青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「月給~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~最早 最早~ 最近~ 最高~ 會~ ~月 月~ 月光~ 月夜~ 月日~
月給~
~有 有~ 有し~ ~有する 有する~ ~有っ 有っ~ 有り~ ~有る 有る~

「月給~」 1024, 12ppm, 9385位

▼ 月給~ (216, 21.1%)

17 貰って 9 もらって 6 とって, 取って 4 上げて 3 あげて, 出して

2 [14件] いただいて, くれ, 取ること, 取るよう, 受取ると, 大枚十五円ずつ, 払って, 机の, 渡す, 貰うの, 貰うよう, 貰った時, 貰ふ, 頂戴する

1 [140件] いくらでもとる, おろそかには, かこちつ, くれたの, くれて, くれるかい, くれるから, くれるの, さいて, じょきじょき, そねみ生活, ちっともあげ, とったこと, とったばかり, とり勤労報国隊, とること, とるの, とる人, とる場所, とる学士様, とる學士樣, どうしたら, はじめて得, ば二箇月分か, まかなつて, みんな宿料に, もって, もらいに, もらうこと, もらうため, もらう人, もらう代り, もらえば, もらったら私, もらったり, やったり, やって, よけいに, 一円でも, 上げるなんて, 上げる訳, 二月分前借し, 五円ずつ, 倍に, 催促しない, 入れたまま財布, 入れ一つ一つ, 出すこと, 出す気, 十二円頂きました, 千円とっ, 半分だけでも, 半分ほど, 取つた時, 取つて, 取らないだけでも, 取らにゃ, 取らんかという, 取りて, 取るため, 取ると, 取るなんて, 取るの, 取るので, 取るべく彼等, 取るやう, 取るんぢ, 取る内, 取る器械, 取る方法, 取る為, 取れない人, 取れば, 受けたるは, 受けぬこと, 受取つて来, 受取るとか, 受取る時, 学校の, 帽子代に, 引き出す石臼廻しみたい, 従来の, 得るなり, 得るに, 得んが, 懐中に, 払い一家相伝, 払うから, 払うそう, 払うのに, 払ひ, 抵当に, 拾五円なら, 持って, 支出せざる, 支払つ, 支拂つ, 支給し, 敬語で, 日割り勘定で, 昇げて, 時間割に, 月の, 棒に, 楽しみに, 求めたの, 減らしても, 渡さないという, 渡さなかった, 澤山も, 甘んじて, 皆に, 考えずには, 聞いて, 自慢を, 蓄積し, 請求する, 貰いすぐ, 貰いに, 貰い平々凡々, 貰うと, 貰うん, 貰う心配, 貰う時, 貰えたら私, 貰えるけっこう, 貰った, 貰ったい, 貰った人, 貰ってるの, 貰つた, 貰つた時に, 貰つた爲めに, 貰つてる, 貰つてゐない, 貰わなければ, 載せて, 適当に, 頂いて, 頂戴し

▼ 月給~ (120, 11.7%)

7 中から 3 前借を, 半分は, 半額までの 2 うちで, ことは, ほかに, 前借が, 半額まで, 安い一代用教員, 渡されたこと, 渡る日, 高を

1 [86件] あがったの, あがった方, あがるの, あまりで, うちを, おりた時, なかから, ひどさ, ふた月, 一割も, 一部分を, 三分の一までの, 上らないの, 上る見込み, 上前を, 不平退座だ, 不渡りと, 中に, 二割五分宛手当が, 五百円と, 仕事が, 何倍ぐらゐもうかる仕組みに, 何分の一の, 余りという, 余りとで, 余蓄と, 値上げを, 入る衆, 全部, 全部を, 全額あるいは, 全額よりも, 別荘番墓掃除せぬ, 前借りだった, 前借りを, 割り当ても, 力を, 勘定ぐらいにしか, 十ヶ月分の, 十三円五十銭だって, 十割乃至, 半分, 半分の, 半分まで, 半分を, 半分位貰える, 半額を, 取れるやう, 増すの, 増減によって, 外に, 多いすくない, 多い方, 多少によって, 奴隷では, 安過ぎた, 寿命を, 小学教師に, 少いこと, 幾割かをも, 支払を, 日, 昇額は, 減額に, 為めに, 病院の, 百円だけは, 百分の一, 種なんぞに, 給与は, 縁に, 良人には, 袋と, 袋に, 袋の, 補いにも, 話を, 足らないの, 身な, 順で, 額を, 高き官, 高さえ, 高によって, 高低などは, 高価い

▼ 月給~ (120, 11.7%)

2 いくらな, どのくらい, 十五円か, 十五円で

1 [112件] いくら, いくらか知らなかった, いくらである, いくら貰, いくら貰っ, いつまで, いらないから, うんと高い, かなり沢山に, きょう貰っ, これ, すくない, その中, た, たくさんとる, ちっとも上らない, ちっと下っ, とって, ともかく現金, どうする, なおさらだ, なかなか上げ, ひとし並最高五百円, まだ当分, まるまる飛ん, もらって, やつと, よほど余計, ろて, インフレーションの, チヤンと, チヤンチヤンと, 一万円だ, 一万円と, 七十五円であった, 七十円だ, 三円の, 三十五円でありました, 三十円くらいに, 上がらず, 上がろうと, 上は, 上らずに, 上らず手当, 上らなくとも, 九円だ, 九十円で, 二倍に, 二十五円で, 二十五圓で, 二十円から, 二十圓女房が, 五十万円一年の, 五十円である, 今日の, 何う, 何から, 停止令です, 兄さん夫婦の, 全部妻に, 八円ないし, 六十円, 六百円で, 出たが, 劇団員たちが, 十三ルーブリという, 十五円平均であった, 十八円で, 十四円で, 取れるし, 同じだ, 唯八円で, 唯八圓で, 問題外だ, 四十二円賞与は, 四十円だ, 四十円でも, 四拾圓です, 大たい三十八円, 大枚金八円也毎月正に, 大枚金八圓也毎月正に, 女一人の, 安いぞ, 安いだろう, 安いです, 安いん, 寺院の, 少いし, 少ないし, 弁当つき三十五円でし, 御承知, 悪くない, 払わないぜ, 昇った, 明後日でなけれ, 月給これは, 極めて少い, 正味手取りの, 殆ん, 沢山に, 澤山に, 物価に, 独立する, 當分の, 百円, 百円ずつ, 百円そこそこだった, 皆無くなっ, 英文邦文両方やっ, 見せたくて, 貰って, 雪江の

▼ 月給~ (100, 9.8%)

2 はいって, 出た, 出る, 取れるもの, 多少高い

1 [90件] あがったん, あがりますよう, あるから, いいし, いいのに, いくつも, いくらか, いくらボーナス, いるから, うれしくて, おりると, お上りる, とれて, とれなくっても, とれる出さき, どうなる, ない, ないと, ないに, なくなって, ふえるかも, ふっとぶよう, キチンキチンと, 一晩も, 一杯であった, 七円だ, 三千円と, 三拾圓で, 上がったらどう, 上がって, 上がらずに, 上がるん, 上って, 上りま, 上るん, 上る見込, 下らない学校, 九十ルーブリ増した, 九十円外に, 二百五十円で, 二百円その他に, 二百円ほかに, 五円あがった, 五円昇った, 五十三円で, 入った金, 入つて, 入らないから, 全部おり, 六円だ, 六圓だ, 初めから, 十五円ばかり, 十銭あ, 半年なく, 半年ほど, 半月分渡った, 取れなけりゃ仕方, 四分の一じゃ, 増えるからと, 増すより, 多くない, 嫌いと, 安い, 安いから, 安いんで, 安くても, 少ないので, 届かないので, 弁当つき三十五円なんて, 払えぬから, 支給された, 昇るだらうと, 昇るだろうと, 晦日の, 殖えても, 減ったの, 渡った, 百七八十円ボーナス入れ, 百五十円だ, 百円ぐらい, 百円に, 百円にも, 立派に, 細いのに, 貰えるならよけい, 貰えるん, 貰へる, 身に, 高すぎる

▼ 月給~ (44, 4.3%)

2 キユキユし

1 [42件] いふと, これ, せう, それから, ちゃんと一人前, ね, まかなって, やって, やってる仕事, わざわざ京都, 中村是公氏と共に, 二人は, 働いて, 働くとして, 切り廻す結果, 友人を, 大勢の, 女房を, 女房子を, 始められたが, 実際乞食暮, 家に, 小さい買物, 徳川家に, 徳川幕府の, 毎日上等へ, 沢山だ, 清福を, 漸く生活, 生き剣, 生き劍, 生計を, 相当な, 結構だ, 縛られて, 自分が, 買われた身体, 足りないところ, 遊び給へ, 長い時間, 雇われ働く, 養つてゐる

▼ 月給~ (30, 2.9%)

2 貰わない安

1 [28件] あがったと, いただきませんので, いりません, おろそかに, おろそかには, きっと細君, そうだ, それは, まだ上げ, らッてりゃ, 上がらず東京, 上げて, 上りそれだけ, 僅かです, 取れて, 受取れないこと, 同じだ, 多す, 寄宿料の, 少いけれども, 少かった, 少しばかり, 少し好い, 昇げて, 昇るさ, 百五十円と, 私の, 遣い果たして

▼ 月給取り~ (30, 2.9%)

2 にせね, になる, の妻君, の総称

1 [22件] があるいは, が知識的労働者, だろうが, でもきっと, という勘定, と訳し, なん, なんて止せ止せ, になった, には贅沢, に出, に頼む, の女, の手, の暮し, の根性, の自由, の蓄音器, は子供, は性, は美しい, ばかりだつた

▼ 月給~ (27, 2.6%)

2 にしたい, になつて, の生活

1 [21件] が日, が避暑, さへ, と云, にし, になつ, にもなり, に謝罪, の会話, の午, の妻君, の所謂勤人, の身, の身代, の頭, はふだん寢坊, は露命, も店員, を軽蔑, 職工學生職人衆集金屋さんと, 階級に

▼ 月給~ (23, 2.2%)

3 有ついた 2 ありついて, 有り付くと

1 [16件] あり附いたもの, した所, しばられ, 二十五円ずつ, 定めても, 応じた割合, 応じて, 日雇に, 有り就きさえ, 有附かせる, 甘ん, 生活する, 縋って, 貰うたる, 貰うと, 遣わすべしだ

▼ 月給~ (22, 2.1%)

1 [22件] がきた, が來, が早く, が明後日, が来, さすがに, だけ出掛け, だった, だと, で部屋, と上役, など, にでかける, になっ, には私, に主計部, に堀川教官殿, に大きな, の二十日, までの小遣い, まで返されない, も到

▼ 月給~ (18, 1.8%)

2 の捺印

1 [16件] だけ家, のなか, の中, はだいぶ, をうけとった, をうやうやしく, をもっ, を入れる, を取っ, を受取る, を投げ与えた, を持込ん, を生涯風波, を社長, を見せた, を足もと

▼ 月給では~ (12, 1.2%)

2 到底喰つて 1 あるが, どうかする, なかなか足り, 勿体ない問題, 夫の, 妻子は, 月末が, 気の, 病院の, 迚も

▼ 月給でも~ (9, 0.9%)

2 いいから 1 やはり私, 取らせて, 取るよう, 増して, 沢山取れる, 貰って, 貰つて気楽に

▼ 月給から~ (8, 0.8%)

2 言へば 1 天引きされる, 天引に, 工面し, 差引いて, 話すと, 買いだめた

▼ 月給~ (7, 0.7%)

1 いっても, この五千円, つても, なると, 同じじゃ, 小使の, 年末賞与とが

▼ 月給だけ~ (6, 0.6%)

3 では 1 だと, 入ると, 貰って

▼ 月給とり~ (6, 0.6%)

1 です, で国策, になつ, の癖, は取り高, よりは人生

▼ 月給四十円~ (6, 0.6%)

2 であった 1 で遥々, などと書いた, になりました, の歴史科中等教員

▼ 月給八円~ (5, 0.5%)

2 の代用教員 1 か十円, におぞ, の雇吏

▼ 月給という~ (4, 0.4%)

3 ものは 1 ものを

▼ 月給以外~ (4, 0.4%)

1 にけっして, には一文, にもらっ, に原稿料

▼ 月給十五円~ (4, 0.4%)

2 の俸給生活者 1 から二十五円, から廿五円

▼ 月給十円~ (4, 0.4%)

1 の外, の等外一等出仕, はあまり, 上ったのに

▼ 月給~ (3, 0.3%)

1 からひと晩ひと晩, から差し引かれる, し私

▼ 月給なんか~ (3, 0.3%)

1 なしでも, ほんのお, 知れたもん

▼ 月給七十五円~ (3, 0.3%)

1 という現在, なん, の事務員

▼ 月給十八円~ (3, 0.3%)

1 で或, になった, 貰って

▼ 月給取る~ (3, 0.3%)

2 ように 1 のが

▼ 月給あげ~ (2, 0.2%)

1 てやっ, てやらア

▼ 月給さえ~ (2, 0.2%)

1 ナカナカとる, 満足には

▼ 月給だけで~ (2, 0.2%)

1 暮して, 暮らすこと

▼ 月給だけを~ (2, 0.2%)

1 貰いに, 貰ひ

▼ 月給だって~ (2, 0.2%)

1 もうきっと三円, 初めから

▼ 月給とで~ (2, 0.2%)

1 人間の, 出來

▼ 月給など~ (2, 0.2%)

1 そこからは, 少ししか

▼ 月給などに~ (2, 0.2%)

2 なるの

▼ 月給によって~ (2, 0.2%)

1 これを, 診察料も

▼ 月給~ (2, 0.2%)

1 手當の, 首に

▼ 月給やる~ (2, 0.2%)

1 ことに, ような

▼ 月給より~ (2, 0.2%)

1 ほか頂こう, 僕が

▼ 月給九十円~ (2, 0.2%)

1 の雇人, 貰って

▼ 月給二十五円~ (2, 0.2%)

1 だが, ないし四十円

▼ 月給値上げ~ (2, 0.2%)

1 を迫っ, を願

▼ 月給八圓~ (2, 0.2%)

2 の代用教員

▼ 月給出る~ (2, 0.2%)

1 今月は, 税を

▼ 月給制度~ (2, 0.2%)

1 にし, にする

▼ 月給十二円~ (2, 0.2%)

1 の洒落, はずいぶん

▼ 月給十五圓~ (2, 0.2%)

1 で壹圓, の腰辨當

▼ 月給支払請求~ (2, 0.2%)

1 にも賛成, に同情

▼ 月給生活~ (2, 0.2%)

1 をし, をする

▼ 月給百五六十円~ (2, 0.2%)

1 の人たち, までぐらいの社員達

▼ 月給~ (2, 0.2%)

1 と性質, の形而下

▼ 月給~ (2, 0.2%)

2 貰つて居る

▼1* [134件]

月給いくら位貰うの, 月給およそ三百円なり, 月給ぐらいでやり切れないが, 月給ぐらいはできそう, 月給こそ貰っちゃ, 月給これはこれ, 月給へ渡つて, 月給じゃしかたが, 月給そのものを手, 月給それは皆目, 月給だけはぼくが, 月給だの食糧だ, 月給だろうからお, 月給つきの休暇, 月給つき休暇無料産院と工場, 月給であったらどうだったろう, 月給といふものを, 月給とかその他の, 月給として政府は, 月給とに関する五月蠅ほどの, 月給とは一体いか, 月給とらないから本当は, 月給どっさり出さないの, 月給のでせう, 月給なぞは問題と, 月給などといふものは, 月給などは高の, 月給なども出来るだけは, 月給なにほど成る, 月給なら手当やなんか, 月給なり分配金なりを, 月給なんぞにお構, 月給なんて結局三四十円です, 月給にはありつくやがて, 月給にもありついた, 月給ぬきで恋愛, 月給ばかりじゃなかろう, 月給御ひき給候, 月給もらってい, 月給らしい月給にも, 月給七円住みこみで, 月給七十円の会社, 月給三円といえ, 月給三十五円とおやじ, 月給三十円ぐらいだ, 月給三十円位ですって, 月給世帯主は一ヵ月生活費, 月給二〇住込通勤随意履歴書身元保証不要毎日後五時本人来談に限る, 月給二人の細君連, 月給二円五十銭警部が三円時代, 月給二十円からスタート, 月給二十円也の青年記者, 月給二百マルクを給, 月給二百五十とかで赴任, 月給二百五十円の意味, 月給二百円ということ, 月給五円で別に, 月給五十円也というよう, 月給今日出ると, 月給仕事仕腐さる, 月給付きの休み, 月給以上の額, 月給に使う, 月給何百円も貰っ, 月給値上げその他虫のい, 月給に二十五円, 月給僅か十五円その時分, 月給働く条件休日まで, 月給全額支給して, 月給八千五百円袋のま, 月給八百円の前金二千円, 月給六七十円の由, 月給六円で完全, 月給六十五円それと加俸五割, 月給六十円だから, 月給六百フランまづ, 月給出た今月より, 月給分月に一両二分四人扶持, 月給にし, 月給前借術とか弁当屋口説き落し術, 月給前払ひの, 月給十一円でいよいよ, 月給十七円の中, 月給十三円から十八円, 月給十三日分で買つた靴, 月給十五円也を頂戴, 月給十何円の判任官, 月給十八円手当五円電車のパス月, 月給千円食事づきで, 月給参拾円で通いました, 月給ハ日給ハ企業家ノ, 月給取だぞお, 月給取って働き, 月給取ってるやろかなア, 月給取ではない, 月給取であることに, 月給取やさかい父親, 月給取らしい小柄な, 月給取り本位の教育家, 月給受取り今回は, 月給同じからず, 月給同僚恋愛と結婚, 月給問題につき研究, 月給四十二円を貰った, 月給四十五円しか取つ, 月給四十円手当十円ぐらい, 月給四十圓の歴史科中等教員, 月給四百法の, 月給大臣で二百五十円位, 月給学生は為替, 月給年給が書い, 月給払つて断乎保護, 月給持参す, 月給振替払いの日, 月給支払の文字, 月給支払日の光景等, 月給支払要求大会の驍将, 月給日給連に局長反対, 月給日色々な勘定取り, 月給本代薬代吉凶その他の臨時, 月給現金最高五〇〇円一ヵ月に預金払戻し世帯主三〇〇円, 月給百五十円の人, 月給百五十円以上の人々, 月給百五十円余国許の少し, 月給百円というよう, 月給百円以上約五十名, 月給盗棒みたいに考える, 月給する月給, 月給調査を試みた, 月給ふとすぐ同性愛, 月給貰っている, 月給貰ったら何と, 月給で婿, 月給という鳥