青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「月光~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

最大~ ~最後 最後~ ~最早 最早~ 最近~ 最高~ 會~ ~月 月~
月光~
月夜~ 月日~ 月給~ ~有 有~ 有し~ ~有する 有する~ ~有っ 有っ~

「月光~」 1126, 13ppm, 8588位

▼ 月光~ (305, 27.1%)

32 下に 29 中に 11 中で 10 下を 9 中へ 7 なかに, 下で 6 なかを 5 なかの, もとに, ような, 谿 4 ように, 中の, 形容に, 曲 3 下の, 中を

2 [14件] うちに, ために, もとで, やうな, やうに, 下人間一人姿を, 中から, 力を, 反射を, 如くつかずは, 曲ぐらいは, 海に, 薄霞み, 虹がも

1 [124件] あふれた大通り, あるうち, いたづら, いつぱい当る, うちより, うちを, うつるの, きらめきと, このよう, こぼれて, ごとき汝, ごとく形, ごとく拝, さしてゐる, せいとも, せいばかり, たまりから, たまりの, ため浄化され, ため白銀の, なかへ, なか船は, にぶ, ひたひたと, ふもとに, ほか, まぶしさ, ゆらめき遠く, 一の, 一閃で, 上から, 下では, 下でも, 下ひとり, 下へ, 下人影と, 世界に, 両菩薩, 両菩薩像, 中としても, 中には, 充ちて, 光背から, 光背にだけ, 全都, 前で, 加減か, 動転, 反射が, 反照の, 圏内から, 園の, 外野を, 夜から, 夜が, 夜に, 契りを, 宵私と, 射さない一所, 射さない木影, 射さない隅, 射し照らすに, 射すやう, 巷を, 底に, 底を, 庭を, 影まばらな, 彼方で, 恵みを, 投げた自分, 揺曳の, 揺籃で, 搖曳した, 斜に, 明るい所, 明るい空間, 明るさ, 村雨が, 枯れ果てた果樹園, 水に, 沈丁に, 波を, 波間に, 注ぐところ, 流れに, 流ればかり, 流れるよう, 流れる別荘, 海, 浸った夜気, 涯は, 滴り香ぐはしい花, 漲る砂漠, 漲る硝子, 漾ひ流れ, 照す, 照りが, 照り返, 特別なかがやき, 真下で, 窓に, 窓の, 織りなす情緒的, 美しい晩, 美しさ, 蒼白いなか, 蔭に, 虹それから, 街に, 表情を, 裡に, 覆盆, 角度で, 谿を, 道を, 鉛の, 銀いろ, 隈なく, 隈明りで, 青い晩, 青白い光, 静寂な, 香気と

▼ 月光~ (220, 19.5%)

30 浴びて 12 受けて 7 刎ね 6 浴びながら 5 うけて, 遮って 3 一杯に, 吸って

2 [17件] あびて, あびながら, して, 反射し, 受けた塗団扇, 受けつつ, 正面から, 浴びたる森, 浴びた白い, 浴びた銀, 浴びると, 砕きながら, 縫って, 肩に, 蹴散らし, 遮つた青葉, 頼りに

1 [115件] あびてゆらりゆらりといねむりしているのはたしかに梟, あびてゆらりゆらりとゐねむりしてゐるのはたしかに梟, うしろに, かきあつめて, かりて, くれるの, この絵, ためて, たよりに, ちりばめた緑, ついて, はねたり, ひらめかして, まとって, みる, もって, ジッと, チカッと, 仰いで, 仰ぎ見て, 仰ぐこと, 仰ぐよう, 全身に, 切って, 刎ねた, 刎ねたり, 反射した, 受けながら, 含む水煙, 含む靄, 吸いきった三尺, 吸いキラキラ, 吸つてゐた, 吸ひ, 吸ふ, 吸ふつめく, 失った淵, 射し込ませて, 弾き凄, 思ひ浮べて, 感じたに, 払い落して, 散らして, 散らしながら, 散らし三方四方, 斬った, 横に, 機縁と, 歌つた詩は, 正面に, 浮かべて, 浴び, 浴びたやう, 浴びたよう, 浴びたるさま, 浴びたる歩道, 浴びた垂直, 浴びた夜半, 浴びた智恵子, 浴びた智惠子, 浴びた環境, 浴びた砂浜, 浴びた背後姿, 浴びた菜畑, 浴びてしよんぼりと立つ, 浴びに, 浴び右, 浴び玉露, 湖面一杯に, 溶かして, 澪し, 照ったり, 照り返して, 現に見, 白, 目指し洞窟, 看て, 看る疑ふ是, 真っ向に, 砕き風, 祕する, 突ん, 線に, 縫い唸り, 縫い舞い去ろうと, 織った布, 織った白い, 聴きいったまま, 背に, 衝いて, 裂いて, 見た, 見ながら, 見眺めて, 観た, 詠じ黄葉, 賞し春風, 踏んで, 蹈んだ, 蹈んで, 蹴るよう, 身に, 軒が, 辿って, 透かし見た, 透して, 遮えられた流, 遮ぎり月光, 遮つて, 遮る, 避けて, 銀箔の, 隈なく, 顧みたこと, 黒く抜い

▼ 月光~ (205, 18.2%)

17 照らされて 4 照され 3 さらして, 濡れて

2 [13件] 半面を, 反射し, 微に, 所々樺火の, 曝らし, 水の, 煙って, 照らされ寝て, 獲物を, 白, 見えた, 青く光っ, 驚かされた

1 [152件] うかびあがる大海面, うつる幽霊, かがやいて, かざして, かざし自分, かすんで, きらめく鏤金螺鈿, きらりと, さらされた横顔, さらされて, さらしながら, せは, そむいて, それが, たっぷり浸り, つかりながら, てらされたこの, てらされた青白い, てらされて, てらされ野村, とぶ波, どんな反, ぬれ光って, ひかって, ひかる石ころ, ひとは, ひらめかして, ひらめかし黒頭巾, ひらめかすと, ほの, みなぎる, よくよくそこ, よりて, カッと, キラつかせ, キラキラ光っ, キリキリ歯, ギラツク金兵衛の, サヤケシを, チカッと, チラチラと, チロチロ一所光っ, ドギツク振り冠った, 一種の, 上向けたが, 交って, 人魚の, 余韻し, 光ったり, 光らせた抜身, 光らせて, 光らなければ, 光り楕円形, 全身を, 化かされ卯の花, 化粧させ, 化粧され, 反し黒く深く, 執着を, 姿を, 家並を, 寄せて, 射られて, 對した, 感ぜられたの, 感動し, 打れた, 投げ出した僕, 明るい往来, 明瞭に, 映えて, 映じ十数本, 晴れて, 暈か, 暈された海, 暉かされ, 曝して, 朝が, 染まった透明, 染まって, 正面した, 洗われたベンガル湾, 浮いて, 浮かび畸型, 浮き出させて, 浮き出した, 浮き出して, 浮く海, 浮く紅き, 浴し, 海の, 浸って, 浸りながら, 涵され, 溶けて, 濡らして, 濡れた工兵中尉, 濡れながら, 照された, 照らされたお, 照らされたもの, 照らされた少年, 照らされてる蒼白い, 照らされながら, 照らされほの, 照らされ丘, 照らされ落花, 照らされ顔, 照らして, 照らし出されたよう, 照らし出された堤防, 照らし出された豹, 照映へる, 片頬丈ゲツソリ, 由縁ふかい, 短剣を, 砕けながら, 磁器の, 耀けり, 肩の, 育まれた奇異, 背を, 胸と, 薄れながら, 薄光っ, 薄明るく, 薄白い, 薄白く, 蚊帳が, 誘われてと, 講究する, 路の, 躍り上り, 躍る有様, 躍る白蛇, 輝いた実に, 輝いてるの, 輝らし出さるる, 透した春重, 透し見れば, 長い影, 閃めく, 隙か, 隠されて, 青白く輝い, 面を, 顔を, 顫わせムーッと, 飛ぶ鴉一羽二羽三羽, 鳴り斜め, 黒く映った, 黒く見えた

▼ 月光~ (151, 13.4%)

6 さして 3 彼の 2 あたって, まばらに, 上から, 女の, 宿って, 射して, 柔かに, 流れて

1 [126件] いちいち砕け, いっぱいに, いつぱい, おのづか, きらきらと, きらめき連なる帆柱, こぼれて, さえぎられて, さした, さして忽然と清談, さし込んで, さつとこの, したるる, しのびこんで, じゃまでは, そうやっ, そこここへ, その人, その長い, その顔, それを, たまって, ちら, ときを, どんなに明るく, なんと私共, はねられて, ひとつ光の, ふたたび部屋, ふっと暗く, ふりそそいで, ふり注いで, ぶっかけ, 一ぱいに, 一時に, 三つの, 上衣の, 乱反射で, 二人を, 何故に, 充ちて, 円い巨大, 凍つた結晶體, 占領し, 地に, 地上の, 城下の, 変るにつれ, 外に, 外廓の, 射し長い, 射すので, 層雲の, 山々の, 平行光線である, 彼女の, 往来を, 怖ろ, 恋しいよう, 敷き満ちて, 斑を, 斜めに, 断崖の, 明るくさし, 明るくて, 明るく地, 映した, 映って, 木の葉を, 木間を, 板屋根の, 森の, 槍の, 樹, 樹の, 次第に鈍る, 正面を, 水の, 水銀の, 沁みるやう, 河の, 洩れる刻限, 洪水の, 流れたが, 流れ込んで, 消え人影, 満ちてこそ, 灰色に, 照らしたとは, 独り地上を, 白, 白く村一面, 白く照っ, 白刃の, 真昼の, 稍薄れ, 窓から, 箭の, 肩に, 船客の, 茂みを, 草の, 蒼く射した, 蒼澄ん, 蒼白く明るい眼, 蛇の, 蟻田博士の, 車葢に, 道の, 遠眼鏡山の, 遮られて, 銀箔の, 鏡を, 鏡一杯に, 降り注いで, 隈なく, 隙から, 隠される, 雨戸の, 雲を, 霜でも, 霜の, 靄の, 青白くさんさん, 静かに, 魔法使いの

▼ 月光~ (47, 4.2%)

2 すこし緑, 水銀

1 [43件] いくら明るく, おぼろげな, この天涯, さし野, さっきより, それを, はやも, ぼんやりと, また明るく, むごく冴えつける, やや劣っ, わけてもすがすがしく, 二人を, 何処からか, 初めてその, 同じよう, 射さなかった, 少しずつ, 川波に, 庭一杯を, 彼を, 柏の, 梢の, 樹木の, 水の, 波の, 流れるよう, 物毎に, 益, 相変らず, 空の, 窓ご, 窓に, 立像である, 茫と, 鉛の, 降りそそいで, 降るばかり, 露を, 青々と, 青に, 高いビル, 黎明を

▼ 月光~ (32, 2.8%)

2 柔かな, 草木の

1 [28件] ところどころに, ひどく対照, また爛々, ピヱロの, 代った, 女とね, 性慾とを, 懐中電灯の, 接吻でも, 日光とを, 松明の, 樹影と, 汐の, 海月, 満地, 火事の, 火光とに, 火山塊の, 相愛の, 紗の, 花鳥と, 薪の, 赤黄く, 電気灯とで, 靄とを, 青空も, 風とが, 黒い木立

▼ 月光いろ~ (9, 0.8%)

1 にふるい, に盛りあがる, のかん, の甘い, の繖形花, の花, の花弁, の雌狐, まで

▼ 月光~ (9, 0.8%)

1 互の, 光って, 分らぬの, 検める, 消す様, 目に, 穴の, 銀箔の, 霜でも

▼ 月光~ (8, 0.7%)

1 その中, その想念, 堂内の, 多少影響, 明るい晩, 笛の, 青くすき, 青くすきとおり

▼ 月光とも~ (6, 0.5%)

4 思へる薄あかり 1 いわれる, 思える薄あかり

▼ 月光ばかりが~ (6, 0.5%)

1 眼路の, 空に, 道や, 銀の, 鏡一杯に, 零れて

▼ 月光~ (6, 0.5%)

4 の如く 2 に浮ぶ

▼ 月光~ (5, 0.4%)

1 に仕へた, のお, の出世, の名, の犠牲

▼ 月光とが~ (4, 0.4%)

1 しめやかに, だん, 古来詩人の, 映じ合い冬

▼ 月光~ (4, 0.4%)

2 の芝生 1 の呉夫人, の帯

▼ 月光では~ (3, 0.3%)

1 ただ黒, なくて, 顔は

▼ 月光との~ (3, 0.3%)

1 無人の, 調和は, 道であり

▼ 月光~ (3, 0.3%)

1 さしあげて, 向けた眸, 浮かべたが

▼ 月光~ (3, 0.3%)

1 日光を, 薔薇によ, 雨の

▼ 月光~ (3, 0.3%)

1 な夜, な悲哀, な月

▼ 月光~ (3, 0.3%)

1 の粒, を崇め, を献ずる

▼ 月光菩薩~ (3, 0.3%)

1 が佇立, とが佇立, は同じ

▼ 月光うけ~ (2, 0.2%)

1 て失神, て雨

▼ 月光そのもの~ (2, 0.2%)

1 に恋, に浸染せん

▼ 月光それ~ (2, 0.2%)

1 を照らし, を照らす

▼ 月光によって~ (2, 0.2%)

1 古代の, 嘉門の

▼ 月光のみ~ (2, 0.2%)

1 なぎつた砂地, 青く窓

▼ 月光やや~ (2, 0.2%)

1 傾きそめる, 暗くなり

▼ 月光らしい~ (2, 0.2%)

1 ものが, 光の

▼ 月光九月~ (2, 0.2%)

2 のイーハトヴ

▼ 月光~ (2, 0.2%)

2 のごとし

▼ 月光~ (2, 0.2%)

1 との間, の背後

▼ 月光或は~ (2, 0.2%)

1 日光に, 月夜の

▼ 月光蒼茫~ (2, 0.2%)

1 としていずれ, として何れ

▼1* [64件]

月光あざやかな夜, 月光あまねく万象きよらか, 月光あまねくほしいま, 月光おぼろなれば, 月光蒼澄んだ, 月光かがやく抜身の, 月光へうら, 月光さえさして一瞬, 月光さわることなき, 月光しぶく弁天の, 月光だけで林の, 月光だけは伸びた草, 月光でありまして地, 月光という相対的な, 月光とて別に見るべき, 月光とでところどころほ, 月光と共に競ふら, 月光なしまたわれ, 月光などが照らし出したならば, 月光などは詩人の, 月光にてほの暗し, 月光にもまさしく見える, 月光による自分の, 月光のみとなる, 月光ばかりだ, 月光ひとり明るい南シナ海, 月光ほしいままに, 月光ほのかに心, 月光また海の, 月光まどかなり, 月光とで熟, 月光をも感ずること, 月光の箱根山, 月光菩薩を, 月光会社の五千噸, 月光其泡沫を射, 月光其滑らかなる葉, 月光のない, 月光始めて渠水, 月光差し入る, 月光廢塔トゥルバドゥル詩人の胡弓, 月光散りしく城内遥かの, 月光のごとし, 月光此等の情調, 月光とはかう, 月光流れる街道の, 月光は, 月光似水, 月光漫々たる海中, 月光として鏡, 月光の首, 月光玻璃窓より差入り, 月光砕けてぎらぎら, 月光窺客牀喜此波上甚静穏笑我閑中却多忙或説礦業, 月光童子の物語, 月光に変ずる, 月光は柳河瀬高町高椋公夫君邸, 月光の声, 月光遍く照し, 月光わなる, 月光院様とが庭, 月光に氷る, 月光青き雨の, 月光青く窓より