青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「教師~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~救 救~ 救い~ ~教 教~ ~教え 教え~ 教会~ 教室~ ~教師
教師~
教授~ ~教育 教育~ ~教養 教養~ ~敢 敢~ 散~ ~散歩 散歩~

「教師~」 3463, 37ppm, 3093位

▼ 教師~ (727, 21.0%)

9 職を, 顔を 8 ことを 7 やうに, ような, 家に, 方が 6 口を 5 ように, 家の 4 いうこと, ほうは, やうな, 家へ, 方は

3 [16件] ことで, ために, 一人が, 上に, 口から, 口は, 後姿を, 所に, 生活を, 癖に, 眼を, 職に, 言葉を, 試験を, 講義を, 顔色を

2 [52件] いる学校, うちの, ための, である, ところへ, 一人であった, 下宿し, 下宿してる, 並木孝子は, 中に, 事を, 人格や, 伝記は, 免状を, 分際で, 前では, 口が, 啜り上げるの, 多くは, 存在を, 孝子にも, 山北道子が, 山北道子の, 手から, 手に, 手伝を, 操行点を, 方で, 方に, 方へ, 方を, 旦那は, 末席に, 注意書が, 目と, 目には, 神山富江と, 福富も, 老婦人, 背なる, 膝の, 自分よりも, 苦心さこそと, 言ふ, 言葉は, 話に, 講義も, 身には, 間に, 顏を, 顔は, 黒い姿

1 [485件] あること, あるに, いうたとおり, いったこと, いない初夏, いは, いわれるの, うしろで, うちには, うちへ, うわさを, えろきゅうしょんなどを, おかげで, おかげである, おまけに, おれより, お情け, お部屋, かげに, くせに, こと, ことと, ことなど, ことなどは, ことに, ごとく部門, さうし, その言葉, それに, そろって, だみ, だみ声が, つかんで, つもりに, であった, ときよりも, ところで, とるべき態度, なかに, ほうが, ほうに, ほか世間においては, まねを, むつかしい顔, もとに, もとへ, やって, わる口を, アンシオー氏で, アンリエットからと, アンリエットが, アンリエットの, エッケルトでした, エヴァンスと, カイゼル, ギーザが, コップに, ジイサンは, スイス人が, ドンチャンさわぎ, ノートは, フランス人が, フランス人は, フランス女で, フランス婦人については, マドモアゼル, レクチユアルばかりに, 一人, 一人である, 一人として, 一人に, 一人は, 一件だ, 一団の, 一擧一動は, 三吉としては, 三田が, 下から, 下に, 下手な, 不徳と, 不徳教書の, 不興を, 不足等の, 不道徳な, 中で, 中でも, 中には, 中誰と, 亂暴を, 予期し, 事であり, 事は, 二人が, 人々が, 人格と, 人格を, 人物いかんに, 人間的価値と, 今迄の, 仕事だった, 仕事などを, 仕事を, 仕打ちを, 代つた理由, 代作でなけれ, 仮面をか, 仲間へ, 件御, 任かも, 任務をも, 伝記, 伝記が, 伝記と, 伝記の, 伝記を, 似顏, 低い蜂, 体臭を, 何とかいう, 來る, 俸給で, 俸給は, 候補者などには, 値打が, 側でも, 側に, 傍に, 優れた点, 先生が, 免職云々は, 全部と, 内に, 再教育, 出教授を, 出来る家, 出現を, 出身中学が, 出過ぎた仕打ち, 判断に, 利用法を, 前で, 前に, 前へ, 動作から, 動作に, 動作の, 務めや, 勤めも, 単調なる, 原語で, 参考資料ともなり, 友人を, 反感を, 口がか, 口だって, 口では, 口でも, 口でもと, 口ならある, 口に, 口も, 口伝が, 古びた洋服, 号令で, 号令に, 号令によって, 吉田が, 名は, 名刺に, 名前ことごとく, 名前の, 周到な, 周囲に, 命令と, 命令に, 哲学を, 單調なる, 噂で, 地位, 地位は, 型とか, 報酬は, 声が, 声の, 外には, 大げさな, 大内記, 大学生中林哲五郎先生に, 大森君が, 大追放, 夫というは, 奥さんは, 奴隷か, 如く常に, 妻らしく装う, 妻君から, 姿が, 姿すなわち, 姿に, 姿において, 姿にのみ, 姿の, 姿を, 娘の, 婦人が, 子だけに, 子では, 子として, 子どもに, 子息, 学者らしい, 宅へ, 宅をも, 実力が, 客も, 客を, 宣言を, 家だの, 家で, 家でも, 家にも, 家へも, 家や, 家を, 寓居へ, 寓居も, 対手という, 山北道子と, 山北道子に, 山北道子は, 工阪杉江の, 常識で, 平穏な, 幼時として, 廃止営業時間の, 役に立たぬ割合, 役も, 役を, 役目で, 役目を, 待遇改善である, 後に, 後を, 御蔭で, 心を, 心力と, 心得べきこと, 心得次第では, 思い思いと, 思ふやう, 息が, 息子の, 悪口を, 情で, 意味で, 感化が, 感化で, 感化力は, 態度によって, 態度を, 懇請によ, 所などへも, 所の, 手内職で, 手内職は, 手帖といふ, 手紙が, 手記である, 批評を, 投げ出して, 持つ右, 持山だ, 指導に, 指導を, 振り廻わす, 授ける所, 提出する, 提議を, 握る鞭, 教うる, 教えも, 教えよりも, 教えを, 教にさえ, 教師たる, 数だけ, 数も, 数藤五城氏法官で, 新しい問い, 新家庭, 新調した, 日向智恵子は, 日向智惠子は, 日本潜入も, 日本語独習の, 日記を, 旦那というは, 星占ひ, 時代に, 普通に, 書いた原稿, 最も注意, 最初の, 月給さえ, 月給も, 有田道代である, 有田道代の, 服や, 木村窮乏による, 本分として, 本分を, 本性であっ, 本質論は, 本音を, 机から, 杉本は, 根本態度が, 検定試験でも, 様に, 模擬試験に, 樣に, 機嫌が, 止めるの, 正真の, 死は, 死を, 気に入ったよう, 気まぐれを, 注意を, 注意をすら, 注視を, 洒落や, 活動を, 渚女史に, 温かい頸筋, 演説は, 漫画を, 潜入は, 為に, 無能に, 無責任, 無頓着な, 煩悶反逆を, 煽動で, 爲す, 父親さんだ, 片意地な, 特性を, 生きた, 生きる道, 生家だった, 生徒に, 生活, 生活は, 生活も, 生活難から, 用事を, 田部井氏の, 甲走った高い, 発音の, 百面相で, 監督を, 目を, 真似も, 真似事みたいな, 真面目に, 着物の, 矢沢松子も, 礼金を, 社会的重要性三教育行政における, 禿頭を, 私の, 私宅へ, 科白の, 空位を, 立場として, 立場は, 立派な, 答える声, 答は, 答を, 細君が, 細君たちは, 細君だった, 細君との, 紹介が, 紹介を, 経験した, 耳に, 職, 職をも, 職務は, 股倉めがけ, 胴っ, 胸に, 能力の, 腕に, 腕を, 腰に, 腰の, 自分への, 苦心は, 蓑田先生が, 蔵書悉く, 薄い水着下, 行方及び, 表情に, 要求する, 規則も, 観察であった, 言いだすこと, 言う文句, 言ったこと, 言ったこの, 言を, 言葉から, 言葉が, 訓戒が, 許しを, 許に, 許へ, 許嫁が, 詩は, 詩読む, 話, 話が, 話の, 語気について, 説くところ, 説く通り, 誰かを, 諸住泰介, 講壇で, 講義は, 講義録を通して, 譯語を, 負担を, 資格は, 資格を, 質の, 質問に, 赤に, 越智の, 足もとで, 踏み出しを, 身で, 身として, 身の上に, 身振, 追放について, 通う小学校, 進んで, 道といふ, 道子は, 選定といふ, 部屋が, 部屋等が, 郷里への, 酸素吸入が, 長女と, 間が, 間で, 間では, 間へ, 間柄を, 階級が, 階級と, 面前において, 頭に, 頭を, 頸に, 顎を, 顔つきや, 顔に, 顔色から, 顔色ばかり, 顔触れは, 風貌や, 飯を, 首と, 馬鹿野郎, 魅力なき, 鼈四郎は, 鼻の

▼ 教師~ (442, 12.8%)

13 いった 6 それを 5 自分の, 非常に 4 そんなこと 3 生徒に

2 [23件] いって, どんなに淋しく, 三年の, 二人ゐた, 云いながら, 傘を, 勿論彼, 卓子に, 厭だ, 女神を, 彼の, 思つてゐた, 恋愛問題の, 擽ぐられたやうに笑, 期せずして, 混返す, 火の, 無邪気にも, 皆個人としては, 私の, 言った, 超人哲学の, 顔を

1 [360件] あごに, あのあいだ, ありますけれども, あんがい長い, いいました, いい一人, いい身, いう, いうの, いかにし, いちいち人, いっそう生徒, いったが, いつたの, いつでも, いづれ自分, いなかったもの, いろんな下らない, うなずきまたもや, うれしかった, おいよさん, かえった, かなり不穏当, きっぱりと, こういいのこす, こういう学生教師, この特別, この詩, この食事, これだけの, さすがに, さも不思議相, さらに焚く, しきりにその, しみじみと, すでにひどく, そういう夜々, その子供, その学問, その帯, その手紙, その拍子, その時, その時私たち, その紙包, それなり余り口を, それに対しては, た, たずねた, たずねたの, たずねました, ただいま, ただ個人的, ただ申譯, だれに対しても, だんだん秀吉, ついこの間英国, とにかく教壇, どうかし, どう勘違, どこより, どしどし検挙, ないと, なるべく飲食店, にっこり微笑, はたして葉子, はたで, ひどく亢奮, びつくりし, ふと窓, ほんとに指導者, ぽんと, まあ小刀, また好き, まだ出揃っ, まだ廻っ, まだ若い, まっかな顔, まったく村長, まるで自分, まれであろう, みな大学の, みな羽織袴または, みんな机を, むこうから, むしろ出来る, もうほとほと手, もうやけくそ, もう一度その, もちろん生徒, もはや教師, やっと分かった, よい加減, よく円形, よく来た, よしたの, わざわざ, わたくしの, わたしの, わたしを, ゐないが, ゐないの, アボルトした, アレキサンドラ・シュレムスカヤと, エミール・ナイデという, クラス名簿と, シャウフェルという, チャンバ・パーサン・チンレーという, ドアを, ドイツより, ハンケチを, バケツの, バタつきの, フランス人で, フリーダに, フリーダを, 一人一人の, 一定の, 一時休学し, 三角帽を, 下駄の, 不快に, 不機嫌そうな, 丑松から, 並んで, 中年の, 主要な, 二人だ, 二人の, 二倍の, 二畳台の, 人格高潔の, 人類の, 今の, 他の, 以前その, 低い声, 何と感じ, 何を, 何時でも, 余り参考書を, 俺の, 偽の, 僕を, 元来やり, 免職よ, 入学試験の, 入學試驗, 全く消極的, 全く芸人風, 全国で, 全身の, 八十七ルーブリ都会の, 兵士に, 其あとで, 再び横柄, 再び鉢, 出席しなけれ, 出来るだけ, 初瀬に, 助手たちに, 助手たちを, 務まるからな, 十手の, 半数チリ人に, 卓の, 去年私が, 又し, 又ぽん, 又よく, 又丑松, 又海老茶袴, 受持受持の, 口の, 只堺先生, 吉を, 君の, 告白する, 呑気で, 呼び掛けて, 唯英語, 唸った, 嚴重なる, 四十余の, 国語を, 外して, 大きな木, 大体の, 大急ぎで, 女中では, 始めての, 委託を, 威勢よく, 子供, 子供たちが, 子供たちに, 学校以外の, 学校当局が, 学生の, 宅で, 官の, 実に口惜し, 小柄で, 少し身体, 居らずただ, 左の, 常々弟子達に対して, 平一郎を, 平手で, 平生から, 庭に, 弟の, 弥之助の, 弱味に, 彼に, 微笑し, 必要な, 怒鳴った, 思いやるよう, 怪訝な, 意地の, 感心だ, 慌て, 慌て首, 手に, 手垢で, 持前の, 授業を, 擲ぐるのをもって, 支那人の, 改めて派, 教えて, 教員室へ, 教壇の, 教室でも, 教師で, 教師役人は, 教授する, 文書の, 新しく本, 新入生に, 日本を, 日本人の, 日本語の, 早口で, 時々その, 時々は, 時にまるで出鱈目, 時間給で, 本を, 松山在来の, 松岡先生といふ, 校長に, 椅子から, 椅子を, 正式に, 歯ぎしりを, 比較的時間, 気むつかしく, 決して, 決して誰それサン, 決心し, 源叔父今も, 潜伏し, 無冠の, 無表情な, 無論嫌, 無論疑ひ, 煙草の, 照れかくしに, 父兄とともに, 片手間さ教室は, 特務機関の, 猫の, 猫を, 生徒等へ, 生徒達を, 生真面目な, 男子よりも, 當時高知市第, 癖に, 百ルーブリに, 皆まで, 皆よき, 皆本塾の, 眉を, 真理事実の, 矢張り教師である, 矢張教師である, 知らざりきかく, 磊落に, 私が, 私に, 私を, 稲田を, 穏かに, 第一教場, 第六課, 筆おき, 答えたが, 答の, 答を, 米にといった, 細々と, 細君を, 翁が, 習字の, 耕作の, 職に, 腮の, 自分が, 自分にだけ, 自慢を, 自棄に, 自然の, 艶書だ, 芸術家気取, 若い水色, 苦笑し, 英人と, 英信の, 英文法の, 茶つ, 菊之丞の, 融通が, 西洋に, 西洋人ばかり, 言いながら, 言ったが, 言つて力強く, 言葉を, 読書の, 誰でも, 貧乏な, 赤い白墨, 赧く, 軽く銀之助, 辞職せね, 近づいて, 近所の, 退屈まぎれ, 道ばたに, 都に, 酒肴を, 鋭い目, 鎌倉大仏殿の, 鎖で, 長期間にわたって, 非常な, 鞭を, 頻りに話し合っ, 飛び上る, 食物だの, 館員よりも, 馬が, 黒ず, 黒帽である, 默つて校長の, 黙って, 黙つて校長

▼ 教師~ (372, 10.7%)

6 いった 3 いた, 人類の, 出て, 学校の, 来て, 黒板に

2 [20件] いて, いる, ついて, 云つた, 他村, 何か, 初めて口, 助手と, 必要と, 授業中に, 教え生徒, 来た, 来たとき, 来る, 校舎の, 生徒の, 生徒を, 私共に, 部内に, 飛石を

1 [308件] あった, あったの, あって, あつた, あつてな, あの本, あまり馬鹿げ, ありました, あり同じ, ある, あるが, あるもん, ある日, あれば, いう, いうと, いきなりやって来た, いたでしょう, いたんだがね, いた勘定, いっしょに, いつの間にかふだん, いない村, ええ, かなしくなり, からかうには, がみがみいった, こういうこと, こういうもの, こっそり欠伸, この人, この態度, この木の下, これを, すべて天川や, そこに, そこまでは, そのコンフィデンシャル, その傘, その役, その教え子, その知識, それを, そろって, そんな事, ただちに言葉, ちゃんとこっち, ちょうど点呼, つかうらしくその, つとまるか, つとまるほど, どっか寺の, どんな惨め, ない, なくっても, なくて, なにかに, はいって, ふところ手を, またたずねた, まだ二十一二, むずかしい漢文, もうき, もって, もてあます程質問好き, やってきたが, やってきて, やむなく介入, ややもすれば半解, ようやく立ちあがるあいず, よく知っ, よく黒板, わざわざ京都, ゐた, ゐなくては, ゐること, イギリスに, イデイオムを, イヤだった, イレエネの, インフルエンザから, ギゾーのは, クラスの, トポーロフである, ドアの, ドアを, モスク, レコードを, 一人あとは, 一人これも, 一人一人捧げる, 一代を, 一度宛家庭訪問, 三人それぞれ大きな, 不心得である, 不意に, 中でも一番気, 主で, 主唱と, 二人で, 二人われわれを, 二人欠席し, 二階で, 人望いよ, 人望いよいよ, 今までの, 今度は, 今弱者としての, 今日, 他の, 付くこと, 伝えて, 低い声, 余り教師, 來た, 俄かに, 借りて, 働いて, 僕に, 先づ, 児童の, 児童出席簿を, 入る, 其理想其議論を, 其頃まだ, 冷静な, 出来るの, 分けて, 別の, 力を, 劣等生を, 勝手口から, 勤まったもの, 勤まらなくっちゃ, 化学の, 北京の, 厭だ, 厳しく言った, 又やって来, 又来, 受けもち, 受持った, 口が, 口を, 叫んだ, 各自に, 周囲から, 呼びもどした, 呼んだそして, 咎めたら僕, 問題を, 喋って, 困つて, 国防の, 壁を, 多かった, 多吉に, 夜に, 大きな鉄槌, 大欠伸, 女を, 如何にも学校, 妻子すらも, 媒酌人と, 嫉妬を, 子供に, 子供の, 学年末に, 学校を, 学校内にばかり, 学生に, 安眠は, 定規で, 宣言した, 小国民, 小学教育の, 少々愚図愚図, 少くなってる, 少し禿げかかった, 山羊の, 帰って, 平一郎の, 幾人も, 彼女の, 後から, 得られるならば, 心解しかねたれ, 必要に, 怒鳴りながら, 悪いの, 悪いん, 悪るいん, 意久地なし, 意地悪そうに, 感嘆した, 憚る, 懐剣なら, 懷しか, 或る, 或日何, 或題, 持って, 揃つて出懸ける, 教えたエルム, 教えて, 教える時, 教へ, 教場に, 教壇に, 教室で, 教科書として, 斉藤平大の, 新聞が, 早速補充, 映像された, 曾我物語の, 最初の, 最早上海戦, 最近戦争の, 望むもの, 本書を, 来ると, 来るはず, 東京の, 校庭で, 森要人と, 横鎗を, 欠員に, 欠席し, 殖えなければ, 母に, 永年の, 決意を, 沈着き澄まし, 無いと, 片手間な, 牢獄から, 物理化学歴史を, 現われて, 現われても, 生徒達に, 甲高に, 男だ, 知人たちの, 私たちに, 私たちの, 積極的に, 突然カメラ, 立ちこの, 立って, 竹橋内へ, 粗末な, 精神喪失として, 純吉, 絶えたので, 美しい谷川, 考える, 聞きかねて, 職業である, 臨機の, 自分で, 自宅の, 自由に, 興味の, 舶來の, 若くて, 苦い顔, 英語に, 裁判官が, 見て, 覗いて, 言った, 言つた, 言ひ, 言葉に, 訊く, 訪ねて, 訳書の, 話して, 語ったこと, 語学は, 説明し, 説諭しよう, 調べる有様, 讃めた, 變つてベラ, 貰ったサロン, 赤ん坊を, 起立を, 足りない, 近作だ, 追放される, 退職し, 通って, 通勤の, 通訳する, 遅刻の, 遲刻の, 間がりを, 関東軍司令部へ, 附き添って, 隊伍を, 露命を, 面くらう, 頑張るであらうから, 骨を, 體操の, 高慢な

▼ 教師~ (357, 10.3%)

116 して 10 勤めて 5 やって 4 しながら, やめて, 養成する 3 したり, 訪問し

2 [17件] かねて, した, した人, した所, つけた, まんまとだました, 勤められ一度, 悩ませること, 憎んだ, 招聘し, 捜して, 探して, 泊めた, 聘して, 見て, 訪ねて, 雇って

1 [174件] あまり信用, あまり刺戟, いただきあるいは, うかがう, うんと言わせ, おやめなさる, お訴え, かくまつた, けいべつする, こんな事, したって, した事, した女, した時分, した淡路, してるその小さな, してるん, してる或, してる男, し傍ら創作, し傍ら翻訳, し外国, すること, するという, するには, するの, たずねて, たのんだが, たのんで, ちらと, つかまえるの, つけるから, つけ二ヶ年間語学, つづけて, つとめそれから, つとめて, つれずに, つれて, とったり, どうせ辭職, なさる山木様, にらみつけた, はじめると, ひきつけた, むかえた, もって, やじる中学生, やったファブル, やとうこと, やめると, やれば, よして, 一つの, 三名アメリカから, 世話し, 今度は, 代わりに, 何と心得, 作るに, 保護色と, 信じなかった私, 傭おうと, 兼ねた人, 兼業し, 再び校庭, 務めて, 務める事, 勤めさらに, 勤めたヒンネル, 勤めながら, 勤め傍ら詩, 勤め姉妹ながら, 取りもどさんが, 取り囲みみんな, 呼びつけて, 呼ぶ事, 呼んで, 嘱託せられ, 囲む父兄たち, 土佐に, 夜に, 失うこと, 失ふと, 家へ, 常から, 彼に, 得ずして, 得たと, 得て, 御覧なさい, 御願し, 志願する, 怒らした, 怒らすため, 思ひ止まつて, 思出した, 意味する, 憎んで, 憫むべきものと, 投げ飛ばして, 担任し, 招いて, 挙げれば, 探した, 擲りつけ, 替えること, 村に, 欲しが, 止して, 正当に, 求めんと, 洗って, 満足させ, 理想と, 生ずるのみに, 生み出すとともに, 生んだ文化, 田舎に, 番町に, 疑って, 眺めた, 眺めながら, 睨んだ, 知って, 窓の, 笑つた, 紹介し, 職と, 職業と, 自任し, 自分の, 致して, 苦めた, 要求する, 見た, 見やった, 見出さねば, 見据えた, 親します, 解雇し, 訪ねること, 警戒せよ, 軽蔑し, 輩出し, 辞めて, 辞職し, 迎えて, 迎えると, 迎へて, 追い出すちっぽけ, 送り込んで, 送ること, 連れて, 遠ざけようと, 遣わしたこと, 配属せしめ, 雇いいれたこと, 雇いフランス語, 雇い入, 雇い私, 雇うこと, 雇うべき財, 雇ったり, 雇ひ, 雇ひいれた, 雇ひたい, 雇ひ入れ, 雇ふと, 非難した, 非難する, 頼まなくつちや, 頼みきって, 頼んだらいい, 馬鹿に

▼ 教師~ (318, 9.2%)

10 なって 9 して 5 引率され 4 なつた, ぶたれた 3 なったの, なったり, なろうと, 雇われて

2 [25件] なつて, なりたい役人, なりに, なり一年, なること, なると, なる気, のみあるべき髯, やと, やとわれて, 出会った, 呼ばれて, 対抗する, 差出すべき代数, 引率された, 応ず, 教を, 目を, 知れて, 聞いて, 背を, 話しかけた, 話しかけて, 逢いに, 連れられて

1 [224件] あがって, ある, あるという, ある寡婦さん, いるかい, うっすらと, お辞儀を, かえったの, かよつて来, からかわれて, させて, されて, した洋風, しても, しばらく行った, すぎないじゃ, すぎなかったの, そっぽを, その眼, たたきこまれた知識, つかなかったの, つくどころか, つけられて, つける渾名, つよく兩頬, どんな感銘, なさろうと, なった, なったと, なったという, なったので, なったもの, なった男先生, なってからも, なっても, なつてる, なられたそう, ならん方, なりたいと, なりました, なり更に, なり紡績工場, なる, なるしか, なるなり, なるには, なるの, なる必要, なる愚劣さ, なる教師, なる為め, なる試験, なれば, なれる検定, なろうという, なろうなどという, ひどくセンチメンタル, ふざけて, まかされて, まねかれるところ, みやげに, やって来られて, カンニングなんか, ゴルキだ, 一人の, 一瞬間でも, 二時間たたされ, 人を, 代数の, 任せて, 任命された, 会いに, 会いましたが, 会ふ, 似て, 似合わず年中, 何です, 佛國人を, 使うので, 供えんとの, 依頼し, 侮辱され, 傭って, 傷つけられ更に, 出世した, 出会うよう, 出会ったこと, 出掛けて, 出歩いて, 分配し, 別離の, 厳な, 反抗し, 取って, 古賀とか, 叱られた, 叱られたそれ, 叱られたという, 叱られた川柳, 叱られる, 向けた返事, 向けられて, 向って, 向つて, 向つて小言, 呉れて, 告げて, 告げよと, 告げる, 呼ばれたの, 喰って, 囁く, 埋れんと, 堀田という, 変って, 変動が, 威張られるの, 官から, 容易く口, 専門の, 導かれたならば, 就いたこと, 就かされて, 就くこれ, 屈伏し, 川上忠一はへ, 引渡した, 彼の, 恋して, 成ッても, 成長する, 抜擢され, 抜擢された, 抵抗し, 招いた, 招いたの, 持つて, 挨拶を, 授けられた知識, 接しようと, 接し得ない弟子たち, 推薦する, 擲られ, 教わり教わりながら, 敬意を, 普通の, 期待する, 来て, 校長が, 案内し, 森要人と, 欠員が, 残されて, 母親へ, 比して, 比べて, 溝口といふ, 煽てられて, 生徒が, 皮肉を, 相違ない, 睨まれた, 知れたと, 空論の, 突落と, 端なく, 算術を, 經驗を, 罪悪と, 習いはじめて, 習うと, 聘され, 聞いたから, 聞いたらあれ, 背負わせて, 脅迫を以て, 芝居を, 落第し, 行って, 行つ, 褓育され, 見つけられた, 見て, 見着, 見立てられた光源氏, 見立てること, 親炙し, 言って, 託した, 話し聞かせた, 誘惑され, 語りしは, 説明しよう, 誰一人として, 課された休暇中, 警戒せよ, 貫太を, 買われたの, 質問を, 贄を, 走り結綿, 転じて, 軽蔑を, 迎合する, 近いかと, 近づいた元木, 返り咲きし, 返答する, 遅れて, 過ぎないの, 違いない, 違ひない, 選ばれたこと, 野崎先生という, 限つて悪い, 雇って, 雇つて英語を, 雇われたとか, 雇われたり, 鞭で, 預けて, 頼んだ, 頼んで, 飽き年取つて來

▼ 教師~ (164, 4.7%)

7 なって 6 生徒の 4 なった 3 いっしょに, 云うもの, 話を

2 [12件] いうよりも, し世界中, それから主人公, なった時, なつた, なること, 一緒に, 三人六箇の, 二人で, 云ふ, 生徒との, 異なるところ

1 [114件] あれば, いうか, いうよりは, いえば, いへば, おぼしきヒゲ, おんなじこと, しその, し姉, し雇われて, すると, せよとぞ, その視線, なったが, なったの, なったバーンス, なった始め, なった彼, なつたり, なつて, なりケーニヒスベルク, なり一八三三年, なり二十五日, なり半年, なり自宅, なり金持, なる, なるか, なるため, なるに, なるはず, なるべき青年, なるもの, なるを, なる雑誌, なれ産婆, よんだ, フリーダとは, 一しょに, 一名の, 両親と, 争い退校させられ, 二人きりに, 二言三言口を, 云い出した, 云うの, 云う職業, 云う関係上, 云えば, 低い声, 何か, 保証人それから, 入れちがいに, 別れてからは, 協調し, 口論に, 同等の, 同道で, 名が, 呼ぶ, 喧嘩し, 女教師とが, 妹との, 子供たちとを, 子弟との, 学生の, 家出を, 察して, 寸分も, 小さい私塾, 少年らの, 少年少女たちの, 尼僧めいた, 彼を, 怪しいの, 成るの, 手に, 施設とが, 書いたところ, 書いて, 来たら本, 比較すれ, 沈黙し, 漢学の, 父兄を, 父兄村と, 生徒, 生徒が, 生徒であっ, 生徒とは, 申し立てな, 称して, 称するもの, 素子とは, 結びつく, 英雄とは, 衝突し, 見識の, 覚しい二人の, 言いはた, 言うもの, 言う気, 言ふも, 言われるの, 近頃よく連立つ, 連立って, 週一度の, 違つて稍とも, 金の, 鑑定した, 院長とのみ, 隆少年の, 顔を, 飲酒家の

▼ 教師~ (88, 2.5%)

9 生徒も 3 ある, 学生も 2 ありき, それを, もとの, 一緒にな, 唯の, 悉く彼, 生徒等も

1 [59件] あった, あれには, いた, うらなりばかり, こうなっ, ことごとく一年間, この, このクラス, さすがに, そこまでは, その學科, その後ろ, それぞれ専門家としての, まいつて, またぽかんと, また彼, みなそこに, もうやらぬ, やめて, アウグステを, 一人二人は, 二人の, 京吉の, 今日の, 付添人も, 住んで, 個人なるべし, 児童と, 六七人集まる, 共に, 勤まらないし, 又どの, 召集に, 同じ疑い, 困って, 外人だつた, 妙子に, 子どもについての, 学校も, 家来医者も, 居て, 彼女から, 微笑んだ, 持てあましたくらいの, 書き物や, 最後に, 来るよう, 満足し, 牧師も, 用達に, 自分に, 衣食の, 親身に, 講堂に, 通い始めて, 里人も, 顏を, 顔を, 鰐口を

▼ 教師として~ (78, 2.3%)

2 働いて, 小説家を, 赴任し, 赴任した, 雇われて

1 [68件] ある家庭, おいで下さる, かせぐ事, この学校, この所, この町, これほど, さきに, それぞれ具体的な, どうしても或, また多く, まだまだ村全体, ゆき次第に, コンムーナの, 一番正しい, 一週幾時間か, 不都合だ, 与え得る限り, 二三年つとめ, 住み込んだところ, 働きだしました, 僕抔よりも, 外国へ, 存在しなくなった, 学園へ, 学校には, 學校に, 官私にわたって, 家へ, 彼女に, 彼女を, 微妙な, 扱いたかったから, 承認し, 承認せられない, 招れ, 招聘いたした, 招聘され, 教えに, 普通人の, 普遍性を, 暮し或, 最も不向き, 最適の, 朝夕その, 来て, 極めて卓越, 洞察し得る, 活躍した, 神聖な, 立派である, 考えること, 藤村が, 認められるに, 認め大衆, 貴族の, 辛抱した, 農村の, 迎えた, 迎えた山北道子, 近くの, 近郷に, 進んで, 遠く左遷せられる, 長屋に, 雇われること, 雇われ多く, 飯山の

▼ 教師たち~ (60, 1.7%)

2 に可愛がられ, はゴーリキイ, は私

1 [54件] からこぞって, から惜し, がいきなり, がその, がなまけ, が一つ, が不滅さ, が二, が何, が細君, が絶えず, であると, とこの, にあっ, にとってましてや, にはそういう, のあと, のため, のなか, の人格, の共通, の履物, の教育, の新しい, の正しいふるい, の生活, の発言, の評判, の語録, の間, の陰口, は, はあまり, はある, はうどん屋, はその, はできない, はひたむき, は先, は口, は姉妹, は完全, は座, は比喩, は皆彼ら, は自分たち, は講堂, は軽部, もなかなか, も不良, も歴史的, も相当, や図案家, よりも安斉先生

▼ 教師~ (44, 1.3%)

1 [44件] からはまるで, からも妙, から威勢, から愛想, がまだ, が彼, が給士一件, が集まっ, で絵, との間, と相談, には一種異様, には皆, には知れ, に対しては反抗, に知られ, に許容, の出, の姿, の履物, の猜疑, の粗末, の落着き, の買つた規定量以上, の遠慮, の間, はすべてゼスス会, はちょっと, はほ, はみんな授業, は一齊, は五人, は政府, は殉教, は秀吉, は誰, は起立, は頻りに, もその, も最早, や図案家, を一渡り, を見廻した, を驚かす

▼ 教師から~ (40, 1.2%)

2 して, 見ると

1 [36件] ある種, うける言うに, しかられたの, だと, どういう態度, やれ従順, グルーズの, 不安を, 両腕, 主任の, 何か, 出る返答, 出発し, 反感を, 受けたひやや, 只一言, 在校生の, 大学教授に, 女官から, 専攻の, 平生教えられ, 強いられても, 強ひられ, 所謂, 指名され, 指名する, 教えられて, 教へ, 数学を, 晩餐の, 習って, 聞いたこと, 袋に, 言ひ聞かし, 講談師に, 講談界に

▼ 教師~ (38, 1.1%)

3 あつた 2 せう

1 [33件] あつて, あらうかといふ, あり得るであろうか, かたわら雑誌に, その二人, その頃, まだ若, 一遍に, 三人の, 五郎の, 人望が, 今の, 例の, 健康そうな, 党員作家である, 切口上で, 品行方正だ, 四年半その, 地位こそ, 変名で, 大学を, 好人物な, 文三とは, 有名な, 柔道は, 柔道五段剣道四段という, 格別に, 氏自身二刀流の, 法制経済も, 犬好きな, 生徒間に, 男の子ばかり, 終らぬこと

▼ 教師である~ (27, 0.8%)

2 彼女の

1 [25件] ことが, ことに, この作家, ところの, と云われる, と否, にかかわらず, のは, われわれの, アリストテレスでは, エエドル嬢も, ツァン・チェンパという, ディヴィッド・バーンスが, マダム塚本と, マリア・グレゴーリエヴナと, 与八と, 作者が, 兄が, 医師マルシャルに, 数学の, 瀧子に対して, 私の, 藤村は, 越智との, 関係によ

▼ 教師としての~ (25, 0.7%)

3 普遍性を 2 孔子の

1 [20件] この薀蓄, ものである, 二葉亭は, 人生への, 動くこと, 嗜みを, 天稟を, 小幡氏で, 小生の, 彼は, 新平民, 最後の, 生活の, 私は, 職責を, 自分の, 良心を, 觀察は, 資格が, 資格との

▼ 教師~ (22, 0.6%)

1 [22件] また家庭, 先輩やの, 其外の, 又はそれ, 友達が, 吏員や, 女友達が, 女学生や, 技手を, 政治上の, 来賓の, 生徒から, 生徒が, 生徒たちは, 生徒の, 白鳥の, 目上の, 私達の, 翻訳や, 老人が, 著者が, 著者は

▼ 教師~ (20, 0.6%)

2 ということ

1 [18件] かの仕事, からってそう, からな, から多分, から打っ, から私, そうだ, そうでした, ぞ, つたのです, という, という以上, とおっしゃった, とか本屋, とそこ, と云う, と思っ, と町子

▼ 教師という~ (19, 0.5%)

4 ものは 2 ものの, ような

1 [11件] のが, のは, ものに, 地位からか, 地位は, 地位を, 地方では, 役を, 意味です, 職業人は, 言葉を

▼ 教師たる~ (16, 0.5%)

2 ものは

1 [14件] ことを, にあっ, に適す, よりは露西亜, 人に, 人も, 以上は, 価値は, 公然の, 可く, 岡崎総吉と, 彼女を, 父母が, 自分の

▼ 教師でも~ (16, 0.5%)

2 して

1 [14件] この孤児院, したいと, するつもり, ない, なかった, まだいい, 他の, 何でも, 必らずつ, 生徒でも, 監督教会の, 組合教会の, 若様の, 豪い著述家

▼ 教師には~ (15, 0.4%)

1 [15件] ならんの, はっきりしない, ま, よく分る, 不適任であった, 共学そのものが, 出向辞令が, 専門が, 手近の, 早大出の, 狩野芳崖, 至極だ, 論語読まず, 難問を, 鞭撻され

▼ 教師について~ (14, 0.4%)

2 考えて

1 [12件] フランス語ラテン語などの, 予習と, 勉強いたします, 勉強し, 学んだ時, 学問を, 慎重に, 日々講義を, 稽古しなけれ, 習ったから, 英学を, 英語を

▼ 教師にも~ (11, 0.3%)

1 [11件] かかること, でき学生, なった男, なつた, ならない事, なりソヴェト同盟, なれないからね, 嘱託され, 大正の, 病室に, 自己の

▼ 教師らしい~ (11, 0.3%)

1 [11件] ところが, と云, のも, 処など, 四十恰好の, 地味な, 客が, 洋装の, 生硬な語り, 紳士さうかと, 職分を

▼ 教師では~ (10, 0.3%)

2 ない 1 ありませんか, ないが, ない第, なくある, なくして, なくて, なくなった, なく自分勝手

▼ 教師~ (9, 0.3%)

2 巡査かとでも 1 お相手, 二人は, 何か, 女生徒である, 村役場にでも, 舎監, 銀行会社等の

▼ 教師とは~ (9, 0.3%)

2 同時に斯 1 どっちが, まるで発音, やはり先生, 反対に, 大分年齢が, 文章の, 最も仲

▼ 教師~ (9, 0.3%)

4 のだ 2 のであります 1 のでした, のです, んだ

▼ 教師だった~ (8, 0.2%)

1 という六十, と云う, などと云う, のかい, んだ, 幸子とは, 自分だけが, 貴方の

▼ 教師であった~ (7, 0.2%)

1 が, ことが, ことも, アリストテレスは, スコット, ソクラテスが, 事も

▼ 教師であり~ (7, 0.2%)

1 ながら君, 学生であった, 彼の, 特に若き, 試験を, 顧問でも, 飜訳家である

▼ 教師とも~ (7, 0.2%)

1 する, なったが, なって, 今では, 渡り合つたらしい, 見られるという, 言わるべき

▼ 教師など~ (7, 0.2%)

1 いう仕事, して, しながら, やって, よして, ア君から, 不賛成かも

▼ 教師にな~ (7, 0.2%)

2 ツたんだ 1 つたのは, つておくれ, つてからも, つてそれから, つても

▼ 教師~ (7, 0.2%)

1 がなんで, が地方, の労働, の所得, の集つた上, の顔, を集め

▼ 教師とか~ (6, 0.2%)

1 云ふ, 全然普遍的, 号するもの, 圖書館書記とか, 家庭教師とか, 新聞関係の

▼ 教師としては~ (6, 0.2%)

1 たえず公衆, 何か, 口に, 実に珍しい, 甘くも, 願いの

▼ 教師とが~ (5, 0.1%)

1 しんがりで, 会話に, 右へ, 研究し, 自分を

▼ 教師なら~ (5, 0.1%)

1 別に欠員, 大學程度, 教師らしくおしなさい, 早く免職, 理工科だって

▼ 教師に対して~ (5, 0.1%)

2 一人一人に 1 そればかり, 勿体ないの, 抗議する

▼ 教師みたい~ (5, 0.1%)

1 なこと, な圧制, な形, な者, な風

▼ 教師~ (5, 0.1%)

1 でいい, に秋, の参考書, の指杖, の教科書

▼ 教師~ (5, 0.1%)

2 には宣教師 1 がこの, に尋ね, の視線

▼ 教師だけに~ (4, 0.1%)

1 いやに, ちょっと首, なって, 今でも

▼ 教師といふ~ (4, 0.1%)

2 ものは 1 丑松の, 職業が

▼ 教師などと~ (4, 0.1%)

1 やり合って, 世帯を, 協力し, 学校で

▼ 教師などの~ (4, 0.1%)

1 存在も, 生活状態を, 言ふこ, 間に

▼ 教師などを~ (4, 0.1%)

4 して

▼ 教師なんか~ (4, 0.1%)

2 やるの 1 いません, 詰まらないと

▼ 教師なんて~ (4, 0.1%)

1 あれで, みな馬鹿ばかりね, 止めて, 馬鹿野郎ばっかりさ

▼ 教師によって~ (4, 0.1%)

1 失業する, 学を, 定まる, 手ほどきされた

▼ 教師に対する~ (4, 0.1%)

1 反抗だ, 反抗心が, 社会の, 通りで

▼ 教師より~ (4, 0.1%)

1 スパルタの, 其の講題, 耳に, 遥かに

▼ 教師~ (4, 0.1%)

1 のこと, のよう, はヴァイオリン, は音楽

▼ 教師一人~ (4, 0.1%)

2 のみだ 1 に一万ドル, の留学生

▼ 教師~ (4, 0.1%)

1 で一番欠勤, に多数, に門野幾之進, の上位

▼ 教師自身~ (4, 0.1%)

1 が漸次, が率先, の問題, の心臓

▼ 教師追放~ (4, 0.1%)

2 を発令 1 といふこと, を思ひ立つ

▼ 教師~ (3, 0.1%)

1 へここ, へも一個, へ彼

▼ 教師さん~ (3, 0.1%)

1 そんな事, と夫婦, のおっしゃる

▼ 教師であっ~ (3, 0.1%)

1 てなかなか, て植物学, て結婚

▼ 教師です~ (3, 0.1%)

21 からな

▼ 教師との~ (3, 0.1%)

1 二つです, 恋愛問題をも, 間は

▼ 教師などが~ (3, 0.1%)

1 先の, 勲章を, 旅籠屋の

▼ 教師などで~ (3, 0.1%)

2 埋もれて 1 終るべき凡庸

▼ 教師などに~ (3, 0.1%)

1 おさまって, なるもの, 大体同じ

▼ 教師なり~ (3, 0.1%)

2 著者が 1 先輩なり

▼ 教師または~ (3, 0.1%)

1 師匠などが, 現に職, 純然たる

▼ 教師までが~ (3, 0.1%)

1 その方, 其方を, 口の

▼ 教師仲間~ (3, 0.1%)

1 からは少し, の嫉妬, の家

▼ 教師時代~ (3, 0.1%)

1 から経済学, と死ぬ, の作者

▼ 教師生活~ (3, 0.1%)

1 などには今, の実状, を捨てられるでしょう

▼ 教師~ (3, 0.1%)

1 にも洩れ, の勢力争い, の生活葛藤

▼ 教師~ (3, 0.1%)

1 に定式化, の絵, の説明

▼ 教師あり~ (2, 0.1%)

1 て亡び, 政府の

▼ 教師からも~ (2, 0.1%)

1 可愛がられ組, 同窓からも

▼ 教師こそ~ (2, 0.1%)

1 したこと, 子どもの

▼ 教師さえも~ (2, 0.1%)

1 全くは, 行衛が

▼ 教師さま~ (2, 0.1%)

1 おゆきさま, お待ち兼ねでございました

▼ 教師~ (2, 0.1%)

1 てはっ, て居る

▼ 教師じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, あるめ

▼ 教師そして~ (2, 0.1%)

1 その四歩あと, 最近は

▼ 教師その他~ (2, 0.1%)

1 に対して入らざる, の職業

▼ 教師たる者~ (2, 0.1%)

1 がかよう, もたとえ

▼ 教師だけで~ (2, 0.1%)

1 ひまが, 間に合わして

▼ 教師だって~ (2, 0.1%)

1 その裏, よくいいません

▼ 教師だつた~ (2, 0.1%)

1 がそれでも, が咄嗟

▼ 教師っても~ (2, 0.1%)

2 東京から

▼ 教師であろう~ (2, 0.1%)

1 がその, と勝手

▼ 教師としても~ (2, 0.1%)

1 一番の, 勢力ある

▼ 教師とともに~ (2, 0.1%)

1 ペテルブルグへ, 出て

▼ 教師とに~ (2, 0.1%)

1 朝の, 逢った

▼ 教師とを~ (2, 0.1%)

1 兼ねて, 区別し

▼ 教師なぞは~ (2, 0.1%)

1 社会の, 私の

▼ 教師などという~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 教師などは~ (2, 0.1%)

1 それだ, 大抵大学生

▼ 教師なる~ (2, 0.1%)

1 者免状を, 者本国にて

▼ 教師によ~ (2, 0.1%)

1 つて統べられた, つて違ふ

▼ 教師~ (2, 0.1%)

1 出した, 通つてゐる

▼ 教師への~ (2, 0.1%)

1 憎みは, 諷刺やさう

▼ 教師ほど~ (2, 0.1%)

1 つらいもの, 生き甲斐の

▼ 教師~ (2, 0.1%)

2 居べ

▼ 教師三名~ (2, 0.1%)

1 がうち, はやはり

▼ 教師~ (2, 0.1%)

1 からは蛇蝎, の注目

▼ 教師先生~ (2, 0.1%)

1 はこの, は小さい

▼ 教師~ (2, 0.1%)

2 より偉い

▼ 教師山本孝子女史~ (2, 0.1%)

2 はいつの間にか

▼ 教師志岐よしえ~ (2, 0.1%)

1 だけである, である

▼ 教師~ (2, 0.1%)

1 が居れ, といふもの

▼ 教師根性~ (2, 0.1%)

1 を出し, を暴露

▼ 教師~ (2, 0.1%)

1 たらしむる, なところ見かけ

▼ 教師~ (2, 0.1%)

1 気に, 気にな

▼ 教師自ら~ (2, 0.1%)

1 まずこれ, まずその

▼ 教師野中~ (2, 0.1%)

1 が書い, の宅

▼ 教師~ (2, 0.1%)

1 こそ悲愴, を編成

▼ 教師須山~ (2, 0.1%)

1 といふ予備曹長, といふ豫備曹長

▼1* [218件]

教師うちの, 教師あがりの採種者, 教師ありとて七, 教師あるいは通訳の, 教師お針学課の勉強, 教師かのところへ, 教師からは不当な, 教師がしかつべ, 教師がはいつて, 教師がへつらいの, 教師くさいとか坊さん, 教師くさくは見えた, 教師ぐらいなあるいは事, 教師さまさまそれで国, 教師しか町では, 教師その人を, 教師その他知的職業によって生活, 教師それから中学校の, 教師それらの人達, 教師たち家庭教師たちよりも安斉先生, 教師たり得るよう, 教師だけがこのひと, 教師だけはいつも席末, 教師ださうだがシュテルンベルヒ, 教師だの団体の, 教師でなくなった二人の, 教師といった姿である, 教師とかでせう, 教師とからひどく叱られた, 教師ともども大食堂, 教師と共にまだ島田重礼先生, 教師どもが調査, 教師なぞよりも幾分, 教師なぞという順序だ, 教師なぞには向かない娘, 教師などにはありがち, 教師なども一つの, 教師ならびにこれらの, 教師なりと信ずる場合, 教師なれがし, 教師なんかが介在し, 教師なんぞにならしたの, 教師においてもそうである, 教師についてだけでなくあらゆる, 教師についての噂で, 教師にてもやせんと, 教師にては無之, 教師にでも奉職したら, 教師にとつての, 教師にとって一円という, 教師にとってはなかなか重要, 教師になと車夫になと, 教師による侮辱的な, 教師に対し傭人は, 教師に対しては高すぎる, 教師のみならん, 教師のみが責任を, 教師のみを死刑と, 教師はうらなり数学, 教師はっと気を, 教師ばかりだろう, 教師へと廻って, 教師ほとんど歩行困難の, 教師やってやがら, 教師やへツぽ, 教師やりたきは創作, 教師ゆっくり教壇から, 教師よか生徒の, 教師よりはあの人, 教師よりもやはり実業家, 教師らしき人に, 教師アンマなど, 教師オリガは先学期, 教師ガ増給運動ヲナス時ハ文部省ガ解決スベシ, 教師グレーという, 教師シロテの来り, 教師ジャアク先生の聖名祭, 教師アル, 教師トミタの道場, 教師ドクタア・メーソンが教師, 教師非ズ, 教師ニナッタシモーン・シニョレノ顔近頃評判, 教師女弟子ヲ率ルナリ, 教師ハツバス・ダアダアのボルゲエゼ家, 教師フランスへ青年時代, 教師フロイライン・フォン・ベルンブルヒとの間, 教師フローベルはモウパッサン, 教師ブルデルには私, 教師ブレモンが指摘, 教師モギレフスキイの一ヵ月, 教師ルグリ先生の処, 教師一緒に中途, 教師三昧せられたも, 教師上がりの夫人, 教師上りで草創時代, 教師上役親父の類, 教師上手よりうろうろ, 教師下らぬ男とばかり, 教師下りきたりて, 教師下級中級サラリーマン勤労婦人の日常葛藤, 教師不足はアルバイト, 教師両親らの意見, 教師並びに多数の, 教師中学教員を壇上, 教師主義もよし, 教師乃至は外国語個人教授, 教師予算の不足その他, 教師二人は生徒たち, 教師互にじろ, 教師五人に従者五人, 教師五人従者五人合計十名の潜入, 教師五六人中に文平, 教師代りにし, 教師代用で髪形, 教師代表労働組合からの代表, 教師以外に何, 教師佐田のブルジョア教育, 教師保姆の不断, 教師保証人らが縲絏, 教師信徒四百余名天川とマニラ, 教師先輩のごとき, 教師先進者に行, 教師兼書生といったよう, 教師出世がこの, 教師勤め人の子供, 教師医師なんぞの一切合財, 教師医師法律家技師の如き, 教師即ち外国語を, 教師口調になっ, 教師古川常一郎の義弟, 教師古田正五郎をあいつ, 教師右手を差し出す, 教師同窓の学生, 教師商人としての兆民先生, 教師固有の言葉, 教師堀川保吉は語学的素養, 教師堀田某と近頃, 教師塗板ヘ書スルトキ, 教師多かる中にて, 教師来る日, 教師太宰礼讃者が聞い, 教師夫婦を雇い, 教師女医者女弁護士女建築家女技師等は男子, 教師学生のため, 教師学童二名と共に舞台下手, 教師官吏会社員等のインテリ, 教師実力の向上, 教師工場主官吏退職軍人著述業といふ, 教師小学校教員女判任官女医女歯科医女薬剤師婦人記者婦人速記者女会計婦人外交員女製図師図書館その他の整理係, 教師小林氏の自宅, 教師山北道子の悲歎, 教師役人は役人, 教師役者などという, 教師の剣術, 教師彼女はドイツ人, 教師愛好の, 教師仏頂面を, 教師意識をすてさせる, 教師払底の時, 教師髮屋は, 教師数字と算用数字, 教師貴族武器輸出業水道事業の, 教師最後に少年, 教師有馬新七無数の糸, 教師朋友などが送別, 教師朋友相互の責善談話, 教師朝三時間当方娘十六歳ケンブリッジ大学生を求む, 教師やへ手紙かき, 教師某君が何, 教師某氏を軽侮, 教師に当たる私, 教師お二方, 教師様それもまだ, 教師橋本先生という女教師等, 教師に小, 教師派遣を説いた, 教師海軍省の編輯書記, 教師演者たちの機智, 教師無論学生たち志ある, 教師父兄の注意, 教師父兄指導の下, 教師牧師巧弁家ピアニスト批評家すべて自分の製作物, 教師生徒の上, 教師生徒間に衝突, 教師的学殖の正常, 教師盤上に記し, 教師種田順平なるもの, 教師稲垣銀治氏もまだそのまま, 教師竹田菊子氏警視庁保安課長国監氏等の意見, 教師筆耕翻訳の手伝い, 教師等々と関係, 教師等ハ勞働者ニ非ズ, 教師結局どうなった, 教師縁側に出る, 教師から生徒, 教師臭くないもの, 教師芸術家にあらず, 教師菊代を二, 教師見たような, 教師評論家新聞雑誌記者飛行家運転手車掌官公吏事務員等があっ, 教師諸君がこの, 教師農夫哲学者となる, 教師追放令がマニラ, 教師通訳翻訳その他の知的労働, 教師連中は面白, 教師逮捕令を発令, 教師に帰り, 教師野中弥一がひとり, 教師野中弥一宅の奥, 教師野中弥一酔歩蹣跚の姿, 教師雇傭の道, 教師も無く, 教師風情のもと, 教師養成機関に就, 教師を修繕中, 教師高橋新吉長崎にあり, 教師高等学校へ入る, 教師鴎外芸妓紅葉女生徒漣女壮士正太夫