青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「批評~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

打つ~ ~払 払~ ~払っ 払っ~ 扱~ 扱い~ ~批判 批判~ ~批評
批評~
~承知 承知~ 技~ 技巧~ 技師~ ~技術 技術~ 把握~ 抑~ 抑え~

「批評~」 6803, 70ppm, 1606位

▼ 批評~ (1336, 19.6%)

1312 の批評 10 の言葉 9 というもの 8 である 7 がある, だ, ではない, のやう, はこの 6 の中, はその, は作家 5 といふもの, と云, になる, の意見, の方, の間, は彼 4 が作家, の代表, の場合, の存在, の顔, や作家

3 [26件] が, が云, が作品, が或, が自分, であつ, であると, であるという, です, というの, によつて, による, の, のため, の仕事, の作品, の或, の文章, の注意, の頭, は云いました, もある, もまた, も亦, をし, を以て自ら

2 [111件] があっ, がいない, がこの, がそう, がその, がそれ, がない, が便宜上, が問題, が悪い, が批評, が指摘, が非常, であった, であって, であるが, であること, であるといふ, であるところ, である以前, でなければ, ではなかつた, ではなく, でもなくなる, としての彼, としての態度, としての生い立ち, としての立場, としての自身, としての読者, とはケタ, と世間, と交替, と安, なの, なるもの, なんてもの, に, にその, にとつて, になっ, になった, になれる, になろう, にもピアノ, に出会, のいう, のお, のない, のタレント, のテオフィル・グージャール, の一つ, の一人, の云, の亜流, の任務, の僕, の先生, の冷笑, の出ない, の出現, の土地自慢, の域, の多く, の好み, の客観的公正, の弊, の御, の態度, の気に入らぬ, の特権, の目, の立場, の腹, の誇張, の説, の賞讃, の阿呆め, はいまだに, はきつ, はこう, はそこ, はほとんど, はまず, はマルクス主義的批評, は之, は云, は云つて, は亦, は佐佐木君, は侯, は多い, は眼, は私, は稀, は言つて, ぶって, まで特攻隊, もこの, も一々, も作家, やジャーナリズム, やピアノ, や聴衆, をかかる, をごまかす, をだます, を持つ, を近づけない, 多きが, 若しくは作家

1 [872件 抜粋] あり, および同情家, から, からは可, から下足札, から彼, から彼等, から有り, から現われた, から認められだした, から軽蔑, があすこ, があまり, があれ, がい, がいひました, がうまく, がかかる, がくだらなく, がこれ, がそういう, がそのまま, がそんな, がついで, がなすべき, がもし, がやつ, がわたくし, がゐない, がフランス, がリズム, がルージン, が一人, が一般日本人, が丁度, が両, が丹念, が二千餘年前, が云う, が今, が何故, が偶像, が僕, が十, が取りあげる, が口, が地下, が多い, が多少, が大向, が実子殺し, が広く, が強かっ, が得々, が心, が必要, が感心, が戯曲, が撮影所, が文學作品, が新しい, が最大級, が殆ど, が獨斷的, が現われなけりゃ, が現代, が盛ん, が私, が筆, が紹介, が自ら他人, が英吉利, が説明, が輩出, が馬鹿正直, しかも作者, じゃない, じゃ無い, その傾き, たるエミイル・ファゲエ氏, たる職分上, だから, だそう, だったの, だつたの, だつた正岡子規, だといふ, だよ, ってみな, づらア, であったかも, であったウエーンライト, であった彼, でありレッシング, であり学的労働量, であり江戸生れ, であり鼓舞者, であるかという, であるため, であるの, であるのみ, であるテオフィル・グージャール, である中野好夫, である彼, である筈, でいらっしゃる, でお, でさ, でさえも, でないとも, でなくては, ではなかっ, では異例, でもあった, でもない, でも少なくとも, でも日本固有文化, でマアテルリンク, で林語堂, で遠慮会釈, で長男, というべき, というよう, という人間, という啓蒙, という意味, という言葉, という風, といった人々, といふの, といふ態度, といふ民間審査員, といわれ, とかいう人, とかいわれる, とか先入主, とか職業的, とが同じ, とし, として, としてすでに, としての天稟, としての感受性, としての本意, としての歴史, としての特色, としての資格, としての野心, としては職人的美術批評家, としても男, として之, として人間的理性, として前途, として在る, として未来, として活かし, として自分, として著者自身, として行動, として趣味, として適当, とせし, とでも言, となり, となる, との幹事, との根柢的, との間, との類, とはなんと, とは可, ともなり得た, とを一番, と二人, と云う, と作者, と公然, と創造的, と同じく, と学校教師, と往復問答, と皮肉屋, と自己, と言, と貴婦人, どもそれ, なしに, など, などがいない, などがたくさん, などが現われ得る, などという多く, などはなし, などは専門家, などばかりだった, など最も, なり批評, なん, なんといふ, にあまり, にあんなに, にか, にこの, にし, にちがい, にとってこれ程, にとってそこ, にとって特に, になつて, になりました, になれ, にはことに, にはなれつ, にはめ, には必ずや, には数学者, には未だ, には産者, には評判, にも, にもモリエル, にも大言壮語, にも指導, にも認めさせた, によつて代表, によつて手嚴, によつて激昂, にろくな, に一々, に云わせれ, に取巻かるる, に外, に委ね, に委ねてる, に対して作家, に対して私, に對, に就い, に思索力, に批評, に拘泥, に支配, に敬意, に欠く, に求め, に由つて保護, に衒学, に要求, に読ん, に谷文晁, に送った, に適する, に鑑賞, に関するテーゼ, のあいだ, のいっ, のいった, のくだす, のしばしば, のとんでも, のなすべき, のみで, のもつ, のゐない, のアンソニー・ウェスト, のエムプソン, のジョーゼフ・ハート, のラヂカル, のロジック, の不幸, の主観的概念的評論, の人格, の仲間, の僻目, の典型, の列, の勢力, の反撃黙殺, の口吻, の団体, の地位, の多い, の大きな, の如き, の妄評, の学者的, の容赦, の当, の影響, の心, の忖度, の恥, の悪戯, の意義, の感覺, の批評圏内, の技術論, の持つべき, の教養, の文, の時に, の最も, の月旦, の松園論, の極り文句, の権威, の歎, の武器, の活動, の為事, の爲め, の狭量, の理想, の眞中, の眼力, の眼色, の社会的地位, の空想, の筆, の精神, の署名, の考える, の花, の苦しい, の行う, の解釈, の言う, の評価, の評論活動, の貧弱曖昧, の身すぎ世すぎ, の軍勢, の通弊, の鋭い, の鑑賞, の黙殺主義, はあまり, はいたずら, はいらない, はお, はかう, はこんなに, はさ, はすぐ, はそれ, はただ, はだいぶ, はといふ, はなかつた, はなぜ, はふとこう, はま, はまちがっ, はみ, はやっつける, はイプセン, はエジプト, はセザンヌ, はバルザック, はボク, はロパーヒン, は一口, は一寸, は上, は今, は何, は何と, は作品, は作家自身, は個人的, は僕, は先づ, は其處, は卑怯, は厭, は反対, は名前, は問題, は嚴密, は声, は大抵さ, は女, は寛, は居ない, は彼等自身, は彼自身, は徹頭徹尾, は急, は慌て, は戀, は所謂, は数え得る, は文学, は文学作品, は暫くたって, は書評家, は朝鮮, は本当, は桂華, は次, は正直, は正直者, は殆, は決して, は浪漫派, は為せ, は猶, は町, は直ぐ, は相手, は神泉氏, は立ちどま, は笑, は純文学, は自分, は自由劇場, は芸術家, は見逃がし, は評し, は読者代表, は誰, は遂に, は鑑定家, は音楽, は餓死, ばかりに違, へ折紙, ほど作品, ほど軽薄, までを包括, もいる, もおりました, もこ, もそう, もたま, もほめ, もまだ, もわれわれ, もゐない, も一部, も二流, も人間, も俳優, も失格, も実は, も師匠, も経済学者, も非, やその道, やジャーナリスト, やメセナス, や中学生徒, や先生, や劇団人, や宣傳部員, や懐疑家, や文学, や文芸批評家, や美学者, や脚本作家, や鑑賞家, よりもかえって, よりもやはり, よりも余程, よりも演技者, よりも遙, より浴せし, よ読者, らしい男, らしい顔付, らしく葉子, をおどろかさ, をとらえ, をまだ, をも飛び上がらせた, をや, を一人任命, を一貫, を以て自称, を以て許す, を兼ね, を向, を嘲つた, を好意, を心, を悩ます, を数, を有せざりし, を満足, を無力, を見くだし, を見廻す, を軽蔑, を除く, を驚ろか, 乃至演出家, 必ずしも創作家, 或いは寧ろ, 時には, 殊にフランス

▼ 批評~ (909, 13.4%)

53 して 14 書いて 10 すること, 聞いて 9 するの 8 加へ 7 やって, 加えて 6 きいて, した, したり, もって, 下して 5 されて, したが, する, 加へる 4 しようと, するもの, 仰ぎたいと, 加えること, 加へて, 書くこと, 耳に, 読んで

3 [15件] しない, する人, 下した, 事と, 加えたの, 加える, 加えるの, 受けて, 受けるに, 含んで, 如何な, 気に, 求めた, 無視する, 聞くと

2 [48件] いくら読ん, うけて, くだした, くだすの, こころみるの, させて, される, したがるもの, しても, しましょう, しようという, するかと, するが, するには, するので, する場合, すれば, よく読ん, よんで, 下さないので, 下したり, 下すこと, 下すの, 下す人, 下そうと, 乞うた, 加えた, 加ふる, 受け其激烈, 心の, 必要と, 書く, 書くの, 歴史的確率の, 浴せかける, 甘受せね, 禁止する, 繰り返しながら, 聞いたり, 聞いても, 聞き澄ました, 聴くこと, 見た, 試みて, 読み返して, 讀んだ, 通過する, 願います

1 [568件 抜粋] あなたに, あらゆる問題, いい気, いたすこと, いって, うけます, うけるいはれは, うけ入れるべきでは, うちたてなければ, うながした, おそれるに, お刺, お書き, かいた手紙, かいて, かく, かくという, かく段, きいた, きいても, ききますが, きくこと, きく前, きまりわるく, くだした男, けなしつけこきおろすという, ここで, この場合, この展覧会, この間鶴さんに, こはが, こめて, させず面白く, させまい自身一人, させると, さへ, されたか, されたとしても, されたよう, された場合人, されるの, される時, しあった, しそう, したあと, したい食指, したから, したくなる私, したの, したので, したまでに, した一人, した人, した人々, した孟子, した時, した者, しては, しと, しないで, しないの, しないので, しながら, しや, しよう, しようとも, しろと, し合, し良い, すべく志, するでも, すると, するという, するといふ, するところ, するな, するばかり, するものの, するわけ, する事, する人間, する以外, する会合, する位, する余地, する意志, する新聞, する時, する柄, する権利, する権威, する為め, せねば, せられた, せられたの, せんにも, そういう詩趣, そう一々注意, そのまま肯定, その生活, たたえて, たのんだので, ちらちらはしり読みする, ちらちらはしり讀みする, つき抜いて, つけたもの, つけ加えた, なさむとするものあり, なしつつ, なして, なし試驗, なすこと, なすったから, なすを, なす処, のぞいて, はじめて, はじめてゐた, はみ出して, ひかえめ, ひき貴方, ほんとうの, まとめあげるほど, まともに, みかける, みじんも, みたらい, みても, みると, もたなかった, もったからと, もつか, もつて, もとめたこと, もらおう, もらった, もらはう, やりながら, やり遂に相当, やるもの, やるより, ゆるすとして, よく受ける, よせて, よむと, よんだ故, サイソクする, 一々実例, 一くさりのべた, 一句も, 一応受け容れた, 一般読者から, 一言一言肝に, 一読し, 下さば, 下さるるかも, 下されて, 下した事, 下した人, 下し始めること, 下し得る人, 下し日本, 下すが, 下すといふ, 下すを, 下す場合, 与えたの, 与えて, 与えられた, 与へられた方々, 中心に, 中谷が, 乞, 乞いに, 乞うだけの, 乞うと, 乞はれた, 乞ひたい, 乞ふ, 乞わんが, 予期し, 云うの, 交えてなど, 交へ, 交換し, 享くる, 人々は, 仰いでも, 仰ぎたり, 仰ぎます, 仰ぎ奉ると, 企てて, 企てること, 伺いに, 伺ひたいと, 作品批評や, 作品評価の, 作者自身は, 俟つまでも, 元気に, 免れたるのみ, 免れること, 全体として, 出して, 分析し, 初めてゐた, 加えたが, 加えたひと, 加えたもの, 加えたり, 加えなかった, 加えなど, 加えねば, 加えられようとは, 加えるとは, 加えるに, 加えるばかり, 加える事, 加える僕ら, 加える力, 加える勇気, 加える気, 加え終ったとき, 加え読者, 加ふべきで, 加へてを, 加へれ, 加へんことは, 動的な, 印象の, 反省した, 取り換わせて, 受くべき, 受くれ, 受けいれて, 受けずに, 受けた, 受けたあなた, 受けたこと, 受けたり, 受けた経験, 受けても, 受けなければ, 受けなど, 受けること, 受けるであろう, 受ける事, 受け家族, 受け得る形式, 受け持って, 受持って, 受持つて, 口に, 可能ならしめた, 含まない報道, 含み又は, 含めて, 含んだ叙述, 含んだ現, 呪うよう, 味は, 喚起した, 回避する, 城中で, 執筆した, 基礎に, 外部から, 多く加え, 失った読者, 始めたが, 始めるん, 媒介に, 宮が, 容れること, 寄せら, 寄越した, 専門と, 専門に, 專に, 尊重し, 座談会では, 彼の, 彼女は, 征服し, 得たいと, 得たこと, 御紹介, 必要とさえ, 忘れやう, 忘れようとして, 思い浮べること, 恐れては, 惹起し, 感じて, 憚かった, 懷抱し, 戴いては, 手紙で, 承って, 承わる, 承服しなかつた, 承認する, 抱いて, 押しつけること, 担任する, 担当してる, 招くも, 拜見する, 持ち込まれるの, 持出す, 指すの, 振りかける評論家, 挿ま, 放擲し, 文字通りに, 文芸批評に, 新聞で, 日本人の, 書いたとき, 書いたの, 書いたり, 書いた鶴さん, 書いてるこれ, 書かせ顔ぶれ, 書きその, 書きたいと, 書きつけはじめた, 書きながら, 書き散らして, 書き春廼舎, 書くつもり, 書くらしい, 書く人, 書こうと, 有た, 柱として, 検べて, 楽しんで, 標準に, 標語と, 歓迎し, 歓迎する, 此等の, 武器として, 殿様芸に, 毎年つづけ, 氣に, 求むること, 求むるな, 求めたが, 求めたり, 求めて, 求められた, 求めると, 求めるといふ, 求めるより, 求め或は, 沈黙の, 注意ぶ, 活溌に, 浴せかけるやう, 浴せた, 浴せたり, 浴せながら, 無視し, 無視した, 理解し, 理解した, 甘受しなけれ, 生みだして, 産むこと, 発生させね, 発見した, 白眼視する, 目的と, 目的として, 直接に, 相手どっ, 省みて, 禁じて, 禁止した, 私の, 科学的である, 第三者として, 簡単に, 約束する, 終るまでは, 組みたてる傾き, 組織し, 組織した, 経て, 絶した, 絶するほどの, 絶対に, 綴って, 縦横に, 繰り返すの, 繰返して, 聞いたこと, 聞いたため, 聞いたの, 聞かうと, 聞かされた, 聞かれた時, 聞きそれから, 聞きながら, 聞きました, 聞きます, 聞き賞め, 聞くに, 聞こうという, 聴いて, 聴かれて, 聴くところ, 聴く義務, 聽きたい, 自ら思い起させ, 自慢らしく, 致して, 草し, 草し感想, 蒙ったこと, 蒙る現実, 行うて, 行つてゐない, 行つてゐる, 行なうため, 要略すれ, 見たらば, 見たりや, 見て, 見れば, 規定する, 許さずという, 許さないかも, 許さない境地, 許せば, 評価しきった, 試みしめたもの, 試みた, 試みたい, 試みたいと, 試みたが, 試みたの, 試みたりなど, 試みできるならば, 試みない事, 試みようと, 試みることさ, 試みると, 試みるほどの, 試みる気, 試みんと, 読ました, 読み何, 読み初めましたが, 読むこと, 読むと, 読めば, 読んだとき, 読んでも, 誰か, 調べて, 請ふ, 讀む毎, 讀んで, 貫ぬい, 貰う時, 超えたもの, 超絶した, 超越し, 超越する, 蹴ちらしたよう, 身辺心境小説や, 載せて, 近頃聴く, 述べたてた, 述べて, 追加した, 送る, 逞ゅうした自分は, 運ぶこと, 避けるが, 避けること, 都に, 重に, 間接に, 雑誌, 面白がった, 頭から, 頭の, 頼まれないとは, 頼んで, 願いたいと, 願いましょう, 願おう, 願ひます, 首肯わ, 默殺する, 黙って

▼ 批評~ (684, 10.1%)

7 対象と, 言葉を 6 方が, 筆を 5 言葉が 4 ために, 中で, 中に, 方法は, 方法を

3 [12件] あるもの, ことだ, ための, ような, 人間性, 仕事は, 任務は, 名に, 外に, 多くは, 科学性の, 科学性を

2 [54件] ことばが, ない処, ない歌壇, やうな, システムは, ペンを, 下に, 中からよりも, 仕方は, 余地が, 余地などは, 内に, 分野に, 名を, 唯一の, 問題, 問題に, 問題は, 圏外に, 基準の, 場合は, 如く受取りこれ, 客観的基準, 対象たり, 対象として, 対象に, 対象は, 対象を, 対象物と, 尺度を, 当って, 必要が, 意味における, 方法, 標準が, 標準を, 機能が, 機能である, 機能に, 機能を, 活字が, 準據, 無い場所, 発達した, 目的は, 眼を, 精神が, 精神の, 紛々たるは, 自由は, 行方, 言葉も, 道を, 限りでは

1 [489件] あり得べき一つ, あるの, ある所以, うちで, うちには, うち最も, おかれ, きびしさ, くいちがいそのもの, ことから, ことで, ことである, ことにしか, ことにも, この機能, この自己分解期, こよなき方法, しかたが, しやう, しようの, せいだ, そういう型, できない三四郎, とおりに, どれもが, ないなか, ない映画批評界, なかに, なかにさえ, のって, のろうべき見本, ほうが, もつ社会的機能, ものさしが, やり方が, よりどころ, システムだろう, ペンにも, メカニズムが, モメントと, 一向出, 一方である, 一歩を, 一環である, 一種です, 一種と, 一種の, 一部を, 上で, 上では, 上に, 上にて, 上乗の, 下せない足, 中では, 中には, 中心に, 中心的な, 主流の, 主眼点に, 主観的な, 事を, 交換と, 交換を, 仕事と, 仕事などを, 仕事に, 仕事の, 仕事を, 仕方である, 仕方では, 仕方に, 仕方も, 仕方や, 仕方を, 仕様も, 任務, 任務の, 伝統が, 位置は, 体系が, 体系の, 体系を, 体系上の, 余地は, 余地を, 余波は, 使命は, 例として, 価値さえ, 価値だった, 価値は, 価値を, 個人倫理と, 傾向が, 傾向さえ, 價値は, 價値を, 元来の, 先入主も, 全文を, 内では, 内にも, 内容的な, 冒頭で, 凡てを, 処方は, 出来ないやう, 出現の, 出現を, 出発点な, 分野それを, 分野において, 切拔全部を, 初めであり, 制度を, 前には, 前提として, 創始者である, 力の, 力も, 功と, 動機が, 區域を, 千差万別といふ, 危が, 原論とも, 厳正が, 反動的性質を, 反対の, 受持ちは, 口が, 口に, 口を, 台頭とは, 各自の, 名を以て, 哲学としては, 問題でも, 問題とか, 問題な, 問題にとっては, 問題には, 問題への, 啓蒙的特色を, 喧しかったり, 嚆矢といふ, 困難なる, 困難更に, 国定を, 圏外である, 土台を, 在り方が, 埒を, 域を, 基準が, 基準で, 基準である, 報告を, 場合その, 場合に, 場合には, 場合にも, 場面が, 境地でなく, 声の, 変形と, 外の, 外形を, 外部的な, 多いこと, 大切さという, 大概の, 天才だ, 契機とが, 如き, 如きも, 如きもの, 如き審美學, 始る, 姿には, 媒介と, 存在が, 存在を, 学であった, 學で, 完全なる, 実感に, 実質についての, 実質も, 実質を, 客観性という, 客観的尺度の, 寄稿を, 対照は, 対象から, 対象が, 対象である, 対象とは, 対象国民を, 対象物は, 専門家は, 對象として, 尺度の, 巨頭である, 幼稚さを, 序論として, 底であり, 建前である, 建前な, 強味であり, 当たって, 当否は, 形式に, 形式の, 形式を, 役目な, 役目は, 径路を, 後で, 後バルザックが, 従って又, 必要から, 必要に, 怖ろ, 性格などが, 性質こそ, 性質は, 悪からう, 意味では, 意味を, 意義を, 態度が, 態度について, 態度には, 態度を, 成果から, 或言葉, 所謂科学性の, 手品とは, 手段に, 批評らしい, 技術を, 把握に, 提唱が, 攻めを, 政治的価値の, 故に小説, 文にも, 文章にも, 新しい根本, 新しい潮流, 新しい試み, 方で, 方に, 方は, 方を, 方法が, 方法こそ, 方法と, 方法について, 方法も, 方法や, 方面へ, 是々非々主義は, 時は, 時期では, 書きかたが, 最後の, 最近の, 有る事, 本が, 本ものの, 本格に, 本義を, 本質が, 本質と, 本質の, 本領でも, 材料は, 材料を, 条項についても, 枠を, 枢軸を, 根底が, 根底に, 根底を, 根絶やしを, 業に, 楽しみを, 概念こそ, 概念は, 構造によって, 様である, 様式につき, 標準も, 権利, 権利の, 権威も, 権威を, 機関である, 權利を, 正しさ加減, 正当な, 正確さを, 正確さ児玉氏自身の, 正確を, 正統的伝統に, 歴史から, 歴史に, 歴史は, 母胎と, 水準を, 水準引あげ, 沈滞が, 沈滞した, 法則が, 法定も, 活動に, 活動は, 流行という, 消息を, 消滅の, 深浅さ, 湧く余地, 無い場處, 無い竜宮城, 無い龍宮城, 無力が, 無力は, 無力論に, 焦点と, 焦点に, 焦点を, 熱心な, 爲方で, 特別な, 特有な, 特異な, 特色だった, 特色として, 状態に, 現実的根拠と, 現状は, 理想は, 申し上げよう, 當否は, 発現の, 発達し, 的であります, 的確が, 盛んと, 盛んな, 目標であろう, 目標物へは, 目的と, 目的に, 盲点, 直観的な, 相手は, 眞の, 真の, 眼で, 眼は, 眼目と, 研究, 破壊的暴露に, 社会的な, 社会的必然を, 禁圧の, 禁止を, 禁止文芸批評の, 科学性という, 科学性とは, 科学性に, 科学性については, 科学性には, 科学性や, 科学的客観性だ, 種を, 立場から, 立場に, 立場は, 端だつた, 端緒, 第一, 筆も, 筆硯に対して, 筆者にも, 筆者は, 範囲外に, 範疇を, 簡単な, 精神でも, 精神として, 精神に, 精神は, 精神も, 精神を, 精神状態の, 精神読書と, 糸口を, 組織を, 組織的な, 結論を, 統一的で, 統一的な, 總論の, 繁昌し, 習い性と, 老大家には, 職能の, 能力が, 能力に, 能力において, 自由と, 色彩に, 芸術史的意味, 蕪辞を, 藝術で, 表現を, 衰退について, 要求が, 要求と, 見地が, 規準の, 規範主義に対する, 観念を, 観点を, 角度乃至, 言葉から, 言葉である, 言葉でも, 言葉と, 言葉として, 言葉の, 言葉や, 言葉をも, 記名的な, 証明として, 評判の, 詞が, 詳細が, 語を, 説が, 論が, 論理性の, 諸問題, 諸規定, 貧困が, 貧困という, 貧困を, 責任も, 資格にまで, 資格は, 超越的である, 輝や, 遊戯に, 遊戲に, 過てる, 道なり, 道に, 道の, 道は, 道を以て, 道具として, 適用され得ない, 鋭いこの, 鋭いもの, 閃めき, 関係が, 関係では, 関係について, 関頭既に, 關係について, 限りでない, 限界から, 限界に, 階級性ならびに, 難かし, 難有味, 面で, 面において, 領域で, 類, 食指うごかず, 馬鹿さ加減は, 骨の, 高揚期だ

▼ 批評~ (505, 7.4%)

4 出来ない 3 なかった, 加えなかった, 批評の

2 [24件] ありませんよ, いやだ, この意味, これまで, それを, どれも, マルクス主義作品では, 今日の, 他の, 作物の, 凡て印象批評である, 印象の, 双方共に, 大体に, 少しも, 当つて, 批評と, 控へ, 深刻に, 産者を, 當つてゐる, 盛んに, 紙面の, 非常に

1 [444件] あとで, あなた方の, あのフランス王, あまりに表面的, あまり苦に, ありがたいよう, ありません, あるが, あるらしいが, ある度, あれは, あんまりうれし, いかにも一応もつともさうな, いかにも尤も, いけないと, いけないという, いつかロシア文学史の, いつでも, いつも制作, いつも常識水準, いつも面白く, いづれは, うるさく作品, おしなべて可能性, おしまひである, およしなさい, かなり古くから, かんばしくない, かんべんし, こうだったろう, ここでは, このよう, この一群, この党派的, この批評, これが, これに, これまた, しかしモット判然, したくなくなるの, したん, しないわ, しなかった, すでに民衆, するしかし, せぬ, そういう探究, そういう機能, そのころすべて主観, そのままやがてその, その批評家, その点, その表面的, その限り, それが, それぞれの, それでも気, それにつれて, それ自身一つの, それ自身実証的な, たしかに新しく, たつた一つ, たとへ, だからもはや単に, ちがった対象, つきなみ, つめたい, できない, できないが, できないけれど, できないと, できないものの, できなくなる, できまい, できません, とかく, どういう工合, どうしても奥歯, どうであったろう, どうなった, どう安く, どこか, どこまでも, どんなにやっ, ない, ないの, ないはず, ないもし, なおあらゆる, なかなか出来ない, なし得なかったが, なぜか, なるべく事物, なんの, ひとつには, ひどいと, ほとんどすべて批評, ほぼ同感, まさに今, またそこ, まだそれ, まちまちらしい, まんざらでも, むしろ無用, もし科学的, もちろんの, やがてトルストイ自身, やはりある程度までは, やや酷, やらん, ゆるされない, よい文学, よく中っ, わたしはじめ多くの, ゲッベルスに, ジャーナリズムの, センセーショナルな, タルマよりも, チョットわき, ナカナカ面白い, ノバ展の, モーラリストの, 一つの, 一つも, 一八四七年以前に, 一切しない, 一切の, 一向にはずまなかつた, 一向栄えなかつた, 一定の, 一定既成の, 一方に, 一枚の, 一派の, 一種の, 一般論として, 一見作家, 一部あたれる, 丁度普通, 下されないの, 不可能だ, 不可能と, 世間の, 主としてその, 主として其用語, 主に, 主観的な, 了ります, 事実の, 云うまでも, 云ふまで, 云わば, 人々に, 人の, 人生の, 今では, 今やマルクス主義, 今日そこまでを, 以下思わず, 伝記文学や, 何と, 何に, 何の, 余り好, 余計な, 作家に対する, 例えば観念論, 個々人の, 倫理的立場から, 僕等と, 元来客観的でなけれ, 児玉氏が, 党派的である, 党派的識別力と, 入れられない, 全く作者, 全く外部的, 全く新鮮, 全く正当, 全然ダメ, 其が, 其の時, 其標準の, 其点から, 其観察の, 円周の, 凡て印象批評として, 凡て括弧づき, 出たかも, 出來, 出来そう, 出来ないが, 出来なかつたの, 出来ませんが, 出来るが, 別問題, 制作から, 前々から, 割合い, 創作活動の, 劇界に対する, 加えられた, 加え得られないの, 加へ, 動力の, 勿論, 勿論の, 十年ほど, 卓一にも, 単なる批評, 単なる直接, 単なる評判, 単に作家, 単に制作, 単に観念, 印象から, 原理的な, 参考の, 又その, 又制作, 反創作的批評, 古くない, 可能であり, 可能的制作だった, 各人各, 同時に批判的科学, 善悪ともに, 固より, 基督教の, 外でも, 外的な, 多く非難, 大体において, 大抵は, 大抵此, 大森氏の, 大略結了した, 大衆の, 大衆文學には, 大言壮語に, 天下驚畏, 女達には, 好みません, 子供に, 存在し得なかった, 完成された, 完成を, 実にきびきびし, 実はまだ本当に, 実はもはや, 実は又, 実証に, 実証的である, 客観的に, 対立の, 専ら作家, 専ら宣伝省, 専ら文学的観点, 小村菊夫の, 少くとも, 少し酷, 山口華楊に, 山川均氏, 山県は, 峻厳でなけれ, 差控へる, 常に先ず政治的見地, 常に先づ政治的見地, 常に民族的因襲, 常識論といふ, 幾人かの, 当たって, 当てはまらない, 当然社会意識以上, 形式的には, 役の, 彼が, 彼に, 彼の, 彼を, 彼女についての, 彼女の, 彼等にとって, 往々に, 往々文芸作品, 後に, 徹底し, 心の, 必ずしも不当, 必ずしも無責任, 恐らく批評, 恐ろしく無責任, 恰もそうした, 意に, 我慢ならない, 所謂文芸批評に, 批評されるべき, 批評する, 批評として, 批評対象物の, 批評者の, 持に, 文化史と, 文学の, 文学を, 文明批評である, 文芸的批評として, 断片的と, 新島の, 新進者らへ, 既に前号, 既に民衆, 既成の, 既成的問題を, 日本の, 昔の, 是又, 時による, 時事的批評, 時局性の, 普通立場の, 更に之, 書きました, 最近わが国で, 有機的に, 本当に作家, 本論でない, 概して可, 権威を, 止しましょうよ, 正しい, 正しく他人, 正常なら, 此三者の, 此時代に, 武林古賀武藤木内下村の, 殆どその, 殆ど一々, 殆ん, 殊に今日, 気に, 沢山あるだろう, 法則の, 深切丁寧で, 無用に, 無論認め, 然し當, 燦爛たる, 爰に, 片が, 現れないか, 現在では, 現在体で, 現在當面の, 理論の, 理論的に, 甚だスマート, 生活派らしい, 画壇と共に, 略する, 當時讀んだ, 皆間違っ, 直接個人としての, 直接感受した, 相撲実技の, 眞の, 真の, 真理への, 矢張り, 矢張りそのまま, 破壊的である, 確立し得ない, 社会に, 社会の, 社会を, 禁止された, 私にとって, 私の, 科学でも, 科学と, 科学に, 科学史と, 科学的と, 移住民の, 突発的問題を, 立派に, 第一, 素人流であり, 終局に, 結局に, 結局素人批評の, 絵画を以て, 緘黙し, 美事に, 考へて, 聞くが, 聴くより, 肯定的に, 自らの, 自分の, 至る処, 芸術史や, 芸術批評は, 苛酷だった, 若き人々, 華楊に対する, 著作の, 蒲原順二を, 蓋し繊細, 西洋の, 要するに第三者, 要するに高山君, 見合せる, 見当違いだ, 親切でない, 言えぬけれども, 言ひ合した, 記憶といつても, 許されないこと, 許されないの, 評価の, 読んだこと, 読者の, 読者代表が, 読者啓蒙を, 読者大衆に, 論語に, 謡の, 賀川氏もの, 足りる, 辛辣で鳴る, 近代に, 通用しないでしょう, 遂に常識以上, 適確です, 酷に, 鋭くて, 鑑賞は, 間違いなく, 階級的陣営が, 面白い, 高々単に歴史的知識, 高見順の, 默殺する

▼ 批評~ (357, 5.2%)

9 出て 5 あった, ましい事 4 ましいこと, 科学的である 3 ある, 一等発達し, 悪いから

2 [16件] あらうとも, あるが, きらひだ, それを, ましい口, 何である, 作品の, 出た, 出たが, 創作に対して, 印象の, 多すぎる, 文芸批評に, 最近世間から, 望ましい, 盛んに

1 [289件] あったそう, あって, あっても, あつた, あらはれたり, あらわれて, ありましたが, あります, あり得ないという, あり賞め, あるかも, あるこの間, あるであろう, あるであろうと, あると, あるならば, あるに, あるの, あるわけ, ある筈, いけないと, いよいよ本格的, うるさいと, おこっただろうか, おこったとき, きこえたそう, きっとあった, けっしてその, こういう風, ここで, この人たち, この枢軸, こもった, これまで, ごく素朴, さういふ点, されては, されるよう, すくなくともブルジョア文学, すべてな, そういうよう, そういう社会的, そういう資格, そう大した, そこまで, そのまま多, そのよう, できないという, できます, できるであらうだが, できるの, できる性質, でき感想, とりあげること, どれだけ, どんな立派, ないと, なかなか堂, なくては, なくなって, なく民衆, なされるの, なぜ文芸, なぜ科学的, はたして不当不親切, ましいこと一切, ましい一つ, ましい意見, ましい批評, ましい眼つき, ましい観察, ましくい, またよく, まだ充分, もっと広汎, やれるの, よろしくない, わかりやや, われわれには, ガラリと, ケタはずれな, 一つも, 一人の, 一向進歩, 一定の, 一層この, 一番好きな, 一般に, 一貫し, 一部あたれる, 下さるべきであらう, 下されたが, 不服だつた, 不満足で, 不鮮明で, 与えるもの, 与かって, 中ってさえ, 主である, 主に, 五か, 享受に, 今の, 仏蘭西中流の, 何かしら判った, 何よりも, 余りにも, 作品を, 作家にとって, 作家の, 例の, 俳優の, 元来匿名批評に, 元来匿名批評的な, 充分に, 入用ろう, 全身心, 兩者の, 共通し, 内心その, 出たため, 出たとき, 出たね, 出たり, 出た事, 出なかつたこと, 出まして, 出る, 出ること, 出るだらうと, 出る新聞, 出る筈, 出來, 出初めます, 出来ないの, 出来ないやう, 出来ましょう, 出来ようはず, 出来るかと, 出来るが, 出来るけれ共, 出来るん, 分解批評や, 別に矛盾, 制作から, 制作を, 加へ, 匿名批評, 匿名批評乃至, 単に文芸, 印象だけに, 印象に, 印象批評で, 却って文芸批評, 参考に, 反れては, 反古に, 右翼的偏向との, 吐露される, 哲学的文学的であり過ぎた, 唯一の, 問題を, 善いとか, 壺に, 外でも, 多い, 多いの, 多いやう, 多いよう, 多かった, 多かつ, 多くの, 多く新聞紙上, 大分煩いし, 夫人の, 始つた, 存在する, 実に端的, 実はあまりに, 実は哲学的, 客観的である, 対象に, 少々誤っ, 少しでも, 少しも, 屹度あつ, 巷を, 当時から, 彼としては, 彼の, 彼を, 得意だつた, 心配で, 必ずしも文芸批評, 必要な, 成立する, 我々の, 或は懇, 所謂技術批評に, 批評する, 批評である, 批評として, 技術を, 抜くべからざる勢力, 持って, 揃って, 支配的, 文壇にも, 文学に, 文明批評文化批評人生批評の, 文芸批評乃至, 文芸批評家の, 文芸評論の, 新聞や, 是非必要である, 更に新, 最も必要, 最高の, 朝日の, 本当の, 来る, 果して現代文学, 模寫説に, 正しい不正, 殆ん, 気に, 氣に, 活溌に, 流行する, 深き洞察, 深く鋭くのっぴきならなくある, 湧き自己, 満更当っ, 無いと, 無かつ, 無力であった, 無限であっ, 熾んに, 現れる, 現われて, 生きた批評, 生じて, 生じるの, 生れるの, 着実に, 破壊的である, 確かな, 社会学的批判としても, 私に, 私達の, 科学に, 科学的批評である, 立場, 立場を, 立派な, 終って, 絶えず石崎氏, 絶えなかった, 続々と, 續くもので, 署名入りでなけれ, 而も, 耳に, 聞きたいの, 聞き度, 自分に, 自己分解しなけれ, 芸術史の, 行なわれること, 行なわれるよう, 行なわれ得ること, 視覺的, 解放せられ, 許さるべき, 評論家でない, 話題に, 語られて, 語るやう, 貧弱で, 近世ブルジョア社會の, 逐次ナチス, 遠くニューヨーク, 適正な, 重大な, 間違つてゐる, 非常なる, 面白そう, 音楽そのものを, 頂けますれば

▼ 批評する~ (295, 4.3%)

14 ことは 12 のは 10 ことが 6 ように 5 ということ, のが, ので, のを, ような, 資格は 4 ことを, といふ, のも, ものの 3 ことも, ものが, 人が

2 [26件] ことに, ことによって, だけで, にあ, にこの, のである, のと, のなら, のにも, のにクリストフ, やうに, わけである, 事の, 事は, 人の, 人も, 人間の, 力が, 場合でも, 場合に, 場合にも, 嫂の, 批評家は, 方の, 時にも, 者も

1 [146件] かしらない, からいけない, くらい無謀, けれどお, けれども愛人, ことさえ, ことだろう, ことによってのみ, ことにより, ことの, そのこと, その過程, ために, ためには, ためにも, ためよろしく, だけのなぜ, だけの事, だけの人間, だけの要, つもりで, であらう, ということ難, というの, という位, という妙, といっ, といふ劉向, といふ心, といふ批評家側, といふ親切さ, とか云う, ときには, ところが, として批評, となる, とは更に, と同時に, と土, と彼女, と本来剃刀, などということ, などといふ大層, などといふ心, にあたりミルトン, につけ, にはどうしても, には作曲, には充分, には具さ, には必, には或いは, には批評者, にも人, に困難, に好き, に就い, に当り, に彼, に臆病, のだ, のできっと, のとでは, の外, は私, までもなく, もっと客観的, ものだ, ものと, ものとの, ものなる, ものも, ものよりも, も妙, やらたいへん, や決して, よ, よりただ, よりは実際, を好まず, を得た, ヒマが, ブック・レヴューは, 一日が, 事が, 人, 人たちに, 人である, 人は, 人間も, 他なく, 余裕も, 例へば僞物, 側が, 側の, 前に, 名士は, 場合これまでにも, 場合その, 場合には, 場合みんなの, 場合も, 学者は, 対象の, 心は, 必要が, 必要は, 意志が, 所の, 抔いふ, 文章を, 方が, 方で, 方に, 方は, 方も, 日は, 時, 時に, 時兎角, 時新聞による, 権利を, 気に, 気の, 気は, 点を, 然しそのもの, 画から, 癖が, 眼は, 私とだけ, 積りは, 笑ひ, 者さえ, 者です, 者にとっての, 者の, 者は, 芸術家らの, 観衆の, 言葉が, 言葉だけ, 言葉の, 訳である, 資格も, 資格を

▼ 批評~ (238, 3.5%)

22 ている 11 てゐる 106 ていた 5 たりする, て居る 3 て行く

2 [14件] たり子供, たり社会, てある, てやがる, てゐた, て下さい, て作家, て彼, て貰, て貰おう, て高く, 判断する, 合つてゐた, 合は

1 [148件] かつエロキューション, これに, そうし, そうな, その草稿, その餘計, それらが, たまたまこれ, たりあやし, たりした, たりその, たりまた, たりキチガイ, たり主張, たり交渉, たり分解, たり或は, たり新, たり知人, たり腹, たり要求, たり見, たり賞め, たり非難, たるに, てあれ, てい, ていい, ていう, ていく, ていけない, ていただく, ていただけないだらう, ていたらしく, ていった, ていなかった, ているらしい, ていわく, ていわれた, ておいた, ておく, ております, てください, てくれた, てくれる, てけち, てこの, てさ, てその, てそれ, てはならぬ, ては罪死, ては見る, てふれました, てみ, てみた, てみよう, てもあなた, てもいい, てもらう, てもらった, ても本当に, ても詰らぬ, てやつぱり犯罪, てやる, てゆかう, てゐます, てカーライル, てコナン, てニグロ, てファシズム的イデオロギイ, て今度, て來, て十一時, て同盟内, て呉れる, て喧嘩, て大臣, て寄, て居ります, て得た, て得意, て心竊, て必然性, て曰く, て期待, て杉村君, て概念的, て欲しい, て此馬, て流石, て温室, て目, て研鑚, て落ちつくべき, て行かう, て行っ, て見やう, て見よう, て見る, て言つたの, て読者, て貰いたい, て貰った, て阿蘇, ながらなごりおし, ながら実は, ながら小, ながら道徳的, にやにやし, はしませんでした, はなれ, またお, またそこ, またその, また弁護, やがった, 上は, 且つ從來, 且つ記録, 内心得々として, 去ること, 去る他, 去る能はず, 叙述し, 合つ, 合つた, 合つた初夏の, 合ふ, 喝采する, 堺利彦君の, 大いにそうと, 想い思う, 支那人の, 日本人は, 未だそれ, 殊に荀子, 涙をも, 滑稽を, 理解しよう, 盡し, 研究する, 終つたのは, 臆病者と, 自分の, 訂正する, 評価結論を, 評論しよう

▼ 批評~ (219, 3.2%)

8 就いて 7 於て 6 對し, 於ては 4 よると, 限るもの 3 よれば

2 [14件] 任ず, 依れば, 同意も, 向って, 基づいて, 塩を, 就いては, 当って, 於いては, 於ても, 権威が, 気を, 過ぎなくて, 頓着なき

1 [153件] あった以上, あって, あまり興味, あらずして, あらわれた, あらわれたよう, あらわれた抽象的, あらわれ栖鳳フフン, あるてれくさ, うつろう, くり返される道玄, して, しても, しろ五千円範囲, そんなに絶対的, ぞくさないこと, たたきつけられて, つきるとでも, つながる自分, とどまった, なお幾分, なって, ならないこと, ならぬが, なり得なければ, なるが, なるだろうと, なると, のぼせられようと, ぶつかって, ほぼ尽され, 一々正直, 一任し, 三つの, 上せられぬよう, 上らない前, 上ること, 不平を, 不満を, 不滿, 中味が, 二樣の, 代えうると, 代へ, 伍した, 似て, 何等の, 依って, 依ると, 入らうと, 出て, 出遇, 列挙する, 創作に, 動じる事, 博識を, 取りかかって, 口を, 可なり, 向け簡素, 基づく無限, 堪えること, 堪へない駄作つての, 堪へ得るといふ, 夢中に, 女房として, 對する, 小説家としては, 就て, 序文を, 弄ばれながら, 当っても, 当つて, 当る者, 従つて旅館が, 従事し, 從事する, 心服し, 忙が, 応えるため, 思い当る, 悪意から, 感謝すべき, 或いは広告, 接したこと, 接すること, 接すると, 教養乃至, 於いて, 於けるシステム, 於ける三つ, 於ける問題, 於ける或, 於ける文学, 時々見つけ出す, 書かれたが, 比較的無, 求むるが, 火は, 熱中する, 特殊的方法を, 画家が, 疑う余地, 直面し, 移つてゐた, 移る, 立ち入る前, 答へ, 答へて, 絶対欠くべからざる, 耐えない本質, 耳を, 聊かたじたじ, 聞いて, 聞きたいけれども, 職人的うま, 聽き, 自分の, 自身の, 至っては, 至つては, 行き逢, 要求される, 見られたと, 見出すの, 規準または, 言ひ及び, 訴えて, 賛成であった, 贋阿弥の, 近づけば, 迷う事, 追随し, 這入らざるを, 連関し, 過ぎないの, 過ぎなかった, 酷く賛成, 長じたる, 長ぜりと, 関わりなく, 關し, 限って, 限らず一般, 限られないという, 限られるの, 限るかの, 限るという, 限定し, 陥って, 須つ, 魅せられること, 魅力を

▼ 批評~ (130, 1.9%)

5 云えば 4 いうと 3 なると, 云っても, 制作との, 呼ぶこと 2 なって, なる, なるの, 云うの, 云うもの, 云ふも, 併せて, 創作の, 創造との

1 [91件] いい得るの, いい懐疑, いうよりも, いひ懷疑, いふよりも, いへば, すれば, その他の, それから彼, それから諷刺的, それに対する, である, どれも, ならざるを, ならず又, ならないの, なり終つて, なること, なるため, なるだろうと, なるので, なるばかり, よぶもの, ドイツの, 一応云っ, 主家に, 云ったもの, 云って, 云ふ, 云ふこ, 云わず作, 人生と, 何かの, 作家との, 作家の, 制作とが, 制作とは, 創作とが, 創作活動との, 創造とは, 印象批評という, 同じよう, 含蓄ある, 呼ばれて, 呼ぶもの, 呼ぶ必要, 呼ぼう, 呼ぼうと, 外部的批評とを, 実証とが, 実証との, 忠告を, 感想とを, 批評家について, 技術の, 指教とを, 攻撃とを, 放談の, 教示とを, 数学とは, 文芸学との, 明らかに, 申しますやう, 申すの, 申す事, 痛切な, 皮肉の, 示唆的な, 示教を, 私の, 組織的に, 絵画評論に, 美学的批評とは, 自分に, 自分の, 芸術史, 要点とが, 見るを, 観察で, 観察の, 言うの, 言うもの, 言う奴, 言ふも, 試驗とを以て, 認めないの, 読者大衆との, 謂ふべき, 謂ふべきである, 較べれば, 雖も

▼ 批評~ (113, 1.7%)

3 加えなかった 2 しないで, なければ, 加へ

1 [104件] あたつ, あったが, あったくらい, あったよう, あつた, あつて, ありますからね, ある, あるし, あるよう, あろうが, かなり黙許, この内部的批評, されて, される様, したくなるであらう, して, しない, しなかった, するヨーロッパ, そうだ, そうです, たいがいの, たいがい丹念で, だんだんあるらしい, できず諷刺, ない, なかった, なく皆, はばかって, ふに, まごつかないで, また七, また私, まんざらで, やるが, ようせぬ, デリケートに, 一定の, 一家言として, 下さずに, 不見識である, 交つてゐる, 亦おのずから, 亦お互い, 亦作品, 亦僕, 亦内部的批評, 亦恐らくは, 亦文芸上, 亦然, 亦紅毛人, 人々の, 何となくいい, 作品な, 凡て宙に, 凡人の, 出た, 出て, 出来ず感想, 創造的批評でなく, 加えること, 単なる感想, 厳存し, 反駁も, 受けず黙殺, 可能だ, 吐くこと, 嘘では, 多いが, 実は一種, 導かれ得ない, 小さなワク, 小説も, 平和の, 心を, 必ずしも全然當ら, 必要です, 惧れる, 成り立とう, 批評そのものの, 批評の, 担当し, 数に, 文芸批評の, 時には, 有りうると, 本来は, 概して悪く, 歩るいて, 流行する, 現はれた, 画一的な, 相手が, 粗雑に, 耳に, 聞える, 聞こう, 自らその, 自覺, 要するに自分, 見えて, 載つて, 重要である

▼ 批評という~ (97, 1.4%)

15 ものは 14 ものが 9 ものの 6 ような 4 のは 3 ことが, ことに 2 観念自身が, 言葉は

1 [39件] ことだ, ことは, ことを, のかも, ので, ものだ, ものである, ものとを, ものに, ものに関する, ものも, ものを, もの自身が, もの自身の, レッテルが, 一つの, 一種の, 一纏り, 今日での, 仕事の, 他は, 以上元来が, 問題だけを, 固有の, 奴だ, 巨象の, 形の, 形を, 意味では, 意味は, 態度が, 批評態度に, 機能を, 観念は, 観念や, 言葉が, 言葉には, 言葉も, 評論的機能を

▼ 批評~ (92, 1.4%)

4 な言葉 3 に見る 2 であり, であるよりも, では, な目, になった, に日新, に明, に見た

1 [69件] あるいは哲学的, でありまた, であり認識論的, であるか, であること, で意地, となつて, な, なので, なもの, なブルジョア国, な一面, な仕事, な創作, な半, な半ば科学的, な又, な図式, な報道, な性格, な感覚, な態度, な放言, な根本性質, な気分, な活動, な特色, な眼, な科学, な見方, な観点, な言辞, な評論, な談話, にいう, にこの, になっ, にならされた, になれなかった, に云い, に他人, に取扱っ, に多少, に或は, に書ける, に没頭, に皮肉, に研究, に精査, に考へる, に聴くべき, に見, に見ます, に見られる, に見渡し, に話しだした, に読み, に読む, に調べ始めた, に讀む, に讀ん, の態度, の時代, の眼, の眼差し, の術語, の返事, の題名, 現はれ

▼ 批評した~ (63, 0.9%)

4 ことが 2 のである, のは, ものが, ように, 言葉の, 鉄幹は

1 [47件] あの人自身, いが紙数が, かというよう, かも知れない, ことである, ことの, ことばである, ところで, ところに, と想像, にとどまる, のさ, のだ, ので, ので反省, のに, のを, ひとの, ものである, ものと, ものなどを, ものに, ものは, ものも, やうだ, んです, んで面白く, 一節は, 三国志を, 中に, 人々も, 人が, 人と, 人も, 作品も, 場合あまりに, 手紙の, 物一つは, 男性を, 短い言葉, 美術批評を, 言葉であっ, 言葉では, 農民文学に, 通り, 長いもの, 非難で

▼ 批評家たち~ (61, 0.9%)

4 の批評 2 のため, の前

1 [53件] からは全然, からは陰険, からわれわれ, から見れ, が, があまり, がいつ, がいます, がいろいろ, がおります, がほとんど, が使用, が女, が無定見, が着実さ, が言っ, が讃美, とともに広はん, にその, によっても決して, によつて, に不足, に対する私, に對, に最上級, に模倣呼はり, に要求, の個々, の分類, の多く, の小説, の方, の気にいられぬ, の物, の眼目, の短歌, の賞讃文, の間, の順応, の頭脳, は, はこの, はこれ, はこれら, はその, はなぜ, はほとんど, はケチ, はトメド, は十何年, は文学, もちつとは, をし

▼ 批評~ (52, 0.8%)

1 [52件] メートル法論議も, 一定の, 世論を, 人物の, 他日を, 何かを, 作品に, 作家批評に, 勢力下の, 反感的批評評家が, 噂を, 小説や, 恋愛談に, 悪口を, 意見や, 感想などに, 感想は, 慷慨の, 批判の, 提案や, 文芸作品から, 文藝批評藝術批評等には, 新刊紹介の, 案内の, 横光利一の, 焔の, 焚書という, 科学的批評と, 移動の, 筋の, 紹介の, 紹介等と, 統一の, 考案が, 花た, 解剖では, 評論という, 評論の, 詩などから, 論難は, 諷刺やを, 諷刺詩を, 議論ぬきの, 讃辭と, 野心等は, 随想に, 随筆など, 随筆の, 非難は, 頭からの, 餘り, 駁撃に

▼ 批評~ (50, 0.7%)

3 をもつ 2 にかけて綿密, を持つ

1 [43件] がある, がだんだん, がなく, が備わっ, が初めて, が無い, だが, だけはたしか, では上田氏, でまるで, で暫く, で芸術的作品, で見た, といふの, といふ怖い, とがなけれ, と鑑賞力, により, に逢, のその, のない, の前, の太, の欠如, はどう, も亦, より見, らしいもの, をのぞく, をもっ, を以てこれ, を備え, を具え, を抉り去りて, を持たない, を曇らす, を有, を見る, を覗か, を覗く, を養い, を高く, 如何なる理論

▼ 批評~ (40, 0.6%)

3 あつた 2 あつて, なしに

1 [33件] あつたさう, あるなら何, あるなら印象批評, いえば, この千里眼, これらの, さえない, 之によって, 具体的批評を, 凹んで, 取りあげて, 可なり, 問題に, 安ん, 安心する, 実は日本人, 小説は, 市が, 恥入, 戀に, 打ちこわし, 押しつけようと, 斎田素州は, 時文や, 最早盡, 注入せられる, 片づけられそれ, 物を, 田口という, 確定される, 終る場合, 賑やかだ, 述べたいと

▼ 批評とは~ (39, 0.6%)

2 云えない, 何ぞや, 何の, 己れ, 見える眼

1 [29件] ことごとに, その性質上, どういうもの, どういう風, どんなもの, ならぬ, また違, もと褒貶, 両立しない, 云ふも, 他人の, 全然違, 其紙質墨色書體より, 別にそれ, 即ち公式主義的批評, 取りも, 同一物, 名づけにくい, 実は批評者, 客観的な, 少し性質, 常に自分, 思想の, 想像される, 正にこの, 評価の, 謂は, 限らない, 隱微を

▼ 批評である~ (38, 0.6%)

3 かのよう, と信じ 2 ためには, とする

1 [28件] かのやう, からばかりで, かを区別, がこの, が当時所謂御社, という, ということ, というの, というよう, といふ, と云える, と云っ, と云った, と云われ, と同時に, と思ひます, と思ふ, と言, などとも説かれた, に過ぎない, ばかりでなく, や否や, ようだ, 以上如上の, 批評を, 文化の, 生活の, 限りは

▼ 批評では~ (37, 0.5%)

8 ない 4 なくて 2 ないこれ

1 [23件] ありません, あり得ない, あり得ないが, ある, この著者, その作品, ないかと, ないからでも, ないこと, ないと, ないので, ないまでも, ない迄も, なくあの, なくして, なくよ, 出て, 大岡昇平が, 客観的態度という, 従来私が, 批評でも, 批評者によって, 裁判の

▼ 批評的精神~ (37, 0.5%)

3 は單 2 の發露

1 [32件] から胚胎, が成就, が本, が校内, が欠け, が物質, が結局生命, そういう意味, である, であると, ではなく, で見る, となつ, とに活動, の代表者, の内, の内容如何, の力, の本性, の發動, の皆無, の眞, の眞意, の貧弱, はあらゆる, は人間, は彼, は直ちに, も創造的精神, を得, 即ち未來, 寧ろ眞實

▼ 批評には~ (33, 0.5%)

2 如何なる基準

1 [31件] あつた, いつでも, お極り, つくづくと, ならずとも, ならずまして, ならない, ならぬ, ならぬで, なるべからず, もう少し慥, ソグラースノ, 一応の, 上ること, 何んにも, 候えども, 卑俗な, 反對, 固より, 堺利彦氏と, 如何にも慣れてない, 屈服され, 弁解が, 意外という, 概して主観的, 正当な, 毒殺的効果が, 著作家の, 見当ちがいな, 適切な, 重きを

▼ 批評される~ (32, 0.5%)

3 のを 2 ことに, 側の

1 [25件] が懐疑論, ことが, ことなし, ときが, のである, のは, ほど腹の, ものとの, ものの, ものは, ものよりも, 一対象物に, 人間と, 仕組みに, 作家も, 創作なり, 場合に, 場合には, 対象も, 対象を, 当躰, 文学なら, 方向に, 機會が, 言葉も

▼ 批評~ (31, 0.5%)

1 [31件] がいちばん, がどう, が歴史, が無名, ではいわゆる, では勝本清一郎, では現役, というのほか, にある, における政治主義, にかつて, にたいして穏和, にとってはそれ, には実に, にも或は, によく, に恐らく, に落ち込ん, のため, の大, の展望, の情勢, の方, の絶讃ぶり, はいったい, はその, は各人, は戦い, ほど大言壮語, も能, を嘆く

▼ 批評精神~ (30, 0.4%)

1 [30件] から愛国心, から来る, がと云っ, が高度, であったと, であります, というもの, にあった, によって, によって一つ, による以外, に乏しく, に反抗, に基い, に持ち込まれ, に現われ, の伝統, の典型, の根本, の欠如, の舞い, の萎微, はつ, はコットウ, は存在, は寧ろ, は殆ど, は特に, もなく, を戯曲

▼ 批評~ (25, 0.4%)

2 ともな, の署名

1 [21件] がそれ, が主観的, が自己, としての関係, となれない, と被, にとつ, によって十人十色, によって統制, に対する致命的, の, の個人的差異, の哲学上, の批評, の方, の歴史的社会的生活, は一つ, は一言, は何, は心理的, も結局迷惑

▼ 批評され~ (23, 0.3%)

10 ている 2 てゐる

1 [11件] たりしなく, て, ていい, ていた, ています, てしまった, てもやむを得まい, ても僕, てゐた, 且若い, 胴上げされ

▼ 批評家ら~ (23, 0.3%)

1 [23件] から賞賛, が, が与えた, が否定, が言い合ってる, に激昂, の下, の有用さ, の顔, はいや, はこういう, はだれ, ははなはだしく, は右, は彼ら, は彼女, は快楽, は皆, は純粋, は際限, も和声, も従順, を呼び集める

▼ 批評~ (23, 0.3%)

4 の契機 2 との契機

1 [17件] が恰も, とが一致, とはこの, と創造力, と実証性, なるもの, にまで一続き, に即ち, に固有, に求められる, の否定, の機能, の高, は一種, は或, を失った, を有

▼ 批評された~ (20, 0.3%)

1 [20件] かありません, かその, ことが, そうし, そこでこれ, だけであつ, つて水谷先生は, ので, のみならず, ほど傍目, もので, ものであった, ものの現実, 作家たちに, 側の, 当の人間達, 由, 相手は, 経験も, 自分も

▼ 批評として~ (20, 0.3%)

1 [20件] いわれて, でなく実行, 主人に, 又学術評論, 取り上げて, 始まる, 成りたつ, 成り立たなくなるという, 有名な, 本質的な, 決して力, 特色づけられた, 破壊の, 科学批評が, 笑窪に, 識見の, 通用する, 適切だ, 重みを, 面白いと

▼ 批評でも~ (19, 0.3%)

2 何でも, 書いて

1 [15件] あるから, あるの, あるまい, して, するやう, する男, それが, ない, なければ, よいどうぞ, プロレタリア文芸批評が, 一つは, 所謂文献学的批評でもの, 試みれば, 載すれば

▼ 批評家達~ (18, 0.3%)

2 の讃辞

1 [16件] から何, には演奏台, の理論, の頭, はすぐ, はその, はちっとも, はプロレタリアート, は当惑, は挙つてヴォルテール, は松園氏, は概して, は決して, は考へ, も彼, を指し

▼ 批評しよう~ (17, 0.2%)

3 とする 2 とした

1 [12件] が自然, というわけ, といふ, としては折角, としても其処, として居る, とはしない, とは思わない, と人それぞれ, と思う, と思っ, と欲するなら

▼ 批評~ (17, 0.2%)

2 と云っ

1 [15件] からである, からと云っ, か感想, つてしやすまい, つて有る, ということ, とする, とは思われぬ, と信じ, と思った, と思つて, と考え, と考えられ, と買, よ

▼ 批評~ (17, 0.2%)

1 [17件] がちかごろ, が往々, としては小林氏, となる, などはアテ, などまで漁つて, なども愛読, なの, にくらべれ, に引きずられ, は僕, ばかりが流行, よりも中途半端, を五日, を書い, を書いたら, を書く

▼ 批評そのもの~ (16, 0.2%)

1 [16件] から何, が一つ, が右, が無意識, ではなく, に党派性, に就い, に新た, に於, に適用, の中, の使命, の出来る, の性質, の本性, を抜き

▼ 批評など~ (15, 0.2%)

3 して 2 彼此と 1 おこがましいと, すると, する気, てれくさくて, とりとめも, どうして私, やって, 求めは, 無意味だ, 述べる時

▼ 批評にも~ (15, 0.2%)

1 [15件] どんな危険性, なにも, ならない筈, なりません, なるもの, のぼるやう, まるで無, 云ひし如く, 何にも, 充分我慢の, 向かわざるを, 正宗君の, 相撲における, 義憤が, 色々の

▼ 批評などは~ (14, 0.2%)

1 [14件] ありませんでした, いひ難い, かけず, これに, その時, とるにも, 一つも, 出来なかつたが, 容易に, 寧ろその, 役者が, 成り立たない従って, 文学者や, 画家の

▼ 批評なる~ (14, 0.2%)

7 ものは 3 ものの 1 かと言, ものが, ものに, 田村義雄論の

▼ 批評乃至~ (14, 0.2%)

3 無記名批評

1 [11件] 局外批評家に, 批判的科学は, 文学的批評そのものを, 芸術批評である, 芸術批評に, 評論の, 評論は, 鑑賞が, 鑑賞と, 鑑賞に, 鑑賞は

▼ 批評とか~ (13, 0.2%)

1 [13件] 主観の, 云つても, 仲間褒め, 何とかいう, 反向, 同人の, 完成の, 家元としての, 局内批評, 文化の, 文化批判とか, 科学的道徳とかいう, 評論とかいうもの

▼ 批評などを~ (13, 0.2%)

1 [13件] したの, するの, する時, せずに, 加えたもの, 加えつつ, 加えると, 引きずりながらも, 念頭に, 書くという, 無視し, 行って, 試みるの

▼ 批評から~ (12, 0.2%)

1 [12件] いうと, この意味, のがれること, ふみ出して, 人を, 作歌の, 出発し, 創造時代への, 学ぶべきもの, 客観的な, 発展し, 離れて

▼ 批評活動~ (12, 0.2%)

2 としてのクリティシズム 1 が活溌, と一つ, と創作活動, には顕然, に民主主義文学運動, の能力, はブルジョア批評, は不足, は常に, は表面

▼ 批評~ (11, 0.2%)

7 のである 3 のだ 1 んだ

▼ 批評~ (11, 0.2%)

2 の明星 1 がエルヴィユウ, が時, が殆ど注意, なりから少し, に立っ, の問題, の現状, の輿論, を賑

▼ 批評との~ (10, 0.1%)

2 連関を 1 ギャップが, 対立の, 対立は, 興を, 間に, 関係に, 関連が, 關係が

▼ 批評をも~ (10, 0.1%)

1 さらに批判, なして, のせむと, 全, 劇評をも, 加えねど, 意味する, 求めたいの, 求めもう, 聞いた

▼ 批評し得る~ (9, 0.1%)

1 という批評家, という能力, といふ考, と考える, ほどの観察力観照力, までに理解, ように, 人は, 自信は

▼ 批評としての~ (9, 0.1%)

1 制作の, 受容でしか, 心理学が, 心理學が, 意味をさえ, 掘開力, 詩に, 詩は, 限りにおいては

▼ 批評によって~ (9, 0.1%)

1 イデオロギーの, 今社会の, 受けた心持, 我々の, 批評家は, 物議を, 理論の, 発生する, 自身の

▼ 批評に対して~ (9, 0.1%)

1 いちいち答弁, ほんの少し, 一言を, 下手に, 多く沈黙を, 始終鼻張り, 文学作品の, 沈黙を, 答える必要

▼ 批評機能~ (9, 0.1%)

2 を果す 1 と報道機能, に富む, に触れる, は何, は失われた, も発揮, を次第に

▼ 批評すべき~ (8, 0.1%)

2 限りでない 1 わけで, を教, 人生の, 何ものも, 条項の, 範囲以外に

▼ 批評すれ~ (8, 0.1%)

1 どもそれ, ば其の, ば前人未発, ば或, ば温厚, ば白い, ば第, ば総べ

▼ 批評といふ~ (8, 0.1%)

2 ものは 1 ことが, ことも, ものが, ものも, やつは, 固有の

▼ 批評とを~ (8, 0.1%)

1 そう簡単, 忌憚なく, 招いてること, 招きやがて, 改めて対峙, 明確に, 求むる, 述べたもの

▼ 批評に対する~ (8, 0.1%)

1 がんばりの, ものは, 意見に, 意見らしい, 抑, 産者は, 芸術家からの, 見解には

▼ 批評めいた~ (8, 0.1%)

1 ことは, ことを, ものだ, ものを, 口を, 感想を, 感懐を, 言葉を

▼ 批評らしい~ (8, 0.1%)

1 ものも, 口を, 客観的な, 批評が, 批評は, 批評民衆による, 批評自身の, 言葉を

▼ 批評~ (8, 0.1%)

1 でお, ですからね, にも出なきゃならなかった, の事, の時, は十月八日, は臨時, をやつ

▼ 批評~ (8, 0.1%)

2 に志した, の問題, の講義 1 が学問, の発達

▼ 批評であり~ (7, 0.1%)

1 かつ短所, それだけにまた誰, それを, ながらやがて, も一つ, 価値づけである, 或いは少く

▼ 批評について~ (7, 0.1%)

2 報告した 1 いえば, 二つ三ついっ, 徹底的な, 書いた小論, 私の

▼ 批評家等~ (7, 0.1%)

1 がわれわれ, が筆, が誰, の誤解, は創作, は筆, や彼等

▼ 批評家自身~ (7, 0.1%)

1 によって随筆化, に見られ, の立場, の芸術観, は己, を批評, 考へて

▼ 批評対象~ (7, 0.1%)

1 から遊離, が何等, として取り上げなけれ, に即, に対する夫, の内, の持つ

▼ 批評自身~ (7, 0.1%)

1 がまた, が単に, が文学, が盛ん, の内部, の必然的, は逆

▼ 批評だけ~ (6, 0.1%)

3 では 1 して, であるならいい, で舞台

▼ 批評であっ~ (6, 0.1%)

1 ても例外, ても批評, てハイネ, て促成野菜, て而, て読ん

▼ 批評なんか~ (6, 0.1%)

2 無いの 1 する気, 戸外に, 書かしたね, 書くこと

▼ 批評主義~ (6, 0.1%)

1 というよう, という一つ, に対立, の哲学, はカント, 乃至批判主義

▼ 批評文学~ (6, 0.1%)

1 という名, といえる, にとって以上, は昨年, を発展, 或は文学的批評

▼ 批評的態度~ (6, 0.1%)

1 が暗示, であると, と考えた, に基かざる, は一変, は一變

▼ 批評だの~ (5, 0.1%)

1 スキー場の, 事実だ, 学問だ, 軽い意味, 雑文を

▼ 批評でない~ (5, 0.1%)

1 ことは, という気, とは云え, と云っ, 本当の

▼ 批評でなく~ (5, 0.1%)

2 てはならぬ, 極めて不安定 1 てはならない

▼ 批評なし~ (5, 0.1%)

1 にはいられないであろう, には將來, に一般多数, に引証, に甘えられ

▼ 批評などという~ (5, 0.1%)

2 ものは 1 もので, 事も, 批評の

▼ 批評なども~ (5, 0.1%)

1 ある, した, ややこれ, 申しつ, 見えて

▼ 批評よりも~ (5, 0.1%)

1 仲間外れに, 其の批評, 厳正で, 厳正を, 的確な

▼ 批評を以て~ (5, 0.1%)

1 しても, 充たさるるに, 宛ら新聞紙, 立つつもり, 自分の

▼ 批評方法~ (5, 0.1%)

1 だろう, でもなけれ, の困難さ, もあてはめる, を他

▼ 批評~ (5, 0.1%)

2 にもやめられぬ 1 から彼, でありそれら, は自分

▼ 批評~ (5, 0.1%)

1 が相当, などというもの, に就い, は真理, をしよう

▼ 批評されね~ (4, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ばならなかった

▼ 批評したい~ (4, 0.1%)

1 が俺, が紙面, と考え, 位に

▼ 批評したる~ (4, 0.1%)

1 ことなし, ものとして, 人さえ, 後巻末に

▼ 批評し合っ~ (4, 0.1%)

1 ていい, ていた, ている, て研究

▼ 批評せずし~ (4, 0.1%)

2 て信じ 1 て計, て計画

▼ 批評だけを~ (4, 0.1%)

2 するならば 1 専門に, 許したこと

▼ 批評であった~ (4, 0.1%)

1 かあるいは, かと思う, から在来, のに対して

▼ 批評なり~ (4, 0.1%)

1 して, 叙述なり, 局に, 己も

▼ 批評~ (4, 0.1%)

1 向かって, 移行する, 行くこと, 赴かざるを

▼ 批評ほど~ (4, 0.1%)

1 やさしい仕事, 不似合, 俳優にとって, 俳優を

▼ 批評一般~ (4, 0.1%)

1 に於, の単なる, の文学的, への反対

▼ 批評以外~ (4, 0.1%)

1 にはあり得ない, に批評, に超然, の批評

▼ 批評家ども~ (4, 0.1%)

1 から祭り上げられてる, がわれわれ, の判決文, は許し

▼ 批評家先生~ (4, 0.1%)

2 などは最も, は駄文

▼ 批評態度~ (4, 0.1%)

1 で, として印象批評, になる, はむづかしい

▼ 批評的演出~ (4, 0.1%)

1 といふもの, の一部, の具体的例, の賢明

▼ 批評~ (4, 0.1%)

1 で二時間, には二つ, の事, を集める

▼ 批評能力~ (4, 0.1%)

1 が増せ, だけが発達, と買いかぶった, の程度

▼ 批評記事~ (4, 0.1%)

1 が一つ, が結局批評的, に外, の性格

▼ 批評鑑賞~ (4, 0.1%)

1 するの, する個人主体, に固有, は云わ

▼ 批評~ (4, 0.1%)

1 な紹介, にいふ, にかう, のもの

▼ 批評からは~ (3, 0.0%)

1 なんにも生まれ, 生れて, 相当離れ

▼ 批評こそ~ (3, 0.0%)

1 本質的に, 真に望ましい, 真の

▼ 批評させる~ (3, 0.0%)

1 だけ批評, と剛情, 樣な

▼ 批評しか~ (3, 0.0%)

1 しない聰明さ, 出来ない, 存在を

▼ 批評したがる~ (3, 0.0%)

1 のかと, ものだ, 兄の

▼ 批評しない~ (3, 0.0%)

1 のである, ものは, わけには

▼ 批評しなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 批評~ (3, 0.0%)

1 しか孟荀, むと, むとするときも先づ觀察し

▼ 批評せず~ (3, 0.0%)

1 にはいられなかった, に机, 吟味せず

▼ 批評であろう~ (3, 0.0%)

21 と哲学

▼ 批評でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ, ば充分

▼ 批評とが~ (3, 0.0%)

1 二様に, 互いに衷, 将来の

▼ 批評としては~ (3, 0.0%)

1 それを, 当然とりあげられるべき, 議会などで

▼ 批評などでは~ (3, 0.0%)

1 ありません, あり得ない, 自己を

▼ 批評などに~ (3, 0.0%)

2 見られないよう 1 頓着する

▼ 批評なりを~ (3, 0.0%)

1 はっきり表現, 書いて, 書かねば

▼ 批評なんて~ (3, 0.0%)

2 うるさいもの 1 駄目だ

▼ 批評にとって~ (3, 0.0%)

1 原因でも, 気に入らないの, 重大かという

▼ 批評にとっては~ (3, 0.0%)

1 こうした事情, 無用の, 諸範疇

▼ 批評のみ~ (3, 0.0%)

1 する人, だった, では

▼ 批評ばかり~ (3, 0.0%)

1 し合ってる, やってる, 自然会話と

▼ 批評~ (3, 0.0%)

1 では, の意義, の示唆

▼ 批評哲学~ (3, 0.0%)

1 とは知識, の的, は科学

▼ 批評~ (3, 0.0%)

1 で日本画, ともいうべき, に立った

▼ 批評家さ~ (3, 0.0%)

1 へとんと, へ大きな, へ辟易

▼ 批評家たる~ (3, 0.0%)

2 に過ぎざるべし 1 の地位

▼ 批評家無用論~ (3, 0.0%)

1 という通俗常識, に帰, を聞く

▼ 批評家諸君~ (3, 0.0%)

1 がそれ, それから作者, を悦ばせる

▼ 批評者達~ (3, 0.0%)

1 には統制, はベートーヴェン, は作者

▼ 批評および~ (2, 0.0%)

1 批評家が, 批評家たちは

▼ 批評かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れなかつた

▼ 批評~ (2, 0.0%)

1 へ付け加, へ通用

▼ 批評さえ~ (2, 0.0%)

1 ないの, 付け加えた

▼ 批評さえが~ (2, 0.0%)

1 ないの, わが国で

▼ 批評させ~ (2, 0.0%)

1 たりし, ておい

▼ 批評されない~ (2, 0.0%)

1 ことに, ものも

▼ 批評したら~ (2, 0.0%)

1 ば彼, 共に一長一短

▼ 批評し合い~ (2, 0.0%)

2 賞め合い

▼ 批評し合った~ (2, 0.0%)

1 初夏の, 時に

▼ 批評し得た~ (2, 0.0%)

1 かといふこと, かのよう

▼ 批評するであろう~ (2, 0.0%)

1 かとだれ, と領主

▼ 批評せね~ (2, 0.0%)

1 ばいい, ばならぬ

▼ 批評せられ~ (2, 0.0%)

1 大に, 通しで

▼ 批評せん~ (2, 0.0%)

1 とて立てり, と欲せ

▼ 批評だけに~ (2, 0.0%)

1 止まらない, 終る批評

▼ 批評だった~ (2, 0.0%)

1 と思う, のである

▼ 批評できる~ (2, 0.0%)

1 しその, 彼等を

▼ 批評とても~ (2, 0.0%)

2 同じこと

▼ 批評とでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, 称すべきもの

▼ 批評とまでは~ (2, 0.0%)

2 行かないが

▼ 批評とも~ (2, 0.0%)

1 あいさつとも, 聞える事

▼ 批評などが~ (2, 0.0%)

1 この例, 之だ

▼ 批評などと~ (2, 0.0%)

1 云って, 思われては

▼ 批評などの~ (2, 0.0%)

1 ような, 出来る頭ぢゃない

▼ 批評なら~ (2, 0.0%)

1 ざらむやは, なかなか立派

▼ 批評なんかを~ (2, 0.0%)

2 口に

▼ 批評なんぞ~ (2, 0.0%)

1 する餘裕, 蹴とばせ

▼ 批評にあたって~ (2, 0.0%)

1 第一, 評価の

▼ 批評についての~ (2, 0.0%)

2 提案

▼ 批評についても~ (2, 0.0%)

1 上に, 私は

▼ 批評にまで~ (2, 0.0%)

1 手を, 登らなければ

▼ 批評によ~ (2, 0.0%)

1 つては, つて偉大な

▼ 批評に際して~ (2, 0.0%)

1 これらを, 唯物弁証法の

▼ 批評ばかりを~ (2, 0.0%)

1 気に, 読んで

▼ 批評への~ (2, 0.0%)

1 不満を, 迂回を

▼ 批評めいた事~ (2, 0.0%)

1 を云, を言はん

▼ 批評をば~ (2, 0.0%)

1 ジャーナリズムの, 分類学的批評

▼ 批評出来ない~ (2, 0.0%)

1 という処, 結果に

▼ 批評~ (2, 0.0%)

1 をも持っ, を獲得

▼ 批評~ (2, 0.0%)

1 是々非々主義こう, 第二

▼ 批評又は~ (2, 0.0%)

1 一材料として, 文化批判の

▼ 批評向背~ (2, 0.0%)

1 に対して喜憂, に對

▼ 批評~ (2, 0.0%)

1 が目録, である

▼ 批評家さま~ (2, 0.0%)

1 だから, に解ったら

▼ 批評家インテリ~ (2, 0.0%)

2 の多く

▼ 批評家リュイス~ (2, 0.0%)

2 に與へた書簡

▼ 批評家作家~ (2, 0.0%)

1 によって一つ, 第一次大戦

▼ 批評家出~ (2, 0.0%)

1 よという短文, よと云っ

▼ 批評家画家音楽家彫刻家芸術上~ (2, 0.0%)

2 の素人等

▼ 批評家的~ (2, 0.0%)

1 で実戦, なるもの

▼ 批評家的立場~ (2, 0.0%)

1 からどうして, からもこの

▼ 批評~ (2, 0.0%)

1 で現, を刺戟

▼ 批評時代~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, に一層

▼ 批評~ (2, 0.0%)

1 とかいふの, へと赴く

▼ 批評~ (2, 0.0%)

1 の如何, を論ぜし

▼ 批評的モメント~ (2, 0.0%)

1 との連関, と実証的モメント

▼ 批評的価値~ (2, 0.0%)

1 の高下, 及び良心

▼ 批評的感覚~ (2, 0.0%)

1 の勘, は現れない

▼ 批評的才能~ (2, 0.0%)

1 などは何, に恵まれた

▼ 批評的歴史家~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 批評的気質~ (2, 0.0%)

1 がある, にわざ

▼ 批評的能力~ (2, 0.0%)

1 からすっかり, を缺

▼ 批評等全て~ (2, 0.0%)

2 が興味深い

▼ 批評評価~ (2, 0.0%)

1 しこれ, においても十分

▼ 批評~ (2, 0.0%)

1 が, を抽

▼ 批評論文~ (2, 0.0%)

1 にし, のこと

▼ 批評~ (2, 0.0%)

1 というもの, もあるいは

▼1* [326件]

批評あり時評あり, 批評文学の, 批評がましく申す筋合い, 批評きかして, 批評ぐらいのものそれと, 批評こそが恰も文芸批評, 批評これらの小説, 批評さされた訳である, 批評させたら果して何, 批評させればそこ, 批評されたかつたんだ, 批評されようとも現実そのもの, 批評されるべき理論の, 批評されれば人生, 批評され得ないのだ, 批評され得るわけな, 批評され憎まれるのは, 批評しえないのは, 批評ししかる後私の, 批評したくなるんで, 批評したならば先生, 批評しなかったということ, 批評しなくなつて, 批評しまして佛教, 批評しませんよ, 批評しろよ, 批評し去り批評し, 批評し合いましたその時, 批評し合うことも, 批評し尽したがしかも, 批評し尽すことは, 批評し得ないものであり, 批評し得なかったために, 批評し欺かれたくないという一図, 批評し破壞し, 批評すべからざるもの批評を, 批評すらきらうと, 批評するしないは当人, 批評するだろうと今日, 批評するなら批評させる, 批評せよという問題, 批評せられたことが, 批評せられるまでになった, 批評せるものを, 批評そういう批評の, 批評その指, 批評その他その他と云っ, 批評それらの卑屈, 批評それ自身が批評, 批評それ自身作物となっ, 批評たるべきものが, 批評だけが本当の, 批評だけしか出来ないという, 批評だけと言ふ, 批評だけなりと和らげさせようと, 批評だけには限らないという, 批評だけの問題に, 批評だけは書いて, 批評だって勿論その, 批評だらうが僕, 批評でありまして採る, 批評であるべきでありながら必ずしも, 批評でなかったと全く, 批評でものよくする, 批評とかいうことも, 批評とかを加えたならと, 批評とだけいうならば, 批評とて然うで, 批評とともに何らかの形, 批評とに存し, 批評とまでなつて, 批評どころでは, 批評どころか彼の, 批評なくまた与論, 批評などといふ批評の, 批評などとは殆ん, 批評などにも見て, 批評などに対して文章を, 批評ならぬクリティシズムは, 批評なりが規準を, 批評なんぞをすると, 批評においても仮りに, 批評における図式主義の, 批評にたいして自己弁護を, 批評については自分の, 批評にとっての唯一の, 批評にのみよって居たら, 批評によつて掻き立てられ, 批評に対し困難を, 批評に対してはそうです, 批評に対しても依然として, 批評に関して芸術的態度を, 批評に関しては容易に, 批評に際しての一種の, 批評ぬきであつ, 批評のみにては未盡くせ, 批評のみを事と, 批評はね主題は, 批評ぶりは本当, 批評へは転化しない, 批評または評論活動の, 批評まちまちであった, 批評まで如此候, 批評みたいなこと, 批評めく精神的の, 批評もうけなければならない, 批評もて輕重すべき, 批評ものってバック, 批評やの世界だけが, 批評やら感想を, 批評よりして, 批評らしく書いてクダラヌ全集物, 批評をさえ投げつけて, 批評をまでやらうといふ, 批評ニ對シテ男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改過スベシ, 批評マキ雑棒批評などは画家, 批評・品隲のよう, 批評一般自身の要求, 批評三つ中国における二人, 批評にをかれ, 批評下さってありがたい, 批評公正の, 批評不公平の悪習, 批評世間ばなしなどに移っ, 批評で移し, 批評主義批判主義なるブルジョア形式主義哲学, 批評主義派になつて, 批評主義者のカント, 批評了解せんと, 批評という人たち, 批評人生批評の内, 批評仕様が仕まい, 批評ゐ読みますわよ, 批評位区々としてゐる, 批評体系が認識論, 批評作家であったの, 批評作家的批評とが二様, 批評を超越, 批評充分にし, 批評兵隊又よろし, 批評其の他に, 批評出てるよ君, 批評出る之も, 批評出来ず小説は, 批評出来るような, 批評判断のい, 批評判斷で向, 批評創作活動サークル理論その他日常闘争において明らか, 批評印象批評から発展, 批評即ち斯うい, 批評原則がなく, 批評及び文芸思潮史の, 批評の上, 批評名手らしい琴, 批評哲學を構成, 批評する態度, 批評圏内に一人, 批評報知でマリウス評判, 批評大いによし, 批評大方甚不厳正である, 批評嫌悪症のさまざま, 批評宗教についての記事, 批評実は無記名批評, 批評実際と理想, 批評宣伝倒れだという, 批評家さんにやっつけられた, 批評家すべて自分の製作物, 批評家そのものを益する, 批評家といへるが, 批評家エリアスは心, 批評家グージャールは一言, 批評家ゲオルグ・ブランデスはその, 批評家シュレエゲルをいたく, 批評家ジェッフルワは最初口, 批評家ジャーナリストなどはほとんど, 批評家ソローキンあるいはノースロップ, 批評家チェスタトンの, 批評家ツてもの, 批評家ハイレア・ベロックは小説, 批評家フランシス・ベエコンの時代, 批評家ブリツソンに宛てた, 批評家ブリュンチェエルは特に, 批評家ボアロオを中心, 批評家モンテーニュを始め, 批評家並に見, 批評家中で第, 批評家中永久に記憶, 批評家中野好夫は林, 批評家二人を獲つ, 批評家伊藤整氏によって書かれた, 批評家側から言, 批評家僕はよく, 批評家共の声, 批評家其政治的監督牧師伝道師等に無き, 批評家内村直也君は三田文学誌上, 批評家劇壇の耆宿, 批評家動もすれ, 批評家多くの美学者達, 批評家天知子の威筆, 批評家婦人運動実行家等の社会的特殊才能, 批評家子規にも敬服, 批評家対戯曲作者及び国立劇場役員, 批評家当人自身さえそう, 批評家恋人を卑しく, 批評家戯曲家を呼ぶ, 批評家戸坂潤岡邦雄の如き, 批評家新聞記者なんてそりゃ, 批評家林房雄氏が藤森成吉, 批評家根性がさせる, 批評家正宗白鳥氏の態度, 批評家無用有害論が一つ, 批評家無用論はとに角一隅, 批評家無視となり, 批評家狂言作者に向, 批評家王たるべきもの, 批評家的見地からも世間, 批評家的諷刺作家だつたの, 批評家福田君が一方, 批評家福田恆存は, 批評家等紛然雑然としてゐる, 批評家紫式部をあげ, 批評家美術家をひ, 批評家美術家音楽家舞台及び映画, 批評家職能を伸べない, 批評家自身社会的問題と文学的問題, 批評家芸術上の山師, 批評家装置家その他演劇関係者を悉く, 批評家評論家が存在, 批評家諷刺家論客滑稽作家皆それぞれ快活なあるいは, 批評家諸公のよう, 批評家諸氏に注意, 批評家迷信者に対する科学者等, 批評家連がその, 批評家風のリューマチ, 批評家鴎外先生の当時, 批評対象物の客観的, 批評希望もそれ, 批評形式が採用, 批評の芸, 批評心づきそれらの, 批評必ずしも客観性を, 批評恐ろしゅうござる, 批評意識をよく, 批評感想を一緒, 批評文化批評人生批評の内, 批評文学論など一切発表, 批評文恰かも生理衛生, 批評文芸の科学的評論, 批評なり第, 批評曰く外圍の關係, 批評に這入る, 批評本陣殺人事件の批判, 批評材料なの, 批評東都の感想, 批評桟敷は彼ら, 批評検討偶語漫言雑出やがて, 批評標識を持ち出さざる, 批評といったよう, 批評機関としての新聞紙, 批評にこびりつい, 批評に歌舞妓批評, 批評毒舌時には, 批評民衆による社会的批評, 批評沈黙時代ではなく, 批評活動自身がそれ独特, 批評無用論の起きる, 批評の, 批評界全体が彼, 批評界全部が侮辱, 批評的位置といふこと, 批評的作品の隅々, 批評的判断を下さなけれ, 批評的契機と実証的契機, 批評的好意を寄せ, 批評的学究的精神をもてる, 批評的実証乃至実証的批評, 批評的性格は相次い, 批評的意識やを思いおこし, 批評的方法が必要, 批評的機能を有っ, 批評的特色であった, 批評的留意が行, 批評的眼光を以て覗, 批評的研究の興味, 批評的破毀的の議論, 批評的空想的社會主義および共産主義, 批評的立前からもの, 批評的立場と抵触, 批評的立脚地を離れない, 批評的笑いを洩し, 批評的精神そのものの初, 批評的考察を含ん, 批評的要素をも含ん, 批評的見地から一切, 批評的見方や考え方, 批評的観察をはじめた, 批評的観点から取り上げられる, 批評的言語辞典を質屋, 批評的記事を含む, 批評的評論的精神も, 批評盛んな現今, 批評目的を持っ, 批評直感批評をこの, 批評眼以外の眼, 批評禁止というもう, 批評科学と社会, 批評科目の授業, 批評程度の考, 批評絶え申さず依つて父惣兵衛始め姉弟共一同, 批評者側に対しての一つ, 批評者自身の正面, 批評者鑑賞者であること, 批評芸術における内容, 批評若しくは惡口を, 批評藝術批評等には二つ, 批評下難有存じます, 批評の是非, 批評評家が創作家, 批評評論の活躍, 批評他人を, 批評趣味やそれから, 批評通りに感傷的, 批評部面として現われる, 批評野上さん自身の作, 批評面白かった, 批評飜譯等がある