青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「敬~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

教授~ ~教育 教育~ ~教養 教養~ ~敢 敢~ 散~ ~散歩 散歩~
敬~
~数 数~ 数学~ ~整理 整理~ ~敵 敵~ 敷~ ~敷い 敷い~

「敬~」 2237, 24ppm, 4816位

▼ 敬太郎~ (613, 27.4%)

17 はこの 11 は自分 8 はその 7 の眼 6 の前, の顔, は少し, を見た 5 の耳, の頭, は, はすぐ, は女 4 に取っ, の好奇心, の方, の胸, はちょっと, はどこ, はわざと, は彼

3 [13件] だった, にはこの, はそれ, はただ, はますます, はまた, は一人, は仕方, は固, は始め, は田口, は考えた, は須永

2 [39件] から見る, が聞く, が須永, だつたの, でした, という浪人者, とお, と顔, にはまるで, には何, に与えた, に向っ, のため, の口, の姿, の存在, の気, の注意, の神経, の立っ, の鼻, はあの, はいよいよ, はお, はこういう, はなる, はまず, はもう, はやむを得ず, は下宿, は主人, は云われる, は今, は前後, は向う, は思った, は解釈, もつい, を驚ろか

1 [372件] から一間, から云う, から云え, から普通以上, から見れ, が, がこう, がこういう, がさも, がどんな, がふと, がわざわざ, が丸い, が二人, が二階, が云い出した, が云う, が人, が何ん, が何彼と, が千代子, が好奇, が御, が梯子段, が死し, が死ん, が死んだ, が留桶, が真面目, が石鹸, が立ち退いた, が躍起, が飲めない, だったの, だつたこと, というの, という男の子, といふの, といふやう, とうとうお, とかいふ若, とか言った, とほぼ同時に, と同じ, と名指し, と猿曳, と知り合い, と言, などの顔, に, にこういう, にたちまち, について来た, にとってすでに, にはこれ, にはそう, にはその, にはちょっと, にはとかく, にはなぜ, にはまさしく, にはよく, には一切, には全く, には四十代, には彼, には無論, には珍, には知りたかった, には老成, には興味, には解釈, には軽蔑, には随分, には馬鈴薯, には騙された, にもあった, にもこの, にもち, にもほぼ, にも絶対, に与える, に会う, に分らせよう, に合図, に告げた, に呼出された, に当った, に投げ込んだ, に楽, に渡した, に知れた, に答えた, に腰繩, に話した, に読ん, に間違い, に関係, に須永, のいずれ, のいる, のこの, のそれ, のとうから, のよう, の上, の主意, の予期, の人格, の元, の冒険, の判断, の口辺, の向う側, の失望, の寫眞, の席, の年齢, の度胸, の後, の後姿, の得意, の心, の志望, の忘れかかっ, の思案, の性質, の意志通りどっち, の態度, の戻った, の手, の持っ, の早耳, の明けつ放し, の明瞭, の森本, の様子, の樣子, の正面, の濡れた, の火箸, の理解力, の発言, の眸, の矛盾, の秩序, の繩, の考え, の聲色, の肉付, の肉眼, の腑, の荷物, の虚無的, の血, の行き, の見, の視線, の言う, の言葉つき, の辟易, の返事, の関係, の驚ろ, はあの自, はある, はいっそ, はいつか森本, はいまだ, はお前, はかけられた, はこう, はこうして, はこっち, はこの間, はこれ, はこんな, はさっき, はさっさと, はしまいにどうしても, はすでに, はそこ, はそっと, はその後, はそれなり, はそれほど, はそんな, はでは, はとうとう, はとうとうじっと, はともかく, はどう, はなるべく, はぼんやり, はまさか, はまだ, はむしろ, はもう少し, はやあ御, はやむを得ずしばらく, はやむを得ない, はようやく, はようやく伸び伸び, はよく, はキョロキョロ, はニヤリ, は一, は一人森本, は一種, は三之助, は三階, は上, は下駄, は不思議そう, は主人一人, は久しぶり, は二三間早足, は今日, は休養休養, は位地, は佐伯, は何, は何となく, は何より, は何気ない, は何處, は余り, は使い慣れない, は依然として, は偶然, は傍, は先刻, は先刻給仕, は先刻自分, は全く, は冗談, は冗談半分, は出入, は初対面, は判然向う, は別段, は占, は取り返し, は取次, は口惜し, は吉川視学, は同じ, は呪禁, は図らず, は堂々, は夜中, は夢にも, は大河, は奥, は婆さん, は婦人, は子供心, は定め, は室, は宿, は小僧, は屈託, は帰っ, は帰り, は帰ろう, は常に, は平次, は平生, は年, は広い, は店, は後, は微笑, は心, は怒っ, は思わず, は急, は恐しく, は意外, は憮然, は手, は手紙, は早く, は是非共二人, は朝, は本, は本気, は松, は果し, は森本, は様子, は正式, は段々, は洋杖, は派出所, は滿更ぢ, は煙, は父, は狐憑, は現に, は現代, は琥珀, は直, は相手, は真面目, は破る, は突然, は筆, は箱, は篤く, は精一杯, は罷める, は翁, は聞い, は自, は自然, は若い, は苦しい, は表, は見ず知らず, は見ない, は覚え, は覚えず, は警視庁, は躍り上る, は車上, は遺伝的, は錦町, は面倒, は騒々しく, へも流れこんだ, もこう, もこの, もしばらく, もその, もそれ, もただ, もつき合う, もつづい, もむっと, もよく, も二人, も再び, も冗談半分, も壺入, も小僧, も少しむっと, も強く, も後れない, も本来あまり口, も此二, も猶予, も笑い, も続い, も苦笑, も行きがかり上そう, も頓挫, や厩中間上がり, を前, を動かした, を召し捕った, を娘, を恨んだ, を格子, を疑, を眺めた, を突き除ける, を覚え, を記憶, を訪ね, を訪ねた, を遮

▼ 敬二郎~ (166, 7.4%)

12 の奴 7 の死骸, の野郎 6 は驚き 5 はそう 4 と紀久子 3 と松吉, は侮蔑的

2 [12件] の唇, の手, の目, の言葉, の馬, はそれ, は怒鳴る, は胸, は長い, は電報, は顔, を旦那

1 [95件] がそれ, がばったり, が二階, が傍, が入っ, が前, が抱き止めよう, が横, が相続, が言った, とが乗っ, との後姿, とは馬, と常三, と結婚, と自分, なんかと一緒, にとってはもはや, に代わっ, に奉っ, に書き送つた, に渡した, のうち, のその, のほう, のもの, の不安, の使い, の前, の向こう, の奴め, の奴ら, の姿, の心臓, の投げつけた, の耳, の肩, の胸, の脇, の腋の下, の苦悶, の軽い, の遺書, の頭, の顔, の鳩尾, は, はああ, はしだいに, はじりじり, はそこ, はそこで, はぶるぶる, はストーブ, は三人, は傾斜地, は厩舎, は取りつき, は叫ぶ, は叱りつける, は吃り, は呆気, は商業学校, は固い, は夜, は平吾, は怒り, は思う, は横, は正勝, は気, は溜息, は激しく, は火, は火の気, は煙草, は爛々, は狼狽, は目, は紀久子, は考えた, は肺, は自暴自棄的, は言った, は言葉, は身内, は鼻, も唇, も顔, よりもだいいち, よりももっと, をやっつける, を促し立てる, を送る, を静か

▼ 敬四郎~ (144, 6.4%)

4 です, とその 3 がその 2 じゃ, でした, でしたが, のところ, の目, の野郎, を顧みる

1 [119件] がある, がいつのまにか, がいる, がうしろ, がお, がぐう, がこのごろおれ, がすでにもう, がたとい, がちらりと, がつけ, がどもりどもり, がはしごのぼり, がひと足先, がぴしぴし, がほくほく, がまた, がみずからおのれ, がもう, が伝六, が何, が例, が勝ち誇っ, が大, が大急ぎ, が当面, が必死, が手, が手がけた, が手下, が手配, が権右衛門, が江戸錦, が父親, が血, が足もと, じゃねえ, たあ, だ, だけで, であったこと, でしたから, ですよ, でなきゃこんな, でまた, でやや, という破廉恥漢, といわれ, とても目, とひきつづき, と一致, と同じ, なので, ならで, ならば, にいった, にごく, については右門捕物中, にむかっ, にゃあの, に一礼, に先んじられ, に先んじられた, に占, に向かっ, に報告, に授かった, に注意, に進上, に食っ, のあばた, のいこじ, のうしろ, のうしろ姿, のかたわら, のぎょっと, のこと, のし, のだんな, のだんなさま, ののど輪, のほう, の一味, の名, の吟味席, の命, の回った, の声, の姿, の得意げ, の手下, の敵対行為, の様子, の目前, の責め折檻, の配下, の顔, の駆けつけた, の魔, はたと当惑, はむッ, はもとより, はわめき叫ぶ, は南蛮幽霊事件, は年, へことさら, へ静か, もぐんと, もこの, も伝六, も同じ, も年初め, をさらいとった, をしりめ, をじろり, をどぶ, をはじめ配下, を救い出し, 負けるか

▼ 敬~ (90, 4.0%)

3 念に

1 [87件] けんまく権柄当たるべからざる, ことな, ごときに対しては, ごときも, ために, だんなです, ところじゃねえ, は巡査, ほうで, オイで, 一行は, 三人が, 人情味, 作暦に際して, 依頼状まで, 前に, 史略攻撃も, 名で, 名前が, 命令によって, 四字が, 墓を, 大将が, 大将そこらから, 夫三河屋力蔵の, 夫力蔵が, 夫力蔵に, 女を, 字を, 実用の, 家訓の, 密疏は, 帰り去, 帰るべき家, 帰郷の, 心が, 念が, 念である, 念な, 念の, 念を, 意なり, 意地の, 意識が, 意識は, 感情が, 感情を, 手下から, 新修本草, 書が, 書である, 書は, 服する方剤, 様子は, 様子を, 欠乏等によって, 死に, 浄道場とな, 父も, 疏を, 病で, 病は, 白髪頭が, 眼中には, 祖父はば, 立場において, 紹介状を, 組屋敷の, 肚だつた, 著すところ, 行くえ, 親方と, 親方へまを, 言に, 言は, 言却って実に, 言実に然, 言敦厚を, 言最も実に, 言蓋し, 話だって, 話も, 語が, 説は, 論に, 隣に, 鼻の

▼ 敬~ (79, 3.5%)

32 と同道, は下関, は九時, は実家, も来, 再び来

1 [64件] ありがたう, からの手紙, から態人, がまた, がやつ, がヒヨ, が今日, が午後来訪, が大きな, が実家, が帰宅, が来る, が泊つて, が行方不明, が見舞, が跣足, しつかりして, それから岔水君, たうとう, だけ残つてゆ, だまるで, だわざ, といつ, とゆ, と樹明君, にも出くわし, に招かれ, に樹明君, に理髪, に逢う, の実家, の山口行, の手紙, の装置, の賛成, はたうとう, はどう, はまた, はまだ, はゆ, は何, は御馳走, は来ない, は腹痛, は街, は話しつづけ, ひよつこり来訪, へ手紙, も一樽持参, も帰来, も来なけれ, や樹明君, よ早く, よ許し, を停車場, を役所, を待つ, を待つた, を訪, を訪ねる, を駅, 待つても, 炊ぐところ, 酔うて

▼ 敬~ (76, 3.4%)

2 から来信, に, は今日, は来ない, を待つた

1 [66件] うれしいなあ, おとなしく奥さん, からの手紙, から帽子, から約, から送金壱円五十銭, が, がいふ, がそして, がやつ, がヱソ, が今日やつ, が寄つ, が木炭, が来た, が来たら, が樹明君, が炬燵, が酒, だお客, てへッ, といつ, とはたしかに, とは腕, とふたり, と二人, と別れ, と樹明君, と私, と約した, にぶつつ, に与ふ, に信用, のお, のやつ, の奥さん, の実家附近, の家, の帰庵, の手紙, の来, はいまだに, はとう, はやつぱり, はよい, は人道的, は何, は早退, は樹明老, は泊つた, は県庁, は綾木, は脱線, ひよろりと, も中原さん, も来, よしつかりし, よ夫婦喧嘩, を, をうた, をおきざり, を信じない, を待つ, 不来, 起きるより, 遂に来らず

▼ 敬~ (59, 2.6%)

10 て遠 5 て遠ざけ 3 て遠ざけられ, て遠ざける 2 ていた, てこれ, て遠ざかる

1 [32件] さうに立つ, ている, ておった, てくれる, てゐ, て之, て仮に, て共に, て実は, て得, て心, て父, て近づけられ, て進止軍礼, て遠ざかつ, て遠ざかり, て遠ざけた, て遠ざけたくなる, て遠ざけられない, て遠ざけろ, て遠のく, 人を, 仏を, 僧衆を, 如此に, 寺堂園林より, 崇敬した, 文治五年の, 曾て, 朝から, 民を, 魚食を

▼ 敬治君~ (52, 2.3%)

32 が戻つ, といつ, は帰つて

1 [43件] から, からうれしい, から呼び出し, がきた, が一升, が待ち, が来, が睡眠, が起した, すみませんでした, と三人, と共に味, と夜, と私, にはすまない, にもより, に三句, に二句, に教, に泣言, のため, の友情そのもの, の奥さん, の手紙, の贈物, の顔, はとう, はよく, は予想, は朝飯, は来ない, は自宅, ひよつこり来, へ手紙, へ長い, も待ちあぐん, も来ない, も来訪, も緑平老, やらやつ, や樹明君, よく泊りました, 不来

▼ 敬~ (44, 2.0%)

2 茶山の

1 [42件] うろうろ立ち廻っ, この体験, ざりしかば, ざるべからず, ざるを, その時, その瑣末, どうする, なすこと, むくれて, もう二十一歳, るる卿ら, るる心地, るる類, 一方には, 二年前に, 亡くなつた女, 俳号を, 僅に, 元来市井の, 北京に, 執筆法に, 富田能登守の, 尼子氏の, 惟長である, 書中に, 朝鮮軍の, 来ないもの, 江戸を, 猿若町三丁目の, 碑の, 神辺に, 神辺の, 私も, 筋の, 箱根の, 行長に, 親友原達の, 適斎の, 陸奥の, 霞亭に, 面白くなし

▼ 敬ちゃん~ (35, 1.6%)

4 が来る 3 のかお 2 の手

1 [26件] お染, がすき, が来, が泣い, じゃない, なんかの紹介, のあ, のこと, の桃割れ, の気持, の番, の胸, の首, は, はいきなり, はこんな, はすぐ, はたまらなくこわ, はもうどう, は前歯, は年, は机, は淋しい, は畳, は私, は紫檀

▼ 敬~ (33, 1.5%)

2 の様子

1 [31件] か, かだれ, か鳥羽伏見, がどんな, がまだ, が意気込ん, が憎かっ, が禁闕, だってもその, だな, という人質, といや, と協力, なんかとはちっと, に人ごこち, に仕え, に任せろ, のさらわれちまった, のしょっぴき, のほう, の仕事, の手下, の遺志, の野郎, はどう, は美濃高須藩, も錦旗, をし, を救い出し, を相手, 急がねえと

▼ 敬~ (32, 1.4%)

2 智謀に, 立は, 給ふこ

1 [26件] て, て將軍, て礼, て頃刻, の心, の念, は, またはペネローペ, また彼自身, をうくべき, をささげ, をやむる, を聖なる, 下たる, 下を, 且つ愛し, 以て, 候私これは, 又進物, 大方ならず, 孝行を, 慎みて, 我に, 畏ん, 美を, 貴嬢

▼ 敬~ (25, 1.1%)

2 内務大臣と

1 [23件] さっそくお, その写本, どっかへ, 何か, 其中に, 和議を, 嚢里の, 始て, 寡居し, 推されて, 政府委員として, 是に, 来たの, 果して茶山, 死に無力, 母と共に, 泣かない晩, 目を, 言に, 遊説を, 遺つた, 野人内閣を, 霞亭に

▼ 敬~ (25, 1.1%)

2 とのしるし, と親密, や謙譲, を感じる, を払う, を捧げない, を朝鮮

1 [11件] があった, がなかつたら, が見え礼節, と個性, と情愛, と美, と親し, によってのみ成立, のしるし, や同情, を以て天才

▼ 敬~ (25, 1.1%)

2 を施した

1 [23件] した, したと, して, しながら, しようや, し往來, する, せずには, せられて, なんかし, に向, の姿勢, の眼, も爲, をし, をした, をする, を拂, を施しつ, を獻げた, を盡す, を缺, を表する

▼ 敬二少年~ (24, 1.1%)

1 [24件] がわずか, が外, のアレヨアレヨ, の愕, は, はその, はそれ, はついに, はなぜ, はもうすっかり, はわずか, はドン助, は不思議, は心臓, は思いがけなく, は思わずこう, は愕きのあまり, は昨夜, は東京ビル, は石, は腹, もこの, を呆れ, を見つけ

▼ 敬三郎~ (23, 1.0%)

1 [23件] がかう, が三年前, である, でした, といふの, に引合せられ, に忠實, に訊ねました, の人柄, の喜び, の寢間, の涙, の父中田某, の突き詰めた, の雇, の顏, はたより, は世間, は立ち上, も顏色, をうながし, を殺し, を誘ひ入れました

▼ 敬二郎さん~ (18, 0.8%)

3 のほう

1 [15件] がいい, がいや, が用事, という人, とわたし, と正勝さん, に譲られ, に電報, のところ, は喜んでる, よりもお嬢さん, よりも正勝さん, よりゃ正勝さん, を殺し, を連れ

▼ 敬~ (17, 0.8%)

1 [17件] うくる, もて汝, 刺せるも, 失したかも, 容る, 尽さなかったため, 得たりと, 放つて, 暗殺した, 殺さしめん, 用いんと, 納れた, 致した政治家, 色に, 起さしむ子, 起さしめて, 迎へに

▼ 敬~ (17, 0.8%)

2 を罵

1 [15件] から, がこの, が最近北国遊説, が衝立つて, だつた, だつたら動物園, とグラツドストオン, なぞも自分, に教, の夫人, の白髪頭, はこれ, はよく, より芥川賞候補作, を見つけた

▼ 敬さん~ (16, 0.7%)

2 の思い過ごし, はわたし

1 [12件] からのお, が実弟, が手, だけの紀久子, だけよ, だけ両方, とのこと, と正勝, に似合わんこっ, のやう, は欲張り, までそんな

▼ 敬~ (16, 0.7%)

2 のは

1 [14件] ことを, につけ, のが, ので石川, をもて, 人は, 友に, 可し, 基督の, 彼の, 心の, 念を, 熱情に, 神を

▼ 敬~ (14, 0.6%)

5 その一党 1 おれとの, これに, むっつり右門, 両方面, 云ふ, 倫理的調節とを, 張りあってるん, 道衍と, 高橋是清と

▼ 敬~ (14, 0.6%)

1 [14件] してやられたらどう, 口を, 壻を, 学び江戸, 孳, 対え, 愛され其配下, 指図を, 於ける私情, 添へて, 渇して, 父の, 生ませた女, 面目がね

▼ 敬~ (13, 0.6%)

5 の念 1 する態度, する道理, の念慮, の筋, をあら, を著者, を表象, 崇拝の

▼ 敬治坊~ (11, 0.5%)

1 [11件] からの手紙, からの返信, から頂戴, これからは, そして雑草二月号, のそれでも, の親戚, は耽溺沈没, よ二人, を待合せるべく, 遂に来ない

▼ 敬すべき~ (10, 0.4%)

1 が如し, なまけ者に, は存じ, モークの, 叟よ, 尊むべ, 無邪氣, 白髪の, 老教授ヴァイセ, 自由な

▼ 敬~ (10, 0.4%)

1 それから妾, っていうの, に信任, のこと, の如き, の時代, はこの, は史臣, は頑として, もおとなしく

▼ 敬~ (10, 0.4%)

1 があつ, が谷文晃, と会し, と号, と松島, の二人, の別れ去つた, の文政二年己卯五月二十七日, は官事, 子文

▼ 敬つて~ (9, 0.4%)

2 ゐる支部長 1 はくれる, ゐたし, ゐました, ゐる帝, をつた利章, 申し奉る笛, 置いて

▼ 敬~ (9, 0.4%)

2 の耳 1 には今夜, に分っ, のところ, の仲よし, の懐中, の方, の顔

▼ 敬する~ (7, 0.3%)

2 画家よ 1 ところなる, に不, に及ばぬ, に同じ, に足らん

▼ 敬ちやん~ (7, 0.3%)

1 が樽野, が質屋, といふの, に頼まう, に頼まない, の意味, や細君

▼ 敬ふべき~ (7, 0.3%)

2 郷土の 1 この神, ものを, 事かねて, 技が, 賓の

▼ 敬~ (7, 0.3%)

1 いっしょに, されぬから, 其の當時綿密, 同郷の, 大分馴れ, 尊敬する, 気を

▼ 敬~ (7, 0.3%)

1 進も, 進も不審, 進も亦, 進も力, 進も同じ, 進も言, 進も酒

▼ 敬四郎どの~ (7, 0.3%)

1 でござる, と立ち会い, にご, のほう, の様子, も痛しかゆし, をさらっ

▼ 敬~ (7, 0.3%)

2 の乱 1 は十余歳, は射術, は後, は火, を同道

▼ 敬~ (7, 0.3%)

2 の冊封, の四十年 1 についで, の時代, の時田名村

▼ 敬~ (7, 0.3%)

1 されたの, されて, されるお, されるが, したもの, して, を用

▼ 敬だんな~ (6, 0.3%)

2 のお 1 にたいそう, のあの, のよう, も山の手

▼ 敬はれ~ (6, 0.3%)

2 侍かれ 1 てゐた, てゐる, て人形, て在らつ

▼ 敬~ (6, 0.3%)

1 て共に, て君, て西皇帝, に敬, 且つ譲る, 譲りに

▼ 敬しみ~ (5, 0.2%)

1 さえあれ, に始まっ, に敬しんだ, を忘れ, を持ち

▼ 敬~ (5, 0.2%)

1 んの, んは, 三等技師下後藤新平や, 伏水の, 横綱大

▼ 敬~ (5, 0.2%)

1 した, したさ, して, し魔界外道, 仕り居候事

▼ 敬君来庵~ (5, 0.2%)

1 しばらく話した, すみませんでした, つ, の約束, ほんに久しぶり

▼ 敬太郎氏~ (5, 0.2%)

1 から電話, はたまり兼ね, は一ツ橋大学, は現在, は磯吉親分

▼ 敬治居~ (5, 0.2%)

1 で眼鏡, にくつろぐ, に泊つたとき, の客, はなか

▼ 敬せざる~ (4, 0.2%)

2 のみ 1 なく道俗男女, は過ち

▼ 敬~ (4, 0.2%)

4 んな

▼ 敬まっ~ (4, 0.2%)

2 ていた 1 ている, てくれるだ

▼ 敬君来訪~ (4, 0.2%)

1 すぐいつしよにならんで, そしてまた藤井さん, つ, なつかしく話しつ

▼ 敬大将~ (4, 0.2%)

1 が気違い, は, はあの, カンカンに

▼ 敬愛せる~ (4, 0.2%)

1 にもかかわらず, 福田友作と, 聖き, 荒尾譲介の

▼ 敬~ (4, 0.2%)

1 した, して, の念, の馬車

▼ 敬~ (4, 0.2%)

2 の諸氏 1 が此年文政六年十一月二十四日, は大

▼ 敬~ (4, 0.2%)

2 の義務 1 は松田氏道夫, を具象化

▼ 敬~ (4, 0.2%)

1 というふう, となる, とはすまい, の下

▼ 敬首和上~ (4, 0.2%)

1 の, のかく, の傳, の特

▼ 敬しく~ (3, 0.1%)

1 叩頭する, 渠を, 神の

▼ 敬しむ~ (3, 0.1%)

1 ことに, 勇気, 心が

▼ 敬という~ (3, 0.1%)

1 ものです, もの密疏を, 者が

▼ 敬んで~ (3, 0.1%)

1 君の, 御目見え, 西皇帝に

▼ 敬二郎ら~ (3, 0.1%)

1 だけを捉え, の三人, は馬

▼ 敬先生~ (3, 0.1%)

1 であった, で伊太利, の授業

▼ 敬坊来~ (3, 0.1%)

1 それから樹明来, 約の, 間もなく樹明来

▼ 敬太郎さん~ (3, 0.1%)

1 がその, で無きや, と小僧

▼ 敬~ (3, 0.1%)

1 すること, と愛着, を運び

▼ 敬~ (3, 0.1%)

2 の心 1 である

▼ 敬業社~ (3, 0.1%)

2 をし 1 で売らし

▼ 敬治さん~ (3, 0.1%)

1 は炬燵, 冬村さんと, 幸雄さんの

▼ 敬~ (3, 0.1%)

1 し亦, という語, と同日

▼ 敬~ (3, 0.1%)

1 する気, の念, は長

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 たらしく重恩, てくれるであらう

▼ 敬つて何事~ (2, 0.1%)

2 につけ

▼ 敬つて白~ (2, 0.1%)

2

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 あつて, あるならば

▼ 敬といふ~ (2, 0.1%)

1 念起こり, 誤魔クラガシ

▼ 敬とは~ (2, 0.1%)

1 同郷で, 部分的生命が

▼ 敬とを~ (2, 0.1%)

1 末永く我, 誅戮する

▼ 敬はじめ哀傷~ (2, 0.1%)

2 御憐察可

▼ 敬はれる~ (2, 0.1%)

1 やうな, ように

▼ 敬ひま~ (2, 0.1%)

1 つらばや, つるこの

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 三宝は, 出で

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 はるる, はれたり

▼ 敬やん~ (2, 0.1%)

1 があ, と夫婦

▼ 敬五郎~ (2, 0.1%)

1 でした, は物

▼ 敬以上~ (2, 0.1%)

1 だったろうな, であった

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 が始め, といふ人

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 して, を尊ぶ

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 ぬし, の手

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 という男, といふ男

▼ 敬君来庵酒~ (2, 0.1%)

1 と下物, も罐詰

▼ 敬四郎たち~ (2, 0.1%)

1 が追いまわし, を見ながめ

▼ 敬四郎たち一党~ (2, 0.1%)

1 に気づかれない, の尾行

▼ 敬四郎だんな~ (2, 0.1%)

1 もそんな, をてこずらせ

▼ 敬四郎配下~ (2, 0.1%)

1 の小者ども, の者

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 そしてちいちやん, の三重奏

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 の字, 後文達

▼ 敬愛せられ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, 両者相対し

▼ 敬~ (2, 0.1%)

2 を受

▼ 敬拝する~ (2, 0.1%)

2 者を

▼ 敬治君来庵~ (2, 0.1%)

1 の日, 間もなく樹明君

▼ 敬田院~ (2, 0.1%)

1 には救世観音, を寺

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 なぞの, に伝え

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 にその, のところ

▼ 敬~ (2, 0.1%)

2 の念

▼ 敬~ (2, 0.1%)

1 する者, に価しない

▼ 敬護し~ (2, 0.1%)

1 勸王家云々, 勸王家元中九年八月十三日窟寺に

▼ 敬順道夫~ (2, 0.1%)

1 である, に至

▼1* [237件]

あらばもっ, 敬あらん孝慈なら, 敬いまなほ我を控, 敬うた事も分り, 敬銓の, 敬さなければならない, 敬され維持され, 敬されたのは, 敬される彼女を, 敬したとある, 敬してるというん, 敬しないことは, 敬しまなくては, 敬しみいやまひたる聊さ, 敬しんだ上にも, 敬し慕っていた, 敬な, 敬せず自由社会を, 敬せずして不遜, 敬せぬ者を, 敬せらるるという品格, 敬たる者いささかまごつかざる, 敬だけしか持つて, 敬ちゃん御遊びなという友達, 敬つて遠慮して, 敬であると言つて, 敬ですよ, 敬といふともこの上, 敬とかく煩申候, 敬とが辛巳の, 敬とに終始した, 敬との間には, 敬どのこれなる女, 敬なき者には, 敬などが日本に, 敬などは今日の, 敬なども餘程注意を, 敬なんぞといっしょに, 敬なんぞに追い抜けられて, 敬には仕ふべき舅姑, 敬にゃこの判じ絵, 敬に対する衍の, 敬はれ喜ばれ珍しがられ, 敬ひかよふ, 敬ひたまひき, 敬ひたり又汝, 敬ひ奉り事と, 敬ひ得て大, 敬ひ得ざる不幸の, 敬ひ申し候事この世は, 敬ひ謹んで承知, 敬ひ造り並に, 敬ふことはする, 敬ふごとく次を, 敬ふてゐたからである, 敬ふべき老いた龍チャーナタよ, 敬またはその他の, 敬まひ謹みて, 敬まわなければならない, 敬まわれ慕われている, 敬もどきの何とか, 敬をば起すなるべし, 敬を以てしたの, 敬イ四時牛馬ヲ屠, 敬シ人ヲ愛スルコトヲ知ルモノナリキ, 敬ニシテ礼ニ中ラザルヲ野トイヒ勇ニシテ礼ニ中ラザルヲ逆トイフ, 敬一流の責め音, 敬一郎古賀幸吉今石作次郎, 敬一郎君一名判官三郎だ宮尾君, 敬一郎氏は先年筆者, 敬一郎氏安川財閥の御大, 敬三郎樣のやう, 敬両君の熱心, 敬中さん抔も描い, 敬主従と右門主従, 敬之進に渡し, 敬と解釋, 敬二たちを睨ん, 敬二十一歳次女銓十九歳の三人, 敬二君に, 敬二居に立寄り, 敬二居等に立寄り, 敬二東道の下, 敬二郎くんが知っ, 敬二郎ら三人は狼狽, 敬二郎十の持子, 敬幕臣が, 敬以後の文, 敬搏手以當跪拜其人壽考或, 敬佛法於百濟求得佛經始有文字, 敬と諡, 敬信者を持っ, 敬である, 敬に書, 敬公ざまアみろい, 敬公以来の尾張藩主, 敬公時代以來の古記録, 敬公様以来貯えられた黄金, 敬冲妙心寺の越渓等, 敬せらる, 敬博士も博士, 敬君やうやく帰宅, 敬君久しぶりに来訪, 敬君出張の途中ちよ, 敬君宇君には憐笑, 敬君宿泊ぐつすり睡れたが, 敬君徃訪私は帰庵, 敬君最後に樹明君, 敬君来つ, 敬君来庵一升樽さげて, 敬君来庵久しぶりだつた, 敬君来庵樹明君も暮羊君, 敬君来庵脱線談を聞く, 敬君来庵間もまく, 敬君来訪いつしよに, 敬君来訪サケサカナ例の如く, 敬君樹明君どうです, 敬君脱線のこと, 敬四郎めが下手人, 敬四郎一人だけじゃねえ, 敬四郎一期のお願い, 敬四郎側のほう, 敬四郎先生のところ, 敬四郎座についた, 敬四郎得意の責め手, 敬四郎心中はなはだ気味, 敬四郎様とかおっしゃる, 敬四郎鬼の首, 敬の, 敬坊万歳どなたも幸福, 敬坊坊ちやんは私, 敬坊帰省の日, 敬坊幻の如く, 敬坊来ふたりいつしよに, 敬坊来二升ほど飲ん, 敬坊来庵久しぶりに, 敬坊来庵酒と汽車弁当, 敬坊来樹明来南無アルコール大明神来, 敬坊来県庁行を見送る, 敬坊来街でほどよく, 敬坊来車酒を持つ, 敬坊来酒は豊富, 敬えらる, 敬の事, 敬太郎さん山下の越後屋, 敬太郎君です, 敬太郎根津に住めなくなっ, 敬太郎様で御座います, 敬太郎氏それに手, 敬太郎直が生れた, 敬太郎相済まぬよう, 敬太郎矢にも鉄砲, 敬太郎自身はけっして, 敬太郎講釈口調でまくし立てる, 敬を引く, 敬は惟恭, 敬すれば, 敬宗さんも一しょ, 敬宗と一しょにこの, 敬寿たてまつり候, 敬将軍髯面を突出, 敬の情, 敬庵先生の處方, 敬来る, 敬徳これを捕えた, 敬徳明慧大姉明治四年十一月三日森立之妻, 敬ありて, 敬愛し合う男女の, 敬慎事に当り, 敬すべきである, 敬をし, 敬拝すらく, 敬拝祇承つた, 敬文汝南の徳枢, 敬戸部山縣勇次郎その他知名の, 敬晨会というはもっぱら, 敬曰く先帝若し敬, 敬曰く隋文揚広は父子, 敬曾祖楊庵祖父秀三父楊庵である, 敬服せられていなけれ, 敬をもっ, 敬して, 敬氏大熊氏廣氏などいう, 敬治二兄同道来庵酒魚鮨すべて持参だから, 敬治兄がいる, 敬治兄等の並々, 敬治君友はよい, 敬治君来庵庵の御飯, 敬治君来庵自宅からわざ, 敬治君来庵酒と汽車辨当, 敬治君来庵餅を貰, 敬治君機嫌よく実家, 敬治君約束の如く, 敬治居訪問はほんとう, 敬治岡崎恭輔なぞの政府顛覆, 敬治来三人いつし, 敬治樹明両君に, 敬流儀に人足, 敬浩さんは川村雨谷, 敬とともに孔子, 敬済品花宝鑑の谿十一, 敬敢稍怠舞獅子之人率本地祠丁平日被, 敬照氏は日本, 敬の, 敬甫後年屡榛軒, 敬甫通称は源六郎, 敬画伯から, 敬病院あるのみ, 敬皇帝でこれ, 敬相下の, 敬相手の大, 敬という者, 敬三其幼女とら第, 敬等々君の如き, 敬策三子被相守, 敬の教, 敬した, 敬自身は青年時代以来諸国, 敬蓮社というもの, 敬刺, 敬西房という者, 敬深く照察, 敬の, 敬親したいから, 敬誦する和歌である, 敬軒佐藤子文及霞亭, 敬軒等は茶山, 敬迄が半分偉人に, 敬は谷口家, 敬の二女, 敬とかいふお, 敬順安策常庵様, 敬須徳那利ヲ以テ甲斐, 敬題するわけは, 敬高三十歳にし, 敬高橋是清から以後, 敬高橋是清米内光政今村均というよう