青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「数~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

教育~ ~教養 教養~ ~敢 敢~ 散~ ~散歩 散歩~ 敬~ ~数
数~
数学~ ~整理 整理~ ~敵 敵~ 敷~ ~敷い 敷い~ ~數 數~

「数~」 23872, 258ppm, 367位

▼ 数~ (1283, 5.4%)

55 増して 17 数えて 11 知らず 10 かけて, かぞえて, 重ねて 9 加えて, 増した, 減じて, 重ねた 8 もって, 尽して, 手に 7 持って, 算え, 読んで 6 つくして, 殖やして, 知って, 示して, 調べて 5 占めて, 尽くして, 挙げて, 殖し, 減らして, 算えて, 算える, 表わすもの 4 つまぐりながら, 勘定し, 増すこと, 増加する, 多くし, 知らずと, 見ても, 費して

3 [12件] つまぐって, 増加し, 増加した, 多くすれ, 数えながら, 数へ, 決定する, 考えて, 見て, 見ると, 超過する, 越えて

2 [64件] お殖, かけたり, かぞえながら, きめて, そろえて, どれほど重ね, へらしたい一銭, まして, ます, もつて, よみながら, 一と, 下の, 並べて, 任意に, 倍に, 出来るだけ, 制限された, 制限する, 勘定する, 十人か, 占めるやう, 合せて, 含んで, 問うも, 増したの, 増しつつ, 増し遂に, 増すの, 増すばかり, 少なくした, 年出生の, 悉くし, 手首に, 指で, 掛けて, 揃えて, 数えた, 数えること, 数へる, 斟酌した, 有って, 極めて工夫, 正しいと, 正確に, 殖やし半ば僕, 減じ今, 減少する, 爪繰って, 爪繰りながら, 片手に, 算へたり, 表わす欄, 覚えて, 計って, 計算し, 記録し, 許されたに, 読みながら, 費した, 費すに, 超過し, 雇傭する, 首に

1 [823件 抜粋] あげた見馴れない船, あげながら, あつめて, あてて, あとの, あなたに, あらかじめ明らか, あらためる必要, あらわします, いい当て, いうこと, いくども, いって, いとうは, おかない上方ふう, おひかえ, お前だって, かえること, かけたら一位, かけた念仏僧, かけてから, かけ団扇太鼓, かぞえしに, かぞえたり, かぞえるお, かぞえること, かぞえ乍ら, きかないが, くぐり門松, ぐつと減らし, こなして, さらさら言, しらずも, しらず機械, しらべて, し尽した妙子さん, じゃら, そのまま大阪, それぞれ満たし, そろへたり, たずねた, たのみに, たのんで, たんと持たない, ちやんと, つかい果たさせるため, つくしたよう, つくした八万地獄, つける, つまぐったり, つまぐつて冠つ, つまぐる, つらねて, とって, とばして, とりあげ娘, とりしらべて, とりのけて, とるから, なして, のぞきこむと, はかろうと, はるかに, ば繰らざりしにや, ひとりひとり心の, ふやさせたり, ふやしたため, ふやして, ふやすこと, ふやすばかり, ふやす係, へだてて, へらし候, へらそうとして, まさずに, ましたの, まし互に, ますこと, ますにつれて, まったく自己, みました, みんな合せりゃ, めっきり減らし, もち, もっと正確, よくよくかん, よく調べ, よけいくぐっ, より多く, よんだり, わりあてます, チャンと, ノートを, 一つくらゐ減らし, 一つの, 一つ一つ加え, 一つ袂の, 一枚一枚数え, 一緒に, 丁と半, 三分の一にも, 上げた, 下げ僧衣, 不要なり, 丹念に, 乗じたものの, 乗じなければ, 九格正方内に, 争う江戸, 争ふ, 二乗する, 二十名程度に, 二銭に, 云い当てて, 云うなら恐らく, 云って, 云わないよう, 五十で, 五千と, 今では, 仮に百石三人, 何か, 何台増し, 何故袂, 使わないので, 倍近くも, 備へ, 免れる, 入れときやしたと, 全く記さぬ, 公表し, 具えその, 円形に, 出したもの, 出すだけ, 出すの, 出現せしめ得る, 切りちぢめたとえば, 切り生えか, 制限され, 刻み初めた, 割り出して, 力学的手法, 加えた, 加えること, 加え振りがな, 加へ, 加算し, 勘定される, 勘定したら, 勘定し合っ, 占める蝙蝠傘, 占め十三歳, 取ったり, 取らせない工夫, 取りかえすの, 取り出して, 叩く, 合せてさ, 合わせて, 合わせるため, 同じく朝臣, 同一ならしめるなら, 向うへ, 告ぐれば, 味方なり, 和すれば, 唱へて, 問う戯れも, 問う文句, 喜ぶ様子, 喫う, 均等に, 増さざるも, 増させること, 増し, 増しあるいは, 増しいかん, 増しそれ, 増したこの, 増したと, 増した世の中, 増した事, 増した女中達, 増した自動車, 増しながら, 増しましたから, 増し二十余台, 増し何百何千, 増し勢, 増し地上, 増し夜警, 増し嫖客, 増し数千疋, 増し橋, 増し段々, 増し警視庁, 増し追って, 増し髪, 増すか, 増すであろう, 増すとは, 増すにつれて, 増す敵勢, 増す空軍, 増やし近習, 増加させたであろう, 売る老婆, 変えるほどの, 多からし, 多くかぶる, 多くせん, 多く点け, 多く知っ, 大きくする, 夾んだばかり, 始終持っ, 学びたもう, 完備する, 定め先皇, 容易に, 対応せしめるなら, 射て, 少からし, 少なくし, 少なくしなけれ, 尚ぶ, 尽くしバタバタ, 尽くし味方, 尽し或, 尽すだけ, 尽せしが, 左右へ, 幾度も, 建て増した, 引き出した者, 引き出そうと, 当てさせ, 当てさせる言葉, 当てられた児, 彼女よりずつと, 得また, 得ること, 心で, 心得ないで, 必然的に, 忌むが, 忘れた, 思い浮べるの, 想うかも, 想えば, 懐中で, 成立させる, 手にかけて, 打つの, 押し揉んで, 押揉む, 担えり, 括弧の, 拵えるとか, 持たせた, 持ちなおして, 持ち乍ら, 持ち十人あまり, 持つ, 持つ貿易船, 指折っ, 捕捉率と, 捻って, 掛けた美しい小さい, 掛けた鼻, 掛んければ, 控え目に, 控へ, 推し量るとき, 掲げて, 揃えた, 揃へて, 揉むよりも, 揉頂い, 撞き終ると, 擁して, 擦る音, 改めて, 救うて, 数えそれ, 数えたり, 数えてから, 数えないでも, 数えなさったら, 数えました, 数えられるほどに, 数える場合, 数える数奇者, 数え一人, 数え始めた, 数え学校図書館, 数へてから, 方形に, 日本人が, 書き上ぐべきよしの回状, 書き上げた日, 月表の, 有つこ, 根拠として, 検べて, 極めて減少, 概算すれ, 構成し, 欲しがる, 歌に, 殖す, 殖やさないで, 殖やした, 殖やし将来, 殖やすこと, 殖やすの, 殺ぐの, 毎月, 比較し, 気に, 決めて, 注意深くジュネエヴ, 消耗する, 深いところ, 清行が, 減じあるいは, 減じしかも, 減じたが, 減じたという, 減じたりと, 減じハ行音, 減じ光明, 減じ古, 減じ生徒, 減じ結局戦争, 減ぜられて, 減らした彼, 減らし色々, 減らすほど, 減少させる, 減少し, 減少せしめなかった, 渡した, 渡します, 測ろうと, 演出する, 漸く埋めました, 無視し, 無限に, 爪繰っては, 爪繰りつ, 爪繰り乍ら唱, 独りでに数える, 現わす, 現在の, 理解し, 用うべきであった, 用うる, 申せば, 画くやう, 畏れて, 百と, 百倍し, 盗むの, 盛んに, 盡し, 知ってるでしょう忘れないで, 知つてゐる, 知らずして, 知らずちょうど, 知らず今何, 知らず凡そ, 知らず大, 知らず正成, 知らず継竿, 知らせました, 知らぬ, 知らぬという, 知らんや, 知り, 知ること, 知るべし, 知るまでの, 知る事, 示し, 示したもの, 示し縦, 示すけれども, 示すこと, 稼ぐ, 競うこと, 答へたり, 算ふる, 算へて, 算めば, 算定する, 節減しよう, 約めた譬え, 累ねず, 累ねる, 維持したであろう, 維持するであろう, 総計する, 繰ったり, 繰り返したところ, 置いて, 考え合せ露地入り, 聞いた, 聞いただけでも, 聞いて, 聳か, 胡麻化し, 腕にと, 自分には, 苦も, 蒐めて, 蟻が, 表して, 表わす他国, 表わす言語, 補うに, 襷の, 要したこと, 見しらべて, 見つめる人間, 見ねえ一杯, 見よ, 見るだけ, 見る計り, 見知って, 見立てて, 覚えたの, 覚えようと, 覚えること, 言うだけの, 言ったついで, 言はず年を, 言わずに, 計算する, 計量し, 訊かれた時, 訊ねた, 訊ねて, 記した丈, 記した幾冊, 設け置かれた数, 詰めて, 誇りあって, 語るもの, 説き示し呉君, 説くの, 読み, 読みつづけて, 読み初める, 読むこと, 読むならば, 読むよう, 読む声, 読めば, 読んだり, 誰が, 調べたの, 調べながら, 調べ上げたり, 調べ男女老幼, 調制すべき, 論じて, 負けないだけ, 費さなければ, 資本が, 資本の, 超えて, 超越した, 超過した, 超過しました, 越えた, 踏んだ男, 辿りながら, 辿ると, 退けるという, 逐年的, 通って, 連れて, 過して, 遙かに, 重ねたとは, 重ねつつ, 重ねながら, 重ねるだけ, 重ね出した, 重要に, 銷除すれ, 附けて, 隠して, 非常に, 頭に, 食うの, 養うに, 験して

▼ 数~ (1214, 5.1%)

20 非常に 9 多かった 7 知れて 6 おびただしいもの, 多いが 5 増して, 多い, 夥しいもの, 無限である 4 どのくらい, 減って, 減少し

3 [19件] わずかに, 一つや, 一般に, 何千か, 全人口, 可なり, 吾, 増えて, 増すばかり, 実に夥しい, 少いが, 少くない, 少ないが, 少なかった, 意外に, 次第に増加, 決して少く, 皆で, 覚えて

2 [51件] あっても, ある, あるが, いたって少ない, この剰余生産物, これまでの, ざっと数え, すくなかった, すこぶる多い, それに, どれほど, みんなで, 一人や, 一年の, 七つ八つも, 二倍に, 人口が, 何万何十万とも, 僅, 全体の, 判らない, 前より, 多いし, 多いの, 多くない, 多くは, 夥しい, 大変な, 寡婦の, 少なくは, 左の, 年ごとに, 彼らを, 徐々として, 急速に, 更に増え, 極めて多い, 極めて少い, 決して多く, 白妙の, 百を, 私の, 竹の, 第一期, 算える, 結婚まで, 考慮せず, 至極簡単, 著しく減少, 2か, 4又は

1 [975件 抜粋] あたかも七頭, あまり多く, あらゆる種族, あるけれども, ある意味, いかに夥しい, いくたりといふ, いくらあらう, いささか漠然とし, いったいに, いつでも, いつもただ, いよいよふえる, いわずに, おおよそ知れた, おそらく三四十羽, おそらく少なく, おそらく約, おとうさんや, おびただしい, およそ三, およそ二万余, およそ十四五機, お伽噺の, かかる境, かつて正確, かなりあった, かなりの, かの切支丹鮮血遺書, きゅうに, ぐつと減り, ぐんぐんふえ, ここ何年にも, この人たち, この時期, これで, これより, ごく少く, ざつとの計算でも, じつにおびただしい, すくなくとも四, すけなかった, すっかり数え切れません, すでに実行, せいぜい十五億人, そう沢山ある, そなた, そのやう, その三分の一, その実, その後すこしも, その流行相, その露路, それぞれ七一〇一二という, それだけに, それは, それほど増さない, それ最も, たいへん多い, たくさんあった, たくさんある, たしか五人, たった一つ, たぶん十, だいぶ多く, だんだん多く, だんだん殖えました, ちっとも変らない, ちゃんときまってる, ちょうど同じ, ちょうど椅子, ついに領主以外, とうとう明確, とても普通, ともかくも, どこまで, どの位, どれほど多数, どれ程か, どれ程に, ない, なお依然, なかなか夥しい, なし母衣, はっとして, はるかに, ひょうひょうと虹, ふえて, ほとんど均しい, ほとんど常に出生, ほとんど無数, ほぼどれ, ほんとうに, まぎれも, まして, まず第, また自営農民, まだ碌々, まばらに, まもなく増加, もうあと一つ, もちろん同様, もっと減る, もはや歴然, やたらに, ようやく部落, より多い, わからんか, わかりません, わずかである, わずか七百騎, わずか五百, アイウエオ即ち, エヴェリーマンス・ライブラリーの, タアナアの, ベートーヴェンモーツァルトに, ラサ府の, 一から, 一つ減りました, 一ヵ月二航海半位, 一七一を, 一七一八年に, 一七六三年に, 一万にも, 一万二千人とも, 一万余と, 一万噸大砲は, 一万数百人と, 一九三〇年に, 一九五〇一八九であった, 一九五〇一八九であり, 一五五個に, 一八〇一年には, 一割以上多い, 一年を, 一年毎に, 一枚殖え, 一穂に, 一箱に, 七, 七つに, 七万ばかりと, 七八つも, 七八百名に, 七十万以上ある, 七十三羽蘆は, 万をもって, 三つであった, 三つに, 三万を, 三万三千三百三十三ある, 三万八千トンで, 三人以上に, 三倍位に, 三十あまり四十戸前も, 三十人許で, 三十隻でした, 三千五百四分の一里の, 三千人に, 三千噸馬力は, 三名なり, 三四十人, 三百しか, 三百万人から, 三百人それに, 不しあわせ, 不思議だ, 世界中の, 世界第, 中学生の, 中等学校入学志願者の, 主として年死亡数, 乏しくなり, 九〇個ばかり, 九九八十一であっ, 予定の, 二つきりであった, 二万五六千人歳によって, 二三四五六の, 二三百だ, 二人の, 二億四五八一万一六六九貫目にて, 二八七八九〇六登録埋葬数は, 二割くらい, 二十三名と, 二十人という, 二十割未遂者の, 二十幾つにも, 二千に, 二千五百万地下鉄道網は, 二千数百名おり, 二木で, 二百人余りと, 互角だった, 五つと, 五つほど, 五人その, 五人十人と, 五六十ある, 五六枚で, 五十以上も, 五箇であった, 京水本に, 人間の, 今日これを, 今日劇減し, 仮設によって, 何うし, 何しろ多い, 何と七十七港, 何万とも, 何人あるだろう, 何人も, 何十万とも, 何十枚だ, 何千も, 何千人か, 何百ある, 何百本とも, 何程あらん当て, 余り多く, 佳境らしい, 例年よりも, 信仰の, 僅かかも, 僅か三間, 元極めて, 先にも, 光輝ある, 全く無量, 全国を通じて, 全期間, 全部判明した, 八十人を, 八畳だ, 公家, 六でも, 六人である, 六十余あった, 六挺である, 六畳で, 再婚及び, 凡そ百五六十枚も, 凡てにて, 分からず, 初より, 別動隊, 前に, 前述の, 勘定の, 勿論兵器, 勿論問題, 十九に, 十二月だけ, 十五だ, 十五六体も, 十個あった, 十六個あった, 十句に, 十室ぐらい, 十艘近くあった, 千を以て, 千二三百であり, 千五百万家々の, 千人近く狭き, 千名を, 半分も, 即ち丁, 却って理想的, 厳密に, 又不良少年少女, 又決して, 古今体, 各反動団体, 同じ言語, 同様なる, 四つに, 四二〇七六であった, 四十五首三箇づつを用うれ, 四十館に, 四千あ, 四年前の, 四間しか, 国家の, 地上の, 増え行路, 増さんけりゃ手, 増したが, 増し土手, 増加した, 変あり, 変りは, 多いであろう, 多いという, 多いので, 多い時, 多からう, 多くあります, 多くその, 多くとも, 多く中, 多く商う, 多く需要供給, 多けれど, 多し誂え, 多数であります, 夥しいの, 夥しい量, 大きなもの, 大して莫大, 大体において, 大内記, 大小合わせ, 天の, 好きだ, 孔の, 安く見え, 実におびただしい, 実に二千四百余種, 実に八千五百〇六八, 実に多い, 実に非常, 容易でない, 少いから, 少いけれども, 少かつ, 少くさ, 少くて, 少くとも, 少くなり, 少しくらい, 少しずつながら, 少ない, 少ないもの, 少なくし, 少なくなる, 少なく喫煙室, 尠なから, 屍の, 常に二百, 年々増す, 年とともに, 年の, 年出生の, 年毎に, 幾つとも, 幾らだ, 幾万人あっ, 幾人だった, 幾個ござる, 幾百か, 幾百ぞ, 幾百艘, 底が, 引きも, 当時あたかも, 当然に, 当然滅亡, 後三枚しか, 従来二十二カ所に, 必ずしも沈黙, 急激に, 息の, 悪くなく, 我々に, 戦前の, 控除せらるべき, 揃うので, 教正六十五人平, 数えると, 数え終えたよ, 数万人に, 数千あるいは, 数限りも, 文明社会よりも, 既に明かであった, 日ごとに, 日曜ごとに, 日本と, 明かであった, 明かには, 明らかに, 昔の, 最も著しい, 最少であった, 有明の, 有限な, 未だ調べ, 東京の, 東京四一大阪四五, 極めて小数, 極めて少く, 極めて尠, 次第, 次第に増し, 正しくそして, 正確に, 殆ど八千四百, 殖えた, 殖えるが, 殖える一方, 殖やされる一方, 母乳のみを以て, 比較に, 水を, 求めないただ, 決して, 決して二通り, 決して少なく, 沢山拵えた, 海中の, 海外に, 減じて, 減ったけれども, 減つた, 減少した, 滞りなく, 潜っても, 無かつ, 無慮一千五百機, 無数だ, 無理に, 無限か, 無限だ, 無限と, 無限に, 焼けて, 特別な, 現に今日, 甚だ多い, 甚だ限られ, 生徒の, 男女千五百余人に, 男子有権者よりも, 発表されなかった, 百に, 百万疋とか, 百二十六ヵ町という, 百人ばかり, 百個近くも, 百六十か村の, 皇族が, 益々増し, 益ます減っ, 目白の, 相互に, 真に無数, 矛盾し, 知れた, 知れない, 短かく, 硯友社に, 秀吉軍に, 稀で, 算え, 篩い落せし秋, 精密に, 約一ダース, 約七千万匹, 約三千, 約二千, 約二百俵, 約百万, 素より二, 終に吹下, 統計が, 維持し得る, 自ら明らかである, 自ら知れる, 至って少い, 至つて尠い, 航空機の, 薄いの, 血書の, 見る見るうち, 解析幾何学の, 言わば高, 記憶し, 誰の, 貧乏人の, 足りなかつたの, 農民の, 近年著しく, 述べてない, 逆な, 進んだ, 遅々として, 遙かに, 都合二十名ほど, 降る程, 随分夥しい, 集まって, 震災後減ったであろう, 面白くない, 頗る多く, 驚くべき多数, 驚く勿, 3の, 345です, 7だ

▼ 数~ (1026, 4.3%)

37 の者 30 の男 21 の人, の男女 13 の人影 10 の人々, の武士 8 の客 7 の人間, の友人, の女, の子供 6 の人たち, の作家, の友達, の敵, の警官 5 のもの, の中, の巡査, の従者, の足音 4 あって, の乗客, の仲間, の兵士たち, の力, の男達, の紳士, の若者, の部下

3 [18件] あった, あり, であった, の友, の同僚, の姿, の婦人, の学生, の少女たち, の手, の村人, の来客, の男の子, の童, の職人, の若い, の証人, の跫音

2 [63件] いて, いる, かかって, がこの, がそこ, がやつ, が手, その中, には眼, に過ぎない, の, のお, のお客, のため, のひと, のほか, のみ, のボーイ, の一団, の不幸, の乾児, の人夫, の侍, の侍女, の兵士, の判事, の同志, の同行者, の名, の名士, の土人, の多き, の天才, の女たち, の女性, の妻, の婦人作家, の子供たち, の子分, の子女, の専門家, の手下, の旅客, の日本人, の火星兵, の申立, の男たち, の知友, の者ども, の裸女, の見物, の門弟, の間, の雇人, の青年, は戻, を切った, を切り, を除け, 又は非常, 寄って, 来て, 連れて

1 [577件 抜粋] あったが, あつまつた, あらわれた, ありますが, ある, あること, あるそう, あるので, ある由, いた, いましたが, いるから, いるが, いるわけ, おなじよう, おられて, かたまったところ, からの聞書, からも理由, から抽象, から知った, がいった, がいる, がかかっ, がけげんそう, がさかん, がそっち, がその, がその後, がにわかに, がやはり, がわれ, が一人, が一時, が一瞬, が人家, が先生, が出, が協同, が各, が同じ, が同時に, が居合腰, が庫裡, が引っ返し, が担架, が拘引, が数ヵ所, が斬ろう突こう, が来, が松明, が正月四日五日, が牛, が立ち, が竹槍, が肩, が臨席, が舟, が薪, が談論, が践ん, が轎, が頭上, が風呂敷包み, ぐらいというの, この難, ござる, しかいない, したが, ずつ連れ, ずつ集っ, その上, その鳥, だけの参加, だけ附添, であったと, であと, である, です, でどやどや, では, で人工呼吸, で分たね, で大砲, で宙, で射かけた, で小さな, で弔っ, で手分, で歩き, で窘める, で籠手臑当, で茶話会, で談笑, というの, という有名, とも顔面, とを江戸, と一つ, と一団, と入り乱れ, と共に回覧雑誌, と共に梯子, と共に草津温泉, と友達, と塾生, と夜, と天保山沖, と言, と話, と連絡, と道玄坂, と露軍, などもゐる, なりしを以て, なりや明かならざりしが, に, にあたえる, にしか聞えない, にすぎなかった, にすぎません, によって絞殺, によって舁ぎ, によつて行, に保管, に勝つた, に及びける, に命じ, に売り, に早がわり, に曳き持たせ, に相違, に紹介, に護られ, のあわただしい, のうち, のお歴々女史, のかこ, のがやがや, のけが人, のご, のごく, のその, のめくら, のやじうま, のわき, のわれわれ, のジャナリストたち, のソヴェト同盟, のチンピラ隊, のハキハキ, のバーテンダー, のベスプリゾールヌイ, の下宿人, の下男下女, の世帯, の中国女学生, の主, の乗りくみ員, の乗組員, の乞食ども, の乾児たち, の五郎蔵, の人夫達, の人手, の人足, の人類, の仕事, の代議士, の作家たち, の作者, の使部, の侍妾, の侍臣, の供, の供人, の係員, の俥夫, の俳優, の僕, の僧侶, の兄弟, の先客, の児, の児童, の党員, の兵, の内, の出迎え, の出迎え人, の制服警官, の前衛, の医者たち, の午後, の原士, の友ら, の友人達, の召使, の召使いたち, の合作, の同, の同じ, の同僚たち, の同志たち, の同類, の善良, の嘉門, の土地, の墓石, の墨西哥人, の声, の大, の大学生, の大将, の夫人たち, の夷人, の女中, の女児, の女流俳人, の女達, の妓, の妾, の姆母さん, の委員, の娘, の婦人学者, の媒介, の学校友達, の守衛たち, の客達, の宮方武士, の家族人, の家来, の家来達, の対坐, の将, の将士, の導者, の小説家, の少女, の少年少女, の少年達, の屈強, の属官, の川並ら, の巧妙, の巫女, の幕僚, の年, の年季雇, の弟子, の弟子たち, の弥次馬, の役人, の彼, の思い人, の思慮, の怪しい, の怪異譚, の患者, の悪人ども, の意, の戦士ら, の手代, の手負い, の扮装, の技術員, の技術者たち, の招待客, の捕り, の推断, の支那兵, の支那工人, の故人, の文学的作品, の方, の旅人相前後, の日本ペン倶楽部代表者たち, の日本人各々, の旧友, の映像, の有給助手, の未婚, の植木師たち, の歌俳及古今体狂詩, の歌妓, の正, の武士ども, の武士共, の民主主義作家, の水兵, の決死組, の活動家, の浅草娘, の浪士, の浴客, の淑女, の滑稽, の火, の熟視, の父, の片, の物, の犯人, の献金, の生命, の生徒, の生活費, の申分, の男児, の男女客, の登山者, の百姓, の監視, の目覚めた, の眷属, の知人, の石工, の社員, の私たち, の童男, の紅毛人, の紳士淑女, の絞殺, の編輯者, の美人, の老, の老嬢, の肉親すべて, の腕利き, の腰元, の臆断, の臨検者, の船員, の船頭, の花形, の芸妓, の芸妓達, の若人, の若手俳優たち, の若者たち, の荒々しい, の荒々しき, の荒くれ男, の血気さかん, の行い, の覆面, の見物人, の見解, の親しい, の親しかっ, の親切, の親友, の親密, の観衆, の言った, の証言, の評論家, の話声, の語部, の諜者, の謀殺, の講習生, の警官隊, の負傷者ら, の貴族たち, の貴族ら, の貸元, の資本家, の質子, の踊り子, の軍兵, の農民, の近, の近所, の追手, の通行人, の運命, の郷士たち, の郷民, の野心, の長崎, の長老, の門弟たち, の門番, の閲覧席, の陸軍将校, の音楽家, の音楽家ら, の頭, の風流, の飛田林覚兵衛, の食卓, の鬚だらけ, の鬼, の魔形, はあった, はいずれ, はいっ, はこれ, はすぐれた, はバラバラ, は人目, は内, は前, は固, は打ち倒されました, は殺され, は渡船, は芝居, は血統, は逃げた, は騎馬, ひと仕事, ひどく難しい表情, まさに満, まぼろ, もあり, もいた, もその, も使っ, も働い, も医者, も常備, も抱え, も押し込められ, も飛ん, やって来た, やられました, よび集めた, より残らなかった, ゐたが, をさえ持っ, をした, をつれたる, をわれわれ全体, をクビ, をグループ, を一瞬, を世話, を使い, を加, を加え, を号令, を始め七百名余り, を引きつれ, を引連れ, を後に, を招いた, を捕え, を斬っ, を斬った, を残し, を殺しました, を殺傷, を発見, を相手, を睨んだ, を要する, を見出した, を解いた, を語らい, を読者, を降ろし, を除いたら, を饗応, ヲ載, 乃至は, 乗った, 乗って, 交って, 仮戯場衣冠, 会して, 入って, 具したぎりで神拝, 又は十数人, 呼び集められました, 寄り合っても, 少きは, 居た, 居たと, 打ち重って, 押し並びその, 招きます, 数えられた, 有り, 残って, 殺したそう, 知って, 立って, 笑ったり, 見えそれ, 見えて, 詰めて, 読みました, 踏みとどまるという, 送って, 集って, 飲まんと, 駈け廻わっ

▼ 数~ (1007, 4.2%)

15 殖えて 13 増して, 減って, 非常に 12 多い, 多いの 10 ふえて 8 増加し, 多くなる 7 少ない 6 あって, 多いから 5 すくない, 多いと, 多くて, 多くなった, 多すぎる, 少なければ, 減少した

4 [11件] 出て, 増えて, 多いので, 多くなり, 少い, 少くて, 少くなっ, 少ないの, 少ないので, 少なかった, 少なくなっ

3 [18件] だん, ふえた, ふえるにつれて, 増加する, 増加すれ, 多いこと, 多いという, 多くなっ, 多くなれ, 多くまた, 多ければ, 少くなった, 少なくて, 少なすぎる, 次第に殖え, 殖える, 目に, 著しく増加

2 [57件] ある, きまって, このよう, すくなく, それに, ちがって, つきた, ないから, ないので, ふえるに, ふへて, ロシアの, 不足し, 五つ, 全人口, 制限され, 唯九十何戸しか, 増えた, 増した, 増し今年, 増すに, 多いが, 多いよう, 多かつ, 多くその, 多くない, 多くなつ, 多過ぎ, 多過ぎる, 大分多く, 存外多い, 少いと, 少いの, 少いので, 少く原稿料, 少しばかり, 少ないと, 少ないよう, 少なくって, 恐ろしく減った, 支那式の, 次第に増加, 次第に少く, 殖えた, 殖えること, 殖えるの, 減少し, 激増した, 無限である, 百に, 百字以上に, 知れない, 莫大に, 著しく増した, 足りないの, 重なるに, 限られて

1 [637件 抜粋] あった, あったため, あったよう, あっても, あまりたくさん, あまりにも, ありそう, ありましょうとも, あり一番, あり大きい, あり生霊, あるあなた, あるそう, あるよう, あるん, ある筈, ある訳, いかに多数, いかに頼り, いくつも, いくらかふえ, いくらであろう, いくら世界, いたって少ない, いよいよ減っ, いるので, いるもの, うねうねと, おいて, おおよその, おそらく一, おびただしいので, おびただしく広い野原, おふえ, かくの, かなりちがっ, かなり大きな, きまつて, ぐっとふえ, こういう風, この世界, この戦, これらの, さらにそれ, ざっと七, ざっと三百八十名, すくなくなり, すぐに, すこぶる多く, ずっと殖えた, それらの, そろうと, たくさんにも, たりないん, たりなかったため, だいぶ多い, だいぶ減っ, だんだんに, だんだんふえ, だんだん増え出し, だんだん少なく, だんだん重なる, ちがうかも, ちゃんときまっ, ついて, つきたので, つきなかった, でて, どうしても口, どうしても読めません, どこの, どのくらい, どれだけ, どれほど, どれほどある, どんなに多い, どんなに多く, どんなに目, ないし, なかなか多い, なんと七十何名, ねえの, のこって, ひとつ足りなくなっ, ふえたという, ふえたといふ, ふえます, ふえる, ふえるか, ふえるな, ふえれば, ふえ行動, ふえ見る見る一団, ふへ, へったわけ, へります, へりますから, ほとんど勘定, ほとんど百, ほぼ一定, まことに少ない, まだ一戦, まだ半分, まだ少ない, まだ足りない, みえさだか, みごとに, みな配所に, むやみに, ものを, もはや尽きた, もはや生き残った, より少なかっ, よろしいけれど, わからない, わずかだった, インドの, ウェブスタ博士の, チットも, 一つへる, 一つ一つ数えられる, 一つ足りない, 一より, 一万二万に, 一万八千巻千六百呎切った, 一人多い, 一定の, 一層大きい, 一方には, 一日ごとに, 一番多くって, 一目で, 一群には, 丁か, 七千七百人あるです, 七本ある, 三〇年に, 三である, 三人と, 三人ばかり, 三十ちかく, 三十人, 三千人に, 三四十人太夫も, 三百人ばかり, 上記4の, 下った, 不吉で, 不斉, 不明なくなった, 不明確, 不規則だ, 不足であった, 不釣合に, 中等学校の, 乏しいの, 九十九ある, 九十九なれ, 九十八種曲芸の, 二七〇・八パーセント増した, 二万三千四百八十人皮作雑種七万九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人と, 二割や, 二十七も, 二十名あまりと, 二千八百万俵であった, 二百二十匹さ, 五人しか, 五六千を, 五十万ある, 五十人あまり参会者も, 五室位の, 些ない, 人民の, 人間の, 今よりは, 今よりも, 今日では, 仕切って, 似て, 何で定まる, 何人ある, 何千何百人当選者の, 何千本だ, 余ったから, 依然同一, 倍に, 偶数か, 偶数でなけれ, 僅かの, 元来不自然, 入る, 全体として, 八百二十七名と, 其様に, 凡そ七八十, 出ました, 出るか, 出来そう, 出来て, 分りませぬ, 分りません, 分るの, 分る勘定, 前者より, 加わると共に, 北の, 十一人でも, 十万の, 十万八千余人の, 十三である, 十三人居た, 十三出る, 十五で, 十五万も, 十八人に, 十六表でした, 十四万八千四百人に, 半々だ, 又やたら, 各四本, 合わなくて, 同じである, 同じでない, 同一でない, 含まれて, 四つと, 四つの, 四倍に, 四十に, 四十三箇所ある, 四十八枚そして, 四十幾つ発表した, 四千にの, 四千五百有余も, 固定する, 国籍を, 垂れて, 増え, 増えるにつれ, 増しました, 増し三百余り, 増し害悪が, 増し平地, 増すと, 増すと共に, 増すの, 増せば, 変らない, 多いか, 多いそして, 多いだけ, 多いのに, 多いばかり, 多いもの, 多い上, 多い別, 多い名古屋, 多かった, 多かろう, 多きに, 多く, 多くかつ, 多くしかも, 多くそして, 多くな, 多くなり過ぎる, 多くなろう, 多くは, 多く何くれ, 多く国司, 多く垣根, 多く富士, 多く生計, 多く目立った, 多く粒, 多く腕っ節, 多く賑やか, 多すぎ, 多すぎた, 多量である, 夥しくなった, 大いに増加, 大きいという, 大へん, 大事な, 大変である, 大変です, 大小百四十余も, 大正五年末には, 天下に, 女に, 妨げら, 実におびただしい, 実に幾万, 実際生存, 寄りっこありませんや, 寡いと, 導き入れられる時, 少いからかい, 少いだけの, 少いな, 少い方, 少かったなら, 少くそう, 少くな, 少くなかつた, 少くなつた, 少くは, 少くまだ, 少く分け, 少く平民, 少く私, 少ければ, 少しは, 少ないかに, 少ないから, 少ないという, 少ないのに, 少ないほう, 少ないもの, 少ないんで, 少なくそして, 少なくなった, 少なく三人, 少なく家族一同, 少なく或, 少なく波, 尠い, 尠く, 尽きた, 尽きたため, 尽きた残念, 尽きると, 已に定まっ, 年々多く成つて居る, 年ごとに, 年によって, 年死亡が, 幾分でも, 幾本ある, 幾本少なかっ, 幾枚ある, 幾脚あった, 後から, 後世の, 得られるまで, 得難いもの, 必ずきまっ, 必ずしも特別, 急に, 悪いから, 悪いな, 悪かった, 戦前の, 挙げられて, 掏摸に, 揃いましたらその, 揃って, 揃わないこと, 描かれて, 数えられるよう, 数限りも, 新造語の, 既に多い, 日に, 日の, 日増しに減る, 旧フランス, 明確に, 昨夜ほど, 時数, 普通の, 普通民に, 書いて, 書いてないから, 最初の, 最近夥しく, 有余ったため, 東に, 棲んで, 極まって, 極まつ, 極めて少ない, 次第にふえ, 次第に乏しく, 次第に増し, 次第に殖えた, 次第に殖えてるらしい, 次第に減少, 残り少く, 殖えすぎ筋, 殖えたと, 殖えたやう, 殖えつつ, 殖えてるが, 殖えない, 殖えるに従って, 殖えるよう, 殖えれば, 殖え医師, 比較的小, 気に, 決定的には, 沢山ある, 沢山出来た, 減じこそ, 減じつつ, 減じ出した, 減った, 減つて行つた, 減らぬよう, 減りしまいに, 減りつつ, 減り又, 減り家毎, 減るだろうと, 減ると, 減るわけ, 漸, 漸次多く, 無いので, 無限だ, 片ちんばだ, 物を, 特別の, 狂って, 生れようとも, 生れる人, 男子一五パーセント増に対して, 異常に, 疫病流行前の, 百と, 百八十匹だった, 百歩と, 目立つて, 相当に, 相応に, 知れても, 知れてるから, 知れないと, 知れねえ, 知れねえんで, 知れまい, 知れる, 研究者全体の, 示して, 私達二人の, 積って, 等しいと, 算定される, 約七十五万九千, 累なっ, 経過した, 結婚まで, 統計的に, 続けば, 綜合され, 総人口, 老若男女を, 自分の, 自然に, 良いさかい, 著しく犬, 街から, 見えて, 記されたの, 読まれるくらい, 豹の, 資本主義社会からの, 足らなく蒲団, 足らんの, 足りないで, 足りないという, 足りなかった, 足りなくて, 足りねえや, 車の, 軍隊に, 込合ったら月, 追い追いたくさん, 進むに従って, 進んだところ, 進んで, 遊興費と, 違うため, 違うの, 違うもの, 違わないとも, 選ばれて, 邪魔に, 重なるにつれ, 附いて, 限つて有升から, 際立って, 震災前よりも, 驚くばかりに, 驚くべき勢い, 魚の, 黒髪山へ, 8だ

▼ 数~ (995, 4.2%)

151 の後 80 の間 33 のうち 30 して 27 にし 21 のあいだ 16 を経 15 たって, ののち 10 のま 8 の中 6 すると, たつと, 経って 5 が過ぎた, の内, の滞在, を費し, 経ったある

4 [11件] おいて, すぎて, のお, の旅, の暇, まえに, を過し, を過した, 経った, 経った新聞, 経て

3 おくれて, が経った, たったある, たつて, ならずして, の御, の日, まえの, を経た

2 [31件] か, が流れた, しての, たった後, たっても, であつ, に亙る, に経験, のあいだ私, のこと, のご, の休暇, の命, の宿, の懊悩, の旅行, の欠配, はその, は何事, を出ない, を要し, を過ぎ, を過ごし, を過ごす, を隔て, 暮した, 暮したこと, 経った時, 続いた, 遊んで, 過ぎると

1 [413件] あるいは時, ある山谷, いかに彼, いたので, いて, いるうち, うち続いた日照, かかった, かかって, かかつ, かかつて, かなりを心ゆく, かの女, かよう, か十数日, か後, があぶない, がすぎた, がたつ, が大事, が水分, が続いた, が過, が陸上, くらいし, くらした, くらす修業, ごつた, しかもたない, しか滞在, しか経っ, したらきっと, したらそれ, してから, すぎたところ, すこし身体, すごしたから, そのまま滞京, その余波, そんなこと, たたないうち, たった, たった時, たってから, たつうち, だ, だけ読経, だな, ついに血, つききって, つつしんで, つづいたこと, つづけて, であった, でかえらなけれ, でした, ですっかり, でその, でなおっ, でも自由, でやや, でメーデー, で中止, で再び, で出来上った, で十歳, で四月, で崩壊, で日本, で治った, で頬, というもの, といふもの, と云, と立たない, どういうもの, どうした, どんなに思い悩んだ, ない, ないしは十数日, ならざるに, なり, なりき, なりと, なれば, にわたってついに, にわたってまた, にわたって一般, にわたって問注所, にわたって報道, にわたって形, にわたって徳川軍, にわたって攻めた, にわたって数人, にわたって普通, にわたって海, にわたって私, にわたって雪, にわたって鳴動, にわたる惨憺, にわたる激戦, に亘つて連載, に亙った, に及べり, に及ん, に及んだ, に口授, に月, に発向, に迫っ, のあ, のあいだ物情, のいと, のおくれ, のた, のつかれ, ののち城下, ののち関羽, のはげしい, のびのび手足, のへだたり, のまないで, のわずか, のわずらい, のニュース, の事, の交, の人気, の仕事, の余, の余裕, の内攻, の努力, の南町奉行所, の友, の喊声, の小康, の巷, の延期, の形勢, の後中川兄妹, の後先生, の後写真師, の後同志リリナ, の後小竹, の後彼, の後食道楽会, の徹夜, の情勢, の惨敗, の憂色, の捜索, の暴風雨, の楽しい, の様, の様相, の歩きづめ, の気温, の涙, の清洲, の物思い, の状態, の猶予, の留守, の疑, の疲労, の病, の監禁, の社説, の米, の糧, の臨検, の苦しみ, の苦労, の苦戦, の荒れ, の行程ゆえ, の話し, の論戦, の豪雨, の逗留, の道, の邸内, の重荷, の金欠, の間大変, の間床, の間彼女, の間海水, の間滞在, の間犠牲者, の間病友, の間絶食, の静養, の鳴物停止, の黒霧, の齟齬, は, はあ, はいく分, はお供, はここ, はこんこん, はすばらしい, はそれ, はただ, はたのしかっ, はつづい, はどうして, はなお, はなん, はぼんやり, はまだ, はもう, はゆるり, はよくよく, は京口一切, は何分間, は入り浸, は六波羅, は凱歌, は吉田山, は大いに, は大雨, は完全, は室, は小競り合い, は帰らなく, は思う, は恋, は戒め, は挙げ, は支店長代理, は政, は敵, は昼間, は朝夕, は東京市, は極端, は毎月, は清新, は片方, は発熱, は矢一つ, は経過, は絶えました, は絶対, は絶海, は緘黙, は緩, は考えた, は花聟, は茨, は草の根, は連日, は過ぎた, は門, は風雨, は食事, は飲食, ばかり立った, ぱったり顔, ひとり痛む, へだてて, ほど滞陣, ぽつぽつ書き出し, まえには, まえ亡き, まえ尼, まえ山, もある, もあれ, もか, もこもり暮らした, もたった, もつづけ, もはやく, も一族, も先, も家, も役宅, も手出し, も早い, も暮した, も照り, も監禁, も経過, も続いたら, も置く, ようやく北海, わかれて, わずらって, をおい, をここ, をすぎ, をすごす, をついやし, をまだ, をやはり, をフウトウ, を一室, を一瞬, を事, を余す, を先んじ, を光秀, を出, を出でずし, を出でぬであらう, を安らか, を家族づれ, を彼ら, を暮らした, を楽しく, を浮, を滞留, を特に, を病床, を経たる, を経る, を置い, を船祭, を要した, を要する, を費した, を費やし, を費やした, を述べ, を送っ, を送った, を送つた, を送りました, を連想, を進む, を逸すべからざる, を過ごした, を過ごしました, を過しぬ, を過す, を都見物, を重ね, を野, を釧路くん, を閲せり, を除いた, を隣県, を龍王寺, 不図, 乃至数十日, 乃至数週間, 云いよう, 交わして, 休んでから, 何らかのもの, 何らの, 出かけた, 出かけるだけにさえ, 出歩いた, 努めて, 寝こんで, 寝ついて, 尋ね入ったところ, 帰らねば, 当の犯罪事件, 御厄介, 或は幾十日, 或は数十日後, 打続く土用浪, 暮して, 暮し土地, 来ずと, 来そう, 死なず昼夜泣, 泊って, 泣かんばかり, 生きながらえるとしても, 疑って, 眺めて, 立った或, 立つか, 籠って, 経たぬうち, 経ちました夜, 経ち例, 経ち同じ, 経ったので, 経った夜, 経った後, 経った或, 経ってから, 経っても, 経つうち, 経つて, 経つと, 経つも, 続いた時, 続いて, 続けて, 続イタトシテモ平気, 見馴れて, 費された, 遂に或, 遅いやはり, 遊ばれた, 過ぎた, 過ぎて, 過ぎてから, 過した私, 過すこと, 長い間, 降り続いて, 隔てて, 黙々として

▼ 数~ (767, 3.2%)

11 多いの 9 多いこと 8 中に 7 上では 6 上から, 中には 5 ように, 多さ, 方が 4 うちに, たま磨る, 中から, 減少は, 都合で

3 [13件] 上で, 人が, 制限の, 増加を, 多いが, 多くなる, 子供が, 子供を, 比率が, 氏人などから, 知れたもの, 観念が, 関係から

2 [48件] うちには, おびただしさ, しれないほど, なかに, ような, わずかに, 上での, 上の, 不幸な, 人間が, 人間の, 人間を, 侍が, 倍に, 免れざるところ, 十分の一に, 増加が, 増加と, 増加に, 増加は, 多いもの, 多い候補者, 多い家, 多かった, 多すぎる, 多少は, 夥しいこと, 大きさ, 大小に, 少ないの, 少ないもの, 方程式を, 日本人が, 最後に, 権利は, 権利を, 殖えるの, 点で, 珠の, 知れない薄, 系列と, 観念に, 観念を, 買い手が, 足りないの, 連続が, 違った音, 音響を

1 [550件 抜粋] あがるを, あの数, あまりに少い, あまりに少ない, あまり多い, あるこッ, ある二階建, ある府県, ある機帆船, ある限り, いずれに, うえでも, うちでも, うちへ, うちわずか, うち結婚まで, うち資本主義の, お手玉を, かかる惑星, かかる最後, かがやく翅, かぎりなく, かぎりを, かけらに, きまった食事, ことで, ことなどを, ことに夥しい, ことに関しては, ことは, こんなに殖え, しどろなる, しわでした, すくないもの, すくない方, すべてと, その顔, ただに, だし方には, ちがうデパート, ちがった損害, つもりであった, できるだけ, とおりちょうど, ところは, ない芸妓, はなはだしく希少, はなはだ多い, ふえるに, ふんだんな, ほうが, ます意, ものが, より多かっ, よろい具足を, ガラスびんを, トップを, ハープと, パルヴニュウは, ファンとの, ボールが, レコードを, 一つでは, 一ツ一ツは, 一人として, 一割五分に, 七分の一弱しか, 七十余畳も, 三々九度三度の, 三人分である, 三倍四倍に, 三分の一で, 三分の一にも, 上からだけ, 上に, 下肥溜め, 不足を, 世界, 世界に, 中からでも, 中でない, 中へ, 丼や, 乱るるごとく流れた, 事ぢや, 事なり, 二十具を, 五分一得れ, 人々に, 人々によって, 人々は, 人にしか, 人の, 人口に対する, 人口を, 人達の, 仕入, 代りに, 仮名で, 仲仕や, 住民を, 何分の一位しか, 作品に, 個人のみが, 候補者を, 優勢を, 免かれざる, 免る, 免れぬもの, 全人口, 八と, 八倍も, 六分一ばかりに, 六割五分に, 六割五分を, 内福と, 出し方, 出生が, 函数であっ, 分子の, 分配した, 切れたよう, 利が, 制が, 制限から, 制限が, 制限なし, 制限に, 制限も, 割に, 割合には, 割合ひ, 割合を以て, 割合上等は, 力でした, 労働者が, 勘定が, 勘定に, 勘定には, 勘定も, 十五六分の一から, 十倍と, 十字記号だけが, 千分の一にも, 千分率等は, 半分以上は, 単位としては, 単位は, 原型が, 原子から, 原子が, 原子の, 厳島地域が, 厳粛と, 取引でござん, 名曲レコードで, 和を, 品々を, 商品を, 商品相互の, 商品間の, 問題でなく, 問題では, 問題でも, 問題を, 四匹を, 図書を, 均衡が, 垂れを, 型式的要素の, 埋め合わせ, 報告は, 報告を, 場合に, 増したの, 増加せん, 増加その他の, 増加では, 増加とともに, 増加には, 増加によって, 増加による, 増加の, 増大する, 増大と, 増減は, 売手を, 変化から, 多いお客, 多いそして, 多いその, 多いという, 多いといふ, 多いところ, 多いどこ, 多いは, 多いほど, 多い一組, 多い上, 多い事, 多い伎楽面, 多い割, 多い従って, 多い情人, 多い暮し, 多い活溌, 多い漢字, 多い狂言, 多い立派, 多い者, 多い腕, 多い音, 多い音波, 多い骨董品店, 多きこと日本, 多き中, 多くでき, 多く出来, 多少が, 多少で, 多少に, 多少も, 多少を, 多数, 多数が, 多量なる, 夥しいこと無数無限, 夥しきこと, 夥しきにつれて, 大きいほど, 大きい任意, 大である, 大なる, 大半を, 大半以上かと, 大小遠近の, 大逆徒, 大部分, 天幕を, 天然色映画が, 夫に, 奇なる, 女女女, 女子が, 女客, 如きも, 如し, 如何に, 妖女が, 婦人作家たちが, 婦人作家を, 子供達に, 字を, 学生が, 官公吏犯罪, 定まる有るに, 客が, 客を, 家族を, 容疑者が, 小さな壜, 小魚, 少いこと, 少いまた, 少いもの, 少い外窓の, 少い宴会, 少い対話に, 少い方, 少い航路, 少い試験用缶詰を, 少い軍用機, 少い高貴, 少きを, 少くな, 少くなる, 少しぐらい, 少ないおり, 少ないこと, 少ないとき, 少ないところつて, 少ない上流人, 少ない事, 少ない利助, 少ない左次郎, 少ない慈愛心, 少ない敵, 少ない注文, 少ない結果, 少ない遠慮がち, 少なかった, 少なかつた, 少なくとも三分の一, 少なくなった, 少ねえ, 尠な, 尽くる, 巡盃が, 工業を, 差に, 差異は, 差違を, 市民を, 帰結です, 幕を, 幻に, 引算は, 形づくる無理世界, 形に, 径の, 従って, 得意先勘定借方が, 思想からが, 急に, 性能を, 患者だ, 感覚は, 按配テンポの, 掛った自分, 揃ったの, 損耗で, 放射線が, 放送局が, 数が, 数を, 文字は, 文字十字だけは, 文学者たちの, 文章家である, 新記録, 方からは, 既婚労働者が, 日々の, 星の, 最も多い, 最大幸福, 最大限は, 有る限り, 木造船より, 本性に, 松の, 植わった邸町, 楽曲を, 概念を, 権利とは, 残れるとき, 殖えはじめ, 比は, 比例によ, 比例は, 比例結婚の, 比率は, 比較の, 比較的はなはだ少ない, 水精の, 消費者に, 消費者の, 減って, 減少では, 減少を, 満ち満つ露, 激増といふ, 激増等の, 点からだけ, 烏が, 燈火を, 犠牲取扱人が, 狗を, 珍の, 珠も, 珠を, 理が, 生徒を, 生返り, 産児の, 男女別で, 男子が, 異常である, 登山隊が, 百だったら, 百です, 盆燈籠を, 益, 目安に, 直覚の, 相違で, 知れざる浜, 知れた信者, 知れた男, 知れないほど, 知れないほどに, 知れない夜鳥, 知れない蛇, 知れぬうら若い, 知れぬ程, 知れぬ金地, 知れねえ人形, 知識ある, 短篇を, 碁石を, 礼ばかり, 科学と, 移住民を, 移動劇団が, 程莫大なり, 算定法は, 算法の, 算術を, 系列の, 約十七倍, 約束の, 組み合せだけ, 結び目に, 結婚が, 絶対値が, 緊縛を, 総計を, 美妙斎を, 者が, 聴取者を, 脅迫状じみた, 自動車が, 至つて少, 興行を, 舞台写真を, 良い友だち, 苔から, 莫大な, 著しく大きい倍音, 蒐集たるべきで, 蠅を, 行燈薄暗い, 表象それ自身と, 表象に, 袋を, 裁判官の, 要素として, 見よ人かげ, 見本が, 観客は, 観念さえ, 観念さえも, 観念とは, 観念の, 言葉, 言語で, 許すかぎり, 許す限り一項, 訳書叢文閣出版の, 註文で, 読みと, 調和で, 調査を, 論文の, 諸類型, 謎を, 買手を, 質でない, 趣きであった, 足りない真珠, 足りぬ物, 輩が, 輪を, 辞任者を, 農村あり, 通常の, 連続, 連続と, 連続に, 連続を以て, 運行とを, 過少なる, 違いも, 都合も, 都合上どうしても, 重なった朱塗, 重るに, 野菜は, 金目の, 釣を, 間の, 間を, 間色を, 関係も, 関係時間の, 限定せられ, 集合だ, 青年男女が, 音とが, 音単位以外は, 音階に, 順序である, 領域とを, 香の, 馬を, 鳥を, 鶏夜寒は, 麻布を, 黄と, 4と

▼ 数~ (741, 3.1%)

97 の間 51 の後 28 にし 17 のうち 15 ならずして, も前 12 を経 8 になる, のあいだ 7 の昔, を経た, を経過 6 たって, ののち 5 に亙っ, の歳月, 経って 4 このかた, に亘っ, のこと, の年月, の長き, をへだて, を出でずし

3 [14件] かかって, が過ぎた, すぎて, にわたって継続, に一度, のあ, の星霜, の生活, の辛苦, まえに, まえの, を費し, を隔て, 経った

2 [25件] いたが, が経過, が間, この方, たつうち, という永い, にしかなりません, になります, に亘り, に亘る, に亙った, に渉, の今日, の凶作, の月日, の私, はその, は定まる, ほど前, も以前, を加え, を過ぎた, を過した, 或ひ, 遅れて

1 [322件] ああでも, あるいは七八年, あるいは数十年ごと, いかでか, いかに教えられ, いて, お扶持, お預り, かういふ心, かかった, から二十年以上, かれの, がたえず, がたった, がつづいた, が一番多種多様, が流れ, が現代人, が経った, が過ぎる, このかたフランス, このかた同居, このかた埼玉, このかた物詣, このかた継続, このかた身, この一手, この文字, この方毎月, この方跡, ご父子, したところ, して, してから, すぎた, ずつと味わった, その苦痛, たたぬうち, たった, たった近ごろ, たってから, たってからの, たってのこと, たつ, たつて, たつての, たらずして, だんだん老境, つ, つづいた, つまり野枝さん, であつ, であります, である, でかく, では, で学位, で戻った, で戻つたの, で根太, というもの, という長, といへ, と云う, において社会党, におよん, にすぎぬ, になっ, にならない, になりまし, には曙覧, にまたがり, にもなる, にもなろう, にもわたる, にも亙る, にわたった, にわたってわたしたち日本, にわたって北陸, にわたって奴隷, にわたって我が国, にわたって撤兵, にわたって極東, にわたって米英両国政府, にわたって編輯, にわたって請願, にわたつ, にわたり私, にわたる予審, にわたる割, にわたる医師生活, にわたる国内, にわたる思慕, にわたる悪天候, に世界, に光秀, に及び, に及びし, に及べ, に圧縮, に猪苗代兼載, に過ぎない, に随分, の, のあいだ修業, のあいだ同棲, のあいだ幾たび, のあいだ私, のあと, のあらまし, のあわ, のお, のご, のところ, ののち公園, のむかし, のゴーリキイ, のトルストイ, の中, の久しき, の事, の仕事, の作陶研究, の兵戦変革, の内, の前, の動き, の命脈, の問, の埋み火, の奉, の定跡, の実行, の実験, の将門, の往時, の後其, の後前言, の後当時, の後我国, の後発表, の思索, の惨澹, の戦, の戦い, の放浪, の旅, の日本人, の時間, の末路, の比率, の沈黙, の波瀾縦横, の激しい, の烈しい, の短い, の科学, の童貞, の経過, の経験, の習慣, の苦闘史, の試験, の警察生活, の負担, の貧乏, の貿易, の辛抱, の鉄案, の長い, の間ソヴェト同盟, の間作家, の間刻苦勉強, の間彼, の間彼女, の間戦争, の間沈滞, の間牡鹿山, の間病室, の間病床, の間百丈禅師, の間自分, の間餘生, の闘, の風日, はいた, はお, はかかるであろう, はかかろう, はこの, はとんと, はひどく, はほとんど, はもっぱら, はラッサ, は世, は丸の内, は二人, は二階, は冬ごと, は半, は又, は多く, は夢, は大洋, は奥さん, は姿, は守る, は山本家, は当時, は手紙類, は治安維持法, は活動, は生活, は非常時, ひかなかったり, ほどまえ, まあ三十年内外, まえには, まえ京, まえ信濃, まえ古内主膳, まえ或, まえ板, まえ神田明神, まえ私, まして三原山, まで生き, まへ, まへの, もかかっ, もこころもとない, もしくはより, もしくは七八年, もしくは数十年, もしくは数十年間, もたった, ものあいだ, ももつ, もゴルフ一つ, も使い馴れた, も尾張藩, も後, も愛育, も捨て, も智慧, も正成, も生きのびた, も着古し, も経つ, も経て, も続い, をかけ, をけみし, をほとんど, をまるで, を仮し, を僅か, を出でず, を出でない, を実に, を意味, を旅, を暮し, を暮した, を暮す, を期し, を生きた, を直吉, を空しゅう, を経る, を経れ, を見較べる, を費やし, を送っ, を送りました, を過ぎ, を過ごしました, を過し, を過す, を重ねた, を除い, を隔てたる, ヲ加エ, 不復得, 乗りだす時, 互いに不和, 互に久濶, 代わるに, 住むと, 住んで, 何かと自分, 倦むこと, 各処, 少なくも三, 帰らず, 常に冷めたい, 想わざりき将軍, 或いは何十年, 捜すと, 新しくトリュック指揮, 暮したり, 正応六年, 生き永らえて, 程経つ, 立って, 第二次欧州大戦, 経た, 経ったある, 経った後, 経つた今, 経つてから, 経て, 続けられた, 続けるなら恐ろしい, 考えて, 若くて, 逢わなかったね, 遅れると, 過ぎて, 過タルモ水中ニヒタセバ, 長きは

▼ 数~ (720, 3.0%)

37 の警官 18 の者 12 の人々 11 の男 10 の人 8 の刑事 6 のもの, の人影, の友人, の青年, を連れ 5 の部下 4 の巡査, の日本人, の武士, の男たち, の若者 3 いる, と一緒, の人夫, の仲間, の従者, の男女

2 [45件] あった, あったが, いたが, いて, がいた, が試食, が集っ, が麻生鉱業, とある, とは何事, と共に銀座, に襲われ, のうち, の兵, の制服, の制服警官, の博士, の名, の坊主, の女, の女中, の婦人, の将校, の弁護士, の教室員, の武者, の生徒, の生徒たち, の画家, の百姓, の直, の紳士, の美女, の者ら, の警官隊, の賃銀計算係, の軍夫, の門弟, の黒衣, はドイツ, をつれ, を出した, を引きつれ, を引率, を率い

1 [461件] あつた, あつめて, ありて, ありましたが, あり他, あり我々, ある, いた, います, いるらしい話, うんと御馳走, えらんで, かたまって, からなる, から代りばんこ, が, がある, がこの, がこもごも, がそう, がそこ, がつい, がはやく, がわらじがけ, がバラバラ, がバラバラツ, が一, が乗り移った, が人質, が代表, が先着, が再び, が出入り, が出張, が列車妨害, が取りつい, が口々, が大蔵省, が峯, が帳面, が斬られた, が最も, が来合せた, が殺された, が江戸金吹町, が物頭役, が現れた, が現われ, が生じた, が祖城, が自ら発案, が調査, が追, が錠口, が隠れ, が集った, が集まっ, が青年たち自ら, が馳せつけた, が驚いた, しかいなかった, しかゐない, しか乗組ん, しか見えなかった, して, じわじわ詰め寄っ, すくない, ずつかたまっ, ずつの当番, ずつの新入り, ずつを行動隊, そのいずれ, だけしかいない, だけだった, だという, であった, でただ, でのむ, で御影, で未成年者, で浅間登山, で行く, という微々たる, という景気, という激しい, とお, とともにこの, とともに戸山ヶ, とを生ん, とクラブ, と交渉, と俳句, と僕, と共に二十一日湯小屋, と共に劇場, と共に各, と共に小石川富坂, と共に小舟, と共に招かれ, と共に支配人室, と共に時, と共に登った, と共に輿, と共に馬印, と叡山, と吉岡社長, と商事会社, と堀尾茂助, と山内, と御影, と懇意, と橋立, と連句, と野原医師, ないし十数名, なり, に, にお供, にぎわしく車内, にしか知らせてない, にすぎない, につかまっ, になった, にも別れる, に上っ, に会った, に出資, に及びおる, に及ぶ, に及ん, に守られ, に斬り捲くられ, に煙草, に紹介, に給, に足らぬ, に近づき, に逢, に過ぎず, に重軽傷, の, のあまり素行, のうち二名, のさむ, のすし詰め, のほとんど, のみ生捕り, のもの前後, のよから, のシナ人, のパンパン, のミコ, のリーダー, の一行, の一隊, の上卿, の下っぱ, の下婢, の下部, の不調法, の中, の中堅作家, の乗客, の人たち, の人夫たち, の人物, の人達, の仏教, の伝記, の作家, の使役兵, の侍, の侍従官, の係員, の係官, の信仰, の俳優, の側臣たち, の僚友, の優れた, の優秀, の兇漢, の兇賊, の共産党シンパ嫌疑者並, の共産党員, の兵士, の具足師, の剛力, の助手, の労働者, の労働者ら, の勇者, の医学校, の千歳村, の即死者, の原士, の口, の召使い, の合唱隊, の同志, の同志相, の同窓, の嗚咽, の団員, の団員たち, の圧死者, の在京委員, の執筆, の士, の壮士, の壮漢, の声, の外人ボーイ, の外人一座, の大学教授, の大将, の大臣, の太宰府, の夫人達, の女中たち, の女性, の女連, の女達, の娘, の娼婦たち, の婦人代議士, の婦人代議士たち, の子分共, の学者, の官民有志, の家中, の家来槍, の家臣, の寮生, の専門新聞人, の小屋, の少年達, の屈強, の巡査相, の工兵, の市人たち, の幕僚, の幹部, の座員, の強, の当事者以外, の影, の応援, の急使, の戦死者, の手負, の揮亳完成, の政見, の文士, の文士仲間, の文学者, の斥候, の新来, の旗本, の日本人教授, の日本軍人, の暴漢, の更迭, の有志, の朝鮮人, の朝鮮人信者, の朝鮮人信者団, の朝鮮使節, の村, の村人, の村民, の東洋人, の案内, の検事たち, の槍手, の武装警官, の武装警官達, の死骸, の比島人, の水夫, の法師, の法律家, の浪人体, の浪士, の火星兵, の無, の無法もの, の無道, の父兄たち, の犠牲者, の狂人, の理髪師, の甚だ, の生命, の男女俳優, の男看護人, の町人, の町会議員, の画学生, の画家仲間, の白刃, の目撃者, の看守, の知人, の知名, の研究員, の研究所員, の社員, の祐筆, の程度, の米軍将校, の素描, の給仕, の総代人, の編輯員, の美姫, の老人仲間, の職人, の職業, の股肱, の背広姿, の胸, の腕利き, の船員, の船夫, の芸者, の若, の若い, の若い衆たち, の英雄, の華族, の血気, の覆面, の親戚知友, の観測員, の証人, の読者, の講師, の警官達, の負傷者, の財産家, の足軽たち, の身うち, の軍人, の近侍, の退, の通俗作家, の連中, の選抜隊, の郎党, の門下, の雇人, の顔, の高等, の高級艇員, の黒影, はあれ, はいる, はおる, はかぞえられた, はこの, はざわめき立っ, はそれ, はたしかに, はついに, はみな槍, はもう, はもうはっきり, は何, は何れ, は傷, は入獄, は四個, は正造, は無茶, は突き, は自決, は討死, は非常, は顔, は飛行船, もいる, もつい, もバタバタ, も入り交じっ, も半分, も居る, も整然と, も朱, も死ん, も経義質問係, も見えた, も駆け集まり, やって来た, よばれ初, をあげ, をあつめ, をその, をつけ, をひきつれ, をよびあつめた, をクビ, を一人, を三条河原, を付け, を伴い, を伴つて宴席, を余興, を出したる, を出す, を参考人, を同人, を奥, を家庭教師, を射殺, を巧み, を引き連れ, を当らせた, を待たし, を従え, を抜擢, を招待, を捕えた, を放っ, を残し, を殺傷, を狩り出し, を相手, を見物, を誘う, を身辺, を載せ, を選び, を選び集め, を選ん, を配置, バラバラと, ヲ見, 乗り込む, 侍らせて, 勤めて, 居る皆謂, 引具して, 控えて, 来りて, 残って, 泊りこんで, 相伴い野外, 置くこと, 見える, 見た, 買い込んで, 連れて, 連れまいっては, 連れ立って, 選び出して, 選び散歩, 集って, 集まって, 集まりバラ嬢, 集めて

▼ 数年前~ (494, 2.1%)

24 のこと 6 に死んだ 5 に私, の夏 4 に, に亡くなった, の, の出来事, の春 3 からここ, にその, にはやった, に死ん, のもの, の日本, までは

2 [20件] ある冬, から, から行われ, になる, にも一度, に一度, に亡くなっ, に亡くなりました, に妻, に書いた, に歿, に母, に逢った, のこの, の昔, の紀行, の話, まで塵捨場, 或る, 早く滅亡

1 [373件] ある専門学校, ある男, ある青年, いつぞや東京, からあなた, からある, からこちら, からこれ, からすでに, からその, からたった, からのこと, からの流行語, からの絵図面, からはやはり, からエセックス, からジュラルミン工場, からチョイチョイ日本, からボス撃滅, から一人, から世間, から予期, から仏教史観, から仏蘭西, から何, から借り, から倫敦, から公然, から利根川, から十六七, から十年以上教務, から問題, から壊れ, から客, から宿痾, から彼鵜照君, から心, から態と, から持越し, から故郷, から文学主義, から旅行, から旦那, から書上, から最早, から東京史蹟, から機会, から殆ど, から泊っ, から着手, から知られ, から私, から総務所, から考へ, から見たい, から評論家, から試みた, から警察, から騎都尉, が映画, このこと, このアイスランド, この上新田, この土地, この女, この女橋, この小島, この部屋, さる家, すでに僕, すでに学生, すでに本邦, その俳優, その初舞台, その所, その蔦屋, たしか昭和十三年, だかに, だが, だった, つくった水差し, であった, であったが, であつ, では明らか, となりぬ, とはちがう, とは尾張衆, と些, と対照, にある, にいた, にかいた, にかの興奮, にさかのぼっ, にしばらく, にすでに, にその道, にそれ, にそれぞれ, にてめえ, にでき, にとりはらわれ, になかっ, になくなった, にはモスクワ, には一匹, には世界, には台湾, には学僕, には少数, には弘法大師, には東北線, には枯れ, には知られなかった, には織田信秀, には羽鳥, には話, にもすでに, にも一緒, にも小西屋, にも数回歴史家, にも見えられた, にやめ, にわたくし, にアンナ・パヴロバ, にスピーク, にチベット, にドレフュース事件, にパリ, にプロレタリア文学, に一人, に一度支那, に一遊, に丁髷, に中風, に予想, に二階, に亡, に亡くなられた, に京都, に人, に仔細, に他, に伐られ, に作った, に作つた, に僕, に分家, に初めて, に北京, に取換えた, に吉州, に名目, に国, に外した, に大分治癒, に大半, に大槻如電さん, に夫, に夫人, に失っ, に妙心寺, に始まり, に家宅, に家老, に山形県関山村, に常陸, に幾度, に成った, に手前, に持っ, に掲げられた, に撮った, に数十日, に断たれた, に於ける, に書い, に書かれた, に最後, に未亡人, に本郷, に村民, に東京, に東京お茶の水, に死なれ, に死亡, に死去, に残本, に比し, に求められ, に江戸川公園, に流行, に流行った, に浅野家, に漸く, に物故, に甥, に発表, に百倍千倍, に知りあった, に知人, に碇ヶ関, に私達, に窩人, に窩人達, に紛失, に紳士, に結婚, に縮れ, に老, に考え出した, に聴いた, に自ら, に茶代廃止運動, に行方不明, に西郷南洲, に見た, に見聞, に越前, に連れ合い, に遡ります, に郷里, に重患, に銀座, に鎌倉表, に陥った, に陳, に驟雨綜合研究, のあの, のこと都下, のそれ, のはなし, のイギリス, のクレチュカ事件, のフーベルマン, の世間, の予, の事, の二倍, の京都, の何, の何月何日, の作家, の倫敦, の光景, の公式的, の兵学, の冬, の初夏, の古い, の吹込み, の咄, の夏東京, の夢, の大杉, の大阪毎日紙, の子, の嵐, の幼稚, の当時独唱会, の彼女, の彼女たち, の或, の方向, の日比谷焼打事件, の早春, の時代活劇, の最初, の歌舞伎座, の漱石氏, の盛夏, の真夜中, の社会, の私自身, の米国海軍委員会報告書, の統計, の自分, の規則, の調べ, の講演, の貯蔵, の軍隊生活, の過去, の録音, の関東大震災, の雑誌, はやつ, はインテリ型, は予約出版, は今, は度々, は当時, は未だ, は若い, は貧民窟, は非常, まだこの, まだ少くっ, まだ父親, までその, までで, までには風, までのよう, までのマルクス主義思想, までの彼, までの苦しかっ, までの論拠, まではお, まではこの, まではすべて, まではただ, まではわれら, まではわれわれ, まではメリケン波止場, までは一面, までは二本, までは人間, までは半分, までは同島, までは岩鼻村地先, までは市外, までは服部, までは本郷, までは槍組, までは正月元旦, までは熊眠り狼, までは笹, までは舟, までは視野, まで人, まで其処, まで同盟国, まで存命, まで履, まで帰省, まで東国, まで残っ, まで燐寸, まで生き, まで看護婦, まで自分, まで行われ, よくここ, よく端書, よりだんだん, よりは真面目, より外国, より御嶽山上, より新, より読書, を思い出し, 埋められて, 屡々こういう, 我が国名, 或ところ, 或山中, 故和田雲邨翁, 明けて, 書かれて, 本阿弥様, 死んだ, 流行ったひどく, 突然喀血, 行われた小枝, 請け出されて, 諸新聞, 買い損, 載って, 迄は医者, 迄は古今集崇拝, 迄は髯籠, 開かれた第

▼ 数~ (469, 2.0%)

8 殖えて 5 ふえて 4 すくない, 多かった, 少くない, 少ない, 知れぬほど, 限られて, 非常に 3 多い, 多くなった, 多く価, 多く又, 少かった, 少なくない, 減って

2 [26件] あった, かさなりて, これに, しら, すくなく, なければ, はなはだ多く, へった, よまれるほど, 七つか, 乏しくなり, 乏しくは, 二十首の, 多いが, 多いという, 多くなく, 多くなり, 少いこと, 少くなり, 少なかった, 段々殖え, 相当に, 知れないほど, 知れない程, 随分多い, 非常な

1 [355件] あたしの, あまり多く, あんなにあろう, いくらでも増加, いたって少い, いっそうふえ, いと多く, いまに, おおぜ, おそらく小, おどろくほど, おびただしかった, おびただしくその, おびただしく深夜, おびただしく生じた, かなりあつ, かなり多かっ, かの七眠者, この人, この頃, ごくすくない, ごくわずかしか, さらに増し, しられず, すくなかった, ずいぶんおびただしい, ずいぶん多かっ, ずっとたくさん, ずっと減っ, ずっと減った, それにつれて, そろう, たった十, だんだんに, だんだん増し, だんだん少く, だんだん少なく, だんだん減っ, だんだん減つて, だんだん進ん, ちがいまた, ちゃんとそろっ, ちょうど五枚, ちょうど四つ, ちょっとつかめぬ, つかんで, なかなか多く, なかなか少く, なかなか少ない, なさそう, なし私, なんだかすく, のみこんで, はっきりとは, はるかに, ふえました, ほぼ定まっ, ほんの三四人, まず天下, またなかなか, また一台二台, また多し, また多量, また少なかっ, また市場, また無限, また第, まだ少ない, まばらである, めぐる, やっと間に合うでしょう, やはり多い, よくよく残り少な, よく見える, よほど多かっ, よまるるばかりに, よまれるばかり, わからなかった, わからぬ敵, わずかであった, わずかである, わずか五隻, ガラン訳の, 一つに, 一コースにつき, 一位から, 七つ刻も, 七戸前, 七百名ばかりに, 七艘までに, 万石以上で, 三倍くらいに, 三日と, 三本から, 不足なき, 世界一な, 二つか, 二三千か, 二十幾つか, 二百人三百人を, 二百計りは, 五六十名に, 五百台という, 亦些, 亦然, 人々の, 人並以上は, 人数よりは, 今は, 今や彼, 今銀子, 仏英側に対し, 仕抜きましたが, 会員と, 位置も, 何も, 何十人か, 余程の, 偽らずに, 全体としては, 六つか, 六帖ばかり, 兵員の, 分かりませんでした, 分らない, 前に, 十位を以て, 千を, 半分に, 半分以下にまで, 及ばない, 各部二名乃至, 同じく三つ, 同様に, 名前も, 品格も, 品目の, 唯八百しか, 商も, 四人あまりちらつい, 四十三ヵ国に, 在りどころ, 塩昆布とか, 増えいよ, 増えいよいよ, 増える, 増え章句, 増され軽い, 増して, 増し探偵小説, 増し煙突, 増すため, 増やし大いに, 増加し, 増加する, 増加せしめなかった, 売価も, 多いけれど, 多いであろう, 多いなあと, 多いの, 多い遠篝, 多からず, 多からぬ, 多からん, 多きを, 多く, 多くかさばっ, 多くしかも, 多くて, 多くなかった, 多くなりました, 多くなる, 多くは, 多くまた, 多く傑作, 多く分布, 多く松そのもの, 多く武器, 多く盛, 多く種類, 多く規模, 多く部数, 多さ, 夥しい, 夥しいが, 夥しいこと, 夥しいだけに, 夥しいもの, 夥しく予定, 大がいは, 大きさ, 大したもの, 大分多い, 大分減った, 太平記には, 官途に, 定めの, 実に多い, 実に夥しい, 容易に, 寥寥たる, 専門家には, 少いうえ, 少いが, 少いし, 少いその, 少からず, 少くなっ, 少くなった, 少くは, 少くまた, 少く発行部数, 少ないが, 少ないこと, 少ないし, 少ないので, 少なくお, 少なくこしらえる, 少なくては, 少なくどこ, 少なくなっ, 少なくなり, 少なくは, 少なくまた, 少なく幸運, 少なく言っ, 少のうございます, 尠うなった, 尠ない, 尠なから, 尽きた, 尽きたから, 尽きて, 尽きます, 当然それ, 彼には, 彼らに対する, 彼らの, 従前よりは, 必ずしも同じ, 忽ち射尽し, 思いやられると, 思い較, 急激に, 慥とは, 所によっては, 手段を, 打たず強く, 指を, 掛けぬので, 数えられるの, 数え尽した, 数を, 敵の, 既に少く, 日に日に多少ずつ, 明応二年の, 格之, 桃園の, 極めて少, 極めて少く, 極めて微々たる, 極少い, 概数が, 標札屋の, 次第に増加, 次第に多く, 正しく同数, 正直に, 歳の市に, 死亡の, 残らず読めた, 殖えたから, 殖えたの, 殖えましたそれ, 殖ゑ, 段々に遠い, 比較的に, 決してわずかで, 決して少なから, 決して少なく, 浜の, 海嘯の, 減ぜられ助, 減ぜられ問屋場刎銭, 減ったが, 減つてた, 減り搗く音, 減り饑, 減るから, 減るし, 減るとも, 減少し, 生死不明で, 異常なる, 瘋癲患者の, 百五十名という, 目立って, 相当ある, 相当な, 眼立っ, 矢つぎ早に, 知らずつかわされ院内, 知らず遥か, 知らない旗本御家人, 知らねば, 知る, 知れず, 知れずしかも, 知れず庭前, 知れず日, 知れて, 知れない, 知れない狂人たち, 知れなかった, 知れぬほどに, 知れません, 知れる, 短歌に, 稀く, 種も, 種類も, 空間も, 算えて, 算ま, 終りに, 自ら多から, 自分の, 著しく減少, 覚えず唯, 計えず私, 記入された, 読まるるばかりに, 誰が, 誰にも, 質も, 赤松が, 踏むに, 踏んで, 近年に, 逐次増加, 造らうと, 進んで, 過去四十余年間には, 遙かに, 配置も, 量り知ること, 限られまた, 随分あった, 隠されず蝶々蜻蛉, 電線の, 頭の, 頻りであった, 顔も

▼ 数~ (445, 1.9%)

31 して 16 のぼって 11 於て 8 なって, のぼった, 上って 7 応じて 6 達して 5 すれば, 入って, 制限が 4 上った, 比して, 比較し 3 なる, マルを, 入った, 於いて, 比例し, 達した, 達するであろう

2 [22件] くらべて, しても, なるか, のぼるであろう, 上ります, 上る, 依存する, 入ったが, 入ったの, 入らない, 入らないこと, 入りたま, 入れて, 応ず, 於いては, 殖えて, 比べて, 比べると, 準じて, 盈つべし, 著しい影響, 達すること

1 [258件] あらず, ある, あるの, あわせたの, いづれの, いる名, いろは四十七字を, おびただしい旗, かかわらずぜひ, かぎりは, かなり近い, くだけて, くわしいと, こじつけたの, こだわって, こまかくくだけ, したいの, したがって, したらおそらく, したらおよそ, したらごく, したらわずか, したら両方, したら二十, したら何万本, したら十間以上, したら四畳敷, しちゃあ, しては, しろもちろん, すぎなくなった時, つきても, つき七, つんざきぬ, どぎも, なお不足, なった, なったの, なったん, なつた, なつたり, なほした, なりはじめた, なりましたよ, なりまして, なります, なるから, なること, なるであろう, なるの, なるまでは, なる程, なる軍勢, なれば, のぼったこと, のぼったのみか, のぼりましょう第, のぼり賊軍, のぼる, のぼるし, のぼるの, のぼるので, のぼろう, はいったもの, はいらない, はいらないその, ふえて, まとまって, まとめるの, よみ込んだところ, よりたり, よるという, 一つの, 一つ増したる, 一二三四五と, 上ったでございましょう, 上つた, 上つてゐる, 上りかく, 上りともすると, 上り五百石以上, 上り同, 上るかに, 上るが, 上ること, 上るその, 上るだらうが, 上るでありましょう, 上ると, 上るといふ, 上る事, 上る奴隷, 上ろう, 与えた急激莫大, 乱れる, 仕事と, 仕切り欄間, 代えたの, 余裕が, 依つて分限, 依るため, 依頼する, 倍するほど, 値しないほど, 停止し, 備わるもの, 優ることはるか, 入ったその, 入った二葉亭, 入った教え子, 入つたの, 入つた人々, 入つた静子夫人, 入らない人足, 入らない小説家, 入らなくなるの, 入りしとの, 入りたる人, 入りつ, 入りぬ, 入り或いは, 入り難き, 入るべきこと, 入るべきもの, 入るもの, 入る一軒, 入れたお前, 入れたは, 入れちゃあ, 入れてないの, 入れとや, 入れなくても, 入れねば, 入れません, 分けたこと, 分裂する, 到達した, 制限なし, 制限の, 割つて, 割り当てて, 加うべき, 加えて, 加えようと, 加えられるよう, 加減乗除し, 劣らず多数存在, 勝りたり, 反比例し, 取らねとも, 叶ひたる, 各年出生当り, 合わせて, 同じく天糸, 呑まれて, 咀われた, 因んだもの, 国語簿記何んで, 在り, 基く模様, 基づいて, 増加し, 変化は, 変化を, 多くし, 夢幾度か, 孔明の, 定まりが, 寄つて常に, 対応せしめ, 少い朝鮮, 少しも, 就いては, 平均に, 引きたてまつるべきでない, 当てて, 影響を, 彼等の, 応じた九つ, 応じた負担, 応じ天保銭一個, 悩むの, 拘泥する, 持ちかえ父母, 接吻し, 擬え, 数倍する, 於いても, 於ては, 於ても, 案分した, 止まる, 比しちょっと, 比べりゃア, 比例しなけれ, 比例す, 比例する, 洩れず急いで, 洩れなかった, 洩れぬ身, 減らされるの, 漏るべき, 漏れず理論的, 漏れた, 漏れたの, 漏れな, 漏れなかつた, 漏れなかつたは, 現われた次, 留意する, 異変が, 直すと, 相応する, 眼を, 示したるは, 符合しやしない, 細分せられ得る, 終ったせい, 至っては, 至るまで, 苦しむとき, 落しかけ落つる瀧, 著しい増減, 著しく依存, 見えた, 訂正させた, 足らず何, 較べると, 載つて, 近づかうとして, 追加された, 過ぎざりしなり, 過ぎないが, 過ぎなかつた, 達したこと, 達したとき, 達したので, 達したもの, 達したれば, 達した時, 達し狼, 達するかも, 達するだらうが, 達すると, 達するの, 達する婦人, 遠く及ばない, 還元され得ない, 配するとき, 酔い舞踊, 関するに, 限りあり遂に, 限りが, 限定され, 頭を, 驚かされたの, 驚かされる, 驚き

▼ 数~ (303, 1.3%)

18 られて 11 立てて 7 なければ, られた, られる 5 あげること, きれない程 4 あげて, た, たい, 立て 3 きれぬほど, きれぬ程, つ, ませう, られるの, 挙げれば, 来れば

2 [21件] あげると, あげれば, お入れ, きれないほど, ずして, たいと, ようと, られなければ, られます, られよう, られるであらう, りや, 上げること, 上げれば, 切れないほど, 切れない程, 切れぬ程, 始めた, 年で, 年の, 立てると

1 [164件] あげたか, あげむ, あげられたとばかりは, あげる, あげる必要, あげ小さな, あしたは, いそしみて, うたは, およばぬ帛, きてこ, きれない, きれないが, きれぬ位, きれぬ理由, させると, しかもその, しもの, し玄米一合, ずに, ずば, ずもがな, たいくら, たいもの, たが, たこと, たことか, たつたひとり, たて, たてて, たの, たので, たまひ, たまふ, たやう, たらい, たらきり, たる韻ひある, た地方, つくしがたし, てるま, なかつたで, なさるで, なば, ぬ, ぬといふ, ねば, はいること, はじめる, ひろつたころ, ぶし拙, ます, ますので, みて, む, やうも, ようとして, ようも, よく刺し, られ, られそれら, られたこと, られたさうですよ, られたといふ, られたもの, られた男, られた訳, られた鏡ヶ池, られぬ, られねえもん, られませんでした, られも, られるからな, られるが, られるけれど, られるその, られるで, られると, られるほどの, られるほど全身, られるもの, られるやう, られるよろこびでも, られる位, られる傑作, られる処, られる田地持, られ得るかは, 上げたいと, 上げたいやう, 上げたらそれ, 上げて, 上げました, 上げられて, 上げ奉るに, 上るわけ, 人心すべて質純なり, 候ふまじ, 入らないよう, 入れて, 入れら, 入れる事, 全部で, 出した, 出しました, 出すと, 切れない, 切れないほどの, 切れない位, 切れない植物, 切れない蛙, 切れまい, 切れません, 合つた, 唄が, 奉つた帰途, 子の, 尽さずこれら, 尽されなかつた, 尽したに, 尽すべからず, 尽せるかと, 年なら, 年七十三歳, 年三十六だ, 年五つに, 年十五の, 後のちまでも, 得たり, 得べくも, 得られると, 得るかも, 得ること, 得るほどの, 得る人数, 得る年限内, 御加, 挙げて, 挙げること, 挙げると, 方が, 方も, 方を, 明日の, 時々海, 暫く計測, 歌の, 残しが, 漕ぎ附けました, 直した, 立つたら指, 立てたまひ, 立てたら随分, 立てるまでも, 立てる事, 立て其出処, 聲に, 舞ひ来る, 落ちる, 見れば, 込まなかつたの, 込むの, 難く尽し, 難し

▼ 数限り~ (268, 1.1%)

43 もない 32 もなく 7 ない, のない 6 がない 3 なくあるが, も無い

2 [11件] ないほど, ないもの, ない人間, ない花, なき人々, なくある, なく存在, なく発見, もございませぬ, もなくある, も無く

1 [145件] ありて, ありませぬが, となく, ないこと, ないさまざま, ないと, ないので, ない事実, ない人形, ない人慾, ない人種, ない動作, ない南京玉, ない反対, ない古代, ない可能性, ない夢想, ない宝石, ない年月, ない形体, ない御馳走, ない恐れ, ない手紙, ない探査, ない新, ない星, ない望楼, ない毒虫, ない毛穴, ない波, ない溝流れ, ない灯, ない無量, ない生きガクモン, ない男, ない疑問, ない石祠等, ない砲弾, ない種々雑多, ない等身大, ない経験, ない自動車, ない菊, ない蜘蛛, ない街, ない表現, ない見知らぬ, ない謎, ない谷川, ない連続, ない陰々, ない陰陰, ない雪, ない雲雀, ない魚, なかろう, なきわれら, なき人, なき悲劇的現象, なき掲燈, なき私たち, なき美しい人立派, なき追憶, なき銃口, なくあげる, なくあること, なくあるの, なくあるわけ, なくある乍併, なくある類型, なくいつ, なくございます, なくその, なくつづい, なくできた, なくならん, なくひきうけ, なくやがて, なくゐる, なくムラムラ, なく並ん, なく会つて, なく伝へられ, なく作った, なく作られこれから, なく出合うため, なく創造, なく加わって, なく動い, なく又, なく同じ, なく含まれ, なく含ん, なく和紙, なく咲い, なく在るの, なく多種多様, なく彼, なく思い出した, なく押寄せ, なく散らばって, なく散在, なく書い, なく本堂, なく沢山, なく浮かん, なく現れ, なく現われ, なく発生, なく目撃, なく私達, なく空間, なく立ち並び, なく立ち並んだ, なく粘り付いて, なく細かく考へる, なく考え抜い, なく腐つた泥, なく船舶, なく行儀, なく行列, なく見る, なく証明, なく諸国, なく転, なく造り出され, なく逸話, なく重なり合い, なく集められ, なく魚, のある, はない, もありません, もあるまい, もない美しい, もない青い, もなく折られ踏みつぶされ, もなく燃えさかっ, も御座いません, 無いもの, 無い南京玉, 無き罪障, 無くある, 無く散らした, 知られぬ原子

▼ 数時間~ (245, 1.0%)

24 の後 12 のうち 7 の間 4 にし, のこと 3 に渡っ, ののち, の睡眠, まえに, を送った

2 [12件] かかって, が過ぎ, で完全, で火, にわたつ, のあいだ, の隣人, は信一郎, を出でざる, を暖炉, を経, 眠って

1 [155件] あるいはむしろ数分間, おくれて, か, かかっても, がにがにがしい, が彼女, が終わっ, が経った, が経つ, このよう, この変, この話, しかいられない, しかつづかない, しかもたぬ, しかコレット, しか保たない, して, じっとし, じっとしてる, じっとすわっ, じっとたたずん, じっと想, すごしたばかり, すれば, ずつその, ずつヴェランダ, ずつ伸子, ずつ何十年, ずつ動員, ずつ彼女, その日, たちよった, たって, たっても, たつと, たてば, だけ, だけは持ちこたえ, つづけて, であった, であつ, である, でおしまい, でことごとく, でさえ, でバケツ四五杯, で主人もろ, で十銭ぐらゐ, で夜, で太平洋, で破壊, といえ, とどまって, なおらぬもの, にさえ及ぶ, にも足りない, にわたって意見, にわたって結婚, にわたって英語, にわたって鉱毒処分, にわたる拷問, に亘っ, に亘つてひとり, に余, のお, ののち彼, のよう, の中, の会見, の余暇, の前, の対峙, の御, の応対, の看病, の緊張, の表情, の運命, の長, の間子ども, の間当人, の飛行, はこの, はその, はヤチダモ, は亀田, は人間, は伸子, は昏睡, は普通, は火事, は続, は過ぎた, は離れる, またはしばしば, までも薬餌, むかい合って, もかかっ, もしくは一二時間, もつッ, もの連続作業, もの連続観測, もむりやり, もテーブル, もトラック, も出かける, も居, も待つ, も恐らく, も恐ろしい, も日, も真直, も続け, も邪魔, ようやく十時真近, ようやく破門, ゐて, をさして, をめちゃめちゃ, を一瞬間, を二人, を持っ, を消した, を消す, を無駄, を父, を私, を経過, を詰らな, を費さなけれ, を費し, を過ごした, を闇夜, 乃至数十分, 乃至数十日間, 休みました, 実に堪え難い, 或は真面目, 或は終日, 気付かれぬ程度, 泳いで, 煮燗, 燃えて, 甚だしきに, 生きて, 睡った, 睨み合って, 立ちよって, 経ったよう, 経ってから, 経つて, 続けた後, 費したの, 逢って

▼ 数~ (238, 1.0%)

16 の兵 10 の群集 6 の金 5 の大軍 4 の, の百姓, の群衆, の見物 3 の人, の人々, の人夫, の人間, の富, の敵, の男女, の見物人, の観衆

2 [21件] あるいは数千年間, の人出, の人声, の人民, の兵力, の兵馬, の報酬, の大兵, の大衆, の寄手, の屍, の役夫, の敵兵, の氏人, の眷属, の眼, の窮民, の者, の蛙, の軍兵, の軍勢

1 [116件] がこんな, がただ, という広い, という残本, という見物, という量, とひとり, と称せられ, にのぼった, にのぼる降, に上る, に及び, に達し, のむだ矢, のもの, のグロテスク, のデッド, のプロレタリアート, の上, の人ごみ, の人家, の人畜, の人達, の信徒達, の借財, の利益, の労働者, の勢, の勤労者, の包囲, の味方, の土兵, の大, の大勢, の大将, の女子, の女子ども, の女性, の妻たち, の婦人, の婦人読者, の宇宙線, の家, の将兵, の小石, の少年少女, の市, の市民, の師, の店員たち, の弾丸飛, の御神灯, の怒, の星, の暴徒, の月, の未亡人, の本願寺門徒, の死, の死傷者, の毛穴, の民草, の灯火, の炭坑労働者, の烟筒, の猿, の猿猴大王, の現金, の甍, の生霊, の由, の異教徒, の百姓群, の立ち会い人, の米国株式, の精鋭, の結婚適齢従業員, の群, の聴衆, の若い, の華客, の蛾, の蜂, の蝶々, の蝶蝶, の被害民, の視線, の読者, の財, の財産, の軍, の難民, の雷鳴, の電気, の電燈, の靴, の飛竜, の食物, の飢民, の餓兵, の鷹, は一匹, は入洛以来, は孤立, は疎林, をしたがえ, をほうり出した, をもって数えられた, を一掃, を下らぬ, を指揮, を牽制, を百日, を華やか, を頒布, 殺すと

▼ 数~ (231, 1.0%)

14 の兵 8 の人, の人夫 4 の兵船, の生命, の見物 3 の, の兵馬, の顔

2 [14件] という数, の労働者, の卵, の大軍, の女性, の犠牲, の狼, の男女学生, の者, の職工, の金, の降, の頭, をひっさげ

1 [152件] あって, ありとあらゆる町奴, あるいは万, から数万個, が露ばらいし, という会衆, という大, といわるる, ともみえる, と一族, と数えられる, にのぼっ, にもたりない, に余る, に足らず, に足らぬ, に過ぎますまい, に達する, のうつくしい, のかぶと虫, のこの, のはと, のほか, のもの, のダイアル, のフランス人, の不吉, の人人, の人命, の人員, の人間, の他, の俸給, の僧兵, の兄弟, の先鋒, の兵士たち, の助命, の勤労者クラブ, の反対者, の句, の同じ, の命, の土民, の地涌, の士卒, の士民, の大兵, の大衆, の女工連, の奴隷, の好奇, の学徒, の官人, の家族, の射手, の小舟, の山法師, の工匠, の弓箭, の弥次馬, の弩, の彫刻, の後詰, の戦友, の托児所, の投げ, の操糸, の敵, の旅客たち, の武装警官, の段, の氏人, の水車場, の沖仲仕救済, の沙門, の漢字, の漣, の火, の火の玉小僧, の火花, の無辜, の犠牲者, の猿, の瓦斯灯, の男女, の白馬, の瞳, の石, の石炭仲仕, の窓, の符牒, の篝, の精兵, の糸, の紙片, の細流, の給料, の美菜, の群衆, の聴衆, の職工これ, の船, の花輪花束, の若い, の菌類, の葉, の蛇, の蛮兵, の蜜蝋蜂, の蟻, の街灯, の見物人, の観衆, の豕, の貝子, の賤民, の身内, の軍中, の軍勢, の軍隊, の軍馬, の輩, の部下, の重囲, の野生, の鉄壁, の鉄騎, の鋒, の門下, の雀, の集落, の難民, の馬, の鬼灯提灯, の魚人, の鳥群, の鳴り, は後備, ほどで, も加わり, も味方, をもって桟道, を七手, を国境, を布い, を帥, を殺し, を算, を載せ, を麾い, 時には一万

▼ 数日前~ (228, 1.0%)

8 のこと 65 にこの, の夜 2 から一人, である, に主人, に私, のよう, の事, の幻覚, の或

1 [188件] ある都市, お友達, からいる, からお, からがん, からこの, からご, からそこ, からその, からそれ, からねらつ, からの感動, からぴた, からわざと, からブラ, から二個大隊, から先方, から兵, から制定, から前栽, から劇薬, から厩, から告白, から城, から夜ごと, から安土, から家屋, から富士山, から山上三十六軒, から市民, から度々, から彼, から急, から意識, から手紙, から既に, から村, から泊っ, から流連, から潮湯治, から約, から義貞, から聞い, から行っ, から見はり, から諸書, から金, から高林家, さらに船上山, その井川氏, その筋, そんな旅先, であった, です, とは異な, などに, にあなた, にお, にその, になっ, にのみました, にはそこ, には何日, には前, にも, にもやはり, にも大岡昇平氏, にも昼, にやっ, にやとわれた, にわし, にエリザベート, にドクトル鴨下, にパリ近郊, にフランス, にライオン煉歯磨, に伴, に偶然, に先発, に処方, に出願, に初めて, に別れたる, に千代子, に大坂, に始め, に嬬恋村, に安土, に封状, に居なく, に工場, に帰つて参つたの, に常泉寺, に店, に庭師, に弟子入り, に彼, に戦死, に敵味方環視, に旅先, に暇, に更迭, に書いた, に書物, に朝鮮, に杉捷夫君, に村, に来た, に果たされ, に桂昌院, に物故, に瑞西, に着い, に神様ケン族, に突発, に第, に終わっ, に絹川, に脳溢血, に腹切, に自分, に萩村, に被疑者, に襲っ, に見た, に話し, に赤間ヶ関, に農家, に過ぎた, に遭遇, に重吉, に金, に鎌倉表, に鎖, に閣老部屋, に雇, に電車事件, に飯山, のある, の事件, の別れ, の同志, の大雨, の宵の口, の小さい, の放浪時代, の新聞, の早朝, の晩, の月日, の朝, の深夜, の読売紙, の雨, はしなく, はや密か, は煙り, は都, ふとしたこと, まず助勢, また勝, までにみんな, まではそっち, まではたしかに, までは低く, までは此処, までは無かっ, までほとんど, までも頭脳, まで氷, まで盛岡, まで行われ, もオットー教授, も亡くなる, よりその, よりはり, よりよほど, より城内, より病, より肺炎, より鰐淵, わざわざ花, 全く冷汗, 即ち十一月十四日, 大海嘯, 尚及其目, 発せられて, 突然依田学海翁

▼ 数~ (223, 0.9%)

4 やって 3 となく, に亘り, に品物, 繰返して

2 [18件] あった, あったが, あつた, くりかえした, なり, に亘る, に亙っ, に及ぶ, に及べり, に及んだ, に渉, のうち, の洗礼, も往復, を重ね, 続けて, 繰返した, 蹴飛ばしてから

1 [171件] あったと, あったので, あったよう, あったり, あって, ありしかど, ありました, あります, あるが, いつも悦子, おとずれて, かかりて, かかる事, からの私, きいた覚え, くりかえされる, くりかえしたが, くりかえした上, くるくる廻し, この山, この老, しか取らない, した事, ずつ噴出, そうする, つ, つづけて, でそれ, ではたと, で大団円, とも急所, なの, ならずあったの, なるを, において私, におよぶ, にし, にひく, にも及ん, にわたってこの, にわたって中村屋, にわたって挙げられた, にわたって書い, にわたって書きすすめ, にわたって木曾義仲, にわたって私, にわたって繰り返され, にわたって繰り返した, にわたって茶碗, にわたって見, にわたって試みました, にわたって謀議, にわたりその, にわたり実地, にわたるべき, にわたる交易, にわたる公判廷, にわたれ, に亘っ, に亘つて, に亘つて攻撃, に分け, に別れ, に及びたれ, に及びぬ, に及べ, に渡つてぐる, に渡る, に留まらない, の, のことさ, のインフルエンザ, のテーマ, の下痢, の会見, の公演, の勝利, の厄難, の増訂, の変更, の夏休み, の大円, の太刀打, の失敗, の実験, の強震, の弾反, の後, の御, の心得, の戦争, の打払い願い, の折衝, の振動, の探検隊, の昇降, の段階的変化, の爆撃, の犯罪事件, の病, の終わり, の茶山, の試験, の調査, の通告, の面識, の食事以後, は, はございます, は清盛, ひらかれましたが, ほとんど所持, ほどの経験, めぐってから, もともとそれ, も休止, やったが, やっても, やつて, やり酒, やる中, を割い, を掲載, を費やした, を重ねた, を除け, 与へ, 休み休み到頭四階, 会うこと, 会って, 但しいつもだいぶ, 促されたり, 倒れんと, 出した後, 出て, 危うく浴構内, 同じよう, 同じ実験, 吹き倒された, 唱うるとき, 多い位, 巻きつけたもの, 廻らねば, 引き続き, 引っぱったが, 強く鼓動, 御教授, 或は一二回ぐらゐづつお邪魔, 打っては, 拭って, 擦り上げた, 第二村木液, 築き直されたにも, 素早く下, 続けたい希望, 繰り返され一百人あまり, 繰り返した, 繰返された, 聞いた事, 聴いたこと, 臨んで, 行われたばかり, 襲い来, 見たという, 見廻ること, 詣でたので, 読み返したもの, 重ねて, 長い消息, 頷きて, 飲みに

▼ 数年間~ (223, 0.9%)

4 というもの, に日本 3 に, に亙る, の日本, の生活

2 [11件] においては彼, にその, に於, に於ける, に私, に経験, の嫂, の絵画, の自然主義, 分らなかった, 可愛い可愛いと

1 [181件] いかにのびるでしょう, いると, いわば嵐, かかった, かたむけて, があの, が師父, が彼, この島, この新大陸, こんな段々, そのため, そのシーン, その傍, その国, その独断, ただもう, つづいたが, であり文化哲学, でもいい, でやっ, とじこめられて, と思いくらべた, なる軍隊生活, なんとかし, における登山界, にこの, にこれ, にすっかり, にどんな, にはおそらく, にほとんど, にもつくりかえる, にも充満, にも大和古寺, にやった, にわたった, にわたってしゃれ, にわたっての失業救済事業案, にわたる彼ら, にわたる激しい, にわたる血戦, にわたる顕治, にフランス, にラジオ, に世界, に主として, に五万人死せり, に人間, に何十, に及んだ, に取潰された, に営々, に変った, に夥しい, に巴里, に彼女, に恢復, に最も, に東京近県, に欧米, に生長, に発表, に知る, に経済事情, に聞いた, に貰った, に起れる, に長足, に隣字, に高められた, のうち, のくらし, のこと, のすべて, のばし得た結果, のよう, の不健康, の京都生活中, の努力, の動き, の同居生活, の困難, の地球物理学, の塹壕生活, の奉公, の婦人大衆, の孤立, の彼等, の必死, の成果, の所謂開化期, の文壇, の文学界, の文筆生活, の民衆, の疲労, の研究, の社会, の稼ぎ, の精神感動, の経験, の自身, の苦しみ, の苦悩時代, の荒っぽい, の課業, の諸, の軍官民, の過程, の間, の風雪, はおもに, はただ, はコポオ, はシッキリ, はスタイン, はトロツキスト, は不毛, は作者, は出歩き, は執拗, は大した, は子ども, は株式会社, は歌舞伎座, は武州物, は毎年ひとり, は活動, は生き, は眼疾, は私たち, は経っ, は結果, は色彩, は雀, まるで忘却, まア六年間, もまだ, も同居, も婿, も師匠, も探し求め, わが図書館界, をその, をのぞき, を思え, を支える, を文化人, を日本, を省, を経過, を苦しめた, を要する, を費した, を転々, を農村, を通じて自分自身, を除い, ノ同棲, 全く母, 其の間大小様々, 居たこと, 引き続いて, 引続き増加, 捨て置かれた, 新しき文学, 最もみじめ, 果敢ない努力, 歩き馴れたと, 泣いたり, 濃くされ, 無刀, 特に太平洋戦争, 留まりしと, 絶えずつよまる, 続いた無, 続いて, 行われた, 見られた増加, 辿つて

▼ 数~ (171, 0.7%)

5 の大きな 3 の松, の果樹, の枝, の樹木, の足 2 がある, の大きい, の大木, の松火, の槍先, の竿, の緯棒, の長い, 並んで, 立って

1 [131件] あつめられて, ある, が浅ましく, ごく立派, しばり合わせたもの, ずつうけもっ, ちらばって, つくった, と並木道, と掛軸, と葉書数枚, と銅緑, にその, のあの大きな, のきり花, のこの, のたいまつ, のはら, のアカシア, のステッキ, のピンセット, のモリ, のレール, のローソク, の三寸くぎ, の中, の仔苗, の刃線, の剣, の剣劇映画, の古, の大, の太い, の太刀, の小さな, の小松, の小柄, の尖, の山毛欅, の布, の幟, の干, の庭木, の強い, の彼岸桜, の征矢, の徳利, の忍竹, の手紙, の指, の日本刀, の木, の杭, の松の木, の枕木, の林檎, の柱, の根枝, の格子, の桜, の梧桐, の棕梠, の椎, の椎の木, の椽, の椿, の横木, の樹, の檜, の此, の灌木, の燐寸, の白, の白刃, の白樺, の白菊, の白髪, の百目ろうそく, の真白, の矢, の立木, の竪縞, の箸, の線, の美しい, の脇差し, の苗, の若木, の若竹, の茎, の落葉松, の落葉樹, の蔓, の象牙, の赤松, の躑躅, の酒瓶, の針, の鉛筆, の鍾乳石, の青い, の青木, の馬, の高い, の黄しめじ, は, は既に, ひきつけて, ひょろひょろと, もしくは数十本数百本, もの導火線, も立てた, も立てる, わたされて, をそれ, をもって社, を床, を漕いだ, 取り出す, 同ジク生ズ, 呉れた, 届いて, 抜きとられて, 書く, 欠き井上九郎, 立ったり, 立てた形, 置いて, 見たとても, 試みる労力, 買って

▼ 数~ (169, 0.7%)

6 の部下 3 の離脱 2 か, が, が背い, のことば, の出奔, の名, の子, の身, はそう, 出奔の

1 [140件] がある, がいた, がいなかったら, がえらばれ, がこれ, がしたためた, がひとり主君, がふと, がみずから数正, が何, が元康, が君前, が大坂方, が子, が岡崎, が帰っ, が当っ, が御前, が徳川家, が接待役, が正面, が残した, ぐらいな, じゃ, だけで, だったから, であった, とある, といえ, とのあいだ, との同行, とは親交, とは話, ともあ, と共に徳川家, と諜報, と運命, など, にたいして一つ, にたいする暗い, には家康, には推し量れない, にまで届い, にも会い, に与えた, に会う, に対する家中一般, に求める, に決定的, に直属, のうごき, のうわさ, のする, の使い, の内通問題, の取次, の口, の在る, の妻, の妻子, の妻子たち, の官邸, の家臣, の家臣たち, の将来, の帰国, の常識, の従者, の心, の恃, の振舞, の本心, の消息, の瞼, の私邸, の考え, の耳, の股肱, の胸中, の胸元, の行動, の身なり, の身辺, の軍功, の近ごろ, の陣, の陣所, の非行, の顔, の首, は, はがく, はたしかに, はふらふら, はよけい, は主人, は云った, は今夕, は何十頭, は単なる, は和睦成立, は城代, は大いに, は大坂, は大坂表, は家康, は弁解, は思う, は深く, は築城土木, は見のがせなかった, は黙然と, への非難, もかれ, もそう, もちと, もつぶさに, もみな, も共に, も戦は, も気に入られ, も辞去, をお, をとらえ, をよこされ, をわが家, を京都, を伝右衛門, を全, を前, を戦捷, を拉し, を疑わなかった, を見, を見る, を親, を迎える, 個人にまでも, 個人へも, 逐電の

▼ 数~ (163, 0.7%)

5 の兵 4 の蜘蛛 3 の人々, の男女, の聴衆 2 の, の労働者, の姓氏, の廻船, の死傷, の烏, の燈火, の窓, の羊, の若い

1 [125件] あるいは数千, がざぶざぶと, が事, すぐ掃き捨てた, という人数, となき, となく, と千余, ないし数千メートル, ないし数千個, に余る, に達し, のこと, のもの, のエキストラ, のツルベ, の中, の乗客, の乗組員, の人, の人声推合えり, の人夫, の人数, の人間, の他, の会葬者, の例証, の僧侶, の元金, の児童, の兵力, の兵営, の兵船, の匪, の受話器, の喫茶店, の執行金, の太鼓, の婢妾, の子供, の子分, の家臣, の将士軍夫, の小勢, の小片, の小船, の小説本, の小鳥, の少女, の少年少女, の尼, の島民児童, の幹, の放免, の文学サークル, の旗, の書物, の松明, の植木師, の武, の汲出櫓, の燈籠, の爆弾, の物質, の狐舎, の猟犬, の猴, の猴食時ここ, の玻璃燈, の瓶, の生命, の生徒, の生徒中, の生霊, の皿, の真紅, の神烏, の科人, の笑い, の筋肉, の結晶, の群衆, の肖像画, の胡兵, の艨艟, の色, の花火筒, の虫, の蜂, の蝶, の見物, の言, の記入, の警官, の足軽, の踊り子達, の部下, の金, の釣手, の電燈, の青年男女, の頭, の顔, の食堂, の馬, の髑髏, の鴉, の鶏, の麦稈帽, ばかりはあらう, ばかりはあろう, または数千, もしくは数千, もつい, も列, を害する, を従える, を数, を焼いた, を見る, を道, を集め, 或はそれ以上, 誓って, 載の

▼ 数~ (157, 0.7%)

5 空間との 3 云うもの 2 なり三段目, なると, 力の, 同じこと, 同一の, 大きさ, 実際の, 比較し, 空間とが, 空間時間

1 [129件] いいすべて意想外, いい抑揚, いう, いうべし, いうまで, いえども, いっては, いっても, この数, これまでの, したという, して, その中, その店, その方向, その方法, その波, その角度, それが, なります, なり今日, なり峰越し, なるわけ, ほとんど同じ, また豊か, パリの, 一所に, 一斉の, 世間に, 云うの, 云ふも, 人の, 仏の, 体重と, 俳人で, 全く同様, 兵力と, 出生数とで, 出生数との, 力である, 力と, 力を, 勢力とは, 卒業し, 反比例し, 同じく同じ, 同じく四十二枚, 同じく年々囘帰, 同じだけの, 同じで無けれ, 同じ多く, 同数の, 同時に大き, 呼んで, 地方住民に対する, 地方遊説の, 場所とは, 増加率とは, 夏冬の, 太鼓が, 太鼓を, 子供の, 広告欄の, 庭とが, 延長との, 建築中の, 当時の, 当選数とが, 形との, 思い切り無遠慮, 括弧内の, 新奇さとには, 時間とについては, 時間との, 時間などが, 最初結び付ける, 来たらちょっと, 正常さ呼吸数体温血圧その他いくつかの, 正確に, 死亡の, 毎日毎日日の丸を, 比較するなら, 比較すれ, 決して同数, 法則とを, 消費された, 理で, 理と, 申せば, 畳敷とを, 直線との, 破壊的暴威とは, 私生児の, 種とは, 種類とは, 空間, 空間とは, 空間とを, 空間数と, 等しかった, 等しくなる, 等しく二十余万個, 結婚まで, 絵を, 罪悪も, 考えられる以上曲率, 自分の, 蓄音機の, 装備とを, 要素とが, 要素との, 見えこの, 言い現, 資力よりも, 質とに, 質に, 質において, 質の, 逆比例, 量が, 量と, 量との, 金剛杵とを, 音波の, 頭の, 食物消費量との, 館内の, 騒々しさ, 高さ

▼ 数~ (156, 0.7%)

9 して 3 した, する大軍, の大き, の強, もある

2 [11件] する, する兵力, になっ, にのぼり, の兵力, の力, の努力, の効果, の危険, の高, も大きな

1 [110件] あるいは数十百倍こちら, あるであろう, かと思われる, かもしれなかった, さ, させようと, しその, したが, したもの以外, したらしかった, した幻怪, した御馳走, した慎重, した渦乱, した熱心さ, した美貌, した魅力, し髯将軍真先, するかと, すること, するであろう, するもの, する兵, する勢, する大勢, する彼, する技術, する文化的使命, する死傷者, する筈, する細註, せむことを, せる富, せる知光, せる貴重物質ムビウム, だね, で, であると, でした, では, といふ金, な大きい, にあたる軍勢, にし, に上る, に増額, に激化, に見せた, に達した, に達するであろう, のこと, のはなはだし, のもの, のよろこびだった, のハイカラ, の九州軍, の売償, の奇々怪々, の学問, の川幅, の店, の敵, の時間, の汗, の濃度, の熱心さ, の現実的効果, の用向, の警官隊, の費用, の足利勢, の轟音, の速力, の飲食店, の魅力, はし, もあろう, もしくは数十倍, ももっともっと, も君, も多かっ, も大きく, も意, も数十倍, も旺盛, も繁昌, も要ろう, も金五郎, も頼もしく, も馬鹿気, も高い, よい浮世, よし, 判りいい, 勿論年代, 多かった, 多く信州, 大きい, 大きくみごと, 強いの, 悲しむべき報道, 或いは十倍, 或いは数十倍, 淋しく物凄くなれり, 美しさ, 話しが, 近い所, 長し曲, 面白かった, 高いの

▼ 数十人~ (155, 0.6%)

5 の者 3 の人影, の兵, の警官隊 2 の人, の人夫, の男女, の研究生, の門弟, はその

1 [129件] あったであろうが, あり, ある, ある不安, いわゆるその市, がこの, が刃, が命, が室, が屋敷, が往来, が手, が捻, が枕, が皆, が首, が鬨の声, ご神縄, しかるに未だ一人, ずつ分かち預け, でも手, で屋敷, で関所, という大, とともに流れ, ないし百人以上, に上り, に試むる, に過ぎず, のお, のヘーゲル論者, のライバル, の下役人, の不動行者, の人々, の人足, の伏勢, の侍女, の侍者, の供, の信者, の僧侶, の公卿, の公卿方, の列, の剣, の剣士力者, の労働者, の労働者家族, の勤王家, の唄い, の団体, の大将, の大小, の奴婢, の姓名, の学者, の客, の屈強, の巫女, の座員, の庭師, の当直員, の悪者, の手, の捕り, の捕吏, の敵, の敵兵, の智慧, の樵夫ども, の武具職人, の武士, の武者, の死んだ, の気むずかしき, の活動的, の浮浪少年, の生徒, の甲冑武者, の番士, の番頭, の白服, の眷属, の石川家家臣, の神, の稽古者, の突貫, の精霊, の美女, の老若, の胃腸, の衆, の裸女, の親昵従類等, の警官, の跫音, の選手, の部下, の重臣大将, の門輩, の騎馬, はあるであろう, は斬, も共に, も見出し, をしたがえ, をつれ, をひきうけ, をやしなっ, を使っ, を侍らせ, を叩き伏せ, を容, を将, を引, を抽, を斬っ, を斬り, を殺せ, を殺戮, を率いさせ, を随, を顎, 召し連れ, 同じく役人, 名乗りでたなど, 生ける羅漢図, 集まって

▼ 数~ (152, 0.6%)

16 の所 11 のところ 4 のうち, 行くと, 進むと, 離れて 3 にし, 進んで

2 [12件] おくれて, の前進, の距離, の間, をすすめ, を距, を隔て, 行って, 行ってから, 退いて, 進んだ, 離れた所

1 [79件] あゆめば, あるいたそして, あるいて, あるいては, した, してから, すすみ寄った, すすんだ, すすんで, であること, と云はず世, のその, のほか, のぼって, の先んずる, の内, の処, の前, の土地, の地, の外, の後, の歩行, の菜圃, の近く, の退却, はなれ, は日々, ばかり共に, ふりかえり見れば, へだ, もあらう, もどり心, も出た, よろめいた伝次, をゆずらなけれ, を先, を出でざるなり, を後れ, を移し, を行け, を譲らざる, を譲らなけれ, を踏みだした, を進め, を遜らなけれ, を離れ, 下った, 下って, 下り刀, 下ると, 出て, 出ると, 出るや, 分け入りそして, 寄って, 引きこむよう, 引き下がれば, 引き返して, 急ぐの, 押しやられて, 歩くと, 行くうち, 行くか, 行けば, 負けて, 走りながら, 跳び退いたが, 退かせるところ, 退りながら, 逃げた, 進みました, 進む, 進んだとき, 進んだジャヴェル, 離れたところ, 飛び退いた頼母, 駈けのぼっては, 高まり前進

▼ 数日後~ (132, 0.6%)

18 のこと 5 の或 4 であった 3 に彼, のある, の日曜日 2 かあっと, にはその, にまた, に控え

1 [88件] ある日, ある朝, お城, かれは, このへん, すては, すなわち六月七日, だった, でした, といわず, に, にせまっ, にその, になっ, になる, には, にはこの, にはすでに, にはロッテルダム, には一緒, には二人, には召集令状, には四足, には大, には家出, には専攻, には東海道, には磁気, には筆者等, には返し, には閉店, には面会, には風, にクリストフ, にクロシュペルス街, にトルコ人, にフランス, にルーサン, に偶然神近, に再び, に半平, に友だち, に哈爾賓, に地球, に天候, に女王, に如意輪寺住職, に挑戦者決定, に晩食, に死ぬ, に水, に無残, に知った, に立ち去る, に結果, に良吉さん, に花, に諸, に郷里, に電車, に青森県庁, の了庵上堂, の二度目, の二月, の十八日, の午後, の宵, の暗い, の未明, の話, の颱風, はまた, はやその, はコンデロガ, また別当瑞蓮寺, も彼, を期し, を約し, 再びマニラ, 初めて東京, 又父, 思ったの, 或る, 果して貴人, 潰れて, 突然おじ君, 行くと, 送り届けられたの

▼ 数~ (130, 0.5%)

8 の間 6 にし 4 の外 3 のあいだ, の先, の道 2 にわたる, に渡っ, の距離, の路, の遠き, 乃至二三十里

1 [91件] いよいよ人家, かとにかく, からワラジ, ぐらい離れた, こんな山, さながら蜘蛛, すすむと, その上, である, で徳川家康, と距, と距つて, ならずして, にきこえた, にまたがり, にもわたった, にわたってみちみち, にわたってみぬ, にわたって今, にわたって見渡す, にわたって雲霞, にわたりその間, にわたるあり, にわたるもの, にわたる上, にわたる北山峡一帯, にわたる大, にわたる新, にわたる絶壁, にわたる蘆荻, に亘つて, に亘つて幾多, に亘つて自然, に亙つ, に亙る, に余る, に渡り, に渡りとこう, に漂, に続く, のところ, の上流, の丘, の前, の区域内, の地, の山径, の後, の後方, の所, の旅行, の東, の枯れ草, の森, の海岸線, の街道, の道のり, の野いっせい, の長き, の間汗だらけ, の間近, の間遊歩場, はなれた, へだたって, ほどくる, ほど退却, まで追撃, もつづい, もよくまあ, も来た, も歩いた, を今頃, を劫掠, を奔, を来る, を遁, を隔てた, を隔てたる, を離れた, を飛んだ, 入田園, 歩き出して, 退いた, 進んで, 隔たったランデック, 隔たった自家, 離れたところ, 離れたる所, 離れた市, 離れた海岸, 離れると

▼ 数へて~ (128, 0.5%)

12 ゐた 8 ゐる 7 見ると 5 みると 3 来ると 2 みたり, みて, よからう, ゐたが, ゐるの, 来ても, 見よう

1 [79件] あるひ, いいもの, かう云, くると, これの, その新しい, その若い, それを, なほ七十余種の, みた, みたの, みたら砧, みたりや, みました, みましたが, みよう, みるおよそ, みれば, みん, めめしい分, もう四ヶ月, ゐたから, ゐたら, ゐたらしかつ, ゐたら二十度以上, ゐた私, ゐた筈, ゐるが, ゐるでは, ゐると, ゐるので, ゐるらしい, ゐるん, ゐる紙幣, ゐる訣, チヨオクで, 一々その, 丁度十日目にあたる, 三百一枚に, 丙子は, 了つたのだ, 五指にも, 今日まで, 其数の, 十五歳から, 十四年目で, 十枚目が, 名を, 四つに, 四十二歳の, 四十年もの間毎日毎日蝙蝠傘を, 四篇位ひし, 始めて手, 尊重し, 居た, 待たぬもの, 待ち居り, 待ち構, 待ち焦れられたお, 待つべきのみ, 後世に, 御覧さ, 恰ど, 所謂, 来れるかね, 渡した, 百日目の, 約二十年むかし, 行くうち, 行つた, 見た, 見て, 見ました文字, 見ませうどれ, 見よ, 見れば, 見ろと, 見給, 頂き手拭

▼ 数~ (128, 0.5%)

2 [13件] あった, あり, ありて, あるが, になる, の, の例, の妖怪, の書物, の自動書記, の著述心霊講座, の薬品, を蒐め

1 [102件] あったの, あって, あつて, あらわれて, ありそれ, あり小, あり支那, あり繊維, あるその, あるピゾン属, があった, が載せられ, そのなか, で第, となるべし, なり, におよぶ, にのぼる, に制限, に通ずる, のきのこ, のレコード, の中, の事, の元素, の古典的作品, の同位元素, の唯物論系統, の型, の外, の外来語辞典, の妖怪中, の宮廷神楽, の底本, の手当, の撮影, の文献, の新, の新聞雑誌, の方法, の映画, の書, の果樹, の果物, の案内書, の比礼, の法, の海藻等, の爬虫類, の猴, の疾病, の短篇, の社会主義, の積極的条件, の系統, の絵巻, の義, の芳葩, の草花, の菊花, の著作, の著述, の蒟蒻本, の薬, の薯, の蚊針, の行器, の表情, の説話, の貨幣, の遺文, の鑿, の長短, の陶器, の雑誌, の飲物, の香料, の鬘, は本邦諸方, よりない, をあげ, を借る, を出し, を合冊, を存, を挙げ, を挙げるなら, を晋め, を添え, を瞥見, を示す, を購, を贈つた, を閲覧, を集めた, を食う, 出されて, 出て, 加えたいとの, 見ること, 読んで, 買い求め財布

▼ 数ある~ (124, 0.5%)

8 中で 2 うちで, うちでも, 中でも, 中に, 人間の, 道具の

1 [104件] あなたの, あま少女月の桂の, うちどれが, うちには, お客の, お経, お館, がこういう, がそういう, が足, その内一つ, その持物, なかに, ものの如く, もろもろの, もン, アメリカの, スパイの, トルストイの, 中を, 乗客の, 仏具の, 仕事着の, 代表的な, 作品で, 作品の, 作品は, 傑作の, 八幡船です, 卓子が, 同級生の, 名前を, 名園の, 名陶, 呪ひ, 国宝を, 国歌の, 土倉の, 城廓の, 塩酸加里の, 増上寺の, 奉公人の, 女たちの, 女の, 女神の, 姪や, 客の, 客人の, 家中の, 家人召使の, 寝道具や, 小川家の, 弟子たちの, 弟子の, 往来の, 御家人の, 徳川霊廟の, 悪徳の, 戸を, 所生の, 批評の, 捕物の, 探偵小説の, 支教会の, 新劇団が, 日本の, 暴君の, 書き付けの, 本屋の, 柱や, 楽しかった, 橋の, 歌人の, 歌合せの, 武士の, 武将の, 段を, 水干の, 江戸名所案内記中その, 焼物の, 珍味の, 琢堂の, 生物の, 男の, 画幅の, 痩村の, 癖の, 窓の, 素焼の, 経典の, 結婚談を, 葉子の, 蔵幅の, 衣類も, 製陶の, 記念の, 訳で, 謡の, 軸物の, 達人の, 銀杏の, 間ごと間ごとが, 雨戸も, 食料の

▼ 数~ (121, 0.5%)

8 なし 4 撮る 3 の写真, の紙片 2 のエロチック, の広告ビラ, の板, の画, の紙幣, の絵, 下さって, 書いた

1 [87件] かく, かさねて, があっ, が下, きいて, こくめい, その肖, とかいう短い, とか十数枚, とをのせた, にしたためた, にもあたる, にものぼる, にわたって書こう, のおせん, のって, のふところ紙, のカード, のキャビネ形, のスケッチ, のテーブル, のハンケチ, のレコード, の丸の内, の作品, の俗曲落語, の千円札, の原稿, の反故紙, の執筆, の大きい, の小児服, の床板, の懐紙, の拓本, の柏, の柏の葉, の棚, の檄文, の毛布, の油絵, の為替証書, の画稿, の皺, の着物, の窓ガラス, の紙切, の結晶, の自画像, の若葉, の葉書, の藁半紙, の設計, の詩篇, の読書感想, の赤札, の遺書, の金, の頁, はりつけた, は破れ穢れ, もって, をかいた, を作った, を作らせ, を取り出し, を引きちぎ, を浄水, を皿, を縄でく, を賞, を購う, を重ね, 下さつたありがたう, 入れた, 取り出しながら, 持って, 描かれて, 摘む, 撮す, 書きなぐつた, 書きなぐる梅焼酎, 書く, 残り透明, 継ぎ合せた廃物利用, 落ちたの, 選んだ

▼ 数~ (114, 0.5%)

2 あつた, あれが, こなして, ござります, 出来て, 割ると

1 [102件] いくら注意, うらないを, かぞえられる存在, ぐっと減り, こなされる土曜日, こなした者, こなすため, こなすという, こなすといふ, こなすより, こなす必要, こなす派, この街道, ござりました, しかしもう, しょせん何万, その鴉, それに, ついでの, なし言, のしかかって, もござりませんが, よろしいの, わかる, わが中国東北部駐屯軍, オペラを, コナす, コナシた, コナス, ベルリンや, 一家の, 一概に信ぜられない, 一気に地球, 三人を, 三百本糠袋に, 二の丸へ, 二三人以外は, 二三十数えたら, 二三軒行った, 云うたら唯二十万坪, 云ったら三四十人, 人間よりも, 他は, 以てさ, 前年よりも, 勘定する, 十三四軒隔って, 十畳ほども, 十軒も, 千個刻みつける, 叩きはじめたの, 呼んで, 地方から, 奥軽井沢三笠の, 女の, 小さい子供, 小学校の, 当選した, 彼を, 惜敗した, 打ち払うよう, 押して, 撫でて, 時による, 木に, 正史が, 正確に, 測り得る体格上, 炭薪を, 無くつて, 熟練者でも, 物を, 現れた藍絵, 産業に, 発見した, 知らる, 知る事, 知れたの, 示される, 社会の, 祝って, 等級別に, 答える, 精測し, 職業に, 行かなければ, 行く決心, 行けば, 表れて, 表わして, 見て, 言へ, 言へば, 計られるよう, 計算する, 記録し, 説明した, 論じつくせるもの, 質を, 除すと, 除すならば, 集めて

▼ 数年来~ (113, 0.5%)

7 のこと 4 の日本 3 珍しくも 2 なかった, のもの, の旧知, の物価騰貴, の生活, 住んで

1 [87件] あらゆる悪辣, あれらの足柄, いまだに樹下石上, かつてなかっ, かの国, かやう, かれが, くる年, この事業, この二つ, この投書, この文学運動, こんな情, しきりに問題, ずっと店, その先駆的, その方面, その水準, つづけて, つとめて, ときどき私, と言, に読みました, のああ, のさんざん, のよう, のよき, のプレハーノフ, の不安混迷, の不景気, の中国, の刻苦, の大和, の天野, の実情, の平静, の彼, の文学, の日記帳手帳, の札幌, の根拠地, の決算書類, の独逸, の生活苦, の田辺, の病芽, の真, の社会的, の経験, の絶望, の習慣, の腎臓結核, の貸金, の飲み, は信州林檎, は戦争, は春, まだ梶, やっと見当, を通じてそして, 云われて, 互いに相, 似て, 住む人, 住める身, 全村, 又特に, 同じこと, 大いに態度, 大いに進歩, 常に現前, 思い浮かべたこと, 未だ嘗見, 本当に知らなかった, 欠かしたこと, 欺かれて, 知らぬ奥在所, 立ち寄ってたこと, 経つつ, 続けて, 置かれて, 若い男女, 著しく思想化的傾向, 重い糖尿病, 開きしこと, 隠し切って, 預かって

▼ 数百年~ (109, 0.5%)

8 の歴史 6 の間 4 の昔 3 の後, を経, を経た

2 [11件] かかって, にもわたる, にわたる武家, のむかし, の久しき, の歳月, の沿革, の老樹, も前, をへた, を経たる

1 [60件] あるいはなん千年, あるいは千年, このかた, して, という巨, と思われる, と申し, と称えられ, なるも, にある, にさかのぼり得る, にわたった, に一度, に及びまし, に及ぶ, に当る, に踰ゆ, のその, のその間, の古, の命, の国体, の塵, の変化, の変遷, の大, の大患, の大樟樹数本, の思い, の怠惰安佚, の文学的伝統, の星霜, の永き, の治世, の濠水, の短歌史, の貴族政治, の過去, の長, の長い, の長い長い, の間同一, は白人, もおくれ, もおくれた, ももつ, も数千年, も早く, も経た, も経つ, を待たね, を経たらしい, を経過, を費し, を面白く, ノ昔ヨリナルベシ, 伝わった旧家, 否ほとんど, 活き延びたが, 生きて

▼ 数百人~ (106, 0.4%)

4 の男女 3 の人, の人々 2 の人夫, の女, の者

1 [90件] あつまって, ある, いるか, からなる, から成る, が一団, が会葬, が自刃, で第, で蜿蜒, で蹴散らした俺たち, という阿鼻叫喚, としるされ, なり, になり, になる, にはみな綺羅錦繍, にも余り, に上る, に剣槍, に及ぶ, に当る, に警護, のあなた, のそれぞれ定, のほか, のもの, のクラブ員, の一族, の人間, の侍女, の兵, の前, の労働者達, の団体, の土工たち, の城兵, の大名ども, の女工, の好奇, の子供, の学徒, の学生, の宴会, の将卒, の感想, の手下, の技師, の敵, の旅客, の旅客たち, の日雇, の死傷者, の治維法違反容疑者, の活溌, の生徒, の百姓老幼, の目, の目付, の眼, の笑う, の細君, の群集, の若い, の見物, の視線, の輪, の農奴, の避難, の門弟, は殺される, もあった, もあつまっ, も出, も自軍, をあつめ, をつれ, を募り, を収容, を将, を招請, を殺す, を殺せ, を率い, を白日, を目安, を算する, を途中, を選出, 押しかけ行きはやしたつれば

▼ 数十年~ (105, 0.4%)

10 の後 9 の間 4 も昔 3 の昔, も前 2 この方, にもならない, に亘る, の作家生活, の歴史, を経

1 [64件] あるいは一生, あるいは数百年, あるいは百年, かかって, かかるの, が経過, この手, しかもその, たって, たつて, という永い, ないし百年, ならずして, におきましては殆ど, にし, にもなる, にわたつ, にわたる京方, にわたる努力, にわたる革命, のあいだ, ののち, の一つ一つ, の事, の修行, の修行功夫, の前, の功夫, の大乱, の天下, の宮廷生活, の年月, の弊風, の文化構造, の春秋, の時, の月日, の演劇史, の短い, の空気, の経歴, の過去, の間山, の間山中, の間忠実無二, の集積, はなお, はバラック, は合宿生活, は西洋, もたった今ようやく, をへた, を出でずし, を暮さね, を経た, を経たる, を要する, を越える, を過し, を閲し, を隔て, 其の人, 経ったこん, 続けて

▼ 数~ (103, 0.4%)

14 の間 6 にし 4 を隔てた 2 の彼方, の距離, ほどの山道, も続い, を距, 下りて

1 [67件] あるいは数里, か数里, とへだたらぬ, にすぎず, にわたってあらゆる, にわたってその, に亘る, に及ぶ, に峰, に渡っ, に渡った, に渡つて, に渡る, に響い, のあなた, の先, の切通坂界隈, の大, の所, の手前, の松堤, の河原, の波間, の海上, の田, の田圃, の近く, の道, の間樹木, の間電車, はなれた, はなれる, ばかりくだった, ばかり歩い, ばかり行きし, ほどの距離, ほど離れた, も引き離され, も遠い, も隔て, やがて満山楓, を上っ, を下り, を登つて, を遠廻り, を隔つるゴルフ, を隔て, 上ると, 下ると, 乃至一, 大雪渓, 歩いた頃, 深さ二三十間, 行きて, 行くと, 走りそこで, 連なり野草繁, 離れたところ, 離れた丘, 離れた地点, 離れた左馬介光春, 離れた所, 離れた海岸, 離れた瀬, 離れた葡萄園, 離れた農家, 離れて

▼ 数~ (102, 0.4%)

6 の合戦 3 に及んだ 2 であった, にわたつ, に及び, の交渉, の戦場

1 [83件] あった, あって, ある, およそ旅先, かき直された, このよう, しつやをら身, すれちがった, その方面, だったが, であったが, で幾日, という寒, という程度, となく, なさったが, におよぶ, にわたってアジサイ, にわたって経験, にわたって談合, にわたる軍功, にわたる重大, に主家, に亘っ, に亘る, に亙っ, に及んだら, に渡した, に降らね, の, のあと, のテロリズム行為, の下, の事変, の使者, の働き, の勝負, の勲功, の唇, の喀血, の嘆願, の変形, の失心, の奇襲, の実戦, の密使, の往復, の息, の戦, の戦い, の敗れ, の旅行, の早馬, の機会, の演奏, の激烈, の火災, の牽制, の発疹, の経験, の総, の血戦, の記憶, の詐欺その他, の軍功, の遠征, の震動, の革命, へんな, もその, もて精しく, も京, も帰らぬ, 上った, 会って, 借室, 呼ばれたよう, 小さい言葉尻, 続くと, 見たこと, 話したこと, 逢ったとき, 重苦しい沈黙

▼ 数日間~ (102, 0.4%)

2 というもの, のこと, の余裕, の逃走

1 [94件] あの汽艇, おかしなほど, お経, お過し, かの公務, かよう, が続く, その跡, ただ数日間, だれとも, ついに坑, つづきて, つづく, であつ, でも故郷, で道具屋連中, と言っ, にその, にわたって埋める, にわたって無言, にわたる難航, にクサンチス, に亘つて, に綴れる, に考えました, に訴え, のせめて, のなやみ, の不眠不休, の不眠苦悩, の光秀, の動静, の心配, の怒鳴, の敗, の新聞, の旅費, の書類, の東福寺本陣, の植物界見物, の此処, の死, の気苦労, の疲労, の空白状態, の経験, の自動車旅行, の興行, の行住, の行動, の記, の車, はいつ, はおそろしい, はくもっ, はこの, はひま, は伝馬船, は何事, は姿, は形, は曇っ, は此処, は終日, は花嫁, は遠慮, は随分, は音曲, ひどい風, ますます身振り, もうたがい, もここ, も床, も氏, も燃やせる, わが蔵品家畜, をその, を三条, を楽しく, 全く信仰, 全精力, 動けなかつた水, 同じこと, 寝て, 帰らないと, 放二, 暮らすこと, 曝すの, 気まずい思い, 泊めて, 留めて, 続いた猛烈, 行われた, 踊り続けた事

▼ 数知れぬ~ (98, 0.4%)

2 人の, 家々, 弾丸に, 白い粉, 青栗

1 [88件] こまかな, しなやかな, ほどだった, ほどつづい, ほどな, ほど左右, ほど棲ん, ほど見た, までに未知, ような, セメント樽などが, 人々が, 人々民, 人命が, 人間の, 仮死の, 其の従者共, 写生図や, 刑死者の, 北太平洋の, 友人達数知れぬ, 夏の, 外の, 多くの, 夜光虫の, 大小の, 大木が, 大猿小猿, 寺, 小石の, 川海老が, 年月の, 幼年の, 心臓が, 悪霊共が, 慾望は, 有様である, 木柵の, 樹, 樹が, 武家支配者を, 波を, 流螢を, 溝渠のに, 火星人の, 煙突や, 燈火を, 父と, 猿共は, 男に, 男を, 砂丘を, 祈祷を, 祖先の, 祖先を, 祖父と, 神と, 科学者たちが, 程だった, 穴倉が, 窓の, 笞の, 紅の, 継承の, 羽虫は, 耳語の, 芸術品を, 苔の, 苦労を, 蓮華草が, 薬草の, 蜘蛛が, 蝶々で, 螢が, 見物人が, 負傷者の, 野薔薇の, 銀杏の, 長い時代, 陸の, 難攻不落の, 電柱が, 青い葉, 青赤, 音の, 顔の, 鳥や, 黴菌が

▼ 数へる~ (91, 0.4%)

8 程しか 6 ほどしかない 4 ことが, ほどしかなく 3 ことも, 事が 2 ことは, とすれ, のだ, ほどしかありません, やうに, 程の

1 [51件] かも知れません, が如き, が如く, くらゐ, ことによ, ことの, ことを, といづれ, といふ, といふ名目, とぢツ, と人間, と何, と六日ぶり, と其, と言, ので, のに使, のに耐, のは, ほどしかございません, ほどしかはいらない, ほどしかゐない, ほどしか外出, ほどしか小説, ほどならべてる, ほどの事, ほどの少数, ほどの戸数, ほどもあり, ほど詠まれた, よりもその, 丈しか, 事で, 事に, 事も, 事よりは, 伝染病毒を, 位で, 僕の, 原因は, 声が, 声を, 尖塔の, 暦法の, 枚数の, 為めに, 迄もなく, 遑が, 間に, 音が

▼ 数~ (90, 0.4%)

8 の爺 7 の先 4 のかなた, の彼方 3 のところ, の手前 2 の屋, を隔てた, 離れたところ

1 [55件] が両側, しかない, という熊野船, とは歩けなかった, とは走らなかったであろう, に延びたる, に渡っ, に見いだす, のあいだ, のあばら屋, のこ, のそ, の丈, の下, の二尺, の地, の壁, の廊下, の所, の間, の高, はなれ, はなれた, はほんとに, ばかり転落, へだてた地点, もある, も先, ようやく追い付き, より長き, を走っ, を走らね, を距, を隔て, を離れ, 奥深く飾られ, 来た所, 歩いて, 歩きました時, 歩くと, 置きに, 走った, 走ったので, 走り猪, 逃げのびたの, 遅れて, 離れたほか, 離れた一所, 離れた位置, 離れた河上, 離れた相手, 離れた胡頽子, 離れた距離, 飛びすさり動かずなった姿, 高い所

▼ 数分間~ (84, 0.4%)

6 のうち 3 の後 2 が過ぎた, その手, たって, たつと

1 [67件] うずくまりお, がすぎました, がそのまま, がつづいた, が欲しい, が経過, が醸しだす, しかコゼット, じっとし, すると, ずつの休憩時間, その大, たった, たっても, だった, つづいた, である, でした, でもはげしい, で注文者, で消え失せました, で綺麗, というもの, とでもいふ, と思ってる, と覚ゆ, なるのみ, には子供部屋, に奇妙, に現われる, に過ぎない, のあいだ, のこと, の外光, の時, の猶予, の調査, の間, は余り, は彼等, は池内操縦士, は燃焼, は狭い, は老い, は静寂, ほど楽しい, もみつめ, をおい, をさほど, をたえしのんだ, を利用, を費やした, を過ごし, を過ごす, 乃至或, 吹きつづけたが, 坐って, 如何にも満足, 待った, 感じ以来同様, 止まったその, 眠って, 続いた, 置きに, 見て, 過ぎた, 過ぎ去った

▼ 数~ (83, 0.3%)

9 の本 6 の書物 3 の書類 2 あって, の書, の書籍, の詩集, を置き残し, 残って, 読んだ

1 [51件] あった, あったので, ありました, ある, あれば, から成る, が厄, が置い, ずつ細い, ずつ買っ, だけはつまらなく, であり雑誌, という極めて, とり出した, とを小さい, と稿紙数百枚, などで有名, のあなた, のアメリカ, のノート, の出納簿, の参考書, の古, の古書, の古本, の台帳, の多き, の寄贈書, の小品, の小説, の春本, の著書, の貯金帖, の部, ほどの本, もたまった, をわけ, を出版, を取っ, を比較, 持って, 探しだして, 求め千疋屋, 積みかさねられて, 読めた, 読んだが, 買うつもり, 買った, 載せて, 選んで, 集めて

▼ 数十名~ (80, 0.3%)

4 の警官 3 の美人 2 が, の人々, の者

1 [67件] ありと, がさい, が調査会委員長, ずつを急派, でこ, と共に自刃, にうつわ, にすぎなかった, にのぼる, にま, にものぼるらしく察しられた, により, に一どきに, に上り, に阻止, のこれら, のもの, のケン挙, の一隊, の中, の住所番地, の優秀, の刑吏, の刺客, の加勢, の同志, の味方, の多き, の大将, の婦女子, の学士, の巡査, の弁護人, の彼女等, の志士論客, の手下, の来援, の植物分類学者, の楽隊入り, の死傷, の死傷者, の殉教, の法, の浪人, の浪士之, の犠牲, の獄卒, の生徒, の白衣, の紳士達, の老幼男女, の藩士, の警官たち, の警官隊, の負傷者, の連絡, の集団, を会席, を引率, を撰び, を擁し, を春日山, を総, を郡役所楼上, 捕えられ数人, 望んで, 相会し

▼ 数~ (77, 0.3%)

3 の長い 2 の光, の大, の太い, の川, の煙, の連脈, の鉄管

1 [60件] ありとも, あるいは数十条, だけでした, となる, にすぎなかった, に分かれ, のかすか, のはらわた, のまっ, のメス, の並行, の光線, の堤, の塹壕, の大滝, の孔, の小山脚, の嶄岩, の引き水, の戦慄, の探, の探照灯, の支脈, の新しい, の枝, の橋梁これ, の残雪, の気道, の波線, の流れ, の浪, の浮橋, の深い, の渓流枝, の滝水, の瀑布, の炊煙, の照空灯, の登り竜, の空中線, の竪縞, の線, の縞, の縦窓, の蔦, の血線, の赤い, の道理, の銀線, の隘巷, の雨線, の雪渓, の黒い, わたる, を抄出, を放線状, を続, を記した, を論じたる, ヲ出

▼ 数多く~ (75, 0.3%)

2 のもの, の人, の器, の芝居, の離れ

1 [65件] が戯曲, が肉親, とれるの, の, のおぼろ, のはや, のまじない, のオペレッタ, の人達, の仏菩薩, の作品, の作品中, の公職追放者, の制作, の勝れた, の匹儔, の問題, の場, の墓石, の夏祭, の外交官, の大きな, の大木, の子, の子ども, の学友, の学童たち, の実例, の宮, の小さな, の庭木, の批評, の挿話, の文学, の昆虫, の映画, の林檎, の現象, の男性女性, の異郷訪問譚, の矛盾, の破片, の移住, の種子, の立石, の精霊舟, の者たち, の能面, の若鮎, の草, の著書, の蜂蜜, の行商露店, の試練, の読者, の論説, の遺稿, の鋭い, の青年, の青年たち, の項目, の黒人, はただ, は不具者, は老年

▼ 数~ (73, 0.3%)

18 の間 6 のうち 5 の後 3 の沈黙 2 かかって, が過ぎた, で彼, のあいだ, の時

1 [31件] あるいは数分, おくれたこと, が今後彼, が数世紀, が流れた, しかし再び, しかたっ, しか続かなかった, ずつ数回, たって, たつと, だ, だったろうが, であったが, である, でいよいよ, にし, に渉, のちがい, ののち煙, の前, の短い, の経過, の緊張, の裡, の道程, の間母, の間目, まわったとき, も経たぬ, 過ぎた

▼ 数~ (71, 0.3%)

7 の文章 5 の詩 3 の中, の論文 2 ある, の名, の小説, の戯曲, の詩篇, を見

1 [41件] あります, あり村ごと, からなる, が選ばれ, です, といくらか, とがあつめられ, に感激, の, のうち, のよき, の世相ルポルタージュ, の印象記, の哲学的論文, の小品, の小説中, の応募原稿, の感想, の新作, の未成稿, の短曲, の短篇小説及戯曲, の社会ルポルタージュ, の紀行文, の評論, の謡曲, の長, の長篇, は散佚, をのぞい, を今度, を割愛, を挙げ, を掲出, を物, を綴つて, を訳さう, を読める, を読ん, を選ん, 見られるので

▼ 数では~ (70, 0.3%)

16 ない 10 なかった 5 ないから 4 あるまい 2 ありません, ありませんでした, ないが

1 [29件] あるが, あるまいか, こんな会話, とても太刀打, ないか, ないけれども, ないでしょうが, ないと, ないの, ないらしい, ない筈, なく, なく一団, なく一郷, なく主として, なしまた, なしもともと, まけませんが, トラメクサンすなわち, 何うにも, 到底つくせ, 味方が, 物足りない, 現住民, 百十一遍続け, 知れたもの, 論じ尽せない, 足るまいと, 述べ尽されないから

▼ 数~ (68, 0.3%)

2 の大, の電燈

1 [64件] ある, が一夜, が挙げられる, ずつ一束, となる, にあまる, に蓮, の, のたい, のゴム風船, のテーブル, のメス, の人, の人馬, の個所, の全集, の古, の名花, の城砦, の墓, の将, の島, の工場, の弟子たち, の政治的単位, の教員, の新年, の族党, の星霜, の映画, の机, の柳, の漁船, の猴, の生徒, の男婦, の目, の神仏, の線, の群, の船影, の花弁, の行列, の裸形, の詩篇, の謎, の負傷兵, の貯水槽, の部将, の郷村, の野ら猫, の鉄工所, の鶉籠, ばかりもござります, も立っ, も集まり来る, をつれ, をもって数, を作り試みた, を植ゑ, 乃至数百, 或は数百, 続く遠望, 集まったくらいの

▼ 数十万~ (67, 0.3%)

4 の人々 3 の同胞 2 の人民, の勤労者, の市民, の未亡人, の狂人, の読者, の金

1 [46件] が左右, が財, という新鋭, といわれ, と号, と聞く, のインク, の人, の人たち, の人間, の働く, の兵, の勢揃い, の参拝者, の大兵, の大軍, の娘たち, の婦人, の婦人たち, の学徒出征, の巨富, の従業員そのもの, の日本, の日蓮, の民衆, の現金, の生, の生命, の白蚯蚓, の肺患者, の若き, の蛾, の資産, の足, の靴, の預金者達, はいつ, は楽, を占め, を救う, を殺す, ノ人民, ノ人民産, 捌かれると, 最も多き, 無告

▼ 数千年~ (66, 0.3%)

7 の間 4 の昔, の歴史 2 の今, の過去, を経た

1 [45件] さても, そのままに, と申し, にあり, にし, に渉, に由来, のあいだ, のあこがれ, のその, の久しき, の人類, の国, の奴隷生活, の後, の成長, の旅, の日本民族, の業績, の永い, の片々, の生存, の社会, の習慣, の進歩, の道徳, の遺跡, の風雨, またはおそらく, もしくは数万年, も儒者, も塔, も増加, も掛からね, も掛かる, を出でずし, を経たる, を通じて絶えず, を閲した, 住み着いた民族, 住んで, 活き延び生い育ったこの, 生い立つ楠, 近きも, 過ぎた今

▼ 数日来~ (66, 0.3%)

2 の心労, の憂さ, の暑気

1 [60件] あまりぐあいがよくなかったが, あんまり歩いた, うちつづいたいそがし, しきりと, ずっと快い, では, なんにも喰, なんにも食わない, になく, に無い, の, のお, のしけ, のつかれ, のはげしい, のはたらき, のわだかまり, のテレヴィジョン, の不思議, の出来事, の動静, の問題, の張りつめた, の憂鬱, の懊悩煩悶, の戦労, の手痛き, の敗戦, の晴れ, の晴天, の暖気, の沈默, の溜飲, の激しい, の烈しい, の疑問, の疲れ, の睡眠不足, の経験, の色々, の苦悩, の註文, の鋭い, の降り続きで, の陰天名残り, の霜, の驟雨, の驟雨模様, の鼻カゼ, は羽柴軍, まったく狼狽, 催されて, 同じ姿勢, 多少場数, 当屋敷, 折々動物, 澄みつづいて, 甚だ機嫌, 色々の, 追い歩いて

▼ 数~ (65, 0.3%)

5 のうち, ののち 4 たつと 2 が過ぎ, すると, たって, と経たない, 過ぎ去った

1 [41件] おくれるよう, があっ, が経過, が過ぎた, しかか, してから, その前, たちまして, たったころ, たってから, たつてから, だけそれ, とたたない, に亘った, に亙っ, に定まろう, の不定, の事, は言葉, まえから, まえに, も経った, も費し, も過ぎ, よりかかりません, をもつ, を余し, を余す, を要した, を費やした, を距, を過ごし, ヲ要, 甚だしきに, 立つと, 経って, 経ってから, 続く, 行くと, 過ぎた, 過ぎて

▼ 数から~ (64, 0.3%)

6 いえば, 云っても 4 いうと 3 いっても, して, 言えば 2 いって, すると, 云えば, 云って, 見て, 見れば, 言へば

1 [25件] しましても, その境内, その留守居, 二三千人を, 云うと, 人数を, 割りだせる筈, 商人荷物の, 差引くこと, 帰納し, 後世子孫又は, 思い付いた様子, 成り立ち得るから, 成るもの, 教えこまれようと, 沈積期間の, 独立であり, 猟師筒の, 申しますと, 算当し, 考えて, 見ても, 言ったら一生涯, 言つては, 陰陽を

▼ 数~ (63, 0.3%)

2 に過ぎない, のうち, を交し, を交換

1 [55件] がある, がよこされた, が取り交わされた, が紙上, ささやいた, しか喋らない, したためて, そんなもの, でもって指摘, でアラス, で尽したかった, で済んだ, で終った, で表現, にすぎない, につきる, につくされ得る, によって庭番, によって彼女, に向, に対して彼, に尽き, に眼, に過ぎぬ, に過ぎませんでした, の上, の中, の標語, はこれから, は丸, は小, は我等一族, は抹殺, は聞きとれた, わかったが, をかわした, をしか見なかった, をた, をつぶやきえた, をばたしかに, を交した, を交じえた, を交わし, を交わす, を以て問, を以て答, を加, を口, を思った, を耳, を聞く, を言, を読ん, を費す, 投げつけて

▼ 数百万~ (62, 0.3%)

5 の人々 4 の婦人 3 の人, の人間, の勤労者 2 の妻たち

1 [42件] かもしれぬ, という財産, のあたりまえ, のうち, のソヴェト市民, の世界, の人柱, の人民, の値打ち, の兵, の兵隊, の勤労大衆, の国家, の大, の失業者, の女, の婦人たち, の小, の小説, の戦争未亡人, の損失, の日本人, の未亡人, の民, の物音, の現金, の生活, の生霊, の苦悩, の血, の読者, の資産, の農民, の部数, の金, の鈎, の銭, の青年, の青年子女, をもっ, を焚く, 乃至数千万円

▼ 数~ (62, 0.3%)

9 の家 3 かたまって 2 ある, の人家

1 [46件] あったが, ありて, しかない古い, ずつかたまり, ならんで, にすぎなかった, に囲まれた, に火, のささやか, の一つ, の借家, の別荘, の問屋筋, の小さな, の小家, の居酒屋, の得意, の文化村式, の洋品店, の石屋, の簡易, の茶屋, の親睦会, の農家, の部屋, の酒屋, の音楽教授, は残っ, ひどい破屋, もある, より十軒, を数, を見た, を見る, を訊き歩い, 並んで, 建てる, 或る, 探しま, 立ち並んで, 見える, 見え呼売商人, 見て, 附いて, 隔たった所, 離れた横町

▼ 数ヶ月~ (61, 0.3%)

10 の間 3 の後 2 にし, になります, を経, を過した

1 [40件] いた上, いた外国人, この僻陬, しかたたず, してから, たった, たったばかり, たって, という長い, と云う, なの, になる, に亘り, に亘る, のあ, のあいだ, の前, の労作, の如く, の懲役, の日, の日子, の椅子, の気分, の獄舎生活, の経過, の経験, の苦心, の間考え, の間贅沢, は思いの外, も一緒, も治療, を想, を擦り減らされた, を支えし, を江戸, を過し, 多いだけ, 振で湘南

▼ 数年後~ (60, 0.3%)

5 の今日 4 のこと 3 の彼 2 の或

1 [46件] その生活, たしか昭和十三四年, だったら彼, であったという, であったバルザック, であって, であるが, でなければ, にとつぜん, になっ, にはどんな, にはわずか, にはコンセルヴァトゥール紙, にはブチ, にはレーニン, には二人, には忽ち, には日本, には本格, には果す, にふり, にもまだ, にチャイコフスキー, に上映, に京都一乗寺村, に書かれた, に来る, に東京, に漢, に潰瘍, に至つて, に貝ガラ, に離婚, のある, のその, のそれ, のもの, の国会開設, の帝劇, の暮れ, またも, までだれ, まで披, めきめきと, 再び我々, 再び故国

▼ 数うる~ (56, 0.2%)

6 に遑 3 なし 2 ことが, ことを, に暇

1 [41件] ことなし, こと稀ならぬ, さえしおらしく, と取り下ろし, にいと, には娘, にも足らず, にヒトヒト, に一トン, に到れり, に勝えず, に満月, に絶えざる, に至った, に至り, に足らず, に過ぎない, ばかりになりぬ, ばかり稀, ひまに, ほどしかない, ほどで, ほどのもの, ほどの乗客, ほどの大, ほどの驚くべき, ほどもない, までもなけん, ものなり, よりもなお, を須, 信徒を, 多数を, 夜半の, 大都会, 必要が, 擬宝珠を, 由である, 程である, 遑を, 雪の

▼ 数千人~ (54, 0.2%)

2 ことに甲賀郡西部方面, の五山, の工人, の沖仲仕, の見物

1 [44件] あったが, いる, いるさ, が列し, が屍体置場, が日光東照宮法会, が早く, が皆, この秋風, にて曳きし, になり, に及び, に打ち克ち, のうえ, のしかも, のもの, の人々, の会員, の働く, の僧侶, の参詣者, の哀悼者, の家来, の弔魂祭, の所有, の朝鮮民族, の科学者, の聴客, の職工達, の被, の諸君, の足軽人夫, の野武士, の頭数, の魔法使, も控え, ゐるでは, をこえる, をひ, を入れる, を収容, 御林, 押し寄せて, 集まって

▼ 数週間~ (54, 0.2%)

3 のあいだ, の間 2 というもの, 過ぎ去って

1 [44件] かかったが, か数カ月, が過ぎ, すぎた, すごしたとき, たたぬ間, たった一人, たった後, たつと, なんらの, になる, にわたって尚, にわたる経験, に集中, のうち, の仕事, の劇的事変, の後, の数日間, の沈鬱, の猶予, の生活, の節食, の練習記録, の記事, の食物, はあらし, はずっと, は土地, は彼, は歩い, は電光, もなにもかも, も前, も学校, も彼, をアンガディーヌ, を経過, を費し得る, を送りました, を過ごした, を過ごします, 逃げ込みたかった, 過ぎ去った

▼ 数だけ~ (53, 0.2%)

2 ある, では, なの

1 [47件] あって, ありますし, お前に, こしらえて, このわたし, それだけ多く, だ, ちょうどこれ, であった, とって, はごと, ぶち返し, わたしが, ホウホウと, ホット, 使われて, 入口を, 入用だ, 八百長レースが, 出しあひそれ, 十二本もらっ, 國民の, 増加した, 増大させる, 女も, 屁を, 彼女の, 得れば, 悠紀, 折って, 持って, 揃って, 搗くべし, 敷いて, 斬って, 白い瀬戸, 突如と, 立てるの, 算え, 維持する, 複製する, 言葉数が, 返さなかつた事, 配布された, 量り出すの, 階段を, 食物や

▼ 数~ (52, 0.2%)

10 の手紙 3 の遺書 2 重ねられて

1 [37件] あった, あったと, あり之, ある筈, が遺っ, この場合, したため, にも及ん, に亙っ, に及ぶ, に対して君, の公卿手紙, の古手紙, の封入書, の投書, の文書, の書簡, の無線電信, の絵葉書, の記録, の返事, の返還, の間貸, は, はその, も打った, をした, を押収, を添え, を読む, 与えたところが, 届いた, 書いた, 書く, 載せます, 載って, 送られて

▼ 数には~ (51, 0.2%)

3 ひつて 2 いって, いつて, 入れて, 洩れなかった

1 [40件] あらざるか, あらず, いるの, こんな分子, して, だいぶ懸, ちが, なって, ならないはず, なる, なるだらう, なるだろう, もとより戦闘, もれで, 今須駅なんて, 入って, 入らぬ言の葉, 入りたりとぞ, 入りませんよ, 制限が, 影響しない, 洩れないで, 漏れずお金, 漏れず格子, 漏れで, 漏れない, 漏れないの, 漏れなかつた, 漏れぬもの, 漏れぬ身, 相当の, 絶対的な, 足らぬそう, 足りない, 遥かに, 限りあり, 限りが, 零という, 驚いて, 驚くべきもの

▼ 数世紀~ (51, 0.2%)

8 の間 3 に亙っ 2 にし, に亘る, の間横

1 [34件] が基礎, であった, にわたって白人, にわたって行なわれた, にわたる平和, にわたる歴史, にわたる治民, にわたる甲羅, にわたる経験, に亘っ, に亘るべき, に遡る, のもの, の塵, の後, の物語, の経過, の長い, の間人心, の間欧州, の間西洋文明, の隔たり, も経過, も逆転, も遡行, も隔絶, を生活, を経た, を経ました, を要した, を重ねた, を隔てた, 乃至十数世紀, 隔たってる人々

▼ 数ヵ月~ (50, 0.2%)

5 の間 4 のうち 2 たって

1 [39件] いるうち, から並び, して, その試合, ですけれども, で廃業, で東京, になっ, にわたって何, にわたって暴動, に変っ, の以前, の原爆症, の彼, の後, の文相, の社会事業見習期間, はかかる, は令, は四辺, は歩調, は珍しい, まえに, または一, よぶん, をその, を出ない, を此家, を潜み, を経, を要しまする, 全然違った, 帰って, 暮すの, 書くもの, 経たぬうち, 経って, 経つ間, 過ぎても

▼ 数~ (49, 0.2%)

3 住みついた豪族 2 つづいて, の嘉例

1 [42件] が瀬戸火鉢, このよう, この近郷, つづいたます, つづいた万屋, になる, にもわたる, にわたり当主其部翁, に渡っ, に渡る, のあいだ, のわが家, の単, の古府, の基, の後, の手数, の方, の昔, の歴史, の祖大浦光信, の豪商, の間婦女, は凡て国土, は地方, もしくは数十代前, も名工, をとも, を経, を経ない, を要するに, を重ね, を隔て, ノ蓄蔵先代, 伝わるところ, 住んで, 叩き上げた内福, 御奉公, 御恩, 必ず前, 続いて, 重なったこの

▼ 数~ (49, 0.2%)

5 の自動車 4 のトラック, の飛行機 3 の橇, の車 2 とまって, 並んで

1 [26件] ありその, が, つづくと, に乗込み, に満載, のグランド, のベット, の人力車, の偵察機, の優秀, の快速自動車, の消防自動車, の消防車, の荷車, の荷馬車, の霊柩車, の馬車, まって, もの飛行機, も動い, も続い, を傭, 出て, 列なりそれぞれ, 囲み荏原屋敷, 止まって

▼ 数かぎり~ (47, 0.2%)

9 もない 2 なき哀愁, なき糠星, なく声, もなく

1 [30件] がない, ないその, ない事, ない事ぢゃ, ない偶然, ない因子たち, ない段階, ない物音, ない罅, ない花園, ない集団, ない鳥, なき刃の, なき生物, なき細か, なき蜂, なき蜘蛛, なくあるが, なくあるし, なくあるらしかったけれども, なくこの, なくございます, なくついて, なくならんで, なく多く, なく大殿中将, なく生まれた人, なく見たが, なく見渡された, のない

▼ 数~ (45, 0.2%)

6 の猫 2 の犬, の狼, の蝗

1 [33件] ある中, が怪しい, ぎゃあぎゃあ騒い, たくあん, つかまえて, で一斗瓶底, と言, に過ぎない, のすっぽん, のろ, の仔魚, の動物, の南京虫, の小さな, の昆虫, の牛, の牡猫, の猿, の獣, の甲州猿, の白兎, の老, の蛇, の蛭, の蠅, の金魚, の雀, の鯉, はいつ, を孕み, を指, を牽き来らしめ, 大きな竹

▼ 数~ (44, 0.2%)

2 の人, 持って

1 [40件] あったらしい, あり, から二十, から数十個, こぼれて, ずつ指定, と多彩, と時たま, と記した, ないし数十個, のトランク, の仮定説, の例, の地方行政団体, の大きな, の小, の小包, の屍体, の島礁, の戦術書, の文字, の能面, の花, の邸宅, の部屋, の銀貨, の阿弥陀仏, の電球, はブリチシ・ミュージアム, をのせ, を示し, を見つけ, を運ん, 並べて, 並んで, 作って, 入って, 持ち居る, 重ねた石垣, 食った

▼ 数~ (43, 0.2%)

4 の馬 2 の牛, の犬, の狼, の猛犬, の虎

1 [29件] が水中, が隠し, になり, にのぼります, のうわ, のみすぼらしい, のタダモノ, の仔熊, の名馬, の小荷駄, の獅子, の番犬, の裸馬, の馬首, の駱駝鈴, の鼠, は仔連れ, も斃死, やって来るよう, をつけ, を捕殺した, を掠奪, を提供, を飼える, 多足, 従って, 死んで, 現われたが, 生えたこと

▼ 数ヵ所~ (41, 0.2%)

2 の傷, の浅傷, の重傷

1 [35件] から揚がる, から暁, から火, から火災, が思い浮んだ, で試掘, で謀議, にあった, におよん, にわたる大堰, に傷, に支店, に火, に積まれた, に門, のかすり, の傷養生, の前売切符, の堰, の大, の嶮, の戦傷, の手傷, の敵, の深手, の痛手, の薄, の要, の負傷, の鑓瘡, の防塁, の陣地, もある, を拝領, 出て

▼ 数~ (41, 0.2%)

4 の所 3 の雪, の高 2 の広, の残雪, の空

1 [25件] すく, たかめて, であったが, と算する, なりと, にし, に余る, に及ぶ, のかなた, の下, の厚, の四角, の地, の大, の書籍台, の深, の牢室, の距離, の鉛板, の鬚, を掘, 翔んだ, 逃げのびると, 離れて, 高く造られ

▼ 数十里~ (40, 0.2%)

3 の間, を隔てた 2 の地域

1 [32件] ご前進, という耕原, といわれ, なり, にわたって翩翻, に拡がる, のところ, の外, の大, の山々, の山中, の山河, の彼方, の方域, の烏林, の裾野, の路, の遠い, の長堤, の隔たり, ほど先, も西, を奔走, を横道, を走せ戻っ, を距, を離れ, を風, ヲ行クモ, 幽暗不, 来るうち, 行くての

▼ 数~ (39, 0.2%)

1 [39件] お三時, そして木, その按排, また備考, 人民の, 兵で, 出炭高発電量等々及び, 剣について, 呼吸の, 地勢が, 多大なり, 大体の, 家賃を, 平均値という, 広さ, 循環少数なぞを, 性格の, 持主までも, 方角を, 時間や, 期日に, 病気の, 石油との, 組方の, 群が, 群の, 自分の, 荷駄の, 蓮葉笠や, 袈裟などを, 質の, 質は, 適性又は, 量を, 鉄砲の, 銅線の, 長さ, 防備の, 高炉数や

▼ 数~ (38, 0.2%)

3 の梅 2 あり, の桜, の菱

1 [29件] あった, ありて, あるのみ, あれども, が薄暮, のポプラ, のヤナギ, の松, の桑, の灌木, の稲, の紅枝垂, の老, の老木, の花, の茶, の菊, の落葉松, の落葉樹, の蒼松, の裸, の金雀枝, まで添え, をあしらった, を手折つた, を貰, を選び取っ, 並んで, 少くも

▼ 数~ (38, 0.2%)

1 [38件] うまいよう, だけよじ登った, である, であるらしい, と文明的, と重く, になっ, にも自, に備え, に敵, に斬り刻み, に積みかさね, に積みかさねられ, に重なっ, に飛ばし散らされ, のはしご, の梨畑, の梯状, の樹相, の沖, の発生, の石段, の砲列, の秘密記法, の飛躍, もする, も上, も劣っ, をあげ, をあら, を降りる, 上がって, 優れて, 劣る無, 設けられて, 高い所, 高くなってる, 高く矩形

▼ 数~ (38, 0.2%)

7 の歌 2 あり, を挙

1 [27件] ある, あれば, があつ, がある, ずつの漢詩, と俳句, にあらん, に下らず, の中, の作, の俳句, の変化, の用例, の詩, は然し, は茶山, をまとめた, を作る, を得, を抄, を挙げ, を次に, を転載, を連ねた, を録, 作られたその, 御独吟

▼ 数ほど~ (37, 0.2%)

2 あるアバタ, 多い

1 [33件] あった, あって, ある, あるであらうが, あるわい, ある呉国, ある悪人, いろいろある, この天地, ずらりと並ぶ, たたなけりや, たつたなら, ちょんぼり, はらはらと, ばらばら誰彼, むらがりチャンス, テーブルの, 人居, 八方へ, 増すを, 夕陽の, 多い文字, 夥しい茶碗, 大きな蝦蟇, 天女に, 打てど, 有るに, 灯が, 生えて, 白粉の, 硯も, 苦しみの, 隅田川に

▼ 数~ (37, 0.2%)

4 の高 3 の断崖 2 の水煙, もある

1 [26件] ではないだろう, ともいうべき, のうわ, のたかい, のところ, のシナ, の下, の切岸, の地底, の崖上, の崖下, の杉, の樹上, の白絹, の直立, の石垣, の空中, の紐, の絶崖, の謎, の飛沫, も深, 常に水上紅光, 殊に鶏冠山, 深く土, 直ニシテ旁枝ナク

▼ 数~ (37, 0.2%)

5 の血 3 の雨 2 のウィスキイ, の水

1 [25件] かをつけ, たらすだけ, たらすの, で足りる, のクロロフォム, のブランデー, の天, の毒液, の油, の泉, の薄荷, の赤い, の雫, はやっと, も咽, をたらす, を机, を残し, を盃, を硯, を落とし, を赤子, を静か, ヲ消毒シタ試験管ニ, 落として

▼ 数十本~ (36, 0.2%)

1 [36件] であろうと, のピカピカ, の中, の乱片, の剣, の十手, の噴水, の小, の手, の手紙, の抜き身, の材木, の果樹類, の楓, の楽士達, の櫟, の残骸累々, の無用, の矢, の糸, の組立鉄塔, の腕, の針, の雌松雄松, の雪割草, の鬮, の魚雷, は喰わ, まぶしく集まっ, もある, もらい受けその, ズラリと, 作って, 入り乱れて, 束ねて, 植えて

▼ 数~ (36, 0.2%)

2 に過ぎざるべし, の中, を挙

1 [30件] からわれわれ, があっ, があつ, がふき, が引かれ, が故人, が記され, ござったが, である, とに注目, のうち, の推移, の詩, は, は盖, めぐんで, を並べたて, を作っ, を作る, を取り残しました, を存, を引用, を挙げ, を提出, を歌う, 作れた, 吟じ侍れど, 拾うた, 歌った, 続いて

▼ 数~ (36, 0.2%)

5 の鳩 3 飼って 2 の鳥, の鶏

1 [24件] が今年, ずつ群れ, つぶして, のかもめ, のみやこ鳥, のアホウドリ, の家鴨, の小鳥, の山鴨, の水禽, の白鳥, の禿鷹コンドル, の蝶, の雉子, の雛, の鶴, はある, を捕える, を殺し, を獲り, を買い, 流されて, 飛び立ち烈しい, 飛んで

▼ 数~ (35, 0.1%)

1 [35件] しか話, だけで, つけ加えて, でクリストフ, で充分, で片付けよう, で結んだ, との魅力, にすぎなかつた, につづめ, にまとめる, に摂する, の強迫的, の考え, の補足, は次, は省く, をききたがっ, をつけ加えた, をつらね, を付せん, を呟き, を巻末, を洩らした, を耳, を試みたい, を費さね, を費した, を費す, を述べ, を連ね, ヲ記シテ以テ之, 怒鳴った, 語った, 費やして

▼ 数~ (35, 0.1%)

2 の漁船, の飛行機

1 [31件] が沈没, であった, では, と共に漕ぎよせ, にのっ, に兵, のアメリカ艦艇, のカヌー, のスペイン商船, のボウト, の兵船, の商船群, の外国軍艦, の大船, の廻船, の捕鯨ボート, の汽船, の潜水艦, の舟, の船, の艀, の荷船, の親船, の軍艦, の進水, は後ろ, を率, を粉々, 並んだ, 入ったこと, 寄せ来り勝手気まま

▼ 数か月~ (34, 0.1%)

5 の間 2 かかって, もかかった

1 [25件] くらい人, たつと, つづいた, で辞し去っ, にわたる議論, のうち, の休暇, の努力勉強, の孤独, の平和, の後オリヴィエ, の見習, はかかるだろう, は彼ら, は暮らす, は無事, も寝た, やると, を暮らし, 待って, 来しいて, 眠って, 続けようと, 迷って, 過ぎて

▼ 数よりも~ (34, 0.1%)

2 多いかと, 多いの

1 [30件] その学校, それによって, たくさんある, はなはだ不足, はるかに, まだ多い, 一つ多い, 人口は, 以上に, 何層倍も, 余計に, 例えば無言, 先に, 多い, 多いといふ, 多かろう, 多くそして, 多く居る, 多く穴, 大と, 家族の, 少ないの, 左官の, 更にいっそう以上, 結婚数によって, 自動車の, 蕗の, 記録簿に, 遥かに, 馬が

▼ 数知れず~ (34, 0.1%)

1 [34件] いぎたなく打ち倒され, しかも重, じゃない, その救出, たしかに其方, ために, と言いたい, どつさり, の騎士, 世界の, 光に, 其内大, 処分されました, 出品し, 刀持槍持の, 国一杯に, 宝蔵の, 屹立する, 後には, 或る, 手本が, 接吻させられた, 枝を, 根競と, 浮游し, 演出した, 知つてゐる, 米友は, 置並べ, 群衆の, 薄黒く, 記述し, 諸所の, 透明な

▼ 数~ (34, 0.1%)

2 を読む, を費し

1 [30件] が書かれた, が現れます, ずつよん, ずつ書き送る, ずつ読みつづけた, だけで終っ, なの, にわたって書かれ, にわたって髷型, にわたつ, にわたる, にオペラ, に及ぶ, のこって, のせられて, の小, の文章, の本, の説明, の講和条約, の週刊新聞紙, は何だか, は直ちに, まででき得べくん, をそれ, をぱらぱら, をよんだ, を暗誦, を繰つた, 読み進んだ時

▼ 数ならぬ~ (33, 0.1%)

2 身に

1 [31件] みくり, み島, ものと, わたくしの, わたくしゆえに, 下女は, 主人にも, 伏屋に, 女の, 女業の, 小さい小さいバスケット一箇, 我を, 某まで, 父に, 私の, 私まで, 私も, 私を, 私共まで, 私共も, 者に, 自分一人に, 著書, 身が, 身の, 身も, 身もみめぐみを, 身を, 身一つを, 軽輩の, 道庵に対し

▼ 数~ (33, 0.1%)

1 [33件] あり, おいて, かの賢治, つみこんだ, とを豊芥子, なる場合, のなまめく, のトランク, のバケツ, の区ぎり, の合言葉, の太子思惟像, の小山, の山, の岩室, の強国, の村, の果実, の死骸, の煙筒, の爪痕及暗紫色, の荷物, の菰包み, の蕗, の薩摩焼その他, の試問, の誤植, の銀貨, の高い, または全体, をくふ, を馬, ノ小

▼ 数~ (33, 0.1%)

4 をつれ 2 の武者

1 [27件] があった, しか見えなかった, すぐ谷の口, だけである, つれて, で乱軍, で市中, となっ, と共に丘, と身, に討ち減らされ, の中, の伝令, の使番たち, の兵, の幕僚, の影, の旗下, の武士, の男, の部下, は狐, は落馬, を伝令, を前駆, を連れ, 急いだ

▼ 数~ (32, 0.1%)

7 の後 2 にし

1 [23件] かくし続けて, が楽しく, この, すでに季節, ならずして, なりしが, なる犬児, にもわたる, に及ぶ, の中, の久しき, の内, の後之, の後伏羲, の間, の風雨, をここ, をぶじ, を以てせ, を出でずし, を過し, 未だ愈ゆる, 過ぎて

▼ 数~ (32, 0.1%)

2 の灯影

1 [30件] がある, が一ばん, が物語る, だけでもおぼろ, でした, です, となり, と数册, にすぎない, に遭遇, に集, の, の作者, の提灯, の松明, の松火, の白い, の絵, の船灯, の重要, の類似, はだめ, までを加えた, もって, を螺鈿擬, を語っ, を買い求め, を身, を頂戴, 程出され

▼ 数ヶ所~ (31, 0.1%)

2 の手傷, の縄

1 [27件] あった, ある, からふきだした, から数人, から買っ, から黒血, しかない, で始まっ, で始まつて, にパッ, に受け, に拓かれ, に撮影用, の傷痕, の刀傷, の小さい, の小さな, の強国, の疑問, の芸者, の薄手, の重傷, もある, を数えられよう, を斬られた, を負い死ん, 受けたれども

▼ 数百名~ (31, 0.1%)

2 にのぼる

1 [29件] おり建物, からの警官隊, が入門, が群臣, が頭, ずらりと居並ん, にものぼった, にも達し, に取り囲まれ, に垂んとする, の, のく, のもの, の人間, の代議員, の党, の共産党員, の労働者, の参加者, の将兵, の生死, の薩摩隼人, の衛兵, の記者, は直接間接, もの者, も借り, をひとかたまり, を算

▼ 数万人~ (30, 0.1%)

2 におよん

1 [28件] が出動, が朝, が貧苦, である, になっ, にのぼったであろう, にのぼる, にのぼるだろう, に及べるで, に打ち克つ, の会者, の労働者, の売娼婦, の失業者, の女, の奴隷, の形, の捕虜, の捜査網, の旧, の暴徒, の窮民, の見込み, の誠, の軍勢, も押しよせ, を之, を飜弄

▼ 数時間前~ (28, 0.1%)

2 から為事, に私

1 [24件] からけだるい, からずっと, から坐っ, から始まる, から彼, から感じ, から既に, におれ, にはこの, にはどんな, には弁護士, にまたは, にやっと, によじ上った, に幸福, に彼, に滝口坑, に誂えた, に防柵, に飲んだ, のジャン・ヴァルジャン, は銀座, より中止, 既に傍聴席

▼ 数マイル~ (27, 0.1%)

2 はなれた, 行った所

1 [23件] しか離れ, ずつはなれ, にし, にまたがる, にわたって喧嘩, にわたって私, にわたって連, のところ, のマラソン, のマラソン競走, の外, の所, の沖, の間, も海岸, も離れた, を歩, を歩いた, を隔て, 下った, 続いたあげく, 行った時, 離れた森

▼ 数~ (27, 0.1%)

3 も続い 2 も続いた

1 [22件] ぐらいのところ, であること, にあまる, には南穂高, にも亘っ, にわたるジャンジャン, にわたる残雪, に亙っ, に亙る, のところ, の武器, の距離, の鉄砲, の長, の隔たり, を隔て, 登って, 続いて, 行って, 離れたる所, 離れた人気, 離れた所

▼ 数十日~ (27, 0.1%)

3 の間 2 に及ぶ, のあいだ, を経, 経ち彼女

1 [16件] というもの, ないし百日間神社参詣, に亙る, のこと, のその間, の懈怠, の日子, の波, の砂掘り作業, の長き, は只, も前, をぶち込まれた, を田舎, を経る, 経って

▼ 数~ (27, 0.1%)

4 の舟 2 の兵船, の大船, の船

1 [17件] あわせて, が白波, に芸州吉田, に部下, の小舟, の小船, の巨火, の早舟, の漁船, の牛革船, の画舫, の艀舟, の速, を漕ぎ連れ, を率い, を送っ, 出て

▼ 数にも~ (26, 0.1%)

2 かぎりが, 倦き

1 [22件] あらぬ雁, おあたり, はいらぬが, はいりますまい, 一定の, 入らないほどの, 入らなかった, 入らぬ, 入らぬ花, 入りて, 入るべき人, 入るべき身上, 入れずきっと, 干渉する, 怖れない, 曰くが, 算まえられぬ, 言いようの, 言ひ, 足らぬ人間, 限りが, 限度が

▼ 数~ (26, 0.1%)

3 の写真

1 [23件] が交っ, の, のエッチング, のスケッチ, のペーパー, の名刺, の手札型, の挿絵, の新聞紙, の枯葉, の皮, の短冊, の紙, の訂正追加, の黄紙, はいくら, は氏, を手, を持っ, を插, を書写, を見る, を選ん

▼ 数~ (25, 0.1%)

4 の人々 3 の人民 2 の人

1 [16件] ちかくの, といふ費用, にしろ, のみならず, の人類, の働く, の病菌, の白い, の眼, の神, の罹災, の羊, の蟻, の財宝, の金, もしくは数十億年

▼ 数十枚~ (25, 0.1%)

3 の毛布 2 の原稿紙, 画いた

1 [18件] が入っ, とも知れぬ, のお札, のノートル・ダム, の写真, の努力, の原稿, の煙草, の蓆, の衣類寝具, の証文, の貴重, は時, もの世界的名画, も買っ, を残し, を費す, 買って

▼ 数千万~ (25, 0.1%)

2 の人々, の女性, の田虫

1 [19件] せしめるに, のソヴェト, の世代, の人口, の働く, の凡庸画家, の労働者, の勤労者, の妻たち愛人たち, の婦人, の文字そのもの, の水球, の男女, の白, の目, の眼, の金額, もうけたわけ, を以て計る

▼ 数知れない~ (25, 0.1%)

1 [25件] からな, くらいだった, し津波, のである, ひとみの, ほどある, ほどたくさん, ほどの男, までに豊富, 五十銭銀貨が, 伏兵を, 切子球に, 剣士たちが, 多くの, 学生時代の, 無気味な, 男女の, 痛苦と, 程だった, 船が, 色と, 苦痛と, 茎や, 高橋氏の, 魚鱗の

▼ 数だけの~ (24, 0.1%)

2 鍋を

1 [22件] お伽話を, ゴム風船が, ゴルフ用具を, 五徳と, 兵隊に, 労働婦人が, 墓を, 子どもを, 寝室が, 小猿, 幾何学を, 捕虜を, 方程式の, 枝ある, 柱を, 椅子は, 灯心を, 牛が, 皿を, 議員を, 青むらさき, 順列と

▼ 数ふる~ (24, 0.1%)

4 に遑 3 なし

1 [17件] が如くである, ことなし, そのひま, に尽きず, に暇あらざらん, に足り, に足る, のみ, ばかり, ものは, カフエーを, 位きり無し, 何の, 早わざを, 能は, 道楽の, 雪の

▼ 数十倍~ (24, 0.1%)

3 もある

1 [21件] くるしいさ, するくらいの, である, にまさる, にもし, にもしなけれ, に上る, に拡大, に昂騰, に烈しく, に達する, の大きな, の威力, の自由活動, の言語, もしくは数百倍, もはなはだしい, もまさる, も大きい, も数千倍, 立てこんだ上

▼ 数十歩~ (24, 0.1%)

3 にし 2 行くと

1 [19件] あるいて, して, である実は, で出た, で沈ん, ならずたちまち, には天工, のこと, のぼって, のぼりだした, の先, の前, の外, の庭, の間, ばかり後, も去る, を隔て, 見かえればか

▼ 数百里~ (24, 0.1%)

4 のあいだ

1 [20件] と行軍, のほか, の道, の遠く, の間, もあります, もある, もの遠い, も走る, も遠い, も隔, を水路, を距, を逃げつづけ, を隔, を隔てた, 離れたところ, 離れた地, 離れた東京, 離れて

▼ 数箇月~ (24, 0.1%)

4 の間 2 の後

1 [18件] あるいはせいぜい, なるも, に渡る, の内, の間船, は支えられる, は過ぎた, ほど経っ, ものち, も前, も私, やっと一ヶ年振り, を経, を経た, を費さなけれ, 早くやってくる, 暮らすあいだ, 続く

▼ 数~ (24, 0.1%)

3 である

1 [21件] うたわれて, からなる, がある, ことにシーザー, であります, です, に由る, の文章, の示し, はいろいろ, はゲーテ, ばかりで, をひい, をもって明確, を引い, を引用, を抄記, を摘みてん, を暗唱, を読者, 及び次

▼ 数~ (23, 0.1%)

3 ずの 2

1 [18件] ぎりなくござりました, ずあろう, ずその, ずも, ず役儀熱心, ず有, わからない, 亭々たる木の, 勢か, 因数の, 数か, 月来この, 月来彼の, 月来押えつけられ, 月来股関節炎の, 月来貯水池に, 月間二人の, 菅子は

▼ 数でも~ (23, 0.1%)

4 ない 2 なかった

1 [17件] あらうが, ありいろは文字, ある, それに零, ないけれども, ないの, なし理窟, 何でも, 十や, 外から, 大関で, 少なくは, 心に, 算へる, 胸の, 読むよう, 速力でも

▼ 数において~ (23, 0.1%)

1 [23件] きまって, その新手, なお少く, はるかに, まさるにも, みなかった, 世界に, 多いし, 多い我国, 多くなっ, 大差が, 大部分, 少なきのみ, 少なくは, 明なり, 最も多い, 最小限に, 極めて限定, 比較に, 無限な, 科学者よりも, 肥沃な, 非常に

▼ 数千円~ (22, 0.1%)

2 に達し, の穴, の金高

1 [16件] かが必要, か一万円, だそう, で現に, に当る, の値打ち, の大穴, の帯地, の損失, の損害, の豪華品, の金, は斯く, もする, もの収入, を支払う

▼ 数秒間~ (22, 0.1%)

3 の出来事 2 でした, の間

1 [15件] さえなけれ, ためらって, だった, だったろう, に恐ろしい, のこと, のすこぶる, の間隙, はぼんやり, は緩く, も無茶苦茶, をたいへん, 生きて, 突っ立った, 震えて

▼ 数~ (21, 0.1%)

2

1 [19件] から兎, から全部現代語, から十三, から却って, から大名, がこれ, がどう, が一グラム, けれども私たち二人, つたと, つて敢て, という, というん, といふ, と信じ, と分る, と思っ, と私, なと米友

▼ 数だけでも~ (21, 0.1%)

1 [21件] おびただしいもの, たいしたもの, たいへんな, 一百枚に, 三千六百九十八の, 五百や, 何十箇所というくらい, 何千里歩いた, 刺繍した, 千人に, 四百二十一ヶ所の, 多かった, 大したもの, 大変な, 急激に, 数え切れないほど, 数十ヵ所ことごとく, 数百万の, 日に, 決して少い, 男の

▼ 数という~ (21, 0.1%)

7 ものは 3 ものが, ものを 1 のが, のは, のを, もの, ものも, もの有りや, ような, 商品としての

▼ 数より~ (21, 0.1%)

2 多い, 遙に

1 [17件] いえば, ずっと多かっ, その掛合い, 一四少かっ, 五十倍多い, 何より糸分, 作家に, 多いかも, 多いこと, 多いよう, 多い程, 多くお, 多くなつたら, 多くを, 大であり, 推せば, 馬の

▼ 数十回~ (21, 0.1%)

1 [21件] いままで誰, といい, となれ, におよびました, にのぼっ, にわたり松原三夫氏, に上っ, に及ぶ, に及んだ, に渡っ, の乾杯, の凶作, の天災人害, の討議, の閲読, もやった, も徒渉, も振動, を累, 入って, 読んだのう

▼ 数十年前~ (21, 0.1%)

1 [21件] その寺, に予言, に想定, に既に, に日本, に植林, に比, のこと, のもの, の戦争後, の旧, の時代, の状態, の盲人, の袋中上人, の記録, の話, までも一般, よりも更に, より妖怪研究会, 零落れ果てた大男

▼ 数年以前~ (21, 0.1%)

3 のこと

1 [18件] からいつも, からだれいう, からのこれら, からものの見事, すでに増さん, と少し, には当時, に入定, に広津和郎氏, に我国, に比べる, に観光団, の北川すみ子, の彼, の昔, はその, より志し, より直心陰

▼ 数まで~ (20, 0.1%)

2 一分一厘違わぬ

1 [18件] そっくり似, 同じい家, 同じにし, 同じよう, 寸法も, 推定する, 揉みながら, 数えたり, 日々の, 百三十二そっくり, 知って, 知つてゐる, 示して, 行き届, 読みそらんじて, 読みたい時, 調べ尽し, 集めるには

▼ 数十丈~ (20, 0.1%)

2 の絶壁, の高

1 [16件] あるいは十丈, これぞ尋, なる一大蟒蛇, の地上, の壁面, の大木, の大瀑, の嶮崖, の懸崖, の杉, の海, の深, もあらう, 広さ数町, 更に集り, 長さ十丈

▼ 数~ (20, 0.1%)

3 の書 2 の詩文集, を購

1 [13件] とあわせ, とを置い, のみ, の中, の奥義書, の学校本, の法書, の記述, の雑誌数葉, も陳列, を抛つて読む, を描い, を携

▼ 数~ (20, 0.1%)

1 [20件] から寄書, から教えられる, から頼まれた, が中少, が会し, と共にその, と平家史蹟巡り, と毎日, にお, に加え, に御, に過ぎない, の作品, の名, の懇篤, の所説, の長上者等, よりも遅れ, を招い, 未だほとんど無名

▼ 数によって~ (19, 0.1%)

1 [19件] おのずから規定, また自分, クリストフが, 多くも, 少しも, 左右される, 影響される, 影響を, 推定され, 日本人が, 書き現, 決まるもの, 測定する, 相殺される, 確証される, 表わすこと, 量られる, 限定され, 限定される

▼ 数万円~ (19, 0.1%)

2 の金

1 [17件] であ, にのぼった, のダイヤモンド, のハガキ代, の家産, の富, の手当, の損害, の財産, の金銭, ほどの小さな, も献金, をかうし, を事もなげ, を価する, を投じ, を費やせり

▼ 数ふれ~ (18, 0.1%)

4 ば白玉あはれ 2 ば七種

1 [12件] ば, ばこれ一つ, ば十二勝, ば十二通, ば壱百三十尾, ば小国川, ば帯, ば故, ば早十七年, ば正に, ば目, ば義光

▼ 数百年前~ (18, 0.1%)

1 [18件] から越後国, この山, その先祖, にこの, に出来た, に支那大陸, に於, のギリシア人, の中国, の中国人, の作, の建築, の歌, の甲冑, の風致, 乃至千年二千年前, 或は計算, 既にバビロン

▼ 数メートル~ (17, 0.1%)

1 [17件] だけほ, という勢い, に及ん, のリュウ, の処, の大きな, の所, の有名, の泥, の深, の間, の間隔, の高, の高波, はなれた, もの丈, 下って

▼ 数十年間~ (17, 0.1%)

2 の努力

1 [15件] にさえ大小二十余隻, にしみ込んだ, にそれら, にわたっ, に道人, の事, の仕事, の大便, の放浪, の新しい, は極めて, を努力, を見送り, を速力構造, 全く神

▼ 数時間後~ (17, 0.1%)

1 [17件] にしか出ない, にはここ, には大利根, には意識, には死する, にクリストフ, に思い知らされた, に最初, に水泡, に絶命, の夜汽車, の大, の暴風, はむかし, または数日後, までその, までも継続

▼ 数歩先~ (17, 0.1%)

5 の所 2 に立っ 1 きの, で彼, にある, に一匹, に一団, に土手, に歩い, に進ん, の暗がり, の河岸

▼ 数~ (17, 0.1%)

2 を眺め見た

1 [15件] から得る, が眼, としてあらわれた, に折, に裂け, に裂けた, の古, の始め白色後黒色, の弁当, の赤い, の金泥, の骨, の鱗, は集め, を夢

▼ 数箇所~ (17, 0.1%)

1 [17件] あった, かの要塞, から出, にある, にさけ, に刀痕, に分れ, に火の手, に設けられ, に過ぎまい, の低, の例, の傷, の手傷, の測候所, の神社, の軽微

▼ 数こそ~ (16, 0.1%)

4 少ないが 3 多いが 1 ちがって, とぼしいが, 和漢の, 多けれ演劇, 少いが, 少ないけれども, 少なけれその, 沢山ある, 違つてゐる

▼ 数である~ (16, 0.1%)

1 [16件] から今, から実際, か此小文学, が兎, が数系列, ことは, ことを, というよう, とは震災前, とも定義, と仮定, と考え, と謂っ, のも, はずである, 3を

▼ 数ページ~ (16, 0.1%)

1 [16件] が, が最も, ずつ読ん, にわたる裁判所, の中, の条約, の短文, の講和条約, の驚, はそういう, やたくさん, をほとんど, を我々, を残し, を読む, を読んだ

▼ 数分の後~ (16, 0.1%)

1 [16件] にさしせまった, にはその小さな, には一打十万八千路, には事, には別室, には密閉, には彼, には村ぢ, には極地, に僕, に眼, に角助, に跫音, 帰って, 整然と現場, 空しく引返し

▼ 数~ (16, 0.1%)

1 [16件] ずつもある, にもわたる, のポルトガル, の原野, の海底, の私設, の議官アンドレア・バルヂピエロ, の谷間, の谿, の道のり, ぶっ通し, へだ, も進んだ, を歩行, を隔てた, を隔てたる

▼ 数~ (16, 0.1%)

4 の酒

1 [12件] でごまかす, で気持, のうまい, のん, のシャンペン, やむをえない絶食, をかたむけ, をのむ, を傾け, を尽し, 買い求めて, 飲んだが

▼ 数~ (16, 0.1%)

1 [16件] ある, たてつづけに, つづいた, の初等トウダンス, の勝負, の後, の手合わせ, の曲, の槍投げ, の舞踏済み, の試合, の謡, 取り進んだとき, 舞わせて, 見て, 踊って

▼ 数~ (16, 0.1%)

4 の銃声 2 の弾, の弾丸 1 うつて, の乱れ, の号砲, の実弾, の敵弾, の時限爆弾, の砲声, 撃った

▼ 数およそ~ (15, 0.1%)

1 [15件] 一千四人の, 一千箇と, 三十人も, 三千万ある, 三四十人, 三四十人トットと, 三百人ばかり, 二万四千人寺院の, 二三十人, 二十人威風堂々, 五六十隻であった, 五百人座を, 十名, 十四五人手に, 千百相に

▼ 数とを~ (15, 0.1%)

1 [15件] かぞえよう, 加減すれ, 均衡に, 更にも, 比べて, 比べ生存, 比較し, 比較する, 測定せん, 照し合わせ, 知らして, 科学的に, 見くらべると, 言って, 読み合して

▼ 数十尺~ (15, 0.1%)

3 の下

1 [12件] だけ超越, とみえた, に及ぶ, の地下, の場所, の大, の姿, の真黒, の竿頭, の絵巻, の超越, の鏡

▼ 数十間~ (15, 0.1%)

2 の間

1 [13件] その尽く, にわたる長屋数棟連立, の地, の外, の彼方, の楼台, の深, の火, の距離, の高, はなれ, 一気にかけさせた, 走ると

▼ 数十騎~ (15, 0.1%)

3 をつれ 2 の兵 1 が引返し, と共に小松ヶ瀬, の侍, の者, は突撃, も張苞, をつれた, をひきい, を向け, を選び伴い

▼ 数~ (15, 0.1%)

3 の部落

1 [12件] あるのみ, ある等, たちならんで, に分割, の人家, の僻村, の土人, の小屋, の山樵, の漁師, の貸家, を単位

▼ 数百円~ (15, 0.1%)

1 [15件] から千円以上, か数千円, ずつの金, に売買, の借金, の収入, の多き, の指輪, は寄与, もし, もする, よりもっと, を売っ, を投ずる, を消費

▼ 数うれ~ (14, 0.1%)

3 ば早

1 [11件] ばちょうど, ばはや, ばまだまだ, ばもう, ば三年前, ば十八年以前聊, ば少年ら, ば当年, ば日, ば早し, ば最早

▼ 数つなぎ~ (14, 0.1%)

3 にし 2 になっ 1 となっ, にされ, にされた, にする, にひい, に思ひ浮かべ, に生, に配所, のヴオレイ

▼ 数十万円~ (14, 0.1%)

2 を投じ

1 [12件] という金, と値踏み, と銘打っ, のもの, の小切手, の横領, の禁制品, の税金, の資産, の足, の高値, を投じた

▼ 数十分~ (14, 0.1%)

1 [14件] あるいは一二時間, あるいは数時間, いや一時間, かかるという, であった, でムウドン停車場, で旅行, にて手, にわたる救難信号, のうち, をもつ, 乃至数時間, 出るだけ, 見て

▼ 数十年後~ (14, 0.1%)

2 に書き物, の今日 1 でなくては, とでその, に切迫, に迎えなけれ, に近, の予想, の人々, の今, の最終戦争, の結果

▼ 数十軒~ (14, 0.1%)

1 [14件] ありその他上流, かたまって, の, の古めかしい, の家棟ともども淋れきつた, の薪, の親類, の銀行, もある, を持っ, を数, を譲り与へ, 並んでる部落, 少い所

▼ 数~ (14, 0.1%)

2 に亘る

1 [12件] あり, からなる, で見た, にしきった, になっ, に分かれ, に陳べ, の内, の家, を備え, を占め, を占める

▼ 数少い~ (14, 0.1%)

2 ことで

1 [12件] ので, 一つの, 中等学校の, 作物の, 友人に, 召使たちが, 婦人作家をも, 料理屋も, 日本人たちが, 異国風の, 色合である, 言葉を

▼ 数日滞在~ (14, 0.1%)

3 して

1 [11件] した, したとき, してから, しても, し手あて, し真面目, し私, し飲めや, すること, ののち芳野, の後

▼ 数~ (14, 0.1%)

2 のとこ, のところ, のアパアト, はあんな, はさちよ 1 だって自分ひとり, だつて, はその, を見る

▼ 数との~ (13, 0.1%)

2 関係を

1 [11件] 増大は, 対応而も, 差は, 比率は, 申し立ては, 積すなわち, 観念を, 都合で, 間に, 間の, 隔絶した

▼ 数とは~ (13, 0.1%)

1 [13件] すでに明らか, それほど不, だいぶ違うで, どの世代, ならないから, イクォールだ, 一の, 全然異, 実に莫大, 昔より, 比較に, 無関係である, 独立な

▼ 数への~ (13, 0.1%)

1 [13件] 化け物の, 十四人形抱い, 唄と, 唄に, 唄一個が, 妖怪にも, 妖怪の, 妖怪を, 局限は, 形が, 怪が, 文句としては, 方が

▼ 数分後~ (13, 0.1%)

1 [13件] から三時七分, どうも眼, にはわたし, には彼, には気, に城南, に寝室, に死んだ, に私, に起った, に馬車, はけろりと, 御目見え

▼ 数千年来~ (13, 0.1%)

1 [13件] このよう, の共同, の名宝, の奴隷的位地, の文明, の歴史, の災禍, の父祖, の経歴, の習慣, の観察, の難題, 働いて

▼ 数日中~ (13, 0.1%)

1 [13件] にかならず, には変るだろう, には確実, にもう, に大谷千尋, に帰る, に御厨, に恐ろしい, に殺され, に答える, に退院, に送ります, の出来事

▼ 数百枚~ (13, 0.1%)

2 にのぼる, に及ぶ 1 でそれ, の光り輝く, の切れ地, の重い, をあつめ, をとじた, を寄附, を持っ, を放ち

▼ 数~ (13, 0.1%)

3 の後 2 ないし数月 1 が次第に, たまたま英人, ののち, の内, の後死亡, の間, の間妄想, を経

▼ 数さえ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あれば, つばらに, まばらであった, 不足が, 勘定し, 多くは, 多ければ, 存じません位, 知らない上, 神は, 見分けたる時, 調べて

▼ 数しか~ (12, 0.1%)

3 ないの 1 ない兄, なかった, なく他, 問わない, 持つては, 数の子の, 書いて, 残って, 無くその

▼ 数しれず~ (12, 0.1%)

2 四条五条の, 怪しげに, 石ころの 1 うじゃうじゃころがっ, か, しかも先年, 大名にも, 惨殺した, 硝子の

▼ 数千里~ (12, 0.1%)

1 [12件] にわたる大国, のカルカッタ府, の延長, の行程, の距離, の遠き, の遠征, もの道のり, を往復, を距, を隔てた, 行くを

▼ 数~ (12, 0.1%)

1 [12件] の卵, の困難, の技巧, の棚, の消毒扉, の石段, の硝子戸棚, の親睦, の鰍, むつかしく孔子, を数多, 並んだ位

▼ 数層倍~ (12, 0.1%)

2 恐ろしい 1 されて, した息苦しい, して, の手数, も素晴らしく, 恐ろしい破壊思想, 烈しいもの, 烈しく乱雑, 苦しかった, 面白くな

▼ 数百年来~ (12, 0.1%)

2 の伝統 1 ころがって, どんな国家, の古い, の宝探し, の弊習, の御, の昔, の沖縄, の習俗, の鎖国

▼ 数百年間~ (12, 0.1%)

2 この事, の歴史 1 にわたって蒐集, の変遷, の封建日本, の常, の文芸, の空白, 築き上げたる文明, 行われなかったの

▼ 数百羽~ (12, 0.1%)

1 [12件] になっ, の仲間, の小鳥, の小鳥群, の小鳥翼, の小鴨, の烏, の白鳩, の鳥, の鴉, の鶏, 集ると

▼ 数においては~ (11, 0.0%)

1 [11件] かえって神社, これが, これも, はるかに, 堀隊は, 奥羽地方に, 寿詞的な, 少いけれども, 比較的少い, 甚だ多い, 非常な

▼ 数~ (11, 0.0%)

1 [11件] でも同様, につき, に施し, は第, をあげます, を挙ぐ, を挙げ, を挙げん, を採らん, を推し, を貴覧

▼ 数十冊~ (11, 0.0%)

2 の読書 1 が表, とあり, のあや, のいや数百冊, の原稿用紙, の小説, の本, を強, を強う

▼ 数少く~ (11, 0.0%)

1 [11件] て二時間半, ともいい, なって, はなかつた, また北斎作中, ワンタンラーメンチャシュウメンそれから, 受答を, 多忙の, 実直で, 相手に, 而し

▼ 数~ (11, 0.0%)

1 [11件] が火, のごまめ, の岩魚, の漁果, の親, の魚, の鮎, を持参, を獲, 同じ槽, 買って

▼ 数百本~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるいは数千本用意, であろうと, の吸い殻, の夥しき, の材木, の松明, の矢, の蝋燭, の調べ革, の鋒, も集まっ

▼ 数間先~ (11, 0.0%)

1 [11件] に小綺麗, に立っ, に第, の四角, の土塀, の自動車, もよく, をずんずん, を密, を走っ, を蹌踉

▼ 数ばかり~ (10, 0.0%)

1 であるのに, でその, でなく目黒, 喰べ, 多いこのごろ, 多くちょうど, 多くて, 多く助けた, 如何に, 数えて

▼ 数カット~ (10, 0.0%)

2 撮ると 1 つく, であっさり, で夜, と居た, 片付く, 終って, 終ると, 行ってるから

▼ 数以上~ (10, 0.0%)

2 に出 1 のもの, の子供, の料金, の本, の比例, の部屋, もしくは以下, を全部破棄

▼ 数十頭~ (10, 0.0%)

2 の裸馬, の馬 1 のヤク牛, の子, の狐, の遠く, の駄馬, の駱駝

▼ 数千年前~ (10, 0.0%)

1 からの言い伝え, その労力, にこの, に列, に完結, に極度, に生き, に袖, の, のダビデ

▼ 数~ (10, 0.0%)

1 かくまった, が発表, この界隈, その領主, と云う, にわたつ, の眠り, を費し, を通らなけれ, を除く

▼ 数~ (10, 0.0%)

1 あって, ずつ切り棄て, ないし一尺許, に至った, に至る, に萌, の径, の長, または数尺, を出ね

▼ 数年前私~ (10, 0.0%)

1 がソヴェト, が大阪, が最初, が長崎, が黄河, の天, の蟻, の見た, は或, は気づいた

▼ 数歩前~ (10, 0.0%)

3 の所 1 に曲がりくねった, に歩い, のところ, の巌角, の松, へ出る, を自分

▼ 数百尺~ (10, 0.0%)

3 の下 1 の巴蛇, の断崖, の海, の相違, の飛瀑, の高い, もあろう

▼ 数百金~ (10, 0.0%)

1 と称せられ, にて買い入れ, にもなり, に値する, に売れよう, に売れる, の盛装, をあたえ, を以て建, を迷信

▼ 数~ (10, 0.0%)

1 で吾, とこの, とをまとめ, によく, に亘つて, の中, の原稿, の結果, はすでに, を伝え

▼ 数繋ぎ~ (10, 0.0%)

2 にされ 1 という順序, にされた, にしなけれ, にて警察, になっ, に繋がれ, に覗いた, 繋がる物語

▼ 数~ (10, 0.0%)

2 が咲く, が開く, の意 1 の通草, を着け, を繖形, ヲ薫トイフ

▼ 数~ (10, 0.0%)

2 を離家 1 が泉水, という若い, のそば, の着物, の耳, の胸, の親父, は急

▼ 数週間前~ (10, 0.0%)

1 からすでに, からクリストフ, から彼, から芝居, だったらなつかしい, にも守備隊, に彼, に訪ね, の或, まで米国

▼ 数しれぬ~ (9, 0.0%)

1 ほしの, 亡者たちを, 多くの, 幾千万の, 試練が, 鈴なりの, 青い灯, 鬼火, 鬼火あらわれ

▼ 数だけは~ (9, 0.0%)

1 あるいは相当, ある筈, ふえて, よくなっ, 常に増殖, 明かに, 百箇条を, 相当に, 積まねば

▼ 数ヶ月前~ (9, 0.0%)

1 ある料亭, から健康, この委員会, にいなくなった, に一人, に東京, に破棄, のこと, まではある

▼ 数万年~ (9, 0.0%)

3 の間 1 あるいは数十万年, に一度, に亘る, のイノチ, の強制, も飼っ

▼ 数体系~ (9, 0.0%)

2 から独立 1 からは独立, によっては尽す, の導入, の次元, は又, も同じ, を外

▼ 数十メートル~ (9, 0.0%)

3 の高 1 という深, に達する, のはるか下, の地上, の断崖, の絶壁

▼ 数十個~ (9, 0.0%)

1 が一つ, の家庭, の時計, の石材, の電灯, の電球, をともし, 並べて, 集まった位

▼ 数十匹~ (9, 0.0%)

1 の犬, の猿, の獲物, の絹, の蛇, の蛍, の蝗, ほどここ, を揀び

▼ 数十年来~ (9, 0.0%)

2 この巴里 1 かつ迷い, この種, ついぞそれ, の家事, の火, の織田家, の谷

▼ 数千万円~ (9, 0.0%)

1 うごかす力, という金額, のねうち, の大, の染料, の樹林, はでる, を握る, を醵出

▼ 数千言~ (9, 0.0%)

2 を費し 1 に亘っ, の不要, を語った, を費やし, を陳, 備に其の, 噛んで

▼ 数~ (9, 0.0%)

2 の太刀音 1 したが, に及んだ, のうち, の内, の戦い, の酒, ほど戦った

▼ 数~ (9, 0.0%)

4 の悲鳴 1 して, なり, のラッパ, の雷鳴, を発し

▼ 数年ぶり~ (9, 0.0%)

1 で上つて, で英語, にお, に会, に放免, に金沢, のハムレット, の休息, の天才

▼ 数~ (9, 0.0%)

1 にし, にもなかっ, の和楽, の滞陣, の間降雨, を出なかった, を経, を費やした, を過ごした

▼ 数~ (9, 0.0%)

1 ありといへり撫院, がレコード, と, とをヘヒト, のポロネーズ, の室内楽曲, を味聴, を挙げられるだろう, を聴かせ

▼ 数~ (9, 0.0%)

1 の哨戒機, の怪飛行機, の編隊, の飛行機, の飛行隊, は帝都中心圏内, よりなる, を出動, を射

▼ 数~ (9, 0.0%)

1 の仲間, の蚯蚓, の蛍, の金魚, の鼠, の鼻息, を以て足れり, を伴, 出たので

▼ 数百万年~ (9, 0.0%)

1 かの長い, に亘っ, に亙っ, の旅, の時間, もとり残された, もまえ, も固有, も没し

▼ 数百数千~ (9, 0.0%)

3 の人 1 ありとあらゆる町奴, の犠牲, の細流, の雀, の顔, の魚人

▼ 数百騎~ (9, 0.0%)

3 をひきい 2 の供 1 が木の間木の間, をつれ, をつれた, をひきつれ

▼ 数~ (9, 0.0%)

1 な切断, な加数, な怪味, には公平, には革命, にも忽ち, に一定化, に定義, に身の上

▼ 数~ (9, 0.0%)

4 の椅子 1 などが大きい, の木製, の椅子排列, をはこび込み, 小テーブル

▼ 数~ (9, 0.0%)

1 だと, にしかならない, に価しない, のお, のもの, の金, を以て鬻ぐ, を投ずれ, 或は数十銭

▼ 数について~ (8, 0.0%)

1 ある統計, 何らかの新しい, 彼が, 想定を, 発表し, 私の, 統計的の, 運動について

▼ 数へれ~ (8, 0.0%)

1 ば, ばそれ, ば七ヶ月, ば今, ば十指, ば四十四年以前, ば数, ば芸術上

▼ 数ヵ月前~ (8, 0.0%)

1 からすでに, から彼, から持たれる, から摂津, なの, にあった, にある, に暗示

▼ 数~ (8, 0.0%)

2 の孫 1 にわたる重職, の君, の後, の権力者, の祖信重, の間

▼ 数世紀来~ (8, 0.0%)

1 かつて絶え間, この民衆, のもっとも, の王政, の豊か, の風潮, ゆがめられて, 働いて

▼ 数分の間~ (8, 0.0%)

1 くらいひっそり, ぐらい詩人, でたわい, に完了, に室内, に決定, まったくじっとし, 本当にその間

▼ 数十万年~ (8, 0.0%)

3 の昔 1 の人類, の間, ほろびずに, を往復, 乃至数百万年

▼ 数十台~ (8, 0.0%)

1 が押し寄せ, が迷惑, となく, の橇, の自動車, の高級自動車, もこっち, を落し

▼ 数十町~ (8, 0.0%)

1 につ, にわたる陣, のあいだ, の先, の田, は山, も展, 下ると

▼ 数十秒~ (8, 0.0%)

2 長くて 1 いくら足, が過ぎ去る, ずつの時間, というもの, のあいだ, の間

▼ 数十種~ (8, 0.0%)

1 に及ぶ, に常に, の実験, の洋酒, の海鳥ども, の理想国物語, の雑誌, を算する

▼ 数十羽~ (8, 0.0%)

2 が群れ遊ん, の雀 1 かたまって, のカモメ, の鶏, 群れた岩燕

▼ 数十艘~ (8, 0.0%)

1 に過ぎない, の快, の甲鉄艦, の舟, の舟手, をととのえ, を命じ, を浜

▼ 数千百年~ (8, 0.0%)

3 の古 2 の間 1 の久しき, の慣習, の旧習

▼ 数取り~ (8, 0.0%)

1 ではなかっ, にはね, に真夜中, のよう, の声, の珠, の紙縒, をし

▼ 数日後私~ (8, 0.0%)

1 はまた, は俥, は再び, は劇烈, は喀血, は外交官, は学生, は彼

▼ 数百千~ (8, 0.0%)

2 の彫刻 1 と坂, に及ぶ, の汽笛, の男女, の群衆, の観衆

▼ 数百歩~ (8, 0.0%)

1 あの樟, にし, の処, の宙, の間, を射る, 忽ち茅葺, 駈け下りて

▼ 数週間後~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 には以前, にジェルマン夫人, に彼女, に私, に結婚, 再びその

▼ 数うべき~ (7, 0.0%)

1 ものであっ, ものである, ものと, ものなり, ものの, 人々が, 胸を

▼ 数とが~ (7, 0.0%)

1 うんと喰い違っ, はっきり分かりました, 同時に増加, 平行しない, 摺れ合うほど, 直接に, 相互に

▼ 数とも~ (7, 0.0%)

1 しないの, しないので, せずに, せず酒, せぬ老, 思はないし, 思われないが

▼ 数~ (7, 0.0%)

2 のか 1 のだ, のだろう, のです, のは, もので御座いまし

▼ 数へた~ (7, 0.0%)

1 から此, がつて, が百七十, が皆, だけでも彼女, だけで死んだ, 負郭

▼ 数ヵ国~ (7, 0.0%)

1 から集っ, に分裂, のタバコ, の太守, の婦人, を平定, を所領

▼ 数万金~ (7, 0.0%)

2 で一茶器 1 にか, に値する, を捐, を積むとてかえがたき二品, を積ん

▼ 数世紀間~ (7, 0.0%)

1 つづいた, に成熟, の君主主義的教育, の富, の暗黒時代, 暮らして, 溶ける事

▼ 数代前~ (7, 0.0%)

1 から家族四人以上, その家, に分れた, に真, の事, の先祖, の祖先

▼ 数~ (7, 0.0%)

1 である, と言う, に余っ, に及ん, の犯罪, も畳, を書い

▼ 数分時~ (7, 0.0%)

1 がすぎ, が著者, の微, の混雑, の言, は常に, も得

▼ 数十キロ~ (7, 0.0%)

2 の道程 1 このバス, ないし百キロ, の水, ほどはなれた, をまた

▼ 数十万人~ (7, 0.0%)

1 の人々, の人民, の気の毒, の若い, の近親者, も登る, を立たしめ

▼ 数十円~ (7, 0.0%)

1 で希望者, の利益, の小, の残り品, の生菓子, も数百円, を供えたれ

▼ 数十条~ (7, 0.0%)

1 に上っ, のつよい, のレール, の残雪, の水量, の美しい, の赤線直上

▼ 数十点~ (7, 0.0%)

1 あった, といふ奴, の作品, の大作, の絵, 集めて, 黒い色

▼ 数十篇~ (7, 0.0%)

3 の小説 1 あるし, である, に及ん, 作った

▼ 数十通~ (7, 0.0%)

1 おくった, にのぼったろう, の, の手紙, の書付, の通告書, 猶在

▼ 数~ (7, 0.0%)

5 の夜 1 に隣り住んだ, の板廂

▼ 数年間日本~ (7, 0.0%)

1 から相当, で起らなかった, で開業, にいた, のすべて, の一般, の文学

▼ 数日以前~ (7, 0.0%)

1 から此別荘, から殆, には宇治山田, に極めて, に経験, の事, までこの

▼ 数日逗留~ (7, 0.0%)

2 しあまりに, して 1 したが, し意, その節莫大

▼ 数~ (7, 0.0%)

2 なり 1 であった, にわたる北魏進撃, の陣地, 漸くに, 遂に巨巌

▼ 数正どの~ (7, 0.0%)

1 と何やら, にお, にはだいぶ, にはどうしても, には傷, に辛く, もただ

▼ 数百メートル~ (7, 0.0%)

1 にわたるカキツバタ, の地底, の氷河, の渓谷, もずれ動いた, 深さ, 離れた駅

▼ 数百万人~ (7, 0.0%)

1 いること, が五月一日, が八時間, の戦争未亡人たち, の足, は恋愛, も殺された

▼ 数百倍~ (7, 0.0%)

1 あるいは数千倍, するの, だ, である, にし, に拡がった, もしくは数万倍

▼ 数秒後~ (7, 0.0%)

1 その目まい, にはありがとう, に一時振動, に敵, に皎, に絶命, のこと

▼ 数箇条~ (7, 0.0%)

1 がある, がふくまれ, において天皇, にし, に分ち, に書い, の定め書

▼ 数か月前~ (6, 0.0%)

1 ある決闘, からの病気, から寡婦, に日本, に死んだ, まではクリストフ

▼ 数であり~ (6, 0.0%)

1 その百位, それが, 上吉を, 今日は, 商は, 第二版以下

▼ 数へたり~ (6, 0.0%)

2 した, して 1 しながら, 微かに

▼ 数ヤード~ (6, 0.0%)

1 とを除い, のところ, の地面, もはなれない, 歩いて, 離れた場所

▼ 数万騎~ (6, 0.0%)

1 ありましょうと, と, をひかえ, を増派, を引きよせた, を率い

▼ 数世紀前~ (6, 0.0%)

1 から想像, の光, の寿永四年春, の禁欲主義的, の貴婦人たる, までも迷信的

▼ 数十ヵ所~ (6, 0.0%)

1 から兵火, ことごとく旗, にわかれ, の櫓, の造船所, を辻

▼ 数十度~ (6, 0.0%)

1 である, の実戦, の寒, の試合, の軍, も交し

▼ 数千倍~ (6, 0.0%)

2 大きいもの 1 に増加, の威力, も比較, 大きく強いもの

▼ 数千尺~ (6, 0.0%)

1 で命, で掘られた, に当たる, の処, の断崖絶壁, をきり下

▼ 数千年間~ (6, 0.0%)

2 の人類社会 1 に存在, の現象, の経験, の行為

▼ 数千金~ (6, 0.0%)

1 から下, の金, の馬, をおくった, をかける, を奪っ

▼ 数千騎~ (6, 0.0%)

1 が固め, が果てなく, が鳴り, をつれ, を率い, を配置

▼ 数年振り~ (6, 0.0%)

2 のこと 1 で会った, で故郷, で鮎, に長い

▼ 数日ぶり~ (6, 0.0%)

2 に新聞 1 で自分たち, に床, に温泉浴, に話した

▼ 数日前私~ (6, 0.0%)

1 が夙川, はあんまり, は上海, は大森, は少し, は弁天町

▼ 数歩向こう~ (6, 0.0%)

1 にこちら, にこの, につっ立っ, には隠れた, に一人, に立っ

▼ 数百丈~ (6, 0.0%)

1 という, となる, なり卜部宿禰大亀, の怪天魔, の高, 崩れた

▼ 数百両~ (6, 0.0%)

1 ずつ与え, と銭数千緡, なぞという, の現金, の負債, もかかる

▼ 数百種~ (6, 0.0%)

1 あった, あるうち, にさ, にさえ及ぶであろう, の樹木, も数千種

▼ 数~ (6, 0.0%)

2 を総嘗め 1 から王党派代議士, においては一般, にわたって膝, のよう

▼ 数~ (6, 0.0%)

1 に於ける, の公理的, の命題, の自性, の論理的, は単に

▼ 数週前~ (6, 0.0%)

1 いきなり掲示場, から売るべき, から慣れた, から雪, に民友先生, の同じ

▼ 数~ (6, 0.0%)

3 もない 1 なき蜉蝣, なく群, も無い

▼ 数~ (6, 0.0%)

1 あったが, が認められ, の旁線, の遺言, よりなかっ, を掲げ

▼ 数あり~ (5, 0.0%)

1 てこの, とする, 兎が, 我に, 明年に

▼ 数か月来~ (5, 0.0%)

1 のめんどう, 会わなかった人たち, 住んで, 呼び求めては, 掘り開かれて

▼ 数か月間~ (5, 0.0%)

1 のこと, の日々, はできなかった, もどったこと, 最も親しん

▼ 数であった~ (5, 0.0%)

1 が今度, が固, という, ので幾枚, 事が

▼ 数でなけれ~ (5, 0.0%)

5 ばならぬ

▼ 数とか~ (5, 0.0%)

1 いったよう, ぎりはございませんがここに, そういった観念, その与国, また算術

▼ 数など~ (5, 0.0%)

1 心がけて, 指揮し, 素人に, 考えて, 調べられては

▼ 数においても~ (5, 0.0%)

1 その破壊者, また各, 力においても, 味方は, 最も多く

▼ 数に対して~ (5, 0.0%)

1 一〇対一八と, 一日五ガロンつまり一五〇ガロンです, 同一の, 食物を, 食物及び

▼ 数に対する~ (5, 0.0%)

1 年結婚の, 成年数の, 比率が, 比率は, 統計的比率を

▼ 数へても~ (5, 0.0%)

1 ゐないの, 今日分明し, 到底数, 善い, 宜いと思ひます

▼ 数または~ (5, 0.0%)

1 一結婚の, 数学的事項に, 数学関係の, 死亡数のみを, 関係事項に

▼ 数を以て~ (5, 0.0%)

1 すれば, その五ヶ月前, 其席を, 数えられる, 有効投票数を

▼ 数キロ~ (5, 0.0%)

1 の一地点, の地点, の所, の陣地, 離れた矢上

▼ 数フィート~ (5, 0.0%)

1 から十フィート以内, から数十フィート, の高, はなれた, ぶら下げて

▼ 数ヵ月間~ (5, 0.0%)

1 だけ働い, に作家, の推移, の文学, の軍需工業

▼ 数ヶ国~ (5, 0.0%)

1 の兵, の国民, の大, の言葉, を領

▼ 数ヶ月間~ (5, 0.0%)

2 は殊に 1 はこの, は甲論乙駁, ぼんやり宙

▼ 数ヶ村~ (5, 0.0%)

1 あるそう, の庄屋三十数名, も皆, を残す, を飲み尽し

▼ 数~ (5, 0.0%)

2 の観音 1 である場合, の古めかしい, の白骨

▼ 数分前~ (5, 0.0%)

1 から歩行, にサボイ劇場, の所, は見, 同じ地点

▼ 数十家~ (5, 0.0%)

3 の一族 1 の人数, へ慎み

▼ 数十巻~ (5, 0.0%)

1 といふ厖大, の書物, をしらみ, をなし, を了

▼ 数十疋~ (5, 0.0%)

1 のもの, の猿, の獲物, の野牛, も居る

▼ 数十百~ (5, 0.0%)

1 が蜿蜒, の眼, の電車, の骸骨, を算する

▼ 数十箇所~ (5, 0.0%)

2 の唱門, の唱門部落 1 の木像

▼ 数十行~ (5, 0.0%)

1 に亘る, に亙る, の文字, の文章, 乃至数百行

▼ 数十頁~ (5, 0.0%)

1 がいつの間にか, が歴史的, でしたが, にさえわたる, をたしか

▼ 数千匹~ (5, 0.0%)

1 の塊, の蟻, の黄蟹, もある, もいるであろう

▼ 数千坪~ (5, 0.0%)

1 という, の土砂, の庭園, の見事, もあっ

▼ 数千数万~ (5, 0.0%)

1 の市, の蝶蝶, の軍勢, の食物, を一掃

▼ 数千艘~ (5, 0.0%)

1 といえる, のふね, の水軍, の船, をみな意気地

▼ 数~ (5, 0.0%)

1 ありしとなり, が何れ, が残り, の露西亜料理, を食し終わり

▼ 数回往復~ (5, 0.0%)

3 して 1 する程度, せるもの

▼ 数年来私~ (5, 0.0%)

1 に勧告, の迎へた正月, はほとんど, は女性, は新庄

▼ 数文字~ (5, 0.0%)

1 がしたため, が意味, が私, のみ燈台, を以て代理

▼ 数月前~ (5, 0.0%)

1 から蓮英殺し, に岸本, に自動車, のこと, よりは反っ

▼ 数~ (5, 0.0%)

1 におよぶ, の御飯, 喫せられ食終, 食したれば, 食べて

▼ 数~ (5, 0.0%)

2 の後 1 にいたれる, の酒, 傾けて

▼ 数百個~ (5, 0.0%)

2 の氷 1 と言, ないし千個, の蒐集

▼ 数百匹~ (5, 0.0%)

1 ないし数千匹, の狼, の百足, の野獣, もしくは数千匹

▼ 数百哩~ (5, 0.0%)

2 離れた主人 1 の遠隔, 行っても, 離れたところ

▼ 数百艘~ (5, 0.0%)

2 の船 1 がさかのぼっ, の兵船, の川舟

▼ 数百頭~ (5, 0.0%)

1 が群れ, の牛, の闘牛, の馬の背, の馬輛

▼ 数~ (5, 0.0%)

1 じいっと耐え, の後, の間, もしなかった, を感じた

▼ 数秒時間~ (5, 0.0%)

1 なり, のこと, の余裕, の出来事, の後

▼ 数~ (5, 0.0%)

2 である 1 であるかれの, であろう, を保存

▼ 数系列~ (5, 0.0%)

2 の体系 1 との独立, にとっての偶然性, に於ける

▼ 数~ (5, 0.0%)

1 一万, 一万六千姉川に, 二百三十万個だ, 五千余, 四百噸ばかりの

▼ 数~ (5, 0.0%)

1 のテーブル, の客, の教会, の男女, を見かけた

▼ 数~ (5, 0.0%)

1 がすぐ, の文化哲学者, るるなり, を取りた, 分けて

▼ 数~ (5, 0.0%)

1 ずつの籾, の鈴蘭, を抜き取り, を摘ん, 奉贈係以詩

▼ 数~ (5, 0.0%)

2 すなわち数花, は数花 1 とは言えない

▼ 数~ (5, 0.0%)

3 の巨躯 1 という巨漢佐藤清吉君, もあろう

▼ 数~ (5, 0.0%)

1 ううむ, に及び, の念仏, 多いの, 少いの

▼ 数~ (5, 0.0%)

1 に合葬, ぬるま, ぬるまま, の意味, の間接的

▼ 数~ (5, 0.0%)

2 に分れ 1 が三方面, はたわみ初めた, は極北

▼ 数あるいは~ (4, 0.0%)

1 メートルで, 原子量の, 数十をもって, 本当に科学的

▼ 数かけ鳩~ (4, 0.0%)

1 の呼び鳴く, の虔, はむきむき, は行き過ぎ

▼ 数~ (4, 0.0%)

1 へにいひかね, へ次第に, へ甚だ, へ知れず満ち満て

▼ 数しれない~ (4, 0.0%)

1 この不思議, わけだ, 人達その, 戦災者たちは

▼ 数じゃ~ (4, 0.0%)

1 ありませず持, ない, ないか, ないけど

▼ 数たる~ (4, 0.0%)

2 と数 1 分子を, 甚だ少く

▼ 数だって~ (4, 0.0%)

1 お前は, きまって, もう相当, 人口三万の

▼ 数です~ (4, 0.0%)

1 から, からいつか, からね, ね

▼ 数として~ (4, 0.0%)

1 その重み, 之を, 個々の, 解釈される

▼ 数としては~ (4, 0.0%)

2 むしろ最悪 1 元より, 少なかった

▼ 数なき~ (4, 0.0%)

2 星の 1 一つな, 身なり山河の

▼ 数などを~ (4, 0.0%)

1 さぐりに, そこで, 爪繰って, 見せて

▼ 数なる~ (4, 0.0%)

1 ものか, ものが, ものは, ものを

▼ 数はと~ (4, 0.0%)

1 いえば, いふと, もつて, 言えば

▼ 数よりは~ (4, 0.0%)

1 作者の, 多い, 大である, 戦が意識

▼ 数をも~ (4, 0.0%)

1 書きつけこれ, 考慮中に, 規定する, 諷誦する

▼ 数万里~ (4, 0.0%)

1 ならしめ既に, の上空, の東西, の道程

▼ 数~ (4, 0.0%)

1 である, の工面, の金, を環容

▼ 数~ (4, 0.0%)

1 し空間化, すとも, す空間化, せねば

▼ 数十マイル~ (4, 0.0%)

1 に及ぶ, に達す, の波上, の間

▼ 数十世紀~ (4, 0.0%)

2 の人間精神史, の虚妄

▼ 数十分間~ (4, 0.0%)

1 にからだ, にわたって失心, は何ごと, を楽しく

▼ 数十尾~ (4, 0.0%)

1 の頃太陽, を検, を甲板, を銃

▼ 数十戸~ (4, 0.0%)

1 か二十戸, に増加, の人家, もあった

▼ 数十日間~ (4, 0.0%)

1 その珍魚, に亘り, の塵, を難航

▼ 数十百年~ (4, 0.0%)

1 の過去, を目的, を経たであろう, を経過

▼ 数十金~ (4, 0.0%)

1 はしよう, を出し, を得る, を捐

▼ 数十階~ (4, 0.0%)

1 の石段, の階段, をもっ, を誇る

▼ 数千キロ~ (4, 0.0%)

1 の間, はなれた, もはなれ, をへだて

▼ 数千メートル~ (4, 0.0%)

1 の水底, の高み, の高所, の高空

▼ 数千万人~ (4, 0.0%)

1 の多き, の注視, または数億人, を救うた

▼ 数千年以前~ (4, 0.0%)

1 から埃及, の人類, の巨船, の物

▼ 数千本~ (4, 0.0%)

2 の針 1 の茎, を山

▼ 数千輛~ (4, 0.0%)

1 という大, になった, の穀車, の車

▼ 数千部~ (4, 0.0%)

2 のブリタニカ 1 を出す, を頒布

▼ 数~ (4, 0.0%)

4 ひよる念者ぶり

▼ 数回これ~ (4, 0.0%)

1 ですっかり, に動揺, を受取った, を見た

▼ 数~ (4, 0.0%)

1 の公卿, の同族, の最, を集め

▼ 数年前僕~ (4, 0.0%)

1 はリヨン, は九州大学, は台湾旅行, は田舎

▼ 数年後私~ (4, 0.0%)

1 が卒業, はこの, はサンフランシスコ, は上京

▼ 数年昔~ (4, 0.0%)

1 にエセーニン, の十一月, の強迫観念, の春

▼ 数年来彼~ (4, 0.0%)

1 が一度, は一見, は毎朝, は火元

▼ 数年間彼~ (4, 0.0%)

1 に会わなかった, は嘗て, は職務上, は自分自身

▼ 数年間私~ (4, 0.0%)

1 と机, の歌歴, はいろいろ, はこの

▼ 数~ (4, 0.0%)

1 をうけ, を受け, を浴せかけた, を浴び

▼ 数日彼~ (4, 0.0%)

1 のいる, の世話, は全く, は有頂天

▼ 数日後彼~ (4, 0.0%)

1 から日本, が私, はロングウェル氏, は私

▼ 数~ (4, 0.0%)

2 にし 1 の後, の後斃

▼ 数概念~ (4, 0.0%)

1 が発見, と対象, は之, を導入

▼ 数町先~ (4, 0.0%)

1 のもの, のよう, の上流, は見えず

▼ 数百そう~ (4, 0.0%)

1 の兵, の兵船群, の船, の船列

▼ 数百ページ~ (4, 0.0%)

1 にのぼる, にも印刷, にわたる反対意見, に及び

▼ 数百マイル~ (4, 0.0%)

1 にわたってこの, のかなた, はなれた, を隔て

▼ 数百万円~ (4, 0.0%)

2 の金 1 あるだろうと, を減ずる

▼ 数百年以前~ (4, 0.0%)

1 から信濃桜, にわが国, に天山山脈, の我々

▼ 数百石~ (4, 0.0%)

1 のお, の糧米, より数千石, を出

▼ 数百米~ (4, 0.0%)

1 に及ぶ, のところ, の坑内, も下っ

▼ 数百貫~ (4, 0.0%)

1 の大石, の高値, を剰, 時に千貫

▼ 数知らず~ (4, 0.0%)

2 さきの 1 お始め, という報告

▼ 数知らぬ~ (4, 0.0%)

2 勲章肩じる 1 旅館が, 苦しき事

▼ 数知れずある~ (4, 0.0%)

1 が一々, という噂, のである, 旅行者の

▼ 数等上~ (4, 0.0%)

1 である, であれば, ですが, のよき

▼ 数箇月前~ (4, 0.0%)

2 に既に 1 のこと, まではこの

▼ 数線陣地~ (4, 0.0%)

1 である, となりました, の思想, の考え

▼ 数~ (4, 0.0%)

1 があれ, に致せ, に較べ, は警察官

▼ 数連続体~ (4, 0.0%)

3 の導入 1 に就い

▼ 数~ (4, 0.0%)

1 などで栃木県, の中心, の地, を領す

▼ 数馬氏~ (4, 0.0%)

1 からちゃんと, が野呂氏, は十八万円, は日光

▼ 数~ (3, 0.0%)

2 可き 1 可からず

▼ 数うべ~ (3, 0.0%)

2 からざる 1 からずと

▼ 数うべく~ (3, 0.0%)

1 まばらなる, もあらぬ, 明るくし

▼ 数かく~ (3, 0.0%)

1 の如し, の歌, よりもはかなき

▼ 数すく~ (3, 0.0%)

1 ない婦人作家, ない小, ない雑誌

▼ 数すでに~ (3, 0.0%)

1 一万ちかく, 数百に, 明なりと

▼ 数その~ (3, 0.0%)

1 ほか事態は, 物は, 蓑に

▼ 数そのもの~ (3, 0.0%)

1 があ, に一向, の要求

▼ 数だけしか~ (3, 0.0%)

1 なく寺院中, 居らないと, 探偵小説は

▼ 数だけに~ (3, 0.0%)

1 分裂し, 加わるよう, 重きを

▼ 数だろう~ (3, 0.0%)

1 からとても, がドダイ安房, と思う

▼ 数とり~ (3, 0.0%)

1 の珠, をした, をせね

▼ 数ながら~ (3, 0.0%)

1 ずいぶん感じ, 小幡民部という, 語に

▼ 数なども~ (3, 0.0%)

1 あったの, 問題に, 実際の

▼ 数なら~ (3, 0.0%)

1 でなに, ばいと, ば身

▼ 数に関する~ (3, 0.0%)

1 妙な, 統計についても, 統計的調査に

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 其要領を, 大声を, 散歩したる

▼ 数ひき~ (3, 0.0%)

1 の大, の小, の巨大

▼ 数ふべく~ (3, 0.0%)

2 もあらず 1 大波小波磯を

▼ 数へしも~ (3, 0.0%)

3 二の

▼ 数へながら~ (3, 0.0%)

1 其れ, 本当に嫌, 歩いて

▼ 数へは~ (3, 0.0%)

1 しない, しなかつたで, ひること

▼ 数ほとんど~ (3, 0.0%)

1 はかるべからず, 五百人に, 限りない

▼ 数ほどの~ (3, 0.0%)

1 皺も, 相手の, 蕈を

▼ 数までが~ (3, 0.0%)

1 ちゃんとわかる, わかるほど, 似たりも

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 つつ妹, つつ妹待, ながら

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 初めてちょうど今日, 初めてちようど, 初めてちようど今日

▼ 数をかぞ~ (3, 0.0%)

1 へたり, へて, へる

▼ 数カ条~ (3, 0.0%)

1 あるが, にすぎず, を御

▼ 数コマ~ (3, 0.0%)

1 が白紙, に亘っ, に描き分けた

▼ 数センチ~ (3, 0.0%)

1 くらいのもの, の超, もはなれ

▼ 数パーセント~ (3, 0.0%)

1 という有様, の賃金切下げ, を一時的

▼ 数万個~ (3, 0.0%)

1 はあるであろう, もある, を数える

▼ 数万坪~ (3, 0.0%)

1 のみどり, の大, の雪

▼ 数万数十万~ (3, 0.0%)

1 が左右, の読者, 最も多き

▼ 数人前~ (3, 0.0%)

1 の仕事, の食, の食事

▼ 数倍数十倍~ (3, 0.0%)

1 にまさる, に上る, に昂騰

▼ 数億人~ (3, 0.0%)

1 にのぼる, の生物, を数

▼ 数分のあいだ~ (3, 0.0%)

1 あのいやらしい, にふたり, に沈み切った

▼ 数分間前~ (3, 0.0%)

1 に池, まで平和, もしくはその

▼ 数十カ所~ (3, 0.0%)

2 において欺き取りし 1 から起った

▼ 数十ページ~ (3, 0.0%)

1 から数百ページ, ことごとく書き下し, の記述

▼ 数十万部~ (3, 0.0%)

1 がプロ, をうりつくし, を売り尽した

▼ 数十代~ (3, 0.0%)

1 の余光, の努力, の血統

▼ 数十代宮廷~ (3, 0.0%)

1 をめぐ, をめぐって仕え, をめぐつ

▼ 数十億年~ (3, 0.0%)

1 に亘るべき, の長時間, もすみなれた

▼ 数十句~ (3, 0.0%)

1 あつた, に過ぎなかった, の訳

▼ 数十哩~ (3, 0.0%)

1 に達する, の地, を一日

▼ 数十斤~ (3, 0.0%)

1 とを持っ, を用意, を要する

▼ 数十曲~ (3, 0.0%)

1 の傑出, の珠玉篇, をひい

▼ 数十段~ (3, 0.0%)

1 すぐれた女, のお, を積み重ねた

▼ 数十町歩~ (3, 0.0%)

1 を小作人, を烏有, 深さ幾丈

▼ 数十葉~ (3, 0.0%)

1 こしらえて, は何れ, を蒐集

▼ 数十首~ (3, 0.0%)

1 の短歌, を得たれ, を拝読

▼ 数千ぞう~ (3, 0.0%)

1 と称え, の兵船, は室

▼ 数千ポンド~ (3, 0.0%)

1 の懸賞金, の金, の高価

▼ 数千万年~ (3, 0.0%)

1 か数百万年, の久しき, もの大昔

▼ 数千丈~ (3, 0.0%)

1 の断崖, の谿谷, 高き岩

▼ 数千名~ (3, 0.0%)

1 にも上る, の一人, はあらう

▼ 数千哩~ (3, 0.0%)

2 を隔てた 1 も我々

▼ 数千地涌~ (3, 0.0%)

3 の菩薩

▼ 数千巻~ (3, 0.0%)

1 の書籍, を曝す, を蔵する

▼ 数千数百~ (3, 0.0%)

1 の人々, の人間, の群衆

▼ 数千枚~ (3, 0.0%)

1 の富札, の新聞紙, の海狸

▼ 数千株~ (3, 0.0%)

1 になつ, の杜鵑花, めぐれり

▼ 数千町歩~ (3, 0.0%)

1 の新田, の田園, の畑地

▼ 数千羽~ (3, 0.0%)

1 の七面鳥, の烏, の鳩

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 の咯血, を糊する, 及びその

▼ 数名相~ (3, 0.0%)

1 会して, 会し種々, 集まりて

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 あり, ならんで, 並んで

▼ 数少き~ (3, 0.0%)

1 わが歌, 年少詩人の, 線において

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 と金峰山以西, の頂, 青し

▼ 数~ (3, 0.0%)

2 の終末 1 の府

▼ 数~ (3, 0.0%)

2 の山水 1 のみなり

▼ 数年ごと~ (3, 0.0%)

1 に取り替えね, に新しく, に直輸入

▼ 数年以来~ (3, 0.0%)

1 初めて彼, 変らぬ親愛, 聞かないよう

▼ 数年前京都~ (3, 0.0%)

1 の医家永井朋吉氏方, の嵐山, の烏丸光広

▼ 数年間一度~ (3, 0.0%)

2 も酒杯 1 もその

▼ 数年間自分~ (3, 0.0%)

1 が生活, としては実直, は写真

▼ 数日うち~ (3, 0.0%)

1 か少なくとも, にと答えさせた, に事態

▼ 数日それ~ (3, 0.0%)

1 がし, に奔命, を読ん

▼ 数日らい~ (3, 0.0%)

1 の兄者, の湘南, の難局

▼ 数日内~ (3, 0.0%)

1 に一代集, に毛, に絶食

▼ 数日分~ (3, 0.0%)

1 の新聞, の米, の薪材

▼ 数日床~ (3, 0.0%)

1 につい, に就いた, の中

▼ 数日後二人~ (3, 0.0%)

1 の行進, はひそか, は中央線

▼ 数日私~ (3, 0.0%)

1 の省察, の精神, の陥っ

▼ 数日間旅行~ (3, 0.0%)

1 するを, をした, をする

▼ 数日間私~ (3, 0.0%)

1 の料理人, はやさしく, は陶器

▼ 数月間~ (3, 0.0%)

1 というもの, を閉じ, 留めて

▼ 数有る~ (3, 0.0%)

1 が如く, に似, 大構

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 に分かれた, のきちんと, の光

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 の借家, を所有, 建つて

▼ 数歩前進~ (3, 0.0%)

1 した或, して, すると

▼ 数歩向う~ (3, 0.0%)

1 に河岸, の窓, へ過ぎ

▼ 数段上~ (3, 0.0%)

2 にある 1 へもどった

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 いろいろの, の区別, の渓流

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 の紅白旗, の黒, の黒赤

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 の総, を重ね, を重ねた

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 など打て, のやう, を買はん

▼ 数甚だ~ (3, 0.0%)

1 多からざる, 少なかった, 少なしと

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 になった, になつたの, ひに

▼ 数町四方~ (3, 0.0%)

1 に拡がっ, を代官原, を囲った

▼ 数百キロ~ (3, 0.0%)

1 の波濤, の高空, も離れた

▼ 数百フィート~ (3, 0.0%)

1 の怪蛇, も吹きあがる, 進んで

▼ 数百千年~ (3, 0.0%)

1 に亘る, の落葉つもり, 養い得たる我日本武士

▼ 数百台~ (3, 0.0%)

1 の攻撃ロケット艇, の爆撃機, の組立中

▼ 数百回~ (3, 0.0%)

1 のスコップ, の余震, も演ぜられる

▼ 数百巻~ (3, 0.0%)

1 の著述, を成し, を遺した

▼ 数百年以来~ (3, 0.0%)

1 のこと, 徐々に醸され, 続いて

▼ 数百歳~ (3, 0.0%)

1 にし, の後, 経ても

▼ 数百篇~ (3, 0.0%)

1 の捕物小説, をこえる, 固より

▼ 数百言~ (3, 0.0%)

1 にも, を費やさなけれ, 御指摘

▼ 数百輛~ (3, 0.0%)

2 の車 1 作らせた

▼ 数百頁~ (3, 0.0%)

1 にも印刷, の書物, むさぼれますし

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 おいしい, けろりと平らげる, を重ねる

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 の若い, をことごとく, を加え

▼ 数箇処~ (3, 0.0%)

1 あって, に文身, 掘出返し

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 に亘つて, の高, も高く

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 に及び, の人, の兵

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 の白い, の薔薇, は綻び始め

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 の大砲, を据え付けた, を過ぎ

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 が現存, に何, の琵琶

▼ 数~ (3, 0.0%)

1 の人声, の変化, を被せ

▼ 数~ (3, 0.0%)

2 ありと 1 ありて

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 ごく少, また小

▼ 数あっ~ (2, 0.0%)

1 てもおよそ, て永

▼ 数あれ~ (2, 0.0%)

1 どつつがなく, ど石

▼ 数いる~ (2, 0.0%)

1 のである, んです

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 ほき星, ほき罪

▼ 数かも~ (2, 0.0%)

1 しれずまたは, 知れない

▼ 数すなわち~ (2, 0.0%)

1 それの, もしも雨戸

▼ 数せき~ (2, 0.0%)

1 の御, の船

▼ 数たら~ (2, 0.0%)

1 ざると, ざるとは

▼ 数だけが~ (2, 0.0%)

1 われより, 無かった

▼ 数だった~ (2, 0.0%)

1 よ, 領下の

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 やありません, やろとお

▼ 数であっ~ (2, 0.0%)

1 てそれで, てはならない

▼ 数であろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思われる

▼ 数でございます~ (2, 0.0%)

1 からそう, な

▼ 数でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, なかった

▼ 数でした~ (2, 0.0%)

1 からどうして, よ

▼ 数でない~ (2, 0.0%)

1 ことを, 時間が

▼ 数といふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, 点で

▼ 数ときたら~ (2, 0.0%)

2 三百でも

▼ 数とに~ (2, 0.0%)

1 いたりては, 比較する

▼ 数などが~ (2, 0.0%)

1 落ちた形, 赤インキで

▼ 数などに~ (2, 0.0%)

1 しても, 敏感な

▼ 数などは~ (2, 0.0%)

1 どうでも, 之と

▼ 数なり~ (2, 0.0%)

1 と仰, 実質なりが

▼ 数にあたる~ (2, 0.0%)

2 珠を

▼ 数にの~ (2, 0.0%)

2 ぼつて

▼ 数にはは~ (2, 0.0%)

1 ひつて, ひりません

▼ 数によ~ (2, 0.0%)

1 つて家族の, つて決定される

▼ 数により~ (2, 0.0%)

1 一粁当りに, 十二本よりとか

▼ 数に関しては~ (2, 0.0%)

1 ほんの推測, 全く正当

▼ 数はなはだ~ (2, 0.0%)

1 多かり, 少なくし

▼ 数ばかりは~ (2, 0.0%)

1 いくらか揃え, 多い婦人代議士

▼ 数ばかりを~ (2, 0.0%)

1 ふやしたところ, 誇りとして

▼ 数へてから~ (2, 0.0%)

1 でないと, 小さいの

▼ 数へては~ (2, 0.0%)

1 たのしみに, 少女と

▼ 数へも~ (2, 0.0%)

1 せず鷲掴み, 入らぬ詰らぬ身分

▼ 数ほどかぞ~ (2, 0.0%)

2 へても

▼ 数ほども~ (2, 0.0%)

1 多い子供, 首なき

▼ 数もみ~ (2, 0.0%)

1 くだきはては, くだき真言秘密

▼ 数キロメートル~ (2, 0.0%)

1 の広, の距離

▼ 数センチメートル~ (2, 0.0%)

1 の長い, の高

▼ 数フロリン~ (2, 0.0%)

1 の金, を酒

▼ 数マイルごと~ (2, 0.0%)

1 に車, に馬

▼ 数リーグ~ (2, 0.0%)

1 の遠き, ばかりのところ

▼ 数~ (2, 0.0%)

2 知ラズ

▼ 数ヵ処~ (2, 0.0%)

1 に文字, もある

▼ 数ヵ月後~ (2, 0.0%)

1 その村, の其

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の祈, の突起物

▼ 数ヶ町~ (2, 0.0%)

2 かけての

▼ 数一人~ (2, 0.0%)

1 につき一〇〇円, 減る

▼ 数丁さき~ (2, 0.0%)

1 で駕籠, の作家クラブ

▼ 数万ドル~ (2, 0.0%)

1 の委託研究費, もかかる

▼ 数万両~ (2, 0.0%)

1 の額, をやはり尽く

▼ 数万倍~ (2, 0.0%)

1 に増加, の子

▼ 数万年以前~ (2, 0.0%)

1 いまだ猿, にゴリラ

▼ 数万本~ (2, 0.0%)

1 が飜, も用意

▼ 数万言信長~ (2, 0.0%)

2 の大軍

▼ 数万語~ (2, 0.0%)

1 で煽ろう, の説明

▼ 数万里外~ (2, 0.0%)

2 の天

▼ 数丈下~ (2, 0.0%)

1 の海中, の道路

▼ 数世紀以前~ (2, 0.0%)

1 に作られた, に白骨

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 並叙法から, 並叙法が

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 を知る, を聞いた

▼ 数二十~ (2, 0.0%)

1 に一本宛, は下るまい

▼ 数五十~ (2, 0.0%)

1 である, の村落

▼ 数人それ~ (2, 0.0%)

1 も海, を救

▼ 数人一人~ (2, 0.0%)

1 の武士, の長兵衛

▼ 数人分~ (2, 0.0%)

2 の役

▼ 数人相~ (2, 0.0%)

2 集まりおのおの

▼ 数人私~ (2, 0.0%)

1 にけしかけまし, は足

▼ 数人笛~ (2, 0.0%)

2 を吹く

▼ 数仕事天道様~ (2, 0.0%)

1 が智慧, が知恵

▼ 数代数十代~ (2, 0.0%)

1 に亘り, の努力

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 があまり, の順

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 が光明, よりも一層

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の米, も神前

▼ 数個所~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, を択んだ

▼ 数個月~ (2, 0.0%)

1 も遊ん, を送った

▼ 数億年~ (2, 0.0%)

1 乃至数十億年, 乃至数百億年

▼ 数光り~ (2, 0.0%)

1 つつ, 電線は

▼ 数分の~ (2, 0.0%)

2 あひだ

▼ 数分の後彼~ (2, 0.0%)

1 の左手, はまた

▼ 数分の間犬~ (2, 0.0%)

1 の格好, の格巧

▼ 数分以上~ (2, 0.0%)

1 つ, 続くこと

▼ 数分間ごそごそ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 数分間私~ (2, 0.0%)

1 はじっと, も負けず

▼ 数分間苦悶~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 で一人百円, の割増し

▼ 数十か所~ (2, 0.0%)

1 から発火, でほとんど同時に

▼ 数十そう~ (2, 0.0%)

1 がいちどに, が一列

▼ 数十万個~ (2, 0.0%)

1 から数百万個, にも達する

▼ 数十万年前~ (2, 0.0%)

1 のその, の人間

▼ 数十万年後~ (2, 0.0%)

2 の今日

▼ 数十万種~ (2, 0.0%)

1 の動植物, の生物

▼ 数十人生活~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 数十代前~ (2, 0.0%)

1 からの大人, から続い

▼ 数十例~ (2, 0.0%)

1 を報告, を挙げ

▼ 数十個所~ (2, 0.0%)

2 の唱門

▼ 数十億~ (2, 0.0%)

1 の人民, の人類

▼ 数十億円~ (2, 0.0%)

1 にもなろう, の金

▼ 数十元~ (2, 0.0%)

1 より高い, を進物

▼ 数十分後~ (2, 0.0%)

1 に不審, に犯人

▼ 数十団~ (2, 0.0%)

1 など征, のどよめく

▼ 数十基~ (2, 0.0%)

1 とも知れぬ, の燭台

▼ 数十年以前~ (2, 0.0%)

1 に異国, に蘭山

▼ 数十挺~ (2, 0.0%)

1 のピストル, 打ち放し候えども

▼ 数十旒~ (2, 0.0%)

1 の営旗, の白旗

▼ 数十旒風~ (2, 0.0%)

2 に吹き流れ

▼ 数十日ぶり~ (2, 0.0%)

1 に長文, の明る

▼ 数十時間~ (2, 0.0%)

1 かけて, のうち

▼ 数十株~ (2, 0.0%)

1 の楊柳, 今有梨坂

▼ 数十株点綴~ (2, 0.0%)

2 する間

▼ 数十機~ (2, 0.0%)

1 という情報, の編隊がわり

▼ 数十歩前~ (2, 0.0%)

1 において人語, へ出た

▼ 数十海里~ (2, 0.0%)

1 か数百海里, を距

▼ 数十百種~ (2, 0.0%)

2 に上るであろう

▼ 数十百部~ (2, 0.0%)

1 の小説, の小説本

▼ 数十箇~ (2, 0.0%)

1 の酒, を作らせ

▼ 数十米~ (2, 0.0%)

1 の高, も釣上げられ

▼ 数十粒~ (2, 0.0%)

1 がもしか, を舐っ

▼ 数十部~ (2, 0.0%)

1 の画帙画套, 即ち凡そ二千冊

▼ 数十里先~ (2, 0.0%)

1 の査涜, まで張松

▼ 数千トン~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 数千フィート~ (2, 0.0%)

1 の峻坂, の繩

▼ 数千ルーブリ~ (2, 0.0%)

1 ずつの私財, にのぼる死んだ

▼ 数千万キロワット時~ (2, 0.0%)

1 の電力, の電力増加

▼ 数千両~ (2, 0.0%)

1 の財産, の銀

▼ 数千人声~ (2, 0.0%)

1 つなみ, を揃え

▼ 数千台~ (2, 0.0%)

1 の木牛流馬, の自動車

▼ 数千字~ (2, 0.0%)

1 をつらね, を終り

▼ 数千年後~ (2, 0.0%)

1 に太平洋, の今日

▼ 数千年来人間~ (2, 0.0%)

1 におどかされ, の脳

▼ 数千戸~ (2, 0.0%)

1 の商店, を焼き払い

▼ 数千条~ (2, 0.0%)

1 の互に, の路

▼ 数千歳~ (2, 0.0%)

1 を以て一歳, を経た

▼ 数千点~ (2, 0.0%)

1 あるべくいずれ, も集まる

▼ 数千疋~ (2, 0.0%)

1 の大群, の小

▼ 数千百篇~ (2, 0.0%)

2 の泰西詩

▼ 数千米~ (2, 0.0%)

1 にも及ぶ, のところ

▼ 数千軒~ (2, 0.0%)

1 の家, の津

▼ 数千頭~ (2, 0.0%)

1 かためて, を飼育

▼ 数又は~ (2, 0.0%)

1 成育期間の, 点

▼ 数及び~ (2, 0.0%)

1 一位の, 配列などを

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の大, もつて

▼ 数名それ~ (2, 0.0%)

1 に混, に随従

▼ 数名酒間~ (2, 0.0%)

2 を斡旋

▼ 数回回転~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ 数回小回転~ (2, 0.0%)

1 ののち, の後

▼ 数回目~ (2, 0.0%)

1 の厠, の巡拝

▼ 数回観測~ (2, 0.0%)

1 されたが, すること

▼ 数回試験~ (2, 0.0%)

2 を施したる

▼ 数回面会~ (2, 0.0%)

1 し一八〇一年二月十六日, を重ね

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の守護, を領する

▼ 数坂峠~ (2, 0.0%)

1 という山, を越し

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 ではまるで, を失い

▼ 数婦人~ (2, 0.0%)

2 の像

▼ 数学者~ (2, 0.0%)

1 だったソーニャ・コ, なればこそ

▼ 数小節~ (2, 0.0%)

1 が私, をピアノ

▼ 数尺下~ (2, 0.0%)

1 の所, の支根

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 が見え, が見える

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 と睨めっ, を貰

▼ 数常に~ (2, 0.0%)

1 勝たず, 幾十人あり

▼ 数年今~ (2, 0.0%)

1 では乾葡萄, は電車通り

▼ 数年以上~ (2, 0.0%)

1 の操觚, も主義

▼ 数年以前彼~ (2, 0.0%)

1 の前途, の心

▼ 数年住~ (2, 0.0%)

1 でいる, 馴れて

▼ 数年前アメリカ~ (2, 0.0%)

1 から輸入, へ行っ

▼ 数年前ドイツ~ (2, 0.0%)

2 がライン進駐

▼ 数年前上州花咲峠~ (2, 0.0%)

2 の奥

▼ 数年前久しぶり~ (2, 0.0%)

1 でロンドン, で十二円

▼ 数年前信濃~ (2, 0.0%)

1 の山, の猟師

▼ 数年前妻~ (2, 0.0%)

1 に死なれ, を喪っ

▼ 数年前彼~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 数年前日本~ (2, 0.0%)

1 でブルジョア女性解放運動, の社会経済

▼ 数年前有名~ (2, 0.0%)

1 な, な生理学者

▼ 数年前父~ (2, 0.0%)

1 がおぼれた, が夕涼み

▼ 数年前物故~ (2, 0.0%)

1 した婆さん, した細川風谷

▼ 数年前英国~ (2, 0.0%)

1 にて下院, のノルマン・エンゼル

▼ 数年彼~ (2, 0.0%)

1 と威, の独慎

▼ 数年後東京~ (2, 0.0%)

1 に開かう, へまい戻っ

▼ 数年来これ~ (2, 0.0%)

1 ほど戯曲, をくり

▼ 数年来わたくし~ (2, 0.0%)

1 は宿痾, を後援

▼ 数年来市区改正~ (2, 0.0%)

2 と称する

▼ 数年来心~ (2, 0.0%)

1 に溜っ, を用いた

▼ 数年来文学~ (2, 0.0%)

1 が転々, の世界

▼ 数年来鬱積沈滞~ (2, 0.0%)

1 せるもの頃日, せる者頃日

▼ 数年私~ (2, 0.0%)

1 は七夕, は思惟

▼ 数年経過~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 数年誰~ (2, 0.0%)

1 も来ないらしく, も見かえる

▼ 数年鍛錬~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 数年間伸子~ (2, 0.0%)

1 はどんなに, は素子

▼ 数年間年~ (2, 0.0%)

1 から年中, に一二度

▼ 数年間秋~ (2, 0.0%)

2 深くなる

▼ 数年非常~ (2, 0.0%)

2 に悪い

▼ 数幾つ~ (2, 0.0%)

1 だって構, といふこと

▼ 数幾万~ (2, 0.0%)

1 なるを, にのぼった

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 を分かち, を望見

▼ 数弓師親子~ (2, 0.0%)

2 も参りたる

▼ 数形式型~ (2, 0.0%)

1 といっ, の人達

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 にわかれ, に分れ

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 ずつの銃, の猟銃

▼ 数日がかり~ (2, 0.0%)

1 でシサイ, で運び去った

▼ 数日ここ~ (2, 0.0%)

1 に構え込ん, に泊っ

▼ 数日以来~ (2, 0.0%)

1 の疲労, 激しい発熱

▼ 数日前お嬢さん~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 数日前ここ~ (2, 0.0%)

1 の岸, の林

▼ 数日前自分~ (2, 0.0%)

1 が胆吹山, の屋敷

▼ 数日失踪~ (2, 0.0%)

1 したま, したまま女房

▼ 数日姿~ (2, 0.0%)

1 をみせない, を現

▼ 数日後少女~ (2, 0.0%)

2 から手紙

▼ 数日後東京~ (2, 0.0%)

2 から電報

▼ 数日後自分~ (2, 0.0%)

1 の子供, の楽しみ

▼ 数日数夜~ (2, 0.0%)

1 かくまった, を通らなけれ

▼ 数日数時間~ (2, 0.0%)

1 しかもたぬ, の後

▼ 数日日~ (2, 0.0%)

2 が山

▼ 数日来風邪気~ (2, 0.0%)

1 だと, で悩ん

▼ 数日海岸~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 数日私達~ (2, 0.0%)

2 は一向

▼ 数日経過~ (2, 0.0%)

2 したある

▼ 数日間病床~ (2, 0.0%)

1 にひきこもっ, に呻吟

▼ 数日間食事~ (2, 0.0%)

1 をし, をとる

▼ 数日間食物~ (2, 0.0%)

1 が入らず, で養われた

▼ 数時代~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ 数時間のち須々木乙彦~ (2, 0.0%)

2 は内幸町

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 を引き, を閲し

▼ 数月掛~ (2, 0.0%)

1 かってその, かって儲けた

▼ 数本束~ (2, 0.0%)

1 にし, になった

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の公約, を微塵

▼ 数極めて~ (2, 0.0%)

1 少きを以て, 少なしやや

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 が埋められ, を埋めてる

▼ 数次第に~ (2, 0.0%)

1 取り進んだ, 増加する

▼ 数歩あと~ (2, 0.0%)

1 からついて行った, へもどった

▼ 数歩うしろ~ (2, 0.0%)

1 の所, へとびのい

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の星霜, 有母仍在

▼ 数段下~ (2, 0.0%)

1 じゃ, へ降り

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の地点, の遠

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 はりゆく星, へぬ

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 に入る, 御開き

▼ 数無き~ (2, 0.0%)

1 が如し, に似たれ

▼ 数無慮~ (2, 0.0%)

1 五百名それに, 百二三十万にも

▼ 数画く~ (2, 0.0%)

1 よりも儚き, よりも儚き恋し

▼ 数百カロリー~ (2, 0.0%)

1 で済む, 優って

▼ 数百ヤード~ (2, 0.0%)

1 にし, の間軌道

▼ 数百万平方キロ~ (2, 0.0%)

2 の大洋

▼ 数百万貫~ (2, 0.0%)

1 といふ塩, の物

▼ 数百万部~ (2, 0.0%)

1 というの, の雑誌

▼ 数百冊~ (2, 0.0%)

1 となり, の雑書

▼ 数百坪~ (2, 0.0%)

1 に亘る, の植木

▼ 数百尾~ (2, 0.0%)

2 の銀狐

▼ 数百挺~ (2, 0.0%)

1 の弓, 打ち放し候ところ

▼ 数百斤~ (2, 0.0%)

1 のラスク, の油

▼ 数百機~ (2, 0.0%)

1 が幾つ, が東京

▼ 数百海里~ (2, 0.0%)

1 にわたり深, の円

▼ 数百点~ (2, 0.0%)

1 の器物, の日本画

▼ 数百町歩~ (2, 0.0%)

1 に渡る, の土地

▼ 数百群~ (2, 0.0%)

2 を成す

▼ 数百行~ (2, 0.0%)

1 は読み得た, を費し

▼ 数百部~ (2, 0.0%)

1 の雑誌, を調製

▼ 数百隻~ (2, 0.0%)

1 がキンギン国, の石船

▼ 数百題~ (2, 0.0%)

2 に上りました

▼ 数百首~ (2, 0.0%)

1 の短歌, を発表

▼ 数的一~ (2, 0.0%)

1 ではない, ではなくし

▼ 数的分子~ (2, 0.0%)

1 たるabcd, はまだきわめて

▼ 数的構造~ (2, 0.0%)

1 に射影, を存在

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の主管, を席捲

▼ 数瞬間~ (2, 0.0%)

1 にその, は緊張

▼ 数知れなかった~ (2, 0.0%)

1 という, とも申し

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 に上っ, に上つて

▼ 数秒前~ (2, 0.0%)

1 になる, までは正気

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 居て, 読まなければ

▼ 数種ほか~ (2, 0.0%)

2 に朝顔十四鉢

▼ 数箇国~ (2, 0.0%)

1 の町村, をきり

▼ 数箇月後~ (2, 0.0%)

1 にジュスチーヌ, までも病床

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 と長年, にたけ

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の砲弾, を価

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の豆, の錠剤

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 に述べ, を選ん

▼ 数繰り~ (2, 0.0%)

1 ながら十兵衛, ながら十兵衞

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 に関する彼女, は

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 のいのち, の中

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 るしく減ずるに, を最も屡々

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の列車, の貨車

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 が送られ, の謎語

▼ 数週後~ (2, 0.0%)

1 にその, に獲物

▼ 数週間以来~ (2, 0.0%)

1 課せられて, 離れたこと

▼ 数週間彼~ (2, 0.0%)

1 に言葉, はまったく

▼ 数週間病床~ (2, 0.0%)

2 に就かれた

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の同書, の喪失

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の盆栽, はある

▼ 数間前~ (2, 0.0%)

1 にある, を肩

▼ 数間彼方~ (2, 0.0%)

1 の草原, の釣堀

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 の家, の立派

▼ 数露里~ (2, 0.0%)

1 の広, をデモ

▼ 数項目~ (2, 0.0%)

1 が加えられ, が既に

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 が既に, をしまおう

▼ 数~ (2, 0.0%)

1 であった, である

▼ 数高く~ (2, 0.0%)

1 世界史と, 魚類の

▼ 数~ (2, 0.0%)

2 に限定

▼1* [2718件]

あかる蟻, 数あったのであろう, 数あつて一々, 数あまりあるほどの, 数ありましたが諸, 数あるらしいが夜, 数いく程も, 数いた時代も, 数いづれも夥し, 数いわれませんのん, 数うべきだというの, 数うべしとせ, 数うるごとく膝の, 数えんや無, 数おおく生れたの, 数おびただしく飼ひゐ, 数および実質が, 数かがりつつ, 数かぞへ南無妙法蓮華経かが, 数かたまりて瞳, 数かと思うと, 数からは出て, 数か国に分かれおり, 数か所に山火事, 数か所文意に関係, 数か所日本海の方, 数か月以前に結婚, 数か月以来いかなる不当, 数か月以来クリストフはだれ, 数か月以来不断の警戒的気持, 数か月以来内部の人数, 数か月以来彼の心, 数か月以来彼女の生命, 数か月以来積り積った恨み, 数か月分の借り, 数か月前李陵が都, 数か月四十二年四月に上京, 数か月滞在して, 数か月観察するよりも, 数か月間ヘヒトは一度, 数か月間彼を燃えたたし, 数か月間苦悶が消え, 数か村の代官, 数がちやんと, 数きけばねも, 数くらい漫歩し, 数くらいの家族も, 数ぐらい知って, 数ぐらいはまたたく間に, 数この軍を, 数こまも離れた, 数これを試みし, 数舎弟の, 数さえも知って, 数さてそのあげく, 数さらにそれが, 数ざっと千五六百にも, 数あらめ自, 数しげくくり返されるよう, 数しらずあるのである, 数しらずころがっている, 数しらず鳴りわたる天鼓の, 数しらぬなげき, 数しらねば, 数しれずあってそれ, 数しれずとってさしあげました, 数しれずひそんでいよう, 数しれん負傷者は, 数すこぶる多いの, 数すすんで道化役, 数すべてで一千一百七十四名, 数すら心の, 数ふ世の中, 数そうに乗り別れる, 数そう前夜から高砂, 数その他の関係, 数その他これに類する, 数それが奥様, 数える程, 数ぞと問うと, 数たらしめなければ学問的, 数だけねなければ, 数だけもあって, 数だけを報じて, 数だらうこれや, 数ったらそれこそ, 数つどひつつ, 数暗に盛徳, 数であったらしいが彼女, 数でありまして殊に, 数であるらしく思うのが, 数でございましょうからおそらく, 数でさえあれば, 数でのしか, 数でもが多いゆえ, 数とかはそのよう, 数とで割ると, 数とでも申すべきもの, 数とによって著しく異なる, 数とに関する各種の, 数と共に秋の, 数どこそこまでの足数, 数ならぬめくら法師で, 数ならねどもこれ, 数なりといふべし, 数なりの語を, 数なりません落語家社会でも, 数なれば目前, 数なんぞ読んで, 数についてもまちまちな, 数にて渦巻の, 数にへえれねえやつ, 数にゃ入れられないと, 数によってはかられるが, 数に関して若干の, 数に関しての結論とは, 数のみを取扱って, 数はかの神, 数はちようどころ, 数はなはだしく減少した, 数ばかしを信用し, 数ばかりが殖えること, 数ばかりに気を, 数ばかりのことでない, 数ばかりも一年の, 数ひっくり返ってる塩入れなどが, 数ひとつで最後, 数可からず, 数ふえて梅雨, 数ふくに及ぶ, 数ふべからずいはんや万葉以外, 数ふべき胸を, 数へた事がありました, 数へた人はない, 数へた数かも知れない, 数へた片手を中, 数へつつ物怨めしき, 数へてのことで, 数へに最適した, 数へらるるまでになり, 数へられてゐる, 数へるならば次, 数へるらしい文句である, 数へをするわけ, 数へんと欲す, 数へん其時か, 数ほぼ二千名位ずつ, 数まことに五つなり, 数まさり綴れる見れば瑠璃, 数ましぬこずゑの, 数また深さ, 数まつたく任意, 数までにはあと三行しか, 数までも最小限度に, 数みがく子らが, 数みますと確か, 数み尽さうとする, 数み込んでゐた, 数むれば斯, 数もとより決して, 数もと二十八座とある, 数やら塩せんべいの, 数やらを書いて, 数ようように殖えまさり, 数よりはずつと多い人間, 数らしいので本船, 数らしく御門の, 数らしく出来ていた, 数命は, 数わかぬごと, 数わたくしのとおなじ, 数ゐるので, 数をとつた者には, 数インチつき出した横木, 数インチ下に長, 数インチ前後に動かす, 数インチ空中へ飛び上る, 数ウ沢山知つとるな, 数エテ三十三年後ニ忰ガコノヨウナ狂人ニナリコノヨウナ嫁ガ我ガ家ニ入リ込ムニ至ッタコトヲ, 数エテ何ノ益カアルト, 数エ年七十七歳デ喜寿, 数エ年十八九歳以上ハスベテ眉ヲ剃, 数オムレツカツレツビフテキ等々見るからに, 数カットプレイバックで畑, 数カット六さんが家, 数カット夕方は何, 数カット夕食後試写室で先日プレスコ, 数カット昼はムザン, 数カット皆サイレントである, 数カラットもあるずばぬけ, 数カ国を戦争, 数カ年の間, 数カ年僕は随分, 数カ村の青年たち, 数グラムのラジウム, 数ケ月間の試験, 数の茶壺, 数シリングの金, 数ステージをつとめる, 数セント鯖に似た, 数ツナギニ一群レヅツ札ヲツケテ, 数ドル出せば, 数ハッキリして, 数ハヴァライエティーニ富ンダ方ガイヽト云ウノデ毎日イロ, 数ハ前後八十名斗ニて蔵ハ八九度, 数フラン引き去ること, 数ブラブラ揺れながら, 数ヘテ之ヲ斬, 数ペエジの文章, 数ページ信用してる豪い, 数ポンド費やしたばかり, 数マイル切り下れた大, 数マイル間舟を曳いた, 数ミリほど振動, 数ミリメートルの内, 数メートル下に張っ, 数メートル先にほ, 数モ知レズソノ後オレガ諸国ヘ行ッタ時, 数ヲ増サムトスル現勢ニ鑑ミ本邦ニ於テ之ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学, 数ヵ国語に翻訳, 数ヵ年住んで, 数ヵ年以来と云っ, 数ヵ所広博の恩, 数ヵ所邸の裏山, 数ヵ月うちには着手, 数ヵ月ぶりでバンド, 数ヵ月ニューヨークへ出かけた, 数ヵ月以内に死亡, 数ヵ月以前観たドイツ, 数ヵ月兵馬も鍛え, 数ヵ月前富士男が失望湾, 数ヵ月前役人から受けた, 数ヵ月前昭和二年の二月, 数ヵ月前神近市子は, 数ヵ月振りだ, 数ヵ月浪士たちの世話, 数ヵ月準備したのち, 数ヵ月滞在の計画, 数ヵ月自分の気持, 数ヵ月葫芦谷に入っ, 数ヵ村は下野国, 数ヵ条の肝腎, 数ヶ処で似, 数ヶ処別々に生じた, 数ヶ国語に通じ, 数ヶ年を経た, 数ヶ年間にスカンジナヴィア, 数ヶ度の敗軍, 数ヶ所妻女が十七ヶ所, 数ヶ日の間, 数ヶ月あなた方は人目, 数ヶ月のちの事, 数ヶ月以前までは学生, 数ヶ月会はない, 数ヶ月余りにし, 数ヶ月前不得要領な訪問, 数ヶ月前医者坊主の山本志丈, 数ヶ月前名古屋に入り込み, 数ヶ月前植民政策についての学年末, 数ヶ月前横浜埠頭でハマ, 数ヶ月前結婚したの, 数ヶ月延期したかも, 数ヶ月彼女と同じ, 数ヶ月後に私, 数ヶ月後名古屋から箱, 数ヶ月後品川駅前の広場, 数ヶ月後妾達の東洋曲芸団, 数ヶ月来きまって一番, 数ヶ月毎晩死んだ妻, 数ヶ月血の出る, 数ヶ月門外にでず, 数ヶ月門外不出の勤労, 数ヶ月間毎日のやう, 数ヶ月間私は職, 数ヶ月間誰かが私, 数ヶ町村が同時に, 数ヶ間朽ち損ず修理, 数一七四〇〇に対して無, 数一万余黒焦げとなった, 数一万四千五百七十三棟僧侶の数, 数一万四千五百六十九件に比する, 数一千人余り各々涙, 数一千六百人ありと, 数一千六百六十人なり, 数一層増加する, 数一旦命尽き縛に, 数一昼夜に二万三千五百句, 数一百人あり, 数一聯とって, 数一般に下賜, 数丁どんぐり庵へは四丁, 数丁先へ行った, 数丁塀囲いの別, 数丁石と貝, 数丁隔たりたる停車場, 数七万六千五百六十人あり, 数七八つ二間ばかり奥, 数七千七百十四校あり, 数万キロの発電所, 数万キロメートルの距離, 数万両他に刀剣, 数万人共産党の内, 数万人呉の国力, 数万光年に相当, 数万円使い棄てて, 数万函の鴉片, 数万十数万という広い, 数万参詣の行き帰り, 数万台のトラツク, 数万字を徒ら, 数万射の矢, 数万尺と算, 数万崖地だけでも二万四千坪, 数万年後のいま白人種, 数万年数十万年乃至数百万年, 数万年来受けて, 数万年来変りなき大, 数万年間のピルグリメエジ, 数万意気堂々と, 数万戸にのぼる, 数万数億の白い, 数万歳を経つ, 数万殺到して, 数万法をなげうっ, 数万浬彼方の国, 数万燭の電燈, 数万町の山林, 数万町歩ニ達シ魚族斃死シ田園荒廃シ数十万ノ人民産, 数万石信雄の老職, 数万筆に及ぶ, 数万級各所の火災, 数万羽のロッペン鳥, 数万艘二引両四目結左巴に筋違い, 数万艘糧数百万を焚く, 数万貫の堆肥, 数万軍隊が出動, 数万部増刷したという, 数万部評論集十余万部が読まれ, 数万里域外に留まる, 数万頃の田, 数万首の歌, 数万首中当時私の見る, 数万騎猛者も多い, 数万騎見えもなく, 数丈上の梢, 数丈階段ヲ下, 数三万三千三百さるほどに爺, 数三三〇その長, 数三人ならば, 数三倍以上であるから, 数三四十隻であった, 数三百をもって数える, 数三百艘ありと, 数三間ほどの古びた, 数上大臣より下帯刀, 数世数百年回社会の事情, 数世相伝わり風, 数世紀前アイヌが全, 数世紀来それを糧, 数世紀来孤立して, 数世紀来影の中, 数世紀来必要上精力を消費, 数世紀来死滅してる恒星, 数世紀来田舎の一地方, 数世紀間ただ一人の日本人, 数世紀間分化によって進められ, 数世紀間外国に付属, 数世間経験の末発見, 数並びにそれらの, 数个所で唱, 数个所帝の御, 数个条の潜在, 数主並叙法とも言, 数乏しきやと問, 数乗馬幾匹定め以上, 数に至る, 数九〇七に対して無, 数二ツ一段低い処, 数二万姉川に来りし, 数二三十と思しき, 数二三十以下あるいは一二万以上, 数二十一畳天井には四十四枚, 数二十三にし, 数二十三枚だけの広, 数二十四五もある, 数二千五百艘搭載量二万七千四百石と唄, 数二千六百ページに余る, 数二千四百人ばかり堂宇, 数二千百五十八隊ありと, 数二四七七三三を控除, 数二畳ばかり隔てた, 数二百幅広く面積, 数二百一人に対して鰥夫, 数云つた如くであるが, 数云わずにっこりと, 数五万五千二百六十三棟僧侶の数七万六千五百六十人, 数五九七に対して無, 数五人とされ, 数五個になる, 数五千二百五十校にし, 数五枚となっ, 数五百と六十, 数五百以上に達す, 数人いずれも昨夜, 数人きりであったに, 数人それらを囲ん, 数人たづねて, 数人づつ或は交互, 数人づれの旅, 数人ウジャウジャとかたまっ, 数人ヴァン・タッセルの邸, 数人一組の男づれだったり, 数人一緒に落合, 数人上下より走り出, 数人下には水主, 数人中行伴の最多, 数人之を扛, 数人争闘せるもの, 数人位の団体, 数人作家同盟の婦人作家たち, 数人俄ごしら, 数人信長公にこの, 数人処刑されたとしても, 数人切符を買, 数人同室の同行, 数人命宇宙のふしぎ, 数人多く当選したこと, 数人宛でかため, 数人宛鰊汲み舟, 数人席にいた, 数人年配からいふ, 数人引致するに, 数人怪我をした, 数人患者の前, 数人悲鳴と共に殺到, 数人我々の投げ入れる, 数人新たに帰朝, 数人日つぎのみ子, 数人日本へ引, 数人明り木の火, 数人有之抔, 数人朝から般若経, 数人来叱看之, 数人案に対して書, 数人樹の下, 数人歴階し来りて, 数人毒矢に当たった, 数人滝口蔵人の輩, 数人火を囲み, 数人為結義社仮与, 数人煙草をくゆらせ, 数人猟犬となっ, 数人王の四位, 数人白状せしめること, 数人私たちの前, 数人立ち交って, 数人網釣竿黐竿その他の道具, 数人茅野雄は切り, 数人警察署へ出頭, 数人連れの旅, 数人遊びに来, 数人遺骸を奉じ, 数人鉢巻をし, 数人隊をなし, 数人随へり, 数の大, 数代丁寧に会釈, 数代南部信濃守と称し, 数代宮居を定められた, 数代家来になっ, 数代帝位の争い, 数代江戸生れで本当, 数代神妙に奉公, 数代簪纓の誉れ, 数代経過しここ, 数以上一一であった, 数以下にはなはだしく, 数以外のもの, 数に達する, 数件新聞紙上に現われた, 数へゆき, 数体温血圧その他いくつかの反応, 数何で小さい人智, 数何人なるかを, 数何百そのうち, 数信服者は悉く, 数個いずれも老若男女群れ, 数個中隊を最後, 数個冊数にすれ, 数個国の国語, 数個紙巻莨を入れたる, 数個買ふ, 数個食ひ座, 数倍上等だった, 数倍外に皆様, 数倍大胆に大股, 数倍数百倍もしくは数万倍, 数倍気持がいい, 数倍活気があっ, 数倍激烈なもの, 数倍難解でした, 数倍高価である紅葉, 数僅かに三十余万, 数僅少なるも, 数に逢う, 数億トン石炭に至っ, 数億ポンドの大金, 数億万の粒子, 数億万年以前に始められたる, 数億万年後に新しき, 数億光年の広, 数億円の予算, 数億年間に於ける, 数億而も仏, 数にも上る, 数八人その中七人, 数八六四に対して無, 数八十ありと, 数八十僧侶の数一百人, 数八十四枚水夫十六人飲み水十五石積, 数八千七百枚と承り, 数八千五百六人に対して穢多, 数八甲組廻了の数二十三, 数公式等はその, 数公既漸凋落, 数六〇のうち前回, 数六七十本向かい合わせて, 数六万姉川に来りし, 数六枚七枚十枚十二枚時には二十余種, 数六百万人これらを合計, 数六百二室という途方, 数六百八十余だったと, 数六百六十三首であるが, 数兵器の相違, 数兵理だけで, 数其歩合を計算, 数内状すべてに精通, 数円以上の御, 数冊ここには子供, 数冊コクランの, 数冊パンフレットがおかれ, 数冊売つて貰ふ, 数冊昭和十二年を最初, 数冊本箱の中, 数冊郵送の手続き, 数の書物, 数凡そ百五六十畳と云う, 数に桔槹井, 数分のあいだプリューシキンは一言, 数分のあいだ何か物思い, 数分のあいだ瞶めていた, 数分のあいだ私に役, 数分のちに実現, 数分のようだね, 数分の一に過ぎず, 数分の一米国に比し, 数分の休息と三片, 数分の労力を費し, 数分の彼女を今に, 数分の後シャンマティユーを免訴, 数分の後五人の男, 数分の後佃は改めて, 数分の後嗚咽と祈祷, 数分の後手錠をかけられ, 数分の後李人傑氏来る, 数分の後神経病少女はその, 数分の後私は姉, 数分の後私たちは街, 数分の後私たち三人は自動車, 数分の後義夫は診察室, 数分の後隣室に通ずる, 数分の忘我を誘う, 数分の格闘の後, 数分の沈黙の後, 数分の話ですむでしょう, 数分の近距離にあった, 数分の違いで七時半, 数分の間息を凝らし, 数分の間熱心に読み, 数分の間隙よりく, 数分の間静に立つ, 数分前新任されたばかりの, 数分後一つの林, 数分後一大音響と共に突如, 数分後彼女はやっと, 数分後我々は茶, 数分後戒壇院の重い, 数分後私は以前, 数分後私達はまるで, 数分後苅谷氏は探偵猫, 数分数十分のうち, 数分時前夢に渠, 数分時間の間, 数分時間内に生命, 数分時間馬を立て, 数分毎に張出, 数分程度の極, 数分経過しても, 数分肩をふるわせ, 数分警吏は令状, 数分間ごとに爆笑, 数分間そいつをつくづく, 数分間それを見まもっ, 数分間中座させて, 数分間彼は坐った, 数分間窓を通じて内外, 数分間親方はかれ, 数分間身動きもせず, 数分間面を畳, 数を入れた, 数制度により, 数もお待ち, 数剋後その修理, 数を帯び, 数加減乗除比例等の算術, 数労働婦人のいる, 数勘定して, 数包みて禿, 数匙彼女の口, 数匝遽にこれ, 数匹従者の二十人, 数匹猟ってきた者, 数で行, 数十ぺんくり返して, 数十キロメートルかなたの観測点, 数十キロ距った田舎, 数十センチに達し, 数十センチメートルの糸, 数十フィート稀れには, 数十ペん唱えた, 数十ヤードの幅, 数十ヵ村の田, 数十ヶ国皆栖人もなく, 数十ヶ所縫う様, 数十・数百万の人々, 数十丁一寸厚みの松板数十枚, 数十丁隔たりたる山, 数十万トンに対すれ, 数十万フランにはなるでしょう, 数十万ポンドの費用, 数十万ルーブリの真珠, 数十万両の金, 数十万余にて候, 数十万動員された, 数十万年前地球に住ん, 数十万方マイルはイギリス領, 数十万生霊の死命, 数十万町歩の山林, 数十万発の微小, 数十万肥馬無数糧草は山野, 数十万衆を整え, 数十万銭を儲けました, 数十万首の歌, 数十万騎馬あり徒歩, 数十丈遥か下の滝壺, 数十世を経過, 数十世紀後のわれら, 数十両に及んだ, 数十両数百両もかかる, 数十二十或るい, 数十五畳も敷けよう, 数十人いずれも鮮麗, 数十人京に江戸, 数十人吸上機の前, 数十人囲み壊りに, 数十人娘を大名, 数十人数百人の健康, 数十人数百人数千数万人の誠, 数十人歩列す, 数十人河内発向藤井寺に陣, 数十人異船へ乗り込み, 数十人絵具がベトベト, 数十人虎豹に乗り, 数十人警官の服, 数十人鎧兜抜き身の鎗, 数十人隊を為し, 数十人集つてかはる, 数十件の損害, 数十体まるで将棋, 数十俵薪が何百束, 数十個これでようやく, 数十個数百個と言, 数十倍以上の語, 数十倍利用のできる, 数十倍労力節約の機関, 数十倍娯楽道楽の方面, 数十倍応用の範囲, 数十倍数百倍にし, 数十億トンを必要, 数十億数百億の恒星, 数十党の力, 数十円のを数十枚, 数十円数百円に売買, 数十分の一以上のもの, 数十分の時間を其処, 数十分前に意気, 数十分言葉巧に当時, 数十分間巣鴨三田間を往復, 数十分間黙座するのみにて, 数十分飯梨川の上流, 数十合の青龍刀, 数十名ために糊口, 数十名ひそかに相, 数十名エキストラに借り, 数十名世界の文化史, 数十名今度はわれわれ, 数十名天城屋の内外, 数十名寄り集まったには, 数十哩東にソヴェト一, 数十回出入しても, 数十回往復した, 数十回継続されて, 数十回鳴門を渡りたる, 数十坪であった, 数十宇災す, 数十家所領の分布, 数十家族が集まっ, 数十容姿端正な若者, 数十対そのなか, 数十将におさしずあらせられた, 数十尺下の水, 数十層倍する猛烈, 数十層倍深刻な印象, 数十山を界, 数十巻連続ものなどが頗る, 数十巻連続物などになる, 数十幅以上を蒐集, 数十幅悉意に満たず, 数十年ごとに津浪, 数十年ごろ門人の門人たち, 数十年ぶりの現象, 数十年まれなこと, 数十年やつと一つ処, 数十年らいの六波羅政庁, 数十年今年の某, 数十年以来この室, 数十年其流れを汲む, 数十年前一輪車の怪, 数十年前三河国渥美郡田原町の青年, 数十年前伊豆熱海客中試みしこと, 数十年前冬期に当たり, 数十年前薩摩の甑島, 数十年封建の諸, 数十年山野を跋渉, 数十年庵の裡, 数十年役義を精励, 数十年後老いたる女乞食二人, 数十年後自分と同じ, 数十年所読唯一部傷寒論, 数十年振りにてひそか, 数十年数百年以来徐々に醸され, 数十年来あれ程目, 数十年来一度も欠かさなかった, 数十年来吉岡一門というもの, 数十年来同一趣旨の判例, 数十年来国語の問題, 数十年来経験せぬ冒険, 数十年来苦痛の歳月, 数十年来間隙なく持続, 数十年来首尾一貫して, 数十年泰平を誇った, 数十年演劇の革新, 数十年無事ならば, 数十年甚きは, 数十年経つて後にはヴォルテール, 数十年継続すること, 数十年間ここまで百難, 数十年間世界第一, 数十年間大学の仏文科教授, 数十年間寡婦として旧家, 数十年間議会と政界, 数十弓忽チ見ル一楼上人影紙障ニ, 数十張りの提灯, 数十戦戦って, 数十支里の田舎, 数十数百羽の鴉, 数十日前から浦賀, 数十日天雨を注がぬ, 数十日後に機会, 数十日我々の上, 数十日深刻な悩み, 数十日滞京して, 数十日炎暑旅情風月に奪, 数十日目に頭髪, 数十日荊州へ着く, 数十日間無害地の士君子, 数十時間後であろう, 数十本上下から互いに, 数十本数百本の夥しき, 数十本立列ね造り花, 数十本蔵して, 数十本道中ざし陣太刀, 数十束一度に併せ燃した, 数十枚切手が四十何銭, 数十枚残つてゐること, 数十棟並んで, 数十歩あともどりして, 数十歩丘の南, 数十歩先輩の熊本博士, 数十歩夢中で追った, 数十歩帝国ホテル側へ数十歩有楽座側, 数十歩有楽座側へ靴音, 数十海里南西のアブオス島, 数十点それに現金五千円, 数十版を重ね, 数十球のつながり, 数十疋群を成し, 数十百人或は屈せずし, 数十百倍こちらより上, 数十百枚になりぬ, 数十百篇に及んだ, 数十百講一講にし, 数十百輩満城奔波如湧, 数十百里の海, 数十矢もあれ, 数十社を数える, 数十秒間やっと眼, 数十程暁風残月入華清, 数十種刊行されて, 数十穹神田川の咽喉, 数十章の誹諧歌, 数十竿相摩戞, 数十等正確な事実, 数十等高級な生物, 数十粁の円陣, 数十粒清浄な形影, 数十組の骨牌, 数十聯の魅着, 数十茎を折っ, 数十荷の水, 数十行数百行は読み得た, 数十行書き並べアルファベット, 数十言もしくは数百言, 数十軒乗合の三十石船, 数十通拵らえ市会議員, 数十遍称えて, 数十遍禅定に入る, 数十郷の百姓, 数十里人能く窮むるなし, 数十里伊豆の出島十国峠, 数十里四方を縄張り, 数十里数百里を距, 数十里途上一江水は半江水, 数十里陣を退いた, 数十里隔った所, 数十里隔つる父母の死, 数十銭の所得, 数十間あとじさりを, 数十間うしろから立て続け, 数十間ケシ飛びました, 数十間先をとっ, 数十間変哲もない, 数十間真直に聳えた, 数十隻の船, 数十露里も離れた, 数十頁本文以外に海図, 数十頃あるが, 数十頃血に染み, 数十項に分けられる, 数十頭雑居して, 数十騎兵二千をつれ, 数十騎道誉千葉ノ介, 数千すべて三方からとりで, 数千エーカーの土地, 数千ドル何かに投資, 数千フィート級のもの, 数千ページの大冊, 数千マイルの旅, 数千万フランもする, 数千万人神輿を囲繞, 数千万年前に地球, 数千万年地球の不思議, 数千万挺の鉄砲, 数千万語手を挙げ, 数千万里の外, 数千万騎を以ても攻落, 数千二百票ばかりで敗れた, 数千仞の谷底, 数千仞下の谷間, 数千代の永い, 数千仭草木交も連なり, 数千何万の兵, 数千余兵船は海岸一帯, 数千俵の米, 数千個集まったいわゆる, 数千倍数万倍に増加, 数千億というところ, 数千億年の昔, 数千元を強奪, 数千八百となっ, 数千兵の戟, 数千円わしづかみに, 数千円位で出来るだろう, 数千分の一以下に下げる, 数千劫の功徳, 数千哩互を隔てられた, 数千回繰り返して, 数千尋に及ぶ, 数千巻買つて持つて, 数千年がかりで生んだ, 数千年伝承して, 数千年位の短時日, 数千年前支那の西域羅布, 数千年前非常の進歩, 数千年孤立して, 数千年数万年の間, 数千年数万年間のピルグリメエジ, 数千年来人類が築い, 数千年来太平の海波, 数千年来層一層の, 数千年来数億の人々, 数千年来発展し来った進路, 数千年来自然に親しみ, 数千年来陰陽五行の妄説, 数千年来鬼王丸の縄張り, 数千年経過して, 数千年間スカンジナビアに住居, 数千年間富と繁栄, 数千年間無数の騾, 数千度の訊問検討, 数千数万キロメートルの距離, 数千数万人の誠, 数千数万年のイノチ, 数千数万本が飜, 数千数百万の妻たち, 数千日の終り, 数千本用意して, 数千段である, 数千疾風のごとく追わせれ, 数千百のハーレム, 数千百字ヲ駢列スルモ, 数千百年ヲ歴タル物ハ多ク朽腐シ, 数千百年以来の習慣, 数千百年専制の政治, 数千石に至る, 数千種もいろいろ, 数千種類の美味, 数千米西の方, 数千粒の飾り玉, 数千緡が紛失, 数千蓮華の上, 数千言記憶が薄らいだ, 数千貫のかね, 数千載の上下, 数千通に達した, 数千里そこに氷, 数千里外の西洋諸国, 数千里数千年の旅, 数千里間行旅之人経歴数日乃過其下去之顧望, 数千門の大砲, 数千隊にふやし, 数千頁のユーカラ, 数の米, 数升白これを異, 数厳穴の趣, 数参り度参り, 数反歩燃えるやう, 数女が, 数取り人に対して何かと, 数句季のない, 数句拾ふ, 数句燕王に召出されし, 数台サイドカー附自働自転車一台, 数台一列になっ, 数台三十一番街に滑りこんだ, 数台整列しおりしも, 数台翼をやすめ, 数台部屋の隅, 数号前の, 数異の, 数各々一万一千を超え, 数合せに没頭, 数合わして六七十人, 数合わせみたいな, 数合太刀を合わす, 数名つきで改訂版, 数名もろ声あわせて, 数名ジェーブル伯邸にてシュザンヌ嬢, 数名一列に並ん, 数名一団となっ, 数名上陸いたし私儀, 数名下院議員に当選, 数名中に裸体, 数名仲間同志で会社, 数名列席するなり, 数名勲章までつけ, 数名協同して, 数名参加した, 数名同伴近日菊の花, 数名城外へ見せ, 数名女の子を連れ, 数名射殺したが, 数名岸近くの水中, 数名座に侍った, 数名彼等の夫人, 数名往来の中, 数名心斉橋の幡半, 数名戦傷三十七八名であったこと, 数名手に手, 数名採用とありました, 数名控え室に待っ, 数名日本よりの贈物, 数名本社に這入つ, 数名現場に出張, 数名監視反小原派, 数名私はあっ, 数名立会の上, 数名網をつくり, 数名船のほう, 数名花山校長それに二十数名, 数名負傷罹災者四百名中先日の大火, 数名車をしっかり, 数名近くに立っ, 数名連署して, 数名金を借り, 数名銃士わずかを, 数名門前や塀, 数名附添うて, 数名馳つけて, 数のごとき, 数品君林先生は清朝, 数品拝領其外近比八丈島二, 数噛む音の, 数も増す, 数の同志, 数四つばかりのごく, 数四つ五つも越えた, 数四万六千三百二十八噸甲板の延長五哩, 数四五十人呂宋兵衛のお流れ, 数四十であるのに, 数四十九箇村家数二千二百六十二軒の内, 数四千に近い, 数四四二票のうち, 数四百万人にてさらに, 数四百五十二件を計上, 数回くり返せども, 数回そこへ行った, 数回ガチャンガチャンと鳴らした, 数回ニ亙リ事, 数回リンクの縁, 数回万彦がやって来る, 数回両家のあいだ, 数回予は酒, 数回二階から降り, 数回会合を開いた, 数回体験した, 数回使用すべき注意, 数回出会つた, 数回出入りさせると, 数回分を一時, 数回前後に動かし, 数回反復の後, 数回反復熟読せしめた, 数回地質旅行に行っ, 数回地震があった, 数回大便は出ず, 数回大洪水がある, 数回天部の篤志家竹中, 数回妖怪屋敷に宿泊, 数回実戦の経験, 数回川を越し, 数回川上機関大尉に出くわし, 数回左のごとく唱うる, 数回師を聘し, 数回平野水を一口, 数回彼女はこんな, 数回応募した, 数回忠告した, 数回手紙や電報, 数回手術をうけた, 数回按摩をとった, 数回教えも受けた, 数回旅行せられて, 数回明日吹込である, 数回来泊して, 数回来診ヲ乞ウタコトガアリ顔, 数回柏木氏を訪れた, 数回標的にあてる, 数回歴史家の間, 数回氷を飲んだ, 数回河口に行っ, 数回法廷に立たね, 数回津軽海峡へ曳網旅行, 数回特選され数多, 数回発表されたし, 数回登山を企て, 数回相重なり数世相, 数回真綿の目標, 数回筑後守新井白石のきびしい, 数回経験して, 数回腸を断ち, 数回船また横動, 数回落ち会った, 数回蝋燭の芯, 数回被害地を往来, 数回詮議に来た, 数回謡の稽古, 数回車輪が回る, 数回邂逅った, 数回鐘塔に還っ, 数回門にぶつかっ, 数回開催し来った研究会, 数回間をおい, 数回雪が降る, 数回頼朝討伐の, 数回顔を合せた, 数回驟雨を送り来たる, 数待ち遠しげ, 数国家にわたって存在, 数に砂, 数坂峠大樹は生茂っ, 数坂越を幾度, 数の大, 数の所, 数には, 数型式を泛, 数を占領, 数耳, 数場所かけて, 数の馬鈴薯, 数増して果, 数増加せしとかや, 数に熱湯, 数声弦鳴りの音, 数声悲鳴が起こった, 数声降雹の大, 数声風笛離亭晩君向瀟湘我, 数の茶, 数して, 数多くこれありて, 数多数多い子供, 数夜後には六疋, 数夥しい侏儒の, 数大凡三十人許り全く, 数大学の教授達, 数大小諸宗を合わせ, 数大津迄人, 数大略二千そういう人物, 数太郎いまだ冠せず, 数夫婦共に住む, 数女児を喪, 数妻論の未だ, 数の滅茶苦茶, 数妾妻妾同居漸く慣れ, 数を生み, 数子房があっ, 数子釣りは鉤, 数あり何がな, 数学界の展望, 数学的なるやは, 数学科の教授, 数学者たちといい, 数学者コナンツ女史は支那数学研究, 数学者ストッフレルが再, 数学者並に作家, 数あり, 数家族があった, 数家族数十家族が集まっ, 数家連判をなし, 数寄る見れば, 数寸さし渡し一尺位の穴, 数寸口に八本, 数寸私は辛うじて, 数寸角の金属板, 数寸餝るに, 数対立した, 数射尽シテ切ツテ出テ働クヲ兄弟火花ヲチラシ, 数の後法然, 数物の数いかばかり, 数小気味はよい, 数かつた, 数少い手まわりのどこ, 数少く若い時は, 数い楽器, 数尺のへだて, 数尺上ののぞき, 数尺先はもう, 数尺根雪となっ, 数尺火の粉の空, 数尽き天下は, 数の後, 数層倍多くの暗示, 数層倍大規模のもの, 数層倍濃厚になった, 数層甚しい強圧, 数の事, 数山陽十往返山翠依然我白鬚, 数の青, 数峰岐峙するを, 数峰面に当る, 数して, 数を訪, 数巻寄贈し来り候, 数巻黄金百枚それに加え, 数市長の選挙, 数席数は初, 数にある, 数を買, 数の屍, 数平方ミリメートルぐらいの面積, 数平方メートルの舞台, 数平方メートル内の治外法権, 数年あとになる, 数年あまり私達は平和, 数年いまはただ, 数年がかりで待ちかまえ, 数年がけみされた, 数年さのみ近しい, 数年そこに草, 数年それ迄は知らなかった, 数年たつ間に多, 数年たんれん致し候間, 数年ぶり卒業以来である, 数年むかしのこと, 数年らいのなやみであり, 数年カレズ故ニ名ヅク, 数年ゴーリキイが世界的, 数年一七四〇年一七五六年一七六六年一七七八年一七八二年及び一七八三年, 数年三十三年にはここ忍沼, 数年不便と不自由, 数年世上の艱苦, 数年中央政府は純, 数年中止して, 数年交代しつ, 数年京都に於い, 数年今川家の勢力, 数年今日では大分女, 数年以内に起こるであろう, 数年以前それがすっかり, 数年以前動物園を見物中, 数年以前叔母マルトの死, 数年以前戸山の原, 数年以前私が十八歳, 数年以往文壇と遠ざかっ, 数年以来主張して, 数年以来何処へでも同伴, 数年以来利害苦楽を共に, 数年以来採訪せられた材料, 数年以来教育に心, 数年以来病気の故, 数年以来矛盾に及ん, 数年伸子の二十歳以後, 数年何も発表, 数年余りで彼, 数年信長に従っ, 数年先に両手, 数年先生の社会的政治的, 数年公園の舞台, 数年兵法などをし, 数年内に廃滅, 数年冤罪を叫び通し, 数年分後れた考察, 数年前お互いに震災後, 数年前これを発表, 数年前どこか市内, 数年前わが国の法学界, 数年前わたくしも見た, 数年前ウィーンで自殺, 数年前ウーズ王の臣騎馬, 数年前エールス人ダヴッド・ロイドがヒャーフォード, 数年前コレラにて没せし, 数年前ショオを読破, 数年前デパートの女, 数年前トレール博士は次, 数年前ドイツ辺に馬角, 数年前バグラシオン大公夫人のお, 数年前フランスのルビュウ・エブドマデエル, 数年前プロレタリアートの擡頭, 数年前プロレタリア文学のもつ, 数年前ベニスに現れた, 数年前ペレズは万死, 数年前マデ婆サンガ処理シテイタガイツカラカ颯子ガ当ッテイル, 数年前マルクス主義が自由, 数年前モスコーにこれ, 数年前一度知って, 数年前三越かどこ, 数年前上総の夷隅, 数年前世良田摩喜太郎が洋行, 数年前中央アラビアの砂漠, 数年前之を行ないたる, 数年前予が今, 数年前二十歳で死んだ, 数年前二高の北, 数年前五郎は信州, 数年前井上馨侯耳聾して, 数年前井師が島, 数年前些しく緒, 数年前亡父と縁故, 数年前京の九条, 数年前京都大学の地球物理学者たち, 数年前今は別れた, 数年前仙台の第, 数年前会社で木, 数年前信州の小島村, 数年前信州富士見で私, 数年前修繕の際, 数年前俳句をつくりはじめた, 数年前偽書説が出, 数年前債務整理のため, 数年前先生一代の情人, 数年前全戸殆ど火の禍, 数年前写生旅行の途中, 数年前列車がその, 数年前北海道の炭坑, 数年前友人中村善吉氏が英国, 数年前同種元素の原子, 数年前名曲鑑賞会からアマール・ヒンデミット四重奏団, 数年前吹雪の夕べ, 数年前善光寺辺で末娘, 数年前四つのキリスト教国, 数年前国の家, 数年前報知新聞社から北海道, 数年前堺枯川と, 数年前売行のよかっ, 数年前大坂表で赤格子九郎右衛門一味, 数年前大正二三年の頃, 数年前天城を越す, 数年前夫に死別, 数年前失脚したまま, 数年前孟買の赤丸平家, 数年前守田勘弥と林千歳, 数年前官兵衛がその, 数年前富貴亭はわづか, 数年前小生は智利アリカ北方, 数年前山火事に関する若干, 数年前岩で滑り背骨, 数年前平の馬場, 数年前年ごとに江戸, 数年前弟が出征, 数年前弥之助は植民地, 数年前彗星のよう, 数年前彼等夫妻が十一月, 数年前我々がその, 数年前捕物作家クラブが浅草, 数年前摂津の某所, 数年前支那上海の方面, 数年前故人になった, 数年前斉へ逃れる, 数年前新たに石山駅, 数年前日本ポリドールの名曲鑑賞会, 数年前日清製粉工場が館林, 数年前明がまだ, 数年前最初に白馬, 数年前最後にこれ, 数年前有力なる某, 数年前朝日新聞へ続載不可能, 数年前木を切り出した, 数年前木曾から諏訪, 数年前東亜同文会の発会式, 数年前東京の料理屋, 数年前栄さんと信州, 数年前桑畑の間, 数年前横浜の外字新聞, 数年前此原野を開墾, 数年前武士がすべて両刀, 数年前死亡し百合枝夫人, 数年前死去するまで, 数年前母に会いた, 数年前氷と海霧, 数年前江戸おかまい, 数年前渡辺天蔵という者, 数年前滅亡した浅草, 数年前発見せられたの, 数年前登別小学校教師某君が何, 数年前白髪長髯の一老翁来, 数年前福沢の小, 数年前立山から還った, 数年前米国に留学, 数年前米国シカゴのストックヤード, 数年前米屋が桝, 数年前紐育から程遠から, 数年前自分の居所, 数年前英国サセックス州のビルトダウン, 数年前菱山修三が外国, 数年前行衛不明になっ, 数年前西伯利亜の監獄, 数年前西班牙人の探検隊, 数年前言明したこと, 数年前設立されたベルン経済学会, 数年前軽井沢で九鬼, 数年前遺産分配についてご, 数年前郵便貯金の通帳, 数年前野上豊一郎氏によって発表, 数年前長安に残し, 数年前雇入れたロシヤ人, 数年前離婚した佃, 数年前駿州江尻在大平村, 数年前駿河なる清水港, 数年前高圧放電の火花, 数年勉強の結果, 数年十字架の何たる, 数年卒業すれば, 数年古本をあきなっ, 数年召つかわれた侍, 数年国文学の研究, 数年地の内, 数年壮健ならば, 数年外国暮しをした, 数年威を争う, 数年密偵部にいる, 数年富美子というひと, 数年寿命を保つ, 数年尾崎士郎や芙美子女史, 数年山に登っ, 数年川柳はいよ, 数年巧く行ければ, 数年布教の後, 数年師匠を驚かす, 数年帰つて来ない, 数年彼女は近代, 数年後ソヴェト同盟へ行っ, 数年後ハンスカ夫人に宛てた, 数年後マナガ市の精神病院, 数年後一時蘇武が生死不明, 数年後今の蘆屋, 数年後今一度李陵は北海, 数年後何者かに浅草, 数年後再読したとき, 数年後勢州蟹江村に於, 数年後合衆国だけこの, 数年後和製椿姫の名, 数年後奥州で最期, 数年後小城はある, 数年後岩崎栄氏が雑誌, 数年後師の天勝, 数年後帰省されたとき, 数年後彼の一生, 数年後斃れて, 数年後日本の政府, 数年後東京銀座の大阪系酒場, 数年後欧洲大戦乱, 数年後現在も天然記念物, 数年後田村スマ子女史は山ノ手, 数年後老子を読みなおす, 数年後英国へ留学, 数年後陸軍大臣官邸で同, 数年後隣村の火事, 数年志村は故, 数年思軒の友高橋太華, 数年放浪の果て, 数年政府の之, 数年断絶したこと, 数年日に来る, 数年日本書紀に依れ, 数年日本水泳は長距離王国, 数年旧知古川緑波君がたしか, 数年暮しを立て, 数年来つれ添って, 数年来ひとり外形上の文明, 数年来われわれが突入, 数年来ソヴェトの生産, 数年来パリイで人, 数年来リオネロのうち, 数年来リョウマチのため, 数年来一つの現象, 数年来一度もない, 数年来一貫して, 数年来下十条に住ん, 数年来不眠症でしてね, 数年来世の教育家, 数年来世界文芸批評の分野, 数年来二進も三進, 数年来仁科に対して見せ, 数年来兄貴に野暮, 数年来再興して, 数年来凡そ喧騒を極め, 数年来北極圏内の開発, 数年来半身不随の老, 数年来危険な状態, 数年来唐手に凝っ, 数年来夏が来る, 数年来多数の読者, 数年来大納言家に奉公, 数年来大衆作家となり, 数年来太鼓の製皮, 数年来失却したる我耶蘇基督, 数年来奇行がつづい, 数年来婦選のため, 数年来孤独に住ん, 数年来安心して, 数年来富士山の詩, 数年来寝食を忘れ, 数年来左上肢特に手首, 数年来帝国学士院の補助, 数年来帝展に御不, 数年来平和主義的な反, 数年来年あらたまる毎, 数年来幾多の新しい, 数年来広範な思想善導戦線, 数年来引きつづいてること, 数年来従事せるところ, 数年来思想的放浪に置かれた, 数年来急に増し, 数年来急激に変革, 数年来投機によって証券, 数年来捕物作家クラブの若い, 数年来新潟の地酒宣伝特売, 数年来新聞の共同販売制, 数年来新選組は京洛, 数年来既知あるいは未知, 数年来日本には外国作品, 数年来日本映画界の前線, 数年来映画をまったく, 数年来暴力の犠牲, 数年来書物らしい書物, 数年来曾てない腰, 数年来有名になった, 数年来朝鮮李朝藝術の美, 数年来東京の街, 数年来歴史の風波, 数年来民主主義文学を語る, 数年来沈滞して, 数年来活動して, 数年来無意味の分裂抗争, 数年来特殊民の研究, 数年来理論的材料が増加, 数年来生活の唯一, 数年来生理的な関係, 数年来産金額も九州, 数年来病弱で始終, 数年来百費を省き, 数年来盗難など一度, 数年来盲目であったそして, 数年来相からんで戸別, 数年来研究せる妖怪事実, 数年来種々な不幸, 数年来糖尿病で神経系統, 数年来経営されて, 数年来肺を病ん, 数年来胸中にしらず, 数年来腐食され涸渇, 数年来芸術の裡, 数年来萠して, 数年来行方を捜し, 数年来西瓜を作る, 数年来誰にも逢わぬ, 数年来諸国を遍歴, 数年来講談社の諸, 数年来議会の問題, 数年来賭博風は吹き過ぎ, 数年来輸入物の仕入れ, 数年来金子を溜め, 数年来金沢市内三百余町に飴, 数年来雨戸を閉め切っ, 数年来雪の研究, 数年来非常な困難, 数年来音楽が成功, 数年来顛癇の発作, 数年根気よく勉強, 数年武者修行に出, 数年毎に黒部奥山, 数年海陸両路, 数年滞在した若き, 数年父母も其跡, 数年物を書く, 数年独立の名, 数年目の今日五百軒, 数年相国摂政の世, 数年研究して, 数年禁闕を守護, 数年禄を離れ, 数年範囲の間, 数年継続して, 数年織田家が信秀, 数年臥床ヲ余儀ナクサレテイル病人, 数年自分はブルジョア文学, 数年苦心して, 数年薫育をうけた, 数年行衛が解らなく, 数年贏得亦何為, 数年転々と居候, 数年閑居日清戦役後台湾の巡査, 数年間それが不可能, 数年間それ等の学課, 数年間アメリカが日本, 数年間スイスに逃亡, 数年間スマトラ地方で同棲, 数年間パリに生活, 数年間ビールばかりのん, 数年間一人の赤ん坊, 数年間一片のお便り, 数年間上海に居り, 数年間世の荒浪, 数年間世界はこの, 数年間中学校に通い, 数年間中風に罹っ, 数年間之を発表, 数年間人の手, 数年間人々はいかに, 数年間仏蘭西文壇の, 数年間仕事もできず, 数年間佐々の家, 数年間何もせず, 数年間使用に堪, 数年間割合にちょくちょく, 数年間労働者階級はともかく, 数年間勤続し明治二十八年, 数年間博大の筆陣, 数年間印度哲学を勉強, 数年間同一の供給, 数年間同棲した, 数年間呼吸して, 数年間国会の審議, 数年間国民は毎年, 数年間土中に埋まりいたり, 数年間執念に戦, 数年間執拗な攻撃, 数年間多大の労力, 数年間夢想してるの, 数年間夫婦として暮した, 数年間妻をお, 数年間妻子ニ対スル送金ヲ絶チタルガ如キ場合ニ, 数年間孤独の間, 数年間家に籠, 数年間家事の雑務, 数年間屡次にわたつ, 数年間左近は密輸船, 数年間帰郷しなかったの, 数年間徒然として過した, 数年間復興に必要, 数年間心血を注いだ, 数年間戦争強行の目的, 数年間持続した渾沌, 数年間授乳して, 数年間放置した後, 数年間文学専攷の結果, 数年間文筆家として生活, 数年間日本じゅうの青年, 数年間日本人は, 数年間映画というもの, 数年間最悪の数年間, 数年間最盛期を過ぎ, 数年間有利な収穫, 数年間来毎朝鬚を剃る, 数年間東京専門学校経営の経験, 数年間東西に奔走, 数年間検事をし, 数年間横綱を張っ, 数年間欧羅巴へ遊学, 数年間正親町一位入道の青侍, 数年間歯を磨いた, 数年間毎夏必ず山, 数年間毎年正月になる, 数年間毎月一度は必ず, 数年間毎朝納豆の呼び, 数年間民主主義文学運動にたずさわっ, 数年間父が外国暮し, 数年間理学部のもの, 数年間生活全体が空白, 数年間病少年の習, 数年間空虚となった, 数年間組織的詐欺を働い, 数年間継続すれば, 数年間翻訳探偵小説が大いに, 数年間苦節を守りし, 数年間苦難の道, 数年間蓄積されて, 数年間調布町に住ん, 数年間諸国の神社, 数年間鎖国の状態, 数年間鏡から遮断, 数年間開業医としての診療, 数年間雨に打たせ, 数年間飢饉がつづきました, 数年間麻の手巾, 数年陋巷にうずもれ, 数年雨につけ風, 数年霊の上, 数年露国に留学, 数年順良の生徒, 数幾万人とも知れない, 数幾十万人とも知れず, 数幾十本かを試した, 数幾千とも知れません, 数幾千万なるべきや, 数の同, 数を侵掠敗, 数度くり返した, 数度それもあまり, 数度人を害した, 数度公演ずみのもの, 数度出品して, 数度参候而珍蔵乞可申所存に候, 数度合掌礼拝なし一心, 数度喜び聞えなほ四方山, 数度嘆賞するに, 数度大分浅草式の下劣, 数度往復したので, 数度御前に召され, 数度戦つて居りまするうち, 数度文芸講演会を開き, 数度書状の往復, 数度此国に来る, 数度浅草黒船町正覚寺の先, 数度火災に罹った, 数度物見が出た, 数度田舎へ遠足, 数度私は子供, 数度筑摩書房の石井君, 数度花が咲く, 数度説諭に及び, 数度頭を垂れ, 数度養育の恩, 数を攫ん, 数弓荷を卸し, 数当て骨牌の裏, 数形式の幻, 数を取巻い, 数ったの, 数の一箇年, 数従って記者の, 数御用の品, 数循環の歴史, 数性別なども同様, 数懸け鳩が, 数いつわって, 数戦毎に良将, 数戸松山近来の大火, 数戸樹木を隔て, 数戸籍を正す, 数の発掘, 数あり, 数打ち物ばかりであった, 数拾うて尽きぬ, 数授何殿も国家, 数排列を調べ, 数掛鳩の年寄, 数換言すれば, 数政綱の改廃, 数教授という看板, 数の白, 数の酒, 数斛宝剣一雙婦女三十人その婦女, 数の旗, 数じるしなど, 数日いつの日も地米, 数日お蔦のこころ, 数日かなりの努力, 数日きょう信玄が会う, 数日これまた帰国, 数日そこに屯, 数日たまつてゐた返事, 数日なにを見, 数日のちに近付いた, 数日へんてこだ, 数日らい寝食もわすれ, 数日らい衣笠のお, 数日ゼムリヤ号の火災, 数日テクる以外, 数日ヴェニスに滞在, 数日一寸のびました, 数日三井寺からうごかなかった, 数日世を去る, 数日中一番の豪華版, 数日主人の髪, 数日主従喧嘩づらの, 数日乃過其下去之顧望, 数日之後皇太子近習者を召し, 数日事なく過ごした, 数日二人はまったく, 数日井伊谷に滞在, 数日付近は戦々兢々, 数日以内に武蔵, 数日以前倭文子と茂少年, 数日以後カフス釦からよごれた, 数日以来そこにも全く, 数日以来ホテルのロビイ, 数日以来予の眼, 数日以来門の内, 数日休息はなりますまい, 数日休養すると, 数日余裕が与えられ, 数日元はなにか, 数日充分すぎるほどの, 数日兵馬を休め, 数日出帆をのばした, 数日前お松が発見, 数日前こんど津軽地方を一周, 数日前そこから一台, 数日前ぼくらは堤, 数日前エグザノ橋の辺, 数日前コノ子ノ母, 数日前ドクタア・ビゲロウに沢山, 数日前ペエル・ラセエズの墓, 数日前ヨリ又血壓ガ昇リ気味, 数日前一九三〇年十一月一日の朝, 数日前人を斬っ, 数日前今のカイゼル, 数日前仲間の一人, 数日前佐助と二人中前栽, 数日前何処からともなく, 数日前備前屋の店頭, 数日前僕のため, 数日前南山の裏山, 数日前南禅寺の一庵, 数日前吉野の五条, 数日前坊主にすすめられ, 数日前大井広介氏が送つ, 数日前女である私, 数日前宇治山田の米友, 数日前実父の病気見舞, 数日前寸言周都督に逆らえり, 数日前小倉市の一読者, 数日前就職口を頼ん, 数日前山上に降雪, 数日前山口は日本橋裏, 数日前彼の留守中, 数日前彼自身その墓穴, 数日前戦地から葉書, 数日前拙者の寓居, 数日前日記と句帖, 数日前日野俊基の消息, 数日前春陽堂に送りたる, 数日前暇乞に来られた, 数日前木曾川口の木戸, 数日前杉本氏一人で先, 数日前楽屋へ初めて, 数日前正確に申, 数日前水車の道, 数日前河原町四条の洋品店, 数日前湯正平至自江戸, 数日前独逸潜航艇のため, 数日前田純敬氏より芥川賞候補作, 数日前発熱して, 数日前着のニュウカア, 数日前福世氏が一晩, 数日前罰金十円重禁錮一箇年, 数日前羽鳥の良, 数日前船頭の許, 数日前英文の原稿, 数日前菊の展観, 数日前薬局で薬, 数日前誰かフィルム, 数日前賛成のよう, 数日前越後の市振, 数日前逗子に療養, 数日前長島を訪ね, 数日前長浜の夜, 数日前長野市外の善光寺温泉, 数日前随筆のお礼, 数日前霞ヶ浦の枯蘆, 数日前露艦がこの, 数日前靄の中, 数日前馬場であった気まずい, 数日動坂で暮した, 数日勝頼父子をめぐる, 数日南軍糧尽きて, 数日大原は海外, 数日大活動をし, 数日天候を観, 数日妻を見舞わなかった, 数日宮中にある, 数日家を空, 数日家中を探した, 数日寝たきりの私, 数日山の湯宿, 数日山中をさまよいました, 数日山小屋に在りし, 数日川止めに遭った, 数日庁の奥, 数日弥次郎の父, 数日往来の見世物, 数日後いつ誰がした, 数日後つぎの如き, 数日後わたしはあそこ, 数日後ウィスキイは私, 数日後オリエンタルホテルの見合い, 数日後クリストフは自分, 数日後ゴーリキイに云った, 数日後ド・メッスは帰国, 数日後ニネヴェ・アルベラの地方, 数日後プラークの日刊紙, 数日後マルクープ老人の一寸, 数日後レヴィー・クールにまた, 数日後一人で歩き回り, 数日後一古鏡の鼻, 数日後三高吉太郎氏は寒吉, 数日後丸山ですと, 数日後仕事が変っ, 数日後伸子は偶然, 数日後僕はお, 数日後僧侶たちによる死者覚醒, 数日後公娼廃止反対の陳情, 数日後勝則は料亭, 数日後北の丸の寧子夫人, 数日後十六堂会の事, 数日後午後の四時ごろ, 数日後同様の方法, 数日後土方と会い, 数日後堺の宗易どの, 数日後墺国に有利, 数日後夕方から私, 数日後夜の広小路, 数日後大隅忠太郎君は折鞄一つ, 数日後奇妙な事件, 数日後子路がまた, 数日後学校の教師, 数日後山口は波多野邸, 数日後山田鈴木両君に会つて, 数日後崔之庚, 数日後川手氏の元気, 数日後幸子は大阪, 数日後床を上げさせた, 数日後彼女の姿, 数日後急に菜穂子, 数日後憲兵隊で聞いた, 数日後新之助が島崎勇次, 数日後旧盆に仲造, 数日後時次郎がまた, 数日後朝新聞をひろげる, 数日後東京市の大, 数日後楠木正季の一隊, 数日後横浜で捕われた, 数日後正造は帰郷, 数日後波多野邸から高石邸, 数日後深谷の屍骸, 数日後病院が一哩, 数日後石井さんにお目にかかった, 数日後福は死んだ, 数日後秦啓源はほぼ, 数日後竹村書房へ行っ, 数日後箒をもっ, 数日後耕吉はひどく, 数日後舎弟が東大図書室, 数日後菊ちゃんの報告, 数日後誰もいない, 数日後議会は全員, 数日後豎牛が叔孫, 数日後金はベシイ, 数日後金五郎宛東京から電報, 数日後長谷川に言った, 数日後黄村先生からいただいた, 数日復たその, 数日心を悩ました, 数日思い積っていた, 数日怠業の失敗, 数日敏子はなんとなく, 数日数週ときとしては数ヶ月, 数日敵は静まりかえっ, 数日文なしだ, 数日文壇の知人, 数日旅程の暑, 数日日本女はほんの, 数日昼は深林, 数日昼夜肝胆を砕い, 数日朝廟にもその, 数日木曾山道の幽邃, 数日来ことのほか, 数日来アマリ蒸シ暑ク, 数日来テントを張っ, 数日来一晩も眠らなかった, 数日来一種情熱の足りない, 数日来不眠不休の活動, 数日来俄に水母, 数日来卒業し送別会, 数日来友人の許, 数日来坂本の城, 数日来坐骨神経痛に悩まされ, 数日来変なこと, 数日来天候不順なり, 数日来妙に浮きたっ, 数日来幸福な病気, 数日来彼の前, 数日来感冒のため, 数日来折竹に絡わり, 数日来持病の心臓, 数日来最後の炎暑, 数日来東奔西走したが, 数日来極度の多忙, 数日来温度はよほど, 数日来猫が居なくなった, 数日来珍らしいこと, 数日来癩患者が十人二十人, 数日来私は本当に本当に, 数日来絶え間なしに, 数日来胸が悪く, 数日来臥ている, 数日来葡萄糖を注射, 数日来蕗屋もいなけれ, 数日来行方不明のこと, 数日来足に任せ, 数日来身に帯び, 数日来雨が降らなかった, 数日来非常に病状, 数日来頭痛の気味, 数日来風が強く, 数日来風邪を召され, 数日来風邪気味なので, 数日来食も取らず眠っ, 数日来食事もほとんど, 数日来高原地方の天候, 数日栄養をとらず生き, 数日横臥し介抱, 数日次郎の姿, 数日正成はこれ, 数日歩き迷って, 数日残暑の汗, 数日毎晩のよう, 数日気をもみました, 数日泥舟はやっと, 数日海蔵川原に並ん, 数日混沌と思いわずらっ, 数日湯につからない, 数日無上の面目, 数日熊楠の屋敷, 数日獄窓裡に沈思黙考, 数日玄徳の顔, 数日生の小禽, 数日田舎で暮, 数日疲労頗る著し, 数日秋の空, 数日総体に体力, 数日聚楽第の空気, 数日腹にいちもつ, 数日臥ついた, 数日船中に立つ, 数日藤吉郎の顔, 数日血気の壮士ら, 数日足を留め, 数日返事がなく, 数日間ここに滞在, 数日間これに寓, 数日間こんどはお, 数日間それはこの, 数日間つきものがし, 数日間ゴーリキーの, 数日間タギ郡タド山の美泉, 数日間ニ密輸サレタル数量ハ時価ニシテ五十万るーぶりニ達ス, 数日間ハ執筆ニ堪エズ, 数日間フォンテーヌブローに行っ, 数日間ルパンはドーブレク, 数日間ルピック一家の注意, 数日間一心不乱に経, 数日間不在だった, 数日間中央との行政, 数日間二人は腹, 数日間仕事を求め, 数日間休養すべし帰路, 数日間何を食っ, 数日間僕の家, 数日間兼俳優教師たること, 数日間完全な禁酒, 数日間引きつづいて, 数日間彼の頭, 数日間得意の炯眼, 数日間教育会長の好意, 数日間日記をしなかった, 数日間本物の荷づくり人, 数日間水浸しになっ, 数日間流通界から引去られる, 数日間淹留した, 数日間滞在して, 数日間煩悶が続いた, 数日間田原氏と共に有名, 数日間町から出かける, 数日間続行訊問をやられた, 数日間自分の身, 数日間蜀の軍船, 数日間討論を行うた, 数日間身を動かす, 数日間身動きもしない, 数日間逗留すること, 数日陣地をむなしく, 数日陰鬱になる, 数日陽の目, 数日雲のたたずまい, 数日静かな山, 数日非常なる熱心, 数日音楽のない, 数日顔半分が樽, 数日颶風の巻く, 数日食物をとらず, 数日馬公の港, 数日駅館にて休息, 数日鯛が品切れ, 数旬前の病床, 数旬北山の庵, 数時前に, 数時計の針, 数時間あてもなく, 数時間いっしょにいる, 数時間いつか船は揚子江, 数時間すぎ去った, 数時間そこを出た, 数時間それに聞きほれてる, 数時間づゝ喋り暮して, 数時間めいめい遠慮なくしゃべった, 数時間デスクに向っ, 数時間ホテルに坐るなら, 数時間乞食はこんき, 数時間人生から, 数時間以内にはさらにもう一度, 数時間以前奈々子に別れ, 数時間余もあんな, 数時間僕はだまっ, 数時間先だってダアバンを出港, 数時間八合目の小屋着, 数時間内に起った, 数時間出席したばかり, 数時間前不義の外出, 数時間前二百名の兵士, 数時間前徒渉しようと, 数時間前水戸も知っ, 数時間前蜂谷良作と哲学, 数時間半日でもおとなしく, 数時間図書館で勉強, 数時間寄港の船員, 数時間寒汐に漂うたら, 数時間後タイタニックが沈没, 数時間後二人の同乗, 数時間後僕は岡山, 数時間後座を立ちかける, 数時間後朝酒に彼, 数時間後炯々たる眼光, 数時間後町を歩い, 数時間後白骨になった, 数時間放置する, 数時間歌を歌う, 数時間死にいたる, 数時間汽車に揺られ, 数時間町で過ごした, 数時間睨み合つてゐたが, 数時間石のごとく動か, 数時間私はひどく, 数時間空腹を先, 数時間窮屈をする, 数時間立番をし, 数時間節約したかったのみ, 数時間豪雨の音, 数時間遅延して, 数時間遅滞させられた, 数時間飛行機を使わし, 数はなに, 数曲キス・オブ・ファイヤゴメンナサイポッポちゃんなぞ夢遊病者, 数曲演奏するため, 数曲鶯歌在翠, 数月主人を評し, 数月以来にし, 数月帰航の途, 数月籠城ののち和睦, 数月経って聞いた, 数月間土人用の寝, 数月間気附きませんでした, 数月院にあっ, 数期分たまって, 数未だ判明せず, 数本一丈五尺にし, 数本並行に束, 数本中身を一杯, 数本今はかなり, 数本失敬して, 数本寄せ植の小さな, 数本小脇にかかえた, 数本左手が玄関, 数本書き添へた, 数本水に垂れ, 数本痛飲する, 数本直立して, 数本石榴の木, 数本立ち枯れて残っ, 数本脱けて, 数本蛇のよう, 数本集むれは, 数本頼母に降りかかった, 数本飾りものとなっ, 数の花, 数の嫂, 数条二者相同じき, 数杯ひつかけて, 数の鐘声, 数枚ゴム製の舟, 数枚上なの, 数枚写生をしよう, 数枚夏帯は丸帯, 数枚悪筆の乱筆, 数枚撮影しそれから, 数枚朝夕翫撫頗有似酒人独酔, 数枚無造作に積み重ね, 数枚複写させそれ, 数枚買つた, 数栄耀の数, 数あり, 数株其先人所栽与山室士彦, 数株惜気もなく, 数の合わせ, 数を携え, 数のピストル, 数條縁へ落ちた, 数棟連立しその, 数椿庭診柏軒, 数深盤, 数極高地数極深盤, 数榛軒の治, 数の抜身, 数を植ゑられし由, 数の酒, 数を経, 数機動の経路, 数次元的なまでの, 数次東軍摧靡して, 数次長時間に亘っ, 数正にあずけここ当分, 数正めに息, 数正井伊直政などが物々しく, 数正以下井伊榊原本多などの人々, 数正月二月の二ヶ月間, 数正本多平八郎彦八郎などの一族, 数正殿とで出会い, 数正等が, 数正酒井与四郎松平左馬助などの部将たち, 数正酒井忠次の両, 数正酒井忠次松平忠次菅沼定利大須賀康高本多忠次酒井正親等あり総勢八千, 数歩むこうに, 数歩わきで仕事, 数歩下つた, 数歩人目のうれいなき, 数歩後の外, 数歩後ろにじっと, 数歩急進すると, 数歩懸崖の突端, 数歩沈黙のうち, 数歩流渠あり, 数歩立ち迎えながら, 数歩総て稜々した石塊, 数歩背後へ下った, 数歩自分の道, 数歩跫音をしのばせ, 数歩陣頭に進ん, 数歳而帰郷爾来簡牘往来, 数にけり, 数段ピューリタニックであって, 数段下等な政治, 数段傑出して, 数段巧みに言い表わされたる, 数段成功的な作品, 数段文明の階段, 数段正確なところ, 数段秀れて, 数校少なき, 数比例を決する如く, 数を見る, 数沢山買って, 数が生じ, 数派春流一短篷, 数には青い, 数さ, 数深い奥の, 数減らし候様に皆, 数減少のため, 数減少案とか官立, 数滴分量をはかっ, 数滴吸入しかけたとき, 数滴所有してる人々, 数濠割の間数, 数点クローデル嬢の作品, 数かりけり, 数無いのを, 数片宋その他の墨, 数で家人, 数狗あり, 数を積む, 数猴一列となっ, 数率等海浜に出, 数王子の金輪寺, 数王陽明学派の泰斗, 数多し, 数男女百人より二百人, 数町さきの通り, 数町一洵どんぐり庵へは四丁, 数町上の宝寺, 数町下に水, 数町四方底平らかになり, 数町峨々堂々として聳え, 数町川下へさがる, 数町往ったところ, 数町東の岩井村, 数町橡の木山, 数町歩一面に激戦地, 数町蓮池からで, 数番取り進んで, 数番演奏したという, 数を蒙った, 数百だいをとりあつめ, 数百ぴきの怪魚たち, 数百カイリも東, 数百カラットの宝石, 数百ガロンの油, 数百キロメートルという近く, 数百フランくらいのはした金, 数百ポンドの資金, 数百メートル程度のもの, 数百ヤード東の方, 数百リイグ四方の広大, 数百万エーカーの緑林, 数百万両の金銀, 数百万人以上の日本人, 数百万個にも達する, 数百万大衆を目安, 数百万広野に群がり, 数百万弗の財産家, 数百万民衆の不断, 数百万真珠瑪瑙の類数百斛, 数百万里へだたってる空, 数百万金を出し, 数百人かばねを並べ, 数百人すべての興行物, 数百人凡そ半ヶ年も長, 数百人各自罵り叫びながら, 数百人大挙して, 数百人数千数万人の誠, 数百人東軍の軍威隆々, 数百人赤旗を中心, 数百人輸送されたという, 数百人過日の勝ち, 数百人金剛千早の日, 数百件あるならん, 数百体の人骨, 数百俵の米, 数百倍数千倍に増加, 数百億の恒星, 数百億年に亘るであろう, 数百億年後のこと, 数百元を送り, 数百元位の収入, 数百円のを持っ, 数百円入りの紙入れ, 数百円数千円の豪華品, 数百円相手により場合, 数百分の一よりない, 数百分の六十五の所, 数百匹群を成し, 数百匹野生して, 数百千余の視線, 数百千円の資本, 数百千戸の人, 数百千種の薬草霊草, 数百千里なれば, 数百台博士の握る, 数百台用意しこれ, 数百名前後について行った, 数百名有がたいこと, 数百名無数の事務員, 数百呎というか数百丈, 数百品もあるであろう, 数百噸の鉱石, 数百基の墓石, 数百堅甲を, 数百字認めた金沢市長宛, 数百家を荒し尽した, 数百家屋の損失数万, 数百尋の渓谷, 数百層倍恐ろしいはず, 数百年もの間不断に悩まされ, 数百年われわれに至る, 数百年前キリシタン宗に混じ, 数百年前世界政策に乗り出し, 数百年前封建の残余, 数百年前紀州の大名, 数百年回社会の事情, 数百年夜じゅう起きて, 数百年奉祀し来った官知社, 数百年小大名より僅か, 数百年尭舜の時, 数百年年を重ねた, 数百年後の今日, 数百年後文明の分子, 数百年戦争これなきは, 数百年数千年を通じて絶えず, 数百年数千年位の短時日, 数百年斧の入れた, 数百年昔に描かれた, 数百年来そこにおい, 数百年来それで間に合っ, 数百年来交通せし国, 数百年来人跡未踏の大, 数百年来何千人の人, 数百年来周公孔子の徳教, 数百年来外国の交際, 数百年来未曾有の吉野流離, 数百年来武を卑し, 数百年来残存せるもの, 数百年来英魂を埋めた, 数百年程度の週期, 数百年習慣的な不動, 数百年連綿の旧家, 数百年間人手を離れ, 数百年間今に至っ, 数百年間仏徒の横肆, 数百年間僅かに似たる, 数百年間数千の人, 数百年間日本人が孟子, 数百年間日本婦人の可能, 数百年間歌をよむ, 数百年間武士道を以て一般国民道徳, 数百年間英国の歴史, 数百度の熔岩, 数百弦が一時, 数百戦いはまず, 数百戸あるよう, 数百戸すべて灰燼に帰した, 数百数干の, 数百斛をわが, 数百斛幕簾榻類これまた数千事, 数百条書くところ, 数百株の持主, 数百根の古毛, 数百機頭上に姿, 数百歩娑婆に音, 数百歩駒をすすめ, 数百段の石段, 数百燭光の照明, 数百片延び尽して, 数百疋の, 数百発の礼砲, 数百石宛の知行, 数百碼ばかり無理, 数百種アリ茲ニ止ダ其十分ノ三ヲ録シ以テ山林高隠, 数百箭の矢かぜ, 数百米突の鉄, 数百艘日本国の周囲, 数百言竹永は我が, 数百軒の支店, 数百軒数千軒の家, 数百輩の疋夫, 数百輪も開花, 数百通も其処, 数百遍反覆して, 数百里望郷の情, 数百里移動して, 数百里隔たりたる郷里, 数百里隔たりたる所の変事, 数百間の許可距離, 数百間十四五尋のところ, 数百隻三江の嶮, 数百露里のレール, 数百項の多き, 数百首小池安右衛門君が採集, 数百駄ずつの檜木, 数百騎弔華放鳥贄の羊, 数百騎路頭前後ヲ囲ム, 数的リズムはここ, 数的喪失では確か, 数的存在なん, 数的本質構造に現象, 数的計算を要する, 数的関係を表わす, 数その方, 数るに, 数相分り候とよろしく, 数瞬きながらいざり寄る, 数瞬後にはまた, 数瞬間女はふしぎそう, 数知ってたらな, 数知らずさし出されて, 数知らず綿の様, 数知れざる病人が, 数知れずあったし事業以外, 数知れずこしらえて秀頼様, 数知れずただようて居る, 数知れずで而も, 数知れず出たのでした, 数知れず列んだ腕車広場の, 数知れず嘗めた口元を, 数知れず建っている, 数知れず持っている, 数知れず挿し込んで見せた, 数知れず有る私も, 数知れず横たわっていた, 数知れず残っていた, 数知れず生い茂っている, 数知れず立ち並んでいる, 数知れず見せ候ふ, 数知れず見つけるではない, 数知れず貼ってある, 数知れず起こっては消え, 数知れず黙りこくつて咲い, 数知れなかつたとも申し, 数知レヌガオレハ好運ダト見エテ, 数の米, 数石弾のある, 数石炭の山, 数ほど先, 数に及ぶ, 数秒ごとに四つ, 数秒後二人の驚いたこえ, 数秒時における痙攣, 数秒時本の方, 数秒時間わたくし共はまるで, 数秒死顔を見た, 数秒間凝視して, 数秒間口がきけなかった, 数秒間咽喉を鳴らし, 数秒間室内の空気, 数秒間彼は石像, 数秒間気拙い睨み合い, 数秒間畳にくっついた, 数秒間私は自分, 数秒間途を譲りあった, 数種それに気球, 数種刊行されて, 数種有之著者ビョルンソン, 数種皆各名, 数種種のミル中, 数種説明を加える, 数あるを, 数立ちてなほ, 数立方メートルに固く, 数章書きあるが, 数を塗抹, 数等しをらしい, 数等格が落ちる, 数を刺す, 数箇以外に私, 数箇処砂地の面, 数箇室内の要所, 数箇年に亘る, 数箇度の合戦, 数箇所何かが剥げ, 数箇所工事中である, 数箇月ベッドを並べ, 数箇月準備した後, 数箇月滞在すること, 数箇月間世界中の新聞, 数箇月間革命の真最中, 数箇村に重要, 数箇附いて, 数算ぶりを知っ, 数節先からひきだし, 数篇加へてある, 数篇及雑録の類, 数篇我ならでは, 数篇暗誦すること, 数篇発表した, 数篇等は戞, 数米突の彼方, 数粒小皿の上, 数にまで短縮, 数の髪, 数経験するであろうが, 数継ぎにころがり落ち, 数総勢で十人, 数に配置, 数編こんど読みかえして, 数縦令い屋上, 数繁き茶席の, 数繁くなるや, 数にせられる, 数繋りでなければ何事, 数を数えられ, 数献酬, 数群れて亦, 数羽皆同じ方向, 数羽飛びちがひたる模様ある綿入, 数の漢詩, 数自体がそもそも, 数自然研究の簡単, 数を追い, 数艘入港つた鯡がピラミツド型, 数艘漁船が引上げ, 数艘軍艦数隻それらの外国船舶, 数はわがその, 数色々の形式, 数花のかぞへ, 数花横向きに開き, 数花点頭して, 数になった, 数落花緩尋芳草, 数葉勾当年譜逸話集等と共にまとめ, 数葉対称的に左右, 数葉持参致し誠に, 数を格, 数の数, 数の結果, 数見えて朝日, 数見るつむじかな, 数言語に絶, 数十箇所の, 数計り難い, 数記号の使用, 数訪れるのである, 数り, 数試春衣二月天は七律, 数をかわす, 数ならざる, 数語それはおそらく, 数語何等の警抜, 数語別ニ書有和蘭人も赤面, 数に岐, 数読方等を教え, 数論占星学では三惑星, 数論哲学や勝論哲学, 数論自身の内, 数諫めて数, 数民の, 数負さまの天井, 数赤きかなや, 数足行商人から買った, 数別に一枚, 数車花持ち数行, 数に編制, 数軒外湯一棟と言う, 数軒部屋を見, 数の地図, 数辛うじて六以下という, 数洗フベシ其脆ク淡味香佳, 数通みんなうれしいたより, 数通りであったと, 数通り百本納められて, 数通発見されその, 数通細字の文稿二三巻, 数通里恵が小野氏, 数通関五郎が復, 数連続と一対一, 数週ときとしては数ヶ月, 数週以前からどの, 数週塔中より父サフォオク公, 数週後イランのテヘラン, 数週日のあと, 数週日来消しがたき, 数週間あとであった, 数週間ベルリンに費やした, 数週間一日に何十遍, 数週間両親のもと, 数週間以前にそういう, 数週間以来アンナは苦しんでる, 数週間以来彼の散歩, 数週間以来音楽を聞く, 数週間僕の態度, 数週間出勤が出来なかった, 数週間前最初に泊った, 数週間努力して, 数週間国境の警戒, 数週間学校動員であるゴム工場, 数週間左側ばかりを下, 数週間教授のこと, 数週間旅をした, 数週間此地に逗留, 数週間此方セルギウスは思案, 数週間清冽な池水, 数週間熱が続き, 数週間私は昼飯, 数週間私たちはさらさら, 数週間経過したこと, 数週間芝の血清注射, 数週間躊躇したあと, 数週間雨を得ない, 数週間顔を合わせなかった, 数週間馬上の散歩, 数運命はどう, 数運行の理, 数遍怠りなかった, 数遍摺の美くし, 数遍読過したそう, 数を以てこれ, 数都合十四五頭もありましょう, 数里それもこれから, 数里三日に足尾, 数里先の黒森, 数里北方にはいりこん, 数里四方は住民, 数里小城を通ぜる, 数里平かな一仙境, 数里忽飛然, 数里断崖の上, 数里日本の約, 数里江上を行く, 数里浪華江の大, 数里深山幽谷深かく, 数里砂川に傍, 数里行て夜正あけ, 数里路がだんだん, 数里針葉樹闊葉樹白樺に樹氷, 数里隔った, 数里飛騨の国, 数重ねて来ました, 数を投じ, 数銀杏や榧, 数それからあれ, 数間あなたに離れ, 数間先のぶなの, 数間屋夕陽不見, 数間後から極左, 数間手前にある, 数間水に押され, 数間走り越したところ, 数間足らず接近した時, 数間隔った処, 数限リモナイ移リ変リヲ経験シタモノヨト自ラ驚カザルヲ得ナイ, 数隻それらの外国船舶, 数隻入港する, 数隻出迎えに来, 数雄蕊も六数, 数雌蕊の花柱, 数の数, 数震動す, 数非常に多く, 数を, 数項以下を省略, 数順序表題に少しく, 数頭無惨に轢死, 数頭陀袋編笠藁草履それにお, 数頭馬車を二台, 数顆室生君より印二顆, 数飾りをした, 数馬さんをあんな, 数馬の足の膝頭, 数馬上の射懸け, 数馬君等が発表, 数も先, 数を命ずる, 数騎介冑を被り, 数騎曹操はかえりみ, 数騎銜ヲ駢ベ鞍上ニ相話シテ行ク者ハ洋客ナリ, 数鱗片を開い, 数黄苞ヲ発ス苞中ノ細子ハ列ヲ成ス, 数齟齬いたし未だ, 数の, 数とすれ