青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「意味~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~想 想~ ~想像 想像~ 愈々~ ~愉快 愉快~ ~意 意~ ~意味
意味~
~意地 意地~ ~意外 意外~ ~意志 意志~ 意気~ 意気地~ ~意義 意義~

「意味~」 29105, 289ppm, 335位

▼ 意味~ (3786, 13.0%)

243 もって 106 持って 56 有つ 49 含んで 47 もつて 45 有って 43 持つて 27 なさない 26 理解する 25 もつもの, 表は 19 もつこと 18 考えて 17 失って 15 理解し, 知って 14 こめて, もつの, 含めて, 持つもの, 説明する 12 持つこと, 持つの 11 もつ, 持たせて, 明らかに 9 なさないの, ふくんで, 了解した, 異にする, 認めて 8 お歌い, つけて, なさぬ, 云って, 含ませて, 現わす 7 なして, 悟ること, 持つよう, 有して, 理解した, 理解しない, 読んだ, 通わせた 6 もった, 得て, 忘れて, 持つか, 有する, 有するの, 正確に, 知ること, 解釈する, 説明し

5 [20件] もったもの, もつという, 了解し, 了解する, 兼ねて, 婉曲に, 悟って, 感じて, 成さない, 書いて, 有ったもの, 発見する, 知つてゐる, 示して, 私に, 簡単に, 表して, 表現する, 解しかねて, 説明した

4 [30件] なさないこと, ふくめて, もたせて, もつかという, もつと, 与えて, 伝えた, 受け取る, 帯びて, 持ったもの, 持つ, 明かに, 明瞭に, 有しない, 有するもの, 正しく理解, 求めて, 汲んで, 爲さない, 現は, 理解せず, 知った, 籠めて, 表わして, 解いて, 認めた, 語って, 読もうと, 述べたもの, 述べて

3 [64件] あらわして, いった, お歌に, きいて, なさなかった, なさぬこと, なさぬと, なさぬの, なさん, はっきりと, はっきり理解, ほんとうに, もつに, もつよう, よく知っ, 付けて, 伝えて, 利用し, 十分に, 取って, 取ること, 失つてゐる, 完全に, 察すること, 尋ねた, 得ること, 悟った, 感じた, 把握し, 担って, 持った, 持つた, 持つたもの, 持つと, 持つ処, 教えて, 有すると, 有するに, 有た, 有ち, 歌に, 正当に, 獲得した, 獲得する, 現わし, 生じて, 異にし, 発揮する, 発見し, 知らないの, 知るに, 示した, 罩めて, 考へて, 脱して, 表現した, 見出そうと, 解して, 解すること, 解する事, 語った, 説明しよう, 読者に, 離れて

2 [205件] あらは, あれこれと, いったそう, いって, おおげさに, かいた, かいつまんで, きかねば, こ, さっして, さとった, さとったの, さとって, しみじみと, それに, つかんで, つきつめて, つけること, つたへて, である, とって, どこかに, どこまでも, なさないから, なさないで, なさないもの, なさない死物, なさなくなる, なさなくなるの, なさんよ, なすかも, のべて, はっきりとは, もたせがち, もたせようと, もたせること, もたないの, もたないもの, もたらした, もち, もちそれ, もってるもの, もつか, もつかと, もつこの, もつ作品, よく了解, よく理解, わざと違え, ロシア語で, 一つに, 世界に, 二つに, 云った, 今の, 伝えようと, 伝へて, 例の, 兄に, 充分に, 判然と, 加へて, 区別し, 区別する, 取り違, 取違, 含まして, 含ませたもの, 含ませないこと, 含まなければ, 含むもの, 含めながら, 含んだもの, 含んだ他動的, 吾, 唯一の, 変へて, 失いまた, 失うこと, 失つて來て, 失つて来, 奪はれる, 客観的に, 察した, 察したと, 察したの, 尋ねて, 少しも, 展開しよう, 川を, 弁えて, 強めて, 役者の, 彼は, 心の, 悟ったの, 悟つた, 悟つたとき, 想ふと, 意識し, 感じるの, 成さないのに, 成して, 我々は, 手短かに, 抛棄し, 持たない, 持たなかった, 持たぬもの, 持ち来すかの, 持った観念形態, 持つかと, 持つやう, 持つ事, 捉へ, 捕えて, 捕えようと, 捕捉する, 探ろうと, 推しかねて, 推測する, 掴み得ない者, 掴む, 擔ふ, 書いた, 有し得ること, 有するかの, 有するかを, 有するや, 有する言語単位, 有する限り, 有せざる, 有せり, 有たなけれ, 有ち得る, 有つこ, 有つだろう, 有つてゐる, 有つであろう, 有つと, 正しく把握, 汲みとること, 深く理解, 測り兼ねて, 熟知し, 犠牲に, 率直に, 現して, 理解しよう, 理解し得る, 生ずるもの, 発見した, 盛って, 直感する, 知ってるか, 知らない人, 知ると, 知ろうと, 示したが, 私が, 私は, 籠めた, 考えたが, 考えたり, 考えねば, 考えようと, 考えるの, 考へると, 自分は, 表したる中, 表わしたもの, 表わすの, 表明した, 表明する, 表現し, 覚って, 解くこと, 解しない, 解し兼ねて, 解すこと, 解する, 解釈し, 解釋する, 言ったの, 言ひ, 言明し, 話して, 誌した, 認めたもの, 認めない訳, 語るもの, 語ろうと, 説き明かして, 読んで, 諒解し, 諒解した, 追及しよう, 通り越して, 通わせたの, 違えて, 鉛筆で, 長々と, 限定し, 非常に, 齎らす

1 [1852件 抜粋] あくまで尊重, あつさ, あらしめたもの, ある坑夫, いちいち列挙, いろいろ考え, おおよそ解した, おつけに, お延, お答え申しあげました, かつ子が, きかせて, ききたがるに, くだいて, こうした表現, この作, こめ, こんな詩, ご理解, さぐり出して, ささやいた, さとる, さらに簡潔, しらせる要素, すつかり徹底的, そそるもの, その時, その際, た, たずぬれば, ちがえて, ちょっとの, つかみ出す為, つかみ得る程度, つきとめると, つけた, つけないお喋り, つけるので, つけ加えて, つづりまた, ときなやんで, とらえる事, とり違, とるだけでも, どうして考えよう, どう取つた, どう思う, なさず余儀なき, なさないし, なさないだろう, なさないのに, なさない事, なさない言葉, なさなくなるであらう, なさぬだろう, なさぬわめき声, なさぬ今日, なさぬ色, なさんですからなあ, なしては, なしません, なすならば, なすわけ, なす発言, のみ取る, はっきりさして置く, はっきり徹底, はっきり確かめた, はつきりさせ, はつきり理解せず, はなれても, ひつくり返して, ひろい視野, ふくましむることの, ふくむが, ふくめそれ, ふくんだあかい, ほのめかしたの, ぼくの, また誤解, まぬけ, むずかしくお, もう少しひろげ, もたされると, もたせずに, もたせた石, もたせ農民一揆, もたない不完全, もたぬ, もたらしたもの, もちながら, もち得ぬ, もち特殊, もったらしい, もった催し, もった所, もった言葉, もってる粗野, もっとも明瞭, もっと洗いあげ, もつから, もつここ, もつた人物, もつた言葉, もつては, もつほどの, もつフルスタダーン, もつ事件, もつ古典, もつ年, もつ日々, もつ死, もつ精神的性格, もつ論点, もて見下せる, ようやく理解, よく悟る, よむこと, わかろうとは, わたしたち人民は, クドクド説明した, ドミトリーは, 一句に, 一旦通っ, 一般に, 与えすぎて, 与えられそして例えば, 与えること, 与へた, 与へること, 中心として, 之によって, 了解しかねる, 二つ累ねただけ, 云い表わさねば, 云い表わす表現, 云ったまで, 云ひ返さないで, 云われて, 人間的生活自身が, 仄めかそうと, 今更の, 付け加え自分, 代演, 仮託し, 会得する, 伝えたの, 伝えるよう, 伝へた, 伝へるので, 何とか相手, 何やら知らせ, 侍従は, 偶, 傳へ, 兄さんに, 全く正しく, 全体的に, 全部喪失し, 共に感じる, 具現し, 兼ねた駄句, 内面的に, 処理する, 出来るだけ, 分析し得る, 切り換えて, 初めから, 判じ先祖伝来, 判断する, 別に, 創造し, 加へ, 勘づいて, 匂わせること, 十分理解し, 千二に, 反覆説明し, 取りちが, 取り捨てて, 取違えて, 受けます, 受け取ること, 受取る, 口授された, 同うする, 同時に表現, 否定する, 含ませたので, 含みし書翰, 含むであらう, 含む事, 含めたお, 含めた笑顔, 含めるといふ, 含んださ, 含んだ思想, 含んだ者, 含んでは, 告げて, 呑みこませて, 味わいて, 味わった, 哲学的に, 問おうと, 問ひ, 啓蒙し, 囈言と, 変え始めた, 多く含ん, 多少とも, 大方覺つた, 失いかけて, 失うから, 失うの, 失ったと, 失つて来た, 失わせた暴力, 奪われたる, 委しく書, 存じて, 安里から, 実感する, 客観的なひろがり, 寓する, 察して, 尊重しすぎ, 尋ね出した, 少し深く, 展開する, 布衍すれ, 帯びるなどという, 帶びさせたつもりで勇に, 常に念頭, 広くし, 広く解釈, 弁解し, 引取る, 強く訴え, 強調し, 彼女の, 後から, 得なかったわけ, 御存知です, 徹底さす, 心と, 忖度する, 忘れんよう, 思った, 悟ったらしく顔, 悟つたやう, 悟らないわけ, 悟りかねて, 悟る時, 想像した, 意識的に, 感じさせるやう, 感じた時, 感じます, 感じるに, 感じ当てたいといふ, 感ぜずには, 慥かに, 成さないと, 成さない言葉, 成さぬ言葉, 我等の, 手短に, 批判し, 把握しない, 投入しよう, 担うもの, 拒みさえ, 拾いそれ, 持たしてるかを, 持たせたつもり, 持たせるの, 持たない一聯, 持たぬよう, 持ちたがり因果応報, 持ち従って, 持ち自分, 持った以前, 持った宗教心, 持った約束, 持った限り, 持ってるかは, 持つし, 持つた犠牲, 持つた語, 持つべきか, 持つ二, 持つ技術, 持つ研究発表, 持つ記録, 持てない, 持ツて, 捉えて, 排除する, 探し, 探り全体, 探求しよう, 推量し, 掴みそこなわなかったこと, 換言すれ, 教へ, 敷衍し, 新しく定義, 明確に, 晦渋に, 暗示し, 更につよく, 書き記した立札, 書き送った, 最も正当, 有し得ないで, 有し而, 有するであらう, 有する事件, 有する文字, 有する範圍, 有たされた, 有った, 有った労作, 有つか, 有つよう, 本当に了解, 本質的に, 森彦は, 極端に, 構成しない, 歌いました, 正二の, 此處に, 歴史的に, 母に, 汲み取って, 汲むこと, 注意する, 洩らすと, 深く察する, 深く省察, 深めて, 混同しなく, 測り兼ねた樣子, 漢字などで, 為さない, 為さぬ世迷事, 熟練したいひ, 物語るの, 猜察した, 現すの, 理解しはじめ, 理解するであろう, 理解に, 生ずる, 生活体験的に, 申し述べました, 異にす, 発展せしめる, 発見しかかっ, 發見される, 皆持つ, 目で, 直ぐに, 眞正に, 真積博士, 眼で, 着けて, 知っては, 知つては, 知らずすがすがしく, 知らないから, 知らない彼女, 知らなかつた, 知らぬ筈, 知りそれ, 知りはじめ個性, 知り得て, 知るか, 知るよう, 知る代り, 石川達三談として, 確に, 示したもの, 示し一寸, 示すやう, 示そうと, 竜太郎は, 答えた, 簡単な, 簡短に, 細かく解釋, 繰り返し唱え, 繰り返すと, 考えさせられまた, 考えないで, 考えはじめた, 考える, 考える力, 考ふれ, 考へに, 考へ直して, 聞かして, 聞かれて, 聞き誤ること, 肯定する, 脱化さえ, 自ら明らかに, 自分に, 自然に, 自覚させる, 舊式に, 英文で, 薫染する, 表したる劇詩, 表す敬語, 表わす, 表わすと, 表出しよう, 表裏, 裏面に, 見いだそうと, 見そこなっては, 見つけたいの, 見よう, 見付けようと, 見出し得ると, 見出すという, 見出せなかったから, 覚えるまでの, 覚ったらしく直ぐ, 覚るよう, 観念として, 解き聞かせて, 解くもの, 解さないで, 解しかねる様子, 解しなかった, 解し兼ねる文句, 解し新, 解すべし, 解するの, 解るよう, 解釈しました, 言い廻し, 言ったらば, 言はれた, 言われたの, 言語の, 討究する, 記して, 訳すると, 詮索する, 話したこと, 認めずには, 認めたの, 認めなければ, 認めること, 認識し, 語ったの, 誤って, 誤解し, 説き明かすため, 説明しはじめた, 説明せんに, 読みとると, 読むもの, 読んだ時, 調べたり, 諷するの, 讃める, 象徴させ, 負ふため, 賞観する, 質問した, 超越した, 転化し, 近代に, 述べた, 追った, 途切れ途切れに, 通じた, 通わせたので, 運び得ること, 過去に, 選み出し, 釈き棄てたの, 重大な, 附けて, 附し死, 限って, 除いて, 階級の, 離れた代表, 青空を, 領解し, 顕わして, 飲みこませようと, 黙つて

▼ 意味~ (3319, 11.4%)

41 私は 25 あつた, あらう 17 私の 15 あつて, なしに 13 自分の 12 それは, 非常に 11 では, 日本の 8 それを, 云うの, 僕は 7 あらうか, せう, 人間の, 僕の, 彼は, 自分は 6 いったの, これを, 之は, 云って, 彼の, 自分が

5 [15件] あらうと, それが, ならば, ね, 一つの, 世界の, 云ったの, 人の, 今日の, 何か, 当時の, 或る, 用いられて, 言って, 言つてゐる

4 [13件] あるならば, われわれは, 他の, 働いて, 僕が, 先生の, 吾, 書いて, 生きて, 私には, 立派な, 自分を, 重大な

3 [42件] あつたの, あなたの, あれは, いうの, いったわけ, この, この書, そう云った, そこから, ぼくは, よ, トラヂックな, 一種の, 世間の, 之を, 云ふ, 人生の, 人間を, 今日は, 他人の, 作家の, 使って, 使はれ, 問題の, 女の, 客観性を, 手を, 文学の, 父の, 現在の, 社会的な, 私を, 積極的に, 興味が, 舞台の, 言えば, 言ったの, 言へば, 誰も, 進んで, 進歩的な, 非常な

2 [151件] いうと, いうならば, いえば, いっそう大きな, いったんじゃ, いつまでも, お染, ここに, こちらも, このよう, この人たち, この小説, この書物, この男, この第, この面白い, これが, これは, すべての, そうな, そこへ, その方法, その素質, その言葉, それに, それらは, だ, つまりここ, また同様, むろん私, もって, やって, よく解ります, わが国の, わたくしの, われ, プロレタリアの, ミシシッピ河地方に, ルクレチウスの, 一層大きな, 一般的な, 上部構造と, 下部構造の, 不可能であり, 世界に, 世界的であった, 云えば, 云ったん, 云へば, 人が, 人生を, 代表し, 以上の, 伸子の, 伸子は, 何の, 作者の, 使うこと, 使うの, 例外なく, 個人的な, 公共的と, 其の頃, 印象に, 君が, 問題に, 国家的存在である, 変化しない, 多くの, 多数の, 大切な, 大切に, 大正池の, 大衆に, 好意を, 存在と, 存在の, 学術的に, 宙に, 将来にも, 将来の, 小笠原を, 少くとも, 彼に, 彼女を, 心に, 心の, 心を, 思っては, 悪いもの, 悲劇人であった, 愉快な, 意識的でない, 感傷は, 我々は, 数学の, 文化の, 新しさ, 日本に, 日本を, 日本人の, 日本人は, 昔から, 春陽会国展の, 機嫌を, 此の, 歴史的な, 歴史的に, 殊更粗暴, 比較すべき, 法則と, 物の, 特殊な, 独立した, 現実の, 理解する, 用いたの, 用いて, 申したの, 真の, 確かに, 社会の, 社会的集団的性格は, 神の, 私が, 私たちの, 私たちは, 純粋な, 純粋に, 結附ける, 統制という, 自然に, 自由の, 興味の, 興味を, 興味深い, 蛇の, 表現の, 言つたので, 言論は, 認識の, 論理よりも, 貴君が, 貴女に, 返されること, 逸品である, 道元は, 道徳的な, 選まれた, 長谷川さんが, 高子には

1 [2465件 抜粋] ああいう, あたしの, あともう, あなたを, あの作品, あの銅像, あらゆる人, ある程度まで, いい品, いうこと, いう字, いくらかの, いつたい風景画家, いふの, いやと, いわゆる厄年, うまいところ, えらい人, おそらく正しい, おまえを, お嬢さんを, お菓子を, お附合, かかる精神, かつ普通, かれの, きみに, こうして無駄, ここにまで, ことわったそう, この三字, この作品, この土地, この形態, この生硬, この磁気学研究所, この訳書, これからは, これまでの, こんどは, さ, さう名付けた, しかも個々, しらずしらずこの, すなわち宇宙間如実, する地方, ぜいたく禁止令を, そうする, そこで, その, そのよう, その事, その出現, その尻尾, その絶対唯一性, その頭字, それ自体として, たいへんな, たのまれたの, だんだん位置, つかわれ作家, つまらぬ意趣, づゐぶん厄介な, とび越えた若いすがすがしい, どこか, どの人にも, どんな大敵, なつかしいと, ならいて, なら俺, なら幸田露伴, なんといっ, はるかに, ひとつの, ひまを, ふゆと, ぼんやりな, まさに適譯, また一種, また涙組, まだ解ききれない, みずから自然の, もう一度論語, もっと自信, もと人間, やはりこの, やはり為, ゆるされると, よく現, より一般的, わが赤木城吉氏, わたしも, われわれ自身から, アメリカなどでは, アヴァンギャルド的な, インチキである, ウスッペラで, ガックリ頷く, ケンボという, ゴッホに, シューベルトの, ジョルジュ・サンドや, ストライキを, ソビエト映画, ディルタイの, トモという, ニュース映画は, ハリと, ビリューコフの, ブルジョアの, プロミッシングな, ボオマルシェの, マルクス主義文学の, ユークリッド性, リンピイ・リンプと, レンゲ喰みの岳という, 一つ研究し, 一人に, 一刀流三祖伝の, 一応超, 一等発達した, 一般観客諸君の, 一錢漢とは, 三浦さん程, 上海に, 下等でない, 不徹底だ, 世の中は, 世界に対する, 世間から, 中央に, 主婦が, 主観的情熱からの, 二つ三つ書いた, 二種の, 云う物質, 云つたので, 云へる, 互に触れ, 亮は, 人及び, 人知れずベエコン, 人間性の, 人間離れの, 今あげた, 今の, 今年の, 今日まで, 今申し上げた, 仕事の, 他力の, 代表的な, 仲よくなれない, 伏犧神農以下文武周公に, 何となく心細く, 何も, 余りによ, 作り方が, 作者が, 使ったに, 使ひ出した, 使われる時, 例えばいづみ子, 例へば可, 俊成は, 信仰の, 修業を, 個は種に, 倫敦的であるべく, 健三を, 催促に, 僕達の, 元来が, 先生に, 児童の, 全く同じ, 全然他, 公共に, 共通な, 其の流れ, 内部的な, 凡て理想などという, 出る本, 出来るか, 分子的混乱系である, 初めての, 初歩的である, 利用する, 刺戟を, 前者は, 劇壇に, 助け合うとか, 勅任の, 動揺, 北條一雄の, 千載一遇であり, 卑俗な, 協団は, 単にモスクワ, 危惧を, 原始的な, 又個人主義的, 友誼的であるべき, 叔父さんも, 叡子さんに, 古今を, 可哀そうな, 各民族, 同じ流れ, 同時に作者, 名付けられたもの, 君に, 周三は, 命じたおぼえは, 哲学な, 唯研での, 喜ぶべき事, 困難な, 国家に, 国際化されつ, 圧迫します, 地方的に, 埋められたもの, 塵と, 変身願望は, 多年心の, 大いに憤慨, 大きな苦痛, 大和の, 大將, 大智氏は, 大衆サービスの, 天主は, 夫の, 奈良で, 女性の, 好きや, 妙に, 始めに, 娯楽機関だ, 嫂の, 存在とは, 存外ほんとう, 学校などという, 安心の, 完成され, 実にえらい, 実証的である, 客観である, 家の, 寂しい, 富之助に, 専門的で, 尊敬に, 小さな棒, 小林の, 少しは, 尾崎士郎に, 岸田を, 市会に, 常司, 平生から, 幸福なり, 序幕の, 廣く, 弁証法的唯物論を, 弱り勝ち, 当然です, 形而上学と, 役付きを, 彼らから, 彼女の, 彼自身の, 後鳥羽院の, 御助力, 御用いな, 徳永直の, 心掛けて, 必ずしも主君, 必要だ, 忠作としては, 怒りました, 思い出の, 思想は, 急速に, 恐らく誰, 恵まれて, 悪かった, 情けないとか, 惜しいなどという, 意味ふかい, 感じられて, 憐れな, 成立する, 戦争に, 戯曲の, 所謂実験を, 扱われて, 批評を, 技術における, 指導者も, 探偵小説も, 握りしめた, 政府から, 政治は, 故意と, 散田散, 文化的自由主義の, 文学との, 文学史に, 料理人は, 新しい, 新しい性格, 新たに, 新教派, 新聞小説で, 旋頭歌と, 日本は, 日本文化の, 日本的な, 早稻田, 明治以後の, 昔独逸では, 春子さんも, 時々泥酔, 時間と, 暮から, 書いたの, 書きとめて, 最も大衆的, 最も永続的, 最も責任, 會場の, 有害で, 有益であり, 期待されます, 本当にむずかしい, 本望だ, 来て, 架空な, 梅も, 極度に, 権という, 歌舞伎の, 正しく取り上げた, 正直, 此点に, 死なねば, 母国語を, 民衆の, 水よりも, 決して今日, 決して私, 法華経の, 泰軒と, 流布され, 浅田氏は, 消極的な, 深い象徴, 清新の, 滝川問題が, 演劇的で, 無い以上, 無視出来る, 爆竹を, 物体的な, 物質的な, 特に私, 狂は, 狭隘化し, 現という, 現代物理学の, 現実性の, 理解される, 甘んじて, 生命がけ, 生意気な, 用いたひっかかりが, 田代芳輔が, 申したん, 申上げた, 画題としては, 疑うべき人物, 発展的な, 皆さんも, 直観な, 相手の, 真に統一, 真赤に, 眼と, 知育は, 確かめられないとは, 社会万般の, 社会的で, 社会的現象の, 祖父に, 神に, 神経を, 私に, 科学と, 科学的と, 科学的社会主義の, 空間の, 立ちおくれ, 第三階級, 米に, 精霊が, 細君は, 経を, 結婚した, 絶えずその, 続けざまに, 総括的に, 總ての, 署名捺印した, 美しい響, 美禰子が, 羞恥や, 考えが, 考えられる所謂日本的美, 聞いたこと, 聡明でなけれ, 職業欄に, 胆の, 自主性が, 自分としては, 自分達が, 自然科学には, 自由を, 自覚的な, 興味津々たる, 良斎先生の, 花の, 芸術と, 芸術的演劇が, 若干の, 苦悩さえも, 荷物を, 蒸し返されざるを, 藤田氏の, 行燈の, 衰弱が, 西洋の, 見た彼ら, 見捨てたり, 親しく現代, 観念論的に, 解説的入門的な, 言い出したの, 言ってるの, 言は, 言われるところ, 言論の, 訪問した, 評価される, 詩は, 語られた, 誠が, 読んで, 誰かの, 論理的で, 謂ツた, 豊富だ, 買われる大家, 贈って, 趣味と, 身震いを, 軽薄な, 近代の, 返却されました, 通って, 通説の, 進むこと, 遊びを, 道徳上絶対に, 違った形, 適宜に, 那波, 郷里に, 里見十左衛門を, 重要性が, 釣合って, 門を, 間接法を, 附けた名, 限りない, 随意に, 雑誌演劇新, 電気動植物物理化学生物学生理衛生等, 非現実的, 面白いもの, 面白くなかった, 音楽の, 頭文字だけで, 飜訳され, 養って, 馬鹿に, 驚ろかされた, 高木の, 鳥羽家の子と

▼ 意味~ (3293, 11.3%)

375 ことを 95 ことが 57 あること 50 ないこと, 事を 39 もので 34 あるもの 32 言葉を 28 手紙を 25 ものである 22 ないもの, 言葉が 18 事が 15 ものと 14 深いもの 11 あるの, ものに, 返事を 10 ありそう, ある事, ある言葉, ない言葉, ものが 9 ことも, ものだった, ものであった, 文句が, 歌を, 深いこと, 深さ 8 あるよう, ない事 7 お歌を, 言葉で, 言葉であった 6 ものだ, 取り方, 手紙が 5 わからないこと, 唄が, 方が, 歌が, 語である

4 [18件] ある場合, ことであった, ことは, ない声, ない間投詞, はっきりしない, ほかに, ものか, ように, 一節が, 上に, 下に, 世界に, 大きさ, 恐ろしさ, 意見を, 批評を, 質問を

3 [36件] ある仕事, ある問題, ある様, ないいた, ない努力, ない涙, ものでなく, ものとして, ものも, ものを, わからない言葉, ハッキリしない, 上から, 上で, 光を, 分らぬこと, 分らぬ歌, 取りにくい, 合図を, 唄を, 字の, 感, 挨拶を, 文句を, 深い事実, 深い微笑, 深い言葉, 演説を, 解釈と, 言葉であります, 言葉である, 言葉も, 訣らない, 話を, 通告を, 重大な

2 [170件] あつた, あるらしい平次, ある作品, ある奉公, ある批評, ある数字, ある文章, ある日, ある現象, ある生活, ある興味, ある観念, ある計画, ある訣, ある話, ある顔つき, うちに, かけ離れた文章, ことだ, ことだった, ことで, ことばが, ことをも, それとは, ちがったもの, ないところ, ないよう, ない単語, ない叫び声, ない性質, ない話, はっきりと, もの, ものであろう, ものでした, ものでない, ものでなけれ, ものでも, ものとは, ものな, ものなら, ようであった, ような, わからないよう, わからない事, わからなかった言葉, わからぬこと, エタの, トリックの, ニュアンスを, ハガキを, ブルジョア的性別は, 上では, 不明な, 不明に, 不明瞭な, 世界, 世界の, 世界を, 中に, 中には, 乏しいもの, 事であった, 事件である, 代入における, 使ひ, 偉大な, 全部を, 内容が, 写実によって, 写実は, 分らないこと, 分らない喊声, 分らぬまま, 分らぬ微笑, 判るもの, 卑怯は, 反抗を, 取りよう, 含まれて, 声が, 変遷を, 外に, 大きいこと, 女らしさ, 字で, 存在である, 孤独の, 少ないこと, 少ないもの, 布告を, 広さ, 強き, 御言葉, 微笑を, 成立する, 手紙であった, 擴張と, 擴張の, 政党では, 政治と, 政治とは, 政治の, 文化を, 文章が, 文面で, 料理屋, 方に, 時も, 最も深い, 決議を, 深い, 深い教養, 深い行事, 深い話, 深い非常, 点から, 無いこと, 無いもの, 無い顔, 無言の, 物である, 甘さ, 生活は, 用ゐ, 疏通を, 発展である, 空虚な, 答えを, 純然たる, 結婚が, 結婚を, 絶望な, 聞きとれない絶叫, 職業婦人が, 能く, 自戒を, 自由である, 芸術的修練だけに, 葉書を, 蝦夷なら, 複雑な, 解らぬこと, 解釈の, 解釋を, 言葉だ, 言葉では, 言葉は, 記事を, 設定が, 評判娘でした, 詩が, 詩を, 語を, 説明が, 説明を, 諺が, 貧乏であっ, 貧乏人すなわち, 貧乏人と, 貧乏人は, 責任を, 通じないこと, 通じない小さな, 通じるよう, 違ひ, 隠語である, 頼むか, 類似を, 飜訳は

1 [1671件 抜粋] あせり, あった時代, ありよう, あることば, あるであろう処, あるやう, あるギャップ, あるブック・レヴュー, ある主題, ある値, ある光線, ある前, ある匿名, ある問い, ある大切, ある展開, ある形態, ある所, ある方, ある時間, ある有益, ある注意, ある物, ある眼, ある社会的, ある立派, ある行事, ある西経三十三度, ある近代的, ある風味, いやがらせを, うたが, うまさ, おたより, お別れ, お祭り, お返事, きれぎれ, くめない郷土歌, こといふ, ことだろう, こととして, ことの, ことばを, ことをは, この解釈自身, こもって, ごとく実行, すべての, そのもっ, ために, ちがうもの, つながりの, とうてい圓太郎, ところで, とり易い, とれぬ愚痴, とれる様, ないしかも, ないつぶやき, ないとんぼ, ないひとりごと, ない一個, ない世話話, ない作業, ない単なる, ない叫声, ない名, ない呼び, ない嘆願廻り, ない威張り, ない得意, ない悲哀, ない愚, ない戦, ない文学, ない書物, ない概念, ない然, ない眼つき, ない笑い声, ない行儀作法, ない語, ない運動, ない音楽, ない騒音, なき徒労, なんが, はい, はたった, ひもじさ, ふかい一瞥, ふかい微笑, ほうで, まったく分からない, まま相似通っ, もっとも広き, もどきです, ものでありたい, ものであるなら, ものでございます, やはり心細い, ようです, よく分らない, わからないの, わからない上ずった叫び, わからない夢, わからない歌, わからない理屈, わからない筈, わからない重し, わからなさ, わからぬやう, わからぬ数人, わからぬ部分, わかりしに, わかるの, わかる波瀾, わざでも, イデオロギーなる, エキスペリメントを, エタと, ギリシヤ文字が, コルシカの, シトナルなどは, スクリプトが, デモクラシイである, ニヒリストでは, パァティな, パンだ, フランス古典としての, ユーモアは, リテラチュウルで, ロマンチシズムが, 一字に, 一端を, 一貫した, 一首を, 三科と, 上の, 下落でも, 不完全さ不具さ病症を, 不明で, 不明瞭に, 世界である, 中古の, 中頃の, 乞食者の, 事は, 事実と, 事柄を, 二部作でありまし, 人生こそ, 人間でなく, 今人, 付けられるもの, 代表的よ, 伏在する, 似顔としては, 何かを, 使い分けである, 価値という, 信念に, 健康とは, 催しで, 儀礼を, 元素の, 具体性を, 内容に, 処だけは, 出産性は, 分らないそれら, 分らない事柄, 分らない叫声, 分らない微笑, 分らない祝詞, 分らなくなること, 分らぬ紅葉菴, 分りかねるおかしな, 分るの, 切れ目も, 判らぬ小唄, 判別は, 別れの, 前世の, 前置きを, 加はらない, 勇気の, 千載一遇と, 厭がらせ, 反主観, 取りやう, 取消を, 古歌, 句であった, 句を, 史劇を, 吉岡の, 名か, 名を, 名古屋附近に, 否定幸福の, 呟きを, 命令だつた, 哲学そのものに, 唄だ, 啓示から, 嘆願書を, 図書館が, 国民全体が, 地名であろう, 執着が, 場合も, 声明を, 変化を, 多い仕事, 多くの, 大きな味方, 大声を, 大望を, 大衆文学に, 天真な, 失われること, 奉納か, 女声の, 奴婢のみが, 好く解らぬ, 妖婦は, 婉曲なる言い, 字が, 存し, 学界が, 安南, 宗教では, 宛嵌, 実行享楽の, 客観化された, 宣言書を, 家族的団結を, 實社會も, 対象である, 寿詞では, 尊敬を, 小宴を, 小記事, 左端の, 布告が, 常識なら, 平衡が, 幻滅です, 広狭によ, 強いこと, 強い社会問題劇, 強権主義の, 形容詞から, 形而上学である, 影像は, 律格的形式とは, 後退に, 御都合, 復讐とも, 復讐に, 微視的出来事を, 心境を, 志が, 思想動員は, 恋は, 恐ろしかった, 悲しみこれ程, 愚劣な, 愛すべき文学青年, 感なく, 感情に, 感想を, 憐れみの, 成功が, 戦いは, 戦争待望とは, 所在を, 手を, 手真似を, 手紙でございました, 扱ひ, 技巧は, 抒情詩である, 抵抗運動の, 指紋では, 捨科白を, 探求からも, 掴めない命令, 擴張, 政党と, 政治に, 政治即ち, 政策に, 教育によつ, 教養を, 数千言を, 文化といふ, 文化生活を, 文句でした, 文字だけ, 文学ある, 文書であった, 文章でした, 文章論を, 文面であった, 新しい形, 新聞社とは, 方言である, 旅費だった, 日で, 日本語, 明瞭な, 時間指示に, 普遍性を, 暴力, 書家が, 最も鋭い, 有り気, 有るもの, 朝鮮語で, 本当と, 来訪者が, 根底には, 植民地風景だった, 極楽浄土であります, 標題か, 欠乏した, 歌で, 歌も, 歓びに, 段落は, 民族的伝統と, 水源を, 注意あるべき, 活動か, 流行語に, 淋しさ, 深い一節, 深い出来事, 深い小さな, 深い恐ろしい問題, 深い活, 深い画, 深い示唆, 深い謎, 深そう, 深長なる, 湯治が, 演劇, 漢語にも, 無い一つ一つ, 無い奇怪, 無い打方, 無い言葉, 無では, 無限で, 物が, 特殊化, 独自の, 珍しい姓, 現代日本の, 現實的精神, 理想的な, 理解者実践者として, 生活をも, 生産技術では, 申し渡しを, 異なる文, 発言を, 直感即ち, 相異, 真核, 知れない不思議, 短い三面記事, 短評を, 社交的で, 神である, 神学者である, 神経質に, 秋祭りの, 秩序を, 種名が, 立て札が, 笑いは, 笑顏を, 範囲が, 範疇体系に, 籠った眼, 純真無垢の, 素子の, 経済的独立も, 絵, 綸旨であった, 罪である, 美しさ, 習慣とは, 聞きとれない言葉, 聴きとれない泰軒, 職業意識から, 脅迫的な, 自利をこそ, 自己辯護と, 自然洞察の, 自発的な, 舞台上の, 良識の, 芸能といふ, 芸術は, 芸術品は, 苦手であった, 菊でない, 葉書が, 表現だ, 表現技術だ, 裏切り者か, 規定であった, 親切気から, 観念に, 解らない人, 解らない幸福, 解らぬなりに, 解るもの, 解決を, 解釈だけが, 解釈にさえ, 解釈を以て, 言文一致でない, 言葉さへも, 言葉です, 言葉として, 言葉なる, 言葉をも, 言語なら, 記事だった, 訪問感想録は, 評を, 詞を, 詩に, 詩歌である, 誓ひであつ, 語であります, 語初に, 誤魔くら, 読者の, 論文である, 諺だ, 謙遜で, 警醒的観念から, 谷崎潤一郎氏の, 貞婦たる, 貧乏人であっ, 貧乏人を, 貴族趣味を, 贈答歌の, 身ぶりを, 転倒が, 転換が, 轉用について, 近か, 返書を, 述懐を, 送状が, 通じないの, 通じなくなったところ, 通じる程, 通ずる序, 通ぜざること, 通りお, 通交の, 通信を, 通知が, 逞まし, 連絡が, 連続では, 進駐軍の, 過大評価は, 道楽という, 違ったこと, 遺書を, 都会人の, 重い方法概念, 重大さを, 野心を, 金一千円也の, 長々しい, 長文や, 関係に, 關係に, 陰語である, 雜駁さである, 電報であろう, 霊肉の, 非人であった, 面白い書物, 頭字だった, 風俗画家と, 風水, 驚きの

▼ 意味~ (2898, 10.0%)

154 あるの 128 ある 45 含まれて 43 ない 42 あると 33 あったの 29 あるよう 27 あった 25 ありそう, わからなかった 24 あつた 18 あって, ないの 17 あるので 14 あるわけ 13 あるか, あるん, わかって 12 あるが, あるやう 11 あります, ないと, ないという, わからない, 解らなかった, 違ふ 10 あること, はっきりと, 出て, 分って, 十分に, 籠って 9 あつて, なければ, わかった, 分った, 判らなかった, 明らかに, 私には, 違って 8 あるから, あるという, わからないの, わかるよう, 分らない 7 ありは, こもって, ちがう, どうしても, ふくまれて, よくわからなかった, 分らなかった, 書いて, 違う 6 あるだろう, ある訳, ないこと, よくわからない, わからないよう, わからなかったが, 少しも, 忘れられて

5 [15件] あったかも, ありません, あるもの, あるらしい, はっきりしない, よく分らなかった, よく解らなかった, わかったの, 書かれて, 深い, 無い, 認めて, 通じない, 違うの, 隠されて

4 [28件] あるかと, あるかも, あるとは, あろう, これで, すぐに, ちがって, ないで, ないといふ, ないもの, ないよう, なくては, よくわかりません, よくわかる, わかつて, わからないので, わからなかったの, わからなくても, わかりました, わかると, 分らなかったの, 分らなかつた, 判って, 判らなかったが, 完全に, 生きて, 解らなかつた, 語られて

3 [40件] あったと, あったよう, ありさ, ありますよ, あり相, あるだけ, あるに, あるらしくも, あろうとは, お分り, お判り, ここに, こめられて, ないわけ, なくなって, ふかい, まるで解らなかった, わかったもの, わからないまま, わからないん, わからなかったので, わかりませんでした, わかるから, 不明に, 分つて, 分るよう, 分れば, 判らなかつた, 前の, 成立する, 異る, 能く, 解って, 言外に, 訣らなくなる, 誰にも, 通じなかった, 通じません, 違いますよ, 非常に

2 [167件] あったこと, あったとしても, あったわけ, あっても, あらうが, あらうとは, ありさうに, ありその, ありましょう, ありますから, ありますが, ありますね, あり軽妙, あるし, あるだろうか, あるであろう, あるとも, あるはず, あるばかり, あるよ, ある以上, あろうか, あろうと, あろうなどとは, おぼろげに, おわかり, おわかりです, かくされて, ききとれずもう一度, すぐには, すぐ代, そこに, だんだんわかっ, ちがうかも, ちがうの, とれなかった, どうしても私達, どこに, ないからこそ, ないからね, ないが, ないだろう, ないので, なくとも, なくなります, なくなる, なくは, のみこめないで, のみこめなかった, のみこめなくて, はっきりし, はっきり分った, はっきり分らなかった, まるでちがっ, よくは, よく呑, よく徹底, よく解らなかつた, よく訣, よく通じない, わかったと, わかったので, わかったよう, わかつた, わからずに, わからず文字, わからないこと, わからなかったらしい, わからなくつて, わからなくて, わからなくなって, わかります, わかりません, わかる, わかるかね, わかるくら, わかるはず, チンプンカンプンで, 不明である, 与えられて, 了解された, 伸子に, 充分に, 全く違う, 具体的に, 分かつて, 分からない, 分からないもの, 分からなかった, 分つた, 分らないの, 分らないまま, 分らなかったが, 分らなくて, 分らなくなって, 分らぬ様子, 分らん, 分る, 分るでしょう, 分ると, 判らないながらも, 別な, 匿され, 取りにくい, 含められて, 含んで, 呑込めません, 固定し, 変化し, 多量に, 如何に, 始めて, 彼に, 彼の, 後に, 忍んで, 急に, 明瞭に, 曖昧な, 曖昧に, 有るの, 構成される, 正しく理解, 残って, 深いし, 深いと, 深いの, 無いこと, 無いじゃ, 無いぢ, 無いと, 無いの, 無いよ, 無くては, 生じて, 生じるわけ, 異っ, 異って, 異なって, 知られて, 簡単に, 籠つてゐた, 自分自身で, 見えて, 見出される, 解った, 解らずに, 解らないので, 解らないよう, 解らなくなって, 解るか, 解ると, 變化し, 述べて, 通じた, 通じて, 通じないの, 通ずる, 通ずると, 違います, 違うかも, 違うが, 違ふけれ, 違ふんだ, 重い, 附着し, 飲み込めた

1 [1203件 抜粋] あったか, あったが, あったので, あったらしく文部省, あった筈, あとで, あらう, あらうす, あらわれて, ありいかなる, ありしかも, ありそういう, ありどんな, ありましたので, ありますかね, ありますほんとう, あります何, ありませんね, ありコウソ, あり多く, あり強味, あり得よう, あり得るかといふ, あり歓喜, あり私, あり鉛, あるかは, あるかを, あるそう, あるだろうかと, あるだろうという, あるであろうか, あるといふ, あるとかいう, あるならとにかく, あるなら僕, あるらしかった, あるらしく推量, あるわよ, ある事, ある将軍家, ある是, ある筈, あろうが, あツ, いきて, いったい那辺, いまだに分りません, いわゆる見物, おし測られる, おわかりでしょう, お判りです, お君, お種, かいて, かくまでも, かれの, かわって, ききとれません, くつつい, こうなっ, このお触れ書, この作者, この日, この目的概念, この頃, これに, ございませうから, さっぱり嚥, さらにはっきりし, したためて, すきとおるくらい, すぐのみこめなかった, すぐ分かった, ずいぶん漠然とし, そういう風, そのとおり隼人, そのひとこと, その願書, それぞれ異なっ, そんなに早くからわかってたら, たぶんに, だから両者, だんだん分っ, だんだん解りかけ, ちがうからな, ちがうらしいの, ちっともわからなかった, ちゃんとわかった, ちょうど支那, ちょっと呑み込めなかった, ちよつと, つかまれて, つかめないほど, つきまとって, つたえられた, つひぞ通じたためし, できて, とけたの, とっくりのみこめ, とれなかつたの, とれぬ, どうかすると, どうとも, どうも十分, どんな詩人, ないからさ, ないそれから, ないでは, ないとは, ないやう, ないん, ない会っ, ない漢語, ない訳, なかった, なかなか分らないで困つた, なくなりました, なくなるの, なく冷たい知性, なく我々, なさ過ぎます, なんとし, のみこめなかったほど, のみこめなかつた, はいるの, はじめて了解, はっきりするだろう, はっきりその, はっきりとは, はっきり互に通じ合った, はっきり分れ, はっきり把ん, はっきり頭, はっと私, はつきりする, はつきりわかつた, はつきり掴めません, はつと, ひそめられて, ふくまって, へんな, ほぼわかる, ほぼ解った, ぼんやりながら, まだお, まだまるでわかっ, まだ彼, まつたく違つて, まるでわからない, まるで分らなかった, まるで違う, みんなに, もうなくなっ, もたれるの, もつ真理意識, やっとのみこめ, やっと分る, やっと掴め, ようやくお, ようやく判っ, よくお, よくのみこめなく, よくわかった, よくわからん, よくわかりませんでした, よく分かる, よく分つた, よく分らない, よく分らぬ, よく分りませんでした, よく分るまい, よく受けとれなかった, よく呑み込めなかった, よく現われ, よく解った, よく通じた, よみとれたの, わかったでしょう, わかったらしく腕, わかったろう, わかった者, わかつたとしても, わからず息子, わからないじゃ, わからないという, わからない樣子, わからなかったらしくだまって, わからなかったらしく顔, わからなかつたが, わからなくなります, わからぬが, わからぬ言葉, わからんので, わかりかねる, わかりなるほど, わかりゃしない, わかるか, わかるかという, わかるといふ, わかるひと, わかるもの, わかるん, われわれの, コタツの, チラリと, ハッキリする, ハッキリと, ハッキリ聞きとれない, モンタージュの, 一向にわかっ, 一変し, 一寸わからなかつた, 一層わからなくなる, 一方に, 一樣では, 一番強い, 不思議に, 不明瞭である, 主なる, 之だ, 事新しく心, 二度に, 人生に対しては, 仄めかされて, 今に, 今はっきり, 今日の, 今集団, 付加され, 伝わって, 伺い度いのです, 何である, 何の, 何を, 何分か, 俺の, 先に, 全くない, 全く国際性, 全く解し兼ねる, 全く違っ, 全で, 全然無い, 公羊傳には, 兼ねて, 出たの, 出来る, 分からないので, 分かりかねたに, 分かるつもり, 分ったか, 分ったならば, 分ってるの, 分つたの, 分らず返事, 分らないから, 分らないであろうが, 分らない人, 分らない時, 分らなかったので, 分らなかった為, 分らなくても, 分らぬ, 分らぬこと, 分らぬところ, 分らぬ筈, 分らんもの, 分りにくい, 分りましたの, 分りませんよ, 分るかしら, 分るが, 分れて, 切れること, 初手から, 判った, 判った以上, 判らないでも, 判らないので, 判らないらしかった, 判らなかったの, 判らなかつたけれど, 判らなくなります, 判りにくい, 判るかね, 判明し, 判然解る, 加はる, 加わりこの, 勝ちすぎて, 区別された, 十分わからない, 十年も, 単にこの, 反省され, 取れた, 取れないのみか, 取れなくなって, 取れぬ, 古人には, 同じ常識, 同時に犯人, 君には, 含まって, 含まれては, 含まれます, 呑みこめないの, 呑み込めないらしい, 呑み込めなかつたが, 呑込めたら, 問題である, 善く解らなかった, 困るましてや, 在るの, 変って, 変つてゐ, 変つて重税を, 変らないの, 変化した, 多い, 多く理論, 多少自分, 大きい, 大人に, 大隅君にも, 失はれて, 好く判つて, 好く解らなかつた, 子供の, 存するの, 存外喰, 定まるの, 実に何, 宿ります, 察せらるる, 対手には, 少しは, 少し不明, 届いたと, 常に伴う, 幾島には, 広くな, 広くなる, 強いに, 強く響く, 形の, 後世の, 御承知, 忘れられた, 忘れられると, 恐ろしいほど, 想像され, 愛の, 感じられる, 感じられるばかり, 或る, 抱いて, 拾えたよう, 推察されます, 擴が, 斯程まで, 既に不明, 日本文として, 明瞭するだろう, 明瞭わからねえ, 更に分らなかった, 更に解釈, 最初に, 有る, 有るん, 本統に, 染, 極めて明瞭, 正しき由, 正統ならざる, 段々変化, 汲みとれなかった, 汲み取られるという, 汲取れない, 洩らしてあつ, 深いという, 深いので, 深かつ, 深く仮に, 深廣, 溌剌と, 漸く判つて, 無いとは, 無かった, 無くなって, 無くなるん, 無く面白い, 狭い政治的, 率ゐ, 理解され, 甚だ疑わしい, 生じたの, 略, 異なること, 異りまし, 発見されよう, 益々確實, 相違し, 瞹昧に, 知りたいと, 私に, 稀薄に, 第二義の, 簡に, 籠つて居, 籠り充分, 米友には, 紛花で, 結び付いて, 絶えずこの, 考えられなかった, 考へ, 能く解らない, 腑に, 自ずから窺われ, 自分には, 自然含まれ, 良く分りませぬ, 著しく異, 表現され, 被告等に, 見出される迄, 見出せられないの, 解かれるだらうと, 解けなかった, 解しかねる, 解せなかった, 解せられなかった, 解ったという, 解ってるの, 解つて來ました, 解らず抗議, 解らないが, 解らないの, 解らないらしく少し, 解らなかったが, 解らなかつたが, 解らぬか, 解らぬそう, 解りそして尚, 解りませんでしたけれど, 解るの, 言葉の, 記されて, 訣らず, 訣る, 誌し, 認められる, 認められるよう, 説明も, 読み取れないという, 誰言う, 論理に, 讀者諸君に, 變る, 貧し過ぎる, 轉化する, 辿りにく, 返す返すも, 這入つて, 通じたか, 通じたろうと, 通じないかも, 通じないで, 通じないらしく二三度, 通じない現行全集, 通じなかったもの, 通じなかったり, 通じなかつたもの, 通じるの, 通じる通じないは, 通ずるや, 通ぜず英語, 通ぜんこと, 通るの, 通達し, 違い又, 違うだけ, 違うもの, 違えば, 違つ, 違つて一個の, 違ひ, 適切に, 邪魔に, 醍醐弦四郎には, 鎌倉方の, 長らく等閑, 関聯し, 隱され, 露骨に, 頷けないの, 飲みこめない, 鮮明に

▼ 意味~ (2682, 9.2%)

895 於て 145 於いて 92 於ては 62 於ても 53 於ける 40 於ての 28 なる 21 於いても 20 なるの 17 なって 15 於いては 13 解して, 解釈し 12 於てのみ 11 使はれ 10 用いられて 9 使って, 使われて, 外ならない, 於ける文学, 於る 8 於ける論理学 7 用いて, 相違ない, 解するならば 6 なります, 取って 5 して, とつて, なつて, 於けるイデオロギー, 於ける経験, 於ける自然, 於ける進歩, 理解され, 解すれば, 過ぎない

4 [18件] なるから, なるが, 使つてゐる, 使われた場合, 取れば, 外ならなかった, 於いての, 於けるその, 於ける技術, 用ひられ, 用ゐる, 私は, 解されねば, 解すると, 解せられること, 解釈する, 解釈すれ, 違いない

3 [38件] しても, とって, とられて, とれば, とれる, なるとか, なるので, 他ならない, 使うの, 使ふ, 当る, 於けるジャーナリズム, 於ける唯物論, 於ける大衆, 於ける思想, 於ける意識, 於ける普遍性, 於ける演劇, 於ける直観, 於ける科学, 於ける詩, 於ける認識論, 於ける論理, 於ける魅力, 理解し, 用いること, 用うる, 用ゐ, 用ゐた, 用ゐられ, 用ゐられる, 當る, 考へて, 解する, 解せられる, 解釈される, 解釈した, 解釋する

2 [89件] あらず, おいて, この語, したもの, しては, ちがいない, とるとき, とる方, なつた, なること, なると, はびこるの, ほかならない, ほかならぬ, ほかならんの, 他ならぬ, 使つて居る, 使は, 使はれた, 使用し, 加えて, 即しても, 取られると, 取ること, 取るとき, 受取れた, 変りは, 外ならぬ, 就いて, 就いては, 於ける主観, 於ける人民戦線, 於ける健康, 於ける否定, 於ける哲学, 於ける夫, 於ける学問, 於ける実在, 於ける実践, 於ける実験, 於ける弁証法, 於ける形而上学, 於ける戦争ジャーナリスト, 於ける政治, 於ける新聞現象, 於ける概念, 於ける民衆, 於ける現, 於ける直接性, 於ける知識, 於ける科学的批評, 於ける範疇組織, 於ける精神, 於ける自然史, 於ける認識, 於ける道徳, 於ける階級性, 於てか, 於てしか, 於てでも, 氏を, 気がついた, 用いられたの, 用いられるもの, 用いる, 用ひ, 用ゐられた, 考えて, 考えられて, 聞えた, 至っては, 落着く, 解した, 解すべきでは, 解すべきもの, 解すること, 解せられて, 解せられるが, 解釈され, 解釈しよう, 解釋し, 誤解し, 説いて, 転じて, 近い, 過ぎないの, 過ぎなかった, 違いなかった, 関係し

1 [735件 抜粋] あさましの, あとから, あまり捉, あらざるを, あらず染井, あること, うけとり酔っても, うけ取ったこと, うつるの, お伊勢參, こういう名, こじつけられたり, この言葉, ござりまする, さへ, したがえば, しっかりと, しろ現象学的, すぎないこと, するの, すれば, その言葉, ちかいらしかつ, つかい始めて, つかうこと, とった, とったらしい, とどまらずして, とどまらないで, とらるる恐れ, とられがち, とられるが, とられること, とらんでも, とりたいくらい, とりたいと, とりたくは, とりました, とること, とるならば, とるべきかは, とるん, とれた, とれたかも, とれますが, とれるから, とれる名称, とれる答え, ならざるを, ならない物, なりつまり, なりは, なりましたの, なりますから, なりますので, なり名前, なり時として, なるかね, なるかも, なるだろう, なるちやう, なるでせう, なるね, なるよ, なるよう, なるらしい怖, なるんでしたら, なる疑問文, のみもてはやされた, はきちがえて, ひびくの, ふしぎな, ほかならなかったの, ほかならぬの, まづなるのであります, まれ破格の, カテ飯などという, カムという, サルトルを, ポジティヴな, 不安ならしめた, 不明の, 乏しい, 乏しいもの, 人々は, 今でも, 今注意, 使うた例, 使うて, 使えるほどの, 使ったという, 使った痕跡, 使つた, 使つてゐます, 使つてを, 使つて置い, 使はれすぎた, 使ひ, 使ひたく, 使ひ分けね, 使われたの, 使われては, 使われるが, 使われること, 使われるの, 使命を, 假名遣, 充ちて, 先様で, 入れて, 出発点を, 初めて用いる, 十分通ずる, 千恵は, 即ち上部構造, 反する, 取ったらしい, 取った者, 取っても, 取つた方, 取つて, 取らないで, 取らなくとも, 取られて, 取られては, 取られるかも, 取られる伊賀あたり, 取りましたの, 取り最も, 取ると, 取るとき歴史, 取るの, 取れますなあ, 取れること, 取れるよう, 取れる文句, 取れる言葉遣い, 取違えて, 受け取って, 受け取るよう, 受取れる, 叫ばれたと, 合わない筈, 同じもの, 固執し, 固定する, 基づくの, 変って, 変つてゐる, 変り, 変化した, 多く使つてゐる, 多分御, 對し, 就ては, 居させられる, 屈従すべきでなく, 展開し, 屡々用いられる, 帰着する, 広く用いられ, 引付けようと, 引張られて, 当って, 当るでせう, 当るもの, 役立つこと, 彼を, 從つて近代的術語なる, 徹底し, 心付くと共に, 必要である, 忠実である, 忠実でない, 思はれるかを, 思はれる程何, 悖る, 感じて, 慣用せられ, 應じ, 扱つ, 批評家という, 拘泥せず, 振り廻されて, 数千人の, 文字の, 文學を, 於けるこの, 於けると, 於けるアラワレ, 於けるコピー, 於けるジャーナリスティック, 於けるジャーナリスト的, 於けるセンチメンタリズム, 於けるテーマ, 於けるファシズム, 於けるブルジョア, 於けるプロレタリア科学, 於けるマルクス主義文学, 於けるモラル, 於けるユートピア, 於けるロゴス, 於ける一種, 於ける一致, 於ける世界, 於ける世界史, 於ける主体主義, 於ける主観化, 於ける人格発展, 於ける人間生活, 於ける代表的作家ベルンスタン, 於ける仮説, 於ける個人主義, 於ける先, 於ける共通感覚, 於ける具体的内容, 於ける写実主義, 於ける凡庸, 於ける初級主義, 於ける創作戯曲, 於ける創作方法, 於ける印象批評, 於ける印象的, 於ける厳密, 於ける又は, 於ける古典的, 於ける合理性, 於ける哲学的批評, 於ける哲学者, 於ける嘘, 於ける国家的, 於ける士, 於ける外部, 於ける大量観察, 於ける奇蹟, 於ける奉仕, 於ける存在, 於ける存在概念, 於ける官僚万能主義, 於ける官吏, 於ける実証主義, 於ける実証的精神, 於ける実践的規定, 於ける実験的操作, 於ける客観的, 於ける宣伝小説, 於ける対象, 於ける師弟, 於ける常識化, 於ける常識観念, 於ける弁別上, 於ける弁解, 於ける形式社会学, 於ける心理学, 於ける思想体系, 於ける悲劇, 於ける惡, 於ける感じ, 於ける感性, 於ける我儘氣隨, 於ける所謂哲学, 於ける批評, 於ける批評的精神, 於ける技術家, 於ける抽象語, 於ける挙国一致一般, 於ける探偵小説, 於ける接触, 於ける支配的, 於ける政治的問題, 於ける政策, 於ける教え, 於ける文化, 於ける文化的, 於ける文献, 於ける文献学, 於ける新劇運動者, 於ける新聞社組織, 於ける日本, 於ける旧, 於ける有力, 於ける本来的, 於ける東洋封建的, 於ける株式会社, 於ける根本問題, 於ける構成性, 於ける構造, 於ける機能障礙, 於ける欠点, 於ける歴史的, 於ける歴史的運動, 於ける気高, 於ける消極的規定, 於ける無職, 於ける物理学, 於ける物質的処理, 於ける物質的存在, 於ける独学者, 於ける現代, 於ける理想状態, 於ける理論的規定, 於ける生命, 於ける生物学, 於ける生物学的人間, 於ける異議, 於ける直観形式, 於ける真理, 於ける研究発表, 於ける確保, 於ける社会, 於ける社会的機能, 於ける社会的生産, 於ける社会科学, 於ける社会階級性, 於ける祭られたる聖域, 於ける科学性, 於ける科学的, 於ける科学的認識, 於ける積極性, 於ける競爭心, 於ける第, 於ける精神科学, 於ける素人的, 於ける結合, 於ける結果, 於ける絶対的出発, 於ける翻訳家, 於ける自他, 於ける自分自ら, 於ける自然現象, 於ける自由, 於ける芸術, 於ける藝術, 於ける規範性, 於ける観念, 於ける観念的運動, 於ける観念論的立場, 於ける解釈, 於ける誠実さ, 於ける論理學, 於ける諸, 於ける警察明朗化, 於ける趣味, 於ける身分保証, 於ける近世哲学, 於ける近代人, 於ける退化, 於ける道徳的, 於ける部分, 於ける都市生活, 於ける雄弁, 於ける雑誌, 於ける類, 於てこそ, 於てさ, 於てという, 於てのみの, 於てばかり, 於てよりも, 時に社會主義, 曲解さるる, 書き換, 書中の, 栢が, 梟の, 此青年に, 段落を, 母の, 気がつかない, 気づいたの, 気付いた者, 気附か, 注意せよ, 流用し, 濫用され, 濫用せられ, 理会し, 理解さるべきであり, 用いたでは, 用いた例, 用いようと, 用いようという, 用いられたが, 用いられたらしい例, 用いられた地方語, 用いられては, 用いられました, 用いられる, 用いられるという, 用いられる文字, 用いられる語, 用いるという, 用いるなら僕, 用いる地方, 用いる理由, 用いる限り, 用い始めたの, 用うるも, 用ひます, 用ゆれ, 用られ, 相應, 眞實を, 真理を, 突ツ込んだ, 立って, 籠る両様, 結びつけて, 群がる嶮, 翻訳できないだろう, 考えるの, 考へられるの, 聞えましたが, 聞えるかも, 聞きとれる, 聞きとれるけれども, 聞こえては, 聴え, 聴えた, 自身らが, 至ると, 著しい変遷, 融合し, 見たの, 見て, 解されて, 解されてるが, 解されまた, 解されること, 解し, 解しあるいは, 解したけれども, 解しただ, 解したらいい, 解したらしく深く, 解したらば, 解した事, 解した方, 解しても, 解しない, 解し得なくては, 解し技術的修熟, 解し概念的學問的認識, 解し母, 解すべきでありましょうか, 解すべきであるか, 解するが, 解するの, 解する必要, 解する方, 解する樣, 解せら, 解せられぬこと, 解せられぼろぼろ, 解せられるとしても, 解せるもの, 解釈いたされた, 解釈しなけれ, 解釈し終った, 解釋されずし, 解釋された, 解釋しました, 言つてゐる, 言つて浮世絵が, 訊いて, 記されて, 訳して, 語り伝えられて, 誤解される, 読みとれる, 読んで, 變じ, 變り, 變化が, 転じた, 転じたかも, 転化し, 転化した, 転用され, 農村では, 通ずるもの, 通ひし, 通用した, 過ぎないので, 過ぎない孔子, 過ぎぬ, 過ぎんの, 違ひなかつた, 適ひ, 重きを, 関わり認識, 関係なく, 附会し, 限定し, 限局され, 集中され, 非ず, 響くの, 頗る興味, 驚いた

▼ 意味する~ (1808, 6.2%)

107 ので 103 のである 6458 もので 50 のか 47 のだ 36 ものである 27 ように 26 のであろう 20 のでしょう 19 ことは 18 ことに, ものと 15 ことが, ことと, のだろう 14 処の 13 のであっ 11 に他, に外, ものとして 10 のです 9 ことを, だけで, のであった, のでない 8 ということ, のでなけれ, ものだ, 言葉で

7 [13件] かということ, かのよう, からである, ことも, に過ぎない, のかも, のが, のでなく, ものか, ものであろう, ものに, わけで, 外は

6 とすれ, ばかりで, ような

5 かと思う, と同時に, のだった, ものだった, ものであった, や, 事に, 場合が, 言葉が

4 [19件] から, かを知っ, ことで, という, とは限らない, と考える, と見る, にすぎない, のであらう, のであります, のは, ものだろう, やうに, んだ, 場合も, 漢字を, 言葉である, 語であった, 語である

3 [21件] かは後, からだ, か私, それは, というの, という点, ところの, ところは, と見れ, のかと, のであ, のであり, のみで, のみならず, ものでない, ものとは, ものな, ものの, わけである, 言葉を, 語で

2 [63件] かそれ, かである, かという, かなら, から妻, かを理解, がこれ, がしかし, けれどもマルクス主義者, ことである, ことなど, ところを, としたら, とする, とは限らぬ, と共に又, と考えられる, などと花好き, にし, に至, に過ぎなかつた, のかは, のでした, のと, のなら, ばかりでなく, もの, ものが, ものであり, ものであります, ものでしょう, ものです, ものでなけれ, ゆが, ようにさえ, より先, わけだ, んです, アイスアックスも, エピセットである, 事にも, 以上人々は, 何の, 写実と, 古語である, 地名が, 場合と, 場合を, 所は, 方が, 日本語は, 横浜襲撃が, 禊ぎの, 穀物の, 言葉だ, 言葉であっ, 言葉と, 言葉な, 言葉は, 語を, 通りの, 限りこの, 限りにおいて

1 [613件 抜粋] あの辺, あまつ, いろいろの, かあまりに突然, かがおぼろげ, かがすぐ, かが判らなくなる, かが抑, かが明らか, かが次に, かが疑問, かそう, かという問題, かという疑問, かという階級的根源, かといへ, かと思っ, かと言います, かどう, かどちら, かについてその, かに根本問題, かに気がつい, かに注意, かはさっぱり, かはそう, かはその, かはどうして, かはわからなかった, かは人, かは今更, かは分らない, かは別, かは問, かは多分, かは少し, かは彼ら, かは明かであろう, かは最も, かは知っ, かは知る, かは茲, かは読者, かまた, かもしれない, かもしれぬ, かもまだハッキリ, かも知れない, かも知れぬ, からじゃ, からで, からは枝郷, から之, から元, から却って, から四緑, かれ, かわれわれ, かをいささか, かをいっそう, かをすぐ, かをね, かをほぼ, かをも知らなかつた, かを一層, かを厳しく, かを又, かを吾, かを圭子, かを子供心, かを少し, かを当然, かを忘れない, かを思い出すだろう, かを改めて, かを知らず, かを知らない, かを知らぬ, かを確かめ, かを見る, かを見詰める, かを観察, かを説明, かを読者, かハッキリ, か人, か何, か分らなかったらしい, か君, か否, か後に, か無論, か物, か理解, か知り, か知りません, か第三者, か群衆, か自分, か鋭敏, がほんとう, がもと, が之, が同時にまた, が故に, が然し, くらいに一般的, けれども同じ, けれども月, ことだ, ことだけは, ことであるなら, ことであろう, ことにな, ことにも, ことによって, こと特殊の, この両年, し, しことに, し客観的, し心, そうだ, そうである, その半蔵, それと, だけであっ, だけな, だけのこと, だけのはず, だけのもの, だけの事, ちかさ, ぢや, つもりだ, でこぼこが, でせう, で此, と, という主張, という場合, という歴史, という結論, という註釈, といった, といふ, といわれる, とかそんな, とき初めて, ところが, ところである, としてもその, とするなら, とでも思っ, とともにまた, とともに安定, とともに麻衣, ともいひうるであらう, とも考えられ, とも考えられる, と云う, と云うべきである, と人々, と仮に, と共に一群, と共に他方知識, と同じ, と同様, と思う, と思ったら, と思ひます, と断定, と普通, と考えたい, と考えられ, と解さね, と解する, と解せられ, と解釈, と言っ, と説明, どころで, などと誰, など極めて, にすぎぬなら, にとどまらない, には止まらなかった, には非, にもせよ, に止まらない, に止まる, に止る, に至ったらしい, に至つて, に過, に過ぎないだろう, に過ぎなかったであろう, に非, のかね, のだつた, のだらう, のぢ, のでありまし, のでありましょう, のであるなら, のでこうした, のでしかも, のでしたがって, のですでに, のでせう, のでその, のでもう, ので仮に, ので夫, ので婦人, ので近く, のに他, のに日本, のみ, のみだった, のも, のを, の外, はずだ, ほかなく, ほかの, ほどのこと, までにて決して真に, ものから, ものかを, ものだつた, ものであっ, ものであったなら, ものであるなら, ものであれ, ものでございました, ものでなく, ものなり, ものにまで, ものに対する, ものの如くである, ものは, ものらしかった, ものを, もの歟, やうで, やうにも, や又は, ゆえに, ゆえんと, よい言葉, ようである, ような誤った, よりも先, よりも党, わけな, アイヌ語, アイヌ語だ, アイヌ語と, アイヌ語は, アサッに, アスて, アメリカ商船の, アラビア語である, イデオロギーという, イデオロギーなどが, オオイコの, オカが, オヤシという, カイトの, カワという, ギリシア語の, シンボルに, チアム語である, チアム語の, ツルから, テツッから, バッテンであったらしい, ピヂン・イングリッシュでなく, フクラは, フランス語だ, ポロである, モリと, ヤツかも, ユークリッドの, ヨミヂまたは, ヴェロネッシュの, 一つの, 一対の, 一幅の, 一般的な, 三位一體の, 不吉の, 不死性は, 不貞が, 事において, 事にな, 事も, 事を, 人物, 今日の, 他あるまい, 以上に, 以上の, 以上数学が, 以上自分は, 以上自由詩は, 以外の, 伝統的の, 余地が, 個性概念が, 儀礼としての, 内容を, 写実とは, 処は, 前に, 助動詞である, 印判師の, 危険を, 即ち之, 反対では, 古い語, 古語らしく, 同情によって, 名の, 名称として, 名詞だったらしい, 名詞であった, 名詞は, 名辞, 地名であっ, 地名である, 地名であろう, 地名は, 地方も, 基礎經驗とは, 場合には, 場合は, 場合ばかり, 夜叉神, 大きい半, 大昔の, 大汗, 大衆では, 大衆の, 字書の, 宇宙と, 官という, 実行に, 実証的精神は, 客観である, 客観性の, 客觀的實在世界の, 客體である, 寄附地, 小児語であった, 島を, 建白書を, 形である, 形に, 形容詞テウタマは, 心算では, 思想の, 恥辱, 意識は, 愛国主義は, 慣用句な, 慶賀すべき, 所まで, 所より, 所作が, 所謂韻律や, 批評を, 技術も, 挨拶として, 接尾音を, 接近は, 支那語, 政治的概念であるだろう, 故それらは, 故に, 故主, 故聯關の, 文学主義なる, 文学語としての, 料理の, 方程式の, 方言ださう, 方言に, 方言は, 日の, 日本名だ, 日本美の, 日本語, 日本語であった, 明瞭なる, 時それは, 時初めて, 普通名詞である, 普通名詞であろう, 普通名詞としても, 普通名詞の, 普通性を以て, 有形無形の, 木なる, 本能を, 本能的生活の, 村里の, 東京などの, 概念である, 様に, 標識を, 次第である, 歴史的原理は, 段階にまで, 永遠の, 混合式の, 清明節に, 清貧と, 漢字が, 漢字で, 漢字の, 漫談漫読漫想漫生, 瀬という, 火でない, 無政府主義, 物忌みの, 特に広義, 独り子の, 独逸語の, 現在の, 現象だった, 生産が, 産業の, 用語例が, 男の子の, 眞の, 眼だった, 祝詞が, 神名, 神葬祭の, 福岡辺の, 程で, 程富豪が, 種々の, 筈だ, 筈であった, 筈である, 筈な, 筈の, 節分は, 簡単であっ, 素食と, 絶対者である, 英字, 英語が, 英語で, 虚無であっ, 表現を, 規定は, 規定を, 言い伝えも, 言葉から, 言葉であった, 言葉の, 言葉ゆゑ金槐とは, 詩または, 認識論や, 誘惑の, 語から, 語であれ, 語と, 語の, 語のみを, 語または, 語義が, 論理学としての, 警告を, 貞潔と, 軽蔑的な, 農村語であった, 通り矢の先に, 運動が, 銀の, 関係は, 限りで, 限りでは, 限りに, 限りの, 限り一致し, 限り或いは, 限り日本精神なる, 限り模写説の, 限り決して, 非人格的, 韓語に, 韓語の, 韻律は, 點に, 點において

▼ 意味~ (1517, 5.2%)

48 ない 14 ないの 11 少しも 8 どこに, わからないが 7 なかった 6 私には 5 ありません, そこに, ないが, ないん, なくなって, よくわかる, 十分に, 私の

4 [12件] こうだった, こうである, ここに, これで, それが, ないと, わかって, わからなかった, 今の, 分らなかった, 彼には, 彼の

3 [26件] あっても, あつて, ある, あるの, ある筈, これに, ないであろう, ないでしょう, なかつた, よくわからなかった, わからなくても, 分って, 分らなかつた, 別として, 前に, 同じだ, 含んで, 失われて, 必しも, 明らかに, 次の, 私は, 訣らない, 読んで, 誰にも, 違って

2 [86件] あなたにも, あべこべであり, あるが, おわかり, かぎりない, こうだ, これまで, その裏, それと, それによって, それより, それらの, それを, だいたいわかる, ちがうが, どうしても理解, どうでも, なくただ, べつにある, もっては, よくわかった, よくわからない, よく分った, よく分ってる, よく奉公人達, わからない, わからないの, わからないまま, わからぬながらも, わかる, アナトオル, ダアウインの, 一人称を, 一目瞭然である, 一般の, 云うまでも, 云はずと, 人の, 人間の, 人間生活の, 今もっ, 何の, 何人にも, 倪雲林が, 全くこれ, 分からない, 分らない, 分らぬが, 分るが, 判らなかった, 判るだろうと, 判然しない, 前の, 前を, 創世記を, 同じで, 含まれて, 吾, 多少違, 大略左の, 大體, 太田には, 夫が, 市兵衛と, 後に, 後を, 必ずしもそれ, 悔恨や, 或る, 所謂, 日本の, 明瞭である, 最早土地, 様々である, 殆ん, 決して実力以上, 無論解る, 理解される, 空虚で, 空間は, 自分に, 芸術的な, 解らなかったが, 誰を, 諸君は, 非常に

1 [1077件 抜粋] あくまでも創造, あたかも薔薇, あった, あったが, あとに, あの宴, あの頃, あらうと, ありの, ありよう, あるかも, あるだろうけれども, あるわけ, ある程度まで, あろう, いかにも重大, いっこう通じなかった, いは, いままでの, いろいろある, うすいよう, およそ見当, お分り, お母さんにも, かういふこと, かうです, かかる特殊的, かつて玉体, きき取れませなん, けつきよく, こういう原始的, こうしたもの, こうして初めて, こうであった, こう云う, このよう, この人間的完成, この個人不安, この外, この時, この認識, この際, これから大西洋, これだけで, これら老若幾千万の, ごく一通り, さうし, さうでない, さっぱりわからぬ, さとらず然し, ざっとこんな, しばらくし, しろなせと, すぐに, すこしもわかりません, すこぶる曖昧, すでに彼, すべてを, そういうところ, そういう事, そうした無, そう云う, そのこと自身時代, そのままにて, そのセリフ, その分裂追求, その大, その形, その成立, その花, その調子, その頃, それぞれ日本人に, それだけ, それでは, それや, そんなわけ, たきぎ, たしかにそうであったろう, ただ怪しい, ただ直感, たちどころに損われ, たとえば我々, たれも, だれにでも, ちっとも見出せなかった, ちょっとちがう, ついにとらえられず, つきて, つまりその, つまり奴隷, つまり為事, とどかない, ともかくさうに違, とんと解らなかった, どういう所, どうかと, どうなります, どうなる, どうもその, どのよう, どんなに深い, ないか, ないから, ないけどもね, ないただ, ないでしょうと, ないというしか, ないどんな, ないのよ, ないもの, ない初め, ない最近若手司法官, ない言葉, なかなかに, なくても, なくなった, なく三本指, なく心持, なく若し仮に, なにひとつ捉へる, なんでしょう, はたしてどこ, はっきりしません, はつきり分らない, ほぼ相手, ぼくの, まず明らか, また媒人, まだはっきりせぬ, まだよく分らぬ, まだ合点, まだ決して一様, まったくない, まったく解らない, まるでかくし, みじんも, むしろ前, もう一歩先, もう今日, もう呑み込め, もう忘れ, もう昔, もしも誰, もし某, もちろん分らない, もつと, やはりどうしても理解め, よくは, よくわかつた, よく了解, よく分かっ, よく分らない, よく分る, よく判らなかつた, よく呑, よく私, よく解らなかった, よく訣, よく通じます, より積極的, わかったと, わかっても, わからないであろう, わからないなりに, わからなかった伸子, わからぬが, わからんと, わかりません, わかるけれども, わかるまい, アラカタ解っ, エックハルト, ゴーリキイにとって, チベット語の, ピンと, ベルリンの, マルクス的用語に, マンには, ヤケとか, ワザ・オコナイ・フルマイも, 一つの, 一口で, 一寸違つて, 一層深まるであろう, 一応解釈, 一方に, 一歩から, 一般に, 一説に, 七仏の, 三十前に, 不可解かも, 不明それよりも, 不明である, 世の中の, 世間が, 中, 中古以前の, 主公自ら手, 之からは, 之に, 乱暴する, 事実そのものに, 二様に, 人情を, 人間には, 人間的な, 今から, 今にお前, 今僕が, 今日ほど, 他では, 他の, 以前には, 伝説に, 何かという, 何でも, 何よりも, 何物の, 何處に, 作物が, 使われる時, 例えば文学創作, 依然として不明, 俳優の, 個々の, 假にも, 傍観者である, 僕には, 元より, 充分には, 充分完全, 兎も, 全くあなたがた, 全く先生, 全く益, 全く考へられ, 全く通じなかった, 全然奇怪, 八五郎には, 八方へ, 其の裏, 出て, 分からなかった, 分からんでも, 分かりません, 分かるが, 分らないけれども, 分らなかつたが, 分らぬ, 分らぬなりに, 分る筈, 判って, 判らないが, 判らなかったが, 判らぬなりに, 判然と, 別に選挙, 到底分りません, 前後の, 前段からの, 力学における, 勿論その, 勿論僕たち, 勿論広い, 化合する, 十二時五分から, 単に, 単に内的, 単に心理的, 単に自己, 単純で, 即位式の, 厳しいが, 叔父の, 受取の, 同じい, 同じやう, 同時に主観的, 君にも, 呑噬する, 善くも, 器官という, 固より, 固定せる, 坐台宝, 場合によって, 変つ, 外には, 多分農民みずから, 大きいデレンコフ, 大同小異のみ, 大森氏も, 大波の, 天に, 女という, 好意的な, 如何なる程度, 姉崎未亡人惨殺事件は, 子供など, 存在では, 安直に, 完全に, 官軍先鋒の, 実に明白, 実在に関する, 宿題に, 察する, 實は, 寧ろ青年, 対象を, 小さいに, 小説に, 少いもの, 少なかった, 尽くされて, 屋根の, 常にいわゆる, 常に写す, 常に通俗以上, 平安朝頃に, 幾分趣味的, 康雄には, 強過ぎ, 形象を, 彼女なら, 後で判る, 御手際, 徹底する, 心の, 必ずしも厚顔, 必ずしも答, 忘れて, 忘れられ唯, 恐らく数学, 感情的な, 成り立たないの, 成立する, 或いは気, 打算を, 推するに, 支那の, 政府の, 教授自身の, 文化の, 文字の, 斯う, 新劇界, 旅中に, 日本では, 日本臣民の, 早く安心, 明かでした, 明らかである, 明らか過ぎる, 明瞭だ, 明瞭でない, 昔の, 映画と, 時間の, 普賢菩薩の, 普通のとは, 更に分からぬ, 最低でも, 最前読んだ, 有って, 未だ姿, 本来かくの, 松園氏が, 桂月氏が, 極めて幼稚, 極端に, 概論といふ, 次ぎの, 次第に生, 正しい, 正しく理解, 此で, 此処でも, 歴史性の, 歴史的推移以前の, 殆ど無く, 段々に, 比丘賢解主に, 水蒸気の, 決して単に資料, 津軽地方は, 浅く理由, 深い, 深い様, 深かつ, 深刻な, 焉ぞ, 無いといふ, 無かったであろう, 無く文字, 無く難者, 無論その, 無論分らぬ, 無論静子, 父母の, 牛蒡の, 狂った頭脳, 玉太郎には, 王子に, 理想的に, 理解が, 理論的説明を, 甚だ常識的, 生じない, 甦って, 異なって, 発句をも, 百舌の, 直ちに無窮, 相当明らか, 真理は, 知りません, 知れよう, 短いながらも, 社會學的に, 神の, 神様の, 私に, 私わかる, 種々に, 第一, 簡だ, 米塩の, 素朴に, 結局こつ, 絶えず反省, 經過の, 美的陶酔の, 考えて, 聞かずとも, 聞きとれない, 能く, 自ら明暸に, 自分で, 自分の, 自分独りでは, 舞台にかけて, 良く判っ, 英語とか, 藤尾に, 行処が, 裁縫師の, 西洋画風にと, 要するにその, 要するに甘い, 解せぬ, 解らずに, 解らないの, 解らなかつた, 解るもの, 言外に, 訣らなかつた, 訣り, 詩全, 認められない, 誤解され, 説明せずし, 読みかねました, 誰でも, 議論の, 讀書に, 財産の, 貫徹される, 身振りや, 辞書を, 通じた, 通じても, 通じないで, 通じないに, 通じなかった, 通じませんが, 通ずるが, 通ぜずに, 連續し, 運の, 違うに, 違つて來る, 違ふ, 適正な, 邪念に, 重要である, 鎌に, 陸の, 隨分似, 離れますまいが, 雪峰チーセに, 面白からう, 頓と, 頗る雄大, 頭の, 魚の, 鶏の, 黙読した

▼ 意味では~ (1075, 3.7%)

144 ない 23 ありません 18 なくて 15 なかった 14 ないの 9 ないかと, ないが, ないので 6 決してない 5 なくして, なしに, 彼は, 立派に 4 あるまい, ないと, 人間の, 確かに 3 ありませんが, なかろうか, 共通な, 現在の

2 [50件] あの男, ありませぬ, ありませんか, さうかも, それを, ないか, ないから, ないこと, ないという, ない人, なかったろうか, なからう, なかろうと, なく, なくそれ, なくただ, なく又, なく私たち, もちろんない, ゲーテは, ゴーリキイは, 一種の, 不可能である, 之と, 之は, 人生の, 今日の, 他の, 何も, 充分に, 各人に, 哲学の, 天理教其の, 婦人作家の, 存在出来ない, 容易に, 小気味の, 小説家は, 常識的である, 幸福な, 彼の, 日本の, 民衆の, 生活の, 男の, 私も, 科学の, 移入者だ, 習慣が, 誰よりも

1 [680件 抜粋] МХАТ正しい, あすこに, あつた, あなたは, あまり美しい, ありませんわ, ありません勿論, あるが, あるけれど, あるまいか, ある前進的, あれでも, いいの, いつまで, いづれも, いない, いわば高級, いわゆる定常波, いわゆる文壇, おそらくあらゆる, おつきあい, お銀, かういふ特殊, かえって, けっしてありません, けっしてそうであっ, けっしてない, この世界観, この事件, この小説, この時期, この秀子, この運動, これまでに, これまでの, これも, これらは, これ迄, こんどの, こんに, ございますまい, ございませんので, ございませんわたくし, ござらぬ, さうで, さきに, すでに現, そういうもの, そういう人々, そうであった, そうである, そこから, そのころ, そのとおり, その先覚者, その将来, その様, その目撃者, その社会, その積極的, それは, それほど文字通り, そんなこと, たえず生産, たしかにきき, たしかにその, たしかに冷淡さ, たしかに科学者, たしかに西洋人, ただむなしい, ただ幸運, ちゃんと決定的再起的, つかめないの, できること, どうである, どこにも, どれだけ, ないこれ, ないその, ないた, ないだろうか, ないであろう, ないですよ, ないに, ないはず, ない一つ, ない与八, ない今度, ない唯, ない宇乃, ない小説, ない戸籍数五十, ない時代, ない材料, ない自分, ない衰, ない陰口, なかつたの, なかつたらうか, なかなか生活, なからうかと, なかろうかと, なくあまり, なくいふの, なくここ, なくこんな, なくすべて, なくそんな, なくって, なくつて, なくどこ, なくね, なくまず, なくむしろ, なく一人, なく不完全, なく今, なく仕事, なく何, なく先ず, なく兵隊相手, なく可, なく君, なく多分, なく学問, なく寧ろ, なく寺院建築, なく御, なく心そこ, なく整理, なく新しい, なく時代, なく歴史, なく死なれたお方, なく派手, なく狭く, なく生れて, なく真に, なく私, なく競走用, なく素晴らしい, なく自分, なく自然物, なく自然観察, なく芸術, なく芸術的, なく赤く, なく軍隊用語, なく霊験あらたか, なんらの, のろ, ひろ子が, ほとんど衆, ほんとうだ, ほんの少し, まこと, まことに正, またの, また当時ロシヤ社会, また拡散, まめまめしさ, みな相似たる, みな眞實な, むしろいい, むしろ不純, むしろ幸福, むなしいこと, むろん歴史劇, もちろんなかつた, もっと深い, もつと, もはや青年, やはりえらい, やはりほんとう, やはり元, やはり吾ら, やはり必至, よかった, よき相談相手, よくなる, より活動的, よろこびに, わたしの, アメリカで, アリストテレスの, イデオロギー論は, オランダ的でない, カフカ自身の, ジュウヴェは, センチメンタリストであり, ソヴェトという, ニイチエの, パニック的な, パール, フランス人は, プロレタリア文学の, マイナスに, マッキイヴォイ氏の, マルクシストでも, リアリストでなかった, ルナアルは, ロゴス的な, ロマンティックな, 一つの, 一例として, 一番, 一番旧, 一般に, 下手だ, 不可能に, 不自由である, 世の, 世界中の, 世界的な, 世界的の, 世間知らずで, 中学校という, 丹家の, 主上に対して, 主張し, 之が, 之も, 事実と, 事実ほど, 人人の, 人生に, 人生に対する, 今より, 今人よりも, 今僕は, 仲, 伝染する, 伝説的な, 伸子の, 佃と, 作品の, 作者が, 例えば労働手段, 偶然的な, 傑作中の, 僕には, 兎に, 入船だ, 全くその, 全く消極的, 全く近く, 全紙面を, 公式的な, 円天井を, 凡庸の, 処女林と, 出来るだけ, 出船だ, 利他的である, 前人未発の, 勿論ない, 勿論初等教育, 医者を, 卓一君は, 単に概念的, 印象氏は, 即ち意識的, 即ち無意識的, 却って本格的, 友人でも, 反対ね, 叔父よりも, 受賞作品必ずしも, 可なり, 合理的に, 同じである, 同じ本, 同じ脅威, 同時でなく, 味も, 味わったこと, 唯一の, 嘘の, 器械的である, 国の, 基礎經驗そのものであり, 堕落し, 多分この, 大してよく, 大抵哲学, 失敗作だった, 失望した, 女にも, 好都合でも, 妙な, 妥協の, 存在しない, 存在しなかった, 存在せず, 学生生活の, 学術統制には, 完全に, 宗教でなく, 宗教的生活と, 実際そうである, 実際に, 実際優れた, 室町時代の, 家族に対する, 密集し, 専制政治は, 小さい作品, 小説だ, 少し退屈, 少なくとも使節, 屡々女性的, 島木の, 常識と, 平家は, 年少の, 広い人類, 庭園の, 張り切って, 強烈に, 当然である, 当然な, 形成した, 彼らは, 彼らを, 従前より, 従来の, 御兩親, 心理学的で, 必然的な, 必要である, 思惟を, 思想家では, 恐らくあるまい, 恐らく無い, 恐縮に, 悪くなかった, 悪質で, 悪魔の, 意識的に, 愕然と, 愛し合って, 感謝し, 憐れんでも, 應用學という, 成功し, 成功しなかった, 我が国の, 或いはそういう, 或は, 或時, 戦争に, 戦争や, 所謂時局的な, 手を, 指導し, 推古仏の, 支那または, 政治的で, 敗北も, 教育も, 数学は, 文学そのものの, 文学としての, 文学作品としての, 文学史家としても, 文書的な, 新聞という, 新進であろう, 既に現代, 日本精神運動は, 旧い年代, 春ごろてっとりばやく, 昨今の, 是も, 普通正気で, 普通考えられ, 更によい, 最も大乗的, 最も物的, 有は, 有り得ないこと, 有馬頼, 未曾, 未醒は, 未開花, 朴訥とも, 東洋的自然主義が, 極めて自然, 権力の, 機械との, 機械を, 次郎の, 次郎は, 正しいであろう, 正当である, 毛頭も, 求道者といつても, 決していい, 決して所謂神秘主義, 決して独創的, 決して通俗的興味, 没交渉である, 消失し, 消極的な, 火野の, 無いとよ, 無かつ, 無く行き過ぎ, 無でなく, 無神論的非合理主義として, 物であり, 特筆すべき, 独立展は, 現代は, 現実の, 理想主義的な, 生れるが, 生新な, 白紙である, 直接戦場で, 眞の, 真実だ, 真理であり, 知能は, 破滅の, 確立し, 社会的である, 福島氏は, 私たちも, 私の, 私有財産とは, 科学的でない, 稀有な, 稚いけれども, 積極的な, 立春に, 立派であります, 竜之, 第三, 第二義的な, 筆者よりも, 結局私は, 結構な, 絶対的に, 美化し, 考えられて, 職業婦人は, 職業軍人の, 職長の, 自然と, 自然にも, 自然科学的知識と, 至極さっぱりし, 舌足らずが, 良人に, 芝居であります, 芝居の, 菊池寛も, 落ちた花, 落伍者の, 蕪村や, 虫太郎の, 複数なる, 観念的であった, 解されない, 解放した, 言えない事, 記憶による, 試験地獄の, 語を, 誠兄さんに, 誰にも, 謂わば, 警察が, 豪傑も, 賑やかです, 近代的とも, 近臣と, 退嬰にも, 退屈な, 進歩した, 進歩的だろう, 過渡期さ, 部門が, 醇化も, 野蛮で, 金で, 錯覚と, 陶酔かも, 随分参考, 障子も, 雀には, 雄弁な, 雑多に, 青春を, 非連続的, 面白く, 音楽自身よりも, 風俗画家では, 龍之介の

▼ 意味~ (937, 3.2%)

26 ない 19 ある 16 含まれて 13 何も 12 あつた, なしに 11 あるの, ないこと 8 あった, ありません, あるが, ないよう 7 あって, 含めて 6 ないのに, ないもの, なさない, 含んで 5 あると, ない言葉, 加わって, 持って 4 あったの, ありませんが, あるし, それで, なくその, なくそんな, なく目的, わかった, 含まつて

3 [24件] あったろうが, あるかも, あるよう, あろう, あろうが, これで, ないが, ないじゃ, ないと, ないの, ないやう, ない話, なかった, なき返事, なく, なくただ, なく呟いた, なく笑っ, なく笑った, 値打も, 兼ねて, 内容も, 持たない, 目的も

2 [43件] ありは, ありませんわ, あるという, あるに, あるらしい, それが, ないただ, ないで, ないに, ない会話, ない微笑, ない決心, ない笑, なくあまり, なくげらげら, なくた, なくなって, なくフン, なく別に, なく書物, なく積んであります, なく笑つた, なく美しく生れついた, なく見える, ふくめて, まじって, よくわかる, わかって, わからずに, 今に, 何にも, 何の, 充分に, 分らずに, 切れたるが, 含まない微笑, 多分に, 有た, 無い大, 無く手, 無く笑, 翳も, 解らずに

1 [533件 抜粋] あったかしらん, あったろう, あったわけ, あった次第, あつて, あらうが, あらゆる意味, ありかつ, ありのし, ありまして, あります, ありますが, ありますね, ありませうけれども, ありませんただ, ありませんでした, ありまた, ありもう, ありゃしないじゃ, ありやしませんよ, あり値打, あり多鶴子, あり島野, あり権威, あること, あるだろうが, あるだろうね, あるであろうが, あるです, あるでせうが, あるなどという, あるふう, あるべきなれど, あるもの, あるらしかった, あるらしかつ, あるん, あろうけれども, いくらかふくまれ, うなずけました, おおよそわかり, おそらく同じ, おのずから高, きのうとは, きわめて漠然とした, くりかえし思い出されました, くんで, こうして打つ, ここから, ここに, ことばのうへだけ, この女, この生命, こもって, ございますし, ござるまい, すでに所謂, そのため, その強い, その形, その時, それで訣, つけようが, つける必要, とうに解っ, とおり言葉も, とつぜん了解, どうした, ないあの, ないから, ないからいばり, ないこの, ないこんな, ないじゃあ, ないた, ないつまらないこと, ないであろう, ないでしょう, ないという, ないところ, ないらしい, ないヒステリー状態, ない三高生活, ない事, ない入用, ない冗長, ない助詞, ない唄, ない壁, ない女, ない娘, ない定式, ない小さな, ない常識的, ない念佛, ない悪戯書, ない意志, ない愚痴めいた事, ない手紙, ない書物, ない本能, ない極, ない滅亡, ない申しわけ, ない穴掘り, ない空躁ぎの一年, ない笑い方, ない細か, ない船乗, ない覇気, ない覇氣見たい, ない親しみ, ない詰らぬ, ない質問, ない部分, ない酔興, ない集合, ない音声, ない顔付, ない風, ない饒舌, ない駄文, なかつた, なかなかのみ, なかろうが, なき死, なき音声, なき響, なくいずまい, なくお, なくお辞儀, なくかぞ, なくくずし, なくこの, なくこんな, なくしかも, なくだらだら, なくて, なくとどまって, なくともは, なくどんな, なくなると, なくねんどを, なくは, なくほほえみ, なくまちがえ, なくまるで, なくむくれ上っ, なくやつ, なくゆき子, なくよく, なくわれわれ, なくセヽラ笑つて, なくテレ, なくニコ, なく一人, なく京極通り, なく人, なく公園, なく前, なく却って, なく原因, なく又, なく右手, なく呟い, なく回転, なく声, なく外, なく天井, なく富岡, なく崩れ, なく庭, なく当然, なく待たす, なく御, なく恐れる, なく感ぜられ, なく慌てだし, なく振った, なく放り投げたり, なく断続, なく木の芽, なく来た, なく柵, なく歌, なく歩き廻っ, なく毎日出社, なく活動小屋, なく消える, なく無意識, なく片手, なく物珍, なく男, なく百五十人, なく相当, なく眉, なく真実, なく眠り, なく私, なく空, なく窓外, なく笑, なく笑い, なく笑い出し, なく笑い出した, なく笑い合っ, なく笑い声, なく笑つて, なく筆, なく答, なく紅く成った, なく縒, なく翻弄, なく胸, なく脳, なく自然, なく莞爾, なく藤原氏, なく街, なく見上げ, なく見比べ, なく語り續, なく起っ, なく踊りまわり跳ねまわる中, なく軽く笑った, なく逃げ出そう, なく造られるの, なく長い間, なく顔, なく飲ませた, なく高く笑った, なげに, なさずに, なさそう, なさないこと, なさない事, なさなかった, なさなくなって, なさぬこと, なすまい, なり立つが, なんにもない, はっきりしない, はっきりしなくなっ, はっきり切れる, ふかく味読, ふくまれて, ふくんで, ふぜ, ほぼ定まっ, またほぼ, また少ない, まだ分明, まったく空しい, もうなくなった, もたないとしても, もたないよう, もっては, もつニャーニャ, やつと, やはりある, やや明らか, よくは, よく突き, よく解らない, よく解り, ろくに頭, わかったよう, わかつた, わからすに, わからずがぶがぶ, わからずその, わからず素読, わからず面白, わからない, わからないで, わからないほどの, わからない西鶴, わからぬ語, わからん謎, わかりかけて, わかり周囲, わかる, わかるし, わかるだろう, わかるの, マンには, ロクロク考え, 一つ残らず, 一世紀ごとに, 一面の, 了解せられ得よう, 二十も, 交った, 亦そこ, 今一息, 今更の, 伏在するだらう, 何か, 何んにも, 価値も, 個人的に, 個人的快楽から, 偶し, 價値も, 全く不明, 八島ヶ池と, 共にそれ, 其のうち, 内容を, 出て, 分ったが, 分って, 分らない, 分らぬそんな, 分らぬ容子, 分らぬ言葉, 分ります, 分る, 分るはず, 分るよう, 判らずに, 判らないながら, 判らぬ難字, 判るが, 前とは, 匂い音, 区域も, 十分知っ, 半ばは, 又意味, 取りにくい, 含ませて, 含まって, 含まないよう, 含められて, 吾人の, 固定し, 多少あった, 多少は, 大てい, 大概分るだろう, 失せて, 失はれるから, 失われた, 失われて, 失われるから, 姿も, 存在も, 実にこの同じ, 実にわかります, 岸田の, 幾らか含ませた, 幾分か, 当時の, 形も, 形式も, 彼は, 彼女には, 從つて容易に, 心持も, 心細いが, 必ずやある, 忘れられて, 情熱的意味も, 感じさせないで, 感ぜず突然, 感ぜられない虚勢, 感ぜられますまい, 感情も, 成さないこと, 成さぬ位, 抛棄する, 拠ること, 持たないもの, 持ち得ないから, 持つこと, 持つオジヤ, 持つ巨大, 教訓的である, 文句も, 新しく感じられ, 既に出, 明かに, 明白に, 明瞭なる, 映って, 有て, 期待できない, 朧気に, 根強いの, 根強いので, 梶は, 此で, 活かされるであろうし, 深長だ, 添わったが, 満更で, 漸くわかりかけた, 無いから, 無いが, 無いじゃ, 無いという, 無いもの, 無いよう, 無い事, 無い傍, 無い價値, 無い外部, 無い溜息, 無い練習, 無き響, 無くうなづき, 無くこんな, 無くただ, 無くたまたま, 無くなって, 無くまた, 無くまっ, 無く右往左往, 無く奇声, 無く奇聲, 無く子路, 無く悦, 無く気, 無く気取, 無く算盤, 無く調べ, 無く遊び, 無く部屋中, 無く都会風, 無ければ, 無論有, 現れては, 現在我々が, 理由も, 理窟も, 理解されないであろう, 理解される, 理解され得る, 理解し, 生じ頼もし, 生活的に, 異る, 益々明白, 相当に, 真に理解, 知らずに, 知れる事, 確かに, 示さぬただ, 私には, 突めて, 第一, 節も, 籠って, 籠もらせずし, 純粋さも, 考えないわけ, 考える余, 考え運送, 聞えて, 聞きとれないほど, 聴き取れた, 肯けた, 自ずから解ける, 自ら考慮され, 自然に, 與へ, 興味も, 舶来の, 茅野雄には, 茲に, 表情も, 要するに眞實, 解けて, 解して, 解し難い, 解らないもの, 解らない囃しを, 解らなかった, 解らぬ役者, 解らぬ片言, 解釈学的立場から, 言いあらわされると, 言ったけれども, 訣らなく, 認めて, 認めなかった, 読みとるまいと, 読めば, 読めるし, 論理も, 趣きも, 這入つて, 連絡も, 違って, 違つて來る, 顕れて, 高さ

▼ 意味での~ (827, 2.8%)

8 女らしさ 4 文化の, 科学は, 粉雪は 3 プロレタリア文学の, 大衆の, 社会性を, 科学の, 芸術の

2 [27件] いわゆるジャーナリズム, よき詩人, ジャーナリズムも, プロレタリア文学では, リアリズムが, 俗を, 出発であり, 史料と, 存在では, 実践的原理が, 思想家は, 思想界の, 所謂実験と, 政治と, 政治とは, 政治を, 政治性を, 文学は, 本来の, 歴史的な, 演劇の, 生活が, 男女の, 社会性, 純粋直観に, 自然は, 論理の

1 [738件 抜粋] ある絶対運動, いわゆる批判, おしの, おとなしい閑雅さ, お坊ちゃん風, かけもち職業, ことである, しつけ, どんづまりであったと感じられる, のぞんで, まちがいを, むつかしさ, よい人工的反映, よい景色, アカデミズムの, アカデミックな, アタヴィズムは, アプリオリでは, アマチユアが, アントロポロギーが, イズムだ, イデオロギー, イデオロギーでなく, イデオロギーの, イデオロギーは, イデオロギー性, イデオロギー真理意識の, カムバックである, カルチュアの, クリティシズムの, コンツェルンである, コーヒーを, シンパシーまた, ジャーナリスチックな, ジャーナリストという, ジャーナリズムの, ジャーナル的, ダンデイに, デカダニズムからは, デッサンの, デリケートな, ニュース映画によって, ハピイ・エンドな, ハメを, ヒューマニズムの, ファシストである, フォームは, フジヤマ, ブルジョア作家では, ブルジョア革命を, プロレタリア, プロレタリアに, プロレタリア作家たちが, ペダンティシズムが, マンネリズムに, モダーニズムに, モラルに, ユークリッド性は, ヨーロッパ, リアリスティックな, リアリズムである, リアリティを, リズムである, リリシズムとして, リーダーを, ロマンティストでも, 一つの, 一種の, 万人への, 上町では, 不信を, 不正確さ, 不親切が, 世界では, 世界の, 中国の, 中国は, 主体が, 主客一如も, 乞食にや, 事実に, 人である, 人間と, 人間学は, 人間悲劇を, 人間教育である, 休養な, 会話の, 低俗な, 低温膠質物理学の, 余裕が, 作品, 使命である, 価値の, 俳句で, 個人主義者かという, 個別的因果は, 値打には, 健康性を, 僕等の, 元素である, 先駆的な, 全的なる, 公平は, 共通感覚, 具体性だ, 具体性の, 内容は, 内容主義に, 処女作の, 処女作を, 出発である, 初旅, 制度といふ, 剥脱の, 創作の, 創作的批評の, 創造と, 創造的な, 勇気を, 勇者を, 勢力争いや, 医学が, 十分な, 協議会座談会などで, 南進に, 危険を, 即ち第, 双璧だろう, 反省に, 取りかえしの, 取捨は, 可能性の, 司法官たる, 同伴者でしか, 同感それを, 味方では, 呼吸ぬきと, 哲学の, 哲学一般を, 哲学史の, 哲学法, 哲学科学の, 唯一の, 唯物論的取り扱いを, 商品では, 問ひ, 啓蒙は, 啓蒙運動が, 喜悲劇などという, 喧嘩なら, 国際主義の, 地方における, 地震学という, 基礎を, 夕凪という, 外国の, 大望が, 大衆が, 大衆化によって, 大衆性では, 大衆性の, 大衆性を, 天文に, 夫では, 女性崇拝だ, 好きという, 好き者間に, 好学慾と, 好況, 妙味は, 妥協は, 存在であった, 存在な, 学問では, 学問の, 学生という, 学界の, 宗教という, 宗教を, 官吏の, 実力が, 実証的精神の, 実践とは, 実験が, 実験である, 実験を, 客観に, 客観を, 客観的な, 客観的態度が, 寂びを, 対決が, 対象でなけれ, 対象は, 封建の, 封建主義から, 専門家と, 尊重に対する, 少壮の, 尤もという, 山桜である, 平凡な, 平田篤胤没後の, 幸福が, 広義の, 広義国防の, 弁証法的形態が, 引用は, 弟子たちが, 形式を, 形式的直観に, 形而上学から, 形而上学では, 影響を, 役に立つに, 後継者としての, 後継者を, 心理学である, 心理的要素は, 思想の, 思想之が, 恐れとは, 情趣を, 想像の, 意識で, 愛なら, 感傷に, 我不, 戦い, 戦争ジャーナリストは, 戦争責任の, 所謂哲学な, 所謂実験が, 所謂常識が, 所謂生の, 才気煥発と, 批判の, 批評を, 技巧の, 技術と, 技術は, 技術家である, 把握的, 折衷主義は, 指導が, 提供である, 擡頭では, 支持者か, 支那学を, 放縦な, 政党性, 政治をも, 政治性に, 政治的な, 政治的事項である, 政治的特色を, 政策, 敏感な, 敏腕で, 教育だ, 教育を, 文化を, 文化史という, 文化統制に, 文化統制は, 文学である, 文学の, 文学的啓蒙が, 文学的範疇なら, 文義的解釈は, 文芸批評に, 料理では, 新しい演劇, 新しい独創的, 新しさ, 新らしい, 新進では, 方法でなけれ, 方法の, 方法を, 既成社交的への, 日本インテリゲンチャの, 日本物理学という, 日本画家は, 明治人の, 晩餐会を, 暴力団を, 服装だけについて, 本當, 本質である, 東洋主義とか, 核を, 概念に, 模様だけは, 樹氷の, 正統的な, 武士道も, 歴史である, 歴史の, 歴史的認識は, 段階的な, 毛色の, 民族的感情などが, 民衆芸術は, 気もちよい男らし, 法則に, 波動現象と, 活きた科学的常識, 消極な, 涙を, 涼味の, 湯治の, 演説, 激励の, 無学文盲で, 爽快性悪い, 物性を, 物理学の, 物質, 物質とか, 物質は, 物質科学の, 特殊科学である, 特異な, 独善に, 独自の, 献身こそが, 現代の, 現代大衆劇, 現代的で, 現實性, 現象と, 理性の, 理性批判だけには, 理想家で, 環境として, 環境の, 生活であります, 生活の, 生活力も, 生物学的動物である, 田舎くさい, 男女相剋を, 病気感から, 病氣感から, 直接な, 直接性を, 直観形式であり, 直観性を, 知的デカダンスである, 知識人思想の, 社会主義的思想は, 社会正義, 社会的リアリティーを, 社会的機能を, 社会的関心から, 社大, 祖国, 神秘主義だ, 神秘主義を, 秀才で, 私小説に, 科学である, 科学とは, 科学ジャーナリズムでは, 科学性を, 科学技術的に, 科学教育を, 科学的要素の, 科学者としての, 積極性を, 積極的な, 筋の, 粉雪な, 精神的暴動を, 精進を, 糧を, 純粋な, 純粋に, 純粋直観と, 素材主義に, 組織, 経営者的な, 経験では, 結婚にも, 結婚生活やっ, 結晶と, 絶対的な, 經驗は, 緒論を, 罪が, 美を, 美人らしい, 翻訳も, 職人性は, 職業教育である, 職業的文壇的作家の, 自分が, 自己とは, 自己を, 自己表現という, 自我は, 自然において, 自然については, 自然弁証法という, 自然概念に, 自然現象だ, 自然科学とは, 自然観照者としての, 自由で, 自由の, 自由も, 自由主義, 自由主義哲学でなかった, 自由主義的態度, 興味が, 舞台監督者といふ, 芝居を, 花見を, 芸術では, 芸術としての, 芸術を, 芸術性のみを, 芸術至上主義や, 苦しみを, 表現如何なる, 装身を, 要視察人, 要請, 規範性, 視線が, 親愛感や, 観念で, 観念論者では, 解釈技術に関する, 言葉の, 言葉や, 言葉乃至, 記録として, 証拠物件と, 評論家では, 詩によってのみ, 誇張とげ, 認識の, 認識論だけに, 認識論としての, 認識論の, 語彙では, 読者から, 談話が, 論理学は, 論理的な, 豊かな, 象徴性を, 責任は, 責任を, 貴族主義ひろい, 貴族主義精神の, 貴族主義者であり, 資本主義工業, 資源と, 質問をさえ, 質量は, 超人であろう, 超個人的意識, 近代的大, 追憶を, 通俗小説めいた, 進歩的な, 運動, 道徳や, 道徳的事実としての, 遺伝として, 都会らしい, 酔興です, 量子力學に, 鍛練に, 開拓だつた, 開拓者の, 開放でなく, 闘争でなけれ, 階級だ, 階級化であった, 階級性を, 障礙を, 隠遁だ, 青年の, 静止では, 非常識は, 面白さ, 音楽などは, 音楽は, 韻文である, 韻文でない, 頭脳は, 風刺文学が, 風景的異国趣味さえ, 養生を, 骨身が

▼ 意味~ (805, 2.8%)

327 ている 76 てゐる 63 ていた 18 て居る 13 てゐた 8 はしない 7 ていない, て来る 6 てはいない, てゐない 4 てい, ています, ているであろう, ているでしょう, ており, て居ります, て来 3 それが, たりする, ているだろう, ているらしい, ております, て来た

2 [16件] たり衒学, て, ていなく, ておった, てくる, てはいないだろう, てはいなかった, てゐるなら, て居た, 一方には, 価値は, 又その, 土筆は, 従って又, 星氏の, 科学的な

1 [196件] あるいは真心, いわば信仰, かつ快い, この統一, この還元, これに, これに対して, これまた, これも, これを, さえするだろう, さらにこれ, さらに先住民族, しかして内, しかもこの, しかも同時に, したがってまた比較, したがって他, すなわち, すなわち客観, すなわち男, すなわち積み重ねた, そうなれ, そしてこうした, そしてこれ, そしてそういう, その兩派, その地名, その敗北, その結合, その連中, その釣竿, その長久, その限り, それについて, それは, それを, たりし, たりもし, たり又は, たり或いは, たり白, てあつかわれるべきである, ていたら, ていたらしい, ていなかった, ていなけれ, ていよう, ているなら, ているらしく, ておらぬ, てかう仰り, てこの, てそして, てつかわれ, ての金, てはおりません, てはならない, てはならぬ, てひろがる, てもいる, てもゐる, てゐなかつた, てゐます, てゐるらし, てゐるらしい, て一国, て云, て北, て呪わしい, て天井, て居つた, て居るだろう, て我が, て来ない, て用いられた, どういう利益, どの方向, ながら, ながらその, はしなかった, はしまい, はしません, またそういう, また多く, また年齢, また現在, また竜宮, ケジアは, ケレンハップクは, シバは, スデミヅは, チュプカグルは, ヒサゲは, ヒューマニズムは, ペルシャの, マメは, ムチは, ヤソ教に, 一つは, 三切は, 下国守, 不健康な, 中国四国の, 主基, 乃至保證, 九州で, 九州豊後では, 今日なお, 仏教に, 仏蘭西の, 代表する, 何によ, 何の, 何れも, 何を, 借金は, 僕は, 儒教に, 元は, 八百長の, 内政上又, 凡てが, 勝ちだ, 北海道だけにしか, 却つてあらゆる, 又それ, 又場合, 又或, 又時に, 反抗をも, 古人の, 古河とは, 国運の, 多くの, 天皇制の, 女は, 存在は, 富という, 小と, 小芝居, 少なからず, 屡の, 工藝の, 常識は, 延い, 彼の, 後者は, 従ってその, 従って京, 従って劇中, 従って峠, 従って役割, 従って我国, 必ずしもそれ, 必ずしも足もと, 感激を, 我学界の, 按摩舞は, 支那で, 支配者の, 文学独立論は, 料理物語という, 日本の, 是を, 東京なら, 機械的であり, 民衆の, 永遠は, 浪漫主義という, 火の, 無心は, 焼物を, 獣と, 現代的教養の, 理解せしめ, 相互の, 瞻波国は, 社会が, 神道に, 種名の, 窮迫は, 結局入選は, 老荘, 自己が, 自由賣, 良心の, 解放は, 評価する, 誰, 諸学, 連合軍にとって, 道元禅師の, 阿弥陀は, 音だけで, 高倉神社の

▼ 意味あり~ (543, 1.9%)

238 げに 138 げな 51 気に 25 そうに, 気な 11 氣に 10 そうな 6 げの 5 げなる 3 げだ, げで, げにも 2 げだった, げである, げでした, 主張あり

1 [17件] げでは, げなう, げなお, げにぞ, げにに, さうに私の, そうで, て存するごとく, て祈祷, と覺, 一は, 人は, 価値ある, 根柢の, 気だった, 気を, 氣です

▼ 意味において~ (492, 1.7%)

15 私は 7 である 5 すべての, 一つの 4 成立する, 自分は 3 それは, 人間の, 彼は, 現在の

2 [21件] これは, これを, でなくむしろ, われわれの, 一切の, 一般の, 幸福も, 徹底的な, 思惟する, 想像と, 我々の, 或る, 敵である, 最も近代的, 父母の, 現在に, 相反する, 私の, 美の, 自分の, 観るという

1 [398件] ああいう, あかの, あのパスカル, あると, ある陰謀, いい味方, いい得ら, いうたの, いかがであろう, いかにも不思議, いふの, かえって画法, かの食物公給条例, きわめて興味, けっして閑人, ことに旅人, この二つ, この地上, この場合, この外的現象, この書, この第, この細君, この道具, この類, しつくりむかひあうては, しん橋の, すでに世界, すでに仏祖, すでに前, すでに現在, そうである, そのお, そのやう, そのよう, その反応, その存在, その御, その社会, それぞれに, それぞれの, それの, たしかに, であったの, であつ, であるか, であると, であれとても, であれ悪意, でなく我々, どんな善, ならば, ならば私, ほんとうには, まさに存在論的, またわが国, また客観主義, また悪しき, もさうである, よく協会, よろしくない, わたしの, われ, アダム, アメリカは, アルヒテクトニッシュである, イズムは, エロースの, オの, ジャヴェルその他多くの, デカルトの, バッハ以来の, パデレウスキイの, ブルジョアジーの, ライフライクな, ルカッチによって, 一つは, 一代に, 一定し, 一本調子である, 一様に, 一癖も, 一部の, 三越の, 不変である, 不完全である, 世界の, 世界最悪の, 中世和歌伝統の, 主張せられる, 主観的だ, 乗るちょう事, 乗るべく命ぜられたる余, 事実の, 二人の, 五六十年前の, 人体の, 人倫の, 人格的である, 人間にも, 人間は, 今なお, 今の, 今までの, 今一応, 今夕の, 今度の, 仏性の, 仏者が, 仏蘭西に, 他の, 仮に社会学, 件の, 会得する, 伝染病と, 伝統の, 何とぞお, 何分翌月, 余の, 余輩は, 作られたもの, 信長の, 俳優を, 俳諧の, 偉大な, 偏見と, 先生の, 光明優婆塞に, 全く不可能, 全く実証的, 全く實證的, 全く物理学的, 共産主義者は, 共通の, 前書ある, 動的の, 十分鄭重である, 即ち自己主張, 原始人の, 参考と, 反対する, 受得信奉すれ, 古い芝居, 古代日本民族の, 可能なりや, 名判官専制主義, 吾, 哲學を, 商品である, 問題劇でなく, 善良なる, 喜びと, 国家が, 国家を, 国語教育の, 地代は, 基底的なる, 多数の, 大なる, 大作の, 大地主, 大変に, 天国で, 天皇は, 奥羽地方では, 女性は, 好男子であった, 好資料, 如上の, 子供そのものまでが, 存すると, 存するという, 存在し, 存在と, 存在の, 学問を, 実際上, 宣伝用に, 対立した, 將來に, 尊重し, 屈辱的生活を以て, 市村氏の, 平の, 幸福であった, 形の, 形容詞わか, 形成作用である, 彼の, 彼らが, 彼を, 彼等の, 従来の, 心おきなく, 快いもの, 快く承知, 忽ち官途, 思い浮べなければ, 思想藝術であり, 恐れたの, 悪を, 悲惨は, 惜しまれは, 愚見を, 愛は, 感じて, 慈悲を, 成功した, 我らは, 我ら国民は, 我国には, 戒律を, 戦争する, 所謂ラショナリズム, 技術である, 技術的である, 指揮棒を, 捉えら, 捕物小説は, 政治家の, 救主出現の, 教育し得る, 数の子も, 文化的過程は, 文字なき, 文字の, 文芸を, 既成の, 日に日に婦人, 日本の, 日本人の, 旧体制, 明るい希望, 明晰判明であり, 昔の, 映画という, 映画は, 春琴に, 昨年, 時乃至, 時間性よりの, 普遍的な, 書列ね, 書物とは, 最も大きな, 最も重要, 最初の, 最高の, 東洋の, 根本的に, 梅玉の, 極めてオーソドックス, 楽しむという, 概念的に, 歌舞伎の, 正常の, 歴史の, 歴史学という, 歴史的虚偽は, 死骸と, 水火夫全体へ, 源氏物語や, 潔白な, 無政府主義者, 煩わしいけれども, 熱狂的だ, 熱狂的だった, 物を, 物議を, 特にラスキン, 狐や, 独立的であるなら, 王氏の, 現代日本は, 理想と, 理解されね, 理解し, 理解し得ない, 理解する, 甚だ危険, 生活する, 生産的なり, 用いられると, 用いられる様, 田辺小倉両, 甲州の, 畢竟作家, 異色あり, 発展しなけれ, 発展的に, 皆さまの, 皆現実の, 目立つて, 相当困難, 真に学問的, 真に自己自身, 真に霊魂, 真もしくは, 真を, 矛盾的自己同一的でなけれ, 知って, 知るという, 知るとは, 知るもの, 知識である, 確かに, 社会いっさいの, 社会に, 社会の, 神は, 神楽を, 私たち日本人は, 私どもの, 私どもは, 私に, 私には, 私も, 科学的である, 科学者の, 立派な, 立派に, 第一義だ, 組織制度は, 組織的に, 経済上における, 経験に, 絶對的なる, 罪惡の, 美も, 考へられて, 臆病に, 自己および, 自己が, 自己主張的自己否定的の, 自己自身を, 自得し, 自我は, 自然主義存在の, 自然的に, 自然進化に, 自由なる, 自由を, 至当たる, 芸術も, 芸術家を, 茶人と, 蕪村の, 行なわれたか, 行為と, 表裏の, 複雑であり, 西田氏は, 見逃すべからざるもの, 観念と, 觀念と, 解決よりも, 解釈する, 言わば墳墓, 証明である, 詩化し, 認識と, 語られる唯物論, 語るべき何ら, 課題小説は, 豊臣秀吉なんかも, 貝十郎の, 貢献が, 貴族的であり, 貴重かも, 貴重なる, 超現実派, 身體と, 軌を, 軽率なふるまい, 軽音楽だの, 逆に, 過渡期の, 道徳的な, 遥かに, 遥に, 重要だつた, 重要な, 重要性を, 鎌倉以前は, 鎮魂の, 闘つて往かなけれ, 陶器の, 隆夫は, 随分俗, 非人であり, 非難すべき, 飛起きた, 首肯した, 馬鹿気た, 髷物の, 魔術文学である, 魚住氏の, 麦が

▼ 意味から~ (470, 1.6%)

21 して 18 云えば 15 言えば 13 云って 12 いうと, いえば, では 11 云へば 10 言っても 9 見て 8 いっても, 云うと 5 いって, いふと, すれば, 云っても 4 いつて

3 [12件] いへば, これを, しても, すると, みて, 云う時, 云う限り, 出たもの, 申せば, 私は, 言って, 言ふと

2 [16件] それを, であった, である, アモラルである, 出て, 母の, 申しますと, 申すと, 私の, 考えて, 見ると, 見れば, 言つても, 言つて伊香保が, 言へば, 重大な

1 [229件] あすこは, いいますると, いいますれば, いよいよ五月, いろいろに, おつけ申した, かの伝説, こ, この, この亭, この人, この問題, この小さな世界人, この日, この稿, さう, その優劣, その名, その後嗣者, その特殊, その解放, それだけを, たとい私, だと, つまり係累, であったと, であるが, であろう, でございます, ですなわち, でない, でないこと, でなく家庭和楽, でなく広汎, でなく見ても, でなく食糧, でなければ, とつた, ともかくも, どのくらい, どの候補者, なら願っても, なん, はがそうとは, ひとり僧尼ばかり, また個人個人, やったに, やったの, わたしは, われわれは, ガラス絵は, サワアザミに, ナポレオンは, 一方は, 一様に, 上野は, 下層に, 世に, 之を, 云うの, 云つて今日外国語教育の, 云つて利益不利益の, 云へ, 云ツたら, 人間といふ, 今も, 今夜の, 今度友田君を, 付けた名前, 余りに華やか, 余儀なくされる, 來た, 保養に, 個人としての, 僕は, 先づ考へ, 先生は, 全部出, 出したの, 出たかとも, 出たので, 出た事, 出てるよう, 出る涙, 出発し, 分類された, 初期の, 前者を, 割り出して, 動機づけられた, 化身と, 卑怯な, 參酌し, 古句, 名づけた名, 吾, 四社連盟の, 国家の, 国民が, 地名を, 執筆し, 堕落させられ, 女優の, 女雛のみ, 室町時代には, 宮廷年中行事の, 富士川は, 寓意の, 察して, 展開し, 帰納し, 幸福を, 当大学, 彼の, 彼は, 彼自身も, 得た名, 必要に, 忌諱に, 悪魔払いの, 慎重であり, 成ってる言葉, 成り立って, 成るべく明確, 我々は, 或る, 戦犯者の, 拒絶した, 採用したらしい, 推察する, 揺がない世間的, 文学を, 新年を, 旅の, 旅行者の, 日本の, 早く人格完成, 更に, 曾て, 最近の, 有難いわけ, 束の間の, 来た土地, 来る不精, 来る逼迫, 次に上代以後足利氏, 欺討は, 毎年この, 汚い事, 決めてか, 派生する, 深い感興, 無意味へ, 無暗, 独特な, 現今の, 現代の, 現在の, 環境として, 生れたもの, 生れた言葉, 申しても, 男女道徳について, 男雛の, 発表する, 真の, 眺めると, 磁石の, 神嘗と, 福良と, 種夫といふ, 積極的な, 空に, 突然と, 第二, 筆を, 純正個人主義と, 素子は, 翻訳の, 考えると, 考へて, 考へると, 聞くと, 肉食は, 脚婆という, 自分の, 自分を, 自然方則の, 色々支那, 若い画家, 見ても, 見ますと, 見物は, 解釈し, 言い換えると, 言うても, 言うと, 言うならば, 言つたら, 言つて今の, 言つて演技そのものは, 言へ, 詰襟などは, 説明し, 論じたの, 貧乏鬮を, 起こって, 起ったの, 起った一種, 起って, 起るところ, 転じた言葉, 転化した, 轉じ, 遊離し, 過去を, 選んで, 金の, 金米糖の, 附けられたもの, 附けられた題, 陶磁は, 陸奥の, 離れたこと, 面白い自伝, 面白半分, 順二郎が, 鮎食いには, ANTICIPATIO

▼ 意味~ (313, 1.1%)

56 のである 36 のだ 34 んです 29 のか 22 んだ 1813 のです 11 のであろう 8 んでしょう 7 のだろう, のであります 6 のであった, のでしょう 5 のだらう, ので, んだろう 4 のでございましょう, のでございます 3 のよ 2 のかね, のさ, のだった, のを, んで

1 [24件] けれど, ことを, のかい, のかと, のかな, のかも, のが, のじゃ, のださうだ, のだつた, のでいや, のでござる, のでした, のでせう, のでなく, ので一眼, のと私, ものが, んじゃ, んでし, んでせう, ンか, ンだらう, 作物を

▼ 意味~ (230, 0.8%)

1612 かよく 76 そうである 5 かわからない, か分らない, が 4 か解らなかった, そうだ, ということ 3 そうです, つたと, といふ, と思ふ, な

2 [17件] かわかりません, か分らなかった, か固, か解らない, か解りませんでした, そうで, そうであります, つたのである, という, とおも, としても, とする, と云, と思う, と思はれ, と私, のが

1 [113件] かいっこう気, かこの, かちっとも, かちょっと, かはわからなかった, から, からである, からと云, からと説明, からサア了簡, からポロトー, から只今私等, から大, から大人, から彼, から昼, から秀子, から門番, かわからないらし, かわからなかった, かわかる, かわたし, かチットモ, か一閑斎, か了解, か分からない, か分からなかった, か分らなく, か分らぬ, か分り, か分りません, か千世子自身, か君たち, か呉服店, か好く, か知っ, か私, か肯定, がこう, がこの, がこれ, がさ, がさすが, がそういう, がそうした, がもう少し, がわからない, がニュアンス, が中国, が兵隊, が同じ, が橘守部, が解らないらしい, けれども娘, げを, し, すなわちこの, そうでございます, そんなに若く, つたが, つたのが, つたのだらう, て, と, とある, というよう, という点, といっ, といったら, とか処世上, とこじつけられない, としたい, とすれ, とならった, とはどうしても, とばかりに笑, とも或いは, とようやく, と主張, と云い, と云う, と云った, と判然, と取れるであろう, と娘, と存じます, と富永, と怖, と思います, と思っ, と思った, と思ってる, と思つて, と思はれる, と思ひます, と承りました, と断定, と書い, と百合子, と直覚, と解釈, と言, と言っ, と言つて, と言われ, と説明, なと合点, なと見, などと穿鑿, ねえよ, 千種君とか, 友達あつかい, 舊譯に

▼ 意味~ (192, 0.7%)

3 なって, 任務とを, 実在との

2 [11件] すれば, もう一つ, 今の, 価値を, 其誠に, 思われる, 意味との, 昨日まで, 混同する, 袋でも, 面白さ

1 [161件] いうが, いうよりも, いえよう, いって, いて, いとしいと, いふ, うら悲しいと, お祝いの, この先生, この流れる, この部屋, こびりついたら離れぬという, しっくり合わない, し家, すぐとれるであろう, そういう, そっくり同じ, その使い方, その価値, その場, その態度, その把握性, それから普通, それが, それを, ちがった風, であります, なく誦し, なった, なった坊主, なつて, なりこれ, なり彼, なること, なるの, ほとんど同じ, よほどちがった, キリストの, パトス的意味とを, プロレタリアートの, マゴコロを, 一種の, 両方ある, 事実を, 二つを, 二人の, 二様に, 云いどう, 云うもの, 云ひ, 今日の, 今日大, 価値とが, 俺の, 値うちを, 全く同一, 全然相, 兼ねて, 内容とを, 内容の, 内面性とを, 効用とを, 動きと, 取って, 合は, 合致する, 同じきもの, 同じもの, 同じ事, 同量, 呼ぶ, 問題とを, 場合とに, 変って, 大きな亀裂, 奥の, 妻の, 存在との, 実は自分, 寺方で, 小悪党的, 展望とを, 展望を, 彼女の, 思いました, 思い合わせて, 思はれます, 性格を, 性質さえ, 悪い意味, 情熱を, 情緒とを, 意味とが, 意味とを, 意識とが, 愛着とを, 或方面, 改心の, 效驗を, 新しい努力, 方法を, 日本で, 是を, 普通名詞としての, 期待を, 木が, 本の, 本質, 桂月氏の, 欲望は, 正反対な, 正反対の, 氷が, 活動とを, 源次を, 漢書以後の, 物との, 狭い意味, 獣肉は, 理性乃至, 理解の, 用途は, 異る, 目的とからに, 矛盾する, 知性の, 私的な, 称するならば, 程度において, 種類と, 範囲とに, 精神とが, 精神とを, 系統とから, 結びついてのみ, 結果とを, 美とを, 考えられたもの, 聯關とを, 色と, 若し秋田さん, 表現とが, 複雑な, 解いて, 言うよう, 言ふ, 言ふも, 語感を, 読者の, 調子との, 趣味とを, 違ったもの, 違った感慨, 重複し, 重量を, 音とを, 響きとを, 響應する, 魂を, 鼓舞とを

▼ 意味における~ (168, 0.6%)

4 表裏の

2 [14件] いかなる誤謬, ヒューマニストであり, 人間の, 個人主義者であり, 個人主義者に, 常識と, 彼の, 心理批評を, 技術は, 歴史性を, 知識が, 認識論は, 象徴性と, 貧乏なる

1 [136件] さびしおり, それを, ものに, ものを, わが国新劇運動の, イデオロギーで, イデオロギーでは, イデオロギーとして, イデオロギーに, イデオロギーは, エタの, セオロジカルな, テュポロギーで, デカダンスの, ロゴスである, 万葉ぶりの, 不健全性, 不死や, 不死性に, 不死性を, 世俗大衆的文学が, 世界に, 主体である, 予報である, 人と, 人即ち, 人道は, 仮説なし, 余裕の, 俗世間的地口は, 個人主義である, 個人主義を, 個性尊重どういう, 内容の, 内閣補強工作と, 冒険心が, 創作である, 同胞愛では, 名字が, 名字を, 后は, 唯物論の, 国語学の, 国語教育の, 土地経営の, 地代について, 地者稼の, 声聞師たるべき, 天然の, 婦女子の, 実体そのものについて, 客観性の, 實體そのものについて, 幻影を, 從つて觀念的内容において, 徳とが, 必然的事實としての, 悪人往生の, 惠みといふべきであらう, 慇懃で, 成功という, 成功といふ, 戦士の, 戰士の, 抽象では, 挙国一致の, 政治でありまし, 政治の, 文化日本観光日本を, 文化的時間即ち, 文学こそ, 文明の, 文明は, 日本最初の, 時の, 暴力とを, 橋の, 武家政治の, 死が, 死の, 死も, 永遠性に, 法律家の, 無が, 無は, 物理的科学の, 物質とは, 現実主義である, 現象, 生活が, 生物学の, 病気の, 病氣の, 発展は, 真及び, 神の, 神祕主義は, 科学の, 科学書では, 科學の, 系図という, 統制的要素としての, 職域の, 自然の, 自然概念を, 自然的な, 自由主義國家は, 芸術乃至, 芸術創作活動を, 芸術品な, 英雄の, 虚偽すなわち, 虚僞すな, 表裏, 表裏と, 裏面の, 観察を, 証明という, 詩の, 認識の, 認識は, 谷の, 貧乏人の, 貴族主義が, 通俗化には, 連体法の, 遊戯の, 道中太夫が, 道具の, 間人と, 関係が, 随筆の, 需要をのみ, 靈魂の, 非存在, 飛鳥時代なら

▼ 意味でも~ (165, 0.6%)

7 ある, ない 4 あった, なく, 何でも 3 あるよう, あるん 2 あったの, あるならバタ臭い, あるやう, あろう, なければ, われわれの, 悪い意味, 私は, 話すとか, 讀みづらい

1 [113件] あつた, あります, ありますまいが, ありません, ありやしない, あり得ない筈, あり舞台, あり誇り, あるかの, あるから, あるであらう, あるの, あるまい, あるらしいの, あるらしく窓ガラス, あれば, あろうか, いい年末, いちは, いっこうにきまり, いつもドグマしきやあ, お世話に, お高, このハイカラ, この作品, この場合, この芸術, ございませんが, ご関係, さし当りは, ないし, ないただ, ないでしょう, ないと, ないの, なくお立ち寄り, なく又, なく正風, なく罵った, なしに, なる可, ふかく印象づけられたらしかった, まだペダンティシズム, もつと, もはや, よかろう, わかれば, わるい意味, ゴッホの, センチメンタルすぎ, バーは, 一度も, 亦持とうで, 今日は, 他人の, 仲, 何故でしょう, 健康で, 切れる切れ字, 制限である, 助長する, 参右衛門から, 吾, 城と, 大衆の, 女にとって, 女は, 女工たちに, 好色の, 好都合で, 存在でなく, 弁証法的な, 彼を, 恩賞配分の, 意欲的に, 慾張った, 戦後庶民生活に, 手の, 批評へは, 救いが, 救いの, 敗戦後の, 新発見, 既にこの, 暮せないわ, 暴力的な, 暴力的乃至, 有る言葉, 次郎君に, 此処は, 汚ない, 深く結ばれ, 熱情は, 目の, 社会科学的範疇としての, 私たちの, 籠るやう, 純潔とは, 織田一門の, 自分は, 興味の, 色々な, 若かった, 読みづらい, 読者の, 読者を, 負けたの, 貴様に, 連句は, 邪魔っけに, 酒井氏磯部氏も, 野宿しよう, 鴎外の

▼ 意味深い~ (133, 0.5%)

4 ものである, 言葉を 3 ことだ, 事実である 2 ことである, ところである, ものであった, ものを, 一つの, 事実だ, 印象を, 反応とを, 文学上の, 歴史の

1 [99件] いくつかの, お手当, お手紙, ことで, ことであった, ことであろう, ことでなけれ, ことに, し評論, であろう, できごととして, ところであろう, と云う, と思います, なぐさめの, ものが, ものだ, ものだった, もので, ものであります, ものと, アネクドオトを, 一つ一つの, 一座の, 一時期を, 一瞥で, 一言だった, 予言と, 事である, 事実として, 事実は, 事柄も, 二つの, 人生過程の, 今日が, 会食満腹を, 内的連絡を, 創作力を, 反省を, 名前を, 名称を, 哀韻の, 品物と, 問答が, 回想が, 地形を, 場合が, 大きな出来ごと, 大会の, 天の, 実際と, 対象と, 年は, 形, 形を, 彼等の, 忠告と, 感激が, 懐疑を, 摂理でしょう, 暗示が, 暗示でしょう, 暗示を, 書簡で, 本質的萌芽は, 杖である, 様々の, 歌の, 比喩である, 比喩を, 特性の, 特質を, 眼色, 矛盾テーマを, 示唆が, 示唆であろう, 示唆を, 空虚の, 笑いを, 笑ひ, 自然に対して, 自然概念から, 色に, 色の, 苦悩の, 表徴に, 言だ, 言葉が, 言葉だ, 言葉の, 記述の, 証拠も, 詩趣を, 諸句, 謎でも, 警告として, 転期として, 音に, 黎明期であった

▼ 意味である~ (125, 0.4%)

86 ことを 5 ことは 4 ことが 32 かいま, がこの, がこれ, がすると, が源太, とすれ, と答えた, のは

1 [83件] かかれ, かという, かといへ, かと追求, かなど紀久子, かの想像, かは物語り, かもしれぬ, かもと, かも知れない, かも知れぬ, からだけで, からやはり, から伏流, から其の, から我国, から正当, から此下, から転ばす, かわからなかった, かを私, か何故, か僕, か分らなかった, か推しかね, か私, か自分, か語原的, がぐゎぁは親愛, がここ, がそれ, がたしかに, がまた, が一寸, が以前, が併, が其, が單, が国籍, が大勢, が如何, が文中幸八, が日本国内, が漠然たる, が綱宗, が美醜, が茶, が詩, ことこれ亦, ことに, ことも, これが, さて此, そこから, という, ということ, というよう, といったよう, といふこと, といわれる, とおもいます, ところの, とされた, とのこと, と云っ, と思います, と思ふ, と聞く, と解釋, と釈明, のか, のと, のに千二百年前, はつ女は, やらもとより, 一つの, 事さえ, 事さへ, 其の言葉, 天才などとは, 存在自身では, 樣にも, 自己實現を

▼ 意味~ (114, 0.4%)

3 よくわからない, わからないが, 分らなかったが, 知らないが, 私には 2 よくわからぬ

1 [97件] あえて吾人, あなたには, あるいは頼家, かの女, こう言っ, さっぱり理解, しきりに指先, そこへ, その吟味, その時, それが, それともこの, それとも妻子, それとも張り店式, はっきりしない, ひとつ君の, ぼくには, または倫理的, または徳望, または鐘, まるで解らなかった, もう判らなかった, わからない, わからないけれども, わからないですって, わからないほどの, わからぬけれども, わからんけれど, わかりかねた, わかりかねますが, わかりませんでした, わかりませんでしたが, わかるか, わかるかね, わざわざ, わしにも, サッパリ見当が, ッ, トゥロットには, 一字一字考え, 一寸分りかねる, 両手で, 丸で, 云つ, 他の, 代って, 何かで, 兄さんに, 分って, 分らず洩らした歎息, 分らず濃やか, 分らない, 分らないんで, 初めは, 判らないけれど, 判らないほど, 判らなかった, 別に苦い, 君には, 夏に, 奉行が, 子供の, 惡い, 明瞭でない, 枝でも, 梶は, 権力の, 武蔵の, 珍な, 理解出来ない, 生の, 益々分らぬ, 知ってるか, 知らず或, 知らなかったけれど, 知らなかつたが, 知らんが, 知らんと, 禁獄の, 米友が, 紫の, 聞き取れなかつた, 聞き手の, 自分の, 舌を, 蛟龍の, 親しみの, 解しかねた, 解しかねるが, 解せなかったが, 解らなかったが, 訊ねなかつた, 訣らない, 誰かに, 財産の, 通じは, 黄八丈の

▼ 意味にも~ (114, 0.4%)

9 なる 6 悪い意味 3 取れた 2 とれるが, なって, なりますが, なるの, よるが, 取って, 取れる, 用いら, 聞える

1 [78件] あしき意味, あなたには, かなう訳, この国民, これを, せよこれら, せよ事毎, せよ自伝, つながるの, とること, とれ, とれますが, とれるので, とれ申候, とれ自分, なかなか勝気, ならないの, なりかねない, なりまた, なり感謝, なろうけれ, ひびく, ひろが, また境遇, わるい意味, ハイキングに, パスとして, 世間とは, 余り善く, 使うの, 使つて居ります, 使はれ, 使はれる, 使われて, 使われるん, 冷かした意味, 取らなかったこと, 取れない事, 取れぬこと, 取れるし, 取れるので, 取れる彼女, 嘲り笑った意味, 多くの, 平安朝の, 役立つこと, 思はないやう, 思われますが, 悪き意味, 悪しき意味, 憐愍の, 或る, 捨て切れないもの, 採れるよう, 決定的な, 用いられて, 用いられる, 用ひた, 用ゐ, 男の, 社会的有用性の, 築地座などと, 考えた, 聞えもう, 聞こえたけれど, 聞こえる孰, 自然でない, 色々ある, 色々あろう, 解されすぎて, 解される, 解せられる千鶴子, 解釈される, 話の, 身分が, 転じた, 通って, 通俗的な

▼ 意味した~ (111, 0.4%)

9 のである 7 のだ 4 ことは 3 ものであった

2 [11件] ことが, のかも, のが, ので, のであった, のみでなく, ものである, ものであろう, ようだ, 名だ, 筈であった

1 [66件] か, かである, かと思います, かと思われる, かどう, かもしれない, かも知れない, からである, かを今ここ, がこの, がその, がともに, が他方, けれど家出, ことだった, ことだらう, ことであり, それらの, ということ, ところから, ところは, としてもそれ, としても自分, とともにその, と云っ, と見る, にさえ過ぎなかった, に過ぎない, のか, のであっ, のであろう, のです, のでそれ, のでなく, のでなけれ, のに今日, のに反し, のに対し, ほどそれほど, ものが, もので, ものとは, ものとも, ものは, ものらしい, ようであります, ようにさえ, よりも一層, わけだ, コムミニスト的個人主義という, 制約とは, 弁証法な, 挨拶が, 時代が, 普通名詞なる, 用例が, 範疇である, 言葉である, 語が, 語で, 語な, 語らしい, 過去が, 限りそう, 限りそして, 題名でなけれ

▼ 意味ある~ (106, 0.4%)

4 ものと, ものとして, ように, 形 3 形を 2 ことである, ことの, に非, ものに, 仕事を, 通行を

1 [75件] かを知らしめず, がごとく, が如く, けじめの, ことだろう, ことであっ, ことのみが, ことは, ことらしい, ことらしく, ことを, さまに, そして最も, ときは, と考へ過ぎる, なり即ち, にあらざれ, にあらず, は即ち, もう少し價値, ものであろう, ものなにか, もののごとく論じ, を知る, を認めず, カムバックです, 一つの, 予定ある, 事です, 事と, 人生値打ある, 仕事は, 共通特色では, 制度であった, 劇の, 反応は, 含み笑いを, 問題と, 国際平和とは, 国際平和を, 天の, 妻を, 存在を, 建設性を, 形の, 必然への, 感動を, 批判を, 数行を, 料理だ, 日を, 暗示を, 月であった, 注意として, 洞察に, 物と, 現象な, 生活である, 生活に, 画題では, 示唆を, 笑いを, 笑い方であった, 者あらず, 者を, 芸術を, 行爲だ, 表情を, 解決へ, 言葉と, 言表として, 運動である, 運動は, 部分は, 響の

▼ 意味です~ (88, 0.3%)

413 が, よ 2 がこの, がね, ね

1 [35件] かそれ, かと惣左衛門, かね, から, からこれ大神呪, からさ, からつまり, からとりました, からイ, からカムイコタン, から波斯語系, から番頭, から私, かモシモシ, か保護者, か先生, か差支, がしかし, がもう少し, がチベット, がロシヤ, が一本, が実は, が狂え狂え, けれどもこれ, その, その野球狂, つて, とすぐ, と問い掛けた, と教えられる, な, よどういう, わ, ジエィン

▼ 意味においては~ (88, 0.3%)

2 それと, 物を, 私よりも, 自然の

1 [80件] あらゆる国々, あらゆる象徴, かかる立場, その国, その方, それは, たしかに時間性, なお法, なんら異なる, ほとんど質的, わが国民文明, われわれは, アイの, タイカ改新及び, ヤソ会の, 一層理解, 上代の, 世に, 人は, 今日も, 僧侶について, 元禄時代の, 全人性, 全民族, 勿論近世科学, 半ば私の, 単なる客観, 同じこと, 吾, 地上の, 大変な, 失敗である, 婦人という, 存在と, 実に解き, 客観に, 富んで, 實在, 少しも, 差し支えありますまい, 庸之, 弁証法的神学者が, 征服者中の, 必要である, 政治, 政治を, 文化的生において, 文学は, 文明を, 新時代, 是も, 書物とは, 最も日常的, 正しい, 此本は, 武士の, 永遠の, 永遠性の, 現在の, 現在のみ, 甚だ明瞭, 真或いは, 神を, 私は, 等しく物的, 繰り返して, 自分の, 自己なる, 自然という, 自然といふ, 薩摩芋の, 行為に, 表現理解の, 親兄弟, 認識とは, 道義そのものの, 避くべき, 金椎あたりとは, 集団の, 非対称的と

▼ 意味ふかい~ (88, 0.3%)

7 ことである 4 ものが 3 ことだ 2 ことだろう, ことであった, ものです, 言葉では

1 [66件] ことで, ことでしょう, ことです, ささやきの, し更に, その原始的情趣, だろう, ところだ, ところで, と思います, と思う, と思っ, ねうち, ものだつた, ものと, ものは, ものを, わけです, プロセスであろう, 一つの, 一夜では, 事実であった, 事実である, 事実では, 他の, 作品でした, 偶然であった, 出発を, 劇的一場面である, 動揺不安定な, 印象です, 印象を, 哲学する, 実感だ, 影響を, 徴候という, 必然に, 手紙の, 承認だった, 技法上の, 教訓だ, 教訓として, 数行を, 日である, 歴史の, 現象をも, 生の, 目礼を, 相識が, 真実である, 社会主義的リアリズムの, 秘密を, 自省を, 蒼白の, 表現の, 見ものです, 視線を, 観察眼である, 言葉だ, 言葉である, 話です, 語であります, 説明を, 警告が, 関心を, 限界が

▼ 意味をも~ (77, 0.3%)

5 含んで 4 含めて 3 なさない, 持って 2 なさなかった, 判じかねた, 有って

1 [56件] こめて, つて使つてゐるなら, とくと心, なさないです, なさないもの, なさなかつた田舎, なして, もち得ない, もって, 一笑に, 了解した, 兼ねて, 分化し, 分派し, 含ませた眼附, 含ませる或, 含まれいるものの, 含むもの, 含めたつもり, 含めたもの, 含んだところ, 含んだ性質, 失うては, 引き出すといふ, 思いひそめて, 悪い意味, 感じて, 感じなかったであろうが, 成さないわけ, 成さない囈語, 持たない, 持つこと, 持つて, 掴むこと, 教えられる, 書き添えた, 有して, 有しないもの, 洞察し, 現したもの, 知った, 知って, 知り彼女, 考へないで, 考慮するなら, 表しその, 見出さずに, 解しないで, 解し得なかった, 言わない音楽家, 語らない饒舌, 読み取ること, 読み取れなかった, 調合し, 響きをも, 鮮やかに

▼ 意味深長~ (72, 0.2%)

6 なこと 4 なもの 2 だ, な微笑, な言葉

1 [56件] かも知れない, だと, だな, である, できいて, ですね, では, で好い, で面白い, と云う, と思ふ, な, ないい, なりと, なヒント, な一句, な亀裂, な伝統, な作品, な別個, な口調, な合図, な地方, な寸劇, な所, な放送, な文字, な日の丸, な理由, な目, な目付, な眼差, な艶, な薄笑い, な諺, な釘, な鋭く, な響, な顔つき, な顔附, に, になります, にシタリ顔, に云った, に北叟笑んだ, に威脅的, に微笑, に横, に眺めやる, に考え, に聞え, に語りだした, に響いた, に首肯く, ね, らしくその

▼ 意味じゃ~ (62, 0.2%)

12 ない 5 ないん 3 ないの 2 ありませんよ, ないでしょうかね, ないと, ないのよ, なくさ

1 [32件] ありませんぜ, ありませんわ, あるまい, あ無い, ございませんわ, ござんせんか, ちょいと, での, な, ないか, ないかと, ないけど, ないぞ, ないでしょう, ないでしょうか, ないよ, ないわ, ないんで, なかったけれども, なかったの, なくって, なく一時, なく何, なしに, ねんだ, わたしより, アない, 不可抗力な, 不幸福, 此儘幸福だ, 決してない, 無論ない

▼ 意味ない~ (59, 0.2%)

732 ことで, ことに, ことを, です, と思う, ね, もの, ものと

1 [33件] からなぞ, から是非, から行くなら, ことだ, ことであった, ことは, し, じゃないです, じや, ぜ, ぞ, という, ということ, という敗北的, とお, とよく, と思っ, と思ふ, と感じる, な, のでしょう, のと, ものだった, ものでございましょう, ものに, よ背中, 企てだろう, 名だ, 役割を, 愚劣極まる, 本でも, 自分の, 自分は

▼ 意味なく~ (58, 0.2%)

2 して

1 [56件] あわてるの, し熱意, そう叫んだ, たたきながら, のびる, のむ, ぱしんぱしんと叩いた, ゲラゲラ笑わせる, ニタニタ笑っ, ハッと, 二三度たたいた, 二枚目に, 侮辱される, 偶然に, 制裁される, 単なる囃し, 只死を, 叱咤した, 叱責されるであろう, 呟きながら, 大義なく, 太鼓を, 存立危険な, 左に, 帝政時代に, 弄んで, 恐れるの, 手を, 捨て去って, 昂ぶっ, 時代に, 歩き廻ったり, 気の毒な, 気押された, 狼狽と, 目をば, 笑った, 笑って, 笑ひ返しただらう, 経過した, 総理大臣天皇の, 繰って, 自分も, 苦悩せしめる, 起るもの, 軽蔑し, 途切れたり, 酔って, 銀ブラさ, 電車の, 頬笑んだ, 頭の, 飛翔する, 飴の, 騒ぎまわった, 騒ぎを

▼ 意味深く~ (50, 0.2%)

4 感じられる 2 いった, 聞いて

1 [42件] いうよう, くり返え, その関係, なって, なりにくい, も感じた, 僕等の, 出版される, 反省し, 回想させ, 展開され, 得意気に, 微笑した, 思う, 思われる, 想う, 感ずる時, 感ぜねば, 拝聴した, 摘出し, 汲めども, 矢代には, 笑ったもの, 考へられて, 聞いた, 蠢めく, 装飾せられた, 見えて, 見えるけれども, 見られて, 覚えられるので, 解しましたが, 解釈しよう, 語つてある, 語られるところ, 讀み味, 近代日本という, 追懐の, 逡巡し, 顔を, 顧られる, 魂胆も

▼ 意味には~ (49, 0.2%)

4 ならない 2 いろいろある, ならないが, ならないの, 見えなかつた

1 [37件] いつて, きいて, さまざまな, すべてを, とらなかった, ならないやう, ならなかった, ならぬ, ならぬこと, まだ使われ, まったく無, めったに使わない, 使つて居らぬ, 使はれない, 使ふべからず, 元気が, 内なる, 取りにくい, 取れず逆, 取れやしない, 受取れなかった, 大した変り, 寸毫の, 恐らく何らの, 気づかず乗合自動車, 気づかなかった, 気も, 用ゐなかつた, 相似テ相似ズといった, 穢れ, 色々ある, 西洋風である, 通用しない, 遣って, 非ず, 響いて, 響かないの

▼ 意味でなく~ (47, 0.2%)

3 てはならぬ 2 てその

1 [42件] これが, これらの, さうだつ, その學派, つねにそうあるべきである, てはならない, てはなりますまい, とも大いに, なるべく近作, なんとか自分, むしろ日本人, むしろ自慢, もっと自身, 一同の, 一般的に, 不死の, 人々の, 仕事の, 何か, 公明な, 單に, 巫女を, 広々と, 彼女の, 徳性涵養人格養成と, 悪女性, 意識の, 我々は, 春風について, 民衆の, 現在大宮人の, 純真の, 翌年の, 聊か補足, 自分の, 自分は, 自分を, 自由住宅の, 解釈しよう, 詳しくいう, 階級としての, 饗場の

▼ 意味とは~ (46, 0.2%)

2 ちが, 全く反対, 違って

1 [40件] ちがう, ちがう形, ちがったもの, どんな意味, はなはだ異なる, ひどく掛け違った, まつたく違, まるで違, まるで違っ, リッケルト達に従っても, 一致しない, 何かと言, 何だ, 何の, 個々の, 全く絶縁, 全く違, 全く違っ, 全然違う, 別個に, 反対に, 取りにくい, 同じである, 多少違った, 専ら事実自身, 正に表裏, 正に裏表, 気分情調である, 甚だ異なる, 異なってるらしかった, 異なつて, 社会が, 象徴, 違います, 違うが, 違うと, 違つた壮士芝居沁み, 違つて在来の, 違ふ, 非常に

▼ 意味からも~ (44, 0.2%)

2 物質的でなけれ, 適当な

1 [40件] あえて収録, おまん, こ, こんに, すぐに, つづいて, ぼくは, やはり守田, 一巻には, 三笠宮様が, 不賛成である, 二人の, 京都を, 偉大だ, 僕は, 儒教の, 入用であった, 其後の, 古い歴史, 女だった, 女は, 好感を, 子供として, 将た, 度々い, 彼は, 息子には, 新劇を, 日本の, 本当に作家, 漢書, 熊野水軍と, 画壇の, 素晴らしい天気, 見て, 親近の, 謙遜に, 買おうと, 面白いと, 面白うございます

▼ 意味であろう~ (42, 0.1%)

116 と思う 2 とある

1 [23件] かとあの, か軽く, がしかし, がすでに, が今, が決して, が深刻, が職業組合みたい, けれども広島, ことは, しチ, し議会, と, とも僕ら, と先, と又, と推察, と活力, と自分, などああ, に安芸, 先ず読者, 私も

▼ 意味だった~ (40, 0.1%)

4 のだろう 3 と思います, のか, のである, のです 2 と思う, のだ, のでしょう, んだ

1 [16件] か, かと言われた, が, がそれ, が玉塚, とは言えない, と偶合, と思われます, な, のかしら, のかも, のであろう, のでモルガン, のにちがい, のを, わよ

▼ 意味しない~ (39, 0.1%)

3 のである 2 か, がしかし, ことは, ので, のは

1 [26件] からにはこの, が夫, ことを, し真珠, そして価値, でもない, というところ, という事実, といえるであろう, とも限らない, と同じ, のか, のだ, のでもし, のに反し, のみならず, ものが, ものは, 処の, 名前の, 場合と, 所であり, 概念では, 理論的な, 限り一つの, 音楽を

▼ 意味であっ~ (34, 0.1%)

2 て, てこれ, てその

1 [28件] ていずれ, てこの, てそこ, てそれ, てはならない, てまた, ても, てもなく, ても総監, てシュニルディユー, てプラトン, てモリエール, て外観, て大学, て当時, て従っ, て悲劇, て明く, て時に, て民, て犬, て田, て真に, て秘書たち, て苔虫類, て詩人, て読ん, て進歩

▼ 意味とを~ (33, 0.1%)

2 有つ

1 [31件] いって, ごっちゃに, す国といふ, それぞれに, ゆたかに, ピラトは, 一再ならず, 占むべ, 取り交ぜた舞踊, 同時に織りまぜる, 含むと, 含んで, 失う心的能力, 宣言する, 帯びるよう, 悟った, 感じさせる, 我から, 教わって, 書いて, 有たせる, 有って, 混同する, 現は, 異にする, 直接に, 等置, 簡単に, 考へて, 認識せる, 講義し

▼ 意味においても~ (33, 0.1%)

2 感傷は

1 [31件] あの頃, この中尉, そうである, その成功, たいした相違, できるだけ, また思想, われわれの, 一指を, 人類の, 価値と, 共犯以外の, 喜ぶべきである, 存在する, 実践と, 家名を, 対象的なる, 強烈な, 心からな, 心から喜ん, 思想家には, 悪い意味, 惡い, 我々を, 日本が, 最も低い, 案外動物的, 比較に, 決して笑うべき, 現代の, 矜り

▼ 意味だろう~ (32, 0.1%)

5 と思う 4

1 [23件] かこの, かとも思う, かと推量, か自分, がここ, が現在, が生産技術, という, ということ, という不審, といっ, とおっしゃる, となど, と判断, と受取っ, と思っ, と貴子, なあ, のと, 名作の, 朝鮮語で, 病中は, 貧しい人たち

▼ 意味なら~ (31, 0.1%)

4 ば日本語 2 ば大前提

1 [25件] あたしにも, これは, さうい, それは, なお更光栄, ばそこで, ば三太郎, ば其處, ば別, ば固, ば怪しく, ば敵討, ば新, ば明朗, ば花袋氏, もっと保守的, われわれには, んなれ, 不安な, 今更先生, 僕には, 少しく漢學, 日本にも, 此処に, 鼻声に

▼ 意味~ (30, 0.1%)

3 価値を

1 [27件] その当否, どうしてそんな, なに, イノチが, 余味や, 価値が, 価値に, 価値は, 価値や, 値打に対する, 其他私の, 内容を, 同じ原則, 将来への, 形で, 心持も, 必要と, 思想から, 思想に, 慣用を, 昔に, 気分を, 社会衛生的な, 終りなく, 美を, 表現の, 連関性を

▼ 意味しか~ (29, 0.1%)

4 ない 2 ないもの, なかった

1 [21件] あり得ないと, ないの, ないので, ないよう, なくて, もたない, もたないの, もたなかった, もって, わからないが, 感じられないから, 持たない, 持たないこと, 持たないと, 持たないもの, 持たないやう, 持ち得なかったであろう処, 書いてないの, 有た, 殘つてゐない, 響くもの

▼ 意味なき~ (29, 0.1%)

2 名所の

1 [27件] がごとくなれ, ことにても, ことを, なり, にしも, に似, に非, ものは, ペーヂの, 一詩を, 事たるべし, 事と, 人生であった, 兵力の, 因習や, 奴らの, 幻影を, 戦を, 死を, 深入りを, 滑稽感を, 無辺に, 生を, 者に, 艱難でしか, 苛酷な, 身ぶりを

▼ 意味するなら~ (28, 0.1%)

3 それは 2 ばそれ, ば家庭

1 [21件] ば, ばそういう, ばその, ばやはり, ば今, ば仮に, ば俺, ば先生, ば凡て, ば又, ば恐らく, ば我等, ば或, ば日本, ば相, ば社会科学, ば自然派文学, む, んと, 宇野浩二の, 簡単に

▼ 意味ふかく~ (28, 0.1%)

3 考えられる

1 [25件] あるし, うけとらずには, おぼえて, おろそかには, この点, こめかみや, のべられて, 思う, 思われる, 感じます, 感じられる, 感じる, 扱って, 折に, 明治の, 眺めた, 私の, 笑った, 経験の, 考えます, 考えられるの, 考えるの, 複雑な, 観察される, 豊富なおどろき

▼ 意味かと~ (27, 0.1%)

5 いうと 4 思われる

1 [18件] いうに, いえば, いって, その解釋, そんなこと, 云えば, 呶鳴りつけ, 問うたとき, 問わねば, 思います, 思うと, 思はれる, 思われるけれども, 想像される, 申しますこと, 聞きかえしました, 聞くと, 解釈した

▼ 意味ばかり~ (27, 0.1%)

7 では 3 強くて 2 でなく, でなし

1 [13件] でこの, でなくその, でなくそれ以外, でなくつまり, でなくやって, でなく中野, でなく内政上, でなく心, でなく性来, でなく文字通り, でなく私, でなく舞台そのもの, でも

▼ 意味であり~ (26, 0.1%)

1 [26件] いは, これも, したがって人, その安住, その意味, それに, もう一つ, ポンは, マダムという, 事実の, 人間とは, 他方には, 勝助と共に, 半ばは, 又夫, 台所と, 同時にそれ, 国際私法で, 広く小説, 当時の, 従って又, 技法の, 本質上には, 紫外線とは, 訓練寂び, 道徳的意味充実は

▼ 意味よりも~ (26, 0.1%)

2 下島の

1 [24件] いきなり妻, いっそう狭い, その意味, むしろこの, むしろ忌まわしい, むしろ生理的, むしろ進化, もっと芸術的, もっと身近, 一層狹, 今日の, 初めの, 声調に, 大きなもの, 寧その, 寧ろこの, 寧ろ自信, 布教の, 幻象を, 我々の, 文学の, 細君の, 重い意味, 音調に

▼ 意味~ (26, 0.1%)

3 のもの 2 が多い

1 [21件] から, から叔父, がある, が異, が違う, だったの, だったらしい, だと, でこの, の事, の方, ひの, ひを, もあっ, もあつ, よりも自然, をお, を多分, を帯び, を感じた, を持ち

▼ 意味を以て~ (25, 0.1%)

2 彼の, 私の, 解釈されはじめた

1 [19件] この石, 五章六章の, 信仰せられ, 先住民たる, 唱和さるべき, 囁かれたの, 多少の, 害を, 斜体活字で, 此公判の, 此等の, 民間に, 活き返って, 着手した, 神聖なるべき, 考へること, 輝きわたった, 迎えられた, 通用する

▼ 意味であった~ (23, 0.1%)

4 のを 2 と思う

1 [17件] かその, かも知れぬ, かも知れません, か判らない, か自分, が用事, ことは, ことを, そうである, という, と思われる, のかも, のだ, のでしょう, のです, のでわたし, 時代は

▼ 意味ででも~ (23, 0.1%)

2 外部の

1 [21件] あなたに, あんまり男, サッフォ風な, 一定の, 不変と, 偶然性は, 利益に, 否定しよう, 圧迫し, 報道物に, 外国文学一般といふ, 大衆では, 弁護する, 彼は, 愛して, 愛翫した, 批評を, 抒情的な, 自然科学に, 非難しよう, 馬田では

▼ 意味不明~ (23, 0.1%)

3 の言葉 2 になった

1 [18件] であつ, というもの, なの, なる人, な地名, な声, な訓読法, な語, になっ, の事, の廻文歌, の怪電波, の文章, の猛烈, の異, の箇所, の衰弱, の言語

▼ 意味しなけれ~ (21, 0.1%)

14 ばならない 5 ばならぬ 1 ばなるまい, ば完全

▼ 意味だけ~ (20, 0.1%)

10 では 1 いって, だ, である, でした, です, でなく, でなくその, でなく物理的, でなく老い, 述べると

▼ 意味だけは~ (20, 0.1%)

2 分った, 此の

1 [16件] おおよそわかる, この上, そうむずかしい, ほぼ判明, よくわかった, わかったろう, わかり過ぎる位, わかるであろうが, 伝へ得ても, 劉向劉, 推察する, 本には, 無論通ずる, 無造作に, 理解出来ない, 通じるが

▼ 意味とも~ (20, 0.1%)

1 [20件] しらず彼方此方, なくお, なく花瓶, なり, なりかすか, なり又, また違っ, わからずた, わかる道理, 全く違う, 分からずに, 分らず由良, 取れる, 吻合する, 知らず今夜, 知れず花, 知れないが, 解さる, 解すべきであると, 解せぬま

▼ 意味においての~ (20, 0.1%)

1 [20件] ざきと言つたのである, すべての, タテである, 主要な, 化学が, 女房という, 平和と, 感謝をさえ, 成果を, 救ひ, 日本民族の, 日本精神では, 歴史の, 無は, 無も, 珍重から, 直観を, 真の, 神職の, 赤だ

▼ 意味について~ (19, 0.1%)

1 [19件] さへ, しばしば人, その実, たずねる, である, であると, もう一言, リンディーの, 云えば, 何も, 例えば, 先生の, 抱いて, 烈しく思考力, 簡単に, 考えつめられず, 自分の, 芥川と, 話すの

▼ 意味~ (19, 0.1%)

6 重な 4 げな 2 げに 1 かつた, さ, さうに今までの, そうな, ですのね, な唄, 気に

▼ 意味さえ~ (18, 0.1%)

1 [18件] ある, あるもの, ないという, はっきりわからない, よく解らなかった, 了解し, 分って, 合点が, 呑み込めないまでに, 彼の, 彼女には, 感じられたの, 知らないで, 解するもの, 解らない, 説明し, 通じれば, 通ずれば

▼ 意味~ (18, 0.1%)

15 やない 2 やなく 1 や命

▼ 意味でしょう~ (17, 0.1%)

751 があたし, がしかし, が主人, ねきっと, 指環の

▼ 意味として~ (17, 0.1%)

2 捉えて

1 [15件] されねば, そんなに人, ゐる, 可なり成功, 意識に, 我々自身の, 書いたもの, 現在降り, 理解できない, 直観し, 籠って, 見るべきか, 解すべきでしょう, 認識の, 隼人の

▼ 意味にて~ (17, 0.1%)

1 [17件] いふか, この, この句, これよりも, ソシアリチーという, 之れ, 之を, 作りたるか, 御覧を, 是認せらるべき, 汝を, 沒理想といふ, 瓜二つという, 申上る, 著者の, 道の, 鄭玄も

▼ 意味内容~ (17, 0.1%)

1 [17件] が何, が取り, である, でその, で何時, として成立ち得る, として論理的, の如き, はおのずから, は同じ, は最も, は違い, もしくは是, をさえ全く, を持っ, を捨象, を棄て去る

▼ 意味形態~ (17, 0.1%)

2 あり, というもの, の

1 [11件] が或, でもある, に対して, の方, の本質, の渾一如性, は, は何, は全然, をなさない, を無

▼ 意味でなけれ~ (16, 0.1%)

8 ばならない 4 ばならぬ 1 ばならず, ばならぬであらう, ば何, ば得

▼ 意味より~ (15, 0.1%)

1 [15件] いえば, ほかに, むしろその, もっとちがった, 云ふ, 云へば, 他に, 分割する, 外に, 尚書に, 持たぬという, 言は, 言へば, 言葉の, 起因せり

▼ 意味かも~ (14, 0.0%)

2 しれない, 知れない, 知れないと 1 しれないが, しれなかった, 知れないが, 知れないよ, 知れぬ, 知れねど, 知れませんが, 考えても

▼ 意味でない~ (14, 0.0%)

3 ことは

1 [11件] うた, かぎり卑劣極まった, ことを, というよう, といふこと, とする, のであ, 作者の, 意味に, 本来の, 限り卑劣極

▼ 意味という~ (14, 0.0%)

3 のは 2 ものが 1 ことに, ものの, ものも, ものを, ような, 問題を, 点で, 点に, 言葉や

▼ 意味なし~ (14, 0.0%)

1 [14件] しまひ, といふ, とする, とせぬ, とはいふべからず, と思った, にただ, には決して, に上, に二十五銭, に結び付けられ, に裏表, マチネーだ, 静寂感の

▼ 意味らしい~ (14, 0.0%)

2 のです

1 [12件] からさては, がじつはまったく, が若布, な, ね, のだ, のである, ので六部, ものが, 不思議な, 合図の, 言葉だった

▼ 意味からでも~ (13, 0.0%)

2 私を

1 [11件] あったの, いろ, このくらいの, 半ば戯れ, 取られすぎると, 呪われて, 楽観的な, 画家は, 自分の, 蜑民の, 進んで

▼ 意味づけ~ (13, 0.0%)

2 んと

1 [11件] たり無心さ, て夢, によってもとらえられない, によって理解, の下, はこの, はそれ, を帯びた, を求めよう, 性格づける, 限定された

▼ 意味との~ (13, 0.0%)

1 [13件] あいだに, こと, その何れ, 上に, 世界秩序としての, 中間を, 区別関係づけ, 喰い違い, 峻別両者の, 応和が, 結合は, 間に, 関係を

▼ 意味せね~ (12, 0.0%)

6 ばならぬ 2 ばならず, ばならない, ばならぬであらう

▼ 意味だけを~ (12, 0.0%)

1 [12件] お返事, もつもの, もつ埋れた記録, 借りて, 単純に, 忠実に, 意義だけを, 書いた, 理知的に, 胸に, 解釈する, 訳して

▼ 意味とが~ (12, 0.0%)

3 ある 1 あつた, あること, おかれて, ぴったりとして, メリメリと, 何れとも, 極めて奔放, 目前の, 結びついて

▼ 意味しよう~ (11, 0.0%)

4 とする 2 とし, と欲する 1 としておる, ともそんな, とも一大乗

▼ 意味深き~ (11, 0.0%)

1 [11件] かをさらに, ことであった, なおかつ深刻, なぞを, 事件を, 出來事である, 出来事で, 問題である, 最も本質的, 痕跡が, 眼で

▼ 意味関係~ (11, 0.0%)

3 に於 1 から脱却, とは併, によって制限, に基い, は吾, をもつ, を他, を保留

▼ 意味からは~ (10, 0.0%)

2 通俗文学の 1 なかなか興味, ほろりと, まるで遊離, やはり主観的, 不時の, 媒酌結婚よりも, 御遠慮, 橘屋の

▼ 意味づける~ (10, 0.0%)

3 結果と 1 ことが, ことは, に足る, ものである, 余裕が, 教師たちは, 時それは

▼ 意味などは~ (10, 0.0%)

1 どうで, もう将士, わからないので, 一切考え, 何も, 元々皆無, 心の, 解らない文字, 解りも, 通じなかつたし

▼ 意味であります~ (9, 0.0%)

3 がそれ 1 からこれ, がこの, がついで, が樺太, が此處, けれどもこういう

▼ 意味とか~ (9, 0.0%)

1 いはば, いわば内容, 何う, 作家の, 価値とか, 価値とかから, 価値とかに, 目的とか, 論理的には

▼ 意味など~ (9, 0.0%)

1 わかるはず, 出しよう, 寸毫も, 少しも, 恋愛論が, 持たせるもの, 持たぬこと, 知ろうとは, 解らう筈

▼ 意味においてのみ~ (9, 0.0%)

2 倫理的な 1 では, アガペーの, 一体を, 永遠的なる, 特殊が, 理解されなけれ, 環境の

▼ 意味やら~ (9, 0.0%)

1 いうこと, さっぱりわからない, 分らない文章, 分らない騒音, 分らぬ方, 分らねえん, 妾には, 私の, 読解が

▼ 意味~ (8, 0.0%)

1 へはつきり, へ今や, へ加はつ, へ十分, へ含む, へ殆ど, へ通じれ, へ通れ

▼ 意味だらう~ (8, 0.0%)

1 が之, が梨枝子, と判斷, と安川, と思つた, と思ひます, と私, 薬局の

▼ 意味でしか~ (8, 0.0%)

2 ない 1 ないの, わからない, 取りあげて, 大審院的判例は, 成立しない, 東洋的で

▼ 意味価値~ (8, 0.0%)

2 の世界 1 に移される, のある, をまるで, を思量, を担う, を持つ

▼ 意味~ (7, 0.0%)

2 ひを 1 ひ, ひから, ひが, ひに, ひは

▼ 意味され~ (7, 0.0%)

7 ている

▼ 意味するだろう~ (7, 0.0%)

51 ことは, それを

▼ 意味するであろう~ (7, 0.0%)

61 ということ

▼ 意味せず~ (7, 0.0%)

1 その潜在力, にはいられない, に母, はつきりいへ, 却て, 地を, 蜂蜜

▼ 意味でございましょう~ (7, 0.0%)

61 かと申す

▼ 意味については~ (7, 0.0%)

2 後に 1 なんの, 一言も, 世人も, 本家本元の, 農民文学云々と

▼ 意味にのみ~ (7, 0.0%)

2 用いること 1 取るべきもの, 解しない, 解釈され, 解釈した, 解釈する

▼ 意味~ (7, 0.0%)

1 かいおくり, かいこと, かい小さな, かい文句, かい第, かい運命, かく生命

▼ 意味をもって~ (7, 0.0%)

1 回想される, 志保の, 甦生し, 自覚した, 記憶され, 連続した, 適用される

▼ 意味以外~ (7, 0.0%)

1 には通用, に何, に安らか, に漢字そのもの, に西園寺公, に通用, の局部的

▼ 意味すべき~ (6, 0.0%)

1 ものだ, もので, ものである, 場合が, 文字である, 魂の

▼ 意味その~ (6, 0.0%)

1 あべこべが, 名の, 心などは, 悪戦苦闘だ, 文化建設についての, 純真な

▼ 意味でありまし~ (6, 0.0%)

1 て, てここ, てもともと, て其の, て前, て矩

▼ 意味でか~ (6, 0.0%)

1 あるいはまた子供, ずいぶんと, どうか, 尺八までが, 知らぬが, 裏返しに

▼ 意味といふ~ (6, 0.0%)

2 ものが, ものは 1 ことを, ものから

▼ 意味などを~ (6, 0.0%)

1 冗談さうに云ふ, 察する, 察する程, 知るはず, 知る筈, 考えると

▼ 意味についての~ (6, 0.0%)

1 くわしい説明, 価値判断を, 無理解, 理解から, 疑問と, 説明を

▼ 意味にでも~ (6, 0.0%)

1 とったの, とつた, 使えるわけ, 或る, 用いること, 通俗化され

▼ 意味にまで~ (6, 0.0%)

1 引き上げられなければ, 抽象される, 拡大し, 拡張しなけれ, 立ち入って, 集中され

▼ 意味によって~ (6, 0.0%)

1 それを, であるか, トウベツ河と, 創造された, 規定された, 訴えられたる現在

▼ 意味のみ~ (6, 0.0%)

3 では 1 でなく延び, でなく関心, ならず今や

▼ 意味をさえ~ (6, 0.0%)

1 含んだ言葉, 完全に, 有するよう, 決して実際的, 理解しよう, 理解し得ない

▼ 意味以上~ (6, 0.0%)

1 にかれ, には出ない, によう, に知っ, に立派, のもの

▼ 意味即ち~ (6, 0.0%)

1 これは, 五慾の, 彼の, 或る, 生活に, 面目に

▼ 意味聯關~ (6, 0.0%)

2 を離れ 1 が實, において成立つ, に斷絶, の制約

▼ 意味するであらう~ (5, 0.0%)

31 あらゆる規定, かそれ

▼ 意味するらしい~ (5, 0.0%)

2 のです 1 のでこう, 声は, 所から

▼ 意味せざる~ (5, 0.0%)

1 はない, を得ない, を得なくなる, 人生の, 幸福は

▼ 意味せぬ~ (5, 0.0%)

1 ことが, と答, のである, のは, 以上過去の

▼ 意味そのもの~ (5, 0.0%)

1 が文学的, であった, はその, は何等, への問い

▼ 意味でございます~ (5, 0.0%)

31 かな, とそれ

▼ 意味としての~ (5, 0.0%)

1 存在, 存在である, 気分の, 絵の, 認識価値が

▼ 意味なり~ (5, 0.0%)

1 から何, や僕, 今は, 正体なりを, 随分あじけ

▼ 意味なる~ (5, 0.0%)

1 こと既に, ものとして, ものも, や解し, 乞食から

▼ 意味についても~ (5, 0.0%)

1 今後の, 構内の, 種々の, 考えます, 説明を

▼ 意味にとって~ (5, 0.0%)

1 いいか, いいの, その銀壺, 右の, 差し支えありません

▼ 意味にばかり~ (5, 0.0%)

2 解釈し 1 使って, 取られた, 考えて

▼ 意味らしく~ (5, 0.0%)

1 あるいは糟, またその, 使ふ, 奥羽から, 彼は

▼ 意味をば~ (5, 0.0%)

1 いろいろの, シェリングヘーゲルの, 一々考へ, 毎日飽かず, 直ちに実践そのもの

▼ 意味不明瞭~ (5, 0.0%)

1 なこと, な嘆声, な団体, な微か, な電話

▼ 意味有り~ (5, 0.0%)

3 気な 2 気に

▼ 意味無き~ (5, 0.0%)

1 ことである, ものと, 何ものかとして, 名所の, 此一句ある

▼ 意味解釈~ (5, 0.0%)

2 のため 1 された範疇, し得るだけ, するため

▼ 意味からだけ~ (4, 0.0%)

2 では 1 やって, 云えば

▼ 意味からの~ (4, 0.0%)

1 暴行であった, 自然な, 運命の, 題です

▼ 意味さえも~ (4, 0.0%)

1 失われる, 捕捉できなかった, 添えて, 理解しない

▼ 意味し得ない~ (4, 0.0%)

1 ことに, ことは, のは, 筈だ

▼ 意味すべきで~ (4, 0.0%)

3 はない 1 はなく

▼ 意味せる~ (4, 0.0%)

1 が多かろ, なり, や或, 恥辱

▼ 意味それ~ (4, 0.0%)

1 が唯, が暗い, に対して処し, を持ち

▼ 意味だけが~ (4, 0.0%)

1 分かつた, 問題と, 尾を, 過去の

▼ 意味であったろう~ (4, 0.0%)

1 かと思う, がかすれ, が後, けれども普通農民

▼ 意味でした~ (4, 0.0%)

1 か筑前, の, ものだ, よ

▼ 意味でなくっ~ (4, 0.0%)

1 てあなた, て好意, て学問, て私

▼ 意味ならで~ (4, 0.0%)

4 はわからぬ

▼ 意味なんか~ (4, 0.0%)

1 つけること, ないでしょう, 聞くと, 聞く閑

▼ 意味にしか~ (4, 0.0%)

1 使われて, 取ること, 受け取られないよう, 過ぎない

▼ 意味まで~ (4, 0.0%)

1 伝へる場合, 含ませると, 考えようと, 解けたわけ

▼ 意味よりは~ (4, 0.0%)

1 いま少し, むしろ海上, もつと, 自然範囲も

▼ 意味~ (4, 0.0%)

1 の, の群類, の認識, の連関

▼ 意味~ (4, 0.0%)

1 分明, 分明なる, 分明に, 合理もしくは

▼ 意味深遠~ (4, 0.0%)

1 である, なるを, なる著書, らしくて

▼ 意味あっ~ (3, 0.0%)

1 ての祝賀, て今, て僕

▼ 意味しなかった~ (3, 0.0%)

1 からである, ということ, のである

▼ 意味します~ (3, 0.0%)

1 か, のよ, よ

▼ 意味し得る~ (3, 0.0%)

1 かどう, のか, ような

▼ 意味~ (3, 0.0%)

1 これ今の, といへる, とさえ称せられ

▼ 意味せられる~ (3, 0.0%)

2 ところの 1 時代には

▼ 意味だけの~ (3, 0.0%)

1 もので, ものである, ものに

▼ 意味だったろう~ (3, 0.0%)

21 あれは

▼ 意味だの~ (3, 0.0%)

1 あて附け, いろいろ村田君, 女の

▼ 意味づけられ~ (3, 0.0%)

1 人性や, 實行され, 組織立てられる

▼ 意味でだけ~ (3, 0.0%)

1 之を, 原始化という, 文学の

▼ 意味としても~ (3, 0.0%)

1 または外延利用, また所有量, 当を

▼ 意味とに~ (3, 0.0%)

1 於けるブック・レヴュー, 於て, 於ては

▼ 意味ながら~ (3, 0.0%)

2 一事一物をのみ 1 顔が

▼ 意味にさえ~ (3, 0.0%)

1 なった位, 取れた, 説き去ろうと

▼ 意味にての~ (3, 0.0%)

1 国民性を, 模倣といへる, 模倣は

▼ 意味にては~ (3, 0.0%)

1 受取難し, 善で, 柳浪も

▼ 意味によ~ (3, 0.0%)

1 つてでは, つて内篇外篇に, つて聯想しない

▼ 意味のみに~ (3, 0.0%)

1 なって, 心が, 於て

▼ 意味ふか~ (3, 0.0%)

1 さ, さであった, さを

▼ 意味ほど~ (3, 0.0%)

2 多く忘れられ 1 彼は

▼ 意味をのみ~ (3, 0.0%)

1 与えたい, 強調すれ, 持って

▼ 意味を通じて~ (3, 0.0%)

1 帰って, 現象は, 英国人の

▼ 意味~ (3, 0.0%)

2 非ズ 1 取レル

▼ 意味同じ~ (3, 0.0%)

1 からざる, からず, と見ゆる

▼ 意味少なき~ (3, 0.0%)

1 とを見分けべき, 塲合を, 生涯とは

▼ 意味自身~ (3, 0.0%)

1 の刮目, の相互, をさえ解釈

▼ 意味あれ~ (2, 0.0%)

1 はどう, ばある

▼ 意味かで~ (2, 0.0%)

2 青年と

▼ 意味からか~ (2, 0.0%)

1 それは, リャクというという

▼ 意味がさつぱり~ (2, 0.0%)

1 分らぬので, 解らなかつた

▼ 意味がち~ (2, 0.0%)

2 がつて

▼ 意味ぐらゐは~ (2, 0.0%)

1 解らなければ, 通じる

▼ 意味さえが~ (2, 0.0%)

1 様々である, 解釈出来なかった

▼ 意味させ~ (2, 0.0%)

1 て言, はしなかつた

▼ 意味させる~ (2, 0.0%)

1 んだろう, 為に

▼ 意味しなく~ (2, 0.0%)

1 てはならない, てはならぬ

▼ 意味し従っ~ (2, 0.0%)

1 て彼自身矛盾, て数連続体

▼ 意味すなわち~ (2, 0.0%)

1 ウィリアムの, マハーデーバの

▼ 意味すら~ (2, 0.0%)

1 かれには, よく呑

▼ 意味するでしょう~ (2, 0.0%)

1 か, し自分

▼ 意味する如き~ (2, 0.0%)

1 クラシカルな, 改良は

▼ 意味する如く~ (2, 0.0%)

1 理解され, 神を

▼ 意味せし~ (2, 0.0%)

1 に現代ドイツ語, ものなる

▼ 意味せしめ~ (2, 0.0%)

1 その方法, ている

▼ 意味せられ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 意味せられた~ (2, 0.0%)

1 かではなく, 民族の

▼ 意味だけから~ (2, 0.0%)

1 云えば, 言えば

▼ 意味だけで~ (2, 0.0%)

1 伝えられては, 使用し

▼ 意味だけでも~ (2, 0.0%)

1 彼には, 返事を

▼ 意味だけと~ (2, 0.0%)

1 なって, なりかく

▼ 意味だけに~ (2, 0.0%)

1 そこの, 於ける大衆化

▼ 意味ださうだ~ (2, 0.0%)

1 があいつ等, が訳され

▼ 意味だったら~ (2, 0.0%)

1 いったいどういう, 通用する

▼ 意味づけよう~ (2, 0.0%)

1 としてもそれ, として鋭き

▼ 意味でさえも~ (2, 0.0%)

1 当時の, 野心の

▼ 意味でじゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, なくって

▼ 意味でです~ (2, 0.0%)

1 が, ね僕

▼ 意味でないらしい~ (2, 0.0%)

2 と佐山君

▼ 意味でのみ~ (2, 0.0%)

1 映画を, 連続的な

▼ 意味なども~ (2, 0.0%)

1 まだ一般, 実はバルザック論

▼ 意味にても~ (2, 0.0%)

2 有るならむ

▼ 意味にな~ (2, 0.0%)

1 つてさ, つて来た

▼ 意味に対して~ (2, 0.0%)

1 人間は, 答えるもの

▼ 意味に対する~ (2, 0.0%)

1 感受性を, 明るい知と愛

▼ 意味に関する~ (2, 0.0%)

1 知識の, 議論は

▼ 意味~ (2, 0.0%)

1 導くに, 返事の

▼ 意味また~ (2, 0.0%)

1 その結果, それの

▼ 意味までが~ (2, 0.0%)

1 すっかり確実, 深まって

▼ 意味までを~ (2, 0.0%)

1 こめて, 含んで

▼ 意味もな~ (2, 0.0%)

1 かりしに, くぐつたり

▼ 意味らしき~ (2, 0.0%)

1 ものを, 古詩アントニウス世に

▼ 意味わかっ~ (2, 0.0%)

1 ておる, てよ

▼ 意味をしか~ (2, 0.0%)

1 有た, 有って

▼ 意味充実~ (2, 0.0%)

1 である, はつねに

▼ 意味及び~ (2, 0.0%)

1 この意味, 用法の

▼ 意味多き~ (2, 0.0%)

1 と意味, 生涯と

▼ 意味性質~ (2, 0.0%)

1 を極めて, を理解

▼ 意味教え~ (2, 0.0%)

2

▼ 意味~ (2, 0.0%)

2 気に

▼ 意味有りげ~ (2, 0.0%)

1 なる言葉, な様子

▼ 意味有気~ (2, 0.0%)

1 な目, な薄笑い

▼ 意味無く~ (2, 0.0%)

1 して, 動くまで

▼ 意味相互~ (2, 0.0%)

1 の間, の関係

▼ 意味~ (2, 0.0%)

1 がその, がまつわっ

▼ 意味自体~ (2, 0.0%)

1 は或, は或いは

▼ 意味~ (2, 0.0%)

1 りでなく尚, りでは

▼ 意味通り~ (2, 0.0%)

1 に取る, の役

▼ 意味頗る~ (2, 0.0%)

1 明瞭, 深長である

▼1* [286件]

意味あなたを恋, 意味あらしめることが, 意味あらせんとて, 意味あらせる為めには, 意味あるいはその作句上, 意味あるべしと雖, 意味ある如く聞ゆ, 意味はゆる, 意味いかんと言う, 意味いろいろのしかた, 意味および起こりは, 意味お前の眼付, 意味かしらと思ったが, 意味かといふことは, 意味かとも思った, 意味かな怪しいとは, 意味かなと思つてこりや, 意味かねドレゴ君, 意味かは知らないが, 意味からいつても, 意味からかも知れない, 意味からが判らなかつた, 意味からだけでもですな, 意味からでせう, 意味からにしても, 意味かを訊いて, 意味がか其の音声, 意味がかはつて神に, 意味がさつぱりわからなかつたけれどなんとなくその, 意味ぐらゐ取り違へてもかま, 意味こそ不思議です, 意味こそがより現実的, 意味この頃人間の, 意味自分で, 意味させたに過ぎなかつた, 意味さなぞと口サガ, 意味されるのだろう, 意味さ人間として生存, 意味してるので, 意味しないであろうか, 意味しやしないからね, 意味し云い表わすかのよう, 意味し引いては体力酷使, 意味し得ようとそう, 意味し次ぎに更に, 意味し申し児という, 意味し転じて首長, 意味やない, 意味すべきであるかは明らか, 意味すべきでないならば弁証論, 意味すべく構出された, 意味するうづきの自然, 意味するだらうか, 意味するでありましょうか, 意味するべく動機づけられ, 意味するらしく天語なる, 意味する如く思われるが実に, 意味する愛する人たちとの, 意味すれども適譯, 意味せしめるためにのみ, 意味せずしてむしろ, 意味せないのである, 意味せぬ如く治術も, 意味せんとし, 意味そうな, 意味そういうことを, 意味そして仏語では, 意味それ自体を直接, 意味それ自身の秩序, 意味何の, 意味ただし俗人なり, 意味だいそれは, 意味だかういふ条件を, 意味だけにとって一個の, 意味だったり世界平和, 意味だったらしいのです, 意味だつたが凌霄花, 意味だつたら十八九の, 意味だに通ずれば, 意味だ話してくれ, 意味ってものが, 意味つていうか, 意味つまりなんて言ふか, 意味づけなければならなくなった, 意味づけられた限りの, 意味づけられたる時代, 意味であったならば新, 意味であったら凡そ芸術上, 意味であったらしいが入獄以来, 意味でありましたが漢字, 意味でありましょうけれども自分, 意味でありませうが皆人, 意味であるまいかと言っ, 意味であるらしかつた, 意味であるらしい事は, 意味であるらしきに反し, 意味であればすべて, 意味でかいぼう屋と, 意味でこそ経済的な, 意味でございまして人, 意味でございましたら私は, 意味でございませうか, 意味でさえあるの, 意味でしてくれた, 意味でしたら勿論不賛成, 意味でだけでもこの新, 意味でと云うの, 意味でなかったことは, 意味でなくだよそう, 意味でばかりでは, 意味でましだと思います, 意味でもっけの倖いだった, 意味というか内容と, 意味とからで注目され, 意味としか思われぬので, 意味としてしか取り扱われないだから, 意味とで分って, 意味とには僕等の, 意味とばかりは限りませんや, 意味とやらの小唄を, 意味とをのみ掲ぐる, 意味と共に感謝と, 意味どうだこれ, 意味どうやら解ったよう, 意味どおりにむしろ, 意味ないし目的を, 意味なくうやうやしく送り出さねば, 意味なさうだが, 意味なさうで旭川は, 意味なさないことは, 意味なぞのあるべき, 意味などが自然に, 意味などと言って, 意味などに囚われるならまだ, 意味などについて考えたこと, 意味などの有機的な, 意味ならざるや論, 意味ならもつと寧ろ, 意味なれば, 意味なんかは君には, 意味なんだかサッパリわかりませんでした, 意味なんてあるもの, 意味においてさえも形而上学的空想以上の, 意味においてと言つても, 意味におきましてだんだんと, 意味にかけては着ずその後今, 意味にこそなれ侮る心, 意味にさえも含蓄の, 意味にだけとっても今日, 意味にだけとつた, 意味にとつて申上げます, 意味にとっては大間違い, 意味にとっても差支ない, 意味によってばかりでなく一つ, 意味によるちょッと, 意味に従って常識以下とか, 意味のうへにまでも立入つて其説を, 意味のちがつた芸能, 意味のみからでは, 意味のみを見て, 意味はつひに, 意味はといえば, 意味はなはだ広くし, 意味ははひつて, 意味ばかりが真な, 意味ばかりじゃないぜ, 意味ばかりで貰って, 意味ばかりとおもうて, 意味ばかりには響かなかった, 意味ばかりを考えて, 意味ふかい面白さ殆ど, 意味ふかげな一言, 意味ふこうございますね, 意味ぶかかった万葉びとたちにただ, 意味への絶えざる自覚, 意味へも悪い方面, 意味ほんとのよい, 意味までは飲み込めませんが, 意味までも加わって, 意味もう少し強烈な, 意味もしくは強い意味, 意味もて考えられて, 意味やがこめられて, 意味よう解せませんが, 意味よりか先年諸, 意味らしかつた, 意味らしかった由である, 意味らしく去定は, 意味をすら捉えがたく, 意味をまでも有って, 意味をもってはいるが, 意味エジプト人の話, 意味ガナクハナイヨウニ予ニハ取レル, 意味スルカハ追イ, 意味缺クベカラザル存在トナッテイル, 意味ト程度ニ於テ然リ, 意味ナノカ予ヲ信用シテイルカラト云ウノカ, 意味ニュアンスが明確, 意味ニ於テ思想ノ自由信仰, 意味プロボカートルが組織, 意味一つであるが, 意味一錢漢とは一文奴, 意味不可解になっ, 意味不徹底の語, 意味不思議なる運行, 意味不明原城乗入れの, 意味世相現象から時々, 意味享楽の是認, 意味享樂の是認, 意味京都田中とし, 意味付けが多く, 意味仮借なき自己批判, 意味体系の概念, 意味かの目的, 意味余り周囲の, 意味充実作用の高昇, 意味其の情趣其の, 意味分らずあるいは馬神, 意味十分に判らぬ, 意味は感謝, 意味又は論理的意味さえ, 意味反撥する利害, 意味取りちが, 意味取ることが, 意味川柳に, 意味合ひで上げたもの, 意味善い意味の, 意味変化は方言, 意味如何これをヨブ, 意味存在の意味, 意味を上げる, 意味広く一氏族だけの, 意味形態的一貫性がない, 意味影像の世界, 意味句は, 意味従って巳丑は, 意味悉く否定し, 意味悪く言えば, 意味感情的価値あるいは気分的内容, 意味扱いかた正しい理解, 意味新しい意味に, 意味方法についてはひとこと, 意味日本文学として云われる, 意味明亮にあらね, 意味更に言葉を, 意味有げな様子, 意味有機性そういうもの, 意味有益さについてここ, 意味構造も破壊, 意味次第ではない, 意味民主的社会の価値, 意味深い面白さが, 意味深かった, 意味深からしめよ, 意味深く尊いことであろう, 意味深く淋しく柔しく, 意味深長人事百般にあて嵌まっ, 意味深長拾得一人ゐても, 意味シ, 意味無いと僕, 意味無数の感情, 意味生ける生々しき空間, 意味なもの, 意味盗賊と警官, 意味相互間の関係, 意味不定な, 意味二芸術とは, 意味聯屬したもの, 意味に滲む, 意味脈絡に留意, 意味自分の見きわめ, 意味自己の舊, 意味表象を持っ, 意味解し難し, 意味解ってござる, 意味解放を与える, 意味解説書でなくて, 意味ならず, 意味読みとも不明, 意味がマックス・ヴェーバー, 意味通ずる故少々, 意味連絡をはかる, 意味ふ, 意味鉄漿さえつけれ, 意味は嬉しい, 意味QPと書く