青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「教授~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

救~ 救い~ ~教 教~ ~教え 教え~ 教会~ 教室~ ~教師 教師~
教授~
~教育 教育~ ~教養 教養~ ~敢 敢~ 散~ ~散歩 散歩~ 敬~

「教授~」 3438, 37ppm, 3117位

▼ 教授~ (788, 22.9%)

8 顔を 6 ように 5 看板を, 職を 4 ような, 口を, 家へ, 紹介で, 職に

3 [14件] やうな, やうに, 一人が, 前に, 地位を, 手によって, 手を, 書いたもの, 肩書を, 言葉を, 話では, 話の, 説を, 講義を

2 [46件] こと, ことを, ところに, ところへ, やって, 下で, 任に, 前の, 力よりも, 北極光の, 名を, 哲学は, 哲学を, 唯一の, 声は, 大看板, 好意によって, 如きは, 娘の, 実際を, 家の, 息子は, 意見では, 所へ, 手許に, 椅子に, 椅子を, 死を, 無情な, 理不尽な, 眼には, 矢田部氏が, 矢田部良吉博士が, 研究室の, 言葉に, 計算に, 訪問を, 許に, 許へも, 許可を, 話に, 説の, 適任者と, 部屋の, 頭脳は, 顔は

1 [610件 抜粋] あの研究, あること, ある者, うちで, うちでも, おかげで, おかげを, お伴を, お嬢さんです, かいほう, が入っ, くせに, ことは, ことばであった, ことばに, ことばは, この独自, この発表, この罷職, この著述, この非職, ごうる, ために, ためには, ための, どことなくひどく, なかに, なくなった日, へんじは, ほうで, ほかに, ほどこせるもの, もそれ, もとに, やったこと, ようすが, わが国に, わきに, わずかな, アパートは, ガウンを, ザウチ, シュレムスカヤ伯爵夫人, ズボンの, ゼミナールでも, ゼミナールに, ゼミナールには, ゼミナールは, ドッペルゲンガーの, ナマズと, ピアノを, ピアノ弾奏に, ピストルを, ブランドが, ブランドの, ペリオと, ポケットには, リジンスキーと, リーゼンシュトックさんが, 一つの, 一人である, 一人なり, 一党が, 一時の, 一目的と, 一行三名が, 上へ, 下宿の, 不出席, 世話で, 中で, 中には, 主張する, 主張は, 事あり, 事を, 二つの, 云うこと, 云うよう, 京大行きは, 人形を, 人柄が, 人格に, 仏訳本である, 仕事に, 仕方は, 他に, 代理として, 代理を, 休講の, 位置, 位置に, 住居を, 佐藤氏で, 依頼を, 俸給を, 倫理学と, 偶然な, 僚友門人等相謀り, 兄弟にあたる, 免状も, 免職である, 全体, 八つに, 公式主義は, 内に, 内命を, 処分は, 処置に, 出勤時刻を, 出席が, 分析表が, 利目は, 前を, 功績は, 助手である, 助手モスコースキー氏が, 努力と, 努力の, 勅任官服を, 医局に, 協力によって, 博士も, 博士追出し, 卵子を, 厳たる説の, 反動化過程の, 収入が, 受持の, 叙述は, 口が, 口でも, 召使いである, 可能性も, 右側, 合間に, 名に, 名は, 名前が, 名前を, 名義一部分は, 呼息を, 命じた結果, 命令の, 哲学そのものも, 哲学について, 哲学の, 哲学思想が, 唇の, 唸り声が, 問題が, 問題では, 善導の, 回診が, 回診の, 回顧趣味は, 土佐博士の, 地位に, 坊ちゃんで, 執拗に, 場合, 場合に, 場合を, 塾を, 声が, 声には, 声も, 声色や, 声量が, 外に, 外吉野立蔵氏が, 多元的宇宙を, 大きな目, 大きな額, 大学教授たる, 大部分, 天幕へ, 夫人が, 夫人は, 夫人への, 奥田博士と, 好意で, 如き人々, 如く文明, 妾の, 姿は, 姿を, 娘が, 娘で, 娘カテリイヌ, 媒酌する, 嫉妬なども, 子との, 子息さんの, 学校よりも, 学殖は, 学的確信の, 学者的良心に, 宅に, 宅へは, 宇宙を, 安藤勝一郎氏は, 官舍が, 実験室が, 実験的で, 宣教師諸兄へ, 家だ, 家では, 家なぞより, 家に, 家には, 家へは, 家を, 家庭では, 家庭に, 家族とも, 審査を, 対策の, 小さい一枚, 小さい妹, 小じんまり, 屋敷の, 希望どおりに, 希望に, 席を, 引きで, 引合せで, 弟で, 強制休職を, 形見だ, 影響を, 往診を, 後に, 従弟で, 御弟子, 微音, 心の, 心境を, 心理は, 念仏趣味, 思い出, 思想, 思想と, 思想に対する, 思想内容を, 思想態度には, 思索生活の, 息子が, 息子である, 息子もう, 想定に, 意に, 意志という, 意見としては, 意見に従って, 意見よりも, 意識的に, 態度や, 慰労会が, 或る, 所で, 所へは, 所謂, 手から, 手に, 手伝い位を, 手篤き, 手紙が, 手紙に, 手紙を, 手術で, 抑, 投票による, 招待によって, 持つ思考力鍛錬, 指導で, 指導を, 指摘は, 挨拶に, 授業を, 採点は, 探検隊に, 提供した, 提案は, 改革運動が, 教示を, 文化史の, 文化理論乃至, 文士で, 文章に, 方が, 方に, 方は, 方を, 施した美顔整形手術, 日夜お忙しいのに, 時間でも, 時間に, 普及には, 暗示が, 書いたの, 書と, 書に, 書斎で, 書籍は, 最後の, 月給も, 末娘小さい, 末広恭雄という, 本位田祥男博士から, 材料と, 材料に, 某博士, 某氏から, 校閲加筆を, 椅子だ, 様子を, 欧米巡廻という, 死である, 死ぬ日, 死後わが, 毛脛を, 民法の, 気に, 気に入らなかったと, 注文で, 海よりも, 海外留学を, 深く推賞, 深海探検, 満足する, 準備にとりか, 溜室で, 点で, 無気力無能力に, 物云う, 犬の, 独逸語が, 独逸語も, 現在の, 理想主義に, 生命を, 生理学汎論を, 生理電波説の, 留めるの, 留守宅には, 留守居という, 番を, 病的昂奮を, 発企で, 発狂を, 発表, 発音法を, 看板について, 眼が, 眼に, 眼につき, 眼を, 矢田部教授, 矢田部良吉博士であっ, 研究し, 研究という, 研究は, 研究を, 研究室で, 研究室へ, 研究材料, 禿頭の, 私邸にて, 科学論に, 立場には, 筋書きは, 箕作教授と, 紛れの, 素裸を, 細目も, 紹介状を, 結束に, 絶対静止の, 經驗から, 繋累で, 罪が, 罷免, 罷免という, 習慣で, 老先輩, 老父を, 考え次第によって, 耳に, 肉体を, 背後から, 脳髄も, 腕を, 腰を, 膝の, 臨床講義の, 自宅に, 自由主義が, 舎宅か, 航空学を, 花形は, 花形も, 若返ってる様子, 著書, 著書か, 著書で, 著書について, 著書に対する, 著書は, 著述を, 蔵書が, 薫陶を, 行届くだけ, 表情が, 裸体の, 要職に, 視線は, 角井に, 解釈に, 言い草である, 言ったこと, 言つてゐる, 言に, 言の, 言葉の, 訃を, 計らいで, 訓話が, 訓誨に, 許から, 訳した, 訳文も, 診察を, 試験を, 話が, 話しぶりから, 話で, 話は, 話を, 詳しく研究, 説であっ, 説に, 説には, 説は, 課業との, 調査した, 調査に, 談に, 論文, 論文の, 論文は, 論文を, 論難攻撃の, 講義する, 講義に, 講義によって, 講義は, 資格を, 身の上を, 身体の, 身体は, 身分であり, 転向が, 追悼記が, 追憶, 連中は, 進退は, 運動の, 道路口の, 遠藤博士が, 遠藤工学博士の, 邸宅の, 都合により, 醫學者或は, 鑑定の, 鑑定を, 長い脛, 長岡博士が, 門下かね, 間に, 階級性などに, 際に, 隠退記念会の, 雅量に, 電光の, 静かな, 非人格さ, 非常識な, 面上には, 頭に, 額には, 顔が, 顔には, 顔の, 顳, 風貌が, 風貌に, 風采とは, 高慢がる, 鷲山弟三郎氏であった

▼ 教授~ (460, 13.4%)

4 それを, 言った 3 口を, 彼の, 私に, 私の

2 [25件] いった, ここに, この土地, これを, こんなふう, そう言っ, それから, それが, それに, フルハタの, 三人の, 叫んだ, 大きい中, 大きな目玉, 娘の, 教壇の, 有名な, 椅子から, 眼を, 私を, 笑いながら, 答えた, 自分の, 頭を, 顔を

1 [390件] あきらめて, あくまで志, あなたを, あのとおり重傷, あの時, あの画, あまりなかつた, いつまでも, いない, いるし, いわば不遇, いわれた, うけぬほう, おそらくどこ, おもしろそう, お休み, かすかに, かつて単身南米アマゾン上流, かねて顔馴染, きげん, きっと何, きみょうなさけび声を, ぎくりとした, くつくつと, くりかえした, ぐずぐずし, このとき眼, このマホメット教國製造, この作品, この画期的, この頃昆虫, これからこの, これからその, これが, これは, こんな結構, ささやいた, さっき, しかし, しきりに話しかけ, した, しばらくだまっ, しばらくの, しばらく耳, しょうち, すぐに, すぐ私, すこし苛, そういう道徳不感症者, そのとき, その上, その先, その全体, その区別, その反駁, その同一線上, その国語教育科学, その度毎, その後原子爆弾で, その機械, その点, その眼, その窓, その考案, その薄く, その講義, その貴重, その部屋, それから後, そろそろ話題, そんなこと, ただちに日本語, ただ身体, だしぬけに, ちょっと可愛い, つい二, どういうもの, どうかする, どうした, どうだらう, どうなさる, なおまだ依然として, なかなか不足, はじめてマホメット教國, はっきり答えた, ひどく失望, ふしぎに, ふと緊張, ほとびるが, まず第, また, また数学, まだしもヨロク, まだ出, まったくとりつく, もうすっかり落ちつい, もう十年, もしも教師, やがて, やがて大, やや急き立っ, よくずるそう, よくパリ, よびとめました, わが意, わきに, わざと快, アインシュタインなぞと, ウラル号に, カヌーに, ジャンガラ星の, ジョヴァンニの, テーブル掛けを, ディールスの, トソよりも, ハイデルベルクの, ハンケチで, ピアノの, フッサールの, フライブルクから, ベント博士の, ポコちゃんに, ポコちゃんの, ポツリ, マホメット教國の, マルクス主義が, ミュラー・リアーの, メスを, モスク, ロシアに, 一つの, 一七日の, 一九四一年年十月二十日死亡, 一口噺の, 一寸改, 一層興奮, 一番熱が, 一郎の, 三度目に, 三本の, 不似合, 不安そうに, 不思議な, 不機嫌な, 不起訴, 世界漫遊の, 丸善に, 主張する, 之を, 事情を, 二三名は, 二三年前亡くなりました, 二人の, 云うまでも, 五六年まえ, 京大事件以来と, 今までに, 今亜米利加各地, 仏蘭西人の, 何て, 何となく憂鬱, 何に, 何時ごろこの, 例外だった, 俄かに, 俺が, 僕の, 元雜劇, 先ず豹一, 八十二歳だ, 六十迄, 其薀蓄と, 円くしたる, 写真を, 冷たい頭脳, 冷たくなった, 冷静な, 出版法違反治安維持法違反で, 初め玉葱の, 判事の, 別の, 別天地より, 助手の, 動物界の, 化学の, 十字架に, 即座に, 又し, 及落会議でも, 反対説を, 反歯剥き出し, 収集癖の, 口中の, 古くからの, 可笑しさうに, 吃驚した, 同僚とは, 同年十二月十六日以來數回に, 君は, 呼びとめて, 哲学者と, 喜ばせようと, 地球人類に, 坊主と, 外国から, 外套を, 大きな目, 大きな計画, 大久保伯爵家から, 大学の, 大学へ, 大学出である, 大抵の, 夫を, 奪掠せられ, 娘を, 嬉しそう, 学校の, 学生が, 学者らしい, 実に偉い, 寧ろ約, 尊敬すべきである, 少し空想好き, 就職順に, 希望を, 広い教室, 底土の, 当地でも, 彫刻家の, 彼が, 彼に, 彼を, 彼等の, 往々, 後から, 後方に, 復一を, 微笑とともに, 徹頭徹尾生徒, 心地よく私, 必ず処分, 必ず古典文学, 忠実な, 怖る, 思わず苦笑, 思想的には, 急行列車の, 怪人集団への, 悧口な, 想い出したの, 想像される, 愈々結婚, 意地悪く, 慌てて, 我が子, 我國に, 戦地の, 手袋の, 支那學で, 放射性元素中に, 放蕩も, 教授も, 教授らしく, 数えきれない方法, 数年前に, 数知れずある, 敷居へ, 文部省の, 断片遺稿の, 新醸, 日光や, 日本にも, 日本の, 日本帝国博物館に, 日本画家の, 日本絵画史の, 明日結婚式が, 昨夜毛利豹一が, 昨年日本へ, 更に, 更に国語教育科学, 書物の, 有望だ, 本を, 本文に, 極めて珍しい, 極秘裡に, 楽観説を, 欧州大戦の, 歓喜を, 正統派的, 正面を, 歯医者へ, 残ること, 殺されたと, 毎週談話會, 決して少なく, 決して馘, 法律学者であり, 泣き出しさうな, 注意を, 深海の, 滞日中東京帝大の, 無知な, 熱心に, 物凄い東北弁, 率気なく, 現在マルクス主義の, 現在立っ, 現在肝臓の, 生徒一人一人を, 癇癪持ちで, 白い髯, 皮肉に, 目的を, 相当の, 真白い診察着, 眼鏡ご, 矢田部良吉氏で, 研究発表の, 確かに, 私が, 私と, 私達の, 空いて, 突然ばね, 窓から, 立ち上がられた, 笑った, 笑って, 第三, 米国でも, 米國で, 納得しない, 終戦後の, 続けて, 繰りかえして, 耳に, 胡麻塩の, 腑抜の, 膨れつ面, 自信満々たる, 自分が, 自然哲学に関する, 興奮する, 船暈いを, 色の, 英子嬢よりも, 英語から, 落ちついて, 薄気味, 衣服その他の, 裁判所に, 西洋風の, 西田博士や, 要らないの, 要らんかね, 親切に, 言いつづけた, 言下に, 話を, 読みやすく, 誰だ, 論じて, 貝塚附近に, 足を, 農学校の, 道徳主義者である, 部屋の, 野菜学の, 長い竹箸, 長くたれた, 陰欝に, 零下三〇度の, 青年の, 青黒い松花, 音楽が, 頻りに入院治療, 顔から, 顔に, 食卓の, 驚いた, 驚きし, 驚異の, 鳥渡言葉を, 鶴雄に, 鶴雄を, 鷹揚に, 鼻を

▼ 教授~ (303, 8.8%)

3 来て, 立って

2 [11件] あって, ある, これは, しばらく泊っ, ふくらんだ鞄, ボオルドに, 二人某, 突然大学, 調査に, 負けたの, 転落し

1 [275件] あってね, あつて, あなたに, あの新聞記者, ありますけれど, ある時宴会, ある為め, ある爲め, いうと, いた, いった, いったろう, いて, いる, いるけれども, おどろいた顔, おり日本人, かつて, くだされたもの, こきおろした例, ここまで, この不思議, この方面, これこれの, こんなこと, こんな訳, さけんだ, しきりに議論, その二歳, その任, その口火, その席, その弟子, その後を, その時, その歌, その翌年, その腕, それに, それほど哲学体系, それを, たが, ただ与えられた, たつた今, ちょっと面白い, つとまり危な, とった池, どういう人, どうなった, どう答える, なお存命, なりたがるの, のせたなりに, ひとりごとを, まだ決定, みた女, もう二十五年, やって来た, やること, よくやる, わざわざ馬, アメリカの, グリーンランドで, コレギウム・ムジクム合奏団を, ドイツ一の, ベルの, ポコちゃんの, 一つの, 一人瓶の, 一寸腰かけ, 一日私に, 不審を, 中心に, 主であった, 主として与えた, 主人役で, 主任に, 二人おれ, 二人まで, 二人三脚を, 云ったの, 云った言葉, 云ひました, 五六人の, 亡き友, 交つてゐた, 人夫を, 人工配合飼料で, 今ここの, 今度は, 仏蘭西の, 他講座, 代理学長として, 仮に復職, 伸子に, 伸子の, 何か, 何事か, 何事に, 例えば黒板, 先年軽井沢の, 先生の, 児童心理学の, 入った時, 全校の, 公算論を, 出張中で, 出来るの, 前例に, 前列の, 副会長, 半ばは, 厳粛な, 友人を, 古い陣営, 司法省に, 各自研究した, 名前を, 和服の, 商売に, 四人四重唱団を, 国語の, 土地の, 地震計を, 夏休みの, 外套の, 外遊の, 多過ぎる, 大分休講が, 大学を, 女の, 如何に, 始まる, 始めて一つ, 姿を, 子供を, 小説に, 居たの, 居残りで, 岡田を, 已に五代, 帝大, 帰つて来る, 建築場で, 弟子を, 彼を, 心の, 応援に, 応答した, 想像し, 愛好する, 懇に, 我が手, 戸隠山で, 手を, 持ち出した謎, 挙げて, 揃うたの, 数人新たに, 斯う, 日本に, 日本語で, 昔なつかしい, 時々皇帝, 晩餐に, 曙町の, 書いたもの, 最も卓越, 最近の, 村へ, 来たせい, 東北帝大, 校旗を, 検挙された, 模範的な, 欧羅巴へ, 歎い, 正気に, 死んでから, 毛沼博士と, 気がつかなかったという, 汗を, 池を, 池袋に, 決して日本, 法医学とは, 泥棒した, 消防夫を, 清く優しいラッパチーニ, 炭の, 物凄い眼付, 狙って, 独逸の, 現段階式自由主義, 理化学の, 生命にかけて, 生徒としての, 生活資源では, 男女学生に, 當時の, 発見され, 皮肉を, 相好を, 相率い, 真理を, 私かに, 私に, 私を, 私有財産制の, 私立大学を, 称讃し, 窓を, 端近へ, 笑いながら, 答へ, 答案の, 箱根あたりの, 精しく研究, 糸の, 終わって, 経過が, 結婚する, 自分の, 自動車で, 自宅へ, 自由主義哲学の, 自絞, 芸妓を, 英語で, 著された, 著しく倫理的, 血塗れに, 行われる医学校, 表情を, 西安を, 見ると, 解釋に, 言うと, 試みたこと, 話した事, 話してる間, 話を, 調べたところ, 謄写版刷りの, 講堂で, 講演を, 講義に, 講義を, 講義を通して, 赤いなら, 赤くも, 起ったの, 軽い肺尖カタル, 近代の, 近年さうい, 通訳だ, 遂にその, 道化役に, 重要な, 金髪を, 鉄砲を, 長時間にわたって, 長良川博士の, 関係が, 陋巷の, 露出された, 露国の, 非常に, 顧問として, 駆けつけて, 黄金の, 黒いガウン, 黒い鞄, 黒板に, X線の

▼ 教授~ (254, 7.4%)

10 よれば 6 して, なって 4 なった, 任ぜ 3 なろうと, 扮装し, 當られる, 逢って

2 [12件] なったが, 任命された, 如何にも能, 就いて, 就任した, 意味あり, 於いて, 示す, 紹介状を, 聞いて, 転任し, 面会し

1 [188件] あげられまた, あずかりたくいかが, あずかりたく拙者当地, あって, あふ, うなずいて, お会ひだ, かかわらざる者, きいて, きく, この話, これから三四年, してやろうと, せられたころ, そうする, そう言った, そう訊いた, そのわけ, たずねに, ただしもしくは, たのんだが, たまらなくおかしかった, ちょっとことわっ, つっこんで, とりて, なったの, なったので, なったばかり, なったよう, なったん, なった人, ならねば, なられたの, なりあるいは, なりまた, なり切って, なり母, なり空しき, なること, なるため, なる処, なる或は, なる男, なる積り, なれたとさえ, なれたの, なれました, なれると, ひとつ生気を, ぴったり寄り添っ, よりて, よると, ハンチングトンといふ, 世話に, 乞うて, 事変が, 人々あるいは, 任命され, 任命せられ, 会った時, 会つた, 会つて大体日本地震の, 会わないそう, 会われた際, 会見する, 会釈を, 依って, 依頼した, 依頼せよ, 価する学力, 借りて, 公務に, 内容等を, 再解剖, 出して, 出ること, 出向いて, 到る迄を, 劣らない人, 化けて, 取って, 合ったの, 向けた, 向けられたの, 向けること, 呼ばれて, 命じて, 商大の, 囑せられ, 困難である, 在勝, 多い荘厳, 宛てた紹介状, 実が, 実施し, 専心, 専門的法学者を, 小学校の, 属して, 巧みに, 年の功を以て, 弁証法の, 引率され, 弟子入りを, 当りて, 影響した, 役に立つの, 彼の, 御会い, 必要な, 思われたか, 恩給の, 感謝する, 應用し, 打ち明けて, 扮した, 扮したら, 抜かれてから, 招聘され, 招聘せられた, 挙げられた, 接したものの, 擧げられた, 於ては, 期待する, 東北大学の, 校外の, 榮陞した, 毒口を, 滅多に, 猿轡を, 由ると, 當つて確に, 発見された, 睨まれて, 矢走千鳥第, 私の, 精一杯の, 紹介され, 紹介し, 紹介した, 終日を, 耳うちし, 聞かせて, 聞くが, 脳血管の, 至るまで, 見はられながら, 親しみの, 言いつけたとか, 言われたよ, 訣れを, 話したという, 話を, 誘われて, 語した, 説明し, 質問した, 贈呈した, 足利尊氏の, 転じたの, 転じ大学, 較べたら小学校, 較べたら必ずしも, 迎えられたの, 返して, 送った, 通つたといふ, 通告した, 逢ってからは, 連れられて, 進む, 過ぎなかったから, 過ぎなかつたから, 選ばれた, 重きを, 長生きされる, 限った事, 電話を, 預ろうよ, 頓着しない, 頭を, 頼んだもの, 頼んで, 類似し, 飛び付いて, 食って, 髯を

▼ 教授~ (241, 7.0%)

38 して 4 受けて, 訪問し 3 やって, やめて 2 うけて, つとめて, なだめて, 中心として, 受けた師弟, 始めること, 訪問する

1 [175件] あげるべきであろう, うけただけで, うける, おうけに, お勤めに, お始め, かこんで, さずけ, されて, した, したつて, したところ, したの, したもの, したり, しっかり担い, してさえ, してやろうか, しながら, しばらくし, しばり上げました, し一方, し現在, じろじろ観察, すませたの, すること, する時, ずるずると, せられて, たずねた折, つかまえた, つかまえて, でなく, なしたり, なす, なすほか, にらみつけた, ねごう, はじめる介添役, ぺンタゴンという, やったり, やつて, やめさせた, やめたいと, やめてから, やめられた年, 下し置かれたく推参, 与えて, 中心と, 中心に, 主として抜擢, 主任に, 主任教授として, 主班, 二人で, 仰ぎたい, 仰ぎたいと, 保護する, 先に, 兼ぬる, 内職として, 凌ぐ研究, 助けり, 務める哲学者, 十年は, 十年も, 十年間一生懸命に, 卒業し, 受くる, 受けその, 受けたが, 受けたという, 受けたること, 受けたるに, 受けた多く, 受けた時分, 受けた脇田一松斎, 受けながら, 受けには, 受けまた, 受けること, 受けるの, 受けるので, 受けるよう, 受けるわけ, 受ける生徒たち, 受ける頃, 受け師父, 受持つ先生方, 召喚し, 司どりかえりみて, 同伴し, 囚えよう, 坊ちゃん嬢ちゃん相手の, 執った時, 墳墓発掘罪として, 大いに利用, 失った, 失ったわけ, 失った大学, 奉職し, 委嘱し, 尋ね聴講科目, 常として, 廃し, 御利用, 必要と, 思いすてた, 我國に, 抱き起して, 担任すべき, 招いた価値, 拝命した, 持ち出した, 挙げるの, 探しまわった時, 擁護し, 改善し, 数えること, 数回聴いた, 施せり, 日々夜々に, 最上等の, 朝廷から, 栄と, 業と, 止すこと, 殺そうと, 煩わして, 申しいでて, 申しこんでも, 申し付けた, 盛んに, 目指して, 目標と, 目的として, 相次いで, 私は, 稼業に, 突如罷職, 經た, 經て, 縛り上げて, 置くこと, 罷めさせたの, 罷免すべく, 罷職に, 致しましょう, 苦しめて, 行ふ, 訪ねそこで, 訪ねた, 訪ねて, 訪ね泉石, 訪ね調教授, 訪ひ, 訪ふ, 訪れた時, 訪れて, 訪問した, 試驗する, 説いて, 請はんと, 請待した, 講師に, 辭し, 迎える前, 送る晩餐会, 選択した, 開始した, 願います, 願います今日, 首班と, 馘に, 騙して

▼ 教授~ (112, 3.3%)

6 なって 4 なった, なつた, 一緒に 3 なったの 2 なつて, なること, 二人で, 同樣, 昼飯を

1 [81件] いえども, いえば, いっても, いへば, うぬぼれて, さいきん, すること, その三人, なしたの, なったが, なった不遇, なった人, なった加藤正治, なられたので, なりそれ, なりゲハイムラート, なりデカルト学派, なり一八四〇年, なり又, なり学士院, なり後キール, なり明治十四年, なり現に, なり翌, なり退官後, なる, なるまで, なれり, なれりと, もう一人, ゼミナールの, ペンで, ペンディーンについては, ライフワークとしての, ワーナー博士は, 一年以上も, 一郎とは, 並んで, 主治医たる, 二人連で, 云うよう, 人の, 会見した, 助手二人と, 同じく反, 同じに, 同じやう, 同じよう, 同じ空間, 同じ考, 同伴で, 向かい合った位置, 哲学畑からの, 地質の, 学生との, 学生への, 対抗し, 小学校の, 屍骸を, 彼女が, 志, 思はれる, 意見の, 旧知の, 服部副, 歩きながら, 湯川さんとは, 異って, 相談し, 看板だけ, 矢走千鳥で, 私とが, 私とは, 私の, 筆者との, 自分と, 視線が, 親しくいわば, 陸軍中将が, 頻りに論争, 食卓を

▼ 教授~ (67, 1.9%)

2 が面白く, である, なんかから言, も大分, を以て教, を訳し

1 [55件] か, が述べられ, じゃない, だけれども, だ児童心理学, であること, では延寿太夫, として適当, とを掛け合わせた, と若い, などの取調, なの, についての意見, にまで命令, によって授けられたる, に力, に反対, に対しては甚だ, に種々, のこと, の原稿, の厳格, の夏期講習会, の夏期講習會, の如き, の実験, の是非, の熟練, の翻訳, の訳, の諸, の進歩, はちっと, はなかっ, はやめた, は実に, は徹頭徹尾, は整い, は現在, は甚だ, もつとに, も実地, も教育学, も生徒等, や通俗心理学, をこの, を伝え, を守り, を改めて, を旧式, を生徒, を用, を研究, を訳さなくっ, を調査

▼ 教授~ (60, 1.7%)

8 あつた 2 あつたの, 彼は, 有名な, 習つてる

1 [44件] あられたシラトリ先生, さいい, その才, その講義, なんの, もうこの, ケンブリッジ大学数学学位試験一級及第者大内氏は, ドイツでも, ドイツ人である, パリで, ミシガン大学卒業生杉氏は, 一高校長を, 主として古文書, 京都に, 今日の, 先年ノーベル賞を, 兼て, 内科専門の, 出る, 博士という, 同所の, 名声嘖々として, 埋める方針, 夫人よりはずつと, 子供の, 家庭生活では, 專ら顯微, 弘化元年に, 手に, 支那學を, 支那語の, 日本の, 明治天皇の, 榊三吉と, 演劇美学者の, 無政府主義者ルクリユ氏, 特にこの, 生徒主事を, 空中窒素の, 経営学を, 苦しんで, 英国官憲の, 西洋人の, 足を

▼ 教授~ (56, 1.6%)

2 して, 出来なかったので

1 [52件] あった, あったくらい, ありませんや, あるくらい, うまく生徒, お分り, ことごとく面, すでに報告, その態度, たいへん喜ん, つり込まれて, できること, でき次第に, なかなか親切, やめて, よくここ, アリストテレスに, ポコちゃんも, ヴェルデル教授も, 一緒である, 今日は, 余の, 公式主義者だった, 兵士たちが, 其大學に, 助手も, 堪えずひとり, 始めて, 字典を, 学生も, 容易な, 左右田先生の, 左右田博士も, 批評家も, 捨てたが, 日本へ, 日本部教授も, 来れば, 森田草平氏も, 死んだ筈, 瀉瓶だった, 独り学生のみ, 現実によって, 皆知つて, 矢張り人間の, 私も, 立ち上ろうと, 肉屋も, 行われること, 足に, 重傷の, 雇うこと

▼ 教授する~ (38, 1.1%)

2 ことに, ことを, とか筆耕

1 [32件] かな, か知らず, ことが, ことでありました, ことによって, こと最, それが, といえ, といふ, ところの, とは外国, に止まらず, のが, ので, のであつ, ので竹中氏, のを, の技倆, ものであっ, ものと, ように, 人を, 以上は, 傍ら常に, 先生も, 所と, 方が, 明治法律学校, 時には, 校舎が, 者も, 風も

▼ 教授~ (37, 1.1%)

1 [37件] から前途, がお礼, がこの, がパリー, が之, が例, が公共教育, が列席, が喧嘩両成敗, が挙行, が日本, だから, であった, といった次第, にある, によって行なわれるべき, に綽名, に緘口令, のこの, の内, の思想, の豹一, の間, はこの, はどういう, はみな, はズボン, は哲学, は大体高野岩三郎, は尽く, は恐らく, は現在, までを魅了, や滝川教授罷免, よりも又, を思いがける, を正餐

▼ 教授から~ (36, 1.0%)

3 私が

1 [33件] いただいた, こういわれ, 一世紀の, 一本を, 個人指導を, 副手や, 受売りの, 可愛がられて, 名誉ある, 命ぜられたとき, 地方の, 地球の, 外出を, 学んだよう, 得たもう, 得た報告, 成立し, 手紙が, 指導を, 明快に, 次の, 満点を, 痛烈な, 発したの, 私は, 私への, 習った学問, 聞いた話, 聞かされたこと, 自分は, 葉書が, 見て, 見れば

▼ 教授~ (34, 1.0%)

2 で認めない, の決議, を通過

1 [28件] が判定, が太田武夫氏, が開かれた, で彼, で確定, などは一体, においてすら食物, にかけた, に出, に提議, に於ける, の協賛, の御, の承認, の方, の権威, の渦中, の話題, は, は全員一致, は研究機関, は該教授, やと云った, をやる, をシン, を以て開始, を勝手, 及び法学部全体

▼ 教授たち~ (33, 1.0%)

1 [33件] からも仇討, がいや, が約した, が自分, が雑談, にはそれぞれ, にももちろん, にも原稿, によって実現, に怒られる, に話, の住む, の到底, の反感, の意見, の月給, の生活難, の講義, の質疑, の霊活, は, はこういう, はこの, はどだい, はみんな死滅, は泥沼, は面白い面白い, も巡回視学官, や弁護士, を上野公園, を徹底的, を訪ねた, を訪問

▼ 教授として~ (33, 1.0%)

2 有名な, 赴任し, 赴任した

1 [27件] その年, その言葉, フランス語の, 三十名近い, 仮の, 倫敦の, 傍ら考古學の, 六カ月き, 兵学の, 初めて京都, 同校の, 名高いレッグ, 在任し, 存命中であった, 就職する, 岩元禎先生が, 彼を, 招聘され, 文部省の, 来朝中の, 渡米する, 滞亜, 無事に, 相變ら, 能の, 言語学の, 長い間研究

▼ 教授~ (32, 0.9%)

4 ていた, ている 2 て居た

1 [22件] あるいは自ら, かつ洋酒, これを, たり或は, ておられる, てくれた, てくれる, てもいい, てゐる, て少し, て居られ, て居り, て居る, て生徒, て遣る, もしくは学修, 医学所を, 後に, 支那の, 文部省には, 流風は, 門人も

▼ 教授~ (28, 0.8%)

1 [28件] その夫人, イェンシュ教授に, テイト教授の, ミュウニッヒの, レーヴィット氏の, ロシアの, 何かの, 修身徳育専門の, 其他あり, 勅任官抔の, 博士が, 博士に, 博士は, 国会議員が, 大学生が, 学生の, 官展無, 寺田博士の, 小泉信三教授や, 山口所長から, 技師や, 文学者などと, 有名な, 森田草平氏の, 理学部及び, 産児制限の, 翻訳を, 自分達やの

▼ 教授~ (23, 0.7%)

2 に帰っ, に於

1 [19件] であの, で催され, で書物, と呼ばれる, に入る, に呼ん, に居られた, に於ける, に移し, に立て籠っ, に若い, の三方, の中, の南側, の深夜, の自分, の連中, へ何, へ入っ

▼ 教授という~ (22, 0.6%)

3 ものは 2 のは, 肩書の

1 [15件] ことに, ものが, ような, 人が, 人で, 人とともに, 位置が, 先生が, 婦人科専門の, 存在が, 広告であった, 状態である, 看板を, 私共, 肩書を

▼ 教授~ (19, 0.6%)

1 [19件] がすっかり, がそろそろ, が声明書, が批判回避, が神, が考案, が集まっ, とも深く, に比べ, に紹介, の家, の拍手, の頭, はいっせいに, はまるで, や物々し, を二十二カ町村, を相手, 又は各地

▼ 教授である~ (18, 0.5%)

1 [18件] か誌, が先だって同君, が犬好き, けれども実は, ことが, ことであった, ことは, ということ, というの, と云っ, コンラット博士が, 九鬼周造氏が, 峯子は, 彼は, 某博士, 瀬尾先生か, 竹内端三博士は, 関係から

▼ 教授~ (15, 0.4%)

1 [15件] かの子供, からと云つて, からよかろ, から一体, から岡田, か校長, つたから, つたその, つたのに, という風, といふ, とかいふ者, ね, ねって大学, 多少の

▼ 教授であった~ (14, 0.4%)

2 理学博士矢田部良吉先生の

1 [12件] がのち職, けれどもロンドン, というのり子, と言った, ザヴィニーは, シラトリ, ジェヴォンスは, ティボー, 岸本に, 浜田博士の, 経済学者ダメト, 辰野博士が

▼ 教授には~ (12, 0.3%)

1 [12件] かつてその, そういうふう, そうとより, そのあくび, なって, なる事, ガーネットが, 三学期通じ, 二種あ, 問題を, 自分の, 迷信の

▼ 教授であり~ (10, 0.3%)

1 この二人, その人々, またまことに, マドモアゼルは, 大原社会問題研究所の, 学者である, 日本の, 経済均衡の, 腔外弾道学の, 英国に

▼ 教授とか~ (10, 0.3%)

1 いうと, その他政治家あるいは, わずかな, 何とかいう, 勲一等とか, 商大の, 学長とかいう, 師範とかいう, 早稲田の, 道廳の

▼ 教授でも~ (9, 0.3%)

1 いいという, いたら相談, いつもいつも面白い, するつもり, なくい, 一番人に, 何でも, 学者でも, 専門学者でも

▼ 教授といふ~ (9, 0.3%)

2 のは, ものは 1 ことに, 人は, 名前を, 樣な, 自分も

▼ 教授としての~ (9, 0.3%)

1 仕事を, 収入だけで, 招聘に, 氏は, 生活を, 生涯は, 立場から, 行政的手腕から, 頭の

▼ 教授した~ (8, 0.2%)

1 ことが, ことそれから, ことは, ということ, のが, のである, のと, ものであり

▼ 教授との~ (8, 0.2%)

1 はなしは, 二三の, 協同研究に, 対話を, 討論に, 話の, 論争に関する, 間に

▼ 教授たる~ (7, 0.2%)

1 ところを, 人の, 人は, 以上お, 浮田, 職務上の, 資格が

▼ 教授だった~ (7, 0.2%)

1 かときいた, からだ, が前, のだ, のに反し, バッシン氏の, 蟻田博士な

▼ 教授などは~ (7, 0.2%)

1 そうだ, どうで, サッサンラップ島の, 元来そうとう, 別として, 極めて簡単, 西田博士に対する

▼ 教授にも~ (7, 0.2%)

1 その来訪, なれたの, ペンディーンにも, 会見し, 剣を, 左うである, 蘭書は

▼ 教授細目~ (7, 0.2%)

2 といふの, に載つ, を編んだ 1 が決定

▼ 教授では~ (6, 0.2%)

2 ないの 1 なかった, インフレが, 古屋芳雄式場隆三郎林髞等, 生計が

▼ 教授とは~ (6, 0.2%)

1 かたを, たいへんな, どれほど勉強, 云いながら, 素読の, 顔を

▼ 教授とも~ (6, 0.2%)

2 あろうもの 1 古くから, 同船した, 同行の, 略

▼ 教授ぶり~ (6, 0.2%)

1 で或, で謄写版刷り, とがほんとう, は愉快, は熱, への感想

▼ 教授~ (6, 0.2%)

1 に初歩, に少なから, に忠實, のお話, の経験談, の苦情

▼ 教授会議~ (6, 0.2%)

1 がひらかれた, では喜ばない, で主張, に対しては学内一般, または編輯会議, を開いた

▼ 教授夫妻~ (6, 0.2%)

1 が私, が私たち夫妻, とまさに, は三十分近く, は東京駅, を案内

▼ 教授~ (6, 0.2%)

1 と自分, によつて物, の, の分析調査, は学会出席, もいる

▼ 教授より~ (5, 0.1%)

1 先きであった, 大浦天主堂に, 大阪天主公教会の, 暗記し, 貴いで

▼ 教授~ (5, 0.1%)

1 に限る, の結束, は共同研究, は文部省, 乃至教授会

▼ 教授~ (5, 0.1%)

1 が如何にも, と法服, に身, もまた, を着用

▼ 教授~ (5, 0.1%)

1 となる, と江ノ島, の糧, を二年間, を独占

▼ 教授にでも~ (4, 0.1%)

2 なって 1 なつて, なると

▼ 教授にな~ (4, 0.1%)

1 つた人から, つてゐた, つて來た, つて赴任した

▼ 教授~ (4, 0.1%)

1 に夫人, に恐らく, に陪審教授, の収入

▼ 教授助教授~ (4, 0.1%)

1 さては助手, で内村鑑三先生, には最も, を学園

▼ 教授及び~ (4, 0.1%)

1 イタリアの, 学生の, 日本人の, 東京商大

▼ 教授~ (4, 0.1%)

1 とか組頭, と学生目当て, に暇ごい, をも兼ねました

▼ 教授~ (4, 0.1%)

1 のもの, の大きい, の大きな, の草木

▼ 教授自身~ (4, 0.1%)

1 が道化師, の従来, は一向, は依然として

▼ 教授~ (3, 0.1%)

1 その次ぎ, 何か, 講師を

▼ 教授がた~ (3, 0.1%)

1 の中, の処, の目

▼ 教授これ~ (3, 0.1%)

1 が会長, が教授側, を実地精査

▼ 教授された~ (3, 0.1%)

2 ものである 1 ことも

▼ 教授その~ (3, 0.1%)

1 ほかの, 夫人竝に, 愛嬢ウィルヘルミウィルヘルミの

▼ 教授であろう~ (3, 0.1%)

1 が他, とそれ, と用務員

▼ 教授でなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならない, ば幸い, ば治まらず

▼ 教授とが~ (3, 0.1%)

1 同時に出来る, 四月末頃から, 正木博士と

▼ 教授などの~ (3, 0.1%)

1 余裕は, 時間に, 色々の

▼ 教授によって~ (3, 0.1%)

1 導かれあるいは, 生計を, 行なわれた研究

▼ 教授に対して~ (3, 0.1%)

1 個人的に, 厳重に, 無やみ

▼ 教授よりも~ (3, 0.1%)

1 たくさんな, 判検事の, 小学校の

▼ 教授らしい~ (3, 0.1%)

1 扱いかたで, 質問への, 長い文章

▼ 教授一人~ (3, 0.1%)

1 だけ東京, にある, をのぞい

▼ 教授一家~ (3, 0.1%)

1 がこれ, の住居, は

▼ 教授~ (3, 0.1%)

1 は東京市土木局嘱託浅見厚太郎博士, は東京高等師範教授, 明両日休講

▼ 教授候補者~ (3, 0.1%)

2 となる 1 を募った

▼ 教授~ (3, 0.1%)

1 では結局発起者, の指導者, を支持

▼ 教授先生~ (3, 0.1%)

1 というもの, は議論, や枢密顧問官

▼ 教授夫人~ (3, 0.1%)

1 だけが同情, の方, の鼓舞

▼ 教授~ (3, 0.1%)

1 のよう, へ行った, を見る

▼ 教授方法~ (3, 0.1%)

1 に向ける, の如何, はない

▼ 教授生活~ (3, 0.1%)

1 には入らず, に就い, に未だかつて

▼ 教授要目~ (3, 0.1%)

1 が制定, の国体教育化, を改正

▼ 教授課目~ (3, 0.1%)

1 の一つ, の内容, の配列

▼ 教授諸氏~ (3, 0.1%)

1 であつ, とも何, によってそれぞれ適当

▼ 教授かも~ (2, 0.1%)

2 しれない

▼ 教授がね~ (2, 0.1%)

1 教授教授がね, 親仁の

▼ 教授させた~ (2, 0.1%)

1 のである, ものであります

▼ 教授しよう~ (2, 0.1%)

1 とした, とは云わぬ

▼ 教授その他~ (2, 0.1%)

1 の諸氏, を罷免

▼ 教授たり~ (2, 0.1%)

1 しこと, しグレー博士

▼ 教授だけの~ (2, 0.1%)

1 外誰も, 特色では

▼ 教授です~ (2, 0.1%)

1 か, かそれとも

▼ 教授とな~ (2, 0.1%)

1 つては, つてを

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 のだ, のである

▼ 教授など~ (2, 0.1%)

1 して, だろう

▼ 教授などを~ (2, 0.1%)

1 しながら, 初め多くの

▼ 教授なら~ (2, 0.1%)

1 ば講義, 儂と

▼ 教授について~ (2, 0.1%)

1 ただ一つ, 学ぶよう

▼ 教授にと~ (2, 0.1%)

1 つては, 呼ばれたが

▼ 教授によ~ (2, 0.1%)

1 つて明かにせられた, つて確められ

▼ 教授への~ (2, 0.1%)

1 謝礼を, 重しの

▼ 教授または~ (2, 0.1%)

1 借教室, 助教授が

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 のうち, の学生時代

▼ 教授らしく~ (2, 0.1%)

1 もない, 髪を

▼ 教授レイスネル~ (2, 0.1%)

1 の娘, の家庭

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 には社, の

▼ 教授事件~ (2, 0.1%)

1 が発生, を動機

▼ 教授佐藤文次郎氏~ (2, 0.1%)

1 の姻戚, の謝恩

▼ 教授大西克知博士~ (2, 0.1%)

1 が人並, は白鷺

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 には泊り込み, の隣り

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 の助手, の友人生田氏

▼ 教授手段~ (2, 0.1%)

1 としてである, としての講演

▼ 教授振り~ (2, 0.1%)

1 が私, に家

▼ 教授控室~ (2, 0.1%)

1 になじめなかった, の空気

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 は一ヶ月三十セント, を取っ

▼ 教授松村博士~ (2, 0.1%)

2 がどういう

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 先生であった, 博士は

▼ 教授某氏~ (2, 0.1%)

1 の家, は物心

▼ 教授正木博士~ (2, 0.1%)

1 が私費, は同

▼ 教授犬田博士~ (2, 0.1%)

1 は老境, を招い

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 の藩, は地上

▼ 教授紀平正美博士~ (2, 0.1%)

1 による, はヘーゲル

▼ 教授罷免~ (2, 0.1%)

1 の理由, の策動

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 には常に, の参考

▼ 教授自ら~ (2, 0.1%)

1 が, の屬

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 の如き, を説く

▼ 教授要員~ (2, 0.1%)

1 の募集, の錬成

▼ 教授~ (2, 0.1%)

2 するに

▼ 教授~ (2, 0.1%)

1 の注目, の騒動

▼1* [337件]

教授そか, 教授あそばしましたし熱心, 教授あてに送る, 教授あなたは私, 教授あり富豪あり, 教授からはなんの, 教授ぐらいだろうと, 教授ここにお, 教授これらの人々, 教授さえもきみを, 教授させたりした, 教授させぬ派も, 教授さま達て妻, 教授されてゐる, 教授されるに至った, 教授しけるに東京市内, 教授しければさらぬだに, 教授したごとき事実も, 教授すべしあるいは政府, 教授すら小説家という, 教授せしめらる, 教授せよ教誡せよ, 教授せらるる昌平学校へ, 教授せられている, 教授せられし大学の, 教授せられたのを以て, 教授せられる諸国において, 教授せんとする, 教授それから東大心理学科出身, 教授それから父の, 教授それぞれの考え, 教授ただ一人である, 教授だけあって, 教授だけでもいいという, 教授だけでもと思ったのに, 教授だけは例外で, 教授だって喜ぶよ, 教授だろうが博士, 教授つたらお酒, 教授であって秀でた, 教授であったではない, 教授でしたので電話, 教授でなくてもだ, 教授ではずつと以前に, 教授とある看板の, 教授とかいう人たちは, 教授とかになる人物, 教授としても恥しくない, 教授としてよりも老荘会, 教授とでもいいたいよう, 教授とに伴われ後, 教授とやら申ことに, 教授と共に高師の, 教授どの人をもつ, 教授なぞといふ看板を, 教授なぞはいつでも, 教授などから出て, 教授などが退いた, 教授などというものは, 教授などについてその音声, 教授などには哲学技術は, 教授などにも見うけられなくは, 教授なども観測機会が, 教授ならかまわないが判事, 教授なんか話が, 教授なんかに何の, 教授につき教師の, 教授にて知つた人, 教授にまでなると, 教授による哲学的研究である, 教授に対してもすまないという, 教授に対する不潔感は, 教授に関する一插話が, 教授はじぶんも手袋, 教授はと見て, 教授ばかりでは, 教授依頼した, 教授まずとん, 教授みたいに温厚, 教授やに扮し, 教授よりは旅慣れ, 教授をも迎へた時の, 教授アンダーソン氏と同居せり, 教授アンドリウス・ケネディ博士がこの, 教授アンブロセチ氏の案内, 教授アンリ・ワロンの序文, 教授ウィルダア・マクドナルド博士と相, 教授ウンラートはと見る, 教授オンネス氏はついに, 教授ギリシア哲学史とか卒業論文, 教授クレンペ氏のところ, 教授グリム兄弟等の激勵, 教授ケルミッシュといった, 教授ケーポ・デ・リアーノ大先生, 教授コバレフスキーと旅券結婚, 教授コンラード夫妻が東京, 教授サクリーン教授などが退いた, 教授シャンツ夫人もいます, 教授シ外交官ノ妹ニ袴, 教授シ日本ニ關スル著述頗ル多シ千九百四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生, 教授ジェヴォンス氏が私, 教授ジューベ氏の遺品, 教授ジルケは千八百八十二年伯林工芸美術館, 教授スペンサー氏に面会, 教授ダッタ氏が印度, 教授ネエケはフリイデリケ, 教授ハッドンの書いた, 教授パウル・ミルヨウコフ氏が嘗て, 教授パペーズ博士の依頼, 教授ファブレス氏が新, 教授ブラウンセカールと講師シオ, 教授ブレモンの著書, 教授ブレーキの書いた, 教授プレンゲ氏の, 教授ベケル及びハマライネン, 教授ペレウェルゼフの口元, 教授ホオルコツプ氏のオラチウンクレエ・デ・レエブス・プレテリチス, 教授ホロート氏が最初, 教授マクス・ミュラー氏もその, 教授マジャーエフ博士の, 教授ランジュヴァン其の他, 教授リジンスキーをとばし, 教授リュウ・ツシゴウル氏が説明, 教授ロオブスタイン博士であり若い, 教授ローマ法王文壇の大家, 教授ヴァイセがいた, 教授ヴィットコップによって, 教授一〇人に対して各, 教授一個の又, 教授一年ぶりで伯林, 教授一流の気象学, 教授三上知治画伯と共に大浦天主堂, 教授三宅教授と共に高師, 教授上不注意のかどありと, 教授下し置かれたく, 教授乃至教授候補を, 教授事項の分解的説明, 教授二十一名の内, 教授今村博士や東京帝大文科, 教授今泉忠義さんである, 教授以下の人々, 教授以下全員即死したもの, 教授休業である, 教授を記し, 教授の位地, 教授佐々木氏及び矢田部氏, 教授佐藤文次郎君などもその, 教授佐藤氏の鑑定, 教授何なに博士に相違, 教授作家労働者学生今は絵本, 教授俸給を支給, 教授候補を, 教授貴族院議員, 教授先輩同輩に好かれる, 教授免職は年の功, 教授入江達三郎から上聞, 教授入沢宗寿博士の著書, 教授其他來賓及松本館長夫妻外本館職員一同, 教授兼主事としてその, 教授兼新聞記者といふ肩書, 教授内田銀蔵氏は足, 教授内藤湖南氏が初めて, 教授列伝としたい, 教授別府女子大の佐藤校長, 教授のある, 教授加来典重はカント, 教授加茂正雄君昨年露国駐剳大使館一等書記官, 教授助教授みな座して, 教授助教授以下大学の一教室, 教授助教授學生達が澤山, 教授医学博士で九州大学病院, 教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 教授医学博士正木敬之氏で御座います, 教授原理と方法, 教授又は内弟子が, 教授受持の物理実験, 教授呆然其余りの無意義, 教授呆然其餘りの, 教授和辻哲郎博士の著, 教授問題は単に, 教授団切り崩しが従っ, 教授団攻撃や佐野善作学長, 教授国学では平田鉄胤氏, 教授土居光知であるが, 教授地方貴族官僚などにとつて, 教授坂口博士が先般, 教授執筆者必ずしも誠意, 教授を総て包括, 教授外一二人会葬したばかり, 教授外二名の手, 教授大森博士などの加, 教授大沼博士には偶然, 教授大里玉石堂主人浦の面々, 教授夫婦は見舞, 教授との法式, 教授学士院会員として最も, 教授学習院時代にはいま, 教授学者になる, 教授安部磯雄君であつ, 教授に提出, 教授小倉右一郎氏齋藤東京帝國大學教授其他來賓及松, 教授小泉沢木の二氏, 教授小皺見ゆる頬辺, 教授小野氏は元老院書記官, 教授就任に関する裏面, 教授岡崎雪声氏が鋳造, 教授平井先生のお話, 教授幾重にもお願い, 教授の哲学概念, 教授待遇の講師, 教授従六位医学博士正木敬之氏が溺死体, 教授復職に代る, 教授手傳出役となり, 教授揚応能は臣, 教授政府の大官, 教授政府各部の役人, 教授教授がね親仁, 教授数人に紹介, 教授数名彼等の夫人, 教授文学士酒井俊蔵の愛娘, 教授文學博士高山峻藏君の母君, 教授新明正道氏は同, 教授新村出博士は言語学者, 教授方以下いずれも立った, 教授方式に對, 教授方針を攻撃, 教授日張半平博士を訪ね, 教授日本文化連盟の政治学者, 教授日本文学に精しい, 教授昇格が自分, 教授時代に熱心, 教授時代学生を引率, 教授時間がある, 教授更にその国, 教授木村正辞氏が三等教授, 教授末延三次氏は厳父, 教授に供えたる, 教授松村任三博士は余り, 教授の運転手, 教授桑原隲蔵氏は大きい, 教授森山は才氣, 教授槙村と名刺, 教授横井時敬同長岡宗, 教授横田喜三郎氏はJOAK, 教授橋本左五郎とあった, 教授歓迎会其又明日は, 教授正木先生が開設, 教授武井君は京都高等女学校, 教授武谷医学博士福岡随一の無鉄砲有志, 教授殖田三郎さんと共に相模川, 教授毎週三日午前九時から午後一時, 教授をしっかり, 教授法上の優秀さ, 教授法以外の手管, 教授法学博士に嫁, 教授法学博士ヒツスセリング氏ニ就テ欧洲政学ノ要, 教授法学博士市村光恵氏は憲法学者, 教授法学博士某氏などが出獄後, 教授法等は一般, 教授法自由画自由作文児童の芸術心, 教授潮見博士がこの, 教授とした, 教授父子の私宅, 教授片田博士である, 教授猛烈な近眼, 教授獨自の見解, 教授王立協会記事編纂係兼実験場の管理人, 教授理学博士小藤文次郎工学博士渡辺渡医科大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 教授理学博士矢田部良吉という歴, 教授理學博士遠藤吉三郎であつ, 教授生徒の間, 教授用フィルムに簡単, 教授用標本としての楽器, 教授田中書記等が現場, 教授上げたこと, 教授申したところから, 教授申そうかの, 教授申上居事を心付き, 教授男爵穂積博士の最近, 教授登坂の娘, 教授白面の青年, 教授的概念の方, 教授矢内原氏の知性, 教授矢田部教授福世氏も一緒, 教授矢田部良吉博士がこの, 教授矢野玄道氏が二等教授木村正辞氏, 教授石川興二君はその, 教授石栗博士が重く, 教授研究上の要具, 教授研究所員工場技師蔵書家名人家元などという連中, 教授神田孝平訳の経済小学, 教授福世氏も一緒, 教授窃盗事件の興味, 教授等バーベリはユーレー, 教授篠山博士が月界探検, 教授紀淑雄氏は近頃, 教授が十二級, 教授素朴でそして, 教授終り茂太郎と, 教授はひろげられる, 教授罷免問題をこの, 教授罷職事件が起っ, 教授美濃部達吉博士は東京帝大新聞, 教授翻訳家出版関係者作家詩人という面々, 教授職並に進み, 教授自身之を大して, 教授英文学者にし, 教授藤岡氏のコーエン翻訳, 教授藤沢利喜太郎編纂の教科書, 教授の行動, 教授西一郎赤星ジュリア矢走千鳥という面々, 教授西田先生に呼び出され, 教授見たいな指導, 教授親子を宿, 教授訪問の役, 教授詰込主義でなくて, 教授に馬, 教授諸君の調査, 教授講師はその, 教授講師以下八名の多少, 教授豊島定氏である, 教授資格試験の受験準備, 教授の思想, 教授農科の古, 教授連中までが一斉, 教授連盟とかいう自分, 教授里見先生立会の上, 教授鈴木大拙博士の夫人ビアトリス女史, 教授長井長義博士が三浦夫妻, 教授長谷川謹造先生はヴエランダ, 教授開始の時間, 教授が揃い, 教授階級のすべて, 教授願わねばならぬ, 教授のもの, 教授高木友三郎氏の学位論文, 教授高木貞治博士の代数学