青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「教養~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~教え 教え~ 教会~ 教室~ ~教師 教師~ 教授~ ~教育 教育~ ~教養
教養~
~敢 敢~ 散~ ~散歩 散歩~ 敬~ ~数 数~ 数学~ ~整理

「教養~」 1890, 20ppm, 5633位

▼ 教養~ (429, 22.7%)

7 程度を, 高い人 6 ある人, ために, ための 5 点で, 高さ 4 ある人々, 不足に, 深さ 3 ない人, ない女, 中に, 材料を

2 [26件] あるひと, あるもの, ある人たち, ある人以外, ある若い, うち最も, ことが, こと精神上の, しるしを, ないこと, ない人間, ない者, もとであり, デカダンスである, 低さ, 問題に, 広く多方面, 欠如を, 深い文学者, 混乱に, 知識, 程度の, 観念は, 豊かな, 足りなさ, 高いところ

1 [311件] あとが, あまり高く, あらゆる程度, あらゆる道, ありさうな, ありなし, あるいかめしい, あるかた, あるしかも, あるせい, あるベンガル州, ある事, ある人妻, ある人柄, ある人達, ある人間, ある僕, ある其処, ある友, ある善良, ある士官, ある奥ゆかしい, ある女, ある女優, ある女性, ある婦人, ある将校たち, ある心, ある新しい, ある方, ある日本人, ある淑やか, ある深い, ある率直, ある男, ある男女, ある立派, ある粗笨漢, ある紳士, ある者, ある者たち, ある英国人, ある親切げ, ある観察者, ある貴, ある貴婦人, ある近代女性, ある部, ある鉱山技師, ある青年達, あれば, うえに, おかみさん, ことで, ことについては, させる業, そなわった婦人, ためや, ないところ, ないもの, ないわざとらしいなれなれしさ, ない主人, ない人々, ない周囲, ない場合, ない外来, ない大衆, ない実業家, ない式亭輩, ない悪く開けた, ない男, ない男達, ない社会, ない程度, ない粗悪, ない聲, ない貧しい民族, ない道学先生, ない野々宮, ない顔, なかでは, なさ, においを, まことに広く, ままに, ゆたからしい, よいもの, ような, よさ, よせ木であり, ニュアンスで, パーティとへの, ブルジョア等々の, 一つであった, 一つと, 一つとして, 一切を, 一様化人格の, 一片に, 一部です, 上に, 下に, 不吉な, 不統一, 不足から, 不足し, 不足の, 不足を, 与件が, 中から, 中では, 中には, 中心と, 乏しいこと, 乏しい男, 事である, 二点である, 人かを, 今日の, 仕上げとしての, 伝統が, 低い, 低いものたち, 低い所, 低い文章, 低い日本, 低い水準, 低い男, 低い米国, 低い腕白小僧, 低い見物人, 低い階級, 低級さだけに, 余裕も, 作家も, 促進と, 偉大な, 備わって, 充たしかた, 光は, 内でも, 出所を, 判断に, 制縛を, 力理性の, 加った, 努力を, 匂いの, 向上, 向上に, 向上を, 哀れさを, 問題が, 問題で, 問題であり, 問題である, 問題では, 問題として, 問題な, 問題は, 問題も, 地盤が, 均斉を, 基本であった, 場所である, 奇蹟であり, 奥行きが, 女中ヘンドリキエ・ストッフェルスと, 如何に, 如何を, 守護者の, 実体は, 実質が, 対象と, 尊重の, 展開が, 工夫とで, 常識性という, 常識性は, 度合いに, 形式的輸入な, 影響であっ, 役割を, 御著作, 必要を, 意味で, 意味での, 意識的な, 所産を, 持ち主として, 放棄を, 故であろう, 故に下らぬ, 教育的な, 方向が, 方向として, 方式として, 普及に, 普及の, 書という, 書物は, 書物を, 最後は, 有無に, 本質より, 枠を, 根幹は, 根本を, 極致は, 楽園に, 槍衾に, 模範を, 機会であった, 機会と, 機会も, 機会を, 欠けて, 欠乏との, 欠如に, 欠陥は, 歴史性の, 水準は, 流れであった, 深い人, 深い人々, 深化と共に, 源泉からだけは, 準則を, 点に, 無いところ, 無いもの, 無い事, 無い女, 然ら, 燈火をか, 片影も, 特殊性によるばかり, 理想が, 理想の, 疎隔言語の, 相違等々によ, 真の, 知識であっ, 程度が, 程度といふ, 程度としては, 程度によ, 程度は, 種類方面によ, 空白だ, 第一歩が, 精神であった, 糧を, 素地が, 結果, 結果で, 缺乏に, 缺陷は, 美くらい, 肌理に, 自由な, 蓄積という, 蘊蓄を, 血肉と, 視野の, 観念な, 観念の, 読書と, 課題が, 貧困と, 質に関する, 趣味が, 足りた優秀, 足りない属官ら, 足りない者, 距たりは, 跡形も, 通俗性, 過程も, 違つた民衆に, 違ひとか, 選良の, 部門の, 重圧で, 重積, 重要なる, 量的増加を, 閃くもの, 限度と, 限界が, 雰囲気を以て, 面から, 面でも, 香の, 高いやさしいお母さん, 高い上流人, 高い人々, 高い低い職業, 高い夫人連, 高い尊敬, 高い才媛ぞろい, 高い方, 高い時代, 高い母, 高い男, 高い美, 高い貞淑, 高まるにつれて, 高低で, 高低であっ, 鼻持ちならぬ

▼ 教養~ (235, 12.4%)

10 身に 6 もって 4 必要と, 持って 3 うけて, 受けその, 受けて, 否定する

2 [11件] そのまま使う, つけるの, 与えて, 付けなければ, 受けない京阪辺, 受けること, 持たないから, 積んだこと, 考へると, 邪道に, 高めよという

1 [177件] あまり受け, うけたもの, うけた日本, うけては, うけられたであろうし, お附け, かち得たこと, ことごとく習得, さずけること, そなえること, そなえ織田どの, たてな, つけようと, つけるため, なにほど, もたずに, もたぬ人々, もった人, もった人々, もった人達, もった科学者, もった者, もつたつまり, もつた人物, もつた人間, もつた芸術家, もつて, プロレタリヤ的だ, 与えるの, 与へ, 与へること, 与へるやり方, 中心に, 互に理解, 享ける, 仕込まれて, 体に, 作ろうと, 備えた理想的奥さん, 八重に, 具え専門家, 内容と, 切に要求, 利する方, 力説し, 力説した, 加えれば, 匿し, 反映し, 受けしかも, 受けた, 受けたて, 受けたはず, 受けたもの, 受けたるもの, 受けたる人々, 受けたアイヌ, 受けたハイカラアイヌ, 受けた人, 受けた人々, 受けた私, 受けとにも, 唯その, 土台として, 土台に, 基礎と, 妨げたり, 引き上ぐること, 得させたの, 得たいといふ, 得るという, 心掛けること, 忘れて, 思わせるよう, 思わせる文章, 意味し, 感じさせて, 感じるの, 手伝ひする, 打ち破らねば, 托せり, 拒むべきでない, 持たない地方出身, 持ったシューマン, 持った人々, 持った人たち, 持った人種, 持つた人, 持つた女, 持つた素質, 持つて, 持つてを, 持つアメリカ婦人, 持つ世間, 持つ人, 持つ人達, 持つ文學者, 持つ日本, 持つ此, 授けて, 授けられた人々, 教養として, 文化の, 文化的だ, 文學の, 普及さす, 最多く, 有しない, 有すること, 有する人, 有って, 植ゑつける, 標準に, 欠いては, 欠き暗黒街, 民衆に, 求むるは, 求むる努力, 求める階級, 求めんとして, 汲んで, 活かすよう, 活かす余地, 深めて, 深めようとは, 無視し, 物語るもの, 獲て, 獲得しなけれ, 理想と, 甚しく妨げる, 疑わざるを, 真つ, 知るに, 示す必要, 社会的に, 祖先から, 積まうといふ, 積んだらあの, 積んだ議員, 積んで, 積極的に, 窺はせる, 経ても, 考えて, 背負つてゐる, 自ら批判しなけれ, 自分の, 蓄積陶冶した, 蔑視する, 補ふ, 要する職業, 見こんで, 見るの, 許されるなら決して, 豫想し, 蹂躙しつくし, 過去に, 釋迦に, 鍛えあげること, 露骨に, 高くし, 高く評価, 高めたといふ, 高めなければ, 高めもつて, 高めよ, 高めようと, 高めようという, 高めよの, 高めるよう, 高める他, 高める役, 高め作品, 高め後年, 高め得たといふ, 麻痺せしめ

▼ 教養~ (156, 8.3%)

7 あって 4 あるという, あるの 3 必要だ

2 [15件] あった, ありその, あり寛容, ある, あると, あれば, いる, ないから, ものを, 唯一の, 必要である, 未熟の, 無い, 現在の, 身に

1 [108件] あさくわかい人たち, あたえられたこと, あったが, あったと, あったので, あったら行わない犯罪, あった人, あつたら, あつて, あまねく深く, ありあまって, ありたがいに, ありのち, あり人, あり実務, あり過ぎると, あり鍛練, あるからと, あること, あるといふ, あるとか, あるもん, あるわけ, あろうと, おのずから下達, おのずから身辺, しみ込んで, その人, その真実, その質, それに, ただの, とけあって, どうしても足りない, どんなに大きな, ない, ないため, ないです, ないと, ないわずか, なかった, なくかつ, なくて, なくては, なく無知, なけれや, なさ, ほしいもの, まるでない, むしろ有りすぎる, シンセリティーを, 一切の, 一時間ずつに, 上にばかり, 不幸を, 不足だ, 不足の, 与えられて, 乏しく観察, 低いから, 低いという, 再びやかましく, 初めは, 区別される, 単に教養, 印象を, 品位を, 多少あ, 彼の, 彼等に, 必要と, 必要の, 文学創造の, 既成文化の, 未来には, 殆ん, 気取りが, 深いといふ, 深くは, 無いので, 相當, 育てた旗本公子, 著るしく, 融け込んで, 製作を, 言葉の, 許さない, 足らず特に, 足りないと, 足りないという, 軽快過ぎた, 進むに, 進むに従って, 進んで, 違いその, 違い趣味が, 違って, 開化期以後の, 静かに, 骨の, 高いです, 高いとさえ, 高かった, 高くて, 高くひと, 高く何不自由, 高すぎ又, 高まらねば

▼ 教養ある~ (135, 7.1%)

3 人の, 女性の

2 [13件] 人々, 人々すら, 人々に, 人々の, 人々を, 人には, 人士の, 人士を, 男女と, 者の, 見物を, 趣味性で, 階級の

1 [103件] お母さんの, がため, ほとんどすべて, ものからは, ものが, ものに, ものに対する, ものは, ように, インテリゲンチャが, レスペクタブル・ファミリイであり, 一会社員や, 上品な, 世の中の, 両親が, 中堅どころの, 事業家の, 人々と, 人々には, 人々によって, 人で, 人として, 人士, 人士が, 人格者の, 人物, 人達の, 人達は, 人間として, 人間とは, 人間は, 仏語が, 低い雑音, 個人を, 個人作家の, 哲学は, 国民の, 士人でも, 士人は, 士女の, 士官として, 大学出の, 大学生の, 女でも, 女に, 女にも, 女を, 如才な, 婦人として, 婦人の, 婦人作家の, 学曹の, 学生である, 家庭で, 家庭では, 富裕な, 年若い, 懐疑的な, 批評家たちが, 支那婦人に, 敏活な, 方が, 日本人の, 日本人は, 欧羅巴人の, 民衆の, 洋装婦人や, 淑女の, 溌剌颯爽と, 男女の, 男子が, 異邦人で, 相当年配の, 社会や, 社会人である, 空気, 素質が, 紳士が, 紳士で, 紳士は, 紳士を, 紳士淑女, 紳士淑女の, 紳士高い, 者で, 者にも, 聴衆が, 若き外交官, 若者にも, 観客, 観客の, 観衆は, 読者の, 読者界が, 貴族を, 趣味が, 閑暇とから, 閑暇も, 階級である, 階級を, 青年, 青年たちの, 青年淑女の

▼ 教養~ (112, 5.9%)

3 呼ばれるもの 2 その甚, なって, なる, なること, 云っても, 才能と, 物書く, 生活の, 苦業とに, 趣味とに

1 [89件] いい人柄, いうか, いうだけの, されるのみ, そういう文学, その背後, なると, なるやう, まれに, むすびあわせて, システムとは, 中流知識人の, 云いならわされた教養, 云う意味, 云えば, 云つても, 人格の, 人間的魅力に, 伴奏部の, 位置と, 倫理学, 全心全霊, 内省とが, 凜, 力と, 力量とが, 古い文明, 呼ばれるの, 呼んで, 嗜好と, 因襲的生活と, 国際的趣味は, 地位の, 天才的感覚と, 天稟の, 娯楽の, 宗教と, 家風に, 専門とは, 常人以上の, 常識の, 常識を, 当時の, 心性の, 心構えと, 心理的才能と, 思考力とによる, 性格の, 情熱に, 意志や, 感覚とが, 技術を, 政治的手腕とに, 新しい演劇的感覚, 新聞, 時代感覚は, 東洋の, 権力との, 正しい演技能力, 民族的自, 洗錬された, 深い思慮, 深く鋭き観察, 漱石文化とに, 現代的感覚と, 理智と, 疑うべからざる才能, 知能の, 秀れた, 称し義務, 精神が, 経験に, 経験によ, 習練と, 考えられて, 考えられるもの, 考えること, 脱俗の, 芸に, 芸術的趣味とを, 見られた, 覚悟の, 訓練とに, 財産にと, 趣味の, 連関せしめる, 進取の, 道理とを, 遠慮とを

▼ 教養~ (106, 5.6%)

2 なかった, 持って, 新しい, 野性的洒脱といふ

1 [98件] あらゆる學術, あるが, あるもの, いわゆる, かういふ唐突, こういう唐突, この, このまくら, この二三年来, この哲学, さう, さうは, すでに終了, すべてパリーの, その感情, それ以来哲学者に, たしかに心, ただ薄い, つまらなくも, どうでしょう, どこで, どんなになる, ないらしく, なくても, なしただ, なしまた, ひくいです, ひととおりな, ひどく閑却, まったく彼女, むしろ彼等, やはり知らず知らず, わき立ちはじめた, コチコチの, ディレッタンティズムに, バッハ後年の, メチエの, 一種の, 一面で, 二つながら他, 二人とも, 人間の, 人間性を, 今問題でない, 体質の, 何となく疑問, 信仰に, 全く一つ, 全く家庭的, 共同と, 凡て鑑賞と, 初めて身, 勿論ただ, 十分もっ, 団体の, 培養である, 外から, 多かれ少かれこれ, 大きい創造, 奇怪と, 家庭学校社会を通じて, 寧ろ歌舞伎俳優, 専門とは, 專門とは, 常に取り, 形の, 彼を, 志賀さんや, 思想として, 我等にと, 我等の, 教育や, 教養でない, 旧い教養, 月で, 民族と, 浅薄だった, 現象としては, 甚しい, 甚しく, 用いる工藝, 申し分なく, 目的の, 秀次を, 粗雑で, 精神肉体の, 素と, 育たぬもの, 自分を, 花圃の, 西ヨーロッパにおいては, 貧苦窮乏の, 賞讃に, 身に, 逆に, 過不足なき, 遺憾ながら, 高くなっ

▼ 教養~ (92, 4.9%)

3 あって 2 あるらしい, ろくろく受ける, 何も, 得ること, 教育も

1 [79件] あった, あり, ありおとなし, ありそう, あり働き, あり品格, あり堅実, あり家柄, あり容貌, あり富有, あり山, あり支倉, あり日曜学校, あり洗練, あり都会生活, あり風流, ある, あるほう, ある家庭, ある若い, あんまりない, うけなかったとは, かなりの, くわえた, この婦人, させ人, そなえて, ない, ない人々, ない男, ない見る, なかった, なかつた, なきにし, なく品性, なんら繊細, まさしく反対, みな持っ, よく身, 不足の, 之を, 亦注意, 伝統も, 何等の, 加えられてない新, 十分性格も, 同等である, 外聞も, 娯楽も, 学問も, 安土の, 専門によって, 心も, 必要であります, 忍耐も, 思慮も, 性格も, 情操も, 持合わせ, 格段の, 概ねどれ, 深い両親, 深く忍苦, 深く自由, 準備も, 相当に, 礼儀も, 私にとっては, 要らない, 話題に, 豊かに, 身に, 身について, 進み文芸, 道徳観念も, 違うの, 違つた人から, 違ふ, 高く情意

▼ 教養~ (69, 3.7%)

3 於て 2 至っては

1 [64件] あかし磨きこんだ, あこがれて, つとめ凛乎, ならぬという, なります, なるという, もとづく西欧文化, 一つは, 乏しい女, 乏しくて, 乏しくより, 乏しく独創性, 依ったの, 依り馴致, 健全な, 力を, 叛か, 基いた見解, 基く政治常識, 富んだ, 富んだ徹底, 富んだ新, 對する, 就いても, 差が, 帰属させよう, 帰着する, 当った, 当るであろう, 心を, 感心し, 敗れたの, 教養は, 敬意を, 於いて, 暮す年時, 本づく, 欠くこと, 欠けたところ, 止まって, 止まるならば, 毒され, 求むべきである, 求むべく演技, 満足し, 無関係に, 由来する, 疑ひを, 目醒め, 磨かれた精神, 立って, 終る, 結びつけること, 育って, 訓練された, 認めるしか, 費して, 資する視点, 躾けられ, 達すること, 遡らねば, 重点を, 限られず寧ろ, 類するもの

▼ 教養という~ (36, 1.9%)

5 ものを 4 ものが 2 ことも, ものに, ものは, 観念を

1 [19件] ことが, ことに, ことについては, ことは, ことを, のだ, のは, のも, ものと, ものに対する, ものの, 問題が, 問題の, 科学財と, 観念も, 観念乃至, 言葉が, 言葉は, 言葉も

▼ 教養~ (32, 1.7%)

2 観点が, 趣味に, 趣味に対して

1 [26件] テムペラメントとの, パリの, 人物といふ, 勇気や, 医者としての, 国家の, 娯楽の, 学問では, 学殖の, 封建的な, 常識は, 感受性を, 才能の, 政府の, 気品を, 知識や, 知識を, 職業や, 育ちからばかり, 自己完成やという, 訓練を, 趣味が, 趣味を, 農村の, 非個性的趣味, 風流に

▼ 教養~ (27, 1.4%)

2 が多い, である, というもの, らしい気品

1 [19件] からは無条件, があれ, が遠国, だってさ, ではあっ, としての義務, と呼ぶ, にはもとより, に対し冷汗, に接する, の弱み, の悲し, はない, はスプーン, は弱く, は強く, を作る, 或いはいちど懐疑的, 或ひ

▼ 教養~ (21, 1.1%)

2 書くの, 解釈し

1 [17件] あつて, あらねば, あり得ないこと, さういふ風, さへも, その空隙, そんな事, みんなを, ワインガルトナーが, 包みこんだ立派, 得た虚無, 無恥で, 王に, 育った新進作家たち, 良いもの, 醜い安, 音楽を

▼ 教養とは~ (17, 0.9%)

1 [17件] いろんなこと, その間に, そんなもの, つねに一般的教養, ブルジョア教育哲学者達が, 何という, 凡そ反対, 別個な, 如何なるもの, 尤もらしい, 或る, 所詮そんな, 没交渉な, 職業としての, 読んでも, 誰よりも, 関係が

▼ 教養としての~ (16, 0.8%)

3 科学教育の 2 科学の

1 [11件] 倫理学研究の, 倫理学研究は, 学究的研究考証的知識の, 文化としての, 文化古典的文化支那趣味として, 条件が, 法律常識を, 知識は, 範囲に, 読書慰安娯楽休養人との, 高等知識を

▼ 教養~ (14, 0.7%)

1 [14件] がさつさは, さなどを, 一介の, 下層の, 人物を, 人達には, 俗世間が, 女野性の, 政治家や, 料理人は, 権力階級並に, 淫売婦と, 獣の, 粗暴な

▼ 教養から~ (13, 0.7%)

1 [13件] おしても, ちっとも与えられ, 云って, 人生における, 出発しなけれ, 推して, 文芸を, 来るので, 生じる洗練, 生れます, 発する矜持, 遊離し, 除外され

▼ 教養とを~ (13, 0.7%)

1 [13件] そういう関係, もつて, もつ大, 一身に, 与えたから, 作り上げた上, 備えて, 兼ね備, 怠るなら我々, 持った良夫, 欠く者, 発見する, 示して

▼ 教養とか~ (11, 0.6%)

1 [11件] いうもの, お互, 呼ばれたもの, 学問とか, 学生と, 家庭の, 才能は, 文化的俗物とかいう, 文章道とかが, 種々の, 高き家柄

▼ 教養として~ (11, 0.6%)

1 [11件] 一般人の, 云われて, 例えば古代, 受けて, 各方面, 従来フランス文学の, 文学の, 文学を, 見るも, 貞婦の, 身に

▼ 教養~ (11, 0.6%)

1 [11件] であっても, で僕, なそして, なもの, な優れた要素, な君, な女, な必然, な真珠層, に不足, に素質

▼ 教養といふ~ (10, 0.5%)

3 ものを 2 ものは 1 ことだ, ものが, ものも, 程の, 言葉は

▼ 教養によって~ (10, 0.5%)

1 ある程度までは, 制約され, 味いを, 所謂教養と, 日々一定の, 演劇或は, 真の, 精錬し, 裏づけられては, 訓練された

▼ 教養する~ (9, 0.5%)

1 ことの, ことは, そこに, と同時に, には世, のを, よりほか, 努力が, 努力の

▼ 教養なき~ (9, 0.5%)

1 一般俗衆に, 人々なら, 家庭林町は, 民衆にも, 民衆の, 群衆に, 職人であっ, 自己流の, 観衆と

▼ 教養乃至~ (9, 0.5%)

5 素養としての 2 知識が 1 知識, 訓練の

▼ 教養では~ (8, 0.4%)

1 あるまい, これを, そういうの, ない, なかった, 和らげられぬ国民的職業的偏見, 心理學者は, 理会せられ

▼ 教養との~ (8, 0.4%)

1 ために, 欠乏を, 比率は, 相剋が, 瞬間的な, 素地的な, 缺乏が, 関係について

▼ 教養あり~ (7, 0.4%)

1 その詩, 人情ある, 才能ある, 真に才能, 知識ある, 識見ある, 野望ある

▼ 教養である~ (7, 0.4%)

2 のみでなく 1 といつ, として考え, と思つて, にかかわらず, のに対し

▼ 教養とかいう~ (7, 0.4%)

1 のは, ものと, ものの, 一種特別に, 人間的な, 履歴の, 風に

▼ 教養なく~ (7, 0.4%)

2 しては 1 あしたの, して, しても, 古風な, 見えるもの

▼ 教養にも~ (7, 0.4%)

1 かかわらず何故, こんなとき邪魔もの, とりどりの, ならぬから, なるだらう, なると, 父母の

▼ 教養だの~ (6, 0.3%)

2 正統の 1 一切合財カミシモを, 必要だ, 文化だ, 色氣だ

▼ 教養とに~ (6, 0.3%)

1 あるの, 培はれた, 成長し得る, 於て, 点火する, 発足する

▼ 教養によ~ (5, 0.3%)

1 つてか, つてその, つて余自身の, つて完成する, つて自己の

▼ 教養思想~ (5, 0.3%)

1 が擡頭, に大きな, の有力, の発達進歩, は明治時代

▼ 教養~ (4, 0.2%)

1 が結婚, つてたいして, とか筆蹟, 人だ

▼ 教養には~ (4, 0.2%)

1 ならぬ, 欠くところ, 見識の, 論理性が

▼ 教養以外~ (4, 0.2%)

1 にはない, にも多く, に何等, に力

▼ 教養趣味~ (4, 0.2%)

1 などに対するさまざま, によつて, をもつ, をもつて

▼ 教養そのもの~ (3, 0.2%)

1 が示し, の中, の歴史的

▼ 教養たる~ (3, 0.2%)

2 や浅薄至極 1 や不完全

▼ 教養でも~ (3, 0.2%)

1 ない, なく文学, はるかに

▼ 教養とが~ (3, 0.2%)

1 増して, 必要である, 自から

▼ 教養なる~ (3, 0.2%)

2 ものが 1 もの

▼ 教養による~ (3, 0.2%)

1 ものであろう, 外は, 自己批判と

▼ 教養に対する~ (3, 0.2%)

1 叔母さんの, 強い確信, 手きびしい

▼ 教養への~ (3, 0.2%)

1 あがきも, 反撥が, 欲望が

▼ 教養深い~ (3, 0.2%)

1 が純粋, 婦人は, 某氏の

▼ 教養~ (3, 0.2%)

1 によって発展, によつて相當, を含めた

▼ 教養~ (2, 0.1%)

1 どちらに, ゆうべの

▼ 教養された~ (2, 0.1%)

1 と言う, ものでございます

▼ 教養~ (2, 0.1%)

1 て頂きたい, 豊富に

▼ 教養した~ (2, 0.1%)

1 のである, ものの一つ

▼ 教養たかい~ (2, 0.1%)

1 この令嬢, アメリカ婦人で

▼ 教養としても~ (2, 0.1%)

1 現代の, 私は

▼ 教養とやらも~ (2, 0.1%)

2 聞いて

▼ 教養については~ (2, 0.1%)

1 更に考慮, 知って

▼ 教養めいた~ (2, 0.1%)

1 お話を, ものを

▼ 教養よりも~ (2, 0.1%)

1 むしろ古い, 劣って

▼ 教養をも~ (2, 0.1%)

1 そなえては, 兼ね備えた知識人

▼ 教養不足~ (2, 0.1%)

1 ということ, とから自然宴遊詩

▼ 教養~ (2, 0.1%)

1 に作者, 待ちて

▼ 教養以上~ (2, 0.1%)

1 にも以外, に超

▼ 教養学部~ (2, 0.1%)

1 とやらいう, と称せられる

▼ 教養文庫~ (2, 0.1%)

1 の一万円文庫, の朗読

▼ 教養~ (2, 0.1%)

1 でありギリシア悲劇, のくみ

▼ 教養環境~ (2, 0.1%)

1 と二十, など全部

▼ 教養稟質職業身分等~ (2, 0.1%)

2 によつて調味

▼ 教養~ (2, 0.1%)

1 とが以前, となっ

▼ 教養自体~ (2, 0.1%)

1 が不健全, が問題

▼ 教養豊か~ (2, 0.1%)

1 なる俳優, な俳優

▼1* [124件]

教養あるらしい秀でた人々が, 教養ある流され人の, 教養いろいろなもの, 教養きり身につけ, 教養こそ知的探求こそ, 教養のみそのものに, 教養であると, 教養さえもなくもちろん, 教養しか持たないせい, 教養したいのである, 教養すらも性格的に, 教養するならばそれ, 教養その趣味の, 教養その他あらゆる生活, 教養たとえばバッハの, 教養だけで過せば, 教養だけの問題では, 教養でないと云っ, 教養といつてもい, 教養とかからはどんなに遠い, 教養とかにもなるもの, 教養とからくる処, 教養とても低い男, 教養ともいえる, 教養とやらの重荷を, 教養なされたのでお, 教養なし思想不鮮明なり, 教養などその人, 教養などがその主要, 教養などというものが, 教養などとの関係を, 教養などの底を, 教養などもまたいう, 教養なり関心なりが, 教養なんかちょっとも, 教養においてダーウィン流の, 教養においては専門学校を, 教養になつた所の, 教養によってか本能によって, 教養によっても声が, 教養により互の, 教養に対しては二つの, 教養のみから出発した, 教養ばかりでなくまだ, 教養ぶりも出現, 教養へとしゃべりにしゃべりぬく前, 教養ほとんどまるで床屋の, 教養ほんとうの知性, 教養やが身について, 教養やらは漱石より, 教養よりすれば, 教養よろしき運転手君という, 教養らしい野性をも, 教養を以てしても, 教養セラレタル日本民族ニ取リテハ一ニ奇異ナル風俗トシテ傍觀スレバ足ル, 教養プロテスタンティズムにも流れ, 教養全ウスルガ為メニ, 教養世界の輪, 教養人格はゼロ, 教養人的な感じ, 教養人間としての判断力, 教養以前或は七重, 教養伝統がありません, 教養低下が大衆自ら, 教養信念として通用, 教養具体的にいえ, 教養出鱈目きたならしさ, 教養効果や知識所有量, 教養しなければ, 教養及び品位の, 教養叡智の捌け口, 教養叡智学問そんなもの, 教養如何によつて, 教養娯楽風俗習慣といふやう, 教養婦人としては好い, 教養婦人会が婦人, 教養尊重の風, 教養小説の精神, 教養少き人達の, 教養就中その台詞, 教養年配性格を通して各種, 教養戦争と共に階級闘争, 教養抜きの鑑賞, 教養支那文学の教養, 教養政治的な教養, 教養文庫あれは名著, 教養を選定, 教養標準からあまりに, 教養気品といったもの, 教養気高い心ばえ, 教養深からざる限り, 教養深遠な好一対, 教養も之, 教養特に文学的な, 教養環境国時代更にその, 教養的常識が呈出, 教養的有閑というもの, 教養的環境と理解, 教養的素地の未熟さ, 教養真に現実を, 教養知性のまやかしもの, 教養知識思想性格はすべてみな, 教養礼儀知らず卑劣, 教養一の, 教養節度が低く, 教養経験の数々, 教養義務の心掛, 教養の集まり, 教養職業環境境遇国時代などを反映, 教養自覚内省の確立, 教養至極だつた女, 教養落付きゆとりというよう, 教養言葉の知識, 教養訓練を経たる, 教養読書会研究会をわかい, 教養貴族的気位カトリック教の神秘, 教養として二十銭, 教養踊りや音楽, 教養過重にてとにかく, 教養部厚生部の仕事, 教養部長の小尾範治氏, 教養部門さらに公民館, 教養階級のいづれ, 教養高い十九歳の