青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

最初~ 最大~ ~最後 最後~ ~最早 最早~ 最近~ 最高~ 會~ ~月
月~
月光~ 月夜~ 月日~ 月給~ ~有 有~ 有し~ ~有する 有する~ ~有っ

「月~」 17169, 196ppm, 515位

▼ 月~ (4857, 28.3%)

259 光が 206 光に 197 光の 172 光を 93 光は 71 光で 60 光りが 47 光りに 44 下に 42 ように, 光りを 32 夜に 30 光も 27 夜の 26 ない夜, 出を 25 いい晩 24 光りの 22 世界の 21 面を 19 ような, 夜は 18 うちに, ひかりが, 下を 17 下で, 中に 16 やうに, 影を, 末に 14 ひかりは, 光と, 出の 13 世界に, 世界へ, 光りは, 前に, 夜 12 ひかりに, 上に, 光りと 11 あかりは, いい夜, ない晩, 良い晩, 色は 10 ひかりの, 夜を, 間に, 面に 9 ひかりを, 初めに, 方へ, 表面に 8 あかりの, ある夜, ない空, 出は, 明るい夜, 明るい晩

7 [16件] あかるさ, ある晩, い, やうな, 下の, 世界は, 光り, 光りも, 出, 前の, 前を, 夜と, 影, 影が, 明かるい, 無い晩

6 [21件] あかりで, あかりに, かげに, 上へ, 下なる, 世界には, 世界を, 光, 出が, 出には, 出るの, 初めの, 四日だ, 如くに, 影に, 方が, 方に, 空を, 色が, 表面の, 雫が

5 [20件] あかりが, あかりも, ありかは, まわりに, 世界から, 中から, 中の, 二十一日に, 位置が, 光や, 冴えたる, 十五日に, 形が, 方を, 晩に, 晩には, 末には, 美しい晩, 美しさ, 都

4 [31件] ある日, うちには, うちの, おもて, かげ見れば, さして, さやけさ, ほのめき出したのさ, まはり, よろしさ, 下では, 世界が, 世界では, 中を, 二十一日には, 光し, 出に, 出前の, 十日に, 夜である, 幾日に, 引力に, 形を, 影の, 斑が, 明りに, 秋, 美しい夜, 色の, 色を, 面が

3 [78件] あいだに, あるうち, ある夕方, おぼろな, ことを, ごとく, ごと大き, ために, ないまつ, ない暗い夜, はじめに, ひかり, ひかりで, ほの, よい晩, よさ, ダリヤ, 上で, 上旬に, 下には, 世界, 世界と, 中で, 中旬に, 中旬には, 何日に, 俸給を, 光いよいよ, 光かな, 光から, 光でも, 光とで, 光にも, 光によって, 光のみが, 出か, 出しをと, 出て, 出ぬ間, 出や, 出るころ, 出るまで, 出る時分, 初めから, 匂, 十三日には, 十九日に, 半ばに, 半分は, 反射を, 国の, 地球に, 夜が, 夜で, 夜には, 夜も, 好い晩, 如く, 形は, 影は, 後に, 昇りかけ, 明りで, 明りの, 明りを, 景色は, 景色を, 末の, 歌が, 無い夜, 猿の, 白さ, 神は, 表面から, 都の, 間は, 顔, 顔を

2 [234件] あかりと, あかりとで, あかりや, あかるい水, あきらかな, あなた, ありかを, あるの, ある空, ある頃, いいの, いよよさやか, いろを, うら, かかつ, かくる, かげより, かげ洩れて, かげ漂, きれいな, くらしの, ことです, こなたには, ころから, ごと白き, さし入る, さし込んだ, させば, しろがねの, しろじろと空あかり, その日, つぎつぎと, ない夜毎, ない闇夜, なかなる, のぼるに, はじめから, はづかしい, ふくろうとして, ぼる時, ぼる見ゆ, またき, まわりを, もと, よい夜, 一つが, 上って, 上つて來る, 上ぼる, 上るの, 上を, 下から, 下旬に, 世界にも, 世界への, 世界まで, 中ごろに, 中には, 中へ, 事を, 二十三日を, 二十九日に, 二十五日だった, 二十五日には, 二十幾日に, 亥の, 人格化なり, 位置を, 傍雲の, 光うち蒼, 光じゃ, 光との, 光とも, 光ばかりが, 光りさ, 光りで, 光りでその, 光りでは, 光をも, 入りは, 入るべき山, 入る方, 八日は, 内に, 内には, 内の, 冴えた夜, 冴えた晩人通り, 出しほの, 出たの, 出にも, 出る頃, 出汐の, 出汐を, 分は, 初めより, 前おのれ, 十七日に, 十九日には, 十五日には, 十八日の, 十六夜の, 午の, 午後しきり, 句を, 同じ日, 名に, 名を, 名所である, 周囲に, 周囲を, 四日, 四日が, 四日な, 四日の, 国では, 国へ, 在所を, 変りますと, 夜ごろの, 夜ごろは, 夜ごろや, 夜さりは, 夜であった, 夜など, 夜や, 夜毎に, 夜空に, 夜雪の, 夜頃は, 大きさ, 大半は, 大池, 女神で, 女神アルテミスにも, 如く輝き群魚, 姫の, 姿は, 宮, 家の, 宿, 宿れる, 寒さ, 山, 山を, 岬, 岬の, 幾日は, 座の, 引力の, 引力を, 影さえ, 影さへ, 影ぞ, 影なら, 影も, 影やどし, 影法師だ, 影法師だけ, 影法師です, 影法師は, 影響が, 後には, 後夜たちに, 御堂の, 恐怖とにて, 払ひ, 斑點の, 斜光と, 昇る頃, 明かな, 明るい宵, 明るい庭, 明るい時, 明るい町, 明るい空, 明るさ, 映こもりて, 晩は, 晩景, 景色の, 暈, 暈の, 暈を, 曇る夜, 月末報告を, 朔日と, 末まで, 水に, 海半, 無い頃, 照つてゐる, 照り匂だち, 神が, 神と, 神を, 秋の, 空に, 空へ, 端や, 給金を, 美しい影, 色, 色も, 落ちる方, 落葉よ, 蒼白い光, 行方を, 表と, 西山に, 角見え, 誰が, 路地の, 道いつか南へ, 道を, 都を, 鉛の, 間, 間いかに, 陰に, 陰を, 陸地であった, 隈ない, 隈も, 隠らく惜し, 雑誌に, 雫に, 雫の, 雲を, 青白い光, 面には, 風情し, 魚眼, 黄なる

1 [1731件 抜粋] あいだたえず, あかきにぞ, あかりには, あかるい別れ姿, あかるさ旅, あたつた, あやめ草あやめも, ありどの, あるど, あるよう, ある夜みち, ある枯枝, ある間, いい夏, いい或, いづれば, いと明く, うすい光, うたに, うちにでも, うち一度は, うち二週間位は, うち十日は, うつるの, おぼろげならぬ, おカシ, かかった二つ, かかりけり, かけらの, かげだと, かたむきぐあいで, かへる, こ, ことが, ことなどを, ことまで, こぼれて, ごときか, ごとく蒼白い, さえた夜, さえた青い, さしながら, さし出づるころで都に, さす所, さす軒端, さやけきにも, しずく, しづく, すえ三十日兵庫の, すむ雲井, せいか, その銀, それよりも, たちまち雲, つもりで, でる晩, とび出した痕, ないあかるい月夜, ないまっ暗, ない坂, ない宵, ない星空, ない暗い空, ない河, ない真暗, ない間, ない闇黒, なかば頃に, なき桑野原, ねむること, のぼるに従って, はじめの, はじめ僕は, ひかりだけ, ひかりより, ひかり薄明るく, びっくりした, へちまの, ほかには, ほのめき出したの, ぼる葉, まさに出, まんまる, むくろ, もるこそ, やうだ, ゆくえとか, ようだった, わたる千古, エオス, ダリヤの, ポストは, 一家が, 一日と, 一日の, 七日頃には, 三十日が, 三日の, 上からとも, 上な, 上りたり, 上るくらい, 上る方, 上空へ, 下とは, 下大竹藪に, 下旬である, 下端が, 世界か, 世界って, 世界であろう, 世界なら, 世界も, 中ごろキャラコさんは, 中にを, 中天に, 中旬イルコックは, 中旬大雨の, 中間に, 主, 九ヶ月, 九月でしょう, 事でございます, 二人が, 二十七日に, 二十九日で, 二十五日, 二十八日にも, 二十六日から, 二十四日に, 二十日です, 二十日例外として, 二字は, 五ノ日に, 五日には, 五月にさえ, 人々の, 人には, 仄白い, 仕事を, 仰角を, 位置も, 何かを, 余であった, 作品が, 例句は, 俸給日の, 傘の, 傾むいた, 光あっ, 光かと, 光その, 光だろう, 光である, 光です, 光などが, 光には, 光ばかりとを, 光もさ, 光りから, 光りできら, 光りでやつ, 光りで明る, 光りで見えた, 光りで透し見ると, 光りで青海原, 光りとを, 光りのうへに, 光り白, 光れる, 光澄んだ, 光白き, 光線を, 光鮮やかに, 入り, 入りを, 入る可, 全輪, 八日にも, 六日に, 兵糧を, 内にゃ, 円の, 冴えた十一月, 冴えた晩, 冴える夜, 冴ゆる, 冷さだかなる, 凄きまで, 出ずるに, 出た街, 出づるところ東岸に, 出と, 出ないうち, 出ぬ闇, 出よと, 出るには, 出る前, 出る時, 出汐だ, 出潮を, 出羽路九, 出頃には, 初めと, 初め出陣と, 利息二割で, 前へ, 剣の, 助けによって, 十そう倍ぐらゐの光で, 十一日にも, 十七日から, 十三日と, 十三日用事が, 十九日手紙のか, 十二日の, 十五日だ, 十五日の, 十八日に, 十四日から, 十四日呂久川の, 十日の, 十日過, 半ばである, 半ば頃で, 半分ぐらいに, 半輪が, 南中の, 友, 友垣ならぬ, 収入が, 句では, 句会には, 名たての, 名にかへて, 名所は, 吸引の, 周囲幾百尺かの, 噴火口, 四日には, 在りかを, 地中深く, 堰の, 夕, 外に, 夜でありました, 夜な, 夜なれ, 夜クチナシの, 夜愛し, 夜空へ, 夜逍遙遊する, 夜長夜寒の, 夢を, 大層美しい, 大路へ, 天候を, 女将に, 奴めも, 好い晩ここ, 如くである, 如く前途遥, 如く銃孔, 始めだつた, 始め俺は, 姫, 姿によって, 娘は, 子を, 安治川から, 実況を, 宴, 宵忍びの, 家といふ, 家へ, 寒いかげ, 対局だ, 射した晩, 射す夜, 小遣を, 屋根, 山は, 差すべき夜, 巻を, 幕にも, 幻燈會の, 幾日か, 座が出現する, 廓の, 引く潮, 引力で, 引力圏内にまで, 形も, 影いと, 影ちる, 影には, 影より, 影冷ややかに, 影海の, 影見, 影雲の, 彼の, 後ある, 後なれ, 後伏羲また, 御前, 御座を, 御顔雲, 心に, 思いきッ, 怪物が, 惜ま, 感じで, 或る, 所に, 投網に, 撹乱力を, 数だけ, 数も, 文芸通信に, 斑よりも, 斑點は, 新協の, 方なら, 旅に, 旅行を, 日課なる, 昇らんと, 昇るまで, 昇ろうと, 明きに, 明らかな, 明るいある, 明るい更けた, 明るい郊外, 明るく照, 明方ごとに, 映った池, 映るを, 時を, 晦日と, 晩が, 晩も, 晴れた日, 暗い夜, 暗かった, 曇るか, 曲, 最後が, 月半ばでした, 有明に, 朔日が, 朝まだき, 朧, 朧夜に, 末, 末だつた, 末までは, 末八月に, 末日にな, 末頃だった, 末頃まで, 来り坐らむ椅子ひとつ無し, 森に, 槇の, 横顔を, 歌で, 歌は, 歌諸国の, 此処に, 武蔵野ほどに, 死骸が, 水の, 江口の, 沈むは, 沼に, 流な, 浮いて, 海半ば, 消えか, 涼しい光, 淋しくも, 深遠な, 清らなる, 港は, 湯とでも, 滴に, 澄み切つた色, 澄んだ時, 瀬近傍に, 為にかしら, 無い暗い空, 無い空, 照ってる晩, 照りそめ, 照る浜, 照射なり, 爲ならず, 生気の, 生物を, 病の, 発つ日, 白い晩, 白い道, 白光を, 盈ち欠け, 盈虚日月の, 盈虧には, 目方を, 眉, 眉先づ差覗い, 真下の, 研究は, 神, 神とが, 神セレーネ曙光神エオスあり, 祭を, 稽古を, 空夜の, 竹の, 算えよう, 純真さに, 終りに, 終を以て, 給料の, 絵を, 美くし, 美しい時分, 背戸あたり雪の, 舎円香夢楼緑及び, 良い夜, 色と, 色にも, 色まで, 色我が, 芒かな, 花咲く, 莚は, 落ちた山, 葉ぼたんへ, 蓮船兄こぎか, 薄明り, 薄黄色, 蟹, 街道を, 表面です, 裏皮表皮, 見える細長い, 見が, 見るらんこと, 記を, 詩情を, 質にて, 距離四千二百万キロメートルの, 軌道も, 輝かしさ, 輝き渡った, 輪郭が, 迎え, 逗留の, 運行に, 道, 部分が, 酔いを, 重力に, 鉛, 鋭く冴えた, 鎌の, 鑑賞の, 間あれで, 間で, 間を, 間三十回自動車で, 間海鴨と, 関係が, 陰にな, 隈な, 隈へ, 障りを, 隠る, 雁, 雫かと, 雲は, 霞んだの, 露を, 霽間と, 非常に, 面にも, 面会の, 面花の, 頃だ, 頃なら, 頃ほどには, 顔と, 顔ばかりが, 風情などは, 飛石二つ三つ, 騷ぎも過ぎに, 鷭だ, 黒い晩

▼ 月~ (2046, 11.9%)

140 出て 34 出た 25 ある 18 射して 17 あった 16 空に 15 冴えて, 出る 10 かかって, 出たの 9 さして, 上って, 出るの, 照って, 皎 8 出ると, 懸って, 落ちて 7 出たので, 顔を

6 [11件] あが, あって, あると, あるの, いいから, でた, のぼる, よいので, 光りを, 東の, 過ぎて

5 あつた, いいので, ぼんやりと, 中天へ, 出たこと, 変って, 懸かって, 朧ろに, 照らして

4 [18件] あつて, あるので, でて, のぼった, よく冴え, 中天に, 傾いて, 光を, 出ました, 地球を, 懸つて, 明るいので, 明るかった, 暈を, 良かつ, 西の, 雲間に, 風に

3 [41件] あっても, うつくしかつ, うらへま, おぼろに, さえて, さしこんで, さすと, そいつを, ないので, なかった, ほの, まうへに, よかった, 上つた, 上つて來た, 佳いから, 出たが, 出たよう, 出ても, 出るころ, 出れば, 匂ふ, 墓地に, 変ると, 姿を, 射した, 帆柱の, 幽かに, 明るい, 明るく照らし, 浮かんで, 照し, 白かった, 私の, 良いから, 見えて, 野の, 鏡に, 雲の, 雲間から, 静かに

2 [128件] あがって, あたって, ありません, あるか, あるから, あること, あるし, ある東京, いつしかあかるく, うらうらと, うろこ雲から, おどけて, かがやいて, こんなやう, さしたら泣くで, さしてゐる, さして居ら, さす, さすの, その晩, そらに, そろそろと, ちょうど雲, ついて, でる, ない, ないころ, ないし, ないの, のぼったの, のぼって, のぼれば, はなやかに, ほのかに, ほんのりと, ぽつかり, まことの, まだ真白く, まともに, まんまる, グングンと, ビルの, 一つ, 一つなく, 一体そんな, 一面に, 三体に, 上から, 上がって, 上るの, 上る所, 下がって, 下界を, 中空に, 二つも, 今は, 俄かに, 光って, 冴え渡って, 出か, 出たソフイー, 出ましたら, 出ようと, 出る時刻, 地球に, 大きくなる, 大きく明い, 天に, 山の端に, 差し込んで, 帽子も, 年が, 幾つにも, 廂から, 後から, 忽ち暗く, 怪しい運動, 悲しげ, 描いて, 昇って, 昇つてゐた, 昇る, 明るくな, 明るくなる, 明るく水, 映して, 映しました, 昼の, 晃, 晴れても, 曇つたら, 替ってから, 有つて, 来た, 来た方, 柿の木のうへ, 梢に, 氷の, 沈むまで, 浮び林, 湖上に, 澄む, 澄めば, 澄んだ空, 瀬の, 煌々と, 登るころ, 空にの, 空の, 箱根の, 綺麗な, 美しかった, 自分の, 落ちたの, 落ちる山, 薄靄, 西に, 西空に, 見えた, 角笛, 近づくと, 重って, 鎌の, 雪の, 雲を, 青い, 非常に, 高く上った

1 [1101件 抜粋] あかるい, あかるい虫, あかるく照っ, あがった時分, あったかしら, あったこと, あの方角, あまりに美しい, あらはれた花火, あらわれて, ありありと, ありますから, ありますで, あり磯, あるあるけば, あるが, あることさ, あるだらう, ある地, ある街, ある長い, あんな風, いいです, いい証拠, いつもとは, いよいよ遅く, うかんで, うすい雲, うつって, うなだれて, うッ, おおちょうど, おぼろな, おもて, おりて, お嫌い, かかり海上千里, かがみ職人, かくれて, かげつたり, かさも, かたむいた, かなり深い, かわると, きのうと, きれいでした, くだけ水, ぐるぐるまわっ, この一隊, この噴行艇, この窓, こぼれる月かげ, さし, さしかかったの, さした, さしたよう, さしたらどう, さしてのびのびと, さして木, さして来, さして竹, さして蕎麦, さしのぼる時, さし上っ, さすから, さすので, さす厠, さやけく照つた, しばらく日, すきとおる寒い, すこし異状, すすり泣いて, すでに落ち, するすると, その上, その夜, その梢, その素晴らしい, その裡, その駕籠, それらを, そんなにも, たって, だいぶ高く, だんだん下, だんだん昇っ, ちょうど昇りかけ, ちょうど鳥部, ちょっと顔, ちよツと, ちらりと, ちんと収つて, てつて, でても, でると, とつぜん厚い, とびあがったとき, どうした, どの辺, ないたか, ない上, なくただ, なくてねえ, なくなるなんて, なぜあんなに冷え, ぬッ, のぼった時, のぼりました, のぼり栴檀, のぼろうと, ぱち, ひっかかり新聞紙, ひどく冴え渡った, ひよつこり, ふるさとの, ほしいまま, ほのかだ, ぼかされた湖, ぼやっとほ, ぼんやりした, ぼんやり照らしだす, まうへの, ますます良い, また薄暗く, まだあった, まだ上がらない, まだ東, まつ白, まろい, みんなの, もう下弦, もう日, もう高く, やはりあそこ, やや傾きかげん, ゆら, よい昨夜, よくて, よく見えます, よろしいよう, わかい者, わらって, ダニューブの, デイモス大きい, ヌーッと, ボタ山の, モロー彗星の, 一つしか, 一つ白じろと, 一つ赤銅色に, 一個の, 一杯に, 一番美しく, 一輪, 丁度宿っ, 七句目の, 三ツ四ツ出, 三十日か, 三峯の, 上がりかけました, 上ったと, 上つてゐる, 上に, 上り出したの, 上り空気, 上る時分, 不意に, 中天にか, 二つある, 二タ月未決に, 二人の, 五日で, 仄白く, 今しも, 今夜も, 代ってから, 体に, 余り明る, 佳い晩, 傾いたからか, 傾きかけて, 光つてゐる, 入りかけて, 全く其の, 円, 円く東, 冴, 冴えた, 冴えた晩, 冴えだした頃, 冴えねば, 冷たく冷たく射しかける, 凍って, 出かかったよう, 出かかつたので, 出して, 出たおも, 出たぞ, 出たという, 出たな, 出たばかり, 出たらしい, 出た時, 出てから, 出てるじゃ, 出で, 出ないうち, 出ねえで真, 出ましょう, 出ますから, 出ますほどの, 出るだらう, 出るには, 出るまで, 出る時, 出る銀河, 前に, 動いて, 動くにつれて, 十万里距つてある, 十日ごろ, 升って, 南の, 去り月, 又来た, 合わないという, 向こう岸の, 四人を, 団扇の, 地平の, 地球の, 変ったらお, 変っても, 変る前, 変圧器に, 夕焼けの, 多いと, 夜空に, 大きく照り, 大空の, 大負け, 天空に, 太陽より, 好い, 好いの, 好かった, 娘らの, 家並の, 宿酔の, 寒い光, 寒く美しく照り, 射しこむ地獄, 射したよう, 射し露, 射すよ, 小さく空, 小波を, 少し西, 山々に, 山の端から, 嵐の, 川の, 左岸寄りに, 差しても, 差し入る, 幻の, 座敷中に, 建物の, 弥陀の, 強く青い滑, 往来から, 微かながら, 忘れられたよう, 思はずホロリ, 恐ろしい音響, 懸かった風情, 我がもの, 投げたるダリヤ, 拙者の, 掛かり青白く, 接吻け, 改まって, 改まる頃, 斜つかい, 日本橋通りの, 早けりゃ注射一本, 昇ったこと, 昇った頃, 昇ってからの, 昇つたころだ, 昇つてしまつた, 昇つて海も, 昇つて醉も, 昇るころ, 昇る虫, 明い時, 明かるく, 明るいため, 明るいのに, 明るく, 明るくて, 明るくなりはじめた, 明るく中天, 明るく射し, 明るく竹むら, 明るみます, 明る過ぎる, 星の, 映しまた, 映ったの, 時々木の間, 晴れた, 晴れ五穀, 暈をか, 暗くなっ, 暮れて, 曇らされて, 更る, 替って, 月蔵山から, 朦に, 朧の, 木曾の, 木間から, 東から, 松の, 林立する, 柿の, 森から, 楽しく過ぎ, 橋の, 欠け始めて, 次第に蒼白く, 武蔵野の, 死滅の, 毎夜うつくしい, 毎晩訪れ, 水に, 水を, 池の, 沈んだでは, 沖天に, 沼に, 波の, 派手に, 流れ輝いて, 浮いて, 浮く磯平, 海を, 消え雨, 涼しく照, 淋しく物思う, 淡くのぼりかけ, 淡く見える, 湖面に, 満ちたり, 溶けて, 滑り出て, 滿ちた, 漸く河心, 澄みきって, 澄みわたりましても, 濃い雲, 瀬に, 瀬音が, 無い, 無いといふ, 無かつ, 無ければ, 照す, 照った, 照らした, 照らしました, 照り星, 照り雨, 照れば, 狩野川の, 玲瓏たる, 現われた, 瓦の, 瓦屋根の, 生れる, 田の, 町の, 町家の, 痺れて, 登つたツけが, 登つてゐる, 登りかけて, 白, 白くなつ, 白く光つて, 白く映した, 白く照らし, 白銀の, 皓々と, 盗まれたよう, 相変らず, 眉を, 真丸に, 真白い霜, 眺められるでしょう, 研がれて, 硝子越に, 秋草の, 空から, 空低く, 立つ, 紅くなろう, 紙片でも, 紺屋の, 経ちまた幾年か, 経って, 絹地を, 綺麗であった, 綺麗です, 置かれて, 美しい程度, 美しくかかっ, 美しく埠頭, 美しく輝い, 背後に, 船をも, 良いので, 花の, 草の, 荒海から, 落ちたかと, 落ちたという, 落ちました焚火, 葛籠笠を, 蒼々と, 薄り, 薄雲, 血煙り, 行く手を, 裏藪に, 西へ, 西山には, 見えたり, 見えないがち, 見える, 見えるだろう月, 見えれば, 見たいん, 見渡す建物, 覗き込み, 話して, 象眼した, 赤く天心, 赤道上の, 路地の, 車を, 輝いた晩, 輝きはじめて, 輝やい, 輪を, 近いとは, 逃げて, 逢ひ, 遍く照らす, 過ぎても, 選ばれたの, 部屋まで, 酒が, 重なって, 重なるにつれて, 金色の, 銀色の, 鋭く輝い, 閑却される, 関ヶ原の, 陸奥二本松の, 隠されて, 隠れたね, 隠れて, 隠れるまでに, 集まった晩, 雪催いの, 雲に, 霜が, 霧島の, 靄の, 青い空, 青白い光り, 青白く照, 静かな, 鞠の, 頭上に, 顔へ, 香った, 高く天, 高く昇り, 魔窟の, 鮮かに, 鳴いたか, 黄昏の, 黄金色に, 黒い森, 黒部谷を

▼ 月~ (1419, 8.3%)

27 吠える 23 照らされて 16 向かって 15 向って 13 一度か 12 浮かれて 11 向つて 10 一度の, 一度は 8 三度の, 照され 7 二三度は 6 なって, 一度ぐらいは, 乗じて, 光って 5 かざして, して, なつた, 一度ずつ, 幾度と 4 一度や, 入ってから, 入る日ぢ, 対す君, 映じて, 飛ぶ雪

3 [21件] かがやくひと束, きらめくもの, すんで, 一二度は, 一度あるいは, 一度くらいは, 一度ぐらい, 一度ずつは, 一度位の, 一遍ずつ, 三度か, 下坐, 似て, 心を, 濡れて, 照らして, 背けたあの, 見て, 雁の, 雲が, 風の

2 [88件] あらずといふ, いつも黙々として, うつぶ, かかったとき, これ以上歩合を, さやけき松, すかして, する, そがひて, たった一度, なってから, なりました, ぬれて, ふたつの, わけを, われは, 一二回は, 一二度の, 一回か, 一回の, 一回は, 一度くらゐ, 一度ぐらいずつ, 一度とか, 一度も, 一度三月に, 一度位は, 三十円も, 三四十円の, 三回か, 三度は, 二三回は, 二人は, 二回は, 二度か, 二度が, 二度ぐらい, 二度しか, 二度ずつ, 二度の, 二度疵ものや, 二遍が, 佇つもの, 佇む馬, 何度か, 光るは, 入りて, 割って, 十円の, 名の, 向うて, 向く子, 吠えて, 吠ゆる, 天皇の, 寄せて, 小雨が, 弾く人, 接吻された, 文藝春秋へ, 本が, 村雲花に, 極肥し, 泣いたは, 浮かれたやう, 浮れ, 照された, 照らされた空地, 留めじと, 血を, 行く新, 行水を, 見えつつ, 訴えたの, 輝いて, 迫る金星, 逆らふしば, 透かして, 進歩し, 酒を, 鏡を, 開きて, 開く窓, 開けば, 雲の, 霜さむし, 面ふりむけ, 顔を

1 [947件 抜粋] あかるい谷地, あこがれて, あたって, あってのみは, あひける, あへる, あらざるを, あらませば, いくらすく, いちどぐらい, いっぺん三月に, いっぺん親しく, うかされただ, うかれて, うそぶいて, うそぶいてから, うたう懺悔, うつるやう, うつ大城, おびえて, おほ, かがやいて, かがやく刃, かがやく砂, かけた果, きえぎえうつろひぬ, きらめく銀流, ぎらぎらかがやきました, くらしの, これこれこういう, ございます, さし出で, さながら生き, さらされた慘憺, しばしば聞く, しろきのう, しろ暗夜, すかすよう, その温度, そよぐ萱, たいへん近い, ちら, てらされたひろい, てらされると, どうかする, どれくらい, なぞらふべきなり, なります, なりまた, なるかしら, なるかの, なるその間, なるだらうその間, ぬれた草, ひとすじの, ひらかれた憲政, ひるがえって, ほえるよう, ほととぎす啼く, ほのめいた両, ほゆる獅子, ぼやっと菅笠, ますます脅迫, みたたす, むいて, むささびの, むらくも花に, むら雲だろう, よすと, わたって, アンガン公が, オネヂと, パリーを, 一, 一ぺんくらゐ, 一スー以上は, 一両二分四人扶持ずつ, 一二囘もどる, 一二度くらいは, 一二度しか, 一二度づゝは, 一二度位は, 一二本ずつ, 一人ずつ, 一人減り, 一会以上諸処に, 一円しか, 一円五十銭の, 一円足らずで, 一分の利息を, 一割で, 一囘ずつ, 一回ぐらい, 一回せいぜい, 一回なり, 一回レッスンに, 一回十五日に, 一回床屋が, 一回裏から, 一圓五十錢の, 一定の, 一度ある, 一度くらいしか, 一度こちら, 一度それも, 一度づつ琵琶法師の, 一度と, 一度に, 一度ほど, 一度または, 一度二人を, 一度五日の, 一度位徹夜し, 一度十日に, 一度同窓會を, 一度宛この, 一度腐つた, 一度霊岸島から, 一斗五升年に, 一枚の, 一週間か, 一遍か, 一遍ぐらいは, 一遍どうも, 一遍位は, 七八分も, 七円ぐらい, 三つくらゐ, 三兩逃がさず, 三十五円も, 三十円あれ, 三十円の, 三十回往復する, 三十日年に, 三四十円も, 三四度ぐらい, 三四度は, 三四百円の, 三度あて格闘し, 三度くらいしか, 三度ずつ, 三度ずつも, 三度づゝは, 三度下げ, 三度六日と, 三日宛寄っ, 三日間ことによっては, 三日間働く, 三百六十ルピーずつ, 上つて汁粉を, 世を, 中江兆民が, 乗り得ないとは, 乘つからう, 二つまでも, 二つ三つは, 二タ筋の, 二三十枚の, 二三回ぐらいずつ, 二三回暢びりした, 二三度くらいは, 二三度ここへ, 二三度その, 二三度です, 二三度位ずつ, 二三度手合せは, 二三返, 二俵は, 二冊, 二割までは, 二十円で, 二千円の, 二回いつも, 二回か, 二回ずつは, 二回それだけが, 二回集った, 二度もしくは, 二度以上の, 二度位私は, 二度公休しる, 二百円である, 五へんくらゐ, 五六たび音信が, 五六個の, 五六度ぐらいは, 五円でも, 五円宛得を, 五十万円の, 五十円位ずつは, 五十臺や, 五十銭ぐらいの, 五千円です, 五回の, 五度や, 五日間をと, 五百円も, 亙る城攻め, 仔牛も, 似たるもの其額上, 似た灯火, 住む人, 何を, 何千何万という, 何度かしか, 何日というくらい, 何貫釣れた, 供える薄, 俯向けた, 偶う, 先名を, 光ったの, 光った自分, 光つて涼しい, 光るが, 光る二朱銀, 光る琥珀色, 入ったの, 入つて, 入る日, 八十リラずつ, 八罐の, 六フランずつ, 六度くらゐ, 六遍も, 冠するの, 出て, 分ち毎月, 刈られた秣, 到着する, 割ると, 加わって, 加わり人, 勇気と, 北山風に, 十ルーブルは, 十二ルーブリずつ, 十五フランとして, 十五円である, 十円ずつ, 十円なら, 十円ばかり, 十円やっ, 十四五円, 十圓違ひでは, 十日の, 千二百円取れる, 千円ずつ, 半月ずつの, 去つた, 参加せられる, 及ぶ, 及んだの, 句を, 吉事が, 名をか, 向いて, 向かえる美人, 向きあって, 向けろ, 向ったその, 向つて咆, 向ひ, 吟ず, 吠えるそれ, 吠える犬, 吠える病犬, 吹かれては, 吹く子, 吹く市, 咲いたる風情, 咲いた青い, 唯物的に, 喘ぐと, 嘯きながら, 嘯くもの誰, 嘯て, 囁やく, 四五たびは, 四五冊ずつで, 四五十円を, 四五度少く, 四回金剛流の, 変った, 夏の, 多いやう, 多くて, 夜あけの, 夜を, 大体二度しか, 天皇が, 奔った, 奴が, 宮本の, 宿せん, 寄って, 寒し, 対つて, 射し返って, 對し, 小川から, 小笛, 少なくも一度, 届かぬの, 干せども, 平次の, 幾たび琴を, 幾つかは, 幾人と, 幾回三越に, 幾日か, 引つかけるつもり, 当局を, 影し, 心身の, 思ひとまりぬ, 思わず眼, 恥ずかしいわが, 悩まされた, 或る, 戯れ無限, 托して, 指を, 描き直されたればとて, 提灯の, 故人を, 数えるしか, 数回或は, 数百万部の, 文字まで, 新入生が, 旅人が, 日光と, 日本従来の, 昌熾を, 明かるく, 明るい往来, 明るい草, 映って, 暈ある, 暫く見入っ, 更けたる大, 書いた小説, 木草の, 村雲じゃろ, 来たこと, 来る時, 東條内閣は, 柄を, 梅を, 棹さすとき, 歌つた頃を, 歩きを, 歩んで, 歳に, 毛の, 水の, 沈める白菊, 泣きたる事, 泣きぬる, 洗ひ清めた, 流すヴィオリン, 流れて, 浮かされた向う通り, 浮かれたか, 浮かれ景色, 浮れた, 浮雲花に, 消え消え飛ぶ, 淡き銀河一道, 溺らせて, 演ぜられたかと, 潜んで, 濡れた菜の花盛り, 照らされたうち, 照らされた天幕, 照らされた対岸, 照らされた白い, 照らされた米屋, 照らされても, 照らされると, 照らされ乍ら静か, 照らしだされたところ, 照らし出された光景, 照応し, 照返, 父が, 特にご, 現はれ, 甚だしくなり, 生き残って, 生れた子, 発表された, 白, 白い謙信, 白き豊胸露, 白める, 白衣の, 百両じゃあ, 百円である, 百枚や, 百石ぐらい, 盛んな, 眼鼻を, 着陸の, 矢を, 研究し尽す, 禽の, 積ったら, 積つて四圓五十錢で, 積る, 積ツた, 立ちさ, 立ち来る, 立って, 立てば, 笑めるか, 答えて, 紅が, 紫の, 経よむ, 美しき貝, 翳しつつ, 翳せば, 肴を, 背きつ, 背を, 脈うっ, 臥し夜ふけ, 自刄, 自分を, 至るまで, 興じ明日, 舞踊するであろう, 茶の, 菓子を, 葉叢を, 薄雲, 薪を, 虫の, 行きあたらなかったから, 見える, 見とれて, 見る如く水, 見積って, 親しく天帝, 觀し, 訴ふる, 誓う私, 誘はれて, 語り明かそうと, 謝罪せん, 貰う, 貰わない, 賄附で, 起された早, 跪き星, 軽鴨, 輝かせて, 輝く玉, 近いた, 近い月, 近き身, 近くなる, 迫り薄, 透いて, 這入って, 這入つて, 進みたればにや, 進んで, 遊んで, 道見え, 配し年, 酔い海, 釣った鰔, 鎖したり, 閃めきたる, 閃めく, 関係あり, 陰気に, 随って, 雲とは, 雲薄らぎ, 霜凍て, 露添う, 青光りし, 青道心の, 非ずして, 面テを, 預けて, 風なき, 風情が, 飛ぶ鼻, 飲む, 高く重, 鬢の, 魅せられて, 鳴くなり, 鶯の, 黒みて

▼ 月~ (1225, 7.1%)

13 東に 98 ないが 7 中天に 5 おぼろに, ない, 早く傾いた, 瞬きも, 空に, 西に 4 あれど, いよ, 依然として照つて, 雲に, 雲の

3 [18件] うつくしかつ, さやかに, なかった, のぼりぬ, 中空に, 出て, 出ても, 山の端を, 昔の, 来に, 此の, 海の, 無いが, 照るらし, 益々冴え, 見るべ, 鏡の, 頭上に

2 [96件] あったが, ありません, あれども, あれども心の, かなり高く, ございませんが, さし上つた, させども, だんだんと, なかつた筈, なくとも, なけれど, なつかし, ほとんどなかっ, まこと, ますますさえ, またうろこ雲, まだ上らない, まだ出, まだ出ません, まどかに, もう余程高く, もう可, もう青白い, やがて人, ゆふ, 一つだ, 三たび移りぬ, 世間一躰物せわしき, 何よりも, 依然として照っ, 光らず眼前, 光を, 其夢みる, 冴えに, 北の, 半分, 台に, 地球に, 変らぬもの, 夜の, 天に, 天心に, 太陽と, 太鼓を, 姿に, 屋根を, 山かげ主あ, 布目の, 帰りを, 形が, 影暗く, 既に高く, 明らかに, 明るかった, 星を, 春の, 曇らして, 朧に, 未だ上らず, 東の, 森の, 海豹に, 無いし, 無し且つ, 照りつつ, 照り清き, 照れれども, 生憎雲, 画面へ, 異なれど, 良かつ, 花やかに, 落ちつつ, 落ちて, 薄絹, 西の, 見るらむ, 輝いて, 農家は, 過ぎ去りたり, 野の, 野末に, 銀色でなく, 隠れて, 隣の, 雨に, 雲間に, 霜を, 青褪めぬ, 飛んでも, 高く上つた, 高く昇つた, 高く澄ん, 魚眼の, 黒檜の

1 [892件 抜粋] あいにく冴え渡っ, あかるく右手, あすよりぞ, あたかも秋, あとを, あの通り, あまりに清く, ありありかのみ, ありながら, ありますが, あるが, いいし, いいました, いせいよく, いたやの, いつか澄ん, いつの間にか左右, いつまでも, いでけり夏, いましだいに, いまだ出でず, いま二つに, いよいよ冴え, いよいよ冴え渡っ, いよいよ天, いよいよ寒村, いよいよ明, いよいよ明るかっ, いよいよ暗く, いよいよ照り, いよいよ高く, いよよ愁, うっそりと, おどろしく陽, お幸, かう, かく詠む, かすむ春, かわりません, きぬ, きんきん黄金, くまなき, くるくる舞つて, ぐんぐん近づい, こういう言葉, こえて, この, このところ急, この変厄, この有様, この言葉, これらの, ございませんでしたが, さえに, さぞと, さびしく青ざめ, さらに小さく, したたる, しだいにあきらか, しづきゆく, しどろに, すぎた, すっかり落ち, すでに天心, すでに西高峯, すべてを, すみかと, すみながら, ずっと低う, そこらに, そのそこ, その一片, その三笠, その光, その唄売等, その大体, その形白熱, その恩, その晩, その秋めいた, その花, それでも知らん, それより, たくさんほかの, たちどまりて, だいぶん高く, だまって, だんだん下っ, だんだん小さく青じろく, ちがうけれども, ちょうど中天, ちょうど稲作, つくづく視, ときどき空, どうかし, どうだ, どうでも, どこかに, どのくらいに, ないころ, ないし, ないのに, なおさら目, なお半, なかつた, なかつたが, なくても, なく山, なほ半, なほ夜の, のぼれり, はなれけりなどか, ひそやかな, ひとしお研ぎすまされた, ひとつだ, ひろびろと, ぶらりと下, ほんのりと, ぼんやり街, ますます地球, またかくべつ, また明, また照せ, また語った, まだうつらぬ, まだひかり, まだ一度, まだ出ない, まだ出なかった, まだ天, まだ昇らない, まだ登らない, まだ白, まだ落ち, まるで塵埃, まれびとだからだ, みがきあげたよう, みづから光, めぐみを, もうその, もうどちら, もう五月, もう傾い, もう十二月, もう大分, もう明るく, もう残月, もう空, もちろん明月, もとより光輝, もの, やがて中天, やさしくたずねました, やつぱり人間の, やはり竹槍, ゆかじと, ようやく傾き, よく冴え, よく見えなく, よし波, よし風, ゐて, キラキラと, サルペートリエール救済院の, ポプラの, ミルクを, 一つなれ, 一寸と, 一庭の, 一日の, 一道の, 三たびかわりぬ, 三円だった, 三十一日で, 三十日だ, 三四間も, 三輪山の, 上の空にて, 下界の, 下界を, 世界の, 中庭の, 乱れ雲, 乱雲を, 二十年一日の, 二時に, 五重の塔のうへ, 人に, 人の, 今は, 今宵のみ, 今彼方, 令子の, 休むこと前便, 低く三越, 低く星, 何たる生きもの, 何処かへ, 何処の, 來て, 俄に, 傾きかけた, 傾きかけて, 先刻より, 入り日の, 入ると, 八月の, 其そこの, 冀城落城この, 円け, 再び雲, 冬でも, 冴えか, 冴えなかつたた, 冷えきって, 凝とた, 出で, 出でて, 出なかった, 出る, 出るけれども, 刻々と, 化物の, 北町奉行の, 十二月という, 十五夜, 十日を, 半輪で, 去年と, 又なかなか, 反對, 可也に, 向こうの, 吸殻を, 吹屋の, 唐, 喰えない, 圓か, 團, 在明, 地平線を, 地球の, 墓詣, 壁の, 声を, 変わって, 夜うしろの, 夜でなけれ, 夜に, 夜中に, 夢にぞ, 大丈夫生きてる, 大宇宙, 天辺に, 太陽か, 夾鐘に, 妹の, 姿を, 実にたかく, 宵より, 寒さ, 寒そう, 射さぬが, 射す刻刻, 射そそぐ銀, 小さな太鼓, 少しく興, 少し以前, 少し遲, 屋の, 山の, 山端に, 峰の, 崩れし壁, 川づら, 常住の, 幽に, 廂に, 廣漠たる, 当南町奉行所, 形も, 影と, 待つてる, 得たりとばかりに, 急に, 息を, 恰度俺達の, 憂に, 懸ると, 戎劍の, 成功しない, 戸の, 才気煥発では, 抱く, 招いても, 招くよう, 支那の, 故郷忘じ, 数珠にて, 文字通りの, 既に我等, 旧の, 早くも, 早く落ち, 昇った, 昇るが, 明りて, 明るいので, 明るかつ, 明るく座敷, 明るく蛙, 明石の, 昔から, 昔に, 昼の, 昼よりも, 晃, 晦い, 晩くし, 智恵子の, 暈き, 暗い, 暗かつ, 暴風雨の, 曇らないであろうわけ, 更にうつくし, 替れども, 最も地球, 月全体が, 朝に, 朧なりしか, 朧ろに, 木の間に, 本当に今山, 来ぬ東京, 東京の, 東洋的日本的乃至, 林に, 格別だろう, 梢に, 横浜を, 欠けるであろう, 次第に傾き, 次第に落ち, 正にヴァエア山巓, 正面から, 武蔵の, 死の, 殆ん, 残れる時鳥いま一声, 段々高く, 母に, 水の, 水線に, 水銀, 水銀を, 沈みだんだん, 沈んでも, 没して, 河原へ, 波上を, 浜辺に, 浪に, 海にぞ, 海よりぞ, 涯て, 淋しい思い, 清らかに, 湯気に, 満ち闕, 満月である, 満目の, 漏斗の, 漢堡で, 潜んで, 澄み, 澄みわたり刑務所, 澄むらん, 火, 無かつ, 無きか, 無限に, 煌々と, 煙草の, 照っても, 照らすべし, 照り水車しづかや, 照れども心の, 熱を, 片眼, 物凄いまでに, 猶木の間, 猶疑, 生の, 生活できる, 由来我地球, 申込人が, 異口同音に, 異常運動を, 癇癪を, 白い真玉, 白きまでに, 白く愁, 白く草, 白く鴻, 白銀に, 皆日の, 盈つればかくる, 盥の, 直に河水, 相変らず, 真うえ, 真に家, 真暗な, 短い廂, 神無月とも, 私の, 稍や, 空階に, 窓の, 竊に, 笑つてる, 精靈を, 紺碧の, 経につつ, 絶えず彼, 美しいな, 翁の, 聴き耳, 肉の, 臈たけ, 自然に, 自転を, 舟とも, 色も, 芸術座春秋座新国劇と, 落ちかかって, 葉桜の, 葉隠れに, 薩摩潟を, 表通りの, 西には, 見えずその, 見えないが, 見えない月あかり, 見えなかったが, 見えなかつたが, 見えながらも, 見えねど, 見たこと, 見る人, 見送る, 言って, 読書は, 諸事若宮の, 赤か, 赤く草, 走る雲, 足元の, 軒ばを, 輝き尼連河, 輝くのに, 逝きなれ等血, 遅く出た, 過ぎて, 違いますなれど, 遙に, 遠じ, 酔ふ, 銀の, 銅色を, 長いゆれる, 長野県須坂町山丸組製糸会社の, 間もなく霧, 陳士成に, 隈ない, 隙間だらけの, 隠れたの, 雨空に, 雲を, 雲翳を, 雲間を, 霜の, 霧の, 青い光り, 青根から, 青白い顔, 静かに, 音も, 須磨で, 顔を, 風情ある, 高き石垣, 高くかがやい, 高くそして, 高くやつぱり, 黄いろに, 黄色くなる, 黒ずんだ青葉, 黙して

▼ 月~ (1165, 6.8%)

61 見て 41 仰いで 38 眺めて 20 ながめて 19 見ながら 15 見ると 14 踏んで 13 浴びて 12 見た 11 見上げて 10 みて, 観て 9 ながめながら, 仰ぎながら 8 見る 7 仰いだ, 背に, 見るの 6 かすめて, 入れて, 見ても, 見るかな 5 越えて 4 仰ぎて, 眺めながら, 見れば, 隠して

3 [18件] うけて, ひとりで, みること, よめる, 中心に, 印す, 受けて, 待って, 忘れて, 拝んで, 指さして, 砕いて, 見る事, 観た, 賞した, 越して, 踰えて, 追うて

2 [76件] うかべて, うつして, ここに, ながめたり, はなれて, はるかに, めがけて, めでて, もって, もめでし賤, わび身, アンゴラ兎飼ふ, 仰ぐと, 吐き東, 小竹の, 帯びて, 思起す, 想ひ, 感じて, 拝し, 拝んだの, 指して, 捉うる, 捉へ, 掬おうと, 描こうとしても, 映して, 望む, 望んで, 浮かべて, 浴びた其後姿, 照らしぬ, 生みけ, 男神と, 相手に, 看て, 眺め, 眺めた, 眺めたり, 眺める, 眺めること, 眺め乍ら, 眺め明かさん, 祭る供物, 祭る用意, 累ね, 経たれど, 経て, 経るに従って, 經て, 背負うて, 見あげずには, 見あげながら, 見たこと, 見た時, 見ては, 見に, 見ました, 見よう, 見ること, 見るに, 見るよう, 見んと, 見上げた, 観る, 負うて, 負ひ, 賞す, 賞するの便, 越してから, 迎へ, 重ぬる, 釣る, 銀の, 領す, 頸に

1 [603件 抜粋] あかしの, あさる花, あとに, いいシック, いただきて, いっぱいうけ, いひけん今, うけし七つ森, うたひ, おおうと, おおって, おきて, おき枇杷, おさゆる寒, おろし総て上野三枚橋夜更, お見せ申し, かくして低い, かくれ, かざしたので, かしと, かすめる鳥, くもらす今宵, こえた二日, こえて, こえると, こちらの, この私達, さ, さした指, さへ, さも神々しい, して, すくうと, そぞろに, その口, その山上, そびらに, たつた一人, たよりに, ちらりと見た, ついやして, つかまうと, つかまへようと, つつみに, つなぎ合わせた, つぶさに聞き取り, ともにながめ, どうが, なが, ながめすさみし旅路, ながめた, ながめつつ, ながめるか, ながめるとか, ながめるやう, ながめる夜, ながめ涼み, ながめ見ん閨, のこし, はらみぬ, ひとり見, ぶじに, へて, ぼんやり眺め, ぽつねんと独り, まかせて, みしかな, みた歌, みむろも明け, みよ, みる, みるつもり, みるとは, みる心, めあてに, めぐらしこれ, やどさむ, よすが, よろこび, わずかに, テストされ, 一瞥し, 不調和と, 乗せて, 二ツ并べ, 仮に地表, 仰いだまま不思議, 仰いだよう, 仰いだ心境, 仰いだ心持, 仰いだ瞬間, 仰いだ顔, 仰がない月, 仰ぎしが, 仰ぎつうれしき, 仰ぎながらも, 仰ぎぬ, 仰ぎました, 仰ぎまた, 仰ぎ仰ぎ歩いて, 仰ぎ低く, 仰ぎ又, 仰ぎ瞑目, 仰ぎ私, 仰ぎ見て, 仰ぐが, 仰ぐの一事, 仰ぐよう, 仰ぐを, 仰だ目元, 休んだばかり, 何怜み, 価した, 促えし, 俎上に, 傳へ, 傷む気もち, 充分に, 入れまし, 入道の, 八重の, 共に眺むる人, 写して, 写すため, 出したので, 出して, 出し金紙, 出すこと, 出すの, 切り抜いて, 力づよき女神として, 北天に, 匿す, 半円形の, 友なる, 取らうとして, 取らんと, 受けた水面, 右に, 同時に仰ぎ, 吐いて, 吐き出だす雲, 向うの, 吹いて, 吹く風, 呑みて, 呑む, 呑んで, 呪ふ, 哀れと, 塗る, 塗るであろう, 売る商売, 夜を, 奪はん, 女神と, 孕んで, 定めて, 宿せども, 寢ず, 屋根に, 山かも, 左に, 平安京の, 幾夜経と, 延ばして, 弄し, 弄ぶ輩, 弟として, 形見にて, 待つかな, 待つという, 待つの, 待つらめ, 待つ人皆, 待つ催し, 待つ夜, 待つ間, 待乳の, 後ろに, 得た, 得て, 御注意, 心に, 忘れるなよ, 思いがけずうつして, 思い出して, 思はぬ今宵, 思ひ出したり, 恋ひ, 恋人と, 恨んで, 愛する人, 愛でて, 愛でるの, 愛で春霞, 感じつ, 憧れたこと, 憶ひ, 懸け太陽, 手に, 打ち仰ぎつつ, 抽い, 招くやなど, 拝みてぞ, 拝めと, 拝んだか, 指す幼児ゆゑにあはれとはいみじかりけることを言, 指す幼兒ゆゑにあはれとはいみじかりけることを言, 指す癩病, 指差し, 振り仰いだ, 挾む, 捉えて, 捉えんと, 捕えて, 捕へるの, 掠めて, 探しに, 掩ひ, 掴まうとでも, 描かれる時, 描く場合, 描く時, 搏つと, 撫でて, 救つてとらせよう, 散らす椎の木, 数えても, 数えると, 斬ッ, 旅寝の, 映し落葉, 暈取る, 曇らせますと, 最もお, 月見を, 望みて, 望み夜色, 望むと, 望むに, 本当に好き, 東に, 枕に, 樂める, 横目に, 欲し, 歌つた, 歌に, 歌ふ, 死のま, 殺せ彼奴, 求めずとも, 汲んで, 沁, 浮かべた遠い, 浮かべ紫, 浮ぶる那智, 浴びた五体, 浴びた彼女, 浴びること, 浴び玻璃, 添へて, 渡る雁, 湖上に, 漁師の, 漏らさで墨, 澄ます所, 無事に, 焦がすほど, 畢れ, 疱瘡面の, 盥の, 目あてに, 目がけて, 相過し, 看た, 看たこと, 看た後九日, 看るかも, 眠れる人, 眺む, 眺めあかさん, 眺めさせられて, 眺めたい, 眺めたいと, 眺めたおとなしい, 眺めたこと, 眺めたなり, 眺めた今日, 眺めないお, 眺めながらも, 眺めに, 眺めやった, 眺めるひと, 眺めるやう, 眺める宵, 眺め出した, 眺め土, 眺め朧ろ, 眺め海, 眺め空, 眺め膝栗毛, 睨みながら, 砕くに, 示すには, 神様に, 祭りし酒, 祭る準備, 移して, 積みて, 積んで, 空しく雨, 簀子に, 経てや, 経ること, 経るにつれて, 経るを, 絶入りてこそ, 經ず, 經年を, 綱に, 織りました, 翫ぶ, 翫んだ, 考慮に, 肘まくらに, 肩なる, 肴に, 背中に, 背後に, 背負った伝吉, 背負った山, 船という, 茫然と, 茫然窓から, 蔽いて, 蔽ふ, 裏山の, 見あげて, 見あげるの, 見が, 見これから, 見ざれば, 見し, 見しかな, 見しが, 見ず, 見ずやと, 見せぬは, 見せる立木, 見たい心持, 見たといふ, 見たなあ, 見たの, 見たよ, 見たり, 見つ, 見つけた, 見つけるため, 見つめた, 見つめて, 見てから, 見てからでも, 見てぞ, 見てたら, 見てても, 見てると, 見てるの, 見な, 見まして, 見むとて, 見もつて, 見やった, 見やりたまいしも, 見やれ綺麗, 見ようという, 見ようね, 見るかなという, 見るさま, 見るため, 見るだけ, 見るなど, 見るなら川向う, 見るにさえ, 見るには, 見るやう, 見るより, 見るらむ, 見るわれ, 見る会, 見る場所, 見る如し, 見る心, 見る或, 見る所, 見る景色, 見る月見, 見る状, 見る程, 見る表情, 見んとて, 見上げた私, 見上げました, 見上げ物思い, 見乍ら, 見入って, 見出して, 見出し西, 見出せし, 見花, 見返る男, 見酒, 視たなどと, 視詰めて, 観たよ, 観た詩一首, 観むとて相携, 観やう, 観ようという, 観ること, 観るに, 観るの, 観る人, 観る蚊帳, 観賞し, 言ったり, 記してない, 語つた私は, 讃美し, 負いたる自家, 負うた山, 負って, 貫いて, 賞し, 賞しながらも, 賞しなば, 賞し未来, 賞し花, 賞し酒, 賞する状, 賞せぬ事, 賞で, 賞める, 超ゆる, 越えたところ, 越えた十二月, 越えると, 越え蘆, 越したら二三日, 越し上旬, 越すと, 越すに, 距らざる, 踏み詩, 踏んでは, 踰えざるべき, 踰ゆれ, 載せ, 輝かせながら, 迎うる, 迎えに, 迎えるよう, 迎ふら, 追かける, 追っかけて, 追って益悲境, 追ひかける, 過ぎて, 過したもの, 過し帰国準備, 遠く沖合, 遠慮なく眺める, 遮るよう, 避けた被衣, 避けて, 避けるもの, 邀へて, 酌もうよ, 重ねた末, 銀で, 鎖して, 鏤つて御, 鑿つた大, 長門に, 閲すること二十有餘箇月, 閲せり, 隔つる思いあり, 隠しただ, 隠したなどとは, 隠せば, 離る, 離れたところ, 雲も, 静かな, 静視し, 頼りに, 題材に, 麾きて, 黒い霧

▼ 月~ (541, 3.2%)

34 星も 22 前から 10 日も 5 なく星, 三月も, 出て 4 二た, 幾月も, 花も 3 さやかなり, なかった, 幾年も, 折から, 末に, 經つてから

2 [33件] あるし, あると, いいし, お星, すむ, た, たたないうち, とどかぬわが, ない頃, なければ, のぼるに, ふけて, また紫, よし牛祭, 上った, 下宿に, 二つの, 二タ月も, 凍るしべり, 前に, 変りました, 年が, 後に, 星たちも, 来る月, 水底に, 監獄も, 落ちて, 見ないで, 雪も, 雲が, 雲も, 露も

1 [364件] あかしの, あって, あつて, あと二三日, あの時, ありいろんな, ありとあらゆる者, ありましたしね, あります, あるから, あるには, あるの, あるん, ある空, いいので, いうまま, いかにもる, いくつきも, いさましけ, いたの, いっしょに, うろ覚え, おぼろ, おぼろに, おぼろの, おぼろ道も, お互に, お暈, お見え, かかって, かかりました, かくれて, かわって, こうし, こえて, こらえねば, さえて, さかのぼッ, ささなかったって, ささぬ苫, さす, したら無くなって, しないうち, しらみて, すばらしく冴え, すりゃロシヤ, するうち, ずるを, そう西, その間から, そろそろ上る, たたない子, たちました, たった後一人, たつて, だいぶ上った, だんだんかけ, ちょうど雲, つづいて, つづきめっきり, つゆ空, でて, でぬさうな, ない, ないの, ない二十三日, ない二十四日, ない夜, ない夜凪, ない夜空, ない星あかり, ない暗い晩, ない杜下径, ない海上, ない秋, ない闇, ない霜, なお緑, なかつた, なきに, なくぐるり, なくただ, なくなる夜寒, なく中庭, なく推量, なく日, なく森, なく海上, なく花, なく風, なし, なしわざと, なし風, はいって, はるか足の, ぶらぶらし, ほかの, ほの, ほのかに, ぼやけて, まえであるが, また, また南天, また悪鬼, また是等, また特に, また飛ぶ, まだうすく, まだ寝わすれ, みえずに, みられる, みるだらう, みんななくなっ, もう半過, もう終り, もたぬかも, もり雨, やがて出る, やがて出るであろう, やどらず, やはり五円, やれば, よいから, よい虫, よし, よし涼み, よし闇, わびしき醤油, ヒステリックな, ヒューマニズムの, 一夜の, 一点の, 一緒に, 七っつもっ, 七月に, 世に住みわび, 中ごろに, 中旬に, 二十日に, 亦と, 今みる, 今土, 今宵その, 今日ねざる, 会はずに, 会計は, 低くなりかかっ, 何にも, 何も, 何んにも, 俊基朝臣や, 傾いて, 光を, 入って, 入らざる地平線, 入ると, 内心大いに, 再び明るく, 冴えなかつたなぜ, 凍って, 凍てついた深夜, 出しお, 出ず暗い, 出るでございましよう, 出るの, 出掛けないで, 前です, 十一割以上の, 十五に, 参殿しない, 又この, 只家賃, 同じやう, 呑んで, 団欒す, 地球から, 地球も, 場合によっては, 場所も, 変る頃, 多摩の, 夜明にや, 天心から, 太陽の, 夫人は, 好い, 如月と, 姿を, 宵には, 宿らずと, 宿屋の, 寂寞の, 射す, 射添, 少し明けれ, 居ります内, 山も, 差し込みそう, 平生の, 幾年もの間不自由な, 彼とともに, 彼の, 待たせた後, 待つて, 後れて, 得堪えぬ如く, 心からかわいそう, 心に, 忘れが, 忘れて, 忘れられません, 忽ち暗く, 忽ち騒雲, 怖いが, 思い出の, 息を, 我慢し, 押し込められ可哀想, 揺れまたたくよう, 數へ, 早かったら, 昇つたけ, 明らかなり, 明らかに, 明るい, 明るかつ, 明月と, 明石ヶ浦どんな, 昔は, 映りそう, 春も, 昼間外出せずし, 昼顔の, 時雨も, 晴れて, 晴れ渡る世にも, 暮らし続けて, 暮らし自分, 曇りに, 曇を, 更け夜気, 月かは, 有明に, 木かげに, 来る年, 林の, 林を, 梅雨空, 歌会の, 此處へ, 残り少く, 毎日毎日他人の, 毎日親切な, 毎晩強情に, 氷るという, 汚れを, 沈み話が, 泣いて, 流転の, 浮ばれまいかと, 海の, 消えそう, 淡く尼連河, 清く明らか, 渡るよ, 湖水も, 満たず女の子, 満月の, 滞在し続けた, 濁らず水, 無かつ, 無く沙漠暮れ, 無ければ, 無事に, 照さず花, 照って, 照らそう, 生死の, 田舎だ, 病人を, 皆既なり, 監禁し, 直ぐそこ, 眺むるに懶く, 眺めたいし, 知れないやう, 石山の, 私の, 移って, 稼ぎを, 空に, 立たないうち, 立たぬ内, 立ない, 笠脱ぐ, 管絃祭も, 経たないで, 経たない内, 経たない嬰児, 経ち夾竹桃, 経って, 経つと, 経てば, 絵の, 絶望の, 続いた或, 続いて, 続くの, 維持でき, 能く光らない, 脱いだこと, 苦しい遣繰, 苦勞し, 落ちか, 落ちた, 落ち夜, 葉の, 薄い姿, 螺転し, 血に, 見えず四方, 見えなくなるの, 見えぬ地, 見え星, 見が, 見つ, 見て, 見に, 記録を, 読まれないで, 走る, 踊りも, 輝いて, 近づいて, 追つ駈けた, 送った後, 逗留し, 這入つた様だし風, 逢はずに, 遊んでしまつたこと, 過ぎた, 過ぎて, 都に, 野末に, 鐘の, 開けなかつたらしく海老錠, 間が, 間もなく出るだらう, 闌くれ, 阿母, 隠れた, 隠れて, 隠れましょう, 離り, 雲間を, 雲隠れぬる, 霜夜にや, 顔には, 顔を, 風も, 風立つた, 骨を, 高くなっ, 黙つて

▼ 月~ (407, 2.4%)

16 は綱手 10 の手 8 は刀 5 が, の言葉, は, は微笑, は眼 4 の眼, の顔, はそう, は何, は小太郎 3 のこと, の声, の武士, はよろめいた, は庄吉, は草, は鏡

2 [28件] がじっと, がその, が右手, が深雪, が遺児, じゃ, だ, と二人, の右手, の必死, の父, の胸, の腕, の臂, の血管, はじっと, はその, はちらっと, は俯向き, は深雪, は肩, は腕組, は膝, は自分, は蒼白, は鋭く, は頭, を見た

1 [251件] か, から離れまい, がこの, がじ, がそれ, がただ, がはっきり, がもう一度, が云った, が何ん, が刀, が剥き出した, が力, が半身, が呟い, が呟いた, が呼吸, が大, が寝返っ, が小太郎, が左入身, が左手, が布, が愛欲, が感じた, が押え, が振向い, が正面, が歩き, が死骸, が眼, が立, が自分, が草叢, が身体, が静か, が頷いた, っ, って, であった, であっただけに, とが同時に, とちがわ, とて一流, とのこの, との不義, との地獄, との恋, との間, とは人物, とは思えなかった, とは組合った, とは蔵屋敷, と似, と何, と割, と改めて, と申しまする, と申す, と話, なる者, に, にいわせ, にはそれ, にもその, に何ん, に侮られる, に別れられる, に刺し, に十分, に対して夫, に打明けたく, に指, に握られ, に背, に逢わな, に邪心, ぬしに, ぬしの, ぬしは, のいおう, のすぐ, のそうした, のその, のよう, の上, の偽らない, の刀, の前, の半, の口, の叫んだ, の同情, の名, の呼吸, の後, の心, の情熱的, の態度, の手紙, の明察, の来る, の枕近く, の枕頭, の機嫌, の歯, の決心, の深い, の無礼, の物, の独り勝手, の着物, の立派, の笑い, の肚, の肩, の背後, の脇差, の脚, の腹, の臥床, の草鞋, の薄, の袖, の討たれる, の足, の返答, の野郎, の隙, の頭, はいい, はいつか, はきっと, はこう, はじいっと, はすぐ, はそのまま, はそれ, はそれでも, ははっと, はわざと, は一生, は丁寧, は不安そう, は二人, は低く, は低く鋭く, は全身, は兵道家の子, は処女, は原, は反射的, は右手, は吐き出す, は周章て, は呼吸, は喘ぐ, は四方, は執拗, は墓, は声, は夜露, は大きい, は女, は小半町, は左手, は己, は帯, は思った, は急, は悪魔, は悲しい, は感じた, は憑かれた, は手, は斉興公, は暫く, は月, は未だ, は杉木立, は次の間, は死ん, は湯, は父, は片, は狂人, は眠りかけ, は窪地, は答え, は答えない, は考え, は脇差, は腹の中, は荒い, は袖, は袴, は襷, は見かけ, は身体中, は躱し, は野獣, は険しい, は雌諸共, は頬, は頷いた, は黙っ, へこの, へそれ, への憎しみ, へは, へ偽る, へ叩きつけた, へ手向, へ斬りかかっ, へ猟犬, へ獅, へ蘇っ, へ訳, もまさか, も一足, も小太郎, も感じなかった, も死ぬ, も若い, を傷つける, を半分, を埋め, を庇っ, を悉く, を招, を斬っ, を暗闇, を殺さない, を殺し, を殺した, を獲た, を眺め, を突き刺した, を苦しめたく, を苦しめたくなかった, を裁く, を見つめた, を見上げ, を見逃しちまった, を討っ, を討つ, を討取った, を較べ, を長い, 出い, 自裁せい

▼ 月~ (292, 1.7%)

4 日が, 花とを 3 スッポンの, 日の, 星, 星とが, 水の, 美童

2 [20件] すっぽんの, すっぽんほど, その月光, なった, ヒマラヤ杉, 同じ職, 日, 日は, 日を, 星と, 星とに, 星とを, 星の, 梅, 水田, 相場が, 眼を, 菊とに, 過す程, 霧

1 [226件] あれば, いう, いうのに, いうべきもの, いうほど, いえば, いって, いっても, いはず日, いりか, お話も, かからないはず, かからなかったし, かけて, ここの, させたいもの, し少女, すっぽん, すっぽんでございます, すっぽんどころか, すっぽんほどの, すっぽんほども, すっぽん雪と, すつぽん, するには, するの, すれすれの, すッ, そうでない, それより, それを, た, たたぬうち, たたねえうち, たちませぬうち, つづいた, でありそこ, どつち, なく休み, なく何となく, なく生きつない, なく私, なすとも, なったの, なって, なり, なり其眼, なり秋, なり読み残したもの, なるであろうと, なると, ほのかに, まばらに, もちは, わが老, わたくしたちの, オリオンとの, スッポンだ, スッポンである, スッポンよりも, 一つ燦く, 一所に, 一時に, 一月一杯ちょ, 三十日或は, 並んで, 中井桜洲山人の, 云うの, 云うもの, 云う体, 云う汁粉屋, 云ふ, 云ふも, 人, 仏と, 他の, 仰ぐばかり, 住み馴れるに従って, 保つもの, 兎, 兎つい, 六ペンス, 十一の, 十日よくもまあ, 十日余りに, 反対の, 号した, 同じく天地, 同じく生涯, 同棲し, 名が, 名乗り朝, 向う岸の, 土星の, 地球との, 地球の, 地球間の, 夏本の, 太陽との, 太陽の, 夫人が, 寂寞として, 寢ぬ, 対談, 小糠星, 小魚, 少し暑くるしい, 居着いて, 川波と, 年紀の, 幸田が, 幸田社長の, 御題を, 心を, 戀, 成つて二三尺照らす, 我々との, 揃える法則, 提灯とで, 文法学水星と, 日だけは, 日との, 日とを, 日めぐる, 日も, 日本の, 日輪とが, 日頃とを, 昔の, 星が, 星とだけは, 星との, 星ばかり, 星を, 星明りが, 星陸と, 春の, 月と, 月との, 月に, 月の, 来月とは, 殆ど同じ, 比例し, 水, 水が, 水とが, 水とに, 水との, 水とを, 水明りとが, 水明りとに, 河鹿を, 泥と, 泥亀ほどの, 泥鼈ほどの, 泥龜程の, 浪の, 海と, 海とを, 溶け合つた淡い, 潮汐とには, 火星の, 火焔と, 炭団ほど, 無数の, 瓦斯との, 申したよう, 申す, 白い月, 白い雲, 盆踊五月節供の, 盥に, 目を, 眠らなむ, 眺められ花, 私は, 秋水との, 称して, 称す, 稀なる, 童, 紅い火星, 経たないうち, 経つ中, 結合し, 結婚する, 絹地から, 經つても, 続稿, 署名した, 義貞の, 聞き分けて, 胡桃, 花, 花が, 花とが, 花との, 茶の, 葭を, 見て, 見なせるなり, 見ゆるならむ, 見做, 見紛, 覚えて, 解く, 記して, 語り得る一致點, 過ぎ三月, 醤油との, 関係を, 雨とを, 雪とに, 雲, 雲と, 雲とが, 雲実, 零下二十度近い, 霜に, 露雲と, 静かな, 顔を, 高いポプラ, 鼈との, 鼈ほどの

▼ 月~ (259, 1.5%)

6 を見 5 が出 4 の中, の光, の影 3 が出ました, が出る, でも, の御堂, の方, はまるで, は空

2 [23件] がお, がのぼっ, が三笠, が御, だ, でしょう, では, にお, にそっと, のお, のさす, のよう, の子供, の眼, はお, はだんだん, は今, は仲麿, は何, は小, は忘れられない, ばかりだ, やお

1 [169件] おやすみなさい, から, から大事, か何, があがる, があの, があれ, がいらっしっ, がしずか, がしづか, がだんだん, がちょい, がにこにこ, がにっこり, がまんま, がみっ, がゆ, がよう, がソロソロ, がニコニコ, がポツカリ, が三体, が上った, が今度, が傘, が出た, が吐いた, が拝めなくなる, が東, が江戸, が沈ん, が湖, が真, が空, が笑つて, が見えましょう, が見える, が遠い, が駈けつとる, が黒い, そういう結び合せ, だけはまんざら, だつたの, だよ, てえ奴, でございますッ, でした, でしたわ, です, ですね, で光っ, ときた, とスッポン以上, と乃公, と亀如程, と二人, と僕, と星, と泥鼈, どうぞよく光つて, なんかに見せつけ, なんか飛越, なんぞ有っ, にきかせ, にこんな, にさしあげ, になりました, に先手, に光った, に向っ, に呶, に好かれる, に怒鳴りたくなった, に礼拝, に笑いかけた, に蛍, ねえ, のあと, のうち, のお蔭, のお話, のかげ, のこと, のさし, のせい, のため, のところ, のなか, のほう, のやう, の上った, の世界, の光りで, の出る, の化け物, の周囲, の唄, の団子, の好き, の小母さま, の後, の心遣い, の晩, の森, の真中, の美し, の落ち, の通る, の音, は, はあれ, はいらつ, はなごり, はにこにこ, はまだ, はもう, はやっぱり, は何時頃, は出, は女の子, は幹子, は怒, は感心, は明るい, は明日, は死ん, は流れ, は知らぬ顔, は紅い, は薬袋, ばかり, へむかっ, へ笑いかけ, ほどにしか見えなくなる, まで, まで隠れ, まで飛ん, も, もいつのまにか, もそれ, もたいへん, も僕, も赤かっ, や乙姫様, を, をあおぎ, をあおぎました, をいただい, をごらん, をし, をのぞい, をのぞき, をまあ, をみる, を征服, を拝み, を拝みましょう, を指, を猫, を眺め, を神様, を祭っ, を若い, を見た, を見ました, を迎え, を飛, 拝むとて, 踏んだればとて

▼ 月~ (218, 1.3%)

8 とおりん 4 の体, の姿 3 の帯, の部屋, は, や次郎

2 [13件] が次, と次郎, と金吾, の声, の手, の方, の様子, の胸, の跋, はここ, はその, はそれ, も

1 [164件] から見る, が, がお詫び, がこう, がし, がそこら, がなぜ, がにこやか, がほしい, が今, が体, が小, が屋敷, が帰っ, が息, が抱きこん, が次郎, が気休め, が爪, が目, が美しく, が若い, が草履, が落ち, が野菊, じゃの, だな, である, であろう, です, でも次, というお, というよそ, という女, という女中, としてはその, との思わぬ, とはお, とはほくそ笑み, とは道, とやらを疑っ, とよぶ, と一緒, と会う, と共に八王子, と共に玄関, と添わせ, と知る, にかしずい, にはかなり, にはひどく, にもおりん, にも言われました, に代っ, に会う, に向っ, に回りました, に恋, に話しかけます, のあと, のうしろ, のうしろ姿, のこと, のす, の二人, の供, の前, の去, の口, の婿, の嫌い, の小, の屋敷, の恋, の打身, の指, の指南, の横顔, の片手, の病, の病気, の白駒, の短命, の秘薬, の肉, の舞, の落ち, の落ちた, の血, の返辞, の顔, の顔色, の駕わき, の黒髪, はあわて, はいったん, はおそろしい, はおりん, はおろか, はぐんぐん, はこう笑, はこの, はこわごわ, はすぐ, はふさふさ, はまた, はまだ, はもう, はツンツン, はハッ, はホホ, は一つぶ種, は不意, は事, は何, は八王子, は勿論, は塀際, は声かぎり人, は女らしく, は少し, は少女, は彼, は憂鬱, は手, は泣きたい, は琴, は目, は磯, は苦し, は草叢, は表十組, は路傍, は駄々, もおりん, もそこ, もよく, も一緒, も三日月形, も今屋敷, も及びません, も思わず, も次郎, も謡え, も金吾, も馬上, や万太郎, や次, や金吾, をくれよう, をし, をにらみつける, をはじめ, を励まし, を妻, を引, を引き入れた, を探し, を水, を背, を自分, を見ます, を谷底, を陽気

▼ 月さま~ (176, 1.0%)

9 の光 8 の中 4 が出, を, 出てる 3 のあかり, の下

2 [18件] がしずか, がしづか, がその, が丁度, が出ました, が昨日, が空, が高く, に惚, に続け, のちかく, の光り, の出る, の少し, の船, は今, を憎んだ, を眺め

1 [105件] から, からアニリン色素, があかるく, があがる, がそっと, がねえや, がひる, がほんのり, がぽっかり, がカブン, が上がった, が二つ, が光っ, が出た, が出りゃ, が出る, が地蔵さま, が大きく, が慈愛, が拝めるだろう, が昼, が東, が海, が無く, が照, が照ってる, が窓, が見える, が野, が高, だ, だけがうつくしく, だったよ, だわねえ, ですこと, では, でも, とがおり, となっ, とびこえた, と仰せられまし, と星, と馬賊, と鼈, にし, にすかし, には黒い, に化け, ね, のあかるい, のあった, のあつ, のいろ, のお隣, のすべすべ, のそば, のやう, のよう, の外, の夢, の拡大写真, の衝突, の近く, の重力, の顔, はいま, はいまちやう, はお, はおそろしく, はこの, はちょうど, はモウ, は一つ, は全く, は少し, は早い, は無, は盲, は鏡, みた夢, めがけて, もうるみました, も出た, も地球, よりももっと, よりも小さく, より高く, をおがん, をとびこえるめうしのダンス, をながいながい, をながめ, をながめました, をふり向きました, を拝み, を拝もう, を拝ん, を見, を見せ, を見る, 光る, 光る昼, 出てても, 出る晩, 砕くの, 見てたりや

▼ 月明り~ (149, 0.9%)

16 の中 9 の下 4 をたより 3 で見る, にすかし 2 で見た, とも靄, に字, に透かし, に透し, のとどかない, の仄めいた, の吹かれる, の夜

1 [96件] が便り, が届い, が屋根, が廃墟, が映しこん, が白く, が真っ白, が薄, が靄, して, すかして, その小半丁先, だ, だった, である, でしかとは分らない, でも受け, で仕度, で庭, で掃いた, で書, で白く, で窓, で見えた, で読んだ, で露地, とが中空, と闇, と雪明り, と電燈瓦斯, にそこ, にて画, によろぼひ出た, にアイガー, に交った, に光っ, に光つて, に前面, に善助, に庭, に敵, に浄化, に源氏, に照らされ, に照らされたかれ, に病人, に白い, に眺め, に立留つて, に罩, に見えた, に読まれる, に誰, に透し見た, に震, に霜, に霞ん, のある, のおぼつかな, のこと, のせい, のところ, のなか, のまだよく, のみで, のよう, のマラッカ海峡, の僅か, の大路, の屋根, の往来, の昔ながら, の映す, の爲め, の磨硝子, の落ちた, の裏打, の軒, の遠目, の部屋, の雲, の顔, はある, はこの, はまるで, へ引かれ, より白い, をタヨリ, を履, を幸, を横, を気, を浴び, を浴びた, を透かし, を避け

▼ 月~ (131, 0.8%)

127 之丞 4 之丞様

▼ 月さん~ (101, 0.6%)

1176543 の国 2 が出た, で, ですよ, の兎, も和尚さん, よ

1 [53件] うまく隠れた, お月さん, お空, から, がちよ, がのぼつ, がもっと, がチョイ, がチョイト, が円, が出, が昇った, が笑ってら, が胸, が西, こんなに昇っ, だね, だらうな, でなあ, で他, で通す, とはずっと, と鼈, なら, なんかには, にそ, ぬっと出る, のあの, のお, のおとり, のその後, のまつり, のやう, のウィンクみたい, の光, の出た, の姿, の子供, の居所, の時, はいい, はどうも, はもう, はもうこ, は冷たい, は好い, へ, まだ出ない, も, をかくし, をかすめ, をながめる, を見る

▼ 月~ (79, 0.5%)

5 星を 4 星の 3 星が, 星に, 星は 2 あらぬ, あらぬ春, 二た, 二タ月は, 太陽が, 太陽を, 雲の

1 [47件] あらぬ今宵, あらぬ似たる時, そこい, ふた月, またはこうした, 三月や, 三月分前借りでも, 上に, 両袖, 二月は, 傘を, 出てても, 出でに, 半月の, 地球に, 夜風, 太陽と, 太陽の, 奇麗な, 恋しき, 日が, 日曜の, 昔の, 星でない, 星によって, 星も, 星や, 映し雨, 春北之幸谷の, 望むべし, 枯野を, 桂を, 森を, 橋の, 水仙花, 湖心亭の, 焦れて, 片割れ, 白い霧, 知る今宵, 細枯れる, 花の, 花を, 花鳥などが, 雪や, 青物の, 髭を

▼ 月何日~ (70, 0.4%)

4 に死する 3 の何時, の夜 2 の何時ごろ, の何時何分

1 [56件] かと聞く, から見えなくなった, だか, だから, だったか, だったかも, であつ, というよう, といわね, とかその, にあたし, にいくらいくら, にご, にどう, にどこ, にどこそこ, になる, にはどこ, には日蝕, には見せしめ, にヨコハマ, にロンドン, に何流, に剣難, に城門, に幾日, に日蝕, に早朝, に火難, に生まれた, に當, に聞える, に雷, の, のお, のこと, の何時何分何秒, の何時何分頃, の何時頃, の夜半, の天候, の天気, の晩, の深夜, の続き, の黒, は凶日, は吉日, までにヨコハマ, よりと予告, をやっ, を期し, を誦し出した, 大日本帝國海軍大佐櫻木重雄本島, 某処, 死ぬの

▼ 月ほど~ (69, 0.4%)

11 前に 9 前から 3 前の, 経って, 経ってから 2 して

1 [38件] ああだこうだ, あと児太郎は, かかって, したある, すぎた, ちょっと心配, つづいた最後, な再起, まえから, まえだった, まえに, まえシャラントン, まえ家族, ゐた熱海, 仕事から, 働いても, 前でした, 前よ, 前明治二十七年五月の, 前紀州の, 前継母が, 前近郊の, 前鍵は, 危篤の, 居たが, 延着し, 後の, 後山から, 意欲が, 早かったなら, 歴史的事件が, 滞在し, 経ちますとね, 経つうち, 経て, 行って, 見ないお, 驚くべき大きな

▼ 月かげ~ (68, 0.4%)

2 と, となり, など賞し, に煙, のまんなか, も誰, や鋼管, を噛む, 流しに, 涼しく見おろす

1 [48件] あた, うつる, かたむいた, が, があった, がこぼれ落ち, がさし, が地, こそ老, とかたみに, ながうひい, なの, に, にあらはれわたる, にすかし, にぬれ, に歌, に濡れ, に照らしだされた, に追われ, に雁鳴き, のひとり, のほ, の一人, の下, の旅, の淡く, の落ち, の銀, は, はかつ, はすべて, は入る, は欄干近く, まつすぐ, もない, もよかつ, も痛々しく, や枯野, をながめ, を拾, を掃く, を浴び, を落し, を見守った, 清しと, 隠す薄, 青く鐘

▼ 月~ (68, 0.4%)

6 な, よ 3 つた, なア 2 から, こと, なあ

1 [44件] かがつい, から亥, から十月, から来月, から行く, か太陽, か現在, がまだ, が少し, が月, ことまあ, しいろ, つけか, つけかは, つたが, つたな, つた寅藏は, つた感慨に, つた放哉の, つた月光流とは, つてオデンだ, つて星だ, という日, といっ, とか夏一杯, とは言わぬ, と云つて, と半分身体, と思っ, と考え, と言っ, なし, なんて, によって縁先, ね田川さんお上がん, のに小説, わね, わねえ, 冴え冴えとして, 妙法蓮華経如来寿量品第, 月が, 月だ, 治郎吉は, 諏訪神社の

▼ 月~ (67, 0.4%)

11 あつた 3 待って 2 せう

1 [51件] あらう, いいから, おフー, お夕飯, お茶を, きめて, ぐつすり寝た, ござります, すっかり頭脳, その下, その五十, それも, それを, だめである, ほんとにいい, みな立去っ, もうその, 一般に, 三十日として, 上達するだらう, 事は, 今年は, 仕事の, 八千円わるく, 切れて, 判らなかつたこと, 前の, 十万そこそこの, 卒業し, 多くの, 天宝の, 夭折する, 女の, 悪病が, 手に, 明るいやう, 朧の, 燐の, 白く光る, 真白だった, 睡れても, 知性の, 紫色に, 而も, 脱ぐはず, 芝居町の, 話した兼吉, 音楽の, 食事を, 飲食した, 黄色い光

▼ 月ばかり~ (66, 0.4%)

8 前から 4 前に 3 前の 2 だ, である, でした, 経って

1 [43件] たって, たつたある, たつた頃, つまらない日, でこの, では, で又, で彼, で正気, で病人, どうかその, まえ天文二十一年, 一文なし, 中国の, 京大阪の, 休んで, 前, 前お, 前それを, 前で, 前まで, 前までは, 前夜釣に, 前斯ん, 前時々, 前蒸し暑い, 前雪が, 呉れて, 後に, 田畑が, 甲州の, 真蒼, 箱根に, 経たねえうち, 経ってから, 經ちました, 続いて, 藤や, 行って, 貰ひ, 過ぎた仲秋, 陣地に, 風邪で

▼ 月には~ (56, 0.3%)

2 どう云, 生物が

1 [52件] いかが, いつまでも, うかぶ月, その年, その赤松勢, そんな生存, たまに読経料, まだ脂肪, フーフーと, 一滴の, 三十日或は, 上る長安百尺, 二円五十銭忙しい, 何か, 十円の, 十哩以上の, 千鳥と, 厭ふい, 四ポンド五志日本金に, 地球照が, 売らんです十一月後の, 外洋から, 夜店を, 尾花か, 巣鴨拘置所だけを, 幽け, 当時大坂で, 悲み, 或る, 月に, 柳田村の, 横雲少し, 水が, 水も, 決って, 波立ち暗夜, 焼けのこった藤堂さん, 焼夷弾が, 田島秋夢と, 白く処々, 直に黒く, 相違ない, 空気が, 突かぬなり, 縁が, 翡翠の, 至り得ること, 英國に, 蒼き俤, 西美濃の, 障る隈, 高燈籠

▼ 月~ (54, 0.3%)

2 出た, 眼を, 行った最初

1 [48件] あけはなつ, いって, いつまでも, いばりして, うたうて, うたふ, おびきだしたの, ごろりと寝る, ちぎれ雲, ならんで, ひきだされどうしても, ひとりの, ふたりを, むかって, もう六分の一, ゆれつつ, 上陸する, 入って, 凍て返った, 参りますから, 向いて, 向かって, 向って, 寄り夜食, 寧ろ激突, 少し遲, 徳山, 懸ったでは, 投げつけたもの, 招いて, 月へ, 月へと, 来るよりか, 榎並夫妻に, 汲みあげる水, 流れて, 現れましたか, 登って, 縞萱の, 罵って, 花火の, 萱の, 蒼白くさらし, 行く, 行く方法, 見送つて, 送るたび, 飛翔し去った

▼ 月~ (51, 0.3%)

3 前から 2 住んで, 何か, 心づかでありけん, 過ぎて

1 [40件] お耳, この国民, するうち, そこいらだつた, たちました, たつうち, たつ中, ァ馬鹿, 三月しか, 三月の, 三月ほど, 三月も, 三月前の, 三月牢に, 不二家で, 二た, 前に, 前の, 前線へ, 半焼の, 姫小松, 家で, 延ばした, 後悔の, 扱って, 日本に, 明星か, 星あかりか, 月が, 木村屋かと, 瀬の, 知らないけれども, 空想し, 立ったので, 経った, 経って, 經ちました, 続けて, 辛抱し通し, 都へ

▼ 月~ (51, 0.3%)

4 に近し 2 だ, に近づく, の大, の姿, の秘密, は今

1 [35件] からひどい, がたどった, がやった, が子孫, が暮らし, が死んだ, が気, だったら困ったこと, だと, ならあんな, に追いかけられ, のふしぎ, の大軍, の居住区, の来襲, の総数, の襲撃前, の話, の説, はあの, はきっと, はなかなか, はばか, はぼく, は土地, は土木工事, は地中, は月, は空気, をここ, をたおし, をとこ, を恐怖, を艇内, を見よう

▼ 月から~ (49, 0.3%)

3 こぼれて 2 下座を, 月へと, 眼を, 見た地球

1 [38件] おれは, きたとり, きたねこ, こぼれた白い, ひらり柿, わたし見る, ズーッと, 一月後の, 不思議に, 予約ぎりぎり, 今朝まで, 吹いて, 回って, 圓朝は, 地球を, 墜ちて, 夜の, 射し下ろして, 差出人が, 帰って, 懐妊し, 手紙を, 放つ, 来た人, 来る光, 東京には, 柿の, 滾れ落ちる冷, 生れたで, 聞いたろうが, 聞き取ったもの, 観た地球, 計算し, 迎えの, 近郷の, 連載読切として, 風が, 飛行機に

▼ 月にも~ (44, 0.3%)

2 何の, 雪にも

1 [40件] あらじ世間一切, あらず水, あんがい生物, お詣り, かしこを, かすかに, しろ刑務所, それを, どの日, なった, なつた, ならないといった, ならないのに, ならない赤坊, ならんでなあ, なるのに, なる今日, わたると, 一昨日持っ, 亙つて續, 人類が, 今宵かな, 団子なるべき, 垂んとする, 姿らしい, 属せず, 情を, 打つや, 斯様な, 春にも, 毛利家の, 水にも, 良人は, 花にも, 苫を, 見離されたる身, 起り得る, 霧にも, 露にも, 麹町の

▼ 月でも~ (43, 0.3%)

2 ない, 三月でも, 健には, 出て, 眺めて, 眺める殊勝

1 [31件] あったから, あつて, いい晩, かまうこと, そのため, ですね, ながめる気, なした, なし星, なし春, ほのかに, まさか夜明し, 出そう, 出たよう, 出相, 半月でも, 変って, 打ち続ける, 捉えようと, 捕えようと, 日でも, 更ったら, 更りましたら, 泊め置くとは, 浮び上るの, 眺め虫, 聞くと, 見たら宇宙, 見ながら, 見ようか, 起臥を

▼ 月~ (42, 0.2%)

3 のこと 2 に見, の八月十七日

1 [35件] から旅, から蓮英殺し, ぐらいに予告, だ, であったなら或は, でおさめ, にこ, にもなる, にも起つた, に供える, に岸本, に快眠, に湯屋, に灰汁, に終つて, に自動車, に詩, に通っ, の九月, の低, の先月, の半夜, の星, の枝, の浜, の船, ほど前, までつまり, までのお, ゆく, よりは反っ, をかすめ飛び, 時鳥, 枝, 秋景

▼ 月~ (42, 0.2%)

2 がよかつ, とすつ, にお, のさす

1 [34件] いふもの, おさびしうございませうがと, があつたかい, が丸く, が出, が出た, が出なく, が山, が落ち, が隱, が雲, が驚い, が高く, だけでありました, だ相手, でした, でも眺め, と呼び, と夕映, と鼈, などを眺め, に照, のなげきぶし, の傾きかけた, の光, の出, の外, の工合, の良い, はまんまるく, は夜半, は綺麗, は邪魔, を見たつ

▼ 月という~ (34, 0.2%)

3 ものは 2 ものの, ものを, 字, 題が

1 [23件] うちで, ことに対する, しめくくりの, のか, のと, もの自転車での, ような, 人が, 名で, 名を, 大い, 字は, 字を, 対句通りに, 意味, 意味で, 日比谷公園の, 時分が, 曲は, 曲を, 菓子屋で, 虚無僧に, 訳か

▼ 月~ (31, 0.2%)

1 [31件] か, が化物, が芸術, が軍需大臣, こそ真個, その人, といふ既に, と一緒, にお知らせ, についで, の作品, の地, の場合, の夫人, の強い, の武者絵, の王, の画, の眼, の評判がい, の隠れた, の顔, はさ, はよく, は困り, は家, は武者絵, は頻り, も全く, を指し, 描くところ

▼ 月より~ (29, 0.2%)

2 數へて

1 [27件] しるき今宵, その石, たかく九十倍, なほほそく傾く, ひびく, ひびく滝, もっと遠い, チョコレートを, 五日目の, 国許の, 外に, 外は, 太陽より, 幾月までの, 支給という, 朧ろにて, 来る, 流る, 猶怪し, 白い彼, 白く消え, 白く見えた, 白し満ちひらき, 細かき糠星, 翌月まで, 青かった, 響く

▼ 月初め~ (27, 0.2%)

2 に初日, に前借

1 [23件] からずっと, からぼつぼつ, から二, から奥山, から月なかば, から話, から1箇月餘, と月末, と決められた, に出, に別れちゃった, に歸京, に片付け, に知行所, の三日, の夕月夜, の夜, の或, の日曜ごと, の日曜毎, の第, の頃, はすっかり

▼ 月~ (26, 0.2%)

3 に何とか 2 に, の兎

1 [19件] が肝心, にあの, にある, にはお目にかかりましょう, にはお送り, には何とか, には足下, に出版, に右, に方角, に書, に響, の嫦娥, の特に, の角声馬, はラサ府, は何度, は御, 云いつけて

▼ 月~ (26, 0.2%)

5 の定

1 [21件] にあく, にあくがれ, にうかれつくし, にそむけ, に並べ, に庄屋, に慰められ, に換, のいづ, のた, の上, の哀れ, の座, の月, の風流, もおも, をかしき, をたのしん, をながめ, をなど家, を友

▼ 月~ (24, 0.1%)

2 は其方

1 [22件] うるみて, か, が, がはかなく, がリイ, が天下った, が行方不明, だ, というもの, といふ二体, と並ん, と標記, にこう, のごとく, は, はお前, はこれ, はニッコリ, は又, は御殿, よ, を結婚わせ

▼ 月あまり~ (23, 0.1%)

2 の間

1 [21件] あらゆる捜査, それでも物珍, で全快, にはおから, にもなる, に衰, の後, ひきこもって, もか, も只食い, も彼, も続けなけれ, も過ぎる, を経た, を經, を費し, を過ぎた, を過した, 半十郎, 寝こんだとは, 経ったある

▼ 月こそ~ (23, 0.1%)

7 神よ

1 [16件] あったが, あれそうして, いとものすごき, かかれ吉田山, かかれ槙柱, ないが, 中, 冴ゆれ, 変れ先君内匠頭, 変れ松蔵, 旅で, 桶に, 異れ, 見所あれ, 違うが, 面白けれ

▼ 月~ (23, 0.1%)

2 にあり

1 [21件] がいつも, ちらと, にては諸, にて御す, にて最, に印し, に向, に現, に自由, に返り, の下, の光, の天使, の御堂, の諸, の運行, の間, の頂点, より恒星天, をわたる, を司る

▼ 月心院~ (23, 0.1%)

6 の庫裡 2 の一間, の屯所

1 [13件] で受けつけられる, に, に御陵衛士隊屯所, に置かれた, のあの, の名, の座敷, へたどりつい, へ届け, へ引上げよう, まで落ち, をめざし, 心得ました

▼ 月~ (22, 0.1%)

2 しぬあはれ, へも紫, ゆる夜

1 [16件] しぬしら蓮, しぬ野, へ, へその, へぬらす, へも, へもま, へも氣味惡, へわたり, へ懸り, へ濡, へ照れる, へ遂に, まあが, までぼんやり, まア

▼ 月江様~ (22, 0.1%)

1 [22件] がお, が入湯中, が可愛い, が次郎, が熱海, じゃございません, で, という人, とか言いました, とが熱海, とは人目, にこの, にもしも, に御, のお, の仕舞, の泣き顔, は, は御, もおりんさん, らしい人影, を知っ

▼ 月待ち~ (19, 0.1%)

2 がてら

1 [17件] がてり, だからと, て, て云々, て往かせ, て行かせ, と洒落る, なんかやります, なんか隨分, には高台, に寢ちや惡, のこの, の人混み, の御馳走, は鬼, を何處, 武蔵野の

▼ 月かを~ (18, 0.1%)

4 過して

1 [14件] なす術, 夢中で過した, 思わず暮し, 病に, 紀伊の, 経て, 費すこと, 送ったこの, 送った此部屋, 送らねば, 送る町, 過ごすうち, 過しましたが, 過す中

▼ 月では~ (18, 0.1%)

2 あったけれ共, なかった

1 [14件] ありませんか, あるが, あるけれど, ござらぬか, そう行かない, ないか, ないかしらと, ないかと, なかったろうか, 乗降客も, 平凡だ, 極まるまいと, 準備が, 雪が

▼ 月ほどの~ (18, 0.1%)

3 間に 2 後に

1 [13件] あいだ心当りを, うちに, お暇, 予猶など, 大きさ, 日が, 記録に, 間あさひは, 間あても, 間その, 間モスク, 間多分な, 間澹山は

▼ 月~ (18, 0.1%)

2 あはれ立ち, 汝は, 花よか

1 [12件] あなたの, おとめアルダナの, かりしけふの, にしっぽ, 傾かざれ星, 月読, 月讀, 森よ, 汝が, 花よと, 花よの, 血の

▼ 月よりも~ (16, 0.1%)

2 大きくなる

1 [14件] ずっと大きく, 丸くて, 光が, 太陽を, 強かった, 星の, 清く歌舞, 白い肌, 美しい佳人, 血の気が, 距離が, 遠く見える, 青い死色, 青かった

▼ 月~ (16, 0.1%)

2 の内部, を貫通

1 [12件] となる, とりかこみ, なり, に入り, の下, の下辺, の圖, の左半面, の左辺, の表面, を以て宮殿, を貫かず

▼ 月かの~ (15, 0.1%)

2 生涯を

1 [13件] うちには, のちに, 休暇中には, 女の子音楽と, 後龍の, 日が, 淋しさ, 連続した, 間あこがれ, 間あなた様にと, 間は, 間張りつめ, 間徒然の

▼ 月しろ~ (15, 0.1%)

2

1 [13件] かい, ぞ今, と夜露, に, のした, のみが木曾, の上, の火立, の総, の顫ふゆめぢ, は夜, は鉛糖, をくらます

▼ 月明らか~ (15, 0.1%)

2 な晩, に星稀

1 [11件] であるので, で粛々, なり, なること, なる夜, に, にし, に前途, に海原, に雲, に風

▼ 月水金~ (15, 0.1%)

2 は洋裁

1 [13件] いいでしょう, だけど, とあがります, に出る, の三回, の三日, の二日, の内, の日, の組, は今ごろ, は夕飯ひとり, は既願人

▼ 月がよ~ (14, 0.1%)

14 かつた

▼ 月です~ (14, 0.1%)

42 こと, わねえ 1 か, からどう, からゆっくり, って, 三月で, 三月でしょう

▼ 月丸様~ (14, 0.1%)

1 [14件] が同志, が憎めない, が父, では, と, とこの, に逢っ, のため, の仰し, は何, は牧様, は自分, もお話, を殺し

▼ 月~ (14, 0.1%)

3 の主人 2 という菓子屋 1 と号す, と近, に請, のふくれた, の二人, の帰り報ずる, の幅, の月見橋, の江戸

▼ 月宮殿~ (14, 0.1%)

2 の侍女

1 [12件] かと想う, に遊ぶ, の仙女, の女人, の女性, の嫦娥, の有様, の池, の記事, の連想, より霊杵, をあく

▼ 月落ち~ (14, 0.1%)

42 て文こ 1 かかるバイヤス灣, て, てのち春, て世, て兎流れ, て吹きはらふも, て闇, 散り掌状複葉

▼ 月とは~ (13, 0.1%)

1 [13件] どちらが, はっきり分らない, 何の, 女の, 客足も, 流れ去っては, 立たないうち, 経たぬ頃, 續か, 聞いたよう, 舊三月を, 違ふからと, 随分早い

▼ 月~ (13, 0.1%)

1 [13件] がため, が建文帝, と知合, なり, にすすめられた, にはいかにも, に話す, のこと, の宅, の細君, は元気, は即ち, は暑中休暇

▼ 月~ (13, 0.1%)

2 のしろき

1 [11件] がくっきり, がくつきり, が池, のうれひ沁み, の尾根, へ飛びこんだ, をあび, を撰んだ, を眺め, を舞っ, を見る

▼ 月とか~ (12, 0.1%)

4 花とか 1 何とか上等, 半年とかいう, 星とかの, 星月夜とか, 時雨とか, 梅とか, 花とかを, 雪とか

▼ 月~ (12, 0.1%)

2 に進ん 1 かならず城内, に催される, に受ける罵, に変る, に彼, に日毎, に次, に殖え, に祭礼, に竈

▼ 月~ (12, 0.1%)

8 の西 1 に面した, の西岸, の西縁, ひろがり更に

▼ 月~ (12, 0.1%)

1 [12件] かでそんなに, かに初めて, か後, が経つた, で殺されました, になる, には夫人, に小, に極度, に産婆, の息子, 思いがけなく前触れ

▼ 月~ (12, 0.1%)

1 [12件] が穀物, たる月読神, で帰化漢人, とに就, の使者, の出現, は女性, は男, は男性, を生む, を門外, 即ち月読尊

▼ 月あり~ (11, 0.1%)

2 虫あり 1 て雲間断, とせん, とも見えね, 尼連河の, 星あり, 猫の, 舞の, 花あり, 酒あり

▼ 月おくれ~ (11, 0.1%)

2 または大阪パック 1 にする, になつ, に女, の, の二月, の新日本, の盆, の節句, 雑誌を

▼ 月さえ~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるに, て, ぬれど, やや照し, 怪しげな, 懸って, 昇って, 朧, 見る刻限, 遠慮し, 闇に

▼ 月との~ (11, 0.1%)

1 [11件] あいだの, 光の, 引力の, 相違ある, 真下の, 重心が, 間ぎわ, 間なる, 間に, 間の, 間を

▼ 月半ば~ (11, 0.1%)

1 [11件] でした, などに藁, なれど, に伸子, に山, に餘す金, は信濃, は愚か, までにそちら, までには帰っ, まで待っ

▼ 月天子~ (11, 0.1%)

2 がお出まし 1 こたびはそらをうちすぐる, すでに氷雲, である, の座, まこと, また山, み丈, よ私, を顧みる

▼ 月某日~ (11, 0.1%)

4 に必ず 1 ある裁判所, には某所, に北方軍, に死す, の夜, の条下, やんごとなき方々

▼ 月~ (11, 0.1%)

4 たない 2 がある 1 から氣, が強い, や精液, を見, 著きたり

▼ 月ある~ (10, 0.1%)

2 を恨みし 1 ことを, と同車, ねんなあ待ち, のみ, 年の, 明なる, 町中へ, 頃でも

▼ 月である~ (10, 0.1%)

1 かどう, から病床, か誰, か電燈, がもう, と云, と思われるであろう, ゆえ恐る, 月は, 江面は

▼ 月一杯~ (10, 0.1%)

1 かそれ近く, で一万五千円, にあげる, に今日, はいる, はどうしても, は大事, は居よう, は強制疎開, は読書

▼ 月~ (10, 0.1%)

1 から意表, が載つ, と云, に, には, には何, に毎, に見え, を見ます, を貸

▼ 月始め~ (10, 0.1%)

1 からやって来, から新吉, から高い, にはや, に別れちゃった, に受取つて以降, に魚一尾, の丑の日, の十日前後, より

▼ 月~ (10, 0.1%)

1 なり, にのみ凝, に寄, に対する人間, に昇る, の仙女, の近所, は宇宙, は有形, を美妙

▼ 月~ (10, 0.1%)

1 に入らん, に手厚く, に達する, に飛ばんず, の上, の到着, の嫦娥, の採, の活劇, の神女

▼ 月見れ~ (10, 0.1%)

4 ば千々 2 ばの歌 1 ば, ばしばし, ばち, ば涙

▼ 月高く~ (10, 0.1%)

2 お裏山, のぼりけんけら棒 1 いづれも, 屋の, 懸かり洋中, 懸かるも, 空に, 風は

▼ 月ごと~ (9, 0.1%)

1 にすでに, に一通, に数十金, に歳ごと, に発行, に盛ん, に雑誌, の念仏, の歌題

▼ 月ごろ~ (9, 0.1%)

41 かかって, が一ばん, と結婚, に災難, までにそれ

▼ 月さし~ (9, 0.1%)

1 いでて, いでぬ, て雪, て霜, ながら, にけり, 入る靜夜, 壁の, 昇る

▼ 月といふ~ (9, 0.1%)

1 のに, ものが, ものは, ものも, 人は, 作家の, 作家は, 字を, 脱稿した

▼ 月とも~ (9, 0.1%)

1 あろうもの, いえようか, ならない彼, ほととぎすとも, 思われない雲, 思われる, 経たぬうち, 經たぬ, 見える真白い

▼ 月と共に~ (9, 0.1%)

2 先き 1 グングン増え, 加速度を, 星が, 栄え叔父, 死の, 満一年振り, 隆盛に

▼ 月~ (9, 0.1%)

3 んだ 2 のである 1 のか, ので, のでもう, ので日本人四五名

▼ 月なき~ (9, 0.1%)

2 空に 1 もまた, 今宵, 夜の, 星空の, 秋の, 辻へ, 限り早く

▼ 月もの~ (9, 0.1%)

1 あいだじつに, あいだ私は, あいだ言いつくせぬ, あいだ起り, 滞在を, 間その, 間一途に, 間小さい, 間浸み込まず

▼ 月~ (9, 0.1%)

2 にめづらし, に流るる, の下び 1 あかり面はゆき, の露, 照の

▼ 月~ (9, 0.1%)

2 という名 1 といい, という雅号, といっ, と共に女軍, になっ, の気, を逐う

▼ 月~ (9, 0.1%)

1 で話そう, という常套的, として一人前, として自分, に女, に手配, に来, に釜, はどんな

▼ 月あかき~ (8, 0.0%)

1 にぞわたる, 一夜は, 一夜海風に, 夜なりき, 夜に, 夜半なりき, 宵の, 時なんどは

▼ 月いで~ (8, 0.0%)

2 て見る, にけり 1 て庭, て後, わが影, 方と

▼ 月だった~ (8, 0.0%)

2 のです 1 かね, から別, という, と思う, のだろう, のにやっぱり

▼ 月なら~ (8, 0.0%)

2 し夜 1 しせいぜい, ば新月, ば東京, ぼくだって, よからう, 月風なら

▼ 月はじめ~ (8, 0.0%)

1 でした, にモオニング, に立ちます, に隠居所, の三日, の事, の如月日和, の血相

▼ 月ぶり~ (8, 0.0%)

1 かで私, かで自分, かのお, ぐらいで小田原, だろう, でこんな, のこと, のわが家

▼ 月ほそく~ (8, 0.0%)

2 光り鷺, 見ゆ 1 か, きらめく黍畑黍, 光りたり, 出ぬ

▼ 月ほども~ (8, 0.0%)

1 たつて, どっと床, 光らなかった, 分らなかつた, 無事に, 続けて, 逗留し, 過ぎた後

▼ 月一回~ (8, 0.0%)

1 か二回, きめられた日, ぐらいのもの, ずつ集る, の, の休み, は読者, を小説定休日

▼ 月今宵~ (8, 0.0%)

2 の句 1 さても, は千代, は少く, 古き都, 思ふこと, 思へば

▼ 月天心~ (8, 0.0%)

7 貧しき町 1 の冬

▼ 月~ (8, 0.0%)

1 でもちゃんと, にその, には下, には式, にまで襲っ, に迫った, に迫る, 即ち十一月

▼ 月~ (8, 0.0%)

1 から一寸, か来月, か来月初め, がくる, までい, までいる, までエスパーニャ, まで湯銭

▼ 月~ (8, 0.0%)

4 前に 1 して, 前の, 前までは, 前勤め

▼ 月かと~ (7, 0.0%)

1 いうと, たずねられると, 思うよう, 思う影, 思う草, 見え五体, 視れば

▼ 月がの~ (7, 0.0%)

5 ぼつた 2 ぼつて

▼ 月であった~ (7, 0.0%)

1 からこの, からそれ, からたのしみ, か其処ら, こと, としたら, のだ

▼ 月とを~ (7, 0.0%)

1 友として, 弄ばんとして, 指示する, 描くの, 支配する, 構図した, 見て

▼ 月また~ (7, 0.0%)

2 よし 1 ばや, 朦朧, 薄暗くなる, 薄暗く竹薮, 西に

▼ 月を以て~ (7, 0.0%)

1 せば, 全く新, 挙行せられる, 殆ん, 満十五年, 祝する風, 算する用弁

▼ 月~ (7, 0.0%)

2 の姫 1 があつ, に値, のはじまり, も亦, を以て隠れ

▼ 月二割~ (7, 0.0%)

3 の利子 1 でお, の途方, も利子, も搾りやがっ

▼ 月~ (7, 0.0%)

2 の何 1 と銘打った, に何枚, に書いた, の, 第○頁

▼ 月~ (7, 0.0%)

1 だから, との二つ, などもそれ, に人, の夜話, までを鹿児島県, をし

▼ 月~ (7, 0.0%)

2 のくらし 1 に日光, の文芸雑誌, の経つ, の雑誌, より細かき

▼ 月照り~ (7, 0.0%)

2 にけり 1 て, て奇しき, て永く, わたる, 渡る

▼ 月~ (7, 0.0%)

2 にあり 1 に叢雲, に知った, の一方, の星, を眺め

▼ 月~ (7, 0.0%)

4 の母親 2 といふ男 1 に母親

▼ 月送り~ (7, 0.0%)

1 であるが, ではだめ, のその, の五月八日, の八月六日, の折合い, の旧

▼ 月長石~ (7, 0.0%)

4 ででも刻まれた 2 の映え 1 と雲母石

▼ 月かが~ (6, 0.0%)

1 そのうちたった, つづいて, 経ったが, 過ぎた, 過ぎて, 風や

▼ 月~ (6, 0.0%)

1 これ, みちびく, やすら, 澄みきる, 照さん, 空に

▼ 月だけ~ (6, 0.0%)

1 だった, だったので, では, ポツンと, 待つて, 待つても

▼ 月に対して~ (6, 0.0%)

1 いかに無量, さへ, すうっと, わたしの, 一番近くなっ, 無関心

▼ 月のみ~ (6, 0.0%)

1 あくまで北, ありて, いたずらに, 冴えて, 徒らに, 白く町

▼ 月ばかりの~ (6, 0.0%)

3 間に 1 ことじゃ, 予定で, 大空

▼ 月ばかりは~ (6, 0.0%)

2 持病の, 江戸も 1 何の, 別に何事

▼ 月までの~ (6, 0.0%)

2 距離を 1 平均距離は, 距離の, 間など, 雑誌を

▼ 月ヶ岡~ (6, 0.0%)

2 と云う, にのぼっ 1 ということ, というそう

▼ 月三円~ (6, 0.0%)

1 くれた, でその, で借り, で小学校, のコンミッション, 出すと

▼ 月三月~ (6, 0.0%)

1 が夢, たつと, でやんだ, のあいだ, はおとなしく, を夢

▼ 月~ (6, 0.0%)

2 出羽路, 抄の 1 抄とは, 抄は

▼ 月五円~ (6, 0.0%)

1 で借り, で借りた, の手当, の月給, の給料, やつて

▼ 月~ (6, 0.0%)

1 がここ, である, と幸田節三, の人, の六人, の娘

▼ 月待つ~ (6, 0.0%)

2 と人 1 ても希望, ほどの星, 里を, 露の

▼ 月~ (6, 0.0%)

1 などの光, などの模様, のごとき, の下, の光り洩れず, を左右

▼ 月清し~ (6, 0.0%)

2 星白し 1 いたづら, おどろに, をど, 一山の

▼ 月清入道~ (6, 0.0%)

1 がいった, が来, こそは弟, と末, に, やら軍師

▼ 月~ (6, 0.0%)

1 とは智恩院, などといふ画人, など男, の跋文, は画家, もその

▼ 月雪花~ (6, 0.0%)

1 からあらゆる, のながめ, の差別, の折, は魯, を友

▼ 月いと~ (5, 0.0%)

2 なぐさめがたう 1 ほそくかげうつしほ, 清うさし, 美しき夜

▼ 月~ (5, 0.0%)

1 とうと, なくなりなさいまして, なやの料理, 星の, 芝居を

▼ 月かは~ (5, 0.0%)

1 この家, た, ジャックリーヌにとって, 花も, 郷土に

▼ 月からの~ (5, 0.0%)

1 定つた日付, 引力が, 御勘定, 重力が, 重力とが

▼ 月さす~ (5, 0.0%)

1 たよりと, 夏の, 窓に, 那智の, 閨に

▼ 月とが~ (5, 0.0%)

1 あるやう, いみじくも流れ去った, かかって, 常に場所, 選ばれて

▼ 月なれ~ (5, 0.0%)

1 ど, どなみ, ど時, ど殊に, ば行く

▼ 月はよ~ (5, 0.0%)

5 かつた

▼ 月一円~ (5, 0.0%)

2 でも安い 1 とは要らなかつた, の小遣, の極

▼ 月三十円~ (5, 0.0%)

1 かの手当, では, で憲兵隊, の月賦, もあれ

▼ 月~ (5, 0.0%)

2 と言, は乞食月僊 1 という奇僧

▼ 月六日~ (5, 0.0%)

1 に在, に帰った, に帰つた, に曾禰達蔵博士, の夜

▼ 月~ (5, 0.0%)

2 にボルネオ 1 まりに, より同盟罷業, 冷

▼ 月十円~ (5, 0.0%)

1 ずつで六百円, ずつの出費, ずつ限り, の高給, は必ず

▼ 月~ (5, 0.0%)

1 に出立, に至らし, の勘定日, も前, 前の

▼ 月~ (5, 0.0%)

31 照は, 眠だ

▼ 月~ (5, 0.0%)

1 が退かなくっ, と行っ, なん, の絶, の絶たる

▼ 月江殿~ (5, 0.0%)

1 が癆, には不治, の小間使い, の運命, をお

▼ 月~ (5, 0.0%)

1 という坊主, とが相, に及ばん, の忠実, を抱い

▼ 月見る~ (5, 0.0%)

1 たびに, と云, と言, 毎に, 空や

▼ 月~ (5, 0.0%)

1 か, がくれ, などについて種々, の空, を離れ

▼ 月あたり~ (4, 0.0%)

1 から, から旅館, から月末, から私

▼ 月おぼろ~ (4, 0.0%)

2 なり白南風あけ 1 なる夜, にかすみ暖気春

▼ 月ぐらい~ (4, 0.0%)

1 かかると, なの, 人の, 前にね

▼ 月この~ (4, 0.0%)

1 夜, 放縱, 方の, 髪の

▼ 月さやか~ (4, 0.0%)

1 なりと, にあれかし, にみゆる, に顔

▼ 月じゃ~ (4, 0.0%)

1 お茶でも, ちらりとしたら, どうです, ないか

▼ 月その~ (4, 0.0%)

1 下かげに, 日の, 月の, 葉の

▼ 月たつ~ (4, 0.0%)

1 うちに, てど, と生き返る, と自分

▼ 月たらず~ (4, 0.0%)

2 ゆえきつい 1 で生まれました, もそっちこっち旅

▼ 月でございます~ (4, 0.0%)

1 か, なあ, ね, ねえ

▼ 月として~ (4, 0.0%)

1 一月, 充実し, 報酬は, 夜の

▼ 月にな~ (4, 0.0%)

1 つたよく, つてから, つて蓮見は, つて雨が

▼ 月まで~ (4, 0.0%)

1 なりぬること, 中央公論に, 溯って, 私の

▼ 月までも~ (4, 0.0%)

1 ほぼ同じ, 屆く, 届くかと, 純理批判の

▼ 月みたい~ (4, 0.0%)

1 です, に恋, に描かれた, に揺らっ

▼ 月もる~ (4, 0.0%)

2 窓を 1 此の, 濡れ縁に

▼ 月一学~ (4, 0.0%)

1 という大番組頭, の伜, の家, の悴

▼ 月~ (4, 0.0%)

3 た月 1 た月ヴィオリン

▼ 月二回~ (4, 0.0%)

1 にされ, の全員定休日, の定期演奏会, の発行

▼ 月五十円~ (4, 0.0%)

1 ぐらいで暮せた, ずつ送っ, と定め, はおろか一万円

▼ 月人たち~ (4, 0.0%)

1 がいつ, は, はトロイ谷, は自分

▼ 月~ (4, 0.0%)

1 たつてから, なシッポリ, の月令式主題, は大丈夫

▼ 月余り~ (4, 0.0%)

1 の売卜者, の恩, も過した, 経ちました

▼ 月冴え~ (4, 0.0%)

2 て風 1 てくる, て河音

▼ 月~ (4, 0.0%)

1 に負け, の俸給, の十フラン, も飲ん

▼ 月十五円~ (4, 0.0%)

1 で貸し, にせよ, の家賃, 払う話

▼ 月十五日~ (4, 0.0%)

1 ずつ正しく, にはもう, には政子, に謁見

▼ 月十日~ (4, 0.0%)

1 いよいよ甲府, のきめ, の公判, の攘夷期限

▼ 月小夜~ (4, 0.0%)

1 といふ名, の夫, は引き, を語らう

▼ 月~ (4, 0.0%)

2 月渓召波几圭維駒等皆師の 1 が残っ, 田福百池等の

▼ 月巣庵~ (4, 0.0%)

1 から跛行, で余生, にてご, に障子

▼ 月~ (4, 0.0%)

1 の句会, の門下, はこちら, はつぎ

▼ 月待て~ (4, 0.0%)

2 ば, ば潮

▼ 月~ (4, 0.0%)

1 と本間, と首引, の第, を取り出し

▼ 月斎玉兎女史~ (4, 0.0%)

1 とくっ付き合っ, の巴里土産, の隠れ, を刺殺し

▼ 月~ (4, 0.0%)

1 が銀, のやう, のよう, の様

▼ 月~ (4, 0.0%)

1 たる所, の, の大幅, の月樵

▼ 月浚い~ (4, 0.0%)

1 さえ, に間にあう, はいつ, をたびたび

▼ 月清く~ (4, 0.0%)

1 波靜なる, 海面復た, 風涼し, 風白し

▼ 月満ち~ (4, 0.0%)

1 て唯我独尊, て玉, て生れし, て生れた

▼ 月~ (4, 0.0%)

1 から吉士, は人間, は酔ぱらって神楽坂, へ月狂

▼ 月白く~ (4, 0.0%)

1 照る, 花咲ける, 露深き, 風清し

▼ 月百円~ (4, 0.0%)

1 くらいで暮し, はとれる, をとる, 儲かったらなあ

▼ 月船君~ (4, 0.0%)

1 が同誌, が訪れ, の話, へのあてつけ

▼ 月~ (4, 0.0%)

4 の命

▼ 月~ (4, 0.0%)

1 に, に成りました, 致して, 致しまして

▼ 月あれ~ (3, 0.0%)

1 ども地上, にいたろう, ば夜

▼ 月いよいよ~ (3, 0.0%)

1 冴える, 明なり, 瞋る

▼ 月うち~ (3, 0.0%)

1 に任地, に発兌, は帰らない

▼ 月おし~ (3, 0.0%)

3 照りて

▼ 月かかる~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, かわかりません, ひと夜は

▼ 月かくす~ (3, 0.0%)

1 花の, 雲の, 雲花散らす

▼ 月かに~ (3, 0.0%)

1 一度ずつ, 死ぬかも, 美濃へ

▼ 月さえも~ (3, 0.0%)

1 つづく, 万人の, 気味悪く見た

▼ 月すでに~ (3, 0.0%)

2 のぼりて 1 季節は

▼ 月すなわち~ (3, 0.0%)

1 だんだんと, 八月十五日の, 衛星にも

▼ 月~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ 月とに~ (3, 0.0%)

1 向って, 酔うては, 釘付けされた

▼ 月どころか~ (3, 0.0%)

1 ひどい霧, 小雨が, 星の

▼ 月ながら~ (3, 0.0%)

1 さっとむら雨, 気の, 雨の

▼ 月なく~ (3, 0.0%)

2 星も 1 夜暗き

▼ 月なし~ (3, 0.0%)

1 この時, とは大変, 此の

▼ 月なる~ (3, 0.0%)

1 にもかかわらず, 十一月の, 犬児が

▼ 月によ~ (3, 0.0%)

2 つて長安百尺の 1 つて増減し

▼ 月のぼり~ (3, 0.0%)

1 きぬ, て此処, て此處

▼ 月へと~ (3, 0.0%)

2 進んで 1 吸い付けられるよう

▼ 月まさに~ (3, 0.0%)

1 くらし, まどかなる, 出でん

▼ 月までが~ (3, 0.0%)

1 明らかに, 濡れて, 蒼褪め

▼ 月をも~ (3, 0.0%)

1 怖れず, 眺めたいとの, 見る事

▼ 月~ (3, 0.0%)

1 二十五日ニケンシガ来, 夕香ヲ, 末ニハ築地

▼ 月一つ~ (3, 0.0%)

1 そのとき, で光景, のほか

▼ 月一度~ (3, 0.0%)

1 ぐらいずつ長安, となったら, と極

▼ 月七円~ (3, 0.0%)

1 かそこら, ずつ貰っ, の前払い

▼ 月三回~ (3, 0.0%)

1 のあんな, の休み, の外

▼ 月三日~ (3, 0.0%)

1 には古河, の決め以外, 呵筆記於三養堂

▼ 月不足~ (3, 0.0%)

1 で加, で加之, の嬰児

▼ 月丸から~ (3, 0.0%)

1 の恋の, 南玉へ, 話されること

▼ 月二円~ (3, 0.0%)

1 ぐらいで我慢, で済み, のほか

▼ 月二十両~ (3, 0.0%)

3 ずつ稼い

▼ 月二十円~ (3, 0.0%)

1 で高級, の学資, は余分

▼ 月二十日~ (3, 0.0%)

1 にはもう, の修善寺, の夜九時ごろ

▼ 月五千円~ (3, 0.0%)

1 かせぎます, からかかります, と見積つて

▼ 月五歩~ (3, 0.0%)

3 の利子

▼ 月今宵晴れ~ (3, 0.0%)

3 を待つべき

▼ 月以上~ (3, 0.0%)

1 に落ちつき, もたっ, も前

▼ 月以外~ (3, 0.0%)

1 のどの, の何者, は一色

▼ 月以来~ (3, 0.0%)

1 ついぞ誰, にし, 時々おれ

▼ 月何日ごろ~ (3, 0.0%)

1 に到着, に当たるであろう, の季節

▼ 月光り~ (3, 0.0%)

2 に透し 1 にすかし

▼ 月六円~ (3, 0.0%)

2 の家 1 とるそう

▼ 月六斎~ (3, 0.0%)

1 と日, に塾生, の市日

▼ 月初旬~ (3, 0.0%)

1 に大審院上告, まで開き, より内外

▼ 月十七日~ (3, 0.0%)

1 こそ何, と書し, には信長

▼ 月十八日~ (3, 0.0%)

1 のこと, より二十一日払暁, 満洲柳条溝

▼ 月姫様~ (3, 0.0%)

1 はお, はやはり, は云いました

▼ 月~ (3, 0.0%)

1 てふ, に渡し, はその

▼ 月宮号~ (3, 0.0%)

1 の惨状, の附属品, は微塵

▼ 月~ (3, 0.0%)

1 ひすと, ひすとは, ひす一村

▼ 月幾日~ (3, 0.0%)

1 の, の事, の何時頃人

▼ 月御油~ (3, 0.0%)

3 より出で

▼ 月振り~ (3, 0.0%)

1 だ一, であること, で小田原

▼ 月早く~ (3, 0.0%)

1 といふ快, 五重の, 孫女を

▼ 月~ (3, 0.0%)

2 のごとし 1 のごと

▼ 月~ (3, 0.0%)

1 なる利根川, に燈, の山間

▼ 月未だ~ (3, 0.0%)

1 上らざれば, 入らざれど, 円かならず

▼ 月未決~ (3, 0.0%)

1 に喰い込ん, に繋がれ, に繋がれた

▼ 月東山~ (3, 0.0%)

1 に上っ, の松, を離

▼ 月~ (3, 0.0%)

1 にし, に燃, の

▼ 月海上~ (3, 0.0%)

2 に浮ん 1 に浮かん

▼ 月滿御前~ (3, 0.0%)

1 と申すべし, に經王御前, はうまれ

▼ 月照る~ (3, 0.0%)

1 夜で, 庭ゆ瀧見, 戀の

▼ 月照上人~ (3, 0.0%)

1 など当, は近衛殿, 召し捕るなどと

▼ 月~ (3, 0.0%)

21 へぬか

▼ 月~ (3, 0.0%)

2 はもて 1 の地表

▼ 月青く~ (3, 0.0%)

1 か, 人影なき, 山黒く

▼ 月~ (3, 0.0%)

1 の子, は薄い, を剃っ

▼ 月~ (3, 0.0%)

1 に過, りを, り經

▼ 月鴉黄~ (3, 0.0%)

3 に上る

▼ 月~ (3, 0.0%)

2 の第 1 の時

▼ 月あかう~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 月あきらか~ (2, 0.0%)

1 なり, なれば

▼ 月あまりに~ (2, 0.0%)

1 なつた, なるのに

▼ 月あるじ~ (2, 0.0%)

2 を問

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 ざよふといふも可愛らしき, ざよへるなり

▼ 月いくら~ (2, 0.0%)

1 かの手当て, になる

▼ 月うすき~ (2, 0.0%)

1 今宵しら蓮色まど, 今宵の

▼ 月かくれ~ (2, 0.0%)

2 て暗し

▼ 月かすか~ (2, 0.0%)

1 なり, に近づく

▼ 月かすめ飛ぶ~ (2, 0.0%)

2 雲さへや

▼ 月かとも~ (2, 0.0%)

1 気球うかび, 氣球うかび

▼ 月かもと~ (2, 0.0%)

2 いふからには

▼ 月がか~ (2, 0.0%)

1 かつてゐた, かつてゐる

▼ 月がまん~ (2, 0.0%)

1 まるく照らし, まるく空

▼ 月ぎめということになるてえと十両~ (2, 0.0%)

2 は安い

▼ 月くら~ (2, 0.0%)

1 ゐして, ゐに

▼ 月ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 いつのまにか立っ, 大丈夫と

▼ 月こよ~ (2, 0.0%)

1 ひいたみの眉, ひ枕團子

▼ 月させる~ (2, 0.0%)

1 花畑に, 野の

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 て思ひ, て春

▼ 月すさまじく~ (2, 0.0%)

2 冴えたり

▼ 月ずえ~ (2, 0.0%)

1 には江戸, には細川方

▼ 月そのもの~ (2, 0.0%)

1 の清らかさ, を形容

▼ 月それ~ (2, 0.0%)

1 がたちまち, の港

▼ 月ただくらがり~ (2, 0.0%)

2 が見られけり

▼ 月だけが~ (2, 0.0%)

1 のこるという, 前の

▼ 月だって~ (2, 0.0%)

1 一文も, 指を

▼ 月であり~ (2, 0.0%)

1 また笑う, よい酒

▼ 月であろう~ (2, 0.0%)

1 が柳橋, と雲

▼ 月とともに~ (2, 0.0%)

1 心を, 担ぎ出すの

▼ 月など~ (2, 0.0%)

1 名所古蹟は, 見て

▼ 月などの~ (2, 0.0%)

1 新婦人連, 謄写を

▼ 月ならずし~ (2, 0.0%)

1 て地価, て病勢にわか

▼ 月なりとも~ (2, 0.0%)

1 云う, 心あり

▼ 月なんぞは~ (2, 0.0%)

1 どうで, 出なかった筈

▼ 月にか~ (2, 0.0%)

1 くる, はらぬ月

▼ 月にしか~ (2, 0.0%)

1 ならぬ篁子, なりませんよ

▼ 月にでも~ (2, 0.0%)

1 なると, 誘われ出たか

▼ 月にばかり~ (2, 0.0%)

1 見恍, 見惚れて

▼ 月にまで~ (2, 0.0%)

1 こぼれ出して, 行けますかね

▼ 月により~ (2, 0.0%)

1 てあらは, またその

▼ 月にわたり~ (2, 0.0%)

2 手練手管金に

▼ 月に関する~ (2, 0.0%)

1 天文放送を, 観測を

▼ 月のみが~ (2, 0.0%)

1 身支度に, 高い天上

▼ 月のわ~ (2, 0.0%)

2 づかのみ

▼ 月はか~ (2, 0.0%)

1 くる, くる時

▼ 月はまん~ (2, 0.0%)

1 まるくて, まるで明るく

▼ 月ばかりが~ (2, 0.0%)

1 後を, 恐ろしく白い

▼ 月ひとり~ (2, 0.0%)

1 しづかに, 澄む山寺

▼ 月ひむ~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 のじろう森

▼ 月ほどは~ (2, 0.0%)

1 また軽井沢, 一人も

▼ 月ほどを~ (2, 0.0%)

1 經た, 過ぎた十月

▼ 月ほのか~ (2, 0.0%)

1 にも卓, に一

▼ 月まえ~ (2, 0.0%)

1 にモスク, の本郷

▼ 月までに~ (2, 0.0%)

2 財産を

▼ 月まどか~ (2, 0.0%)

1 なる春夕, な月

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 か海, でんとて

▼ 月もう~ (2, 0.0%)

1 そこで, 自分は

▼ 月よりは~ (2, 0.0%)

1 ずっと大きく, 更に後

▼ 月らしい~ (2, 0.0%)

1 ものが, 影も

▼ 月わたる下び~ (2, 0.0%)

2 雲堤引く

▼ 月をか~ (2, 0.0%)

1 いとよし, 経たが

▼ 月ボンクラ~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 月一日~ (2, 0.0%)

1 から十五日, の夜

▼ 月七月~ (2, 0.0%)

1 に入, の七日

▼ 月三千円~ (2, 0.0%)

1 で桂子, も出せ

▼ 月三圓~ (2, 0.0%)

1 でその, で約束

▼ 月三百円~ (2, 0.0%)

1 の月給, は下らない

▼ 月二タ月未決~ (2, 0.0%)

1 に喰い込ん, に繋がれ

▼ 月二ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 で朝六時, のひどい

▼ 月二十二円~ (2, 0.0%)

2 の家賃

▼ 月二十二日~ (2, 0.0%)

1 にはもう, の日曜

▼ 月五十銭~ (2, 0.0%)

1 で雇われ, の裏屋

▼ 月五日~ (2, 0.0%)

1 であらう, の下

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 の日, の縁

▼ 月何日何時~ (2, 0.0%)

1 に死ぬ, に鞄

▼ 月僊和尚~ (2, 0.0%)

1 というの, の世間

▼ 月光りで~ (2, 0.0%)

1 それも, は顔

▼ 月八分~ (2, 0.0%)

1 にも当る, もの高利

▼ 月六月~ (2, 0.0%)

1 になつて, の下旬

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 ゆるなり

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 じく, 涼たり

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 窓梅影横, 長湾

▼ 月十一日~ (2, 0.0%)

1 から十七日, の巳

▼ 月十五圓~ (2, 0.0%)

1 ですみます, の家賃

▼ 月十八円~ (2, 0.0%)

1 ときめ, の飯代

▼ 月十四日~ (2, 0.0%)

1 に藩, の本紙

▼ 月千円~ (2, 0.0%)

1 の小遣, の生活費

▼ 月卵塔~ (2, 0.0%)

2 はわびし

▼ 月同じ~ (2, 0.0%)

2 夜の

▼ 月同じく~ (2, 0.0%)

1 照らすという, 眠るの

▼ 月四円~ (2, 0.0%)

1 であった, でこんな

▼ 月四円五十銭~ (2, 0.0%)

1 で借りた, は成

▼ 月園丁長~ (2, 0.0%)

1 に対する賞品, の胸

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 に咲き, に埋

▼ 月堂君~ (2, 0.0%)

1 から北支出征, へ送つ

▼ 月堂等~ (2, 0.0%)

1 が江戸, の諸家

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 月夕陽等~ (2, 0.0%)

2 の助け

▼ 月夜ふかし光~ (2, 0.0%)

2 しづもる木々

▼ 月大姉~ (2, 0.0%)

1 としてある, と云う

▼ 月天子山の~ (2, 0.0%)

2 はを出で

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 は機嫌買, は隠れる

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 に丹, の六日

▼ 月始まり~ (2, 0.0%)

1 から若草, だから

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 月射しぬ~ (2, 0.0%)

1 ロアルの, 山桜花

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 なり猛虎一声山月高

▼ 月小屋~ (2, 0.0%)

1 の地, を設け

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 の有名, の東都歳事記

▼ 月川ツヤ子さん~ (2, 0.0%)

1 の手紙, は妾

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 と呼び, と呼ぶ

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 の日, の日巳

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 陽の

▼ 月平馬~ (2, 0.0%)

1 と地味, はフット立

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 と云, と逆

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 に化物, の夜露

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 に会わず, の幻覚

▼ 月悦子~ (2, 0.0%)

1 と, にさえも洩らさなかった

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 みを

▼ 月慈延~ (2, 0.0%)

1 といえ, といへ

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 つづき風流, 続けて

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 ひ二十ヶ月

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 と天子, は天子

▼ 月既に~ (2, 0.0%)

1 と弓絃, 西の

▼ 月明るき~ (2, 0.0%)

1 古城を, 宵は

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 のごとし

▼ 月晦日~ (2, 0.0%)

1 の夜, より太守樣俄

▼ 月暮れ~ (2, 0.0%)

1 て, て雨

▼ 月更け~ (2, 0.0%)

1 て蒙, 風お

▼ 月棠軒~ (2, 0.0%)

1 は外史, は書

▼ 月様今晩~ (2, 0.0%)

1 は, はと挨拶

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 である, の工事

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 せる如く頭, に物狂

▼ 月氷り~ (2, 0.0%)

2 て踏む

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 という者, の意

▼ 月波根~ (2, 0.0%)

2

▼ 月洩る~ (2, 0.0%)

1 家は, 竹窓の

▼ 月浴び~ (2, 0.0%)

1 てありがたく, て玉崩れ

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 にあり, の中

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 は去った, も屠腹

▼ 月清ら~ (2, 0.0%)

2 なる色

▼ 月渓召波几圭維駒等皆師~ (2, 0.0%)

2 の調

▼ 月渡る~ (2, 0.0%)

2 見ゆ

▼ 月滿~ (2, 0.0%)

2 ちて

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 無色

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 が再び, に遺訓

▼ 月潺堂~ (2, 0.0%)

2 にまいり

▼ 月照れ~ (2, 0.0%)

1 ば月, りと

▼ 月照上人様~ (2, 0.0%)

1 はおられました, はお前様一人

▼ 月瑜伽師地論~ (2, 0.0%)

1 を読みつぐ, を讀みつぐ

▼ 月白き~ (2, 0.0%)

1 半島の, 芝居裏河岸の

▼ 月百三十円~ (2, 0.0%)

1 である, 貰えば

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 遍柳絮舞, 酔智阿

▼ 月程は~ (2, 0.0%)

1 義仲日誌みたいである, 豪気に

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 な東海道, の名

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 も皆彼

▼ 月細く~ (2, 0.0%)

1 か, 小雨に

▼ 月経たぬ~ (2, 0.0%)

1 うちに, 間に

▼ 月経った~ (2, 0.0%)

1 かそれとも, かも判らない

▼ 月經期~ (2, 0.0%)

1 だつた, の牝牛

▼ 月緑赤紫黄~ (2, 0.0%)

2 の円光

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 などと称し, は久しく

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 を久しぶり, 氷人の

▼ 月若き~ (2, 0.0%)

2 生命の

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 がびっくり, は指

▼ 月西森~ (2, 0.0%)

2 が発狂

▼ 月詣り~ (2, 0.0%)

1 の清盛, の船

▼ 月誰そ~ (2, 0.0%)

2 や夜ぶり

▼ 月貞輝大姉~ (2, 0.0%)

1 である, と云

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 かフトそう, の辛棒

▼ 月近く~ (2, 0.0%)

1 も留守, 続けて

▼ 月退り~ (2, 0.0%)

1 て, て中間

▼ 月過ぎ~ (2, 0.0%)

1 ても結局曲者, て秋半ば

▼ 月遠し~ (2, 0.0%)

2 茶の

▼ 月長者~ (2, 0.0%)

2 という人

▼ 月~ (2, 0.0%)

1 ながめて, を照

▼ 月響く~ (2, 0.0%)

2 夜空と

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 懸赤道山

▼ 月高し~ (2, 0.0%)

2 谷地の

▼ 月~ (2, 0.0%)

2 の相違

▼ 月鼈雲泥天地~ (2, 0.0%)

2 の相違

▼1* [1059件]

○日と記入, 月○日黒馬博士艇は, 月あかくいと靜, 月あかければいと, 月あかしひと日吹き去りし風速, 月あかるき処香を, 月あがるや, 月あざやかに浮かん, 月あの女と, 月あはれなるかも片時雨, 月あまり江戸に足, 月あまり私はただ, 月あまり笑顔を見せなかった, 月あまり警察に拘置, 月ありで君からも, 月いかば, 月いかですむらん浅茅生, 月いくらぐらゐ取るならん, 月いっぱいだろうと, 月いつぱいに, 月いつしか沒し, 月いづあすは, 月いづれの谷, 月いでんとして, 月いま走る幽か, 月いやそれよりも, 月いよよ澄みて, 月いろいろ見た月, 月い照るかかるか黝, 月うせ星きえいと, 月うるわしく余が, 月おくれだね盂蘭盆, 月おし照れりほととぎす心, 月おちて風ふく, 月おちた大空の, 月おぼろ草田の堤, 月おもしろく寝まり, 月お前気がつかなかった, 月かかったけれどこんな, 月かぎりの家族, 月かくし続けて主人一族, 月かげいつぱい, 月かげひとりの米, 月かげ冴けく, 月かげ凉しく見おろす町, 月かげ懺悔のたね, 月かげ芋の葉豆, 月かとぞ思ふ, 月かとばかり大輪の, 月かなの感ありです, 月かにわたってかれの, 月かも人と來, 月からがして, 月からになるの, 月からは牢獄の, 月からも引張られて, 月がかはつたら朝夕, 月がかりで待っ, 月がけで何とか, 月がけ貯金をし, 月がたの穴, 月がをんな, 月たり照す, 月きのうまでで三度, 月きららめく, 月ぎめの妾, 月ぎめぢやどうなる, 月ぎめでも年ぎめでもどつちで, 月ぎめでやとった人力車夫が私, 月ぎめというところに一寸気をひかれ, 月ぎめの人でも年ぎめの人, 月ぎめ銀二朱で借りた見る, 月くらい通わなければ, 月くらいは顔が, 月くらくともし火消, 月ぐらいずつその女, 月ぐらいのところだった, 月ぐらし程度の我々, 月ぐらゐゐるつて話だ, 月ぐらゐ顔を合, 月こそと用意し, 月こそはそうした戦争, 月この世を去った, 月これを笑う, 月もりなるもの, 月さえにさえて, 月ささぬ闇を, 月ささばとおのづから衣紋, 月さしいづるほどにいとゞ木高き, 月さしだし月下艶かしい, 月さして夕と, 月させばやすら, 月さまいくつ十三な, 月さまいつでも空とぼけ, 月さまきりぎりすが卵, 月さまさも皓々, 月さまざまな水明り, 月さま宛も皓々, 月さま私に宝, 月さま秋もこんなに, 月さらい大さらい, 月さんいくつ十三七つと子供, 月さんぽつち, 月さんわたしはどうしても, 月さん子供の, 月しか居なかつた, 月しらみわたる夜なれや, 月しろく残り, 月じゃああるが, 月じゅうわたしは一度, 月じゅう僕は彼, 月すこし暗かりける, 月すむ田面に, 月すめば谷, 月すらあつた, 月するとわたし, 月ゑには, 月ずいぶん忙しいが, 月よかぜ, 月そして星空うつくしかっ, 月そそぐいずの夜, 月その他いっさいの具象世界, 月その間日となく, 月それどころか何年だ, 月ぞというあの初め, 月たけて光, 月たたぬうちであった, 月ただ一輪を, 月たちてまだ, 月たち三月目がすぎる, 月たち二た月, 月たち二タ月たち三月目がすぎる, 月たっても成績, 月たつたがなかなか, 月たつたら引取りまし, 月たらしめて何, 月だいたい何ポンドあれ, 月だけは三体に, 月だつたが寝床, 月だに宿るわが, 月だらうか薄曇り, 月ちかくもなつ, 月ちんばの馬, 月ぢうに書きあげなければ, 月って野郎の, 月つこもりの日, 月つづくことに, 月づきなしくずしにでも, 月ふ君, 月てらす玉垣, 月てりしろがね, 月であって今日, 月でありたいように, 月でございましたから嵯峨, 月でさえも今に天, 月でしたねあんな, 月で御座いましたから竹, 月といへるは, 月といつてもあと三日, 月といふは其角なり, 月とかで優れて, 月とかの方へ, 月とかは他の, 月ときは木, 月とでは差が, 月となつた, 月とる麩売なり, 月どうしてあの鶴, 月どこからもれ, 月どもあげて, 月なお北天に, 月なかばまで朝毎, 月なぞを見て, 月などというひねったところ, 月などといふのが, 月などとはまるで縁, 月などにグヅついてた, 月などは月給の, 月なみの終結, 月なみ三人立ち五人立ち, 月なみ数へ, 月なり数日かなりを, 月なりしが無罪放免, 月なりと説明せん, 月なんか見て, 月なんかに着いたら困つて, 月なんかのレコードを, 月なんぞ見て, 月において一古, 月にこそあれ, 月にしちやァ鎌倉ッ, 月にすら闇か, 月にぞありける, 月にだに影を, 月にて発声す, 月にとはばや, 月になんか憑かれたって, 月にや花の, 月にやもあらぬ, 月によって違うが, 月に対し襟を, 月に対しては歌う, 月に対する吾人の, 月に対するのみで満足せず, 月のうへにもなく蛙, 月のうへより漕ぐふねの, 月のけふのてる, 月のせゐでもあり, 月のちのこと, 月のねえ夜, 月のぼればもろもろ, 月のみぞひとり澄めりける, 月のみの水より, 月のみは相も, 月はじまりのころ, 月はずつと低うなつ, 月はね十五日まで, 月はのぼつて, 月はも一つ他の, 月はやくこうしてあなた, 月ばかりこそ疎まざりけれ, 月ばかりになりますと, 月ばかりほど転地し, 月ばかりも経つと, 月ばっかり出て, 月ひるがへす, 月ふた月三月ヨウイイ, 月ふめばそぞろ, 月ふれ千人の, 月への思慕を, 月へまで届きそう, 月ほつかりとある若竹, 月へとなんの, 月まさがよく, 月まさしく頭上に, 月または神祭月と, 月まつと人, 月まどろめるあの自然, 月まろし酒, 月まわりもよろし, 月空にか, 月みざる人は, 月みそかか明け, 月みたような, 月みちて旅先, 月みちのくへ急い, 月みる加茂川の, 月めくらの月, 月めくりを茶の間, 月めぐみを有, 月もこそ入れ, 月もしくは一ヶ月に, 月もとふらむ草枕, 月もと數へたい, 月もの間に段々, 月もはや落ちて, 月もやあらぬもの, 月もよかつた, 月もらって来た, 月やくを流す, 月やっと道場の, 月やはものを, 月やもりくる軒ば, 月ゆき花のおり, 月ゆらぐ天水桶に, 月ゆゑ惜しくなる, 月ゆゑつれないか, 月よしと云え, 月よと浮かるるなれば, 月よにしつぽ, 月よみの光, 月よめば春, 月よりの使者, 月よろしおそくまで話し, 月よわれ汝を, 月づかな水, 月われながらよう, 月をこそ見れ, 月をさ江戸の, 月をだにもらさぬ雲, 月をな影で, 月をのみ追駈ける, 月一度くらい, 月チト暗カリケル処ニテ, 月ドン荏原郡矢口村のオキンドン, 月ニ一回男性ホルモンノデポヲ用イテイルノダガソレダケデハマダ不足ナ気ガシ, 月ニ二度位ズツ評定所ヘ出, 月ニ開明ニ進ム故今日, 月ハ日ノ誤, 月パリの方, 月ベルギーの首府, 月出なくも, 月ヴィオリンを手, 月一ぱいだけは一週間, 月一万ぽっち, 月一万円乃至七, 月一万部を越える, 月一両の給金, 月一入の一派, 月一兩二分のお, 月一円五十銭で三回, 月一割ほどの利子, 月一割三歩の高利, 月一回近郊の写生旅行, 月一夜一夜に消え, 月一学殿といえ, 月一審判決まで不思議, 月一度槻の斎屋, 月一日大洪水堅固なる千住橋並吾妻橋押流, 月一杯東京にいない, 月一杯絶対禁酒を誓った, 月一杯遊び四月一日より常盤興行, 月一歩二之利足を加, 月一片何の恨み, 月一石づつつくってあちこちへ四五升づつ売って, 月七ガロンに迄つめられ, 月七十円以上貯金を下げ, 月七千円で嘱託, 月七年の期月十三年, 月七日に於, 月七日付を以て谷中村堤防復旧工事ハ絶対, 月七留の給料, 月万戸衣を擣, 月三ルーブリで十四時間, 月三円五十銭というの, 月三分か四分, 月三十三年の期月, 月三十五円取ろうと, 月三千円生活費がかかります, 月三囘も旅費, 月三回七の日, 月三回三の日, 月三回休みがあり, 月三回兵助の屋敷, 月三年の期月七年, 月三度は屹度ここ, 月三日止各村輪次而舞, 月三日男子出生之由, 月三星洞の額, 月三月ヨウイイムウ, 月三月ヴァイオリンには触れない, 月三月近頃は素人衆, 月三百なにがしの給料, 月三百円一人ます毎に一〇〇円, 月三百円位でおい, 月ぼること, 月上りかかれど光, 月上人様の御, 月宿, 月丑の日の, 月中幸運を享, 月中忽雷雨に逢, 月中溝渠の景いよ, 月中漫歩九段の妓窩, 月丸わしの首, 月丸武士らしく自, 月丸殿を殺した, 月丸自ら月丸を裁く, 月丸花瀬とて雌雄, 月丸鯖小次郎お小夜, 月主日主四時主の八, 月九十何円かの月給, 月九十円の家賃, 月九十銭の部屋, 月九日芝増上寺にて遺, 月九月の二十七日, 月亀清柳光亭といった一流二流, 月二タ月の未決, 月二三冊の新刊, 月二三回ぐらいずつ毛色, 月二三度ずつ集まる, 月二両の下宿代, 月二人に送る, 月二円二十銭で今, 月二円半の屋賃, 月二十七日の雨, 月二十三日午前十一時五十分出生致し候, 月二十九日には蒲原, 月二十五ルーブリの仕送り, 月二十五円ずつを倅, 月二十五年の期月三十三年, 月二十五日土曜日午後十時より大阪, 月二十五日拂曉までには電光艇, 月二十五日深夜大鳥時計店所蔵の有名, 月二十八日に佐渡, 月二十八日付支倉喜平刑事事件審理上必要の趣, 月二十八日夜寝に, 月二十八日大坂城へ帰り, 月二十八日昌造氏を保釋, 月二十六日に寂, 月二十日すぎ本になるでしょう, 月二十日建築会館に於, 月二千円内外と踏ん, 月二千法以下の収入, 月二回休業のすり紙, 月二回位の発行, 月二日の最後, 月二留の家賃, 月二百円はない, 月二百十日二百二十日を眼, 月云々と言った, 月五ルーブリの月給, 月五六回ずつ相, 月五十錢の裏屋, 月五回の部分, 月五圓宛徳をし, 月五拾円あるひと, 月五日京都池田屋における変, 月五百法未満で済む, 月五銭で借り, 月交代に江戸市中, 月人一名が本艇右舷, 月人部隊の進撃姿, 月人間の片ら, 月人隊がおし, 月仄かな海, 月までのところ出勤, 月今や歴史は, 月今井に落ちた, 月今夜の月かげ, 月今夜幽かに照らす, 月今宵はるかに照, 月今宵云々と書い, 月今宵名は残り, 月今宵塵ばかりだに雲, 月今宵玉も拾はん渚, 月今宵背戸の畑, 月仕送りをし, 月令季秋雀大水に入っ, 月令式主題を採つ, 月令駕蒼龍注馬八尺以上爲龍, 月以上不可思議なもの, 月以来一人前の人間, 月以来自然の景物, 月仰ぐらん, 月伏見の指月, 月休みの来月, 月位住うには不足, 月佐渡から帰った, 月何やら鳥の, 月何千円入る映画女優, 月何回と版木, 月何年でも箱根, 月何日ここで逢う, 月何日ときまつたわけぢ, 月何日の出來事だと, 月何日何時何分とまでおぼえ, 月何日何貫目何屋誰へ縮緬五巻, 月何日出頭せよと, 月何日參上すると, 月何日同行何人とその, 月何日富田の正徳寺, 月何日左記の通り処分, 月何日戸締りをし, 月何日晴とか今日, 月何日櫻木海軍大佐之を發見, 月何日武蔵野新町街道捨児の事, 月何日水で死ぬ, 月何日汽車に乗っ, 月何日生としるし, 月何日社日は何時, 月何日誰某宅, 月何日軍議をさだめ, 月何日逗留して, 月余り山の中, 月なり, 月俊郎君方に電話, 月の來去, 月倉庫はたいへん, 月も存分, 月傾いて山, 月に二十五銭, 月充ち日足り, 月きに, 月先遲くなれ, 月が餅, 月の組織, 月入りぬれば, 月入るまでを見ん, 月全体が性, 月全日本のブルジョア婦人雑誌, 月八円ずつさえ得てれ, 月八十円の月給, 月八圓ばかりで, 月八日に牛込, 月八日入京仕候, 月八日御地に参上, 月八日某々二君に面会, 月八日臨終正念の往生, 月八阪の塔, 月六十円で世話, 月六十日間ああし, 月六千円で嘱託, 月六才の定め, 月六百留で医師, 月六石になる, 月円かなるに, 月円きに乗じ, 月再びうかがい出, 月をめし, 月冬枯時もはや近く夕陽, 月冴えたれば辿る, 月冴え渡るセエヌ河畔は, 月冴ゆとても鞍馬, 月冴ゆ裸で山々, 月かに夜, 月凍ってビョービョー, 月凍てたり, 月ている, 月出る時隣鶏ことごとく, 月分頂戴しましたが, 月切れゆえ家は断絶, 月初めて江口へ, 月初めオミットになりました, 月初め五六日は休み, 月初三夜新蝉第一声, 月初日比谷ガ原で催す, 月初旬横濱の某, 月前母親が病氣, 月前頃から公刊, 月勉強させて, 月というそば屋, 月勤めまする役人, 月十一円そのうち食費六円, 月十一日武田一門勝頼以下天目山に滅亡, 月十一月中旬はじめて当今主上近親, 月十三年の期月二十五年, 月十三日で其の, 月十両ずつ貰える, 月十九日の暁方, 月十二回の上覧闘犬, 月十二日に脩, 月十二石だそれから, 月十五ルーブリずつの養育費支払い, 月十八圓しか受取りません, 月十八日夫人は遥々, 月十八日高嶺の雪, 月十六円で二十五円学資, 月十六日迄に意見答申, 月十六日日曜日線路にそう, 月十六日矯風会の矢嶋楫子, 月十日正式に結婚, 月十日附権中納言経房の, 月十石だと, 月十銭の会費, 月千二三百円である, 月千五百円つかう学生, 月千代ヶ崎の丘阜, 月千法以下のもの, 月てかへる, 月升烏鵲鳴, 月半ば以後におくり, 月半ば私の父, 月半ば過ぎだろうという, 月半十四日でして, 月卓花は何と, 月博士の門, 月却而逢雨てかへり, 月を見, 月参講の連中, 月參辰南斗北斗等百餘廟もあ, 月及び太陽の, 月の一子, 月叟様の前, 月までおい, 月六併せ, 月各相宜, 月同御候の, 月もことわり, 月君これを輔, 月君方に立寄つた, 月吟花到五更, 月吟花且養神又有, 月吹きかへせ, 月吹き出して枯野, 月命日だから, 月哉われもし, 月嚠喨と音, 月四五十円稼ぐ人間, 月四五百圓も貰つて, 月四十両平の隊員, 月四十円の生活, 月四十銭でした長屋, 月四十錢でした長屋, 月四回の日曜, 月四圓五十錢は成, 月四日のこと, 月四日降雪の日, 月四日鳥取縣八上郡曳田村に生る, 月四海陰晴を同じ, 月四角でもなか, 月国狭霧尊の化生, 月へゆく, 月園丁長記となっ, 月なる春, 月水心停, 月に汝, 月坐せりとふ, 月にくっきり, 月堂僕の代り, 月堂君来訪二十五年ぶりの会見, 月堂見舞ひに, 月変るうちに, 月変化及び長期変化, 月帰思, 月夜勤を続けれ, 月夜半ばにし, 月を揺る, 月夢幻的な月, 月なぎなたの, 月大事な交際季節, 月大和三輪初瀬の月, 月大磯の波, 月大阪に競輪, 月大阪市で米騒動, 月天使に迎えられ, 月天地を鎖す, 月天地球は宇宙, 月天子ほのかにのぞみたま, 月天子氷雲を深く, 月天心都大路を通り, 月太陽諸遊星, 月夫婦仲好く三, 月の顏, 月女神ルチナは兎, 月女神浪人都を立てん, 月如鏡亦如鉤, 月姉さんはいい, 月姫宮をいで, 月姫殿の遺児, 月姿絵俗に葱売, 月娥夫の家, 月娥怪しんで問う, 月娥父の方, 月婆首那が訳出, 月の上, 月なりけり, 月孫本町温知医黌の医学教諭, 月守印東忠介東京貴石倶楽部の松沢平吉, 月守志摩徳兵衛の手代, 月安息を求め, 月定めで室, 月宛銭は市況, 月宮殿大和名は柴垣, 月宵鄙物語というの, 月の不肖児弦, 月宿るらん, 月寄懐木駿卿柴担人去年此夜与両生, 月寒く頭巾あぶり, 月寒しといふ横光君得意, 月っきりに, 月つきり, 月といつ, 月射してきぬ, 月射す裳の, 月浮, 月将日進不曾休, 月と, 月小さく山大きく, 月小松谷からここ, 月小百圓ばかりだ, 月小遣だけ五百円, 月居尼とし, 月居峠を迂回, 月居続けしたお客, 月山の端にほのか, 月山川等の文字, 月山路の利鎌, 月岩嶺をタラムチェー, 月のさき, 月の瀬, 月川家から御, 月川艶子さんのお, 月巣竹枝と申しおった, 月已に落に, 月帝国ホテル精養軒抔といふ所, 月帰航の途, 月常住の灯, 月平泉弘前十和田などを旅, 月平馬こと一旦女賊風情, 月幸田の与り知らぬ, 月の人, 月に歸, 月の酸き, 月府弁持久須利荷高の面々, 月庫倫よりかもこり, 月延べにて何ら, 月延べ月延べにて何ら, 月廼家にて田中三菱商事支店長等, 月廿七日補文部省十等出仕爾後或入, 月廿五日の宵, 月弄妍などか, 月にか, 月当番ですし, 月往則日来日月相推而明生焉寒往則暑来, 月征夫の心, 月待ちましたが返事, 月待ってみません, 月待ヶ丘です, 月待日待という事, 月待草に朝露しとど, 月御覧でしょうか, 月茫清風船に, 月大阿闍梨, 月心院伊東が牛耳, 月心院内門番の娘, 月必ず應を, 月忍び出で息, 月忙シ陸亀蒙ハ云フ雲忙シト, 月快く使って, 月依然明知花月無情物若使多情更可憐, 月の月, 月情話を語らせ, 月ひは, 月想起故園情, 月成勲宮川太一郎なぞいう, 月を吊ひ, 月日に, 月房州甲斐諏訪木曽を経, 月房慶政上人の著, 月所如是縁庵等と号, 月手当は老母, 月手当十二円ヲ給ス, 月抄こてふ, 月抄本とウエイレイ, 月折峠に一戦, 月拾何圓の生活費, 月振り位ひで小田原の家, 月支国の軍, 月支国王大いに喜ん, 月支国王名は栴檀, 月改まるは歳, 月救う猴の, 月數算ふ十, 月の変装用, 月斎玉兎っていう奇麗, 月斎玉兎女史こと本名須婆田ウノ子を逃さない, 月斎玉兎女史一流の手品, 月斎玉兎嬢ことウノ子さんは未だ, 月に窗, 月斜めならん, 月新緑の中, 月旅行は新, 月と大, 月日時刻の四つ, 月日本橋の高札場, 月日西岡時彦写之お, 月早いとこんな, 月早かったらと, 月昇る時, 月明く水色の, 月明り芒の中, 月明るく梟の, 月星夜鶯にかけて訴えたろう, 月星山川木草石等の神, 月映して, 月映りけり, 月時雨がこれ, 月景色を背景, 月暗きはわが国, 月の上, 月暦睦月二日の新月, 月暮しの貧乏人, 月更に明なら, 月書く分の, 月朔病歿今已六日, 月望むが如し, 月望中転春夏秋冬夢裏, 月朦朧の夜, 月朧擧羽の海, 月の次, 月木の間にさしいで, 月木曾義仲が挙兵, 月木火土金水にし, 月木金の日, 月圓看, 月未だ愈ゆるに, 月未醒清方霊華などの合評, 月にさし上り, 月にかかり, 月松島の浜, 月松林の間, 月某国に対する戦勝, 月某日僕は四月一日, 月某日彼はその, 月某日晩涼ヲ追, 月某日某人某の物若干, 月某日某所で行なわれた, 月栖家山千万里遠在, 月やすもも, 月の梢, 月楚々として西天, 月のやき, 月の木原, 月様いくつ十三泣き面十四は頓死, 月様のと鈴虫, 月様一対の日月, 月様何してるお, 月様御免なさいし, 月様雲めがかくす, 月様餠つきのお, 月の巨木, 月樣がちょうどまんまるになつてゐる頃あぢさ, 月のうへに傾く, 月正に五月に, 月此家に奉公, 月歸途を照す, 月殆ど見えず雲, 月残る一夜の, 月殿もとくと, 月氏ただ今のご, 月氏国智臣摩啅羅その王, 月氏国王が謀, 月氏江戸へお, 月氏漢土にも越え, 月氏自身の顔, 月とのみ心得た, 月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, 月水濠はすっぽん, 月の如く, 月にみち, 月江おまえか, 月江さんと金吾さん, 月江上の風, 月江名は承, 月江戸は青葉, 月江撰の嵯峨樵歌, 月江様おりん小僕次郎, 月江様ひとりをこの世, 月江殿あなたまだほんとに処女, 月江殿こちらへ, 月江熱海もよかろ, 月江釘勘次郎おりんこう五人, 月汽笛の音, 月沈々として海霧, 月没して五更, 月没後の湖上遙, 月をこぼす, 月泉水に映える, 月波楼とかいう, 月波浮身の妙変, 月波澄を解し, 月波風吹きて, 月洲師の快諾, 月浅草の松邑, 月浩翰な反駁文, 月とか童子格子, 月浪童子格子日の出に鶴, 月海土公園の中, 月海済斎の諸, 月淡き震災後二年の, 月淡く柳が, 月清い厩舎, 月清からも聞いたであろう, 月清らかな初夏, 月清集と云, 月減ずる時甚だ, 月渡しの利札, 月温く霞む夜, 月湖辺に群兎, 月満々たる水, 月満たずして早産, 月満ちけん俄かに産の, 月満て産声美しく, 月漏る杉の, 月漸く色無し, 月漾橋の伏兵, 月澄まんとした, 月瀬田唐崎の夕景色, 月灘桃色だれが云うた, 月火木金の四日, 月を焼く, 月無き宵を, 月無く星影も, 月野原の, 月照さんと一緒, 月照らす梅の, 月照らぬ間に, 月照り風そよぎ, 月照一行が亡命, 月照入水に立会っ, 月照寺における松平家, 月照師を大阪, 月照画船人似花, 月照遺品を携え, 月はなく, 月を半分, 月父井上外記が丹精, 月片寄るも, 月物すごく照らすなり, 月であるとかの, 月狂天馬と僕, 月はれ山, 月生れだ, 月田面にうつる, 月畄守にするだろう, 月界探検のため自ら発明, 月當番二人で江戸, 月病気にならぬ, 月こそ痛め, 月白井孝右衛門橋本大井も亦, 月百五十圓出すから, 月百円シナリオを年, 月百円以上償還して, 月百円内外の収入, 月百冊の良書, 月百圓を越し, 月百姿の中, 月の林檎, 月たぬうち, 月目位だな, 月直木燕洋その他の諸君, 月眉山君は春, 月県下の木工会社さ五千円, 月の闇夜, 月真如の光, 月よく宇宙, 月短くば半月, 月石色の液体, 月神これを知らず, 月神チャンドラを従え, 月神崇拝の跡, 月祭りにはそこ, 月禅師のそんな, 月は慰問袋, 月眠遅かう, 月程後に聖ポウル孤島, 月なり, 月空しく樹頭に, 月穿潭底とか三界唯一心, 月し逢ひだ夜, 月立たなむよ, 月立ちにけり, 月立つか立たない, 月童女と何だ, 月竹籠烟百尺絲繩拂地懸と云, 月籠城ののち和睦, 月精馬と為り, 月紀伊路の夜, 月三万円の, 月素三神出現の条, 月ね憂ひ, 月経過の必須条件, 月經つてある日, 月經ナキ少女ニ育兒ヲ講義スル如キ, 月經費を三分, 月經閉止三箇月だつて, 月続いたか, 月の揚戸, 月けて低し, 月美しき明治吉原の, 月美しくか, 月美幌コタン菊地儀之助, 月聞かなかったことだろう, 月聞き馴れたものながら, 月の月, 月膳所に遊んだ, 月桂叢香裏生, 月自照両処, 月艱難辛苦唯其の, 月の月, 月花みゆきひとのみに傾け捧げ, 月花共に此里, 月花紅葉時鳥等のありふれたる, 月を漏り, 月茗渓途値臼田才佐遂同到礫川, 月に雪見, 月落ちかかる何んとかいう, 月落ち参横たわるの, 月落ち夜は紫, 月落ち星の光り薄れ, 月落ち烏啼いての, 月落つ麦城, 月落烏啼霜満天寒さ哉, 月落烏啼霜満天江楓漁火対愁眠姑蘇城外寒山寺夜半鐘声到客船, 月古の, 月蒼く水煙る, 月蒼ざめて西よりのぼる, 月という経, 月蔵経にのたまはく, 月薄紫の空, 月虚空に澄ん, 月にひし, 月虫天高くあるいは, 月の月, 月が十数年前, 月行ってくれ, 月にあり, 月西村の死骸, 月見たことあります, 月見上げて十人, 月観道満なる人, 月を吹く, 月りは, 月詣りはじめてもう, 月読めばいまだ, 月は決して, 月象を, 月といふ, 月讀んだプロ作品中での, 月にも足らぬ, 月費したものを, 月赤きは珊瑚, 月夜雲忙, 月転地するよりも, 月輝く日は, 月まで飛ん, 月近き晝すぎの, 月近く大和の方, 月迷路の名所女影, 月這入らんが, 月通つてアングルを観た, 月逝き年移つて漸く, 月連檣影動揺夜深人, 月遅らしと略三通り, 月過ぎ二た月, 月過ぎ二タ月過ても, 月過ても此恨綿々ろう, 月違勅の畏れ, 月選挙のとき, 月邨夫妻一洵老和蕾君, 月重ねて明らか, 月で水, 月をかがやかせ, 月の如く樹頭, 月門鉄鬼門蕀冠門などがさらに, 月限りのもの, 月にあっ, 月離人の膓, 月雨戸を開けるで, 月雪花この世の物, 月雪花それらのもの, 月雲簾して, 月雲間に露, 月霊感を忘れた, 月にし, 月霞む宵の, 月の中, 月青い月, 月青海の, 月題詩扇面携来見示即次, 月に当, 月はれたまわぬは, 月なら風, 月飛んだ八月十五日が, 月の月, 月馬駒を生む, 月駈け出したぎりで音沙汰なし, 月駒井はひとり, 月騒恨をひと, 月魄天つ御, 月れり, 月麗しく余が, 月黄ばみ病める笑ひす, 月は巨木, 月黒うして, 月黒き夜の, 月黯澹たり, 月鼈霄壌のみならず