯體など, 文相談といかにも, 文省略が其気分的欠陥, 文眺め前津の香雪軒, 文ぶみでわかるの, 文矢文を送りたくっ, 文知らせでわかっ, 文小麿馬, 文石大白君と共に斉, 文研究に費やす, 文碌斎竹則と名乗る, 文礼出張被仰, 文礼子弘前御用行に付, 文礼子御用にて新城宿, 文礼子青森大病院へ行, 文礼岡西養玄家守某備中国松山の柳井柳仙, 文礼御用有之逗留, 文社劇評会の諸子, 文社劇評家懇談会日本橋の若松屋, 文社懸賞脚本の選評, 文社歌舞伎座にて観劇, 文社観劇合評会あり, 文祐八字子哲徳山の臣, 文神武至仁大徳敬皇帝でこれ, 文祿二年は秀次二十五歳, 文祿元年の朝鮮陣, 文祿年間ニ渉リ我邊民カ片タル葉舟ニ棹シテ浩渺タル怒濤, 文祿慶長の頃, 文禄中五百歳で死す, 文禄中虎を斬った, 文禄乙未のとしの秋, 文禄二年三月その当時, 文禄二年八月九日北政所へ送った, 文禄二年四月上洛して, 文禄二年正月五日には正親町上皇, 文禄元年彼の朝鮮陣, 文禄元年朝鮮陣の起った, 文禄元年正月太閤秀吉は海陸, 文禄元年西暦の一五九二年, 文禄四年七月十三日の申, 文禄四年二月の中ごろ, 文禄四年二月七日で齢, 文禄四年八月二日この前, 文禄年代にはここら, 文禄朝鮮征伐の時, 文禄頃の, 文福和尚渋茶にあらぬ, 文福茶釜二世あらわる, 文福釜では弱い, 文の玉版, 文種長無絶, 文稿二三巻も亦, 文稿二冊これ有り, 文は約, 文究理のみなら, 文に成らざるなり, 文竟併合于諸家書中無復専本, 文童女的美あどけなさ, 文をとり, 文筆者の主観, 文筆遊びに認めた, 文筥文使ひといふ, 文篆字である, 文もある, 文にし, 文簡短にし, 文米一升与う, 文粋中級第二部, 文粋新発田の寺崎某, 文粹文苑英華等の中, 文粹朝野群載等, 文くらえだ, 文紅錦の道服, 文納入になった, 文の十徳, 文細々拝見先般も, 文の七部門, 文結びにし, 文論として, 文目に, 文縟禮の弊, 文總目ともに文史類, 文總目鄭樵の藝文略, 文にし思へ, 文織る練磨の, 文けても相成らぬ, 文置いて行き, 文などであっ, 文義武俊徳成功高皇帝, 文となつ, 文翰箋や著, 文翰詞林三巻零本ありと, 文翻訳は一行二文, 文考えさせられる深刻な, 文考注に稚, 文者皆悉本於田何以上口耳之學也, 文者石嶺の筆, 文の, 文耕さん後に, 文耕堂だ, 文聘徐晃などの老巧, 文聘王威などに彼, 文の移轍, 文自体においてはなお, 文自分の意志, 文自分ひとりで拾い集めた, 文を持たない, 文の非凡, 文與可蘇東坡などによつて, 文の会釈, 文若しくは齊桓の, 文に在らずや, 文茵暢轂という所, 文に入れたる, 文そのへん, 文荷さいどの若狭守どの, 文荷斎どの一露斎どのが一番, 文荷斎どの徳菴どのなどをお, 文荷斎小島若狭守などが, 文菓子屋らしい祝意, 文華秀麗集本朝無題詩, 文落して十一文川底, 文落っこってやしない, 文著きぬ我が, 文蒋介石に依り, 文蒔絵の手筥, 文文或, 文蓋し少時の, 文となっ, 文藏さんが福島, 文のごとくし, 文虚礼便佞諂諛を賤, 文の笊, 文衡中原清景橋本氏光などの持明院統, 文表文にだにかく, 文に無限, 文褥礼だ, 文は之洞, 文西宮上酒代七十二文伊丹西宮上酒代八十文池田極上酒代百文大極上酒代百十六文, 文西西堂について学徳, 文要求は引込め, 文見えまた天慶七年武光, 文見たいに重要, 文見たいなものを, 文見つかったぞ, 文見つけたいばっかりの一心, 文見ぬさきに, 文の金, 文角牡丹に別, 文角鷲郎もろともに彼, 文記中に薄, 文証之を得, 文詞モ面白ケレバ後日花月新誌ニ載セテ世ニ公ス可シ, 文試験制度が変っ, 文詩歌とに限られ, 文詩脚本など沢山, 文認め候は, 文誠法名称仙軒季が鎌吉, 文誦持の声, 文で解釋, 文読みくり返し, 文読売の巴里特派員松尾邦之助氏, 文調で反射, 文調印が行われる, 文談会一味の秘事, 文談話會には醉, 文論文等も文章, 文経に, 文と申す, 文讀むごとに, 文讀んで泣かざる, 文豆腐一丁四十二文もした, 文貞公の墓, 文負からねえだ三と, 文負けさせ帰りしなに, 文負けろィあれ因業だ, 文の盜みと言, 文へない, 文貰って宜, 文買って行きました, 文買つて一兩二分と六十八文, 文質的便利とが相殺, 文贈らず小さく作った, 文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 文路さんへ, 文路村まで大臣, 文身体の尻, 文車桃川燕国松林伯円がある, 文車程度では纔, 文の同, 文輔奉祀右側には文化十三年丙子九月六日, 文輕尻何文人足何文と言つた昔, 文辭甚だ簡單, 文の競漕, 文農二科が来賓, 文農業雑誌の使用法, 文出来上り候, 文近くへ来た, 文近江屋代七十文銚子代六十文とある, 文這入って居ります, 文通いとか文初め, 文の第, 文の花鳥, 文と申す, 文達公と諡, 文違いでご, 文宣高, 文遣つたところ翌朝わざ, 文選り出させて觀音, 文那神仙説に見, 文淡淵, 文もある, 文郁浪合の増田平八郎, 文郷土要覧につき, 文都千中乾坤坊良斎などの人々, 文都合一文半にて食事, 文の會, 文采風流の中, 文野口文之助, 文野雜糅して, 文釣銭が足らなかった, 文を貸, 文を取り, 文銀一つのみと獨, 文銚子代六十文とある, 文銭一枚を与, 文銭五十円でお, 文錢三枚といふ法, 文やさしき眉, 文鐫碑等工手都合八十五人とある, 文長くして, 文長ければ学校外, 文長箋には泉, 文間台の立木, 文阿弥といった, 文の前座, 文陳文子などを評し, 文陳暉平安等に命じ, 文随大出喜平青木金次郎西谷田村からは荒井嘉平, 文随筆短篇小説などにおける彼, 文随筆等生涯の執筆, 文隣軒自敬, 文雄大にし, 文雑誌として世間, 文雖復言同字, 文屋代七十二文近江屋代七十文銚子代六十文と, 文雪舟啓書記秋月雪村また古, 文のもの一段, 文霊彩啓書記雪舟秋月などの巨匠, 文の道, 文の徳川家, 文うす黒い質, 文風情にお, 文飜訳は易い, 文館五階の, 文館詞林と云, 文と謂, 文なり云々, 文體そのものを非難, 文體ヲ審ニスルニ前後詳略アリ前半ハ追記ニシテ後半ハ逐次續録セシニ, 文體的價値を高めた, 文高津君ノ悔ミノ文ナドヲ凌駕スルコトト思召シ下サイ, 文魁堂とやら云, 文だの桂川甫周, 文魚本多の創始者, 文魚様で, 文鮮卑の條, 文鳳のも見た, 文鳳二人の画合せ, 文鳳以外の人, 文鳳特得の伎倆, 文を師, 文麻呂はなよたけの胸, 文麻呂不思議な笛, 文麻呂両手を頭, 文麻呂中央にやって来る, 文麻呂右手奥へ走ろう, 文麻呂左手の方, 文麻呂左方へ消える, 文麻呂無言で丘, 文麻呂舞台右手竹林の外れ, 文麻呂頭を両手, 文に引かれ, 文鼻紙一帖持ち合せても