青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「惡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

悲鳴~ ~情 情~ ~情熱 情熱~ 情緒~ 惜~ ~惜しい 惜しい~ ~惡
惡~
惣~ ~想 想~ ~想像 想像~ 愈々~ ~愉快 愉快~ ~意 意~

「惡~」 5588, 55ppm, 2089位

▼ 惡~ (1719, 30.8%)

83 ことを 45 事を 37 のは 25 のか 18 事は 17 な, やうな 14 ことで, のだ 12 ことに, 野郎です 11 のが, のを, やうに, 奴だ 10 ので, のである, 奴が 9 野郎だ, 顏を 8 ことが, ぢや, やうには, 上に 7 ことには, 奴は 6 ことの, さうだ, なア, やうだ, 事でも, 事も, 女だ, 氣持は, 癖が 5 ことだ, の, のかと, 女で, 奴で, 心持ぢや, 男だ, 男で

4 [16件] から, ことでも, とか何ん, のと, よ, 事が, 事で, 人ぢや, 人間ぢや, 人間に, 人間は, 奴です, 微笑を, 樣な, 洒落だ, 癖だ

3 [34件] からだ, からで, のだらう, のぢ, は飯田町, やうです, んだらう, 事だ, 事では, 人は, 人惡い, 人間だ, 人間では, 口だ, 夢を, 女が, 女ぢ, 心持では, 心持は, 文學を, 方ぢや, 方に, 方の, 方へ, 時には, 氣は, 氣持では, 氣持の, 男ぢや, 癖の, 筈は, 者ばかり, 自分の, 風に

2 [91件] かも知れない, からお, からお前, からかひ, からその, からどうしても, から先, から誰, けれど, けれど太郎さん, けれど若旦那さ, ことかも, ことである, ことと, ことばかり, さう, ぜ, ではない, とかいふやう, とかで, とか言つて, な親分, には違, のであ, のでございませう, のでつい, のみならず, の學校, ばかりで無い, ひとだ, わけは, をとこ, 主人が, 事か, 事には, 事の, 事ばかり, 人でない, 人間だらう, 人間を, 位, 噂が, 噂は, 噂も, 場所の, 場所へ, 女です, 女には, 奴がの, 奴に, 子だ, 季節, 客に, 尻を, 心を, 惡戯が, 意味では, 所と, 料簡を, 方面が, 方面ばかりを, 春松と, 時で, 時は, 此處が, 氣の, 派に, 男, 男でした, 男の, 男は, 癖で, 癖を, 私の, 結果に, 罪を, 者に, 者には, 者は, 聲が, 處が, 蟲が, 親分が, 評判が, 趣味だ, 野郎が, 野郎で, 野郎も, 顏も, 香が, 魂や

1 [845件 抜粋] あの野郎, かしら, かも知れねえ, からあつし, からこれ, からすぐ, からそれだけ, からつて外, からといつて, からといふ診る, からと云, からと御, からと旦那樣, からと申し, からと謂ツ, からもつ, から一, から一週間, から不孝, から二階, から今, から今一ヶ月, から伜, から俺, から兩親, から内々, から取, から壁, から夜, から姑, から手出し, から折角, から掘り出し, から早く, から是, から晴着位, から根, から止さう, から此, から注意, から無理, から當, から答辯, から自, から蜜柑, から追, から金, から鈴, くせで, ぐらゐ, ぐらゐには家の, けど僕, けれどお, けれど好い, けれど手代, ことかな, ことだら, ことだらう, ことでございます, ことでで, ことでない, ことで御座いました, こととも, ことなら, ことにかけての, しかし誰, それに, そんな事, ぞ一體家來, だけで, だけで濟, だのつて, だらう, だらうから, だらうと, だらうな, といふ御, とかいふだけであつ, とかいふ論爭, とか何方, とか武藝, とか芋畑, ときに, ときには, ところで, とされ, と思つて, どころぢや, なあ此方, なお前, なと思, ならお, ならば, な一體それ, にし, にも如何なる, に異存, のかね, のださうで, のであらう, のでいつも, のでございます, のでしよう, のでは, のでカムパネルラ, のでツイ高利, ので主人, ので二三日保養, ので何かと, ので何方樣, ので元, ので出し, ので判金, ので地藏樣, ので娘等, ので宜, ので文學, ので歩く, ので洵, ので濱, ので生活, ので米, ので自分, ので蒟蒻, ので近い, ので醫師, ので間もなく, のなん, のなんかす, のに引つ, の惡, の言, ばかりでなく, ひとぢや, ひとで, ひもに, ほどそれ, ほどで, ほどなまぐさい, ほどシン, ほど大き, ほど物覺, ほど青, までに促され, までに落ちつき, もしくは不幸, ような, ようには, わけだ, んだろう, ハハに, ブルジユワよりも, ンぢや, 一方町内の, 三味線の, 上ひどい, 上養子の, 不作法な, 世に, 乍らも, 了簡だ, 事, 事おま, 事かも, 事さへ, 事だけは, 事である, 事と, 事に, 事爲置かれた, 事言つて, 二階なんか, 五分許り, 五十男で, 人, 人たちを, 人だ, 人で, 人でございました, 人でしょう, 人では, 人には, 人よ, 人形でも, 人達に, 人間が, 人間でない, 人間とは, 人間にや, 人間の, 人間らしくも, 今日は, 仕事は, 代物です, 位で, 位ひだ, 位ゐ, 位白かつ, 余と, 作品だ, 作家と, 側に, 元祿, 先例に, 兒の, 入智慧, 八五郎は, 其眼元には, 冗談だ, 冗談に, 冷笑が, 印象で, 印象については, 原因を, 叔母の, 叔父さんでした, 口を, 古金買ひ, 同じ距離, 品物を, 唇の, 唸り聲で, 商賣, 問題であり, 喜びを, 喪章を, 因縁が, 因縁とは, 國だ, 土地にや, 堂内に, 報いが, 報告を, 場合は, 場合も, 場所, 士町で, 夢だ, 夢の, 大場石見は, 天使が, 天窓でも, 奧村の, 女さ, 女な, 女の, 女も, 女や, 女護ヶ島, 奴でございます, 奴と, 奴な, 奴ばかりも, 奴を, 奴等ぢや, 奴等の, 奴許りだ, 奴許り集る, 妙な, 姑が, 姑の, 娘では, 子, 子さらひ, 子でも, 子供として, 子供を, 存在で, 官吏とかいふ, 客人を, 宮廷生活においては, 小説家だ, 岡つ, 座敷の, 廻り合せで, 弟の, 形の, 役人に, 後味は, 御容態, 微笑が, 心地ぢや, 心安く御, 心持が, 心持の, 思を, 性癖の, 性質のを, 恐しい, 情景です, 惡戯を, 意味か, 意味で, 意味においても, 愚劣な, 感に, 感化を, 感興にでも, 態度を, 我慢し, 所から, 所だらけな, 所では, 所なりと, 所を, 所爲か, 手持の, 手相です, 技巧に, 押込強盜家後切は, 挨拶を, 故福, 教に, 料簡でした, 斯る, 新社同人, 方です, 方にのみ, 旗本屋敷には, 日だ, 昔馴染に, 春松といふ, 時などは, 時の, 時期, 智惠を, 曲者でございます, 會でも, 月日に, 望みを, 未來は, 本當, 東京の, 林檎の, 柿の, 格子戸を, 業を, 樣に, 樣子だ, 樣子です, 機械人形の, 欄である, 此の, 武家の, 武家屋敷でなき, 母親だつ, 氣が, 氣むづかしい背中の, 氣味の, 氣持で, 氣持に, 汝の, 洒落である, 派には, 派の, 浪人の, 浪費癖の, 灰へ, 無駄遣ひ, 爲めでも, 爲めに, 物で, 物言ひ, 犬です, 犬めが, 状態でつ, 狆ころめが, 狐が, 狼達が, 理窟である, 環境に, 生徒だらう, 生徒に, 生水が, 用といふ, 田舍町の, 男が, 男だつたら, 男でも, 男にか, 男には, 男疑, 畸形の, 疫病にか, 病はねえ, 病も, 病を, 病氣に, 病氣の, 病氣は, 痴鈍な, 癖である, 癖でした, 癖などは, 癖嘘を, 白眼を, 百姓等は, 皮膚を, 目つきを, 盲目だ, 相手に, 眼は, 石炭を, 硝子を, 神が, 神たちが, 神や, 私と, 私には, 私を, 私刊の, 程ぐらぐら, 程である, 程帽子屋, 程物靜で, 程赤く, 空氣が, 窓の, 立場に, 笑ひ, 笑聲を, 第一, 箇所が, 素姓を, 結果が, 結果どころか, 綱田屋五郎次郎, 繼母を, 罪業を, 習を, 者が, 者では, 者といつても, 聖母を, 聰明な, 臭ひ, 興味を, 舌で, 船長の, 若い衆が, 若旦那丹三郎が, 若旦那崩れで, 萬屋茂兵衞を, 蒼苔と, 薄笑いを, 處へ, 處も, 蝦夷どもを, 蟻が, 行爲の, 街路を, 表情の, 西風が, 親分といふ, 評判にも, 詭計でした, 話に, 誇張を, 調子で, 譯は, 變な, 赤味を, 足跡だらけにな, 車夫で, 連想を, 遊びを, 道具を, 道樂で, 部分を, 醜い病, 野良犬だ, 野郎は, 金ぢや, 金貸が, 陰氣な, 陽氣のせゐでありませう, 階子段を, 雨の, 雲が, 面が, 音を, 音樂の, 響が, 顏ぢや, 顏では, 顏色などの, 顏色の, 顏見て, 風とか, 風など, 風邪が, 風邪を, 食物だ, 養子の, 馬を, 駕籠舁共に, 鬪爭本能が, 黒い羽, 點が, 點も

▼ 惡~ (718, 12.8%)

42 なつて 30 なつた 14 なつて來 11 ない 10 思はないで 8 て叶, はない 6 なりました, なると 5 なつたの, なります, なる 4 ないと, ないな, なるの, はなく, 言つ, 言ふ, 言へば

3 [14件] すると, するやう, て, てその, ないの, ないやう, ない方, なること, はなかつた, ツて, 云ふ, 云ふも, 云へば, 賢こい

2 [30件] する, それを, てそんな, てなりません, て仕方, て困る, て寢, て手, て横, て殺された, て皆, て顏, ないで, ない筈, なかつたぜ, なった, なつたんで, なりつこ, なるばかり, なる事, はなから, はなつて, ツた, 云つ, 取つて, 思はねえで, 思ひながら, 思ふ者, 悧巧な, 賢こく

1 [438件] あるまいと, いふの, いふもの, お前が, ぐぢよ, さうし, さへ, さも贅澤, すること, するといふ風, するとしても, するとも, すると云, すると廂髮, すると明日, すると殆ど, すると鴨, するなと, するならば, するもの, する外, する積, そして私, そのため縁, その上落, その見, それから, それに學問, たつて, てあの, てあまり外, ていけない, ていけません, てお, ておち, てお下, てお前, てこの, てそれ, てつづく, てどうにも, てならなかつた, てならん, ては田畑, ては鐵砲虫, てひどく, ても今朝, ても史論, ても君, ても大した, ても憎めない, ても矢張り變色, てガラガラ, て三月, て上手, て世間並, て事務所, て二月, て人好き, て仕, て他人, て仲, て佐太郎, て便所, て入院, て出た, て出る, て出世, て分らなかつた, て前, て勉強, て勘當, て勝ち氣, て却つて, て呼んだ, て四十, て困ります, て坐る, て埒, て天草, て姪, て嫁, て家, て寝, て店, て御存じ, て御藏前, て御飯, て持つ, て新地, て明けた, て暗い, て未だに, て村越峰右衞門, て死んだ, て無闇, て父親, て物, て甞め, て瘡, て百姓たち, て皆んな顫, て私, て結構, て義絶, て若い, て行く, て見, て見えない, て言, て誰, て負, て追, て酒, て長居, て食べられない, て高い, でも出, とでもいはう, とも亦, とも少し, ないか, ないが, ないこと, ないし, ないだらうさ, ないでしよ, ないでも, ないとは, ないもの, ないわい, ないアルト, ない人, ない女, ない女さ, ない娘, ない子, ない年増, ない役目, ない樣子, ない男, ない男振り, ない程度, ない聲, ない陽氣, なかつた, なかつたが, なかつたと, なかつたの, なかつたやう, なかつたらこれ, なかつたらその, なかつた數年前, なくその, なくつちや, なすつては, なったこと, なっちまいましたよ, なって, なつたなぞ, なつたらしい, なつたり, なつたわね, なつたんか, なつたんだ, なつた上, なつた世の中, なつた原因, なつた嘆き, なつた所, なつた時代, なつた私, なつて仕舞, なつて別, なつて厭, なつて參, なつて手, なつて斷つて來, なつて東京, なつて胸, なつて途中, なり, なりかけます, なりし, なりそれ, なりましたか, なりましたが, なりましたけれ共, なりましただつて, なりました中, なりますが, なりますけれども, なりますよ, なりやしたねえ, なり出し, なり勇, なり勇氣, なり困つ, なり痩せこけ, なり相な, なり肉體, なり趣味好尚, なるから, なるといふ, なるに, なるには, なるほど睦, なるもの, なるよ, なるわけ, なる一方, なる彼, なる或は, なる者, なれば, なんか思つて, なツ, な思ひ, ねえだらうなあおい, ねえな, ねえの, はありません, はある, はございません, はなささう, はならない, はなりやしません, は御, は思はない, は決して, は無い, は無し, は聞取り, は言, は言えない, ばかりいふ, ばかりもすまい, みにくいもの, もう駄目, よどんで, ガラガラ鳴る, ギラ, ギロギロと, コツ, ツては, ドシヤ降り, ニタリと, ピタリと, ムッと, 一夜を, 一文なし, 一時は, 三年前に, 中江川の, 主人主税之, 二階建の, 云つて居乍ら面と, 云は, 云はれたく, 云ひなすつたでせう, 云ひ寄る, 云や, 人擦れて, 今朝の, 仕上げたン, 休み居つた, 何かの, 何時までも, 何處か, 僞り, 光つてゐた, 光つてを, 光る人絹, 兩手は, 其の上世間, 加ふる, 加之, 動かうとも, 勘太郎に, 包みの, 十五六歳頃その, 午後の, 厄介な持てあまし, 取れたの, 取込, 呑んだ方, 味を, 善人を, 圓く, 城彈三郎殺しの, 夕飯も, 家内治らず, 宿では, 寢ころん, 寢そべつたま, 寢そべりながら, 寢つかれない, 寢て, 寺は, 少し濡れる, 尼さんの, 岑, 平吉殿は, 幸ひ, 幾年待つ, 庭石の, 廣太郎の, 彼是延引致し, 御笑, 心も, 心持びつこを引い, 忘れられない, 思つ, 思つた, 思つていらつ, 思はうと, 思はぬやう, 思はねえでくろうよ, 思はれた, 思はれたくない, 思はれぬやう, 思はれべ, 思はれると, 思はれる樣, 思ひ出した樣子, 思ふこと, 思ふの, 情張と, 意固地だ, 憎んでること, 成たり, 成つてから, 成て, 成長する, 我等へ, 手に, 手代多くの, 手間取つて中流へ, 指井が, 撫でて, 時雨が, 暖い, 暫時文字, 曲者は, 月も, 朝日新聞の, 朝起き, 柿の, 格子戸を, 椅子を, 歩行にも, 歴史の, 死んだの, 殺しも, 毒酒で, 氣が, 油斷ならぬ, 注意される, 流しの, 濕氣て, 濡れて, 無頼だ, 煙草入も, 照しつけ, 爲さうな, 物すごいばかり, 留守, 當つ擦りなさる, 疱瘡は, 白い額, 百兩は, 目を, 目立ちは, 眉を, 眺めてを, 神經を, 私し, 私を, 私をからか, 種々の, 種々異なる, 穴の, 空店で, 立ち去りました, 笑ひ, 答へて, 答へも, 組んだ相手, 絡んで, 聞えて, 聽い, 肌に, 肺病と, 背後には, 胡亂, 腹が, 自分を, 自然に, 致すと, 芥川に, 荏苒と, 行けば, 衞生, 見えた, 見えたろう, 見えて, 見えるやう, 見た事, 見つめる, 親仁の, 覺ゆる, 言えない, 言つてどう, 言つては, 言つて清子は, 言ひふらした, 言ふで, 言ふところも, 言ふわ, 言ふんだ, 誇張し, 誰だつた, 變つて來て, 變な, 負惜, 資本まで, 趣向に, 身體も, 逃げて, 遁げ, 遠い親類, 鐵格子を, 響いた, 風さへ, 飜弄せられ, 餅搗にて, 餘儀なく, 鼻の

▼ 惡~ (259, 4.6%)

9 情を 7 中に 5 念を 4 ために, やうに, 標準が 3 場合を, 差別を, 心を, 念が, 感情を, 華

2 [11件] 中の, 人が, 別を, 報いを, 情に, 情も, 情や, 極怨敵の, 的たら, 花, 説明を

1 [186件] いづれにも, ことであります, こもつた眼, こもつた聲, それでなけれ, たと, なかに, ものに, ような, わからないやう, エツセンスの, ポンチ畫には, 一に, 一分子に, 七つの, 三を, 三人は, 不孝に, 世にしも, 中で, 中間たる, 主動力, 主張によ, 久兵衞も, 事實を, 事態が, 人間の, 代りに, 代表と, 仲間の, 何れに, 債務者の, 兇器を, 内の, 分布左の, 匂ひ, 區別を, 原因と, 名に, 哲學上倫理上の, 問題だ, 問題ぢやあ無い, 因子を, 國イタリアの, 國語を, 報いだ, 報ふ, 場合に, 場合の, 大罪人小三郎, 奮鬪爭鬩ある, 如く考, 如く考へ, 妖精, 子と, 子とは, 完成した, 家には, 家主勘兵衞め退役でも, 小説みたいな, 巣と, 巣なる, 平左衞門一言, 幻影, 幽鬼を, 府と, 影も, 心生ずる, 念に, 念の, 念も, 念強かりし, 思想や, 性格を, 悲しい香, 情だ, 情と, 情とから, 情の, 情を以て, 情感は, 情熱が, 惡逆の, 感じに, 應報は, 成立に, 所行を, 手先と, 才能を, 敵, 敵なる, 敵の, 文章であり, 方は, 方面へ, 本人たる, 果報を, 根本的救治は, 根源である, 根源なり, 根源に, 條が, 棲む餘地, 極その, 極である, 標準は, 歸結でなけれ, 母謙讓は, 民の, 氣である, 淵藪なる, 混じれる肥えたる牡牛, 混淆である, 混淆なる, 混淆を, 源と, 源は, 激しい樣樣なに, 燃え上, 爲に, 爲めに, 爲め空敷嘉川家斷絶に, 爲人を, 特徴であります, 犧牲に, 状態に, 現はれである, 生付故, 田をまで, 發生を, 發表せられなかつた, 祕所, 神と, 神の, 神蠱わざに, 積集は, 穢れに, 第一, 第七不孝, 筆鋒を, 管理人が, 精神とに, 繩を, 罪は, 罪を, 罪人でも, 罪人として, 罪罰せらる, 罰よりも, 自由は, 色に, 色を, 花は, 萬次は, 虞なき, 行の, 行はる, 行爲すべて愛より, 表はれた, 裡に, 裡にのみ, 見に, 觀念が, 觀念の, 記號と, 記録を, 誘ひに, 誘惑に, 調子や, 議會なりと, 負ふ, 賞罰有り, 追求において, 造る所, 邑, 部, 都上海でも, 酬いぢ, 防止に, 限りを, 隱蔽が, 隱蔽をも, 隱蔽者は, 面ださうである, 顯はれし, 餘り

▼ 惡かつ~ (202, 3.6%)

3918 たの 13 たが 11 たので 10 たと 9 たもの 8 たやう 6 たんです 5 たな, たよ 4 たか, たんだ 3 たから, たけれど, たさうぢ, たぢ, たでせうか 2 たこと, たさうだ, たね, たんだらう

1 [47件] たかも, たけれども, たさうだが, たさうだな, たさうですね, たさうですよ, たさうで背後, たしあんなに, たせい, ただけの, たつけ, たつて, たでせう親分, たといふ, たところ, たとは, たとも, たばかりに, たもん, たらう, たらうと, たらしくひどい痩せ, たらしく二度, たらしく夜, たらせめて, たらただ, たら俺, たら勘辨, たら堪忍, たりする, たり勝つべき, たり雪, たわ, たわけ, たわねエ, たんぢや, たんで, たんや, たワねえ, た一方, た事, た故, た日, た時, た父親, た番頭, た筈

▼ 惡~ (200, 3.6%)

6 行ふ 3 感じて, 知るの, 隱蔽する 2 あきらめたる結果, もつて, 判斷する, 去り善, 測る法, 犯すに, 表は, 言ふ, 露は, 鬪は

1 [165件] いはんため, されたの, したり, して, すると, つ, なし遂げたの, なせしごと, むき出しに, わかちて, われの, 主張し, 云つてゐる, 以つて之を, 作さざる, 作さず善, 作すも, 作ること古今, 作るに, 免せ, 具象し, 冒すを以て, 分ちし事一, 分てお, 判ずること, 別つ, 助けんや, 勸めし者なる, 包含せる, 包藏し, 去るが, 去れば, 取入れたの, 受くる, 含んで, 告訴する, 味は, 問うた時, 問は, 善に, 嘆くは, 嘆くより, 國民の, 増進する, 増長せし, 外に, 子供にも, 孕みて, 定むること能はず, 察し得むや, 山羊の, 島民に, 巧むもの, 巧む者, 帳消し難く, 帶びた驚異の, 強めたらしい, 彈劾せ, 彈劾せしめたる, 恥づるこゝろから不自然なる, 恥づるなり, 恥づる善心, 恥づる心, 悔い改めざる國家, 惡むの, 感じさせるもの, 感じさせる方, 感じまた, 感ずるもの, 感ぜずしたがってまた, 感ぜなん, 憎まぬ無恥, 憎みこれ, 憎み冷血, 憎むので, 憎むは, 憎むより, 憎む心, 懲さる, 懺悔なし, 持たない, 持つた, 排除せる, 揚意趣遺恨などを, 更に倍加, 更に惡, 未然に, 極めた性慾, 極め特に, 樂ふ, 決行し, 注がねば, 洞察せざるべからず, 洞見し, 淨煉し, 準用する如き, 滿たす, 爲さざれ少欲に, 爲さんより, 爲す者の, 爲ない, 犯さしめる機關, 犯さずと, 犯したるも, 犯した者, 犯すもの盡, 犯せること尠, 理解できる, 相互に, 看過し, 眞理によ, 知らない, 知らないでゐたわけ, 知りて, 知り拔, 知るが, 確實に, 禁止せず, 積んで, 糺されし故, 糺されるは, 糺す奉行職, 縫つて入る, 置くならば, 考へ, 考へずに, 耐忍ぶで, 聞きしとき, 臣下に, 與へは, 舞ふ, 行つて靈の, 行は, 行はず利害に, 行ひ, 行ふこ, 裁斷する, 見ない, 見のがし正宗白鳥氏, 見拔, 見自己, 視るの, 覺えなかつた, 言へば, 訐き, 許し後者, 許す, 認め而, 誡める, 論ずれば, 買ふ, 超越し, 輕ん, 造らずして, 造れり, 選まずし, 避くれ, 除去する, 除祓ふために, 隱ぺいしたいのです, 隱蔽し, 離る, 離れざるを, 離れ他, 麻賀と

▼ 惡いと~ (169, 3.0%)

13 思つた 6 いふの 5 云ふ 4 いふこと, は言 3 いふやう, 仰しやつ 2 て如何, 思つたら, 思つてゐる, 思ひながら, 言つたな, 言つても, 言ひ, 言ふで

1 [115件] あきらめも, あれば, いうこと, いうて, いひ得るもの, いふだけ, いふので, いふばかり, いふほどの, いふわけぢ, いふ主人, いふ事, いふ境遇, いふ外には, いふ態度, いふ樣子, いふ氣持, いふ考, いへば, かいつて, かいつてお母さん, かいつて病院, て落第, はいはれる, は思はない, は思へない, は誰, よ死に, 云うて, 云けれ, 云つたお, 云つても, 云つてゐる, 云つて氣遣つてゐる, 云はれ, 云はれれ, 云ふと, 云ふところから, 云ふなら, 云へば, 仰有, 十尾釣れる, 千石積でも, 午飯も, 叱られて, 女の子が, 思つ, 思つたから, 思つたからさ, 思つたのか, 思つた時には, 思つた樣子で, 思つてお勝手の, 思つてお父さんと, 思つてそつと, 思つてツイあんな, 思つて一通り眼を, 思つて差控へて, 思つて我慢し, 思つて皆な, 思つて直ぐに, 思つて私は, 思つて默つてあんした, 思つて默つてゐた, 思はないの, 思はないばかりか, 思はれたので, 思はれるぜ, 思ひまして, 思ひましてな, 思ひましてね, 思ひます, 思ひますが, 思ひ四半刻, 思ひ境, 思ふ, 思ふから, 思ふこと, 思ふほど, 思ふもの, 思ふ樣子, 感じ良い, 斯謝罪た, 旦那樣が, 昔世話に, 昨日まで, 止めるので, 死に花, 氣が, 申しまして, 知つた, 知つてい, 知りつ, 知りながら, 答へる, 絶壁の, 聞いて, 聞くと, 聽い, 自分から, 見えて, 見えるね, 見たか, 見て, 言うよりも, 言つて此部屋に, 言つて騷いだ, 言ひます, 言ひ出し, 言ひ出した, 言ふ, 言へば, 言われれば, 訴ふる, 認めた事

▼ 惡~ (88, 1.6%)

6 對する 5 對し 4 して 2 加へ, 加へて, 燃えて, 遭ふ, 關する, 陷る, 驅られ

1 [59件] しても, しろそれ, しろ必ず, する所以, つかまれて, なり漢學, はやる心, むかはしむるをいふ, 亡ぶる事, 何等の, 傾くが, 傾く性情, 價する, 充ちて, 則つて惡を, 加へる, 向は, 向ふ, 向ふか, 吸つて生きろ, 善を, 堪へざるもの, 報いる金色, 塗れまいとして, 墮する, 對する赦し, 左右せらる, 抵抗する, 抵抗せざる, 數へ, 數へる, 服從し, 染まずば, 滿ち充ち, 燃えたお, 燃えた刹那, 燃えた眼, 燃えるやう, 甘んずること, 相當, 移る物, 與せし, 與せず, 若くもの, 蒼ざめたパーヴェル・パーヴロヴィチの, 親しむ人々, 該當する, 誘つた, 變す, 變ずるさまは, 變れる, 進むを, 過ぎなかつた, 遠ざからしむる消極的教訓, 間違いは, 陷つて暫く, 面接した, 顏を, 顫へながら

▼ 惡~ (85, 1.5%)

8 云ふ 4 醜とは 3 嘲笑と 2 云ふも, 失望に, 怒りを, 憎惡, 戰ひ, 戰ふ, 醜と, 醜とを

1 [54件] いふには, きて, される, する樣, そのデカダンス嫌惡, その義, なり今, なると, なるならば, なるの, 一筋に, 不安な, 不安を, 不親切の, 亂倫と, 云は, 人生の, 侮蔑に, 個々の, 健鬪し, 健鬪する, 健鬪最中で, 別れて, 同一では, 因縁とは, 嫉妬が, 嫉妬とを, 存殊に, 小さい者, 怨恨と, 恐怖との, 感じなかつた, 慘苦とを, 憎しみと, 戰ふより, 敵意と, 敵意の, 歡喜に, 正と, 淫蕩とで, 疑惑と, 缺點とを, 苦惱とを, 見て, 觀ずる, 言ふ, 認められて, 認めるから, 誤謬との, 謂ふ, 豫斷し, 輕蔑とに, 輕蔑とを, 醜とが

▼ 惡~ (84, 1.5%)

2 かと問, 事に, 事も, 歌と, 病を, 目にて

1 [72件] か, ことで, とあるは, とも云, に唯一, に心付, に非, は富右衞門, は惡, は捨て, も辨, やちよい, や仕方, や十手, ゆゑ人に, ゆゑ大方其所ら邊り, を加, を知, を隱さん, ア何う, ア俺が, ア大工でも, ア氣が, 一行なれ, 了簡出さる, 事なる, 事を, 事夥しく, 事故疑ふも, 二個の, 企畫を, 兄弟今日のみ, 動機と, 博士等が, 坊主奴が, 夢を, 奴に, 御政事, 意味に, 意志である, 意義を, 愛, 愛歪める, 故自から, 故起る, 日の, 暴風雨の, 木, 機には, 歌の, 源八にて, 漢ならず, 爲めに, 物たる, 狂へる, 生活に, 罪過に, 者あり, 者と, 者の, 者第, 能は, 船長は, 荷擔は, 虫など, 蟲でも, 調あり, 調と, 重四郎, 頭を, 體にて, 魂欺く

▼ 惡~ (73, 1.3%)

3 といふもの 2 に愛想, を藏

1 [66件] うして, うならうばい, があり, がなかつた, がわかる, が思ひやられます, が氣, が治りきらず, が知れる, つたらない, です, でもある, で一ぱいだつた, で結局, としかし, とに攻められ, と云, と濟, と腹立たし, と解し, と言, にはいつも, には大分友人たち, には手, にもその, に一人, に一層, に今, に對, に惱むの, に戰慄, に氣, に爺, に聊か, に觸, の裡, はありません, はこの, はまさに, は相, は頭, へ募らせ, もあつ, も忘れ, も惡, も承知, よりは腹立たし, よりもこの, をなす, を加, を忍び, を感じ, を感じさせる, を感じました, を憎んだ, を我慢, を救, を救つて, を考へ, を致す, を舐め, を覺, を訴え出し, を輕蔑, を重ねた, を隱

▼ 惡~ (68, 1.2%)

4 かつた 3 くして, くな 2 からうが, からうけれど, からねば, くいふ, くは, けれどお前, し喰, そうな

1 [42件] からで, かんべ, がつて, がつて其樣, くいへば, くした, くすると, くなつ, くなり, くなる, く思う, く成り過ぎ, く視, けれどその, さうな人間, さうな眼, さうな窪み, さうにそれ, さうにコレハ, さに, さ憎く, しお, しさりとて, し夫, し年, し風, そうに, の, の世, の口惡, の根, の根性, は友達, 嚊も, 嬶も, 氣ぢや, 氣な, 氣に, 氣の, 氣は, 相に, 者の

▼ 惡くし~ (67, 1.2%)

5 たの 4 ないで 3 てゐた, ました 2 た, たり怒つ

1 [48件] たこと, たさうぢ, たそこで, たと, たやう, たりし, たり手洗, た上, た程, た者, た自尊心, た責任者, て, ていつた, ておくれでない, てしまつて, てしまふ, てるつもり, てる母, てゐ, てマルタ, て亡くな, て伊豆山, て使用, て將來, て居ります, て居る, て店, て強き者, て效果, て朝, て歸, て病人, て縁側, て醫者, て離屋, て高, なきア, ねえば, ねえ樣, ましたけれど, ましたね, ましてな, ます, 世界を, 天候を, 居るな, 毎夜の

▼ 惡いこ~ (58, 1.0%)

54 とは出 3 とぢ, とはない, とは言 2 とはしない, ともない

1 [36件] とかお, とかわかりません, とか私, とする, とは, とはあ, とはありません, とはいはない, とはお, とはしません, とはそれ, とはたと, とはなされやしません, とはまあ, とは云, とは何, とは少し, とは書名, とは有りませんでした, とは此, とは深川一番, とは申さぬ, とは石津右門等, とは空氣, とは聽, とは自分, ともあらう, ともある, ともし, ともした, ともする, とも平, とも惡, と夥しい, と怯え, と校内三青瓢箪中

▼ 惡~ (57, 1.0%)

8 つた 7 つたのか 5 つたと, つたのは 3 つた相だ 2 つたに, つたのかも, まはず申譯

1 [23件] ありませんよ, あ無い, つたで, つたです, つたには, つたのかな, つたのであります, つたのである, つたのでございませう, つたのと, つたのね, つた世間の, つた主人の, つた人に, つた勘辨し, つた惡かつ, つた若, ない, ねえもん, ねえん, アない, 知らず, 知らず唯

▼ 惡~ (57, 1.0%)

1 [57件] ぼろぼろな, ものだ, もので, もので無い, ものは, ものばかりにな, ものを, もんだ, よろこびを, 事件は, 人種病が, 人間では, 今の, 他の, 作の, 修驗者に, 傲慢な, 凡情に, 分子が, 原稿紙に, 品質の, 唇とも, 問ひ, 墨で, 大官の, 妹娘は, 姿を, 子と, 客が, 意志だ, 感情の, 戀の, 條件が, 森の, 毒毒しい光, 炭を, 病癖や, 目付を, 種を, 空氣に, 空氣の, 空氣を, 綽名を, 色つ, 色を, 苦鬪を, 表情を, 都會に, 酒によ, 酒場で, 電車も, 面白味は, 顏には, 顏を, 食で, 食料は, 魯鈍な

▼ 惡~ (53, 0.9%)

4 ざまに 2 くして, とする

1 [45件] いやな, がある, くすつかり冷え切, さが, ざまな, そしてあくまでも, てしまはない, てゐた, で, で嫉ん, といふ, といへ, とおも, とか口, とのたま, とのたまひつ, と打, と會釋, と追, などは何處, など歎, の話, はどちら, は別, 一先上方へ, 亞細亞て, 何でも, 因て, 女色の, 如何は, 如何致せしや, 宿の, 憎くき, 是は, 暫らく横に, 某は, 樣に, 火難盜難愼しむべし, 然ら, 狂はんばかりに, 空々寞, 粉碎し, 而し, 行先は, 靜に

▼ 惡~ (43, 0.8%)

3 兎も 2 兔も, 別として, 我等の

1 [34件] うつくしい, お母さんばかり, この意味, すつかり, その目的非, その結ぶ, それとは, ともかくあれ, アリストテレスの, ガラツ八も, 不完全の, 云はれない, 兎あれ, 决し, 厭くまでも, 名教上, 善とか, 壞滅を, 孤獨である, 惡と, 惡に, 擧げて, 既に述べました, 明瞭で, 時間的存在の, 暫らく擱き, 更にわからない, 無いなど, 畢竟自己實現, 確かに, 譬る, 赤を以て, 迷妄である, 飽くまでも禍惡

▼ 惡いもの~ (40, 0.7%)

2 か, が出, だ, であるかを, では

1 [30件] かはつきり, か考へ, が入, が參, が緻密, だそれ, だつた, だと, でありますが, である, であると, です, ですから, との區別, との差別, と一緒, と答, にさせます, にし, にぶつかれ, に抵抗力, は, は何年, は出, は死ん, もはかない, を, を射た, を拾つて來たん, を苦痛

▼ 惡から~ (40, 0.7%)

129 うと 5

1 [14件] うそれ, くる一種狂暴, ず思ひ居たり, ず思ひ毎夜此處, ず死するも, で自分, ん, んと, んなどと, 免れたと, 出たもの, 出た讀後, 稼ぎ高から, 護つて下さいます

▼ 惡いんだ~ (32, 0.6%)

83 から 2 い, からな, つて, ね

1 [13件] か, からと, からねまあ, が向, けど大阪, さうし, ぜ, といふこと, とひとり, へう, もの, わね, わ御

▼ 惡~ (32, 0.6%)

2 附いて

1 [30件] あるか, あるのみで, この邪魔, そこから, その時, つた, つたり, つてゐたつ, つてゐる, つて一向, つて傍へ, つて其樣な, つて寄りつかない, つて居ました, つて手も, つて手を, つて狹いお, つて言へ, つて逃げる, つて顏を, 二つある, 冷な, 土手つ, 多い勿論, 少しづゝ, 暴露し, 燃え上がり, 置ざり, 置去りに, 面白いこと

▼ 惡いか~ (30, 0.5%)

2 は別, わかりませんが

1 [26件] その見, といふ, といふこと, といふ事, と云, と思ふ, どちらが, の女, へと流石, も知らぬ, わかりません, わたしが, をさえ判じ得ず, を村, 判りませんが, 判然致しませぬ, 教はる, 水の, 疑問であります, 白洲へ, 私は, 考へて, 自分ながら, 解らないが, 解らないらしく恐ろしく, 金の

▼ 惡しく~ (28, 0.5%)

1 [28件] お時, その前日, その日, て僅か, とても寒く, なりし, な聞き, 三軒長屋の, 不在で, 二時間ほど, 仙臺の, 使に, 去年夏中より, 口に, 巴里の, 日曇る, 橋から, 燒餅の, 用が, 留守代, 私は, 舅を, 誰も, 買物に, 車行人行よりも, 近在の, 鍋錢は, 風邪氣味だ

▼ 惡るい~ (27, 0.5%)

2 かまあ, から印形, から道普請, だから謝る, と小言, と首, に相違, を風聽

1 [11件] かへと流石, からだ, からね, かを義男, が事, けれども是, と云, など哄然, には由らない, のに大丈夫, は此處

▼ 惡さうな~ (26, 0.5%)

5 顏を

1 [21件] お孃さん, お辭儀, のツそり, ピリピリし, 外套の, 微笑の, 拘泥した, 時は, 目付きを, 目附き, 眼つきを, 眼を, 竹松錆の, 老人でございました, 自分の, 花をさ, 趣で, 返事を, 醜男を, 顏ぢや, 顏といふ

▼ 惡いも~ (24, 0.4%)

2 ありやしません, ございません

1 [20件] あつた, ありません, ない, のごめん, のぢ, のであつ, のでさすが, のでたつた, のでなかなか, のでも, ので待つ, ので東面, のなら, のに氣, ののやう, のばかりで, のばかりです, のやら存じません, のやら決しかねた, 一向まだ父

▼ 惡なる~ (23, 0.4%)

2 が故に, 事實を

1 [19件] は其一, もの, ものなる, もの皆, パンにて, ローマニアの, 久兵衞にても, 事實の, 人間の, 可し, 奴は, 息子は, 新日本語, 猴の, 言葉を, 言語を, 貨幣を, 遊女は, 魚も

▼ 惡さうに~ (22, 0.4%)

2 して

1 [20件] こんなこと, した顏, しました, じつとして, じろじろ眺めます, するの, でも怯え切, ひよい, コソコソと, モジモジする, 微笑む, 急いで, 撫でるの, 立ちどまると, 立つた待つて, 見えて, 見せて, 見て, 見ます, 覗いて

▼ 惡びれ~ (22, 0.4%)

8 た色 2 ずに

1 [12件] ず答, たところ, たりしない, たる氣色, たる色, た樣子, ない覺悟, ません, ませんでした, もしず, もしません, もせず

▼ 惡智慧~ (22, 0.4%)

3 のある 2 だ, だらう, の廻る

1 [13件] だつたの, です, でなかつたと, にかけては人, には驚いた, に自, の逞, も春松, をつけ, を加, を加候由私, を吹き込んだ, を絞つ

▼ 惡~ (20, 0.4%)

13 御座りました 1 すること, ないよ, なつた, なつたり, は思はれたくない, 成り給, 見えて

▼ 惡いんです~ (19, 0.3%)

53 もの 2 から, つて 1 か旦那, か親分, の, もの私は, よ, よひどく, 親分

▼ 惡~ (18, 0.3%)

2 其瞬間の

1 [16件] あるといふ, いらない, さだかには, なく何ん, なし, 吸ひついた, 如來の, 嫉妬も, 正しくない, 汝を, 浮かんでは, 災禍も, 無く可, 示さなかつた, 罪責も, 辨へ

▼ 惡企み~ (18, 0.3%)

2 をする

1 [16件] から五年前, があつ, だけは見, ではあらう, で樽屋, と關, に引入れ, の匂ひがし, の底, をした, をしよう, を封じ, を皆んな知つて, を考へ, を見, 私如き

▼ 惡いが~ (16, 0.3%)

1 [16件] ありや, お勝手, しかしこのごろ, じつさい, それほど大, どうも放つ, なア, ほんの煙草錢, 安いから, 手堅い男, 放つて, 深川西町, 相變ら, 若くて, 親旦那, 過ぎるの

▼ 惡くなる~ (14, 0.3%)

1 [14件] さ, つてえ, やうだ, やうです, やうな, ような, 人とが, 場合も, 心持です, 樣です, 樣ね, 臭氣を, 證據である, 途中で

▼ 惡けれ~ (14, 0.3%)

2 ば惡

1 [12件] ばそれら, ばまた, ば何卒, ば側, ば家主, ば座敷, ば御, ば教, ば王子, ば逃げませう, 共能肥, 姿は

▼ 惡する~ (14, 0.3%)

1 [14件] ことが, だけの張合い, といふ, ところで, ので, のである, は余, ものと, 強烈な, 念の, 性質の, 意識と, 論理主義者は, 野蠻人をも

▼ 惡~ (14, 0.3%)

2 して

1 [12件] させて, させないため, し, したので, しても, し遂に, する, するもの, するやう, する危險, する恐れ, せしむることあるも

▼ 惡しき~ (13, 0.2%)

2 につけ, ものなり 1 こととて, にはあらず, にはあらずや, の謂, ものに, もの住めり, も脚, や, 第二

▼ 惡いところ~ (12, 0.2%)

1 [12件] があつ, があります, がある, とが見える, にあ, は皆んな番頭, は直し, は讀まず, ばかり眼, もある, をお, を祖母

▼ 惡いの~ (12, 0.2%)

2 かしら 1 かも存じません, かも考へない, さ, とそんな, と痛い, と足, と身持, ねとは答, も尤も, も怖い

▼ 惡いや~ (12, 0.2%)

5 うな 2 ねと言 1 うでしたが, な, ないか, な仕樣, 鬼門關で

▼ 惡い思ひ~ (12, 0.2%)

3 をした 2 をし 1 がした, が重く, をさせ, をしなく, をしました, をします, をする

▼ 惡~ (12, 0.2%)

2 あつた 1 あらうと, とても好い, なんとかし, よしそれ, 卑劣漢, 厭らしい, 有う, 淫蕩的で, 無く狂妄, 複雜まともに

▼ 惡いん~ (11, 0.2%)

6 ぢや 2 じゃない, でせう 1

▼ 惡くない~ (11, 0.2%)

3 ね, よ 21 て, 想像ばかり, 誘惑物だ

▼ 惡~ (11, 0.2%)

1 [11件] これと, て後, て種々, ながらも敢, ながらも相, 其權力を, 内外表裏の, 化し, 命を, 單に, 變じ

▼ 惡者共~ (11, 0.2%)

1 [11件] はどんな, は七八人裏手, は何所, は是, は碁, は聞いた, は聲, も大, をけしかけ, を叩き殺し, を番毎顫

▼ 惡いとも~ (10, 0.2%)

1 なくふら, またい, 云ひ, 云ふ, 何んとも, 思はずに, 思ひません大抵, 思ひ濟, 思ふ事, 言はず若く

▼ 惡くつ~ (10, 0.2%)

2 て仕 1 けつけ, て, てしかた, てしかも, てなと叔父, てパンパンみたい, て村, て歩けやしない

▼ 惡とを~ (9, 0.2%)

1 もつて, 和解せしめ, 征服する, 感じねば, 感ぜずには, 指摘する, 是認する, 現在の, 見て

▼ 惡智惠~ (9, 0.2%)

5 の廻る 1 に舌, のたけた, は無, も謎

▼ 惡賢い~ (9, 0.2%)

1 といふ柄, ところさ, 人間が, 人間だ, 奴だ, 奴の, 左陣は, 所だ, 顏でした

▼ 惡がる~ (8, 0.1%)

1 から戸, のである, のも, のを, 樣子も, 眞似, 面ぢや, 面で

▼ 惡くありません~ (8, 0.1%)

51 か, ね親分, よ

▼ 惡くも~ (8, 0.1%)

1 したり, ないし, ない家柄, なくて, なくぶ, ならず癒くも, 見あやまり狡才猾智, 見えないがね

▼ 惡~ (8, 0.1%)

2 やら何 1 くみの, くみを, と云, など, のと, 初期の

▼ 惡ふざけ~ (8, 0.1%)

1 が町内何處, として苦笑, に似, に驚いた, はしなくなりました, をこの, を始める, 安價

▼ 惡巧み~ (8, 0.1%)

1 か如何せん, があらう, と知る, より無, を内通, を押隱, を見破る, 何と御

▼ 惡趣味~ (8, 0.1%)

1 からも來, が鮮明, なゆがみ, になつ, に見えた, は獨, を念入り, を罵倒

▼ 惡いお~ (7, 0.1%)

1 かみさんでは, 倉だ, 土産を, 年寄りです, 方, 袖には, 駒に

▼ 惡いでせう~ (7, 0.1%)

41 あの方, から動かぬ, しあの

▼ 惡いのです~ (7, 0.1%)

2 から 1 かと聞いた, からね, から別に, から誠に, が私

▼ 惡くね~ (7, 0.1%)

2 え女 1 え仕事, え商, え男, え話ぢ, え風

▼ 惡~ (7, 0.1%)

1 に, に一寸細君, に先, に手, に目送, に言, に退かう

▼ 惡との~ (7, 0.1%)

2 立場に 1 始末を, 根に, 淵に, 豫期が, 錯雜に

▼ 惡ぶる~ (7, 0.1%)

2 人どもを 1 人, 態, 態止まず, 神の, 神を

▼ 惡~ (7, 0.1%)

1 先刻お, 凡そ私, 批判でも, 正不正, 苦痛を, 謙讓や, 隱れた

▼ 惡るい事~ (7, 0.1%)

2 かと問, を仰 1 が染み, では無い, に陷つて

▼ 惡~ (7, 0.1%)

31 だの, でゐ, でゐた, で居た

▼ 惡少年~ (7, 0.1%)

1 だと, に窘められし, のかたまり, の杖, は島の内, を懲, を誇

▼ 惡である~ (6, 0.1%)

1 かといふこと, と云, と深く, と考へず, と考へた, にしろ

▼ 惡として~ (6, 0.1%)

1 之に, 嫌つてゐる, 戒めて, 排斥した, 視るので, 造らざるなし

▼ 惡とも~ (6, 0.1%)

1 いふべきもの, になほ, に分け, 亦少しく, 懷かし, 際限なく

▼ 惡るいの~ (6, 0.1%)

2 ですかと 1 である乎, です, に何故, を開墾

▼ 惡う御座いました~ (5, 0.1%)

2 成程 1 がそれでも, が主人, わ

▼ 惡かれ~ (5, 0.1%)

1 と思つて, にしつけられ, の治下, 中毒る, 次の

▼ 惡しき事~ (5, 0.1%)

2 なり 1 といはん, なしといふ, をば一たび

▼ 惡しき有限性~ (5, 0.1%)

1 と根本惡, の方向, は成立つ, よりし, 即ち他者

▼ 惡でも~ (5, 0.1%)

2 ない 1 あつて, 無い眞, 犯して

▼ 惡といふ~ (5, 0.1%)

2 ことを 1 のは, ものの, ものは

▼ 惡~ (5, 0.1%)

1 土手にて, 奴が, 日には, 根性だ, 病が

▼ 惡むべ~ (5, 0.1%)

1 からずと, きは, き怨敵, き息子, き者

▼ 惡~ (5, 0.1%)

1 いかも, いから, いがな, いつち, いやなんぼ

▼ 惡影響~ (5, 0.1%)

1 が蔓つて, と言, は可, を及ぼす, を受けた

▼ 惡習慣~ (5, 0.1%)

1 に對, に過ぎない, のよう, を帶びて來, を改める

▼ 惡いつ~ (4, 0.1%)

1 て云ふん, て法, て聞い, て言つて

▼ 惡いに~ (4, 0.1%)

2 相違ござんせぬ, 相違ない

▼ 惡う御座います~ (4, 0.1%)

1 か, から誰か人, が兄, が暫らく我慢

▼ 惡がらず~ (4, 0.1%)

1 に打ち明け, に正直, に縁側, に返事

▼ 惡しかれ~ (4, 0.1%)

1 わたしたちは, 今日が, 新しい刺激, 青年らしく

▼ 惡しき人~ (4, 0.1%)

1 かな早く, と御, なり願はく, にもせよ

▼ 惡しき意味~ (4, 0.1%)

3 に於ける 1 における個人主義者

▼ 惡そのもの~ (4, 0.1%)

1 ではない, のやう, の明かなる, の模型

▼ 惡では~ (4, 0.1%)

1 ない, ないと, ないの, なく八虐

▼ 惡どい~ (4, 0.1%)

1 事や, 元氣, 欺術を, 色を

▼ 惡なれ~ (4, 0.1%)

1 ども故殺, ばむさぼり, ば後, ば神意

▼ 惡まれ口~ (4, 0.1%)

2 よくもお, を言

▼ 惡より~ (4, 0.1%)

1 善に, 惡に, 拯ひ, 拯出し

▼ 惡をも~ (4, 0.1%)

1 忘れ唯, 然し自分, 行ふ, 見て

▼ 惡んで~ (4, 0.1%)

1 之に, 其人身攻撃までに, 君を, 當り散らした

▼ 惡~ (4, 0.1%)

1 以テスレバ即, 再ビスルヲ許サズ, 國家國民ノ, 罰シテ乙國ノ

▼ 惡遊び~ (4, 0.1%)

1 から到頭, に耽つた, に費つて, を始めた

▼ 惡いくら~ (3, 0.1%)

1 ゐ, ゐで, ゐに

▼ 惡いさ~ (3, 0.1%)

3 うぢ

▼ 惡いとい~ (3, 0.1%)

1 つて其處は, つて女房は, つて醫者に

▼ 惡いとし~ (3, 0.1%)

21 かいはれねえ

▼ 惡いわ~ (3, 0.1%)

21 いいえあたし

▼ 惡うて~ (3, 0.1%)

1 かなはん, かなはんと, 永い事寢

▼ 惡かん~ (3, 0.1%)

1 べい, べえ, べが

▼ 惡くす~ (3, 0.1%)

1 るかも, るが, るばかし

▼ 惡くち~ (3, 0.1%)

1 さ, も云うた, 云はれ

▼ 惡けり~ (3, 0.1%)

1 や刺身, や惡, や謝まり

▼ 惡さうでした~ (3, 0.1%)

1 から私, が今朝, が練太郎

▼ 惡さうに笑~ (3, 0.1%)

2 ふの 1

▼ 惡さうに顏~ (3, 0.1%)

1 を伏せました, を反, を赧くし

▼ 惡しからず~ (3, 0.1%)

1 と雖, 思つ, 殿樣方手前どもは

▼ 惡すべき~ (3, 0.1%)

1 もので, 何物も, 疾病ある

▼ 惡たれ~ (3, 0.1%)

1 てやつ, 小供等, 小僧の

▼ 惡とか~ (3, 0.1%)

1 云ふ, 好惡, 肯定否定を

▼ 惡とは~ (3, 0.1%)

1 いへぬが, 弱小なる, 知ども一工夫仕まつ

▼ 惡なき~ (3, 0.1%)

1 女房共は, 女房共寄る, 者なり

▼ 惡なり~ (3, 0.1%)

1 始終は, 胸には, 貪欲と

▼ 惡む可~ (3, 0.1%)

1 きは, き慾, し

▼ 惡りい~ (3, 0.1%)

1 やうな, 俺らなんざこんで, 心持で

▼ 惡傾向~ (3, 0.1%)

1 にはたまらない, に陷, の一例

▼ 惡感情~ (3, 0.1%)

1 の種子, は主として, は消えぬ

▼ 惡あがき~ (2, 0.0%)

1 に剛情, を續

▼ 惡あり~ (2, 0.0%)

1 て善, 經驗少し

▼ 惡いいた~ (2, 0.0%)

1 づらだ, づらは

▼ 惡いが俺~ (2, 0.0%)

1 には縛る, は早く

▼ 惡いき~ (2, 0.0%)

1 ついでや, やな

▼ 惡いし~ (2, 0.0%)

1 そのうち, そんな噂

▼ 惡いせゐ~ (2, 0.0%)

1 か妾, か私達

▼ 惡いつたらなかつた~ (2, 0.0%)

1 し醫者, わ

▼ 惡いで~ (2, 0.0%)

1 な, はない

▼ 惡いです~ (2, 0.0%)

1 ぞと言つて, なあ

▼ 惡いといつた~ (2, 0.0%)

1 やうな, 態度である

▼ 惡いよ~ (2, 0.0%)

1 ちと鐡棒, と北八

▼ 惡い話~ (2, 0.0%)

1 はますます, もある

▼ 惡うございました~ (2, 0.0%)

1 が, よ

▼ 惡うございます~ (2, 0.0%)

1 がいつ, がお

▼ 惡うござん~ (2, 0.0%)

2 すか夫れ

▼ 惡う御座んした~ (2, 0.0%)

2 堪忍を

▼ 惡おました~ (2, 0.0%)

1 なあ, んや

▼ 惡かは~ (2, 0.0%)

1 分らね共, 明日出

▼ 惡がり~ (2, 0.0%)

2 もせず

▼ 惡くい~ (2, 0.0%)

1 へば, よ

▼ 惡くさ~ (2, 0.0%)

1 せない程度, せるの

▼ 惡くさう~ (2, 0.0%)

1 に包丁, 仰し

▼ 惡くなから~ (2, 0.0%)

1 う, うと

▼ 惡こすい~ (2, 0.0%)

1 人間の, 眼を

▼ 惡~ (2, 0.0%)

1 すいこの, すくは

▼ 惡さうにそれ~ (2, 0.0%)

1 から目, を留める

▼ 惡さうに云~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 惡さうに平次~ (2, 0.0%)

2 を迎

▼ 惡さうに答~ (2, 0.0%)

1 へた, へました

▼ 惡さうに義雄~ (2, 0.0%)

1 には見えた, を瞰

▼ 惡さうに言~ (2, 0.0%)

2 ふの

▼ 惡さうに跟~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 惡さうに首筋~ (2, 0.0%)

1 を掻きました, を掻く

▼ 惡される~ (2, 0.0%)

1 ことの, こと模倣の

▼ 惡しき子~ (2, 0.0%)

1 とを對照, の生る

▼ 惡しき果~ (2, 0.0%)

1 の生ずる如く, は熟えて

▼ 惡しき習~ (2, 0.0%)

1 ぞと宣, の少年

▼ 惡しき魂~ (2, 0.0%)

1 よ, よ汝いま來

▼ 惡しく思ひ~ (2, 0.0%)

1 取り給ふ, 給ふ

▼ 惡しけれ~ (2, 0.0%)

1 ば夫傳吉, ば手

▼ 惡した~ (2, 0.0%)

1 ことは, 駿介は

▼ 惡しみ~ (2, 0.0%)

1 とを起す, 深く未だ

▼ 惡であり~ (2, 0.0%)

1 その殺風景, 從つて死は

▼ 惡であれ~ (2, 0.0%)

1 ば惡, 一切の

▼ 惡とに~ (2, 0.0%)

1 變化しつ, 驅る

▼ 惡~ (2, 0.0%)

1 さと, さには

▼ 惡なお~ (2, 0.0%)

1 孃さんの, 孃さんは

▼ 惡なし~ (2, 0.0%)

1 といふ説, と答

▼ 惡には~ (2, 0.0%)

1 愛の, 未だ女性

▼ 惡にも~ (2, 0.0%)

1 似た反撥, 死に遲

▼ 惡によ~ (2, 0.0%)

1 つてのみ, つて程度の

▼ 惡~ (2, 0.0%)

1 の情, 誠に國

▼ 惡~ (2, 0.0%)

1 る人々, る士民

▼ 惡らしい~ (2, 0.0%)

1 つて石で, 小僧として

▼ 惡るいこと~ (2, 0.0%)

1 には其内容, をしない

▼ 惡るいさお前~ (2, 0.0%)

2 の命令

▼ 惡るい人~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 惡るい癖~ (2, 0.0%)

1 がもう, だ

▼ 惡るい者~ (2, 0.0%)

2 には呪

▼ 惡るき~ (2, 0.0%)

1 お人これ, 我が門前

▼ 惡るく~ (2, 0.0%)

1 て少し, 云つた

▼ 惡刷り~ (2, 0.0%)

1 であつ, とグロテスク

▼ 惡天候~ (2, 0.0%)

1 だつた, ばかりを氣

▼ 惡洒落~ (2, 0.0%)

1 には相手, みたいな

▼ 惡混淆~ (2, 0.0%)

1 の人生觀, の度

▼ 惡生徒~ (2, 0.0%)

2 に病者續出

▼ 惡生活~ (2, 0.0%)

1 から遁, だ

▼ 惡結果~ (2, 0.0%)

1 を怖, ヲ絶ツコトニ外ナラズ

▼ 惡過ぎる~ (2, 0.0%)

1 ぜ, とは思はない

▼ 惡道路~ (2, 0.0%)

1 と坂, を支那馬車

▼ 惡達者~ (2, 0.0%)

1 なもの, な文字

▼1* [413件]

あがきしないでさ, 惡あらゆる人生の, 惡あるが故, 惡いいたちだ, 惡いおでき見たいに根, 惡いかどうせ今の, 惡いからいけないと身内, 惡いか一寸分らなくなつ, 惡いが一番川上何とか言, 惡いが主人の壽齋, 惡いが人間は立派, 惡いが先づお係りの御, 惡いが内容も外形, 惡いが天井へ潜り込む, 惡いが女癖が惡, 惡いが實はね親分, 惡いが幻の民五郎, 惡いが後口のよく, 惡いが明神樣をだし, 惡いが昔は御, 惡いが春先き三月, 惡いが此の暖さ, 惡いが此方で先手, 惡いが歸りに, 惡いが無分別に人, 惡いが無類のお人好し, 惡いが町内の綺麗, 惡いが自分のあまり, 惡いが萬三郎があの, 惡いが行つて, 惡いが親分が探索, 惡いが金放れがい, 惡いが鍛冶町のお袋, 惡いが默つて居ても, 惡いきりやうぢや, 惡いさかいに其處, 惡いしそれに町内, 惡いしなつは何, 惡いしのんだくれだし, 惡いし我儘だけれど, 惡いし月代位は當つて, 惡いし親に知れ, 惡いし髮の根, 惡いせゐだつたのだらう, 惡いせん枝は, 惡いために外, 惡いだけさめることが, 惡いでなくて兎角, 惡いでねえよ, 惡いといつたら吾, 惡いとももう好い加減腦味噌, 惡いとよく小言を, 惡いどよみが再び, 惡いなんて醫者, 惡いにつけお祭り騷ぎをして, 惡いのだか自分, 惡いのやないか, 惡いのんなら人の, 惡いもんですから, 惡いも一度盡く破, 惡いも何にも知んねえ, 惡いやうぢや, 惡いやうじやがそんな, 惡いような, 惡いよお前は, 惡いよつて福島理記, 惡いよ此年の春, 惡いんださうで近頃は, 惡い痩せこけた青年が, 惡い痩せた顏これらは, 惡い藤色の薔薇, 惡い話ぢやありません, 惡うございまして夕飯, 惡うござるがどう, 惡うござんしたね, 惡うさへせね, 惡うなるけんのう, 惡う御座いましてね, 惡う御座るな, 惡う御座んすからとて, 惡う御座んするほどに此通り謝罪ます, 惡おまんのか, 惡かったとか思った, 惡かねえかはあ, 惡かの迷では, 惡からの彼自身に, 惡かりなんと思ひ, 惡かりけん花山院殿と, 惡かりしが何人, 惡かりなん左に, 惡かるべきやと問, 惡かを判斷する, 惡がらせるでもあるまい, 惡がりましたがそれ, 惡きものとが分つべから, 惡き死が來, 惡くいったがそんな, 惡くいづれは店, 惡くいひながら三田, 惡くお云ひなさる, 惡くおさせ申すつてことは, 惡くおなりなので, 惡くからみながら, 惡くしちや詰らないぢ, 惡くすりや身體, 惡くせずに, 惡くその惡, 惡くたつて人なんか, 惡くってやりきれませんや, 惡くつたておらさうか, 惡くつらくして, 惡くてらけもの, 惡くなさそうだ, 惡くなきや俺, 惡くなさらないで, 惡くならなかつたら彼も, 惡くなるからね, 惡くなれ萬一よけれ, 惡くまたも, 惡くもねえし却つて兩爲め, 惡くも二番目の娘, 惡くも何の關係, 惡くも彼等は私, 惡く云われたことに, 惡く作られてゐ, 惡く作られた時計を, 惡く困らせるのだ, 惡く執念深いんです, 惡く戻さぬも具合惡, 惡く無く思つて居る, 惡く白く絶えず舌, 惡く苦いところが, 惡く貼られて眞黒, 惡く賢いのは, 惡く踊ることも, 惡く高い鼻も, 惡けれど母上とらへて, 惡さうだな, 惡さうだつたので, 惡さうですがそれでも, 惡さうな冷たい笑を, 惡さうな太い眉毛を, 惡さうな青白い顏が, 惡さうにあとへ退る, 惡さうにガラツ八の頭, 惡さうにツルリと長, 惡さうにモヂモヂし乍ら, 惡さうに二人は默つて, 惡さうに何處へともなく, 惡さうに俯向くの, 惡さうに俯向いて, 惡さうに加はりました, 惡さうに四方を見廻す, 惡さうに娘のお, 惡さうに小鬢を掻い, 惡さうに居住を直します, 惡さうに引ツ返して, 惡さうに手を振つ, 惡さうに斯ういふ, 惡さうに會釋して, 惡さうに横から覗い, 惡さうに物蔭から出, 惡さうに男の懷中, 惡さうに病院服の前, 惡さうに白状して, 惡さうに目を見合せ, 惡さうに眞似て, 惡さうに私に白状, 惡さうに箱を置きました, 惡さうに老人の顏, 惡さうに胡坐を掻きました, 惡さうに路地の外, 惡さうに階下へ降り, 惡さうに離屋の中, 惡さうに頬を叩く, 惡さうに頭を振りました, 惡さうに首をかしげ, 惡さうに體ぢゆうのポケツト, 惡さうに默つてお辭儀, 惡さだめたまふとき, 惡さといつたら, 惡され危惧さるべき, 惡されたらうことは, 惡さ二人はスゴスゴ, 惡さ氣のきかない, 惡ざまに申し, 惡しからざる思想や, 惡しかりなんと思ひ, 惡しかりしを示せるなり, 惡しきデモクラシーを行, 惡しき世に美しき, 惡しき予の雨戸, 惡しき人々さへ美むるばかりの, 惡しき便にてはよも, 惡しき因縁であるもの, 惡しき型を蹂躪, 惡しき場合にても最後の審判, 惡しき實に變, 惡しき導なること, 惡しき心より早く, 惡しき怒りを起さざる, 惡しき怒り云々はその, 惡しき思想をば梟木, 惡しき手相を善き, 惡しき政治家なり, 惡しき文明を輸入, 惡しき方にはあらね, 惡しき星の下, 惡しき時代に行逢, 惡しき木その蔭, 惡しき條件のもと, 惡しき欺騙をたくらみ, 惡しき氣を祓わね, 惡しき永遠性としての無, 惡しき無限としてつねに, 惡しき病魔を共に, 惡しき相にはあらね, 惡しき終りぞや, 惡しき群の中, 惡しき習慣にそ, 惡しき者ならず, 惡しき者共からお守り, 惡しき苗はその, 惡しき行は何人, 惡しき裔は示し, 惡しき路の今日, 惡しき鳥よ退れ, 惡しくなりし處にて, 惡しくなれるならん, 惡しくも野澤先生といふ, 惡しく出た時人に, 惡しく聞くべう, 惡しけく善け, 惡しだとか日本, 惡してるンだ, 惡しですね, 惡しとて寒, 惡しみ給ふ處, 惡すぎるだのと, 惡する如き惡性の, 惡ずれのした, 惡せしめ且つ一種, 惡せられ殺害せられる, 惡せるは多, 惡そうに絶句, 惡そのもの以外に存在, 惡それを繰り返し, 惡や, 惡たいなの, 惡たらずんばあらず, 惡だけが感ぜられるの, 惡だの眞理だの, 惡つくき海賊共を, 惡つたんだ, 惡であるらしく殆ど寸毫も, 惡ですね, 惡でない心を, 惡でなく善でなく, 惡とが自分の, 惡としての禍惡を, 惡とて許なかれ, 惡と共に和げられたる, 惡どく現實的, 惡なこしらへ, 惡などこそ餘り, 惡などは問題では, 惡などよりも更に根源的, 惡なほ輕し, 惡なもつと背徳的, 惡ならば惡, 惡なりと云ふ, 惡な疲れた樣な, 惡においては神との, 惡にかへらしめし, 惡にて盈つ, 惡にてもよし善, 惡にまで成長し, 惡により上は, 惡にをののい, 惡ばかりして, 惡入せられ, 惡ふたつの影像, 惡走れる子, 惡への沒頭よりの, 惡なくては, 惡まざるの人, 惡ましてその, 惡まず恨まず, 惡まれたる罪人, 惡みたまふと, 惡みたいな日, 惡みならんか, 惡むこと甚しき意味, 惡むといふ點にある, 惡むところにして佛も五戒, 惡むのあまりかくウベルティ家に不利, 惡むのあまりこれが身の皮, 惡む一方に偏, 惡む事は出, 惡む反感の性質, 惡む是皆思慮分別, 惡む此れ其の, 惡む色なく尚, 惡もとこれ人欲の, 惡ものが目, 惡ものどもは打, 惡よりも感覺の, 惡らしくつて溜らぬ, 惡りいこた云は, 惡りいたあ云, 惡りいなんてさ, 惡りいんでがせう, 惡りいんだから, 惡るいみのるが舞臺, 惡るいんだらう, 惡るい人生をしみじみ, 惡るい仲間たちに舞臺, 惡るい地面でも是, 惡るい微笑で受ける, 惡るい教育でもあれ, 惡るい方へばかり上手, 惡るい是は虫, 惡るい臆測は女, 惡るい靜けさのやう, 惡るい馬鹿野郎呼はりは太吉, 惡るい點がある, 惡るうございますから一つ簡單, 惡るかるべしと情實, 惡るくお聞き遊ばせば夫, 惡るくば藥も, 惡る企みを今度, 惡をすら感じた, 惡をのがる, 惡をのみ圖る, 惡を以てあなたから, 惡ガ國家ノ不仁不義ニ歸セラルル如キハ國家及ビ國民, 惡ナル直譯的模倣ナリ, 惡ナル者ガ亡ビテ優秀ナル者ガ殘存スル自然淘汰律ハ日本語ト國際語ノ存亡, 惡非ザルコトハ自滅ガ道徳ニ, 惡ニ對シテ應答ヲ免除サレンコトヲ期ス, 惡別チアリ, 惡ハ其父母ノ之, 惡ブローカー呼ばはり, 惡一切の經過, 惡一時に顯, 惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 惡中間に變, 惡主義がよろこばれ, 惡乃ち惡心衷に萌し, 惡二つを身一つ, 惡二つながらお案じ爲, 惡二途の知識, 惡企みする春の, 惡企みだと知つて, 惡企みですかね, 惡修繕だの, 惡兇暴殘忍痴呆陋劣これ等の暗黒, 惡光りのする, 惡分子は排氣喞筒, 惡判然と相, 惡制度ナキガ爲ニ著シク國民, 惡即ち死の, 惡の手, 惡呪咀焦慮後悔卑屈貪慾虚僞怠惰暴行などのあらゆる, 惡善惡中間に變, 惡官吏でありまして, 惡少年ナポレオンも最初, 惡少年化鳥を狙, 惡少年皆吉になつて, 惡左府頼長の日記, 惡巧み大事の, 惡巫山戯を逃避, 惡差別見を, 惡平等見を, 惡庸愚の侶, 惡思想がとかく, 惡怨恨の言葉, 惡怪奇を極めた, 惡恐怖憎惡, 惡憎む可き, 惡戒散動なれば, 惡戰慄強ひられた苦役, 惡批評家の横行, 惡抽象たるに於い, 惡教育を環境, 惡文藝の跳梁, 惡是ニ於テヤ始メテ善惡ノ別, 惡是非を問, 惡は明, 惡曲直邪正あれもなし, 惡模倣ヨリ蝉脱シテ其ノ本, 惡正邪の總ざらい, 惡正邪信疑空有, 惡無道な入道殿, 惡父親とも又, 惡へる獸心, 惡狡くすばしこく立廻ツて, 惡獰猛暴戻のたえ, 惡瓦斯を發生, 惡美醜の普遍的標凖, 惡美醜正邪曲直皆互性, 惡美醜高下を甄別, 惡臭い匂ひ, 惡荒れをしませぬ, 惡落着がし, 惡賢愚ノ差別アルナリ, 惡趣味代はけだし, 惡輕侮の表情, 惡遊び一つしない不思議, 惡過ぎましたね, 惡過失を爲, 惡闇くして邪, 惡非道で恐ろしく