青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「散~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

教室~ ~教師 教師~ 教授~ ~教育 教育~ ~教養 教養~ ~敢 敢~
散~
~散歩 散歩~ 敬~ ~数 数~ 数学~ ~整理 整理~ ~敵 敵~

「散~」 1029, 11ppm, 9760位

▼ 散~ (133, 12.9%)

26 の者 12 ノ太夫義辰 10 ノ太夫 3 の名, の民 2 というもの, ともいっ, と呼ばれた, のこと, の法師, の輩, もまた, ノ長者

1 [63件] がいかなる, がかつて往々, が居, が属し, が社寺, すなわち散, だとの, でありまた, では女子供, で人, とある, という, ということ, という名目, という名称, という語, といったこと, とははたして, とは一定, とは淀, ともいった, とも似た, とも院内, と云った, と呼ばれ, と散, と解し, などが鎌倉初期, などという文字, などの徒, に関する上引諸書, の, の一人, の事, の人力, の代表者たち, の住民, の名義, の文字, の浪人, の状態, の称, の童子, の義, の者ら, の者等, の芸人たち, の芸当, の語, の謂いである, は, はすでに, は一種, は左右, へ出かけ, もみな, も結局, を支配, を数え, ノ太夫父子, ノ太夫義辰殿, ノ太夫自身, 若しくは散

▼ 散つて~ (59, 5.7%)

17 ゐた 12 しまつ 3 居た, 行くの 2 しまつたか, しまつて, は咲く

1 [18件] から見れ, たこと, ついたの, は咲い, も, もまた, も散, ゐて, をります, 困る, 居ますよ, 思ふやう, 晴れけり朝, 晴れわたります, 落ちて, 蠢いた, 貧しい生活, 転げて

▼ 散~ (51, 5.0%)

18 して 3 するの 2 した, せむとする心

1 [26件] し, ししかも, したといふ, したの, した人々, した千兩箱, した後, してないので, してを, しようが, し空, し變化, するといふ, する塚原, する梅干瓶, する習, すシヤルル, せしが, せしめて, せしめる, せし内, せる白骨, に關, の書, の氣, れたる文

▼ 散所法師~ (47, 4.6%)

3 と同じ 2 のこと, の如き, の如く, の徒

1 [36件] が延暦寺, が東寺, が諸国, であったと, であった事, である, とある, というの, という下級, という古い, という名称, とか右, となった, との関係, と云った, と呼ばれた, と声聞師, と連, などとあっ, についてはわずか, のあった, の事, の名, の名称, の後裔, の所々, の掃除人等, の文字, の類, は到底, は平安京九条, も常に, や祇園, や高野山, を法勝寺, 同祇園感神院

▼ 散~ (43, 4.2%)

2 の間隔, は点線, をもっ

1 [37件] から戦闘群, が火縄, して, として前, となる, と縦隊, になり, に比し, に移り, に重点, のやう, のよう, の下, の価値, の動き, の如く, の威力, の時代, の火力, の線, の陣, の陣型, はむしろ, は単なる, は小隊, は自由, もわっ, も悉く, も見, や縦隊, よりも戦闘, をしき, を出し, を制限, を布い, を掃討, を放ち

▼ 散~ (38, 3.7%)

2 の和歌

1 [36件] からも紫, が女, が心細, その人, といわれ, といわれた, と親しく, などという恋人たち, などへも手紙, に語った, に逢う, のため, のほう, の住居, の君, の巻, の強味, の悲し, の所, の袖, の邸, はおおよう, はすわっ, はそう, はそこ, は言っ, は高く, へもその, も悲しい, も美しい, をいろいろ, を信じ切っ, を同じ, を思った, を訪ね, を訪ねる

▼ 散所民~ (37, 3.6%)

1 [37件] から駈けちらし, がこぞ, ではございません, といったかよ, との縁, との間, とも何, と同視, なかま, などもみな, などを書いた, には公共労働, には豊年, に保護, のうち, のわめき, の中, の加勢, の多い, の大, の女, の屋根, の抗争, の板小屋, の狂暴, の生き方, の生態, の男女, の結束, の芸人たち, の袋だたき, は国々, まで, までがこぞって, もまた, や浮浪, をみな

▼ 散~ (21, 2.0%)

4 つて居る 3 つてゐた, つてゐる 2 つて居ない 1 して, し素足, つてかなりに, つてゐ, つて容易に, つて居つた, つて往つた, つて社会の, つて虎の子の

▼ 散里夫人~ (20, 1.9%)

2 の住居, の所

1 [16件] からお召し物, が, が引き受け, が手もと, が言った, と紫, にはこうした, に母, の批評, は心細く, は源氏, は皆, は紫夫人, は舞い, は試楽, や明石夫人

▼ 散兵戦術~ (19, 1.8%)

1 [19件] から今日, から戦闘群, と云う, に変る, に持久戦争, に進歩, に飛躍, のよう, の指導精神, の指揮単位, の時代, の最後的段階, の発展, は各, は当時, は自由, への革新, へ変化, を採用

▼ 散~ (18, 1.7%)

1 [18件] あるもの夜, しこたま飲ませ, つかさどる, なめたり, のませた, 一服出し, 一服召上る, 乱し奥, 削ること, 常薬, 懐に, 煎じて, 盛り込む或, 買って, 買わずに, 載するを以て, 飲ませたそう, 飲んだら

▼ 散~ (13, 1.3%)

9 して 1 したその, したの, した元結, した書齋

▼ 散亂心~ (12, 1.2%)

2 の有 1 では解る, で居る, といふの, とは一時, とは今日法律, とは何樣いふ心, とは定まらぬ, と唯聊か, と短期的, は其の

▼ 散所雑色~ (12, 1.2%)

1 [12件] が多い, といい, というの, とは室町時代, とも呼ばれ, と呼ばれる, の名, の名称, の語, をし, 多くもっ, 散所随身

▼ 散~ (10, 1.0%)

1 大いに迷惑, 太刀は, 指して, 政府の, 火華を, 聞くに, 落して, 行く野猪, 香を, 驚いて

▼ 散~ (10, 1.0%)

2 男が, 眼で 1 奴と, 奴は, 奴等は, 眼を, 眼附で, 職業の

▼ 散兵線~ (10, 1.0%)

2 を張っ 1 の突破, はにわかに, は十分, を作っ, を周密, を布い, を敷いた, を造つたの

▼ 散所屋敷~ (10, 1.0%)

2 の方 1 から見えた, とよぶ, に引き取っ, の大, の岡, の若殿, の若殿さ, の門前

▼ 散くさ~ (7, 0.7%)

6 そうに 1 そうな

▼ 散~ (7, 0.7%)

1 七糸を, 七絲, 傾きが, 太夫の, 暁を, 条を, 辺土に

▼ 散~ (7, 0.7%)

21 たあと, た画, ている, て春, て見える

▼ 散~ (6, 0.6%)

21 しめ, た, ましつ, 失せぬ

▼ 散つたの~ (6, 0.6%)

1 かも気づかなかつた, かも知れない, である, もあ, を二人, を見る

▼ 散つた後~ (6, 0.6%)

2 である 1 が大切, に出る, に青く, は前

▼ 散~ (6, 0.6%)

1 な目, になっ, に冷かされ, に当り散らした, に悪く, 責められた上

▼ 散~ (6, 0.6%)

2 せる佐伯部 1 して, する傾き, の佐伯部, の後

▼ 散兵壕~ (6, 0.6%)

2 から飛び出した 1 が蜿蜒, でも立派, のなか, を築いた

▼ 散~ (6, 0.6%)

2 の状態 1 と解し, の法師, の随身, の雑色

▼ 散所部落~ (6, 0.6%)

1 が見え, のもの, の屋根, の岸, の路地, を成し

▼ 散つた~ (5, 0.5%)

1 ですかね, と言, に違, 小豆粒, 駈けたと

▼ 散~ (5, 0.5%)

1 いえる薬, このたしがらや, 書いて, 清婦湯他は, 申歯磨売初

▼ 散~ (5, 0.5%)

2 単舎利別を 1 いたるまでの, 置き重けれ, 靴脱ぎ

▼ 散所者~ (5, 0.5%)

1 ではあるまい, の舟人, の風情, は気, は荒っぽい

▼ 散~ (5, 0.5%)

1 でもしよう, と變, に成つた話, をし, をせず

▼ 散~ (4, 0.4%)

2 打ち重り 1 しまって, 仕舞つて今は

▼ 散兵戦~ (4, 0.4%)

1 では駄目, における兵士, の射撃, を行なった

▼ 散切頭~ (4, 0.4%)

2 に髯茫々 1 も流行っ, を引

▼ 散~ (4, 0.4%)

1 した子, する浮浪民, などの文字, に深

▼ 散所街~ (4, 0.4%)

1 の上, の名物, の雑人たち, はどこ

▼ 散~ (4, 0.4%)

2 なる糺 1 なる蒼き, の斑

▼ 散~ (4, 0.4%)

1 したと, したるが, したる由, して

▼ 散臭い~ (4, 0.4%)

1 ものを, 眼つきで, 眼付きで, 顔で

▼ 散~ (4, 0.4%)

1 と註す, は長安, を出, を出た

▼ 散髮屋~ (4, 0.4%)

1 でクシヤクシヤ, の方, の鋏, は曾我迺家

▼ 散~ (4, 0.4%)

1 して, する森, する白い, せる外

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 が如し, に引代, を見ざる

▼ 散そう~ (3, 0.3%)

1 な顔, にさえ見た, にじろじろ

▼ 散つて來~ (3, 0.3%)

1 て一面, ました, る

▼ 散つて行~ (3, 0.3%)

3 つた

▼ 散ばつ~ (3, 0.3%)

1 たり密集, たる石碑, てしまふ

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 で縮れて, で被布, の

▼ 散太夫~ (3, 0.3%)

1 とは支那唐朝, と位階格式禄高, を子供心

▼ 散~ (3, 0.3%)

2 と集娼 1 というの

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 ならざる, なるもの, の中

▼ 散広告~ (3, 0.3%)

1 が投げこまれる, はどこ, を見

▼ 散所右~ (3, 0.3%)

3 散所

▼ 散所随身~ (3, 0.3%)

1 のこと, の語, または散

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 だと, と唐, や散楽

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 して, と議, の呆気な

▼ 散~ (3, 0.3%)

2 そうに 1 そうな

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 に水生, の袖, 干からびて

▼ 散~ (3, 0.3%)

2 いまだ青き 1 のみだれ

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 した事実, によらぬ, の方法

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 さて, するの, の興

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 すら蜀軍, へいそいだ, へ馳

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 が諸所, もどっと, や砦

▼ 散~ (3, 0.3%)

1 には一人, のまだ, の柳

▼ 散かって~ (2, 0.2%)

1 居り四畳半, 居る

▼ 散つて了~ (2, 0.2%)

1 ひ霊岸島, ふ

▼ 散つて了つた~ (2, 0.2%)

1 が馬酔木, との事

▼ 散つて心~ (2, 0.2%)

1 が他所, の靜定

▼ 散つて葉~ (2, 0.2%)

1 が繁る, に成る

▼ 散という~ (2, 0.2%)

1 事には, 説明には

▼ 散ばって~ (2, 0.2%)

1 小児づれの, 幾度こい

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 てゆく, て見えなくなる

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 して, を以てなだめられなけれ

▼ 散切に~ (2, 0.2%)

1 なっただけの, なった頭

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 から有形, して

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 り散剪, り男おなご

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 して, すること

▼ 散所民たち~ (2, 0.2%)

1 だそう, は大

▼ 散所民ら~ (2, 0.2%)

2 の反感

▼ 散所法師興福寺~ (2, 0.2%)

2 の唱門

▼ 散所芸人たち~ (2, 0.2%)

1 の群れ, の野芝居

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 と言う, は割合

▼ 散~ (2, 0.2%)

2 あり月

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 という樹, と渾名

▼ 散木奇歌集~ (2, 0.2%)

1 に, の奇歌

▼ 散流血積骨~ (2, 0.2%)

2 の凶兆

▼ 散浮花~ (2, 0.2%)

2

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 するを, の期は

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 でじめじめ, を顔

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 シ末ハ本ヨリ大, 氏の

▼ 散瞳薬~ (2, 0.2%)

1 によって瞳孔, の瓶

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 するのみ, する大樹

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 という, とも云うべき

▼ 散花日~ (2, 0.2%)

1 を経れ, を經

▼ 散茶女郎~ (2, 0.2%)

1 の一人, の水浪

▼ 散茶女郎水浪~ (2, 0.2%)

1 でした, のいる

▼ 散葉黄~ (2, 0.2%)

2 に冱

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 した, に適す

▼ 散辺土~ (2, 0.2%)

1 の中, の日本

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 へ火, 散居

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 して, のまま

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 させます, して

▼ 散~ (2, 0.2%)

1 消す, 消するを

▼ 散魔文~ (2, 0.2%)

1 の破, の秘句

▼1* [182件]

いつするの, 散かさなつて根, 散かす土瓶を踏, 散かつた私, 散試験薬を, 散くさく思ったもの, 散しの紙が其処, 散しも徒ら事に, 散つたそれを見た, 散つた中には廻廊, 散つた所の豐臣氏, 散つた春の嵐, 散つた霧に月, 散つてしまつた花園の牡丹, 散つてしまつて商賣に, 散つてしまつて油蟲の防ぎ, 散つてしまつて若葉のか, 散つてそこら中に閃い, 散つてやまべとなる, 散つて中尊寺の御, 散つて了うた四月廿一日ごろと決した, 散つて了つて俺はかう考へ, 散つて了ふからだ, 散つて仕舞つた, 散つて体中に集られ, 散つて其主のほつれ髪, 散つて其処等を薄々, 散つて地に落ちた, 散つて往つた, 散つて手足を洗, 散つて打重なりぬ二三片, 散つて打重りぬ二三片, 散つて敵はなし, 散つて新芽の方, 散つて春も暮れよう, 散つて月がさやけく, 散つて松葉にひつ, 散つて此方の頭上, 散つて河鹿はまだ, 散つて潜伏布教グチエレスは一六二九年長崎附近, 散つて無に帰し, 散つて皿小鉢跳り出すや, 散つて真珠の玉, 散つて絣模様に見えた, 散つて行つたのだ, 散つて行つても瞬く, 散つて雨に打たれ, 散つて音するばかり, 散ても子房は, 散とか豚印とか, 散として閭門の, 散朱肱が, 散ばったがその, 散ばったかじめの如き, 散ばったように差置いた, 散ばった中へ交っ, 散ばった天窓でお, 散ばった新聞を撫で, 散ばった書斎へ暇乞い, 散ばつた大根の葉, 散ばつた花粉の粒, 散ふたたび稲こき, 散みずから安んずるものの, 散らくを見れ, 散ジテ窮民ヲ賑ス, 散ズレバ春風ニ入リテ洛城ニ, 散ッタカラ大小ト鼻紙入ヲ拾イテ, 散バラ髪が一番邪魔, 散マン低下させた粗悪, 散ラシ武ニアラザレバ人ニアラズトイフガ如キ今日武ヲ知ラザレバ卑屈, 散ラバッテ見エタ, 散リ紅顔ハ浪ヲ逐ツテ, 散三ッ原苦しまされた, 散上し魄は陰, 散門之, 散亂つた物を丁寧, 散亂つてゐる, 散亂ツてゐる, 散して, 散位平永衡に嫁, 散位道俊といふ者, 散したる藁, 散兵山野大破之, 散兵戦術時代とは比較, 散兵戦闘を小隊長, 散兵横隊縦隊の三者, 散兵線上に数個破裂, 散兵陣地尖角陣地, 散兵隊女軍突進さながらに, 散出し終るや, 散に対して無念無想, 散列層のやう, 散列相を示し, 散則死二気之霊, 散の外, 散なれば, 散晦菴答曰散矣, 散に生, 散太夫ナリである, 散太夫下が朝議太夫, 散太夫浅野内匠頭長矩即ち忠臣蔵, 散太夫石川日向守総和は歌川豊国, 散太夫藤木氏の末裔チンコッきりおじさん, 散したけれど, 散官遊職は続々, 散の義, 散家山猶在, 散散神, 散後鈴木重行が何, 散の会, 散心雑するが, 散散形, 散所住民となった, 散所参加の記録, 散所収入の方, 散所大名の勢威, 散所太夫義辰なる者, 散所法師原を間人, 散所町まで兵馬, 散所神人ということ, 散所童子ともいう, 散所芸人といわれる, 散所衆まで棒キレ, 散所領主の悪党, 散の形, 散になる, 散播都天門呉弩と嘆, 散斎致斎の日数, 散はシヤボン玉みたい, 散過ぎて, 散會何事もなかりし, 散木弃歌集あたりにはそれでも, 散木集の家綱, 散来る葩を, 散松葉の上, 散果可申茎は其許さま, 散はソヴェート政府, 散させると, 散したと, 散と言つた時代, 散檀寧と名, 散殘つた百日紅の四五輪, 散すること, 散が飜, 散的人物重宝人物何かにつけ, 散目鋸と鑿, 散骨相土相を, 散碁布する, 散散既, 散稿を送っ, 散につ, 散紙狼藉たる中, 散らしく思われたが, 散臭い系圖か何, 散花数ふえて, 散花數ふえて, 散茶これを七事, 散をお湯, 散落し間もなくその, 散落し内側の四片, 散の曲芸, 散は落雁, 散の号令, 散を個々撃滅, 散で何様, 散酒加へてもて來, 散里夫人明石夫人なども来会, 散里明石などである, 散里西北は明石夫人, 散陣的に淀川, 散によって生じた, 散して, 散離セシメザレバ一睹スル者此ニ瞭然一閲スル者此ニ粲然, 散を呪力, 散香薬種名香切花を置い, 散常侍, 散騎隊武騎隊を新た, 散騎黄門侍郎王粛たちは初め, 散髮二週一度實費を辨償, 散髮斜めに拂, 散髮頭を押, 散にと茶番